青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「奇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~失っ 失っ~ ~失った 失った~ ~失敗 失敗~ ~失望 失望~ ~失礼 失礼~
奇~
~奇妙 奇妙~ ~奇怪 奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ ~奉公 奉公~ 奉公人~ 奉行~

「奇~」 1812, 20ppm, 5864位

▼ 奇~ (150, 8.3%)

12 なこと 8 なもの 4 だと 3 だなあ, だねえ, な名前 2 だな, な事, な声, な子供, な男, な話, な順ちゃん, に見えました, に足

1 [99件] さ, じゃない, じや, だ, だったの, だつた, だわね, だ樋口君, である, です, ですねえ, ですよ, ですよとの, ともとんと, ないい, なうれしい, なこと言, なみすぼらしい, なもん, なやや, なる人物, なる装, なる迷信, なギザギザ, なギリシャ, なワラヒ声, な亢奮, な人物, な人間, な修練, な光りを, な典型, な出没, な分析病, な力, な動作, な原始的, な取合せ, な名, な嗤, な墓場, な女, な対, な小説, な平和, な形, な戦き, な扮装, な捏, な旅, な明滅, な無, な物, な物語, な現象, な生き物, な病状, な癖, な看板, な着物, な窓, な絵, な老人, な腫物, な船, な言葉, な質問, な赤ん坊, な趣き, な長, な雲形, な風体, な飄逸味, にあたります, にお, にこちら, にその, にない, にも優雅, にも彼, にドイツ婦人, に不具, に今日, に小便, に平, に快く, に思, に思った, に愉快, に明るく, に爽やか, に猛烈, に生徒間, に美しい, に虫除け, に黄いろ, の団員, の姿, の幽霊

▼ 奇~ (99, 5.5%)

4 好んで 3 きわめて 2 好む心, 弄する, 弄するあるのみ, 求めて, 衒する, 衒せず, 衒って, 賞する事

1 [76件] つくしてあつ, てらったキザ, てらった形容詞, とって, ねらつても, ほしいま, 争ふ, 便に, 出し才, 出す, 吐いた盛り, 嗜み変異, 売物, 好まず形, 好み不思議, 好み珍, 好む, 好むから, 好むによるか, 好むの, 好むの情, 好むもの, 好むや, 好むよう, 好む人情, 好む偏頗, 好む君侯, 好む性癖, 好む次第, 好む江戸人, 好む男女, 好む素人考え, 好む習癖, 好む者, 好む高時, 好めばと, 好める説, 好んだと, 好んだの, 好んだ風説, 専らに, 尽しさして, 弄し, 弄した, 弄するも, 得ず壯年時代, 思うまま, 思えば, 捜し古, 探らなくても, 探るもの, 極むること妙義戸隠, 極め妙を, 求めずして, 求めての, 求めると, 求める心, 燻く, 爭ひ, 知る, 競い変化, 競ふ世の中, 衒いたがってたの, 衒う, 衒うでも, 衒うよう, 衒う者, 衒ったふう, 衒つた少正, 衒ふ, 衒わない陳腐, 見ること, 説くべき也, 説く次に, 謳ッて, 追はん

▼ 奇~ (82, 4.5%)

10 変も 3 ないところ, ないよう, ない平凡 2 ないが, ないこの, ない入場券, なかった, なく変, なければ

1 [51件] ありゃあ, ありやしない, ここまで, ない, ないこと, ないごく, ないただ, ないながら, ない人間, ない商品, ない四十男, ない変, ない屋根, ない市中風景, ない当り, ない当り前, ない文章, ない日々, ない普通, ない次, ない武骨, ない無難, ない甘藷畑, ない田舎者丸出し, ない男, ない穏, ない筈, ない荷物, ない遠足, ない黒無地, なき歳費増加案, なき風景, なくこれ, なくて, なく不思議, なく何, なく友, なく巧もなく, なく鋭いところ, なく閑けさ, 亦太甚, 何の, 弄しない, 無いこと, 無いやう, 無い山々, 無い閑けさ, 無かるべき語, 見えぬ可, 見えぬ懐しい, 認められない黒い

