青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奇怪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~失敗 失敗~ ~失望 失望~ ~失礼 失礼~ 奇~ ~奇妙 奇妙~ ~奇怪
奇怪~
奇蹟~ 奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~ ~奥 奥~ ~奥さん 奥さん~

「奇怪~」 2440, 26ppm, 4414位

▼ 奇怪~ (1503, 61.6%)

29 ことが 19 ことに, 事件が 12 ことには 11 ことを, のは, 形を 10 出来事が, 行動を 8 ものに 7 ことは, 形に 6 ものであった, ものである, 事が, 事実が, 光景を, 叫び声を, 女の, 姿を, 話を 5 ことだ, ものが, 事実を, 人物が, 出来事を, 噂が, 声を, 物語を, 現象が

4 [17件] ことである, ことにも, ものを, ポーズは, 事を, 事件を, 印象を, 夢の, 姿の, 心の, 男は, 経験を, 習慣が, 言葉が, 話が, 話に, 謎を

3 [24件] ことの, ことも, ものだ, ものでした, 事件だ, 事件である, 事実の, 人間の, 伝説が, 出来事について, 出来事の, 動物の, 幻影の, 感じを, 投書が, 現象は, 生物の, 目に, 絵の, 行動が, 言葉に, 話, 音が, 顔を

2 [81件] ことだろう, ことで, ことばかり, できごとが, のです, まねを, ものと, ようだ, 一寸法師の, 一脈の, 世界で, 事に, 事には, 事件の, 二つの, 人々は, 人物の, 人物は, 伝説は, 伝説も, 伝説を, 光景であった, 噂を, 因縁から, 因縁で, 声で, 変死を, 奥底の, 妄想に, 存在は, 宇宙音を, 家ダニ, 幻影を, 幻想的な, 形が, 形の, 心境を通して, 悲鳴を, 感じの, 戦慄を, 手紙を, 書物の, 書類を, 歪みは, 殺人事件が, 気が, 無表情の, 牛乳を, 物に, 物の, 物を, 物語に, 物語は, 物象が, 現象を, 生活を, 男と, 男の, 男を, 神経作用から, 笑い声を, 絵を, 舟は, 船, 虹の, 行列が, 行動の, 行動は, 衰弱を, 話で, 話です, 話は, 説を, 謎が, 足跡を, 運命が, 重傷者を, 顔に, 願望や, 風説が, 魔物が

