青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「唖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

員~ 哥~ 哲~ ~哲学 哲学~ ~唄 唄~ ~唇 唇~ 唐~
唖~
~唯 唯~ ~唯一 唯一~ 唯物~ 唱~ 唾~ 商~ ~商人 商人~

「唖~」 1004, 10ppm, 11013位

▼ 唖~ (338, 33.7%)

54 ように 22 やうに 13 娘の 9 娘は 8 ような 7 娘が 6 おとしさん, 娘を 4 巳代吉は, 様に 3 女中の, 女中を, 男は, 真似を, 鳥です

2 [14件] お梶, ごとく, やうな, 女である, 妹を, 娘とが, 娘には, 子が, 巳代吉が, 様な, 権だ, 権と, 男が, 腹を

1 [162件] おあにいさん, お政, お長, くせに, ことで, こと弟と, ごときもの, ごとき演出家, ごとくうん, ごとくに, ごとく喟然, ごとく滅入って, ごとく盲, ごとく黙りこくって, ごとく黙礼, すること, そのわたくし, つもりで, ひとが, ひとは, まねし, まねも, まねを, ままに, やうだ, やつは, ようだった, ようで, スバニカンタの, トラピスト僧の, 一体である, 一声では, 一手, 上に, 下手人を, 下男が, 乞食が, 人を, 人生, 住人が, 侮りがたい, 兄, 兄と, 兄とかが, 児の, 児も, 処女作は, 動物の, 変形児稚, 女が, 女であった, 女では, 女と, 女の子には, 女は, 女を, 女児を, 女等はた, 奴隷の, 如く, 如くと, 如くに, 如くわが, 如く一言, 如く助け, 如く動かないで, 如く口を, 如く木偶, 如く瞠目し, 如く瞠目せらるる, 如く鳴り, 如く默, 如く默りこくつ, 如く黙って, 妹が, 妹と, 娘, 娘から, 娘その他青, 娘だ, 娘であった, 子つくねん, 子では, 子の, 子は, 子も, 子よ, 子供が, 子鳴らす, 宮田, 小ロボット, 小供, 小娘を, 少女の, 少年は, 少年を, 尻を, 岩松は, 岩松も, 岩松を, 巳代吉の, 役で, 従者には, 怪物を, 息子も, 息子一人を, 患者が, 情熱の, 所作が, 所作は, 手話には, 文字だ, 方で, 方の, 旅行, 旅行で, 旅行では, 旅行において, 旅行者の, 明盲人の, 時代とにおいてさえ, 書いた文字, 末娘が, 李逵を, 案内者を, 権, 権の, 権は, 権を, 次男を, 水汲男が, 水馬, 泥棒が, 浮浪少女と, 演説家に, 無感覚に, 片輪者, 狂人の, 男の, 発する声, 白痴だ, 白髪小僧は, 童僕だ, 童僕で, 羊の, 群れの, 翁が, 耳を, 船を, 芸術家が, 行を, 行列じゃ, 話と, 金剛山が, 頭頬げた向, 驢馬, 髪結を通して, 鳥で, 鳥な, 鳥に, 鴎は, 鴎を

▼ 唖~ (72, 7.2%)

3 は涙 2 の姉, の涙, はたいへん, は小母さん

1 [61件] かこう, がある, がい, がささい, がよねんなく, が姿, が接吻, が泣かなく, が蛙, が野原, であった, なんとい, にはお父さん, にはかつて, にはできなく, に手真似, に毎日, に笑顔, のお, のところ, の上, の傍, の可愛らしい, の声, の後, の方, の気紛れ, の泣く, の牡丹, の緋牡丹, の鼻さき, はかう, はけつ, はこれ, はしかた, はそれ, はたつた, はどんなに, はまい, はまた, はもう, はやがて, は今, は午後, は唸り, は女, は早速, は果物, は泣く, は物, は畑, は痩せた, は知りませんでした, は花, は草花, は見, は頭, をあざ笑つて, を殺した, を泣かした, を鞭

▼ 唖~ (66, 6.6%)

9 なって 3 して, なった 2 させて, なったか, なったの, なったよう

1 [43件] かえると, し一人, ちがいない, なったン, なった幽霊ども, なった怪物, なってて, なってまでも, なつた, なつて, なつてるだ, なりしたわが身, なります, なり泡鳴, なる, なること, なるとか, なるの, なるもの, なる合間, なる筈, なる薬, なろう, ひとしいくらい, 似て, 加勢を, 午飯を, 否様の, 変らない僕, 変りは, 変ること, 成った程, 求めよ, 物言うこと, 白状させる, 等しい程, 等しい苦痛, 聾に, 荷車を, 言語を, 近いくらい, 近づこうと, 違いない

▼ 唖~ (55, 5.5%)

12 のよう 3 になっ, になった 2 ではない, になつ

1 [33件] かそれとも, かな石仏, が来, だと, であった, であったり, であられる, ですが, ではある, でもない, で父親, というもの, となった, と一緒, になったらしい, になれ, にも夢, にも妻, に特有, に独特, に言語, に變, のいち, の如く口, の娘, の子等, の様, の男の子, の真似, は沢山, は生っ白い, みたよう, や吃

