青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奥様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥 奥~ ~奥さん 奥さん~ ~奥様
奥様~
~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子 女の子~ ~女中 女中~ 女優~

「奥様~」 2734, 30ppm, 3972位

▼ 奥様~ (523, 19.1%)

5 お言葉, ように 4 お身, お顔, 御実家, 御機嫌

3 [15件] お供を, お宅, お許しを, お身の上, ことは, ところへ, ような, 傍に, 御話, 御部屋, 御顔, 方が, 方に, 方を, 顔を

2 [42件] おそば, お下り, お云い, お優しい, お墓, お姿, お室, お形見, お心, お手紙, お手許, お父様, お生れ, お美し, お返事, お酌, お顔色, ことで, ことな, ご心配, ために, 処へ, 前に, 味方に, 場合には, 後で, 御心配, 御病気, 心を, 思召し, 所へ, 手が, 手前も, 押絵を, 方から, 方で, 方の, 方へ, 様子は, 為には, 目には, 行方が

1 [368件] あついお, あの恐い, あの美しい, あの肝, いいお, うしろへ, うちでは, おかけに, おはなし, おぼしめしも, おやさし, お一人, お世話で, お亡, お亡くなり, お使, お傍, お兄様, お写真, お出来, お勤め, お千恵さん, お友達, お口添, お口添え, お古か, お召物まで, お噂, お在りなすつた, お声, お外出, お好き, お妹さん, お姉様, お嫉妬, お子, お実家, お寝間, お尻, お年の, お強き, お役に立ちたい, お心づかい, お心持, お心添, お我儘, お手, お指図, お救, お旨, お月給それ, お植え, お気に入りで, お気付きに, お煙草, お留守, お癪, お目, お笑, お笑ひより, お箪笥, お肝癪, お腹にも, お腹より, お腹立ち, お腹立は, お膚, お膳, お艶, お袖, お記念, お許しの, お詞, お話では, お話は, お赦し, お身の上ぢ, お身体, お里といふは, お附, お面, お頸, お頼み, お骨, かわりにも, こと, ことが, ことだ, ことばかりを, ことも, ことよく, ことを, こと井伏さんの, この冷たい, ごらんなすった, ご懇望, ご決心, ご注意, ご発意, ご親切, せっかくの, ためなら, だったという, つけて, ですだから, と一しょ, どこが, ない家, なく三, なされかた, はお, はすこし, はそれ, ひどい考え違い, ふしだらに, ほうの, もう一人, やうな, やさしいお, ゆくえを, ようです, を拝借, ポケットを, マリイ様は, 一世一代の, 一了簡で, 一人だ, 一本の, 一重奥の, 万事鷹揚なり, 不幸な, 乗つて居られた, 乳母が, 事いの, 事など, 事についても, 事を, 今の, 今日の, 仕方を, 仰しゃる, 仰つし, 仰事, 仰言, 仲の, 何時の間に入らせられし, 価値が, 信仰の, 側に, 光明輝く, 入らっしゃらない, 内兜, 出る時, 前でございます, 前でも, 前は, 前へ, 千浪さまだ, 半面に, 卒塔婆の, 古びた御, 叫声思出し, 合槌打つ, 名ア, 呼ぶ声, 命令通り誰も, 夜の, 好物早速, 好色の, 妹といふ, 妹御に, 妹様が, 妹様の, 始末には, 姪にあたる, 姿も, 姿を, 威光が, 婚礼後数日も, 嫉妬とき, 子弟には, 実家五百枝様の, 家庭も, 寝台の, 寝室の, 寝顔を, 小夜子さんへ, 尼さんとは, 居さ, 帰らしゃますお顔, 帰宅のを, 年は, 幽霊の, 弟, 強い方面, 形見だ, 役, 後を, 御不在, 御不機嫌, 御介抱, 御傍, 御出勤, 御出席, 御力, 御勧, 御召物が, 御召物で御座います, 御同勢, 御喜悦, 御噂, 御噂さ, 御器量, 御墓所, 御声, 御妹子, 御婚礼, 御守刀, 御安泰, 御容子, 御容貌, 御居間, 御差図, 御希望, 御弟様, 御徒然, 御心, 御意に, 御意迎へ, 御懐妊, 御手腕, 御服装, 御気分, 御用で, 御看護, 御立腹, 御美貌, 御胸, 御膝, 御葬儀, 御覧に, 御言葉, 御贅沢, 御身の, 御身分, 御返事でした, 御遊山, 御運, 御離縁, 御髪を, 心の, 心一つを, 心情を, 心配の, 忠実な, 思いやつれた, 思召では, 急死を, 恋とは, 恋愛を, 悋気から, 悦びようと, 悪態を, 情夫でございます, 情熱に, 愛撫を, 態度が, 所と, 手から, 手もとからは, 手エや, 手前を, 手紙が, 手足を, 指の, 探つて, 探偵といふ, 教訓よりも, 敵を, 敵討に, 方い, 時より, 時代からの, 横顔を, 気に, 気には, 気の, 気分は, 気質は, 水晶の, 決心が, 洋服を, 浮名が, 温いお, 為とも, 為に, 煙と, 父御, 父親様が, 独り焦る, 現場不在証明は, 男妾に, 病気が, 病気で, 癇癪の, 癪は, 白い手, 監視の, 目から, 真似し, 眠って, 眼は, 秘密と, 積りで, 立場に, 競争者などという, 笑顔は, 籍を, 紹介で, 美しい目元, 美を, 耳へは, 肝癪玉, 胸の, 腮を, 腹にて, 膝から, 自ら進み出でた, 自分に, 苦脳を, 薔薇と, 行衛な捜しますだ, 親御には, 言いつけだったもの, 言づけ, 言ふ, 言草が, 言葉を, 計略の, 記念として, 詞に, 話で, 話ばかり, 談話を, 財布なんか, 貫禄を, 跡にての, 路用が, 身に, 身の上が, 身を, 身一つに, 輿入後奥台所の, 述懐を, 連れて, 間には, 霊が, 静かな, 静かに, 面白いこと, 頬は, 頭さへ, 顔見る, 風邪も, 髪飾りなども, 魂を, 魂胆とやら, 鼻が

