青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奥さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥 奥~ ~奥さん
奥さん~
~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子 女の子~ ~女中

「奥さん~」 4436, 48ppm, 2434位

▼ 奥さん~ (833, 18.8%)

13 私の 5 急に 4 何も, 私に, 私を

3 [13件] うなずいた, お留守, どこに, わたしが, 今でも, 何うし, 僕の, 大変お, 奥さんで, 自分の, 言った, 驚いて, 黙って

2 [45件] あまり都合, いつた, おいでです, お一人, お気の毒, こんなこと, さぞお, そう言っ, その晩, それで, それより, とても美人, とにかくお嬢さん, どうした, どうする, どうなすった, どこが, みんなダメ, もうお, もう三人, 今どこに, 今日は, 今旦那さまと, 僕に, 先生が, 先生と, 再び米屋, 夫に, 家に, 小声で, 帰って, 幾つぐらい, 御美人, 心配そうに, 次の, 火鉢の, 眉を, 私が, 笑いながら, 美人だ, 誘惑された, 長火鉢の, 離縁にも, 顔を, 顔色を

1 [674件 抜粋] あたしぢや, あっちに, あなたの, あの杉本さん, あの男, あまり人に, あまり肯定的, ありましょうね, あんな正直, あんな気強, いいえと, いか, いくつだ, いつその, いつのまにかし, いつの間にか後, いつもより, いつも小さい, いつも控, いつ汲取り, いつ私の, いよいよたじ, いらっしゃいます, うしろから, うちは, おありな, おいでかね, おいでに, おやおや, およろこびである, おられますか, お嬢さんと, お嬢さんを, お客さんと, お幾つ, お店, お春さん, お母さんと, お絹さん, お話合い, お読み, お金を, かういふ, かうなるまでにも, かう鏡, かえって来た, きっとあの, きっと癒, きょうで, こういう前置き, こう云う, ことさらに, このごろ何も, このロスアンゼルス, この子, この寒い, この間から, この頃お出で, こりゃまれ, ごく内気, ご在宅, ご自分, さすがうめえ, さつきから, すぐどこ, すぐドア, すべれるの, すらりと, ずいぶんお, ずいぶんくすぐった, ずいぶん意地, そういう世話, そういう旨い, そうした手続, そう寝そべり, そう言う, そこで, そない, その亭主, その時, その茶の間, その間始終, その黒い, それじゃ, それだけ言う, それに, それには, それは, そんなにお, そんな小さい, そんな時, たしかじゃ, たしかに文学的, たしか共同学園, ただ僕, ちやほやされ, ちょいと, ちょっと内山さん, ちょっと泥, ちよいちよい少年の, つい先日, つづける, とうとうマムシ, ともあれ伊佐子さん, どうおもいます, どうかなすっ, どうしたでしょう, どうしていらつ, どうして遅く, どうするだろう, どうです, どうなす, どうなすっ, どうも秀麿, どこかへ, どこだい, どこだろう, どちらに, どっちも, どの人な, なかなか空惚ける, なぜ一人, なぜ子供, なにも, なんでも, なんにも言, にっこりし, にっこり笑っ, はたして留守, はたして自分, ひそかに, ひと月ほど, ひまどころで, びっくりし, へんだ, ほら前, まじめに, まず第, またその, またアメリカ, また囁く, また女, また理屈, また自分, まだお, まだそんな, まだ二十五六, まだ病後, まだ鶴原家, みえて, みかけに, もうすつかり正気, もうでかけないの, もう一人, もう息, もう行, もとから, もとより温良, もとより閑人, もと藩の, やがて一揖, やっと大, やっと臆病げ, やつぱりここんところ, やつぱりどこを, やはり起き上り, ようく, よく私, よその, わがま, わざと御, わしの, わたしに, わたしを, オツネを, ギスバタし, サモ満足そうに, チラリと, テラスから, トテモ上品で, ネマキの, ネルで, フラッシュを, ヤケを, ユックリ朝顔を, ランプの, 一人で, 一息ついた, 一瞬間ためらつた, 一見し, 丁度体が, 丁度女中たち, 三年の, 上海に, 下部屋, 不快そうな, 不思議な, 中, 予期の, 事実の, 二人の, 二人を, 云われたん, 人口問題について, 人形同様で, 今度こそ, 仕合せや, 他処, 以前大原さんの, 以前洋行された, 仮想の, 低くとがめる, 体全体で, 何うなさいました, 何か, 何し, 何だ, 何です, 何という, 何とも答えなかった, 何の, 何故だ, 何時貰う, 使いにくい, 依怙贔屓を, 信念を, 偉いな, 傍に, 働く方, 僕を, 優しい女, 先刻から, 先生を, 入江元彦の, 全くなんにも御存じ, 内職の, 内証で, 再び笑い, 冗談半分そういった, 凹まなかった, 初めて少年, 初手から, 別に面倒くさい, 利口ばかという, 前の, 割合普通, 勿論亜米利加人, 医者が, 医者よび, 十時頃蕎麦湯を, 千枝ちやんを, 午の, 去年の, 又心配, 又話し出した, 口へは, 口許に, 只今御, 吃驚した, 名前を, 吐き出すよう, 喜んで, 嘘でも, 困つたやう, 固より, 地味な, 多くなった, 多代子に, 多代子を, 大, 大儀そうな, 大変感動したらしい, 大抵一人から, 大方極り, 大方用事, 失礼だ, 奥さんらしい, 女丈夫である, 女社長だ, 好い方, 始め私の, 娘たちに, 子供の, 子供衆の, 官吏あるいは, 実に几帳面, 家内の, 寂しくほほえんだ, 寒までは, 寝そべって, 寝られないと, 寝巻の, 小さい声, 小さくて, 小田原の, 小走りに, 少しはずんだ, 少し今夜, 少年の, 屋根に, 岡本さん見たい, 帰つて仕舞つたのか, 平気を, 平然とどこ, 平田に, 年よりは, 年を, 年長の, 幸せだ, 幸坊幸坊と, 幾時間でも, 庭づたいに隣の, 彼に, 彼を, 彼ア云ふ, 後日に, 御姙娠, 御存じない, 御自分, 御遠慮なく, 微笑し, 心得の, 心配した, 必要な, 思いきり地味, 思いも, 思う壷どおりや, 性急な, 恐る恐る食器, 恰も彼, 悲しさうに笑つて, 意味の, 感じない, 慎みの, 懇意に, 或女学校, 戸じ, 手に, 手巾を, 手水に, 手製らしい, 拳固を, 持って, 掏摸と, 教養の, 日の, 日向さんの, 日本語が, 日本風の, 旦那さんと, 昔あった, 昔から, 昔同じ, 普通の, 暫く私, 最初から, 最初世の中を, 最近に, 朝おきる, 朝倉先生に, 朝倉先生の, 本当に静か, 本気の, 本能的に, 来ない, 来られて, 来る人, 東京へ, 枕元で, 枕元に, 株に, 株を, 根気好く, 桑摘みに, 梨を, 次の間へ, 歌いかわして, 歌妓だ, 止せと, 正気に, 死んじゃって, 毎日何を, 気が, 気の毒そうな, 気味を, 気性の, 気持を, 決してそうじゃ, 決して君, 泣いて, 浩子さんと, 浮気から, 浮気心を, 涼しい顔, 清潔の, 湯上りの, 滅多に, 滑稽に, 潔白です, 無事に, 無口な, 焼けて, 牧野さんに, 特殊の, 独り土佐へか, 狭い町中, 猛烈なる, 猶更, 玄関まで, 現代的でなかった, 町の, 畑を, 病気が, 白い半紙, 白い顔, 白粉を, 目も, 目を, 相変らず, 真一さんの, 眼の, 確か二十七だろう, 私たちには, 私にも, 私より, 種崎先生は, 種畜場に, 立候補反対です, 立派な, 竹さんには, 笑い出し, 笑い出した, 答えた, 素敵な, 素直に, 結婚前の, 綺麗な, 緑平老の, 縁側に, 縞お召の, 考えて, 聖ヨハネの, 聞き耳を, 肩を, 能も, 腑に, 腕に, 自分さえ, 自分は, 自分も, 自分一人で, 自動車の, 良人が, 芸術家でいらっしゃる, 若い奥さん, 若大将, 苦労あり, 菓子の, 菓子を, 葱一本ぐらいの, 蒼い顔, 薄化粧の, 蛇飯を, 行方しれず, 袖の, 見返った, 言う, 記代子さんの, 誰かに, 誰だ, 豆ランプを, 財布から, 資本といふ, 起きるの, 躇らいも, 近いうち新潟, 逆らわずに, 逆上せると, 道後へ, 遠慮らしく, 部屋で, 酒の, 野そだち, 野育ちな, 金すじが, 長くは, 門の, 間もなくたう, 陰気な, 隣り町, 非常に, 預かって, 頬っ, 飲み干した紅茶茶碗, 高知の, 鬼女の, 黒いモンペ姿, 黒い竪, 黒ちりめんの, M子さんや

