青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奈良~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~失望 失望~ ~失礼 失礼~ 奇~ ~奇妙 奇妙~ ~奇怪 奇怪~ 奇蹟~
奈良~
~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥 奥~ ~奥さん 奥さん~ ~奥様 奥様~

「奈良~」 2047, 22ppm, 5214位

▼ 奈良~ (493, 24.1%)

18 都の 12 都に 10 家を, 御館の 9 都には 8 都は 76 大仏の

5 [11件] 内外にも, 宮から, 宮に, 家では, 家に, 家の, 御館から, 御館に, 御館へ, 春日の, 町の

4 垣内住ひ, 家には, 御館でも

3 お方さうな, プロダクションは, 博物館に, 大仏を, 新薬師寺, 町は, 都へ

2 [26件] ある寺, だいぶつさまに, 伯母御前の, 古社寺, 堂塔を, 大仏が, 大仏さまの, 大仏と, 大佛, 宮の, 宿を, 山の, 帝様が, 方が, 春, 春日に, 春日神社の, 朝に, 法華寺に, 町, 町を, 秋の, 興福寺の, 薬師寺の, 観世の, 都を

1 [273件] おん祭の, お坊さんたち, お方そうな, お水取り, かみなり, かみなりばかり, はざまに, はたごや, はたご三輪の, はづれ, は特に, ものだつた, ミヤコ京の, 一カ月間に, 一件は, 一刀彫の, 七大, 三笠の, 三箇所に, 世にもある, 世の, 世までの, 中宮寺と, 中期には, 二旧都を, 二月堂に, 五ヶ所唱門の, 五箇所へ, 五重塔が, 京では, 京の, 京へ, 人かと, 仏も, 仏像か, 仏像が, 仏像以上に, 仏師も, 仏法とは, 伝統を, 停車場に, 僧侶の, 僧俗が, 元興寺形に, 公園あたりを, 公園に, 六宗に対しては, 六方法師, 動静を, 北に, 北の, 北山非人の, 北方に, 北部に, 十二月とか, 十座の, 南ある, 南の, 南円堂十番が, 南部に, 博物館へ, 博物館を, 古い寺, 古き仏たち, 古寺でも, 古物商が, 古社寺風景, 古美術, 古詞憧憬, 古都の, 古都へ, 古風な, 名を, 名刹を, 唐招提寺に, 唱門が, 唱門も, 唱門師が, 唱門師については, 土地から, 土民の, 地へ, 地ま, 地方へ, 垣内住いが, 堂塔大和の, 夜ふけに, 大きなお寺, 大きな寺院, 大乗院に, 大乗院尋尊僧正の, 大仏, 大仏さま, 大仏さまよりも, 大仏さんの, 大仏である, 大仏は, 大仏よりは, 大仏大きな, 大仏殿に, 大仏殿修繕の, 大佛殿, 大学頭に, 大掃除, 奉行所, 奠都と, 奠都と共に, 女子高等師範に, 女性が, 如き市街, 字を, 宝蔵院と, 宝蔵院に, 宝蔵院の, 宝蔵院まで, 宝蔵院胤栄は, 宣命や, 宮, 宮家へ, 宮廷詩人, 家は, 家郷を, 宿, 寺は, 寺院へ, 小大仏, 小学生達は, 屋形に, 山々に, 山に, 山口に, 市の, 帝, 帝が, 帝と, 後家様の, 御代において, 御代天平十二年に, 御殿において, 御祭の, 御祭り, 情趣では, 戒壇院の, 招提寺を, 文化は, 文化史的背景を, 文化財聚落に, 文字を, 新聞には, 方さうな, 方に, 方の, 方へ, 方へでも, 方まで, 方を, 旅行から, 旧都に, 昔の, 春日山の神鹿の, 春日様と, 春日野利根の, 時代から, 時代と, 時代にも, 晒布売り, 景色は, 月は, 朝, 朝聖武天皇の, 末に, 杉と, 東南院へ, 東大寺に, 東大寺や, 東大寺を, 東大寺山門より, 東大寺筑紫の, 東大寺興福寺を, 東大寺興福寺等の, 東大寺興福寺薬師寺法花寺西大寺の, 森林へ, 歌人も, 正倉院, 正倉院拝覧, 水取と, 水害自転車競争権妻二等親甘, 法師に, 法隆寺に, 浅茅ヶ原で, 浅茅ヶ原の, 浪人土門源八郎も, 然る, 牢人衆が, 牢獄の, 猿沢の, 猿沢池の, 現状では, 生まれであり, 生活に, 町から, 町でも, 町と, 町中どこへ, 町屋は, 疑問の, 盛りの, 盛時に, 盛時にすら, 盛時までも, 盛期で, 盛期の, 秋かぜ, 秋風, 秋風が, 空へと, 老若を, 聖尋坊も, 自然の, 興福寺から, 興福寺に, 興福寺大乗院の, 興福寺大衆も, 般若坂に, 色きちがいの, 若僧中には, 若宮祭りの, 若者の, 菅原寺に, 薬師寺で, 裏町あたりへ, 西に, 西の京や, 西大寺興正, 見ものである, 詞人の, 話も, 諸大寺, 貴族や, 辻, 近くで, 近くに, 連中が, 連中と, 道から, 道具市, 遷都によつ, 遷都も, 郊外は, 郷里の, 都から, 都にな, 都にも, 都ゆ, 都より, 都よりも, 都以前からも, 都盛時或は, 間には, 附近にでも, 陰陽師は, 霞も, 非人には, 面影であります, 頃は, 頒暦師中尾, 風光と, 風景を, 飛鳥園が, 魅力に関する, 鹿, 鹿などの, 黒松氏といふ

