青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夫妻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~
夫妻~
~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った 失った~ ~失敗

「夫妻~」 1504, 16ppm, 6965位

▼ 夫妻~ (344, 22.9%)

7 間に 4 ように, 前に, 間には 3 ことを, ために, ところへ, 心を

2 [18件] ほうに, よろこびは, 上に, 仲に, 別居が, 外に, 女を, 姿を, 室の, 家へ, 後を, 所有と, 死は, 死を, 温情は, 生涯を, 眼には, 間を

1 [277件] あいだに, あとを, いかにも含み, いた桟敷, いった言葉, お世話に, お小姓, ことが, こわさ, したこと, すがた, すゝめによ, そつの, その妻君, それであっ, ためにも, ため毎朝念仏唱名し, ちょッと, つましいみちびき, どちらかが, どちらかを, のんびり工合, ほうであれ, ほうへ, ほかに, みるからに, めずらしい, もてなしであった, ものも, やり方は, ような, イチャツキの, クワルティーラに, ベッド, ラジウム實驗を, ラジウム発見に, 一周忌を, 一座ぐらゐでこの, 一番知りたい, 一行四人は, 万歳を, 三人だけが, 不屈な, 両脇, 争いと, 亡き跡, 交渉は, 人工放射能物質の, 人間としての, 介添で, 仕事が, 他猿丸強羅ホテルマネージャー水之, 仲が, 仲人は, 仲間と, 伴れ, 住んで, 住宅, 住居だ, 住居である, 住居でも, 住居に, 住所を, 佗び住居の, 信頼を, 優待に, 共感共働が, 其の態度, 内部から, 初めての, 別居の, 別居を, 別荘の, 制作座脱退ララ夫人の, 前という, 前には, 前へ, 前途は, 加わった最初, 助手としての, 努力で, 卓では, 卓には, 厚情に, 参加を, 友人らしい, 合奏に, 名を, 名義絶, 君の, 周囲には, 品行という, 喜の字と, 固い信念, 在籍する, 坐像法隆寺貫主の, 場合は, 墓である, 墓の, 墓は, 墓也, 変死が, 大好物, 夫婦生活は, 好んで, 好意に, 姿が, 姿は, 姿も, 媒酌で, 客好きが, 家庭に, 宿は, 富士山頂の, 寝室の, 寝室を, 寢部屋らしく, 少数の, 尽力で, 居間今では, 属する, 巴里に, 巴里の, 希望どおりお返ししました, 席で, 帰りを, 帰米を, 平常で, 年来の, 幸福を, 幸福歓楽は, 当らないため, 影響は, 後について, 心づくしは, 心持が, 心痛が, 心象世界を, 思ひ出, 怨霊の, 悶着は, 情感で, 意外さと, 意義ある, 愛情は, 感想を, 感謝の, 戰爭中の, 手さばきの, 手に, 手落ちであっ, 招待で, 招待なり, 招待は, 指紋も, 掛合い話は, 探査を, 故郷で, 教育を, 新生涯, 方で, 方も, 旅情を, 日常生活が, 昂揚した, 明星派や, 暮しぶりを, 書いた本, 最も親しんだ, 月下氷人だ, 来訪を, 案内で, 様々な, 様な, 権威は, 歌碑が, 死という, 死後エンゲルスの, 殆ん, 殉死が, 殉死である, 水入らず麻雀ところへ, 注意を, 消息を, 温かい雰囲気, 温情に, 温情を, 溝を, 漫遊客を, 特別出演も, 生活の, 生活は, 生活ぶりを, 生活や, 生活を, 生涯の, 申出が, 疎隔に, 相愛または, 眼だった, 知恵は, 短い生涯, 私行を, 移った二階家, 空いた自動車, 笑顔も, 節附け, 納棺式に, 納棺式や, 経営する, 結合が, 結婚後岡本は, 結婚披露式に, 絵の, 縁は, 署名が, 習慣を, 肉親の, 肩ごしに, 背後から, 胸には, 自動車に, 自動車は, 自殺という, 舞踊の, 艱難と, 花馬車, 苦心の, 苦悩と, 苦笑を, 落ち着いた淳朴, 蔵書の, 行動に関する, 表面の, 見送り人たちは, 親切であった, 親友で, 記念写真手を, 話では, 話などを, 話題に, 謡曲の, 象徴の, 趣味の, 跡を, 身内に, 身分教養が, 過去の, 遺憾と, 部屋, 部屋とは, 部屋に, 部屋へ, 金銭問題と, 銀婚です, 間で, 間では, 間にすら, 間の, 間柄とが, 間柄は, 関係が, 関係は, 関係友人の, 非難に, 頽廃的な, 顔が, 顔も, 顔を, 願いです, 願いとして, 館ばかり, 饗宴に, 首だ, 驚き事の, 骨格が, 黄葉夕陽村舎を

