青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夫人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

太刀~ 太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人
夫人~
夫妻~ ~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~ ~失った 失った~

「夫人~」 16130, 174ppm, 597位

▼ 夫人~ (4402, 27.3%)

44 それを 26 自分の 25 言った 16 彼の, 私の 15 云った 14 いう, 急に 13 良人の 12 顔を 11 叫んだ, 非常に 10 その時, 彼女の 9 いった, 思って, 答えた, 静かに 8 出て, 夫の, 手を, 眼を 7 それから, 事もなげに, 例の, 娘の, 彼に, 彼女を, 最後の, 首を

6 [15件] あわてて, これを, さう, そういっ, そこで, そこに, それに, 何の, 問うた, 夫を, 彼女に, 微笑し, 心の, 笑いながら, 自分が

5 [12件] いつもの, そう言っ, その手, その男, 何か, 彼を, 彼女が, 微笑を, 眉を, 私を, 良人が, 黙って

4 [23件] この時, すぐに, びっくりし, 一人で, 両手を, 何かを, 信一郎を, 僕の, 先に, 博士の, 小翠, 悲鳴を, 此の, 泣きながら, 玄関の, 私に, 笑ひ, 良人に, 言って, 言つた, 遉に, 驚いて, 黙して

3 [54件] いって, しばらく何, しばらく考え, そう云っ, そこへ, その青年, その頃, それで, なか, にんじんに, びっくりした, もう一つ, やつと, 不幸な, 今まで, 何度も, 冷静に, 前へ, 喜んで, 噛んで, 多くの, 妙に, 姉の, 子供の, 尋ねた, 少しも, 平然として, 幾度も, 微笑した, 悲しげ, 意外な, 愛する夫, 我を, 房枝の, 扉を, 新子の, 明かに, 歎息を, 気を, 無雑作, 目の, 相変らず, 私が, 笑い出した, 美しい顔, 聞いて, 胸を, 自らの, 自分で, 見て, 言うの, 言葉を, 返事を, 頭が

2 [324件] あ, あとに, あの旅館, あれで, いいました, いうの, いかにも自信, いつに, いつ頃当地, いまの, いよいよ図, いらいらし, おしもを, おだやかに, おどおどし, かすかな, きまりが, ぎょっとなった, ここで, ここに, ここの, この事, この人, この君, この家, この長い, これだけ, これは, これも, こんなこと, こんな風, さすがに, しかし次, しずかに, じりじりし, すつかり, そう云い, そう言い, そのとき, そのスラリ, その中, その場, その点, その白い, その瞬間, その結婚, その美しい, その血, その見知らない, その言葉, その間に, その顔, そばに, それが, それだけの, それと, それには, それに対して, それは, それらの, そんなもの, た, ため息を, ちょいと, ちょっと躊躇, つと頭, どうした, どうしたろう, どこに, ひらりと, ふと扁理, ふるえながら, またも, また目, まだこの, もう一度, もしかする, よろこんで, わずかに, わたしたちに, わたしに, わたしの, クリストフの, テーブルの, ドアを, ニコ, ハタと, ハンカチを, ハンケチを, パンフレットの, ボーイに, ロボットの, 一口に, 一家の, 一寸押し止める, 一寸皮肉, 一寸苦笑, 一寸頭, 一座の, 三分二十五秒の, 三宅と, 三宅の, 下へ, 不快に, 世に, 世間に, 久し振, 二人に, 二人の, 云い終ると, 五十歳を, 亡夫の, 今日は, 他の, 伯より, 伸子が, 何うし, 何かの, 何にも, 何も, 何故かそれ, 何時の間に手, 併し, 信一郎と, 信一郎に, 信一郎の, 僕を, 元豊, 先刻から, 入口の, 再び強く, 冗談の, 写真を, 冷然と, 冷然として, 冷静な, 凄いほどに, 凡てを, 前にも, 前川の, 十七日の, 半ば冗談の, 卓上に, 博士を, 占いを, 厳重な, 口でこそ, 口に, 口を, 叫ぶ, 君の, 周囲に, 周囲の, 呶鳴った, 土居画伯を, 執拗な, 壊れた玩具, 声を, 夫人で, 夫人の, 夫君の, 奔放に, 女中と, 女中に, 妊娠し, 姫君を, 娘を, 嫣然と, 嬉しげ, 子供に, 子供をでも, 容易に, 寝室の, 小走りに, 小間使から, 少くとも, 少年を, 尚信一郎, 山荘の, 屹と, 屹度死にません, 屹度死んだ, 屹度混雑を, 岸田直介との, 巧みに, 席へ, 年を, 幸薄く, 幾度か, 広間の, 弟にでも, 当惑したらしい, 彼と, 後の, 御亭主, 御承知, 微かに, 微笑んだ, 心から信一郎, 心から感心, 心を, 心配し, 必死な, 快活に, 忽ち信一郎, 怒って, 怒りに, 思うの, 思った, 思ったが, 思わず手, 急いで, 息が, 息子の, 悠然と落着, 悲しんで, 意地悪く, 感じた, 戸を, 手に, 手軽に, 打ち消したが, 振向き, 掃除夫の, 断乎として, 新吉の, 新子が, 早口に, 明智の, 明瞭に, 普通の, 最後まで, 有名な, 末の, 本当はまだ処女, 来るに, 梨枝子を, 椅子を, 正面から, 死んだ, 母の, 毒を, 気が, 気軽に, 法水の, 泣いて, 泣き出しさうな, 津田を, 涙ぐんで, 涙を, 淡々と, 溜息を, 溢れる微笑, 漸と, 無造作に, 片手を, 狂人の, 狂気の, 男に, 男の, 盛装し, 相手の, 真の, 真赤に, 短銃を, 私と, 突然何, 立ちあがって, 立ち止って, 立つて, 立上っ, 笑って, 第二, 答えて, 答える, 答なし, 簾の, 絶えず, 絶対に, 続けた, 美しい微笑, 美奈子に対する, 自分達を, 自身の, 良人を, 花を, 葉子の, 葡萄の, 蝉の, 親戚の, 言ったが, 言われた, 語る, 語を, 誰の, 譲吉の, 貞淑な, 貴君の, 賛成を, 起きて, 躊躇し, 身に, 身体を, 車に, 車を, 車窓から, 軽い媚, 軽い快い駭, 軽く会釈, 軽やかに, 追窮する, 重げなる, 金糸雀の, 針の, 電車に, 靜に, 靴下を, 頭の, 頭を, 食堂の, 駭いた, 鶏の, 黙々として, 鼻の

1 [2989件 抜粋] ああで, あちらへ, あなたに, あの時返辞, あまり水色, ある日音楽会, いかにも何, いきなり船室, いたわるよう, いつか私に, いつの間にか腰掛け, いつも家, いひ澁, いよいよ身, うたを, うわの空で, おそらくロングヴィル公爵夫人, おどろくべき場面, おん身に, お寝, お饒舌, かつてなかっ, かの女, かるく一つ咳, がっくりと, きっぱり否定, きわめて落, ぐっと目, けっして腹, こうした慎, こう姫君, ここにおいて, ことさらその, このまま呉, この二人, この姿, この小さい, この日, この病気, この贈物, この雨, これほど, こんな酷い, ごく静か, さっき話した, さて唯一人, さも面白, さらに眼鏡, しきりにすすめた, しつこくくり返し, しばらくこれ, しみじみした, じっと三白, すぐその, すぐ威丈高, すこぶる重大, すっかり私, すでに他界, するの, そいつを, そうした秘密, そう訊いた, そっとハンケチ, そのこと, そのまま数百尺, その二個, その向かい側, その娘, その当時売り出し, その恐ろしき, その折, その早業, その朝病院, その洋橙, その童貞, その裾, その金, その骨, それだけに慶太郎, それほど困, そんな多情, たいへん恐縮, たずねいくらか, ただにこにこ, ただ邪魔, たび, だからこそこの, ちょうどその, ちょっと皮肉そう, ついに病室, つつましや, つれて, とこうの, どういう圧力, どうする, どぎまぎし, どちらから, どんな夢, なおいっそう, なくなりました, なにか察したらしく, なんと応じた, にっこりと, にわかに涙, はっとした, ひとりぎめをして守は, ひどく怒り, ふかい思い, ぶらぶらする, ほとんど戯談口, ほほえみも, ぼそぼそ言った, まさに絶世, ますます苛, また, またそれ, またグリゴリイ, また多少, また父子, まだ四十, まだ生き, まったく自分, みや子を, むすこを, もういつか, もうひとり, もう二三度, もう奪った, もう彼女, もう独言, もう躍起, もとから, もはや自分, やがて終らう, やっとソファ, やにわに遮っ, ややあっ, ようやく自分, よりかかって, わきに, わざわざシギ, われに, アリョーシャに, イギリス人で, エエド氏の, オオサカ真珠の, カーテンの, クリストフに, サッサと, ジャンヌさん娘は, ズボラな, チェリー, デパートの, ナポレオンに, ノートを, バーグレーヴ夫人に, ビアトレスに, フラフラと, プログラムに従って, ホッと, ポーランドに, ライタアを, レオノーレの, ワトソンの, 一そうおしもを, 一人, 一切の, 一寸笑っ, 一度受けた, 一族の, 一時相当の, 一目散に, 一足進ん, 一馬先生と, 七歳に, 三人目の, 三娘の, 三船君の, 下に, 不安がっ, 不思議にも, 不気味な, 両手で, 中へ, 主人に, 乗合の, 事態を, 二条の, 云つた, 亡くなつた芳文氏, 人に, 人目に, 今は, 今宵空色の, 今日高齢に, 他人から, 仮装舞踏会に, 伯爵夫人の, 体の, 何と詠むだらう, 何一つ物を, 何人の, 何時迄も, 余の, 作者の, 侮辱された, 俊夫君から, 倒れた, 傍より, 元々三月以上, 先ず船中一, 兎も, 全然この, 公園小路の, 其儘波の, 内へ, 円満に, 再び第, 冷えきった紅茶, 冷淡に, 出で, 出迎え良人, 列伝体の, 別に気, 到底此の世, 前の, 力も, 務の, 勿論門人, 医者へ, 十年ばかり, 半分独りごとの, 危い, 厳しくさう叫んだ, 又此, 叔父の, 口ごもりながら, 只頷い, 叮嚀に, 右手に, 同じフローア, 同僚の, 向うに, 呆れたが, 呟く, 和服で, 唇を, 商業上の, 嘆願する, 四つに, 四才か, 困ったよう, 土曜日の, 地を, 堪らず遮りて, 外套の, 夜明けに, 大きく息, 大五郎氏, 大方この, 大阪っ, 夫や, 夫伯爵の, 奥様の, 女大学風に, 姉に, 姿見の, 婆やの, 嬋娟たる, 子供達の, 安心した, 実は大寺, 客を, 宮廷の, 寂しそう, 寝返りし, 小さな小間物店, 小説に, 少しずつ, 少し甘え, 少女の, 屍体の, 屹度無事で, 左手に, 帝の, 常にののしりぬ, 平然と答えた, 年月とともに, 幾人もの, 庭から, 引っ込みが, 強く言っ, 当時三十六歳で, 彼から, 彼女について, 後から, 後片付けに, 御丈夫そう, 微かな, 心で, 心得て, 心臓麻痺で, 心配そうな, 必要経費を, 快活気, 怒ってでも, 思いの外役に立つ, 思い薫, 思ひがけ, 思案した, 怪しむ様子, 恐れて, 息切れが, 悲しそう, 惣八よりも, 意味あり, 愛児の, 感じて, 感激し, 憂わし気, 憤ると, 懷しい, 我手を, 戸の, 扉の, 手仕事を, 手振りの, 扱いかねたよう, 抱き合って, 振り返って, 掻巻の, 救われて, 文書で, 新吉に, 於霜から, 日傘と, 日本婦人で, 早く起き, 早速筆, 明眸一轉, 昨夜の, 昨晩その, 時々彼女, 時にあらためて世, 普段より, 晶子と, 暗闇の, 曖昧な, 更めて, 最初ある, 月々経常費として, 朝から, 本を, 東京の, 校舎の, 棄鉢に, 椅子なる, 楽壇から, 機嫌の, 歌を, 歓喜の, 歯を, 殊の, 殿下の, 毎朝かならず, 気がかりである, 気の毒さうに三毛猫でも, 気分が, 氣の, 決然として, 泣きやんでから, 洋傘を, 流石に, 涙ぐみながら, 淋しく笑つた, 清しき, 漠然と自分自身, 火の, 炉端から, 無理心中を, 煩悶し, 片手で, 物哀れな, 特別よい, 狐の, 狼狽しなかつた, 王と共に, 現存し, 生み立の, 用意し, 男を, 留守だった, 疑いも, 病床を, 病気前の, 発端を, 白く笑った, 百舌や, 益, 直ちにこの, 相手に, 真に憐れむ, 真赧, 眼に, 矢張りどこか, 石卓へ, 礼も, 神戸なぞ田舎の, 福沢氏の, 私共に, 秋川からも, 穏かに, 突然こんな, 突然云い出した, 立ち上がって, 立って, 笑った, 筆耕取次所に, 篤く信任, 約束通り母を, 素晴らしい意気込み, 紫陽花色に, 結婚後月に, 絶望的に, 編棒を, 纔に, 美という, 翁の, 考えぶかく, 耳を, 肉饅頭を, 肩を, 脚で, 腰を, 自分たちにまで, 自分も, 自殺した, 自身も, 船の, 良家から, 芸術的な, 苦々しげ, 苦笑いしつ, 草花を, 華族でも, 葬式の, 蒼くなり, 薄笑いの, 蘭花の, 行衞を, 表面を, 裳裾を, 要らないと, 見ること, 見渡して, 覚えた, 言いこの, 言い足した, 訊ねた, 許しを, 話したり, 該ステユデイオに, 説明しなかった, 譲吉に, 貧しかった, 貴族の, 赤皮の, 起つて, 踵で, 軒端に, 軽く引き取っ, 返す返す再, 透かさず相手, 通読し終っ, 遂に故人, 遠く精霊界, 遽しく余, 酒の, 重々承知だ, 釣の, 鏡の, 長椅子の, 間の, 院の, 階段の, 隣の, 青ざめて, 面くらって, 音楽家だ, 頭痛が, 顎を, 飛びあがりました, 食器棚を, 館を, 驚いたの, 高く笑, 髪の毛に, 鳶口を, 鷹揚に, 黒眼鏡を

▼ 夫人~ (4207, 26.1%)

60 顔を 33 ために 28 手に 27 言葉を 26 前に 25 顔は 23 姿を 18 姿は, 手を 17 ところへ, 姿が, 方は, 顔が 16 美しさ, 顔に 15 ことを, ように, 方へ, 言葉に, 言葉は 14 口から, 心を, 方で, 方を 13 ような 12 前へ, 恋人, 死を, 車を 10 そばに, 名を, 声は, 家に, 態度は, 手で, 方に, 顔には 9 上に, 室に, 手から 8 ところに, ほうへ, 声が, 所へ, 美しい顔, 言葉が, 部屋の

7 [11件] ほうに, 前では, 家で, 心の, 態度が, 方が, 眼が, 眼には, 許へ, 話を, 部屋に

6 お槙, ところで, ほうは, 写真を, 前で, 家の, 心は, 部屋は, 部屋へ, 顔の

5 [12件] お生み申された, そばへ, 事を, 傍へ, 処へ, 名前を, 宮の, 家へ, 態度を, 様子を, 眼に, 耳に

4 [49件] こと, ことも, すがた, やうに, 冷蔵鞄, 口を, 名は, 場合は, 奔放な, 女二の, 妹の, 娘の, 室から, 居室に, 居間の, 居間へ, 弟の, 後から, 御車を, 愛を, 態度の, 扇, 手紙が, 手紙は, 手紙を, 承諾を, 方から, 最後の, 本心を, 機嫌を, 死に, 死骸を, 皮肉な, 眼は, 眼を, 美しい面影, 肩の, 膝に, 華奢な, 蜜の, 話に, 話は, 謎を, 身体は, 間に, 頸を, 顏を, 顔も, 顔色が

