青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「多少~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~多かっ 多かっ~ ~多き 多き~ ~多く 多く~ ~多分 多分~ 多勢~ ~多少
多少~
多年~ ~多数 多数~ ~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢

「多少~」 7478, 77ppm, 1449位

▼ 多少~ (2586, 34.6%)

22 興味を, 金を 20 不安を 16 同情を 15 相違は 13 相違が 11 影響を 10 好奇心を 9 反感を 8 変化を, 心得が, 注意を, 疑惑を, 興味が 7 例外を, 変化が, 寂しさ, 感慨が, 成功を

6 [12件] 例外は, 修正を, 困難を, 変化は, 好奇心も, 意味が, 時間が, 無理を, 疑いを, 知識を, 説明を, 関係を

5 [17件] 力を, 変更を, 差こそ, 心を, 心得は, 感慨を, 時間を, 満足を, 無理が, 犠牲は, 犠牲を, 理由が, 皮肉を, 考慮を, 興を, 訂正を, 趣味を

4 [23件] 不便を, 余裕が, 出血は, 努力を, 危険を, 参考に, 困難が, 好奇心に, 尊敬を, 差は, 愉快を, 意見を, 感慨なき, 憂欝, 期待を, 欠点は, 縁が, 自信を, 財産が, 責任が, 迷惑を, 違いは, 関係が

3 [47件] いやらしさ, 不安が, 不安は, 不安も, 不快を, 余裕を, 効果を, 動揺は, 危険が, 困難は, 嫉妬を, 学問と, 安心を, 差が, 差異が, 希望を, 幸福は, 得意を, 感傷を, 感想は, 憐憫を, 懸念が, 手入れを, 敬意を, 曲折は, 根拠が, 活気を, 特色が, 疑問は, 知識が, 美を, 自由を, 興味ある, 興味も, 苦心を, 誇張は, 誇張を, 誘惑に, 誤りが, 誤解を, 變化が, 財産を, 責任を, 連絡ある, 遠慮も, 金も, 障碍とな

2 [179件] ことは, すじみちは, たしなみも, タクシと, マリアを, モデルが, 不便は, 不安と, 不幸が, 不満を, 不満足, 不自由を, 不都合を, 事実は, 仕事を, 伸縮が, 作用を, 例歌を, 保守的精神あり, 俤は, 借金が, 傾斜を, 光を, 光明を, 再度の, 冒険をも, 分別は, 別が, 刺戟を, 前借の, 功は, 加筆が, 助力を, 効験なき, 動揺を, 危険と, 原因を, 反省と, 同情は, 名誉を, 問題が, 問題では, 困惑と, 困惑を, 埃は, 報道を, 変化ある, 変化と, 変種も, 好意が, 官憲を, 展開を, 工夫を, 差ある, 差を, 差別が, 差異を, 弊害なき, 強さ, 影を, 御参考, 心づけ, 心当が, 心残りが, 心配も, 思慮を, 恥らひ, 恥を, 愉快なる, 意味に, 意味の, 意味を, 愛を, 感動なき, 感慨は, 慰安と, 慾も, 懐疑も, 手加減を, 打撃を, 指摘を, 損害を, 改良が, 改良を, 教養も, 時日を, 時間手を, 智識は, 曲折を, 束縛を, 概念を, 欠点あり, 正理, 武装を, 波瀾を, 泰平は, 洞察を, 消息を, 準備を, 滿足を, 煩が, 熱が, 特色を, 犠牲者を, 理由も, 理解を, 生硬さが, 産を, 用心を, 田地も, 異同は, 異議を, 疑いが, 疑問が, 疑問の, 相異, 真の, 知識は, 研究が, 神経衰弱に, 程度において, 経験とは, 経験を, 縁故が, 縁辺を, 缺點が, 羨望を, 老年と, 聞き違い, 肉体を, 自信も, 自責を, 興奮を, 芸術家である, 苦しみは, 草の, 蓄財も, 被害を, 補助は, 見る可, 親しみを, 解決を, 記述を, 誇張が, 誇張さへ, 誤りは, 誤差を, 誤算が, 變化は, 豪奢快楽で, 財産と, 貢献を, 貯金の, 資本を, 資産が, 趣味なから, 距離の, 身分の, 軽いゆり返し, 返り血, 運動を, 違ひ, 遠慮は, 遠慮を, 遺憾ありし, 遺憾を, 酒気を, 野心を, 金が, 金は, 針を, 鋭さを, 閑が, 雅致を, 雅趣を, 面倒を, 驚きを, 驚嘆を, 鼻の

1 [1625件 抜粋] あき地, ありがた味を, いろ気, うぬぼれも, うるみが, おちつき, お得意先, お話が, きざしが, くずれは, ざわめきは, ちがいは, でこぼこを, はかなさ, ほかにも, むくれも, めんどうを, やさしい同情, ゆかりを, ゆるい登り, インテリジェンス, ギャップが, ショックを, ズレが, ヒューマーを, プラスを, ムリも, ユウモアも, 一進一退は, 不便が, 不安に, 不平が, 不思議さが, 不服が, 不満は, 不純な, 不自然や, 不行儀を, 不適切を, 世話を, 予備知識を, 予期なし, 事は, 事實が, 事情を, 交友を, 交渉接触の, 交際が, 人だかりが, 人文の, 人間味も, 伏線を, 休憩の, 似た所, 余裕と, 余財を, 例外なき, 価は, 価値は, 侮蔑の, 便利ある, 便宜品を, 修行を, 俳諧が, 倦怠を, 偏頭痛の, 傷負を, 優劣の, 元気が, 先後は, 光線を, 共感と, 内出血, 冒険が, 冷かさを, 凄味も, 凸凹を, 凹凸または, 出入りは, 出来不出来こそ, 分業は, 判断を, 利の, 利益あり, 利益を, 削減も, 剣を, 功には, 加増が, 助修道女ら, 努力さえ, 努力感が, 効は, 効果は, 勇気は, 動きは, 動産不動産が, 勘違いは, 勢力偏成が, 化粧品を, 危倶が, 危険さへ, 原因あり, 参考として, 参考にも, 參考たるべき, 反對, 反撥を, 反駁を, 収益が, 受応へが, 叙事式構想をも, 古びと, 可愛気, 台頭も, 同人めいた自惚れ, 同情も, 名残りは, 呆れを, 呼吸も, 哲学的考察の, 善意を, 喧噪が, 嘔気を, 嘲笑が, 器物が, 回礼者を, 困難あり, 土地を, 地位も, 埃が, 執着が, 塩味が, 増訂を, 変化こそ, 変化の, 変格を, 外面的愉楽を, 天分の, 奏効を, 好奇を, 好奇心にも, 好意を, 妖怪味と, 姦徒あり, 威嚴を, 嫉妬羨望あり, 嫌疑を, 学問も, 学術を, 學識も, 安心は, 安樂, 定義ある, 宿酔気味省み, 富と, 寛大な, 寵は, 小気味よさ, 小金は, 尾行を, 山気が, 工風が, 差別の, 差異なき, 差等が, 己惚は, 平地や, 幸福が, 幼推さや, 弁明は, 引け目が, 張合いが, 弾力性が, 影響が, 役に, 役割を, 後悔を, 御考察, 心の, 心構を, 心理内容を, 心酔か, 忙は, 快活さを, 思いは, 思想を, 思慮は, 性慾を, 怪しみの, 恐れと, 恐怖さえ, 恐縮の, 恨みの, 息は, 悔恨を, 悪声を, 悪戯を, 惧れ, 想像とで, 意匠あり, 意味, 意地ずくが, 意気張りが, 意見の, 愚案が, 愛嬌とか, 愛着を, 感傷的の, 感化力を, 感慨なし, 感慨無き, 慎しみが, 慰安を, 憂慮が, 憂鬱も, 憤懣を, 懐疑を, 我儘も, 所有地の, 手がかりを, 手入を, 手助けには, 手引という, 手掛りには, 手疵を, 才に, 才能も, 打算は, 批判力から, 抱負を以て, 拗曲, 接近が, 推理力が, 插入は, 損傷を, 摂生上の, 支那語が, 改削, 改廢が, 改良よりは, 放電が, 救いは, 教育も, 教養は, 敬意なき, 文名ありしか, 文思も, 文飾も, 料理法を, 新しい心, 新味を, 新見解, 新鮮な, 日子を, 日本化を, 早敢なさ, 昂奮を, 時を, 時代的色彩が, 時化模様このごろの, 景気を, 暗影の, 暴動は, 曇りは, 書籍をも, 期待と, 木棺存在の, 本など, 杞憂を, 栄光も, 根據でも, 森が, 楽しみは, 標準弁を, 模様変え, 欠点, 欠陥を, 武力, 歪みが, 歯ごたえは, 毒気が, 気力も, 気焔を, 水分が, 沿革が, 波瀾なき, 波風は, 注釈とともに, 活機を, 消息は, 涼味が, 深刻味が, 混乱に, 清閑も, 渦は, 満足に, 準備も, 演劇的要素の, 潤色を, 火花が, 無理な, 煽動的要素をも, 熱情と, 物品が, 物議の, 特別は, 特権を, 特長は, 犧牲を, 狂気なく, 狼狽気味は, 猶予を, 獨立を, 理屈は, 理窟あれ, 甘え気分をさえ, 生ぬるい程度, 生活を, 用意も, 畏怖を, 異同や, 異説も, 疑ひなきを, 疑問なき, 疑惑は, 疲労と, 疲労は, 疵負ひ, 病苦は, 痛苦は, 発熱から, 登山者は, 發展を, 皮肉な, 皮膚の, 盛衰や, 相の, 相違さへ, 相違変化の, 真を, 真理は, 矛盾が, 知恵との, 知識の, 研究は, 破損を, 確實味を, 祝福感と, 私案が, 秩序を, 程度こそ, 空隙を, 窮屈は, 笑みを, 粉が, 納得しかねる, 細工を, 経験が, 経験の, 經驗ある, 緩みも, 縁の, 罪も, 美醜が, 羽振, 考案を, 耳を, 脂肪が, 腹痛と, 臣民が, 自信は, 自己革命を, 自腹を, 臭味を, 興味でも, 興味は, 船酔を, 色を, 艶も, 芸を, 若い美しさ, 苦手と, 苦痛に, 英語と, 草花を, 荷物などを, 落度でも, 葛藤は, 薪炭が, 虚偽は, 融通を, 血を, 衒気と, 表出らしい, 補充的実験が, 補足を, 見当違いは, 見物人が, 見込みの, 規律も, 親しみが, 親類を, 解明を, 言い訳は, 言訳に, 計費を, 記憶を, 訴訟癖が, 証拠を, 詩味を, 詩的效果を, 誇りは, 誇張をさえ, 誤差は, 誤解も, 説得を, 説明には, 諧謔と, 譜を, 警戒を, 議論は, 變改を, 變更を, 負け惜しみも, 財も, 財産も, 責任みたいな, 貯えなども, 貯蓄と, 買い得であった, 費用を, 資力が, 資産で, 賞讃を, 贔屓が, 起居不自由を, 趣味多少, 距離と, 路用には, 身びいきや, 身振, 転変を, 辛抱は, 近視厚い, 迷いを, 迷信さえ, 迷惑は, 逕庭が, 進化を, 遅滞は, 遊戯心を, 道化たる, 道楽も, 違い有れ, 遠慮が, 遷延を, 遺憾は, 遺産も, 鄙びた美景, 酒を, 酸つ, 重さ, 重軽, 野望でも, 量を, 金に, 金持ちであっ, 金銭を, 銭に, 鍔音も, 開きが, 閑でも, 間は, 間違いを, 間違無き, 關係は, 阿諛を, 陰影と, 離れ業が, 難儀を, 雪は, 震災は, 露臭が, 非難が, 非難も, 面白からぬ, 革命的の, 韻文性, 風が, 風情と, 風波の, 風雨を, 食ひ, 飾りは, 騒ぎと共に, 骨折り賃, 高低なき, 魂胆も, 魅力は

▼ 多少~ (465, 6.2%)

8 知って 3 あつた, あるが, それに, 自分の

2 [20件] あった, ありますけれども, あると, お祭り気分, ヒステリーの, 人に, 其名を, 別問題, 増したが, 如何, 安心した, 寛ろいだ, 栽える, 残って, 気が, 生徒間に, 私の, 要するに彼, 見るべきもの, 覚えが

