青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫
夫~
~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う 失う~ ~失っ 失っ~

「夫~」 16778, 181ppm, 569位

▼ 夫~ (3662, 21.8%)

96 顔を 47 ために 31 方を 20 ことを, 手を 19 前に, 姿を 18 手に 17 方は 16 方へ 15 家を, 言葉を 14 帰りを, 胸に 13 家に 12 上に, 事を, 愛を 11 ような, 口から, 正身, 留守に, 耳に 10 ほうは, 声が 9 そばへ, 心を, 手から, 方が, 方に, 眼の, 顔が 8 側へ, 名を, 留守の, 眼を, 顔色を

7 [13件] あとを, そばに, ように, 傍に, 姿が, 心の, 所へ, 方で, 死に, 為に, 留守を, 頭を, 顏を

6 [12件] 一徳は, 世話を, 側に, 前で, 姿は, 帰るの, 様子を, 目を, 腕に, 腕を, 頭の, 顔は

5 [16件] ところへ, やうな, 仕事の, 仕事を, 傍へ, 前へ, 家へ, 心に, 手で, 方も, 病気は, 肩に, 言葉に, 話を, 身の上を, 顔の

4 [35件] ことで, ためには, ひとりが, やうに, 一人が, 仇を, 代りに, 伊佐奈, 伊佐奈妻の, 噂を, 声に, 家では, 家の, 後を, 心は, 愛は, 手は, 持って, 日記帳を, 机の, 様子に, 歳男は, 死を, 死体を, 気を, 着物を, 背後に, 胸の, 腕の, 膝に, 膝を, 許に, 許へ, 許を, 身体を

3 [67件] ことも, すること, ためにのみ, ほうを, 一人は, 不在中, 任地へ, 健康を, 傍を, 前では, 口へ, 同僚の, 名は, 君の, 声を, 好きな, 好物を, 姿の, 屍体を, 平次と, 後に, 後ろ姿を, 心持が, 性質を, 意に, 愛が, 愛情の, 態度が, 手が, 数は, 敵を, 方の, 明けた音, 様子が, 横顔を, 死体の, 死後に, 死骸を, 消息を, 爲に, 父親が, 生命を, 留守中に, 病気が, 目に, 眼が, 眼は, 祖父母父母を, 耳には, 聲は, 肩を, 背に, 胸へ, 行動が, 言うこと, 言葉が, 言葉の, 許可を, 話に, 足もとに, 跡を, 身の, 身を, 達郎は, 遺言を, 鈴川主, 顔に

2 [205件] あつた, あとから, ある女, いる時, うしろから, うちで, おあと, お墓, こと, して, するばかりを, そばで, そばを, ない夫人, ない女, まへに, もとへ, ものに, ものを, カビ博士は, 三郎氏は, 不信を, 不始末, 不思議な, 不行跡を, 中に, 了見と, 事が, 事は, 人格を, 仕事が, 仕事机の, 以前の, 任地から, 任地の, 位牌に, 位牌の, 何わき, 修道士の, 健康が, 先に, 克彦と, 全部を, 写真が, 冷淡な, 冷酷を, 分別に, 利吉雄を, 制するもの, 前を, 勝平氏を, 卯吉が, 収入に, 同僚, 同僚が, 名前を, 命を, 命令に, 噂は, 図星を, 地位を, 多くは, 夢に, 夢を, 大納言の, 太刀を, 契を, 如き奸臣, 妻に, 姉の, 姿さえ, 姿だった, 婬乱不品行は, 子は, 子供に, 子供は, 存在を, 安否を, 実父の, 室に, 家から, 家へは, 家も, 家庭に, 家族と, 己氏は, 帰りの, 帰宅を, 平次に, 平生の, 年齢も, 弟が, 弟の, 後から, 後について, 御叔, 心理の, 心臟が, 忌中に, 恥に, 悪事が, 意の, 意気地の, 意見に, 意見は, 愛の, 愛情を, 愛撫に, 態度には, 手伝いを, 手紙に, 手記, 掌の, 数だけの, 敵, 方から, 日記を, 日記帳の, 日頃の, 書斎から, 服を, 李幕事の, 来るの, 枕もとに, 枕許へ, 栄華の, 榮三郎の, 様子は, 権利は, 権利を, 機嫌の, 機嫌は, 機嫌も, 死して, 死体である, 気心が, 気持が, 気持を, 気質の, 源太を, 源次が, 無情を, 父が, 父母に, 狂言とは, 生活に, 留守などに, 病気の, 病気を, 真剣な, 眼に, 眼には, 祖母にも, 福造が, 私が, 立場から, 精神に, 終始順境, 縹の, 罪を, 罪亡ぼし, 聲の, 肩にも, 背信を, 胸から, 胸は, 脱ぎ捨てた着物, 腰を, 腹の, 自分に対する, 若い男, 若かった, 虚偽を, 行動を, 袖を, 襟飾を, 要求は, 言葉には, 許さ, 許しを, 詞を, 責任と, 貰ふ, 足に, 足を, 身に, 身の上が, 身代りに, 身体の, 躰を, 軽部に, 道學先生の, 道路工夫を, 遺産で, 遺言状を, 部屋の, 郷里に, 酋長を, 頭が, 顎の, 顔さえ, 顔へ, 飯を, 骨を, 鼾は

1 [2080件 抜粋] あだ討たせましょう, あのこと, あの非常, あること, ある種, ある身分, いうよう, いないの, いびきを, いるテーブル, いる縁側, うちでも, おかげで, おもて, お父さんだった, かしらを, かたわらに, かぶりもの, かわりに, くどくどと, ことだの, ことなり, こと舅姑姨の, この悪い, この見事, これも, ごとく一部分, さしも, しどけない身なり, すくなくとも四, する事, そういう姿, そこに, それとなく推定, たまたま夕刊新聞, ためらふ, ため舅の, つらさ, とても一応二応, どなり声けわしい, ない身, はいる小径さ, ひとりを, ほうに, ほほえみを, まっ赤, もぐって, ものいったい, やつれた顔, ようだった, よぶ声, アレクサンドロス, エーリック及び, ギラ・コシサンは, チーコに, ドクトルに, ノートを, バラバラの, ボオナスにも, ヤアギチ大佐が, 一人によって, 一日の, 一種の, 七人ぐらい, 万吉郎は, 三四人が, 三郎氏が, 下級船員で, 不品行なぞが, 不実を, 不意に, 不注意から, 世の中悟りすました, 両眼, 並木夫婦や, 丸腰に, 乏しい眼識, 乱行に, 事, 事ばかり, 事業に, 二人が, 云うこと, 云ふ, 亡くなるまえに, 人格に対して, 仁蔵を, 今にも, 介抱だ, 仕事については, 仕送りが, 代わり親, 仮寓の, 伊佐奈の, 伊佐奈今は, 伊佐奈翁と, 会社員が, 伯爵は, 住む家, 佐良井が, 体掻きむしる, 何よりの, 作造は, 価格として, 信ずる道, 候ぞ, 偶然の, 僕とも, 優しさ, 兄は, 兄弟にあたる, 先輩に, 入れる位, 共に, 冒険である, 冷やかな, 出かけるの, 出で立ちを, 出方が, 判断を, 到底文仲, 前島宗兵衛, 劉万戸が, 力借ろ, 勉に, 勝手という, 勤労を, 勧懲小説とは, 医学士名は, 南原杉子に対する, 卯吉とが, 卯吉は, 厄介に, 友として, 友小島春庵が, 反映物, 受けた沙汰書, 口もとへ, 口癖として, 古ズボン, 召集せられた, 同僚たちに, 同意を, 名の, 名前だった, 名誉との, 名誉手腕財産等に, 君を, 告別式が, 周囲に, 呼ぶ名古屋名古屋, 命が, 命日お, 品行が, 問いに, 喜ぶ顏, 喜平だった, 喪中に, 嘘には, 噂に, 国で, 在世中は, 圭介は, 型も, 城外に, 堀を, 場合に, 墓の, 声で, 声は, 変装, 外にも, 外出を, 夜具の, 大兄を, 太左衞門, 奉公する, 女が, 奴両手を, 如きは, 妹お, 妻で, 妻への, 姉妹兄弟の, 姓を, 婦人に対する, 嫉妬心の, 子でない, 子なら, 存命し, 学識は, 宗左衞門と, 定まって, 家, 家とが, 家出を, 家風に, 容貌を, 寛治氏は, 寝台, 寝室の, 寝相を, 将来の, 小倉嘉門は, 小舎が, 少し参った, 尸を, 居るの, 屍体の, 山田とは, 巍にと, 巻煙草を, 帯びて, 帰らぬその, 帰りますまではと, 帰朝を, 常に愛玩, 平次が, 年齡の, 幻影が, 庄吉は, 弓箭を, 弱点を, 形代を, 影, 影響で, 役所の, 待つ患者控え室, 後世を, 得意は, 徳富伸一郎だつた, 心が, 心より, 心持など, 心裏を, 忠右衞門は, 怒を, 思慮深い, 性分の, 性格に, 怨みが, 恐怖と, 恩に, 息づかいや, 悪い癖, 悪口を, 悪謔, 情事を, 想像した, 意外な, 意見を, 愛とを, 愛撫を, 感覚を, 憂いの, 懐中にすら, 我を, 戻りを, 所好で, 扇子で, 手のひらに, 手伝いなし, 手前という, 手助け賃仕事, 手紙は, 手記からは, 才次郎も, 抑圧とによって, 指して, 指導係を, 撮影し, 放蕩と, 政治や, 敗北の, 敬重を, 敵と, 敵もとはと, 文学創作としての, 斧を, 方であり, 旅に, 日々が, 日月の, 日記帳に, 昇進の, 晴れの, 暗黙の, 書斎で, 書架から, 最上の, 有る身, 木村に対する, 本性ありあり, 村に, 東吉は, 枕上に, 果しも, 極端な, 様子の, 樣子がを, 権力の, 横死を, 機嫌取っとい, 次兵衛に, 歌を, 正身そつくり, 歴史的変遷に, 死で, 死に際して, 死をさえ, 死後の, 死後八年の, 死後小さい, 死後頻りに, 歿後には, 残酷無情を, 殿様さえも, 母君の, 毎日の, 気にも, 気もちが, 気持ちの, 気象を, 気質を, 氣持が, 氣風を, 沈黙から, 治兵衞に, 泥酔の, 活躍, 浮気とは, 深切に, 清松が, 源三郎の, 源次に, 滞在地を, 激しい嫉妬, 為めに, 為吉を, 為貞節を, 無上の, 無意味に, 熱も, 爲めと, 父は, 父母に対して, 父親で, 片手を, 特徴を, 状態を, 独言は, 王の, 現実的破滅を, 理由ない, 生前において, 生涯は, 申条または, 画家は, 留守は, 留守居を, 疾が, 病室に, 病毒に, 病状を, 癖を, 発見により, 百ヶ日も, 皺の, 監視と, 直ぐ後から, 相撲牛若丸は, 眞似, 眼エを, 眼鏡を, 着物一枚縫った, 知らぬ山, 知己とは, 研究室な, 祖父明了軒の, 神事舞, 科は, 稼いで, 立って, 竜神の, 第一課, 米吉は, 純夫, 組合は, 繁吉が, 置いて, 義であった, 義弟達の, 老いた掌, 考へが, 耳もとに, 職業が, 肉体に, 肩が, 胃嚢から, 背後へ, 胸を, 脇へ, 脱ぎすてた衣類, 脱獄後も, 自分への, 自決を, 自由自在に, 自白に, 興奮が, 良らぬ, 色彩が, 芸術を, 苦境に, 苦痛に, 茂吉だった, 落した火縄, 蓋が, 蔵書目録の, 藤吉は, 虚偽性を, 血まみれの, 血色は, 行商人は, 行方不明は, 術中に, 表情が, 袂の, 袖の下から, 襟飾の, 見る前, 見習ひ, 親として, 親切を, 親子だけは, 親類友達下部等の, 触覚に, 言うよう, 言ふこ, 言葉とは, 言葉尻を, 記憶が, 許可が, 註文に, 詞少き, 話によって, 話聞き, 語気が, 誰たるを, 讃之, 貞之助は, 財産は, 貧を, 贅言が, 趣味が, 足首が, 身にと, 身の上に, 身代に, 身支度の, 軽部武彦に, 近づく足音, 返事を, 追及を, 通るの, 進歩だ, 遊楽に, 道義的生活にたいしても, 達雄に, 遺志に, 遺筐, 遺言の, 郡へと, 郷里へ, 酒臭い, 重要書類を, 金蔵といふ, 銀行関係の, 長い病, 間で, 降りきるの, 陰気くさ, 階級性に, 隠れた戸棚, 隱家を, 霊魂を, 面影に, 靴の, 韓退, 頬に, 頼み聴かな, 顏, 顔も, 風の, 風間三郎だ, 飲み残した葡萄酒, 首に, 馬場要に, 魂を, 鳥原青年が, 鼻先に

▼ 夫~ (2500, 14.9%)

14 それを 12 妻の, 私の 9 彼の 8 何か 7 私が 6 云うまでも, 云わば, 何う, 夫は, 妻を, 彼女を, 急に, 眼を 5 彼女の, 死んだ

4 [20件] いいました, こうである, われを, ハイロの, 一つの, 人間の, 今の, 他でも, 他の, 何を, 併し, 妻に, 存在の, 意味する, 斯う, 明らかに, 目を, 私し, 私を, 非常に

3 [24件] これに, それについて, とりも, 一種の, 二階へ, 云って, 今は, 何の, 光子さんの, 兎に, 別に, 取りも, 口を, 大変だ, 帆村の, 平気で, 手を, 歴史の, 死んで, 爾だ, 確かに, 科学の, 第一, 道

2 [126件] あのとき, あるの, こうだ, このとき, この立場, この言葉, すぐに, そういう, そう言っ, そこまで, そのとき, その刹那, その妻, その方, その日, その時, その男, その頃, それが, それに, ただの, つか, つかれて, てれて, どう云う, どこへ, どんなに無念, なかった, びっくりし, またその, また夫, まだ帰っ, もう死ん, もう縛られた, もはや単純, わたしに, わたしを, イデオロギーの, ガン人の, ゴロリと, ハイロに, 一切の, 一回の, 一方に, 一般に, 一般的に, 両手を, 中, 云う, 人の, 何うも, 何とでも, 何とも, 何も, 兎も, 出て, 出征する, 出来るだけ, 初めから, 卓子の, 又別, 反対に, 問題でない, 因果と, 壁に, 声を, 大きく胸, 大変な, 夫で, 女房に, 妙な, 始めて, 学校の, 実在を, 家産を, 容易ならぬ, 少しも, 帆村から, 帰って, 当然な, 彼が, 彼女に, 思想の, 愕い, 慌てて, 或る, 扨置き, 日本の, 日露の, 昔し, 時と, 望んで, 朝早く, 正に社会, 死体である, 民衆を, 気が, 気の, 潜水カブトの, 火の, 物を, 生きて, 眉を, 眼鏡を, 矛盾と, 社会の, 社会改良家と, 細君の, 腕組みを, 自分が, 自殺する, 艫の, 色々の, 苦笑し, 菊の, 観念論の, 言った, 言ったが, 許して, 運動の, 鉄かぶとの, 長い間, 頭から, 頭が, 頭を, 顔を