3 [79件] お手, お邸, ことが, ことで, ことは, ほうが, ほかに, もとへ, 事は, 作品には, 側に, 像を, 内院へ, 出て, 利己主義や, 努力が, 周囲を, 地位を, 声で, 声に, 声を, 大胆な, 夫の, 如きは, 姿に, 姿も, 実父の, 客間の, 家を, 寝室に, 寝室へ, 後を, 御機嫌, 御親切, 心には, 心中を, 心持を, 急所を, 意を, 所から, 所へも, 所謂, 手が, 手は, 手へ, 本当の, 案内で, 死の, 死体が, 死体を, 法華経又, 為めに, 無罪を, 現在の, 生命を, 病気の, 病気は, 目は, 目を, 美しい眉, 耳には, 胸に, 膝から, 表情は, 裡に, 見出されしもの, 言葉とが, 許に, 話の, 貴美子は, 身体を, 身辺を, 車の, 邸の, 閨に, 面は, 面を, 頭の, 高雅な

2 [321件] あ, あとを, いうと, うしろに従って, うしろへ, お世辞, お前に, お宅, お心, お行方, けだかい顔, ことばかりを, しなやかな, そばで, それに対する, それの, それを, ところへは, とりなしには, ほうも, ほうを, ほかは, もとに, やうな, ゆつ, わが伯母, わが軍服, デスクの, ピアノの, プルウストに, 一身に, 上唇や, 下宿へ, 不思議な, 両手を, 中には, 中の, 乳色の, 予期した, 云ふ, 亡霊が, 亡霊の, 今の, 今日の, 代りに, 以前の, 伝を, 伝説の, 住居へ, 住所を, 何処に, 作品の, 作品を, 侍女に, 偉さ, 健康を, 側へ, 側仕えに, 傍に, 傍近く, 兄たる, 兄弟である, 六条院へ, 冷たさ, 冷蔵鞄が, 冷蔵鞄の, 出身女學校である, 前には, 前身は, 力に, 危険から, 危険を, 反撃は, 口吻から, 右手が, 名が, 名前が, 名譽, 告白を, 周囲から, 唯一の, 問に, 問の, 圧迫から, 境遇に, 声にも, 大胆さに, 夫は, 好意に, 妖婦的な, 妹である, 姿とは, 姿には, 存在が, 実家で, 客間に, 室で, 家には, 家は, 容体は, 容子が, 容子や, 容貌は, 寝台の, 寝姿, 寝室の, 寝室まで, 寧波寝台を, 寫生家としての, 小説, 居間で, 居間を, 属するある, 履物らしい, 山荘は, 巧みな, 帰るの, 弟である, 張る網, 張る蜘蛛, 彼の, 御意を, 心が, 心持が, 必死的な, 念頭に, 思ひ出, 怪しきまでに, 恋愛は, 息は, 悲しみを通しての, 情熱の, 意味は, 意見で, 意見であった, 意見を, 意識は, 愛は, 感情は, 態度か, 態度から, 我儘な, 所有し, 所有であった, 所有に, 扉の, 手によって, 手もとで, 手料理は, 手紙の, 手腕を, 手許と, 手近に, 技巧の, 指に, 振舞を, 捨鉢な不貞腐, 掌上などに, 描かれる藪柑子, 支配人は, 教養と, 文章を, 斯うし, 方だ, 旦那様が, 暢達な, 最初の, 有名な, 本心から, 様子に, 此世ならぬ, 死, 死体は, 歿後は, 殊勝なる, 残して, 母方の, 気に入って, 気に入るよう, 気心を, 法華經又, 活動が, 浪子と, 浪子の, 温い薫る, 為に, 熱切, 父君が, 爾き, 片手を, 物語, 甘い快い呼吸, 生活は, 生活を, 男性に対する, 画像を, 留守中に, 病める眼, 病を, 病氣を, 白々しい態度, 白いしなやか, 盡力で, 目には, 相手を, 眉は, 真向からの, 真紅の, 真面目とも, 眼から, 眼の, 眼前に, 示した僅か, 神経の, 神経を, 秀れた, 秘密に, 移り易き, 突然な, 突然の, 立場であった, 筆蹟は, 答えは, 組織する, 繊細な, 美しい冷, 美しい声, 美しい媚, 美しい容貌, 美しい眸, 美しい眼, 美しい端麗, 美しい脅威, 美しい言葉, 美しい魅力, 美貌に, 考へでは, 考案に, 耳にも, 聡明さとは, 聲が, 聲は, 職業, 肖像に, 肩に, 背に, 背後に, 胸の, 胸を, 胸元を, 腕を, 腕椅子の, 腕環や, 臨終の, 自分に対する, 自殺の, 自殺を, 至上命令の, 良心に, 艶美な, 若々しさ, 華麗奔放放縦不羈の, 葬式の, 虚栄心が, 行衞, 表情を, 被物, 襟を, 言に, 言葉にも, 言葉の, 言葉も, 訃報を, 記憶に, 訪問を, 話が, 話蟹料理の, 語るところ, 語気は, 賜へる, 賞讃を, 質問を, 足音が, 跡に, 跡を, 跨下, 身に, 身の, 身の上に, 身体から, 身体が, 身体と, 身体全体から, 身辺に, 辛辣な, 近くに, 邸で, 邸宅の, 部屋から, 部屋で, 部屋靴の, 鋭い視線, 長身に, 険しい顔, 隣へ, 面に, 面前で, 面影が, 面影に, 面影の, 頼みを, 顏が, 顏の, 顔と, 顔や, 顔色は, 顔色を, 驚くべき共感性, 高慢な, 高貴な, 鮮な

1 [2222件 抜粋] あいさつが, あとでの, あらはれし, ある事, いうの, いかなる点, いったまこと, いままでの, いわゆる金庫, うわさの, おっしゃったよう, お伽を, お側を, お命令, お嬢さんが, お延評, お手際, お癪, お身, かたえ, からだの, きょうの, けなげな, ことさら返事, ことでした, ことなどは, ことらしかった, この壮挙, この手紙, この画, これも, ごとくあるいはまた, さがして, しゅうとである, すすめる青酸加里, するの, そういう表情, その本名, その願い, それに, ためと, つ, では, どこか, なくなった前後, のこしたの, は優しい, ふところに, ほうです, ほがらかな声, まだ話し飽かない, もの, ものに, やたらな, ゆるしを, ようで, われに, ウィンタア・スポウツに対する, クラーニイ荘を, ジャラクラした, スリッパの, ノスタルヂアは, パントウッフルの, ピアノ彈奏を, ベットと, モウケは, ロアル川上の, 一人, 一人娘エジツが, 一座が, 一行は, 一部によって, 三つの, 三十有餘年に, 下宿が, 不二子さん健次さん周介さん夏樹さん初瀬さん水脈さん妹の, 不幸な, 世話に, 両親の, 主張に関しては, 乞を, 了解を, 事が, 事務室らしく, 二人の, 云う通, 云訳に対してのみ, 亡霊, 人力車と, 仆れた, 仕事は, 代名詞に, 令兄日出雄少年の, 仲介により, 伊予子には, 伝記や, 位置に, 住居で, 住所姓名を, 体の, 作が, 作曲に, 使って, 供を, 便宜を, 個的経験が, 健気な, 催しに, 像が, 像の, 優しく打解けたる, 兄さんだ, 兄弟たちは, 先の, 入れたもの, 全存在, 六尺近き, 内ポケット, 内親王様も, 写真と, 冷やかな, 処に, 出ない會, 出血は, 分身としてねえ, 別莊, 前身へ, 剛情な, 力は, 助けで, 勝子六十何歳団扇を, 北の, 単独に, 危難, 厠の, 友だちには, 友禅模様の, 受けた印象, 口からも, 口誦むような静かな, 古い恋文, 可愛がり, 右手に, 同意などは, 名前だけを, 吐く溜息, 呟きには, 味方たる, 命令を, 咽喉元を, 唇を, 問題から, 善良さ罪の, 噂を, 国立第, 執拗, 場合に, 墓という, 墨の, 声だった, 声も, 変態性が, 外には, 多くできる, 夜会は, 夢を, 天使の, 夫たる, 夫君である, 失くし, 奇怪な, 女房たちを, 好くもの, 如きその, 如き殊勝, 妹くれ, 妹らしき, 姉たき子は, 姓が, 姿だ, 威厳を, 嫉妬に, 子で, 子を, 存在すら, 学問, 安否を, 実の, 実家が, 実弟洋吉と, 実験が, 客間へ, 宮が, 宮は, 家での, 家全体に, 容体などを, 容貌も, 寝室で, 寧子と, 小くし, 小言は, 居た場所, 居られるので, 居間だった, 居間なんか, 居間鏡台の, 屍体は, 山荘を, 左の, 希望どおりに, 帰京の, 帽子だ, 幼児も, 庇護なし, 座って, 庭の, 廚子, 弁護士から, 引下がる機会, 弟にあたる, 弱味を, 影像を, 役割です, 後に, 後進者です, 得意と, 御像, 御堂に, 御意聞よりも, 御母さん, 御車は, 心づかひし居給, 心像が, 心情人として, 心根を, 心痛などを, 心遣いが, 忌中を, 忠義立てから, 思い出が, 思惑どおりに, 性格その, 怪事件を, 怪死事件, 恢復で, 悄れた, 悲しむの, 悲劇相に, 惡趣味の, 意, 意見に, 愛に, 愛児について, 愛情は, 感じを, 態度, 慌だしい, 懇ろな, 懐中を, 戯画が, 所には, 所有なり, 扉ボーイの, 手と, 手一つで, 手元を, 手巾を, 手紙に, 手許へ, 才に, 扶養などは, 抜いた煙草, 拵えて, 指さす所, 指図だった, 指揮で, 挙動に, 捜索に, 推察の, 描いた自画像, 政所, 教育に, 数十年来の, 文代さんです, 料理女は, 断末魔に, 新訳は, 方へばかり, 日野富子の, 旦那様も, 昔には, 曇って, 書いた返事, 最大の, 服装と, 本意に, 来た事, 来訪を, 柳江を, 案で, 極彩色に, 様な, 横で, 横着は, 次男が, 歓待に, 歴然たるアリバイ, 死に顔と, 死んだ後, 死体に, 死状にも, 残忍さ, 母では, 毒死が, 気の, 気持ちを, 気配を, 求めに, 法事についても, 洗髪を, 消費生活には, 涙を, 添書, 溌剌と, 濃紫の, 点てた末茶, 無憂華, 無雑作, 熱した右手, 父です, 父君九条道孝公が, 片言微笑には, 特別研究室に, 特質は, 独唱か, 狼狽を, 現実の, 理解力の, 生んだの, 生んだ娘たち, 生存し, 生活様式は, 産みし二子, 甥の, 由喜子と, 由紀子までも, 画を, 異常嗜好の, 疑いを, 病体は, 病気も, 痛々しいばかりな, 発議である, 白い美しい笑顔, 白骨は, 皎玉の, 目にも, 目礼には, 看護は, 眸を, 眼と, 着物を, 瞼に, 祖父の, 私室で, 科学上の, 秘密を, 空想の, 立姿で, 立派な, 笑の, 第一秘書役, 筆跡が, 純愛と, 素姓を, 素行を, 経営に, 縫ぐるみ人形の, 罪の, 美しい後姿, 美しい顔色, 美は, 美装は, 美質などを, 考え方は, 耳もとに, 肉体であった, 肉体を, 肝煎り, 肩は, 胃の腑の, 胸です, 胸中も, 脚向かず, 脳裏に, 腕力, 腹であり, 膝が, 自伝を, 自尊心を, 自由を, 興味は, 良人に対する, 艶名が, 芳ばしからぬ, 若いとき, 若い頃, 苦悶は, 落ちのびた先, 著, 葬儀の, 蒼白顏には, 虚栄心云々が, 行き届いた注意, 行動を, 衣服に, 表情に, 裳の, 褐色の, 見舞いに, 親切と共に, 親里, 解放は, 言うの, 言ったよう, 言ふ, 言葉である, 言葉通りに, 計画に, 記念として, 訪問客と, 許を, 註解した, 証言を, 詞夫人の, 詩友として, 話しかた, 話で, 認定を, 語る所, 説明を, 談話に, 諫めも, 譲吉に対する, 貞烈と, 貴賓としての, 賜物を, 贈物と, 赤毛に, 足が, 身では, 身体に, 身許まで, 車は, 輪廓を, 返事は, 送って, 連れて, 遊び友達として, 過去への, 遠縁から, 遺愛の, 遺骸に, 邪魔を, 邸宅より, 部屋とを, 郷愁は, 醜行とか, 量見, 鈴を, 鑑定なり, 長女千鶴子というは, 門番の, 間借人たちが, 阿夜子, 陳述である, 隣室の, 雪を, 静かな, 非処女性, 面影を, 音であった, 頬桁を, 頭髮は, 額に, 顏も, 顔から, 顔だち, 顔立が, 食品の, 首枷に, 香水である, 駭き, 驚愕涙と, 髪の毛, 魅力が, 鳥子と, 黒髪を, 鼻が

▼ 夫人~ (1810, 11.2%)

10 言った 9 はいって, 云った, 彼の 8 出て 7 入って, 来て, 訪ねて 6 何を, 自分を 5 いった, 何か, 叫んだ, 彼女の, 私の, 自分の

4 [12件] そこに, 傍から, 口を, 子供を, 急に, 私に, 立って, 答えた, 良人の, 行する, 訊ねた, 顔を

3 [16件] あつた, いつもの, ここで, その時, そばへ, それに, それを, たずねた, 云つた, 呼んだ, 妊娠した, 時計の, 現れる, 自分で, 自分に, 言うと

2 [109件] あった, あとで, あります, あること, いう, いた, いつか私にも, いるか, かう云, きいた, ここに, この家, こんな露骨, そこへ, その手, その白魚, それから, それに対して, たが, ついて, やつと, わたしの, スクリーンで, ドアを, ノートの, ヴィール夫人の, 一人の, 不安な, 不意に, 不良少年少女の, 二階の, 云ふ, 何う, 何故に, 例の, 僕の, 入つて, 入浴したい, 全く気, 別れ際に, 十人に, 博士の, 友吉の, 召す白い細い, 同じよう, 坐って, 多くの, 女優たり, 妊娠し, 始めて, 娘の, 寝て, 帰って, 幾萬人あつ, 廊下の, 引き受けて, 彼に, 彼女を, 心臓麻痺で, 思案し, 悲鳴を, 戸を, 手に, 択り, 支配し, 文章をも, 新来の, 昨日の, 本当に時計, 来た, 来る, 横たわって, 櫓を, 此の, 死体と, 母らしい, 気が, 気に, 汽車に, 泣きながら, 深い感動, 演奏旅行を, 無理に, 玄関の, 現はれる, 現れた, 現われた, 生きて, 畳の, 盲目である, 眼の, 窓越しに, 結婚しない, 美容院を, 胸を, 腕椅子に, 自分自身の, 見て, 言って, 言つた, 訊いた, 訪れて, 誰かと, 貞操を, 遺言と, 長島に, 階下から, 隨筆集を, 黙って

