青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女史~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子 女の子~ ~女中 女中~ 女優~
女史~
~女子 女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房 女房~ ~女王 女王~ 女給~

「女史~」 1501, 16ppm, 6973位

▼ 女史~ (408, 27.2%)

4 私の 3 急に, 自分の 2 いつの間にかまた, こうつぶやく, それを, セエラを, 何を, 多くの, 妙に, 淑貞を, 目を, 首を

1 [378件] あたふたと, あの方, あの栄さん, あまりに持, いいにくそう, いかにも魅力, いっこう慌てた, いった, いったが, いって, いつか小林秀雄が, いつの間にか前, いつも小, いよいよはたらきました, うーんと, おなくなり, お客が, お父さんの, かう言つて, かなり激しい, からだを, くすくす笑った, こっちへ, こっちを, このとき急, この方面, この時娑婆, この遠来, これを, さすがに, さも慣れ切っ, しばしば呂昇, しばらく突っ, しんみりした, すぐ私たち, すでに退散, そういい置い, そういっ, そう答えた, そこでまた下腹, そっと下, そっと帰っ, そのこと, そのころ三十, そのまま諷刺画, その人, その前年明治廿八年末, その御, その晩そこ, その歌道, その綱, その青年, そばの, それとは, たいへんすぐれた, たいへん悦んだ, たしかに美人, たちまち椅子, ちょうどむしゃくしゃし, ついに予備隊, つくり笑いを, つと立ち上つた, つねとは, とうとう全, どういう風, どうな, どかりと, どんなに崇拝, なかなか面白い, なみなみならぬすぐれた, にこりとも, はたと葉子, ひとりでも, ひとを, ひどくいらだっ, ひどく感情, びっくりした, ぷんと頬, ぼくと, ぼんやりし, ますます不, また, また孝, まちがえるにも, まっくろに, むかむかと, もとより古藤, もとより和歌, ものうくその, ものうくベッド, ゆうぜんと立, よしてね, アルコホールでも, イタリードイツを, キッパリ答え, サッと身構え, サッサと, ジロリと, スクリアビンの, スターベア大, ストーブに, セエラと, セエラに対して, セエラの, ソヴェート連邦に, タクマ少年の, タシカ当時の, テーブルを, ドキン, ナオミが, ナオミの, ニホンでの, ハンド, バアロウ氏に, バラを, ピリッとも, ブルブルと, ベルリンでも, ペンと, ポンポンと, ミルキの, ラプンツェルを, ワイシャツの, 一しょに, 一口言つ, 一昨年の, 世間並の, 両親の, 両面から, 九歳その他七八人の, 事務的に, 事実君の, 二十一か, 二十六だ, 二女で, 云う, 云った, 五六年この, 京の, 人の, 人を, 今にも部屋, 今の, 今までに, 今までの, 会場で, 何か, 何が, 何でも, 