青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夜明け~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~多少 多少~ 多年~ ~多数 多数~ ~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~
夜明け~
~夢 夢~ ~夢中 夢中~ 夢想~ ~大 大~ 大いなる~ ~大いに 大いに~

「夜明け~」 1150, 12ppm, 9173位

▼ 夜明け~ (225, 19.6%)

8 光が 5 ように, 風が 4 光の 3 ような, 光を, 月が, 空に, 空の 2 デッキの, 光に, 前に, 海は, 町へ, 空を, 色が, 近いこと, 鶏が

1 [170件] あらゆる冷ややか, うすあかり, うちに, おもしろい空, お星, かなり接近し, きりぎりすを, ことである, ことでした, ことと, ことに, ことを, ころには, せいか, たたずまいであった, つかのまに, ひっそりした, ひと, ひのきは, まだ暗い, まちには, やうな, ようで, エクセントリックな, セーヌの, ポンコツの, ランプ, ランプまたたく, ランプよ, 一ときに, 一刻前, 一報が, 一時を, 一頃は, 三時か, 三時であった, 三時まで, 下に, 二時間前である, 二時頃から, 五時を, 五時十分発の, 五時頃だった, 五時頃には, 光で, 光と, 光とともに, 光は, 光りが, 光りは, 六刻が, 冷めたさ, 冷ん, 冷気は, 別れを, 午前十一時頃まで, 四時に, 四時五時まで, 壮観を, 声で, 夢を, 大気を, 太陽が, 家路を, 寂けさが, 寅の, 寒さ, 寒気が, 少し前, 山の, 山中に, 帰りなどを, 帰りに, 幕が, 庭鳥の, 彼女の, 待ち遠しさ, 待遠しかった, 微光が, 微光とともに, 微光に, 心持を, 擾音が, 日の, 日の出ごろ, 日本の, 早立ちぐらいな, 明け烏, 明りとも, 明るくなる, 明星の, 明星は, 星と, 星も, 時だ, 時刻に, 時間を, 晩などという, 景色が, 景色だけは, 景色は, 暗い人気, 最も気力, 月の, 朱を, 村はずれで, 来た太陽, 来るの, 来る時, 来る東, 模様を, 気ぶりも, 水くめ, 水を, 汽車で, 浜へ, 海には, 海上で, 湿った冷気, 烏が, 爽かな, 町を, 白, 白い湯気, 百舌鳥が, 祈りた, 秋景色でも, 空は, 空気など, 美しいの, 美しさ, 肌寒いの, 落城の, 薄い光, 薄暗い光, 虫声は, 蛙の, 街, 街を, 襲撃をも, 足音が, 近いの, 近づいたこと, 遅い秋, 遅くなった, 鐘が, 鐘を, 間に, 闇が, 闇を, 闇黒は, 雨と, 雲は, 雲筋立った, 雷雨が, 霧か, 霧の, 靄に, 靄の, 静かな, 静かな凪ぎ, 静寂と, 静寂を, 頌歌, 風は, 風を, 風景だ, 風鈴が, 鬨を, 鶏の

▼ 夜明け~ (148, 12.9%)