1 [405件] あたまに, あたりへ, あったであろう, あったでございましょうな, あったの, あっても, あつて, あてが, あなたの, ありました, あり家, あり得ないと, ある, あるだろう, あるであろう, あるであろうし, あるでしよう, あるには, あるの, あるらしい, ある一人, あれ菜蔬が, いつかおまえに, うかがえるという, おかしくも, お前と, かたいけれど, かなり気, こいつゴシツプ的に, ここに, この事, この人通り, この色彩, ごもっとも, しおらしいところ, したの, すすられたに, すでに外部, そういう公達, そういう意味, そうかも, そうである, そぞろめい, そのこと, そのへん, その中, その人, その傾向, その面影, それ等の, そんな感, そんな点, ちがうもの, ついて, つきあって, できる腕, どうにかできる, どうにかなるだろう, なるかも, ひつて, ひどかつ, まじって, やつて, わかつて, わからねえこと, わたくしの, ゲエテを, タカって, ヒステリツクである, ムホン気も, ロマンチックな, 一様で, 不幸と, 不自由だらう, 不行届きも, 主人の, 久しく輔佐, 之を, 乗っても, 了解んで, 互いの, 五百之進に, 交じつて, 人格を, 人様にも, 仕立の, 他からも, 似て, 似てるの, 住し, 体裁も, 何か, 何かを, 何とか思, 使用され, 係りの, 俗世間への, 修正され, 健康で, 傘下へ, 傳へて, 僕に, 僕の, 元気も, 免れないこと, 免れないと, 免れない所, 入れかわったが, 共通し, 其の心中, 其の間, 其れ, 其分量を, 冒す場合, 冢を, 凜と, 出て, 出来たものの, 出現し, 分つて, 分らぬこと, 分りませんが, 分別の, 分子の, 別として, 制限せられ, 前から, 剣客の, 劇的の, 力に, 努力なく, 効力が, 医者の, 原因し, 収穫も, 口利きの, 口惜しが, 右の, 各人の, 同感だ, 名の, 名声の, 問題に, 喰われたって, 喰われても, 嘘も, 回った, 場所の, 変つた, 変る, 変形させ, 外国を, 大き過ぎる, 大した苦, 大人げなく見えた, 太くなる, 好み次第里芋も, 妙な, 妻の, 姿が, 存し, 存在し, 学問も, 安心を, 実に現, 実質的な, 家産が, 寂しくも, 察しが, 察せられる, 實に, 封建時代の, 小言めく, 小説らしい, 尽力の, 居る, 山の, 山帰りの, 左う, 常にそこ, 平常に, 度胸を, 当って, 形を, 役に立って, 役に立つかも, 彼の, 後に, 御参考, 微黄色, 心に, 心の, 心丈夫に, 心得が, 心得て, 心細い思い, 心配にも, 必ずその, 必然的に, 必要な, 忠実でない, 忠實でない, 快くなっ, 快くなつた, 思ひ出, 思慮の, 思考の, 恋に, 恐れ入りましたね, 息の, 悦んで, 悪いと, 悲しい果敢ない感, 惜しみも, 想像が, 意味の, 意識し, 感ぜられて, 感傷的に, 感動した, 感情に, 感覺の, 憚られ, 手もとに, 手を, 手伝ったの, 手伝って, 手伝つてゐた, 手機の, 打ち明けなければ, 持ち合す必要, 持ち直しは, 持って, 挙げ得るでしょう, 捉えてるつもり, 控えるかも, 控へても, 推重せられ, 揃えなければ, 揺られるの, 攻められながら, 放蕩を, 救は, 教育界の, 文三の, 文字も, 文献的な, 新らしい, 新鮮である, 既に来, 早く咲く, 昔の, 時勢に, 智恵の, 有る, 有るわけ, 望みが, 朝鮮の, 本の, 東京風に, 枝に, 柔道の, 業の, 楽屋裏の, 楽観的にも, 正気が, 此の, 歴史的虚偽を, 殘つた點も, 殘つて居る, 毛ぎらいする人が, 気にも, 気の毒であります, 気の毒にも, 気を, 水商賣, 泥に, 洗ったり, 流行の, 流行過, 浮びあがらせ形, 混って, 混り入っ, 減ずるであらう, 満悦を, 満足も, 照れるの, 物が, 狼狽した, 献策を, 珍書も, 現れても, 現世の, 理解が, 生命を, 用いられて, 疲れて, 痛い思い, 百姓の, 皮肉を, 盛り返して, 相談にも, 眉の, 看板の, 真理が, 眼を, 矢代の, 知つて戴く, 知らないこと, 知られた芸人, 知られて, 知り文字, 研究し, 確知せぬ, 礼儀作法の, 社会の, 社会常識の, 社會主義的な, 祖母を, 神の, 科学の, 積極的で, 積極的な, 窺ふ, 競争の, 精神の, 精神的に, 系列みたいな, 累を, 経済上の, 続いて, 緩和させ, 縁に, 罪が, 美麗である, 考えたかな, 考えねば, 考へても, 耳が, 耳に, 聞いて, 胆に, 脱ぎ棄てられた, 腕に, 臆病な, 自分を, 自分自身の, 自由主義新聞の, 自發的, 臭いなど, 舌が, 苦しませるであらう, 苦労し, 血の, 表現に, 見ても, 見られるもの, 見当が, 覚えて, 解釈が, 触れないわけ, 許されるだろう, 話せないわけ, 話題に, 誇りたい心, 読んだの, 読んで, 調べたが, 警戒しました, 貧富に, 買いかぶられるだけの, 起こるかも, 蹄鉄の, 軽蔑を以て, 農業からさえも, 通るが, 進歩するだろう, 遅刻に, 道の, 道庵より, 道徳的侮蔑をさえ, 違って, 違約を, 遠大に, 遠廻しに, 遠慮し, 遠慮すべき, 遺伝です, 酒気も, 酔ひがまは, 重いであろう, 金の, 鍛冶屋の, 鑑賞上に, 静平に, 面倒が, 面白味に, 音を, 預金が, 頼み甲斐に, 馴れたこれから, 駄々を, 驚いたの, 驚いたのに, 骨を

▼ 多少とも~ (355, 4.7%)

4 唯物論的な 3 本質的な, 理論的な

2 [13件] ある, これに, 之を, 持って, 文化的な, 決定的影響を, 物を, 現はれ, 生活の, 社会主義的な, 自分が, 興味を, 重要な

1 [319件] あたたかく愛想, あったもの, あるもの, あるん, いたんで, いやいやながらも, かういふ眼附, かかって, ぐらつく度, この傾向, この動き, この文化抑制, この書, この男, この疑惑, さらされて, しゃちこばって, すべての, ずぶの, そういう性質, そういう色彩, そのよう, その反対, その型, その形, その打撃, その歩調, それが, どこかに, なりそう, ふれたそして, ほごされるならば, ぼくに, ぼくの, まぎらして, ますます完全, まだ封建的, まとまった食物, まぬかれたに, よく知りつくし, よろしき方向, われわれの, ウール・シュタンドに, カンタン相てらしたらしい, ジャーナリスティックな, ズレて, セント・ヘレナに, ディレッタント風な, ネルスキーの, プラトン的乃至, モリエエル的扮装を, 一種の, 万葉集の, 不合理な, 不完全である, 不完全な, 不明瞭で, 不機嫌, 不祥らしい, 与えられて, 世間ていに, 世間を, 主観的な, 云わば, 人々と, 人を, 今後に, 他の, 何気ない風, 作って, 使ったの, 信用を, 信頼し得る, 個人の, 偶然であり, 偶然な, 優れた哲学者達, 先生の, 入手出来ない, 共通なある, 具体的に, 出入り致しました, 分析的な, 制約され, 刺繍が, 助かる思ひを, 労苦を, 効能が, 動かされざるを, 勝利に, 勢力の, 勾配を, 千鳥足で, 卑屈に, 原田どのと, 反省的な, 反社会的, 取って, 受けて, 古典的な, 史実の, 合理的であり, 含まれる悪魔的性格, 周文圭に, 呼吸した, 哀れには, 哲理的な, 啓蒙的役割を, 啓蒙的思想的意義を, 喜びを, 回復する, 回教を, 困難が, 固定性と, 国家機構の, 基本的な, 変動し, 大胆の, 大膽, 大衆の, 存在し, 安全地帯へ, 安易な, 実力ある, 実現しよう, 寛恕される, 尊重する, 尾を, 展開し始めた, 左翼的色彩を, 常識として, 幇間的性質の, 年代的に, 弁証法的に, 強制が, 弾性に, 形を, 影響する, 彼の, 後悔と, 御用の, 復元しうる, 心うれしい, 念を, 思想が, 急場を, 恋愛的感情を, 恐怖と, 恒久的な, 意志的な, 意識的に, 愛読を, 憂鬱の, 懐疑的でない, 懷疑的でない, 手に, 手の, 批判の, 批判を, 批判力の, 批判的な, 批評し, 拘束と, 持つだろう, 挑撥した, 改心を, 政治や, 政治的, 政治的な, 整理し, 文化とか, 文化的意義を, 文学に, 文学的乃至, 新しい方向, 新らた, 新味の, 旧劇に, 明るい微笑, 明るくなる, 時間観念を, 普遍的な, 暴力を, 有して, 有産者の, 期待を, 未墾の, 本当の, 条件づき, 松茸狩や, 根本的に, 権力を, 權力を, 欠く結果, 欧米化し, 此の世の, 此気味が, 武術の, 歴史性が, 歴史的に, 死と, 死もの狂いである, 比較出来る, 気を, 気取って, 水性的な, 江戸ッ子は, 決定しない, 深い印象, 深まつ, 深まり人生観, 清澄の, 湿気の, 満足な, 滝川教授と, 漢語の, 潜んで, 物持ちの家でも, 物質的な, 物質的なる, 独特さを, 独立化し, 独立化した, 現われて, 現代の, 現実と, 現実の, 理想的人間を, 理論的, 産業の, 用心を, 男が, 異なるところ, 白雲の, 直接關する, 真剣な, 真面目であり, 眼だつ, 知らないうち, 知的であろう, 知的能力に, 知能的で, 砕かれて, 破ると, 確に, 示さねば, 社会の, 社会哲学的な, 社会的な, 社会的地位の, 社会観的な, 私憤が, 科学的な, 科学的精神を, 移動し, 立論上の, 素養が, 紳士的な, 緩和された, 縁ある, 織り込まれて, 肯定的な, 胸の, 脳に, 自分の, 自己の, 自暴的な, 自然科学的な, 自由に, 自由主義的又, 自由主義的態度を以て, 良いこと, 良心的な, 良心的に, 苛辣に, 苦しみ惱んで, 行なわれ難い, 裏切られて, 製品の, 複雑で, 西田の, 見逃して, 解し得る鍵, 解するの, 解決するなら, 解説できれ, 解題の, 計算が, 話を, 誰しも, 調子を, 警戒し, 貯蓄などを, 費用が, 超越し, 軽視される, 軽視した, 近づくかの, 迷惑を, 通用する, 進歩に, 違った意見, 邦文の, 重んじて, 重んじないもの, 重大視し, 関係交渉の, 関心を, 阿呆に, 陳弁の, 隔意の, 静止的な, 革新の, 頭の, 風邪を, 高い程度, 高めること, 高座の, 鼠足を

▼ 多少でも~ (156, 2.1%)

2 あれば, それが, 何ものかに, 参考に, 問題に, 知って, 自分で, 芸術の

1 [140件] あつて, あなたの, い, いいが, いい仕事, いは, いわゆる輿論, うまく行く, お世話に, お役に立った, かうした気分, この事件, この現実, そういう徴候, そういう方面, そうであった, その勲章, その罪, それらが, それを, だなあ, はたせる事, はつきりした, ほごす義務, ほんとうに, まだ事実, もっともだ, わかって, アッピールする, ニイチェの, マトモに, 不利な, 不利に, 世人の, 亀裂の, 事実に, 人を, 人間の, 他人の, 伸びて, 似た考え, 伽藍らしい, 何とかし, 余裕の, 信頼を, 俳諧連句の, 傷つけられて, 僕等の, 優しい仕草, 兄を, 先輩の, 分つてたの, 分別が, 動的意義の, 反対の, 反映し, 名の, 名を, 君に, 地位や, 堕落させる, 天気予報の, 婚期に, 学んだ者, 家の, 家事に, 寄付された, 小説に, 崩されるよう, 幸福に, 引用し, 強制の, 彼女に, 得意に, 心に, 心得て, 恩に, 愛すること, 担保を, 掴もうとして, 政治の, 教育の, 教育を, 文学的な, 文芸の, 新しい文芸, 新書の, 春秋座と, 曲げられて, 有てる, 望みが, 本当の, 植物知識を, 次郎が, 残って, 殺がれること, 母が, 江戸の, 減少せしめる, 疑いを, 発展させる, 目新しい一つ, 相手に対して, 真剣な, 知つてゐる, 知識が, 示唆し得る, 稼ぐ者, 窮屈の, 立ちたいため, 美しいもの, 考えない人, 考ふる, 自分に, 自分の, 自惚, 自覚的に, 自責の, 良心の, 葉が, 著者の, 製陶いたします, 見物の, 認め味わう事, 説明する, 豊かに, 貞世の, 財産や, 貢献する, 資産の, 趣味の, 近代的教養を, 通有な, 避けるつもり, 阻まないため, 青森県下に, 面白味を, 頭を, 養ふ, 餘裕が

▼ 多少~ (73, 1.0%)

3 從ひ 2 かかわらず必ず, よりて, 依らず, 応じて, 應じ, 準ず

1 [58件] あらず武器, かかわらずまた, かかわらず常に, かかわらず徳義上示談金, かかわらず戦うべし, かかわらず桟敷, かかわらず選挙権, かかわらず附帯, かかわりませず迅速, こんなこと, しろ有ったには, すること, せよ新, よらずお, よらず心から, よらず或, 不拘, 仕事が, 依りさえ, 係らず皆田畠, 原因する, 因る事, 基づくこと, 大関係, 属して, 属するのみ, 左右されるらしい, 差ある, 平均し, 影響する, 得たるところ, 從つて各自の, 応じ若干数, 應ずる, 拘はらず時代的, 拘らずこれ, 拘らずこんな, 拘らず世に, 拘らず形式社会学, 拘らず或は, 拘らず手当, 拘らず本心, 拘らず束縛, 拘らず流れて, 拘らず無, 拘らず知り得たであろうと, 拘らず第六感, 拘らず精練, 拘らず緊張, 拘らず証拠立てて, 拘らず金, 拘わらず吃驚, 拘泥せず, 比例し, 準じ功徳, 準じ固定本給, 準じ恩惠, 限らず頭

▼ 多少その~ (56, 0.7%)

2 効験ある

1 [54件] できた年代, 一端を, 不幸な, 中に, 主義を, 事実が, 人を, 人気の, 代行者を, 伝統を, 例なき, 倫理的内容を, 傾向も, 内容について, 動機に, 原因と, 名に, 在来の, 地方の, 塵の, 宗義を, 年齢を, 形を, 形式は, 影に, 心の, 恋が, 意氣込みが, 抑制力が, 方に, 方の, 方面の, 有を, 気味が, 点に, 用に, 病に, 祕傳を, 秘伝を, 緑の, 職を, 色合が, 要素が, 説の, 説明に, 責任が, 趣きを, 軽いところ, 辺から, 辺で, 辺に, 辺の, 邪視を, 面の

▼ 多少~ (38, 0.5%)

4 もって 3 問はずに, 問わずに 2 生ずるだけ

1 [26件] コレットに, 争う右, 争う議論, 争ふこ, 分かつに, 判断し, 問はず暴に, 問わず手当, 彼女は, 持ち合わせて, 指したの, 既成科学の, 明辨し, 有するとともに, 決定する, 王城の, 生じたが, 知るなど, 示すもの, 考慮に, 見る方法, 認め得ざる事, 論ずるの, 論ずるわけ, 論ぜずその, 論ぜず兎

▼ 多少~ (34, 0.5%)

3 が変, にかかる, を悪く 2 にし

1 [23件] がとがめる, がはれるだらう, が利い, が引け, が引ける, が練れ, が落ちつい, が転倒, にかかっ, にかかり, になり出した, になる, に懸っ, に掛った, に掛つた, のきいた, の利いた, の強い, の触れた, をそらす, を兼ね, を痛めます, 恥ずかしいよう

▼ 多少なり~ (29, 0.4%)

2 一かどと

1 [27件] その剣道, と, とジャヴェル, と作者, と家庭不和, と御覧, と情婦, と支配, と正しい, と精神的, と自己, と軽く, と辰野, と金の, と音, の価値, はすまい, 享けて, 兵法に, 刀術の, 劣情を, 專門的知識を, 影響され, 水戸藩の, 物が, 興奮し, 酒気を

▼ 多少それ~ (27, 0.4%)

2 に似た, より小さい

1 [23件] が固定, が彼, が手掛り, でこの, に応酬, に注意, に近い, に關, に類した, に類する, に類似, は危険, を助ける, を小気味よく, を悔いた, を懸念, を本当, を楽しん, を気遣っ, を研究, を羨む, を認め, を遵奉

▼ 多少この~ (26, 0.3%)

1 [26件] 事件を, 人らしい, 傾きが, 傾向の, 分子を, 句と, 問題に, 女流権力家に, 室は, 快楽を, 態度を, 旅行で, 書が, 栖方の, 点に, 版と, 理由にも, 男の, 病気に, 縁日も, 罪を, 詩形の, 説に, 諷刺の, 道に, 高圧的手段は

▼ 多少ある~ (25, 0.3%)

2 かも知れない, ものだ

1 [21件] かも知れぬ, が主, が之, が室町時代, が水田, こと, ことも, そうです, とは言, と信じ始め, にし, にはあった, にはあるだろう, ので, ので食事後ザイル, のみ, はずです, もので, も故, 事, 芭蕉は

▼ 多少自分~ (25, 0.3%)