1 [1388件 抜粋] あくまでも沈黙, あくまで隠そう, あたりを, あって, あのまま, あの姫君, あらゆる謀計, あら狐火, ある, ある人, ある時, あわただしく煙草入れ, いいかげんな, いうので, いかに深く, いたし, いっしょに, いって, いて, いらいらと, いる室, いろいろ話を, うらやましく思う, おそろいでどこ, おり立つと, お代さんで, お悔み, お産を, お金を, かすれ声, かつて弟子, かまわず続けた, かんかんに, きっと病院, きつぱりと云, きまりが, くり返し言っ, こういう外観的, こうも, ここへ, この事実談, この意外, この濡れ姿, この私, この間生んだ, これ迄, さきに, ささやいたの, しかもあの, しつこくすすめる, しばしば語る, すぐそれ, すでにそんな, すまして, そう叫ばれた, そこで何, そっとひじ, そのこと, その上, その原因, その夫, その後に, その時小声, その監視, その胸, その謎, その赤ちゃん, その音, そばで, それと, それ程用心深く, たしかに彼, たとこの, たまたまその, ちゃんと時刻, ちょっと道寄り, つと立っ, てっきりその, とてもその, どういう目的, どうし, どうして大河, どこから, どんなきっかけ, どんな努力, どんな顔, なぜモニカ, なにか話しはじめれ, なんらかの動機, にっこりし, のぞくと, はねかえす, ひたと遁構, ひよつくり応接室, ふかく腰, ほかの, ほの, ほんの瞬間, ますますせき込ん, また, またそろそろ始まるじ, また事務長, また前, まだ取られぬ, まだ桃割, まだ若, まだ表面, みずから制作した, もうトランプ, もう東, もし無我夢中, もと宝塚少女の, やったよう, やって来るだろうという, やっと捜し求め, やはり国府津駅, ようやく身体, よく斯ん, わたしたちを, ゐた, ゐるの, アムステルダムの, キミ子と, キャラコさんの, グヰンを, コレラでなくなっ, ショパンの, ステパンを, タオルで, ツルゲーネフに, トランクの, ニコニコし, ハズバンドの, ビフテキを, フォリオゾの, フンゼンとして, ボックスに, マリーの, ミニオオ銀行から, ヨロヨロと, ルッソオに, ロッテナム美人術の, 一九一四年二月エルサレムへ, 一人それに, 一体どの, 一度前後し, 一度思い定めた, 一番に, 一緒の, 三十七歳にも, 三千人もの, 上げるあさましい, 上手に, 下らない話, 不快に, 丘の, 両親の, 主として中国人, 久しぶりで, 乗り出して, 乗り込んで, 予定通り盗みだした, 事務長を, 二人と, 二度ほど, 二条の, 云い出した, 云った時, 云はれる, 五百の, 亡くなった, 亡くなられた時, 亡くなられてからは, 人に, 人殺しを, 今から, 今の, 今家に, 今後の, 今日乗っ, 介添で, 仏教の, 仕組んだ業, 付き添って, 以前そこの, 仰天した, 伜一郎氏の, 伸子の, 何と, 何度も, 何故夫, 何等かの, 作者の, 來た, 俥の, 倒れると, 側から, 傍で, 僕等に, 先に, 入院した, 八百屋に, 其処で, 再び旅行, 写譜し, 出産し, 出迎, 別々にじろ, 到着した, 前もって手はず, 加わったため, 十三に, 千草さんに, 半醒半眠, 博多の, 去つた後, 又し, 取乱した風, 受け取ったドイツ外務省, 古風な, 可愛い十歳, 右利である, 同時に居た, 名匠ルシアン・グレエヴの, 呆れたこと, 呼びかけた, 品の, 問わず語らずの, 嘗て尼寺, 国内戦の, 地下室の, 城外へ, 壇上の, 夏どこかの, 外で, 外出から, 外出先から, 夜の, 夜庵室に, 夢を, 大きなあくび, 大伴さまの, 大戦の, 大饗宴, 天才だ, 夫オースチンの, 失踪した, 女として, 女子大を, 好きだ, 妻として, 姉君に, 婦人の, 婦人雑誌に, 学校での, 宮たちの, 家出を, 寄りそって, 寝こんで, 寝室へ, 射殺され, 小声で, 小豆色の, 少し難物, 居る, 山野氏が, 巨人レフ・トルストイの, 市長の, 帰り着いたパリ, 帰国する, 平生自分で, 年上の, 幽居, 幾枚かの, 座ぶとんを, 座席に, 廊下で, 引き別けて, 引き返して, 引揚げ, 弱く叫び声, 当家を, 役人風の, 彼女にとっては, 待つて, 後宮に, 御勝手, 心の, 心配し, 忘れたやう, 思いも, 思ひ出したやう, 急逝された, 恋しいかな, 恐るお, 息子や, 悪意を, 情ある, 意に, 愛して, 感じよく, 感謝し, 我々を, 我を, 或は, 戦死した, 戸外の, 所謂文学的に, 手ずから扉, 手の, 手招きを, 手紙で, 手錠の, 払って, 承知の, 投宿し, 招かれた, 振り返って, 掴まえられたこと, 握り固めて, 摘んだばかりの, 放埓, 教母で, 料理自慢の, 断末魔に, 施した特別, 日夜劉皇叔を, 日本生まれだった, 早くも, 早稲田大学の, 昨年関西旅行中友だち二三人と, 時々代っ, 更に何, 書いたもの, 最も新しい, 最近霊公に, 有難くなっ, 望月三郎と, 木賀が, 本院へ, 来られたの, 来るであろうと, 東京へ, 栓を, 植ゑられた許り, 横たわった手術用, 檀那さんを, 歌うよう, 正教徒, 歸つて來た, 死んだという, 死んだので, 死んでも, 殖えは, 母君の, 毒を, 毛皮に, 気むずかしいふう, 水を, 決して話し, 河馬老人の, 泣かんばかりの, 泣く泣く秀英, 洩すところ, 浴槽に, 涙に, 混じって, 湯が, 満悦した, 潜景殿で, 無憂, 煖炉の, 熱心に, 牀に, 牛込余丁町の, 物悩まし, 特に愛し, 狐猿に, 独りで, 猫犬小鳥豆猿と, 玄関口までも, 現れて, 現われる, 生れつき持つ, 生命を, 用心深く懐剣, 男の, 男同士を, 病の, 病気で, 白茶色に, 皮膚病を, 目の, 直ちにケンギ, 相当の, 眉を, 真犯人であった, 眠つてゐる, 眼頭に, 着代え, 矢張り扁桃腺の, 短剣を, 硬い衣, 碌々に, 礼を, 祝福し, 私たちお, 私達を, 突然その, 突然狭心症, 窓ぎわに, 立ちあがって, 立ち去つて, 立つて, 立腹し, 笑うとき, 答へ, 紅毛碧眼の, 素直に, 結婚以来始め, 続いて, 総指揮, 編棒の, 美人中の, 老大納言, 聞いた, 肥った体, 背後から, 腰かけて, 自ら出迎へて, 自ら馬車へ, 自分たち二人の, 自宅の, 自筆で, 至に, 色目を, 芥川に, 若いうつくしい人, 苦悶し, 英語を, 茶菓を, 菅井和尚の, 萱野夫人と, 蒼白なる, 蘆花の, 虚偽の, 血色の, 行方不明で, 襖の, 襟を, 見えるよう, 見出し得たもの, 見送られた, 親戚に, 言いましけ, 言訳し, 診察する, 詰めきり次男, 話し出そうと, 誘いに, 語るすっぽん, 説明した, 読んで, 謝意を, 貴婦人である, 貸して, 赤とんぼを, 走り寄っ, 跡片附を, 身に, 軽く一同, 迎へに, 近年病気勝である, 通客であった, 遂に亡くな, 遊芸好きで, 過去について, 遣って, 遺産の, 郷里の, 酒場を, 鉄也と, 鋭い感覚, 鎌足の, 長唄の, 長身の, 関係し, 附近の, 離屋へ, 電話口へ, 静かに, 面会を, 頭を, 顔の, 風に, 食品屋へ, 駆落ち, 驚くべき第, 魅力を, 鵞鳥を

▼ 夫人~ (974, 6.0%)

16 向って 10 なって 7 して, 向つて 6 むかって 5 会って, 向かって, 言って 4 しても, よれば, 相違ない, 結婚を, 言った, 逢って

3 [22件] いった, お目, なるの, 云った, 仕えて, 似て, 何か, 侍し, 向い, 宛てた手紙, 尋ねた, 就いて, 彼は, 手を, 手紙を, 挨拶し, 接近し, 氣に, 紹介された, 近づいて, 送った手紙, 面会を

2 [58件] うつりました, お会い, かう云, その話, それを, たずねて, とつて, なるという, コック部屋を, 丁寧に, 二人の, 会いに, 会う, 会ふ, 促されて, 初めてお, 叩き返したいもの, 同情し, 声を, 対して, 小言を, 彼の, 彼女が, 急を, 憑依せる, 扮し, 挨拶に, 敬意を, 會ふ, 未練を, 比べて, 比べれば, 注意を, 渡した, 熱狂し, 相談し, 紹介され, 翻弄されかけ, 腕を, 自分の, 親しみ近づいて, 言葉を, 訊いた, 話しかけられて, 話したの, 話すと, 語って, 譲って, 踊りの, 迎えられて, 近づいた, 逢いたがって, 逢いに, 逢ひた, 酔うて, 面会する, 面會し, 頼まれて

1 [707件 抜粋] あいさつする, あえること, あたるの, あった, あったの, あって, あてた一通, あるもの, いいつけた, いって, いろいろな, いろいろ話かけ, いわした, いわれた通り, おくられたる書, おしゃべりが, おなりなされた, およばれだったので, お別れ, お屆, お引き合わせなさりたい, お授けください, お茶を, お訊ねします, お貸し, お酌, お願いが, お願いし, かしずかるべき処, きいて, ききただして, こたえたが, この不安, この最後, この温泉行, この画集中彼女自身, さう言, ささやいて, したところ, しみついて, しろまた, しろ彼, しろ烏啼, すぐ注進, すすめた, すべてが, すべての, すると, せよ南, せよ娘, そう云われた, そこを, そつと, その手紙, その校正出版, その考え, それぞれ辿っ, たずねても, たずねると, ちょっと, つかまって, つかまってたよう, つきまとう, つけて, つけまとう恐ろしい, つぶされて, つめて, である, では, とびかかって, とびかからない, とると, どう云われよう, どんな秘密, なったの, なっては, なつて, なにを, ならなければ, なられた方, なられた細川博子さん, なりおおせた, なりたいという, なりたがって, なり何, なるお, なるだらう, なるには, なる人, なろうという, なわと, はばかりながらこまやか, ばけて, ひつか, ふさわしい称号, ふさわしくありますまい, まかせそれ, また新しい, むかい通訳, めいわくを, めぐり会うまでに, もっとグン, もつと, ものも, やったとかいう, やって, よく似, よく似た, よそって, よそよそしかった, よりそって, わざわざ人, わたそうと, ギュウギュウやつつけられる, ケンギを, ツールーズへ, フランス語を, ボウトに, レモナーデ水を, 一任する, 一年間の, 一指をも, 一礼する, 一詩を, 丁度いい, 万事を, 下の, 不審の, 不快な, 与うべき慰問, 与える材料, 乱されること, 事情を, 二度と会う, 云いました, 云うわけ, 云つた, 今更あきれ, 今朝の, 仕えた者, 仕える女官, 仕ふること, 仕へて, 仕向けたよう, 仕立屋へ, 他は, 代って, 代表させ, 仰いだ事, 会いたいの, 会い一緒, 会うかえりの, 会うこと, 会うの, 会う確, 会えば, 会へば, 会わせたとき, 会わなかったなら最愛, 会釈したる, 伝えられたの, 伺つて見ませう, 似た姿, 似た揺, 似合わしく王, 似合わない下品, 何から, 何となくひかされる, 何らかの同情, 何気なくかう, 使われたこと, 依つて, 依頼された, 個人教授を, 倚り添い, 倣ふ, 傭はれた, 働きかけたこと, 先生が, 先生の, 内証に, 再会した, 出した手紙, 出来るだけ, 出産の, 初対面の, 別れを, 制御される, 加えること, 加勢し, 劣らせなかった, 助けられて, 勧めた, 化けて, 却って気軽, 厚意を, 厚顔な, 取っては, 取つて, 取りなして, 取ツ, 取入ろう, 叱られた, 叱られる, 叱言, 向い叮嚀, 向い土居画伯, 向かっての, 向けて, 向った一方, 向っても, 向ひ, 告げ, 告げた, 告げんと, 呼びかけた, 呼びかけられた, 呼び出されたの, 命ぜられたグローチゥス, 唆されると, 問い夫人, 問い訊, 噛りつい, 因って, 堕しド・ラファイエット夫人, 堕胎を, 売りつける機会, 売却し, 変者が, 多く傾く, 夢中に, 大村氏の, 失恋した, 失恋を, 好感を, 妹が, 姿を, 媚を, 子の, 子供を, 子種が, 定まって, 宛てたる書翰, 家という, 寄り添って, 対って, 尋ねて, 小屋ものの, 就ては, 尽くすこと, 届けたまえ人知れず, 届けた事, 届け玉, 嵯峨の, 左大臣家を, 帰って, 帰納され, 幾度も, 弾かせて, 弾かせようと, 彼が, 彼女は, 彼女を, 御交際, 御保管, 心中を, 心底を, 忠告し, 忠告を, 快濶, 思い出されたこと, 思ひ出されたこと, 怪我を, 恋してる, 恋を, 恨みを, 恩を, 悲しそう, 情死の, 惚れすぎて, 惚れて, 愛読し, 感謝した, 感謝する, 慶太郎という, 慶太郎も, 懸想し, 手渡しながら, 手術を, 打ち明けました, 扮装した, 投げかけた一瞥, 招聘され, 拝を, 持って, 指さされた座ぶとん, 挨拶を, 捧げた, 捧げたホルバイン, 捧げられるどんな, 授けられ夫人, 接する時, 接近し得る, 接近する, 掻きつくの, 搖り起され, 擬して, 支配され, 教へ, 文才を, 斯く勸め, 於ける如くアンゴ某, 施術する, 日本の, 明石の, 昨夜の, 書いて, 書かせましたっけね, 朝倉先生と, 期待する, 来て, 次いで口, 次ぎに, 正月, 正田美智子嬢こそ, 死別せし, 死別れた, 母としての, 毒薬を, 比べると, 気づかれて, 気にいるよう, 気に入るよう, 気の毒でも, 気を, 気取られる前, 求婚し, 泣きながら, 注いで, 注ぎつ, 注意しよう, 洋画を, 深く謝, 添って, 済まぬと, 渡したという, 渡したとの, 渡し今一個, 渡すと, 渡すよう, 源氏が, 溪流魚釣の, 照會し, 爽快な, 物好きで, 特に感謝, 猶太人虐殺, 現われたとは, 現われたもの, 生写し, 生死の, 由つて歌はれ, 男の, 異常な, 痰呵, 発作の, 目配せを, 直される運命, 直面し, 相対し, 相当する, 相談する, 相談遊ばせ, 相違なし, 眼を, 知らした, 短い晩年, 石井商店の, 示したくらい, 示しながら, 禮を, 私は, 稚子, 算哲の, 約束を, 納れた, 継子殺しの, 続いて, 縋ると, 繍鸞という, 纏わる動機, 耳打を, 聞えないやう, 聞くと, 聞こえぬところ, 肘を, 育て上げるため, 背を, 腹を, 臂を, 致命傷を, 芥川が, 芭蕉扇を, 葉子より, 行き遇って, 衣食の, 見えた, 見えたこと, 見せた, 見せたかつたの, 見せて, 見せました, 見せるの, 見つめられて, 見ゆること, 見られて, 見られる気づかいは, 見出されそして, 見覚えが, 見送られて, 親しく逢っ, 親しんで, 言いました, 言い寄りましたが, 言うの, 言ったの, 言ったので, 言ふと, 言われたの, 言われるまでは, 訊いて, 訊ねた, 託した, 記憶され, 訴えた, 訴えたの, 話しかけて, 話しすること, 話すの, 話を, 認められたので, 誘はれ私, 語った, 語つた一夜の, 語りはじめた, 説きつけられて, 読んで, 談判され, 請われて, 謝りに, 譲ること, 負けず劣らず流暢, 賜うた御歌, 質して, 贈られた, 贈りまた, 走りつ, 踊らされて, 軽微な, 迎えたが, 迎えられ強いて, 近づきはじめた, 近づき手, 近づく従つて夫人, 追い出される女, 送った脅迫状, 送つた手紙, 送られて, 逢いたいと, 逢いたかった, 逢いたくなった, 逢いたくなって, 逢い御, 逢ったん, 逢った夫人, 逢ひたく, 逢わして, 連れられて, 道子夫人が, 違いなかった, 酒を, 金を, 関係が, 附き添って, 附添っ, 階段の, 随ひ, 離れること, 面會する, 面會の, 預ける高品夫人, 頼まれた, 頼んで, 顰蹙し, 飛びかかりあや, 飛びつかれて, 飜弄され, 飲ませうまく, 騒がれるよう, 麻酔剤を

▼ 夫人~ (804, 5.0%)

9 見た 7 相手に 6 して, 伴って, 同伴し, 愛して 5 見て, 訪問し, 連れて 4 中心に, 亡くして, 呼んで, 殺したの, 脅迫し, 自分の, 訪ねて 3 もって, 先に, 崇拝し, 彼の, 慰めて, 見つめて, 見上げた, 訪ねるの, 迎へ

2 [51件] そのまま一人きり, つれて, どんなに尊敬, よほど好き, ガラスご, 乗せて, 促して, 信用すれ, 先頭に, 入れて, 初め一座の, 取巻いて, 古い道徳, 呼び出して, 夫の, 失って, 女性の, 妖婦の, 守護し, 家に, 巧く殺せたら, 弔す, 心から尊敬, 想像する, 憎んだ, 扶けて, 招待した, 持って, 指さして, 挟さんで, 探し出して, 探し求めるほど, 揶揄する, 母と, 深く愛し, 男の, 眺めて, 知って, 私の, 私は, 見たこと, 見つめた, 見ると, 見守った, 訪ねるべく家, 訪ねれば, 訪れて, 誘って, 車に, 迎えて, 頭の

