青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「声~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

墨~ ~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士 士~ 士官~ 壮~ ~声
声~
売~ ~売っ 売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~ ~壺 壺~ ~変

「声~」 64682, 670ppm, 131位

▼ 声~ (19869, 30.7%)

1352 かけた 958 出して 625 あげて 457 かけて 446 出した 420 立てて 292 あげた 280 聞いて 235 聞くと 216 して 209 掛けた 204 かけると 196 ひそめて 191 たてて 177 かけました 146 そろえて 136 挙げて, 聞いた 134 立てた 126 上げて 112 上げた 102 掛けて, 揃えて 100 低めて 99 揚げて 94 耳に, 落して 91 かけたの 90 出す 88 放って 87 かける, 張り上げて 85 たてました 83 合せて 80 発して 76 かけられて 75 きくと 73 かけたが 72 きいて 69 だして 66 からして, 張りあげて 65 低くし 60 合わせて, 聞きつけて, 聞きながら 59 だした, 大に 57 かけても 56 かけながら 55 出しました, 限りに 54 あげました, ひそめた 49 たてた 44 励まして 43 かけようと, 掛けると, 潜めて, 聴いて 42 大きくし 41 出すと 40 はりあげて, 低めた, 挙げた, 発した 38 あわせて 37 かぎりに, もって, 出すの, 呑んで, 立てながら 36 ふるわせて, 出しながら 35 嗄らして, 立て, 立てました 34 かけられた, 聞いたの 33 そろへて 32 ふりしぼって, 掛けました 31 掛ける, 揃へて 30 だす, 出したの 29 あげながら, 絞って, 高めて 28 あげたの, かけるの, しぼって, たて, のんで, 掛けたが, 放った 27 聞くこと 26 ひそめ, 出したので, 出したり, 立てようと, 聞くの 25 はげまして 24 きいた, 揚げた, 立てる, 聞けば 23 出すこと, 掛けたの, 高くし 22 たてること, 洩らした 21 もらした, 呑んだ, 張って, 立てずに, 立てると 20 あげる, 低くした, 出したが, 忍ばせて, 忍んで, 懸けた, 殺して, 立てるところ, 聞きました, 高めた 19 出しては, 立てること, 落した 18 かけますと, かける者, 立てたり 17 あげると, おとして, たよりに, のんだ, もらして, 出すもの, 張りあげた, 聞いた時

16 [12件] かけ, ききつけて, した, 出さずに, 出すな, 懸けて, 残して, 筒抜かせた, 聞いたこと, 聞いたよう, 聞きて, 荒らげて

15 あげ, かけたので, かけたもの, かけたり, かけた者, しるべに, 聞く, 聞くや

14 あげたが, うしろに, はずませて, 張上げて, 持って, 洩らして, 背後に, 落として

13 あとに, かけるもの, たてながら, 出そうと, 張り上げた, 投げた, 放つて, 私は, 聴くと

12 [12件] ききながら, ききました, するな, ひくめて, ふるわせながら, 上げながら, 出しちゃ, 出します, 出す者, 彼は, 潜めた, 立てないで

11 [11件] かけては, き, しながら, はりあげた, ふり絞っ, 低め, 後に, 掛けられて, 涸らして, 聞いたとき, 聞くよう

10 [21件] あげようと, お聞き, かけましたが, きくこと, するの, まねて, 上げたが, 励ました, 合せた, 和げて, 懸ける, 挙げながら, 掛けながら, 発するなし, 発する者, 立てたの, 聞いたと, 聞いても, 聞こうと, 聴いた, 聴きながら

9 [21件] かけた時, かけられたの, はり上げて, ひくめた, ふるわせた, 出すなよ, 出すん, 合図に, 強めて, 掛けようと, 掛けられた, 掛けるの, 消して, 発すること, 立てては, 聞いたばかり, 聞いては, 聞きつけた, 聞きつけると, 震わせて, 顫わせて

8 [27件] あららげて, お出し, かけます, かけられた時, かけられました, かけること, する, たてないでは, たてると, ひくくし, 上げる, 出さないで, 出しても, 出そう, 合して, 大きくした, 弾ませて, 慄わせて, 振りしぼって, 掛けます, 潜め, 発するの, 細めて, 絶す, 聞いてから, 覚えて, 震わして

7 [26件] おかけに, かけられると, きいたの, たてたの, ひそめながら, ふりしぼった, やわらげて, 出し, 出す人, 密めて, 引いて, 張り挙げて, 抑えて, 振りしぼつ, 掛けたので, 揚げたの, 浴びて, 発し, 立てたが, 耳の, 聞いただけ, 聞いたり, 聞くたび, 聞け, 震わせながら, 顫わして

6 [46件] あげましたが, あげるの, かけずに, かけた人, かけられても, からした, きいたよう, きいた時, きく, ころして, しては, しないで, しぼりながら, たてようと, つづけて, はずませた, ひそめると, よそに, 低うし, 出すよう, 出す事, 合し彼女, 投げて, 振り立てて, 振り絞って, 振り絞つて, 振絞って, 掛けられると, 揃え, 放ちながら, 放ちました, 放つの, 無理に, 発しながら, 発する, 目あてに, 立てるの, 絞った, 聞いたか, 聞いた者, 聞きその, 聞き付けて, 聞くと共に, 聞くやう, 荒らげ, 送って

5 [73件] あげたとき, あげたので, あげます, あげるところ, うるませた, おとした, かけたこと, かけたところ, かけたん, かけてから, かけに, かけようかと, かけられたので, かけるん, かける隙, しのんで, たてたので, たてたり, たてる, たてるところ, たてるもの, だしました, だすこと, はげまし, ひそめる, ふるはせて, ふるわして, ふるわせる, やわらげた, よくする, 上げ, 上げたの, 作って, 出さないよう, 出したもの, 出すので, 出す元気, 呑みました, 失って, 密めた, 待って, 慄わせた, 懸けたもの, 懸けると, 挙げたの, 挙げる, 振り絞った, 掛け, 掛けても, 搾って, 曇らせた, 止めて, 沈ませて, 発するもの, 知って, 立てたので, 立てるな, 絞つて, 絞りました, 聞いたから, 聞いたが, 聞いただけでも, 聞き流して, 聞くが, 聞くより, 聞く事, 背中に, 自分で, 荒くし, 荒らげた, 落しながら, 送った, 高くした

4 [96件] あらげて, おしでない, かけたとき, かけなければ, かけられるの, かければ, きくよう, くもらせて, しなさんな, しぼった, たてずに, たてても, たてないで, だしたでしょう, だしたり, だすと, つまらせて, とがらせた, なして, なすっちゃ, はりあげました, ひびかせた, ひびかせて, わななかせて, 上げたので, 上げました, 出したかと, 出したから, 出したよう, 出した時, 出すから, 出すところ, 出すよ, 出せば, 制して, 嗄し, 圧して, 尋ねて, 尖らせた, 岸本は, 張りあげる, 張り上げる, 張上げ, 強めた, 弾ませた, 微かに, 忍ばせた, 懸けたの, 押えて, 持つて, 挙げたが, 挙げたり, 振りしぼった, 掛けた時, 掛けた者, 放つた, 暴くして, 曇らして, 沈めて, 洩した, 洩らしたが, 漏らして, 発したが, 発しました, 発するよう, 真似し, 立てないでは, 立てなかった, 立てるもの, 立てる間, 立てんばかりに, 絞り出した, 聞いただけで, 聞かうと, 聞かせて, 聞きつけた時, 聞きつつ, 聞くころ, 聞くとき, 聞くのみ, 聞く時, 聴いたの, 聴く, 聴くこと, 自分の, 落しました, 落すと, 落とし, 震は, 震はせて, 震わせた, 響かせた, 顫は, 顫わせながら, 高めながら, 高めました

3 [194件] あげたかと, あげたり, あげたん, あげた者, あてに, あわして, おさえて, おとし, おとすと, かけた侍, かけた男, かけなかったの, かけやう, かけよう, かけようか, かけようとして, かけようとも, かけられたとき, かけるから, かけるでは, かけるに, かけるわけ, かける人, かけろ, かすかに, からしても, からしながら, きいたこと, きいただけ, きいたと, きいたので, きき流して, きくまでは, きく時, したと, しちゃ, しや, すると, するなよ, する者, そろへた, たてたかと, たてますよ, たてるよう, ださないで, だすの, つぶして, とがらして, なさるの, はずませ, はなって, はりあげ, はりあげる, ひそめ合って, ふりしぼつ, ふり絞った, ふるはせながら, まねし, わたしは, 上げたり, 上げないで, 不意に, 人に, 低めたが, 先に, 出さなかった, 出さなければ, 出されて, 出されると, 出しかけた, 出したかも, 出しただけ, 出したって, 出した者, 出しまして, 出すか, 出すじゃ, 出すだけ, 出すもん, 励し, 励まし, 受けて, 合はせ, 合わして, 含んで, 和らげた, 嚥み, 嚥んで, 天に, 小さくし, 尖らせて, 尚も出し続けよう, 度々聞いた, 張った, 張りあげ, 張りあげながら, 張り上げるの, 張り揚げて, 心の, 忘れて, 思い出した, 思い出して, 思い出すと, 急に, 惜しまずに, 惜ま, 慄わして, 懸けたが, 懸けても, 懸けようと, 懸けられたので, 持った, 挙げたので, 挙げた時, 掛けずに, 掛けたのに, 掛けた平次, 掛けに, 掛けましたが, 掛けるまでも, 掛ける事, 掛ける者, 掛ければ, 揚げながら, 揚げました, 揚げる, 揚げ乍ら, 搾りて, 放つ, 放つと, 放つところ, 放ッ, 枯らして, 残しながら, 沈めた, 洩らすと, 浴びせかけた, 浴びせられて, 添えた, 潜ませた, 用いる事, 発したので, 発す, 発すると, 真似て, 知ると, 秘めて, 立てそう, 立てたかと, 立てたほど, 立てたもの, 立てちゃ, 立てようとして, 立てる間もなく, 立てれば, 筒抜かせ, 細くする, 絞りて, 絞ります, 聞いたという, 聞いたもの, 聞かないわけ, 聞き, 聞きつけたと, 聞きつけようと, 聞きながらも, 聞くとともに, 聞くなり, 聞くばかり, 聞くまいと, 聞くもの, 聞く度, 聞く時分, 聞こうとは, 聴いたと, 聴いたもの, 聴いた途端, 聴くの, 聴くよう, 聴けば, 背に, 荒くした, 荒げて, 落し, 落とした, 落としたが, 詰まらせた, 識って, 運んで, 響かせて, 顫わせた, 風に, 飲んで, 高くする