▼ 夫妻~ (294, 19.5%)

3 どちらも, 顔を 2 それから, 彼の, 手を, 私の, 自分らの

1 [278件] いずれは, いつに, いつも泰然, うずらの, うなだれて, うれしそう, おりから, おろかにも, お子さんが, こういうパリ, ことに猿沢佐介, この三人, この二碩学, この子, この家, この町, この豪雨季, この頃, この頃以後, これまで, これも, すぐ座敷, すぐ葉子, すぐ閨, せっかく選ん, せつせと, そういう無, そこに, そのかわいらしい, そのため, その会話, その傑作, その少女, その時, その死, その答, たいがい使用人の, ただ今大, たぶん各々, だんだんと, ちょっと顔, ぢっと, ついにその, つい昨日, とうとう外, とうとう戻っ, ともかくも, どこかの, どっちが, どんな苦しみ, なんでも, ひどくそれ, またし, まだこちら, まだその, まだ眠っ, まだ起き, むつまじかった, むろん極力かれ, もうおばあさん, もうこれ以上帰任, もう夏, もう帰っ, やがて輿, よほど妙, よろこんだ, わが多少, インドで, インドに, ケルンを, ジェネ, スキーに, ダブル, チリーの, トゥールの, ドイツに, ドイツ軍人の, バカラの, ピッコロミリ夫人にも, ベルギーの, ホテルへ, ホテルを, ヤマトホテルに, ヨーロッパの, ラジウム製造という, ラッサを, 一八四三年の, 一緒に, 一體であり, 七月は, 三十分近くも, 上って, 下物飯菜の, 不思議さうな, 不意に, 主人が, 二たび赤沢君を, 二人とも, 二人の, 二階へ, 互に互, 亡父義朝の, 今しも, 今し方裏山へ, 他に, 伸子たちと, 伸子の, 住家を, 入口の, 共にその, 共に三十四, 共に頷いた, 内心躍りあがらん, 到着後間もなく, 北京料理を, 千代子の, 千曲川の, 卓頭に, 南京で, 即日引き移っ, 厚くもてなし, 又別, 反目した, 只, 同町の, 同等の, 呉, 和田垣謙三博士に, 商売に, 善を, 国際連盟関係で, 土地でも, 壬生寺へ, 大阪から, 大阪へ, 天地二神の, 夫婦ともどもに, 奧の, 始めに, 娘と, 娘を, 嫁を, 子宝に, 存在しない, 実に日本, 家を, 宿を, 富士五湖に, 寝室の, 小さい据風呂, 小倉から, 小婢, 小都市, 少しも, 巴里へ, 帝劇の, 幸に, 幾らか血道, 引退後世界中を, 当分加勢に, 彼らと, 彼を, 彼女の, 彼女を, 彼等の, 心から喜ん, 心嬉しく, 忌わしい運命, 忘れること, 急に, 恋仇の, 恥ずかしい口実, 悶え苦しんだでしょう, 感謝の, 憶い出す, 戦争中ちょッとばかり, 所謂, 打捨て, 折々御飯, 招待に, 新劇俳優として, 新宮から, 方面委員の, 旅行中, 旅順へ, 既に歿, 日本に, 早苗さんは, 明智の, 明治四十二年に, 時が, 暇を, 最前から, 朝夕の, 朝夕パンで, 机を, 東京駅に, 極めて平穏, 機会さへ, 次の間の, 正直な, 此の, 此軍艦の, 死んでも, 母の, 毎年産む, 毎週土曜日の, 毫末も, 泣いた, 流石に, 流行の, 温情を, 満洲, 照顕さまの, 爐ばた, 父の, 物珍しいもの, 狭つ, 猿沢夫妻と, 王宮の, 珍らしい, 琵琶と, 生前顔を, 生命を, 生活の, 申すに, 百日の, 目下ピカデリイの, 目配せを, 相変らず, 相模屋へ, 睦く, 矢張此処に, 礼儀上一週間に, 笹を, 篠原良平の, 粕谷を, 精神疲労し, 翌日約束どおり夕食まえ, 耳を, 腕を, 自分の, 自然に, 良人の, 良平の, 芸術にたいする, 芸術家一体としての, 若々しい心, 英語を, 荒んだ心, 蓼科高原に, 藁をも, 裏庭の, 西の, 西側に, 見て, 見物に, 見舞いの, 詩歌を以て, 語り合って, 読んだそう, 諦めなかった, 赤沢君を, 足もとから, 踊った, 躍起にな, 近々と顔, 連れて, 連れ立って, 鉛の, 鎌倉の, 長谷川氏に, 門口に, 閑静な, 階下に, 非常な, 非常に, 鶴子を

