青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「外套~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

夕飯~ ~外 外~ 外れ~ 外交~ ~外出 外出~ ~外国 外国~ ~外套
外套~
外部~ ~多 多~ ~多い 多い~ ~多かっ 多かっ~ ~多き 多き~ ~多く

「外套~」 2946, 30ppm, 3831位

▼ 外套~ (1200, 40.7%)

202 着て 23 きて 22 脱いで 15 ぬいで, 着たまま 12 著た 10 着た 9 ぬぎながら, 持って 8 取って, 脱いだ, 著て 7 着た女, 脱ぐと 6 引っかけて, 持つて, 着せて, 着た男 5 内側から, 羽織って, 頭から

4 [11件] かけて, 取りに, 着し, 着たり, 着た若い, 着ながら, 着込んで, 肩に, 脱ぎながら, 被って, 裏が

3 [18件] かかえて, かぶって, つけた女, ひっかけて, ひつかけ, ボロボロに, 手に, 着, 着けて, 着たの, 着た紳士, 纏って, 纏ひ, 背に, 腕に, 著こんだ, 透して, 重ねて

2 [56件] きこんで, きたの, きたまま, きた男, つけて, とる, どうしても私, ぬいだ, ぬぐと, ひろげて, もって, 体に, 出して, 剥いで, 取り出して, 受取って, 受取ろうと, 引っかけると, 引掛け, 引掛けた, 引被け, 彼女に, 思ひだすとき, 懸けて, 抱えたまま, 拵えたいな, 持ッて, 掛けて, 椅子の, 用う, 着けその後, 着けたる一個, 着こんで, 着たま, 着たもの, 着たコムソモール, 着たプロレタリアート, 着た外国人, 着るの, 着市役所, 着更, 着用し, 羽織つた, 肩へ, 脱がして, 脱がせて, 脱ぎ給, 脱ぐの, 被けて, 被た, 見た, 見に, 貰いに, 質に, 身に, 透る午後四時

