青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太鼓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~
太鼓~
~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦 夫婦~ 失~ ~失う 失う~

「太鼓~」 1764, 19ppm, 6026位

▼ 太鼓~ (567, 32.1%)

132 音が 28 音に 20 音は 17 音を 1614 音の 11 ような, ように 10 音も 8 音と 6 胴の 5 撥を, 音だ, 響が 4 音などが, 音や 3 皮の, 響きが

2 [27件] うちに, かわりに, やうに, 上手と, 下に, 中に, 代りに, 伴奏で, 囃子の, 打ち方, 撥は, 皮に, 皮を, 磨り打ち, 面に, 音と共に, 音など, 音のみが, 音ドー・ドー・ドーと, 音遠く, 響, 響と, 響とは, 響に, 響法螺の, 鳴り物入りで, 鳴る太鼓

1 [211件] いかめしい拍子, うしろに, おと, おとが, お仕置きなど, お話を, かげの, ことだろう, ごとくであるという, すり打ち, た, つかいかた, と, とどろきが, とどろきに, とどろきや, とどろく間, とろぎ, どっさりかけ, ばちのように, ばちの打撃に, ひびきも, ぶらさがった本堂, ほうを, ゆるやかな, アレンジ, ジョージ, タンブールが, バチの, バチは, リズムの, 上に, 上の, 上へ, 両側の, 中で, 中の, 中へは, 主題は, 乱打, 乱打の, 乱打も, 互み鳴り, 人に対する, 仕置きも, 代りの, 件は, 会が, 伝六に, 余韻の, 修羅の, 側らに, 具合を, 内部の, 内部みたいな, 冴えの, 列も, 初めは, 前に, 前には, 前拍子, 単調な, 叩き方は, 合図で, 合図毎に, 周りに, 周圍を, 唸りさざめい, 囃しにて, 囃しの, 囃子が, 囃子に, 囃子鹿の子や, 声は, 多くは, 大太鼓, 大狂躁曲, 太音, 如くなりきマエストロ・アダモ, 如く山田氏, 如く膨れ, 寄付まで, 帯に, 座に, 庭に, 強い響き, 強打とを, 怪しい遠音, 手は, 打撃の, 打方にも, 担ぎ賃, 拍子と, 掛る鍵輪, 掛合ひ, 掛声それが, 描くこの, 摺打ちと, 撥の, 撥音が, 方は, 方へ, 方を, 柄に, 桴を, 棒とか, 棒までが, 棒客の, 楕円形が, 楽隊が, 様な, 様に, 櫓組が, 歌舞の, 洞然, 浮き立つよう, 片棒かつがせ, 物の, 独奏が, 異様に, 白衣氏が, 皮, 皮で, 皮などの, 皮にでも, 皮は, 看板が, 破れを, 秘密, 稽古の, 端午遊びどころで, 縁に, 聞える町, 背後の, 胴が, 胴は, 胴を, 胴左この, 胴左た, 胴左ギラリギラリと, 胴左胸を, 花々しい響, 薄暗い傍ら, 表に, 製皮も, 親方と, 調子が, 調子で, 調子の, 調子を, 起つて, 踊が, 轟きに, 近く, 連中も, 連中を, 遠音が, 遠音や, 遠音を, 遠響, 鈍い響き, 間あり, 間拍子も, 雑音の, 難儀も, 面皮を, 革を, 音うたはせ, 音かすかに, 音きこ, 音きれ, 音こそ, 音だけに, 音だの, 音で, 音である, 音です, 音とともに, 音ともに何となく, 音などは, 音なども, 音ばかりが, 音ぱっぱっと燃ゆる, 音ひ, 音やむ, 音らしい, 音をも, 音ブリキ鑵の, 音丈けが男の, 音大砲の, 音小銃の, 音楽が, 音次第に, 音笛の, 音絶えず, 音集合の, 響きも, 響き婦人の, 響き調子揃つた足擦, 響は, 響や, 響新たに, 類の, 類三角ばた, 騒ぎには, 鳴って, 鳴らし方, 鳴り物が, 鳴るの, 鳴るまでは, 鳴る方

▼ 太鼓~ (396, 22.4%)

19 叩いて 16 たたいて 9 た, 鳴らして 7 かついで, 打って 5 たたいたり 4 たたく, 打い 3 叩きながら, 叩くの, 打つこと, 持って, 敲いて

