青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奉行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

奇~ ~奇妙 奇妙~ ~奇怪 奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~
奉行~
~奥 奥~ ~奥さん 奥さん~ ~奥様 奥様~ ~奧 奧~ ~女 女~

「奉行~」 2787, 30ppm, 3892位

▼ 奉行~ (572, 20.5%)

13 の方 11 の者 10 のお, の白洲 6 の手形, の門 5 の手 4 の中, の仮, の前

3 [14件] から来た, の与力筆頭, の外, の奥, の役人, の御用, の牢獄, の耳, の記録, へ, へお, へ行っ, へ送る, までご

2 [33件] から帰っ, から御, が印刷所, に何ん, に保存, に出仕, に属し, に於, の例, の刑吏, の印刷工場, の帳面, の御, の拷問倉, の控同心, の牢内, の獄中, の町名, の白州, の裏門, の調書, の門内, の門前, へ呼び出され, へ呼び出される, へ帰っ, へ突出, へ送らず, へ連れ, へ飛ん, へ駈け, まで伴, も手

1 [391件] え可申立, お日誌, からお達し, からつけ狙われる, からのお, からの廻し者, からは早飛脚, からゆるされ, から不意, から何, から何とか, から僞, から処分, から出動, から呼び出された, から報ら, から始末書, から娘供出, から差し紙, から帰った, から手付与力, から折, から持っ, から新設道路工事, から江戸中, から渡された, から特に, から神田, から返事, から追っかけ使者, から通辞, があった, があり, がつい, ができた, がひか, が今日, が御料局, が無理, しかない, じゃ, づきの, でこう, でのお話, ではあくまでも, ではいよいよ, ではお, ではかれ, ではしきりに, ではその, ではなるべく, ではひっくりかえる, では三条大詰河原, では之, では会議, では先例, では初めて, では前, では根気, では遠島, でもその, でもてこずっ, でもひどく, でも厳重, でも和蘭文法書, でも後日, でも手, でも木曾十一宿, でも眼, でも知ってる, でよく, でオランダ人, で吟味, で問題, で奉行跡部山城守良弼, で小泉, で承ろう, で白刃, で百叩き, で盗まれ, で聞いた, で見た, で言う, で詮議中, で誓った, で調べ, で貴様, というの, としては唯一, としても申し, とてもその, とに接し, とは何, とは称えなかった, と云, と飯田千村役所, などはある, なら一目, なり目安箱, にあて, にある, においては普通民, における會見以外, にだって人足アいくら, につづく, につぶさに, につめ, にて斬らる, にはかならず, には一定, には参れません, には正副, には瀬田, にも一掬, に付い, に來, に出, に出した, に出しぬかれる, に出頭, に勤め, に呼び出され, に変, に居合せた, に帰っ, に帰つて, に廻勤, に御座る, に御用, に急ぎました, に抛りこみ, に押收, に来, に納め, に職, に詰める, に變, に近い, に送らせた, に送られ, に送られる, に関, に願っ, に飛ぶ, の, のお触れ書, のけち, のしらべ, のすぐ, のほう, のほか, のみの高札, のもの, のやつら, のケチ, の一行, の下, の与力, の与力同心たち, の人間ども, の代わり, の任免, の使い, の係り, の傳馬型, の公式, の内, の力, の北側, の医者, の印刷所, の参考, の召出し, の右手海岸, の同心, の名, の吟味, の周囲, の命, の外門, の大切, の奥深く, の宿調べ, の審問, の小笠原美濃守, の屋根, の差し紙, の市川義平太, の建物, の役人丈けが, の役人共, の役宅, の意見, の所属, の手勢, の手段, の手続き, の投入箱, の捜査, の控え席, の控与力藤波友衛, の提灯, の揚屋, の播磨守, の断案, の旧友たち, の書き, の東儀様, の東儀殿, の機能, の正しい, の正面, の牢, の用命, の申渡書, の町方, の番士たち, の目付たち, の真昼, の眼, の知る, の立札, の端女, の端役, の管理, の組織, の総員出動, の職分, の肴, の腐敗, の腰かけ, の腰掛茶屋, の臺帳, の表, の裏門際, の西門, の西門前, の角, の討手, の許可, の評議, の詮議, の諒解, の近く, の門外, の離れ, の面目, の駒止め, はおろか, はつねに, は奉行所, は庶民, は手前, は非番, へあるいは, へいけ, へいそいだ, へいちど, へいっ, へかつぎ込もう, へかつぎ込ん, へさう, へしょっ引い, へじかに, へだした, へだって, へでも飛びこんだら, へとどいた, への差立て, への申譯, へはやらん, へは帰れない, へは日参, へは来ない, へは矢張り信頼, へひきあげよう, へまいれとあら, へまとも, へもまいりまし, へも再三, へも捜し, へも行かず, へやっ, へやって来, へやつ, へゆく, へよび出され, へ一寸顏, へ乗り入れる, へ乱入, へ依頼, へ出, へ出かける, へ出る, へ出れ, へ出頭, へ出頭方, へ参っ, へ参れ, へ参ろう, へ同道, へ呼ばれた, へ呼び出された, へ呼び出し, へ嘆願, へ報告, へ奉行所, へ奪われ, へ寄っ, へ密告, へ対面, へ屆, へ届出た, へ差上げた, へ差上げました, へ帰, へ帰った, へ廻し, へ引い, へ引かれた, へ引っ, へ引っ張っ, へ引っ返した, へ戻らず, へ持つ, へ持出した, へ曳かれよう, へ来, へ来てる, へ来なさる, へ渡す, へ私, へ移った, へ突, へ突き出された, へ突き出せ, へ立ち寄っ, へ罪人, へ罷り越す, へ聞こえ, へ自首, へ船手組, へ行, へ行くくれ, へ行った, へ訴えた, へ訴えました, へ送り, へ送り込め, へ頼ん, へ願出, へ駆けつけ, へ駆け込み訴訟, へ驅, までお供, までひとっ走り行っ, までもつい, までやっ, まで参加, まで同道, まで御足労, まで真, まで萬, まで行っ, まで連れ, まで預っ, もあった, ものろま, ももう, も今し方, も全員出動, や所司代, や西, や開墾役所, よりとしてこの, より先, より願出, をお, をさがった, をとりまく, をはじめ, を一人, を指し, を置い, を訪問, を設けた, を追, を開い, 大激論, 始まって, 目ざしつつ

▼ 奉行~ (511, 18.3%)

