青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奥~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

奇妙~ ~奇怪 奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥
奥~
~奥さん 奥さん~ ~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女 女~ ~女たち ~女の子

「奥~」 13783, 149ppm, 711位

▼ 奥~ (4154, 30.1%)

234 方へ 176 方に 120 方から 114 方で 87 間へ 69 間に 63 方の 54 部屋へ 51 方を 49 ほうへ, 間の 44 部屋に 43 間で 34 細道 33 ほうに 32 奥の 30 部屋で 28 方には 27 部屋の 26 室へ 25 室に 24 部屋から 22 座敷へ 21 奥に, 方まで 20 座敷に 19 一間に 18 一と, 方は, 間から 17 座敷で 16 ほうから, 八畳の, 奥まで, 室の 14 ほうで, ほうの, 六畳の, 座敷の 12 一室に, 一間へ, 室で 11 壁に, 室から, 間を 10 六畳へ, 奥で 9 居間に, 居間へ, 方へと, 襖を, 部屋を, 間には 8 ところに, 八畳に, 六畳に, 出入口から, 壁の, 室には, 細道の 7 一間で, 一間の, 四畳半に, 室を 6 二階の, 便所へ, 小座敷へ, 方が, 方へは, 深さ, 部屋まで, 間が

5 [15件] ことは, 一室へ, 一間には, 小部屋, 居間の, 書院に, 書院へ, 部屋, 間では, 間と, 闇の, 隅の, 障子を, 離れ座敷, 静かな

4 [39件] ひと間に, ひと間へ, ほうが, ほうは, ほうまで, ほうを, テエブルの, 一室を, 三畳に, 上段の, 丸に, 丸の, 仏壇の, 八畳が, 六畳で, 六畳間に, 四畳半で, 四畳半の, 壁は, 壁際に, 声, 奥から, 室が, 家で, 家の, 山の, 座敷から, 座敷には, 書斎に, 池に, 窓から, 細道に, 自分の, 茶の間に, 茶室へ, 部屋では, 部屋には, 間, 間より

3 [47件] お庭, ずっと奥, その奥, はるかな, ほうへと, ものが, ものは, ものを, テーブルの, 三畳へ, 下歯, 丸へ, 二階で, 人たちは, 人たちも, 入口の, 八畳で, 八畳へ, 厨子の, 奥には, 室と, 小座敷で, 居間で, 屍室の, 常盤, 座敷は, 座敷を, 廊下に, 所に, 扉が, 扉を, 方からは, 方なる, 方にも, 方までも, 書斎から, 森の, 様子を, 突当りに, 窓の, 箪笥の, 納戸で, 谷の, 部屋は, 離れの, 離れへ, 食堂の

2 [175件] あき地, あたりで, うす暗いところ, おん目見えを, お座敷が, お筆さん, ことについては, しれぬよう, すみに, ところへ, どこかで, へやの, へやへ, ほうには, ものに, ような, カーテンの, テーブルへ, ドアが, ドアーを, 一室, 一室で, 一室へと, 一棟を, 一間, 一間が, 一間は, 三畳の, 三畳間を, 上歯が, 上歯一枚である, 下座敷, 丸から, 丸まで, 二重瞼を, 人たちが, 仕切を, 住居では, 侍女が, 六帖で, 六畳が, 六畳間で, 六畳間の, 円い卓子, 別棟に, 十畳の, 古井戸, 台の, 右手の, 吉村と, 品物なら, 喫茶店に, 喫茶店へ, 土蔵の, 土蔵へ, 土蔵付きの, 垂幕の, 声を, 大広間に, 大鏡, 奥が, 奥では, 奥なる, 奥までは, 奥を, 奥ウの, 妖魔が, 子供部屋で, 客便所へ, 客室へ, 客間に, 客間へ, 家主を, 密談を, 寝台の, 寝室に, 寝室へ, 寺へ, 将軍家の, 小さなしもた, 小座敷に, 小座敷の, 居間から, 山へ, 山里に, 崖の, 広間の, 床几を, 座敷が, 座敷では, 座敷へと, 庭の, 廊へ, 廊下から, 廊下の, 廊下を, 御用を, 心の, 或避暑地, 扉の, 押入の, 方, 方でなさい, 方へとは, 方へも, 方も, 暗いところ, 暗がりの, 暗闇の, 書斎で, 書斎へ, 書院で, 木の下の, 机の, 村, 林の, 林を, 棚の, 棟へ, 正面に, 正面には, 武尊山の, 母屋から, 深いところ, 深い処, 溝口家からも, 炉の, 町の, 病室へ, 痛いの, 白絹に, 石の, 秘蔵の, 細道という, 細道には, 細道は, 細道を, 縁側で, 縁側へ, 繁みへ, 者が, 者も, 腰掛へ, 花の, 茶の間で, 茶室に, 草原に, 襖が, 谷へ, 避暑地から, 部屋からは, 部屋それを, 部屋であった, 部屋です, 長屋に, 長火鉢の, 間あたりの, 間との, 間とも, 間などに, 間にばかり, 間は, 間まで, 間仲の間次の間寛ぎ, 隅から, 隅っこに, 隅に, 階下の, 階段の, 障子が, 隣室には, 離れで, 雨戸を, 騒ぎ声, 鼠小僧の

1 [1451件 抜粋] あさい店は, あの真赤, ありさ, あるもの, いちばんよい, うすぐらい木立ちの中, うす闇, えん側に, お医者, お婆さんに, お客さあっ, お客様を, お座敷を, お滝, お花畑には, お鉄瓶, かけ離れた二間, かた霊前では, かれの, が出切る, けずり立った岩, ことも, こんな袋, ささやかな, さみだれの, しんちんとぶ, すばらしい美室, せまい室, その子, たたきの, つめの, ところで, ところ寝所と, どん底の, はうから, はては, ひけが, ひっそりした, ひと間でした, ふかい石じき道, へやから, ほうからも, ほうばかり, ほうヘシッカリ両手を, またその, もちろんわび住まい, もっと深い, ものしみじみ, やや小さい, ようすを, わたしの, ウラ, ガッチ河内に, ガラス張りの, キンキン光つて, グリルの, ステージに, テントへ, ディヴァンに, ドアの, ハナレに, パンパン街を, ブリッヂを, ホールの, ボックスの, ロビーの, 一つの, 一ばん底に, 一人は, 一室から, 一室の, 一方で, 一杯清水まで, 一番立派な, 一軒家に, 一部屋だけは, 一間からび, 一間だった, 一間も, 一閣へ, 一隅を, 三人の, 三畳が, 三畳一室を, 三面鏡に, 下屋敷で, 不思議な, 丘へ, 中二階みたいな, 中尾山まで, 中間の, 丸にも, 丸卓で, 主人の, 乏しい光, 事務を, 二人卓で, 二間の, 二階それが, 二階住い, 五畳との, 京丸などの, 人たちと, 人たちの, 人へ, 人柄の, 仏間で, 仕事で, 仕事場で, 伏姫を, 住まいには, 何ものかが, 作者の, 使いも, 信夫も, 倉の, 僧正谷で, 先生の, 入口一杯に, 八幡平と, 八畳という, 公宗は, 六畳その間には, 六畳は, 六畳間が, 内緒から, 円い石, 処々の, 処に, 出入口と, 出口へ, 分屯隊, 別なる, 別室にね, 別館は, 勘定台の, 区別は, 十畳昔は, 千本へ, 半分柱が, 南軽井沢高原に, 原舟尾田鶴浜白浜を, 叡山で, 口へ, 古い棟, 古刹から, 古風な, 可愛いアトリエ, 台所で, 吉蔵の, 品物を, 善哉屋の, 喜兵衞さんが, 器械の, 四畳は, 四畳半へ, 国にまで, 園へ, 土蔵から, 土蔵前へ, 土間から, 地方でも, 坑道から, 垂幕から, 城島村まで, 塚の, 墓地の, 壁ぎわに, 壁には, 壁を, 声が, 外国の, 夜空に, 大きい栗, 大きな部屋部屋, 大増, 大広間から, 大椅子, 天人像に, 天童谷という, 奥, 奥と, 奥は, 奥までを, 奥城中に, 奥州の, 奥座敷へ, 奥赤城山の, 女どもと, 女の, 女中が, 女中と, 女性に, 女房たちを, 委しい話, 婦人たちに, 孤独の, 宝蔵にな, 客が, 客を, 客間, 室だ, 室では, 室へでは, 室まで, 宮すなわち, 家々は, 家に, 密室へ, 寝室には, 寝室は, 寝床に, 寝所と, 寧子から, 小さい池, 小さなドア, 小さな池, 小ぢんまりした, 小供, 小屋を, 小座敷, 小柴垣の, 小間で, 小間の, 小閣, 局で, 居室に, 屋根作りの, 山に, 山を, 山又, 山奥まで, 山腹からは, 山荘で, 岩かげで, 峠の, 崖に, 工場で, 左側の, 帳場から, 帳場へ, 常磐へ, 年老った, 広い座敷, 広やかな, 広芝, 広間に, 広間引廻す, 床の間の, 床屋である, 底に, 底を, 座所へ, 座敷であった, 座敷牢に, 庭で, 庭へ, 庵を, 建始殿の, 当番が, 役者の, 彼女の, 御堂の, 御座敷, 御神前, 御部屋, 怪奇な, 怪物が, 情人を, 愛人を, 慈悲の, 戸が, 戸棚から, 房へ, 扉口で, 手洗所へ, 押入れへ, 掘立柱, 控え部屋の, 支度は, 数寄屋に, 料理場から, 新坊, 方こそ, 方だった, 方でが, 方な, 方のには, 方へまでの, 方一間の, 方丈や, 方入口から, 方深く, 方迄, 日足の, 明るい硝子戸, 時計が, 暗い所, 暗い葉蔭, 暗がりが, 暗くな, 暗やみから, 暮し向きまで, 書斎の, 書生部屋も, 最後の, 木を, 木戸を, 木立ちの間に, 本殿からうすぼんやりと, 机から, 朽ちた縁, 村から, 松の, 果てまで, 格子戸を, 棚へ, 椅子で, 植半へ, 楓の, 様子が, 権作と, 横六畳に, 機密を, 正面及び, 武陵の, 殆ん, 母の, 気配を, 池, 池の上の, 河沿いの, 法師温泉, 泣き声を, 洋室まで, 洒落た四阿, 洞である, 洞窟の, 浪人ものは, 海を, 深い大, 深い陰影, 深くの, 清泉を, 温泉などで, 温泉ほど, 湯元温泉に, 滝壺で, 潤みを, 火を, 灯を, 炬燵に, 焔が, 煤けた酒場, 燈火は, 牀へ, 物置き, 物音は, 狭い部屋, 玄関の, 瓦斯灯が, 産屋を, 用箪笥が, 田舎に, 男は, 男心に, 番場といふ, 病人の, 病間の, 目付屋敷へ, 眼が, 眼は, 瞳が, 瞳を, 知れないよう, 知れない方, 石塀の, 硝子窓を, 神様に, 神界が, 神秘を, 私の, 秘宮の, 秘宮開かれ, 秘密を, 稽古を, 穴の, 空である, 空室で, 突き当りに, 窓際に, 窪地で, 端を, 竹藪で, 箱淵という, 簾を, 粗末な, 紙屑拾い, 細道で, 細道にも, 細道拾遺, 絶対境の, 締まりを, 縁側の, 繃帯の, 美しく整った, 老女と, 者から, 者と, 者ばかり, 耳鼻などの, 肥ったお金さん, 腰抜け侍丹波彌, 腰掛に, 自宅へ, 臼歯を, 花園へ, 苔の, 若夫婦, 茶の間から, 茶室を, 茶屋の, 草花園で, 荒らい石壁に, 落合という, 蕎麦屋へ, 薄暗い納戸, 薄暗がりを, 藤原さんには, 藪畳の, 虚空蔵堂, 蚊帳の, 行きづまりには, 行止まりに, 行燈の, 裏寺さ, 襖の, 要素から, 見通しに, 解剖室の, 詰部屋に, 話声に, 諸山地, 谷中墓地までは, 貧乏長屋の, 赤い壁, 距の, 軽い召使, 送信機室は, 道までを, 遠い雪, 郡上郡に, 部屋であっ, 部屋へと, 部屋部屋を, 部落で, 酒宴を, 重から, 野天に, 金剛寺坂の, 金網窓の, 鉱石庫に, 鏡の, 長屋であった, 長椅子に, 長火鉢で, 門まで, 間さして, 間にあって, 間にも, 間よりは, 間仲の間次の間の, 間諸, 閣に, 闇を, 防毒室に, 限られた一劃, 陸地へ, 隅へ, 階段を, 隠し抽斗に, 隣の, 隣家には, 離れた所, 離れに, 離室の, 離屋へ, 離座敷の, 雪で, 霊木としてのみ, 風情も, 館へ, 香りを, 騒ぎを, 高原に, 高地で, 高野杉には, 麦畑の, 黒曜石の, 齲歯の

▼ 奥~ (2124, 15.4%)

20 住んで 17 何か, 寝て 16 入る, 潜んで 15 入って 14 ある, 隠れて 12 引込んで 11 かくれて 10 あった, あるの 9 あって, しまって, 向つて, 来て, 隠して 7 ひそんで 6 あるもの, して, 仕えて, 勤めて, 去る, 引っ込んで, 立って 5 いるの, 何が, 入ると, 坐って, 姿を, 眼を, 身を

4 [11件] ある大きな, いて, 人が, 入った, 於て, 泊って, 消えて, 涙が, 秘められて, 行って, 隠れた

3 [25件] あつて, あるという, いつまでも, いますよ, しまい込んだ, なって, のこって, のみこんだ, 一つの, 十畳の, 向かって, 向って, 媚びんよりは, 巣くって, 席を, 控えて, 目を, 真暗な, 眠って, 秘めて, 突っ込んで, 自分の, 見えて, 隠されて, 静かに

2 [81件] あつた, あるある, あるお, あるその, あるので, あるよう, ある空間, ある葛籠, ある部屋, いると, うずくまって, かけこんで, しみ込んで, そのうち, それが, たたみこまれた埃まみれ, つづいて, とじこめられて, なり利根川, はいったが, ひっこんで, もう一つ, わだかまって, 一人で, 一匹の, 一種の, 二階へ, 仄見える, 仕へた時, 何かが, 先刻から, 入りて, 入れて, 喰い込んで, 声を, 女を, 家が, 封じ籠め, 川の, 座して, 座敷が, 引っこん, 弱いながら, 彼は, 心が, 忍んで, 思いも, 押込んで, 招じ, 日の, 映って, 朦朧と, 板の間から, 棲んで, 残して, 残って, 浮いて, 消えた, 灯が, 生ず, 畳が, 白堊塗りたる, 白蓮の, 石の, 秘密の, 突きとめようと, 籠って, 色の, 見える崖, 誰かが, 誰も, 貼りついて, 起たせ着物, 逃げこんだ, 這入った, 通して, 通った, 通ると, 隠れたある, 風が, 飛び込んで