2 にも責任

1 [23件] から頼む, にも同感, にも考え, にも解る, に呑み込めた, に満足, のおっちょこちょい, の世界, の体, の作品, の價値, の内部, の好き, の心, の意志, の批評的, の方, の畑, の考, の軽率, は明白, をはさん, を不安

▼ 多少~ (22, 0.3%)

2 った特色, っていた

1 [18件] ったヒューマニズム, った意味, った方面, った規定, った類別, って, って必ずしも, って来る, つたものである, つた點が, つてゐる, りながらも, りまして, るので, るも, るもの, る意味, る意見

▼ 多少~ (20, 0.3%)

2 を動かした

1 [18件] ある者, が和らぎ, が静まっ, にもかかった, に注ぎ込まれる, に激, ゆるむこと, をとめ, を乱され, を労っ, を動, を動かす, を慰められる, を痛めた, を落ち付けた, を輝かされた, 乱れて, 嬉しかった

▼ 多少不安~ (19, 0.3%)

2 な気

1 [17件] がない, がらせる空気, なその, な好き方, な気持, におもっ, になっ, の影, の念, の色, はあった, をもつ, を感じ, を感じた, を感じ出した, を感じ初めた, を覚え

▼ 多少これ~ (17, 0.2%)

2 を聞く

1 [15件] あるも, がため, について観察, によりて安心, に似た, に對, に就, に論及, に附加, に類し, に類したる, まで不快, を恕せ, を注意, を証すべき

▼ 多少あった~ (16, 0.2%)

3 かも知れない

1 [13件] が, がそれにしても, が越後領, し占星術, ために, としても夫人, にし, にせよ, のです, のでそれ, のは, ように, 書巻の

▼ 多少~ (15, 0.2%)

2 それを, 能の

1 [11件] ひき廻しする, ツくう, 取りに, 愍れみ, 手荒く扱われましょう, 手際だ, 楽であろう, 角さんの, 迷いの, 銀様の, 骨は

▼ 多少~ (15, 0.2%)

1 [15件] ありますから, ある, ここから, この光沢, またほとんど直ちに, 人類を, 常にただよっ, 最大要素です, 有る, 村人としての, 直ちに夭壽, 精神生活の, 縁談の, 諸条件, 電車の

▼ 多少~ (15, 0.2%)

2 を夢見心地

1 [13件] から吠え, から憐ん, に安心, に熟し, に知られ, の容貌, の運命, も知っ, も知つて, をし, を傷, を威圧, を馬鹿

▼ 多少~ (13, 0.2%)

2 もある

1 [11件] その多い, はなく, もあるなら, もなく, もなる, もシンケン, も小林, も異なる, 一貫は, 二晩や, 定まるロシア

▼ 多少によって~ (13, 0.2%)

1 [13件] しばしば極端, そういう差別, その人, その御利益, 事を, 定まる, 富みまたは, 早く旅行券, 武家の, 決まる, 異り, 系統的に, 計られるの

▼ 多少~ (13, 0.2%)

1 [13件] では有るまい, に対する敵愾心, に気, のうち, の仕事, の心事, の性格, の時代, の歩き方, をなほ若者扱, を憚, を焦らす, を認め

▼ 多少得意~ (13, 0.2%)

3 になっ 2 であった, になつ 1 がらせて, でもありました, となった, と興味, になったらしく, の顔色

▼ 多少滑稽~ (13, 0.2%)

2 だと, に取れる 1 だった, では, で比喩, なもの, な変装, な存在, な趣, にも思った, やら侮蔑

▼ 多少皮肉~ (13, 0.2%)

1 [13件] では, な一種, な微笑, な意味, な批評, な気分, な沈着さ, な特色, な答え, な調子, に云え, に微笑み, のつもり

▼ 多少知っ~ (13, 0.2%)

3 ていた, ている 1 ていたなら, ていなく, ていました, ています, ておった, ておられ, て居る

▼ 多少にも~ (12, 0.2%)

2 せよ僕, せよ我我, せよ美しい 1 しろデカダン, せよ一一, せよ天命, せよ私自身, 基づくが, 自慢にも

▼ 多少世間~ (12, 0.2%)

2 に信ぜ, に出 1 と折合っ, にも判った, にも名声, に知られ, に聞え, の事, の評判, を見させよう

▼ 多少~ (11, 0.1%)

2 勸善懲惡的な 1 いうこと, いくぶんか, いふ點, おっしゃいますと, 一致する, 人を, 大小は, 眠中の, 貧富の

▼ 多少誇張~ (11, 0.1%)

6 して 1 したこと, したこの, した筆法, した風, を免れぬ

▼ 多少ずつ~ (10, 0.1%)

2 でも 1 備えて, 元金も, 増加する, 支えて, 文芸の, 殖えて, 皆違っ, 違って

▼ 多少ともに~ (10, 0.1%)

2 能的分子を 1 かぶったからの, この傾向, 人を, 物を, 緊張を, 羨望と, 自分を, 頭も

▼ 多少無理~ (10, 0.1%)

1 しても, でも演出家, ともなります, なところ, な仕事, な感じ, な点, におしつけられた, をし, を覚悟

▼ 多少重複~ (10, 0.1%)

2 する点 1 したところ, して, するかも, すること, する処, にはなる, の恐れ, の感

▼ 多少~ (10, 0.1%)

2 が温かい, に浮かん 1 と好み, のある, の鈍い, へ来, を下げなけれ, を使いすぎる

▼ 多少~ (9, 0.1%)

2 本意らしい 1 健康な, 判明である, 本意でも, 本意に, 機嫌そうな, 穩な, 良性の

▼ 多少安心~ (9, 0.1%)

2 した, の色 1 したよう, であつ, な方, をしました, をする

▼ 多少心得~ (9, 0.1%)

3 のある 2 ている 1 がよく, ているらしい, てゐる, て置い

▼ 多少~ (9, 0.1%)

1 が知っ, に覚え, に類似, の不安, の処世上, の歓心, の死, の見方, も関係

▼ 多少複雑~ (9, 0.1%)

1 であり勝負, なだけに, な変化, な心理的要素, な経過, な脚色, な趣, になっ, になつ

▼ 多少~ (9, 0.1%)

2 ふが 1 つたところ, ひます, ひますけれども, ふであらう, ふの, ふやう, ふ點

▼ 多少遠慮~ (9, 0.1%)

2 した方, をし 1 したつもり, して, し合って, の気味, も出る

▼ 多少きまり~ (8, 0.1%)

3 の悪い 1 がわるく, が悪かっ, が悪く, 悪げな, 悪さ

▼ 多少そんな~ (8, 0.1%)

1 ことに, ことを, 事が, 心持が, 感情を, 気が, 術が, 論も

▼ 多少~ (8, 0.1%)

2 所行の 1 とは様子, に劣った, に変, の事, の疝気, よりも高く

▼ 多少~ (8, 0.1%)

1 だろうし, つた処, つた方法, ですかね, な感じ, な物音, な空気, に思った

▼ 多少失望~ (8, 0.1%)

2 だ, に弛んだ 1 したらしい声, したらしい顔, して, の色

▼ 多少得る~ (8, 0.1%)

3 所が 1 ところある, ところが, ところなき, 処が, 所なかるべからず

▼ 多少気の毒~ (8, 0.1%)

1 とでも見た, と思はれる, と滑稽, な感, にもなった, にもなり, にもなる, の感

▼ 多少興味~ (8, 0.1%)

2 のある 1 がある, をもっ, を感じ, を持っ, を有, を覚え出し

▼ 多少あっ~ (7, 0.1%)

2 てその 1 てもその後, ても今, ても毎日殆, ても非力, て注文

▼ 多少共に~ (7, 0.1%)

1 この傾向, この方面, 人に, 気を, 発言権を, 科学的な, 風雲か

▼ 多少心配~ (7, 0.1%)

2 になり 1 しそれとなく, した, せざるを, になる, をした

▼ 多少疑問~ (7, 0.1%)

1 あること, がない, だそう, である, であるが, にする, もあつ

▼ 多少精神~ (7, 0.1%)

2 に異常, に異状 1 が落つい, が錯乱, に狂い

▼ 多少興奮~ (7, 0.1%)

4 して 1 いたして, したの, してるから

▼ 多少関係~ (7, 0.1%)

2 がある 1 あるところ, ある田地, があった, して, してるに

▼ 多少いい~ (6, 0.1%)

1 ことです, 心もちに, 時には, 気に, 気持ちで, 気持で

▼ 多少~ (6, 0.1%)

4 うした 1 ういふところ, うかも

▼ 多少によつ~ (6, 0.1%)

1 て影, て挨拶, て測定, て濃淡, て異, て賄

▼ 多少不快~ (6, 0.1%)

1 であつ, な気, に思わず, に思われない, の感, を感じず

▼ 多少~ (6, 0.1%)

1 なきに, に類似, れ有り, を敷衍, を滑稽化, を為し得た

▼ 多少余裕~ (6, 0.1%)

1 があった, がある, でもある, のあった, のある, の時間

▼ 多少怪しい~ (6, 0.1%)

1 ところが, ところの, ものだ, 処は, 感じが, 日本人かと

▼ 多少~ (6, 0.1%)

1 がつい, に余る, のこんだ, を入れ, を加える, 古擦っ

▼ 多少教育~ (6, 0.1%)

3 も授け 1 ありし人物, もあり, も受けた

▼ 多少~ (6, 0.1%)

1 がすいた, がつい, が緩んだ, に懸けず, の毒, を落ち付けた

▼ 多少病的~ (6, 0.1%)

1 かも知れない, なもの, な分泌, な大都市, な貴族味, の現象

▼ 多少発達~ (6, 0.1%)

1 したる宗教, したる神話, した感性, して, し全体, もする

▼ 多少相違~ (6, 0.1%)

1 あるもの, がある, して, はあっ, はありませう, もあり

▼ 多少自信~ (6, 0.1%)

2 のある 1 があった, がある, に似た, を失つたまき

▼ 多少調子~ (6, 0.1%)

1 の差, の違った, の違つた処, の違つた處, は違, をやっ

▼ 多少~ (6, 0.1%)

5 を異に 1 が変わっ

▼ 多少~ (6, 0.1%)

1 にこたえ, につまされる, に覚え, の浮沈, を入れ, を潜めた

▼ 多少迷惑~ (6, 0.1%)

1 がるよう, であった, であつ, の色, らしく見えたばかりか, をかける

▼ 多少遺憾~ (6, 0.1%)

2 とする 1 ながら決して, な点, に思つた, に思ひ

▼ 多少~ (5, 0.1%)

1 元氣, 気を, 煩いといふ, 自分を, 良心の

▼ 多少ずつは~ (5, 0.1%)

1 あっても, 分化した, 幸福に, 持ってるん, 犠牲を

▼ 多少ちがった~ (5, 0.1%)

1 反応が, 形式の, 形式を, 方向を, 程度で

▼ 多少に関する~ (5, 0.1%)

1 もっと大きな, 問題は, 論争において, 論争においては, 論文において

▼ 多少不満~ (5, 0.1%)

1 だった, であった, に感じたらし, の響き, はあ

▼ 多少其の~ (5, 0.1%)

2 傾向が 1 理由も, 脈數が, 間に

▼ 多少~ (5, 0.1%)

2 が出来 1 がついた, を出し, 弱い難

▼ 多少危険~ (5, 0.1%)

1 だという, なところ, な容体, を免れない, を冒し

▼ 多少参考~ (5, 0.1%)

3 になる 1 すべき点, になり

▼ 多少尊敬~ (5, 0.1%)

1 されても, して, の意, を受, を拂

▼ 多少感染~ (5, 0.1%)

3 して 1 されて, してる当時

▼ 多少持っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ています, て居るです

▼ 多少残っ~ (5, 0.1%)

2 ている 1 てい, ています, て居た

▼ 多少気味~ (5, 0.1%)

2 の悪い 1 がわるい, の悪, の悪く

▼ 多少狼狽~ (5, 0.1%)

3 して 2 の気味

▼ 多少知られ~ (5, 0.1%)

3 ている 1 ていた, てゐる

▼ 多少研究~ (5, 0.1%)

1 しかけて, したこと, して, するところ, する必要

▼ 多少自ら~ (5, 0.1%)

1 悟るところ, 慰むるところ, 慰むる所, 窘めるよう, 窘める樣

▼ 多少趣き~ (5, 0.1%)

2 を異に 1 が違つて, は変つて, をことに

▼ 多少道理~ (5, 0.1%)

1 がない, が立つ, なわけ, のある, を解する

▼ 多少違っ~ (5, 0.1%)

3 て来る 1 ている, ているらしく思われた

▼ 多少違つて~ (5, 0.1%)

1 くる, ゐるかも, ゐるところ, 居る, 居るやう

▼ 多少~ (5, 0.1%)

2 につくし 1 にかかる, につく, もちならぬ趣味

▼ 多少あなた~ (4, 0.1%)

1 にも関係, の参考, をサンボリツク, を不快

▼ 多少あり~ (4, 0.1%)

1 その上, ながら竜蛇, もしくは人間, 子部に

▼ 多少そう~ (4, 0.1%)

1 であったが, 云う風, 思われても, 思われない事

▼ 多少なりと~ (4, 0.1%)

1 さらに真理, 具えて, 愛して, 楽しく派手やか

▼ 多少に従って~ (4, 0.1%)

1 かねて法律, 人口に, 固定資本か, 富みまたは

▼ 多少ぼんやり~ (4, 0.1%)

1 したよう, して, してるこの, し始めるの

▼ 多少もの~ (4, 0.1%)

2 の裏表 1 になる, を言う

▼ 多少よく~ (4, 0.1%)

1 なって, なり食慾, 整理され, 該當する

▼ 多少不平~ (4, 0.1%)

1 では, なりき, の気, を抱く

▼ 多少予期~ (4, 0.1%)

1 した筋, して, しても, はし

▼ 多少事実~ (4, 0.1%)

1 ではないだろう, と相違, に近い, を誇大

▼ 多少人生~ (4, 0.1%)

1 という, に懐疑, のさびしさ, の経験

▼ 多少人間~ (4, 0.1%)

1 にあり, の生命, も改良, を看る

▼ 多少~ (4, 0.1%)

1 までとはち, までのそれら, までよりも体, まで云

▼ 多少~ (4, 0.1%)

3 ている 1 てゐる

▼ 多少似た~ (4, 0.1%)

1 あらい線, ものは, 意味の, 関係が

▼ 多少~ (4, 0.1%)

1 にからかう, にはもの, には満足, の文學的

▼ 多少先方~ (4, 0.1%)

2 が慌て 1 の心田, を怒らせる

▼ 多少具体的~ (4, 0.1%)

1 な分析, な問題, に整理, に考察

▼ 多少加わっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てなんとなく, て支那

▼ 多少動揺~ (4, 0.1%)

1 しても, しながら, すること, を見せ

▼ 多少名前~ (4, 0.1%)

2 も知られ 1 を揚げかけ, を覚えられ

▼ 多少困難~ (4, 0.1%)

1 であるが, であること, な事, に陥っ

▼ 多少変っ~ (4, 0.1%)

1 たり広く, ている, ても構いません, て来る

▼ 多少~ (4, 0.1%)

