青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太刀~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太 太~ ~太い 太い~
太刀~
太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫 夫~ ~夫人 夫人~

「太刀~」 1874, 20ppm, 5689位

▼ 太刀~ (585, 31.2%)

14 佩いて, 鞘に 9 抜いて 6 揮って 5 取って, 持って 4 ぬいて, ふりかぶって, 引いて, 引き抜くと, 構えて 3 つかんで, はいて, もって, 奪い取って, 抜いたが, 抜くと, 振り冠, 横たえて

2 [35件] うしろへ, おいて, かぶって, くれた, ふりかざして, まっこう, 上げて, 下段に, 佩いた二人, 佩き白い, 加へ, 受けたと, 受け止めたの, 差して, 帯びて, 引き抜いた, 引き抜いたが, 引き抜いて, 払って, 把って, 抜いた, 抜き放って, 持ちなおすと, 持ち僧, 振りかぶって, 探しました, 提げて, 握って, 杖に, 横に, 盗んだの, 背に, 背中に, 辰の, 鴎尻に

1 [418件] あびて, あらかじめ学ばせよう, いだいて, うけた後, うけとめること, うちふり, おとし差し, おもむろに下ろし, お取り, お受けとり, お身, お飾らせ, かかえ, かざしお, かざした人, かざして, かざしながら, かぶったが, かわして, かんぬきに, くだきまさに, くだしましょう, ぐうッと, ここでも, さ, さげて, さげ佩きて, ささげて, さしたわらじ, さした六部, さしだしました, さして, しくじらないよう, じりッ, すてて, すらりと, たがわせないほどに, たましい, ちょうと下, ちょうど鞘, つかみ一刻一刻, つかみ寄せて, つかわせ, つけた, つけたの, つけて, つけ瞬間足, できるだけ遠く, とって, とりあげる者, ながめて, ぬいた, ぬきかざいて, ぬきつれた侍たち, ぬきて, ぬき払った, はいたり, はいた一人, はいた姿, はきかんむりをかぶっているかなどと, はきそばめて, はき弓矢, はき身, はき重, はくもの, はじめお, ひきぬいて, ひき抜いて, ひき抜き一打, ひっさげツカツカ, ひっつかんで, ひらひらと, ひらめかす, ひらりと, ふせいだ, ふりあげ槍, ふりかざした, ふりかざした侍, ふりかぶった, ふりかぶった刹那, ふりかぶりまだ, ふりかぶり咲耶子, ふりかぶるま, ふりかぶッ, ふるいながら, ふるいふるい手, ふるった, ふるって, ふるなぞ, ふるの, へだてて, まず浴びせる, わたせ, キラリと, グッと, ヌ, ヒラリと, ピューッと, 一覧の, 丁と打ち, 三宅の, 三間半程に, 上げ目差すは, 下げ佩きて, 下すこと, 下ろした, 下ろし巻き落とすイキ, 下ろすこと, 与えた, 両刀差し, 両手に, 中段に, 中段堅固に, 二つ持つ, 二三度座り, 交わし命, 付けた主, 付けて, 付け身, 佩いた, 佩いたまま, 佩いたり, 佩いた権兵衛政利, 佩いた武者烏帽子, 佩かせ六具, 佩から, 佩きあまつさえ, 佩きたる物部, 佩き反らせ胸, 佩き手, 佩き直ぐ, 佩き短刀, 佩き立烏帽子, 佩き織田家, 佩き胡, 佩き萌黄色, 佩く, 佩び手に, 佩び自ら刀を, 佩反らし, 使いまた, 使うの, 使ったと, 使は, 使ふ, 借りますぞ, 八幡微塵と, 写しとること, 出して, 前方へ, 励みあい夜, 卑怯だ, 双手に, 双方とも, 取りしぼって, 取りに, 取り直して, 取り直す, 取り落した一角, 取ろうと, 取候事初め, 取落したが, 取落したその, 