9 なって 5 間も 3 なると, 近いころ 2 お迎えに, この河岸, 白馬ヶ嶽へ, 近い時刻, 連る

1 [118件] あすこへ, いっしょに, いて, いよいよ気分, おきて, お帰り, この道, こんな気持ち, しては, する別れ, そこへ, たしかにホトヽギス, だれも, ちかいこと, ちかくほのぼの, なった, なっても, なつて, ならなければ, なりましたどんどん, なります, なりや, なり白, なるかも, なるじゃ, なるだらう, なれば, なればの, はやくいかない, まも, やっと前, 一番早く, 三十分ほど, 三郎が, 中臣, 二条の, 二隻を, 京を, 人が, 修繕は, 入渠する, 公子たちや, 出かけて, 出て, 出勤の, 出直して, 出立つしなければ, 初めての, 南の, 吹く山風, 四つの, 大七, 姉妹たちは, 宿を, 少女などが, 尚侍は, 山を, 帰った, 幾千の, 彼は, 後悔された, 御者は, 急いで, 急襲した, 戸の, 手を, 捜索隊の, 敵の, 敵へ, 新宿に, 新橋へ, 早く出, 村の, 死にました, 死んだジャン, 江戸へ, 涼しい秋風, 白菊が, 目の, 眼が, 私は, 私を, 立ちたいと, 絶息された, 聞く時鳥, 聞こえて, 聞こえるよう, 至るなれ, 行って, 見えたの, 見る男, 起きて, 起きるなり, 起き上がって, 近い, 近いかも, 近いから, 近いこと, 近いと, 近いの, 近い三時ごろ, 近い六刻前, 近い空模様, 近い頃, 近かろう, 近くなっ, 近くなった, 近く冷える, 近江の, 逸早く起き, 遠く窓, 部屋へ, 間の, 間もなくしらじら明け, 間近い時間, 隙見した, 隣家の, 高きこと山

▼ 夜明け~ (99, 8.6%)

4 の暗い 2 か, にここ, に家, に息, に眼, に頂上

1 [83件] かと窓, から出掛け, から参詣, から春, から潜入, さ, だと, である, でいくら, ですからね, と云, と云う, と日没後, に, にあんなに, にいったん, にお出で, にた, にとうとう, にとろ, になにもかも, には居なくなる, には帰る, にやった, にビセートル, にファンティーヌ, に下, に何処, に出かけ, に出かけた, に出来上っ, に出発, に北門, に医者, に品川, に噴火口, に墓場, に大岳, に妙厳寺, に妻女山, に帰れ, に平面毒竜, に彼, に村里, に渡河, に焼場, に片づい, に発つ, に起きなけれ, に逃げ去る, に門口, の, のあの, のうす, のこと, のしばらく, のまた, のカフェー, の一, の一とき, の一時的, の冷たい, の午前五時頃, の半蔵, の寂寞, の市街, の暁風, の暗黒, の朝靄, の水, の氷点下何度, の終篇, の薄暗い, の軒行燈, の闇中, の静かさ, の靜かさ, の頃, の風, の鴬, は寒い, ほどのうす明かる, まで敵

▼ 夜明けまで~ (75, 6.5%)

2 つづく, 眠った

1 [71件] あそびて, いるという, おいでに, お店, お目ざめ, かかるかも, かかるなんぞは, がたがたと, ぐつすりと熟睡した, ここの, ここは, そうし, その百姓上り, そりゃ大変, つづいて, でも, どこかの, どこに, まとう, もって, やる, ウトウトした, ラプラタ川を, 丸根鷲津が, 二た, 仕事を, 何事も, 何處に, 在らしって, 坐って, 夜を, 婆あ, 寝込んで, 必ず起き, 思いつづけて, 戸外に, 打って, 持つか, 歩くん, 泣いて, 消えつぱなしてゐたものか, 火に, 熱心に, 生きて, 番を, 祈って, 私を, 続いた, 続けた加持, 置けば, 考へごと, 興奮し続けた, 船止めだ, 苛, 茂庭家に, 街を, 見張って, 議論を, 起きて, 踊りに, 遂, 過ごし翌日, 道中に, 遠く出, 酔っぱらいの, 間が, 降りつづいたが, 雨吹く, 雪が, 震えて, 頑張れ

▼ 夜明け~ (70, 6.1%)

7 待って 3 待とうと, 期して 2 まって, 告げに, 待たず人質, 待つこと, 待つて, 待つの, 知らせた

1 [43件] あと三十分に, あんなにし, おもわせるが, じつと, どんなに待ち遠しく, まつこと, むかえたの, 偲ばせた暁, 告げたの, 告げるため, 呼びながら, 報ずるめでたい, 己は, 待たうかとも, 待ちあぐねて, 待ちかねた, 待ちつつ, 待ちながら, 待ち兼ねて, 待った, 待ったほう, 待つ, 待つつもり, 待つには, 待つほか, 待つまでも, 待つ覚悟, 待てと, 待てば, 待とう, 待とうかとも, 待とうとは, 惜しむよう, 感じさせる, 早めようとしても, 期待する, 油断も, 眺めたこと, 知って, 知らせる雑音, 見た, 見た神, 詠嘆する