▼ 奈良~ (321, 15.7%)

10 の頃 8 のもの 7 から平安朝, の末 6 の昔 5 或は其以前 4 だけのこと, になつて, の美術 3 の中葉, の文献, の記録

2 [35件] から平安朝初期, だの平安朝, では, にあった, にいたっ, においてすでに, においても, における諸, になつ, になる, には既に, に入, に入る, に出来た, に至っ, の, のころ, の佛教, の初め, の少し, の文武帝, の文法, の時, の時代, の末頃, の歌, の盛時, の祝詞, の終り, の語, の諸, の農村, の音韻, も末, よりも古く

1 [187件] あの時代, あるいはこの, からある, から以前, から在った, から少し, から平安前期, から平安期, から王氏, から祇園, から降つ, くらいまでで終り, だから, だと, であ, での用語例, ではもう, では八十七音, では末期, でも末期, で女, で既に, で有名, となつて, となり, と室町末期, などに出る, などは朝廷, ならば, にいたる, において, においてはこれら, においてはそれぞれ別, においてはどう, においてはもはや, においては以上八十七, においては八十七, においては多分, においては大僧正行基, においては後世, においては現代, においては語, においてもその, においても多分, においても正式, においてハ行上一段活用, において八十七音, において右, において同音, において夷酋, において後世, において既に, におけるあらゆる, におけるごとき, における中衛府, における例, における実際, における文献, における経文, における藤原氏, における音韻, にこんな, にすら現れなかつた, にそれ, になっ, になります, にはあるいは, にはおのおの, にはなかつた, にはめずらしい, には別類, には奈良朝関係, には後世, には数, には短歌, には行, にも寡婦, にも美しい, に乃至, に出た, に出入, に当, に成立, に於ける, に既に, に書かれた, に流行, に渡つて, に溯つ, に無, に熟し, に生き, に用いられた, に荘園, に行, に製作, に近く, に近づく, に雑戸, のあらゆる, のそれ, のはじめ, の万葉, の万葉仮名, の中頃, の事, の二つ, の人々, の佛像, の傑作, の全期, の全部平安朝, の初め頃, の初期, の半頃, の古, の古事記, の古典, の史書, の史籍, の吾妻, の国語, の天平八年, の太平豊楽, の學問, の宣命, の建築, の抒情詩, の撰, の文化, の文学, の文獻, の文章, の文脈, の時分, の書き物, の書物, の朝貢物, の東国, の様子, の歌人, の現実, の現行民俗, の用語例, の盛ん, の短歌, の神仙譚, の終り平安朝, の色彩, の言葉, の都人, の音韻組織, の頂上, の頃神護景雲三年, は七代, へかけ, またはそれ以前, またはもう少し, までの仏教美術, までの文獻, までの日本古代, まで上れる, まで時代, まで溯る, まで行け, も後, も終り, も頂上, よりもう少し, よりももう少し, よりももつ, よりも前, より古い, より平安朝, より更に, を下限, を中心, を出発点, を溯る, を越え, 又は其前, 又は平安朝頃, 及び其前, 及び平安初期, 或は此近代, 特に聖武孝謙時代, 迄も続いた