▼ 奥さん~ (742, 16.7%)

15 方が 13 顔を 9 ことを, 方は 6 ところへ, ような, 方で 5 御病気 4 ある人, 事で, 前で, 前です, 声が, 手に, 方に, 気に, 話に

3 [16件] おっしゃる事, お墓, お顔, ことは, ように, 事も, 事を, 前に, 前へ, 姿が, 姿を, 心が, 態度を, 所に, 方には, 方の

2 [50件] お伴を, お心, お気持, ことが, ことです, この態度, すべてを, なさること, ほかに, 事です, 事は, 仕事の, 代りに, 処へ, 前だ, 取ったもの, 右の, 名は, 場合は, 姿は, 心づくしが, 心づくしの, 心を, 態度は, 所へ, 手が, 手紙が, 方へ, 方も, 方を, 枕もとに, 様子に, 様子を, 止めるの, 消息は, 温情に, 用事を, 眼を, 石の, 美しい眼, 胸に, 言は, 言葉を, 話を, 調子は, 部屋の, 部屋へ, 間に, 顔色が, 風流に

1 [489件] あやかさん, いいつけ, いうところ, いうには, いう事実, いう話, いらっしゃった時, いること, いる事, いる場所, いる方, うかつで, うしろに, うちは, おありる, おあん, おさ, お亡くなり, お仕込み, お出来なさる, お友達, お名前, お土産, お墓参り, お妹さん, お子さんであっ, お宅, お家で, お対手, お帰り, お得意, お心持, お手並, お手伝, お手料理, お扱い, お料理, お気に入りだ, お気に入りな, お産を, お留守中, お疑い, お相手, お腹には, お若い, お藤さん, お裁縫, お許しで, お話を, お躯, お迎えに, お遺物, お邪魔, お雪さんに, が移った, ことだ, ことと, ことな, ことについて, ことよく, こと家人の, こと批判し, この秘密, この言葉, ささやきを, さしがねかも, しつかりしてること, しつこい無, しなやかな, せっかくの, ためな, ためなら, ために, ためによ, つごうでどう, でございますね, ですな, ところに, ところへも, とりとめも, どんなお, なくなられたの, はかなり, はそれ, は発見, ふところに, ほうは, ほうへ, ほうへは, まえでは, まけで, ものです, も一枚, やうに, やったこと, やって, よいところ, ようで, ようには, を描いとく, イイツケ, カツレツが, ズロースが, ネックレースを, ハンドバッグにも, バッグに, ヒステリイが, ヒステリイといふ, ヒステリイも, ヒステリイをとも, ピアノが, ピストルが, フランス人が, マリイさんに, ミズムシは, 一人の, 一生を, 一難去っ, 上手な, 不始末, 不安も, 不断着が, 不断着でも, 不行跡を, 両親が, 乳癌に, 事かしら, 事が, 事だ, 事と, 事なぞも, 事なぞを, 事などは, 事なんか, 事については, 云うなりに, 亡くなったこと, 亡くなった跡, 亡くなられるまでの, 人形町の, 今の, 今まで, 他の, 仰言, 会話を, 伝法肌という, 伯母さんの, 作り声です, 作り声の, 作り声は, 使い走りし, 使に, 使ひ, 依頼で, 信用を, 健康が, 側へ, 傍に, 優しい心, 入院中だけで, 入院中に, 共犯の, 具合が, 写真が, 写真の, 写真を, 出て, 分として, 分とともに, 切符は, 前じ, 前じゃ, 前だけ, 前を, 創意工夫に, 動静を, 勘定日が, 勢力が, 化粧室を, 卒倒騒ぎを, 単なる噂, 厭がる, 口とが, 名だった, 名前が, 名前だろう, 名前です, 告別式にも, 味覚は, 呼ぶ声, 命令か, 和服で, 唯一の, 営んで, 場合なんか, 場合に, 声, 声だつた, 声で, 声に, 変られたには, 夏羽織の, 外に, 外は, 夢でも, 大きい眼, 大事な, 女である, 好に, 好意に, 妹との, 妹に, 姪が, 姪に, 婚礼さ, 嫌われて, 子でも, 子供が, 子供に, 字よ, 孫に, 宅へ, 実家に, 実家中根氏邸に, 実着, 宣言である, 室から, 室へ, 家へ, 寝台の, 寸言の, 小言の, 尻を, 居る所, 希望が, 年を, 幸福を, 幻から, 幼い時, 床上げが, 店へ, 弟で, 影響でしょう, 後に, 後援で, 後釜に, 御めいごさん, 御依頼, 御勝手, 御子さんの, 御安心, 御尽力, 御意に, 御舎弟, 御髪を, 心づくし, 心づくしであった, 心情が, 心情の, 志津子さんの, 志津子さんを, 思うよう, 思惑ばかりを, 性格から, 息子だから, 悩ましげ, 悪口を, 情熱の, 愁傷は, 意中を, 意味が, 意地悪が, 意地悪だ, 意見も, 愛情も, 感化力でも, 態度が, 態度にも, 態度の, 所から, 所で, 所は, 所へでも, 手と, 手の, 手の甲を, 手伝いなんか, 手巾です, 手当てに, 手料理で, 手料理は, 手料理を, 手紙についてさ, 手紙には, 手記と, 打ち解けた態度, 承認を, 拵えた形容詞, 持って, 指から, 指の, 捜しに, 故郷の, 敵は, 方から, 方きっと, 方でしょう, 方でも, 方へも, 日本趣味が, 旦那さんが, 昔話の, 時代から, 最初の, 木曾乃さんだ, 様に, 様子が, 様子とを, 様子は, 様子も, 横顔に, 次で, 歌は, 歯を, 死に顔を, 死は, 死因な, 母親という, 気づかれたとき, 気に入られて, 気もちに, 気持が, 気持ちの, 気配が, 気配を, 決闘の, 洋傘を, 洋服姿を, 洗濯物を, 流儀で, 淹れ, 澄子さんという, 父親は, 獅子が, 理解力に, 瑕瑾捜し, 瑕瑾探し, 生徒さんには, 生徒はん達見えは, 甥を, 用心ぶ, 由, 疎開先へ, 病室は, 病気が, 病気だ, 病気は, 病状は, 療養生活は, 目には, 目の, 目褄を, 相手です, 眼だいいち, 眼で, 眼とも, 眼は, 眼ばかり, 着物が, 着物や, 睫毛の, 矛盾が, 知つてる, 知人に, 知識に, 私に対する, 私行を, 稼ぎで, 立場が, 立場だったら, 立場に, 立場を, 端正な, 笑い声が, 笑顔と, 節長に, 素性が, 細つ, 細ながい脚, 綾子さんの, 織子さん, 美しい幻影, 美津子さんも, 考えて, 耳に, 耳にと, 肉体の, 肉体を, 肩の, 肺炎が, 胸にも, 胸の, 胸を, 能率給を, 腕が, 腕に, 腰から, 自由じゃ, 良人が, 花壇の, 花壇へ, 花壇へも, 芸であっ, 若い妹, 若い生活, 苦しむの, 苦に, 茂子さんに, 行き届かんこと, 行方を, 衣裳なんかを, 衣裳の, 衣類を, 袂の, 袖に, 見て, 親の, 親切は, 親族の, 言に, 言も, 言葉で, 言葉には, 言葉に従って, 言葉の, 言葉は, 記事を, 記憶が, 許諾も, 訴えは, 詞で, 話から, 話が, 話し声が, 話である, 話ね, 話訪問記者の, 語気には, 説明によって, 調子や, 貞淑さも, 貞節な, 趣味でしょう, 足が, 踊り相手としては, 身に, 身も, 身体には, 身近に, 近くへ, 返事は, 返辞を, 通って, 造語な, 連れ子が, 運気が, 部屋と, 部屋に, 重態を, 鑑定通り多代子は, 間には, 間柄は, 関井三津子さんは, 隙を, 隣りに, 霊前に, 静かな, 頭から, 頭に, 頭の, 顔が, 顔は, 顔も, 顔付で, 顔色は, 顔色を, 風邪薬です, 骨が, 鼻の

▼ 奥さん~ (578, 13.0%)

