青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「太~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天地~ 天子~ ~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太
太~
~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~ 太鼓~ ~夫

「太~」 7643, 83ppm, 1349位

▼ 太~ (1091, 14.3%)

11 自分の 7 黙って 6 眼を 4 それを, 叫んだ, 手を 3 お辞儀を, ぎょっとし, 伊代の, 何を, 平次の, 弟の, 急いで, 慌てて, 相手の, 言った

2 [60件] あわてて, いい加減, いった, うなずいて, お關, ぎくりとし, ここへ, この子, これに, さう, さぶちゃ, すぐに, そう言っ, その日, その瞬間, 不平の, 二度の, 云った, 僕の, 先に, 半助, 呆れて, 堪らず親切, 姿を, 小太郎の, 小首を, 左の, 年配の, 彼女の, 心得て, 怒って, 急に, 悦び春風湖, 昂然として, 柔和く, 母の, 母親の, 気が, 湯に, 源太で, 無理は, 父親に, 町の, 癇癪の, 目を, 真つ, 私を, 立ったまま, 笑って, 箱の, 聞いて, 腹に, 自分が, 自分に, 自分を, 赤子を, 追おうとは, 酷く清吉, 静かに, 鬚剃り

1 [905件 抜粋] あきらめたよう, あくまでも源太, あたしたちが, あたしたち二人の, あたりを, あの時病躯, あわてず, いたるところ, いっそう一生懸命, いったが, いつに, いつもそこ, いない, いまお稽古し, いまどこで, いま浮沈の, いやだ, いよいよ上がる, うたてかった, うつむいて, うろたえ気味, おしいただいて, おせっかいに, おのづか, おぼえた, おもわずしまったと, おりを, お叩頭, お座敷着の, お濠, お菊, かえって心からおかしく, かくすよう, かっとひとみ, からかうよう, からだじゅうから, きっとその, きょう限りお, くぐり戸, ぐっと固唾, ぐづりはじめる, こうして毎日女, こう云っ, ここぞと, ことに無, この人, この月, この町, この通知, ころがった, さあ, さびしいよう, さも苦し, さらに語, しかしほんとにそう, した, しばしば見かけた, しばらくそこ, しぶしぶ立つ, じっと庄吉, すぐお, すぐ後ろ, すっかり厭気, すっかり御輿, ずかずかと, せいぜい三十五六, せせら笑って, そう思う, そっとかの, そのころ天下, そのまま身動き, その半円, その句, その子, その弁当, その後から, その息切れ, その慄, その泣声, その言葉, その顔, それくらゐ, それでもお, それは, それらに, そんながりがり, そんな物, たうとう, たった今ここ, だんだん息苦しく, ちぢこまった, ちょっと板前, ちょっと顔, ぢつと, つっかかって, できるだけ自分, でること, とっさに, どういう時代, どうしてとり残されたろう, どうする, どこぞへ, どなった, どなって, なお云った, なお外部, なお話しつづけ, なにか悪戯, にがりきって, にわかに出立, のめって, はっとした, ばかだ, ひとつお辞儀を, ひとりぼつちで, ひどく狼狽, ふくさに, ふたたび, ふたたび気, ふたりの, ふと氷, ふらふらと, ぷッと, ぽかんとし, まごついて, まず虎口, またお, またかと, またし, また先, また山, また抱き上げ, また祖母, また苦し, まだボロボロ涙, まだ一向に練習, まだ五十そこ, まだ幼少, まっかに, むきに, むしろそれ, むっとした, むやみに, もう一度同じ, もう八十, もう十二歳, もう夢中, もう沢山, もう耳, もう鼻, もそッ, もと上総の, やがて同勢, やがて風呂場, やっと安心, やっぱり中村鈴田両人, やっぱり押黙った, やや意気, ようやく二十二歳, ようよう口, よく働い, よほどの, よろめくと, ろくに食べた, わらった, オレが, ガラツ八の, ザザ, タナグ山神の, チョッキから, ハッキリと, フッツリ姿を, プイと, ペツペツと, 一つある, 一とき毛の, 一人で, 一人の, 一円払った, 一家中引きはらっ, 一度も, 一言も, 一言答えた, 一郎や, 七瀬が, 万葉調で, 三年振で会った, 三楽館と, 下くちびる, 下を, 下手人ぢや, 不精無精の, 両親の, 並木の, 丹那トンネルの, 九太で, 事もなげに, 二三日前に, 二人の, 二十石五人扶持を, 云い様, 云ひかけた, 五十の, 亥の, 人形を, 今さら気がついた, 今朝辰之助に, 以ての外の, 仰天した, 伊代に, 低い吃り声, 低く笑った, 何でも, 何も, 何ん, 何処等を, 何気なく呟いた, 何遍も, 例の, 俎板の, 傍から, 元服する, 元気の, 先づ第, 免役に, 六歳三番目の, 其等に, 冷然と, 切りだして, 列の, 初演の, 剃刀を, 前後の, 副にな, 力任せに, 加わらないこと, 助役を, 勘平に, 勿論小舎, 十一歳にも, 十五歳で, 半面べ, 友喜礼之, 反抗する, 口も, 口早に, 叫びながら, 同じ事, 吾家へも, 呆気に, 呟いた, 呼びかけた, 唇を, 唖の, 唸ったが, 喋りだして, 喜んで, 噂には, 四合瓶を, 四歳丈は, 困ったよう, 圓朝と, 土の, 在宅か, 堅く握, 夏の, 夢か, 大へん意外, 大声に, 大童でした, 天の, 天窓から, 妙な, 妻籠の, 始め越中守重賢の, 嫂たちが, 嬉しくて, 子供が, 子供等に対して, 室内へ, 宿命的に, 将曹, 小さな紙切れ, 小山田庄左衛門, 小柄を, 少々自信, 少しずつ, 少しばかり, 少し沮げ, 少なからぬ, 少年の, 少時は, 尻もちついた, 尾行した, 屈托そうな, 山へ, 岡山の, 左が, 左腕を, 年の, 幾度も, 床柱に, 座敷へ, 庭口の, 引き止めた, 引ずるやう, 弱々しい寝息, 弾み立った, 当りまえの, 当惑そうな, 役宅の, 待ちかまえて, 得々として, 御隠, 徹夜を, 心に, 心を, 怒つて, 怒鳴った, 思いきったよう, 思わずうな, 思わず一歩後, 思わず振返った, 思わず聞耳, 思わず足, 恥しそう, 意くじの, 慰めて, 懐中から, 我慢を, 手で, 手拭で, 手箱から, 手習師匠だ, 抜けるくらい, 抽斗を, 指先で, 振り向いた, 据った, 掻巻で, 提灯の, 擬し沈黙, 数人の, 斬死, 斯の, 新調の, 日本橋界隈を, 早く大きくなりたい, 時々綾子, 晴れやかに, 暇が, 最初庄左衛門が, 最早この, 朝までは, 本当に安心, 杉板を, 来たの, 東京を, 根株掘りの, 格別の, 案外うろたえ, 桜の, 棒立ちに, 楓河岸の, 横に, 機械的に, 次の, 死んでも, 母親に, 毎日真っ黒に, 気の, 気短に, 水原武右衛門と, 永い間赤子, 汗を, 汽車に, 泣いては, 泣き倒れて, 泳いで, 浪人, 消防ポンプ小屋へ, 深い夜霧, 深い感動, 渋々ながら, 温泉へ, 源吉と, 火を, 無心に, 無性に腹, 無言であった, 焦れて, 父を, 爺さんの, 片手に, 物足らない, 特に問屋, 独りで, 生真面目に, 用心ぶ, 町医師の, 畳に, 當り, 白薩摩の, 百年バルザックを, 益満の, 相愛の, 眉一つ動かさなかった, 眼の, 着物を, 瞳の, 磨墨の, 私の, 空とぼけて, 突然性急, 突然押掛け, 立ちあがると, 立ち上った, 立ち上つて一座, 立ったなり何度, 立って, 立上った, 立番の, 笑い出した, 笑ったこと, 笑みを, 箱を, 納屋の, 素早く身, 絶体絶命で, 綱手に, 縄尻を, 義雄に, 耳に, 耳許で, 肩で, 背後から, 腕を, 腰まで, 自党の, 自分だけの, 自分で, 自分も, 舞台の, 舟源の, 船宿, 花いろ, 若者の, 苦しそう, 苦笑した, 茶を, 茶代を, 菊五郎が, 薄気味悪る, 藁草履の, 蟇の, 裏の, 裸の, 見えぬ歟, 見送りながら, 覚悟し, 言いだした, 言懸け, 話しかける, 話し出そうとして, 誰彼の, 警部長の, 谷口金五郎殺しの, 赤い顔, 路次の, 身構えを, 辰三を, 辰之助が, 辰之助と, 返事を, 途中少し, 過ぎたらしい, 遠くで, 遠くの, 酔っ払ったよう, 重い金時計, 関流中の, 闇へ, 階下へ, 離れの, 面の, 面倒臭そう, 領承し, 頬を, 頭を, 頷いて, 頼朝が, 願い事が, 風呂場へ, 飛び上がった, 飲んだくれであったけれど, 館の, 駕籠へ, 高笑ひ, 髭で, 鱸釣りの

▼ 太~ (756, 9.9%)

11 顔を 7 ことを, ために, 方へ 6 姿を, 安萬侶, 株を 5 声が, 方は, 方を 4 ステッキを, 前に, 少女の, 手を, 手紙を, 親爺は, 話を, 野郎が

3 [16件] ことだ, ような, 前へ, 右の, 姿が, 娘の, 心を, 手から, 手で, 提灯を, 株でも, 籐の, 肩を, 親爺が, 顔に, 顔へ

2 [70件] ごときは, ほうへ, むすめ, ゆくえを, タタリは, ベトウリヤと, 一命が, 三人は, 事を, 免役は, 刀が, 刀に, 別, 前を, 勤めて, 古鐘, 吉六は, 名は, 唸り笛さへ, 墓の, 声で, 声は, 大野の, 女房は, 安麻呂, 家の, 家は, 家を, 小屋で, 尻を, 左二の, 御所, 御所と, 心で, 心の, 急所を, 恐ろしく肥つた腹, 杖を, 様子を, 気持と, 父が, 父親は, 目には, 眼から, 眼は, 神は, 突き決っ, 美しい娘, 翁の, 老いしかけろ, 老爺と, 老爺に, 老爺は, 肩へ, 脚が, 腕を, 茨の, 血を, 血相に, 言葉に, 足元へ, 部屋を, 野郎は, 鉄砲を, 青竹を, 頭が, 頭の, 顔が, 顔は, 鼻へ

1 [471件] あとから, あの墓, あぶらやは, いまの, いるところ, いる同じ, いる所, うとうとし, うわさを, おどしだった, お守り役には, お父さんにな, かけて, かみさん, かよって, からだ, かわいいお, くれた四拾円, ことが, こときり考え, ことで, ことは, これからの, さきざきを, さびしさが, すがた, その間髪, そばへ, そばを, それの, ただならぬ顔色, ためにと, ための, ての席, ところに, ところには, ところは, ところへ, とは全然, なれの, ね, はなしを, ふたりは, ほうなんか, ほかに, ほかにも, まわりを, むじゃきさがそれで, もぬけの殻の, ものとは, もまた, やうな, やつここで, やつここまで, ゆくえは, ように, アパートへ, カフス釦を, クリッと, クレヨンを, ステッキです, ステッキといった, ズボンの, パンドーラパンドーラは, ポケットから, ポケットに, ヴァイオリンが, 一と, 一の, 一本調子な, 一生に, 一粒種で, 七年還, 三人が, 三人も, 三名は, 下から, 両人が, 両君に, 両肩, 予想は, 予言者という, 事は, 事をも, 二与力を, 二人の, 二番目娘お, 云う事, 云ふ, 人だ, 人の, 人間は, 仆れた, 仔細と, 仕業らしい, 仲間で, 伴奏は, 低い声, 低能の, 住居は, 住民も, 余外な, 使だ, 使に, 例を以ても, 侠気に, 便りこそ, 倅じゃ, 倅小太郎で, 個人に, 傍に, 兄の, 免役, 写真が, 冷笑へ, 凄惨さに, 処に, 処へ, 出した大きな, 出入りを, 出来るだけの, 刀もて, 刀を, 判断を, 別尾張の, 利き腕を, 制止位では, 前には, 前後に, 力で, 助手, 勉強法は, 動静を, 去った方, 友達な, 叔母で, 古代貨幣なら, 古代貨幣は, 叫びに, 右傍へ, 右脇下へ, 吉六が, 同情は, 同棲し, 同級生が, 名も, 名跡襲いだ, 君, 告白で, 告白に, 味である, 唇の, 問には, 喉笛を, 噂を, 噺を, 噺少し, 嚊と, 国を, 地には, 坊さんは, 坊主が, 報告は, 塾を, 墓碑を, 声, 声である, 声でも, 声と, 声には, 声赤絹に, 大声を, 大工さんの, 天才を, 夫婦にも, 夫婦は, 夫婦も, 女房だ, 女房を, 奴吾輩の, 如く単に, 妻が, 妻であった, 妻という, 妻として, 妻としては, 妻は, 妻よ, 妻より, 妻よりも, 姉たちに, 姉や, 姪の, 姿と, 娘から, 娘に, 嫡子順次, 子として, 子供は, 子供等が, 子供達が, 子分も, 実の, 実父だった, 実験はつひ, 家と, 家に, 家には, 家族が, 宿老の, 小学校の, 少女あまた群を, 尻の, 居所を, 岡べに, 岡辺に, 左右から, 左右を, 帰って, 年齢です, 庄に, 床の, 影を, 後ろに, 後姿を, 後裔だ, 徒は, 徒も, 御神, 御経, 心底を, 心待ちでも, 心持ちは, 忠実な, 思い出が, 性質について, 性質は, 息づかいを, 悪棍, 情婦が, 意を, 意味は, 意志から, 懊悩は, 懸けて, 手もとを, 手品, 手紙の, 手首を, 持ち居る三文笛, 持ち居る手遊, 持ち物としては, 持って, 挙動が, 掌中から, 握って, 敗を, 教育を, 新しい細君, 方が, 方に, 旧式の, 旧知の, 旧称を, 旧記は, 昔に, 智能が, 暴君の, 朋輩で, 朝臣安萬侶, 机の, 杭しつ, 枕木の, 柄を, 株だ, 株の, 桜の, 棒や, 横から, 横へ, 横腹を, 横顔を, 機嫌です, 機械船の, 次郎吉は, 次郎吉を, 歌などを, 正面から, 歩いて, 死骸, 死骸だった, 死骸を, 残した丼, 残して, 母だって, 母であり, 母親でございます, 母親は, 民に, 気持は, 水兵も, 沈黙が, 沈黙に, 泊って, 泣き声も, 注意を, 浄瑠璃などよりは, 激しい気性, 烈しい槍先, 父のや, 父市川楽翁が, 爺が, 爺こそ, 爺さんに, 片目が, 片目は, 片腕に, 片足へ, 狂暴な, 狗を, 玉のよ, 王な, 王の, 王女が, 球, 生命が, 生活が, 田舎, 由と, 男の子に, 番を, 疾る, 癖として, 目が, 目にも, 相談相手と, 眉の, 眉根を, 真の, 眦裂く, 眼が, 眼には, 眼の, 眼を, 睨み合ひ, 知ったこと, 祖父の, 神政, 科白に, 科白を, 突き出した叉手網, 竹竿が, 第一, 筆蹟を, 答は, 粉本を, 細君の, 経典タルマツド中の, 縄目を, 繩を, 繩張ぢや, 翁, 翁が, 翁に, 翁よ, 翁を, 翁ハノホは, 老爺が, 耳に, 耳には, 耳へ, 耳もとへ, 肩に, 背につき, 背を, 背後に, 胸は, 脚どり, 腕も, 腰を, 膝が, 膝に, 膝の, 膝を, 膝元へ, 膝首の, 舟で, 舟にも, 船と, 艀舟に, 若い正義感, 苦しみなどとは, 苦心の, 苦衷は, 茶ワンは, 茶屋の, 荘厳な, 菓子を, 虚を, 蜜酒を, 血まみれの, 行動に, 行方を, 袖に, 裏窓に, 要作さんの, 見たの, 親分に, 親爺と, 親爺を, 解役が, 言葉には, 言葉を, 許へ, 訴えたこと, 詩は, 詰将棋も, 話では, 話に, 豪傑面を, 赤づら, 足へ, 跨ぐら, 身が, 身に, 身を, 身柄は, 身近に, 転がって, 農場は, 迎えに, 述べること, 道成寺なる, 遺書が, 部屋へ, 酒浸りが, 重籐, 野, 野の, 野郎を, 金棒が, 銀貨な, 鋭い気配, 鎖を, 長男千太八歳を, 間が, 陣取って, 雨滴を, 雨間の, 電話を, 青竹へ, 面影が, 面影を, 靴下の, 鞭を, 頭には, 頭を, 頭脳は, 顔には, 顔付が, 顔色は, 食物が, 首へ, 首を, 馬車は, 髻を, 鰤を, 麻縄, 麻繩, 黄色いステッキ, 鼻先に

