青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~
太田~
太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~ 夫妻~ ~夫婦

「太田~」 1027, 11ppm, 9777位

▼ 太田~ (266, 25.9%)

6 その時 3 何か, 自分の

2 [66件] あらゆる感情, いつしかその, いつしか音, おもつ, かつて何, この時, さう, せき込んで, そこに, その年, その日, その監房, それだけ, それを, はげしく興奮, はじめてその, ほんの短, われ知らず, 今までの, 今掃除, 以前その, 仰向けに, 入れられた, 再び戸口, 冷酷な, 別に思案, 半ば夢の, 取調べの, 四五人の, 夜なかに, 夢中で, 大阪に, 大阪を, 寂しい諦め, 少しも, 岡田と, 岡田の, 岡田を, 待ちかねて, 心の, 思はずあゝ, 怫然として, 慰めの, 拳を, 教誨師を, 時折封筒を, 服役後はじめて, 朝早く, 本能的に, 柿色の, 死の, 毎日の, 男の, 癩病患者と, 監房の, 監房へ, 相手の, 眼を, 確かに, 編笠を, 聞いて, 自分を, 蒼白な, 運動の, 非常な, 飽くこと

1 [122件] あの浅ましい, あの淺, あわただしく二階, あゝと, いくつかの, いくども, いくばくも, いつた, いつも同じ, いらいらし, うなつた, おもはず腹, ききとがめた, このよう, さり気なく, さり氣, しんから, しんからが, すぐに, すっかり青ざめ, すつかり青ざめ, ずっと床, ずっと後, せかせかし, そういうもの, そう思っ, そのま, そのまま声, その人々, その側, その子供, その後を, その都度留守, それには, そんなことさ, とつさに, はじめて熊吉, ひとりでにほ, ふたたび熊吉, ふと思ひ出した, ふりかへ, また四, ものや, われ知らずあわてた, ペンを, 一刻も, 一刻もじっ, 一座を, 久慈郡太田で, 今や戀人, 何かしら, 何の, 何ヶ月ぶりかで, 再たび, 出口まで, 勃然として, 勇気を, 勇氣を, 勢こん, 又四五人, 唇を, 地下足袋の, 外へ, 天竜川の, 失業で, 子供に, 峠の, 峠を, 席へ, 幼い従弟, 幾つかの, 張り終えた封筒, 張り終へ, 強いて, 強ひ, 当時四貫島の, 思いきって, 思うの, 思はずあ, 思はず身, 思ひ出したの, 思ひ切つて岡田, 思ふので, 思わずああ, 思わずあッ, 思わず身, 急に, 恥を, 意氣ご, 明日入れる, 時折思っ, 時折思つ, 朝日に, 本部の, 池田村と, 玄関に, 男を, 當時四貫島の, 百姓たちの, 眼の, 祖父伝左衛門が, 神無, 私と, 答えないで, 答へ, 絶対仰臥の, 絶對仰臥の, 考へつ, 聞いたの, 腹の, 興奮した, 見た, 言つた, 進んで, 鍛え上げられた敏感さ, 鍛へ, 長いこと, 闇の, 關東の, 靜かな, 高商出, 齋藤の

▼ 太田~ (147, 14.3%)

4 心の 3 原の

2 [23件] すぐ一つ, 二つおい, 印象に, 名を, 君, 妻が, 姿を, 宿には, 心に, 心は, 昏迷した, 池の, 用事が, 皮膚は, 監房から, 監房の, 眼の, 眼は, 視線の, 運動時間に, 部屋の, 金山の, 間借りを