▼ 奇なる~ (80, 4.4%)

42 かな, がため, ことは, は, は其不人望, ものなり

1 [64件] かなかくして, かなこの, かな一, かな世人, かな世潮, かな両, かな前後, がごとく, ことに, ことを, この塩原, に, にあらず, には如かず, に一驚, に驚い, に驚かざる, に驚かぬ, に驚く, は四国, ものか, ものが, もので, ものを, もの岩船あり, もの或は, をおも, ホンモノの, 中國未だ嘗て, 事実に, 事実を, 光景に, 処御座候俵は, 哉, 哉字の, 哉安価の, 哉謙遜の, 因縁で, 声あり, 売買, 実に驚くべき, 実話あり, 家柄では, 容貌, 岩石に, 感を, 手ぶり足ぶりを, 才激せる, 挙動の, 擧動の, 景観に, 有様には, 枝振りを, 烏帽子を, 物とて, 物語を, 眼鏡, 眼鏡を, 結合, 者あり, 運命を, 野馬の, 音声を, 風習には

▼ 奇~ (60, 3.3%)

7 すべきは 6 するに 3 するには 2 いうべしと

1 [42件] いうべし, いふべし, いわざるべからず, いわざるを, いわん, した, したが, したり, しないでは, し巫女, し此, すべから, すべきである, すべき事, すべくまた, すべく並河氏, する, するところ, するの, ものの, 云う者, 云えば, 云っても, 云は, 云べし, 其用語の, 叫び愈, 可申候, 呼び妙とい, 呼び怪, 呼ぶを, 好一対と, 存候其作数種有之, 感じ今日, 感ず, 正, 称すべし, 称する, 致候は, 言えば, 謂ふべきであります, 謂ふべし

▼ 奇面城~ (50, 2.8%)

4 の洞窟 3 がどこ, の中 2 というの, のまわり, の事件, めがけて

1 [32件] から, がどの, だけはぜったい, ですよ, なんて長い, におくった, におちついた, にかくれ, にすん, にちかづい, につれこまれた, にのりこんだ, にはそんな小さな, には四十面相, に大きな, の奥, の巨人, の番, の秘密, の総, の門番, へしのびこん, へしのびこんだ, へはいろう, をかこませる, をせめる, をとりかこむ, をみつけられ, を攻撃, を発見, を逃げ出し, 総攻撃

▼ 奇~ (35, 1.9%)

3 薫が

1 [32件] ないもの, ない北相模, ない小品, ない文體, ない気持, ない陳述, ものである, 予感が, 全局を, 半面を, 名香, 吐きじまい, 変化最も, 字の, 字を, 宮殿を, 忰が, 物語, 物語としか, 猟色に, 球は, 老大家は, 至りなりと, 薫に, 薫ほ, 薫馥郁と, 薫馥郁として, 袖, 言を, 詩に, 部, 香で

▼ 奇~ (35, 1.9%)

3 を出し 2 を放っ

1 [30件] が袁紹側, でござる, となっ, なぞを用いなく, に回った, に奇兵, の功, はかれ, をこの, をさし向け, をだし, をひい, をひっさげ, をもっ, をもてせよ, を以て勝つべし, を以て大王, を出, を出すべきで, を呼号, を埋伏, を弄, を次い, を求むる, を用, を用い, を用いた, を発し, を駆っ, ヲ放

▼ 奇~ (31, 1.7%)

16 して 2 おどろきたりと

1 [13件] すぎすこし, する爲, 奇は, 感じられるのみ, 憧れて, 滾, 走るの, 過ぎる, 過ぎるやう, 非ず, 馳せるは, 驚き神悸, 驚く

▼ 奇~ (29, 1.6%)

2 が死んだ, を殺した

1 [25件] か岩太郎, がフラフラ, が二階, が憎かっ, が灯籠, が石灯籠, が自分, が落ちた, が見付け, が転げ落ち, に留め, に石灯籠, の仲人, の幇間振り, の指図, の死, の脇差, は人, は何ん, は眼, は酔っ払っ, も洒落, を丁度, を引摺, 恐ろしく下手