2 [468件] あげそれ, あげそれから, あげたきり, あげたくらい, あげたわけ, あげた時, あげだした, あげぬが, あげもう一度, あげるので, あげるばかり, あげるよう, あげる者, あげ男, あはせ, あら, あらくした, あらゆる音, いたすな, うんと細く, おきき, おくった, おたて, おだし, お立て, お聞, かえて, かき消すよう, かぎりと, かけずには, かけたじゃ, かけたと, かけたまま, かけたらしくも, かけた女, かけた瞬間, かけつ, かけつつ, かけつづいて, かけないの, かけようとは, かけられたお, かけられたが, かけられたこと, かけられたり, かけられる, かけられるまで, かけられ見ると, かけるつもり, かけるな, かけるなどという, かけるはず, かける勇気, かける男, かける見物人, かけ合いながら, かけ合って, かけ景気, かけ椅子, かみ殺した, きいたが, きいたり, きいた人, きいてから, きいても, ききその, ききつけた, ききつけると, きくか, きくたび, きくの, きくまいと, くもらして, くり返して, この耳, さえも, さがすよう, ざあー, しずめた, したって, しのばせて, しぼつ, しぼり出した, しぼり出して, しゃくって, じっと聞い, するので, するもん, するん, すれば, そろへ, そろへながら, たかめた, たてさせないため, たてそう, たてたが, たててから, たてられないよう, たてるの, たてるので, たてるわけ, たてれば, たて坐つて, だしたが, だしたんで, だしちゃ, だしても, だしながら, だしや, だすなよ, だすので, だすよう, ちぎるよう, つかう商売, つかった, つかって, つつんで, つまらし, つまらせた, なさると, なす, なすって, なすつて, のんだまま, はっきりと, はって, はなった, はりあげたり, ひくめ, ひくめました, ひとつに, ふと耳, ふりしぼりながら, ふりしぼッ, ふるはせた, ほめて, まざまざと, まって, まねたの, めあてに, もつて, もて, もとめよ, もらしそれ, もらしたの, もらしました, もらすと, やめて, やめなかつた, よく聞く, ハッキリと, 一つ出し, 一層低く, 一段と小さく, 一段落した, 上から, 上げざるを, 上げたもの, 上げた時, 上げつつ, 上げようと, 上げると, 上げるの, 上げる者, 上げ出した, 二度ほど, 交ぜて, 代表する, 伝えて, 低くする, 低く落し, 低めながら, 低めねば, 低めました, 低める, 低めるの, 使うの, 使って, 使ひ, 便りに, 信じては, 優しくし, 先立てて, 出さうと, 出さずには, 出させたり, 出さない, 出さなくとも, 出さんで, 出しさえ, 出しそう, 出したな, 出したはず, 出したわ, 出しちゃあ, 出しつづけた, 出してから, 出しはじめたの, 出しましたが, 出しますと, 出しますよ, 出しゃあがって, 出しやが, 出しやがって, 出し乍ら, 出し煙草, 出すあぐり, 出すし, 出すなと, 出すね, 出すまいと, 出すやう, 出すやつ, 出すより, 出すわよ, 出す人間, 出す代り, 出す力, 出す男, 切りました, 割って, 励ますと, 励ませて, 半蔵は, 反映し, 反映する, 叫びながら, 合せその, 合は, 合わせた, 合図の, 同じ母胎, 吐くもの, 君が, 呑みて, 呑む, 呑んだ時, 和し, 咽喉に, 喉に, 嗄らしへとへと, 嗄らす, 嗄らせど, 嚥んだ, 変えて, 奪われて, 妨げる少し, 寂しく聞き, 密ませる, 密め, 密める, 小さくする, 小耳に, 少しも, 尖らして, 崩して, 張つた, 張りあげたの, 張りあげたので, 張りあげました, 張りあげると, 張り上げました, 張り上げるところ, 彼の, 忍ばせながら, 思い出す, 思わず口, 恐れて, 惜まず, 懸けそう, 懸けぬ, 懸けられて, 懸命に, 手頼りに, 打ち消して, 打って, 打消すばかり, 抑えながら, 抑えること, 投げながら, 挙げずには, 挙げたと, 挙げたもの, 挙げた三人, 挙げても, 挙げようと, 挙げると, 挙げるところ, 挙げるので, 振りあげて, 振り搾っ, 振切るわけ, 振立てて, 捉えた, 掛けたか, 掛けたと, 掛けたり, 掛けては, 掛けまして, 掛けも, 掛けようかと, 掛けられたの, 掛けられたので, 掛けるもの, 掛ける間, 掛け合って, 掛ると, 揃えた, 揃へ, 揉出す, 揚げたん, 放ちつ, 放ちます, 放ったの, 斂めて, 昔の, 暴らげ, 暴らげました, 曇した, 曇らし, 曇らしながら, 曇らせて, 曳いて, 松の, 枯し, 柔げて, 柔らげて, 止めるの, 殺した, 殺し鳴を, 毒の, 洩して, 洩らしたの, 洩らしました, 浴びながら, 消そうと, 漂はせ, 漏らした, 潜めながら, 激しくし, 激しくした, 玄関先に, 留めて, 疑うよう, 発したかと, 発したほど, 発しないでは, 発しなかった, 発するあの, 発するに, 発せぬもの, 盗む者, 真似する, 知るべに, 確かに, 私に, 空虚な, 突上げる, 窃め, 立てたかも, 立てたきり, 立てたに, 立てたら命, 立ててから, 立てても, 立てないの, 立てない笑いかた, 立てぬ, 立てぬという, 立てましたが, 立てますよ, 立てませぬよう, 立てるばかりに, 立てるまもなく, 立てるよう, 立てる事, 立てる気力, 立てる筈, 立てる遑, 立て顔, 納めて, 紙鉄砲ぶつ, 細くし, 細めた, 絞りながら, 絞りましたが, 絞ると, 繰り返して, 美奈子は, 考えるだけ, 耳にも, 聞いたあと, 聞いたん, 聞いた事, 聞いた悦, 聞いた瞬間, 聞いてからは, 聞かざりき, 聞かなかった, 聞かば, 聞きたいと, 聞きたかった, 聞きつけたこと, 聞きつけたという, 聞きつけたの, 聞きつけたもの, 聞きつける, 聞きとめた, 聞きとろうと, 聞きぬ, 聞きますと, 聞きまた, 聞き付けた時, 聞き出そうと, 聞き分けようと, 聞き咎めて, 聞き流しながら, 聞き附けて, 聞くか, 聞くとも, 聞くに, 聞くので, 聞くのほか, 聞くは, 聞くまいとして, 聞く毎, 聞つける, 聞て, 聞付けて, 聞流して, 聴いただけ, 聴いたという, 聴いたよう, 聴いた者, 聴かせて, 聴きつけて, 聴くとも, 聴く良き, 聴け, 記憶し, 詰めた, 起して, 載せて, 返すよう, 追って, 遊ばすと, 遠くに, 鋭くし, 長く引い, 長く引く, 闇に, 限りと, 震わした, 震わせ, 静かに, 頭の, 顫わ, 顫わした, 顫わしながら, 顫わせ, 顫わせない, 飛ばせながら, 駕籠の, 骨董と, 高うせられる, 高め, 高めると, 高らかに

1 [3781件 抜粋] あげあって, あげさも, あげそしてまた, あげたと, あげたやう, あげた所, あげつづけながら, あげはじめたとき, あげようかと, あげるつもり, あげる人, あげオオ, あげ何, あげ始めたが, あげ検査用紙, あげ続けて, あげ雪, あなたは, あめふらす, あららげたり, いそがした, いぶかりながら, うたたねの, うなり出した, うれしと, おきかせして, おさえつけて, おしまず女達, おとしも, おもち, お掛け, お聴きでした, かけあいながら, かけさせて, かけそこ, かけたかつたと, かけたすると, かけたね, かけたらしいこと, かけたら菊ちゃん, かけた主, かけた後, かけた美女, かけてるのに, かけなにげなく, かけますけれども, かけようという, かけられたと, かけられた事, かけられながら, かけられるとは, かけられ初めて, かけるかと, かけるでも, かけるべきとき, かけるフランス, かける前, かける方, かける間, かけ何, かけ合わせつつ, かけ戸, かけ自分, かすませて, かみころしなおも, からし半時, かわしたり, きいたら変, きいた男, きかせ, きかない, ききたいもの, ききつづけねば, ききますの, きき流し乍ら, きき顔, きくなりさ, きく事, きけば, くもらせると, この区別, ころし眉, さした, さながらに, しいんと鳴, したとて, した年増, しねえで早く, しました, じっと聞きとめ, すっかり薫, するって, する時, そのまま何処, その男, それに, そろえ谺, たしかに, たずねて, たてず男の子, たてたこと, たてたらどんな, たてては, たてまいと, たてられるの, たてる事, たてる隙, たて唇, たて階段, ださうと, だしたの, だしますと, だすもの, だそうと, ちょいと, つくつた, つぶさした恐ろしい, てつとり早く, とぎら, とめるには, どこかに, なげる, なすこれ, なだれあわせ, のせながら, のみました, のんだ信吉, はげまし早く, はずませ主, はなつて, はりあげるもん, ひきつらせて, ひそませる, ひそめたため, ひそめての, ひそめるかと, ひそめろよ, ひそめ歎声, ひっこめくすり, ひどくほめ, ふきとばして, ふりあげ, ふり上げて, ふるい揚げたちまち, ふるわす声楽家, ほそめて, ぼんやり聞い, またも, まねたにせ電話, むざむざ亡ぼし, もち得るの, もはやそれ以止注意, もらしキラキラ, やかましく思い, やめたが, よくしました, よそおいながら, われは, クツテと, スポイルし, ハッキリきいてる, ポコちゃんは, 一つに, 一層やさしく, 一心に張っ, 一段大きく, 一身に, 上げすぐ, 上げたなり, 上げまた, 上げる彼, 上げ俺, 上げ時として, 上げ給いつつ, 不作法に, 中田の, 乗せて, 五月の, 享けたように, 今度は, 伊勢の, 伝馬の, 低くなすっ, 低めた泰軒, 低めに, 低め気味悪, 何処かで, 作すが, 使う, 使つた, 保存し, 停めた, 先ず放ちました, 入口から, 凡庸な, 出さずピーピー, 出させようと, 出さないん, 出さなかったら彼, 出さねば, 出しかけたが, 出しそれでも, 出したがるもの, 出したつもり, 出したもん, 出したわけ, 出した江戸ッ児, 出しつづけて, 出しなさるが, 出しましたやら, 出しゃがる聞くとも, 出し下り口, 出し始めて, 出し木, 出し身体, 出すかも, 出すたび, 出すといった, 出すには, 出すエーゴル, 出す奴, 出す槐, 出す能はず, 出す隙, 出せるなり, 切り抜かれた穴, 制す手, 加減しよう, 包括しはじめました, 反復し, 取つて音楽, 受けたもの, 叩きつけて, 合した, 合わす私, 合わせるの, 名残として, 吟味でも, 吹き揚げて, 呑みたり, 呑むで泣き居たる兼吉, 呑んだ忍び泣き, 呼び曹仁, 和らげて, 唇で, 嗄らした, 嗄らし腕, 回復した, 堪えた茨, 声を, 夢うつ, 大きくする, 大ならしめた, 夫の, 失った頭, 始めて, 官兵衛は, 密やかに, 小さくしました, 少し大きく, 居間の, 幌の, 幽かに, 建物と, 引っぱりながら, 張つて名, 張りあげるので, 張りますか, 張り上げりゃ畑宿, 張り上げ何, 張り奇, 張り揚げたもの, 張上げ店番, 強めたが, 当に, 待ち受けて, 後に二人, 御出し, 心に, 忍ばせ一膝, 忘れるなぞとは, 思いおこさせますね, 思い出すうち, 思わず裡, 恐れるらしい, 惜しまずにわ, 想い出すと, 愛して, 慄わせ満面に, 懸くる者, 懸けなかつた, 懸けるもの, 成さなかった, 戸外へ, 打ち消した, 抑えつけた, 抑さえ, 投げ合ッ, 押しつけるの, 押つぶし, 持ったまだ, 持つた子, 挙げしばらく, 挙げた菅原家, 挙げよという, 挙げるのよ, 挙げんとしても, 振い下, 振り上げたの, 振り立てはじめたので, 振上げて, 振絞った, 捨てわざわざ, 掛けただけ, 掛けたるに, 掛けた頃, 掛けゆきて, 掛けられても, 掛けられ飛立つばかり, 掛けるほど, 掛ける隙, 掛け合ったが, 掛け戸, 掛始めたといふ, 揃えました, 揚ぐるの, 揚げただけ, 揚げはじめた, 揚げるもの, 揚げ合って, 揮り絞っ, 擬て, 改めて聞く, 放ち, 放ち眼, 放った崖縁, 放つという, 放送しない, 断たぬであろう, 昂めず, 時折聞いた, 曇らせるの, 最一度, 東西の, 柔らげながら, 模ねながら, 止めお, 歯で, 殺すため, 毎晩の, 沁み沁みと, 治さう, 洞ろに, 洩すのみ, 洩らしたもの, 洩らし静か, 洩れ聞いたの, 浴せられて, 浴びせました, 消し波, 深いうつろ, 湿ませた, 漏らしつ, 潜むる, 潜めた眼, 潜めると, 潤ませた, 為て, 狼狽させた, 生ずるの, 男が, 発しあわてて, 発したとは, 発した途端, 発しもって, 発し給うの, 発するとともに, 発する場合, 発せしが, 発ちて, 盗みに, 目当に, 真似むとて声繕い, 睨みあげた, 知らない人, 確かめると, 秘めつ, 窃め四辺を, 立てけるにぞ, 立てさせぬ用心, 立てたか, 立てたらしく急, 立てた其処, 立てちゃあ, 立てなかった事, 立てに, 立てますから, 立てようとも, 立てられなかった, 立てるぐらいの, 立てるなんて, 立てるや, 立てる大きな, 立てる間もなくドン, 立て始めました, 立て朗読, 立て跳ね, 笑わせて, 納める頃, 絞りだすのに, 絞り上げて, 絶とうとは, 練った結果, 繕いて, 考へ, 聞いたさ, 聞いたので, 聞いたわけ, 聞いた最初, 聞いた繁代, 聞かうでは, 聞かざれば, 聞かず淋しき, 聞かせること, 聞かないで, 聞かなければ, 聞かんこと, 聞きしお, 聞きたい, 聞きたくは, 聞きつけたとき, 聞きつけとんで, 聞きとること, 聞きふと, 聞きゃ暑く, 聞き付けずに, 聞き何, 聞き分けて, 聞き大, 聞き得なかった, 聞き手, 聞き澄ますかの, 聞き立ち, 聞き覚えに, 聞くじゃ, 聞くとかが, 聞くまい聞くまいと, 聞くよりは, 聞く心持, 聞く気, 聞こう, 聞ときは, 聞附けまし, 聴いたら娘, 聴かざる処, 聴かむとしぬ, 聴きのがさなかったに, 聴き洩らすな, 聴くという, 聴くや, 肺の, 自らきいた, 良く聞かせる, 荒げる, 落したが, 落すやう, 虚空から, 装おうと, 見出した上, 記憶で, 詩の, 説明する, 谺した, 跡に, 辿って, 追いつかせて, 送り後, 逃しては, 連想させた, 遠い想い, 遣って, 郭公とや, 鈴に, 録音し, 開き嬉し, 限りバンザーイと, 隊長に, 離れて, 震わしながら, 音譜に, 頬に, 顔で, 顫わせたりなど, 飲みぬ, 駄夫の, 高うせり, 高く低く出し, 高めも, 高め杉右衛門は, 鳴き交わす東

▼ 声~ (13744, 21.2%)

