青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「女の子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~奥さん 奥さん~ ~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子
女の子~
~女中 女中~ 女優~ 女史~ ~女子 女子~ 女学校~ ~女性 女性~ ~女房

「女の子~」 3224, 35ppm, 3361位

▼ 女の子~ (717, 22.2%)

8 いて 6 ありました, 出て 5 いた, 顔を 4 あった, あって, いる, 叫びました, 答えた, 黒い外套

3 [18件] いいました, いました, こたえました, そっとカムパネルラ, たすけを, まじって, 夢中に, 来て, 生まれた, 生まれました, 生れた, 生れて, 立って, 答へ, 自分の, 言いました, 談に, 遊んで

2 [43件] あります, いない, お爺さんの, さびしさうに云ひました, さびしそう, たったひとり, ひとりあります, ふりかえって, もう壕, イーを, カムパネルラに, コロンビーヌ, 一人だけ, 一人メリンスの, 三人で, 二人, 云いました, 云ひました, 側へ, 出来ました, 列を, 助けを, 呼びも, 居た, 居て, 年頃に, 持って, 池へ, 泣き声で, 生まれたと, 生まれて, 生れたので, 生れました, 目を, 眼を, 私に, 私の, 空を, 答えました, 車に, 達二を, 駈け込んで, 黍団子を

1 [523件 抜粋] あそんで, あたしの, あったの, あったらなあ, あのお, あの中, あの恐し, あまり一生懸命, ありましたが, ありまして, ある, あるとき, あるもの, いいますと, いう, いきなりあっし, いきなりあつし, いきなり検事, いきなり走っ, いたね, いたの, いた上, いっしょに, いって, いつまでも, いつもころころ独り, いつもの, いないから, いないため, いないので, いないん, いましたのよ, いやしねえ, いるし, いるでは, いるの, いるもの, いるよう, いるん, うっちゃっちゃ, うつむいて, うまれて, おしっこを, おぬ, おばあさんに, おぶつ, お増, お姉さん, お月様, お杉お玉, お母さんと, お窓, お習字, お雪ちゃんである, かくしから, かけよって, かして, かじりかけたりんご, かなうはず, かまって, きいた風, きたとき, きたないなりを, くるか, くれて, くわわって, ぐるりと, このお家, このさむ, この男, これで, これも, これを, さけびました, さも滿, さらわれたその, さらわれたの, じぶん, すぐさん, すべての, すみの, すわって, せきこんで, そういうの, そう大, そこから, そこの, そっとのぞき, そつと, そとから, そのよう, その音, そばに, それと, それに, それ以上進ん, そんなところ, たくさんあり, たけだけしくなる, たずねました, ただむっつり, たった一人面, たのまれて, だれかは, ちゃんと昼, ちょいと, ちょこちょこと, ちょっと前, ついて, つきそこ, つき纏って, つくられた, つけて, つっ立ったまま, できたの, でて, とうとう物, とびだして, とび出しました, とりすがったの, どこが, どんな顔, ないこと, なまじそんな, にこにこし, にっこり笑っ, ねむりこけて, ねらわれて, のぞくので, はいって, はだしに, はやした, ひさ, ひっそり事務, ひとりいる, ひとりしょんぼり, ひとりつごう, ひとりの, ひとりふえまし, ひとり生れ, ひょいと入口近く, ひょっくりとひとりふえてきたんだから, ふくらんだうしろ姿, ふたりくる, ふふむほほづきの音, ふらふらGHQ, ふりかへ, ふりかへって, ほしいと, ほしいの, ほしいわねえ, ぼんやり往来, ぽうっとくる, またすこし行く, また一生懸命, まだすこし眠たく, まっ白な, みじめな, みな一度は, みんな一流に, もう二三人づれ, もう五つ, もう戀, もう身, やっと掴まり, やはりさかん, やはり茶の間, やんやと, よくそんな, よく現れた, よごれた風呂敷づつみをぶらさげて, よその, よちよち附い, よみがえったの, よる夜中, ゐた, ゐて, ゐました, アクビを, カスんで, キスし, グレーテルと, コップへ, サーヴィス, シクシク泣き, スバシニ, ズラリと, タクサンいる, トチっ, ヒステリーを, ビヤホールには, ヘソを, ベロを, ベンチに, ホールへ, ミドリちゃんだった, ムクムクと, ムックリ顔, メリンスの, ランプの, ワサワサいる, ワンサと, 