受けて, 受けとめぬ, 受け損じて, 受け止めて, 口に, 右に, 右手にとって, 合すよう, 合せたん, 合せて, 合わすよう, 合わす間, 合わせたもの, 合わせたもの貴殿以外, 向こうの, 回して, 回しながら, 外して, 外し鞘, 大上段に, 天地に, 奉じ片倉, 奪い取った, 奪い取るの, 奮然として, 娘の, 宙へ, 工夫し, 工夫した, 左に, 左の, 左手に, 差し手拭, 巻き抑えた, 帯し武士, 帯び乞食, 帯び馬, 平常から, 床の間から, 弔つてゐる, 引いた, 引き取って, 引き外して, 引き寄せた, 引き寄せ把手, 引き抜きながら, 引き抜きました, 引き拔, 引き着けて, 引き躊躇, 引こうと, 引っ取っ, 引つ取つて, 引ッたくった, 引ッ外し, 引出物に, 引寄せた, 引抜いて, 引抜く間隔, 彼の, 御幣かの, 御方目がけ, 心得て, 必至な, 戴くよう, 手より, 打ちかけようと, 打ち卸して, 打ち合うごと, 打ち振った, 打ち落されて, 打ち落し弁慶, 打ち込んで, 払いそうして, 投げた, 投げ捨て虚空, 抜かれ諫言, 抜かんと, 抜き, 抜きかけた者, 抜きざま, 抜きて, 抜きヒタ, 抜き合わせた結城旗二郎, 抜き左手, 抜き払い, 抜き放して, 抜き放ちくわッ, 抜き放ち放生月毛, 抜き片手, 抜き躍り上がり躍り上がり打ち振ったが, 抜くが, 抜くこと, 抜くひま, 抜くや, 押しつけて, 押しもどす勢い, 押ッとっ, 担ぎながら, 担げる百姓, 拝し, 拭いパチリ, 拾って, 拾わず森, 持たせて, 持たないが, 持ちなおす間もなく, 持ち直したが, 持ち直して, 持った手, 持った相手, 持った身なり, 持っての, 持っては, 持つた者, 持つよりは, 持つ人間, 持つ手, 持つ肱, 按じて, 振うの, 振って, 振ひました, 振りかざしたとき, 振りかぶったが, 振りかぶったにも, 振りかぶり過ぎたため, 振りかぶる, 振りかむった, 振り上げた途端, 振り廻したなんど, 振り直して, 振り翳して, 振ること, 振るって, 振捨てて, 捧げて, 捨てて, 捨て御, 捲き落し逃げるを, 授かって, 掛け声も, 揃えジリジリ, 提げお次, 握ったまま, 握むと, 握りしめて, 握り右, 揮うと, 揮わないよう, 揺すぶった, 損ずれば, 搦らまれギョッとして, 撫して, 操る自由, 攻撃に, 数珠法衣に, 斜めに, 斬りこもうとは, 斬り辷ったまま, 新王子に, 木刀と, 本位として, 杖い, 構えた, 構えたまま後退り, 構える, 構え先ず, 横ざまに, 横たえ, 横たえいかにも, 横たえたの, 横たえた清々し, 横たえまた, 横たえ半, 横たえ尉, 横たえ箙, 横たえ逞しい, 横たえ陣羽織, 横たえ革たび, 横たえ頭巾, 横たへ色淺黒く, 横っ払い, 横づかみ, 残したに, 殺す, 泥棒した, 浴びせた, 浴びせる, 浴びてはいつぷかぷ, 浴びないの, 浴び胸, 海中に, 濶達に, 片手に, 片手にて, 狂わせ熊笹, 玉帯に, 疾風と, 盗まれた, 相手に, 真っ向に, 真額に, 祖父石舟斎の, 私に, 稽古し, 稽古した, 突いて, 突きつけ, 突き出した, 立てて, 精しく見, 納めたの, 納めて, 納めようぞ, 納めること, 納め兜, 絵と, 纏い直し, 習い年来, 習練する, 背中へ, 腰に, 致して, 落すや, 薙がず払わず突いて, 行かずに, 見おぼえはござりませぬか, 見せて, 諦めて, 負って, 貸すきょう, 賜わった, 賞めた, 贈った, 走らせたまま煙, 載せた三方, 返すと, 退いて, 送ったの, 逆に, 遁が, 避けた, 避けて, 避けながら, 避けること, 長く横たえ, 長柄を, 間髪の, 隠しも, 静かに, 革紐で, 鞘へ, 颯とひらめかせる, 高々と

▼ 太刀~ (220, 11.7%)