▼ 奇~ (29, 1.6%)

2

1 [27件] ありとも, があるなら聞きたい, があるなれ, だ, だし, だの奇襲, であった, ですね, でも威嚇, といわれ, などありましょう, などは何, にとんだ, に富ん, に落ち, の兵, の生んだ, はモスコオ, は奇功, も用いた, をつかった, をひととおり説明, をもっ, を完, を用いた, を試み, を試みた

▼ 奇~ (27, 1.5%)

1 [27件] だよ, であ, である, でい, でしたが, ですが, ではある, なこと, なところ, ななかなか, なの, なひねくれたもの許, なもの, なるロマンテイツク・スピリツト, な事, な文句, な景色, な考案, な者, な觀察, な説, な論, な議論, にし, に或は, の言, を喜ぶ

▼ 奇現象~ (27, 1.5%)

3 を呈する 2 である, に恵まれた

1 [20件] があらわれ, が起こらない, だったの, であるから, というべきであろう, といはね, などはまず, に止まる, に觸, の原因, の正体, はあまりに, はなに, は説明, らしい, を呈し, を生じ, を生んだ, を觀察, を説明

▼ 奇なりと~ (26, 1.4%)

4 謂ふべし 3 いうが, いうべし, 言うべし 2 いえども, しました, 呼び妙 1 いひしが, いふべくや, 喜ぶ者, 思ひあきらめて, 思ふばかり, 感じたらしく, 言う可

▼ 奇~ (24, 1.3%)

2 なり, の地, を眼前

1 [18件] がない, が開け, であった, であると, とのみ, なの, に接する, に至つて, に見とれ, のうち, の人目, の探勝, は上流, は申す, をいま, を現出, を紹介, を雨

▼ 奇兵隊~ (23, 1.3%)

2 というの, の河合, の河合さん

1 [17件] があり, が石州口, と白虎隊, のボロ, の一部, の名, の将, の拠る, の方, の時, の紀念地, の隊士, の雑兵, はほとんど, へ渡っ, をかき, を率

▼ 奇~ (22, 1.2%)

2 あり, だ, である, です, を呈する

1 [12件] あるに, とすれ, なり, なりといふ可, なるべし, に逢, は岸拍, も止みたりき, をば目撃, をも足る, を呈す, を表出せり

▼ 奇~ (20, 1.1%)

3 事は 2 事を

1 [15件] ことを, ところを, のである, のなんぞには, のは, もので, ものでござる, もの変な, ように, 事が, 事で, 人物の, 声で, 文体から, 物語を

▼ 奇~ (19, 1.0%)

2 は豊

1 [17件] であり晦渋, である点, となつ, とはここ, なる近世的問題楽曲, な両神山, な岩, な性格, な翼, にし, に過ぎない, の趣, を呈し, を掉尾, を誇る, を飾る, 極まりなく

▼ 奇~ (18, 1.0%)

3 と思ほし

1 [15件] さが, さに, さは, そうな, てひやひや, とおも, とする, とせり, とてこ, とのみは思わず, ともめ, と思ひ, と思ふ, と思へ, 御靈葉

▼ 奇~ (18, 1.0%)

5 怪でした, 怪です 3 怪さ 2 怪な 1 怪だ, 怪で, 怪を

▼ 奇なり~ (18, 1.0%)

2 といはむ, 結構なお

1 [14件] かもしれない, というあの, ということ, と言う, なんて言う, もし花, 奇なりと, 妙なり, 富士の, 怪なり, 極めて普通, 然り, 造化思ひ, 造物爺

▼ 奇しく~ (17, 0.9%)

3 妙なる

1 [14件] その記憶, ゆがみて, 且つ顯著, 交響する, 厳しき明神, 思いその, 怪しきは, 怪しく悲しく念じ煩う, 珍らしき, 相應ずる, 美しい伝説, 著しき天罰, 跳った, 隈取った

▼ 奇ッ怪~ (17, 0.9%)