6 来て 5 出て 4 あるん, 子供を, 私の, 私を, 見えて 3 いった, おあり, 急に

2 [27件] あるのに, この日, そんなこと, なくなってから, ふらりと, まだ女, 代りに, 僕を, 口を, 女中を, 好いか, 家出を, 帰って, 待って, 御悪い, 憤然と, 或る, 林長二郎の, 母に, 生きて, 病気に, 私に, 窓の, 美人である, 茶を, 親の, 非常に

1 [484件] あって, あとから, あなたに, あなたの, あなたを, あのとき, あの時, あの真暗, あはて, あります, ありませんか, ある, あるの, あるよう, ある女, ある日外出, ある時僕, あんまり知らん顔, いそいで, いたはったのに, いた時, いっしょに, いつの間にはいっ, いつも外出, いなければ, いま熱海に, いやぢ, いらしった, いらしった時, いらっしゃいました, いらっしゃいましたらお, いらっしゃるならきっと, いらつし, いられたの, いるじゃ, いれば, うしろから, うちへ, うらめしくて, えらいです, えらくなった, おありでしょう, おありなさらない, おありなさる, おいでた, おいでに, おってや, おどろいたよう, およびだ, おられたの, お亡, お前の, お召換, お呼びでございます, お好き, お嬢さんと, お嬢さんに, お嬢さんを, お子さんの, お客さんに, お客様に, お帰り, お待, お待ちかねだ, お待ちかねよ, お有りでせう, お目, お笑, お笑いに, お膳, お許し下すつたら, お話しに, お風邪気, かおを, かわいそうで, きて, きんこは, くるの, けしからんことを, こ, こうし, こう云う, こう私, こう言いかけた, ここの, ここへ, この事件以来, この家, この話, こぼしたよう, これから用足し, これだけの, これは, こんなこと, こんなに近く, ごくわずかの, ご病気, さうし, さも感, しきりに空, しばらく考え, すべてに, ずぼらな, そのある紳士, その二人, その家庭, その心持, その楯, その花, そばに, そんな気持, そんな深い, たすきがけの, だらしなく, ちよこちよこ出, つつましく坐っ, できたせい, できたの, できて, できてから, できるだけ, できるならば, ですか, ですよ, どういう人, どうした, どうにも苦手, どこかお悪い, どこで, どつかお, どんなに感じよう, どんな予定, ないから, なくっちゃあ, なくなって, なくなられたそう, なくなられたの, なだめて, ひとりで, ひとり静か, ひどく悪者, ほして, ほんとにその, ぼくに, またいった, またひどい, また旦那様, また書斎, もういらつ, もうそろそろ引き上げる, もう少しで, もし先生, もと, もともと感受力, やって来て, やっぱりそこ, やつて, やられるから, ゆすられてるの, ゆすりに, ゆすりの, よろこんで, わざ, わたしを, ガミガミ馬鹿, キツトお, キトクだ, コツソリやつて, ネパール国王に, バスに, ピリッと, 一世一代の, 一人娘の, 三つ指で, 三越の, 上気あがっ, 下つて, 不安らしい, 不意に, 中に, 之も, 乗って, 乗り合わして, 乗合自動車で, 乗合自動車へ, 乳癌だ, 乳癌で, 二人居る, 二百万円渡した, 云うの, 云うのに, 云って, 五年目の, 亡くなったので, 亡くなった当時, 亡くなつたので, 亡くなられたか, 亡くなられたの, 亡くなられたので, 亡くなられた後, 亡くなられて, 亡くなられましたそう, 亡くなられましてね, 亡くなられる前, 亭主よりも, 今度の, 今日ここへ, 今日は, 仏参の, 仔細を, 令嬢を, 仰いました, 仲へ, 会計係の, 伝えて, 伴れ, 何かに, 何国かの, 余念も, 作り声を, 依田氏に, 俯向い, 倉橋さんと, 催促する, 僕の, 先それから, 先日も, 先生の, 全部丁重に, 八月生んだ, 内地へ, 内密でした, 内証で, 再びいった, 処女について, 出して, 出立の, 別に急いだ, 別嬪な, 別嬪の, 前非を, 助手か, 北海道の, 又別, 又奥さん, 又子供, 又来た, 叔父と, 受付へ, 受取人と, 叩くこと, 叮嚀に, 叱られると, 吃驚し, 同国人が, 呆れて, 和歌を, 咽喉を, 嘉言善行という, 四人すわっ, 四十に, 坊ちゃんを, 坐敷, 声を, 夏を, 夕食の, 夜中に, 大きな声, 大切だつたら, 大吉で, 大変です, 大変な, 大変心配した, 大変気丈夫な, 大庭君を, 大輪の, 夫と, 夫には, 女である, 女の, 女中と, 女中の, 好きで, 好きに, 妊娠し, 妙な, 妾の, 始めから, 始終継子さん, 姙娠なさる, 婚姻証書の, 婦人会の, 子どもを, 子供たちに, 子供みんな連れ, 子爵に, 学生を, 宅に, 安子の, 実家へ, 家出から, 寿の, 小さい声, 小走りに, 小野氏を, 尼さんにな, 居て, 差出した湯呑, 差向いで, 席へ, 帰つた, 帰りがけに, 帰るまでに, 帰る時, 幽霊に, 広東人だ, 座敷の, 引受けて, 待ち兼ねたよう, 後妻で, 得意がる, 御危篤, 御病気, 御目, 御自分, 御見え, 御面倒, 心配だ, 心配なさる, 心配なすっ, 怒って, 怒れば, 急病で, 恋しい位, 悲しがっ, 悲鳴を, 愛想を, 手伝し, 手切なり, 手拭に, 承知される, 承知なら, 持つて, 探されるの, 提出なすった, 握りつぶして, 教えて, 斯う, 早く亡くなる, 昼食にも, 更に説明, 書かれたもの, 書類を, 木村って, 来たのよ, 来たろう, 来たん, 来た後, 来てからは, 来てるよ, 来られかえって, 来るかも, 来るし, 来るん, 東京から, 東京で, 松葉杖を, 椿屋の, 極く若い, 横田さんに, 正気に, 此処の, 死なれその, 死んじゃうぞ, 死んだという, 死んだん, 残念さうにいはれる, 殺されて, 殺されなすったのよ, 気を, 汚されたやう, 泣き声で, 火の, 無いの, 無いん, 無かつ, 無罪に, 然うい, 煮たん, 燕嬢で, 独りで, 独身時代より, 現れた, 生死不明だ, 産むばかりの, 申され候ゆゑ, 町端れ, 留守らしく, 病気だ, 病気な, 病身で, 病院で, 百合ちゃんを, 盆の, 直ぐに, 直に関所, 県下へ, 眼科を, 睨めるよう, 秀子の, 私より, 立って, 線香を, 編物か, 縫うて, 縫って, 置いて, 美しいとか, 聞いた, 聞いて, 背中を, 膝おしすすめ, 自動車に, 自殺し, 自身で, 自身に, 良うな, 良人の, 良人を, 若い頃, 若干ヒステリイ気味で, 若旦那に, 茶の間で, 菓子と, 落付かな, 蒲団の, 蓄音機を, 血だらけに, 血を, 行つてみました, 見えましたよ, 見えるまでという, 見たらどんな, 親切な, 言い旦那さん, 言うに, 言ったん, 言われました血, 訊ねた時, 話しかけても, 話したこと, 話して, 誰だ, 身体が, 身投げを, 辺鄙な, 迷亭さんに, 逝かれたさうな, 逢いに, 遅くっちゃ, 遊びに, 酒と, 長平さんに, 門を, 開いたは, 間仕切りの, 閾際に, 附いて, 降りて, 陰気に, 雨戸を, 雲坪が, 電車に, 頻りに催促, 頼んだから, 顔に, 風呂へ, 飛んだ誤解, 飽迄不承知で, 養子する, 馳け, 髪かざりや, 鳴らす琵琶, 黙つて

▼ 奥さん~ (444, 10.0%)

12 なって 6 よろしく 4 して, 会って 3 なること, 向って, 逢って

2 [27件] おなりに, お嬢さんを, お話し申した, お願いし, かくれて, すまないと, だつて, むかって, ミレンが, 一度お, 事情を, 会ひ, 似て, 使われて, 向かって, 向つて, 嘘を, 対して, 御挨拶, 気を, 瓜二つな, 申し上げて, 聞いて, 訊いて, 訊くと, 話した, 頼んで