▼ 奈良~ (112, 5.5%)

4 還つて 3 いて, 住んで, 数代住みついた 2 あって, お下り, 入つて, 到着し, 數代住みついた, 暫く腰, 滞在し, 着いた

1 [83件] あっては, あること, あるじゃ, ある帝室博物館, いると, おったの, ちょい, つくありといふ, なると, ゐたこと, ゐる石崎杏, アトリエを, プロダクションが, 似て, 住むと, 保有せられ, 入つた, 割拠する, 及ぶべきもの, 向かい若草山, 唱門部落の, 回った, 回ったが, 存し, 居合わせた, 工藤精華という, 建てたの, 微かな, 戻った, 戻る時, 数日滞在の, 於ける最後, 旅し, 最初行った, 来た夕, 来て, 来ても, 来ると, 柿を, 止まること, 正倉院, 残して, 残つた比擬開口や, 滞在した, 滞留の, 滞陣した, 潜んで, 現存せる, 留まって, 留まつて, 着したの, 移つて興福寺と, 移植した, 立つなり, 立寄って, 立寄らねば, 第二, 縁の, 與へ, 著いた, 蔵人得業恵印と, 行き古, 行く故, 行った, 行って, 説法を, 近い, 近い所, 近い法隆寺, 近い街道, 近く滋賀と, 逗留し, 遊び二, 遊び妙心寺, 遊ぶ, 遊んだが, 遊んだこと, 遊んで, 達した, 還って, 都した, 限った事, 須田猶吉が

▼ 奈良~ (92, 4.5%)

6 向つて 5 還れぬでも 4 使ひ 3 行って 2 向けて, 向って, 遊びに

1 [68件] いた時, いって, いつて, おいでに, お泊りやした, ついた時, まいりまして, まかりこして, やつて, ゆき叡山, ゆくより, ゆく途中, ロケーションの, 使いを, 修業に, 先に, 入ろう, 出かけたが, 出かけたきもの, 出かけて, 出張し, 出掛けて, 初めて行った, 参り奈良, 参るという, 向いて, 向った, 向ふよ, 寄って, 帰ったの, 帰って, 往つたら, 急いで, 戻ると, 旅し, 旅した, 来たという, 来た時, 来て, 来る汽車, 来る途中, 歸つて行つた事が, 渡られたら胤栄, 着いて, 着いてからは, 立つた筈, 立とうと, 若い女子一人, 落ちて, 落ちんという, 著いた, 行かれるより, 行くこと, 行くと, 行くの, 行った, 行ったよう, 行った便次, 走る, 赴いたが, 車で, 転居する, 辿りついたが, 逃げ籠りまた, 逃げ込んだよう, 遊ぼうと, 遷つてからは, 電車が

▼ 奈良朝時代~ (57, 2.8%)

6 の貴女人形 2 の諸

1 [49件] あるいはもう少し, からありまし, からは普通, からクゲ, から一歩, から円心主義, から朝廷, から皇室, であります, でも上流階級, にあった, においていかに, においては無論, において万葉仮名, において互いに, において色々, において道鏡, になつて出来上, には仏教, には蘇我, にもそう, に入, に出来た, に因果経, に花, に華厳宗, の, のすべて, のそれ, のもの, の万葉歌境, の万葉集, の人, の名僧, の国語, の大陸的文化, の文献, の歌集, の衣装背景, の言語風俗習慣, の記念物, の貴女風俗, の雅楽衣裳, の頃, の風俗, は純然, までは海外雄飛, 既に行, 皆共通

▼ 奈良~ (54, 2.6%)

5 の非人 3 の夙, の春日社, の長 2 の坂, の方, の非人法師, へ押し出した

1 [32件] という, との非人闘争, と般若寺, と言い出した, にて討死, に厚恩, に隠棲, のごとき, のしる, の上, の南, の名, の咎, の如く, の彼方, の播磨法師, の狐, の言い, の途中, の隠, は古, は大和, は平城京, へ清水坂前長吏還住懇願, まで帰っ, も過ぎました, やさゆり姫百合, や桜, を古, を越え, を越える, を過ぎ

▼ 奈良朝以前~ (50, 2.4%)