2 な話

1 [15件] だぞ, でお話, でしょう, です, でないばかりか, で殆ど, という, なもの, なれば, な二, な大, な女め, な笑い声, な素振り, をきわめ

▼ 奇月宗匠~ (17, 0.9%)

2 が二階

1 [15件] かしらあと, その中, です, と田屋さん, によって謳われる, に貸し, の姿, の持物, の死ん, の脇差, はとうとう, はもう, は厄介そのもの, は庭, を二階

▼ 奇~ (17, 0.9%)

2 を吐いた

1 [15件] だと, である, として考へぬ, と思われる, なるもの, に從はん, まである, も異論, や珍説, や罵倒, や見当違い, を吐く, を弄する, を続けた, を附会

▼ 奇~ (14, 0.8%)

1 [14件] あり, があれ, が起る, だから, と云, と曰, ならざるもの, なれば, にし, の必ず, の附, を奏した, を見せん, 有り

▼ 奇天齋~ (14, 0.8%)

2 が江戸

1 [12件] がお, が何處, でないと, といふの, と言つて, なんて化物, に疑ひ, のところ, は, は何處, は川越, は江戸

▼ 奇~ (14, 0.8%)

2 の群

1 [12件] いはなの, がいたる, が現われた, のあいだ, の多い, の尖, の岩原, の風光, は月界, をあら, を欹, 多し

▼ 奇~ (13, 0.7%)

1 [13件] などが, にはとまどい, に面, に驚き, に驚倒, の裡, も吐かない, をお, をここ, を吐い, を吐く, を弄, を弄ぼう

▼ 奇しい~ (12, 0.7%)

1 [12件] とも思わず, までの美し, ものだ, 事が, 因縁を, 妙な, 対象である, 蝋燭の, 運命でなく, 運命の, 邂逅には, 頁を

▼ 奇~ (12, 0.7%)

2 にし 1 が傳, で城内, なり, の数々, の比較, の襲撃, をもっ, を唱うる, を布く, を設け

▼ 奇~ (12, 0.7%)

1 [12件] として猴, とてことさら, なり露伴, にて世間, の内, の嘲り, の評判, ばかりで, を好む, を彼, を擒, 多し

▼ 奇~ (12, 0.7%)

2 な盆石 1 だとだけ, ですね, でも何, なりしが, なる光景, なる鼻, な取り合せは, 之称, 快絶, 頗る天険

▼ 奇~ (11, 0.6%)

2 もあれ 1 あり園池, があつ, が岨, が無造作, だか, であつ, なるもの, をそして, 看異

▼ 奇~ (11, 0.6%)

3 を發 2 を放つ 1 と云, をあげます, をあげる, を上げ, を上げた, を聞く

▼ 奇~ (10, 0.6%)

1 ないが, なく人目, やや一段, 之に, 判断力を, 天下無比也, 奇であっ, 峭く, 平凡の, 無いた

▼ 奇~ (10, 0.6%)

1 がうごめい, だろうて, にて顕微鏡, のたたかいです, のよう, の群, の鯨狼, は余, は唯者, をどこ

▼ 奇~ (9, 0.5%)

7 の奇 1 して, の奇傑作中

▼ 奇~ (9, 0.5%)

2 だと 1 ではない, で廃頽的, な, な友達, な態度, な美, な言

▼ 奇~ (9, 0.5%)

2 なるかな, の中 1 であったろうと, に至る, のよう, を成さしめ, を記した

▼ 奇~ (8, 0.4%)

1 があっ, がある, が作られた, には甚, の今, は始終, を申しあげね, を老耄

▼ 奇~ (7, 0.4%)

1 ある, あると, あるとも, あろうぞと, ないだけ, はっと立つ, 散って

▼ 奇~ (7, 0.4%)

1 だわねえ, で, で奇代, なもん, な人間, な風, の双

▼ 奇巌城~ (7, 0.4%)

2 の中 1 が見える, こそ仏蘭西国家, の頂, はついに, は先

▼ 奇~ (7, 0.4%)