▼ 奥様~ (470, 17.2%)

5 あなたの, 急に 4 それを, 何か, 私の 3 二度目の, 御病気, 旦那様と

2 [16件] いらっしゃいますか, お偉い, お美しい, どちらに, どんなお, ズッと, 先刻から, 大変お, 御器量, 未だ御, 歯医者さんへ, 独語の, 目を, 私が, 私に, 荷物の

1 [407件] あたしが, あちらの, あなたが, あなた自身では, あの米国, あの辺, あの通り親切, あらが, あるし, あんなに大事, あんまり愛嬌, いかにも大家, いきなり私, いとどこれ, いと沈みたる, いらっしゃりませんか, おいでかなぞと, おいででございません, おいでです, おたっしゃでいらっしゃるでしょう, おのずから浪子, おひる, およし, お丈夫, お亡くなり遊ばした, お出先, お可哀想, お姫様たちが, お客様と, お居, お強う, お忙しい中にも, お怪我, お持ち, お玄関, お若い, お言葉, お起き, お邸, お隣屋敷浮田中納言様の, お風呂, きっと御存知, きびしくおっしゃった, けちだ, こちらで, こちらに, この若党, こんなこと, こんなもの, ございません, ご不如意, ご立派, さぞかしびっくり, じれつたさ, すぐお, すこしうつ向き, すこし甘え, すっかりお, そう仰, その仏蘭西, その前, その当座, その思い, その歓楽, その祈, その鍵, その顔, それから文夫様, それは, それ以前の, それ継母いの, そんなこと, たいへんに, たしかに故人ペエテル様, たび, だまって, ちょうどお母さん, ちょうど私, とうとう御, どうお, どうしてあの, どうしてこんな, どうしても百歳, どうな, どうなさいました, どうなすった, どこに, どこへ, どっちを, なおおかあい, なおクレグレ, なかなか気象, なぞと, なにか草雙紙, なみなみ注いだ, なんといっ, はや絶躰絶命, ひとり敵討の, ひょんな事, ほんとうに, ほんとにお, まあ御, ますますやかまし, またいろいろ, またお笑い, また十二月二十七日, また奥様, また目, また頭, まだ何, まだ完全, まったくの, まるで私, まるで電気, みんなに, むろんといふ, もうお, もう亡くなっ, もう啜上げ, もう早く, もう涙ぐん, もう煩い, もったいないほど, やっぱり牢屋, よくお, よくおっしゃる, よくねむっ, よほどお, わたくしに, わたくしの, わたくしを, わたくし共を, アンモニアを, コンな, ジロリと, ソンナお話が, ソーセージに, ナカ, ニコ, バイオリンの, フンガイされまい, ヨアンネス様と, 一人で, 一体どこ, 一倍ました, 一円二十銭出し, 一切手を, 一寸会釈, 一度大, 一度此方, 丁寧に, 七つ違いの, 三十分ばかり, 上屋敷へ, 不思議さうに対手の, 不意を, 与一郎様と, 丑松の, 世にも珍, 世に嬉し, 両方の, 久しい以前, 乳房まで, 二人の, 二度も, 人魚が, 今が, 今までが, 今も, 今何うして, 今夜それを, 仰せられますと, 仲, 何かにつけ, 何と仰しやらう, 何と申, 何も, 何んで, 何処に, 何処へ, 何処も, 余り暑い, 余り私, 例の, 信心深く, 俯いて, 傍らの, 元々この, 先生を, 先程一寸, 八方塞唯じっと, 其のお前様, 其処へ, 円顔の, 冷静に, 別に深く, 前後し, 力なき, 勿論です, 口の, 口唇に, 口惜し紛れ, 只今手が, 可懐そう, 台所を, 啜り上げた, 嘆息した, 土産の, 外の, 大もて, 大層お, 大層継子, 大村の, 大洞, 奥様であん, 女中に, 好い顔, 始めさめざめ, 威張らせて, 婆あや夢かも, 婦人の, 学校の, 家の, 家出という, 家庭の, 家庭を, 家来とは, 寝間着じゃ, 小諸の, 小首を, 少許言, 屏風の, 左からも, 差込む, 平気で, 幸福でいらっしゃる, 広々と, 座を, 引取つて, 当夜の, 彦田博士の, 彼の, 従前の, 御不快, 御別宅, 御声, 御嬢様, 御存じが, 御存じの, 御寐, 御慣れなさらない, 御横, 御独, 御留守居, 御縁, 御苦労を, 御親類, 御重体, 御離縁, 御馳走を, 復た, 怖い, 思いくずおれて, 思いやりよく, 恋を, 恋女房だ, 恐がる, 想出した, 愛されて, 感心だ, 我を, 房枝さんの, 手文庫から, 手紙の, 手芸にも, 折敷いた, 救はれます, 敷居に, 文夫様と, 旅の, 旅先の, 日本一御, 日本趣味で, 日頃信仰する, 日髪日化粧で, 旦那様とは, 早口で, 明るいと, 昨夜の, 昨夜は, 昨宵, 暖い, 更にお, 最も深刻, 最後の, 月に, 朝に, 未だ若, 本当に偉い, 東京が, 松平和泉守さまから, 棄て鉢, 楊枝を, 次の, 歌が, 歎き疲れ, 正三, 死んじゃ, 残った花, 殿下の, 気を, 気分が, 気味が悪くって, 気疲れで, 永いご, 泣いて, 泣腫した, 淑やかに, 淡白な, 深い溜息, 深い訳, 源助を, 潔い, 炉辺の, 無いの, 照之助と, 熟, 片瀬の, 物を, 特にうちとけた, 玄関へ, 玉の, 珠数を, 生徒の, 用を, 用意し, 男に, 男を, 痛切に, 眉を, 真に真にお, 真白な, 真蒼, 短い一夜, 短冊を, 短気にも, 碁聖上人に, 私を, 私共の, 立派な, 笑いました, 簡単な, 結搆なお, 絶対に, 絶望を, 綺麗な, 総桐の, 考深い, 耳朶を, 聞いただけでも, 聴いて, 良人が, 色も, 花に, 花園を, 芳桂院様と, 苗軍の, 若い人達, 若しや, 若奥様, 茶呑茶椀を, 葱と, 蔵裏の, 虎の, 虫歯の, 血に, 表では, 表面では, 被居, 襦袢の, 言つて, 言葉を, 誰よりも, 貴族出の, 赤十字だの, 起直っ, 身震いなさり, 迚も, 通り路, 都育です, 里へ, 重なる不幸, 鉱泉宿に, 長火鉢に, 閤へ, 障子に, 離縁の, 青ざめたお, 頬に, 頭ごなしに, 顔を, 飛んで, 馴, 鶴の, 鶴江に, 黙って, 鼻の