1 [94件] あとは, ことから, ことを, こと鴨コ汁の, ところへ, もとへは, レポは, 下女が, 事件を, 亡父が, 人物を, 何処かに, 初つ, 前に, 前にぬ, 前の, 原, 原から, 原という, 原に, 受け取った辞令, 君島田の, 呑竜さまへ, 呑竜様あすこに, 問い返した言葉, 問ひ返した, 在の, 城の, 城を, 奥様えと, 妻の, 妻も, 姉, 婢とやらが, 家は, 宿の, 小城一つ攻める, 幼い弟たち, 従兄で, 意氣ご, 意見書に, 意見書に対する, 懺悔に, 所へ, 手前, 教唆による, 方へ, 昂ぶつた, 時の, 来てからの, 松茸の, 検挙の, 樣子を, 横顏を, 池と, 池という, 渡しを, 渡し碓氷峠が, 無表情な剃, 父に, 父は, 牛乳屋さん, 町外れから, 病気は, 病氣はずつと, 百姓二三人が, 知己の, 神經は, 立場としては, 聲が, 肉太の, 背筋を, 胸に, 脊筋を, 行為, 裏切から, 補充を, 言葉を, 許へは, 話を, 豫期した, 身體に, 野に, 金山から, 金山が, 金山なり, 金山は, 金山へでも, 金山育ち外に, 陣屋へ, 面上にや, 顏に, 駅から, 駅に

▼ 太田~ (59, 5.7%)

2 不眠症に, 今日まで, 佐佐を, 怪訝に, 用意された, 監房に

1 [47件] うなずいて, うなづいて, うるさがる程, お櫃の, かねて約束, この病舍生活, この病舎生活, さうし, そうした状態, だまって, だまつて枕もとの, のぞいて, やられてからも, ドテラ, 上の, 云つた, 何もかもしゃべった, 來て, 十年余も, 原の, 家にては, 工場から, 引張られた, 待って, 心から待ちのぞん, 心持ち首を, 心持首を, 志は, 承知する, 承知を, 抗議を, 捕まったと, 炭を, 熊吉を, 現れる, 異様な, 異樣, 知って, 私に, 私の, 笑った, 言つた, 警察で, 軍用鞄の, 酔っ払って, 釋放された, 飛び出したの

▼ 太田道灌~ (28, 2.7%)

2 の, の山吹

1 [24件] があっち, が始め, が歌, が武州別府, が江戸, が江戸城, でも, で年, と山吹, にさし出し, のお, のもと, の一族, の子孫, の子孫也, の時代, の曾孫也, の血, の話, の邸跡, も太閤様, や細川幽斎, よく詠んだ, を買い

▼ 太田~ (25, 2.4%)

1 [25件] からも出雲浦海岸, がぶらりと, が勸め, だ, という敏腕家, とそうして, にはぼく戦時中, に尋ね, のトラック, の後姿, の方, の殘, の答, の素志, の著, はこれから, は以前社会主義者, は何, は松江商業會議所書記長, は紺絣, は自分, は草市, も一緒, も商業會議所, 行って

▼ 太田筑前守~ (23, 2.2%)

2 と駒井能登守

1 [21件] がいる, がこの, がそれ, がなんと, がなんとか, が主膳, に話し, の夫人, の奥方, の座長ぶり, の為す, の義務, の老, の老女, はそれ, は小姓, は席, は程よく, もまた, も出席, を囲む

▼ 太田~ (22, 2.1%)

2 執行停止の, 外へ, 挨拶を

1 [16件] そう云われ, よみがへ, よると, 云つた, 会ふ, 何か, 出た, 出陣し, 向って, 着しそこ, 稽留せられ, 答えて, 答へて, 訊くの, 訊くので, 話しかけた

▼ 太田~ (20, 1.9%)

1 [20件] あって, でソレ, で一二杯, で大, で牛肉会, で酒, で隣座敷, という宿屋, という旅宿, という酒屋, と申します, に拾, の下男, の内儀, の家, の屋根, の御, の騷ぎ, へ寄っ, を乘

▼ 太田~ (19, 1.9%)

2 同年輩の, 岡田とを

1 [15件] 一緒に, 京城の, 同じやう, 同じよう, 呼ばれて, 呼ぶよう, 尋ね來, 尋ね来ん折, 稲垣とに, 稻垣とに, 紹介された, 註した一絶, 逢ったその, 逢つた, 附けたと