▼ 太~ (372, 4.9%)

4 声を, 大刀を, 言葉に

2 [29件] いる, きいた, やって来た, ヒョロヒョロと, ムッ, 一草庵と, 一言それから, 不在の, 二三人朋輩を, 叫んだ, 喧嘩を, 大声で, 大抵来る, 家の, 家へ, 恩が, 手腕だけで, 望みは, 清吉に, 烈しい意趣返報, 男に, 縁側に, 腹の, 談話ぶり捌けた, 謝罪を, 跳り出ず, 返報仕様を, 門を, 飛び込んで

1 [302件] ああ云い出したら, あずかって, あって, あらあらと, あんなにも, いうの, いかに鱸釣り, いずれその, いそいそかえってきた, いた, いったかしら, いつもいつも甘い, いないで, いま猪の, いよいよ青山, いること, いれば, おぞましい声, おれに, お次を, お袖, からだの, きばりすぎて, けろりと飲み乾し, こういうこと, ここに, ここへ, ことにも, この中, この地, これに, こんなこと, こんなざま, こんな危ない, こんな強硬, さうなりましたら, さきに, さされ, した図, しようは, すこし怪しく, せっかく磨いた, そう云った, そこに, その後について, その後始末を, その武家, その鞍, それを, たとへ, ついこないだ一本松, ついて, つねにお, とっぴょうしもないことをしでかしたにちがいないと, どうかした, どじを, どんな性質, なにやら駄々, なんと答, のっそりと, はたひと, ひとり声に, ひょろひょろした, ほめた, ぽつねんと佇ん, またお, また口, また我慾, また我欲, めそめそする, もがいて, もとの, やがてこの, やって来るが, やや疲労, やられたらしいな, やりある, やりますが, よい, ようやく浮きあがっ, よろしく申した, よろめいた, よろよろ近づく, わざと言う, われを, アッという, オヤと, 一両日前まで, 一手柄立てさえ, 一期の, 一緒に, 一言も, 三ツに, 下から, 与力山本左右太を, 並んどる, 事もなげに, 云った, 五郎吉を, 亡父の, 今ここに, 今女房には, 今日吉良邸へ, 仕た図, 代って, 伊代の, 伊代を, 佇んで, 低いが, 低く叫んだ, 何うし, 何か, 作りおったああ, 作り居つた嗚呼, 傘も, 先じ, 再び現れる, 出した, 出る, 出現する, 刀を, 加わるの, 十三四の, 去って, 受け負いて, 受書を, 受負ひ, 口を, 口火を, 叫ぶ, 召捕つた, 右手を, 同じ寝床, 呟いた, 呼びかけても, 喚く, 嗅いで, 地上に, 堀の, 堤へ, 大声を, 女とは, 好きに, 妻に, 姿を, 子供部屋で, 学校の, 家を, 家鴨を, 富士子に, 尋ねて, 小さい時分, 小太, 小太郎の, 居ては, 居ないで, 屋外から, 屋外からでも, 左手に, 差出したの, 平伏した, 年長者らしく言った, 庄吉へ, 床の, 座へ, 建て, 建てて, 式台へ, 弟の, 弥太堀に, 彼の, 待って, 従って, 微笑し, 微笑した, 忍んで, 忘れて, 怒って, 怒つて, 思い出したよう, 思ったより, 悲涙の, 成人し, 成人したら, 手で, 手前の, 手早く拾っ, 打つて, 折角磨いた, 押入れへ, 招いて, 拳銃で, 振り返って, 探して, 斬った, 斬殺した, 旧本陣, 時々気, 暗まぎれ, 暦程, 曳いて, 書いたの, 書けたら私, 本當, 杉木立の, 来たって, 来るまでに, 枕元に, 林町の, 極端に, 止めたさ, 歯を, 母親と, 母親の, 気の毒に, 泣き声を, 注意した, 洋服から, 流派外に, 浦和町の, 済まして, 演りはじめる, 為やう, 熊本で, 爲に, 父に, 父の, 片膝, 牡丹江に, 物騒な, 玄関へ, 生まれて, 生れも, 産衣, 甥の, 男谷の, 疲れて, 相当の, 相談役と, 眉を, 看板を, 眠むさうな, 眼で, 眼を, 着くまでに, 着席し, 知ったこと, 穿物である, 立ちかけると, 立ち寄ったろう, 立上った, 立上り前を, 箙の, 総代で, 縁側から, 縁側で, 背を, 自分の, 船を, 若い, 苦笑し, 茶盆を, 草鞋を, 荒しに, 行った料亭, 裁許掛見習として, 裏庭へ, 見張って, 見張りを, 言い出したので, 言った, 訊いた, 詩の, 詩を, 誰な, 諄く, 諸所で, 警戒の, 買って, 赤紙へ, 辰之助と, 迷惑さうな, 逃げ帰って, 進んで, 遂に無惨, 道服の, 遺書に, 邪な, 間もなく何, 階下から, 隠したか, 静かに, 頷いた, 頼む聴, 頼む聴いては, 顎の, 願うの, 風を, 馳け, 驅け, 高い流し, 高慢ちきな

▼ 太~ (215, 2.8%)

3 が違う, のもの

2 [13件] があり, がある, が高木, といえ, と押し, と長, になっ, になった, に比較, の枝, はよく, は耳かき, を持った

1 [183件] あまり気, あらためて浪, あん, ええな, お講, から文字, があわない, がそこ, がそろわなく, がちがう, がない, が二尺, が五寸, が手首, が気持ち良かっ, が目, が直径八, が親指, が鯨, しかなく, そうだ, その毒粉, たとい這出した, だ, だが, だけあけ, だけでも命乞い, だけの前面, だったらお, だなんて, だの, でありましたら息, であるし, でございます, でしかも, ですが, でその, でそれ, でぶつ, でまっすぐ, で一方, で一本調子, で二尺あまり, で僅か, で半ば犠牲的, で止まっ, で聳え立つ, で高, といっ, とでマスト, とで色々, となり, と上野山清貢, と同じ, と堂, と金, などにも何, などまではっきり, などを目算, など精確, なの, なら犬, なんか威勢, にあきれ, にけずった, にし, にする, になる, にクケ, にダラダラ, に似ず, に似合はず少量, に円め, に合わぬ, に堪らない, に変化, に対し畏敬, に庭師, に当り, に思うさま, に捻る, に揃つて, に束ねた, に立っ, に等差, に育っ, のねじ釘, のみみず腫れ, のもの一把, のワイア, の二三寸, の割合い, の十二円, の十二円これ, の受話器, の同じ, の大粒, の小枝, の差, の整頓, の方, の木, の杉, の束, の棒切れ, の水流, の涯, の滅茶苦茶, の炭, の番号, の異, の穴, の糸, の腕, の蔓, の蝋燭, の針金, の鈍く, の鉄棒, の鉤, の錫杖, は, はあっ, はあの, はありました, はある, はあるであろう, はおよそ, はさすが, はそう, はそれ以上, はどう, は一抱え, は二尺五, は以前, は囲, は日本綿糸, は普通人, は書き落し, は松, は根もと, は根元, は椽, は畑, は目通り一尺五寸六分, は直径五寸位, は竹, は約, は芸術家, は鉛筆, は鉛筆位, は電柱, は驚ろ, は髪の毛, ほどである, ほどの猛獣, も全長, も同様, も君, も相, も眼鼻立, も見上げる, や葉, や長, よ, より推測, をし, をつくづく, を三尺, を両, を充分, を呆れたる, を増した, を持っ, を示し, を考え, を計っ, を較べ, 円さ, 大樽, 或は尾, 細さ, 高さ

▼ 太~ (198, 2.6%)

4 たずねて, 連れて 3 自分の, 見ると 2 そそのかした, つれて, 中心に, 呼んで, 心に, 残して, 睨んで, 襲が, 見て, 責めたこと

1 [164件] いたく叱った, いよいよ先陣, うかがって, うすばか, うって, おびき出し屋根, おびき出し生垣, お前さんどう, お可愛がりなさる, お宅様, かくまい千太, けなすでも, これかう, さがしに, しばらくほか, すつかり丸めこんで, その研究所, そんな遠方, つくづく見たい, つけて, とめ, とめなり, とめに, とりまいた, なだめて, はじめ繁や, まもりながら, やりすごして, やるが, よび返した, よろこばせた, グイと, ブン廻し, メッセンジャア・ボーイに, 一しょに, 二つ目として, 伴ひ, 伴れ, 伴奏者と, 使って, 促したてた, 信じて, 先に, 冷笑し, 出さねえ了見, 出すに, 出せと, 前に, 助け起しかけながら, 取りかこんで, 取囲みます, 取圍, 召びたまいて十兵衛とともに, 召び玉ひ, 可愛が, 呼びに, 呼び寄せ一緒, 呼び返さうと, 呼ぶ, 呼ぶ声, 呼べ, 呼んだ, 嚇しつけた, 四年生に, 埋めたり, 埋めて, 埋葬した, 学校へ, 寝床に, 尋ねて, 帰すと, 幾度も, 庇つて居る, 廃めさせよう, 引きつけて, 御存じで, 思いだして, 怪しまぬよう, 想い出すの, 愛して, 憐れむ余り, 懐かしがっ, 戸籍から, 手招きし, 手放したあと, 手玉に, 手離す, 打ち励まそうと, 投げとばすと, 抱いて, 抱きあげて, 抱き寝する, 抱寝する, 担って, 指して, 探し出して, 描いたもの, 握って, 撃ったの, 擧げて, 擧げようかと, 斬ろうと, 明るくした, 案内に, 極めて不手際, 殺したからさ, 殺したの, 殺して, 殺し三千兩一人占, 殺すつもり, 殺すの, 演じた四代目市川小団次, 激, 照れさせる, 献上した, 疑つて, 目がけて, 相手に, 真つ, 眺めて, 眼下に, 睨みつけた, 睨めつけたが, 睨んだが, 知って, 粉本に, 紹介わせ, 経て, 肩にかけて, 背後から, 背後へ, 背負ひ, 草の, 襲げる, 要撃した, 見たという, 見ながら, 見に, 見上げて, 見懸けなかったか, 見詰めて, 見較べて, 言いなだめたが, 討つの, 訪ねて, 認めて, 貰つて來る, 踏みたい心持, 踏みながら, 踏みますが, 踏むばかり, 踏んで, 蹴った, 身代りに, 追いまわして, 追ひ出した, 追放しとい, 逃がしたの, 逃がしたよう, 連れたまま, 連れ込んで, 除いては, 預けて, 馬の

▼ 太~ (183, 2.4%)