10 柄に 9 柄を 7 柄へ, 音 6 鞘を 4 つかに, つかへ, ように, 柄が 3 つかを, 秘術を, 音が

2 [13件] こじりを, さやを, 下こそ, 下に, 如くに, 御教導, 怨みを, 軋りの, 鐺を, 鞘に, 音を, 鯉口に, 鯉口を

1 [130件] あたりに, うえに, えを, おには, きっさき, きらめき, きらめきも, こじりいつ, ことを, ごとくそっくりかえった, さきに, さばきに, そるかた, つかいよう, つかが, つばを, と血臭い業, ひびきも, ほうが, ほかの, よそおいで, ゑがかいてあるナリ, 一つも, 一颯に, 上を, 上手投を, 下から, 下を, 両刀とが, 中に, 二品をば, 二当, 交叉を, 代りが, 佩を, 使い手は, 使い手らしい, 修練を, 先が, 先こそ, 光が, 光は, 光も, 光りに, 凄みも, 刀身を, 刃の, 刃を, 刃交ぜ, 切っ先の, 切ッさきで, 切ッ先には, 切先を, 切羽, 利を, 功名を, 助けさえ, 反りを, 名人いっぽうは, 名遅, 型どおりを, 太刀合わせも, 妙技の, 姿に, 尻さやに, 工夫を, 帯革に, 平は, 幾本かが, 形を, 影なりとも, 手を, 手上に, 手柄を, 打ち合う音, 抜きざまに, 握り方, 揺れ音など, 敵と, 方を, 柄, 柄から, 柄の, 柄ばかり, 柄丹田に, 柄太き, 柄巻きし, 柄御車の, 柄頭が, 構えは, 構えを, 沸の, 清の, 為めに, 烈しいこと, 狙いが, 番を, 目釘を, 相は, 秘伝を, 稽古を, 突手が, 筋目を, 総名, 緒と, 緒を, 者は, 背へ, 致命傷は, 薄暮の, 輕さに, 鋒に, 鋒鋩は, 鍔下を, 鐺が, 鐺と, 鐺など, 鐺に, 革鎧の, 鞘だけが, 鞘の, 鞘や, 音か, 音な, 音の, 音は, 音凄, 響きが, 響きを, 魚ほど

▼ 太刀~ (91, 4.9%)

13 手を 5 心を 4 斬って 2 かかって, 人知れず片付けよう, 斬り下げられて, 血を

1 [61件] あたると, あらず, あわれむごい, すれば, つれて, どこかを, ひた打ちおろす響, まきつけたらもう, やり損じて, ガラガラガラと, サッと投げ掛けました, 二人の, 使われる人, 依って, 備わって, 出来て, 切って, 切つて捨てよう, 利が, 勝る論議, 千段を, 反りを, 固めて, 子ら見よ, 寸分の, 左肩を, 引かれて, 御幣の, 心の, 急所を, 手ごたえが, 敵しかねて, 斬つて, 斬りすてられた山添団八, 斬り下げて, 斬り下げドッ, 斬り殺されて, 斬り殺して, 斬り落し, 斬り落して, 斬るの, 斬ッ, 曇りひとつ無し, 柄の, 次ぐ太刀, 殺し頭, 気がつくと, 水を, 江戸の, 火を, 紺地の, 肩を, 胴を, 若い命, 薙ぐぞ, 討ち給ふところ, 連れて, 金が, 頼まれて, 風を, 風雅を

▼ 太刀~ (87, 4.6%)

2 や, 二十三合目に

1 [83件] あくまで鋭く, いなづま, うけられるもの, およそ何寸, ここに, これだ, すでに船坂落ち, そのとき, その俊敏さ, その肩, それを, のがさなかった, ふたたび彼, ほとんどその, まさに信念, もう自己, よし必死, わたくしの, ガラリと, 三段に, 下から, 丘上の, 中段真の, 乱れて, 伯耆安綱で, 伸びて, 佐野の, 佩き中啓様, 使っても, 使わないただ, 俄かに, 信玄の, 冴えた, 出雲介の, 切先と, 加納今村両, 勢州赤堀の, 勿論弓矢, 勿論弓矢さ, 即ちそれ, 実によく, 小豆長光の, 居据, 彼の, 後に, 御せんぞ, 惣八郎取れ, 折れたり, 抜かれて, 抜かれ刃, 持たない, 持たぬわ, 振り下さず心気, 撲りかかった, 数馬の, 斜めに, 早くも, 有名な, 死に物, 清水の, 申すに, 皆空を, 皇国の, 相州行光の, 矢の, 短いが, 稲妻萱穂のさ, 笏にて, 縁側と, 背中に, 胸を, 自ら取っ, 若侍, 見事紋弥を, 鍔ぎわより, 鍔元より, 関か, 関脇に, 防ぎよう, 鞘へ, 鞘松風枝を, 音を, 黄金づくり草色の

▼ 太刀~ (67, 3.6%)

