青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女給~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

女史~ ~女子 女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房 女房~ ~女王 女王~
女給~
~奴 奴~ 奴等~ 奴隷~ 好~ ~好い 好い~ ~好き 好き~ ~好く

「女給~」 1063, 11ppm, 9506位

▼ 女給~ (156, 14.7%)

4 ような 3 一人が, 一人と

2 [14件] お仲さん, 一人は, 中には, 事を, 仕事が, 前へ, 口を, 大軍を, 小さい瞳, 帰りを, 手に, 美しいの, 顔が, 顔触れも

1 [118件] いない静か, いる西洋料理店, お幸ちゃん, お葉, ことなんか, すじはい, すみ子が, せいだ, それ其他個々の, たぐいだ, とき女万歳師に, どちらか, なかでも, ひまな, ほかに, まなざしなんかじゃ, ゆかりが, ようだった, ように, ようにも, よし子が, アサが, アパート地帯で, テーブルには, ブローカーは, 一人として, 一人の, 一群が, 一騎打ちな, 下宿で, 中から, 中で, 中に, 中若い, 久美子の, 二三人も, 信子は, 制服は, 前に, 勤めが, 化粧道具や, 取締りに, 口か, 口から, 名を, 君江が, 君江は, 唾と, 噂などが, 境遇について, 声居眠りでも, 変装の, 女房れんに, 如きやたら, 如く手取り足取り, 姿に, 姿も, 宿で, 宿へ, 寝込みを, 尻を, 尾行に, 幾子に, 心配まで, 恋を, 所を, 手の, 持って, 指に, 方が, 案内で, 横顔を, 流行も, 漠然とした, 瑠璃子から, 生態が, 生活でさえ, 生活に, 生活について, 生活の, 番号を, 百合子に, 監督に, 給料や, 綾子を, 群である, 群へと, 考へ方, 聞きちがえであった, 胸に, 腰に, 自覚が, 良し悪しと, 袖口へ, 見習ばかり, 言ったよう, 言葉, 言葉が, 言葉によって, 言葉を, 言葉尻を, 試みが, 話から, 話だけじゃ, 話は, 誰かに, 貸間を, 返したカップ, 連中に, 鈴江と, 集まってるドーム, 鞆岐久美子という, 頬に, 顔には, 顔を, 顔触れが, 魂を, 鼻の

▼ 女給~ (131, 12.3%)

3 街頭に

2 [12件] ある作家, いきなり高峰さん煙草, いた, いて, いる, ちかごろ東京, ひとりばかり, 勘定書を, 洋服を, 私が, 突然私, 表戸

1 [104件] あった, あぶれて, いたが, いたので, いないので, いるの, いるよ, おあいそを, お皿, すすめて, だいぶん気に入った, とおりかかった, どうぞお, はいって, はずむよう, ひいき客から, まだいた, まとめて, ゐて, ウビガンの, オメガを, カクテルを, ソーダ水を, テーブルに, ニセモノを, 一人いる, 一人両手に, 一杯, 一枚の, 一番多く, 七八人集っ, 三人, 三人ばかり, 三人ばかりに, 三人控へて, 三人田舎芸者が, 三階まで, 主人公で, 二人が, 二十人ちかく, 二十円以下案内女は, 云ふ, 今は, 今日も, 伊達巻を, 出して, 出て, 出現し, 割込んだもの, 呼びかけたの, 声かけた, 声を, 変ると, 客らしい, 宿泊する, 寄って, 尠から, 居た関係上, 居合せて, 居残った, 帰って, 思い思いの, 悲鳴と共に, 情夫と, 手紙を, 教へて, 最も多く, 来た, 来たので, 来る, 東京風のよりも, 歌うよう, 殺された, 活動写真の, 珈琲を, 申立て, 申立てた, 白粉気の, 目を, 相当な, 相手を, 私の, 突然, 立って, 綺麗な, 総出で, 縁談が, 自分の, 舌うちを, 華族の, 街頭へ, 襟垢と, 走って, 走り寄っ, 足りない事, 迎える, 送りだすところ, 運んで, 銚子と, 開いたガラス戸, 難なく居残る, 雪を, 青い顔, 驚いたやう

▼ 女給~ (108, 10.2%)

