青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房 女房~ ~女王 女王~ 女給~ ~奴
奴~
奴等~ 奴隷~ 好~ ~好い 好い~ ~好き 好き~ ~好く 好く~ ~好み

「奴~」 15305, 165ppm, 633位

▼ 奴~ (3300, 21.6%)

176 あるもの 151 あるか 112 ある 43 あるん 39 あるかい 36 あるもん 33 出て 31 あって 26 いる 25 あるの 22 あるから 20 いるん 12 あるかと, あるが, あれば, いるの 11 あった, あるに, あるので 10 あつたら, あるかも, あると, 有るもの, 来て 9 いて, 居る 8 あったもの, いるから, いるもの, ゐる, 居るん 7 あつた, あります, あるそう, 有るか 6 あったが, あるよ, ッ, 何を, 私の 5 あるとい, いるよ, どこに, 三四人先に, 不意に, 何か, 多いから, 有るもん, 来た, 立って

4 [17件] あるかよ, あるな, いるが, いると, その一つ, どこの, ない, 二三人で, 入って, 出るかも, 妙に, 居ぬの, 来やがった, 気に, 沢山ある, 自分の, 隠れて

3 [36件] あったの, あったらおれ, あったん, あつて, あるぜ, あるそれ, いるに, いるもん, おれの, ついて, でて, どこへ, ないの, はいって, ゐて, ウンと, 一匹も, 俺を, 僕の, 出来て, 勝手に, 多い, 多いが, 多いの, 居るから, 帰って, 急に, 怪しいと, 控えて, 来たもの, 此の, 眼を, 自分で, 這入って, 附いて, 鼓を

2 [171件] あったっけ, あったと, あったな, あったらこの, あは, ありそう, ありまして, ありましてね, ありますか, ありますからね, ありますね, あるおれ, あるかっ, あるかね, あるからね, あること, あるさ, あるじゃ, あるぞ, あるだらう, あるだらうか, あるぢ, あるって, あるなら俺, あるよう, あるんで, ある筈, あろう, あろうとは, あツ, いたり, いない, いないとも, いますから, いるか, いるので, うんとある, うんといる, おりましてな, おれに, お駒, かくれて, こしらえた小説, こっちへ, こっちを, この健康, これでは, こんなこと, ございます, させて, それに, それを, たくさん出, だんだん殖え, どうかし, どんなこと, なければ, のさばり返って, ばかな, びっくりし, ほかに, まじって, またやって来た, みんな悪い, やって来た, やって来るか, やつた, よくこんな, ゐるの, ウロウロし, 一人ある, 一人い, 一人いる, 一人だって, 一人でも, 一人も, 三人も, 上へ, 下手人だ, 下手人に, 不思議に, 世の中に, 世間には, 二人来た, 僕には, 先に, 入れたんぢ, 出ると, 出るん, 出這入りを, 唇の, 喋つたな, 嘘を, 変に, 多いからな, 多いこと, 多いん, 多いんで, 天下の, 女を, 妙な, 姿を, 寄って, 小野山に, 居ましてな, 居やしませんか, 屹度出る, 己に, 幅を, 強い奴, 後から, 心配し, 忍び込んで, 恋仇の, 悪いの, 惚れて, 憎くも, 押掛けて, 持って, 揃って, 方々へ, 日本にも, 日本人にも, 早くも, 有って, 有りますか, 有るかい, 有るから, 有るに, 来たと, 来たので, 来や, 来やがって, 来ると, 枝も, 棒一本か, 死んだあと, 殺されて, 殺したん, 気が, 沢山おった, 浦山しがる, 漢語か, 潜んで, 狐を, 玉子酒を, 現れたん, 現われて, 生れて, 痛い, 痛いから, 癪に, 眼の, 矢張己れ, 私に, 竹山から, 第一流, 級友の, 聞く, 臍の, 花束の, 苦手だ, 見ると, 言う, 言った, 起って, 車を, 非常に, 飛出したら呼子, 飛込んで, 馬鹿に

1 [1771件 抜粋] ああし, あったかしら, あったって, あったらここ, あったら一生仲間づきあい, あったら笑え, あったり, あっての, あとで, あの前科者奴, あの木像, あらうとは, ありっこ, ありましたよ, ありません降るアメリカ, ありや宜, あるいは仇, あるかという, あるくらい, あるそいつら, あるて, あるでせうね, あるなら遠慮, あるはず, あるらしゅうござんすね, ある処, ある恐れ, ある者, あれな, あろうて, あんたで, いう, いかに子供扱い, いきなり運転席, いきります, いけ邪魔, いたこと, いたもの, いた筈, いつでも, いつぺん処女を, いつ襲って, いないと, いなかったら畦一本, いねえの, います, いるあいつ, いるからこそ, いるぞ, いるって, いるとは, いるわい, いる者, いろ, うまいこと, うるさく言う, うろたえると, おいらの, おかしいん, おり, おりますからね, おりますよ, おるでな, おわかり, お前に, お前達夫婦を, お船, かかっては, かなり長く, がさついて, きっと姿, くたばったぐらい, こいつは, ここいらを, ここへ, この事件, この時勢, この近辺, この鳴動, ころがって, こんな場所, こんな芝居, ござるその, さきから, さつきから, しかも二匹, しのびこんだという, しまひ, しんから, じろじろと, すなわち精神病者, すわって, ずるずると, そうした得意時代, そこを, そっくりわたし, その巌, その経文, そもそも古, そろったもの, そんなに上手, たきつけてるに, たくさん押出して, たちの, だれだ, ちま, ちェッ, つけて, とても上等, とび出して, どうあしらう, どういふ, どうしても癪, どうして妾, どうにも虫, どうも怪しい, どこにでも, どつち, どんな乱暴, どんな酒, ないと, なさけ無い, なにか紙屋, なんて言う, なんで百両, にやりと笑, ねらって, はいりこんだらしい, はずみを, ぱっ, ひそんで, ひどい目, びつくりする, ふて寝を, ほんとうに, まあ幼虫, まごまごし, またなん, また御, また眺め, まだ一つ, みょうな, みんな影の, むこうを, むねを, もうセッパ, やくざの, やって来たらしいですな, やって来やした, やつきに, やはり追, やるもん, ゆうべ牛込の, よくあるでしょう, よく行きがけ, わけが, わしに, わるいの, ゐなくつて, ゐるか, ゐるもん, アッ, イネ国を, ウヨウヨし, キザな, クラッチの, ゴロゴロし, ジロジロする, ズカズカ部屋へ, ソウソウ朝から, ツクネンと, ニョコリと, ノコノコやってくる, バラリと, パパと, フラフラフラ, ロイドです, ワンワン吠え, 一つできる, 一二名いたで, 一人や, 一人四ツ目垣を, 一体どんな, 一向腑, 一日一日に, 一杯お, 一番それを, 一番人間の, 一番幸福な, 一番罪が, 一番馬鹿だ, 三つも, 三人やっ, 上りこんで, 上空からも, 不作法な, 不発弾で, 中には, 主人と, 乗て, 事毎に, 二三人いる, 二人いる, 二人来, 二匹ばかり, 二升ばかり, 五六人い, 五六人大手を, 交つてゐる, 人形では, 人間づらし, 仇を, 今まで, 今度こそ, 仔細らしく, 付いてるから, 仰天した, 伏在し, 何う, 何と思, 何一つ判つてない, 何故然う, 何者である, 作家といふ, 來ました, 俺に, 俺達の, 働いた仕事, 充満し, 先頭に, 入水する, 全然貞節, 其処に, 処々装飾的に, 出たらすぐ, 出るの, 出入し, 出来たッ, 出来るの, 分ったかも, 切れ離れて, 判つた, 別館の, 前に, 劇薬よりも, 勝だ, 勤めて, 化けるだと, 十三杯は, 十時過ぎ船を, 半分, 博多の, 又いけない, 又なにかやった, 又私, 口でも, 古金で, 可愛がっ, 同じ汽車, 同時に死に, 向う鉢巻で, 君を, 告げ口した, 問題な, 嗅付け, 四方行止まりの, 土中から, 在るん, 坤竜を, 塵芥の, 墓場から, 外へ, 多いです, 多いよう, 多うござんした, 多勢の, 大きな声, 大分揃う, 大変出た, 大嫌ひで, 大湊の, 大鳥毛の, 女, 女の, 好きでない, 好物とは, 始終死ぬ, 嫌ひなのだ, 宇津木兵馬を, 実にまた, 実はハイネ, 家から, 宿屋の, 対って, 小やかましい説教沙汰, 少しでも, 尾行に, 居たもの, 居た験し, 居ないと, 居やう, 居りどころ, 居るかと, 居るぜ, 居るなと, 居るので, 居るらしい, 屋根を, 山犬を, 川上貞奴な, 帝都の, 幾らかの, 幾人ぐらい, 座を, 弓を, 引越蕎麦を, 弱い奴, 役所に, 往々ありました, 従いて, 従者に, 御叮嚀, 徹底的に, 必ずしも犯人, 忽ち自分, 怖えっ, 思い出したよう, 怪しい, 怯れ, 恥と, 悪堅かっ, 意地を, 感傷や, 憎々しげ, 懲役に, 我が家の, 戸惑いを, 所謂オッチョコチョイの, 手を, 承知しまい, 投げ込んだの, 抜いた, 拾いでも, 指立てぬ, 捉へ, 揃つてゐた, 放火を, 教師に, 斯かる, 日本を, 明日の, 昨夜の, 時々居る, 曲者だ, 書いたん, 書た, 最近非常に, 有つて, 有り得る筈, 有れば, 木戸を, 本当の, 来たな, 来たの, 来てるん, 来ましてね, 来やがったら逆, 来れば, 林の, 桶の, 棒を, 植木屋の, 横合から, 横顔さえも, 止ると, 此頃漸く, 死に損, 死んで, 段々偉く, 殺そうと, 殿様の, 毒ガス弾を, 気持よく, 氣を, 水面にまで, 江戸へ, 沢山に, 沢山残っ, 泣いて, 流れて, 浅墓, 海千山千の, 滅法矢鱈, 潜り戸を, 火の, 無いと, 無くなるので, 無理ばかり, 熊の, 父に, 物の, 特に今日, 狐憑きに, 猫に, 珍しく早朝, 現れること, 現われるかも, 生あたたかいの, 生き返った夢, 田舎を, 男の, 疾い, 瘋癲に, 白昼出る, 皆な, 盗人だ, 目の, 相変らず, 着た半纏, 知って, 知れたん, 研究所に, 確かに, 神様を, 私にゃ, 秘密結社の, 空声を, 突然僕, 立ち廻って, 立身し, 笑い出した, 答えた, 米藏の, 続く日, 縁側から, 考え違いを, 聖降誕祭お, 背中を, 胡麻を, 腕まくりを, 膝の, 自動車で, 舌を, 舞込んだ, 若布の, 荒れ出したな, 落ちぶれて, 薄っぺらで, 虫が, 蟠踞し, 行きとど, 衣笠さんの, 西の, 見つかったなら撃たれは, 見て, 見張って, 親分気取りで, 角を, 言うはず, 詩篇を, 誘いの, 誰から, 誰だった, 議政壇上に, 貧乏しとれ, 赤と, 路傍の, 跳ねあがつたくれえこつぴどく野郎, 踞まってでも, 転げて, 近所へ, 迷い込んで, 追手の, 這入っとるん, 連れ出しは, 道楽で, 遣らない程, 都をも, 酒菰に, 金ッぱなれがよいこととジャーナリズムは, 鉢を, 鐘を, 門八爺を, 闖入し, 随分ありました, 障子に, 集って, 露見を, 面憎い, 頭も, 飛だ, 飛び出して, 飛んだお節介, 飛出したこと, 首筋の, 馬鹿な自惚れ, 駈けまわり, 駕籠に, 鳴いて, 麻酔薬の

▼ 奴~ (2567, 16.8%)

20 ない 19 一人も 12 何を 11 ないか, ないよ 10 誰だ 9 なかった 8 自分の 7 俺の, 勝手に 6 どこに, ないの, 私の 5 いないか, それを, ないと, 出て, 悪い奴

4 [14件] あるべからざる事, いないの, いやな, でて, どこかに, 二言とは, 人間の, 何といふ, 俺を, 己が, 無いか, 無いよ, 片っ端から, 馬鹿だ

3 [33件] ありませんよ, いつでも, いないよ, おれの, さすがに, どうした, ゐないの, 一人だって, 一匹も, 中, 仕方が, 他に, 仮面を, 何う, 何だ, 何という, 何者だ, 何者です, 俺が, 口を, 大嫌, 妙な, 悪人だ, 油断が, 生きて, 皆な, 眼を, 自分で, 虫が, 酒と, 馬鹿である, 馬鹿な, 駄目だ

2 [146件] あ, ああいう, あとで, ありません, ありませんネ, ありゃしないわ, ありやしません, あるまい, あるめ, あれで, あれは, あれを, いくらも, いつ約束, いない, いないだろう, いない筈, ここに, こちと, このおれ, この辺, これで, これは, それに, ただの, どいつだ, どうしたらう, どこの, どこへ, どこまで, どんな野郎, ないからね, ないぞ, ないはず, ないもの, ないん, なかつたか, なかろう, ばかだ, ひとりも, ひどい奴, ほかには, ほんとうに, まだ一人, まるでこん畜生め, もうとうに, やっぱり本当, よくよくの, ダンスの, 一体どこ, 一刻も, 不思議な, 乱暴な, 人間が, 人間じゃ, 人間を, 今どこに, 今の, 今まで, 何て, 何時でも, 何者だろう, 何者でございます, 余程の, 俺に, 僕の, 僕は, 僕を, 冢中の, 前にも, 厄介な, 厭な, 只は, 命が, 喜んで, 困る, 国賊だ, 大抵精神病者, 女房に, 好き勝手な, 好くない, 妖怪だ, 家老の, 尾鰭を, 居ない, 常に他, 平安への, 平常雨戸, 幽霊に, 張って, 彼の, 往々に, 心の, 悪魔に, 感覚的に, 手に, 打っても, 撃て, 放つちや, 散々ふられる, 昔から, 木ぶつ金ぶつ石ぼとけ, 村の, 案外寂しい, 正直な, 死ぬが, 殺して, 殺しても, 気が, 水に, 永遠の, 泊って, 泣きながら, 渡り者次第を, 災難だ, 片っぱしから, 男の, 疾に, 目的は, 相手に, 矢っ, 碌な, 確かに, 私が, 私を, 臆面が, 自分が, 若くて, 裸馬に, 見かけ倒し, 見たこと, 訳も, 誰だい, 誰でしょう, 誰でも, 身體の, 逃げて, 鈴で, 鑑賞に, 非常に, 面白くない, 馬鹿に, 馬鹿ばかり, 駄目な, 鬼王丸じゃ, 魂だけでも

1 [1963件 抜粋] あそこで, あの大金, あの身體, ありませんあいつ, ありません無闇, あるに, あるもん, あれと, あんなに弱り切っ, あんな風, いいかしら, いい面, いくらでも, いくら血, いざという, いっそ海馬, いったん弱気, いつの間にか坑, いつも浅田, いないや, いなかったの, いませんでした, いや笑いごと, いるに, うつぶしに, おいらの, おそらく彼, おれから, おれよりも, お前で, お前何ん, お玉さんの, お願いと, かつての, かまわないから, きっと八幡様, きのう出た, ぎごちな, くたばって, こういうこと, こうも, ここへ, こない, この先とも, この終り, この邪道, これまでの, こんな際, ござんせん, さも帰りた, しっかりさせよう, じりじりと, すぐ道徳的, すなわちクマ, せせら笑つて, そう行く, そのまま小便, その中, その折夕刊, その晩ウチ, その蔭, その門前, それから, それだけ害, そんな事, た, たしかにその, たしかに感慨深い, ただ, たった一日, だれだ, だッ, ちやんと, ぢや, つかまらなかったね, つまらぬこと, つまり自分, てんで腐, とかく出たがる, とにかく薄気味, ともかく清吉, どうしたい, どうするであらう, どうだつ, どうももともと頼, どうも取り留め, どこかへ, どこにも, どし, どれだけ, どんなに問いつめられ, どんな話, ないかな, ないからなあ, ないぜ, ない俺, なお不都合, なかつたやう, なかなか危険, なかなか食えない, なまめかしい容子, なんこを, なんなら, ねえそんな, ねえ憫然, はじめて口, ひどいこと, ひどく人, びっくりし, ぶんな, べらぼうって, まあありません, まあ何処, まじめな, またこれ, また支庁長, まだこの, まだ考え, まったく思い, まるで狂犬, みな早く, みんなの, みんな天下一という, みんな泥棒, みんな社会主義です, むっとし, もうわし, もう死んじゃった, もう雇わない, もちろん歯, やくざな, やっぱり善人, やはり半分, やりきれんもの, よくも, よく世間, よっぽどあの, よっぽど間抜け, よろしく箱根山, わからないよう, わけの, わたくし共の, ゐさ, ア, イカン, ウスノロと, オッチョコチョイだ, カーボンや, コヤツじゃ, ジロジロと, ソックリそのまま, ソンナ生やさしい, ツイあんな, トイフェルスドレック, ドコの, ニヒルの, バカだ, ファッショだ, ポケットの, モダンた, リーザまで, 一人や, 一体全体何者, 一度さとられた, 一木ぬ, 一番怪しい, 一番気を, 一足おくれ, 三等症だ, 上は, 下ろせとか, 下等な, 不安心に, 世事に, 両腕, 丸でもが, 乞食を, 二人も, 二度とやらなくなる, 云うが, 五十歳以上という, 人が, 人気が, 人相を, 人間ばかりじゃ, 今どうして, 今までに, 今支庁長, 今菊科, 仕合せだ, 仕末, 他愛なし, 仰山らしく押える, 会社には, 何うかしてる, 何だい, 何でもかんでも喋りちらす, 何やらブツ, 何んの, 何処へでも, 何時までも, 何者でしょう, 余程度胸, 使い方が, 依怙地の, 俺たちが, 俺達の, 傍で, 僕と, 儂について, 優しさうに, 元来吾輩の, 先に, 兎に, 兎角越中ふんどし的, 全くゐない, 全く敵, 全く食わせもの, 八幡樣の, 其の対称物, 写真館に, 処分に, 出る杭, 出来ん, 分らんよ, 初めてだ, 到るところ, 力一杯何, 動物と, 勢竭き, 千太の, 単に見物, 即ち此, 厭だ, 反動だ, 取立ての, 叩き斬つて, 可愛らしいが, 右に, 同じ野郎, 同情する, 君, 吝嗇れ, 周り三尺ばかり, 命令に, 唯の, 喜んだが, 嚇と, 四方八方ひろがる, 固定し, 国籍を, 土壁の, 地方近くに, 場合によっては, 変り者だ, 外の, 多くは, 大きいが, 大き面, 大ぜ, 大事の, 大和魂を, 大抵きまった, 大抵極つて, 大抵石燈籠とか, 大概, 大目付殿の, 天が, 天井へ, 奉行所の, 女房大明神と, 奴隷で, 如何とも, 姉芸者として, 始終見, 婦人に, 嫌ひだ, 嬉しそう, 子供らしくねえ, 学問なんどせんで, 安穏に, 宛に, 実に恐し, 実に生命, 実際あぶねえ, 客を, 容赦なく, 富山の, 寺の, 将来容れられる, 小使に, 小説を, 尾羽うちから, 居りません, 屋敷の, 屹度物を, 島に, 川の, 巾着切でも, 帰ってから, 平素地下又は, 幸吉には, 幾らも, 弁天山付近に, 引摺り起せ, 弱りきって, 当分眼を, 役に立ちますよ, 往々それ, 後に, 御鄭寧, 心づいて, 必ず上, 怒りっぽく優しかっ, 性格が, 怪しからん奴, 恐ろしい食, 恨まれる方, 悉くポケット, 悪いこと, 惡いおでき見たい, 意気地なし, 愛嬌よく, 慌てないよ, 憎らしい, 懲らしめの, 成程, 我輩に, 手前が, 手捕り, 打抛出し, 抜け目なく, 挨拶だ, 捨て置かれずとて, 換玉だった, 撲るより, 放っとき, 斉彬に, 新お代官, 旅の, 日常平気で, 日本人じゃろう, 旧ア侍, 早くも, 早く死ね, 早川よりも, 明らかに, 時々ひどい, 時間とか, 暗室に, 曲者です, 最後まで, 有りませんいや, 有無を, 朝鮮に, 末が, 本当に食えない, 本統に, 杉の, 村には, 来なかったじゃ, 枕で, 根こそぎ俺, 楠の, 槍の, 樹に, 次から, 此の間に, 此頃は, 死ぬこと, 死んで, 殆どない, 殊に其の, 殴っちまえ, 毎日, 気の毒な, 気違いである, 水夫達を, 江戸を, 汽艇の, 油斷の, 泥坊で, 洒落た奴, 海へ, 清五郎が, 滅多な, 潰しに, 災難です, 無いぞ, 無いの, 無事で, 無理な, 無闇に, 片ッ端, 物の, 犬じゃ, 狗で, 猿眼を, 珍しいね, 生きたる空, 生まれるとから, 生れながらに, 生意気で, 留守中俺に, 病人の, 白人だけさ, 皆役人に, 皆痴者の, 皆馬鹿者の, 盛んに, 盲目だ, 直接法で, 相手には, 眼が, 矢張話の, 知らない奴, 石川が, 社会の, 祟るかも, 私は, 穴一つじゃねえ, 端倪すべからざる, 箒で, 精神病者と, 素晴らしい幸運, 結局此う, 絵に, 縄で, 罰当り, 考えれば, 肛門から, 脳に, 腕で, 自らそれと, 自分一人が, 自殺しなく, 船乗仲間の, 色餓鬼ばかりさ, 花鳥の, 荒々しい溜息, 莞爾と, 董荼奴と, 虚空を, 蛭子神社の, 行う所, 袋みたいな, 裸女を, 見つけ次第狗殺し, 見のがして, 見込んだ相手, 親分にも, 訊いた, 話せないよ, 語るべきもの, 誰が, 誰と, 諦らめの, 負角力, 買いこんだセメント, 贅沢だ, 足早に, 身投げぐらい, 軽薄ものだ, 近頃死ぬ, 退屈にさえ, 逃出し, 途方に, 遁げ足を, 道の, 遠慮なくおれ, 邪魔立て致そう, 酒が, 酷い目, 金にさえ, 金盗人と, 鉄気を, 間に, 陰と, 隠れて, 離縁する, 電信でない, 青山仁兵衛とか, 面白いもの, 順々に, 頸と, 顔を, 飛んだ物好き, 食う為, 養母の, 馬の, 馬鹿が, 馬鹿みた, 駄目です, 駈出した五足, 高い処, 高等学校の, 鬼にでも, 鰻のぼりに, 黒い僧服, 默つて殺す