▼ 夜明け~ (50, 4.3%)

2 になっ, 歩き歩きて

1 [46件] からひどい, から午, から叔母, から吹き募った, から病, となっ, となつ, と云っ, などにふい, にあちこち, にうとうと, にちょっと, になった, になつ, にはたしかに, にはもう, には市中, にまた, にもう, に仮装, に俺, に吐かれる, に帰っ, に帰りまする, に時鳥, に死んだ, に率八, に語りくたびれ, に鎮火, に長, のさわやか, の一時間, の五時頃, の合戦, の大, の嵐, の空, の風, の鶏, まで, までには古, まで大がかり, まで帰りません, よく梟, より総, わが陣中

▼ 夜明け~ (37, 3.2%)

2 来た, 私の, 近づいたの

1 [31件] あるかぎり, た僕, た近く, ないよう, みとめられる, やつて, 僕の, 割れ裂けさ, 割れ裂けそう, 危険かも, 寒かった, 待たれるのう, 待ち遠しい, 待ち遠しいこと, 待ち遠しかった, 待ち遠しかつ, 思い出されるから, 来て, 来るまで, 来れば, 楽しみで, 薄らいだ, 近いやう, 近くなっ, 近づいたと, 近づいて, 近づかうとして, 近づくと, 近づくの, 迫って, 間近い

▼ 夜明け近く~ (33, 2.9%)

2 になっ

1 [31件] だらう, であった, であろうに, なって, なってから, なつて, なつて帰つて, にうとうと, になった, にはほぼ, に塀, に御方自身, に戻っ, に江戸, の寒, までうとうと, までなっ, まで冷し, まで夢現, まで湖畔, まで皆, まで睡れなかった, まで行われた, まで話し, まで話した, まで語り合った, まで踊った, まで騒い, も見える, 志村は, 迄騒い

▼ 夜明け~ (27, 2.3%)

2 まで

1 [25件] からだった, からグレーヴ, から互に, から午頃, から眼, から雨, だった, でした, なら, にかけ, にはわれわれ二人, には城中, には敵, には織田殿, にフォーシュルヴァン, ふと眼, まだ眠った, までにはまた, までに十有三疋, まで同じ, まで絶えませんでした, まで踊りつ, より雨降り, 疲れたので, 起きて

▼ 夜明けまでに~ (21, 1.8%)

1 [21件] かたづくでしょう, この和田峠, ちゃんと用, もう一度土城, よく調べ, 何枚でも, 元の, 向うへ, 向ふ, 必ず山, 手間いらず, 掘り出して, 江戸へ, 決めるの, 河北勢の, 目出度い目出度いおまえ達, 竣工し, 舟で, 越えると, 間に合うだろう, 隈なく

▼ 夜明けには~ (20, 1.7%)

3 だいぶ間 2 まだ三刻, 間が

1 [13件] しっかり気, すぐ立去る, だいぶまが, ちと間, なお間, まだまだ間, まだ大分間, まだ大部間, まだ途方, まだ間, もう浴衣, 火先は, 間も

▼ 夜明け~ (19, 1.7%)

1 [19件] あったのに, ついそこ, なかった, またずそれ, まだ薄暗い, まだ遠い, まぢかに, もう間近, 待たずに, 待たず彼, 待ちかねて, 早々に, 早い, 知らずに, 知らず睡って, 程なかろ, 近いこと, 近いぞ, 近かった

▼ 夜明けと共に~ (18, 1.6%)

1 [18件] ここを, この藪牢, サルトルの, 八方貴公の, 刑場の, 地球を, 帰れましょう, 後から, 忍びこん, 挟み撃ちに, 曹真の, 消え去った, 船上の, 近所で, 金ヶ崎を, 電話した, 高定は, 鶏の

▼ 夜明けごろ~ (17, 1.5%)