▼ 唖~ (34, 3.4%)

2 と郁次郎, の申し立て

1 [30件] が河岸ぷち, が激しく, だな, とは明らか, と掏児, と郁, などのため, にもの, に運び出させた, のそば, の吟味, の影, の片足, の膝, の臆病, の行く先, の連れ, の鈍重, はあの, はがさがさ, はきょとん, はひと声, は偽片, は妙, もやっと, をつかまえた, を何と, を吟味, を捕まえ, を放免

▼ 唖~ (30, 3.0%)

1 [30件] うれしそう, これが, しばらく四方, すつかりばけ, その前, とう, ふいを, 一人の, 二本の, 傀儡じゃ, 全くの, 唖だけの, 唖でも, 土佐の, 大変腹が, 字劃を, 小門の, 屹度癒る, 必ず何, 悲しいもの, 手を, 眼を, 空疎に, 紅葉に, 紅葉の, 縄に, 自然が, 足業を, 部屋の, 霊南坂を

▼ 唖~ (26, 2.6%)

2 あつた, でも

1 [22件] ああああんあん, あらうが, おしとおしたので, つんぼだよ, つんぼと, つんぼの, やり通し, サッパリ笑ひもとれず, 九年ほど, 半身不随であっ, 口が, 弟が, 押通した, 極く, 済ますの, 物が, 耳が, 聾, 聾しかも, 聾で, 聾文字も, 言いたいこと

▼ 唖~ (25, 2.5%)

2 腰ぬけ

1 [23件] いっしょに, つくりぬその, なった, なったかの, なったの, なって, なり躄, 吃は, 天才露伴の, 思われよう, 懸命に, 泣き叫ぶ, 生れたての, 盲は, 知られて, 緘黙とは, 考えては, 聾の, 聾者円ら眼に, 見えて, 話せば, 違って, 鳴きわたる

▼ 唖~ (23, 2.3%)

3 のお

1 [20件] がどこ, が急, が飛出し, じゃろ, であった, でおまけ, に対する伝六郎, のよう, の一生, の両手, の事, の姿, の癖, の眼, の瞳, の顔, はサモサモ, はモト, は両手, は涙

▼ 唖~ (21, 2.1%)

3 ということ, よ

1 [15件] から耳, から聞く, から黙っ, か何だか, が悧好, つた頭髪だけは, という仮定, とかそれに, として見る, として見れ, とて物言わぬ, とは言い兼ねる, とみえる, と云つて, と思われ

▼ 唖~ (19, 1.9%)

1 [19件] がキョロ, が生れ, じゃない, だな, でございましょうか, ではあるまい, と呼びつけ, にちがい, のまねなんざあもう古手, のやつ, の吟味, の男, はうなずい, はきょとん, は何者, をひき出す, を捕えた, を石倉, を隠した

▼ 唖~ (18, 1.8%)

2 装って

1 [16件] くつ, つれて, やっては, 再び牢, 圧倒した, 大愚者と, 女房に, 好かないから, 守って, 教ふる如くする, 暗黒なる, 真似し, 縛り上げて, 装つてゐる, 護り通しました, 通して

▼ 唖~ (16, 1.6%)

2 大切な

1 [14件] さるを, ばれて, またなん, 一人ある, 一人宛生れる, 使いものに, 出來, 口を, 捕まったので, 物を, 筍を, 紅葉に, 自慢でも, 頻繁に

▼ 唖~ (13, 1.3%)

2 のか, のです, のでどんな, のよ 1 ことを, のだ, ので, 事を, 蝉

▼ 唖~ (12, 1.2%)

2 白痴か, 聾か 1 つんぼか, でくの坊か, 吶の, 墮胎藥を, 気の, 片輪, 聾の, 聾耳か

▼ 唖では~ (12, 1.2%)

2 ないかと, ないだらうか 1 あったけれど, あるまいが, ござらん, とても将来, ない, ないが, ないこと, 困る

▼ 唖~ (12, 1.2%)

2 ノ一夢 1 になっ, になる, にも夢, にも妻, に喩え, に異ならず, の妻, の無責任, を生む, 来りて

▼ 唖である~ (10, 1.0%)

3 ことを 1 が故に, ことが, という考え, のと, ばかりか知能, 彼女は, 自分が

▼ 唖でも~ (7, 0.7%)

2 ないやう 1 ありませんそして, つまらない唖, なく盲, 千里も, 無いのに

▼ 唖みたい~ (7, 0.7%)

1 な発声, な硬, にしばらく, にその, に眼, に返事, に黙っ

▼ 唖~ (7, 0.7%)

1 また必ず, やっと少しわかったらしく, 手を, 掏児も, 新七, 旋毛の, 気がつくまい

▼ 唖川歌夫~ (7, 0.7%)