1 [1542件 抜粋] あったかも, あったという, あった素子, あつめ大政奉還, あの黒く, あらあらしく監禁, ありけり, ありまして, あり敬語, あるくるる戸, あるこれ, あるなり, あるらしい美, あるん, あるヴィラ, ある上林温泉, ある借家, ある前鬼村, ある噴泉浴, ある大きい怪しい, ある子供たち, ある家屋, ある小さい, ある川場, ある平屋, ある愛情, ある最後, ある母, ある沼, ある洋館, ある猟師, ある田辺, ある目, ある素質, ある露, あれが, いかめしい書院造り, いくつもの, いたおれ, いたとき, いた六十恰好, いた頃, いつもチラホラ彼, いつも燃えつづけ, いまだかつて影, いらっしゃいよ, いられます三人, いるあの, いるから, いるだろう, いるもう, いる図, いる姑, いる時, いる玄蕃, いる首領, うけとって, うずまいて, うみたて, おいて, おさめて, おばけ谷という, おぼろげながら, おわす, お揃いでございます, お綱さん, かくされたまだ, かくまわれ機, かくれたまま, かけて, かし家, かたまって, きこえそれ, きょとんと, きりこまれて, くり返して, この一首, こぼれてた血, こもる声, ござるよ, さらわれて, しずまって, しつらえた絹, しまい込みお, しまわれて, しんしんと, すだく虫, すんで, そうして幾日, その仮寓, その底, それだけの, たくわえて, ただの, たった一人, ちゃんと独り, ちょぼちょぼと, ちらつかせた, つかえて, つつましく流され, とじ籠って, とろけそう, どんなおそろしい, どんよりと, ならんで, なると, にじませて, ぬけて, はいったところ, はいり, はいりこんだり, はいり込んで, はいろうとは, ひきこもつて, ひそかに, ひそまり返って, ひそむ主観, ひそむ母性, ひそむ謎, ひそめられて, ひっこんだ眼, ひびいた, ひらけて, ひろがるロンドン, ふかく垂れ下っ, ふんぞりかへ, ほそぼそと, ぼくの, ぼんやり霞ん, また一つ, また狭い, まだまだそれ, まだ貼り付い, まるい落葉, みつけたの, むかつて, もうひとり, ものを, やっぱり洗濯物, ゆらいで, わけ入った九平太, わらひ, ゐるもう, エッフェル塔は, ガラス張りの, クロクロ島が, コゼットにとっては, シンと, ダブル, トタン屋根の, ベッドつき, リュクサンブールの, 一まつのくゆるがごとき, 一個の, 一室と, 一日坐り込ん, 一段低く, 一種鋭き, 三つの, 三年籠り, 上り口に, 下駄の, 不思議な, 世帯を, 並んだ二つ, 丸い墓石, 主は, 乗って, 二人を, 二坪許り, 五十槻という, 井戸沢の, 人を, 今一つある, 仏壇の, 仕へ, 仕舞い込んだ, 仕舞って, 会うこと, 伝統の, 伸びて, 佇立する, 住みたもう, 住む酒呑童子, 住居を, 何かしら重大な, 何も, 何時のまにか死, 何者が, 使われて, 侍い, 倫敦の, 働いて, 光り輝いて, 入ったあと, 入りここ, 入りました, 入り前, 入り道, 入れる, 八畳それから, 兵営が, 円い目玉, 冬眠し, 冷たい矢, 出入口が, 切々と, 初めから, 別の, 勝手と, 区々たる, 十九の, 千代之, 半ば骸骨に, 印象づけること, 去って, 収って, 叙する, 古び色ざめた, 台が, 吉良兵曹長が, 向いあって, 向ひ, 吸いこまれる, 吾魂こもる, 哲学者と, 善の, 善良さが, 囚われて, 四畳半が, 四郎さんが, 固く凍りつい, 在って, 在る, 地の, 坐つて, 埋めて, 埋め隠されたもの, 堅くなっ, 壁突き当たった, 変に, 大きい両開き, 大きい谿川, 大きなテラス, 大きな樫, 大きな青桐, 大勢の, 大震災の, 奉公する, 女が, 妙な, 婚礼用の, 宏大な, 客が, 容易ならぬ, 寂しい微笑, 寝かされに, 寝床が, 寝込んでる司教, 封じ込めて, 導く, 小さい家, 小さくなっ, 小さな厨子, 小さな物音, 小さな祠, 小窓, 少しずつ, 居たもの, 居ても, 居りましたので, 居るの, 居る自分, 屍を, 岩が, 巣喰ってた, 巨大なる, 帽子掛兼用の, 広河原という, 庭が, 建って, 引きかえしたが, 引き込まれるよう, 引っ込ました, 引っ込んだ石菖, 引入れられ候やう, 引込む, 引込んだところ, 弥平治どのは, 強く燃えてる, 当る部屋, 彼の, 往きしきりと, 待たせて, 御屏居, 忍び込んだの, 思いがけなき四阿, 怪しい影, 恋しい顔, 恐ろしい動物, 恐竜夫人が, 想い耽った先生, 感じられた, 感慨自ら禁ぜざる, 或は繁った, 房, 投げ入れた, 抱き締めて, 押しこめて, 押し込むと, 招き彼, 持つて, 捜し求めて, 掘っ立て小屋を, 探り当てて, 数えるほどの, 文四郎流の, 新たに, 日本左衛門が, 星を, 晩秋の, 暗く濁つた, 書かせたは, 最新開店の, 有名な, 朝日岳の, 朱に, 机を, 松山を, 果してどの, 柿板葺きの, 案内する, 植わって, 槍を, 横に, 欅の, 死への, 毎日なす, 水の, 永遠に, 沁み込んで, 没入し得る, 波の, 洋式の, 津島神社の, 活躍し, 流伝し, 浮かんでる丘陵, 消えたり, 消えゆくなど, 消え去つて, 液体の, 深い悲しみ, 深く腰, 清麿は, 湖水でも, 湯沸かし場が, 源氏の, 漂うて, 漾わす, 潜むか, 潜む罪, 潜められて, 潜り鐘五郎, 瀰漫し, 火の, 焚きもの, 煤けて, 燃えて, 燈火が, 牛の, 狡そう, 理解された, 生きうめ, 甲信の, 番頭も, 疎林の, 病人の, 痰が, 白い頭, 白樺の, 監禁され, 真実の, 真白いテーブル掛, 眠らして, 瞳が, 砲声を, 社殿造の, 神聖無垢な, 秘めてるの, 秘密を, 移し植えるだけの, 移り住んだの, 積んで, 空虚の, 突っ込まれて, 竈が, 立つて, 立派な, 笑って, 箪笥柳行李など, 簀子が, 粘るん, 納まらなかった, 細く灯っ, 紺青の, 緑青を, 縦横に, 織り込める戸帳, 義経公, 聞いた, 聞える機, 聞こえて, 聳立し, 腰かけて, 臥しまろん, 自暴酒の, 至れば, 色彩の, 芽ざし, 茂って, 葬って, 蓬莱豆を, 蔵って, 薄い膜, 薊は, 藁葺屋根の, 蛟か, 蝸牛の, 行く, 行こうでは, 行つて毎日, 被害者ドロシイの, 複雑に, 見えた築地, 見えるは, 見える土地, 見える紫水晶, 見ら, 角海という, 言いだせずに, 訪ね登って, 誕生を, 談話を, 謹直らしい, 谺する, 貼った緑色, 走って, 走り込んで, 起臥し, 蹲って, 軽い身悶え, 輝やく, 近いところ, 迷い込んで, 送り込むよう, 逃げ出し寝台, 逃げ込んで, 這入りました, 通じて, 通ずる木, 通れば, 進み山桜, 遊んだの, 運んで, 達すると, 遠くなっ, 酒呑童子が, 野郎の, 金色燦然たる, 鈍重な, 閃いて, 閉ざされて, 閉じ籠ったきり, 閉籠つてゐた, 限りの, 階上への, 隔って, 隠しその, 隠れこんで, 隠れた大昔, 隠れた純真, 隠れること, 隠元豆を, 雑談以上の, 雲が, 震えて, 青白い紫陽花, 静養し, 響いた, 頑丈そうな, 風で, 飯粒なす, 飾つてある, 馳せて, 駆け込んで, 高座が, 鳴くという, 黒い塊, 黒耀石を

▼ 奥~ (2075, 15.1%)

75 はいって 74 奥へと 70 入って 62 行って 30 通って 17 引っ込んで, 這入って, 通った 16 入った, 姿を, 引込んで, 通ると 15 かくれた, 消えて 14 はいった 13 いって, 向って 11 来て, 走って, 進んで 10 去る, 奥へ, 歩いて, 行った, 通して, 連れて 9 かくれて, 逃げ込んで 8 入ると, 行く, 行くと 7 声を, 案内した, 通されて, 駈けこんで 6 もどって, 入りました, 入ろうと, 消えた, 立って, 通された

5 [16件] お通り, かけて, はいったが, はいる, はいると, 入ったところ, 入る, 引っ返して, 忍んで, 持って, 案内し, 知らせに, 逃げて, 這入った, 通りました, 駈けて

4 [19件] おはいり, かけ込んで, つれて, はいること, ふみこんで, 去って, 呼んで, 御案内, 戻って, 手を, 案内する, 消えると, 落ちて, 行けば, 通ろうと, 連れ込んで, 進む, 運んで, 駈け込んで

3 [36件] おいで, お入り, かけこんだ, すすんで, ひっこんだ, ゆくと, 二人は, 入つて, 向いて, 告げに, 呼んだ, 帰って, 引っこん, 引込む, 往って, 曲りこんで, 来ると, 消える, 相談に, 行きましょう, 行くこと, 行こうと, 行ったが, 走り入る, 踏み込んで, 身を, 這入る, 通されると, 通すと, 通る, 進むと, 進んだ, 隠れて, 飛んで, 駈けこんだ, 駈け込んだ

2 [87件] いった, おくへと, お引き上げ, お連れ, かくれ去った, かけこんで, しまい込んで, すすめば, すすんだ, とびこんで, とんで, はいり込んで, はいろうと, ひっこんで, もぐりこんで, やって, 一条の, 今の, 伺って, 入つた, 入つたもの, 入つて行, 入りかけた, 入りながら, 入りましたが, 入るの, 入れて, 出入りする, 出入りの, 去った, 去り行く, 参って, 参ること, 向かって, 呼ばれた, 声をか, 奥へとは, 引いて, 引き摺って, 引き込んだ, 引き込んで, 引っこんだ, 引つこんで, 引つ込んで, 引込めて, 引込んだ, 影と, 御出, 怒鳴った, 急ぎました, 押し込んで, 招じ, 曲って, 来ました, 案内され, 案内された, 歩いた, 気を, 消え去つた, 突き進んで, 続いて, 行きましたよ, 行くの, 行くほど, 行く道, 行け, 行つて御, 覗きに, 言った, 走った, 走り込んだ, 踏み込んだ, 退場, 逃げこんで, 逃げ込みました, 這入つて, 這入る時, 通される, 通しました, 通じて, 通じる戸, 通じ爪先登り, 通ずる扉, 通ったが, 通り, 通る前, 駆けこんで