2 [19件] うったり, うって, うつ, たたいた, たたくよう, とどろ, タタク, 叩きはじめる, 叩く前座, 張って, 打たせた, 打ちながら, 打ち鳴らしながら, 打つて, 拾ったの, 撃ちました, 杯洗で, 知って, 調べて

1 [263件] あざらしに, いくつも, うちつ, うちながら, うちならし, うち何とか, うち鳴らし思ふ, うってるよう, うつこと, うつの, うつ撥, おもしろくたたき, おれは, お持ちだ, かつがせお, かつがせその, かつがせて, かつがせられて, かりた, かりに知人, きいて, ききながら, こしらえて, ころがしそれ, さわがしく叩き立て, しょって, すえ横笛, それぞれ持っ, それは, たくさん一どきに, たたいたよう, たたいては, たたき, たたきお, たたきて, たたきながら, たたき一人, たたき人々, たたき喇叭, たたき女, たたき左, たたき手, たたき笙, たたき貧民窟, たたくが, たたくし, たたく場面, たたく清ちゃん, たたく猿, つくるの, つけて, つつみそれ, です, とんとんと, ならして, のせる櫓, ぶらさげて, ぶらさげ自分, ぼこぼん, まだ打っ, まるで神わざ, みつめるの, めあてに, もった人々, もつて, トンとも, ドーンドーン, ポン, 一つ買った, 一ッつ, 一度叩く, 一時に, 三つ叩い, 両腕, 中に, 中央に, 二つ持ち, 二人ばかり, 体じゅうで, 余ほど, 作る店, 借り受け躍り込むよう, 借り集めて, 備え訟, 先頭に, 入れそこ, 入れた時, 入れて, 入れます, 入れる, 兩手に, 冠りし, 勤め卯木, 叩いたの, 叩いてる者, 叩き, 叩きその, 叩きたがるから, 叩きました, 叩きまする, 叩き叫び, 叩き四人位, 叩き或, 叩き樽, 叩き立てて, 叩き立てる, 叩き立てるの, 叩くか, 叩くかの, 叩くこと, 叩くとともに, 叩くもの, 叩くよう, 叩く男, 叩く音, 叩こうとは, 合わせて, 吊り下げ唯, 商売に, 囃して, 四つずつ, 売りに, 売る人, 売る商人, 売る奴, 売る店, 大勢の, 大革, 封じました, 小意気に, 幾つも, 廓内にまで, 引きずり出し足, 張ったくらいに, 張つたくらゐ, 張りきらして, 待って, 待つて, 懸けて, 打ち, 打ちあるいは, 打ちそれ, 打ちたたいて, 打ちだしました, 打ちて, 打ちならす, 打ち出さうとして, 打ち切って, 打ち初め, 打ち烽火, 打ち笛, 打ち続いて, 打ち続けた, 打ち続けるの, 打ち誠に, 打ち鐃鉢, 打ち鳴らし, 打ち鳴らしてから, 打ち鳴らし大和口, 打ち鳴らすかの, 打った, 打ったり, 打つた, 打つと, 打つの, 打つやう, 打つ二つ, 打つ二本, 打つ人, 打つ撥, 打つ白人隊, 打つ真似ごと, 打つ者, 打つ腕白さ, 打つ音, 打て, 打てば, 打て狼烟, 打とう, 打留め, 打込み触れ太鼓, 打鳴らす, 打鳴らせ, 抱えたまま息急, 抱くよう, 押太鼓といふ, 担いで, 拍ち, 持ち他, 持ち出す, 持ち片手, 持ったより, 持つ, 持つよう, 持出して, 据ゑて其の, 摺鉦交り, 擲い, 敲かされたこと, 敲きお母さん, 敲きや, 敲き笛, 敲き鉦, 敲く, 斜に, 時々たたき, 最も太い, 柳に, 梁に, 海豹に, 用いたので, 相手に, 相當急速, 省いて, 耳の, 聞き流して, 聞くと, 聞くわけ, 聴いたとき, 聴き起臥進退, 胸に, 臼に, 舁いだり, 蔭の, 製造し, 謡って, 負って, 貫いて, 貰い雷門, 貰へ, 買いました, 買おうじゃ, 買った, 買ったの, 買つて呉れ, 買つて来た, 買わなければ, 蹴つた, 輪貫き, 連打する, 雷の, 餌に, 首筋から, 鳴して, 鳴らさうと, 鳴らさせ高声, 鳴らしそれ, 鳴らした, 鳴らしたこと, 鳴らしたら主従, 鳴らしたり, 鳴らしだしたの, 鳴らしながら, 鳴らしはじめたの, 鳴らしラッパ, 鳴らし初め, 鳴らし叛軍, 鳴らし始めた, 鳴らし旗, 鳴らし笑い, 鳴らす, 鳴らすよう, 鳴らせば

