青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「失望~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った 失った~ ~失敗 失敗~ ~失望
失望~
~失礼 失礼~ 奇~ ~奇妙 奇妙~ ~奇怪 奇怪~ 奇蹟~ 奈良~ ~奉公

「失望~」 1783, 19ppm, 5959位

▼ 失望~ (267, 15.0%)

14 ている 10 てしまった 9 て帰っ 7 ていた 5 たり, てゐる 4 て帰った 3 て, てし, てしまいました, てはいけない, て出

2 [13件] たり落胆, てしまひました, てその, てそのまま, てはならない, てまた, てゐた, て了, て元, て来た, て沼津, て踵, て逃げ出す

1 [172件] うんざりし, がちである, がちです, さてこの, その人, その失望, その店, たりとの奇談, たりまた, たり寂し, たり急, たり慣れったがっ, たり騒ぎ立て, てあと, ていい, ていく, ていった, ているだろう, ているらしかった, てかそれとも, てかなり, てかの, てきた, てくずれる, てくれ, てこう, てここ, てさ, てしまう, てしまつたの, てしまふ, てそれだけ, てとうとう, てどうして, てねえもう, ての帰り途, てはいけません, てはいない, てはいなかった, てはならぬ, てはゐなかつた, てふさぎこん, てほとんど, てますます, てみじめ, ても, てもう, ても苦しい, てやがて, てイタリー, て不平, て不興, て了つて, て今回, て仕舞うであろう, て前途, て南楊州あたり, て又, て四時, て声, て外, て外国, て大, て失敗, て家, て居, て居る, て山, て帰, て帰つたの, て帰つて了ふし, て帰りかけた, て帰りがけ, て帰りました, て帰ります, て帰ろう, て庭, て引き上げる, て引き返さね, て引き退った, て引返す, て当今, て彷徨, て急須, て恋いこがれ, て悄然, て悔し, て情な, て故郷, て散った, て數杯, て断念, て日本人, て早くから, て更に, て木部, て来る, て歎, て歸つて來, て死のう, て気の毒, て永らく, て泣く, て深山鈴蘭, て源氏, て無音, て煙草, て王政, て白木, て相模屋, て答えた, て終っ, て肩, て自分, て自棄気味, て自身, て英雄的, て茫然, て蒼く, て行っ, て見えた, て見送る, て言った, て通りすぎた, て間もなく, て頭, て頼母, て馬鹿馬鹿し, ともすれば絶望, どうした, ながら, ながらせめて, ながらも懸命, ながらよし, ながら云った, ながら帰っ, ながら帰路, ながら日本人, ながら武蔵, ながら浩, ながら蔵前, ながら車外, はせぬ, また不愉快, また希望, やがては, ムクを, 且つ心細く, 乍らも, 又はその, 四時頃帰る, 失望の, 女にも, 寥しく, 居たる, 意気銷沈し, 或は創造, 或は憤激, 扨て, 東京に, 照ちやんにも, 物の, 甚しく, 生活の, 給ふ, 考えに, 落胆せん, 蹉跌し, 近頃評判, 退屈した, 途方に, 過労と

▼ 失望~ (223, 12.5%)

17 感じた 14 感じながら 9 感じて 4 感じたこと, 覚えた 3 して, 感じないわけ, 重ねて

2 [14件] した, しないでは, すること, 与えたこと, 感じたが, 感じたるもの, 感じながらも, 感じました, 感じること, 感ぜずには, 経験しなけれ, 覚えて, 顔に, 齎して