1 [1976件 抜粋] あいかわらず一番うしろ, あくまでも夫, あっても, あのにくむべき, あの引き伸ばし, あまりに怜悧, ありのままを, ある屋敷, ある程度の, あんな人, いい気持, いかにも骨組, いずれも, いつかこんな, いつのまにか大, いつもすぐに, いつも此, いばりやでみえ, いまの, いやさうに, いわばリアリティー自身, うなずいて, おい, おくれがち, おまへの, お酉, かなり酔っ, がっくり落ち込んだ, きっと帰っ, ぐったりと, こう云い捨てる, こちらへ, このとき変調眼鏡, この人間学主義, この文学, この時期, この稀有, これからな, これらに対しても, さう, さつ, ざんねんでたまらず歯を, しばらく黙, すぐ前, すこしの, すっかりくたびれ, すっかり頭でっかち, すでに何十年, すなわち宇治山田, そういう気狂い, そうした二十年前, そう簡単, そこらを, そのこと, そのボート, その丘, その反, その婦, その容, その意味, その枕元, その残酷, その破屋, その著, その間に, その雑誌, それこそ, それでも小さな, それと, それ故, そんな乱暴者, ぞっとし, たずねた, たちまち失業者, たまり兼ねて, だらしなく, ちらりとハイロ, つかつかと, つまり日本, つれづれなる, とても素敵, どうしてこういう, どうして呉れる, どうでも, どうもようす, ないと, なかつた, なだめるよう, なにせ写真機, ねえもし, はじめて苦笑, はっととめなく, ひとり二階へ, ふてくされた氣持, ふふん, ほうほう, ほんとうに, まあどうでも, まず第, また泣きました, まだ何, まだ正当, まるで気が付かなかった, まるで自分, みな要らなくなる, もうお前, もうすっかり機嫌, もうポスト, もう仕事, もう帰っ, もう覚悟, もともと小姓, もはや実は, やがてかの, やっぱりいなかった, やはりそんな, やはり笑いました, ゆき子が, よく現われ, りっぱな, わかるだろう, わざと起き出で, わたし女房という, アカデミー的学殖をさえ, オリジナリティーの, ガンマ和尚の, サッサと, シューマンが, スパイの, タイを, ツングース, ドイツを, ナポレオン自身が, ハイロが, バンドを, ビクリとして, フウフウそれを, ブルジョア社会に, ペルシア更紗の, モソモソと, ラマ教の, 一つ質問を, 一同の, 一寸たちど, 一度はいった, 一応機械論的, 一昨日私を, 一段さらば, 一般感覚だ, 丁度ただ, 丁度排斥, 三つの, 三十分ほど, 上を, 下駄を, 不思議な, 不意打アノ傷は, 不運です, 中に, 主観から, 之を, 事実一通り共通な, 事柄の, 二人の, 二重にも, 云う迄も, 五十二歳女は, 人々の, 人間性や, 今までに, 今云った, 今思う, 今日マルクス主義的イデオロギー論と, 今朝も, 仕事場の, 他日に, 伊部熊蔵の, 伯父に, 佐良峠の, 何かの, 何もかも早かっ, 何処に, 何故私, 何時頃で, 何等知識, 余程後, 作業船の, 例えば目次, 価値では, 保険会社の, 個人的意識の, 偶然な, 傍で, 僕も, 元来初め, 先に, 入婿である, 全く具体的, 全く当っ, 全く皮相, 全世界, 六十に, 六月の, 兼て, 内容的である, 再び彼女, 凡そ動物, 出でて, 分つて, 初めてその, 別に医師, 別れた妾, 前から, 劒岳の, 勝れたる大兵肥満, 匙投げた, 十尋, 半蔵の, 単なる既定, 単にそうに, 単に政治的, 博奕に, 却って社会的, 參會が, 又別に, 又従って, 又逆手, 取引の, 口が, 只泣き寝入り, 可笑しな, 右手には, 同じよう, 向坂氏の, 呉, 呼ぶ積り, 哲学的言葉乃至, 唯物論の, 問題に, 喫驚し, 四十から, 困つて, 土手下に, 坑内の, 壁が, 夏の, 外交官です, 外界の, 多分ここ, 夜寒の, 大変やさしい, 大火の, 天井を, 夫わたしは, 失忘した, 好い男, 妹の, 妻に対する, 妾を, 威たけ高に, 子爵故, 存在そのものを, 学生にとっての, 安心し切ってる, 宜いが, 実に感心, 実の, 実は大衆化, 実は眠り, 実直なる, 実際的, 家内と, 寝物語に, 審神者, 専ら文筆言論活動, 小さく丸る, 小問題, 小高き所, 少なくとも三十尋, 尤もの, 屋根に, 山口袈裟寿とい, 岩角へ, 工業学校出の, 左脚に, 帆村に, 帰納的方法を, 常に鼾, 平凡な, 幼年学校陸士育ちの, 広い世間, 座敷で, 弁証法的才能の, 当局の, 形式的論理を, 役所に, 彼女以上あきらめ, 彼通り表裏の, 後で考えよう, 後者から, 得意に, 徹頭徹尾笑顔, 心明るく, 心臓の, 必ずしも幸福, 必ずしも関係, 必ず茶の間, 忙しく戻, 怒りに, 思った, 思はず立ち止つた, 怪文書に, 怪訝そうな, 恐らく理性, 息が, 悲しと, 愈々エッセイ, 意外な, 意識の, 愛子の, 感謝の, 懐中電灯を, 我知らず苦笑した, 所謂, 扉を, 手斧で, 扨置い, 担架を, 指壓の, 撮影録音機の, 政治上の, 教育に, 文化の, 文芸に, 斯く彼, 既知の, 日本人である, 早く志, 昔から, 星を, 昨年から, 時には結局一つ, 晩酌の, 暗がりの, 暫く睨ん, 書斎の, 最う男, 最も浄ら, 最後に, 最期と, 有難うございます, 未決監に, 本当に狂った, 机の, 板の, 格子の, 棒ぎれをひろつてあちこち灰の, 椅子から, 概念などでは, 模写と, 橋を, 次の間の, 止める, 正に一つ, 此処の, 歩いて, 歯科医で, 歴史的社会を, 死にかかって, 死後に, 殊にも, 毎日二連銃を, 毎朝飲む, 民衆の, 気味が, 水中電灯を, 決してそれ, 決して人間, 決して国体明徴, 決して留め, 決心した, 泣きべそ, 浪人の, 消極的と, 淋しが, 深刻な, 温泉に, 澁澤男などが, 灸の, 無意味な, 無論単に個人意識, 無論近藤氏一家, 熱心な, 父吉左衛門の, 片膝, 物質など, 狩人わたくしは, 獣の, 珍らしく, 現実との, 理念が, 理論的矛盾と, 生きたここち, 生気説に, 由々しい誤算, 留守勝ちであった, 病死し, 発達した, 皆唇を, 皇道主義を, 直き, 直接に, 相手の, 真実に対する, 真青に, 矛盾として, 知りましたれど, 確かな, 社会的応用即ち, 社会的道徳の, 社会記者が, 秀子の, 私よりも, 私党的である, 科学的な, 秘密の, 空駕籠を, 窓の, 立ちくたびれ, 立ち上る, 笑いながら, 笑ひ, 答えた, 紅子と, 細君に, 組織的な, 結局従来の, 絶対に, 總指揮者の, 考へた, 聊か自分, 職員に, 胆の, 脚下に, 腹の中で, 自分の, 自然などという, 自然科学, 自由だ, 至極尤も, 與八郎, 花の, 若干苦笑し, 草の, 落ちついたもの, 著しく歴史的特色, 螢光燈の, 衆を, 表現という, 裏切者, 要するに公式恐怖症, 見えない, 見て, 親の, 観念的主観主義の, 言ひすて, 認識形成の, 誤って, 論外又, 講談師伯知である, 貧乏の, 資本主義国の, 起きて, 足もとが, 軽い好奇心, 近寄って, 返事しない, 追つて行つて, 進歩性なる, 道に, 道楽者で, 部内抗争や, 酔って, 金融問題に, 長崎ニ而御国御, 阿父様, 随分妻, 電報配達夫であった, 非常な, 革命の, 鞠を, 音楽学校の, 頼まれも, 風に, 食べものには, 飯を, 馬鹿野郎で, 高い笑聲, 鳥打帽に, 黄色に

▼ 夫~ (1842, 11.0%)

23 妻を 15 帰って 9 為に, 自分の 8 ある, 何か 6 それを, 妻に 5 妻の, 私の, 私を, 自然科学の

4 [12件] 一定の, 他の, 何かの, 何である, 例の, 出て, 彼の, 或る, 来て, 死ねば, 死んだの, 気に

3 [19件] あるの, いいました, いて, 一つの, 一般に, 今は, 何の, 入って, 内証で, 失職し, 如何に, 戸外の, 戻って, 持って, 新婦の, 泣いて, 現実の, 生きて, 立って

2 [87件] あつた, あり私, あるん, あんな風, いた, いやな, お教え, お目, これと, そう言っ, その妻, その後の, ついて, どこかに, どの山, なかった, なくては, ブルジョア社会の, ボンヤリし, 一種の, 不意に, 今度は, 仕事に, 何に, 何よりも, 個人の, 借財と, 傍に, 僕に, 免れた危険, 分析によって, 前に, 割箸に, 単に機械的, 同時に国民党中央部, 夫が, 始終外, 実在の, 家に, 家出を, 帰宅し, 庖仕に, 彼を, 彼女を, 成り立つと, 成功した, 手を, 手紙を, 政治的実践と, 旅で, 旅行に, 朝早く, 本当か, 机の, 来たり, 次の, 此の, 歴史記述によって, 死ぬか, 死んだか, 死んで, 渾身の, 滿足する, 火の, 無事に, 理由も, 生産関係を, 申しました, 病気で, 目を, 社会不安の, 科学の, 第一, 答へ, 縛られて, 職を, 肺病で, 自分に, 自分以外の, 西田哲学の, 買って, 走込むの, 道を, 階段を, 非職の, 靴を, 驚いて

1 [1459件 抜粋] ああしろ, あたら神聖, あっちこっちにも, あの別品さん, あまりの, あらはれた, ありました, あり道貞, あるから, ある一定, あんなふう, いかなる状態, いきなり思ひ出した, いくらか勇ん, いちいち山, いつもの, いとしいやら, いねえの, いままでに, いま馬鹿な, うるそう, おりたの, お磯婆さん, かえって, かならず横, くるの, こういう不幸, こうして何, こたえた, このとおり, このよう, この与えられた, この夫人, この日記, この爺さん, この論理, これから何ん, ころびそれにいまはもう二人とも, こんなに遠い, こんな醜い, しかたが, しんから, すこし不機嫌, すでに解決済み, するの, そう云い, そう申し, その前, その明り, その申出, その言葉, その面影, それほど自分, そろそろ動き出す, そんな風, ただそれ, たのむこと, つい悪戯, つけた名, とつぜん大声, どうして今頃我家, どう連関, どこかの, どれだけの, どんな人柄, ないか, なおかつ一見歴史的, なく二十三人, なごりを, なつた, はじめてお目にかかる, はたして手紙, ぱつと映じた, ひどく不機嫌, ぴたりと, へえ, またその, まだすがりつい, まだ大きな, まるで光っ, みんなソヴェト労働者の, もぐって, もしそうなったら, もち得たらうれしい, もつ歴史的, やいこの, やがて専門学校大学, やはり黄金, よくする, よろよろし, わが子に, ゐた, ゐません, アメリカへ, エピキュリアンでなかつた, シシリー島の, ソクラテスから, テレビジョンの, ドンナ身の上の, ハイロの, ハッチから, ピタリと, フランスの, ブツ, ブルジョア新聞を, ホントに, マルセイユに, レーデラーに, 一つ一つ石油を, 一人ならず, 一人残り, 一刻は, 一定形態を, 一廻りし, 一日はやく, 一枚の, 一番下座だった, 一般性を, 七月に, 三四尺宛層を, 上げた笑い声, 下駄を, 不可能で, 不実を, 不機嫌である, 世を, 世間の, 中に, 主観に, 事務所の, 事物を, 二三名かけつけ, 二人位の, 二十年前の, 二階へ, 云って, 云わば, 五日溜めた, 亡くなつたけれども, 京に, 人間学にまで, 仁川に, 今なにを, 今何を, 今度こそは, 今日の, 仏印がい, 仕事を, 代表的な, 伐って, 会うた時, 会社の, 住んで, 何う, 何であれ, 何や, 何より役立つ, 何故自分, 余所行きの, 作業にか, 來て, 侍である, 便所から, 信濃の, 個人心から, 借財という, 僕の, 儲けて, 充分な, 先輩として, 入院しない, 全く除外, 六人の, 其為に, 円朝の, 冷かすと, 凍りついて, 出かけてから, 出がけ, 出征し, 出来ないから, 出発の, 分ります, 初めて社会的勢力, 創作でも, 助かったと, 医者でした, 半生の, 単に歴史的意識, 危機でなく, 即ち彼, 却って特有, 厭なら, 参りましたよう, 又五郎の, 又論理的, 反ファシズム綱領, 口やかましくなんと, 叫びました, 可惜, 司法吏道の, 吉原に, 同じテーゼ, 同時に社会的, 向わねば, 吾, 呼び電燈, 咄嗟の, 哲学の, 哲学的に, 唯動く, 唯物論の, 商工省から, 喋ったこと, 嗄れ声, 嘘なら, 四十歳に, 回廊の, 国家という, 国民的信念という, 圧死し, 報道されね, 報酬でなく, 外へ, 外国の, 外遊中で, 外部的だ, 多額の, 大きなずっく, 大分に, 大患に, 大穴を, 夫だけ, 失業を, 奪って, 好きで, 如何にも素朴, 妻から, 妻にたいする, 妻以外の, 始終持っ, 嫁に, 存在の, 学問分類の, 官僚的ファシズムの, 定められて, 宝と, 実業家として, 実証的である, 実際に, 家庭の, 寝こけて, 寝室に, 対立科学, 小林式パラドックスと, 小間使に, 少なくとも科学的, 居る, 展化した, 工場に, 差せる猪口, 帆村荘六の, 帰ったの, 帰つて来た, 帰還し, 平らである, 幸福であり, 床について, 弁証法的に, 弧と, 当然の, 形而上学的体系を, 役所へ, 彼女から, 彼女の, 往きにも, 後から, 徒渉し, 心であるなら, 心配や, 忌わしい病気, 思いつかない或, 思ひ出したやう, 思想の, 思想的な, 恋人と, 恨めしかった, 恰も先, 悟性であった, 悪漢に, 意味する, 意識されるなら, 意識形態としての, 感性に, 成立する, 戦争に, 戦闘現地の, 戻つて, 手まねで, 打ちこんで, 承知してる, 抑, 択んだの, 拾い上げたが, 按摩嫌いな, 掃除には, 操作と, 攻撃を, 政治的自由主義でない, 数百人も, 文化社会学な, 文学的に, 断末魔の, 新婦と, 新聞の, 日本的である, 日記を, 早乙女の, 時評的である, 普遍的, 書いた, 曾根への, 最も洗練, 最も顕著, 最初の, 有つ, 朝から, 木曾街道の, 末梢神経に, 本当に公式主義, 本格的な, 杞憂でない, 東京駅前である, 枝を, 根から梢, 格別に, 植木鉢をか, 極めて少ない, 概念から, 構はずに, 横たわって, 機嫌を, 歌うその, 正にAK, 歩けるやう, 歴史的でなく, 歴史的原理な, 歴史的時間を, 歴史的社会的事物である, 死ぬと, 死ぬ時, 死んだ二十二歳, 死んでからは, 殆ん, 殺されました, 氏を, 気の毒にも, 氣に, 汚されたよう, 決して人, 法律学生で, 流言蜚語だ, 海の, 深いと, 湯殿で, 滑かな, 漁夫達の, 潜って, 炭鉱の, 為めよく, 焚火の, 無くて, 無批判, 無礼と, 爲め御, 物理学を, 物質, 特に自然科学, 独り言の, 独自の, 獣か, 現在の, 理想主義や, 生き返るわけ, 生命現象の, 生計を, 申すならそれ, 画いたは, 留守に, 異常に, 病んで, 病身であっ, 癖に, 発病し, 盛んに, 直観である, 相手では, 真に私, 真理という, 眼を, 知って, 研究様式という, 碌な, 社会と, 社会科学, 祖国の, 神聖である, 私に, 科学的である, 科学的批評である, 稀に, 突当るよう, 立ち上ると, 筑紫へ, 系図屋を, 細君に, 組織的拠り, 結局に, 結果に, 綿貫に, 罪なく, 習俗に, 考えて, 聞きますと, 脇に, 膳の, 自分が, 自分に対しての, 自宅の, 自慢にて, 自然と, 自然弁証法と, 自然科学によって, 自身の, 興味自身を, 花崗岩であるなら, 苦心し, 莫大な, 蝙蝠の, 行くえ, 行方不明に, 袖口の, 見かけること, 見た事, 見る見る紫, 視覚や, 観念性を, 解けなければ, 解釈の, 言葉で, 許すか, 評論雑誌に, 話した話, 認識に, 読んだら恨み, 論理として, 警察に, 豊多摩刑務所に, 貝をと, 貴下好事に, 赤くならなけれ, 赴任いたしました, 跡を, 軽々に, 農村という, 近づいて, 近寄ると, 逆に, 通は, 連れて, 遊学する, 道楽者で, 遠征の, 遽に, 配達する, 酒呑で, 量を, 鋏を, 鍵の, 長いこと, 門前に, 間違いです, 間違ったこと, 降りやう, 陶酔に, 雀を, 雑夫長の, 零細農の, 電灯を, 非体系的, 非常な, 非科学的引用, 頼んで, 飛んで, 食事を, 馬鹿だ, 駆け廻って, 高々と, 高等官一等であるなら, 默つてそつと

▼ 夫~ (1375, 8.2%)

17 して 13 愛して 11 持って, 見た 9 持つて 8 助けて, 見て 5 もって, 待って, 殺して, 知って, 見ると 4 つれて, やりて, 呼んで, 幸福に, 持ちながら, 捨てて, 殺したの, 見たこと, 連れて

3 [14件] やって, 主人と, 促して, 入れて, 大事に, 憎んで, 棄てて, 知らずに, 肩に, 見に, 見よう, 見上げた, 踰える, 迎えた

2 [82件] しても, つかまえて, つかまへて, ながめた, はじめ一家の, ひき入れて, みとめて, もぐらせて, やとって, 不具に, 使って, 信頼し, 先に, 先立て我身, 前に, 勧めて, 半分は, 含むとも, 吾, 呼べ, 問題に, 喜ばすため, 夕餉の, 天と, 失って, 失ひて, 好いて, 妻は, 嫌って, 尋ねて, 待つこと, 思ふと, 恐怖する, 恨んで, 愛しては, 愛しても, 慰めて, 扶けて, 承認する, 抱いて, 抱きしめました, 持たせて, 持たない, 持った妻, 持てば, 指揮し, 振返りながら, 捨て, 有つ, 機嫌の, 欺いて, 死なして, 殺したり, 殺したわたし, 殺し家, 殺そうと, 毆つ, 毒殺し, 気に, 渡って, 玄関に, 相手に, 眺めながら, 睨んだ, 自由に, 自覚し, 行り, 見ました, 見殺しに, 見送りながら, 解決する, 赦して, 迎えたの, 迎えて, 遣りて, 選ぶこと, 避けて, 除いて, 除けば, 非難する, 頼りに, 顧みて