1 [948件 抜粋] あいまいな, あるいは血なまぐさい, いやに深い, うわささえ, お城, お櫃は, かたちの, からくり普請, ことだった, ことであり, ことです, こととして, ことばとして, しかし美しい, しかも美しい, しびれが, せむし探偵を, その紙片, つくり声で, できごとを, ところへ, ので, のにすこぶる, のに内容, のに朝, のに私, ひと品が, ほどに平気, またきわめて, また悲しい, ものだつた, ものであり, ものの, ものばかり, ものや, もよう, やつが, る言を, エピソードを, カーブを, ギャング事件が, グロテスクな, グロテスクを, スキーの, ダンスも, デサンの, ビラが, ブルジョアで, ホテルに, レヴィウ役者は, 一事が, 一人物が, 一大裾模様を, 一寸法師奴が, 一皿と, 一行が, 一語を, 一道の, 三本足の, 不安と, 不安を, 不気味な, 世界において, 世界の, 世界を, 乞食ヒョイと, 乞食驚かなかった, 事にさえ, 事ばかりじゃ, 事件だつた, 事件です, 事件といった, 事件に, 事件は, 事実であった, 事実に, 事實に, 事態と, 事柄な, 事柄ばかり, 事柄を, 二本の, 二重人格を, 亢奮を, 人だ, 人物と, 人獣の, 人種が, 人間が, 人間は, 仮睡に, 会話放恣な, 会食を, 伝説としか, 伝説の, 体を, 何かが, 作品な, 作法を, 侍が, 侮辱の, 侵入者, 修業だった, 偏見が, 傷を, 像を, 光の, 光彩とを, 光景だろう, 光景では, 光景は, 全貌を, 写真の, 凧が, 出来ごとだった, 出来事では, 出来事は, 分裂が, 刺激は, 剣技に, 力に, 効果は, 動物に, 化け物と, 医術上の, 印を, 危ない仕事, 厚化粧を, 反動では, 句を, 叫びを, 叫声を, 同士討だ, 同情を, 名ばかりの, 名状すべからざる, 吠声が, 咳が, 哀愁感を, 哄笑に, 哄笑の, 哄笑を, 問を, 喚声を, 喜びに, 噂, 囚人でした, 因縁話が, 図, 国会風景に, 国家老の, 圧迫を, 地帯へ, 城郭に, 報告を, 場面であった, 塔の, 壁の, 声と, 声も, 変形児は, 夜であったろう, 夢も, 大きい魚, 大コウモリ, 大時計, 天狗岩事件が, 失踪, 女めだ, 女を, 女性大胆な, 奴だ, 好奇心を, 妖婆が, 妖術師である, 姿に, 存在, 存在だ, 存在だった, 宝物を, 実例が, 実在を, 実験について, 実験は, 客の, 家ダニ參照, 家老は, 容貌に, 容貌の, 対決が, 対話を, 小法師, 小男も, 小説を, 尼僧の, 尾行者を, 山々で, 山容である, 山嶽の, 山稜が, 岩組などと, 島そこに, 巷説が, 市場たる, 幻と, 幻は, 幻像でもが, 幻影に, 幻惑の, 幻想が, 幻想と, 幻想的風景な, 幻覚である, 幽霊で, 座談を, 弁証作業や, 形で, 形も, 形苦悩恐怖哄笑夢種々の, 影が, 影を, 御飯が, 復讐の, 徴候を, 心象風景を, 快感を, 念想は, 思いに, 思想の, 性格の, 性質が, 恐るべき光景, 恐ろしい事件, 恐ろしい異, 恐怖から, 恐怖を, 恰好を, 悪夢の, 悪漢だけ, 悶絶し, 惡漢が, 想像心の, 愚論よ, 感じで, 感じには, 感に, 感動を, 感情の, 感覚に, 憎悪と, 懸垂形の, 手がかりが, 手振りで, 托鉢僧を, 指紋であろう, 挑戦状, 挙動を, 振舞が, 推測とを, 推理を, 攪乱機関を, 放送戦が, 敬語や, 文句が, 文字です, 文字と, 文字ばかり, 新内語りの, 旅侍が, 旋律を, 明暗を, 景色の, 暗示材料を, 曲者である, 書生に対する, 最期などを, 有様を, 木彫の, 板女の, 格闘は, 植物と, 極めて愉快, 模様, 欲望から, 歌詞を, 死に, 死を, 死人は, 死刑の, 死状を, 殺人, 殺人の, 殺人事件について, 殺人手段を, 殺人疑問の, 殺害事件と, 殿堂を, 水車が, 氷の, 決議が, 沙汰を, 油絵の, 法師が, 泥人形の, 流暢な, 消失, 涙ぐましさ, 混乱した, 渋面に, 満足を, 演奏の, 火星人の, 点が, 無益な, 無電を, 熱病が, 物であり, 物思いに, 物語の, 特異性に, 犯罪について, 犯罪事件の, 犯行を, 状態を, 猫町の, 猿の, 獣の, 王冠の, 現象と, 現象にも, 理想では, 甘さ, 生きものたちが, 生き物も, 生気を, 生活と, 生活法では, 生物であった, 生物を, 生甲斐を, 甲虫の, 申し立てを, 申出である, 男が, 男に, 男も, 番頭が, 異見を, 疑念だった, 病気の, 発見が, 発見に, 白い蝶, 皮肉を, 盗賊として, 真似を, 眺めであった, 着想に, 矮人が, 研究室は, 神の, 神像の, 神経症状を, 秘密でも, 秘密の, 空の, 空中舞踊は, 空氣に, 空間を, 立廻り, 笑い声が, 笑い方を, 笑声を, 符号だった, 符号を, 節が, 粉飾が, 紅教が, 素振りを, 経験は, 結果に, 絵模様でした, 絶望の, 線条も, 羊皮紙が, 美を, 翅の, 習性を, 老人, 老人は, 老人を, 老婆と, 老爺の, 老翁は, 考えを, 者が, 背徳行為という, 脅迫状だ, 腫物の, 自殺を, 自由さには, 船が, 船旅が, 芝居を, 若くは, 若林博士の, 苦悶の, 落着きを, 蓮の, 蕈形の, 蜃気楼が, 蝶に, 行きが, 行動, 行動も, 行為いろんな, 表情が, 装飾が, 見事さを, 見方が, 親子が, 角度を, 解剖模型や, 言葉だ, 言葉を, 言語上の, 言論である, 計画が, 訊問の, 訪問客は, 詞として, 話だ, 話である, 説が, 説明と, 説明を, 読経が, 調子を, 諏訪家の, 謎, 警告の, 讀經が, 象徴画, 買収と, 赤腹を, 超人間, 足跡に, 軟体動物を, 軽業が, 迎駕籠, 迫力を, 速さ, 運命を, 道ゆきが, 道場が, 邂逅, 邂逅を, 部分に, 部屋だ, 醜い恐ろしいやう, 金色の, 錫の, 錯覚さえ, 錯覚を, 長虫の, 闖入は, 陥穽が, 陰が, 雄弁を, 雑沓と, 電話を, 霊気の, 面の, 音は, 音楽とを, 音響と, 音響は, 響きが, 頭の, 顔, 顔だろう, 顔は, 顛倒と, 風俗が, 風景と, 風格は, 風習を, 風貌を, 飛道具を, 飲みものまで, 首が, 騒ぎの, 骸骨の, 鬼の, 魔力を, 魚が, 魚だけに, 魚は, 鮮明さで, 鳩の