▼ 奴~ (1359, 8.9%)

1573934 と思っ, と思った 29 なあ 2822 なア 15 と思 13 ぞ, と思う 9 と思つて, ねえ 8 ということ 7 が, といふ, とお 6 から, ぜ, といっ 5 という, と云う, と私, と自分, の, ッ 4 からな, と大, と思いました, と思ひました

3 [18件] かよく, からその, からね, から何, がさすが, そうで, とは思い, と云, と云っ, と云った, と半, と彼, と思い, と思ふ, と思われた, なと思った, 汝は, 誰が

2 [52件] え, からいつ, からそれ, か知らない, か知らねえ, か面, がそこで, がそれ, がまさか, が今日, が命, が此, そうだ, つたと, というよう, とは思った, とひそか, と今, と唸, と思います, と思わず, と思われる, と思召, と悪く, と我子, と昔彼, と相手, と秀吉, と罵る, と腹, と要心, と言っ, なあの, なお前, なという, なとセンイチ, なと思い, なと思っ, なと私, なやあ, な兎, のう, キサマは, ネ, 位で, 何うかし, 大和魂を, 手前は, 此の, 汝が, 生意気な, 貴様は

1 [706件 抜粋] ああ俺, ああ貴様, あのマドロスめ, あの床屋め, あれが, あれを, あんなこと, いいきみ, いったいがんりき, いわくアブラハムの, いわゆるアプレ, うん, えあの, お前なぜ, お嬢さんを, お嬢様とも, お蘭さん, お賤, かこれ, かそれ, かね, かひどい, からいう, からいけない, からうかと, からうっかり, からおおよそ, からお前さん, からこ, からこう, からこそだ, からこの, からこれ, からそう, からそこ, からそれぎり口, からたちまち, からつて, からという, からとうとう, からどこ, からなあ, からなか, からね今夜, からの, からまた, からもう決して, からもし, からチト懲, からハヽヽヽ, から三十両, から下手, から事, から今, から仕方, から何ん, から余程, から先生, から力, から博奕, から大した, から娘時分, から己, から己ア, から年頃, から情勢, から手がかり, から打擲, から拾った, から指, から放っ, から放火道具, から昼間, から最う, から朝, から此, から此処, から殺したい, から江戸, から生, から用心, から皆, から罪, から脊負, から自分, から芸者, から若い, から詫びた, から誰, から連れ, から邪魔者, から難, かれこれと, かわかりゃしない, か忘れ, か早く, か知りません, か訳, か説明, がいや, がお, がおれ, がこの, がこれ, がそれでも, がとうとう, がと思っ, がねえ, がはてな, がまだ, がよい, が丹後弓彦, が人殺し, が何, が俺達, が僕達, が全く, が其, が出る, が勝, が壮年, が如何にも, が康雄, が心, が惡智慧, が描く, が晒す, が柔術, が棋力, が次第, が殺し, が田舎廻り, が留守, が臆病, が薬, が見たく, が親爺, が謀, が車, が通す, が阿, が附い, ぐらいに考えた, ぐらい云われた, けどこうして, けれどただ, けれどもさっぱり, けれども美しい, こいつは, ここで, ことに酔う, この上, この頃, これ, これが, これ宿屋の, これ屋敷奉公に, こんど逢ったら殴っ, こんなところ, こん畜生, さだめし肩, さ何, しあれ, しそれ, しっかりと, し遊ばせる, じゃどう, そいつは, そういう訳, そうです, そう言っ, そこを, それ早く, そんなこと, そんなら持っ, そんな事, ぞ馬鹿, だからこそ糖尿病, ちと懲らしめ, つたあの, つたのだらう, つて一等に, つて出ない, つて学校に, つて生き, つて良い, て手前, でどうか, で彼奴, とあの, というべきである, という意識, という気, という肚, という言外, という話, といきまいた, といったばかりで, といってる, といつ, といふ善意, といふ風評, といわぬ, といわん, とおっしゃっ, とおぼしめす, とかこの間, とかつきあい, とかゴリオみたい, とか何とか, とか吝, とか小憎らしい, とか社会, とか違う, とさげすん, とさんざん, としかし, としてもその, とそれ, とたいへん, とどさくさ, とにらん, との苦笑, とは思う, とは思っ, とは想像, とひどい, ともまた, とも感心, とも言える, と一度, と三人, と仰っし, と伯父, と僕, と勘, と勘弁, と口惜しかっ, と呆れ, と呆れた, と喜平, と喧嘩, と大いに, と太郎, と宇津, と富岡, と小林, と彼女, と御, と思いこんだであろう, と思いまし, と思うだろう, と思おう, と思し召したでござんしょう, と思ったら, と思ってた, と思つた, と思つて自分, と思はせた, と思ひ, と思ひついた, と思わない, と思われ, と思われよう, と怨み, と手前, と折紙, と捨ぜりふ, と日本新聞, と木村重吉, と權六, と母様, と気, と深川オペラ劇場主人, と疑われる, と直覚的, と睨まれ, と睨ん, と石, と神尾, と笑, と罵っ, と罵った, と聞きました, と自ら, と見, と見て取った, と見直さない, と解釈, と言い言いした, と言った, と言わん, と詈, と認めない, と賞め, と長い, と陸, と頻りに, どうした, どうしてこの, どうだい貞藏, どうも妙, どんな用意, なああいつ, なあいかに, なあこっち, なあとおもい, なあとさ, なあ止せ, なあ釣針, ないくらか, なこないだ, なぜ囲い, なそれうつ, なそれ捉まれ, なつまらん, なと云う, なと大巻先生, なと思つて, なと思ふ, なと言, など, ななどと大, なひとつ, なへい, なもう, なんだかイヤ, なんて呶鳴らつた時, なんて思わない, なんて種々, なんて顔, なんにも間, なキンチャコフ, なタンシューッ, なムク, な三藏, な今, な俺, な唖, な大事そう, な大夫これ, な奥さん, な己よう, な待ちャア, な折, な指弾, な此奴, な此畜生, な此處, な石原, な空笑い, な自分, な若け, な貴様, ねえいや, ねえさ, ねお前, ねさ, ねと言, ね君, ね姉, ね親分, のに, まさかこんな, まだこの, もっと年, もの人の, やけに腕, よく狼, よこいつ, よ今, よ此の節, よ行者, わあれ, わいお, わねわざと, われには, ア, アよ, ア此奴は, キリスト気取りで, コマリンスクの, サこ, ツ, ツ神妙に, ドウか, ナ, ナあれ, ナアまア, ナ手前, ヘタに, ヤイ侍頭巾を, ワセダの, 一つ長屋に, 一枚毀し, 不忠者め, 不思議ぢや, 中を, 予が, 事って, 人殺し, 人見小六さんも, 今に, 今に悪事, 今に暇, 今の, 今夜でも, 他に, 他人の, 何とかし, 何とか云った, 何とか適当, 何と心得る, 何処から, 併し, 侍たる, 僕は, 元気を, 兄貴が, 全く手前, 八雲の, 其の気, 其事は, 其分には, 内へ, 出世前の, 卑怯な, 只置く, 可愛い奴, 名は, 国を, 変な, 大夫の, 天下は, 女たらしかも, 好, 実に幕府, 左様なる, 己が, 師匠から, 年甲斐も, 廻り遠い, 弱虫だ, 彼奴と, 彼様な, 往来の, 御舎弟様, 復讐を, 心配する, 悪い奴, 悪口を, 憎い奴, 我々同職の, 手前ぐらいな, 手前の, 手前ほんとうに, 手配を, 打捨, 旅だ, 旦那さまに, 早く死ね, 柿の木金助の, 植木屋の, 此の方, 此人間の, 此方から, 此方は, 死罪に, 気を, 汝の, 油断の, 泳ぎ位は, 浅薄と, 無職の, 煙草のみ, 牛ほどで, 牢へ, 男で, 畜生め銭が, 畜生人の, 白百合二朶の, 私の, 粗怱, 脚本配役僕に, 腹に, 蚊帳は, 親を, 訴へるた, 話は, 課長も, 贅六店の, 車夫も, 道さん見, 金が, 鉄砲玉より, 銭が, 顔を, 馬鹿と, 馬鹿な, 骨を

▼ 奴~ (925, 6.0%)

21 方が 13 ように 10 仕業だ, 気が 9 ために 8 頭を 7 顔を 6 ような 5 ことです, ことを, ところへ, 所へ, 方を, 言うこと, 話を 4 ことは, 事を, 髪を

3 [21件] ことで, ところに, ところへは, ほうが, 事だ, 云う事, 仕業に, 処へ, 出て, 口の, 名は, 名を, 姿が, 姿も, 心は, 正體, 為に, 癖に, 眼を, 面を, 頭の

2 [60件] あとを, いう事, お使い, くせに, ことだ, しわざ, すること, ためだ, やうに, 一人が, 一人や, 不運といふ, 中に, 中には, 中間が, 事は, 二号らしい, 前の, 前へ, 卑しさ, 名前を, 夢を, 娘を, 子供なんか, 孝行を, 家です, 家に, 家は, 家へ, 家を, 家来になど, 小萬, 尻尾を, 手に, 手を, 料理は, 方は, 時分から, 正体は, 死骸も, 漢人といふ, 王, 目の, 相手に, 眼から, 肩を, 背中には, 背中を, 胸に, 臣, 蝦夷萩は, 装した, 足の, 足跡を, 身体に, 顔が, 餌食に, 首を, 鼻の, 鼻は

1 [611件 抜粋] あつしの, あのザマ, あばたは, あるの, いうこと, いかさまに, いたずらです, いふこと, いまだ答えざる, いるうち, いること, いる前, うろたえさ加減ッ, おかげで, おかしな性質, おのれ一人の, お嫁さん, お尻, お留守居, お芝居, お蔭だ, かはり, からくりであった, こと, ことか, ことであります, ことでしょう, ことな, ことなんか, これという, さまで, しぼり上げる, しんは, すぐ傍, せわしないソプラノ, そばに, ためには, だなと, とこに, どたまを, ないこと, なかには, にほ, はその, はただの, はぼけてる, は悲痛, は皆, みんなが, もう一人, ものいえぬ, やうな, やつた, やつめ這ひ, やること, やるの, ゆくえは, よじ登って, ゐる間, イタズラだろう, イタズラでは, セカチ, ッしりと, ドチラが, ドッタンバッタン慌てる, ナイフが, バスが, ユーレイは, ヨメに, ローラー見たい, 一件は, 一切が, 一擧一動に, 一群れが, 一身に, 三杯酢を, 上に, 下らなさ加減, 不敵な, 世話にでも, 両君も, 両眼, 中で, 中にも, 丸い面, 主義に, 久太が, 乗ってた船, 事です, 事なんぞ, 事成らず, 事蹟を, 二人や, 云ふ, 五体や, 亡びて, 享け, 人物評ぐらゐ虚誕で, 人間性を, 仕事だ, 仕事という, 仕事は, 仕業かと, 仕業かも, 仕業さ, 仕業です, 仕業と, 仕業な, 仕置に, 仮髪, 仲間それは, 仲間に, 仲間へ, 企らみ, 伯母さんがね, 何条いう, 來て, 侵害を, 俤ゆえに, 借銭も, 側で, 偽手紙, 傍へ, 債務者で, 兄の, 先を, 先霊, 六法, 内々の, 冠り, 冠る, 冷笑が, 出しゃばる幕, 出で, 出来たの, 出来損いにやれる, 出額は, 刀が, 別荘などが, 前で, 前では, 前に, 前二足, 剣怪左膳, 力が, 力は, 力を, 北京居館は, 千人よりも, 半分だけ, 厚い無神経, 口ぶりでは, 口へ, 叩くの, 可愛らしい姿, 右手の, 名と, 名には, 名の, 名も, 名前に, 名前は, 味方を, 呻き声, 命令に, 咽喉笛を, 哀れさ, 品物な, 品物を, 唇みたいに, 唯一の, 唱門師と, 喜びようったらなかったぜ, 喝食の, 器械の, 四方八方から, 国へ, 在所を, 坐して, 塩漬である, 墓の, 声が, 声に, 外は, 多き世の中, 大きい手, 大人びた容姿, 天麩羅と, 奴根性は, 好運も, 如き帆, 如何にも, 妹の, 姿を, 娘に, 娘は, 子に, 子を, 子分に, 子分共の, 字だ, 存在を, 学校の, 害毒は, 家で, 家庭は, 家禄を, 密輸入を, 寢箱の, 小さいドン百姓, 小屋には, 小萬式, 少なくなった, 尻の, 屋敷では, 巣窟が, 左の, 差金に, 帯を, 常識の, 幕下で, 度胸の, 弁当持っ, 当然出っくわす, 形でありました, 形は, 影は, 影口だ, 役所へ, 後姿は, 後立てである, 御主人, 心中も, 心境にとっては, 心持も, 心臓へ, 心臓もので, 性情を, 性質が, 怪しからん行為, 恐れに, 息子にかけ, 悦びは, 悪事の, 悪党の, 悪党ぶりが, 悪戯だろう, 悲しむ顔付, 惚れてた踊り子, 惡口などを, 意向に, 意気沮喪の, 意見を, 慈姑と, 態度は, 懐中に, 懐中を, 懷中を, 所に, 所作と, 手で, 手になんて, 手にゃ, 手中に, 手前等が, 手口は, 手品は, 手引きを, 手玉に, 手脚が, 手許からは, 把手を, 持つ美質, 指一本指させない, 指図だった, 挨拶の, 提灯持記事を, 数は, 文句が, 方に, 方には, 方へ, 方面から, 日傘で, 旦那は, 時計だ, 書いた偽, 最期か, 末始終は, 本姓は, 本当の, 来て, 枕元から, 根もとの, 梵天帯, 棍棒も, 槍踊の, 様な, 様にとり, 権六を, 権次と, 横っ面へ, 横っ面を, 横面に, 横面を, 機械は, 次ぎ位, 正体が, 正体を, 正面半身が, 武器は, 歯の, 死骸です, 残りを, 毒々しさ, 毒を, 気に入ったと, 気も, 気障で, 氣を, 汗を, 河原に, 治兵衞といふ, 為なら, 為業だ, 無茶さかげんと, 無駄を, 爲めに, 片棒を, 片脚, 片腕を, 片足を, 猫撫声に, 王なり, 王次に, 生殺, 申出など, 男が, 病が, 病毒の, 痩せた膝小僧, 癖で, 癖にとでも, 登場, 白状した, 目印に, 目玉を, 目的は, 眞似, 真似を, 眼つきが, 眼に, 知るところ, 祖先と, 神仏群行に, 秘密は, 称あり, 種を, 種馬も, 空機嫌をと, 穿いた奢った長靴, 立場を, 筆跡です, 約束は, 素性そういう, 素振り怪しい, 組で, 組の, 缺点なんか, 罪な, 置き捨てだな, 義らしい, 考えそう, 耳に, 耳もとで, 職業と, 肌脱四谷じゃ, 肝を, 肩なんか, 胆を, 背後から, 胸ぐらを, 胸中が, 脊に, 脳天から, 脳髄で, 腕の, 腕を, 腰巾着然, 腹を, 臀部を, 臣坂本の, 自信に, 致命的な, 舌先の, 花江時代の, 芸を, 芸妓としての, 苦手で, 蔑称で, 蔭口を, 蝦夷萩の, 蟇口の, 血だ, 血液の, 行列も, 行動, 行爲が, 裏を, 裡面には, 褌の, 襟首とっ, 見當, 見舞に, 視線を, 視野に, 視野内に, 親だ, 親父だ, 親身でしょう, 観察の, 解説で, 言う事, 言ったよう, 言った通り, 言ふ, 言種が, 言葉, 言葉が, 言葉を, 計略に, 詩に, 詮索は, 詮議に, 話したの, 説が, 調べの, 調子に, 譎計に, 貞固, 路用に, 身の, 身の上を, 身もとを, 身代皆, 身体では, 身持が, 車に, 返事の, 追放は, 通った路, 連中が, 運転ぶりを, 道具でございます, 道楽だ, 邪魔を, 部類に, 醜い嘶き, 野郎すつかり忘れ果て, 金と, 錆棒なんか, 長処, 間違えで, 階級である, 隠れ家には, 青白き生活, 面が, 面に, 面は, 面まで, 面付だけは, 頭かきかき, 頭が, 頭に, 頭巾を, 頭脳は, 顔に, 顔へばかり, 顔色赤蜻蛉黍の, 顔見る, 風呂場に, 食慾を, 首でも, 首は, 香を, 驚きようと, 驚愕を, 骨なり, 骨頂だ, 高座に, 髯と, 魂だけは, 鳴き聲が, 鶯は, 鼻が, 鼻っ柱を, 鼻に, 鼻先で, 鼻柱を, 鼻面を

