青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「外~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~夏 夏~ 夕~ ~夕方 夕方~ 夕日~ 夕暮~ 夕食~ 夕飯~ ~外
外~
外れ~ 外交~ ~外出 外出~ ~外国 外国~ ~外套 外套~ 外部~ ~多

「外~」 44317, 459ppm, 214位

▼ 外~ (10906, 24.6%)

415 出て 181 立って 169 出た 158 して 152 仕方が 121 出ると 77 道は 76 何も 66 ない 48 何の 42 出ました 41 方法は 40 立つて 39 出して 38 しては 37 何か, 出で 36 誰も, 道が 34 出ること, 方法が, 途は 30 ある, あるの 29 待って 27 あって 26 途が 25 ないと, 出る 24 なかった 23 何にも, 向って 21 出でて 20 眼を, 術は 19 仕様が, 出ようと, 置いて 17 佇んで 16 あるもの, ないの, 出れば, 私の, 身を 15 待たせて, 無い 14 あった, いて, もう一つ, 何物も, 飛び出した 13 人の, 存在する, 氣の 12 仕方は, 出る時, 工夫は, 變つた 11 あつた, あつて, しても, もう一人, 何んにも, 出かけて, 向つて, 自分の

10 [11件] あるまい, ある筈, なし, 一人の, 一人も, 人が, 手段は, 於て, 誰か, 適当な, 飛び出して

9 [16件] あっては, あらは, あり, ありません, あること, でて, 仕方の, 何が, 出たが, 出たの, 向けて, 居る時, 無かった, 目を, 立てめ, 能の

8 [13件] あると, あるという, 人は, 住んで, 何等の, 出ては, 出ても, 出るの, 居て, 心を, 手を, 現わ, 誰が

7 [22件] あったの, あるわけ, した, すること, 三人の, 二人の, 今の, 他の, 何物をも, 出かけた, 出た時, 出でず, 在るの, 工夫も, 待つて, 来て, 残して, 消えて, 考えよう, 遊んで, 道なし, 顔を

6 [29件] いるの, これを, たたずんで, とびだした, なって, よく内, 下手人が, 仕かた, 出すこと, 出ないで, 出なかった, 出ますと, 向っては, 女が, 女の, 姿を, 彼は, 手は, 望みの, 横たはる, 横たわるもの, 私は, 立った, 致し方は, 術が, 解釈の, 飛びだした, 飛び出しました, 飛出して

5 [44件] ありて, あります, あるので, ある物, いたの, いる者, おかれて, しかたが, とびだして, ないから, ないこと, はみ出して, もつと, 一つの, 主人を, 二三人の, 仕樣, 何を, 出たこと, 出たとき, 出たもの, 出づ, 動くもの, 向かって, 彼の, 意味は, 手が, 持つて, 方法も, 止まって, 気の, 求めて, 用が, 用は, 用事も, 目に, 知る者, 立ちて, 立ちました, 立てば, 置かれて, 考え様が, 超然として, 頼るところ

4 [82件] いても, いろいろな, おいて, お駒, すれば, それを, だれも, つないで, とびだしました, とび出した, ないよう, なかつた, まだ何, もれて, 一歩も, 之を, 二つの, 人影が, 人間は, 仕事が, 仕方も, 何にか, 何らの, 何んか, 何んの, 何処も, 來て, 倒れて, 出されて, 出しては, 出たと, 出てから, 出るところ, 向う衝動, 向こうて, 向て, 在って, 多くの, 多勢の, 女中が, 孤立し, 客が, 居たって, 居られたの, 居るの, 居る仲間, 平次の, 彼等は, 待たして, 意味が, 控えて, 方法を, 此の, 残されて, 法は, 注意を, 為方, 物を, 現われて, 理由が, 理由は, 生きる道, 用の, 私が, 私には, 立ったまま, 立つと, 立つ者, 置かれました, 置く, 耳を, 誘ひ出した, 説明の, 超脱する, 足を, 足音が, 逃げ道は, 通路は, 逸して, 道の, 雪の, 首を

3 [140件] あやしき形, あらわる, ありては, あるとは, あるに, あるはず, あるまいと, あるよう, あるん, いる, いると, いろ, いろいろの, この部屋, しやう, しよう, それに, たって, でた, でました, とんで, どうする, どうもし, ないでしょう, ないといふ, なお他, なかつたの, なんにもない, はござりませぬ, ゐて, ゐると, 下手人は, 二三の, 二人ほど, 五人の, 人間の, 仕様も, 佇って, 住むこと, 何人も, 俺は, 出かける時, 出した, 出しました, 出たので, 出づる, 出でない, 出ない, 出ないよう, 出なければ, 出ましたが, 出ましょう, 出よう, 出るや, 出るよう, 出るを, 出る事, 出る気, 別な, 別の, 原因が, 取りよう, 向うて, 四人の, 垂れて, 存在し, 客の, 實在する, 對し, 居たん, 工夫が, 幾人も, 思案の, 手の, 手段も, 持って, 敵が, 日本の, 時の, 横た, 横たわって, 母の, 気を, 沢山ある, 潜んで, 火を, 無いと, 無いの, 無かつ, 爲方が, 物の, 犯人の, 男の, 目的が, 真似手の, 瞬く暇, 私に, 立たせて, 立つ, 置かれます, 置くと, 置て, 考へやう, 聞えた, 能が, 能は, 自動車が, 自身の, 色々の, 色彩の, 落ちて, 行く処, 術はねえ, 裸体で, 見えて, 見せて, 見て, 言ひ, 超然と, 身体を, 追い出して, 逃げ出して, 途の, 途を, 連れて, 遊びに, 道を, 適当の, 金を, 陣を, 隣の, 非常に, 頭を, 頼みに, 頼りに, 頼るもの, 飛び出したの, 飛び出そう, 食み出して, 馬の

2 [559件 抜粋] あたしの, あったが, あっても, あの船, あふれて, あらわれるの, ありそれ, ありても, ありながら, ありは, ありました, ありますから, ありませんから, あるか, あるかと, あるらしい, あるを, あるプラタアヌ, ある味方, ある存在, ある小さな, ある樹木, ある縁側, ある自分, ある高い, あれば, あろうか, あろうとは, いい方法, いた, いた人々, います, いること, いるもの, いるわけ, いるん, いる場合, いる小林, うちそよぎ, おかれ私, おこりて, おちつくところ, お園, お米, お約束, お職, かくれて, くだるらし, この大役, こぼれて, これが, これと, これという, これに, これは, した者, しゃがんで, じっとし, する, する仕事, せん方も, せん術も, そのよう, それが, そんなの, そんな被害, たくさんの, たつきの, たよるもの, たれて, だして, だれか, つぶしが, でると, とび出して, どこからか, どやどやと, どんな方法, ないが, ないだらう, ないという, ないはず, ないん, ない筈, ない見世物小屋, なお私, なかろう, なくして, なければ, なにも, なほ, なんの, はね, ひそんで, ふきこぼれて, へんな, またさわさ, また東洋, まだいろ, まだ沢山, みるから, もう一人戸, もう二人, もう戦禍, もつとい, やって, アマッタレて, コツコツと, シリベシ河の, ジーッと, ヘクターと, ボオトをも, メンデルは, 一人や, 一文も, 一歩足を, 一言も, 三人ある, 三文字屋の, 下りて, 下女の, 下女やら, 下駄の, 世界の, 世間を, 主人の, 之と, 二つ三つの, 二人その, 二十歳以下の, 二朱銀を, 云いよう, 五六本の, 人に, 人も, 人工の, 人影は, 人影も, 人間に, 今後は, 仕事は, 仕様の, 他に, 他よりも, 以前の, 仮泊し, 伴れ出した, 似寄りの, 佇んだまま, 何に, 何んと, 何人の, 何物が, 何物でも, 何者も, 傷らしい, 働いて, 兄弟も, 光が, 入口と, 全く暇, 内地人は, 凛々しさ, 出かけると, 出かけるとき, 出さなかった, 出しながら, 出ずに, 出ずるもの, 出そう, 出たくて, 出たよう, 出たら何, 出たん, 出づべからず, 出づることなし, 出づること能, 出づる能はず, 出でては, 出でなかった, 出でん, 出ないこと, 出ないの, 出なかったの, 出ながら, 出ましたけれど, 出ませんでした, 出ようか, 出ようとは, 出られなかった, 出るだけ, 出るので, 出るもの, 出る前, 出口は, 出迎, 別に, 労働の, 勇吉を, 動いて, 医院が, 十に, 十手の, 卓立せし, 南部藩を, 又た, 友人といふ, 取り残されて, 名高い浦里時次郎, 向う心, 向けた, 向ふ, 呶鳴っ, 唱道し, 四月の, 囲って, 在り, 在ると, 在るに, 坐って, 基準と, 場所は, 変ったもの, 多少の, 大きい蝙蝠, 大きなもの, 大道易者を, 大阪の, 失いしところ, 奉公人は, 女を, 女房共が, 好きな, 妻と, 嫌疑者が, 子供は, 子供も, 学んで, 安住する, 官衙や, 宜い, 客も, 家さがし, 家作地所を, 寺男の, 射す夕日, 尋ねら, 小僧の, 少しくあらわれ, 少し許, 尚ほ, 居るに, 居る相棒, 幇間末社を, 干して, 平伏して, 平然として, 年とった, 幸福が, 庭を, 弱くとも, 張番を, 強大なる, 当って, 当も, 形を, 彼が, 往く道, 御用が, 御用は, 心付いた事, 心當り, 必ず水垢, 必ず講談, 忍び出た, 忍び寄りました, 思案も, 怪しい者, 悪い事, 感じたの, 或理髪店, 戦って, 所在も, 手文庫の, 手紙を, 投げたと, 投げ捨てた, 投り出し, 投出して, 押し流されて, 持ち出したの, 接して, 措いて, 改良の, 放り出して, 放逐せられ, 整列し, 断え, 新例, 新聞社長と, 日中も, 時事歌として, 時折晩に, 更に特筆大書, 最初の, 望は, 望みながら, 望みは, 木は, 本堂前の, 校長の, 格別古い, 森の, 棲むこと, 棲息の, 椅子を, 植木を, 楽しみの, 歌の, 此れ, 死骸を, 殆ん, 残って, 母からの, 求むべし, 沢山の, 油絵も, 法王の, 泥が, 洩らすこと, 洩る, 洩れて, 活動を, 流れて, 消えた, 源太が, 溢れるの, 滅す道, 漢和辞典を, 漢字の, 炭石油も, 無いが, 無いので, 無事に, 煩瑣い, 物が, 物のけ, 独立させ, 玉子を, 現はれた, 現はれる, 現れて, 現わすまい, 現われたもの, 生きて, 生活の, 用も, 用事が, 用心棒とも, 男を, 瘉す, 発散せしめる, 発見する, 目的ある, 直ぐと, 相棒が, 真の, 眺めながら, 眼に, 知人も, 石原通りや, 硝子戸が, 秀子を, 秋山氏は, 移りぬ, 積んで, 立たせること, 立ち, 立った時, 立つたま, 立つた時, 立てり, 竹庵養仙木斎の, 竹筒の, 笛の, 策が, 米英あり, 糧なき, 縁談の, 繋いで, 置いた, 置いたま, 置いたまま, 置いたわけ, 置かねば, 置き忘れて, 置くが, 置くこと, 美なる, 美保の, 美奈子は, 群がった, 翻訳の, 老眼鏡が, 考えられた虚, 考えられません, 考へ, 聞いて, 聞くと, 肺病やみに, 胸の, 自分を, 至らば, 致し方が, 致方が, 致方も, 色々な, 花柳に, 若旦那の, 荘田は, 莫大な, 萱畳敷き, 行く所, 行く處, 行く道, 行って, 術なし, 表われ, 見えるの, 見たもの, 見る, 見るもの, 見る所, 見る趣, 見張つて, 見張りを, 見当るかな, 親類は, 解釈しよう, 言葉が, 誘った, 誰だ, 誰一人頼る, 貸金が, 走り出て, 超然たるも, 超越し, 路が, 踏み出さなかった, 踏み出すや, 踏み出せば, 躍らす態, 身の, 車の, 近づいて, 近所の, 迫って, 迫つて居, 追ひ出され, 送りだした, 送り出して, 逃げ場所は, 逃げ道が, 逆に, 逐い出して, 逐ひ, 遊ぶなどと, 道楽の, 遠い親戚, 遠く離れ, 遣る人, 郵便局駐在所登記所も, 酒を, 重大な, 重苦しく垂れ, 鉄の, 銀山だの, 鐘五郎を, 開いて, 降る雨脚, 限りも, 隠れる場所, 雀も, 集まって, 霞ませて, 頑張って, 頼る者, 顕われる, 顛落した, 類なき, 類の, 風が, 飛ばして, 飛び出さうと, 飛び出すという, 飛んで, 馬を, 馬遠, 驚かざる莫, 高踏し

1 [5471件 抜粋] 〇の, あったと, あと二重に, あらう, あらはれない妻君, あらわに, ありとも, あり有, あること八年, あるべからず, あるコンクリート, ある他家, ある地下道, ある恋, ある満, ある縁台, ある長い, いいあらわし難い, いかなる手段, いずれも, いた三百余, いた波川巡査, いづとも, いなかった, いるという, いる文化人, いる自分, いろいろ用が, うずくまって, うろうろし, おきっぱなし, おそろしいかお, おもしろき花, お互いの, お喜美さん, お待ち申し, お母さんと, お針に, かがみこんで, かつぎ出され警官, きは, こうしたから, この三, この数年来, この銀杏, こんなこと, さえぎり迎えて, さばかり憂ふべき, しげるいらくさ, しのびより寝て, し歴史的政治的問題, すてるため, するの時間, せつせと, そして, その大, その答, そらす間, それ自, たけの, たつた一人, ちゃんと待っ, ちらりと見えた, つき出しそして, つづく草土手, つれだしその, でるん, とび出したが, とろけさ, どげ, どんな生きもの, ないだからつまり, ない気, なお先島, なお結果, なき事, なげだすよう, なにか蠅, ならんで, なんにも理窟, ぬッ, のばしかなり, はこびだした, はみ出すこと, ひそと, ひろがつた, ぺいぜんとの形式を, ぼんやり眼, また一ツ昔, また薄, まだもう一人, まだ三右衛門, まだ幾箇, まだ神秘, まだ長く, めんこも, もう一つ遺言, もう二, もっと別, もれはじめた空気, ゆき着いたの, わけは, ゐる奴等, ウエストミンスターの, クィリナーレツェリオアヴェンティーノ, シベリヤ線で, チチチチと, ドカドカと, ハミ出し, ピアノを, ホンモノが, モウ一人チャンと, リオンの, 一つある, 一人弟の, 一回金曜の, 一役菊五郎の, 一種特有な, 一軒不思議な, 七ヶ所の, 三つばかり, 三千乃至, 三花四花などの, 下宿屋に, 不規則な, 中野重治の, 主観と, 九州大学の, 二つばかり, 二三箇所あります, 二十略を, 二頭の, 五月の, 京の, 人生なく, 今では, 今一つ量の, 今文, 仕方ないでしょう, 仙台と, 伊豆守様はじめ高位の, 伴いたる従者, 佇まずには, 住むばかり, 何とかうそ, 何一つとして, 何処へ, 何處か, 余念も, 使は, 依稀, 信心に, 倒れ小屋跡一つ御座候得共, 傘は, 働くもの, 兄が, 先例書, 入れた者, 全く別, 八十人の, 兵士が, 冒険好きの, 出かけたくも, 出かける問題, 出さず時々, 出さなければと, 出した場合, 出すまいと, 出せば, 出たきり, 出たまま, 出た出来事, 出づべくもあらず, 出でざるに, 出でたり, 出でぬと, 出ないもの, 出にくい, 出ようとして, 出られなかったかも, 出られ身軽, 出るならば, 出る扉, 出来たなと, 出歩いて, 分れて, 別に名誉, 別段変った, 制服の, 力に, 効果は, 勢揃いし, 十五六名ひかえ, 千葉から, 博望坡の, 又あざ, 及ぶ, 叔父は, 取出せる者, 古く五島, 各地点, 同じ山相, 名案は, 向う運動, 向けころ, 向つたところに, 向ひ過ぎ, 呪詞の, 和蘭の, 唯々三楽ある, 善人なけれ, 嘯き立てる心地, 回想すべき, 國松安五郎喜三郎の, 在った, 在る石, 坊ちゃんを, 埋められて, 堂々たる洋館, 声望を, 外の, 多く姫神といふ, 夜風に, 大きな庭, 大した入用, 大人の, 大胆にも, 太刀の, 奥村政信及び, 女学校が, 妙策は, 子と, 存する善, 孤立す, 安置し, 実は色々, 宮川君が, 家屋らしい, 寛政十二年から, 尋常ならぬ, 小さく燃え, 小型の, 小玉君横光君田畑君の, 尚前方鍬形台, 居きながら, 居ないの, 居る処, 屈んで, 山あ, 嶺雲その他の, 差出した芳子, 師克という, 平身低頭せり, 幾万倍の, 広きものこれ, 座に, 建てられるよう, 引張り出す癖, 強いのに, 形容し得る, 彼女を, 待たされた後, 待つ無き, 御供米が, 復活式を, 必ず一幕物, 忙しくなり出し, 思う所, 怪しい箇処, 悉く余人, 惡人共の, 感じられませんが, 懸金, 我輩が, 所得の, 手段な, 手頃の, 投げとばされたあと, 投げ棄てた, 抛り出したの, 押し出されそう, 担ぎ出され職業, 拡る, 持ち出し適当, 指さして, 据ゑてある花屋の, 掛け替への, 推理の, 揮えない, 撞木娘と, 放りだした, 放逐し, 散らした, 敬意を, 文三が, 斬って, 新しい礼儀作法, 新居を, 方法なし, 旅を, 日本あり, 早く出立, 明月ある, 是ぞと, 時刻うつらぬ, 暑寒, 曲らん路, 更に絶対的, 最も多く, 望みが, 木らしい, 未だ吾, 村の, 東北地方から, 林檎か, 格別変った, 棄てぬよう, 楚々たる気, 横たわる, 横倒れ, 歌麿や, 此の世に, 此風は, 死を, 残された道, 殘し, 比喩的解釈法を, 水夫の, 求むることなく我れ, 求められねば, 決して救い得る, 沢村一家の, 波打つ荒い, 洩らすなと, 洩れるの, 流れ出たよう, 海外の, 消さうと, 深う沈み, 渡辺といふ, 溢れしむ受けたる重き疵口, 滑り出て, 漢名を, 澤庵石を, 点って, 無いぜ, 無縁仏の, 燃えて, 牛乳一合へ, 物置かとも, 特殊の, 独逸語にも, 猶幾許あり, 王を, 現はれ, 現わす, 現われた直義, 現實世界, 生きる, 生活興味の, 用人川前市助若, 男つ, 男性的女性的道徳性智能性その他感情性などの, 異性の, 疑敷義, 発散した, 白らみ, 皆様の, 目的の, 相談する, 真理は, 着いて, 知つ, 知るもの, 石榴の, 確なる, 社会革命党あり, 神戸や, 科学の, 移転し得る, 稻荷が, 穴の, 突っ立った, 窺う八蔵, 立ちたるも, 立ち去ったが, 立ち神官, 立った純真, 立つては, 立てかけられて, 立去ったから, 竜之, 第二, 簡単な, 紅茶林檎を, 細い細いすすりなき, 結構でござる, 綱張っ, 縦横に, 置かむとす, 置かれ俘囚長, 置きよう, 罰を, 羣經源流, 考えても, 考え方は, 聞えるもん, 聞こえた, 聽く, 背景や, 脱したの, 膝まずき, 自己の, 致す様, 船頭が, 芝居や, 若い武者ども, 英吉利語訳の, 茶畠野菜畠などが, 荷物なぞは, 落したる拳銃, 葡萄棚の, 蔵書として, 蘇生する, 衆生の, 行くところ, 行爲する, 表わしたに, 製紙工場と, 見えざりしも, 見えるうつくしい, 見える遠近, 見た者, 見ること, 見張, 見物人が, 親類もねえと, 解決の, 訪る, 詩文の, 誘い出したり, 誰かの, 諸方で, 豆菊は, 貰い溜めらしい銭, 賀奈女が, 赤井君が, 走り去れり, 超絶したる, 跪いて, 踏み出したもの, 身寄の, 車に, 転ずるも, 轉する, 近い山, 近習たちが, 追い出されたの, 追放という, 送らしめた, 逃げ出すこと, 逆落ち, 逐われて, 通ふ, 連れ出されました, 逸した何, 逸脱し, 遊びくらし, 運ばせ不, 運搬できる, 道楽は, 遠隔作用を, 邦語政治科が, 里から, 野陣を, 鉄ごうしが, 長引いて, 開こうと, 附属の, 陣し, 隠した, 隱居を, 集合心乃至, 雪冤の, 露はれ, 青山廷光氏川田剛氏が, 面倒は, 音楽教師の, 頗る讀詩界, 顕は, 飛げ出す, 飛び出しそれ, 飛び出ようと, 飛出せまいとは, 飲みたいもの, 駆けて, 驅り出し進ましめ, 高尾氏の, 鵯が, 黒く立つ

▼ 外~ (6789, 15.3%)

1160 出て 439 出た 306 出ると 96 出ました 89 出して 68 出ようと 67 飛び出して 60 出ること 58 出るの 49 出る 47 でて, 出たの 42 でた 36 飛び出した 31 出たが 29 出れば 27 出ても 26 でると, 出たこと 23 出てから 22 目を, 顔を, 飛出して 21 出ましたが, 行って 20 出る時, 飛び出しました 19 出ろ, 来て, 遊びに 18 出した, 出たとき, 出た時, 出ては 17 とびだして, 出る事 16 出ないと, 向って 15 眼を 14 とびだした, 出た者, 首を 13 出ます, 逃げ出して, 飛出しました 12 出なかった, 飛出すと 11 出すこと, 出なかつたの, 外へと, 身を, 飛んで 10 とび出した, 出たもの, 出るとき, 向けて, 持って, 消えて, 連れ出した, 飛び出すと 9 とび出して, 出かけて, 出たと, 出たところ, 出ますと, 駈け出して

8 [12件] 出たり, 出たん, 出ちゃ, 出ないで, 出よう, 出ようとして, 出るが, 出るには, 出るん, 声を, 連れ出して, 飛びだした

7 [15件] はみ出して, 出さないよう, 出しては, 出すと, 出てからも, 出ないの, 出ながら, 出る気, 姿を, 廻って, 走って, 逃げ出しました, 連れて, 飛出した, 馳け

6 [15件] お出, きて, 一歩も, 出ずに, 出た事, 出た樣子, 出ましょう, 出るな, 向いて, 消えた, 立って, 足を, 追い出して, 逃げて, 飛び出す

5 [23件] おいでに, お出ましに, かけて, かけ出しました, からだを, 出すの, 出なかったの, 出なかつたこと, 出るわけ, 往って, 忍んで, 抜けて, 洩れて, 突き出して, 行つ, 走り出して, 走り出た, 逃げた, 逃げ出した, 這い出して, 顏を, 飛出しましたが, 駆け出して

4 [51件] いって, おいて, お出し, でたが, でる, でるの, とび出しました, 一と, 何か, 出しました, 出たいと, 出たか, 出た後, 出ない, 出ないこと, 出なかつた, 出ようかと, 出られない, 出られないと, 出られません, 出られるの, 出るなり, 出るに, 出る道, 去って, 呼び出して, 手を, 投げた, 抛り出した, 抜け出して, 押し出した, 捨てて, 放り出して, 散歩に, 歩いて, 気を, 溢れて, 突出し, 落ちて, 行こうと, 誘い出した, 走り出した, 逃がして, 逃げだしました, 運んで, 飛び出したの, 飛び出すこと, 飛び出そう, 飛出します, 駈けて, 駈け出した

3 [81件] お廻り, かけだしました, つれて, まわって, むかって, もれて, 下りて, 出かけた, 出かけたり, 出かけました, 出かけるの, 出さない, 出されて, 出したの, 出たかと, 出たよう, 出た女, 出た方, 出た様子, 出た筈, 出で, 出ないやう, 出ないよう, 出ない時, 出なかったという, 出なかつたか, 出なかつたさ, 出なかつたで, 出なかつたん, 出なかつた筈, 出なければ, 出ようという, 出ようとも, 出られないよう, 出られないん, 出られなかつたこと, 出られるよう, 出るたんび, 出るだけ, 出るという, 出るや, 出るやう, 出るよう, 出るより, 出る暇, 出歩いて, 呼び出した, 外へ, 引き出されて, 忍び出, 忍び寄ると, 投げて, 投げ出して, 投り出し, 押し出されて, 持出して, 捨て, 枝を, 歩き出した, 泊って, 洩れた, 流れ出た, 消えると, 無事に, 突いて, 置いて, 脱出し, 行こう, 誘った, 走つて, 走り出て, 轉が, 追いかけて, 追い出した, 追ひ出し, 退いた, 逃げだして, 逃げること, 逃げ出そうと, 降りた, 駈けだして

2 [242件] おっぽ, おどり出した, お引き出し, かけ出して, こぼれて, さへ, そらして, そらせた, たぐり出す, たらして, だして, つれだされて, つれだした, つれ出して, でかけて, でたら煉瓦塀, でました, でること, でるとき, とびおりて, とびさ, とびだしたん, とびだしましたが, とびだすの, とびだそうと, とんで, にげだした, にげると, のがれること, はみ出させて, ひらりと, もって, もどって, もれないよう, もれること, やると, トンボ返り, バラバラと, 一人で, 並べて, 仕掛けて, 体を, 來る, 働きに, 全身を, 出かけたの, 出かけること, 出さうに, 出さえ, 出さないこと, 出さないやう, 出さぬよう, 出されると, 出しちゃ, 出しちや, 出しても, 出しやしないよ, 出すな, 出すなんて, 出すもの, 出せ, 出そう, 出たあと, 出たいという, 出たから, 出たがるの, 出たけれど, 出たという, 出たとたん, 出たに, 出たらこの, 出たら一々, 出た上, 出た平次, 出た彼, 出た所, 出た時分, 出た頃, 出ちまっただ, 出ちや, 出てる程, 出ないから, 出ないとよ, 出ないので, 出ないほう, 出なかったこと, 出なかったそう, 出なかったと, 出なかつたと, 出なくなつ, 出ねえ, 出まして, 出ませう, 出ませんので, 出よ, 出ようじゃ, 出ようもの, 出られたの, 出られないので, 出られない筈, 出られぬやう, 出られませんが, 出られれば, 出るころ, 出るにも, 出るまで, 出るまでに, 出るまでの, 出るまでも, 出るもの, 出る元気, 出る前, 出る勇氣, 出る勢い, 出る外, 出る工夫, 出る必要, 出る支度, 出る最後, 出る者, 出る若い, 出ろっ, 出ろと, 出掛けて, 出掛ける時, 出歩くこと, 半身を, 去った, 吐き出されて, 向いてけ, 向かって, 向つて, 呼んだ, 回って, 囲って, 垂れて, 好い口, 対して, 帰って, 平次の, 広い天地, 廻ると, 引きずり出したの, 引きずり出そうと, 引っぱり出しました, 引張り出す外, 待たせて, 忍び出た, 急いだ, 息を, 戻って, 投げかけました, 投げ捨てた, 投げ棄てた, 抛げ, 抛って, 抱え出した, 押し出して, 拉して, 持出されて, 持出す隙, 捨てた, 捨てるに, 掛けたの, 放して, 散って, 散つて, 来た, 来たと, 来たの, 残して, 毬の, 注いで, 泳いで, 洩れないよう, 洩れる心配, 流れ出して, 消える, 盥を, 着て, 移して, 突き出された, 立ち出でました, 脱け, 脱出する, 行かうと, 行く, 行くの, 行くより, 行った, 誘いだした, 誘い出して, 走りだした, 走り出したが, 走り去った, 跳び出した, 踏み出すと, 転じようと, 辷り出た, 追いやった, 追いやられた, 追い出したもの, 追出して, 追放された, 送つて, 逃げたはず, 逃げだした, 逃げだしたん, 逃げようと, 逃げ出したの, 逃げ出すか, 逃げ出すこと, 逃れて, 逃出し, 這いだした, 這い出した, 這ひ出し, 連れだして, 逸脱し, 運び出した, 運び出して, 避難する, 長い物指, 零れた, 預けて, 頭を, 飛ばせました, 飛びだして, 飛びだすと, 飛び出したが, 飛び出したもの, 飛び出しては, 飛び出す努力, 飛び出せば, 飛出しお, 飛出したの, 飛出す平次, 駆け出しました, 駈け出したが, 駈け出て, 駈け去った, 驅け

1 [2074件 抜粋] あそびに, あふれ出すよう, あらわし得ない病気, いざなうと, いつも来る, うごきかけて, おい出し, おっ抛り出されて, おどり出して, おびき出すか, お出でなさらない, お出ましにな, お引き上げ, お放ちくださいます, お移し, お置かれする, かけだして, かれを, きたもの, くび, こぼした, こぼれるの, ころがり出た, ころげ出して, さっとながれだした, しばらく避け, すいだされ艇内, すたすたと, すなわち空気中, ずれて, そっと出た, その若木, それて, たちさって, だされた乳牛, だしません, ちょっと顔, ついて, つき出した反射式, つまみ出されて, つれだしたと, つれ出さなければ, でたいという, でた他, でない筈, でようや, でられるん, とがめた, とびおりたん, とびだしたと, とびだしました, とび下りること, とび出しそして, とび出しても, どうしても出る, ながれだして, なげ出した, ならんだとき, にげた, にげだすと, ぬけだして, ぬけ出しました, のがれた筈, のこして, のばして, のり出し丁度, はいだしました, はこび出す器械, はずしのっそり, はねとんだ, はみ出しても, はみ出るよう, ひきだすこと, ひっぱって, ひらくよう, ひろがる若, ふくらみを, ふッ, ほうりだして, ほうり出した, ほとばしり出たの, ぼくたちが, まかり向って, また一人, もがき出した一人, もれはじめると, やった, やって来て, やり餅, ゆくと, よろ, よろめき出て, アルプスの, グッと, スタンドを, ツカツカ出, ハイ此の世の, パツと, ブランブランと, レストーランへ, 一寸だって, 一歩出たら, 一軒家を, 上州から, 下り立って, 久しぶりで, 乗り出して, 二つの, 人が, 仕舞って, 伴れ出した, 伸び上がり, 作者は, 信濃桜四五本を, 光を, 六七十キロの, 出い, 出かかった時, 出かけてから, 出かけなければ, 出かけると, 出かける気, 出かけ途中, 出さず守るべし, 出させません, 出さないの, 出さないらしいからな, 出さなかったろうと, 出さなければ, 出されたはず, 出されない事, 出しその, 出したと, 出したまで, 出しながら, 出しませんでした, 出し捨てるの, 出すと共に, 出すんぢ, 出ずだから, 出ず書物, 出たいか, 出たからって, 出たくない, 出たくは, 出たそう, 出たです中, 出たひにゃ, 出たものの, 出たら, 出たらしい音, 出たらば, 出たら九人組, 出たら妾, 出たら車寄, 出た万吉, 出た俊助, 出た場合, 出た序, 出た時彼等, 出た模様, 出た登, 出た私, 出た腕木, 出た邊, 出ちゃあ, 出てさえ, 出てろよ, 出でぬ, 出ないし, 出ないのね, 出ないん, 出ない決心, 出なかったその, 出なかったよう, 出なかつたかい, 出なかつた事, 出なくなった, 出なせえ, 出ねば, 出ましたの, 出ましたわけても, 出ましょう智恵子さん, 出ませんし, 出やう, 出ようその, 出ら, 出られたんで, 出られないからと, 出られないはず, 出られない代り月, 出られなかつたの, 出られぬ時以外, 出られませぬぞ, 出られるか, 出られるだろうな, 出られるやう, 出られる筈, 出りゃ草香流, 出るから, 出るつもり, 出るなどといふ, 出るなり階子段, 出るみたい, 出るら, 出る仕度, 出る口, 出る所, 出る望み, 出る気遣えはねえ, 出る物ぢ, 出る興味, 出る近頃, 出る隧道, 出ろ外へ, 出同志たち, 出掛けたまま, 出掛けるの, 出歩いても, 出番屋, 勢いよくまたい, 匍い出した, 半分ずつ, 参って, 取り出すため, 取捨てられたが, 吊って, 向いてること, 向つた青年の, 向は, 吹きとばす, 吹き飛, 呶鳴った, 呼ぶと, 喋って, 回つて遲くなる, 垂らして, 埋めて, 売らねえよう, 多勢の, 奔り出し, 嫁つ, 宿替, 寝ること, 射して, 小犬を, 履出し, 帰りかけたが, 廊下を, 延岡の, 廻つて内儀の, 廻りました, 廻る手, 引きずり下ろして, 引きずり出して, 引ずり出された, 引っぱり出された唖男, 引っ込んで, 引出して, 引留めて, 引返しました, 弾きながら, 彼を, 御用提灯が, 忍びよりました, 忍び寄った, 忘れて, 恐ろしい悲鳴, 戻った, 手の, 打ち捨てて, 扶け, 投げすてた, 投げました, 投げられた, 投げる事, 投げ出した妹, 投げ出すと, 投げ捨てました, 投りだされ, 投り出した, 抛りだした, 抛り出されると, 抛り出そうと, 抜けるお, 抜け出し自分, 抜け出ようと, 抱くよう, 押し倒しこの, 押し出される, 押し出す, 押出すと, 拔出づるを, 持ちだして, 持ち出した, 持ち出して, 持ち出す野心, 持て行けと, 持出した縁台, 捨てちまったそう, 捨て主人, 掛けたところ, 掴み出されて, 揺れ揺れ消えた, 搬出され, 擔ぎ出された, 放つと, 放り出しても, 散らん, 斜に, 明りが, 曳きずり, 書類袋を, 来たお, 来る人間, 格子を, 棄てに, 様子を, 横仆れ, 歩き出して, 歩み出た, 歩を, 母親の, 求める光, 泊った者, 泊つて此家へ, 泳ぎだ, 洩らすよう, 洩れなかったもの, 洩れるの, 流し出して, 流れだしたの, 流れる, 流れ落ちた, 浮かびだして, 消え去る, 涙を, 溢れだした, 滑り出さなかった, 漏らすより, 漏れませぬ, 火を, 煙出しの, 犇, 現れた, 現わし, 現われて, 用に, 発して, 白昼風の, 眞直に, 知れた時, 禍する, 移ると, 積み出された, 突き出されたの, 突き出したこと, 突き放されて, 突き落としたの, 突出されました, 突然消え, 立ちました, 立ち去って, 立ち退き各, 立った時, 立のくにも, 筒抜け, 紛れ出, 置いたの, 耳を, 聞えます, 聞こえた, 聲を, 脱れ, 脱出せない, 舁き出して, 落ちた, 落ちました, 落として, 融通し, 行かずと, 行かなくては, 行くでは, 行ったと, 行つた, 行つてゐた, 行つて然, 行列蛆の, 表れだしたので, 見えて, 見せに, 見世を, 角兵衛獅子に, 話さないよう, 誘いべつ, 誘ひたがるの, 貰ひ, 貼った, 走りしなるべし, 走りぬけた, 走り出たいの, 走るの, 足早に, 跳ね出して, 跳び降りた, 跳り出した, 踏みだしかけた, 踏み出しかけたが, 踏み出して, 踏出したこと, 蹴だしてから, 躍り上って, 躍り出た, 躍り出るや, 躍出でて, 転がり出す, 転じて, 転び出して, 轉げ落ちる, 辷り出て, 近づいて, 迫る, 迷い出す者, 追いやって, 追いやるが, 追い返された, 追って出た, 追ッ, 追放に, 退きその, 送りだしたのみか, 送り出す, 送り出て, 逃がしちゃ, 逃げたという, 逃げだしたら町, 逃げだすわけ, 逃げるよう, 逃げ出しそこ, 逃げ出した時, 逃げ出します, 逃げ出すと, 逃げ出す心配, 逃げ出る者, 逃げ落ちた, 逃れるか, 逃れ敵, 逃走し, 這いよって, 這い出し必死, 這ひ出しました, 通じる仕掛け, 通りか, 連れ出された, 連れ出したん, 連れ出すつもり, 連れ出そうという, 進行する, 遁げ出し, 遊びにと, 運びだ, 運び出されそれから, 運び出したもの, 運び出す手筈, 運んだ方, 遠乗りに, 適れます, 配る肉, 鉱石を, 長火鉢などを, 開けたので, 降り木戸, 隠れると, 難を, 青い葉, 顎を, 飛ばそうと, 飛びだそうと, 飛び出さぬよう, 飛び出したところ, 飛び出したり, 飛び出した松五郎, 飛び出します, 飛び出し母, 飛び出す仕掛け, 飛び出る, 飛び降りられるわけ, 飛出さうと, 飛出したらしいの, 飛出してを, 飛出すと共に, 飛出る事, 食み出したイワン, 飾って, 首尾よく, 駆け出せば, 駈けた, 駈け出し一部, 駈出した, 鹿の