1 [592件 抜粋] あしらう事, あとから, あの太陽, あまり好い, あわれと, いちばん尊敬し, いつくしみながら, いやがらせは, いろいろなだめなけれ, うながして, うれしくお, うれしく思召, おそった動機, おそるおそる見あげ, おびやかす日, お婆様, お待ちし, お得, お思わせ, お愛し, お秀, お託, お迎えに, お連れ, かえして, かえり見て, かかえ起しながら, かくしふたたび, かこむ婦人作家, かついでるヘラクレス神, ぐらぐらと, こきおろしついで, ここへ, こしらえるの, ことごとく赤い, この危急, これ以上の, さういふ假死, さがしに, さきに, ささえた, さし招いて, さそって, さも思い込ん, さも思ひ込ん, さらって, さらふ, しとうて, じっと見つめた, じろじろ見る, する事, そういう仮死, そっと高く, その室, そばにおいて, それほど神秘的, たずねますから, たづね, だき起そう, ちょいちょい尋ねるらしかった, つかまえて, つれたり, つれ出した人物, とったもの, どうしました, どう支配, どこまで, どれほど愛し, なお奔ら, ながめた, なきもの, なぐさめましたが, なぐさめる集り, なだめて, なだめるの, なだめるコツ, なだめ暮らした, のぞく人達, はじめお嬢さんも, はじめ四人の, はじめ日本の, はじめ近頃, ひきつづいて, ひっぱって, ひどく, ふりかえり, ふりむき愛情, ぼくに, まもり闘うに, みた, みつめる, みて, めぐる痴情, めとったので, もういちど蜀, ゆすって, ゴーリキイは, シリ目に, ハッタと, ピストルで, ブルターニュー海岸へ, マッカアセイ夫人方へ, 一人遠く, 一目見た, 一種の, 一馬先生に, 不束などと, 世話女房型と, 主役と, 乗せたるが, 乞食に, 二人の, 亡くした後, 亡くした東野, 亡くしてから, 亡くせられて, 亡ってからは, 人質として, 介添し, 他の, 他へ, 代表し, 会長と, 伯母さんと, 伴ひ, 伴れ, 伴れた, 何う, 使者として, 促す様, 信頼し, 停車場まで, 傍から, 傍に, 先年某, 先生から, 全面的に, 全魂全霊, 冷に, 冷笑した, 凝然と, 凝視した, 出し抜いたもの, 出て, 出来るだけ, 制した, 制しながら, 刺したに, 刺し殺し次いで, 刻々に, 助けたでは, 助け起し座敷, 励まし乍ら, 励ますよう, 動かして, 去られたか, 取り巻いて, 取り戻すは, 取り戻す心, 取卷いて, 取扱うこつを, 可憐に, 吊し上げて, 同志の, 名乗らして, 吸込んで, 呼びかけた, 呼びさまさせた声, 呼び勝手, 呼べ, 咎めだて, 善良の, 喪い数人, 困惑させ, 囲みて, 固い古ぼけた, 圧倒し, 坐らせその, 城内に, 堕胎させる, 墓場から, 壁ぎわに, 夕霧は, 夢見て, 失ったの, 失った悲しみ, 失ってから, 失心させる, 奪ったり, 奪って, 女中共に, 女俳優だ, 好まぬけれど, 始め一座, 始め係官一同困惑し切っ, 始め召使達の, 始め足弱, 娘さんと, 婦人客の, 安心させたらしかった, 安置し, 客に, 寝台へ, 寧ろ惹きつけた, 射損じたこと, 尊敬した, 尊重あそばす, 尊重し, 尋ぬれ, 尋ねた事, 己が, 巻いた金, 平にと, 幾度と, 庇うよう, 延き, 弁護し, 引き取って, 引ずりながら, 引っ張ったなり, 引張りあげるよう, 引立てて, 強くした, 当らずさわらず取り扱うこと, 彼女の, 後援した, 得て, 得てからは, 御存知ない, 御紹介, 志願する, 忘れる時, 思いだす, 思いまた, 思い出します, 思ひだした, 思ひ出した, 恋しがっ, 恋しがった, 恋しく思召, 恋するやう, 恐がって, 悩ました物怪, 惜しいと, 想像し, 愕かさぬ, 愛するから, 愛すること, 愛する心, 愛する深, 愛撫した, 感謝めいた, 慕えばこそ, 慰めるつもり, 慰める一手段, 慰め得れば, 慰め遺留, 慰藉する, 憂鬱に, 憎まないばかりか, 憎みながらも, 憚って, 憚る, 憶い出します, 懸垂し, 我等に, 戸の, 手に, 手放しは, 打つ蹴るは, 扶け, 抑留しよう, 抱きしめた, 抱き上げたいよう, 抱き上げる様, 抱擁する, 押し入れるよう, 押止めた, 招いて, 招待し, 拝した, 持たれて, 持ち双方, 持った老人達, 持つて, 持つという, 持薬に, 指さしながら, 指して, 指しながら, 挟んでの, 振り捨てて, 振り放し家, 振り返つた, 捕えて, 探しながら, 描いた時, 揶揄させた, 撃った弾丸, 擁して, 擁し男子, 操る手管, 擒人と, 救い出そうと, 救うこと, 救った騎士, 救つた騎士の, 教える家庭料理, 斃した, 斬る時, 新子の, 旨く取扱わなけれ, 早く捜しださ, 昼間御覧に, 書きツルゲネーフ, 最終に, 枕頭に, 案内し, 棒に, 椅子に, 横抱きに, 欺いて, 正視した, 死に導いた別荘, 殺しただけ, 殺したな, 殺したら醜, 殺したん, 殺した事, 殺して, 殺しました, 殺す方法, 殺そうと, 殺害しない, 殺害しなけれ, 母として, 母親に, 母親の, 毒殺し, 気づかわしくばかり, 汚さまく思えば, 江木井上両氏は, 法廷へ, 派して, 浚うなんて, 浮気者らしい, 渋い好み, 湯治に, 源氏が, 源氏は, 激怒させた, 煩わして, 犯人と, 犯人として, 犯人に, 狂人みたいに, 狙って, 玉鬘の, 田舎の, 疑うなら試み, 疑う事, 疑って, 病院へ, 百パアセントの, 相手取り愛猫喪失, 眞假の, 真実な, 眺めるうち, 眼で, 睨む真似, 知らうと, 知るやう, 知ろうと, 第二視力者, 箱根へ, 糺そうと, 納得させる, 紹介した, 線路まで, 罰して, 罵倒しぬい, 美人だ, 美和子は, 美酒に, 耐えがたく狂気, 聯想した, 聯想する, 脅迫した, 脅迫する, 自動車に, 自動車の, 若い男, 苦しめた, 見かねてか, 見かへ, 見た時, 見つめながら, 見ないため, 見ないわけ, 見に, 見よと, 見ること, 見るや, 見るよう, 見る栄, 見上げて, 見出した, 見出したの, 見失うまいと, 見廻し徐ろ, 見慣れて, 見知らない雇人, 見舞いに, 見舞いました, 見舞い留守, 見舞に, 見返つたの, 見返へると, 視ると, 視詰めて, 観る為め, 訪いて, 訪ねた, 訪ねたもの, 訪ねた事, 訪ねる, 訪ね必ず, 訪れた, 訪れたの, 訪問する, 訪問に, 診察し, 診察した, 誘い出して, 誘う事, 誘出し得た, 誘惑しかけ, 誘拐した, 誤解し, 説いた, 説き伏せた, 説伏に, 説得する, 読んだこと, 誰か, 警固し, 護って, 護衛し, 責めた, 責める訳, 貴んで, 賞めちぎつた, 起訴する, 車へ, 軽く手, 載せたり, 迎えける今日, 迎えたこと, 迎えてから, 迎えに, 迎へたあとを, 迎へてからは, 近所の, 返すならば, 追いかけて, 追って行った, 追っ払って, 追慕する, 追跡し, 追跡した, 送って, 造り上げて, 連れ出した男, 連れ出して, 連れ去った自動車, 連れ去らせた, 選んで, 選定され, 邪淫の, 邸の, 部屋から, 隠匿し, 集めて, 離別し, 離別する, 離婚せられずん, 離縁した, 鞠問した, 頓死させた, 顧みた, 顧みて, 顧みながら, 風精の, 馬車まで, 驚かした, 驚かして, 驚かし奉るなよ, 驚かせまいと, 默らせ, 鼻にかけて

▼ 夫人~ (783, 4.9%)

31 一緒に 11 なって 10 顔を 9 いっしょに 8 二人で 6 その娘, 千束守の, 私は 5 並んで, 娘とは 4 なつた, 次郎とは, 私の, 自分との 3 なった, 一しょに, 三人で, 会って, 別れて, 罪を, 話して

2 [62件] いえば, いつて, さし向い, した, その妹, その長男, なったが, なったこと, なっても, なるの, なれり, もう一人, アーサと, アーサを, オリヴィエとは, 一しよ, 乳母と, 二人きりで, 二人の, 云って, 交すべき会話, 交り, 今宵一夜を, 会つて話し, 信一郎とを, 同じやう, 同じよう, 同乗し, 同乗した, 土地の, 太刀打が, 女中が, 娘の, 子供の, 対角線的に, 少年とを, 彼とを, 彼女の, 懇意に, 擦れ, 日出雄少年と, 日出雄少年とを, 来ては, 残って, 潮との, 目を, 秀子との, 私とが, 私とは, 秋蘭は, 約束した次ぎ, 結婚し, 結婚した, 繭子は, 美しい客間, 肩を, 衝突し, 言って, 語り明し, 語る霊界, 通じたこと, 青年との

1 [525件 抜粋] いい巴里, いうと, いうべきかなどは, いぎたなく口争い, いっしょにおながめになることで昔, いっても, いつかきっと, いへば, いわれるほどの, おわす縁側, お兄様, お前と, お呼びなされ, お嬢さんたち三人だけ, お宅, お延, かわされた, こちらは, ことし六歳に, この三人, これら二人の, これ以上対坐する, さし向かい, そうし, そっくりで, そのお, その二人, その住宅, その友人千束守, その同伴者, その娘カミイユ・レスパネエ嬢, その子息, その年上, その息子, その愛兒, その母, その父須和康人, その病身, その綺麗, その閣下, それが, それを, たいした差別, たった二人, だった, だつた, ちょっと逢った, であった, ときどき慎, とった写真, なったかという, なったので, なったわけ, なったロジャース, なった人, なった女, なった女性, なった福岡易, なった道子, なってからは, なってからも, なつて, なにか話し, ならせたま, ならせ給はん, ならぬの, ならば, なりアメリカ, なり上がった, なり公, なり次女, なるか, なるまでは, なる輝かしい, なれ合いの, まだ反感, みや子とが, もう今, もっと親しく, やくそくした, よく話, よばれた日向きん子女史, わかっただけ, わかれたの, わたしと, アメリカの, アレクサンドロフに, アーサとに, アーサに, ウォスタア卿を, キモノを, クッつき合っ, グアスコの, グレーテとは, シャトーヴィユー伯爵夫人とは, シングとは, ソーニャその後に, テレーギンが, トルストイの, ハート大将夫人が, バロン二人きりに, バーグレーヴ夫人との, バーグレーヴ夫人とは, パリとの, ピエールさんが, ピヤノ, フィロメールとの, フリイデリイケとの, フローベルとの, ブナの, ラムスゲートの, ランクを, レヴェズ氏が, ロリン・エフ・ディーランド氏とから, ローザとが, ローザとは, 一人の, 一児の, 一処に, 一回踊り終る, 一所に, 一番親しく, 一雄夫人が, 万事下町ご, 三ヶ月ほど, 三上夫人とが, 三人の, 三人を, 三人家族に, 三人相対し, 三尺程, 不安な, 世間が, 並らべ, 中学上級の, 中學の, 主治医の, 久木未亡人それに, 久木未亡人は, 亀姫の, 争って, 争論を, 二か月くらした, 二つの, 二つ名の, 二人ぎりに, 二人ぐらしの, 二人だけで, 二人言い合せたるごとく, 二条の, 云い管長, 云うは, 云うもの, 云う人, 云う女, 云う気位, 云う詞, 云つた風である, 云つてゐます, 云はれ, 云ふ, 云ふお, 云へば, 云われたい慾, 云われて, 交合の, 交遊も, 人に, 他に, 令妹とが, 令嬢たちアグネスさんイヴォンヌさんペンクラブの, 令嬢で, 令嬢とが, 令嬢達に, 令息とが, 仰有らないで, 伊勢の, 伊国の, 伊那日, 会ってからの, 会つてからの, 会見を, 会談し, 会食した, 何か, 何と対蹠的, 例の, 俊亮とが, 俺との, 側室の, 偽名する, 僕とは, 僕とを, 先生とに, 入れ代り, 全く反対, 全く同じ, 八人の, 共に居りました, 兵隊慰問演奏, 其愛兒だ, 其愛兒との, 其愛兒日出雄少年とに, 再会され, 初めて正月, 初枝嬢との, 別れると, 別居し, 劉夫人とは, 助手の, 十三四歳の, 十余年後わかった, 千束守が, 千鶴子と, 博士との, 博士コハクとは, 友吉は, 口論なさった, 可憐の, 吉兵衛氏とは, 同じく亡き, 同じく星, 同じに, 同じレモナーデ, 同じ朦朧状態, 同じ檸檬水, 同じ気, 同じ組方, 同じ道, 同じ食卓, 同住, 同地の, 同好の, 同年輩ぐらいの, 同程度, 同胞では, 同腹の, 名を, 名乗り引き続き, 名乗る例, 名付けて, 向い合い自分, 向い合せだった, 向い合った位置, 向い合って, 向きあって, 呼ばれて, 呼びならわされて, 呼んで, 和子たちとの, 和解なすった, 哲学者の, 喧嘩し, 喧嘩した, 喧嘩別れを, 囁きあって, 囃されて, 四歳の, 増野青年との, 壮い, 外務次官令嬢, 外国で, 大事の, 大勢の, 大西の, 夫人の, 夫人同士の, 女中と, 女中の, 女中も, 女客との, 女客ばかりを, 女御を, 女王とは, 好い一対, 妻が, 妾を, 姉の, 姑の, 姪とに, 姪微笑の, 娘が, 娘さんを, 娘と, 娘とが, 娘との, 娘とを, 婆やとが, 婚礼の, 婦人雑誌で, 子どもの, 子供たちとの, 子供達が, 家柄の, 富子は, 対向いで, 対座した, 対等で, 対面せざる, 小川先生とが, 小林君の, 小林少年が, 小田切大使の, 小田刑事との, 小間使いに, 小間使とは, 小間使は, 小間使を, 少年と, 少年とで, 少年をば, 差向いで, 差向いに, 差向いの, 常子嬢同伴で, 幼い女, 幼児たちの, 庶民との, 廉平が, 弥子瑕とに, 弦月丸の, 彼とは, 彼の, 彼女とは, 彼女に, 従兄を, 従妹の, 御一緒, 心は, 思う様子, 思って, 恋愛関係に, 恋愛関係を, 息子の, 情死された, 意見の, 愛人とを, 愛兒の, 戦って, 戦つて見よう, 手を, 手合せ負け, 打ち合せた幹事, 打ち連れて, 挨拶を, 握手する, 握手を, 故人とは, 数時間むかい合っ, 新たに, 日出雄少年とは, 明智の, 易介に, 智慧の, 書いて, 書生の, 會ふ, 杖を, 来て, 林様が, 柿丘と, 格闘し, 森川夫人, 森川夫人と, 森川森之, 極っ, 樫尾運転手は, 次郎とが, 次郎とに, 次郎とを, 次郎は, 此席に, 歩いて, 歩きながら, 死別した, 殆ど同一, 母と, 母までを, 毎日新聞の, 氏名詐称の, 水道, 決めて, 法律上の, 津田の, 流行の, 浦原嬢とに, 清見官舎を, 渾名し, 源氏との, 源氏は, 激しい恋, 田島とに, 田島に, 申します, 男に, 病弱な, 皎玉の, 盃を, 目に, 直ぐ分りました, 相並ん, 相対し, 相挈, 相携, 相談し, 相談した, 相談し始めた, 看護婦とが, 看護婦とに, 知ってから, 秀子とが, 私と, 私との, 秋蘭が, 称する, 称する階級, 税関吏とが, 税関吏を, 種々打ち合せた, 立花秀子を, 等しきイゴイズム, 糜竺を, 約束を, 素子との, 素晴らしい高級車, 紫の, 結ばれたの, 結婚された, 結婚の, 結婚式を, 給仕に, 美和子に, 老幼の, 老母の, 耳の, 聞くと, 自分と, 自殺した, 自殺者ロスコー氏の, 良人との, 色男の, 花を, 英司君の, 英國人の, 葉子と, 葉子との, 葛卷の, 衆人環視の, 見合った目, 見誤まり, 視線が, 解って, 言い学校, 言うの, 言うは, 言うべきかな, 言えば, 言った, 言ったよう, 言つても, 言われて, 言われるもの, 話したくなって, 話しながら, 話し続けて, 話すの, 話を, 語りながら, 語り合って, 談笑した, 諍いを, 越智氏と, 辞礼を, 近附き, 途中で, 連れ立つて, 運転手が, 運転手は, 道江床の間に, 違って, 遺子とが, 鄙びて, 酔っぱらいの, 醜行が, 醜行を, 野村氏の, 金髮の, 關係した, 隠れん坊を, 隣合せに, 離れて, 面会された, 頻に, 食堂を, 馬車で, 馬車に, 黒塚を, 黒塚洋吉の, 鼎坐し, 23氏

