青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

多く~ ~多分 多分~ 多勢~ ~多少 多少~ 多年~ ~多数 多数~ ~夜
夜~
夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢 夢~ ~夢中 夢中~ 夢想~ ~大

「夜~」 41748, 432ppm, 225位

▼ 夜~ (10076, 24.1%)

267 うちに 105 明けるの 96 中に 67 明けない 62 更けるの 60 明けるまで, 間に 5150 空に 49 ことを 46 ことで, 寒さ 43 ように 42 ことであった 41 闇の 4038 空を 37 部は 36 夢に, 空気を 35 部も 34 暗さ 33 明けぬうち 32 更けるまで, 街を 31 町を, 部終っ 30 眼も 29 ことである, 月の 27 ことです, 夢の, 月が 24 部大 23 闇に 22 月, 部の, 闇は 21 ことでした 20 空気に 19 ふけるの, 空の 18 ふけるまで, 更くる 17 闇が 16 あけるの, ような, 明くる, 海の, 色が, 街の, 道を, 闇を 15 こと, とばり, 十時に, 白むの, 空は, 空気の

14 [12件] ことだ, ことだった, ために, 女の, 宿, 底に, 方が, 明ける前, 明け方に, 景色を, 月は, 脅威

13 ことは, 中を, 雨

12 やうに, 事である, 内に, 物を, 空気は, 部が, 部終る, 間の

11 [12件] あけるまで, ことが, ことでありました, なかに, 中へ, 事で, 十一時に, 月を, 町に, 色に, 雨に, 風が

10 [14件] 十二時に, 十二時を, 夢を, 時間を, 歌, 物の, 町へ, 空が, 花の, 静けさの, 静寂の, 静寂を, 風の, 鳥の

9 あけないうち, 九時に, 光景を, 晩に, 深さ, 灯の, 王様の, 空気が, 街へ, 雨の

8 [14件] ことであります, 事だ, 事であった, 五ツ, 庭に, 明けて, 来るの, 水の, 灯を, 白, 色を, 街, 部又, 鳥が

7 [28件] うちにも, ふけゆけば, 世界に, 九時まで, 事が, 事を, 光に, 出来事, 十時頃まで, 女, 女が, 客は, 帳に, 影は, 明けたの, 星の, 景色に, 更けた感じ, 更けて, 月に, 汽車の, 沈黙の, 海を, 淋しさ, 灯に, 町の, 街に, 部を

6 [32件] くだち, ことに, できごと, ほの, やうな, 中で, 中の, 光が, 八時から, 具を, 十時から, 十時を, 夜中に, 如きは, 宿を, 明けきらないうち, 明けぬ間, 明方に, 時間が, 水に, 海に, 灯が, 私の, 空, 色, 色は, 記憶が, 路を, 雨を, 雪の, 風に, 風は

5 [49件] あひだ, こととて, そらに, ふくる, ふけて, ふけるにつれて, ものを, 九時頃に, 事, 八時頃に, 冷たさ, 出来事である, 十一時頃に, 十二時から, 十時には, 十時過, 如く暗く, 宿の, 幕が, 庭へ, 方へ, 明ける迄, 星を, 景色は, 曙色に, 更けたの, 水を, 汽車で, 河原に, 海で, 白むまで, 空氣に, 色の, 街路を, 衣を, 衾にも, 記憶を, 起きぬけに, 道, 長さ, 間にも, 間は, 間も, 間よりも, 靄に, 靄は, 静かな, 静けさが, 鶴

4 [101件] あいだに, あけ方, お月さま, こと私は, ごときは, しずけさが, しらしら明けに, ものと, ものに, 丑の, 世界を, 九時か, 九時から, 九時ごろに, 九時過, 九時頃である, 二時に, 二更, 亥の, 光の, 光景が, 光景は, 八時に, 八時頃でした, 出来事を, 前に, 匂ひ, 十二時まで, 十二時過ぎに, 十二時頃に, 十時の, 十時過ぎに, 十時頃から, 向日葵, 四ツ, 外出は, 大気の, 女に, 如し, 室内の, 少女, 巴里の, 巷を, 帳が, 帷が, 幕の, 底を, 庭, 庭を, 引明けに, 影の, 後の, 戸外へ, 散歩の, 方は, 明けかかる, 明けぬま, 明けぬ中, 明けるころ, 明け切らない, 景色が, 景色の, 暗を, 更けるにつれて, 月と, 月も, 東京の, 水, 泊りは, 海は, 涼しさ, 湯は, 物忌みの, 物語, 田園詩, 男は, 町, 町は, 白む頃, 盛岡の, 眠りに, 神秘な, 空で, 空には, 空へ, 空氣の, 空高く, 細道, 自分の, 花, 若葉, 街は, 都の, 都会の, 酒は, 闇と, 雨が, 雲を, 音, 顔を, 香に

3 [172件] あけぬうち, うちから, うちには, うちの, お勤め, ことお, ことなど, ごとも, しじまを, しらじらと, しらじら明け, つ, つぎには, つれづれに, ふけの, ふけるに, ほうが, まったく明け, まに, やみに, やみの, 一時に, 七時過, 丑満, 世界が, 世界へ, 九時, 九時ごろまで, 事お, 事でした, 二人の, 二時頃まで, 五ツ半, 亥刻, 人, 仕事が, 仕事の, 会合には, 光は, 光景である, 八時ごろの, 八時には, 八時過ぎに, 六時から, 具も, 冒険, 出来事の, 化粧を, 十一時から, 十一時まで, 十二時, 十二時が, 十二時頃から, 十時過ぎ, 台所の, 四つ, 国に, 国の, 国を, 声, 妻の, 寂寥を, 少女が, 少女は, 山に, 山を, 山道を, 帳は, 幕は, 床に, 庭の, 引き明けに, 影に, 往来は, 徒然を, 御飯を, 恐怖に, 感じが, 戌の, 挨拶を, 捕物は, 散歩は, 旅の, 明けがたに, 明けたよう, 明けぬ内, 明けぬ前, 明けは, 明けるたび, 明けると, 明けるまでは, 明けるよう, 明けるを, 明ける頃, 明け方の, 明りは, 春の, 暑さ, 暗いこと, 曲, 更けたこと, 更けた頃, 更けないうち, 更けると共に, 更けるに従って, 更けるほど, 更ける迄, 更る, 最後の, 林の, 次には, 歌に, 気に, 気の, 気分を, 海が, 潮に, 潮は, 灯も, 燈火の, 燈火は, 物が, 物に, 物も, 狐の, 白々明けに, 眠りは, 神の, 祭の, 稼ぎに, 空も, 空より, 空氣と, 窓に, 美しさ, 茶の, 蛾の, 話は, 話を, 賑かな, 賑は, 軽便鉄道の, 辛棒を, 道に, 部だ, 部である, 部に, 部むろん, 部入り, 部屋, 部満員である, 酒宴に, 野に, 銀座を, 闇も, 障子を, 隠れが, 雨は, 雨も, 雪, 霧に, 露が, 静けさを, 静寂が, 静寂に, 静寂は, 音を, 風にでも, 風を, 食事の, 食事を, 食卓に

2 [608件 抜粋] あけがた, あけたよう, あける頃, あてにを, あとで, あは, ありさま, うちだけ, うちと, うち五編は, うち彼は, おもて, お夢, お祈りを, お茶に, お茶の水の, お話が, くるの, けしきを, こころに, ことだつた, こととわに, ことについては, ことも, こともう, こと一睡し, こと麻油は, この通り, ごとくに, さか, さかんな, さなか出で, さびしさに, さまを, さわやかな, しらしらあけに, しらしらと, しらしら明けから, せいか, でき事, ない都会, なかで, なかを, ならひ, ふかうし, ふかく, ふかさ, ふけた頃, ふけを, ほどろにも, ぼた餅を, まだ明けきらぬ, まつたく, ままで, むし暑い頃, むなしさは, もなか, もの, やみを, ゆめも, ようである, わびごころただに, われらの, ストーブ守れ, パリの, フランクフルトには, ポーズ, ポーズの, リューネブルク第, 一つで, 一時を, 七八時から, 七時ごろでした, 七時に, 七時半頃に, 下にも, 不眠の, 世界だ, 世界で, 世界である, 世界と, 世界の, 中にでも, 中山を, 九時ころ船宿, 九時ごろでした, 九時それに, 九時です, 九時と, 九時を, 九時半, 九時頃で, 九時頃にも, 九時頃まで, 事だった, 事でございます, 事とて, 事なりき, 事なりけり, 事件の, 二時ごろまで, 二時まで, 二時過である, 二時頃であった, 二時頃広い, 交響曲の, 人の, 人通り, 仕事だ, 仕事を, 仕舞風呂の, 休息を, 会見, 伽に, 使を, 來る, 倉見れ, 僅かな, 僕の, 光りに, 光を, 光景, 光景の, 光線の, 光線は, 光風に, 入りは, 八時, 八時ごろでした, 八時すぎに, 八時を, 八時頃から, 公園にも, 公園の, 公園を, 具が, 具の, 冒険に, 冷気を, 出來事を, 出来事に, 前夜で, 加茂の, 匂いの, 北風が, 十一時, 十一時と, 十一時を, 十一時半まで, 十一時近かっ, 十一時頃まで, 十二時という, 十二時まえ, 十二時までの, 十二時までは, 十二時過ぎなど, 十時か, 十時くれえだった, 十時ころだろう, 十時ごろだ, 十時ごろには, 十時だ, 十時だった, 十時である, 十時までに, 十時半頃に, 十時過ぎで, 十時頃だった, 半分は, 博覧会は, 合戦の, 同じ時刻, 名残は, 四ツ時, 坐禅に, 垣の, 堆肥の, 場合に, 壁に, 声言は, 夜心に, 夢なりき, 夢は, 夢結ぶ, 大地に, 大地の, 大川を, 大気を, 大海原, 大火は, 大空に, 大空を, 大阪の, 大雪は, 天は, 女は, 如くなりき, 始末をば, 姿を, 嬉しかつ, 子の, 守りには, 客, 客が, 客人つねは, 室に, 室内を, 宴会は, 宴樂, 宵闇に, 家, 宿泊地である, 宿直の, 寂しさ, 寂寞の, 寂寥が, 寒さ百燭, 寒に, 寒気が, 寝物語に, 寺, 小雨が, 山, 山の, 山は, 嵐は, 川の, 川風は, 巴里を, 巷に, 席に, 帷に, 帽子を, 幕に, 年賀や, 幽けさ, 床, 底から, 底が, 影, 影が, 影を, 彼の, 彼は, 往来で, 徒然に, 御堂に, 御殿の, 忌みの, 怒号と, 急行で, 怪談に, 怪鳥の, 情調を, 惱み, 感想は, 戦火に, 手を, 描けるが, 支度を, 散歩が, 散歩である, 散歩には, 散歩も, 散歩を, 数時間を, 旅も, 明くるま, 明けがたの, 明けきらぬうち, 明けたに, 明けたやう, 明けた時, 明けた頃, 明けに, 明けぬ国, 明けるに, 明けるまでには, 明けんうち, 明け放れる, 明け方から, 明け方彼は, 明け次第に, 明け次第甚内の, 明るさ, 星座までが, 時, 時刻が, 時計ほ, 時間に, 景色, 景色で, 景色と, 暗い中, 暴風雨と, 曇り甜瓜, 更けぬうち, 更けゆけば, 更けようと, 更けるも, 更け手足, 更け行けば, 最中に, 月かすめ飛ぶ, 月には, 月よし, 月影に, 月惜み, 月見の, 朝に, 朧の, 朧月夜に, 未明に, 村の, 村を, 東海道を, 桃, 楽しさ, 構図, 様な, 模様を, 橋の, 殺人事件の, 気が, 気は, 気配が, 気配を, 水口は, 江戸の, 沈んだ港, 沈黙が, 沈黙を, 河風が, 沼に, 泊りも, 泊り客は, 流を, 浪, 浪は, 海, 海と, 海風に, 涙を, 清浄な, 渚に, 演奏は, 潮, 潮の, 激論を, 火なりしか, 灯で, 灯でも, 灯は, 灯火が, 烈しい経験, 燈火が, 物や, 物思ひ, 物語は, 獣の, 瑠璃子は, 甘さ, 男, 男爵との, 畷で, 畷の, 疲れを, 白き霧雲, 白みゆく, 白銀まじる, 盛り場を, 盛岡を, 監房の, 真夜中に, 眠に, 眠りの, 眠りも, 眠りを, 眼光らす, 短け, 砧かな, 祈祷の, 神, 祭を, 秋, 秘密は, 秘密を, 稜威暴風の, 空から, 空と, 空氣を, 空襲が, 窓, 笛の, 箱根の, 篠藪を, 経験が, 美しいこと, 美しい女, 翌旦, 翼, 膳を, 興を, 船の, 色と, 色よりも, 花園, 花園に, 花火の, 荒野の, 葉子の, 葦, 薄明り, 薔薇, 薫なつかし, 虫, 虫が, 虫を, 虹の, 蜘蛛は, 街には, 衾に, 見はり番, 言葉, 詩には, 話も, 警備を, 警戒は, 賑ひ, 趣とは, 趣味に, 足を, 身悶えの, 迫るの, 逃亡も, 通りは, 通りを, 進むに従って, 過ぎ行くは, 道へ, 部すませる, 部やっ, 部やっぱり, 部大いに, 部大入満員, 部屋に, 部屋の, 部満員, 部終った, 部終り, 部補助も, 部補助椅子が, 部迄の, 都会は, 都会を, 酒もり, 酒場の, 野草には, 金いろ, 銀座に, 銀座の, 鏡に, 鐘に, 長きに, 長き様, 間だけ, 間宿った, 闇へ, 闇よりも, 陶器, 雪も, 雪を, 雫を, 雲に, 雲の, 電灯の, 霜が, 霧が, 霧なかに, 霧は, 露店の, 靄が, 靄の, 靄を, 静かなる, 静かに, 静けさと, 静なる, 音づれ, 須田町の, 頭巾は, 風呂場などは, 食を, 食事が, 館, 駅に, 驚くほどに, 魅力に, 鳩の, 黒い空

1 [4398件 抜粋] あいだにかの, あかりが, あけあけ, あけぬ新興宗教界, あける迄, あとの, あの時, あまりに短い, ある期間, いろ, うたでは, うち庵を, おあまり, おぼろの, お使い, お振舞い, お祖母さま, お通夜の, かすみいちめんに, かれこれ五ツ刻, くらければ, こころ, ことだったろう, ことな, ことをば, こと切り戸の, こと巡, こと或, こと本丸の, こと空気は, こと隣人宇野茂兵衛と, こゑ, ごとく静か, さざめきの, さまなりなど, しずかな, しらしらあけの, せいだった, その命日, それでしか, ためには, つるに, とく子は, ともしびに, ない女護ヶ島, なごやかさは, にぎわいは, はかなき, ばらを, ひけは, ひろば, ふけた, ふけまさる, ふける事, ほどろ下田はるかに, ほのかに, まだ宵, まの, まれびとのひと夜づまの形で, もう八時すぎ九時, ものです, もの等も, やや更けゆく, ようで, わが家は, を開けた, カルチェ・ラタンである, グランブルバアルの, チーダンスが, ネオンサインの, ピアノ淫れ, ボップよ, モラガスの, ラヴシーンは, ロンドン見物に, 一夜ごとに, 一時ごろから, 一時二時頃に, 一時頃に, 一角の, 七八時と, 七時までに, 七時頃こつ, 三時に, 上には, 不思議と, 丑満大川端の, 並木道を, 中山はと, 主なる, 九時ごろあかりも, 九時ごろ来る, 九時であった, 九時半すぎまで, 九時近くまで, 九時頃な, 九時頃出かける, 事じゃあ, 事については, 事件でございます, 事何氣なく, 事豪傑連中, 二時で, 二時過ぎでしょう, 二更に, 五つ時ごろからは, 五円を, 京の, 人出も, 人通りも, 仕事, 仲人と, 会合に, 会議は, 佐々は, 何時頃に, 信仰は, 傑作も, 兄貴へ, 光れり, 光沢冷やかで, 入札に, 八時か, 八時ごろバスは, 八時ごろ篠崎始君の, 八時にな, 八時二十分まで, 八時比にも, 八時頃が, 八時頃実に, 六つ刻に, 共犯者な, 内座敷, 冷い, 冷気とともに, 凉風肌を, 出來事は, 出演者は, 列車で, 利だ, 前後の, 労働と, 勤めを, 北海の, 十一時すぎだ, 十一時という, 十一時前後だつた, 十一時四十五分ちょうど, 十一時過ぎまで, 十一時頃西に, 十二時すぎまでも, 十二時までを, 十二時半が, 十二時近くなっ, 十二時過ぎ私は, 十二時頃出発し, 十四日の, 十時ごろで, 十時ごろ青年たちは, 十時であった, 十時ホテルに, 十時新宿の, 十時過ぎ三十二名の, 十時頃までか, 十時頃私が, 午前二時頃に, 単調さを, 厠べぞわ, 収入は, 吉原の, 名残で, 味を, 哀しさ, 商売だけは, 嗚呼賑やかさ, 四つすぎ, 四ツ時に, 団子突きが, 国道の, 地上が, 城下は, 報道も, 場面に, 墨の, 夕月の, 外出には, 夜なかでも, 夜半ごろから, 夜話という, 夢では, 夢一つは, 大川へ, 大殿籠り, 大空襲, 大阪を, 天使同様だった, 太さ, 奇蹟, 女であった, 女史の, 如き闇黒, 妖刀に, 娘である, 子守唄を, 学習室, 安価な, 客たちに, 室を, 宴が, 宵の, 家出という, 宿に, 宿駅へ, 密議では, 寒気に, 寝伏しの, 寢卷姿では, 小川が, 少女だった, 屋外遊戯の, 山登りなんか, 山風が, 川かぜに, 川風に, 巴里が, 帝都警備権を, 帰国披露目を, 幌, 幸福は, 幾時に, 底つめたい, 庭では, 引き明けから, 引明けなどに, 彌次たちに, 形見の, 影坊子の, 彼岸に, 往来を, 御堂の, 御殿に, 御顔, 微風が, 心境を, 念仏を, 思想とは, 怪火, 恐ろしかつ, 恐怖を, 悪魔の, 情血が, 感じで, 感覚と, 懇談会で, 戦場が, 戸外に, 手は, 挙は, 探検は, 放射の, 散歩だけで, 数倍の, 新宿を, 旅びと, 日程, 旭嶽登山, 明けがた村の, 明けたる, 明けない尊き, 明けぬ悲しむべきこと, 明けるたび各地, 明けるまでに, 明ける迄に, 明け初めた, 明け方であったろう, 明け方小さな, 明け次第東叡山彰義隊を, 明りの, 明放るる, 星が, 星空の, 昴宿しぶく, 時代における, 時間も, 晩餐も, 景色であった, 暁千代田城内には, 暑気が, 暗い恐ろしい静寂, 暗きに, 暗殺事件には, 暗黒が, 暮し方に, 更, 更けた上, 更けぬ先, 更ける音, 最う一時過ぎ, 會記を, 月なれ, 月圓き, 月待ちは, 月毛の, 有様を, 朝は, 木屋町は, 本郷臺へ, 条に, 東京お化けの, 枕べに, 査問に対する, 梅に, 楽しみを, 様子を, 樹立の, 歓宴を, 正金銀行の, 歩行者とに, 殺人事件には, 気さんじ, 気温は, 氛囲気の, 水も, 永い晩, 汽車, 河の, 河音を, 波止場では, 洞海湾は, 浅草公園が, 海だった, 海岸通りは, 涙よ, 淫蕩を, 深け行くをも, 深更の, 清水山へ, 温泉場を, 湖辺へ, 湿気と, 滿月, 潮風を, 濃くなる, 火事と, 灯影で, 災を, 炭, 無礼講も, 燈の, 爪に, 牡丹燈籠の, 物などを, 物影が, 物語りに, 狂人と, 狭い裏通り, 玉川に, 琵琶法要は, 生氣, 用心になあ, 申楽能には, 町角で, 畳の, 痩せた年増女, 白い女, 白みかけた竹生島, 白ゆりの, 白骨谷は, 看守が, 眠から, 眺望方に, 睡眠の, 短かい, 研究会に, 祈祷に, 神である, 神酒に, 私は, 秘密が, 稽古は, 空なぞを, 空気夜の, 突発事に, 立て役者が, 第二十一時五十分, 粉雪の, 紫の, 結果を, 総攻撃, 縁先危い, 續く, 美観に, 習慣であった, 肌寒さ, 腹が, 自問自答, 臭を, 舞台で, 航海は, 色で, 色らしくなりかけ, 芝居見物の, 花園へ, 苦しさ, 茶には, 荒涼さを, 葉が, 薄あかり, 藥を, 蚊を, 蛾が, 蟻田博士の, 行事で, 行為は, 街道に, 衣裳といった, 裏通りの, 見はり当番, 言葉を, 訪れ以外, 許都は, 詰を, 語りものを, 読書まで, 講演に, 豪奢な, 賑いもやっぱり, 越後平野に, 跳びかかったの, 転化語である, 辻風は, 追憶を, 通りすらり, 連想を, 遅き光, 遊興もみや, 道場に, 遲い, 部くさり演神田千鶴子来訪名古屋からの, 部で, 部もう, 部サラッと, 部三回目を, 部休演と, 部凡そ, 部大辻の, 部客席に, 部汗大変だ, 部満員札出る, 部相撲が, 部開演前に, 都會の, 酒場暗い, 重い空気, 野外劇で, 銀座と, 銃声, 長い橋, 長物語, 開幕を, 間には, 間待つ, 間美しい, 闇, 闇といふとも, 闇市場で, 防ぎと, 陣を, 隈取りを, 集まりは, 雑沓に, 雨はらはら, 雨足は, 雪なんぞの, 雪山を, 雲, 電燈では, 霜に, 露に, 露芒を, 青白い光, 静けさは, 靜けさ, 靴という, 音楽なら, 領分を, 顛末の, 風情にな, 風流を, 食事も, 餘興は, 香水でも, 騒擾は, 高利貸らも, 魂罪過と, 鳥だ, 鶯が, 鶴錆田の, 黎明に, 黒幕たれこめ

▼ 夜~ (4909, 11.8%)

67 更けて 50 夜で 41 明けて 23 次第に更け 15 ほのぼのと 14 ふけて 13 明けた, 白 12 静かに 11 白みかけて 10 更けた, 疲れて 8 おそくまで, ほの, まだ明けない, もう更け, 夜とて, 夜の, 明けは, 月が, 珍らしく 7 例の, 更けたり, 月の, 私の, 自分の, 非常に, 黒

6 [11件] いつに, しんしんと, ふけた, もう十二時, 戸を, 明けぬ, 明け放れた, 私は, 起きて, 遅くまで, 静かで

5 [20件] いつでも, いつまでも, さすがに, そこに, そこへ, どうした, ひた更けに, まんじりとも, もう明け, 何か, 全く明け, 外へ, 大満員, 宿の, 暗かつ, 深々と, 真暗な, 眼が, 近所の, 雨が

4 [38件] いつもの, いよいよ更け, かなり更け, ここで, しづかに, すぐに, すっかり明け, それは, それを, だんだんふけ, よほど更け, 久しぶりで, 二人とも, 何事も, 別れた, 前の, 十二時を, 大分更け, 女の, 容易に, 寝に, 寝室に, 彼女の, 抱いて, 明けに, 星の, 晴れて, 暗い, 暗かった, 暗くし, 梟の, 火の, 無事に, 町の, 芝居を, 閨の, 静かだった, 静かな

3 [72件] ここに, しみじみと, しらじらと, しんと, しんとして, そこで, それで, だんだん更け, まだ宵, まだ早い, まだ明け, まだ深い, もう十時, ようやく更け, よく眠れる, 一人で, 久し振りで, 二人で, 二人は, 二階の, 人を, 休んで, 冷える, 十一時に, 十二時に, 十時に, 呉公と, 妙に, 家に, 家の, 宿直室に, 心を, 急に, 日が, 日に, 早く寝, 早めに, 明かした, 明けかけ, 明けたが, 明けんと, 明け放れ, 星が, 晩くまで, 更けるし, 森々と, 森の, 橋の, 次第に明け, 正太さんに, 深沈と, 田町の, 目の, 眞暗, 短い, 置炬燵に, 胸に, 蚊帳の, 蛙の, 補助も, 読書, 誰も, 遅く寝, 長げえ, 闌けて, 防空訓練が, 雨, 雨戸を, 雪が, 雪の, 頭の, 食事の

2 [339件] あけた, あけて, いたく更け, いと, いとどかぐろき, いと明けれ, いよ, おいおいに, おちおちと, お店, お空, かう云, かくや, ぐっすり眠れた, こちらから, この地方, この家, この小屋, この通り, この部屋, ござんせぬ奧樣, さだまりに, しずかに, しだいに更け, しめやかで, すがらに, すぎた, すでに, すでに一時, すでに四更, すでに明け, すべての, そうし, そのため, そのままに, その反, その時, その片側, その車輪, ただ女, だいぶ更け, だいぶ更けたらしい, だん, だんだんと, だんだんに, とても眠れない, となりの, ともかく昼, どこへ, ない, なか, なかなかに, ながい, なくて, なんとなく寂しい, ねむれないので, のんきに, ひっそりと, ひとりで, ふかき, ふかくし, ふかし月, ふかし物, ふかし隙間, ふけに, ふけぬし, ふけぬらし雁, ふたり帝国ホテルに, ますます暗く, ますます闇, また來, まだふけず, まだ寒い, まだ明けきれ, まだ明けず, まだ暗かっ, まっくら, みどりご, もう五つ, もう亥刻, もう寒かっ, やがて尼ごろ, やはり月, ようやく寒く, ようやく明け, よく眠る, シンシンと, 一八三七年の, 一八四八年に, 一向電話, 一時, 一緒に, 七盞の, 三人が, 三十夜, 久しぶりに, 久しぶりの, 九時に, 二人にとって, 二時と, 云った, 人の, 今も, 仕事を, 以前の, 何かの, 何と, 何の, 何も, 何を, 何處の, 來れり, 僕は, 元の, 先に, 光ほそう, 光りまさりぬ濡れ, 全くの, 八分強位, 其のまま, 冷, 出で, 出ませんですけれど, 出来るだけ, 初更を, 初秋の, 別れて, 刻々と, 則ち, 勉強し, 北田が, 十二時半頃まで, 十時まで, 十時限りである, 半醒半, 又この, 同宿の, 君が, 君の, 君を, 咲きに, 夜じう, 夜を, 夜明け近く, 大の, 大丈夫です, 大分更けた, 大雨で, 夫の, 如何に, 妹を, 姿も, 娘を, 子の, 学校に, 実は我, 家で, 宿るべし巴峡, 寂しくとも, 寄せむ, 寒いので, 寒かった, 寒かつ, 寒しこの, 寝た, 寝苦しかつ, 小屋の, 屏風を, 山中の, 市街を, 帰って, 年中一人だ, 幾だ, 床に, 店を, 彼女に, 彼等の, 徹夜し, 必ずその, 恋宿という, 恰も樹木挫折, 悪夢に, 悪魔の, 或る, 手足を, 押込みを, 早くねる, 早くも, 早く寝る, 早く明け, 早く更ける, 明けかかった, 明けこの, 明けても, 明けない, 明けぬ入りて, 明けました, 明けやすい, 明け初めて, 明け方まで, 明け易い, 星も, 昼の, 暁に, 暖かに, 暗くお, 暗闇であり, 曲者を, 更けかけて, 更けきって, 更けたし, 更けても, 更けに, 更ける, 最早十二時, 月夜で, 机に, 村を, 来たれり今, 来ぬ, 森然, 森閑として, 樂しか, 樹明冬村の, 樹明君が, 次第に寒く, 次第に更けた, 次第に更けまさり, 次第に更ける, 此の, 残りすく, 段々更け, 母も, 気に, 気を, 気温が, 氣が, 水の, 氷を, 沈々と, 治らせ月, 泊めて, 泊らぬこと, 波の, 流石に, 流石の, 海の, 涼み船は, 深い, 深うし, 深くなる, 深く空, 深けて, 深しただ, 深更に, 湯にも, 満員, 満月であった, 漆の, 漸, 灯が, 炉の, 煤竹の, 熟睡した, 燃え出して, 燈下に, 燈火が, 父から, 物が, 物の, 甚, 生鰯, 疾う, 病魔退散の, 白んだ, 白んで, 益, 真っ暗で, 眠られなかった, 眠れないの, 碇泊した, 確かに, 祈りの, 神と, 私たち同室の, 私に, 私も, 空が, 空に, 突然冬, 約束の, 絶えて, 絶対に, 網代の, 縄を, 纔に, 美くし, 美しく燈火, 美奈子も, 翅ば, 自宅に, 船の, 花火を, 若い漁師, 茫々として, 草鞋を, 虫が, 虫の, 蛭に, 裸に, 辛い, 辻堂の, 迫って, 透かしつつ, 酒と, 錐の, 鍵を, 長いまだ, 長え, 長かつ, 長くなる, 長し, 長し東京, 閉めて, 間もなく明けるであろう, 闌けに, 附近の, 雨にな, 雨の, 雲遠, 電燈の, 静に, 風が, 風に, 風も, 風清し, 駄目だ, 高梨の, 鳴く

1 [3297件 抜粋] ああし, あきれるほど, あけはなれた, あたたかに, あの方, あまり好都合, ある国土, いいじゃ, いくばくも, いけない, いたく更けぬ, いつしか秋, いつの間にかほのぼのと, いつも何ごと, いつも長く, いよいよふけ, いよいよ森々, うすら寒かった, うまやや, おおかた若, おそくも, おなじ景色, おやすみ遊ばせ, お供の, お客さま案内し, お登和嬢, お魚, かすむ習い, かなり涼しい, きかかって, きっと近所, きん鍋て, くれ手, ぐつすり寝た, ここらに, ことに強いられた, ことに高く, この冬子, この數日來汗だらけ, こぼれて, これも, こんな変, さいわいなにごと, さびしい風, しいんと更け, しげく軍馬寢, しだいに落ち, しばらくほっ, しんから, すがらにねをぞ, すっかり垂れまく, すつかり, すでに南, すること, ずんずん経っ, そこで馬車, そのさざ波, そのまま寝る, その古い, その微笑, その沈黙, その袷, それだけで, そんな事, たいへん寒かっ, ただちに出向い, ただ黒し, だいぶ飲んだ, ちやんと, ついにねこ, つくづく, とうていまだ明け, ときどきうめ, ともすれば痛恨潮, どうしても寝床, どこで, どんぐり老が, どんよりと, なおさら昼, なかなか眠る, なれに, ぬくたらしい, はめて, はや暗い, ひき籠って, ひとり純白の, ひどく寒かっ, ふくらう, ふけぬね, ふたたび裏門, ふねに, ほとんど微睡もせず, まあ, まさに真, ますます蒼く, またその, またポスト, また夜, また当地有志者, また木枯し, また芦, また銀座裏, まだかなり寒かっ, まだ今日, まだ明けやらず, まだ更けね, まだ薄, まっ暗な, まばらに, みみずが, むなしく引き揚げ, もうあけかかっ, もうすっかりその, もうよほど更け, もう亥時, もう初夜, もう彼, もう書くまい, もう薄ら寒, もう閉口, もっとも恵まれた, やがて三更, やがて砂, やはり寝苦しかっ, やや更け, ゆっくりし, ようやく迫り, よくなかつた, よく寝ました, よけい寒く, よもすがら胸, わが花園, わたくしたちの, アルコールなし, ウドンが, オペラだの, カモシカ号不時着以来はじめて, ギリシャ哲学の, ジャガイモを, タイピスト嬢に, ツェコーロウという, ハープでも, パンを, ブース大将の, ボッボツと, マロニエの, ラヂオ, レヴユーを, 一処不, 一室の, 一層深く, 一時近くまで, 一晩無事に, 一泊行く, 一行は, 七年の, 万燈の, 三人で, 三日ぶりに, 三洞居で, 上総の, 不便であった, 不用心で, 世界の, 中宮からの, 久さんの, 九時すぎから, 予期した, 二号の, 二時頃までも, 二百たび, 五所川原の, 京極の, 人並に, 人通りも, 今南極, 仕事が, 休むよう, 低地の, 何だ, 何人集り, 何時も氷, 余が, 例によって, 修理に, 僊一郎君治君来訪方々へ, 充分用心, 入りも, 全く特別, 八刻と, 八時二十五分に, 六時と, 其処で, 再来する, 冬至か, 冷え渡るが, 凄い暴風, 凍を, 出掛けるかね, 初更, 別に心配, 前から, 割合に, 勿論暁方, 北野で, 十一時前後に, 十二時一時と, 十日会の, 十時を, 千山閣へ, 半ばを, 南殿に, 又スタッフ連, 又病院, 双六の, 取って返して, 古町方面へ, 句会敦之, 合は, 同村西岡の, 吹荒さむ生温い, 和吉の, 啼かぬもの, 四ツ過ぎ, 四馬路あたりに, 圓朝が, 城も, 堺屋で, 声を, 外人達によって, 多感なる, 夜つ, 夜ふけまで, 夜もすがら父, 夜店を, 夜通し引きました, 夢みるの, 大きく耳, 大きな黒い, 大分酒を, 大奥の, 大戸を, 大沢町の, 大陽氣, 天幕を, 夫婦し, 女と, 妙青寺の, 姿を, 婦人公論を, 子供たちの, 安き眠り, 実に神秘, 宮崎が, 家中が, 宿りました, 宿直の, 寂として, 富士が, 寒いし, 寒い晩, 寒しひと, 寝ざめがちな女, 寝ながら, 寝る時, 寝道具を, 寺島村の, 小声で, 少々気味が悪く, 少し睡眠剤, 尽きじ, 山の, 山精木魅の, 島へ, 左門を, 帰らず夜半四, 常なる, 年越しに, 幾度も, 座の, 引返し大津の, 当祝, 彼の, 彼奴の, 徐々として, 御門が, 心逝く, 快く眠った, 思いがけない蚊, 恐がって, 悪戯者で, 愈々更け, 憂し, 戸畑の, 手に, 折角の, 提灯行列が, 故郷の, 文字通り一夕の, 断崖も, 新秋の, 既に十二時, 日と, 早くおなか, 早くね, 早く戸閉, 早や, 昌平橋際へ, 明けかかろう, 明けず赤城山, 明けた起きようよ, 明けぬの, 明けません, 明けるまで, 明け放れました, 明け離れたが, 明るい洋燈, 明日を, 星ヶ岡で, 昨夜まで, 時々和吉さん, 晴れたが, 暑くるしき床, 暗い森, 暗くただ, 暗く嵐, 暗し皿, 暮れて, 更くる, 更けぬ, 更けるに, 更け沈んで, 書かずに, 月なき, 月光燦として, 望台の, 木が, 木枕を, 末広亭へ, 本棚の, 来たの, 松原または, 柳橋に, 格別變つた事なく, 梅田の, 森沈として, 横に, 橋本か, 次第に深く, 歌の, 正確な, 武蔵の, 殆ど一睡も, 殊にきびしかっ, 殊に恐ろし, 段々濃く, 母子は, 毎晩の, 気分が, 水を, 永う, 池中へ, 沈みけるかも, 況して荒涼たる, 泊るわけ, 流星が, 海上に, 涼しくありました, 淫売婦などを, 深うざま, 深けた, 深まるほど, 深海の, 清浄無垢な, 温泉宿の, 満員と, 満腹し, 滅入るよう, 漸く深け, 濃くあい, 灯を, 炉傍に, 烽火, 無論大, 焼き打ちでも, 燈の, 燈臺の, 父親の, 物の怪でも, 特に何, 犬の, 独立教会で, 猿の, 珍しく一人, 瑞光寺, 田川夫妻の, 男が, 町へ, 疲れますので, 病室の, 白みかかった, 白米を, 皆寝静ま, 盛んなる, 盲目物語を, 眞闇で, 真暗だ, 眠らずに, 眠りについて, 眠れず弱, 眠れぬ一夜, 睡眠出来ずして, 短いから, 短かった, 石油が, 碧巌録を, 神が, 私が, 種々に, 空を, 窓や, 筵の, 篝火に, 紅い涎掛, 終夜かれ, 結局一睡も, 緑平居で, 纏き, 美しかつ, 義雄は, 肉桂園へ, 腕を, 自分を, 舊友と, 船に, 芝居だの, 芭蕉再, 若い巨村君来訪, 苦りきッ, 茶の間に, 草靄に, 菫雨居の, 葛飾へ, 蒼いガス, 薄れて, 藪蚊昼は, 蚊責めと, 蛙と共に, 血腥ぐさいからだのまゝ近所, 衾に, 裸で, 見るもの, 観法で, 話が, 読書会や, 誰の, 警察署の, 豚の, 質郎居で, 踵を, 輝きわたり, 農民にとって, 近来ない, 這い出て, 逼って, 遅く寝ね, 過敏だ, 遠かり, 部屋を, 酒場の, 里人の, 重苦しい悲しみ, 金五郎は, 銀河の, 長いであろう, 長かりき, 長禅寺へ, 関口の, 闌に, 陰暦九月の, 階上の, 隨分更け, 雨に, 雪にも, 雲間の, 霜も, 露草の, 静かである, 静である, 靜で, 須賀川へ, 風の, 食べたくないん, 飲んだ冬村, 香の, 駄目かも, 高橋さんに, 鳥なき, 鹿が, 黒きわたつみ

▼ 夜~ (3679, 8.8%)

859 なると 388 なって 107 入って 94 なっても 92 入りて 70 なってから 66 なれば 57 入ると 55 なった 49 なるの 29 入つて 28 なりました 25 なつて, 入れば 22 まぎれて 19 入ってから 18 入っては, 入っても 16 なるまで, 限って 15 して, なつた 13 入るまで 12 乗じて 11 なつたら 10 入った, 入るも, 日を 9 なる 8 なっては, なりますと, 入りては 7 かぎって, 紛れて 6 なったの, なったので, なってからは, なりかかって, 入つた, 入るの, 自分の, 至りて, 鍋を 5 なったり, なること, なろうと, 入りますと, 入るや, 限られて

4 [17件] このまん中, この羅生門, それを, なったが, なったとき, 乘じ, 入ったので, 入っての, 入らば, 入る, 入ると共に, 入る前, 尊き御所, 日に, 神の, 窓から, 至るも

3 [17件] ならなければ, ふさは, 入ってからは, 入つて風, 入り雨, 入るに, 入るを, 向って, 封じられて, 当って, 於て, 私の, 聽き, 至って, 行はれた, 雨の, 電燈が

2 [106件] いよいよ婚礼, いりて, かの喬生, さへ, しくはなし, しずかに, する, た, ついで悩, つながろうと, なったな, なったらきっと, なった時, なってな, なってまで, なつてこの, ならないうち, なりかける頃, なりましたが, なりまして, なりますよ, なりまた, なるが, なるころ, なるだらうが, なるでしょう, なるところ, なるまでは, なる河, ねむれるもの, また会おう, 一縷の, 両刀を, 似て, 入ったの, 入ってからの, 入つて人, 入つて月, 入つて雪, 入らぬうち, 入らむ, 入りても, 入りました, 入るかも, 入るとともに, 入るまでもの, 入る時, 入ろうと, 及んだ, 及んで, 友之助が, 叫ぶ髑髏, 君は, 嗅ぎて, 変った, 天から, 奠る, 奪ひ, 寺と, 就て, 山神廟で, 帰って, 座して, 影を, 彼が, 彼の, 昼を, 智恵子は, 月は, 死んだ, 湯島台まで, 溶け込まない空間, 祈祷を, 祭る神, 私が, 私たちは, 私は, 私を, 移って, 空を, 笛を, 等しい御, 縁の, 聴きて, 聽く, 肩を, 至るまで, 茶の, 荘田夫人と, 見し草, 見たところ, 見た妖蛇, 見ゆ, 訪ねたとの, 起ちて, 起り荒く, 足駄を, 身に, 通ひ, 連れられて, 限る, 雨が, 雪に, 震動を, 響けと, 鮎の

1 [1068件 抜粋] あくたい, あたって, あのよう, あやかれと, あらわした, いたりて, いってから, いとも哀れ, いもち, うっかり寝込ん, うまれ落ち, おのれひねり潰し, お八重, お廊下, お成りで御座いませう, お籠りで, お賤, かかった, かかっても, かぎってないたり, かぎられて, かぎる, かすかな, かれが, かわった, きく横笛, こういっ, この大隅, この峠, この森, この檻, こめられた様, これに, さへや眼帯, した, しばしば寝床, し老, すること, する物, その主人, その千三屋, その死体, その猪, その髑髏, ただ一度, ちび筆, ちょっと笑っ, つ, つつまれた大通り, つつまれはじめた都会, つづき恐怖, つめたい青い月かげ, でる魔性, とうとうおしまい, とじこめられて, とびます, とれば, どこへも, なったこと, なったって, なったとか, なったばかり, なったらあの, なったらどう, なったらなつかしい, なったらコッソリ建物, なったら一つ船, なったら一層, なったら取られたやつ, なったら強行軍, なったら機会, なったら町, なったら綿, なったら野原, なったら電話, なった光君, なった時間, なった町, なった青ざめた光, なってかの, なってからの, なつかしい御, なつたらいけない, ならうが, ならないと, ならない夕, ならぬやう, ならんと, なりいつか夜中, なりかかっては, なりかけたころ, なりかけた窓, なりてから, なりどろどろ, なりましよう, なりますだが, なりガラス戸, なり佐多, なり夕ごはん, なり夜中, なり山, なり本当, なり段々, なり芝居, なり見まわり, なるごと, なるだけにでも, なるだろうのう, なるとき, なると共に, なるにつれて, なるほど, なるも, なるやいなや, なる日, なる程群集, なる買物, なろう, なろうとして, につぽんちかく, のぞき込んだ窓, のばして, はいつて, はてなそれ, ひたり得る無心, ひとり起き, ひびけり, ふとこの, ふらふらと, ぼくは, まぎれ無断官地, まさる黒き, また会, まだ二人, むなしくなられた, やがてま, やや古りたる, よきは, よく似合った, よめる歌, わが背の君, わしは, わたって, キャンヴァス張りの, コト, ズタズタに, パッタリで, ピタリと, ポプラの, 一つの, 一人相撲という, 一軒五日に, 丁寧に, 三四人が, 三毛と, 下界から, 不具に, 不氣味, 世を, 主人の, 乙女ひとりの, 二つの, 二児を, 二度も, 云って, 亘る辛辣, 人間の, 仮面を, 仰ぐ天の川, 伏すのに, 会ったあの, 伝次郎は, 似た愛憎, 何の, 何を, 何処からか, 余等は, 作つたもの, 來たまはば, 例の, 倒れたものの, 働いて, 僕は, 兄は, 先生の, 光る松, 入ったと, 入ったら密か, 入ったり, 入った後, 入ってた, 入つた後, 入つて寐, 入つて尺, 入つて彼, 入つて暴風雨, 入つて東泉先生, 入つて母, 入つて見舞, 入つて雷鳴, 入つて高安郡恩地村, 入ば烟火戯光, 入らぬうち逃げ道, 入らんと, 入りかけた, 入りさ, 入りそう, 入りて後, 入りぬ, 入りはじめて, 入り一天雲, 入り二回小汽船, 入り内葬, 入り四つ時ごろ, 入り寒暖五十四, 入り市民, 入り座敷, 入り月, 入り松明, 入り深く, 入り臥床, 入り豊島昌, 入り闇, 入り雲月曚, 入り露気, 入るから, 入ること, 入るという, 入るふと, 入るまでの, 入る子ら, 入れりこれ, 八十円費やさしめ, 冠する, 処の, 出た井戸, 出会す事, 出発しよう, 別けて, 別れました, 別れ別れに, 到るまで, 剣の, 包まれるまで, 十三に, 千鳥でも, 卵を, 及び玄徳, 及んだと, 友人と共に, 叫び居り, 召されて, 吉原から, 同じ所, 君たちを, 呑まれて, 呪はれ, 命婦を, 喜びぬ, 囚はれ, 圓朝の, 圧倒され, 塗られた銀, 墓場の, 変つた, 変化した, 多かつ, 多少は, 夜中に, 大学へ, 大将は, 大河に, 大雪が, 天の, 奧も, 女子九フィートの, 始まる, 子供が, 孤独な, 宝船の, 客を, 室生犀星氏や, 家根の, 寒そう, 對し得た, 小まり, 小町の, 小豆を, 尽きるよう, 岩屋の, 帰るもの, 幾回果敢なき, 底ご, 庭先へ, 建安の, 張が, 強い風, 当たり南球, 当つて天, 彷徨う, 彼は, 彼女は, 徒を, 徹して, 心の, 必ず迎え, 思ひ浮べた, 急ぐ, 恋しい男, 恐怖を, 悩んだこと, 悪夢の, 惜む, 感じられるの, 慾張った, 懸けん花, 懸つた第, 成つたら入江, 成つての, 成つて板の間の, 成つて雨が, 成れば, 或る, 戸の, 手が, 投宿した, 招かれたので, 捉へ, 掛けて, 攻められて, 敵が, 断崖の, 於ける異変, 於ては, 日本近くねぼけ, 星が, 暗い水, 曝し出されたるさま, 月めでん, 月影を, 朧ろな, 木靈します, 来いと, 来ます, 松葉ヶ谷草庵が, 柄に, 橋板を, 歌など, 正しく湯煎, 歩くという, 死んだ今日, 歿した, 殺害が, 母が, 比べると, 水を, 沈め広い, 没入し, 法王の, 浅草藍染川の, 消えて, 渡つても, 温かい物, 湖水の, 溺れて, 潮の, 瀟洒な, 火事が, 灯を, 炉に, 無銭で, 焼酎を, 燃える火, 父の, 牛車に, 犬の, 独り火を, 狹霧立ち立つ, 現れ出でた, 生れたという, 甥の, 當つたのです, 當つて遊行する, 疲れた体, 白柄組の, 盗賊が, 相手を, 真紀子を, 眠りして, 眠る温泉村, 眺めた景色, 着飾ったという, 短編, 神から, 神風が, 禁中では, 私ひとりが, 秋草の, 移ろうと, 突然ゆくえ不明, 約七夜, 紛れ込もうと, 細り行く虫, 結ぼほれつる夢, 絶えず膿, 継ぎ三月, 続く朝, 総理大臣が, 繋ぎ, 置き放されて, 老女を, 聞いたこと, 聞かされたもの, 聳り立つ, 聴かんと, 聴きてころろ, 脱走を, 自分は, 自宅へ, 自殺する, 至つて大に, 至り二十日頃, 至り凉風, 至り月明, 至り雨ます, 舎港を, 若い殿上人, 荒縄で, 葡萄を, 虹が, 蝕まれゆくか, 行きくれた旅人, 行くもの, 行ふべき, 行われたと, 衰弱する, 褞袍を, 西横堀で, 見たとき, 見たむす子, 見た満月, 見ました夢, 見るもの, 見れば, 見送って, 親しい友達柳原小兵衞等二三人, 訪ねて, 詠む歌, 語ること, 誰が, 調和する, 谷中瑞林寺の, 赤い燈, 起った外務大臣暗殺事件, 起る惱, 躍り出でたる金無垢, 軍場に, 輝かしい海, 辿り着いたの, 近い, 近くなっ, 返りました, 迫ると, 追ひ出しちまつ, 通うところ, 通るん, 逢つた, 遅い早いは, 過ぎない, 違いなく, 適しい艶, 適すと, 還り朝, 部屋の, 酒宴の, 釣る, 鎮守の, 門を, 開くこと, 降る雨, 限ったもの, 限つた楽舞が, 限つて流れを, 限らずま, 限り臨時, 限るという, 陥れたの, 隣室から, 隣家の, 雨さえ, 靜まり返つ, 響いた, 響く単調, 額田六福が, 顔も, 飽かない顔, 駕の, 鬼火を, 鶴は, 麻布小

▼ 夜~ (3189, 7.6%)

297 明けて 183 明けると 142 更けて 86 明けてから 69 明けた 50 来た 49 あけて 48 あけると 47 ふけて 44 更けると 42 明けても 34 明けるの 32 更けてから 31 明けるまで 29 明ければ 28 明ける 24 更けても 22 明けたの 21 明けました 1817 あけてから, ふけてから, 明けは 16 明けたよう, 更けるに, 更けるにつれて 14 更けた 13 ふけると, 更けるまで 12 あけた, あけました, 来ると 11 来て, 白んで 10 ほのぼのと, 明けかかって, 明けそう, 明けたので 8 くると, すっかり明け, 明けかけて, 明けたと, 更ける 7 明けますと, 明けるか, 明け放れた, 来ました

6 [13件] あけるの, あった, きた, ふけても, ふけるに, 來た, 明くる, 明けるよ, 明け放れ, 更けるに従って, 来る, 次第に更け, 白む

5 [17件] あける, あけるまで, ふけた, ふけるの, ふけるまで, 明けかかった, 明けかかると, 明けたばかりの, 明けたやう, 明けたん, 明けては, 明けるぞ, 明けるだろう, 明けるん, 来るの, 落ちると, 長かつ

4 [23件] あけても, ある, つ, ふけるにつれて, やって来た, 明けさ, 明けたらすぐ, 明けた時, 明けてからの, 明けないうち, 明けなければ, 明けるよう, 明ける頃, 明け放れると, 更けたと, 更けたの, 更けたよう, 来たの, 来れば, 白むと, 続いた, 落ちて, 近づいて