1 [17件] うつらうつらし, からもう, からエセックス邸, から不快, から気色, から笛, から道楽, でありました, にこの, には前方, に人, に横浜, に窓外, はまったく, までに一乗寺村, まで書き, 殺された子ども

▼ 夜明け~ (17, 1.5%)

1 [17件] いっても, なった, なったもの, なって, なれば, 一緒に, 云うもの, 共に鎮まる, 同時に天ヶ丘, 同時に工事場, 同時に無残, 同時に発見, 同時に秀吉, 同時に起き, 見えて, 見て, 間違えたの

▼ 夜明け~ (16, 1.4%)

2 ある私

1 [14件] おそかった, この端, なかなか白ん, やがて近い, 一面に, 二時頃な, 幽霊は, 彼の, 来るの, 涼しくなった, 美しかった, 肌寒くさ, 近い, 近う覚

▼ 夜明けから~ (15, 1.3%)

1 [15件] さわがしい始末, それを, ちゃんと起き, どしゃ降りである, また捜索, 午までは, 庭の, 日暮まで, 昼迄の, 朝にかけて, 母の, 町は, 私は, 翌日にかけても, 降りだしたらしい雨

▼ 夜明けとともに~ (13, 1.1%)

1 [13件] ここを, この山, 一天は, 何処とも, 吹き消して, 城を, 始まり汽車, 弦鳴, 玄徳は, 眠気に, 立つであろう, 若君の, 追手の

▼ 夜明け~ (12, 1.0%)

3 見れば 1 のち里に, 二百二十日なり, 後ち, 後男共は, 手あらひ, 船へ, 訊ねると, 起るさえが, 道士の

▼ 夜明けまでの~ (12, 1.0%)

2 あいだに, うちに, 居所を 1 一瞬を, 体愚図愚図しちゃいられねえ, 長い時間, 長さ, 間, 間です

▼ 夜明けまでは~ (10, 0.9%)

2 あと一刻も, 生きて 1 おぼつかなかろう, ただ雑談, 一切帯紐ゆるめ, 老年組の, 長いから, 間が

▼ 夜明けまでには~ (9, 0.8%)

1 だいぶ間, まだ一仕事, 何とかし, 工事を, 晩香波へ, 本来の, 立ち帰ります, 追いつこう, 間が

▼ 夜明けちかく~ (7, 0.6%)

1 ふと眼, までかかっ, までかかつて, まで出, まで青森方面, 大尉は, 書斎から

▼ 夜明けがた~ (6, 0.5%)

1 から槌, であり尊氏, の夢, の白っぽい, の院, は何だか

▼ 夜明けまえ~ (6, 0.5%)

1 から酒, にわる, にライオン, に万端, のうす, の予告

▼ 夜明け~ (5, 0.4%)

1 か夕方, か夕暮, というん, な案ずる, 芹沢との

▼ 夜明け~ (5, 0.4%)

3 のか 1 ば東, んです

▼ 夜明けにも~ (5, 0.4%)

2 間が 1 その男, 程近い, 見られる

▼ 夜明け近い~ (5, 0.4%)

1 か, のか, のでしょう, 気配を, 頃長谷川は

▼ 夜明けにかけて~ (4, 0.3%)

1 ようやく占領, 停車する, 全軍, 廻状を

▼ 夜明け~ (4, 0.3%)

2 なら 1 となり, には飼犬

▼ 夜明けでは~ (3, 0.3%)

1 あったが, あったものの, あるまい

▼ 夜明け~ (3, 0.3%)

1 かけて, かけては, 移る不思議

▼ 夜明けまでと~ (3, 0.3%)

1 いうと, 徹夜で, 言ふと

▼ 夜明けまでも~ (3, 0.3%)

1 そのままでいたであろう, 知らん顔を, 続いた

▼ 夜明けより~ (3, 0.3%)

1 二時間ぐらい, 古き鏡, 歩行を

▼ 夜明けらしい~ (3, 0.3%)

1 のです, のですぐ, 楢の

▼ 夜明けらしく~ (3, 0.3%)

1 寒々と, 月は, 空が

▼ 夜明けかと~ (2, 0.2%)