1 [1031件 抜粋] あしらい子, あっちさ, あまり買い被る, あんな箱, いさめて, いたずらに, いれて, うしろ見, うながして, えらび出して, おくり息子たち, おそらく軽蔑, おひいき, お客に, お持ちなされた, お父さま, かかえて, かなりふ, ここで, こしらえて, この文化的自由主義, こめた自分たち, こんなにし, こんなもの, さきに, さすがに, さらにもう一階下, したこと, しっかりと, しのび慕うあまりに, すぐバット細工, すすめ建築, すてる冥利, すでに科学, すり替えたも, せぬとは, そうやっ, その友人ら, それに, たしなめたが, たのしみ, だますよう, つかって, つかまえたかという, つくづくだめ, つねったり, つれに, どこか, ながめるため, なくした妻, なし得ないからこそ, なだめに, なによりも, ぬく, はげまし母, はじめそこに, ふたりやとっ, ほごす鍵, ほろぼす, またいだ瞬間, みあげたが, みた, もたずに, もちました, もっと自分, もつ事, もてなすよう, やと, ゆり起して, よこしたん, よび起して, よんで, イデオロギー論の, ジロリと, マルクスは, 一人残し, 一味同腹, 三人ばかり, 上下する, 下して, 与えるもの, 世話する, 中心と, 中門の, 乗切ると, 二人連れ, 云う, 亡ひたる, 仇とも, 伯父は, 伴れ去らん, 何ものと, 何んだって, 何等か, 作って, 侮る心, 信じきって, 信じ豪い, 信用し, 停めること, 傍へ, 傭ひ, 優越し得ない, 兄弟を, 先へ, 兎唇に, 入れないこと, 全かり忘れ, 全く好い, 六十度余りも, 其方退け, 内へ, 再び見る, 凌いだ, 出抜いて, 出迎える召使, 切り払いながら, 刺殺したも, 割る手練, 助けたの, 助け家, 励まし聟, 労わらな, 勢ぞろいし, 包む繃帯, 半御わかち, 危機と, 却て, 厭ふこ, 去ること, 又劫かす, 反覆しない, 取こ, 取りもどしたいの, 取り入れること, 取り扱おうと, 取扱う人, 古代ギリシアの, 吉原大店の, 含んだより, 呪う恐るべき, 味噌汁に, 呼びながら, 呼び出して, 呼び寄せます, 呼んだ, 哲学的に, 哲学者が, 啄むの, 喜ばせます, 喪う有りて, 喪った妻, 喪つた, 喪つた里恵が, 四杯に, 土蔵の, 圧倒する, 埋解せずその, 基礎づける, 場処, 増したで, 外征に, 多少とも, 大きくし, 大声に, 失いし或, 失い河田町, 失うた妻, 失ったの, 失ったん, 失った人, 失った女, 失った此二三日, 失つた彼女は, 失つて絶え入る, 奪い友達, 奪った俺, 奪つた上, 奪われ過酷, 女は, 婆やに, 嫉みぬ, 嫌い方便, 嫌悪する, 守らなければ, 守るよう, 実行し, 宮するならず, 害せん, 寛容する, 察したらしく恐怖, 射殺した, 小蔭へ, 尽して, 居させると, 工場に, 帰さう, 幕吏ニ土佐国の, 幸いに, 弁証法的だ, 弁護する, 引き伸したよう, 引入れるなどと, 形式から, 形而上学的と, 彼は, 彼等は, 待ち受けて, 待ち得しと, 待ったこと, 待つて, 待侘顔に, 待遠しく恋しがっ, 従えて, 得た今日, 得るとか, 得已, 御こしなされ, 心あてに, 心配する, 忘れたとき, 忘れること, 怒鳴りつけて, 思い子, 思うの, 思う貞節, 思ひ出した, 性格破産者類似の, 怨むべからず, 恋う女鹿, 恐怖した, 恥ずかしめ候罪, 恨み無言, 恨むやう, 恨めしげ, 息を, 悦ばしょうと, 悲しませて, 想いながら, 想像する, 意味し, 愛しきれない妻, 愛したいという, 愛し切って, 愛すべきもの, 愛するやう, 愛すればこそ, 愛せよ自然, 感ぜずに, 慕い鬼王, 慕ひ, 慰めたせい, 慰めるため, 慰めるよう, 慰める爲, 慰め鼓舞, 憎んだ, 憚って, 或は子供, 戸外に, 手で, 手招ぎする, 手許から, 打たれたとき, 打ち解けさせる天分, 扱い衣類, 扶養し, 批難しはじめ, 承認出来ない, 択んだ女, 抱いた一郎, 抱かうと, 抱きました, 押えて, 押さえて, 押し分けて, 拵えまして, 拾つて読ん, 持たないこと, 持たぬもの, 持ちけるよと, 持ちますわたし, 持ち更, 持ったと, 持った四十四, 持った妻君, 持ってからも, 持つた年, 持つという, 持つべきはず, 持つ場合お母さん, 持つ気, 持て居るか, 指していう, 捕えて, 捨て子供, 探した, 探し出して, 探し出すの, 提げて, 換えること二十四人, 撃った, 撰ぶの時機, 支持する, 改めて説明, 救は, 救わんと, 敬い舅姑, 敬愛する, 敷衍し, 文化的自由主義と, 旅に, 明るい世, 更ふ, 書附て, 有し又は, 有つた, 本来の, 案内する, 棄てた後, 棄てるよう, 検めるには, 概念である, 横切って, 櫃の, 欺くため, 欺瞞し, 死ぬほど, 残して, 残留越冬させ, 殺さない決心, 殺したつい, 殺したもの, 殺した後, 殺した者, 殺しロマリク尊者, 殺し新しい, 殺し自分達, 殺すの, 殺す敵, 殺害した, 殺害する, 毆いた, 毆ぐる時には, 毆打し, 毆殺する, 毒殺された, 毒殺する, 気取って, 求めること, 求る, 河東に, 海の, 深く愛し, 渡りながら, 潜らせたなら信玄, 無下に, 無理に, 無理やりに, 無視した, 爆殺し, 片手間に, 物体とすら, 特つ, 特色づける, 狂は, 狼狽させたくなっ, 玄関まで, 現は, 理解し, 生かして, 生み落したまま産褥熱, 用いる範疇組織, 用意する, 男と, 番頭代りに, 疑ったお, 疑わなかった, 登って, 盗まれて, 盗み見て, 目的と, 目醒す, 看護しつ, 眺めるよう, 眼開きの, 睨み返した, 知つた, 知らず, 知らせる材料, 知らぬでは, 知る点, 破産さして, 神様の, 禍する, 私するの, 突きとばして, 突き進ませて, 立てて, 筆に, 納得さしたらしい, 組み伏せた妻, 絵描きと, 繰り返すこと, 置いて, 置去りに, 羨しが, 考えて, 聞いて, 聞た, 背に, 背負って, 脱走させた, 膺懲すべし, 自分の, 自発的に, 自覚しなく, 船長に, 苦しめないよう, 落胆させまい, 蒲団に, 虎に, 血走った眼, 行ふ, 被つた姿, 裏切るやう, 褒められるの, 見おろした, 見た時, 見つめて, 見ないふり, 見ながら, 見る, 見るより, 見上げて, 見下して, 見出して, 見分けが, 見捨てて, 見棄てる気, 見舞うためノルマンディ, 見詰める, 見返さなかった, 見返って, 覗き込んだ, 解明する, 言われなん, 討たれた者, 設けて, 許せば, 証明する, 評するとき, 詰らぬ事, 認識論的意義と, 誘つて陰気な, 説明し得た, 識別し, 護って, 貫いて, 責めてばかり, 貶した末, 賣ると, 起き上らせたが, 起してはと, 越すの, 軽く思う, 軽蔑せず, 迎えまいと, 迎えると, 迎える気, 迎へて, 迎へる, 返しなさい, 追いかけて, 追い夫, 追うの, 送り出してから, 送り出すと, 逃れる為め, 途中で, 通り過ぎて, 遇する朝夕, 過去に, 適當に, 選むこ, 避けるよう, 野蛮だ, 長次郎谷は, 門口まで, 除いた軍人, 随分愛し, 離れて, 頭に, 頼んだ, 食べさせて, 養いながら, 養う, 養う妻, 養わしめこれ, 驚かして

▼ 夫~ (1319, 7.9%)

31 しても 13 して, 向って 10 なる人 8 向つて, 對し 7 なって, 仕えて 6 對する, 就て 5 とつて, 云った, 別れて, 死なれて, 死なれてから, 死に別れて, 較べて 4 しては, むかって, 向かって, 渡した, 相談する

3 [26件] いった, かう云, ささやいた, したかて, それを, よれば, 先つ, 勧めた, 勧められて, 告げた, 声を, 就いては, 打っ附, 持って, 持つこと, 死別し, 知らせて, 知れずには, 私の, 秘して, 聞いて, 背を, 見せて, 跟い, 随い, 頼んで

2 [80件] かしずくという, した妻, しようとは, すり寄りそれ, するの, その事, そんな事, なった, なる資格, なれ, なろうと, 一つの, 事うる, 云つた, 交って, 仕うるに, 代って, 似て, 何の, 依って, 先つて歿, 別れてから, 別れなければ, 勧めて, 同情する, 向ひ, 含まれるとも, 基く精神的, 嫉妬を, 対応する, 導かれて, 就いて, 就ては, 忠実な, 情欲を, 感づかれるよう, 手を, 扶けられ, 拠ると, 持たなければ, 持ちたがるもの, 持つの, 授けて, 死なれたので, 死なれてからは, 死に別れたの, 死に別れ傭人, 死別した, 死別れ, 比して, 沿うて, 済まないと, 満足し, 甘えて, 相違ない, 着物を, 示して, 答えて, 聞くと, 臣従しない, 自分の, 見えず, 見えて, 見ゆるを, 話される事, 話して, 貞節を, 赤ん坊を, 身体を, 迫った, 迫って, 逆い, 逢いに, 逢って, 連られ, 連れて, 連れられて, 過ぎない, 邪魔されない, 附いて

1 [917件 抜粋] あいたい妻, あたる, あてた簡単, あひ, あびせ, あるので, いいつかって, いくら責められ, いわしたら, いわすと, うつした悪疾, おくれて, おとらぬ志, お隣の, かかっては, かけた苦しみ, かしずいて, かしずく様, きせて, くみついたり, こう仕向けられ, こう言われない, この仕事, ございます, さう云, さからうよう, さきだたれた独身者, ささやいて, ささやく, ささやくと, させて, さへ, した, したがって, したの, しちゃあ, しましょうぞ, すぎず, すすめた, すてられ今, すべてを, すみません, する, するほど, せよまた, そういう疑念, そう云っ, そのわかれ, その資格, そんな侮辱, たずねた, たび, たよって, ついて行き平気, つかえる夫人, つくべきか, つらくされ, つれられて, とりのこされた女, どっさり金, なくなられて, なったって, なったばかりの, なった人, なった宗右衛門, なつて, ならうよ, なりて, なり切って, なり勝ち, なり田島屋, なること, なるとかいう, なるべき青年たち, なるより, なる方, なる約束, なれるか, はさみうちに, ひとしいボーイ, まかせて, まだ世間, まみえずとか, みせたこと, むしり付いた, もしもの, ものを, やりながら, よく似, よると, ウヰダや, ハンケチ時計金入などを, リセリウ街で, 一体無口, 一切の, 一歩を, 一言でも, 一身を, 不実を, 与えて, 与えるの, 与える所, 与ふる, 与へて, 事うる如き, 事ふる, 事へて, 二心なき, 云いました, 今までの, 仕うるが, 仕うるの, 仕うるもの, 仕えるから, 仕える真似事, 仕え子供, 仕て, 付私共は, 代つて家, 代る新しい, 代わるもの, 伍し, 会いなさったこと, 会って, 会ひ, 会われぬこと, 伝へて, 伴つて信濃に, 伴はれ, 似たお話, 似た一人, 体を, 使う山笛, 依存する, 借りて, 備わって, 優越を, 先だたれるもの, 先の, 先立たれたの, 先立たれ爾後再縁, 先立った君, 兩刀を, 其気象は, 内緒で, 准ずるなり, 出世した, 出会つた, 刃を, 別れしなり夫, 別れたまた, 別れた叔母, 別れてか, 別れまして, 別れること, 到る處山桃, 助太刀を, 勝つよりも, 勝る卿, 勧めた時, 勧める間もなく, 化けた男, 十九年も, 又ぐず, 又商売, 又支那人, 又此の節, 又高輪田氏, 反して, 反射する, 反抗し, 反映し, 取つて, 叛い, 口利い, 可愛想, 叱られさ, 司法省, 合うよう, 同化し得る, 同意した, 向い五ポンド, 向った事, 向つて神, 向つて言, 君の, 含まれるが, 吹きこませたもの, 告げたといふ, 告げました, 告げ啌, 告白し, 周圍が, 呼びかけ, 和し, 問うと, 問ひ, 問奉らく, 喰つてか, 嘆くそぶり, 困ったら一週間位, 執着し, 基く人民戦線, 基く科学意識, 基く限り, 塗り夫, 声さえ, 売られるもの, 変相その, 大学出の, 妻よ, 威張られて, 嫁いだ上, 嫁す, 子羊を, 定めたという, 宛てたある, 宛てたもの, 宣告した, 家が, 家事万端の, 寄りかかったまま, 寄りそ, 寧ろ責任, 対ひ, 対立した, 対立出来た, 尋ねて, 對した, 小母の, 就いての, 尽し, 屈従する, 帯は, 帰着する, 常に伴う, 平行した, 幾ら責められ, 弄ばれたこと, 引きいれられては, 引きわかれて, 引き沿うて, 引変え, 引渡すべきであるか, 弟子は, 弱点が, 当るの, 当る爺さん, 彼が, 彼れ, 後で叱られる, 後る, 従いて, 従うとともに, 従うの, 従うもの, 従ったもの, 従はば, 従べし, 從ふ, 復讎を, 復讐しよう, 必要な, 忍びその, 忠告した, 忠実でなけれ, 忠実に, 忠實ならしめ, 思ひ知らせて, 思わせて, 怨を, 恥ずかしからぬ, 悪疾あれ, 愛されたいばかりの, 愛し愛されてるありさま, 愛せられまた, 愛情を, 感心し, 感謝しなけれ, 慣れて, 懲りて, 成りぬ, 或気安, 手渡してから, 打たれて, 打ちあける勇氣, 打ち当って, 打ち明けたついで, 打ち明けるの, 打って, 投げかけたくなる, 投石殺害いたし, 択んだ文学者清岡進, 抱えられベッド, 抱かれながら, 担がれて, 持たして, 持ちしうへからは, 持ちたくは, 持ったの, 持っても, 持とうとは, 指図を, 捨てられた悲哀, 掛けて, 接吻した, 握手を, 撲り殺されて, 教えたり, 敵するあって, 断って, 新しい愛人, 日頃あの, 早く立ち去れ, 曳れ, 有たん, 服従してる, 服從せなけれ, 棄てられた女, 棄てられて, 此の, 此霰の, 歯向う, 死なれその, 死なれた為め, 死なれ数十年間寡婦, 死なれ生計, 死にわかれて, 死に別れた女房, 死に別れた妻, 死に別れた後家さん, 死に別れついに, 死別された, 死別れた, 殉ずる風, 殉死する, 殺されるよ, 気が, 気を, 注意した, 添い臥, 添わされた我が身, 清潔な, 済まんいう心持, 渡しました酋長, 温和な, 火を, 火災保険が, 無意識的である, 焼ごて, 物言ひ掛くれ, 物語って, 犯されて, 狎れかりに, 獄中で, 甘んずるもの, 生霊取り憑いてた, 由り先ず, 町子の, 當る, 疏れ, 発見されたら, 白状した, 直接つながっ, 直接伴っ, 相当する, 相応わしい, 相談いたしましたら, 相談した, 相談を, 相違有るまい, 真裸に, 着換, 知らせたくなかったもの, 知れようもの, 私には, 私語い, 私通を, 秘密に, 穿かせ置くこと, 立て替えた金, 端を, 紹介されました, 紹介し, 結びついて, 給与する, 続く苗場, 縋りつき, 繋ぎながら, 繪端書を, 老人が, 耐えられない人々, 聞いた, 聞かせずと, 聞くまでも, 聴かせるつもり, 背中を, 臣が, 自分は, 至っては, 與えて, 苛立しい, 若し誤っ, 苦痛を, 荒い布, 蒲団を, 虐待される, 蜜柑どころか, 行かない前, 衝突した, 襟首を, 見えず忠臣, 見せた, 見せたい, 見せた覚, 見せること, 見つかって, 見へた, 見られたの, 見られたらたちまち, 見入って, 見惚れて, 親しくし, 言うが, 言ふ, 言われた時, 訊いた, 訊いて, 訊ねた, 訴えて, 訴えると, 訴えるの, 詔り, 話した, 話す, 誇った, 誘われて, 誘導され, 語るは, 説いたほど, 説く, 調戯った, 譲った, 讒す, 貞操なる, 負はしむるなり, 責任の, 贈りし智慧, 走って, 起ころうと, 較べると, 辭職を, 近い発音, 近く寄っ, 返すの, 迫つてゐた, 述べて, 追はれ, 送つた, 送る手紙, 逆らいて, 逆毛, 逐われたと, 通じないの, 逢うといった, 逢えるかも, 逢ひ, 逢わずに, 連れ添って, 進めました, 遅れまいと, 過去の, 違いは, 適応し, 選ばれたん, 酒を, 金を, 関係した, 附けても, 附纏う, 限って, 随って, 隠し立, 隨ひ, 雇ひました, 離れぬ守り, 離縁しられる, 電話を, 非ず, 面白そう, 頼んだ, 顏を, 風さへ, 飛びかかると, 飛び付くと, 食は, 飮ませた, 飲ませたという, 駕籠を, 高輪田氏は

▼ 夫~ (1125, 6.7%)

22 から私 19 から又 6 から後, となく, に又, ばかりで, 丈の, 然り 5 からし, から江戸, が私, は何, は夫 4 からその, から段々, は扨, も道理, を発見, 大隈伯に, 等の

3 [18件] ぞれ, でもお前, にし, につけ, に就, は, はお前, はまだ, は大, は実に, も何, 吾を, 天下の, 女子は, 彼れ, 斯の, 是れする, 程の

2 [119件] かと切込まれ, かと言つて來, からいよ, からである, から二年間先生, から亜米利加, から先生, から再び, から前, から半時, から彼, から懐中, から最う, から此方, から此本, から自分, から長崎, が丸, が何, が全て事実, が又, が大層, が嫌い, が真に, が科学, が自分, こそはお, さへ, でまだ, でも私, とも其やう, とも酷く, と同じ, と同じく, と思ふ, にお前, に付き次ぎ, に入れる, に気付き, に私, はお前無理, は先生, は又, は可, は小笠原, は常, は当時, は後で, は本統, は癖, は言, は諸方, は造作, へ出席, へ行っ, ほどの事, ほどまでに戀, まであの, までだ, までであった, まで何, も其筈, も同じく, も心, も案じ, も無くなった, も蒲團, よりの丹精, をば何, をば聞く, をローウェル, を包み, を承諾, を敷, を活用, を生んだ, を種々, を聞く, を見付けられた, を遺憾, 丈けの, 丈に, 人間の, 今日の, 伊藤侯は, 伊藤大隈は, 偶然なら, 功業を, 少しく修養, 恋愛は, 悪の, 或はガリバルヂー, 才は, 政治的射利の, 政界の, 故の, 板垣伯は, 然ら, 社稷の, 私恩は, 程に, 立憲政治の, 等が, 自然は, 自身に, 英雄を, 藩閥は, 計りでなく, 談論滔々として, 識見を, 貴族院は, 賢者は, 輪廓の, 逍遙子が, 閣下に, 閣下は, 限りに, 陸軍省に, 駿馬の