▼ 外~ (5255, 11.9%)

53 景色を 48 方を 43 事を 41 方へ 37 人に 35 人の 33 人は 31 事は 29 ことを 28 ことは 26 者は 22 様子を 21 廊下に, 方に, 空気を 20 ものは, 人が 17 何物でも, 方で, 者が, 闇へ, 風に 16 方が, 景色に 15 事と, 連中は 14 人を, 男は, 風景を 13 事で, 人には, 廊下の, 者の 12 人と, 廊下を 11 ものが, ものを, 戸を, 景色が, 物を, 闇の 10 もので, 世界が, 人も, 景色は, 男と, 道を 9 ことで, ほうへ, 世界を, 人々は, 男の 8 ものと, 世界に, 寒さ, 方は, 者に, 者も, 闇を

7 [12件] ことだ, ようすを, 事とは, 事に, 国の, 奴は, 廊下へ, 方から, 暗闇に, 気配に, 者と, 雪の

6 [14件] ことに, ものも, 人間が, 仕事を, 光が, 光を, 声は, 庭に, 往来に, 日の, 明るさ, 者には, 者を, 闇に

5 [29件] お客が, ことと, ほうを, ものに, ものには, 世界の, 二人は, 人々も, 人より, 人達も, 何ものでも, 叢で, 声が, 大伴, 女と, 女に, 女は, 往来へ, 料理に, 景色の, 木の, 様子が, 空気が, 空気に, 空気の, 者か, 闇から, 雨に, 雨の

4 [57件] お客に, ことが, ところに, まるで花火, ものである, ものにも, ものの, 一切の, 世界から, 世界と, 世界は, 人々の, 人から, 人へ, 人間と, 仕事に, 国に, 場合は, 場所では, 奉公人や, 女の, 女を, 室に, 庭の, 廊下には, 往来には, 往来を, 方には, 方の, 方へと, 方法で, 族人よりは, 景色も, 柳の, 様子は, 樣子を, 点は, 物が, 物と, 物の, 物は, 理由が, 男に, 空を, 空気は, 花の, 路地を, 連中が, 連中の, 闇は, 雨は, 雨を, 雪は, 雪景色を, 風景が, 騒ぎは, 鼠を

3 [91件] ことである, ことなら, ことも, ところの, ところは, もの, ものとして, アカイアの, 三人の, 上屋敷に, 下手人を, 事なら, 事も, 人にも, 人影は, 人達に, 仕事の, 仕事は, 口より, 吹雪の, 品々と, 品物は, 場所から, 壁に, 女が, 女達は, 奴に, 奴等は, 好成績, 姿を, 子供と, 客の, 家の, 家へ, 小庭, 屋敷へ, 嵐に, 庭で, 廊下で, 往来の, 御客, 所から, 所で, 所へ, 方法は, 方法を, 方面に, 日に, 暗さ, 暗やみを, 月の, 月夜を, 木々の, 板の, 林の, 桐の, 梅の, 樣子です, 海は, 海を, 物音に, 用を, 用事を, 畑の, 眺めは, 私の, 空は, 空氣に, 者だ, 者で, 者にも, 草の, 街道を, 見物の, 言葉は, 言葉を, 話が, 話に, 話を, 通りに, 連中と, 連中も, 道は, 適当な, 部分は, 野菜でも, 闇が, 雪を, 騒ぎに, 騒ぎを, 鳥の

2 [323件] いろ, いろいろな, お客の, お客は, お庭, お邸, お魚, かきの, くぐり戸, けしきを, こと, ことだった, ことです, ことな, ことには, ことばかり, さびしい町, ところから, ところへ, ところまで, どこも, どんな仕事, なにもので, ほうが, ほうに, ほんの少し, まっ暗な, ものから, ものだ, ものとの, ものとは, ものなら, やみの, ように, アスファルトの, ガラス戸も, ソースを, プラツト・フオオムを, ベンチに, 一つから, 一隊, 三人は, 世界との, 世間を, 事です, 事にも, 事へ, 事情は, 二人とは, 二人も, 些細なる, 人, 人々が, 人なら, 人達から, 人達が, 人達と, 人達の, 人間は, 人間を, 仏法は, 仕えの, 他の, 仲間と, 何も, 何事も, 何物な, 何物をも, 何者でも, 元氣, 兄妹を, 兄弟は, 光に, 光の, 光や, 光りが, 光線に, 入日雲, 兵が, 冷い, 冷たい風, 分だけ, 剃刀では, 剛力で, 力が, 力に, 友人に, 友達も, 口は, 台の, 名も, 名を, 品物が, 品物を, 唯の, 噂を, 困難を, 国には, 國の, 土地とは, 土地に, 堀端を, 場所で, 場所へ, 塀際で, 壁際に, 夜の, 夢の, 大きな事件, 大地へ, 大場屋敷へ, 大紙房という, 大金を, 天の, 女には, 女よりは, 女中と, 女人を, 女房たちにも, 女房たちの, 女達も, 妾の, 存在として, 宗教を, 実験は, 客には, 客は, 室の, 家並を, 家来が, 寄手は, 寒い風, 寮に, 寺から, 小学校の, 少し離れた, 居酒屋は, 山には, 嵐の, 嵐は, 巡査が, 広場に, 座敷の, 庭を, 廊下から, 廊下は, 引込みを, 弟に, 弟子が, 弱って, 形は, 影が, 往来で, 恨なり, 情勢を, 意識は, 戸は, 所を, 扉の, 扉を, 手が, 手紙は, 掃除を, 支那の, 支那人が, 支那人は, 政党と, 教師も, 敵に, 料理にも, 料理も, 新緑を, 方々, 方向へ, 方面から, 方面の, 日光を, 明りが, 明りを, 明るみが, 星明りに, 時で, 時にも, 景色でも, 景色とは, 暗い廊下, 暗がりで, 暗がりへ, 暗の, 暗へ, 月を, 月光を, 有様を, 有馬邸から, 朋友にも, 木が, 木強漢たる, 本は, 村, 東に, 松の, 松林を, 柱に, 桃の, 植込に, 様子に, 横に, 樹, 樹の, 樹木, 機嫌です, 民の, 気温が, 気温は, 気配を, 水平線が, 泥を, 洋で, 津軽平野を, 涼しい風, 深さ, 溝に, 濤の, 火夫たちは, 無意味な, 物に, 物へ, 物置に, 物音も, 物音を, 犬を, 狂人が, 環と, 用で, 用事で, 男には, 町の, 町内の, 病室の, 眺めも, 知り人, 短か, 石段の, 砂利を, 神の, 私は, 空に, 空へ, 空地に, 竿に, 等覚寺, 結果を, 絵は, 縁を, 縁側から, 縁側に, 縁側へ, 群集の, 群集は, 考へが, 者, 者とは, 者なら, 者をも, 聲を, 肉を, 自然を, 船は, 芝居の, 芝生の, 芸術と, 若葉が, 若隱居主水, 薄暗い塀, 藪へ, 街路の, 見はり, 見物からは, 話は, 話題に, 語で, 誰もが, 警戒を, 辻へ, 運動も, 道あたりを, 道から, 道も, 道路へ, 遠くの, 遥か隔った, 部屋の, 酒屋, 長屋に, 門に, 闇へと, 階段の, 階段を, 雑事は, 雑報を, 雪明りが, 雪明りは, 雪景色に, 雷鳴より, 霞に, 青き菜, 青葉に, 静かな, 音は, 音を, 頁へ, 風が, 風景に, 風景には, 風景は, 風景も, 風物は, 食物を, 飯を, 香料を, 馬場へ, 馬車を, 騎士達ばかり

1 [2774件 抜粋] あかりが, あたり柔かい, あらゆる物, ある神めざま, いたずらとは, うす暗い所, おとずれなどは, お喜び, お客さんの, お方たちも, お湯へ, お風呂, がけの, くらやみに, ことじゃあねえ, ことであり, こととて, ことなんて, ことわかりました, この大, さか, しもたやの, すべての, その長, でたらめが, とその, と取り換えたら, どこにも, どぶ, ないまで, に結わせました, は三十前後, は汚れ, は食べられません, ほ, ぽつんと浮いた, まったくおもいがけない, もに出, ものなにか, ものより, もろこしの, やみへ, ようすは, よりもすさまじさ, をうなっ, アスペクトから, カムツァンへ, ゴミ箱から, チヤチな, デッキの, ネパールとか, ベンチにも, ポケットへ, マンホールの, ラフカの, リーグ加盟大学が, 一人いふを, 一寸人目に, 一沙門である, 一羽から, 一間幅に, 七八人一人も, 万物を, 三人も, 三月月の, 下が, 下水の, 不器量ものにて, 世をば, 世界について, 世界も, 中庭に, 久助なる, 乞食に, 事でも, 事なんぞを, 事まで, 事務の, 事柄が, 事物我に, 二三羽はずつと, 二本とは, 井戸端へ, 人々と, 人たちから, 人だつたら, 人である, 人にまで, 人をまで, 人影を, 人気だった, 人車捲き, 人達は, 人間の, 仕事では, 仕事も, 仮小屋, 伊兵衛は, 低い人家, 佐久間信盛と, 何ものかが, 何処かを, 何者で, 例の, 俳句芭蕉たると, 偉大なる, 働きが, 僧達と, 元氣さ, 光で, 光景, 光線が, 児たちは, 八ツ手が, 共謀者何者である, 内よりは, 凄い道具, 処が, 処へ, 出嶋の, 函から, 列は, 前の, 劉家に, 力例えば, 労働者たちは, 動機は, 勢力と, 匂ひ, 医者は, 半纏男も, 印度の, 原理を, 友として, 友人として, 受けは, 召使たちに, 同志との, 名主屋敷の, 吹雪を, 味方へ, 品では, 哨兵は, 問題で, 噂に, 囃しに, 因縁の, 国は, 圃に, 土人村からは, 在りかたを, 地の, 地勢険阻な, 地球物理学の, 坊さんは, 埃は, 場, 場所に, 墨子は, 壁際から, 声だった, 声も, 夕空に, 外皮の, 夜は, 夜色へ, 大きなブリキ鉢, 大冒険, 大名の, 大家だつた, 大気圧, 大空へ, 大道を, 天井に, 天真を, 奉行屋敷を, 女とは, 女をも, 女人は, 女房たちに, 女達にも, 奴の, 奴等を, 妻恋坂の, 娘の, 婚姻が, 子は, 子供の, 子供達は, 存在は, 学生達から, 宇宙旅行さえ, 宗旨と, 客と, 客を, 宮方との, 家なら, 家族の, 宿とれる, 寄手すら, 寒い空気, 寝所を, 対象へ, 小丘, 小包だ, 小屋か, 小林が, 小説の, 少年たちに, 屋上へ, 山とを, 山桜の, 岩が, 川に, 巡礼共と, 市より, 市民は, 年齢よりも, 広っぱな, 広庭, 店へは, 庭には, 庶務に, 廊へ, 建物一に, 引込みには, 弱さ, 強盗らは, 形よりも, 影響が, 役者どもを, 往來を, 往来も, 御心配, 御腹立ち, 心地も, 思い出も, 怪我で, 悧巧者で, 情ぞ, 感情の, 戒をも, 戸まで, 所見および, 手套の, 手段を, 払ひ, 挨拶に対して, 搦め手, 支度を, 散策最も, 敵とは, 文化民族には, 文字は, 文科系統の, 料理が, 新しいの, 新開町を, 方々も, 方なら云いません, 方向を, 旅も, 日向で, 日影は, 明かりが, 明るい峠道, 明るい町, 明徹な, 映画会社の, 是れ, 時の, 時間には, 景を, 景色にも, 暗いリノリウム, 暗い隅, 暗らい廊下, 暮春の, 曲を, 書付に, 會社との, 月花を, 木の下に, 木村君とは, 本と, 本紀とか, 村の, 条件を, 松の木を, 板囲いの, 林に, 枯柳を, 柿の木に, 格子戸が, 桜並木が, 森の, 椽側へ, 楽しみは, 槐の, 模様を, 横縁に, 機関銃の, 歌とても, 正月も, 殿方の, 毎秒三四万振動, 民家は, 気疎い庭, 氣象者で, 水を, 池を, 河には, 法を, 洋と, 流しで, 浪人者も, 浴衣と, 海辺, 涼風に, 清い空気, 渺々たる, 準士官等, 激情家に, 濠を, 濡れ縁は, 灯です, 無頼漢だ, 父母の, 牛車の, 物で, 物体の, 物蔭から, 物音で, 犠牲を, 狭苦しい空地, 現実を, 瓦屋根が, 生け垣へも, 生徒は, 生物なんて, 用に, 用事ばかりを, 田代以下の, 男が, 男愛したら, 町から, 町家で, 畦道へと, 病とも, 病院へ, 白い澱粉質, 白梅の, 皆火, 盗賊と, 目的という, 看護婦達も, 真暗な, 眼鏡は, 石の, 石造の, 硝子の, 社の, 社会との, 祝日に, 神明は, 禁断の, 科学は, 稲荷の, 空合を, 空模様は, 突つかひ, 窓は, 立ち木の, 端皮膚を, 笑い声が, 答えは, 箱をも, 精神活動に, 紙風船は, 細いもの, 組へも, 經即ち, 線は, 縁側を, 縁談が, 繪師とは, 美しい騎士, 群衆が, 羽目から, 考え方も, 者という, 者へ, 者全部が, 聴衆を, 肉の, 脛甲堅き, 臓腑が, 自動車へ, 興味を, 船入堤で, 艱難悪, 芝居は, 芸事とは, 芸術をも, 苦労は, 草っ, 草双紙も, 荒浜から, 菓物の, 菰田家の, 葉裏に, 薄月, 蘆原で, 虫どもを, 行動は, 街路は, 表現も, 補助艦の, 西蕃からも, 見はり番, 見物に, 観台に, 言い方を, 言葉に, 訳じゃ, 詞が, 話だ, 話も, 説話体或は, 誰かで, 誰にも, 談判と, 諸君も, 諸渓, 警官隊を, 豆類が, 貝塚に, 資本家の, 赤い闇, 足音にばかり, 路上に, 躑躅でさえ, 車馬の, 軒燈は, 辺女の, 追込籠, 通りは, 進路を, 遊廓にも, 道では, 道具などは, 道路は, 遠い樹木, 邪法, 部曲に, 酒場へ, 重臣は, 野次馬も, 野葡萄も, 金魚の, 鋪道を, 長廊下, 門まで, 闇という, 阮孝緒の, 附添い, 陽が, 随所に, 隠れ家に, 雁木に, 雑誌の, 難あらむ, 雨声ばかり, 雨脚には, 雪には, 雲を, 霜の, 青いもの, 静けさが, 面積である, 領域と, 額田為綱からも, 顧客先へ, 風の音も, 風塵春の, 風物に, 飛んで, 食料を, 飾りから, 香ばしい大気, 馬出しの広場で, 駒が, 騒音を, 高山では, 髮に, 魚も, 鳥を, 鴬の, 黎明は, 黒く内

▼ 外~ (3595, 8.1%)

494 ない 206 なかった 182 ありません 117 ないの 78 ないと 75 なかつたの 66 なかつた 43 あるまい 33 何も 28 ありませんでした 25 無かった, 無かつ 24 無い 18 ないが 17 無いと 14 ないで, ないであろう 11 あるまいと, ないよう 10 あるまいよ, ないという 9 ないだろう 8 ございません, ないから, 何の, 滅多に, 無いの, 真暗で, 風が 7 まっくら 6 ありませぬ, ないこと, ないでしょう, ないので, 月の, 誰も

5 [11件] ありませんが, ないもの, ない余, ない家持, なくなる, 冷えて, 晴れて, 真暗である, 真暗な, 貴族の, 雨が

4 [18件] ありませんよ, おざら, すぐに, た, ないといふ, ないやう, なし, まっ暗な, もう夜, もう暗く, 一面に, 一面の, 仕方が, 墨を, 御座いません, 明るかった, 暗かった, 雨の

3 [33件] あらず, あるめ, ございませんでした, すっかり夜, すぶすぶ, つきり, ないそれ, ないわけ, なかつたので, なからう, シトシトと, 一度も, 何処を, 唯雑用, 明かるい, 明るくなっ, 春の, 暗い, 暗くなっ, 有りません, 漆の, 無いが, 眞つ, 真つ, 真暗であった, 真暗闇, 誰にも, 誰れ, 道路に, 雪が, 雪で, 雪の, 霧が

2 [153件] ありませんね, ありませんわ, あり得ない, あるまいという, いい月夜, いつか冷えびえと, おぼろ月夜で, お寒う, これも, ござりませぬ, しんとして, すべて荒地に, ぞろぞろ人, つめたくて, どこも, どこを, ないか, ないかも, ないじゃ, ないとまで, ないほどの, ない様, なかつたが, なくそして, なくそれ, なくな, なくなりました, なくなるであろう, なく彼女, ひっそりと, ほとんど無くなった, ほんの少し, まだどんどん雪, まだまっ暗, まだ明るい, まだ明るかっ, まだ薄, まだ薄暗かっ, まっ暗に, みぞれ, みるみるうす暗く, もうまっ, もうよほど明るく, もう一面, もう夕ぐれ, もう明るかっ, もう暗, シーンと, 一と, 一人も, 一望の, 上の, 人声も, 人影は, 人通りが, 人通りも, 何う, 何んにも, 何物も, 何者も, 全く知る, 凩が, 剛愎偏固, 十夜の, 唯雜用, 四間ばかりの, 壁と, 夏の, 外に, 多くの, 多くは, 夜であった, 天下の, 女の, 容易に, 寒いから, 寒いし, 寒いでしょう, 寒いわ, 寒かった, 寒かろう, 寒暖計の, 小さな廊下, 少しも, 山らしい, 嵐が, 広い庭, 庭の, 廊下の, 往来だ, 愁, 成るべく洋服, 春なり, 春雨が, 昼の, 時たま堡礁, 普通の, 暗いが, 暗いの, 木立の, 机も, 棹なき, 殆ど口, 殆ん, 残って, 民衆の, 深夜の, 漠々たる, 漠然と西洋詩型, 濃い雨, 無いこと, 猛烈な, 猫の, 瑠璃子と, 生憎何一つ呑みこめません, 皆んな庭下駄の, 皆忘れ, 相変らず, 眞暗, 真の, 真暗です, 真暗に, 空は, 立木の, 粗放磊落なる, 細い路地, 絶えて, 美しく見ゆれ, 色の, 薬屋か, 藩閥の, 術が, 見えないし, 見ること, 見るたび, 語られぬ真実, 足跡を, 進取の, 部屋の, 酷い暴風雨, 野心ある, 闇であった, 闇である, 闇夜である, 陰鬱無言極度に, 雨, 雨に, 雨私は, 霜の, 青白い月, 静かで, 風だ, 黒山の

1 [1454件 抜粋] あかるい電光飾, あの大吹雪, あぶないわ, あまり目立った, あらざりけり, あらず此一事, ありますまいね, ありませんぞ, ありません昨日確定裁判, あるまいこれ, あるまじ君, あんなに月夜, あんまり愉快, いい気持, いかに寒く, いつか雪に, いつも帽子, いつも黙りこん, いまでこそ, いよいよ日盛り, うすい月, えらいこと, おそらく政府, おのづか, おぼろ月夜桜の, お寒い, からっ風が, きっと古, ぎら, くらくて, ことごとくあの, このとおり, この家, この雪, これらの, ございますまい, ございませんの, さう, さらさらと, しかたが, しとしと淡雪, しんち, しーん, す, すぐ円山公園, すぐ山路, すだれ, すっかり暮れ, すつかり秋めき, すばらしい街, すべて福昌華工会社の, ずいぶん寒い, その日, その通り, そんなに円か, たいへんな, ただサアッ, ただ真暗, だんだんと, だんだん険しい, ちょうど柳, つい一昨晩, てら, どうした, どうやら雨, どなたも, どの教師, どんな仏蘭西語, どんな荒天, ないからの, ないさ, ないそして, ないそれ程, ないとて, ないやつぱり謄写刷, ないアンセルムス, ない処, ない天鵞絨, ない尤も, ない心持, ない故, ない晩年, ない此通り, ない程, ない縦令, ない訣, ない運命, なかったであろう, なかつたで, なかつたわけ, なかなか寒い, なかりけりと, なかろう, ながい雨, なくそう, なくなった, なくなるでせうとお, なくなるので, なく妻, なく法則, なく而, なし若君姫君, なるたけ男, なれ, ぬるい夜靄, ひそかに, ひどい嵐, ひどい風, ひゅうひゅう風, ぴりぴりする, ほとんど彼ら, ほんとに暗い, また一層, まだまっ, まだ夕明り, まだ明い, まだ暁闇, まだ誰, まだ青い, まだ黄昏, まったく人影, まっ暗です, まばゆい程, まるで昼間, みなわかい, みな素肌であった, みんな艇外展望を, めったに人, もうすっかり暗い, もうちっとも信頼, もうやがて丑満, もう夕方, もう年暮, もう暗い, もう曙, もう燈火管制, もう眞, もう霜, やっぱり誂向き, やはり濛々, よいお, よく狐火, われ敢て, インヂアンの, ギラギラ烈日, クワッと, シラシラと, スブスブと, ブリッジを, モウ明るく, 一ぱいの, 一丘一砂嘴の, 一個の, 一切交り, 一切投遣り, 一切米を, 一山を, 一木一草の, 一物も, 一週に, 七月十四日の, 三尺の, 三韓の, 下女の, 中国一円から, 主人も, 乳いろ, 二三間先き, 五六坪の, 五六間の, 五月雨である, 亭々たる, 人の, 人声で, 人目を, 今にも降り, 今爆撃, 他の, 他国の, 伝統的に, 低い杉垣, 何から, 何と明るい, 何にも, 何一つ喋舌つて, 何事を, 何時か, 何物をも, 余程寒い, 供の, 修羅場, 倫敦の, 僅かに, 光秀を, 全くの, 全く暗闇, 全部ひどかっ, 全部穴ばかりといふ, 八重葎で, 其懐に, 円天井の, 冬期は, 冷え凍えて, 凡て大家と, 出来ませんわ, 刊行本には, 初夏の, 別段の, 則ち, 加茂の, 十二月の, 十日ばかりの, 午前零時を, 却て, 叔父が, 口一つ利かなかった, 各国に, 名だけ, 吹雪と, 品格下る, 商業上の, 囂々として, 四月始めの, 国防にあたり, 地理的名称さえ, 垣根の, 墓を, 夏内は, 夕闇が, 外国に, 多く見えず, 夜に, 夜中から, 夜明け前の, 夢にも想像, 大へん, 大体次と, 大変らしい, 大抵僕等, 大抵窪地, 大方耕され, 大洋が, 大雪, 女である, 妙に, 子供は, 孰れ, 実際において, 家も, 寒いが, 寒いです, 寒いん, 寒かったでしょう, 寒く強い風, 寝台も, 寿詞に, 小さい公園, 小庭, 小説その他の, 小雨が, 少し明るかっ, 山という, 岩田天門堂では, 嵐, 嵐でした, 巧みに, 常に同一, 平が一つと, 広い人造石, 広場だろう, 床板を, 庭と, 廊下な, 廻り縁に, 影と, 彼らの, 往來だ, 往来の, 後からの, 御座らぬ, 微々たるもの, 快い雨, 思いの外の, 思ひ出せさ, 恐ろしい嵐, 悉く溺れし, 悉皆天然, 態と分り, 或る, 戦争中の, 手を, 手近に, 払暁前の, 授けては, 教理の, 敵地だ, 新平ばかり, 既に明け, 日暮れの, 日本六十六国共に, 明かるく, 明るいのに, 明るくな, 明るくなりきっ, 星も, 星月夜で, 昨晩の, 時々の, 晦日に, 暑いが, 暑かった, 暗いそこで, 暗い地下道, 暗い庭, 暗うございます, 暗くなりかけ, 暗く頭, 暗夜だ, 暗闇だ, 暗黒に, 書けない, 月夜だった, 有ません, 有るまいアノ中, 朝の, 朧である, 木芙蓉の, 本當, 松の木ばかり, 林で, 柔内は, 桑畑が, 森の, 極く, 樹木に, 機関車に, 正式には, 此名目が, 歩けないの, 歴史時代の, 殆どない, 殆ど此物を, 殆ど苦悶の, 殆一日も, 段々廃れ, 水を, 氷りつき足駄, 汚ない, 決してそこ, 決して引, 決して穀物, 決然たる, 波風の, 浜から, 浪が, 海の, 海水が, 淋しい月, 温いわ, 溝板が, 漢語にも, 濃い霧, 火にも, 無いけれど, 無いどう, 無いなるべく, 無いよ, 無い様, 無い運命, 無く, 無ければ, 無遠慮に, 爆弾バクテリアそれから, 片破, 物干, 狹い, 珍糞漢糞な, 甍ばかりの, 生殖力は, 田畑が, 町へも, 當然與ふべき, 白, 白い霜, 白んでる, 白粥よりも, 皆この, 皆な, 皆んな口綱を, 皆保さんが, 皆外国語に, 皆尾根を, 皆未見の, 皆牝馬で, 皆討斬つて仕舞つたと, 目を, 直ぐ生垣, 直ちに千仭, 直情徑行なる, 相応な, 真っ暗で, 真ッ, 真暗北風は, 真白に, 眼が, 眼中人なく, 知らず考へずに, 知らぬの, 知る者, 砂漠で, 神人の, 祭りの, 秋から, 科白も, 空地が, 竹矢来でありました, 粉雪が, 純粋の, 終夜明るかっ, 絶えずぼやっと霧, 総て沢の, 締りは, 總て, 美しい春, 考えなかった, 耳も, 腹に, 自分や, 船に, 花崗岩より, 英米人自身が, 茫と, 荒れはてた庭, 落花紛々, 葭簀の, 蒼茫と, 薄明り, 薄暗くな, 薄雲, 蘆が, 蜀兵に, 蝙蝠も, 行ふ, 街道に, 見あたらない, 見えなかつたから, 見えませんが, 見られない, 見物人で, 親しみが, 言ふ, 許さないという, 許しがたい, 話し声一つ聞えません, 説明は, 誰に対しても, 誰一人病室に, 謹んで隠れ, 貯えて, 質札ばかり, 路が, 車です, 追, 遅くも, 道中なんの, 重なった峯, 野菜畑や, 鈍い青色, 間断なき, 闇の, 降って, 隈なく, 障子を, 雜木に, 雨しょぼ, 雨でも, 雨ふりだつた, 雪, 雪である, 雪内は, 霙まじり, 霜月の, 霧に, 露台に, 青い空, 静かな, 靜かで, 面を, 音を, 頑丈な, 風や, 風雨だ, 飛沫が, 食堂へも, 馬には, 馬士やら, 高くなっ, 黄昏れかかっ, 黄金の, 黒塗内は

▼ 外から~ (2578, 5.8%)

84 帰って 54 声を 33 入って 27 戸を, 聲を 25 見て 24 見ると 20 曲者が 19 戻って 18 覗いて 16 錠を 14 はいって, 入つた, 鍵を, 雨戸を 11 持って 10 かぎを 9 來た, 手を, 歸つて來た 8 では, のぞいて, 入つて來, 見れば, 開いて 7 入つたの, 聞えて, 見たところ, 見ても, 這入って, 開けて, 顔を, 飛んで 6 入つて, 帰つて来る, 来たもの

5 [13件] それを, でも, コジ開けた, 中へ, 人が, 入つた樣子, 帰つて来た, 庭へ, 曲者の, 来て, 見たの, 誰かが, 錠が

4 [21件] あけて, こっちを, 一人の, 不意に, 來る, 光りました, 入つたやう, 内の, 叩いて, 帰ると, 心張を, 忍んで, 持つて, 様子を, 歸つて來て, 泥棒が, 私の, 自由に, 覗くと, 誰か, 鍵が

3 [42件] いう, くる者, さした魔, やつて, コジ開け, トントンと, ドアに, ドアを, ヌッと, 中の, 人の, 何か, 入ったに, 入ったん, 入つたもの, 入つた曲者, 入つた者, 内を, 出て, 大声で, 女が, 女の, 家の, 射して, 帰つ, 彼を, 懸って, 戻つて, 押して, 来た者, 窓を, 窺って, 聞いて, 見えないよう, 見えるよう, 見ては, 覗き込ん, 誰やら, 輪鍵を, 部屋の, 鑿で, 閂が

2 [178件] あかない, おろす工夫, お千代, お艶, かえって来た, かぎが, くぐり戸, この家, さっきの, さわって, そっと声, その戸, たたいて, だれかが, ぢや, ついて, どんどん木, のぞくと, はいったの, はいったもの, ひとりの, まる見え, もう加減, よく見えた, カギを, カケガネを, キシみます, コツ, コツコツと, コンコンと, ドシンと, ヒョイと, ピチンと, モデル娘を, 一と, 一目見れ, 三千代の, 下ろされて, 下手人が, 中が, 中は, 中を, 主人の, 之に, 云った, 人目を, 仕込んだもの, 低い声, 何の, 何者かが, 侵入し, 入ったこと, 入ったよう, 入った形跡, 入った者, 入った跡, 入つたん, 入つた泥棒, 入つた跡, 入らないと, 入ること, 入ると, 入るなら何, 入れないこと, 内に, 内へ, 内へまで, 出入りが, 判るわけ, 厳重に, 口を, 叩く者, 叫びました, 各自の, 合圖を, 否定する, 告げた, 告げて, 呼ばれて, 呼んだ, 喚び起されること, 妙な, 存分に, 室内を, 家へ, 容易に, 射撃した, 小六が, 小石を, 帰つて入らつした, 帰つて来, 店に, 店には, 廻って, 廻つて行きました, 引上げられた, 影響した, 得られぬもの, 忍び込んで, 怒鳴り込むの, 急に, 我が子, 扉に, 扉を, 手招きした, 捜って, 支那人が, 明りが, 来た, 来たの, 来た人, 来た人たち, 来るいろいろ, 来るもの, 来るよう, 来る人, 案内も, 梯子を, 棧を, 母を, 毒を, 毛の, 水が, 求めます, 油障子を, 溝口屋の, 潜戸を, 火の, 火を, 無理に, 爪で, 犯人を, 用を, 盗人の, 監房内は, 眺めたこと, 眺めただけ, 眺めて, 眺めると, 眺めるよう, 窓の, 竿の, 糸を, 糸脈を, 締めて, 聞こえて, 見た時, 見ること, 見張って, 見通されるの, 覗いたの, 覗かれないやう, 覗きに, 覗く物好き, 言葉を, 訪れて, 誰でも, 起って, 迫って, 這入ると, 連れて, 遠く見あげる, 部落へ, 釘付けに, 長い鍵, 開いた, 開けられた, 開けるん, 離屋へ, 電話が, 靴を, 頻りに泣き叫ぶ, 頼むと, 額越しに, 飛び込んで, 飛込んで, 養子でも, 首を