1237 した 478 して 469 する 343 聞こえて 316 聞えた 308 聞えて 187 きこえた 165 しました 140 聞こえた 133 聞える 105 きこえて 83 したので 76 耳に 59 起った 56 響いて 54 するので 53 きこえる, ひびいて 51 します, 響いた 50 聞こえました 47 聞えました 46 すると 42 あった 39 聞こえる 38 きこえました 34 出なかった 33 かすかに, 出た, 出て, 出ない 32 彼の 31 それに, 答えた 30 あって 29 かかった, 洩れて 28 したかと, ひびいた, 私の 27 したが, 急に, 聞えます 25 ありました, したの 23 どこからとも, 洩れた 22 高い 21 したと, 云った, 妙に, 言った, 起つた 19 ある, するの, 耳の, 聞えると, 起りました 17 あがった, いった, かかる, つづいて, 叫んだ, 自分の, 起こった 16 ふるえて, 出ないの, 聞えたので, 聞えるの 15 かすれて, 起って 14 僕の, 来た, 耳を, 起る, 高かった 13 あがりました, きこえたので, どこからか, 嗄れて, 続いて, 聞えたの, 聞えたり 12 おこりました, したよう, したり, 二人の, 手に, 聞えたと, 聴えた, 近づいて 11 かかって, するから, 流れて, 聞え出した, 聴えて, 雨の, 飛んで 10 もれて, 出る, 大きいので, 家の, 続いた, 耳について, 聞こえたの, 聴え, 風に

9 [14件] あちこちに, きこえます, しだした, つまって, 不意に, 僕に, 出ました, 消えて, 耳には, 聞えるという, 聞こえたかと, 聞こえるの, 聴える, 闇の

8 [24件] きこえると, こう云った, するよう, それを, どこかで, ひびきました, 交って, 俄に, 切れ切れに, 四方から, 幽かに, 微かに, 放たれました, 漏れて, 盛んに, 聞えたが, 聞えたよう, 聞えるよう, 聞こえるよう, 起こって, 遠くの, 非常に, 頭の, 高くなった

7 [33件] あがって, いつまでも, うしろに, おこった, きこえたかと, した時, しましたので, するが, するばかり, するん, そこに, そこにも, だん, どこか, ぴたりと, また聞え, もれた, 伝わって, 何か, 入り乱れて, 出そう, 又きこえた, 呼んだ, 咽喉に, 喉に, 嵐の, 次第に高く, 止むと, 終るか, 耳へ, 遠くに, 顫え, 高くなっ

6 [36件] うしろで, したから, そこから, とびだした, どこから, ひびきわたりました, ふと耳, ほとばしりました, また聞こえた, 四方に, 変に, 夜の, 幽に, 彼女の, 曇って, 来て, 森の, 気に, 水の, 波の, 確かに, 窓の, 絶えた, 聞えるので, 聞かれた, 聞こえたと, 背後から, 落ちて, 賑やかに, 走った, 遠くから, 部屋の, 静かに, 響く, 飛びました, 高かつ

5 [50件] あたりに, かかると, きこえたの, きこえたり, しますので, するかと, だんだんに, だんだん高く, とぎれとぎれに, とんで, ながれて, はっきりと, ひびく, まだ耳, わいた, わきあがりました, ハッキリと, 一時に, 上った, 下から, 人々の, 伝わりました, 出なくなって, 又聞えた, 口を, 外まで, 大きくなる, 奥から, 奥の, 室の, 少しも, 応じた, 懸る, 明らかに, 水に, 私たちの, 私に, 私を, 聞えたから, 聞えた時, 聞えること, 聞えるばかり, 聞える様, 聞こえるばかり, 起こりました, 障子の, 震えて, 響きました, 高いぞ, 高くなり

4 [88件] あっちこっちから, あつた, あります, うるんだ, うるんで, おれの, おわるか, かかったので, きこえるの, きこえるので, きこえるよう, きれぎれ, したん, するもの, その時, だんだん遠く, でません, どなった, ない, ながれた, のどかに, はっきり聞こえた, ひ, ふるえた, ぷつりと消えた, よく聞える, ジョバンニの, ハヤブサ丸の, 一斉に, 二階から, 低くなっ, 低くなった, 内から, 出たの, 出ないので, 出なかったの, 出なくなった, 出るの, 出るよう, 列車の, 唇を, 変って, 外に, 大きかった, 大きくなっ, 女の, 少し高く, 廊下の, 彼に, 彼等の, 悪い, 扉の, 方々から, 普通の, 暗闇の, 殆ん, 残って, 水を, 沈んで, 洞くつに, 消えた, 漏れた, 玄関から, 玄関でした, 現実に, 答えて, 答えました, 答える, 答へ, 美奈子の, 聞えますか, 聞こえ, 聞こえたが, 聞こえます, 聞こえると, 襖の, 起ったの, 起るの, 途切れ途切れに, 通って, 遠くきこえた, 遠くきこえました, 遠くで, 降って, 降るよう, 陽気に, 隣の, 雷の

3 [201件] あったもの, あとを, あまり大きい, あまり大きかっ, ありましたもの, あるだけ, あるの, いう, いやに, うしろから, おなじ感情, かすれた, きこえても, きこえるばかり, きこえ湯上り, ここの, ここまで, この時, しきり, しきりにし, しすぐ, しても, しない, しなくなったの, しはじめた, しめやかに, すぐに, するじゃ, するという, するとともに, するよ, だんだん小さく, だんだん近く, つたわって, つづかなかった, つまった, でなかった, とぎれて, とぎれると, とつぜん, とび出した, どうした, なかった, なかったら, にぎやかに, ひときわ高く, ひびきわたった, ふと彼, ます, またきこえた, また聞えた, また響いた, まだ消えない, みだれて, もれました, もれる, やがて聞え, やむと, ゆるやかに, よくきこえる, よく私, よく聞えた, わきおこりました, わたしの, ハタと, 一つに, 一面に, 上から, 上の, 下の, 不気味に, 中から, 二階の, 今も, 今度は, 似て, 低いので, 低かった, 低くて, 何処からか, 余り高かつ, 俄かに, 僕を, 先に, 先生の, 入りまじって, 内で, 凜と, 出なかつた, 出なくな, 出るかと, 出ると, 出るので, 出るもの, 受話器に, 叫んで, 台所の, 右の, 名人の, 呼んで, 咽喉の, 咽喉へ, 哀れに, 喧しく聞え, 囁いて, 四方の, 四辺に, 地に, 地の, 外から, 夢の, 大きかつ, 大きくなった, 大きく聞えた, 天から, 天井から, 寒そう, 小さかった, 小さくなる, 巷に, 座敷の, 庭の, 廊下に, 彼を, 後に, 心の, 悲しみに, 戸の, 戸口に, 掛った, 掠れて, 揚った, 昔の, 暗の, 林の, 樹の, 機の, 止んで, 気の, 沈黙を, 洞窟の, 流れた, 海の, 渦を, 湧きあがった, 湧き起こった, 湿んで, 無い, 無かつ, 爆発した, 玄関に, 玄関の, 突然に, 立ちのぼって, 答へる, 糸を, 紛々と, 細々と, 終るや, 絶えて, 絶えなかった, 絶え絶えに, 群集の, 耳もとまで, 聞えなくなって, 聞えやがて, 聞えるが, 聞えるやう, 聞えるん, 聞かれました, 聞きたい, 聞こえたので, 聞こえたよう, 聞こえるという, 聞こえるので, 聞こえ出した, 聴こえて, 腹の, 自分に, 自分を, 言いました, 谷, 起こる, 起つて, 身に, 近くに, 追っかけて, 途切れた, 途切れると, 遠く近く, 遠のいて, 遮った, 郎女の, 野面に, 隣りの, 響き渡った, 響くと, 風の, 騒がしく聞え, 高まって, 高まる

2 [532件 抜粋] あが, あがる, あがると, あちこちから, あちこちで, あちらからも, あちらこちらから, あちらでも, あったかと, あったから, あったの, あっちこっちに, あっても, あの夜河原, あまりに大きかっ, あまり高い, ありそう, ありましたので, あるが, あると, あんまり力, いいと, いうの, いかにも力, いつもと, いつもの, いまでも, いよいよ多く, おこって, おじいさんの, おちこちに, おわらぬうち, お前には, お粂, お高, かう叫び, かかったの, かかりそう, かかりました, かかります, かすれながら, かすれる, かなり遠く, かれの, きいた, きかれた, きかれました, きこえたよう, きこえないの, きこえはじめた, きこえましたので, きこえるから, きこえるそして, こう聞えた, こちらの, これに, これも, こんどは, こんな事, さびしくきこえた, さびしく聞えた, しきりと, しきりにする, しきりに聞える, しきりに聞こえ, しずかな, したとき, したとも, したもの, したやう, したハッ, しだすと, しないので, しなくなったと, しばらくし, しばらくとぎれました, しばらく続い, しましたから, しましたが, しますから, しますね, しんと, し出した, し始めて, し始める, すぐと, するぞ, するだけの, するでは, するのみ, するや, するやう, するわ, する出て, すれば, そうぞうしく聞えた, そこここで, そのなか, その唇, その耳, それだ, たずねます, だんだんはつきり, だんだん低く, だんだん激しく, だんだん近づい, ちがう, ちがって, つたわると, つづきました, つづくと, つづけざま, つづけて, でなくて, でるよう, とだえ口笛, とどいて, とどかないの, とんだ, どうくつ, どうしても妙子, どうも西田, どなりました, ないの, なかなか絶えない, なければ, なつかしい頃, なにかを, のどに, はいって, はずんで, はっきりし, はつきりと, ひそひそと, ひどくふるえ, ひびきわたる, びっくりする, ふいに, ふって, ふと洩れた, ふと物哀れ, ふと聞えた, へんに, ほとばしった, まう一層, まじるの, ますます高く, またし, また一しきり, また私, また耳, まだおわらない, まだ終らない, まっくら, みちて, みんなの, やつと, やんだ, ようやく耳, よくって, よくて, よくない, よく似, りんりんと, わたくしの, デッキの, ビンビン天井, ピッタリと, フッと, 一しょに, 一つだけ, 一二回聞えた, 一勢に, 一同の, 一度に, 一座の, 一座を, 一番高い, 一瞬天地を, 一緒に, 三方から, 上がりました, 乱れて, 予の, 二度ほど, 二階で, 今だに, 今でも, 今日は, 他の, 伝って, 低い, 低くなる, 何う, 何だか別人, 何んと, 何処からとも, 何時の間にか, 傍でした, 優しくなる, 入って, 入らないの, 入り混, 入口でした, 八方から, 八方に, 其処此処から, 再び鳴り響いた, 冴えて, 出さうに, 出ずいきなり, 出たので, 出たよう, 出ないで, 出なかったから, 出なかったそう, 出ませんでした, 出るほど, 出るん, 切れぎれに, 刺すよう, 前よりも, 博士の, 又しました, 又少し変りました, 又聞える, 又起りました, 受話器を通じて, 口から, 叫ぶ, 叫ぶやう, 叫んだが, 可なり, 各所に, 向いの, 向こうから, 咎めるよう, 咽喉から, 喉から, 喧しい, 喧しかった, 器の, 噪が, 囁くよう, 四月の, 四辺の, 地を, 地獄の, 変る, 夕方の, 外の, 多かった, 夜風に, 大きい, 大きいから, 大きいぞ, 大きいの, 大きい点, 大変に, 奥に, 奥まで, 好きだった, 始めてきこえた, 姿が, 子供の, 室中に, 室外に, 尋ねた, 小さい, 小さいの, 小さいので, 少しばかり, 山に, 山の, 平素の, 幾度か, 広間の, 店の, 引込むと, 強い風, 彼には, 彼方の, 往来まで, 後ろから, 後ろで, 後ろでした, 後ろに, 微に, 必要以上に, 応えた, 念仏や, 怒濤, 悲しげ, 悲風の, 悲鳴の, 慄え, 憂愁の, 戸外から, 所々に, 手帛の, 手近の, 挙った, 掛からない, 掛つた, 揚がりました, 散って, 文学の, 日の, 時々に, 曇った, 書院の, 朗らかで, 朧夜の, 木の葉の, 木霊し, 村の, 桟橋から, 次の, 次第に大きく, 次第に遠く, 次第次第に, 欲しいな, 歌って, 止まると, 正面から, 此の, 武蔵の, 段々彼女, 毎日の, 気味わるく, 水へ, 池の, 沸いて, 波紋の, 洞穴の, 洩れる, 消えると, 涙に, 湧いて, 湧き起った, 湿った, 湿って, 満ちて, 溢れて, 漏れる, 漸く絶えた, 漸く聞えた, 潮の, 澄んで, 物悲しく聞えた, 玄関で, 甲に, 皆の, 目に, 直ぐに, 石を, 神経に, 稍, 空に, 空気を, 突然暗やみ, 窪と, 立たない, 立って, 笑った, 筒抜けに, 答へて, 箱の, 糸の, 終らないうち, 終らぬうち, 終るが, 終わると, 絶えず聞こえ, 絶えたので, 絶えない, 絶えまなく, 絶えると, 絶え林, 続きません助けて, 続く, 続けさま, 美しくて, 耳元でした, 耳元に, 耳立って, 耳障りで, 聞えたかと, 聞えただけ, 聞えたもの, 聞えたん, 聞えては, 聞えても, 聞えないの, 聞えないのに, 聞えなかった, 聞えなくなった, 聞えは, 聞えはじめた, 聞えるから, 聞えるでしょう, 聞える事, 聞える時, 聞える私, 聞えジョバンニ, 聞え初めた, 聞え始めた, 聞え新八, 聞え表通, 聞きとれる, 聞き取れた, 聞こえそれ, 聞こえつづいて, 聞こえないの, 聞こえなかった, 聞こえましたから, 聞こえましたので, 聞こえますか, 聞こえるかね, 聞こえること, 聞へ, 背後でした, 背後の, 腸断つ, 自分で, 自分でも, 自然に, 茫然と, 茶の間の, 藪から, 蚊の, 街道に, 表に, 襖越しに, 言う, 言つた, 言ふ, 話を, 譟然と, 谺を, 起きた, 起ったこと, 起ると, 跡切れすぐ, 近くきこえた, 近くで, 返事した, 迫って, 追い駈けて, 途中で, 途絶えると, 通る, 違うよう, 遠い国, 遠くきこえる, 遠くする, 遠く消え, 遥かに, 部屋じゅうに, 部屋中に, 銀河ステーション銀河ステーションと, 鋭かつ, 錆びたの, 門の, 間を, 間断なく, 闇に, 闇黒を, 階下から, 隣室に, 電波に, 電話口に, 震えた, 霧の, 響いたが, 響いたり, 響き渡りました, 頭上に, 頻りに聞えた, 顔が, 顫える, 飛び出して, 馬鹿に, 駕籠の, 騒しか, 高いから, 高いので, 高い天井, 高くきこえ, 高くきこえた, 高くなつた, 高くなりました, 高くなります, 高く聞えた, 高まった, 高まるの, 高声器, 鳥の, 鳴り響いた, 鼻に