1 [703件 抜粋] おのづか, から, からそろ, からという, からもう, からガルヴァニ, からシラバクレ, からモウ一歩立, から一同塾, から三八, から三十二, から三月, から世の中, から九八, から人, から今度, から以上, から何, から余, から先, から先方, から其話, から出, から刀, から又再三, から取次, から古川節蔵, から同じ, から同行, から四月, から塾中, から外, から大, から大阪, から天眼, から夫, から宇田川町, から宮島, から家督相続, から布哇, から幾ら, から徳川親藩, から念, から或, から握飯, から攘夷論, から数, から数寄屋町, から方向, から日本文字, から東京, から榎本, から横浜, から殺し, から水, から水夫, から水戸, から江戸市中, から物価, から獨逸, から玉造, から真裸体, から眠る, から神明前, から私共, から種々, から筆, から箕作, から脇屋, から船, から船場屋寿久右衛門, から藩, から行灯, から袋, から袴, から親爺, から諸方, から貸し, から途中, から運動, から鉄屋, から長屋, から長州藩, から陸, から雪駄, から露西亜, から風呂, から駕籠, がいい, がその, がむづかしい, がハッキリ, が事實, が今日, が他人, が利い, が四十歳頃, が大, が天, が實際問題, が店, が引, が形, が徐行, が昼頃, が終る, が耐えられない, が葉末, が見られる, が訛つて亞拉比亞語, が際立つ, が面白い, が首尾能, さ名刀さ, しか知らなかつた, じゃ出し, じゃ最う, その智萬物, だからくす, だけじゃ特種, だけである, だけで此處, だけの横文字, だけ御, でい, でも三四十円, でも學校, でも鐵道, といふ, として, として大岡越前守様, として扨松木, として私, として萩原朔太郎氏, とは事, とも人, とも只, とも折ふし, とも異なり, とも笑ふかしら, とも逃げ出し, と一緒, と共に山の上, と共に高原, と反, と同時に, と同様, と無く, と知らね, と知る, どころで, ど我等, にしない, にても事, にて汝, にどんな, には子供, には心配, には或, に乘, に代, に依, に各人, に合わせ, に少し, に就い, に引換, に心, に感化, に構わず, に気が付いた, に相当, に私共, に程度, に関しては次, に隨, に面会, のみか御, のみならず, はある, はお前勘違ひだ, はこうした大きな, はそう, はその, はどうやら, はどの, はまあ, は丁度, は下町, は事, は云わぬ, は人物, は仕方, は以ての外, は何時も, は何歳, は偶然, は兄樣, は出, は初め, は利己主義的, は動く, は動物, は同, は困つた, は失敗, は寧ろ, は少し, は巨大, は常識, は幾枚, は形容詞, は恐らく, は扁平, は折角, は料理人, は本当, は本当に, は松年先生, は次郎長, は此, は此次, は毎晩, は無駄, は煙突, は男, は直ぐ, は知っ, は知れた, は私, は考え, は色々, は蛇, は見る, は誠, は調ら, は身體, は辱, は面白から, は鬢, は魚, ばかり申し, ばかり祈っ, へご, へと巧, へ乗せ, へ湯, へ言, ほどで無けれ, ほど別れる, ほど重用, まで, までさり, までに出来得る, までのこと, までは唯, まで人々, まで打, もご, も一月, も去つた, も天子, も我々, も昔, も是非とも用, も白髪, も矢, も立派, も間, ゆえ大きな, ゆえ緒方の, ゆえ藩中に, よりこう, よりは, よりはお神輿, よりは一筋, よりは又, よりは彼, よりは美登利, よりもずんと, よりも夫, よりモット便利, より二宮家, より以前, より只, より帯広, より採りたる, より袋, より起りし, より釧路, より間道, らを, をこちら, をご, をさえ, をば阿, を一枚一枚, を両手, を乞食, を偶然, を其, を利用, を厭, を又, を口中, を呉れよう, を唯, を四郎, を因藤裁判長殿, を埋め, を実行, を小さく, を山番, を強いて, を思う, を打消す, を批判, を持つ, を摸作, を斯, を日本人, を明快, を書く, を望んだ, を次郎長, を炮烙, を無理, を用候方, を相場外れ, を穢, を習っ, を考へる, を衣食, を見, を見つめた, を見る, を試験, を読み下せ, を警護, を躊躇, を遺留品, を阿, を食, ァ喧嘩, ア, キニーネ又, ッ位無駄が, ヒユーマニチー, リシダスの, 一昨年の, 一言半句も, 丈を, 世界が, 世間に, 二十年來鍛錬し得たる, 二十年来鍛錬し得たる, 人は, 人一たひ, 人内に, 人生なる, 人生の, 人間に, 今經たる所, 仏国か, 以上に, 以上は, 位に, 何くにか, 何をか, 侠なる, 信念は, 兇器の, 全宇宙, 其大略を, 其見小に, 写実と, 厭世家は, 又やられたで, 古人は, 吾人か, 吾妻鏡所載の, 国会を, 国家を, 國家を, 境土隣接し, 大した御, 大人物, 天馬は, 夫れ, 夷も, 奕棋の, 奥仙丈山の, 奮闘せよ, 宇宙の, 実に然らむ也, 実際の, 實際の, 將た, 尚依然として, 平四郎が, 形式礼法を以て, 彼に, 後者, 徳愈, 忠孝と, 悉く此, 憎を, 我か, 我文明の, 我等の, 或は然, 戰場の, 所では, 持重し, 支那に, 支那は, 故其試驗, 故郷なる, 文学者を, 文武の, 新しき自然學, 日常思惟する, 日本は, 春よ, 春水杏坪共に, 是れで, 是等の, 智者は, 東北の, 東洋と, 権威は, 次第にて, 歌の, 此, 此處に, 氣が, 水上の, 汝か, 浮世の, 海は, 涙を, 潴水池ハ水害予防に, 然らん, 環の, 生に, 皮肉なる, 相応の, 相當, 知己に, 社界的人生などの, 私一人の, 程で, 程重い, 種々の, 第十四議会, 等を, 経国の, 經國の, 美術は, 老朽者を, 能く, 臨檢警官の, 自らに, 自治なる, 自身の, 英雄豪傑は, 藪医術とは, 衆理想とは, 西洋の, 試驗法の, 調あり, 諸国に, 諸王を, 謀叛心が, 議会と, 議會と, 議會の, 象山先生は, 貧困は, 足尾の, 軟毛の, 軽かりき, 迂遠なるや, 通人才子の, 造化既に, 進歩の, 道は, 遠謀禍殃を, 鉱業より, 限りぽかんと, 限り往生し, 陰陽漸く, 陸奧宗光伯は, 雅に, 霊ある, 非常の, 非想, 韓國の, 風一たび蓬, 高尚なる

▼ 夫~ (649, 3.9%)

16 一緒に 10 妻の 8 して, 妻との 7 一しょに 6 死別し, 離れて 5 並んで, 兄とは, 妻と, 妻とは 4 なって, 二人で, 倶に, 別れて, 名の, 妻とが, 子供の 3 なるべき人, 呼び妻, 妻, 妻が, 妻とを, 妻は, 木村さんとは, 結婚した, 自分との, 顔を

2 [30件] おなじよう, した, すること, ほんとうは, よぶ知らない男, 一しよ, 三人で, 三人の, 二人限りの, 何か, 全く同じ, 同じに, 子供を, 定めたる心, 定めた人, 対立する, 彼女の, 必死の, 息子の, 手を, 春山の, 晝間まで, 看病夫とが, 私とは, 私の, 腕を, 自分の, 見えて, 話して, 認めて

1 [450件] あらゆる海況, いいますが, いうが, いえども, いっしょであったら, いっしょに, いって, いっても, いつて, いふ者が, おじさんとの, おなじ地球人, おなじ床, おッ, お互い身の, お杉, お梅, お梅どん, お磯婆さん, かしずく男, きまった源三郎様, きめた大次郎, きめよう, くらべて, けんかを, こうして差向い, このこと以外, この道, さし向い, さだめし人, さだめられて, したの, したら五百, した仏最初得道, した女子, した川上, した者, しっくり融け合う, しのびなお, しようと, し妻, し竜女, し躊躇, するところ, する刹那, する貞子夫人, せし人, そういう風, その人, その妹, その罪, その農夫, それから道子, ちがった扱い, つれだって, つれ立って, なくあたり, なく今, なく再び, なく問, なく室中, なく心配気, なく最, なく聞き糺し, なった, なったと, なった人, なった男, なつた, なつて, ならざるを, ならびて, ならんで, なり一家, なり人, なり妻, なり婿, なり慈愛, なり親, なるその, なるひと, なるべき全, なるべき平太郎, なるべき抽斎, なるもの, なるらしかった, なる人, なる金沢三平来, なろうという, はなしに, ふたり手に, ぽつり, まだ夢, まち見, ゆき子の, よばれ妻, よび妻, よぶこと, わかれる事, わかれアリメント, わが夫, イデオロギーとの, セミョーンは, ソクラテスとの, ハイロそれに, ハイロの, ハイロは, ボンヤリ肩を, マテリアリズムとは, ルネサンス的ヒューマニズムとの, 一人の, 一人子の, 一夫多妻, 一所に, 一日別れ, 一輛の, 不釣合には, 与里とは, 世にたぐい, 並ぶを, 中が, 中村という, 之との, 争いながら, 二人が, 二人ぎりの, 二人の, 云う, 云うの, 云う事, 云う人, 云う彼, 云う職業, 云ふ, 云ふも, 交した最後, 交叉する, 京子の, 京都に, 他の, 仰がれぬべく定まりたる, 仰ぐ帆村荘六, 仲よく話, 伴れ立つ, 伴立っ, 似た発言権, 似て, 何れが, 何所で, 例えば時間, 例の, 侍女の, 信じられたであろうか, 偕に, 僕の, 兄と, 兄弟と, 兄弟父親息子を, 光子さんと, 全く別, 全く同, 共々但馬, 共寝を, 共棲み, 共用の, 其の情婦, 判断され, 別の, 別れたただ, 別れたの, 別れますと, 別れようかとも, 別れる悲し, 別れる時, 別れ住む, 協力し, 反対, 反対な, 口を, 台湾へ, 合わなくなる, 同じくルネサンス, 同じく歴史的, 同じその話, 同じだつた, 同じよう, 同じ事, 同じ基督教, 同じ山脈, 同じ待遇, 同じ態度, 同じ或る, 同じ病, 同じ薄い, 同居せざるべからず, 同時にこの, 同時にそれ, 同時に今, 同時に又, 同時に右, 同時に第, 同棲しない, 同棲を, 同病である, 同腹と, 同衾を, 同郷で, 同郷の, 名が, 名付くる, 向い合って, 吾, 呼ばれる時, 呼びて, 呼ぶやう, 呼んだ事実, 和助が, 和助を, 問ふ, 喋って, 喧嘩する, 喧嘩を, 四男の, 在るだけ, 墓を, 多勢の, 天使の, 失われた胎児, 女の, 奴国の, 如何に, 妹とを, 妻である, 妻とで, 妻とについて, 妻何といふ, 妻子の, 妻親と, 姑とが, 姑の, 姑君とが, 娘と, 娘とが, 娘とを, 娘の, 娘を, 婢とに, 婦とが, 婦兄と, 嫁くべき, 嬰児を, 子が, 子とを, 子供が, 子供とを, 子供に, 孰れ, 定まったかの, 定まる人, 定めざるべからざる我身, 定めしめた, 定めた助, 定めること, 家へ, 寝起, 察し若し, 対応する, 対等の, 對立する, 小さな娘, 小太郎に, 少しばかり, 少女と, 居ながら, 巡査とで, 布団の, 帆村と, 平行し, 引き離して, 彼の, 彼らの, 忻慰す, 思い定めること, 思い定め自分, 思えばこそ, 思え情夫, 思ふん, 思われる男, 思われる者, 思惟の, 悟れる時, 情夫, 情夫が, 想像されない, 愛する子どもたち, 愛児と, 愛児の, 愛子の, 憑む人の, 懇望され, 懸け離れた好尚, 成る勿, 我とを, 我子とを, 推定する, 撰定した, 支拂つて差支へ, 政治的自由主義との, 故国に, 敏ちゃんが, 敏ちゃんの, 敏ちゃんは, 敏ちゃんを, 教へ, 数えて, 文学との, 新しい妻, 新婦の, 旅客との, 春山之, 暮して, 朝の, 木村さんの, 本質的に, 来たらわたし, 来ても, 極めて相, 欧州へ, 止度なく, 此も, 死に別れてから, 死別れた, 母との, 母に, 比較し, 比較する, 永く暮し, 永井源四郎の, 決して直接, 決まって, 海音寺潮五郎が, 淋しい家庭生活, 添寝を, 為すべし, 父と, 父とが, 父の, 物ずき, 独立した, 獄中生活を, 生うつしなる, 生れたばかりの, 生産関係との, 産科医も, 田辺哲学とを, 申す士分, 異って, 異なる特色, 異る, 百間の, 目を, 直ちに一つ, 直に向き合った, 直接の, 相対で, 相談も, 相識に, 看破し, 眼を, 知らずに, 知られる程, 社会との, 社会科学の, 私だんだん, 私とが, 私とで, 私との, 科学に関する, 称し各々, 立てて, 第三, 第二, 約束したる, 紛うべくも, 結婚する, 結婚を, 綱持ちは, 総江, 義弟達の, 老女と, 老婆は, 考える屍体, 考へられ家あるじ, 聟とは, 臥せど, 臥た, 自分とを, 自然科学と, 自然科学に関する, 致候て, 舅が, 舅との, 舅姑の, 舟に, 艱難を, 若い妻, 若菜が, 若菜の, 行合って, 行合つて遣, 衝突し, 衝突する, 表に, 見て, 覚しき一個, 親と, 観念との, 言も, 議論する, 變な, 走ったこと, 足蹴に, 蹈舞する, 車掌が, 農夫とが, 近しい方, 逢った時, 逢曳の, 逢曳を, 連絡の, 連続との, 週期なる, 違うた秘密, 違うの, 遣り合って, 部屋とを, 里へ, 金太郎が, 関係し, 関係の, 防共の, 隆夫とが, 離れた彼女, 離婚し, 電車の, 頼む婿, 顔見合はせ, 體を, 鬼小島弥太郎が, 鰻との

▼ 夫~ (305, 1.8%)

8 私も 6 妻も 3 これを, 丹濃

2 [13件] あり子, ある, いうて, いた, しまいには, それに, つづいて, 亦一つ, 僕は, 壺井さんの, 子供も, 承知の, 聞いて

1 [259件] ああまで, あたりを, あのくら, あまり長閑, あらず世間, あらわれそう, あると, あるもの, あれば, あツ, いいます, いった, いよいよしかた, うれしかった, おいで, おなじよう, お京さん, お目, かねて, きげん, きめないで, くるしいの, このとき, この島, さうさ, さんざんの, しまひ, すでに木曾福島, そうだ, そうである, そうであろう, そこで落付, そのあしあと, その上, その中, その感化, その様式, その道で, そばに, それで, それには, そんなこと, ただ驚く, だまされて, だんだん弱, ちょっと気イ, ない, ないはず, なかった, なかなか負け, なく子, なく子供, ねむられない様子, はっと顔, ふかして, ふざけて, ほんまに, まさかこの, また世, また妙子, また妻, また起き, まだたしかにハ, まだ帰っ, みんなブツブツ, みんな一気に, みんな正体も, やうやく泣きじゃくる, やっぱり同じ, やはり同じ, やり猟師, ゐるんぢ, シベリアから, ジローネからの, モウ帰る, モウ歸る, 一つの, 一夜は, 一寸行っ, 一生けん命段を, 一緒に, 一週間を, 一郎のと, 一郎も, 下ッ端, 世間も, 中, 主として信越岩野, 乗客も, 乗降する, 了ぬ, 二無き, 亡くなって, 亦, 亦この, 亦ソンナ事, 亦実在, 亦後, 亦改, 亦政治的, 亦自分, 人の, 仕方なく, 他の, 何か, 何十萬石を, 余り待ち遠しい, 例の, 保険会社なんか, 傍らに, 六かしい, 其の筈, 其夜の, 出できぬ, 出来不, 分らぬから, 分らぬけれど, 分る時, 別に弁解, 到頭追払い, 十分許りで, 同じよう, 同年でした, 同感らしい, 君達の, 和助も, 咎めぬもの, 唯一本, 嘘を, 多額の, 大切に, 大切には, 大変気づかつ, 夫お, 夫その, 夫なら, 女達も, 好いだらう, 好かろう, 好きな, 妻は, 姑も, 娘も, 子も, 安心する, 宿所の, 寄り付かず従者, 寛に, 察して, 小太郎も, 少し顏色, 少なかったであろう, 居なくなった, 屡々代り, 岸本の, 帽子を, 幾分感心, 序に, 弓太刀を, 彼れ急い, 御苦労さま, 心に, 心配し, 心配だ, 思わず顔, 怪しんで, 恋しや, 懲りましたよ, 或は間違, 手まねだけ, 手を, 承知し, 押し寄せる雲, 授業中であるべき, 探し又, 改まった顔つき, 敢て, 敦し, 文明国の, 新規に, 明白に, 昔から, 昔は, 昼四時前に, 時々休み, 月光を, 本式の, 束の間だった, 棄てその, 横合いから, 樵夫も, 此処からは, 此處までは, 死ねなかったもの, 殺して, 気を, 決してそのまま夫, 決して平板単調, 決して私, 河中へ, 泣いてるよう, 泣きの, 泣きました, 泣き出して, 泣く, 流行病に, 清しい, 溜息を, 滅多に, 無言妻も, 爾だ, 片々じゃ, 牛王を, 甚だうるさい, 生きかえって, 病む娘, 癖の, 皆この, 目を, 目下休暇中な, 目的の, 相互の, 知つて居る, 私が, 私に, 私の, 絹光沢を, 続いて, 而も, 肝ぞ, 自己の, 舅も, 若かった, 若気の, 苦しいもん, 薄給で, 血の気エ失せた, 褒美貰ひし, 覚束なかつた, 親も, 言ったん, 訳が, 詳しくは, 買うが, 赤ん坊も, 近頃病死なりける, 過程の, 遠慮し, 長くは, 間もなく消え, 食が, 飲みに, 飽いたと, 餘程年を, 首肯きて, 馬子も, 默し, 默つて小, 黙って

▼ 夫から~ (271, 1.6%)

7 夫へと 4 もう一つ 3 私は 2 して, 不意に, 何うし, 区別し, 受けた深い, 夫へ, 権田は, 眼を, 見れば, 離すと

1 [237件] いざと, うけた感じ, おこごとを, お照さん, お逢いなさい, お金を, かかって, きびしく言われ, こんな事, その友人ら, その折, その話し, それほど遠い, であつ, どろり, はなはだ軽く, もう一つ極端, もらって, ゆるゆると, わしも, クリスマス樹, コワ張つて, テル子嬢に, ハイ塔の, モウ一つ私の, モー一ツお話し, モ一つ言っ, 一つは, 一回の, 一定の, 一日二日し, 一時間の, 一月程, 一段低く, 上は, 上流は, 上確な, 上野に, 世話されるべき, 中には, 主観性が, 予期する, 二三日し, 二番さん三番さんと, 井上が, 今度は, 以後の, 以後は, 以後即ち, 以後改まつ, 何かの, 何にも, 何時間経過った, 佛教と共に, 佛教にも, 來月號に, 俺らも, 俺れ, 借りて, 借りられて, 借金を, 偃松や, 先年から, 入らつし, 八十五間の, 其の美人, 出て, 出発した, 出発する, 出発せね, 分離し, 初回の, 助手助手から, 北を, 区別された, 区別する, 南へ, 原則的に, 去るの, 又カバラー, 又一散, 又廻り道, 又怪美人, 又日中, 又椽側, 又永い, 又沈ん, 又羅甸讀, 又肉, 又蓄音器, 叔父の, 受け取るよりも, 受け取る場合, 受取って, 叱られるよう, 司法大臣を, 向うの, 問い合わせの, 喧嘩に, 四五日し, 四十枚程, 団子道明寺の, 国家, 國と, 坂井へ, 堀の, 外国に, 多くは, 大変な, 大病中徒然を, 大阪に, 大阪着は, 夫からと, 夫と, 夫は, 奪い取らなければ, 妻に, 子供が, 富者貴顕に, 寝台へ, 小説の, 尚ピタゴラス, 尾根伝いに, 山脈は, 左に, 左様さ此の, 巻煙草を, 帽子や, 年月の, 序に, 庭で, 康有爲と, 彼の, 後に, 徐, 心身共に, 怒られた記憶, 惡左府頼長の, 愛されては, 慶応三年に, 懐中に, 我慢し, 手前達今日は, 手紙が, 打たれても, 支那の, 敬された, 日本にも, 昇平時代と, 明確な, 星に, 書物を, 松谷秀子と, 校正には, 梓川に, 森主, 歐羅巴に, 正当に, 此藤野の, 此長二郎の, 歩んで, 歸りまし, 段々覚え, 毎度聞いた, 求めたもの, 法學士との, 泰平の, 泰平時代に, 渡したあった預かり証, 滝川谷に, 漸く遣っ, 烟草を, 爪先上りに, 牡丹餅を, 独立な, 疑られまで, 発見される, 直にお, 直接でなく, 直接に, 砂糖の, 社を, 私を, 種々文学上, 第三, 第五, 第四, 系統を, 約束通り門野を, 紅餡と, 統一, 緩くり, 縁遠い, 聞いたが, 聞いた事, 聴こうと, 聽いた, 脱れ, 自分と, 草山を, 虚偽が, 西洋の, 規那塩を, 観念の, 解剖し, 解釈される, 言付けられて, 説明を, 警察本署へ, 譲られた土地, 贈られたもの, 起ったの, 趙州の, 身軽に, 軽蔑されてる, 近代歐羅巴の, 送りと, 逃げたの, 逆戻りを, 遠ざかって, 遣ること, 選んで, 鏡を, 長い封書, 門野と, 離して, 離れました, 離れる, 電話が, 預かったこの, 預けられて, 頬を, 頼まれた時, 頼まれて, 餘計な, 香物の, 高木の