▼ 奇怪なる~ (177, 7.3%)

3 ことを 2 かな, は斯, ものは, 二人の, 低能児を, 失踪を, 昆虫を, 河馬女神トリエスの

1 [158件] お喋り坊主から, お話を, ことである, この大, ために, につい, に署長, に驚かぬ, のみならず, はあるいは, は仁, は其端艇, ものあり, ものなれ, ものの, を見, ロケット艦を, 一事あり, 一大巨人, 三体を, 乾徳山の, 事が, 事と, 事を, 事件です, 事件な, 事件に, 事件も, 事件突発いたしそうろう, 事実である, 人かな, 人形の, 人物が, 人物の, 人造人間が, 人間, 仕事を, 修辞学, 出来事の, 利他を, 刺繍絵が, 動物を, 動物共の, 古文字, 呪咀の, 噂が, 器具の, 国風なる, 地妖でない, 報道を, 塊り, 声が, 変化を, 変異を, 多夫一妻, 夢中遊行の, 大丈夫一個不思議なる, 失踪と, 女性は, 妄想説の, 妙薬, 宝蔵院衆の, 家庭に, 小さい男, 少年の, 山容, 帆走船に, 平大名, 建物から, 形に, 形を, 後光を, 御者と, 復讐それらは, 心境に, 心臓盗人の, 性格は, 恐怖が, 恐迫観念, 感慨を, 憑依狼憑き, 手記は, 按摩の, 挑戦状の, 挙動とを, 振動を, 振舞する, 放言を, 教育の, 新内語りと, 昔語りが, 暗示, 有様に, 服装を, 来訪者は, 案内図は, 樹木達の, 機関は, 殺人事件, 殺傷事件は, 氣の, 汚職事件である, 油売り, 海底地震に, 消失, 物語に, 物語の, 物語は, 物語を, 特殊の, 犯罪が, 犯罪の, 犯罪事件の, 犯行が, 生物でした, 用途を, 男を, 男猿の, 画面の, 発狂者, 皿の, 盲目の, 矛盾を, 秘密について, 精神状態について, 結婚式と, 美人と, 老人は, 老浮浪者, 能力ある, 舞踊を, 船との, 船は, 船を, 船底の, 花火の, 蠅男の, 角度より, 解釈を, 詩人の, 話が, 話に, 論法あらん, 謎々とに, 謎は, 質問と, 起伏凹凸を, 運命の, 雲の, 電話は, 青年として, 音が, 音楽の, 顔貌, 飛空機に, 饗宴だ, 饗宴を, 黒い影

▼ 奇怪~ (95, 3.9%)

4 念を 3 ことには, 噂は, 風説を 2 事実が, 出来事の, 少尉, 感に, 船は

1 [72件] こと, ひとさらい, ほの, ものでございまし, ようであり, 一つと, 事なり, 事件, 事件は, 事実であった, 亡状, 人物大, 伝説が, 伝説や, 光景, 光景に, 出来事である, 出来事でございます, 動物で, 動物は, 図である, 国々のみを, 声あり, 声に, 外形を, 女女の, 奴らじゃ, 妖怪, 嬰児であった, 宴会室の, 形で, 念に, 思考に, 感じが, 感は, 振舞を, 文中, 時勢国家滅亡の, 様子であった, 歴史を, 殺人が, 汝, 汝いざ, 汝疑, 物がたりを, 現象たらずん, 生ずるに, 異説等取交え, 症状を, 石の, 称号を, 稱號を, 童話即ち, 至り武士, 舞踏を, 船, 船その後何んと, 船我に, 計慮, 説あり, 説など, 説話を, 謎は, 讓位かなと, 賊が, 身振りを, 雲は, 音が, 音響を, 魔力を, 魔性の, 麻酔の