▼ 奴~ (895, 5.8%)

9 連れて 5 相手に 4 取って, 縛るん, 買って 3 始めるがの, 家には, 殺したの, 無理に, 縛つ, 見て, 見ると, 追いかけて

2 [39件] そのままに, のんだよ, ぶらさげて, もって, やっつけて, やって, グッと, フーフー言い, 中に, 云つて見, 今一度他に, 仲間に, 借りて, 利用し, 呪って, 好いて, 届けて, 引張り込まうと, 待って, 手で, 打って, 択んで, 持って, 探せ, 掴まえて, 書出すん, 殺すこと, 殺すの, 生して, 着て, 知ってるかい, 私は, 立たせること, 縛って, 置くの, 肩に, 胸に, 見たこと, 見つけて

1 [767件 抜粋] あたじけなく頸筋, あの晩, あの留学生, あばき出そうため, あぶらぎつた, うまく賺し, うみ出す, おそい之, おともだち, おめおめ生かし, おれが, お前は, お庇い遊ばした, お見忘れ, かいて, かばいだて, からかって, がりがりやり初めた, きょうは, くったな, ここに, こさえて, こっちへ, こないだから, この某, この眼, こらして, こらしめて, ころしたん, こんがりと, ご城中, さげて, さし出して, しょって, しょっ引いて, しんの, すくりと, ずっと落し, その, そッくりつかまえる, たしかめる事, たそがれの, たたっ切って, たのむと, たべたいな, だまして, ちょっとわたし, ちょっと御, つかまえて, つきとめて, つづいてばたり, つれて, とかく有難がる, とったの, とても一, とりおさえろ, どうしても味方, どうぞ御, どう処分, どこかの, どんなこと, どんな苦しみ, なぐりたおしたか, なぜ, なぜ飼っ, ねらって, のさばらせて, はいた男, はいて, はじめ仲間どもは, はばからず自由, ば作っとる, ひきだして, ひっかついで, ひっ捕らえるの, ひとつ御, ひどい目, ふっ飛ばして, ぶちこんで, ぶら下げて, ほじくり出して, ほんの僅か, まげたの, まず好き, まぜて, またわざわざ, みろ, みんな合わせた, みんな食っ, もう少し複雑, もてあましてるの, やった覚, やっつけた同じ, やりながら, やること, よくよ, よく知ってた, よって, わしの, イフヒムの, イヤと, ガブッと, ズバッと, センメツしたくなった, チッキに, チャリンと, ナイフで, バラバラに, ペロペロと, マン中から, モウ一度見計らっ, ルイ・ベッケルだ, 一つあ, 一つつかまえ, 一人お供に, 一人二人殺っつけたら, 一人残らず, 一人連れ, 一刀両断にも, 一匹針で, 一本つまん, 一本引提げ, 一杯御馳走, 一枚貰う, 一歩先へ, 一羽抱きかか, 一羽抱きかかえた, 七輪の, 三十人の, 下へ, 下ろせ, 世話し, 両の, 並べなければ, 乗せたら運転手, 乗せて, 二つばかり, 二三人たずねた, 二三度見た, 二三本握り固め, 二人叩き仆した, 二十人ばかり, 二本の, 五つずつと, 五六本ぶら下げ, 五枚も, 人込みの, 人通りの, 今さきつぶし, 今夜城中へ, 仕上げなくちゃ, 何だかよく判らない, 作ろうと, 使つたに, 使つてゐる, 供に, 保留し, 俺に, 倒せ, 僕は, 元二, 先に, 先生が, 光と, 入れるよりは, 八ツ口の, 公判廷で, 冥途から, 出されたこと, 出した, 出し給え, 出せ, 刀で, 分けようや, 切り倒して, 利用した, 制裁せらる, 前列の, 力まかせに, 助け置かば, 勝手次第に, 勤めるお, 勧めると, 又読み返す, 友としては, 友人の, 取っ捉, 取りはずして, 取るん, 取逃がしたの, 叱して, 吊つて, 向うに, 向うへ, 吾輩の, 吾輩は, 呼びに, 呼ぶ紅葉湯, 呼吸した, 唾液も, 喚んで, 喰いたいの, 喰うて, 嚇か, 国外に, 城へ, 執筆中あつく, 壮烈な, 売り飛ばしたなあ, 外へ, 外海で, 夜警の, 大いに繁殖, 大手の, 天井の, 奉公にでも, 奥座敷へ, 好きでねえ, 好きな, 姦夫に, 嫁に, 嫌ってるん, 家に, 寄せ付けることぢ, 尋ねるため, 小児と, 少々出す, 少しづつ, 少し買った, 少し起き直る, 屠れっ, 山と, 山盛に, 山程, 左様甘やかし, 巧く, 幸吉は, 床に, 庭番に, 引きずって, 引きずり出して, 引き挙げりゃあ, 引き揚げて, 引っくりかえし, 引っこ抜いて, 引っぱって, 引っ捕らまえ, 引張り出して, 引捉え, 引掴ん, 引立てて, 彼女は, 従えて, 御成敗, 御覽, 徳蔵が, 忘れては, 怒らしては, 思い断れないという, 思う, 思ふ, 恐れて, 惜気も, 愛して, 憐れむこと, 懐中に, 懲らして, 成敗する, 所望致す, 手も, 手討に, 打ち取って, 打ち明けて, 打ったり, 打っちゃって, 打殴る, 払い下げて, 抑へる, 投げるので, 択び出した, 押えて, 押えても, 押さえ付けて, 押し倒, 担つて玄関口へ, 招いた, 拾って, 拾ひ, 持ってるじゃ, 持っといで, 指して, 挙げて, 挙げますか, 挟んだ札, 振らせた趣, 捉まえよう, 捕えて, 捕えろ, 捕へて, 捕まえて, 捕まえること, 捜して, 捜すよう, 捩伏せて, 捫り出そう, 探すには, 探索に, 掴み殺して, 掴めえて, 搜し出し, 撃って, 撰び教えて, 撰んで, 擲らず, 救うて, 救おう, 教えるの, 敬, 料つて食べる, 斬った証拠, 斬って, 斬つてさ, 斬るか, 斬ること, 斬るは, 早いところ誘拐, 早く引き挙げ, 昨夜十二時過, 是非一丁飼いなさい, 時々考へ, 晒し台, 書いて, 書入に, 木曾街道で, 東京では, 松江の, 柳行李一パイ百円ぐらいで, 森の, 検べに, 横ざし, 次の, 欺し, 此処へ, 死ぬとき, 死んだ者, 死物狂いで, 殘し, 殴りつけに, 殺させるため, 殺したって, 殺したならそう, 殺した暮方, 殺して, 殺し尽して, 殺すか, 殺人犯人と, 比丘と, 浮雲い, 消しとること, 溺死させる, 無法だろう, 無雑作, 煙草の, 片っぽ, 片づけて, 片ッぱし, 片ッ端, 片手に, 物の, 犯人でない, 生かして, 生かしては, 産ませまいとして, 申立てれ, 皆売りました, 皆追いのけ, 益々大きく, 目にかけて, 相手の, 看て, 眺めながら, 眼前に, 着るから, 睨んで, 知って, 知つてゐる, 知らないかい, 砂の, 碌さんの, 神と, 穴を, 穿いてるん, 突きとばして, 突き殺す時, 突き飛ばして, 立てて, 筆者が, 紀久ちゃんは, 素肌に, 素裸に, 組み伏せて, 総元締め, 縛る修業, 縛れ, 置いて, 置くと, 聞くまではな, 聴かして, 背景もしくは, 背負いこんだもの, 背負ひこんだ, 胸の, 腸抜きに, 膝の, 自分の, 茶碗に, 荒尾は, 蒸したもの, 薄々知つて, 薬研で, 虐げたり, 螢籠の, 血眼に, 袋ん, 製作へる, 見かえして, 見せて, 見せに, 見たと, 見たので, 見たよう, 見たらば, 見つけたの, 見つけたら私, 見つけ出して, 見ましたつけ, 見ること, 見付けると, 見付け出して, 見当つけ, 見立てて, 見返して, 視る然, 親方の, 討ち果さんうち, 訪い盗んだ物, 許して, 詰める上物, 詰問し始める, 誑り寄せ, 誘き出すって, 誰と, 誰も, 調べなきや, 諸うきす, 讀み出す, 買うもの, 買う前, 買上げる, 購は, 起しながら, 踏んご, 蹴飛ばして, 身請しよう, 辯護する, 返す一刀, 迯げられました, 追い縋った相棒, 追っつめて, 追っぱらった, 退治る, 逃がしちまったん, 逃がして, 逆に, 途中で, 連れずに, 連れてさ, 選べば, 選んで, 邪慳に, 邸内へ, 都に, 重に, 防げるかしれんが, 階段から, 隠密として, 面責しよう, 頻りに考, 願おうじゃ, 食うところ, 食ってるところ, 食は, 食べるん, 食べれば, 食わして, 飯の, 飼いたいな, 騒ぎ立てて, 鶏が, 黒

▼ 奴~ (669, 4.4%)

14 なると, 違いない 13 相違ない 7 限って 6 ちがいない 5 ロクな 4 なって, 違ひない

3 [13件] かぎって, して, つけむ, なったの, やられたの, ろくな奴, 似て, 娘を, 相違ねえ, 話して, 誰が, 逢っちゃあ, 金を

2 [35件] お春, かまって, きまって, ござります, それとなく問, ならねば, なるより, ばかに, ひどい目, やられたん, ソオスを, 一文も, 云いつけて, 会うの, 出会した, 反感を, 向て, 小言を, 復讐する, 恥を, 渡した, 物いひつけん, 目を, 瞞され, 祈祷を, 見えて, 見せて, 見込れ, 言わせると, 身を, 違いありません, 違ない, 限るもの, 頭を, 魅こまれた

1 [493件] あの親孝行無双, あやまるの, あやまる事, あらず, あるん, あれば, あんな処, あ一万, あ六十万, いじめられて, いつどこで, いつまで, いつも黙っ, いのちまでもと, いは, いもりを, いわせると, おまえの, おれは, お世辞, お乗り, お云, お供を, お前を, お包, お心当り, お構いでない, お構いなさる, お辞儀する, かう言, かかっちゃ, かかって, かかっては, かかつて, かかりあっちゃ, かぎつて, かっ攫われまいもの, かぶりついたという, かまったら大事, からかわれ心細く, きまつて, きまッ, くれて, このうえ罪, この大事, この面こ, こんな恥, ございますこの, さらわれたという, さらわれて, さらわれる, され惣之助, しきりと, したところ, してからが, しては, しても, してやられちまう, してやられるに, すすめて, すっかり聴かれ, せめられ泣かま, せよ平, せられた者, せ札, そ, そそのかされて, そのうち石川, その味, その機会, その端, それも, そんなに優しく, そんな器用, そんな氣, たいしたくせ者, たいそうな, たたきつけて, たたられどうし, ただの, たった今謎, たのまれた約束, だね, だまされたら又, ちが, ちげえねえ, ちやほやする, ちょッぴり礼を, ついちゃあ, つかえば, つかまった, つかまったって, つかまったな, つかまったら因果, つかまっちゃ, つかまって, つきまとって, つきまとってるんで, つけた, つけられたという, つけられるよ, つつかれるとか, てんで一睨み, でくわしたこと, とっちゃ, とっちゃあ, とられるよりは, とんでもない, どいて, どうかと, どうしてこれ程の, どんな刑罰, なったと, なっては, なってる姪, なにも, なまじ家, なりすまして, なりたいね, なりたい者, なる, なんとも言えない, ねらはれて, のさばられちゃ, のせられたん, はかられたか, ひっかかって, ひつとらへ, ひとつ眠剤を, ひとつ訊い, ひどい懲らしめ, ぶつかると, ぶら下られて, また腕, みえて, みこまれて, みつかるからね, みな金を, みんごとやられた, むかって, めぐり会わないかなあ, もう六七年, もう私, ゃかなわねえの, やらしたらどう, やられこちら, やられる筈, われわれの, カウンター兼給仕長の, サインする, ドコまで, バッサリ殺らし, フロツクを, 一つ見せたい, 一ぱい食わされた, 一分間でも, 一度も, 一杯食わされ, 一風呂入っ, 丁度いい, 下さる筋, 中ったか, 中つて, 乗りこまれちゃ, 二十両の, 云いふくめて, 云はせる, 云はれない, 云はれなく, 人間の, 今売りあげ, 仕事を, 仕立てあげようと, 仕返しを, 仮令どの, 会いたいなんて, 会ったこと, 会ったらそれ, 会っては, 会つては, 会つて石川の, 会わないかと, 伴れ, 何か, 何が, 何だつて, 何ち, 何で此, 何で遠慮, 使わせるより, 侵されて, 俺の, 儲出す, 先を, 免じて, 入つて來, 入れるとか, 全然科学精神, 内通し, 冷やかされて, 出くわしたこと, 出くわしたもの, 出くわしましてね, 出っくわして, 出っくわすと, 出つくわしたこと, 出て, 出ッ, 出会いましてな, 出会したらこの, 出合ったら誰, 出逢ったと, 出逢って, 出逢っては, 出遇, 刃物三昧に, 分るもん, 切腹を, 利く薬, 制裁を, 剣突を, 加勢を, 劣らずみっともなく, 勝ったの, 化けたり, 十手を, 占有される, 及ばぬの, 及びも, 取っては, 取られッ, 取ッ, 取囲まれ切られて, 口なんか, 口に, 叩っ斬られた, 右手を, 吊鐘, 向って, 君の, 唐人髷を, 問いつめられて, 問うが, 問われて, 善人なんか, 喧嘩を, 嗅つけられた, 嗤って, 噛まれると, 売りおる奴, 天人し, 太平洋の, 太鼓の, 女は, 好くも, 家を, 家庭教師が, 寄越さねえでおれ, 寒の, 対手に, 属して, 巧く, 幸福を, 引っかかって, 引っ掛かったと, 引替えて, 強引に, 当るもの, 往々真犯人, 後ろへ, 御勘定奉行, 御馳走し, 忠義を, 思ひ知らせて, 思ひ知らせ度さ, 性質の, 怪我にも, 怯えて, 恩を, 悪い物, 情の, 惚れたかねえ, 惚れてるつて, 惚れてるん, 惚れ出して, 惜しいもん, 想いを, 感謝しよう, 慎九郎風の, 憑かれて, 成った今, 成ると, 手を, 打つか, 扮装ったかれ, 投げて, 押されて, 担がせながら, 担がれて, 担保なし, 拘りなく, 持たした, 持たして, 指で, 指を, 挑戦し, 捕えられる怖, 捕って, 掴つた, 撲られたん, 撲倒して, 教は, 料理屋や, 日に日に侵入, 明日の, 是迄, 暗討ち, 月三円の, 服膺させね, 未練を, 本当に正直, 来られた日, 来られて, 極った, 極って, 構うな, 様子を, 横取りされた, 横領され, 横風を, 欺された, 武装警官を, 死んだためし, 死んだって, 殴られたん, 殺されたと, 殺されたの, 殺されて, 殺されました, 母様が, 毒を, 気に入りそう, 気を, 汚されては, 決鬪を, 油斷を, 浅草のと, 渡して, 渡すの, 渡せるもの, 湯の浜温泉へ, 滅茶滅茶に, 滅茶苦茶に, 照し, 爆弾を, 父が, 牛の, 狙われたら生きて, 発破を, 百万円だまされ, 盗み出されたこと, 相手に, 相撲を, 相違ありません, 相違あるまい, 相違なかっ, 真人間の, 眼を, 知らせるの, 知れたッ, 研究させ, 碌な, 礫が, 福の神は, 納められちゃあ, 紛れもねえ, 組付いたの, 締められちまう, 罪は, 聞いて, 聞えると, 聞きてえ, 胴巻を, 自分が, 自然と, 自由に, 至っては, 船底潜らせ, 芝居の, 苦しめられて, 荒れられると, 葬式を, 螫されてる, 裏斬り, 褒美を, 見える, 見えるとこ, 見せるべき真珠, 見つかった日, 見つかっちまった, 見つけられ思わぬ所, 見つけ出されて, 見られちゃ, 見付けられたん, 見替えられたの, 見替へられたの, 見込まれたと, 見込まれたの, 見込まれては, 見込まれるやなんて, 触らせやしないん, 言ふ, 討たれたもの, 討たれて, 語りぬ, 講中を, 譲って, 譲つてし, 負けやしません, 負けるの, 責められて, 買つ, 貸た, 贋金を, 赤化され, 赤化宣伝を, 路地の, 蹴とばされて, 辛抱が, 追いかけられて, 追いつくだろうきっと, 追っかけられたの, 追っかけられてる, 追っついて, 送られん, 逃げられて, 逆らふと, 逢いましたよ, 逢うぞ, 逢えば, 逢ったとは, 逢ったの, 逢ったよ, 逢って, 逢っては, 逢つ, 逢つたのは, 逢ふたか, 逢わなかつたかね, 連れて, 遇っては, 遇つたつけが, 過ぎない男, 過分な, 違いなかった, 違い無い, 違えねえと, 違ひねえ, 遭って, 遺恨を, 邂逅した, 邪魔され, 邪魔される, 都合の, 金は, 鉄拳を, 鐚一文でも, 限つた, 限つて実行に, 限つて尊敬なんて, 限つて決して, 限つて自分の, 限つて酔ひでも, 限つて鼻息の, 限られたこと, 限りて, 非ざる, 預けましょうか, 頼まなくたって, 頼まれて, 頼むの, 頼んだと, 風呂敷を, 食ひ付かれ, 飲した, 馬乗りに, 馬鹿に, 駭か, 騙されたりなんか, 騙されて, 魅こまれ, 魅こまれました, 鼻あかせ

▼ 奴~ (567, 3.7%)

37 ある 21 あれば 11 あるもの, いる 9 ないもの 7 あるが, ねえもの, ねえもん 6 あるもん 5 あった, あつた, あるし, ないもん, 出て 4 あったもの, あって, あるん 3 あるまい, あるめ, いた, いるが, ないじゃ, 大勢いる, 奴だ

2 [21件] あるです, ある了簡次第, いて, いない, います, おれの, たしかに, ないからね, なかろう, やっぱりそれ, ペンペン草であるし, 中, 傍から, 出る奴, 変って, 存在したであろう, 少いでしょう, 描かせる奴, 描く奴, 有らうが, 歩き出したね