2 を変え 1 がくずれ, をかへて残つて

▼ 多少彼女~ (4, 0.1%)

1 の上, の主観, の心, の魂

▼ 多少意外~ (4, 0.1%)

1 であっただけ, な体, な光景, に感じた

▼ 多少憂鬱~ (4, 0.1%)

1 な仕事, になった, にならざる, になる

▼ 多少支那~ (4, 0.1%)

1 と関係, にも傳はり, の宮廷文学, 及び日本

▼ 多少文字~ (4, 0.1%)

1 に目, のこと, をも識つて, を解す

▼ 多少文学~ (4, 0.1%)

1 という言葉, と民俗, に興味, をやる

▼ 多少日本~ (4, 0.1%)

1 に伝わった, の事情, の創作劇, の女学生

▼ 多少時勢~ (4, 0.1%)

2 の要 1 に通じたる, の変化

▼ 多少注意~ (4, 0.1%)

1 すべき點, はいる, をすれ, を払

▼ 多少~ (4, 0.1%)

2 イヲ抱カセルクライデアッテモヨイ 1 つてた, はしい

▼ 多少疲れ~ (4, 0.1%)

2 てゐる 1 ていた, ている

▼ 多少縁故~ (4, 0.1%)

2 のある 1 があった, もある

▼ 多少~ (4, 0.1%)

1 に染み, の遠い, へ入, へ入ったろう

▼ 多少~ (4, 0.1%)

2 が立った 1 が太く, が痛く

▼ 多少良心~ (4, 0.1%)

1 にやましい, に愧, に責められた, の呵責

▼ 多少説明~ (4, 0.1%)

1 して, に行き届かぬ, を与え, を加え

▼ 多少責任~ (4, 0.1%)

4 がある

▼ 多少軽蔑~ (4, 0.1%)

1 して, できるよう, の交じった, の念

▼ 多少進歩~ (4, 0.1%)

1 したる少く, したる民族, して, せる宗教的思想

▼ 多少違う~ (4, 0.1%)

1 かも知れない, から千, 点で, 答えを

▼ 多少~ (4, 0.1%)

1 がある, がこすり付く, をかけ, を持っ

▼ 多少非難~ (4, 0.1%)

1 すべき所, の声, の意味, の餘地

▼ 多少~ (4, 0.1%)

1 喰ったかたち, 喰った態, 喰らわせたこと, 黒いところ

▼ 多少ずつの~ (3, 0.0%)

1 変化は, 月給を, 相違が

▼ 多少そういう~ (3, 0.0%)

1 こころあたりが, ことと, 個所も

▼ 多少そうした~ (3, 0.0%)

1 傾向が, 生活様式に, 種類の

▼ 多少そこ~ (3, 0.0%)

1 に考慮, に軽蔑, に露出

▼ 多少ない~ (3, 0.0%)

1 ことも, では, でもありません

▼ 多少ながら~ (3, 0.0%)

1 希望を, 浮んで, 聞きかじって

▼ 多少には~ (3, 0.0%)

1 拘らず武備, 関せない, 關せない

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 住民の, 声の, 有無で

▼ 多少より~ (3, 0.0%)

2 いへば 1 勿論少ない

▼ 多少わかっ~ (3, 0.0%)

1 てき, てきた, て居るだろう

▼ 多少クリストフ~ (3, 0.0%)

1 にある, の上, を軽蔑

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 変化ハ已ムヲ得マセンガコノ前測, 悲痛ト決断カノ小論ノ, 破損ガアルケレドモ勢至像ハ全

▼ 多少ロマンチック~ (3, 0.0%)

1 で多少, な椿事, な気持

▼ 多少上手~ (3, 0.0%)

1 だった, だつた, な者

▼ 多少不愉快~ (3, 0.0%)

1 だった, だったの, である

▼ 多少不自然~ (3, 0.0%)

1 でありそこ, であること, のきらい

▼ 多少不足~ (3, 0.0%)

1 して, すること, はあろう

▼ 多少他人~ (3, 0.0%)

1 には強, に対して臆病, を軽蔑

▼ 多少例外~ (3, 0.0%)

1 がある, が出来, として宗鑑以下

▼ 多少信じ~ (3, 0.0%)

2 ていた 1 ている

▼ 多少兵法~ (3, 0.0%)

1 にも心得, にも通じ, の心得

▼ 多少出入~ (3, 0.0%)

1 した所, して, を加

▼ 多少前後~ (3, 0.0%)

1 したり, するが, 揃わぬ処

▼ 多少反感~ (3, 0.0%)

2 を感じ 1 を覚えたらしく

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 を知らるる, を知られる, を鳴らした

▼ 多少含ん~ (3, 0.0%)

1 でい, でゐる, で居る

▼ 多少変化~ (3, 0.0%)

1 したかも, したこと, せし形跡

▼ 多少変更~ (3, 0.0%)

2 しても 1 されて

▼ 多少子供~ (3, 0.0%)

1 っぽいの, は安心, らしい人物

▼ 多少学問~ (3, 0.0%)

1 のある, の道, もし

▼ 多少実用~ (3, 0.0%)

1 に近い, の性質, の物

▼ 多少実際~ (3, 0.0%)

2 的な 1 より花やか

▼ 多少寂しい~ (3, 0.0%)

2 生涯だった 1 胸が

▼ 多少影響~ (3, 0.0%)

1 して, するやう, はし

▼ 多少徹底~ (3, 0.0%)

1 させて, した頃, しない所

▼ 多少心細い~ (3, 0.0%)

1 ものに, 山である, 気分を

▼ 多少思い当る~ (3, 0.0%)

1 ことが, ところが, 節が

▼ 多少想像~ (3, 0.0%)

1 が出来ない, しても, を逞しうし

▼ 多少意味~ (3, 0.0%)

1 が異なっ, の違った, はあるだろう

▼ 多少意見~ (3, 0.0%)

1 があった, の不同, の相違

▼ 多少感傷的~ (3, 0.0%)

1 な技術礼讃, な理由, な論理

▼ 多少感心~ (3, 0.0%)

1 させないわけ, した, したらしい

▼ 多少懸念~ (3, 0.0%)

1 がない, するところ, のあった

▼ 多少成功~ (3, 0.0%)

1 したと, すると, する者

▼ 多少手加減~ (3, 0.0%)

1 があった, がありました, をする

▼ 多少拙劣~ (3, 0.0%)

1 な文章, な科学的精神, にその

▼ 多少新しい~ (3, 0.0%)

1 変った事情, 時代の, 芸術的教養を

▼ 多少時代~ (3, 0.0%)

1 の影響, の経った, を離し

▼ 多少時間~ (3, 0.0%)

1 がか, のかかる, を置い

▼ 多少景気~ (3, 0.0%)

1 のいい, もつこう, を持ちなおし

▼ 多少曖昧~ (3, 0.0%)

1 で懐疑的, な処, にし

▼ 多少柔道~ (3, 0.0%)

2 の心得 1 にご

▼ 多少歴史~ (3, 0.0%)

1 に関する事柄, の上, を有

▼ 多少残ってる~ (3, 0.0%)

1 かも知れなかった, ようにも, 怯懦や

▼ 多少気に入らない~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことも, 気持を

▼ 多少気分~ (3, 0.0%)

1 がおちつい, がよく, が癒

▼ 多少混乱~ (3, 0.0%)

1 して, すること, の状態

▼ 多少満足~ (3, 0.0%)

1 させて, して, のさざなみを

▼ 多少無気味~ (3, 0.0%)

1 であった, である, になり

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 の役に立った, の見方, 足らない所

▼ 多少犠牲~ (3, 0.0%)

1 にされた, にしなけれ, になる

▼ 多少狂気~ (3, 0.0%)

1 じみたその, じみたところ, めいた分子

▼ 多少理由~ (3, 0.0%)

3 がある

▼ 多少生活~ (3, 0.0%)

1 が厄介, までも探っ, も豊か

▼ 多少異なる~ (3, 0.0%)

1 ところなき, ところを, 所なき

▼ 多少疑っ~ (3, 0.0%)

1 て, ていた, て居る

▼ 多少疑わしい~ (3, 0.0%)

1 がにもかかわらず, ことでありまし, 点が

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 通じるもの, 重なり花梗, 食み合って

▼ 多少知つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, ゐても, 居ますから

▼ 多少社会~ (3, 0.0%)

1 に認められた, の推移, の浅瀬

▼ 多少神経衰弱~ (3, 0.0%)

1 だったの, に罹っ, の気味

▼ 多少程度~ (3, 0.0%)

2 の差 1 の相違

▼ 多少経験~ (3, 0.0%)

1 があった, したこと, のある

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 へがあつ, へが違ふから, へを向け

▼ 多少考え~ (3, 0.0%)

1 てみたい, て見た, もし

▼ 多少~ (3, 0.0%)

2 の痛み 1 が重い

▼ 多少自己~ (3, 0.0%)

2 を侮辱 1 の境遇

▼ 多少自棄気味~ (3, 0.0%)

1 で酒, となり, もあった

▼ 多少自由~ (3, 0.0%)

1 であっても, に口, に表白

▼ 多少英語~ (3, 0.0%)

1 のやれる, を解し, を解し得る

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 べつたく, ぼんやりした, 氣味惡く

▼ 多少行き~ (3, 0.0%)

2 方が 1 て谷

▼ 多少見当~ (3, 0.0%)

1 のつく, はついた, を誤り

▼ 多少言葉~ (3, 0.0%)

1 が違っ, の遊戯, 遣ひも

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 になり, も作り, を知っ

▼ 多少認められ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てもその, 相当な

▼ 多少読書~ (3, 0.0%)

1 もし, もする, を勉むる

▼ 多少謹慎~ (3, 0.0%)

1 して, の味, の心

▼ 多少躊躇~ (3, 0.0%)

1 してる風, しましたが, の色

▼ 多少退屈~ (3, 0.0%)

1 だと, だという, である

▼ 多少違い~ (3, 0.0%)

1 ながら実は, はある, 蘆荻の

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 のまわってる, の影響, の趣味

▼ 多少~ (3, 0.0%)

1 がある, が抜けた, の悪い

▼ 多少面倒~ (3, 0.0%)

1 であるかも, であろうと, になっ

▼ 多少高い~ (3, 0.0%)

2 位の 1 処に

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 つたに, つても

▼ 多少あつ~ (2, 0.0%)

1 た, たこと

▼ 多少あれ~ (2, 0.0%)

1 どもいづれ, ば今

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2

▼ 多少いびつ~ (2, 0.0%)

1 であったの, であったり

▼ 多少おかしく~ (2, 0.0%)

1 なったらしい, 感じて

▼ 多少おくれる~ (2, 0.0%)

1 かも知れません, のは

▼ 多少おっちょこちょい~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 多少おどおど~ (2, 0.0%)

1 して, しながら

▼ 多少おどろいた~ (2, 0.0%)

1 が多寡, ような

▼ 多少お前~ (2, 0.0%)

1 のため, の爲

▼ 多少かう~ (2, 0.0%)

1 いふ喜劇の, いふ要求に

▼ 多少かの~ (2, 0.0%)

1 思索, 開墾者の

▼ 多少きざ~ (2, 0.0%)

1 な言葉, に見える

▼ 多少こそ~ (2, 0.0%)

1 あれ密教的思想, 有れ不知

▼ 多少こんな~ (2, 0.0%)

1 取沙汰が, 意味の

▼ 多少さう~ (2, 0.0%)

1 云つた女も, 云ふ

▼ 多少さういふ~ (2, 0.0%)

1 ことが, ものを

▼ 多少しらべた~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 多少そなえ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 多少ため~ (2, 0.0%)

1 らつたのは, らつた末に

▼ 多少ちがっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てくる

▼ 多少でなく~ (2, 0.0%)

1 二人や, 心には

▼ 多少とに~ (2, 0.0%)

1 由りて, 由り決するもの

▼ 多少どうか~ (2, 0.0%)

1 して, するに

▼ 多少どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 多少なぐさめ~ (2, 0.0%)

1 になった, 役を

▼ 多少なぞ~ (2, 0.0%)

1 はさしたる, は一切問題

▼ 多少にても~ (2, 0.0%)

1 他人の, 国家の

▼ 多少に従い~ (2, 0.0%)

1 危険の, 定まる若干数

▼ 多少はっきり~ (2, 0.0%)

1 したフランス語, して

▼ 多少はつきり~ (2, 0.0%)

1 した考, しない立場

▼ 多少ばつ~ (2, 0.0%)

1 が悪く, の悪

▼ 多少びっくり~ (2, 0.0%)

1 した, しました

▼ 多少ふだん~ (2, 0.0%)

2 よりも神経質

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 がらかに, むべき

▼ 多少まとま~ (2, 0.0%)

1 つた金が, つた金で

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 たれたため, 問題外と

▼ 多少やった~ (2, 0.0%)

1 が何となく, にした

▼ 多少ゆとり~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 多少よい~ (2, 0.0%)

1 と思っ, 席に

▼ 多少テレ~ (2, 0.0%)

1 た表情, ない訳

▼ 多少デカダン~ (2, 0.0%)

1 に陥った, に陥り

▼ 多少ドイツ語~ (2, 0.0%)

1 ができる, が読める

▼ 多少ムッ~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 多少一般~ (2, 0.0%)

1 に受け容れられない, の人生問題

▼ 多少不審~ (2, 0.0%)

1 の声, はある

▼ 多少不思議~ (2, 0.0%)

1 な感じ, に思い

▼ 多少不明~ (2, 0.0%)

1 な新しい, な點

▼ 多少不明瞭~ (2, 0.0%)

1 であるが, になっ

▼ 多少不穏~ (2, 0.0%)

1 なこと, な空気

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 が足つたの, を分ける

▼ 多少事情~ (2, 0.0%)

1 の相違, を知っ

▼ 多少人間らしい~ (2, 0.0%)

1 了簡に, 苦労人に

▼ 多少以前~ (2, 0.0%)

1 の領分, より喋り出し

▼ 多少伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 と見

▼ 多少低く~ (2, 0.0%)

1 なりますが, なるよう

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 か無気味, か理窟

▼ 多少侮辱的~ (2, 0.0%)

1 な皮肉, に云つて

▼ 多少便り~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 だ, にいう

▼ 多少働い~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 多少僕等~ (2, 0.0%)

1 の時代, を去勢

▼ 多少儒教~ (2, 0.0%)

1 の心得, を買

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 るべからざるもの, るる能わざる

▼ 多少内閣~ (2, 0.0%)

2 に威重

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 てき, て来た

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 のところ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 の, へ伸び

▼ 多少前者~ (2, 0.0%)

1 と関聯, の部将たち

▼ 多少劇的~ (2, 0.0%)

1 では, の進行

▼ 多少功利的~ (2, 0.0%)

1 な分別, の考え

▼ 多少効果~ (2, 0.0%)

1 があった, を奏した

▼ 多少動い~ (2, 0.0%)

1 たり色, てよろしき

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 づいて, ひづいて

▼ 多少區別~ (2, 0.0%)

1 のある, を設け

▼ 多少原稿料~ (2, 0.0%)

1 がほしい, による収入

▼ 多少反対~ (2, 0.0%)