1 [942件 抜粋] あがりこんだかれは, あがると, あがんなさい, いう, いくと, いこう, いま私たちが, いらっしゃるの, おあがり下さい, おいでなさる, おくりこむ, おしこんだ, おとずれて, おどりこんで, おはいりなすっ, おびき出したすき, お出で驚きました, お引きかえし, お成り, お置きし, お越しに, お這入りです, お通し申せ, お通り下さい, お連れ申せ, かう声, かくれこんで, かくれてから, かくれ乍ら, かくれ込んで, かよう長い, きこえたらしい, くい込んで, ぐん, こうして追い込まれ, こけ転んで, ころがるやう, こんがらの, ござれい, ささげて, さして落ち, さらに踏み入っ, しのびこんで, しまい込んだ, しまひ, すすみ停留場, すっ込んで, すゝみました, すゝんで, そう云い, そそがれて, その間幾人にも, そわそわと, ちょっとお出で, ちらり見え, つかつかと, つづいて, つないで, つれこみフロシキ, とおせ, とおって, とじこめた男, とってかえして, どうぞ, どんどんと, なだれ打っ, なほ径が, ぬけると, のみこんで, のりこんで, はいったとき, はいったの, はいったまま, はいった一軒, はいった定綱, はいった方, はいった騎馬, はいらなかった, はいらなければ, はいりこんだ, はいりました, はいり階段, はいると共に, はしりこみました, ばたばた逃げ, ひいて, ひきこもられて, ひきとって, ひっこみドミエ風, ひっこめて, ひっ込んだまでに, ひつこむ, ひろがって, ふみこむ, ふんご, ほうりこみますぞ, まいって, まいりますと, また玄関, まろめて, まわった, みちびいた, むざと踏み込んだ, めがけて, もどったが, ゆきますと, ゆくの, ゆく途中, ゆく通路, ゆこうとして, よびかけた, ジリリジリリジリリジリリこれも, スーッと, パルチザンを, ピクニックと, 一散に, 三里入る, 三間ほど, 上ると, 下つた男, 乗りこんで, 乱入の, 二三間遠退い, 二棟立ち並ん, 人ごみを, 伝えた, 伝わって, 伴れ, 低く飛ん, 余韻を, 入ったあの, 入ったが, 入ったという, 入ったもの, 入ったら其留守, 入った主君, 入った処, 入った平次, 入った村里, 入った畑, 入ってから, 入つて了つて, 入つて居士, 入つて往, 入つて行つて, 入りかけて, 入りびたるよう, 入り込み太田川, 入り込んだが, 入ること, 入るには, 入るほど, 入れたっ切りで兄, 入れば, 入れる, 八尺許の, 凹んだよう, 出て, 出入りなさいません, 出発する, 分け入って, 分け入ると, 列車が, 前進し, 匐って, 去ったが, 去つてしまつた, 参り, 参りますと, 参り姫, 参るわけ, 取り次いだが, 取次いだって, 取次いだの, 取次いでも, 取次ぎました, 取次に, 口を, 召し入れて, 合奏を, 向った時, 向つて声一杯, 吸い込まれたが, 吹き込んだ, 告げぬ, 告げる, 告げると, 呶鳴っ, 呶鳴つた, 呼ばれますと, 呼びかけた, 呼び入れた, 呼び寄せては, 呼び込まれて, 呼び込まれるの, 嚥みこん, 土着した, 埋めた物, 声も, 夢中で駈けこん, 大きな力, 大事そうに, 大股に, 奔り, 女が, 嫉妬の, 寄り付かなかった, 密書を, 寝ますそして, 寝床を, 封じ込められて, 導いて, 導かれるの, 小急ぎ, 届いて, 届けられて, 差し込んだが, 帰つて来ました, 帰るが, 廊下が, 廊下を, 廻ると, 引きこんで, 引き上げて, 引き揚げて, 引き籠ったの, 引き返して, 引こむことに, 引こんだ, 引こんでしまいました, 引っぱり込まれた, 引っ張り込んだもの, 引っ込んだが, 引っ込んだの, 引っ返したかと, 引つ込まうと, 引つ込んだ, 引上げる, 引入れ縁側, 引籠む時刻が, 引込みまた, 引込むと, 引込んだがけ, 引込んだの, 引込んだ時, 引返させるの, 引返しそして, 引返して, 引退って, 彼女を, 往った, 御入り, 忍びあいつ, 忍び込んだの, 忍ぶと, 怒鳴って, 急いだ, 急いでは, 急行する, 手鍋を, 抜けて, 押しこんだ, 押しやるぐらゐのものである, 押し込まれて, 押し込んでしまつた, 押込んで, 担ぎ込みます, 招いて, 招じ入れ, 招ぜられたが, 持ち出しますから, 持つて, 挨拶を, 捜って, 掠れて, 探険に, 支度を, 教場の, 既に一月, 曲りこんでを, 来いよ, 来た, 来たので, 来な, 来るよう, 案内されました, 案内しなけれ, 棄てに, 次第に巌, 次第に暗い, 歩きながら, 歩みを, 歩を, 気楽に, 沈み込んで, 泊った沢山, 注意し, 泳いで, 流し込むよう, 流れて, 消えこんだ, 消えたカップル, 消えます, 消えるよう, 消え去った, 消え去つて, 消え立った, 消え落ちて, 消え込んだ, 消して, 消息を, 深く突き, 渡って, 渡らせられ殿, 渡れば, 測量に, 潜めて, 潜り込んだ, 潜入し, 片付けて, 甲州金を, 男子入るべからず, 白い砂糖, 皆が, 盗賊が, 真一文字に, 着換の, 知らず識ら, 知らせるよう, 秘したの, 積み重ねて, 突き当たって, 突っ込んだまま, 突出し, 突込ん, 立ちかけた時, 立ち入ること, 立ち去って, 立った, 立った時, 立つと, 立て布団, 笑って, 米を, 紛れ込んだので, 続いた足跡, 続く暖簾, 罷り通る, 耳の, 聞えて, 膳や, 自由に, 若い男, 蔵まわれ, 蚊帳吊っ, 行い澄ませようと, 行かうよ, 行かない方, 行かなきゃあ, 行かれた時, 行かれるの, 行きかけたので, 行きました, 行きましょうね, 行きやがて, 行き種吉, 行き間もなく, 行くお, 行くに従って, 行くわ, 行く人, 行く秋, 行けず扉, 行ける道, 行っこんで, 行ったか, 行ったらしいと, 行つ, 行つて帯を, 行つて聞い, 訪ずれる, 詰め込んだ姿, 認印を, 誘った, 誘はれて, 請ぜ, 走つて闘剣, 走りこんで, 走り去る, 走り込み湯治客たち, 起って, 跳び込んだ, 踏みこみ次々, 踏みこめば, 踏み入ろうと, 踏み込むと, 蹈込み来り, 躍り入ろう, 返辞も, 迷い込んだの, 追いまくした, 追いやって, 追い上げた, 退座し, 送って, 送る時, 逃げこみました, 逃げこむ者, 逃げこんだか, 逃げこんだ小童, 逃げさった, 逃げると, 逃げ出そうと, 逃げ去るの, 逃げ転んで, 逃げ込んだの, 逃込もう, 這いこんで, 這入ったかと, 這入ったが, 這入つた, 這入つて絵, 這入らんと, 這入りたかつた, 這入り店, 這入り込んだ処, 這入ると, 這入るにつれて, 這入る訳, 通う扉口, 通さずに, 通されました, 通され書面, 通した若衆, 通し八畳敷, 通じる一本, 通すとは, 通ずるドア, 通ずる正面, 通そうと, 通ったうち, 通ったろう, 通った万太郎, 通られて, 通りお, 通りながら, 通ります, 通り抜けた, 通るぞ, 通るので, 通るん, 通れない, 連れた, 連れられて, 進みました, 進み寄つた, 進むこと, 進むに従って, 進む程, 進めば, 進もうと, 遁げる, 遁れ, 遁込もう, 運ばれた荷物, 道が, 遠ざかって, 避けて, 釣上っ, 開いた, 開かれると, 降りて, 隠して, 隠れこんだ, 隠密に, 集った, 青年の, 響き中, 風呂敷包みを, 飛び込んだところ, 飛込みます, 飲み下した, 馳け, 駆けこんだの, 駆け下りて, 駆け込む, 駆け込もうと, 駆入ろう, 駆込めば, 駈けこむ, 駈けこんだ孫六, 駈け入り太守韓玄, 駈け去つて, 駈け登つて, 駈け込もうと, 駈け込んでしまつた, 駈け集まって, 駈込んだ, 魂は, 鷲に

▼ 奥から~ (927, 6.7%)

116 出て 6 声を, 聞こえて, 飛んで 5 声が, 持って 4 でて, 一人の, 取り出して, 姿を, 洩れて, 聞えて, 覗いて, 顔を, 飛び出して 3 きこえた, ばたばたと, 大きな眼, 女の, 湧いて, 眼を, 走り出て

2 [47件] あらわれて, お菊, かすかに, ここまで, こみ上げて, つづらを, もどって, やって来るの, グッと, ザザッと, ゾロゾロと, 一つの, 下って, 五六人の, 五十ばかりの, 人影が, 今まで, 今までは, 冰りきつた而も, 出して, 出た, 取って返して, 吹いて, 変な, 奥へ, 奥へと, 妻の, 座布団を, 急に, 拍子木の, 数知れぬ, 本郷の, 梅子が, 歩いて, 流れて, 煙と共に, 私の, 立って, 笑って, 細い眼, 聞えた, 賑やかな, 走り出して, 起きて, 雪隠の, 馳けて, 鳴り出す

1 [632件 抜粋] ああという, あたかも大河, あの弟, あまりほか, あらわれました, ある一点, あわただしい下駄, あわてて, いかつく, いでて, うめきごえ, うやうやしく捧げ出し, うわー, えらいこと血, おかしそう, おかみさん, おせい, おののく手, お杉, お父, かきと, かの狐, きこえて, きれいな, きれいに, けたたましいジャズ, こう云う, この世の, こみあげて, さかんに, ささやかれて, さびしい木魂, さまよい出した谺, しみじみと, しよぼ, じっと眸, じろじろ二人, じろりと見たさげすむ, すがた, すぐ戸口, そこへ, その友人, その喜路太夫, それに, そろそろと, ただちに討っ, だん, ちらりと見せた, でっかいもの, でっぷり肥えた, でできたから, とびだした, とび出して, とりだして, どやどやと, にじみ出す味, のぞいて, のびあがって, はしゃいで, ひそかに, ひっぱって, ひばりの, ひびいて, ぴかりと黄金色, ふしぎな, ふらりと, ぶつけるよう, ぶらさげて, ぶらぶらと, へんに, ほそぼそとそ, ほのめき出る痛々しい, ぼんやり蝋燭, まっくろな, むっとする, もらつて, やって, ようやくに, よよとばかりに, よろよろと, わけの, わざわざ人夫, わざわざ駈出す, ゐざり出て, カビが, カラカラカラカラと, キューンと, キラキラ輝く, クイクイの, コトコトと, ゴマ塩頭の, ジョンの, スタスタ出, タカジヤスターゼを, チョロチョロと, チラリと, チロチロと, ノソリノソリと, ノドが, バタバタと, バネ仕掛の, ブーンブーンと, ムーッと, ヴィーナスは, 一ちょうの, 一人二人づゝ帰つて来た, 一個の, 一匹の, 一枚の, 一番前に, 一種の, 一通の, 三田まで, 三番目の, 三軒目です, 上がり端の, 上京した, 下げられて, 下されたの, 下手な, 不安らしい, 不意に, 中年の, 主が, 乗つて吉林, 九太を, 二人の, 二十人三十人と, 二女の, 二男の, 云うの, 五分刈位に, 五十ぐらいな, 亭主が, 亭主の, 人か, 人の, 人波を, 今ひとり, 伝わって, 伝わる波動, 佐良井が, 何か, 何とも知れない, 何も, 何時ものとは, 例の, 保子の, 信州伊那谷へ, 信州北部にかけて, 借用の, 先生が, 入口の, 冰りきった, 出したもの, 出るだけ, 出ると, 出るに, 出歯, 別の, 動き出す, 十四五の, 十歳ばかりの, 千二の, 半折, 南会津へ, 印鑑を, 去年の, 参りました猟師, 取り出した細身, 取出したチョーク, 受付台の, 古びた樺細工, 古代の, 叫んだの, 叫んで, 召されたもの, 召次の, 台所へ, 吉兵衛さんが, 吐き出した, 吹き出すという, 周章者が, 呶鳴っ, 呼び寄せられ指揮, 呼び立てた, 呼ぶ, 和尚様が, 商人風の, 喊声が, 喧嘩の, 嗚咽が, 囁く声, 四五人の, 四人の, 囲炉裏ばた, 土鍋と, 坑口へ, 城主の, 声だけ, 声だけが, 外へ, 外へも, 大きな声, 大土間, 大太鼓, 太い声, 女が, 女を, 女中の, 女将の, 妹夫婦の, 姉が, 姉の, 始まる成, 嬰児の, 子ねこを, 子供の, 子供を, 家司侍雑色たちまで, 富士の, 寒いでしょう, 寒い季節, 寝乱れながら, 封筒に, 射して, 射る野性, 小さい星, 小さい眼, 小さく光る, 小僧が, 小型の, 小女が, 小言の, 小走りに, 屑籠を, 山林の, 巣を, 巣鴨滝の川へ, 希望の, 師匠の, 幸太郎が, 幻像の, 幽かな, 幽かに, 店さきの, 店の, 店へ, 座蒲団などを, 引いて, 引っ張り出された, 引っ返して, 彼が, 彼は, 心から送り出す, 応ずる声, 急いで, 急速に, 怪しい灰色, 怪奇と, 恐ろしい物音, 息を, 悪魔の, 愉しさうな昼杜鵑, 慌てふためいて, 戴いたという, 戸口に, 手に, 手を, 手代が, 折々銃声, 押上げて, 持ち出されたの, 持ち出すと, 持つて, 持出したん, 持出して, 掘り出されでも, 提灯を, 散歩帰りの, 新しい晒し木綿, 新兵衛夫婦, 新聞紙に, 旦那おかえり, 春子が, 時々庄谷, 更に奥深い, 書きはじめて, 書斎の, 月の, 木皿を, 村近くへ, 来たらしい, 来た少年たち, 来て, 来る煙, 東勝寺の, 松らしい, 桐箱などに, 椀の, 横井は, 機械人間が, 此方を, 歴々と, 歴然と昔, 母親が, 気味の, 水色縮緬の, 氷室検事が, 沁み出すよう, 沈丁花の, 沢子と, 油臭い, 洩れる一節切, 流れつたわって, 流れ出すもの, 流れ出で, 浴衣に, 浴衣姿の, 浸潤み出る, 淡彩の, 湧き起こり朝陽, 湯女たちの, 滲出で, 火が, 火を, 火勢が, 火鉢が, 父親の, 物音を, 玄関に, 玄関まで, 現はれる, 現れたれば, 現れて, 現われた十六七, 琴の, 生れださうと, 生れだそうと, 生活を, 男の, 男衆たちが, 番号札を, 発して, 発するから, 白い布, 白眼を, 盗んだ西瓜, 目玉を, 直ぐ戸口, 眉の, 真鍮の, 眺めながら, 眼だけ, 眼に, 眼玉を, 碁石を, 祖父が, 秘かに, 秩父の, 突きぬけて, 窃と, 立派な, 竜神村へ, 笑いを, 第一, 米ビツの, 米一俵と, 糸を, 納所が, 細君が, 紳二の, 絞り出されるよう, 絶えず吹い, 締めつけられて, 縁伝いに, 繭負う, 義妹が, 義経の, 老人の, 老妻君, 聞えました, 聞えると, 聞こえたの, 背中に, 脳の, 腕や, 自分の, 舌たるい言葉, 花色の, 若々しい, 苦労し, 茶や, 落ちて, 蓄音器が, 蓄音器の, 蓄音機の, 薄白い, 薯だ, 虫が, 蝶々さんが, 行人に, 行燈を, 街の, 衣冠も, 見える空, 見つめて, 見て, 見懸けたもん, 見習いの, 見通しの, 覗く杉山, 覗く神秘, 覗く糸切歯, 覗く赤い, 触れ出された, 訊ねるの, 語り出す叔父さん, 読み始める, 誰かしら, 誰も, 警官が, 象の, 貞雄が, 赤毛布が, 赤黄色い, 走って, 走つて出, 走り出し, 走り出ようと, 起って, 足音が, 跫音が, 蹌踉出し, 輝いて, 返事が, 返事の, 返事を, 迫りくるもの, 退がって, 送られて, 逃げて, 這い出た, 這い寄って, 逼り上っ, 運び出される硬玉, 鄙びた不可思議, 重い荷, 金盥の, 鈴が, 鈴江が, 鉄砲の, 鉄造が, 銀の, 銃声が, 銭湯行きの, 鋭い両, 長い頸, 閃くもの, 開いて, 闇が, 隙見し, 雉の, 雨の, 雪之, 霧の, 露台の, 静かな, 音も, 音を, 音楽が, 音羽まで, 響いたの, 響いて, 頭の, 頭を, 顔だけ, 飛ぶよう, 飛出したの, 飛出して, 食器類を, 食堂の, 首切りの, 馳け, 駆けて, 駆け出して, 駈けだして, 駈けて, 駈け出して, 駒江が, 驢馬の, 高野十津川と, 髭面の, 鳥の, 鳥渡姿を, 黄金色に, 黄金色の, 黒い魔術師, 黒塗の, 鼻の

▼ 奥~ (564, 4.1%)

7 寝て 6 眼を 4 ひそかに, 泣いて 3 休んで, 何か, 呼んで, 待って

2 [28件] お玉さんの, ござります, どんなこと, ピアノの, ワッワッと, ワーッと, 一人で, 一生懸命に, 人々の, 人ごえ, 叫んだ, 壁に, 奇蹟的に, 女の, 山に, 常々は, 急に, 手の, 昼でも, 犬の, 笑った, 考えて, 自分の, 話して, 返事を, 馳走に, 高原地の, 鳴いて