▼ 夫妻~ (193, 12.8%)

4 来て 2 ゐて, ラジウムを, 不行跡を, 会釈し, 私の, 腕を

1 [177件] あなたに, ありそれから, ある都会, いいあらそって, いくらごちそう, いた, いっしょでない, いつと, いつどこ, いないと, いる, いろいろ食糧, おそろいで見えた, お茶に, くすくすと, こう変え, ここに, この少数, この香気, こんな会話, しきりに, すっかり心得, そこへ, その息子一人, その真剣, ちょうど腹, ついた, つつましくは, つづきそれから, つめかけたので, はいって, はっきりと, また大きな, まだ大阪, やって来て, ゆったりおさまってる, アメリカからの, アメリカの, コーヒーの, サンドウィッチ沢山を, ノーベル賞を, パリの, パリーの, ホテル第, ボスニヤサライエヴォの, ラジウムの, 一人づつ中心に, 一人の, 一方ならず, 三日ばかり, 世間の, 並んで, 中心で, 主人役と, 乗って, 乘つてゐ, 互いに手, 五十六と, 人工放射能の, 仕事の, 他人同士の, 住んで, 佐世保から, 何か, 何かしら退屈を, 何彼と深切, 余を, 作家である, 來られ, 例の, 便利な, 俥から, 停車場まで, 先着, 全部占領し, 其亡くなった, 冷たくなろう, 凱旋将軍でも, 出席した, 列席した, 初見参, 別居し, 加わって, 十一月ニュー, 千歳村に, 古風な, 可愛がっ, 同氏の, 吟行の, 唐突と, 大江と, 大阪駅まで, 始めて, 孫たちを, 富永文次といふ, 小さい娘, 小型に, 帰ったの, 帰った後, 年始に, 彼らの, 彼女を, 御両親代わり, 思いがけない自殺, 急に, 息子の, 戻って, 手軽な, 揃うという, 揃って, 支那見物を, 断然光った, 新劇団体を, 旅行する, 晴れの, 最初千歳村に, 来た, 来たもの, 来た頃, 来り四人, 来り町, 来るから, 東京へ, 森を, 欧洲の, 正座に, 死物狂ひ, 殺されて, 永年の, 清の, 演奏を, 漸やっと笑顔, 瀕死の, 父の, 現在夫婦である, 生活を, 眼に, 示して, 私たち夫妻の, 空林庵の, 立ち上って, 立ち會, 籠を, 終戦後はじめて, 絶望の, 締め殺されるよう, 群臣に, 自刃した, 自分たちの, 自分と, 自家用自動車を, 臼杵蒸籠釜まで, 良人から, 表向, 見えたと, 見えるそう, 見物これで, 見物し, 見物してる, 見舞に, 訊問された, 誰よりも, 超民族的一座, 踊り出したじゃ, 近づいて, 遊びに, 遣って, 選ばれたの, 銀婚式を, 間もなく亡くなり, 陥る禍福, 隣の, 雪崩に, 風月の, 飛んで, 鳥の, 鳥巣庵を