▼ 奥様~ (357, 13.1%)

4 出て 3 おいでに, 御病気, 私の

2 [15件] いたわって, おっしゃった, お亡, お亡くなり, お呼びでございます, お帰り, お待ちかねでございます, それを, 入つて, 死んだと, 猿股を, 私に, 私を, 車を, 迎えに

1 [314件] あたしか, あって, あの巡礼, あの艶, あの部屋, あらわれた, ありました, ありますか, あるの, あれほどにも, あろうとは, あんたに, あんなに隠し, あんまり人気, いたわった, いちばんの, いらしった時, いらっしゃると, いるぞや, いるの, いわれましたからと, おありでございます, おありな, おあんなさる, おかくれ, おかわいそう, おだやかに, おっしゃいました, おっしゃいます, おっしゃったので, おっしゃって, おつ, おできに, おなくなり, おばけを, おひる, おまえの, およびでございます, おられまして, おります, おッ, お世話を, お亡くなり遊ばした, お倒れなさる, お出かけに, お出で遊ばしました, お出ましに, お制し, お召し, お呼びで, お在りなすつた, お塩梅, お子様方を, お居間, お帰宅, お引受け, お待ちかねです, お待ちに, お待ち兼で, お待ち兼でございます, お悪い, お悪く, お挨拶, お気の毒, お穿き, お聞きなすっ, お話ししましょう, お話しに, お貸し, お輿入れ, お通り, お逝, お逝去, お里が, からいソーセージ, きつと, こ, こうして御, この夥しい, この板, これからしっかりあそばさなく, ごらん遊ばしたら, ご用で, すぐにおいでくださいますようにとおっしゃいました, すっぽんは, そう云う, その山砦, その療治, その隣席, それと, そんなに思っ, そんな方, たしなめる, たみたい, ちっともお, ちょっと何, ついて, できたと, ですよ, でて, とても房枝さん, どうお, どうかお, どうぞお, どことなく萎れ, どんなにお, どんなにお待ち, どんなに待っ, どんなに待つ, どんな真似, なくって, なほの, なんだ, ふらふらと, ほとんどお, ほんとに晴々, ほんもの, またおっしゃった, またキリキリ, まだこの, みえました, もう一人, もてなすメロン, よく御, よろしくない, わざ, わざわざおいで, わたくし達を, クスクス笑いだした, サウぢや, ジッと, ジャムを, チブスで, ニヤリと, ヒョイと, ピアノが, ポリシネルを, ヴァイオリンを, 一寸お, 一寸直ぐ来, 一時お, 一番こわい, 万引を, 下女同様に, 不器量なら, 不行跡を, 両側から, 乳房を, 二人の, 二十五歳に, 二度目の, 二歳に, 五号室に, 亡くなった所, 亡くなつて, 亡くなられたの, 今どこに, 今日この, 今日は, 今日御, 仰せられました, 仰った, 仰って, 仰る, 何う, 何かおつ, 何かで, 何もかも, 何事ぞ, 余りお優しい, 例の, 健康そうな, 優しくお笑い, 優しく御, 入って, 出やはりまして, 出来たので, 初瀬の, 千草へ, 卒去に, 取次を, 可い, 台所で, 吉蔵を, 呼んで, 坊ちゃ, 坊ちゃんと, 声を, 外泊と, 夜も, 大変でございました, 大変でございます, 大変です, 大変な, 女賊, 妙に, 嫉妬しない, 子供の, 寝室へ, 小声で, 少しなんとかね, 少し加減, 居て, 巡礼を, 帯を, 当地に, 役に立ったって, 待って, 御一緒, 御存知ない, 御心配, 御気色, 御為, 御自身, 御覧に, 心を, 必ずわたし, 怒っても, 怒つちやつて, 悪いの, 憎らしいで, 懐古園の, 手で, 手伝って, 承知する, 捨てて, 教会へ, 断つて, 旅の, 旦那が, 早くお, 昔吉原の, 昨夜の, 本当に大変, 来よう, 来年の, 東京から, 東京にでも, 桃の, 梅子は, 此の間お, 死んじゃったん, 死んだて, 母の, 気を, 水の上を, 水を, 江戸に, 泣くので, 洗濯まで, 流産を, 流行衣装に, 涎れ, 清水の, 無礼だ, 熟と, 燈の, 片膝, 犬を, 玄関で, 玄関に, 産んだの, 用人神原伝右衛門の, 田舎から, 申されました, 癇癪を, 目くばせ, 目の, 着るよう, 矢代夫人と, 神経痛に, 立って, 立つて, 笑って, 第一等, 結って, 結婚あそばし, 総出で, 翳して, 背後から, 自分で, 自分の, 自動車へ, 色々と, 花やかな, 若様と, 若様を, 苦に, 見えて, 見えぬ, 見つかりそう, 言い付けて, 詰て, 説明し, 貴方の, 貴郎, 買って, 賃仕事を, 起きて, 這入って, 連添う殿方, 過分な, 遺産を, 邪魔に, 附添っ, 降り立った, 階下へ, 離縁され, 頭を, 頼んだ証拠これ, 風邪で, 馬鈴薯を, 魂の, 黒いお