3 [51件] あけたから, きて, きても, きました, くるまで, しらじら明ける, するすると, だんだんに, つづいた, つづいて, ひろがって, ふけたので, ふけました, ふける, やつて, 來て, 多かつ, 明けきって, 明けそめる, 明けたかと, 明けたぞ, 明けたって, 明けたとき, 明けたばかり, 明けたら, 明けたらまた, 明けたり, 明けなかつた, 明けます, 明けますよ, 明けよう, 明けようと, 明けるから, 明けると共に, 明けるまでも, 明ける時分, 明け始めた, 更けたのに, 更けました, 更けます, 更けますから, 更けるにつれ, 更ければ, 深けては, 白みかけて, 白みかけると, 続くので, 落ちてから, 迫って, 長くなる, 静かに

2 [112件] あけか, あけかかって, あけたの, あけたので, あけたばかり, あけたらすぐ, あけますと, あければ, あるが, あるばかり, い, いよ, おりる, きたよう, しらしら, しらじらと, しらみかけた頃, すみに, それを, だんだんふけ, だんだん更け, つづきました, なぜ寐, はや白, ふけるに従って, ぽうと, ものに, よし夜, 一番好い, 三晩も, 世界の, 來る, 多くなり, 大江戸を, 好きで, 好きな, 始めて, 度重なつて, 彼の, 戸の, 早かった, 明けか, 明けかかる頃, 明けかけた, 明けそめた, 明けたかなんて, 明けたから, 明けたが, 明けたつて日, 明けたという, 明けたらば, 明けたら二人, 明けたら早々, 明けたら早速, 明けたら直ぐ, 明けた頃, 明けちまうじゃ, 明けちまったん, 明けてからは, 明けてからも, 明けないの, 明けぬといふ, 明けはじめた, 明けましたから, 明けましたよ, 明けますよう, 明けや, 明けようが, 明けるかも, 明けるが, 明けるじゃ, 明けるぜ, 明けるという, 明けるところ, 明けるとともに, 明けるまでの, 明け放たれて, 明け放れました, 明け次第に, 更けたから, 更けたって, 更けたので, 更けようが, 更け次第に, 更け渡って, 来たとき, 次第に明け, 次第に星, 深かった, 深くなっ, 深けてから, 深けるに, 深まると, 深まるにつれて, 清々と, 発表された, 白みかけた, 白むまで, 白むやいな, 白んでから, 續い, 續きました, 續く, 薄れて, 裾を, 訪れた, 訪れて, 過ぎて, 長いと, 長くな, 長くなった, 闌けて

1 [956件 抜粋] あけかかりました, あけかかるよう, あけかけるね, あけしだい, あけたならば, あけたよう, あけたら, あけたらさっさと, あけたら宇治, あけたら早速, あけたら直ぐ, あけた時, あけちまった, あけてよ, あけないうち, あけないの, あけはなれて, あけましたが, あけましたの, あけるころ, あけるぜ, あけるので, あけるまでは, あける頃, あったのに, あつて, あぶないの, ありますね, あること, あるであらう, あると, あるよう, あればこそ, あんじようならへんので, いい, いいわよ, いうと, いつのまにか明けた, いつまでも, うすら寒くなっ, うっすらと, えらばれて, おしまいに, おそいのに, おそい商売, おだやかに, おもしろくなった, およそ幾晩, お隣の, かなりに, かなり更ける, きたら, きた南西, くるから, くるとき, くれば, こういう, この世の, こめて, こわいよ, しずかでございます, しだいにふけ, しら, しらしら明け, しらんで, しんしんと, すぐ目, すっかり明けきった, すっかり明けちまう, すっかり更け, すつかり明け, すつかり明ける, すでに去っ, すみが, すみだった, するする落ち, せまって, そうである, その向, その少女, その頃つづいた, それあの, それと, そろそろ白みかかっ, だん, だんだん白ん, ちぇッ, つづかぬよう, できるわけ, とつぷり落ち切つた, どうしても眠れない, どこを, どんどん明け離れ, どんなにふけた, ないから, ないと, なお待ち, なか, なんぼにも, にわかに深く, ねむれなかった, ねむれなかつたり, はじめてで, はじめてでした, ひきずられて, ひそやかに, ふかい, ふかくなる, ふけかかって, ふけたからと, ふけたのに, ふけたらしくあたり, ふけてでも, ふけないうち, ふけるから, ふけるとともに, ふけるほど, ふける犬, ほの, ほんのりと, ぼつぼつ明け, まことに面白かっ, またすっかり, また相, まだすっかり明けきっ, まだ明けきらぬ, まったく明け, もうそろそろ白みかけ, もうだいぶ更け, もう更け, もはや子, やってきて, やって来それから, やっと明けかかる, やはり頽廃, ようやく暁, よその, わたくし共, ナカナカ明けない, 一層の, 一層長, 一時に, 一番樂しみです, 一番短い, 一瞬に, 三四日おきに, 三日も, 下りか, 不用心だ, 二人の, 二度も, 五十三日続いた, 人を, 仄, 今である, 仲を, 住んで, 來ました, 偉大な, 全く明け, 八月十日だった, 再びあらわれ始め, 冗談に, 出来る, 初めてであった, 初めてであり, 到つた時女, 半年つづく, 参ったの, 取り巻いて, 吐く溜息, 四五日続いた, 回つて来た, 地平線から, 多いのに, 多くあつた, 多くつれづれ, 多く今, 夜の, 夜中でも, 夜中看病疲れに, 大そう, 大分更けた, 大変更けた, 大鳥の, 好からう, 好きに, 如何にもランビァン高原, 如何に余, 実際に, 寒くなっ, 寝られぬほど, 寝苦しくて, 少くない, 少しムッと, 少し肌寒く, 屏風岩を, 幾つと, 幾日も, 幾日もつ, 広がって, 底の, 廻り合せて, 待たれた, 復た続いた, 心配に, 忍び込んで, 怖いという, 思いがけなくこうして, 思い出された, 恋しくて, 恋しく思われ, 恐しいんです, 恐ろしいよう, 悪の, 愈更けた, 或はそういう, 投げて, 斬りつけた時, 既にあぶなかろ, 既に更けた, 日に, 早い, 早く明けた, 早く更け, 明かしたいの, 明けいつの間にか, 明けかかったから, 明けかかったので, 明けかかりますと, 明けかかり砂丘, 明けかかる, 明けかかるよう, 明けかけたから, 明けかけたよう, 明けかけました, 明けかけチチチチ, 明けきらないのに, 明けきらぬ薄暗い, 明けきれない, 明けしだいに, 明けそめ, 明けたあッ, 明けたかい, 明けたころ, 明けたさ, 明けたところ, 明けたな, 明けたならば, 明けたね, 明けたばかりと, 明けたらあたし食べ物, 明けたらお, 明けたらきっと, 明けたらしい, 明けたらじき, 明けたらそれ, 明けたらなんとか, 明けたら上陸, 明けたら何処, 明けたら北, 明けたら地平線, 明けたら大事, 明けたら川, 明けたら幸吉, 明けたら最後, 明けたら東京, 明けたら汽車, 明けたら焦げて, 明けたら私, 明けたら自分, 明けたら行って, 明けたら見さっせえまし大した, 明けたら誰か, 明けたら警視庁, 明けたら道, 明けたら里, 明けたら首, 明けたれ, 明けたわけ, 明けた廿三坂七つ目, 明けた戸, 明けた朝日, 明けた樣, 明けた身, 明けちまいます, 明けちまったよう, 明けちや八千兩の, 明けてからでも, 明けてからに, 明けてまで, 明けてるよ, 明けない, 明けないかなあ, 明けないとまで, 明けないまた, 明けない内, 明けない裏, 明けなかった, 明けなかつた雪, 明けなんと, 明けぬながら, 明けぬの, 明けぬ前, 明けねえや, 明けはじめたいちめん, 明けはじめると, 明けはなたれた頃, 明けましたゆえ, 明けましたわね, 明けました殊にからり, 明けましょうとも, 明けますからね, 明けますぞ, 明けまする, 明けます明けないうち, 明けませんね, 明けやしたよ, 明けゆく薄ら明り, 明けりゃ早速, 明けるころ, 明けるたび, 明けるだけで, 明けるだろう夜, 明けるであろう, 明けるとも, 明けるどころか, 明けるので, 明けるや, 明けるわけ, 明ける一升罎, 明ける何, 明ける夜, 明ける迄は, 明けろ, 明け出すと, 明け切って, 明け切つて, 明け切らぬうち, 明け初める, 明け午, 明け夜, 明け始めて, 明け掛かると, 明け掛っ, 明け放たれたの, 明け放れん, 明け日, 明け明け, 明け次第四谷に, 明け次第皆持っ, 明け渡って, 明け離れて, 明け離れますと, 明け雪, 明るく見え, 星たちには, 暁けたかと, 暗かった, 暗くなる, 暮れ悲しみの, 更けすぎて, 更けそのうち, 更けたこと, 更けたせい, 更けたよ, 更けたらしい遠い, 更けたらソッ, 更けた中, 更けた時, 更けた色艶, 更けてからが, 更けてからは, 更けては, 更けましたで道, 更けましてな, 更けりゃ泥棒, 更けるだろうが, 更けると共に, 更けるの, 更けるまでも, 更ける二時三時, 更け二十六日, 更け十二時, 更け渡った時分, 更け空, 更れ, 最後と, 月丸の, 有つた位, 朝の, 来たこと, 来たと, 来たときわたし, 来たので, 来たら, 来たら私, 来た時, 来ても, 来なけりゃア駄目, 来るか, 来るやいなや, 来る昼, 来る様, 樂しか, 次第に更け渡る, 残って, 段だ, 毎日延々と, 毎晩の, 永いの, 永久に, 沈んで, 沓脱へまで, 淋しく感ぜられ, 深々と, 深いといふ, 深くな, 深くなれ, 深く静まり返っ, 深まって, 渦を, 満月であった, 漸, 激しい, 無念の, 爽涼なる, 犇, 痛ましいほど, 白く明け, 白けて, 白みかかつて, 白みかけたよう, 白みかけました, 白みましたの, 白み夜明け, 白むか, 白むでしょう, 白むの, 白めば, 白昼よりも, 相当深い, 眠むら, 眠れなかった, 眼前に, 短いから, 短い白夜, 短かった, 神々しい夜, 私には, 秋らしく更けた, 立ち罩め, 紅色に, 経つこと, 続いたという, 続きさぞかし, 続くの, 織り出されて, 自分の, 苦しいもの, 落ちきつ, 落ちた, 落ちたが, 落ちれば, 落ち木魚, 薄くかかっ, 被衣に, 言った, 訪れかけるとき, 訪れました, 走りだした時, 転じて, 載る, 近づいたので, 近づくと, 近づくにつれて, 近付き居る当夜蛇王, 追, 這って, 遅いの, 過ぎてからほども, 遲いものです, 選ばれた, 都会を, 鋭い刃, 長いいく, 長いそして, 長いよ, 長い様, 長い瀬, 長く, 開けた, 開けるので, 間もなく明ける, 闌ける, 陳情者たちの, 隅々へ, 非常に, 風景を, 髣髴と

▼ 夜~ (2167, 5.2%)

201 昼も 63 日も 45 更けて 27 晝も 19 大満員 15 ふけて 11 あった 10 更けた 9 大分更け 7 おち, おちおち眠れない, ひるも, 来る夜 6 あつた, ある, おそくまで, 彼は, 明けて, 明けぬうち

5 [11件] いつもの, だんだんに, 三更, 侍女たちを, 同じよう, 寝ずに, 明けた, 明け方に, 私は, 針を, 鳴く

4 [16件] ここに, むろん大, 十時を, 大入満員, 大分更けた, 早や, 更けたので, 朝影を, 次の, 深かった, 無事に, 白, 眠らずに, 碌, 自分の, 遅くまで

3 [37件] ありき, かなり更け, ぎっしり満員, ございました, だいぶ更けたらしく, ない, なく昼, ふけたので, むろん満員, もう更け, よく眠れない, よほど更け, 一緒に, 三夜も, 三更に, 二人の, 二更の, 大分ふけ, 寝ないで, 帰って, 彼女は, 明けないうち, 昼の, 暖かで, 更けたから, 更けたこと, 更けたよう, 更けたり, 更けた頃, 更けてから, 更けました, 段々と, 熟睡が, 碌に, 私の, 過ぎて, 風の

2 [121件] あけるん, あったの, あります, あるか, いつしか更け, いろいろと, おいおいに, おそい, おそかった, おちおちと, おちおちとは, おちおちは, おちおち眠られぬ, おちずよく, おちず通, おもて, くる夜, ここへ, こごしくも, ご一しょ, しらじらと, すっかり明け, すわりたり, ずっと更け, そこに, た, だいぶん更けました, だいぶ更け, だいぶ更けた, だいぶ更けました, ないの, なかった, なかばに, ふけた, ふけたよう, ふけてから, ほのぼのと, また晝, まだ明けきらない, もう十二時, もう四つ, やがて四ツ, やがて明け, よく眠ります, よく眠れず, ろくに眠られない, ろくろく寝ず, ろくろく眠らず, ろくろく眠られない, オチオチ眠られない, 一度や, 一時を, 一間に, 三つ一つ, 乞ひ祷みひた, 二更に, 休みなし, 何も, 全く明けた, 凍みるらむ, 出しゃあ, 初更に, 勝代が, 勝平は, 受けて, 同じという, 同じ次, 四つ, 外に, 多かつ, 女は, 安くは, 安らかに, 安らかには, 宵の, 少し見よう, 帰らないこと, 心配で, 急に, 抱いて, 既に十一時, 明けぬべし, 明けね, 明けは, 明けましょう, 明けよう, 晩くまで, 晩酌が, 暑かつ, 暑気が, 更けたし, 更けたもう, 月が, 枯草の, 母の, 比較的安らか, 氷山の, 求めて, 波の, 深々と, 深更に, 満員, 無し朝, 白んで, 目が, 相当更け, 眠られぬくらいに, 眠る, 眠れないくらい, 眠れなかった, 私を, 翌日も, 見はり, 谷地は, 遅いし, 遅いのに, 遲く, 雪は, 青年は, 静寂に, 高音うつ

1 [1231件 抜粋] あかあかと, あけきらぬほどの, あけぬ間, あたりは, あつて, あの室, あらう, あり, ありぬ夢, ありやす, あるとか, あるを, いいかげん更けました, いかなる時, いたく更けた, いっしょに, いったよう, いつも春日, いとわずに, いよいよ更け, い寝がてに, うっかり長く, うまや, おそうございます, おそくならなけれ, おちおち, おちおちねむられない, おちおちやすめないらしい, おちおち寝られ, おちおち心, おちおち眠らなかった, おちおち眠られなくなる, おちおち眠る, おちおち眠れませんでした, おちついては, おなじく不, およろしかろうと, おれを, お寝巻, お藤, お酒, かくばかりかと, かなり遅い, かれこれ其時刻, かれは, ぎょッ, ぐつすり寝た, こ, ここで, このこと, この料亭, ごうごうと鳴っ, さうでした, さて更けた, しだいに更け, しょっちゅう頭巾, しらむ, じゃ, すっかり寝間着, すでに四更, ずっとその, ずっと執筆, そうでした, そうらしいです, そっと井戸, そのころ, そのままに, その側, その室, その木剣, そばを, たえずそわそわし, たびたび遅く, だいぶ更けたらしい, だれかれと, だんだん更けゆく, ぢきあけます, ついに一同, つぎの, ですよ, とつぷり暮れた, とどめられるので, どうなる, どっちで, ないやう, ない暗黒, なか, なかなかつかまらない, なき土室, なく悩み苦しんだ, なければ, なしと, にがい寂しい顏, ねないで, ねむらず門前, ねむること, ねむれないほどの, ねむれるよう, ねられずに, はやくは, ひっきりなしにぞろぞろやって来る, びっくり敗亡すごすご, ふけそめてから, ふけたし, ふけたり, ふけた松, ふけぬ, ふけますんで, ふける, ふけわたったの, ふけ渡りたり, ふと, ほとんど三更, ほとんど闇, ほんのりと, まことにダレ, またを, また一興, また幕府, また数時間, また次, また稲荷曲輪, また芋, まだ明けきらぬ, まだ明けぬ, みな一つに, むろん唸る, もう五ツ, もう八つ, もう夜半近く, もう明けかかっ, やがて亥刻半, やすまずに, やはりそこ, やや更けた, ゆっくりし, ようやく明け離れ, よくねむります, よく寝, よく眠っ, よく眠られないらしく, よく眠る, よく見える, よっぽど遅く, ろくに寝ない, ろくに戸締り, ろくに眠らせなかった, ろくに眠れませんでした, ろくろく休む, ろくろく寐, ろくろく寝られませな, ろくろく眠る, わからない骨, アルコールの, オチオチねむれやしない, オチオチ睡れません, カーテンの, グラノフォンは, ゴーゴーと, テレザが, パリの, ブランデーの, マンは, レールを, ワンサと, 一つ室に, 一夜眠, 一文を, 一時二時を, 一目も, 一風呂ザッと, 七時過てであった, 三四人か, 三時半と, 三時近く放送局の, 三条の, 上昇し, 下宿の, 不二夫君の, 丑満を, 丘の, 九ツ, 九分である, 九分近い入りである, 九時近かかった, 九時過ぎ, 乾麺麭ばかり, 二時ごろまで, 二更と, 五ツ四ツと, 五更に, 亥の, 人足を, 今までは, 今宵は, 介抱し, 休まずに, 休まず石油, 佐渡が, 余り眠れない, 作って, 傘を, 僕は, 先生は, 入りが, 八分の入り, 八刻頃であった, 六分の由昼の, 其の男, 冷や冷やする, 出るじゃ, 初更の, 前夜よりは, 力の, 十一時から, 十一時と, 十一時過ぎだつた, 十二時に, 十二時近くまで, 十時過, 半にて, 南を, 厭わせ給わずおん見舞, 参右衛門は, 又番, 各瞬間, 同じく文典, 同じでした, 同じ寝室, 同一線, 同様カラリと, 向ひ居き, 吹きさらしました, 周馬も, 哥沢節の, 喬は, 噛りつづけ, 四ツに, 四更に, 地下の, 坐つた, 変らなかった, 外で, 多かった, 多少更け, 夜学を, 夢おだやかならず明けぬ, 大ぶん, 大入補助出し切る, 大分ふけました, 大分遅く, 大概は, 天気の, 好い, 妻から, 娘の, 安からず思う, 安眠できる, 客の, 家の, 家へは, 家臣を, 宿直の, 寐ず, 寐られぬ, 寒くない, 寝ず昼, 寝てばかり, 寝なかったこと, 寝なかった看病疲れ, 寝ませんくら, 寝られないし, 寝られない大きな, 寝られません, 寝るの, 寢つかれやしない, 小夜子は, 少しも, 尚ほ, 屋外は, 山の, 岐阜城の, 師匠よりは, 帰宅せぬ, 帶を, 常に法, 常例の, 幸福な, 幾らか朝影, 床の, 店を, 廊下続きの, 役宅に, 彼に, 彼女の, 待明し, 徐かに, 心の, 忘れがたく, 忙しそう, 恁う, 恵ある, 愉快に, 我々に, 戦つたの, 打続いてを, 折悪しく, 捕虜で, 散歩し, 敵味方の, 數日來打ち, 文鳥を, 既に十一時すぎ, 既に更け, 日の, 早ね, 明かしたほど, 明く成つた, 明けかけて, 明けがた近くなる, 明けず人目, 明けたから, 明けた七時頃, 明けた頃, 明けない, 明けない世の中, 明けぬ窓, 明けば, 明けむとす, 明けやらぬに, 明けように, 明けると, 明けるん, 明け放れ, 明け離れた, 明夜も, 明方に, 昔も, 星を, 昼かと, 昼もと, 晩くなるし, 暁方悪漢の, 暖かであった, 暮羊君来庵ブラジルコーヒーを, 更くる, 更けかけて, 更けきった丑満, 更けそのうえ, 更けたか, 更けたという, 更けたのに, 更けたれば, 更けたわけ, 更けた後, 更けなむ, 更けましたから, 更けましたどうぞ, 更けましたれば, 更けますし, 更けませんから, 更けると, 更ければ, 更け沈んだらしい, 更け行きて, 更け過ぎて, 更け雨, 曹操は, 月で, 服装を, 木村さんの, 机に, 枕を, 柏亭さんと, 棚が, 楽, 構はず何やら, 次ぎの, 正一君たちの, 歩きその, 殺すべく握って, 母親を, 毎晩半, 水死女たちを, 汽車は, 沢山な, 油汗が, 浮いた顔, 浸つて, 深い呻き, 深い時刻, 深く塔, 深けたころ, 深し眠り, 深更で, 済んで, 満員昼夜各, 源氏の, 漫然と夢み, 漸く明ける, 濠を, 火気だち, 灯を, 為造は, 無礼講が, 然うし, 煙草入れを, 熟睡し, 燈火管制で, 猿沢が, 現にも, 生活の, 甲斐信濃その, 番人が, 疲れた体, 白い湯煙, 白みかけて, 白みましょうし, 益, 直ちに明け, 相当に, 真暗で, 眠らずまめまめしく, 眠らず奔走, 眠らず眠気, 眠らない稲草人, 眠られず, 眠られず心身とも, 眠られなかった, 眠られぬほど, 眠られぬ程ひとり, 眠りにくかっ, 眠れ, 眠れない, 眠れない有様, 眠れねえで身体, 眠を, 睡らずに, 睡らないで, 睡るを, 瞼に, 短かし, 石工どもは, 碌々眠らない, 碌々眠られなかつた, 神が, 私達は, 笑声ひとつ聞えない, 第四夜, 箱に, 絶えず私, 絶間なく, 美くしい, 翌々夜も, 聴衆は, 自分が, 苦しい声, 落, 葉之, 葭簀が, 薫を, 行きあたりばったりの, 補助出ッ切り, 見得るこの, 詰め切って, 読書三昧しづかな, 貞子は, 路頭に, 踊り狂い酒壺, 通うた頃, 遅いこと, 遅くなっ, 遅くなる, 遊びくらす, 過ぎず廓, 道で, 酒宴, 酔って, 重たく体, 金持ちが, 長く寝せ, 閉てぬらしい, 闌わ, 降ったが, 陰々と, 階下の, 雨の, 雪が, 雪明りで, 露台に, 青猫の, 面白い, 頻りに泣き, 食事に, 食事を, 馬で, 駈けと, 高名な, 麻痺薬は, 鼻翼を

▼ 夜~ (1695, 4.1%)

66 徹して 61 日に 32 こめて 29 明かして 23 更かして 18 明かした 15 明した 13 かけて, 待って, 更して, 選んで 12 とおして 11 更かした 10 明かすこと, 明して 9 明す, 過して 7 冒して, 更した 6 あかして, 守って, 明かしたこと, 明かすの, 明かそうと 5 久しく起き, 寒み, 徹しての, 更かす, 過した

4 [14件] ひとりかも, ふかして, 一人で, 待った, 徹した, 徹すること, 明かしました, 更かしたの, 期して, 海原渡り, 籠めて, 過ごした, 過ごすの, 雪降るらし

3 [18件] あかした, あかす, はじめとして, 待つて, 怖れる, 明かしたの, 明かしたり, 明さ, 明そう, 昼に, 更かしたり, 更かすこと, 更かすの, 警めの, 讃美し, 迎へ, 過ごして, 過ごすこと

2 [105件] あかしました, あかすの, あるいて, いつまでも, おくること, こめ, しきり吹く風, すごした, すごして, そこで, そこに, ただ一夜, つぎて, つひやした, ながめて, なきあかす, はじめそれから, ふかした, ほめぬ千鳥, ま青き, もつこと, 丸心の, 以って, 共にし, 含むごく, 好み暗い, 守つて仏の, 守つて佛の, 守らざるは, 守るよう, 小糠小星も, 幸いに, 彼女は, 待ち遠しがつた, 待つの, 後に, 徹したこと, 徹したもの, 徹しても, 徹する, 徹するも, 徹する日々, 心ゆくまで, 思わせるよう, 恣に, 感じながら, 択んだこと, 択んで, 支配し, 新たに, 明かしけるが, 明かしたが, 明かしたそう, 明かしたもの, 明かしても, 明かしましたが, 明かし日, 明かし翌日, 明かすと, 明かすもの, 明かせば, 明し, 明したる, 明し明け方私, 明るく照らし, 春に, 昼の, 更かしました, 更したが, 更すこと, 楽しみに, 泣き濡れて, 深み加茂川の, 照らして, 犯して, 眺めて, 私は, 竝べて, 罩めて, 聞かざるかと, 菅笠の, 行く雁一つ, 衝いて, 見つめて, 見物に, 護るよう, 貫いて, 越した手桶, 込めて, 迎えた, 迎えて, 迎へて, 送らしむ, 送ること, 透して, 運んだ, 過ごしたこと, 過ごしました, 過さうと, 過したこと, 過した許, 過すこと, 選んだの, 遺憾乍ら屋根の, 降り通した雨

1 [949件 抜粋] あかしかねて, あかしては, あかすあ, あかすこと, あかす覚悟, あかずも, あざむく人工, あだに, あの醜男, あれは, いちばい不安に, いとま, いよいよ暗く, いんいん, うちわ使う, うねの, えらぶという, おくり第, おさえて, おそくした, おもい出して, おもふ, お明かしなされ, かぎりに, かくては, かけた大阪中, かさね雲, かれは, きしきしと, きらうの, くらしたの, ぐびり, こういう悪魔的想像, こちらで, こめつ, こめての, こんなところ, こんな誂え, さそへ, さまよ, しきり傾く鐸, しのぐ一部屋, しらば, すごしたいと, すごし日輪, すごすか, すごすより, その窓, ただまじまじ, ちゃらちゃらと, ついそのままに, ついで奇怪, つぎ夜, つつむ, つつんだ, つまれし枕木, てらす燈火, どうして渋谷, ながめながら, なき明した, なぐさめるもの, なんの, ひそかに, ひとりあゆみ, ひとりあら, ひとりで, ひとり泣き濡れた, ひと夜あさりする, ひびき冴えゆく築庭, ふかしたが, ふかしての, ふかし四目, ふかし車, ふかすうち, ふかすこと, ふかすばかりか, へなくちゃ, ぽつりぽつりと, まねくたそがれ, みじかしと, むかえました, むかえるには, むかへた, むなしく過ごし, もたないで, やたらに, ゆする, ゆるがす武者声, わたる, シイカの, ネルロは, ムリに, 一つの, 一人占めに, 一人更かさなけれ, 一夜乳を, 一層引き締め, 一層静, 一張の, 一生けんめいつとめ, 一睡も, 世界として, 主と, 二つの, 二時三時恥も, 人々は, 仮約束, 伽する, 何べ, 何処で, 侮るに, 侵して, 催す黒雲, 傷みつつ, 僕は, 共にあそばす, 共にしなけれ, 共にもっと来し方, 凌ぎ兼ねます, 凡ての, 出征す, 切って, 初めに, 利用し, 刻んで, 包む老樹, 半夜寝ねざる, 参吉と, 只水, 合図で, 名さえ, 向島の, 吹くかぜ, 吹下した, 呑んで, 呪ひと怒りに, 味は, 呼び起した, 商売と, 善覚寺で, 喧鬨の, 嘆きの, 四方に, 回想し, 基礎医学教室の, 境に, 多く重ねる, 夜もすがら音, 大事決行の, 大和一郎の, 大警戒裡, 好んで, 妹許と, 姉にも, 嫌う賓客, 守つたのである, 守らず然, 守りけり, 守りつづけて, 守ると, 守るなり, 守る刀, 守る星, 守る考, 守る責任, 安息の, 宿に, 寂しげに, 寂然と, 寝て, 寝惜むようなお新, 対手に, 封じた儘, 川崎に, 帆村と, 平, 幸ひ, 彼は, 彼女と, 待ちかねて, 待ちたいの, 待ちませうと, 待ち兼ねて, 待つ, 待つさま, 待つため, 待つべしと, 待つもの, 待つ人, 待つ春日燈籠, 待てるならじか, 御明し, 徹か, 徹したって, 徹した疲れ, 徹してる者, 徹し又, 徹すると, 徹するまで, 徹する日, 心に, 心得顔に, 忘れた一心不乱, 忘れまい, 怖るる, 怖れます, 思い出させて, 思い出されるよう, 思い出したの, 思い出して, 思い出します, 思い出すが, 思い出す雨, 思ひ, 思ひ出して, 思ひ香氣, 思出す, 恐るるが, 恐れて, 惜しませなされますか, 惜しむひそけさだった, 惜しんだ, 惜んで, 惱みし, 想ひ出した, 想像し, 想像する, 愛す, 感じました, 慈しまれた記憶, 我語り, 戒める柝木, 截るほ, 打って, 抜け出でて, 抱いて, 押し分けて, 拝み続けて, 持って, 持てあました, 捨てず二六時中, 掛けても, 探るやう, 描きながら, 擴ぐ, 支配する, 散歩に, 旅空で, 日にかへ, 早川の, 明かさしてさえ, 明かさせるつもり, 明かさなけりゃならないと, 明かしかく, 明かしたさうでした, 明かしただけの, 明かしたとか, 明かしたん, 明かした人たち, 明かした朝, 明かした末, 明かした連中, 明かしては, 明かしましたで, 明かします, 明かしまた, 明かしわれわれ, 明かし今朝アパート, 明かし居酒屋, 明かし慰むべき事, 明かし明, 明かし朝, 明かし翌, 明かし自分, 明かすつもり, 明かすなど, 明かすべく炉辺, 明かす決心, 明かす者, 明かそうとして, 明かそうなんて, 明しての, 明しに, 明し朝, 明し翁, 明し藻西太郎, 明すに, 明るくし, 春の, 暗いうち, 暗い異様, 暮させること, 更かさねば, 更かしいざこれから, 更かしたが, 更かした思ひ出, 更かした記憶, 更かしなかなか, 更かしやがて, 更かし十一時頃ボルドー, 更かし妓たち, 更かし帰るさ, 更かし疲れて, 更かし舖道, 更かすつまり, 更かすとか, 更かす大いに, 更かす者, 更けさせて, 更さなければ, 更しいよいよ, 更し孝行者, 更し昼, 更す, 更に香ばしく, 最後に, 月に, 望んで, 東山の, 板敷で, 極めて, 極めて飲まう, 楽しむこと, 楽しんだなどという, 楽んで, 模造する, 次いで黒船, 欺むい, 歩いて, 歩きまわって, 歩まむとし汐, 残る隈, 気味わるがらない, 氷上に, 江戸川花火七彩の, 河内通ひ, 泣きて, 泣き明かしました, 泣く, 洩るる凄い, 淋しく交, 深して, 溺愛する, 滝川の, 漸く明し, 濡らした, 火桶を, 無限に, 焦せとばかり, 照し, 照す, 照らし兵, 照らすよう, 照らす宵, 煩惱は, 燈火かこむ, 片くるしい, 物さびしく, 物喰ひ過ぎ, 犯し, 理解し, 甘くみ, 生けるもの, 田舎でも, 界に, 疑ひの, 白服の, 盲の, 眞黒に, 眠って, 眠り昼, 眠るの, 睡る一隻, 知って, 知つておいでで, 知らない, 知らぬ花, 知る蛍, 破って, 示すのみ, 神秘なる, 積る, 籠めてなど, 紅閨に, 経なくっちゃ, 絶間も, 縫うて, 縫うミシン, 縫って, 織り明, 羅馬まで, 背に, 自分なりの, 舟にて, 船は, 茲に, 荒れ狂った, 落ちたる音, 薄っ, 薙ぎたおして, 蚊帳釣りに, 行くには, 行く人, 裂き大地, 見せて, 見たか, 見て, 見まわした, 見ると, 見守るお, 見物かたがたここへ, 覚めて, 計って, 話した, 語りあかした, 語りたげに, 語り合って, 語り合つた, 語り明し, 誰か, 警しめ, 警めしめられ其三年, 警める警察官, 貫く一道, 費やしました, 賞するに, 赤, 走り走っ, 越えて, 越前守に, 踏みぬくやう, 車で, 転々として, 迎うる, 迎えたと, 迎えようと, 迎えるため, 迎えると, 迎えるの, 迎へても, 退屈がって, 送った後, 送つた後, 送つて, 送りその, 送り過した, 送る世界, 送る可, 送る為, 送ろうという, 通した雨, 通らなければ, 連想し, 遊びたりき, 遊ぼうと, 過ぎちゃあ, 過ぎまこと, 過ぎれば, 過ごさなけれは, 過ごしたもの, 過ごしは, 過ごし翌日, 過ごす覚悟, 過ごせる一歩外, 過ごそうと, 過さなければ, 過さねば, 過したいの, 過したところ, 過したり, 過した杉子, 過すであろうかは, 過すの, 過す夜, 過そうという, 遠く響い, 遥な, 選つて背後から, 選ぶだろうと, 選んだか, 重ぬ, 重ねて, 重ねること, 野外で, 長いもの, 長み, 限りその, 除くと, 陽に, 雨しらず, 雪降り, 青い顔, 頑張り続けた, 飲みあかそうと, 飾るイルミネーション, 饑えと, 香わしくさせた, 驚かせて, 高み, 鳴きすだく

▼ 夜~ (616, 1.5%)

74 なく昼 31 なった 30 なれば 21 昼との 16 なって 8 昼の 7 なりぬ, なると 6 秋との 5 いえば, いっても, 云ふ, 昼とが 4 なく晝, なったが, なりに, なる, なる哀し, 平分する, 昼とを 3 いうのに, いふに, なく日, なつた, なりその, なりました, 昼が, 昼と

2 [32件] いうと, いえども, いわず昼, しなれば, なく, なく一歩, なく眼, なく私, なく頭, ならば, なりぬ茴香, なり月, なり盆栽, なるとき, もし火, 一日三十六時間の, 一緒に, 人と, 同じく家, 同じやう, 同じよう, 思ふにぞ, 日の, 昼とで, 昼を, 書いて, 朝とは, 朝の, 無限の, 第三十三夜, 違って, 霜の

1 [280件] あったが, あるぞ, あるに, ある料理屋, いいかつ, いうに, いうより, いうよりも, いずれが, いひさ, いへど, いへる事, いわずひそか, いわずニュウ・ジイランド土人, いわず上って, いわず乱雑, いわず喘ぎつづけて, いわず巷, いわず猛獣毒蛇, いわず睡眠病息者, おぼえて, おぼすな, お産とは, お綱, お蓮, きまって, きまりました, こだまし, このけ, この一種, しいえば, した兼好, し老, せば, そうして交, そして周馬, そのスコットランド・ヤアド, その翌日, それから城中, それに私, ただいま確たる, ちがって, ちゃんと区画, つぎの, どう思ひすまし, どつ, なくうとうと, なくお, なくおそらく, なくこうして, なくその, なくた, なくどれほど, なくぶら, なくアメリカ, なく一緒, なく一行, なく万里, なく二十四時間, なく人通り, なく他家, なく同じ, なく回転, なく壓迫, なく変化, なく始終, なく小さな, なく彷徨, なく彼, なく打ちのめされた, なく打続く, なく新しき感服, なく昇り, なく昏迷, なく暇さ, なく朝, なく来る, なく根氣, なく欽吾, なく歌, なく歩い, なく毎日毎日小夜子サン, なく流れ, なく海, なく烈しく働ら, なく田畑, なく白日, なく看病, なく研究室, なく続けざま, なく緊張, なく置酒, なく老, なく老眼鏡, なく自身, なく落語, なく鳴り渡, なく黒い石, なさしめん, なしに, なったらこの, なった夢, なった時, なった町, なっては, なっても, なつたら, なつて, ならん登場, なりかけて, なりき, なりき嘆くも, なりこの, なりさうな, なりしかな, なりたる大晦日, なりて, なりという, なりぬの, なりぬ神世, なりの, なりましたから, なりましたが, なりましても, なり下鍛冶屋宿, なり井師, なり十一時頃, なり夜, なり大入満員, なり木, なり横, なり火祭り, なり野原, なるとは, なるにつれて, なるの, なるまま, なる大暑, なる村, なる道化, なれりけり, のけぢめ, はっきり言いわたされ, はなつた, ひるとの, ひる前, ほかふたりの, ほし, ほつて來, もしび, よばれる三夜, 一しょに, 一所に, 一日に, 一晩の, 一条邸の, 一般に, 一角と, 両方から, 二度ぐったり, 二度の, 二度演奏を, 二度見, 二食同じ, 云うに, 云うむやみ, 云うもの, 云う事, 云う奴, 云えども, 云ったって, 云へば, 交, 今でも, 代る代るに, 倶に, 偽って, 全然く, 冬の, 勘違いし, 同じく獣, 同じく間歇跛行症, 同じであった, 同じ二十面相, 同じ夜, 同じ後悔, 同じ春, 名づけちょうど, 名付けられた日蔭, 呼ばれて, 変らなかったが, 変りなく, 夕闇と, 多計代, 大師講とを, 孔雀, 孤独ほど, 定める, 寒い夜風, 屋根の, 帰しました, 庚申と, 必ず二度, 思うて, 思って, 思へば, 成つた, 旅川周馬さえ, 旅川周馬は, 日が, 明るい昼, 明方との, 昼とでは, 昼とにかけて, 昼とは, 昼ひろ子が, 昼も, 昼もう, 昼天と, 時計うごける, 晝と, 晝との, 晝とを, 晝の, 暗がりが, 暗黒の, 書いたの, 書きました, 最始, 朝ぐらいに, 朝とを, 朝説教を, 来たら実に, 森との, 極めた一条, 次の, 死と, 死との, 水との, 決定し, 滴りあまる豊造酒, 無人な, 生と, 申しても, 申すは, 申す女の子, 申す奴, 疲れた親密, 白昼と, 眺望だ, 眼に, 睨めくら, 知られた, 移る空, 筆が, 続いたが, 翌日いっぱいとは, 薄暗い横町, 街夜の, 見えて, 見え電燈の, 覚えたり, 覚悟し, 言うこと, 言ったじゃ, 言わず昼, 記憶する, 限ったもの, 限ったわけ, 限らずに, 限らないでも, 雨とに, 雲とが, 霧との, 静寂とが, 非常に, 風と, 飢えと, 高原の, 黄昏との

▼ 夜~ (548, 1.3%)

27 に吹かれ 8 の中 7 が吹い 6 のなか 4 が出た, に煽られ, を剪

3 [16件] あり, がふたり, が肌, が身, が部屋, になびく, にわすれ, に乗っ, に吹かれた, に吹かれる, に靡く, の冷, の渡る, の身, は冷, を衝い

2 [46件] か出, がさらさら, が一下し, が入っ, が冷, が冷やか, が出, が又, が吹, が吹きつけ, が寒い, が強く, が梢, が耳, が襟, が遠慮なく, が雨戸, が顔, と共に消え失せ, になびき, には少く, にも醒め切れない, にゆるく, にクルクル, に冷やし, に吹かせ, に吹かれたら, に奪われ, に当る, に思ふ, に肌, に鳴っ, に鳴る, の, の冷た, の冷たい, の吹き渡る, の寒, の寒い, の息, の涼しい, の爽かなり, の硝子戸, の空, はさり, は身

1 [348件] いと, うごきて, かとも思われる, があたる, がいい, がこうこう, がこころよい, がここ千駄ヶ谷, がご, がさっと, がさわやか, がしっとり, がしみ, がしみ込む, がしめやか, がしゅうしゅう, がす, がすっと, がそよぎ出した, がそよぐ, がそよそよ, がそよ吹い, がそれ, がたか子, がぢ, がどこ, がはいっ, がひいやり, がひとしお, がひとしきり, がひやひや, がふわり, がほてつた, がもう, がやん, がゆき子, がゆらめく, が一陣, が三人, が冷たく, が出たらしい, が刃物, が向こう, が吹きこむ, が吹きだした, が吹きつける, が吹きまくっ, が吹き抜け, が吹き通す, が吹く, が外, が外す, が密林, が寒, が寒く, が少し, が屋根, が幟, が庭, が庭先, が庭木, が彼, が徐ろ, が快, が快い, が捕手, が掃い, が撫で, が明け, が木立ちの枝葉, が枕もと, が梳いた, が氷屋, が汐, が流れ, が流れ込ん, が渡る, が港, が特に, が生, が生温く, が白い赤い, が皆, が真っ, が私, が空, が窓, が竹, が簾, が簾越し, が細々, が紳士, が絶間, が肌寒い, が肌寒く, が舌, が葬式, が街道, が襟元, が軒, が軽く, が通る, が鋭く, が雨, が霜, が音, が頬, さかまき, その奥, たが, であった, である, です, でも出たらしい, で涼, で白い, とあれ, といいたい, といふ浮気もの, とがしずか, とともにタキシ, とともに出, とともに恋風, とどろきひのき, となっ, となつ, とを合せ, と共に中, と同, と波, と船べり, にあ, にあおり立てられ, にあたった, にあて, にあてる, にさらさら, にそっと, にその, にそよい, にただよっ, にちらちら, にでも吹かれた, になびい, にのっ, にはたはた, にばらばら, にひたい, にふかれ, にふき曝され, にふるえます, にふるわせ, にふれる, にほてった, にほろ, にまじ, にまたたく, にゆらい, にゆらめき, にゆらめく, にゆらりゆらりと, にわななく, にわれと, にガラス, にギョッ, にサワサワ, にチラチラ, にハタハタ, にビラビラ, に両, に乘つて來, に乱, に乱し, に乱れなびい, に冷え, に動く, に吹かれたせゐ, に吹き, に吹きちらされ, に吹きはらわれ, に吹き曝され, に堪えよ, に外套, に嬲られる, に帆, に当たっ, に当たりかたがた, に当っ, に当て, に怪しく, に払われ, に散らし, に晴れ, に暖簾, に曝される, に曝し, に横, に残し, に流し, に流れ, に浮い, に消え, に消えた, に涼しい, に混, に湿, に燃え, に燈台, に當, に白, に白く, に眺める, に瞬い, に短檠, に破れ, に細っ, に絶え, に絶えず, に罐, に聞える, に聞け, に聞こえ, に背中, に胸, に落ちた, に觸, に誘われ, に身ぶるい, に軽く, に送られ, に逆立ち, に逢う, に長く, に静か, に音, に顔, に風邪, に飛ばされ, に鳴り, のあ, のあいだ, のあいま, のあおり, のぐあいで, のさざなみを, のせゐか, のそよぎ, のない, のにおい, のふき通し, のよう, のリンリン, の一つ一つ, の余りに, の匂, の吹, の吹きそよぐ, の寒く, の底, の戸外, の旋風, の暗い, の梢, の樂, の気味, の氣味, の流れ, の流れ込む開いた, の涼し, の涼味, の漂う, の烈し, の爽やかさ, の竹, の肌, の草葉, の薄寒, の虫, の青き, の騷ぐの, はいのり, はげしく吹きけれ, はすずしい, はぞっと, はつめたく, はまた, はもうさ, は凍る, は吹い, は大変, は寒い, は尚, は忍びこん, は木, は毒, は水, は油, は涼し, は私, は肌, は肌寒い, は酔った, は露, ふけて, ほどに, もある, もつよかっ, もない, もひえびえ, もサテ, も受けながし, も山, も白露, も絶えた, や町, をうけ, をきりました, をさえぎっ, をしみ, をどうして, をなす, をはらんだ, をふせいだ, を偲ばせ, を入れ, を剪つて曲者, を剪つて錢, を厭, を受け, を吸い, を吸いこん, を夜具, を幾分, を待つ, を截つ, を楽しみ, を楽しむらしかった, を横外頬, を用心, を真っ向, を襟元, を通し, を防ぐ, を防ぐたしにもなろうと, を防ぐたてごもなりと, 多くし, 恋しくべつ, 清く月明らか

▼ 夜~ (329, 0.8%)

71 あつた 4 あつたらう, 月が

2 [17件] あらう, せう, それに, 今の, 今夜の, 十一時過ぎまでも, 四谷伝馬町の, 暗かった, 月も, 火鉢を, 盛り場の, 私は, 草の, 近江屋でも, 近辺の, 雨の, 雨気を

1 [216件] あたかも宙, あたりは, あつたか, あるならば, あゝ済まん, いま充分に, うす暗くぼうっと, おしろいくさい, お濠, お玉が, かなり暖かく, かん詰用の, くわしたおそろしい, これだけしか, こんな処, ござります, ござりまする, さうし, しかもひどく, しかも二日, しかも雨, すばらしい舞踏会, すら, そうしてその, そこの, そこらの, そとは, その夜, その時, その歸, たしか三学期, ただ折りおり, ただ私たち, ちっとも分らなかったろう, つめたい風, でも, とりわけ鼾, どうやら嵐, どこから, どこへ, どこも, なしに, ね母上, はある, はっきりしない, は無, ば小屋, ひつそりした, またある, また別, また相撲, また部落, また饗宴, もう時刻, もう母, もう直, も踊る, ようほえる, よく分らなかった, よろしうあります, マアよかっ, ランプが, ランプは, 一日を, 七日の, 万燈を, 不安な, 丞相が, 中に, 中秋の, 二人の, 亥刻過ぎの, 人通りが, 人間は, 今にも雨, 仕切られて, 伸子が, 低い空, 何だか夜そのもの, 侍女たちと共に, 入口には, 別に風, 十二時前に, 即ち名月, 厶る, 又神様, 名を, 呼んでも, 嗚呼生ける, 土地に, 地上には, 垣には, 場所は, 壁の, 夜ふけの, 夜もすがら根下, 夜業も, 夢の, 大陸へ, 女が, 妙に, 宇治山田の, 宜い, 害虫や, 宵, 家は, 寒さ, 小生の, 尤もこの, 尽きるが, 川開きから, 工場で, 常世とは, 常夜経, 年老いたの, 店, 庭の, 廊下の, 廣や, 彼を, 彼女の, 後から, 得意の, 御山婦美も, 快い熟睡, 急な, 悪く地息, 手さぐりでしか, 探題からの, 数学やら, 新小岩へ, 日は, 早寝の, 明け暮れ博士は, 星が, 星辰が, 昼の, 晝の, 暖まつた, 暗いもん, 暗かつ, 暗くて, 曇って, 書きあげたと, 月に, 月の, 木々は, 木の葉の, 机の, 杉夫が, 村の, 林之助は, 正月の, 歩いて, 歩きまわりまた, 歩くのに, 毎晩鷄の, 水だ, 汗もに, 池には, 涼しい灯, 涼みかたがた見物に, 湖水は, 満天に, 濃い月, 火光を, 無事平安な, 焼きたてる町, 煙の, 燈火を, 珍らしい, 田圃を, 甲府へ, 申せば, 町並は, 疲れて, 真っ暗だし, 真っ暗な, 着物の, 私たちは, 私に, 空には, 空は, 空気には, 窓の, 粛然と, 細かい雨, 終つた, 繁治さんの, 翌日は, 肩を, 色電灯を, 若党が, 落ちついて, 葦の, 蛙の, 血煙見えなかった, 衣笠山の, 見えは, 警鐘の, 足腰を, 踊る末, 追い風を, 遠くで, 遲く, 酒も, 重く澱んでる, 降つて, 雨は, 雪だった, 雪でも, 雪催いの, 風が, 風は, 食事が, 黒い舟

▼ 夜なか~ (322, 0.8%)

7 になる, に起き 5 の事 4 になっ, に犬, に目, に眼, の二時 3 にこの, にそっと, にふと, に家, のこと, の一時

2 [25件] から大, であ, でも人, にあなた, にお, にフツ, に一度, に人, に何度, に侵入, に半, に太田, に小用, に帰っ, に彼, に蝋燭, に裁縫, に起される, に門, に風呂, に鵞鳥, のこの, の三時, の雲, までそこら

1 [215件] うろつきま, から五人, から南風, から夜明け, から大風雨, から嵐, から盲腸, から真打, から細かい, から降り出した, さては頭, その声, そんなに度々そして, たべるもの, だ, だぞ, だったわね, だってこと, だって叩き起さない, だと, であった茫々, であっても, でしょう, です, ですが, でそして, でなくては, ではあり, でもいい, でも急患, でも独り, でも警官たち, ときまっ, と夜あけ, どうかしらと, どき, などについ, などにときおり, などに彼, などに菜穂子, など時々, なのに, なんぞに自殺, に, にあの旧, にあんな, にいちど, にいったい, にいま, におまえ, にかえれず, にこっそり, にころころ, にし, にその, にそれ, にたべさせる, にちょくちょく目, につめ, にとびだしたらしい, にどんな, にならなけりゃ帰っ, には痛み, にひょいと, にひょっこり, にふい, にふつ, にぼく, にぽっかり, にみんな, にもう, にやはり, にわたしたち, にジュネーヴ, に一人, に下宿, に下谷坂本, に不, に不意, に与吉, に中江, に二人, に人目, に人騒がせ, に伊平, に何だか, に何事, に倉沢君, に倒れ, に公衆電話, に出, に出され, に前, に十余人, に又もや, に叩き起され, に吊橋, に咲枝, に咳, に啼く, に喜三郎, に城中, に多勢, に大騒ぎ, に夫婦, に女, に妹, に子供, に寝相, に寢床, に寺, に屋根裏, に山, に川瀬, に巣鴨, に干い, に年造, に幾たび, に幾度, に庭さき, に庭口, に往来, に忍び込ん, に忽ちに, に怖, に急, に悶き死, に戸締り, に手水, に持ち逃げ, に斬り結ぶ, に旨く, に早帰り, に様子, に死んだ, に江戸, に泣いた, に海, に独り, に生れ, に用便, に異, に病人, に眼ざめたとき, に祈祷, に私, に空気, に立っ, に細引, に聞かなくっ, に脱, に脱皮, に葉子, に蛙, に表, に裏門, に襲っ, に見た, に観音様, に走り, に起きあがっ, に起った, に趙, に身体, に這い出し, に這い込ん, に酔っぱらっ, に門前, に雨, に霜, に食っ, に驚かされた, のいつも, の一時二時, の二時すぎ, の二時頃, の八ツ, の十二時ごろ, の十二時頃, の夢, の巨, の格闘, の焼き, の畳, の秘密, の豪雨, の貨車, の鼠騒ぎ, はだめ, は涼しかっ, は生簀, ほとんど服, まで, までありとあらゆる, までうろうろ, までが期限, までここら, まではもう, までよう活躍, まで三人, まで上野, まで休み無し, まで夢中, まで小唄, まで少女, まで待たず, まで涼みます, まで監房, まで起き, まで鉱夫, をとつく, を二時, を過ぎ, 行くよう, 話すの