3 から既に 2 の作, の日本人

1 [43件] からこの, からずつと後, からの事, からの原住民, から輸入, ならこれ, には国々村, には大抵, には少し, には或, にも仏教, にも既に, にも既に特に, に其由来, に大, に支那, に遡, の, のこと, のつぎ, のつまり, のもの, のインド, の万葉仮名, の上代日本人, の修験道, の健全, の宮廷, の感情生活, の文学, の書物, の村, の様子, の歌, の民族, の漢学, の記録, の音韻状態, の風習, を一括, を第, 既にあつ, 既に実際の

▼ 奈良~ (36, 1.8%)

3 立ち行く若葉, 立って

1 [30件] のぞいては, ぶらぶら歩き, 中心としての, 俥で, 出た様子, 占拠した, 去る前日, 吹く秋風, 廻って, 快く認め, 愛して, 放擲する, 散策した, 發つて枚方道を, 立ち出でて, 立ったの, 立つこと, 立つつもり, 経て, 見たこと, 見る, 見物した, 訪ねる, 訪れあの, 訪れたとき, 訪れるから, 追ン, 遍歴し, 過ぎを, 離れるらしいから

▼ 奈良~ (33, 1.6%)

7 京都の 5 京都に 4 京都を 2 京都は, 京都や

1 [13件] お室, 京都でも, 京都などでは, 京都にも, 京都以外の, 京都浪華なぞを, 倭を, 叡山へ, 吉野とめぐつてもどつて見る, 名古屋などで, 小楯をも, 紅葉の, 高野にも

▼ 奈良時代~ (32, 1.6%)

2 の文化, の漢文学かぶれ

1 [28件] あるひ, と平安時代, と平安時代初期, にすぐ, になつて開通, には一千万, には多分既に, には多賀城, には帝紀, に入, に奉つた, に於, に既に, のおわり, のはじめ, の初期, の大寺, の宗教的美術品, の彫刻, の文獻, の書物, の最初, の漢文, の物, の生んだ, の美術, は大化改新後, 或は其

▼ 奈良さま~ (31, 1.5%)

2 にお, もソメ子

1 [27件] が何, と云っ, にこう, に対する扱い, のお寺, のオナラ, の一生, の事件, の場合, の末ッ子, の足, はさる, はその, はようやく, は彼, は思わず, は急い, は意外, は涙, は深刻, は胸, は足, ほどで, も意, をあてたい, を口実, を自分

▼ 奈良~ (29, 1.4%)

2 の刀, の横, は膝

1 [23件] が少し, が槍, が足, が避けた, その外, にこの, に打込んだ, のあの, の両手, の急ぐ, の背後, の頭, は, はその, はもう, は一木, は七瀬, は血走る, は避けた, は黙っ, へ力任せ, へ躍りかかった, を斬った

▼ 奈良から~ (26, 1.3%)

2 追われた牢人, 鹿の

1 [22件] であった, 一足飛びに, 京大阪を, 京都へ, 京都を, 京都付近へ, 伊勢の, 伊賀街道を, 何処へ, 出した絵葉書, 出て, 初ものの, 夜遅く, 宇治口を, 帰ったばかり, 平安にな, 戻つて, 晴れた空, 法隆寺行きの, 長谷寺に, 須磨や, 高野山にかけて

▼ 奈良~ (23, 1.1%)

1 [23件] あったであろう, あり日, しらべた報告書, ものに, 人望を, 写生が, 出すやう, 勉強し, 古き時代, 大湯屋, 思わずふきだした, 敗れて, 最も好き, 産まれたせい, 画家が, 網野菊子さんに, 自炊生活を, 見たという, 見つけやっと, 見て, 詠んだ, 詮議し, 鹿が

▼ 奈良~ (19, 0.9%)

2 景色が

1 [17件] あの森, いうまでも, さびて, そう駛, ちょうど渡欧, づれの, 三千貫も, 奠都千百年祭で, 恋しかりける, 日本の, 日永だ, 旧都堺は, 晴天が, 更に暗かっ, 曾遊の, 猛攻撃, 若草山の

▼ 奈良朝頃~ (18, 0.9%)

1 [18件] からすでに, からの由緒, から文書, から行われた, とは違っ, にはただ, に至っ, の合理観, の地誌, の戸籍簿, の文献, の日本民族, の歌集, の附加, までなお, までの芸術, までは豚, までもなお

▼ 奈良~ (18, 0.9%)

2 の十層倍, の機嫌

1 [14件] がその後, と云, に仕えた, のため, のほう, の側, の君, の大将, の昔語り, の癇癪, の馬鹿共, は今日, は自分, も跡

▼ 奈良以前~ (17, 0.8%)