4 手に 3 下に, 前で, 役宅へ, 手から, 支配で, 方で, 方へ, 配下に

2 [28件] おぬ, お手札, お立場, お耳, 一行を, 中の, 人たちも, 伝令が, 佐佐は, 係りで, 出席を, 出張を, 別当を, 名を, 吟味を, 命令で, 山淵右近は, 役人に, 心を, 手で, 手を, 朝倉石見守が, 組頭が, 職に, 重職を, 頃から, 顔を, 高

1 [427件] いう言葉, うちで, うちでも, うちに, おことば, おさ, おじちゃんが, お係, お召しだ, お呼び出し, お役, お役宅, お手伝い, お方や, お気もち, お申しつけ, お白洲, お行先, お退出, お部屋, お頼み, きこえ高い, ことか, ことばによって, ごときは, すがた, ための, つぎに, つとめは, ところへ, どこが, なりが, はからいを, ほうに, ほうを, ように, 一人であった, 一人と, 一人として, 一人に, 一人佛高力と, 一人増田長盛が, 一人大谷刑部少輔吉継京城より, 一人林井戸の, 一人長束大蔵の, 一員として, 一員の, 一存では, 一年間それから, 一料簡で, 一木権兵衛は, 一柳市助加藤光泰の, 三位範季卿という, 三奉行らが, 下の, 下廻り釘抜き, 下役, 下役が, 下役たちは, 下役で, 下役なる, 下役を, 下役達が, 下職を, 与力で, 世話に, 中に, 中山出雲守と, 中山出雲守は, 中山出雲守も, 中山出雲守様は, 中山殿や, 中村兵庫城普請の, 丹羽長秀も, 主計頭与力の, 主計頭東儀与力の, 了現は, 五手掛りの, 交代も, 人たちが, 人数が, 人数と, 仕方を, 任に, 休み所に, 伝記に関しては, 位置や, 佐備正安に, 佐備正安へ, 使いであった, 使番が, 係です, 係りである, 係合い, 倅であった, 倅に, 側につき, 儀我等相談の, 光栄ある, 公務は, 兼官で, 内藤四郎左衛門と, 冷淡に, 処に, 出るの, 出来る事, 別当だ, 別当の, 前に, 前にて, 前の, 前へ, 勝名のりも, 募に, 勢力の, 北条時政から, 十寸見兵九郎も, 協議中協議中で, 厚意により, 取り扱いを, 取扱いに, 口から, 古手の, 台所屋敷へ, 各奉行, 合議によって, 吉田六郎太夫も, 吉良貞義は, 名によって, 名の, 名誉を, 周囲にも, 命令に, 命令を, 問いに, 問に, 因幡守の, 土井利勝に, 圧政など, 在勤中手許の, 地位に, 地位を, 地獄耳に, 堀菅屋の, 報告に, 報告によ, 報告よりは, 報告様の, 増田長盛石田三成大谷吉継以下約, 声が, 声に, 大久保七郎右衛門, 大久保彦左衛門が, 大久保石見守じゃ, 大久保石見守長安その, 大久保長安と, 大久保長安も, 大友も, 大声が, 大岡孫右衛門や, 大岡忠右衛門と, 大岡忠右衛門法は, 大役を, 大軍によ, 威光が, 威勢も, 宅に, 実印が, 宣告に, 容れるところ, 密偵とは, 小林祐三ほかに, 小栗上野介の, 小栗上野介殿の, 小栗下總守といふ, 小森と, 小森九右衛門山本主, 小森山本に, 居室を, 屋敷が, 屋敷でした, 屋敷では, 屋敷に, 山寺源太夫様の, 山淵右近が, 山淵右近も, 岩瀬志摩が, 岩瀬志摩は, 島田弥右衛門朝山日乗村井貞勝などを, 席に, 席へ, 席左に, 平兵衛は, 床几へ, 床几を, 床几席へ, 建白によ, 引揚ゲ貝と共に, 役を, 役人が, 役人たちに, 役人たちを, 役人の, 役宅から, 役宅で, 役宅の, 役所に, 役所は, 役柄の, 役権じゃ, 役目で, 彼も, 後お金の, 従僕福沢諭吉, 御内儀, 御判物, 御威光, 御役, 御心, 御指圖, 御教書と, 御機嫌伺い, 御配下, 忠相と, 忠相は, 息子という, 息子は, 意を, 意向が, 意向であった, 意向を, 意志で, 愚劣極まる, 慈悲を, 所へ, 手か, 手が, 手であるらしい, 手では, 手でも, 手には, 手の者かと, 手の者が, 手の者では, 手の者を, 手へ, 手付きらしい, 手先と, 手先とは, 手先野西春行と, 手勢と, 手当を, 手心も, 手輩が, 承認を, 指さす後ろ姿, 捕手, 支配にな, 支配へ, 支配を, 支配下に, 攻勢を, 文官制が, 文官的な, 斎藤四郎左衛門利行は, 方から, 方からも, 方には, 方にも, 方は, 方を, 更迭を, 月番な, 木村摂津守喜毅です, 本多伊予守から, 本多作左衛門どの, 村井民部が, 松本伊豆守様と, 板倉伊賀守も, 某は, 柳生対馬守様, 格に, 森という, 検使の, 検使は, 検使を, 検閲を, 榊原主計であった, 榊原主計の, 榊原主計頭与力の, 榊原主計頭様からも, 権勢には, 権職に, 権詐吾を, 権限でも, 次席なか, 歓心を, 死に殉じる覚悟, 沙汰を, 注進状の, 渡辺半, 無能を, 焼印が, 爺イに, 牢を, 牧野因幡守は, 牧野因幡守英成久世大和守, 牧野殿を, 現職に, 癇に, 監督を, 目が, 目を, 目付とも, 直江大和守は, 眼が, 眼を, 石崎丹後に, 石川兵助軍奉行の, 石田三成に, 石見守や, 砕けた挨拶, 竹内下野守, 策動こそ, 管轄で, 籤が, 細倉謙左衛門, 組を, 組下で, 組与力同心を, 組頭から, 組頭だ, 組頭で, 組頭に, 署名も, 美濃守は, 者たちが, 者の, 耳に, 耳へ, 職において, 職も, 職を, 職制が, 職務は, 職義から, 肚が, 肝煎りで, 背中と, 胸を, 腕を, 與力で, 與力として, 與力以下で, 苦心を, 茂庭周防が, 荻原近江守は, 荻原近江守や, 荻原近江守重秀であり, 蔵田五郎左衛門を, 藤吉郎に対しては, 藤吉郎の, 視察は, 触書に, 言うなりに, 言葉を, 訊問に対して, 訪問に, 許しが, 許可を, 詞を, 詫びで, 誉に, 誠心, 諒解の, 貴い悶え, 赴任する, 趙も, 身に, 身を, 身代りだ, 輩が, 輩と, 近習部屋が, 近藤弥一右衛門大島へ, 近藤甲子之, 送り迎えに, 逃亡と, 通行が, 通訳官と, 連中が, 遠山様の, 邸に, 配下と, 配下として, 配下は, 配下も, 重い役, 野西春行という, 野郎何んて, 鍋島甲斐守と, 鍋島甲斐守は, 長崎悪, 長崎自身ここへ, 間にも, 関与も, 陣所へ, 随一佐和山二十三萬石の, 隠密と, 非義失政, 面々以下勤番の, 面へ, 面目にも, 鞭も, 顏が, 館に, 首も, 首席である, 馴れない手先, 駒を, 駕籠の, 高力与左衛門本, 高崎五郎右衛門様, 魂胆が, 鳥居彦右衛門, 鴨居善兵衛と, 鼻毛を