1 [596件 抜粋] あげるよ, あずけた, あわただしく引っ掛ける, いぢくつ, うんと着込ん, おきモストルグ, おぬぎなさい, お取りし, お忘れ, お揃いで着, お着なさい, お脱ぎなさいってば, かきあわそうとも, かくしたり, かけながら, かけ頭, かして, かなぐり捨てアマチュア, かぶり一寸, かぶる, きせかけて, きせて, きた, きたり, きた素子, きた若い, きた赤軍, きた門番, きちんと着, きるの, くれたの, こ, こしらえさせた, こすり続けながら, さっと脱がれました, しっかり着こん, しつかりと, じっと見る, すっと脱いだ, すっぽりかぶり, すつぽ, そう大事そう, そっと接吻, そのお金, そのまま着, それが, そんなに地, たすけて, つかんだ, つけた, つけたアトラクティブ, つけたソコーリスキー自身, つけた伸子, つけた僕, つけハット, つけ帽子を, つけ泥, つけ赤い, つめて, ですか, とりに, とりゆっくり, とり出した, とり卓上, とると, どうしてあんな, なげすてて, ぬいだばかり, ぬいだり, ぬがず又, ぬがせた, ぬぎ, ぬぎあたたかい, ぬぎくたびれた茶色, ぬぎすてて, ぬぎすてながら, ぬぎすてようと, ぬぎすてると, ぬぎすてテイブル, ぬぎなさい, ぬぎに, ぬぎました, ぬぎもちもの, ぬぎピケ帽, ぬぎマフラー, ぬぎ二階, ぬぎ幾らか, ぬぎ荷物, ぬぎ襟巻, ぬぎ雪, ぬぎ頭, ぬぐ, ぬぐこと, ぬぐの, ぬぐ間もなく, ぬごうとも, はおったもう, はおって, はおらせたり, はおりは, はおりボルドー, はぎとられ膝頭, はずしそれ, ひしと絡, ひっかけ, ひっかけたまま, ひっかけた大きな, ひっかけると, ひっかけ日本, ひっかぶった, ひつか, ひつかけた, ひとまとめに, ひろげ更に, ひッ, びっしょり雨, ふっくりと, ふるったら室じゅう, ぶわ, ほめちぎるの, ほんとの, ぽんと, またその, また脱い, まといさきごろ須藤時一郎, まといスカーフ, まとい少し, まとう手段, まとつて, もう一度身, やったの, やるやらないの, わたしが, クリーニングする, スラれる, ハイヒールが, パチパチ弾い, ペトローヴィッチの, ボタンで, 一つ拵え, 一層ひしと掻きあわせる, 一枚お貸, 一枚き, 一着持つ, 三枚持つてる, 上から, 下さい, 下へ, 下半身に, 丸めると, 乃木少将に, 乾したとき, 二枚重ね, 二重に, 今一度身に, 仕立てあげるの, 仕立直し, 伝わって, 作って, 作る丈, 偏肩に, 僕は, 再び着直し, 出さして, 出しとけ, 出しに, 初めて着, 刺すやう, 前はだけに, 剥いだという, 剥ぎとろうという, 剥ぎ取られたなどという, 剥取る, 卷きつけて, 取つて, 取り上げそれ, 取り上げて, 取り上げ家, 取り出した, 取り出す, 取るかを, 取る気, 取上げると, 受け取り太く, 受取った, 受取つて居る, 受取りながら, 受取ろうとして, 叩いたり, 召され左手, 召して, 和服の, 固緊, 壁から, 壁に, 売ったって, 売払おうと, 売払った, 奪った犯人, 妻と, 寝台の, 小脇に, 少女に, 届けに, 岩の, 差出した, 巻いて, 平気で, 引きずった満, 引きずるよう, 引きつくろうと, 引きよせ, 引っかけた, 引っかけた十四五, 引っかけた菅子, 引っかけ黙って, 引っかぶり, 引っぺがしてやるんだ, 引っ掛けて, 引つかけて, 引つかけると, 引つけずには, 引つ掛けて, 引被って, 引裂いて, 強奪された, 当てがっ, 彼女の, 彼方へ, 後から, 御着せし, 心に, 忘れて, 思ひがけ, 恭, 恰好よく, 懸ける釘, 手離した, 打ち振るよう, 打被ぎて出づる後, 