2 偶然に

1 [65件] あるの, いつのまにか自分, うしろから, かかる, かけて, きらりと, ございましたので, ございますから, さっと閃, すかさず眉間, するすると, そのままなくならない, はね上がったが, ひと口つづい, ほとんど無意識, ガッキと, キラキラキラキラと, ギラと, ヘビの, 一太刀ごとに, 一振, 一本鍔際まで, 交わされても, 何んで, 余って, 使えねえという, 具足を, 再び鞘, 分ったの, 利か, 動いたらしく途端, 参りました, 口の, 合わされるであろうどっち, 呆然と持たれ, 宙に, 島田の, 廻わりながらの, 彼の, 志摩の, 打ち折れて, 折れては, 抜かれて, 抜けるか, 振り向きざま, 残し続いて, 沢山出た, 流れた, 消え残, 澤山出た, 目立つので, 真っ向へ, 続きません, 置いて, 肉へ, 肘を, 肩しか, 芹沢の, 落ちかけた, 足とともに, 躍り越え躍り越えして, 閃めいた, 鞘走らないやう, 鞘走らないよう, 風を

▼ 太刀~ (56, 3.0%)

2 やつた, 外に

1 [52件] いいん, お菊, きり落とした, これだけ, ござります, ざくりと, なぜ夷人, のめらんばかりの, ぱっさりと袈裟掛けにでも, まるで剣, むざんに殺され, もう一人, やっつけ申した, やられて, ろくに声, スパリ, ズブリと, 七尺八寸あった, 三人, 三宅の, 二の, 人間は, 今日新九郎殿に, 仕止めた死骸, 仕止められて, 仕留めるなんて, 何れだけ, 僅かに, 冥途へ, 刺し殺して, 割りつけて, 受け止めたが, 宇津木の, 払いまた, 斬ったらしく下, 斬られた痕, 斬り落すこと, 斬死し, 横へ, 澤山な, 為止める, 無残にも, 熊本の, 矩之丞の, 立派に, 絶命した, 絶命する, 肩を, 若殿様の, 蜈の, 間違も, 防ぎながら

▼ 太刀~ (46, 2.5%)

2 衣も

1 [44件] あり槍, くらわさないうち, その奇妙, どうした, どんな弾み, ひっぱずされて, またず長門, やろう, よく似合っ, 一瞬ごとに, 下して, 以前の, 佩いて, 佳く良い鞍, 傷を, 合せなかったが, 合わさずに, 合わせずふいに, 名越尾張守高家の, 奪われました, 帯びて, 帶びて居れ, 急所を, 抜かずに, 抜き合わしたらしいけ, 拔か, 振らないうち, 斬らずに, 斬らないで, 斬らぬうち, 斬り付けて, 浴びねば, 短剣も, 立派な, 脇差も, 草叢に, 草摺も, 菊王の, 華奢な, 見舞われて, 遊山の, 銃も, 鎧も, 頗る覚束

▼ 太刀~ (44, 2.3%)

2 を避け

1 [42件] から逃げ退い, から飛んだ, がありあり, がしだいに, が上がろう, が二, が優婆塞, が現われ, が進む, が難, さえかすか, さえこの, だけは月光, ではないっ, にはきびしい, にはたしかに, には身動き, に刃, に向っ, に命, に恐れ, に柄, に現われ, に目, に立つ, に見えた, は乱れる, は僅か, は少し, は巨人, へ揮りこん, や振舞, や足どり, をあしらいかね, をしのぐ, をのがれました, をひっ外し, を受け, を合わせた, を相手, を鈍らせる役に立つ, を防ぎ

▼ 太刀~ (32, 1.7%)

2 太刀, 弓矢を

1 [28件] いいこの, なく浴せかけた, 一かさね, 一ツな, 伊那丸の, 伝称し来る, 共に躍りかけた, 切り結ぶ音, 合すこと, 太刀と, 小刀を, 市九郎の, 幟とで, 弓矢と, 思うはずみ, 承わりましたもの, 敵の, 盾とで, 称して, 称せられて, 荒駒を, 虎鋏は, 違って, 鉾との, 鏡の, 長刀が, 鞘はらふ, 駒とが

▼ 太刀~ (31, 1.7%)

5 弓矢を 2 槍の, 槍を

1 [22件] その他数点の, その長, わきざし, 七つ道具を, 剣, 天王寺の, 弓を, 楯鉾といった, 槍も, 物, 物具や, 甲, 絹巻物で, 薙刀の, 行粧などは, 酒を, 鉾が, 鎧を, 長巻, 陣羽織や, 馬を, 高貴な