▼ 太鼓~ (217, 12.3%)

6 鳴った, 鳴って 3 聞えて, 鳴つて, 鳴り出した, 鳴る

2 [12件] いちだんと高く, きこえた, しだらでん, どん, 何処か, 止んで, 耳に, 聞える, 草原の, 遠くに, 響いて, 鳴ると

1 [169件] あきれ返って, あちらに, あって, あらあ, あらわれた, あらわれるの, ありこれ, あり鼓, いいでしょう, いっしょに, かう云つたの, かすかに, からだじゅうを, きこえて, きこえますわね, ここを, さらに鳴った, しきりにそこここ, しきりに鳴る, すさまじい音, すんで, その上, その子, たいそう本筋, とうとうとうと, とどろ, とどろいたとんと, とどろく, どんどん鳴っ, なった, なつて, なり響き千人針, なるの, なんだか気, はいって, はいり鐘, はやった, はやりますね, ひびき, またし, またどうして, また鳴りかけよう, まだどんどんと, みえるし, よく似合っ, カンカンと, カンラカンラヒュウヒュウヒャラヒャラ, タッ・タララッ・タッと, トコトントコトンと, ドドン, ドロドロドロンと, ドン, ドーンと, ドーンドーンドーン, ドヽン, ポーンと, リード役に, 一つ転って, 一個中, 一基その, 一段と耳, 万一の, 上手, 二つあった, 付近の, 余り大きな, 使われるの, 倦怠れ, 出て, 出ると, 合を, 向岸, 囃されて, 大き過ぎ, 奇麗に, 子供を, 届くと, 山の上に, 山蔭に, 山風に, 幾個か, 廻って, 復鳴つた, 急に, 悲哀の, 手に, 打ち出されますと, 打ち鳴らされ静蹕, 担ぎ込まれたり, 据えて, 掛かったし, 撥と共に, 景気よく, 朝風に, 木魂の, 次から, 止む, 止むと, 正午を, 気にいったと, 気に入ったと, 浜風に, 激しく鳴った, 無いと, 物憂くドドン, 疎かぢや, 白露の, 皆それを, 目を, 破れて, 突と, 笛の, 続き禰宜, 繰出した, 聞えだして, 聞えました, 聞える笛, 聞こえたと, 聞こえたら階下, 聞こえて, 聞こえる, 聴える, 聽えて, 胸の, 行く, 街を, 賑やかに, 通りましたよ, 選ばれそう, 金線を, 金錢を, 鎧武者の, 鎬を, 陰に, 陽に, 非常の, 響き人々, 響く, 風に, 騒々しく合奏, 鳴ったの, 鳴りいよいよ, 鳴りこむ, 鳴りだしたから, 鳴りだそうと, 鳴りとどろき施粥, 鳴りました, 鳴りわたる, 鳴り伝わった, 鳴り出したので, 鳴り出して, 鳴り出しました, 鳴り出し宵, 鳴り出し花火, 鳴り出す, 鳴り始め最初, 鳴り数百発, 鳴り日, 鳴り渡る朝, 鳴り渡る頃, 鳴り響いた, 鳴り響いて, 鳴り響き街上, 鳴るかと, 鳴るその間, 鳴るといふ, 鳴るの, 鳴れば, 黙して

▼ 太鼓~ (69, 3.9%)

2 風呂敷を, 鳴つた

1 [65件] あてに, あまり調子, いつか止ん, いやに, この時, すっかりやけ, すべて音が, そのまま傍, その朝, その陣太鼓, どこへ, どん, なお絶えず, ふいに, ほとんど休み, まだ夜半, もちろんである, やまない, よその, ドンツク, 七日の, 三色の, 下座し, 二度や, 体中に, 何の, 何處だ, 余程の, 別人が, 勿論迂, 十二三挺に, 又粟, 四挺踊子は, 夢でない, 太神楽の, 太鼓を, 座に, 忽ち小癪, 我々のと, 打たれるまま, 抜きです, 拙者の, 暖い, 暫くぼんやり, 最も無風流, 月の, 棒にて, 毎日よく, 犬の, 田の, 町会から, 益々活気, 空を, 自分は, 芝居にも, 賑うべき, 転がるよう, 重かったであろう, 銅鑼は, 雨が, 非常な, 鳴った, 鳴って, 鳴ります, 鳴り国民兵ら