1 [355件] あっちゃ, あつくお礼, あなたの, あやまられたつて, ありましょう, あれだけの, いいお, いきなり抱きつい, いろいろ先生, うらまれること, おあいなさっ, おさまるには, おじぎしない, おじぎを, おたずねしたい, おひきあわせ, おべっかを, お会い, お会いでした, お嬢さんとの, お嬢さんの, お手, お昵近, お気の毒, お漬物, お目, お目にかかってから, お目にかかりたいと, お眼, お礼状, お見舞, お訊ね, お話したい, お辞儀を, お逢いし, お預けし, お頼み, お願いが, お願いしたい, お願いします, お願いなさい, からかわれて, かわいがって, かんしん, きいても, きっと育て上げ, こがれて, こんなこと, ご用立てしましょう, さうお, ささやくと, しかと念, したてて, したらいい, しても, してやろうか, しまいには, しろ, しろいずれ, すぎなかった, すべての, すまない, すまないよう, すみません, するとかいう, せられた事, そう云っ, そう見えます, そう言いつかっ, そう言っ, そう言われた, そう言われる, その一部始終, その事, それを, たいへん軽蔑, たかって, たかりた, たしなめられて, だいぶん手厳しい, だんだん問い詰められ, ちが, ちょいと, つきまとわれるよう, どやされあ, なさらないよう, なさるお, なされようと, なったお, なったところ, なったとは, なったね, なったん, なっても, なつた, なつたんだ, なつて, ならうもの, ならないわよ, なられたが, なられた方, なられるという, なら安心, なりいま, なりたいと, なりたいという, なりたいの, なりたいパンパン, なる, なるという, なるとか, なるなんて, なるの, なるまいと, なるやう, なるわ, なるん, なる女子, なる方, なれそう, なれと, なれるとか, なれるの, なろうて, にこにこ笑い, ばれて, まるで知れ, もうたくさん, もう株, もらえるじゃ, もらわれて, よく似た, よろしくね, わたしが, わるい, わるいと, ゼイタクを, ターンと, ハムを, パラソルを, ビールを, 一串は, 七里歩けます, 三歩と, 三省堂の, 上げたという, 上げました, 並々ならぬ, 二百万円と, 云ひつける, 云ひました, 云ふ, 云わないで, 人から, 今朝の, 任せて, 会いたい, 会う, 会った, 会ったら早, 会つたら, 会わせろって, 伝えるだけ, 伝える気, 伺って, 伺つた, 似あうと, 似た細面, 何か, 依頼しました, 保管し, 傷を, 内田の, 冗談を, 出会った, 別れて, 前へ, 勧められた時, 十分の, 印度の, 反映し, 取り入って, 叱られたで, 叱られて, 叱られますよ, 叱られるよ, 向いお, 向かつて, 向つてこぶし, 呈す, 告げた時, 呶鳴られ, 呼ばれて, 命じて, 命令され, 壱円五十銭借り, 奥さんに, 好くお, 好くお願い, 妾の, 姦通された, 嫁の, 嫌はれる, 孤独の, 宜敷, 実に素直, 家出され, 寄附しました, 対した私, 対談しつ, 尋ねました, 尋ねる, 尋ねると, 小遣を, 就て, 尾い, 差しあげたいと, 差し上げろインド, 帯あげ, 引きとめられ奥, 当りちらしたもの, 当る人, 役人仲間の, 従いて, 御主人, 御加勢, 御目, 思い付かれて, 思い違えたに, 怨まれますよ, 恥をか, 愛国婦人会に, 感謝する, 手紙で, 手腕を, 打ち明ける気, 投げるオイコラ, 持つの, 挨拶する, 挨拶も, 接着させよう, 接触する, 支払う金額, 教わって, 敬服し, 文句言っときます, 断られた時, 早変りを, 昇任の, 書物は, 来て, 死なれた事, 死なれちゃ, 死に別れたこと, 比べりゃ数等世情, 気の毒でした, 気の毒な, 求婚したでしょう, 洩らされた, 渡して, 無理ばかり, 熱心な聴き, 特別な, 特色が, 理解なし, 甘えて, 生命保険は, 用事を, 申しあげて, 申上げてる, 申訳が, 白状し, 相の, 相続権が, 相談なさるべき, 真になっ, 真面目な, 眼が, 知って, 知らして, 知らせないって, 知られて, 礼状を, 祝つ, 私お, 紹介される, 聞いた, 聞きました, 聴いて, 胸の, 自分の, 苛められること, 菓子を, 落ちつく以外, 虐げられいたたまらずに, 虐められて, 西洋鍋の, 見えないん, 見せようと, 言うと, 言ったよう, 言はれ, 訊ねました, 許しを, 詫びて, 話しかけた, 話を, 説明し, 談判を, 譲りたいので, 負く, 責任の, 責任を, 貰って, 貸して, 贈るつもり, 起されたの, 軽い悪意, 軽い洋装, 軽く頭, 近づいたの, 返金し, 迷惑を, 追い出されたん, 送られて, 逃げられたの, 逢った, 逢ったん, 逢ってて, 逢つて, 逢つて見る, 逢ひ, 連れて, 連れられて, 遺憾な, 関したこと, 関係した, 限らず二人, 隠して, 隠れたり, 隣へ, 非常に, 預けて, 頼みに, 頼めだい, 頼もしがられる, 頼んだ, 頼んだの, 額の, 顔が, 飛んだ事, 食って, 飲ませて, 鳥屋を, 鶏を

▼ 奥さん~ (243, 5.5%)

14 一緒に 9 二人で 4 いっしょに, お嬢さんに, お嬢さんは, 話して 3 お嬢さんの, 女中を, 話を, 顔を

2 [15件] お嬢さんと, 一所に, 仲が, 何か, 何でも, 呼び掛けた, 呼ぶの, 呼んだの, 呼んで, 夫婦に, 子供が, 岐阜提灯と, 美奈子と, 言うの, 言って

1 [162件] あたしとを, あなたとの, あなたを, あの二人, いいたいよう, いいながら, いいます, いって, いろ, いわれるよう, うまく調子, おなじこと, おぬいさん, おばさんとが, お並び, お二人, お別れ, お嬢さんが, お嬢さんとを, お嬢さんを, お子さんを, さつきの, その家庭, たのしく往来, やり合ったんで, よび遊び, よんで, キッスする, スケートに, ネンゴロに, ピアノを, ランニングを, 一しょです, 一しよ, 一口二口言葉を, 三人で, 三十分ほど, 不安そうな, 不義を, 世話人を, 二人きりに, 二人ぎりの別荘風の, 二人っきりで, 二人な, 二人分のだろう, 二人差向いで, 二人連れで, 二人連れの, 二十五六の, 云うもの, 云う方, 云った事, 云って, 云つた事が, 云ふも, 云ふんぢや, 云わないで, 云われて, 云われても, 井戸端で, 仲直りを, 何かが, 先生の, 六つ七つの, 出来る前, 分担で, 別れた, 別れたとき, 別れた時, 別れ住ん, 原始生活を, 口を, 同じだから, 同じよう, 同じ年配, 同じ様, 同じ程度, 向い合うまで, 君とに, 呼ばないよう, 呼びその, 呼びわが, 呼び政代, 呼ぶには, 呼んだ, 呼んだり, 喧嘩なさる, 外で, 大学に, 大浦先生に, 女中が, 女中さんと, 女中は, 好一対だ, 子ども衆も, 子供さんたちを, 子供と, 家の, 小杉さんの, 少し知り合い, 差し向いで, 座敷中を, 彼だけが, 御いっしょ, 御交際, 御子さんが, 御相談, 思ふと, 情夫とが, 惚れたハレ, 愉快げに, 手を, 打合せの, 換した, 放れて, 数名の, 文字どおりの, 暮して, 来て, 某と, 某の, 梅岡薬剤, 母と, 母堂に, 狂い一緒, 男の, 番頭さんと, 私と, 私とに, 私は, 私を, 結婚した, 結婚なさる, 美代は, 美代を, 落ち合ったので, 見える綺麗, 見られる女性, 親しかった, 言ったのに, 言われるまま, 言わんと, 言葉を, 訳せるもの, 話しながら, 話しを, 誰だ, 談し, 諜し合せ, 近づきに, 途中で, 逢つてる, 逢引きな, 道づれになつた, 違いまっしゃろ, 違つて先生は, 関係が, 隆ちゃんとが, 面白くない, 顔見合わせ, 食事に, 鵠沼に

▼ 奥さん~ (228, 5.1%)