1 なさるかも, の試み

▼ 多少古い~ (2, 0.0%)

1 のと, 形を

▼ 多少古色~ (2, 0.0%)

1 を存, を帯び

▼ 多少同情~ (2, 0.0%)

1 するが, の念

▼ 多少同感~ (2, 0.0%)

1 して, で直ぐ

▼ 多少君我々~ (2, 0.0%)

2 の理想

▼ 多少含まれ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 多少問題~ (2, 0.0%)

1 になる, の核心

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 もあった, を聞い

▼ 多少囘復~ (2, 0.0%)

1 のつき, の報知

▼ 多少困った~ (2, 0.0%)

1 のである, ような

▼ 多少困る~ (2, 0.0%)

1 ことには, ぞ

▼ 多少基づく~ (2, 0.0%)

2 ところが

▼ 多少堅く~ (2, 0.0%)

1 なってる様子, なるので

▼ 多少場合~ (2, 0.0%)

1 の相違, を異に

▼ 多少変らないでしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 多少大人びた~ (2, 0.0%)

1 者どもは, 者共は

▼ 多少大目~ (2, 0.0%)

2 に見られ

▼ 多少大胆~ (2, 0.0%)

1 な比較, に推断

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 の身体, はやはり

▼ 多少好奇心~ (2, 0.0%)

1 に驅, も手つだっ

▼ 多少好奇的~ (2, 0.0%)

1 な眼, に彼

▼ 多少字句~ (2, 0.0%)

1 の変更, の誤

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 して, し製薬学上

▼ 多少存じ~ (2, 0.0%)

1 ております, 寄って

▼ 多少存在~ (2, 0.0%)

1 して, せるも

▼ 多少學問~ (2, 0.0%)

1 があつ, の源流

▼ 多少富裕~ (2, 0.0%)

2 な家

▼ 多少専門的~ (2, 0.0%)

1 な言葉, の同

▼ 多少小気味~ (2, 0.0%)

1 のいい, 良い皮肉

▼ 多少平民的~ (2, 0.0%)

1 であり枢機官, でまったく

▼ 多少幸福~ (2, 0.0%)

1 だ, であった娘

▼ 多少広く~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, 世間に

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 つてゐる

▼ 多少後悔~ (2, 0.0%)

1 しました, に噛まれ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 参考にも, 実験なども

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 れて, れられるの

▼ 多少思慮~ (2, 0.0%)

1 あるもの, のある

▼ 多少性慾~ (2, 0.0%)

1 の減退, の減退ぐらゐあるにしても

▼ 多少恐れ~ (2, 0.0%)

1 ながらも彼, をなし

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 すべき點

▼ 多少恥じ~ (2, 0.0%)

1 ている, てかアングーレーム公

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 ゆるの, ゆる色

▼ 多少悲観~ (2, 0.0%)

1 すること, もし

▼ 多少意地~ (2, 0.0%)

1 のわるい, 張った口調

▼ 多少意識~ (2, 0.0%)

1 ししかも, の制限

▼ 多少感づい~ (2, 0.0%)

1 ていただろう, ておろう

▼ 多少感情~ (2, 0.0%)

1 の衝突, を吐露

▼ 多少憂愁~ (2, 0.0%)

2 の思想

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 られて, るの

▼ 多少憤慨~ (2, 0.0%)

1 したらしい語気, もし

▼ 多少懐疑的~ (2, 0.0%)

1 な身辺エッセイスト, にもなった

▼ 多少我儘~ (2, 0.0%)

2 も通せた

▼ 多少或は~ (2, 0.0%)

1 不自然の, 国民が

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 ある談, のある

▼ 多少持つ~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て居る

▼ 多少支配~ (2, 0.0%)

1 されて, されなければ

▼ 多少改ま~ (2, 0.0%)

1 つて勢ぞろいを, つて来た

▼ 多少改まった~ (2, 0.0%)

1 ものが, 気持に

▼ 多少改められた~ (2, 0.0%)

1 が, が人馬徴集

▼ 多少改訂~ (2, 0.0%)

1 された個所, すべき點

▼ 多少教師~ (2, 0.0%)

2 について稽古

▼ 多少文章~ (2, 0.0%)

1 が今日, に重複

▼ 多少文筆~ (2, 0.0%)

1 の嗜み, の素養

▼ 多少新た~ (2, 0.0%)

1 な気分, にした

▼ 多少日本語~ (2, 0.0%)

1 ができ, を解する

▼ 多少映る~ (2, 0.0%)

2 感じが

▼ 多少映画~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を研究的

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 を読み, を読ん

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 せずして, つただらう

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 の人達

▼ 多少根拠~ (2, 0.0%)

1 あるもの, のある

▼ 多少極まり~ (2, 0.0%)

1 悪くも, 悪そう

▼ 多少極り~ (2, 0.0%)

1 が悪く, の悪い

▼ 多少極端~ (2, 0.0%)

1 な方針, な覚悟

▼ 多少機嫌~ (2, 0.0%)

1 のよかっ, を損ずる

▼ 多少武術~ (2, 0.0%)

2 の心得

▼ 多少歪ん~ (2, 0.0%)

2 で見えた

▼ 多少死期~ (2, 0.0%)

2 を早く

▼ 多少残り~ (2, 0.0%)

1 上田紬など, 居り候由

▼ 多少殘つて~ (2, 0.0%)

1 る處, 居た

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 の雷霆

▼ 多少気がかり~ (2, 0.0%)

1 なところ, にならん

▼ 多少気まずい~ (2, 0.0%)

1 思いを, 点は

▼ 多少気味が悪く~ (2, 0.0%)

1 なった, もある

▼ 多少気持~ (2, 0.0%)

1 がよく, も落ちついた

▼ 多少水口~ (2, 0.0%)

2 から突

▼ 多少油断~ (2, 0.0%)

1 が生じかけ, のならない

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 でうるん

▼ 多少温度~ (2, 0.0%)

1 が上昇, を上げ下げ

▼ 多少漢学~ (2, 0.0%)

1 の智識, をし

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 元気な, 格好な

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 へもあてつけ, を逸作

▼ 多少片意地~ (2, 0.0%)

1 なところ, の分子

▼ 多少物事~ (2, 0.0%)

1 が分っ, に対して智慧

▼ 多少物語~ (2, 0.0%)

1 として遺つた, になつて

▼ 多少狭く~ (2, 0.0%)

1 なりかつ, 限界される

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 らしかったので, らしかつ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 はれて, わして

▼ 多少現われ~ (2, 0.0%)

1 てき, ても悪く

▼ 多少理屈~ (2, 0.0%)

1 に合う, の頭

▼ 多少理窟~ (2, 0.0%)

1 がある, がわかっ

▼ 多少理解~ (2, 0.0%)

1 し得たとしても, を有するらしい

▼ 多少生計~ (2, 0.0%)

1 が楽, が潤う

▼ 多少異なっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 多少異なった~ (2, 0.0%)

1 形を, 立場に

▼ 多少異様~ (2, 0.0%)

1 な所, にかがやい

▼ 多少疑い~ (2, 0.0%)

1 の余地, を掛け

▼ 多少疑念~ (2, 0.0%)

1 をいだい, を挟ん

▼ 多少疲れた~ (2, 0.0%)

1 のでこの, ま

▼ 多少疲労~ (2, 0.0%)

1 をおぼえる, を感じさせる

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 を控え目, 象徴詩の

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 に立つ, を向け

▼ 多少真剣~ (2, 0.0%)

1 な時, な話

▼ 多少真面目~ (2, 0.0%)

1 な口吻, に口

▼ 多少知る~ (2, 0.0%)

1 ことが, のも

▼ 多少知名~ (2, 0.0%)

1 な人人, の紳士淑女

▼ 多少示し~ (2, 0.0%)

1 ている, ての證據

▼ 多少神経~ (2, 0.0%)

1 がまがっ, に異状

▼ 多少神経質~ (2, 0.0%)

1 な閃きが, にならざる

▼ 多少私事~ (2, 0.0%)

2 の関係

▼ 多少科学的~ (2, 0.0%)

1 に取り扱い出す, の考察

▼ 多少積極的~ (2, 0.0%)

1 になった, に得る

▼ 多少立ち入っ~ (2, 0.0%)

1 て一般的, て考え

▼ 多少立場~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 を入れた, を加えまとめ

▼ 多少等差~ (2, 0.0%)

1 のある, をつけさせなけれ

▼ 多少粗雑~ (2, 0.0%)

1 では, にした

▼ 多少細かい~ (2, 0.0%)

1 ところは, 所は

▼ 多少緩和~ (2, 0.0%)

1 されて, したかも

▼ 多少纏った~ (2, 0.0%)

1 原則の, 文章をも

▼ 多少纏まった~ (2, 0.0%)

1 読書氏や, 銭が

▼ 多少美しい~ (2, 0.0%)

1 女の, 娘かも

▼ 多少老け~ (2, 0.0%)

1 ている, て見える

▼ 多少耄碌~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 つてゐ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 に落ちぬ, に落つる

▼ 多少腕白~ (2, 0.0%)

1 だったと, なところ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 が惡, に應

▼ 多少苦々しい~ (2, 0.0%)

1 心地に, 気色に

▼ 多少苦し~ (2, 0.0%)

1 がって, そうだった

▼ 多少苦しい~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのこと, 負担の

▼ 多少西洋~ (2, 0.0%)

1 の翻訳書, の話し

▼ 多少触れ~ (2, 0.0%)

1 ており, て来た

▼ 多少計画~ (2, 0.0%)

1 に矛盾, を変え

▼ 多少詳しい~ (2, 0.0%)

1 ことを, ようだ

▼ 多少詳細~ (2, 0.0%)

1 に分析, に考え

▼ 多少誤解~ (2, 0.0%)

1 からし, を招き

▼ 多少読者~ (2, 0.0%)

1 におかしみ, の反響

▼ 多少警戒的~ (2, 0.0%)

1 な気持, な氣持

▼ 多少趣味~ (2, 0.0%)

1 といふもの, とか自分

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 の青年

▼ 多少身分~ (2, 0.0%)

1 ある人, のある

▼ 多少違います~ (2, 0.0%)

1 がしかし, ね

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, 財が

▼ 多少酔っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 多少醒め~ (2, 0.0%)

1 ては川原, 加減に

▼ 多少重々しい~ (2, 0.0%)

1 例の, 皮肉な

▼ 多少重く~ (2, 0.0%)

1 なって, なるの

▼ 多少野心~ (2, 0.0%)

1 のあつ, を漏らし

▼ 多少鈍く~ (2, 0.0%)

2 とも油絵

▼ 多少鈍重~ (2, 0.0%)

1 では, に鈍感

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 かを押付ける

▼ 多少~ (2, 0.0%)

2 鈍の

▼ 多少間違つて~ (2, 0.0%)

2 居るの

▼ 多少降っ~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 が来, も積つて

▼ 多少露骨~ (2, 0.0%)

1 で肉感的, な場面

▼ 多少面窶れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 多少音階~ (2, 0.0%)

1 が違っ, を移調

▼ 多少順序~ (2, 0.0%)

1 は顛倒, を変え

▼ 多少頑固~ (2, 0.0%)

1 なところ, にした

▼ 多少類似~ (2, 0.0%)

1 のもの, はし

▼ 多少驕慢~ (2, 0.0%)

1 だった, の心

▼ 多少驚いた~ (2, 0.0%)

1 のに頓着, 容子だつた

▼ 多少高く~ (2, 0.0%)

1 なろうとも, 飛んで

▼ 多少高級~ (2, 0.0%)

1 と思はれる, な下宿

▼ 多少鬱憂~ (2, 0.0%)

2 を散ず

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 に染まっ, に染まつ

▼ 多少~ (2, 0.0%)

1 と牛, を神物

▼1* [1861件]