▼ 太鼓~ (50, 2.8%)

4 ラッパの, 笛の 2 笛で, 笛とが

1 [38件] あらゆる抹香臭い, いっしょに, いって, なつて, ハーモニカの, ラッパ, ラッパを, 一升桝とを, 一緒に, 三絃の, 何物を, 共に起きあがる, 刀を, 化け物ばかり, 同じ物, 呼ぶ位ぢ, 喊声とが, 小さな太鼓, 思われる, 拍子木が, 枠に, 知られたから, 笛とに, 聞いて, 聞えて, 金鼓の, 鈴と, 鉦であった, 鉦との, 鉦の, 鉦を, 銅拍子が, 鐃鉢の, 鐘と, 鐘を, 防塞とを, 鳴らした, 鼓とで

▼ 太鼓~ (49, 2.8%)

5 つれて 2 笙の

1 [42件] あけ紫, おおどろき, おどろいて, さっしゃい, つづいて, とりかかると, はじめて我, 七賢人を, 伴れ, 似て, 合せた伊勢音頭, 合せて, 合わせて, 合わせながら, 喪紗を, 埋まって, 堪能で, 寄った方, 張つて, 張るの, 急き立てられて, 指を, 棒を, 歩調を, 湖上に, 留まった像, 眼を, 矯めて, 笛の, 結んだ端, 聞き惚れて, 胸を, 脹んだ, 腰を, 自分達の, 至るまで, 見えてさ, 追いまくられるよう, 鉦に, 鉦を, 銅拍が, 鳩笛に

▼ 太鼓~ (42, 2.4%)

4 三味線の 3 三味の, 笛の

1 [32件] バイオリンの, ラッパを, ヴァイオリンの, 三味線を, 三味線等を, 兎や, 喇叭が, 喇叭を, 地車を, 小太鼓や, 手拍子足拍子で, 拍子木や, 提灯を, 木魚の, 独楽や, 琴の, 田植ゑ笠や, 疳高くピイピイ, 皷三味線が, 笙の, 笛が, 笛つづみ, 笛は, 笛や, 笛を, 箏なんかが, 野蛮人の, 鈴の, 鉦に, 鉦の, 銅鑼や, 鐘が

▼ 太鼓~ (41, 2.3%)

4 探しても 3 探して 2 はやされたので

1 [32件] おくられて, お探し, これは, ござりましょう, さがしたって, さがすというは, それは, たずねるという, ちんから, でも, どんどこどんのちゃんちきりんと叩い, チキチンコンコン, トトンジャカジャカじゃ, ライン酒とかの, 以て, 囃し乍ら, 囃し立てて, 囃し立てる団扇, 太鼓が, 念仏唱え, 捕人, 捜したって, 捜してるん, 探したって, 探捜, 搜す, 日を, 朝の, 毬を, 盛んに, 胴には, 騒ぎ立てたの

▼ 太鼓~ (32, 1.8%)

1 [32件] かかえさる, これを, ずいぶん久しい, たたきよう, なかなかに, のべつ聞える, また清次, 使わず歌, 入つた, 入らない, 入れた, 入れて, 入乱れ足拍子揃, 入口の, 叩きの, 四ツか, 廻りません, 打つと, 打つ時には, 故蘭渓, 既う, 日ごろの, 泥草鞋も, 滅多には, 笛も, 聞えず物売り, 聞える, 銅鑼も, 音を, 鳴らず日, 鳴らないこと, 鳴らなかった

▼ 太鼓打ち~ (10, 0.6%)

1 がゐた, などし, の荒武者, の誇らか, の運動, までそろっ, や子, や子どもら, をとりまいた, 仏師鋳物師塗師仮面打ち

▼ 太鼓~ (9, 0.5%)

2 の下 1 で蜂, にいた, のうえ, の屋根, の棟木, へ上がっ, を見る

▼ 太鼓でも~ (7, 0.4%)

2 叩くよう 1 たたくよう, 叩いたじいさんら, 叩いて, 打ち鳴らして, 鳴らすよう

▼ 太鼓叩き~ (7, 0.4%)

2 の人形 1 が中, には紫色, に雇, の栄誉, の番

▼ 太鼓~ (6, 0.3%)

1 が目, になりたい, の縫殿介, や狂言師, 居る祭かな, 鳴らせ

▼ 太鼓~ (6, 0.3%)