▼ 夫妻~ (104, 6.9%)

2 会う, 向って, 寄する, 寄せた書, 招かれて, 逢ふ

1 [92件] あいさつされる, あんな雰囲気, いろいろ世話, お眼通り, お礼を, お祝状, こどもが, さよならを, しろそして, その醍醐味, たのみ三枝子, つれられて, とても気に入った, とどまって, ゆくさきざき, ランプの, 一切の, 三男の, 上げるの, 与へた書, 与へて, 両手を, 会いまた, 会い夫人, 会えるとは, 会って, 会わないが, 会見し, 住宅を, 作った余, 偶然逢ふ, 僕は, 僕らは, 先刻の, 全然報告, 出くわした此節, 別れの, 危害を, 友田, 取りすがって, 同情した, 名誉博士の, 向けて, 呉, 好意を, 姉総勢六人で, 子供が, 子供の, 對し, 山田伸吉夫妻それに, 川口, 差し上げて, 強い打撃, 御同情, 復讐する, 手渡すと, 招かれ偕楽亭, 招かれ徳山, 招待され, 招待された, 挨拶を, 最後の, 月見かたがた芝居を, 朝鮮から, 来ないかと, 案内され, 注意を, 無理由, 甘えてるかの, 示した, 礼を, 立派に, 紹介された, 絵を, 繰り返し繰り返しこういう, 老婢と, 老父子供が, 見せた, 見送られて, 言い渡しました, 言うに, 話が, 話すと, 迎えられ藤田君, 迎へ, 送られて, 逢つた, 集中し, 雪子の, 預けられて, 頼んだこと, 饗した

▼ 夫妻~ (101, 6.7%)

2 なって, 一緒に, 例の, 俊亮の

1 [93件] いつもの, いるの, お清, かいて, かなり親しく, こっちだけに, しばらくの, そのほか六七人, その友人たち, その坊や, それだけだった, なるよう, まさに晩餐, ゆっくり話しこむかする, クッテンベルク・モラヴェッツに, ツウェトヌイ・ヴル, ツーン湖畔の, バッタリ逢ひ, ペンさんと, ホテ・グリで, ヨーロッパ旅行を, 一しょに, 一等運転手が, 一門数輩は, 一馬の, 三人で, 三人となり, 上品な, 二十一で, 云ふ, 令息の, 余を, 俊亮とが, 僕, 僕夫妻を, 六歳だ, 共に黙, 再び日本人学校, 出会って, 出逢った, 別れ帰宅, 友田を, 友田純一郎が, 同じ墓碑, 同行し, 四歳に, 大杉の, 天神まつりといふ, 太郎が, 妙に, 娘とが, 子供たちが, 宅の, 家族に, 小関氏と, 常三郎とは, 平野は, 懇意に, 戸塚へ, 挨拶を, 晩餐を, 書生の, 来たら空家, 柳, 栄さんの, 次郎とが, 比呂志君の, 温かい握手, 滯在し, 濱邊に, 炊事の, 町で, 眞珠太夫は, 石田で, 研究生小山すみれ嬢とが, 私の, 私は, 秋蘭の, 竹川, 給仕の, 自分と, 自分との, 船を, 藤田房子東宝の, 親しい友人達, 親しみが, 話して, 貞夫の, 赤坊とを, 頓野老, 顏を, 食事女房の, 鼎に

▼ 夫妻~ (91, 6.1%)