一ぱいです, 一人あっ, 一人あった, 一人ある, 一人カアキ色の, 一人忍び足で, 一人残っ, 一心にこ, 一昨日の, 一番かせぐらしい, 一番はっきり, 一般的に, 七つくらい, 七面鳥に, 三人, 三人つづいた, 三人である, 三人ばかり, 三人ひどく, 三人私は, 三人程, 三十人ばかり, 三味線を, 三四人声を, 下の, 両手を, 両親に, 乗って, 二三人の, 二三人ケロリ, 二三人来る, 二人い, 二人か, 二人がかりで, 二人くたくたに, 二人この, 二人の, 二人やはり, 二人ゐ, 二人ゐた, 二人完全に, 二人家の, 二人少し, 二人居ます, 二人肩を, 二人腰掛け, 二十人くらゐゐる, 二重唱を, 五人宜, 五六人チョークで, 五六人並ん, 五時五分前を, 亡くなってから, 交じって, 人の, 人形の, 今の, 付け加えた, 仲間に, 住んでること, 何その, 來て, 便所へ, 傍へ, 入って, 入れて, 入れ雑, 八人, 八人です, 六つと, 其の日雄蝶, 凭れかかって, 出来それから, 出来た, 別段こわがり, 前かがみに, 力を, 加減を, 勤めて, 十七で, 十七ヶ所男の子が, 十三と, 十五六人も, 半死半生で, 又傍, 口を, 可愛いなどと, 各々の, 名刺を, 命がけで, 喚きながら, 四五人羽子板か, 坐り彼女等, 壁の, 声を, 売られて, 変挺子な, 夏場彼の, 多いから, 多いので, 多人數, 大勢いる, 大皿へ, 大部分, 好きそう, 好きに, 好くやっ, 妊娠した, 嫁入りすれ, 学校へ, 学生と, 学生服の, 家出する, 寄りつかねえん, 小さくか, 小学校の, 小目籠と, 小腰を, 少しずつ, 居ります側, 居る, 居るのに, 山の, 川へ, 年上の, 床几で, 座って, 弓で, 弾丸の, 当惑そうに, 当番で, 彫った小箱, 御馳走を, 必死に, 忘れられずに, 怖いの, 急に, 悪人の, 情けなさそう, 感冒に, 成人した, 我国の, 扇子を, 手つだいに, 手に, 手足を, 承知しねえた, 指して, 揃って, 撫子を, 教わるよう, 方便ぢや, 春子冬子梅子秋子桃子の, 時々カバン, 時々独木舟, 時々獨木舟, 暴行され, 杖とも, 松の, 柔軟な, 棒の, 椅子の, 様々の, 横に, 横面を, 次第にこの, 欲しいわ, 欲しい欲しいと, 此を, 死ぬ度毎, 死んでしまつたんで, 殺される夢, 母であり, 母親の, 気味悪げ, 水を, 泣きながら, 海ほおずきを, 淋しさ, 火夫が, 炭坑節を, 無邪気な, 燈籠を, 父親と, 猫背を, 珈琲を, 現はれた, 生まれたらローザ, 生まれると, 生れお, 生れその, 生れたこと, 生れたと, 生れたという, 生れたら可愛い, 生れたら愉快, 生れた上, 生れた時, 生れると, 生れるとともに, 生れるん, 生死不定の, 産まれたと, 申し候, 男なみの, 男の子と, 男の子を, 男役を, 畑から, 留守居を, 病気を, 皆んなと, 皆同じ, 皮も, 目あてだった, 目ざとくそれ, 直ぐ起ち, 真っ赤な, 眠って, 眺めて, 短いパンツ, 砂浜に, 磯吉に, 私よりは, 突っ立った, 突然群集, 窓ガラスの, 立ちながら, 笑うと, 笑えば, 笑って, 笑ふ, 結えられて, 給仕を, 絵の, 絵図を, 綺麗で, 縁遠くなる云う, 織機の, 羽根の, 耳を, 肝高い, 育って, 背景の, 舞臺へ, 花環の, 苦悶の, 茶を, 茶色の, 薄暗い閾口, 薄赤い, 裏の, 襖を, 襷掛けで, 見つかれば, 見て, 言った, 言ったそう, 話に, 話を, 読んで, 豪傑に, 負ぶさって, 買うだから, 赤ン坊と, 足を, 車室の, 輪を, 轢かれる所, 近づいて, 追いかける草, 追つ掛け, 逃げて, 逃げ出したので, 逆立ちする, 通りかかったから, 通りすがった, 遊びに, 遠くの, 酔っぱらッ, 重内作三郎らに, 長時間を, 開成山へ, 障子の, 集つておはじきを, 集まって, 雛を, 露骨な, 風呂敷を, 飯鉢と, 飲むん, 飾冠を, 餡が, 駈け寄つて, 騒いだもの, 髪を, 鳩笛を, 鵜に