▼ 夜遅く~ (304, 0.7%)

25 帰って 15 なって 6 なってから 5 なると, まで起き, 私は 4 まで酒, 家に, 彼は 3 なっても, なつて, まで帰っ 2 なるまで, までのお前, まで一人, まで二階, まで仕事, まで外, まで書物, 外を, 家を, 東京へ

1 [202件] あたりが, あの白い, あの部屋, おみかけした, お座敷からの, お清, から大雨, ここへ, このよう, このホテル, しかも客, しか帰っ, そこの, その中, その夜宴, その辺, だろうが, ついた旅客, であった, でも電話, なった, ならなければ, なること, なるとか, なるなんて, なれば, に人々, に岡沢先生, に帰り, に看護婦, のこと, は行われない, ぶらりと馬の足, ぼんやりしてる, までうろつき廻る, までかかっ, までかかった, までかかり, までここ, までつい, までも話し込む, までジョアン, までラジオ, までランプ, まで二人, まで互いに, まで互に, まで何, まで作平, まで只一人屍体, まで喚い, まで大いに, まで学校, まで実験, まで家, まで寝床, まで市中, まで帰らない, まで店, まで座談会, まで延会, まで彼, まで思うさま, まで我々, まで手術着, まで書生部屋, まで月, まで本家, まで机, まで氏, まで洋燈, まで海, まで海岸, まで灯火, まで無駄口, まで物, まで私, まで笛, まで籠った, まで繁昌, まで聞えた, まで背景, まで芝居, まで芸術上, まで芸術論, まで見張り, まで訊問, まで話, まで話し, まで話しこん, まで話した, まで読み耽った, まで起きてた, まで酒盛り, まで長い, まで附属病院, まで飛び歩い, まで飲み更かした, まで飲酒, まで騒い, まで騒ぎ回る, もう電車, やってきては, やって来ようと, やって来ること, やって来る者, を選ぶ, ラエーフスキイは, 一人などで, 一人の, 三十五歳の, 下関へ, 中貰い, 二時近い, 二時頃李は, 京の, 仕事を, 他に, 何処へ, 便所へなんか, 傷の, 僕の, 兄の, 其処から, 其処を, 其所を, 再び雨, 別れて, 動物の, 友達と, 叔父を, 同じく唐通詞, 城の, 変な, 太郎は, 学生が, 客の, 室に, 家人の, 富岡の, 富岡は, 寝て, 寝る, 寝間着紐なんか, 島野彦一は, 巴里の, 巴里へ, 市内電車が, 帝劇を, 帰えっ, 帰ったの, 帰ったり, 帰っても, 帰る事, 帰る時, 床に, 廓へ, 彼が, 或は明け方, 戻って, 明け方に, 更けた燈火, 書物を, 木下が, 杉幸で, 栗橋に, 歩き馴れてるという, 河を, 海岸に, 漁から, 父が, 独りで, 珈琲を, 病家へ, 盗人かなんぞの, 眼を, 着くと, 私達の, 腹拵えに, 船へ, 蟹江四郎は, 街路を, 訪ねたの, 訪問した, 貞を, 越えて, 迄その, 迄云い合っ, 迄旅行, 迎えの, 近処, 近処合壁, 送って, 遠くから, 配達にな, 酔つて帰る, 酔ぱらって此の, 金属製の, 長者の, 電車で, 馬喰町の, 高円寺に

▼ 夜から~ (286, 0.7%)

6 私は 4 風邪を 3 三日の, 朝への, 翌日にかけて, 翌日へ

2 [15件] だ左膳, 五日間明州で, 元朝へ, 夫婦と, 始まって, 彼の, 彼は, 昼に, 月は, 朝へ, 泣きつづけて, 病気に, 私達は, 重態に, 高熱を

1 [234件] いままでに, うなされるという, おかれた, お前熱を, お母さんの, かぞえても, きょうまで, きょうまでも, ここに, ここ七日ばかりという, このかた, この宗教, この川, この無関係, この阿呆, この隔離病舍, この隔離病舎, ご酒宴, さらに懐かしい, すでに看破, そこは, その姿, その産処, だと, ちゃんと心得, です, で翌朝, どこへ, にわかに行旅, のち志保の, のっそりはいっ, はじまって, はじまりいよいよ, はじまる, はや一年, ひそかに, ひとつきほど, ひどいひどい雨, ひどい熱病, ひどい雨風, ひるへ, ふりだした雨, ほんとうの, また凄, また病気, まゆみは, めきめき器量, もうここの, もうホテル, よろしこちら, わずかに, わずか七日, わたしの, カットした, ダネックの, 一ヵ年の, 一月ほど, 三人の, 三年の, 三日後の, 三月程後の, 不思議に, 世間の, 久光は, 久米一の, 二人の, 二十一日一杯に, 二十九日にかけて, 二十四日の, 二十日ほど, 五日へ, 今までの, 今日まで, 今朝まで, 伊之助は, 余は, 俄に, 僕は, 先生の, 光君は, 八幡船橋行徳という, 八百八街の, 六樹園は, 其の女子, 再び野良犬, 再び青江, 冴え切つて, 剥落する, 十一月の, 十三日にかけて, 十三日の, 十四日間その, 参木の, 又激しい, 咯血の, 品川宿芝田町四谷を, 囈言に, 四五日経ち, 四五日経っ, 四日目の, 坂本滞留中の, 執拗な, 報らせ, 変らせること, 夕方は, 夜もすがら, 夢にも見る, 大失敗, 天空に, 奴国の, 妻は, 始まる, 始め出し, 姿を, 婆さんは, 子どもの, 実は裏, 実行に, 実際かう, 宿直の, 寝こんで, 小皿や, 島田君の, 師も, 帯紐解い, 常陸守の, 幾らも, 幾夜か, 引き續, 引續い, 弱いお, 彼女の, 後に, 御奉行様, 御床, 御所へも, 微熱が, 徹夜し, 徹夜で, 急激に, 懐剣を, 持彦は, 数えて, 数名の, 数日の, 新吉も, 日へと, 旦那様づき, 早や, 明けがたにかけて, 明け方にかけての, 昼から, 昼への, 暁まで, 暫くの, 朝にかけ, 朝へと, 朝へという, 朝までも, 朝までを, 朝引き続いた, 来始めた, 桑の, 楽に, 正季の, 正月へ, 歳子を, 殆ど一寝入りで, 気に入ったの, 水に, 活気の, 満三カ月, 滞在し, 激變した, 火のけ, 熱を, 牧瀬の, 男の, 病床に, 病気という, 発熱し, 皆目お, 眞野が, 眠りも, 眠れなかった, 眺める, 私たちと, 私たちは, 私どもの, 私の, 私学生服を, 空に, 筋向うの, 続いた昼, 翌る, 翌二十六日, 翌夕, 翌日, 翌日にか, 翌日の, 翌日まで, 翌朝にかけて, 翌朝へ, 膳番に, 自分が, 自分の, 自分は, 萩野の, 蒲団を, 薬餌手当に, 行き先, 行方の, 行方を, 裏手の, 見えなくなったので, 見分けの, 親しい間柄, 諏訪栄三郎の, 貴方が, 貴方様を, 起たなかった, 蹤跡が, 迫って, 重役達は, 門前に, 開かれた集り, 間も, 間もなく彼, 降り積もる雪, 雨に, 雪が, 青蛇団の, 非常に, 髪の毛が

▼ 夜おそく~ (281, 0.7%)

12 帰って 5 なって, なつて 3 なってから, なると, なるまで, まで起き, 家に

2 [15件] なること, までかかっ, まで家, まで机, まで泥水, まで背中, まで遊びました, ベーカー街に, 二階の, 帰ったり, 帰つて来る, 帰ること, 私の, 私は, 訪ねて

1 [214件] うなぎを, おくって, お帰り, お手, お酒, かえって来ました, かけしふすま, かさかさと, から扁桃腺, きむら喜内, こうして亀井, この部屋, しかもびしょびしょ, そこらを, そのころ売り出し, それを, つきました, ても例え, でなくっちゃ, でなけれは, では, なってはと, なっても, なつて一人, などなる, ならないと, なるの, なれないから, なれば, にこそ, のこのこ訪ね, ひとりひそかに, ふと気づい, まであなた, まである, まであるいは, までいねむりしいしい仕事, までお, まですむまい, までせっせと, までせめたてました, までた, までつい, までひとり, までひどく, までほつき歩き, までテンカン, までトコトン, までワキ目, まで不在, まで二人ぎりでいたって, まで人通り, まで何, まで何千人, まで働かせられ, まで入れ代わり立ち代わり, まで夢中, まで奉祝, まで客, まで宿, まで寢, まで小さな, まで少女, まで屏風, まで岡, まで帰っ, まで帰らず, まで帰らん, まで庵, まで廻っ, まで引き留められ, まで引止め, まで待っ, まで戸野兵衛, まで斯, まで暗い, まで母親, まで水, まで灯, まで皆, まで研究所, まで科学上, まで精神的, まで紙, まで続けられた, まで考えつづけた, まで聞える, まで興じた, まで蚊帳, まで蝋燭, まで討論, まで討議, まで話しこん, まで話しつ, まで話し込ん, まで部屋, まで酒, まで酒場, まで銭湯屋, まで閑談, まで障子, まで飲ん, ま夜中, もう二時, やってくるよう, やっと帰っ, アイビキした, アイピング村の, アムラが, エキモスは, ドアを, ホテルに, 一人で, 三原から, 中橋が, 二人が, 人々が, 人に, 仕上げただけの, 仕事でも, 何処やらの, 作曲家の, 停車場に, 先生は, 八幡連中来庵星城子鏡子井上杉山さんの, 勝治の, 十時十一時頃までも, 各, 君ん, 国道を, 土産などを, 大月大佐の, 太田は, 夫婦者が, 家へ, 宿の, 富士洞窟の, 寝がけ, 寝ながら, 小田急に, 少女は, 巴里に, 帰つた, 帰つてきた, 帰られたり, 帰りがけに, 帰るじぶん, 帰るといふ, 帰るよう, 帰る夫, 帰宅した, 帰宅する, 床に, 店を, 庸三が, 慣れない気苦労, 戸を, 戻って, 戻つて, 手あらい, 手紙つきぬ, 敬治君が, 新聞を, 日本へ, 朝早く, 札幌に, 来ては, 東京着, 樹明兄来訪友達と, 樹明君が, 樹明君来庵何か, 歌われる夜曲, 武田大佐と, 歩いて, 毎日帰っ, 泥酔し, 浅草の, 湯へ, 火種を, 父親が, 物縫う, 町を, 石川の, 神保町を, 神戸へ, 笹村は, 築地の, 自動車で, 舟で, 芝居から, 豹一は, 起きて, 身を, 迄, 迄も續, 迄やる, 迄れい, 迄針仕事, 迎えに, 通りがかりに, 通りがかりの, 遊撃隊は, 郵便局の, 酔って, 酔樹明君が, 長島君の, 雨が, 電車に, 電車通りに, 非常に, 風間を, 食べようと, 飲んで, 馬ご

▼ 夜には~ (211, 0.5%)

6 いって 4 いると, 行くからな 3 九夜

2 [15件] なるし, 似ず, 喜平と, 大砲の, 宮中からの, 彼は, 村の, 母は, 父に, 犬に, 白衣の, 眠るの, 空中飛行船の, 表へ, 隣室に

1 [164件] あなたを, あの集会, あらじ, いつたらしい, いわゆる, うとうと眠つて, お通, お酒, かかるし, かすむ月夜, かの嘶き, からっと上がり, きっと来るだろう, きまって私, ここで, この壇ノ浦, こんな明る, こんな考え, そこい, そこなわれるの, その女, その姿, その泣き声, その隠退祝い, それが, それも, とくに大きい, どこか, どこの, なって, ならないだらうね, なりきらない頃, はれて, ひどい吹雪, ふさわしかった, ふっと思い出し, ほとんど人通り, またゆうべ, また剽盗無頼, また活動写真館, また自分, また馬籠, まだ早い, よく彼女, よく狐, わたくしの, われらが, カストリという, グノーが, ゾロゾロお寺, 一度も, 一度毎日散歩に, 一種の, 三十度にも, 三回目を, 下田の, 両国橋畔に, 中宮の, 主人が, 九夜日には, 井筒の, 伯母さんは, 伴侶たるべき, 入りぬる, 内裏から, 凍えた灯, 凡そ想像, 別に不思議, 午後十一時半に, 半宵, 又もや大雨, 同じ場所, 吸血鬼と, 吾, 品川御殿山の, 哲学者の, 囚人駅舎の, 囲いの, 外へ, 夜に, 夜中言ひ募る, 大和の, 大学綜理の, 大阪着です, 女房たちが, 好んで, 妖麗な, 妖麗幽, 妻を, 宇都宮へ, 安房国の, 将門の, 山々の, 山の, 屹度極, 島原で, 廓の, 彼が, 怪談の, 悪霊を, 所謂, 数万の, 明けられ暮れざら, 星が, 星を, 是非一度拝見いたしたい, 昼が, 昼間と, 時々それ, 更に美しい, 最後に, 木の葉が, 枝豆を, 横浜本町で, 歌留多の, 正確に, 母親は, 氏の, 海に, 湖面へ, 澄み朝, 火鉢に, 無数の, 燃えるよう, 珍しい夜釣り, 男は, 疎な, 皆気が, 皆目対手, 盛んな, 相違ない, 祖母を, 神田三崎町の, 私は, 空の, 空を, 窓を, 篝を, 紐育へ, 縁台を, 花嫁を, 著しく気温, 薄き化粧, 虫売り, 蝋燭の, 行はれ, 要介達, 見られないもの, 覘うて歩く, 誰も, 迎え火が, 遊興身を, 銀の, 闇が, 陰火が, 陸から, 雨中に, 雪女って, 霜が, 露が, 青森市に対して, 風露の, 食膳を, 鼠も

▼ 夜更け~ (200, 0.5%)

5 て帰っ 4 て済みません 3 て, ていた, てかえる, て人, て彼 2 てからお, てから血の気, て宿, て帰る, て或, て生活, て私, て部屋, て門

1 [158件] さ更け, てあすこ, てあるきける, ていま頃, ていみじう, ている, てお, ており, てから, てからか, てからちと, てからというで, てからどう, てからのお, てからの切りばり, てからの寒, てからほう, てからまた, てからも, てからタクシー, てから下宿, てから仏壇, てから元, てから又, てから向う, てから宿, てから富岡, てから工藤, てから帰っ, てから床, てから微酔, てから悄々, てから愛する, てから梯子, てから母, てから波, てから澤山, てから突然, てから芸者連れ, てから茶の間, てから見る, てから飯, てから馴染, てきた, てくる, てくれ, てけたたましい, てこっそり, てしかも, てすれ, てずんと, てた, てただ, てという, てのお, ての中, ての客, ての帰りがけ, ての温泉村, ての白骨谷, ては病人, ては過, てほとんど, てまた, てもう, ても帰っ, ても時々, てやっ, てわたし, てドローレス, てハムスン, てホテル, て一人自分, て一時, て一緒, て下町, て不, て乗, て二三, て例, て八島, て其処, て其品, て其處, て再び, て別種, て劇薬自殺, て友達, て同じ, て吸, て四辺, て四辺静, て夜なか, て夜毎, て夢中, て天文, て女, て女給, て姉, て始めて, て家, て寝乱れた, て帰った, て帰つた主人, て帰りしな, て帰宅, て幌, て幾度, て後, て思い浮ぶ, て戻った, て推参, て教会, て散歩, て月, て月見寺, て朋輩, て来た, て松, て松風, て枕, て樹明君, て歸, て治部, て淙淙, て湯, て湯帰り, て滝, て漸く, て無, て父, て物静か, て狐, て狗ども皆, て独り, て病める, て着いた, て私達, て窓, て義父, て羽, て自分, て自称, て花, て蝋燭, て行く, て行っ, て行燈, て西, て西の京, て起こった, て退出, て退屈, て運動場, て醉, て金属, て闇, て雨

▼ 夜ちゃん~ (194, 0.5%)

8 の手 3 はもう 2 か, だった, のそば, の前, の頭, の顔, はお, はちょっと, はやっと, を指さし

1 [163件] お美夜ちゃん, かあ, からもお礼, がいらない, がいろいろ, がこの, がとまり, がにわかに, がねむ, がわからねえ, がニッコリ, が家, が愛らしく, が母親, が深夜, が父ちゃん, こんなところ, じゃねえ, じゃア, っていう, ってもの, てえの, で, では, という七つ, という小さな, など見向き, にすがられた, にはひと足さき, にふしぎ, にもうれしい, にもひと役, にゃア一人, によって人間的, にチョビ安, に会っ, に小さい, に持たし, に水, に障子, のおけ, のかあ, のからだ, のふりしぼる, のまわり, の二人, の家, の幽閉, の待ってる, の悲しみ, の母, の浴衣, の父, の父親, の耳, の聞いた, の肩, の裾, の言葉, の足もと, の返事, の骨, は, はあっけ, はあっし, はあやしみ, はあわて, はいじらしい, はいつ, はいぶかし, はうつむい, はおもしろ, はかわいい, はくりかえし, はこうして, はここ, はこわ, はすすりあげ, はすっかり, はそう, はそっと, はその, はその小さな, はそりゃあ綺麗, はそれ, はそれから, はたいへん, はたちまち, はだんまり, はどうしても, はなん, はますます, はまた, はもうすっかり, はわるびれない, はチョビ安, はツン, はパッ, は下, は両, は今, は及ばず, は小さな, は小鼻, は左右, は常, は恐ろし, は恥ずかし, は日光, は気味, は涎くり, は狂喜, は白痴, は縁, は聞こえない, は背中, は言下, は返事, は長い, は首, への愛, またクルッ, もいつも, もお, もお母さん, もこんな, もそば, ももう, もニッコリ, も作爺ちゃん, も子供ごころ, も心配げ, も無事, も知っ, も隅, やチョビ安, よウ, をいきなり, をおもう, をかえり見, をかかえ, をさらっ, をそば, をだきかかえ, をだきとろう, をとりまい, をグイグイ, をチョビ安, をトンガリ長屋, を加え, を帰す, を忘れ, を押しのける, を横だき, を片手, を狂喜, を産んだ, を畳, を相手, を見かける, を見すえ, 小さな手, 淋しい夜道

▼ 夜~ (189, 0.5%)

4 はまた 3

2 [16件] がねよう, の家, の話, はいつも, はこの, はこれ, はまんじりと, は例, は公園, は別れる, は喉, は妻, は家, は彼, は蒸気河岸, は部屋

1 [150件] あけられないから, かに念ずれ, かに新任, からお金, があなた, がそっと, がホテル, が二階, が取り, が味方, が女, が女装, が寝床, が寢, が寢しな, が晝間, が書きあげた, が枕, が眠つて, が誕生, が追憶, が部屋, と共に罹災, と妻, と差向い, に住み慣れた, に説教, のところ, のふところ, の住む, の室, の家族, の寝巻, の寢床, の心持, の書斎, の汚い, の泊っ, はあいにく, はあなた, はいっそ, はいつ, はいつか健康, はかなり, はここ, はじつと, はそう, はたった, はとうとう, はとく子, はとよ子, はどう, はどうしても, はどこ, はなかなか, ははじめて, はへん, はまるで, はみんな何, はもう, はやはり突然, はアルコール, はカフエ・アメリカ, はコンテ, はスイートポテト, はダニューブ河, はチヾニヤ, はテテツクス, はドクタア・パーマア, はホテル, はミラア先生, はヤリウス様, は一つ, は一ばん, は一人, は一晩中, は一緒, は三人, は久しぶり, は今日一日, は佐々兼武, は佐藤, は何, は其處, は初めて, は前, は十二日, は十二時頃, は又, は友, は古着, は可, は堀内, は変奏曲, は外, は夢, は大阪, は大阪市内, は室, は家族たちそれぞれ, は山際さん, は峠茶屋, は強く, は心臓, は思った, は思案, は急, は悪い, は感じました, は或, は戸外, は提灯, は教室, は数名, は旧友, は星, は晩飯, は景子, は森山, は次, は殊更, は気, は浪, は父, は異, は異様, は盗み, は相, は私達, は秋子, は突然, は笠神博士, は繁治さん, は自転車, は英子, は草, は衣子, は見る, は軍艦, は近親者, は連れ, は遅く, は運命, は酒, は酔いしれた, は酔ひ, は釣り, は面白い, は驚かされた, は龍馬

▼ 夜ごと~ (161, 0.4%)

3 に空 2 にこの, に一身, に作られ, に自分, に虫, のお, のよう, の寝覚め

1 [142件] おそくなる, お露, が再開, が家庭的歓迎, が展, こうしてさんらん, この若武者, その星, その邸, な執拗さ, にからから, にかわる, にきっと, にこれ, にすだく, にその, にたずね, には彼方, にふけ行く, にむずかゆく, にやってき, にやって来, にわたし, にカルモチン, にジノーヴィー・ボリースィチ, にスリーピー・ホロー, に三味線, に五人, に今日, に代る, に何処, に佗, に使う, に信徒, に僧形, に公然, に其聲, に出, に出る, に和佐保, に変る, に多く, に夜具, に天, に妾, に子供, に客, に家, に山, に年, に強く, に彼, に怪しい, に恐れた, に情炎, に放火, に文明, に方来居, に明麗, に暗闇阪, に月, に来, に来り, に枕, に梟, に気, に深く, に深み, に澄ん, に煌々, に燭台, に現, に目立っ, に看守, に眠れなくなり, に秘めや, に経一部, に続き, に繁昌, に老いた, に聞く, に荒い, に薫, に衣子, に見る, に訪れ, に賑, に道子, に針, に集, に集う, に音, に骨壺, のくせ, のさびしさ, のせりあい, のつかれ, のボヤ, の不夜城, の出火, の労, の友人, の夢, の大地, の宮廻り, の寒, の就寝命令, の山狩, の徘徊, の忍び輿, の星, の月, の枕, の没落, の波まくら, の清水詣で, の火事騒ぎ, の燈火, の男やもめ, の発熱, の睡眠不足, の砲声, の秋, の酒, の闇黒, の降霜, の霜, の餌, の騒ぎ, よびさます星, わが先考, を入り乱れ, を寒く, 大きな賭博, 引き継がれて, 悩まされた, 悲しげに, 或いはどうか, 持ち帰るもの, 更けるの, 眠れないと, 養われて

▼ 夜~ (156, 0.4%)

5 という, よ 4 か昼 3 な, もの, 夜だ 2 からといっ, からね, からよく, から都合, けれどお母さん, つたから, と云, なあ, ね, 星が

1 [113件] かが思い切っ, かどっち, かに後ろ手, かののど, かの咽喉, かはおじぎ, かはぐらぐら, かはどこ, かはほんとう, かはまるで, かは大声, かは巣, かは羽虫, から, からああ, からあの, からいま, からかま, からこれ, からこんな, からこんばんは, からこんもり, からそれ, からで, からである, からと言っ, からなあ, からなお, からぶらぶら, からまさか, からまだ, からわからなかった, から亜細亜, から人, から好く, から屋根, から干菓子, から役人, から此方, から無論, から然, から私, から綱, から花弁, から見えない, から赤く, から近く, から釣, か分らない, か分らなかつた, か昼間, か知っ, か頓, が, がお, がくだける, が月, が母, が米友, し, しもう, し早く, し陽気, し非常, ぜ, その時間, つた, つたからね, つたが, つたと, つたので, つた一人で, つた飲みすぎた, つてかうし, つてやくざ者一人を, つて三年越しの, つて小説でない, つて早く, という話, といっ, といふ, としたら, とつい, とは告げなかつた, とひとり, とほんとう, と周囲, と実際, と思った, と思はせる, と思わせる, と思われた, と覚悟, と言つて, と誰, と里人, なッ, ねえ, の, のと, のに, のにニューラ, のに五月幟, のに温く, のに酔い, よ汽車, 世界を, 僕が, 大して満員, 暗黒裡の, 月は, 沈黙そのものだ, 甲府の

▼ 夜~ (155, 0.4%)

18 くるまで 3 である, の事, の町, の街

2 [16件] が急, が闌け, すでに三時, のこと, のもの, の十二時, の濃い, の道, の雨, の露, の飲酒, までは何, まで机, まで歩い, まで賑つて, まで遊ん

1 [93件] から暁方, くな, くなって, くるほどに, くるまでも, くる迄, くる頃, くれば, く帰って, こんな場所, しかも火星人, だつたかしら, て帰る, て酔, て門, であった, であつ, であること, でも夜あけ, でも手, でも行きあたりばったり, で人立, で煮団子, という点, となり, と共に募った, と爺, どうしてあの, などに眼, などに銀座通り, なれども, にかえる, にとんだ, のしみじみ, のひっそり, のアピア, のランプ, の九時, の体, の停留場, の冴えた, の十時, の夢, の山中, の庭, の料理屋, の暗, の空, の街路, の路, の逗子, の遠見, の闇, の電燈, の駅, は涼しい, までいつたい, までか, までし, までその, までぼそぼそ, までもま, までも晩酌, までも続い, まで刀, まで君, まで噺, まで寝付かれなかつた, まで寢, まで所々, まで残, まで殘, まで灯り, まで炉端, まで燈, まで続いた, まで色々, まで詰, まで語らつた, まで誦, まで賑やか, まで軍艦, まで雨, めいて, らしいしずか, らしい景色, らしかった, るを, をする, を計っ, 迄机, 迄話した, 迄醉つて大言壯語

▼ 夜まで~ (153, 0.4%)

3 かかって 2 働いて, 外で, 居る, 惨殺された, 脱ぐ遑, 通って, 遊びに, 遊んで

1 [134件] あたしは, ある警官, いた, いて, いるよう, うろつかなければ, おそく一緒, お客という, お暇, かかるだろう, かけて, ぐっすりと, こき使われる者, さびしくその, じっと, じっとし, ずっと見, そのまま枕元, その夜, ついて, つづき乍ら, つづくか, つづけ私, のばす気持ち, ふりつづきました, ほとんどぶつ, やって, やってるの, やりつづけて, ゆっくりくつろいだ, ゆっくりし, ゆっくり英気, チカチカと, 一そう更けまさっ, 一匹も, 七十六日間に, 七夜の, 三十枚は, 三次に, 下宿に, 乞食が, 事事事で, 二十四時間の, 仕事を, 仲間の, 何か, 働いた, 働いては, 働きに, 公表され, 其の手足, 勤労し, 卯女の, 国子氏と, 外な, 夜, 女の, 姿を, 子供で, 実験を, 実験室に, 客だった, 家へ, 少しも, 居て, 居なければ, 工場だ, 工場で, 帽子も, 幾たびも, 幾日間炎天に, 引き伸ばした, 引っかかって, 引続きました, 待ったがい, 待つこと, 快活だつた, 手伝いを, 打ッ, 押しとおし, 掛けて, 日日坂下町の, 時を, 暇つぶししちゃう, 暖かいもの, 桜木さんの, 歓呼し, 止った, 歩き廻つて, 歸らなかつた, 水量は, 沢庵と, 派手な, 灯を, 甲斐に, 町内に, 皆は, 礼拝者の, 立ちづめで, 素子と, 絶えずそれら, 続いたので, 続きまして, 続けた, 繩を, 置けねえん, 考えて, 自分たちが, 自分の, 興に, 良人の, 苦しき思い, 薪を, 薬は, 行儀を, 話し込んだ, 諸流, 車窓に, 通い詰め, 通して, 通つ, 遊ぼうという, 過した, 過すこれ, 酒を, 酒シネマ酒シネマ, 野原の, 開けては, 雨ふりかみなり, 雨風は, 響いた, 食事の, 飲み歩いて, 飲み続けて

▼ 夜でも~ (132, 0.3%)

14 昼でも 6 夜中でも 3 晝でも 2 あつた, 牢屋はくらい, 空には, 黙って

1 [101件] ありまた, あること, い, うっかりする, お客が, かまわないから, かんかんやる, きちんと寝巻, ここの, この通り, こわいおじさん, さうなの, すぐに, そなた, そのにおい, その建物, だいじょうぶ見えます, だるま船が, ちっとも淋しく, どこかに, ない, ないし, ないという, ない薄ら明り, なかった, なくッ, ねばるが, ほろりと, めつたに, よくわかります, よく物, よく見える, よろしいが, キット一匹小さい, ギラギラと, サイレンの, 人通りが, 今までは, 仕事を, 出来ますから, 利くもの, 十分でなけれ, 埃り, 墓の, 壁厨を, 外の, 女に, 好い, 安心だった, 宜いや, 室内に, 寒いもの, 工事場に, 巨男の, 彼方の, 必ずお, 急用が, 押切って, 提灯も, 明けたよう, 明けたら変化, 明けて, 明りの, 明るいや, 昼と, 時間を, 朝でも, 東京へ, 植木屋が, 構いません, 欲するならば, 歩くよう, 水の上は, 流れるの, 流れるよ, 物を, 生きたり, 用事が, 男の, 皆が, 目に, 目の, 眼の, 窕子は, 立って, 競うて, 羽子を, 自分で, 見えると, 誰か, 賑やかな, 賑やかに, 近いの, 近所の, 道に, 銀座の, 錠は, 雪の, 雪は, 電話し, 鼬が

▼ 夜など~ (129, 0.3%)

2 康子は, 町の, 眠れたもの, 電車の

1 [121件] あって, うかと此境内, おりおり芳子, お苦し, かゆくて, こっそり様子, ことに父, この姿, この石, しつぷ, その木, ちょいちょいアイヌ語, ちよつと, ちよろちよろと, つい気, ときどきヘンテコ, とても家, とても暑苦しく, どうかする, どうにも寒い, はいたたまれぬ, ひとりで, ひとり畑道を, ふっと思います, ふと目, まっ黒き, まれに, めッた, よくハーモニカ, よく仕事, よく凡下, よく散歩, タオルの, バスや, 一人で, 一緒に, 不図眼, 不用心きわまる, 与平の, 両親が, 五人も, 人々は, 人が, 人一人通ろう, 何か, 何とも言, 何の, 信じられるの, 六甲は, 唇を, 夜更しし, 大女, 子供たちは, 子供の, 実に美しい, 家人を, 寂しがつ, 寂寥に, 山浦家の, 川に, 床に, 床の, 庭から, 康雄に, 彼女と, 往くもの, 御前の, 思いは, 折々話題, 散歩から, 早くからガラス戸, 時々大きな, 月光を, 朝まで, 木枯の, 木枯らしの, 来客と, 棉の, 歩いて, 殊に賑やか, 水夫らに, 澄みわたる月, 灯が, 無人の, 煙草の, 燈火の, 燭を, 爐に, 特に明瞭, 甲板の, 病棟から, 看護婦達を, 砦の, 社宅に, 祖母と, 私と, 私に, 私の, 突然寝ぼけた, 窓に, 精米所の, 續いた, 腰が, 自分の, 舟で, 茶を, 見ると, 誠に美しい, 谷に, 近く通る, 近所の, 遅くまで, 遠い, 遺言状の, 部屋から, 雨の, 雨もたぬ, 電燈を, 静かな, 高浜あ, 鼠が

▼ 夜にな~ (128, 0.3%)

26 つても 15 つてから 6 つてゐた 3 つて居た, つて床に 2 つて, つてからは, つて大空に, つて戻

1 [67件] つた後彼は, つた日本橋通りを, つてあた, つてあたりの, つてからなどは, つてからに, つてさつきを, つてしまつた, つてそれぞれ元気に, つてひとり, つてまた, つてやむ, つてランプが, つて仕舞ひました, つて來る, つて傷が, つて兼家も, つて叔父の, つて取りに, つて台所から, つて唖は, つて喬彦が, つて國ざかひの方向に, つて壻が, つて外へ, つて家へ, つて寢る, つて峠を, つて川を, つて帰つて来た, つて帰る, つて御覧なさい, つて急に, つて明りが, つて星が, つて月が, つて此方は, つて歸つて居ます, つて歸る, つて母と, つて母親が, つて消え, つて渓を, つて猶, つて疲れ切, つて疲れ鼻白ん, つて痙攣は, つて眼を, つて祖父が, つて私に, つて秋山夫人が, つて空の, つて紅足馬闘牛児の, つて荒武者が, つて行つた, つて裏山に, つて親子は, つて警戒警報が, つて雨が, つて雨落ちつい, つて雪が, つて電灯の, つて風が, つて風向が, ッたら, ッても, ツてからに

▼ 夜あけ~ (101, 0.2%)

4 になる 3 に近い, の明星 2 がた月, てこの, の星, の葉, の風, までまだ, 方に

1 [77件] から八時, が, がきた, がた, がたパリ, がたロシヤ, がた小僧, が来た, が近づい, だ, だったよ, て物食い, であった, である, でも人, とともに開く, との三度, にいくだ, にかめ, になっ, にはし, にやお, にや雀, に一回, に不, に乗りぬ, に島, に着きます, に船, に起き, に間, に首, のしぐれ, のすずし, のばん, のキネオラマ, の光, の出来ごと, の初, の四時, の富士, の水音, の渚, の濃き, の町, の空, の空気, の細道, の鐘, の雨, の露, まえでしたが, までには引っ, までに間, までの苦しみ, までは時刻, まで少し, まで待っ, まで待つ, まへに, もまぢか, らしい楢, をまたず, を凝っ, を待ちまし, を待っ, を梵音, 午前四時頃と, 方にわかにいっせいにこう, 方の, 方俄かに, 方和蘭陀の, 方見, 結局は, 迄, 迄に毛, 迄のむ

▼ 夜~ (81, 0.2%)

3 は彼 2 は流石, は父, は遅く

1 [72件] がまた, が何, が味わった, が本院, が細君, が自分, が鳥渡支倉, に会っ, に蟹, のランプ, の不敵さ以上, の制止, の商売, の女, の机, の梶井主膳, の泊った, の漁師, の腹心, の言の葉, の部屋, は, はかなり, はこの, はその, はどう, はひとり, はひどく, はふたたび, はまた, はウェリントン, はポオトフォリオ, は一晩中, は久しぶり, は京浜電車, は会, は僕, は午後九時, は同じ, は夜, は女中, は妻子, は孝太郎, は家宝, は宿, は寝, は寢よう, は帰る, は彼女, は散歩, は数千年, は新橋停車場, は机, は東京, は東海道線, は爺さん, は琴, は生れ, は突如, は突然, は自分, は舵, は蝋燭, は諸, は遂にかつて, は非常, れと共に, れは, をここ, を裏, を訪ね, 満村恭平

▼ 夜その~ (76, 0.2%)

3 小屋の 2 日の, 男が

1 [69件] あとを, おりが, ことを, ときの, どよめきに, ひとの, プランなどについて, ヤンキー達を, 一つの, 下を, 主人が, 人と, 会合が, 兵の, 出版会社から, 前を, 半空, 叔父の, 向こうの, 土地の, 土手の, 地方の, 場から, 夜が, 夜さだまる, 夜の, 夜も, 女が, 女と, 女は, 女優の, 妻と, 室に, 家の, 寒さ, 寝台に, 小屋を, 山に, 岸邊に, 怪しき仮装, 方面の, 明るい街, 時刻の, 時刻頃裏庭へ, 村に, 村の, 水晶宮に, 激論に, 牢獄から, 男は, 町はずれ数丁離れたる, 相談に, 祠へ, 自動車が, 處, 街を, 観音様が, 話を, 足で, 辺で, 辺の, 部下が, 金蔵を, 鉄格子の, 闇を, 雨の, 頃は, 領主に, 鳴くを

▼ 夜~ (73, 0.2%)

2 つるにも, 京の, 千代は, 蓮は, 雪が

1 [63件] あいは, あずかり下, いく安産, きみは, くには, くみは, せいは食事を, そくの, つぎは, つゆ魚か, とっさんと, ぬしと, ねんねの, ふみさんと, みねは, 久美は, 二人に, 住は, 使に, 俊は, 光は, 出遊ばします, 別れとして, 勝手に, 医者へ, 十夜ッと, 千代から, 君さんは, 城から, 夫婦さまを, 姉さんは, 嫁を, 寺参りする, 島は, 庄は, 床へ, 庭の, 廂の, 式から, 挨拶に, 断わりも, 月さまを, 民は, 浦と, 浦によって, 滝は, 父様に, 登和嬢は, 祝箸の, 秋は, 累が, 綱の, 膳を, 良は, 菊の, 蒲団は, 蝶さんの, 訪ねして, 通は, 逢いしました時, 雪は, 霜が, 鳥が

▼ 夜更に~ (73, 0.2%)

2 でも, なって, なると, スタンドを, 里人の

1 [63件] あなたお, あんな病人, お増, お客は, お帰り, こ, こつそり, この寒, こんな場所, その小屋, とたずねる, どこへ, なっても, なつて, なつて千鳥脚, ならなければ, なる, のぼった月, は人目, は動物園, は水, は行人, は門, は鼠, ひとりか, むなしく戻っ, むなしく戻つ, わたしの, 三番を, 乗客は, 他を, 何が, 変だ, 寂しい下宿, 寒い町, 屍室の, 床の, 彼を, 急に, 戸を, 時を, 時間の, 暗がりの, 村, 次の間に, 特別に, 皆一つの, 目敏い母親, 眼を, 睡りも, 私は, 羽ばたきを, 脱がなかつた外套, 自家へ, 蛍籠を, 誰が, 豹一を, 通行する, 逢ひ, 醉拂が, 閉め出しを, 降りて, 鳴る鉄瓶

▼ 夜~ (70, 0.2%)

2 ただに, 宵曙の, 小犬啼きよる, 思ひいでて, 月夜高き

1 [60件] いつまで, うすぐらい日, お産の, たれこめて, つて来た, とある小路, と言い, なみだ, もうこうなったら助かり, アセチリンの, コレ, ジャンチイイの, 今宵空の, 僧と, 加茂の, 周馬にとって, 周馬や, 天堂の, 女に, 女を, 嫁ぎました姉, 子供泣出す, 子規, 安は, 寂然として, 寝れば, 庚申の, 庚申講の, 弥生尽, 影言い, 情を, 手を, 抱きしめたる菩提心, 料理屋を, 明けぬら, 昼を, 暮れ易い, 更けぬ, 月明の, 朝早く, 朧月, 机の, 桜や, 歌とは, 歌に, 歌舞伎を, 盥を, 祭の, 窓の, 縁日の, 聖母聖なり人の, 自主権現に, 自問自答の, 花籠二つ鞠の, 茂つた森が, 薄暮の, 蚊を, 起上る, 霧の, 額に

▼ 夜などは~ (63, 0.2%)

2 今頃丑さんが, 殊更である

1 [59件] お念佛, お手洗い, こう考え, ことに事故, その中, その遠吠え, つい面倒, どこに, どっちを, ひそかに, ますます強く, まつ暗, ままよ, わざわざ子供, サァ長州兵が, ハツキリきこえる, 二条城に, 人の, 人通りが, 今夜は, 何となく鬼気人, 側に, 危険でも, 城外迄, 堪えられない苦痛, 墓場の, 夜の, 夜中しきりに, 夢を, 大変神経質に, 室内に, 家人が, 寂しさ, 山村らしい, 平太郎が, 必ず猿沢家, 惣八郎の, 懐中電燈でも, 昔ながらの, 暴風雨の, 殊に山, 殊に面白い, 湯烟が, 湯煙が, 灯に, 無聊に, 無論落ち附い, 疳癪も, 知らなかった, 碧空に, 秋の, 窓硝子を, 自分が, 舟ばた, 見たこと, 豐田さんは, 遠藤の, 門の, 飼主の

▼ 夜~ (61, 0.1%)

7 の下 3 の光, の灯 2 という三字, に透し, の前, の明り, の様, を消し

1 [36件] あるのみ, がある, がそれら, がまたたい, が一つ, が丁度, が寂しく, が灯っ, その頂き, と書いた, なしに, にし, にすかし, にひ, にもたれ, に平和, に明和五年丙子, のうしろ, のかげ, のそば, のひかり, のほのか, のぼんやり, のよう, の三字, の光り, の微光, の真下, の石段, の薄, の薄ら明り, の貫録, の道, はそろそろ, はよろしい, も自身番

▼ 夜~ (61, 0.1%)

5 にも白い 3 を覚し 2 が見える, にも白く, にも知れる, にも紛れ, のきく

1 [43件] が冴え, が合わなくなります, が見え, が醒め, ではあり, では一寸, ながら容易, にはただ, には鳶, にもあざやか, にもいちじるしい, にもくっきり, にもしか, にもその, にもつ, にもほのか, にもまつ, にもクッキリ顔色, にもハッキリ, にも仄, にも今宵, にも光る, にも匂う, にも瀟洒, にも白き, にも皓, にも知られる, にも美しい, にも美しく, にも苔, にも華やか, にも著, にも著く, にも黄色い, にハッキリ, に埃, に撲ち, の冴え, の弱い, の見える, の馴れ, をさました, をつぶる

▼ 夜釣り~ (61, 0.1%)

6 に行く 4 の久七, の舟 3 に行った 2 の人, の魚, をし, をする

1 [36件] があっ, がそもそも時, がはじまった, がはじまったら, と洒落た, などもち, なんて気味, にしよう, にする, にで, にでかける, にでました, になる, にはふしぎ, にやって来た, に出, に出かけ, に出かけました, に出かける, に来, に行, に行こう, に行っ, に行つて, に連れ, の仲間, の大家, の怪談, の漁師, の火, は闇夜, も実は, も畢竟, をやったら, をやる, を止めさせなけれ

▼ 夜にも~ (56, 0.1%)

2 なって, なれば, わが行かなく, 又その, 彼女の, 燈籠見物に

1 [44件] あたるよう, あるかな, お前は, かかわらず庄三郎, かかわらず粋, かの坂田, し電燈, その細流, どうー, なお電燈, なり庭, なるが, まさる程, まして重苦しいながい, また同じ, また晩方強震, わしの, 二回その, 似て, 凡ての, 半九郎, 又もや同じ, 又もや門, 同様の, 執行された, 増して, 大雨が, 奉公人の, 孔明の, 尼に, 庭の, 思えば, 拘らずとめること, 月々順まわりに, 月夜にも, 松の, 炉の, 睡眠という, 芥川が, 行はれた, 行燈の, 遠くから, 關係が, 黒犬は

▼ 夜この~ (54, 0.1%)

2 件について, 時刻に, 橋の

1 [48件] ような, ブレント入江にも, ルンペン青年は, ロッジで, 一画を, 三階の, 中で, 事を, 人の, 仙台地方でも, 仙臺地方でも, 城の, 大すっぽん, 大寺の, 大工の, 妾宅の, 室に, 家の, 寺を, 小曲から, 小野の, 屋敷内へ, 山の, 山路にて, 岬の, 店で, 庭先で, 彼等とても決して, 従兄の, 悲しい夜, 拝領町屋の, 時話し, 暗い夜, 村で, 村に, 機会を, 河岸に, 炉端に, 物語と, 男から, 町で, 町に, 界隈で, 豆潜の, 身を, 道を, 鴻山は, 麻布へ

▼ 夜~ (54, 0.1%)

2 ぴて, ぴて眼を, ぴて碁を, ぴて見

1 [46件] ぴてこの女を, ぴてその, ぴてだつて君たちと, ぴてでも, ぴてとぐろを卷い, ぴての, ぴてやりますが一と, ぴて一緒に, ぴて上掛の, ぴて人通りは, ぴて介抱し, ぴて仕事を, ぴて商ひ, ぴて嚴重に, ぴて夜と, ぴて夢を, ぴて家の, ぴて平次を, ぴて後を, ぴて御, ぴて悩みあかす, ぴて我鳴り通しな, ぴて戦勝の, ぴて打つたさうだ, ぴて枕もとの, ぴて枕元で, ぴて歌を, ぴて歸つて來なく, ぴて浮かれ, ぴて濃い茶を, ぴて白く, ぴて看病し, ぴて碁だつたさうだ, ぴて積つたと, ぴて算盤の, ぴて網を, ぴて考へ, ぴて苦し, ぴて藥壜と共に, ぴて見張つ, ぴて調べました, ぴて雨が, ぴて飛ん, ぴて飮まう, ぴて飲ませろだ, ぴとへだ

▼ 夜廻り~ (51, 0.1%)

5 の拍子木, の者 2 が見つけ, をし

1 [37件] がつけられた, が倫敦, が六尺棒, が六時前頃, が廻っ, が時々, なぞもよほど, などが拍子木, に変わっ, に行った, に見付けられ, に這入れ, の作さん, の威勢, の拍子木犬, の警鼓, の躰, の通った, の通つたの, の邏卒, の野郎, の音, は水, は足, もあろう, らしい男, をいたし, をいたす, をきびしく, をさせる, をやっ, を厳重, を嚴重, を増し, を増やし, を致す, 四十七歳船長退職海軍大尉

▼ 夜~ (51, 0.1%)

5 の時, ふる 3 の中, の音 2 になる, の声, の威, 近し

1 [27件] あり, あり蛙声戞, が詩, が降り止んだ, といふの, に曝さし, のわびし, の四字, の夜, の檐下, の瀧, の葛, の詩, の軒, の降る, は薄幸, ふりしきりて, るとか, をきく, を吹き, を聴き, を船, を話, 已に身病, 来る, 果して生, 漲秋池

▼ 夜寝る~ (50, 0.1%)

4 前に 2 ときには, ときは, と彼女達, のは, 時には, 時は

1 [34件] ことも, ことを, ときだけで, ときも, と油, にも蒲団, のが, のにも, のに枕, まで, までに我々, までの一日, までほとんど, まで仕事, まで何かしら, まで子供, まで眼, まで自分, まで辛く, まで遊戯遊動, 前にも, 所じゃ, 時が, 時でさえ, 時とか, 時の, 時まで, 時までの, 時ズボンを, 時一生懸命に, 時腹部を, 眼も, 者は, 迄時

▼ 夜~ (49, 0.1%)

8 のか 6 んだ 5 のである 3 のです 2 のでよく, んです

1 [23件] が, がに興, がもいつのまにか, がを宴會うつ宮, がを年老いた, きっと男, のだ, ので, のであった, のであの, のであります, のでありませう, のでだれ, ので人目, ので剣舞, ので同心部屋, ので女達, ので容易, ので暗く, ので行燈, のにブラブラ, のに銀河, ものか

▼ 夜とは~ (48, 0.1%)

2 ちがって, 云いながら, 自ずと異う, 違って

1 [40件] いいながら, いうが, いえませんが, いえ今夜, いえ松本, いえ江戸, いえ満天, かうして, ことに永い, だいぶ様子, ちがは, なった, まるで世間, まるで違う, よく似, 事実大した, 云え野良着, 今では, 代るです, 何等の, 傳へて, 全くち, 再び支配, 反対の, 思われない妙, 想像も, 昼が, 正反對, 永遠に, 申しながら, 異なって, 私に, 自然の, 花の, 言わずに, 違いここ, 違い矢代, 長い瞬間, 限らず秋, 陽気が

▼ 夜であった~ (45, 0.1%)

3 が私 2 がその, し梅雨空

1 [38件] か, かも知れぬ, かやはり, から久慈たち, から源太郎, から源氏, から箒星, か又は, か忘れた, がこの, がみな, がやがて, が人, が伊右衛門初め一家, が何, が家例, が尋ねる, が帆, が庭, が彼, が急, が軍服, ことが, し, せいか, と伝う, と思う, と白状, と覚え, に相違, のである, のであろう, のでわし, ので大津, ので視界, ので醍醐弦四郎, わけです, ッ

▼ 夜~ (44, 0.1%)

4 に入っ, に就い, の中 3 にはいっ, の上 2 につい, にはいつ, に入る, に就く

1 [18件] につき, につこう, にも愛し, に入った, に入ったら, に入らなけれ, に入り, に泣け, に着い, に這入, の枕, の灯かげ, はしろじろと, へはいっ, へ入, へ入らう, をのべ, を並べ

▼ 夜~ (44, 0.1%)

2 に熱, はお, をした, を何, を歩い, を照らし

1 [32件] が恐う, が淋しい, でよく, などは気, などを行く, に漂う, に漂よう, に灯, の一人歩き, の両側, の人影, は見えなくなる, もこわい, をあて, をかけ, をたどっ, をひたすら, をひた走り, をふらふら, をまいっ, を一散, を二人, を城趾, を平一郎, を歩きつづけ, を清水, を照らす, を私, を豊作, を走っ, を馬車, を麓