3 訪ねて 2 パリで, 中心と, 招いて, 誘って, 送って

1 [78件] いつもあいつら, おじさまおばさまと, お客に, ここに, しきりに撮影, して, そのよう, その情熱, とりあつ, とり囲むと, はじめ全員を, はじめ北朝の, はじめ友愛塾が, はじめ白鳥会で, はじめ見学の, びっくりさせる, ますます愛し, ホテルの, ヨリ近く識り得た, 不滅に, 中心に, 主脳, 乗せた駅馬車, 二階に, 仲人に, 住わせた, 促した, 促して, 停車場から, 凌辱し, 加えて, 助けようと, 同道し, 向う斜め, 呼んで, 地階の, 始め各国, 始め蒼く, 小太郎が, 庭前で, 想像した, 愛して, 手料理の, 扶け, 招いた写真, 招待飯は, 案内された, 残して, 毆つ, 激励する, 父と, 狙って, 田舎に, 知つてゐる, 私は, 縄って, 置き去りに, 見おくって, 見た時, 見出さんか, 見送ってから, 見送りに, 親切に, 訪うたの, 訪うて, 訪ねるため, 訪問し, 訪問する, 誘った, 説き伏せて, 説得する, 赤坊ごとよん, 送り出して, 送る僕, 連れて, 頼まう, 飾ること, 高くから

▼ 夫妻~ (57, 3.8%)

2 たまらなく好意, 居られた

1 [53件] あまりの, あらはれ麻雀, うれしかった, おいでに, おなじ構内, しんから, すべての, すれすれだろう, それぞれ一家を, そろって, つらなりました, なみはずれて, まだお, むろんいっしょ, インデアンの, ヴェニスに, 一緒に, 仁科六郎の, 伊東へ, 何かとお世話, 俊亮も, 保とともに, 共に, 加わった, 午後三時すぎに, 同宿な, 喜んで, 塾庭に, 大変でしょう, 子供達も, 帝大, 徳子も, 心配さう, 心配し, 招かれたれども, 拝殿から, 来て, 次郎も, 正月気分で, 此の, 生活は, 眼を, 署名した, 美春の, 胡蝶さんも, 薄々は, 見えられた, 見送り人の, 言い私, 谷口君も, 賛成だつた, 遂に観念, 遠慮し

▼ 夫妻とも~ (15, 1.0%)

1 [15件] すぐれた人たち, すべての, に好まなかつた, クリストフを, 九ヵ月幽閉され, 信心家で, 元の, 判然見た, 在宅折からの, 外出し, 大して變, 実に学者的, 数年前に, 知って, 近づきに

▼ 夫妻~ (13, 0.9%)

1 [13件] アメリカに, ハイヤー大仁へ, 今夜は, 余の, 出席し, 句集なんか, 唖の, 家出し, 彼を, 忽ち失敗, 来り河合, 自殺する, 謡曲を

▼ 夫妻には~ (10, 0.7%)

1 いつまでも, すでに八歳, それが, 一切ものを, 子供が, 実子が, 平等な, 気が付かないよう, 特別に, 非常に

▼ 夫妻~ (10, 0.7%)

1 その師匠, ひろ子自身の, イリヤ自身や, スペインの, センチョーサンや, 三井一門の, 二人の, 伸子パステルを, 俊亮が, 友田が

▼ 夫妻から~ (9, 0.6%)

1 ききだしましたが, 家人の, 愛されて, 戸口番に, 承諾を, 最少限度の, 衷情を, 親戚一同まで, 鎌倉大小名の

▼ 夫妻である~ (5, 0.3%)

1 からには良人, が私, というこれ, と云う, 彼等は

▼ 夫妻と共に~ (5, 0.3%)

1 すること, 今日で, 僕達夫妻は, 宝塚行き, 居たの

▼ 夫妻~ (5, 0.3%)

1 もたらすでしょう, 気ぜわしく話しかけた, 礼状母には, 送った, 電話を

▼ 夫妻それ~ (4, 0.3%)

1 がこの, にクス子姐さん, に女房, に小説家大岡昇平氏

▼ 夫妻では~ (4, 0.3%)

1 あった, あったろうが, ないの, 無い

▼ 夫妻とは~ (4, 0.3%)

1 いえ夫, なして, 検査の, 餘つ

▼ 夫妻~ (4, 0.3%)

1 と伊豆半島, と小, に逢, を迎

▼ 夫妻これ~ (3, 0.2%)

1 がため, は三男, もアリバイ

▼ 夫妻~ (3, 0.2%)

1 と思った, と思われ, のに

▼ 夫妻だけ~ (3, 0.2%)

1 だった, だと, 茶の間の

▼ 夫妻として~ (3, 0.2%)