▼ 太刀~ (27, 1.4%)

3 のある 2 があった

1 [22件] かそれ, か耳, があり, がある, がござった, がなく, が一筋, が印され, が致命, さえ受けた, じゃ, であろう, です, と五体, にさいなまれた, はございませんでした, も平賀源内, をいつのまにか, をうけ, をまざまざ, を浴びせられ, ズキズキと

▼ 太刀~ (24, 1.3%)

6 がした 2 と喧号, のした

1 [14件] があっ, がし, がはたと, が数合, が消, が聞え, が聞こえ, だ, と叫喚, と槍, と矢たけびとが, はした, や悲鳴, を聞い

▼ 太刀~ (17, 0.9%)

2 と駒ヶ嶽

1 [15件] が新, が極めて, さながらの, にも負けない, に勝ち, に勝つた, の全盛時代一度, の場合, の墳懣, の強, の方, の相撲, は屡々, も一籌, をどうして

▼ 太刀でも~ (13, 0.7%)

2 持つた方

1 [11件] あびせて, いい斬って, かれに, 助けようと, 合せたなら, 打ち込まずに, 斬って, 斬れなかった刀, 甲斐源氏の, 目に, 背の

▼ 太刀取り~ (11, 0.6%)

2 は右衛門 1 のお方, のべて, の刀, の声, の武士, の民蔵, は, は呂宋兵衛, は四度太刀

▼ 太刀~ (10, 0.5%)

4 手を 1 ふと好奇, スーと, 忍ばせて, 拭いを, 血かかる, 血を

▼ 太刀なりと~ (9, 0.5%)

1 おうらみ, 加えなかったとは, 千浪の, 報いなければ, 怨みたいと, 怨みませねば, 恨まにゃ, 恨もうもの, 説破し

▼ 太刀作り~ (9, 0.5%)

1 が普通, で鞘, なので, の一刀, の乾雲丸, の如何, の細身, の脇差, をふつう

▼ 太刀~ (9, 0.5%)

2 にはもう, には肩口 1 が八五郎, が彼, こそはと振り上げた, には膾, を下ろした

▼ 太刀三太刀~ (7, 0.4%)

2 やり過したの 1 あしらうたが, でも斬れなかった, 切った, 斬られて, 斬りつけて

▼ 太刀~ (7, 0.4%)

2 より大阪 1 が近い, ふ清水, より大分, より近づくごとし, より郷土訪問飛行

▼ 太刀づくり~ (6, 0.3%)

2 の脇差 1 のまま, の坤竜丸, の大小, は誰

▼ 太刀斬られ~ (6, 0.3%)

1 ていた, て倒れた, て倒れました, て居ります, て腕, ながらも女ども

▼ 太刀さき~ (5, 0.3%)

1 が勇二, に当った, の賜物, は兼輔, 鋭く二等運賃

▼ 太刀ずつ~ (5, 0.3%)

1 あびせかけた, かすッ, 万吉へ, 斬るの, 浴びせたがって

▼ 太刀をも~ (5, 0.3%)

1 佩く身, 寄せつけなかった, 押しいただいて, 正成へ, 腰に

▼ 太刀一腰~ (5, 0.3%)

1 と二千疋, と鳥目千疋, の進物, を遣わした, 与えただけ

▼ 太刀などを~ (4, 0.2%)

1 その棺, 寺中へ, 持ち出して, 袋に

▼ 太刀~ (4, 0.2%)

2 振であった 1 振だった, 振巻絹一つ

▼ 太刀うけ~ (3, 0.2%)

1 ている, ておいで, てさわぎ

▼ 太刀うち~ (3, 0.2%)

1 ができないだろう, はできない, を引き受ける

▼ 太刀~ (3, 0.2%)

2 何かは 1 刀か

▼ 太刀それ~ (3, 0.2%)

1 に鎧一領, はいよいよ, を抑える

▼ 太刀とか~ (3, 0.2%)

1 兜とか, 檜扇とか, 陣羽織とか

▼ 太刀とは~ (3, 0.2%)

1 使わなかった, 後に, 打たなかった

▼ 太刀とも~ (3, 0.2%)

1 云い片手, 名づけられるもの, 唱える片

▼ 太刀なりとも~ (3, 0.2%)

1 怨まうと, 怨めたらこの, 恨みたい所存

▼ 太刀にて~ (3, 0.2%)