1 [351件] あがる奴, あったが, あったくらい, あったほどの, あったもん, あつて, あの松明, あらかじめわかっ, あり, ありて, ありなんと, ありました, ありましたよ, ありますからな, ありますよ, ありません, ありませんからね, ありまた, ありヒョコヒョコ, ありヒヨコ, あり悪童ども, あるから, あるぜ, あるそう, あるそれ, あるだろう, あるだろうが, あると, あるという, あるといふ, あるには, あるはず, あるまいいい, あるまいし, あるまいでは, あるまい行先, あるわけ, ある料簡次第, ある由, ある私, ある者, ある見ねえ方, あれは, あれを, あろう, いいかげんの, いい加減な, いけしゃあしゃあと, いずれは, いたそう, いつかそんな, いねえとは, いましたよ, いやがるん, いよいよせっぱつまった, いら, いりゃ人殺し, いるし, いるしさ, いるだろうが, いるってネ, いるに, いるの, いるので, いるもの, いるもん, いるよう, いる御用商人, いる悪い, いれば, ういけ, うるさい奴等, おありな, おどろいて, おもしろうない, お前の, お武家さま, くだらん奴, こいつは, こうなる, このごろは, これには, これまで, ごんごろ鐘, さう阿漕, させる奴, さぞやりきれ, しでかして, しやべ, ずゐぶん, そうだ, そのあくる年, それかも, それまでに, ぞろぞろ帰つ, ただの, ついて, ついでに, つまらずダレ, でかい腹, とうとう参っ, どうして感心, ない, ないし, ないじゃァ, ないだ, ないだらうから, ないだろう, ないで, ないであろう, ないでしょう, ないね, ないの, ないので, ないほど, ない筈, なかなか凄い, なかなか呑み込めねえ, なかなか親切, なかろう拵えたって, なければ, ねえなあ, ねえべ, ねえほどの, ねえんで, ばかな, まさかあるまい, まず相当, またおれ, また出, また同じ, むか腹, もう二つ目, やがて起き, やっぱし子供, やっぱり軒, よっぽどそそっかしい, ゐないから, ゐないの, ゐますよ, ゐる, ゐるしね, ゐるの, ゐるものぢ, ゐる昨日巷, エライな, ゴーリキイに, タイシタ奴に, テニスの, ドレ位強い, パツ, ロクな, 一町内に, 一目見れ, 下層に, 不届, 中止, 五黄だった, 仁侠の, 今に, 今度の, 今朝この, 似たよう, 低脳, 住んで, 何か, 余程呑気, 信仰は, 傍に, 元は, 元気よく, 兄貴と, 八千代サンの, 兵営で, 再生の, 出す奴, 出は, 出ませんでした, 出来るだけの, 動かせまいと, 勤まらねェ訳, 半分いた, 却ってその, 参木の, 友だちを, 同じお, 同じよう, 同じ宿, 同じ筋, 同類だろう, 君の, 呑気な, 命からがらああし, 唯その, 在るもん, 多いが, 多く古来人類, 大分困った, 大抵わかる, 大抵心あたりが, 大馬鹿野郎, 奴ぢや, 奴である, 奴なら, 好きじゃ, 婚礼の, 婢も, 婬乱な, 子を, 子供の, 実際に, 寸分たがわぬ, 少いから, 少い美少女, 少し不衛生, 居た, 居たがね, 居ますから, 居らんか, 居るだろうが, 居るってな, 居無え, 差配内に, 弟子じゃ, 彼を, 御手伝, 御方の, 御目鑑通り早乙女主水, 忙しい身, 忽ちに君, 怒っては, 怖いから, 怖かった, 怖ぢ, 悠長な, 悪いだらう, 悪くねえ, 愛嬌がねえ, 感心し, 我慢の, 手伝ったの, 折々は, 抜かん此方, 担がれる奴, 担ぐ奴, 文弱の, 斜に, 斬って, 時々居る, 晒される奴, 晒す奴, 智慧の, 暮れかかる, 曳き出して, 最初から, 有らう怒る奴, 有るもの, 有難の, 朝頭を, 来ても, 来るし, 来るだろうが, 来る奴, 東京には, 案外しつかりし, 正直に, 此奴も, 此第一歩の, 歩いてるの, 死ぬる, 死骸に, 気に入らないが, 永禪和尚と, 決して安穏, 沁, 泣きそう, 海水の, 無いから, 無いだらう, 無いもの, 無いもん, 無いん, 無い常, 無かろうじゃ, 無理矢理に, 無頼漢ばかり, 物好きだ, 物好きな, 狡い奴, 猪之の, 獲物で, 珍しい, 生意気だ, 番頭の, 病気の, 白くな, 皆んな厭に, 盜む奴, 相当の, 相手に, 知らぬ, 福村の, 空腹よ, 立つ奴, 紀久ちゃんと, 聞く奴, 聴入れまい, 腕を, 腹這いに, 自から, 自信が, 自然こそこそが, 苦しさ, 落ち着くところ, 落着く, 見てや, 見ぬに, 見立てられた奴, 証拠が, 誘い出す奴, 謎なら, 辟易しました, 近いうち, 通す奴, 通る奴, 逢う奴, 遊ばせる奴, 遊び人上り, 酔っぱらいも, 長々君, 長崎へ, 阿呆だ, 降って, 随分おかしな, 随分六, 集まる壬生, 雑司ヶ谷の, 雲霧なら, 面白くねえ, 面白さうにここ, 頭が, 顔の, 顔色を, 飛び出して, 食う奴, 食われる奴, 食わんわけ, 餓死に, 馬鹿ぢや, 馬鹿な, 駅裏の

▼ 奴~ (466, 3.0%)

109 ござります 7 あつた 4 ござりまする, せう 3

2 [22件] あつて, あらう, おまけに, がす, こいつが, これは, ごぜえます, さ, せう君, それに, それを, なんでも, 一緒に, 主人の, 他の, 僕は, 左の, 恁, 成瀬屋の, 日本式建築や, 自分が, 誰だ

1 [385件] あつたの, あつたらう, あの女, あべこべに, あまりやりすぎた, あらうが, あらうと, あらうとも, あれや, あれを, あツ, いさ, いつの間にか二人, いまだに何彼と主家, うなだれて, うわべは, うんざりした, おつう小利口, おやまの, おれの, お前も, お嬢さま, お嬢さんが, お嬢様を, お玉の, お筆さん, お米, お角, がすけど, ぐにゃぐにゃと, けっして後で御, げすから, げすが, げす何, こいつも, こいつ白らばっくれ, こうして名優, こっちが, この一件, この一年, この小, これが, これだけは, これで, これを, こんな女, ござり, ござんし, ごじい, さあこれ, さあね, さして珍しく, じきに, じぶん, ずいぶん鳴らした, せうあんな, せうどうせ, せう脅喝新聞, そいつが, そういう了簡違い, そうかと, そこい, そこが, そこで椋原孔明氏, そして何時, そっちい向いた, その上いっぺん, その不安, その婆さん, その学問, その後で, その特質, そばに, それが, それじゃ, それで, それは, だから未だに, だれも, ちっとは, ちやうど, ちょっと嚇, とうてい食われた, とうとう見失っ, とき色の, とり逃したが, どのくらいに, どんなに仏頂ヅラ, なあ, なあ自分, なかなか素直, なむやみ, なんぼ何, な己ぁ気, な海, な近い, ねお嬢さん, ねまた, ね手, ね話, ね那奴, はござりませぬか, はござりませぬが, はござりません, ぴょこ, ほかの, ほんもの, また片手, また駕籠, まだ私, まるで違っ, もう世話, もござりませぬ, もちよ, もって, もっともらしい, やって, やはり地球人類, やんしたが, ゆうべも, ようやく文法, よく世間, よく偽筆, よその, ろくにカメ, わたしの, アイツを, アカリを, アルファベットの, カラザースさんの, コクトオも, ダルトンと, チットは, ナオミの, ハイ, ハイハイ悪気は, バカか, ピョイと, フトンを, ロロ公爵と, ワイヤー受けの, 一つ叱られ, 一人だ, 一人は, 一人ふーん, 一代の, 一寸専門的, 丁度仲間, 万事を, 三甚の, 三略の, 三貫目の, 下の, 世の中に, 中, 中指と, 二年目の, 二度と卵, 二時間も, 五作さんの, 人に, 人を, 人癲癇といふ, 人間が, 今年の, 但馬に, 体よく, 何が, 何も, 何もかも知らん, 俺の, 俺らを, 傷づかない, 僕を, 元より, 先刻から, 先刻より, 先方から, 先方は, 先生の, 全体どの, 全身を, 公平な, 其の憎い, 其の荷物, 其の蚊帳, 其奴が, 冬の, 初爻, 別にこうと, 別に処分, 到底男, 剣術は, 力も, 十六の, 十日に, 叩き殺し, 只今申した, 名は, 名探偵, 君の, 吾, 吾輩から, 品物は, 唯では, 嘘も, 団長の, 国蔵は, 地主から, 埋って, 堀端銀行の, 堪忍し, 場所柄も, 夜海の, 大きにお, 大したタコ, 大槍, 大江山の, 大胆不敵の, 大酒飲で, 大野が, 夫五兵衞が, 夫婦の, 女は, 女房を, 奴隷相手の, 妾の, 始末に, 娘の, 子分を, 実に憎むべき, 実に憎らしい, 実に此処, 実はきのう川越, 小さくなっ, 小博奕, 小悪魔, 少しの, 少しも, 尼と, 山城屋の, 島破りの, 己を, 帯上は, 常識では, 幾次郎と, 弥兵衛の, 弱った, 当人は, 彼は, 彼処に, 往きがけの, 後から, 後へ, 御主人様, 御客あしらい, 御客あしらひで, 御座り, 御病気, 御覧なさい, 心臓へ, 忽ち又, 思ひの, 恐れ入ります, 息子の, 息杖を, 悪いこと, 意気地なし, 憎むべき奴, 抛り出されさ, 指の, 振り払って, 握ってるの, 放火が, 断食を, 新吉再び, 早く家, 是は, 時々変, 時々荒行, 時折当る, 曲者です, 最後には, 朝頭を, 来年は, 東京中の, 松若という, 板の間稼ぎや, 楽屋で, 槍突きは, 正しいの, 此の, 歩きながら, 死んだ奴, 殊に岩形氏, 毛は, 気違いの, 水に, 水戸の, 池へ, 波だつ紋, 泣易く, 流しへ, 湿り気は, 滅法力が, 然る, 物の, 物事の, 珠緒とも, 甚八も, 生かして, 生れつき飛べない, 痩せ衰えて, 白い方, 皆さまへも, 監獄と, 直ぐに, 直に打つ, 直接突き, 相手が, 真実温順しい, 神経が, 私が, 私たちの, 私どもが, 私の, 紙だの, 細かく分ける, 結局小さな, 総エナメル, 縛って, 考へる頭, 肚が, 胡麻の, 腕白を, 自分と, 自分に, 自分の, 自治は, 舟乗りは, 花なら, 行き戻り引っかかる, 表へ, 表向きは, 見ろあいつ, 親泣かせ, 言う事, 評判の, 詩人を, 誰にも, 誰の, 警察全体の, 賄賂を, 身体中疵だらけの, 輝いた有頂天, 返さなえ, 追ひ, 退屈で, 途中で, 遊所へでも, 遙, 遠慮なくおでこ, 酒から, 重りが, 重三郎に, 重役の, 金などを, 金にさえ, 金を, 金兵衛は, 鎌で, 長い刀, 闇の, 陰険な, 隠密も, 頬っ, 顔は, 風が, 食うため, 馬肉屋の, 黒眼鏡を, 黙って, 鼻唄で, 鼾を, 齢を

▼ 奴~ (405, 2.6%)

9 思って 7 一緒に, 見えて 5 大喧嘩 4 いえば 3 仕へ

2 [23件] いって, くると, です, なって, なつた, みえて, 一途に, 二人で, 云ふ, 喧嘩したら, 喧嘩を, 宣言を, 心中なんか, 怒って, 恨みも, 想像し, 来た日, 来て, 横着でない, 正太郎組の, 決闘し, 話を, 高飛車に

1 [324件] あんな風, あんまりあと, いうだけ, いうと, いう如き文字, いたずらした, いっしょに, いひし女, おさげすみなさらず, おっかさんとが, おぼしめすかも, おぼし召すでしょう, おもいそれで, お前とは, お前を, お叱り下さいましょう, お怒り, お思い, お思ひなさる, お腹立でも, お蔑みでございましょう, お蔑みなされましょう, お蘭さん, きたらお前さん, きたらかないませんや, きたら確り, きっとお, きっとぶんなぐられ, きて, きては, このよう, この上一緒, この世で, さだめしお, しゃべったり, すつかり怒つ, するは, ずいぶん運, ずぶとい奴, そっくりでし, そっくりです, その子供, それから今, それから私, それを, そんなあたじけない, たった三人, ちょうどそんな, つきあってたん, つきあつ, とち狂い世間, とる奴, どちらが, なった, ならしめず, ならむ, なりしが, なりしまで, なりすましぬ, なりましたなどと, なり下, なり世間, なり人, なり或は, なり果てたらしい, なること, なれでございます, なんか一緒, ふざけて, ふつと, ふと思う, まア斯, みえるな, もっと幽霊, よび男, よぶそれ, イツシヨに, イヤに, グルにな, トロッとして, 一し, 一つに, 一串に, 一日に, 一番さして, 一緒だった, 一談判してる, 一騎打ちだ, 七兵衛は, 世間に, 並べて考える, 久藏て, 事を, 二人づれにならうとするのか何の, 云い散らした女, 云うもの, 云った表情, 云つた, 云われる, 五代目白猿に, 五月一日云々の, 交って, 人が, 付けられたという, 代れ, 仰しゃって, 住んでる必要, 何う, 何か, 何遍も, 作る, 侮られ一挙手, 兩方へ, 内心ひそかに, 凧喧嘩を, 出入が, 分った, 初枝は, 助け出されて, 千兩箱を, 取りかえて, 取りかえるん, 口に, 叱られる位, 吉兵衛を, 同じぐらいの, 同じよう, 同じ考え, 同席は, 名乘つた男女, 君, 呑まない奴, 呼ばれて, 咄嗟に, 和平の, 喧嘩した, 喧嘩しよう, 埃だらけな, 大分ちがう, 夫人は, 女の, 娘を, 婆さんは, 嫌いな, 嬌名高かっ, 存じますから, 孝助を, 定めしお腹, 宣言せられた, 家康の, 小さい奴, 少しくら, 岡つ, 市郎は, 年中つきあってたら, 引括らせる, 引摺って, 当らない奴, 彳む, 彼は, 後で自分, 御奉行様, 御立腹, 徳兵衛とに, 心やすく, 怒つて, 思いなおす, 思いながらも, 思いの外な, 思いまするが, 思い見て, 思い詰めて, 思う, 思うかも, 思うが, 思うて, 思うでござろうのう, 思うよう, 思えばこそ, 思えやして, 思し召すか, 思し召すかは, 思った, 思ったが, 思ったに, 思ったの, 思っては, 思っても, 思つただらう, 思つたのは, 思はれる, 思ふで, 思われて, 思われること, 思われ自分, 思召しましょう, 思召ましょう, 怪まれたり, 悪い奴, 悪口を, 情無く, 感付いた, 憎がるもの, 憎くがる, 懇意に, 懲らしめの, 我が父, 戦う, 手に, 手も, 手わけを, 手を, 抱き合って, 日頃恩を, 書いた奴, 書いて, 来たら執念深い, 来ては, 松五郎源藏という, 染め出した入口, 楽を, 死に金, 殆ど変り, 決戦を, 泳ぎの, 為り人みなこれ, 無器用な, 無茶に, 煙草を, 父も, 物笑いに, 猿との, 生涯さげすまれる, 町内の, 癇癖が, 発見した, 目され, 直ぐ応じ, 直ぐ身元, 相愛した, 相手を, 眼を, 眼星を, 睨まれて, 睨みましたので, 睨み多少, 睨んだだけ, 睨んで, 矢庭に, 知ったゆえ, 知り合, 知れば, 石川の, 確に, 私に, 私通す, 称された時代, 突き離す, 笑つて聞きし, 笑は, 笑わないで, 粋興っ, 紀久ちゃんとは, 紙屑屋とが, 結婚し, 結婚した, 結婚したら, 結托なさるです, 罵られるの, 罵られるよう, 罵りつつ, 考えて, 肚の, 背中を, 自分は, 自分を, 色若衆と, 莫迦真面目に, 蔑みながら, 藤江という, 見える, 見えるも, 見える其の, 見たけれども, 見たらピストル, 見たら打殺しても, 見ゆるか, 見ゆる歟, 見られない樣, 見下し去年哲学, 見入りながら, 見抜かれるの, 親しく飲み交わす, 親方にね, 言って, 言はずに, 言ふ, 言ふべき, 言ふ考へ, 言わずに, 言われた二人, 詔給いき, 話なんか, 認めないかぎり, 賞め讃えられた, 踊ってると, 逢ったなあ, 逢つた翌日その, 逢つて來ました, 運の, 違う, 違うて, 酔醒め, 金五郎との, 鉢合せを, 門倉平, 門番の, 面を, 面会し, 顔を, 飲んで, 馬鹿に, 鰒喰う, 鼻糞を

▼ 奴です~ (193, 1.3%)

5143104 か, から 3 かい, なあ 2 からね, から自分, が, ぜ, ねこんな

1 [65件] からお, からここら, からこちら, からその, からその後, からそれで, からな, からなん, からねどうせ, からね調べる, からまだ, からもう, からわたし, から人, から今, から今夜, から仮令, から内心, から右, から多吉, から強盗本場, から悪い, から注意, から無, から犯人, から若し, から若造, から金, がきょう, がこれ, がその, がちかごろ, がどうも, がな, がね滑稽, が二, が困るてえ, が女房, が暫く, さかい, しあっし, ぞ, って, と云う, なかなか利巧, なそれ, ねえ, ねだが, ねとにかく, ね警察, の, ものようやく, よあれ, よなど, よまあ, よむしろ, よ何, よ何処, よ強請言, よ然し, ナ, 一人は, 人の, 仕様の, 其奴が

▼ 奴~ (191, 1.2%)

135 がッ 3 が何

2 [12件] が何物, が是, だ, と心中, と恨ん, と考えられた, と腹立たし, に速達, の三文小説, の何物, は人, も女

1 [146件] いかにもぶらりと下っ, いつの間には, いまだに戻っ, いよいよ鎖, お台場人足, があゝ, ががつがつ, がこれ, がなんとまあ, がわし, がオカネ, がオレ, がフン, が其方, が嘲笑的, が嫌がる, が密訴, が少し, が月, が殺され, が白い, が社長, が自分, が自然村, が見逃す, が親分顔, が詰まらない, が都, が金銀, が飛ん, こう悪, このときシッポ, この主水, この橋, この頃, この騒ぎ, しくじりを, すっかり嚇し上げられやがっ, ずッ, そこで急, そそくさし, その手間, で御座るぞ, という思い, という顔, という風, とう, とうとうやりやがった, とオレ, と御, と怒る, と思う, と思わざる, と睨ま, と笑っ, と表向き, なかなかうまく, なかなか浮かばれない, なぜその, にふりとばされる, に云われなく, に権利, ぬうと, の世話, の亡くなった, の勝手, の周囲, の囲碁好き, の妙, の心, の手出し, の方, の本, の洋服, の生れつき, の羽ぶり, の胃袋, の裏長屋, の雑言, の頤, の頭, の顔, は, はいちはやく, はお, はそれ, はオレ, はカケコミ教, は五人お客, は全然, は早くから, は時田, は最近, は村, は気どっ, は百化け十吉, は稀代, は窮, は肩, は自由, は至極, は芝, は顔向け, は鼻介, ぶらぶらと, また泣くだろう, もいちだんと, もう来た, もこれ, もっと面白い, もにわかに, も全然, も利口, も商売, も引っ掴ん, も殺せる, も殿樣, も眼玉, も聞き及ん, やかましい小言, よしッ, わが術中, を困らせ, を打ち倒さなく, を斜陽族, を見逃し, ニヤニヤと, 何と云, 何故其時, 又御, 口惜しまぎれ, 定めしおれ, 恐ろしく憤れ, 斬って, 早くご, 時どきに, 生かして, 良きカモ, 負けるかも, 這入つて, 這入つて來, 間違った所, 青い面し, 飛んでも, 食い荒らしに, 驚いて