▼ 夫人~ (443, 2.7%)

5 次郎も 4 さすがに 3 笑いながら, 良人の

2 [26件] これは, それを, またそれ, また絹子, やはりそれ, 一緒に, 二人ながら, 今の, 同様に, 嬢様も, 少紳士, 当然再婚, 彼の, 必死に, 昔の, 最初の, 機嫌よく, 此の, 直ぐ賛成, 華やかに, 言って, 言葉を, 遉に, 非常に, 黙々として, 黙って

1 [376件] あなや, あの渡り鳥, あまり訪わなかった, ありましたわねえ, ある, あるからと, ある六条院, いた, いっしょに, いつのまにかピストル, いと晴々, いなかった, います, いるの, うつろな, おいで, お亡くなり, お子様たちも, お子様も, かならずその, かほどまでに, きっと青年, きつと, こちらへ, こどもの, このついで, このでたらめ騒ぎ, この一昼夜, この世から, この出来事, この家, この幾月間物思い, この意外, この縁談, こらえきれなくなって, これくらいの, これほどまでの, こんな悪い, こんな時間, さみしかろ, しばしば列席, すぐれて, すすり泣き関羽, そうです, そのうち, そのこと, そのなか, その一人, その作品, その円い, その心配, その時, その時刻, その点, その祝宴, その良人孟, その話, その隣, それから甥, それが, それぐらいの, それ以上争う, たちまちイタリヤ, ちゃんとマスク, ちょいと, ちょっと中腰, つい口早, つい誘われ, つられて, とっくに帰京, ともに杯, とんだ置土産, なかなかあん, なかなか活動家, なかなか要点, なだめかねて, はいって, ふためと, ほどなくこの世, まじって, またこの, またその, またたった, またやって来た, またオペラ座, また世間, また同じ, また変り者, また外す, また将来, また歸つたあと, また渦中, また言っ, また説明, また近所, まだ若かっ, むろん笑った, もうこのごろ, もう最後, もとの, やって, やはりふとった, やはり牢屋, やはり砒食人, やはり笑っ, やむを得ず挨拶, わが性癖, わたしの, わたしを, アーサも, カフェーの, グラスミヤや, サミュエルスン嬢も, ジョルジュ・サンドも, ジョルジ・サンドも, スラリと, ダンブレー氏も, ベットオさんも, マリヤも, メリーの, メルタエリーザベットマリーヤエーディトら大勢の, リンドといふ, ルウスも, レヴェズ氏も, 一切自分には, 一囘体験され, 一寸これ, 一時は, 一緒だった, 一言あっ, 万事神秘好みの, 三等の, 上機嫌で, 並んで, 主人も, 久し振りで, 久木未亡人も, 乗気, 二三日姫君に, 二人とも, 二十七八縮れ, 二針三針運んだ, 交つて賑やかに, 亦加わった, 亦同じ, 亦同じく, 亦學問, 亦月並, 亦有名, 今は, 今はと, 今度は, 今更に, 伯母も, 佐々博士の, 何かの, 余ほど, 余り途方, 例外では, 侍女たちも, 信州の, 健啖だった, 傍に, 僕等も, 全べて, 六条の, 六条院へ, 共々袖, 共に六条院, 共に行かれた, 其所へ, 出て, 別な, 別に之, 別に苦心, 加わって, 博士に, 却, 厳格な, 又, 口惜いが不可い, 口頭に, 合槌を, 同じやう, 同じよう, 同じ心, 同じ所, 同じ気持, 同座し, 同感の, 名古屋の, 呉姫も, 呉氏を, 和子も, 和田垣博士の, 品位の, 唇の, 回廊へ, 多分そうだった, 夢にも考え, 大ように, 夫が, 夫の, 夫人の, 失神せん, 女房たちも, 女房も, 姫君に, 娘が, 娘たち三人も, 娘も, 嫌ひであつ, 子たちも, 子供の, 子供も, 子供達も, 子爵も, 学窓の, 宇治川の, 安里も, 実によくとれ, 察するやう, 少しも, 少しテレ, 少し慣れ, 少し驚いた, 引續い, 御主人, 御孫宮がた, 御買物, 微かに, 微笑し, 微笑した, 微笑を, 微笑んだ, 心を, 思いがけないこと, 思い余ったという, 思わずぞっと, 思わず立ち上がっ, 思わず良人, 急に, 恐がって, 悲しみに, 憂いて, 成るほど, 我れ, 手伝った, 才気煥発恐ろしい, 承諾した, 持前の, 捕縛し, 敵の, 新子が, 日本旅行を, 旦那様も, 明石夫人も, 時たま姿, 時ならぬ, 普通の, 最初から, 最後に, 最後には, 木山と, 東京に, 柳橋で, 案外辛辣, 横浜の, 次第に気まず, 歌う芸者, 死に, 死にイエーツ, 死に子供, 死んだ, 母衣に, 気味を, 決して幸福, 沼間夫人だ, 法会には, 泣きすがって, 浮腰に, 涙ながらに, 涙の, 深く気, 灯を, 炊事を, 無愛想で, 煙草に, 熱心に, 特に来つ, 犠牲に, 生きがいなく, 甥の, 留守で, 留守土産置い, 畫を, 疲れはてた, 病人の, 百姓も, 皆それぞれの, 益々婦人労働問題, 目を, 相当云, 相槌を, 看護婦も, 看護婦上りな, 睦まじくなられた, 石川五右衛門も, 確かに, 秀子も, 私にとっては, 私も, 私達の, 秋蘭も, 窮屈そうに, 立ち上った, 童女の, 笑いかけたが, 笑いだした, 笑い声を, 笑って, 糜夫人も, 結婚の, 続くと, 美しい眉, 美人ですから, 老人に, 老母も, 老美人, 胸を, 自ら連隊長夫人と, 自分が, 自分に, 自分の, 良人に, 花の, 若きおり, 苦労は, 落着きを, 行って, 衛門督の, 要するに彼, 見舞に, 見送りに, 言いかねて, 言った, 言つた, 言なく, 記者だ, 話しながら, 認めて, 誦経の, 読んで, 負けずに, 負けては, 買いもとめたと, 身に, 軽く目礼, 遊女おいらんの, 郡警察署長も, 鉾田町の, 間もなく和服, 間もなく私, 降りて, 随分お, 雄一を, 青酸瓦斯を, 頷きて, 頻りに辭退, 顔を, 顔打ちひそめつ, 馬関の, 驚いて, 驚いてたろう, 麗筆を, 鼠色の

▼ 夫人から~ (182, 1.1%)

5 聞いて 3 手紙が, 電話が

2 [13件] そんなにまで, 体よく, 何を, 受けた幻滅, 受けた此, 帝劇の, 弄ばれた恨, 弄ばれて, 引き止められて, 蜜の, 視線を, 贈られた慈善音楽会, 遠ざかる必要

1 [145件] ある女学生, いただいた手箱, お召し物が, お手製, かういふ手紙, かばって, ききだす一手, この十七日午後三時, こんな勧め, さらにくわしい, ずんずん放し, その一人息子, その集, それら通俗大学の, たとえ三日, ぢかに, つんと澄し, ならどうか, なりたった, なんでも, はかばかしい返辞, はじめてその, もらった採用通知, もらって, よいこと, わたくしに, キャラメル御馳走に, スッカリ先手を, スツカリ先手を, ダンスを, ドイツの, ビュルストナー嬢について, ブールノン・マラルム夫人へ, レモナーデを, 一挙一動を, 一晩の, 予の, 云って, 今日の, 以前静脈注射で, 伯爵に, 伺いました, 伺つた, 何か, 何らかの手懸り, 何事を, 余り正直, 使いに, 使が, 依頼され, 依頼を, 借りて, 其の役, 再度申し込ん, 凶変を, 出された, 出たの, 刺繍, 北沢が, 十円ずつ, 参りましたがと, 受くる, 受けた好意, 受けた恩誼, 受けた高, 受けと, 受け取ったらしく自分, 受取る機会, 叱られて, 命ぜられた臨時特別列車, 声を, 天降り案が, 奪ったもの, 妾宅の, 威嚇され, 嬢様の, 定価以上の, 対坐で, 届いたので, 御伝言, 悲報を, 想像する, 愛顧されてる, 手紙を, 招かれた, 教へ, 教へて, 数歩の, 明らさまに, 易介までの, 昨夜この, 来た, 来た心理遺伝, 来た手紙, 次々に, 欺かれたか, 残された二千ルーブル, 注意された, 注意を, 津田へと, 渡された手紙, 渡されると, 煽って, 犯人捜索を, 生まれたの, 生まれた二人, 生まれた令嬢, 生まれた唯一, 生まれて, 産室への, 盗みを, 秘密の, 絡みつかれて, 置きざりに, 聞いたと, 聞いた事情, 聞かされたので, 脱れたい, 臼杵病院へ, 若菜の, 葉子が, 葉子に, 見張られて, 言ひつかつて, 言わせて, 言伝かって, 診察に, 話し伝えて, 譲られて, 貰つた板チョコを, 身も, 迎えが, 返事が, 返事でした, 遮って, 郵送され, 鄭重な, 重大な, 金銭の, 離れない, 電報が, 電報を, 電話で, 預ったまま, 領した

▼ 夫人~ (101, 0.6%)

7 令嬢が 2 アーサと, 令嬢と, 令嬢の, 子供たちに, 子供たちの

1 [84件] あの真暗, お子たち, この証人, そのほう, そのほか, その乳, その夫, その子供たち, その子女たち, よその, アダムスの, アブランテス公夫人との, アーサに, カストリィ公夫人の, コルヴィッツは, シュヴルーズ公爵夫人などの, ハンスカ夫人の, フェロオディイの, ベットオさんが, ベットオさんの, ホテルの, ミンナの, 一族の, 一族を, 一清の, 中島湘烟夫人は, 中野に, 事務長や, 令嬢たちが, 令嬢に, 令嬢は, 令嬢や, 令嬢を, 令嬢風の, 令孃の, 侍女は, 侍女や, 僕の, 兄弟たちも, 千束守の, 召使いたちは, 吉屋信子さんや, 園子が, 大臣も, 女中も, 女中やに, 女中共が, 妾たちも, 姪まで, 姪や, 姫や, 姫君と共に, 娘たち, 娘たちである, 娘たちに, 娘たちは, 娘の, 娘を, 子供に, 子達や, 幹事の, 当主公爵夫妻その他の, 息子には, 愛人が, 明石夫人なども, 易介の, 易介よりも, 未亡人が, 未亡人に, 栗谷川浩平を, 槙三などの, 次郎, 母などが, 母堂や, 犬を, 秘書の, 老い朽ちた, 老少の, 老幼の, 腰元どもと, 若い女房, 轟大尉や, 金廻りの, 頭中将が

▼ 夫人との~ (94, 0.6%)

15 間に 6 間には 3 間の, 関係は 2 二度目の, 仲を, 接触に, 生活を, 関係が

1 [57件] あいだに, この独特, そうしたいきさつ, ただ一度の, 一行が, 三人だけに, 三人は, 三角関係に, 二人で, 交渉の, 交通は, 会合の, 会話の, 優しさ, 出来事が, 初対面であった, 前に, 同盟ビクトワールの, 名が, 夫婦生活の, 寝台の, 対話であっ, 対面の, 微妙な, 心の, 志に, 思想的立場が, 恋にも, 恋愛と, 恋愛を, 恋愛関係も, 息子一人と, 應對いかが, 教の, 様々な, 生活で, 生活は, 秘密な, 約束を, 結合にも, 結婚そう, 結婚は, 軋轢が, 連絡なし, 醜事件, 間にも, 間は, 間柄が, 間柄に, 関係, 関係だけは, 関係つていふ, 関係などは, 関係を, 離縁今の, 顔が, 顔を

▼ 夫人には~ (88, 0.5%)

2 それが, 二人の, 扁理を

1 [82件] あるよう, いろいろの, うなずかれるところ, お目, お髪, かつての, こうした生きがい, この上, この匂う, さつぱり, そのさま, その息子, それも, それ以来絶えず, たしかに妙, ただそれだけ, たとい夫, ついに一言, とても分らないだらう, どうしても思い出されないらしい, どうしても思ひ出されないらしい, どこかに, なんの, ひそかに, まだ一度, まだ明石, まだ面會, もう三十日あまり, パリーに, 一匹の, 一目置い, 丁寧に, 不利な, 久しく会わない, 了解めたらしい, 今では, 今の, 似合わぬ腕節, 何の, 余裕が, 内密に, 出来ないという, 別れの, 博士との, 夥しい財力, 夫に, 夫人の, 妙に, 子供が, 彼の, 彼女の, 後日の, 心苦しくて, 惜しい, 想像される, 打ち解けたところ, 明さ, 明石の, 昔から, 殆ん, 気の毒だった, 答へ, 素姓の, 聞えない寺, 胃腸の, 致命的な, 興味を, 良人が, 若き御, 親譲りの, 誠にお, 貴夫人, 貸すこと, 軽度の, 輦車も, 連れ子が, 阿斗, 雲井の, 面会が, 頭が, 髪の毛の, 鼻で

▼ 夫人たち~ (79, 0.5%)

3 の所 2 がひどく, である, に昨日, の前, はその, は驚い

1 [64件] からはいろいろ, からはそれぞれ, から仏前, から出され, があらまし, がいる, がひと間, が下, が今日, が女, が幾百人, が心配, が率先, が珊瑚, が生活, が舞っ, が闖入, だけが残っ, だとも, である小金井喜美子, というもの, といっしょ, といふもの, と源氏, と行, なの, なので, にあっち, に伍, に使われ, に対してはだれ, のうち, のため, のほう, の住居, の感歎, の所論, の訪問, の間, の集まる, の雰囲気, の顔, はふるえ, はヴォローヂャ, は冬, は恥ずかしく, は極楽世界, は自分, への遠慮, へ年始, も冷たく遠, も多い, も教え, や娘, よりも未来, をお, をそば, を何, を側, を奉じ, を恋, を訪問, 届かぬまで, 若い母たち

▼ 夫人~ (74, 0.5%)

11 あつた 2 また絹子, よくこそ, 当時桜楓会の

1 [57件] あつて, あらうと, ありうるわけ, あり得る, いらっしゃいましょう, いらっしゃいますか, いらっしゃつたのですねえ, おそるべき右門, これだけは, これには, これは, さ, さあ, さへ, しかも新婚匆々時代, しかも最愛, すべての, その名, でも, とかくの, まだ若く, もう一人, ものの, やかましくお, 主人が, 二人で, 今年二十四に, 依然として若く美しく, 其の死んだ, 内外の, 前から, 前晩, 土曜会という, 声楽家である, 大きな蘭, 大阪の, 夫の, 夫人が, 女王が, 始め良人に従い, 尚泰久王, 巌本嘉志子という, 左近倉平に, 御殿の, 故人と, 有ったじゃ, 此の, 此女は, 男は, 相手の, 相手は, 私は, 私達二人が, 虎ちゃんが, 通して, 長年胃病に, 類稀れな

▼ 夫人に対する~ (59, 0.4%)

2 [15件] お前の, 伯爵の, 信一郎の, 反感と, 報酬は, 幻滅で, 愛を, 態度を, 憎悪は, 憤ろしい心持, 激しい反抗, 激しい憎悪, 義理と, 讃美と, 酔から