▼ 奉行~ (196, 7.0%)

17 のお 14 の御 5 がお, は御 3 が御, にお, のお力, の前, も其の 2 がほんとう, のあの, の明るい, はあの, を存じ上げました

1 [130件] いかにもその, お聞き下さいませ, かしら, からいただいた, からお, から去っ, が, があの, がいざ, がいらっしゃるでしょう, がきい, がずっと, がやれ, が仰せられ, が仰言いました, が何れ, が嘘, が天一坊, が小倉, が左様, が最後, が玄関, が盗人, が至急, それではおそれながらお上, だから, だった大岡忠相, だとて, であったかな, でございます, でなかったなら天一坊, でなければ, でも, というお, といえ, としてほんとに, と往来, と申す, と相対, と知る, なの, なればこそ, にお目にかかる, にお願い, にじっと, にちげ, にぢ, にでなく, にでもお願い, にとっては一番, にとりましては全く, には子供, にもご苦労, にもやはり, によろしく, に一こと, に出す, に叱りつけられる, に対する天下, に差し出したい, に罵られ, に聞い, に致しますれ, に裁かれなけれ, のあと, のお家, のこと, のご, のところ, のまえ, のわらい, の事, の仰せ, の判断, の命, の御事, の御名, の所, の晴やか, の此, の為, の盲目的, の身寄りかのう, はいつ, はいつも, はお, はお前さん, はお前たち, はきっとそう, はただ, はつまり, はどんな, はもと, はやがて, はやっぱり, は一時大変, は世, は世にも, は何と, は其の, は半, は天一坊, は始め, は少し, は斯, は智恵, は殺された, は毎日, は毎日毎日陰気, は泣く, は直ちに, は間もなく又, へ時偶, もありました, もいわれる, もお, もこと, も中, も亦, も伊豆守様, も福澤, も閻魔, よりも新撰組, をお, をもてはやし, を存じ上げ, を存じ上げまし, 御おぼえ, 御支配, 御自身

▼ 奉行~ (127, 4.6%)

2 手を

1 [125件] あんで, いかつい眼, いまの, いやに, うそは, うなずいた, およそ千貫, おられまする, かつて松坂城, ここで, こん夜も, さうとは, すこし許, すつかり喜んでしまつ, すでにのがれ, すでに前, すなわち海軍奉行, そのこと, その前, その手, その日田金, その時, その詮索, その責任感, それを, そんなこと, たしか大岡越前, ちと職ちがい, どうしたろう, なるほど重荷, にわかに態度, にわかに狼狽, ひそかに, ひとりも, ほうほうの, まだ, よく存じ, カラカラと, ハリスに, 一策として, 一言をも, 上って, 不審を, 丹羽五郎左衛門以下協力の, 丹羽長秀明智光秀などが, 乗り物からも, 二人を, 二千両御, 云つた, 今川吉良の, 佐賀平戸島原の, 何を, 元治元年の, 兎も, 公家の, 六浦の, 別としても, 勿論吟味方, 千石高で, 即答し, 取り調べた, 台帳に, 各助郷, 吉助の, 名ばかりで, 呶鳴っ, 唯一面識の, 喜ばなかつたぢ, 四辺の, 困却し, 堀久太郎片桐且元長束正家など, 大宮司則教, 大岡越前守忠相で, 天野三郎兵衛康景, 宮川但馬, 容易に, 寺社勘定江戸町奉行の, 式台で, 当時海の, 彼と, 彼らが, 彼を, 御当家, 息を, 惟任日向守光秀, 愛想に, 懸案の, 振向くと, 昌造に, 時に伊那地方, 更に相談, 本多作左衛門重次, 東へ, 案内に, 極秘の, 榊原主計頭, 横田備中守と, 歓喜し, 沈痛な, 流汗恐縮ながら, 流石にや, 熱田の, 狼狽する, 皆向うの, 目を, 直ちに嗅ぎつけ, 直接に, 笑いながら, 継上下御用箱うしろに, 至難な, 菅笠を, 西の, 西へ, 西側の, 言下に, 誰に, 調べられても, 退った, 通行を, 道橋奉行の, 都尉苟安という, 重任だ, 鉄砲奉行石渡彦太夫御手洗伊右衛門に, 高飛車に, 黒縮緬に

▼ 奉行~ (108, 3.9%)

4 なって, 命じて 2 おあたり, して, せられた, 代って, 内意を, 出されぬから

1 [88件] あたった北条時政, あたれ, おわし秀吉, お願, きかれるの, した, したが, したの, せられたの, ただした, とりたて鍛冶, なった人, なった木下藤吉郎殿, なってから, なつて, なりすまして, なるだろうとは, わかる, 上申いたす, 不満の, 仰付けられます時, 任じて, 任じられた, 任じられますよう, 任じ三人合議, 任ず, 任ずるよし, 任ぜ, 任ぜよと, 任官し, 会わねば, 出馬の, 別れて, 加増の, 劣るまいと, 厭味を, 向ひ, 呼ばれると, 命じ, 報ぜしむ, 報告し, 外国版の, 容れられなかったらお, 密告された, 密告した, 就かれて, 届け出て, 届け出ると, 岡野源兵衛なる, 差し出す諸, 帆支度を, 引き上げられたので, 引渡すぞ, 当たったもの, 御覧に, 提出した, 旨を, 本多正純が, 村役人は, 殉じるの, 申しつけて, 申渡せば, 登用された, 直属する, 示して, 立身した, 納めたり, 紹介する, 縁故が, 行やかましく, 触れさせて, 訴える者, 認められて, 誓紙をか, 誠意が, 誰が, 趁われ, 身を, 転じました事, 転じ三月, 通達した, 逢って, 運ばせましょう, 遷されて, 関係ある, 面談が, 面談致す, 願い出たところが