▼ 太田さん~ (18, 1.8%)

2 起きて

1 [16件] がいっ, ての, て太田淳三, との心, に尽力, のお家, のし, の事, は何時, は印行本, は解剖, は迷っ, また新入り, もまだ, を呼べ, 又新入

▼ 太田ミサコ~ (18, 1.8%)

2 はとっさ

1 [16件] が弟子, が船出, ですわ, にとって市街, の夫, の顔, の黒い, はグリーブス, はソファ, はタクシー, は傲慢, は売あびせ, は小, は支那ホテル, は部屋, は鉤形

▼ 太田~ (15, 1.5%)

2 五年前の, 迎へ

1 [11件] きつと, して, しめつけたの, とらへ, はじめ組合側の, 出た御用, 前に, 呼ぶの, 呼ぶので, 好きだ, 見付けて

▼ 太田成子~ (13, 1.3%)

2 を追う

1 [11件] がつかまり, が信用組合, が八時半ごろ柳ずし, が金, という個性, についても最も, に情夫, は万人, や陰, を追え, を追求

▼ 太田医院~ (12, 1.2%)

2 の薬局 1 から薬, で診察, に急いだ, に行っ, の前, の薬剤師, の薬袋紙, の調剤, は整然, を出た

▼ 太田には~ (11, 1.1%)

2 この新, するの, 全然わからない, 解しかねた 1 何か, 考えられるの, 考へられるので

▼ 太田~ (11, 1.1%)

1 [11件] との功績, の計算例, の説, の願い, はこの, はそれ, へ御沙汰, より東京府, をはじめ社中集会, を始め, を病床

▼ 太田医師~ (9, 0.9%)

1 から貰う, というの, と看護婦, に頼ん, の与えた, の投薬, は二服, は極めて, は直ぐ

▼ 太田三楽~ (7, 0.7%)

1 が見て取った, が頭脳, ならむ, に取られ, の戦評, は太田道灌, ほどの知恵

▼ 太田~ (7, 0.7%)

2 がこの 1 にながれ入る, の七つ, の宿, へ旅, を渡り

▼ 太田~ (6, 0.6%)

1 一度に深い, 忙しいので, 無言の, 知って, 知つてゐた, 私も

▼ 太田媛神社~ (6, 0.6%)

5 の境内 1 の中

▼ 太田~ (5, 0.5%)

2 からよく 1 という, という事, といふ

▼ 太田という~ (5, 0.5%)

1 ひとは, ものが, 人だった, 漢学者の, 隣席の

▼ 太田南畝~ (5, 0.5%)

1 がまだ, が狂歌以来名題, っていったい, という人, の自筆

▼ 太田成子嬢~ (5, 0.5%)

1 がどこ, のよう, はそう, ははからずも, を捕えれ

▼ 太田から~ (4, 0.4%)

1 レポが, 往昔の, 持つて, 棚倉に

▼ 太田~ (4, 0.4%)

1 参ったこと, 帰る生徒ら, 知れては, 落着いた

▼ 太田二郎~ (4, 0.4%)

2 であること, です

▼ 太田先生~ (4, 0.4%)

1 がかい, が葬式, はごまかした, も赧顔

▼ 太田原伝三郎~ (4, 0.4%)

1 の腰, は三人, は牢, は肩ひじ

▼ 太田~ (4, 0.4%)

1 に遣わした, の所領, へくれ, また共に

▼ 太田牛一~ (4, 0.4%)

1 がその, の手記, もしらない, もまた

▼ 太田錦城~ (4, 0.4%)

1 が日本, と云う, に受け, は十五歳

▼ 太田にと~ (3, 0.3%)

2 つては 1 つてはつひ

▼ 太田にとっては~ (3, 0.3%)