何と見られる, 何の, 何喰は, 余り喜ばなかった, 僕の, 元の, 充分に, 先刻から, 入って, 全く身, 八年のちの, 其処に, 冷たく横, 凄い一睨み, 初め先生とも, 別の, 別人の, 動物園の, 十年この, 千八百八十八年三月六日五十五歳で, 卑しい心, 原稿取りに, 口籠り, 古代インド的思考の, 古河藩の, 只一人居間に, 可愛げ, 商売柄だけ, 喜びの, 嘗て品川, 図書係主任を, 在宅だった, 声高く, 大きく頷きました, 大きな声, 大久保病院で, 大暴れ, 夫篤, 女弟子に, 女理学士認定の, 女醫保姆看護婦の, 好きな, 妾らの, 孫もしくは, 実に筆者, 実験を, 宮中に, 宮城野の, 寿女さんを, 小さなとある胡同, 小さな包み, 小女です, 少し面映ゆ, 山ノ手に, 山ノ手の, 岩手県の, 嵐の, 平気で, 平然と答えた, 年の, 年齢わずか, 幾らか中つ, 幾日の, 弟子たちと, 強ひ, 彼国でも, 彼女が, 彼女の, 往訪の, 心から感嘆, 心では, 怖ろ, 思いきって, 思いました, 思はず大声, 思わず大声, 怯む気色, 恐らく一度途方, 悔しさ, 悠然と椅子, 惜しげも, 愉快に, 意地悪い, 態, 慕われ騒がれて, 慨き, 我が意, 戦争中にも, 戻つたやう, 手を, 指を, 播州竜野の, 支那数学研究の, 故郷に, 教へる, 数えれば, 文学の, 料理についても, 斯く事細か, 旅館日本橋の, 日ごろの, 日本人は, 日本女子の, 日記の, 明治初期の, 春の, 時々良人, 未婚で, 本当に泣いとる, 札幌の, 机を, 村井弦斎が, 東京と, 校門の, 椅子の, 極めつけるやう, 極度に, 横浜まで, 横目で, 歌う前, 正に過渡期, 正吉に, 正吉を, 正面に, 母滝子と, 毎週土曜日の, 気づかわしそう, 気も, 江戸っ子だ, 決してそんな, 洋装し, 流行の, 涙ながらに, 淡い悲しみ, 深く物, 無論声楽家, 熱心に, 牝牛の, 物質的にも, 独身です, 猛獣の, 現場を, 生徒の, 生徒達が, 田川夫人が, 男の, 疲れ切った顔, 白目以外の, 目と目とを, 目に, 直ぐ苦り切, 真の, 眠つてゐる, 眼が, 私が, 私と, 私に, 秋田の, 突然叫んだ, 突然目, 立ちあがって, 立腹の, 笑ひ, 答えない, 箱根へ, 篤志看護婦と, 精神的に, 純文学などは, 終り, 経済的労働を, 結婚の, 給料の, 統計に, 絵具箱を, 美しい面影, 老後大本教に, 耳を, 脣に, 腹立たしげ, 自分が, 船には, 苦しさうに嘔吐, 苦り切った間, 英介氏と, 英介氏の, 英語の, 落胆し, 薄もので, 蘇格蘭の, 蟇口の, 装置を, 補助を, 裾の, 裾を, 訓話を, 話題を, 語尾を, 誰です, 誰よりも, 謙虚に, 越えて, 身を, 身仕度に, 軍師の, 軽蔑しきっ, 近来健康を, 近頃その, 返事も, 逝きぬ, 過ぎ去った日, 酔って, 長々しい, 長く肺患, 閣下の, 集録し, 雨傘を, 非常な, 音楽の, 音楽学校助教授二氏の, 頬骨の, 頭を, 顔を, 骨張った体つき, 高川勝太夫と, 高等女学校を, 魯迅夫人という, 鴉の, 鼻を, 齢にも