4 の姿, の心, はそれ 3 の手, は独

2 [11件] の怒った, の情, の畑, の耳, の西瓜, はあちこち, は其夜, は死んだ, は畑, は番小屋, や五郎

1 [143件] があまり, がいった, がお, がそれ, が今, が六十, が出る, が四十二, が大きな, が左, が庭, が復, が漸く, が犬, が袖, が酔, だから, とお, などがメイちやん, にあの, にじゃれつい, には西瓜畑, にも犬, に勧めた, に戻つ, に振り回され, に私, に見せたくない, に飛びついた, のところ, の一味, の上, の両脚, の体, の名前, の夕顔棚, の姻戚, の家, の強く, の怒, の息, の意, の態度, の所謂石, の操, の次男某, の番小屋, の皐月, の目, の相手, の笑, の縁談, の肩, の腰, の腸, の蚊帳, の話, の追いつく, の金庫, の顔, の鬱い, はあきらめませんでした, はあと, はあみ, はいきなり, はいつ, はいつも, はこうして, はご, はざる, はすぐ, はぞつと, はつぶやきました, はどの, はなかなか, はびつくり, はびん, はふと, はまた, はむっくり, はもう, はやっとそれだけ, はやはら, はよい, はよく, は一歩境, は一隅, は何, は何等, は例, は僅, は凝然, は動く, は口, は周囲, は四十, は女房, は子供たち, は少時, は尚, は左, は後, は従来農家, は思わず, は指, は数年来西瓜, は朝, は決して, は泣き, は激怒, は煙草, は犬殺し, は監獄署, は盲女, は私達, は精神, は草刈鎌, は落胆, は蚊帳, は赤, は起きた, は返辞, は酷く, は降参, は首, は驚い, もこの, もそれ, も今度, も其儘, も少し, も甞, も疱瘡, や五郎達, をお, をとがめる, をなくし, をはじめ五郎, を告訴, を喚んだ, を惑わした, を求め, を起し

▼ 太~ (154, 2.0%)

2 して, 代って, 任すと, 劣りは, 川へ, 打ちあけると, 斬られて, 渡した, 積り書出せ, 迫る

1 [134件] あけて, あこがれて, あつた, あとを, あらざらんや, ある有島農場, いつ打ち明けよう, お礼を, お逢い, かういはれると, きくこと, くらべると, この家, これは, ございます, ござります, ご挨拶, させて, したって, しても, すれば, ずっと通られ, そういっ, たずねた, たのんで, つぎながら, つづいて, なって, なついて, なれ, のりうつるよう, はなせぬならおれ, ほかの, やさしい眼, よりて, 不安そうな, 不意に, 仕える, 任せよう, 任せ平素, 会つてゆつくり, 伝えるの, 伝える希望, 何か, 何の, 傘を, 傚う, 先へ, 内証で, 分けて, 別れ, 別れて, 勝つたの, 半分やる, 取っては, 取らせる, 名前を, 向いこの, 向って, 向つて, 呼出される前, 命じながら, 善太つかまる, 基督が, 報酬を, 多くも, 妻籠の, 尋ねたり, 尋ねると, 小若衆, 小言を, 帰る事, 平次は, 引かれて, 当たらないで, 当主の, 怪我を, 手鋏で, 托された手紙代り, 撲ぐられたはずみで切先五, 撲られたはずみ, 文楽師匠という, 早く帰る, 早く譲らせた, 明かして, 暫く物, 来て, 気がつくと, 深い怨, 渡れない, 火傷ッ禿の, 火薬を, 王様クレヨンを, 現れまた, 甘えたよう, 産れた, 申したもの, 申しつけた通り, 百年の, 皆な, 看破され, 礼を, 笑いかけた, 答える, 繁まで, 繋って, 罪の, 見せたり, 見せる約束, 言った, 言って, 言はれ, 託して, 話しかけた, 話しかけるの, 譲りそれから, 買収された, 賭事を, 購へる, 贈りました, 跡目相続させた, 追っつけるのに, 逢うと, 逢えぬと, 逢った, 連れ出されて, 違いない, 限りたる, 面目ない, 頬を, 頷かせた, 首を, 駈ける度胸, 骨牌の

▼ 太~ (147, 1.9%)

5 繁も 3 これに, 小太郎も

2 [11件] まあ御, ジリジリと, 今は, 心の, 笑い出した, 肩の, 自己を, 見よと, 顔を, 黙して, 黙って

1 [114件] あわてて, いた, いつのまにか仲間入り, いながら, いる, いッぺん, おほ, お槇, お由良, お菊, かえって伊代, この工事, じっと瞼, すでに見届け, そうされ, そこへ, その上, その後に, その晩, その空気, その綾子, その頃, たっしゃで, ついいっしょ, つづいて, とうとう亡くなりました, どこから, また何, まだ十八歳, もう自分, もどりに, もはや一人前, 一所に, 下役たちも, 不審な, 二人あるっ, 二人とも, 今日こそは, 佐々波金十郎も, 作り上げた一足, 倉松も, 倹約一方の, 出奔した, 切りと, 初めて勘蔵, 勘蔵も, 十七歳の, 南に, 口汚く争う, 古妻, 同じく仲間, 同じよう, 嗅ぎあてて, 圓太なら, 変に, 大びら, 大奮発, 女連ばかりで, 姉弟らしく, 子供の, 安兵衛だの, 小林勘蔵も, 少しく的, 山本左右太も, 平次の, 年を, 度胸を, 座を, 庭へ, 当惑した, 心強かった, 思出した, 惑わずに, 打揃う, 敬い謹んで, 敬ひ謹ん, 敬太郎も, 早く出, 木曾福島の, 梯子段を, 次男の, 此工事を, 段六も, 母親が, 母親の, 気色ばんで, 深栖三郎, 火燵から, 疑っては, 相当に, 相手を, 眼を, 福島の, 箱包を, 続いて, 緊張に, 義平太も, 羽織を, 聞いて, 自分が, 苦しい身の上, 茶店へ, 蒲団の, 行くこと, 行くの, 西筑摩の, 西筑摩郡書記の, 見るに, 訝かしげに, 辰も, 遊んで, 釣込まれて, 顎十郎の, 顔色を

▼ 太~ (142, 1.9%)

5 の遺 4 の意 3 の如き, の第, の言 2 が孝孺, が熟慮遠謀, の人情, の崩ぜる, の時, の詔, の諸子

1 [110件] がその, が中原, が位, が元, が公然, が大度, が天下, が天命六年, が懿文太子, が所謂, が曾, が燕京, が胸中, が自分, が諸子, が遼東一帯, その曲直, でも先年退位, として崇められ, と一緒, と年月日時, と比較, と考へられ, に, にし, に仕え, に任用, に奏した, に従って出入, に服屬, に果し, に直言, に紹ぎたもうべかりしが, に見, に請い, に随, の, のい, のこの, の優待, の准許, の功臣, の十四年以来奉天, の命, の嘉納, の天下, の失, の女, の女婿, の姉, の子, の孫, の崩ぜん, の心, の思える, の恩寵, の愛重, の慮あり, の明, の智, の末年, の武昌, の治, の洪武三十年, の洪武二十八年, の洪武元年, の深, の濂, の為す, の病, の皇后, の皇孫, の盛徳偉業, の知, の祖父景祖, の耳, の英明, の血, の詩, の諡, の辺海毎, の近臣, の遺体, の開宝末年, の陵號, はこの, はその, は大いに, は太祖, は實際政治家, は實際的政治家, は是, は服中, は歴代, は江伯兒, は魚, も怖, も悧巧, も此, も英明絶倫, をし, 元嘉二年, 其の挙止端整, 及び埃及王, 多く喜ばず, 未だ崩ぜざる, 甚だ喜び, 親しく文, 阿骨打, 顧みて

▼ 太~ (134, 1.8%)

7 一緒に 4 いって 3 小太郎とが, 申します 2 ガラツ八は, 云う男, 今井, 宇礼の, 段六が, 段六は, 申すもの, 長五返事を

1 [101件] いい合せて, いい安藤, いい釣舟, いう, いえば, いつた秋濤, お前ほど, お榮, お次の, お百合, お舟, じゃ似, そして道太, その子分共, だんだん親しく, どこかで, もうす者, やらいう小倅, よばれた若者, よび若い, チラと, マ一人私の, 一つ違ひとは, 一室に, 三平, 世津子の, 云うもの, 云うん, 云う余程, 云う幼馴染, 云う攫徒, 云う釣好, 云った所, 云つ, 云つた人である, 云や, 五介は, 人の, 人夫達の, 伝次の, 何処で, 別れて, 勘平の, 勘蔵とは, 史實も, 吉次は, 同じよう, 同じ腹, 同室の, 同様吟味中に, 向い合ったところ, 向い合った所, 向かいあって, 呉服屋の, 呼ばれた, 呼ばれ茶筅, 呼ぶ, 堺屋へ, 外記とを, 大きくいった, 宇礼が, 寝床を, 小太郎と, 小太郎とに, 小太郎とは, 小太郎とを, 岩根半, 巌を, 手前とは, 政公とが, 昔言われた, 書いた下, 書いて, 杉次郎とが, 正面から, 源吉は, 瀧三, 申もの, 目安方の, 祖母は, 私の, 箒とを, 粟代とで, 結びつけられて, 結婚し, 綽名が, 繁とは, 繁とを, 繁の, 義平太が, 船頭の, 良い仲, 茂吉と, 見て, 言つて三年の, 読ませて, 謀って, 識りあう, 軽井沢の, 連れ添って, 黒三と

▼ 太~ (129, 1.7%)

6 のモイセイカ 2 がその, であること, に靴, のため, の店, の後

1 [111件] かも知れねえ, からぶんど, からリーフレット, かジプシイ, がしかし, がそんな, がどう, がよく, がよくよく, がヘブライ文字, が伝説的, が十二宮, が土曜日ごと, が女, が森, が現われ, が粗悪, が考え出し, が耶蘇基督, が言, だがね, だけです, だと, である, であるが, ですから, でなければ, ではないでしょう, で父, ということ, というの, とおしゃれ, とが危な, とともに幌馬車, と狗, などと共通, などと話し込ん, などの住む, にし, にみんな, にも支那人, に世話, に向, に多い, に導かれ, に由, に穏, に笑はる, に紛, に逢っ, に銀貨, のこの, のとこ, のみならず, のやつ, のアインスタイン, の一製粉業者, の両替屋, の中, の事, の信条, の力, の古物商, の女ども, の好き, の待遇, の心, の悪者, の既に, の標型, の母, の爺, の王, の画面, の磔, の童, の索麺, の給仕長, の腓, の莫大小屋, の蒐集家サムエル, の血, の衣嚢, の裁縫師, の製粉業者, の覆面資本団, の足, の間, の頤鬚, の顔, の風習, の馭者, の鬢髪, の鼻, はこの, はそれ, はたしか, はついに, はともかく, はエジプト, は何, は安息日, は豚, は難問, は鼠, ばかりで, みて, もなから, も王様, やバルカン半島邊, を或

▼ 太~ (124, 1.6%)

5 の御 3 の手 2 のお, の信任, の詩, はその

1 [108件] から憐愍, があんな, がおいで, が亡くな, が光緒帝, が口, が垂廉, が崩御, が御, が悲しいなき, が摂政, が美人, が西, が陝西, だけは盧植, であった, でありその亡き, である, で持ち切っ, という女, といふは漢, としてはお, との間柄, とは楼, とよばれ, とよばれた, と二条天皇, と共に永安宮, と太后, と恭親王, と新帝, と東太后, と間人, などが政治, にまみえ, に召された, に訴えよう, に訴える, のいう, のお気, のご, の一周忌, の二度目, の出御, の宮, の密旨, の寵, の崩後二年半, の御殿, の復讐心, の悪, の時代, の栄華, の死ぬ, の治世, の源氏, の玩具, の生み, の異父兄, の耳, の裳, の西, の誄, の首, はあくまでも, はお, はすぐ, はそれら, ははったと, はふたたび, は倭姫皇后, は含ん, は帝, は御, は思っ, は政治, は教え, は永安宮, は泣い, は涙, は藤氏, は過去, は非常, は預けられた, へお話し, へ仰せ, へ取りなし, もことに, もこの, も今, も仰天, も何, も廃帝, も死んだ, も物怪, も西巡, も顔, や恭親王, や武周, や皇帝, より羅馬法皇, をだまし, をとっ, をも即座, を殺し, を河間, を自分, を迎え

▼ 太~ (117, 1.5%)

13 を吐い 9 をつい 8 をついた 6 を吐いた 5 を吐き 4 して, を洩らし 3 をつき, をつく, を漏らした 2 したり, つきぬ, に胸, の數, をし, をつきました, をもらしました, を洩, 吐いて, 吐き

1 [39件] がもれた, が出る, し愛憎, し暫時, すること, する玄徳, せられる, せり彼, せる陳勝, ついて, つきて, つけば, とさも, とで聞い, とともにわなわな, と共にあれ, と共に封じ納むる文, と共に立上り, に吐き出す, に曇りぬ, に覺, のみ吐い, のみ深し, ばかり吐い, を, をした, をつきぬ, をもらし, をもらした, を吐く, を泄せり, を洩した, 吐きたま, 吐きて, 吐き給, 吐くよう, 吐く事, 吐く爲, 見れば

▼ 太~ (116, 1.5%)

54 の友情, の温情 2 ありがたう, といつ, の好意, の手紙, へ送る, を訪ね, を迎

1 [89件] ありがたうありがたう, からありがたい, からうれしい, からのたより, からのハガキ, からの伝統, からも緑平老, からよか, からルナアル日記, から句集到来, から句集柿, から地下, から来信, から来電, から近著, から逓友稿料受取, から金堂, から音信, が, があらはれた, がき, が入っ, が女性, が寝床, が描い, が来, が近著地下, その人, だけ海鼠, だ酒, である, と, とはどっち, と大塚駅, と緑平老, と黎, なかなか戻つ, にはいづれ, には大人, には逢, に対する私, に導かれ, に申訳, に返事, に送る, に逢, のお母さん, のこと, のやう, のゐ, の友情そのもの, の奥さん, の文, の来, の案内, の藁草履, の説, の足音, はその他, はほ, はや, はれつ, は七時, は何役, は大人, は広島, は早朝, は純綿的性格, は西, は阿波, へ, へとぶ, への贈物, へ旅立延期, へ無, へ緑平老, へ送るべき, もあんまり, もみな, も家, も居った, よ赦し, らしい澄太君, をし, をめぐまれ, をもう, を持つ, を考えた, を餓えさせない

▼ 太~ (103, 1.3%)

19 奴だ 13 野郎だ 6 野郎です 4 阿魔 3 ことを, 女だ, 奴で, 奴は 2 アマだ, 了見だ, 女っ, 女です, 女め, 奴です, 奴等だ, 畜生だ, 野郎で