1 [29件] あの恐し, メラーズ, 一種の, 不快を, 余の, 同情に, 嫌悪の, 嫌疑は, 尊敬の, 彼の, 恋この, 意地からでも, 意地と, 愛慕を, 感情の, 感情は, 感謝の, 抗議では, 敵対感情も, 最後の, 気兼さえ, 気兼で, 気構えは, 特別な, 礼を以て, 義務の, 自分の, 返答として, 邪恋を

▼ 夫人~ (58, 0.4%)

3 手紙を

1 [55件] あったの, あてがって, あてた手紙, お勧め, お言い, お話しかけ, お話しに, お贈り, かいた手紙, きいて, こう諭した, そう言っ, それを, とどけて, むかい, やった恋愛, よろしく, わびを, 一枚それで, 丁寧に, 乞うた訳, 事情を, 云いました, 出かけの, 出す手紙, 前の, 反撃を, 取り次がせた, 取り留めも, 同情の, 向けて, 堕しそして, 失礼にも, 姫君を, 小生の, 料理の, 書くの, 梅田子爵夫人である, 盃を, 眼を, 私の, 茶を, 茶器令嬢へ, 言うの, 言う者, 言って, 語って, 質問した, 贈られた財産, 路用の, 送り返したと, 送る手紙, 預ける決心, 頭を, 頼んだ

▼ 夫人という~ (55, 0.3%)

7 のは 5 のが 2 ような, 人は, 女は

1 [37件] ことです, のです, のを, ひとは, 三十五歳に, 三十五歳の, 二十一に, 人が, 名で, 名に, 名前が, 土台で, 女方術師を, 官女が, 性に関する, 性質の, 方, 方は, 有閑マダムの, 気持は, 痴れものと, 緊張した, 老婆が, 老婦人, 聡明な, 肌合の, 肩書きよりも, 肩書ばかり, 自身の, 若い美しい女性, 英吉利名で, 華やかな, 西洋人の, 言葉に, 言葉も, 身分に対して, 順番です

▼ 夫人とは~ (50, 0.3%)

1 [50件] いえ主君, お手紙, かなり打ちとけた, この杉野氏, ごく小, さう, すっかり親しく, ぜひお, そう大した, そう昵懇, なお枕頭, なお足りない, やさしい笑顔, わが好き妻, 一面識も, 丸切, 丸切違, 事件が, 云わず別, 今日の, 全く別人, 全く対蹠的, 全く縁, 別の, 古い知り合い, 名のみ, 女學校時代からの, 子供の, 対座した, 幼な, 彼の, 御競争, 思い合った間柄, 房枝の, 支那の, 是非を, 海岸の, 無愛想に, 生前には, 目配せを, 知り合いだ, 親しくし, 言葉を, 許されなかったのに, 誰に, 近頃暫く遠のい, 違って, 銀婚式を, 非常に, 顔も

▼ 夫人である~ (49, 0.3%)

8 ことを 6 ことに 3 ことが 2 か何, ことは

1 [28件] からだ, から良人, か令嬢, が或, くせに, けれど内気, すま子さんに, だけに表面, ということ, という上流階級, とは云, とは云え, とは知らな, と分かりました, と想像, と紹介, のか, のが, のにこの, のを, もとの, やうにも, ようにも, クールタン夫人と, 上に, 女優マドレエヌが, 明石の, 關係上特に

▼ 夫人にも~ (49, 0.3%)

2 何の, 逢つた

1 [45件] あのジェイムズ・ミリガン, あり勝ち, あるが, おさおさ劣らぬ, そうした事, そのこと, その事, その趣き, それから好き, たと, もう実際の, よく判る, ゾッコン参りすぎ, ロス氏は, 一応は, 一揖し, 一本勧め, 二つの, 二三度逢った, 二言三言云つた後その, 云いふくめ召使いたち, 伝達せられ, 劣る事, 取立てられる有力, 告げなかったが, 大へん, 奨めたいくらい, 好感を, 度々お目にかかった, 引き合わされた, 挨拶し, 敬意を, 明らさまに, 昔の, 無心の, 百五十ポンドを, 相談し, 美保子さんにも, 見せた, 言って, 話さなかった, 逃げられるには, 逢って, 進むこと, 隠して

▼ 夫人として~ (46, 0.3%)

2 巴里辺の, 生きて, 社交界に

1 [40件] うってつけだ, おさまって, お迎えに, では, また三人, よく取り扱っ, エレナを, ズルズルに, ハイネの, 云わない習慣, 入れられた, 公表する, 六条院の, 同伴で, 品位を, 堂々と, 嫁がせその, 家庭の, 寝させて, 尊重する, 待遇する, 恥かしくない, 恥しくは, 披露した, 改まって, 敬意を, 東から, 死にたいのに, 死んで, 気を, 源氏の, 神田に, 私は, 科学者人間としての, 穏やかならぬ, 立てて, 華々しく打って出, 葬送の, 迎えけるが, 週末の

▼ 夫人~ (42, 0.3%)

52 つたから

1 [35件] からあの, からすぐ, からな, か少い, か未亡人, がね, けれど産, そうだ, そうであった, つたのかも, つたのだ, という, という女性, といつ, とかカモンド伯爵夫人, とか或はまた, とは実に, とは房枝, と云う, と判りました, と判明, と思う, と腹, と自分, なと見当, などということ, ね, のって, のという, のにどうして, 勿論小僧, 念の, 氏は, 確実に, 虎井夫人だ

▼ 夫人に対して~ (32, 0.2%)

2 張り詰めて, 最後の, 熱愛を, 燃ゆる

1 [24件] あまりに思い切った, いとも慇懃, すっかり反対, まるで仇敵, わざとらしいよう, 一言の, 丈け, 不平を, 不親切だ, 云うべきでしょう, 何等の, 大変に, 失礼じゃ, 妙な, 彼女は, 思わず冷笑, 恋を, 悪人の, 抱いた恐怖観念, 気の, 気の毒さの, 深厚なる, 猛然たる, 自責の

▼ 夫人~ (31, 0.2%)

2 御身に, 私は

1 [27件] あなたが, あなたの, あなたは, おんみ, この機会, これで, されば, ついに老, 中尉は, 先生は, 厚顔にも, 彼等は, 御身が, 御身にも, 御身に対して, 御身の, 心強く持ち, 恕し, 我らは, 政治上や, 是非とも, 此希望を, 渠の, 私の, 私共の, 貴方等の, 遂に祝福

▼ 夫人~ (30, 0.2%)

2 がその, の主催

1 [26件] がいつの間にか, がどうして, が若し, であらう, であろう白無垢, とが出, と共に狭い, と握手, と語られた, に対抗, の名, の私事, の迷惑, の顔, は, はそろそろ, はどれ, はほんとう, は果して, は白襟紋服, は皆, は蝸牛, や令嬢達, を勘定, を至急, を逃がさぬ

▼ 夫人では~ (28, 0.2%)

3 あつた 2 ないか, ないかと, なかった, なくて

1 [17件] あったが, ありませんか, あるが, あるまいか, ございませんか, すでに袖, ない, ない一個, なかろうか, なくただ, なく実は, 一時間だけ, 余りに漠然とし, 有るまいか, 無くて, 重くて, 阿蘭

▼ 夫人への~ (26, 0.2%)

2 土産だけを, 消息ひそかに

1 [22件] その讚歎, やみがたい, 償いに, 同情が, 執着が, 大きな愛, 広言に対しても, 恋, 愛情を, 手土産にと, 手紙って, 手紙っていう, 手紙という, 手紙も, 政子からの, 断り文句などを, 源氏の, 義理で, 義理めいた, 見せしめに, 誠実を, 金銭と

▼ 夫人自身~ (26, 0.2%)

1 [26件] がふとっちょ, が一番, が創, が台所, が実見, が怪人, が自らさ, が階段, だがな, でもきまずく恥ずかしく, で紅茶, にて商会, のうら寂しく, のこと, の口, の尊厳, の愛, の懷姙中, の行方, の言葉, の評判, は構わない, もそれ, も人生, も寂しい, も迎え

▼ 夫人とも~ (22, 0.1%)

2 あろうもの, あろう人

1 [18件] ああした関係, あらうもの, あろうあなた, いいそう, なる者, 交を, 初めは, 喜んで, 如才ない, 次郎とも, 此の, 泣きはれた, 白隠, 相談した, 美耶子とも, 謂われるもの, 逢って, 酌みわけた

▼ 夫人とが~ (20, 0.1%)

1 [20件] いっしょに, この世を, この島, そのかみの, 争って, 人を, 入って, 入つて, 同じ人, 四五人の, 差し向ひで香り, 折々密, 知りあいの, 自動車を, 談話を, 釣りに, 題材としては, 馬の, 駈け寄って, 騎馬で

▼ 夫人その~ (19, 0.1%)

4 人の 2 人は, 本名は

1 [11件] ほかの, 人が, 人だけは, 人であった, 令嬢随行員などの, 女子たちを, 姿を, 娘オルタンスその, 母親の, 風来坊は, 館中を

▼ 夫人でも~ (17, 0.1%)

2 少しは, 血で

1 [13件] あんまり自分, とくに津田, ない, ない熊さん八さん, よく用いる, よろしいがね, ゐて, 居て, 忍ばせて, 時には, 着たの, 腹に, 重役夫人でも

▼ 夫人らしい~ (17, 0.1%)

2 人にも, 女が

1 [13件] のに驚き, 人が, 人の, 句である, 多忙さに, 夜会服それが, 愛嬌を, 方が, 様子を, 権式ぶりだった, 気品を, 派手な, 葉子や

▼ 夫人と共に~ (16, 0.1%)

1 [16件] こっちへ, ニヴェルネ地方を, 一つ俥に, 停車場へ, 催した或, 円卓を, 劇作する, 外国へ, 帰京し, 早朝に, 来訪せられ, 発見した, 發見した, 船ばた, 露西亞へ, 風通しの

▼ 夫人~ (16, 0.1%)

1 [16件] がやってくる, が息, が風説, であった, でもあらう, とひそひそ話, にはおしゃべり, にもそれ, の中, の寝室, の目礼, は死人, もゐました, も混, や利己的, を三四人

▼ 夫人であった~ (15, 0.1%)

1 [15件] から姫君, から平生, から来た, がその, が事, が国外, が夫人, が良人, けれどその, ことまた, そうです, とすれ, と報じ, にし, 素木しづ子が

▼ 夫人などは~ (15, 0.1%)

5 よく其家 1 その趣味, ゐなかつた, 一度も, 全く眼中, 悲鳴を, 最も優れた, 源氏が, 片腹痛く思った, 貞操を, 露骨に

▼ 夫人といふ~ (14, 0.1%)

2 人の

1 [12件] のは, やうな, 女優で, 女優を, 女子參政權論者の, 女流作者が, 婦人が, 神と, 艶麗な, 若い奇麗, 若くない, 階級の

▼ 夫人~ (14, 0.1%)

2 はコブランツ, やその 1 いう大家, がいた, が集つて, と相語つて, と航海, なかなかしっかりした, に会い, の船室, の足, を指す

▼ 夫人~ (11, 0.1%)

3 槙は 1 つれあいも, 一方の, 慶の, 槙さんの, 槙の, 槙や, 洲美さんの, 相手を

▼ 夫人です~ (11, 0.1%)

521 が妊娠, が表面, 御夫人, 私は

▼ 夫人~ (11, 0.1%)

1 [11件] が, がいた, が集まっ, と同じ, と握手, にも来, の神経, の調製, の間, は南御殿, は家

▼ 夫人からの~ (10, 0.1%)

2 申し出を 1 たよりであった, メッセージが, 便りで, 目付役の, 話を, 返事どう, 通信に, 電話では

▼ 夫人だった~ (10, 0.1%)

2 のです 1 からだ, から子供, がちょうど, そうです, という噂, のが, のだ, 宇津木秋子と

▼ 夫人とを~ (10, 0.1%)

2 不思議な 1 かわるがわる落ち着い, こう見くらべる, のせた自動車, 別々の, 相手に, 知って, 結びつけかねて, 見た夕

▼ 夫人について~ (10, 0.1%)

1 いまいっ, です, やる, 云われて, 伝へられる逸話, 各地遊説に, 書かれ所謂家庭, 知り得たこと, 腑に, 語らなかつたが

▼ 夫人にとっては~ (10, 0.1%)

1 このあそび, ねたましく思われた, 一種の, 万吉郎は, 人の, 仕合わせと, 普通事であった, 最後の, 痛いもの, 頑固な

▼ 夫人までが~ (10, 0.1%)

2 その最後, 微笑で 1 いつも幸子, えたいの, かくの, わざわざわたし, 喝采に, 輒く

▼ 夫人令嬢~ (10, 0.1%)

1 が見たなら, それから私, でも一度, と云われる, の手料理, はそれぞれ車, は是非, は洋髪洋装, も待受けられ, を一括

▼ 夫人同伴~ (10, 0.1%)

1 でと招待, で旅行, で来た, で見え, で食料, なの, の, の人々, の組, は厳禁

▼ 夫人~ (9, 0.1%)

1 だれかが, とにかく女性, 乃至は, 公爵令嬢マリア・ムルマンクか, 加藤さんかが, 女中かを, 妾か, 姫君の, 誰かの

▼ 夫人たる~ (9, 0.1%)

1 ことを, このまっ白, に恥, 人に, 人への, 宝女地中より, 御方は, 資格を, 風采と

▼ 夫人だけは~ (9, 0.1%)

1 いつも留守番役, ここで, まだいつかうに引上げ, 今日まで, 哀れな, 善良な, 屈託な, 真面目に, 足が

▼ 夫人はと~ (9, 0.1%)

7 見ると 1 くいらしくいって, みちゃ

▼ 夫人より~ (9, 0.1%)

1 えさん, 一挺最新式の, 五つ下の, 江さんが, 病気の, 菓子を, 贈られて, 軽いとは, 遙かに

▼ 夫人以外~ (9, 0.1%)

2 のもの 1 には無い, のスパイ, の人, の女人, の女性, の誰, は皆院

▼ 夫人~ (9, 0.1%)

1 に居, に握手, に注意, の安否, の浴槽, の親戚, は, はお, へ送り返し

▼ 夫人~ (9, 0.1%)

2 のお寺 1 おゆるし下さいませ, だから, でございます, に喞, のお, はなに, はほんとに

▼ 夫人さん~ (8, 0.0%)

3 の若い 2 の古い 1 が針, の写真, の手紙

▼ 夫人としては~ (8, 0.0%)

1 たまるまいと, ひよつと, 並ぶもの, 少しどうも不, 少し我儘, 当然すぎる, 自分の, 被害者の

▼ 夫人とともに~ (8, 0.0%)

2 故人の 1 ここに, ここにを, ドイツへ, 一時頃市庁の, 仏を, 円卓を

▼ 夫人などの~ (8, 0.0%)

1 列には, 家族を, 思い出によって, 感化を, 歎き, 活動の, 眷族は, 絵の

▼ 夫人貴女~ (8, 0.0%)

1 が芸術家, の実, はこの, はこれから, はそれ, はたぶん, は画像, ばかりは殺し

▼ 夫人あなた~ (7, 0.0%)

1 の御, の掛け, の頭, は其, は負けました, もここ, をはじめ

▼ 夫人からは~ (7, 0.0%)

1 たよりが, 何の, 全然見えなくなっ, 時々手紙, 時々菓子, 返事も, 高いところ

▼ 夫人こそ~ (7, 0.0%)

2 白金の 1 彦田博士の, 恐しい殺人者, 恐ろしい女, 東の, 第一

▼ 夫人だけ~ (7, 0.0%)

2 では 1 だった, だという, であった, である, なら病室

▼ 夫人だけが~ (7, 0.0%)

1 おどおどし, しきりに椅子, その苦しみ, まだ昔, 同志社に, 同情を, 特にこういう

▼ 夫人としての~ (7, 0.0%)

1 品を, 多計代, 宮の, 役も, 待遇を, 教養を, 社交生活の

▼ 夫人にとって~ (7, 0.0%)

1 二人と, 今また, 今度こそ, 多くの, 実に危険, 自分さえ, 都合の

▼ 夫人サラー~ (7, 0.0%)

1 の功績, の客間, の死亡, の肖像, の賜物, はその, は一七九三年

▼ 夫人及び~ (7, 0.0%)

1 パリス出る, 二百餘人の, 令孃方, 坊ちゃんや, 學生さん方には, 竈鬼を, 運転手の

▼ 夫人道子~ (7, 0.0%)