▼ 奇怪~ (92, 3.8%)

16 して 3 感ずること 2 思われて

1 [71件] あらずや, いぶかしみ, うつろう, うつろうとも, こみ入, つづく奇怪, なまめかしく色, なまめかしく色っぽいの, なります, むしろ怖, ゆがんだかと, 優婉な, 出来ては, 動き回ってるその恐るべき, 又は神秘的, 古風な, 嗄れた返辞, 変色し, 奇怪を, 存じて, 少女めいた, 心得るから, 思いしも, 思いな, 思い一夜主人, 思い不思議, 思い狐狸, 思うこと, 思うであろうが, 思うもの, 思はる, 思はれん, 思ふの, 思われるかも, 思われること, 思われるであろう, 恥辱に, 想像し, 感じその, 感じたの, 感じた程, 感じて, 感じられた, 感じられるの, 感じるの, 感ずるもの, 感ぜしは, 感ぜしむる次第, 早くトントン, 映じきたる, 歪んで, 混乱を, 渉る, 燃え立ちて, 現れた, 發展し, 結びつき時として, 考えられぬわけ, 荒れ狂う, 見えて, 見えるとしても, 見せるので, 見ゆるゆえ, 誇大され, 逢おうとも, 過ぎる事実, 響いた, 響く, 驚かされるよりも, 高ぶらせ宿, 高まって

▼ 奇怪千万~ (66, 2.7%)

4 である, のこと 3 でした, なこと, な事実 2 な出来事

1 [47件] じゃ, だと, であるとでも, でござる奇怪, でしかも, ではない, というべし, といわね, と思った, と血眼, な, なこの, なそして又, なり, なる寃罪, なる藪医者, なる語, なれども, な京極家, な剃刀, な印象, な噂, な場所, な奴, な学理実験, な席描, な推断, な暮しぶり, な殺人事件, な殺人手段, な狼藉, な行い, な言葉, な話, な謎語, な錯覚, にも甲冑, にも馬十, に思われ, に聞えます, の事, の出来事, の挙動, の母, プルプルプル, 緩怠至極, 路傍に

▼ 奇怪至極~ (48, 2.0%)

2 じゃ, だ, です, と思う, なこと, な話

1 [36件] だこれ, だという, でありました, であると, でござる庭前, でさ, で話す八五郎, とあっ, とは思ひ, ともうす, なことば, なこの世, な井底, な動き, な勝負, な命令, な寧ろ, な気味, な理窟, な盗難事件, な秘密, な見世物小屋, な風貌, にもスウェーデン, にも尼寺, にも貴女, のこと, のもの, の彼ら, の此社界, の筋, の装飾, の邪法, 不思議千万な, 尾籠低級, 迷惑千万

▼ 奇怪~ (42, 1.7%)

7 はない 2 その上二階, はある, 不潔で, 彼は

1 [27件] あつた, おぼつかない, ござりまする, そしてまちがっ, たまらないので, たまらなかった, どうしても, なんでも, はあります, はありません, もなかっ, アベコベだ, バカバカしい暗合, 一方の, 不可能な, 不気味な, 不氣味, 何でも, 何より不思議, 厶ります, 可なり誇張, 同時に快, 奥床しいところ, 實行難く, 薄気味わるい, 霊の, 鯉だ

▼ 奇怪~ (37, 1.5%)

2 であった, に平次

1 [33件] あり, が迫った, だった, だね, だろう, でありましたろう, でした, でしょう, で馬, といい, と同じ, にうたれる, にこだわる, には面白く, にふれる, にゾーッ, に互に, に全身, に呆れ, に就い, に当年, に新田先生, に自分, に逆上, は論外, ばかりを現実, も氷河, や異様さ, を一層, を倍加, を備えた, を利用, を増した

▼ 奇怪~ (35, 1.4%)

2 がおこった, である

1 [31件] かも知れんで, から申, が数, が重なった, であった, であったに, であつ, であります, であるが, であるですよ, でこれ, ではあります, ではありません, ではない, というべきで, と云わね, と言う, と言うべく, と連鎖的, にみち, に人々, に名人, に彼等, の不気味, はしばらく, は書斎, は都邑, を三たび, を人間世界, を眺め, を黙認