▼ 夫~ (141, 0.8%)

5 あつた 3 私は 2 あつたら, あツ, いて, それを, よし代, 以て, 好いぢ, 彼は

1 [117件] あなた及私し, あの児, あらう, あらうか, あらうが, あられるあんた, いいの, いさく, いつ迄も, お前は, かねてから隠れた, しかも九女八, すら今宵, すら精霊, せえ, そして現在出征, その若い, なる程どれ, やって, やっぱり疑, よい友, よい譯, よろしく候間, よろしけれども, ペリカンの, ヴ・オ・ク・スに, 一向差支, 主に, 之を, 事濟むと云ふ, 仕方が, 他の, 伊国へ, 何所も, 僕を, 充分だ, 其人差指を, 其木を, 其白髪を, 分ッ, 初めて鉄砲, 動いては, 勝手な, 呆れるイヤ感心, 困る先, 図, 大樹から, 大正七八年の, 好い, 好いで, 好いとして, 好し最う, 妻という, 妻は, 姿を, 宜い, 宜からう, 宜しいが, 実は先ほど, 家へ, 察して, 小弟が, 差支ない, 幕軍艦英軍艦ともに, 平気で, 強て, 当分は, 彼れ, 御国より, 御詫, 我々の, 我等は, 探偵も, 日, 早くから持て囃された, 早朝白萩川を, 早速中村清太郎君, 未だ飽足, 此の, 沢山な, 淋しくは, 済むの, 済む事, 済んで, 満足で, 源太の, 漸く分つた, 漸く安心, 澤山だ, 澤山な, 燕方面から, 物の, 生涯を, 皿が, 相対性理論が, 真面目だ, 社の, 神聖, 秀子を, 私が, 結構だ, 絶えた, 緑盤が, 能い最う, 能く, 自ら高し, 親で, 読めた乳婆, 貴方は, 足ねば, 足らずば, 遊んで, 顏色が, 馬鹿だ, 駄目なら, 高等商業出の, 鳥原彦吉という

▼ 夫~ (138, 0.8%)

6 子供の 4 和助の 3 兄弟や

2 [14件] 人夫に, 兄を, 和助を, 妻や, 妻を, 子供を, 客の, 家の, 愛人や, 父や, 父を, 聟の, 許婚が, 諸君の

1 [97件] さかいひっくり返ったら, その他の, その家族, たくさんの, ひろ子に, もの, われの, フランソアと, 一寸何てえ, 三人の, 世話を, 世間に, 世間の, 両人の, 丹濃, 二三人の, 仲仕の, 例の, 兄の, 兄や, 兄弟あるいは, 兄弟を, 先妻の, 友人たちを, 可愛いい子供, 和助が, 女が, 好いが, 妻が, 妻によって, 姑に, 姑の, 姑への, 姪の, 娘や, 子で, 子に, 子供が, 子供と共に, 子供や, 実に難, 家人にとり, 家庭に, 小供, 小六, 巡査に, 帆村たちの, 弟が, 息子と, 息子にすらも, 息子の, 息子や, 悴を, 撒水夫が, 敏子の, 旦那の, 是から, 是や, 書記や, 最う女髪結, 木村さんの, 来客や, 樵夫の, 正太と, 浩造さまと, 漁夫の, 漁夫は, 漁夫水夫火夫の, 炭焼きの, 炭焼でない, 無理です, 熊蔵たち, 狩人に, 猟夫などの, 猟師が, 猟師でさえ, 男兄弟の, 百姓に, 直樹, 知己に, 組合の, 老母へ, 聟は, 自分の, 自分自身を, 舅の, 船員が, 船員の, 花柳病に, 親たちが, 親や, 赤ん坊の, 農夫に, 農夫や, 部落の, 馬鹿な, 駅員と

▼ 夫より~ (102, 0.6%)

1 [102件] して, たがいに, たどる東海道, つねにあま, はるかに, ひと足おくれ, ほかに, 一足先に, 三つ年下で, 三士宿ニか, 上国に, 下って, 下つ方に, 両国尾上町京屋が, 乗馬に, 二つ下で, 二時間も, 人車三乗用が, 今日下の, 先に, 先へ, 先ア二人とも, 六月四日より, 具體的施設に, 再び伯林, 分袂, 前に, 又候黒部針木峠, 又右桝屋, 又桝屋, 反て, 受くべき, 右斜に, 君こそ, 国ニか, 地平線に, 地面を, 坂根迄, 外に, 奪い取りこれ, 妻が, 実家の, 家の, 少し分らない, 少し年上, 少し行, 屯所へ, 山々連綿し, 山神を, 工学寮の, 年上でもとは, 年上の, 幾年か, 彼奴の, 後に, 後の, 後は, 御宮拝礼神酒頂戴之, 急, 我士官の, 戸倉に, 敬服し, 日常生活鳥獸魚介の, 栂谷へ, 此署へ, 此頃上京ニ有り, 歩行, 歩行午後一時頃味野村へ, 段々馴染, 江差之, 江戸の, 洋舟にて, 犯罪の, 畑の, 知津駅迄, 福禅寺客殿に, 私は, 私も, 私壱人上陸水夫等ハ同, 篤と熟考, 紀伊海峽を, 紙にて, 終日出勤し, 自分の, 至急本郷菊坂ホテル, 色々と, 茗橋, 荒木を, 蒸気の, 蓮華温泉に, 越後の, 銃を, 鎌倉時代の, 長倉へ, 長崎の, 降つて天明四年, 電車の, 霧島の, 頭だけ, 魚屋ニ行高柳来, 魯船製作所へ, 鷹巣村神宮を

▼ 夫~ (84, 0.5%)

4 から私 3 という 2 から何, から夫, から持物, とも言, もの猶

1 [67件] からあやまつた, からお前, からこそ夏子, からである, からといふ遠慮, からと云っ, からガサツ, から亡き後, から仕方, から余, から信ずる, から前, から君何所, から咒語, から囲い者, から奸夫, から如何, から彼, から打っ, から此, から秀子, から私し, から背中, から誤謬, から読者, から雪江さん, か舟大工, がこれ, が嫌つて, が精神的, けれど矢ツ張り橋本さん, ぜ, ぜ詳しい, つた主人鈴川主水の, つた男は, つた男爵が, で横, といつ, といふ英人, とか何, とて若い, とわかった, と云う, と云われ, と云われる, と名, と思い込ん, と思う, と思え, と思っ, と思った, と思つて, と思召, と普通, と考え, なんて思つて, のといふ, のにその, のにアノ傷, のに丁度, のに何となく, のに何故, のに秀子, のに私, のに藻西太郎, のに貴方, よ

▼ 夫として~ (83, 0.5%)

2 では, ではなくし, 信頼され愛され, 僕を, 父としての, 看護する, 芸術家としての

1 [69件] あるいは父親, いいだろう, いつまでも, えらぶであろうという, おそらく最初, お俊, お嬢さんから, さぞ面, さらに陰陽師, する権利, その妻, どんな人物, まず限定, やってきた日本人, よりむしろ父親, 不自然と, 乗りこんで, 仕えて, 佃を, 傍に, 働いて, 働きつつ, 僕が, 別に学生, 即ち自然, 及第する, 反映し得, 取るべき二つ, 堪えがたき反抗, 堪へがたき, 大阪の, 妻に対し, 妻を, 姉の, 将来彼女の, 尊敬の, 彼に, 性格づけられる, 恥かしい, 恥かしくない, 恥しからぬ, 撰ぶ人物, 暮して, 書いて, 最も親切, 朝夕妻と, 本格的な, 歓迎も, 止まって, 死後表彰する, 清い女, 火事で, 父親としての, 生活する, 申し分の, 男性としての, 眺めること, 知ること, 私の, 自分の, 見出されたの, 親として, 誰よりも, 貧乏で, 迎えるなど, 返事し, 選ばうと, 選ぼうと, 非常な

▼ 夫れで~ (72, 0.4%)

2 [11件] はなし, はならぬ, は何, は離縁, も原田, も此樣, も音聲, 先生は, 又有名, 宜いの, 我々は

1 [50件] お秀, はお, はおれ, はお前, はまだ, は一体, は世, は充分, は名刀, は学問, は実物, は最う, は此私, は氣, は矢張何, は私, は私たち, は立ち去った, は見せ, もどうやら, も勝手次第, も又, も吉ちや, も大抵四十年前, も姉樣, も姉樣たち, も怪我, も戦場ヶ原, も拙者, も欲, も此方ども, も真実, も足らず, も龍華寺, よいの, 一ト通り漢学者の, 万延元年の, 事が, 以て, 兎に, 前非を, 古い書物, 可い, 実は私, 山間獨住饑渇を, 毎月ルーター電報を, 無くて, 私自身が, 結構, 若し山霊

▼ 夫たち~ (69, 0.4%)

2 が樋, は, はそれ, は口々

1 [61件] がふるえあがっ, がハヤブサ丸, が何, が卓, が口々, が大, が有産階級, が皆んな安全燈, が竜宮城つていふやつ, が話, である, とそれから, に厚く, に聞い, のすぐ, の一生, の位階勳等, の傍, の努力, の家, の方, の気狂い, の状態, はそこ, はその, はぞろぞろ, はどうしても, はなんらかの, はにんまり, はますます, はまだ, はカブト, は一生懸命, は上っ, は云う, は多年, は宇宙服, は岸, は底, は技師, は普通, は気, は海, は荒々しい, は諾, は足, は顔, は麻袋, へ因果, もこわく, も今, も列席, も気味, をじっと, を五, を取りもどし, を取り巻き, を指揮, を詩人, を運ぶ, 防ぎよう

▼ 夫である~ (69, 0.4%)

4 ことを 2 かどう, ことに, たった一ツ

1 [59件] かと疑う, かは知ろう, から遠方, かを説明, か判然, か遂に, がそれ, が今夜, が出会, が出会い, が同時に, が故に, ことと, ことは, ことも, し政治的貴族, ためには, だけで, という, とともに最も, とのこと, とはいえ, と云っ, と同じ, と思う, と本気, と梁福, のか, ひとは, やうに, ような, デニース・ペトローヴィチ・ニキーチンであった, 一人の, 人物の, 人間は, 以上彼は, 伝右衛門と, 佃が, 佃と, 僕が, 几帳面な, 処で, 友人が, 容太郎から, 寛先生の, 従兄に, 戸川弥市に, 所の, 杉本剛一は, 田村純夫が, 男と, 男を, 画家の, 眠元, 石井健太氏は, 私については, 自分の, 鉄道の, 頭の

▼ 夫にも~ (69, 0.4%)

3 話して

1 [66件] あれば, あれ妻, おうた, その事, とうとう辛抱強い, なれない, なれるの, まして大きな, めったに, よく分からす, 丹濃, 優りて, 先だった, 判り切つたこと, 判斷が, 功の, 劣る, 勧められて, 口説きして, 告げられねば, 和助にも, 大変気に入っ, 妻にも, 子にも, 家来たちにも, 左う, 役せられたの, 思はせようと, 拘らずこの, 拘らずそうした, 拘らずそれ, 拘らずモン, 拘らず之, 拘らず人々, 拘らず何故, 拘らず公吏, 拘らず其核心, 拘らず啓蒙, 拘らず学生, 拘らず文化上, 拘らず斉, 拘らず棄てるには, 拘らず自然, 拘らず見て, 拘らず認識, 拘わらずその, 死なれて, 死に別れたその, 清助にも, 満足である, 燕や, 用いられて, 畑打つ, 祕し, 秘して, 窺は, 聞いて, 自分にも, 自分は, 行く末生れるであろう, 読ませること, 逢へ, 逢わなかった, 電話で, 食わせ自分, 駕籠屋にも

▼ 夫には~ (67, 0.4%)

2 及びませぬ

1 [65件] いかに誓いし, かせおくこと, さう, する, その記憶, それ分らん, そんな不服, ただ一つ, どうかする, なお気味悪う, また気味, わけが, わざとらしく何とも, カントの, マントが, 不足である, 両親も, 二階へ, 他の, 会は, 会わなかったもの, 似あわぬものしり, 何時自分が, 何等の, 僕は, 優しくされ, 内緒で, 前兆が, 動いて, 勾配が, 単に研究材料, 又父, 及ばないと, 合点が, 命をも, 夫の, 如何に務むべ, 妻も, 学ばじと, 打って, 日本帝国を, 日置の, 早く別れる, 最も親切, 比較的交通, 無視され, 無頓著そう, 玉岳ノワカ池と, 現在の, 理由が, 秘密に, 種々義理, 立派な, 背くべきもの, 自制の, 色々の, 触れて, 証人も, 認識論上の, 貞女で, 逢わずに, 長い年月, 領なる, 顔形を以て, 高山を

▼ 夫では~ (65, 0.4%)

7 ない 5 なくて 2 ないか, なくして, 何だ, 何の, 必ず清吉, 最う私

1 [41件] ありませんか, ありませんからネ, お前は, お前加減でも, お前斯う, お話に, ございますが, ないけれども, ないの, なかつた, なくなり嫉妬, パラドックスは, 一本の, 他の, 何う, 何だか物, 何にも, 何処か, 何卒ソノ塩餡, 停車場へ, 先き, 先ず名前, 如何し, 宜しい怪我人, 家の, 屡々大, 引導を, 支那人が, 最う何, 最う其の, 猶更本統, 現場へ, 矢張り甚蔵の, 結城財政の, 聴え, 藻西太郎を, 誰が, 貴女は, 貴方の, 趣味性が, 野原か

▼ 夫さん~ (64, 0.4%)

4 のお父さん 2 が空, と一緒, と結婚, に聞いた, の家

1 [50件] がお, が九歳, が出征, が無事, ちょいと, つたら, でごぜ, ですワ, で大正五年, とたった, と俺, と玄也さん, どうした, にいい, には奥さん, に対して申訳, に来, に直ぐ, に聞, ね, のお, の将来, の復讐論, の戸籍謄本, の所有, の所藏, の知つて, の言, はすぐ, はそれっきり, はわたくし, は云, は実, は明日, は最後, は此, は気, は矢張り, は行く, もなん, も敦子おばさん, も松島さん, も非常, をここ, をはじめ, を探し出し, を白金臺町, を訪う, を訪うた, 泣いたり

▼ 夫との~ (63, 0.4%)

11 間に 4 間には 2 仲も, 生活を, 開き性格, 間の, 間を, 関係を

1 [36件] おそろしいとっくみあい, ことを, コントラストを, 中果して, 二人旅を, 二人暮しへ, 仲を, 区別を, 夜の, 夫婦関係は, 子供である, 家での, 家に, 忌日には, 性的交渉を, 情事ばかりを, 愛情の, 散歩, 最近の, 死別によ, 比較は, 比較研究或いは, 状態は, 生活について, 生活は, 生涯は, 相違は, 組み打ちの, 絆に, 間が, 間は, 関係について, 關係その, 關係や, 面白くない, 顛末を

▼ 夫でも~ (56, 0.3%)

2 一度は

1 [54件] いつか分る, こんだけ, そんな勝手, ついこの間, なくなって, なく言, ぬし, 一年許の, 一縷の, 上部は, 五色軍談が, 仕事を, 代助, 何だか気, 何んで, 先ア味方は, 先ア幸いな, 其子は, 分る, 別に不都合, 前には, 勇気ある, 勘次の, 勝ち続けて, 十町余りは, 太陽が, 好きな, 妻は, 小泉さんに, 少しは, 幾分か, 彼の, 彼女の, 応じなかつた, 日増しに快い, 昨夜探偵吏の, 是を, 昼の, 構いませんわ, 殺さうと, 母樣私は, 水の, 涼しい風, 猟師でも, 確に, 秀子を, 若しや, 薄弱な, 虐待には, 貴女に, 身軽の, 逢い度, 長次郎は, 駈出すと

▼ 夫という~ (56, 0.3%)

11 のは 5 のが 2 ような, 人の, 者が

1 [34件] ぐあいに三人の, ことが, ことに, どこやら, ものが, ものと, ものの, ものも, ものを, ミディアムを, 人に, 人は, 保護者の, 兄弟の, 兎の, 名前が, 外務省情報部勤務の, 奴は, 子と, 子に, 子供だ, 小僧の, 少年を, 所謂やくざ者が, 方が, 活動に, 理学士医学士もう, 甥を, 男は, 者なく, 肩書などは, 苦しみの, 詞も, 青年外交官は

▼ 夫~ (54, 0.3%)

4 の人々 2 の事, を思ふ

1 [46件] からも何等, から出た, が一日, が実体化, が小代谷, が私, が郵便局, であるだけ, にそして, にまで調査, に交っ, に就い, のこと, のもの, の乗れる, の事件, の人達, の人間, の力, の呼吸, の國民, の大, の大きな, の山, の志士, の慾, の旗指物, の楽, の歌, の者, の者ども, の芸術家, の記事, の話, は人間, は嘗て, は始め, は岩, は工場, は集っ, も今更, を死せず, を率, を砕い, を迎へた, を風呂敷

▼ 夫とは~ (52, 0.3%)

3 異って 2 縁を

1 [47件] あの客引き, このよう, せじ, その性質, つかまれて, どういうふう, どうも性質, どう関係, なく捜し, なく目, なく見送って, 一応この, 一応別, 一応独立, 一見全く関係, 三つちがいの, 今その, 仲が, 似ても, 何の, 全く別, 全く異, 分らぬが, 別である, 別では, 別な, 別人である, 別人の, 区別し, 反対に, 反対ゆえと, 可なり別, 名のみの, 大正二年六月に, 左右から, 当然共軛的, 気が, 照子の, 異っ, 異った, 異なって, 異る, 穉い, 言葉は, 違って, 違ふし又, 飽

▼ 夫に対して~ (44, 0.3%)