1 ぞくぞくする, ついに願望, 岡田良造は

▼ 太田五斗兵衛~ (3, 0.3%)

1 つづいては, のだんな寺, の人別

▼ 太田備中守~ (3, 0.3%)

1 の執行猶予書, の書付, は幸い

▼ 太田孟昌~ (3, 0.3%)

1 の名, の家, は茶山

▼ 太田宿~ (3, 0.3%)

2 お泊まり 1 の長

▼ 太田武夫氏~ (3, 0.3%)

1 などはそうした, の, は社会運動

▼ 太田さんあなた~ (2, 0.2%)

1 も御, も御覧

▼ 太田さんわたし~ (2, 0.2%)

1 は諦めようっ, は諦めようつたつ

▼ 太田さん教誨師~ (2, 0.2%)

2 に何

▼ 太田だけ~ (2, 0.2%)

2 で南側

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 のかも, のだ

▼ 太田などは~ (2, 0.2%)

1 なか, 自分の

▼ 太田なる~ (2, 0.2%)

2 ものは

▼ 太田はか~ (2, 0.2%)

2 の癩病人

▼ 太田はずつと~ (2, 0.2%)

1 床に, 後になつ

▼ 太田ひとり~ (2, 0.2%)

2 の運動

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 判官親光が, 大夫判官親光は

▼ 太田ヶ原~ (2, 0.2%)

1 から湧く, の林

▼ 太田健造~ (2, 0.2%)

1 は, は脚

▼ 太田備中守資晴~ (2, 0.2%)

1 がたずね, が訪ね

▼ 太田兵三郎~ (2, 0.2%)

1 の姉, は小此木伴七

▼ 太田千鶴子~ (2, 0.2%)

1 が女事務員たち, に対する漠然と

▼ 太田古川二君~ (2, 0.2%)

1 に導かれ, に頼ん

▼ 太田夫人~ (2, 0.2%)

1 となにか, は立っ

▼ 太田姫稲荷~ (2, 0.2%)

1 の上, の向う

▼ 太田平八~ (2, 0.2%)

1 と馬, を始め

▼ 太田摂津守~ (2, 0.2%)

1 が上使, に嫁

▼ 太田摂津守五万三十七石~ (2, 0.2%)

2 の城下

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 の狩谷, の韓非子翼毳

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 には清水野, の宮間某

▼ 太田正雄氏~ (2, 0.2%)

1 の写生画, の如き

▼ 太田水穂氏~ (2, 0.2%)

1 の, も言われた

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 の会場, へ通ずる

▼ 太田直行氏~ (2, 0.2%)

1 から二人, の

▼ 太田筑前守様~ (2, 0.2%)

1 か駒井能登守様, の奥方

▼ 太田若狭守~ (2, 0.2%)

1 が大きく, それからこの

▼ 太田蜀山人~ (2, 0.2%)

1 のところ, の書いた

▼ 太田豊太郎~ (2, 0.2%)

1 がベルリン, といふ名

▼ 太田農人皆川叔茂~ (2, 0.2%)

2 同詣

▼ 太田~ (2, 0.2%)

1 などという古参門下, まで

▼1* [144件]