1 [138件] あたえたよう, あの人, いたして, いたしましたとか, いたすこと, うかべて, おさせいたすよう, おさせなさらないよう, お味わい, かくすよう, くり返さして, ごっちゃに, させるの, させる事, さへ, しそして, したが, したの, した事, した右近丸, した者, しばらく味わった, しました, するに, ただこの, とり返さなければ, なさいまして, なさるだろうから, なすってね, みな口々に, むくいられて, もって, やけと, わざと冷淡, 与えた, 与えたに, 与えるに, 与へた, 与へる, 伴つた, 全く取り返す, 十分に, 取返して, 味って, 味は, 味わって, 味わねば, 味わわされたキス, 塩野の, 強いた, 強めたに, 彼に, 忘れて, 思ったから, 思ひやる苦痛, 意味する, 感じ, 感じこそ, 感じさせたなと, 感じたから, 感じたと, 感じたもの, 感じたらしかつ, 感じたらしく學校, 感じたり, 感じた正直, 感じなかつたと, 感じはじめた, 感じましたよ, 感じられた, 感じる, 感じると, 感じる代り, 感じ乍ら私, 感じ始めた, 感じ尊敬, 感じ淡い, 感ずること, 感ずるであらう, 感ずるであろう, 感ずるに, 感ずるの, 感ぜざるを, 感ぜねば, 慰めその, 打ち消すよう, 抱いたの, 抱いて, 抱くであろう, 招かしめ惨, 救う目的, 救わないと, 次の, 残した, 残して, 母に, 氣の, 泛べた表情で, 洩したの, 浮べたまま, 混えた, 添へ, 禁じ得ない, 禁じ得なかったが, 禁じ得なかったと共に, 禁じ得ませんでした, 禁ずること, 経験された, 経験する, 繰り返しながら, 繰り返すの, 繰返さねば, 考えても, 背負は, 背負わされたよう, 自ら事実の, 自覚する, 與へ, 與へたらしい, 色に, 見た, 見て, 見ないで, 覚えたの, 覚えた彼, 覚えるばかり, 誘致し, 起こさせるよう, 起させるやう, 通り越して, 重ねしむる, 重ねたあげく, 重ねた結果, 重ねた自分, 重ねる許, 防止する, 齎したもの, 齎らした

▼ 失望~ (219, 12.3%)

24 色を 22 色が 4 いろを 3 ために, 声を, 影が, 極に

2 [15件] うちに, どん底に, 体で, 嘆声が, 底に, 念は, 念を, 様子を, 気味で, 淵に, 色に, 色は, 苦しみを, 言葉を, 顔を

1 [127件] あとでは, あまり, あまりその, あまりそれきり仕事, あまりにここ, あまりひどく, あまりわっ, あまり人生を, あまり今度は, あまり仕出来した, あまり家を, あまり思はず, あまり自刃し, あまり黄帝は, いろ濃く, ことあれ, ていである, どん底から, なかにも, ほかに, まじった遣瀬, やうすが, やうな, ような, カリカチュア, ドン底に, 世の中に, 中から, 中に, 中には, 二ツを, 人であった, 体だった, 体も, 余り反感を, 余り自暴自棄の, 凄じ, 前に, 原因は, 原因を, 吐息を, 呻き声, 嘆きに, 嘆息を, 声が, 声であった, 声も, 外の, 多い生涯, 大なる, 奈落から, 安易に, 容子とが, 巴里, 巴里という, 度も, 度合いは, 影を, 役, 後に, 心でした, 念が, 恨みから, 息を, 意を, 感だった, 感と共に, 感は, 感を, 態だ, 態である, 旋風の, 會話を, 極か, 極われ, 極家を, 極放肆遊惰の, 極発狂し, 極腹を, 極自刃し, 極身を, 様が, 様子なりき, 様子も, 樣子だ, 気が, 気味, 水だ, 沈黙の, 沼を, 淵からは, 淵が, 淵へ, 溜息が, 溜息を, 為に, 的で, 相ならざる, 眼を, 破片に, 程度の, 程思ひやられる, 種と, 種ならざる, 第一, 箇条も, 結果が, 絶叫も, 聲で, 色には, 色も, 苦も, 苦渋を, 苦痛を, 行列であった, 表情が, 表情で, 表情を, 裏別に, 裡に, 言葉が, 連続だった, 間に, 雲で, 面持で, 面持である, 體に

▼ 失望した~ (201, 11.3%)

20 ように 17 ような 7 のは 4 ことには, のだ, やうな 3 がこの, ことは, に相違, ハチ公, 様子で 2 いやな, かも知れない, がこれ, がしかし, がその, がそれでも, ことが, ばかりで, 時轟, 顔を