▼ 奥様~ (231, 8.4%)

5 お目 4 して, なって 2 お眼, きこえてよ, 似て, 可愛がられたら好い, 違いない

1 [208件] あそばすお, あんたが, いいつけると, いきなりかじりつい, いって, いつか再び, うかがいました, おあげなさい, おきき, おききあそばせ, おさまつ, おっしゃらなかったでしょう, おっしゃるおつもり, おつきあい, おなりなすつ, おなりに, おなり遊ばした, おめにかかった時, おもらい, お世話に, お任せしよう, お会いしました, お会い出来, お別れ, お取次, お土産, お夕飯, お嬢様, お悪く, お成りなされた, お手紙, お擬し, お目にかかった者, お目にかかって, お目にかかり私, お知らせしよう, お話し, お話し申上げた, お読, お貸し, お道理, お金が, お預け申した, お願いし, お願いしまし, お願いを, お願い申し, かうと, こうと, この質問, こわい顔, こんなこと, ござります, さ, さういふて, させて, してからが, しても, せっかくいただいた, そう申し上げ, そっとお話, そのお話, それみた, たのんで, たんとお礼, たアん, ちょいと, つけて, つれられて, とつて, どこ一つ姫君は, なすったよう, なったという, なったり, ならうが, なりあがって, なりたいという, なりたい人, なりたかったの, なりゃア仕事, なるワ, なる資格, なれつて, なれないの, なれると, ほめそやされたには, まかせて, まんいち危難, むりにあげてその, よくお話, よく知り, ピアノを, 一寸電話口までと, 一寸電話口迄と, 一度お目にかかれ, 不行跡が, 云いつけられたお, 亡くなられて, 仕えること, 付いて, 代って, 伺いたいこと, 伺って, 似たらば, 何か, 児種が, 再婚し, 別れてから, 劣らぬ生活, 勧めました, 勧めましたの, 可愛い可愛いと, 叱られます, 叱られますから, 呉, 在所が, 変って, 変な, 多分に, 大怪我, 始終御, 子爵夫人としての, 安眠が, 小言を, 属根惚れ, 左様言つて, 引きとられるまで, 引き取られて, 役え, 御合せ, 御執心, 御恩, 御本望, 御睨まれ申す, 御誓ひな, 御迷惑おかけ, 御酒一つ上げ, 御面会, 急に, 恐る恐る目通り, 意見し, 感付かれたら, 憎悪が, 或る, 手拭地を, 手紙を, 打開け, 拝借した, 持って, 挨拶し, 捧げさせて, 方様大学入門の, 是非お, 未練が, 楯つい, 殺されるの, 済まぬ様, 無理に, 申しあげて, 申し上げて, 申し上げても, 申し上げます, 申し訳ありません, 申上げます, 申上げる, 申訳が, 申訳なかった, 白地単, 相談いたしました, 知らせないよう, 知れちゃったじゃ, 確かに, 礼状を, 神を, 納まろうと, 結びつけて, 聞いて, 能くお話し, 苦労を, 見えた, 見せ度, 見たて, 見つかって, 見つかっても, 見られるの, 言ったら笑って, 言はせる, 訴えに, 話しかけたり, 話したいい, 読んで, 講演を, 貰ったとか, 買って, 貸しなさったの, 蹴られたまま, 通じないよう, 逢いたさ, 釘を, 附いて, 限って, 電話かかっ, 電話だす, 面会し, 面会せぬ, 頂いて, 頼んで, 髪を

▼ 奥様~ (137, 5.0%)

2 あんなにおっしゃっ, お志保, お時, お若く, そう云っ, それを, 御存

1 [123件] あきれた, あるいは名前, いらっしゃいました, いろいろと, おっしゃる, おなくなりなすった, およろこび, お人, お出かけなさいました, お呼び下さいまし, お変りが, お嬢様も, お嬢様を, お子様も, お宅, お家の, お腹立の, お遣ひあそばす, お醒め, がっかりし, きっとうち, この上, これまでは, ご立派, ご聡明, さる学校, しばしばうなづきた, しめたもの, せつかくの, そうでした, だんな様も, つづいて, とっくにお気づき, ほつと, ほんとによい, また先生, また曰くつき, みて, もう大丈夫, もともとまんざらで, やうやく釣り込まれた, やっとお, やはりお, よく次, りっぱな, ハッて, 一生日蔭の, 不思議顔に, 乾いた咽喉, 云うて, 交った調和, 人に, 今では, 今まで, 他の, 仰りやして, 何か, 先生と共に, 共鳴した, 千草も, 可愛らしい役者, 嘸ぞ, 坊様も, 変つた, 変りました, 夜は, 大きな声, 大そう, 大層お, 大層な, 大層物の, 奥様だ, 女中さんも, 好い方, 娘の, 子がか, 子は, 寝衣, 幾人か, 張込ん, 御承知, 御機嫌お, 心ゆるした, 思い沈んで, 恰も懐し, 悪夢を, 情けぶかい, 情け深い, 我を, 打解けて, 拒むこと, 日曜を, 早速御, 明日来る, 来て, 東京といふ, 歌を, 歯医者も, 死んだらしいわ, 涙が, 涙を, 珍しいほど, 私が, 私の, 私も, 立派な, 笑へば, 細君も, 紳士も, 繰返し読んで, 考えて, 聞きゐたま, 至極ご, 若様がたも, 萎れて, 親切な, 起きて, 邦男に, 順で, 顔を, 驚いて, 黙って, 黙りっきり

▼ 奥様~ (131, 4.8%)