1 こう打, たがい, 登録し

▼ 夫妻との~ (3, 0.2%)

1 んで, 約束を, 間に

▼ 夫妻にとっては~ (3, 0.2%)

1 なおさらうれしかっ, 信仰に, 意外千万という

▼ 夫妻にも~ (3, 0.2%)

1 会う, 見せたよう, 面会する

▼ 夫妻への~ (3, 0.2%)

1 おくりもの, ぼくの, 敬意を

▼ 夫妻その他~ (2, 0.1%)

1 が既に, の召使たち

▼ 夫妻たち~ (2, 0.1%)

2 が通り過ぎ

▼ 夫妻であった~ (2, 0.1%)

1 からこの, がしかし

▼ 夫妻であり~ (2, 0.1%)

2 矛盾を

▼ 夫妻でさえ~ (2, 0.1%)

1 もう彼, 母親の

▼ 夫妻です~ (2, 0.1%)

1 なこの, よ

▼ 夫妻という~ (2, 0.1%)

1 ことについて, 牆壁の

▼ 夫妻とともに~ (2, 0.1%)

1 すごしいつも, 空林庵を

▼ 夫妻ともども~ (2, 0.1%)

1 それの, の名誉

▼ 夫妻など~ (2, 0.1%)

1 來賓の, 共に街

▼ 夫妻ならびに~ (2, 0.1%)

1 その一子, フィンランドの

▼ 夫妻にとって~ (2, 0.1%)

1 その未婚, 毎年の

▼ 夫妻に対して~ (2, 0.1%)

1 すまないという, 寧ろ不謹慎

▼ 夫妻まで~ (2, 0.1%)

1 部屋に, 関係者一同

▼ 夫妻~ (2, 0.1%)

1 にという事, に呼吸

▼ 夫妻及び~ (2, 0.1%)

1 メガン・ロイド・ジョウジ嬢, 私等が

▼ 夫妻反目~ (2, 0.1%)

1 とあっ, は妻

▼ 夫妻宛太宰~ (2, 0.1%)

2 と富栄連名

▼ 夫妻殺し~ (2, 0.1%)

1 の犯人, 遂に自白

▼ 夫妻生活~ (2, 0.1%)

1 の建設, をおよそ

▼ 夫妻~ (2, 0.1%)

1 かわらず爽やか, 携えて

▼ 夫妻竹柏園社中~ (2, 0.1%)

1 の短, の短冊

▼ 夫妻関係~ (2, 0.1%)

1 にも幾分, は決して

▼1* [162件]