1 [110件] あげくアントニイ・ベエコンの, あるもの, からであった, か何事, か知れなかつた, か達磨大師, が, がいったい, がその後スタイン氏, がそれ, がただ, がとにかく, がなお, がまた, が中, が今, が今度, が併, が幸, が序手, が彼女, が後ろ姿, が木山, が祭壇, けれども仕方, けれども何, ことか, ことも, この家臣ども, そして淋し, たね子は, ってしかた, ってわけ, であらう, といい, といっ, ところで, ところの, とも本人外, と其紀行, と同氏, と言つて, どころか得る, な, に違い, のか, のかも, のが, のであった, のです, ので足, のを, ばかりでなく, ものじゃ, ものだった, もので, ものであろう, ものの, もののその, もんぢや, もんで, やうに, よ, ようだった, ようで, ようであった, よと云う, わけで, わけである, んです, マリオ, 一団の, 上に, 事には, 事も, 二人が, 人, 医者は, 口ぶりには, 多分京都, 大観は, 奴隷な, 委員たちの, 娘の, 容子で, 山の, 文太郎は, 時の, 極貧の, 様子であった, 様子である, 樣な, 樣子で, 母親の, 気持ちに, 気持に, 氣持で, 求婚者たちの, 男は, 眼を, 者も, 自分たちは, 若い者ら, 記憶が, 身には, 酒好きの, 錦子に, 顔が, 顔つきに, 顔で

▼ 失望する~ (109, 6.1%)

6 ことは, のは 4 ことが, ことなく, と同時に, には当らない 3 ことも, 人が 2 ことである, にきまっ, のが, のだ, ような, 事が, 事も

1 [61件] あまりにその, かと思い, かと思った, かと時々そう, かも知れない, かも知れませぬ, か考え, が物, ことすら, こととで, ことの, という, といふ程, ときに, とともにあの, とともに中, とともに彼, と共にひどく, と思っ, と翻す, どころか非常, なという, にきまってる, にちがい, にちがいありません, にはあたらない, には及ばぬ, には当たらない, に違い, のも, は失望者, ばかりだ, ほどで, ほど赫子, ものじゃ, ものだ, もので, ものと, よりも何, よりも更に, より外, よ私, 事だろう, 事は, 人を, 場面と, 場面との, 外は, 女は, 如くに, 心理が, 必要は, 族も, 様子も, 理由も, 男も, 私は, 紳士の, 結果を, 者が, 者も

▼ 失望~ (102, 5.7%)

2 不安とを, 幻滅とで, 後悔とに, 怒りを, 恐怖との, 恨とを, 歎き

1 [88件] いうよりも, いったらありませんでした, いはうか, いわんか, うるささとで, おっしゃいますと, そして裏切られた, そして遣り場, それでいて彼等, またおそらくはあまりに, 一つの, 一には, 不勉強, 不満とを, 不滿足, 云おうか, 云ったら, 云ふ, 云ふか後悔と, 云ふこ, 偉大な, 化し去つたの, 反抗とを, 同時に, 同時にひどく, 同時に足, 同時の, 哀愁の, 嗟嘆とに, 困憊の, 墓と, 大きい安心, 嫉妬と, 嫉望とに, 存分の, 安堵とを, 安心が, 安心とが, 屈辱とを, 幸福と, 幻滅の, 後悔と, 後悔は, 心労の, 怒りが, 怒りとが, 怒りとで, 怨恨に, 恐ろしさ, 恐怖が, 恐怖とに, 恥しさ, 恨との, 悲しみは, 悲哀とが, 悲憤との, 愛慕と, 憂悶と, 憤りの, 憤怒に, 憤慨とを, 憤懣とを, 憤懣の, 憤激は, 懐疑とを, 戸惑いが, 揶揄と, 日光の, 泣笑ひ, 滿足とが, 激しい情, 無茶酒で, 無駄とを, 煩悶とが, 疑惑とを, 疲労との, 空虚と, 緊張の, 自棄に, 苦悩そういう, 落胆とで, 落胆は, 言は, 賛成が, 軽侮の, 軽蔑の, 遺恨とは, 餓えとは

▼ 失望~ (74, 4.2%)

4 失望を 3 似たもの, 似た感じ, 似た気持 2 歪んだ顏

1 [59件] おちいろうとは, かり立てられて, かわって, そうし, とらわれて, なるか, ぶつかった, もさうであ, 代る何, 会う, 似たよう, 似た安堵, 似た寂しい, 似た心もち, 価する多く, 加ふる, 却って彼, 同情する, 同情を, 変って, 弛んだ下, 慣れた頭, 慣れて, 打たれなければ, 捉へ, 暮れた, 歪んだ小鬢, 混乱した, 満ちた苦笑, 熱狂し, 燃えて, 疲れ切って, 眼も, 終った, 終った上, 終つた, 終り, 終りさ, 終りそう, 終るもの等, 終わった, 耽溺する, 血を, 襲われた, 襲われるの, 見舞われた, 説明も, 身を, 近いもの, 近い心持, 近い感じ, 近い感情, 近い程度, 迫られた, 追い込んだ理由, 陥ったとしても, 陥ること, 陷らしめた, 馴れたお