1 から二階, から雨, と二階, の家根裏, まで附い, を取り卸し

▼ 太鼓~ (6, 0.3%)

1 と鐃鉢隊, につ, の壮ん, の賽銭箱, の踵, を組織

▼ 太鼓持ち~ (5, 0.3%)

1 と仲居, になっ, に弟子入り, の媚, の弟子入り

▼ 太鼓~ (5, 0.3%)

2 の音 1 などの舞囃子, の原始的, を備

▼ 太鼓その~ (4, 0.2%)

2 紅き片面 1 上に, 緊張の

▼ 太鼓三味線~ (4, 0.2%)

1 などの皮, なんぞがチャント, の囃子, の擲ら

▼ 太鼓入り~ (4, 0.2%)

1 で探し, で石, で賑やか, の唄

▼ 太鼓たたい~ (3, 0.2%)

1 てい, て火防, て雷さん

▼ 太鼓という~ (3, 0.2%)

1 のが, のを, ように

▼ 太鼓と共に~ (3, 0.2%)

1 いつもは, 秀吉は, 起床

▼ 太鼓など~ (3, 0.2%)

1 叩いて, 思い思いに, 手品の

▼ 太鼓まで~ (3, 0.2%)

1 まじって, 入って, 搦め取って

▼ 太鼓~ (3, 0.2%)

1 笛足取りを, 鼓小鼓の, 鼓小鼓笛の

▼ 太鼓~ (3, 0.2%)

1 かえ, のふす, の襖

▼ 太鼓~ (3, 0.2%)

1 はいつか自分, は撥, や足

▼ 太鼓~ (3, 0.2%)

1 っ, は太鼓, をいいつけた

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

1 ついでふれ, 何か

▼ 太鼓がと~ (2, 0.1%)

1 うとうと鳴り渡る, ほとほと聞え

▼ 太鼓だって~ (2, 0.1%)

1 そのリズム, たたきよう

▼ 太鼓だの~ (2, 0.1%)

1 ほら貝だ, 三角帽を

▼ 太鼓でねえ~ (2, 0.1%)

2 迷子の

▼ 太鼓とが~ (2, 0.1%)

1 ないと, 鳴りひびく

▼ 太鼓とともに~ (2, 0.1%)

1 何か, 御簾が

▼ 太鼓などが~ (2, 0.1%)

1 きちんと並べ, 露っぽい

▼ 太鼓なりの~ (2, 0.1%)

1 渡りを, 渡り廊下の

▼ 太鼓なんか~ (2, 0.1%)

2 担がせられて

▼ 太鼓には~ (2, 0.1%)

1 六十銭といふ, 緑や

▼ 太鼓まだ~ (2, 0.1%)

2 朝の

▼ 太鼓剥がれ~ (2, 0.1%)

2 たり植ゑて眺めむ福寿草

▼ 太鼓叩い~ (2, 0.1%)

1 て公園, て笛

▼ 太鼓囃子~ (2, 0.1%)

1 が聞えた, はなにか

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

1 のケース, の水車風

▼ 太鼓売り~ (2, 0.1%)

1 と一緒, は魚八

▼ 太鼓太鼓~ (2, 0.1%)

1 と呼ぶ, の表

▼ 太鼓打つ~ (2, 0.1%)

1 なり村相撲, やら

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

1 鉦拍子木が, 鐘拍子木が

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

2 びよう子

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

1 などで打, などの囃子

▼ 太鼓若き~ (2, 0.1%)

2 生命の

▼ 太鼓~ (2, 0.1%)

2 の音

▼ 太鼓鳴らし~ (2, 0.1%)

1 たりし, てとおっしゃる

▼1* [151件]