1 [4563件 抜粋] ああいう, あがります, あたかも遠く, あったではござりませぬか, あっちでも, あの小さな体, あまりに低い, あまり大き, ありありと, あり諷言, あろうか, あんまり大きかっ, いいの, いかにも晩春, いけないの, いたしまして, いちどきに大方今夜, いっぱいに, いつもは, いまも, いらだたしく聞こえた, うえの方から, うちから, うまく出る, うるさく耳, おこりみんな, おちて, おりおりした, お妙, お駒ちゃん, かかったでも, かかつて, かかり木漏れ陽, かかろうという, かすれたやう, かなしみから, かりじゃ, かれ精根, がやがや聞える, ききたくなった, きこえずそれ, きこえたらば, きこえはじめたの, きこえるし, きこえる頃, きこえ次に, きれぎれに風, くずれ伏して, くり返し言う, こういうで, こう答えた, こだまする, この一株, この蓄音機, これでも, こんもりした, さけんだ, さびしくひびく, ざはめきの中から, しきりにきこえた, しきりに赤松, しそれから, したっていうのよ, したら何やらボソボソ, しだいに移っ, してる静か, しながら, しはじめる, しましたけれど, しますのよ, しゃがれる, し二人, し初め, し廊下, し襖, すぐうしろ, すぐ入口, すぐ表, すつかり, するかすったよう, するだろう, するもん, する気遣うな, する馬, そういう明るい, そう叫びます, そこここの, そちこち, その下, その女, その私, そばで, たえず聞え, たかまりだした, たちまち二人, たよりなく, だんだん唇, だんだん毒味, ちがうから, ちょっと聞え, つく, つづく, つまりうち, でたり, でなかつた, でるやう, とぎれ娘, とても好き, とどろきはじめると, とまりました, どうしても出なかった, どこかから, どっとあがる, ない動き, なかつた, なだめるよう, なんとなく恐ろしい, にわかに威厳, はいつて, はずむ, はっきり後ろ, はつきり聞える, ひきとめた, ひっきりなしに聞え, ひとしきり背後, ひどく恐し, ひびきバタン, ひろがった, ぴんと張った, ふたたび落ちかかりました, ふと淋しく, ふわふわと, へんじを, ほとばしって, ほろりと, ぼーっと遠のいた, ますます凄く, またきいた, またとなく陰気, またわああっ, また初め, また悄, また甲高, また苦し, まだ一段と高まっ, まだ流れ終らない, まったく聞えない, まるで天狗, みなぎって, もうしなかった, もう一度聞こえ, もう脚下, もどって, もれるばかり, やかましく立てられ, やがて滝つぼ, やっぱりいけない, やむか, やんだところ, ゆるゆるした, よかった, よくへや, よく通らない, よろめくやう, わからないの, わき宋江, わたしたちを, アリアリと, オーイと, キイと, ゴオハンベリイの, タンタンと, ニキータの, ハドソン河の, ブルブルし, ボウボウと, モッタリと, 一しきり広い, 一ばん, 一声聞えた, 一層賑わしく, 一杯だ, 一瞬吹き撓められる, 一際高く, 上がり始める, 上野介の, 不審を, 丘に, 中庭の, 之に, 争って, 二三あつ, 二声三声聞こえ, 云うの, 五月雨時に, 交つて喧々と, 人びとの, 今にも背中, 今日この, 仙太郎の, 伝つた, 伝わり届くと, 低いかの, 低くまっ, 低く静か, 何だか五郎七, 何ともい, 何処とも, 佳くて, 停めて, 優しく響きません, 先ほどから, 入らないはず, 入口に, 全然聞こえない, 内部から, 冴えざえと青白く, 出おるわい, 出ず一瞬あたり, 出せなかつた, 出たり, 出ないため手, 出ないよ, 出なかった伸子, 出なくなりました, 出ぬ傷口, 出ません, 出るだけ, 出る口, 分るかね, 切れたとき, 初めよりも, 前と, 前方に, 加はつた, 勢なく, 千切れ, 南へ, 厭に, 友の, 口々を, 可恐く厳, 号一の, 同じく戸, 同時に云った, 向こうの, 告げる, 呼びかわして, 咽ぶが, 唇の, 喉元に, 喧しく言, 嗄れるほど, 囁かれた, 四隣を, 圧倒的に, 地面の, 塀外から, 壺に, 夕風を, 多く結局, 夜更けた, 夢現の, 大きくなり, 大分いかんが, 大湊まで, 天井へも, 太過ぎる, 女に, 如何にもお, 始まりだす, 嬉々と, 官軍内に, 室内へ, 容易ならぬ, 寒い星空, 封じられた, 小さくで, 小屋から, 少しずつ, 少し慄, 少女の, 届いて, 屋敷町の, 山谷に, 崖の, 川面に, 師走の, 平馬, 広場の, 庭へ, 弔鐘の, 弱々しくかすれた, 強くなる, 形なく, 彼女に, 後で叫ん, 御婦人, 微かにでも, 心細い尾, 応じ騒がしい, 怒りの, 思うよう, 怪物の, 恰度合唱の, 悪かつ, 悲調を, 愉しげ, 憚りない, 懸る袖, 戸口で, 投げ出すやう, 招く, 捕吏の, 掛ります, 揚る, 敢て, 文学に, 新吉, 日吉の, 明るくかかりました, 春風に, 時々交じる, 時々風, 普通よりも, 暗い舞台, 曖昧に, 最も美しく, 朗らかだ, 木立ちの間から, 杉木立に, 果して自分, 案外戸, 森に, 楽しそう, 横浜の, 次代の, 次第に怖, 次第に集っ, 止むか, 此頃益, 段々と, 毎晩の, 気味よ, 水音と, 決して吾人, 沸き立った, 泉の, 泣くが, 津々浦々にまで, 洩れました, 洩れ込んで, 流れる, 流れ星の, 浴せられる, 消える自然, 涸れたよ, 混じって, 減つた, 湧きあ, 湧き起こって, 源一の, 漏れるの, 潰れた者, 激しい, 濁りの, 烈しくふるへた, 無限に, 爆風の, 物さびしい, 物語を, 猛々しくひとしきり, 玄関まで, 瓦を, 田舎者の, 男の子では, 異なった方向, 病棟内を, 発車の, 益, 直ちにこの, 真夜中だ, 知らせて, 石像にも, 私だ, 種々あります, 空を, 突つ走つた, 突然娘, 窓から, 立ちません, 立上る, 笑いの, 答えたの, 米の, 紙帳の, 細く細くなっ, 終夜私の, 絶えず響い, 絶えなかったと, 継続する, 縁側から, 美しいか, 美しく神秘的, 老いて, 耳底から, 聞えお, 聞えたそう, 聞えたらしい, 聞えないふり, 聞えなくなつ, 聞えましたらそっち, 聞えませんが, 聞えるじゃ, 聞えるなって, 聞える四辺, 聞える森, 聞え危険, 聞え続いて, 聞かれぬほどの, 聞きたいん, 聞く人, 聞こえた時, 聞こえても, 聞こえはじめた, 聞こえやした, 聞こえるでしょう, 聞こえジョバンニ, 聞こえ爾, 聴えない, 聴き取りにくく, 背後にあたって, 自らおごそかに, 自由に, 舞台裏から, 苛立って, 苦しくて, 荘重で, 著しく庶民的, 蘇って, 血眼の, 表通まで, 襖ご, 親の, 言ってるやう, 詰って, 誰にも, 謡いの, 谿をわ, 走って, 起こりついで, 起こり黙して, 起つたと, 起りましたが, 起るばかり, 路に, 軒庭に, 農民たちの, 近くなりました, 近所近辺に, 追いかけて, 追駈け, 途切れて, 通じたもの, 遊びに, 違うでしょう, 遠くでし, 遠く反響, 遠ざかって, 遠音に, 部将から, 酔を, 野に, 銀河ステーション銀河ステー, 鋭く弥生, 鍛えられて, 長く私, 門前に, 間抜けて, 限りも, 階段の, 隣室から, 雷鳴に, 震え起って, 露に, 静な, 響いたので, 響き外, 須永に, 顫へ, 飛び上って, 飛出して, 騒いで, 高いね, 高え, 高く叫ばれ, 高く響き, 高飛車に, 鳥にな, 麓の

▼ 声~ (9047, 14.0%)

402 云った 344 言った 233 いった 169 叫んだ 100 答えた 87 いいました 73 言って 71 何か 58 云つた 57 笑った 48 云って 47 あつた 44 言いました 42 呼んだ 39 歌を 38 話して, 話を 36 言つた 35 いって 34 答えました, 返事を 32 云いました, 呟いた 31 叫びました 30 訊いた 29 どなりました, 呼んで 28 呼びかけた, 囁いた 27 笑って 26 さけんだ, つぶやいた 25 いう 24 叫んで, 笑い出した 21 たずねた, どなった, ものを, 彼は, 笑いながら 20 尋ねた 19 こう云った, それを, 口を, 呶鳴った, 歌って, 鳴いて 18 こたえた, さけびました, 物を, 笑いました 17 そんなこと, 私は 16 かう云, ささやいた, 言う 15 云う, 私に, 私を, 言うの 14 たずねました, 云うの, 眼を 13 こういった, 唄を, 怒鳴った, 答へ 12 云ったの, 自分の, 訊ねた 11 うたって, こう言った, こんなこと, 叫びながら, 叫んだの, 呼びました, 彼に, 笑つた, 答えて, 静かに 10 いうの, きいた, つづけた, 云いながら, 云うと, 喚いた, 私の

9 [12件] うたいました, こんな事, それに, もって, 叫ぶと, 呶鳴る, 彼女は, 申しました, 目を, 眼が, 聞いた, 話した

8 [12件] しゃべって, そう言った, どなりつけました, 唄って, 彼の, 歌った, 泣き出しました, 笑ったり, 経を, 続けた, 言いながら, 言うと

7 [15件] いいながら, いうと, いったの, いつた, そう言っ, 人を, 呼びかけました, 囁くよう, 怒鳴って, 早口に, 歌い出した, 泣き出した, 言ひました, 詩を, 話し合って

6 [24件] いひました, くりかえした, そう云った, ゆっくりと, 千世子は, 叫ぶ, 叱りつけた, 呟いて, 呶鳴っ, 呼びかけて, 啼いて, 啼く, 喋って, 尋ねました, 彼を, 挨拶した, 案内を, 泣いて, 目が, 笑うの, 笑ったが, 笑ひました, 言葉を, 訴えた

5 [41件] いうもの, うたいながら, こう叫ぶ, こう言いました, さけんで, それが, つけ加えた, どなって, ひとりごとを, ぼそぼそと, よびました, わたしは, 二人の, 云ひました, 叫んだが, 告げた, 呻いた, 呼びながら, 呼び立てた, 呼ぶと, 命令した, 唄いながら, 喚いて, 念を, 次の, 歌いながら, 歌うの, 母に, 母を, 笑いだしました, 言ったが, 言ふ, 話しかけた, 話しながら, 話し出した, 説明する, 誰か, 誰かが, 鳴きながら, 鳴く, 鳴くの