1 [1382件 抜粋] ああ今日, あけた, あけようと, あそんで, あの狭い, あはた, あわただしい声, あんなに刀, いつでも, いろいろな, いろんな模様, うけた教養, うち壊された, おかしくて, おしあげ窓, おっ母さん, おとのう, おみよの家, おろしました, お傳さん, お帰りなさる, お玉を, お賽錢, かおじゅうひげでうずまった, かぎまで, かけて, かすかに, がた, がんがんたたい, きた見物人, きめた制度, こういう挨拶, こう復命, こえを, こごえて, ことばの, この二階, この室, この装置, この鼻寺, こわして, ごく遠く, さぐって, さし込む月, さっとまぶしい, しきりにたたかれる, して, しのびこんで, しめられるよう, しらが, すでにかけられ, そこへ, そっと締めました, そっと障子, そのよう, その蘇生, その隙間, それに, そんな大, たこを, たれか, だつて, だと, ちっとも入れられない, ちやんと, つ, つかめても, つづいて, であれば, でなければ, とり入れたと, とり入れること, どん, どんどん窓, なりとも, ぬっとはいっ, のぞき込む人, のぼって, はずさないで, はずすトリック, はねられた垂, ひと思ひ, ぶらりと帰つて, へんな, まぎれ込んだ自由, みょうな, もちこんで, もどって, やぶられたところ, よく村, よんで, わが子の, わが民族, わしの, アメリカ訛りの, エンジンの, ガタガタゆすぶる, ガラス窓越しに, ギイッと, コジ開けられ, コツコツたたい, サボの, スッと, デマを通じて, ドアの, ヌツと, ノックしない, ハッキリと, ピストルの, ピッシャリしめ, ホトホトと, ボールが, リスの, ヴェランダに, 一定の, 一律に, 一目見た, 一隊の, 三叉の, 下女の, 与えられたもの, 与えられない環境, 世話も, 中央に, 之を, 乗り込んで, 二三人呼び入れ, 二人の, 二階に, 云う, 云つてランプの, 人々が, 人間がも, 今も, 仏頂寺の, 他の, 仰いで, 伸び上がりました, 低声, 何と, 何処から, 來られた, 侵される心配, 修理し, 傀儡師, 働きかけて, 働く原因, 兄さんを, 先生が, 入ったでしょう, 入ったらしい人間, 入った奴, 入つた殺し, 入つて庭先, 入らないやう, 入りよう, 入り込んだ形跡, 入る人, 入る時, 入る者, 入れなかつた, 入口の, 八五郎は, 其の目, 内は, 内儀さんと, 凝っと, 出口を, 分らない程, 到来する, 刺して, 加えられ得るに, 動かされると, 勝手の, 医者が, 半弓を, 南は, 厚い板, 又妙, 受付の, 叩いた, 叩かれる, 叩きました, 叩く戸, 叫んだ, 合図を, 同輩の, 君を, 吹き入れて, 吾, 呶鳴っ, 呼びかけた声, 呼びは, 呼び出した, 呼ぶので, 呼ぶ者, 呼応し, 咄嗟の, 唯今と, 嘴を, 四方から, 土肥家の, 地方へ, 垂簾を, 堅く押, 塗料を, 壁土を, 外して, 外すよう, 夜中に, 大きい輪, 大きな声, 大きな鉄, 大声し, 大廻を, 大童と, 大騷ぎで乘込, 太陽系の, 奇襲した, 奧方を, 女生徒が, 孔子の, 学者乞食の, 室に, 室内へ, 宴席の, 寄りかかって, 寢て, 射す雪明り, 小さい声, 小屋の, 少しも, 居眠りを, 屋敷うちへ, 布令て, 帆村の, 帰ったの, 帰ったらしい物音, 帰っても, 帰つて参ります, 帰り来り, 幸運の, 店を, 廻つた平次でした, 廻つて窓へ, 引上げて, 引戸が, 強くする, 強めさせて, 弾丸を, 彦甚太が, 待遠しが, 心張か, 心張棒を, 忍びこんだ, 忍び込むはず, 忍び込んだ曲者, 忍び込んだ浪人者, 忍べそう, 怒鳴った, 怖, 恐ろしい力, 患者へ, 悪魔外道の, 意志を, 慌て, 我々に, 戻った時, 所々に, 手強く締め, 手輕に, 打ち込んだ鑿, 把手を, 投げ込んだもの, 投げ込んで, 押えても, 押しつけたもの, 押しても, 押しよせて, 押し開かれる, 押破つて入りました, 拝した, 括りつけたの, 拾つて來た, 指の, 振り返った, 掛けて, 探つて, 握って, 搜つて三度目に, 撫で廻して, 攪乱する, 支配的な, 敏子が, 文字盤を, 斯う, 既に感じられた, 明らかに, 映し繪, 曳いたもの, 最前の, 木戸を, 本の, 材木を, 来たので, 来た亡者, 来た形跡, 来やしないと, 来るある, 来るまでも, 来る勢力, 来る帝王, 来る神, 来る輻射熱, 来る魂, 枕元の, 桟を, 楽み, 様々な, 橋本の, 此処の, 歸つたばかりの, 歸り, 毎日運ん, 気味悪そう, 水を, 汗を, 波が, 注進し, 洩れて, 海の, 浸み, 源氏に, 滲み込んで, 火星の, 災を, 無理押しに, 焼き切るぞ, 熱を, 父の, 物事を, 狙ったに, 猫が, 玄関を, 現われて, 甘えて, 男が, 番頭と, 登ること, 白梅が, 盗賊が, 直接間接に, 眞矢を, 眺めても, 眺めるだけの, 眺め大いに, 知られると, 短かい, 破ったの, 破られ主人, 確かめるより, 私たちが, 私共の, 秘密の, 穴の, 突いたの, 突かれて, 突き上げたの, 突く外, 窓ガラスを, 窺うと, 窺われる雰囲気, 立つたなり, 筺を, 紐を, 細い白木, 紹由老人を, 綺麗に, 締めて置いた, 締め合わせた, 締りは, 縛るという, 置けますので, 義妹の, 耳へ, 聞いたと, 聞いた噂, 聞えるその, 聞きとがめられたらこら, 聞た, 聴え, 肩を, 脇差で, 腕金を, 膝行り込みました, 自分の, 興がって, 色々な, 若樣, 苦情は, 菅笠は, 著物や, 薪で, 虎が, 裔一を, 襖が, 要求された, 見えたミルク, 見えない, 見えないこと, 見えなかったショーウインドー, 見えねば, 見えませんよう, 見えるじゃ, 見えるの, 見えるもの, 見える縁側, 見え透く広い, 見たいわゆる, 見たって, 見たよりも, 見た人, 見た女, 見た景色, 見た目には, 見た通り, 見つけられる危険, 見と, 見ますると, 見られぬ樣, 見るとは, 見るよう, 見る立場, 見届けて, 見通しの, 覗いたところ, 覗かれないよう, 覗かれるので, 覗き込んだ, 覗くだけで, 覗けないよう, 観て, 触られぬところ, 訪ねて, 詩子は, 誘はれたの, 誘掖され, 請合ったが, 貴方は, 買われて, 賢二君に, 起る, 起倒閂が, 身に, 転じないまま, 迂濶, 近づいて, 送気, 這入ったか, 這入った形跡, 通ひ, 進入し, 運び入れた, 適合させよう, 部屋へ, 重い跫音, 釘を, 銃器室の, 鍵などを, 鍵穴に, 鎖を, 鐵砲の, 閉ざされ閂, 閉つて居なかつた, 閉めたま, 開いた部屋, 開かれました, 開き二人, 開けた, 開けた形跡, 開けよう, 開けられるの, 開ける, 開け狩装束, 間違ひ, 降って, 陽気な, 障子へ, 集めた本, 電波を, 靜かに, 響いて, 頼んで, 風呂に, 飛び込みさまに, 食い酔って, 養子といふ, 馬車の, 駈けこんで, 鰓に

▼ 外には~ (2186, 4.9%)

66 ない 61 何も 46 誰も 45 何の 31 何にも 28 ありません 22 何んの 21 ないの 18 ないと 15 無い 14 何んにも 12 ないこと, 仕方が, 雪が 11 なかった 10 一人も, 石城を 9 あるまい, 何物も 8 雨が 7 月が, 道が 6 一つも, 何物をも, 殆ん 5 あるまいと, ない清らか, 何事も, 何等の, 工夫も, 方も, 瀬音が, 無い筈, 自分の

4 [17件] だれも, ないはず, ないよう, ない筈, なかつた, 一人の, 二人の, 余念が, 取柄の, 月の, 木枯しが, 無いの, 能の, 誰にも, 誰れ, 雨の, 風が

3 [27件] ありますまい, あり得ない, これ位の, しと, しやう, ないから, ないが, ないだろう, ないという, なんの, まだ雨, 一として, 人の, 人も, 他の, 出られません, 別に, 小さき子供, 有るまい質屋, 柳の, 海豚の, 滅多に, 無いよう, 無かった, 絶対に, 見たこと, 警官隊が

2 [119件] あらじ, ありそう, ありませんからね, ありませんでした, ありませんね, いない, いられなかった, おおぜ, ここの, これと, これに, ございません, たった一つ, どうする, どこにも, どんな人, ないか, ないぜ, ないぢ, ないであろう, なかつたといふ, なかつたの, なにも, なんにもない, なんにも目, ねえが, ほのぼのと, サアッと, 一人もねえ, 一枚の, 一物なく, 三人の, 三十人も, 下手人の, 不思議は, 世界中どこへ, 世益を, 乗合の, 五人の, 人に, 人影は, 仕様が, 何が, 何處にも, 僅かばかりの, 先づゐない, 入口の, 公衆が, 六人の, 冬を, 出さず義理, 出なかった, 別に何等, 友も, 四尺あまりの, 外へ, 多くの, 大きな庭石, 女難除け, 子が, 存在しない, 小庭, 展望の, 巧みに, 広い世の中, 彼の, 心當り, 持ち物も, 持って, 数名の, 文治が, 日が, 春の, 春雨が, 時雨の, 暗い雨, 曾て, 月も, 東漸する, 松や, 格別の, 椎の, 殆ど何, 水が, 決して何, 洋服を, 涙を, 湯気の, 潰ぶし, 物の, 物質の, 百姓二人だけ, 知らない, 確かに, 竹が, 継立てに, 考えて, 考へやう, 自動車が, 良い方法, 虫の, 術も, 衛兵が, 裸体の, 見せずも, 言葉も, 誰か, 誰に, 身内の, 身寄も, 途が, 通りがかりの, 道は, 道具と, 遠いサント・モンタニ, 頼る者, 颯々として, 餘り, 黒い人影

1 [1262件 抜粋] あかるい日, あのなつかしい, あまり乗る, あまり出られねえ, あまり能, あらぬを, ありさ, あり得ないの, あるわけ, いくらでも事業, いたしかた, いつの間にか憐れ, いつもの, いないの, いまだ何人, いろはの, いわゆる日本海, おくみ, おつぎ, お前さんきり, お前一人だ, お客さんゐ, お話したい, かう云, かたそうな, きつきつたる, こう誰一人拝見, こし方, ことり, この世の, この男, これという, これを, こんもりと, さして惡巧み, しっとりした, しろじろと暁, すこしも, すでに薄暮, する事, そこを, その人口, その寄席, その胸, そんなもの, そんな手紙, たいした收, たえず時乱, たしかにあるべき, ただ黒洞, たんと美, だが誰, だれ一人私, ちょっとない, ちんちろりんが, ときどき時雨, どうにも, どこへ, どの果実, ないお, ないこの, ないだろうと, ないで, ないとか, ないもの, ないやろ, ない現在, なか, なきもの, なくとどのつまり, なし, なんにも言わない, ひとりの, ひろいほら, ふり出されて, ほとんど似る, ほとんど役に立たぬ, ほんとうに, ますます吹雪, また別種, まだなかつた, まだ二, まだ暮れ, まだ盛ん, まだ萠, まだ風, まっくら, まとまつた金, みなで, もうなに, もう一枚鉄, もう何等, もう日, もう白, もう鉄砲, もはやお待ち, やはり備後, やや傾きかかった, ろくなもの, ゐて, ゐません, エトルリアの, ガラッ八, シクシクと, タオルや, ハーシェルと, ブン, ユリ子人形が, 一しよ, 一世の, 一台の, 一向に念仏, 一寸も, 一寸法師なんて, 一帶に, 一志だ, 一木無く, 一番の, 一箇の, 一艘の, 一錢も, 一飯も, 万雷の, 三味線の, 三軒長屋の, 下りて, 不審と, 世さへ, 世にまた, 中央文壇に, 丹波山村から, 久しく旅行, 乗る者, 乾燥し切った, 予め備え, 二三日前から, 二十二三の, 二本の, 五六人の, 亜米利加に, 交通機關といふ, 人がどや, 人ひとりこの, 人家なし, 人影, 人通りも, 人間の, 仄白い, 今一人しか, 他に, 伊兵衛自身が, 伊達さまの, 低い古びた, 佐助にさえも, 何のて, 何やら生き物, 何一つの, 何一つ傳, 何一つ持ち, 何一つ浮いた, 何一つ知らぬ, 何事をも, 何処にも, 何品をも, 何處へも, 余り多く, 余念の, 使はず子供が, 例が, 信じられん, 俺を, 働く気, 先づないといつてもいい, 克子の, 全く何, 全く解説, 八五郎兄哥だけさ, 兵革に, 冬の, 决し, 冷たくなった, 出たが, 出で, 出でなかった, 出でること, 出られないの, 出らん, 出口すらも, 分らないであろう, 初対面の, 別に怪しい, 別に注意, 別に變, 別に造作, 別段親しい, 到底さう, 前栽の, 化学製造工場が, 十三四日頃の, 十五人仙台へ, 千歳の, 半蔵の, 厳格を, 友は, 口留めの, 古びた火鉢, 台所の, 吉岡の, 名は, 君達三人の, 吹雪の, 和助どんが, 哲学も, 商人体の, 善く貸し, 因襲的な, 国境の, 坐るところ, 型ばかりの, 塀の, 墓地に, 変ったところ, 夕の, 夕闇が, 外の, 夜の, 夜空も, 大きな星くず, 大きな足跡, 大したこと, 大勢の, 大小と, 大根に, 大納言だけが, 太鼓の, 奥野と, 女主人の, 女将が, 好きな, 姫百合や, 嫉妬を, 子供たちの, 子分たちが, 季子と, 安住できない, 完全な, 客が, 宵から, 家庭の, 寂しい静か, 寒いから, 寝かす場所, 寢かす, 小さい小川, 小さな汽船, 小池君が, 小親ハヤわれ, 少しも, 居なかつたの, 屋敷中誰一人知る, 山颪の, 嵐が, 工場が, 市ヶ谷の, 幸い人通り, 幽に, 幾ん, 幾枚かの, 広い世界, 廣い, 弓矢の, 弾かれる方, 彼が, 彼らの, 往来を, 微光だ, 心当たりは, 心待ちに, 思ひ當, 怪しい小判, 恐らくは誰一人, 悟りすました, 意味は, 愛情を, 憫み, 我が軍, 戦災による, 所勞と, 手の, 手段が, 折々摩尼講, 挨拶さへ, 教育の, 数台の, 数本の, 断々乎と, 斯の, 新鮮過ぎる, 旅を, 明るい日, 星が, 春や, 春木町の, 普通看板として, 暗い夜, 暴兵を, 更に清く, 書写であった, 最早考えるべき, 望みが, 朝の, 木戸一つない, 木立に, 未だ曾, 本質的の, 村人の, 松ばかり, 枯れ松葉, 柔かい土, 柵を, 梅でも, 植木屋と, 横町の, 樺太の, 櫓の, 次第に殖える, 此處から, 武士の, 殆どはたらきを, 殆ど目を, 母を, 毎日通勤し, 民衆とは, 氣の, 求めがたし, 求めること, 決して玉, 沒落の, 河北淮南を, 泥が, 洩らさなかったけれども, 淡路町の, 淺く, 溝を, 漆食の, 灌木しか, 点一つ見付からない, 無いこと, 無いでしょう, 無いはず, 無い丁度, 無かつ, 無くなって, 無理に, 燈火の, 物干, 物質あり, 特長の, 狐狗狸に関する, 狭い濡縁, 王昌齡の, 現わ, 瓜畑が, 生憎明き間, 用は, 申し上げる程, 男気と, 町ぢゆうに, 画学生らしい, 番人達の, 疑ひやう, 病人の, 白い霜, 百と, 目に, 目下何等の, 看護婦と, 真っ赤な, 真向かいの, 真直な, 眺めも, 知つてる, 知るべきよすがも, 石の, 石造の, 社に, 私だけ, 私を, 私達の, 秋雨滝の, 程近い, 空地が, 突然大勢, 立ち入らぬ様, 立聴く, 筒井の, 篝を, 糸子只一人という, 紋服の, 素晴らしい歓喜, 経済学部の, 絶えてなかつた, 綺麗に, 緩い線, 群衆が, 義理人情を, 考えよう, 考えようも, 考え事ばかり, 耻か, 能が, 能力の, 自分に, 自然に, 至って人通り, 興味が, 芍薬紫と, 花の, 芸者の, 若い男, 英俊に, 荒物屋の, 荷車が, 落ち損なった一枚, 葡萄の, 薄寒い風, 薄月, 處法は, 蟻一匹這出る, 血らしい, 行われないこと, 術の, 表にも, 表現の, 装飾らしい, 西洋人という, 見えない, 見えぬ胸, 見たもの, 見ゆ可, 見られますまい, 見張りの, 見当らないこと, 見送の, 観るべき事, 記憶に, 詰襟の, 語るべき友, 読み物を, 誰か人が, 誰の, 誰一人この, 誰一人居ない, 誰一人泳ぎに, 諸外国, 證人が, 警官の, 貧弱な, 赤い提燈, 足腰の, 足跡も, 身に, 身寄りも, 農家が, 近いあたり, 這松の, 通用し, 遊客なし, 道化者の, 遠くに, 遠く白い, 都会が, 金リンザイない, 鈍い陽光, 鈴懸, 門内には, 門番の, 関係者は, 電報といふ, 霜よけの, 露月町の, 青い月影, 非紳士的, 音楽という, 題も, 風の音が, 風も, 飛び飛びに, 馬が, 駕が, 高いコンクリート, 鬼怒川へ, 魏軍の, 鳥の, 鶴子の, 麥畑あり, 黄色い着物, 黒い水, 點一つ見付からない, 鼠の

▼ 外~ (2069, 4.7%)

154 見て 123 眺めて 87 見ると 67 見た 52 覗いて 45 眺めた 43 歩いて 37 のぞいて 30 ながめて 24 見ながら 19 のぞいた 18 見ました 17 覗くと 16 覗いた 15 眺めながら 14 見ますと, 見れば 12 眺めると, 見る 11 のぞきました, 向いて, 通って 9 歩くの, 見たが, 通る人 8 のぞくと, 歩くと, 見ようと, 覗きながら 7 うろうろし, ながめた, ながめました, 眺める 6 あるいて, のぞきながら, みて, 一と, 廻って, 眺めたり, 見はって, 見ること, 見張って 5 すかして, ながめると, ウロウロし, 指さして

4 [13件] さして叫びました, なが, ぶらついて, まわって, みた, みると, 散歩し, 見たり, 見た時, 見つめて, 見ろ, 通りかかると, 通るもの

3 [31件] ながめながら, のぞくこと, グルリと, 一廻りし, 人の, 指さし, 指さした, 指した, 指して, 掃いて, 歩いた, 歩いたり, 歩きながら, 歩くこと, 眺むれ, 眺めました, 見まわして, 見やりました, 見やると, 見るが, 見るの, 覗いたが, 覗いたり, 覗きました, 覗く, 覗くこと, 透かして, 通り過ぎた, 通る, 通る者, 過ぎて

2 [94件] うかが, うかがうと, うろついて, さがして, すぎて, ながめたり, ながめるの, のぞいたかと, のぞいたの, のぞいても, のぞくの, のぞくよう, ひとまわりし, ぶらぶらし, みつめて, 一巡し, 不愉快な, 出て, 出ない, 出歩いて, 出歩くこと, 出歩く時雨上り, 出歩るい, 吹いて, 吹く木枯, 四五人の, 回って, 囲んで, 塞いで, 守って, 尋ねて, 引廻しの, 振り向いて, 掠めて, 探す考, 散歩する, 楽隊が, 歩いたこと, 歩く, 歩くよう, 歩く人, 流して, 眺め, 眺めたが, 眺めたまま, 眺めた途端, 眺めますと, 眺め遣った, 示した, 窺うと, 窺った, 聞いて, 行くべき時節, 行く人, 行ったり, 見ず, 見せて, 見たところ, 見たまえ, 見たん, 見つづけた, 見ては, 見ても, 見ましたが, 見まわり, 見やった, 見やって, 見よ, 見ろ誰, 見上げた時, 見下した, 見下して, 見廻した, 見廻って, 見張れお前, 見張れ家, 覗いてから, 覗いてるので, 覗きましたが, 覗くやう, 誰か, 走って, 迂回し, 透して, 通った, 通つ, 通ると, 通るの, 通る学生, 通る時, 通る護謨車, 遊び歩いて, 金魚売が, 駛りすぎる

1 [743件 抜粋] あまりに信ずる, あらしの, あらために, あらためようと, あるきました, あるくと, あるくの, あるく事, うかがいそこ, うかがうこと, うかがったもの, うす青い空, うつして, うつろに, うろ, うろうろと, おながめ, おひろいに, お眺め, お閉め, かこむ竹籔, かこんで, かためあって, かためました, くるくるまわっ, ぐるぐるあるい, ぐるぐるまわっ, ぐるぐる歩き廻っ, ぐるっとまわっ, ぐるっと廻っ, けたたましく過ぎ, ここでも, ごらん遊ばし, ごー, さぐって, さした, さしのぞいた, さまよって, さも珍, しきりに見, しらざるもの, じっとながめ, じっと眺め, じっと見つめ, じつと, すかし見た, すかし見た時, すべって, そしてまた溝板, そと, たしかめて, ちゃんと区別, ちらちらと, ぢつと, つたわって, とりまいて, とんだよう, どやどやと, どよもす風雨, ながめかねた, ながめただ, ながめだした, ながめつつ, ながめ両手, ながめ次に, にらみひと, にらんだ, ぬすみ見ました, のこるところ, のぞいた兼太郎, のぞいた女, のぞいた程, のぞいた途端, のぞいちゃ, のぞきに, のぞきますと, のぞき見しながら, のぞき見るすべ, のぞく窓, のぞく絶好, はかれば, はるかに, ひそやかに, ひたひたと, ひろい歩くと, ふりかえって, ふれて, ぶらついてる者, ぶらぶら歩き, ぼんやり眺め, まわりながら, みつめた, みつめながら, みれば, もって, ものうい唄, やる, ゆく人, よく注意, よく洗っ, よく見る, よび歩き玄関, アスパラガスの, ウロつく, オドオドし, ガタガタ歩く, ギーと, グルッと, スタスタと, ソッと, ハシケの, ユックリと, 一とわたり, 一周し, 一年生が, 一心に眺め初めた, 一条の, 一生けんめいに, 一眼見る, 下から, 下げて, 中心として, 乗り回す人, 二人づれの, 二人の, 仰いだが, 伝って, 何か, 何度にも, 内に, 写生し, 凩が, 出あるいたりは, 出歩いた, 出歩いたこと, 出歩いては, 出歩いてばかり, 出歩かなかつたといふ, 出歩かねば, 出歩きたい気持, 出歩くの, 函を, 刈りとりまして, 勉むると, 勤て, 包みて, 包む鶏卵, 包んだ幕, 南の, 南へ, 取巻いて, 受け持ってる革命委員, 叩く物, 可愛らしいぽっくり, 向いたり, 向き, 吹きすぎて, 吹きめぐろうと, 呼び歩く物, 呼び歩く物売り, 城下へ, 塞いだ時, 壁や, 変な, 夢中に, 夢遊病者の, 大きな眼, 大円を, 嫉妬家の, 守ること, 守護せしめい, 宙を, 寒い風, 察する智者, 小婢, 小走りに, 少し調べ, 山の, 巡り巡り水, 巡り己, 巻く様, 廻つて行けない, 廻つて裏の, 弁えない今朝, 引, 強くせん, 彷徨いて, 往っ, 往つ, 後方へ, 徘徊し, 御覧なさい, 御覧下さい, 思わざるを, 恋しがらない, 想うて, 意味する, 打ちながめぬ, 打ッ, 指さしたが, 指さしては, 指し, 指しそれ今, 指しました, 指すの, 指差しながら, 指差しました, 振りかえって, 振り返ると, 捜し廻りました, 掃除し, 探したらどう, 探して, 掩う, 搏ち, 搜し, 撫でて, 明くし, 明るく屋内, 時々隊士, 月に, 有明荘の, 望み泰助, 望むと, 望見してる, 木枯が, 柳の, 桜樹立が, 槍持六尺棒持を, 樂しむ, 歩いた方, 歩いてた時, 歩いてるうち, 歩いてると, 歩きそれ, 歩きたいと, 歩きたくなった, 歩きたくなって, 歩きにくい, 歩きましょう, 歩きませんか, 歩きまた, 歩き乍ら, 歩き出した, 歩き廻って, 歩き廻つて, 歩き廻ること, 歩き廻る度, 歩くとね, 歩く機会, 歩く気, 歩けないの, 歩けば, 歩けるの, 歩けるよう, 歩行くもから, 気に, 汽笛も, 泊り歩い, 注意ぶ, 注視し, 流れて, 流れるかぼそい, 流れる川, 流れる川音, 海の, 涼やかな, 漕ぐ, 潔くす, 為ざるが, 烈しく叩い, 照す, 照らして, 煽いだ, 熱心に, 牛乳売り, 犯し今, 理解する, 男さえ, 白い物, 百姓や, 眺めさせた, 眺めたいと, 眺めたところ, 眺めたの, 眺めつつ, 眺めてを, 眺めましたが, 眺めること, 眺めるこの, 眺めるん, 眺める窓, 眺め二, 眺め入る余裕, 眺め始めた, 眺め居て, 眺め行く態, 眺め行末, 眺め髪, 眼で, 睨む, 睨むと, 睨めるよう, 睨んで, 瞶めながら, 知らざりき, 知らずに, 知らず正邪真偽, 知らぬ気, 知りたいとかいふ, 秋の, 穿くり荒すの, 窺いた者, 窺いて, 窺いまた, 窺う, 窺う気色, 窺う眼, 窺つた, 窺ふ, 立去って, 紫いろの, 終日仰い, 続いて, 綺麗に, 繞る, 美しき声, 耕して, 臨むが, 芋虫の, 若い駅員, 荷車の, 行き交, 行く誰人, 行く足音, 衛らし, 裳の, 西北に, 見おろした, 見せながら, 見たいと, 見たこと, 見たところが, 見たま, 見たまま傲然, 見たらひどい, 見たりと, 見た伸子, 見た夜, 見た目で, 見た経験, 見つめる, 見てから, 見てるの, 見てる間, 見ない様, 見ない樣, 見に, 見はるよう, 見まもって, 見まわした, 見まわした時, 見やったすずしい, 見やった外, 見やるやう, 見よう, 見よそ, 見るごと, 見るなと, 見るに, 見るは, 見るよう, 見るん, 見る度, 見る時, 見る月光水, 見上げた瞳, 見上げひょいと, 見下しながら, 見下すと, 見回って, 見守つて, 見度い, 見廻したが, 見廻すと, 見廻りました, 見得るけれども, 見梧桐, 見渡す, 見渡すと, 見続けて, 見聞し, 見詰めて, 見透して, 見降して, 視る御用, 覗いたならそこ, 覗いたら月, 覗いたら真, 覗いた折柄二十日あまり, 覗いた時, 覗い気, 覗う, 覗かなければ, 覗き, 覗きに, 覗き何, 覗き廻った, 覗き見た, 覗くもの, 覗くよう, 覗く孔, 覗けば, 観察する, 許されない, 調べて, 調べ度い, 警戒し, 豆腐屋や, 赤青むらさき, 走り廻っ, 走ると, 足で, 跣足の, 踏んで, 踐まざる, 蹌踉て, 輝きを, 轣轆として, 迂廻して, 透かすよう, 透し事故, 通ったの, 通った時, 通ってると, 通ってる人, 通つたら, 通つてゐた, 通らないかと, 通りか, 通りかかったもの, 通りかかった二三人, 通りかかった年, 通りかかった往来, 通りかかりガラス, 通りさえ, 通りすぎるの, 通りすぐ, 通りました, 通りますと, 通り過ぎて, 通り過ぎる夜車, 通るなん, 通るので, 通るやう, 通るゴム車, 通る伸子, 通る入学生, 通る声身, 通る度, 通る時一度, 通る時一隊, 通る老人, 通る行列, 通る足音, 通る靴音, 通る馬, 通れば, 通過ぎる, 連ね漆沮, 遊びあるく, 遊びまわりまして, 遊び歩いた, 過ぎこども, 過ぎても, 過ぎ行く初夏, 遠くながめ, 遺る, 重んじて, 開けい, 防護し, 静かに, 靜かに, 顧って, 顧みるいと, 風の音が, 飛びまはつて楽しむ, 飛びゆく切れ切れ, 飛び歩いて, 飛び過ぎる切れ切れ, 飛んで, 馬の, 馳け, 駆ける野外, 駆け廻ってる者, 駈けま, 高松に, 魚の, 鱶が, 黒塗りに

▼ 外~ (1174, 2.6%)

25 待って 14 待つて 12 何か, 働いて 11 声が 10 遊んで, 食事を 8 聞いて 7 人の 6 飲んで 5 あつた, 何を, 鳴いて 4 仕事を, 声を, 急に, 話を, 足を 3 それを, やって, 人声が, 女と, 晩飯を, 様子を, 物を, 番を, 異様な, 鳴くので

2 [71件] おろおろ声, お前が, かすかな, その時, ね, はためいて, ひそひそと, ウロウロし, ブラブラし, 下駄の, 二人が, 二人の, 云ひました, 今白山, 何かの, 倉なあ, 働くこと, 働く男, 前同様, 叩音が, 吹き荒れて, 呼んだ, 喚いて, 夕飯を, 夜を, 家を, 彼の, 待ちうけ, 息を, 戦死した, 文の, 明さんに, 暮したいよ, 植木鋏で, 正服, 母の, 深怨, 物音でも, 甚伍左か, 男の, 私も, 秋山自身なら, 立番を, 米の, 細工を, 練習を, 耳を, 聞いたこと, 聞えた, 聴いて, 自分を, 若い女, 若く美しい女, 見はり, 見付けたの, 見張つて, 見張り番を, 言いました, 誰か, 起った, 車ごと奪, 逢って, 遊ぶけれども, 酒を, 野中さん野中さんと, 電燈の, 靴を, 食事する, 飯を, 馬の, 鳴くの