▼ 女の子~ (546, 16.9%)

18 手を 13 やうに 11 ように 10 ために, ような 7 声が 6 顔を 5 ことを, ところへ, 方が 4 ほうは, 姿が, 手に, 泣き声が, 浴衣でした 3 ことと, 一人が, 声で, 声を, 頭を, 顔が

2 [35件] おなじ足指, かおが, くせに, ことも, すがた, ための, むずかって, やうな, ゲルダは, 一人は, 下ぶくれ, 中で, 体が, 名は, 名前を, 喜ぶ顏, 大方す, 姿, 姿を, 家に, 家の, 居所が, 後を, 持つもの, 方で, 方は, 服を, 母に, 泣き声です, 眼に, 着物を, 聲が, 肩に, 頭に, 顔で

1 [348件] あそびが, あとを, あどけないの, いうこと, いきさつつまり, いちばん匂ひ, いるところ, いる方, いる飲み屋, うしろに, うわさを, うんうん唸っ, おそろしいさけび, おつみ, おもちゃに, お人形, お兄さま, お守りで, お母さんに, お母さんの, お父さんは, お獅子, お祭である, お祭り, お粂, からだで, からだを, かわいい裸像, かわいらしい足, がっかり加減, きいきい声を, こえだった, こえです, こえと, ことから, ことが, ことだ, ことで, ことな, ことなんか, こわがった物, して, しめる博多, しわざ, すること, する力, せまい胸, そばにより, そばへ, ぞうりを, ためじゃ, ためにも, ためのに, ちがいが, つき合いについての, ともよ三人きりの, なかに, のびのびとして, はうには, はだしの, はなが, ひとりに, ひとりや, ふえると, ほうも, ほとりを, もつ手毬, やうで, やわらかな, ようであり, よむの, よろこびに, わたしの, わらい声, ゐる窓, アイクチで, イレズミも, キチンと, ジジは, セーラー服を, タイプと, ドラは, ナギナタの, ハダを, バーを, フクラハギを, ペリウィンクルが, マリちゃんが, マントを, モモが, ユウ子ちゃんは, リーネを, 一人を, 一人二人よろしく, 一学級を, 一滴の, 一番若い, 一群が, 下宿は, 下駄と, 下駄には, 下駄まで, 世話を, 中には, 丸帯じゃ, 事で, 二人の, 二人は, 二人や, 五つばかり, 仕舞姿を, 仕舞物は, 代わりと, 代わりに, 仮装で, 仲間に, 会話が, 伸びゆく姿, 体の, 供には, 傍に, 入口男の子の, 初春の, 初段の, 前で, 前を, 前髪が, 加勢ばかり, 勉強は, 勉強を, 匂いを, 区別は, 区別を, 十六歳十九歳などという, 半纒, 友達の, 古下駄, 叫びと, 叫び声が, 叫び声に, 可愛ゆ, 可憐し, 名である, 名という, 名の, 名付親に, 名前, 名前と, 名前に, 名前は, 命よりも, 唇にも, 喜びさ, 喜びそう, 噂と, 報告から, 報告です, 声, 声だ, 声でありました, 声である, 声の, 多い幼稚園, 大きな目, 好くよう, 好んで, 姉の, 姓は, 姿は, 姿勢で, 嫉妬深, 子役が, 学校において, 学校の, 学級を, 孫に, 守りで, 守を, 家庭と, 寝台が, 寝室です, 寝言に, 将来まで, 小さい時, 小さな像, 小茶ちゃん, 就職について, 居所の, 山だらう, 山だろう, 差し出した手, 帶, 年に, 年は, 年齢が, 役だったの, 心とを, 心持という, 心持に, 性格マリイ・エエメ教姉の, 性行を, 感情が, 態度である, 所作らしく, 手え, 手だ, 手で, 手の, 手紙を, 手紙一本吉原細見一册無い, 拍手に, 持って, 指の, 教育に, 文才なんて, 新しい着物, 方に, 日本橋での, 服縫いました, 服装だって, 枕元から, 案内人が, 様子を, 樣な, 横面に, 次ぐらいは, 歌いながら, 歌にも, 歌を, 死骸が, 母が, 母親が, 母親は, 毛なんか, 気の, 気まぐれの, 泣き声, 泣くの, 泣声が, 泣声だ, 流儀で, 流行歌以下に, 浜子が, 物ばかり, 物を, 物計りで, 生れた時分, 生活と, 用ゐる, 甲高い叫び声, 男役向きに, 男装が, 當てでも, 癖に, 目の, 盲目に, 相場も, 眼が, 眼は, 眼を, 眼病に, 着るもの, 着る派手, 着物に, 着物の, 着物は, 知り合いは, 祝うもの, 秘めたお祈り, 稽古五時近くまで, 笑い声は, 笑い声を, 紅い帯, 細工ぢや, 経済的安定を, 絵や, 縫い仕事だけ, 美しい高い声, 肩へ, 育つの, 背を, 背丈までも, 背後へ, 背負うて, 胸で, 腕を, 膝が, 興味を, 若い母親, 荷物に, 行爲である, 衣裳を, 袢纏を, 裸の, 裸体なんて, 裸体を, 見物を, 親父なんて, 記録は, 話でも, 話なんざ耳を, 話を, 謡ひかけた, 變裝を, 財布には, 贄卓に, 赤いたもと, 赤い着物, 赤い靴, 足元の, 足元へ, 身の上を, 辻占を, 逆立ちと, 逆立ちは, 遊びに, 遊びや, 遊び事に, 遊び友達しか, 遊び友達の, 遊戯が, 運命を, 達引には, 部屋で, 部屋へ, 部類に, 重い頭, 鍬が, 長時間単調な, 集まる所, 雑誌から, 青んぶくれの, 頬を, 顏いろ, 顔であった, 顔の, 顔は, 顔ばかり, 顔造作までも, 首は, 首へ, 骨組や, 髪の毛が, 髪の毛を, 髪は, 髪を, 魔子は, 鼻の

▼ 女の子~ (520, 16.1%)

4 いいました, いかにもつら, 急に 3 いきなり両手, きまり悪, ジョバンニに, 小さくほっと

2 [30件] いないの, すなお, すなほ, そは, そわそわ立っ, どうした, どこへ, なんでつくる, びっくりし, ふっと顔, まるで絹, 不意に, 僕等に, 前に, 名女優, 夢中で, 彼を, 思いのほか強く, 息を, 時々花, 柳吉の, 次の間へでも, 殊に, 母の, 笑いながら, 笑い出した, 笑って, 自分の, 赤いの, 頭を