▼ 夜~ (42, 0.1%)

4 それも 2 四日の, 昼か, 昼かに

1 [32件] かならず一度, それさへ, それすらも, たわの, だ, でなきぁ, でなきゃあ, ぶりだって, ぶりを, まどの, もとより冷吉, わからないけれどね, わかりませんが, 三夜の, 兎も, 六日目の, 判らないほどに, 十二時に, 周馬か, 夕方です, 夜明けでない, 寝つる, 明後日には, 明日の, 昼かは, 昼かも, 暗い夜, 暴風か, 木曜の, 翌朝にでも, 翌朝島の, 除夜かに使ふ

▼ 夜だけ~ (42, 0.1%)

2 だ, なの, 旅行した

1 [36件] お姉さま, お泊め下され, くる, ここで, じいやを, それが, だから, だろう, であった, でしか, ですけれど, で何一つ, で入口, なら怖く, ほんのかり, よい, 人間の, 其處へ, 勉強したい, 媛の, 富士製紙の, 寝に, 巣箱に, 帝国ホテルの, 彷徨いを, 晝の, 書くの, 此方さまへ, 母宮の, 泊って, 泊りに, 羽を, 落語家で, 裏の, 鎖から, 静に

▼ 夜また~ (42, 0.1%)

5

1 [37件] あくる日, お味方, お腹が, しても, そのもの凄, ねつかれないつて, カフェーに, ドームの, ラヂオを, 一盞傾ける, 不眠に, 二人が, 仕事十一時まで, 会うこと, 例の, 倶に, 円月堂の, 出掛けた, 出掛けて, 勉強する, 同じこと, 同じ相談, 同様の, 客が, 市街を, 悪い遊び, 新宿からの, 方々の, 検疫官が, 気を, 燈を, 考え直した, 背向きに, 藥湯に, 行くつもり, 隣の, 雨ふる

▼ 夜~ (41, 0.1%)

2 ほし寒き空, ほし泣く, ほし身の上

1 [35件] ほし, ほしあるい, ほしが, ほしさ, ほしその, ほしで, ほしの, ほしよく, ほしろくに, ほし勝負, ほし咳, ほし寢室, ほし明け, ほし歌, ほし歩く, ほし泣い, ほし浴泉, ほし温泉, ほし燃やす, ほし犬, ほし甲板, ほし眠らせなかつた, ほし窓, ほし荷馬車, ほし規則, ほし起き, ほし路易, ほし部屋, ほし銀河, ほし風, ほし飮, ほし飮ん, ほし馬賊, ほし鬱々, ほし鳴いた

▼ 夜更かし~ (41, 0.1%)

9 をし 3 をした, をする

1 [26件] が商売, が好き, で一時二時, というもの, とを続け, になっ, になる, に帰る, の好き, の店, の甚だしい, の連中, はいけない, はする, はその, もかま, もし, も酒, をされ, をしてる, をせず, をつづけ, をもし, を連想, 勝ちな, 商売だ

▼ 夜では~ (40, 0.1%)

6 あったが 4 あるが 2 あった, ありません, あるし, ないと, 無い

1 [20件] ありませんでした, あり山路, あり心, きっと貴君, この趣, とても見えない, どうする, ない, ないが, ないん, なかった, なくて, なくな, なく星, 同じ着物, 田植は, 皆目何もの, 都合が, 酒の, 隠れて

▼ 夜という~ (39, 0.1%)

9 ものは 3 ものが 2 ものを

1 [25件] ことを, のが, のだ, のも, ものに, ものの, ものも, もの遊ん, もの酒の, もんは, やつは, ような, 不思議な, 九月なかばの, 今夜の, 仮面を, 夜が, 女の子は, 形で, 悪浪人, 文句を, 日な, 漆闇の, 物語も, 風に

▼ 夜との~ (39, 0.1%)

2 盛岡の, 違いは

1 [35件] あまりにも, あらゆる生活, うちに, さかいめです, ちがいは, 三つの, 世界の, 中に, 争闘太陽と, 二つの, 二回ラジウムを, 二回説教を, 二色の, 交替制で, 分ちも, 別も, 区別が, 区別は, 区別も, 反復の, 合間の, 境の, 境界や, 境目を, 如く東, 客が, 対立の, 對立の, 差別を, 微笑み, 遅い交替, 違いが, 錯覚を, 間も, 麗しい人

▼ 夜二人~ (39, 0.1%)

2 でカフェ, の恋人, は帝国ホテル

1 [33件] だけの四疊半, で, でゆく, でルビヤンカ, で吉田さん, で家, で折りかさなっ, で散歩, で木実子, で薄い, とも四時近く, にとって思い出, のお, の中, の乗った, の兄妹, の勇者, の男女, の邪魔, はいつも, はただ, はなん, はひそか, は各々, は同じ, は婚姻, は山, は数里, は早く, は更ける, は腕, 同じく旅よそおい, 長く眠られず

▼ 夜自分~ (39, 0.1%)

3 の部屋 2 の家, は例

1 [32件] が寝, が非番, と大内, にした, に変っ, に責められ, のこと, の内室, の前, の宿, の書斎, の生立ち, の秘密, の窓, の鎖, の陣所, の食べもの, の養女, は公園, は十時頃, は友, は学校, は木下杢太郎, は林町, は毎日, は観念, は誰, は酔っ, は長椅子, を助けた, を闇, 又仕事

▼ 夜~ (38, 0.1%)

2 にしひ, の街, の風

1 [32件] じゃが本宅, では, になります, には家, に一人月, に初めて, に外, に帰っ, に暗く, に歸, に私, に須田伯耆, に鳴かせ, の人, の参詣, の帰途, の浪, の窓, までも唄わせる, までイノコモチ, を約す, 人漸, 千岩雪と, 四面楚歌聲, 如今滿の, 斜塔鞦韆索樓閣朦朧煙雨中と, 猶聴電車, 益甚し, 石置場の, 碧の, 聞子規, 雲漸

▼ 夜と共に~ (36, 0.1%)

2 外神田中を, 深入りを, 突然強い

1 [30件] 冷却された, 出で立つ準備, 去つた, 取り交されるの, 吠え明かせハッハッハッハッ, 呑むこと, 弥増しに, 強くなった, 微かなる, 怪しげな, 怯えて, 悄然と, 戸を, 浅酌低唱する, 深まって, 清楚な, 無論ぼんやり, 眠り朝は, 眠る者, 立ち退いたの, 絶えて, 興闌なる, 語りあかさずや, 語り明かす決心, 起った空っ風, 踊り狂い, 踊り狂う, 陸から, 静かに, 騷が

▼ 夜~ (36, 0.1%)

9 かけて 4 かけての 2 かけては, 掛けて

1 [19件] かけてまで, くりのばし, さした, すべてを, 久遠に, 出て, 向っての, 呑まれて, 咳入る, 夜から, 日脚の, 明るく電燈, 白刃の, 移ろうとして, 突いて, 糸を, 話しかけて, 送り出されそれ, 開放され

▼ 夜学校~ (35, 0.1%)

3 の教師, の生徒 2 を口実

1 [27件] から出, から見送り, で強い, で該部落, にて三十年間, には六時半, に行っ, に通わされる, に通わし, のあたり, の中, の仏蘭西語, の修身, の前, の日, の日曜日, の英吉利語講演会, へいっ, へも通っ, へ行く, へ這入っ, へ通わせ, も三町, を出た, を出る, を掛持ち, を教える

▼ 夜~ (34, 0.1%)

2 は自分

1 [32件] がポケット, が何処, が最う, が註文, が食っ, と小川君, の家, の村, の目, の部屋外, の面前, はお前, はとりみだし荒んだ, はペン, はリヨン, は一時頃, は上海城内, は中泉画伯, は再度, は半, は少し, は彼, は従兄, は晩涼, は本当に, は本郷, は東, は獨, は群集, は路ば, は陳さん, も酔っ

▼ 夜~ (34, 0.1%)

2 が町家, の下, は太鼓, は灰色, よし

1 [24件] いと美しき, がさして, が出, こそ変れ, にふたつ, にも雪, に照らされ, のさえた, の光, の光り, の出, の出ずる, の夜逍遙, はみがきたて, はよし, は傾き落ち, は出なかった, は誰, を見ず, 佳し, 凄じ, 凄涼, 出る時, 明るし

▼ 夜あかし~ (33, 0.1%)

3 のさ, をし 2 の茶飯, をする

1 [23件] だと, である, でお, でそれ, で準備, で遊ぶ, とばかり一同, と相成り, なん, には立待, に演習, に立たせまし, のたのし, の仕事, の商売, の好き, の東亭, の祭, の車夫, はし, を覚悟, 明けがたに, 飲んで

▼ 夜にかけて~ (32, 0.1%)

2 十五錢が

1 [30件] あさって, しぼらせしたたる, すた, ずっと見, であった, である, ぼくは, もう夥しい, 一度も, 催されること, 六人の, 勤先から, 十五銭が, 外出した, 多く人混みの, 多少の, 大颶風, 峠を, 平靖号の, 書かれ一六年, 殆ど毎日, 毎晩の, 洞穴の, 男の, 私は, 聞いたこと, 輕車肥馬の, 釣台に, 雨が, 馬の

▼ 夜~ (32, 0.1%)

8 くな 3 く歸つて來 2 くなる, く迄

1 [17件] いの, くおふさ, くか, くやつ, く人々, く別れ, く外, く妻, く宿, く歸, く沼津, く由藏, く眞鍋, く石垣, く訪ねた, く貴島, く酒氣芬

▼ 夜~ (31, 0.1%)

3 にける 2 てしまう, に就い

1 [24件] が一度, ている, ております, てからの夢, てからやっと, てから淋しく, てから私, てから考えました, てもあんた, てもしばしば, ても口笛吹きぬ, てわが, てゐる, て九月二十三日, て十日目, て朝, て翌朝, に就く, ばかりにお, む時は, タルトナリ, ル時ニ義歯ヲ, ル時ハ外シテル方ガ楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ, 時に

▼ 夜~ (31, 0.1%)

1 [31件] が冷え, が急, が渠, が濕, が相, が迫り, が迫る, が逼, と共に冷え渡つて, にまたたい, に冷えき, に沈んだ, に當つて, に萎え, に頭, のやや, の肌寒, は, はその, はなか, は冷やか, は略, を亂, を劈い, を吐けり, を吸おう, を壓, を感じた, を顫, を騷, を點

▼ 夜~ (30, 0.1%)

7 らに 5 更けに 3 らの, らを

1 [12件] あけに, こひし野, しき鳴く, たのもしき, ふけに, ふりそそぐ白き, らと, らとともに, 木の間の, 来れ, 立ちたり, 面白き少女子

▼ 夜~ (30, 0.1%)

4 の者 3 を出 2 に帰る, へ帰っ, をあける

1 [17件] ではいささか, にあり, にいた, に居なかった, に帰っ, に帰つて, に帰らなかった, の人, の外, の灯, へも帰れない, へ帰る, へ帰ッ, や野, をあけた, を明け, を空け

▼ 夜深く~ (30, 0.1%)

5 溜め息つい 2 して

1 [23件] ならぬ間, なりゆく凩, 件の, 何を, 出でに, 加ふる, 四十八坂の, 天より, 机の, 来たって, 海の, 濠に, 照りまさつて, 物音の, 相思の, 相成候, 神が, 私は, 置く霜, 背戸の, 覚ゆると, 訪ねて, 馬の

▼ 夜よりも~ (29, 0.1%)

2 却て, 暗い町, 賑か

1 [23件] はっきりした, はるかに, ほの暗く思へる, もっと清浄, 二十二夜待の, 喜べる, 彼等の, 昼を, 暗い, 暗い暗闇, 暗い沈黙, 暗く夜, 更に語, 汗を, 深いという, 濃く見えた, 火光は, 苦痛の, 遥かに, 長し, 闇い, 静かなり, 黒き烟り

▼ 夜~ (29, 0.1%)

5 を打ち 3 から帰っ, に行く 2 にかかった, にかかる, の船

1 [12件] にか, にかかっ, にひっかかった, にゆく, に出た, の出がけ, の漁師たち, の音, をうち, を懸け, を投, を携え

▼ 夜~ (28, 0.1%)

2 のこの, も雪, を女

1 [22件] うだ豊, こいと, なぶり, に, にはじめて, に嵐, は, へ, へぞ寒き, へもとまらで帰る, へも短, へも見出されなかつた, へ尚, むけく薄き, も, も上下, や夜鳥, や父, をかうした, を寺, 同じ夢, 炎あげ

▼ 夜である~ (28, 0.1%)

2 から午後七

1 [26件] かのよう, からうむうむ, からと言っ, から水, から田舎, か私, がところ, がとはお, が小一郎, が海, けれども他, ことが, ことに, ことを, だけは慥, とし, と思います, と思った, ので例, ので十三夜稲荷, ので追う, やうな, 今は, 夜盗などの, 月が, 風は

▼ 夜なら~ (28, 0.1%)

2 ばいつ, ばこの, ばその

1 [22件] し, たいてい御, ともかく白昼, どうかわからない, は雨, ばとにかく, ばほんとう, ば千日前界隈, ば君, ば曳光弾, ば月夜, ば決して, ば沖, ば火花閃, ば翌日, ば身, ば適度, ば雨, 寂しかろう, 提燈かは, 誰にも, 闇黒と

▼ 夜より~ (28, 0.1%)

1 [28件] いづるに, して, そのトタン屋根, ないの, 七日余り経ちぬ, 両眼, 二十一年三月七日夜まで, 二十八日まで, 二十六日迄, 僅, 入って, 奇怪の, 寂しくさえ, 廿四日, 怨霊来たりて, 昼への, 暁に, 朝への, 深く胸, 現われ, 生れたり, 直に小, 真っ昼間の, 穏やかだった, 翌十月朔日南, 親戚故旧打ち寄り, 降雪淡い, 雲ようやく

▼ 夜~ (28, 0.1%)

12 の城 5 の城主 3 のよう 1 がかあ, が奇怪, なけど, の城壁, の栖, の羽, の羽搏, や梟

▼ 夜です~ (27, 0.1%)

652

1 [14件] からその, からだれ, から夜, から濁った, か昼, がここ, が大, が幸, が幸い, が昼間, なあもう, ねと言っ, の, よ親分

▼ 夜孫兵衛~ (27, 0.1%)

32 と旅川周馬

1 [22件] いきなり猛然と大刀, いきなり踏込み, が常, だけは久しぶり, だった, という大物, という浪人, という浪人者, という男, とかっていう妙, と三位卿, と出会っ, なの, の声, の襟, はそ, はその, は心, ふいと, まだ今日, も立っ, チラリチラリと

▼ 夜彼女~ (27, 0.1%)

1 [27件] がいった, がパトロン, が持て来, と逢った, の兄, の家, の寝, の枕, の背中, はその, はダイヤモンド, はヴァン・ダイン, は不意, は初めて, は剃刀, は勤め, は夫, は幾時間, は晝間, は来なかった, は柿沼, は洗面器, は男, は目, は細く, は黄金, を呼んだ

▼ 夜詣り~ (27, 0.1%)

5 をする 2 か知りません, が断, ということ, をし

1 [14件] かな, かも知れません, がある, って何, というの, にゆく, に来, に来た, に通っ, の足, は三月, をやめました, を始めた, 朝詣り

▼ 夜一夜~ (26, 0.1%)

2 まんじりとも

1 [24件] あのまま, いぢ, うなされどうし, お物語り仕まつろう, この中, さがせと, じゃ引退, だ, ちょうど愛, という物語, に別け, の泊り, の間, はむかし自分, は道, まんじりともしたまはず, ろくろく安気, を降り通した, を降通した, 出歩かれるねえ, 唄うに, 置いたため, 踊りおって, 辿

▼ 夜とも~ (25, 0.1%)

11 なれば 2 昼とも

1 [12件] いうべき二十八日, いはぬ来客, いわず敵, つかずまた, つかない妙, また変った, 付かない薄, 分かず晝, 分かたぬ, 分らぬ光景, 思われないよう, 知らで流るるあるのみ

▼ 夜にでも~ (25, 0.1%)

2 なって, なれば

1 [21件] そっとここ, なさると, なったらモンパルナス, なったら一体, なったら又, なったら古い, なったら定めて, なつたら, なると, ふたたびまた, ふん捕まっ, やるより, 仕よう, 協議し, 宅へ, 彼地を, 書かなければ, 秀吉へは, 置いたらその, 話しに, 飛んで

▼ 夜ばかり~ (25, 0.1%)

2 では

1 [23件] いたが, そういう神, だったし, だつた, つづいて, つづくという, ですし, でなくすでに, でなく昼, でなく昼間, どうして飛ぶ, なりしが, なん, 使ったから, 唐突に, 好きとか, 往来で, 明るいうち, 歩く若い, 泳ぐ事, 続くそう, 見て, 送つて

▼ 夜~ (25, 0.1%)

3 仕事 2 一島湧出す, 雨

1 [18件] あとから, いくらか生気, もう一つ, よみ返しました, 五夜倉田が, 会ふ, 例の, 倶に, 出かけて, 出かけ彼女, 前の, 医院へ, 夢に, 学校の, 川瀬の, 来た, 胃が, 訪問する

▼ 夜だった~ (24, 0.1%)

2 かもしれません, のである

1 [20件] かあと, かもしれない, から, からお前, からね実際, がと思い, が半次, が祖父, ことを, というの, とおもう, と坂田, と記憶, のか, のです, のでそよ風, ので巾, ので私, 筈で, 鉄砲玉の

▼ 夜~ (24, 0.1%)

4 の宿 3 の星 2 の下, の空

1 [13件] に似たる, に尾, に晒した, に高く寂し, に鳴く, のパノラマ, の光ふか, の吾が, の色, の遥, は清明, よりも厖大, をしろしめす図り知られぬ

▼ 夜~ (24, 0.1%)

3 をし 2 に行く, に行つた歸

1 [17件] が出来なく, すらしか榜ぎのけぶかさ, なんか出来る, に, にいく, に行かう, に行った, に行つて曉方歸つた, のさして, の小, の船, の魚, は危, をやっ, をやめた, を装っ, を足したる

▼ 夜ひそか~ (23, 0.1%)

1 [23件] にわが, に伏見屋, に伯爵, に写し直し, に土, に外出, に密詔, に山陽, に帳中, に敵陣, に旅装, に時, に村舎, に牢, に獄卒, に破風, に紅玉湾, に苦心, に逃げださなけれ, に運ん, に道場, に鉄騎五百, に陳倉

▼ 夜十時~ (23, 0.1%)

2 からオリガさん, になっ, に至り

1 [17件] から午前六時, すぎてから, ちかいころ, です, で発っ, にきっと, に及ぶ, に必ず, に漕ぎ始め, まで, までに支払わなけれ, までは灯光, をすぎる, を過ぎ, 旧監獄署跡新開町, 過ぬるい, 過寢

▼ 夜~ (23, 0.1%)

3 く帰っ 2 くな, く私

1 [16件] くあなた, くからかけ, くから小父さん, くなっ, くカフェ, くダヴィッドスン警部, くルウス・ジュッド, く匡, く外, く帰った, く帰宅, く彼女, く時, く自分, く行く, く鏡

▼ 夜~ (23, 0.1%)

3 のうち 2 のなか

1 [18件] か湯屋, がこめ, がこめだし, がはれたら分りましょう, が町, にう, にめぐりあった, にも吠え, のよう, の丑満, の中, の夜, の濃い, は深く, は酒, をこめた, を破っ, 立ち罩め

▼ 夜とともに~ (21, 0.1%)

1 [21件] いま生き出した, おりんが, 一入の, 不安を, 二人で, 今宵を, 大粒な, 怯えて, 更けて, 沈んで, 涸れて, 濃くなる, 濃く美しく近く, 眼ざめる万灯の, 砂漠には, 繁くなる, 荒れ始めて, 語り明かす決心, 身の上咄し, 静まりかえって, 飲み明かし語り明かそうでは

▼ 夜らしい~ (21, 0.1%)

2 気分を

1 [19件] が何時, こと, しみじみと, そうです, やわらかい匂い, 人々であった, 声が, 思を, 感じである, 景色二人は, 浮, 溜息を, 物音に, 町, 秋の, 耶蘇の, 賑やかさが, 輝きが, 雰囲気を

▼ 夜~ (21, 0.1%)

4 の中 3 を見た 2 に起され, のなか 1 さめて, で見た, に一人, に人, に再び, に冠服王者, に見た, は日間神経, を見ました, を見る

▼ 夜あの~ (20, 0.0%)

1 [20件] ひどく庶民的, ままに, ような, 一家に, 人が, 人は, 女や, 妓は, 屋敷の, 島の, 手紙を, 折にも, 方は, 月を, 牢屋の, 税務吏員は, 警官さへ, 車の, 隣り村, 黒い渦潮

▼ 夜ここ~ (20, 0.0%)

2 で一緒

1 [18件] からどんな, から帰る, でお, での楮幣, では話, でもう一度, で催される, に父母, の伽藍, の守備, へこうして, へやってきました, へ来た, へ泊まっ, まで書いた, を流れで, を通った, を通る

▼ 夜じゅう~ (20, 0.0%)

2 ときどき思い出した, 起きて

1 [16件] ああし, かなしい声, まるでお, 借室, 出しっぱなされている一台, 寝られないという, 歩いても, 歩きまわった記者, 気ぜわしい春, 泣き明かしたとき, 眠らないで, 眠らなかったサヨ, 考えぬいて, 通して, 降って, 降りつづけて

▼ 夜ふけ~ (20, 0.0%)

1 [20件] てからいきなり, てからの涼み, てからは吹雪, てから君子, てから帰っ, てから忍びこん, てから持ち出しませう, てから未亡人, てから薄暗い, てから阿部, てきた, てさみしい, てまた, ても戻つた, ても調, て帰っ, て怪魔, て来る, て枕, て梅雪

▼ 夜仕事~ (20, 0.0%)

3 して, をし 2 をする

1 [12件] いたしません, が出, が手, が終っ, す, にかかりはじめたら, に坐睡り, のため, の時, は出来るだろう, を終, 少し

▼ 夜~ (20, 0.0%)

3 をかけ

1 [17件] がつづきました, させ昼間これ, じゃ, というやつ, にはあるけない, に冷えた, のお, のもん, の人, の味, の手帖, の興趣, も修業, をし, をつづけ, を試みる, を通して大阪表

▼ 夜更ける~ (20, 0.0%)

2

1 [18件] とともに終ろう, と子供たち, と遠く, につれ遠く, のも, までとある, まで仕事, まで大声, まで姪夫婦, まで家族, まで対坐, まで手紙, まで本, まで語りつづけた, まで読み耽っ, まで遠く, まで飲みあった, 迄色々

▼ 夜~ (20, 0.0%)

1 [20件] からの贈物, から家計, がただ, がわざと, が子供, が寄席, が晩餐, が青い, と母, に読む, の夢, はこの, はどう, は五歳, は他所, は帰らなかった, は祖父, は私, は近所, を誘っ

▼ 夜~ (20, 0.0%)

2 に屈託, の番傘

1 [16件] にでもいつ, にぶつかった, に上山, に出掛ける, のさ, のむかし千人, の人, の宴, の歸途, の淵酔, の秘術, はせず, はプラトン, は止まり, や, を停

▼ 夜~ (20, 0.0%)

4 の中 3 にまぎれ 2 に根生

1 [11件] が下界, が侵しはじめた, にぼんやり, に閉ざされ, に陥, のなか, の水, の色, の衣, をも雨雪, を深夜

▼ 夜なれ~ (19, 0.0%)

42 ばウンテル, ば臥床

1 [11件] と腸, ど月, ばこそと兄, ばその, ばとて曹操, ばぴったり, ば何となく, ば何事, ば内応, ば星, ば春

▼ 夜~ (19, 0.0%)

2 肥立ちましまし

1 [17件] おんみにかけて, ちっとの, なかお出ましに, なかこうして, なかこの, なかでもサッサ, なかに, なか家ぢゆう, なか或, なか踊りをを, 中に, 中の, 中町中を, 京の, 彼等の, 明けよ, 歌よむ

▼ 夜一人~ (19, 0.0%)

2 で寝た

1 [17件] でこっそり, でこれ, でその, でメイエルホリド, で出かけ, で室, で憶, で杉浦, で通ってる, のもう, のウエイトレス, のセイラー, の仲間, の武士, の漁夫, の見, 歩いて

▼ 夜寝床~ (19, 0.0%)

5 に入っ 2 の中

1 [12件] から裸, ですりむい, にはいっ, にはいつ, にもぐっ, に入ります, に入る, に就く, のなか, の上, へはひつ, へ這入っ

▼ 夜~ (19, 0.0%)

2 かな, で寢, とは白波, を漕ぐ

1 [11件] で寝る, で晩飯, で諏訪湖, に乗っ, に乗り込ん, に奏でる, の最中, の櫓, の泊り, の火, を漕い

▼ 夜~ (19, 0.0%)

2 の衆

1 [17件] して, ときまった, には佐藤, に加え, に参っ, の人, の仲間, の侍, の同心, の士, の御, の方々, の番, の者, の間, は誠に, をいたし

▼ 夜といふ~ (18, 0.0%)

5 ものは 3 ものを 2 大きい鍋 1 ことが, ことでなく, ことも, ものに対して, やうな, 夜の, 意味, 言葉を

▼ 夜なんか~ (18, 0.0%)

2 知らないところ

1 [16件] して, その前, とても独りぢ, どうかする, 不氣味, 二人差し向いで, 二階の, 咳入る, 外へ, 時々, 沢山の, 滅多に, 特にガン, 蒸暑い南国, 貨車の, 通ったこと

▼ 夜~ (18, 0.0%)

3 は危ない, 寐る 2 になる 1 が昼, になつ, の九時頃, の千朶山房, の膳, は寝床, も帯, 十一時十二時近くまで, 十五六人で, 遅くまでも

▼ 夜~ (18, 0.0%)

2 が啼いた

1 [16件] がひとしきり, が啼き過ぎた, が啼く, が鳴く, という別号, のよう, の啼き, の啼く, の声, の睦言, の自動車, の黒覆面, むせび黄泉, も大引け, 鳴けどこ, 鳴けどこの

▼ 夜ごろ~ (17, 0.0%)

2 いよいよ高し, の山いも, は雲, や草 1 この部屋, だから, の凉, の月, の涼し, の燈, は月, は貴く, ひむが

▼ 夜ちゃんと~ (17, 0.0%)

3 お蓮様 2 チョビ安の

1 [12件] お蓮さん, この居候, ならんで, の隠れ, もしばし, もすっかり, チョビ安と, 二人っきりで, 侍女の, 夫婦げんかとは, 寝て, 石金の

▼ 夜でなけれ~ (17, 0.0%)

1 [17件] ばいけません, ばめったに, ばやってきません, ばハナァ, ば出歩かない, ば勉強, ば厭, ば堂々, ば宅, ば容易, ば息, ば明日, ば書けぬ, ば水, ば煙, ば見られない, ば餌

▼ 夜などに~ (17, 0.0%)

2 あらわれて, なると

1 [13件] お客を, むらむら起っ, 友達の, 川や, 急を, 時々見た, 書きに, 最も多くだれ, 此の, 水水しい, 琴を, 突然その, 細い声

▼ 夜などには~ (17, 0.0%)

2 三つも

1 [15件] おくびにも, そう云う, そとに, その藪, たれいうと, ぶるぶる震え, 以前からの, 却て, 夫婦し, 度々宗教問題, 村の, 煩悶する, 自分は, 遊んで, 露店の

▼ 夜九時~ (17, 0.0%)

2 になる

1 [15件] から十時の間, から甲板, になっ, にスタディオ, にバベルマンデブ, にプラーグ, に父上山形行, に眠ります, のロンドン, の急行車, までにみんな, をすぎ, 小汽船, 過さつき買つて來, 過辭

▼ 夜~ (17, 0.0%)

1 [17件] からいろいろ, から十日, がひそか, が天麩羅蕎麦, が私, が自分, と二人ぎりでいるとき, と二人一つ部屋, と当時保養, と父, と臥床, にのませた, のお, の膝, は机, は薄い, を真中

▼ 夜眠る~ (17, 0.0%)

4 前に 2 ことが, ことを 1 ときでも, ときどちらかの, までの毎日, まで私, 前の, 時も, 時間をも, 時電灯を, 者仕事に

▼ 夜~ (17, 0.0%)

2 の底

1 [15件] がたちこめ, が野, が館, につつまれ, に家, に遠く, に閉ざされ, のあと, のある, のしっとり, の小路, の果て, の遠く, は白く, をふい

▼ 夜とが~ (16, 0.0%)

2 すぎた

1 [14件] いきなり続く, 交代する, 入れ違つて, 出来るの, 別々の, 地の, 宇宙全体であった, 彼らの, 相反對する, 経過した, 続いた, 続いて, 逆な, 顛倒され

▼ 夜ほど~ (16, 0.0%)

2 なく経蔵

1 [14件] しいんとした, わが住居, 二人が, 兄さんの, 外泊し, 必ず夕涼み, 恐いもの, 深い満足, 温かに, 真帆子に, 続いて, 美しいもの, 長さ, 音が

▼ 夜帰っ~ (16, 0.0%)

6 て来 2 てくる, て来る 1 てき, てきた, てみる, て来ない, て来なかった, て来られ

▼ 夜更けた~ (16, 0.0%)

2 町を

1 [14件] ことも, ゆえ案内を, ようだ, 一室で, 下屋の, 六甲の, 室の, 戸外の, 新宿の, 月が, 札幌の, 空に, 辻の, 頃樵夫小屋を

▼ 夜~ (16, 0.0%)

2 が頬

1 [14件] にさ, に乗じ, に語るあり, の山嵐, の縁側, の茶屋, の静寂, をたずねる, を俟, を味わおう, を生ず, を背景, を覚える, 疑有

▼ 夜~ (16, 0.0%)

2 は, はよく

1 [12件] たえせず声, ではある, ならず, には家中, は月, は草, は踴躍, も家, や先, や先駆け, を宿, を楽しく

▼ 夜だけは~ (15, 0.0%)

1 [15件] いかな悪口雑言, さすがに, どうやらぼろ家, まッくらヤミ, 不思議にも, 保つやう, 千鶴子と, 南画の, 孫を, 寝に, 甲板に, 矢の, 義雄の, 自分の, 逆風に

▼ 夜なぞは~ (15, 0.0%)

2 折々雨, 町から

1 [11件] ひどく腹, わざわざ迎え, 凍み裂ける部屋, 外した義足, 実によろしい, 寂し過ぎる, 寝衣, 彼は, 洋服の, 眠られずに, 窓で

▼ 夜みち~ (15, 0.0%)

3 をかけ

1 [12件] おちいり, だもん, でむやみ, で犬, も怖い, をし, をそこ, を一人, を幼児, を怖い, を歩いたら, を歩き

▼ 夜~ (15, 0.0%)

1 [15件] にいませ, のうち, の寝しずまった, の寝静まっ, の寝静まる, の涼, の裏門, の静まる, は牛女, も獣, をたずねる, を尋ねる, を轢いた, 取の, 静まって

▼ 夜八時~ (15, 0.0%)

1 [15件] からオソアビアヒム, からクラブ, から九時, から二人, すっかり元気, になったら, に会う, に帰った, に沼津, に近い, の消灯, また礼拝式, までかかっ, まで夕食, 過木村カラ電話

▼ 夜~ (15, 0.0%)

2 の顔

1 [13件] が息, と佐々村村一, の刻, の美しい, はどんな, は二杯, は人, は到頭, は夢, は黙っ, を責めさいなみました, 刻過ぎ永代の, 鉄が

▼ 夜~ (15, 0.0%)

1 [15件] が一度, て, てい, てからの夢, てからは惡, てから半ば, てから床, てさ, てわが, て九月二十三日, るとき, る刻限, る前, る時枕元, 付けなかつたといふぜ

▼ 夜~ (15, 0.0%)

1 [15件] と行人, に寝, のそち, の中央, の事務所, の名, の小さな, の散歩客, の方, の活動, の辻, の遠見, の鋪道, は賑わっ, へ散歩

▼ 夜眠れない~ (15, 0.0%)

3 のは

1 [12件] ってそれ, とかいふこと, と云つて, のが, のよ, ほどお, ほど息苦しい, んだ, んです, 妻は, 時に, 由です

▼ 夜部屋~ (15, 0.0%)

2 の中

1 [13件] で冷肉, に凝, に帰っ, に火の気, に這入っ, の真中, の窓, の隅々, の障子, へひきあげよう, へ遊び, をかわった, を閉め切り

▼ 夜こそ~ (14, 0.0%)

1 [14件] 倖せだった, 円寝, 御僧, 怠るなと, 恐らく彼, 愁から, 旧暦の, 明けけれ, 易々と, 更かすが, 淋しいが, 物は, 綿の, 見えね

▼ 夜~ (14, 0.0%)

2 やない

1 [12件] うでも, う止つて, や, やはつきり, やア, や見えない, ゆうその, ゆう安らか, ゆう寢, ゆう炬燵, ゆう降つて, ゆう降り

▼ 夜でなく~ (14, 0.0%)

4 ても村なか 2 ては家 1 ちゃ出, てはその, ては原稿, ては散歩, ても逢えた, とも頻り, もあれ, ッちゃ

▼ 夜ふと~ (14, 0.0%)

2 眼を

1 [12件] かすかに, この女, そうした文句, ロンパンの, 口を, 忠直卿も, 怖いもの, 相い, 私は, 考へて, 腹の, 話が

▼ 夜以来~ (14, 0.0%)

1 [14件] ご勘気, だ, とんと姿, の事件, の私, の習慣, の落ちつかない, はじめてトヨ公, ほとんど操業, まったく消息, ピッタリ姿, 強いても, 睡り込んで, 結ばれた交

▼ 夜十二時~ (14, 0.0%)

1 [14件] からヴァラエティ, から二時, から翌朝, が打つ, ちかくまで, に上野, に帰っ, に至る, まで, まで眠った, を過ぎ, 迄台所, 過でも, 過まで

▼ 夜~ (14, 0.0%)

2 も既に

1 [12件] だと, だ月見, で芝高輪, といい, というの, と言っ, などとやや, などに出かける, にし, の中, の方, の酒宴

▼ 夜早く~ (14, 0.0%)

2 床に

1 [12件] せい, ねて, ねます, ねむると, やすむ, 休みました, 休む暮し, 僕は, 寐ない, 寝つかれなかった私, 寝るよう, 横に

▼ 夜~ (14, 0.0%)

4 の詩 2 して, の船 1 が激しく, す, の昼流連, の用意, の船中, の詩論

▼ 夜~ (14, 0.0%)

7 をした 2 も詰り 1 の様, は得手, をし, をする, を為

▼ 夜~ (14, 0.0%)

2 が啼い

1 [12件] が啼いてる, が朗, が鳴い, と三越, にかけて訴えたろう, のよう, の優しい, の囀る, の声, の持ち, の歌, の羽音

▼ 夜あなた~ (13, 0.0%)

1 [13件] が, が秦皮樹, とここ, と一しょ, にあの, に言い足りなかった, の部屋, はよく, は主, は今, は早川さん, は用向, をわたし

▼ 夜あるき~ (13, 0.0%)

3 をする 2 をしなけれ 1 には馴れ, も単なる, をしなかった, をしなかつた, をしねえ, をしよう, をつづけ, を遊ばす

▼ 夜~ (13, 0.0%)

10 もりに 1 もりしてえですね, もりとか, 上人様と

▼ 夜だって~ (13, 0.0%)

1 [13件] いいさ, おちおち眠れない, たえ忍ぶこと, ランプです, 吃驚した, 同じ事, 寝るの, 早いん, 昼だって, 父の, 目が, 覆面の, 見回って

▼ 夜でした~ (13, 0.0%)

2 がぼんやり

1 [11件] あの地方, から先日来, から空, がネ余り, が不思議, が二人, が夜, が涼み台, が虎, のにその, 悴が

▼ 夜ながら~ (13, 0.0%)

2 冴えるまで, 見の 1 うそ寒い半, 妓共の, 小童が, 春らしい, 更の, 白い砂けむり, 秋げしき, 肌寒いほど, 要介たち

▼ 夜芝居~ (13, 0.0%)

2 を興行

1 [11件] が一度, じゃァその, でお, という, のこと, の勉強, の太鼓, の帰りみち, の篠, の話, へなんか行く

▼ 夜行く~ (13, 0.0%)

2 人や

1 [11件] が如き, こと千里に, ときは, と湯船, と言, と言うたあり, に目, のに道, はむしろ, 人の, 月は

▼ 夜はじめて~ (12, 0.0%)

2 の宗助 1 の時雨, カフェで, カフヱで, 入室を, 夜明けまえ, 大望の, 女中方の, 物く, 見た東京, 陸端を

▼ 夜よく~ (12, 0.0%)

1 [12件] おやすみに, お眠り, ねむれるだろう, 家が, 手習を, 涼みに, 獺が, 眠り気分, 眠れず, 眠れない, 眠れないで, 近所へ

▼ 夜七時~ (12, 0.0%)

1 [12件] からある, からけい古, から深い, が夕めし, になる, に伸子, の汽車, まで作業, よりボズネシェンスキー, 過の, 過清水氏, 過祖母

▼ 夜~ (12, 0.0%)

1 [12件] かで挑発, か二人, か会, か祝い事, がある, でも五月雨, にうなされた, べん, も知らぬ, をいたし, をする, 食わぬ顔

▼ 夜~ (12, 0.0%)

1 [12件] から入った, から真直, に立っ, の闇, へ出, へ出さない, へ出る, へ立っ, より帰来つて門, を見たい, を通る, 診から

▼ 夜~ (12, 0.0%)

1 [12件] が姙娠, が私, との添い臥し, と三番目, と子供, と注目, のその, の不貞, の夢, は女中, は衣類, またの

▼ 夜東京~ (12, 0.0%)

1 [12件] から華子, から葉書, での旧知星野武夫, ではJOAK, に出た, に還った, の宿屋, は雪, へ帰っ, をはなれる, を出, を発し

▼ 夜~ (12, 0.0%)

2 の下, を見 1 があまり, など見, の散る, はどんなに, は京大阪, を左手, を眺め, を見た

▼ 夜突然~ (12, 0.0%)

1 [12件] この唄, この快挙, また由良, 寝床の, 師の, 敬坊来庵酒と, 検事が, 橘弘一路夫妻来る, 町に, 秀吉は, 空の, 電話が

▼ 夜籠り~ (12, 0.0%)

2 の遍路, をし 1 があった, にさ, の一つ, の慣行, の祭, の詠歌, までし, をする

▼ 夜~ (12, 0.0%)

1 [12件] の人々, の筋, の華々しい, の角, の賑, の軒下, の面白, はもう, へ出る, を君, を散歩, を歩く

▼ 夜~ (12, 0.0%)

3 に酔っ 1 がはずん, に呑まれ, に酔いしれない, に酔つた加野, をのみ愉快, をひっかけ, をもてなし, を呑ん, を提げ

▼ 夜ある~ (11, 0.0%)

1 [11件] くにふさわしい, ことを, この地球, のみ唯, ほどの金, ホテルへ, 地点まで, 家へ, 看守の, 醉つ, 駅に

▼ 夜いつも~ (11, 0.0%)

5 のよう 1 くる典医, のやう, の如く品川宿, の慣例, の腰掛, よりは早く

▼ 夜なぞ~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことにそちら, じッ, どんなにい, 山の, 方々を, 日本伝来の, 本館の, 独りに, 白い乳房, 茄子枯れたる, 酔つたまぎれ

▼ 夜なども~ (11, 0.0%)

2 胸苦しさうに溜息 1 こちらの, そばへ, なにかさわぎ, よく寝られない, 念を, 既に記した, 殊更ら部屋, 碌々戸締りを, 馬の

▼ 夜わたし~ (11, 0.0%)

1 [11件] が寝床, が町, のため, の家内, の心, の父, はラジオ, は奇妙, は小山, は秋雄, は結い

▼ 夜~ (11, 0.0%)

9 の上 1 とフロア, の下

▼ 夜~ (11, 0.0%)

2 に出 1 では, にだ, にも出た, に行つて, のお, の時間, は無, へ講義, を開いた

▼ 夜~ (11, 0.0%)

6 をし 1 でしょう淋, でもする, とを見, をいたし, 仕でも

▼ 夜明方~ (11, 0.0%)

2 から朝 1 であった, になり, に起き, の山, の幽霊, の心持, の浴槽, の空, まで作

▼ 夜~ (11, 0.0%)

1 [11件] という神様, という祭, とだいぶ, に来, の方, の昔話, の話, を拝み, を月, を百姓, を祭れ

▼ 夜遲くま~ (11, 0.0%)

1 [11件] でちび, でまた, でランプ, で事務所, で私, で話し, で議論, で起き, で酒, で靜, で飮

▼ 夜あらし~ (10, 0.0%)

2 に影 1 が屋, が颯と, であった, の声, の音, の風, は, を

▼ 夜すぐ~ (10, 0.0%)

1 すべてを, に二回, に右掌, に関白忠通卿, に飛び出し, 兵五十人を, 出發, 家康へ, 立って, 立とうと

▼ 夜そこ~ (10, 0.0%)

1 からは細燈, から約, で農場員, に休ん, に入っ, に宿り, のアパート, の深海, は野上さん家, へ遊び

▼ 夜とて~ (10, 0.0%)

1 くらやみに, 一筋縄で, 伽藍の, 吉原ぞめき, 星を, 清らかな, 通行人が, 酒肴の, 闇の, 魂まつる

▼ 夜とを~ (10, 0.0%)

1 この座敷, とりちが, 一きわ華やかに, 思わせる様子, 招き出すかと, 此に, 混同した, 転換し, 違えた生きもの, 重ねて

▼ 夜もう一度~ (10, 0.0%)

2 ここへ, 六軒の, 狸囃子を 1 怯か, 新町へ, 豹一と, 重い祭

▼ 夜を通して~ (10, 0.0%)

2 すず子の 1 函館まで, 塩尻の, 洗馬から, 続いた, 蕭条と, 見られる限り, 電車の, 高々と

▼ 夜久しぶり~ (10, 0.0%)

1 でゆっくり, でよく, でカグラ坂, で何処, で動かない, で関先生, で頭, に, に暮羊君来庵, に清子

▼ 夜~ (10, 0.0%)

2 の主人 1 が大岡どの, とお, と安, には母, のま, の母親, はこいつ, は何

▼ 夜打ち~ (10, 0.0%)

1 が済んだら, で取った, などを大事, なんかに行った, にあい, に通った, の清爽, はなかなか, をかける, 往きも

▼ 夜散歩~ (10, 0.0%)

2 に出 1 から帰った, したこと, して, し五丁目, に出かける, に来, の帰りがけ, の帰り途

▼ 夜~ (10, 0.0%)

2 の別 1 おつ, の區別, の差別, の追憶, 思うこと, 紡ぐ女神, 絶えず, 置かず携

▼ 夜来る~ (10, 0.0%)

1 か, かも知れない, ことを, と云, のだ, のも, 夜を, 夜同じ, 方が, 日なり

▼ 夜泊り~ (10, 0.0%)

2 する荷船 1 して, するやう, でお, で獄口, などをする, の場合, の客, もせす

▼ 夜~ (10, 0.0%)

2 二十一夜第, 二十七夜と, 二十夜などに, 十八夜第 1 一段から, 六天の

▼ 夜~ (10, 0.0%)

1 からおよそ, が袖, に, にあった, のうち, の凝り, の立つ, まぢかくしのびき, より冴えた, をしのぐ

▼ 夜駕籠~ (10, 0.0%)

2 を飛ばし 1 か, がとまった, が出, が客待ち, と頬冠, の掛声, をめ, 頻と

▼ 夜ごと日ごと~ (9, 0.0%)

2 に鏡 1 にお, にぽうっと, に沖合, に見る, の, のこと, の祈念

▼ 夜ただ~ (9, 0.0%)

2 吼ゆら, 木しづく 1 いまの, ひとり月の, 一人, 一色の, 寒きに

▼ 夜であり~ (9, 0.0%)

1 あの暗闇, きくであり, その後は, ながらどんな, ながら逃げ足, 三位卿であり, 所は, 空虚であり, 自分が

▼ 夜であろう~ (9, 0.0%)

1 か昼, がひるまだろう, ことそれに, とおかまい, とかまわぬ, とも表情, と月明, などと考える, ものなら

▼ 夜どこ~ (9, 0.0%)

1 かすべて, かで一緒, からきた, からともなく, でどう, で宵, ともなく立ち去った, へかけし飛ん, まで根

▼ 夜なり~ (9, 0.0%)

3 ければ 2 ともつづけ, 時鳥 1 風は, 黒玉の

▼ 夜のみ~ (9, 0.0%)

4 来りて 1 倭迹, 山隠れのとの, 来て, 空を, 通うて

▼ 夜ひとり~ (9, 0.0%)

1 で, でいる, で便所, で外, で新宿, で近所, のルンペン青年, の男, 若い女

▼ 夜七時頃~ (9, 0.0%)

1 から出かけ, から雪, であったろうか, で当直, なら来られると, にお, にしか集れない, までぶらついた, もう病気

▼ 夜~ (9, 0.0%)

1 ていっ, てくる, て朝, て来, て草の根, て行き, て食, で, 逢ひし

▼ 夜同じ~ (9, 0.0%)

1 ような, 夜蓬莱建介夫妻は, 夢見る布団, 戦場にて, 時刻, 法界節屋が, 荒川にて, 遊びを, 頃が

▼ 夜~ (9, 0.0%)

1 がなく, が已に, が混ん, が蔀, となった, と彼, のない, の権, の立てこむ

▼ 夜~ (9, 0.0%)

3 の僧 1 などはこの, にし, のお, の加持, の役, の護持僧

▼ 夜~ (9, 0.0%)

2 に向っ 1 にむかっ, にもたれた, に向, に向かい, に向はん, に憑, を

▼ 夜~ (9, 0.0%)

2 のひとたち, の娘 1 でいちばん金持ち, のうしろ, の叔父, の若者, 始まって

▼ 夜泣松~ (9, 0.0%)

3 の枝 1 だが, というの, と言う, の下, の小, は汽車

▼ 夜深き~ (9, 0.0%)

1 という場合, にまだ, に空谷, 哀れをも, 岩井の, 有様だ, 瀬の, 窓の, 荒磯の

▼ 夜深け~ (9, 0.0%)

1 てな行き, て子規, て家, て洩る, て町, て長政朝倉孫三郎景健, でもまだ, に此, の人目

▼ 夜深更~ (9, 0.0%)

1 になっ, に及び, に及ん, に容易, に至っ, のこと, の風, まで晩酌, まで読書

▼ 夜~ (9, 0.0%)

2 のやう 1 に入る, に出る, に等しい, のた, の仕業, の仲間, や押込み

▼ 夜見た~ (9, 0.0%)

1 という, ときから, とことわった, よりも一つ二つ, 処は, 夢, 夢によって, 映画について, 自動車に

▼ 夜~ (9, 0.0%)

1 か參會, で女房達, で聞いた, のよう, の前, の実例, の晩, の頭屋, は村

▼ 夜近く~ (9, 0.0%)

2 なって, の大西質店 1 にある, のシンシン, の女学校, の病室, の草原

▼ 夜遊神~ (9, 0.0%)

2 などというもの 1 が連れ, でありまして, と呼ばれる, と大, に突然, は今, は私娼

▼ 夜~ (9, 0.0%)

2 の夜 1 が囲, が積, のあした, のひどく, の中, の日, の朝

▼ 夜あけ前~ (8, 0.0%)

1 だ, だってのにこの, にその, のあの, のとけた, の四時ごろ, の暗い, の氷点下何度

▼ 夜ごと夜ごと~ (8, 0.0%)

1 が家庭的歓迎, にこの, に其聲, に明麗, に自分, の忍び輿, の波まくら, の発熱

▼ 夜さえ~ (8, 0.0%)

2 明ければ 1 くるよう, そぞろに, 明かせば, 明けると, 眠ったの, 眠れなくなるの

▼ 夜そっと~ (8, 0.0%)

1 いらして, 山本に, 弥吉どんの, 持ちだして, 旅館を, 流れに, 眼を, 裏口から

▼ 夜だけの~ (8, 0.0%)

1 ことで, もので, もんでしょう, 商売だ, 季節に, 恐怖に, 我に, 所で

▼ 夜なき~ (8, 0.0%)

1 うどんの, するとき, するので, そばと, にいたら, の呪術, をし, をする

▼ 夜ふける~ (8, 0.0%)

1 とぬける, までいつ, までその, まで不眠, まで二人, まで子供, まで踊り続け, まで隣

▼ 夜までは~ (8, 0.0%)

1 かからないとしても, どこも, 人家なき, 出すこと, 帰さぬぞ, 帰邸せぬ, 海水が, 続かなく十三日

▼ 夜不思議~ (8, 0.0%)

3 な事, な夢 1 なこと, な出来事

▼ 夜~ (8, 0.0%)

2 の雨 1 のひと, の花, の適度, の零露, るの, る時

▼ 夜先生~ (8, 0.0%)

1 と私たち二人, はお客, はお通夜, はどたばた, は一睡, は炉辺, は高濱虚子, を呼出し

▼ 夜十一時~ (8, 0.0%)

1 であった, にたつ, に至る, に鳴く, の夜行, までの勤務, 立つ長崎, 迄です

▼ 夜十時頃~ (8, 0.0%)