▼ 奴~ (147, 1.0%)

61 んだ 31 んです 8 のだ 4 のである, んで 3 のだらう, のよ, んだろう 2 のか, ので, のです, んでございます

1 [22件] あれが, そうで, の, のさ, のでした, のでそれ, ので正夫, ので私, ので董太師, んだらう, んでげす, んでさ, んでさあ, んでせう, んでねダンス気違い, んでズボラ, んで媽, んで実は, んで時々, んで私, ア七八円の, 彼奴も

▼ 奴には~ (132, 0.9%)

4 候なれ 3 一人も 2 敵わ, 相違ない, 違ない, 銀百枚を

1 [117件] あの児, いくら貴様, おもしろいん, かなは, かなはんね, かなわぬからな, かなわねえ, かなわねえのよ, かなわねえ尾張名古屋, かなわん, きっと福, この家, これは, ざっぷり冷水を, せいぜい盗まし, そういう因縁, そう滅多, そのころ三つ, そのほか, その有難味, それで沢山, そんなこと, たまらんの, ちがいない, ちよい, できない芸当, どうしても老練家, どこやら, どっかで, ならぬ, のべつ怒鳴りつけ罵つ, ぶん殴ったって, まだ少し強く, まるで沢山, もうなに, もう構っ, ものも, やっぱり長い, よく犬コロ, わけが, わたしでさえ, 一二貫目も, 三年かかろう, 不思議だ, 世界が, 云わして, 五十両やる, 人一倍の, 何とか挨拶, 余程懲り懲り, 信心深い, 先ず筋彫り, 内証だ, 出くわしたこと, 出來, 出来そう, 出来ない芸当, 分ったん, 分らねえ, 分りゃしないよ, 刺身の, 勝てませんよ, 勝手に, 反吐を, 取ッ, 可愛ゆい, 嚇されるあなた様, 困るな, 地球という, 大仕事, 女に, 寄りつかんが, 廻さないそう, 御褒美, 御馳走も, 思想が, 恐い顔, 悪いこと, 手が, 挨拶にも, 接吻ぐらゐさせてもいゝし一万円おく, 敵わねえ, 暇を, 死ぬため, 気を, 油断も, 演出は, 無理でない, 猫の, 男の, 百両やる, 皆んな下手人の, 目を, 相手かまわず, 相違なかったろう, 真面目に, 種々又, 笑わして, 筑前守お, 紹介し, 罷り間違, 聞こえなかったかも, 自分の, 舞つてみせなく, 薬を, 解るまいが, 言わして, 評判が, 警察が, 身を, 逆う, 這般の, 運命も, 違いない, 鉄拳が, 隠しだては, 飛ばさして

▼ 奴~ (119, 0.8%)

27 の宮 10 の兵 7 の王子 4 の密集団, の方, の者 3 の兵士たち, の女, の滅びた, の王, を攻める 2 なりと誤解, の月, の誰, の追手, の陣営, の陣地, を攻めよ

1 [34件] といふ国, と耶馬台, と音訳, なるもの, に当る, に攻め入る, の乙女たち, の二団, の亥猪, の何物, の偵察兵, の国, の宿禰, の山蟹, の弓弦, の斥候, の武器庫, の王妃, の貴族, の軍, の軍隊, の追い, の野心, は不, へ帰れ, へ征め, へ攻め入る, へ来れ, へ近い, を好む, を愛する, を撃つ, を砂, を逃げよ

▼ 奴じゃ~ (116, 0.8%)

1811 ないか 6 ない 3 なあ 2 ありません, ありませんか, ないん, アない, ッ

1 [68件] ありますが, ありませんからね, ありませんね, あるめ, けれども仕方, げよう, こやつ, これへ, これ手前はな, こんな村境, ございません, ごぜえ, しかしその, すべてあの, そうな, その分, つかまえて, で私, ないかと, ないかな, ないけに, ないだろうか, ないと, ないよ, なかった, なかったが, なかったん, なくとも, なしそば, なるほど岩公, ねえか, ねえん, よ, わしゃそれさえぬ, ア, アぞ, アね, アねえ, アねえか, ア汝, ウーン営業, 上を, 今度此辺アうろ, 他の, 何の, 何者か, 兄に, 兄の, 切腹せい, 勇気な, 包まず申せ貴様, 同じ早川, 天神様の, 女と, 彼奴は, 恬として, 拙者が, 掏摸どもの, 有りやせん変, 渡場を, 無礼千万な, 然ら, 畢竟彼奴等, 石斎妙庵気に入る, 腹でも, 誰に, 貴様は, 関所の

▼ 奴では~ (81, 0.5%)

9 ない 6 ある, あるが, ないか 4 なかった 3 ないから 2 あるまい, ないと, ないの, なくて, 無いか, 面白くない

1 [35件] あった, あつた, ありますまい, ありませんが, あるけれど, あるまいかと, あるよ, いけずそう, ございませんが, ござらぬか, ないかと, ないかまわぬ, ないかも, ないが, ないぞ, ないだろう, ないな, ないやくざ共, ない余, ない少し, なかりしか, なかろうかと, なくあの, なく蓬, ねえが, 及びも, 困る, 有りませんか, 有るめ, 無い, 無いと, 無い歟, 無い然, 無かり, 鰻の

▼ 奴~ (75, 0.5%)

2 けたいの, 日本人の

1 [71件] おいらにゃ, お前に, お前の, この辺, これが, さすがに, すぐに, とても物識ら, どいつも, どうしてももう二千円近く, なんといひ, なんと思つて, ねえ, ばかだ, みんな阿呆だ, みんな食詰ものばかり, もぐりか, やっぱり人間らしい, やに, わし大嫌で, ギュッと, シャクに, ハムマーを, ヘゲタレな, 一人だって, 人権じう, 今時分は, 仕事を, 何うし, 何うなっ, 出しや, 初手から, 力が, 勘定を, 又人情, 大和魂を, 大垣の, 始末に, 子守児かお三どんだ, 家に, 局長ぢや, 己だけ, 平気です, 恩賜を, 拝みまさ, 擲っちまえ, 放り出して, 明日は, 有りやしねえ, 死んでるぜ, 死んでるぞ, 泣寝入りと, 煙草が, 犬小屋か, 知らん顔し, 考へて, 耳を, 腹の, 自分の, 色恋ばかりに, 英語の, 見つかりっこありませんよ, 見上げた馬, 資本も, 近江屋へ, 違ったもん, 金持の, 随分あった, 音羽から, 頓痴気の, 鰌ばっかり

▼ 奴でも~ (74, 0.5%)

3 ない 2 いるの, 僕より, 欠落を

1 [65件] あいつが, あって, あつた, あらうこと, あるまいまあ, あんなにどっさり持っ, いりゃ思いきり, お開帳, かうして, かまわないから, この上, この屋敷, この横丁, こんな深, ございません, さうさ, その鼻, そんな選り好み, なかった, なんでも, やはり昔, トントンと, 一人置かれる, 一寸泥水へ, 一歩も, 不意打に, 人ひとりを, 人を, 体重の, 俺ア必然仇を, 偉いの, 入って, 六人と, 出て, 出ようもの, 分ったら眼, 口が, 同じで, 命は, 大名屋敷などは, 少くとも, 居なかつたの, 役に立つ人才, 悪い事, 或社会人, 戦線に, 昨夜の, 沢山来, 温柔しく抓み出す, 無かった, 無さそう, 片っ端から, 肉身の, 見捨てずに, 豪いと, 路地が, 追払つてしま, 追拂つてしま, 逃さない様, 道連れが, 遠島で, 郷党が, 顔付が, 駄目だ, 驅落を

▼ 奴ばかり~ (74, 0.5%)

1054 である, なん 3 だからね 2 だから, だと, でしたよ, なり, 揃って, 揃ってや

1 [36件] いますから, いるけれど, いるよ, うようよし, そろって, だった, だとか, だな, だよ, だろう, ぢや, であるが, でがすぜ, でさすが, でそんな, でな, では, でやりにくい, で動, で姿, で斯, で相手, なの, なんでした, 世間は, 出来て, 多いの, 多い世の中, 居ると, 来とるところ, 来るんざいますものをそんなお客, 見張って, 這入つて, 集って, 集まって, 食い馴れて

▼ 奴~ (71, 0.5%)

5 に至る 3 不彌, 奉貢朝賀 2 と稱, に就き, の版圖, 次有, 次有呼邑國, 次有奴國, 次有對蘇國, 次有邪馬國, 次有鬼國

1 [42件] ありて, ありと, が倭國, との間, とはせず, と戰つて敗北, と相, と誤解, なるもの, の下, の事, の南, の名, の境域, の所在, の所在及其版圖, の方位, の朝貢, の男王, の男王とい, の男王卑弓, の記事, はまた, は三宅博士, は仲哀紀, は依然として, は倭國, は女王界, は男王, も亦, より不, より東行百里, を一國, を之, を九州以外, を以て王名官名, を倭國, を女王, を指せ, を擅, 即ち博多, 即ち國史

▼ 奴~ (54, 0.4%)

2 それでなけれ, 恥をも, 物臭か

1 [48件] あるいは猛獣, え, さがし出して, さもなけりゃ, さもなければよほど, そうでなけれ, そのシャンマティユー, それとも菊園, だ, つきとめて, とにかく人間, どうか, どうかによって, びっくりさせた, また老人, わからぬ, わからんと, わかりも, ッ, ヒマな, 一つ虚を, 事に, 人相一見いたそう, 何か, 何かで, 分らない, 又その, 善良な, 四五人連れで, 奉行所の, 女房に, 女衒仲間の, 奴ア直き, 好かん奴, 底が, 往來の, 御存じ, 我が本体, 拾つて下さいません, 来い肝心, 柴は, 物持ちの, 着物に, 知つてる, 知ら, 知らん, 等の, 食へる

▼ 奴~ (54, 0.4%)

1511 やない 6 やありません 4 やア 3 やな, やのう 2 やねえか 1 あ, き大人, やあるまい, やから, やが, やがな, やて, や國賊, や我輩, や駄目

▼ 奴なら~ (53, 0.3%)

2 ば我

1 [51件] いいん, いつか納まり, そいつの, そのくらいの, それこそ, それに, ただ一発, とっくにどうかしてる, どこの, なぜひと, なぜ館, ばだ, ば知らぬ, やッつけッ, よっぽどへま, よろしくない, わしの, イヨイヨ上等だ, ブンなぐり, モウとっく, モウ人間レコードに, 一円七十銭にも, 三百人も, 今に始ま, 何か, 何時でも, 俺の, 刄物なんかを, 利得で, 前後の, 却つて刄物を, 君の, 吸物椀で, 商売人同様だ, 大抵落城, 大抵驚い, 引取らした, 心配は, 我らにとっては, 手を, 旅籠屋へ, 板でなく, 紛れも, 聽いた, 自分の, 自分は, 蜘蛛の, 誰の, 貧乏を, 道具や, 離屋の

▼ 奴ども~ (48, 0.3%)

5 じゃ, だ 2 です, ではある

1 [34件] あ誰, から沢山, から逃げ出す, が, がそれほど, が一度, が反対, が寄り集っ, が怖い, が恐れ, が相当, だ奴ら, でございまする, ではない, で舎利甲兵衛, にかかっ, にゃあ, にゃ一人, に叱り付けられ, のこと, の催す, の冗談, の眼, の頸, はよそ, は悠々, は身, もう俺, よ, をあんなに, を切り, を後, を脅, 文飾家無益な

▼ 奴から~ (40, 0.3%)

1 [40件] かかって, さかしまに, であること, とどくもの, どんなこと, なんと指図, ひったくった, ひったくったんで, よこした猪口才, わたくしの, 何かの, 何んとか, 先を, 出たの, 大きいの, 始める, 少し取るべき, 幾ら貰った, 承りまして, 搾られて, 救は, 昔は, 氷水でも, 沢山に, 湯に, 百ポンドせびり取る, 篤と見定められた, 綿入れを, 聞いた, 腹にも, 行司までを, 裂いて, 見せられた事, 誰彼の, 谷底へ, 起ったこと, 退治せ, 退治つけ, 鎖を, 頼まれたという

▼ 奴とは~ (39, 0.3%)

1 [39件] いまは, お互に, この客, ちっとも知らず, つきあひたくないと, どこか, はっきり別れる, ほっとした, もう決して肉, 交際しねえ, 交際って, 何だ, 冷かな, 別居し, 口も, 口を, 君かい, 問答は, 思いながら, 思ったが, 思はなかつた, 思わないが, 思わなかったが, 手を, 楊貴妃の, 正反対に, 殆ん, 睨んで, 知らなかった, 知らなん, 絶交だ, 聞いて, 育ちが, 話は, 違いますよ, 違った人間, 違って, 違ってらあ, 酷いね

▼ 奴~ (35, 0.2%)

2 おのが, ぞ

1 [31件] いろいろ口, おべっかの, こんな病人, ご飯に, ぞわざわざ, とお, と思ふ, と笑う, な, ない, ないの, なかったら効かへん, ナポレオンの, バタの, 一層有名, 下僕どもが, 乞食どもを, 初期の, 友だちが, 大勢の, 女も, 思いながら, 思て, 怪しい事, 河岸の, 泥だらけの, 湯番の, 緑鮨数え立てたら, 舌を, 虜に, 風船を

▼ 奴だった~ (34, 0.2%)

32 な, に違い, のだ

1 [25件] からである, からな, から痛かっ, から碌, から野猪狩, が, があれ, がこれ, が乞食, が人一倍, が兄, が新米, しだらし, そいつは, そうだ, そうです, ということ, と見え, のか, のかい, のかな, のさ, んだ, ッケイヨ嚊大明神, 方が

▼ 奴である~ (31, 0.2%)

2 が然し

1 [29件] お蘭, か, からその, から仕切り, から助け, がこの, がその, が作, けれども自分, ことに, さうし, ぞ, ぞ何, ぞ罪, というの, といふ風, とフンガイ, と今宮さん, と半, と言, のにあの, ように, ボイは, 云々, 咄嗟に, 影みたいな, 手討に, 細君の, 茲で

▼ 奴でございます~ (26, 0.2%)

43 から 2 な, なあ

1 [15件] え切った, からお力, からなあ, から心, から態と, が強, けれども母親, とはハア, と言っ, どうか殿様, サアこれへ, 多助が, 此の, 甲府の, 私は

▼ 奴ばら~ (24, 0.2%)

3 を追 2 じゃ, だ

1 [17件] いかに未熟, が十二, だな, であったか, なん, にわらわれる, に捕虜, は一人, は何本, は巴ヶ淵, は気, も味方, をあべこべ, をそち, を一匹, を何故, を追い払っ

▼ 奴という~ (23, 0.2%)

8 のは 3 ものは

1 [12件] それぞれ独特の, のが, ような, ように, わけで, 事に, 人の, 半玉と, 師匠の, 日本語として, 若い芸者, 踊りの

▼ 奴なんか~ (23, 0.2%)

1 [23件] あっては, ありゃしない, ありゃア, ありやしません, いないぞ, いませんよ, すっとばして, なにも, ろくすつぽ, 一人だ, 一人も, 一刻も, 一匹も, 大嫌いだ, 大嫌さ, 好きじゃ, 居るん, 意気地なし, 捜しに, 明日にも, 構わねえや, 相手に, 良い役ぢ

▼ 奴にも~ (23, 0.2%)

2 ずいぶん苦労, 助太刀しない

1 [19件] いい奴, いろ, おなじよう, ずいぶん淋しい, つく, 似あわずおそろしく, 分らない秘密, 困る, 大分搖が, 後れは, 悦ばしてやろう, 手古摺るもん, 段階が, 種々ある, 結論が, 美と, 見せて, 見られるん, 頭ぁさげるなおんなじ

▼ 奴でした~ (20, 0.1%)

5

1 [15件] かね, からあと, からな, からね, から突いた, があの, が二番目の, が今度の, が可哀そう, が方々, が最初, が永く, が私, が親, が酔っ

▼ 奴ほど~ (20, 0.1%)

2 始末に

1 [18件] おっかない者, この罰, にくらしくは, 人なつかしい女, 人間の, 恐ろしいもの, 愚な, 救はれない, 気の, 油断が, 珍しもの好き, 真相を, 眼が, 肚は, 腹は, 自由の, 薄情な, 面白いもの

▼ 奴~ (20, 0.1%)

92 雲次第で 1 あいつが, おらが, こなぐり, そいつを, つく聞きや, 児は, 喃いや, 姫路の, 心弱き者

▼ 奴かも~ (19, 0.1%)

5 知れない 3 知れねえ 2 知れません 1 しれないですな, しれぬ, しれねえぜ, わからないよ, 知れぬから, 知れんからな, 知れんて, 知れんと, 知れんよ

▼ 奴こそ~ (19, 0.1%)

3 気の 2 いま江戸中の, 猪肉の

1 [12件] あせつて, うき身, これは, さッ, キチガイだろう, 宣伝が, 月に, 氣の, 道義上の, 関東者の, 馬に, 馬鹿と

▼ 奴~ (19, 0.1%)

1 [19件] ぁすぐにほれやがて, あんな奴, あんまり執拗い, そしてほぼ, へある, へこの, へ自分, ア案内しろ, イキナリ, ハハハ, 一番大切な, 不祥の, 今は, 俺が, 塀の, 山蟻が, 痘瘡面の, 顔が, 餓鬼の

▼ 奴それ~ (19, 0.1%)

3 からし

1 [16件] がまさしく, が一生懸命, が今, が嫌, が恐るべき, が武士, が目差す, が解らない, だから, っこの, とその, と其弟子, を捉, を探し, を斬り捨てた, 急げ

▼ 奴だろう~ (18, 0.1%)

5 と思った 2 と思っ

1 [11件] といくらか, ともの, と僕, と癪, ね, ブンナグッて, 御覧なさい, 日本に, 気障っ, 西の, 谷中の

▼ 奴~ (17, 0.1%)

2 は安寿

1 [15件] が出, が大夫, が大目, が安寿, が承っ, が籠, が言った, ながら髢, に教えられた, の前, の帰った, の詞, の話, はそれ, は二人

▼ 奴~ (16, 0.1%)

2 怠屈しねえで

1 [14件] ありやしねえよ, まだからっきし子供, めったにねえ, もうだいぶ大きく, 仕かた, 何故此家, 始終寄附金, 思いきッ, 思ひつめると, 決してそんな, 無いだ, 笑うが, 見るの, 解って

▼ 奴~ (16, 0.1%)