2 細君の

1 [42件] この方, これほど, さへ, では, どうしよう, どのよう, はじめて落, もうすこし積極的, 一層優しく, 不平な, 不満あった, 不満の, 之を, 云いたかった事, 何かの, 何の, 侮辱の, 冷淡に, 出来なかった, 口惜しい厭, 可愛くて, 報復の, 女の, 妻を, 彼女たちは, 復讐が, 感謝し, 操を, 昨夜の, 済まないよう, 用いたの, 申訳ない, 発言権否, 私が, 純な, 純真純美な, 絶対に, 絶対服従し, 自分が, 自分の, 虚栄心を, 誠を

▼ 夫たる~ (40, 0.2%)

2 人が, 君に

1 [36件] あなたの, おれが, この人, だけの訳, とも何, と同時に, にとどまっ, ものにも, ものは, もんの, を得る, アレクサンドロス, パリスその, ベラン氏も, 仕合者だ, 僕が, 先代圓の, 加部錬, 叔父甥三人は, 唯一の, 失踪者からは, 小説家は, 帝が, 忍野氏の, 某氏の, 清三は, 王子を, 男性と, 男性の, 私が, 者の, 藤原維幾が, 諸性質, 資格を, 身ほど, 青年は

▼ 夫とも~ (40, 0.2%)

2 分らないよう, 思って

1 [36件] お前が, なる文三, まさかの時, 一度洗張り, 他人とも, 仲よしに, 何処かへ, 何所かへ, 余が, 余の, 分らない薄い, 別ち兼ね, 又, 喧嘩した, 外に, 夜が, 太郎殿に, 少し許, 思わんが, 更と, 気が, 浪人とも, 犬が, 猶だ, 獣の, 相当親しく, 相談の, 真実に, 知らずに, 秀子か, 私が, 考えられる理由, 茲に, 親ともし, 話し合った結果, 長三に

▼ 夫なら~ (37, 0.2%)

2 ば約定, 廢せ

1 [33件] きっといい, こっちにも, それで充分, ばハイ, ば之, ば云わ, ば何故, ば扨, ば畫, ば貴女, むしろ持っ, 一口で, 以来何事でも, 何故に, 其お, 其丸の, 其煙草入や, 博奕場の, 君アレを, 否人間, 妻の, 実に私, 御随意, 本統の, 母も, 決して来る, 生田さんでしょう, 申ます, 矢ッ張り女では, 私達が, 肝心の, 若し其製法, 貴女は

▼ 夫と共に~ (33, 0.2%)

2 どこ迄も, 孔家の, 西洋に

1 [27件] ここへ, この土地, したこと, その喜び, わっと, パリの, 一人の, 傾きかけた家運, 可成幸福, 宗廟の, 幾つかの, 引揚げ, 当主孔, 日露戦役後の, 木曾福島を, 林の, 横浜に, 毎日未明から, 滿洲にわ, 田舎を, 看病に, 箸を, 自然は, 表向の, 親類から, 起きて, 須原に

▼ 夫への~ (33, 0.2%)

3 愛の

1 [30件] それと, マンの, 不到達, 不平であり, 信頼を, 勝算歴然と, 差入代書人や, 徳義上の, 心を, 心遣ひ, 忠実を, 恐怖が, 愛が, 愛と, 愛を, 愛情が, 感情の, 懲らしめが, 故なき, 最後の, 欺瞞の, 献身に, 申訳の, 申訳は, 皮肉みたいに, 移り行きを, 美しい犠牲, 義理は, 詫びは, 面あてわざとも

▼ 夫だけ~ (32, 0.2%)

16 では 3 である 2

1 [11件] で, でないもっと, で存在, ならば, 其下を, 弁証法に対して, 日本の, 独立し, 聞けば, 興味が, 身辺的な

▼ 夫に対する~ (32, 0.2%)

2 一種の, 妻としての

1 [28件] あてつけばかり, こういう自信, やうな, ような, ように, 不満の, 仕向は, 体裁上浴びた, 信頼感も, 冷酷で, 叔母の, 哲学的解釈とは, 如く石塔に, 対策としては, 心の, 心遣ひ, 愛が, 愛と, 愛情と, 態度にも, 敬順の, 日頃の, 気の, 私の, 義務の, 義務子供に対する, 自分の, 若き夫人

▼ 夫~ (32, 0.2%)

2 知らせて

1 [30件] いきなり声, お見せでし, なさいまし, 不貞あなたには, 対して, 対する軽蔑, 彼の, 心の, 救いを, 段々と, 渡した, 申訳も, 移るはず, 突然舞, 突然舞い込ん, 笑顔を, 緑の, 聞き伝え貴方, 見せようとも, 言った, 言った言葉, 言訳の, 話しかけた, 讒訴した, 軽く手招き, 追い縋ろうと, 送るポンプ, 運動した, 運動しなけれ, 顎を

▼ 夫少年~ (26, 0.2%)

1 [26件] がこの, がすぐれた, が指す, だろう, とでもらっ, にほかならなかった, の手, の肩, はたいへん, はどうして, はなかでも, はひとり, はみんな, はやっと, はテッド隊長, は三人, は帆村荘六, は操縦室, は隊長テッド博士, もいる, もまじっ, も帆村, も帆村荘六探偵, も毎日, をつれ, をルゾン号

▼ 夫~ (26, 0.2%)

1 [26件] がこいつ女, がだまされ, が何人, が筋肉, で文字通り, と何方, と違っ, に水, に混, の, のし, の努力, の勇敢さ, の行列, はもと, は上級船員, は優秀, は全部漁夫, は十二マイル, は火焔, は町, は誰, は長い, も彼, や河, を助ける

▼ 夫こそ~ (24, 0.1%)

4 大變 2 人がらが, 路頭に

1 [16件] 丸部の, 今から, 余り馬鹿さ, 先き, 初めて本当, 屈強の, 幸いなる, 当時恋と, 必らず, 手を, 技術学の, 掛念至極の, 最も純粋, 淋しく直ぐ, 若い人, 雪の

▼ 夫なる~ (24, 0.1%)

2 まれびとを

1 [22件] あなたの, にぞ, ものは, ものを, シュカイウスの, 人と共に, 人は, 人も, 人物を, 伊兵衛という, 卍の, 唯継と, 唯継に, 当の中納言藤原泰文, 浪人者の, 男の, 神の, 美青年を, 老人の, 者に, 者にも, 者の

▼ 夫であり~ (23, 0.1%)

2 妻で, 妻である, 父である

1 [17件] ただ教導性, とくに扱われ, またその, またパアトナア, また一夫多妻, よい父, よき友, 主人である, 佳き父, 唯一の, 善良な, 子であります, 彼女の, 愛人である, 科学的世界観は, 表面は, 規律を

▼ 夫~ (23, 0.1%)

2 の松下梅造

1 [21件] お早う, がハッチ, が下船, が大声, が待っ, が薪, などは昼, のご, の下り, の向こう, の顔, の鼻, はそう, はようやく, はわざと, は何だか, は缶, は顔, もいない, も病人, や工場代表

▼ 夫~ (22, 0.1%)

1 [22件] 丈夫にも, 三千代を, 信用される, 僕を, 凄い場所, 博識な, 名高くなっ, 困難な, 型の, 彼の, 惜しくない, 暑くない, 栄耀は, 気にいらないお, 深く重いもの, 烈しくも, 神経の, 重きを, 重くは, 長く使える, 険悪に, 高くない

▼ 夫自身~ (22, 0.1%)

1 [22件] からか或いは, がこの, がトテモ可哀想, が絶對權力, さえもまるで, だったじゃ, に於, の不摂生, の伝統, の内部, の口, の根源, の生存, の論理, は彼自身, も, もそう, も危く聳立, も息, をいざ, 之に対する, 少しも

▼ 夫~ (20, 0.1%)

8 のである 7 のだ 1 がま, のであろう, のでございます, んです, 読みそ

▼ 夫~ (20, 0.1%)

1 [20件] にこそ去年一昨年何, にこそ吾, プラグマティズムによる, 一族に, 三浦政太郎と, 二階の, 今日から, 先生よりも, 医者に, 哲学は, 国会開設が, 土地解放は, 当時に, 押される憂ひは, 最後の, 此通り, 箱書も, 雨中も, 非人に, 食事の

▼ 夫によって~ (18, 0.1%)

2 規定される

1 [16件] その運命, ノタリノタリと, 事物を, 何かを, 初めて氏, 勤労者の, 増, 実際的, 対象である, 広く科学, 影響されない, 政治感覚全体を, 条件づけられた, 歴史的に, 決定される, 訂正されるべき

▼ 夫よりも~ (18, 0.1%)

2 先に

1 [16件] お酒, なお遠慮勝, もっと夫人, 不審に, 二寸を, 余程近い, 十四五米高く, 実は達雄, 差し迫った問題, 心持高い, 異様に, 範囲が, 荒木が, 遺憾であった, 長命である, 長次郎谷を

▼ 夫~ (18, 0.1%)

642 の雄, や, よ 1 の将, を

▼ 夫としての~ (17, 0.1%)

2 直観を

1 [15件] たのみがい, 三吉は, 善良さを, 威厳を, 待遇を, 権利も, 権利を, 津田を, 監督怠ってたいう, 直観は, 習慣的な, 自分の, 自尊心と, 自覚では, 道也の

▼ 夫万吉郎~ (17, 0.1%)

2 の身体

1 [15件] が果して, そっくりの, にかき乱れたる, に媚びん, に対する火山, のこと, のバラバラ, の仇, の容姿, の躰, の部屋, は今, を今日, を傍, を自分

▼ 夫からは~ (16, 0.1%)

2 八九百米の, 誰も

1 [12件] あお内儀さん, 上越の, 便りが, 冷い, 出来るが, 原稿料が, 原稿料の, 根岸の, 楽な, 絶えず左岸, 縁談の, 虐待され

▼ 夫らしい~ (16, 0.1%)

2 壮い, 姿を, 男が 1 中年の, 人声は, 仕向けを, 役目を, 男は, 男まだ, 若い奴, 要心を, 逞しい男, 頬髭の

▼ 夫ある~ (15, 0.1%)

2 女と, 女の, 娘を 1 ぞとは何人, ねんもんあて, 女優, 婦人でも, 婦人は, 成金または, 身で, 身であり, 身という

▼ 夫~ (14, 0.1%)

2 妻鳥か, 猟師たちの 1 あらぬか, 友達に, 妻かとて, 孰方ぞが, 心根可愛, 機関車乗りにでも, 泥草鞋もて, 猟師かと, 猟師が, 猟師などの

▼ 夫とを~ (14, 0.1%)

2 区別する

1 [12件] その実際, ぢさんとの, 乗せて, 兼ぬる, 同時に有てる, 批判する, 混同する, 自分から, 裂いた者, 見つめて, 読むこと, 送り出しながら

▼ 夫をも~ (14, 0.1%)

1 [14件] さらって, つい噛み割つた, 合せて, 同時に手, 含む, 呼びて, 困惑させ, 娘をも, 恐れないほど, 愛さず又, 持たず, 殺して, 見せると, 飜弄し

▼ 夫以外~ (14, 0.1%)

3 の男 2 の一番 1 に犯し, の, のある, のもの, の人, の人間, の何びと, の者, ノ男性ニ試ミテミタイトイウ好奇心ニ

▼ 夫よりは~ (13, 0.1%)

2 氣を

1 [11件] コロボックルが, 一歩先に, 何故直に藻西太郎, 如何に, 姉なりとぞ, 寧ろ自分, 彼の, 意気地は, 篤實無口, 紀元節の, 餘程の

▼ 夫故に~ (13, 0.1%)

1 [13件] ナポレオン三世は, 之を, 今日御, 今晩交遊庵に, 南と, 又更に日本型文化ファシズム, 土地の, 天子が, 子弟たち若い, 支那人でも, 教科書などでは, 此事を, 遠國

▼ 夫殺し~ (13, 0.1%)

1 [13件] だったの, でありその, でございます, のこと, の吾児殺し, の咎人, の大業, の嫌疑, の文字, の犯人, の罪, をした, 主殺し

▼ 夫だった~ (12, 0.1%)

1 [12件] かも知れない, からである, が胸, というの, としたら, と解る, のでございます, のです, ので見つけられなかった, んです, ラスコーリニコフ開会の, 男は

▼ 夫まで~ (12, 0.1%)

1 [12件] ある身分, であるが, なれども, 二人は, 先ず辛抱, 呼び寄せた私, 奮い立って, 幾回と, 無言で, 秀子は, 茲に, 静かに

▼ 夫であった~ (11, 0.1%)

1 [11件] かどう, が, が去年, が悪, にし, のかも, のである, のです, カールは, 畑中藤次郎を, 私の

▼ 夫に対しては~ (11, 0.1%)

1 [11件] ああも, 常に彼, 是非共そう, 最早自分, 気分の, 用事の, 義を, 見せびらかすという, 言葉数が, 貞操を, 貞淑な

▼ 夫~ (11, 0.1%)

2 の事 1 けで, けは御, だ, ですか, でも沢山, で何, の打, の罰, を何

▼ 夫~ (10, 0.1%)

1 が嘗める, が船体, と比べ, に言った, の, のけんか, の話, は呼び集められ, は毎夜, を正しく

▼ 夫愚婦~ (10, 0.1%)

1 から相当, でも理由, と一緒, に対して述, の大衆, の玩弄物, をまどわした, を惑わし, を瞞着, を迷わしめ

▼ 夫かと~ (9, 0.1%)

2 云って, 思うと 1 いつたやう, 云て, 思ったマン, 思った時, 思って

▼ 夫だけの~ (9, 0.1%)

1 事が, 事なら, 原因が, 学問も, 打ち明け方, 目を, 目的で, 穴が, 紙幣を

▼ 夫~ (9, 0.1%)

2 やア 1 やと喞, やない, やア先刻お前さん所, やア汝, や余まり, や宅, や構

▼ 夫です~ (9, 0.1%)

2 私は 1 からよく, から後, から秀子, から自然犯罪, し敬吉どん, という, よ

▼ 夫といふ~ (9, 0.1%)

2 人が 1 のは, のも, ものは, んだ, 人間水を, 男性に対する, 者です

▼ 夫とが~ (9, 0.1%)

2 かけつけて, 喧嘩する 1 まず飯, 戦さを, 直接に, 顏を, 顔を

▼ 夫としては~ (9, 0.1%)

1 あんな南京ねずみ, なるべく妻, 何と云, 何と云う, 妻に対して, 妻を, 怪星ガンの, 猟銃と, 足音を

▼ 夫ども~ (9, 0.1%)

1 がもう, が山, の苦情, は手, は稀有, まで鳶口, もほんとう, やあと, を集め

▼ 夫へと~ (9, 0.1%)

1 きまった人, とりとめも, パツと, 不安に, 各種の, 心に, 目を, 蜘蛛手に, 電話が

▼ 夫れだ~ (9, 0.1%)

2 とつて貴君今日 1 からと言つて一生, から女, から幾度, が正さん, けさへ, ね夫, のに彼等

▼ 夫~ (9, 0.1%)

2 の郎女 1 の娘, の郎女二柱, はおおせ, はそれ, はとうとう, は目弱王, よ訶良媛

▼ 夫とか~ (8, 0.0%)

1 なんとかいう, 兄弟とかを, 妻とか, 子とか, 息子には, 漁師とかいふ, 漁師とかに, 理想的の

▼ 夫れなら~ (8, 0.0%)

1 ばお前さん, ば己, ば歸, ば遣, 何うし, 其やうに, 尚更ら乃公, 己れ

▼ 夫一妻~ (8, 0.0%)

2 の風俗 1 である, です, になる, の類, は許さぬ, を称し

▼ 夫~ (8, 0.0%)

6 濃の 1 濃は, 濃左右

▼ 夫~ (8, 0.0%)

1 けむかも, 事, 佐, 家牟かも, 毛君と, 苦, 苦南風ふき, 言

▼ 夫唱婦和~ (8, 0.0%)

1 が人, が昔, でなければ, で表面, という子供, などと申す, の妙諦, を強いる

▼ 夫~ (8, 0.0%)

1 から倉庫, と異, には艇夫たち, の下, の入口, の出入り口, へ上った, へ急いだ

▼ 夫建介~ (8, 0.0%)

2 と南原杉子 1 である, とを見比べた, と親密, の背広, は暇, をみた

▼ 夫新三郎~ (8, 0.0%)

2 と縁談, の決意, の留守 1 を揺り起し, を搖

▼ 夫じゃ~ (7, 0.0%)

1 あんなにおそく, ないか, ないの, なくて, なしソルティーニ, ア無理無体にか, 暇さえ

▼ 夫その~ (7, 0.0%)

1 人であった, 人です, 夫に, 弓矢を, 次へ, 言いつけを, 通りし

▼ 夫であろう~ (7, 0.0%)

41 かと思う, か妻, があるまい

▼ 夫でなけれ~ (7, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ばならぬ, ば人心, ば和洋合奏式哲学, ば活動

▼ 夫なき~ (7, 0.0%)

1 に何由, に如何, は心細い, 今小女一人を, 女優, 妻と, 妻乳の

▼ 夫にとって~ (7, 0.0%)

1 すべてを, そのまた, 変ろうと, 大いなるショック, 思いがけないたいへん, 無意味である, 重大な

▼ 夫にとっては~ (7, 0.0%)

1 あまり重, かけ代え, この降下, 久かたぶりの, 帆村の, 悲運とでも, 更に不幸

▼ 夫ほど~ (7, 0.0%)

1 お目出度い, 不幸な, 大変なら, 尊敬します, 抜目なく, 知り尽すもの, 覚えて

▼ 夫までが~ (7, 0.0%)

1 いつや, でて, 一杯機嫌に, 一種絶対主義的な, 仰向けに, 初めは, 物めずらし

▼ 夫~ (7, 0.0%)

2 妻鳥よ, 恋人よ 1 十年昔の, 友よ, 履を

▼ 夫以上~ (7, 0.0%)

1 であるから, には毒, の地位, の学力, の高, を聞く, を語らなかつた

▼ 夫則重~ (7, 0.0%)

1 が乱世, に示した, の様子, の顔, を不具, を心私, を考え

▼ 夫~ (7, 0.0%)

2 して, すれば 1 しては, しても, し寡居みずから

▼ 夫~ (7, 0.0%)

3 である 1 何所へ, 消えて, 石の, 身を

▼ 夫~ (7, 0.0%)

2 ですよ 1 と思う, の微笑み, は言う, を一対, を片

▼ 夫~ (6, 0.0%)

1 きのふより, 廿金人に, 杉六ちゃん, 稲さんの, 藏前の, 高の

▼ 夫さえ~ (6, 0.0%)

1 よくまごつく, 分らない体, 忘れたの, 教えて, 知ぬ, 覚えぬ程

▼ 夫たるべき~ (6, 0.0%)

1 人だ, 人に, 男は, 男を, 耶蘇を, 陽吉が

▼ 夫とともに~ (6, 0.0%)