多少あき気味で, 多少あきたらない面持, 多少あせていた, 多少あせり気味で, 多少あの病氣が, 多少あはれんでゐる, 多少あばれることは, 多少あらうと思ふ, 多少あらたまってきた, 多少ありましたがそれら, 多少ありますか, 多少あるでしょうがこれ, 多少あるべし蜈蚣の, 多少あろうとも新, 多少あわただしい次第です, 多少あわてざるを得なかった, 多少あわてた仕方で, 多少あんな類の, 多少いける方であった, 多少いじめてもこんなに, 多少いじめられても別に, 多少いつでも, 多少いまいましがったけれども, 多少いまわしそうに, 多少いやな浮調子, 多少いやいやそうでは, 多少いやしく調子づいたおしゃべり, 多少いやらしいところが, 多少いらだちながら新しい, 多少いらだって率直, 多少うごかし殊に水軍, 多少うち明けたので, 多少うとくなるの, 多少うまいらしい, 多少うまくは行, 多少うるさいとは思っ, 多少うんざりしないわけ, 多少らが, 多少おさえ得て耳, 多少おしゃべりで長い, 多少おだて気味な, 多少おどかされざるを得ませんでした, 多少おどかされたのである, 多少おどけたふりを, 多少おなかも空い, 多少おのれの救済, 多少おもしろずくに, 多少おれよりはその道, 多少お下渡し下さりませ, 多少お世話もし, 多少お冠のやう, 多少お答えに苦しみます, 多少かい先生, 多少かたちを残し, 多少からかい気味に笑った, 多少がっかりするわけ, 多少がっしりとして大きく, 多少がんばるだけで, 多少きこえるらしいが口, 多少きれいな布, 多少くずれて来る, 多少けむたがっている, 多少こざっぱりしたなりを, 多少こじ付け得られる, 多少こじつけにはなる, 多少こちらに気, 多少こぢつけを加, 多少この大きな自然力に対して, 多少この間の消息, 多少こめて言った, 多少ございまして藤堂家, 多少さみしさと, 多少て行かね, 多少しつこくそれは, 多少しないことも, 多少しのぎ好くなつた, 多少しましたが發掘, 多少しゃくれたきつい頤, 多少しらべて来た, 多少じれったい気持に, 多少ツとして, 多少すべて他を目安, 多少ずばぬけたところを, 多少ずれて来, 多少そういったような, 多少そぐわぬ感じが, 多少そっちの方, 多少そなえた国それを, 多少その見知らぬ音楽家に, 多少その道では名前, 多少その間に色彩, 多少そわそわし出して, 多少たじろぐのは, 多少ためす気も, 多少ためらった末に, 多少たよりに思つて, 多少たりとも文献報国の, 多少だけでは, 多少だけのもの, 多少だしぬけだったが彼, 多少だまされても仕方, 多少だるそうにも, 多少づつておかうと思つてゐます, 多少つかれていた, 多少つかんでき, 多少つきあってくれ, 多少つき出た太い唇, 多少つき纏っている, 多少つけ加えるべきものが, 多少づつ裏切るやう, 多少づつの引つかかりを, 多少づつ羨望の情, 多少づつ變りかけて, 多少づつ遲れさす即ち, 多少づゝは上昇しとりもどされ復興, 多少づゝ羨望の情, 多少てこずったものと, 多少てれくさそうな, 多少てれくさい思いの, 多少てれるこの感触, 多少できる人で, 多少とがめるような, 多少とげとげしい口調で, 多少とはあまり直接, 多少どうかとも思われます, 多少どうもヒステリーの, 多少どこか西洋, 多少疑いを, 多少ないし人生の, 多少なおされやしないかと希望, 多少なかったとは, 多少なくてはならない, 多少などやかましくいった, 多少などによっての差を, 多少などは第二段, 多少なにか善い, 多少なら夫は, 多少ならず自尊心という, 多少ならびに長短あり, 多少なりお役に立つ事に, 多少なり通じてゐる, 多少なる社会に, 多少なるべきもので, 多少にがにがしいように, 多少にまで喧ましくい, 多少にやにや笑つてゐた, 多少によつて評價する, 多少により左右される, 多少に関しては何事をも, 多少ぬけたり故意, 多少ぬけたやうな, 多少ねたんだものだった, 多少ねむそうな, 多少のこっている, 多少のちがひ, 多少のという程度に, 多少のばしてはゐない, 多少のみこめて来た, 多少のみを以てすること, 多少のめる私は, 多少のもやがかかっ, 多少はいじれるらしいし, 多少はいっている, 多少はしゃいでいた, 多少はずかしそうに, 多少はなやかであった, 多少はにかみながら並ん, 多少はやってくれよう, 多少はやりかけたと慰めた, 多少ばからしくなって, 多少ばりを朝, 多少ひかえて婉曲, 多少ひけめを, 多少ひつ込むで, 多少ひとをみる, 多少ひどすぎる考え, 多少ひらけ己の, 多少ひるんで見えた, 多少びツくりして, 多少ふくれて疲れ, 多少ふしだらをし, 多少ふらんす風, 多少ふりを交, 多少ふるくなったもの, 多少ぶるぶる震えながら, 多少ほかにも同じ, 多少ほっとした気持, 多少ぼかしはやり, 多少まあわずかな人たち, 多少まがりとかゆがみ, 多少まごついてゐる, 多少まごつき顔に, 多少まじつてゐた, 多少まじめさうに聽く, 多少まじるけれどすぐ, 多少ませ過ぎている, 多少まだ冒険心を, 多少まとまった金が, 多少まわってる人々が, 多少みあたるが草, 多少みとめられてそれだけ, 多少みな連想に関係, 多少みな間接にニイチェ, 多少みんなに気兼ね, 多少むごたらしい気が, 多少むっとしたらしく眼, 多少むりでも守らなけれ, 多少むッつりして, 多少もっていた, 多少もつてゐる, 多少もてあましている, 多少もとへ逆流, 多少ものの分った人, 多少やかましいと思う, 多少やきもきさせた, 多少やけ気味でふて返っ, 多少やつれてはいた, 多少やはり恐怖心でも, 多少やましいところがない, 多少ややこしくなるが, 多少やりきれなくなりますよ, 多少やりくりを必要, 多少やるのは, 多少やわらかにだ, 多少ゆがみ加減の微笑, 多少ゆがめられてゐた, 多少ゆっくりした気分, 多少ゆるやかになった, 多少ゆるんでいる, 多少さそうな, 多少よかったらしいが, 多少よそ行きの言葉, 多少よりもその一回的, 多少りっぱなフランス人ら, 多少わかってるはずである, 多少わからずやで, 多少わからないことは, 多少わかりにくい理論, 多少わが迂闊に, 多少わけ知りらしい口調と, 多少わざとわきへ, 多少わざとらしい頓狂な, 多少われわれを輝かし, 多少をもどうしてオリヴィエ, 多少アイデアルに流れる, 多少アカデミックなところ, 多少アフリカの花驢, 多少アラビヤの血, 多少イマイマしいと, 多少インチも合わず, 多少インチキであるかも, 多少ウエルシイなん, 多少エタの度外視, 多少エベール派でさえある, 多少オランダ風の屋台店, 多少オリヴィエのうち, 多少キじるしだとの, 多少キモをつぶす, 多少クラシツクな美, 多少ケチな性分, 多少ゴシツプめいた材料, 多少シエクスピイア的である, 多少シミッタレている, 多少ショウヴィニズムの臭, 多少ジタバタしようが声を出そう, 多少ジョオンズ君を相手, 多少スペインと縁, 多少センチになる, 多少センチメンタルになっ, 多少ダンセニイのもの, 多少テンポのゆるやか, 多少デマゴギッシュな文筆家, 多少デモ意趣返シヲシテヤル気ガアルトスレバ, 多少トゲトゲした陰鬱, 多少ドン・キホーテの気性, 多少拘ラズ勉強, 多少ニヒリスチックになった, 多少ニヒリストで素焼, 多少ネクタイを直したろう, 多少ネコに小判式, 多少ハイカラな構え, 多少ハンニバルと同じ, 多少バカでもね, 多少バツがよかっ, 多少パ行音ではじまる, 多少ヒステリックにもなっ, 多少ヒステリーも手伝っ, 多少ヒス的な感じ, 多少ヒネクレて浮かない, 多少ビクビクしながら, 多少ファンタスチックな沿革史みたい, 多少ブルジョア気質が出, 多少プウルキインの現象, 多少ペダンチック臭のある, 多少ペテンもあったで, 多少ホトボリもさめた, 多少ポルトガル語を解し得る, 多少マヂニーの典型, 多少メフィスティックなもの, 多少メフイステイツクなもの, 多少モダーン味のある, 多少ヤケ気味にそれ, 多少ユーモラスな, 多少ヨブを慰むる, 多少ラッフなもの, 多少ヴァトレーの好感, 多少一乗寺址の地歴, 多少一方へ引き下げられ, 多少一致しがたい, 多少一般世人と異なっ, 多少万葉要素を持つた, 多少の部, 多少上層の思想, 多少上海の事情通, 多少の方, 多少下剤が混じ, 多少下品だという, 多少下地がある, 多少下手に近い, 多少下火になる, 多少不人情に見え, 多少不健康な色, 多少不十分であるが, 多少不可抗力とみ, 多少不可解な四十女, 多少不名誉を含む, 多少不完全な点, 多少不意を打たれた, 多少不感症めいたところ, 多少不気味になっ, 多少不満がちなあるもの, 多少不満げに口, 多少不満足な批評, 多少不潔でもあります, 多少不純なもの, 多少不自由ながらぼつぼつ, 多少不調和なよう, 多少不謹慎なみだら, 多少不賛成の意, 多少不面目を感じないで, 多少与し易い限り, 多少世人に知られ, 多少世俗に受け入れられ, 多少世話をやかされ, 多少世道人心を裨益, 多少両者の発音, 多少中国料理の感じ, 多少中毒のきみ, 多少主人を顰蹙, 多少乏しかったよう, 多少乗った事も, 多少乗り気になった, 多少乗り移るように, 多少乱れている, 多少亀裂でもはいっ, 多少亂暴であつ, 多少了解してる事柄, 多少予定工事が進んだ, 多少予想して, 多少事前にいぶかられる, 多少事實に近い, 多少ひ分, 多少云い度いこ, 多少云い過ぎた事に, 多少云ひたい事もある, 多少云われる根拠が, 多少井戸清のこと, 多少亢奮した際, 多少へてゐる, 多少交じえながら, 多少交じえることそれは, 多少交ってはいたろう, 多少交際を結ん, 多少人びとには軽蔑, 多少人前というもの, 多少人心興奮し応急, 多少人才を監識, 多少人生経験を積ん, 多少人道主義的傾向が現れ, 多少人間らしくして, 多少人馴れない高慢, 多少仇浪の立騷, 多少仏体に似た, 多少仏教に帰依, 多少仏経の有, 多少他人行儀な遠慮, 多少付け加えて御, 多少会つてゐた, 多少会得して, 多少伝うるに足り, 多少伝えられてはいる, 多少伝へられてゐます, 多少伴蔵の性格, 多少伸び悩むが五十六, 多少似寄った十二物を, 多少似通っていた, 多少似通った意気込が, 多少位地の上下, 多少給で, 多少低い鼻の, 多少低俗であったに, 多少低温すぎるとか, 多少低落した併, 多少住み古した, 多少を痛めた, 多少体裁が不格好, 多少余分の送金, 多少余計な浅草紙, 多少余談に亘る, 多少作り事の嫌い, 多少作り方も違い, 多少作成の時代, 多少作者と主人公, 多少佯撃であった, 多少使用されてること, 多少てゐる, 多少依怙地にもなっ, 多少侮蔑の念, 多少便宜的にジャーナリズム, 多少保守的のもの, 多少保護しまた, 多少信じかねながらも, 多少信子を失望, 多少信頼するに, 多少修業を積んだ, 多少修正を加えまし, 多少修繕をしたら, 多少修身的意義を加, 多少修辞上の言葉, 多少修養に研けた, 多少俳句というもの, 多少俳味を交, 多少借りることに, 多少きて, 多少偏執狂的な性癖, 多少健康な時代, 多少偶然という意味, 多少の点, 多少傍系の位置, 多少傲慢な完全, 多少傷ついた者は, 多少傾くことが, 多少働いてたかも知れない, 多少働くので, 多少儀式を省略, 多少儕輩にぬきんで, 多少優秀かな, 多少優等生的なところ, 多少儲けさせてくれた, 多少氣を, 多少元気づいた, 多少先輩当年の苦心, 多少光秀から気まずい, 多少団体の, 多少けの性質, 多少公平を欠く, 多少共通するかも, 多少兵隊のめし, 多少兵馬に休養, 多少其伝播を束縛, 多少其情慾を制限, 多少其意義を異に, 多少其芝居の筋, 多少其苦痛を忘れし, 多少具体的内容を意味, 多少兼好にもし, 多少氣に, 多少内乱を惹起, 多少内容が変, 多少内容的になつ, 多少内的生命を有する, 多少内福らしき地主, 多少円滑を欠く, 多少冒険でも蠅, 多少冗漫な個所, 多少冬月に生き残っ, 多少冷やかな謹直さ, 多少冷淡になっ, 多少冷笑の氣味, 多少冷酷の点, 多少冷静に考える, 多少凄かった, 多少凋落に傾ける, 多少凡骨に化, 多少凸凹のある, 多少凹處を生ぜり, 多少出られないだろうと思っ, 多少出る少し歩い, 多少出来るがこの, 多少分らぬ処が, 多少分別顔の詩集, 多少分家の子供, 多少分泌して, 多少分解整頓すること, 多少切口上めいた語尾, 多少別々の意見, 多少別に筆を, 多少刺戟さるること, 多少刻薄少恩, 多少削減して, 多少前途の望み, 多少前進したこと, 多少剣呑である, 多少創意のある, 多少劇化したもの, 多少功利の念, 多少へられ, 多少助力をした, 多少努めてぶっきらぼう, 多少努力したこと, 多少はつた, 多少効験もあるなり, 多少勇気のあった, 多少動かされたのであります, 多少動くとする, 多少動作に男, 多少動物或は怪物, 多少勘定に入れ, 多少勝ち目を見出した, 多少勝れている, 多少勝手が違います, 多少勢いを得, 多少勢力がある, 多少匂いがうつっ, 多少北村君の面影, 多少北海道的な筆, 多少区別がある, 多少医学的知識がある, 多少医書を見た, 多少十九世紀的メロディーを残し, 多少男女がかった, 多少卑しい微笑を, 多少南北に拡がっ, 多少単調な足どり, 多少印度の状態, 多少危ぶむ気持が, 多少危惧してかかった, 多少危懼せざるに, 多少厚意を寄せられた, 多少厚薄の度, 多少原稿の余裕, 多少厳重になっ, 多少參考になる, 多少及び感ずる強度, 多少反撥して, 多少反省を加え, 多少収穫のあった, 多少取り乱れた姿については, 多少取り入れたものである, 多少取り扱われないではなかっ, 多少取り返すことが, 多少取れないことも, 多少受けたかも知れない, 多少を開い, 多少口調を改めて, 多少口髭の生えた, 多少古びていた, 多少古代復活といふやう, 多少古語を学ばざるべからざる, 多少有之, 多少可憐であるにも, 多少可笑しかつた, 多少可笑しいところを, 多少可笑しかった, 多少吃りながら杖, 多少各自に開放, 多少合点の行かぬ, 多少合理的にと言, 多少吉里の意, 多少同一に出来, 多少同心円形分布の形跡, 多少名古屋に於, 多少名文らしいね, 多少名目上の差, 多少名高くなつて, 多少吐露したので, 多少をごまかし, 多少君侯に心添え, 多少含むところも, 多少吹き込んできた, 多少吾儕に遠慮, 多少呂律がまわらなかった, 多少呂律がまはらなかつた, 多少呆れてゐる, 多少呆れたものの仕方, 多少呆気に取られた, 多少周到なそして, 多少呼息のある, 多少和らげられてここ, 多少品変わりのもの, 