2 から既に

1 [15件] からあつ, からの用例, からも試み, から此処, と言, に磔, のさ, のもの, の伝説, の修験道, の東国, の歌, の歌集, の舶載, は長く

▼ 奈良~ (17, 0.8%)

3 の寄宿舎

1 [14件] だという, ではキリクチ, では吉野郡野迫川村北今西, でも同じ, の下永事件, の史蹟名勝天然記念物調査報告, の吉野地方, の堺, の技師, の東半分, の某, の癌死亡者, の間, は南

▼ 奈良街道~ (16, 0.8%)

1 [16件] からで, から笠置口, で俊基朝臣, にて後, には有名, の方, の木幡口, の要地, の途中, はやがて, は遠く, へも手, へ出た, へ出るだろう, をふたたび, を西

▼ 奈良~ (14, 0.7%)

1 [14件] がゐません, が盗み, が見えない, だつた事, だと, と一, と云, に私たち, の生死, の肩, はその, は人間, は私, をさがし

▼ 奈良では~ (13, 0.6%)

1 [13件] これを, じつに手当り次第な, 余り当, 大仏若草山世界に, 奈良坂の, 対山楼と, 常に太陽, 東大寺の, 猿沢池の, 薬師寺の, 遊女町を, 鹿が, 鹿に

▼ 奈良京都~ (13, 0.6%)

1 [13件] などとは趣, などを旅, など東洋的, など特に, に出張, のよう, の列, の寺院, の美術旅行, の近畿, はすでに, への出張, を兄たち

▼ 奈良には~ (12, 0.6%)

3 古き仏たち 1 この頃多く, 三四日しか, 今素姓の, 十九ばかりの, 居住し, 槍の, 滅多に, 皐月も, 避雷針が

▼ 奈良~ (11, 0.5%)

2 いえば 1 へめぐつて是, 京都とで, 京都とへ, 京都の, 大阪との, 答へて, 諸所を, 郡山の, 鵜飼ひと

▼ 奈良~ (10, 0.5%)

1 にも住み, に出張, に木辻, の北部, の南部, の東部, の西, の西北隅, の郊外, へ講演

▼ 奈良~ (9, 0.4%)

1 の一部, の兒, の山口, の深い, の登り口, の連なっ, を越え, を越える, を過ぎ

▼ 奈良にも~ (8, 0.4%)

1 また諸, 奈良近辺の, 御座あたたまらず, 慇懃を, 稀れな, 近江にも, 関西の, 陸奥にも

▼ 奈良まで~ (8, 0.4%)

3 引き返して 1 よく出かけました, 二里足らずの, 来たが, 来て, 見て

▼ 奈良~ (7, 0.3%)

1 着いたら直, 行きたいなあ, 行きなされし, 行くとこ, 行くとも, 行く必要, 行こやないか

▼ 奈良~ (7, 0.3%)

1 よからう, 一番ええ, 大阪よりも, 思い出されるの, 決して自分, 焼け残って, 見える

▼ 奈良~ (7, 0.3%)

1 が短命, に名, に都, の大半, の現状, の終りごろ, へ平安京

▼ 奈良~ (7, 0.3%)

1 づけとは, づけの, というよう, と言っ, のめし, の舟, や五匁

▼ 奈良~ (6, 0.3%)

1 また一色, 人出が, 大坂も, 寒くって, 所詮は, 見せよう男山

▼ 奈良ホテル~ (6, 0.3%)

1 から公園, とある, といふ, に泊まっ, を出た, デ夜

▼ 奈良平安朝~ (6, 0.3%)

1 で中央政府, にいたる, の, のころ, の芸術品, までの間

▼ 奈良とか~ (5, 0.2%)

2 河内の 1 京都とか, 気の, 高野山とかいう

▼ 奈良へと~ (5, 0.2%)

1 いうほどの, 己の, 平野が, 涼しい旅, 通り吉野路

▼ 奈良へも~ (5, 0.2%)

1 よれますし, 往つた, 行く新緑, 行ったし, 連れて

▼ 奈良人形~ (5, 0.2%)

1 と亡妹, のよう, の猩々, や面持人形, を姉

▼ 奈良奉行~ (5, 0.2%)

1 から移った, として徳川家, に直属, の募, の触書

▼ 奈良法師~ (5, 0.2%)