1 エイとばかりに, 鑓を, 馬より

▼ 太刀にと~ (3, 0.2%)

1 思ったが, 斬りつけたからには, 狙い廻した

▼ 太刀には~ (3, 0.2%)

1 シメ縄が, 血の, 隙が

▼ 太刀にも~ (3, 0.2%)

1 たれ南蛮織, 必然迅いの, 用が

▼ 太刀一つ~ (3, 0.2%)

2 に足一つ 1 打つ内

▼ 太刀佩い~ (3, 0.2%)

21 て風流

▼ 太刀佩く~ (3, 0.2%)

21 大丈夫の

▼ 太刀使い~ (3, 0.2%)

1 の達者, をする, を発明

▼ 太刀受け~ (3, 0.2%)

2 て後退 1 て直ぐ

▼ 太刀持つ~ (3, 0.2%)

1 拙者の, 童馬の, 術も

▼ 太刀~ (3, 0.2%)

2 つた 1 附くれ

▼ 太刀~ (3, 0.2%)

1 のひかり, の白い, の白兵戦

▼ 太刀脇差~ (3, 0.2%)

1 に七五三縄, を三五縄, を帯び

▼ 太刀~ (3, 0.2%)

1 の方, は早口, もう間

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 つとりて, 仕合ください

▼ 太刀から~ (2, 0.1%)

1 お豊, ほとばしる火花

▼ 太刀すじ~ (2, 0.1%)

1 が賞翫, というもの

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 この太刀, 心して守れ

▼ 太刀だけは~ (2, 0.1%)

2 もう手放し

▼ 太刀では~ (2, 0.1%)

1 いかぬぞ, ないか

▼ 太刀という~ (2, 0.1%)

1 のも, ものを

▼ 太刀など~ (2, 0.1%)

1 であろう, 思い思いに

▼ 太刀などは~ (2, 0.1%)

1 外して, 武士の

▼ 太刀なども~ (2, 0.1%)

1 こんな小, さる事

▼ 太刀まで~ (2, 0.1%)

1 交わされた男, 切つた上茣蓙に

▼ 太刀やり過した~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 太刀をば~ (2, 0.1%)

1 愈ますます励み研げ, 紫の

▼ 太刀を以て~ (2, 0.1%)

1 介錯した, 前後の

▼ 太刀乾雲丸~ (2, 0.1%)

1 とその, は鍔

▼ 太刀伊勢屋~ (2, 0.1%)

1 などは大層, に徃

▼ 太刀佩き~ (2, 0.1%)

1 て, 劍執り

▼ 太刀具足~ (2, 0.1%)

1 など貞盛, の燦

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 の意, を使おう

▼ 太刀執り~ (2, 0.1%)

1 はそちたち, を命ぜられた

▼ 太刀姿~ (2, 0.1%)

1 で見えられ, は地鉄こまやか

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 の陣, をつかん

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 の臓, の臟

▼ 太刀恨む~ (2, 0.1%)

2 すべも

▼ 太刀恨ん~ (2, 0.1%)

1 でもいい, で手出し

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 太刀斬りつけられた~ (2, 0.1%)

1 ように, 思いで

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 へ右手, をあて

▼ 太刀構え~ (2, 0.1%)

1 がだんだん, をじっと

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 にこの, に穢い

▼ 太刀洗い~ (2, 0.1%)

1 の池, の池附近

▼ 太刀流し~ (2, 0.1%)

1 とを黙阿弥, の図

▼ 太刀浴び~ (2, 0.1%)

1 ている, てしまった

▼ 太刀浴びせた~ (2, 0.1%)

1 ようです, 組だ

▼ 太刀浴びせられた~ (2, 0.1%)

1 が, 感じで

▼ 太刀浴びせる~ (2, 0.1%)

1 にはもう, はよい

▼ 太刀深く~ (2, 0.1%)

1 浴びて, 肩先へ

▼ 太刀物の具~ (2, 0.1%)

1 がはっきり, をはぎ取っ

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 などただ, に取佩き

▼ 太刀薙刀~ (2, 0.1%)

1 など武器, の猛

▼ 太刀袈裟掛~ (2, 0.1%)

1 に斬った, に斬つた

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 では手前共, はできない

▼ 太刀金具~ (2, 0.1%)

1 が光, が身

▼ 太刀長刀~ (2, 0.1%)

1 の接戦, をひっさげた

▼ 太刀長柄~ (2, 0.1%)