1 [475件] あたかも消えかかってる, あのやう, あの沈痛, あの青年, あらい羽搏きの音, ある喜び, いいん, いった, いつて, いつまでも, いまも, いろいろの, うるる, おかみさんが, おこる, おばさんの, おやすみです, およそは, おん襤褸でも, お久良, お仕事, お会いする, お光さん, お寝み, お小姓, お待ちし, お浜, お目にかかりましたな, お糸, お草子, かぎながらどうしてもわからせてしまわなければならない, かすかな, かすかに, かすれた, かみころしながらの, がす, きまってポンポンと, きらきらと, きららかに, きらりと, ぎょろりと両, ぎらぎらと, くすッ, くり返した, ぐうというような音が, こっそりタンカ, こっそり自己弁解, このよう, この閨秀, こはかった, これを, こわかった, こんな子供, さかんに, さぐって, しかも平屋, しかも通り, しきりにケレンコ司令官, しきりに吠える, しきりに壁, しきりに小さな, しず, しばしその, しばしば烏蘇里鹿, しばたたきながら, しばらく押問答, しまったと, しめやかに, すき焼きに, すぐ前, する朝晩, する高声, せせらわらって, せっかくの, ぜい, そういう結論, そだった者, そっと, そっと眼, その人, その先, その結果, その話, それとも伸子, それは, たくましゅうする, ただ愛しあう, ちくちく疼く, ちょいと, ちょっと考え, ちょっと音, ちらりと笑った, ぢつと, つけ加えて, どさり, なにやら妙, なにを, ね藪, ひそやかな, ひっそりと, ひとしきりゴオ, ひとつ訊い, ひとりうめいた, ひとりぽかんとし, ひどい, ひろがる形, ぴくりと, ふいに, ふき出したばかりと, ほとんど恐怖, まざと, まだ啼く, めざまされる, めし上がらなかった, もう万歳, もてなして, よこ, わらうと, わらつた, インターナショナルの, オルガンの, カタリと, カラマツなどを, カルテを, ガチャンと, ガヤガヤ話し声は, キャベツ蕪トマト胡瓜など, ギャーと, クスクスむずかっ, クックと, クンクンという, グツ, コトコト物音, コルクの, コロコロまわし, ゴロゴロ鳴り, サーッと, チラチラと, ハーモニカを, ブザーの, ブツブツブツブツつぶやい, プロペラの, ベルが, ボルテエルと, ワンワン, 一つの, 一ぱい飲み, 一声二声まろび音に, 一度は, 一猪口遣っ, 一種の, 一羽の, 三十に, 三度三度御飯を, 三度御飯を, 三日間は, 不安な, 丘に, 主人と, 云った, 五人の, 交わされた話, 亭主と, 人の, 人を, 仇讐同志が, 今こうして, 今の, 今跳ね, 仕末, 以て, 伏見菊人の, 休みなく, 休止し, 伺って, 何かが, 何やら唸, 何を, 何者か, 信じて, 修業を, 働いて, 僕と, 先生の, 光る白い, 入口の, 其の景色, 冬仕度の, 冴えて, 冷たくな, 凜として, 切れの, 初春行, 勝手より, 匕首の, 千代乃は, 午飯を, 半七, 博士が, 反対の, 叔母に, 叔父や, 口から, 叫びを, 叫んで, 向う向きに, 吹いて, 呟いたこと, 呟くよう, 呟やいた, 周蔵の, 味う, 呻きだした, 呼吸を, 咳を, 唄うの, 唄う高速度曲, 唱えて, 唸って, 唸りながら, 商売を, 問題に, 啼き叫んで, 善鬼が, 喉頭を, 喋って, 喜作が, 営門の, 嗄た, 四畳半一間に, 地団太を, 地蔵の, 堪らぬばかり, 塗籠と, 夕靄に, 夕飯を, 夜は, 夜中に, 夜食の, 大ぜ, 大火事, 大砲の, 天井と, 奔湍の, 女を, 妙な, 妾あがり, 妾と, 娘さんが, 子供が, 子供と, 子供らの, 子供らを, 官兵衛は, 実は狭い, 家庭的に, 宿の, 密談した, 密談を, 寝たまま, 寝んで, 寝転んで, 小さくけれども, 小さな飴色, 小学校の, 尺八の, 山は, 山椒喰の, 山羊の, 巨鼇の, 師の, 年に, 年よりは, 幸吉と, 幾匹かの, 座敷へ, 廻転し, 弦音とたんに, 待った, 後悔する, 得られた自由, 御用を, 微笑し, 微笑んで, 念仏を, 息を, 感じながら, 慶正, 戦いの, 戸を, 手なぐさみ, 手当てし, 拝んだこと, 捕獲した, 掌を, 揚物を, 教育を, 新聞配達の, 日が, 日本左衛門が, 日課の, 旦那と, 早まった業, 昔から, 春泥を, 昼寝を, 昼酒を, 時雨を, 晩酌を, 普請が, 暫く差し向かい, 木の, 木賃の, 柔かに, 柝の, 柿作りの, 植林の, 様子を, 横に, 機を, 欠伸を, 止めるもの, 歯ぐきが, 死にかけて, 殆ど無意識, 殿様を, 毎日歌つてる, 毛皮の, 水滴の, 水調子を, 汽車は, 沸き立てて, 清浄野菜の, 清浄野菜を, 渦巻いた, 湯に, 湯女を, 源内様が, 激しくガン, 激しく鳴っ, 火打が, 炬燵に, 炭火の, 煙草盆の, 爪弾きを, 父から, 父親と, 父親の, 爺の, 物の, 物音が, 物音だけが, 物馴れた, 犬が, 生れた, 生れたもの, 生意気な, 田口夫婦と, 甲冑の, 町内の, 畑打ちなど, 疲れて, 痰を, 癇だ, 癖の, 白眼を, 百姓する, 皆様が, 盛宴を, 相手を, 真昼でも, 真紅の, 眠そう, 眠っても, 眩しさうに眼, 眼が, 睫毛の, 瞬きを, 瞳を, 石屋さんの, 碁石を, 神さんと, 神棚の, 私が, 私たちは, 秩父と, 穏か, 笑いながら, 笑いも, 笑うくせ, 笑ってる善良, 笑つた, 笑ふ, 笙を, 素気ない, 索って, 絞め殺されて, 統べて, 繰り返し玉, 老医, 考えてると, 考えながら, 聞きました, 聞く門外, 聴いて, 育った田舎者, 腹痛を, 臥せって, 自分すら, 自分だけが, 自動車の, 自然消滅する, 舌打ちに, 花世から, 苔の, 若しやと, 落付く, 落葉松を, 蛙が, 行きどまりと, 行って, 衰えた声, 裁縫を, 裂くよう, 西奥仙丈と, 見え隠れし, 見て, 見る者, 親分という, 訴えて, 話したあの, 語って, 誰かが, 調子を, 諾き合う, 警戒し, 賭場を, 起る, 起直っ, 躑躅でも, 軽くぐびぐび, 輝いて, 農村が, 近づく限り, 逢う時, 逢ひ, 遊んで, 運動会が, 酒でも, 酒もりし, 酒を, 金塊を, 針を, 鉛筆を, 銃声が, 鑿岩機を, 陶酔し, 隣りの, 電話を, 静かに, 鞍馬山の, 顔を, 顫え, 食事を, 飯を, 飲もう, 飼って, 館が, 駅から, 魚の, 鳴りだしたそう, 鳴るシヤツクリ, 黒い瞳, 鼠の, 齷齪し

▼ 奥~ (352, 2.6%)

13 覗いて 10 のぞくと 8 のぞいて 6 気に 5 すかして, 指して, 見て, 見ると 4 たづねて, 指した, 覗くと 3 手で, 指さした, 指さして, 探って, 目がけて, 見る, 貸して

2 [16件] しらべて, のぞき込んだ, みかえりながら, 借りるぞ, 出た, 想う, 探ると, 流れいる気持, 見た, 見込んで, 見透して, 覗いた, 覗かせるよう, 覗き込むと, 覗き込んで, 透かして

1 [230件] いたくさせる, いわせようとしても, うかがいながら, うかがい再び, うかがう, うかがうと, うかがうよう, うかがう時, うかがって, おえつと共に, かきま, きわめた時, きわめて, さがせば, さぐれ, さしたが, さして姿, さしまねきました, さまよい歩く覆面, じっと覗き, すかし出した, すかし見た, すかし見るよう, すかし見送って, すかすよう, すぎたので, そこまで, それからそれ, たづぬれば仏, ちらりと掠め, つきとめた者, つらぬくよう, つんつん刺戟, とろかさねば, ながめて, ながめると, なにかえがらっぽい, ならす保, のぞいた, のぞいたり, のぞいたりなんか, のぞかせたくないと, のぞきころがしながら, のぞきこんだ燕作, のぞきながら, のぞきました, のぞき込んで, のぞくの, のぞくよう, はじめ子供達は, ふさぎそれ, みつめあった, みつめた, めざして, もう少し穴, ゆびさした, わるくした, エピホードフが, ゼイゼイと, 一々検査, 一ト晩貸し, 一度すかし, 一軒一軒覗きこんだ, 下がった傍輩, 下って, 二度三度と, 人が, 何か, 借りるん, 働く女, 八重河内と, 冷ん, 出でて, 出口へと, 刺すにおい, 割って, 勤めるお, 区切り薬品, 去来し, 叩き割って, 台所に, 台所口から, 向いて, 呼捨に, 守りさえ, 少し赤く, 巡回し, 帳場に, 引っかいた, 思いの外穏に, 思はせて, 憚って, 懐しげ, 打ち出して, 扱いた, 承知し, 指さします, 指しながら, 指図する, 指差す, 振り向いて, 振り返りながら, 振返りました, 振返る, 振返る顔, 探して, 探りに, 探り紫色, 探る者, 探れば, 探ろうと, 探ツ, 掴む, 揺りつつ, 支配する, 散歩し, 散歩した, 明け広げた, 案内し, 極めなかったので, 極めんとて, 極め元久元年八月上旬, 歩き廻って, 汲み知ること, 深く森, 深み和田つみそこに, 深めて, 渡って, 測りかねて, 照しました, 照らす月影, 照覧され, 熱くしました, 物静かに, 眺めた, 眺めふける, 眺めやりつつ, 睨みながら, 睨んだが, 睨んで, 究めて, 究めでも, 究めること, 究めるに, 究める能力, 究め人心, 突抜けると, 窮めようとして, 窺ううち, 窺うの, 窺う一目, 窺おうと, 窺き, 網膜まで, 締めつけたり, 腕まで, 自分たち二人の, 若い人たち, 蔽うて, 行ききし, 見おろしそれから, 見かえった, 見こんで, 見せぬよう, 見せるよう, 見つむる目, 見つめた, 見つめた眼付, 見つめて, 見つめないで, 見とおすよう, 見とどけたもの, 見に, 見ました, 見ますと, 見まわった, 見るため, 見上げて, 見上げる人, 見入って, 見定めようと, 見渡した時, 見究めさせた, 見込み, 見透かして, 見透すよう, 見通すやう, 視つめると, 覗いたが, 覗いたの, 覗かせて, 覗き, 覗きこむ, 覗きこんだ, 覗きに, 覗きましたが, 覗き上げた, 覗き込む, 覗き込もうと, 覗き込んだ, 覗くこと, 覗くよう, 覗こうと, 訪うの, 訪れた, 詮議せず, 語り明かして, 語り明し, 説かねば, 読み取ること, 読むよう, 読んで, 誰かが, 警戒した, 貫く眼, 貫ぬけり, 辞して, 辿つて, 透かしながら, 遥かに, 金槌で, 鋭くさし, 開いて, 開きて, 開けたの, 離れた後, 頭を, 顎で, 鳴らし, 鳴らしました

▼ 奥には~ (307, 2.2%)

11 いって 5 一種の 3 何が

2 [12件] いつて, いる, ひる, よほどえらい, 人影が, 可なりに, 四畳半の, 大きな白楊樹, 大切な, 昼間でも, 本物も, 私の

1 [264件] あって, いつでも, いつもきびし, いつもさう, いつも強い, いつも黒い, いなかった, いるの, いろんな感情, おそろしい竜みたい, おとなしい気立, かかる態度, かすかな, こうして暮らし, ここにも, こっちの, この大, この様, この頃一種, これと, こんな人, ごつごつと, さまざまな, しばしばその, すでに大きな, その竹, その頃虎, たしかに恐ろしい, たった一人, つつみ切れない満足, つぶらな, どうしても外す, どっかへ, どんな入り組んだ, なおいくら, なにか紙, なにか蛇, ぱったり首, ひとりの, ひり別, ひ熊, ぴいぴい泣い, ふかい青み, ぼんやりと, またあわれ, またもや下, まだお, まだかや, まだなにかいる, まだ人, まだ小次郎時代, まだ黄金花, まばたきも, もうかうした, もう一間, もう客, もう思想, もっとすばらしい, やはり人, やはり偉人, ゆかず道, わが地球人類, アネットより, カーキ色の, ガレージが, テエブルを, ニヒボの, パリーの, ピチピチと, ファナチスムの, 一点の, 七八人長屋の, 七宝細工の, 七転八倒の, 三畳ぐらゐの寝室が, 下部を, 下駄を, 不帰谷の, 不気味な, 九人の, 事務長の, 二つばかりの, 二人共に, 人が, 人の, 人一倍優しい, 人家は, 人間に対する, 他の, 住持の, 何か, 何かしら恋愛以上の, 何かしら神秘的な, 何という, 何となく魚, 何ともいえない, 何の, 何百年と, 何等の, 例の, 健三に対する, 先生が, 六畳の, 勝利を, 千駄木や, 博士が, 厚い厚い闇, 又いろいろ, 又一双, 各種の, 和泉屋市兵衛殿と, 咲くそう, 唯四軒, 四五十人ばかりの, 因州境の, 土鼠の, 堆く紙類, 墓あり, 大きい古池, 大きい奇怪, 大きな岩石, 大きな弱, 大きな釜, 大変深い寂し, 天下の, 天照大御神様が, 奥が, 奥の, 女子を, 妙に, 媚いた, 安徳天皇の, 客が, 家は, 家族が, 寄せて, 密に, 寝床便所風呂場も, 小さい古びた, 小さい棚, 小母さんとも, 少年の, 山, 山人住めり, 工藤の, 巧妙な, 巨人の, 幽眇不測, 座敷が, 座敷の, 庭伝いで, 強い決意, 必ずさ, 必ず正しい, 怪しい女, 恐らくパンパン, 感情と共に, 慧敏な, 我から, 振り米の, 控えて, 数多の, 新しく生々した, 日ごろ田舎, 昔から, 春めいた空気, 時代が, 晴れやかに, 暁けの, 更に小さい, 更に暗い, 書物が, 最前から, 村が, 板新道の, 棚ものと, 横浜あり, 樫や, 歯さえ, 母が, 決心の, 沢山いるらしかった, 沢山居るらし, 浅間造なる, 涙に, 深く, 漾虚碧堂蔵書という, 火が, 火の番の, 無論人, 無限の, 煤に, 煤びれて, 熱し過ぎた親, 熱涙が, 爛として, 狂気に, 狐狸や, 玉江嬢の, 王様と, 甚だ真剣, 男ほど, 白いう, 白い粉雪, 白髪が, 百年千年の, 皚々たる, 盛んな, 眼さえ, 矛盾が, 知らせまいと, 石で, 神々しい線, 禅家らしい, 私には, 秋の, 窖の, 第三, 第二, 精巧な, 糧食庫や, 網が, 緑の, 老母の, 苛立たしい刺, 苦痛の, 茶の間らしい, 茶釜や, 落着いた, 蚊帳が, 蜜が, 蝋燭の, 血潮の, 行つ, 言い知れない不安, 詩人としての, 誰も, 赤い毛氈, 軽い痛み, 過ぎし昔, 道士の, 重い香, 金庫扉らしい, 鍵を, 鏡が, 鏡の, 長屋が, 阿弥陀様か, 阿片に, 障子の, 隠されて, 雑多な, 電灯が, 電燈が, 青白いま, 高声器, 鬱蒼たる, 麻の, 黄い, 黄いろい蝋燭, 黄色い灯, 黒い大きな, 鼓が, 鼓の