太田さまから頂く, 太田さん神無部落, 太田さん達の仲間あたり, 太田それに大西, 太田たちにおくれ, 太田あらう, 太田でありそれは, 太田であることが, 太田でないにし, 太田では氏神の, 太田といふ尾張藩の, 太田などに云って, 太田などの族党は, 太田などを一巡し, 太田はぞつとした, 太田はちよつとため, 太田はものしづかな, 太田より書類稽留, 太田ケ原と呼ばれた, 太田ていう硝子屋, 太田ミサコ経営のポール流行品店, 太田ミサ子が情夫, 太田七左衛門が死ん, 太田三楽入道は戦国, 太田三楽斎入道というの, 太田三樂から長尾景虎, 太田三樂齋に據, 太田三樂齋之に副, 太田三男氏等の厚誼, 太田二千騎都合八千騎に過ぎず, 太田といふ人, 太田亮君の姓氏家系辞書, 太田伊藤などが入り込んだ, 太田備中守口達に, 太田備中守様のお, 太田備中守資愛摂津守資順備後守資言であらう, 太田備後守にカゴ訴, 太田齋の, 太田全斎のため, 太田全斎頼杏坪等と交つた跡, 太田六助が父, 太田其人の履歴, 太田内蔵助という老, 太田内蔵助小林図書松村友十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 太田内蔵助松村友十郎などが再度, 太田初音町の高台, 太田医学博士が駆けつけ, 太田南畝先生の弟子, 太田博士が調製, 太田厚氏が首, 太田原伝三郎はじめ四人の武士, 太田同居にてたび, 太田君その他の人達, 太田君ニタリと重く, 太田君一家も奥多摩, 太田君二人とも私, 太田咲太郎氏や水木京太氏, 太田喜左衛門と申す, 太田の生まれ, 太田大洲が七十五歳, 太田大洲名は澄, 太田大洲赤荻由儀であつ, 太田妻沼に至る, 太田は微々たる, 太田子爵の所有地, 太田孝之博士がある, 太田孟昌宅与余語, 太田宗長という医者, 太田では今, 太田家由緒書と川目直, 太田小十郎正信原田十次郎之直, 太田屋嘉兵衛などである, 太田屋新田の沼地, 太田屋易之助, 太田屋牛肉店前の道路, 太田左近早川大膳, 太田左近早川大膳菊川隠岐守に退い, 太田市中警衛の爲當村百姓共千人許手分入口入口, 太田彦平とて程遠から, 太田心中で嘆息, 太田忠兵衛が働い, 太田恒三郎の壮行会, 太田恒次郎の父, 太田成子さんと同じ, 太田成子専一に追え, 太田持資が築城以前, 太田持資入道の頃, 太田持資時代にひらいた, 太田新六郎は太田道灌, 太田新六郎之と鬪, 太田新六郎康資同苗美濃守資正入道三樂齋, 太田朝敷さんの, 太田村大字万富小字梅という処, 太田村山口の人達, 太田と云う, 太田正孝放送局の初代, 太田正次氏がブリーカー, 太田正躬氏とが同伴, 太田正雄さん文壇での通名木下杢太郎さん, 太田か誰, 太田武夫その他の諸氏, 太田武夫安田徳太郎暉峻義等それから式場隆三郎, 太田武氏おみえ, 太田氏本宅双鶴書院, 太田水穗さんの紹介, 太田海軍大佐の譯, 太田淳三の姪, 太田清水の一戦, 太田澄さん山崎美枝子さん大村ひろ子さんが原稿, 太田父子は待合室, 太田玉茗宮崎湖處子等諸家の小, 太田町前島某氏の報知, 太田町近在のある, 太田直二郎は, 太田直次は六月十九日此, 太田看護婦会長の家, 太田秀次郎氏の奥様, 太田筑前殿は老巧者, 太田聴雨氏の仕事, 太田蒲坂兩氏の著, 太田蜀山さえそういう, 太田製FUJI印し, 太田西久保の諸, 太田西戸部あたりの靜, 太田豐太郎といふ名, 太田正謙信, 太田資時長島鷲太郎小川平吉竹内平吉信岡雄四郎今村力三郎中鉢美明黒須龍太郎戸口茂里平岡万次郎斎藤次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 太田資美君一昨年より私金, 太田道灌ぢやない, 太田道灌はじめ東国の城主たち, 太田道灌ら相ついで, 太田道灌以後天正の御, 太田道灌以来の名城, 太田道灌江戸城にあっ, 太田道灌江戸造立の時, 太田道灌築城の地, 太田の一端, 太田郡長の請い, 太田重十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 太田重良君がひょっこり, 太田鐵道に乘換, 太田静子さんのお, 太田からおよそ, 太田黄鳥その他とへん