1 [852件 抜粋] あがるよう, あそばせるよう, あそばれても, あつたらう, あなたが, あやしんだ, あらかじめ読者, あんな聲, いいました, いい面白い森, いくらも, いじめられるから, いった, いつかの, いやに, いろいろ調べ, いんぎんに, うずくまって, うなり初めました, うろうろし, おこなわれて, おとなしく帰る, おめ, お前らと, お友だち, お待ちくださ, お待ちし, お泊り, お百度, お目, お聞き致し, お見かけ, お酒, お願いできませんでしょう, かすかに, かぼそい蚊, からだを, がちゃがちゃと, がんがんわめきたてた, きいた兵隊たち, きみの, くつろぐ, こういうこと, こういう山村, ことん, この号外, この子, こまかい雪, これも, こんなもの, さわがず本当に, ざわめく軽い, しきりに犬, しきりに鋸, してね, しばらく休息, しばらく返辞, すっかり凍え, すまして, すませます, する, すると, するの, する人, する声, せきば, そういう声, そして效果的, その有様, その雪, それは, そんなあやまち, そんなデマ, たうとう, たべた, たべないから, ためらって, だれか, ちっとは, つばめが, ときどき屋根, とまった, どういう行動, どうやら吠えやんだ, どしどし纏められ, どなったが, どの日, どんなこと, どんなに寒い, なされる会合, なにかが, なにか言い争う, なら酒, なんか, ぬいだ破れ靴, ねえ, ねろ, のむと, ばつか働くせえ, ひそ, ひそひそ囁きあっ, ぴしつと錠前の, ふたたび彼, ほかの, ほとんど政府, ぼんやり自分, まごまごし, また, まったくイノチガケ, もう一度呼んだ, もござりません, やかましく喋舌, やるか, やれば, やろうか, ゆつくり, よその, よぶ声, わたしを, わめき散らされちや, インド太守の, オトタツオトタツという, カサカサカリカリと, キャッチボールでも, キャッチボールなど, キュルキュル, クサる, クラムを, グイグイ引く, ゲラゲラ笑い出した, コトコト音, コワヅクロイを, ゴマメゴマメと, タイアが, チカッと, チョロチョロと, チリリンと, ドッと, ニタニタ笑っ, ハタと, パネルの, パリパリと, ピッタリとまりました, マキ割りを, マゴマゴし, ムクの, レンラクし, ワッと, ワンワンワンと, 一分間だけ, 一寸風の, 一服すっ, 一町十八円ずつ, 下駄を, 不信心な, 不意に, 世間話を, 中村君と, 中音に, 主人の, 久良の, 乗りますから, 二ツ三ツばたばた, 云いました, 云った, 云ふ, 亭主が, 人に, 人のけ, 人聲が, 今頃蓆など, 今馬を, 仕事うちで, 他人の, 仰々しいお辞儀, 会うと, 会う機会, 会えば, 会ったとき, 会って, 体よく, 体操を, 何やらこと, 何やら人声, 何んな, 何事が, 使うよう, 使ふ, 俺を, 偶然それを, 働いたの, 働いてや, 働き奥様, 働くか, 働く女, 元日を, 八十右衛門の, 兵隊を, 其の話, 典肆を, 再び四, 冷かな, 冷やされる速, 出会ったの, 出逢う時, 刃物に, 前座を, 力蔵が, 労働し, 動悸を, 勢揃いを, 十分働い, 千鳥の, 博士の, 取次が, 受け取る新聞紙, 口々に, 古くその, 叫び声が, 向うに, 吠え始める, 吹く風の音, 呉兵の, 呶鳴る, 呼びとめられた, 呼び声が, 呼ぶ, 呼ぶの, 呼ぶ声, 呼鈴が, 咳を, 商売を, 喧嘩し, 喰べ, 四十打の, 四時間ばかり, 圭子の, 夕食を, 夜営の, 夜廻りの, 夜更しを, 大きな水車, 大声が, 大変な, 大衆の, 天地に, 奈良茶の, 女中達の, 妻と, 姉の, 威勢よく, 娘等に, 子を, 安飯, 宣伝カーなる, 寄合持で, 寝ころんだり, 寝なければ, 寝るわけ, 寝泊りし, 小侍, 小鳥の, 少しは, 居酒屋を, 師匠の, 平次と, 平次は, 庭が, 廻る時, 弥次馬が, 張番させられ, 弾きまくつたら私, 彼は, 待たされた, 待ち受けた金三郎, 待ち構, 待ち構えて, 待ったり, 待つた, 待つん, 御用騒ぎを, 御通輦, 心に, 忍び逢っ, 怒鳴り立てた, 思ったほど, 思はぬ騷ぎ, 急進的に, 恐る恐る声, 恥辱を, 感染し, 戦われて, 戸を, 所謂非人であります, 払って, 抜からぬ声, 抱えた時, 拾つて來た, 振って, 振りかざして, 推移し, 揉んで, 撃たれた柳糸子, 改った, 斬ったもの, 断ること, 日が, 旦那様が, 明かし喧嘩, 春の, 晩の, 暫く東京, 暮して, 暮すと, 暮らすという, 暴風雨が, 書生の, 月魄を, 本能寺の, 東の, 案内を, 椶櫚の, 櫃を, 欠伸を, 止まると, 死んだが, 殆ど田舍, 殷々と, 殺されたといふ, 殺されて, 殺害された, 毒薬の, 気ちがいの, 気に, 気絶し, 沢庵の, 泊った事, 泊って, 泣いて, 泣き立てた, 洋服屋の, 流行って, 涼んだ, 深酔いを, 済して, 済ます御, 演奏する, 漢学生, 火を, 烈しい銃声, 焚いた火, 無口だ, 焼くと, 照って, 照つてゐる, 燈台の, 物音を, 犬の, 猫が, 生んで, 生活する, 男が, 療養でも, 皆が, 皆さんは, 直立し, 着物を, 石塚の, 神様の, 私の, 私は, 秤で, 稼ぃでら, 空を, 穿け, 窃盗を, 立ち聞きなど, 立ち聴きし, 立ち話でも, 立てた, 立止っ, 立番し, 立聞きし, 立話を, 笑つてゐました, 答えると, 米と, 素人芝居を, 絞られるところ, 美都子の, 考える間, 考へると, 聞いても, 聞きまして, 聞き耳を, 聞くもの, 職人らしい, 聽い, 胸を, 自動車が, 若旦那の, 草笛を, 荘子の, 虫の, 蚊遣を, 血を, 行われた, 行われたに, 行われたらおかみ, 要するに土地, 見かけました摩利信乃法師, 見かけると, 見たとき, 見て, 見ては, 見るより, 見張, 見張ると, 見張れ, 見染めて, 見馴れた彼女, 解散しす, 言った, 言ひ, 言ひました, 話しかけた言葉, 話し声が, 誰かが, 誰か二三の, 誰も, 調えた新しい, 調餌室を, 警官達が, 議論する, 賺しに, 赤旗の, 起ったの, 足まで, 足拍子を, 跫音が, 躊躇し, 躊躇してる, 車座で, 転寐, 辻斬にでも, 迎えの, 追ひつ, 逢ったこと, 逢ったという, 逢は, 遇ひました, 遊び呆けて, 遊び暮す, 遊ぶだけ, 遊ぶ事, 遊ぶ方, 遊ぼうが, 過ごした, 過ごし他人, 過す習慣, 遠ざかりながら, 遣ろうじゃ, 酒など, 酒杯を, 金色の, 銀二郎の, 錠の, 長く待った, 阿賀妻は, 随って, 難儀の, 雨の, 雨傘を, 雪の, 頻りにドタドタ靴, 願ひます, 風の, 風呂場が, 食うこと, 食うよう, 食べずに, 食べる人々, 食べる分, 食事が, 飲まなければ, 飲みます, 飲むの, 飲食いを, 馬を, 馬超の, 駒を, 騒々しい人声, 騒いでや, 騒ぎ立てて, 髪の毛を, 鮮かに, 鳴く促織, 鳴ってるの, 鶯が, 鶯の

▼ 外にも~ (553, 1.2%)

6 ある, 沢山ある 5 あった, 内にも 4 何か 3 あつた, あるかも, いろ, これに, 冬に, 同様な, 多くの, 如何に, 彼の, 隠れた恋人

2 [25件] あり, あるだろう, あるはず, あるん, ある様, その又, まだあります, まだ色々買物, 七八人の, 中にも, 五六人あつ, 人が, 出ずに, 嗅ぎ付けた人間, 女の, 悲劇を, 数へ, 時々漁師, 用事が, 私の, 色々な, 色々の, 退屈に, 連が, 隱れた

1 [447件] あったかも, あったが, あったこと, あったでしょうが, あったん, あつたらう, あらず如何にも, あります, ありますけれども, あるが, あるだらうつて, あると, あるに, あるの, あるよ, あるを, ある筈, あろう, あろうが, あんまり出なかった, いい案配, いくらとめ, いくらも, いたの, いっさい人が, いっぱいな, いと多し, いなかったの, いるが, いろいろあります, いろいろある, いろいろな, いろいろ不思議, いろいろ勝手, いろんなもの, いろんな事, いろんな人, いろんな珍, お前の, お話すれ, お貯え, お鐵, かうした人, こう云う, この, この風, これまで, これら所領からの, ごちゃごちゃ入り, さすがに, しられを, そこもとを, その人, その國, その柳, その附近, それに, それらの, そんな操作, そんな目エ, たくさんあっ, たくさんあります, たくさんの, たんとある, たんとたんとあります, ちゃんと見, どうも大作, どこにも, どんな人間, どんな話, なお, なおあるであろう, なお毛色, なほ汝の, はや近所, まう一首, また色々沢山, まだ, まだいろいろの, まだいろいろ歴代, まだこの, まだそれ, まだどれ, まだ居る, まだ島崎藤村, まだ忘れる, まだ秘密, まだ色々の, まだ若々し, まだ調べる, まだ證據, もう一人別, やはり又, わたしが, われわれは, アクロポリスには, アーティストが, イタドリと, カチャカチャ鍋を, ガスを, ジョオンズや, ダイヤモンド蛍石方解石など, ッと, パンの, ヘロインなどを, ポオズを, ポプラの, マグラース等六・七人の, ムレの, ヶ様の, 一つ, 一つ何と, 一つ廊下に, 一つ背の, 一つ鶴見が, 一人で, 一人二人抱へる, 一品花嫁には, 一家の, 下宿人が, 世界が, 久しく兵営, 久助さんの, 乗用車や, 乱歩氏の, 二つ見付かった, 二三あった, 二三人いました, 二三枚掛け, 二名の, 二次元世界を, 二花四花などの, 二葉亭を, 二軒あっ, 五六人あった, 五六人の, 人々大勢火の, 人あり, 人ある, 人を, 人数が, 人間の, 人間らしい色彩, 今日では, 仕拂, 他の, 以太利の, 似たよう, 何かしら生きものが, 何とかしたら, 何や, 何人かの, 余り出ない, 例えば, 例が, 例の, 信仰者には, 倉庫や, 僕は, 僧の, 兄弟が, 先生日本橋檜物町の, 光るまで, 兵士が, 其例が, 円みを, 円戒坊十善坊など, 冬ちかい, 出かけないので, 出さずて, 出さないで, 出ずなるべく, 出ず書き, 出て, 出で, 出でず屋, 出でず残暑焔, 出なかったので, 出なかったわたくし, 出なくなった, 出られない, 出られなかった, 出られねえの, 出る, 別に, 別嬪が, 前の, 剣舞に, 創作的気魄を, 動いて, 勝手口にも, 南極大陸や, 単綴, 參考した, 反対論者が, 叔父を, 可なりの, 各種の, 同じやう, 同じ顔, 同尊者, 同居人が, 同行者が, 名目が, 哲学者の, 問題に, 善い狂言, 嘗て彼, 器量望みから, 四五人仲間が, 四五軒目に, 困學紀聞, 固体から, 地方に, 墨の, 壊れかかった石祠, 売笑婦や, 変態の, 外国小説から, 多い, 多く見出さるる, 大きな別荘, 大乗仏教国は, 大事な, 大切な, 大勢僕等を, 大小の, 大師が, 天保十二年の, 奇怪な, 女が, 好きな, 娘が, 子安観音子安の, 学校連中が, 宋から, 宋以來の, 家の, 家持の, 容台とも, 小さい論文, 小さな奴, 小夜菊の, 小沼治右衛門池などの, 小規模ながら, 少し立派, 尚お, 尚ほ, 尚継母系統, 居た, 山に, 平次の, 年金や, 幾たりかの, 幾つか, 幾つかの, 幾分かの, 幾多の, 庭を, 廓通いを, 建物の, 彼に, 彼等の, 後代に, 後嗣ぎの, 御岳講の, 御覽, 必ず無, 忙しい男, 忠臣ある, 急ぎの, 怨みを, 恨む理由, 悪い事, 悲劇は, 愛国心に, 或る, 所見すこぶる, 支那では, 放射能を, 故障が, 教せ, 敦忠中納言の, 数えて, 数え挙げれば, 数個あったらしい, 数多い場合, 数学遊戯に関する, 敷かれて, 文句が, 新暦に, 方法が, 方陣及び, 日本については, 明智探偵顔から, 昔の, 昨年の, 時々海艸, 時々納豆屋, 書画や, 曾根の, 有力な, 朝廷並に, 未だあるだろう, 未刊行, 村人が, 来ようと, 格別かれ, 森林は, 椿岳や, 楠の, 極微量, 樹枝の, 櫛が, 此すこし, 死人の, 死後の, 気を, 気持の, 求められる, 求め優秀, 沢山ありましょう, 沢山いた, 沢山の, 沢山何処, 沢山同じ, 河七面鳥だの, 注文が, 海溝が, 淋敷こ, 淺川團七郎の, 満ちて, 滅多に, 滋幹には, 澤山あります, 無限に, 焦熱地獄という, 焦熱地獄といふ, 物うち鳴りなど, 物乞ひらしい, 特別に, 特長が, 犬猫は, 猶室, 猶恆久, 猶正邪, 猶直截, 猶眞理, 猶胡魔化, 珍陀の, 理由の, 理由は, 生えて, 生理学方面における, 用意し, 男が, 町の, 疑問の, 病監の, 発散するらしい, 皮膚の, 相手が, 相談する, 石炭殻を, 碧梧桐鬼城蛇笏天郎白峯等の, 確に, 社, 神は, 私は, 私より, 種々平田父子, 簡易な, 精華學堂を, 約その, 紅玉葵や, 紙に, 紙灯籠だ, 紙燈籠だ, 素焼の, 縁の, 美作には, 脇差を, 自由を, 至って, 舟で, 色々あります, 色々い, 色々叔父, 色々変, 色色の, 花見の, 若い女, 若竹の, 草が, 虚白な, 行はれ, 行われる, 見事に, 見物人が, 見物人は, 見當, 証人が, 話せる相手, 誰か, 誰やら, 調べること, 論理的結果を, 諸所に, 警官や, 譲吉は, 護法の, 象形文字の, 貸元衆で, 贋金を, 起こって, 身体中に, 近代の, 通用する, 通鑑の, 道化師は, 都人, 配下の, 重くもち, 重大な, 重大なる, 鍛へ, 長崎附近だけで, 長襦袢や, 開く窓, 間人姓の, 陰って, 随分似, 隠したもの, 隨分いろ, 雨やみを, 非存在, 類例は, 風が, 風は, 馬の, 駒鳥鸚鵡目白頬白などを, 駢儷体の, 高く太陽, 高等な, 魯頌の, 鹿の, 鼬だの

▼ 外~ (413, 0.9%)

5 の顔 4 の手 3 はいよいよ, はそれ, はまだ, は云った, は綾衣

2 [32件] から餞別, がうしろ, が云った, が声, が戻っ, が自分, と二人, と古内志摩, と顔, のため, の刀, の妹, の姿, の屋敷, の方, は, はあと, はこの, はその, はそんな, はまた, は刀, は初めて, は思った, は手, は無言, は縁, は腹, は身, ももう, を訪ねた, 之助

1 [325件] から志摩, から涌谷, から綾衣, か蔵人, が, がいつの間にか, がこんな, がするどく, がそれ, がなぜ, がはいっ, がひとり, がまた, が一段と, が上府, が不承知, が丹精, が二十五, が云う, が五つ, が今夜, が先, が出迎え, が古風, が召されました, が呶, が呼ばれた, が問い返した, が喚く, が小普請入り, が支え, が救い, が来あわせ, が来た, が死, が江州鍛冶, が生まれた, が申し上げ, が番入り, が痺れ, が茶屋, が薦める, が評議, が辛抱, が遮った, が金, が門, が頭取, だけの所存, だけは相, だとて, だの岩佐壱岐, だの役所外, って支配, である, であること, でなくては, ではなかっ, という幕末, という男, という者, という金森家, とが洗礼, としてはさも, とすぐ, とに委任, との密談, とはいわゆる, とふたり, とまわっ, とよく, とを初代左団次, とを説き伏せ, と云, と伝次, と共に当時, と出あった, と原田甲斐, と甲斐, と相談, と綾衣, と自分, と馴染, にうなずい, にかかわる, にこの, にしっかり, にすぎない, について浄瑠璃, には容易, には通じ, にむかっ, にもそれ, にも意見, にも理解, にも面会, に云った, に傷つけられた, に口輪, に対しては鄭重, に対するもの, に手紙, に抗議, に洗礼, に紬, に組みつく, に逢った, に面会, に預けられ, に頼まれた, のくゆらす煙り, のしわくちゃ, のそば, のもと, の不行跡, の両, の倅井上, の全, の前, の剛毅, の叔父吉田五郎三郎, の口, の味方, の咽喉笛, の妻女, の子, の小普請入り, の底意, の後, の心, の手前, の挨拶, の文章, の料簡, の来る, の死骸, の為, の生まれ年月, の白い, の真先, の眼, の策, の置手紙, の考慮, の耳, の耳許, の肉身, の肩先, の胸, の言, の言葉, の話, の説, の頭, の顏, はあからさま, はあたり, はいう, はいよ, はうっとり, はうつとり, はうなづき, はお, はおととし, はかつて, はぎょっと, はこれ, はご, はさきごろ国老, はさも, はしげしげ, はしも手, はすぐ, はすこし, はそう, はそこら, はとうとう, はとても, はにがい, ははっと, はふたつ, はほほえんだ, はまだなかなか, はむっと, はもう, はもう次に, はやむなく, はわざと, は一種, は丁度, は七十郎, は不満, は主人自慢, は亀井能登守, は二三度, は井上流砲術, は今, は傘, は冷やか, は出仕, は分銅, は十六歳, は又, は反問, は叱る, は同役, は否や, は呼ばれ, は咎める, は唇, は唯, は坐り直し, は外記, は夜目, は大きく, は天鵝絨, は安芸, は小腰, は居ない, は席上組頭, は帰る, は帷子, は座, は強く, は当事者, は彼, は御, は怒り, は思わず, は悪人, は振り, は捨て, は支配頭, は改宗後, は数々, は明く, は時々, は更に, は来た, は来なかった, は杯, は案外, は死, は残り惜し, は残念そう, は氣, は沈黙, は浅黄色, は温厚, は湖畔, は激しい, は無造作, は焦, は熱心, は瓦, は甚だ, は用意, は留守, は白い, は目礼, は直ぐ, は眠, は着附け, は矢はり笑, は立寄, は笑い, は約束, は絶望的, は編笠, は肚, は肩, は膝, は蚊帳, は訝し, は訥子, は赤く, は赫, は軽い, は辛うじて, は追, は遊び, は門内, は雲霧, は面白, は頸, は頼む, は顏, は顔, は魂, は黙っ, は黙った, へ渡し, ほどの人物, また歌比丘尼, までが同じ, もいちど馬, もうかうか, もうなづく, もこの, もそう, もはじめ, も六左衛門, も同, も同じ, も夜道, も懐かしい, も断わり切れなくなっ, も武芸, も気がついた, も笑った, も落ち着い, も行きがかり, も見えなかった, も関心, よりもすべて, よりももっと, をことわる, を堰いた, を斬った, を演じた, を自滅, を見, ノ庁内, 及び三好長慶, 正継

▼ 外では~ (370, 0.8%)

34 ない 7 雪が 6 雨が 4 ありません, ないの, 風が 3 ありませんが, あり得ない, 風の音が

2 [21件] あるまい, ございません, ちらちらちらちら雪, ないか, ないが, ないこの, ないという, ない柳橋, なかった, なくて, なく其処, ほんとうに, 人の, 又呼んだ, 夜に, 焚火が, 知らぬ顏, 経験出来ない, 鋭い風の音, 雨の, 霧が

1 [260件] あたりが, ありますが, あり得ない筈, あり得なかった, あり得なかったの, あり得なくなったの, あり得なくなる, あるけれども, あんなに陽気, あんな具合, いよいよ暴れ出した, お前が, お十夜, お国さん, お米, かかること, かけまわるたくさん, かすかながら, かれは, きっと気づかれなかった, こうも, こがらしが, この時分, この物語, こほろぎがきれいな声でない, こんなこと, ささやく声, さっきの, しきりなし, しきりに悪感, しきりに雨, じっとし, すぐしずまった, そうかと, その人, それぎり何も, たしかに涛, たしかに濤, ただ研究, つづけて, とてもしのぎきれない, とり迯, どうあらう, ないお前さん, ないから, ないこれから直に, ないらしい, ないん, ない一切, ない例えば, ない信之, ない大日如來, ない政治, ない文藝, ない日本, ない明君云々, ない曰く, ない此家, ない真弓殿, ない種々相, ない組織化, なお食用, なかったであろう, なかなか騒ぎ, なくかえって, なくそこで, なく又, なんの, ひと合戦, ひと雨ごと, へべれけに, ほんとうは, またはげしく, またべつ, また言った, まだワアワア, まだ雨, まだ雪, もう返事, もどかしがっ, やはり叩きつづけ, やや間, わいわいと, アダマール, グラン・パレイの, サヴエート同盟に, ブルンブルン, 一と, 丁度その, 三百人が, 不相変, 両勢, 主任特高部長看守が, 二十五年一月十五日を, 五郎蔵めに, 今やオリンピック, 今宵木の葉が, 今年の, 低い声, 何か, 供奉の, 八五郎の, 再び囃し, 初冬の, 勉強に, 半鐘の, 又そっと, 反対に, 反比例的に, 吹雪が, 呂宋の, 呼んだ, 垢すり旗本殿中では, 塩田大尉指揮の, 多聞丸が, 夜が, 夜の, 夜鳥の, 大砲では, 天蔵の, 奇妙な, 女の, 女房が, 子供たちが, 子供達が, 子供達の, 存外安く, 存外落着, 定めし風, 寒すぎます, 寒そう, 小声で, 小女が, 尺八の, 屋根瓦に, 山羊や, 巡査や, 工夫の, 幾度と, 広くも, 庭で, 廂の, 弓を, 引き込まれまいと, 御座いません, 微な, 忽ち大, 急に, 恰度この, 悪いこと, 所轄警察署の, 扈従が, 手を, 日が, 日本橋の, 春の, 昨夜来の, 時々豆, 晩秋の, 暗い空, 暴風に, 最早蜩, 望みどおりの, 木の葉が, 木枯が, 朽木にも, 極めて円滑, 樹木が, 歓呼の, 歳暮大売出しの, 気負い立って, 治らなかつただけに, 法螺が, 波田の, 活動も, 浪人の, 海の, 温暖い, 満開である, 為さんが, 無いが, 無いその, 無い支那人, 無かったろうかという, 無縁の, 焦れて, 焦れるよう, 熱狂した, 特にメンミツ, 特許料を, 犬が, 猛烈な, 猫の, 率八が, 珍妙な, 生暖, 男が, 白い微粉, 白い鳥, 皆結束し, 盲法師の, 相変らず, 着物の, 知って, 知らず神楽坂, 知らぬ顔に, 短歌の, 稗蒔を, 稲刈の, 答えた, 細長い爬行動物, 続いて, 緊張した, 縮められて, 群衆が, 群衆は, 義貞と, 考えて, 聴かれなくなってから, 至極穏, 若い尼たち二, 蕭々降りそそぐ, 薪を, 虫の, 街, 裸体に, 製煉所の, 見えるが, 見なかったが, 見られなかったらしい, 見窄, 言って, 許さぬ今度, 谷川が, 遊べなくなりました, 遊んで, 酔は, 重々しく答, 重太郎と, 金網に, 鐸の, 隨分派手に, 雨に, 雨気を, 雨風の, 雪に, 雪の, 霧雨が, 音の, 頻りに空気, 頻りに足音, 風で, 風に, 駕籠屋が, 高い断崖, 高一少年, 高声に, 鳥が, 麦の, 龍平

▼ 外~ (345, 0.8%)

12 から來 8 に對 6 の文化 4 の人 3 から歸つて來, から直接輸入, から輸入, と觸接, に連, の新, の語, の金利

2 [28件] からきた, です, に向, に拂, に流出, に留學, に輸出, の, のもの, の大, の學問, の學者, の思想, の或, の手前, の文物, の方, の旅, の港, の眞, の神, の貴賓, の貿易船, の軍隊, の郵便切手, へ出る, へ輸出, 映畫

1 [235件] うまれの, からの救助, からの映, からも新しい, からやつ, から借り受けた, から入, から取り寄せた, から受ける, から度々, から戰鬪, から押賣, から採用, から文獻さ, から新, から歸, から歸つて, から渡つたサントメ乃ち奧縞, から物, から直接日本, から買, から買うた, から連れ, から金, から鉛活字, から食物, から餘計物, じみたアカシヤ街, じみた別世界, じみた感じ, でした學, ではその, ではまったく, では一種, では傷病兵慰問, では取調べ, では申し, では見られない, では金, でも亦, で作, で學ん, で展覽會, で日本, で流行, で自, で薨, で製造, との商, との御, との間, との關係, とは交通, と事端, と同等, と商, と御, と應接, と戰, と戰端, と相, などでは家屋, などと質, にては中古, にて決して, になぞら, には支那, には早くから, には類, にも例, にも有り, にも知られ, にも行つて, にも認めしめた, にも類, に住, に内通, に出かけ, に出す, に出稼ぎ, に及ばない, に居る, に打勝つ, に持つ, に於い, に日本, に殘, に比し, に比べ, に流れ込める, に續, に行, に行ける, に行つて來, に行つて假初, に行はる, に誇る, に逃亡, に遣る, に關, に餘計物, のお婆さん, のどこ, のエライ人, のオペラ, のブルジョアジー, のプロレタリア兒童大衆, の一畫師, の中, の主位, の事情, の交易, の人情風俗工藝技術, の人材, の人民, の人達, の作家, の作者, の使節, の使者, の例, の入貢船, の公使館, の友人達, の古代文學, の古典文學, の同, の名, の名詞, の商舶, の固有名詞, の土地, の好い, の婦人, の字, の客, の富豪, の寫眞, の帝制, の思想文物, の慣習, の戰場, の手前手前, の援助, の文學, の文學思想抔, の文明, の文明品, の新聞記者, の書物, の本, の材料, の模倣, の歴史, の沙門, の法律, の浮ついた, の温泉場, の片田舍, の物, の物語, の王者並び, の現代大家, の理論, の田舍家, の留學生, の知識人たち, の石器時代, の競爭品, の純, の繪葉書, の美しい, の美服, の老, の者, の臣, の自然主義, の若い, の藝人, の藝人等, の製品, の觀光者, の言葉, の言語, の詩壇, の譬, の貿易商人, の軍事探偵, の軍艦ども, の軍艦等, の遊戲, の遺跡, の金, の釣經, の長所, の間, の雜種, の需要, の風俗, は何れ, ばかりに九年, へも行く, へゆきたくなかつた, へをんなさつた, へ出掛け, へ出掛ける, へ持つ, へ旅立つ, へ旅行, へ浪々, へ聞え, へ行, へ行っ, へ行つたの, へ行つた者, へ行つて, へ逐電, へ遊學, も同じ, や露西亞, よりの參加者, よりは御, より傳, より安く, より移植, より輸入, を排, を漫遊, を知らない, を窺知つて, を訪れた, を非常, ノ侵略, 之品物無, 生れ故

▼ 外でも~ (326, 0.7%)

64 ない 17 ありません 16 ないが 5 ないこの, ないそれ 4 ございません, ないその, ない存在 3 ございませんが

2 [18件] ありませぬ, この世紀, ないあの, ないわし, ないイデオロギー, ないブルジョア社会, ないヘーゲル, ない佐渡屋, ない元来, ない千二少年, ない半歳前, ない大井久我, ない彼, ない彼自身, ない狭義, ねえが, 御座いませぬ, 無いん

1 [168件] あり, ありませんが, ありませんこの, ありませんそんな, ありません僕, ありません御, おどろいた, おまえは, かくれない羽振り, ござんせん, そうである, だれ一人, とりました, ないあなた, ないかの, ないかれ, ないがな, ないちょっと, ないちんぴら, ないです, ないもしか, ないより, ないわが国現代ブルジョア哲学そのもの, ないん, ないカアライル, ないギリシア哲学, ないチャリネ先生, ないドイツ民族精神, ないファシスト, ないフロイト, ないブルジョア社会道徳劇, ないプロレタリア, ないホトトギス, ないモロー彗星, ないルミ, ない一般的, ない丁稚, ない世論, ない世間, ない両者, ない中尉ゼラール, ない丸部家, ない主として, ない主人総一郎, ない乃公, ない之, ない之等, ない二つ, ない云わ, ない人間, ない人類全体, ない今君, ない何となく, ない何等, ない先, ない単に, ない博奕打, ない原始的感情, ない友人ラオチャンド, ない叔父, ない古今集, ない古代, ない台所, ない君, ない和蘭版, ない国歌, ない国際情勢, ない大阪市助役, ない太陽, ない夫, ない妹婿, ない宗教的, ない宗教的教理, ない実は, ない実践理性, ない専ら, ない小泉氏, ない局留, ない平次殿, ない広, ない府知事, ない延若, ない弁証法, ない当選, ない性格能力, ない怪博士, ない意識, ない感情, ない手代, ない技術, ない文化生産関係, ない文化社会学, ない斯校長, ない新, ない新聞紙, ない新聞記事, ない方法論, ない明日, ない概念, ない此, ない此間, ない歴史的社会, ない満州国, ない物理学, ない物理学的法則, ない現在, ない理論家, ない生命, ない秋山氏, ない立派, ない紹介状, ない自然科学, ない茲, ない菰田家, ない行為的, ない衝動, ない西洋人形, ない観念論, ない詩, ない近世, ない鉄道院総裁, ない門前, ない隣り, ない露西亜, ない風呂屋, ない馬, なかった, なく油断, なく郷里, なし實, はらはらと, よく育ち, よその, 世間の, 両方に, 二人の, 何でも, 出来ます, 同じ言葉, 声を, 変ったこと, 大岡家の, 家でも, 小戦闘, 御座いません, 御座いませんが, 意地を, 晝間は, 次第に心安く, 正直な, 無い, 無いが, 無いがの, 無いアレ丈, 猫の, 眺めては, 着続け帽子, 禁酒を, 私が, 紙入れは, 自我に, 西洋小間物屋の, 見ろ, 覗いて, 評判が, 詩の, 飲みたくないの, 飲む

▼ 外まで~ (258, 0.6%)

16 出て 10 来て, 送って 5 来た 4 洩れて 3 見送って, 見送りに, 迎えに

2 [19件] お出迎え致せ, お見送り, きて, ついて, 來た, 冴えて, 出ると, 彼を, 来た時, 枝を, 歩いた, 聞えは, 聞ゆ, 行って, 近づいて, 追いかけて, 送りに, 遊びに, 長い刀

1 [166件] あふれたが, あふれて, いっても, おくって, お出迎え, かすかながら, きこえて, きこえるので, きこえるよう, きたらしいの, こっそり参りました, したたって, しのびよりかねて, しらべましたが, その声, つっ走ったらしい, つづいて, つれて, とどくはず, とびだして, とんで, ながめたるよりも, はいって, はいりこんだ与の, はい出しとうもろこし, はみ出して, ひき返しベソ, ひびきわたって, ひびく鼓, まいりましたが, まるで夕暮, もどって, もれただろう, やって来て, やって来る, やっとたどりつきました, わざわざ助, わしが, シュルツを, 一気に駆け, 人を, 人間の, 伸び土間, 出かけて, 出た, 出たらそこ, 出た彼女, 出れば, 出迎, 出迎えに, 動き出すので, 参って, 参りますと, 名探偵の, 品物を, 商売繁昌で, 喋りながら, 婆やに, 孔明と, 容赦なく迫っ, 寄せて, 密と, 射して, 居ならんだこの, 帰って, 広い石畳, 廻り歩い, 引き出すなり, 引出されました, 引寄せられ, 引揚げ, 彗星の, 徐庶の, 従いて, 御通輦, 忍び寄って, 忍んで, 恐ろしい権幕, 息せい, 戻つて, 抜けて, 押しよせて, 押し寄せきたり, 押し寄せて, 明らかに, 明るく, 曳いて, 曳きずり出した, 来たなと, 来ては, 来ましたが, 来る家司, 案内され, 棺を, 樽が, 歩いて, 歩み出して, 歸つて來る, 注意ぶ, 洩れてを, 洩れ聞えて, 流れた, 潜行し, 燭台を, 生いしげ, 知れ渡るの, 移して, 突ぬけ, 立ち出ると, 立ち廻った, 筒拔け, 聞えた, 聞えたろうと, 聞えた位, 聞えて, 聞える, 聞えるはず, 聞えるよう, 聞こえた, 聞こえて, 聞こえないと, 聞こえるはず, 聞こえる泣き声, 聞こえる筈, 聴こえたと, 蜂谷良作は, 行かれる, 行き母, 行き着かんもの, 被て, 見に, 見舞いに, 見送った, 見送ったが, 見送られたくらい, 覗いて, 走って, 足を, 身を, 転がって, 轎が, 迷って, 追って出, 追って出た, 追って行く, 退いたの, 退去を, 送つて, 送らせるという, 送り給うた, 逃げ出した, 逃げ出して, 連れ出して, 逸すること, 運ぶの, 道具が, 響いたという, 響いたもの, 顔を, 香って, 駈けて, 駈け出しました, 高々と, 鳴ると, 麦畑が, 黒い綱

▼ 外ならない~ (253, 0.6%)

59 のである 22 のだ 14 からである 10 のです 7 から 5 ことを, それは, と 4 ことが, ではない, ということ, というの 3 が之, と思う, と思ふ, のを, んだ 2 からです, という点, と彼, と私, のであっ, のであらう, のであります, ので御座います, 信一郎に, 処の

1 [75件] かのよう, かも知れない, からこの, からし, からそれ, からであります, から一次元, から之, から困る, が, がかかる, がそうなると, がそこで, がそれ, がひとり木犀, が一切, が二つ, が位置, が併, が幾何学的直観, が生, が目的論, ここでは, ことと, ことに, ことにも, ことの, ことは, この哲学, しかし支那, そうリボー, そして諸, そのこと, であらう, という, とかね, とさ, としたら, とすれ, とそういう, との推測, とも云われ, とも見られね, と云う, と云った, と地質学者, と思います, と教えられた, と普通, と理解, と考えられた, と言えるであろう, のが, ので, のであった, のであり, のでこの, のでたとえば, ので元来実際, ので精神作興, ので自分, ものだ, もので, ものである, ものな, ような, フランス大, 先天主義の, 其中で, 平均性に, 明暗生死の, 機構な, 筈で, 筈であっ, 筈である

▼ 外ならぬ~ (251, 0.6%)