払った, 投げかけその, 投げだした, 折畳みに, 抱えて, 抱えながら, 抱へ, 押遣って, 持たせて, 持たぬの, 持たんの, 持ち出して, 持ち片手, 捜して, 掛けまして, 掛けるや, 探したが, 探し出したところ, 探すらしく頭, 探ったが, 掴もうと, 握って, 放さなかった, 敷いて, 敷く人妻, 新調し, 新調せず, 暴徒らは, 有って, 柱の, 欲しいくらいの, 欲しがらない, 止しました, 汚した事, 波うたせ開いた胸, 注文し, 深々と, 濡らして, 無断で, 片そで, 片手で, 片手に, 猫背に, 獅子の, 用意し, 畳んで, 痩せた身体, 相変わらず着, 眺めたもの, 眺めて, 着かけて, 着けはじめたの, 着ける, 着け太い, 着け尖った兜, 着こむともうすることはなかった, 着こんで片手, 着さて, 着ず, 着ずに, 着せかけて, 着せた, 着せたから, 着せようと, 着せる, 着せ掛け乍ら, 着その, 着たあご髯, 着たちょっと, 着たなり, 着たほう, 着たままズンズン二階, 着たまま椅子, 着たるが, 着たれば, 着たアメリカ女, 着た一人, 着た三人, 着た三十恰好, 着た両手, 着た乘手, 着た儘, 着た十二三, 着た同志, 着た四十五六, 着た士官, 着た姿, 着た小柄, 着た巡査, 着た広田先生, 着た彼女, 着た瀬川雅夫, 着た父, 着た男たち, 着た異様, 着た相当品格, 着た稲妻, 着た立派, 着た競馬, 着た素晴らしい, 着た職工風, 着た背, 着た自分, 着た若く, 着た草鞋脚半, 着た落ちつき, 着た葉子, 着た見張り番, 着た通り魔, 着た酒井, 着た野郎, 着た門番, 着た顋髯, 着た顔色, 着た鳥打帽, 着た黒, 着ても, 着てるん, 着てるスコットランド兵, 着ない懷, 着ない校長室, 着はじめたので, 着もう, 着ようと, 着る, 着るでしょうへ, 着るとき, 着るばかりに, 着る程, 着る間, 着れば, 着フェルト, 着プラトーク, 着大司教, 着毛, 着焦茶色, 着狐, 着紫, 着込まうと, 着込み帽子, 着込み温かい, 着込むと, 着込んだペンギン鳥, 着銃, 着頭, 着頭巾, 着鳥打帽, 短く着, 穿つの, 絡へる, 給仕に, 給仕の, 緊かと, 締合は, 纏うて, 纏った四十前後, 置いて, 置いても, 羽おり, 羽織った女, 羽織った椅子代, 羽織った粋, 羽織った鼻, 羽織つて, 羽織つてゐた, 羽織つて酒を, 羽織り柔かい, 羽織り腰, 羽織り赤い, 羽織るやう, 肩から, 肩にかけ, 肩の, 背中に, 背負って, 脱いだばかり, 脱いだり, 脱いだりなんか, 脱いだ寒, 脱いだ彼, 脱がせたり, 脱がせようと, 脱がせるため, 脱がせ易い, 脱がなかつたの, 脱がれること, 脱ぎかけた, 脱ぎかけました, 脱ぎすてざま, 脱ぎすてた, 脱ぎすてるやう, 脱ぎすてるよう, 脱ぎたいほどの, 脱ぎながらも, 脱ぎは, 脱ぎもともと, 脱ぎドア, 脱ぎ丁寧, 脱ぎ上着, 脱ぎ上衣, 脱ぎ乍ら, 脱ぎ出した, 脱ぎ帽子, 脱ぎ捨て, 脱ぎ捨てると, 脱ぎ棄て, 脱ぎ眞野, 脱ぐ, 脱ぐこと, 脱ぐよう, 脱ぐ必要, 脱ぐ時, 脱げば, 脱ごうとして, 脱して, 脱するまま, 脱捨, 腋の下に, 葉越に, 著頭巾を, 著頸に, 被たま, 被つた四十がらみ, 被つた黒帽, 被つて, 被ても, 被り忙し, 被るにも, 裁つで, 襯衣の, 覆いかけて, 見かけること, 見つけると, 見つめた, 見出すこと, 試みました, 詰襟に, 貰いたがるの, 貰うため, 買うなおし月曜, 買って, 買つて頂戴な, 身體に, 返して, 送って, 運んで, 遠慮なく拝借, 重ね着, 重ね頭, 鎧って, 長めに, 除し, 雪の, 預けた時, 預けて, 預ったまま, 預る, 預所, 風に, 飜し