1 [436件] あこがれの, あっしの, あつしの, あとから, あどけなく答えます, あの晩, ある, ある森, あんなモモンガア, いうの, いかにもほし, いきなり兩手, いきなり腕, いったいありゃ, いったいだれ, いったいどうした, いつかは, いつのまにか新しい, いつもの, いない, いないよ, いるかの, うるさいほど, うんと頷い, ええ, おかしいもの, おばあさんに, おびえた顏, おろか猫一匹も, お化粧, お半, お友だち, お喋りで, お家の, お寒い, お庄, お手玉を, お母さんと, お父さんから, お父さんだけ, お針や, かううた, かかさま, かくれたまま, かどわかされたの, かなしそう, かぶって, からだは, きのうの, きまり惡さうにしました, きらいか, きれいと, ぎょっとした, くろいきれ, ことん, この女, この間中書斎, これだ, さっさと一行, さっさと出, しきりに文字, しきりに足袋, しくしくと, しげしげと見守った, じっと木, じゅず玉を, すぐに, すぐ眼, せわしくなる, そういった嵐, そう言い, そこい, そっとうち, そっと傍, その上, その中, その小屋, その方, その時どこ, その朝, その父親, その翌晩, その間ぢゆう, その間に, そばの, それから, それこそ, それでも寿女, それも, そんな私, たいていすき, たいへん大きな, たずねました, たまには, たまらぬ位, だれかに, ちょっと頭, とりのぼせるよ, どうし, どうして出ない, どうなった, どうも可愛らしく, どこに, どちらも, どんどん逃げ, ない, なかなか虫たち, なし善光寺参り, なにものかの, なんだ, にこにこし, にっと笑い, にんぎょ, ねえはず, はじめてホッと, はっきり答えた, ぱんとねどこから, ひそかに, ひとりも, びっくりした, びつくりし, ぴかぴかみがいた, ぶらぶらと, ぶるぶるふるえ, へんな, ぼくたちで, まごついて, ますます面白, またいなかった, またどんどん, また三歩, また二人, また反対, また女の子, また日本語, まっ黒な, まつ黒, みなお, みんな自分と, みんな走りだした, もういちど, もううち, もうこの, もうころされ, もう一度新子, もう五つ, もう大きい, もう消える, もう赤い, もって, もつれる舌, もはや炒り豆, やさしく言う, やっぱり泣い, やはりじっと座った, ゆりと, よく歩く, よく行つて孫, よしか, よしかな, よしかなと, わあわあ泣きだした, わっし, エチエネットに, オカアチャンと, キヤツキヤツ言つてる, クルミの, ゲルダと, ゲルダの, コンニチハの, サーカスで, ジヨバンニに, タイピスト学校に, トロッコを, パツと, ビクッとして, ピンを, マンが, メロディの, ワッと, ヴィタリスが, 一人ぼっちとり残され, 一人も, 一層高く, 一度駈け出し, 一旦帰宅, 一本三四銭位の, 一般にその, 三つか, 三つに, 三十三日目に, 三度も, 下層民でない, 両手に, 両手を, 九つだつた, 二人しか, 二十に, 二百円しか, 二階に, 人影も, 人殺しと, 人生が, 今は, 何か, 何といふ, 何となく朝顔, 何も, 何處に, 俥の, 僕の, 入らぬ元, 全身を, 八つの, 八九歳に, 八月に, 六つに, 再び塵紙, 再び言った, 出來, 分別く, 別な, 助かったの, 十二の, 十二歳の, 半分気味の, 口を, 只それ, 右の, 吃驚し, 向日葵とは, 呆れて, 咄嗟の, 哀れな, 唯言葉, 喜んだそう, 喫茶店の, 嘘を, 地面へ, 地面を, 垂乳根の, 堤の, 声を, 夢中に, 大きな気持ちよ, 大きな鏡, 大人たちの, 大抵の, 大抵は, 太った執事, 太郎さんの, 奇妙に, 奥方様に, 女の子で, 女の子同志にな, 女らしく固って, 女同志で, 女学校ぐらゐ出, 女学校に, 女親の, 妙な, 妙に, 始終おずおずした, 嫁に, 嬉しさうに, 宝塚に, 実に不幸, 宿題を, 實の, 小さいいとこ, 小さくほ, 小町の, 小首を, 小麥藁, 少しづつ姿, 少なくて, 差支えない, 平凡に, 年の, 年も, 年端も, 幼い中, 幾つ幾つに, 座蒲団を, 廊下の, 引込んで, 彼の, 待ち遠しさうに, 後ろに, 御台様付の, 御手玉, 必ず私, 快活な, 怒るよう, 思いきった顔, 思い切って, 急いで, 恐くなっ, 恐わ, 恥か, 悪魔が, 愛嬌が, 我勝ちに, 戸を, 手を, 手拭を, 手染の, 手毬を, 手込に, 払って, 承知を, 挨拶の, 振袖を, 撫切だ, 料理を, 斯うだ, 日ましに, 日曜の, 早見さち子と, 明神山から, 暫くもじもじし, 最初から, 有毒な, 朝子に, 朝鮮人では, 本能的に, 来しならむとおもはれぬ, 林芙美子という, 桃子が, 横を, 横着に, 機織り刺繍などを, 次の, 此れで, 死ぬほう, 死んで, 殊に悧巧, 母親に, 毎日の, 比較的古い, 気味わる, 永牢を, 汗じみたなりを, 決して自分, 泣いて, 泣きながら, 涙ぐんで, 灸の, 焦生, 父たちの, 父親について, 片手を, 物恐れの, 独りぼっちで, 珍らしい, 生れたの, 申すまでも, 男に, 男の子が, 男の子の, 男親に, 痩せた顔色, 痰壺の, 白いレエス, 目に, 目を, 眠むそう, 眼が, 知恵の, 短いスカート, 短っ, 砕けのこりたる花束二つ三つ, 私の, 私は, 私を, 私共を, 窓口に, 竜之, 笑いも, 笑った, 笑ひ, 絵本を, 綺麗な, 老人の, 聴いて, 胸を, 能く, 脚を, 脛だけを, 腕を, 腹を, 膝から, 自分が, 自分で, 舟の, 良寛さんの, 色が, 色紙で, 花屋で, 苦手だ, 裁縫用の, 見えないから, 規律よりも, 親類へ, 謹聴し, 豹一が, 負けぎらいな, 質問した, 赤いハンドバツグ, 赤い緒, 赤い襷, 赤い顔, 足駄を, 辛いだろう, 近寄っても, 近所の, 返事を, 逃げようとも, 金を, 銀貨を, 間もなく帰り, 静かだ, 静かに, 面を, 順に義勇奉公, 頭帯によって, 顔を, 風船を, 飛び上るほど, 首を, 馬の, 駄目, 高等までで, 髪が, 髪を, 鵜に

▼ 女の子~ (344, 10.7%)

19 連れて 13 つれて 7 産んだ 5 抱いて 4 見て 3 伴れ, 助けて, 生んだ, 生んだが, 生んで

2 [28件] さらって, その人, つかまえて, 一目見る, 中に, 乗せて, 入れて, 出して, 呼んで, 大事に, 嫁に, 憎んだ, 欲しがる, 残して, 生ませて, 産んで, 盗んで, 相手に, 私の, 立たせて, 裸の, 見た, 見ますと, 見ると, 貰って, 返すが, 送り返すか, 集めて