38 のである 7 のだ 6 ことを 4 のであった, のであります 3 からである, ものと, 錢形の

2 [19件] あなたが, あなたの, ことが, ことは, と一応, と云う, と心得, と思ひます, と私, のでありました, のでした, のです, 丸木であった, 怪塔王の, 母親が, 自分の, 親分です, 貴方様, 陛下の

1 [145件] あなたさまの, うどんだ, お京, お仲間たち, お勢さ, お君, かも知れない, からそれ, から論理學, がしかし, がそこ, がそれら, が明らか, けれども未だ, ことと, そうである, その学生, その発言者, それが, だから夫, というの, という誤解, といふ態度言辞, ところで自然研究者, とする, との事, と主張, と云, と人々, と信じ, と察せられます, と思つて, と思はれる, と思ふ, と思われる, と教授, と考えた, と考えられる, と考える, と言, と認められる, のであっ, のであろう, のでこの, のでこれ, のを, もので, ものである, ように, アナウンサアが, ゴーリキイであった, ソ連の, ドクトルシュワルツコッフだった, ヒルミ夫人の, ペトログラード, マルサス, モチーフであっ, リット少将お気に入りの, 主人な, 主人の, 二郎自身であった, 人々は, 人造人間戦車の, 人間な, 会社の, 例の, 俺自身な, 倭文子さんの, 先生の, 八五郎さ, 八五郎だ, 動坂三郎氏だった, 北園竜子その, 千二の, 千葉定吉で, 博士の, 古井工手では, 君と, 呉一郎殿の, 唯秀子, 大原さんの, 大辻二等水兵だった, 妾にまでも, 姫草ユリ子だった, 客觀的時間においては, 宮川覚明であった, 小林紋三だった, 小説を, 山崎美枝子だった, 島吉兄哥が, 川上に, 川手氏一家鏖殺し, 巨人武夫であった, 帆村であった, 帆村探偵と, 帆村荘六その, 師匠の, 形の, 彼であった, 御用祭に, 怪しい中国人, 恋敵の, 意識形態, 愛妻美奈子の, 我れ, 探偵であった, 文学であり, 日本の, 杉田二等水兵の, 村上君な, 東京警備司令官別府九州造氏であった, 機械人間くろがね天狗を, 次第で, 水夫の, 沖島速夫であった, 沙翁記念劇場の, 河内介の, 河野であっ, 波に, 深山理学士, 火星人な, 生みの, 百合枝夫人だったら, 真犯人自身であった, 神様の, 私の, 筈である, 総長が, 自分たち二人で, 自分である, 自然科学の, 蟻田博士の, 親友の, 言論欄に, 貴公から, 貴方で御座いました, 赤沢博士の, 道化の, 遠来の, 金公なる, 金兵衞の, 金銭である, 関東軍指令官の, 頼みご, 麻雀牌の

▼ 外~ (244, 0.6%)

12 わの 10 わを 6 わに 5 暗くなる, 見えるよう 3 わは, わへ, 急に, 浜に, 浜の, 真暗で, 見る見る明く

2 [11件] そうぞうしくなった, わから, わも, 明かるく, 明るい, 明るくな, 暗くなり出す, 白, 見えないが, 見えるの, 通りに

1 [163件] あかるくなる, あべこべに, あまり静か, あるきたくて, あるけないよ, いい心持, いたんで, いま獅子の, うかがえるくらいにも, うすぐらくなり, うす明るく見える, うつって, おとなりと, きらきらと, ことごとく狼, この季節, さわがしくなつた, じきその, すぐ墓原, すぐ庭, すぐ農家, すぐ隣家, そのやう, だんだんに, だんだん暗く, とうとう静か, ないという, ない為, にぎわって, のぞけるの, はっきり見える, ひじやうに, ひじょうに寒い, ぴかと光りました, ほんのり白み初めた, まえだけは, まっ暗に, みたいといふ, もう真っ暗, やう, よく見える, よろしゅうございましょう, わからあかぬよう, わからはいろうと, わだ, わだけが, わだけで, わにおいて, わにがくんと, わにしばらく, わにとりつけ, わには, わにシカの, わにチョコレートが, わに出ました, わに土を, わに屋根へ, イヤに, ジワジワと, パッと, 三尺ばかり, 三河の, 中廊下, 二十銭ブリスケが, 内に, 冷えて, 外れたばかり, 大ぶ, 大切だ, 少し白ん, 巨大な, 床の, 建物疎開跡の, 怖いん, 恋しくなっ, 息子の, 懐かしい, 手に, 明けるまで, 明るいうち, 明るいの, 明るいのよ, 明るい中, 明るくても, 明るくなっ, 明るくなった, 明るくなり, 明方であった, 暗いから, 暗いの, 暗くったっ, 暗くて, 暗く家, 暮れて, 月の, 本章の, 来て, 歩けないから, 歩けるくら, 浜づたひ, 浜へ, 浜風, 海と, 涼しいのに, 漸く穏, 濱邊や, 無暗に, 牡丹色で, 狭い庭, 玄關で, 男の, 町の, 白んで, 白目, 皆狭い, 直ぐ森, 眺められて, 眺められます, 眺められるほどに, 破れて, 継いで, 臭いって, 臭いつて, 良い土, 落寞と, 蒼然と, 薄ら明るく, 薄明るく, 薄暗くなりかけた, 虞れた, 見えず身, 見えた, 見えない, 見えないでは, 見えなくなった, 見えなくなったので, 見えなくなる, 見えぬ僕, 見えよう筈は, 見える, 見えるか, 見えるが, 見たいの, 見たくなった, 見られるよう, 見通されるくいら, 見通されるくらい, 覗けたの, 覗けない, 賑うて来た, 道路に, 遽かに, 釣り合わないの, 鉄道線路であっ, 鎮まると, 闇である, 雲の, 餘り, 騒々しくなっ, 騒がしいよう, 騒がしくなった, 黄色っぽい, 黒塗の

▼ 外へは~ (181, 0.4%)

8 出て 7 出ない 5 一歩も, 出ません 4 出られないの 3 出なかった, 出られない, 出られません

2 [13件] 出して, 出しません, 出ず一日長椅子, 出せぬ絵図, 出ないん, 出なかったの, 出なかつたの, 出まいと, 出ようとは, 出られなかった, 別段の, 少しも, 駈けぬ老

1 [117件] あまり出掛けない, うっかり出られません, お出, きこえずおまけ, きこえない呻きの, すこしも洩れなかった, ぜったいに逃げられなかった, ちっとも出さない, ちっとも洩れなくなった, ちょっとも, どんどん家, ひと足も, ふり出しました, また深い, 一人ずつ, 一言も, 一足も, 光が, 出さないけれども, 出さないこと, 出さないで, 出さないよう, 出さないん, 出さない内, 出されませんでした, 出しとも, 出しませんでした, 出し度, 出ずに, 出ず書物, 出ず過失, 出せないの, 出たが, 出たこと, 出てや, 出でじ, 出ないが, 出ないさ, 出ないし, 出ないだらうね, 出ないだろうね, 出ないで, 出ないと, 出ない人, 出ない病人, 出ない身躰, 出なかったこと, 出なかったという, 出なかったはず, 出なかつた, 出なかつたで, 出なかつた父, 出なかつた筈, 出ぬもの, 出まい, 出まいよ, 出ませんでしたから, 出られさ, 出られないが, 出られないこと, 出られないという, 出られないな, 出られないので, 出られないやう, 出られないん, 出られない筈, 出られなかつた, 出られぬ, 出られぬので, 出られぬぱあ, 出られねえもの, 出られねえ皆此処, 出られまい, 出られませぬ, 出られん, 出掛けません, 出来得る限り, 好んで, 姿を, 嫁付かず, 寒い雨, 川鶺鴒も, 幾度と, 抜けて, 抜け出られませんぞ, 持ち出せなかった, 捨てないで, 時々雷雨, 殆ん, 毎日の, 決して出, 決して出し, 決して出ない, 決して出よう, 洩れないの, 漏さじ, 漏れず, 漏れぬ言うけれど, 火も, 現はさ, 現れて, 現わすまい, 知らせて, 聞えなかつたん, 聴えず, 聽えず, 脱れた, 血が, 街道に, 誰も, 誰れ, 質素に, 遊びにも, 顔ばかり, 顔を, 顔出しを, 黒繪具で

▼ 外國人~ (150, 0.3%)

4 の記録 3 にし 2 である, で支那, にとつ, に對, の中, の手, を斬つ

1 [129件] ありて, かと怪し, かならず日本, からは三百五十フラン, からは懷かしく, から呼びなされ, から攻められる, から見る, か上流社會, が, がどうして, が一種, が三人, が中, が來, が傍觀, が吾等, が如何, が尠, が徒刑以上, が怒るであらう, が捨てた, が日本, が見た, たること, たる彼さ, だからとて, だつた, である私, でございます, でなければ, では想像, でもあり, でも希望, で南宋, で支那婦人, で有, としてはどんなに, との合の子, とや申さん, と恆, と打ち, と接する, と文通, と新, と盛, と話, などから見る, などはあの, などを招い, ならぬもの, なるべし, にあらず, にその, には持つてない, には本, には發音, にまけない, に任せ, に接し, に言, に讀了, のばあ, のエギゾテイシズム, のバア, のワイルド・パアティなぞ, の上陸, の不可思議, の中國, の先生, の友誼, の名前, の多, の姓, の子供, の家, の居留地, の建て, の思想, の憤り, の打ち, の批評, の撮影, の本, の目, の紀行, の經科, の考へる, の耳, の自分さ, の行かれぬ, の補助, の言, の記録中, の説, の謂ふところ, の貢進, の車馬, の間, は何れ, は命懸け, は多く, は幽か, は概して, は結論, は蒙, は讙呼, は震災, ばかりだつた, へ眞面, も同舟, も多い, も尋ね入り, も此儘, や外國船, らしい年, をし, をも自, を一種外道, を任用, を懷かし, を斬つた, を斬れ, を日本, を暗, を毛嫌, を雇, を驚かす, 特にイギリス人

▼ 外~ (143, 0.3%)

22 の中 6 のなか 5 の直射 3 が突然 2 に電燈, のきらきら, をうけ, を受けた

1 [99件] から暗い, がさしこんだ, がその, がただよっ, がたっぷり, がながい, がながれ入っ, が光, が入っ, が土俵, が大気, が天井, が天子, が射し, が射し込み, が射す, が感じられる, が戸, が洩れ, が物, が異常, が直接, が真珠色, が眼, が端正, が薄く, が薄暗い, が覗き込むで, が遠く, が階段, が青み, が黄昏色, さえ届い, だけで, でもない, とのきれ, との陰影, と印象, と筵目, なし否, なやむ, に, にはまだ, にひたつ, にみちた, によって内側, によるもの, に充ち, に宛名, に当てる, に映し出され, に浮きいで, に照らした, に照らし出された, に照りつけられ, に眺める, に背い, に背いた, に見る, に触れさせない, に近く, に透かし, のその, のなまめく, のやう, の不可思議, の入らない, の効果, の反射, の反映, の射しこむ, の巧さ, の明る, の燦ら, の痛, の紫, はすでに, はだんだん, はどんなに, はもの, や深夜, をせおった, をのぞき, を一旦, を入れた, を厭っ, を取入れる, を受け, を巧み, を思いきり, を浴びた, を点々, を程よく, を背, を背負っ, を見る, を調節, を遮られ, を遮られた

▼ 外ない~ (139, 0.3%)

11 のである 9 のだ 6 では 5 から, と云 3 であらう

2 [12件] からである, だろう, であろう, と思っ, と思ふ, ね, のであ, のであります, のであろう, のです, 私である, 私の

1 [76件] いうて, おかげで, からでもあらう, が, が一寸, が犯罪人, が知識, が私, が金文, が鳥取, こと, ことに, ことを, さ, さう, じゃありません, そしたら何, その仔猫, ぞ, だらう, だろうね, でしょう, です, でせう, ということ, といふん, とすれ, と云う, と信じ, と信じた, と切言, と同年十月十五日赤心, と思, と思った, と思つて, と思ひます, と机博士, と気がついた, と目星, のか, のかと, のさ, ので, のでそこら, ので此方面, のによる, ものが, もので, ような, らしい, わ来る, んだ, 不文の, 命が, 奴は, 彼等は, 感慨無量といふ, 昨日の, 時でありました, 時代を, 歩かう歩かう風, 死んで, 男だ, 男として, 私だつた, 私でありました, 私では, 私と, 私自身の, 私自身を, 自分だつた, 自分を, 話で, 造庵工事だ, 雨の, S子の

▼ 外より~ (132, 0.3%)

4 内を 3 して, 見れば 2 これを, さし入れ置きし, 之れ, 何者かが, 來る, 入るもの, 声を, 戸を, 政治改革の, 見ゆ

1 [102件] あらはれ北条氏, お供, かき上り内に, かく云, きたもの, くる価値意識, この毛, するかという, ずっと入る, その小, どうやら怪しげ, はいった形跡, 一人びっしょり, 与えられるもの, 世界を, 乗馬にて, 人に, 余が, 來た, 來らしむ, 來らずして, 來り, 侵入し来る, 便器を, 促し来る敵愾攘夷, 働きかけられる, 入るるは, 入る者, 入來る, 入来る, 到るに, 制し, 刺衝し, 割るるばかりに, 呼ばわりながら, 圧迫する, 城内の, 失礼な, 官能を, 市中に, 帰りがけに, 帰り来たりて, 帰ると, 帰来つて門を, 得たるにも, 得三, 投入れられぬ, 押されて, 押開き, 持ち来, 探り得べしまた, 握りたりと, 撞き破らざるも, 攻めずとも, 攻め入る一方, 教え, 早く日, 暗い家, 材料を, 来って, 来らずして, 来る, 来るもの, 来る書柬, 来る者, 来れる得右衛門, 板戸を, 殆ん, 無理に, 熱湯を, 物を, 物音の, 犯す時, 男女二人の, 発したる影響, 知ること, 石を, 破れ, 硝子ご, 空気の, 立話し, 箕の, 脅かさんと, 與へ, 蒸し物の, 見たならば, 見ると, 見るとき肉, 見るとは, 見通し候やう可, 覗くたより, 誰やら, 貰ひ受けたる, 軽くこれ, 遠からず, 鎖せしなり, 鎖を, 開かれて, 開かれ主人, 開れ, 限りなき, 静かに

▼ 外からは~ (120, 0.3%)

4 見えなかった 3 容易に, 見えない, 開ける工夫 2 ひつて, わからないの, 何の, 入れないこと, 少しも, 滅多に, 絶對に, 見えないよう, 障子を

1 [89件] あけられない, あるいは野蛮, いると, いる黴菌, おりおり兵士たち, すこしもわかりません, すこしも見えない, そう見えた, そのときどき, それに, だれも, ちょっと想像, づせるのを知つてゐる, どうしても見えよう, どこへ, どんな事, なんの, はいれません, はげしく扉, ひらかなくなって, ほとんど見えなかった, もうなん, ゆうべこの, よくない, ろくな物, ゴリゴリと, 一向どこ, 一向に困つ, 一寸見えません, 一点非の, 何でも, 何も, 入る場所, 入れなかつた筈, 入れなくたって, 分らないほど, 分りやしねえ, 分るもの, 剃刀の, 勝手に, 医学士が, 十二月の, 容易の, 小屋の, 忍び込む工夫, 想像を, 手の, 打ちこわし, 曲者が, 望見する, 来ませんよ, 決して怨み, 津多子さんの, 源氏の, 滅多な, 潜り込む隙間, 火事場の, 煙も, 燈灯さへ, 犬の, 種々な, 突然喜び, 笑われる, 簡單に, 罵声と, 聞えぬくらい, 見えないところ, 見えない奥深い, 見えない筈, 見えなかったが, 見えなかったカーネーション, 見えなくなって, 見えぬ様, 見えません, 見えも, 足跡を, 迂濶, 錠が, 開かないやう, 開かない扉, 開けた様子, 開けやう, 風さえ, 風さへ, 首縊りの, 高く低く籾, 高く反, 鼠一匹入, 鼠一匹入れない

▼ 外~ (113, 0.3%)

8 ことを 5 ことばかり 3 ことに 2 お世話だ, ことは, のである, のです, のに, んです, 形で, 言葉に

1 [81件] お世話よ, がむれ, けれども勝氏, ことが, ことで, ところから, ところへ, のか, のさ, のでございます, ので波, ので鶉坂, のに驚かされる, ほどはげしく, ものが, ものだ, ものです, ものと, ものな, ものの, ものを, わるびれを, んにも, ホシを, 一人の, 事な, 事を, 事件に, 仕事な, 作戦に, 傷手を, 内部の, 出来ごとでした, 名前でした, 変を, 大兵と, 天変であった, 好天気, 始末の, 山寺や, 年月を, 弱味を, 彼女の, 心持でした, 思案が, 性社会の, 性質は, 感じでした, 感を, 感違ひ, 戦力に, 戦捷を, 損害に, 新事実, 様子です, 気持と, 深い笑, 用事を, 神経も, 突飛さで, 結末を, 線を, 落着きを, 行動に, 要でも, 親切で, 観察を, 言葉を, 話です, 話に, 話を, 説明を, 賃銭を, 速度で, 運命を, 関羽の, 附りだ, 面倒を, 顏に, 顔に, 顔色です

▼ 外なる~ (97, 0.2%)

3 はお, ものが, ものとして 2 ものでなけれ, ものを, 人の, 神に, 笛の

1 [78件] お洒落と, があり, がなほ, この岸, ほら穴の, ものであり, ものは, ものよりも, もの新しき, セエヌ河畔の, 一切の, 一方は, 下界を, 世を, 世界である, 世界の, 世界をも, 世界虚なる, 事も, 人が, 人に, 人物には, 人間性の, 仏頂寺の, 何ごとの, 別天地ある, 力に, 呼び掛けが, 呼び掛けである, 呼び掛けに, 境地の, 大火にて, 女の, 寒気が, 實在に, 寸土の, 尼法師に, 山の, 幻影の, 広大な, 庭一面縁の, 廻廊に, 御家老部屋, 御驚き, 怪しの, 敵では, 敵に, 日田の, 明治時代の, 曲者に, 植込の, 楽ある, 楽しみのみ, 此孤島に, 泉の, 波に, 涼しき空氣, 渦潮の, 湖の, 熱烈な, 狼藉者を, 病い, 白馬銀鞍の, 神を, 空虚が, 統一とを, 縁に, 臆病者と, 花壇の, 蘇武が, 蜜蜂の, 蝦夷の, 街道に, 親に, 釣舟と, 饒舌を, 香炉の, 駄々落遊びを

▼ 外~ (89, 0.2%)

5 内も 3 ひっそりと 2 う紙, 中も

1 [77件] あったもの, あんまり涼しく, いいだろう, いっさい無, いつかとつぷり闇く, いまは, かう云, この日, しかしやはり, そうぞうしくなった, そろそろ賑, たちまち活気, つるべ, ない自分, なくほと, なく森, のどかである, ひっそりし, ひつそりと, ひつそりとして, ほがら, ほとんどサン・タントアーヌ郭外, またたきに, また舗装, まだ暗い, みな敵ばかり, もう明るい, やっぱり例, やっぱり洞くつ, やはりまだ深い, よくしたい, われわれの, フラッシュライトに, 一パイの, 一度に, 一應の, 一様に, 乘客が, 乱脈だ, 人垣を, 人少なげに, 全く地下千尺, 冷, 厳罰を, 同じこと, 同じと, 同じよう, 同じ原っぱ, 変りなく, 外すぎる, 夜だった, 嵐だ, 常陸の, 廊下も, 惶惑と, 持ちきって, 明るくなっ, 暗くなっ, 桐の, 極めて静か, 毫末を, 水を, 洗煉せられ, 焼野原, 疫病の, 真っ暗でございます, 私の, 窓も, 蕭寂と, 見える, 透明に, 連隊も, 静かで, 静まりかえり絶好, 静まり切った丑三時, 靜かに, 音が

▼ 外からの~ (86, 0.2%)

5 隙見 2 侵入者に, 刺戟が, 力で, 敵が, 薄明り

1 [71件] ことづけ, さまざまな, たった一つ, たつた, ひろ子の, ものとの, ものに, ものには, ものよりも, 人目を, 体当りで, 何者かの, 作用が, 侵入も, 侵入を, 働きかけを, 光線で, 光線を, 冷たい空気, 到来物を, 刺戟と, 刺戟は, 刺戟を, 力, 力とによって, 叫び声が, 呼び掛けが, 呼び掛けである, 命令に従って, 圧力の, 圧迫が, 圧迫も, 壓迫に, 大気の, 客で, 寄附が, 干渉をも, 強権によって, 影響とは, 愛情も, 感化に, 感化も, 手段が, 抑圧が, 指導を, 排撃と, 教化資料と, 敵ばかり, 敵を, 暴徒だ, 暴徒の, 気勢では, 注文が, 皮相的な, 盗人を, 移住か, 移住も, 者だ, 者の, 聯絡が, 荒い感情, 要求な, 見つき, 解釈や, 輻射を, 迫害は, 通路を, 鍵で, 雑り, 音も, 風あたりも

▼ 外~ (81, 0.2%)

5 しよう 4 する 2 いえども, いふ, ほりゆく影, 二人で, 云ふ, 小石川伝通院前とに, 庭に, 花郷と

1 [56件] あの二階, あまり変り, あまり變, いうと, いたします, いふと, おとらぬ混雑, かきねの, きめて, します, し私, するならば, すれば, せよ, ちりぢり, つなぎを, なった, なった次第, なって, なり他, なるから, なるの, マルサン村とは, ラーペの, 三人鼎足的関係の, 三人鼎足的關係の, 中を, 云うの, 云っても, 交易を, 内と, 内とは, 内に, 呼ばるる莫大, 呼応する, 和泉橋の, 國との, 城内を, 境を, 彼我一瞬に, 思ひこれ, 思ひしに, 思われるところ, 思われる所, 昔と, 殆ん, 比べて, 決めて, 申す雲水, 異つて, 相呼応, 考へる方, 角面堡とは, 言ったよう, 通信を, 違て

▼ 外へも~ (81, 0.2%)

6 出て 5 出ないで 2 出ずに, 出ず人, 出たこと, 出られないぜ, 出られないという, 出られない容體

1 [58件] きた, こぼれたで, こぼれるほど, こぼれ出た片端, そうたびたびは, その醤油, でられるよう, なるべく出ない, 余り出なくなった, 兵隊を, 出さないよう, 出されない訳, 出しませんが, 出し申候, 出ずあの, 出ず内, 出ず友だち, 出そう, 出たがらないよう, 出たがらない長平, 出た事, 出ない, 出ないし, 出ない人種, 出ない有様, 出なかった, 出なかった弟, 出なかつたといふ, 出ません, 出られずに, 出られない, 出られないと, 出られないよう, 出られない始末, 出られなかったという, 出られなかったの, 出られなくて, 出られぬ, 出られねえし, 出られません, 出られん, 出ること, 出るし, 出るに, 出んと, 出掛けますが, 出来ないの, 向いとるむしろ, 弘がり出した, 忙しく動かせる, 手を, 早や, 水が, 洩れて, 聞えたの, 落ちはじめる, 行かずうち, 遊びに

▼ 外廻り~ (73, 0.2%)

5 を見よう 4 をグルリ, を見る 3 の仕事, を見 2 から探索, の用事, は家, を一巡り, を先, を調べました, を警固

1 [40件] だけで約, には茶店, には要所々々, に大きい, に歩い, の事項, の噂, の囲い, の土塀, の垣根, の小さな, の店員, の方, の状況報告書, の硝子戸, の社員, の警固, の雨, はそれくら, は白い, をここかしこ, をざつと半分, をし, をする, を一, を一巡, を一應見, を一通り, を半分, を半分裏庭, を御, を御覧, を村, を歩いた, を流れ, を見廻, を見廻し, を調べ, 中庭の, 隣との

▼ 外~ (66, 0.1%)

9 を向い 4 を向いた, を向く 2 に直, むいて, より家, をむい, を向き

1 [39件] から見, です, にある, にかけて弧線, にし, に一つ, に何やら, に向かっ, に向っ, に巻曲, に強く, に流れ出る, に熱, に進出, に長, に飛び出し, の内壁, の壁面, は緑葉, へと押し出した, へねじれ, への輻射, へプリプリ, へ出張っ, へ向く, へ向けた, へ向ける, へ引きしぼっ, へ流出, へ突, より見, より見たる, をみ, をボックス, を向いてる, を向かれる, を眺め, を見た, を見詰め

▼ 外~ (63, 0.1%)

5 の響き 2 がある, にもない, にも日本語, の得る, の用, の能事, もない, もなかつた, も存在, を顧みる

1 [38件] うとも, から何, がさて, でも沢山, なりかなり, にかぎらず, にもなかつた, にもなつ, にも分らない, にも分らん, にも目, の仕事, の個別的, の化け, の實, の手掛り, の有る, の未練, の物音, の給与, の縛らる, の肉, の色, の菓物, の響, もする, も子供達, も描い, も爲, も知らず, も知らない, も聞えなかった, も落ち, も遣わぬ, を人, を考へる, 御不足, 思ふ事

▼ 外ならず~ (60, 0.1%)

62 それは, といえ, とし, 何となれ

1 [46件] かくて, かの男子, この使命, これを, その意味, その限り先験的論理学, それが, それでは科学, ただ存在, という, というの, とせ, との意, との義, と云, と存じ候う, と解せり, と説く, やがて産業, 且つ彼等, 之を, 伊沢の, 克服され, 又そう, 名誉是なり, 坪井博士が, 実はそれ, 寔に, 技術文明の, 故にその, 故に或は之, 施為多く, 曖昧に, 根本に, 此の, 決して事實上單獨, 総じて同一, 總じ, 若し世, 英国の, 英國の, 詳言すれ, 近代劇の, 随つて閣下の, 隨つて閣下の, 魂は

▼ 外なかっ~ (57, 0.1%)

479 たの 1 た間

▼ 外~ (50, 0.1%)

2 である, の事情, の関係

1 [44件] からの干渉, が心, が本, が白, だけを強制的, との相対的関係, にはどこ, に円形, に匂う, に契丹等, に思ひ, に梅, に近く色, のところ, のベンチ, の中, の周, の器物, の塀, の天井裏, の或, の柵, の栄養, の欄干, の溝, の箱, の自然現象, の苦し, はあっ, は決して, は自殺, ひの, よりずっと, りから, りの, りは, りを, を, をなす, を持った, を棄てた, を限っ, 内囲, 及び生物

▼ 外仕方~ (44, 0.1%)

18 がない 10 がなかっ 4 が無い 3 がありません, がなかつた 2 が無かっ 1 がございますまい, ないの, のない, の無い

▼ 外~ (41, 0.1%)

2 が他, ぜ, つたで, つた樣子です, よ

1 [31件] からかまわない, からである, からな, からまだしも, がそういう, が今日, が出かけ, が吉井氏, し勝家, し風, つけな, つけのさ, つた, つたので, つたのです, ということ, というの, といふ, ときめ, と受, と思つて, と私, と考へよう, と見, ね, わ, んだ, 土浦の, 廊下の, 汝は, 私も

▼ 外ならなかった~ (40, 0.1%)

14 のである 9 のだ 3 からである

1 [14件] からであった, がそれでも, が処, が当時, が形態, ことが, ことに, という点, のでした, のです, んだ, 之に対する, 単なる批評, 形而上学的存在は

▼ 外との~ (39, 0.1%)

2 関係から

1 [37件] あらゆる條件, あらゆる生活要素, なげかひ, 両攻め, 主観的な, 二つに, 交渉は, 交通が, 出入りには, 困難に, 境には, 境の, 往き来が, 往来が, 往来には, 往来も, 水の, 流通呼吸が, 無電連絡は, 物の, 生活は, 相互関係から, 矛盾的自己同一の, 知的関係の, 結婚数四百五十二件を, 統一を, 縁組の, 罪を, 聯絡を, 複雑な, 調和を, 軽侮や, 通路には, 釣合が, 間の, 関係という, 顔は

▼ 外へと~ (38, 0.1%)

3 出て 2 跳ねた長い, 飛び出した

1 [31件] いっては, お玉を, かつぎ出されましたが, のがれ去った, はじき出して, やって来た, ハミ出し, 伸びる力, 動員する, 去りゆくを, 向いて, 向つて, 奪ひ去る, 押して, 敵を, 求められて, 流れて, 眼を, 織田徳川の, 自分の, 行く傾向, 見送って, 誘い出さずには, 転落した, 迫って, 追いかけたが, 追い立てた, 逃げ出して, 道を, 駈け出した, 高級複雑な

▼ 外~ (38, 0.1%)

5 に見え 2 の山, の母, も可笑しい

1 [27件] で見, で見れ, なり, にし, につく, にはいつ, にはともかく, には強く, には心, には心配, には松子さん, には阿片, にも可, にも君, にも帰省, にも笑止, にも羨ましい, に留らない, に笑, に羨む, に見れ, の丘, の夏, の祖父, の空, は我が, を出で

▼ 外~ (36, 0.1%)

3 の方 2 の菩提樹

1 [31件] かどっち, では光, といい, との境, と仕切っ, にはさっき, には子供, には毎年, に向った, に日暮れ, に通ずる, に面し, に面した, のかの, のベンチ, の先, の噴水, の林, の植込み, の間, の黒土, ばかり巡っ, へ出, へ出ろ, へ跳びおりた, まで引い, を啼い, を歩かせられ, を見廻らせる, を通りまし, 見廻りの

▼ 外~ (36, 0.1%)

4 を着け 2 のセル, の下

1 [28件] でその, とを借り, とを揃え, と装飾, なぞを着け, には厚く, にほんとう, に包み, に押しつける, の奇妙, の折り目, の袖, の裾, の長い, は左腰, も裏衣, をそろえた, をはぎ去った, を以つて, を剥ぎ去, を吊り, を擦り切る, を着, を着けた, を纏う, を裂き, 吊りを, 吊り及び

▼ 外~ (35, 0.1%)

2 に備

1 [33件] があった, が日本, とせられ, と内憂, と戦っ, と通じ, に備える, に内通, に屋島, に笑われ, のうかがう, の取り扱い, の國, の威勢, の征, の応接, の情態等相, の手, の脅迫, の軽侮, の防寨関, の防禦, を屠る, を悪, を打ち懲らした, を拒絶, を討つ, を軽蔑, を駕馭, 御処置振, 御親征, 愈跋扈せり, 腥

▼ 外ずし~ (34, 0.1%)

2 つ, て気分

1 [30件] た, たという, たよう, てあった, てありましょう, てしまいました, てす, てやおら, てわたくし, てツルリ, て何, て先方, て先生, て去りました, て向う, て御, て扉, て手, て打ち解けられた, て掌, て渡す, て私, て落ち込ん, て見, て馬鹿, でもする, ながら亭主, ながら茶の間, の出来る, もしない

▼ 外~ (33, 0.1%)

10 の刺戟 5 のもの 2 の患者, の高等

1 [14件] である事, の, のみなる, の一大衝動, の三宗教, の傳, の刺戟中, の勢力, の印象, の形, の惡思想, の技, の異, の要求

▼ 外からも~ (32, 0.1%)

3 内からも

1 [29件] これを, こんな聲, たらせられるらしい侏儒, わかりやすい, 一つで, 一人の, 中からも, 二三人這入っ, 仰がれる, 來る, 侵されぬやう, 侵されぬよう, 入れるの, 内部からも, 咲かされた, 少しずつ, 崩れて, 想像された, 攻めて, 有名な, 直ぐ答, 聞くが, 自分の, 若い男, 見える, 起りません, 鍵が, 頼んで, 馬賊が

▼ 外國語~ (32, 0.1%)

2 に通じ, の出來

1 [28件] だ, であり而, であるとて, でも日本語, でも聞い, で歌, ならむのうたがひあり, にし, に譯語, の一つ, の不規則, の中, の學習, の教科書, の武器, の説明者, の起り, の起原, の音譯, は今日, を取りいれる, を學ぶ, を日本語, を濫用, を習得, を聽, を譯, 及び文學

▼ 外~ (30, 0.1%)

2 の柱

1 [28件] からは港, から舞台, がいつの間にか, が廻らし, だけ残つて, で何, にいた, には種々, にハンケチ, に面し, のアペレテフ, の前, の古びた, の小さな, の廂, の沓, の煉瓦, の諸, はかかる, は氷, へあがる, へむかっ, へ出, や小, や樹皮, や窓, をま, を巡ったなら

▼ 外~ (30, 0.1%)

2 と本質, の形式

1 [26件] から察した, が一應我等, が正しく, が精神, が鏡, と實質, なぞはとりつく, に於, に於ける, に迄現れる, のやう, の人間, の差別, の類似, はいつ, は平和, は變, は重層, も人, をさ, を呈する, を維持, を與, を見せ, を變化, を除き去られる

▼ 外~ (29, 0.1%)

2 を眺め, を見る

1 [25件] からうける, が一層, であった, とその, と何, には三鞭酒色, に吸いよせられ, に接し, に於, に目, のみを歌っ, の夕, の見える, の軟かい, は優しく柔かく, は冬, も打, をその, を余り, を叙, を叙す, を描寫, を眺める, を覗い, を貪り得る

▼ 外~ (27, 0.1%)

9 やない 7 やございません 3 や御座いません 2 やありません, やね, やねえ 1 や五月, や無い

▼ 外ヶ浜~ (27, 0.1%)

2 に於い

1 [25件] だけとも限らず, ではたいがいうんざり, ではやりきれない, で荒, というところ, と呼ばれ, にあり, に在りし, に平館, に於ける, に流され, の中央部, の宿屋, の昔噺, の案内者, の沙漠, の砂漠, の誇り, の部落全部, はいい, へ出る, へ来, へ追い落す, まで号令, を北上