5 御一緒 4 一緒に 3 安斉先生が 2 おきくさ, お噂, お話し, ご一緒, 坊ちゃんと, 御結婚

1 [107件] あととりの, あなたの, いっても, いつた風, いはせ着物, いはれ, いへど, おのろけ, おんなじ心持, お内談, お別れ, お吉, お姫様が, お嬢様と, お嬢様は, お子さんを, お客様の, お志保, お話を, お逢いし, ここに, この女子衆, である, どういうご, なったが, なって, むかひあったま, わたくしの, わたくし共の, キクさんが, モトム君の, 三に, 三人で, 三人でのみに, 並んで, 並んでね, 事情が, 二人で, 二声三声じ, 云えば, 云ったっても, 云ったな, 云つて下す, 云つて居る, 云へば, 云われても, 今度この, 令嬢だけに, 令嬢へ, 令嬢同伴で, 令息達に, 会うて, 健かにて, 光子との, 出来たの, 同じよう, 同年と, 向うで, 呼ばれずとも, 呼ばれたる四十許, 呼ばれて, 呼ばれるたび, 呼ばれる商務大臣, 呼びかけられて, 呼びかけられること, 呼んだが, 呼んだの, 呼んで, 喧嘩なすった, 坊ちゃ, 奥様の, 女中さんが, 女中の, 娘の, 子供さんを, 家の, 御同道, 御対座, 思ひお, 撰ぶところ, 文次郎の, 根っから始末屋, 殿様とは, 殿様の, 決めました, 甥御, 申すが, 申すに, 申すには, 男の, 目を, 直談判を, 矢代夫人は, 立てられたって, 老女の, 見えましたろう, 見比べて, 見誤らるるお, 覚しきが, 言って, 話しながら, 踊るわ, 身顫ひする, 違いま, 長屋の, 長話を, 顔見合はせ

▼ 奥様~ (131, 4.8%)

3 お持ち, 殺して 2 お亡, 幸福な, 御離縁, 愛して, 櫓に, 知って

1 [113件] いとしがる, いろいろと, うまく煽動, おもち, お亡くししました, お召し遊ばされ, お呼びし, お呼びなされましょう, お呼立て, お国許, お大事, お守り申し, お招び出し, お持ちあそばす, お持ちなさるまい, お捨てあそばす, お探し, お気の毒, お相手, お置き, お脅かし, お苦しめしました, お見かけいたしました, お貰, お貰いなさいません, お貰い遊ばす, お迎えなさった, お迎えに, お迎え申す, お返しなさいます, けがしそして, ご存じで, して, それからあのお, どうかし, はじめ白い, ひきとりに, ほめるや, サ, 住まわせて, 何人も, 信頼し, 偽ること, 償ふための, 入れて, 利用した, 助けると, 助け出しこ, 古物扱いに, 呼捨にも, 大変に, 始めお, 引きずり降し散々, 強姦し, 強迫に, 御大切, 忌嫌っ, 忘れられなく思召, 思ひ出しますよ, 思わせるよう, 思切り世を, 怨むの, 恙なう, 恵ませ給, 愛するから, 慰められやう, 抱きかかえたり, 抱くよう, 拝みました, 持てあましてらしたん, 捉まえ, 捜して, 捨てたとか, 探して, 揉む位, 救うこと, 散々苦しめ, 早くお, 望んで, 東海道筋の, 殺そうと, 深くお, 深く恨ん, 潰しもの, 甘言で, 知らないという, 知りたいと, 笑いましたけれど, 籠の, 置きそうして, 脅かし殆, 蔑に, 虐待される, 見て, 見傚, 見染めて, 見習うよう, 訪ねたけれど, 訪問し, 認めて, 貰うこと, 迎えること, 迎びなさる, 返さねえもん, 追い込んだと, 追ひ掛け, 追廻したという, 金造の, 離縁あそばしませ, 離縁しちまう, 非道な, 頼んだぞ, 鮫洲の

▼ 奥様から~ (34, 1.2%)

1 [34件] お父様お母様, くだされたもの, これを, たのまれて, でございます, よこされたの, よろしく言っ, 今朝お迎えが, 仰って, 入用として, 出たらしいの, 励まされ励まされして, 双生児の, 国歌を, 坊やの, 妹が, 御紹介, 御覧に, 御調べ, 慰めて, 手芸を, 拝領の, 満更知らん, 燐寸を, 生まれたお子さん, 私が, 秘密を, 聞きましたお話, 起ったの, 進ぜら, 離れること, 頂いた華美, 頂いて, 頂くいろいろ

▼ 奥様~ (32, 1.2%)

3 お子様の 2 お嬢様への, お志保, 用人も

1 [23件] おきくさん, お女中方, お嬢さんが, お嬢さん達の, お嬢様たちで, お嬢様たちは, お嬢様御, お子さんが, お子供様, お子様が, そのほか, また弟, わたくしの, 世に成上りもの, 二条院の, 坊ちゃんは, 大勢の, 女中さんの, 宿無し児や, 御主人, 御嬢様方, 洋吉様と, 若様にも

▼ 奥様~ (29, 1.1%)

2 いらつし, ござりまする

1 [25件] あつた, あなた御, おあり, おありなされた, お嬢様が, お金が, さへ, その馬丁, なに一つ碌な, カロリイネ様だ, マダム・ペトロスカという, 世界一幸せな, 何不自由なく, 候の, 大阪新聞の, 年齢も, 当方は, 彼様いふ, 悪かったら, 旦那様より, 此方は, 武家の, 私に, 素敵な, 頭の

▼ 奥様~ (26, 1.0%)

2 見えに, 開けに

1 [22件] ありに, ありにな, からかいなすっ, ひなれや, 二人の, 人が, 出向いで, 声が, 夕飯の, 奥へ, 嬢さま, 嬢さまは, 急ぎでなく, 手紙でございます, 手紙を, 暑いです, 気の毒です, 老人は, 辛うございます, 通りください, 隣りが, 馬車が

▼ 奥様にも~ (21, 0.8%)