1 [31件] いけッ, か知れねえ, しくじりと, し俺達, だけそれ, のは, アマは, 事を, 外道だ, 太え, 女に, 女も, 奴, 奴じゃ, 奴でも, 奴と, 奴らだ, 奴等で, 奴能くも彼の, 婀魔だ, 婆アだ, 婆アぢや, 料簡を, 畜生じゃ, 箍ん, 罰あたりはねえ, 芥溜牢人と, 親子だ, 野郎が, 野郎は, 餓鬼で

▼ 太さん~ (99, 1.3%)

2 さ, じゃない, に, のよう

1 [91件] あのお, お喰, かういふ体, かと思ったら, かもわかりません, からである, からペーパー頂戴, から手紙, から清水さん, から聞い, か親方, があんまり, がどんな, が一ぱい, が一緒, が出た, が出る, が日ごろ, が来る, が烏丸様, が私, が私たち, が胡瓜, が飛ん, こそ朝, こそ私, こんなわけ, じゃア, それでいままで, それではお前, たいそう精, でねえしか, といいました, ともあろう, とやら少し, と云う, と云っ, と伊太さん, と寝酒, と打合せ, と来たら黙っ, どうした, などは京助, なんと窶れた, にはなんにも, には困る, に同情, に問うたら, のいう, のおみやげ, のこと, のハガキ, の事, の兄弟, の前, の同情者, の心づくし, の所, の手, の気持, の絵, の顔, の顔つき, はおりますでしょう, はそれ, はなぜ, はのみました, は伊勢, は何, は夜, は少しく, は当分, は村, は武蔵様, は満州, は独り, は紅い, は褌一つ, までそんな, もあんまり, もお, も変っ, も歌わない, や小五郎さん, をお, を人, を弁護, 付いてて, 怒ったの, 早く早く, 食べない

▼ 太~ (97, 1.3%)

18 繁の 7 かなる, 繁を 6 繁に 4 繁が, 繁は 3 繁と 2 一洵に, 竹一や, 繁まで

1 [42件] あいと, あい迷イ児の, お高さん, かな円柱左右, かな大河が, かな眉, かな縄に, かな縄を, かな鉄の, かな音声, かの杖, ちょいと, タンコが, マス, 其処え, 勘蔵と, 吉次や, 同心たちへ, 富士子の, 対島の, 少し其処, 明けて, 杉次郎に, 森夫も, 權助ぢや, 正は, 正や, 正己, 私や, 竹一たちの, 繁から, 繁から言え, 繁とは, 繁なぞが, 繁にも, 繁も, 繁をも, 繁等は, 蛙の, 親類には, 辰之助に, 銀三が

▼ 太~ (86, 1.1%)

32 がその, のと, 倨傲に, 儁以て, 善しと, 好し, 痛切, 相似たるや, 遲き, 高し

1 [63件] から悪く, がこれ, しく, とする, とてその, とて命, は我, べえ, われ, わ我, 不幸で, 以て, 低きあり, 佛音が, 佳ならざる, 侈れる, 促るべからず, 共通し, 厚かりし, 厳なる, 同感で, 好感情, 小いため, 小さい, 平穏むなしく, 幸甚と, 広く珍奇, 悵然たら, 意を, 慢く, 懐旧の, 拙しと, 正直に, 深かつ, 深きには, 異国情緒的な, 疎くは, 疎なる, 相似て, 相違せし, 矛盾せり, 私の, 綿密なり, 繁きこと, 美し, 苛酷なり, 蘇峰氏に, 裕で, 親しく頼, 貴いもの, 逕庭が, 速やかなる, 過ぎたるものではなかろうか, 遠く算, 遺憾である, 重く天下, 重要の, 鈍きが, 闊達なり, 陰鬱也, 高きあり, 鮮し, 麗しいけれど

▼ 太兵衛~ (83, 1.1%)

4 や栗山善助 3 と善助 2 という人物, と栗山善助, の, はさき, は主人

1 [66件] おるかっ, が偉かっ, が取次い, が家業, が巌, が申す, が背, が諫め, が面, が駆け, であった, でありもう, という方, とか栗山善助, と久左衛門, と云う, と同年輩, と申す, などが来, などにもさて, などに蔭, などまで途, なの, に, にふたたび, に代っ, に蝶昇, のお, のふたり, の口, の名, の女房, の娘, の悪意, の次男数馬, の筋, の肩, の辞, はこの, はその後, はべつ, はべらんめえ気質, はハッキリ, は何気なく, は余り, は喜兵衛, は地, は家老, は方角, は暫く, は片, は生まれつき体格, は駆け出した, は駒, は麻廻送, へ落著, も栗山善助, や右衛門, や善助, や後藤右衛門, や衣笠久左衛門, をよびよせ, を一目, を召寄せ, を呼ん, 殺の

▼ 太史慈~ (81, 1.1%)

32 と孫策, の手, の短剣

1 [72件] が今, が出た, が半眼, が来, が無言, が肩, が背, である, という人物, といえ, とはまだ, とは我が, とも名乗った, などは疾く, には励まされた, に向っ, に笑いかえされた, のあざやか, のす, の交わす, の体, の信義, の兵, の名, の指, の身, の進言, の部下戈定, はうなずい, はこう, はそこ, はひとり奮戦, はひやりと, はほ, はまた, はやにわに, はよろこび勇ん, はわざと, は三千, は剣, は勇躍, は君, は孫策, は将軍台, は彼, は急, は槍, は毅然, は潔く, は生, は稀代, は答え, は耳, は自信, は進ん, は顔, へぶつかっ, もおどろいた, もますます, も心ひそか, も戟, も打, も目, や黄蓋, を, をにがす, を三日間, を呼び, を呼び出し, を打ちとれ, を生, を自分

▼ 太~ (77, 1.0%)

6 の時 2 が金, の事蹟, の命, の貞觀十二年

1 [63件] おはします四辺, がその, が大, が天子, が棺, が王羲之, が西域諸国, が貞観六年親ら罪人, が貞觀十一年, が高麗, である, とか廟號, に反, に召され, に対し禁令, に言いし, に願う, の世, の六世, の勅命, の名, の天, の天會七年, の太平興国七年, の太平興国八年, の如き, の家, の御, の思召, の意, の愛犬, の時代, の皇后, の皇女, の見識, の貞観三年, の貞觀九年, の貞觀十一年, の貞觀十四年, の鄭仁基, の重臣, の霊柩, の領土拡張後, は, はよく, は不安心, は之, は出陣, は又, は古今, は彼ら, は態, は或, は曾, は李勣, は死刑囚三百九十人, は自らこれ, は貞觀十九年, は起居注, は銅製活字數十萬, も已む, を動かし, 即ちこれ

▼ 太~ (68, 0.9%)

3 のお, のため 2 のご

1 [60件] が, がお, がおれ, がお立ち, がお越し, がなん, が帝位, が病, が美女, が興じ, が討たれ, が重い, ちとこちら, でもできる, と称し, におかれ, にはそんなに, にはただ今, には今お, には昨夜, には禁廷, にもさぞ, にも少し, に仕える, に供え, に愛し, に捨てられ, に求められ, に汚され, に知れ, に譲るべし, のいらっしゃらない, の入唐當時, の即位, の寿, の徳, の徳望, の所行, の権力, の賢明, の贄, の跫音, の退出, の通過, の館, はお, はもう, は常に, は陛下, へそんな, へ叛, へ御, まで贈られた, もひどい, も世, も朝廷, を冥府, を加, を徳, を高座

▼ 太~ (54, 0.7%)

28 ちよの 5 ちよのを 4 腹な 3 腹で, 腹の

1 [11件] ちよが, ちよの快活無比の, ちよの短い, てき, てしまふ, てます, てゆく, てゐる, てピカピカ, 腹に, 腹を

▼ 太左衞門~ (52, 0.7%)

2 の所

1 [50件] が一人, が不意, が丹三郎, が先々代, が参りまし, が好み, が持っ, が死ぬ, が死ね, が死ん, が無, が物, が生き, が疾, が聞, が逃げ, が隱, で此, といふ六十過ぎ, とか言, と一番, と五八, と申す, に手傳つて, に斬付けます, の代, の前, の建てた, の持っ, の申す, の義弟, の遺した, はこの, はこれ, はどうしても, はまいりません, は一年前, は一生, は厩, は参り, は名題, は帰りました, は酒, は鹽原角右衞門, も丈夫, も斬っ, より少し, より返事, を切ろう, 罷出でて

▼ 太~ (50, 0.7%)

3 のあたり 2 のところ, の肉, も露

1 [41件] から切断, から脛, が二人, が出, が痛い, さシン, であるという, で一目瞭然, とその, と首, に灼けつく, に縛りつけた, に鋭い, のつけ根, の上, の何処, の力, の太, の張り, は行く, へ両手, へ真黒, までもあら, まで見える, まで見せた, や脛, をいかし踏みしめ, をいや, をうたせ, をきつく, をした, を包囲, を払った, を抓っ, を改め, を根許, を箆, を縛った, を縛る, を縫われた, を露出

▼ 太都夫~ (48, 0.6%)

3 も丹 2 は只, は衆

1 [41件] がどうか, が歸つて衆, が率, とて決して, などがいろ, には日置, にも丹, にも判斷, に似, に對, に讓ら, の二人, の分別, の外, の如き, の妹眞奈, の戀, の深切, の話, の赤袍, は今朝, は俄, は先, は右左, は小室, は小高き, は竊, は笑つて, は總指揮者, は聊か, は致方, も承知, も知つて, も默, や丹, よりは篤, を伴う, を見, を迎, を顧み, 第一物部丹濃第二

▼ 太~ (46, 0.6%)

10 え野郎 9 え奴 4 え女 3 え奴等 2 え事, え野郎ぢ, 見だて

1 [14件] えか細い, えぢ, えんだから, え了簡ぢ, え人間, え奴ぢ, え奴ら, え殿樣野郎, え親父, え量, てい, て鼻歌, 腐れて, 腐れの

▼ 太~ (46, 0.6%)

7 の音 4 ぞ鳴れる 2 の響

1 [33件] がとても, が二挺, が入る, が合, が皆それ, が鳴り出す, が鳴る, だの笛, だ法螺貝, でちん, と笛, にあけ, に伴, のドロ, の印象, の喧しい, の囃子, の囃子厭, の強い, の悶絶, の破れる, の響き, の鳴り渡る, は十二三挺, は四挺, も聞える, を叩い, を打, を打ち, を打つ, を敲いた, を首, を鳴らす

▼ 太神宮~ (41, 0.5%)

11 御由來 3 のお札 2 に關係, の御, 大祕藏

1 [21件] から暦, との關係, にいくら, にもあつ, に向, に奉幣, のお告げ, の威徳, の式台, の所在, の神代文字卷, の見晴, は, へ祈願, を中央, を中心, を初め, を奉戴, を設け, 奉勸請祭神皇王九十八代, 御由來第二十三行

▼ 太~ (40, 0.5%)

2 のため

1 [38件] から奪, から引離した, が戦, が政敵, でも同じ, でも西班牙, とかいう袢纒, と伊太利, にモツアルト, に入り, に入る, に取つ, のいや, のウヰーン, の代理公使, の古い, の境, の女帝マリア・テレサ, の婦人, の山中, の心霊学者, の悲しみ, の潜航艇, の爺さん達, の皇帝, の維也納, の維納, の貨幣, の領分, の首府ウィーン, はもう, は各, は明日, は果して, へ行った, までは聞えなかつた, まで行っ, 全国民

▼ 太~ (40, 0.5%)

2 の家

1 [38件] がここ, がまだ, が城内, が突返, だ, と錢太爺, に告げ, に間違い, のよう, の倅, の声, の威風, の宅, の庭内, の御, の息子, の本家, の父親, の見識, はおずおず, はさほど, はそりゃ, はそろそろ, はそんな, はもともと, は俄, は口, は大きな, は彼, は早く, は晩餐, は私, は腹の中, は見れ, も阿Q, や錢太爺, よりも一段, を非常

▼ 太~ (39, 0.5%)

2 がお, の女房, の方, の首, を殺した

1 [29件] がこの, が幽霊姿, が死ぬ, という二十七, とお, と一緒, と倅, どんと祐吉どん, にはさんざん, には不服, に強請られ, に怨み, に未練, の一言, の仕打ち, の幽霊野郎, の言い分, の身持, の頸, は可哀想, は幽霊, は恩人, は若, へやった, もお嬢さん, をあんなに, を怨ん, を抜き, を誘っ

▼ 太之進~ (38, 0.5%)

1 [38件] から彦四郎貞宗, がこの, がそれから, がフト眼, が互に, が燃え, というこれ, とお, に取っ, のその, の優, の右手, の場合, の失恋, の情熱, の聞いた, の膝, の身, の頬, はあわて, はそう, はそれでも, はふんわり, はツイ両手, は僅か, は全身, は夜, は大きく, は引, は思わぬ, は新しい, は新しく, は枕, は知り過ぎる, は素直, は華奢立ち, を恐ろしい, を湯島金助町

▼ 太という~ (37, 0.5%)

2 のが, のは, 男は

1 [31件] その子, ところは, のか, ものを, プンと, 一男が, 二人の, 人が, 人で, 人の, 人間である, 低能児と, 助役が, 友達だ, 名前が, 変り種の, 奴が, 奴です, 弟が, 役廻りだ, 所に, 特別の, 猟師でございます, 男の, 男も, 者, 者でした, 船頭は, 若者が, 遠い国, 酒店に

▼ 太~ (35, 0.5%)

17 洋の 9 洋を 4 洋は 1 洋に, 洋上に, 洋岸に, 洋第, 洋踏破は

▼ 太~ (31, 0.4%)

2 を擒

1 [29件] からことづかっ, からサン・ジョルジェ勲章, か何, がキルデーア, がヒョックリ俺, が彼, が戦線, という男, といふ貴族, とは餓鬼, どうもはあ, にあえる, にゃ合わねえ, に会っ, のあり, の兄弟分, の天狗党, の女婿, の所有, の手許, の政策, の葬儀, はここ, はただ, はどう, も俺, も群衆, を仇, 御快然

▼ 太~ (31, 0.4%)

64 しきもの 3 きを 2 いかな土佐派, しと

1 [14件] い, いんで, かりしが, き, くは, しい, しいこと, しい田舎訛, しかつたらう, しかりき, しく四歳五歳, しく重んずる山中, しければ, し其中