4 [59件] あらう, おつ, お経, こういう, こう云う, こう答えた, そういう, そういった, そう云う, それは, たずねる, つづけて, どなる, みんなに, よんだ, わめいた, 云い出した, 云ふ, 人の, 伸子は, 何かを, 口上を, 叫び出した, 号令を, 呼ぶ, 命令しました, 唄い出した, 問うた, 女は, 客を, 怒鳴りながら, 怒鳴りました, 悲鳴を, 挨拶を, 斯う, 歌い出しました, 泣いた, 物も, 独り言を, 独言を, 相手を, 笑いだした, 笑い出しました, 笑ふ, 答える, 素子が, 絶叫した, 自分は, 自分を, 訊き返した, 話したり, 話し合いながら, 話すこと, 話すの, 語られる時, 謡を, 遮った, 青年の, 鳴いた

3 [120件] いいつづけた, いい仕事, いつまでも, うしろから, うたを, うめいた, うめいて, おっしゃった, おっしゃって, お笑いに, かすかに, きく, こういい, こういいました, こう云っ, こう言い, こう言う, ことばを, これは, さ, ささやくよう, しゃべりながら, そういい, そういっ, そう云っ, そう叫び, そう叫んだ, そう言い, そう言う, その名, でも, どなりたてた, どなるの, ね, ひとりごとの, もしもし, やるの, 云ったが, 云ったので, 云ったもの, 云ってから, 付け加えた, 何を, 何事かを, 出て, 助けを, 励ました, 反問した, 口早に, 叫びだした, 叫び立てた, 叫ぶよう, 叱った, 右の, 吃驚し, 呟いたが, 呟くよう, 呶鳴り, 呼ばわった, 呼びたてて, 呼ぶの, 命令する, 唄う, 唱歌を, 唸り出した, 問いかけた, 囁き合って, 囁やいた, 塚道の, 奥の, 女の, 女中を, 妹に, 始めた, 始めて, 嬉しそう, 尋ねて, 小唄を, 弾正太夫は, 彼女に, 御詠歌を, 怒鳴つた, 悲しそう, 慰めて, 戸を, 朗々と, 本を, 歌うん, 歌が, 歌ったり, 歌ふ, 泣きながら, 独り言の, 男の, 男は, 真面目に, 礼を, 竜之, 笑う, 笑ったの, 笑ひ, 繰返した, 言いだした, 言ったきり, 言ったの, 言ったもの, 訴えるよう, 話しだした, 話しました, 話し合った, 読んで, 誰かに, 返事しました, 返辞を, 門番の, 闇の, 電話が, 首を, 高らかに, 鶯が

2 [423件] あつたの, あつて, あなたは, あらうと, いいつけて, いい捨てられた, いうだけ, いえないこと, いきなり, いっしょに, いったので, いろいろの, うしろを, うたう, うたうの, うたひました, うつ向いたまま, うなずいた, うなずいて, うなった, うなりました, おいおいと, おうたい, おまけに, お君, お篠, お絹, お言いなさった, お風呂, お饒舌, かう云つて, きいて, ききかえした, ききました, きくと, きめつけました, こういっ, こう呶, こう答える, こう言っ, こたえました, こっちの, こんなふう, こんな返事, ござりました, ござります, さう, さうい, さう云, さう言, さえぎった, さえずって, さけびながら, さもおかし, しかしはっきり, しかし心, しかし爺, しかりつけました, しかりつけるよう, しみじみと, しゃべった, すぐに, すべての, すらすらと, せう, そう云い渡した, そう叫ぶ, そう答えた, その上, その声, それと, そんな事, そんな言葉, たしなめた, たしなめるよう, たずねて, たずねます, たずねますと, たずねるの, だが, だしぬけに, だまして, ちょっと鼻, つづけさま, とぎれとぎれに, どなったの, どなつた, どなりながら, なにかいった, なにを, ねだりました, はじめから, はっきりと, はっとして, ひそひそと, ふっと目, ぶつ, ほえた, ほえたてて, ぼくの, ぽつりと, ぽつりぽつりと, みだらな, もう死にます, ものも, やって, やっと, やりかえした, ゆっくり云った, よびかけました, わかりましたよ, わめきたてながら, わらい出した, ゲラゲラ笑った, セルゲイが, テキパキと, ナガシメを, ブツブツと, 一と, 一人が, 一人で, 一座を, 一息に, 一杯に, 三人に, 下の, 不二夫君に, 不意に, 云いつづけた, 云いながらも, 云い聞かせた, 云うて, 云ったそして, 云った百メートル, 云った言葉, 云つたのである, 云つて居た, 云ひ放ちました, 云われた, 云われました, 人々を, 人に, 今まで, 今度は, 会話を, 何やら言っ, 何事か, 例の, 先ず云った, 切れぎれに, 切れ切れに, 初めて口, 制しようと, 助けて, 卑猥な, 南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏と, 博士を, 厳かに, 口々に, 口ごもりながら, 口の, 口真似を, 口笛を, 叫びつづけながら, 叫びましたが, 叫びを, 叫び泣き訴え続けて, 叫び続けた, 叫ぶの, 叫ぶ様, 叫んだと, 叫んだ夫人, 叱って, 叱りつけました, 叱り付けた, 叱り付けられた, 叱るよう, 号令した, 合唱を, 合図を, 同じ態度, 同じ言葉, 吠えるの, 吼えるよう, 呟いたので, 呟きました, 呟く, 呟くと, 呟くの, 呵々と, 呶鳴って, 呶鳴つた, 呶鳴りました, 呶鳴り出した, 呻くよう, 呻る, 呼ばった, 呼ばれた, 呼びあったり, 呼びかけそこ, 呼びかけたの, 呼びかけられ私, 呼びかける, 呼びとめた, 呼び立てると, 呼ぶ者, 呼んだが, 呼んでも, 命令を, 唄い出したもの, 唄った, 唄も, 唱って, 唸って, 唸つた, 喋るん, 喋舌る, 喚きながら, 喚きました, 喜助どん喜助どんと, 嚇すよう, 囀った, 囀って, 囁いて, 囁くの, 報告した, 声の, 多計代, 女優に, 威勢よく, 娘に, 子に, 子供が, 室内の, 尋ねかけた, 尋ねるの, 少女は, 少年たちに, 少年は, 尤も力を, 平和な, 幽に, 庭の, 弁解した, 彼が, 彼女を, 後から, 後ろから, 徐ろに, 応援団の, 快活に, 怒鳴りつけた, 怒鳴りつけて, 怒鳴り付けた, 怒鳴り出した, 怒鳴ると, 怒鳴るの, 怒鳴るよう, 急に, 怪塔王を, 懺悔する, 懺悔を, 我鳴り立てた, 或る, 手を, 手招ぎする, 救いを, 教えて, 数を, 斯う云っ, 旅の, 最後の, 朗読し, 朗読した, 歌, 歌いたいよう, 歌いだした, 歌の, 歌はれ, 歎願した, 殆ん, 母親を, 沸騰し, 泣きだした, 泣きだして, 泣きつづけた, 泣き出して, 泣くよう, 泣くん, 泣け遠慮, 注意した, 注意を, 流暢に, 深夜の, 清元を, 満たされて, 源太節を, 滔々と, 無邪気な, 独言の, 独語を, 猥らな, 琵琶歌を, 甘ったれて, 男に, 画かきに, 直ぐに, 相手の, 眼の, 破られた, 私も, 私語いた, 空に, 端唄を, 笑い, 笑いだす, 笑いつつ, 笑いはじめた, 笑いましたが, 笑い出し, 笑い出したが, 笑い出したの, 笑い出して, 笑い出すであろう, 笑い眼, 笑うだろう, 笑うと, 笑ひ出し, 笑ひ出しました, 笑出した, 答えたかと, 答えたが, 答えたの, 答えながら, 答へて, 答へる, 細々と, 細君が, 終って, 結んだ, 絶叫する, 続けざまに, 繰り返した, 罵って, 罵りました, 耳の, 聞えるか, 聞きかえしました, 聞きました, 聞き返した, 聞き返しました, 聞くと, 膝の, 自分に, 自己を, 舟の, 荻江節を, 表の, 言い, 言いそれ, 言います, 言い放った, 言い返しました, 言うので, 言うん, 言え, 言ったので, 言った者, 言つて, 言ひ, 言ひ放つた, 訊いて, 訊きました, 訊ねて, 訊ねました, 訴へる, 話が, 話しかけたが, 話しや, 話し合, 話し始めた, 話すが, 話すもの, 語った, 語り出した, 説明した, 読売り, 読経を, 論判を, 謡って, 謡ひ出す, 質問する, 返すこと, 返事が, 返事し, 返事した, 返事する, 返答した, 返辞した, 途切れ, 運転手が, 部下の, 部屋の, 野末を, 附け足した, 隊士一が, 電話を, 静に, 面白そう, 音楽の, 音頭を, 頼んだ, 頼山陽の, 願を, 飛び出して, 馬に, 駅の, 驚かされて, 鳴きました, 鳴き出す, 鳴くもの, 鼻唄を, 鼻歌を

1 [3764件 抜粋] ≪ワン, あくが, あたしは, あとは, あの壁, あやまるの, あらゆること, いいかけたが, いいましたけど, いい出した, いうこと, いえねっけど, いったが, いった滝太郎, いつて, いななくの, いふと, いるの, うかがうでしょう, うたう田植唄, うたひはじめた, うっとりと, うめくよう, おいおいちょっと出, おかあさんと, おごそかに, おっかさんおっかさんの, おっしゃってね, おどかすこと, おばあさんが, おやかまし, おろおろ叫び, お八重, お喋りが, お帰んなさい, お松さんの, お父さん, お艶, お話しにも, お頼み, かさねて, からかい合ったり, ききながら, きめ付けられて, くくと, くり返した, けけっこっ, げらげら笑っ, こうつける, こう云われました, こう呶鳴, こう市之丞, こう相談, こう苦情, こう語り出した, こたえる, このよう, この文句, これに, こんなに叫ぶ, ごく聞きにくい, さいご, さう言つて, さぐるよう, さけぼうと, ささやきながら, さとして, さもさも嬉し, さらに高く, しかし威嚇, しかもほとんど, しかも支那音曲, しきりにわたくし, しばらく騒然となっ, しゃべッ, すぐ戸, するどく云った, せんこく, そうお答え, そう怒鳴る, そう罵った, そこに, そっと呟い, そのほら, その兄, その年配, その看守, その間お, それらの, たぐりよせられ力, たびたび咳払い, だれかが, つけくわえた, つぶやいては, つるが, でも死ぬ, とりつぐ様, どこへ, どなったので, どなりだしました, どなりつけるの, どなるよう, どッ, なきさけび半四郎師匠, なにかし, なにか囁きあった, なんだ, ぬかすな, はきはきと, はじめてぢ, はっとする, はばかる様, ひくく叫んだ, ひとを, ひびいて, ふざけあって, ふつと, ふんどし, へらへらと, ほえるばかり, ほとばしるよう, ぽつりぽつり話し, またお, また呼びやがった, また話, まるで親しみ, むちゃくちゃに, もう一度注意, ものが, やじ馬が, やっと元気, やぶられた, やれば, ゆっくり物, ようすを, よく聴き取れなかった, よみあげた, わかりそう, わざと二人, わめいたから, わめき立てて, わめく連中, われに, アリストートルが, イントネイションの, オイオイ泣い, カアカア鳴きたてる, ガヤガヤと, キキと, クルークルーと, ゲラゲラゲラ, シッと, ジャケツを, セロの, チビが, テーブル, ドゥーシャが, ニコレットに, ハッと, パツと, ヒンカラカラヒンカラカラと, フェリクスの, プツリと, ホックを, ポソポソ呟い, ミーチャに, ラフトが, ロリー氏に, 一口愛吉って, 一寸つまる, 一晩中泣き続ける, 一番よく, 一言みんなに, 七郎は, 三等待合室を, 下から, 不平も, 不気嫌, 両手を, 丸く話, 主張いたしました, 久我さんと, 事を, 二階に, 云いな, 云い捨てながら, 云い続けて, 云うよう, 云ったけれ共お, 云ってたそう, 云つたのだ, 云つて元の, 云つて路次の, 云ひ残す, 云われると, 五郎は, 人だかりが, 人間の, 今朝早く, 仕事と, 仰有, 伊東七十郎だ, 伸一が, 低く私, 佐柄木は, 何となし, 何やら老人, 何度も, 俗謡を, 倒れるまで, 僕ね, 充たされた, 入っても, 公は, 内気らしくきいた, 冷笑を, 出張し, 分ったが, 初めて直, 別れを, 前進の, 勇ちゃんが, 勝負を, 医者に, 十太夫と, 半端な, 原子核が, 双六の, 口ごもって, 口数を, 古文書の, 叫びだ, 叫びましたの, 叫び彼, 叫ぶもの, 叫んだため, 叫んだ時人物, 叱ったり, 叱る様, 号泣を, 吉次は, 名を, 君江が, 吠えはじめた, 吼え出しました, 呟きはじめた, 呶鳴りかえす, 呶鳴付けた, 呼は, 呼ばれて, 呼ばわり合った, 呼びかけると, 呼びさ, 呼びましたが, 呼び売り, 呼び止められた, 呼び立てる, 呼ぶとかを, 呼ぶ小児, 呼んだもん, 咄し給え, 咎め立てを, 哀れ深く, 唄いはじめた, 唄うよ, 唄つてやり, 唱い出されたの, 唸つたが, 唸る, 問ひ返した, 啼き立つるもの, 喋った, 喋りはじめた, 喋れ, 喚いたもの, 喚きはじめました, 喜びを, 嗚咽し, 嘲笑した, 嚇したが, 囁きかけて, 囁やき合って, 回って, 土間から, 坊さんの, 報らせた, 売り乍ら身代, 多くの, 大きく泣きました, 大勢駈け, 大寺の, 大砲の, 夫に, 女に, 女王は, 妻の, 姫を, 婦の, 子を, 存じて, 実に大層, 家の, 家康と, 密談中であった, 察する, 小さい子供たち, 小父が, 少なくとも私, 山車を, 左様なら, 布令た, 年功の, 庭に, 弁士は, 引きかえして, 弱々しく叫ぶ, 形は, 彼自身の, 徐に話, 御夫人, 御笑い, 心強くなった, 応答が, 怒鳴ったの, 怒鳴りまくると, 怒鳴るもの, 思い出す自分, 怪人は, 恐る恐るかう尋ねた, 情けを, 意地わる, 愛弟の, 感謝を, 懐しそう, 戦場の, 手近で, 投げ節, 押っ被せられた, 振向いた, 支配人に, 散々に, 敷島ガレーヂに, 断わられた, 新しい季節, 新聞の, 日本の, 明るく応じた, 映画の, 時の, 暗く強い鼓動, 更めて, 朗んだり, 木の根から, 本格に, 板の, 桃輔が, 楽に, 欠伸を, 歌います, 歌い出すと, 歌うからな, 歌う雅懐, 歌など, 歎息し, 死ぬるほか, 気が, 水茶屋の, 沙金に, 波の, 泣きその, 泣きましたが, 泣き叫んだか, 泣く, 洞穴の, 流行歌の, 浮世話を, 淀みなく, 満ち溢れて, 溢れるよう, 激励する, 点頭いた, 然しきびしく, 父を, 物語った, 独りごとの, 獣か, 甘えかかろう, 産婦を, 申されまして, 申し上げました, 町中が, 病人は, 白状すれ, 皿洗い小僧に, 目覚めた, 相槌を, 真正面を, 睡れなかつた, 知りうれしい, 祈った, 祖母が, 神秘さうに話し, 私と, 種々な, 空気を, 突然その, 窓を, 笏を, 笑いつづけた, 笑いも, 笑い声も, 笑うコウモリ, 笑ったやつ, 笑つてみたいの, 笑ひ興ずる, 笹部は, 答えるの, 答へながら, 精一ぱいに, 経文を, 総江, 繰り返して, 罵られたの, 群れの, 耳元に, 聞えるだけ, 聞た, 脚本の, 自慢を, 船歌を, 色白の, 若い人々, 苦悶と, 華奢な, 薄すり目, 蜂谷に, 表現された, 西山を, 見物は, 解る, 言いきった, 言いましたが, 言い出したから, 言い母親, 言うもの, 言ったもん, 言った挙句, 言つてドアを, 言は, 言われた, 計算し, 訊ねます, 訪れて, 詑びるように二人に, 話される, 話しあって, 話した人, 話しましたからね, 話し間, 話す時, 語られ, 語り合った, 語を, 説明し, 読み上げたその, 読むばかりじゃあ, 読経し, 誰やらが, 謎の, 謡つた, 警戒した, 讓は, 貴様たちは, 赤児の, 起して, 転がすよう, 辰子を, 近侍を, 返事しなけれ, 逃げかけるの, 連り, 遠慮勝ちに, 金剛杖を, 鉛筆を, 閑山は, 降りて, 障子に, 青侍が, 頷いた, 頼春は, 風琴を, 馬子うたを, 騒がしくおり, 驚いた, 高調子に, 鯨の, 鳴きつつ, 鳴き合った, 鳴く奴, 鶴さんへ