1 から, からうち, こうは, こっそり家, になっ, に床, までも稲垣, まで大同

▼ 夜~ (8, 0.0%)

1 なる鼠, に胃痛, 地震に, 掃除うち中砂だらけに, 暴風雨あり, 満員, 酒宴を, 雷雨の

▼ 夜宿~ (8, 0.0%)

4 にける 1 で夕刊, にかえって, へつく, を出

▼ 夜~ (8, 0.0%)

2 をする 1 で鹿, に入りける, の狸, の秘鳥, をかけた, をした

▼ 夜~ (8, 0.0%)

1 となりで, 僧が, 合したまひき, 夢想有り, 待合の, 息女お, 本陣で, 淵酔の

▼ 夜~ (8, 0.0%)

1 らしい広い, 世界の, 交響楽団の, 京から, 冨座に, 夫が, 王ロロと, 蝉第一声と

▼ 夜~ (8, 0.0%)

2 につく 1 につい, に就い, に就いた, に就き, の上, を並べ

▼ 夜~ (8, 0.0%)

2 でございましたが, でございます 1 にあたり, を点さない, を焚い, を社殿

▼ 夜私たち~ (8, 0.0%)

1 が警視庁, の寝室, はアザミさん, は二階, は先生, は合宿, は宿, は結婚

▼ 夜遁げ~ (8, 0.0%)

2 をした 1 して, でもする, なんぞさせる, をする, 出して, 見て

▼ 夜非常~ (8, 0.0%)

2 に天候 1 によく, に晩, に淋し, に淋しい, に淋しい苦しい, に煩悶

▼ 夜あたり~ (7, 0.0%)

1 からそれ, そういう風, でしたろうか, にだれ, に死んだ, の月, をさかい

▼ 夜かの~ (7, 0.0%)

3 女は 1 万次郎が, 事を, 夜よわき, 女が

▼ 夜からの~ (7, 0.0%)

1 ことで, ことである, 事で御座いました, 呼出し状では, 幸福さ, 異変です, 訪問を

▼ 夜からは~ (7, 0.0%)

1 ここへ, 一日一日と, 二週間たっ, 出揃ふ, 姉君をも, 寢に, 寺

▼ 夜かれ~ (7, 0.0%)

1 が家, の菩提心, はおそろしい, はその, は一羽, は家族たち, は松平家

▼ 夜しか~ (7, 0.0%)

1 この地上, なかった, 人里に, 出て, 外を, 煖炉の, 見られないが

▼ 夜じゃ~ (7, 0.0%)

4 ないか 1 ないよ, ねえん, 判るまいから

▼ 夜にて~ (7, 0.0%)

1 この時, 候, 候ひき, 晝は, 暗し, 暗し故に, 有之

▼ 夜ねる~ (7, 0.0%)

2 前に 1 ときには, につけ朝目, まで針, 時に, 時には

▼ 夜まだ~ (7, 0.0%)

1 お月様, 文科大学の, 暮れてから, 燃えて, 見たこと, 話が, 道具の

▼ 夜までに~ (7, 0.0%)

1 かならずやっ, はむこう, 出陣の, 南原杉子に, 果たさなければ, 清掃され, 通じるよう

▼ 夜まんじりと~ (7, 0.0%)

3 もせず 2 もしなかった 1 もしない, もせず向っ

▼ 夜をも~ (7, 0.0%)

1 いとわず一人身, かくて, こむれば, こわがりません怪しい, 待たず幽か, 忍び給, 明すであろう

▼ 夜三夜~ (7, 0.0%)

1 こそ円, しっぽりと, でもそ, は熟睡, は甘え, は遠, 続いた者

▼ 夜主人~ (7, 0.0%)

2 はヴァイオリン 1 が安子, が帰っ, が当直, の妻, の文五郎

▼ 夜九時頃~ (7, 0.0%)

1 かえった, かえる, になっ, には六・八分, には既に, 涼しくなっ, 苦しくさ

▼ 夜伸子~ (7, 0.0%)

1 が花瓶, が話した, と素子, と蜂谷, はその, は何, も素子

▼ 夜~ (7, 0.0%)

2 の如く 1 のごとく, の焼け, の続き, の観法, の魔もの

▼ 夜再び~ (7, 0.0%)

1 出直して, 各村, 天幕の, 床に, 逢つた門附は, 鈴木安芸守を, 馬車で

▼ 夜十二時頃~ (7, 0.0%)

1 かえるつもり, でも煌々, に突然, まで上野駅, まで居た, 寝に, 赤い広場

▼ 夜受比~ (7, 0.0%)

3 賣の 1 賣, 賣その, 賣大, 賣御歌

▼ 夜~ (7, 0.0%)

1 と妻, に言, に言われた, のお茶屋釣聖, の寝入る, の寝顔, は夕刊

▼ 夜~ (7, 0.0%)

2 さに, さを 1 さが, さきびし, さこそと

▼ 夜~ (7, 0.0%)

2 の瀬 1 に鵜飼, の中, の水, へ身, を越え

▼ 夜明け~ (7, 0.0%)

21 ていた, てとて松本道別, て再び, て大いに, て見

▼ 夜暗く~ (7, 0.0%)

2 して 1 なって, なってから, なつて, なると, 雨の

▼ 夜樹明君~ (7, 0.0%)

2 がバリカン 1 が袖, が酒, と, といつ, を駅

▼ 夜~ (7, 0.0%)

3 の上 1 の下, の青ざめた, をつけず, をとぼし

▼ 夜燈火~ (7, 0.0%)

4 の下 1 をともし, を己, を燃やし

▼ 夜物語~ (7, 0.0%)

4 の中 1 などに読みふけっ, のシュヘラザアデ, の伝記並

▼ 夜~ (7, 0.0%)

2 は姫君 1 が眼, のオーバー, の膚, はいつも, は娘

▼ 夜眠っ~ (7, 0.0%)

2 ている 1 てい, てからはさまざま, てからもなお, ても忘れる, て明くる日

▼ 夜眠られない~ (7, 0.0%)

1 ためとで, って言っ, つて言つてゐる, と言つて, んです, 時起き, 病気が

▼ 夜葉子~ (7, 0.0%)

1 の母, はいつも, はふらふら, はまた, は妹たち, は次, は町角

▼ 夜蒲団~ (7, 0.0%)

1 があまり, のなか, の中, へ這入っ, へ這入つ, を二枚, を頭

▼ 夜蚊帳~ (7, 0.0%)

1 が吊っ, のそ, の下, の外, を吊っ, を釣っ, を除く

▼ 夜~ (7, 0.0%)

1 がぢ, がまた, のするどく, のやう, の鳴く, よここ, を捕へる

▼ 夜銀座~ (7, 0.0%)

1 などを歩い, に三人, の大通り, へつれ, へ行っ, を散歩, を歩む

▼ 夜風呂~ (7, 0.0%)

2 にはいっ 1 にはいり, に入っ, のなか, の中, の帰り

▼ 夜~ (6, 0.0%)

3 くれば 1 けぢかくなりました, ざらに, 螢がと

▼ 夜いつ~ (6, 0.0%)

1 しよに, になく, までもかわらない, までもなんだか, までも寝られなかった, 迄も眠れない

▼ 夜こそは~ (6, 0.0%)

1 ほとんど一年, 十本勝負を, 大なる, 山の, 油断が, 秒時も

▼ 夜これ~ (6, 0.0%)

1 が始め, が矢代, は後で, へお越し, まで解けなかった, を取り出し

▼ 夜こんな~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことをも, ところへ, ところを, 事が, 夢を

▼ 夜さん~ (6, 0.0%)

1 さッぱり影, じゃない, だよ, とかっていうお, の故郷, は私

▼ 夜そのもの~ (6, 0.0%)

1 からのやう, がきき, に蒔絵, のため, のよう, はそれで

▼ 夜ついに~ (6, 0.0%)

1 この天女像, 姿を, 導引の, 怪しい二つ, 次の, 陥落し

▼ 夜つゆ~ (6, 0.0%)

1 が冷たく, にし, にしっとり, にしめる其の, に湿り, をうけ

▼ 夜でございました~ (6, 0.0%)

2 が其明り 1 がその, がわたし, が私, よ

▼ 夜とうとう~ (6, 0.0%)

1 一封の, 吐き出させた, 帰宅しなかった, 本物の, 看守に, 融川は

▼ 夜どうしても~ (6, 0.0%)

1 人を, 寝つかずに, 寝具合, 眠れずズキ, 眠れない, 離れないので

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 しなに, てい, ている, ても一日, てゐ, 彼の

▼ 夜ふかく~ (6, 0.0%)

1 ひとり君おも, もの書き居れ, 今に, 月影に, 洋灯を, 煙らして

▼ 夜までの~ (6, 0.0%)

1 いきさつを, まる一昼夜, 人出の, 普通の, 活動の, 生活は

▼ 夜までも~ (6, 0.0%)

1 なおいま歩道, 忙が, 持続し, 炬燵の, 私は, 立ち際には

▼ 夜まわり~ (6, 0.0%)

2 のじいさん 1 が廻っ, に出で, をすらしない, をはじめました

▼ 夜もう~ (6, 0.0%)

1 お客も, どこかで, 一匹取れた, 九時す, 八時でも, 遅くなっ

▼ 夜わたくし~ (6, 0.0%)

2 と娘 1 がラディオ, は前々, は枕, は玉の井稲荷前

▼ 夜をと~ (6, 0.0%)

3 ほして 1 のみいふめれど, ほし來, ほし来し

▼ 夜オリガさん~ (6, 0.0%)

5 のところ 1 が一時すぎ

▼ 夜ッぴて~ (6, 0.0%)

1 その人, の遊蕩客, 立ちつくして, 脅えて, 離れること, 飲み明かしたって

▼ 夜一晩~ (6, 0.0%)

1 のうち, まんじりとも, 休んで, 寝られないで, 待ったけれど, 考えたん

▼ 夜一睡~ (6, 0.0%)

2 もせず 1 もし, もしなかった, もしなかつた, も致しませんでした

▼ 夜不意~ (6, 0.0%)

1 にいなくなった, にキム, に声, に妻, に庄右衛門, に泣き出したる

▼ 夜二階~ (6, 0.0%)

1 が吹きぬけ, に誘はれる, の一間, の寝室, の彼, へお

▼ 夜八時頃~ (6, 0.0%)

2 である 1 からもう, になる, の上野, はらはらで

▼ 夜初めて~ (6, 0.0%)

1 いやこの, わたしの, 子供が, 矢代の, 秀吉に, 莞爾と

▼ 夜十一時頃~ (6, 0.0%)

1 かえりいい, から坂本, であったろうか, になっ, に起こりたる, に階段

▼ 夜十時過ぎ~ (6, 0.0%)

1 だった, でもあろう, になっ, になる, にやんだ, に先生

▼ 夜外出~ (6, 0.0%)

1 して, するから, すると, するとき, できないこと, の際

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 から朝, が深まる, ですよ, になっ, を徹し, 更けて

▼ 夜太郎~ (6, 0.0%)

1 に豊雄, はあの, はふところ手, は夢, は母者人, は炉辺

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 ないん, ねえ, はしない, られない時, られなくなる, る迄

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 すなわち午後六時頃, で, のとき, はひと晩十人, へ行く, より昼間

▼ 夜~ (6, 0.0%)

2 の拍子木 1 の打つ, の爺, の金棒, は九時

▼ 夜徹し~ (6, 0.0%)

1 でも構わない, で御殿場, で飲み明かした, のお, 歩るき, 深かった

▼ 夜明けぬ~ (6, 0.0%)

2 うちに 1 まに, 先に, 前に, 間に

▼ 夜晩くま~ (6, 0.0%)

1 でいろ, で働きました, で歸つて來, で続ける, で色々, で語り

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 が催された, で舞踏, に出る, に劣らざる, の時こ, の酬接

▼ 夜~ (6, 0.0%)

3 によごれた 2 の呼びあげる 1 のよびあげる

▼ 夜玄徳~ (6, 0.0%)

1 がよろこび, が泊った, の陣, はここ, は独り, は関羽

▼ 夜神楽~ (6, 0.0%)

1 が真, の時, は昔, は私, をぶ, を見る

▼ 夜稼ぎ~ (6, 0.0%)

1 なんか働い, に出かける, の小銭, の賊, の車夫, の辻待ち馬車屋

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 で外国, も宵, を看る, を見, を見る, を観る

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 から降りたった, が深川, では舞踏会, の中, の食堂, を著

▼ 夜蕎麦売~ (6, 0.0%)

2 の行燈 1 が来たら, とは変った, の呼声, の声

▼ 夜見る~ (6, 0.0%)

1 と, と綺麗, よりも昼, 人じゃ, 夢を, 木立は

▼ 夜~ (6, 0.0%)

1 と, に逢うた, の下, の底, はまり, は低く

▼ 夜電燈~ (6, 0.0%)

1 が暗く, のもと, の下, の光, もたずに, 点ぜず

▼ 夜食事~ (6, 0.0%)

1 しはじめたら苦しく, によそ, をした, をすませ, を共に, を終え

▼ 夜あまり~ (5, 0.0%)

1 外出させ, 外出しない, 生々した, 蒸暑いのに, 頭よろしから

▼ 夜いろいろ~ (5, 0.0%)

1 の話, 物語, 用意が, 考えて, 話す

▼ 夜うち~ (5, 0.0%)

1 で殺された, にいた, には菅谷, へ帰る, をかけた

▼ 夜おれ~ (5, 0.0%)

1 と山嵐, の家, は彼女, は心, は日本酒

▼ 夜かぎり~ (5, 0.0%)

2 増さんが 1 として次, にて中止, 小兵衛

▼ 夜かぜ~ (5, 0.0%)

1 がき, に湖, のいちまい, を浴び, を防い

▼ 夜かと~ (5, 0.0%)

1 思えば, 思ったの, 思って, 思はれるばかり, 思われるばかり

▼ 夜こちら~ (5, 0.0%)

1 の沼田先生, の電燈, へ来, へ電話, を立ち

▼ 夜それ~ (5, 0.0%)

1 だけで別れ, に絹糸, は十時ごろ, もまだ, も深夜

▼ 夜そんな~ (5, 0.0%)

1 ところで, 夢を, 老人の, 蛾が, 話を

▼ 夜だけでも~ (5, 0.0%)

1 あの人達, おッ母さん, ゆっくりさせ, 村なかの, 靜かな方が

▼ 夜であっ~ (5, 0.0%)

1 て, てそれ, ても, て十月十日, て己

▼ 夜でない~ (5, 0.0%)

1 ことが, と家, のである, 明るい間, 黒い夜

▼ 夜とに~ (5, 0.0%)

1 もたらされながら, 漬つてゐた, 耐えること, 起こったと, 身も

▼ 夜ばかりは~ (5, 0.0%)

1 寧子の, 恨みに, 林冲も, 空模様を, 鳴きつ

▼ 夜ひる~ (5, 0.0%)

1 ともにや, なしに, ぶつと, わかたず現場, 顛倒したら

▼ 夜ふたり~ (5, 0.0%)

2 は電気 1 がそこ, の姉妹, は關係

▼ 夜~ (5, 0.0%)

3 はりの 1 つくらな木立, ゐりたるよし

▼ 夜やっと~ (5, 0.0%)

1 きめて, のこと, わかった, 大阪駅まで, 小一部屋一つ

▼ 夜よる~ (5, 0.0%)

1 三ばい位の, 女の, 本堂に, 榻を, 馬の

▼ 夜らしく~ (5, 0.0%)

1 往来する, 暑くるしい色, 湯殿の, 鋪道の, 際立たし

▼ 夜を以て~ (5, 0.0%)

3 日に 1 するの, 晝に

▼ 夜ホテル~ (5, 0.0%)

1 でそっと, でジミー, の土壇, の屋上, へ行った

▼ 夜ランプ~ (5, 0.0%)

3 の下 1 の心, の芯

▼ 夜一つ~ (5, 0.0%)

1 に寝, の密謀, の明り, ふとん, もねない

▼ 夜三人~ (5, 0.0%)

1 で出かけ, で起き, で青山六丁目, の探偵, はあちらこちら

▼ 夜二時~ (5, 0.0%)

2 までとの警察 1 までという警察, 過まで, 過迄

▼ 夜京都~ (5, 0.0%)

1 の二条, は万歳, へ向う, へ行っ, より下向

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 が帰り, が正, と一つコップ, の伊助, は夜半

▼ 夜冷え~ (5, 0.0%)

1 がくる, する庭, てすこし, にならない, は避けられ

▼ 夜勉強~ (5, 0.0%)

1 が済ん, しないでも, するつらい, するとき口, の時間

▼ 夜化粧~ (5, 0.0%)

1 すること, のおしろい, をいつのまにか, をし, をすまし

▼ 夜十二時過ぎ~ (5, 0.0%)

2 でなければ 1 にとほる, に通る, に通行

▼ 夜周さん~ (5, 0.0%)

1 がひとり, が或, に聞えない, の打, を荒町

▼ 夜和氣~ (5, 0.0%)

3 の命 2 の王

▼ 夜夫婦~ (5, 0.0%)

1 が寝しずまっ, で床, とも泥酔, の道, は最も

▼ 夜~ (5, 0.0%)

2 の人魚 1 が男, におくられ, は男

▼ 夜寝られない~ (5, 0.0%)

1 かえ, とわたくし, なんて言ふところ, ので庵号, わけ

▼ 夜寝室~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に退い, の鍵, へ鍵

▼ 夜帰り~ (5, 0.0%)

1 てより, にお, によく, のタクシ, の遅れた

▼ 夜~ (5, 0.0%)

2 の雲もつ 1 に見奉れ, の雲, を踏ん

▼ 夜~ (5, 0.0%)

2 にひらり 1 に, にかなしみ, に叫びつづけ

▼ 夜~ (5, 0.0%)

2 の刻 1 の刻堂内, の半, の時

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 る人物, る会, る便宜, る空屋, る酒場

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 の泣く, は一つ一つ, を測っ, を眺め, 清くすん

▼ 夜暗に~ (5, 0.0%)

1 この類, 乗じて, 互いの, 入る, 細い巷

▼ 夜月明~ (5, 0.0%)

2 かにし 1 かなる, に乗じ, の詩

▼ 夜林町~ (5, 0.0%)

1 で笹川氏, と山本実彦, にやむを得ず, に行く, へ行った

▼ 夜櫻見物~ (5, 0.0%)

1 と成つて, に參, に漕ぎ出る, の歸, の船

▼ 夜毘賣~ (5, 0.0%)

1 とま, に娶ひ, まゐ出, をひとり, を使

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 で岩, の中, をわたる, を渡った, を渡る

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 する伏屋, の声, の聲, をし, を止む

▼ 夜泥酔~ (5, 0.0%)

3 して 1 した彼, した果

▼ 夜炬燵~ (5, 0.0%)

2 にあたっ 1 のよこ, の中, を囲み

▼ 夜烏子~ (5, 0.0%)

1 がこの, について俳句, の人生観, はこれ, は山の手

▼ 夜父上~ (5, 0.0%)

1 が雑誌, とどこ, の寝物語り, 御出立, 御帰京

▼ 夜病院~ (5, 0.0%)

2 の庭 1 に於, へ泊った, へ泊つた

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 で青山, と一緒, の眼, デ寄リ, 寝て

▼ 夜矢代~ (5, 0.0%)

1 と千鶴子, と論争, はここ, は夕食, は帰り

▼ 夜稽古~ (5, 0.0%)

1 が始まる, に通いたい, はまだ, も矢張り, を済ませる

▼ 夜~ (5, 0.0%)

3 に乗じ 1 を冒し, を犯し

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 とを着, も更に, 引かつぎたるさまいとをかしかりければ, 引被ぎて臥す, 蒲団が

▼ 夜通い~ (5, 0.0%)

1 と云え, の事, は深草, をし, をする

▼ 夜静か~ (5, 0.0%)

1 である, な中, に人, に寝られない, に思え

▼ 夜~ (5, 0.0%)

1 から五ビドン, に繃帯, のはげた, の上, をかっ

▼ 夜頭巾~ (5, 0.0%)

1 と自来, の人影, は五, を寝, を解く

▼ 夜風の音~ (5, 0.0%)

1 が聞える, と一, と一しょ, も御, を絶え

▼ 夜鳴く~ (5, 0.0%)

2 虫の 1 場合と, 蹉, 鹿の

▼ 夜あけ頃~ (4, 0.0%)

1 からいよいよ, まで反, まで堀, まで談論風発

▼ 夜あれ~ (4, 0.0%)

1 からもう一度, だけの事, だけの決心, ほど全盛

▼ 夜いよいよ~ (4, 0.0%)

1 寢ようと, 後堂の, 断行すべく, 深く

▼ 夜お前~ (4, 0.0%)

2 は何気なく 1 は酒, 踊って

▼ 夜かえって~ (4, 0.0%)

1 人出入りの, 人間らしい好い心持, 来ました, 見たら島田

▼ 夜かえる~ (4, 0.0%)

1 とすぐ, とすっかり, のです, のは

▼ 夜しみじみ~ (4, 0.0%)

1 とお, 思った, 愚痴を, 我への

▼ 夜すっかり~ (4, 0.0%)

1 ひまに, 話した, 酔っぱらって, 雨が

▼ 夜でございます~ (4, 0.0%)

1 ね, の, ので帰る, 人の

▼ 夜とで~ (4, 0.0%)

2 様子の 1 氣温が, 相場が

▼ 夜どう~ (4, 0.0%)

1 したもの, したわけ, した原因, 魔が

▼ 夜どんな~ (4, 0.0%)

2 ことが 1 ところを, 夢も

▼ 夜なく~ (4, 0.0%)

1 のを, やと, ように, 山を

▼ 夜なし~ (4, 0.0%)

1 おでんで, に出, の貧乏神, の饂飩屋

▼ 夜なる~ (4, 0.0%)

1 かな, かな黒き, とを論ぜず, や分らぬ

▼ 夜なんぞ~ (4, 0.0%)

1 おっかねえ, 出歩くの, 浪に, 要りやすめえしなあ

▼ 夜なんぞは~ (4, 0.0%)

1 これで, ずいぶん薄気味, まことにさびしく, 誰でも

▼ 夜にか~ (4, 0.0%)

1 ぎられてゐるやうであつた, はるやう, 入るらむ, 持ち越す

▼ 夜にかけての~ (4, 0.0%)

1 ことだ, 仕事が, 会は, 大暴風

▼ 夜はと~ (4, 0.0%)

2 いうと 1 つくに, ほり過ぎて

▼ 夜はも~ (4, 0.0%)

2 なか, 無し

▼ 夜ばなし~ (4, 0.0%)

1 とちがい, なので, にこんな, に語られ

▼ 夜ふかき~ (4, 0.0%)

1 に人聲, 墓地, 墓地に, 月を

▼ 夜ふくる~ (4, 0.0%)

1 までここ, まで上の句, まで針仕事, まで音楽

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 かく人魚, かしを, かに, かにかつかつ

▼ 夜ぶり~ (4, 0.0%)

2 の脛 1 と駆けめぐった, のあみ

▼ 夜ぶん~ (4, 0.0%)

1 あがりまして, お起し, に忍び, を押し

▼ 夜まいり~ (4, 0.0%)

1 の女, をした, を始めた, を思い立っ

▼ 夜もの~ (4, 0.0%)

1 の意味, を喰, アジを, 干しに

▼ 夜やう~ (4, 0.0%)

1 やく三八九, やく帰庵, やく明け, やく脱稿

▼ 夜ゆき子~ (4, 0.0%)

1 は久しぶり, は安, は杉夫, も春子

▼ 夜わが~ (4, 0.0%)

2 糸の 1 神霊, 腦裡に

▼ 夜わし~ (4, 0.0%)

1 が踊り明かし, のため, の戸口, はクラリモンド

▼ 夜わたる~ (4, 0.0%)

1 月に, 月の, 月を, 猿の

▼ 夜をもって~ (4, 0.0%)

1 きっと華燭の典, 一人は, 稲の, 襲撃しよう

▼ 夜スタンド~ (4, 0.0%)

1 で自分, の灯, の近い明る, をつけ

▼ 夜ラヂオ~ (4, 0.0%)

2 のニユース 1 が終つて, の寄席中継

▼ 夜一寸~ (4, 0.0%)

1 さいと, したこと, 出た時, 話し出したら

▼ 夜一行~ (4, 0.0%)

1 の宿舎, はその, は山の上, は物珍

▼ 夜上野~ (4, 0.0%)

2 を抜け 1 の清水, の鈴本

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 から買った, で見合い, へおり, 關の

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 御暇, 食国, 食国と, 食國

▼ 夜九時ごろ~ (4, 0.0%)

1 から平山検事, になっ, 再び訪ね, 同字関谷清一郎

▼ 夜九時すぎ~ (4, 0.0%)

1 からけさいっぱい十四時間, から十時の間, に, につく

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 の刻ごろ 1 の下刻鎭, の時

▼ 夜何者~ (4, 0.0%)

1 かがやって来, かに盗まれ, か城内, か道庵先生

▼ 夜其の~ (4, 0.0%)

1 人の, 住居を, 幽霊が, 男の

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 のとおり無事平穏, のゆるい, の彼方, をのぞん

▼ 夜十一時ごろ~ (4, 0.0%)

1 であったらしい, までかかっ, までも眠り, よりにわかに

▼ 夜十二時近く~ (4, 0.0%)

2 に私 1 なってから, なると

▼ 夜友人~ (4, 0.0%)

1 とわずか, に招かれ, の一人, を会し

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 の津, も利かず, をあい, を割らし

▼ 夜啼石~ (4, 0.0%)

1 だこれ, ですね, とて里見, の目標

▼ 夜城内~ (4, 0.0%)

1 に過し, の一郭, の下水道, より放火

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 とははっきり, とははつきり, とは思はれぬ, の時

▼ 夜夕飯~ (4, 0.0%)

1 が済ん, のとき, も過ぎ, をたべ

▼ 夜大阪~ (4, 0.0%)

1 に立つ, に退き, の, の中之島公園

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 が眼, に伴, の千枝子, を停車場

▼ 夜始め~ (4, 0.0%)

1 てだった, て彼女, て聴きたる, て道傍

▼ 夜姿~ (4, 0.0%)

1 をみせなかつた, をわかき, を消し, を消した

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 を連れ 1 が寝巻, は馬

▼ 夜子夫人~ (4, 0.0%)

1 には夥しい, の異常, の異常嗜好, は椅子

▼ 夜學校~ (4, 0.0%)

2 の生徒 1 で英語, へも通

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 にひびきつづけました, の外, の扉, へ入っ

▼ 夜寢床~ (4, 0.0%)

1 にもぐ, の中, へ入, へ這入

▼ 夜干し~ (4, 0.0%)

1 ていた, の小袖, の布, をし

▼ 夜彼ら~ (4, 0.0%)

1 と同一コース, は一斉, は乙女, は宋家村

▼ 夜待ち~ (4, 0.0%)

1 ぢゃ, と称し, の禁止, の説明

▼ 夜我々~ (4, 0.0%)

1 は小村白子, は新しく, は新橋, は百五十万ドル

▼ 夜戸外~ (4, 0.0%)

1 においては生命, へ出, を歩行, を走る

▼ 夜新しい~ (4, 0.0%)

1 下駄おろす, 下駄を, 命婦の, 髭に

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 となく, には十日, は七日, よりも月

▼ 夜明けがた~ (4, 0.0%)

1 およそ六つ半時ごろ, に歸つて來, わざと正門, 起きて

▼ 夜明ける~ (4, 0.0%)

1 たびに, とすぐ, までだ, 風鈴の

▼ 夜~ (4, 0.0%)

3 にし 1 なり

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 とはいい, の空, 天井裏伝イニ隣室ニ忍ビ込ミ其, 歸雲繞柁牙

▼ 夜暗い~ (4, 0.0%)

1 もり, 処で, 道を, 電燈の

▼ 夜曹操~ (4, 0.0%)

1 が味わった, が止める, は, は軍兵

▼ 夜有楽座~ (4, 0.0%)

3 に徃 1 に久米氏

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 の大臣, 旗事に, 旧識の, 運転手が

▼ 夜歩く~ (4, 0.0%)

1 ということ, といけない, と咎める, のは

▼ 夜歩行~ (4, 0.0%)

2 をした 1 するおぬしも, などは思ひ

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 の男 1 がやって来ましたですたい, の如く

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 などにはよく, に狂訓亭主人, の夜延べ, の寒

▼ 夜泊まり~ (4, 0.0%)

1 すること, などを致した, をしなくなっ, を重ねる

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 たかく騒ぐ, に胸, の音, も風

▼ 夜泣石~ (4, 0.0%)

1 と無間, なり今, の伝説, の由来

▼ 夜浅草~ (4, 0.0%)

1 に出掛け, のネオン, の料亭, へ行く

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 から襲っ, がたいへん, の上, の中

▼ 夜深し~ (4, 0.0%)

1 に汗ばん, をし, をした, をする

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 が八度, は七度二三分, を計る, 之ガ為ニ卻テ炎

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 がいつも, は大衆的, は大衆的代用食, は庄造

▼ 夜白河~ (4, 0.0%)

2 を越え 1 の底, へ着く

▼ 夜秀吉~ (4, 0.0%)

1 はお伽衆, は右近, は小宴, は酒宴

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 から覗いた 1 に臨ん, を開け

▼ 夜素子~ (4, 0.0%)

1 のところ, の室, は吉之助, は憤り

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 で捕る, をやる, を牽い, を置い

▼ 夜美しい~ (4, 0.0%)

1 女の, 方が, 月は, 通りだ

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 にぜひとも 1 に間に合う, の安宅陸奥

▼ 夜若い~ (4, 0.0%)

1 ものは, 女と, 御婦人, 男女が

▼ 夜茶の間~ (4, 0.0%)

1 で婦女新聞, で良人, に居たら, の電気

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 をかける, を掛け, を被け, 干す縁

▼ 夜~ (4, 0.0%)

4 を打つ

▼ 夜話し~ (4, 0.0%)

1 て居る, というもの, に息子, に申した

▼ 夜語り~ (4, 0.0%)

1 にした, に時間, もわるく, わたしの

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 かに出会, か夜半, もいない, やら黒髪

▼ 夜豹一~ (4, 0.0%)

1 が母, は二人, は二階六畳, は誰

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 が入, が入っ, のため, の召捕り

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 に下らん, へ流される, へ行き着かない, を贏

▼ 夜金五郎~ (4, 0.0%)

1 が奇禍, が角助一味, は勝則, を襲撃

▼ 夜長く~ (4, 0.0%)

1 おはし給ふらん, だつた, 正気を, 疲れたる人

▼ 夜~ (4, 0.0%)

2 の外 1 さしたる後, を閉める

▼ 夜雨君~ (4, 0.0%)

1 と始めて, のため, の如き, の胸

▼ 夜青山~ (4, 0.0%)

1 の墓地, の通, へかえる, へまわっ

▼ 夜食堂~ (4, 0.0%)

1 に坐っ, に居たら, へ出る, へ行ったら

▼ 夜馬場~ (4, 0.0%)

2 は銀座 1 とシゲティ, とシゲテイ

▼ 夜~ (4, 0.0%)

1 うどんの, がつづいたら, は不吉, 饂飩を

▼ 夜あけがた~ (3, 0.0%)

1 にガスパール, にキャベジ, までつづい

▼ 夜あまた~ (3, 0.0%)

3 になりぬれ

▼ 夜あり~ (3, 0.0%)

1 て覺, という, やと歎

▼ 夜あんまり~ (3, 0.0%)

1 女が, 暑苦しいので, 美しいお

▼ 夜おそい~ (3, 0.0%)

1 のだから, ばかり, 札幌に

▼ 夜かり~ (3, 0.0%)

1 そめの, て来た, の微

▼ 夜がたり~ (3, 0.0%)

1 つぐべけれ, 尽きねども, 酒の

▼ 夜がら~ (3, 0.0%)

1 夜っぴてやっ, 夜っぴて寝られないだろう, 夜っぴて身の上話

▼ 夜がらす~ (3, 0.0%)

1 の声, 夜泣きし, 黒い影

▼ 夜くだ~ (3, 0.0%)

2 ちに 1 ちて

▼ 夜こっそり~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と鳥刺し稼業, 忍び出て

▼ 夜こんど~ (3, 0.0%)

1 は女, は郵便, は餉台

▼ 夜さよ子~ (3, 0.0%)

1 はお母さん, は二階, は家

▼ 夜じゅう何~ (3, 0.0%)

1 か事, か畳, か胸

▼ 夜すでに~ (3, 0.0%)

1 眠つてゐた, 矢田山の, 黒魚の

▼ 夜すなわち~ (3, 0.0%)

1 旧十一月二十三日, 旧暦の, 昨夜です

▼ 夜すん~ (3, 0.0%)

1 で, で新聞, で森永

▼ 夜そつ~ (3, 0.0%)

1 と其串柿, と眼, と釣る

▼ 夜そば~ (3, 0.0%)

1 を食い, 売りで俗, 売りも

▼ 夜ただちに~ (3, 0.0%)

1 家内を, 彭, 探題へ

▼ 夜だいぶ~ (3, 0.0%)

2 更けてから 1 酒を

▼ 夜でさえ~ (3, 0.0%)

1 まともには, 無気味な, 読み耽って

▼ 夜ででも~ (3, 0.0%)

2 あれば 1 ありましたら恐らく

▼ 夜ときたら~ (3, 0.0%)

1 それこそ, 十二時前に, 眼の

▼ 夜とぎ~ (3, 0.0%)

2 をする 1 があった

▼ 夜として~ (3, 0.0%)

1 ここを, 主邸から, 小歌の

▼ 夜どんなに~ (3, 0.0%)

1 バタンと, 晩くまで, 饅頭を

▼ 夜なか近く~ (3, 0.0%)

1 なつた時, になった, になろう

▼ 夜なぞに~ (3, 0.0%)

1 なると, よくもの, 白い花

▼ 夜なりき~ (3, 0.0%)

2 白楊 1 重井より

▼ 夜なりし~ (3, 0.0%)

1 がず, がその, が酒

▼ 夜のせゐ~ (3, 0.0%)

1 かどの, かひどく, でもあります

▼ 夜はの~ (3, 0.0%)

1 きばの, ひとこゑ, 明けやらで

▼ 夜ばかりの~ (3, 0.0%)

1 夏だ, 御辛抱, 連続では

▼ 夜ひと~ (3, 0.0%)

1 よとかく, よなが, 吹きの

▼ 夜ふる~ (3, 0.0%)

21 や時雨

▼ 夜ぼく~ (3, 0.0%)

1 はそっと, は寝床, は母

▼ 夜までには~ (3, 0.0%)

1 かなりから, この間の, どこか

▼ 夜やはり~ (3, 0.0%)

1 ドロテイン街の, 午前一時近く目を, 妹は

▼ 夜るで~ (3, 0.0%)

2 も夜中 1 夜る

▼ 夜をや~ (3, 0.0%)

1 過し給, 隔てん, 隔てん憎から

▼ 夜ダンネベルグ夫人~ (3, 0.0%)

1 が死体, に附き添っ, の室

▼ 夜チェホフ~ (3, 0.0%)

2 の手紙 1 がその

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 としきりに, と三位卿, 早く手

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 七ツ時分ニ迎エヲヨコシタカラ茶屋ヘ, 主ナルコトヲ妨ゲズ, 遅イ急行

▼ 夜マン~ (3, 0.0%)

1 がいつも, と時次郎, は金五郎

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 人ニ保護サレテ居タコトヲ知ル, 守ル人ニシテ犬ニ如カザルベケンヤ, 歴テ高野山ニ上リ

▼ 夜一晩中~ (3, 0.0%)

1 この九四歩, そのアパート, イライラした

▼ 夜一緒~ (3, 0.0%)

2 に寝る 1 に寝た

▼ 夜丁度~ (3, 0.0%)

1 其下に, 御前近う, 息子夫婦が

▼ 夜三郎~ (3, 0.0%)

1 が床, と共に会, に話した

▼ 夜下宿~ (3, 0.0%)

1 にかえった, に帰っ, の一室

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 安心な, 寐, 寝

▼ 夜中の間~ (3, 0.0%)

1 に嵐, に手, のコタツ

▼ 夜中山~ (3, 0.0%)

1 がその, が三元, が発議

▼ 夜~ (3, 0.0%)

3 水は

▼ 夜九時半~ (3, 0.0%)

1 までにワラタ, までのフール・デェイ・サーヴィス, まで待つ

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 が茲, の或, の見たる

▼ 夜二時頃~ (3, 0.0%)

1 に突然, までいろいろ, まで母上

▼ 夜五時~ (3, 0.0%)

1 から十一時, になつて, 過箱館著船

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 から帰っ, 吉はなに, 巳吉は

▼ 夜以来彼~ (3, 0.0%)

1 に逢う, の食慾, は例

▼ 夜以来私~ (3, 0.0%)

1 は二人, は何かとすぐ, は男

▼ 夜会う~ (3, 0.0%)

1 んだろう, 時も, 約束を

▼ 夜何処~ (3, 0.0%)

1 かで話し, に消え失せ, よりか一通

▼ 夜催眠薬~ (3, 0.0%)

2 を多量 1 の致命量

▼ 夜八時ごろ~ (3, 0.0%)

1 お着き, から一時間, になっ

▼ 夜八時半~ (3, 0.0%)

1 かえる, か九時, まで

▼ 夜六時~ (3, 0.0%)

1 から九時, すぎてから, の出帆

▼ 夜出発~ (3, 0.0%)

1 して, し二日, するの

▼ 夜十時すぎ~ (3, 0.0%)

1 て小南, にかえりました, の復員列車

▼ 夜千三~ (3, 0.0%)

1 はまんじりと, は塾, は明日

▼ 夜千恵造~ (3, 0.0%)

1 は何故かむしろ, は内地, は再び

▼ 夜千鶴子~ (3, 0.0%)

1 にあて, のホテル附近, の家

▼ 夜即ち~ (3, 0.0%)

1 二十日の, 五月上旬には, 十月一日の

▼ 夜参木~ (3, 0.0%)

1 が去る, の家, は遅く

▼ 夜叔父~ (3, 0.0%)

1 の心, の田巻左門, は由三

▼ 夜受媛~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ 夜~ (3, 0.0%)

3 は坂上

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 地方の, 時刻に, 藩の

▼ 夜同僚~ (3, 0.0%)

1 いくたりかを, に無理矢理, も漁師

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 しらぬ虫, 探偵明智小五郎の, 探偵明智小五郎は

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 し会, にくつろいだ, にとろろ汁

▼ 夜商人~ (3, 0.0%)

1 の蕎麦屋, は忌み, は愁わしげ

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 をし, をする, をやめた

▼ 夜~ (3, 0.0%)

2 しに 1 の興

▼ 夜四人~ (3, 0.0%)

1 が駅, でブリッジ, を包みはじめた

▼ 夜城中~ (3, 0.0%)

2 の大広間 1 へ忍び入り

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 のかけ, の夜, より手紙

▼ 夜夜中~ (3, 0.0%)

1 でも誰, に掛け, に目

▼ 夜安眠~ (3, 0.0%)

1 し得べし外套, 出来なくなった, 出来なくなって

▼ 夜家々~ (3, 0.0%)

1 の思い出, の犬, の男

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 使い室の, 御所に, 鈴から

▼ 夜少年~ (3, 0.0%)

1 は一人, は奥, は熱

▼ 夜山中~ (3, 0.0%)

1 で野宿, にて小屋, の池

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 にはいあがる, のアンテナ, の西南

▼ 夜左膳~ (3, 0.0%)

1 が栄三郎, が片思い, は深夜

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 にあらはれ, のお, の御

▼ 夜帰京~ (3, 0.0%)

1 したが, した患者, の途上

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 しか着け, をかぶった, を戴い

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 にし, になっ, に敷いた

▼ 夜平中~ (3, 0.0%)

1 は一人本院, は再び, は席

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 の入り, も日常, 各景

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 から追いついた, には六疋, に近づく

▼ 夜御飯~ (3, 0.0%)

1 がすむ, によばれ, によばれる

▼ 夜徹夜~ (3, 0.0%)

2 して 1 しつる

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 にお, にゾーゾー, に河

▼ 夜戸出~ (3, 0.0%)

2 が多い 1 の光儀

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 という, の灯, 戻りの

▼ 夜文法~ (3, 0.0%)

1 とリーダー, を一寸, を二六頁

▼ 夜新聞紙~ (3, 0.0%)

3 に包んだ

▼ 夜既に~ (3, 0.0%)

1 八時を, 明けんと, 深ければ

▼ 夜日本~ (3, 0.0%)

1 で最初, の兵士, の切手

▼ 夜明けつ~ (3, 0.0%)

3 小雨降り

▼ 夜明烏~ (3, 0.0%)

2 や時鳥 1 の声

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 のよう, の使い, の用意

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 の記念, も同じ, も選ばず

▼ 夜時々~ (3, 0.0%)

1 天から, 止りながら, 眼を

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 ければ, の下, までに幾ばく

▼ 夜更くま~ (3, 0.0%)

1 で売れた, で客, で洋裁

▼ 夜書いた~ (3, 0.0%)

1 のだ, 手紙が, 長い恐ろしい手紙着

▼ 夜最後~ (3, 0.0%)

1 に僕, の一ぷく, の交渉

▼ 夜會服~ (3, 0.0%)

1 の裾, を着た, を脱い

▼ 夜本郷~ (3, 0.0%)

1 の夜店, の屋敷町, の肴町

▼ 夜楢雄~ (3, 0.0%)

1 から速達, が豊中, は砒素

▼ 夜武蔵~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, とあんな, を先登

▼ 夜殿~ (3, 0.0%)

1 がお, の諸, の香爐

▼ 夜母上~ (3, 0.0%)

1 がいらっしゃる, が当分, は小田原

▼ 夜母親~ (3, 0.0%)

1 が長く, に話し, は大

▼ 夜河原~ (3, 0.0%)

2 で号泣 1 をまえ

▼ 夜泊る~ (3, 0.0%)

2 丸沼の 1 のは

▼ 夜海岸~ (3, 0.0%)

1 で投網, の淋しい, 恋して

▼ 夜涼み~ (3, 0.0%)

1 であるが, に出る, も一夜ごと

▼ 夜深う~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 夜清元会~ (3, 0.0%)

1 にて図らず, に徃, に行く

▼ 夜渡る~ (3, 0.0%)

1 月の, 月を, 聲か

▼ 夜源太~ (3, 0.0%)

2 に面白から 1 の帰りし

▼ 夜爲事~ (3, 0.0%)

1 のあと, の後, を終

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 が見える, は判っ, を作つた人

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 のハウス, の群れ, も鼠ども

▼ 夜独り~ (3, 0.0%)

1 でロシア, で浅草, で眠れず苦しん

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 の夢, の枕もと, は蛇

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 な行事, らしくも二階, らしく従者

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 がお, はなかなか, は新出

▼ 夜直ちに~ (3, 0.0%)

1 先生と共に, 執行される, 母様がりゆきた

▼ 夜真暗~ (3, 0.0%)

1 な上り道, な室, な闇

▼ 夜眠り~ (3, 0.0%)

1 からふと, に就き, に就く

▼ 夜祭り~ (3, 0.0%)

2 に男 1 へ連れ出した

▼ 夜私達~ (3, 0.0%)

1 はどちら, は例, をさして

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 に有金, に梯子, に鋸

▼ 夜~ (3, 0.0%)

3 之助

▼ 夜笹村~ (3, 0.0%)

2 の部屋 1 はかんかん

▼ 夜約束~ (3, 0.0%)

2 の時間 1 を守っ

▼ 夜終っ~ (3, 0.0%)

1 て, てまっすぐ, て医院

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 が朝めし, と朝組, は船頭溜り

▼ 夜~ (3, 0.0%)

2 とははつきり 1 の時

▼ 夜草深い~ (3, 0.0%)

2 野の 1 野に

▼ 夜落ちず~ (3, 0.0%)

3 家なる

▼ 夜蕎麦~ (3, 0.0%)

3 売りの

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 にくるまり, の袖, を被った

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 ていた, ても二つ, に来た

▼ 夜見物~ (3, 0.0%)

2 は皆あちらこちら 1 に来る

▼ 夜訪ね~ (3, 0.0%)

1 てお, て來, て来た

▼ 夜訶志~ (3, 0.0%)

3 古泥

▼ 夜詰め~ (3, 0.0%)

1 の侍, の近侍たち, をし

▼ 夜警察~ (3, 0.0%)

2 の者 1 でしらべられる

▼ 夜赤い~ (3, 0.0%)

2 四角の 1 蝋燭の

▼ 夜近所~ (3, 0.0%)

1 などに内密, の質屋, まで帯揚げ

▼ 夜通りすがり~ (3, 0.0%)

3 の客

▼ 夜遅い~ (3, 0.0%)

1 ので途中, 訪問客が, 電報は

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 ぐるまで, 三更始開場, 河

▼ 夜遠い~ (3, 0.0%)

1 ところの, ところへ, 親類にあたる

▼ 夜郊外~ (3, 0.0%)

1 の野原, をかけり廻り, をかけ廻り

▼ 夜錦輝館~ (3, 0.0%)

3 へ行く

▼ 夜長い~ (3, 0.0%)

1 あいだ馬に, 貨物列車が, 間お

▼ 夜関羽~ (3, 0.0%)

1 はまた, はよく, は麓

▼ 夜雨氏~ (3, 0.0%)

1 には多く, の信用, を訪ねる

▼ 夜雨風~ (3, 0.0%)

1 が吹き荒れ, が烈しく, の夜

▼ 夜電話~ (3, 0.0%)

1 でわざわざ, で日曜, をかけたら

▼ 夜革命劇場~ (3, 0.0%)

1 にインガ, の, のТРАМ

▼ 夜音楽会~ (3, 0.0%)

1 があっ, のありと, もすみ

▼ 夜飛行機~ (3, 0.0%)

1 が飛ぶ, で大西洋, で驕

▼ 夜食べる~ (3, 0.0%)

1 とポンポン, に越した, 肉が

▼ 夜食後~ (3, 0.0%)

1 どうかし, の事, 又仕事

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 の鶯, の鶯籠, をあてがう

▼ 夜高梨~ (3, 0.0%)

1 が訪ね, の家, を訪い

▼ 夜~ (3, 0.0%)

1 が来る, などを持出し, 即初鰹

▼ 夜ぁ明げ~ (2, 0.0%)

1 だ, だ起ぎろ

▼ 夜ああ~ (2, 0.0%)

1 知って, 知つてゐる

▼ 夜あけごろ~ (2, 0.0%)

1 に一度目, 半睡

▼ 夜あけごろ遠く~ (2, 0.0%)

1 から小さな, から蚊

▼ 夜あけ近く~ (2, 0.0%)

1 でありました, までかかっ

▼ 夜あと~ (2, 0.0%)

1 かたづけも, に残っ

▼ 夜あらし心~ (2, 0.0%)

2 の雲

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 ぢり通されぬ, らしった時だって

▼ 夜いかに~ (2, 0.0%)

1 ひそかに, 長きみぢか

▼ 夜いたく~ (2, 0.0%)

1 も更け渡り, 深くる

▼ 夜いわゆる~ (2, 0.0%)

1 藁鉄砲の, 襟替えさせ

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 か, 月も

▼ 夜うぐいす~ (2, 0.0%)

1 です, の声

▼ 夜うすぐらい~ (2, 0.0%)

1 炉辺で, 爐邊で

▼ 夜うつくしい~ (2, 0.0%)

2 魂は

▼ 夜うなされ~ (2, 0.0%)

1 て困ります, どうしで

▼ 夜おし~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 夜おのれ~ (2, 0.0%)

1 が胸, に伏せられ

▼ 夜お茶~ (2, 0.0%)

1 に呼ばれた, を入れ

▼ 夜かせぎ~ (2, 0.0%)

1 に出なく, に圓

▼ 夜かな~ (2, 0.0%)

1 いう歯, の句

▼ 夜かなと~ (2, 0.0%)

1 俳句に, 古え

▼ 夜かならず~ (2, 0.0%)

1 もらいに, 参上いたします

▼ 夜かね~ (2, 0.0%)

1 ての手筈, をならし

▼ 夜がたりの~ (2, 0.0%)

1 片帆片羽の, 膝を

▼ 夜きっと~ (2, 0.0%)

1 しなもの, 遅く帰る

▼ 夜くらい~ (2, 0.0%)

1 つづけて, 好い寝心地

▼ 夜くる~ (2, 0.0%)

1 ことだけは, ので要するに

▼ 夜くろんぼ~ (2, 0.0%)

1 を思い, を思ひ

▼ 夜ぐらい~ (2, 0.0%)

1 元気でなくっ, 羽根を

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 いおうの

▼ 夜こと~ (2, 0.0%)

1 に星きらら, りと

▼ 夜これから~ (2, 0.0%)

1 タズン・ターサムという, 五か月もの

▼ 夜こわい~ (2, 0.0%)

1 というよう, 方で

▼ 夜ごく~ (2, 0.0%)

1 たちの, 寒い時分

▼ 夜ごと町~ (2, 0.0%)

1 のなか, はおびただしい

▼ 夜ごろ火~ (2, 0.0%)

2 に立ち

▼ 夜ごろ雲~ (2, 0.0%)

2 は蒸し

▼ 夜さえも~ (2, 0.0%)

1 早く明ける, 泊まること

▼ 夜さびしい~ (2, 0.0%)

1 ので汀火骨居, 墓地などを

▼ 夜さま~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, だと

▼ 夜さむ~ (2, 0.0%)