1 [16件] かねて用意, が, がオツトメ, がオレ, が死ぬ, が江戸, が知っ, とアッサリ, と腕相撲, にグッ, のサジ, のタマゲたこ, の病気, は座敷牢, は怒っ, は静か

▼ 奴~ (16, 0.1%)

2 を一ツ

1 [14件] かの役, かろ, かストーブ, か人目, さらすか, だってあんなに, だってこんな, でも田舎, の取柄, の巧み, の用, を喧まし, を言っ, を面

▼ 奴だけは~ (15, 0.1%)

1 [15件] いくらにやにやした, いくら貰っ, お見捨て, ここで, どう仕様, どこへか, なかなか頑固, みんな浮いちまう, みんな確かに, 人間扱ひ, 取り逃がしませんでしたよ, 夢中でもぎ取った, 夢中でもぎ取つた, 明智さんも, 根の

▼ 奴だって~ (15, 0.1%)

1 [15件] あれが, こたぁ己, そんな運命, まさか焼跡, 中学を, 事よ, 何か, 口を, 外しっこありません, 大ていおれ達, 引きつけやしねえ, 往生する, 泣くよ, 白昼人の, 言い出せまいからなあ

▼ 奴~ (15, 0.1%)

1 [15件] があそこ, が憎い, だ, だと, だらう, の声, の寄合, ももう, も六松, も生れつき, も頭, をこの, 強窃盗犯者, 慌てて, 風俗不

▼ 奴~ (15, 0.1%)

2 となり, になつ

1 [11件] である, となつ, にされ, になっ, になる, に之, のやう, の國, の過去, をし, を買取つて

▼ 奴でない~ (14, 0.1%)

1 [14件] か, から大丈夫, ことは, し学問, とイザ, とコンナ工夫, と何, と光らん, と食い足りない, には極, のを, 人の, 何うも, 限りふっと

▼ 奴なれ~ (14, 0.1%)

1 [14件] ども, どもお, ども今日, ども修行, ども心掛け, ども手, ど修行, ど斯, ど旧主, ばこそこうして, ばこんな, ば今度僕, ば殺せ, バよろしく

▼ 奴~ (14, 0.1%)

1 [14件] じつは師弟, すました面, はじめは, ふだん浜村屋が, みんなけ, 三年たっ, 人間じゃ, 今時分やけで, 昔下地が, 矢っ, 矢つ, 絵かきッて, 自分そっくり, 雪駄直しだ

▼ 奴であった~ (12, 0.1%)

21 かのう, からなりたけ寝る, があの, がその, がザックバラン, さかいいつも, には相違, のだろう, 事を, 日にゃ

▼ 奴まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] ありましたっけ, お前の, この俺, それが, オゾ毛を, ピストルを, 出て, 喜び勇んで, 幸福に, 御多聞, 手馴ずける, 見に

▼ 奴~ (12, 0.1%)

1 [12件] いえ犬, たらありゃあ, ちゃいう, ちゃなあ, ちゃア, ちゃ今更, ちゃ初め, ちゃ思, ちゃ見下げ果てた, てそう, ぶッ, 本街道

▼ 奴らしい~ (11, 0.1%)

2 んです 1 が, がそんな, がまあ, が根岸, という外, な, なあ, ね, のです

▼ 奴姿~ (11, 0.1%)

2 の大男 1 がつい, で繰出し, の僕, の小雀, の雲, はそれ, は朝露, をし, ヲ見

▼ 奴かと~ (10, 0.1%)

1 はね起きるや, 思えば, 思ったらそれ, 思ったらやっと, 思ってたが, 思つてゐる, 思ふと, 才蔵は, 気がつくと, 見そこなって

▼ 奴この~ (10, 0.1%)

1 ノーマ号が, 上に, 世の中に, 世界じゃあ, 俺を, 夏から, 春堕胎した, 辺じゃ, 頓痴気, 風呂へは

▼ 奴その~ (10, 0.1%)

2 分には 1 ようの, レコードを, 君の, 山分けの, 悪い奴, 拍子に, 時分とは, 首を

▼ 奴でなけれ~ (10, 0.1%)

2 ば書けない 1 ばこんな, ばできない, ばならない, ばならん, ば得る, ば斬っ, ば斬りたくなかった, ば日本

▼ 奴にゃ~ (10, 0.1%)

1 あ一桝, あ人情, かないません, かなわないと, させて, どうぞ一等, ア黒田の, 口を, 己に, 見えやしねえ

▼ 奴國王~ (10, 0.1%)

3 の名 2 の印 1 の實名, の封號, の金印, は從來, は男子

▼ 奴おれ~ (9, 0.1%)

2 に化け 1 が息せききっ, が狂人, ちゃあん, の出勤, をさしおい, を恨ん, 知らんよ

▼ 奴だけ~ (9, 0.1%)

1 あって, だ, はやりたくないもん, 丹前を, 信じる以外, 商売人に, 行列する, 選んで, 食は

▼ 奴として~ (9, 0.1%)

1 いわば自分, この頃, この魔法, 友人間の, 吉原へ, 排日團體から, 擯斥すべき, 本当の, 表現する

▼ 奴との~ (9, 0.1%)

1 お笑ひも, つき合, 二色に, 仇名廃止論に, 探索です, 話し声が, 話を, 間の, 間隔を

▼ 奴まだ~ (9, 0.1%)

2 土地の, 尺八を 1 あの上, いたかな, その握飯, 来ねえん, 若けえ

▼ 奴~ (9, 0.1%)

4 の神 1 がおとなしい, と云, に世, のたつた, は彼

▼ 奴がと~ (8, 0.1%)

2 苦り 1 之は, 云ふ, 彼は, 思うくらい, 爪彈きし度くなる, 言いやがる

▼ 奴そんな~ (8, 0.1%)

1 ことは, むごい真似, 事は, 事を, 人間である, 噂が, 夢でも, 手紙が

▼ 奴また~ (8, 0.1%)

1 こっちへ, ノコノコ出かけ, 團扇を, 待ち呆けくわせやがった, 来せた, 此間來た, 飲みやがったな, 馬鹿な

▼ 奴もう~ (8, 0.1%)

1 カンベンなら, 上方筋では, 二四〇票も, 半分くたばっ, 半年以来の, 子供が, 絶交してやろう, 起き上って

▼ 奴より~ (8, 0.1%)

2 二倍位長い 1 うまくは, この, もっとひどく, サーベルを, 外夜分は, 懇意に

▼ 奴茶屋~ (8, 0.1%)

1 といふ片岡流射術, に休ん, の一間, の前, の条, の縁台, はドコ, は右

▼ 奴さえ~ (7, 0.0%)

2 ある 1 いなければ, いる, このごろは, 引ッかけれ, 誅戮すれ

▼ 奴だけに~ (7, 0.0%)

2 大禅師 1 なかなか度胸, ぴしりともろい, 一層あさましい, 私は, 頭の

▼ 奴だったら~ (7, 0.0%)

1 この空気穴, とても堪らない, ね, 三発うて, 別の, 彼は, 途中で

▼ 奴だの~ (7, 0.0%)

1 ばかに, 何を, 御殿女中だ, 掏摸だの, 東洋鬼だ, 自分の, 首の

▼ 奴って~ (7, 0.0%)

1 あるだろうか, あるもん, どんな奴, のは, 仕様が, 訳だ, 誰の

▼ 奴であろう~ (7, 0.0%)

1 ともなかろ, とも一切既往, と人間, と想像, な, 丈余に, 殊に胆力

▼ 奴でし~ (7, 0.0%)

1 て, てね, てねこっち, てねどう, て商売上, て自分, ゅか

▼ 奴どう~ (7, 0.0%)

1 したかなあ, したこと, したの, したらいい, したん, するかと, 思ったか

▼ 奴などは~ (7, 0.0%)

1 あまり絵, そのままです, 何うし, 何とでも, 恥しくも, 物の, 自分の

▼ 奴あれ~ (6, 0.0%)

1 こそ今, だけ噛まし, はまあ, はもう, ばこそお, ばこそ撲

▼ 奴うまく~ (6, 0.0%)

1 やってや, 侍を, 取入って, 捉えるかも, 物置へ, 立廻つてうんと

▼ 奴だけが~ (6, 0.0%)

1 ここへ, これだ, 皆から, 素早く逃げ失せた, 肥大し, 英雄豪傑では

▼ 奴だらう~ (6, 0.0%)

2 と私 1 か, と思つて, ね, 失礼な

▼ 奴とも~ (6, 0.0%)

1 なり婢, わからない盗人, 一つ, 思ったほど, 思われねえん, 言ふべき

▼ 奴にて~ (6, 0.0%)

1 がらを, 候, 候仕合は, 内々隣家の, 甲斐, 附添ひ

▼ 奴にでも~ (6, 0.0%)

1 くっついて, なんでも, 化けこんで, 欺され, 紛れ込んで, 連れ添う女

▼ 奴~ (6, 0.0%)

1 いったいどこ, すぐに, ツユを, 一つ腕を, 奉加帳を, 番人が

▼ 奴~ (6, 0.0%)

1 が止せ, が此処, の子供位, の白足袋, の真似, は天下

▼ 奴~ (6, 0.0%)

2 をはい 1 と書く, のやう, の膝, を穿い

▼ 奴~ (6, 0.0%)

2 りが, りだから, り集るん

▼ 奴里能美~ (6, 0.0%)

2 のお 1 という者, のうち, の二人, は口子

▼ 奴~ (5, 0.0%)

1 まわりの, 取りつぎは, 澪を, 酌の, 雛さまの

▼ 奴がね~ (5, 0.0%)

1 いきなりいりません, ぢくれた, 僕の, 私のを, 自分の

▼ 奴これ~ (5, 0.0%)

1 が中, が又, はと首, は大きに, も商売

▼ 奴~ (5, 0.0%)

21 ゃあるめえしそれ位の, やできない, や全体

▼ 奴じゃが~ (5, 0.0%)

1 こういう持前, そこは, 五十両出せ, 早乙女主水之, 此処へ

▼ 奴でなく~ (5, 0.0%)

2 てはならぬ 1 てはいけない, てはこなせない, てはだめ

▼ 奴といふ~ (5, 0.0%)

1 のは, ものは, 名から, 女性が, 御年輩

▼ 奴どこ~ (5, 0.0%)

1 から失せ, に居る, まで分らない, も同じ, をウロウロ

▼ 奴なかなか~ (5, 0.0%)

2 面白いね 1 に味, に手ごわく, 喰らえぬと

▼ 奴なんて~ (5, 0.0%)

1 ありは, あるまいよ, あるもの, いふもの, まあ大層お雪さん

▼ 奴ばかりが~ (5, 0.0%)

1 まっ昼間茶房, むかうでも, やかましい規則, 揃つてゐた, 森の

▼ 奴ばっかり~ (5, 0.0%)

2 じゃ 1 じゃけ, ですから, 居るだい世の中

▼ 奴ひどい~ (5, 0.0%)

3 ことを 1 事を, 目に

▼ 奴みたい~ (5, 0.0%)

1 なへま, な口説き方, な氣, にてんから, に空地

▼ 奴何処~ (5, 0.0%)

1 にどうして, に出, へ逃げた, まで行っ, やらの割前

▼ 奴憎い~ (5, 0.0%)

2 奴親方が 1 奴, 奴だ, 奴と

▼ 奴~ (5, 0.0%)

1 が手伝っ, のお先, は余り家, は収穫, は酒保

▼ 奴いつ~ (4, 0.0%)

1 までも我々, までも道連れ, 聞いても, 逃げ出すか

▼ 奴いつも~ (4, 0.0%)

1 ならとうに, の伝, の癖, 威張りくさっとった

▼ 奴いや~ (4, 0.0%)

1 に人相, に威張っ, 少年の, 惡い

▼ 奴うなぎ~ (4, 0.0%)

2 の二階 1 で食事, の前

▼ 奴ここ~ (4, 0.0%)

1 から逃げたらしいです, から遠矢, にいた, にいる

▼ 奴こんな~ (4, 0.0%)

1 ものを, トリックが, 体裁の, 女文字の

▼ 奴じゃあ~ (4, 0.0%)

1 ありませんか, ないん, ねえだ, 何処へ

▼ 奴じゃと~ (4, 0.0%)

1 云う中, 仰せに, 振向いて, 申すこと

▼ 奴たち~ (4, 0.0%)

1 がわんさ, の恋愛, も三人, を率い

▼ 奴だつた~ (4, 0.0%)

21 がどうも, ね

▼ 奴とか~ (4, 0.0%)

2 歴史は 1 狗奴とかいう, 盲千人とか

▼ 奴とが~ (4, 0.0%)

1 ござんし, 先づ僕の, 時を, 熱烈な

▼ 奴とても~ (4, 0.0%)

3 相談の 1 ただ路傍

▼ 奴など~ (4, 0.0%)

1 あざ笑って, 思う心, 思ふ心, 捨てて

▼ 奴~ (4, 0.0%)

1 彼奴にでも, 私だったら, 素敵だ, 車夫さん急い

▼ 奴はや~ (4, 0.0%)

4 つこど

▼ 奴ばかりは~ (4, 0.0%)

1 あるまい日本, いないの, 偶然だ, 実際困る

▼ 奴までが~ (4, 0.0%)

1 すつかり, 半分ぐらい, 半分ぐらゐそつちへ行つた, 忽ち往来

▼ 奴めら~ (4, 0.0%)

1 いらぬ世話, が世間一杯, は悲し, 打った斬るぞ

▼ 奴一人~ (4, 0.0%)

2 なの 1 だっていやしません, でその

▼ 奴~ (4, 0.0%)

1 ねぼけやがったな, 何か, 何処かへ, 銀座で

▼ 奴~ (4, 0.0%)

1 な客間, な笑いかた, にもっとも, に色男

▼ 奴彼奴~ (4, 0.0%)

1 だよ, はどうも, は二番三番, は人殺し

▼ 奴~ (4, 0.0%)

1 て見, て見やがれ, て見れ, にゃ来ん

▼ 奴殺し~ (4, 0.0%)

2 の一件 1 てしまう, てやらう

▼ 奴親方~ (4, 0.0%)

2 が和し過ぎる, の対

▼ 奴~ (4, 0.0%)

1 が古く, さえためれ, ばかり溜, を持っ

▼ 奴集まる~ (4, 0.0%)

4 奴に

▼ 奴あの~ (3, 0.0%)

1 くらいイヤ, 時実は, 穴銭

▼ 奴いくら~ (3, 0.0%)

1 待っても, 探したって, 言っても

▼ 奴かな~ (3, 0.0%)

1 そんな性根, ア, 但し一命

▼ 奴からは~ (3, 0.0%)

1 ウンと, 一銭も, 何の

▼ 奴きっと~ (3, 0.0%)

1 旨い事, 碌な, 転売なんか

▼ 奴ぐらい~ (3, 0.0%)

1 ケチな, 悪い奴, 馬鹿は

▼ 奴こっち~ (3, 0.0%)

1 ば向い, へ出, をあんな

▼ 奴じゃった~ (3, 0.0%)

1 が, が名前, と見えます

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 がたの, つかり参つたね, ばしっこい

▼ 奴すら~ (3, 0.0%)

2 ある 1 あのなか

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 あいえねえ, うとう物, ア

▼ 奴ちゃ~ (3, 0.0%)

1 さかい, なア, 体よく

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 ちやない, に, 神妙に

▼ 奴でさえ~ (3, 0.0%)

1 ああいう, これだ, 間際に

▼ 奴とうとう~ (3, 0.0%)

1 パンクしち, 死にましたよ, 訴えやがった

▼ 奴とばかり~ (3, 0.0%)

1 その大男, 後は, 思って

▼ 奴とを~ (3, 0.0%)

1 交互に, 描き上げた腕前, 調べるん

▼ 奴なんかが~ (3, 0.0%)

1 ゐるん, 在ると, 居りましたが

▼ 奴に対して~ (3, 0.0%)

1 何, 何らの, 脛に

▼ 奴ばかりを~ (3, 0.0%)

1 撰んで, 選りすぐったもの, 集めて

▼ 奴ゆえ~ (3, 0.0%)

1 そのよう, 却って親父, 種々罠

▼ 奴よけい~ (3, 0.0%)

2 なこと 1 にぶらぶら

▼ 奴らしく~ (3, 0.0%)

1 はない, 片手で, 言ふこ

▼ 奴イヤ~ (3, 0.0%)

2 な奴 1 におとなしく

▼ 奴~ (3, 0.0%)

2 アル 1 仲間ハ皆

▼ 奴主人~ (3, 0.0%)

1 の妹, の金, を殺した

▼ 奴交易路~ (3, 0.0%)

1 なる秘密工業, にし, に関する多く

▼ 奴人間~ (3, 0.0%)

1 の皮, の色, を考へさせない

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 こそ成敗, こそ豚箱, に吠面

▼ 奴今日~ (3, 0.0%)

1 はさすが, は遅い, も休み

▼ 奴今頃~ (3, 0.0%)

1 はどう, はもう, はやられ

▼ 奴何故~ (3, 0.0%)

2 これが 1 宣って

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 がやってきたら, に手紙, の妻君

▼ 奴國男子爲王其官有狗~ (3, 0.0%)

3 古智卑狗

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 と事, のくせ, の足

▼ 奴怪しから~ (3, 0.0%)

1 ぬ奴, ん奴ぢや, ん男だ

▼ 奴手前~ (3, 0.0%)

1 えは, などはだらし, に嫌われ

▼ 奴武士~ (3, 0.0%)

1 が相手, にはなれん, の供

▼ 奴理能美~ (3, 0.0%)

2 が家 1 が養

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 な寝て, な恥知らず, 逃げ出しやがっただよ

▼ 奴~ (3, 0.0%)

2 に物 1 がくらん

▼ 奴自分~ (3, 0.0%)

1 で狂言, で蹴つた, のとこ

▼ 奴自身~ (3, 0.0%)

1 が罠, と同様, も案外

▼ 奴蛇の目~ (3, 0.0%)

2 の傘 1 を宗十郎好み

▼ 奴貴様~ (3, 0.0%)

1 がつい, が黙れ, の運命

▼ 奴酷い~ (3, 0.0%)

2 男だ 1 こと云つた

▼ 奴頻りに~ (3, 0.0%)

1 それを, 其を, 手真似を

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 でここ, の若い, をする

▼ 奴~ (3, 0.0%)

2 を縊 1 をはね

▼ 奴馬鹿~ (3, 0.0%)

1 にし, の様, よ

▼ 奴~ (3, 0.0%)

1 で一杯, の角, を奢ったら

▼ 奴ああ~ (2, 0.0%)

1 なるの, 腹が

▼ 奴あっ~ (2, 0.0%)

1 か, てもなく

▼ 奴あら~ (2, 0.0%)

1 ばと, ばと太刀抜

▼ 奴ある~ (2, 0.0%)

1 が無え, もんか

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 ぢめたつ, ゑ何よい

▼ 奴いい~ (2, 0.0%)

1 ニユースを, 気持で

▼ 奴いよいよ~ (2, 0.0%)

1 ただの, 以て

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 うむと, ぬまで

▼ 奴うんと~ (2, 0.0%)

1 取込んで, 警察で

▼ 奴お前~ (2, 0.0%)

1 は又, は風呂

▼ 奴がの~ (2, 0.0%)

1 あろう事, さ張つて始末

▼ 奴がを~ (2, 0.0%)