2 御生害

1 [19件] いいたい言葉, おわかり, お扶持, お目にかかって, お目にかかりました, ずいぶんながく, そう仰っしゃ, そう言っ, 何か, 内緒に, 定而御安祥, 宜しく申, 御心配, 旦那様にも, 申しわけが, 申し上げませぬ, 申上げまする, 立会って, 輝く涙

▼ 奥様には~ (20, 0.7%)

1 [20件] お気に入りの, お目, こうしたこと, これまで, わたしまだ, 不図, 何事も, 内証だ, 内証で, 去られるし, 子供さんが, 御内分, 悪いと, 悪気は, 手も, 日本館の, 絶対に, 継なる, 金之介様といふ, 随分酷い

▼ 奥様~ (18, 0.7%)

2 御申, 火鉢投じ

1 [14件] お取り次ぎ, お合わせ申す, お目, こうこうでございます, へへへへ, ツケツケと, 一礼の, 宛てたもの, 宜敷, 差し上げたので, 御わたし申候, 持って, 申しあげますよ, 申し上げましたらあなた

▼ 奥様~ (18, 0.7%)

1 [18件] が御, で随分, というもの, と平和, なぞになる, にも気, のお, のどっち, のなさる, の御, の気高い, の顔, はどう, は之, は僕, や御新造さん方, や老嬢達, を

▼ 奥様でも~ (14, 0.5%)

1 [14件] いつの間にか一件, お持ちなさろう, お貰いなんす, これに, ふだんから, まさか十月, 二つ返事で, 夢にも, 御当人, 御貰, 御貰い, 私たちでも, 裸に, 随分西洋風

▼ 奥様という~ (11, 0.4%)

2 のは 1 のが, 人は, 人を, 人質が, 他所者が, 名前を, 品格を, 待遇は, 詞が

▼ 奥様とは~ (10, 0.4%)

1 いうけれども, くらべもの, とても調和, どこか, まるで人, 互ひ, 取替へぬ, 口も, 宮子の, 無言の

▼ 奥様これ~ (9, 0.3%)

1 でお, はその, はどちら, は何, は市ノ瀬, は御, は術, へお, をお

▼ 奥様~ (9, 0.3%)

1 一人が, 両親に, 令嬢, 加減ようなりや, 同伴の, 大切に, 足でも, 都合が, 隠居様

▼ 奥様~ (9, 0.3%)

2 は獣 1 なんかの手並, の光り, はこれ, はレッキ, は今, は何, は申します

▼ 奥様からの~ (8, 0.3%)

1 おこと, お伝言, ご依頼, 使と, 拝領品が, 目くばせ, 預かり物, 餞別で

▼ 奥様~ (8, 0.3%)

4 んでしょう 1 のか, のだろう, のでした, のよ

▼ 奥様~ (8, 0.3%)

1 で椅子, になっ, に結わせ, の二十四五, の女, の美人, や町娘, を好ん

▼ 奥様がた~ (7, 0.3%)

1 が御, との御, と一つ蚊帳, の様, はおいで, は幾ら, をあの

▼ 奥様~ (7, 0.3%)

1 がこれ, が殿様, したんかいな, とお, と誉めた, ね, のいう

▼ 奥様らしく~ (7, 0.3%)

1 は扱っ, もなし, 二条の, 大柄の, 皆が, 聞へ, 静かに

▼ 奥様との~ (6, 0.2%)

1 仲は, 同居心苦しけれ, 御交渉, 愛の, 睦まじげ, 間に

▼ 奥様らしい~ (6, 0.2%)

1 と云おう, よそおいの, 三十女などの, 人の, 人も, 品の

▼ 奥様お嬢様~ (5, 0.2%)

1 が万引, だけで食事, などである, にはまだ, の万引

▼ 奥様です~ (5, 0.2%)

21 からね, が府君, もの悪く

▼ 奥様といふ~ (5, 0.2%)

2 人は 1 のが, ものも, 人達の

▼ 奥様~ (5, 0.2%)

1 とした, として居る, とのさばっ, とをさ, と済し

▼ 奥様あなた~ (4, 0.1%)

1 と私, はご, は無論, をよっぽど

▼ 奥様この~ (4, 0.1%)

1 お女中さん, 一冊を, 布で, 松茸が

▼ 奥様では~ (4, 0.1%)

1 ございませんか, ないかと, ない愛人, なく円タク

▼ 奥様とも~ (4, 0.1%)

1 よく打合せ, 相談され, 見えれば, 言えないしね

▼ 奥様に対して~ (4, 0.1%)

1 なんとも申訳, 守って, 忠義を, 背信だ

▼ 奥様への~ (4, 0.1%)

1 お思いやり, やるかた, 何よりの, 置土産は

▼ 奥様いう~ (3, 0.1%)

1 人が, 人は, 方は

▼ 奥様からも~ (3, 0.1%)

1 それは, よくお話, 承りました

▼ 奥様ぐらし~ (3, 0.1%)

2 が板 1 をこそし

▼ 奥様~ (3, 0.1%)

1 同伴で, 安心なさいまし, 寮人さまで

▼ 奥様たち~ (3, 0.1%)

1 のブルマス, は頂戴, を奇襲

▼ 奥様だった~ (3, 0.1%)

1 っけ奥様, 事は, 香いが

▼ 奥様だって~ (3, 0.1%)

1 どんなに評判, 仏様だって, 敵の

▼ 奥様ちょっと~ (3, 0.1%)

1 も気イおつき, 御免遊ばし, 起き上って

▼ 奥様といった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 位の

▼ 奥様として~ (3, 0.1%)

2 申し分の 1 申し分ない

▼ 奥様とでも~ (3, 0.1%)

1 いふので, おかしいと, 言われそう

▼ 奥様どう~ (3, 0.1%)

1 いたしましょうこの, いたしませうこの, なさいました

▼ 奥様なら~ (3, 0.1%)

1 ばよい, 大丈夫かも, 奥様で

▼ 奥様にと~ (3, 0.1%)