▼ 外~ (27, 0.1%)

4 古と 2 代表の, 兵越境事件に, 古に, 古の, 古軍

1 [13件] からサハラ沙漠, かザバイカル区, の日本人捕虜収容所, の満, の猛烈, へまであるいは, 古へ, 古を, 古境, 古西吹きあげ, 古進出ニ押サレテ日本, 古雪, 方面より

▼ 外なき~ (26, 0.1%)

2 なり, に至ら, のみと顧, は明白, 身の

1 [16件] がごとくし, ことである, ことを, なり我名, に至, に至らん, に至り, に至ります, はかえすがえす, をいへり, を信じ, 事柄覺悟する, 二つの, 思ひ寐, 身の上と, 運命である

▼ 外なし~ (26, 0.1%)

3 と雖 2 と主張

1 [21件] されどつれなき, だ, で正確, と, とせ, と云い合い, と云う, と余, と思った, と書か, と考え, と考えた, と観念, と遣込め, など, 何を, 吾今多くを, 小説でも, 恥知らずを, 愚を, 爰に

▼ 外からでも~ (24, 0.1%)

2 格子が, 楽に, 開くこと

1 [18件] いいあの, そつくり格子が, わかった, 入つて來, 可い, 堺町の, 明らかに, 突き開けられるよう, 簡單に, 部屋に, 釘が, 釘一本で, 錐か, 開くだらうやつ, 開くの, 開けられます, 開けられると, 飯島の

▼ 外への~ (24, 0.1%)

4 聞えも 2 衝動によって

1 [18件] あいず, お泊り, お義理, ご歩行, ぬけ道, はけ口を, ふとした投影, 出入り口が, 出入り口を, 出口へ, 動きにおいて, 急追撃, 慢性的な, 捷路の, 秘密が, 突出を, 逃げ道を, 通路と

▼ 外曲輪~ (24, 0.1%)

1 [24件] から二の丸, との間, などの宏大, などをつつむ, に出し, に及んだ, のガタガタ, の一部, の厩, の口, の城壁, の塀, の御, の新, の方, の普請場, の林, の玄関, の番卒, の薪倉, の闇, も内, をふみこえ, を破り

▼ 外~ (23, 0.1%)

10 方を 3 国の 2 ぽを, 方から 1 ぽの, 国までも, 宮, 宮の, 方に, 方へ

▼ 外として~ (23, 0.1%)

2 この

1 [21件] かくも, このよう, その水準以上, もしそうと, よしや其試験, 与えられるとは, 今は, 今回は, 単にこれ, 吾, 大新聞, 扱うつもり, 新たに, 残るところ, 注意すべき, 犯罪といふ, 白河夜船を, 私などが, 突き当りを, 置いて, 置きたいもの

▼ 外~ (22, 0.0%)

1 [22件] がじつに, がとれた, がまだ, が出来た, にはやはり, に包まれ, の修飾, の厚い, の硬度, の観念的, の鈴, はうすい, は何分, への刺戟, をかたく, をきたえる, を伸張, を噛み破る, を構成, を破っ, を破った, を被っ

▼ 外ながら~ (21, 0.0%)

2 もう一度見たい, 拝見し, 自分を, 貪り求めて

1 [13件] お眼, そのおせっかい, そのおせつ, ともかくも, 出羽の, 喬之, 後見の, 慇懃に, 染之, 白眼んで, 知って, 知つてゐる, 能登守や

▼ 外ならざる~ (21, 0.0%)

4 のみ, を 2 を皇帝, 也 1 がごとくなりき, と自覚, に至る, をや, を発明, を知り, を知るべし, 可し, 旨繰返し

▼ 外において~ (21, 0.0%)

1 [21件] ありました, あるじの, ある水差, いわゆる, くださいませ, さかいに, そこの, である, どれほど, なされた登録, 世話する, 塀の, 天皇に, 我がまま跋扈を, 斬れ, 正成は, 武器と, 消滅し, 滅するとともに, 行なわれる, 顧みるもの

▼ 外にまで~ (21, 0.0%)

2 洩れて

1 [19件] たかって, べっとりと, 小作百姓の, 張番を, 拡がり私, 持って, 洩れそう, 洩れた, 洩れ伝わりました, 洩れ聞えて, 溢れた形, 溢れみんな, 燃え上らないセンチメンタリズム, 移さねば, 立場を, 聞えたので, 聞えるよう, 訪れて, 迫って

▼ 外ばかり~ (21, 0.0%)

7 眺めて 4 見て 3 氣に 2 気に 1 でないこと, 姿を, 見るん, 見上げて, 賑で

▼ 外桜田~ (21, 0.0%)

3 のお 2 の弁慶堀

1 [16件] から姿, に相馬, に近い, の堀, の大岡様, の大岡越前守, の戸田邸, の方角, の板倉家, の毛脛屋敷, の藩邸, の邸, の鍋島さま, の黒田家, へかかっ, へぬける

▼ 外~ (21, 0.0%)

2 の下

1 [19件] が両分, が乗っ, が開いた, だけを取っ, として纏う, と筒袴, などをまとう, にお, に蔽, に隠れたる, に青白, は飴, をあげ, をかぶっ, をつき破る, をまとう, を何, を切, を外

▼ 外なら~ (20, 0.0%)

3 んと 2 ざるが, ないし, んといふ

1 [11件] ざるも, し, で六尺, ないしその, ないといふ, ないなら, ば何, む, んあんたの, 故, 知らん顔し

▼ 外~ (20, 0.0%)

1 [20件] かよしや, から後妻, がある, で川上, で無し, として暮さなけれ, となりし, となれる, とはどう, ならば, のよう, の如く致し, の子, の子五郎左衛門, の方, の腹, をなさる, を二人, を持っ, を蓄

▼ 外~ (20, 0.0%)

3 れの 2 もいない, も知る

1 [13件] にも他, にも出来なかつた, にも書斎, の爲, もいなくなった, もゐなかつた, も入っ, も見えない, も難し, も飲む, よりも一番, れにも, れも

▼ 外なかつた~ (19, 0.0%)

3 のだ

1 [16件] あゝ, いよ, からで, が困惑, が太子薨去後, けれど明るい, それが, であらう, といふ, ので, のであらう, のであります, のである, 幸に, 白樺が, 私は

▼ 外~ (19, 0.0%)

1 [19件] なし, に仕方, に何等, に望, に比すべき, に道, の三方, の何物, の学課, の店, の府県, の方法, の町, の者, は余, を勧化, を顧みる, 志ある, 民族に

▼ 外向け~ (18, 0.0%)

3 ている

1 [15件] つつ種彦, て, ていた, てし, てなかには, てろくろく, て反り返った, て痩我慢, て眼, て立っ, て背, て苦笑い, ながら, ながら室, ねばいられなかった

▼ 外~ (18, 0.0%)

4 の供

1 [14件] から帰った, から帰る, でみ, でも去, で留守, にいき, には二つ, に伴, に廻っ, に廻った, に廻る, のお供, を休ん, を済ませ

▼ 外である~ (17, 0.0%)

2 ような

1 [15件] か, がともかく, が北アジア, が研究者, が越中, ためか, ためかとも, ため支那巡査の, といっ, と思ふらしい, のによる, のは, のみならず, 可き, 悪沢

▼ 外とで~ (17, 0.0%)

1 [17件] 一つの, 二声三声, 二声三声問答を, 俺は, 別離を, 善悪共に, 囚人と, 引つ張, 応答する, 感銘的な, 示し合せたよう, 立ちながら, 箭と, 節子と, 話を, 踊れば, 音たかく

▼ 外にて~ (17, 0.0%)

1 [17件] およそ本書編成, お待ちくだされ, その櫃, どうぞおい, わしの, 下馬被, 家の, 實際に, 小さな声, 我を, 文學を, 殺せし者, 浅葱色の, 目指されし紳士, 見えずなりしかば, 軽き足音, 遊ぶ時

▼ 外國貿易~ (17, 0.0%)

2 のこと

1 [15件] が政府, と關係, にも行はる, によつて, に着眼, に關, の上, の取締, の港, の状勢, の結果, は一層, は歐洲人, も亦, 殊に米國

▼ 外房州~ (17, 0.0%)

3 の海 2 のあの, の海岸 1 の, のある, の千倉, の方, の洋底, の浜, の海上, の荒れたる, は裏日本, へ入

▼ 外~ (16, 0.0%)

1 [16件] せきは, 喜びだ, 夏は, 待兼ねだ, 得意にて, 悦びで, 歩きに, 氣に, 用ゐ, 目附列座で, 耻し, 若は, 説教で, 調べに, 長屋じゃが, 長屋を

▼ 外じゃ~ (16, 0.0%)

2 ございませんが, ないが, ねえが 1 ございません, どうだ, ないお前, ないかしら, ないがな, ないさる, もっともっと何, 有りませんが, 立って, 落しても

▼ 外なく~ (16, 0.0%)

1 [16件] ここにも, して, そして現代, て其人一人, なった, なったが, なつた, なつたの, なつて, 一ヶ所で, 候と, 凡そ斯, 寝て, 若し労働者, 蓋し當時, 衣食を

▼ 外廊下~ (16, 0.0%)

1 [16件] からは森, から下, から芝生, があった, にでました, に何, に出た, に出る, に白い, のマット, の支柱, の暗に, の石柱, へ出よう, を抜け, を通り過ぎ

▼ 外までも~ (14, 0.0%)

2 出て, 聞くか 1 なほ続い, 今日の, 付いて, 傅はりて, 凜, 奔浪畳波が, 聞えて, 脱出した, 這わせて, 飛び出さなければ

▼ 外~ (14, 0.0%)

2 信心で

1 [12件] 一同, 他事無, 側御用達を, 婦人高山に, 小姓が, 心配なされ, 感心遊ばされ, 料理という, 案じ被, 立腹で御座います, 繁昌だ, 臺所町の

▼ 外早く~ (14, 0.0%)

1 [14件] お縫, その上, て辰刻半, も電車來, やつて, 三月十三日に, 出来上, 埒が, 曲者の, 濕した, 片付いて, 片附きました, 目星が, 運んだ

▼ 外~ (14, 0.0%)

6 之候 2 かつた, 御座候 1 一事, 之もの, 致方儀と, 覚束儀も

▼ 外南部~ (13, 0.0%)

1 [13件] から蝦夷, では今, などには白い, なども同じ, の大畑, の奥戸, の宇曾利山, の東通村, の松ヶ崎, の正津川村, まで出る, や津軽, を去った

▼ 外~ (13, 0.0%)

1 [13件] が廻ります, にふれる, に十六時間, に當, に白い, に觸, のなか, の中, の廻る, の發露, の輕いも, を吸, を求め

▼ 外いろいろ~ (12, 0.0%)

1 [12件] おもしろい仕掛, とご, なもの, なタッチ, な夢, な絵, のもの, の事, の信ずべき, の原因, の役得, の感情

▼ 外での~ (12, 0.0%)

1 [12件] 出来事から, 切羽詰まった態度, 勤労が, 友人同志の, 多勢の, 對應だ, 普通の, 様子を, 災難を, 為事は, 献扇事件は, 用事を

▼ 外~ (12, 0.0%)

2 縁の 1 おまへん, つて見る, ないむろん, 上に, 中門に, 事務室には, 内で, 庇の, 石室の, 祭壇の

▼ 外よりは~ (12, 0.0%)

3 手も 2 月の 1 ない, 内に, 列強の, 利分を, 家の, 悪僕二人, 樂の

▼ 外~ (12, 0.0%)

1 [12件] がつい, が処々, が半分夢, ともう, なぞは, のあかり, の描く, の明り, の消され, の滲みいれ, を消す, を発見

▼ 外色々~ (12, 0.0%)

2 のもの 1 ありました, な名刺, な小さい, な探偵小説, な料理, な証拠, のお, の事業, の拵え方, の物

▼ 外遠く~ (12, 0.0%)

1 [12件] から射し透っ, に屯, に幸福栄耀, の形勢, の要路, は, へ逃げる, へ遮二無二, 何にか, 攘ふ, 海の, 翔りて

▼ 外この~ (11, 0.0%)

1 [11件] 中二階から, 人は, 人も, 写生文をも, 十二月には, 和歌仲間へも, 場合何も, 大軍に, 家には, 教國の, 気の

▼ 外でした~ (11, 0.0%)

3 がその 1 がそれ, が伊八, が併, が重ね, と思う, のが, ので覚明, よ

▼ 外とに~ (11, 0.0%)

1 [11件] ありました, くりひろげられて, とぐろを, のこされて, ひきおこされたあらゆる, ヨーロッパ精神と, 分れ外, 差別する, 静かな, 騒動が, 鳴り響く

▼ 外何物~ (11, 0.0%)

2 もない 1 もありませんでした, もあるまいで, も無し, も発見, も肌, も能, をも与えない, をも感じまい, をも見ぬ

▼ 外光線~ (11, 0.0%)

2 でも送る 1 が足元, でもよく, で撮った, と言う, のひも, の影響, を一番, を出す, 第二

▼ 外生活~ (11, 0.0%)

2 に触れ 1 が出来, だけを臚列, と勞働, に於, に著しく, の歴史家, は早く, は滞り, 共に知らず

▼ 外ずれ~ (10, 0.0%)

1 ていた, ていったい, てしまった, てすっかり, てまた, て上松, て貴女, な非常識, はかならず, を

▼ 外という~ (10, 0.0%)

1 ものを, 僧が, 先生の, 友の, 奴は, 意味な, 真理に, 考えを, 規定に, 諺も

▼ 外に対して~ (10, 0.0%)

1 あくまで強硬, 国民の, 国民的特立および, 常にわれわれ, 戦うため, 戦争として, 昂然と, 民族的利己心を, 藩閥を, 護って

▼ 外よりも~ (10, 0.0%)

1 あの広い, また内, 余程繊細, 内に, 危機に, 寒いくら, 寒いくらい, 或いはここ, 暖かい空気, 遠く離れ

▼ 外~ (10, 0.0%)

3 の道 2 の法 1 であった, という, には魔法, の意味, を内

▼ 外國船~ (10, 0.0%)

2 の形 1 でその, などに覺, に積み込まれた, に貢舶, の來航, の出入り, の取締り, の足場

▼ 外~ (10, 0.0%)

2 は塗, 御袋 1 だけが燃え尽き, と中箱, にも屡々, の中, を壊し, を造り

▼ 外~ (10, 0.0%)

1 からの攻撃, から密輸入, がもたらした, が新しく, さわぎで, と交易, における効用, の阿, を侵掠, を購入

▼ 外だった~ (9, 0.0%)

2 のでしょう, 様子です 1 というの, のか, のです, ような, んでゆっくり

▼ 外とを~ (9, 0.0%)

1 かためました, 区別し, 区別してる, 同時に見, 固めること, 境し, 気遣うよう, 距てて, 隅から

▼ 外においては~ (9, 0.0%)

1 おそらくは無, ならない, ならないの, 唐との, 外国の, 恐らくは無, 物体の, 物體の, 絶對者も

▼ 外向き~ (9, 0.0%)

1 なり, につい, にひろげる, に両手, に矢印, に腰かけ, の御, の海岸, は実に

▼ 外~ (9, 0.0%)

1 にかかる, に向っ, の尖端, の方, の波, の空, の罪人, の風景, 或は西伊豆

▼ 外無い~ (9, 0.0%)

2 のである 1 から旨く, でせう, と思ひまし, と思ふ, のだ, 島そして, 部屋の

▼ 外確り~ (9, 0.0%)

3 して 2 者らしい 1 ものらしく, 者だ, 者で, 者らしく

▼ 外神田~ (9, 0.0%)

2 に住ん 1 から巣鴨, に地蔵ヶ池, の加賀屋, の明神下, へ飛ん, をうろ, をうろうろ

▼ 外~ (9, 0.0%)

1 が平生, が数寄屋河岸, には自分, には致し方, の舌, はまだ色々, は當時之, は私, より三つ四つ年長者

▼ 外です~ (8, 0.0%)

1 から, から自分, が万一, が大, が平次, とか云った, よ, よ親分

▼ 外とは~ (8, 0.0%)

1 いいながら, いえない, ちがって, 交渉が, 全く違った, 申しながら, 違いまして, 違い山口屋善右衞門さん

▼ 外ならざれ~ (8, 0.0%)

4 ばなり 1 ども一, ば不悪御, ば忽, ば此彼

▼ 外ならなかつた~ (8, 0.0%)

2 からである 1 しかし浅薄, であらう, のだ, のである, のでした, 為で

▼ 外へでも~ (8, 0.0%)

1 出た様子, 出て, 出ましたもの, 出る了簡, 友達が, 向けなければ, 逃れて, 飛び出したもの

▼ 外まだ~ (8, 0.0%)

2 幾つと 1 二三の, 何か, 彼の, 数多くあつた, 確める, 薄穢い

▼ 外何等~ (8, 0.0%)

2 の意思, の新, の目的 1 の変化, の技倆

▼ 外八文字~ (8, 0.0%)

1 がみんな, ではありませんでした, にひらい, にゆうべ, に踏, は案外, は私, も狐

▼ 外~ (8, 0.0%)

1 が破砕, であります, と同じ, にさす, に密着, の両側, を一瞥, を撫で

▼ 外別伝~ (8, 0.0%)

1 さ, であるならば, に附す, の極地, の概, の標榜, を標榜, を説く

▼ 外國車~ (8, 0.0%)

1 との競爭上, に追付かう, の假令模造, の如き, も内地車, より一歩, より安く, を凌駕

▼ 外~ (8, 0.0%)

1 に対する作者, に對, に對抗, に触れず, に追, を認識, を追, ノ組織セル關係

▼ 外~ (8, 0.0%)

2 の嵐, を尊敬 1 の人, の常軌, の心, は最近

▼ 外~ (8, 0.0%)

2 とに分かち, とはその, より生ずる 1 と外界, のいかに

▼ 外~ (8, 0.0%)

2 への一個処, への一個處, へはいかにも 1 とに集中, へだけは大きい

▼ 外致し方~ (8, 0.0%)

1 ありません, がありません, があるまい, がない, ない, ないと, なし, はない

▼ 外ありません~ (7, 0.0%)

21 からその, が政府, よ私, ネ, 新年早

▼ 外これ~ (7, 0.0%)

2 といふもの 1 と云つて満足, と言っ, はいかなる, まで米殻輸出, を植え

▼ 外~ (7, 0.0%)

2 一座は 1 うか, に何ん, に驚いた, へ出る, 土は

▼ 外ずす~ (7, 0.0%)

1 ことじゃ, とずんと, とたんに, と一時, と縦一すじ, のだった, のを

▼ 外なお~ (7, 0.0%)

1 二児の, 広く民間, 有名なる, 東京の, 階行社, 静の, 靜の

▼ 外にと~ (7, 0.0%)

3 止めぬ 1 かたく御, ぼんとして, 申しますと, 貨幣の

▼ 外ばかりを~ (7, 0.0%)

2 眺めて, 見て 1 ぼんやりと, 睨めて, 縫つてゐる

▼ 外一名~ (7, 0.0%)

1 がこれから, が代表, であった, の代表, の方, を東京, 又大学側

▼ 外三十里~ (7, 0.0%)

1 に陣取った, の地, の彼方, の野, ほども来る, まで出迎え, まで迫った

▼ 外十里~ (7, 0.0%)

2 の地 1 の北方, の彼方, へ寄せ, まで見送った, まで迫っ

▼ 外~ (7, 0.0%)

2 恐るべく悲しむべき夜叉相 1 その人, 他意なき, 何の, 支那政府の, 更に國君

▼ 外國商人~ (7, 0.0%)

1 が, の多, の通商, は主として, は勿論, は多くここ, を一般

▼ 外~ (7, 0.0%)

1 とセイヌ河, にぴったり, は古い, や電柱, を, を乗り越え, を捕手

▼ 外~ (7, 0.0%)

1 が常識的, とが平行, に任, に対する内官, の対象, の形式, も亦

▼ 外~ (7, 0.0%)

2 と内乱 1 で大きな, の傷手, ひとたび開か, をくりかえし, をばなすべからず

▼ 外日本~ (7, 0.0%)

1 あるを, には各地, の土地, の画, の美術, の近海, 及び大阪

▼ 外曾祖父~ (7, 0.0%)

1 から伝えられた, が或, というの, というは決して, の家, の遺物中, は前

▼ 外果皮~ (7, 0.0%)

2 中果皮 1 でこれ, と中, には多数, に連なり, は繊維質

▼ 外~ (7, 0.0%)

1 で大きな, なので, に入りつけない, に行く, に這入, へ行, もある

▼ 外~ (7, 0.0%)

1 一子金十郎が, 二人の, 八首ある, 六首が, 勝田諸, 左の, 東京の

▼ 外発的~ (7, 0.0%)

2 である 1 という, という意味, とは外, のもの, の開化

▼ 外~ (7, 0.0%)

1 が中原, に臨んだ, の国, の盛ん, の風, の風俗, は大体

▼ 外ある~ (6, 0.0%)

2 可から 1 ことなし, べらから, 動物又は, 色ならぬ

▼ 外~ (6, 0.0%)

1 さなく, それから闇, それとも内, どつち, 分からぬ, 壁の

▼ 外~ (6, 0.0%)

4 方を 1 側を, 方に

▼ 外としても~ (6, 0.0%)

1 二つの, 差支ない, 情操文学が, 社が, 私は, 草津の

▼ 外~ (6, 0.0%)

1 出る必要, 出タガラナイ, 引イテ見, 越ソウト思ッテ右京ノ, 遊ビニ行ッタラバ南平ニ出先デ, 露出シタ

▼ 外一人~ (6, 0.0%)

2 の人影 1 の所有, の者, もこの, をよび出し

▼ 外一切~ (6, 0.0%)

2 の事 1 のクリスト教, の書, の科目, 近づき前

▼ 外作戦~ (6, 0.0%)

1 ということ, にひっかかっ, にひっかからない, にひっかかり, にひっかかる, をやらない

▼ 外別に~ (6, 0.0%)

1 一種の, 五銭なる, 個物の, 妙手段も, 播種し, 英語の

▼ 外國文學~ (6, 0.0%)

1 がその, には見られない, に對, に關, の影響, の留學生

▼ 外國製衣類~ (6, 0.0%)

1 であると, の使用, の全部, の好尚, は全部破棄, を棄て

▼ 外~ (6, 0.0%)

2 の事情 1 からの干渉, からの賜物, が三方, の關係

▼ 外~ (6, 0.0%)

2 を整 1 となる, に表, はとにかく, を含ん

▼ 外悉く~ (6, 0.0%)

1 主人が, 堙滅さると, 字を以て, 攘夷, 敵地である, 暇を

▼ 外~ (6, 0.0%)

1 その郷里, なを, むかしの, 出発だ, 必ず辮髮, 早世した

▼ 外~ (6, 0.0%)

1 が直ちにばったり, に, にかけて三日月形, には紅, にひらひら, にぶら下っ

▼ 外~ (6, 0.0%)

1 にまで臨もう, の又, の王達, の質子, をくじく, を圧迫

▼ 外あるまい~ (5, 0.0%)

1 が相手, といふ, と思はれる, ね, よ

▼ 外しかた~ (5, 0.0%)

4 がない 1 がなかつた

▼ 外とから~ (5, 0.0%)

1 たたまっ, 一度に, 二六時ち, 考えられる課題, 見て

▼ 外どこ~ (5, 0.0%)

1 かへ行った, でもあなた, でも差支, にも異状, へも寄らない

▼ 外なりし~ (5, 0.0%)

1 を何より, を唄, 世界を, 事なり, 頭を

▼ 外なれ~ (5, 0.0%)

3 ば詮 1 そのかみの, ど心

▼ 外にばかり~ (5, 0.0%)

2 出て 1 ゐて, 出たがるから, 茂りたれば

▼ 外にゃ~ (5, 0.0%)

1 ありゃァし, これぞと, どう考え, 広い江戸中, 用の

▼ 外に対しては~ (5, 0.0%)

1 これほど, 一国である, 乱暴無, 卑屈これ事と, 頭から

▼ 外へなんか~ (5, 0.0%)

1 出かけられる, 出なかったから, 出られやしませんよ, 出られるもん, 出ると

▼ 外へまで~ (5, 0.0%)

2 出て 1 お来させ, 溢れる季節, 足を

▼ 外~ (5, 0.0%)

2 はりの 1 はりに, はりを, はり壕を

▼ 外また~ (5, 0.0%)

1 他意ある, 何の, 役者似顔の, 数箇の, 花鳥を

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 あらわれ我, あるべからず, 少シ考ガアッタンダガ, 懸ル, 新タニ印度人支那人朝鮮人

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 廊下ニ出, 廊下ヲウロツイテイルノハ予モオカシイ, 御車寄デアッタ, 結構, 薬ハナイカナ

▼ 外二人~ (5, 0.0%)

1 とそれから, とギニヨル座, の兵隊, の日本人, の青年

▼ 外何一つ~ (5, 0.0%)

1 待受けて, 申し立てない, 考えたこと, 聞えない静寂さ, 花々しい長襦袢

▼ 外何処~ (5, 0.0%)

1 でこういう, でも差支, にも家財, に身, まで行き

▼ 外台秘要~ (5, 0.0%)

1 が既に, と云, に出で, を講じ, を講じた

▼ 外向ける~ (5, 0.0%)

1 と幾分, と真面目くさつ, ように, 場所が, 程だった

▼ 外國製布~ (5, 0.0%)

2 を破棄 1 との交換, の使用, を用

▼ 外土地~ (5, 0.0%)

1 から來, にはざら, のあたし, の人, は嫌

▼ 外~ (5, 0.0%)

2 の歴史 1 から出, といふ事, へ行

▼ 外小さい~ (5, 0.0%)

2 火事は 1 いろいろの, 庇の, 路地を

▼ 外心配~ (5, 0.0%)

2 したが, 罷在 1 致され両

▼ 外~ (5, 0.0%)

2 すら今や漸く, の支持 1 をたのむ

▼ 外~ (5, 0.0%)

3 の村 2 の村どうし

▼ 外決して~ (5, 0.0%)

1 どこへも, 他に, 他意ない, 口を, 食事に

▼ 外糀町口~ (5, 0.0%)

3 の木戸 1 のあたり, をとおった

▼ 外美術品~ (5, 0.0%)

1 に移しおきたる, の吟者讀者, の成る, は吟者讀者, は客觀實

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 が入っ, が控え, が誠実, にたいして平然と, に対して戒心

▼ 外自分~ (5, 0.0%)

1 が誰, には新しい, の党, の小遣い, を眞正

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 との関係, には日本天皇, に対しての関心, の人, の通商

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 に住ん, のいわゆる, は緩く, ばかりで, へ力まかせ

▼ 外~ (5, 0.0%)

2 のない 1 がない, がなくなった, はない

▼ 外~ (5, 0.0%)

1 がありません, がない, がなかっ, がなかつた, ともなく

▼ 外あたり~ (4, 0.0%)

1 ではしきりに, で次, には何物, に六波羅

▼ 外い出る~ (4, 0.0%)

1 ことなら, どこや, のが, 訳に

▼ 外からと~ (4, 0.0%)

1 下からと, 働きながら, 考えても, 鍵を

▼ 外からばかり~ (4, 0.0%)

1 來る, 描かれて, 磨くお湯, 遠巻

▼ 外じゃあ~ (4, 0.0%)

2 ない 1 おいら一人の, 話が

▼ 外その~ (4, 0.0%)

1 伝記甚だ, 侮を, 家屋も, 意を

▼ 外っぽ~ (4, 0.0%)

3 を向い 1 を向いた

▼ 外づれて~ (4, 0.0%)

2 居るもの 1 大いに降る, 居る伊賀

▼ 外であった~ (4, 0.0%)

1 がまた, ことを, という, 前の

▼ 外なから~ (4, 0.0%)

31

▼ 外なぞ~ (4, 0.0%)

2 幾分か 1 から帰っ, へは出なさらぬ

▼ 外なに~ (4, 0.0%)

1 もなかっ, もなかつた, もなし, も空中

▼ 外ならざるなり~ (4, 0.0%)

2 我輩は 1 然れ, 而し

▼ 外なんか~ (4, 0.0%)

2 見なかった 1 いっさいそれに, 見て

▼ 外のけ~ (4, 0.0%)

2 はいに, はいを

▼ 外はいちめん~ (4, 0.0%)

4 のうつくしい

▼ 外へさえ~ (4, 0.0%)

3 出れば 1 出なければ

▼ 外へばかり~ (4, 0.0%)

2 出て 1 出たかったに, 出たが

▼ 外までは~ (4, 0.0%)

1 たしかに, 届かなくとも, 転げ出さないで, 難なく脱出

▼ 外をも~ (4, 0.0%)

1 ふり向かずに, 歩いて, 眺めると, 見ず母さま

▼ 外ヶ浜街道~ (4, 0.0%)

1 に到り, はその, をバス, を一時間

▼ 外三名~ (4, 0.0%)

1 から, が甲斐, の質問, は早く

▼ 外二名~ (4, 0.0%)

1 の手, の男たち, の齋女犯戒, 及び同志

▼ 外何事~ (4, 0.0%)

2 をも見聞 1 も感じなくなっ, をも知らず

▼ 外使~ (4, 0.0%)

1 に使う, はなかつた, は遲, ひにくい

▼ 外~ (4, 0.0%)

2 氣で 1 氣に, 護寺院二番原に

▼ 外全く~ (4, 0.0%)

1 想像し, 蕭散として, 解くべき何, 詩論らしい

▼ 外~ (4, 0.0%)

2 に自ら 1 に御, の名称

▼ 外~ (4, 0.0%)

4

▼ 外劃的~ (4, 0.0%)

2 な線 1 な助け太刀, な大き

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 した精神, し之, する祕義, とか主観的

▼ 外嚴重~ (4, 0.0%)

1 でもし, でビク, で外, で引手

▼ 外國婦人~ (4, 0.0%)

1 と見, などにはこれ, の事, の夜

▼ 外國文~ (4, 0.0%)

1 と支那文, もて認めたる, を綴る, 直譯體

▼ 外國産~ (4, 0.0%)

1 であるべきは, の奴隷, の植物, の綿

▼ 外國製~ (4, 0.0%)

1 のレイス, の布, の絲, の羅紗

▼ 外多く~ (4, 0.0%)

2 の人達 1 のもの, は職人

▼ 外存的~ (4, 0.0%)

1 にたとへば, になつ, に沒我的, に考へる

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 が行器, の字, の宛て字, は所謂猫足

▼ 外彼女~ (4, 0.0%)

1 の権幕, の気, の里, はその

▼ 外~ (4, 0.0%)

2 た何等, た彼

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 おくれに, ごえ, の屆, へ廻つて窓

▼ 外手輕~ (4, 0.0%)

1 に下手人, に平次, に拔, に掴まりました

▼ 外更に~ (4, 0.0%)

1 かかる惡逆者, これらの, 古いところ, 殺人

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 から下っ, だが, の中, はこの

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 に生茂る, の方, の真向ひで, はこれ

▼ 外~ (4, 0.0%)

2 を作っ 1 ぐらい作っ, を造っ

▼ 外楼君~ (4, 0.0%)

1 から桂子さん, が突然, と同道, に感謝

▼ 外歩き~ (4, 0.0%)

1 の記者たち, も源氏, も自由, をし

▼ 外~ (4, 0.0%)

2 の所有 1 が身分相応, は存外

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 その法, と同じ, に伝えた, を憐重

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 さすべき象徴, ということ, の勢力, は時

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 が少し, の昂, をきりきり, を引き下げられ

▼ 外立派~ (4, 0.0%)

1 だつたやう, でずゐぶん, なのに, な家老

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 が期せ, に対して狭窄, の入, の来る

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 だけでなく, に投ぜん, に近づく, を趁

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 をまとつ, を纏つた処, を身, を軽く

▼ 外~ (4, 0.0%)

1 と結托, に対, の子, へ失い居る

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 て, 出エへん, 行て

▼ 外いちめん~ (3, 0.0%)

1 の左翼, の白, の銀世界

▼ 外いろんな~ (3, 0.0%)

1 ものが, 事に, 人が

▼ 外からか~ (3, 0.0%)

1 かつた, ぎをかけてほっておいたところその, 突然に

▼ 外からだけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 見ると

▼ 外ここ~ (3, 0.0%)

1 には何, に全, に参っ

▼ 外ずれた~ (3, 0.0%)

1 が頸, 深閑と, 面構えである

▼ 外ずれる~ (3, 0.0%)

1 と北野, と彼女, ように

▼ 外それ~ (3, 0.0%)

1 が好物, は住, は先日

▼ 外であり~ (3, 0.0%)

2 外なる 1 田は

▼ 外であろう~ (3, 0.0%)

1 と宿, と思います, と思う

▼ 外でし~ (3, 0.0%)

1 きりと, ている, て三時過ぎ

▼ 外でない~ (3, 0.0%)

1 が船中, 今華盛頓, 密教の

▼ 外とが~ (3, 0.0%)

1 一つである, 一つの, 相呼應

▼ 外ならす~ (3, 0.0%)

1 故に, 是れ, 葢し

▼ 外ならないであろう~ (3, 0.0%)

2 から 1 ただ人々

▼ 外にては~ (3, 0.0%)

1 こ, 又叩く, 窈窕として

▼ 外にのみ~ (3, 0.0%)

1 あるの, 走って, 走りて

▼ 外に対する~ (3, 0.0%)

1 ときは, 場合にも, 点においては

▼ 外ほとんど~ (3, 0.0%)

1 全国の, 日本の, 衣食に

▼ 外やさしい~ (3, 0.0%)

2 處が 1 処が

▼ 外わたくし~ (3, 0.0%)