10 なって

2 [12件] お思召, なった, なったの, なってから, なるの, 出て, 手渡された, 手渡して, 手渡すの, 転身し, 通う為, 酌を

1 [74件] いろいろな, お似合いです, からかわれても, からみつかれて, きくと, きっとキス, したいと, して, しろ娘, すみこめば, するの, だすわけ, ですか, でて, なったからって, なったその, なったと, なったという, なったらどう, なった事, なった鉄子, ならない以前, ならない前, なりきって, なりました, なること, なるより, なるよりも, なる事, なれ, なろうか, なろうと, なろうとも, ふさわしい娘, ふんだんにチップ, みして, ウイスキーを, キスし, 会ったら昨夜十時頃, 会って, 伴れられ, 似た和装, 低い聲, 住み込んだが, 住込んだ, 便所を, 出されて, 出られなくなった, 制服を, 十銭銀貨を, 取巻かれ引摺り, 台つきカップを, 呼びかけなければ, 命じて, 市ヶ谷へ, 彼と, 慣れるまでは, 戯れても, 日本酒の, 暇を, 朱砂ハナって, 検黴すれ, 気の毒だ, 相談する, 行って, 襟が, 見せると, 話しかけた, 賞讚される, 転向した, 軽蔑された, 釣られて, 頼んだ電話, 頼んで

▼ 女給~ (91, 8.6%)

24 して 5 つれて, 呼んで 3 募集し 2 口説く人, 呼ぶ, 妾に, 生み油絵, 相手に, 置いて, 軽蔑し

1 [40件] いつの間にか手, からかうの, こは, さえも, させて, したり, した事, してた女, すべて, ちょっと好き, とらへて, どこかに, もとめて, やたらと, やめるよう, よしましてからも, よばねば, 二三人店口に, 二人以上引っかけ, 代りばんこ, 南さんの, 呼び寄せて, 呼ぶ金切声, 呼んだ, 嫉妬する, 彼女は, 情婦に, 愛撫し, 手なづけ, 捉えて, 斬りつけたの, 求むという, 無給で, 煽るの, 笑わして, 置くよう, 膝の, 見つけて, 集めて, 顧み乍ら

▼ 女給さん~ (74, 7.0%)

3 になっ 2 ですか, になった, をし

1 [65件] あがりの, か, かお, かね, から便り, がある, がうようよ, がどうして, がホーモーサー, が出, が愛人, が武藤邸, が真青, が眼, が芸者, が行っ, が見え, が逢い, が逢びき, さ, して, だし, だったとは, ってどんな, である, でいよう, でその, でも, として取扱っ, と一言, と自分, と言, と遊ぶ, なかなかの, なかなか負けません, なの, になりたい, には又, にもなれまい, にやる, に一泡, に愛想, に損, に木戸, のマーク, の君江, の恰好, の手並み, の方, の旦那さん, の良し悪し, の部屋, は, はつい, はなかなか, は君, は女給さん, は昨夜, は気丈者, は皆, ばかりが多く, もつゆ, も監督, を募集, 入らないでしょうか

▼ 女給~ (67, 6.3%)

2 ふたりの, 気が, 私を

1 [61件] いけませんお客, お客よりも, お茶を, すべて日本髪か, そのコツプ, その土地, その頃, それらを, どれ丈け, なんと思, ひどく申訳, ほかの, まず酒場, むしろその, もう寝, よく覚え, クリーム入れましょう, 一丸と, 一度に, 一時に, 九四八酌婦一〇二四女工は, 事務員や, 事細かに, 二枚の, 何も, 何を, 僕に対して, 半年たたぬ, 困った顔, 固煉白粉, 声を, 大抵お, 安値な, 広告一つで, 広島市から, 張り合いの, 微笑んだ, 怒るだろうな, 思ふ, 急いで, 意味あり, 或る限られた, 拳の, 気持の, 決して利口そう, 男を, 眼を, 私と, 立ち去り難い, 笑いながら, 美人揃い, 西荻アンゴ氏と, 見合いに, 酒場の, 鈴江ふみ子お, 静かに, 面白いと, 面白そう, 頬張ったバナナ, 首を, 驚いたわけ

▼ 女給たち~ (56, 5.3%)

2 に取りまかれ, のたかる, のとめ, はしかし, は私

1 [46件] から小心, があの, がこんな, がぞろぞろ, がまだ, がもつれる, がスウェイデン料理, が並ん, が動揺, が心配, が昨夜, が歌っ, が私, とのあいだ, にはいか, にはつ, にはついに, には面白い, に与えた, に勝手, に取, に呼びかけた, に囲まれ, に読め読め, のひと組, のよう, の体, の喋くつ, の大きな, の態度, の成績, の所, の笑声, の誰, の陽気, はその, はねたフリ, はズロース, はヨタモノ, は代わり合っ, は何とも, は店, は連れ立っ, もやってき, も五六人, を集め

▼ 女給~ (37, 3.5%)

2 なって, 泊り歩い, 芸者の

1 [31件] いっては, して, なった, なったの, なつた, なりました, なりゐたる事, ダンスを, テエプを, ネンゴロに, 三人の, 乙女とを, 二人寿司を, 云う商売, 云ふも, 今方来た, 分って, 同じ部屋, 心中を, 心得て, 愛し合おうと, 料理と, 片隅で, 直接交渉, 窓の, 芸妓と, 語らうこと, 酔ってない女給, 関係が, 顔を, 馴染んで