1 ヴェニスに, 家庭を, 居を, 山小屋に, 往き蛇, 甘んじて

▼ 夫なり~ (6, 0.0%)

1 一三一二年怨みを, 之を, 別れて, 塀の, 妻なりが, 法律上の

▼ 夫について~ (6, 0.0%)

1 何も, 到頭こんな, 多少苛酷, 大連まで, 言抜は, 説明の

▼ 夫ばかり~ (6, 0.0%)

3 では 2 でなく実は 1 でなく娘

▼ 夫までは~ (6, 0.0%)

1 リセリウ街で, 分らぬけれど, 半信半疑であった, 殆ん, 糞桶を, 認めませんが

▼ 夫~ (6, 0.0%)

1 おもしろい殺, かのげいし, さておき今日虎, さておき去年六月望月ら, さてを, 今カラ

▼ 夫利山~ (6, 0.0%)

1 が突兀, であり話題, でございますよ, です, など, の木太刀

▼ 夫~ (6, 0.0%)

1 に合わせ, の末, をお, をひい, を少し, を弾き出した

▼ 夫程の~ (6, 0.0%)

1 ことは, 俗臭を, 岩山とも, 必要も, 手数が, 無禮

▼ 夫~ (6, 0.0%)

1 から分れた, が玄菟, にも百濟, の都城, は今, は玄菟

▼ 夫すら~ (5, 0.0%)

2 十歳と 1 大勢が, 拝む事, 果さずじまひ

▼ 夫だけが~ (5, 0.0%)

1 その努力, やっとの, 必要な, 感じること, 本当の

▼ 夫であっ~ (5, 0.0%)

2 たり夫 1 て従っ, て超越内在, て遂に

▼ 夫などに~ (5, 0.0%)

1 何の, 命を, 対立し, 幾度と, 聞いて

▼ 夫ならぬ~ (5, 0.0%)

2 夫と 1 ものによって, 夫に, 男に

▼ 夫にて~ (5, 0.0%)

1 ありし, テバイの, 二三の, 人の, 御屋敷奉公

▼ 夫のみ~ (5, 0.0%)

1 ならず先生, ならず本家, ならで, 守れる, 寒中の

▼ 夫へは~ (5, 0.0%)

3 多分参りますまい 2 当分秘密に

▼ 夫を以て~ (5, 0.0%)

3 天と 1 一定の, 自己の

▼ 夫一徳~ (5, 0.0%)

1 に見送られ, の実弟, の後輩, の立場, の自殺

▼ 夫博士~ (5, 0.0%)

1 が猫, によって覆えされた, に向, に宛てた, の支持

▼ 夫~ (5, 0.0%)

1 が芭蕉, である, の, の書い, 之墨

▼ 夫あり~ (4, 0.0%)

1 てその, て夫, て後, 妻あり

▼ 夫からの~ (4, 0.0%)

1 一面的抽象として, 三日間譲吉は, 数度の, 斜面は

▼ 夫たる者~ (4, 0.0%)

1 が其女子, の人物如何, の無礼無作法粗野暴言, の祖父母

▼ 夫だけに~ (4, 0.0%)

1 さういふ笑, よく知っ, 恥かしい思ひ, 粗大で

▼ 夫だけは~ (4, 0.0%)

1 共謀者の, 多く食った, 客扱いを, 自業自得だ

▼ 夫だの~ (4, 0.0%)

1 ほかの, 伯父だの, 妻だ, 妻だの

▼ 夫などが~ (4, 0.0%)

1 いろ, かえって見苦しい, 代用された, 口ぐせの

▼ 夫などの~ (4, 0.0%)

1 たぐいを, 口から, 迫害ほんとに, 間に

▼ 夫などは~ (4, 0.0%)

1 まだまだ優しい, 徹底的に, 遠くおや, 頼まずに

▼ 夫なれ~ (4, 0.0%)

1 ばこそああ, ばこそもの, ばとて訳, ば妻

▼ 夫なんて~ (4, 0.0%)

1 いるもの, 紙人形に, 要るもの, 要るもん

▼ 夫にあたる~ (4, 0.0%)

1 人が, 人で, 人の, 人は

▼ 夫による~ (4, 0.0%)

1 啓蒙活動の, 変化との, 統一, 自治独立政権運動とが

▼ 夫に対し~ (4, 0.0%)

1 なければ, 両手を, 同盟を, 父に対し

▼ 夫に従い~ (4, 0.0%)

2 老いては 1 子に, 老し

▼ 夫伊織~ (4, 0.0%)

2 が, は七十二歳

▼ 夫即ち~ (4, 0.0%)

1 妻でなく, 法王, 法王は, 現在の

▼ 夫~ (4, 0.0%)

1 に告ぐ, の綱たる, の観念, は妻

▼ 夫~ (4, 0.0%)

3 身の 1 身は

▼ 夫~ (4, 0.0%)

2 を動 1 に讒し告げ, の嫉妬

▼ 夫~ (4, 0.0%)

1 が幾つ, にすぎない, に過ぎぬ, をさがし

▼ 夫重三郎~ (4, 0.0%)

2 の死骸, の非業

▼ 夫~ (4, 0.0%)

2 に打ち遣つた 1 で又, に打ち遣った

▼ 夫お前~ (3, 0.0%)

1 の父, は何, は月

▼ 夫かとて~ (3, 0.0%)

1 無駄使などは, 立茶番も, 長三を

▼ 夫こそは~ (3, 0.0%)

1 右門が, 嘘にて, 悲しかるべき

▼ 夫さえも~ (3, 0.0%)

1 おなじさ, 知ぬじゃ無い, 知らぬ

▼ 夫それ~ (3, 0.0%)

2 を皆 1 を見物

▼ 夫つう人~ (3, 0.0%)

1 が今度出征, に対する自分, やそい

▼ 夫であるなら~ (3, 0.0%)

2 ばそれ 1 あるいはせめて

▼ 夫でない~ (3, 0.0%)

1 主人は, 夫親で無い, 男への

▼ 夫とでも~ (3, 0.0%)

2 一緒に 1 こんな話

▼ 夫とに~ (3, 0.0%)

1 一応根本的, 区別され, 愛想を

▼ 夫どの~ (3, 0.0%)

1 が一人, にくるり, のことば

▼ 夫なども~ (3, 0.0%)

1 みな跡を, やはりその, 見えず下

▼ 夫にと~ (3, 0.0%)

1 つては, つても, 留守居し

▼ 夫に対しても~ (3, 0.0%)

1 亡くなった私, 礼義崩れ, 自分の

▼ 夫に従って~ (3, 0.0%)

1 さすがに, 又形式論理的方法, 台湾に

▼ 夫ほどの~ (3, 0.0%)

1 侠勢の, 傷なら, 馬鹿ものが

▼ 夫までの~ (3, 0.0%)

1 お留守居, 命, 経験による

▼ 夫やく~ (3, 0.0%)

3 そくなどと

▼ 夫よりか~ (3, 0.0%)

1 今日迄, 君の, 妻が

▼ 夫りゃ~ (3, 0.0%)

1 ア何時だってヨ, ア奴等だって, 分ッ

▼ 夫れよ~ (3, 0.0%)

1 と即, りか金の, 人目に

▼ 夫れより~ (3, 0.0%)

1 や早引け, 事が, 諸科専門

▼ 夫オースチン~ (3, 0.0%)

1 が多年, の遺書, の遺稿

▼ 夫シェリー~ (3, 0.0%)

1 がそれ, の天才, の詩

▼ 夫~ (3, 0.0%)

1 前ニ其, 濫用セントスル戀愛ノ, 負擔トナリテ立法

▼ 夫一人~ (3, 0.0%)

1 が力, では, は牢

▼ 夫~ (3, 0.0%)

2 の軍人 1 とならん

▼ 夫六郎~ (3, 0.0%)

1 のところ, の方, の枕許

▼ 夫半蔵~ (3, 0.0%)

1 のこと, の方, をも離れ

▼ 夫~ (3, 0.0%)

1 なり, の増員, 迄御酒

▼ 夫~ (3, 0.0%)

1 ハ其子ガ自己, 一帶の, 歴史学で

▼ 夫四人~ (3, 0.0%)

1 に男の子一人, は力強く, は駕籠二挺

▼ 夫~ (3, 0.0%)

1 それたこれ, 楯の, 魔王は

▼ 夫夫婦~ (3, 0.0%)

1 には七人, に礼, の厄介

▼ 夫婿~ (3, 0.0%)

1 に仕え, の家, 聞かず遥か

▼ 夫密婦~ (3, 0.0%)

1 に蒐, の居場所, の隠れ場所

▼ 夫~ (3, 0.0%)

1 にからかわれる, にもてあそばる, に入る

▼ 夫思い~ (3, 0.0%)

1 の一筋, の細君, は全く

▼ 夫恋う~ (3, 0.0%)

2 鹿の 1 思いを

▼ 夫木集~ (3, 0.0%)

1 に周防氷室池詠人不知, に知家朝臣, の

▼ 夫歳男~ (3, 0.0%)

1 と結ばれた, の居間兼任事部屋, の父

▼ 夫玄徳~ (3, 0.0%)

1 のため, の便り, の考え

▼ 夫玄策~ (3, 0.0%)

1 が死んだ, に取り入り, の死んだ

▼ 夫良意富美~ (3, 0.0%)

1 が女, という者, の邸

▼ 夫金五郎~ (3, 0.0%)

1 へのつながり, への献身, も若松

▼ 夫風情~ (3, 0.0%)

1 にあんな, にも合点, の嬶

▼ 夫餘國~ (3, 0.0%)

1 と同じ, の主, の出現

▼ 夫からと~ (2, 0.0%)

1 おなじに, 聴き飽きない

▼ 夫からも~ (2, 0.0%)

1 家からも, 立つという

▼ 夫がも~ (2, 0.0%)

1 ぐれないよう, 抜けの

▼ 夫くらいの~ (2, 0.0%)

2 事は

▼ 夫ぐらい~ (2, 0.0%)

1 であるが, 絶えず慾望

▼ 夫この~ (2, 0.0%)

1 二つが, 恥を

▼ 夫これ~ (2, 0.0%)

1 に應, を見

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 へ疑, へ見ず

▼ 夫された~ (2, 0.0%)

1 お前に, とあっ

▼ 夫その他~ (2, 0.0%)

1 の使用人, の旗本たち

▼ 夫たり~ (2, 0.0%)

1 友たる, 国津神は

▼ 夫だけで~ (2, 0.0%)

1 私達は, 能く

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 これが, なぜわが

▼ 夫としても~ (2, 0.0%)

1 先妻が, 見に

▼ 夫とだけが~ (2, 0.0%)

1 荘公にとっての, 莊公にと

▼ 夫とて~ (2, 0.0%)

1 万歳の, 決して憎い

▼ 夫とても~ (2, 0.0%)

1 残らず負債, 浮気男の

▼ 夫とでは~ (2, 0.0%)

1 すぐ様, その社会的存在事情

▼ 夫なし~ (2, 0.0%)

1 で就中今, の奥さん

▼ 夫など~ (2, 0.0%)

1 ぁいっつも一人し, であった

▼ 夫などという~ (2, 0.0%)

1 人が, 者が

▼ 夫なりと~ (2, 0.0%)

1 いひて, 思へり

▼ 夫なりに~ (2, 0.0%)

1 矢張り一個の, 逢った二人

▼ 夫にたいする~ (2, 0.0%)

1 真の, 追憶の

▼ 夫については~ (2, 0.0%)

1 一言も, 余りハッキリした

▼ 夫にのみかは~ (2, 0.0%)

2 その子ら

▼ 夫に関する~ (2, 0.0%)

1 ことなし, 批判の

▼ 夫はと~ (2, 0.0%)

1 に角, 云う其の

▼ 夫ひとり~ (2, 0.0%)

1 が町, であった

▼ 夫また~ (2, 0.0%)

1 その通り, 私にも

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 がハイロ, 助かりまする

▼ 夫もね~ (2, 0.0%)

1 それも, 染めるの

▼ 夫よい~ (2, 0.0%)

1 父と, 父にさえ

▼ 夫よき~ (2, 0.0%)

1 妻よき, 父よき

▼ 夫よと~ (2, 0.0%)

1 宣言し, 歎い

▼ 夫らしく~ (2, 0.0%)

1 妻は, 頭の

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 やあ己, ア己も

▼ 夫れこ~ (2, 0.0%)

1 の心, の論文それ自身

▼ 夫れ見~ (2, 0.0%)

1 と信, 給へ

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 が吾許通, に逢

▼ 夫わたし~ (2, 0.0%)

1 の夫, はわたし

▼ 夫をば~ (2, 0.0%)

1 択びたれ, 拝むなり

▼ 夫ジョルジュ~ (2, 0.0%)

1 には夫人, に遇った

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 いたりて, も及申

▼ 夫ニ付~ (2, 0.0%)

1 てハ私, て兵器等日

▼ 夫ピンカートン~ (2, 0.0%)

1 はきっと, を乗せた

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 殘賊シ其子女ヲ, 見送リニ行クノデハナイ

▼ 夫一同~ (2, 0.0%)

1 が役場, の顔

▼ 夫中将~ (2, 0.0%)

1 にすら負, を始め

▼ 夫主護~ (2, 0.0%)

1 と云, に相

▼ 夫井戸応助~ (2, 0.0%)

1 に子, の子

▼ 夫以下~ (2, 0.0%)

1 のもの, の標高

▼ 夫伯爵~ (2, 0.0%)

1 の幻, よりも反っ

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 の給料, の見込

▼ 夫八住衡吉~ (2, 0.0%)

1 が三人, などはむろん

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 から歩廊, が線路

▼ 夫其の~ (2, 0.0%)

1 ままの, 登り詰に

▼ 夫力蔵~ (2, 0.0%)

1 が死ぬる, に重宝

▼ 夫半兵衞~ (2, 0.0%)

1 の擴げた腕, の目

▼ 夫卯吉~ (2, 0.0%)

1 の前, の病室

▼ 夫同士~ (2, 0.0%)

1 に相当, は古い

▼ 夫喜田川三郎氏~ (2, 0.0%)

1 が自分, の卓

▼ 夫圖書~ (2, 0.0%)

1 が私, もおります

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 なきは, なく一生

▼ 夫壻有男弟佐治國~ (2, 0.0%)

2 自爲王以來

▼ 夫多妻野合~ (2, 0.0%)

2 であり嫉妬

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 を失うた, 之祖父母

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 といふ王, の解

▼ 夫孫三郎~ (2, 0.0%)

2 の許し

▼ 夫宇治~ (2, 0.0%)

1 の後わき, の愛情

▼ 夫宗右衛門~ (2, 0.0%)

1 は早世, も聖堂

▼ 夫定め~ (2, 0.0%)

1 には口出し, の機会

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 におる, の人びとのあまりにすげなきしぶりを

▼ 夫屯所~ (2, 0.0%)

1 の向こう, の所

▼ 夫~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 夫帰っ~ (2, 0.0%)

1 てわが, て来ます

▼ 夫~ (2, 0.0%)

2 を赦せ

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 おわって, べけむ

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 けめ, といふ仮名書き

▼ 夫志村~ (2, 0.0%)

1 が, の変死

▼ 夫思ひ~ (2, 0.0%)

1 でそして, の一筋

▼ 夫愛児~ (2, 0.0%)

2 の臨終

▼ 夫我子~ (2, 0.0%)

1 の災, をも見のがすまい

▼ 夫或は~ (2, 0.0%)

1 兄の, 屍体処理人夫たらしめない

▼ 夫~ (2, 0.0%)

2 之丞

▼ 夫~ (2, 0.0%)

2 てる身

▼ 夫朔郎~ (2, 0.0%)

1 が汗, に扮する

▼ 夫権右衛門~ (2, 0.0%)

1 の許可, を百万長者

▼ 夫正樹~ (2, 0.0%)

1 と妻弥生, の休暇中

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 かな, に妻

▼ 夫玖命~ (2, 0.0%)

1 という方, は敵

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 國に, 魚を

▼ 夫相手~ (2, 0.0%)

1 にこんな, の戯作

▼ 夫矢川文一郎~ (2, 0.0%)

1 と倶, の名

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 がある, を納め

▼ 夫程に~ (2, 0.0%)

1 思ふなら定めし, 思わぬだろうが

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 は源太親方, は源太親方さ

▼ 夫自分~ (2, 0.0%)

1 はもうそう, は自分

▼ 夫自慢~ (2, 0.0%)

1 をきい, をする

▼ 夫若し~ (2, 0.0%)

1 怒るとき, 腹立怒

▼ 夫英三~ (2, 0.0%)

1 に仕える, の惨死体

▼ 夫諸共~ (2, 0.0%)

1 に揺すぶり, やっつけて

▼ 夫貞氏~ (2, 0.0%)

1 と共にまったく, どの以外

▼ 夫近藤~ (2, 0.0%)

1 は帰っ, を愛し

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 かに相, に右方

▼ 夫長松下梅造~ (2, 0.0%)

1 が西郷さん, の声

▼ 夫長次~ (2, 0.0%)

1 が返り, にはあくまで

▼ 夫~ (2, 0.0%)

1 哀しんで, 怒って

▼1* [703件]