▼ 奉行~ (105, 3.8%)

11 して 9 勤めて 2 いいつかって, 兼ねた人, 呼びに, 命じて

1 [77件] いいつけそれ, おいた, おそれさして, おとして, おやめ, かねながら, この人, これへ, させれば, させ北山, たすけその, つかわし検分, つとめて, とりきめるという, なさざる奉行, なすって, はじめ一座の, はじめ公儀御, ば石出帯刀と, やって, ヒケラか, 主と, 仰せつかって, 仰せつかりました, 仰せ付けられた, 仰付けられて, 任ぜ, 任命し, 使節として, 兼ねた山口駿河守なぞ, 兼ね勝, 兼ね十四年, 兼ね御, 初め諸, 勤めおるに, 勤めても, 勤め了わし今日まで, 勤め天明七八年, 取りまいて, 可惜, 呼んで, 命じられたので, 命じられた時, 命じ支度ばんたん, 命ぜら, 命ぜられたの, 命ぜられた長安, 命令った, 嘲弄いたす, 大江戸の, 定め手合, 引受けたよう, 当てられた人, 手古摺らせたもの, 承って, 承り日本中, 承わって, 拝命なされた, 改む可, 柳生対馬守に, 欺き御, 無能という, 申しつくるという, 相手に, 督し, 称え上, 立ておかれました, 置いたの, 罷めて, 苦患の, 衆と共に, 設けなければ, 誹謗し, 質して, 迎えるとか, 迎へに, 間に

▼ 奉行~ (101, 3.6%)

2 ある, 列座する

1 [97件] あったよう, あって, あり山守, あんなこと, いたずらに床几, いた屋敷, うなずくと, おまへの, およびだとかいう, お係り, お待ちに, お預りいたし, かわったので, これを, ずっと役宅, そこに, その経営, それと, それを, だした御, なまじ和蘭語, ひそかに, ひとり出所し, ぶつかって, また促す, もうそこ, 一緒に, 中津川泊まりで, 事を, 二千両御, 今一身を, 今日苦熱の, 代っても, 住んで, 何度吟味を, 先に, 全くの, 全兵力, 其の酒, 凡物なら, 出て, 出張り本, 分担する, 判決を, 取締まらねば, 呼んで, 囚人である, 大いに立腹, 大きければ, 大工に, 天下の, 奥羽両国を, 実はむっつり, 小さくて, 川路宛に, 巡視し, 度胆を, 座に, 当家へ, 後釜に, 御小姓組, 心付き又は, 恐いの, 感心し, 承知の, 拙者と, 早馬で, 替ったか, 村民らの, 来て, 来るまで, 決定した, 献策した, 理由が, 病気引を, 目を, 着物を, 秀吉の, 私し, 立つこと, 立去ると, 答へ, 老中に, 聞いて, 英国に対し, 蔵を, 袖の下を, 褒州の, 訊ねると, 調べを, 調書の, 貧相な, 身に, 退がるついで, 通行の, 預かり内部, 黒船七隻を

▼ 奉行さま~ (72, 2.6%)

3 からご, のお, のところ, の前 2 がおっしゃる, じゃござんせん, のお許し, もお

1 [52件] おじきじき, おめがね, お手判, お申し付けにござります, からいや, からお, からお許し, からのお, からは表, が, がこの, がさばき, がすぐ, がだいぶ, がちゃんと, がてまえ, がどう, がね, が多かれ少なかれ, が怒られた, が江戸, が降りろ, だってご, ですか, といふもの, といふ奉行さま, といへ, と恐れ入る, なかなかしっかりした, なんか顔, なんぞにお, なんぞになん, にも煎じつめれ, に会った, に目, に賞め, に過ぎし, に遠出, のし, のほう, の声, の直々, はすぐ, はなんておいいだ, はもう, は柄, へ上申, へ食い, もいろいろ, もええ, もでは, もまた

▼ 奉行~ (60, 2.2%)

8 なって 2 いえども, なった

1 [48件] あそばすべきでしょう, あるからには, あるの, いって, いわれて, うたわれたひと, うたわれ世態人情, お作事目付, した, し諸, なす, なつて, なり三年九月, なり国用方, なり安政二年八月, なり所管凡八万石許, なり昔橘良基, なり爾来, なり祖先, ぼんくらの, シロオテとは, ペリイとの, 与力が, 世に, 云う名義, 云われた方, 勘蔵どのに, 十八世紀の, 南町奉行が, 号し, 同じよう, 大学頭と, 心底を, 手続きを, 承り承知, 添役らは, 申は, 目付が, 相談し, 称え御教書, 称して, 老中を, 老臣を, 聞えた根岸肥前守, 蔵奉行が, 藤波は, 醫者とは, 雖ども滅多に

▼ 奉行から~ (45, 1.6%)

1 [45件] おいと, おくりかへ, お前さんを, たんまり褒美, また四ツ谷, 三冊の, 出世した, 出張の, 十年来の, 南町奉行所へ, 召し出された御, 各国領事を通じて, 吹上奉行と, 呼び出されたおり五か月, 呼び出されて, 呼び出される日, 咎められた, 唐通詞を, 城主に, 大目付へ, 失脚させられた, 家老へ, 差遣の, 引渡された千両箱, 引渡された千兩箱, 御抜擢, 拙者へ, 改めてお, 普請鳴り物類一切停止の, 木曾谷の, 東海道の, 江戸に, 用人まで, 町奉行の, 相当に, 秀吉へ, 移った, 移って, 納戸頭までも, 老中に, 話の, 誓紙を, 達しさせ役人, 遣は, 預かり中

▼ 奉行~ (37, 1.3%)

2 いちを

1 [35件] あっけに, あった, あったもの, いない, うんざりし, お代官, これが, そう木, その折, めずらしい, やり難い, よいお, 与力も, 人だ, 今さら藤吉, 兼ねた, 切腹と, 利口で, 単にばかばかしい, 年番方も, 御支配, 心痛は, 急に, 手が, 手を, 新任あの, 東儀も, 棟梁も, 濫り, 町方も, 老中も, 要らなくなるぜ, 言い様が, 認められて, 随分楽しみ

▼ 奉行~ (32, 1.1%)