▼ 女史~ (396, 26.4%)

6 前に 5 ように, 言葉を 3 ために, ところへ, 手を

2 [22件] お弟子, ことを, そばに, 名は, 名を, 天才と, 姿が, 姿は, 小説の, 心は, 所へ, 持って, 方から, 方は, 方へ, 生活は, 紹介で, 言葉に, 許へ, 説に, 離婚は, 顔を

1 [327件] あられも, いうよう, いう所, いったとおり, いふそれ, いわゆる, いわれたよう, お友達, お叱り, お宅, お座なりの, お目, かたへに, くせに, ことが, ことなど, ことは, この事蹟, この尊い, この素早い, この至高至純, その家, そばへより, それと, ところに, ねむって, はなしに, ひきいる露西亜舞踊団, ほうに, ほかには, ほかにも, まあまあという, むっちりした, むっつりした, もとに, わらい声, ゐた家, アアアアという, ステージの, ナタシアたる, ピアノの, ピアノを, ピアノ独奏会が, メトロポリスなぞが, ラジオが, ラジオ放送を, ルポルタアジュ, 一派や, 一生が, 一生は, 一種特別な, 三十七才の, 三十歳の, 三周忌で, 下手な, 不在中, 世にも美しく, 世を, 世話役で, 両親の, 両親を, 乗馬姿や, 事などの, 事件について, 亭主で, 人柄の, 代りをも, 代筆でなく, 仰有る如く問題, 企図した, 会, 伝記編纂の, 伯母さんでなかつた, 住宅は, 体を, 体臭から, 作, 作が, 作中の, 作品でも, 作品なども, 作品も, 信条である, 倫理的意識に, 傑作の, 兄さんとして, 内心を, 再起を, 出教授を, 別れぬ前, 劇作, 勝だった, 包囲攻撃の, 北岸部隊を, 十六歳の, 協力によりて, 博詞宏弁を以て, 反省を, 取扱ったもの, 口から, 口真似を, 史劇, 名で, 名声までを, 告別の, 周囲には, 周旋だ, 周旋と, 味わった人世, 問題の, 図らざりし不覚, 在世中の, 報告に, 境遇に, 墓だ, 墓を, 声が, 声に, 声も, 声帯が, 大きな身体, 夫なら, 如きは, 如き随分, 如く一, 姿であり, 姿の, 娘時代や, 字が, 孝養ぶりを, 実験談である, 客演を, 家で, 寝室だった, 小型無, 小説に, 居間が, 履歴を, 左の, 巴里土産であった, 帯と, 平家の, 幼時にも, 弟子達は, 弾いたよう, 後から, 後期, 御不興, 御入来, 御慫慂, 御手紙, 心にも, 性格も, 恋愛物語, 息子が, 悲劇的な, 悲恋をも, 意見に, 愚痴話を, 愛嬌たっぷり, 憤懣である, 懐中からは, 戯曲, 所かに, 所へは, 扇を, 手で, 手当で, 手腕恐るべし, 手許に, 招霊術は, 持つ精神, 指摘した, 探偵眼は, 提案を, 救癩記が, 文章に, 文章は, 断案に, 断片, 断髪姿が, 方が, 方を, 方法を, 日本料理観を, 日本服推賞に対して, 日記を, 晩餐に, 暗示も, 書いた, 書いたもの, 書画, 望み多い, 本は, 本質的技術の, 栄華が, 機嫌が, 機嫌は, 機嫌を, 機智も, 歌に, 歌の, 歐洲旅行が, 此上とも, 死因は, 死骸が, 気質を, 渡歐迄には, 滞在中有志家を以て, 潤んだ眼, 為に, 熱誠から, 父正一氏が, 物語や, 特徴の, 犯跡を, 生活の, 画中の, 画壇的な, 略伝が, 白い指頭, 真似を, 眼に, 眼にも, 眼は, 知人は, 短い活動, 祈祷の, 私への, 秘密無電を, 第一, 第一回目, 筆蹟が, 答えようと, 簡潔軽妙な, 紅唇から, 紹介し, 経済的独立と, 絵に, 考えに, 聡明さを, 肖像パンドラが, 肩に, 胸に, 胸にも, 胸の, 胸は, 胸像を, 腕に, 腕冴え, 臆断については, 臨床上にも, 自傳, 自叙伝は, 自叙伝を, 自己主張の, 芝居絵の, 芸術の, 苔碑に, 茶室で, 草津聖バルナバ医院に, 草津聖バルナバ医院における, 草花の, 華麗多彩な, 血で, 術数近親の, 見栄坊が, 親切ぶりの, 親友であっ, 親戚の, 解答で, 言われる, 言葉などは, 言葉によって, 言葉の, 言葉は, 言説や, 訃音, 記録を, 許に, 訳かも, 詩集, 話を, 誘引で, 誤り, 調べで, 談話中, 諸作, 識見は, 識見を, 豊満な, 質問に, 足もとに, 足許を, 身体が, 身体や, 身体を, 身辺で, 身辺に, 身辺を, 進言が, 逸話に, 遺志によって, 遺著は, 部屋から, 長篇, 門に, 関係する, 関西の, 随筆集の, 隠れたる, 隣りに, 隣りの, 離婚を, 電波の, 非凡なる, 面には, 面影でした, 面影を, 面目が, 頬を, 額の, 顔は, 顔中の, 驚きと, 高い徳, 高徳義心一身

▼ 女史~ (202, 13.5%)