夫妻あてのお, 夫妻あらはれ夫婦, 夫妻いね私かえりには, 夫妻おまけに私, 夫妻がめつきり年を, 夫妻きりの暮し, 夫妻この人は, 夫妻て手, 夫妻じゃないか, 夫妻そして舞台の, 夫妻その他内外の顕官, 夫妻その他家人の起居, 夫妻それからすこし離れ, 夫妻それぞれの居間, 夫妻だけが一行と, 夫妻だけであつた, 夫妻だけには十分納得の, 夫妻だけのようだ, 夫妻だけを空林庵に, 夫妻だったがその, 夫妻だのまして土居光一, 夫妻てっちゃん, 夫妻であって彼, 夫妻としてのつながりの, 夫妻としては自分の, 夫妻とで銀座の, 夫妻とでもいうよう, 夫妻とについての萠芽的な, 夫妻とを結びつけ震災後, 夫妻と共にかどやのグリルへ, 夫妻どちらも教育, 夫妻などの執筆場面をも, 夫妻などはその頃, 夫妻ならでは絶対, 夫妻にさえ話さず売り残って, 夫妻にとっての必然であっ, 夫妻にのみ止む可, 夫妻によって初めて私, 夫妻に対し国に対し, 夫妻に対してもいくぶん息ぐるし, 夫妻に対する殺人事件として, 夫妻のみならず真個, 夫妻へは四五日の, 夫妻へもそれを, 夫妻もう一人田舎の, 夫妻もと只今の人, 夫妻もろとも夜逃げ, 夫妻いつまでも, 夫妻に謁, 夫妻らしいのが, 夫妻をも味方だ, 夫妻カッキング夫人等が, 夫妻パリへ立つ, 夫妻フランス農村の研究, 夫妻ユロ男爵の底, 夫妻一體であ, 夫妻丁子屋茂三郎養ひ娘, 夫妻三宅周太郎見物の由, 夫妻下枝さんツボ平夫妻, 夫妻両人の毎週, 夫妻に村田氏, 夫妻並びに集った, 夫妻中野さんたちぐらいです, 夫妻中野さん等来て, 夫妻久我通保男嗣子等々舞台に登る, 夫妻久米正雄夫妻吉屋信子などを外遊, 夫妻久藏親子和助萬吉それに下女, 夫妻を継ぎたれ, 夫妻二人きりのもの, 夫妻会見記を仰々しく, 夫妻の市, 夫妻佐々木道誉ほか百名余の盛宴, 夫妻先生にも知らせたろう, 夫妻八重木曾乃はそれ, 夫妻共稼ぎで中, 夫妻共著の, 夫妻写真屋さん夫妻が正座, 夫妻別れの問題, 夫妻を協, 夫妻反目室を正しゅう, 夫妻各国の使節夫妻, 夫妻吉屋信子などを外遊, 夫妻同伴で銀行, 夫妻同居して, 夫妻同居夫が妻, 夫妻同居家の一半, 夫妻同行一幕二人のため, 夫妻固く約束した, 夫妻外本館職員一同前苑, 夫妻から松谷秀子, 夫妻夫人を見廻し, 夫妻女中の八重ら, 夫妻妹娘のお, 夫妻孫田日本学会主事藤室夫妻等と小, 夫妻の遺書, 夫妻富ちゃんとのってか, 夫妻て久々, 夫妻島内金田などがどやどや, 夫妻川奈の帰り, 夫妻かその, 夫妻弥生の親友, 夫妻得意の時, 夫妻徳さんの細君, 夫妻打ち連れて私, 夫妻揃つて潰家の下敷, 夫妻敬銓の二女, 夫妻旅行で留守, 夫妻昨夜八時すぎに戻りました, 夫妻親至愛の, 夫妻木曾乃八重海老塚及び小用, 夫妻未だ左したる困, 夫妻来り小笠原章二郎の, 夫妻来る三組夫婦で, 夫妻来庵子供を連れ, 夫妻来楽セリフが一体, 夫妻来田村さん福岡さんミスウェルス吉田さんなどとにぎやか, 夫妻来訪参与官の自動車, 夫妻来訪庭に咲き, 夫妻来酒がす, 夫妻東山もその, 夫妻東道ポツダムに赴く, 夫妻森養真岡待蔵等の名, 夫妻楠窓町田一等機関士章子友次郎等とサンフリート村, 夫妻此粕谷に引越し, 夫妻死んだお蘭, 夫妻殉死の報, 夫妻沓掛よりガタ馬車, 夫妻津久井氏夫妻が來, 夫妻へ玩具, 夫妻熊野夫妻鼻高々です, 夫妻父母の生活, 夫妻在宅で, 夫妻皆んなお上の手, 夫妻相続いて急性, 夫妻相認の場, 夫妻砲兵大尉だの学生, 夫妻神戸からいっしょ, 夫妻死花が, 夫妻箱根へ出かけた, 夫妻細君の両親, 夫妻胖合と云, 夫妻草鞋ばき, 夫妻萬珠堂の瀬戸, 夫妻藤原俊雄新海竹太郎自分等黒沢墨山と云う, 夫妻ゆ, 夫妻見えたとき私に, 夫妻見物少々風邪気味, 夫妻見舞に来る, 夫妻り合う, 夫妻近藤六郎兵衛がいた, 夫妻近藤泰来る, 夫妻近藤老人それに学校, 夫妻迪子バーミングビユルガ姉妹京極篠原高田寺井昌谷世良仙石に送られ, 夫妻退いて各, 夫妻連れの洋人, 夫妻連名にし, 夫妻陰陽之始也, 夫妻養女旧臘から逗留中, 夫妻鶴子も新之助君, 夫妻鶴子ピンを連れ, 夫妻鶴岡氏らが集り, 夫妻鼻高々です