1 [32件] いいつけて, いうて, ご褒美, とどけて, わたして, 伝言した, 出かけ十分, 勝負引分の, 呈出された, 問いただしました, 在高を, 密告し, 寺社奉行から, 届けた上, 届け出る掟, 屋敷より, 川路は, 差し出すべきであった, 差出す書翰, 差立てに, 差立てるに, 猪突に, 申しいであったそう, 申来る, 相談の, 突き出されて, 突き出すに, 訴へる, 諄いほど, 送つて極印, 送り屆, 還させて

▼ 奉行として~ (24, 0.9%)

1 [24件] そちを, ついに援蜀政策, また普請奉行, アダムスと, 中の間の, 元有馬家中, 其沙汰有り, 再出発, 外国貿易を, 御教書を, 徳川家の, 或いは警固, 抜群の, 故の, 木村治左衛門大工棟梁として, 法を, 浅野弥兵衛を, 目下登晃中, 神戸に, 聞きとどけ難い, 荒蕪の, 記して, 近畿に, 隈なく

▼ 奉行~ (23, 0.8%)

2 にお, に聞い, の判斷

1 [17件] から御, が聽, でも助け, とは御, にでもお, には子供, によろしく, に出す, のお, の口移し, の所, はお前達, は昔, への傳言, も, もこと, も御存じ

▼ 奉行~ (21, 0.8%)

3 あつた

1 [18件] いまなお, いる限り, お鳴らし, ほとんど現場, 一應調べ, 三日に, 余程お, 在職年限二十一年近藤守重の, 大目付を, 安政元年十二月十八日の, 宝暦三年四月の, 幕府の, 引揚げ, 次席應接係で, 津戸三郎の, 睨の, 開國論者文久二年攘夷派の, 飛鳥を

▼ 奉行~ (17, 0.6%)

1 [17件] お作事目付, また警備, 京都守護などの, 代官を, 坂本武兵衛塚原六右衛門すなわち, 御加番衆, 検死役人などは, 浜川横山これなる, 添役は, 犬目付へ, 留守居の, 目附同心小人の, 督励し, 良吏が, 重臣たちへ, 青沼助兵衛市川宮内助すなわち, 黒鍬の

▼ 奉行~ (13, 0.5%)

1 [13件] からお, ご乗用, にどういう, に申しあげおくべくそうろう, に願いあげ, の一必要事, の子, の御用駕籠, の眼, の絞, は何, へ陰険, を勤める

▼ 奉行という~ (12, 0.4%)

3 御役目 1 お役, のは, ものは, ものを, 光栄ある, 重いお, 重き役目に, 重職に, 重要な

▼ 奉行たち~ (11, 0.4%)

1 [11件] から聞き, がシロオテ, と共にシロオテ, の叱咤, はたいへん, はシロオテ, は障子, へ何, もこれ, をおのおの, を呼びよせ

▼ 奉行~ (10, 0.4%)

2 のうち, のお 1 がいくらこう, が代る, どんなに勇気, の一席, の中, ヘ相渡シ

▼ 奉行配下~ (10, 0.4%)

2 にある, の与力鹿間紋十郎 1 で目下江戸出役中ゆゑ, の侍たち, の同心, の吟味與力笹野新三郎, の組頭, の腕自慢

▼ 奉行~ (9, 0.3%)

1 ていた, ている, ておれバ, て一堂, て岐阜, て諸事, 洛中洛外の, 自心, 重要問題は

▼ 奉行たる~ (9, 0.3%)

1 おん身すら, ことを, ものの, わが藩, わしに, 忠清は, 貴殿が, 長秀は, 韓猛は

▼ 奉行には~ (9, 0.3%)

1 うっかりできぬ, おれも, その鉱脈, それを, もしこの, 如何なされる, 申し訳が, 自分の, 高

▼ 奉行~ (7, 0.3%)

1 から早く, そうです, ぞ幕府, と申し, のは, 奉行面が, 拙者が

▼ 奉行でも~ (7, 0.3%)

1 させて, ないし, 何時と, 及ばないもの, 岡つ, 手を, 黙って

▼ 奉行への~ (7, 0.3%)

1 作法でござる, 増人方願文が, 手紙を, 手続きも, 申しわけ何と, 贈り物が, 返翰

▼ 奉行~ (7, 0.3%)

1 がくつわ, のひとり, の中, は舌打ち, ももて余した, や築城当事者, を時人

▼ 奉行所内~ (7, 0.3%)

1 に反映, に忍びこん, のわれら, の実状, の極秘, の遥か奥, はただならぬ

▼ 奉行~ (6, 0.2%)

3 お作事目付 1 ないしはお, 何か, 安土の

▼ 奉行からの~ (6, 0.2%)

1 お呼び出し, お差し紙, 伝言です, 呼び出しを, 差紙で, 沙汰を

▼ 奉行にも~ (6, 0.2%)

2 涙が 1 いって, ないだろうよ, 少し分り, 御健康

▼ 奉行与力~ (6, 0.2%)

1 たるわれ, で二百石, のあなた, の筆頭笹野新三郎, の者, の職権

▼ 奉行であった~ (5, 0.2%)

1 が鼓賊, 大塩後素の, 川井久徳及び, 時から, 町野左近将監で

▼ 奉行より~ (5, 0.2%)

2 転じて 1 木挽, 見セ, 長崎健山奉行への

▼ 奉行小屋~ (5, 0.2%)

1 と棟, の奥, の柱, の裏手, へはいる

▼ 奉行役宅~ (5, 0.2%)

1 がいつも, で突放す, の一室, へ入, まで走らせました

▼ 奉行~ (5, 0.2%)

1 仮目附それから, 勘定方御, 差遣はしの, 役宅におきまして, 破損奉行御

▼ 奉行神尾~ (5, 0.2%)

4 元勝 1 元勝みずから

▼ 奉行自身~ (5, 0.2%)

1 が冤罪, ではなく, に召捕り, のあいさつ, も寛い

▼ 奉行越前守~ (5, 0.2%)

1 がお, がおる, にとっては天下, に左様, の身

▼ 奉行長崎~ (5, 0.2%)

1 に体, の名代, は迂, や各, 悪四郎高真

▼ 奉行たり~ (4, 0.1%)

1 しとき, し者, 行親忠家之に, 重なる

▼ 奉行であり~ (4, 0.1%)

1 ながら令, 乍ら実際, 切支丹断圧の, 神保佐渡は

▼ 奉行としての~ (4, 0.1%)