1 に気がつい, 道向うに

▼ 夜さむざむ~ (2, 0.0%)

2 と降りしきる

▼ 夜さらに~ (2, 0.0%)

1 同兄, 心腸を

▼ 夜され~ (2, 0.0%)

1 ばさ, ば幾瀬

▼ 夜さんお前~ (2, 0.0%)

1 とだけは嫌, の柄

▼ 夜しかも~ (2, 0.0%)

1 同じ時刻, 恐ろしい怪物

▼ 夜しづか~ (2, 0.0%)

1 なれば, に飲んだ

▼ 夜じう~ (2, 0.0%)

1 一つの, 灯が

▼ 夜じゅうそこ~ (2, 0.0%)

1 から到頭, にいる

▼ 夜すこし~ (2, 0.0%)

1 ぐらゐの異物感を, 熱っぽかった

▼ 夜すず子~ (2, 0.0%)

2 が自分

▼ 夜すみれ~ (2, 0.0%)

1 におもむき, の店

▼ 夜すんで~ (2, 0.0%)

1 から, からみや古

▼ 夜ずっと~ (2, 0.0%)

1 夜店を, 銀座の

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 とへ出, ぼそぼとふる小雨

▼ 夜そう~ (2, 0.0%)

1 だ豊, 腹を

▼ 夜そのまま~ (2, 0.0%)

1 岡崎に, 皇后ルイザにも

▼ 夜たいへん~ (2, 0.0%)

1 の御, 遅く二時過ぎ

▼ 夜たくさん~ (2, 0.0%)

1 な松明, のお客さま

▼ 夜たちまち~ (2, 0.0%)

1 並河掃部村上和泉守妻木主計藤田伝五などの, 虎に

▼ 夜たった~ (2, 0.0%)

1 一人で, 一人広い

▼ 夜たり~ (2, 0.0%)

1 とても棄ておか, と大事

▼ 夜たれ~ (2, 0.0%)

1 か, か添乳

▼ 夜だけが~ (2, 0.0%)

1 知って, 穴から

▼ 夜だけしか~ (2, 0.0%)

1 見えなかったの, 遊ばうと

▼ 夜だけに~ (2, 0.0%)

1 かすかに, 罪悪が

▼ 夜だけを~ (2, 0.0%)

1 潰して, 選んだの

▼ 夜だしぬけ~ (2, 0.0%)

1 にこれ, に結婚

▼ 夜だち~ (2, 0.0%)

1 をした, をする

▼ 夜だつた~ (2, 0.0%)

1 が私, ので酒

▼ 夜だろう~ (2, 0.0%)

1 さすがの, とは思う

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 ゅうに人の, ゅうに高く

▼ 夜ちょっと~ (2, 0.0%)

1 訪ねて, 顔を

▼ 夜って~ (2, 0.0%)

1 この河岸, 石の

▼ 夜つい~ (2, 0.0%)

1 いらだたしく綿々, て其次

▼ 夜ついた~ (2, 0.0%)

1 蚤を, 都会を

▼ 夜つかれた~ (2, 0.0%)

1 のでМ, ので本

▼ 夜つくづく~ (2, 0.0%)

1 と考えます, 思った

▼ 夜づまの形~ (2, 0.0%)

1 で卒, で婚

▼ 夜であったら~ (2, 0.0%)

1 今もがい, 潮の

▼ 夜とか~ (2, 0.0%)

1 うちの, 雨の

▼ 夜とこそ~ (2, 0.0%)

1 なりぬ, 違え同じ

▼ 夜とど~ (2, 0.0%)

1 とし, とし来

▼ 夜とな~ (2, 0.0%)

1 つた, つたそこで

▼ 夜どういう~ (2, 0.0%)

1 わけか, 風に

▼ 夜どうし~ (2, 0.0%)

1 あの車, ほえつ

▼ 夜なお~ (2, 0.0%)

1 宵であった, 行きにくい

▼ 夜なかじゅう~ (2, 0.0%)

1 くつろぐ空気, そうして旅行

▼ 夜なかすぎ~ (2, 0.0%)

1 になる, までぶとう

▼ 夜なかにも~ (2, 0.0%)

1 彼が, 待って

▼ 夜なか洋燈~ (2, 0.0%)

2 をつける

▼ 夜なか過ぎ~ (2, 0.0%)

1 か, には霧

▼ 夜などの~ (2, 0.0%)

1 出入りに, 毒刃が

▼ 夜ならず~ (2, 0.0%)

1 とも鍋, 金屏の

▼ 夜なんかは~ (2, 0.0%)

1 おちおち眠っ, 怖いよう

▼ 夜にかけ~ (2, 0.0%)

1 拝承仕度, 歩き出したが

▼ 夜にかけては~ (2, 0.0%)

2 湯屋が

▼ 夜にかけても~ (2, 0.0%)

1 今の, 小柳生までは

▼ 夜にこそ~ (2, 0.0%)

1 一度この, 醉ひ

▼ 夜にさえ~ (2, 0.0%)

1 なると, なれば

▼ 夜について~ (2, 0.0%)

1 天堂一角が, 皆一つずつの

▼ 夜にのみ~ (2, 0.0%)

1 信頼し, 蘇生っ

▼ 夜にゃ~ (2, 0.0%)

1 ア戻っ, 向かねえ

▼ 夜ぬけ~ (2, 0.0%)

1 をし, をしよう

▼ 夜ねむる~ (2, 0.0%)

1 ときには, とき顔の

▼ 夜のけもの~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 夜のな~ (2, 0.0%)

1 ぐさまぶれあやしく蝿か, ま暖かい

▼ 夜のほどに~ (2, 0.0%)

1 よみける歌九首, 宮崎へ

▼ 夜のみは~ (2, 0.0%)

1 いといつくしく我が, 戰ひ

▼ 夜はね~ (2, 0.0%)

1 ああ何と, えッてえ

▼ 夜ばかりと~ (2, 0.0%)

2 なりに

▼ 夜ひと夜~ (2, 0.0%)

1 に不具, 取れよ花

▼ 夜ひどい~ (2, 0.0%)

1 吹き降りに, 咳の

▼ 夜ぴて~ (2, 0.0%)

1 寝ないで, 起きて

▼ 夜ふい~ (2, 0.0%)

1 と出, に信澄

▼ 夜ふかう~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 夜ふく~ (2, 0.0%)

1 といふ方, とはいふ

▼ 夜ふけた~ (2, 0.0%)

1 田んぼ道でも, 頃まだ

▼ 夜ふしぎ~ (2, 0.0%)

1 な一つ家, な夢

▼ 夜ふっと~ (2, 0.0%)

1 消えうせるぐらい, 言い出した

▼ 夜ふろ~ (2, 0.0%)

1 にはいっ, の中

▼ 夜への~ (2, 0.0%)

1 憧れを, 約束を

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の白い, の白く

▼ 夜または~ (2, 0.0%)

1 なつかしくて, 小正月ならず

▼ 夜まつ~ (2, 0.0%)

1 が来, の留守

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 后の, 空は

▼ 夜みたい~ (2, 0.0%)

1 にデザイン, に胸

▼ 夜みんな~ (2, 0.0%)

1 がその, が寝しずまった

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 についに, にはいよいよ

▼ 夜めずらしく~ (2, 0.0%)

1 れいの, 大酔した

▼ 夜やすむ~ (2, 0.0%)

1 とき, 時光線が

▼ 夜やや~ (2, 0.0%)

1 更けて, 褐いろ

▼ 夜ゆくりなく~ (2, 0.0%)

1 御腰掛, 時雄が

▼ 夜ゆっくり~ (2, 0.0%)

1 と足, 処理した

▼ 夜ようやく~ (2, 0.0%)

1 更けるも, 脱稿した

▼ 夜よりは~ (2, 0.0%)

1 まだ良かっ, 大晦日の

▼ 夜よろし~ (2, 0.0%)

2 み茶の間

▼ 夜らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 夜わざと~ (2, 0.0%)

2 澄まし雑煮

▼ 夜をこそ~ (2, 0.0%)

1 祈れと, 祈れアントニオ

▼ 夜アパート~ (2, 0.0%)

1 に行く, の一室

▼ 夜アリバイ~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, を立てさせた

▼ 夜イイダ姫~ (2, 0.0%)

2 おも影

▼ 夜カバン河~ (2, 0.0%)

2 の岸

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 は早

▼ 夜サト子~ (2, 0.0%)

1 が聞いた, は海

▼ 夜シベリア鉄道~ (2, 0.0%)

1 にのりつぐ, へのる

▼ 夜ツぴて~ (2, 0.0%)

1 泣き別れたと, 点けて

▼ 夜テーブル~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の横

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 夜ナ, 自分ガカツテ夢ニダモ想像シタ

▼ 夜ネルロ~ (2, 0.0%)

1 が家, とパトラッシュ

▼ 夜ハガキ~ (2, 0.0%)

1 を出し, を書いた

▼ 夜パリ~ (2, 0.0%)

1 のイエナ街, の中

▼ 夜パン~ (2, 0.0%)

1 とのりまき, を買い

▼ 夜フラリ~ (2, 0.0%)

1 と家, と稲子来

▼ 夜ベニ~ (2, 0.0%)

1 と貧しい, は私

▼ 夜ホテル・エソワイアン~ (2, 0.0%)

2 の廊下

▼ 夜メイエルホリド~ (2, 0.0%)

1 の伯林劇場見物, へゆく

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の後架, も長く

▼ 夜レコード~ (2, 0.0%)

1 で日本音楽, を見

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の白鼠, 同客座敷

▼ 夜一代~ (2, 0.0%)

1 の柔, は痛い

▼ 夜一同~ (2, 0.0%)

1 が集まっ, は甲板

▼ 夜一夜寐~ (2, 0.0%)

1 ねえ, はしない

▼ 夜一度~ (2, 0.0%)

1 あると, や二度

▼ 夜一旦~ (2, 0.0%)

1 家に, 徳永式部卿法印の

▼ 夜一時頃~ (2, 0.0%)

1 になつて, むすびを

▼ 夜七夕~ (2, 0.0%)

1 とも呼ばれた, よりも壮大

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 は枕, は灯

▼ 夜三回~ (2, 0.0%)

1 ともその, まわって

▼ 夜三回目~ (2, 0.0%)

1 の, は大入

▼ 夜三度~ (2, 0.0%)

1 この邸, までお湯

▼ 夜三時頃~ (2, 0.0%)

1 まで, まで下

▼ 夜三更~ (2, 0.0%)

1 の頃, を過

▼ 夜三枝~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 夜上り~ (2, 0.0%)

1 だから, の澄渡った

▼ 夜上野山氏~ (2, 0.0%)

2 は一人

▼ 夜下腹部~ (2, 0.0%)

2 に急激

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 へよ, 立夫議転方

▼ 夜中国~ (2, 0.0%)

1 の天地, の飛行機

▼ 夜中空~ (2, 0.0%)

1 に吐き飛ばす, を見張っ

▼ 夜九つ~ (2, 0.0%)

1 に近き, 過には

▼ 夜九時過ぎ~ (2, 0.0%)

1 になっ, まで頑張り

▼ 夜九時隣室~ (2, 0.0%)

1 のラヂオ, のラヂオ轟然

▼ 夜二台~ (2, 0.0%)

1 の俥, の自動車

▼ 夜二度と~ (2, 0.0%)

2 通るの

▼ 夜二更~ (2, 0.0%)

1 の頃, ふた手

▼ 夜五ツ時~ (2, 0.0%)

1 と相, まで營中

▼ 夜五ツ時分~ (2, 0.0%)

1 に堂, 迄呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ

▼ 夜五位鷺~ (2, 0.0%)

2 がよく

▼ 夜五更~ (2, 0.0%)

1 が過ぎ, になれ

▼ 夜亢奮~ (2, 0.0%)

1 して, で眠れず

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 大満員

▼ 夜人形町~ (2, 0.0%)

2 の末広

▼ 夜仙台~ (2, 0.0%)

1 に着く, よりの汽車中

▼ 夜代助~ (2, 0.0%)

1 は寐, は平岡

▼ 夜以上~ (2, 0.0%)

1 の楽し, の野宿

▼ 夜以外~ (2, 0.0%)

1 には絶えてない, はいつも

▼ 夜伊部~ (2, 0.0%)

1 とゆきずり, に豹吉ら

▼ 夜休む~ (2, 0.0%)

1 に防寒, 時一應家中の

▼ 夜伯父~ (2, 0.0%)

1 はお, は感慨深

▼ 夜住職~ (2, 0.0%)

1 をたずねる, を起し

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 がわるかっ, をしめつける

▼ 夜何だか~ (2, 0.0%)

1 こわいよ, 落付い

▼ 夜何匹~ (2, 0.0%)

2 も蝋燭

▼ 夜何気なく~ (2, 0.0%)

1 よんだ遊女, 雨の

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の寝床, は平民社

▼ 夜余程~ (2, 0.0%)

1 うっかりし, 過ぎてから

▼ 夜使い~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, に出た

▼ 夜便所~ (2, 0.0%)

1 にゆき, に行き

▼ 夜信玄~ (2, 0.0%)

1 の館, は十数人

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が早稲田, につきあう

▼ 夜倶樂部~ (2, 0.0%)

1 の御, へ引き

▼ 夜偶然~ (2, 0.0%)

1 のこと, 出遇つた一事

▼ 夜働かせる~ (2, 0.0%)

1 のは, んです

▼ 夜僕たち~ (2, 0.0%)

1 の部屋, はお

▼ 夜僕等~ (2, 0.0%)

1 はカッフェ・パウリスタ, は飲屋

▼ 夜儀右衛門~ (2, 0.0%)

1 には怖, はいつ

▼ 夜光る~ (2, 0.0%)

1 故山茶を, 玉といふとも

▼ 夜全部~ (2, 0.0%)

2 を含んだ

▼ 夜八重次~ (2, 0.0%)

1 を送り, 来る

▼ 夜兵舎~ (2, 0.0%)

1 では私, に泊りました

▼ 夜冬村君~ (2, 0.0%)

1 が梅干とらつきよう, が約束通り

▼ 夜冬村君来庵~ (2, 0.0%)

1 お土産, お節句

▼ 夜凝り~ (2, 0.0%)

2 に冴え

▼ 夜出かけた~ (2, 0.0%)

1 けれども先, 時私は

▼ 夜出る~ (2, 0.0%)

1 からいけねえ, ときは

▼ 夜出歩く~ (2, 0.0%)

1 ことは, 左膳は

▼ 夜分外~ (2, 0.0%)

2 へ出る

▼ 夜別れ~ (2, 0.0%)

1 て以来, の宴

▼ 夜努力~ (2, 0.0%)

1 したが, して

▼ 夜勘当~ (2, 0.0%)

1 になっ, の御

▼ 夜勝平~ (2, 0.0%)

2 は自分一人寝室

▼ 夜勝手~ (2, 0.0%)

1 が分らず, の知った

▼ 夜十一時ころ~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 夜十二時ごろ~ (2, 0.0%)

1 いよいよ国境, まで書物

▼ 夜十人~ (2, 0.0%)

1 ばかりの人夫達, ばかり集り

▼ 夜十四~ (2, 0.0%)

1 をかきかけ, を書きあげ

▼ 夜千日前金刀比羅裏~ (2, 0.0%)

2 の第

▼ 夜千葉先生~ (2, 0.0%)

1 へ御, へ手紙

▼ 夜半月~ (2, 0.0%)

1 あり, 冴えて

▼ 夜半鐘~ (2, 0.0%)

1 が寝しずまった, と云

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の窓, への往来

▼ 夜参り~ (2, 0.0%)

1 まであそばします, をした

▼ 夜友達~ (2, 0.0%)

1 と相談, の許

▼ 夜台所~ (2, 0.0%)

1 に荒れ, の隅

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の一冊, の漁師

▼ 夜合戦~ (2, 0.0%)

1 に兄, はなかっ

▼ 夜吉原~ (2, 0.0%)

1 の天, の深夜

▼ 夜向う~ (2, 0.0%)

1 に着き, の雑木林

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 がすやすや, は不幸

▼ 夜周馬~ (2, 0.0%)

1 の三人組, の五人

▼ 夜哭する~ (2, 0.0%)

1 が如く, の地に

▼ 夜善義~ (2, 0.0%)

1 が籔内, のところ

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 かえる, と申します

▼ 夜国男~ (2, 0.0%)

1 が漢字, に英語

▼ 夜国男さん~ (2, 0.0%)

1 が伊吹山さん, が来

▼ 夜地震~ (2, 0.0%)

1 のため水道浄溜池破壊, 同夜半

▼ 夜坂本~ (2, 0.0%)

1 の城, へ帰城

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 松蔭

▼ 夜城下~ (2, 0.0%)

1 では凄, の街

▼ 夜塀外~ (2, 0.0%)

1 でしきり, で待ち受けた

▼ 夜壁上~ (2, 0.0%)

1 の書幅, を歩む

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 たとへ, は音楽

▼ 夜壺井さん~ (2, 0.0%)

1 のところ, を呼ぶ

▼ 夜夕食~ (2, 0.0%)

1 のあと, を終え

▼ 夜夕餉~ (2, 0.0%)

1 のあと, をな

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 弖於毛比之, 緒子は

▼ 夜多く~ (2, 0.0%)

1 の者たち, は雨

▼ 夜夜ふけ~ (2, 0.0%)

1 て太田, まで姉

▼ 夜夜中人~ (2, 0.0%)

1 が寝, が寢

▼ 夜夢中~ (2, 0.0%)

1 で書いた, に現

▼ 夜大いに~ (2, 0.0%)

1 のんだ, 激論し

▼ 夜大尉~ (2, 0.0%)

2 の自宅

▼ 夜大雨~ (2, 0.0%)

1 の中, は底

▼ 夜天候~ (2, 0.0%)

2 では雨

▼ 夜天羽さん~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 夜太田~ (2, 0.0%)

1 は四, は四五人

▼ 夜太郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 は壮, は浜松

▼ 夜奥の院~ (2, 0.0%)

2 に仏法僧鳥

▼ 夜女中~ (2, 0.0%)

1 が片づけ, に出す

▼ 夜始めて~ (2, 0.0%)

1 おそくまで, 独りで

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の前, の胴着

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 であるとか, を愍笑

▼ 夜婚礼~ (2, 0.0%)

2 の席

▼ 夜嬉し~ (2, 0.0%)

2 さの

▼ 夜嬰寧~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は王

▼ 夜子供~ (2, 0.0%)

1 のうたう, をみる

▼ 夜宋江~ (2, 0.0%)

1 は例, は陣幕

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, のほど

▼ 夜家康~ (2, 0.0%)

1 が自身, の心

▼ 夜家族~ (2, 0.0%)

1 だけに送られ, のある

▼ 夜宿屋~ (2, 0.0%)

1 で歌会, で歌會

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 の一点

▼ 夜富士男~ (2, 0.0%)

1 はひそか, は一同

▼ 夜寒く~ (2, 0.0%)

1 ありこすな, なし温泉

▼ 夜寝ぬ~ (2, 0.0%)

1 らん, 夜を

▼ 夜寝よう~ (2, 0.0%)

1 として夜具, とする

▼ 夜寝台~ (2, 0.0%)

1 とって, へ這い上る

▼ 夜寿江子~ (2, 0.0%)

1 が帰り, と日比谷公園

▼ 夜小さな~ (2, 0.0%)

1 和服姿の, 川の

▼ 夜小次郎~ (2, 0.0%)

1 は桂子, は浦人

▼ 夜小田原~ (2, 0.0%)

1 の宿, の街

▼ 夜小雨~ (2, 0.0%)

1 の中, ふる

▼ 夜少し~ (2, 0.0%)

1 ひらいた窓, 北へ

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の室, の庵

▼ 夜屋敷~ (2, 0.0%)

1 の中庭, へ盗

▼ 夜山家~ (2, 0.0%)

1 では山鳥, の炉辺ばなし

▼ 夜岸がん~ (2, 0.0%)

2 はじかに

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 に乗じ, の前

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が揮いた, はふと

▼ 夜帝都~ (2, 0.0%)

1 の灯火管制, は米国軍

▼ 夜席ハネ~ (2, 0.0%)

1 てかへれ, てよりか

▼ 夜帰った~ (2, 0.0%)

1 作衛私は, 時すぐ

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 居より, 念の

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 をつぶし, を噛み破っ

▼ 夜平山~ (2, 0.0%)

1 が来, の密訴

▼ 夜平生~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 夜幸い~ (2, 0.0%)

1 にここ, に誰

▼ 夜広島~ (2, 0.0%)

1 が焼き払われる, の町

▼ 夜広島上空~ (2, 0.0%)

2 を横切る

▼ 夜府中~ (2, 0.0%)

1 の各所, の武蔵屋

▼ 夜座敷~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, を断り

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の古池, の樹立

▼ 夜廊下~ (2, 0.0%)

1 に人, の見張り番

▼ 夜延仕事~ (2, 0.0%)

1 が忙しく, のあと

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 と叔父さん所, の変装

▼ 夜強い~ (2, 0.0%)

1 反抗と, 西風が

▼ 夜当直~ (2, 0.0%)

1 だった牢番, にて夜番

▼ 夜彦根~ (2, 0.0%)

1 の宿, へロケ

▼ 夜彼等~ (2, 0.0%)

1 の前, はお

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 って何, と言

▼ 夜往来~ (2, 0.0%)

1 で声, は売り買い

▼ 夜徳利~ (2, 0.0%)

1 の利目, の效

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の食っ, をし

▼ 夜志愛袁登~ (2, 0.0%)

1 古袁, 賣袁

▼ 夜志摩~ (2, 0.0%)

1 の口, の鳥羽

▼ 夜怪しい~ (2, 0.0%)

1 夢を, 色彩の

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が絶えた, を引き

▼ 夜息子~ (2, 0.0%)

1 が帰っ, の英樹さん

▼ 夜悄然~ (2, 0.0%)

2 と父合邦

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 ふ, 出すと

▼ 夜慶喜~ (2, 0.0%)

1 は京都, は回陽丸

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 ならば, もかくや

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の外, 叩く音

▼ 夜扇ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 の家, の谷戸

▼ 夜打朝~ (2, 0.0%)

1 懸軍さ, 駆矢

▼ 夜持っ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て歩く

▼ 夜播州~ (2, 0.0%)

1 お味方, へ帰った

▼ 夜放送~ (2, 0.0%)

1 された筑前琵琶, のため順序

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 との口実, なきに

▼ 夜教え~ (2, 0.0%)

2 てやる

▼ 夜文学~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の事

▼ 夜新九郎~ (2, 0.0%)

1 はひそか, は大月玄蕃

▼ 夜新吉~ (2, 0.0%)

1 の膝, は公園

▼ 夜新宿~ (2, 0.0%)

1 の暗がり, ノ第

▼ 夜新聞~ (2, 0.0%)

1 で見る, を見

▼ 夜日ごろ~ (2, 0.0%)

1 の白麻, は見向き

▼ 夜早川~ (2, 0.0%)

1 と争い, の家

▼ 夜明けた~ (2, 0.0%)

1 ばかりの山, 丈で

▼ 夜明け方~ (2, 0.0%)

1 お室, に帰っ

▼ 夜星空~ (2, 0.0%)

1 となる, を眺める

▼ 夜時ちゃん~ (2, 0.0%)

2 は淋しい

▼ 夜時刻~ (2, 0.0%)

2 はやはり

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 けんと, けアキリュウス

▼ 夜更かしせね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 夜更けぬ~ (2, 0.0%)

1 うちに, とにやあり

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 なおし始める, を読ん

▼ 夜書庫~ (2, 0.0%)

1 にはお, に入られ

▼ 夜書斎~ (2, 0.0%)

1 にて, へ入る

▼ 夜月光~ (2, 0.0%)

1 に講究, を浴び

▼ 夜木挽町田川~ (2, 0.0%)

1 にて高橋箒庵, に徃

▼ 夜木村~ (2, 0.0%)

1 がギタ, は着いた

▼ 夜本所~ (2, 0.0%)

2 の知人

▼ 夜李さん~ (2, 0.0%)

1 が独言, が身上話

▼ 夜李幕事~ (2, 0.0%)

2 の帰っ

▼ 夜李張~ (2, 0.0%)

1 が家, の夢

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 に流れ

▼ 夜東京駅~ (2, 0.0%)

1 まで送っ, まで送る

▼ 夜松莚子~ (2, 0.0%)

1 の自由劇塲試演, を訪

▼ 夜林太郎~ (2, 0.0%)

1 はおじいさん, をだい

▼ 夜果して~ (2, 0.0%)

1 望むところ, 珍客が

▼ 夜某氏~ (2, 0.0%)

1 にゆき, の探検談

▼ 夜桃林~ (2, 0.0%)

2 を出

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 とした, の中

▼ 夜森博士邸~ (2, 0.0%)

1 に観, を訪ね

▼ 夜森川町~ (2, 0.0%)

2 の秋声氏

▼ 夜権右衛門夫婦~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は明け方

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 にもならず坐り続け, に成つて

▼ 夜横浜~ (2, 0.0%)

1 に着いた, へつく

▼ 夜樹明~ (2, 0.0%)

2 来庵

▼ 夜樹明君来庵~ (2, 0.0%)

1 ほがらかな顔, 御持参

▼ 夜樹明来~ (2, 0.0%)

1 しんみりと, 連れ立つて

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のもの, のよう

▼ 夜次第に~ (2, 0.0%)

1 擴がり, 短し

▼ 夜次郎~ (2, 0.0%)

1 の寝台, は父

▼ 夜正確~ (2, 0.0%)

1 に云う, に時刻

▼ 夜正造~ (2, 0.0%)

1 は島田三郎, は議会中

▼ 夜歩い~ (2, 0.0%)

1 たりなんかする, て行く

▼ 夜歸つて來~ (2, 0.0%)

1 て御, て心得た

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の都, を直前

▼ 夜歿~ (2, 0.0%)

2 し亡骸

▼ 夜殆ど~ (2, 0.0%)

1 眠りませんでした, 睡らなかった

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 夜水竜哭言~ (2, 0.0%)

2 探湖底

▼ 夜氷雨~ (2, 0.0%)

2 の音立て

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 かまじる, に延引

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の中

▼ 夜決心~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 夜泊っ~ (2, 0.0%)

2 てからの私

▼ 夜泊まった~ (2, 0.0%)

1 広河内, 法月弦之

▼ 夜法水~ (2, 0.0%)

1 に三つ, は何時

▼ 夜波子~ (2, 0.0%)

1 は父, は自分

▼ 夜泣蕎麥~ (2, 0.0%)

2 を二杯

▼ 夜泥棒~ (2, 0.0%)

1 が入, が入っ

▼ 夜洛北~ (2, 0.0%)

2 の御霊林

▼ 夜流れる~ (2, 0.0%)

2 光星の

▼ 夜淋しく~ (2, 0.0%)

1 てねつき, なつて

▼ 夜満潮~ (2, 0.0%)

1 が波戸場, になる

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 に出かけました, の船

▼ 夜漁夫たち~ (2, 0.0%)

1 が舟, は沖

▼ 夜漸く~ (2, 0.0%)

1 明けて, 涼し

▼ 夜激しい~ (2, 0.0%)

1 地震が, 腹痛を

▼ 夜火の手~ (2, 0.0%)

2 はすぐ

▼ 夜為事~ (2, 0.0%)

1 の長崎訛きく, を終

▼ 夜焚火~ (2, 0.0%)

1 をする, 近かりし

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 氣味な, 禮講とて

▼ 夜無断~ (2, 0.0%)

1 でお, で抜け出した

▼ 夜無理~ (2, 0.0%)

1 に泊め, をした

▼ 夜熟睡~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 と篝火, や斥候

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 に聴き, の穢れ

▼ 夜牡丹~ (2, 0.0%)

1 の人出, を焚い

▼ 夜物語り~ (2, 0.0%)

1 の不思議, の酒

▼ 夜特に~ (2, 0.0%)

1 新しい軍靴, 月の

▼ 夜狭い~ (2, 0.0%)

1 切戸の, 独身官舎の

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 太劇場, 甚納涼海磯乃赤石浦也

▼ 夜玄文社合評会~ (2, 0.0%)

2 に徃

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が他出, のやみら

▼ 夜王子~ (2, 0.0%)

1 は疲れきった, は魔法

▼ 夜珍しく~ (2, 0.0%)

1 二人で, 泣きましたって

▼ 夜現場~ (2, 0.0%)

1 のランプ, の卓

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 にかぞふる, 之助

▼ 夜瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 の魂

▼ 夜由良~ (2, 0.0%)

1 はまた, は学者

▼ 夜甲斐~ (2, 0.0%)

1 は午前二時ごろ, は眠れなかった

▼ 夜甲板~ (2, 0.0%)

1 の椅子, へ出

▼ 夜留守~ (2, 0.0%)

1 が確定, になる

▼ 夜番頭~ (2, 0.0%)

1 の持っ, の甲

▼ 夜疾走~ (2, 0.0%)

1 して, し生意気

▼ 夜登らん~ (2, 0.0%)

1 とおも, と欲する

▼ 夜登る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 能は

▼ 夜登勢~ (2, 0.0%)

1 は坂本遭難, は遠く

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が今, も存すべく

▼ 夜白衣~ (2, 0.0%)

1 のまま, の祝女たち

▼ 夜盛大~ (2, 0.0%)

1 な宴, な晩餐会

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 に見, の鋭いみすぼらしい

▼ 夜県城~ (2, 0.0%)

1 の知事室, を攻め落し

▼ 夜眞水~ (2, 0.0%)

2 の風呂

▼ 夜眠らず~ (2, 0.0%)

1 にその, 遂に九月二十四日過労

▼ 夜眠らない~ (2, 0.0%)

1 といふやう, と云う

▼ 夜眠られなく~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て困っ

▼ 夜眠れなかった~ (2, 0.0%)

1 とかそんな, ので少し

▼ 夜眠れぬ~ (2, 0.0%)

1 ために, ままに

▼ 夜着いた~ (2, 0.0%)

1 ばっかりで, 土地である

▼ 夜着く~ (2, 0.0%)

1 あなたからの, ように

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 かい時に, かの時分

▼ 夜石井氏~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の家

▼ 夜祇園~ (2, 0.0%)

1 の万亭, の中村楼

▼ 夜神保町通り~ (2, 0.0%)

2 の古本屋

▼ 夜神田~ (2, 0.0%)

1 の喫茶店, の青年会館

▼ 夜禮花~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の声, の如く

▼ 夜私共~ (2, 0.0%)

1 は辞する, は近所

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 の夜

▼ 夜秘密~ (2, 0.0%)

1 にセントウベス湾, に倉庫

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 だ, 自己嫌悪に

▼ 夜窃か~ (2, 0.0%)

1 に耶蘇, に迷い出た

▼ 夜竹田屋~ (2, 0.0%)

1 の主人旅亭, の主人歌麻呂

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 の葉ずれ

▼ 夜籠りし~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 夜籠りする~ (2, 0.0%)

2 人々も

▼ 夜紀昌~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 夜紙帳~ (2, 0.0%)

1 が独り, を釣っ

▼ 夜素戔嗚~ (2, 0.0%)

1 は人手, は何時

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 なる寅, の星

▼ 夜紫宸殿~ (2, 0.0%)

2 の大黒柱

▼ 夜続いた~ (2, 0.0%)

1 者も, 饗宴の

▼ 夜続け~ (2, 0.0%)

1 て幻, て見た

▼ 夜綯い~ (2, 0.0%)

1 なき夜, を楽しみつ

▼ 夜網打ち~ (2, 0.0%)

1 に行った, の艫櫓

▼ 夜緑波君~ (2, 0.0%)

1 と脚色者, の

▼ 夜縄手道~ (2, 0.0%)

2 を城下

▼ 夜置いた~ (2, 0.0%)

1 ために, だけで

▼ 夜老人~ (2, 0.0%)

1 は平生, は最後

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 が嫁

▼ 夜肴町~ (2, 0.0%)

1 へ行き, まで行き

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 がへった, をさすりけり

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の酒, を下げ

▼ 夜臙脂~ (2, 0.0%)

2 を煮

▼ 夜臥床~ (2, 0.0%)

1 に就く, をのべよう

▼ 夜自動車~ (2, 0.0%)

2 での帰途

▼ 夜自宅~ (2, 0.0%)

1 のクローク, へ帰る

▼ 夜自身~ (2, 0.0%)

1 で江東, の知行所

▼ 夜自転車~ (2, 0.0%)

1 で, をとばし

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 に出かけた, の口誦

▼ 夜興奮~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 夜興行~ (2, 0.0%)

1 の一芝居, の小

▼ 夜舊弊~ (2, 0.0%)

2 なれどお

▼ 夜舞台~ (2, 0.0%)

1 が済ん, にて卒倒

▼ 夜良人~ (2, 0.0%)

1 である同志, に向っ

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 の安さん

▼ 夜花月~ (2, 0.0%)

1 第三号校正, 第五号

▼ 夜芳野~ (2, 0.0%)

2 の漉き

▼ 夜苦しみ~ (2, 0.0%)

1 明した, 通した葉子

▼ 夜英語~ (2, 0.0%)

1 をし, を少し

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の如き, 疲れるから

▼ 夜草葉~ (2, 0.0%)

1 に脆き, に落ち

▼ 夜荘公~ (2, 0.0%)

1 は妙, は渾良夫

▼ 夜莊公~ (2, 0.0%)

1 は妙, は渾良夫

▼ 夜萩原さん~ (2, 0.0%)

2 を皆

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 いる箇処, 著いて

▼ 夜蒼い~ (2, 0.0%)

1 お顔, 顔を

▼ 夜薔薇~ (2, 0.0%)

1 の葉, の香

▼ 夜薔薇香~ (2, 0.0%)

2 ににほふ

▼ 夜薪左衛門~ (2, 0.0%)

2 の屋敷

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 で作った, で円い

▼ 夜藝速男~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 夜藤枝~ (2, 0.0%)

1 が駿三, にその

▼ 夜藤沢~ (2, 0.0%)

1 に持っ, の細君

▼ 夜蘭軒~ (2, 0.0%)

1 が江戸, の詩

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 の音, を聴く

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のよう, は堂中

▼ 夜蜘蛛~ (2, 0.0%)

1 がぴつたりとうごかない, のよう

▼ 夜蝋燭~ (2, 0.0%)

1 を燈, 点して

▼ 夜行方不明~ (2, 0.0%)

1 になった, になつ

▼ 夜裏庭~ (2, 0.0%)

1 では各, に忍び出

▼ 夜見える~ (2, 0.0%)

1 か, 代りに

▼ 夜見たら~ (2, 0.0%)

1 それ程でも, むしろ怖

▼ 夜親族会議~ (2, 0.0%)

1 がひらかれた, が開かれた

▼ 夜言葉~ (2, 0.0%)

2 に文

▼ 夜詣りで~ (2, 0.0%)

1 もある, もあるまい

▼ 夜誰か~ (2, 0.0%)

1 が気転, のうたってる

▼ 夜警視庁~ (2, 0.0%)

1 から刑事, の刑事部長

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 を隔てたる

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 を撒い, 撒くなども

▼ 夜貴方~ (2, 0.0%)

1 が外, は私達

▼ 夜賀川市長~ (2, 0.0%)

1 は私設裁判所, も西九条

▼ 夜~ (2, 0.0%)

2 毘を

▼ 夜赤ちゃん~ (2, 0.0%)

1 がたいへん, の世話

▼ 夜赤井~ (2, 0.0%)

1 と一緒, の新作落語

▼ 夜起き~ (2, 0.0%)

1 て抜けつ潜りつ, て草

▼ 夜越し~ (2, 0.0%)

1 て来た, ふり冷えゆく

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 を投げおった, を粉

▼ 夜身悶え~ (2, 0.0%)

2 した

▼ 夜軽部~ (2, 0.0%)

2 の乱暴

▼ 夜近い~ (2, 0.0%)

2 大きな月

▼ 夜追悼浄瑠璃大会~ (2, 0.0%)

1 が同じく, が校長

▼ 夜送っ~ (2, 0.0%)

1 ておそく, てゆく

▼ 夜通っ~ (2, 0.0%)

1 ても節義, て見

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ 夜遂に~ (2, 0.0%)

1 亡くなられたが, 帰って

▼ 夜遅う~ (2, 0.0%)

1 なって, になっ

▼ 夜過ぎ~ (2, 0.0%)

1 て, なば

▼ 夜過ぎる~ (2, 0.0%)

1 と河, と笹村

▼ 夜遲奴美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 夜酔っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て喧嘩

▼ 夜酔漢~ (2, 0.0%)

2 を引きとめる

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 兵衛が, 兵衛は

▼ 夜野原~ (2, 0.0%)

1 へ出, を歩い

▼ 夜銀座裏~ (2, 0.0%)

1 で異相, のバー

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 濃は, 繊は

▼ 夜陀多良比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣それ容姿麗

▼ 夜降る~ (2, 0.0%)

1 ともつかず, 雪に

▼ 夜限り~ (2, 0.0%)

1 この地上, 帰らずに

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のあと, の前

▼ 夜隣室~ (2, 0.0%)

1 のラヂオ, は聖書ものがたり

▼ 夜隣家~ (2, 0.0%)

1 の人々, まで火

▼ 夜集まっ~ (2, 0.0%)

1 て談話会, て遊ん

▼ 夜離れ~ (2, 0.0%)

1 に三つ, 人は

▼ 夜難船~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 夜雪庵~ (2, 0.0%)

1 の門人, もはだし

▼ 夜雪解~ (2, 0.0%)

2 の御所

▼ 夜電車~ (2, 0.0%)

2 を待っ

▼ 夜電車通~ (2, 0.0%)

1 を横切らう, を歩い

▼ 夜靄立ち鶯谷~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 夜青木~ (2, 0.0%)

1 の帰る, は厠

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 かになる, にし

▼ 夜音楽~ (2, 0.0%)

1 の話, をききました

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 か, は藤紫

▼ 夜風吹出~ (2, 0.0%)

1 で, でしが

▼ 夜飯田さん~ (2, 0.0%)

2 とたい子さん

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 になった, をしめられた

▼ 夜駅長~ (2, 0.0%)

1 のブランド氏, は茶

▼ 夜高品さん~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 夜高村~ (2, 0.0%)

1 の婆さま, の婆さん

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 のす, の遊行

▼ 夜鳴し~ (2, 0.0%)

1 ている, て之

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 ついて, をつ

▼ 夜麻登玖邇阿禮比~ (2, 0.0%)

2 賣の

▼ 夜麻登登母母曾毘賣~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 夜黒田浅野加藤~ (2, 0.0%)

1 などという朝鮮以来三成, などといふ朝鮮以来三成

▼ 夜~ (2, 0.0%)

1 が集っ, の名

▼ 夜龍之介~ (2, 0.0%)

1 の, はワイシャツ一枚

▼1* [3701件]