1 思うくらい, 軒下に

▼ 夜明けからの~ (2, 0.2%)

1 ことを, 薄暗さ

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

1 全くの, 夫から

▼ 夜明けであった~ (2, 0.2%)

1 がその, とみえ

▼ 夜明けという~ (2, 0.2%)

1 夜明けを, 時刻に

▼ 夜明けとは~ (2, 0.2%)

1 急な, 申せまだ

▼ 夜明けにしか~ (2, 0.2%)

1 もどらないこと, 攻撃されない

▼ 夜明けにな~ (2, 0.2%)

1 つたのかしら, つてダラットの

▼ 夜明けにや~ (2, 0.2%)

1 夜明けの, 高野で

▼ 夜明けぬる~ (2, 0.2%)

1 かな, かも

▼ 夜明けのけ~ (2, 0.2%)

2 はいが

▼ 夜明けまぢか~ (2, 0.2%)

1 だった, という

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

2 とする

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

1 なら, に飛び

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

1 の声, もこう

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

1 が白みかけた, とするなら

▼ 夜明け~ (2, 0.2%)

1 押えて, 続いた

▼ 夜明け迄に~ (2, 0.2%)

1 一ぺん宿へ, 幾度か

▼ 夜明け近かっ~ (2, 0.2%)

1 た, たの

▼ 夜明け間近~ (2, 0.2%)

1 の空, の高山

▼1* [79件]

夜明けあるいは夕闇に, 夜明け寝込みを, 夜明けかも知れないという, 夜明けこの攻め口から, 夜明けごとに違った, 夜明けごろ彼は国境, 夜明けごろ月世界の見世物, 夜明けごろ死体を検視, 夜明けごろ汽車がモスクワ, 夜明けごろ爆撃が終り, 夜明けごろ登志子が不, 夜明けごろ西空に落ちゆく, 夜明けざるに来るあり, 夜明けたれど外, 夜明けだろうと参っ, 夜明けちかい空の, 夜明けぢかくの道, 夜明けての一句も, 夜明けである文芸復興が, 夜明けでないとちょっと, 夜明けでも御用には, 夜明けとかに書いては, 夜明けとともにはいって, 夜明けともつかぬ薄ら, 夜明けなどふと眼, 夜明けぬれど夫婦, 夜明けばかりが味気なく待たれた, 夜明けほどなく日の, 夜明けほどはしなくなった, 夜明けへに死ん, 夜明けまたは月の, 夜明けまででもかまいませんから, 夜明けまでにさえ金子が, 夜明けまではと探って, 夜明けよりも薔薇色に, 夜明け交代になる, 夜明け傷ついた鏡之, 夜明け前ボートで対岸, 夜明け前一二時また鳴く, 夜明け前寝所へはいっ, 夜明け前後のあの, 夜明け前汽車から降り, 夜明け前霧のしらじら, 夜明け吉岡の門弟衆, 夜明けの二時間, 夜明け方そこを出発, 夜明け方三蔵はどこ, 夜明け方使が走った, 夜明け方宇津木兵馬はひとり, 夜明け方小舟で何, 夜明け方空がバラ色, 夜明け方自身番の六兵衛さん, 夜明け方轡をならべ, 夜明けも少しく, 夜明け早々からの客, 夜明け早々かなりな大船, 夜明け早々潯陽のほう, 夜明け明け方午でも一人歩き, 夜明け明星の光, 夜明け時代既に首, 夜明け時分ではあり, 夜明け朝飯前に昨夜, 夜明け次第にまずこの地方, 夜明け次第管営さまのお, 夜明け武田が親切, 夜明け直前の奇妙, 夜明けをさました, 夜明け霧の, 夜明けの部下, 夜明け近きを思わせる, 夜明けと心得, 夜明けが鳴ります, 夜明けの下, 夜明け頃ヘトヘトになっ, 夜明け頃太鼓など叩い, 夜明け頃女に途中, 夜明け頃火鉢の火, 夜明け頃獄吏が階下, 夜明け頃馬小屋で馬