1 [225件] あぐらの, いじめるの, いつのまにやら, うながした, うむと, うんで, うんと拵え, おぶって, おもちゃに, おろし未だ, お客様に, かくしました, かどわかしかけて, かどわかすこと, からかいすぎたので, かわいがるもの, こう謙遜, こっそりつれ, こわがらせないよう, こんな風, ご介抱, さがすん, さらうよう, さらつたのは, じどう, すこしもくべつせず, ぜひ妻, たすけなければ, たすけるほか, だきあげました, だれだ, ちかくの, ちらつと見かける, つかう商売, つかまえりゃいい, つれたまま, つれたる親父, つれた男, とりかえたん, とりしまって, どうする, どこかに, なくしたん, なくしましてから, にらみました, のせて, はこんで, ひしと抱きしめる, ひそかに, ひとりきめ, ひとりぼっち, ひとり雇っ, ひどくかわいがった, へたな, ほしがっ, みんなし, もちました, もった親, もつれてた, ゆすぶったもの, よく覚え, よく覺, よこして, よび出しました, わざとまい子, ハダカに, ヒネリ殺し, ブツことの, ポーッと, 一つぱちんとやつたらどうかと言ひ, 一人お, 一人さらっ, 一人つれ, 一人並の, 一人亡くした, 一人持っ, 一人貰つて育て, 一人預かっ, 三人生んだ, 上に, 与八は, 両手で, 中へ, 主人公と, 乳母車に, 二三人助け, 二人連れ, 二時間ばかり, 人越しに, 何か, 併れ, 使いに, 使用人として, 供の, 信用させる, 儲けた夫婦, 入れない, 出産した, 前に, 助けに, 十人ばかり, 取り巻いて, 口説いて, 口説くに, 口説く圖, 口説く野郎, 口説く顏ぢ, 可愛がろうとも, 吃驚させ, 呼ぶにも, 呼んだ, 唐茄子の, 売って, 売るん, 変身術だ, 多数の, 失いて, 失ったが, 奮起せしめた, 女房に, 実に残忍, 家事の, 尊重した, 帰らせた, 幼より, 幾人も, 引回して, 引率し, 強姦し, 得た喜び, 得て, 忘れなかった, 怒って, 思うよう, 思わせる口調, 思出し, 悩ませる罪滅し, 慈善の, 手なず, 手招き寄せ暫くじいっと, 手許に, 抱いた, 抱えて, 抱きあげたところ, 抱くよう, 押し默ら, 持った体験, 持って, 持つて, 指揮し, 振り返った, 振り返つた, 授けら, 探すこと, 揺り動かした, 教へて, 教養ある, 時々通ひで雇, 有つてゐる, 案内に, 森の, 歓迎した, 殘し, 永くそう, 沈めに, 率ゐ, 生みけると, 生みました, 生むよ, 生んだとて, 生んだの, 生んだ時, 産まぬ前, 産み落, 産み落した, 産んだが, 産んだそう, 産んだと, 産んだばかり, 田舎中さがし廻る, 看護し, 眺めて, 眺め初めた, 睨み込んだ, 睨んで, 私が, 窓から, 紹介した, 縁先へ, 育てるには, 背負い男の子, 腰かけさせ大きい, 膝の, 自分の, 苛むにも, 裸に, 見た事, 見ながら, 見るなり, 見付けたので, 見付けると, 語る, 誰が, 負いながら, 負える姿, 負った色, 負って, 貰い受け育てあげたの, 買い取って, 起したかった, 踏みつぶして, 載せて, 返して, 送りとどけて, 連れやってきたが, 連れ込んで, 遊ばせて, 隠しだてする, 預かる内職, 預けて, 顧みて, 養うよう, 養女に, 首尾よく, 驚異と

▼ 女の子~ (211, 6.5%)

4 やさしくカムパネルラ, 手を 3 乳を, 云ひました, 答えました

2 [13件] かっぽれ, しては, やりました, 化けたの, 向って, 固い乳房, 小声で, 目を, 答へ, 行水を, 言いました, 赤襷させ, 防空頭巾を

1 [168件] あった, ありがち, いうと, いやらしい色目, おさる, おだてられても, お尻, お邸奉公, きいて, この引け目, されちまったん, されて, したって, して, しろ同じ, せがまれて, そう言っ, そう言った, そつくりです, その日, それが, たのんで, ちやほやされる, とびかかって, とびつきそう, なった, なったの, なって, なりきって, ばけたとき, むかっても, むかつて, もたせました, もらつたリボン, やること, やるチョコレート, よい婿, よくまあそんな, よく百合子, よほど心, キッスされた, クリスマス, ケムに, サービスさせ, チヤホヤされ, チヤホヤ言はれました, チョッと, ビンタを, 一分一厘違いない, 九つに, 乳房を, 二千円やっ, 云いました, 似合わず大変含み, 使いを, 八津という, 出來, 出口を, 前座を, 助平な, 化けたり, 化けること, 千円チップ, 参って, 可愛がられて, 呼戻させて, 命令する, 商売物の, 啣ませ, 困つて世話, 在りて, 声高く, 変装した, 多分の, 夜分だけ, 奧に, 好かれたって, 好かれるには, 好きと, 好意を, 嫌はれます, 宮仕えを, 尋ねた, 對つてゐられたら, 少なからぬ, 就いての, 後脚, 微笑みかけ笑顔, 思われるの, 性の, 怨まれるの, 惚れた話, 惚れた野郎, 我々が, 手つだうこと, 手伝わせて, 手渡した, 手紙を, 抓られるの, 投げて, 抱きつけば, 抱き附いて, 持って, 持つて, 持て, 持てつこ, 振られねえぜ, 掛り合, 料理法を, 易々と, 月経が, 本式に, 桃の, 比べて, 比べれば, 水を, 永く学問, 烏の, 焦れただけ, 狙いを, 生れたばかりに, 生れて, 生意気な, 男が, 當つた時の, 白エナメルの, 目尻を, 相当の, 真岡の, 知り合いが, 秘かに, 突当れば, 算術を, 絵など, 縄張りの, 罪を, 至っては, 莫迦に, 薙刀の, 行き遇, 見えました, 見つかった, 見とがめられたって, 言った, 言われるの, 訊いて, 訊ねた, 話して, 話しました, 話すと, 話を, 誘はれたん, 變裝し, 財布を, 買って, 追いかけられるなん, 逆立ちを, 遇ったならば, 違いありません, 違ない, 遭遇った, 長竿は, 門並み刺青を, 間違ひ, 限らんや, 限るじゃ, 食べさせるため, 騷がれさうな

▼ 女の子~ (98, 3.0%)