1 威厳を, 彼の, 自分の, 茂庭どのの

▼ 奉行としては~ (4, 0.1%)

1 それのみ, どうにも策, 立派だろう, 道中宿

▼ 奉行なぞ~ (4, 0.1%)

1 は供奉, は毎年街道, も狂言, を案内

▼ 奉行まで~ (4, 0.1%)

1 そう届け, 使いに, 出張し, 御同行

▼ 奉行~ (4, 0.1%)

1 が断り, が最も, の挨拶, もその

▼ 奉行屋敷~ (4, 0.1%)

1 の奥座敷, へ続く, まで案内, を出た

▼ 奉行~ (4, 0.1%)

1 としては塙九郎右衛門, として適任, には村人, の諸公

▼ 奉行~ (3, 0.1%)

1 目付側また, 目付老中総, 配下の

▼ 奉行する~ (3, 0.1%)

1 ものでなけれ, やうな, 采地

▼ 奉行では~ (3, 0.1%)

1 ないからの, まず睨み, 何が

▼ 奉行とも~ (3, 0.1%)

1 云われる御, 聯絡は, 言ひたい風俗の

▼ 奉行などの~ (3, 0.1%)

1 おびただしい鎌倉使臣, 出迎いを, 噂を

▼ 奉行などは~ (3, 0.1%)

1 あつた, もっとも楠木, 自分で

▼ 奉行をも~ (3, 0.1%)

1 やっつけて, 京都所司代をも, 御兼務

▼ 奉行~ (3, 0.1%)

1 つて我々までも, に千七百余人, の一会計吏

▼ 奉行中山出雲守~ (3, 0.1%)

1 が三家, の報告, の配下

▼ 奉行~ (3, 0.1%)

1 に一通, の書翰, への報告

▼ 奉行~ (3, 0.1%)

1 から一段, のわき, へ着座

▼ 奉行忠相~ (3, 0.1%)

1 の器量, の屋敷, の胸

▼ 奉行所配下~ (3, 0.1%)

1 の与力同心たち, の同心, の士分

▼ 奉行目付~ (3, 0.1%)

1 などすべて, の諸, へいった

▼ 奉行竹中采女~ (3, 0.1%)

2 の馬廻り役 1 の別当

▼ 奉行~ (3, 0.1%)

1 と議し, に對, は近海巡視

▼ 奉行荒尾但馬守~ (3, 0.1%)

1 が江戸表, と醫師中田玄竹, は高い

▼ 奉行いたずら~ (2, 0.1%)

2 に賢人

▼ 奉行からは~ (2, 0.1%)

1 係の, 其後何の

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 支配の, 配下を

▼ 奉行され~ (2, 0.1%)

1 て御岳, 又煉丹

▼ 奉行した~ (2, 0.1%)

1 ことが, 時丑の

▼ 奉行じゃ~ (2, 0.1%)

1 けにその, ないか

▼ 奉行その~ (2, 0.1%)

1 そばに, 人で

▼ 奉行だの~ (2, 0.1%)

1 土木奉行だ, 本阿弥

▼ 奉行である~ (2, 0.1%)

1 から家来, か与力

▼ 奉行といふ~ (2, 0.1%)

1 のは, ものが

▼ 奉行とか~ (2, 0.1%)

1 云う京都, 言いやがっ

▼ 奉行としても~ (2, 0.1%)

1 役儀がら試合を, 気の

▼ 奉行との~ (2, 0.1%)

1 必死は, 間には

▼ 奉行なる~ (2, 0.1%)

1 ものあり, 者を

▼ 奉行なんて~ (2, 0.1%)

1 ものは, やつあ

▼ 奉行にな~ (2, 0.1%)

1 つてやう, つて役料千石を

▼ 奉行ぶり~ (2, 0.1%)

1 も一段と, を面白

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 は遊び事, もし若旦那

▼ 奉行を通じて~ (2, 0.1%)

1 凶行者の, 和蘭商館長からの

▼ 奉行二十五騎~ (2, 0.1%)

1 の与力, の與力

▼ 奉行人たち~ (2, 0.1%)

1 の進行, への慰労

▼ 奉行人等~ (2, 0.1%)

1 に仰せ, を関東

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 の与力, の同心

▼ 奉行別所信濃守様~ (2, 0.1%)

1 とたい, のお供ぞろい

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 が遠藤, に分れ

▼ 奉行大岡様~ (2, 0.1%)

1 と宿屋, をつかまえ

▼ 奉行大岡越前守忠相~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 奉行大橋近江守殿~ (2, 0.1%)

1 に逢っ, を欺き

▼ 奉行役人~ (2, 0.1%)

1 が大きな, たる生命

▼ 奉行戸田伊豆守~ (2, 0.1%)

1 が閣老阿部伊勢守, と會見

▼ 奉行所あて~ (2, 0.1%)

1 に願書, の願書

▼ 奉行所与力~ (2, 0.1%)

1 だ, として今度

▼ 奉行所假牢~ (2, 0.1%)

1 に送つ, に送られました

▼ 奉行所役人~ (2, 0.1%)

1 が何, に至る

▼ 奉行手付~ (2, 0.1%)

1 の与力, の小者

▼ 奉行手先~ (2, 0.1%)

1 の御用きき, の捕方

▼ 奉行時代~ (2, 0.1%)

1 の古い, の廣大

▼ 奉行朝倉石見守~ (2, 0.1%)

1 の智恵袋, の智惠嚢

▼ 奉行朝倉石見守様~ (2, 0.1%)

1 から厳, は申す

▼ 奉行朝倉石見守樣~ (2, 0.1%)

1 から嚴, は申す

▼ 奉行松平圖書~ (2, 0.1%)

1 をはじめ佐賀藩, をはじめ佐賀藩士數名

▼ 奉行様兵助~ (2, 0.1%)

1 が年, はおとなしく

▼ 奉行水野筑後守~ (2, 0.1%)

1 の調, は幕府

▼ 奉行矢部駿河守~ (2, 0.1%)

1 の屋敷, は後

▼ 奉行筒井伊賀守~ (2, 0.1%)

2 の家臣

▼ 奉行荒尾岩見守~ (2, 0.1%)

1 は老中阿部伊勢守, を經

▼ 奉行見習~ (2, 0.1%)

1 にせられ, 後寺社奉行

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 で, の感動

▼ 奉行~ (2, 0.1%)

1 と申します, の同心

▼1* [364件]