▼ 奥座敷~ (289, 2.1%)

15 の方 7 の縁側 4 である, の床の間, へ通る 3 に寝, の縁, の障子, へ通っ 2 で, で中風, で話した, と同じ, に飛きり贅沢, の小, の雨戸, へ入, へ案内, を三間

1 [223件] からそれ, からはせまい, からも養子夫婦, から北の方, から古い, から妻君, から急, から木の間隠れ, から硯箱, から締めだされる, から聞えた, が娘たち, が見え, が閑静, だけには裏町, だったと, であったが, でうんと, でお, でぎょ, でごろりと, です, では主人, では今, では床上, では蝋燭, でひらかれ, でぽんぽん, でもちょうど, で主人, で二人ぎり, で伊賀, で勉強, で対局, で帰った, で快く, で昨夜, で朝来, で東, で楼主, で洗っ, で碁石, で箱, で菊龍, で話し, で酒, で雪代, で食事後, で飲ん, といっ, といふ, として建てられ, とつづい, とは余り, と台所, と思われる, と道場, などがいくつ, などは二十畳, に, にい, における静か, におさまる, にこの, にでも通る, にはいっ, にはいる, にはすでに, には両親, には例, には先刻, には屏風, には庵主玄鶯院, には桑野, には老, には達雄夫婦二人ぎり, にひらけた, にみちびいた, にも一人, に一族信徒, に上, に並べ, に並ん, に予, に休ん, に入っ, に入った, に入る, に取付けられた, に大勢, に娘, に広, に床, に延べられた, に引きかえしました, に忠相, に招, に於, に昼遊び, に机, に来, に案内, に比べる, に片里, に病, に移坐させ, に立籠つて, に繰込んだ, に置い, に臥せっ, に芸者, に行, に親子, に請, に送りこんだ, に長崎屋, に陣取っ, に集っ, に集合, に電燈, に面した, に飲, のくらい壁, のこたつ, のなか, のボンボン時計, の上, の中央, の伊賀侍, の別嬪, の前, の坐, の客, の密談, の寝息, の床の間寄り, の戸袋, の押入, の暗い, の東側, の板屋根, の横, の欄干, の次の間, の硝子障子, の箪笥, の籐むしろ, の縁下, の蚊帳, の話, の間, の離れ家, の電燈, の鶏舎, はしばしば, はその, は一種, は十畳, は山伏, へ, へしけ込ん, へとび去った, へと待遇, へと運び込まれた, へはドンナ事, へやっ, へ三吉, へ上っ, へ上った, へ不自由, へ伺候, へ入った, へ内証, へ北, へ呼ん, へ導かれ, へ引き摺り込ん, へ引こんでし, へ引返した, へ投入れ, へ泊め, へ無理, へ稲垣, へ続くらしい, へ置く, へ聞えかねます, へ行かなかった, へ行こう, へ行っ, へ訪ね, へ這入っ, へ通う, へ通された, へ通し, へ通ずる, へ通った, へ通つて, へ通り, へ運び込まれる, へ集った, もある, も琴, より発火, をすこし, をそっと, をちょっと, をのぞい, を一つ, を中座, を借り, を出, を出ず, を出る, を占め申し, を思出, を目ざしました, を自分, を見おろし, を通して眼, を閉め込ん, を離れた, 待つ間もなく, 目がけて

▼ 奥~ (186, 1.3%)

4 真暗で, 知らねども 3 谷に 2 まっくら, 一面の, 住宅に, 六畳の, 十畳の, 大分深い, 奥で, 暗い断崖, 深い谷

1 [157件] あたかも霊公, いきなり横丁, いつのまにか百坪, いよいよ暗く, おやじや, お前が, お寅親子, がっちりした, くらくて, こういう調子, この幾週間, しいんとしずまりかえっ, しんとして, すぐに, せまく深くまつ, それを, ちょっとした空地, とても私ども, どこか, どこまで, どれほど深い, なかなか広く, なるほどひどく, ひっそりし, ひつそりし, ふたたび旧, ほの, ますます深く, また奥, まだ蝦夷地, まだ雪, まっ暗闇, もうひっそりし, やや広い, よほどひどい, カーテンで, マホガニー細工の, ロシア風の, 一人で, 一般談話室だ, 一部屋しか, 一間しか, 一間の, 三尺の, 二坪ばかり, 五坪ほどの, 以前の, 伯爵夫人が, 低き垣, 何なれ, 何事ものう, 何処に, 余りにも, 依然として大, 僅か十フィート, 光も, 六畳この, 六畳と, 前の, 十畳その, 千畳万畳敷きであり, 千畳敷や, 半壊の, 向うさ, 四五日甲高な, 土地で, 土蔵づくりに, 地位は, 地面が, 埋めて, 夜宴に, 夜眼にも, 大竹藪が, 女の, 如何なっ, 嬉しいの, 寂と, 寝室で, 小笠原少, 山が, 山また, 崖青空遠く, 左から, 広くなっ, 床が, 廃園といった, 廊下だ, 御堂の, 房の, 持病が, 断崖に, 旅行中じゃ, 日の, 昼も, 時雨の, 暗いので, 暗い茶の間, 暗かった, 暗くその, 暗くて, 暗くなっ, 暗くひんやり, 暗の, 板の間に, 案外に, 樺太蝦夷が, 正月前らしく, 深いの, 深い湖, 深い闇, 深く且つ, 深く続い, 灰色の, 狭まって, 琵琶湖の, 生薬屋の, 畑であった, 異様に, 病気だ, 皆さんおやすみ, 目なし, 目に, 真暗であった, 真暗である, 真白に, 知られる, 知れて, 私にも, 私の, 秋本荀竜の, 空地に, 空気が, 空洞らしく, 窺うこと, 紅葉で, 若葉の, 草野, 藁を, 訪客の, 詳しく知れね, 誰も, 送信所に, 遠く来し, 部屋の, 部屋一杯に, 鉄の, 鉄道線路に, 鉛色の, 銀杏の, 障子なし, 障子を, 障子越しに, 雪だらう, 雪深から, 靄と, 驚くべき秘密, 黒いほど

▼ 奥まで~ (175, 1.3%)

4 行って 3 入って 2 はいって, まいりました, 土間が, 来て, 歩いて, 行くの

1 [156件] いい道, いらっしゃる様, おはいり下さいませ, お通さん, かえって行った, かえれず翌, がらんと空い, きこえて, ぐずぐずに, この火, ざらざらに, しかも雷, しみこんで, しみ亘った, しみ透って, しみ通って, じいんと知覚, すっかり君, すーっと, その内側, その響, たっぷり太陽, ちゃんと描い, つっこんで, つづいて, はいりこんで, はいり込みザビーネ, はいり込んだの, はいり込んで, ひつそりとして, ひと目に, ほのめき入った, まっしぐらに, まゐりました, やってきたとき, わかる, わざわざおい, ズーッと, 一と, 一人で, 一通り繰り返し, 二十二間を, 作家の, 先生の, 光つて居た, 入った, 入りこんで, 入り込んで, 冷たい水気, 出かけると, 反省し合っ, 吸いこみたいと, 吸ひぬ, 吹かれて, 土足で, 塞がって, 夕やけの, 夜中に, 小春日の, 帰るの, 引っ張り寄せそこで, 当も, 彷徨い歩いて, 徒に, 微笑を, 持ち運ぶ方法, 捜せ, 掃除が, 探させたが, 探り明かした, 探り詰ん, 探検し, 握りしめて, 摺り切れる, 映し込んで, 暗さ, 朝の, 木を, 本気に, 歩き亭, 死にに, 沁み込む, 沁み透るほどに, 洗いたいよう, 流れこんで, 深い呼吸, 深く這入る, 滲み込んだから, 澄んで, 濛々と, 炭焼が, 煎餅の, 理解した, 相かわらず, 禿げ上がって, 突き通さねば, 突っ込む, 突通す様, 米一俵を, 緋羅紗で, 聞こえたという, 聞こえて, 行かねば, 行くかも, 行くもの, 行くわけ, 行った, 行つ, 行つて見た, 見えそう, 見えるの, 見えるほど, 見きわめる用意, 見すかされそう, 見すかされ梢, 見せた, 見せやしまいかと, 見たいと, 見て, 見物は, 見込むよう, 見透ける部屋, 見透せるん, 見通しで, 見通そうと, 覗かせて, 言葉を, 訪れが, 赤くなった, 走り込むほど, 踏み入りましたが, 踏み込もうという, 踏み込んだの, 蹈み込ん, 迎いに, 近づいたらしいですよ, 迷いこんで, 追いつめた, 追いつめられた先生, 這入って, 通したん, 進み入った, 進んで, 運んで, 達せさせるの, 釣りこんだとは, 開けはなし, 隈なく, 隙い, 面は, 頼む, 馳け, 駈けこんで, 騒々しく押し込む, 魂の, 魚釣が

▼ 奥~ (168, 1.2%)

4 じーん 3 深い 2 ありそう, あるの, ぎくりと揺らい, たが, 古木の, 広くなっ, 暗くなっ, 熱くなる

1 [145件] あって, ありいかに, ありますよ, あります際限, ありまだ, あること, あるよ, あるん, いくらか, かすかに, からからに, かわいて, きりきり痛ん, くずれる音, くらく見えた, こんなにもひっそりと, ごろごろ鳴り, しいんとして, しびれる程, じいんと滲みる, すっぱくなっ, ちょっとした広場, つうんと, ないよう, のぞかれたよう, はかり知られないよう, はっきりしない, はっきり見えない, はっしと音, ひらいて, ひろいの, ふかくなっ, まだある, むず痒いよう, よい, わからない, わからないそこで, わたくしの, コンクリートの, コンモリと, 一枚襖を, 丸見えです, 丹生川平であっ, 二畳半である, 今で, 住居にな, 何かしらキューンと, 何となく心, 光つて効果は, 公教の, 六畳に, 内庭らしく, 冴えて, 冷たく痒い, 初めて広々と, 勝手に, 印刷工場で, 即ち江の浦, 取り込んで, 叫ぶ, 台所, 四畳半, 夜の, 大きく抉り取られる, 夫婦の, 好いずつと, 孤島に, 小広い, 屍室で, 山の, 崖に, 庵室に, 廻廊で, 引きつれぐいと, 往来から, 怖いこと, 急に, 捜し求めたその, 擽ぐったく, 明るいか, 晴れると, 暖かくふさがっ, 暗いので, 暗くなる, 有るの, 果しも, 楽屋から, 次第に解れ, 次第に黒く, 此八畳間其奥にも, 河口でございます, 浅いと, 涙ぐましいよう, 深いかわり間口, 深い森, 深い深い洞窟, 深かった, 深くなっ, 深くも, 深く土間, 深く暗い書庫, 深く暗く感じられ, 深く私, 混んで, 熱くなっ, 熱くなった, 狭いので, 痛い様, 痛かつ, 痛が, 真四角に, 真黒である, 知れないの, 知れないほど, 知れない気味, 知れぬほど, 知れぬもの, 私の, 稽古場に, 空々しく鳴つ, 竜宮まで, 絶えず語っ, 肌白く, 行抜けに, 見えいやに, 見えた, 見えたよう, 見えなかった, 見えませんでした, 見えるよう, 覗かれるよう, 親知らずを, 詰って, 財産目録でござる, 赭っと, 透いて, 透けて, 達弥に, 遠い広いところ, 遠くて, 重い様, 雪達磨が, 鳴った, 鳴る罰, 鳶の

▼ 奥~ (153, 1.1%)

8 の方 7 に面した 3 のほう 2 の池, の石神堂, の築山, の離室, へ忍び込ん

1 [125件] からあがっ, から叫んだ, から居間, から柄杓, から流れ, から陸, があり, が深い, つづきの, である, でいま, でお, で多勢, で急, で怪我, で殿さま, で秋, で階段, で馬, というの, といっ, と覚しき, などに咲き出る, などを通過, にある, になっ, にはいっ, には松, には燈籠, にひょっくり, にまつっ, に一葉, に出た, に大きな, に忍び, に忍び入らん, に忍び込む, に於い, に曲者, に有った, に松風, に次第に, に積み上げた, のあの, のお茶室, のくらがり, のほとり, のよう, のヒマラヤ杉, の上, の亭, の仔細, の別, の前, の境, の大, の大きい, の奥深く, の小径, の広, の広い, の広縁, の廂, の彼方, の書割, の木の間, の木立, の柴, の柿, の森, の植木, の橋, の水盤, の泉水, の物語, の疎林, の真っ暗, の結構, の縁さき, の芝原, の芝生, の茂み, の遙, の開けず, の隅, の離れ, の離庵, の雨景, へ, へつれだし, へわたしたち, へ入っ, へ入った, へ入る, へ入れ, へ廻る, へ引き出され, へ忍び込み, へ於市, へ潜入, へ眼, へ誘い込んだ, へ迷い込ん, へ這入り, へ通じ, へ進ん, へ運び出す, へ降りた, までは白壁門, までまぎれこん, までも忍び行く, まで入りこむ, まで夜廻り, めいた場所, もあつ, もある, をながめた, をものの, を歩い, を突き抜ける, を窺った, を背, を覆う, を見渡す, 深く入り込んだ

▼ 奥へと~ (114, 0.8%)