▼ 女給~ (26, 2.4%)

2 だった, に手紙, の仲間

1 [20件] がどや, がやっと, が君子, で夕方, と例, に奢っ, に昨夜, に見られ, のほう, のサービス, の云いなり, の健康診断, の呆気, の悲鳴, の生血, の聲, はホッ, は再び, は閑, をワッワッ

▼ 女給~ (23, 2.2%)

1 [23件] あつた, あんまり変動, いない酒, いれば, きちんとエプロン, くること, その女, それぢや, コックも, 一人も, 一名おい, 二三年前から, 人の, 仲居も, 化粧を, 女房さんらしい, 妾も, 富子も, 手持無沙汰な, 諸共に, 輩出し, 遠ざけて, 高等も

▼ 女給~ (14, 1.3%)

1 [14件] お座敷女中は, そのひも, ダンサーの, ダンサー専門の, デカダンスの, 仲居や, 女学生の, 客の, 客達も, 芸妓の, 芸者さんの, 講談師等によって, 近所の, 酔客の

▼ 女給~ (9, 0.8%)

2 相当の 1 あつた, その爪牙, でも, 今でも, 小野は, 生活し, 競馬の

▼ 女給らしい~ (9, 0.8%)

2 女の 1 と野村さん, ひとは, ひどくまるまると, 女が, 女を, 娘さんらと, 艶めいた

▼ 女給から~ (8, 0.8%)

1 アンゴ氏の, 小賢しい変, 小銭を, 心安だ, 思いがけぬ恩, 教へて, 聞き友達, 誘惑され

▼ 女給部屋~ (8, 0.8%)

2 でルナチャルスキイ, の隅, は淋しい 1 には重い, に上っ

▼ 女給でも~ (7, 0.7%)

1 あらうか, して, なく公休日, パンスケでも, 守っ娘, 相手は, 芸者でも

▼ 女給という~ (7, 0.7%)

2 ものは 1 ことが, のである, 商売について, 職業が, 職業意識で

▼ 女給一同~ (7, 0.7%)

1 が揃っ, は第, より, よりとある, よりというよう, よりとなっ, よりと書い

▼ 女給~ (7, 0.7%)

3 の女 2 でそれ 1 であったので, の二人伴

▼ 女給~ (6, 0.6%)

1 ダンサーにでも, ダンサーの, 何かと, 何かに, 芸者を, 踊子で

▼ 女給さん達~ (6, 0.6%)

1 から冷かし, が見た, といっしょ, は皆大騒ぎ, もせめて, も枯すすき

▼ 女給には~ (6, 0.6%)

2 眼も 1 お梅さんはじめ, 恋人の, 見えないな, 見向きも

▼ 女給にでも~ (5, 0.5%)

3 なって 1 なつて, 交換手にでも

▼ 女給さんたち~ (4, 0.4%)

1 なら, に売っ, も夏頃, 知らなかったわ

▼ 女給~ (4, 0.4%)

1 お年玉を, わざとらしく冗談, 渡した, 行くもの等

▼ 女給よりも~ (4, 0.4%)

2 荘厳である 1 刺身が, 無邪気であり

▼ 女給生活~ (4, 0.4%)

1 つくづくいや, の一日, の描写, の断片

▼ 女給あがり~ (3, 0.3%)

1 の細君, 至って不作法, 至つて不作法で

▼ 女給すみ子~ (3, 0.3%)

1 と其年五十一, の部屋, を連れ

▼ 女給だって~ (3, 0.3%)

1 あんなハデ, えこった, 引っぱっちゃ

▼ 女給である~ (3, 0.3%)

1 から私達, と云う, 情婦を

▼ 女給では~ (3, 0.3%)

1 なかった, なくかの, なくそれ

▼ 女給とも~ (3, 0.3%)

1 よく識, 安料理屋, 違ふ

▼ 女給ども~ (3, 0.3%)

1 が奴隷湖, は老, を多量

▼ 女給などの~ (3, 0.3%)

1 いない時, 空気よりも, 間に

▼ 女給ぶり~ (3, 0.3%)

1 は板, をちょっと, を記事

▼ 女給みたい~ (3, 0.3%)

2 なこと 1 に塗り

▼ 女給ゆかり~ (3, 0.3%)

1 の寝床, の布団, の身代り

▼ 女給らしく~ (3, 0.3%)

1 なつた, もない, も思われた

▼ 女給募集~ (3, 0.3%)

2 の広告 1 といふ新聞広告

▼ 女給~ (2, 0.2%)