3 一緒に 2 いっしょに, おもしろそう, 六つの, 懇に, 男の子が, 遊んだ

1 [83件] いうので, いうほどの, いえば, いっても, おとこの, おなじよう, おもしろさうに, おもしろさうに談, おッ母さん, かかり合うの, かかわりが, その妹, その弟, その親友, その遊び仲間, それから痩せこけ, それより, そんな差別, だったが, つれ立ち, どっちが, ふたりで, ぶっつかりそう, わかれば, イチャつきながら, 一組だけ, 三ツの, 三人である, 並ばされたうら悲しい, 九つの, 二三こと立話し, 二人きりで, 二歳の, 云うの, 云えば, 五つに, 五十有余の, 交ったかな, 今の, 仲よくする, 入り乱れて, 八つに, 八つばかりの, 八歳に, 出て, 副食物の, 十一ぐらいな, 召使いと, 喋る時, 大きな風呂敷包, 大仲よし, 意気な, 時々遊ぶ, 来たら一所懸命, 松さんとは, 歩くの, 歩く術, 氣が, 生れて, 男の子と, 男の子とが, 男の子の, 相乗り俥で, 立って, 結婚し, 絵の, 親しくし, 親しくなる, 財産に対する, 赤ン坊とは, 逢つたら, 遊びや, 遊び少女の, 遊ぶの, 道づれに, 道連れとは, 違いの, 酒屋の, 間違えますよ, 間違ったもの, 間違へ, 雖ども十八九歳の, 頭の

▼ 女の子~ (90, 2.8%)

2 います, これほど, ちょうどその, 混って, 男の子も

1 [80件] あった, あつた, ある, あれば, いそいそと, いた, いました, いる, いるし, いるの, いるよう, おのずから動作, お伽噺の, これに, さぞかしこの, じぶん, そこに, その下, その様子, それから帳, ちゃうど, ついて, できて, ともに悦ん, とんで, なかなか来, ねえん, みないなくなったし, みんな一致し, みんな選挙された, みんな顔色が, やがて滅茶滅茶, やる, ゐた, ゐないが, ゐるらしい, ゴチャゴチャだ, サーヴィス出来る, 一人います, 一人ぐらゐゐなくつちや, 一緒だ, 二人で, 五六つぶそれを, 仲よく, 何を, 僕らも, 出るといった, 出来て, 加わって, 十六七に, 同じであっ, 同様である, 四十幾つと, 大切に, 失踪中です, 居るの, 引きつづいて, 恐しいと, 戸外に, 折角この, 有り十一, 機嫌をな, 殺しちや勿體, 毎日休みの, 気を, 沢山います, 無いが, 生まれたが, 男の子の, 皆乗った, 眞黒な, 真黒な, 眼の, 知って, 知つてゐる, 自分たちだけ, 負けては, 随分やっ, 鬼ごっこを, 黙って

▼ 女の子たち~ (80, 2.5%)

2 は自分たち

1 [78件] がいっしょ, がやがて, がよろこん, が五つ, が其処, が十人許, が大きな, が後, が承知しめ, が校門, が楽し, が母親, が火星人, が父親, が続け, が考え出した, が走っ, が集まっ, であった, とは別に, とは異, と一しょ, と共に久しぶり, と平気, と話, にたずねました, にはこの, には早く大きく, にメンドウ, に一人, に別れ, に合わす, に裁縫, のあいだ, のうち, の作業中, の方, の歌っ, の歌声, の着物, の行紀粛正論, の誰, の願い, の髪, はあんな, はいっ, はくすくす, はこの, はそんな, はつねづね, はみんな, は三人, は大, は嬉し, は思はず, は手, は支那, は改めて, は早く, は正月, は石けり, は総, は良寛さん, は顔, は馬, ばかりで, ばかりです, も, もこっそり, もまじっ, も現れた, も裁判所, も集っ, も集まっ, よりも大きい, をこの, を引率, を見た

▼ 女の子~ (54, 1.7%)

3 よかった 2 あつた, これは, どうしてわるい, 彼女の

1 [43件] あの丘, あばれて, あらうか, ありさ, おみや御前, おらあ, お千代, お時, かさかさと, ことし五歳に, これを, ござりまし, せう, それは, ただその, でも, なんの, ばら色で, またおっ, ミヨ子といふ, 一人は, 三枝という, 二人は, 五つだ, 五歳である, 人気者に, 住んで, 六つ七つから, 其外は, 十字路を, 四歳, 大和の, 失敗する, 女親が, 姉娘の, 挙動は, 旅で, 春枝と, 疎末, 短い毛, 私は, 舞台監督に, 莫大な

▼ 女の子~ (40, 1.2%)

2 から, よ

1 [36件] かももう, からいい, からお, からこんな, からと云っ, からと頑固党, からの由, からよく, から嚇, から好い, から小僧, から少し, から特別, から田舎, か知らない, がまあ, けれども父親, こと, そうです, つたから, と, といいました, という, といっ, といふ人, とばかり思っ, と分る, と小さい, と思いました, と思います, と思っ, な, ねえ, のにこれ, のにさっぱり, もので

▼ 女の子~ (36, 1.1%)

1 [36件] から親しまれ, がうた, がお, がゐた, が人力車, が毬, が米つきばった, が羽子, が道, が鼻筋, と昔話, と遊ん, にいつ, にいつた, にだけ分ける, には出ず入らず, には良寛さん, に豆人形, に身, のひとり, のもつ, のよう, の体操, の方, の部屋, の髷, はいつも, はちよ, はてんでに, はふかした, はまことに, は私, は紅提灯, も見せ, よりいつも, を見

▼ 女の子には~ (35, 1.1%)

2 この上, 持て過ぎて

1 [31件] ある, いたって, お孃さん然, お菊, それが, めぐり合わないし, もてるん, オレが, チヤホヤされ, 何よりも, 十三袴と, 夏は, 大サービス, 妙な, 娘にも, 子供が, 工合が, 弱らされます, 持てますね, 持てませんがね, 持てませんね, 持てるが, 敵わ, 物売り, 男の子, 目も, 見向きも, 見覚えが, 身体に, 身體に, 閉口した