〇・〇〇三に当る, 夜〇・〇〇四に当る, 夜あいなめを焼い, 夜あかししなくちゃならねえ, 夜あかしゃ困るよ, 夜あかし出入りの男たち, 夜あけついて行ってやった, 夜あけぬ前に, 夜あけぬるかな, 夜あけんとする, 夜あけ千鳥ぢや, 夜あけ米とぐみ, 夜あけ近く僕は寝床, 夜あけ近く六階へあがっ, 夜あげ方ちかく, 夜あげる行灯凧には, 夜あさりするそ, 夜あすこのうち, 夜あそこへ集まった, 夜あそびをはじめて, 夜あそんだならば少し, 夜あたしがラジオ, 夜あったんだ, 夜あつたこと, 夜あついでしょうなかなか, 夜あつめることは, 夜あぶない橋の, 夜あまり度々のこと, 夜あやか夫人, 夜あらたまって親族会議, 夜あらためてまた登城, 夜あらったどっさりの, 夜あらわれてくる, 夜ありきたりの関係, 夜ありきせざなりと聞き, 夜ありけり月の, 夜あるいた方が, 夜あるきする者も, 夜あるきで露を, 夜あるき廻り暁に, 夜あるけばいつか人ごみ, 夜あれこれと随分, 夜あんどうの, 夜あんたのこと, 夜あんな場合に, 夜あんなに私を, 夜いくの家, 夜いたう暗きに松, 夜いたれば我等これ, 夜いっぱりでとびぬけて朝ね, 夜いっしょにね, 夜いつのまに豚を, 夜いつのまにか姿を, 夜いつも全く眼を, 夜いつわりの恋, 夜いづれへか出掛け, 夜いでて, 夜いまさらに旅, 夜いまだあけざる故, 夜いまだ全く明けざるに, 夜いやもっと正確, 夜うさりチーズ, 夜うさんくさそうに, 夜うしろの山, 夜うすいかすみの, 夜うすき先生が, 夜うす暗い電燈の, 夜うちわだけで別宴, 夜うどんをたべる, 夜うなされおりしはすなわち, 夜にし, 夜おいなりさまの境内, 夜おおかたの人, 夜おかけて道, 夜おかみからまじめ, 夜おかみさんが, 夜おくり舩執筆, 夜おこることが, 夜おせんこが来た, 夜おそかりしため, 夜おそうもありました, 夜おそかったんで, 夜おそくうす暗い湯殿の, 夜おそくおもたいものが, 夜おそくひどく酔っぱらって, 夜おそく思いがけない女の, 夜おそるおそるあなたは, 夜おちおちと彼, 夜おとよは下心, 夜おとうさんとね, 夜おなか変行ったら色, 夜おのづから來, 夜おぼろの夜, 夜おまえそれはほんとう, 夜おもひつ, 夜おやすみの時, 夜おりからの闇黒, 夜おりましたがこれ以上いっしょ, 夜お上さんにうどん, 夜お世話になりました, 夜お出かけになつて, 夜お前さんのわき, 夜お婆さんがトランプ, 夜お客が遠, 夜お座敷の帰り, 夜お待ちいたそう, 夜お通夜に明かし, 夜お雪さんは急, 夜かうしたところで, 夜かえって来る, 夜かえったのは, 夜かえらずしかし生む, 夜かえろうとする, 夜かかって新橋, 夜かかれたものでした, 夜かぎり私も忘れた, 夜かぎり粋人の服装, 夜かぎり都へ逃げ帰っ, 夜かくれんぼをする, 夜かけて見ましょう, 夜かけぬのを, 夜かご祭文語り屑拾い傘, 夜かすかな呼ばわる声, 夜かなり酔って, 夜かの見知らぬ城の, 夜かもわからなくなって, 夜からくも裏街道, 夜からでも四面の, 夜からといふものひどく, 夜かるたを取り, 夜かるべきですよ, 夜かわいそうな植木屋, 夜がかりで一万枚, 夜がたりに明かされたこと, 夜がねえ萬一, 夜がまゐります, 夜がもっけの倖いと, 夜て, 夜きたれるのみか, 夜きつねがあちら, 夜きまった時間に, 夜きむすめといふ, 夜きりだ, 夜ぎりの中, 夜ぎんは寝床, 夜くぐり抜けたと自ら, 夜くつわ虫, 夜くまなき月影, 夜くらくて足元, 夜くわしく牛丸君に, 夜ぐうぐう寝て, 夜ぐっすり眠りその, 夜ぐらいは家に, 夜こうの父親, 夜こういう風向きに, 夜こうして閑である, 夜こおろぎか何, 夜ことごとく若き日, 夜ことに自作が, 夜この方流沙河のほとり, 夜こめをたいた, 夜こらへられなくて, 夜こん礼にて小石, 夜こッちへ, 夜ごえを借り, 夜ごとこれを助, 夜ごとやけくそな武人, 夜ごと一人の男, 夜ごと人待ち顔をそこ, 夜ごと何物かを探し, 夜ごと健康をはこん, 夜ごと光秀たりと繰り返し, 夜ごと兵のかがり火, 夜ごと名馬が厩, 夜ごと和井元口の附近, 夜ごと四ツ竹を持った, 夜ごと地獄の責苦, 夜ごと城外へ出, 夜ごと夜ごと光秀たりと繰り返し, 夜ごと夜ごと和井元口の附近, 夜ごと夜ごと燭のした, 夜ごと夜ごと通い初めていた, 夜ごと夜ごと鎮守の森, 夜ごと天井へはい, 夜ごと天狗から剣法, 夜ごと姿を現, 夜ごと宵ごとすっかり明け, 夜ごと寄り來と樂, 夜ごと寄り来と楽し, 夜ごと少年の寝室, 夜ごと幕営へ色, 夜ごと日ごと問罪所の白洲, 夜ごと日ごと酒よし女よしの, 夜ごと暴れ狂って, 夜ごと曙の里あたり, 夜ごと月がよかっ, 夜ごと東国武者の群れ, 夜ごと枕並ぶるおのれ, 夜ごと武者の酌, 夜ごと水垢離とって, 夜ごと燭のした, 夜ごと牽牛星と織女星, 夜ごと狼星が青白い, 夜ごと疎開者たちの女性, 夜ごと眠につく, 夜ごと船見山嵐山赤壁渓の附近, 夜ごと通い初めていた, 夜ごと鎮守の森, 夜ごと鞍馬谷へわし, 夜ごはんの時, 夜ごろ哀歌と聞く, 夜ごろ物の音, 夜ごろ虫の音, 夜ご馳走になった, 夜さがせと中, 夜さしかかった時に, 夜さしたる遅れでも, 夜さしもの師, 夜さだまる岸に, 夜さだ子と伊達さん, 夜さひとよ, 夜さめてはおも, 夜さめざめと泣いてる, 夜さんざんに飲ん, 夜さんだつたな, 夜さんみたいだね, 夜さん妙な所, 夜さん私に指, 夜さ一と夜, 夜さ蛙は鳴く, 夜ざかもりがはずんでここ離庵の左膳, 夜ざくらや政子曼陀羅昼, 夜ざっと上海の, 夜ざとい老人が起き, 夜ざとく睡つて, 夜づむ, 夜しかめつらを, 夜しき寐して, 夜しずかに総, 夜したたか酒を飲ん, 夜しっぽりと参籠, 夜しつかりとそれ, 夜しばらくそこら散歩おだやかな, 夜しめし合わせ手に, 夜しめやかな雨, 夜しも大雪降り, 夜しもこそさびしかりけれ, 夜しら梅だくと, 夜しんしんと雪, 夜じっと考えて, 夜じゃあないか, 夜じゃったが, 夜じゃねえ黒ん, 夜じゅういろいろな音, 夜じゅうしずかでときたま, 夜じゅうその熱, 夜じゅうカイはながめ, 夜じゅうピエロ帽をかぶっ, 夜じゅう何者かを追いかける, 夜じゅう凉みが, 夜じゅう出口をさがし, 夜じゅう姿をあらわさなかった, 夜じゅう山ん中, 夜じゅう彼女の名, 夜じゅう心の休まる, 夜じゅう恐怖のうち, 夜じゅう柱時計の打つ, 夜じゅう沈思のお, 夜じゅう田圃に立っ, 夜じゅう相当に積, 夜じゅう着たきりのシャツ, 夜じゅう苦に病ん, 夜じゅう草原に放し, 夜じゅう街をさまよい歩い, 夜じゅう豆ランプがつい, 夜じゅう鍵をかけず, 夜じゅう雨戸をしめず, 夜じゅう電燈なしだった, 夜すくなくして, 夜すさまじい雷が, 夜すしづめの兵隊, 夜すっかりもう寝るばかりに, 夜すり切れたタクシードを, 夜すると商い, 夜するどくとがった新月, 夜ずつと自分の, 夜ずつに分けて, 夜せいようかんの二かい, 夜せき一寸駒込橋, 夜そういう忘られぬ, 夜そこらの坂, 夜その他といふ役割り, 夜その間尚厳重, 夜そもじの文, 夜それとなく私と, 夜それらが一つ, 夜ぞとばかり啼きすだいて, 夜か比丘尼, 夜たしか酉の町の, 夜たしかにロボの, 夜ただ一人で森, 夜ただ一人森の中, 夜ただ事でない犬, 夜たってゐる, 夜たりがたく晝, 夜たるものは, 夜だけであらうと, 夜だけはということで, 夜だちしてし, 夜だったら近づかぬ間に, 夜だつてろくに, 夜だの稗を, 夜だまつてれば, 夜だらう夜の, 夜だれもまんじりと, 夜だんだんと母親, 夜ちっとも眠られないん, 夜ちと邪魔立てした, 夜ちゃなんかとは遊ばない, 夜ちゃんとたった二人ながらく, 夜ちゃんふしぎそうな顔, 夜ちゃんチョビ安の大小四人, 夜ちゃんニコリともせず, 夜ちゃん仔細らしくちょっと, 夜ちゃん泣き声をはなっ, 夜ちょうだいに上がる, 夜ちょうど愛の, 夜ちょっとした用で, 夜ちょろは夕めし, 夜ちらちら鏡へ, 夜ちらりと見て, 夜ちる花の, 夜っきりおれにかかわらず, 夜っていうやつだ, 夜つかれていや, 夜つった魚を, 夜つつしんで祈りの, 夜つぶしということ, 夜つまり昨夜ね, 夜つららの下った, 夜つるつるに凍る, 夜つれづれのまま, 夜づりの灯, 夜づゝで訳した, 夜てっちゃん, 夜でありましたがここ, 夜でありますからただ, 夜であるべき筈で, 夜であるべきであると思われた, 夜であれかしと, 夜でがした, 夜できた詩歌は, 夜でしゅね, 夜でしょう今夜は, 夜でなけりゃ外へ, 夜で御座いましたが重たい, 夜で晴れた空には, 夜とある安料理屋, 夜というまでであった, 夜とかいう時だけは, 夜ときどき出して, 夜とく子が急, 夜とけふの, 夜としかないの, 夜としてのパリ祭を, 夜とつぜん大風吹きつのっ, 夜とてと来たね, 夜とては一層に, 夜とてもない, 夜とではまるで表情, 夜とでも題すべき小品文, 夜とぼしといっ, 夜とまってときどきすこし, 夜とまった記録を, 夜とまで迫って, 夜とめて見, 夜ともいはず背に, 夜ともに泣いた弥生さま, 夜とやなるらむ, 夜とりのところ, 夜どうかして, 夜どうし次郎の肩, 夜どうやら私は, 夜どさくさまぎれに, 夜どすか早い, 夜どまりをしつけ, 夜なおなお寒い, 夜なかあかつきもこの, 夜なかごろ私はちょうど, 夜なかばにし, 夜なかパチリパチリやっては, 夜なか全速力で闇, 夜なか十二時すぎまでぶとう, 夜なか噴水のほとり, 夜なか誰かがそれ, 夜なか變な女, 夜なか過ぎ私一人が起き, 夜なか防空演習でおきる, 夜なか雷が鳴っ, 夜なか頃に地蔵さま, 夜ながらに焚き火が, 夜ながらの有明の, 夜ながらも室の, 夜なす眼の, 夜なぜか私, 夜なぞとぼとぼと遠道, 夜なぞ外に出る, 夜などがある, 夜などで少し晩, 夜などというものは, 夜などはとくいの, 夜などよりはゆうに半日以上, 夜などよりも寧ろ自由, 夜などを表す方言, 夜などをかしかりける一人, 夜なにと盟, 夜なにせ季節は, 夜なにやらケティが, 夜なぶり斬りに逢った, 夜ならぬ槇の, 夜なら斬ってもわかるまい, 夜なら行くと言っ, 夜なりけり寒餅の, 夜なりしかば対岸, 夜なり物の木, 夜なるたけあけて, 夜なんかにグレーヴ刑場の, 夜なんかもこの先生, 夜なんざ夢中なの, 夜なんどは彼方, 夜において為すもの, 夜におけるその道路, 夜にかをとめよ, 夜にこそと思うの, 夜にだけ逢おうという, 夜にだけしか思ひつくこと, 夜については話したが, 夜になとなれ, 夜になんぞ褒美を, 夜ににほふより, 夜にはと帳場へ, 夜にわたつて, 夜にわかに妻が, 夜にわたって私を, 夜にわたる矢風と, 夜に対する恐怖であった, 夜ぬいだワイシャツは, 夜ねついた時の, 夜ねてて鯉, 夜ねにける, 夜ねぬ夜を, 夜ねむらないので頭, 夜ねむらなかったのでひどく, 夜ねむられないと言う, 夜ねむられぬ枕の, 夜ねむれないで困り, 夜ねられない病気に, 夜ねられん様な, 夜のかずに思ひ知る, 夜のきぬた茄子鬼の, 夜のけはひ, 夜のこたァこっち, 夜のしも身の, 夜のちには二十五歳, 夜のどが痛く, 夜のなどと柄に, 夜のにぎはひに, 夜のねざめに, 夜のみと云う事, 夜のみに限らず常に, 夜のわびしさをまぎらせるにはやはりいちばん活動が, 夜はいってゆく, 夜はうつつな, 夜はからずもそれを, 夜はきまつて停電, 夜はくにおい, 夜はけだもの, 夜はこまいもの, 夜はさこそ朝, 夜はさみしかつた, 夜はしらしらと, 夜はじぶんの家, 夜はてまえの, 夜はに胸さわぎ, 夜はねなくっちゃあならない, 夜はのみにせめられ電気, 夜はばかりより船を, 夜はやおもはん, 夜はやく眠くなつた, 夜はをとなしく新年, 夜ばいにくる, 夜ばかりか朝も, 夜ばかりが続いて, 夜ばかりを送り迎, 夜ばなし的愚痴のたぐい, 夜ひかる虫は, 夜ひとしおの寒, 夜ひとつには暑, 夜ひとばんはきっと, 夜ひとまず二条千手堂の, 夜ひとりひとりになつて, 夜ひとりボートデッキへ上がっ, 夜ひとり敵地へまぎれ入り, 夜ひとり机に頬杖, 夜ひとり汝がたく, 夜ひとり沼に行き, 夜ひとり目醒めた人, 夜ひとり茶を煮る, 夜ひと夜眼の冴え, 夜ひと晩ずつ山車, 夜ひどくさむいの, 夜ひまなとき, 夜ひやっこい東風が, 夜ひらく草花の, 夜ひる寝ないでめんどう, 夜ひる歩いてやっと, 夜ひる眠らず歩いている, 夜ひる眠ることも, 夜ぴて壁に凭れ, 夜ぴて嬶に責められた, 夜ぴて母と小, 夜ぴて行つたり, 夜ふかふおぼへ, 夜ふくれば水色, 夜ふければ煮え, 夜ふす猪の, 夜ふたたびかの高低, 夜ふたりきりで暮す, 夜ふつと電燈, 夜ふつうの民屋, 夜ふらふらと美津子, 夜ぶじにニュージーランド川, 夜ぶん耳の孔, 夜ぶん遊びに来た, 夜へと流れ動いて, 夜べつの場所, 夜ほか入用でないもの, 夜ほとんどまんじりともしなかった, 夜ほどの懸隔を, 夜ほどは何事も, 夜ほの暗いランプの, 夜ほんとうに珍しい, 夜ぼくたちはこの, 夜ぼくらは探, 夜ぽかぽかと五体, 夜まあどんなにヒンドバッドの, 夜まぎれ込んでくる, 夜まさに明けんとして, 夜ましてや地の, 夜まずいものなら, 夜またしても葉子, 夜またたくうちに, 夜まだまだ寝所に, 夜まだ本当に寝入らないとき, 夜まちはずれの薄汚い, 夜まったくきかれなくなったので, 夜まてと考えた, 夜まででも立ち止まって, 夜までと約束する, 夜まるで宿命説の, 夜まんじりともしたまはず, 夜みせの古道具屋, 夜みな武装して, 夜みやこで代役, 夜みよと結婚, 夜みんな子供をかえし, 夜むきあへるをとこと, 夜むし暑い晩でした, 夜むし比良目の味噌漬, 夜めいた空気が, 夜めっきりさむくなる, 夜もうかれこれ更けて, 夜もうす明るくて, 夜もうすこし楽に, 夜もう二度と帰らないと, 夜もかの女へ, 夜もさまでは賑, 夜もし佃の, 夜もしくは馬頭観音なぞの, 夜もす麻雀に, 夜もちつとも眠れない, 夜もとつくり眠るわ, 夜もねねえでか, 夜ものがたりではもっぱら, 夜もはや四つ半時を, 夜もみの木, 夜やけに酒を, 夜やすく睡らるべしなど, 夜やちよろりと, 夜やってやる, 夜やったのだ, 夜やってきた砂地が, 夜やぶれかぶれに, 夜やみの中, 夜やらないことね, 夜やんでいる, 夜ゆうべ三度もお, 夜よし子さんとつれ立っ, 夜よそで晩ごはん, 夜よもすがらモリイシャは, 夜よわきためいきせまりし, 夜よんでくれた, 夜闌けぬ, 夜らしき談論風発である, 夜らしく思いなされて来た, 夜らしく研いだだけで, 夜らっきょうが小皿, 夜る起きるのは, 夜ろくろく安気に, 夜づかに, 夜わかるよ, 夜わずか五六人の, 夜わびしらに率然, 夜われは一人下谷, 夜われら十人のほか部屋, 夜をかへりぬ, 夜をかをす, 夜をさえ忍びやかに, 夜をともなふ最後, 夜をば厠の, 夜を通してまで先を, 夜アアク燈柳暗花明の巷, 夜アグリパイナはその, 夜アッタスン氏は自分一人, 夜アフリカコンゴオの林中空地, 夜アフレコをやる, 夜アマーリアのこと, 夜アメリイから速達, 夜アメリカのNBC放送局, 夜アンジアンの別荘, 夜アーク燈にてらされ, 夜アーサー孕まる, 夜イタリアへ船, 夜イルシ段丘の灯火, 夜インフルエンザに罹った, 夜エクセルシオの二番, 夜エダンを通っ, 夜エッフェル塔にイルミネーション, 夜エトナ山の噴火口辺り, 夜エルンストが来, 夜オイチョカブの北田, 夜オペラを近藤さん, 夜オルジェル家はロシア, 夜オートイユの塩谷氏, 夜オーブンをなおし, 夜オープンの徹夜, 夜カサさんで御, 夜カバンの河岸, 夜カフェーをとり, 夜カミィルは意気揚々, 夜カルカッタの大宮孝潤氏, 夜カレイトヌイ座にフィヨドル・ゴラトコフ, 夜カークを書斎, 夜カーテンを閉め忘れた, 夜ガウズネルが来た, 夜ガウハル将軍は新, 夜ガニマール探偵は小門, 夜ガ明ケル前ニ螢光燈, 夜ガ晩イカラト云ウノデ吉兆ニ泊ル, 夜キャツキャツと笑, 夜キューネにこんな, 夜キリシタンの老人, 夜ギイーとその, 夜クチナシの白い, 夜クラブが催し, 夜クリストフは自分, 夜グルーシェンカの来訪, 夜グロニャールやルバリュ, 夜ケタタマシク村の半鐘, 夜ケリルは一人, 夜ケンプのピアノ, 夜コサック革命軍の機銃, 夜コゼツは, 夜コッソリ屋敷を脱, 夜コツソリと一そう, 夜コラムの部屋, 夜コルテスは運搬, 夜ゴオゴリの鼻, 夜ゴドウスキーのピアノ, 夜サボナに退却, 夜サヴォイ・ホテルの土壇, 夜サーッと秋, 夜シトシトと肌, 夜シネマを見た, 夜シャンゼリゼーへ行く, 夜シャンデリヤの光り, 夜シュウィツのアルプス山, 夜シュウェイツァールのカーキ色, 夜シューターズ丘をがたがた, 夜ジェルメーヌ後家は次, 夜ジュスチーヌが着, 夜ジュネーヴの停車場, 夜スエズに着す, 夜スカァアを仰ぎ見る, 夜スキヤキで御馳走ス, 夜スグに車, 夜スタインは早速, 夜スタジアムの様子, 夜スタニスラフスキーのピーコワヤ・ダーマ, 夜ステテンとやっ, 夜ステーションへ行つて, 夜セエラが戸, 夜ソオルの乘つた警察自動車, 夜ソコーリスキーのリトクルジョーク, 夜ソシオロジーをよむ, 夜タガンローグをさして, 夜タロコ亭についた, 夜ダケ生キテイル動物妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, 夜ダンテをよむ, 夜チェス文子よくわからず, 夜チエンチイといふ少年, 夜ッぴてこの通りも混雑, 夜ッぴて城戸へ馳せつけ, 夜ッぴて外がにぎわっ, 夜ッぴて大師堂の縁, 夜ッぴて水田でやかましく, 夜ッぴて疾駆した揚句, 夜ッぴて真っ赤に焼け, 夜ッぴて舟で見, 夜ッぴて諜し合せ, 夜ッぴて道誉と語りあった, 夜ッぴて金吾様を追って, 夜ッぴて鍋をかけ, 夜ッピテ安眠出来ナカッタノデ再ビアダリン三錠トアトラキシン三錠, 夜ッ何をする, 夜ツぴてうつぶになツて寢, 夜ツぴて點けておいた, 夜ツァラアに囁い, 夜ツウルの荘, 夜ツオウ駅まで出, 夜テナルディエはいかに, 夜テフ天鵞絨の幔幕, 夜テレビジョン研究室の鍵, 夜デカルトは炉辺, 夜デヨカッタケレドモコレカラダト時間ガ時間ダカラ必ズドコカデデモ隊ニ打ツカリマス米国大使館ト国会議事堂ト南平台ヲ結ブ線, 夜デートスコエ・セローで英男, 夜トカゲ怪人が茶色, 夜トシエは子, 夜トムソンのダイナモ, 夜トヨ公で酔っぱらい, 夜トラムによってどう, 夜ドイツ国会放火事件がおこった, 夜ドリアンはナルポウロ家, 夜ナベにセンベイ, 夜ナポレオンは私, 夜ニースから汽車, 夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 夜ニ入椋梨伝八郎来ル, 夜ノコトモ今ナオマザマザシク覚エ候エド, 夜ハオ寒ウゴザイマスカラ明日ニナサイマシタラ, 夜ハキャバレヘ引ッ張ッテ行ッテ皆デ踊ルノダト云ウ, 夜ハトロン紙をとり, 夜ハドウスルカト云ウト婆サンガ代リニ佐々木ノベッドニ寝ルコトニシテアル, 夜ハネると, 夜ハリキれない, 夜ハンブルクから四里, 夜ハ寒々トシテ臥セル地面ハ固シ, 夜ハ読書セズテレビモ殆ド見ナイ, 夜ハ颯子ガ勤メルヨウニナルト予ハヒソカニ期待シテイル次第デアル, 夜バルタザアルが塔, 夜バルビューは博士, 夜パウル・ハイゼのワインヒューター, 夜パッサージの, 夜パッカア方へ葡萄, 夜パーゴラの中, 夜ヒル書きつづける血, 夜ヒロポンのこと, 夜ビスマルクは露西亜, 夜ビレラを訪ね, 夜ピエールが千鶴子, 夜ピムキントラクターへわる, 夜ファラデーの家, 夜フアレヱルの小説バツタイユ, 夜フィーユ・デュカルヴェール街へマリユス, 夜フインシャハに戻っ, 夜フェヤリイの世界, 夜フォックス劇場できいた, 夜フト京極三太郎の夢, 夜フランシスは眠り, 夜フランス文学者である松江喬吉, 夜フーフー眠った, 夜フーラー博士グレー中将参謀長フロスト陸軍少将の四人, 夜ブダガヤの菩提樹下, 夜ブリュジョンとグールメル, 夜プラアガを開い, 夜プリンスオブウェールス歓迎のアーチ, 夜プレハーノフの論文, 夜プロレタリア駆逐したプチ・ブルジョワ達, 夜ヘミングウェー嬢に神経痛, 夜ベッドをつくり, 夜ペルシアのこと, 夜ペルールにかえり, 夜ホ型十三号潜水艦が飛行島, 夜ボヘミア領ケーニヒグレーツ在の富裕, 夜ボリース・チモフェーイチは寝そびれ, 夜ボートを見つける, 夜ポッツァレル・プラッツに三百人, 夜マカロニをべこ, 夜マストにか, 夜マドリィに着いた, 夜マドレーヌ街の事務所, 夜ミモサによった, 夜ミユツセの詩, 夜メソポタミヤのその, 夜メダカ女史が泣い, 夜メリーさんのところ, 夜モウ一度会うこと, 夜モオニングを着, 夜モモンガーが高圧線, 夜モヤ本をよん, 夜モヤ私のため, 夜モリイシャは眠れなかった, 夜モントルイュ・スュール・メールの市, 夜モ晝モ廊下ヲ曲ッタ茶, 夜モ祭ヲナシテ, 夜ライネル・マリア・リルケは若い, 夜ラクさん来る, 夜ラクソールの停車場, 夜ラサ府へ侵入, 夜リエという不幸, 夜リザベッタは市街, 夜リジア・コンスタンチノヴナの家, 夜リヴィングストーンの忠僕, 夜ルイコフの名, 夜ルナンの, 夜ルパンは悪夢, 夜ルーマニア人が浮気, 夜ル竊ニ蟲は月下, 夜レストランに休ん, 夜レーニングラード作家の夕べ, 夜レーヌ公園第四百二十七番, 夜ロケもトン, 夜ロシアへ行く, 夜ロスアンゼルスからの帰り, 夜ロボがただ一匹, 夜ロンドン中でも一番静か, 夜ローサンゼルスの郊外, 夜ヴィデを殺した, 夜ヴェランダで涼み, 夜ヴェルダンで生き, 夜ヴヴノワさんのところ, 夜一しきり明日の, 夜一しょに横, 夜一つ一つの座席, 夜一ばん東から勇ましい, 夜一ツ屋根の下, 夜一ノ関の屋敷, 夜一人きりのとき何年ぶり, 夜一人城を出, 夜一分ひと切り二朱などさまざま, 夜一列になっ, 夜一刻あまりも話した, 夜一匹犬が自動車, 夜一回だが, 夜一夜おのれが胸, 夜一夜おれは心, 夜一夜かねをならし, 夜一夜だれもまんじりと, 夜一夜一目も寐, 夜一夜亡念の火, 夜一夜其事のみ思, 夜一夜古市でお, 夜一夜大騒ぎをやらかした, 夜一夜安気に眠らなかった, 夜一夜安氣に眠つたこと, 夜一夜戸外を歩行, 夜一夜旅の勞, 夜一夜木枯の吹, 夜一夜横にもならず坐り続け, 夜一夜立番をし, 夜一夜苦しみ明した, 夜一夜苦み明した, 夜一夫も来, 夜一寸おじぎに行った, 夜一寸芸当を演じ, 夜一寸英語行ったり, 夜一山をお, 夜一年中の小言, 夜一式小一郎はお茶の水, 夜一文の収入, 夜一時過ぎても, 夜一時ごろ蝶子は山の上, 夜一時すぎ不明の七条, 夜一時十五分擱筆とある, 夜一時福井着駅で夜, 夜一時近く赤い広場, 夜一時間あまり和田校長の平泉郷土史, 夜一時頃私は電車, 夜一時頃非常梯子をつたっ, 夜一晩町はづれ, 夜一村の土地, 夜一条観音に参詣, 夜一枚でおり, 夜一枚一枚押して, 夜一橋寺で食事, 夜一段ひくい納屋, 夜一殿へ召しおかれ, 夜一泊して, 夜一泊翌朝早くの船, 夜一洵居戦死, 夜一洵居へ行く, 夜一灰燼ニ帰シタリと公卿日記, 夜一生を車馬, 夜一番明るく電気, 夜一番目の姉, 夜一番賑やかという西浜町, 夜一種の好奇心, 夜一種説明しがたい, 夜一穂の燈火, 夜一等の食堂, 夜一老人有り青藜, 夜一行二百余名および巡査, 夜一言も口, 夜一郎はもぐら, 夜一銭なしで, 夜一隊の隊旅, 夜一隻の怪艦, 夜七人のうち, 夜七十郎はよく, 夜七夜も寝でありき, 夜七日の晩, 夜七時ごろおいで, 夜七時ごろ町なる某, 夜七時ささやかな御, 夜七時すぎごろもう金色, 夜七時アリゾナ州フォニックス市から地方検事ロイド・アンドリウス, 夜七時十二分永田青嵐逝く, 夜七時半から楽しみ, 夜七時半頃に例, 夜七時近くなってから, 夜七時頃新橋駅に来る, 夜七月二十四日のお, 夜七郎が群集, 夜七重浜を襲, 夜万之助は新一郎, 夜万字楼に登った, 夜万年屋のいない, 夜あつて九時過ぎ, 夜三つ位の連絡, 夜三人がかりでネル仕立て, 夜三円持て母, 夜三刻の静寂, 夜三十円払ふよりは, 夜三十分ずつ放送, 夜三十郎の大寺正兵衛, 夜三十間堀の春日, 夜三吉と花子, 夜三吾さんヴァイオリンをかえし, 夜三夜ツウルの荘, 夜三夜五夜ほど続け, 夜三夜観音様の前, 夜三宅さんに上る, 夜三宅岡本さん達と花, 夜三成一派から宿所, 夜三日の間, 夜三時ごろより五時ごろ, 夜三時すぎまでやる, 夜三時過ぎまで結びごんにゃくをこしらえていた, 夜三更搦手から脱, 夜三更青木新四郎使を来らしむ, 夜三月の旅行, 夜三条小橋の宿屋, 夜三沢さん来仏教の話, 夜三河や, 夜三浦環の歌, 夜三浦環さんの帰京, 夜三田文学会笹屋に開かる, 夜三菱商事支店長渡辺寿郎邸にて晩餐会, 夜三藏の妹, 夜三角岳の南方四十キロ, 夜三越に火, 夜三首のお歌, 夜に掛け, 夜上ってかまいません, 夜上利別のマッチ製軸所支配人久禰田孫兵衛君, 夜上厠後の痔出血, 夜上平館の松, 夜上張りに着かえた, 夜上杉朝定のやしき, 夜上等の魚, 夜上越地方の青年有志, 夜上野介は天英和尚, 夜下婢に負, 夜下流の広川原, 夜下町へ用事, 夜不二なれ帆柱, 夜不動様の暗がり, 夜不眠の立待, 夜不破とかんた, 夜与力の軍十郎, 夜与謝野寛先生の還暦祝賀会, 夜の刻, 夜丑三つの頃, 夜丑松と九郎右衛門, 夜丑満の鐘, 夜世界よ, 夜両人ともに成敗, 夜両国のある, 夜両国橋へ来, 夜両手にお, 夜両親の室, 夜両隣の細君, 夜並みの市井, 夜中之島公園の川岸, 夜中井さんのところ, 夜中京の大きな, 夜中入つて隠れて, 夜中原君和田君来訪いつしよに, 夜中原君来訪同君のよ, 夜中尾がまた, 夜中庭へ出た, 夜中村の家, 夜中村氏来訪恋の墓, 夜中江州の八幡, 夜中流に船, 夜中立聯盟合同演説会が公会堂, 夜中谷君来るまた, 夜丸の内の淋しい, 夜丹七がそれ, 夜丹三郎が湯島, 夜主上におかせられ, 夜主人又四郎の寝間, 夜主人鶴彌に, 夜主婦之友社, 夜主峰の雲, 夜主従義別の杯, 夜主税之助, 夜久しぶり静にふけ渡った, 夜久保博士夫妻と晩餐, 夜久慈は矢代, 夜久米氏の母上, 夜久米秀治に誘はれ, 夜久能は死にたい, 夜之という単語だけは, 夜乙女等の唄, 夜九つ時猿島郡新和田にて捕へらる, 夜九ツすぎにかえり, 夜九ツ時分三島へ来, 夜九日である, 夜九時ころのこと, 夜九時ごろ看守の詰所, 夜九時すぎ裏手にある, 夜九時タルカワノ港に入る, 夜九時チリ国コロネル港内に入り, 夜九時三十七分にルウス・ジュッド, 夜九時何分ごろでしたか, 夜九時前品川石泉へ著, 夜九時十五分マデ待つ, 夜九時十五分前まで図書館, 夜九時十分でかえりました, 夜九時半中天に月, 夜九時半頃お湯に入り, 夜九時半頃風呂に入り, 夜九時大風室を四匝, 夜九時家に歸, 夜九時御殿場富士屋へ着, 夜九時杉村八木両氏と相伴っ, 夜九時湯に行く, 夜九時観測所に着し, 夜九時頃家に帰っ, 夜九時頃平岡の家, 夜九時頃床につこう, 夜九時頃微雨あり涼風頓, 夜九時頃濱野さんが來, 夜九時頃猿沢家の居間, 夜九時頃羽州秋田近海へ碇泊, 夜九時飯田町発の汽車, 夜九月の十三夜, 夜九月十五夜の月, 夜九段坂上から下町, 夜九穂子と三十間堀, 夜乞食が村内, 夜乱闘の中, 夜で眼, 夜乳母や津山甚内, 夜乾燥室から火, 夜予定より二日, 夜予定通り二人のお, 夜予日高郡妹尾に在, 夜の破れた, 夜事件の直前, 夜二ツ目辺りよりの帰途, 夜二三の文学者, 夜二三人墓場の近く, 夜二三時間しか眠らない, 夜二丘老来訪, 夜二人きりになった, 夜二人相並んで, 夜二人連で出掛けました, 夜二人部屋で方々, 夜二十五度位の儀, 夜二十村郷へき, 夜二夜同じ夢見る, 夜二将を泊め, 夜二年ぶりにて井伏さん, 夜二日酔退治にまた, 夜二星を迎, 夜二時すぎ宮崎は清子, 夜二時三時まで頬, 夜二時間ばかり仕事, 夜二時頃漁舟を盗み, 夜二時頃皆んなが皆んな小用, 夜二更黄忠は兵, 夜二月末の生, 夜二歩金で五十両, 夜二畳の炬燵, 夜二羽の鴨, 夜二譚は余未見, 夜二食を与え, 夜五つ下がりに道灌山裏, 夜五つ時頃人車に而帰船, 夜五ツ半時頃成瀬国助及俗事役壱人来リ, 夜五ツ時頃高柳楠之助, 夜五人の使者, 夜五六人の友人, 夜五円一皿は一円, 夜五円以上の食事, 夜五分遅れて, 夜五十金を懐き, 夜五合の酒, 夜五夜ほど続け, 夜五年計画のこと, 夜五所川原の叔母, 夜五時すぎまで遊ぶ, 夜五時すぎ信子女史をステーション, 夜五時過大御目付山岡氏, 夜五時開演である, 夜五浦の故, 夜五百賊王の馬五百疋, 夜五郎信盛は小宴, 夜五錠しか与えられない, 夜五階の放送ホール, 夜井上博士と私, 夜井伊掃部頭の陣中, 夜井伊掃部頭直孝の陣屋, 夜井伏さんみえる, 夜井戸の中, 夜井阪氏宅にて帝国劇塲, 夜亡くなられたとはもう, 夜亡念の火, 夜亡霊がき, 夜交われば猴, 夜京城日報主催朝鮮将棋大会木村名人歓迎会というの, 夜京子の寝室, 夜京極高鋭現, 夜京邸ニ入ル, 夜京都八坂神社に元朝, 夜京都寺町若林書店の番頭, 夜京都駅に有島武郎氏, 夜京野等志はした, 夜人々の手, 夜人々念仏を終り, 夜人びとが寝静まった, 夜人形師安川国松の家, 夜人知れずこの地蔵様, 夜仁木はちと, 夜仁科六郎と阿, 夜も都, 夜今其処で同, 夜今夜よき夢, 夜今夜中に誰, 夜今度の, 夜今戸の寮, 夜今日初日の有, 夜仙公の佐々木彦三郎, 夜仙吉はやつ, 夜仙臺を出立後, 夜令史堂前の幕, 夜令嬢づれでクリスマスの買物, 夜以來その男, 夜以来ここから外, 夜以来パナマ丸の荷役, 夜以来マリユスは毎晩そこ, 夜以来一度も猿沢, 夜以来一種の不安, 夜以来五年振りに会う, 夜以来動坂のド, 夜以来孫兵衛いつのまにかお前, 夜以来尊氏は気鬱, 夜以来彼女は幾週間, 夜以来御曹子にも悠, 夜以来心にかかる, 夜以来心配の余り, 夜以来朝子の心, 夜以来本能寺の惣門, 夜以来松木とは一言, 夜以来林之助は思い出した, 夜以来気持にしまり, 夜以来消息がなくなった, 夜以来犬は夜中, 夜以来猿沢はここ, 夜以来白髯の例, 夜以来蜂谷良作はそれ, 夜以来蟹江は二日, 夜以来銀之丞の姿, 夜小屋の, 夜仮りに要之助, 夜仲壬はひそか, 夜仲間ども一座の酒宴, 夜仲間十人おのおの金子十両と酒肴, 夜伊勢斎宮に侍り, 夜伊幣爾久太佐牟也, 夜伊曾と劉子, 夜伊東五十嵐望月三人のうち, 夜伊藤さんから手紙, 夜伊豆の温泉場, 夜伊豆守信綱は寝所, 夜伊達家の本邸, 夜伊那町で彼地, 夜伏水ニ一宿仕候所, 夜伏見で先づ, 夜伐つて來, 夜が済ん, 夜会わずにいられぬ, 夜会津藩士の家, 夜会話の欠乏, 夜伝七郎との勝負, 夜伝蔵が仕事, 夜伯母サンニツイテうさぎやニ禮ヲノベニユク, 夜伯爵は日記, 夜伺っておりまする, 夜もそこ, 夜住居の庭, 夜佐々木の旦那様, 夜佐久間氏は九時頃, 夜佐助はいつも, 夜佐多が夕刊, 夜佐用山の窟, 夜佐竹の家臣, 夜佐藤春夫の頭, 夜佐野の万世楼, 夜佐野町にて木下生, 夜何やら文学論みたいな, 夜何處で宵, 夜何遍も母, 夜余吾之介, 夜余興会あり, 夜について考える, 夜作太郎にあ, 夜作家クラブのデーニ・ウダールニク, 夜作衛がお, 夜使う丈の, 夜使者のため, 夜來らんそのとき, 夜來八萬四千偈他日如何擧示人, 夜來挽衣求共被晁大喜, 夜がいつ, 夜に泣き出し, 夜俊坊はひとり, 夜にトオカンヤ, 夜のした, 夜保平が朝霞の寝殿, 夜保田の港, 夜信之の晩酌, 夜信州の大町, 夜信濃屋の別室, 夜信重診, 夜信長は軍評定, 夜信雄は落着, 夜修一が, 夜俵屋の主人孫右衞門, 夜倉地と部屋, 夜倉沢が一種, 夜倉田が興ざめた, 夜倉知へ風呂, 夜倶楽部に来し, 夜偏奇館漫録を草す, 夜停車場前の旅館, 夜健吉さんビールをよく, 夜に人, 夜偶然ネモ号の通信, 夜偶然手に入れた, 夜に寢, 夜備中の山中, 夜催される七夕の, 夜傷兵どもは徹宵地, 夜傷口が痛む, 夜僅かな懐中電灯, 夜働くので盗棒, 夜僧房の童, 夜元寛居で稀也送別句会, 夜元老院門前の大通, 夜兄さんは僕, 夜兄弟して, 夜兄弟たちの中, 夜先家主の大工, 夜先方からかかり, 夜先輩の木下尚江, 夜光りの朝寝坊, 夜光子さんが来る, 夜光春は眠り, 夜兎羊と伴, 夜入りは昨日, 夜入浴致し候, 夜道に, 夜全体の暑, 夜全市の声, 夜全身発熱して, 夜全集第三巻校正, 夜兩岸は見物人, 夜八つの神輿, 夜八つ半時頃すなわち午前三時, 夜八ツ時分起きて, 夜八ツ時半頃なりしが, 夜八ツ時頃二十人計寝所ニ押込ミ, 夜八丈島の沖合, 夜八十八夜百夜通いは深草, 夜八夜を遊び, 夜八幡における尊氏, 夜八時ごろ小林君は山男, 夜八時すぎ御免下さい女, 夜八時すぎ板倉見まい, 夜八時バベルマンデブの海峡, 夜八時ベーリング行の列車, 夜八時モヤ床に入っ, 夜八時二十一分かの上り, 夜八時二十分頃には田郷さん, 夜八時信州北佐久郡御代田駅に汽車, 夜八時信州北佐久郡御代田驛に汽車, 夜八時半ごろになっ, 夜八時半テスト迄の時間, 夜八時半出発して, 夜八時半頃かえりました, 夜八時半頃ノックヲセズニ恐ル, 夜八時就寝たっぷり十一時間, 夜八時東京監獄より押送吏, 夜八時浄吉ガ病室ヲ覗イタ, 夜八時花巻にて, 夜八時芸術座の手前, 夜八時過ぎでもあろう, 夜八時過ぎ神戸発新橋行の急行列車, 夜八時都を出, 夜八時間ほど死ぬ, 夜八時頃倉持運転手が部屋, 夜八月の十五夜, 夜八畳に坐り, 夜八百善の料理徃時, 夜八重ちやんの案内, 夜公余に編輯, 夜公使の御飯, 夜公判がひらかれる, 夜公開されるとの, 夜六・八どまりの有様, 夜六七人程の定, 夜六人のうち, 夜六時ごろやはり青森県出身, 夜六時すぎつやが来, 夜六時二俣口の船底山, 夜六時半会場は旭座, 夜六時半頃から坂本さん, 夜六時頃先輩の生駒君, 夜六畳の方, 夜共に生存競争裏に, 夜兵士の宿舎, 夜兵火息む, 夜兵馬は改めて, 夜其事のみ思, 夜其邊で一番, 夜兼吉も暇, 夜兼家が行く, 夜兼松弥次助, 夜を出る, 夜内外人の大, 夜内山が饒舌, 夜内海達郎は妻, 夜種痘下駄をか, 夜再発しかかった中耳炎, 夜冒涜の言葉, 夜冠山の城, 夜冥途の月, 夜の夜, 夜冬吉が金輪奈落, 夜冬村来蝮蛇に咬まれた, 夜に虫, 夜にかこつけ, 夜凉座に迸り, 夜凉秋の近き, 夜凉縁日のそぞろ歩き, 夜のよう, 夜凝っとした, 夜凡てを思い出そう, 夜は上根岸, 夜出した繪葉書は, 夜出た明け方さわやかな, 夜出たらそつと, 夜出でず内には, 夜出ますと叱られます, 夜出帆して, 夜出席して, 夜出懸けて沼, 夜出掛けちゃあお, 夜出掛けようといふ, 夜出来て来, 夜出歩かれるねえ, 夜出演する予定, 夜出現するが, 夜出窓から投げこまれた, 夜出立したところ, 夜を拔, 夜刀神を祀る, 夜刀神新治郡の大, 夜刃羅刹といえ, 夜分家に帰る, 夜切におそば, 夜の思ひ, 夜刑事交代苛酷なる責折檻, 夜て蛙聲, 夜初更のころ, 夜初更屋内のラヂオ, 夜初瀬蛍の吹き舞う, 夜初酉なり, 夜判事は床, 夜判事検事弁護士看守死刑執行人教誨師等は四十八時間熟睡, 夜別に用も, 夜別れたきりである, 夜別館客座敷の真ん中, 夜利休は供, 夜利根の川向う, 夜利根川の土手, 夜到ればこれ, 夜刺殺現場から程遠から, 夜に一度, 夜前人殺と, 夜前後の月, 夜を抱い, 夜剱光と共に飛び, 夜割合早くねむる, 夜剽軽な雑誌記者, 夜加納平太郎と云う, 夜加藤弘三夫妻近藤泰来る, 夜加藤誠二の話, 夜加集もいろんな, 夜助かった捕兵と, 夜労して昼疲, 夜勇吉は荒れた, 夜勘兵衛お頭, 夜勘次の家, 夜勝則は泥酔, 夜化けて出ます, 夜北さんと別れ, 夜北原白秋氏の, 夜北村の家, 夜北野豊岳を訪問, 夜北風に声, 夜区役所の吏国勢調査, 夜十一時ごろボーレンの表, 夜十一時ごろ倉地が下宿, 夜十一時ごろ横浜港外へ仮泊, 夜十一時すぎの上り, 夜十一時すぎ女房来る, 夜十一時すぎ汽車出る, 夜十一時会からかえって, 夜十一時十五分の終電車に乗, 夜十一時十五分書終る, 夜十一時半までひ, 夜十一時半ごろから翌朝八時, 夜十一時半レーニングラードへ立つ, 夜十一時半夜陰に入る, 夜十一時半頃まで一緒, 夜十一時四十分の復員列車であった, 夜十一時峡間の中点, 夜十一時幾分かの上諏訪発, 夜十一時日の没, 夜十一時最終の京成電車, 夜十一時東京駅発の列車, 夜十一時発で盛岡, 夜十一時相州観音崎下に停船, 夜十一時過ぎ下女が便所, 夜十一時過ぎ豹一はひきずる, 夜十一時階上の都銀行, 夜十一時頃備後鞆の近, 夜十一時頃基ちゃんが門, 夜十一時頃私はベッド, 夜十一時頃荒木さん速達ですと, 夜十三人の宴会, 夜十三夜なれど, 夜十三日ののこり, 夜十二円なるありほか, 夜十二時ごろお茶づけの, 夜十二時ごろトメが, 夜十二時すぎ苦しくて, 夜十二時五十分の急行で道子, 夜十二時後となっ, 夜十二時過ぎ他所から帰っ, 夜十二時過ぎ室を出で, 夜十二時頃マリンスキーからかえる, 夜十五日の総, 夜十六の春, 夜十四号に眠る, 夜十左衛門から内蔵助, 夜十度ほどの寒, 夜十時ころ甲斐が覚書, 夜十時ごろになる, 夜十時ごろ今村さんはあなた, 夜十時ごろ小田原駅で誰, 夜十時ごろ茅屋に帰りぬ, 夜十時すぎ私は中野, 夜十時すぎ蓼科からかえって, 夜十時すぎ衆議院は通過, 夜十時前後に車, 夜十時半十時九時半とかえる, 夜十時半太陽すでに地平線下, 夜十時半客が歸つて, 夜十時就寝一日三回の検温, 夜十時後クリスチャニア市に着し, 夜十時日本郵船会社汽船安芸丸に乗り込み, 夜十時汽船ブエナス号に投じ, 夜十時点検終わり差し, 夜十時犬継地区を全部, 夜十時近く六十何枚か書き上げた, 夜十時過ぎ僕たちは宿, 夜十時静かに裏戸, 夜十時頃久我千秋は, 夜十時頃大子駅に到着, 夜十時頃師匠東雲師はついに, 夜十時頃帰宅した慎作, 夜十時頃机に向っ, 夜千世子は何と, 夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 夜千代が浴衣, 夜千代乃はいつ, 夜千代松が來, 夜千住へ若芽, 夜千登世は丸の内ホテル, 夜千里を一里, 夜千駄木の一角, 夜千鳥なく声, 夜午前一時という, 夜午前一時過ぎに家, 夜午前二時に番兵, 夜午後九時から午前一時, 夜午後十一時から始められる, 夜半ばにし, 夜半ば死人のよう, 夜半死半生の苦痛, 夜半蔵は家, 夜卑怯者といわれ, 夜卓子にある, 夜の女房, 夜南座へ芝居, 夜卯の花のよう, 夜印旛沼のほとり, 夜厄祓ひが, 夜原稿が不満, 夜厨房用の石油, 夜定が, 夜去りがたき用, 夜去年中の悪夢, 夜参りするたアなおさら, 夜参宮道路の真中, 夜参籠あそばされあくる日佐和, 夜を会し, 夜友だちのところ, 夜叔母が私, 夜取れよ花の, 夜受けた獣性の, 夜の鳴, 夜古い邸の, 夜古代時計室の鉄扉, 夜古川町闕所屋敷で唐通詞, 夜古市でお, 夜古市氏から御, 夜古泉堂という古本屋, 夜古賀はひどく, 夜召集が来た, 夜心の, 夜長く有情郎, 夜右大弁は又, 夜各自提灯を携え赴きたる, 夜合図をしたら, 夜合宿引上げの酒宴, 夜吉岡髯将軍ビール二杯呑んだところ, 夜吉平のささやいた, 夜吉祥寺駅から下宿, 夜同じこの歌枕で, 夜同人の嫁某, 夜同地にて興行, 夜同室に枕, 夜同家表二階の座敷, 夜同宿の女給すみ子, 夜同席するという, 夜同心を二人, 夜同志のところ, 夜同然の真暗, 夜同窓生が今, 夜同行のもの, 夜同門の人, 夜名月に, 夜名誉ある勤労婦人, 夜君子は一人, 夜吠える声に, 夜吹上の庭, 夜呂布は貂蝉, 夜呉侍御の, 夜呉服は自分, 夜呉郎さん十郎さん来訪そしてその, 夜呉陣第一, 夜告鳥にさそはれ, 夜周三は千住, 夜周信が失踪, 夜周家の客間, 夜周瑜は十分, 夜呼盧相逢還解有情, 夜を奉じ, 夜和尚はいたずら, 夜和泉式部と好い, 夜の買っ, 夜咲く花の, 夜咲国子供三人その他二人, 夜咲枝が病院, 夜品川に着いた, 夜品川沖にうかんだ, 夜哨兵の小隊, 夜哭きする食用蛙風に, 夜哲学辞典と云う, 夜唄うにまかせ, 夜唐家花園のバルコン, 夜ひとりで, 夜商いをし, 夜商隊長が帰っ, 夜啼かぬものでございます, 夜啼婆鎌倉若宮八幡の銀杏, 夜啼石伝説とかいうの, 夜啼饂飩が居る, 夜啼饂飩屋が通り合, 夜啼鶏の啼き, 夜啼鶯と郭公, 夜喋って一寸, 夜喚ぶ者は, 夜喜兵衛の使い, 夜喜多の家, 夜喫茶店に連れ立っ, 夜は暗, 夜営内に広常, 夜嘉川の, 夜嚴重な締り, 夜四つ半時時田は自宅, 夜四つ時前四つ樋, 夜四つ時死候は朝五つ時, 夜四つ時頃打入候処, 夜四ツ時頃打入り候処一ヶ所は一人, 夜四五回も彼女, 夜四半時出宅, 夜四国屋の商船, 夜四夜と続いた, 夜四山楼の晩餐, 夜四方が騒がしく, 夜四時過乗船, 夜四時前開く, 夜四時軍監より御, 夜四辺に灯, 夜四辻にきた, 夜囲炉裏を囲ん, 夜囲炉裡を囲, 夜図らずもこの, 夜図書館からの帰り, 夜国元の尾張, 夜国境安別の海岸, 夜国太郎に漏した, 夜国民劇塲を観る, 夜國手來りて, 夜土塀を乗り越え, 夜土岐技手が現場, 夜土民の反乱, 夜圭一郎は茶の間, 夜に坐し, 夜地上に舞, 夜地下室の階段, 夜地蔵寺の池, 夜地蔵尼は例, 夜坂本渡辺畑宮本ら四人が刺殺された, 夜坊さんが来, 夜坤竜を手, 夜坤軸を砕く, 夜垂井の駅, 夜を踰, 夜垣根の側, 夜埃及文学をよむ, 夜をさがる, 夜城外の池田部隊, 夜城砦の望楼, 夜執拗な山荘, 夜執筆の傍火鉢, 夜の方, 夜堀口氏詩集の序, 夜堀川通りの小寺宇右衛門ほか二カ所, 夜堀部安兵衛と裏門, 夜堂々と入り込んだ, 夜堂守の妙達, 夜堅く発誓し, 夜堺卯で芸術愛好者, 夜の前, 夜に就いた, 夜とこの, 夜塙次郎が三番町, 夜塚間に至る, 夜塩山家がにわかに, 夜塩町に散歩, 夜塲中炎暑忍難し, 夜の唐紙, 夜境町の利根川, 夜墓守が外, 夜増上寺への野邊送, 夜に長々, 夜壁一重隔てた道具置場, 夜を出, 夜の中, 夜士族の屋敷町, 夜なもの, 夜夕刊に宮本顕治, 夜夕方から十二時頃, 夜夕立があつ, 夜夕飯後急におなか, 夜夕餐のとき赤彦君, 夜外堀線の電車, 夜外泊したの, 夜外祖父毅堂先生が親, 夜夜中あてこともねえ, 夜夜中塀を乗り越え, 夜夜半の廊下, 夜夜半頃には信長, 夜夜學は無, 