▼ 失望~ (67, 3.8%)

5 大きかった 3 いうまでも, しなかった, 彼の 2 しまい

1 [51件] いいが, いたしません, かれの, さうし, した, したが, して, しない, しなかつたが, しなかつたひとり, しましたけれど, しましょう, そのうれし, どうして説明, どこから, どれほど, なさいますまい, にがい怨恨, 一と, 一方ならず, 一時の, 云うまでも, 仕ましたものの, 以前春三郎や, 十に, 反省と, 君にとって, 啻に建築, 大きかつ, 大きくなる, 容易ならぬ, 容易に, 小さくございません, 尚甚だしい, 当然だった, 形容の, 彼にとって, 思いやられます, 早過ぎます, 更に大きかっ, 木より, 無くなって, 甚だしかった, 甚だしかつ, 甚だしく油層, 苦悶は, 落胆を, 見物で, 長くつ, 隠せなかった, 非常に

▼ 失望~ (42, 2.4%)

3 感じなかった 2 憤怒も

1 [37件] あった, あつたら, いたしません, いたし申候, いつか知ら消え失せ, さほど深刻, したが, したり, して, しないし, しない真自, しなかった, しなかったと, し何, し情けない, し迷い, し驚き, すること, ちっとは, なく希望, なく恐怖, 一通りで, 亦大変, 大きいの, 大きかつ, 大で, 忘れ月々, 怒りも, 感じたが, 感じなかつたよ, 感じる程, 手伝って, 有らず止, 深かった, 知らなかつた, 神の, 落胆も

▼ 失望~ (32, 1.8%)

2 一面に, 冷かに, 漠然と胸

1 [26件] あるかつて, きた, どれほど忠節, どんなに苦々しい, ふとこの, ましき心, やがては, 一度に, 償われると, 分らなかった, 分らなかつた, 十七八人の, 大いに怒, 大きい, 常に私, 平次の, 彼女を, 思いやられる, 独断に, 目に, 私を, 自分に対する, 自分を, 起ったの, 響いた, 高く波打つ

▼ 失望落胆~ (28, 1.6%)

2 した

1 [26件] から事, が忿懣, が来る, させたもの, したかが, した人, し或は, すべき必然, するくだり, するばかり, せざるを, と云ったら, なさり方, などは決して, に沈ん, に沈んだ, に陥った, のうち, の声, の激しい, の為め殆ど発狂, はついに, は大きかっ, は言うべく, 恨み呪い, 真にたとえる

▼ 失望させる~ (24, 1.3%)

2 ような

1 [22件] かもわからない, ことが, ことだろう, ことは, だけであった, だけの結果, って法, と可愛い, にも及ぶまい, にも当らない, に役立った, に相違, のは, のも, ばかりである, ほど冷やかに, ものだった, よりはいっそ, んだ, 代りに, 美しさ, 要件が

▼ 失望させた~ (17, 1.0%)

6 のは 2 ものは 1 かと云う, からだ, ことを, と話し出した, のみか北海道, のも, ような, 事だろう, 人間は

▼ 失望させ~ (16, 0.9%)

2 ている

1 [14件] たり次に, てしまい, てしまいます, てはと考へた, ては気の毒, てもしかた, て帰す, て野合的, とにかく印刷所, は致しません, もした, 先生たちにも, 腹が, 里子に

▼ 失望しない~ (15, 0.8%)

1 [15件] すべて事實がい, ために, でいられよう, でおばあさん, でかえって, ではなかつた, で一人ひとり, で文人, で生命限り, で適当, のが, のなら, ものが, ものは, わけに

▼ 失望から~ (11, 0.6%)

1 [11件] たちまち峻岳, わき出る快活さ, 失望の, 彼は, 性急に, 救うため, 救われた, 甦って, 立ち直って, 自信から, 遂に自殺

▼ 失望とを~ (11, 0.6%)

1 [11件] いだきながら, お雪, 以つて報いられね, 同時に心, 感じて, 感ずること, 感ずるごと, 感ぜずには, 持つて, 私に, 約束する

▼ 失望~ (10, 0.6%)

1 とんでもない, 倦怠と, 努力精励の, 当惑に, 悲しみで, 憤慨に, 欲念を, 焦慮を, 甲斐なき, 落胆は

▼ 失望~ (9, 0.5%)