多少哲学的狼狽の態, 多少哲学青年風な興奮, 多少商売上丁寧であった芸者, 多少商才のある, 多少商業的な卑俗性, 多少にかかる歌い, 多少喧嘩なぐりッこ, 多少喰い違った点が, 多少営業上進出したと, 多少嘉納するに, 多少嘘つき一反省の足らぬ, 多少嘲弄的な客観性, 多少っただけ, 多少回つてゐるんぢ, 多少回復がつい, 多少図星を指された, 多少固くもなっ, 多少国情や体力, 多少国民性に触れ, 多少土地を持っ, 多少地位を得た, 多少地味の如何, 多少地歩を失った, 多少になった, 多少埋立てたかも, 多少城下としての落着き, 多少城内にもあった, 多少基督教に傾い, 多少基礎ができる, 多少堕落させたかったであろう, 多少うての, 多少場当りの許される, 多少場数を踏み, 多少かも知れない, 多少増加したかも, 多少墨そのものが直接, 多少を落し, 多少声援の役廻り, 多少売出した頃, 多少変った方角から, 多少変ったろうし賑やか, 多少変つたのは当然, 多少変つてあるかも, 多少変りものなの, 多少変わったところも, 多少変圧して, 多少変形して, 多少変態的な嗜好, 多少変改して, 多少変装をなすっ, 多少変調が見られる, 多少外交が喧しく, 多少外來種の色彩, 多少外国語の素養, 多少外方に巻曲, 多少外界に我が, 多少外的な順位, 多少外面的に堕し, 多少多くの口, 多少多孔質にし, 多少夢中になっ, 多少夥剰に計算, 多少仕掛な, 多少大きさを, 多少大乗はあっ, 多少大人気ないと, 多少大師の影響, 多少大阪よりは憂鬱, 多少天才らしい人, 多少天邪鬼という点, 多少太い鼻上唇の, 多少の様子, 多少夫人の手腕, 多少失うに過ぎないであろう, 多少失ってきた, 多少失わねばならなくなった, 多少失礼な冗談, 多少奪われた感なき, 多少女工ふうの所, 多少女性的になっ, 多少好きであった, 多少好ましかったが, 多少好評であったに, 多少如来に似た, 多少に聞える, 多少妥協の色, 多少妥当を欠いた, 多少妬ましく思はれないでは, 多少妬んでいた, 多少の面影, 多少姿は変わっ, 多少威勢を示し, 多少威厳を示した, 多少威嚇するよう, 多少威嚇的なこと, 多少嫉妬の心, 多少嫉妬心で言う, 多少嫌味が含ん, 多少子どもらしいところ, 多少子供子供した而, 多少孝子今滋, 多少季遅れでありまだ, 多少季題を軽視, 多少に入り立つた, 多少学ぶべき余地も, 多少学修を始めた, 多少学術上の根拠, 多少學事にこ, 多少安固にする, 多少安定を与える, 多少宋朝の史実, 多少完全になされし, 多少官兵衛に好意, 多少官省ふうな趣, 多少が大きく, 多少実になる話, 多少実効を奏しかけた, 多少実在する, 多少実行し来りたる処世, 多少実証的な又は, 多少が共通, 多少客足のよかっ, 多少宣伝的効果を収め得る, 多少家庭的のつきあひ, 多少容態を繕っ, 多少容貌なり性質, 多少宿酔気味しかしつ, 多少寂しかつた, 多少富永の誤, 多少さが, 多少寛大にせね, 多少寝たには違い, 多少察していた, 多少察知すべきのみ, 多少實驗的に表, 多少封建時代の中, 多少専制的であったとしても, 多少の罪過, 多少尊大に過ぎる, 多少小さな姉や, 多少小説的な事情, 多少小遣いを与え, 多少尻下りに見える, 多少展開して, 多少山岳地理に注意, 多少山師でなければ, 多少山県侯の系統, 多少山縣侯の系統, 多少などもあっ, 多少崩壞し岩骨, 多少しい處, 多少うと, 多少に対して遺恨, 多少市場に寄つて買物, 多少希望がない, 多少常套を破る, 多少常軌を逸し, 多少幕府を助け, 多少円で, 多少平凡に陥らざる, 多少平易な表現, 多少平衡を失っ, 多少の豊凶, 多少年の功でおとなしく, 多少年寄りくさい実利主義的, 多少年輩のロシア人, 多少幸不幸の差, 多少には悪い, 多少度外れてい, 多少度胸も出来, 多少を取持つ, 多少くな, 多少延びている, 多少延長して, 多少廻って来た, 多少廻りくどいところ, 多少弔慰金を出す, 多少引き上がって行く, 多少弱っているらしい, 多少弱りけん四五間近く, 多少張り合い抜けの感, 多少張合いを失っ, 多少張松に好意, 多少壓的な, 多少強い地震を, 多少強権をもっ, 多少が外れた, 多少当たってることを, 多少当らぬでもない, 多少当惑しながら, 多少当時の光景, 多少形体においてそれ, 多少形容詞副詞の性質, 多少形式に変化, 多少彩管をもてあそんだ, 多少彫刻をやつ, 多少影護い処, 多少役だたないでもなかっ, 多少役どころが違, 多少役に立つて居る, 多少彼らには共通, 多少彼等の魂, 多少往来もし, 多少待遇を進められた, 多少律文学の歴史, 多少であって, 多少後れて居る, 多少後れるかも知れん, 多少後人が尾ひれ, 多少得心がいつ, 多少得意げになつ, 多少復活しつ, 多少心あたりがある, 多少心もちの明く, 多少心もとないが, 多少心中たのもしがっ, 多少心元ない色, 多少心安くなった風, 多少心得ある者だけ, 多少心憎いと思い, 多少心理学において研究, 多少心細かつた, 多少心細かった, 多少心細くも思ひました, 多少心苦しからざるに, 多少心配そうに見えた, 多少必然の理由, 多少必然的に避ける, 多少もとげよう, 多少忘れて実際, 多少忘れ物でも思い出す, 多少忙しいと見えた, 多少快感さえ感じた, 多少快方に向かっ, 多少念入りにこしらえられ, 多少忿懣の氣味, 多少怏々と楽しまぬ, 多少の色, 多少怒っている, 多少怒らないでゐられない, 多少怒気を帯びた, 多少思い切った酷い真似, 多少思ったことも, 多少思ひ当る節が, 多少思想らしい文化的相貌, 多少思考を費した, 多少怠ってはいた, 多少急ぐ傾向が, 多少急速に増加, 多少性質を異に, 多少んで, 多少怪しみをうけ, 多少怪奇な形, 多少怪我をさせた, 多少怪物的な生活, 多少怪異なもの, 多少怪訝の動作, 多少怪談的興味を与へる, 多少怯んでいた, 多少恋人らしい芝居, 多少かしい結果, 多少恥じらいながらも選挙権, 多少恥じ入ったような, 多少恥ずかしいと考え, 多少恥ずかしかった, 多少恥ずかしく思った, 多少恥づかしいと考へ, 多少恥辱を感じ, 多少恨みがあった, 多少恨めしがって, 多少を着せ, 多少恵まれた一群の, 多少悄気たよう, 多少悔いないでもない, 多少悔恨の念, 多少悩ましている, 多少悩み多くて, 多少悪いところが, 多少悪く見て, 多少悪意のある, 多少悲しげに, 多少悲しく思いながら, 多少悲劇的な乃至, 多少惜しいぐらいの気持ち, 多少惨こくな心持, 多少想像力を持つ, 多少愁いの曇り, 多少愉快だったの, 多少意味以外に安らか, 多少意図して, 多少意固地な様子, 多少意識的に發動, 多少愚かでぬれた歯並, 多少愚鈍な慷慨悲憤癖, 多少を同じ, 多少感じています, 多少感ずる所が, 多少感づいたような, 多少感傷主義に伝染, 多少感嘆を交じえた, 多少きながら, 多少慈愛に引かれた, 多少慎しみを欠い, 多少慎みを欠いた, 多少慰められたことには, 多少が出, 多少憂いの気持, 多少憂うべき徴候では, 多少憎らしきもの鼻の, 多少憚つて手をつけかね, 多少憚りありと, 多少憤慨心も起った, 多少懇意に成った, 多少懸隔のある, 多少れないわけ, 多少成績が好い, 多少まん, 多少我創痍に灌ぐ藥油, 多少る程度, 多少戦うて終に, 多少戦争の全体, 多少戦略眼のある, 多少戯曲的な感激, 多少戯画的な印象, 多少手伝っていた, 多少手創を負うた, 多少手強く思ったの, 多少手持無沙汰でもあり, 多少手柄があった, 多少手柄顔にこう, 多少手腕のある, 多少手荒い行動で, 多少手遅れかも知れない, 多少手間取るものです, 多少手間賃を貰う, 多少手際善く出来申候, 多少才能があつ, 多少融けた話, 多少打ち融けた話も, 多少批評精神の欠如, 多少承知致しおらん, 多少技巧的な句, 多少技術的不備はあらう, 多少抑えたのである, 多少投機の性質, 多少抵を, 多少折合のつかない, 多少抜けていれ, 多少抱いていたらしい, 多少抵抗を試み, 多少押してやる, 多少押しつけがましいところは, 多少抽斎を知っ, 多少拗ねものの反抗的, 多少拗ねたように, 多少註を, 多少拠る所が, 多少持たせて見た, 多少持ち上げそうに, 多少持ち合せている, 多少持てあましている, 多少持てるけれども女, 多少持て余しながらもまだ, 多少持参して, 多少挑戦的にも看, 多少挫折せられたり, 多少振り返つた形で, 多少捜索の結果, 多少捨て難い所, 多少捨て置かるる事に, 多少捨て身のやう, 多少捻くれや僻み, 多少推定が誤っ, 多少推測が出来る, 多少推量したらしく, 多少掴ませられたやうな, 多少描ける手を, 多少揶揄するよう, 多少支那文化が及びいた, 多少支那的の氣分, 多少改める必要を, 多少改めるべき個所が, 多少改善される, 多少改竄の筆, 多少改訳を施し, 多少放ったことも, 多少政府をはじめ, 多少政治的なトルストイ, 多少政論に影響, 多少政黨にも關係, 多少故意に, 多少はれて, 多少救い得たように, 多少救われている, 多少救われるようにも, 多少散文的な素質, 多少数学が必要, 多少数学的な素質, 多少数理哲学然たる, 多少整理の方針, 多少整頓しても, 多少敵意を見せ, 多少文三に心, 多少文化のタネ, 多少文句を変え, 多少文學上の先輩, 多少文學少女なの, 多少文才のある, 多少文明に持たせる, 多少文章上の気取り屋, 多少文雅の心得, 多少斑枝花の知識, 多少料理や膳具, 多少料理番を狼狽, 多少斟酌して, 多少斧鑿の痕, 多少斯道に好悪, 多少らしい文化, 多少新しく変ったところ, 多少新作が交, 多少新味のある, 多少新聞の如く, 多少新聞一流のヨタ, 多少方法を異に, 多少方言が加味, 多少施してある, 多少旗色のわるい, 多少に傾く, 多少日本人類似の服裝, 多少日本化して, 多少日本研究をした, 多少日頃の親しみ, 多少旧弊なそして, 多少過ぎもしたのであつたが, 多少早いわけである, 多少早く吸い取るが, 多少早計かも知れぬ, 多少昂奮し易く, 多少かに知る, 多少明らかに知れるであろう, 多少明らめ得た所が, 多少明るい某という, 多少明るくなれりされど, 多少明日明後日の天気, 多少明白になつ, 多少明瞭になっ, 多少明確を欠い, 多少昏迷のうち, 多少易経の端, 多少の意味, 多少をさされたらしい, 多少時代的な意義, 多少時局の色彩, 多少時感の反省, 多少時日が遅れる, 多少時流に乗ずる, 多少普請らしい工, 多少普遍化して, 多少気づいたけれども, 多少智識を博め, 多少があっ, 多少暑い頃だった, 多少暑くても我, 多少暗い気持で, 多少暗示的な何物, 多少暗黒色に見える, 多少曇った声音母性的な, 多少曲つてゐる方, 多少更けていた, 多少書き改めなるべく早く, 多少書き改めたものである, 多少書き添える必要が, 多少書き直す必要が, 多少書き足さなくてはならない, 多少書き足りない点も, 多少書き送った内に, 多少會得するところ, 多少月々に減, 多少月並ではある, 多少月並みではある, 多少月給の高低, 多少有るべきと同時に, 多少有利な立場, 多少有名になった, 多少有害な水蛇, 多少有無により, 多少有耶無耶に終り, 多少朋輩を抜い, 多少朝倉家と旧交, 多少期待する, 多少末始終の見込, 多少末梢のところ, 多少本場を見, 多少本性にたがわぬ, 多少本格的だ, 多少本能的にこの, 多少本質的の誤り, 多少材料に立ち入った, 多少東洋の歴史, 多少東西の相違, 多少枉屈的な運命, 多少果たされまた私, 多少柔かだと, 多少柔弱な平淡さ, 多少柔軟な地面, 多少べてある, 多少根本の山王, 多少案内を知り, 多少案外であったが, 多少條件付で假名, 多少棋理の説明, 多少椅子テーブルの位置, 多少植物通の人, 多少検べた所もあります, 多少検校の修飾, 多少業腹に思, 多少極地に近い, 多少だったろうが, 多少楽しむ婦人を, 多少楽屋落的であらう, 多少概念と意図, 多少概念的であつ, 多少概括的な経過報告, 多少の心得, 多少様子もわかり, 多少模様でも悪い, 多少権利が有る, 多少権勢もあった, 多少横向きにし, 多少横柄な斟酌, 多少機械的な動き, 多少機械論的な唯物論, 多少欠点あるの, 多少を殺し, 多少歌柄を落し, 多少歐洲學者の注意, 多少理派の, 多少正しいので, 多少正当防衛説を主張, 多少正気では, 多少正直な心, 多少正確に記憶, 多少正義があった, 多少此事は述べた, 多少此例がある, 多少此心配の無い, 多少此方面に費した, 多少此行者の事, 多少武芸の心得, 多少歩けそうな, 多少歩行に不自由, 多少歪みのある, 多少を食, 多少歴史的妥当性の感じられる, 多少死にかかっていた, 多少残った株券の, 多少残つてゐる中空, 多少残るがもう, 多少残ツてゐる, 多少残存する, 多少残念そうな顔, 多少残酷な気持, 多少殺気立っている, 多少比重を失し, 多少気がついてき, 多少気がついたのです, 多少気づまりの思いを懐かせ, 多少気に入ったのも, 多少気に入つてるからこそ斯, 多少気の毒そうに徳利, 多少気まずく思う, 多少気丈な女, 多少気不精には違, 多少気乗りがし, 多少気付けにはなる, 多少気候の寒暖等, 多少気兼でもし, 多少気兼ねでもし, 多少気味が悪るかったが, 多少気味が悪いのだ, 多少気味が悪かった, 多少気味悪い皮膚は, 多少気品をよく, 多少気張っても見た, 多少気恥かしいかして, 多少気概のある, 多少気遅れもする, 多少気違いじみた女性崇拝家, 多少気長に待っ, 多少気風や生活ぶり, 多少気鬱もあろう, 多少氣取けのある, 多少氣拔けがしたやう, 多少氣遣つてゐた, 多少は呑ん, 多少水泳の心得, 多少水準の低い, 多少永く保存が, 多少汗ばむのを, 多少江戸ッ児の気風, 多少江戸表にも心, 多少沈めてはくれた, 多少沈鬱の気, 多少法学と法学教育, 多少法律の心得, 多少法律知識を与える, 多少注目に値する, 多少洗練されたところ, 多少洩れ漉してるせいか, 多少活きて来る, 多少活溌な支持, 多少活火山的な動揺, 多少活発な支持, 多少流れている, 多少流動性の強弱, 多少流用してる疑い, 多少流行の観, 多少流行的に盛ん, 多少しかつたの, 多少涼しくもあった, 多少淋しく思われたの, 多少った人間, 多少混らぬ啓示, 多少混亂して, 多少混淆して, 多少混濁物や浮遊生物, 多少清河に同情, 多少清潔にもなった, 多少済まないように, 多少渋めがちでは, 多少減じて貰い, 多少減つたでせう, 多少減地はされるであろう, 多少減少した, 多少湾曲して, 