14 進んで 5 入って 4 歩いて 3 たどって 2 わけて, 消えて, 走って, 踏み込んで, 逃げ込んで, 連れて

1 [76件] かけあるいて, さまよって, すすむうち, すすんで, その廊下づたいに, つづく黒い, どこまでも, はいり込む後年, へんな, ほつた, 下がって, 下りて, 並んだ島々, 二里ほど, 云ふ, 先に, 入つて, 分けて, 分け入, 分け入った, 分け入りながら, 包んだ, 向う, 坐つて, 奥の, 導かれる, 引きかえして, 引き込んで, 彷徨って, 智識の, 来た, 案内した, 歩きそして, 歩みつづける, 汽車は, 沈みゆくよう, 流されて, 消え去った, 深く入込ん, 生命の, 登って, 登つて行つて大きな, 登り降つて, 盲進し, 私を, 素早く影, 行く, 見て, 言って, 言ひ, 誘った, 走りこみました, 走りつきありし, 跫音も, 躍りこんで, 身を, 辿って, 追払われるの, 逃げ出したの, 逃げ去つて了, 逃げ込んだ訳, 這入って, 這入つて, 這入つてみたい, 通って, 連なって, 進みました, 進む, 進むこと, 進むほか, 進むよう, 進んだ, 進んだので, 道の, 響き進んで, 駒を

▼ 奥では~ (102, 0.7%)

2 弄花が

1 [100件] あなたは, あり得ない印象, いうそう, うんと一言返辞, おかめ, かすかな, ございますまいか, さっきから, しきりと, して, すでにこういう, それを, そんなはなし, ちい兄さんだって, つきりわ, つづいて, どのよう, ないか, ないかと, ますます芸人, もうまつ, もう湯灌, もう踊っ, もりもり山姥, やっぱり心配, やはり囲碁, やはり昔ながらに, スイモノとも, ツギ合せた, ビュルゲルが, フランスの, ランプの, 一家の, 一盃飲み, 三十人ばかりの, 主人夫婦倅娘お, 久米一おそろしく, 今琴, 仏印で, 佐々木小次郎と, 何やら母娘, 儲かる儲からないを, 内風呂に, 凝議, 動脈の, 勤行の, 南の, 又もやお, 呟いて, 咽ぶよう, 哀願し, 因襲は, 困るから, 大騒ぎだ, 大騒動, 女中の, 寝つかない三郎丸, 小さな時分, 市長が, 常にキャッ, 幽かな, 引続い, 引続き読経, 彼に, 彼の, 彼を, 彼自身の, 待構え, 御一族, 懸巣, 接待の, 整えられたテエブル, 最初たわむれ, 木山が, 松平忠房が, 殿様が, 沈黙の, 深更まで, 火の, 焦れて, 燻製の, 猿若, 用箪笥の, 瘤まで, 看守の, 磯野が, 自分の, 自分一人の, 蝦夷春蝉が, 袖に, 話し声が, 誠吉が, 読むらしい, 讀むらしい, 起きて, 酒と, 針仕事でも, 鋭く割れた, 高らかな, 髪結さん一家が

▼ 奥~ (71, 0.5%)

5 をきわめた 4 を極めた 2 である, というもの, とする, に達し, を説い

1 [52件] あり, がすべて, じゃ, そんなもの, でありその, として演技, とよん, と心境, と関係, にかかっ, にすすん, には思考, にまでも達し, にまで一足飛び, にまで飛ぶ, によつて, に反し, に由来, に至れ, に通達, に達した, のみならず, の一つ, の重大, はまず, は一人, は公開, まで譲られた, も自ら会得, をあらわした, をいかにも, をお, をきわめ, をきわめて, をせめて, をで, をとい, をとく, を会得, を伝授, を保つ, を忘れた, を感得, を独学, を用, を示す, を積む, を究めある, を究めた, を胸, 主水, 悉く伝授

▼ 奥ふかく~ (64, 0.5%)

2 はいって, 逃げこんで, 進んで

1 [58件] いま八代吉宗公が, お庭さき, お艶, かがよ, かくして, かすかに, こたふるならん, ささった鏡, しきつめて, しまいこむだろう, しまって, しまわれて, つづいて, て先, で院, とある洞窟, にくる, にたりにたりと蒼い, には雪, に休ん, に取りつい, のもの, はいりこんで, は入った, ひそんで, ふみこんで, へおしこめられた, へと橇, へと消えた, ほんた, まではいっ, まで導き, まで重々, みえて, みほとけ, 住まわせて, 分入る, 又輝, 向けますと, 姿を, 居給ひ, 御仏, 案内され, 死蔵され, 石炭舟の, 納まわれ, 純真で, 紛れこんで, 脈々と動い, 蔵う, 訪ねた, 迷い入る, 逃げこんだ, 連った, 遊びに, 銀の, 隠して, 食いこんで

▼ 奥より~ (56, 0.4%)

4 いず 3 出て, 出で 2 お妙出づ, 玉虫は, 秋の

1 [40件] あらわる, おいよ出づ, お妙, こもった長い, して, その声, ひしとみいりたる, 下げられたの, 不意に, 久慈の, 乳児を, 人が, 出づ, 出迎, 勝手向きの, 売買の, 女中来たり, 女将風の, 手ラムプを, 望めば, 桂走り出, 楓は, 母親出で, 漏るるレコード, 現はれる, 目羅続い, 石原の, 礼子が, 紙屑籠背負いたる, 落つる長, 藩政へまで, 蛇は, 見えて, 角右衞門が, 銃声聞ゆ, 閃めき出, 響いて, 駈来り予, 高き櫓, 鳴きて

▼ 奥~ (55, 0.4%)

5 いっても 3 表の 2 いったが, 表との, 言っても

1 [41件] いつた感じ, そこの, そこを, なって, なりゆくが, 下の, 世間で, 云うもの, 云っても, 代え高村と, 入口に, 口とへ, 台所で, 台所を, 呼んだに, 呼んだ国, 哲丸へ, 客とへ, 帳場の, 店と, 店とが, 店との, 思うところ, 持仏堂の, 揚幕奥へ, 楽しく語らう, 浅間高原六里ヶ原の, 玄関脇と, 申しますの, 申すと, 細工場とは, 膝わきに, 良人の, 表が, 表と, 表とが, 見られて, 言うの, 言ったよう, 金銭の, 門口との

▼ 奥女中~ (50, 0.4%)

2 の一枚絵, の雪野

1 [46件] あがりを, から笑われる, がそれ, がた残らず, が丁度, が燭台, が目, が矢立, が立退く, が芝居見物, が言った, だった女, であった, としてそこ, と表方, などのには金銀珠玉, に他, に化け, のあいだ, のお, のお松, のこしらえ, のとりなし, のよう, の一人, の取締り, の名, の品, の心, の拝領地, の持ち, の指, の服装, の浮世絵, の花見, の部屋, の部屋子, の類, はいづれ, は奥女中, は片, らしい気品, をひとりひとり吟味, を犯し, を経, 総手入れ

▼ 奥にも~ (47, 0.3%)

2 いのちは, 人の, 部屋が, 響くべく凄

1 [39件] ある, あるよう, いかに下, お家が, お杉, きこえて, ぢかに, つい今しがた, まばらに, わたくしの, 一つ見える, 一つ部屋が, 三年坂の, 取り入りつ, 台所にも, 外にも, 多左衛門, 媚びないの, 射して, 山が, 常の, 年代や, 彼を, 数多く居る, 春が, 暗いかげ, 最後の, 潜在する, 無名の, 玄徳が, 疏通した, 空いたのに, 立木の, 綺麗な, 聞えた, 豊かな, 達磨が, 難波の, 静かな

▼ 奥へは~ (43, 0.3%)

3 いつて, ひつて 2 いるが, いる時

1 [33件] いこんで, いってる可, いつた八釣, いつた寒村, いるよう, いる前, いる夫人, いる姿, けっしてはいっ, ひつた, ひらうと, ひられて, ひりかけると, ひりましたところ, ひる, ひる前, もう一歩, 余程行, 入って, 入っては, 入らぬ規則, 手を, 白昼も, 福島の, 立たなかった, 行きがたい, 行きは, 行けず近く, 行って, 踏みこんでは, 通らず風呂所, 頻々と, 黙って

▼ 奥御殿~ (43, 0.3%)

2 にたれこめ, の警備

1 [39件] ではまだ, で快い, という処, に住む, に導かれました, に引っ込ん, に於ける, に潜ん, に火, に火の手, に起った, に閉居, のある, のお雛様, のきらびやか, のこと, の場, の外囲い, の天井裏, の密室, の座敷, の庭, の建っ, の情景, の数名, の方, の様子, の消息, の生活, はいつも, は本丸, は火, へおい, へ出入る, へ召, へ行く, へ運び入れられた, へ駈けつけた, へ駈けつける

▼ 奥向き~ (40, 0.3%)

2 のお, の様子

1 [36件] から近郷近在, だけでなく, での尽きない, ではなはだ, で三ヶ日間ネズミ, というところ, などでは正室, にある, には姪, には自分, にもいれられた, に仕え, に勤め, に奉公, のこと, のもの, の人々, の仕事, の切盛, の女中, の婦人, の小間使, の役人, の御, の方, の模様, の用, の立派, の経済, の誰彼, の部屋部屋, へお, へは出入り, へ申し上げた, を勤め, を説諭

▼ 奥医師~ (39, 0.3%)

3 より表 2 であつ, となつ, になっ, になった, の下

1 [26件] かそんな, が六人, が引き添っ, たり位, たるべき時, であるが, で五百俵, というの, などに召し出される, に, にせられ, にせられた, になつ, に汽船咸臨丸, に進み, に陞, の地位, の子, の玄達, の白須法印, の秘蔵, の部, は戸塚静寿院法印, を命じ, を命ぜられた, を罷め

▼ 奥~ (37, 0.3%)

4 表も

1 [33件] あら方夕, かなり広く, きみに, きょうは, しんとして, ないボロボロ, なく云う, なんとなくあわただしく, もう寝た, ようやくひっそりと, よく見ず, わからぬ程, 住み憂し, 先刻お, 入口も, 台所の, 右も, 壁である, 守りますへい方々, 安斉先生から, 定めて, 小座敷も, 底も, 憂きは, 暗がりで, 滅茶滅茶の, 無さそう, 燃え明り, 痛んで, 真っ暗である, 知らるるという, 覗かれた気楽さ, 退けましたから

▼ 奥秩父~ (37, 0.3%)

1 [37件] から中仙道, から刄, と云う, と裏天目, なる文字, なる新, にし, にそういう, にはいる, には二千米, には誇る, に数多い, に旅行, の三峰川, の切支丹谷, の喬岳金峰奥仙丈, の地理, の山, の山々, の山脈, の教会, の方, の最も, の登山, の破風山, の連山, の金峰山, の高山, へはいっ, へ入る, へ逃げ込んだ, へ通う, も多摩相模, より先, をすぎ, を旅行, を水源地

▼ 奥がた~ (33, 0.2%)

2 はいいました, はこたえました

1 [29件] にあずけた, にいいました, にても心, にむかっ, にやさしく, のあんま, のお, のかみ, のもの, の主張, の兄弟, の顔, はあっ, はあわて, はいきなり, はいくら, はうれし, はお, はかわいそう, はぎょっと, はこたえ, はしおしお, はしぶしぶ, はそれ, はもう, は女, へもある, も気, も病床

▼ 奥なる~ (30, 0.2%)

1 [30件] あたりに, この庵室, アフリカの, 北, 奥州出羽の, 実在と, 小楠公の, 山中の, 山神社の, 峯は, 広庭, 心遣りなりき, 性情の, 愛情の, 所に, 教祖に, 曾て, 柱の, 殿垣内に, 深山には, 滝に, 甘い栗, 真, 私室へ, 空に, 自然の, 観念を, 貧しい壇, 長崎に, 高助と

▼ 奥からは~ (29, 0.2%)

2 母の, 蚊やり, 誰も

1 [23件] かぶさる水, まるで穴窟, チチチチチチチチチチと, 何の, 光りが, 娘さんや, 子供が, 実際もう夜鶯, 容易に, 折々面白げ, 撥の, 春らしい, 深いため息, 皿小鉢の, 端唄の, 緋の, 締めだされて, 能楽の, 良質な, 返事が, 鹿の, 黒ガラスを通して, 鼓の

▼ 奥まつ~ (28, 0.2%)

4 たところ, た一室, た部屋 2 たあたり

1 [14件] たサロン風, た一隅, た中二階, た右手, た場所, た席, た座敷, た建物, た急, た洋風, た玄関, た薄暗い, た路地, て何

▼ 奥~ (28, 0.2%)

8 の方

1 [20件] からの風, から出張, から妻籠, から順に, から馬籠, でも称うるか, のお, の方角, の方面, の道, へかけ, へと入り込ん, へと取った, へと続く, へと街道, へと通り過ぎ, への方角, へ行く, までお供, まで入り込む

▼ 奥穂高~ (26, 0.2%)

1 [26件] が原始, が至当, が黒い, つづきの, でやられた, といっ, と前, と北穂高, につづく, に登頂, の前, の岩場四・四〇, の方, の標高, の登山小屋, の頂き, の頂上, はと見る, へも行かれる, へ登ろう, へ行った, へ辿る, を仰い, を指す, 前穂高, 常念

▼ 奥二階~ (25, 0.2%)

1 [25件] から駈け着け, が兄弟子, でそこ, では, でも住み, でチラ, で解い, で酒, で駒越左内奥野俊良, とて新九郎, に, にて畳敷, にも店, に住ん, の一間, の六畳, の夕雛, の明り窓, の水沢, の静か, へ, へ水, へ連れ, を会場, を逢

▼ 奥~ (24, 0.2%)

1 [24件] ありけん, あると, ずっと塀, ひと目の, オホーツク海の, 世間を, 二階に, 二階の, 台の下や, 台所の, 台所を, 小倉山の, 小川の, 幹が, 戸棚には, 木の, 森の, 水の, 畜生谷にまで, 神流川の, 耳の, 聯隊の, 薄暗い瀬戸, 裏の

▼ 奥仙丈~ (21, 0.2%)

2 と信じ, の中, の記事, ノ中

1 [13件] が東西山梨二郡, という山名, と木賊山, なる称呼, の主脈たる, の位置, の名, の山塊, の山脈, の東, の諸山, は甲州, や雁坂等

▼ 奥~ (21, 0.2%)

1 [21件] から書き込み, が去っ, が来, が話し掛け, とも話, と並ん, と喧嘩, に聞い, に聞く, の一人, の唇, の手, の言う, の頼母木与四郎兵衛, はびっくり, は何やら細々, は師匠, は泣き出し, まるで腑, やら座頭, を怒らせ

▼ 奥白根~ (21, 0.2%)

2 の温泉宿, の絶巓

1 [17件] この二つ, でも蔵王, と女貌山, と庚申山, と間違えられる, の円錐頂, の右, の渋色, の秀峰, の絶頂, の雪, の高い, はかなり, へかけ, や前, より百米近く, を正面

▼ 奥~ (20, 0.1%)

4 かくに

1 [16件] かいゆゑ, かい光, かい地下室, かい山地, かい木々, かい森, かい路地, かき一室です, かくいれ, かくから, かくさまよいあるきました, かくなどに, かくには, かく物凄い, かく見, かく進め