1 からテル子嬢, っていう人, という外務省情報部勤務, という奴, という青年外交官, の恋敵, の方

▼ 唖かと~ (6, 0.6%)

1 いって, 吉保様へ, 将軍家も, 思った, 思って, 思はれる位

▼ 唖じゃ~ (6, 0.6%)

2 ないかと 1 あるまいかと, あるまいし, あるめ, ねえでしょうね

▼ 唖という~ (6, 0.6%)

2 片輪者 1 のです, ものは, わけで無い, 特徴も

▼ 唖羊僧~ (6, 0.6%)

2 の略 1 たるべし, という, と名, 実僧

▼ 唖であり~ (5, 0.5%)

2 間もなく息 1 唖である, 白痴である, 聾である

▼ 唖です~ (5, 0.5%)

2 よ親分 1 がね旦那, ねエアさん, 教育に

▼ 唖~ (5, 0.5%)

4 小伯爵 1 のお父さん

▼ 唖だった~ (4, 0.4%)

2 ことを 1 ということ, ねえ

▼ 唖~ (4, 0.4%)

1 が, が尾行, が牢, はお

▼ 唖~ (4, 0.4%)

1 のやう, の声, は氣, よ

▼ 唖でない~ (3, 0.3%)

1 限りはね, 限り黙, 駿太郎が

▼ 唖として~ (3, 0.3%)

1 一声, 対話しない, 甍に

▼ 唖にも~ (3, 0.3%)

1 あらぬ舌, なれ聾, 口を

▼ 唖~ (3, 0.3%)

1 ぜ, 掏児などという, 聾では

▼ 唖妣烟~ (3, 0.3%)

1 なり, の酔ひ心地, を吸

▼ 唖~ (3, 0.3%)

1 にとられ, にとられた, にとられたらしく

▼ 唖~ (3, 0.3%)

1 と喚作, は道得, また道

▼ 唖とか~ (2, 0.2%)

1 いった先, 聾とか

▼ 唖なら~ (2, 0.2%)

1 む, 耳が

▼ 唖にでも~ (2, 0.2%)

1 なったかの, なるやう

▼ 唖ヤン~ (2, 0.2%)

1 の声, の非人

▼ 唖~ (2, 0.2%)

1 ではない, なるべし

▼ 唖唖子~ (2, 0.2%)

1 の無責任, 来りて

▼ 唖川伯爵~ (2, 0.2%)

1 だ, の令息

▼ 唖川家~ (2, 0.2%)

1 の家令, は大変

▼ 唖王子~ (2, 0.2%)

2 とを結びつけた

▼ 唖~ (2, 0.2%)

1 とに偏する, を業

▼ 唖聾盲~ (2, 0.2%)

1 ですから, などは不幸

▼ 唖言葉~ (2, 0.2%)

1 の, を吐きます

▼ 唖野郎~ (2, 0.2%)

1 が一日, が大津

▼ 唖~ (2, 0.2%)

1 でもフロラ, を見直した

▼1* [74件]

かつんぼ, 唖かのつんぼかの, 唖かも知れなかったの, 唖からとるの, 唖じゃと申すか, 唖だけの取得が, 唖だったり手足, 唖だって従兄弟同士なら, 唖だろうということ, 唖やなかつた, 唖であったのを, 唖であるならば物言う, 唖でなかったら一言くらい, 唖とが同じ時刻, 唖とぞなる, 唖となつてさまよ, 唖との交渉は, 唖とも物狂いとも, 唖ながら心霊手巧職人風の, 唖ながらにそれは, 唖なり枯野原, 唖なるが故に, 唖なんぞう守つて, 唖にはあらでもの, 唖への計略は, 唖へも顎を, 唖ようにだまっ, 唖イエスキリストを信ずる, 唖ッ気にとられ, 唖ニ候エバ御筆問下サレ度, 唖なつちやつたの, 唖乞食か半, 唖歯するのみ, 唖の空しく, 唖同様でもかまわぬ, 唖に校閲, 唖として一声, 唖唖切歯するのみ, 唖唖君に校閲, 唖唖子復び病めりと, 唖問答をやめ, 唖きこゆべし, 唖はご, 唖娘お前はけふ, 唖子復び病めりと, 唖小僧というの, 唖屋敷へでも来た, 唖川伯爵様のお, 唖川前外相の指令, 唖川様の若様, 唖川歌夫さんはそれっきり, 唖川歌夫君の事, 唖息子が金銭出納, 唖手附で問え, 唖に笑, 唖とよび, 唖特有の叫び声, 唖狂いのお, 唖発語物語かうした物語, 唖も唖, 唖科柴田氏は麹町, 唖の死, 唖者みたいにもの, 唖者娘のいち, 唖者娘いちのこと, 唖蝉作の流行歌, 唖蝉田中稲月玉井一二郎国木田独歩永井定太郎山田桂華桃中軒雲右衛門渡辺亮輔など多く, 唖見た様な, 唖きくべし, 唖銭一文の価値, 唖阿諛の声, 唖頑聾或は悪い, 唖魯西南の海中, 唖鸚鵡の綽名