▼ 外套~ (780, 26.5%)

121 襟を 31 袖を 22 ポケットに 18 ポケットから, 下に, 襟に 14 裾を 13 襟の 12 下から 11 前を 10 ボタンを 9 ポケットへ, 肩を, 頭巾を 8 男が, 胸を 7 ポケットの, 上から, 袖に 6 ま, 内ポケット, 襟で 5 ような, 上に, 袖で, 釦を 4 ように, 下で, 背中に, 衣嚢に, 裾が, 隠袋, 雪を

3 [11件] かくしから, かくしに, ことを, やうに, ポケツトに, 下の, 肩に, 袖から, 裾から, 襟へ, 隠しへ

2 [26件] かげから, せなか, ポケットには, ポケットを, ポケツトへ, 下へ, 下を, 中から, 中へ, 右の, 男は, 翼を, 肩には, 背を, 胸に, 腕を, 袖が, 袖の下に, 袖口と, 裾で, 裾に, 裾の, 裾は, 豆の, 隠しに, 領を

1 [277件] いそがしそう, いつもの, うつり能, うらにつける, えりに, えりの, えりを, おもて, お化けの, かかって, かくしが, かくしと, かくしへ, かげより, かたちした, かわりに, けばけばしい赤色, ことが, ことは, ごときもの, ごとく背, したから, したたりを, すそか, すそで, すそに, せいで, たけを, ために, ついたの, ついた軽, つもりで, できあがる時, どこかを, どんな隙, ない男, ない百姓, なかから, なかへ, なくなって, ぬがれるの, ばら銭を, ばんです, ひじを, ひだに, ふところか, ほうが, まま, ままあぐらを, ままうずくまる, ままその, まま坐った, まま失礼を, まま水へ, まま防火用の, やうな, ようだ, カクシなどに, カクシへ, カクシを, カラアの, カラーを, カラーボタンが, ハネを, ベルトを, ボタンぐらい, ポケットさがし, ポケットは, ポッケットから, ポッケットに, ポッケットへ, ポツケツトへ, 一件が, 一番上の, 丈も, 上にかけ, 上にも, 下からは, 下が, 下とは, 下には, 下縫いに, 世話を, 両肩, 両袖, 両袖口, 中で, 中に, 事じゃ, 二つの, 亡霊, 人が, 代りに, 仰山さには, 件で, 件に, 傍へ, 兒, 入った洋服箪笥, 内で, 内衣兜, 内隠し, 冬支度にて, 出来上る, 列が, 列である, 前に, 匂いが, 匂を, 半分で, 厚い煙, 右肩へ, 合わせ目, 同志が, 同志だった, 周囲に, 品さだめ, 哲学者は, 哲学者先生, 堆積で, 塵を, 大きな肥った, 大きな隠し, 女から, 女が, 女に, 女も, 姿で, 婦人共産党員の, 寒参りなんと, 幽霊が, 従業員の, 必要な, 怪婦人は, 感触や, 態で, 扮装を, 揶揄である, 斜めの, 方だった, 最も奧, 毛に, 毛皮が, 毛皮の, 水を, 波, 浮浪者に, 深い襞, 温くさ, 為めに, 熊蝉が, 片袖, 生地や, 由来や, 男の, 畳み目, 痩せた中年, 痩せた身体, 着かたや, 着替と, 着替一隅, 端を, 紐を, 素晴らしい美しい女, 紳士が, 紳士と, 絨毛が, 絨毛と共に, 羽を, 羽根の, 羽根を, 翼に, 老婆が, 職工が, 肘で, 肩から, 肩と, 肱を, 背に, 背中で, 背中の, 背中は, 背中を, 背後から, 背筋にまで, 背腰を, 脇に, 脇の下で, 脇を, 腋の下に, 腋の下へ, 腰へ, 膝を, 色が, 色で, 色に, 色にも, 色の, 若い女, 若い歩哨, 茶色っぽい, 蔭に, 蔽いから, 衣兜に, 衣兜より, 衣兜至る, 衣嚢の, 衣嚢へ, 衿を, 袖と, 袖の, 袖の下から, 袖の下を, 袖も, 袖や, 袖口から, 袖口で, 袖口に, 袖袋に, 袖袋へ, 裁断を, 裏が, 裏でも, 裏は, 裏を, 裏側に, 裡から, 裾と, 裾などが, 裾にく, 裾には, 裾も, 裾や, 襞からは, 襞という, 襞の, 襞を, 襟から, 襟などを, 襟も, 襟もとに, 襟や, 襟及び, 襟手首などに, 襟釦を, 見知らない人, 註文などが, 貝ボタンの, 賃料は, 身を, 転轍手は, 連中に, 連中は, 重ね着を, 釦と, 釦に, 釦の, 釦孔に, 長いの, 間へ, 隠しから, 隠しの, 隠しを, 隠袖, 隱し, 青年を, 頃を, 頭巾で, 頭巾の, 頭巾ばかりを, 頭巾目深の, 顎まで, 高い襟, 黒い胸, 黒い裙, 鼠色が, 鼠色のを

▼ 外套~ (183, 6.2%)

17 身を 15 くるまって 6 手を 5 包まれて 3 腕を, 雪駄ば 2 くるまつて, くるんで, 僕自身の, 包んで, 帽子を, 深い長靴, 靴に, 顔を, 鳥打を, 鳥打帽を