▼ 声~ (4576, 7.1%)

20 顫え 19 急に 17 かすれて 16 ない 15 震えて 14 私の 13 低かった, 確かに 12 かすかに 11 ふるえて, 妙に 10 なかった, 低いが, 少しも, 彼の 9 何か, 出なかった, 耳に 8 わな 7 して, すれども, だん, だんだん高く, 云った, 前よりも, 聞こえて, 聞こえなかった

6 [14件] いつに, いよいよ高く, だんだん近く, どこから, まぎれも, 低くて, 嗄れて, 変に, 悲鳴に, 泣いて, 涙に, 私を, 聞こえない, 非常に

5 [19件] いつもと, さすがに, するが, だんだんに, 出ない, 叫ぶよう, 彼女の, 意外にも, 手に, 男の, 相変らず, 笑って, 絶えて, 聞えない, 聞えなかった, 自分の, 言った, 雷の, 顫えた

4 [30件] きこえなかった, ここで, しなかった, しゃがれて, すぐに, その中, だんだんと, なぜか, ぴたりと, ふるえた, やんだ, やんで, 人を, 出さない, 地の, 女の, 山の, 怒って, 怒りに, 恥かし, 悲しそう, 慄え, 明らかに, 次の, 水の, 立てずに, 紛れも, 遠くまで, 響いた, 風の

3 [81件] あたりの, あれで, あれど, いつもの, いつもより, うるんで, うわずって, きこえない, だんだん低く, だんだん大きく, つづいて, どうかする, どこか, はっきりと, はなやいで, ひくい, ふるえを, まだ声, まだ彼, やさしかった, やや鋭い, フランス人の, 一度に, 不安に, 不思議にも, 人に, 何の, 何を, 何時に, 例の, 出さなかった, 前の, 叫んだ, 叫んで, 可なり, 咽喉から, 咽喉に, 多くの, 夜の, 大きい, 嬉しそう, 容易に, 寂しそう, 少し顫, 嵐の, 底に, 彼が, 復た, 慥かに, 昔の, 昭, 普通の, 暫らく止んだ, 次第に近づい, 次第に高まっ, 次第次第に, 残らずおれ, 気の, 湿って, 澄んで, 犬の, 皆の, 神の, 私に, 答えました, 続いて, 聞えるが, 聞かれなかった, 聞こえなかったが, 聞こえませんでした, 自然に, 落ちついて, 言いました, 遠くからも, 野に, 鋭かった, 闇の, 陰って, 顔にも, 顫えて, 風に

2 [303件] あたりに, あたりを, あまり高く, あやしい波, あるが, あれは, いい声, いそいそと, いそがしい, いつもとは, いやに, いよいよ鋭く, おこって, おれの, がんがん聞え, こう言った, ここまで, この家, この部屋, さながら咆, しきり, しきりにし, しずかな, しだいに広がり, しだいに近く, しだいに遠く, しないかと, しなかつた, しなくなった, しばらくで, しみじみと, しわがれて, すこしく陰った, すこし慄, すべての, するけれど, そこから, そこで, そこらの, その時, それに, それを, た, たしかにその, たしかに妻, だれだ, だんだんかすれ, だんだんはげしく, ちっとも聞こえなかった, つぎつぎに, つまって, どうした, どうだ, どうです, どうやらその, どこかで, どこへ, どんな形, ないが, ないの, なおつづいた, なくとも, なく老人, なにかを, はじめから, はじめは, ひくかった, ひびきみんな, ふいに, ふるへて, ほかの, ますます切迫, また, また呼んだ, また明朗闊達, また言いました, また高く, まだ岸本, まだ耳底, まもなくそっち, まるで紙一重, みんなの, もう嗄れ, もう聞えなかった, やまなかった, やわらかに, よく出ない, ガランと, キイ, ハタと, 一つの, 一つも, 一日は, 一晩で, 一隅より, 下の, 乾いて, 二つの, 二間ばかり, 人の, 人工の, 人形の, 今でも, 今は, 今も, 今度は, 他の, 低くとも, 低くなり, 低くゆるく群盲, 何とも, 何処から, 余計に, 優しい, 優しい女, 優しかった, 全身全霊を, 八方に, 再寂かに, 冗談などを, 凜として, 出さないが, 出ずに, 出なかつた, 出ません, 列車の, 初から, 前ほど, 割れて, 午後の, 又青, 口から, 叫びに, 君か, 君な, 咽ぶよう, 咽んで, 喉で, 囁くよう, 土堤の, 地を, 地声だ, 壁に, 声を, 夜空つたひ, 夢の, 大きかった, 天の, 天井裏から, 天地を, 女である, 女なりけり, 如何にも清澄, 媚羞と, 家の, 寒さ, 小さかった, 小屋の, 少しく意外, 少しふるえ, 少しやわらいだ, 少し嗄れ, 少し震え, 山に, 己の, 平常に, 幸に, 幽に, 庭に, 弦之, 弱々しかった, 弱って, 弾んで, 当時の, 彼に, 心配し, 必ずしも, 怒りを, 恐怖に, 悲壮だった, 愉快そうであった, 慄へて, 慥に, 抉るよう, 拍手の, 掻き消されて, 改まった, 斯の, 早くも, 明確には, 昨夜の, 時でも, 月丸の, 朗々として, 朗らかであった, 木曾で, 本当になつかしい, 横から, 次第に小さく, 次第に高く, 止ったが, 止まなかった, 止んだ, 歩いて, 段々高く, 気の毒な, 水に, 水を, 水面に, 永遠に, 沈めど, 沈んで, 沈黙した, 泣くやう, 消えて, 涙を, 渋い良い声, 漸, 潤って, 潮の, 潮風に, 澄明で, 激して, 烈しい熱, 無いが, 煙に, 熄んで, 狂女の, 瑠璃子の, 甲走って, 甲高で, 町の, 皺嗄れ, 益々高, 直ちに聞え, 真剣で, 碧の, 確に, 私が, 秋の, 空気の, 立てなかった, 笛の, 答えた, 絶えない, 続けた, 続けて, 繰り返した, 耳には, 耳にも, 耳の, 聞いたが, 聞いたこと, 聞えて, 聞えないが, 聞えなかつた, 聞えませんでした, 聞こえないで, 聞こえなくなった, 聴き取り難き, 胸が, 腸を, 若々しい純, 若きが, 苦しそう, 苦痛と, 蔑るべからず, 蝋燭の, 裂け彼, 言葉に, 訝に, 誰とも, 誰の, 誰も, 調子が, 調子づいて, 足を, 近寄って, 遉に, 遠くの, 遠くはぐれ, 銀鈴の, 鋭い, 鋭くなった, 隣から, 雲雀の, 震えた, 震へて, 静かで, 静かに, 響いて, 顫へて, 風と, 風の音に, 食を, 馬の, 高々と, 高い, 高い天上, 高かった, 高くなった, 鴉の, 黙って