2 の日 1 であること, でなければ, なの, になつて二人並び, にも偶數

▼ 奇~ (7, 0.4%)

1 が目, というはもし, については友人佐藤慵斎君, に思われる, に見える, は大正, を紹介

▼ 奇~ (7, 0.4%)

1 だねえ, な, なこと, なので, なもの, な趣き, にも自分

▼ 奇~ (7, 0.4%)

1 だ, と説く, なり, に劒, の信仰, の神さま, 或は和魂

▼ 奇~ (6, 0.3%)

1 からね, とある, という, と柏亭さん, ね, よ

▼ 奇~ (6, 0.3%)

2 の事実 1 であった, と申されし, に御座候, の一事実

▼ 奇男子~ (6, 0.3%)

2 であるといふ, なるかな 1 たるビーコンスフィールド侯, と別れたくない

▼ 奇~ (6, 0.3%)

1 であるもの, とも云うべき, な, なもの, な注視, な骨董品

▼ 奇~ (6, 0.3%)

1 であると, で地中, の名, を指示, を見つけた, を遣っ

▼ 奇賊烏啼~ (6, 0.3%)

1 としてはピストル, の堅持, の所有品, も登場, を扱う, を捕え

▼ 奇~ (6, 0.3%)

1 だか, で非常, の啼き, の群れ, の羽, 異獣

▼ 奇~ (5, 0.3%)

1 にはもう既に, 声を, 殃にも, 灰色の, 興を

▼ 奇として~ (5, 0.3%)

2 それに 1 わが帷幕, 之を, 記録した

▼ 奇~ (5, 0.3%)

2 に面した 1 であること, を採り, を栽培

▼ 奇~ (5, 0.3%)

1 である, なる満足, な符号, な詩文, の小説

▼ 奇~ (5, 0.3%)

2 がある, の一つ 1 というの

▼ 奇~ (5, 0.3%)

2 の広く 1 から起った, を吐き, を用

▼ 奇~ (5, 0.3%)

1 がかえって, の, ばかりでなく, を好み給う, 測るべからざる

▼ 奇賊烏啼天~ (5, 0.3%)

2 駆と, 駆の 1 駆に

▼ 奇~ (5, 0.3%)

2 な円頂 1 にし, は弱, 大塊

▼ 奇なき~ (4, 0.2%)

2 も冷 1 ところだが, ものと

▼ 奇なりという~ (4, 0.2%)

1 考え方から, 言葉が, 言葉の, 言葉は

▼ 奇~ (4, 0.2%)

1 が忽ち, が鳴っ, を売った, 隠れなかった理学士西芳菲山人

▼ 奇~ (4, 0.2%)

1 と見えまする, にあらずや, を現, を見ず

▼ 奇~ (4, 0.2%)

1 でこれ, と云, なり, の姿

▼ 奇巌怪石~ (4, 0.2%)

1 というはおろか, の凡, の間, はいけません

▼ 奇~ (4, 0.2%)

4

▼ 奇稲田姫~ (4, 0.2%)

1 という, の像, の危難, を祭る

▼ 奇言奇行~ (4, 0.2%)

1 に研き, のみであります, を巧, を弄

▼ 奇~ (4, 0.2%)

2 を吐きたる 1 だと, も吐く

▼ 奇~ (4, 0.2%)

1 である, なき平野, に興味, を弄ぶあり

▼ 奇駒さん~ (4, 0.2%)

1 が茫然, のその, の手綱染, の肌

▼ 奇~ (4, 0.2%)

2 を現 1 の僧, を単なる

▼ 奇ふる~ (3, 0.2%)

21 湖霧ふかく

▼ 奇ッ怪千万~ (3, 0.2%)

1 だという, である, なもの

▼ 奇事異聞~ (3, 0.2%)

1 を利用, を蒐録, を記述

▼ 奇~ (3, 0.2%)

2 の士 1 がゐた

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 となす, なもの, なるもの

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 だ, の哄笑みたい, をひそか

▼ 奇小説~ (3, 0.2%)