7 連れて 4 愛して 3 お貰いなさい, 持って

2 [12件] お持ち, お貰いに, お連れ, ぶち殺す, 亡くして, 伴れ, 大事に, 殺した犯人, 貰ったの, 貰ひたい, 貰ふ, 顧みた

1 [187件] あちらへ, あれほど, あんなこと, あんなに誉め, いじめたそう, いたはつ, おもらいなさい, お世話いたします, お呼び戻しなさいまし, お持ちなさる, お綺麗, お貰, お貰いなさらない, お貰ひなさる, お連れなさっ, かうまで, かばって, せめました, そう観察, それほど批評的, そんな最低, たよりには, たんとお, だましおおせるに, だましたやう, できるだけ親切, どうする, どう御覧, なぐさめなければ, ぬきに, ねせて, ひどく叱る, みつけなさいって, みつけましたよ, もちましたね, もち人, もっと可愛がる, もつと, もてば, もらうの, もらったらどう, もらって, もらわないの, もんで, よくお, よくしたい, よっぽど好き, よんで, チョイと, 一度描きかけ, 三越の, 上野まで, 中へ, 丸坊主に, 乗合自動車へ, 亡くしてるん, 以前から, 伴つてしげしげと, 但馬へ, 信じて, 俺に, 働かすこと, 取られた後ボンヤリ, 可愛が, 可愛がって, 呪って, 呼び戻して, 呼ぶ事, 呼べ, 呼べそれツ, 呼べと, 呼んで, 大そう, 大へん, 大好きな, 失うこと, 奇異に, 始として, 嫌って, 小突いて, 幸福に, 幽かに, 引き止めて, 従へて, 御持ち, 御貰, 御貰いなさらない, 御貰いなさる, 御貰いなすったら, 御貰ひな, 心底から, 思い出す, 怨んだ, 怨んで, 恨んで, 悋気させる, 悪く思う, 悪妻と, 悲しませたの, 愛するの, 慕って, 慰めて, 慰めようと, 憎まず怨まず呪わず一生涯, 抱いて, 抱きすくめて, 持たないで, 持たれた跡, 持ち自国語同様, 持ったろうか, 持つたらうか, 持つと, 持つ紳士, 指さして, 振り返って, 探さなくっちゃ, 描きに, 救けたんで, 柱として, 案内し, 棄てたため, 棄ててまで, 死なしたの, 殺したん, 殺した人, 殺して, 殺そうと, 深く愛し, 満足させる, 無事に, 煩わさなかったかを, 疑おうと, 疑り始めたの, 癒して, 相手に, 眺めた, 眼の, 睨んで, 矢鱈に, 知って, 知ってる人, 確かに, 絶対に, 自分たちの, 裁判所へ, 見たがった, 見たらとても, 見なければよ, 見ました, 見ますと, 見る度, 見習えてん, 見舞うべくかねて, 見舞って, 親切に, 訪ねて, 詰問する, 誘ったの, 誘惑した, 誤解し, 説き伏せたの, 貰いたいとは, 貰いたいの, 貰うという, 貰うの, 貰う時, 貰う積り, 貰ったらそういう, 貰ったり, 貰って, 赦して, 起そうという, 身方に, 迎えたらもっと, 迎えた時, 追い出そうと, 追ひ出したいな, 那処へ, 酔は, 酔わして, 離別しました, 離縁なさい, 頂きに, 頼んで, 顧みて, 顧みました, 騙すよう

▼ 奥さん~ (192, 4.3%)

6 お嬢さんも 5 子供も 3 子供さんも, 御心配 2 あんまりだ, いいでしょう, 出て, 私も

1 [167件] あの人, ありましたろう, あります, あるもの, あるン, いい人, いけないん, いった, いつし, いま一緒に, いらっしゃると, いらっしゃるという, うちつと, えらい年, おそらく僕, おなりに, お嬢さん夫婦も, お子さんも, お気の毒, お留守, お秀さん, お聴き, お迎えなさらず, かわいそうだ, こ, こう申, この間中, これこそ, こんな風, ごいっしょ, ご協力, ご存じでしょう, ご承知, さぞ, すなお, ずいぶん骨, ずい分あまい, そうだ, その事実, その有力, それを, そろそろ中腰, そんなよう, たまには, とうとう私, とても美くし, とめて, ともに働く, どうかおいで, どうぞと, どれほど御, なる程, はいって, はっきりと, ひょっとする, びっくりした, ほほえんだ, まず安心, またできるだけ, またひと役, またよい, まづすぎるな, みな壮健で, みんな不幸に, むしろ喜ん, やって来たが, やっぱり妾たち, やはりずっと以前, やや躊躇, ゆくから, わたしの, わたしも, ゐる, アマタルも, インテリで, サツクリと, ヒステリイに, 一緒です, 上顎腫瘍な, 下女も, 不思議そうな, 亡くなっちゃったの, 今の, 令嬢も, 仰有った通り, 仲間入朝からの, 何かといろんな, 何といふ, 例えばワイシャツ, 信用なさらない, 傍に, 働いて, 僕と, 元気で, 先刻ご存じの, 共に波, 内々承知し, 別にとめよう, 別に二人, 別に仕事, 割合に, 加り, 参ったよう, 同感であるらしかった, 喜んだろうね, 喜んで, 声を, 夜ねむらない, 大正六年先生四十歳の, 女たちも, 好きだ, 娘の, 子供さんまで, 宗太郎も, 少し景色ばん, 帰って, 平気な, 御一緒, 御存じの, 御飯を, 心配し, 応接間へ, 思い煩うよう, 思案に, 悪いの, 悪いん, 持て余して, 探偵小説の, 教養の, 昔馴染どうしが, 最初の, 有んなさるか, 来て, 極めてつつまし, 気の毒だ, 泣いて, 深切に, 火鉢の, 無事それを, 無理は, 父君も, 物事に, 生れ代つて, 田舎で, 畑の, 留守待つ, 真直な, 眼を, 種崎から, 竟に, 笑つて何が, 経済学の, 絵本を, 考えて, 自分の, 見えた, 見に, 親も, 言い自分, 言葉を, 訳が, 詳しく知らない, 賑やかだ, 随分思い切った, 面白い方, 顔は, 食っ付いて

▼ 奥さんから~ (59, 1.3%)

2 借りるの

1 [57件] あいさつで, いえば, いただかないでも, いつたいなんて, いつも駄賃, うけと, おそは, お嬢さんの, お習字, さんざん自慢, そういう風, その日, その理由, です, ですか, もつと, カマス二尾頂戴する, ハガキ二枚借りた, 不信を, 云われること, 五十銭玉一つ借りる, 今しがた出た, 何か, 何かを, 十銭借り, 少し借りる, 川西家の, 徒らに, 得たよう, 得た材料, 手紙が, 旅費を, 昨日聞いた, 来たの, 汽車賃を, 浜島君の, 混合米一升だけ, 白足袋を, 眼を, 米代少々, 聞いた, 聞いたところ, 聞いたとまで, 聞いたの, 聞いたので, 聞いたん, 聞いた事, 聞かされた危険, 薄茶を, 見れば, 話が, 貰ったと, 贔屓に, 適当に, 遺言書を, 電話な, 頂戴した

▼ 奥さん~ (47, 1.1%)

3 お嬢さんの 2 お嬢さんを

1 [42件] あれへん, おかみさん, お嬢さんだけには, お嬢さんと, お嬢さんにも, お嬢さんばかり, お嬢さんや, お嬢さん方も, お嬢さん達が, お嬢さん達を, お子さんが, お子さんに対して, お子供さん, お客さんたちが, お母さんに, お角さん, だんなさんを, 二人の, 令嬢達が, 僕を, 前組長楠本君, 助手さんたちの, 呉服屋の, 坊ちやんや, 女中が, 女中さんとも, 女中さんの, 女中たちが, 女中たちは, 女中をも, 娘さんまで, 娘さんを, 子供さんたちの, 子供たちが, 子供たちの, 子供達の, 学生や, 御嬢さん, 恋人御, 若旦那の, 蜂谷氏が, 雇人が

▼ 奥さんには~ (41, 0.9%)

1 [41件] あなたが, いい幕切れ, うつて, お気の毒, お目にかかったこと, お目にかかりませんけれど, その前玄関, その度毎, その立派, その笑声, ちっともなかっ, とうとう対面, どうかなと, なれないやう, はじめから, ぼくの, まア芸者, もう残った, もちこたえられなくなります, よくお目にかかります, わたくしなれません, わたしは, サイダーをね, 三人の, 久し振りです, 先日ちょい, 内証に, 大の, 子供が, 子供衆も, 学名も, 御挨拶, 手製の, 極の, 気に入らんところ, 気の毒だ, 私が, 空な, 絶対服従だ, 逢おうと, 長いこと

▼ 奥さんです~ (39, 0.9%)

1542 が家出, と囁やく

1 [16件] かい, かいらつ, からね, か今日, か大変, か奥さん, がその, がね, がねそういう, がね後者, がね誘惑, が鳥渡用達し, って, ね, ねどうぞよろしく, よと云っ