▼ 奥上州~ (16, 0.1%)

3 の山 2 の山々, の山名 1 から信越, から奥羽, の国境山脈, の白根あたり, の空, の群山, の裏側, の諸山, 殊に利根川

▼ 奥~ (16, 0.1%)

6 舗へ 4 舗の 2 舗を 1 敷に, 舗では, 舗に, 舗は

▼ 奥~ (15, 0.1%)

4 医師御 2 医師二百俵高御 1 医師, 医師三十人扶持下谷長者町, 医師三百五十石本郷大根畑, 医師内田養三三十五, 医師向柳原父永寿院, 医師無, 医師石川貞白五十八, 改革御, 都合承合

▼ 奥曲輪~ (15, 0.1%)

1 [15件] から退がる, か長い長い, である, というもの, には表, に入った, のほう, の女房たち, の女房方, の局, の火, の玩具みたい, の路地, はひ, をお守り

▼ 奥~ (15, 0.1%)

4 御医師 2 の医師, を拝 1 などの命, に進められ, のお, の医師仲間, の医者, の部, 後奥詰

▼ 奥ふかい~ (14, 0.1%)

1 [14件] うまみを, ことを, ものであった, ものに, 一室まで, 全体に, 処に, 城中へ, 室へ, 庭が, 御鏡, 所にも, 社会的本質までを, 邸の

▼ 奥遠く~ (14, 0.1%)

2 でドドド, で何, で微か, の寺, はるかに 1 で三, の夜空, を眺め, 頭の

▼ 奥との~ (13, 0.1%)

3 境に 1 あいだの, さかいに, 中の間にて, 中仕切の, 五つの, 仕切暖簾の, 堺には, 境の, 通路の, 間を

▼ 奥にて~ (13, 0.1%)

3 大勢の 1 お春, ばつたり, 凄まじき物音, 勤行の, 弥之助が, 手も, 柳の, 牛が, 盛んなる, 笑声

▼ 奥勤め~ (13, 0.1%)

1 [13件] ができんなら, すると, にあがりまし, に移り, の中老, の女, の御, の者, へでものう, もあれ, もできますまい, らしい女, をいたし

▼ 奥~ (13, 0.1%)

2 の三階, の二階 1 が残っ, の, のつづき, の中, の縁, の脇, は黒壁, へ入りゃ, を建て増し

▼ 奥~ (13, 0.1%)

2 とした

1 [11件] からくだっ, としたる, とに通ず, にかくれ, のごとし, の大岩, の宝塔, の方, の裏山, までいっ, をあて

▼ 奥からの~ (12, 0.1%)

1 [12件] このこと, そりと, サンビ歌だけが, サンビ歌の, 何物かを, 命令さ, 喜びに, 声は, 悪戯の, 注意で, 洗濯物の, 言葉で

▼ 奥までも~ (12, 0.1%)

1 [12件] ほとんと, 吹き込んで, 掻きさぐりぬ, 断崖という, 沁み込んで, 泌み, 萱野が, 行き余暇, 行けるだろうという, 追っかけて, 響いて, 鼠が

▼ 奥仕え~ (12, 0.1%)

2 のお, の侍女, の女たち 1 に入れ, の侍女ども, の女, の於霜, の祐筆, の者たち

▼ 奥仙丈山~ (12, 0.1%)

3 の条 1 として紹介, なれと, に関係, の主脈, の位置境域, の最高点, は元, は恰も, は西

▼ 奥~ (12, 0.1%)

1 [12件] がある, というもの, にあたって丹生川平, にまどろん, に描い, に月輪関白兼実, に置かれ, に藤棚, の一所, まで映した, まで追及, も遥か

▼ 奥~ (12, 0.1%)

3 の岩場 2 の岩壁 1 の例, の小屋, の距離, の頂一・三〇, の頂上十二時半, は北アルプス中, へ登る

▼ 奥でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] こんな御馳走, さぞ暑かろ, とき, 借りて, 夜陰の, 手前でも, 派手な, 眺めたらまた, 覗くやう, 賑やかな, 隠れたかな

▼ 奥にまで~ (11, 0.1%)

1 [11件] さした, とどいたの, 忍び込んで, 日本人に, 浪打ち, 産後美の, 突き入った洞察, 達しうる筈, 達した人, 雨脚が, 食い込む心配

▼ 奥坊主~ (11, 0.1%)

1 [11件] が廊下, だったの, であつ, にいっ, のうち, の中, の組頭, の者, はすぐ, へ届ける, を勤め

▼ 奥~ (11, 0.1%)

1 [11件] で一切, で催された, で盛宴, で行なわれた, にはもう, に一人, に入る, に於, に踏み込む, に進み, の一隅

▼ 奥~ (10, 0.1%)

2 藻の 1 かたに, 島守, 島榜ぎ回む舟は, 島荒磯の, 浪千重に, 白浪高から, 藻は, 藻を

▼ 奥へも~ (10, 0.1%)

1 たれこんだなり確か, どなった, はいらずに, めったには, よく解っ, 無論通る, 知れぬはず, 聞こえるよう, 行かずに, 通らず大きい

▼ 奥家老~ (10, 0.1%)

3 の松浦頼母 1 が実, である松浦頼母, で権勢家, といった役, としてもっとも, に報告, の松浦様

▼ 奥書き~ (10, 0.1%)

1 あり, ある耄及愚翁本, である, には, に安貞二, のゆえ, の保存, の必要, は信じ, も真正

▼ 奥~ (9, 0.1%)

1 その途中, どこかに, もっと道, 二階か, 但しは, 地の, 外の, 左の, 海岸の

▼ 奥蔵院~ (9, 0.1%)

3 の日観 2 の納所 1 と申します, の住持, の住持日観, の日蓮坊主

▼ 奥詰医師~ (9, 0.1%)

2 となつ, を拝 1 となり, に, になっ, に任, に陞

▼ 奥~ (8, 0.1%)

21 から, からこんな, からの事サ, から何だかぱっと, がそんな, と云う

▼ 奥にでも~ (8, 0.1%)

1 あること, いるの, おるの, 仕えて, 彼らの, 必ずぽっちりは, 隠れて, 頼んだが

▼ 奥への~ (8, 0.1%)

2 道を 1 入口から, 入口にな, 出入りさえも, 取次を, 通路, 通路の

▼ 奥中将~ (8, 0.1%)

2 の所 1 には一面, に依頼, に遇わせない, の居られる, を訪う, を軍営

▼ 奥在所~ (8, 0.1%)

1 として択, の人々, の口, の村民, の由緒書き, は深く, へさながら, へ入る

▼ 奥女中たち~ (8, 0.1%)

1 がかしましい, がとうに, が三艘, が欄干, が芝居者, に睨まれ, の居並ん, の選挙

▼ 奥~ (8, 0.1%)

1 がとれ, という勤め, のある, の模様, まで四度刷, をひらい, を検, を見る

▼ 奥からも~ (7, 0.1%)

1 一ぺんに, 七人の, 同時に黒煙濛々, 向い側からも, 大きい蛔虫, 御老女, 聞えて

▼ 奥~ (7, 0.1%)

4 瀬の 2 は恐ろしい広い緩 1 瀬口へ

▼ 奥廊下~ (7, 0.1%)

1 にも薬師岳, の口, の大勢, の隘口, へ渡る, を少し, 即ち上廊下

▼ 奥~ (7, 0.1%)

1 であっ, になお, にはやはり, にボオイ, に丸太, に寝ころび, の鉢

▼ 奥という~ (6, 0.0%)

3 のは 1 ところへ, ややこしい九尺二間, 言葉が

▼ 奥サン~ (6, 0.0%)

1 が岡田, だった, であった, に懇願, もあるし, 大層オシャベリナ方ダッタカラ

▼ 奥仙丈岳~ (6, 0.0%)

1 である, と命名, の名, の絶巓, を据え, を甲信

▼ 奥~ (6, 0.0%)

1 をうけられ, をきわめた, を得, を授かりました, を極め, を述べ

▼ 奥部屋~ (6, 0.0%)

1 の古, の戸袋, の異国物産, の縁側, の隅, は四坪

▼ 奥あたり~ (5, 0.0%)

1 から出, で三好, にボーイ, に時々, を散歩

▼ 奥だけ~ (5, 0.0%)

2 あって 1 です, で肩, 幽にと

▼ 奥とは~ (5, 0.0%)

1 いえ別人, いえ旅籠, ちがって, 反対の, 障子で

▼ 奥~ (5, 0.0%)

1 のであたり, のです, ので晩春, ので芭蕉, んでしょ

▼ 奥ふかき~ (5, 0.0%)

1 あたりへ, 所, 所の, 朴の, 湖のさ

▼ 奥へでも~ (5, 0.0%)

2 行って 1 ゆくの, 一所にと, 母子し

▼ 奥上州方面~ (5, 0.0%)

2 の山 1 とを除け, の山々, は市中

▼ 奥伊豆~ (5, 0.0%)

1 に行く, に養い, の温泉, の蒼空, はどこ

▼ 奥~ (5, 0.0%)

1 であります, です, の事, をし, をもっ

▼ 奥家老松浦頼母~ (5, 0.0%)

1 だと, というよう, の屋敷, は中納言家, を殺そう

▼ 奥~ (5, 0.0%)

1 人を, 入つ, 尋ね尽したが, 赤くな, 這入つて

▼ 奥です~ (4, 0.0%)

1 か, が, な, よ

▼ 奥とを~ (4, 0.0%)

1 一人で, 入れ換えて, 往っ, 見比べた

▼ 奥などに~ (4, 0.0%)

1 あって, しても, 生きて, 馬なき

▼ 奥にこそ~ (4, 0.0%)

1 人生の, 此様に, 玉の, 纐纈城は

▼ 奥へとは~ (4, 0.0%)

3 いって 1 いった

▼ 奥までは~ (4, 0.0%)

1 とどかぬと, わたしには, 何にも, 雪の

▼ 奥ゆるし~ (4, 0.0%)

1 が割符, にある, をとった, 水月の

▼ 奥~ (4, 0.0%)

1 社に, 院, 院という, 院道

▼ 奥働き~ (4, 0.0%)

4 の女中

▼ 奥~ (4, 0.0%)

1 なる宗教, にも達し, の理, を悟る

▼ 奥浄瑠璃~ (4, 0.0%)

1 の, の元, の古い, の年

▼ 奥~ (4, 0.0%)

1 だったが, で鼻筋, と云われる窪んだ, の放心

▼ 奥~ (4, 0.0%)

1 にせられた, に至り, に進み, をさえ許された

▼ 奥~ (4, 0.0%)

1 の内部, の深, へとびおり, へザッザ

▼ 奥ざしき~ (3, 0.0%)

1 とはいっ, の一つ, 女客と

▼ 奥じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないよ, ねえか, 変に

▼ 奥とか~ (3, 0.0%)

1 下町でも, 木立の, 雪中の

▼ 奥において~ (3, 0.0%)

1 さきに, 口誦む歌にも, 彼は

▼ 奥むき~ (3, 0.0%)

1 のこと, の奉公人, の方

▼ 奥仙丈山塊~ (3, 0.0%)

1 が蒼, に陣取っ, を含む

▼ 奥仙丈秩父郡界~ (3, 0.0%)

3 ノ雁坂等ニ綿亘セリ

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 であつ, をし, 被仰

▼ 奥千丈~ (3, 0.0%)

1 なる名称, の位置, 大唐松

▼ 奥南蛮~ (3, 0.0%)

1 から喜望峰, とも申し, の大国

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 の厚い, の岩場, をやった

▼ 奥大和~ (3, 0.0%)

1 に散在, の者, をこえ

▼ 奥大日~ (3, 0.0%)

1 との間, の絶頂, の額

▼ 奥書き本~ (3, 0.0%)

1 などが生まれ, によってこの, の系統

▼ 奥武蔵~ (3, 0.0%)

1 の丹党, の郷武者ばら, の高麗一族

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 であるという, はどんな, は東京

▼ 奥~ (3, 0.0%)

2 のかなた 1 に近い

▼ 奥湯河原~ (3, 0.0%)

1 の, の土肥, は雨

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 の戸, へ入れ, へ入れおいた

▼ 奥~ (3, 0.0%)

21 の子供

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 から海抜一万尺, になつ, に詣でた

▼ 奥~ (3, 0.0%)

2 と亜介 1 とその

▼ 奥~ (3, 0.0%)

1 ではオシラガミ, の地, へ落し

▼ 奥飛騨~ (3, 0.0%)

1 の国, の称, の高原川

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 もいつしよ, 引っ込んで

▼ 奥さん然~ (2, 0.0%)

1 と, とした

▼ 奥その~ (2, 0.0%)

1 また奥, 濠や

▼ 奥そんな~ (2, 0.0%)

1 無理を, 物が

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 住みよ, 花に

▼ 奥って~ (2, 0.0%)

1 どこです, どんな所

▼ 奥であった~ (2, 0.0%)

1 ので, 死神の

▼ 奥でした~ (2, 0.0%)

1 かと思う, が看板

▼ 奥での~ (2, 0.0%)

1 声, 夫婦の

▼ 奥として~ (2, 0.0%)

1 待遇ふ, 畏る

▼ 奥とも~ (2, 0.0%)

1 いわるる槍, 違い凩

▼ 奥などから~ (2, 0.0%)

1 ここを, 此処を

▼ 奥などを~ (2, 0.0%)

1 しょんぼりとさすらっているような, のぞいて

▼ 奥なんかに~ (2, 0.0%)

1 居を, 引きこもっては

▼ 奥にな~ (2, 0.0%)

1 つた最も, づさふ

▼ 奥にばかり~ (2, 0.0%)

1 いると, 引籠り

▼ 奥にゃ~ (2, 0.0%)

1 天神寝, 突き当たりの

▼ 奥はるか~ (2, 0.0%)

2

▼ 奥はん~ (2, 0.0%)

1 が大層同情, もさぞ

▼ 奥ふか~ (2, 0.0%)

1 さなどで, さを

▼ 奥へまで~ (2, 0.0%)

1 射しはじめた, 長い視線

▼ 奥ほど~ (2, 0.0%)

1 多い, 大木の

▼ 奥また~ (2, 0.0%)

1 少しく左, 府

▼ 奥までが~ (2, 0.0%)

2 明く見え

▼ 奥までに~ (2, 0.0%)

1 三つの, 五円札が

▼ 奥までを~ (2, 0.0%)

1 のぞこうとは, 見ぬきたい様

▼ 奥むめお氏~ (2, 0.0%)

1 が新聞, も何

▼ 奥よりは~ (2, 0.0%)

1 洋紙を, 絶えず人

▼ 奥をな~ (2, 0.0%)

2 兼ねそ

▼ 奥アマゾン~ (2, 0.0%)

1 さらにオリノコ川, を凌ぐ

▼ 奥~ (2, 0.0%)

2 の処

▼ 奥下手~ (2, 0.0%)