1 [114件] あた, くるまったその, くるまったどんな, くるまったなり, くるまったまま, くるまったジョンドレット, くるまった二人, くるまった男, くるまった肥った博士, くるまった顔, くるまつたその, くるまつたま, くるまりいつ, くるまりながら, くるまり帽, くるまると, くるまれた膝, こもつて, しっかりと, しようかしら, すがりついて, すがりつく, すぐシャツ, すっぽりくるん, する, するかと, するの, ついた無数, ついた雪, ついて, つけた外交官, つけて, つける黒貂, とりすがって, なった, なりは, なり外套, のぼりついて, ひどいカギザキ, ぴったりと, ふかふかした, ふちの, へんなぐ, ほかならなかった, もっと古ぼけた, よりけりでし, アストラカンの, ゴム引きの, ハンティングを, ピカピカ光る, ピンが, ブツつ, プラトークす, ベレーも, 中折帽子赭ら顔に, 今年も, 仕立る, 似せて, 似た広, 入つて, 入れて, 冬の, 別れること, 包まっ, 包まつた酒壜, 包まれた緑川夫人, 包まれた腰, 包まれた裸女, 包まれては, 包まれ生ける国, 包み珈琲, 包んだまま, 包んだ身体, 同じやう, 同じ帽子, 同じ色, 宝石の, 左う, 恰好の, 手を通して, 掛けさせて, 揃いの, 支えられ潮, 欲しい冬, 毛の, 毛糸の, 洋傘を, 灰色の, 焦茶色フェルト帽きびきび, 片手を, 白いマフラー, 着かえたし, 破れかけた古, 穴が, 緑色の, 羊皮の, 腰の, 茶の, 蔽ひ, 角巻の, 触れて, 赤縞の, 運動帽子という, 金襴の, 防寒帽を, 雨の, 雪を, 電車賃が, 頬かむりしぬ, 鳥打帽子の, 鳥打帽子商家の, 黒いちび, 黒の, 黒貂の

▼ 外套~ (96, 3.3%)

3 着て 2 どうした, 雨に, 風に

1 [87件] あら田辺音松, おろか下, お脱ぎにならなくてもいいのよ, かかって, こちと, しみじみ述懐, ぜんぜん新しい, そのままするりと脱がされ, その女, ちゃんと枕もと, ちやんと, どうするだろう, なるべく自分, はや畳まれ, ひとつぜひとも, ほどいたまま, まだ発明, やはり警察, グレイだった, チェスターフィールドだ, メリケン兵の, 一つに, 上衣と共に, 下ってる, 世にも珍しい, 人前へ, 仏蘭西においても, 何の, 全体それは, 判切霜降とは, 力んで, 勿論毛製, 友だちに, 取り返されてたので, 君から, 呶鳴つた, 外毛に, 宿へ, 小林の, 少許, 左から, 彼の, 必要に, 急に, 悪くは, 所謂防寒衣でありまし, 抑えられたかと, 折り畳んだまま, 日蔭町物の, 暮に, 朝には, 構わないん, 残って, 氷柱の, 永遠に, 泥だらけであった, 洋杖も, 焦茶色の, 特に取り立て, 玄関の, 現在あ, 田舎に, 申し分なく, 申し分なし, 百弗から, 着たま, 着たまま, 着られまいと, 着るあつ, 祖父の, 私が, 結局正, 脱いだと, 脱いで, 腰を, 落ちたり, 薄ツぺらで, 薄茶と, 裏毛に, 見よ, 見窄, 身たけなどを, 身体に, 釘に, 青味がかった, 鷭です, 黒い

▼ 外套~ (94, 3.2%)

7 着て 4 脱がずに 3 帽子も 2 ぬがず壁, ぬがないで, 服も, 着ずに, 着ないで, 脱がないで

1 [68件] ある皮手袋, うっちゃって, およそ身, お祭り, きて, ございませんの, そして首巻, その, その青空, それから又同志帆立, つけて, とらずに, ない, なかなかよろし, なくぬれ, なく濡れ, なしに, みんなひどい, 一人で, 一度は, 上等ならしむる, 付けず露, 女の, 帽も, 引っかけたまま, 忘れて, 拵えなかったん, 持たず冬, 持たなかつた私達, 持たねば, 持ち合, 持って, 持つて, 早や, 時計も, 東京の, 染料の, 歩いてる午後七時, 渋い好み, 無ければ, 無しに, 無惨な, 燃えるよう, 疲れて, 真黒に, 眼に, 着ずゲートル, 着ず帽子, 着たまま, 着られなかった, 着られなかつた, 私が, 粉を, 置きつぱなしで美松, 脱いで, 脱がず庭, 脱がず悠悠, 脱がず珍, 脱がず革帯, 船中の, 若いルセアニア, 著ず, 著て, 被なかつたの, 襟巻も, 重苦しく感じない, 雨具も, 黒ずくめで

▼ 外套~ (84, 2.9%)