多少準備して, 多少溜飲の下りた, 多少かに固まり, 多少滑りゆくのである, 多少演劇の専門知識, 多少漠然たるものに, 多少漢士風のもの, 多少漢字を知る, 多少漢学仏教の影響, 多少漢書の素読, 多少が立つ, 多少潤いを与える, 多少激し易い気質だった, 多少激昂さした, 多少激越なる批評的性格, 多少濁っておった, 多少濃淡の差, 多少濃霧に感染, 多少まない, 多少火災盗難を防ぐ, 多少無いことは, 多少無理押しな行動, 多少無謀な某々, 多少無責任な放言, 多少無遠慮な他, 多少焦ら立つて奥, 多少焦れったくなって, 多少るが, 多少に捲かれ, 多少煩さがられながらも, 多少煽動気味であるが, 多少熊岡を嫉ましく思ひ, 多少熔岩を迸流したる, 多少熟語としての偏傾, 多少熱湯をたたえた, 多少營業上競爭心は持つ, 多少ぶった天井, 多少爽涼の気, 多少附けば, 多少牢門じみた感じながら, 多少物わかりのい, 多少物好きも手伝つて, 多少物珍らしそう, 多少物質上の余裕, 多少物足りなく感じられたらしかったが, 多少特別なアクセント, 多少牽制もされた, 多少牽強付会の説, 多少状態を異に, 多少つたま, 多少狂人じみたところ, 多少狐疑しながら, 多少狡猾な理想主義, 多少狭い意味に, 多少狭苦しいがとにかく, 多少猫背になり, 多少猶予がある, 多少獣的な雰囲気, 多少玉石混交ではあった, 多少王弟の許し, 多少珍しかったもの, 多少現れるには相違, 多少現われたところで, 多少現われようとも本質的, 多少現代の文化財, 多少現代風にハキハキ, 多少現金をもその, 多少理屈めきたる論, 多少理窟っぽくなる虞, 多少理論上の乱暴, 多少理論的に之, 多少があろう, 多少環境を変更, 多少甘ったるい口調で, 多少甘味がある, 多少生じた疑問と, 多少生死の境, 多少生活感情上の暗闘, 多少生活苦に似た, 多少生理的にも共通, 多少生理的變化を伴つて, 多少用い方に, 多少用心した家, 多少田舎で下地, 多少田舎びていた, 多少由縁のあった, 多少男子同士の風儀, 多少畏れを抱いた, 多少畏敬の念, 多少留めをきかせ, 多少略奪すること, 多少異なつたところが, 多少異例もあります, 多少異状なもの, 多少異色がある, 多少異説があ, 多少異論が生じる, 多少異議を挾み得る, 多少疑わないでもありませんでした, 多少疑惑をもつ, 多少疳癖のあるらしい, 多少病人をさす, 多少病後の衰弱, 多少痛かったが, 多少痛くても元気, 多少痛み出すころから, 多少痛む気も, 多少痛快だったな, 多少痩せ形の, 多少痩せた事は, 多少瘋癲的系統に属し, 多少にも障りました, 多少癇癪を起しかけ, 多少癒えたと見え, 多少に障る, 多少発生年代を異に, 多少発見して, 多少白汁が出ます, 多少白石の魂胆, 多少皆様の御, 多少盆栽趣味も加つて, 多少益するところが, 多少盛りが少く, 多少監獄内に縁故, 多少盲目的でしばしば, 多少直った様子であった, 多少直接と間接, 多少相互的になる, 多少相容れない感情の, 多少相対的な意味, 多少相手に気の毒, 多少相談するだらうが, 多少省略されて, 多少眉唾ものだ, 多少真実ではあるまい, 多少の展けた流, 多少の見える, 多少着飾った労働者の, 多少矜らかな感じ, 多少矢代は肩, 多少了するを, 多少知った人も, 多少知られるように, 多少知りたい人は, 多少知れてい, 多少知力の発達, 多少知識のある, 多少知識的な青年, 多少矮小で骨太, 多少矯正を計ろう, 多少などある, 多少石灰化して, 多少研究的な, 多少研究者をし, 多少砕けたところが, 多少破壊して, 多少に腕, 多少確めて来なくっ, 多少確実性を持つ, 多少示されるに過ぎず, 多少社会意識のある, 多少社会運動のよう, 多少社會主義の色彩, 多少神々しくならうとして, 多少禅学の要旨, 多少秀吉を刺戟, 多少秀才とか何とか, 多少私側の弁明, 多少私張りの美文, 多少私生児的なかなり, 多少私達に好意, 多少秘法に気がついた, 多少移行したという, 多少種類の違った, 多少積年の経験, 多少穏やかならぬ空気, 多少穏和になってる, 多少穢くはある, 多少空いている, 多少空席がある, 多少空想の希臘, 多少空想的に誇張, 多少穿ち過ぎた推測かも, 多少窮屈で肩, 多少窺った外国小説, 多少窺われるような, 多少立ち勝っている, 多少立入つてみよう, 多少立身しても, 多少にも附, 多少競争を意味, 多少競爭を意味, 多少竹細工その他のこと, 多少笑止な立場, 多少二に, 多少にも綿密, 多少がある, 多少をつけ, 多少算盤がとれ, 多少に気取った, 多少粗暴になる, 多少粗製だと, 多少粗野な幼年時代, 多少精神力の減退, 多少系統的な形, 多少紀行的な表現, 多少紙背に躍る, 多少紛らせるのに, 多少紛れたものが, 多少素養があつ, 多少っぽいが, 多少細かになります, 多少紳士的でない上, 多少結核性の疑い, 多少結論に近い, 多少絵心のある, 多少絶望を感じ, 多少經濟界に影響, 多少緊張した刹那, 多少締まりがない, 多少練磨の功, 多少を引いた, 多少縮め気味で, 多少の心得, 多少繪聲問題に關, 多少纏つた評論を聞せ, 多少纏まりますので島田氏, 多少纏めて見たい, 多少纒つた告白を書く, 多少がない, 多少美味にする, 多少美術のこと, 多少美術品でしょう, 多少美食家の鸚鵡, 多少しさうに, 多少羞じらわせそんな女の子, 多少羨しさうな樣子は, 多少羨んでもいい, 多少義理をはずれ, 多少翰墨の修養, 多少翻訳の経験, 多少老齢の頽廃, 多少考えさせられないわけには, 多少考えた事も, 多少考えたらしいけれどもこの, 多少考えねばならぬ, 多少考へないでもない, 多少考へなくてはならぬ, 多少考へられてゐた, 多少考へ得た所が, 多少考古學の樣, 多少考証めかして, 多少耳ざわりになっ, 多少耳遠い感じが, 多少しい気, 多少聞いてはいる, 多少聞いたことも, 多少聞かれるふしも, 多少聞きかじっている, 多少聞きかじつた知識を, 多少聞きかじつてることも, 多少職業の上, 多少肉感的であるという, 多少肥ってもおられる, 多少肩身を入れかけ, 多少肯綮を得る, 多少育児に関して知つて, 多少背中を向けた, 多少能力心理学的な残存物, 多少やかしたらし, 多少脚気の気味, 多少脱線の嫌い, 多少脱落はする, 多少に応える, 多少脹れた顔赤い, 多少脾肉の嘆, 多少を曲め, 多少臆病らしくさ, 多少惚が, 多少自ら工夫せる方法, 多少自分たちに辛く, 多少自分幼少の事歴, 多少自家広告をし, 多少自己流に描きなぐっ, 多少自惚れてるのだった, 多少自慢とする, 多少自慢話めくので, 多少自暴気味になっ, 多少自然では, 多少自由主義との妥協, 多少自覚したろうと, 多少自負もって, 多少自責すべき点, 多少自身の経歴, 多少をひかれ, 多少に昵ん, 多少良妻賢母主義のにほひ, 多少良寛に余地, 多少色艶っぽいその, 多少色褪せた静かな忘れ得られぬ, 多少芝居の何もの, 多少芥川のからだ, 多少芸術化した叙事詩, 多少芸術的なる青銅製, 多少苛酷な言い方, 多少苦しんだことは, 多少苦労ありたらん, 多少英雄的な気負い, 多少茶目なところ, 多少荒くれた気質, 多少荒っぽい笑い方を, 多少荒れてゐる, 多少荒れるばかりぢ, 多少荘厳なりしもの, 多少萌さないでもなかっ, 多少萎縮して, 多少落ち付いて, 多少落ちついてから暫らく旅行中, 多少落ちつけたありがたう, 多少落ち付いていた, 多少落ち着いていた, 多少落着きをとりもどし, 多少薄らいでいた, 多少薄気味が悪く, 多少藩内の嫉視, 多少蘭方を知っ, 多少虚勢を張つて, 多少虚無的なしかし, 多少虚飾をし, 多少を卻, 多少蛮法の医術, 多少蛮流の幻術, 多少しおには, 多少血走ってい, 多少はれしならん, 多少行き得仕事を, 多少行われている, 多少行われたようである, 多少行程の緩急, 多少衣服を改めて, 多少表現こそちがえ, 多少衰えたかと思われる, 多少被害妄想狂だつたの, 多少被害妄想的と思はれる, 多少装飾の意味, 多少装飾的な画面, 多少裏切られた事位で, 多少裏面に通じ, 多少ひつつ, 多少補助して, 多少補足して, 多少補足訂正しながら, 多少裨益するところ, 多少裨補する處, 多少裸体の研究, 多少褐色を帯びる, 多少襟垢がつい, 多少西欧の詩, 多少西洋料理の心得, 多少要心するよう, 多少見い出されたすなわちエーン県, 多少見えるのは, 多少見ぬ書も, 多少見られたが記念像, 多少見るところも, 多少見るべきものは, 多少見届ける所が, 多少見当違いのこと, 多少見所があり, 多少見晴しが, 多少見栄坊の私, 多少見直したという形, 多少見覚えのある, 多少見込みのある, 多少規則的に転化, 多少規定は別, 多少規模のある, 多少覚え違いが, 多少親しみにくいの, 多少親分肌の気合, 多少親切な人, 多少親鸞のこと, 多少が取れたごとく, 多少解ったような, 多少解つてくれた, 多少解るのだ, 多少解放せられて, 多少解決がついた, 多少解説を求めたい, 多少解釈し得ら, 多少つたこと, 多少言い分がある, 多少言い含められている, 多少言葉使ひも改めた, 多少訊問方法に遺憾, 多少訓練が欠け, 多少訓育して, 多少記憶してる人々, 多少記憶おぼろになつて, 多少記載する所, 多少訛りのある, 多少許されている, 多少許し得るものも, 多少へる樣, 多少評判になつ, 多少評論家風の歴史哲学的, 多少詞章の意識, 多少試験して, 多少詩的な素質, 多少詭計を用いず, 多少が違う, 多少話題になっ, 多少誇張的に言え, 多少認めらるる, 多少語学の素養, 多少語弊はある, 多少語調的にも内容的, 多少誠実のあり, 多少や誤植, 多少はもっ, 多少説明的ないい, 多少読まれたが具眼者, 多少読んでは見た, 多少読書力も出来る, 多少調べたいことが, 多少調子外れになる, 多少調査して, 多少論じてみた, 多少論理には叶っ, 多少諦めのよう, 多少諧謔を弄, 多少諷諫の意, 多少の匂, 多少講究し來, 多少を聞分ける, 多少譬喩的な, 多少議論しただけの, 多少議諭が起った, 多少譲歩して, 多少つたところ, 多少變つて來ますが, 多少變化した, 多少變遷があります, 多少豫期した筋, 多少財産のある, 多少貯え近郷の, 多少費用は嵩ん, 多少資料的検討に基いた, 多少うが, 多少賑わうと云う, 多少のいい, 多少質的考量を要する, 多少起こるべき理由ある, 多少起れどもただ, 多少超過して, 多少趣きがちがつて, 多少を踏ん張る如く, 多少足許を見られた, 多少踏み潰してもかなり, 多少踏み荒されましたが必死, 多少踏み込むことが, 多少身内にもっ, 多少身構えてもいた, 多少軋るのである, 多少軍事的な意味, 多少軍国的に導かれた, 多少軍服まが, 多少軽くなったよう, 多少軽侮の念, 多少軽侮的な憐憫, 多少軽率だったと, 多少軽薄では, 多少軽視又は蔑視, 多少輕重があり, 多少輝いていたでしょう, 多少輸入され日本, 多少輸出されますけれども, 多少辛ら過ぎるの, 多少辟易した上, 多少込み入つた言葉の, 多少込み合うので女, 多少余曲折し, 多少近代の教養, 多少近代味が這入つ, 多少近所のもの, 多少近隣部落の人々, 多少返辞にまごついた, 多少述べたいことも, 多少ひは, 多少迷つてゐるの, 多少迷はずに辿つ, 多少迷わずに辿っ, 多少迷信的な言葉, 多少迷惑そうな素振り, 多少追跡狂らしい処, 多少逆らいながらもあれ, 多少逆上の気味, 多少逆向し人衣, 多少途方に暮れた, 多少這入っている, 多少通じているらしい, 多少通曉しなければ, 多少造詣もあり, 多少進化した形, 多少進取の気運, 多少遅れがちにまだよく, 多少過ぎていた, 多少過ちがある, 多少過激な精神, 多少道具の恰好, 多少道学者めいた気味, 多少道徳的信用をとりもどし, 多少道楽者であり花粉, 多少道路の嶮, 多少違ったものを, 多少違つた意味で使, 多少違つた才能を要する, 多少遠くなるかも, 多少遠慮勝ちになっ, 多少れたかも, 多少邪魔になり, 多少郊外の方, 多少にい, 多少都会そのものにあこがれ, 多少酒はまはつて, 多少酒気のあがる, 多少酔いも手伝った, 多少酔った方が, 多少なと, 多少酷い目に, 多少ひがま, 多少醗酵しかけて, 多少重きを置く, 多少重すぎはする, 多少重なってい, 多少重んぜられてゐた, 多少重苦しい朝だった, 多少重要な点, 多少野分めいて, 多少野暮らしい感じ, 多少鈍ってはいる, 多少銅器が出, 多少錯覚を助けた, 多少鎌倉時代における近畿地方, 多少鎮圧を加えね, 多少じて, 多少長くなつた夜, 多少長短を論ぜず, 多少閉口しながら, 多少開けて居る, 多少開化せる上層, 多少閑却して, 多少間接的な呼び方, 多少間違いもあっ, 多少関係者に気の毒, 多少關係がある, 多少附会した所, 多少陰惨の影, 多少陰気では, 多少陰氣ではある, 多少陰鬱になっ, 多少陳套の譏り, 多少陳腐に響くだらう, 多少陽気になっ, 多少階級と思想, 多少隠す所が, 多少隠語の趣, 多少雑劇などに残つて, 多少雑多なその, 多少離れて生活, 多少難所がある, 多少難解と思われる, 多少もあった, 多少露国の鋒鋩, 多少静からしい喫茶, 多少静まっていた, 多少静まりかかってるようにも, 多少面喰つたらしい, 多少面喰らふ方, 多少面白いと思う, 多少面白くないところ, 多少面目を改め, 多少韓国に名, 多少韓國に名, 多少音楽界の浄化, 多少な理知的, 多少頽勢に向かっ, 多少頽廃した, 多少の方, 多少顔なじみになつ, 多少でもある, 多少風変りな趣味, 多少風流を解す, 多少風流気のある, 多少風浪ともみ合っ, 多少風致を備え, 多少風邪の気味, 多少風邪気味であるという, 多少風采のいい, 多少上ったものの, 多少ひ違, 多少食い違った所を, 多少食ってもいた, 多少食人の風, 多少飯事のやう, 多少飾りになる, 多少餘裕でもある, 多少饒舌な心, 多少香気もあり, 多少香水を使った, 多少馬鹿にされ, 多少馬鹿らしい気も, 多少駒井の家, 多少驚いて二人, 多少驚かされましたが伊太夫, 多少驚かれもする, 多少驚きに近い, 多少驚くことに, 多少のある, 多少骨っぽくなって, 多少骨折ってその, 多少高ぶった控え目から, 多少高低曲折のある, 多少高圧的に詰問, 多少高騰しつつ, 多少鬱屈を晴らされる, 多少鬱陶しいものでした, 多少がさした, 多少魯鈍なの, 多少かな特色, 多少鴎外を貶し, 多少に似た, 多少麻痺して, 多少黒きやうだ, 多少黒田重太郎君風の表題, 多少ABCを習つた事故