1 に三人, よりに出入口

▼ 奥不帰岳~ (2, 0.0%)

1 の連嶂, や白馬岳

▼ 奥仙丈山脈~ (2, 0.0%)

1 の一部, を尾根伝い

▼ 奥仙人沢~ (2, 0.0%)

1 から平, まで河

▼ 奥信濃~ (2, 0.0%)

1 の路, の飛騨

▼ 奥倉庫~ (2, 0.0%)

1 の戸, の間

▼ 奥入り~ (2, 0.0%)

1 に揃え, を日々

▼ 奥八畳~ (2, 0.0%)

1 と六畳二, は絵の具皿

▼ 奥六郡~ (2, 0.0%)

1 の主, を管領

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 に, に自ら

▼ 奥南岳~ (2, 0.0%)

1 との鞍部, に寄った

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 に十勝岳, の横丁

▼ 奥吉野~ (2, 0.0%)

1 の山, の山間僻地

▼ 奥土蔵~ (2, 0.0%)

2 の隅

▼ 奥坊主組頭~ (2, 0.0%)

1 をつとめ, をつとめて

▼ 奥塀外~ (2, 0.0%)

2 を四

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 に贈った, は痩男

▼ 奥小姓~ (2, 0.0%)

1 などが付き添う, にし

▼ 奥少佐~ (2, 0.0%)

1 が駈け上がっ, が駈け降り

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 ともいう, の東北

▼ 奥広間~ (2, 0.0%)

1 に大切, の隣室

▼ 奥座敷上段~ (2, 0.0%)

1 の広間, の間

▼ 奥廻廊~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 奥支那~ (2, 0.0%)

1 の秘密測量, へ入りこみ

▼ 奥斜め~ (2, 0.0%)

2 に男女

▼ 奥日向~ (2, 0.0%)

1 の印象, の米良

▼ 奥暗い~ (2, 0.0%)

1 原始林の, 蝋燭の

▼ 奥暗く~ (2, 0.0%)

1 なって, 茂って

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 がお, の小夜子さん

▼ 奥水田~ (2, 0.0%)

1 の果て, は岩瀬町

▼ 奥深林~ (2, 0.0%)

2 幽暗の

▼ 奥瀞八丁~ (2, 0.0%)

2 の下手

▼ 奥甲賀~ (2, 0.0%)

2 の山間

▼ 奥箱根~ (2, 0.0%)

1 かな, である

▼ 奥納戸~ (2, 0.0%)

2 でこの

▼ 奥能登~ (2, 0.0%)

1 の故郷, の田野

▼ 奥西河内~ (2, 0.0%)

1 の上流, の吊橋

▼ 奥~ (2, 0.0%)

1 というの, と相成ります

▼ 奥諏訪栄三郎~ (2, 0.0%)

1 の家, の留守宅

▼ 奥遠く高く~ (2, 0.0%)

2 肩を

▼ 奥金剛~ (2, 0.0%)

1 の多聞寺, の山中

▼ 奥~ (2, 0.0%)

2 の連嶺

▼ 奥間近~ (2, 0.0%)

2 の辺

▼1* [407件]

あなさやけ今朝, 奥あなあはれ今朝は一面, 奥沈鬱さと, 奥いっぱいにひろげられた裁ち, 奥いま降り出した烈しい, 奥表どんな, 奥お前こそ元気, 奥からか庭先からか, 奥からでもその鐘, 奥がに鳴き居り, 奥ここや秩父あたり, 奥ここ瑠璃ヶ岳のひと, 奥この勢の, 奥医師で, 奥さながら竜宮を, 奥ざしきで磯五が, 奥しいからでせう, 奥しれぬ洞窟が, 奥じゃよそれに, 奥すなわち人家も, 奥そこまで照らし, 奥それでは行っ, 奥だけがシイ, 奥つまり板ばりの, 奥づきの女中, 奥づまりに画室がある, 奥てえのは, 奥であると云え, 奥であろうとは想像, 奥でございまして失礼, 奥とかにその娘, 奥とが住居に, 奥とでは東洋と, 奥とでも言える方, 奥どうかすると, 奥どこまでもと言いたい, 奥どなりの, 奥なぞにもいない, 奥など一寸こわい, 奥などで見るよう, 奥などではそういう無, 奥などへ入って, 奥なにたからかに, 奥ならと思っ, 奥なりけれ, 奥なりと行んで, 奥なれば知ら, 奥なんぞにはドンな, 奥なんぞは知らねえアメリカ, 奥なんどにも思い, 奥にあたってこの家, 奥にあたる嵐山の, 奥においてもそのこと, 奥における鳥の, 奥にだけ仄青い, 奥にだってへいぎわ, 奥にと薄気味悪く流れ下った, 奥にの何とも名, 奥にのみ秘めて, 奥にはにほふ讃頌, 奥にや今は, 奥によりかかるよう, 奥のけはいを, 奥のといっても, 奥のね真卓先生, 奥はさのみ深く, 奥ばかり暗く深く見える, 奥ひろがりの路地, 奥ひろき入江に寄, 奥ふかい軟かさ色調の, 奥ふかくするどき猫の, 奥ぶかくて雀, 奥へかがまりこん, 奥へそ言って, 奥へつつぬけて, 奥へでもと一図に, 奥へでもはいつて, 奥へという娘さんの, 奥へにないこんだ, 奥へよりも二階の, 奥へを続いて, 奥べに霧棚引けり, 奥べには鴨妻喚ばひ, 奥ほとんど霞まんばかりの, 奥ほのかにくらし, 奥までと云うよう, 奥までには幾個かの, 奥みと落付きある御堂, 奥むめを私, 奥むめおその他と集っ, 奥むめおの職業婦人の生活, 奥めったに人も, 奥もしくは大海の, 奥ものゆかし, 奥らしいと思った, 奥らしくジーッと, 奥らしく続いた竹藪と, 奥をぜい, 奥をも疑わずに, 奥をよぎつてゐたが, 奥ゴビの沙漠, 奥サンハ仰ッシャルンデス, 奥サンハ先生ニ対シテイマダニ貞節ヲ保ッテオイデデスト, 奥サンモ目ヲ圓クシテ何度モジロ, 奥サン失礼いたしました, 奥サン方はドッ, 奥ジマ十反潮かぶり, 奥ジャングルの泥沼, 奥かならずともに心配, 奥詰マッテ不意ニ涙ガパラ, 奥デスルノカ何処デスルノカハッキリ分ラナイガ何処カソノ辺ヲ通リ過ギル時ニピイピイト, 奥ネパール地方のヒマラヤ山間, 奥平に出た, 奥パプアの最終点, 奥沁ミ入, 奥ボウジノ峠カギリ里ハ槙寺尾下ヘ手猪, 奥マデヨク見エルダロウナ, 奥ン処へ容れ, 奥一階のちょっとした, 奥三尺障子の出, 奥三郡は御, 奥三階の73, 奥上州夫も主として, 奥上州奥羽北海道に拡大, 奥上州方面其他にも少なく, 奥上州水上温泉の下流小松, 奥上手に片寄せられ, 奥上能瀬沼でとれた, 奥下りに連, 奥下方を眺める, 奥下界に通ずる, 奥不帰の連峯, 奥不帰唐松岳に至る, 奥不帰岳唐松岳に至る, 奥不帰鑓杓子白馬小蓮華, 奥中央にノレン, 奥丹波の風, 奥久しい前から, 奥二町ほど西, 奥二畳に表三畳, 奥二階春寒き河風, 奥二階此あついの, 奥五里も八里, 奥を隠す, 奥仕えしたことも, 奥仕切りになっ, 奥仙丈二山の間, 奥仙丈岳朝日岳金峰山等合せて, 奥仙丈方面に屯, 奥以避之, 奥伊豆の山の湯, 奥会津に近い, 奥住いで帯安あたり, 奥を考える, 奥や郎党, 奥は役目, 奥備後の四郡, 奥僧正谷の貴公子, 奥儀中の奥儀, 奥儀伝授が始まっ, 奥儀振りを将軍家, 奥儀短歌の奥儀, 奥儀秘伝を剰す, 奥儀秘伝書に通じ, 奥より庭, 奥公園外の低い, 奥利根であった, 奥そして高, 奥勤めさせるなど, 奥勤メ腰元地蔵まゆにて目千両, 奥北詰の地点, 奥医師専斎の邸, 奥医師木挽町の柴田芸庵, 奥医師林洞海法眼が漏れ, 奥医師玄達が小, 奥十五六軒の山家, 奥十勝平原の隠れ家, 奥十数里こんな山, 奥十津川の原始林, 奥千丈山を国師岳, 奥千丈山塊から東北, 奥千丈御料地の名, 奥千本に近い, 奥半分は寒々, 奥印可も貰わない, 奥即ちこの山脈, 奥又は妾宅の, 奥取締の老女, 奥台所の大, 奥向き三階の楼, 奥向き女中ボーイ下男等々全部で二十五人, 奥という風格, 奥君林大隊長, 奥にある, 奥四川青海北チベットにまたがる, 奥坊主御用番の順, 奥城中にとくに, 奥城二ノ丸, 奥域蜀の天地, 奥境内の稲荷堂, 奥壁ルンゼや滝沢, 奥夕日の光, 奥外科見習村山伯元が副, 奥多摩川流域の御前, 奥大きい樅や, 奥大将の第, 奥大日大日小大日, 奥大白州では今, 奥太一郎山川信次郎らの諸氏, 奥の遠征, 奥女中一統をはじめ, 奥女中上りの後妻, 奥女中十三人お末, 奥女中同士の中, 奥女中姿の裲褂, 奥女中幾勢は茶山, 奥女中式のやり方, 奥女中江島と俳優生島新五郎, 奥女中絵の島が生島新五郎, 奥女中茶坊主お傍御用, 奥女中連が怪猫, 奥女中雅楽頭づきの, 奥女中風の後姿, 奥女房衆へ, 奥家老下田治兵衛もそれ, 奥とした, 奥寄りの壁際, 奥寝殿この屏風, 奥小姓一人を味方, 奥小姓野村伝之丞, 奥居間暗く物, 奥屋氏のたのみ, 奥屯所の方, 奥岳間村から筑後, 奥の作った, 奥島二氏と安濃津, 奥州浜街道の千住あたり, 奥常念大天井, 奥平家来禁入, 奥平貞能様のお, 奥年寄の老女, 奥幽くて誰, 奥広く南は, 奥い事, 奥床下や庭, 奥店無差別の平等主義, 奥へ逃げ込ん, 奥座敷これが上段, 奥座敷中老出雲を中心, 奥座敷的になつ, 奥庭づたいに奥の部屋, 奥庭ニ入リ, 奥庭先です, 奥庭口の黒鍬部屋, 奥庭林の中, 奥庭番の異名, 奥庭秋草や叢竹, 奥庭落葉を一パイ, 奥弟子たちも手分け, 奥役だって何とも, 奥役人怒鳴りつけたら言下, 奥役人ヤキモキして, 奥役道具方一統から踊子, 奥御所車の方, 奥御簾の間, 奥御館の外, 奥忠別である, 奥のため, 奥は次, 奥戸室の麓, 奥から走っ, 奥所夜はふかし, 奥所西野郷に住居, 奥拡がりにぐるり, 奥掛りの役人, 奥敝波不榜, 奥新野の伊豆権現, 奥旨一巻の絵目録, 奥春昼の光, 奥暗き岨陰より, 奥曲り谷に, 奥木の葉浮かびて, 奥木挽谷の先, 奥村主殿の一行, 奥村主殿若党四人に大, 奥東北よりの丘陵, 奥東照宮の境内, 奥東郷の諸, 奥梅迫の山家, 奥棕梠の鉢植, 奥へしのびこん, 奥の平, 奥森蔭暗き墓場, 奥楢前山の中腹, 奥かも知れない, 奥樣來て見なさい, 奥樣鍵はこの, 奥樹下の谷, 奥檜原の蔭, 奥は例, 奥正面と右, 奥武蔵辺へつれ, 奥歯ぐきがはれ上っ, 奥殿である, 奥民図彙という見聞録, 奥民図彙時代すなわち弘前, 奥の早い, 奥氷室尋る柳, 奥と云う, 奥深淵の中, 奥渡る黝き, 奥へ行っ, 奥湖水の底, 奥漢鉄路で捕えられた, 奥までの探勝, 奥炭庫の前, 奥明山満月寺の, 奥煮しめたような, 奥熱地の相, 奥燭台のひかり, 奥狭く相迫った, 奥狸穴などの低地, 奥なるところ, 奥生活の昼, 奥用人の刈屋頼母, 奥用人たちは手, 奥用人刈屋頼母という侍, 奥番兵の立ってる, 奥白根男体山さては岩菅, 奥白根西には武尊, 奥でそこら中, 奥知れぬ暗の, 奥の門柱, 奥祐筆じゃ, 奥祐筆所詰を勤め, 奥祐筆松坂甚吾のお, 奥神通川の支流室牧川, 奥のうち, 奥秩父奥上州の山々, 奥秩父山脈縦走の最初, 奥穂頂上で零下二度, 奥穂高取付き非常に困難, 奥穂高右が前, 奥穂高唐沢岳および北穂高, 奥穂高涸沢北穂高南大喰, 奥穂高絶頂を極め, 奥を這つて, 奥の奥, 奥の下, 奥の柱, 奥二軍は, 奥筋行きの商人, 奥筑波井の向う, 奥納戸役を勤めた, 奥素人家作りの一軒建て, 奥に触れ, 奥を桟留機, 奥見の, 奥繁三郎氏の母親, 奥桜から, 奥蔵三戸前には大判小判, 奥蔵前の大, 奥蔵左側は通り, 奥蔵荷蔵と鍵, 奥街道口の塩川城, 奥に伝播, 奥の裏, 奥西河内岳の頂上, 奥詰めだったので, 奥詰並御家中学問世話是, 奥詰出府之所在番, 奥詰角兵衛は使番格, 奥か一走り, 奥谷間にいと, 奥赤城山の中腹, 奥赤煉瓦の煙突, 奥足柄にありし, 奥に名高い, 奥大奮闘, 奥軽井沢三笠の山本別邸, 奥迄も反響した, 奥近く迫った明智, 奥造顔術師月子の部屋, 奥道祖の神, 奥かに奥多摩, 奥なるところ, 奥には金光燦爛, 奥那須の大, 奥に向っ, 奥将建氏, 奥里氏の学問的, 奥重畳たる山襞, 奥の末, 奥金峰山がよかろ, 奥金沢のご, 奥鐘釣山の大, 奥門桁山寄りの密林, 奥附きの方, 奥隅屏風の陰, 奥に見つかった, 奥鞆町で泊る, 奥香都良川添の十畳, 奥高野の上, 奥鬼怒の湯西川温泉, 奥麻呂は実地, 奥黄塵に烟る, 奥黒く流るる処