3 いった 2 うしろから, 入って, 少年を, 説明し

1 [191件] あの室, あの美貌, あり女学, あるが, ある時大西洋通, ある時音楽会, いって, いつも出演, いるの, いるのに, お弟子, くさい, こういう言葉, こうして話, ここを, このよう, この詩人, こまかに, その, その夫君, その方, その流暢, その私, その箱, その精進, その辺, たけくらべ, つねに, なんといっ, はなやかな, まず顔, またお, やってきて, よく証明, アメリカの, キンキンと, キンキン喚く, セエラを, タイプライターを, ビフテキに, ミシガン州の, ライラックいろ, 一ばん前で, 一夏男の, 一所懸命に, 一日目玉を, 一番有効な, 三四年来婦人自ら内に, 三宅やす子宇野千代平林たい子などの, 下らない事, 中島信行氏と, 主宰の, 乃ち袖を, 事件後真先に, 二つの, 二度目に, 云つた, 人の, 今年義務教育を, 以前は, 佃島に, 住んだあしき, 何かの, 何を, 何処かの, 作に, 保管し, 倫敦に, 傍から, 傍に, 傑作中の, 僕に, 元の, 先んずるあれども, 光田園長救癩四十年の, 其処に, 再び帰っ, 再登場, 北京の, 十月ごろバイカル湖附近を, 厳粛なる, 去年独逸軍の, 取るに, 叫ぶよりも, 右の, 同伴者として, 名作, 呻声を, 和服で, 唯一の, 四角を, 大切に, 大変な, 大日本婦人会, 夫, 夫人の, 夫博士に, 妹に, 始めて, 学者である, 実行家で, 家庭人にな, 寝泊りし, 小さい時, 小唄が, 小色紙二十余枚, 少年の, 帰化し, 帰来直ちに, 廿三歳の, 当日わざわざ, 当時琴平町に, 待って, 待合に, 徳島の, 思わず叫んだ, 憎々しげ, 戦時中日本女子大学校長として, 扉を, 拙著, 指摘した, 描かれて, 支那を, 政社に, 数年前言明した, 日本で, 是の, 書いて, 最後に, 最近大阪の, 有名だ, 本書の, 来て, 来朝する, 東京へ, 桂子の, 楽屋へ, 此世に, 母体の, 氏の, 水壜の, 泣いて, 激しい気性, 為し遂げたといふ, 王仁の, 現はれる, 現れて, 生て, 生れたの, 生れて, 生前つとめて, 異常な, 病後の, 皆まで, 皮切だ, 目を, 相州江ノ島の, 眼覚める, 社長に, 私淑なさった, 窓の, 立って, 笑顔で, 精巧な, 経営し, 結婚せられ, 編輯長と, 自分の, 舞台に, 舞台へ, 苦わらいし, 荷物と, 落した手巾, 見つけたあの, 解釈し, 言下に, 語りだした省略話, 語る, 誰かを, 豫備に, 身を, 近く, 近視眼だった, 通信局長であった, 采配を, 附近の, 音楽の, 頭で, 頭抜けて, 鬼仏洞の, 鸚鵡に

▼ 女史~ (92, 6.1%)

3 して 2 しても, 会った

1 [85件] あって, ある時, いいかけました, いろいろの, おいでを, きかれたら笑われるであろう, この突発事件, こんな模様, する, そういわれます, そう早く, それとなく話しかけた, たずねた, たずねると, つかまり医者, つぐ天才, なるという, なれば, ぶつかったなぞ, まかせて, やらせて, よると, ナイショナイショだ, 一歩を, 今訊いた, 介添し, 会いその, 会いたくってさ, 似た眉目, 似通って, 何か, 何かしら準備の, 党内の, 初めて逢った, 助けられた, 向って, 告げる, 呼ばれると, 命ずる, 子を, 宛てたる遺書, 尋ねた, 尋ねて, 師事し, 弾いて, 後には, 後事を, 御相談, 恥を, 愉快な, 感謝すべき, 手紙を, 挨拶し, 振り向いて, 教えられて, 敬意を, 書を, 来て, 注いで, 白い手拭, 相違なかっ, 石油の, 築地金楽へ, 紹介した, 紹介を, 考えて, 聞いて, 聞きただした, 苦言を, 見えたの, 見えるでしょうが, 見つかって, 言いあてられて, 語って, 読んで, 謝意を, 贈った, 贈られた花籠, 贈る返書, 送った手紙誰, 送る返書, 附き添わせて, 限ったこと, 頼んだの, 頼んで

▼ 女史~ (64, 4.3%)

3 訪ねて, 訪問した 2 古屋信子と, 見た, 評して

1 [52件] うまいこと, この椅子, したが, して, しばりつけて, すきだ, た, どうして書けよう, どう思っ, はじめて多数, はじめ向うの, やさしく劬, ステーションに, 不幸と, 伴なった, 出さないよう, 刺殺して, 向こうに, 家の, 引止めたうえ, 引立てるよう, 怒らせて, 恋した, 意識しなきゃいけない, 批難し, 招待した, 招聘す, 日露戦争後まで, 更生させた, 校長に, 殺して, 決して美人, 畏敬し, 相手に, 知ること, 知ろうため, 福山町の, 私は, 芹川一族の, 見つめたまま, 見やりながら, 見送ったが, 記憶しない, 訪ねたこと, 訪ねた歸, 訪れて, 訪問し, 賢こい, 退けては, 送って, 逆で, 連れて