1 などその他各地, のたれかれ, の僧兵, はもちろん, は公然

▼ 奈良あたり~ (4, 0.2%)

1 からやって来た, の意味, まで特に, を毎日毎日

▼ 奈良という~ (4, 0.2%)

1 事臆い起し, 侘しい古都, 漢字を, 訳で

▼ 奈良などの~ (4, 0.2%)

1 僧団の, 大きな都, 建物が, 時世を

▼ 奈良山泉川~ (4, 0.2%)

4 の見える

▼ 奈良朝初期~ (4, 0.2%)

1 において播磨, に現存, の産業, 或は藤原朝

▼ 奈良~ (4, 0.2%)

1 この地, とは弓削道鏡, の宮の址, を奉祀

▼ 奈良縣磯城郡~ (4, 0.2%)

1 の三輪山, の三輪山の神, の天, の東方

▼ 奈良見物~ (4, 0.2%)

2 をし 1 や京都近傍, を思いたたれ

▼ 奈良からも~ (3, 0.1%)

1 お奉行, 吉野からも, 見えて

▼ 奈良づけ~ (3, 0.1%)

1 のいい, の粕, をたべる

▼ 奈良へでも~ (3, 0.1%)

1 京へでも, 西洋へでも, 遊びに

▼ 奈良平安~ (3, 0.1%)

2 の昔 1 の都

▼ 奈良朝ごろ~ (3, 0.1%)

1 になつて, になる, までの御陵

▼ 奈良朝以後~ (3, 0.1%)

1 には相当, に唐土, 屡々の

▼ 奈良朝以来~ (3, 0.1%)

1 すでに存, の永い永い, 少からん

▼ 奈良朝前後~ (3, 0.1%)

1 に粛慎人, の, の人名

▼ 奈良~ (3, 0.1%)

21 ではなかつた

▼ 奈良縣山邊郡~ (3, 0.1%)

2 の石上 1 の石上神宮

▼ 奈良芳野~ (3, 0.1%)

1 に行き, の勝, へ御

▼ 奈良茶飯~ (3, 0.1%)

1 か何, の店, 出来るに

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 ここは, と思

▼ 奈良でも~ (2, 0.1%)

1 京都大阪の, 大阪でも

▼ 奈良とかいふ~ (2, 0.1%)

1 処は, 甚だ平凡

▼ 奈良とは~ (2, 0.1%)

1 また異なった, 目と

▼ 奈良においては~ (2, 0.1%)

1 寺院の, 興福寺

▼ 奈良へは~ (2, 0.1%)

1 まだ遠う, 二年前の

▼ 奈良ほてる~ (2, 0.1%)

1 に行, の荒池を

▼ 奈良より~ (2, 0.1%)

1 堺に, 宇治に

▼ 奈良井辺~ (2, 0.1%)

1 の奥筋, までをさす

▼ 奈良京造営~ (2, 0.1%)

2 の際

▼ 奈良付近~ (2, 0.1%)

1 にはその, の古寺

▼ 奈良博物館~ (2, 0.1%)

1 でも法隆寺宝蔵殿, に供託

▼ 奈良地方~ (2, 0.1%)

1 に行軍, はかみなり

▼ 奈良坂村~ (2, 0.1%)

1 にあった, に伝え

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 などの唐綾, などはどう

▼ 奈良天皇~ (2, 0.1%)

1 および尼宮大聖寺殿, の宸翰

▼ 奈良女子高等師範~ (2, 0.1%)

2 の校長

▼ 奈良市街~ (2, 0.1%)

1 の南方町はずれ, は雑然

▼ 奈良帝室博物館~ (2, 0.1%)

1 でみた, に出張

▼ 奈良平安時代~ (2, 0.1%)

1 に於ける, の奥羽経営

▼ 奈良方面~ (2, 0.1%)

1 の作戦, へなだれ

▼ 奈良晒布~ (2, 0.1%)

1 を一反, を出し

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 の宗家, の顛末

▼ 奈良朝前~ (2, 0.1%)

1 それ程遠く, までは群臣中

▼ 奈良朝平安朝~ (2, 0.1%)

1 の良血人種, の貴族全盛

▼ 奈良朝当時~ (2, 0.1%)

1 なおこの, の註釈

▼ 奈良朝期~ (2, 0.1%)

2

▼ 奈良朝末期~ (2, 0.1%)