1 か籠抜娼妓, つた女を

▼ 女給だの~ (2, 0.2%)

1 パンパンだの, 小学校の

▼ 女給であった~ (2, 0.2%)

1 がその, が丁度

▼ 女給とか~ (2, 0.2%)

1 ドンチャン騒ぎの, 女中だ

▼ 女給として~ (2, 0.2%)

1 おふみ, 進出モダンガール

▼ 女給としては~ (2, 0.2%)

1 いとも神妙, むしろ不

▼ 女給との~ (2, 0.2%)

1 同棲は, 恋が

▼ 女給とは~ (2, 0.2%)

1 共稼ぎの, 職業が

▼ 女給なぞが~ (2, 0.2%)

1 受け持って, 次から

▼ 女給なども~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 女給にだけ~ (2, 0.2%)

2 言葉を

▼ 女給アサ~ (2, 0.2%)

1 が酔つた客, も鉄造

▼ 女給上り~ (2, 0.2%)

1 のひさ, の辰千代

▼ 女給二三人~ (2, 0.2%)

1 と歌舞伎座, ふざけて

▼ 女給仲居~ (2, 0.2%)

1 が凡そ五十人, に一円

▼ 女給品子~ (2, 0.2%)

2 は豹一

▼ 女給四人~ (2, 0.2%)

2 は薄暗い

▼ 女給四人すべて~ (2, 0.2%)

1 が様様, が樣樣

▼ 女給時代~ (2, 0.2%)

1 にすでに, に筋

▼ 女給~ (2, 0.2%)

1 はかなり, は令嬢風

▼ 女給~ (2, 0.2%)

1 は君江さん, は寄っ

▼ 女給~ (2, 0.2%)

1 のお, をどなる

▼1* [96件]

女給ぐらしがあり, 女給さんいつ来たん, 女給さんその他コンキューで保安, 女給さんみたいな気, 女給さんベッドに寝, 女給さん三十万円を新宿, 女給さん吃驚したの, 女給さん誰方かいらっしっ, 女給じゃ将来困ります, 女給それに金持, 女給だけだと, 女給だけを呼び棄てに, 女給だったのである, 女給やない, 女給であり藝妓であり, 女給でしてね, 女給でなくってもあいつ, 女給といふものも, 女給とが笑いながら, 女給ときたら尚の, 女給とねんごろに, 女給と共に路傍に, 女給んです, 女給などがまじつて, 女給などに比較したなら, 女給などは夢にも, 女給などをうまく足どめ, 女給なり従つて酒場の, 女給なんかとそんなこと, 女給なんかに出てるの, 女給なんぞは全く一時的, 女給なんてお止しなさい, 女給にだけはしたくないと, 女給にでもと相談を, 女給になつて稼ぐ, 女給にまでなるという, 女給にも口を, 女給に対して嫉妬を, 女給はも一人いる, 女給ばかりのカフェーだった, 女給ひょっとしたらそれも, 女給への恋の, 女給まがいの日本風, 女給まで忽ちカブ, 女給らしきものに, 女給タイプにはなつ, 女給ダンサア型が主, 女給ダンサーアメリカ水兵フランス人インド人西洋人の夫婦, 女給ナオミの台辞, 女給バスガアル人絹親子丼一銭のカツレツ, 女給ボーイたちにもまれ, 女給マアセルが誰, 女給モダーンな設備, 女給一人にコック一人, 女給七人合計十五人の娘子軍, 女給二人にただ, 女給以外の仕事, 女給仲居芸者等いわゆる玄人, 女給入用のビラ, 女給八人二階受持ちの, 女給に見せる, 女給勤めのかたわら夜, 女給十円案内女五円位でもあろう, 女給同士の話, 女給同盟の人々, 女給女事務員がおる, 女給女事務員町娘等のムウビイ・ゴウアス, 女給女案内人稍高級なところ, 女給女車掌女店員など地方, 女給家内女等を仮に, 女給帰りを待ち受け, 女給店番なぞいう, 女給急ぎ足のダンサー, 女給文学芸者文学ダンサーなど頓狂, 女給よりも数等色ッポイの, 女給暮らしと云, 女給案内女仲居お茶子芸娼妓もかため, 女給よりいくらか, 女給殺しの電気, 女給からハンケチ, 女給溜りには早出, 女給白鳥社という本, 女給禿頭様々な人, 女給老嬢女房たちである, 女給耳香水私には皆謎, 女給芸者がいる, 女給芸者半玉魔窟の女, 女給薫子のところ, 女給見習に通っ, 女給見習いとして夜ごと姿, 女給などを除い, 女給転々とする, 女給連中が鬨の声, 女給連総出で花見, 女給頭一人と居, 女給風情に盗み去られる