1 で喚きあう, もすぐ

▼ 太刀馬黄金~ (2, 0.1%)

2 を献じ

▼ 太刀~ (2, 0.1%)

1 の八百長崩れ, を同時横綱

▼1* [272件]

太刀、把って宗矩, 太刀あしらうたがやがて, 太刀あびせてやろう, 太刀あびせかけあの時息, 太刀あびせられた奴が, 太刀あんなのを, 太刀うしろと前, 太刀うらみ申さんなどという仇討ちの者, 太刀うらむのを, 太刀うらもうとした, 太刀おさめてしほ, 太刀おろしたのである, 太刀かかったんだ, 太刀かけや薙刀, 太刀かぜはかれ, 太刀かたな引, 太刀からも雫し, 太刀ががつんと丹波, 太刀きると, 太刀ッた, 太刀くれたと思いました, 太刀くわ形のか, 太刀こそ抜いて, 太刀ごっちゃにした, 太刀ごとに重く, 太刀が心, 太刀すらも挑みかかり得ないうち, 太刀ずつは浴びせられて, 太刀せしめてお, 太刀その太刀は, 太刀たるところに, 太刀というもの, 太刀だけでも物代以上の, 太刀だったが彼, 太刀つけながら, 太刀づかひで先登の, 太刀づかいで先登, 太刀づくり靖光の鍛, 太刀といったような, 太刀とりをもうしつくる, 太刀とり役それも呂宋兵衛, 太刀とり直し宗六を, 太刀とを郎党に, 太刀どころかな, 太刀どろぼうだ, 太刀なぐられて血, 太刀などが散乱し, 太刀などと聞えたの, 太刀なれど受け, 太刀なんど抜くべきか, 太刀にかッ飛ばし, 太刀にかけてまっ二つ, 太刀にかけてもおとどめ申さいでは, 太刀にすら一堪り, 太刀にぞ御首, 太刀による仇あらめや, 太刀のみ残して, 太刀のみねで撲りつけた, 太刀はけましを, 太刀はなやかにかざる, 太刀ばかりで見事, 太刀ひびきや矢唸り, 太刀ぴゅっと刎ねられたの, 太刀ふじという七つ, 太刀ぶりにやや, 太刀ぶり彼の怒り, 太刀への半星, 太刀ほど大きな後ろ傷, 太刀までは止めなかつたよ, 太刀まるで血に, 太刀を振りかぶり, 太刀やら長柄やらの, 太刀ようがす, 太刀よくぞ男, 太刀より優に, 太刀よりも利が, 太刀キラキラキラキラと反射, 太刀ダン袋赤い飾毛, 太刀一尺程抜き, 太刀一振りを餞別, 太刀一本引く足一足, 太刀一本一寸極め振分, 太刀一腰金一緡を持参, 太刀七太刀と称せられ, 太刀三人を斬っ, 太刀三太刀目には膾, 太刀三振白銀三百枚次の三人金僉知ら, 太刀に斃, 太刀下三尺ずつの間合, 太刀与えた上八方から, 太刀法, 太刀はずしつぐも退くも, 太刀二三歩飛退いて, 太刀二刀づゝを斜, 太刀二口を抱えた, 太刀二振りそれでようやく, 太刀二槍三鎖鎌四には手裏剣, 太刀二槍三鎖鎌四弓五馬の六泳ぎ, 太刀交える肚に, 太刀今度は右, 太刀とを携え, 太刀以上棒以上に相手, 太刀伸ばした体を, 太刀の刀, 太刀作り平糸まきの古刀, 太刀作り赤銅の柄, 太刀るの, 太刀の大小, 太刀先きが鋭いので, 太刀先きがしどろもどろになっ, 太刀先三寸の下, 太刀先木影の中, 太刀兼定の短刀, 太刀刀手に手, 太刀刀痕を入れた, 太刀切って自由, 太刀切りさげました, 太刀割られている, 太刀半弓袖搦み鉢ワリ鉄棒六尺棒ありとあらゆる得物, 太刀参らうと冗談半分, 太刀取り直す隙また, 太刀取る術さえ, 太刀受けた銀二郎, 太刀受けたら最後あっ, 太刀受けることが, 太刀へありき, 太刀の肩, 太刀合い日光に, 太刀合す遑も, 太刀合せてみろ, 太刀合わせもなさず, 太刀合わせたばかりで, 太刀合わせるまでもなく, 