▼ 奥さんにも~ (32, 0.7%)

2 自動車には

1 [30件] あんなに子供みたい, えらい御, お嬢さんにも, お願, すまないじゃ, なれない, まだ通じ, よろしく, わかるでしょう一昼夜, 一度見, 仕ないの, 伊佐子さんにも, 似合は, 似合わない旧弊, 分らないの, 及ぶか, 叱られますわね, 宜しくってね, 宜しく云っ, 小田原へ, 御名誉, 怪しいフルマイ, 感謝します, 来て, 横田さんにも, 能く, 逢った, 逢つと, 逢ひ, 随分世話

▼ 奥さん~ (29, 0.7%)

4 いらっしゃいますか

1 [25件] あらう私さ, いいから, いらっしゃいます, この秀輔, さへ, その洋画家, とても商売, どうにか向う, ね, やりにくい, ヒョロヒョロし, 今年の, 俊夫君が, 先生が, 内々困っ, 合資会社を, 女優だ, 実に冷めたい, 尤もこれ, 恥と, 日曜日に, 構わぬの, 白野老人の, 納まって, 鼻眼鏡を

▼ 奥さんという~ (27, 0.6%)

3 のは 2 ことに, のが, 人が

1 [18件] お婆さんは, のも, のより, マンガを, 二段も, 人に, 人は, 人も, 人達と, 名前に, 奥行が, 性の, 揶揄だの, 言葉が, 言葉の, 言葉は, 言葉を, 風の

▼ 奥さんあなた~ (25, 0.6%)

1 [25件] そういう考え, だから, どうされます, なんかいい, ののど, のやう, のよう, の失策, の御, の知らない, はお, はそんなに, はどうして, はまあ, はよく, は僕, は多門さん, は幸福, は幾百万, は支倉さん, は死ななけれ, もあまり, もおいで, も杯, も行かない

▼ 奥さんたち~ (23, 0.5%)

1 [23件] いまごろアメリカ, が持っ, が誰, が近所, などにもそれぞれ, にはその, に英語, のなか, の像, の笑い, の羽織, の腕時計, の足袋, の集会, はお, はそんな, もお, もその, もねあの, も先生, も大した, をランチ, を一目

▼ 奥さん~ (23, 0.5%)

2 ということ, ね

1 [19件] お武家, お部屋, から, からあんな, から一度, から弱, か知れん, けれどしみじみ, ぞ, つたのである, つた人がさ, つた女が, つて現在の, つて着ない, という, とする, と帰られた, ものだ, よバカ

▼ 奥さんとは~ (19, 0.4%)

1 [19件] あまりに痛ましい, いいません, いつも主人, いつも聞き役, どうしても見えない, どこの, ろうそくの, ピントが, 人柄が, 仲の, 扇を, 昔馴染でした, 決して称, 浮気の, 滅多に, 翌朝まで, 考へなかつたが, 誰だい関の, 部屋一杯に

▼ 奥さん~ (17, 0.4%)

2 ねえさんと, 登和さんは

1 [13件] ねえさん奥さんお, 分りに, 別れします, 土産に, 宅の, 悪いらしい, 手製の, 持ち下さいと, 気の毒に, 気分どう, 約束に, 達者です, 酌だ

▼ 奥さん~ (16, 0.4%)

3 はこれ 2 は今お, は貴女 1 にはたった, の法螺, はしらつぱくれ, は世の中, は人, は今夜, は今日, は鳥鍋, もお手伝い

▼ 奥さん~ (16, 0.4%)

1 [16件] がここ, がこの, でも苦沙弥, にもそれ以外, に威厳, のこの, の願い, はいやらしい, はお湯, はそれでも, はたった, はどうして, ははじめて, は主人, は女, は真面目

▼ 奥さんこの~ (14, 0.3%)

2 猫は

1 [12件] ふさぎの, 一番しまい, 上ね, 人は, 前も, 岡本君が, 帽子は, 東海道という, 節お, 紐は, 長さ加減, 電蓄は

▼ 奥さん~ (14, 0.3%)

3 のです 2 のか, のよ 1 のである, のであろう, のよ年ちゃん, んざア天性これ淑女中の, んざ首の, んだ, んです

▼ 奥さんだって~ (13, 0.3%)

1 [13件] いつどんな, そこへ, その一例, まさか梶さん, まだお, 今度の, 俺の, 君と, 困って, 帰りの, 戦争の, 舐めそう, 行く気

▼ 奥さんじゃ~ (12, 0.3%)

2 ないこと, ないでしょう, ないん 1 ありませんか, いくらなら, ございませんでしたかな, ないか, ないでしょうね, 分らないかも

▼ 奥さんとも~ (12, 0.3%)

1 [12件] いわずおかみさん, お嬢さんとも, つかずお, つかなん, 一人の, 公使の, 別れて, 口を, 大分懇意に, 市長の, 昔からの, 相談しよう

▼ 奥さんどう~ (12, 0.3%)

2 したの 1 お思い, したん, ですか, です修治, どす, どすお, なさいますので, なさったの, にもならない, 暮して

▼ 奥さんらしい~ (12, 0.3%)

3 人が 1 じゃない, ひとが, やさしい顔, 声は, 奥さんに, 女が, 女の, 愛を, 方が

▼ 奥さんこれ~ (11, 0.2%)

1 [11件] が僕, が私, であの, ですっかり, でモー大概, にもお, はそう, はどう, は大変重大, は普通, 見なはれ

▼ 奥さんとの~ (10, 0.2%)

3 間に 2 ことは 1 ことを, 用談を, 話も, 間には, 関係も

▼ 奥さん~ (10, 0.2%)

2 親切に 1 主人は, 主人を, 信用下さらない, 手数だ, 来客中を, 湯治とは, 精が, 聞きなさい

▼ 奥さんなら~ (9, 0.2%)

1 いまちょい, どうした, なんでも, もう年頃, よろしいが, 二人前ぐらい, 大谷は, 奥さんで, 自分も

▼ 奥さん~ (8, 0.2%)

1 から家族たち, が演つた芝居, が環さん, と小説, のよう, の行方, の間, は私

▼ 奥さんだけ~ (7, 0.2%)

1 お一人, です, ですか, でなくです, サナトリウムにでも, 別に, 居て

▼ 奥さんとが~ (7, 0.2%)

1 うけ合ったところ, まだ単に友達, 並んで, 二人の, 仲善し, 来られて, 言葉を

▼ 奥さん~ (7, 0.2%)

1 かおこ, か面白い, てよく, でしたら僕, でもありません, にも軽部君, も御

▼ 奥さん~ (7, 0.2%)

1 でこれ, とは違, とは違います, の, のいろいろ, のやう, の負担

▼ 奥さん自身~ (7, 0.2%)

1 からも聞い, でもそれ, で勝手口, で受取り, にも多く, は五歳, やって来た

▼ 奥さんそれ~ (6, 0.1%)

1 はあなた, はお, はそれ, はほんとう, はまったく, は御

▼ 奥さんなんか~ (6, 0.1%)

2 このま 1 あなたよろしい, きらひだ, けっして下, ふだん足踏みも

▼ 奥さん~ (6, 0.1%)

1 がなん, てとても, でさながら, は出, ばかりで, もおれ

▼ 奥さん~ (6, 0.1%)

2 の女, の婦人 1 のすっきり, のひと

▼ 奥さん~ (5, 0.1%)

1 兎に, 又権妻さん, 如何にも, 娘さんかからの, 誰かに

▼ 奥さんからの~ (5, 0.1%)

1 おつかい, お見舞, たよりは, 御報告, 通知に

▼ 奥さんそう~ (5, 0.1%)

1 いわんでど, でしょう, では, 易々と, 神経的に

▼ 奥さんそんな~ (5, 0.1%)

1 の読ん, ひとな, 元気の, 男と, 野暮な

▼ 奥さんでも~ (5, 0.1%)

1 お貰いに, こんな夢, すぐ出来ます, ないお嬢さん, なければ

▼ 奥さん~ (5, 0.1%)

1 お土産, とどけて, 堀さんと, 気高い親切, 贈物だ

▼ 奥さん一人~ (5, 0.1%)

1 だったの, でしたこと, でたくさん, で大変, を操縦

▼ 奥さんあの~ (4, 0.1%)

1 人には, 尨犬が, 旦那さまは, 雑貨店の

▼ 奥さんからは~ (4, 0.1%)

1 不憫な, 到底自分, 皮肉な, 近頃主人

▼ 奥さんからも~ (4, 0.1%)