2 見えないん

1 [82件] あったの, あらわれた, ありつこが, あると, あるのに, あるばかり, いかにもむく, おほへる, かかって, くっきりと, ぐいと引かれた, こんがらかって, しかしなかなかよく, それな, だいいち怪し, だいいち怪しかっ, ちょっと眼, ちらついて, できるという, ないと, ないよ, なかつたので, なくって, なければ, なま傷だらけ, はやつて, ぱっとその, ひっかかって, ひとつ残つてゐる, ほしいだろう, ほしいん, ぼろぼろに, まるで吹きちぎられる, やはり同僚たち, よく似合っ, ジョンドレットの, 一寸眼, 一枚あつ, 一番大きい, 下ぶくれ, 乱雑に, 出て, 声を, 外へ, 夜から, 届けられるという, 幾つか, 引っかかって, 引っかかりに, 影法師の, 彼の, 悠然と柳, 投げかけて, 投げ出して, 振返って, 新調だ, 欲しいくらい, 欲しいって, 欲しいつて, 欲しいやう, 殊に美し, 気にいって, 水を, 獲物の, 玄関番の, 田舎紳士丸出しだ, 着られるね, 肩で, 脱ぎたくなる程, 膝の, 茶色の, 著しく目立った, 藪を, 要るん, 覆うて, 身体に, 重ねて, 鎧の, 長く流れ, 長過ぎる, 間抜けな, 黒い柔かさ動物

▼ 外套~ (83, 2.8%)

18 帽子を 6 帽子とを 2 上衣を, 帽子が, 帽子と, 靴を

1 [51件] あご鬚が, あの青空, いうよりも, いっしょに, お召物を, その裏, それから, それから毛布, つてよ, つばの, キッドの, ステッキとが, ステッキとを, ズボンとが, ビロードの, リラの, 上着と, 上着の, 上衣の, 二足の, 云は, 制服の, 双眼鏡を, 同じやう, 吾妻コウト, 吾妻コートを, 帽子の, 春の, 毛皮の, 氷河鼠の, 海狸の, 深靴, 痘瘡だらけの, 縁なし, 羅紗の, 羽織と, 羽織を, 肩掛との, 若い人, 襟巻に, 角帽とを, 長靴と, 間違つて入れ, 雪靴の, 青空, 青空の, 靴とを, 靴下は, 頭巾とで, 頭巾を, 黒狐裏表の

▼ 外套~ (42, 1.4%)

6 帽子を 2 上衣や

1 [34件] その他の, その他色んな, カバンなら, ケープを, スカーフが, ステッキを, スーツで, ヅボンの, マントが, レインコートは, 上着や, 上衣を, 其の他, 大礼用の, 手柄を, 手袋をか, 時計や, 服は, 洋服が, 着物が, 紐で, 肩掛膝掛などの, 背広の, 臘虎の, 被布やを, 袴の, 襟卷き, 襟巻の, 襟巻を, 防寒帽子雪沓などを, 靴が, 靴や, 靴を, 麦藁帽子の

▼ 外套~ (31, 1.1%)

2 丁度よかっ, 脚を, 顔を

1 [25件] あつた, かくして, しっかりと, ぞろりは, わかって, 仔熊の, 入交って, 出たが, 出て, 外を, 後に矢代, 御免と, 恁う, 慄える, 掩ふた, 旅費を, 映画の, 洩れなく被い風, 深く包まれ, 深く身, 繩を, 股火を, 身体を, 隠した国際裸体婦人同盟員, 黒い中折帽

▼ 外套~ (25, 0.8%)

1 [25件] から聞いた, がいい, がこの, がこれ, が大, が懐し, が故郷, が言, とし, と寸毫, のいう, の従姉, の時, の膝, の鼾, はお, はぽく, はやや, は形, は振返っ, は笑った, は肩, は苦笑い, ばかりを残し, を驚かし

▼ 外套でも~ (17, 0.6%)

1 [17件] あるかの, あれば, おいて, お脱ぎになったらどうですか, かぶって, きて, ない, なんでも, 上着でも, 何でも, 取って, 取られようもの, 取られ樣もの, 手に, 持ち出すつもり, 買うこと, 頭から

▼ 外套から~ (15, 0.5%)