1 [3136件 抜粋] あいかわらず聞こえ, あげつつ, あたかも人, あった, あなたまで, あまりに世の中, あらゆる意味, ありカムイ・ユカラ, あれども, いいしれぬ苦しみ, いかにも優しかっ, いかにも鈍, いくらか潜め, いたく慌て, いった, いつとは, いつもに, いつ迄も, いまから, いよいよあざやか, いよいよ喧しく, いよいよ震えました, うち消され, うるみ其の, おそろしいこと, おびえたって, おろ, お宜しく, お道サン, かえって落ちつい, かけたであろう, かすかな, かなり上ずっ, かの古祠, かれ川内警部, ききとれなかったが, きこえないけれども, きこえませんけれども, きびしそう, くじけて, けんめいで, ここでし, ことばの, この住居, この時四方, この話, これ程よく相, こんな意外, さう高く, さっぱり聞えない, さも希望, さらに大きく高く, しかしゆったり, しだいにかすれ, しつこかった, しなかった無論, しばらくやまなかった, しめやかであった, じつにあざやか, すぐ下, すぐ眼, すこしも出ない, すすり泣きで, すっかり消され, すばらしく大きな, すれど, せき立って, そうです, そつけなき, そのままに, そのドア, その反動的, その手足, その険悪, それきり聞えない, それだけしか, それでもまだしばらく, それなりぱつたり, それ自身, たいへんかすか, たしかにあの, たしかに人, たしかに斎木素子, たしかに解剖室, ただこの, たちまち彼, たとえばオリンピック, だんだんうしろ, だんだん変り, だんだん疳高く, だんだん震え出し, ちやうど, ちょっと甲, つかれなかった, つと高く, でかいが, ときどきかすれ, とだえるという, とよめど, どうしても此, どうやらあの, どうやら妻君, どこかに, どちらが, どんなに暗い汚, なおこの, なおも続く, なかつた, なくなりました, なにも, なんだかレコード, なんとなくある, のどに, はずんで, はや遙, ひそひそと, ひとふし, ひと眼, ひどく高い, ひろ子に, ふつつりと, ふるさとの, へどもどし, ほとんど同時に起こった, ほのかであった, まあ, まさしく宇治山田, まじらなかった, ますます調子, またいった, また云った, また立たず, まだおののい, まだ低い, まだ眠, まだ聞いた, まだ若い, まったく自分, まるでつぶれ, まるで変ってる, まるで氷, まるで若者, みだれ山川, みな誠なり, むしろ沈ん, むろん電話線, もうそこら, もう助五郎, もう大人, もう懐かし, もう男, もう聞かれなくなり, もう非常, もっと太く, もみ消されて, やがて間近く, やっと彼女, やはり絶えない, やみました, やや低く, やるせなく訴える, ようやく尋常, よくない, よく耳, よく響いた, りんりんと, わざと聴かぬ, わななきそれ, ウラーの, カビ博士の, キンキンと, シワ嗄れ, チヨ, テープレコーダーの, ノンビリ, ヒョウロローと, プロフエツシヨナルにな, ポケット小僧に, ラジオの, 一そう嗄れ, 一体な, 一寸乱れる, 一層近く, 一日一度の, 一歩一歩急しくなっ, 一種の, 一致した, 一部の, 三人以外の, 三浦に, 下から, 不平そうに, 不機嫌そうであった, 世良田の, 丸木の, 之に, 乾いた空気, 二時過ぎまで, 云ったが, 五万や, 交らない, 人も, 人間離れが, 今までと, 今泣い, 令夫人, 伊賀の, 低い, 低くはじめ, 低く徐, 低く細くいつも, 低音で, 何でしょう, 何となく物悲しい, 何と云, 何処に, 余の, 余呉の, 侍らしい, 修業が, 僕のが, 兄君である, 全くおなじ, 全く洩れ, 全戦場, 其時心の, 再び続ける, 冴え渡りました, 冷ややかである, 凛とし, 処女の, 出しかねて, 出ず殆, 出せまいと, 出ないよう, 出ぬ, 刃の, 初めて聞いた, 刺々しかった, 前後左右から, 勇んだ, 勿論慴, 千年の, 半蔵の, 却つて此二人の, 厳しい命令, 又力, 反乱軍の, 口の, 可愛く聞こえた, 吉三郎という, 否定した, 味方の, 命令者の, 咳枯れ, 唄に, 喉もとで, 嗄れ顔, 嘲るごとし, 四方から, 土地により, 地獄の, 堀の, 塾の, 声から, 変じて, 外界へは, 夜と, 夜風の, 大きい二軒先, 大きく聞える, 大体に, 大変に, 大津の, 天井の, 天狗が, 太十, 女, 女の子の, 如何にも素直, 威嚇的に, 存外平気, 官舎の, 実に前, 室外へ, 寄手の, 尉と, 小さい男の子, 小さけれど, 小迷, 少しばかり, 少し慌て, 少し細い, 少し高かっ, 尖りました, 尤も苦しき, 届かないけれども, 山々谷, 屹度この, 峰から, 己れ, 常に額, 平七であるらしく思われた, 幹部の, 幽霊の, 広い館, 廊下伝いに, 張りの, 彼には, 彼方だ, 往来までも, 後年を, 復た聞えた, 心の, 必ずしも天, 忠右衛門の, 忽ち止まり, 怒りの, 思いがけなくまじ, 思わず弾んだ, 急込ん, 恋を, 悄然と, 悪魔の, 悲痛を, 惜しよ, 意気地なく, 感投詞か, 憂欝だ, 憤りと, 我が局量, 戦闘の, 手の, 抜きで, 掛けなかったが, 支那と, 放てど, 数里の, 文字の, 既に上ずっ, 日本男児の, 明けの, 明智探偵でした, 昔よりも, 昨日あたりより, 時々北風, 普段話を, 暗いなか, 暫時止まなかつた, 更に戦きぬ, 最初から, 月夜の, 朗読口調に, 木唄と, 本堂の, 村の, 林の, 枯れて, 柔らかくいかにも, 案外やさしかっ, 梟山伏の, 極めて自然, 樹, 次第にアーサー, 次第に感動, 次第に疲れ, 止んで, 正に日本語, 武田博士だ, 死黙, 段々かすか, 段々遠く, 気味の, 氷を, 決して中断, 決定的な, 沈痛であった, 波に, 泣き叫んで, 泰山の, 洩れ聞えて, 消えようと, 涼しいもの, 混雑する, 湖とは, 源吉を, 漣の, 澄みわたって, 激情的で, 火の, 烈しい敵味方, 無し泣くなる, 煙の, 爆弾の, 物々しく低くなります, 犬が, 狭蠅, 玄関に, 理窟だ, 甚助の, 生涯耳から, 甲板の, 男ざかりの, 異様に, 疳高に, 痰に, 白燃鉄を, 益々大きく, 直に秋晴, 真女児, 知らないで, 神戸の, 私にとって, 稚拙ながら, 空に, 空洞に, 立ちませんが, 立て得ないから, 笑った, 筒抜け, 籠って, 純粋の, 細い, 細くかつ, 細って, 絶えず聞こえたれ, 絶え絶えでした, 継立てを, 練習さへ, 美しくは, 老人に, 耶馬渓の, 聞えずただ, 聞えで, 聞えなかったと, 聞えましたが, 聞かまし, 聞きづらい, 聞き取りにくい, 聞くに, 聞こえなくても, 聞ゆれ, 聴かない, 腹に, 自分で, 至って剽軽, 舞台へ, 若々しいの, 若い女, 苦労の, 荒々しく嗄れ, 落ち付いては, 蓄音機には, 虚音と, 蝉などと, 表でした, 裂けて, 見る見る大きく, 言うまでもなく三輪, 評定所いっぱいに, 誰でも, 謂知らず母の, 豚吉か, 起つた, 身に, 農村に, 近くなる, 近附き, 透きと, 通らなかった, 遂に戸棚, 道場の, 遠い森, 遠くへ, 遠近に, 郷里に, 醜く皺, 重みが, 金博士の, 鈴の, 鋭くまた, 間もなくぴたりと, 陰気であった, 階下から, 隠しきれない程, 雑然として, 雲まで, 雷に, 震え睫, 青天の, 静なる, 音楽的で, 顕然と, 風間九十郎に対する, 驚いても, 高く低く男, 高倉利吉の, 魅力の, 鳴り響いて, 麦の

▼ 声~ (3164, 4.9%)

179 応じて 119 出して 107 なって 95 耳を 55 驚いて 35 力を 31 なった 26 つれて 25 似て, 送られて 19 おどろいて 16 変って, 彼は, 驚かされて 14 気がついて 13 和し, 目を, 私は 12 まじって 11 おうじて, びっくりし, ハッと, 力が 10 して, 気を, 混って, 相違ない, 顔を 9 なる, 何か, 出した, 答えて, 聞き入って, 聞き覚えが 7 なり, 交って, 眼を, 聞き惚れて, 誘われて, 連れて 6 おどろかされて, ぎょっとし, しては, ちがいない, つづいて, つられて, なつた, 出て, 覚えが, 驚かされた

5 [13件] だして, なると, よく似, 一同は, 僕は, 彼女は, 心を, 気が, 物を, 相違なかっ, 話しながら, 送られながら, 違いなかった

4 [26件] いう, しても, じっと耳, つ, つつまれて, なりました, はげまされて, びつくりし, 二人の, 交じって, 出しては, 吃驚し, 合わせて, 呼んだ, 変った, 夢を, 帆村は, 抑揚を, 気がついた, 満ちて, 目が, 胆を, 言った, 違いない, 驚いたよう, 驚かされたの

3 [39件] あった, あわてて, おくられて, かわって, きいて, こめて, それは, つぶやいて, なつて, ならないうち, ならない声, はっとして, ひとりの, 似た音, 変つた, 外ならない, 安心し, 引かされて, 彼女の, 応ずるよう, 怒を, 我に, 打たれて, 振り返って, 気づくと, 泣いて, 注意し, 消されて, 皆は, 答えた, 答えるよう, 節を, 紛れも, 聞えた, 聞えて, 聞きおぼえが, 聞き惚, 言って, 調子を

2 [132件] あらわして, あらわれて, いって, おびやかされて, お君, かわった, ききとれて, きき覚えが, きこえて, こっちを, したよう, すること, せかれて, そっくりで, ちがいなかった, つけても, なっちまうだ, なっては, ならないの, ならない無数, ならなかった, なりながら, なり第, なるかと, のまれて, はっと眼, ひびかせながら, びっくりした, ふくまれて, ふと目, ゆれた, よび出されて, ラクシャンの, 一同が, 一同の, 一斉に, 乗って, 云った, 仰天し, 似たるに, 傾聴し, 兵馬は, 凄切, 出さずに, 出していう, 出すと, 出たか, 初めて我, 別荘番の, 動かされて, 占領され, 反して, 叫んで, 叱りつけた, 吃驚した, 合せて, 向って, 含まれて, 呼ばれて, 呼びかけられるよう, 呼び出されて, 呼べば, 喫驚し, 嘉十は, 変りました, 外ならぬ, 女房が, 妨げられながら, 心の, 応ずるが, 応ずる者, 応ずる響, 念仏を, 怯えて, 恐れを, 愕い, 愛嬌が, 慄え, 振り向くと, 振返ると, 接して, 最初白丁に, 栄三郎は, 梯子段に, 椅子の, 気がつくと, 気づかなければ, 満たされた, 烈しい愛, 現して, 眼が, 矢代も, 破られた, 続いて, 耳も, 聞いて, 聞える, 聞えるの, 聞きいって, 聞き入, 聞き入りながら, 聞き耳を, 聞覚えが, 聴き覚えが, 脅かされて, 脅迫され, 自分が, 自分で, 衣ときはなち, 表わして, 覚えある奴, 親しんで, 言いながら, 誘はれて, 読みはじめた, 近い, 近いもの, 近い鶯, 近所の, 逢ひ, 違いありません, 酔って, 酷く謝絶, 静かに, 響いて, 駈けて, 驚いたの, 驚きまして, 驚き且つ, 魂の, 魅せられて, 魅力が