奉行あたりの報告, 奉行あまりに賢人ぶり, 奉行あれに口, 奉行いずれも江戸城本丸, 奉行え被仰渡候, 奉行お前は素晴, 奉行からもほぼ同様, 奉行ちとら, 奉行こういうそれが, 奉行これでよい, 奉行ごときに, 奉行さえいる, 奉行さま一介の町, 奉行さんなんてどんなに, 奉行し得る職として, 奉行相州奥州頻りに, 奉行すなわち大蔵大臣の, 奉行せよと特に, 奉行せられ勲功も, 奉行その他から曲者, 奉行そりゃいけません, 奉行それぞれに職務, 奉行それらの肩書, 奉行たる者あまりに高, 奉行だけじゃアねえや, 奉行だけは此方に, 奉行ちょうど膳に, 奉行であってはいけない, 奉行であろうが目付衆, 奉行でもどもなりませんさかい, 奉行とて決して好ん, 奉行とでもいうべきもの, 奉行とともにお打ち合せ, 奉行とに届済の, 奉行とは別懇の, 奉行どのはあの, 奉行どもはいうた, 奉行のか, 奉行などいう代り, 奉行などから一言の, 奉行などがどんな面, 奉行などでは取締りようも, 奉行などと称すれども, 奉行などに不審を, 奉行などをみなここへと, 奉行なりゃこそそう, 奉行なんどよりは此, 奉行にたいしてべつに三ヵ条, 奉行にとっては瑣事とは, 奉行になんぞ掛け合ったって, 奉行による浦上の, 奉行に従って彼地に, 奉行のみでなく組下, 奉行はじめ狼狽しやがて, 奉行へでも持ち出すと, 奉行へは自分から, 奉行へまで持ち出して, 奉行まかせであ, 奉行または材木方の, 奉行までを加えて, 奉行もしくはお作事目付, 奉行よりも打取れなどの, 奉行らしい男は, 奉行らしくないからである, 奉行をなせり棺槨, 奉行を以て人生究竟の, 奉行も申聞候間, 奉行ニテ法ヲ立ントスルモ英国王之ヲ禁ジテ, 奉行ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 奉行ハ松平大隅守と云, 奉行引合邸留守居ヘ, 奉行ヨリ長崎奉行ニ転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 奉行一人の独断, 奉行総介忠清, 奉行上席を以て先生自ら, 奉行上田五兵衛は具足, 奉行下って我々, 奉行与力相沢宗三郎は権次, 奉行に奉行所役人, 奉行中堂金内とて勇, 奉行丹羽遠江守は年内, 奉行丹羽長秀の下, 奉行之内に加, 奉行九十人の伝記, 奉行九津見吉左衞門を初め九里平馬, 奉行二宮太郎右衛門を助ける, 奉行五百枝将左衛門, 奉行井上河内守とその, 奉行井上筑後守をはじめ, 奉行人どもに命じ, 奉行人七八名の姿, 奉行人三浦平六兵衛尉さまのお, 奉行人三浦平六兵衛尉義村の代官, 奉行人四名は, 奉行人指図に任せ, 奉行人斎藤利康同修理之進, 奉行人斎藤利康修理之進, 奉行付きの市川義平太, 奉行付き別隊組兵士なぞは位置, 奉行付与力筆頭笹野新三郎自分とは身分, 奉行付與力筆頭笹野新三郎自分とは身分, 奉行代官をあやつっ, 奉行代官等に任じ, 奉行以下の部下, 奉行以下一同があっけ, 奉行以下十五人が江戸城, 奉行以下詫状ぐらいではすまさん, 奉行以下足軽までの者, 奉行以下馘を承知, 奉行役所は, 奉行伊奈遠江守忠告が里恵, 奉行伊賀藩に申しつけた, 奉行会わせては事面倒, 奉行佐賀藩などから応援, 奉行を仰っし, 奉行が言, 奉行作事奉行なぞは毎年街道, 奉行使番等数十名の浪士之, 奉行俸祿千五百役高を加, 奉行勝が, 奉行兎狩に託し, 奉行其旨承りて, 奉行兼外務取り扱いとして江戸, 奉行兼帯渋川六蔵甲斐守家来本庄茂平次金座お金改役後藤三右衛門並びに中山法華経寺事件, 奉行出入り商人の手形, 奉行別所信濃守を招, 奉行別所播磨守くだって, 奉行加番の給人ら, 奉行加納遠江守久儔堀の役宅, 奉行勘定奉行町奉行と来, 奉行勘定奉行町奉行大目附目附を掛員, 奉行勘定奉行長崎奉行大目付御目付等, 奉行勝麟太郎を京都, 奉行勤めがいや, 奉行勤役中殺生厳禁の二見ヶ浦, 奉行北村彦右衛門と云っ, 奉行南北にわかれ, 奉行船将などに, 奉行吉宗にたとえ, 奉行吉田六郎太夫千原九右衛門のふたり, 奉行裁判と, 奉行向井将監支配御船手津田半左衛門, 奉行喜多村瑞見などの, 奉行四名はひとまず, 奉行土部駿河守の後身, 奉行判の, 奉行在職中にし, 奉行坂田内蔵之丞, 奉行坂田方へ押し入り, 奉行堀伊賀守利堅は何, 奉行堀利堅に上書, 奉行堀織部の自殺, 奉行憤激し, 奉行大久保石見守という方, 奉行大久保長安の与力衆, 奉行大友具簡がその, 奉行大小目付に至る, 奉行大岡忠右衛門がどんな, 奉行大岡忠相の三人, 奉行大岡忠相拙者を置い, 奉行大岡越前とこの, 奉行大岡越前守と来たひ, 奉行大岡越前守様のお前, 奉行大庭景義は賞め, 奉行大目付御目付等, 奉行大目付勘定奉行から納戸頭, 奉行始め出島乙名甲必丹オルフェルト・エリアスと館員一同, 奉行官邸の塀, 奉行寺社奉行立会いの, 奉行寺社奉行目付などすべて, 奉行小堀遠州, 奉行小栗上野介の発案, 奉行小此木伴七大田宇川等に内談, 奉行小菅因幡守お大工頭近藤郷左衛門, 奉行山口駿河が老中松平伯耆, 奉行山寺源太夫様の御, 奉行山本三右衛門と云う, 奉行岡部駿河守の役宅, 奉行川上某を招く, 奉行川路左衞門尉の懷刀, 奉行差廻しの手利き, 奉行若, 奉行幕府内でも有数, 