1 から既に, においては相当

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 に吉田一右衛門, へ出る

▼ 奈良東城右京三条~ (2, 0.1%)

2 第七坊

▼ 奈良東城右京三條~ (2, 0.1%)

2 第七坊

▼ 奈良盛時~ (2, 0.1%)

1 の大伴坂上郎女, の状態

▼ 奈良県下~ (2, 0.1%)

1 の郡山, の部落名

▼ 奈良県北部~ (2, 0.1%)

1 ではキツネノカミソリ, のよう

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 の人, の諸

▼ 奈良絵本~ (2, 0.1%)

1 がなくなった, には首

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 か京都府, の北部

▼ 奈良茂紀文~ (2, 0.1%)

1 と共に百萬兩, の世

▼ 奈良近郊~ (2, 0.1%)

1 でも私, の民家

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

2 や当

▼ 奈良~ (2, 0.1%)

1 だの天野山金剛寺, とやら百済酒

▼ 奈良麿~ (2, 0.1%)

1 の邸, は父

▼1* [227件]

奈良い行くいうて約束, 奈良い遊びに行った, 奈良濠の, 奈良さまギライであった, 奈良さま同様に私, 奈良さんや今井さん, 奈良じゃと急ぎ登り行く, 奈良そのほか日本の, 奈良だけだらうと, 奈良だけの宛て字らしい, 奈良だの大阪だの, 奈良でこそすでに足利期, 奈良でなければ見られない, 奈良でのいろいろの, 奈良とかの千年以上の, 奈良とを見学する, 奈良んだ, 奈良なる字に, 奈良において日本歴史地理学会の, 奈良においてもこの被, 奈良にて捕はる, 奈良のみでなく大和, 奈良のみかど京, 奈良ばかりじゃないぜ, 奈良へでもということでございました, 奈良までは奥さん電車賃は, 奈良やったあの思い出, 奈良よりも佳くは, 奈良ニ行キ東大寺新薬師寺, 奈良三月堂, 奈良行ッタコトガナイノデコノ機会ニ行ッタラドウカト予ガ勧メタノデアル, 奈良七夜ふるや, 奈良七郷にもそれぞれ唱門師, 奈良三方の町はずれ, 奈良中唱門事は七郷, 奈良中坊井上源五に宿, 奈良京大阪を見物, 奈良京都あたりの古い, 奈良京都大阪と廻つたこと, 奈良京都見物は生まれ, 奈良京都阪神などのほう, 奈良の古, 奈良以上である, 奈良以後平安初期に続いた, 奈良以来の旧, 奈良以来僧家の歌, 奈良伊勢出来ること, 奈良伊勢等の名所古跡, 奈良伏見の町奉行, 奈良伏見山田日光と金銀山, 奈良伝授当時奈良は旧都, 奈良暑い印象, 奈良停車場に着い, 奈良光枝君が緑波一座, 奈良入りの先駆, 奈良初めへかけ, 奈良初期に既に, 奈良初瀬と, 奈良南郊に本, 奈良南里の唱門, 奈良博多伊勢秋田山形などどなた, 奈良占領の事実, 奈良及び平安の, 奈良叡山のうごき, 奈良古老の談, 奈良吉君から有益, 奈良和歌山の二県, 奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ四十臂ヲ有, 奈良唐招提寺金堂ニ安置シ奉ル千手観音立像ガ四十臂, 奈良唯一の水辺風景, 奈良四箇の陰陽師居所, 奈良団扇売出しの事, 奈良土産を鞄, 奈良在住の画家, 奈良地方裁判所で相, 奈良坂のは東大寺, 奈良坂八町を射通し, 奈良坂宿の末宿, 奈良坂村唯一の古, 奈良坂清水坂両所非人の悶著, 奈良多門町の大経師, 奈良大乗院の日記, 奈良大和路風景は私, 奈良大阪府県下を視察, 奈良大阪神戸の位置, 奈良の家, 奈良奉行大久保長安の与力衆, 