1 お嬢さんからも, たしかに退職手当, もったいない言葉, 伺った事

▼ 奥さんがた~ (4, 0.1%)

1 がなさる, がはじめて, に贈っ, は受納

▼ 奥さんその~ (4, 0.1%)

1 人は, 娘を, 時御, 荷車の

▼ 奥さんだろう~ (4, 0.1%)

1 かと問題, か余り, が側, と竹さん

▼ 奥さんちょっと~ (4, 0.1%)

1 ここで, たいて, 伺いますが, 隣りの

▼ 奥さん~ (4, 0.1%)

2 やない 1 やちよ, やねえ

▼ 奥さん~ (4, 0.1%)

1 のも, ば外の, 奴が, 誰の

▼ 奥さんでしょう~ (4, 0.1%)

1 あなたを, か, ね, 小説を

▼ 奥さんとして~ (4, 0.1%)

1 おつき合い, どうしてさう, 出来るだけの, 恥ずかしからぬ

▼ 奥さんどうぞ~ (4, 0.1%)

1 世話を, 叶えて, 叶えると, 御免下さい

▼ 奥さんについて~ (4, 0.1%)

1 各々一席弁じ, 実験し, 抽象的ながら, 語るべき何物

▼ 奥さんぼく~ (4, 0.1%)

1 からはつきり, のフトコロ, は多少, をあわれんだ

▼ 奥さんよりも~ (4, 0.1%)

1 よほど技巧, ズット背の, 更に専制的, 遥に

▼ 奥さん今夜~ (4, 0.1%)

1 からあなた, はどうか, はねすてき, もし逢っ

▼ 奥さんあれ~ (3, 0.1%)

1 じゃ胃病, にはまた, は高根

▼ 奥さんくらい~ (3, 0.1%)

2 気むずかしい人 1 無頓着な

▼ 奥さんここ~ (3, 0.1%)

1 が医務室, にいます, に牛

▼ 奥さんしっかり~ (3, 0.1%)

1 して, しなくては, なさい

▼ 奥さんだけが~ (3, 0.1%)

1 わたしを, 例外な, 歌いそれ

▼ 奥さんちよ~ (3, 0.1%)

1 つと, つと不眠症, つと坐つ

▼ 奥さんである~ (3, 0.1%)

1 のだ, 以上は, 老尼僧

▼ 奥さんでした~ (3, 0.1%)

1 がえらい, ね, のよ

▼ 奥さんでなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばどこ, ばならなかった, ば開けられない

▼ 奥さんとしては~ (3, 0.1%)

1 いわゆる芸術的教養, もうご, 矢代家の

▼ 奥さんどうか~ (3, 0.1%)

1 あけて, こんなこと, して

▼ 奥さんなり~ (3, 0.1%)

1 お嬢さんなりの, 女なり, 恋人なりの

▼ 奥さんにでも~ (3, 0.1%)

1 いいから, するよう, なって

▼ 奥さんにと~ (3, 0.1%)

1 つては, つて精神上の, 云いかけて

▼ 奥さんへの~ (3, 0.1%)

1 お土産, 手紙を, 気兼ねからか

▼ 奥さんまだ~ (3, 0.1%)

1 すいかは, 何か, 蟹きません

▼ 奥さんまでが~ (3, 0.1%)

1 この可愛い, 本当にそう信じ, 此処に

▼ 奥さんより~ (3, 0.1%)

1 お内儀さん, 年下だった, 当面の

▼ 奥さんわたし~ (3, 0.1%)

1 からお, の部屋, はまだ

▼ 奥さん~ (3, 0.1%)

1 のうち, はそんな, も申した

▼ 奥さん子供~ (3, 0.1%)

1 が欲, と称し, はない

▼ 奥さんあんまり~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 美味いので

▼ 奥さんいかが~ (2, 0.0%)

1 です, ですの

▼ 奥さんいけません~ (2, 0.0%)

2

▼ 奥さんお嬢さん~ (2, 0.0%)

1 を私, 行って

▼ 奥さんお客さん~ (2, 0.0%)

1 など主, はどうか

▼ 奥さんお金~ (2, 0.0%)

1 ってもの, をうけとらない

▼ 奥さんかと~ (2, 0.0%)

1 思うたよ, 見違えちゃったわ

▼ 奥さんこそは~ (2, 0.0%)

1 呑気な, 悪玉である

▼ 奥さんこんな~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 奥さんさぞ~ (2, 0.0%)

1 怒って, 怒つて

▼ 奥さんたる~ (2, 0.0%)

1 や若く, コケンを

▼ 奥さんだけに~ (2, 0.0%)

1 お目, 今日の

▼ 奥さんであった~ (2, 0.0%)

1 としたら, ひとが

▼ 奥さんでは~ (2, 0.0%)

1 ないといふ, 慰めること

▼ 奥さんとか~ (2, 0.0%)

1 ジャンさんとかいう, 女中さんだ

▼ 奥さんどうも~ (2, 0.0%)

1 それは, 遅くな

▼ 奥さんどんな~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 奥さんない~ (2, 0.0%)

2

▼ 奥さんにだって~ (2, 0.0%)

1 すまないと, 負を

▼ 奥さんにな~ (2, 0.0%)

1 つてピエルミで, つて二人前苦しまなけれ

▼ 奥さんに対して~ (2, 0.0%)

1 なおってもね, 何の

▼ 奥さんひとり~ (2, 0.0%)

1 の生徒, を喜ばせたい

▼ 奥さんまあ~ (2, 0.0%)

1 こっちへ, 彼方へ

▼ 奥さんみたい~ (2, 0.0%)

1 なお, になれ

▼ 奥さんよりは~ (2, 0.0%)

1 御主人, 遥に

▼ 奥さんらしく~ (2, 0.0%)

1 アッパッパを, 向上させ

▼ 奥さんらしく見える~ (2, 0.0%)

2 人が

▼ 奥さん一人きり~ (2, 0.0%)

1 だと, というわけ

▼ 奥さん今日~ (2, 0.0%)

1 は僕, も一日

▼ 奥さん代り~ (2, 0.0%)

1 で気, をやる

▼ 奥さん何とか~ (2, 0.0%)

1 して, 鳧を

▼ 奥さん~ (2, 0.0%)

1 の旅順大学, の達者

▼ 奥さん先生~ (2, 0.0%)

1 のごと勉強, のところ

▼ 奥さん同様~ (2, 0.0%)

1 なひどい, のジロリ型

▼ 奥さん~ (2, 0.0%)

1 にお, 出鱈目です

▼ 奥さん大丈夫~ (2, 0.0%)

2 ですよ

▼ 奥さん奥さん~ (2, 0.0%)

1 と外, と言っ

▼ 奥さん月並~ (2, 0.0%)

1 と云う, の標本

▼ 奥さん本当~ (2, 0.0%)

1 だって, の主婦

▼ 奥さん~ (2, 0.0%)

1 てかえり, で

▼ 奥さん~ (2, 0.0%)

1 がきかない, を落し

▼ 奥さん泊り~ (2, 0.0%)

1 に行かう, に行こう

▼ 奥さん~ (2, 0.0%)

1 でない技術, でね

▼ 奥さん貴女~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 奥さん近頃~ (2, 0.0%)

1 どんな具合, は女学生

▼1* [315件]