奉行平川半治, 奉行床几に戻る, 奉行当時の友人, 奉行役替りの時期, 奉行御料人様衆御小姓衆, 奉行御蔵奉行御料人様衆御小姓衆, 奉行愚老は医者, 奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 奉行所ニも相, 奉行所ニ於テ断獄ノ際, 奉行所与力筆頭叔父森川庄兵衛の組下, 奉行所中の上席, 奉行所付の人々, 奉行所付きの所員, 奉行所以上に刑部, 奉行所以外の者, 奉行所八州又は代官所, 奉行所公事方の許可, 奉行所公方様の米倉あたり, 奉行所出入りをゆるされ, 奉行所出入商人の手形, 奉行所印刷工場が日本, 奉行所吟味与力の石本, 奉行所吟味与力石本勘十郎と申す, 奉行所奥大白州では今, 奉行所役人通詞出島乙名その他友人蘭館出入りの者, 奉行所支配のお, 奉行所方面からも武蔵, 奉行所日記には当時, 奉行所曲淵甲斐守のお, 奉行所朱文字の提灯, 奉行所筋のこと, 奉行所自体の内部, 奉行所衆の割竹, 奉行所衛兵と合同, 奉行所規約の大事, 奉行所記録を調べ, 奉行所詰のもの一同, 奉行所鑑札が作り物, 奉行所門前で焼き棄て, 奉行所関係の役人たち, 奉行所附のもの, 奉行所風と思う, 奉行附きの, 奉行扱いの, 奉行指図の仕事, 奉行指圖の仕事, 奉行振り返って, 奉行支配の願人坊主, 奉行支配下においた, 奉行支配取締りなどと立ち会い, 奉行支配組頭がこれ, 奉行斉藤源太夫の息子源之進, 奉行斎藤利行のむす, 奉行新見豊前守, 奉行施政の及ぶ, 奉行旗奉行たちの叱咤, 奉行旗奉行御蔵奉行御料人様衆御小姓衆, 奉行明良重三郎の次女安, 奉行普請役御目付, 奉行曲淵甲斐守であった, 奉行曲淵甲斐守列代町奉行のその, 奉行曲淵甲斐守景山が各, 奉行曾我日向守お畳奉行別所播磨守, 奉行服部備後守との會見, 奉行朝倉様の御, 奉行木村摂津守を頭, 奉行木村摂津守これに随従, 奉行木村摂津守喜毅にしん, 奉行本人が参った, 奉行杉山弘枝は東下論, 奉行材木奉行作事奉行なぞは毎年街道, 奉行村井長門守は免役, 奉行村役人とも当時在勤, 奉行村越長門守樣に直々, 奉行松平康英をし, 奉行松平石見守の宅, 奉行松平美濃守殿へ奉, 奉行松野壱岐守の部下, 奉行柳生対馬守とチャン, 奉行柳生対馬守様つづく一行, 奉行柴田剛中は幕府, 奉行根岸肥前守のかいた, 奉行格並に軍艦奉行, 奉行格大坪流の槍, 奉行格大目付格の人々, 奉行梶野土佐守の筆録, 奉行棟梁小普請方など幾人, 奉行森殿に会え, 奉行検視の役人, 奉行榊原主計守二人ながら立派, 奉行榊原主計殿のご, 奉行榊原主計頭の吟味, 奉行榎本どのと比較, 奉行様内々の仰せ, 奉行様始め御大儀さまにご, 奉行様年はとりました, 奉行様手付きの者, 奉行様按摩佐の市, 奉行様支配与力とかの衆, 奉行様贅沢禁制のお触れ, 奉行横田備中守と柳沢八郎右衛門, 奉行武田準左衛門, 奉行歩兵奉行騎兵頭剣術と鎗術, 奉行死罪のよし, 奉行水尾様御工夫, 奉行水尾甲斐守の耳, 奉行水野筑後守老中間部下総守林大学頭, 奉行永井岩之丞, 奉行永井播磨守が城内西, 奉行永井讃岐守に別府播磨守, 奉行治部少輔どの, 奉行津田近江の世話, 奉行添奉行から吹上奉行, 奉行片桐且元からその, 奉行町奉行と来, 奉行町奉行大目附目附を掛員, 奉行町野左近将監繁仍の妻, 奉行目附などの警戒, 奉行直属の手先, 奉行直筆の次, 奉行から見, 奉行矢部駿河守様の指金, 奉行知遇の賜, 奉行石川兵助を知らぬかっ, 奉行石渡彦太夫は鉄砲玉薬, 奉行石渡彦太夫御手洗伊右衛門に鉄砲同心, 奉行神尾備前守が裏面, 奉行神尾殿からお話し, 奉行神谷杢之丞, 奉行秋元但馬守のお触れ書, 奉行稲垣淡路守この三人, 奉行立会の上, 奉行立会いの上, 奉行米津勘兵衛の旨, 奉行も巷, 奉行組下の二役, 奉行組同心小頭竹上万太郎は磔, 奉行組頭もある, 奉行組頭今で云え, 奉行組頭黒川の記録, 奉行組頭黒川嘉兵衞はアメリカ軍艦, 奉行經由のプーチヤチン, 奉行自身独り歩きの出来ぬ, 奉行與力を相, 奉行若年寄両町奉行, 奉行茂庭周防はじめ後藤孫兵衛真山刑部そして目付役, 奉行萩原近江守が小判, 奉行蔵奉行などをみなここ, 奉行西役所内に印刷所, 奉行角左衛門は処刑, 奉行惡莫作と, 奉行越前守忠相といえ, 奉行跡部山城守良弼が堀, 奉行軍艦奉行なぞは供奉, 奉行輩奢侈に耽り, 奉行の権門, 奉行辻安兵衛山廻伊藤刑部と書いた, 奉行道中取締役各宿日, 奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 奉行遠山左衛門尉景元の逸話, 奉行都筑駿河の役宅, 奉行都筑駿河守が役宅, 奉行配下拾石五人扶持くらゐの, 奉行配下職方目付詰所というの, 奉行鉄砲奉行使番等数十名の浪士之, 奉行長崎奉行大目付御目付等, 奉行附与力同心放火盗賊改方の役, 奉行附与力曾川甚八が足早, 奉行附同心女狩右源太と申します, 奉行附棟梁で近頃, 奉行附直参じゃがちと, 奉行陸軍総裁を経, 奉行青山常陸介の衆, 奉行がどこ, 奉行面してわたし達, 奉行騎兵頭剣術と鎗術, 奉行鳥居甲斐守忠燿手附の与力, 奉行鳥居甲斐守松平美作守支配天文方見習御書物奉行兼帯渋川六蔵, 奉行鳥居甲斐守様に利潤, 奉行黒田長政等も各々