▼ 太~ (30, 0.4%)

2 と木戸番, の説明

1 [26件] から串, がこの, とんかつ, と久兵衞, にいろ, にかう, に何やら, に問, に案内, に盃, の後, の打ち沈んだ, の極端, の部屋, はあわて, はそれ, はつばめ, はどう, はもう一度, は困じ, は平次, は恐る, は舞臺, は默りこくつ, も久兵衞, も来る

▼ 太~ (29, 0.4%)

2 はこの, はまた, は慌て

1 [23件] ですらも, に見せる, の予想, の処, の床, の裏窓, の話, はいつも, はその, はそれ, はわたし, は一円, は叱りつけ, は夏, は大層, は子供等, は当りまえ, は彼女, は春, は暇, は直, は突然, は言った

▼ 太には~ (28, 0.4%)

1 [28件] いかにも心苦しかっ, いよいよ自分, すぐ何ん, せっかく太夫, それが, そんな厭味, ふさわしからぬ, みな聞き覚えの, やっぱり返辞, タナグ山の神霊の, 何と, 何よりも, 兄の, 別段どこ, 可憐であった, 好いお, 好ましかった, 思えた, 意味の, 決して分ろう, 流石に, 珍らしかった, 私の, 聞えぬらしく微笑, 親しめなかったが, 話の, 骨食という, 黄金白金にも

▼ 太左衛門~ (25, 0.3%)

4 安綱

1 [21件] が脇差, が行, でござる, というお, という柴田郡, という老爺, におけるごとく, に母親, のす, の家, の白髪首, の背, の脇差, はその, は一同, は答え, は背, へじかに, をお, をさして, 正春先生

▼ 太~ (25, 0.3%)

2 は筆者

1 [23件] から, から親しく, が, がウッカリ一種, が出動, が受持つた, が自分, であったと, でした, と教えられました, などはふだん, のこと, のやう, の出動, の葵上, の談, はこの, は今, は右, も不審, も驚き, や熊本, よ

▼ 太五郎~ (24, 0.3%)

4 の家 2 が縁側, が雨, でした, の内儀, はこんな, はなか, はひどく, は自分 1 でなければ, でもなけれ, の述懐, の述懷

▼ 太つて~ (23, 0.3%)

4 大きくな 2 ゐた, ゐるの, ゐるのに

1 [13件] けつかる, ゐて, ゐても, ゐます, ゐる, をります, 其の幹, 小さい見どころ, 居りますから, 来た, 汚いが, 行くの, 見せるから

▼ 太~ (22, 0.3%)

2 の位, をし

1 [18件] となり, となる, と定められたる, に對, に忠, の人となり仁孝聡頴, の儲位, の大, の年, の慈, は如何, は子澄, もまた, を愛せざる, を立て, 既に立ち, 猶齢, 立つに

▼ 太~ (22, 0.3%)

4 の家 2 は吃驚, は溜息, 公の, 凝菴 1 とは表, はまた, は又, は越人, をおとずれた, をおとづれた, 卿, 卿黄子澄という, 外卿に, 玉帝天宮に

▼ 太湖石~ (22, 0.3%)

1 [22件] があり, がさまざま, が二三, が奇怪, が崩れ落ち, が沢山, が置い, と呼べる, などがおい, などを置い, のこと, の方, の蔭, の重畳, は南画, は実物, は数人, は素晴, は絵, は血, を池, を河

▼ 太~ (21, 0.3%)

1 [21件] で荒れる, なる, に比すれ, に猿轡, に面した, に面す, の上, の中心点, の或, の泡, の波, の波濤, の浪, の深い, の離れ島, の面, は彼, を横断, を百年間, を航海, を見はらす

▼ 太~ (21, 0.3%)

1 [21件] で女長兵衛, なところ, に化し過ぎ, に滴つて, に潜り込む, に蹴込む, に雲解, の人, の勝気, の垂れ, の爺, の繁司, らしく太平楽, らしく默つて, らしく黙って, をける, を叩い, を打っ, を破っ, を突いた, を蹴る

▼ 太~ (20, 0.3%)

2 と式

1 [18件] がある, がでん, が幾本, が砕ける, が立った, でさえ風化, と羽目板, には荒涼, によりかかっ, に神代杉ずくめ, の並んだ, の子, の建物, は和漢洋, も高い, や板縁, を建てた, を背

▼ 太~ (19, 0.2%)

2 にい, の人

1 [15件] から出, から始まっ, だの西安, でうけ, で経験, で麻布三軒家, の一男子自ら顧, の刺史, の商人, の夏草, の如き, の温岐, の白居易, 方面に, 附近で

▼ 太~ (18, 0.2%)

1 [18件] したよう, つけ入る, はと, よびかけた, 付け入る, 呼びかけた, 問い進めました, 嫁いだの, 宛てて, 差して, 悲しんで, 正眼に, 眼を, 突きつけた, 譲るべき帳面, 追い太刀, 送るため, 銚子の

▼ 太殿~ (18, 0.2%)

1 [18件] か妹, がまた, が不忠者, が池, とに何, ならずとも, に又, の志, の性, の斬死, の血, の話, は, はお, は亡くなられた, は斬死, へ味方, 御加番松平山城守殿

▼ 太といふ~ (17, 0.2%)

3 のが 2 若者鍛冶屋の

1 [12件] のは, のを, はいなあ, 人の, 厄介な, 名刺を, 小供, 男の, 若い哲学者, 若黨, 遠い縁家先, 顏の

▼ 太教徒~ (16, 0.2%)

2 の翁

1 [14件] かと思はれる, でも利, なりその, なるべし, にあらずし, の惠, の數一萬二千人, の洗禮, の皆, の籠, は全, は歳, みだりに住む, 若くは

▼ 太~ (16, 0.2%)

2 が積り, にだ, の仕事, は羨ましい 1 とて旦那, と自分, の御, はさるる, はよ情, はよ情ない, は為る, もこれ

▼ 太甚しき~ (16, 0.2%)

4 は彼, や 3 やと 2 は憲法, 殆ど閣下 1 に至りし

▼ 太つた~ (15, 0.2%)

2 うつくしさ, からだ

1 [11件] くせに, その母親, でせう, と家, やうぢや, やうに, 白い頸, 禿げあたま, 美しさ, 若い女, 賢い小男達

▼ 太~ (15, 0.2%)

1 [15件] あつた, あつたり, これは, すらも彼, すら亡くなった, も羅馬, 伊代の, 公遷の, 前から, 明治十三年生だ, 此聞書の, 肌は, 行を, 面白く感じました, 駄菓子を

▼ 太史公自序~ (15, 0.2%)

2 の太初元年, の本文

1 [11件] と, などがさうである, に, による, に自身, の元, の司馬遷, の無責任, の記事, は司馬遷, を擧げ

▼ 太~ (14, 0.2%)

2 のを, んだ 1 のであった, めばち, んでから仕様, ヅッシリした, 勇ましい調子, 杖二本, 柄を, 短い杖, 籐の, 蒼筋を

▼ 太ッ腹~ (14, 0.2%)

1 [14件] でいたら, でもあった, でもあつ, で話, で豪胆, で通した, なところ, な人物, な氏, のあぶらぼてりで, のやう, のよう, の敷島, の桂首相

▼ 太~ (14, 0.2%)

11 晋帥 1 の養子, 僑居問疾邂逅于藝藩頼千祺観其餞辛島伯彜還西肥之, 遙贈牽牛子種

▼ 太~ (14, 0.2%)

4 助が 2 助は 1 助この, 助さんが, 助と, 助には, 助の, 助を, 進もすっかり, 進様

▼ 太~ (14, 0.2%)

2 を睨ん

1 [12件] かけ伐りきと, ぞこれ, だ, であご, で人間, で頭上三四尺, のたゆ, の一端, は, をもっ, を切る, を手繰っ

▼ 太短い~ (13, 0.2%)

1 [13件] ペンを, 娘が, 松の, 物を, 直線的な, 眉あ, 矢だけ, 矢を, 蛇だ, 親指の, 足が, 鍵の, 首の

▼ 太史令~ (11, 0.1%)

2 となつ 1 であつ, という職, の役, の爵, の王立, の職, の身, は故, をつとめた

▼ 太左衛門橋~ (11, 0.1%)

2 の方 1 で会った, で髪結床, の上, の南西詰, の欄干, の河岸, の袂, も河, を練

▼ 太政入道~ (11, 0.1%)

1 [11件] が空脛, といえ, ともお, と思いこまれた, の世盛り, の手元, の清盛, の独裁ぶり, の重い, はたとい, は時に

▼ 太~ (10, 0.1%)

1 と約, による受難楽, に譲らない, のそれ, の中, の第, は猶, やヨハネ伝, 第二十七章, 第廿六章

▼ 太~ (10, 0.1%)

2 の官 1 がまた, であり文王, とならば, とならん, となり, にその, の所, の期望

▼ 太史公~ (10, 0.1%)

1 となし, と金華, などは自分, に始ま, の六家, の書いた, の自序, も之, 疑年考, 自敍及報任

▼ 太~ (10, 0.1%)

1 からすれ, から出た, が哀れ, ではこう, でも乳香, で祭司, の内, の寺院, の非, 奉ずる囚人

▼ 太右衛門~ (9, 0.1%)

42 と清作 1 である, という人, の店

▼ 太~ (9, 0.1%)

1 にて我, にて見き, に入りぬ, に濳, の前, の少女, の戀, より飛び去りし, を出

▼ 太西洋~ (9, 0.1%)

2 に, の 1 か, から捲き起こった, とがいっしょ, に多く, の面

▼ 太~ (8, 0.1%)

1 かけ違つて, りき, 佐原屋の, 何か, 勘蔵の, 小林勘蔵か, 小林勘蔵に, 藤五か

▼ 太~ (8, 0.1%)

1 いやこれから, に落ちつく, のよ, の前, は予想通り, へ, も黙, を訪ねる

▼ 太~ (8, 0.1%)

1 の場合, の場合両親, の場合兩者, の場合男女, の若い, は労働, は嫁, もう西部利亜

▼ 太~ (8, 0.1%)

2 の袍 1 といふ王樣, の寵人, の策略, は寺内総督, は相当, 之杖

▼ 太~ (8, 0.1%)

1 えもんなあ, かい, かい二本の, かい指を, かい首, かくその, かな出来, なる眉

▼ 太都夫丹~ (8, 0.1%)

6 濃の 1 濃は, 濃左右

▼ 太さま~ (7, 0.1%)

1 からもその, とは夫婦, のお, の力, はどうか, はひどく, はまだ

▼ 太との~ (7, 0.1%)

1 あいだを, 三重奏, 共謀な, 友情について, 縁によって, 計が, 関係祭の

▼ 太とは~ (7, 0.1%)

1 おらが, しばらく顔, ちが, 初代古今亭志ん, 別にどうと, 反対に, 違います

▼ 太どの~ (7, 0.1%)

1 いますか, お帰り, とは主税どの, ならいま, の内偵, もこちら, よ

▼ 太にも~ (7, 0.1%)

1 いろいろある, そうしなけれ, 会わせる顔, 正己, 紙を, 罪は, 解った

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 がその, が信徒, の注文通り温和, はそれら, は右, も頗る, を案内

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 だと, であると, ですけれど, な人間, な個人的自発, な根本義, な点

▼ 太博士~ (7, 0.1%)

1 がまだ, が洋画, と中井猛之進博士, の, のこと, も數人, をはじめ皆

▼ 太文字~ (7, 0.1%)

1 で, でしたためた, でそんな, で書き入れた, で署名, で記した招き, に書かれた

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 でこれ, にしかと, も折れよ, をてう, を屈, を砂, を突い

▼ 太東岬~ (7, 0.1%)

2 の空 1 に弔魂碑, に至る, の上, の向う, の西北

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 から望まれた, が云つて, のおめでた, の力, は三つ, は車, 在戊曰著雍

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 が松江, と称する, に臨ん, の洞庭山, の眺め, の眺望, の風景

▼ 太~ (7, 0.1%)

1 とか司馬光, の, の令息, は易, は考え, も法言, を作り

▼ 太かつ~ (6, 0.1%)

41 たので, たらな

▼ 太ちゃん~ (6, 0.1%)

1 あの, が一番先, が貴女, にはこの, も杉夫, やお仙ちゃん

▼ 太つた女~ (6, 0.1%)

1 が多い, などの白く, のひと, の両, の口笛, は好き

▼ 太利人~ (6, 0.1%)

1 か伊太利人, であるよりも, でゐたい, と四人, はいずれ, ノ言語ニハ

▼ 太~ (6, 0.1%)

1 に花, の五百枝ひろ, の陰, をおさえ, をやッ, を掴ん

▼ 太~ (6, 0.1%)

2 のズボン 1 ではあつ, に切る, のもの, の一本

▼ 太祖崩~ (6, 0.1%)

5 じて 1 じ皇太孫

▼ 太祖高皇帝~ (6, 0.1%)

1 に継い, の嫡孫, の子, の御, の神牌, はもと

▼ 太~ (6, 0.1%)

1 がバサリバサリ, が伸びた, が髯, のたやすく, の青き, ほどの大綱

▼ 太~ (6, 0.1%)

2 を結び 1 で八雲, で荒く, を, を解い

▼ 太~ (6, 0.1%)

1 で子供, で結え, で縛りあげ, の藁, やまっ, を切っ

▼ 太~ (6, 0.1%)

1 から曲げ, が白く, が見える, のあたり, の包, はなお

▼ 太説話~ (6, 0.1%)

1 と, との間, と希臘説話, に於ける, の分子, より出

▼ 太返事~ (6, 0.1%)

2 なし, をせず, をせぬ

▼ 太~ (6, 0.1%)

1 がお, に訴えた, の天下, の留宿, の築きたる, は北条家

▼ 太すなわち~ (5, 0.1%)

4 カキツバタを 1 エタ程には

▼ 太そう~ (5, 0.1%)

1 だけれど, な奴, な煙管, な若者, に云い切った

▼ 太つたの~ (5, 0.1%)

1 があつ, がゐる, が白鳥, と反対, を見る

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 ある発想, から拓かせよう, に徹し, の文学, はあまりに