太鼓ありと見る, 太鼓いろいろの風物詩, 太鼓いんいんと, 太鼓うちや子, 太鼓うつ月照る磯, 太鼓うつ音のきこ, 太鼓お金を山, 太鼓かね笛, 太鼓から鳴り出す微妙, 太鼓がかりは時々, 太鼓こそ鳴らさぬけれども, 太鼓そして鈴の, 太鼓そんな物に, 太鼓鳴れる, 太鼓たたかず磯の, 太鼓たたきになった, 太鼓たちも聊, 太鼓たるや気まり, 太鼓のが, 太鼓だけですが, 太鼓だけで踊つた, 太鼓つづみ嫋々, 太鼓であり空言である, 太鼓ですか, 太鼓ではない, 太鼓といった浮かれ調子, 太鼓といふ言葉は, 太鼓とか云うよう, 太鼓として発刊された, 太鼓とどろく夜の, 太鼓との物静かな, 太鼓とは音が, 太鼓とも云った, 太鼓とよむに水祭, 太鼓とを其に, 太鼓どろどろどろ遥, 太鼓のである, 太鼓などの鳴って, 太鼓なども売って, 太鼓ならしとお, 太鼓なんぞに合わせて, 太鼓にてこれを, 太鼓にでもなつたら浮ばれる, 太鼓にも珍らしい, 太鼓ぬけに上っ, 太鼓のみ静かに, 太鼓はとうとうと鳴った, 太鼓たたいて, 太鼓ばかりが生真面目な, 太鼓ばやしと俗謡, 太鼓危うくお, 太鼓ほどの反響も, 太鼓までも高欄の, 太鼓まんじゅうと狐まんじゅう, 太鼓みたいに空っぽ, 太鼓もちをやっ, 太鼓この句, 太鼓よりも遙かに, 太鼓らしい合図が, 太鼓つし, 太鼓をば敲きよる, 太鼓クラリネットを物干し, 太鼓鈍, 太鼓バンを捺し, 太鼓一つとんとろ, 太鼓一丁トンビと四つ, 太鼓三味線拍子木これにハープ, 太鼓三段に打ちひびいた, 太鼓中途で破れ, 太鼓二丁大太鼓一丁, 太鼓二人踊る者, 太鼓五時ちかくなる, 太鼓の叫声, 太鼓何でもかでも破裂せん, 太鼓係等多勢ひきつれて, 太鼓六絃琴をもつた, 太鼓其の他による, 太鼓其他獣皮に関した, 太鼓半分は鐃鉢, 太鼓及びクラリオネツトかくて, 太鼓反りの橋, 太鼓同じく笛大, 太鼓吹き立てる貝堂々, 太鼓喇叭竪琴などを描きたる, 太鼓四つ竹までが一時, 太鼓報らせ, 太鼓の中, 太鼓大きな時計の, 太鼓の夜宴, 太鼓小太鼓などを持っ, 太鼓小太鼓ドラつけや拍子木, 太鼓小太鼓入りみだれて, 太鼓小太鼓喇叭笛なぞを合せ, 太鼓小太鼓賑やかによく, 太鼓小鼓それに木魚, 太鼓屋今年四十歳を出過ぎ, 太鼓岩蚕岩白糸の滝長滝などの名所, 太鼓師つづみ師, 太鼓幾個寺か, 太鼓などのしたく, 太鼓張襖紙思案につき候, 太鼓ひは, 太鼓手風琴なぞピー, 太鼓打ち給ふ, 太鼓打込みてより, 太鼓持ちつづけざまに, 太鼓提灯などがぶらさがっ, 太鼓旦那場稲場の売買譲与質入等, 太鼓早間に賑々しく, 太鼓木馬などが光線, 太鼓木魚銅鑼のオーケストラ, 太鼓板木が用意, 太鼓を先, 太鼓ごえが, 太鼓武者が居る, 太鼓のよう, 太鼓法螺鐘などを鳴らし, 太鼓消えずの行燈, 太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 太鼓たるは, 太鼓白い北極熊龍騎兵などの, 太鼓白雲堂それらの糸, 太鼓皷笛ブリキ鑵まで出る, 太鼓笙篳篥インド琴あるいはチベット琴, 太鼓笙篳篥琴琵琶なんぞを擁し, 太鼓笛トロンボーンギターバラライカなどが片づけ, 太鼓笛小鼓大鼓, 太鼓笛鈴が聞える, 太鼓笛鉦にのっ, 太鼓を御, 太鼓で深, 太鼓がれ, 太鼓の東洋的, 太鼓落して悲しけれ, 太鼓踊り狂ういやちこき, 太鼓軒並みに連なり続く, 太鼓野郎もみんな, 太鼓銅鑼法螺貝笛その他ツァンデンシクホレホツェリニン等珍奇な楽器, 太鼓が枢, 太鼓の五ツ, 太鼓鐘石油缶そんなもの, 太鼓陣鉦を持ちだし, 太鼓陣鉦法螺貝の音, 太鼓飯つぎに盛り, 太鼓馬鹿囃子或いは広島, 太鼓鳴らせうよ, 太鼓鳴りそこないましたか, 太鼓鳴り出づ鞍馬山八島にこと, 太鼓鳴り物の響き, 太鼓鼓笛や三味線, 太鼓鼓筝三絃にも妙