2 で見た, の浜辺 1 というん, と名づけた, は左門洞, まで下降, をくだらん

▼ 失望せし~ (8, 0.4%)

1 と見え, に嬉し, に目科, むること多し, むるものあり, むるようなることのみを論じ, むる事甚だ, 体にて

▼ 失望しなけれ~ (7, 0.4%)

3 ばならなかった 2 ばならない 1 ばならぬ, ばなるまい

▼ 失望せざる~ (7, 0.4%)

2 を得なかつた, を得むや 1 もやはり, を得なかった, を得ん

▼ 失望~ (7, 0.4%)

1 あつた, 井の, 弟が, 急に, 振り返って, 曇る時, 藩主松平忠房はじめ並居る

▼ 失望しました~ (6, 0.3%)

1 が鉄瓶, けれどなお, けれど同時に, のです, よ, 併し

▼ 失望せず~ (6, 0.3%)

1 にはいられない, にはいられなかった, にはおられない, にはゐられなかつた, に進んだ, 中絶せず

▼ 失望~ (6, 0.3%)

1 か不平, つたのです, と云い, と考え, よ, わ懊悩

▼ 失望との~ (6, 0.3%)

1 ために, 中に, 彫像の, 爲に, 種が, 間に

▼ 失望~ (6, 0.3%)

1 からゆがめられ, とにさいなまれ, におち入り, の記念, は同氏, をもっ

▼ 失望させない~ (5, 0.3%)

1 ために, までもいさ, もの, よ, 程度に

▼ 失望させられる~ (5, 0.3%)

1 ことの, のである, のを, 場合が, 歌です

▼ 失望したらしい~ (5, 0.3%)

1 のに直義, 声を, 家主の, 眼で, 顔を

▼ 失望したらしく~ (5, 0.3%)

1 ソット眼を, 先程の, 力ない, 眼を, 首を

▼ 失望とで~ (5, 0.3%)

1 いらいらし, がっかりし, ぶるぶると, 心を, 自分に

▼ 失望とも~ (5, 0.3%)

1 つかぬ何とも, つかぬ変, つかぬ感じ, 屈辱とも, 混乱とも

▼ 失望よりも~ (5, 0.3%)

1 何よりも, 妻の, 子供の, 家出した, 自分の

▼ 失望させられ~ (4, 0.2%)

1 ていた, ていました, てしまいました, 演奏全体に

▼ 失望するだろう~ (4, 0.2%)

1 と何, と思われました, と思われます, 何に

▼ 失望とに~ (4, 0.2%)

1 さいなまれながら, 毎日欝ぎ込みながら, 終りは, 胸を

▼ 失望なさる~ (4, 0.2%)

2 事は 1 ことは, といけない

▼ 失望にも~ (4, 0.2%)

1 あたらぬもの, ならうが, 懲りずして, 懲りずなおも

▼ 失望落膽~ (4, 0.2%)

1 したです, して, し今更ら世間, し殘念

▼ 失望させられた~ (3, 0.2%)

1 のである, 土地は, 壱岐の

▼ 失望したる~ (3, 0.2%)

2 愛国の 1 ものの

▼ 失望しなかった~ (3, 0.2%)

1 と見え, んです, 例は

▼ 失望~ (3, 0.2%)

21 しもの寡

▼ 失望せしめた~ (3, 0.2%)

1 か分らなかった, が快く, のは

▼ 失望せね~ (3, 0.2%)

2 ばならぬ 1 ばならなかつた

▼ 失望とは~ (3, 0.2%)

1 すなわち僥倖心, 云へ, 言語に

▼ 失望なさらない~ (3, 0.2%)

3 ように

▼ 失望~ (3, 0.2%)

1 なもの, な変遷, な言葉

▼ 失望させたくない~ (2, 0.1%)

1 から, ために

▼ 失望された~ (2, 0.1%)

1 かたも, かもしれません

▼ 失望したであろう~ (2, 0.1%)

1 かと思う, とその

▼ 失望したでしょう~ (2, 0.1%)

1 か, ね大

▼ 失望したろう~ (2, 0.1%)

1 と思いやられた, と思われる

▼ 失望しなかつた~ (2, 0.1%)

1 のです, 気持がさつさう

▼ 失望せしめ~ (2, 0.1%)

1 たり教, 脚本の

▼ 失望せしめる~ (2, 0.1%)

1 ことは, 能率である

▼ 失望せぬ~ (2, 0.1%)