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 が降, である道君, は形, は徳, を感ぜしめ

▼ 太上老君~ (5, 0.1%)

1 としてゐる, として尊, などと神仙, の八卦炉中, より出た

▼ 太~ (5, 0.1%)

2 とし 1 の官, の許靖, まだその

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 はまず, は盤河橋畔, を通じて啓示, 第二十七章, 第十章

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 がかつて, といふ官, の官印, の官職, を弾劾

▼ 太医吉平~ (5, 0.1%)

2 の子 1 というもの, とお, に二人

▼ 太夫婦~ (5, 0.1%)

1 との別居, とも別居, にも厚く, に話しかける, は裏二階

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 で髪, の出し, の汚, の買物袋, の輪廓

▼ 太尉楊彪~ (5, 0.1%)

1 からそれとなく, だった, という者, と太僕韓融, は

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 に告げ, に配享, の後ろ, の林, の柏樹

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 で風, に行った, の沖, の沖合, の砲台

▼ 太洋丸~ (5, 0.1%)

1 で日本, に室, に船室, の船室, を解約

▼ 太父子~ (5, 0.1%)

1 が一命, の切ない, の見舞い, もこの, を病院

▼ 太神話~ (5, 0.1%)

1 と比較, に於, に於ける, は最初, も亦

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 と共に大浦, のこと, のご, の眼, はお

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 でその後, のフランス人, の仏国女, の赧ら顔, の鷲鼻

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 にお, に重油, はそも, を引っかけ, を見あげる

▼ 太衛門~ (5, 0.1%)

21 が亡くなった, とか好太郎, と結婚

▼ 太親方~ (5, 0.1%)

2 を対岸 1 さえ去年, だえ, とは本

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 にし, にする, に抱茗荷, の砂塵, の銀杏返し

▼ 太過ぎる~ (5, 0.1%)

1 と主張, などと申しまし, やうに, ようだ, 眉を

▼ 太~ (5, 0.1%)

1 の扇子, の鉄扇, の骨, は一商家, へ灰

▼ 太お前~ (4, 0.1%)

1 はな早く, は兄さん, は噺, は最初ここ

▼ 太から~ (4, 0.1%)

1 下男佐吉らまで, 買い取った百姓仲間, 買い取る約束, 頼まれて

▼ 太つた男~ (4, 0.1%)

1 であつ, で一人, で丸, と話し

▼ 太など~ (4, 0.1%)

1 いう仲間, それぞれの, 唱る, 膝も

▼ 太にとっては~ (4, 0.1%)

1 いかにもピタリと, さびしかった, 乾いたよう, 百万力の

▼ 太のりと言~ (4, 0.1%)

1 である, をもち, をもて宣れ, を以

▼ 太のりと詞~ (4, 0.1%)

2 をもて宣れ, を申し

▼ 太ぶと~ (4, 0.1%)

2 と枝 1 しい言葉, しく空

▼ 太を通して~ (4, 0.1%)

1 さらに発起者側, その役割, 一応は, 細大と

▼ 太~ (4, 0.1%)

2 急ナル 1 好シ, 濃重

▼ 太ツ腹~ (4, 0.1%)

1 で妾, な漁業家, の男らし, の面白い

▼ 太人特有~ (4, 0.1%)

1 ともいう, のもの, の或, の粘り強

▼ 太~ (4, 0.1%)

1 からあがっ, の米豆, の虚しい, は橋

▼ 太~ (4, 0.1%)

1 かつぺ, だと, だろうなどという, でならん

▼ 太利側~ (4, 0.1%)

1 としてもなんと, の主張, の譲歩, も伊太利側

▼ 太原雪斎~ (4, 0.1%)

1 であった, の薫陶, の道風, は

▼ 太婦人~ (4, 0.1%)

1 にあらず, の詞, は直ちに, は長き

▼ 太宗皇帝~ (4, 0.1%)

1 が彼, の水陸大会, の綸命, は王羲之

▼ 太小屋~ (4, 0.1%)

2 も自身番 1 か自身番, もねえ

▼ 太政入道殿~ (4, 0.1%)

1 とはその, のご, へ呼ばれ, よりそれ

▼ 太旧記~ (4, 0.1%)

1 に見ゆる, の云う, の説明, は宗教的思想

▼ 太早く~ (4, 0.1%)

2 も合点, も大方

▼ 太早計~ (4, 0.1%)

1 であ, ではなから, にもここ, に極めて

▼ 太景季~ (4, 0.1%)

1 が詠じた, の, のよう, を想い出す

▼ 太~ (4, 0.1%)

2 の農場 1 がある, の市街地

▼ 太楼君~ (4, 0.1%)

1 が独立, と故, と駒形, は記憶喪失症

▼ 太殺し~ (4, 0.1%)

1 の一件, は俺, を思ひ, 觀念せい

▼ 太玉命~ (4, 0.1%)

1 と謂, などと申す, の副署, を祀る

▼ 太祝詞~ (4, 0.1%)

1 といふの, とまち, の詞霊, を申せ

▼ 太~ (4, 0.1%)

2 の女 1 ではない, と覺しき老女

▼ 太農場~ (4, 0.1%)

1 であります, の前途, を解放, を開放

▼ 太過ぎ~ (4, 0.1%)

1 たりする, て一反, て却って, て却つて變ぢ

▼ 太~ (4, 0.1%)

1 の亭主, の持主, の油汗, を持った

▼ 太いく~ (3, 0.0%)

1 ぜ, びとあぶら, びをねじった

▼ 太こうでん~ (3, 0.0%)

21 かのお

▼ 太しき~ (3, 0.0%)

21 立てた橿原

▼ 太すぎる~ (3, 0.0%)

1 しみじかく, と思, と思った

▼ 太その~ (3, 0.0%)

1 妹分の, 横に, 綱を

▼ 太だけが~ (3, 0.0%)

1 そこに, バスに, 生き残って

▼ 太てえ~ (3, 0.0%)

1 には相違, もので, 話で

▼ 太でも~ (3, 0.0%)

1 一人ずつ, 梅若万三郎で, 此點に

▼ 太とか~ (3, 0.0%)

1 おつま, コマルとか, 申す者

▼ 太なら~ (3, 0.0%)

1 師匠も, 現に青山, 附合っ

▼ 太について~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, みっちり仕込まれた, 大和に

▼ 太まで~ (3, 0.0%)

1 いずれも, 加えて, 泣きそう

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 てえ 1 この餓鬼

▼ 太之助~ (3, 0.0%)

1 が行った, と言っ, も髻

▼ 太五郎様~ (3, 0.0%)

1 が格子, の一人息子, はもう

▼ 太五郎樣~ (3, 0.0%)

1 が格子, の一人息子, はもう

▼ 太人等~ (3, 0.0%)

1 がそれ, の銘, は

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 でもあるまい, なりと, 食わぬ顔

▼ 太僕韓融~ (3, 0.0%)

1 の二人, は, はやがて

▼ 太兄哥~ (3, 0.0%)

1 に惡, のやり, は與母吉

▼ 太先生~ (3, 0.0%)

1 いよいよ文章論, に御, は議論

▼ 太公お前~ (3, 0.0%)

1 あんまり慾, ほどむごい, 何とか言った

▼ 太兵衛善助~ (3, 0.0%)

1 などとともに謹んで, のふたり, の影

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 に卜, に占, の法

▼ 太史令司馬遷~ (3, 0.0%)

1 の脱殻, は天漢三年, は眇

▼ 太吉太吉~ (3, 0.0%)

2 と呼び 1 と呼

▼ 太喜次さん~ (3, 0.0%)

1 という長唄, のところ, はやはり

▼ 太孤山~ (3, 0.0%)

1 に行き, へ一行, を発しる

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 にすすめ 1 に荀爽

▼ 太少女~ (3, 0.0%)

1 とおも, なること, の事

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 より走り出 1 は出

▼ 太左衛門さん~ (3, 0.0%)

1 にお願い, はふとっ, は痩せ

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 のハートメン, の蘆, の蝋燭

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 という今年六つ, は毛布, も忠作

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 である, とは御, をお

▼ 太松どん~ (3, 0.0%)

1 が可哀想, はお, は首

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 にぎっしり, になった, を張つた

▼ 太格子~ (3, 0.0%)

1 の二枚戸, の網扉, の障子

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 を振りかぶつ, を軽, を通し

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 の芙蓉 1 の池

▼ 太炎先生~ (3, 0.0%)

1 のやう, は鼠色, を訪問

▼ 太玉敷~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 が廃る 1 を守らなけれ

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 が両方, が真黒, を陰らせた

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 をつがえ, をつがえた, を七

▼ 太祝詞事~ (3, 0.0%)

2 を以 1 を宣れ

▼ 太~ (3, 0.0%)

3 は一片

▼ 太立旅館~ (3, 0.0%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 が一字, で, に墨

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 が三筋, にむすびつけ, の繊維

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 には苦慮 1 を突いた

▼ 太自身~ (3, 0.0%)

1 がそんな, にももっと, も姉

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 のくれ, の八尺, は春

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 といふ, の入口, の狹

▼ 太詔詞~ (3, 0.0%)

1 の外, を唱, を言

▼ 太~ (3, 0.0%)

2 を沈め 1 のステッキ

▼ 太~ (3, 0.0%)

1 とていみ, と云う, は

▼ 太~ (3, 0.0%)

21 記の

▼ 太あの~ (2, 0.0%)

1 古輿, 顎化けが

▼ 太いい~ (2, 0.0%)

1 のか, 日の

▼ 太いきなり~ (2, 0.0%)

1 オウ, オウー

▼ 太いみき~ (2, 0.0%)

1 のかげに, のかわを

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 めえ

▼ 太おい~ (2, 0.0%)

1 ほんとにお前冗談, 俺の

▼ 太おお~ (2, 0.0%)

1 そういう其方, ちょうどよい

▼ 太おも~ (2, 0.0%)

1 はず頭を, へば柿

▼ 太こそ~ (2, 0.0%)

1 いないけれども, 仁王堂口を

▼ 太こと~ (2, 0.0%)

1 吃勘, 度々ながら

▼ 太この~ (2, 0.0%)

1 家の子だ, 甚伍を

▼ 太さの~ (2, 0.0%)

1 はいくらでも, もある

▼ 太さんわたし~ (2, 0.0%)

1 いい物, は何日

▼ 太さア~ (2, 0.0%)

1 ん, ん城

▼ 太さ位~ (2, 0.0%)

1 な孔, に丸め

▼ 太さ拇指~ (2, 0.0%)

1 の如く, ほども

▼ 太しき双~ (2, 0.0%)

2 の羽根さ

▼ 太しき脚~ (2, 0.0%)

2 の練歩

▼ 太しっかり~ (2, 0.0%)

2 しろ

▼ 太じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, よ

▼ 太それ~ (2, 0.0%)

2 をボンヤリ

▼ 太それから~ (2, 0.0%)

1 今度生まれた, 矢伏五太夫もう

▼ 太だけ~ (2, 0.0%)

1 だ, でした

▼ 太だ過ぎ~ (2, 0.0%)

1 たり世, 其の口気

▼ 太つた体~ (2, 0.0%)

1 へこてこて, を揺ぶる

▼ 太つた女中~ (2, 0.0%)

1 とは違つて, は洋服

▼ 太つた方~ (2, 0.0%)

1 の蘭人, は下

▼ 太つた腹~ (2, 0.0%)

1 に巻き込まれ, を包ん

▼ 太つた顔~ (2, 0.0%)

1 に小さい, の巡査

▼ 太つた體~ (2, 0.0%)

1 は車, をつ

▼ 太つてゆるやか~ (2, 0.0%)

2 に張つたお腹

▼ 太つて來~ (2, 0.0%)

1 た, ると

▼ 太つて腹部~ (2, 0.0%)

2 が健康さうにゆるやか

▼ 太てえ阿~ (2, 0.0%)

1 魔だ, 魔で

▼ 太てた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 太です~ (2, 0.0%)

1 が, よ誰

▼ 太では~ (2, 0.0%)

1 あったこと, なかった

▼ 太とかいう~ (2, 0.0%)

1 奴で, 男が

▼ 太としては~ (2, 0.0%)

1 ひそめた声, 容赦の

▼ 太と共に~ (2, 0.0%)

1 バカでありたい, 夜叉神堂の

▼ 太どん~ (2, 0.0%)

1 がいうだ, が漕がし

▼ 太ない~ (2, 0.0%)

1 でおい, で置い

▼ 太なぞ~ (2, 0.0%)

1 といういずれ, 明治四年の

▼ 太などの~ (2, 0.0%)

1 中には, 連中は

▼ 太なんて~ (2, 0.0%)

1 大それた, 由緒ある

▼ 太にと~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 太にとって~ (2, 0.0%)

1 それは, 益満の

▼ 太に対して~ (2, 0.0%)

1 あんまり良い, 構えたまま

▼ 太ばかりは~ (2, 0.0%)

1 のんきそうに, れいの

▼ 太ほど~ (2, 0.0%)

1 正直に, 私の

▼ 太ほどにも~ (2, 0.0%)

2 ない雑兵葉武者

▼ 太までが~ (2, 0.0%)

1 しり馬に, 子供らしい

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 その長五, まあさ

▼ 太より~ (2, 0.0%)

1 空知川の, 起りしが

▼ 太よりも~ (2, 0.0%)

1 少し遅れ, 親しみが

▼ 太らしい~ (2, 0.0%)

1 ところが, 相撲取りが

▼ 太ウン~ (2, 0.0%)

2 ともスン

▼ 太ザッ~ (2, 0.0%)

2 と横

▼ 太モモ~ (2, 0.0%)

1 と下, と足クビ

▼ 太一人~ (2, 0.0%)

1 くらいのもの, である

▼ 太七夫婦~ (2, 0.0%)

2 は毎日同家

▼ 太五郎さん~ (2, 0.0%)

2 も怨ん

▼ 太人中~ (2, 0.0%)

1 にあっ, に在っ

▼ 太人虐殺~ (2, 0.0%)

1 の際, を試み

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 の頃, 元年に

▼ 太共々~ (2, 0.0%)

1 に力, 江戸へ

▼ 太兵衛どの~ (2, 0.0%)