奥さんたくしやつ, 奥さんあたり前の男, 奥さんあなたのですか, 奥さんあなた自分だって大概気, 奥さんあまり御不自由, 奥さんありがとうございました, 奥さんいいお帽子, 奥さんいうても誰, 奥さんいっそ一緒にな, 奥さんいらっしゃるの, 奥さんうれしく樹明, 奥さんえらいですね, 奥さんおばあさん友達その人たち, 奥さんおらも子, 奥さんお嬢さんお嬢さんも久しく, 奥さんお嬢さんそれに女中, 奥さんお家の中, 奥さんお湯が立ちました, 奥さんお茶に附き合っ, 奥さんかいそれとも僕, 奥さんかうやつて, 奥さんかも知れないけれど, 奥さんからと言い漆, 奥さんかわいそうにまだ, 奥さんかんべんして, 奥さんがさつそくやつこ豆腐とビール, 奥さんがちゃあんと, 奥さんがという叔母の, 奥さんがね今朝から, 奥さんがもすこしなん, 奥さんきれいな奥さん, 奥さんぎりだったら僕はとうに, 奥さんこいだけは申し上げときます, 奥さんこうなさいよ, 奥さんこうしてもう長, 奥さんここらにはコレラ, 奥さんこそお眠い, 奥さんこの世の現実, 奥さんこの間は失敬, 奥さんこんなに傷が, 奥さん迷惑でしょう, 奥さんごらんなさい, 奥さんご存じないの, 奥さんう云, 奥さんさあお酌を, 奥さんさえこんな事, 奥さんしかしまずかった, 奥さんしつかりして下さい, 奥さんやいらつ, 奥さんすみませんがこの, 奥さんせっかくだから, 奥さんそういう概括は, 奥さんそっくりと思える, 奥さんその後いか, 奥さんそりゃあんまりです, 奥さんそれからこの店, 奥さんそれでは何分願ます, 奥さんそれどころじゃありません, 奥さんそれならそのお, 奥さんそれほど美人じゃ, 奥さんたいへんお手数を, 奥さんただ今私が, 奥さんたちわたしくやしいっ, 奥さんだけは帰つて来られた, 奥さんだけをベクナイさんと, 奥さんだったのです, 奥さんだったら仕事が, 奥さんだの芸者さんが, 奥さんちっとも御遠慮, 奥さんちつとも変りません, 奥さんちょいとまるで, 奥さんちょっとした諧音の, 奥さんちよッとお待ち, 奥さんおらは, 奥さんつてどんな方, 奥さんつて本当かい, 奥さんつとめて居るし, 奥さんてば私の, 奥さんであったろうと想像, 奥さんでありあるいは浩之介共犯説, 奥さんでありませんからやはり, 奥さんできるかね, 奥さんでないらしくてねお, 奥さんでねまきも, 奥さんといふのは, 奥さんとこへ行っ, 奥さんとても大人しいん, 奥さんとともに苦しみもっともっと, 奥さんとどつちが, 奥さんとに似て, 奥さんとにかくその話, 奥さんとにて先に, 奥さんとまで言われたこと, 奥さんとを同時に, 奥さんとんだおかる, 奥さんどうかよく考えて, 奥さんどうしてこの秘密, 奥さんどうやら子供を, 奥さんどこ行くか, 奥さんどころでは, 奥さんなおしてみせます, 奥さんなかなか出て, 奥さんなど皆で, 奥さんなどと言って, 奥さんなどは愁は, 奥さんなども随分大切, 奥さんなるものの, 奥さんなればこそで, 奥さんなんかはあまり御, 奥さんなんかより又もう, 奥さんなんかを世話する, 奥さんなんてあたし知らない, 奥さんにだけお逢いし, 奥さんについてはただ美しい, 奥さんについても一概に不貞, 奥さんにつれ出されました, 奥さんにとっては神々しいよう, 奥さんにや敵は, 奥さんに対しても始終こういう, 奥さんに対する責任上一応, 奥さんのなげきを, 奥さんはじめ母のほう, 奥さんはじめ私たちがみんな, 奥さんはずッと無言, 奥さんはと尋ねました, 奥さんはね僕の, 奥さんはははは今日ア, 奥さんはみさをと, 奥さんばかりぢや, 奥さんばかりじゃないの, 奥さんびっくりしては, 奥さんへまで注意を, 奥さんべつにあの気味, 奥さんほんとに描き, 奥さんまかれちやいけません, 奥さんまた商人の, 奥さんまだいろいろ残って, 奥さんまで離縁した, 奥さんてえ, 奥さんみたような, 奥さんみづからが, 奥さんみんなに売っ, 奥さんめしあがつてみ, 奥さんもう直き立派, 奥さんもう少しで貴女, 奥さんやっぱり昔は, 奥さんやら車屋の, 奥さんよくも恥をか, 奥さんらしくなったね, 奥さんてに始末, 奥さんわるいことは, 奥さんをよこどりする時, 奥さんウチの社, 奥さんキュラソオでもお上, 奥さんキレイな人, 奥さんコーフンなすつたらいけん, 奥さんチウのはヨッポド別嬪さん, 奥さんノイローゼですよ, 奥さんノブちゃんの心境, 奥さんハーキュリスの牛, 奥さんピアノをどうぞ, 奥さんフランス語を話す, 奥さんミズムシだね, 奥さんロボ助っても通じます, 奥さん返行って, 奥さん一つ僕の橋渡し, 奥さん一つ試めして, 奥さん一寸黙って, 奥さん一文の収入, 奥さん一生の願い, 奥さん三沢という男, 奥さん不仕合せなの, 奥さん世の中に悲しい, 奥さん久能夫人静江の伯母, 奥さんの出る, 奥さん五・一五事件の折り, 奥さん亡くされてそう, 奥さん亡くなった後な, 奥さん亡くなられてから一年, 奥さん京千代さんは半玉, 奥さんは誰, 奥さん人数は少ない, 奥さん人間はいくら, 奥さん今のを聞いた, 奥さん今年はあなた有卦, 奥さん今日退院なさるの, 奥さん今更そんな事, 奥さん仕出屋の内儀さん, 奥さん以外には誰, 奥さん好く話し合いましょう, 奥さん任せにし, 奥さん何んな芝居, 奥さん余計なこと, 奥さんはね東京時代, 奥さん働いてるの知ってる, 奥さんに風呂, 奥さん先刻の続き, 奥さん光子さんは帰っ, 奥さん兵隊さん来やはりました, 奥さん出張すると, 奥さん判りますか, 奥さん勿体ねえ, 奥さん吃驚しちやつたン, 奥さん同志が出合う, 奥さん向きの家庭音曲, 奥さん吾家の母親さん, 奥さん継と, 奥さん坊ちやんありがたう, 奥さんなの, 奥さんの男, 奥さん大いに今から, 奥さん大じょうぶですよ, 奥さん大事にし, 奥さん大原さんのお, 奥さん大好きで大好き, 奥さん大騒ぎで両国駅, 奥さんでは藻西太郎, 奥さん奥さん今年はあなた有卦, 奥さん奥さん月並の標本, 奥さん女房持ちの男, 奥さん好い新しい蜜柑, 奥さん始め家のもの, 奥さん宿やはあの, 奥さん富子夫人や僕, 奥さん小遣銭で外濠線, 奥さん少しも舐めなさらん, 奥さん左様なら, 奥さんを買つて, 奥さん帽子はその, 奥さん幾つ押せば, 奥さん待つてやしない, 奥さん御新造さんおかみさんという順序, 奥さん御飯と云, 奥さん心配なさらないでも, 奥さん思いのほか大手術, 奥さん思いったら君一週間奥さんから, 奥さん息子をはじめ, 奥さん悪くとらないで, 奥さん意地張りたい, 奥さん我々は来年, 奥さん批評はかんべん, 奥さん持ちですわ, 奥さん描きに来た, 奥さん支倉は今, 奥さん支倉さんなんかにくっつい, 奥さん文代さんのこと, 奥さん方太太ですらも, 奥さん旦那さん反物入りまション, 奥さん早うおいで, 奥さん昨日はね屋根, 奥さん時間があるなら, 奥さん木曾乃と女中, 奥さん本所の阿, 奥さん東京にいた, 奥さん松茸をお, 奥さん柿ナマスはキザ柿, 奥さん梅干を煮ます, 奥さんの人, 奥さん此処で御飯, 奥さん此方に来, 奥さん此間のあなた, 奥さん気に入ったな, 奥さんへ手, 奥さん津田君が変った, 奥さん流行りましたね, 奥さん淋しがるなって, 奥さんの大, 奥さん生活を営む, 奥さんかという意味, 奥さん田舎さ帰ったら当分, 奥さん申訳がありません, 奥さん瘤神社へお, 奥さん百姓というもの, 奥さん直ぐに良く, 奥さん済みませんけど, 奥さん相手に語った, 奥さん社会の風習, 奥さん私どもがあの, 奥さんは大抵三口半, 奥さんの心, 奥さん綺麗になつたわね, 奥さん自分の気持, 奥さん自身のと, 奥さん自身嘘と知り, 奥さん色々どうも御馳走でした, 奥さん苦沙弥君はどう, 奥さん萬歳をやる, 奥さん蕎麦を食う, 奥さん行ってらっしゃい, 奥さんは妻, 奥さん西洋人の親, 奥さんて下さい, 奥さん見えますか, 奥さん見ず知らずの男, 奥さん見たように, 奥さん見たいに虫, 奥さん見馴れないお鍋です, 奥さん許して下さい, 奥さん評判いいのよ, 奥さん誤解しないで, 奥さん誰々のところ, 奥さん謝れなら謝りまんがそれぢや, 奥さん讃美が例, 奥さんふとい, 奥さん貰うんだったら, 奥さん貰えばいい, 奥さん貴方が音頭, 奥さん買って下さい, 奥さん連中が西側, 奥さんを貸し, 奥さん長靴を穿こう, 奥さん難有う, 奥さん電車賃はいくら, 奥さん騎手ってもの, 奥さんあつて台所