1 [15件] こぼれたマフラー, やがて両手, シャツや, ズボンから, ズボンまで, 光って, 全部黒づく, 取ったらしい二個, 垂れる滴, 手首から, 氷の, 白い手, 真の, 釦が, 靴まで

▼ 外套~ (10, 0.3%)

1 からな, があれ, がねラシャ, つて五拾圓とは, といっ, ねといつた, ねと青々, のが, のの, わ

▼ 外套とを~ (10, 0.3%)

2 手に 1 これと, つけ白縮紗の, とつて, 出させた, 取り外, 持って, 照子に, 重ねた上

▼ 外套姿~ (9, 0.3%)

1 が今, が少し, であったが, にふと, の富岡, の長い, らしいの, を眺め, を眺めた

▼ 外套掛け~ (8, 0.3%)

1 からは命, と並べて, にさがった, には袖口, にひっかけ, のほか, の袋戸, をさがし出し

▼ 外套には~ (7, 0.2%)

2 宵の口から 1 いさ, ボタンが, 女の, 白線の, 貂の

▼ 外套~ (7, 0.2%)

2 に外套 1 で人, なんかにおった, に帰つてめい, へかけ出した, へ案内

▼ 外套~ (6, 0.2%)

3 何か 1 でなければ服, なんか着込んだ, 何かを

▼ 外套なし~ (6, 0.2%)

1 でと, で歩くの, に骨, の制服, の姿, の詰襟

▼ 外套~ (6, 0.2%)

1 にできる, に手, に投げこむ, の中, の中央部, の周辺組織内

▼ 外套だけ~ (5, 0.2%)

1 であと, では, やって, 劇場持ちといふ, 被って

▼ 外套~ (5, 0.2%)

2 あっちこっちに, 手を 1 腕を

▼ 外套かけ~ (4, 0.1%)

1 て横, で質素, にかけた, の方

▼ 外套だの~ (4, 0.1%)

1 ネルの, 帽子だ, 病院に, 身の

▼ 外套という~ (4, 0.1%)

1 のが, のは, 外套を, 形で

▼ 外套~ (4, 0.1%)

1 これも, のだ, のであった, んだ

▼ 外套にも~ (4, 0.1%)

1 また屋根裏, 似る, 穴を, 頭巾にも

▼ 外套まで~ (4, 0.1%)

1 小型の, 用意した, 編むん, 脱いだ観覧人

▼ 外套を通して~ (4, 0.1%)

1 うかがわれる, 下着に迄, 感じられた, 着物を通して

▼ 外套置場~ (4, 0.1%)

1 でお, と交換台, のボーイたち, の女

▼ 外套あずかり~ (3, 0.1%)

1 どころで, 所で, 所へ

▼ 外套とは~ (3, 0.1%)

1 まるで縁, 床の, 気づかなかつた

▼ 外套などを~ (3, 0.1%)

2 着て 1 堆く肩

▼ 外套について~ (3, 0.1%)

1 ゐる細かい, 光る雨, 講釈する

▼ 外套みたい~ (3, 0.1%)

1 なもの, な服, な灰色

▼ 外套をも~ (3, 0.1%)

1 一度だけ, 廃止し, 裾の

▼ 外套帽子~ (3, 0.1%)

1 あずけ所, のま, を取り

▼ 外套~ (3, 0.1%)

1 たる姿, て, て紐

▼ 外套黒く~ (3, 0.1%)

2 面を 1 沈んで

▼ 外套あかき~ (2, 0.1%)

2 子も

▼ 外套あずけ~ (2, 0.1%)

1 のところ, の観客

▼ 外套こそ~ (2, 0.1%)

2 着て

▼ 外套その~ (2, 0.1%)

1 下から, 右肩に

▼ 外套そのもの~ (2, 0.1%)

1 としてはさして, は無論

▼ 外套などは~ (2, 0.1%)

1 ない, 自分に

▼ 外套なんか~ (2, 0.1%)

1 召すから, 用なし

▼ 外套なんて~ (2, 0.1%)

1 ものは, 買へ

▼ 外套ぬぎ~ (2, 0.1%)

1 な, 場が

▼ 外套~ (2, 0.1%)

1 海狸の, 黒狐表裏の

▼ 外套をか~ (2, 0.1%)