夜夜明かけて, 夜夜更しが続いた, 夜夜網の出がけ, 夜夜通しまんじりとも為ず, 夜夢告に成る, 夜夢幻のやう, 夜夢朝夢の三, 夜夢遊して, 夜大丸の旦那, 夜大事な神品, 夜大勢のひと, 夜大原三千院の来迎院, 夜大友は二三, 夜大変に混んだ, 夜大変混雑な文学者会, 夜大学時代の同窓, 夜大寺に当てられた, 夜大岡の邸前, 夜大島司法主任がとう, 夜大川の流れ, 夜大川時次郎がおとずれ, 夜大曾根の農家, 夜大森の山王茶寮, 夜大森停車場附近で鉄道自殺, 夜大水があった, 夜大湯の温泉, 夜大瀧の帰途, 夜大火だ, 夜大膳亮は月輪軍, 夜大蔵大臣の宅, 夜大連市中の日本橋, 夜大酔した嘉平次, 夜大関柊郎氏来訪いろいろ芝居, 夜大阪ホテルで催された, 夜大阪下寺町を彷徨, 夜大阪屋のシチュウ, 夜大雨車軸の如し, 夜大雪降り夜明, 夜大震災の火の手, 夜大風襲来の兆, 夜大風雨雷鳴真虫蛇, 夜天上一輪の月, 夜天主はごく, 夜天幕の中, 夜天文を観る, 夜天滿與力の何某, 夜天王寺公園の草叢, 夜天神を散歩, 夜天願氏が酔っぱらっ, 夜天風に乗じ, 夜天麩羅の屋台, 夜天龍寺に放火, 夜太郎どのが其職人, 夜太閤殿下は伏見, 夜夫カラ挑マレテ怯ム色ヲ見, 夜夫一徳に見送られ, 夜夫人が満悦, 夜夫婦婬を行え, 夜と日出, 夜奇術師に化けてる, 夜奈良原到は, 夜奈落の片隅, 夜では凝議, 夜奥さんは来る, 夜奥医師専斎の邸, 夜奥方はお, 夜奥様が千草, 夜の間, 夜奧州屋新助殿, 夜女中部屋へ落ちついた, 夜女子大学の願書, 夜女房の注意, 夜女房使ひに, 夜女牢の方, 夜好い時間を, 夜如何しても, 夜妓院に酔っ, 夜の一つ, 夜な夢, 夜妨げられるのは, 夜の卯木夫婦, 夜妹いつまでもいつ, 夜妹達に接吻, 夜妻君が六階, 夜妻恋坂の下, 夜はあの, 夜姉ちゃんは汽車, 夜姉娘は妹娘, 夜姫君の首, 夜威徳院で連歌, 夜婆さんの家, 夜嫁さんの家, 夜嫁御寮を始め一同, 夜嬉しく夜中すぎまで, 夜子どもがひとり, 夜子介抱して, 夜子供らが寝しずまった, 夜子守子のバルカ, 夜子爵は一人, 夜孔子の室, 夜孔明は諸, 夜孕まれた由, 夜孝太郎と恒雄, 夜孝次郎は松代, 夜季男と名, 夜孤燈の下, 夜孤燈それにつけ, 夜学会をやっ, 夜学校夏季学校冬季学校等を設置, 夜孫兵衛こいつアおもしろい周馬, 夜孫兵衛ここへゆらりと, 夜孫兵衛それにすがっ, 夜孫兵衛天堂一角この以外, 夜孫兵衛宿酔でもした, 夜孫兵衛旅川周馬その三人, 夜孫兵衛本名は関屋孫兵衛, 夜孫兵衛櫓を撓わせ, 夜孫兵衛死首ながら立派, 夜孫兵衛洞窟の奥, 夜へ帰つて, 夜宇治は飛行士, 夜宇治山田の米友, 夜守りぬ歌びとの, 夜守るやヴァイオリン, 夜安らかなれよ, 夜安代の旅籠屋, 夜安達さんのところ, 夜宋金花を訪れた, 夜く睡れ, 夜宗助は家, 夜宗右エ門町の西明陽軒, 夜宗春は金太夫, 夜宗麟はカブラル, 夜宗麟夫人は猛烈, 夜官兵衛は三木城主, 夜宝屋の会, 夜実にたのしかった, 夜実にのうのうとして眠った, 夜実験をやる, 夜客あしらひの, 夜客あしらいのよい, 夜客人で一杯, 夜客室の庭, 夜宣教師館に石, 夜室内の灯光, 夜室生君と一しょ, 夜宮中で行, 夜宮内省の音楽, 夜宮島祭だつたらう, 夜宴会の口, 夜家主の家, 夜家人がみな, 夜家臣たちは額, 夜家鼠を饗, 夜容体が急変, 夜宿りに来, 夜宿所で誰, 夜宿直の樹明君, 夜宿題をしあげました, 夜寂しい道, 夜寂しく眠る前, 夜寄宿舎を抜け出, 夜寄席へ行く, 夜富士見の馬場, 夜富士見町の細川侯, 夜富子がどうか, 夜富岡を訪問こと, 夜富田屋の里栄, 夜寒い霜の, 夜寒月氷の如く, 夜寛永寺の森, 夜寛永寺附近に見張っ, 夜寝かしていた, 夜寝しな豹一の優等免状, 夜寝ずにああ, 夜寝ずして三尸, 夜寝つけない頭の, 夜寝ててもバイロン, 夜寝られぬ苦しい真夜中, 夜寝られりゃこんな結構, 夜寝られるか寝られない, 夜寝入るときも, 夜寝所でお, 夜寢しなに殘, 夜の西, 夜寺内の池, 夜寺田彌三郎, 夜対月寄懐木駿卿柴担人去年此夜与両生, 夜寿枝はやつ, 夜寿江国と来る, 夜寿江子何かたべよう, 夜寿江子和服を着, 夜寿江子島田のかつら, 夜寿美子を招, 夜半渇甚, 夜将軍家は近習, 夜に伴, 夜小五郎は一度, 夜小南いろいろと, 夜小夜子は自殺, 夜小太郎を討ち, 夜小屋にかえって, 夜小川丈夫氏來り赤飯, 夜小川氏を訪, 夜小川氏松戸市傳染病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 夜小杉二郎少年が蜂矢, 夜小沢は土砂降り, 夜小野君が遠慮, 夜婢お, 夜少しく深けかかると, 夜少女がなぜ, 夜少年探偵団員の木下君, 夜少量の葡萄液, 夜尖兵一千余人中村五郎の手引, 夜ほ彷徨, 夜尤甚し, 夜就床する前, 夜尺八をふい, 夜尿をした, 夜からの全波聴取, 夜居士が戦地, 夜屋根などに白く, 夜屍室に搬, 夜山の神さまに招かれ, 夜山内村まで落ち, 夜山吹御殿の一間, 夜山地の冷気, 夜山家集をよむ, 夜山小舎の深い, 夜山木家を逃げ, 夜山田きく子氏の招待, 夜山田友次郎田野入利三郎, 夜山男を見, 夜山荘には雨龍太郎, 夜山越をした, 夜山陽が父春水, 夜岐阜の諸処, 夜岡山のつぼた, 夜岡本太郎君が友人, 夜は思いきっ, 夜岩吉の執拗, 夜岸伝いに帰っ, 夜岸塩田氏その他の幹部学芸員, 夜岸嶽の鶏, 夜の牛方仲間, 夜峯子がふと, 夜島々に近, 夜島田から汽車, 夜崩れ落ちる五彩陸離たる, 夜嵐山の旅館, 夜本天聲, 夜川原に火, 夜川崎の本, 夜川止めの日, 夜川谷さんテーブルの上, 夜川長の裏庭, 夜巡ることは, 夜巡回に来, 夜巡査に咎められ, 夜工事場の人員全部, 夜工場につるし, 夜工場クラブで集会, 夜隣りの, 夜左門と他, 夜差向ひで話をする, 夜已初更なり, 夜巴橋で逢う, 夜の中, 夜の口, 夜を開く, 夜市次郎に酒, 夜市次郎高村の婆さま, 夜市街を貫流, 夜帆往来して, 夜帆村と上下, 夜帝劇古田中さんの夫人, 夜の坊, 夜師匠の棺, 夜師父ブラオンのこの, 夜席上でたまたま, 夜帯刀で禁門, 夜太遅戒禁足, 夜帰つて来て, 夜帰らない飲んだくれの父, 夜帰らなかったが水曜日, 夜帰らぬ事に, 夜帰られませんので病気, 夜帰るにこ, 夜帰れなかったんだ, 夜帰宅してからの, 夜帰途につき, 夜帷幕のうち, 夜帽子をかぶった, 夜平一郎は尾沢, 夜平原を照らした, 夜平山陰謀を跡部, 夜平民社演説会を神田, 夜平気だったし, 夜平素気障な, 夜平臥して, 夜平野郷のとある, 夜若い邏卒, 夜年長の知人, 夜幸い館にいず, 夜幸吉の夢, 夜幸村と勝永天王寺, 夜の赤い, 夜なき眼, 夜幾多の世紀, 夜幾夜ある明方, 夜幾月目かに初めて, 夜幾百の村民, 夜幾百万の燭光, 夜広大なるこの, 夜広江に而飲, 夜広瀬氏が二時一寸前, 夜庄兵衛とひ, 夜庄司氏の応接室, 夜庄造は親切, 夜床避りの, 夜知れぬ影, 夜から抜け出た, 夜座右の火鉢, 夜座敷牢から出し, 夜座辺の灯火, 夜座間が寝つかれない, 夜庭園の小径, 夜庭後君再び訪, 夜庭後子風雨を冒し, 夜庭窪の蘇州庵, 夜を叩い, 夜庵室に来た, 夜廖化は関羽, 夜廣太郎は誰, 夜延べには親子兄弟, 夜延吉という西北方, 夜廻り役人から御用, 夜廻わりでもあろう, 夜弁信法師と二人, 夜式部の家, 夜すつ時に, 夜引越しするの, 夜弘道会の名人会, 夜弟子たちはいろいろ, 夜弥生の死顔, 夜弥生座も, 夜弦打村庄屋茂兵衛の家, 夜張った非常線が, 夜張出縁に蠢い, 夜張飛はただ, 夜当人洞の中, 夜当時グルノーブル通いをし, 夜形見ぞといっ, 夜彦一はしたたか, 夜彫刻家の菊池君, 夜彭義に死, 夜終って, 夜役員の資格, 夜彼二人の邸, 夜彼女らの一人, 夜往時に集え, 夜待ちあけ方の, 夜待っていた, 夜待ったが音さた, 夜後向きになつ, 夜後尾の方, 夜後年の忠相, 夜後悔と慚愧, 夜後藤さん来訪三人でしめやか, 夜徒らに思出, 夜従妹たるスールディ公爵夫人, 夜従姉の家, 夜得々として私, 夜御前へ出仕致候処, 夜御所にて和歌, 夜へりに, 夜復えりに一昼夜, 夜微雨あり, 夜微風あり, 夜徹しあるという, 夜徹しやっている, 夜徹し飲み明かしなさるのでござんしょう, 夜徹宵この敷石道, 夜徹宵フローラは壁, 夜心ゆくまでダンス, 夜心持よく勉強, 夜心細かった, 夜心臓がしめつけられる, 夜必ずその棲所, 夜忍びするは, 夜忍びやかに無月, 夜忍び込み此の, 夜忍び込んで来た, 夜忍んで広隆寺, 夜志士ら蹶起して, 夜応援団の者, 夜念仏を興行, 夜忽然として, 夜思いがけず東京から, 夜思いがけなく赤ン坊を, 夜思いがけぬ屋根の, 夜思い切って熊本, 夜思い切りあの壮快, 夜怠け者を懲, 夜急用があっ, 夜急病が起っ, 夜怪しい美しい色彩の, 夜恋しい夫である, 夜恋人が手淫, 夜恐しい暴風雨が, 夜恐怖見知らぬもの, 夜恵林寺に屯, 夜患者は洗面器, 夜悦子が寝, 夜の扉, 夜悪い運命の, 夜悪魔は何人, 夜惜し気も, 夜惡少年の杖, 夜想い出すと急, 夜意外な時, 夜意志のやう, 夜意識をなくし, 夜愚僧を御前, 夜愚鈍な眼差し, 夜と憎悪, 夜愛一郎とカオル, 夜愛宕の下屋敷, 夜感慨の中, 夜慈悲太郎はフローラ, 夜慣れないベッドの, 夜懐中電燈のおぼろげ, 夜懲りずに忍ん, 夜の敵, 夜戌刻に忠之, 夜我が家の裏手, 夜我等の仲間, 夜我輩は館林様, 夜のお, 夜戸倉老人は春木少年, 夜戸波の村役人, 夜戸石君と二人, 夜戸締りをし, 夜戻りの山法師, 夜戻る時は, 夜房江は水, 夜所蔵の浮世絵, 夜を腰掛, 夜を開け, 夜を結んだ, 夜手伝って台所, 夜手慣れた槍を, 夜手柄にしよう, 夜手紙をかく, 夜手許におかなけれ, 夜手足の爪, 夜之助, 夜がかかった, 夜折々何やら連続の, 夜折竹はまんじりと, 夜出たの, 夜抜荷屋の船, 夜抜錨して, 夜抱いた感じよりも, 夜抱擁と接吻, 夜押込みがはいっ, 夜拉典語の字書, 夜拙者道了塚のほとり, 夜招かれて御馳走, 夜でなぐっ, 夜拳銃で自殺, 夜持つて來, 夜指導者は日頃, 夜振舞酒に酔った, 夜捕へられるといけない, 夜捲きこまれる奇怪な, 夜掃つて見ると, 夜掃除だ掃除, 夜排便時に力んだ, 夜掘割のふち, 夜掛ったのであった, 夜描いたので全体, 夜描きにくいもの, 夜揺りかへり鳴る, 夜しが, 夜へ行きける, 夜摩擦がすん, 夜摺違ひに, 夜撃朝懸とは, 夜支那人の一人, 夜改正道路のはずれ, 夜攻められる人々の, 夜放すわけにも, 夜放火艇の突入, 夜放送局を占領, 夜放送用の, 夜政江は権右衛門, 夜故人と鴎外博士, 夜故郷の江戸, 夜故障が起った, 夜敏子や婆, 夜救世軍へ行っ, 夜教会から戻つ, 夜教室の職員学生一同, 夜教授の部屋, 夜散々加筆した原稿, 夜敬坊来ふたりいつしよに, 夜敬坊来街でほどよく, 夜敬治君機嫌よく実家, 夜数学をさらい, 夜数年ぶりで私, 夜数日間つづきて, 夜数時の後, 夜数馬は行水, 夜敵五味左門を取り逃がした, 夜敵方の陣地, 夜敵陣にたく, 夜文一郎はふと, 夜文三は断念ッ, 夜斎藤君はおもわせ, 夜斗丈庵へ参りました, 夜斥候櫓から敵陣地, 夜断雲からもれる, 夜新しく雇い入れたバンド, 夜新出去定, 夜新婦と倶, 夜新橋で別れ, 夜新橋辺の料理屋, 夜新生社の爲, 夜新郎のズボン, 夜新院方へ赴く, 夜方々から誘はれた, 夜旅中の温, 夜旅川の三名, 夜旅籠屋の一室, 夜旅館に帰っ, 夜日々の区別, 夜日暮から降出した, 夜日暮里にて, 夜日暮里駅のベンチ, 夜日暮里驛のベンチ, 夜日本人の教授達, 夜日本橋にてお, 夜日本橋住吉町の往来, 夜日本橋倶楽部にて清元一枝会温習会, 夜日本橋若松屋にて玄文社観劇合評会, 夜日本茶を入れ, 夜日本領瓜哇発にて其文左, 夜日比谷公園を歩るい, 夜日記の筆者, 夜日記どころの騒, 夜日記帳に, 夜日頃自分から話しかけた, 夜旦那が御, 夜旧友の遠き, 夜旧弊なれどお, 夜や足立, 夜早くから店を, 夜早稲田大学裏にあった, 夜明いばえつ, 夜明けがた和気郡片上の入り海, 夜明けがた女の口, 夜明けたらしも, 夜明けた醒めごころ, 夜明るい気持ちで, 夜明方喉いと乾く, 夜明方隣の雑貨屋さん, 夜明日はお正月, 夜明星第三号, 夜明月皎皎たり, 夜明神の境内, 夜明神様を中心, 夜明神樣を中心, 夜の大阪, 夜昔ながらの蝋燭, 夜星夜になった, 夜星子なるもの, 夜星野温泉へ帰っ, 夜を受け, 夜映画から帰る, 夜映画説明をした, 夜映画館に居た, 夜春木座の出方, 夜春照高番の宿, 夜春琴は全く, 夜春長軒父子は信忠, 夜春雨草の葉, 夜昨夜も良い, 夜昨年の八月, 夜昨晩買って, 夜是留乃阿是乃古麻都爾, 夜と描き分けられた, 夜時報を受ける, 夜時間を計り, 夜晝妙な人間, 夜晝戲れて, 夜晝爲るなんて, 夜晩食をすまし, 夜晩飯がすん, 夜晩餐の招待, 夜晩餐後の散歩, 夜なるべき月, 夜晴れて霧, 夜晴れた日には, 夜晴れ日の長い, 夜晴朗とでも云う, 夜智子は食後, 夜暁近くの肩, 夜暑い夜を, 夜暑苦しくて眠れない, 夜暗い冷たい教会の, 夜暗うして, 夜暗がりの応接間, 夜暗きも明星, 夜暗く長い桜並木の間を, 夜暫らく母親の面影, 夜暮羊君来庵杉の青葉, 夜暴民たちはその, 夜暴風に襲われ, 夜暴風雨が来, 夜曉方近い丑刻半, 夜曰昼亦有, 夜更かしせぬこと, 夜更けたら廊下の, 夜更にこっそり訪ねて, 夜更にともすると人の, 夜更に少しずつざわめき出し, 夜更一人で帰途, 夜更十二時近くになっ, 夜更地蔵踊地蔵物いい地蔵, 夜更大学の法医学教室, 夜更新聞社の屋上, 夜更方の事, 夜更誰か玄関, 夜更道夫の枕許, 夜書けないでいらいら, 夜書見に耽っ, 夜書齋にて, 夜最も忌は, 夜會草や月見草, 夜會音樂と花環, 夜月さへわたり, 夜月山の端, 夜月落ち参横たわるの, 夜有楽座人形芝居二ノ替, 夜をつくっ, 夜望みをかの, 夜朝日やその他, 夜朝盛さまは出家, 夜朧月夜に暗い, 夜之助, 夜木下はすぐ, 夜木島さんとお, 夜木曜会に徃, 夜木曜会運座に徃, 夜木村博士を自分, 夜木枯の吹, 夜木槐に自分, 夜木母寺の植半, 夜を片づける, 夜本人は女の子, 夜本堂に経文, 夜本屋へ行き, 夜本当にぐっすり眠るので, 夜本物の勝見, 夜本紙十月號記載上田文子氏の, 夜本部に泊め, 夜本郷キリスト教会の祈祷会, 夜本郷丸山町の深尾須磨子さん, 夜本間の道ちゃん, 夜本隊は紅玉軍港金剛石砲台, 夜が酔う, 夜机竜之助, 夜が言った, 夜李粛は一軍, 夜李陵は小袖, 夜村内の某, 夜村尾と気まずい, 夜村長が出かけ, 夜束ねた髪も, 夜いろいろ話した, 夜来たつて駄目よ, 夜来れば翌朝, 夜来訪種々のこと, 夜来馬が町, 夜東京堂へ行き, 夜東京日日新聞主催の, 夜東京横浜を焼いた, 夜東京神田区東福田町倉本某方の左手, 夜東京駅ステーションホテル第十四号室, 夜東劇で東西合同, 夜東北方面の優秀, 夜東宮の御所, 夜東洋銀行米国支店の頭取某氏, 夜東組同心平山助次郎と云, 夜東都大地震, 夜杵屋勝四郎来る, 夜の中, 夜松井の女, 夜松山公会堂に於, 夜松岡さんが来る, 夜松島氏の探偵実験, 夜松平氏と皆, 夜松村子爵は飄然, 夜松波博士の新しい, 夜松浦川の渓, 夜板一枚にしがみつい, 夜板橋を始め, 夜枕上これを聴け, 夜枕許へこほろぎがやつてきた, 夜枕辺の畳, 夜林寛があやまっ, 夜林文三郎が来, 夜果物か何, 夜枯れ枝に氷, 夜枯木のうれ, 夜にもなく, 夜柚子がこんな, 夜柳吉が紋附, 夜柳秋雲は陳慧君, 夜柴進にむかっ, 夜栄一は弟, 夜栗田の窯, 夜校長さんの処, 夜根岸を中心, 夜格子の敷居, 夜桂子の高殿, 夜が独り, 夜を見, 夜梔子の実, 夜梵鐘の鳴る, 夜森本弘策が千代田, 夜り木, 夜植えこみの下, 夜椹野河原は人出, 夜に茶卓, 夜にねる, 夜楽屋に入った, 夜楽屋入をし, 夜楽遊然与, 夜楽隊が鳴った, 夜榮一は弟, 夜槍岳頂上で聯合艦隊司令長官末山大将以下戦死者一万数千人, 夜槙島の野, 夜樂劇に往きし, 夜権右衛門は政江, 夜樹明兄来庵ちよんびり, 夜樹明兄来庵章魚を持つ, 夜樹明冬村の二君, 夜樹明君再来何だか様子, 夜樹明君再来第六感を働ら, 夜樹明君来庵まじめな酔, 夜樹明君来訪停留所まで送る, 夜樹明君酔つぱらつて来訪, 夜樹明来暫らく話してから, 夜樹明来福神漬でお茶, 夜樹明来茶をすゝつて漫談, 夜橋場の宿, 夜橋川時雄と云う, 夜はいつ, 夜橘南谿の東遊記, 夜機関士が思いきっ, 夜橦木町に從兄, 夜檀君に案内, 夜の床柱, 夜檜垣の歓迎会, 夜の中, 夜歇んでは, 夜のけい古, 夜歌寿の家, 夜歌舞伎座から遁走, 夜正あけたり, 夜正夫はなんだか, 夜正明は猛然と, 夜正木不如丘の著, 夜正遠と定, 夜正面に来た, 夜此行列について歩い, 夜武士は旅, 夜武田本陣にあてられた, 夜武男が辞色, 夜武者小路の, 夜武蔵野の草庵, 夜歩いたがやはり, 夜歩かなくつては, 夜歩かねえがい, 夜歩きつづけてしまつて, 夜歩けるものじゃ, 夜つたか, 夜歸らず, 夜死んだ母と, 夜死人は続々, 夜死去したので, 夜死骸のなく, 夜殆ど一睡もせず, 夜殆ど満員だった, 夜残らんと欲す, 夜殺されようとし, 夜殺した郁少年を, 夜殿アイヤ周馬先生どど堂島, 夜殿堂へ煙硝爆破, 夜殿様の源十郎, 夜母上御木本からブローチ, 夜母上電話にて病, 夜母下妻より歸, 夜母君丹頂の鶴, 夜母様と書こう, 夜比売を娶り, 夜毘賣一宿にや妊め, 夜毛布を被っ, 夜毛皮をつくらせた, 夜は暗, 夜氏神詣りの, 夜気味がわるい, 夜気絶したマリユス, 夜氣蕭森として神聖, 夜水下の小作人二十人, 夜水中でこまかく, 夜水木が帆足, 夜水竜哭す, 夜水竜哭などと云っ, 夜水際にいる, 夜を頂き, 夜永い時は, 夜永井さんはへん, 夜永原さんのところ, 夜永遠にかえらぬ, 夜の家, 夜江尻の城, 夜江州奉行所か蔡九, 夜江戸の到る, 夜江戸川の方, 夜江戸川亭にゆく, 夜決意して, 夜汽車にガタクリ, 夜沢山のこと, 夜沢山酒を飲み, 夜沢村源之助芸談を放送, 夜河原崎権之助, 夜を買, 夜油橋さんのところ, 夜沼田で食事, 夜泊つた騎士のうち, 夜泊めて見る, 夜泊らずに帰った, 夜泊り込みを掴まない, 夜泊寒山寺の鐘啻, 夜法師丸が逃げ, 夜法月弦之丞, 夜法蓮房の夢, 夜法蓮房覚阿弥陀仏等月輪殿の子息, 夜泣きながら訴えた, 夜泣きたいような, 夜泣きつづけし事も, 夜泣き続け遂に道, 夜泣く泣く麹町の, 夜泣癖のある, 夜泥坊が入った, 夜泥濘をこと, 夜泰助の命令, 夜泰文の留守, 夜泰軒はお, 夜洗滌をすすめ, 夜洗濯物を入れる, 夜洛中洛外に大震, 夜洞庭湖に舟がかり, 夜の茅原, 夜洲蘆の出島, 夜活動が見たくなり, 夜流し専門口先きがうまく, 夜浅きに水, 夜浅し牡丹亭, 夜浅草千束町の銘酒屋, 夜浅野長祚の寒檠, 夜浜子を見た, 夜浜町の支那料理, 夜浪人者が数人, 夜浪花節をきき, 夜浴場で下駄, 夜海上の不知火, 夜海中の塩火, 夜海底で八住, 夜海水浴をする, 夜を流させた, 夜涼しき心を, 夜涼み台のほとり, 夜淋しすぎるところ, 夜淋しい澄んだ心持, 夜淡い上弦の, 夜深々窓に, 夜深けぬ間に, 夜深井少年は逃げる, 夜深夜深情緒, 夜深川にも, 夜深志は十二時, 夜深更ひそかに彼, 夜深更椎の木は火焔, 夜深更空おぼろ曉光未だ出でぬ, 夜深更自分の陣地, 夜深見新左衛門様の奥様, 夜添上広瀬葛城の野山, 夜宵何ノ, 夜清ちやんは呼び込んだ, 夜清元梅吉に誘, 夜清元梅吉細君を伴, 夜清水港の旅店, 夜清渓ヲ発シテ三峡ニ向フ, 夜清逸は純次, 夜清野暢一郎氏より来信, 夜済んで表三階, 夜渋谷の大通り, 夜渓畔に天幕, 夜が氷峰, 夜渠水に枕め, 夜渡井の家, 夜渡瀬沿岸なる早, 夜温度が著, 夜温泉に浸り, 夜の夢, 夜湖山葵山南岳新兵衛, 夜に入り, 夜湯の谷で溺れた, 夜湯田まで出かけ, 夜湿りのした, 夜源三は眠りかねた, 夜源助町乱闘の注進, 夜源吉は又, 夜源氏の君, 夜源氏方では, 夜滞留廿二日三原をさして, 夜の長き, 夜演技がおわっ, 夜漕ぎ行く船の, 夜に歸, 夜澁谷傳氏ニ行ク小南朝日奈出間ト同クス, 夜澄江の口, 夜澄江様を誘拐, 夜濁水を悦ぶ, 夜の音, 夜の小, 夜濱傳ひを, 夜濱邊にやどり, 夜という, 夜火光を見, 夜火寒山寺記過呉楓, 夜火消したちは次郎兵衛, 夜火葬に附する, 夜火葬場へゆく, 夜灯さな亡き人も, 夜灯りをともし, 夜が降つた, 夜の周囲, 夜炬火を手, 夜点て歩きますのは, 夜為風頽再築功成復化灰遺恨禍源猶未, 夜烈しい風が, 夜焚き火のひかり, 夜無き夜に, 夜無しには昼, 夜無事に女の子, 夜無惨な横死, 夜無料宿泊所のない, 夜無水君来庵俳句研究九月号を貸し, 夜無水居を訪, 夜無礼講とて御, 夜無論大満員, 夜焼い弾が, 夜焼酎をさんざん, 夜煖炉の傍, 夜煙りとなつ, 夜照る月の, 夜てたべる, 夜熊本の町, 夜熟考した筈, 夜熱七度四分半となる, 夜ゆる神通川, 夜燃えにもえた, 夜燃え残った神火の, 夜燈といしぶみ, 夜燈下で彼, 夜燈火言語を禁じ, 夜燐光を発する, 夜燕王張玉を中軍, 夜を秉, 夜燭火の下, 夜を切っ, 夜父三右衛門が持っ, 夜父親は吉坊, 夜多敷刀美, 夜牀上に横, 夜片上伸について話す, 夜片山さんと食事, 夜片桐のもっ, 夜牛込の生田長江, 夜牛込神楽坂浄瑠璃坂左内坂また逢坂なぞ, 夜牝馬を放ち, 夜牡鶏や牝鶏, 夜牧場で家畜, 夜牧野が妾宅, 夜物理の実験室, 夜物語イソップなぞ片端から読んだ, 夜物語旅行小説などを読んだ, 夜特派員のクラブ, 夜犬山画伯のもと, 夜狂言の舞台, 夜はけたたましく, 夜の声, 夜い獨身官舍, 夜之松, 夜猪鼻台の館, 夜猫万どんと俺は厩, 夜の悲し, 夜猿芝居が終っ, 夜猿鹿の和, 夜獄中に独坐, 夜を捕獲, 夜獲物を積ん, 夜玄機は例, 夜玄竹は塔頭, 夜玉ねぎのおみおつけ, 夜玉太郎はどんな, 夜玉屋の二階, 夜玉屋邸に於, 夜玉村君は松井君, 夜王侍御が, 夜王允はただちに, 夜王姫はみごもつた, 夜珊珊と結婚, 夜琉球人の漁船, 夜瓊液を, 夜瓜生山で再び, 夜甌香閣を訪ねた, 夜甘ったるい通俗小説を, 夜甚だ暗くし, 夜甚五はとことこ, 夜甚内と庭, 夜甚吉はいつも, 夜甚太郎の泊まった, 夜生まれたのは, 夜生れてはじめて, 夜生れし牝の, 夜生れたもので, 夜生温い血しぶきを, 夜甥他出す, 夜のない, 夜用いよといわれ, 夜用人小林某を休七郎氏宅, 夜田中技手補は非番, 夜田丸浩平に宛てた, 夜田代さんたちが別室, 夜田原さんは早くから, 夜田圃の中, 夜田山花袋高島米峰大町桂月の諸氏, 夜田植ゑ其他の神事, 夜田毎美津江來り舊オペラ館踊子, 夜田鍋課長と部下二名, 夜由斎の許, 夜由藏はやつぱり嫉妬, 夜甲谷がお, 夜甲野さんは日記, 夜男女の事, 夜男子が出生, 夜男客というの, 夜町役場の人, 夜町田さんなる人, 夜をかいた, 夜番兵に隙, 夜番兵小屋をひきあげ, 夜異様な気配, 夜疲れ寝たり, 夜疲れきつてゐた, 夜疲れた足を, 夜病み疲れた身体を, 夜病大夫は殺した, 夜痒いので目, 夜痛い足を, 夜痛み本ものの, 夜痛飲の果酔余, 夜を起し, 夜発ちして多摩, 夜発って東水, 夜発作をおこす, 夜発足今日この地, 夜ちして, 夜白々明けまでお, 夜白い原稿用紙の, 夜白地に蚊, 夜白山の中途, 夜白書院の床, 夜白石は通事たち, 夜白鳥庫吉氏がフランス, 夜白鷺橋の交番, 夜百合子と相, 夜百歳は始め, 夜百番の舞, 夜百目蝋燭を幾つ, 夜百足に二回, 夜皆様おやすみの, 夜皇太后宮崩御のこと, 夜盆踊を見, 夜益々涼しい, 夜盗み出されたもので, 夜盗汗をかい, 夜盗賊事を行う, 夜盛政を始め, 夜盛遠が築, 夜盜家後切から人殺し, 夜監視隊員に追跡, 夜目方計ると, 夜直吉は寮, 夜相州酒匂松濤園に一泊, 夜相手は房江, 夜相談して, 夜相談会は新町, 夜眉間の一尺, 夜看護人の隙, 夜真一が水, 夜真雄はそっと, 夜の福慈岳, 夜眠いといふこと, 夜眠らざる人は, 夜眠らずさわぐそうです, 夜眠らなくてとんだ, 夜眠られんでな大きに, 夜眠られなくって困った, 夜眠られなくなってしまう, 夜眠られなくなるからま, 夜眠られぬままに, 夜眠れて, 夜眠れなかったら昼眠ったら, 夜眠れるようにと, 夜眠ろうとしても眠られず, 夜眠食の時, 夜眼一点の白, 夜眼猫眼はとにかく, 夜眼遠眼には赤い, 夜眼遠眼凡を過つ, 夜ていた, 夜着るものらしかった, 夜着るべき着物の, 夜着色にしろ, 夜がわし, 夜睡ることかたし, 夜睡ろうとする, 夜睡眠の時間, 夜っ張, 夜矢つぎ早に清洲城, 夜矢代一家も防空服装, 夜矢島さんが一升, 夜知識をかの, 夜短うござるが, 夜短し睦言の, 夜石井へ行く, 夜石井さん二重マントを持っ, 夜石舟にゐ, 夜石舟斎は一族, 夜砂糖二十匁ずつ配給, 夜研ぎ上がったばかりの物, 夜研究所で私, 夜砲声を聞く, 夜砲弾の破片, 夜破れたカーテンを, 夜碎くる響あり, 夜礼服とがいつかラトヴィヤ, 夜に掛けた, 夜社地内の料亭, 夜社頭の階段, 夜祈り責めければ, 夜祈れば何事, 夜祈念して, 夜祐経からはなされた, 夜祖母ちゃんに, 夜だなから, 夜神尾主膳は囈言, 夜神意審問会の直前, 夜神戸に歸つて床, 夜神明社の辺, 夜神来臨の形, 夜神楽坂に行く, 夜神楽坂署の刑事, 夜神楽朝神楽と三日間, 夜神樣の召し, 夜神田柳原河岸の米屋, 夜神益村の庄屋武左衛門, 夜神社の森, 夜神経がすこぶる, 夜神絽蚊帳の裾, 夜神農樣とやらが夢枕, 夜祠家に宿, 夜式に, 夜のころ, 夜福さんのとこ, 夜福井市内に柴田勢, 夜福山を発し, 夜福州路の芝居, 夜秀才は曾, 夜秀次が聚楽, 夜私たち三人は仕事場, 夜私ひとりだけ逃げた, 夜私らは星野仙一氏方, 夜秋三の家, 夜秋川の家, 夜秋川邸を辞する, 夜秋懐深して, 夜秋田に於い, 夜秋田さん達来て, 夜秋調から招かる, 夜秋雨紅葉を染むる, 夜なる夢, 夜程も逗留し, 夜種々の物語, 夜種子が息, 夜稲子のところ, 夜稼ぎ原稿書いた, 夜稼ぐのじゃ, 夜は真黒, 夜空き地ではかたす, 夜空寂にた, 夜空想が湧き上っ, 夜空襲がはいっ, 夜空襲警報と同時に, 夜穿靴去, 夜突発したある, 夜窓如夢到西湖, 夜窓硝子に灯かげ, 夜窓際で月, 夜窓鬼談や月耕漫画, 夜窓鬼談百物語玉すだれ, 夜を開き, 夜窗雨を聴きつ, 夜に墨水, 夜立ち帰ると, 夜立って着く, 夜立つる大文字の, 夜立てつつ搗き, 夜立番をし, 夜立花伯爵は素子, 夜立鹿島槍大黒の山々, 夜竜吉の姉, 夜竜太郎の胸, 夜竜子はいつも, 夜端艇を漕いだ, 夜竹やぶのわき, 夜竹内さんのところ, 夜竹山茂吉がアパート, 夜竹崎を訪, 夜竹田屋病を問, 夜を出す, 夜笑いさざめく声, 夜をとり, 夜を流しとる, 夜算哲は破り捨てた, 夜築地の待合, 夜築地小劇場員中小山内先生の指名, 夜築山の木蔭, 夜篝火に赫々, 夜篠原の主人, 夜篠田家の人々, 夜を逆, 夜に帰らず, 夜籠り仕りとう存ずると, 夜米村と共に選手, 夜米欧へ出かける, 夜を挽い, 夜粉挽場が火事, 夜精進されて, 夜紀久子は父, 夜紀伊の国家, 夜紀元節が明日, 夜に, 夜紅葉館でおば, 夜る, 夜納戸で父親, 夜納涼や糺, 夜紙芝居をすませ, 夜紛々たる酒気, 夜素晴らしい山火事が, 夜素直に邸, 夜素英に招かる, 夜紫色の縮緬, 夜細井氏に見, 夜細君から来た, 夜細島港を出帆, 夜細川が自宅, 夜細雨糠の如し, 夜細雨静かなり, 夜紺野さんが大, 夜終列車の急行, 夜終夜唸り通し悲鳴を擧げ通し, 夜終夜病人の前, 夜終宵懊悩して, 夜組頭の屋敷, 夜く国, 夜経しとふ, 夜結婚したという, 夜結局わかったこと, 夜絳雪来り謝, 夜絶巓より九町下, 夜継ぎこそ, 夜続く中には, 夜網夜曳く, 夜網誰白魚といふ, 夜網誰白魚上場につき, 夜網野丹野氏来一緒に食事, 夜網野丹野氏来湯浅さん風呂で見つけ, 夜綾子が家出, 夜総ての劇場, 夜総監の官邸, 夜の方, 夜線香の煙絶, 夜練兵場に引張り出された, 夜の下, 夜縁日あるムラサキ組, 夜縫いものをし, 夜縫物をし, 夜でのこした, 夜織田軍へ諜, 夜繩工場へ通った, 夜纐纈城内では仮面, 夜罪人を入れ置く, 夜置かれてあった, 夜置きたれば, 夜羅刹谷の一亭, 夜美しさいふばかり, 夜美しき童女來り, 夜美わしい白雲, 夜美形らが何, 夜美津江は祖父, 夜美音会へ行く, 夜群集の中, 夜義父たちは階下, 夜義盛さまの御, 夜義貞は灯, 夜義雄はかう, 夜となり, 夜の請, 夜翁助は興奮不安, 夜習つたエリーザベトの物語, 夜老婆は十八, 夜南無阿, 夜聖ミシェルの酒場, 夜聖ミシェル街の酒場, 夜聖徳太子の夢告, 夜聖者は彼, 夜聖霊に感じ, 夜聞いてもいい, 夜聞く蟋蟀の, 夜聴衆は敵意, 夜肉眼で見る, 夜に蓮華, 夜能於久都奇波之流久之米多底, 夜脱走した囚人, 夜腕力にもかけまじき, 夜を下し, 夜腹痛になやまされる, 夜を突き合せ, 夜膝つき合して, 夜てから奇妙, 夜臥して朝, 夜臥す床あり, 夜臨時政府内閣が捕縛, 夜笑軒で, 夜自らお頸, 夜自ら毒をのん, 夜自分たちは鎌倉, 夜自分らの田, 夜自分ヒステリーを起した, 夜自家で聞こう, 夜自暴酒に酔っ, 夜自殺しました, 夜自然城の山曲輪, 夜至って押す, 夜臺所の洗ひも, 夜與謝野寛先生の還暦祝賀會, 夜興引の爺, 夜を噛み切り, 夜舞台監督の, 夜舞臺にて卒倒, 夜舞踏の済んだ, 夜舟ばなしに夜, 夜舟氏を訪ねる, 夜舟行の記, 夜して, 夜船内に開かれる, 夜船員達の素人芝居, 夜船長のアトホーム, 夜船頭を帰した, 夜艇内で死んだ, 夜良くお眠り, 夜芝公園の紅葉館, 夜芝浦愛宕山九段上駿河台上野は桜ヶ岡, 夜芝田村町の青木, 夜芝赤羽根勝手ヶ原中根兵藏方へ忍び入り, 夜芥川夫妻と濱邊, 夜の都, 夜花世が顎十郎, 夜花井母子は夜逃げ, 夜花子が苦しみはじめた, 夜花栄の家族, 夜花活に隠さなかった, 夜花若は山中, 夜芳子が一人, 夜芳賀氏は例, 夜崎は, 夜若し自分達が, 夜若旦那も帰りません, 夜若松屋にて玄文社合評会, 夜若殿様は私, 夜若者は第, 夜若者共に加えた, 夜若菜屋の座敷, 夜若葉の香, 夜苦しがって, 夜苦しい心で, 夜苦み明した, 夜英さんが寄宿舎, 夜英子さんと英子さん, 夜英男七度一分に熱, 夜茂作は長い, 夜茂吉送別歌会を長崎図書館, 夜茂太郎は鯨, 夜茂庭家には八人, 夜と一しょ, 夜茶々が彼, 夜茶事をなさる, 夜草二幕腹案成る, 夜草原の上, 夜草吉が訪ね, 夜草笛の合図, 夜草訣辨疑を写す, 夜荏原屋敷へ忍び込んだ, 夜荒しをし, 夜荒物屋の裏, 夜にいる, 夜荘父がいましし, 夜荷役のため, 夜荷持二人が酒宴, 夜荷車で運んだ, 夜荻生君来たりわが, 夜菊池が数人, 夜菜葉粥をこし, 夜菩薩の石塔, 夜と芒, 夜萩之進は御寝所, 夜萬一を豫期, 夜萬夜の燈明, 夜萬象が沈默, 夜落花の庭, 夜著きて町, 夜葛城家の使者, 夜葛木と光麻呂, 夜にたいするそれ, 夜の胡瓜, 夜蒔きの瓜, 夜蒲原家には蒲原夫妻, 夜蒲團のなか, 夜蒼州湾に投宿, 夜蓑笠で体, 夜蓬莱建介夫妻は語り合っ, 夜蓮香が来, 夜は杖, 夜蔡福と蔡慶, 夜薬局にいる, 夜藤夜叉は道誉, 夜藤沢古実君に言葉, 夜藥湯に浴す, 夜の蔵奉行五百枝, 夜蘭軒詩を閲し, 夜虎ノ門公園地内でのだんまり一幕, 夜虎井博士邸から帰った, 夜虎門に当っ, 夜虚心平気でないと, 夜虹狭山の怪し, 夜に責められ, 夜蚊燻しの支度, 夜蛇滝の参籠堂, 夜蛭氏は少量, 夜だった, 夜の第, 夜蜀軍のうけた, 夜蜂谷良作がヴォージラール, 夜蜷川さんから手紙, 夜蜷川高嶺古市氏へ手紙, 夜蜿蜒たる輜重隊, 夜蟹江は, 夜血だらけになっ, 夜血痰を吐いた, 夜行かれるわけは, 夜行きて寝, 夜行きたくつても, 夜行ってみる, 夜行ったとき根っ子が, 夜行長は桂月香, 夜街燈はともされ, 夜衣笠山まで巫女, 夜衣類を脊, 夜へでる, 夜表アフリカコンゴオの林中, 夜衰弱のため死亡, 夜というもの, 夜衾草矢車草等の巨大, 夜袈裟が帳台, 夜被告人をさそい出す, 夜の竹藪, 夜裏長屋から一本, 夜になっ, 夜裸体の男, 夜裸身に牛乳, 夜裾野の宿, 夜に這入, 夜襄江で網, 夜襖ぎわまでころころころころころがって, 夜襲われて奮闘, 夜襲われた小日向台町, 夜西から風, 夜西国へ立ち退いた, 夜西村の御, 夜西條八十氏とぼたん屋, 夜西瓜を置い, 夜西門へ総, 夜要さんが遊び, 夜覆わないでよく, 夜覆面したあなた, 夜見えて昼, 夜見えないわけ, 夜見ればふとく, 夜見廻るときその, 夜見張りの目, 夜見物席の中央, 夜見舞にき, 夜視るに一目, 夜親しかつた, 夜親しかった人たち, 夜親たちとモンマルトル, 夜観象台の課長, 夜観音様の前, 夜角田の山, 夜解散の詔勅, 夜知し, 夜言母不往来, 夜計算をし, 夜討ち取った敵の, 夜討っ夜討っ, 夜忘れた, 夜記録して, 夜や茅の輪, 夜詣りでございましてはい, 夜試写を一部分, 夜詰番へ何, 夜詳細のこと, 夜認めたもので, 夜誓って出た, 夜語り合った北極星の, 夜語り明かそうという手はず, 夜説明付で僕, 夜終る, 夜読書の快, 夜談経坐, 夜諏訪から重役, 夜諭吉がホテル, 夜諭吉たちがおおいに, 夜将を, 夜講歸りが, 夜譚随録載する所, 夜をよん, 夜警固の武士, 夜議事の進行, 夜谷口さんが, 夜谷地で, 夜谷崎氏の, 夜谷川の道, 夜豁然大悟して, 夜豆腐屋らが張, 夜豊吉は片山, 夜豊子にもう, 夜豊岳を訪問, 夜豚肉三片と塩焼, 夜の家, 夜貞之進は枕, 夜貞雄はわが家, 夜貧窮と汚, 夜貴女がこの, 夜買った紅巾の, 夜買物がてら, 夜貸席のおかみ, 夜貸金の利廻し, 夜賀斯多尓たくぶすま, 夜賀斯多尓むしふすま, 夜彌は, 夜赤き灯火を, 夜赤倉からかえる, 夜赤坂へ向う, 夜赤城の家, 夜赤玉がカンバン, 夜赤衛軍中央会館で, 夜走っている, 夜起きたまふ, 夜起きられないので財布, 夜起き出して散歩, 夜起ったということ, 夜越中島の帝, 夜越前への帰国, 夜の強直病, 夜足駄を履い, 夜跨ぎになっ, 夜路ぢや崖, 夜路山路のきらい, 夜路易は數年, 夜踊っていた, 夜踊りが盛ん, 夜踊りおって, 夜躑躅ヶ崎へはいった, 夜身の毛を悚, 夜身仕度を拵え, 夜身代りとして舟, 夜の音, 夜軍師孔明がここ, 夜軒端などに吊し, 夜転んだのが, 夜転居通知を書く, 夜転換なの, 夜軽い風に, 夜軽井沢の油屋, 夜辛い目に, 夜辞舎港轟轟遥向太平洋, 夜農場へ忍び入っ, 夜辻川博士を訪ね, 夜に出で, 夜込乱入をかけ, 夜五十銭席は, 夜迄の間外出せず, 夜への者, 夜近年にない, 夜近眼の爲め, 夜近郷の山中, 夜返事をかく, 夜迷い烏の, 夜迷言をぬかす, 夜ツ拂はれた, 夜追われてかくれ, 夜追剥が出るでのう, 夜追悼浄瑠璃会が同じく, 夜逃がしてつかわす, 夜逃ぐるがごとき, 夜逃げ致し兼ねますまいて, 夜逃してゐた, 夜逃同様にどこ, 夜逆さになっ, 夜逆襲せに, 夜逍遙する景勝, 夜逍遙子が夢, 夜逍遙遊するに, 夜で雨傘, 夜途中からえらい, 夜逗留し晴れ間, 夜つて, 夜通う妻問の, 夜通ったというん, 夜通ひも物かはと中, 夜通るのとは, 夜通シ火ヲ焚イテ暖メテ上ゲルデス, 夜通夜や御, 夜速達頂きました, 夜ふこと, 夜逢いさえ, 夜連出して酷い, 夜連歌したる後, 夜連続のラジオドラマ, 夜遁げ同然な俄発心, 夜クマデ, 夜遅くとも電話でも, 夜遅くひどく酒に, 夜遅く寒いのに外, 夜遊ばかりしてけつ, 夜遊びに出る, 夜遊ぶさ, 夜遊期各処違, 夜遊病患者の如く, 夜遊興して, 夜運ぶには道, 夜を歩き, 夜道元は衆, 夜道助は少々, 夜道友会に於, 夜道夫は時計, 夜道学者坂田礼之進は渠, 夜道頓堀をブラ, 夜遠藤を主として, 夜遺族近親劇壇文壇映画界その他の知友子弟一同棺前, 夜那珂郡瓜連村相田酒造店にツイ, 夜郎党たちは他, 夜郎自ら大なり, 夜部落に婚礼, 夜都賀波岐と云, 夜にもまれ, 夜酋長は寝床, 夜配給の五合, 夜酒欲る自, 夜酒肴を齎し, 夜つぱらひが, 夜酔いながら自転車, 夜酔後過丸山花街, 夜酔狂を以て鳴つ, 夜醉つてやつて來, 夜里虹が口, 夜重信をも暗殺, 夜重吉はもう, 夜野々宮の愛人, 夜野上さんから手紙, 夜野分の風, 夜野口君から野口君, 夜野天ぶろで知りあい, 夜野暮な屋敷, 夜野木崎村に一泊, 夜野武士のむれ, 夜野獣の様, 夜野良の仕事, 夜野菜のはみで, 夜野辺にすだく, 夜野長瀬兄弟は寝, 夜金兵衛ら三名が親, 夜金州に行き, 夜金持ちは不思議, 夜金竜山の奥山, 夜金魚の絵, 夜釣り漁火が窓, 夜釣り船の誘魚灯, 夜釣るのか, 夜鈴川の屋敷, 夜鉄火場で或, 夜鉄砲と拳銃, 夜鉛筆をなめなめ, 夜鉱毒被害地へむけ, 夜鉱毒調査有志会の人たち, 夜銀子がふと, 夜銀座ルパンへ出る, 夜銀座街頭にて葵山人, 夜銀座通りの有名, 夜銀座通草市にて花月楼主人, 夜銀造は貴子, 夜銃眼から覗い, 夜銭占屋の帰っ, 夜銭形の平次, 夜銭湯に連れ, 夜鋸山を攀づ, 夜の位置, 夜錨健次を殺した, 夜鍋うどんの声, 夜鍛冶小屋のまわり, 夜鎌倉腰越の小動崎, 夜鎌子を引倒, 夜鎧櫃からとびだした, 夜鎮門の外, 夜に向う, 夜鐘宇のため, 夜長兄のもと, 夜長屋垣や門辺, 夜長崎屋三郎兵衛の心づかい, 夜長沼門下の旗本, 夜長野市の警察, 夜門口まで送り, 夜開いて昼, 夜開く武郎の, 夜開けられる事にな, 夜閑語のつもり, 夜間中學であ, 夜の母, 夜関さんはくわしい, 夜関さん娘さんと共に来, 夜関如来田村俊子の夫君松魚氏, 夜関白殿が花, 夜閤裏空中に, 夜闇くして妙義, 夜に及んだ, 夜闌けて眠る, 夜闌更秉燭意は夜, 夜闘うのは, 夜防空ごうにざこ寝, 夜阿呆であつ, 夜陀多良媛という女, 夜陀多良比売それ容姿よかりけれ, 夜石潭龍, 夜降ったにせよ, 夜降り続きたりとて何, 夜限り失踪して, 夜限り行方をくらまし, 夜陛下の下僕, 夜陣中視察のとき, 夜陣営の中央, 夜陣所陣所にたくさん, 夜除夜の鐘をきき, 夜陰鬱になり, 夜陶本三郎が笑, 夜が来, 夜陸奥守は軍議, 夜険しい山などを, 夜隅田堤で鼓, 夜隅田川にボート遊び, 夜階段の上, 夜れ行き殺して, 夜隙間より月光差し, 夜障子にうつる, 夜から襖, 夜隣り村から, 夜雁屋信助が来, 夜雁金次席を私邸, 夜雄二はこんな, 夜集っていた, 夜集ることにな, 夜集ツて來, 夜雛祭にちなんだ, 夜離人とも旅行きし人, 夜離座敷を大急ぎ, 夜難波で新聞記者某氏, 夜雨ふり出し鄰家の竹林風声颯颯, 夜雨其人に面會, 夜雨君自らでさ, 夜雨孤灯の下, 夜雨寄北と題する, 夜雨庵二九亭寿海老人と号, 夜雨戸を閉める, 夜雨時と詠じた, 夜雨清呉錫麒が澄懐園消夏襍詩, 夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 夜雨禅師という人, 夜雨秋寒うし, 夜雨秋月歸帆落雁ならぬは, 夜雨秋池に漲る, 夜雨草庵の中, 夜雨蕭々と更ける, 夜雨雪風流の窓, 夜雪ふりて深, 夜雪代夫人から対坐, 夜雪庵誰およそ今日, 夜雲蛙の唄, 夜雲龍寺を出発, 夜雷雨あり, 夜雷鳴につれ, 夜電光のはためく, 夜電報が来, 夜電気を送る, 夜電気商の京ぼん, 夜電氣を消し, 夜霊夢のお告げ, 夜霍乱のよう, 夜降る風, 夜霜霧ふなり, 夜の夜, 夜露営して, 夜露子さんはどうして, 夜青二をつれ, 夜青年が旗, 夜青年会館へクリスマスカロル, 夜青森発の急行, 夜青江を責める, 夜青火が燃えさかる, 夜にし, 夜静子にきいたら, 夜靜かに室のうち, 夜靜カニ水寒ウシテ魚喰ハズ滿船空シク月明ヲ載, 夜革堂へ参りける, 夜韓暹と彼, 夜韓海の夏, 夜頂上を許し, 夜頃來て, 夜頃鳰鳥のもと, 夜順吉が歸つて來, 夜順造は二度, 夜須磨子としては珍, 夜の下, 夜頭上高く一抹, 夜頭巾それはまぎれ, 夜頭痛の薬, 夜頸筋の寒き, 夜頼むわけには, 夜頼朝は手紙, 夜をあつめ, 夜風しゅうしゅう瓦を泣かしめ, 夜風つよし白い叢雲, 夜風位いには驚きません, 夜風何処から散った, 夜風冷にし, 夜風呂屋で母, 夜風咽るよう, 夜風太郎の配下, 夜風暖にし, 夜風月堂より歩み, 夜風朝風に私たち, 夜風浪が高かっ, 夜風通しのない, 夜飄然と家, 夜飛び起きて興, 夜飛び込んで来る, 夜飛ぶのは, 夜飛脚を殺し, 夜食べたくて飲みたく, 夜食堂車にいたら, 夜食後庭でかくれんぼ, 夜食後林町に行く, 夜食後自分は到頭, 夜食膳と云いならわした, 夜飯塚家へ泊まった, 夜飯後これも全く, 夜飯頃倉知氏が見える, 夜の時, 夜飲みつづけ夕方家は, 夜飲み過ぎたことと, 夜飽かず降る涙かな, 夜餉台の上, 夜養せんならんのに, 夜養策が外出, 夜を明け, 夜饂飩を売り, 夜饗宴は深更, 夜を雇う, 夜馬場さんのところ, 夜馬琴はただ, 夜馬籠本陣の土蔵二階, 夜馬賊に襲撃, 夜馬車でズッ, 夜馬頭に一泊, 夜馬鹿らしいことで, 夜にムチ, 夜の灯, 夜駕籠かきや町内, 夜駕籠客を待つ, 夜騎驢桟路早梅時は放, 夜騷ぎ晝蟄する鼠, 夜驟雨屡来る, 夜髑髏が笑い出す, 夜一は, 夜高い戸棚の, 夜高木七郎来十二時まで種々実業家, 夜高木氏が五目, 夜高村さんの年寄り, 夜高松の港, 夜高根の風越, 夜高橋さん来訪その人, 夜高氏の姿, 夜高知堂に買い, 夜高知教会へ行く, 夜高等船員側では室蘭, 夜高萩の猪, 夜高野をひそか, 夜のごとく, 夜魔手をふるっ, 夜の瀬付, 夜が来た, 夜くさい仕事着, 夜を誂え, 夜のよう, 夜鳥居峠の蝮蛇, 夜をぬすむ, 夜鳩首して, 夜鳴いている, 夜鳴かまし君が, 夜鳴でしょうまだ一番鶏, 夜鳴海附近の浜, 夜だ河童, 夜鴉みたいな迅, 夜鴉文士や蝮論客, 夜鴛鴦楼の台, 夜が啼い, 夜鴨なんばんたべる, 夜の啼き, 夜鶴子が炬燵, 夜鶴田の原, 夜麥飯に冷汁, 夜麦田の上, 夜麦酒に酔つて帰つて, 夜古要, 夜麻登久邇阿禮比賣の, 夜黄色い帶を, 夜黄金虫が障子, 夜黒死館には年一回, 夜鼠花火を買っ, 夜かけ卜斎, 夜NHKの報道放送, 夜S子さんが来