▼ 女史~ (61, 4.1%)

2 いふと, カン, 謀りて

1 [55件] あり曰く, いへば, いわれた大, いわれるお方, くっ付き合って, この上論争, その夫君童話作家五弓和久朗氏, その夫君藤村信吉氏, その女弟子, もう一人, エラリイ・クイーンが, ナチス婦人団の, ボーイッシュで, ミルキ閣下だけ, ロマネスクの, 一緒であった, 一緒に, 一緒にな, 並び薄氷女史, 並んで, 二人きりで, 云い四丁鼻先生, 今丹波辺, 初対面の, 叔父とが, 同じよう, 同じ所, 同級の, 呂昇君だ, 呼ばれるよう, 囁き合って, 女弟子とが, 妹の, 妾の, 安藤幸子女史御, 山田伸吉で, 山陽との, 差向, 平塚らいてう氏であった, 比べると, 深い関係, 相別れし, 相見, 真佐子との, 私とは, 築地の, 紅葉山人の, 結婚する, 聞えたは, 英介氏が, 藤井氏との, 行きました, 連れ立って, 遂に結婚, 静枝とは

▼ 女史~ (45, 3.0%)

2 ここの

1 [43件] お二人, こうなっ, この時, これから元, これには, すっかり青ざめ, その不健康, その機関誌, つい小声, どこを, なかなか隅, はるばる九州飯塚, まだ平尾鉐子, クルクル立ち廻っ, セエラを, マルチーノ先生も, 不思議な, 亦其の, 今の, 何か, 何故か特に母性, 十七から, 国木田治子女史も, 富士見小学で, 居なかった, 床の, 座談会の, 庸才では, 後について, 御一緒, 心を, 息を, 我が当局者, 病葉が, 眠って, 私も, 落合には, 賢い形, 起臥され, 辞すること, 鏡花会には, 静めかねるよう, 鼻が

▼ 女史たち~ (13, 0.9%)

1 [13件] あるいは大学, が一条氏, が男, であるとさえ, と共に確か, と行, に対して, に捲かれ, の主張, の動き, の母性中心説, は若い, や婦人理学士

▼ 女史から~ (10, 0.7%)

1 さまざまな, ずけずけいわれ, そのお, 大喜び, 御便り, 望月美恵子の, 田川夫婦が, 癩の, 直接聞いた, 聞いた

▼ 女史との~ (9, 0.6%)

1 恋愛なぞといふ, 浮名を, 組に, 結婚は, 結婚問題を, 肖像を, 間に, 関係については, 離婚が

▼ 女史という~ (8, 0.5%)

1 のです, ひとは, ような, ポーランド女だ, 人の, 別嬪が, 婦人作家の, 霊媒を通じて

▼ 女史~ (7, 0.5%)

1 つて来, アメリア嬢に, 九州の, 女学校の, 島平君が, 星巌夫人紅蘭女史あたりに, 王仁や

▼ 女史とは~ (6, 0.4%)

1 思いも, 所長に, 文通を, 東の, 築地の, 装置を

▼ 女史には~ (6, 0.4%)

1 いい父, お目にかかったこと, セエラの, 優雅な, 生前辱知の, 老たる

▼ 女史~ (5, 0.3%)

2 の提起, を見る 1 の来られた

▼ 女史あり~ (4, 0.3%)

2 我が愛生園, 本篇の

▼ 女史からの~ (4, 0.3%)

1 お使者, 急ぎの, 無電を, 電波に

▼ 女史~ (4, 0.3%)

1 あつた, これは, もう今, 同じく四ヶ月

▼ 女史である~ (4, 0.3%)

1 ことは, ことを, し校長, と信じます

▼ 女史とも~ (4, 0.3%)

1 ある御方, 共通の, 呼ばれて, 相識り

▼ 女史に対して~ (4, 0.3%)

1 うやうやしく礼, お答えします, 反問せず, 捧げて

▼ 女史その~ (3, 0.2%)

1 主人坊ちゃん嬢さん集り話し込む, 人は, 新盆には

▼ 女史では~ (3, 0.2%)

1 ない, 女が, 自然が

▼ 女史など~ (3, 0.2%)

1 いって, おそらくめし屋, 打つて

▼ 女史にも~ (3, 0.2%)