▼ 奇怪~ (33, 1.4%)

5 いわざるべからず 4 いえば 3 するに 2 云わなければ, 言うのほか

1 [17件] いいても, いうべきである, いって, いっても, し実際, するもの, せらるるは, なるほど, 云う以外, 云へば, 呼ぶも, 思いましたので, 無情とは, 考えれば, 荘厳とを, 見ずに, 錯誤とに

▼ 奇怪にも~ (30, 1.2%)

1 [30件] あの某国大使館, ここで, この時す, すべて敵の, ノルマンは, 二発の, 今それと, 今の, 以前の, 余と, 友人の, 大学当局から, 天井の, 妊娠し, 影も, 彼は, 感じられた, 我れ知らず笑いだした, 摂氏六十度ぐらいの, 既に一箇月前, 曲馬団の, 殿に, 目ざした道, 聞えるの, 葛卷義敏の, 谷の, 邸内の, 酒に, 食傷し, 鮮かな

▼ 奇怪~ (29, 1.2%)

2 極めたの, 極めたもの, 極めました

1 [23件] きわめたもの, きわめて, つけ加うる, 呈した, 問われよ, 増し内界一方, 好みすぎた勝手, 感じた樣子, 感ぜしめたの, 極めたその, 極めた事情, 極めた動植物, 極めた犯罪, 極めた画面, 極めた絵, 極めた表現派様式, 極めるの, 極め神出鬼没, 極め神出鬼没なる, 演じ時として, 見せられた謙蔵, 見たから, 迎うる

▼ 奇怪きわまる~ (27, 1.1%)

1 [27件] うわ言を, ことを, モールス符号の, 事には, 事件に, 事実を, 侵入者は, 傷口な, 光景を, 共軛関係に, 写像に, 判定を, 叫び声を, 史実に, 存在な, 実験で, 実験について, 憂鬱に, 折竹の, 放送について, 生物が, 異常神経を, 話であった, 話では, 謎の, 闇撃などの, 陰謀に

▼ 奇怪極まる~ (21, 0.9%)

1 [21件] この評判, ものであった, 事実であれ, 事情の, 五郎助七三郎の, 反逆的な, 妄想を, 山中の, 快楽を, 悦楽が, 探偵事件に, 擦過傷だ, 文章で, 東伯爵夫人の, 死が, 殺人事件は, 盲者の, 私と, 立場に, 謎を, 身の上話は

▼ 奇怪である~ (15, 0.6%)

1 [15件] がまた, が天皇制, が要するに, けれど辻つま, ことよ, し特に, ために, という, とは私, のが, のに更に, のは, もしや神, 余程混雑, 餘程混雜し

▼ 奇怪~ (8, 0.3%)

1 からだ, から理解, とおもうだろう, と云う, と思う, と思われる, のにまして, 無礼だ

▼ 奇怪とも~ (8, 0.3%)

1 いえよう, いえる人体解剖, なんとも不可解, 不思議とも, 奇怪, 奇怪その, 奇怪疑問の, 突飛とも

▼ 奇怪であり~ (7, 0.3%)

2 痴呆的だ 1 いかにも大人, か, 不条理である如く, 滑稽でも, 異常である

▼ 奇怪じゃ~ (5, 0.2%)

1 な, ないですか, アねえか, 胡乱な, 見せしめの

▼ 奇怪という~ (5, 0.2%)

2 のは, ほかは 1 ところかも

▼ 奇怪なり~ (5, 0.2%)

1 くそ坊主, とてそれ, とやッ, と感じない, 貧しくなり

▼ 奇怪から~ (4, 0.2%)

1 奇怪に, 奇怪へ, 意外へ, 駕籠と

▼ 奇怪~ (4, 0.2%)

1 るお, る形, る性質, る模様

▼ 奇怪そのもの~ (3, 0.1%)

2 で民族 1

▼ 奇怪だった~ (3, 0.1%)

1 のでビレラフォン, ので一同, 竜や

▼ 奇怪でした~ (3, 0.1%)

1 がそれ以上, がそんな, のでのっそり

▼ 奇怪でも~ (3, 0.1%)

1 あり要するに, あるもの, あれば

▼ 奇怪~ (3, 0.1%)

1 おりおりあって, ずっと以前, 今でも

▼ 奇怪不思議~ (3, 0.1%)