1 り, りますわ

▼ 奴こいつ~ (2, 0.0%)

1 が手前ア, が表向き

▼ 奴じゃあねえかと~ (2, 0.0%)

1 思う, 思われます

▼ 奴じゃから~ (2, 0.0%)

1 何う, 何か

▼ 奴すぐ~ (2, 0.0%)

1 そこの, 嗅ぎ知って

▼ 奴そういう~ (2, 0.0%)

1 意味とばかりは, 行動が

▼ 奴その他~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, の従者

▼ 奴そりゃ~ (2, 0.0%)

1 厭な, 狡猾いんだ

▼ 奴それから~ (2, 0.0%)

1 自暴に, 鶴川では

▼ 奴たる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 主が

▼ 奴だらけ~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 奴だ困らし~ (2, 0.0%)

2 てやれ

▼ 奴ぢやつ~ (2, 0.0%)

1 た, たか

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, ちゃ思われる

▼ 奴ったら~ (2, 0.0%)

1 ない, 私を

▼ 奴つまらん~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 奴であり~ (2, 0.0%)

1 朴念仁であり, 社奴である

▼ 奴でありました~ (2, 0.0%)

1 のじゃ, よ

▼ 奴でござる~ (2, 0.0%)

1 と一切, な

▼ 奴でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 奴とて~ (2, 0.0%)

1 命は, 困つちや

▼ 奴とでも~ (2, 0.0%)

1 いうよう, 云うが

▼ 奴とに~ (2, 0.0%)

1 両腕, 喧嘩を

▼ 奴とんだ~ (2, 0.0%)

1 ばけ物, 創作を

▼ 奴どうして~ (2, 0.0%)

2 くれよう

▼ 奴どんな~ (2, 0.0%)

1 妨害した, 気で

▼ 奴ない~ (2, 0.0%)

1 かい, ていた

▼ 奴なぞ~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, みんなそう

▼ 奴などが~ (2, 0.0%)

1 出ると, 居るところ

▼ 奴などの~ (2, 0.0%)

1 渡御の, 笑い声の

▼ 奴なんかに~ (2, 0.0%)

1 孤独が, 浅草の

▼ 奴なんぞが~ (2, 0.0%)

1 あるの, あろうはず

▼ 奴なんぞと~ (2, 0.0%)

1 一しょに, 云うじゃ

▼ 奴なんぞは~ (2, 0.0%)

1 くたばって, 時々立腹

▼ 奴なんぞを~ (2, 0.0%)

1 出そうもん, 見

▼ 奴なんで~ (2, 0.0%)

1 ここらを, 慄える

▼ 奴にと~ (2, 0.0%)

1 山岡屋は, 思うよう

▼ 奴にや~ (2, 0.0%)

1 よく役者, 目の玉を

▼ 奴はと~ (2, 0.0%)

1 梶は, 透かした

▼ 奴はど~ (2, 0.0%)

1 いつもこ, いつも娑婆

▼ 奴はね~ (2, 0.0%)

1 あのね, 家の

▼ 奴はは~ (2, 0.0%)

1 いるなり, ア貴様追い剥ぎだ

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 ドウする, 二足三文で

▼ 奴ばかしが~ (2, 0.0%)

1 一月いくらの, 佃煮に

▼ 奴へは~ (2, 0.0%)

1 乗りうつり, 売らないが

▼ 奴ほんとに~ (2, 0.0%)

1 夜遊ばかりし, 裏切りやがったぞ

▼ 奴めあれ~ (2, 0.0%)

1 が好物, で女

▼ 奴めどこ~ (2, 0.0%)

1 までも祟りやがる, をどう

▼ 奴め何~ (2, 0.0%)

1 か企んでる, を嗅ぎつけた

▼ 奴め喧嘩~ (2, 0.0%)

2 では無い

▼ 奴め大鍋~ (2, 0.0%)

1 の四辺, の四邊

▼ 奴よっぽど~ (2, 0.0%)

1 気がかりな, 癪に

▼ 奴よりも~ (2, 0.0%)

1 ズット多い, 責任感の

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 小娘覚悟を, 悪魔の

▼ 奴わい~ (2, 0.0%)

1 に意見, はお前ら

▼ 奴わたし~ (2, 0.0%)

1 の寝床, の恨み

▼ 奴をと~ (2, 0.0%)

1 贅沢を, 顏を

▼ 奴をば~ (2, 0.0%)

1 俺は, 大切に

▼ 奴アノ畜生~ (2, 0.0%)

1 が來, が来た

▼ 奴ア一人~ (2, 0.0%)

2 だつて居

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 第二, 第四

▼ 奴ッちゃ~ (2, 0.0%)

1 ない, ねえけれど

▼ 奴ッちや~ (2, 0.0%)

1 と倶楽部, ないかいな

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 たらとても, と思ふ

▼ 奴ツルちゃん~ (2, 0.0%)

1 と仮, に惚れちゃった

▼ 奴一喝~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 奴三羽~ (2, 0.0%)

2 と薄

▼ 奴不良~ (2, 0.0%)

1 だと, にならん

▼ 奴二人~ (2, 0.0%)

1 の同じ, は姿

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 を瞞, を馬鹿

▼ 奴今に~ (2, 0.0%)

1 厭世自殺する, 暴落が

▼ 奴何と~ (2, 0.0%)

1 ぬかした, 出た

▼ 奴余程~ (2, 0.0%)

1 横着者でございます, 腕に

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 のやう, の金

▼ 奴信用~ (2, 0.0%)

1 できるか, のおける

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 で煙る, を差し

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 たらむ, もろ

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の身分, 結い掛けて

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 てこい, て行ったら

▼ 奴出身~ (2, 0.0%)

1 の下級, の成り

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の手前, を失し

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 にも相当, 触だけが

▼ 奴加己利~ (2, 0.0%)

1 も亦, を尚

▼ 奴助平~ (2, 0.0%)

2 な奴

▼ 奴勘弁~ (2, 0.0%)

1 が出来なけれ, 相成らん打

▼ 奴南瓜~ (2, 0.0%)

2 の蔕

▼ 奴南科~ (2, 0.0%)

2 の屈静源

▼ 奴吾輩~ (2, 0.0%)

1 の襟首, を呑

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 をつい, をついてる

▼ 奴嚇す~ (2, 0.0%)

1 気にな, 氣にな

▼ 奴国王~ (2, 0.0%)

1 が後, の貰った

▼ 奴國此女王境界所盡其南~ (2, 0.0%)

2 有狗奴國

▼ 奴~ (2, 0.0%)

2 探ども

▼ 奴多く~ (2, 0.0%)

1 の浮浪人, ダレて

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 嫌ひ, 得意で話しよった

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 えこと, 粗雑だ

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 を二人, を持つ

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 が可愛けれ, は其

▼ 奴寿司~ (2, 0.0%)

2 で腹

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 になぐっ, の側

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 こんこん次, の茶目

▼ 奴平気~ (2, 0.0%)

1 でお, なん

▼ 奴幾ら~ (2, 0.0%)

1 怒ったって, 怒つたつて

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 乗船の, 領主様に

▼ 奴心配~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 奴怒り心頭~ (2, 0.0%)

2 に発し

▼ 奴怒る~ (2, 0.0%)

1 奴吐きだす, 奴血相変り

▼ 奴悪い~ (2, 0.0%)

1 奴と, 奴は

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 アテに, 今休んでる

▼ 奴斬っ~ (2, 0.0%)

2 て捨てる

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の略語奴木原也, を背負っ

▼ 奴楠正成~ (2, 0.0%)

2 の次に

▼ 奴死ん~ (2, 0.0%)

1 だりする, で了

▼ 奴殿~ (2, 0.0%)

1 じゃ, の話

▼ 奴母離方可三百里~ (2, 0.0%)

2 多竹木叢林

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 が違, を苛

▼ 奴氣質~ (2, 0.0%)

1 とはなにか, を賣り

▼ 奴水槽~ (2, 0.0%)

2 の前

▼ 奴泣く~ (2, 0.0%)

1 奴怒る, 時の

▼ 奴生意気~ (2, 0.0%)

1 だね, な真似

▼ 奴男王~ (2, 0.0%)

1 がミコト, との爭鬪

▼ 奴畜生~ (2, 0.0%)

1 がこの, つと思ふ

▼ 奴矢田平~ (2, 0.0%)

1 と共に真柴久次, は明

▼ 奴確か~ (2, 0.0%)

1 にどこ, に英国女

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 とは初対面, を見

▼ 奴紙鳶~ (2, 0.0%)

2 で一枚

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の当, の当った

▼ 奴蘇奴國~ (2, 0.0%)

2 次有鬼國

▼ 奴要心深い~ (2, 0.0%)

2 奴だ

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 あるひ, か何

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の迅, は早い

▼ 奴途中~ (2, 0.0%)

1 で気, で誰

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 の上, をとらせよ

▼ 奴須奴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 奴飛ん~ (2, 0.0%)

2 でもない

▼ 奴鳴つ~ (2, 0.0%)

1 たり殴つ, てやつ

▼ 奴鳴りつけ~ (2, 0.0%)

1 てやりたい, てゐた

▼ 奴鳴りつけられ~ (2, 0.0%)

1 たりする, てしまひました

▼ 奴~ (2, 0.0%)

1 のよう, の輸入

▼1* [1046件]