1 云つて寿司の, 差出す郵書, 言ふて下されたら

▼ 奥様にとっては~ (3, 0.1%)

1 むろん夫, 一大事な, 秘密な

▼ 奥様へは~ (3, 0.1%)

1 お化粧, わしから, 吾妻コート奥様からは

▼ 奥様へも~ (3, 0.1%)

1 お小言, 山々よろしく, 悪い夢

▼ 奥様もう~ (3, 0.1%)

1 わたくし奥様の, 安心だっせ, 駄目でございます

▼ 奥様より~ (3, 0.1%)

1 世間並の, 出でては, 馬小屋へ

▼ 奥様よりも~ (3, 0.1%)

1 よっぽど何, 実はあなた, 私の

▼ 奥様~ (3, 0.1%)

1 うぞ, ておっしゃる, にいたしましょう

▼ 奥様奥様~ (3, 0.1%)

1 おひな, した妻女, と呼ばれる

▼ 奥様旦那様~ (3, 0.1%)

1 は来月中, より仰せ渡し, 決してお

▼ 奥様~ (3, 0.1%)

1 で来た, で牛込, で行った

▼ 奥様あの~ (2, 0.1%)

1 唯今の, 桜井さんは

▼ 奥様いや~ (2, 0.1%)

1 はりますか, 鈴子さんそれは

▼ 奥様~ (2, 0.1%)

1 お嬢様か, 或いはお

▼ 奥様じゃ~ (2, 0.1%)

1 ねえか, わいの

▼ 奥様そんな~ (2, 0.1%)

1 事を, 様子で

▼ 奥様ただいま~ (2, 0.1%)

1 帰りまして, 築地の

▼ 奥様だけが~ (2, 0.1%)

1 命を, 重傷を

▼ 奥様ちょい~ (2, 0.1%)

1 とお, とおい

▼ 奥様って~ (2, 0.1%)

1 とてもかわいい, 女学校の

▼ 奥様でございます~ (2, 0.1%)

1 から厳格, よ

▼ 奥様としての~ (2, 0.1%)

2 私だけが

▼ 奥様などと~ (2, 0.1%)

1 呼ぶには, 飛んでも

▼ 奥様なりに~ (2, 0.1%)

2 お眼

▼ 奥様にしか~ (2, 0.1%)

2 見えて

▼ 奥様にだけは~ (2, 0.1%)

1 申上げ, 私の

▼ 奥様に対する~ (2, 0.1%)

2 気持いうたら

▼ 奥様はと~ (2, 0.1%)

1 うつか, 云うと

▼ 奥様ぶり~ (2, 0.1%)

1 になった, よ

▼ 奥様まで~ (2, 0.1%)

1 あんな許, コボし

▼ 奥様みたい~ (2, 0.1%)

1 なの, な方

▼ 奥様一寸~ (2, 0.1%)

1 御覧なさい, 起き上って

▼ 奥様今度~ (2, 0.1%)

1 の穴掘り, はシッカリ

▼ 奥様今日~ (2, 0.1%)

1 は日曜, までに頸飾り

▼ 奥様今朝~ (2, 0.1%)

2 は面白う

▼ 奥様付き~ (2, 0.1%)

1 が一人, はお

▼ 奥様其様~ (2, 0.1%)

2 に御

▼ 奥様同士~ (2, 0.1%)

1 が子供, どない

▼ 奥様同様~ (2, 0.1%)

1 だわね, のお

▼ 奥様大変~ (2, 0.1%)

1 ですよう, なこと

▼ 奥様姿~ (2, 0.1%)

1 になった, のマネキン

▼ 奥様持っ~ (2, 0.1%)

1 て世間, て暮らし

▼ 奥様昨日~ (2, 0.1%)

2 御厄介

▼ 奥様貴女~ (2, 0.1%)

1 だつたら何, は夜

▼ 奥様~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼1* [253件]