1 であり有名, めいた物, を愛讀

▼ 奇~ (3, 0.2%)

2 がある 1 を成し

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 とはたれ, と迷心, の方

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 のほとり, のもと, の姿

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 すなわち渤海, に詔, の書

▼ 奇流閣~ (3, 0.2%)

1 の女中, へやってきた, へ電話

▼ 奇~ (3, 0.2%)

2 両岸 1 を呈したる

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 をこれ, を是, を燒きし

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 とは上代支那人, はすなわち, を見

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 なり, な姿, に接す

▼ 奇竜丸~ (3, 0.2%)

1 という二百トン, に持ち込んだ, の救援

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 なこと, な女性, な姿

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 だらう, を信じない, を待つ

▼ 奇舌学人~ (3, 0.2%)

1 が, とは, の禰衡

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 など籬, わが初夏, を着け

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 あり長七, ある由, と誤認

▼ 奇~ (3, 0.2%)

2 を競い 1 の喝采

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 であるが, をし, を烏天狗

▼ 奇~ (3, 0.2%)

1 などにかかわりあっ, はなん, を食っ

▼ 奇あらざる~ (2, 0.1%)

2 ものに

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 態を, 説を

▼ 奇しみ~ (2, 0.1%)

1 を見, 私に

▼ 奇たる~ (2, 0.1%)

1 にとどまる, を覚えず

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 お浦自身, 輝いて

▼ 奇であっ~ (2, 0.1%)

1 ても拵えた, て鳩

▼ 奇であり~ (2, 0.1%)

1 何となく宿命的, 月並みである

▼ 奇である~ (2, 0.1%)

1 が死後二十年, と云

▼ 奇とは~ (2, 0.1%)

1 これから上流, 車の

▼ 奇ない~ (2, 0.1%)

1 山である, 飲食と

▼ 奇ならざる~ (2, 0.1%)

1 ときは, はない

▼ 奇ならず~ (2, 0.1%)

1 とせん, と雖

▼ 奇なりとして~ (2, 0.1%)

1 飽かず見送って, 驚きました

▼ 奇にも~ (2, 0.1%)

1 乏しい, 見えたこと

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 し懐かし, し懷

▼ 奇ッ怪事~ (2, 0.1%)

1 がまま, だ

▼ 奇ッ怪千万秀吉~ (2, 0.1%)

2 はかう

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の一人物, 卓犖の

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 があっ, のよう

▼ 奇兵隊節~ (2, 0.1%)

1 に限っ, やらジャンジャカ三味線

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 な沙門, 清潔で

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 を吐かん, を咏出

▼ 奇因縁~ (2, 0.1%)

2 なり妙因縁

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 でありそして, で有り

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 して, する食客

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 が見え, の夏

▼ 奇~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 が両, をこらし

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 なるもの, を発明

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の目, をそそりたてる

▼ 奇性児~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 奇怪しき~ (2, 0.1%)

1 こととて, 擧動を

▼ 奇或は又~ (2, 0.1%)

2 石の

▼ 奇拔さ~ (2, 0.1%)

1 にはさすが, に陶醉

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 を奏する, を得ん

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の義, を作つた

▼ 奇歌集~ (2, 0.1%)

1 に, の奇歌

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の術, 此内に

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 を吐けり, 抜く可ら

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 な演説, な言葉

▼ 奇男児~ (2, 0.1%)

1 なる道也, の風貌

▼ 奇眺望~ (2, 0.1%)

2 の大等

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の論たる, を極めて

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 は世上, をもてあそん

▼ 奇舌縦横~ (2, 0.1%)

1 ですが, の野人

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 でも美しい, は合祀

▼ 奇護言~ (2, 0.1%)

1 と称する, を以

▼ 奇趣妙景~ (2, 0.1%)

1 について名, を盡

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 にし, の或は

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 に遭会, を得た

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 の法, を知らずし

▼ 奇~ (2, 0.1%)

1 をく, を策し

▼ 奇面城の前~ (2, 0.1%)

1 におしよせました, の広っぱ

▼ 奇魂術魂~ (2, 0.1%)