奈良奉行所を設けた, 奈良奉行梶野土佐守の筆録, 奈良女子高師付属実科女学校長の森口奈良吉君, 奈良婆此篋開勿勤常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還来, 奈良宝蔵院の訪問, 奈良宝隆寺から西一町, 奈良宮島の猴鹿, 奈良宮島日光等の神社仏閣, 奈良宮廷の祭り, 奈良である, 奈良崎君公の御, 奈良崎将作に逢, 奈良崎様では, 奈良崎氏と羽鳥, 奈良市中にいくつ, 奈良市公納堂町にその, 奈良市西坂町の旧, 奈良の弘治頃, 奈良平安二朝の遣唐使, 奈良平安初期には逃亡, 奈良平安前期に至る, 奈良幸町の巽位, 奈良が一番, 奈良彫刻の写実, 奈良志津より室戸, 奈良或は其前から, 奈良手貝河合甚左衛門の仮, 奈良招提寺の鑑眞和尚, 奈良攻めにはたしかに, 奈良京の, 奈良文献から起つた, 奈良方向へ北上, 奈良旅行の記事, 奈良春日神社の鹿, 奈良春日神社石燈籠の苔, 奈良時代以前天武持統の頃, 奈良時代前になつ, 奈良時代末期に於ける, 奈良のじゅばん, 奈良朝あたりの仏教美術, 奈良朝ころの人士, 奈良朝づくりになっ, 奈良朝ものですよ, 奈良朝以來の植物的, 奈良朝以後シナの鞏固, 奈良朝以来俘囚にし, 奈良朝以来雅楽寮の事, 奈良朝初めの現実, 奈良朝前期まではそれ, 奈良朝創始の国分寺, 奈良朝史をノート, 奈良朝平安朝時代の支那人, 奈良朝後半期には長歌, 奈良朝後期には唐招提寺, 奈良朝時代使役する奴隷, 奈良朝末に短歌製作気分, 奈良朝気分を持つ, 奈良朝盛時の抒情詩, 奈良朝神護景雲三年にその, 奈良朝美術のさかん, 奈良朝藤原時代の日本古代文化, 奈良朝製作の部分, 奈良朝関係の文献, 奈良朝頃宮廷に御, 奈良の新, 奈良から平安初め, 奈良末期の家持, 奈良東城の右京二条, 奈良東大寺正倉院, 奈良枝てんごしい, 奈良柳生相楽と駈けた, 奈良河内街道である, 奈良法師たちのうわさ, 奈良法師所謂僧兵の兇暴ぶり, 奈良法隆寺と海, 奈良とを一緒くた, 奈良炎上の無道, 奈良特有の低い, 奈良産まれの眇目, 奈良であろう, 奈良田の湯まで看病, 奈良界隈の都会的, 奈良県三輪らしいね, 奈良県三重県和歌山県の三県, 奈良県九町村石川県六町村三重県十二町村となつ, 奈良県吉野郡掖上村茅原に茅原寺, 奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 奈良県大和の国高市郡金橋村雲梯, 奈良県奥の別館, 奈良県添上郡の柳生寺, 奈良神戸という四つ, 奈良秀治山口八九子三氏見送る, 奈良笠置あたりの沸く, 奈良符坂寄人の事, 奈良等諸所見物して, 奈良を描いた, 奈良縣北葛城郡の當麻, 奈良縣北葛城郡二上山の北方, 奈良縣南葛城郡葛城村にある, 奈良縣生駒郡の山, 奈良縣畝傍山の東南, 奈良縣磯城郡三輪山の大神神社, 奈良縣磯城郡泊瀬溪谷の入口, 奈良縣高市郡の飛鳥, 奈良興福寺にある, 奈良般若寺の古, 奈良茂三井三菱ないし藤田, 奈良茶上尾博労新田の酒屋, 奈良茶漬の御馳走, 奈良茶漬けを食う, 奈良茶漬宇治料理とかいた, 奈良茶飯木の芽田楽蒲焼など軒並び, 奈良の切符, 奈良行きの時, 奈良西坂の松井道博君, 奈良西部の大寺, 奈良見人つらつら續, 奈良豆比古神社, 奈良を近み, 奈良で稽古, 奈良辺りの名園, 奈良近傍に宮方, 奈良近辺の村, 奈良通い同じつらなる, 奈良遷都の際, 奈良遷都時代の薬師寺, 奈良郡山へ四方十字, 奈良に宮, 奈良都以前から行, 奈良鎌倉以後の画, 奈良鎌倉日光に昔, 奈良附近吉野山京都というスケジュール, 奈良院御撰を伝へる, 奈良風景を描い, 奈良飛鳥園主の好意, 奈良飛鳥園小川晴暘氏の撮影, 奈良鳥取と方々, 奈良麻呂あれらは漢魏, 奈良麿大伴古麿, 奈良麿等が仲麿