奥様ああして, 奥様あつかひ虫が, 奥様あはれな片, 奥様ありがたいことで, 奥様ありがとう存じます, 奥様あれ持って, 奥様あんたのところ, 奥様あんな書生さんを, 奥様いとしといふ素, 奥様いらっしゃいますか, 奥様うどんですよ, 奥様うむといはた, 奥様ええお控え下さいまし手前, 奥様えと小暗き方, 奥様お前様は女の子, 奥様お姫様がどちら, 奥様お家にとりまして厭, 奥様お気に入りの女中頭, 奥様お礼を申し上げます, 奥様かうして直, 奥様かって光子さんの, 奥様かと思いました, 奥様かという風を, 奥様からは旦那様へ, 奥様がどどうした, 奥様がね瑞巌寺の, 奥様がよつくねむられるやう, 奥様こちらの御, 奥様こりゃいけねえぞ, 奥様こりやいけねえぞ, 奥様こんな闇夜に, 奥様っして, 奥様さえ死ねば, 奥様さようでございますとも, 奥様した妻女お, 奥様しっかりなすって, 奥様しばらくここに, 奥様やあ盗人, 奥様じみている, 奥様じゃあないか, 奥様そうでしょう, 奥様そこに立つ, 奥様そっくりの御, 奥様それでは私も, 奥様だけだったじゃ, 奥様だけじゃなくついで, 奥様だけでも是非おいで下さいます, 奥様だけの御記憶, 奥様だけは擦り傷を, 奥様だらうな, 奥様つまらない事を, 奥様てえなそれ三年前堤方村, 奥様であっただけあちら, 奥様であることを, 奥様であんなにも, 奥様でいらっしゃるのだ, 奥様でこでこ丸髷を, 奥様でございまして夫, 奥様でございましたか, 奥様でしかなかつた, 奥様でしたがふとした, 奥様でしょうと云った, 奥様でなければこの, 奥様といふもお扶持付き, 奥様ときょうだいになりたいいうのん僕には分れへん, 奥様としては全く不自由, 奥様としても申し分ない, 奥様とぞ囃し立てら, 奥様とてもこの節, 奥様とてもさうさう, 奥様とを逢わせようと, 奥様どういうご用件, 奥様どうしというもの, 奥様どうぞお持ち帰り, 奥様どこへござらっし, 奥様どなたにでも記憶違い, 奥様なき家ほど, 奥様なぞが橋本さんは, 奥様なぞにお見せし, 奥様などのたびたびおいで, 奥様なども寝んで, 奥様なほの事, 奥様ならたとへ華族, 奥様なりやこそ沈黙つて, 奥様なんかどうでも, 奥様なんてかこつけたのよ, 奥様にだってたびたび云われる, 奥様について学ばねば, 奥様にでもお代を, 奥様にとも言えませんから, 奥様になどとは想像も, 奥様にばかり御目, 奥様ねえ彼れ, 奥様のやお子様の, 奥様はじめ宇津木様矢代様の奥様, 奥様ばあやが言, 奥様ばかりが悪うは, 奥様ばかりを蝶花の, 奥様ふんどいつ, 奥様ふうなの, 奥様ほど邪魔な, 奥様まあおめでたう御座います, 奥様まかせに可, 奥様まことに恐れ入りますけど, 奥様またも快く, 奥様までが手伝って, 奥様めいた容子を, 奥様もしやお砂糖, 奥様よくお話し下さいました, 奥様よっぽど怒ってたはず, 奥様らしくないお方だ, 奥様らしくなり俄に, 奥様らしくみせようとした, 奥様らしく気取って挨拶, 奥様りっぱなお, 奥様わたくし確かに殿下, 奥様わたくし責任を持ちまし, 奥様をすら眼中に, 奥様をも和子をも, 奥様すみませんです, 奥様ア私ほんとにつらい, 奥様エどこにおい, 奥様セエラ様はお, 奥様て謂われる, 奥様ッ旦那様がタ, 奥様ツボ平さん御夫婦, 奥様トシテノ事務モ相当忙シイ筈デアルガ, 奥様ノコトヲ骨ヲ折ッタガ, 奥様ハソンナノヲ見ニイラッシャルンデスカ, 奥様ハ先程オ一人デ伊丹ヘオ立チニナリマシタ, 奥様ハ経助坊チャンヨリクーパーノ方, 奥様プスッと, 奥様プーリはほんとう, 奥様マコトニ恐レ, 奥様モ夢中デ云ッタヨウデハアリマセンデシタ, 奥様モ目ヲアイテ私, 奥様一人では, 奥様一時間ぐらいよろしい, 奥様一時間ぐらゐよろしいで, 奥様一服頂戴して, 奥様一流の針, 奥様一生の御, 奥様一緒に連れ, 奥様丹後様神山様の奥様, 奥様の先, 奥様今夜のこと, 奥様今夜なんざとても目が合いません, 奥様今晩は私, 奥様今朝電話いたしました銀座, 奥様になっ, 奥様以上に詳しい, 奥様以外の女性, 奥様仮にあなたが, 奥様仲人を勤めさせ, 奥様何卒まあ一日も, 奥様何時です, 奥様余り不景気な, 奥様余りにあからさまな, 奥様作衛じいさんが来た, 奥様先生が応接室, 奥様先程も一人, 奥様アメリカの, 奥様六ちゃんの思い, 奥様やはりましてえらい, 奥様加藤様のお嬢様, 奥様たして, 奥様勿体ないこと奥様の, 奥様即ちこの隠居, 奥様又蔵が背負います, 奥様口ぐせの念仏, 奥様同様百姓家には不釣合, 奥様吾家の御, 奥様四五人づれで喋っ, 奥様堂々たる男子が, 奥様にも知り, 奥様もてだ, 奥様大きいお嬢様の, 奥様失礼いたします, 奥様奉公人といえ, 奥様奥様大変ですよう, 奥様好きですもの, 奥様姫様となる, 奥様姫様方大勢お弟子, 奥様子供すでに一家, 奥様実物の頸飾り, 奥様一層化け, 奥様居ましてやがて, 奥様巴里ですよ, 奥様帰らせたまへ, 奥様幸せな方, 奥様もかた, 奥様役者ほどみじめ, 奥様のもの, 奥様御蔭様で助かります, 奥様御覧下さい, 奥様恐れ入りますがハンブルグ, 奥様愛するように, 奥様房枝は大好き, 奥様扱いして, 奥様押出しはよし, 奥様持ちて送り出たま, 奥様振りが頗る, 奥様でそれから, 奥様昨夜は御, 奥様時分に生れ, 奥様長く万引, 奥様本当にあなたは, 奥様桜井さんがいらっしゃいました, 奥様次第でどう, 奥様れでや, 奥様此処までと声, 奥様殊勝と見遣りた, 奥様を取すて, 奥様気どりでいた, 奥様気イついてや, 奥様気質とはちがった, 奥様気質也虎の巻の一節也, 奥様浮気なんかなさらない, 奥様深切なお, 奥様済みませんと, 奥様湯たんぽを御, 奥様無茶というもの, 奥様物慣ない僕たち, 奥様申し兼ねますがお前さま, 奥様番町のお, 奥様目顔で制し, 奥様知りゃはれしまへんのんか奥様と, 奥様禁制品じゃありません, 奥様私変な心持, 奥様美人鷹匠がお詫び, 奥様自身はまこと, 奥様色々お見え, 奥様で覚束, 奥様をあけます, 奥様薄井の嬢様, 奥様行って参ります, 奥様見たいなあ, 奥様誠に御気の毒, 奥様ぞと声, 奥様貴方も桜井さん贔負, 奥様軽い脳貧血でも, 奥様迎いに行ったげへん, 奥様は千鳥座, 奥様遂には私, 奥様の悪い, 奥様酔わねえ時は, 奥様非常にお, 奥様が大, 奥様風これをば結び髪, 奥様風髪は月六才, 奥様騒がなくつても, 奥様驚きますではござりませぬ, 奥様魚屋が参りました