1 はここ, もいた

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 にかけてきかない, の表芸以上

▼ 太利帝国~ (2, 0.0%)

1 の皇帝フランツ・ヨセフ, の貯蓄銀行

▼ 太利海軍~ (2, 0.0%)

1 にとる, の守護神

▼ 太利軍~ (2, 0.0%)

1 の一偵察隊, は北

▼ 太剣法~ (2, 0.0%)

2 も何

▼ 太功記~ (2, 0.0%)

1 などは全くそう, の色彩

▼ 太加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 に補せられた, は国

▼ 太十等~ (2, 0.0%)

1 の声, の歌声

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を調べる

▼ 太可愛~ (2, 0.0%)

1 がって, がつて

▼ 太史公以前~ (2, 0.0%)

1 からである, に變化

▼ 太右衛門さん~ (2, 0.0%)

2 と清作さん

▼ 太君ほん~ (2, 0.0%)

1 たう, たうに

▼ 太君夫妻~ (2, 0.0%)

1 と共に, の温情

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 のある, の寂し

▼ 太四郎義利~ (2, 0.0%)

1 の文字, はこの

▼ 太土手~ (2, 0.0%)

2 の傾斜

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 にどなった, を張りあげた

▼ 太大きに~ (2, 0.0%)

2 悦ばず

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 と四門學, は五品以上

▼ 太宗時代~ (2, 0.0%)

1 から遼東方面, に設置

▼ 太居る~ (2, 0.0%)

1 かとはいり来たる, かと這入り

▼ 太左衛門橋筋~ (2, 0.0%)

1 の笠屋町, を北の方

▼ 太左衞門氏~ (2, 0.0%)

1 でありいまひとり, はゆ

▼ 太左衞門汝~ (2, 0.0%)

1 え此, が後見

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 というの, といひ

▼ 太常に~ (2, 0.0%)

2 拝謁を

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 に入り

▼ 太康元年~ (2, 0.0%)

1 に郭欽, までのおよそ

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 天帝君の, 宮が

▼ 太忠氏~ (2, 0.0%)

1 の斡旋, や内山書店

▼ 太思想~ (2, 0.0%)

1 の旧套, の遺物

▼ 太息つき~ (2, 0.0%)

2 しが

▼ 太折れた~ (2, 0.0%)

2 刀を

▼ 太政入道浄海~ (2, 0.0%)

1 に賄, は平家

▼ 太政入道清盛~ (2, 0.0%)

1 のやう, も死ん

▼ 太政大殿~ (2, 0.0%)

1 に奉じ, に奉ずる

▼ 太政府~ (2, 0.0%)

1 の労働大臣, の勞働大臣

▼ 太暖かい~ (2, 0.0%)

1 声の, 響が

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 とても史料, の時代

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 て権太, のよろこび

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 の三味線, もない

▼ 太栗毛~ (2, 0.0%)

1 の手綱, は自慢

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 に払う

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 の日, を見

▼ 太殺害~ (2, 0.0%)

1 とはどんな, の謎

▼ 太母子~ (2, 0.0%)

1 の四人, をむかえ

▼ 太民族~ (2, 0.0%)

1 が埃及, の古代

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 を変え

▼ 太江戸~ (2, 0.0%)

1 の侍, へ立とう

▼ 太沙朗八万~ (2, 0.0%)

1 に命じ, の五名

▼ 太法師~ (2, 0.0%)

1 が架けた, とも唱え

▼ 太波奈~ (2, 0.0%)

2 の通

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 の三仙, の氣

▼ 太清宮~ (2, 0.0%)

1 があり, の下

▼ 太爺さん~ (2, 0.0%)

1 が, もずるい

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 太甚しき者~ (2, 0.0%)

1 なり, にあり

▼ 太甚だ~ (2, 0.0%)

1 ひやや, 相類する

▼ 太生れ~ (2, 0.0%)

1 てからまだ, てはじめ

▼ 太皮屋皮坊~ (2, 0.0%)

1 などと呼ばれた, 訛って

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 罪業甚ダ重, 閣前牡丹に

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 でも敷, の街道

▼ 太破落戸弥次馬~ (2, 0.0%)

1 の一連, の類

▼ 太祖在天~ (2, 0.0%)

2 の霊

▼ 太祖太子~ (2, 0.0%)

1 に命じたまい, に問い

▼ 太神宮境内~ (2, 0.0%)

2 に長慶太神宮

▼ 太穴彦~ (2, 0.0%)

1 などという一連, などに馬

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 聞きしより, 鳴れるひまさ

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 のお召銘仙, の旅合羽

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 と内助, もその

▼ 太腐れ~ (2, 0.0%)

1 が彼奴, のよう

▼ 太腐れた~ (2, 0.0%)

1 事を, 眼付きを

▼ 太腿部~ (2, 0.0%)

1 から, の

▼ 太自分~ (2, 0.0%)

2 が打たれた

▼ 太興二年~ (2, 0.0%)

2 の禁令

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 の一茎ごと, の花

▼ 太襲いかかっ~ (2, 0.0%)

2 て棒

▼ 太親分~ (2, 0.0%)

1 の見込み, は若旦那

▼ 太~ (2, 0.0%)

2 で早

▼ 太~ (2, 0.0%)

1 須王と, 首王

▼ 太踏みました~ (2, 0.0%)

1 が追, よ

▼ 太踏む~ (2, 0.0%)

1 が及ばない, やら姉さん達

▼ 太踏ん~ (2, 0.0%)

1 で憤慨, で泣きわめく

▼ 太軽く~ (2, 0.0%)

2 会釈し

▼ 太農場民~ (2, 0.0%)

1 の自治共存, の規約

▼ 太都夫等~ (2, 0.0%)

1 は始め, を迎へた

▼ 太長い~ (2, 0.0%)

1 のを, 足であった

▼1* [797件]