1 ぶつたり, ぶつて

▼ 外套をば~ (2, 0.1%)

2

▼ 外套ビロード~ (2, 0.1%)

1 の帽子, の着物

▼ 外套~ (2, 0.1%)

1 着セル二人, 着テル

▼ 外套一つ~ (2, 0.1%)

1 が本, 掛けるにも

▼ 外套一枚~ (2, 0.1%)

1 を仕立て上げろ, を毛布がわり

▼ 外套一着~ (2, 0.1%)

1 ですっぽり, に百五十ルーブル

▼ 外套~ (2, 0.1%)

1 として, にとってはまさに

▼ 外套~ (2, 0.1%)

1 としてたくわえられた, の大きな

▼ 外套白い白い~ (2, 0.1%)

2 雨の

▼ 外套着た~ (2, 0.1%)

1 タイピストでも, 紳士は

▼1* [116件]

外套いくら雨模樣でも可, 外套おお恐いひと, 外套おとりになったら, 外套お前には餘, 外套からはもう何処, 外套かり縫い, 外套がかべにさわらないよう, 外套ぐらい階級性を, 外套ぐらいの重さ, 外套ごと抱きか, 外套さえ掻き合わせて, 外套さがしに十二時, 外套した戦車や, 外套ずいぶんちっちゃいねえ, 外套そして襟を, 外套それを細, 外套それから小さな手袋, 外套だけは雨の, 外套だったんです, 外套だって憚りながら毛皮つき, 外套でありネクタイであり, 外套であるだけのちがい, 外套であれ長靴であれ, 外套であろうが要するに, 外套でございますか, 外套でござんすね, 外套ですよ, 外套でない毛皮外套を, 外套でなくつては, 外套では汗が, 外套というも極りの, 外套として用いました, 外套とともに乞食が, 外套と共にあても, 外套どころじゃない, 外套などというものは, 外套ならともかく他人, 外套なんかを着用し, 外套なんぞ脱いで, 外套なんぞを着込んで, 外套にの六字十四行目もし, 外套によってこよい, 外套に対しては誰も, 外套ぬいで下さい, 外套はがくりと, 外套はと気が, 外套ひとつ被つて, 外套ほこり落しは今, 外套んと, 外套またその愛くるしい, 外套きたる褐色, 外套もて被ひ, 外套やら洋服やら, 外套らしいものの, 外套をはおつて, 外套ををかしがり, 外套カンガルー皮入のエナメル靴, 外套スツポリと頭, 外套チョッキの下, 外套ナシのデモンストレーション, 外套ハ枝ニ吊ラレテアツタカ, 外套ボヘミアン襟飾にゴム長, 外套一枚上衣一枚持たないヤレミーチユフ, 外套上着チヨツキヅボンのかくし, 外套上衣とも襟, 外套名相合傘で, 外套二千五百圓と云, 外套二枚ぐらゐのお方もずゐ, 外套二枚ぢやだめ, 外套代りの上着, 外套其の右肩の, 外套を少し, 外套円い運動帽子, 外套及び氈の, 外套取りて出で, 外套多くのひだ, 外套好みの帽子, 外套帽子襟巻風呂敷包み袋, 外套手籠を持った, 外套手荷物その他機上へ運び入れる, 外套に見なれない, 外套掛ける場所も, 外套極めて簡素で, 外套毛皮の帽子, 外套為事着長靴水を透さない, 外套煮しめ等が, 外套片袖ひっかけて, 外套搾衣, 外套白い帽子白手袋白長靴銀拍車という, 外套盗賊十六世紀のユーグノー派, 外套着ずして汐風, 外套等ウラジオで調えた, 外套を開け, 外套というの, 外套肩掛などある, 外套脱ぐと恐しく, 外套膜腔の中, 外套被りて臥したる, 外套の泥, 外套襟巻すがた, 外套要るならやるよ, 外套つたン, 外套赤いルビーまがいの, 外套越しに染みこん, 外套追剥の話, 外套の交歡, 外套長く膝を, 外套防寒靴預番号, 外套防寒靴布地等をそういう, 外套の垂, 外套預かり所が, 外套預り所でまた, 外套頭巾の如く, 外套鮮緑の錦紗, 外套鳥打帽子狐の毛皮, 外套黒い絹の