ないに, 夫あえて恨みを, 夫あがりで魯鈍と, 夫あがりらしい茶店の, 夫あつかいにする, 夫あてのもの, 夫あのひどい分らず, 夫あわすに足る, 夫いうたら凡べての, 夫いそいで船, 夫いたし右八人, 夫いづくにか, 夫いのう光国どの助け, 夫いるねんやろ, 夫いわく那倶羅虫が子, 夫おあねさとりし, 夫おもふは, 夫おもうはただ, 夫および父には, 夫お先へ戴く, 夫お参りしなさい, 夫かて光子さんに, 夫かてしョことなし, 夫かに嫌いな, 夫かの一方が, 夫かも知れない, 夫からといふもの成るべく, 夫がかぶとの, 夫がから手で, 夫がたうとう一つ, 夫がちようどその, 夫きっと大阪い行てる, 夫きりにて候, 夫ぎり消えて, 夫ぎりイツカ忘れて, 夫なる筈, 夫ここに至り, 夫こそが弁証法の, 夫こんどわしが戻っ, 夫さあん, 夫さまや和助さま, 夫さんあたいの力, 夫さんお前さんだけだ, 夫さんお腹はどう, 夫さんつうのが, 夫さん私は, 夫しか持てない, 夫しっかりおし楢夫, 夫じゃと喞たれ, 夫すこし首を, 夫すなわちわたしの, 夫すべて愛するもの, 夫すらもしまいには, 夫そういうこれまで, 夫それからこういう鋸, 夫それだけのこと, 夫苦の, 夫たらしめる規定を, 夫たらずといえ, 夫たらんと望む, 夫だけとして見れば, 夫だけを人為的操作と, 夫だったではありません, 夫だったらやっぱりそんな, 夫だっていざとなればどうだか, 夫だつたから, 夫だつたら一層好い, 夫ゅうたらそないな事に, 夫っていう人も, 夫ついて行けない, 夫つまりそうした型, 夫てんで訳が, 夫であったならと思った, 夫であったらと日, 夫であった贈太政大臣時平の, 夫でこそ清い愛情, 夫でございますから詐欺, 夫でござろうわれらを, 夫でさえも私なし, 夫でして名前, 夫でしたがこれ, 夫でなくてはならぬ, 夫でもと椀白も, 夫でもとも言兼ね, 夫で御座いましたが運惡, 夫で無ければ第, 夫というのもへんだ, 夫というは兜町方面に, 夫といふは背の, 夫としてのみ考へる事, 夫とへの申しわけに, 夫ともども祈上申候あらあらかしく, 夫ともどもわたくしたちも国, 夫ともども心を砕い, 夫とやらをお前が, 夫ひに, 夫どうしが電話, 夫なく一般の, 夫なく空しく一二三を, 夫なぞの聞きたがること, 夫なぞもよく宮坂, 夫などよりはるかに, 夫などを盗まず正統, 夫なやませは止めさせる, 夫なりの介添へ, 夫なりを選んで, 夫なんかとても木村さん, 夫なんぞ一人や, 夫において見出した, 夫にさえこの苦しみ, 夫にすら見せないという, 夫にたいして愛情を, 夫にたいしては父親にたいする, 夫にだけ与へ, 夫についての感想を, 夫につれてフジは, 夫にでも見えて, 夫にとっても重大な, 夫にとり縋って, 夫になつてゐた, 夫にまで集約した, 夫にまでにこ, 夫により扶養の, 夫に対するに顔色言葉遣ひ, 夫に従うこれが, 夫のみか名を, 夫のみがその低質性, 夫のみて来て, 夫のみで生きて, 夫のみなりをさして見せ, 夫のみにて死ぬべ, 夫のみのお身の上, 夫のみを楽み, 夫はからだが, 夫はがい骨, 夫はじぶんが第, 夫はじめ皆さまに驚かれ, 夫はぞーッと, 夫はつひなんとなく, 夫はねあなたに, 夫ははいると, 夫はをりませんで, 夫ばかりか掠奪物一切を, 夫ばかりが慰むの, 夫ばかりの事し, 夫ばかりは出来ません何と, 夫ふたりの札, 夫ぶりを発揮, 夫いっかな炉辺, 夫ほどまでに行かずとも, 夫んぢゆう, 夫まかせで自分, 夫または妻と, 夫までと絶望の, 夫までに猶篤と検め, 夫みたいに歩きた, 夫もっともと同じ, 夫もつひクラ, 夫もろともに, 夫ゃなア何うしても, 夫ゃ何う云う, 夫やさしい夫でした, 夫やめよう思たんは, 夫ゆえ便る所, 夫ゆえ伯父を殺し, 夫ゆえ幽霊塔の持主, 夫ゆえ書き替えずに, 夫ゆえ止を得ず私し, 夫ゆえ秀子は声, 夫ゆゑうき世, 夫ゆゑ何方様へも番附, 夫ゆゑ御返事もいたし, 夫ゆゑ誰も彼, 夫よぶ野辺の, 夫よりもずつと下等な, 夫らしき男が, 夫らしくするかしない, 夫らしくない印象で, 夫りやア偉かつ, 夫れこそこの私, 夫れじやあ己, 夫れつ切り出て, 夫れであり日本の, 夫れですから牛, 夫れでちつとも可笑しい, 夫れでないところから, 夫れで御座んす常日さ, 夫れで済むか山, 夫れなりけりとは不審, 夫れなるべしと聞かぬ, 夫れ亡びん乎国家の, 夫れ切り双刀, 夫れ思うて君, 夫れ期する所は, 夫れ謹み敬いて申し奉る, 夫わいのー, 夫わがはらから, 夫をかばひました, 夫をさえ実際は, 夫をしか恐れて, 夫をすら外泊させ, 夫をすらをしみて, 夫をまで失はんと, 夫をまでもいらだたせまた, 夫ををがむばかり, 夫を通して一般の, 夫当然よ, 夫アイザックの病気, 夫アダムと共に樂園, 夫アムダに腹, 夫アレース神妬んで, 夫アンリーから最後, 夫ア何歳だバ, 夫カラ挑マレテ怯ム色ヲ見, 夫ガ出稼ノ為ニ, 夫ガ病人ニナッテシマッタノダカラ残念デタマラナイノダガ君ノ手紙, 夫ギルドフォード・ダッドレーはすでに, 夫ギルフォオド・ダッドレイを一緒, 夫グローチゥスが伝染病, 夫ゴト盜たド, 夫サ義理立デデこの, 夫シューバの前, 夫ジブロウタの倉番, 夫ジーグフリードの幻, 夫スワンソン氏にも劣らず, 夫ゼウスがアイギナ, 夫タル勞働者ノ品性, 夫ダグラス・フェアバンクスの軽業, 夫ダビデを殺そう, 夫ダヴィッドを発明, 夫チッ息して, 夫テオバルト・フォン・エッセン男爵の画像, 夫デアッタノニ最近ノ僕ハソウデモナイ, 夫トイウモノハ見馴レタ妻, 夫トシテ彼女ニ十分ノ義務ヲ果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモ, 夫トロイアの, 夫ニーノ死して, 夫ニ三条侯の身内小沢庄次, 夫ニ乙さんのおび, 夫ニ忠実ナル妻デアル以外, 夫ニ於テ予メ之ヲ許可シ居リタルモノト認ムベキハ条理上, 夫ニ此度の御, 夫ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 夫ニ許サレタモ同然デアルト考エルニ至ルカモ知レナイ, 夫ハ三日路も外, 夫ハ昨日以来の御, 夫バッハの作り, 夫パレツトを看板, 夫ピエールと二人, 夫ヘルメルの傍, 夫マックファースンから一通, 夫到稀ナリト云フ, 夫モーツァルトに対して理解, 夫ユラがはいつ, 夫ヨリ後ハ佩用トシテ武州鍛冶和泉守兼重ヲ用ヒキ, 夫ヨリ日高山に至ル, 夫ルオフ・メリコフ事件をはじめ, 夫ルナアトの丹念, 夫ルパートが, 夫ヲ話シタノデス, 夫レハ広が心次第也, 夫レハ清次郎が天下, 夫レヨリ漸ク檜枝, 夫レ兵ヲ用ル之法国, 夫レ医卜トハ素封無キ者, 夫レ操觚執簡以テ其業ト為シ一世ヲ睥睨スル者世其人ニ, 夫レ等僅少ナル寸法ヲ短縮スル等, 夫ワグナーを煩雑, 夫ヴィッテチェックなどはいずれ, 夫一刀齋勘兵衞を殺し, 夫一対にそろえ, 夫一番ヶ瀬半兵衛は佐佐木家, 夫丈教へて呉れない, 夫三人心を併せ, 夫三千あるひ, 夫三河屋力蔵の開い, 夫三郎の悪意, 夫三郎氏を相手, 夫上林暁太宰治木山捷平古谷綱武亀井勝一郎中村地平君等である, 夫不毛といへる, 夫不義過あら, 夫与作の墓参さ, 夫に生れた, 夫主人の妻, 夫之婦などに名, 夫乗ったり降り, 夫乞食に出る, 夫亦八豎子来相語曰, 夫二人だまつて霧をあらはる, 夫二人三人のそり, 夫二人林中で蛇, 夫二人轎夫四人毛布と二日分, 夫二妻を是認, 夫五兵衞が亡くなった, 夫五夫にでも見え, 夫井出一徳は正規, 夫亡ぶる時に, 夫人でなしに皇后, 夫人並に次男同伴米國, 夫人事華子なの, 夫人我等を顧み, 夫仁平は穏厚, 夫へ嫁, 夫他行の際, 夫仙八の死後, 夫仙太郎の浅ましい, 夫以上余計に種々, 夫以前より一層, 夫以来お糸さん, 夫以来天台宗の修験, 夫以来衣姫の梭, 夫以来譲吉はズーッ, 夫仮名岩形圭吾事志村浩太郎と妾, 夫仮睡などキメ込んでる, 夫でござんしてな, 夫仲平が六十四, 夫仲間が心配, 夫伊兵衛川中に死し, 夫休息についてよろしい, 夫伝右衛門氏の手, 夫伝馬並に宿送り, 夫伝馬宿送りも他, 夫某智慧, 夫何卒御赦し, 夫佞者を悪, 夫倔強の, 夫僕たちどこへ来たらう, 夫代議士, 夫兄さんがわからない, 夫兄弟息子など身近, 夫兄栄太と密通, 夫兄父弟達に対する婦人たち, 夫先住土着の民族, 夫先生を懐, 夫先生外村完二氏にお, 夫を見る, 夫入道の道心, 夫全体へ向かっ, 夫八人にかかせる, 夫八住も殺さなけれ, 夫八時間で七十五円, 夫公爵とともに部屋, 夫六十人その時, 夫兵庫の放埒, 夫其得手物で新婦, 夫其状を怪し, 夫其玉を乞い, 夫其親の意, 夫内匠の意志, 夫出してやりました, 夫刀彦は能登媛, 夫分け入る鬼怒沼山, 夫絶て此落語, 夫切り便りが無い, 夫は罪, 夫判事なにがしのため, 夫の山, 夫利山大権現大天狗小天狗, 夫利神社神璽の印, 夫の二字, 夫をあわせ, 夫加島屋文五兵衞は西國, 夫助三郎を殺害候段重々, 夫募集の広告, 夫北条霞亭を喪, 夫十人の補助配達夫, 夫十四郎との関係, 夫左衞門を, 夫半兵衛の拡げた, 夫卓二の職酷, 夫単沽未士なぞと云, 夫又は物理学の, 夫及び實父に, 夫双方のほのか, 夫口ぎたなくも, 夫聖人之, 夫気に入ったもの, 夫台湾の民, 夫を恐らく, 夫呑舟の大, 夫周囲の人全体, 夫周左衞門の色好み, 夫味方に入れる, 夫呼ぶ雉子の, 夫和田宗右衛門というの, 夫機会だに, 夫唱婦和し, 夫唱婦和説を固守, 夫商売気に入った, 夫問うて委細, 夫問事あらば, 夫喜助に毒, 夫嘉門が死んだ, 夫国法はそれ, 夫国造の創置, 夫園絵はこの, 夫圓太郎の寄席芸人, 夫圧死し仮, 夫堪えようとして堪え得ず, 夫塗物問屋会津屋宗右衛門方の通番頭, 夫の男, 夫多妻の種々, 夫多婦的傾向をもっ, 夫夜ぁ明げだ起ぎろ, 夫夜叉輩より瓶, 夫大いに怒ると, 夫大事にする, 夫大尉のこの, 夫大川の源, 夫大日下の王, 夫大股に行く, 夫大阪にいるち, 夫天下は平氏, 夫左衞門が, 夫ではある, 夫女子は成長, 夫妻子供六人にぎやかだつた, 夫妻子孫みんなラツフでエゴイスト, 夫て補さる, 夫姦夫シュテッヘにも非業, 夫姿でまだ, 夫婦女子は慎しみ, 夫婿顔して, 夫にも好い, 夫真人世以為仙医, 夫宇津木文之丞, 夫安倍源基らの人々, 夫宗兵衛の坐っ, 夫実に清らかな, 夫宮口を発見, 夫宮本が任地, 夫富田博士その人, 夫寝室を出, 夫寿平次に似, 夫小使等無礼あるか, 夫小倉嘉門は大師流, 夫小栗桂三郎を怨み抜い, 夫少将一派は楊宇霆, 夫少年二名が火星人, 夫尺蠖は伸び, 夫もなかなか, 夫岸田屋宇之助は此, 夫から下り立っ, 夫川上の事業, 夫左衞門と先祖, 夫を亡ぼした, 夫差越を破る, 夫己氏のよう, 夫巾着の中, 夫巾著番頭は早く, 夫の山幸, 夫師岡が此號, 夫師岡久次郎の兄事, 夫にいい加減, 夫帰り午飯を, 夫帰り羊の画, 夫常陸国者堺是広大地亦緬, 夫座敷の梁, 夫延寿太夫を引立て, 夫廼舍歌集にはその, 夫廼舎で五十七年, 夫廼舎歌集の送り仮名, 夫弓夫とお, 夫引き入れる手段やった, 夫左衞門在世の, 夫当日その内, 夫志村浩太郎はその, 夫忠実な妻君, 夫怒りて阿, 夫思恵君にしあらね, 夫恋しさに, 夫恋しき夜半の, 夫恋人友人それらのどれ一つ, 夫なきに, 夫悔い悲しむ事限り, 夫子悪, 夫濃ヤカニ致サバ, 夫れて, 夫想いになっ, 夫想ひであつた, 夫愚婦山のごとく, 夫慷慨にし, 夫憎うさい感じました, 夫戍蕭關妾在呉西風吹妾妾憂夫一行書信千行涙寒到君邊衣到無, 夫成天地之大功者, 夫我女は文三, 夫或いは父親その他の, 夫戻って来ました, 夫所謂落胤東清の表, 夫手記の中, 夫押鐘博士との精神生活, 夫持ち場につけ, 夫持ってもこれ, 夫挨拶もそこ, 夫掘り取って, 夫故お屋敷へも, 夫故まア知って, 夫教師仲間からは少し, 夫教授が私有財産制, 夫文人の苦心, 夫文次にひそか, 夫奸之徒は, 夫斯久おもほゆべし, 夫新妻を打たん, 夫旅立ちていまだ, 夫既に來り居, 夫日本の畳たる, 夫日野有三九という男, 夫ぐのぼれ雪降っ, 夫早く亡った, 夫明日の教会, 夫星光ではあるまい, 夫の費用, 夫昼夜を舎, 夫智惠子が言, 夫曰君常昼, 夫有るのを, 夫有タテ何ア目ぐせバ, 夫有難い父母優しい, 夫木石而能言者之不可思議奚以異, 夫木集中に詠ずる, 夫松さんは伊藤博文, 夫松波博士の出勤, 夫板倉鼎今暁六時死去いたしましたから, 夫に靜, 夫柄歌を考へつ, 夫柴田と運命, 夫梅田は素より, 夫梅雨の宿, 夫梯子乗りの試演, 夫棚橋讃之助, 夫植学者窮理之一端也弁物者植学之門墻也, 夫植松弓夫と共に木曾福島, 夫榛軒より長ずる, 夫は米穀何百俵, 夫樽原を訪れ, 夫機械工及び鍛冶工, 夫と婦權, 夫次第大抵は分りませう, 夫してたこと, 夫正夫の父, 夫の二つ, 夫殺され親兄死罪, 夫殺しなり親殺し, 夫氏自ら却てその, 夫に溺, 夫水蹙れば, 夫をふき, 夫治之が卒, 夫沼霧匡作だ, 夫浦島太郎である, 夫之助, 夫するを, 夫消えて了うの, 夫渦中い巻き込んだこと, 夫港灣の埋立人夫, 夫村恭平と, 夫源次郎を突こう, 夫と言う, 夫演劇は国家, 夫と言, 夫火事で焼け死んだ, 夫炭焼き輩払うこと, 夫は一年, 夫無きにいかに, 夫無くしては, 夫煙草職工中年から文選工, 夫であつ, 夫熟睡して, 夫は油, 夫父らの遇逢, 夫父親息子たちはいづれ, 夫は売り渡された, 夫猟師でさえ時々, 夫をあしらい, 夫現れ出で川, 夫理学士は公用, 夫瑞仙は聴かず, 夫生者之有, 夫の政長, 夫田川の手, 夫田村松魚との生活, 夫男児を育, 夫畑柳庄蔵氏なの, 夫疲れくる見ゆ, 夫病み自ら給するあたわず, 夫白銅一片に辟易, 夫百餘人顏色青ざめて, 夫な仕事, 夫的場左衛門は桔梗, 夫一の, 夫見婦人, 夫相良寛十郎の行方, 夫知っていまい, 夫知己相待之殷, 夫石井健太はまだ, 夫石論者の中山氏, 夫は人道教示, 夫秀實の手, 夫の顔, 夫稲荷だったの, 夫立会いの上, 夫竹童の襟, 夫の騒々しい, 夫一物部丹濃第二と, 夫等々その上, 夫へて言さく, 夫答え給いける歌曰云々, 夫之氏の, 夫約束固めても, 夫の小頭, 夫羅山の口号, 夫群衆の, 夫義兄の帰宅, 夫グイードの, 夫した場合, 夫聖賢下筆造文用意詳審尚未可, 夫職人行商人等に身, 夫背戸の方, 夫自ら來りて, 夫自体として見れ, 夫自身内心ではひどく, 夫自身実験としての意義, 夫自身思想を材料, 夫に死なれ, 夫を蘆荻, 夫良い父である, 夫良意美この詔命, 夫若うして, 夫茂之助に別れる, 夫草雲だった, 夫荒木茂の異母弟, 夫萬兵衞の血縁, 夫著作郎慶保胤撰と署名, 夫葛生能久たちが自由市民, 夫藍お前は笑つて, 夫藍色の浪, 夫蘭軒は二十七歳, 夫虎の子一つを落す, 夫血気に乗じ, 夫行者のごとき, 夫西川辯護士の鐵道自殺, 夫西銘松三氏の話, 夫を止め, 夫で無い親, 夫角右衞門が亡, 夫ニても, 夫討ったりっ, 夫ではない, 夫誘いましたのん, 夫の一端, 夫謀叛の科, 夫警官などの姿, 夫賢主暗君の, 夫貴様は何処, 夫質屋の手伝, 夫だって殺された, 夫身のほどを知らず, 夫輝勝に仕え, 夫迄に片付な, 夫迄の事此方電光艇は, 夫迄は僕が, 夫追い及んで詰る, 夫通武が目, 夫通武存命の間, 夫速總別の王, 夫連れて来, 夫逸作の憧憬, 夫達郎の方, 夫還りて改むれ, 夫郵便配達の人たち, 夫之設, 夫重太郎に取縋つ, 夫野口君に至つて, 夫金弥の側, 夫金蔵殿とやらはそ, 夫銃殺される, 夫がまた, 夫銭その他の課役, 夫で泣かせた, 夫長屋ではやっ, 夫長戰に臨み, 夫長見舞に見え, 夫に乗じ, 夫限りしばらく口, 夫限食ひ込めなくなつ, 夫隣邦に使いす, 夫雷霆のヂュウス, 夫霹靂を飛ばす, 夫順三郎の死後, 夫須美神社といふ官幣, 夫をし, 夫風呂とか名付けし, 夫までも貸し, 夫飯田杏庵が歿, 夫飯田良清の養子孫三郎, 夫餘並に百濟, 夫餘傳によれ, 夫餘接都於丸都之下, 夫餘等の王, 夫香櫨園い帰って, 夫高柳岡本成瀬国助等甚ダ我を憐む事面外ニ, 夫鹿や毛