こういう字, 奴ぁ今に帰っ, 奴ぁ僕にも矢島, 奴ぁ大嫌いなん, 奴ぁ急に恐く, 奴ぁ情無しの我利, 奴ああありがとうござりますると, 奴あいつだけは早く, 奴あいなかったっていうじゃ, 奴あくそ袋も, 奴あそこで小首, 奴あたい嫌ひぢ, 奴あちらへ参っ, 奴あつしが訊いた, 奴あとでどんなに, 奴あの大きな手を, 奴あらいざらいの, 奴あらためて吟味いたす, 奴あり芝居出来ず, 奴ありませんからね, 奴あんなものを, 奴あゝ有り難うご, 奴あ可哀さうな, 奴いうてました, 奴いかにも憎い奴, 奴いがぐり頭の奴, 奴いたのかい, 奴いたずらをした, 奴いちいち僕に, 奴いったいいまに, 奴いつかわっし, 奴いつの間にか本船を, 奴いづれとらせると静か, 奴いなくってよかっ, 奴いふてまし, 奴いまは汝, 奴いまにえち, 奴いま頃は何処, 奴いやしいもので, 奴うい奴酒を, 奴うしろで舌, 奴うっかり近づくよりは, 奴うなぎあすこの鰻めし, 奴潜り戸に, 奴おいらの長上衣, 奴おかしな野郎だ, 奴おこってぱくつかせおる, 奴おさえろと見, 奴おちついていやがっ, 奴おまへの恥知らず, 奴おまけ中間どもに撲られ, 奴おらぬといったら, 奴おれらが畑, 奴お供先からぐれ出し, 奴お山何か思い, 奴かえってその方, 奴かぐらいなこと, 奴かつらを冠, 奴かという気が, 奴かなと思うと, 奴かなはぬところ, 奴かなんかの涙乍らの, 奴かによって追っかけて, 奴かねがね楓に, 奴かまはない, 奴がからだと, 奴がが癇癪で, 奴がちゃあんと, 奴がという様な, 奴がなんぞ肚に, 奴がにゆつと, 奴がねえ師匠お前はん, 奴がねんとし大, 奴がはひつて, 奴がへむ, 奴がわつと驚ろ, 奴がんとして雪, 奴がんりきの百蔵, 奴かなけり, 奴きたらばこれ, 奴きつと立禁, 奴きらいなん, 奴きらひだい, 奴くらゐ始末, 奴ぐらいにゃ確に, 奴ぐらいの腕ッ節に, 奴ぐらゐ手数の懸, 奴けしからんと思い, 奴こうした偽眼, 奴こうして呉れる, 奴こそは往々本当, 奴このごろ若松に来た, 奴こんでも怒, 奴こんどは前, 奴さくら井屋の封筒, 奴さすがに驚いた, 奴さっとその女, 奴さてこそ, 奴さと卯平の, 奴さんざん焦らした揚句, 奴有りやすめえし, 奴しか口に, 奴しかも御老中, 奴しからば右列, 奴しげしげと村山家を, 奴しつこい奴会いたく, 奴しばらく来ないなあ, 奴しらばくれやがつて, 奴じゃったらご主人, 奴じゃて親父は, 奴じゃねえ汚え, 奴じゃのうと笑って, 奴じゃろうそのこと, 奴すっかりお調子, 奴すでに御隠, 奴すなわち奴隷の, 奴ずるい奴向う, 奴え御恩, 奴せきたてるばッ, 奴そいつが夜叉, 奴そう貴様の, 奴そして身は, 奴そのうちひどい目, 奴そりや厭, 奴それでも音に, 奴それツぽツちのこと, 奴そんなにキンタマの, 奴ただは置かねえ, 奴たとい馬鹿に, 奴たらない, 奴たらありゃしない三千世界の, 奴たらしめるゆえんだ, 奴たりたまたま薪, 奴だあきれた奴だ, 奴だあっーつ, 奴だが彼奴が, 奴だけでこれだけ, 奴だけでもどれ位ある, 奴だけの違いじゃ, 奴ださればと云う, 奴だったり頑丈, 奴だつてある, 奴だなア, 奴だに依って, 奴だふん縛って突出す, 奴だほめたと思ったら, 奴だやい下ろ二階へ, 奴だろう思うに昨夜, 奴だんだんに嫌悪, 奴だ下りて来, 奴だ云わねえと打ッ, 奴だ噛んで吐き出し, 奴だ斬ッちまう, 奴だ来たかい, 奴だ止めるな, 奴だ殺しても殺し, 奴だ気にいったら見ている, 奴だ眠っております, 奴だ見っともない, 奴だ見つけ次第一つこらしめ, 奴だ言う事は, 奴だ退治れば先生, 奴だ逃げて行き, 奴だ選りだすんだ, 奴ちう事は, 奴ちっとも出て, 奴ちゃんと呑込ん, 奴ちやな, 奴ちょいちょい三号バラックなんぞさ, 奴ちょっと面白い恰好, 奴ちんと穏しく見る, 奴ぢやあありませんかね, 奴ったらありませんでしたわ, 奴っていうのは, 奴ついに超溶解弾, 奴つかまるか知ら, 奴つたらありやしませんねえ子, 奴つたらあるもんかね, 奴つたら有りませんわと大, 奴つてものはだ, 奴つねってもぶっ, 奴無茶しよる, 奴てっきり男を, 奴てんやわんやの大騒ぎ, 奴であったごとくに賞賛, 奴であります翌朝身支度を, 奴でからだが, 奴でございまして先生方, 奴でございましょうそれともあの, 奴でござんすなあ, 奴ですいつ隙を, 奴です寝ております, 奴です気に入らん事を, 奴でとしかし主人, 奴でなかつたなら私も, 奴でなくっちゃ腕, 奴でなけらねば出来る, 奴でなけりゃあならない, 奴でね君不思議な, 奴でもかなひません, 奴でもねえ深川の, 奴でんがく焼姉様力持松茸背負女紙吹石さげたる, 奴とかいう様な, 奴とかく云々, 奴とで晩飯に, 奴とはとつくに, 奴とまで成り下って, 奴とやらは確かに, 奴つこいそんな, 奴どいつを連れ, 奴どうしてこんなにのした, 奴どうしても俺の, 奴どうも只事じゃ, 奴どけやいどけやいどきアがれや, 奴どすえなー, 奴どもぢや, 奴どもムリに急がせる, 奴ながら覺らず, 奴なきお夏さん, 奴なぜ飛道具を, 奴などと申しは, 奴などという言葉は, 奴などに伝へたり, 奴などを入れて, 奴なにをしち, 奴ならずと冷, 奴なら打殺してしまう, 奴なら斬ってしまえ, 奴なら締め殺すので, 奴なら覗いて選るだろう, 奴なり彼シャルルマーニュの, 奴なるものは, 奴なんかと朋友に, 奴なんかをうまく口車, 奴なんざあまぐれ当りなん, 奴なんざあ一人だつて, 奴なんざアあら今夜, 奴なんざ京二郎を殴つ, 奴なんざ幾らでもかまいません, 奴なんざ朝から十六七本, 奴なんざ江戸中尋ねたって, 奴なんぞいたんだ, 奴なんぞに追懸けられる, 奴なんぞもあるん, 奴なんだか変だ, 奴なんては来て, 奴なんというても, 奴なんともいえないイヤ, 奴にかぎつてろくなのはゐないね, 奴にがあんと, 奴にくッつい, 奴にさえ権力の, 奴にたいして怒鳴るの, 奴にだけ女を, 奴について泣きだしながら, 奴につき合つて来た, 奴にとってころされるの, 奴にとっての人間の, 奴にばかり出ッ, 奴にまで馬鹿に, 奴に対しては燐や, 奴に対するさまざまな, 奴はいねえ, 奴はいり込んだんだろう, 奴はけふの拿破里日報, 奴はずつと高手に, 奴はたちが悪い, 奴はの交尾うと, 奴はへへら笑って, 奴はめかけでもする, 奴はめつたにない, 奴はんはみんな友達, 奴ばかしで俺が, 奴ばかしを尻尾も, 奴ばかりじゃないか, 奴ばかりに横領され, 奴ばかりのようである, 奴ばつかりだつた, 奴ばら一人あまさず打ち斬るぞ, 奴ひかえておれ, 奴ひと眼で, 奴ひどすぎるじゃ, 奴ひょんな破目, 奴びっくりしやぁ, 奴びんに剃り落し, 奴びんた一つ喰はさう, 奴ふざけた真似を, 奴ふてえ野郎, 奴ぶりから出た, 奴ぷりぷり怒りや, 奴へだけ手紙を, 奴への押えである, 奴と, 奴ほかへ嫁, 奴ほじくり出しましたかえ, 奴ほどはばを, 奴ほんとの姫, 奴ぼくに苦情, 奴まことに立派な, 奴まごまごして, 奴まして貴殿ご, 奴または心ならず, 奴までを加えると, 奴まるで知性みたいな, 奴みたいぢやない, 奴むきになっ, 奴むしづの走る, 奴むすめは, 奴むろん承知の, 奴めおいらが牝馬, 奴めおれになん, 奴めお前うちのとり, 奴めなんだって自分, 奴めぼんやりして, 奴めら今夜を期し, 奴めアゆつくり構, 奴めアイビキで疲れ, 奴めウシロを見せる, 奴めハリキッて, 奴めモミ手しながら, 奴めユーラリユーラリ首を動かしよる, 奴めワッと云, 奴め一命は助かる, 奴め二百円でのん, 奴め今日は持っ, 奴め今朝はどんな, 奴め仕様のねえ, 奴め他のもの, 奴め何事をたくらん, 奴め俺を胡麻化, 奴め先生道行と親類, 奴め其手間で早く, 奴め冥加な野郎, 奴め処分に困っ, 奴め前回に味, 奴め前足に腫れ物, 奴め剣術の稽古, 奴め叔父を案山子, 奴め唐変木キチガイの人間ギライめ, 奴め墓場で何人, 奴め大変に笑, 奴め庭へ穴, 奴め得意になつ, 奴め思迫めたなあ, 奴め怪我をし, 奴め恥知らずめ醜い奴め, 奴め愛敬が有る, 奴め打ち開ける気持, 奴め握り飯を腰, 奴め暗黒ん中, 奴め最初はまつたく見憶え, 奴め最後っ屁をこきゃがった, 奴め江戸ッ子を鼻, 奴め用捨はならじ, 奴め真夏の炎天, 奴め眼に入り, 奴め稚気がある, 奴め立候補する気, 奴め終戦後も五年間, 奴め腹がへっ, 奴め自分の身, 奴め自殺しや, 奴め芝居をやる, 奴め苦なしで, 奴め莞爾と笑つて居, 奴め蔓を延ばした, 奴め警察に密通, 奴め豚がゐる, 奴め身体が痛い, 奴め身體が痛い, 奴め雪時の熊, 奴め首尾よく鬼, 奴め馬鈴薯テキと言, 奴め驚きやがる, 奴もうせんには, 奴もし長く取れ, 奴もしも私でも, 奴もとより承知之助, 奴もねえわけて女連, 奴もよけて通る, 奴やがては目, 奴やたらむしょうにあの鯖, 奴やったな, 奴やっつけられるんだ, 奴やつたな, 奴やつぱり出て, 奴やらこの言葉, 奴やりおったな, 奴やりよるなア, 奴ゆえ両家ともに敵, 奴ゆえ左のみに驚きませんで, 奴ゆえ此の儘, 奴ゆえ母が亡, 奴ゆえ男達にバクチ打ち, 奴ゆるせない人です, 奴ようも朝鮮人, 奴よく喋舌りやがる, 奴よくもそんなこと, 奴よくもよくもそんなこと, 奴よしよし頼まぬ一人, 奴よと一人しすまし, 奴よなえい名を, 奴よのい, 奴よほど恐つて, 奴よもやこっちの, 奴よりは智識ある, 奴よりやエスさまの, 奴らしいですよ, 奴らしい弄ってやれ, 奴れいだ, 奴わし達の居る, 奴わらつてゐるやう, 奴われに語りぬ, 奴われわれをだまし, 奴をも一度殺し, 奴畜生が, 奴ァ常日頃高座で, 奴アこれが楽, 奴アこれ二羽撃つて, 奴アなんにも知らねえで, 奴アみなおいらの讐, 奴アみんな寝たか, 奴アわしを, 奴アプレの手, 奴アメリカの原産, 奴アンマに先生, 奴ア不運なん, 奴ア帰りの汽車賃, 奴ア沢山有りません植木屋, 奴ア盗賊に違えねえ, 奴ア直き山県さん, 奴ア脊負なげを, 奴ア英語の少し, 奴ア薄情なもの, 奴ア馬鹿よ帯, 奴イツマデコヽニイヤガルンダサッサト二階ヘ行ッチマヤガレ, 奴がある, 奴エエ面倒だっ兄貴, 奴オデコを抑え, 奴カヴァした靴, 奴ガイタカラ半日デ片付イタモノダ, 奴ガウンが百度, 奴ガランとした, 奴ガ電話デ萬事云イ附ケテ置イタノニ違イナイ, 奴キザな奴, 奴ギョッと目, 奴コケ縅の鎧, 奴ゴボウ巻き海老, 奴サルシフィの髪, 奴サンせっかく恋しい, 奴サ先生の前, 奴シンの奴, 奴ジロリ我々一行の姿, 奴スケッチに行く, 奴セカチとそれら, 奴タバコを吸わないらしいです, 奴ダカラ講中ヲバ抜ケルカラソウ云ッテクレロト云ウタラ大頭伊兵衛橋本庄兵衛最上幾五郎トイウ友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 奴ダトテ吸物膳ヲ打, 奴チャプリンは十何年前, 奴ッ何んと言う, 奴ッ其処動くな, 奴ッ誰がお前, 奴ツ何の理由, 奴ツ岡つ引, 奴ツ手先御用聞に口, 奴ツ眼を明い, 奴ツ若旦那まで縛らせた, 奴ツ證文の表, 奴どない, 奴トテモ敏捷くて, 奴ニッコリしや, 奴ニヤニヤ笑つてゐや, 奴ハッシと, 奴ハ泣イテバカリイル故思ウサマ小言, 奴バクチで小倉監獄, 奴バラがたくさん, 奴フランシスカン派ミニム派カプェサン派カルム派小オーギュスタン派, 奴フヽンと鼻, 奴ブツ殺して, 奴ボアローが説いた, 奴マカロニ料理からチャプスイ, 奴メバカ云うな, 奴メ一人前に十手, 奴メ不貞だ手討, 奴メ医者を兼業, 奴メ気違い病院で考えやがった, 奴モウ一度ニヤリと, 奴ヤタラにスチーム, 奴ワゴンリーにのせやがった, 奴飛んだこと, 奴・社奴出自でないもの, 奴一つ洩らさず握りつぶして, 奴一とおりの奴, 奴一人位タタキ落せるべよ, 奴一体ならば, 奴一体留守なの, 奴一度にぎゃふんさ, 奴一座の重立った, 奴一本のニス塗り, 奴一本參つた體で頸, 奴一杯食はせた, 奴一條に惚れたらしい, 奴一疋これを知り, 奴一突きだぞ, 奴一筋縄では白状, 奴一錢だけごまかす, 奴丁度此時大, 奴七千町歩という山林, 奴七時四十五分までボク, 奴三番叟ぶか, 奴に対して非常, 奴上官は見, 奴上海を劫, 奴上野署の豚箱, 奴彌投馬, 奴不届きな奴, 奴世の中へ出た, 奴世馴れた文章を, 奴両手をこすっ, 奴両方の腕, 奴丸越の親分, 奴乱心したな, 奴乱暴狼藉すると次に, 奴乾物屋の店先, 奴予て覚悟が, 奴た晩, 奴二三日して, 奴二十七歳か, 奴二十日だって, 奴云つたのか, 奴五日に一人十日, 奴五郎蔵殿へ因縁, 奴井筒副長から何, 奴交易なるもの, 奴交易網に引っかかった, 奴人通りが少く, 奴今ここの沙, 奴今ごろは困っ, 奴今夜はやまって, 奴今宵は酩酊, 奴今度はまかりまちがえ, 奴今日ここに会うた, 奴今日五石ふんづけやがった, 奴今朝あぶなく昇汞, 奴樣が, 奴仕儀によっては引っ, 奴仕様がない, 奴他人のあたり前, 奴休んでいる, 奴会いたくもない, 奴会津征伐に加わる, 奴を殺した, 奴に出盛り, 奴何だか見覺, 奴何でも彼でも, 奴何もかも知ってや, 奴何もかもまた知ってや, 奴何んだつて, 奴何人斬ったからとて, 奴何様の科, 奴何者か成敗, 奴何處やらの割前, 奴が此, 奴余るほど詰め, 奴余計な真似, 奴りて, 奴の奴, 奴俺ゃ知らんぞ, 奴俺等二人を出し抜い, 奴之, 奴倒れる奴そういう, 奴偉いことを, 奴僕達と口, 奴兄さんは何故, 奴兇器もことさら, 奴へいっ, 奴先づ名を名, 奴も角, 奴兎口の人間, 奴入れさあ何, 奴全く骨身を, 奴八畳敷に三盆白, 奴八雲を落し, 奴共別てかさ高, 奴兵馬さんの兄さん, 奴其の袷に, 奴其様の事云, 奴具合がわるい, 奴りに, 奴冷かされやがった, 奴出されねえものなら, 奴出自でないもの, 奴出鱈目なこと, 奴分限者の娘, 奴初めからお, 奴前橋の藤本, 奴も鋭い, 奴剣法では汝, 奴加野の奴, 奴之, 奴勝ち誇りゃあがったな, 奴勝ってると運命, 奴勝つ気持が, 奴こんで, 奴勤めに下げられる, 奴勿論呪い殺し, 奴十七日だけれども, 奴十年前の古, 奴十悪と五障, 奴危険な奴, 奴危険至極の道連れ, 奴北寮に, 奴去年庭を歩い, 奴又は貉子と, 奴叔母さんか御, 奴取り逃がしたか, 奴取換えちゃいなさい, 奴取逃がしたは残念, 奴受話器をはずしつ, 奴可哀相に泣顔, 奴可四郎は戦友, 奴合掌して, 奴合羽に着替え, 奴同士が仲, 奴同志にケンカ, 奴同様にさるる, 奴同級も糞, 奴吐きだす奴笑ふ, 奴向うところ強敵ばかり, 奴君子ぶる奴, 奴吟味中入牢申付ける權六, 奴周章てくさってポケット, 奴呪いの奇特, 奴呼わりをしない, 奴の取れた, 奴か片, 奴でもひつ, 奴善玉と惡玉, 奴喧嘩に負け, 奴四人まで投げ倒した, 奴四軒目を燒, 奴つた奴だ, 奴困ったことに, 奴國ハモト下ノ, 奴國男王の無, 奴國男王卑彌弓呼素不和遣倭, 奴國雖皆倭種而不屬女王自女王國南四千餘里, 奴の中, 奴地獄で何度, 奴城内のちまき, 奴場所もあろう, 奴塩っぱい面を, 奴声聞身から大, 奴なこと, 奴の事, 奴外者にすて, 奴外道奴とお, 奴多少兵法にも, 奴夜遊びは申す, 奴大事にし, 奴大分今夜は何, 奴大庭春吉三人の眸, 奴大理石の経帷子, 奴大胆不敵だのう, 奴大阪にいる, 奴の報酬, 奴天井を仰い, 奴天勝の手品伴奏, 奴太夫という名, 奴夫人と俺, 奴奇妙にやさしい, 奴女房の前, 奴奴ア何故此家, 奴好うも朝鮮人, 奴好色だからねえ, 奴は婢, 奴と然, 奴でない母, 奴子供の時, 奴存外の大, 奴獲, 奴学ばずして詩, 奴学校を出る, 奴安心して, 奴安政の時, 奴安部弓麿の許, 奴い役, 奴実に怪しからん放蕩漢, 奴実はちょっと前, 奴実社会はまた, 奴室町屋という温泉宿, 奴家督人たる者が親, 奴がりだから, 奴寝込みをあんまり, 奴封印を切つて, 奴封筒が買えなかった, 奴雛は, 奴小万が戸迷, 奴小便をなめ, 奴小夜子サンをき, 奴小柄で首筋, 奴小笠原流で靜, 奴小説で溜飲, 奴小面の憎い, 奴少からず感じ, 奴少し痛めつけて, 奴尻割りやがった, 奴尻餅をつい, 奴居ねえか此, 奴居やしねえや, 奴居酒屋のし, 奴山の神の信者, 奴島田は洋傘, 奴島田天神ふくら雀おたらい, 奴へ沈む, 奴左様では, 奴帽子を飛ばし, 奴弁信に相手, 奴引摺りな阿魔め, 奴引込んで居ろ, 奴弱い事救を, 奴張ものにうつむいた, 奴当る奴の, 奴青を, 奴という言葉, 奴待てよ, 奴後でそれを, 奴心あたりがねえと言った, 奴必ず邪魔を, 奴必定三円位で追返せ, 奴忌々しい奴と, 奴志士ぶる奴, 奴忙しいと見える, 奴忠義ぶる奴, 奴忽ち芝居掛つた鼻声で, 奴怒田へ行け, 奴思いがけない奴にばかり, 奴思切つて飛込め, 奴怪しいなとご, 奴恃む処はただ, 奴をかかせ, 奴悪漢だけのこと, 奴悲観して, 奴意地のやける, 奴愛吉だ, 奴慌てて膚, 奴みて, 奴懲らしめてやれ, 奴を殺さん, 奴に当り, 奴所詮この松, 奴を摩り抜け, 奴手打にしよう, 奴手込にすれ, 奴御釈迦様, 奴担がれる奴も, 奴拙者には女房, 奴採取網を振り廻し, 奴提灯持の方, 奴敗けたもので, 奴だからな, 奴文鎮で先生, 奴斯様な席, 奴新橋から移っ, 奴日月星辰も吹き, 奴日本の参謀本部, 奴日本人に考えろ, 奴日記なんかつけ, 奴日頃の事, 奴禄通り召抱え, 奴昨夜はあの, 奴昨夜足袋を穿い, 奴時々浮きあがって, 奴晩酌をたのしむ, 奴暗いもんだ, 奴服装は両人共和服, 奴朝ッぱらから叩き起され, 奴木原也長谷街道也とあり, 奴の見込み, 奴仕事に, 奴本当にお前や, 奴の上, 奴来るや否や, 奴松下村塾の餓鬼大将, 奴松代へ何, 奴松島篠田ちふ奴, 奴柿ムキをやっ, 奴が材木屋, 奴根性はちょい, 奴案外正直ものな, 奴棺桶の仇, 奴極悪非道な奴, 奴極端にばか, 奴様子を察し, 奴横目でちらつと, 奴横着も直るまい, 奴權次走り出づ, 奴次第だ, 奴歌子は顔, 奴歎悲の中, 奴正午退けだあ, 奴ういふ, 奴此んなの, 奴此処で切, 奴武藝のたしなみ, 奴歩いて來, 奴死なしてはここ, 奴死ぬまでやっ, 奴死んだが増し, 奴殊に腕前が, 奴殴ってしまう, 奴殿様ぶる奴, 奴母離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林, 奴母離所居絶島方可四百餘里土地山險多深林道路如禽鹿徑有千餘戸無良田, 奴氏信州蓼科より來書, 奴民子が居ない, 奴気がついてくれれ, 奴気がついたかも知れません, 奴気味の悪い, 奴気持ちは静まらない, 奴が知れない, 奴漕げと, 奴汝ア何故此家, 奴汝ツ等が親爺, 奴江崎満吉を知らん, 奴江戸っ子がる奴, 奴油断すな, 奴治部太夫の名, 奴の当否, 奴を吹い, 奴泥棒渡世にし, 奴淫売のくせ, 奴測らずここへ, 奴滑稽な奴, 奴灰色服の奴, 奴焚木を背負い, 奴らば, 奴で黒く, 奴片腕ない奴, 奴物騒と見て取っ, 奴の為, 奴狂言強盗で入り, 奴狡猾こぼてに, 奴猛毒魚だと, 奴にでもとっ捕った, 奴は肩, 奴現在亭主の己, 奴理知聡明学者然乙, 奴理能美おのが養, 奴理能美三人議りて, 奴琵琶龍香撥倚歌促酒聲嬌悲とある, 奴甘いもんだ, 奴生きている, 奴生きてない方が, 奴生けてはこの, 奴生け置いては武士, 奴生れ乍らにし, 奴生意氣だ, 奴由奈由奈波気左倍絶而後遂, 奴だ, 奴へくりだし, 奴畜生同様とお, 奴異国の鉄砲, 奴病気だどって, 奴痛みつけてやれ, 奴発心でもした, 奴白いお腹を, 奴白昼人殺しをし, 奴白服の奴, 奴の画, 奴益々俺を, 奴盗み飲みの道伴, 奴盗賊に相違, 奴助を, 奴相手にした, 奴相撲取などが懐, 奴相模屋の身上, 奴眉毛の抜けた, 奴ツ昼間に, 奴真に受けて, 奴眠ったような, 奴を丸く, 奴矢庭に人差指, 奴つてるもん, 奴知ってやがる, 奴石川淳と檀一雄, 奴社長の前, 奴神妙に運転, 奴神様の広告, 奴秘密を教え, 奴であつ, 奴突いて出た, 奴突然僕の, 奴突然早腰も, 奴から來, 奴に向い, 奴ふ奴, 奴を着た, 奴一みつとも, 奴等外聞惡いから厭, 奴をかまえ, 奴が一つ, 奴箱これだけが入っ, 奴を取る, 奴粂吉の惡戲, 奴紅縮緬で覆面, 奴素より剛胆の, 奴素直に出, 奴置く位なら, 奴義理も人情, 奴老人の詞, 奴老耄したるか, 奴の欠けた, 奴胴中を巻い, 奴が悪く, 奴能くも彼の谷, 奴を切っ, 奴を向け, 奴自分達の悪い, 奴自惚れない奴に, 奴自殺する道連れ, 奴自治の何たる, 奴自身大工の心得, 奴良心の苛責, 奴色男に手引, 奴有之, 奴若いがなるほど, 奴苦しまぎれにハメ, 奴苦味酒は, 奴莞爾やかに竹棹, 奴薄笑をする, 奴のよう, 奴虎蔵が奥庭, 奴蜘蛛を観察, 奴の化けた, 奴蟻田博士からその, 奴血相変り殺気だつた馬鹿騒ぎ, 奴血祭りに, 奴血迷っている, 奴行く末なにか大, 奴へ出, 奴裸火の下, 奴褒めて云え, 奴要領つかいやがったな, 奴見ず転の, 奴見たかよォ, 奴見付けることは, 奴覚えがなけれ, 奴の威光, 奴親分の智慧, 奴えが, 奴訴人をした, 奴詐術に富ん, 奴は一種, 奴が言, 奴話せそうな, 奴だ, 奴論以下十二篇の作品, 奴警官に化け, 奴負けたことが, 奴といふなり, 奴の支払い, 奴足腰の達者, 奴跣足の奴, 奴踊る奴泣く, 奴からでた, 奴身の程知らずこれで思い知った, 奴身ぶるいしたいほど, 奴身体まであいつ, 奴の中, 奴軽くなったナ, 奴近ごろ身に綺羅, 奴近所から借り, 奴近頃生意気に, 奴返答ニ困ッテ嘘, 奴追いだしてしまえ, 奴追い出しちまえばそれきり, 奴追い出せとお, 奴逃がすものか, 奴逃げ隠れたとて, 奴逃げられましょうかうまく, 奴逃げるのが, 奴逃げ出したが最後, 奴通人めかす奴, 奴逢った事も, 奴遂におれの, 奴のいい, 奴道成寺に長唄, 奴遠慮なく便所で, 奴遠眼の利く, 奴都々逸の端折つたの, 奴酌げ酌げさ, 奴酒食いで性の悪い, 奴金井一角待て, 奴金計り溜込んで, 奴釣りに行く, 奴鈍刀で横っ腹, 奴が鳴る, 奴間男を引摺, 奴阿呆といわれる, 奴降りるといっ, 奴陣十郎めは, 奴隠密を入れ, 奴隠居の首根っこ, 奴隣屋敷からひょいと, 奴隸制度を説明, 奴隸的に墮落, 奴隸的物的器械的に役立つ, 奴隸的社會萬能ノ中世時代ナリ, 奴隸的臣從ハ大戰中ト講和會議トニ於テ彼, 奴隸道徳が破, 奴集団農場さ入れるでなえて, 奴のよう, 奴露地の掃除, 奴非道い奴, 奴喰って, 奴面喰つてゐるだらう, 奴頑固に断わった, 奴頓馬な奴, 奴細く肩, 奴を曲げ, 奴が剃りたい, 奴顔婢膝の徒, 奴類ニ平等ニ与フ, 奴類ニ平等ニ分チ与フ於菟ハ志げ, 奴風俗伊達な刀, 奴風紀上など些か, 奴飛行機の上, 奴を催す, 奴食われる奴も, 奴飢え死にしてしも, 奴なんか喰いたくないだろう, 奴馴れないせいか, 奴駄致等四竜王地中を守護, 奴驚いて逃げ, 奴の奴, 奴とそば, 奴だ, 奴魔法つかいか, 奴鳴って再び, 奴黒有之髪毛白斑奴, 奴黒服の奴, 奴黙々と催しお, 奴黙って漕げ, 奴黙らぬか, 奴の欠けた