1 な事, な粗, に思っ

▼ 奇怪千萬~ (3, 0.1%)

1 である, と云, に感じた

▼ 奇怪~ (3, 0.1%)

1 のある, もありません, を増し

▼ 奇怪現象~ (3, 0.1%)

1 が科学文化, を一つ, を極めて

▼ 奇怪~ (3, 0.1%)

1 が全国共通, が必ずしも, を並べ立て

▼ 奇怪がる~ (2, 0.1%)

1 ことで, のも

▼ 奇怪じゃが~ (2, 0.1%)

1 いずれも, その眠り

▼ 奇怪であった~ (2, 0.1%)

1 からの名, が心配

▼ 奇怪でない~ (2, 0.1%)

1 ことを, ものは

▼ 奇怪とは~ (2, 0.1%)

1 存じながら, 真にこの

▼ 奇怪とを以て~ (2, 0.1%)

2 象徴派を

▼ 奇怪なあり~ (2, 0.1%)

2 さまに

▼ 奇怪なからす~ (2, 0.1%)

2 天狗の

▼ 奇怪ならず~ (2, 0.1%)

2

▼ 奇怪なれ~ (2, 0.1%)

1 ども当年, 彼は

▼ 奇怪な死に~ (2, 0.1%)

1 方が, 方を

▼ 奇怪な申し~ (2, 0.1%)

1 条かなと, 条じゃ

▼ 奇怪にまで~ (2, 0.1%)

1 存ぜら, 思わるるとナ

▼ 奇怪~ (2, 0.1%)

1 奇怪から, 続いて

▼ 奇怪的幽霊~ (2, 0.1%)

1 と同日, を破り

▼1* [84件]

奇怪ある中に, 奇怪いま清正と妓生, 奇怪あるよう, 奇怪きわまりなき光景, 奇怪きわまる軋り声や, 奇怪きわまる馬鹿げたことでも, 奇怪さ一番キレイな幼い, 奇怪さ不気味さ陰惨さを感じ, 奇怪しかも笠の, 奇怪せんばん, 奇怪その移り香は, 奇怪だってそりゃ無理, 奇怪だ留めるなら留めるだけの意義, 奇怪やくせ, 奇怪であって発明者, 奇怪でありかういふところに, 奇怪であろうがな将, 奇怪でございましたから信用, 奇怪ですがベク助, 奇怪でならなかったこの青年, 奇怪といふほかは, 奇怪としてその原因, 奇怪とに充ちて, 奇怪とや言はん不思議とや, 奇怪とを極めて, 奇怪なある噂が, 奇怪ないれずみです, 奇怪ながらも渋味ゆたかに, 奇怪なくねりを大空, 奇怪なすがたで, 奇怪なっこの人形, 奇怪なふくれ上った見てい, 奇怪なみなりをした, 奇怪なゆがんだものへ, 奇怪なりしは仏国公使, 奇怪なる生き返りでもし, 奇怪な信じ難い, 奇怪な信ずべからざるほどの, 奇怪な光りをあげた, 奇怪な取りあわせもまた, 奇怪な唸き声が, 奇怪な嗄れた声で, 奇怪な思ひに悩まされ, 奇怪な恐しい怪物でした, 奇怪な戦きに襲, 奇怪な戯れを演じ, 奇怪な投げ槍の, 奇怪な捕り物が, 奇怪な消え方である, 奇怪な物語りの後, 奇怪な話しに遭遇, 奇怪な遣り方で, 奇怪にさえ思われること, 奇怪はなはだ曖昧, 奇怪奇怪, 奇怪らしく思わるに相違, 奇怪を以て認められたの, 奇怪経験ヲシタコトガアル, 奇怪不可思議を極めた, 奇怪不埒なる説, 奇怪不埒人を食った, 奇怪不審でなくて, 奇怪の奇怪事, 奇怪事判明し小田原市, 奇怪何人が何用, 奇怪慘などの, 奇怪に凄味, 奇怪千万またまた生血が, 奇怪変幻を極めた, 奇怪性突飛性をはらみ, 奇怪悽惨な遺書, 奇怪検挙事実は歴然, 奇怪残忍淫褻になった, 奇怪深刻を極め, 奇怪滑稽でおまけ, 奇怪物現れ出でて, 奇怪から次, 奇怪疑問の変死人, 奇怪至極さは一種, 奇怪豪華な金魚, 奇怪をかわした, 奇怪野蛮な求婚様式, 奇怪閉口の位置, 奇怪驚愕の念