1 の神, 之神也

▼1* [271件]

あたかもハワイ海戦の, 奇あらむことを, 奇ある豈獨, 奇偶かを, 奇かるつとめを, 奇がるに當ら, 奇くも忽ち鎮, 奇くも其発源を革命, 奇くも彼の不用意, 奇さえ小石一つで, 奇されど惜しいかな, 奇しい光りこれは, 奇しくさげすまるべき姿の, 奇するに足れり, 奇てその他, 奇たりと言うべし, 奇てれつな踊り, 奇ですが何, 奇でもなかった, 奇という可きである, 奇とか妙とか, 奇との気分の, 奇とも云うべきであろう, 奇とを覚えるので, 奇なあるものを, 奇なく家常茶飯事を, 奇なりしより更に更に, 奇なりといふ可し, 奇なりとにはあらねど, 奇なる乾した樹の, 奇なれば必ず, 奇なんぞ衒って, 奇において勝って, 奇については近郷に, 奇ばかり衒うの, 奇まれてくる, 奇やは減ずるまでも, 奇より奇に, 奇らしげに追う, 奇らしい事柄は, 奇らしきもの病的なる, 奇れいなもの, 奇を以て勝つ, 奇ッ怪フシギの如く, 奇ッ怪超自然の殺人, 奇好ムハ何ノ用ニカ立ツ可キヤ, 奇に妙, 奇主義の産物, 奇は推し, 奇事これより生ずべし, 奇事奇談といふやう, 奇事實を是認, 奇事状の異, 奇事異聞ふうな説話, 奇俊王家郎と称された, 奇を述べる, 奇修飾を仮らずし, 奇傑作中の傑作, 奇傑斎藤義龍の外妾, 奇傑蒲生泰軒はその, 奇傑高杉晋作は, 奇像群がのこのこ, 奇僧伝痴婆子伝牡丹奇縁如意君伝桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 奇がどんな, 奇で卜象其物, 奇兵五千ほどをもっ, 奇兵的行動に感づいた, 奇兵隊墓名物おやき, 奇兵隊戦死の墓延命寺, 奇兵隊新撰組の後ろだて, 奇其の奇を, 奇を片端, 奇刀乾雲丸は不可解, 奇刃乾雲である, 奇のいわれ因縁, 奇剣乾雲は左膳, 奇創緻密の細工, 奇の病, 奇北邸に赴き, 奇北高臥のところ是, 奇南香また山羊, 奇名一世に高かっ, 奇あること, 奇品棟宇に充積, 奇喜劇ではあつ, 奇や香料, 奇変一法の兵, 奇変妙怪の魔力, 奇変戦法は信長, 奇夢事実ならびに解釈, 奇夢研究の参考, 奇夢神感狐憑き予言のごとき, 奇天下に冠絶, 奇天齋一座の娘輕業師, 奇天齋風情の脅かし, 奇なるところ, 奇女子なるかな, 奇委卉の風雨, 奇姿縦横なるもの, 奇嬌洒脱の面白い, 奇のため, 奇少なしとせざれ, 奇峡巖の写真絵はがき, 奇崛独聳は嶄然, 奇崛獨聳は嶄然, 奇巌層層直達山頂疎松参差点綴其間, 奇巌岩怪石に富み, 奇巌峯上に突起, 奇巌弁天嶋行合岬など一, 奇巌怪壁が聳えた, 奇巌怪石岸ニ聳チ一切前景ヲ遮, 奇巌松樹の間, 奇巌洞窟等に至る, 奇巌珍石に奥まられた, 奇巌突立の状, 奇巌骨立幾層なるを, 奇巌骨立幾峰峰七月猶看, 奇巧も無智, 奇巧快活なる決して, 奇を迎, 奇幻之を見, 奇喜び可被, 奇な覆面会長, 奇徳人ガダマッテハイヌマイ五百ヤソコラハ出スダロウト教エテヤッタラキモヲツブシタ顔ヲシテ, 