あてに差し出すべき, 太ありゃア早, 太あれや遊女, 太いしゃ嗄れ声, 太いずれも好評, 太いぶきツちよな手, 太いぶつきら棒な字, 太いま更になっ, 太えんだな西, 太え御了簡ッちゃ, 太おいらはかつ, 太おうなさ, 太おしゃまのマス, 太おじさん押して, 太おちか食卓, 太おぼえている, 太おもわず頭を, 太お前ここから帰らぬ, 太お前ら何しとる, 太お次さんがこんな, 太かとばどんげん, 太かの城内に, 太がねあれもよ, 太がはひつて, 太がをらぬ, 太きょうのお客さま, 太くんは少し, 太ぐらゐの年であつ, 太こう殿下の, 太ここへ来, 太こそは実に思いもうけぬ, 太こっちを向け, 太これを見, 太さいかがでしょうこの, 太さうなのを, 太さまお前さまはどこ, 太さんいま見ると, 太さんおじいさんの悪口, 太さんおまえはもう, 太さんここじゃ他, 太さんこれ詰めて, 太さんなんど泊めて, 太さんみたいに威張っ, 太さんッ慥乎して, 太さん一刻もはやく, 太さん九太さんと云っ, 太さん人を撃つ, 太さん何を拾っ, 太さん何処へ行く, 太さん別に見え, 太さん後生だから, 太さん樹にも心, 太さん機嫌を直し, 太さん武蔵様は今, 太さん無動寺へ行く, 太さん獲物あったかい, 太さん理右衛門爺さんなんかが来る, 太さん田圃向うの信心家, 太さん矢っ張り, 太さん蜜柑は好き, 太さん貴方は正面, 太さグロテスクな味い, 太さ一インチたらず長, 太さ一寸八分なる単, 太さ三センチもある, 太さ三匁其の黒き, 太さ三抱えもある, 太さ三拱にも余りぬべき, 太さ二抱えほどの丸木, 太さ五センチばかりで, 太さ五ツ抱えもある, 太さ五六寸ほどの柳, 太さ人もなげな, 太さ人間の足, 太さ六七寸ばかりの蛇, 太さ十囲えも, 太さ十囲という, 太さ周囲九寸根元から一尺五寸許, 太さ形をとる, 太さ明瞭さで書かれなかった, 太さ普通の杖, 太さ比べをした, 太さ煙管の吸口, 太さ燐寸の軸木, 太さ私が握る, 太さ胆の冴え, 太さ親指ほどの節, 太さ言いようがない, 太さ譬ひ這出した処, 太さ鉄棒はおよそ, 太さ面桶ほどで, 太しく景観を, 太すぎて酒, 太すぎらあ, 太そこの硯箱, 太そちの手, 太そっちの輿, 太たちが長火鉢, 太だしく激して, 太だったんだ, 太だってことは, 太だっても誘われれば, 太だ優れてゐた, 太だ力めたりとい, 太だ愛して熄, 太だ択ばざるべけれど縮緬, 太だ減ずるを覚ふ, 太ちゃんさっきうたって, 太ちょいちょいとしてちょいちょい, 太やなくなる, 太っけえ棒, 太つうのは満州, 太つかまると, 太つたおかみが轉, 太つたおばあさんになつて, 太つたたか子夫人の出ない, 太つたぢやない, 太つたプツゼル婆あさん, 太つた万般の事, 太つた五尺二寸ほどの色, 太つた仏頂面をした, 太つた勤人達等は太つた細君, 太つた太陽がすばらしい, 太つた夫婦はもう, 太つた奥さんに訊い, 太つた女はちようど譲の前, 太つた女無造作なつくり, 太つた女給に便所, 太つた妻君は股, 太つた娘が出, 太つた子で骨組, 太つた家で奧, 太つた小柄な男, 太つた手と短い, 太つた爺いさん達が谺響, 太つた産婆は煙草, 太つた男白の縞上布, 太つた画描きの, 太つた番人をぽかぽか, 太つた眼鏡をかけた, 太つた素足を投げ出し, 太つた細君連れて, 太つた老母がゐた, 太つた肉づきの, 太つた蛆の白い, 太つた襟筋にうつすり, 太つた赤ら顔と禿頭, 太つた躯を堂助, 太つた青膨れた北村さん, 太つた髯の無い, 太つていふの, 太つてすべすべした肌, 太つて乗り心地のいい, 太つて仕舞ふ, 太つて先が尖, 太つて力のあり, 太つて幾日も經, 太つて東北の一隅, 太つて櫻の便り, 太つて眉毛が一本, 太つて自信がお, 太つて色は雪, 太であるかない, 太でないとする, 太でなくなっておる, 太でなければお, 太でもよいっ, 太で御座るが, 太とかの書物を, 太とかを見る前, 太とが犯行に, 太とて和銅年中より, 太とてもけっして同情せられ, 太とで騎馬組一列小頭足軽一統持ち運びの, 太とに対して月丸を, 太とやら茂太と, 太どうか死んで, 太どうしてこなんだか, 太どうも近来大した, 太どのひとつ平間村まで御足労, 太どのわしにはいえぬ, 太どの何うろてえる, 太どの大儀でござったな, 太ながら作り鉄の, 太などと何事か, 太などになると, 太などは史上に, 太なる貧人好ん, 太なんかを引き立てて, 太なんざアなん, 太なんにも当りは, 太な彫弓の, 太にさえお許しが, 太にずつと通られ周章て火鉢, 太については森鴎外の, 太になつて不, 太にまで挨拶を, 太によってはじめてメス, 太に対する讃嘆の, 太のうしろから組みつい, 太のりとだ, 太のりとごとを持ち, 太はじめ三郎益穂らはいずれ, 太はたして清吉に, 太はというと, 太はにやり, 太はんやない, 太はん帯が弛む, 太ひと思いに, 太ひとりでその, 太ひとりあとにのこった, 太びつくりし, 太ふんと, 太ふてえ料簡, 太ぶりなの, 太への土産に, 太まだおそくは, 太まってき, 太まり溶け拡がって, 太まり強まつた爲, 太めっかちの圓, 太もう戻ろうて, 太もと同一で, 太やい次次次郎公, 太ゆるりとは聴い, 太よくつかまつて, 太よっ汝れ, 太よりは腕も, 太を待ち受け, 太らしくもう一人, 太わくの面道具, 太わしを武士, 太われえてもの, 太とこよ先生, 太エ奴だ, 太キ格子ヲ距テテ訪, 太ゴムの轍, 太両指ニテ, 太サエ国自分国府津へ来る, 太とかなんとか, 太ダシク急ナル, 太ッかいもんでないか, 太ッかい声でひとりごと, 太ッちょの牝鶏, 太ッタ大資本家共ハ, 太ツ面から洒, 太キンと, 太ハ辛抱して, 太ホイトなどと混同, 太モモ一ツ右足の足クビ, 太ヶ産衣をくれ, 太一さうまでも, 太一人行儀をしつける, 太一個が身がる, 太一寸来い, 太七郎此方へ, 太とある, 太三洞そして私, 太上方で逢おう, 太上法皇は水閣, 太上玉皇天尊未來金闕玉晨天尊が居た, 太上老君天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 太上道君より出, 太丞一行がまず, 太丞始め我々の藩吏, 太先生の, 太丹後の人, 太主義の秘密結社, 太之進三月目には御, 太之進驚き呆れて, 太二三日すると, 太二人にたいする侮蔑, 太五作も足, 太五作式になった, 太五兵衛に旦那旦那, 太五太夫六松と偶然, 太人め期限になる, 太人伊太利人などの移住民, 太人全体に斥けられ, 太人労働者を労働貴族, 太人女が概して, 太人支那人印度人伊太利人その他ケンタッキーアルカンサス等の南部亜米利加人, 太人犯罪の解剖的証拠論, 太人犯罪者特有の結び方, 太人経営の某, 太人街内に組織, 太人豪商オルテヴ・イ・グンドルフ氏から買い受けた, 太人迫害中での最たる, 太人陸軍士官この辺, 太今夜は, 太今日は御苦労, 太令宗または唯, 太以不便斬首持來于陣頭見之, 太に養, 太仲間だから, 太伝二十五章にある, 太伝六章には何, 太伝六章二十五節からおしまい, 太伝十一章二十八節より三十節, 太が後, 太佐衛門橋の橋上, 太作家である, 太を論ずる, 太の廟内, 太の墓, 太保戴宗は加州小松, 太傅何事かある, 太傅袁隗のやしき, 太傅許靖や光禄大夫, 太傅許靖安漢将軍糜竺青衣侯尚挙, 太儀くつて仕, 太儀さうにまた張合, 太儀さうに呼吸を向, 太儀相である, 太元年中に武陵, 太元義と署名, 太兄いが彼処, 太へ戻っ, 太先万年筆を買, 太光世が差添, 太光員佐々木高綱堀藤次同じく四郎, 太八ぢやございません, 太八口上も言, 太八歳を気絶, 太八洲しらしめしし天皇, 太八郎君に伴う, 太公あんた様ご存じでえ, 太公いまあえら, 太公所藏のマホメット教國産, 太公旦那衆にタテ, 太公爵の古紙蒐集, 太公老荘などを祠, 太六郎吉十郎みんなきて, 太兵藤を横, 太兵衛これはマル三, 太兵衛たちは, 太兵衛三代が安政四年, 太兵衛久佐衛門善助たちもそれ, 太兵衛久左衛門をかえりみ, 太兵衛女房の在所, 太兵衛後藤右衛門などとともに馬, 太兵衛栗山善助のふたり, 太兵衛栗山善助井上九郎の三名, 太兵衛栗山善助衣笠久左衛門などもひと足先, 太兵衛様にはてまえ, 太兵衛竹森新次郎栗山善助などの股肱, 太兵衛馬を貸せ, 太其人の面貌, 太で去る, 太刀とりどりに那辺, 太分ったよ, 太利アドリア海沿岸の一寒村, 太利チロル県マリエンベルグ村狩猟区監督ウルリッヒの三女, 太利バワリア北亜米利加などの公使, 太利亜の哥而西加, 太利人アブ・アッサンは最初, 太利人モ其中ニ知識ヲ得, 太利仏蘭西露西亜伊太利西班牙亜米利加瑞典諾威などから来る, 太利代表のゲルベル中佐, 太利公使館の書記官, 太利匈牙利白耳義清国丁抹西班牙仏蘭西希臘伊太利ルクセンブルグ墨西其モンテネグロ和蘭波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 太利国民は付和雷同, 太利委員はどう, 太利帝の皇女マリア・ルイザ, 太利帝国最初の潜航艇, 太利帝國ハイステル騎兵聯隊ピロヴァノ男爵部隊の旗手, 太利政府の当局者, 太利沿岸封鎖が行われた, 太利海軍建設以来最初の英雄, 太利物語には夢中, 太利皇帝は老いぼれ, 太利皇帝フランツ・ヨセフに謁見, 太利維也納に向, 太利製ラシイベージュノスウェードノ口金ニサファイヤノイミテーションラシイ石ガ這入ッテイルハンドバッグノ前, 太剌利亜人或は, 太功記十段目を極めて, 太功記十段目一幕をとうとう, 太功記十段目尼ヶ崎の段, 太多源次郎, 太加岐豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 太労働組合とフリーメーソン結社, 太勘蔵たちを並べ, 太勘蔵義平太の三名, 太して, 太区域レンブラントの家, 太十ら十六人江戸へ向け, 太十兵衛ともに聞け, 太十兵衛時代にはこんな, 太十森藏の弟, 太千賀春はどっち, 太以上喉を, 太卓三千吉松次郎そうして丑松, 太博士等を初め, 太原市中の出来事, 太原府に居らしめ, 太原陽興の出身, 太原雪斎和尚は今川家, 太叔文子の君, 太古代中古代, 太史丞の許芝, 太史丞許芝などという魏臣, 太史令尹咸が數術, 太史公司馬遷などが見た, 太史官に補, 太史慈呂蒙第, 太史慈字は子, 太史慈待てっ, 太史慈様が攻めこむ, 太史監で後世, 太右衛門年六十五参謀本部を構成, 太右衞門どんの乙姫樣, 太右足を踏み滑らした, 太吉村虎太郎平井のあいだがら, 太牟遅神, 太后付きの役人, 太后息長帶日賣の, 太后摂政とはいえ, 太后神歸せして, 太后誄といふ楊雄, 太君来庵君は私, 太君砂吐流君が来, 太君腹いつぱい, 太呉服屋の伜敬太郎, 太の末年, 太和五年にあたる, 太和宮のきざはし, 太和年中鄭生というの, 太品川に船, 太固有の犯罪風習, 太ができあがる, 太圓生門にある, 太が泣い, 太坊父爺は何事, 太坊生意気なこと, 太坐ったままジリジリ, 太の犯罪, 太得意, 太大原義剛月成勲宮川太一郎なぞいう, 太大神之所産生處也, 太大神われたてり, 太大須賀五郎左衛門奥平九八郎などが信雄, 太天鬼上座に志呂足, 太太しくなって, 太太政官の生, 太夫妻から親戚一同, 太で花魁, 太女めてんでおれ, 太女め扁平麺麭一つで火酒, 太庵の, 太好かないばかりです, 太好かなく厭味たらしく, 太な顔, 太始天元册に見え, 太めいたところ, 太の後頭部, 太孤山駅へ先, 太学士は大学, 太孫九龍口に於, 太守っおしずまり, 太宗といへば, 太宗一流のまことに, 太宗二代の皇居, 太宗以前にもあったであろう, 太宗出陣のとき, 太宗勅撰の晉書, 太宗帝は不思議, 太宗徒の宿老, 太宗教神話の語る, 太宗文皇帝の陵, 太宗皇帝時代の上流社會, 太宗自身も遼東, 太宗親筆の序, 太宗親筆入りという絶代もの, 太宗高麗を征, 太宛てにだ, 太寄金助といふ間諜, 太の官制, 太寿老人の星右衛門, 太お前から, 太尉劉寵は伯父, 太尉楊彪左軍校尉淳于瓊右軍の趙萌, 太小者にならぬ, 太少し牧の, 太少女といはんも理, 太尼西国民の儀, 太層巧く此, 太層美僧であ, 太岩魚化ける鳥, 太左衛門らが知った, 太左衛門不破彦三菅屋九右衛門などがある, 太左衛門信綱土屋右衛門昌次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 太左衛門喧嘩に年齢, 太左衛門方高右田因幡統安野田喜兵衛重綱, 太左衛門橋戒橋相生橋に溢れかかり, 太左衛門橋筋南い曲った思うとこ, 太左衛門氏の独自, 太左衛門自身の筆記, 太左衞門どんの伜, 太左衞門一代のうち, 太左衞門何処へ行くだ, 太左衞門媒人になっ, 太左衞門己が血統, 太左衞門様へお, 太左衞門殿私もとんと, 太巻煙草の缶入, 太市川義平太などそれぞれ, 太市広井吉之助らの諸氏, 太希臘の古田制, 太師さんから, 太師匠を真打様, 太師狂乱して, 太師董卓の車, 太常趙弟以下誰一人として帝, 太平和の家庭, 太裂きて, 太庄七由蔵も申し立て, 太康二年の冬, 太康政などその, 太康政丹羽氏次などの諸, 太廟宮殿等に侵入, 太建国さ, 太の人相, 太式秘記法を歴史的, 太引き退ったが, 太弖大夫乃伎欲吉彼名乎伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾, 太弟大海人はその, 太弟子にした, 太の夜襲, 太御幣と取り持ち, 太心理学派の遣り, 太左様いふ, 太のため, 太忿怒已雖法體可追返, 太思はず立上る, 太思わず立上る, 太急所を当てられ, 太怪我をする, 太の心理, 太息吻き, 太息嘘いて, 太七兵衛それも, 太成人せば, 太の注進, 太云う藩政時分, 太抵宋の景徳年間, 太っ取り刀, 太拉利亜土人の間, 太拉利亜民族との間, 太拉甸アイヌスラブ等の各, 太か勾陳, 太接神学者の一派, 太提灯を点け, 太擂粉木で踊り, 太の入道殿, 太政太師と称し, 太政相国と称し, 太教会の彩色硝子窓, 太教会音楽の珍籍, 太教徒一人を取り卷き, 太敷きて厳, 太文字名入りの傘, 太文字白抜きに, 太斬死の噂, 太う聯想, 太の八畳座敷, 太の仕業, 太日夜を儚みだした, 太昊景竜の瑞, 太明太暗ならざる, 太智吉瀬戸物屋を見た, 太暦元弘日記裏書建武三年記どれもみな同日, 太曰いつの戦にても敵合三五十間, 太を貴, 太月斗一転梅史桜坡子等と共に, 太しげれる, 太木南加賀四郎など夜来, 太松平又七奥平九八郎などもわれ, 太果して清吉に, 太があり, 太栗田銀五藤野清次など吉田一家, 太根玉葱を懇, 太がかつて, 太楼先生ギャフンとまいった, 太楼夫人が戦後, 太楼春日清鶴今の玉川勝太郎, 太楼浪曲を唸ったら, 太楼百圓の三人会, 太横川勘平を代表, 太武帝は道士寇謙之, 太を停め, 太歳大王と称する, 太歳神大将軍大陰神, 太段六女房などをチョイ, 太殿堂に入, 太殿御両人内密の用, 太殿相馬大作をお召, 太比古の三君, 太比古君に, 太比嘉の子, 太毛利新助, 太氏方の能舞臺, 太氏母は本木繁氏, 太氏神さまから一本松, 太気づいて大刀, 太気付いて大刀, 太気質を仏蘭西人, 太れお, 太の中, 太河原にひとり, 太油断がならぬ, 太沽どころじゃない, 太沽沖にある, 太沽砲台を陥れた, 太沽砲台攻撃の故智, 太に, 太法界坊お嬢吉三, 太泥等と貿易, 太に祈祷, 太浜木万籟を伴, 太淳手塚元瑞, 太清二年の條, 太清境即ち大, 太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 太清左衞門は後ろ, 太湖汽船の乘降場, 太湖船の東洋的, 太も嘴細烏, 太元から, 太煙管が一本, 太爺以上には見えない, 太を供え, 太を討つ, 太玄瑞杉蔵なども吾, 太玄經の如し天台, 太玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 太王五年四月十七日一隻の黒船, 太王国恢復の信条, 太と云, 太甚しき地なり, 太田中學校の教員, 太田方は五千三百二十餘人, 太由松なんての, 太甲無道でありしため, 太白井誠三郎山田左膳というよう, 太なる路加伝, 太的団体であること, 太的思想を帯び, 太的犯罪だと, 太的犯罪風習が簡略, 太皇帝及び嚴妃, 太皷どんどと打つ, 太皷人は拊, 太皷口をきかれ, 太皷型の石橋, 太皷打が目, 太皷持の頭, 太がより, 太監周恕徐王府賓輔史彬と楊応能, 太直ちに勝頼の, 太真似をする, 太真打にし, 太真打昇進の話, 太真者即貴, 太知れるとり居が, 太短くはない, 太の音, 太祖これを見たまい, 太祖ひそかに其の, 太祖みずから崩後の動揺, 太祖其名を記し居たまい, 太祖創業の功臣, 太祖太孫を愛せざる, 太祖太宗の時, 太祖太宗二代の皇居, 太祖宮中に大, 太祖密に儲位, 太祖崔浩をし, 太祖成吉思汗の西域征伐, 太祖成吉思汗以來四方を征服, 太祖故人呂伯奢を, 太祖日本懐良王の書, 太祖時に御, 太祖曰く今孝孺, 太祖書を得, 太祖曹操と蜀, 太祖武帝民をいつくしみ, 太祖濂を廷, 太祖肯ぜずし, 太祖開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 太祖阿保機時代に女眞, 太祖高皇帝百戦して, 太祝詞言祷ぎ, 太神宮七社の御, 太神宮所在地の場合, 太神宮由來は明治後期以後, 太神宮祕藏の文書, 太神宮祭近しと, 太神話希臘神話のみにあらず, 太と曰, 太秘密記法史の全部, 太秘釈義法からは四百二十, 太の墓, 太稼業なぞはやめ, 太穆皇后の追福, 太窟門の側, 太であるかが, 太のごとく, 太一美貌の, 太等等等春風いつもしゆう, 太とさえいわれ, 太粗雑だから, 太精神をよび返した, 太で大, 太系独逸人ウンテルベルゲル氏が経営, 太系統の人, 太紐ゆたかに結び, 太紙問屋で神田, 太は杳冥, 太素一時ごとに一猿, 太緋縅か紫裾濃, 太緑平の二君, 太を胸高, 太の紅白, 太の兄弟, 太繁二子が時々, 太繁等は時々, 太だが, 太義平に濟, 太義平太の三人, 太義平太勘蔵たちを並べ, 太義氏いちばん末子の竹万丸, 太羽栗郡栗田の久保彦兵衛, 太聞いたか, 太聞くな斬れ, 太だった人, 太と野心, 太を貸せ, 太であ, 太胡さんという何, 太胡笛笙の五器, 太胴ゆえ何となく身, 太のまわり, 太腿上部がそびえ, 太は思案, 太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 太夫婦に, 太苦笑をなし, 太茎裏白のしかも, 太茶筅御坊鉢屋簓説教者博士など種々, 太虎石恵実大谷繞石武井悌四郎林並木岡本勇河東碧梧桐高浜虚子という顔, 太行山との間, 太衛門千恵蔵などの諸君, 太にワラ草履, 太とりかけて, 太西南にし, 太親方さへ去年, 太親爺ときまっ, 太詔刀言を以, 太詔戸と言, 太詞事を以, 太語のが發行, 太が救う, 太から出, 太輔両人遠島の命, 太輔義元には鷲津, 太農場四百数十町歩を小作人, 太逃げるか, 太という老人, 太戒禁足, 太なること, 太過ぎたし手, 太過ぎますね, 太過不及も皆, 太釈義法をそれ, 太のうっ, 太閣さまにも側近く, 太閣出世譚の一頁, 太閣様小田原征伐の一年前, 太閣秘蔵の千鳥, 太の聖歌, 太霜太を幾度, 太青年がそこ, 太青木了意蜂谷礼司永瀬忠作江間犬丸古幡牛丸, 太青洋方面から侵入, 太がある, 太馬路から拒馬, 太馬路通りへ出た, 太驚くな押込強盗, 太驚くまいことか, 太高く牛肉肥大牛皮鉄板の, 太の王家, 太なるもの, 太鹿島ゑ津子の名, 太黙ってグッ, 太鼻嘉右衛門はそういう, 太鼻紙があったらくれよ, 太鼻緒の下駄