1 ほろ苦い涙, 全部又は, 北川少年にも

▼ 女史によって~ (3, 0.2%)

1 創刊された, 子供たちと, 発表され

▼ 女史ほどの~ (3, 0.2%)

1 いい霊媒, 人でも, 御配偶

▼ 女史~ (3, 0.2%)

1 でハムレット, とその, はサッソウ

▼ 女史であっ~ (2, 0.1%)

1 てもまた, て彼女

▼ 女史であった~ (2, 0.1%)

1 と思う, と覚え

▼ 女史です~ (2, 0.1%)

1 から, ねあなた

▼ 女史とでも~ (2, 0.1%)

1 いったよう, いつたやう

▼ 女史と共に~ (2, 0.1%)

1 幼稚園小学校等の, 近ごろの

▼ 女史などが~ (2, 0.1%)

1 二十世紀の, 生活の

▼ 女史などの~ (2, 0.1%)

1 卓説を, 壮い

▼ 女史にとって~ (2, 0.1%)

1 どんなに大ざっぱ, 故郷の

▼ 女史に対する~ (2, 0.1%)

1 従来の, 心からなる

▼ 女史ほど~ (2, 0.1%)

2 美人では

▼ 女史~ (2, 0.1%)

1 少し話, 巴里では

▼ 女史より~ (2, 0.1%)

1 名高く認められ, 漢学の

▼ 女史よりの~ (2, 0.1%)

1 手紙なり, 消息なし

▼ 女史よりも~ (2, 0.1%)

2 貞淑である

▼ 女史をも~ (2, 0.1%)

1 一緒に, 迎えた

▼ 女史以外~ (2, 0.1%)

1 に無, は家族

▼ 女史~ (2, 0.1%)

1 姉妹の, 自身の

▼ 女史自身~ (2, 0.1%)

1 の創作, の最後

▼1* [88件]

女史あたりに比べ, 女史あまり聞いたこと, 女史な仲居, 女史いかなる妙手あれ, 女史いやに雄壮, 女史おいでになる, 女史何かの, 女史かと訝しそう, 女史きょうはS子さん, 女史こそ多けれ, 女史こと本名須婆田ウノ子を逃さない, 女史しらべて来る, 女史その他婦人のもの, 女史それからカコ技師も, 女史がパリー, 女史だけ贔負を, 女史だけは別格である, 女史だけを写したものの, 女史だって結婚したい, 女史だにあらばなどと, 女史だの守屋東女史などの, 女史ってのはね叔母さん, 女史でも恥しいか, 女史といふ人は, 女史とがこの静か, 女史として無二の, 女史とでこの間から, 女史とに相談し, 女史とを尻目に, 女史んざ草双紙を, 女史などというひとびと, 女史などとも絵はがきの, 女史なんかには実に実によくわかり, 女史なんてなんの, 女史にしか触らせた事, 女史について簡単に, 女史にとっては実に見る, 女史に従っても女の, 女史のみならず, 女史のみは洋装で, 女史までもが新派劇どおりに, 女史もっていかん, 女史やが泊りつけ, 女史やの肖像が, 女史らしい白い丸顔, 女史を以て嚆矢と, 女史クィーンヴァン・ダインの諸, 女史ジャズシンガーだよ, 女史トガ出テ行ク様子デアル, 女史ニ比ベルト優雅ナ体ツキ, 女史返書, 女史一人の願, 女史一代の天華, 女史一流の手品, 女史乃木大将夫婦これらは子ども, 女史京都の岩井蘭香, 女史してるん, 女史十歳か十一歳, 女史原稿の, 女史周章して, 女史型言説をなし, 女史墜落の音, 女史外一名の方, 女史大塚楠緒子女史がある, 女史大得意である, 女史大関和子三谷民子女史とも相識, 女史失踪のニュース, 女史失踪事件があり, 女史宛送附され度, 女史帝国劇場に出勤, 女史彼女はしかし, 女史急いで, 女史情人の許, 女史挨拶に出, 女史救い出しの件, 女史教師の生活, 女史数千万円を握る, 女史晩年の作, 女史柳眉を逆だて, 女史決して魚を, 女史田沢稲舟女史大塚楠緒子女史がある, 女史社長なるおしゃれ誌, 女史竹内津下の両, 女史終戦後は女流文士, 女史自ら一段高い地歩, 女史自ら遺書にでも言わない, 女史踊ってくれません, 女史箏語予曰