奇に触るれ, 奇情伝醒世第一奇書, 奇を演ずる, 奇挺黒白短なく肥痩所, 奇探偵物語の類, 奇數といつても既に, 奇數番號の自動車, 奇文奇行がない, 奇晴好向人, 奇月さんが大変ッ, 奇月命を賭け, 奇月宗匠一とたまり, 奇月宗匠位のもの, 奇月宗匠手代の才六, 奇月殺しの疑い, 奇なる調和, 奇望街の或, 奇木大石泉や流れ, 奇木異様の諸, 奇異能, 奇林億等の校正表, 奇がうかん, 奇樹怪石後園に類, 奇樹怪石相連なり園中, 奇は柯, 奇を轉ずる, 奇気甚縦横なり, 奇がある, 奇没するのは, 奇有るよし, 奇法師の弄, 奇法要撃隊の八千, 奇波之流久之米多底, 奇の泡立つ, 奇クラブの, 奇測り難し, 奇した時, 奇を見ました, 奇激ナル行動及ビ言文ニ依リテ社会ヨリ注目セラレタシト云フ虚栄, 奇の義, 奇無きもののみ, 奇無しと雖, 奇物名品をつらね, 奇物変人無言無情笑うこと, 奇物変物もすっかり, 奇物林子平なんという, 奇物財宝等の天, 奇な僧, 奇散を, 奇を起こした, 奇獄小説に読む, 奇獣ノクトミカ・レラティビアの燻製, 奇獣猛獣のたぐい, 奇獣珍虫が群, 奇獣鯨狼も全然, 奇を集め, 奇にちがい, 奇現相を呈し, 奇現象さへ起つた, 奇現象すべて彼が道化役者, 奇で何一ツ, 奇を描き上げた, 奇略一時の功, 奇略一騎打のさま, 奇略狡智は葬り去られ, 奇略縦横よく部下, 奇略縦横疾風迅雷のファインプレイ, 奇痒く貫一は, 奇的生涯を送つた, 奇石三十六枚を貯, 奇石怪岩がいたる, 奇石怪巌しかも絶壁千百丈, 奇石怪巌海中に突出屏立, 奇石珍木を配し, 奇がある, 奇科百種新述, 奇秘録および致身録等, 奇稀性に就, 奇多きも, 奇稲田媛の伝説, 奇稻田姫とある, 奇なるべく東, 奇窟怪岩をも有しない, 奇を喜び, 奇に茫然, 奇あり高, 奇篤人の行動, 奇でも現れ出, 奇ある一条, 奇絶今なお京都某家, 奇絶妙と称し, 奇絶妙絶舌に神, 奇絶怪絶紅きもの, 奇絶怪絶度胆をぬかれる, 奇などのやう, 奇編秘籍を多く, 奇を競, 奇の才, 奇能夜麻古要, 奇を發揮, 奇臭鼻をつく, 奇を演ぜしめたる, 奇花芳草欝乎として開き, 奇の見世物, 奇葩東北の山脉, 奇を見よ, 奇覧琉球八景等にし, 奇覧等の錦絵, 奇覧詩歌写真鏡の如き, 奇觀たるに相違, 奇の塩尻, 奇言警句に古今, 奇語奇文奇行がない, 奇説怪説雲の如く, 奇説異説も稀, 奇講甚面白し, 奇譚どもを片端, 奇を次, 奇を浮かし, 奇亦買, 奇は貯蓄, 奇双趾, 奇趾類とはその, 奇蹄目で獏科, 奇な簟, 奇門遁甲の書, 奇防策を採った, 奇陣必勝の布陣, 奇険怪偉集中, 奇隊五百四人に組更, 奇隊参謀に成, 奇の中, 奇の夕日, 奇雲群在側使人頻拭老眸, 奇まことに測り, 奇霊事ありしによりて, 奇も仰ぎえ, 奇をひろげる, 奇と高格, 奇食生活を始めた, 奇香衣を襲, 奇馬マホメットは加減, 奇のごとし, 奇魂幸魂術魂の五, 奇に死ぬ, 奇魚どもは間もなく, 奇丸それ