1 から贈られた, がかえって, が同じ, が知ったら, であった, であったが, にあう

▼ 夫人であろう~ (6, 0.0%)

1 か, とそれ, とは考え, と思い, と或は又, 爾だ

▼ 夫人とに~ (6, 0.0%)

1 交る, 叔母からの, 眸を, 約束し, 紹介状を, 逢い充分

▼ 夫人~ (6, 0.0%)

1 のだ, のであった, のである, のです, のね, んでそれ

▼ 夫人なども~ (6, 0.0%)

1 いた, この人, 分担したい, 有名な, 来会した, 確かに

▼ 夫人なる~ (6, 0.0%)

2 もの 1 人から, 女性には, 者が, 者の

▼ 夫人ミミ~ (6, 0.0%)

1 があの, がさっき艇長, がのさばり出した, が横, が飛び出し, はそれ

▼ 夫人~ (6, 0.0%)

1 というの, のところ, はきょう, はもと, をちょうだい, 出来道中安全

▼ 夫人南子~ (6, 0.0%)

2 が前年 1 の乱倫, はつとに, は乱倫, を殺され

▼ 夫人在原氏~ (6, 0.0%)

1 が生んだ, と国経, の腹, はどんな, は国経, をたばかり取る

▼ 夫人~ (6, 0.0%)

2 療治が 1 嫡子その, 安心なさい, 愛用の, 自身の

▼ 夫人からも~ (5, 0.0%)

1 あった, あやしまれる程, そのこと, 半襟や, 新婚した

▼ 夫人それ~ (5, 0.0%)

1 から他, といわゆる, に島田三郎夫人, に続く, を止めつ

▼ 夫人だの~ (5, 0.0%)

1 その他の, デュフレーヌ侯爵夫人なども, ラスティニャクが, 岡本だ, 糜夫人だの

▼ 夫人であり~ (5, 0.0%)

1 かの老人, ながら自分, やがてどうあらう, ソルヴエイヂが, ノーベル賞の

▼ 夫人とか~ (5, 0.0%)

1 はつて, 云はる, 何子とか, 名に, 藝者などの

▼ 夫人まで~ (5, 0.0%)

1 まだ海辺, やはり居残る, 報告し, 引合に, 秀子の

▼ 夫人よりも~ (5, 0.0%)

1 この方, 口数の, 大店向, 妾たちの, 書面で

▼ 夫人をも~ (5, 0.0%)

1 中に, 人間として, 憐れんで, 此遊に, 見ようと

▼ 夫人アンナ~ (5, 0.0%)

1 が立ちあがった, のわき, はもう, は海岸, も彼

▼ 夫人マリア~ (5, 0.0%)

1 がその, の慰藉, の貞操義烈, はその, は夫

▼ 夫人~ (5, 0.0%)

1 が人々, にしろ, の話, は日本, は近頃

▼ 夫人~ (5, 0.0%)

1 と芥川, には貴女, の三人, はあなた, はこの

▼ 夫人自ら~ (5, 0.0%)

2 空いた椅子 1 の箸, 呼ぶ時, 小按摩

▼ 夫人あり~ (4, 0.0%)

4 婢女一人之に

▼ 夫人あるいは~ (4, 0.0%)

2 ガーエフによって 1 あちらの, 奥さんの

▼ 夫人かと~ (4, 0.0%)

1 みれば, 問はれた, 問われた, 思われる黒衣

▼ 夫人さま~ (4, 0.0%)

1 さっそくご, にもお, に毎日顔, はまことに

▼ 夫人じゃ~ (4, 0.0%)

1 あるまいね, ないかという, ないん, ない妾

▼ 夫人だけを~ (4, 0.0%)

1 お探し申し, つつがなく奪取, 留めて, 見つめて

▼ 夫人など~ (4, 0.0%)

2 これを 1 いう人々, こういう点

▼ 夫人なら~ (4, 0.0%)

1 いいぢア, おれの, では往き, ともかくも

▼ 夫人については~ (4, 0.0%)

1 かかる生き物, その後負傷は, その露わな頸筋, 種々な

▼ 夫人に対し~ (4, 0.0%)

1 ある極り, 忠実に, 積極的に, 純な

▼ 夫人ばかり~ (4, 0.0%)

3 では 1 でなくなかなか

▼ 夫人一人~ (4, 0.0%)

1 であること, のみを向う側, の幸福感, を守っ

▼ 夫人久子~ (4, 0.0%)

1 がはいっ, とが話し, とは卓子, の生家

▼ 夫人付き~ (4, 0.0%)

1 になっ, の家職, の童女たち, の者

▼ 夫人以上~ (4, 0.0%)

1 にはなり得ない, によく, に醜悪, の夫人

▼ 夫人以下~ (4, 0.0%)

1 の人たち, の女官, の生殺与奪, 第何十夫人

▼ 夫人~ (4, 0.0%)

2 の手紙 1 にとどく, に書き送つた

▼ 夫人念持仏~ (4, 0.0%)

1 であるが, の厨子, や香薬師, 新薬師寺香薬師

▼ 夫人由紀子~ (4, 0.0%)

1 のもの, の指紋, の洗練, は凄い

▼ 夫人~ (4, 0.0%)

1 の手, はあなた, はまだちっとも, を救っ

▼ 夫人がた~ (3, 0.0%)

1 は, は皆, を

▼ 夫人がは~ (3, 0.0%)

2 ひつて 1 ばの

▼ 夫人この~ (3, 0.0%)

1 御両名, 時は, 羽織紐の

▼ 夫人さえ~ (3, 0.0%)

1 あたかもその, 二人の, 入って

▼ 夫人すなわち~ (3, 0.0%)

1 でぶでぶ肥った, クラチットの, 葵嬢

▼ 夫人~ (3, 0.0%)

1 どんなひと, バンヂャマン・コンスタンを, 知って

▼ 夫人でございます~ (3, 0.0%)

3

▼ 夫人でなく~ (3, 0.0%)

1 てその, とも御新造さん位, なつて普通

▼ 夫人とでも~ (3, 0.0%)

1 いたして, いふので, 言ひた

▼ 夫人などが~ (3, 0.0%)

1 中堅で, 妙に, 居るでは

▼ 夫人などという~ (3, 0.0%)

1 ものは, 女丈夫なら, 言葉が

▼ 夫人に対しても~ (3, 0.0%)

1 そのこと, 殆ん, 院が

▼ 夫人のみ~ (3, 0.0%)

1 あはれに, なり呵々, 病室に

▼ 夫人のみは~ (3, 0.0%)

1 一人離れ, 犯人では, 行方知れず

▼ 夫人へは~ (3, 0.0%)

1 このまま, 恥ずかしくて, 耳も

▼ 夫人へも~ (3, 0.0%)

1 お手紙, 一言の, 多少伝わった

▼ 夫人ほど~ (3, 0.0%)

1 あって, 我ままを, 無頓着で

▼ 夫人また~ (3, 0.0%)

1 皇叔の, 返事が, 随員五百を

▼ 夫人アルマン~ (3, 0.0%)

1 との恋, に扮, も加

▼ 夫人ケント~ (3, 0.0%)

1 がリキー, のうえ, はたいへん

▼ 夫人ポドトチナ~ (3, 0.0%)

1 だの, に出会った, に違い

▼ 夫人並びに~ (3, 0.0%)

1 その御, 初期の, 同人の

▼ 夫人~ (3, 0.0%)

1 の遠征軍, は如上, は過去

▼ 夫人~ (3, 0.0%)

1 がいかに, はさっき, は寿命

▼ 夫人~ (3, 0.0%)

1 など両, の大, の御

▼ 夫人繁子~ (3, 0.0%)

1 はたたずめるなり, はやがて, を書斎

▼ 夫人閣下~ (3, 0.0%)

1 の御, の財産, は素性

▼ 夫人静子~ (3, 0.0%)

1 が平田一郎, その人, に対する脅迫

▼ 夫人あの~ (2, 0.0%)

1 夜の, 夜貴女が

▼ 夫人および~ (2, 0.0%)

1 ゲーリンクの, ブリグス青年をも

▼ 夫人かず子~ (2, 0.0%)

1 が輪, の妹

▼ 夫人ここ~ (2, 0.0%)

1 がよろしかろ, へお出で

▼ 夫人こころ~ (2, 0.0%)

2 に秘め

▼ 夫人これ~ (2, 0.0%)

1 でも召し上っ, を夢中

▼ 夫人さえも~ (2, 0.0%)

1 こんな逮捕, 居らぬ既に

▼ 夫人さんあなた~ (2, 0.0%)

1 の前, は愛情

▼ 夫人じしん~ (2, 0.0%)

1 朝夕の, 自分の

▼ 夫人すらも~ (2, 0.0%)

1 気が, 読破した

▼ 夫人その後~ (2, 0.0%)

1 から座, へ税関吏

▼ 夫人たるべき~ (2, 0.0%)

1 その美少女, 宿命を

▼ 夫人だつたら~ (2, 0.0%)

1 そんな時, 何うだらう

▼ 夫人であっ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て眉弓

▼ 夫人でない~ (2, 0.0%)

1 としてもその, 生母が

▼ 夫人とかいう~ (2, 0.0%)

1 かたが, 美しい女

▼ 夫人などを~ (2, 0.0%)

1 よんで, キオクすべし

▼ 夫人ならびに~ (2, 0.0%)

1 その兄エセックス, その従者

▼ 夫人なんぞが~ (2, 0.0%)

1 いる, こんなに自分

▼ 夫人によって~ (2, 0.0%)

1 惹起せられた, 発見され

▼ 夫人に対しては~ (2, 0.0%)

1 必要な, 教養も

▼ 夫人はが~ (2, 0.0%)

1 つくりと, ッくりし

▼ 夫人はちよ~ (2, 0.0%)

1 つと分らない, つと息子

▼ 夫人ひどく~ (2, 0.0%)

1 下手, 日に

▼ 夫人ふり姫~ (2, 0.0%)

1 から生れた, はいちばん末子

▼ 夫人みたい~ (2, 0.0%)

1 な仕事, な生活

▼ 夫人もと~ (2, 0.0%)

1 の高杉早苗, 料理屋

▼ 夫人やら~ (2, 0.0%)

1 子達と, 戦って

▼ 夫人を通して~ (2, 0.0%)

1 家内は, 跡の

▼ 夫人を通じて~ (2, 0.0%)

1 手に, 萱野家へ

▼ 夫人エリサベツト~ (2, 0.0%)

1 の名, の君

▼ 夫人チェフタリョワ~ (2, 0.0%)

1 だの佐官夫人ポドトチナ, のところ

▼ 夫人令嬢同伴~ (2, 0.0%)

1 でここ, でその

▼ 夫人令嬢方~ (2, 0.0%)

1 はすべて此, 解らなけりゃ上ツ方

▼ 夫人令嬢達~ (2, 0.0%)

1 が見送つ, は吻

▼ 夫人以来~ (2, 0.0%)

2 の感傷主義

▼ 夫人其他~ (2, 0.0%)

1 の諸, への紹介状

▼ 夫人又は~ (2, 0.0%)

1 何, 王子

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 には二十前後, は空席一つ

▼ 夫人同士~ (2, 0.0%)

1 が出逢っ, の御

▼ 夫人同様~ (2, 0.0%)

1 おっとりとして, に待遇

▼ 夫人呉氏~ (2, 0.0%)

1 とともに母公, は何

▼ 夫人告別式~ (2, 0.0%)

1 の日, の歸途自動車事故

▼ 夫人多代子~ (2, 0.0%)

1 が一月下旬, の亡骸

▼ 夫人姉上十七~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 夫人姿~ (2, 0.0%)

1 だった, の時

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 としての周囲, の恋愛的情景

▼ 夫人子供~ (2, 0.0%)

1 の手前二十銭, を連れた

▼ 夫人実に~ (2, 0.0%)

1 内助の, 有難う衷心

▼ 夫人容姿~ (2, 0.0%)

2 美しく輝く

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 お延, お秀

▼ 夫人崇拝~ (2, 0.0%)

2 は人一倍

▼ 夫人廉平~ (2, 0.0%)

1 がここ, です

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 が本当, にやる

▼ 夫人日出雄少年~ (2, 0.0%)

1 の部室, は如何

▼ 夫人日本~ (2, 0.0%)

1 へ行, 広しと

▼ 夫人明智氏~ (2, 0.0%)

1 の如きあり, は城内

▼ 夫人木曾乃さん~ (2, 0.0%)

1 が口, も当日

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 と新, 実業家の

▼ 夫人極子~ (2, 0.0%)

1 がきわめて, を数える

▼ 夫人櫛橋氏~ (2, 0.0%)

1 の侍女, の喪

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 がハインク夫人, が秀子

▼ 夫人殺し~ (2, 0.0%)

1 などとハッキリ, の嫌疑者

▼ 夫人殺害~ (2, 0.0%)

1 と屍体, のこと

▼ 夫人特有~ (2, 0.0%)

1 の片意地, の真白い

▼ 夫人狩谷氏~ (2, 0.0%)

1 も亦, を失つた年

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 はる, 前田侯爵母堂近衛公爵の

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 とは思われぬ, のコルセット

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 の獣, 寿院が

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 三夫人と, 二夫人それと

▼ 夫人綾子~ (2, 0.0%)

1 という人, も老い

▼ 夫人聞き~ (2, 0.0%)

2 て幼き

▼ 夫人観念~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 夫人觀念~ (2, 0.0%)

2 の姿

▼ 夫人連れ~ (2, 0.0%)

1 のお客様, は一人

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 にカメレオン, ノ浮生ナル相

▼ 夫人~ (2, 0.0%)

1 夜子の, 夜子は

▼ 夫人須磨子さん~ (2, 0.0%)

1 だった, であろう

▼1* [583件]