1 の手元, は三つ, は今一つ此

▼ 外サン・ジェルマン~ (3, 0.0%)

1 のデュノー街三十三番地四階, の自分たち, の辺鄙

▼ 外ツ方~ (3, 0.0%)

1 に逸らした, を向い, を向けた

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 散歩シテイルトイクラカ不安ガ紛レルケレドモソノ散歩ガダンダン不自由ニナリツツアル, 見タラ美シイ星空デアッタガ寒気ハ凜烈デアッタ, 見タルトコロ傾斜セル山腹ガ截リトラレアルヲ

▼ 外一パイ~ (3, 0.0%)

2 に積んだ 1 に輝い

▼ 外一枚~ (3, 0.0%)

1 が破れ, が載せ, もない

▼ 外三人~ (3, 0.0%)

1 の画家, の閑人, 亦綸子金銀

▼ 外世界~ (3, 0.0%)

1 にも勝つ, に何, の各

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 しばしば屠場, の予想外, 度々お

▼ 外五十里~ (3, 0.0%)

1 の遠く, ほど進み, を遠巻き

▼ 外人間~ (3, 0.0%)

2 に信用 1 に縁

▼ 外他意~ (3, 0.0%)

2 なき次第に 1 あらざりしかば

▼ 外以上~ (3, 0.0%)

2 の成功 1 の点

▼ 外何ら~ (3, 0.0%)

1 の希望, の策, の説明

▼ 外何ん~ (3, 0.0%)

1 の役, の物音, の餘念

▼ 外何人~ (3, 0.0%)

1 にも示さざれ, もなかっ, も武力

▼ 外來思想~ (3, 0.0%)

1 があらゆる, で文字, の惡化

▼ 外來文化~ (3, 0.0%)

2 の影響 1 に接觸

▼ 外先生~ (3, 0.0%)

2 には当時盛ん 1 には

▼ 外光線写真~ (3, 0.0%)

1 でも撮っ, で此通り, の曲者

▼ 外全然~ (3, 0.0%)

2 藩閥の 1 理智的譬喩に

▼ 外~ (3, 0.0%)

2 る人 1 の患い

▼ 外~ (3, 0.0%)

2 も保ちたい 1 をかざり

▼ 外剛内柔~ (3, 0.0%)

1 か, である, なる態度

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 で場, の余興, の引返し

▼ 外労働~ (3, 0.0%)

1 には倍額, は二時間, を許す

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 は即, は徐春甫, を以て地方官

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 に負, もない, をしらず

▼ 外向けた~ (3, 0.0%)

1 が涙, んだ, 程だった

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 と尾張, に誘われ, の家

▼ 外和尚~ (3, 0.0%)

1 ではござりませぬ, というの, はまるい

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 である, の払底, の特色

▼ 外國貿易港~ (3, 0.0%)

1 として次第に, に指定, の一

▼ 外國軍隊~ (3, 0.0%)

1 との連絡, に發見沒收, の前

▼ 外國通辯方頭取~ (3, 0.0%)

2 となつ 1 となり

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 だけ巧み, または内部八畳, を毀し

▼ 外少し~ (3, 0.0%)

2 の空地 1 も散らない

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 いお勝手, くその, く木口

▼ 外弟子~ (3, 0.0%)

1 ひっ包めると, もあんな, も来り

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 にまかせ, の一, を痛め

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 の吹雪, の破れ屋根, の隙

▼ 外手町~ (3, 0.0%)

1 に天理教, に家, へ越し

▼ 外~ (3, 0.0%)

2 人心 1 その節お尋ね

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 の手紙, の電報, は南洋

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 した鉤, を吹くべき, 内曲

▼ 外東京~ (3, 0.0%)

2 なる大 1 には五百

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 なの, にし, の方

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 という飯館, にもすまなかつた, の下

▼ 外櫻田~ (3, 0.0%)

1 の戸田邸, の邸, の黒田家

▼ 外殿~ (3, 0.0%)

1 に出御, に揃う, の廊

▼ 外氣輕~ (3, 0.0%)

1 な性分, に引受けました, に御輿

▼ 外滑らか~ (3, 0.0%)

1 にほぐれます, に動い, に動きます

▼ 外~ (3, 0.0%)

3 方が

▼ 外特に~ (3, 0.0%)

1 ある箇条, セミチック語旧約全書の, 注意すべき

▼ 外~ (3, 0.0%)

2 だの山羊 1 は家内

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 から舎内生, が小学, となっ

▼ 外甥女~ (3, 0.0%)

1 が御, の肩, を貴君

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 から町, の方, の漁師

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 でもいたす, も巧者, をいたしまし

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 味あり, 透かせば, 透せば

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 が屆, にも竹女, も頗る

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 である, のよう, をかえ

▼ 外着物~ (3, 0.0%)

1 と食料, に取, は随分

▼ 外~ (3, 0.0%)

2 つてるもの 1 つたところ

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 かで佛作つて, やかで, やかな死顏

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 が立ちます, が通ります, の立つた

▼ 外簡單~ (3, 0.0%)

1 に埒, に答, に開け

▼ 外綺麗~ (3, 0.0%)

1 であんなに, で吉之助, に掃除

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 をなし, を冒され, を押し広げよう

▼ 外落着~ (3, 0.0%)

3 いて

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 とある, なきもの, なしと

▼ 外見る~ (3, 0.0%)

1 ことが, ことなし, と幌ひき

▼ 外見張り主義~ (3, 0.0%)

1 です, に原因, の極端

▼ 外記殿~ (3, 0.0%)

1 が殿様, の同意, は最前

▼ 外諸部~ (3, 0.0%)

1 で不幸, との交通, の国境

▼ 外質素~ (3, 0.0%)

1 で檢屍, ながら清げ, な生活

▼ 外輸出~ (3, 0.0%)

1 がむずかしく, を禁じ, を禁ずる

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 土匪が, 枝を, 見送つて行つた私

▼ 外~ (3, 0.0%)

1 に潜み居るあり, を出た, を取りまく

▼ 外重く~ (3, 0.0%)

1 して, それが, 殿樣が

▼ 外金剛~ (3, 0.0%)

1 の山々, の谿, の駅

▼ 外開き~ (3, 0.0%)

1 のガラス戸, の足, 迷路算木組みなど

▼ 外あの~ (2, 0.0%)

1 五六年以前大夫が, 宗教を

▼ 外あらゆる~ (2, 0.0%)

1 慾張る, 手段を

▼ 外いた~ (2, 0.0%)

1 しかたなく, はしく

▼ 外これぞ~ (2, 0.0%)

1 と云, と思ふ

▼ 外じゃねえ~ (2, 0.0%)

1 三百八十両返しゃ, 手前が

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 す法, そうと

▼ 外だけ~ (2, 0.0%)

1 だから, 二百枚ばかり

▼ 外だけを~ (2, 0.0%)

1 みて, 飾りに

▼ 外だの~ (2, 0.0%)

1 また夜半, 淀川堤の

▼ 外だらう~ (2, 0.0%)

1 と思つた, と思ふ

▼ 外づしたる所以~ (2, 0.0%)

2 なり蓋し

▼ 外づして~ (2, 0.0%)

1 持つて, 落すの

▼ 外でしん~ (2, 0.0%)

2 とし

▼ 外ではから~ (2, 0.0%)

2 意気地が

▼ 外でばかり~ (2, 0.0%)

1 寝て, 暮らすよう

▼ 外といふ~ (2, 0.0%)

1 友の, 禅坊主が

▼ 外とも~ (2, 0.0%)

1 いうべき邪道, 思われる辺り

▼ 外どんな~ (2, 0.0%)

1 ことを, 上等な

▼ 外なけれ~ (2, 0.0%)

2 ばなり

▼ 外など~ (2, 0.0%)

1 眺めやるその, 見るでない

▼ 外ならざりし~ (2, 0.0%)

1 なり, 四年の

▼ 外ならずされ~ (2, 0.0%)

2 ば僅少

▼ 外ならぬで~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 外ならん~ (2, 0.0%)

1 のである, ので昔

▼ 外なり~ (2, 0.0%)

1 いで富山, しなるべし

▼ 外なん~ (2, 0.0%)

1 の余念, の智識

▼ 外においての~ (2, 0.0%)

1 上である, 能登守が

▼ 外における~ (2, 0.0%)

1 これらの, 力が

▼ 外にかが~ (2, 0.0%)

1 まったま, みこんだ者

▼ 外にけ~ (2, 0.0%)

2 ぶつて

▼ 外にこそ~ (2, 0.0%)

2 住め

▼ 外につき~ (2, 0.0%)

1 出します, 落したの

▼ 外にても~ (2, 0.0%)

1 およそ一町, まったく破

▼ 外にでも~ (2, 0.0%)

1 いるよう, もれては

▼ 外にの~ (2, 0.0%)

1 乳母子の, 時あなた云う

▼ 外により~ (2, 0.0%)

1 完全な, 実りある

▼ 外に対しての~ (2, 0.0%)

1 大きなみこ, 鋭い智者

▼ 外のみ~ (2, 0.0%)

1 でなく義元, 眺め気

▼ 外はと~ (2, 0.0%)

1 みると, 思い定め

▼ 外へなど~ (2, 0.0%)

1 抜け道が, 未だ一度

▼ 外へなどは~ (2, 0.0%)

1 出られません, 絶対に

▼ 外へま~ (2, 0.0%)

2 はした

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 が茶飯, に厶

▼ 外ゆく~ (2, 0.0%)

1 人へ, 人全く

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 さ, 南風吹き

▼ 外よく~ (2, 0.0%)

1 屆い, 見ると

▼ 外よりの~ (2, 0.0%)

1 侵寇が, 無断侵入者に対しては

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 かが, か二人

▼ 外るる~ (2, 0.0%)

1 ともそれ, を知ら

▼ 外るれ~ (2, 0.0%)

1 ば子爵家, ば皆天理

▼ 外われ~ (2, 0.0%)

1 また多くその他, も

▼ 外を以て~ (2, 0.0%)

2 内を

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 ずれまで, づれまで

▼ 外ガルリア~ (2, 0.0%)

1 とゲルマニア, と内

▼ 外シテ~ (2, 0.0%)

1 斬ル, 斬ルハ

▼ 外ツ歯~ (2, 0.0%)

1 で鼻, の女中

▼ 外ポケット~ (2, 0.0%)

1 から内, に入れ

▼ 外ヶ浜一帯~ (2, 0.0%)

1 のどの, は津軽地方

▼ 外一向~ (2, 0.0%)

1 ゐない, 追憶めいた

▼ 外一番先~ (2, 0.0%)

2 に死骸

▼ 外一般~ (2, 0.0%)

1 にはその, に火山灰

▼ 外一里余~ (2, 0.0%)

1 のかん, の柾木村

▼ 外一面~ (2, 0.0%)

1 が真っ白, に流れ

▼ 外丁寧~ (2, 0.0%)

1 でした, にあしら

▼ 外丈夫~ (2, 0.0%)

1 にその, らしいな

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 のかた, までは大層

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 に迎, の人

▼ 外二三人~ (2, 0.0%)

1 がやり出し, しかない

▼ 外二三名~ (2, 0.0%)

1 が上, を除け

▼ 外二十五名~ (2, 0.0%)

1 が今, が刑法

▼ 外二篇みな紅心~ (2, 0.0%)

1 の余唾, の餘唾

▼ 外五名~ (2, 0.0%)

1 からまた, の質問

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の漢書, より以上

▼ 外今日~ (2, 0.0%)

1 まで見, もなお

▼ 外仕様~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 外他事~ (2, 0.0%)

2 なしこれ

▼ 外伊豫~ (2, 0.0%)

1 と阿波, に傳道

▼ 外余り~ (2, 0.0%)

1 着て, 見た事

▼ 外來患者~ (2, 0.0%)

1 がもう, を診察

▼ 外來種~ (2, 0.0%)

1 であるから, の色彩

▼ 外來者~ (2, 0.0%)

1 に對, の面倒

▼ 外僅か~ (2, 0.0%)

1 に他, 數尺に

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 が今更, の家

▼ 外先ず~ (2, 0.0%)

1 以て, 第一

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 収入の, 篇皆然

▼ 外八人~ (2, 0.0%)

1 の名, の舟子

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 つかしいもの, づかしい作業

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の変, を防ぐ

▼ 外別傳~ (2, 0.0%)

1 と云ふから, の禪宗

▼ 外勢力~ (2, 0.0%)

1 がこの, と絶縁

▼ 外包的~ (2, 0.0%)

1 だよ, に証明

▼ 外十数里~ (2, 0.0%)

1 のところ, まで追撃

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 が惡, の所

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の地名, 神である

▼ 外同じ~ (2, 0.0%)

1 やうに, 宇和島人の

▼ 外問題~ (2, 0.0%)

1 の八つ, の雨戸

▼ 外国力~ (2, 0.0%)

1 の進展, を唐天竺

▼ 外國傳~ (2, 0.0%)

1 に據, の大食國

▼ 外國傳來~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 外國文化~ (2, 0.0%)

1 に對, を選擇

▼ 外國渡航~ (2, 0.0%)

2 を企て

▼ 外國煙草~ (2, 0.0%)

1 からおの, をみせびらかし

▼ 外國知識~ (2, 0.0%)

1 といふもの, をもつ

▼ 外國訛り~ (2, 0.0%)

1 があつ, ではない

▼ 外國語學校~ (2, 0.0%)

1 と商業學校, の教授

▼ 外國貿易船~ (2, 0.0%)

1 と關係, の輻輳

▼ 外國軍艦~ (2, 0.0%)

1 などの機關部點檢, は一

▼ 外國輸入品~ (2, 0.0%)

1 の獨占權, は一旦

▼ 外國電報~ (2, 0.0%)

1 が掲載, に促され

▼ 外國風~ (2, 0.0%)

1 な描寫, のもの

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 に行っ, の同

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の外, も襖

▼ 外外套~ (2, 0.0%)

1 ね, を着よう

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 カラサリシ実情ニ顕ミ或, 數の

▼ 外多く賞讃~ (2, 0.0%)

2 するに

▼ 外多数~ (2, 0.0%)

1 の原因, の実業家

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 属少, 膽不敵な

▼ 外大きい~ (2, 0.0%)

1 庭でした, 影法師にな

▼ 外大概~ (2, 0.0%)

1 は牛, は病人

▼ 外天気~ (2, 0.0%)

1 のわるい, の好い

▼ 外夷跳梁~ (2, 0.0%)

2 にたいする物価暴騰世路困難

▼ 外套預所~ (2, 0.0%)

1 のえらい, のところ

▼ 外奧行~ (2, 0.0%)

1 が深く, のある

▼ 外妊娠~ (2, 0.0%)

2 に違

▼ 外妾同様~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 が亡くなっ, の後裔

▼ 外室内~ (2, 0.0%)

1 がひどく, の装飾

▼ 外容易~ (2, 0.0%)

1 におさまる, に近づく

▼ 外寒い~ (2, 0.0%)

1 ので夜中幾度, 故自分の

▼ 外寒山寺夜半鐘声~ (2, 0.0%)

2 到客船

▼ 外寢卷~ (2, 0.0%)

2 しか拵

▼ 外小さな~ (2, 0.0%)

1 戦は, 鋼鉄砲二門と

▼ 外小綺麗~ (2, 0.0%)

1 ですが, な暮し

▼ 外少い~ (2, 0.0%)

1 ことを, なあやめた

▼ 外少く~ (2, 0.0%)

1 も三日前, 二三百しか

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 にあたる地方, の方角

▼ 外帝都~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 外座敷~ (2, 0.0%)

1 に出, の席

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 に殺, を廻つて

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 といふ, の者

▼ 外後架~ (2, 0.0%)

1 といつた, へ逃

▼ 外~ (2, 0.0%)

2 かしがり屋

▼ 外惑星~ (2, 0.0%)

1 が双, の集合

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 いの, い口

▼ 外愉快~ (2, 0.0%)

1 なもの, なるべき話題

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 と書かれる, より入り

▼ 外或は~ (2, 0.0%)

1 鉄の, 鐵の

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 から貰った, は豆腐屋

▼ 外手段~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 で防ぎました, に禦ぎ

▼ 外数名~ (2, 0.0%)

1 に出資, の千歳村

▼ 外方基部~ (2, 0.0%)

1 のところ, の処

▼ 外方法~ (2, 0.0%)

1 がつかなかった, が尽ちやつたの

▼ 外昌平橋外~ (2, 0.0%)

2 を引廻し

▼ 外明るい~ (2, 0.0%)

1 のも, 八疊で

▼ 外~ (2, 0.0%)

2 の名匠

▼ 外映画~ (2, 0.0%)

1 とを区別, の活躍

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 は見晴らし, は酸い

▼ 外春気~ (2, 0.0%)

1 満ちたり, 満てり

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 があり, にも又

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 にも露, の出

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 せざるが, べからず

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 とした, の外

▼ 外極めて~ (2, 0.0%)

1 美に, 醜なる

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 でした, でしたよ

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 のうち, の大名達

▼ 外樣大名~ (2, 0.0%)

1 に對, の爲

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 のお, へ肱

▼ 外殆ど他~ (2, 0.0%)

1 に見るべき, の商店

▼ 外殆ど大~ (2, 0.0%)

2 なる主張

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 であり内容, の中

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 が官命, の厳密

▼ 外河美濃守~ (2, 0.0%)

1 がもらい受け, という建物

▼ 外浮浪~ (2, 0.0%)

2 の民

▼ 外海岸~ (2, 0.0%)

1 の岩山, へ行っ

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の甘い, 出せられた人物

▼ 外無かっ~ (2, 0.0%)

2

▼ 外無く~ (2, 0.0%)

1 其小内無き, 存じながら

▼ 外獲物~ (2, 0.0%)

2 が多い

▼ 外珍重~ (2, 0.0%)

1 したもの, して

▼ 外甘い~ (2, 0.0%)

1 物を, 野郎かも

▼ 外畜養員~ (2, 0.0%)

1 に挨拶, はニコヤカ

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 宗徒取扱係という, 體の

▼ 外発し~ (2, 0.0%)

1 て死時, て草木

▼ 外硝子~ (2, 0.0%)

1 におよそ, に細長い

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 にあたる比企氏, の北条氏

▼ 外祖業隆翁~ (2, 0.0%)

1 の眞白, の真白

▼ 外神田松永町~ (2, 0.0%)

2 の小熊屋

▼ 外移出禁止~ (2, 0.0%)

1 というよう, とかで手

▼ 外種々~ (2, 0.0%)

1 の意義, の祝日

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の内側, を開く

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の前, を焚い

▼ 外精巧~ (2, 0.0%)

1 で素人, を尽くした

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 三四十里まで, 三支那里の

▼ 外納屋~ (2, 0.0%)

1 と思っ, に手

▼ 外素直~ (2, 0.0%)

1 に應, に歸つた人

▼ 外絶て~ (2, 0.0%)

1 無ければ, 編年の

▼ 外縁側~ (2, 0.0%)

1 で斬られ, にピタリ

▼ 外美しい~ (2, 0.0%)

1 と聞い, 聲の

▼ 外羽目~ (2, 0.0%)

1 が切れた, に打ちつけ

▼ 外考え様~ (2, 0.0%)

2 がない

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 にすて, の山伏

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の三徳, を得たい

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 のもっ, の令嬢

▼ 外致方~ (2, 0.0%)

1 ありませぬ, はあるまい

▼ 外若い~ (2, 0.0%)

1 さうで, ので暫らく

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 満地, 満地雛飛欲越籬籬高堕三四

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 お久美, になっ

▼ 外行き~ (2, 0.0%)

1 に着替え, の着物

▼ 外西洋~ (2, 0.0%)

1 の原物, の珍しい

▼ 外西蔵~ (2, 0.0%)

1 のどこ, は日本

▼ 外見えない~ (2, 0.0%)

1 ようです, 様な

▼ 外見えぬ~ (2, 0.0%)

1 と思う, 丈に

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 なり, より起こる

▼ 外記さま~ (2, 0.0%)

1 にお, に頼まれた

▼ 外説明~ (2, 0.0%)

1 のつかない, の仕方

▼ 外~ (2, 0.0%)

2 に備

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 意其人既亡臨之後事即, 敢て

▼ 外貸出~ (2, 0.0%)

1 のみによるもの, を主

▼ 外赤坂御門外昌平橋外~ (2, 0.0%)

2 を引廻し

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 だけはぼんやり, でサッサ

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 にひき寄せ, の廻り

▼ 外近所~ (2, 0.0%)

1 の島々, の衆

▼ 外適当~ (2, 0.0%)

1 な登路, な説明

▼ 外金貨四千フラン~ (2, 0.0%)

1 もそつくり, を二袋

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 でちょっと, へ一直線

▼ 外難渋~ (2, 0.0%)

1 いたします, いたす近頃

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 の降る, やみ

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 へげっそり, を打撲

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 すら追う, に吹かれ

▼ 外風景~ (2, 0.0%)

1 もこの, を今一度

▼ 外飾り~ (2, 0.0%)

1 など見る, も只

▼ 外首相~ (2, 0.0%)

2 の顔

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 に乗る, 遠の

▼ 外駄菓子屋~ (2, 0.0%)

2 の店

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 として一二, を折らせました

▼ 外~ (2, 0.0%)

1 はァ, は外

▼1* [1729件]