▼ 女の子です~ (16, 0.5%)

2

1 [14件] かい, かね, からあれ, からまもっ, からもうすこし, から井上くんたち, けれども一見, ってそれ, ものそんな, ものむやみな叱, わ, 営養士の, 泰子と, 浅いえんじ

▼ 女の子~ (16, 0.5%)

4 青年たちが

1 [12件] お婆さんや, アイヌ式の, 小さな子供たち, 小鬢の, 日本でも, 次三男, 男の子や, 男の子らは, 男の子小学校の, 老人が, 若い女房, 調理人達を

▼ 女の子でも~ (15, 0.5%)

1 [15件] いい, いなければ, お授け下さる, こんな仕事, それほど飛ぶ, わるくない, 一人しっかり, 何に, 使えるまで, 働いて, 女の子で, 引き取って, 無病なれ, 袴の, 黒板や

▼ 女の子とが~ (14, 0.4%)

1 [14件] いつの間にかわたくし, ぴったりはりつい, ぶらりぶらり近づい, アダムと, グッタリと, 一緒に, 七年生, 並んで, 出て, 摘んで, 生れたと, 田端の, 組に, 遊んで

▼ 女の子だった~ (10, 0.3%)

2 のにかあい 1 からです, から母, が上, のかい, のでございます, のです, んだ, んです

▼ 女の子では~ (10, 0.3%)

3 あり惜しい 2 ない 1 ありますまいか, ないか, 一年の, 保護者が, 家督相続は

▼ 女の子とは~ (10, 0.3%)

1 ああも, いつでも, 何だかその間, 其男と, 同じ規則, 変って, 必ず別々, 縁が, 見えない, 言葉も

▼ 女の子なら~ (10, 0.3%)

1 あらはずかしい, ええけど, それも, だれでも, ばどうぞ, 三人分は, 人形遊びで, 僕が, 早く一人前, 誰でも

▼ 女の子から~ (9, 0.3%)

1 むしつて, 一箱五円の, 勘弁し, 弱々しい体力, 思はれたが, 水を, 誰も, 馬鈴薯を, 黙殺される

▼ 女の子である~ (9, 0.3%)

1 かという興味, から少しも, から悪者, が子女, が頭上, ために, と成長, 地方も, 郁子が

▼ 女の子にも~ (9, 0.3%)

1 あきらめるよう, あった, あらぬもの, して, よるんで, わかりました, 母親が, 野崎は, 騷が

▼ 女の子ばかり~ (9, 0.3%)

2 では, で男の子 1 なので, 三人出来た, 五人も, 貞操を, 集めて

▼ 女の子らしく~ (9, 0.3%)

1 いつまでも, それに, もなく, わるい女の子, 嬉んで, 少しちがった, 甲高い声, 白粉位は, 細かい事

▼ 女の子という~ (8, 0.2%)

5 ものは 1 のは, ものそして, 以上には

▼ 女の子らしい~ (8, 0.2%)

1 おしゃべりに, が頬べた, のであなた, 何も, 声が, 情趣と, 羞らいも, 質問だった

▼ 女の子だって~ (6, 0.2%)

1 すこしもざんねんとはおもわないね, そうです, やれますもの, 何れもともと, 元気が, 熱くなる

▼ 女の子って~ (6, 0.2%)

1 こんな時分, のは, 化け物だ, 可愛もん, 変な, 実に抜け目

▼ 女の子とを~ (6, 0.2%)

2 連れて 1 二人の, 区別し, 櫛田さんが, 見較べて

▼ 女の子みたい~ (6, 0.2%)

1 じゃない, な, なもの, な顔, にふっくり, に泣く

▼ 女の子~ (5, 0.2%)

1 わからねえよう, 丈夫さうな, 先刻の, 男の子かという, 知らないが

▼ 女の子その~ (5, 0.2%)

1 ほかが, 兄先妻の, 右側には, 声に, 紫紺色の

▼ 女の子だったら~ (5, 0.2%)

1 きっと車庫, ば琴, ひと苦労, 女中がわりにでも, 申訳が

▼ 女の子~ (5, 0.2%)

1 の, のだ, のです, のよやっと, んだ

▼ 女の子まで~ (5, 0.2%)

1 さげすむよう, さらって, まじって, 出来て, 生した仲

▼ 女の子~ (5, 0.2%)

1 が私, が羽子, と傘さし合つて菊, はやや, はよく

▼ 女の子二人~ (5, 0.2%)

1 にブローチ, に小さな, のその, の母親, はもう

▼ 女の子~ (5, 0.2%)

1 が見, に可愛がられた, の残ってる, はスウェーター, を前

▼ 女の子であっ~ (4, 0.1%)

1 てその, てとにかくあまり, てもじょうぶ, て餓え

▼ 女の子とばかり~ (4, 0.1%)

3 談し 1 話して

▼ 女の子なんか~ (4, 0.1%)

1 つれて, 余りその, 悲観するでしょう, 鰻なら

▼ 女の子一人~ (4, 0.1%)

1 というとき, と男の子一人, をどこ, を残せし

▼ 女の子かも~ (3, 0.1%)

1 しれないよ, 大体一眼で, 知れないと

▼ 女の子だけ~ (3, 0.1%)

1 あって, であと, ひとりその

▼ 女の子だけに~ (3, 0.1%)

1 なんとは, 己れ, 情緒的な

▼ 女の子だけは~ (3, 0.1%)

1 みな麓を, オシャレを, 彼に

▼ 女の子だけを~ (3, 0.1%)

1 ここに, 向う側に, 浚ふなら

▼ 女の子であった~ (3, 0.1%)

1 かその, が世にも, のです

▼ 女の子であろう~ (3, 0.1%)

1 か肩, と決して, と無条件

▼ 女の子でした~ (3, 0.1%)