夫人、艇内日誌にはわずか, 夫人、艇長はその, 夫人あと数人の男, 夫人あまたかつは, 夫人あるを見, 夫人いうところの, 夫人いくらなんでも, 夫人いちど外した襷, 夫人いったいだれに, 夫人いつぞや貴女は, 夫人いほ女の, 夫人うしろむきにて獅子頭, 夫人おくれはせんです, 夫人おしろいを購, 夫人おのずから腰を, 夫人お召しなさりませ, 夫人お市の方と妙齢十七, 夫人かが之を, 夫人かつて曰く, 夫人かよ子の兄弟たち, 夫人がかりそめにも浮気, 夫人がた宮がた, 夫人がた様がお, 夫人がっくりとなる, 夫人がとは夫人が, 夫人がね若しかしたら, 夫人がよこに, 夫人きりしかいなかった, 夫人くわせ者だ, 夫人けげんそうに彼, 夫人けっして僕は, 夫人は予, 夫人こちらはなんとか, 夫人ことマタ・アリの告白, 夫人さま一日としてあなた, 夫人さま同伴で広島, 夫人さま私どものこと, 夫人さん旦那様はお, 夫人さ俺と夫人, 夫人て武子さん, 夫人しかりそしてこの, 夫人しっかりしなければ, 夫人すこし甲板の, 夫人すっと座を, 夫人すま子と言います, 夫人するりと膝を, 夫人せん女さんが寂しく, 夫人そこへ掛けなさい, 夫人そこでシューマン・ハインクと, 夫人そっくりじゃない, 夫人そのものはこの, 夫人その他があつまっ, 夫人その他一行七人が旅費, 夫人その他主催の東京ペン, 夫人それに雪枝と, 夫人それらの人々ともどもホール入口, 夫人たしか聖アムブロジオだったでしょう, 夫人たたずみたり, 夫人ただいまお薬を, 夫人たち家事はほか, 夫人たち柳を折り, 夫人たち皆わかければ, 夫人たりまた自分, 夫人たる者もあり, 夫人たれよ, 夫人だいたいがトリエステ, 夫人だけに出て, 夫人だったでしょうか, 夫人だったらと思う, 夫人だって非常な, 夫人だつたんだ, 夫人やあるまい, 夫人何処へ, 夫人つまりこの詭計, 夫人つらいこと又, 夫人ていうシュタイン夫人の, 夫人であったらだれも, 夫人でありましたというよう, 夫人でいらっしゃるんでしょう, 夫人でさえ思う存分に, 夫人でしたろうか, 夫人ででもあるらしい, 夫人といったような, 夫人とかの不思議な, 夫人とさえ此珠運が, 夫人としても通ったであろう, 夫人とだけで本名は, 夫人とて同じこと, 夫人とてもいけません, 夫人とてもいよいよ愛を, 夫人とで来て, 夫人とによって福引が, 夫人とへ手短に, 夫人ともどうしようもない, 夫人ともども現れて, 夫人とやらのようで, 夫人どうしても貴女怪い, 夫人どうぞ御堪忍, 夫人どこやらのみ下し, 夫人なかなかしっかりしたやりて, 夫人なくしかも渠, 夫人なしでは, 夫人なぞとは何の, 夫人なぞによくある, 夫人なぞは持前の, 夫人などとは違う, 夫人などと共に馬車を, 夫人などにはなれず, 夫人なにごとを, 夫人なべ姫は兵部, 夫人なみにあつかわれた, 夫人ならさうかも知れません, 夫人なり令嬢なりは, 夫人なりと伺って, 夫人なれば, 夫人なんかいらっしゃるらしいわ, 夫人なんかの所で, 夫人なんどの挨拶, 夫人にさえも顔を, 夫人についても私は, 夫人にてぞありける昨夜, 夫人にとはかない望み, 夫人にとっても彼にとっても, 夫人にばかり添って, 夫人によつて朗読された, 夫人に対しての堪忍も, 夫人に対するや慇懃に, 夫人に従い今日出発し, 夫人に関する記事を, 夫人あのひと, 夫人ねえあの人, 夫人のけざまに, 夫人のちゅうちゅうとそれからメルチセデク君のちゅうちゅうと, 夫人のみに現われた算哲, 夫人のみにて目覺めて, 夫人はかぶりを振った, 夫人はじめいあわせた下宿人たち, 夫人はじめ下宿の人々, 夫人はたとへ聖人, 夫人はつぎの歌, 夫人はとか病人の, 夫人はともすれば, 夫人はなむけする処, 夫人ばかりはナデージュタ・ペトローヴナと, 夫人ぶりであった, 夫人へと仰せあるならありがたく, 夫人ほどにもうまくやっ, 夫人ほどの興味が, 夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 夫人まだどうかして, 夫人まち子がカケコミ教会, 夫人までを包括する, 夫人みずから室の外, 夫人みずから書物を手, 夫人めいた生活に, 夫人めかしてうつむいた, 夫人めがけて抛った, 夫人もう一つは, 夫人もしか貴女の, 夫人もっと前へ, 夫人やや後れて, 夫人ゆかりの観心寺その他, 夫人よく覚えて, 夫人よりの直接の, 夫人よりはずつとあとから, 夫人らしきところも, 夫人らしく中の, 夫人をかへりみて, 夫人をさえこんなに寛大, 夫人をば輿に, 夫人アデライーダ・イワーノヴナを憎ん, 夫人アンナわれわれはお前, 夫人アンナ・マグダレーナの内助, 夫人アーニャ鎖につないだ, 夫人イェルヴァが自分, 夫人イエニーにみ, 夫人イエルヴァは仏蘭西人, 夫人ウルリーケの口, 夫人エジスはかの, 夫人オカゴといふの, 夫人オットカール・レヴェズ氏が現われた, 夫人カチヤロフモスコオフィン等の名優, 夫人カラハン前田多門大使など, 夫人カーデイナア夫人はにこやか, 夫人キャピューレットの妻, 夫人ギャスケル夫人等なかなかしっかりした, 夫人ケートが入っ, 夫人コジマの誕生祝い, 夫人コムストツク氏雇主文部省等はなんと, 夫人コルネエユに扮, 夫人コンスタンツェはモーツァルト, 夫人コーリヤアグラーヤなどの性格, 夫人サンタとの案内状, 夫人ザセーキナという苗字, 夫人ジョセファを繞, 夫人ソフィヤと五男, 夫人ダイヤ姫なぞと来る, 夫人テオドラが初めて, 夫人ド・ヴァレーズ伯爵ド・サヴィニャク伯爵へと伝播, 夫人ハサウエーの生家, 夫人ビアトリス女史でもう, 夫人ピニヨンが石, 夫人フランチエスカとを見, 夫人ベルタ・ファンタの文学サロン, 夫人ペラゲヤ・グリゴーリエヴナ・ポドトチナだのその, 夫人ペラーゲア・ステパーノヴァがあらわれた, 夫人ポオリイヌなどであつ, 夫人ポワロオラ・ブリユイエールブウルダルウ等皆当時の名文家, 夫人マアガレット・エリザベス・ロフティだった, 夫人マウントジョイそしてペヌロオプ・リッチ夫人, 夫人マスコフキナと向き合つて腰, 夫人マチルデが夫, 夫人マドレエヌの聡明貞淑, 夫人マリイさんの血, 夫人マリーさんも私, 夫人モンタギューの妻, 夫人リヒテルの紫色, 夫人ロウ人形館には歴史上, 夫人添エ了ッテ, 夫人ヴィクトル・アリ氏それから私, 夫人ヴェーラの死後, 夫人ヴォルコーンスカヤをよん, 夫人一人一人の手, 夫人一体どうなさった, 夫人一家の面倒, 夫人一族にも席, 夫人一流の媚態, 夫人一馬さん矢代さん巨勢さん三宅さんそれに私, 夫人七十何歳かで獄中, 夫人が淋しく, 夫人三十五フランをもって貞操, 夫人三番目はアーニャ, 夫人三谷の順, 夫人上官氏にも先立たれた, 夫人不二子さんの許, 夫人不平の種子, 夫人世に先生を, 夫人世話めかしく雪洞の蝋, 夫人に五百人, 夫人中村吉右衛門夫人富士田音蔵夫人なんぞがいる, 夫人久子さんから日本, 夫人乗客ケント老夫人, 夫人九嬪二十七世婦八十一女御合せて, 夫人乳母を伴, 夫人乳母その他五六人居て, 夫人乳母并びに下人甲, 夫人亀姫と声, 夫人事件の見出し, 夫人二三人に娘五六人, 夫人二人のかなり年配, 夫人二百何人かの文芸家, 夫人云わるるようこの, 夫人五人で食卓, 夫人亜黎子いずれも吾輩, 夫人交際それにも上, 夫人京子だ, 夫人京子夫人一馬さん矢代さん巨勢さん三宅さんそれに私, 夫人が来ない, 夫人人形使と並び坐す, 夫人数名を, 夫人の小間使, 夫人付き姫君付きの盛装, 夫人代役が苅谷邸, 夫人令嬢がたのため, 夫人令嬢たちとでたしかに, 夫人令嬢らの服装, 夫人令嬢以外には手, 夫人令嬢奥様姫様となる, 夫人令嬢等に議, 夫人令嬢老若童婢と雲霞, 夫人令孃にし, 夫人令息及び著作家ヤング氏, 夫人以下みな手籠や笊, 夫人以下われわれどもが一夜, 夫人以下四人がいかなる, 夫人以前の, 夫人伝説のなか, 夫人伯母養母義ちやんの顏, 夫人佐和子劇しい嫉妬家, 夫人佐和子氏とお茶, 夫人うして, 夫人の, 夫人侍女を従え, 夫人侍女家臣等が腹這, 夫人保科氏に長女, 夫人に立, 夫人僕らは夜, 夫人房の, 夫人元子さまにお目にかかり, 夫人先づ起ちて, 夫人光子は上野公園, 夫人光子さんも小出氏, 夫人光子小女私が逢った, 夫人入り来つ, 夫人入室する, 夫人八千代さんの紙包み, 夫人八田岩崎に見送られ, 夫人其樣な事處, 夫人でよ, 夫人前後して, 夫人加奈子も名古屋, 夫人加藤子爵夫人千鶴子駒子及び幾, 夫人北島春雄小松の三人, 夫人千代子女史が夫君, 夫人千鶴子駒子及び幾, 夫人単身大震中の薬局, 夫人即ち公高の, 夫人その娘, 夫人を噤む, 夫人古川富士子夫人の多く, 夫人只一人在りき, 夫人召使から時折, 夫人可憐なる日出雄少年等, 夫人台覧と云, 夫人を添え用い, 夫人吉川夫人から津田, 夫人令嬢であった, 夫人同じく令孃達, 夫人同伴会婦人束髪会婦人編物会矯風会をはじめ, 夫人同志の対話, 夫人同道にて来訪, 夫人は亀子, 夫人向い側から, 夫人呉子さんを援, 夫人唯今お藥, 夫人に仲間入り, 夫人図書とともにあっと, 夫人固有の病理現象, 夫人国際運輸の上田さん, 夫人園子より光子, 夫人土居画伯御両名, 夫人在世の時, 夫人かなりふけ, 夫人執事をはじめ, 夫人塩田夫人の四人, 夫人外三十人余りの会員, 夫人夜半よりその, 夫人大いに日本の, 夫人大事變が, 夫人大口開いて, 夫人大慈大悲の御, 夫人大須賀里子さんは柔道, 夫人をすすめ, 夫人夫婦の考えかた, 夫人失踪の第, 夫人失踪前後の模様, 夫人の間, 夫人女中の三人, 夫人女流教育家社長夫人娘重役病院長婦人会関係の知名婦人等, 夫人に歯, 夫人妙子だったの, 夫人始め三谷十糸子など内地, 夫人始め佐瀬弁護士も森川森, 夫人と顔, 夫人姫君の間, 夫人姫奥女中などのには金銀珠玉, 夫人娘重役病院長婦人会関係の知名婦人等, 夫人媒妁として浪子, 夫人嫁御というの, 夫人子供等が農大農場苺とり, 夫人子爵山河内定子はいつ, 夫人存命中は狩谷氏, 夫人孟優帯来など眷族, 夫人に滞在, 夫人定子であること, 夫人を以て告げ, 夫人実は彼方から, 夫人宮城たまよが主要, 夫人富士田音蔵夫人なんぞがいる, 夫人富子で次の, 夫人ている, 夫人寺島鏡子夫人稲垣栄子夫人岩倉桜子夫人古川富士子夫人の多く, 夫人寿子は其出, 夫人小笠原貞子夫人寺島鏡子夫人稲垣栄子夫人岩倉桜子夫人古川富士子夫人の多く, 夫人小野屋へやって来た, 夫人山川浦路の気質, 夫人山梔のボタン, 夫人岩倉桜子夫人古川富士子夫人の多く, 夫人島村夫人塩田夫人の四人, 夫人崇源院の霊廟, 夫人幸子が三十八歳, 夫人幸福な家庭, 夫人幹事の今, 夫人な名, 夫人の壇, 夫人の帯来, 夫人弟妹たちをも眺めた, 夫人の令嬢, 夫人彼女は孤立無援, 夫人彼氏の夫人, 夫人徐氏へ献じた, 夫人従容として座, 夫人得意であったが, 夫人御両名の, 夫人徳冨蘆花の小説, 夫人徳子はこれ, 夫人が確, 夫人念持の白鳳仏, 夫人思わず膝を, 夫人怪しみ問うと答え, 夫人の三段飛, 夫人息女の中, 夫人息女ら寄せ來り, 夫人悄然として立ちたる, 夫人悲痛の重荷, 夫人愛姫というもの, 夫人愛用の香水, 夫人感謝のつつましき白い, 夫人懺悔をします, 夫人成人して, 夫人房次郎片側に瀬越, 夫人所有の貴金属, 夫人手伝いに来, 夫人手兵をともなひ, 夫人才子はさすが, 夫人打ち笑ひ, 夫人持ちの提皮包, 夫人振るも可, 夫人捜索に全力, 夫人ふるところ, 夫人携帯の見上げん, 夫人政子と二人きり, 夫人教育界の先覚者, 夫人文代さんをかこん, 夫人斡旋の家庭, 夫人らしい思想家, 夫人既に余が, 夫人日女大の菅支那子夫人, 夫人早瀬の二人, 夫人明子を遇, 夫人明石夫人なども来会, 夫人昔ながらのキャップ, 夫人の頃, 夫人昨夜は御, 夫人を手, 夫人李子は厚母伯爵家, 夫人李氏に招かれ, 夫人李氏一人は此省, 夫人李氏辺を治むる将軍, 夫人来訪姉が死んだ, 夫人来訪此の間から三郎, 夫人東京を離れた, 夫人東宮のこと, 夫人東道日本人の学校参観, 夫人東郷夫人の貞烈, 夫人松平氏謐子の侍女七人, 夫人板垣ぐらいのもの, 夫人栄子氏と広岡浅子氏, 夫人桔梗の方, 夫人梅子も前身, 夫人樊姫後漢明帝馬皇后, 夫人樒柑の皮, 夫人になっ, 夫人樹立の蔭, 夫人機関室の扉, 夫人欣々女史は老後, 夫人此所へお出で, 夫人歴々たる人々, 夫人という立場, 夫人母娘の坐っ, 夫人母子の事件, 夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 夫人を落着け, 夫人江戸っ子らしい派手さ, 夫人津多子を呼ぶ, 夫人涌子の穏, 夫人清子には実子, 夫人湘煙女史は長く, 夫人鉄の, 夫人濤子若くて, 夫人と視, 夫人片手を掛け, 夫人独り此山家にわびしい, 夫人獅子頭に会釈, 夫人王羲之を經, 夫人玖満子がどこ, 夫人珠江子という博士, 夫人現に今も, 夫人氏には, 夫人生き写しになっ, 夫人生計を立つる, 夫人生駒氏以下主君の眷族, 夫人画家たちを怪むがごとく, 夫人を得, 夫人病人は唯今手当, 夫人病院長などが出, 夫人登子の方, 夫人發掘の墓, 夫人百合枝を中, 夫人的結髪目鼻だちが, 夫人その形, 夫人盛姫つまり将軍家定の叔母, 夫人変らず大変, 夫人眞山君一家と共に家族的, 夫人眞山西田両君及び予等夫婦, 夫人真佐子が豊か, 夫人礼子さんが別居, 夫人福子の哀れ, 夫人秀林院殿華屋宗玉大姉はその, 夫人秀次の正室, 夫人稲垣栄子夫人岩倉桜子夫人古川富士子夫人の多く, 夫人に父兄等活躍, 夫人等すべて月給生活をし, 夫人紅蘭女史あたりに比べ, 夫人の上, 夫人経済のローザ・ルクセンブルク, 夫人絶滅の場, 夫人続いて女中, 夫人綾子刀自である, 夫人綾子戸田伯爵夫人極子を数える, 夫人緑川夫人だよ, 夫人繁子水色眼鏡の方, 夫人繭子の頭, 夫人繭子どのを誘拐, 夫人老いたるも若き, 夫人もすき, 夫人を組ん, 夫人自分が秀子, 夫人自殺の詳報, 夫人自署の紙片, 夫人莞爾して, 夫人菅子続いたの, 夫人菅子英吉がかつて, 夫人菊池夫人菊池教授の小さい, 夫人菊池教授の小さい, 夫人蔡氏の兄, 夫人藤室夫妻東道ポツダムに赴く, 夫人藤尾みち子など四五人, 夫人を米, 夫人蜷川その他の古物学者, 夫人を前, 夫人ゆ, 夫人見よ雲は, 夫人親子は幽霊, 夫人訪問を忘れない, 夫人もまた, 夫人誘拐事件はもうすっかり, 夫人かあなた, 夫人諸子みな謁をたまわる, 夫人の死, 夫人谷玖満子もいた, 夫人貞奴は戦中, 夫人貞子なの, 夫人責任を負っ, 夫人起つて奥, 夫人辰子これが三番目, 夫人迄が珍らしく吐き出す, 夫人より來, 夫人近きころ羅馬より, 夫人近江夫人高橋英子さん兼藤紀子さんと四人, 夫人逝去されました, 夫人連中も喰う, 夫人連名で夏目金之助, 夫人遺子その孫, 夫人避難の用意, 夫人の前, 夫人郵便局長以下の面々, 夫人酒井少將令孃, 夫人酒番とトラック運転手, 夫人野上弥生子氏の小説, 夫人鈴子の君, 夫人長煙管を取っ, 夫人附きの須磨, 夫人階級の女性, 夫人雨傘をすぼめ, 夫人雪子とはすくなくとも, 夫人雪子女史だったでは, 夫人静子さんが急, 夫人静江の伯母, 夫人音楽は高木和夫氏, 夫人の禿げ, 夫人の女, 夫人馬氏である, 夫人驚きたもうな, 夫人高嶺若夫人菊池夫人菊池教授の小さい, 夫人高橋英子さん兼藤紀子さんと四人, 夫人高瀬槙子と姪, 夫人髯自慢らしい老, 夫人は彼ら, 夫人鶴子は, 夫人鶴子さまのお, 夫人黒ん坊運転手といったよう, 夫人黒河内京子と青年潮十吉