1 ものを, わけに

▼ 失望せられた~ (2, 0.1%)

1 に違い, やうな

▼ 失望せる~ (2, 0.1%)

1 大原, 彼らは

▼ 失望であった~ (2, 0.1%)

1 が井水, に違い

▼ 失望という~ (2, 0.1%)

1 のであろう, 蟠まり

▼ 失望というか~ (2, 0.1%)

1 後悔というか, 意外さと

▼ 失望とともに~ (2, 0.1%)

1 へとへとと, 侮蔑に

▼ 失望どん~ (2, 0.1%)

2 ぞこ

▼ 失望についても~ (2, 0.1%)

1 同じやう, 同じよう

▼ 失望やら~ (2, 0.1%)

1 嘲笑やら, 怒りやら

▼ 失望より~ (2, 0.1%)

2 脱する能

▼ 失望をさえ~ (2, 0.1%)

1 感じて, 覚えた

▼ 失望~ (2, 0.1%)

2 以て

▼ 失望気味~ (2, 0.1%)

1 でもあった, ながらページ

▼ 失望~ (2, 0.1%)

1 が寄宿舎, の無理

▼1* [115件]

失望あそばしたであろうと思う, 失望あり怠惰あり, 失望いかばかりぞや, 失望いたしたので昔, 失望いたしますよ, 失望いたし居りましたが貴殿, 失望うんぬんの文句, 失望おさせになる, 失望否それ以上, 失望ふも待ちぼけ, 失望こそしないが, 失望ささないことを, 失望さしたという事, 失望させたくなかったからいわなかった, 失望させただろうからである, 失望させないだろうと信ずる, 失望させないでは措かない, 失望させなければならない, 失望させぬように, 失望させねばなりませんでした, 失望させまいとしてお, 失望させられたらしくヒッソリと, 失望させ腹立たせたに違, 失望されることが, 失望しいしいその手紙, 失望しかけたが幸ひなこと, 失望しずにはゐられなかつた, 失望したくないと思った, 失望したけれ共学校そのもの, 失望しただらうと思ふ, 失望した見渡した所此島の, 失望しちゃったよ, 失望しぬいた姿を, 失望し切って蒲団, 失望し始めて居た, 失望し始めた自分の, 失望し尽くしたかもしれない, 失望し続ける人が, 失望といえ, 失望すべからずというた, 失望すべきではなかつた, 失望するならば勝手, 失望すれば他, 失望せしめないならば彼女, 失望せし如く蹌踉き, 失望その他の情, 失望だけでありそれ, 失望だけを感ずるかも, 失望だったのです, 失望だの落胆なんか, 失望だろう彼は, 失望でありましたけれど他方, 失望ですな, 失望でもないむしろ, 失望といふのは, 失望とが暗い壓迫, 失望とな表は, 失望と共にまたこの, 失望のよ, 失望なくいよいよ山, 失望なさいますな, 失望なさっちゃいや, 失望なさったらしい御奉行様, 失望なさつたらしいのです, 失望なさらなかったであろことを, 失望なさりはしまい, 失望なさるだろうと思い, 失望なすつては, 失望などとは比較する, 失望なんぞで驚かされて, 失望にでも堕ちて, 失望によつて作家として, 失望に対して往年の, 失望のみが原因で, 失望ばかりしては, 失望ばかりが残るの, 失望ひしひしと骨身, 失望へと沈んで, 失望みたような, 失望やらが前後し, 失望落胆よ, 失望をも忘れざら, 失望を以て故郷の, 失望不平嫉妬さまざまの悪感, 失望不快の色, 失望に生理的苦痛, 失望亢奮繊細次第にもつれ, 失望仕様として居る, 失望以来この世の中, 失望傷魂のいたみ, 失望呶罵の声, 失望堕落の数, 失望の悲歎, 失望嫉妬の感情, 失望帰途の希望, 失望苦悩を, 失望怨恨はどんな, 失望悲憤し自分, 失望憂色の程, 失望懊悩煩悶いたしましょうで, 失望我苦心と相, 失望或は反撥せしめる, 失望しさ, 失望自棄すること, 失望自殺疾病等あらゆる恐るべき熟字, 失望致したのも, 失望致し申し候, 失望致候へども墓, 失望苦悩であ, 失望落胆アアこの世には神, 失望落胆出仕の意, 失望落胆如何ばかり, 失望落胆軽蔑冷笑される方, 失望落膽急に空腹, 失望隣組の人々