あったようである, 外あっちへ行っ, 外あつさりし, 外あとは何, 外あなたの手紙, 外あねえぞお, 外あまり知るまい, 外あまり勉強もしなかった, 外あまり顔も出さず, 外ありましぇんか, 外ありませぬのです, 外あるきをしなかった, 外あるは激勵呼號の, 外いいようが, 外いかにして, 外いくつも並ん, 外いけ不申候, 外いずくにか, 外いたずらは大分, 外いっさい異状なし, 外いつぞや子供たちが, 外いつも気に, 外い出てから考え, 外い出たらいかんじっと, 外い出なさること出来へん, 外い出られんように, 外うごいている, 外およそ一里ばかり, 外お供が非常, 外お侠な妹娘, 外お前の顏, 外かうした意味の, 外かぎりなき懸隔, 外かけて鬪, 外かしらそれとも室, 外かつて徒歩主義会という, 外かとおもわれ候, 外かとは思うが, 外かなり離れた川原, 外かはいがられ候, 外かへつて武助さんに, 外からかと申すの, 外からかろく叩く者, 外からというので, 外からともなく彼, 外からどつと巻き起つた, 外からばっかり云われて, 外からまで見えると, 外がはに僻見し, 外がはを毀して, 外がまへ簾垂, 外きりやう好みですね, 外ぎってゆく暗い冷たいもの, 外ぬぎの, 外くににし, 外駕籠の, 外けさせるような, 外けた記憶がある, 外けながらも庄十郎は, 外これらの接客, 外こんな相談に, 外ござらぬぞ, 外さいは用いなかった, 外さしあたり身の, 外さまでは, 外さまざまの事, 外さん私は園長, 外自在の, 外しなさりますな, 外しる粉や, 外しるすべきことなし, 外しんみりとかう, 外すぎるこんな田舎, 外すくないじゃ, 外すぐに豊川稲荷, 外すこしく下手へ, 外すなわち国民の, 外すべてが孝, 外すべて二十年以下の年, 外すべて既刊の集, 外すべて緑楊の村, 外すべて賃銀の低廉, 外すらすらと進むの, 外ずさしたものと, 外ずさすものは, 外ずさせ夫人は, 外ずし身体の位置, 外ずせばまた, 外ずせませんか台, 外ずれっこは, 外そこへ行く, 外そして頭上などに, 外そちらの方, 外その他の三艘, 外その後は一切, 外それらの人々, 外そんな正帽なんか, 外そんなに寂しいもの, 外なき, 外ぞんざいで閉めた積り, 外ただ斜陽が, 外たやすい何故なれ, 外たりと知る, 外たるとを問はず裸体, 外だけに限って, 外だつたやうです, 外だろうと思った, 外ちょっと重いもの, 外っては一生に, 外ついに東洋の, 外つては一生, 外つまり読者と観客, 外づさずに自分の知つて, 外づさないやうに心懸けて, 外づし得て, 外づしかけると龍馬がまごまご, 外づした後は退屈, 外づしてしまつた事がゆき子, 外づしてそれを腰, 外づしてなほ兄に向, 外づしても入れたかね, 外づしてゐたすきに夢中で外, 外づして衆は門, 外づせば歴然として目前, 外づれざる鉄案たるは論ずる, 外づれざる鐵案たるは論ずる, 外づれず打ちつづけられる, 外づれてゐると云つた, 外づれると彼女はそこで, 外づれる事のない, 外づれ佩帶は, 外了った, 外であってもちょっと, 外でありますが歴史, 外であるべきはずです, 外であるらしく泉石の, 外でがあが, 外でこそ流しの, 外でございますぞ, 外でさえあれば, 外でしかないこと, 外でし見たいものを, 外でじつと聴い, 外でなくちゃ話, 外ではどうんと又, 外でばかりやつて居た, 外でへんな声, 外でもねえこの騒ぎ, 外で無い唯秀子, 外とうていわかりっこ, 外とか主と, 外ところどころに電灯, 外とへ出ようと, 外とやらを食べて, 外どうといふ, 外どういうことが, 外どうして私の, 外どうしようもありませんでした, 外どころかおせっかいにも, 外どの女の, 外なかるべきも公算, 外なかろうと, 外なぞもみて, 外なつかしかった, 外などの人に, 外などへ出たこと, 外なども十分検べた上音の, 外などを見て, 外なにかよく分らないが, 外なほ多くの者, 外なほ擧ぐべき者あれど, 外ならじとおも, 外ならずして其記注, 外ならず思はれたりといふ, 外ならならなかったのである, 外ならぬからなのだ, 外ならぬ阿父さんの, 外なりしかどもこれも, 外なりませんのでございます, 外なるべきは初め, 外なる干菜かな, 外なんかに出るもの, 外なんにも考えて, 外なんめり, 外なんらの義務, 外にあたって響いたが, 外においてもまたこれら, 外にかどこに, 外にかけて行つ, 外にかはつたこと, 外にこにこして, 外にさえあるという, 外にすらいださざりき, 外にすらとまとまったが, 外にぞろつと, 外にだけいる隠遁者, 外につれ出すと, 外になむめでける, 外になど少しも, 外にはねえと思い込んで, 外にばかりはいなかった, 外にまでも聴かれるよう, 外にもかの世の, 外にもとほつて, 外にもの云ふ, 外にゃねえ屑い, 外にや道づれも, 外によつて察する, 外によるべなければとて, 外にわかに騒然と, 外にわたっておったもの, 外に対してもまた然, 外に対するの私を以て, 外に関して王に, 外何も, 外のくらい道を, 外のくらいにわには, 外のみずしさにかかわらず, 外のみを当に, 外のわざにのみまぎらひて, 外はかへつて冷, 外はかなはず, 外はてまえが, 外はとの御内意, 外はなどと言ふであらう, 外はのつけにとは, 外ははちす田近, 外はもうたそがれ, 外はわづかに, 外こを, 外ばかりが青海の, 外へすら出ぬ, 外へとは顔も, 外へのみつく息, 外へべツと, 外べの柿の, 外ほかに相州さま, 外ほしがれでも, 外ほどでは, 外ぼくの設計, 外ぼりをへだてた, 外まあ空中にでも, 外まして外門の, 外または内より, 外までのすべてが, 外までやつて来, 外みな敵のごとく, 外みんな狐が化け, 外み出したり重複, 外むつかしい仕事だ, 外めずらしき嵐山ソレ覚え, 外めぼしきものも, 外もう取る可, 外もたず書物に, 外やさしくこう窘めた, 外やとなり近所, 外やはり翼賛會の, 外ゆえはぶく, 外よからぬ商売, 外よりぞ酷くも, 外よろこびて常に, 外かし, 外らかす伝で蝶吉, 外りよを始, 外り去られたが不安, 外わかるので安心, 外わけもなく, 外をがちゃりが, 外をなァがめた, 外をはばかつて, 外をば申さず, 外をへだつこと, 外ねえと, 外アメリカ語でもフランス語, 外アンジアン及びニイス, 外イタリーにはシシリー島, 外ウランとかトリウム, 外カラ菓子ヲ投ゲテヤッタコトガアッタ, 外カルヴリの丘, 外グランジュ・バトリエール街シャン・ゼリゼージャコブ街トールノン街, 外ケロリとし, 外コーカサスに住む, 外サッパリして, 外サナケレバ隠セルト思ウノガオカシイ, 外シテカラ鏡デ見, 外シテソレヲ持ッテ戻ッテ来, 外シテル方ガ楽ナンダガ外スト餘リ老醜ヲ極, 外シ短波長送信機ヲ組立テント試ミタリ, 外ジオーンやラム, 外スガと訓, 外スケッチする張合い, 外スト餘リ老醜ヲ極, 外スラスラと話し, 外セルやフランネル, 外セルヴァンドニ街のサン・スュルピス会堂, 外ダガ毎日毎日行ツテ御番, 外ダレてゐる, 外ぽを, 外ッ方を向いた, 外鳴イテイタ, 外デアルカラソノ可否ニツイテ立チ入ッタ意見, 外トサ一旦は, 外トタン屋根の上, 外トラと云う, 外ドウもあなた, 外ナリ水側ニ生ズ陸地ニ生ズ和名サワアザミ葉ハ小薊葉ニ似テ岐叉, 外ナル傭兵制ナリト云フノ理由ヲ以テ, 外ナル敵ヲ防グニハ, 外ニシテ支那ニ恐ルベキ實力, 外ニハあるまいと, 外ニハ諸道具ノ売買ヲシテ内職ニシタガ, 外ニモイロイロ様々ノコトガ有ッタガ, 外ニモ聞イタコトノ有ルハ此頃ハモッパラ吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 外ニ一萬圓ヲ投ジテ, 外ニ不義ノ強力ニ, 外ニ人おつのる, 外ニ何カ早ク東京ニ帰リタイ理由ガアッタノデハナカロウカ, 外ニ凡テノ利益ヲ專有スベシトハ, 外ニ処シテ或ハ, 外ニ国民性ノ堅実不撓ナルニアラザレバ, 外ニ於テハ国家ニ不忠内ニ於テハ国教ニ不信ナリトノ理由, 外ニ明ナリト雖ドモ心常ニ壅塞丕閉シテ理内ニ, 外ニ書クコトモナイカラコンナ時ニ少シ心ニアルコトヲ記シテミル, 外ニ此等功名的動機軍事的手腕ヲ發揮セントスル自己滿足, 外ニ用向もあり, 外ニ自己ヲ證明シ辯護シ得ベキ知己友人其他, 外ニ蜻蛉石線彫阿弥陀三尊石佛, 外ニ術なく御願, 外ニ超然タルヲ得, 外ニ足ヲフミ出シテ, 外ニ道ナキナリ其師トスル処ハ必ズ一人ヲ指サズ我ヨリ先ニ, 外ノツペりした顏, 外ノートル・ダーム・デ・ヴィクトアール街モンマルトル郭外グランジュ・バトリエール街シャン・ゼリゼージャコブ街トールノン街, 外ハキハキして, 外ハツバス・ダアダアの如く, 外ハドソン河の傍ら, 外ハナインデスガソレニハ三四カ月ノ御, 外ハ剣ヲ脱, 外ハ黄皺内ハ潔白ニシテ堅シ, 外ピョートル・セルゲイヴィッチとムーシャ, 外ピンと縫針, 外フランス美術展もある, 外ペンは進まなかつた, 外ポンボ族は人, 外マダ幾許で, 外マツペイマベツウテツなどいふ, 外メッテルニッヒ公爵とその, 外ヨソゾメヨツドメヨツズミイヨゾメなどの一名, 外ヨーロッパとアフリカ, 外レテ落チタ砲弾ガ空中高ク水柱ヲ奔騰サセル, 外ローマの文法書, 外ワシリは土地, 外ヴェルデの岸邊, 外ヶ浜一円を安堵せり, 外ヶ浜全線を通じていちばん, 外ヶ浜北端の海浜, 外ヶ浜地方をカゲ, 外ヶ浜奉行がその, 外ヶ浜近辺に就い, 外ヶ浜通りの村, 外ヶ浜通り九十里余皆多くは漁猟, 外ヶ濱に至る, 外も載せてない, 外一の谷で討死, 外一九一八年には北イタリヤ, 外一二けんを, 外一二人バルターザーを引立て, 外一二人会葬したばかり, 外一二藩もありました, 外一円の暗い, 外一切普通の人殊, 外一叢の灌莽, 外一同の視線, 外一団をなした, 外一字モホル可ラス書ハ中村不折ニ依託シ宮内省陸軍, 外一帯に布陣, 外一帶のあの, 外一度取調べられてから, 外一斉にこの, 外一日がけの旅, 外一望百里の戦陣, 外一枚五十両百両二百両三百両などいう, 外一歩も踏み出さぬ, 外一毫も加, 外一点のにごりなけれ, 外一片の雲, 外一種妙な鄙俗, 外一篇は当時, 外一般観物と称せられる, 外一般貝のた, 外一芸一能あるもの, 外一藝一能あるもの, 外一見して, 外一言せず一言, 外一里まで見送った, 外一銭の蓄, 外一間の所, 外一頁五銭程にしか当たらぬ, 外七五体の新体詩, 外七日之御, 外七略にも藝文志, 外七福神とか鯉, 外万一の場合, 外万端のこと, 外三つ目小僧に幽霊, 外三万里の感, 外三井物産山九運輸東海鋼業八幡製鉄所その他に仕事, 外三人磔に処, 外三内氏夫人等に会い, 外三十人余りの会員, 外三十余里のあなた, 外三十六歌仙里見玄陳歌にも, 外三名地下戦車第二号, 外三名私訴を提起, 外三君とは領事館, 外三四の著者, 外三四人を相手, 外三氏と互に, 外三田の好み, 外上松寝覚, 外上院に於, 外上首尾に行きました, 外の日待, 外獵だつたせゐ, 外不機嫌な模様, 外不猟だったせい, 外不謹慎の言葉, 外世界中のありとあらゆる, 外大臣以下検察当局一統が, 外中九十郎が第, 外中川犬塚の両目附, 外中庭に向, 外中維新前外国通商, 外中船場町の医師, 外丹説いろいろある, 外主人は杖, 外主義も宜しい, 外主観と客観, 外乃木将軍とは一回, 外久蔵主稲荷常念仏堂, 外無候, 外乏しいやうである, 外乘らない私, 外九人の博徒, 外九十三人靴工アントアンヌ・シモンも含め, 外九社もあり, 外事実を知り得よう, 外の固有, 外二つがその, 外二キロメートルの円周, 外二三嬢の作曲, 外二三組しか客, 外二十三名に對, 外二十幾名が不軌, 外二十種余に関係, 外二十里の外, 外二名檢擧せられ韓人, 外二星にアンドロメダ座, 外二瓶の葡萄酒, 外二里の地, 外二首の歌, 外云いようが, 外五人の人物, 外五位の資人, 外五位資人の選限, 外五六人デ行ッタ時ハ, 外五六冊ずつ手許, 外五名家宅搜索を受け, 外五百七十五文の稼, 外五百木飄亭氏とか勝田明庵, 外五里の地, 外井上先生の今, 外井戸のポンプ, 外井戸端の傍, 外井然として居ります, 外建鎭國念誦道塲佛國風範亦, 外享楽に利用, 外にさえ入らぬ, 外京橋通と谷町, 外が悪く, 外人形座もあり, 外人数は少なく, 外人間以上のもの, 外を皆滅, 外今一つ違つた處で拾つた石鏃, 外今一人京都で抱えた, 外今夜のやう, 外今川橋の飴屋, 外今度の事件, 外今時化けるって, 外仏蘭西人にめずらし, 外仕事の出来ない, 外他事無しと云々, 外他国人の指, 外他無しと云々, 外他言はいたさぬ, 外他通家といい, 外仙千代丸の母君, 外以前に増し, 外なり, 外企らみが, 外伊香保の附近, 外伝説的俚諺を列挙, 外似た男であった, 外低く見えるから, 外住職は存外, 外を一昼夜, 外体裁を変えれ, 外何くれとなく, 外何と答えて, 外何とも云うこと, 外何ものの存在, 外何れも六種揃つた, 外何ダースかの征服者, 外何等文獻に記載, 外何者も眼, 外の尤も, 外余り家から出なくなった, 外余人にできぬ, 外余念なきもの, 外作りにて西行称所天下, 外作品に手, 外使うて居らん, 外來的寄留者場合によつて, 外価値を持っ, 外の額, 外便所のそば, 外かに有り難き, 外俗書にも同じ, 外保寿大姉という戒名, 外信濃小路通猪熊の西頬一町, 外信用して, 外修道者といつ, 外俳人仲間からも歓迎, 外俳句には用, 外倉井盛行奥田一郎伊東季藏峰旗良充, 外倨傲然も, 外の海府地方, 外傅次郎の死骸, 外に塹濠, 外傳國語晉語呂氏春秋行論篇などに出, 外傾ぎみの, 外僅か数尺にし, 外は仏教, 外にも母, 外充内空の商略, 外光主義の理論, 外光派に唾, 外光派以来混雑の往来, 外光派印象派の色彩, 外光派的に生かす, 外光派風の画, 外光白日朗らかな眼界, 外光線ガラスではられ, 外入口六ヶ敷候に付増夫, 外全部がなくなっ, 外全部更迭しプロ・ヂャーマン, 外兩人義民相募三人, 外八丁堀越前堀三味線堀山谷堀の界隈, 外八沢の橋, 外六人つていふ人数, 外六十町ばかりの平野, 外兵十万を博多, 外に出く, 外其如何に世, 外其弟子と稱, 外の関心, 外内外學者の御, 外内気な性向, 外冗談口一つ云ったこと, 外冷いものは一切口, 外凄まじいのに, 外凡ての新しい, 外の川, 外処々の辻, 外出あいかなわずまことに失礼, 外出る時は, 外出向の着物, 外出品の, 外出征中ノ現役將卒ト雖モ何等, 外出来のいい, 外出血よりも寧ろ, 外出頭の鬢, 外の型, 外刈りを使っ, 外の三片, 外列三片が萼, 外別になんらの方法, 外別ニ免減価格ノ一割トス, 外別伝不立文字等の標榜, 外別懇である, 外別段何の, 外といふ, 外にもいった如く, 外前借が出来なかった, 外剛内柔大根はやさしい, 外會長の, 外劃線を引く, 外加治義方古渡資秀などがいた, 外を以て夫君, 外労働強化がつい, 外勝手な為払, 外勝算はない, 外勤めなので, 外を以て世界, 外包みの装飾, 外化物としての自己発展, 外北風が身, 外十七人斃された, 外十七名を藩邸, 外十三名は組合旗, 外十三番の, 外十名が足利郡, 外十四の時, 外十四五人居りますばかり, 外十年の囚, 外千代紙だの小箱, 外午後一時のラジオ, 外半田郷ももと, 外き金屬, 外が一つ, 外南印度では龍樹菩薩, 外南部あたりではいわないらしい, 外南部一帯のかなり弘い区域, 外がかうだ, 外の玉璽, 外門前或は, 外即ち田何が, 外に至りまし, 外厠戸ごとあけたる町, 外参った事は, 外収縮ガ長ク続イテドウシテモ止マラナイデ, 外収蔵の物, 外にあたる, 外叔久保らが相, 外叔父と唱う, 外亂し, 外取る術も, 外取るべき方法は, 外取扱料をせしめ, 外受けて文句, 外受取ったことが, 外口剛ですよ, 外古く這入つた千秋万歳, 外古代劇に出, 外一足しか, 外なり予等, 外台中屠蘇の方, 外史料すなわち我々, 外右四区警察署第一半日学校, 外右脇腹に深々, 外号令をしなく, 外各所の活動写真館, 外県で, 外同僚中私の従弟, 外同心山崎弥四郎糟谷助蔵等が切れ, 外同情して, 外同様さぞこざっぱりし, 外同行の人, 外名前の知らない, 外名所手引などの類, 外名録には尚, 外向う島の花, 外向けしむるものが多かっ, 外向けずにはいられなかった, 外向けたいくらいな, 外吹く風は, 外吾人に休神, 外呑氣ですね, 外周りの植込み, 外周囲をぐるり, 外味鋺村の者, 外和蘭人も来, 外員玉内某氏より寄せられたる, 外員諸君よりも事実, 外員講義相設け講述, 外唯二個の客, 外善良な男, 外喜んでそれ, 外喜劇ファンの僕, 外喰わなかったけれどだんだん, 外器用さうです, 外四カ村の総代, 外四ヶ村に借金, 外四五の客人きり, 外四五人加はりて幹部, 外四人の金部屋役人, 外四十九名とその後親族雇人同居等, 外四十里ほどの村, 外四名の隊員, 外四方百八十八町歩にみなぎる, 外四時頃から青く, 外四本の指先, 外四涜已備萬民乃有居后稷, 外囲部に映る, 外国威を存する, 外国語学に精しく, 外國つて何處にいらつ, 外國ニ財産ヲ有, 外國ヨリ貨幣ノ流入横溢シ爲ニ物價騰貴ニ至ル, 外國交通の便宜, 外國交際に在り, 外國人さへ雜, 外國人すべて十二萬人その多, 外國人たちが英字新聞, 外國人どもよといふ意味, 外國人二十餘名を捕虜, 外國人共がやつ, 外國人多く並みゐたり, 外國人夫妻町も山, 外國人就中もつとも支那, 外國人技師を雇, 外國人的な口吻, 外國人達が杭州, 外國作者も數, 外國使臣は常に, 外國侵略によつて, 外國公使として歐洲滯在中, 外國公使團の主席, 外國出身の僧侶, 外國史書の文, 外國名前だつた, 外國品萬能で内地品, 外國商館に雇, 外國國家の建國, 外國字で誰人, 外國市場に於, 外國廢船の赤錆, 外國征伐でもやつ, 外國應接之地, 外國扱をしなかつた, 外國掛の方, 外國教師から晩餐, 外國文字を作つた, 外國文明に多少, 外國文藝中ロシア文藝ほど日本, 外國新作物の愛讀者, 外國旅行には多少, 外國旅行家の記述, 外國旗ぢやない, 外國時計の大量輸入, 外國書物である, 外國模倣を排斥, 外國歴史の大, 外國殊に東洋, 外國法殊に西洋, 外國渡來の船, 外國漫遊の客, 外國生れの者一人, 外國生活の疲勞, 外國的な刀劍, 外國相手に交戰, 外國研究も亦, 外國航路の汽船, 外國船たるとを問はず, 外國船はいちやうに三本マスト, 外國船舶の江戸灣口, 外國行のこと, 外國製品を用, 外國製布非買同盟を徹底的, 外國製織物を擁護, 外國詩文の書, 外國語其他の便宜上, 外國語學校卒業の, 外國語學校獨逸語學科に學んだ, 外國語學校生徒の學生, 外國語學校長和田東京美術學校長阿刀田, 外國語學校露語科の出身者, 外國語教授の持つ, 外國語日本語戀愛新語のカクテル, 外國財界の不況, 外國貨幣はフラン, 外國貿易品として有望, 外國軍の侵入, 外國通辯頭取而して, 外國避難者が流れ込ん, 外國關係の役所, 外國陸戰隊及び義勇隊, 外國雜誌の輸入, 外國雜誌ロンドンのザレ, 外國音なり, 外圍的媒介の性質, 外を廻っ, 外のやう, 外を踏まん, 外土井家にも版下, 外土器野に於, 外土橋か, 外土蔵の下, 外土藏の下, 外土間に出張った, 外地域は現在, 外地方生活を実感的, 外地面の色, 外舗一杯に, 外城内ひと通りな騒ぎ, 外に使用, 外執心なやう, 外堀田加賀守殿稲葉能登守殿も御歌, 外堅きが如く, 外塀際なる礫道, 外塗料試驗油脂試驗等の設備, 外塩素と炭素, 外塹濠の傍, 外には無論, 外塾中に二腰, 外が残った, 外をよく, 外夕陽にキラキラ, 外に道, 外外国に衝らん, 外多いようだ, 外多く口を開かなかった, 外多少蘭方を, 外多摩郡阿佐ヶ谷村の産, 外多言せず, 外夜分は人通, 外大きな太刀を, 外大伴一族及び其家, 外大体労働者の承諾, 外大体辰野鈴木両君の定評, 外大切にする, 外大小の島々, 外大手口の欄干橋, 外大抵は方々, 外大森の八景園, 外大榎の並木, 外大街に繋がり, 外大阪では水落露石氏, 外大鼠山の麓, 外天下太平です, 外天井の上, 外天地の生じたる, 外天論篇に諸子, 外天魔太郎は声, 外太く態度に, 外夫人の体, 外夷及ビ内寇, 外夷取り扱いのこと, 外夷我に意, 外夷拒絶談判の期限等, 外夷攘払の魁, 外夷文化を却, 外夷種がローマ帝国, 外夷親征なぞの御, 外夷防寨の城主, 外つ怪, 外奈良伏見山田日光と金銀山, 外奉公人達には收入, 外套引かけて, 外套預場へ入る, 外奧底のある, 外女どもあまたの前, 外如才がない, 外如此くにして, 外なるに, 外妾二人というの, 外の秦, 外委員一同腹でも切らなけれ, 外のお, 外娯楽は享, 外とを聯絡, 外嫉妬が強い, 外ひ賤む村, 外子分連中と四五人, 外子守女に亭主, 外存ぜず候, 外存的思想などが出, 外季節と言う, 外学問をさせる, 外学閥や時, 外學者だな, 外仕罷在, 外宅ヲシテ割下水天野右京トイッタ人ノ地面, 外安倍川や藁科川, 外定義はある, 外実に驚かる, 外客種よくよく, 外家の子郎等に至る, 外家元門弟中より紅白縮緬, 外家内に下男五人, 外家族たちは何, 外容易く許した, 外宿をしん, 外宿した徐四の, 外宿同様お継立て, 外宿報靈鬼惡行雜事の各, 外宿引のもの旅人体, 外寂ニ内揺クハ繋ゲル駒伏セル鼠先聖コレヲ悲シンデ法, 外寄りのお, 外寄るに, 外寒く柳が, 外寛大で松太郎, 外實用相成候法, 外対手の松原中尉, 外の書体, 外将官の軍服, 外對手の松原中尉, 外小さき彫刻品人形浮彫の, 外小島の眞洞, 外小森屋のお, 外小説では八犬伝, 外小銃何百挺か何千挺, 外小鼻の両側, 外少なく行李が, 外少年の顔, 外六個の, 外就学せねば, 外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 外居案など言, 外の吉田内閣, 外屋上や樹上, 外屋外に人, 外は留む三日, 外展望を希望, 外履いた事の, 外山中の一軒家也, 外山吹色をした, 外岩乘な物, 外の上, 外嶺南の交州, 外巍然たる老, 外に棚, 外川島醇氏西徳次郎氏山本権兵衛氏大村藩では岩崎小次郎氏, 外川浦道と西保道, 外の一方, 外左手が義手, 外巧みに足場, 外に削り, 外巻きにした, 外師匠の家, 外帯出者のごとき, 外を構成, 外偸田土肥, 外幕府の紅葉山文庫, 外假名文字の, 外に三十磅, 外年初に猶, 外幸福な瞬間, 外んど, 外幾つかの捕物小説, 外広い平な, 外広く頂上は, 外広っぱのはるか, 外の下, 外の品, 外店先に看板, 外度胸が据, 外庭口の闇, 外庭石代九十二円庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 外廊づたいにしばらく行った, 外廊下づたいに一直線に引返し, 外廊鐘楼輪蔵池泉橋そのほか, 外建物会社に赴き, 外廻廊の彼方, 外弁八座八省の公卿百官, 外引きつぐべきことおよび, 外にもあたる, 外弱い曲者だつた, 外弱きがごとくし, 外弱らせられたね, 外強力一人を大野原, 外弾奏する事, 外当地でもまだ, 外当時の同級生, 外当時五十歳の忠兵衛妾牧, 外当時船の乗組一人位, 外役に立ちさうな種, 外役に立つかも知れない, 外往々橄欖石黄鐵鑛の, 外往来の知人, 外往生傳に見える, 外によらざる, 外に薩, 外従五位下を授け, 外従五位下勲六等という位階勲等, 外従妹で一ノ関, 外従弟に当る, 外御前なんか鉄砲, 外御意に入っ, 外御機嫌斜めならず両, 外御用はなき, 外御目見得以下の軽輩, 外御門へ命婦, 外復讐の念旺盛, 外心外の世, 外心掛の良い, 外心斎橋から道頓堀, 外必要なき大陸軍, 外忘れている, 外快く時々は, 外快楽なし酷烈, 外思い様がない, 外思えなかったので非常, 外思はれぬ男だつた, 外思ひやうが, 外思われない二葉亭の, 外思慮が淺, 外思案に及ばず, 外に尽きる, 外恐くは一人, 外恬淡で口惜しい, 外を切らし, 外しくは, 外患交至り彼衰亡, 外悦んで, 外悧口さうだが, 外んで居られる, 外惹いていた, 外愚僧を愛せられ, 外愛宕山の麓, 外感じのい, 外感心の仕様, 外慇懃な物腰, 外憎々しい笑ひ, 外懇意にした, 外を木居, 外成田成章大田農人皆川叔茂を挙げ, 外に答, 外我々が奥, 外或いは機動ないし, 外戴いて帰りました, 外房勝浦方面の釣り案内舟, 外房州勝浦沖相模国真鶴港外の三ツ石付近, 外手の者じゃ無, 外手びろく生計も, 外手剛きに, 外手剛いかも知れない, 外手数をかけ, 外手足の柔か, 外手間取つて添役に記録, 外喜びわずか, 外打沈んで居た, 外投者は常に, 外折々酒井雅楽頭忠道の, 外抜け路地では, 外拒まうともせず, 外持ちたる事なき身の, 外持つては居なかつた, 外挿絵のうち, 外捜さざる処も, 外掃除をさせ, 外掛けにからんだ, 外推進的な角度自身, 外提灯手燭ボンボリ蝋燭等に至る, 外援勢力を西, 外え, 外携出の場合, 外撰ばれた画は, 外擧つて死滅したこと, 外支那で出来る蟠, 外改札口の右側, 外の敵, 外放逐論盛んに行われ, 外故人と親しかっ, 外敏捷に立ち上がる, 外教育の至要機関, 外教育会婦人会実業団体等様々の会, 外教育部には, 外敢テ富貴ヲ望ムニ, 外位, 外散る事遅し, 外数ヵ所にあった, 外数冊郵送の手続き, 外数氏装幀に恩地孝四郎画伯, 外数百の踊り子達, 外数種それに気球, 外数里の先, 外整頓して, 外敵党の敬憚, 外敵黨の敬憚, 外數人のお, 外數十名は其犯行頗, 外數千の獻身者, 外數名に之, 外數多あるが, 外文化九年度の分, 外文壇的にも敵, 外文字のあつ, 外文学概論日本文学史日本現代文学概観日本文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 外文学美術あらゆる方面, 外文展系院展系の画伯連, 外斉彬の手, 外料理は全部瓦斯, 外斜陽に立つ, 外断じて他に, 外詩社の, 外新たに同志, 外新刊物が二三種床, 外新年休と暑中休, 外方々にある, 外方向きつつ, 外方壁となっ, 外施すべき術の, 外旅費もこの, 外既成の俳優, 外日本人二人も一緒, 外日本紀に間人姓, 外日本語を間違える, 外日蔭の柔かい, 外日記類に散見, 外旦那を初め後, 外かつた, 外早かった手前先程, 外早ク九時前ニ戻ッテ, 外昇降を禁ず, 外明日は明日, 外明治四十一年の秋以来兄, 外星吉という主任, 外星吉氏です, 外春信が美女, 外春月春水暮春などいへる, 外春松夫妻が列席, 外も人跡罕, 外昼夜止むこと, 外昼間その女, 外の野菜, 外晏子の言, 外普通の小皿類, 外景室内容貌表情などに関する詳細, 外取り二時頃, 外く感じた, 外暖かいからあの, 外暗い場所で, 外暗くは無い, 外暮しようのない, 外曲輪十六門のうち南町口, 外に, 外書けんと斯, 外月並的の俗句, 外有りあんせんから, 外有ることなし, 外有難く存じてを, 外をも亦, 外朝鮮半島の平壌, 外らしい木, 外木曾路の山中鳥雀, 外木蔭床下など悉く, 外知る處, 外未だ一人の, 外未だ嘗て職業としての, 外末枯れた僅かばかりの, 外本館職員一同前苑, 外でも蒲團, 外の物識り, 外来客が多く, 外来民特有のねばり強い, 外東西洋おなじ物事, 外の張り, 外板壁のか黝きが日中, 外果して何ものぞ, 外柔かいものだ, 外柔道水泳等も西川, 外には日あたり, 外柱廊の中, 外柳原兩國へかけ, 外とお, 外栃の木の小, 外ばかりを強く, 外からの刀禰, 外案外だつたね, 外桜田の上邸にい, 外桜田南町奉行大岡忠相のお, 外桜田堀通の上杉弾正, 外桜田遠景と題し, 外桜田門の警衛, 外の野生地, 外とか石階, 外として主人七兵衞, 外楊柳に啾啾, 外の給, 外の絵, 外みは, 外の下, 外樂しみの歌, 外横書き終わり, 外橋畔殘んの雪, 外機械を停, 外の多き, 外の如く, 外欧洲各国の王室費, 外には一切これ, 外正直で情, 外正直者ですね, 外此点言ふこと, 外此等の人物, 外武士のひとり, 外武官のよう, 外武芸をしこん, 外死者に対して格別同情, 外んど, 外殆その他の社会, 外殆ど半日も, 外殆ど人に出会う, 外殆ど人影無く俗塵絶ゆ, 外殆例を見ない, 外殆皆門人である, 外残されていない, 外母家との間, 外母屋の表座敷, 外母音を置かない, 外毎夜電車にて下町, 外毎日小さい発作, 外毎週三十人の客, 外毒々しい銅色の, 外毘沙門山と云, 外になつ, 外毫末も顧慮, 外氏趣き掘りしに, 外気弱な井深君, 外水道のほう, 外氷豆腐だの野葉物, 外のま, 外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 外池甚左衛門町野主水佑, 外池田屋で死んだ, 外を姓, 外河村瑞賢の安治川, 外油畫の畫架, 外泊りするか, 外法隆寺に関して或いは, 外洗ひものも掃除, 外洞中に五百羅漢, 外洩れぬような, 外に, 外流し場の, 外流罪になった, 外流鞍馬八流心形一刀流甲源一刀流柳剛流東軍流卜伝の遺風, 外浪費で内, 外海中標識灯や海中信号器, 外海岸諸家の陣屋, 外海浜の暮色, 外淋しく廻禮の, 外淨火に穢れ, 外深々とした, 外深いらしく, 外深く彼の, 外深切に御, 外深刻に動きます, 外混み入つて, 外いさ, 外清きもの無し, 外清水右衛門七の諸家, 外遂に水臭き, 外温かく少し汗ばん, 外温泉の若, 外温泉冷泉がその, 外などは甚, 外湯一棟と言う, 外との暮れ, 外地の, 外満目の醜, 外満足なの, 外満足ぢや, 外溜め込んで諸方, 外の中, 外溪畔疎影, 外滅多に汽車, 外かな詞, 外ラヌカラ悦ンデ, 外滿足である, 外漢字の索引, 外漢書藝文志にも校正, 外漢籍の意義, 外潔癖だそう, 外くこと, 外の數千, 外瀬戸物のカケラ, 外を発し, 外火災をのがれた, 外無くなるのである, 外無ければ先ず, 外無一物ただ我が, 外無事でゐた, 外無断外出は一歩, 外無法の斧, 外無籍の徒, 外無題一首ありき, 外爲樣が御座いません, 外父系にも母系, 外片上先生吉江先生も英語, 外牛込会館下のグランド, 外牡蠣と蛤, 外牧場にそれから, 外を売る, 外物内何すれぞ悟達, 外物音一つしない閑寂さ, 外犬鼠などの句, 外狩素心庵は小杉さん, 外くなる, 外にし, 外猛然として来り迫る, 外りに, 外に食われぬ防ぎ, 外玄奥なる宗教, 外玉石器に於い, 外玉造町の狩野永徳, 外珍しき女の, 外としての表情, 外現世には美しい楽しい, 外琵琶師の身体, 外生證人として平田源五郎, 外甥先だって歿す後, 外甥児今苦悩に逼, 外甲斐の武田信玄, 外町内では評判, 外畏縮に及ん, 外を命ぜられ, 外番人足にも徴集, 外番罪人処刑処刑者の張番, 外異説もあるらしい, 外疲れたやうに, 外病院もあります, 外痛み所の模様, 外療器械を出品, 外療道具商でも外療器械, 外発すべきものである, 外発するを得, 外登山者には一人, 外發的の因數, 外發音の必要, 外白く黒髪長く, 外白耳義の十九世紀, 外白銅貨の効用, 外百人余りも其所, 外百余里の地, 外百里の間, 外の特殊, 外的リズムを高調, 外的条件をとほし, 外皆屍なり, 外皆生面であった, 外皮膚病あらば, 外盛り場の灯, 外目ざはりはないので朝の日光, 外目付と大小通詞一同, 外目近郊の外祖父母, 外目鼻立も惡, 外直接に一身, 外の游民, 外真面目に首, 外の昂つた所, 外着古しの小袖, 外矢倉や外門, 外矢川文一郎比良野房之助服部善吉菱川太郎などであった, 外矢川文一郎浅越玄隆らがおり, 外矢田績安場男爵があり, 外知つてゐるもの, 外知らないんだ, 外知る能は, 外知人とては素より, 外知己に富ん, 外石川鐵雄君夫婦千葉夫人眞山西田両君及び予等夫婦, 外砂糖を挾む, 外研究にも水, 外硯友社一派の人々, 外祝言の盃, 外祝賀会をも開い, 外神田佐久間町河岸の船宿小松家, 外神道を尊び, 外の詞, 外は内, 外秀才もある, 外秀次が高野, 外私達の好奇心, 外の野山, 外秩父の吾野村, 外を含ん, 外種々結構な物, 外種々色々の絢爛, 外種目が多く, 外稲荷が贔屓, 外稼ぎの連中, 外稽古に出る, 外があり, 外穴居の事, 外空しく赤土あり, 外空居士もう今ごろ, 外穿たれし塹濠に, 外つ込んだ事, 外窄まりと昔, 外窮屈な旦那, 外上るの, 外立たない年に, 外立木の枝, 外立花が立った, 外竜池善士と云う, 外一段及び, 外笹屋に開かる, 外にも記し, 外へなかりき, 外節度使が中央政府, 外の家臣, 外米ゴム椰子油などの産物, 外粗大なる冬瓜一つ, 外粗末な身扮, 外精霊や無縁, 外納戸になつ, 外紫色の痣, 外細君の外出姿, 外結婚が行, 外結婚制などにより血, 外絶えて記載, 外絶対に誰, 外継子貰子拾子等実子でない場合, 外日本紀神護景雲元年三月には, 外綿繰りといっ, 外緩く又谷, 外練れた人間で, 外練兵場へ出, 外罪悔により, 外美しかった, 外美しくなつた, 外翻訳物は大抵, 外に保持, 外耀天記には神, 外考えないでもこれ, 外考えられないのでございます, 外考えられなかつたに違い, 外者狩谷川村清川其外え御伝示可, 外聖一國師大應國師, 外聖徳をもっぱら, 外聖霊土地によって無縁, 外聞かなかったし一寸, 外聞惡くつて厭, 外肅宗の時, 外肛蟲類に二三種, 外を拵える, 外背骨の曲り, 外のことごとく, 外には翡翠, 外が無い, 外腎卵なり白牡馬, 外腎肉なり白牡馬, 外腎脂脳頭目脊骨足尾皮糞皆能, 外には長刀, 外の病気, 外腹式呼吸をもやつ, 外臀部にあてがっ, 外臆病で人, 外臣ジェレミー・ベンサム謹んで, 外自己弁護だなんぞという, 外自由エレクトロンが各, 外船到来後は衆客輻輳, 外船橋廻沢八幡山烏山給田の五字, 外良い要領です, 外良く小綺麗な, 外良策は無い, 外良策これ無く候え, 外に備, 外色んな物を, 外色情から起りました, 外色盛行の世, 外芝居へも寄席, 外芭蕉といふ人, 外も, 外芸妓学校が受け, 外芸術を律する, 外芸術的なもの, 外苞穎といい, 外英米獨露悉ク信ヲ傷ケザルモノナク, 外茣蓙の中, 外茶一つのめないの, 外茶山の此書, 外荷主様に戴いた, 外莊子の天下篇, 外菓子屋の菓子, 外菓物類は清涼剤, 外華奢で血, 外落着きはらって, 外著作権の所在, 外蒲壽庚は又, 外がぱたんと, 外ととなえた, 外蔵経書院蔵に収められ, 外蕭寂として何, 外薄きなり今, 外薄く一瞬の, 外薄暮の風景, 外薩藩大半の人々, 外薬園地でありました, 外薬輸入杜絶の後人参, 外藁箒及びお召, 外藩内のあの, 外藩政に関係, 外藩諸侯の魁, 外蘭軒の妻妾, 外なししかして, 外蛮金及び高, 外蝶造の身分, 外蟠りのない, 外は生, 外が少なく, 外血溜りもなく, 外行い難いこと, 外街路樹の植つて, 外とを手, 外被告の利益, 外被服頭髪の流行等, 外裁きのつけ方, 外を凝らした, 外西北に陳文, 外西北東のいずれ, 外西洋家具店竹工堂を訪, 外西洋料理屋の料理, 外西瓜の種, 外要路の人山田宇右衛門, 外見事です, 外見苦しき事なし, 外規定の時, 外親しくいたし, 外親切に教, 外觀内容のちがつた人間, 外觀如何ばかり勵精, 外觀構造實によく, 外解決のできない, 外触覚の慾情, 外ふべき事, 外言いようがない, 外言葉につくせぬ, 外計らざりき災難という, 外記どのが奏者下知, 外記らお目通り, 外記一人を見, 外記中原師緒といふ人, 外記二三秒眼前の虚空, 外記入道師秀という者, 外記内記あたりの者, 外記原田甲斐古内志摩の四名, 外記古内らにも伝え, 外記古内志摩らを相手, 外記史官医家僧門諸大夫, 外記喜多村緑之丞, 外記夏目久馬等全十七人, 外記外記から志摩, 外記大夫と云う, 外記始め万年町の岡本政七, 外記左衛門になつ, 外記師行どのとか聞えました, 外記座にかかり, 外記廿五歳の武士, 外記忍びやかに出, 外記憶もよく, 外記手元が狂っ, 外記朝意と改めた, 外記様が初め, 外記権之助, 外記父子の旅, 外記片倉小十郎, 外記甲斐古内志摩の四人, 外記甲斐志摩らをこの, 外記益送, 外記笑ひながら, 外記答へず, 外診ですって, 外証人として出廷, 外詩人としての生きる, 外詩歌藝能術數の道, 外詮方ないこと, 外詳しいことを, 外認めていない, 外誘惑を却, 外誠吾は鰻, 外読売新聞と中外商業新報, 外調子のいたく, 外諏訪明神を信仰, 外國の, 外諸侯へ対し, 外諸君と共に杏楽天楼, 外諸国にも寺院, 外諸島が遠近, 外諸州の水災抔惨状, 外諺文文學といふもの, 外講中の誰彼, 外講義としておもに, 外譬へば安楽塩, 外譬喩の句, 外をながめ, 外豪勢で宗方善五郎, 外財産が随分, 外貧しさうで, 外賃銀は二割増, 外は仮に, 外賞玩に価しない, 外を盡, 外贅沢にします, 外贔屓なん, 外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, 外赤外線は勿論, 外赤繪までやつて, 外の端, 外踏襲の外, 外を乗せる, 外身輕に越し, 外身辺に事, 外軍師だね, 外く大した, 外迄も満ち溢れて, 外近いところに, 外近年は全く, 外近隣の人数人, 外ひ攘, 外逍遙子は別に, 外途中何も得る, 外途無しと信ずる, 外這入られない席だ, 外通りは堅気一色, 外通る許りや冬座敷, 外通例は行く先, 外通鑑の編纂, 外逝去せし由, 外逞しい腕を, 外進出が沮まれる, 外逼内潰に瀕, 外遂に文學な, 外遅くなつた, 外遊びをし, 外遊記二篇小説二篇がある, 外運び行けあと, 外過激思想都会の頽風, 外達者でまだ暫く, 外達辯にまくし立てます, 外かなる, 外遠き所に, 外遠方の材木, 外遠隔の地, 外莫家郷憶遠游, 外邸内であるので, 外部屋に寝泊り, 外郷愁が起る, 外郷里の青年, 外にて園, 外都会ごとに紫, 外都市の幇匪, 外酒好きでそつ, 外酒宴談笑歌吹のあ, 外酒飲会へ出席, 外酔つてゐて, 外醉吟に好, 外醤油などにし, 外重いんです, 外重態でそんな, 外重科に処すべく, 外重要な用事, 外を持つ, 外金剛部院の一尊, 外金剛駅へ着いた, 外金物の細工, 外針状角柱状を初め, 外鉱毒の害, 外銀主と称える, 外の銅壺茶道具, 外鋭敏に感じた, 外も同じ, 外長二名及龍馬もアリ, 外長年の藥, 外長歌などでも人麻呂以後, 外門内邸宅の周囲, 外閉口して, 外間近だが, 外関城趾の覧古, 外関心無しそんな気持, 外關係を究める, 外の上, 外附近の草むら, 外陰陽家は羲和, 外もまた, 外階子段に腰かけ, 外階段になっ, 外随分さまざまの, 外随行者にゆき渡らぬ, 外雅叙園でも杏花楼, 外集中に併せ収め, 外集等の著述, 外雑司ヶ谷の薬草園, 外雑多な工場, 外雑感とか臨時, 外雑話すべからず, 外かしい仕事, 外難云々の経文, 外雨声を聞く, 外電子のやう, 外電車も通らず, 外電車カフエー並木自働車, 外霊物をすべて神, 外霜解けの軒, 外露地や腰掛, 外青年時代の記事, 外青年貴族のする, 外青野室生ひどい, 外非常な力, 外非類のもの, 外面白い思いつきが, 外面白くなりさ, 外の, 外音声を痛め, 外領主として正当, 外頭ニ出ヅ若シ是織女ニ, 外頸動脈と内, 外頽然たる一禿翁, 外の原因, 外願主が一つ, 外風呂に入らない, 外飛び地のあちこち, 外食器の面, 外食物の問題, 外飾り窓の中, 外飾好が特に, 外餅菓子やパン, 外や茶, 外香油などといふ語, 外を避け, 外駄菓子はお, 外駒場野のお, 外骨董どもを懸け, 外體驗した地震動, 外高く賣れたから, 外高価の食物, 外高家の装束, 外高瀬川と船入, 外高等動物には總, 外鬼ごっこ駈けっくら, 外鳥越等栽原田梅年牧冬映野村守一, 外鴨居の上, 外や鶉, 外つぱい, 外麹町や組, 外黒吉は矢, 外9%まで日本