1 から別段, ね幾つ, 苦心惨澹し

▼ 女の子として~ (3, 0.1%)

1 その子, 取り残された私, 道江を

▼ 女の子との~ (3, 0.1%)

1 お友達, 共同生活の, 精神の

▼ 女の子などは~ (3, 0.1%)

1 朝起き, 背中の, 頸に

▼ 女の子なども~ (3, 0.1%)

1 いますから, わたしの, 見つけたいの

▼ 女の子にとっては~ (3, 0.1%)

1 そのあり, 努力甲斐の, 愛は

▼ 女の子ばかりが~ (3, 0.1%)

1 かたまって, 六人ともに, 四人も

▼ 女の子よりも~ (3, 0.1%)

1 上手や, 少くたいてい, 艶か

▼ 女の子~ (3, 0.1%)

3 さわぎ

▼ 女の子裏口~ (3, 0.1%)

2 から出 1 からかけ去る

▼ 女の子それ~ (2, 0.1%)

1 は與三郎自身, を産

▼ 女の子なぞが~ (2, 0.1%)

1 して, 二三人で

▼ 女の子などの~ (2, 0.1%)

1 せっこう, 知った事

▼ 女の子にでも~ (2, 0.1%)

1 男の子にでも, 頼まれたん

▼ 女の子にとっても~ (2, 0.1%)

1 お父さんが, 何か

▼ 女の子にまで~ (2, 0.1%)

1 舐められるんぢ, 高等な

▼ 女の子に対して~ (2, 0.1%)

1 べつに親しく, やさしい気持

▼ 女の子ほど~ (2, 0.1%)

1 可愛いもの, 敏感でないらしく

▼ 女の子までも~ (2, 0.1%)

1 出来たの, 同じ憂き目

▼ 女の子みた~ (2, 0.1%)

1 ようであった, ように

▼ 女の子より~ (2, 0.1%)

1 優しくし, 先に

▼ 女の子半月前旅~ (2, 0.1%)

2 に出る

▼ 女の子同志~ (2, 0.1%)

1 で小さな, になつて

▼1* [134件]

女の子あとに同じ, 女の子あの子の, 女の子おまえはここ, 女の子かということは, 女の子がかはいくつて, 女の子がたうもろこしの, 女の子がをりました, 女の子きりですよ, 女の子この方は, 女の子この間言ったあんた, 女の子これは先日, 女の子こわれた安人形, 女の子へ素直, 女の子さがして持っ, 女の子しだいに大学生を, 女の子じゃなくて, 女の子そして次に生まれた, 女の子そんなものが, 女の子たちみんなの笑い声, 女の子たち三人は別, 女の子たち三四人にすすめてた, 女の子たち僧侶富ちゃんお棺, 女の子たった一人, 女の子だけがカピに, 女の子だけでやる芝居, 女の子だけの仕事みたいに, 女の子だつたら又私達, 女の子だらうねえ, 女の子やない, 女の子つきで一晩いくら, 女の子でありませんか, 女の子であるだろうのにお, 女の子でございます女の子を, 女の子でしょう桃子は, 女の子でない私たち少年にも, 女の子でなきゃア役に立たない, 女の子でなければ穿きません, 女の子といふわけで, 女の子とつぜん恐怖に, 女の子とに何か, 女の子とも飛んだり, 女の子とより外に, 女の子とりまぜの炊事当番, 女の子と共にそれを, 女の子どうかすると, 女の子なぞといふものは, 女の子なぞには手も, 女の子などそれに, 女の子などがしょんぼり並ん, 女の子などと遊ぶ術, 女の子などにつれられて, 女の子なみにデタラメ, 女の子なるがその, 女の子なるらし坂のぼり来し, 女の子なんぞは出やしないさ, 女の子なんてえもの, 女の子についてはいうから, 女の子にとつては, 女の子に対しては生れた時, 女の子に対しても何やら照れ臭く, 女の子のみ三人を, 女の子はかへつて來, 女の子はかべのわれめの, 女の子はきゃっと一, 女の子はと言われて, 女の子はとかすべて男の子は, 女の子はやはらかい, 女の子ばかりはやけに貧乏, 女の子ばかりを誘拐する, 女の子ばっかりだから, 女の子手紙でも, 女の子への不思議な, 女の子までが符牒を, 女の子てえ, 女の子めいた外見で, 女の子もちやうど, 女の子もつれて, 女の子よりはちょっと大きめ, 女の子らしいあそびをし, 女の子らしいませた口の, 女の子に傾ぐ思は積む, 女の子わたしは馬, 女の子われは神女, 女の子をかばつて, 女の子をさえ儲けて, 女の子チェックのアンサンブル, 女の子プロレタリアート闘士の交代者たち, 女の子マッチョウンノックムンムックたちも赤, 女の子一人いずれも身なり賤, 女の子一人きりでは余り, 女の子一匹です, 女の子三人ばかり倒れ, 女の子三人目がまた, 女の子がフリッツ, 女の子九州から来, 女の子五人連れて, 女の子以上の存在, 女の子以外は決して, 女の子健康な働く娘, 女の子入ってくる, 女の子六つを下, 女の子同士のくだら, 女の子をば美留女, 女の子四つの男の子, 女の子城介君に似, 女の子女軽業の中, 女の子子供の名, 女の子安心する, 女の子でも物好き, 女の子愛されている, 女の子でも物好き, 女の子成熟した複雑, 女の子をあげる, 女の子へたる, 女の子から元気, 女の子枕もとにすわる, 女の子も亦たった, 女の子母親が来, 女の子煩惱を取り柄, 女の子男の子のすくなく, 女の子知りませんもの, 女の子は桃子, 女の子つきて, 女の子にしまっ, 女の子行火がわりのへ, 女の子赤ちゃんを重, 女の子と名付, 女の子連れて歩く, 女の子連中が, 女の子部屋では問題, 女の子隠れんぼをし, 女の子音楽と踊, 女の子飛んだ望みの, 女の子高等科二年をたのん