太刀はすでに, 太刀咄嗟に抜き合わせた, 太刀唸りを生じ, 太刀四太刀まるで血, 太刀報いたいと決心, 太刀外掛に禦ぎ, 太刀大袈裟に斬, 太刀を極, 太刀は次郎太刀, 太刀は見え, 太刀山みたいな強力, 太刀山優勢を以て其大場所, 太刀山対駒ヶ岳の立合, 太刀工芸品などを輸出, 太刀の肩, 太刀左乳の下, 太刀左文字の脇差, 太刀巻絹鎧俵鐘五品を与えた, 太刀帯どもが欠かさず, 太刀帰雁が黒頭巾, 太刀の陣, 太刀帶たちが缺, 太刀平次は辛くも, 太刀などは余り, 太刀弓矢をとり出し, 太刀引く太刀妙を, 太刀を見, 太刀影陽に閃, 太刀思い切って武男, 太刀怨まねばならぬ, 太刀怨みその上, 太刀怨めない筈は, 太刀恨ませてもらう, 太刀と同じ, 太刀手ごたえをくれ, 太刀の出来る, 太刀打ち込まねば刀, 太刀打った時に, 太刀もおしえ, 太刀折りの手練, 太刀折紙の礼, 太刀て仇, 太刀抜きて威せ, 太刀抜きかざし群がる狼, 太刀抜き打ちに浴びせ, 太刀抜く術も, 太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 太刀振って三人, 太刀振りを見せい, 太刀振りかぶって真, 太刀提げて汗, 太刀揮うことに, 太刀撃ちをしなけれ, 太刀があっ, 太刀数六七十本向かい合わせて, 太刀斧弓矢に似, 太刀斬って追い払った, 太刀斬りつけて行った, 太刀浅し眼, 太刀柄気海へ引き付け, 太刀棉五百把銀五百枚を将軍家, 太刀槍棒何へ向っ, 太刀槍無手道具や戦法, 太刀槍鉄砲など一斉, 太刀武者や鉄砲武者, 太刀武蔵に酬わん, 太刀民弥の持った, 太刀洗飛行場に参集, 太刀洗飛行連隊だ, 太刀浴せかけた白髪の, 太刀浴せかける恰好を, 太刀浴せられたやうな, 太刀浴びせて取り逃がした, 太刀浴びせかけたのも, 太刀浴びせつけられているらしかった, 太刀浴びせられてあつし, 太刀浴びせ申したが残念, 太刀浴びたらしい魂切る, 太刀滝次の腰, 太刀瀧次の腰, 太刀物具に派手, 太刀狩衣の装い, 太刀用脚等の贈遺, 太刀のあと, 太刀疵鍵裂弾疵焼穴, 太刀疵鎗疵が四ヶ処, 太刀が通っ, 太刀白銀の小貫, 太刀目録を献上, 太刀磨ぎ澄ました偃月刀南洋産らしい, 太刀神代もきかず, 太刀突き刺されて口, 太刀をやった, 太刀節句祝いも将士, 太刀粧いの見すぼらし, 太刀習いなどなさるまい, 太刀むすびうちにうちし太刀, 太刀脇差数口及びその, 太刀脇差靱等を手, 太刀脇息を寄せ, 太刀はす, 太刀やかな塗弓, 太刀葛籠の上, 太刀薙ぎられた左の, 太刀虚空を掴ん, 太刀を浴びせた, 太刀冠すがた, 太刀衣等を奪われた, 太刀袴羽織の人々, 太刀見舞って行った, 太刀覚えたかとまっ, 太刀触れた時グイと, 太刀討ちができない, 太刀討又は議論, 太刀赤銅の柄, 太刀をつかまれ, 太刀かの明暦三年丁酉正月, 太刀はへだてね, 太刀辛くもかい潜つた平次, 太刀返す勢いは, 太刀追っかけて来る, 太刀重くもあろう, 太刀金二百疋の折紙持参, 太刀金具刺繍染物などの陣用具, 太刀鎧旗幕巻絹鍋俵庖刀鐘と心得童子, 太刀やかに, 太刀雷撃のこの, 太刀音悲鳴罵る声, 太刀音掛け声悲鳴などがいよいよ, 太刀音数声の悲鳴, 太刀音陣鐘太鼓の修羅, 太刀は一ばん, 太刀類印籠類等々の音物, 太刀飛び退いて持ちなおそう, 太刀食って斃, 太刀食らってから待った, 太刀駒二大力士, 太刀鬼切とを社壇, 太刀鴎尻に佩き反らせたる