1 [1535件 抜粋] ああいや, あなたの, あらざる事, あらずや, あらわすこと, あらわれるメロデイ, あるの, あわた, いずれも, いった, いまは, いろいろと, うすうすと, うたつてゐた, うなりながら, おかぼれして, おさよ, おどろいた, おどろかされた, おびえず若い, おびえること, おもわずまえ, およみなすった, お末, お蝶, お饒舌, かえって床, かきけされて, かすれた, かれの, かわりました, がなられ撲られこづかれ足蹴, きき入りその, きき覚えは, きこえ, きっとした, ぎょッ, くりかえした, くるまれ通し, こたえて, この頃, こめられて, こんどは, ごん, ささやき合って, さそわれて, さまよい出でて, したって, しばし耳, しろ感情表現, すぐと, すべての, そういう力, そう言っ, そそられて, そっちを, その弟, それと, ぞっとし, たけしくんは, たちまち妻, ちぢみあがった, ついて行くと, つい雨戸, つつまれ皇居宮院, つぶやいた, つられたか, とう, とがめた, とよみわたって, とりまかれながら, どうやら聞き覚え, どすを, どなった, どんなにすみれさん, なぐさめられ怠らず麦, なったこと, なったと, なってから, ならないうめきを, ならない次, なりあなた, なりつつ, なりもう, なり又, なり犬, なるには, なるまで, なんとやら, にて, はかられて, はずんで, はっとした, はっと気, ぱッと, ひかれて, ひきつられて, ひと息入れた, ひびく, ひょいと入口, びりっと, ふたたび此の世, ふと何, ふと気がついた, ふと眼, ふと駒, ふりむくと, ふり返ると, ほぎ歌, ほとんど安心, ぼうっとなっ, まぎらして, まぎれも, まじつて, またあの, また驚き, みずからふっと, みちみちては, むせ返って, もうちぢみあがっ, もどって, もれくる一ふし, よく月夜, わいたであろうが, わたくしの, われに, ガンとして, ゾーッと, トンヂャクなく, ハチロウが, ハテ誰, ヒビが, ビリビリと, フト私は, ボックスに, 一人は, 一彦は, 一種悲痛な, 丁寧に, 上の, 不審を, 不思議そうに, 丹下左膳は, 乗るが, 予言察心の, 二三人が, 二階を, 云つた, 交えて, 交ぜて, 交つてお, 交つて蜩の, 交り合う, 人心ついた, 今では, 仏は, 代りやがて, 伝えられ南蛮国王, 伴って, 似ず彼女, 似せるよう, 似たもの音, 似た優しい, 似た声, 似た物音, 似てたな, 何かの, 何とも云, 何もの, 何十人の, 余り頼り過ぎ, 依って, 促が, 俄然顫, 傾聴しなけれ, 元気づいた, 充ち日露国際, 入れて, 共鳴する, 凜と, 出してまで, 出す元気, 出た, 出だし候とより, 出でつつ, 出ない言葉, 出来るだけ, 初て, 初めて自分, 到達した, 刺戟せられ, 力は, 加わらなければ, 励まされ稚児髷, 動かされると, 勝れりという, 包まれたその, 化せり, 半蔵は, 原因が, 又山絵図, 取りまかれた時, 叢の, 叫びたい誘惑, 叫んだ, 叱咤した, 合はせ, 吉次も, 吐いて, 向けて, 吟じたら気分, 吸い付けられるよう, 呑まれて, 呟くので, 周章てて, 呼ばれた, 呼びかえされて, 呼びかけられて, 呼びたてた, 呼び出された, 呼び込まれて, 呼び醒まされて, 命じた, 命令を, 和する谷川, 唄い出した, 唄って, 啼きつづけた, 喚いたの, 喚わり, 嗄声は, 因って, 圧せられて, 執着する, 墨江は, 声を, 変ってしも, 変つて例の, 変るごとくに, 変化したら, 多鶴子の, 夢破られ, 大きな驚異, 大隅の, 失望の, 如何に, 妨げられ旅行, 姿を, 娘分は, 学士は, 宮も, 家臣たちが, 寛之助を, 対比し, 小六は, 小砂利, 尾田は, 山井博士の, 川辺に, 巧みな, 帆村も, 帰つてゐた, 幕僚と, 幻滅的な, 幾分皮肉さ, 座頭も, 引かれたかの, 引寄せられ, 弟は, 張りを, 弾かれて, 彼等を, 従うよう, 従わずには, 御経, 徹底的に, 心づいたらしくちょっと, 心引かれ, 心静かに, 応じた, 応じるが, 応じ取り次ぎ, 応じ得物得物, 応じ閉扉, 応ずるため, 忠相が, 思った, 思わず四辺, 思わず立, 思わず足, 急いで, 急きたてられながら, 怯えた妻, 恐れた殊勝さ, 恟っと, 恨みを, 悩まされて, 意識を, 愛が, 慢心を, 懼然と, 戒めつつ, 戻ると, 打たれたが, 打ちひしがれそう, 打合せを, 抜きつれながら, 押っかぶせ, 挑むよう, 振り向いて, 振り返えると, 振向いたとたん, 捩れて, 接したこと, 接すると, 換ゆる, 擬したもの, 放って, 数十遍称え, 文醜, 新田先生は, 日本女は, 明けかけた水色, 明け方の, 春の, 昼間の, 曇りが, 曳かれて, 朗々と, 未練を, 松平方の, 根ざした俳論, 権威が, 欺かされて, 歌つて居た, 正念を, 歩足の, 母は, 比喩を, 気がついたよう, 気づいた彼, 気まり悪く, 水夫長は, 油を, 泣きじゃくりを, 泪が, 活気づいて, 浪子は, 消えまよいけり, 涙すら, 深い感動, 混じりて, 混つてゐる, 清らな, 源氏である, 溢れて, 滴るばかりの, 潤ひと弾みとを, 火箸のちゃらちゃら云う, 煽られて, 牛丸は, 牽かれて, 猟犬の, 現はれ, 生きうつしの, 由ったもの, 異同なき, 異様なる, 病馬の, 白絹の, 皆んなおきぬ, 目ざめるの, 直ちに秀子, 相語り, 相違が, 真心が, 眠を, 矢代は, 研究室に, 私にでも, 移ること, 突き刎ねられた, 立ち止まつた, 立てながら, 笑いに, 笑い合いながら, 笑ったの, 笑ひ交し, 笑を, 答えるかの, 答へる, 籠らせたが, 素子の, 結んで, 綱手が, 締りが, 縮みあがって, 罵り乍ら, 美しくひびい, 義朝も, 耳傾け, 聞えた声, 聞えるやう, 聞きあきました, 聞き入った, 聞き恍, 聞き覚えは, 聞くとも, 聞惚れた, 聴えた, 聴き入らずには, 職人たちも, 背を, 胸を, 脅やかされ, 腰を, 自信ない, 自分の, 自然の, 興奮し, 苛まれた, 若党の, 茶化した調子, 菱山は, 藁の, 融け入って, 行衛も, 袁, 見当を, 見送られて, 親愛の, 言うには, 記憶が, 詩吟を, 話しする事, 話して, 誘わるよう, 語り合って, 語るの, 誦した, 誰かと, 諄々と, 警官たちは, 象ると, 貫一は, 起き上って, 踊つた観が, 身を, 辟易し, 迎えられながら, 近づくに, 返事も, 追い立てられるよう, 追立てられる, 逆上し, 運命を, 過ぎないの, 過ぎまい, 道中ずれの, 違ひありません, 邪魔された, 酔いしれて, 酔は, 重きを, 針を, 長く吟じた, 門前で, 限度が, 随い, 集中し, 電車ががたりと, 震え上ったという, 非ずして, 面食っ, 音を, 響かせたかつたかも, 頬ずりしてやりたい, 頼みつづけた, 顕ち, 飛びおきる, 飛上る, 首尾の, 馬に, 馬琴は, 駈け上がって, 駭き, 騒ぎ立った女中, 驚いたもの, 驚かさる, 驚かされたので, 驚かされると, 驚きその, 驚きもし, 驚き眼, 驚て, 驚嘆し, 高橋さんも, 魅力を, 鳴く, 鳴りを

▼ 声~ (2848, 4.4%)

96 する方 65 主は 58 中に 56 ように 41 ような 40 主を 31 調子を 30 した方, するほう 25 下に, 中には 24 調子で 23 方を 22 調子が 20 下から, 方へ 19 調子は 16 やうに 15 主が 14 方が, 調子も 13 ようで, 主の 12 男が 11 ようだ, 中から 10 うちに, ために, 出し方, 方に, 来た方 9 して, ほうへ, 美しさ, 調子に 8 するの, なかに, 中で, 聞こえて, 響きは 7 うちには, したほう, 主に, 間から 6 ことを, ない笑い, なかには, 下で, 方は, 調子の, 質が, 限りに

5 [15件] なかから, ぬしは, ほかに, ようであった, ようです, ようでも, 大きさ, 母たちは, 男は, 終るか, 聞こえるの, 調子には, 調子にも, 響きに, 高さ

4 [25件] うちにも, かぎりに, した方角, する所, する方角, ほうは, やうな, ようにも, 上に, 主である, 代りに, 内に, 反響を, 大きいの, 後から, 来たほう, 様に, 様子では, 聞えて, 聞えるの, 表情で, 調子まで, 調子や, 間に, 響きを

3 [39件] あるの, い, か, きれいな, さびしさ, したの, ちょうしが, とどく王様, ぬし, ぬしを, ひびきの, ほうが, ほかには, ほかは, まねを, ままで, もとに, ようだった, ようでした, 一つも, 中を, 他には, 余韻が, 変化は, 怪塔王は, 悲しき, 持主は, 波は, 絶えた時, 羨しさ, 聞えるところ, 聞ゆる, 裏には, 裡に, 調子から, 調子だった, 間々に, 響の, 高いの

2 [133件] あいだに, あとから, あやぎれもなくおはりよ, あらん限り, ありかを, ありッたけ, ある方, いい売子, いい砲艦, いうところ, うちの, おそらくは夜, かかるの, かぎり呼ん, かれるほどに, かれるまで, けたたましさ, ことも, さざめきも, したと, したところ, する, するところ, とほり, どこかに, ないの, なかへ, ひ, ひびきに, ほうを, ままに, やうで, ゆく水の, よい人, ようじゃ, ようには, よくきけ, ニュアンスといふ, 一人が, 下, 下より, 中へ, 主なる, 人を, 人工説だ, 会話が, 低い底, 何ごとも, 優しさ, 凄じ, 出て, 出ないの, 出るところ, 出るの, 出る所, 前に, 力に, 句は, 号令が, 合間に, 吹き戻さる, 喧しい中, 在所を, 型を, 声が, 外には, 大きいこと, 大きい方, 大きなこと, 大なる, 大砲を, 太い人間, 寂しさ, 寒けども, 届かないところ, 幅を, 幽に, 底に, 形を, 後を, 性質から, 怪塔王, 悲鳴, 意味は, 慄え, 懸るの, 抑揚から, 持主であった, 揺曳を, 方向に, 方向を, 方角を, 普通なら, 来た方角, 来る方, 松づくしでも, 様だ, 様子で, 母, 母たちが, 母たちの, 洩れて, 消えないうち, 無い生活, 特徴を, 独語を, 男に, 異様さとぶ, 発源点は, 素敵に, 終らないうち, 終らぬうち, 終りの, 聞えない処, 著け, 虫だ, 蝉が, 裏に, 裾野原揺りどよもす, 言葉を, 調子である, 調子と, 調子などが, 質に, 返事が, 通じた様子, 遙けさ, 遠くなる, 雅楽を, 面白さ, 響だった, 顫える, 高いもの

1 [1344件 抜粋] あがったの, あった屋敷, あとを, あはれなる, あらう筈, あらしは, ありさうな, ありッ, ある微妙, ある限り, いいお, いいの, いい僧, いい子, いい男, いい鶯, いとど喜ばし, いろいろ, うたたけわしき, うちも, うつくしければ, うれしくぞ, うわずって, おとない, おぼつかなくて, お貞, かかるところ, かかる時, かぎりさけびつづけてみよしへ, かぎり泣きたかった, かすれを, かなでる音楽, かわりに, ききめを, きこえた方角, きこえる二階, きこえる毎, きざむかと, くせに, こだまばかり, ことばを, ごときは, ごとく地, ごとく松風, さぐるに, さまざまに, ざわめきから, しおり, しずまるまで, したしさ, したらしい部屋, した家, した部屋, した高, すぐあと, すまないので, すること, するどさ, する処, する大樹, する市長室, する東, する空間, する辺, せいに, その身, それである, たしかならず, たちまち起り, ためかも, ちょうしにも, つたわって, つなみ, つぶれた, でけえな親, でるの, とぎれがち, どよめきは, ないうす笑い, ないざわめき, ないコーラス, ない初心, ない叫喚, ない喧騒, ない挨拶, ない歓声, ない涙, ない生きた, ない虫, ない鎮魂楽, ない顔一杯, なかった, なか行く, なだれかかれ, なほわが, ぬしとを, ねえの, はげしいの, はゐなかつた, ひとつひとつが, ひとり言の, ひびきが, ひびきにこめて, ふるえを, ほか何の, ほか絶え, ほのかに, まじった山, まへには, まるで無い, みぞいたずらに, めね, ものが, もはや響かずなった, もれて, もれるの, やうでした, やうにも, やむの, やりとりを, よいもの, よい僧, よう, ようである, ようにさえ, よしあしでは, わき上がった, わるいキリギリス, をさ, シンデレラ姫の, ソプラノ歌手ポリランダチョが, チャームが, ドレミファを, ミミッチイ悪, リフレインが, 一つに, 一ツな, 一度止む, 一期と, 上げ方の, 上ずつ, 上を, 下ちょい, 下品さに, 不思議な, 中かに, 中にこそ, 中より, 丸さ, 主さえ, 主だ, 主という, 主な, 主へ, 主ボジャック氏, 主姿の, 主調低音だけしか, 争いが, 事を, 二人の, 云うこと, 人だ, 人でした, 人好きの, 今も, 代表的な, 会話の, 位置で, 低い男, 低くなっ, 何か, 何所其所で, 余りにも, 余韻を, 侮り難し, 修行を, 倍の, 優しい男, 優しい響, 先蹤を, 入り来りし, 内容には, 写実味に, 写音で, 冴え冴えと, 出か, 出せないよう, 出たところ, 出どころは, 出ないうち, 出ない人, 出ない嘆き, 出ない話, 出ぬの, 出るに, 出る僧たち, 出る者, 出所が, 出所を, 切れはしから, 力で, 助演の, 動き行く, 医者は, 単調さは, 去らざら, 反響する, 反響な, 反響コダマの, 古い鐘, 叫が, 可憐な, 司会ぶりに, 合間合間に, 吟味までは, 咽喉を, 商売だけに, 問題は, 喧しく聞え, 嗄れにも, 嗄れ尽す時, 回想から, 図抜けて, 型には, 報告を, 声響の, 外に, 多からざる, 大きいので, 大きい熱心, 大きく肯い, 大きな叫び, 大相談, 大鐘を, 天のぼり, 太い頭, 奥さんは, 好いもの, 如き人, 如くに, 如く空, 如く聞える, 妖怪, 嬉しいもの, 孝行娘は, 実質は, 寒けさ, 寸が, 少し震え, 尻上りな, 届くかぎり, 山の根に, 山海嘯である, 嵐口々に, 幾分を, 度々に, 張合いも, 弾んで, 影法師, 彼方に, 微かに, 思い出私の, 性質音色調子であった, 恋しき時, 悪いの, 悪魔の, 悲そうでした, 悲鳴と共に, 惑わしだった, 意外にも, 感じです, 感銘は, 懺悔に, 所有主です, 打ち震, 批評を, 抑揚とで, 抑揚を, 抑揚音楽としての, 持ち主だ, 持ち主は, 持主だ, 持主であれ, 指さすあたり, 挙げら, 掛るの, 揚げられるもの, 攪乱した, 文化性には, 方角は, 日本言葉が, 昂まる, 時である, 時を, 時折に, 暴風と, 有る色, 朗か, 末消え, 杜絶えた, 来た栗, 果知らぬ, 柔かい魅惑, 森に, 様です, 様な, 歌が, 歌を, 止め度も, 正体は, 死んだ時, 母が, 母たちを, 母に, 母子の, 水の上を, 沈重いた, 泉かと, 波の, 波動を, 洩れぬ様, 流れて, 涸れるほど, 淋しい余韻, 深さ, 清さ, 清らかさは, 渡って, 湧き上る中, 漏れるの, 漫談発表会, 澄んだ調子, 濁りを, 灰汁が, 為には, 為る方, 烈風に, 無いフイルム, 無い極り, 無い此の世, 無い言葉, 無理だった, 爆発が, 物凄きは, 物和らかな, 物騒がしく葦, 猫をば, 珍奇な, 甘いさ, 甲を, 男だった, 男と, 男らしい, 疲れた, 発する箇所, 発動調子様子という, 発生の, 登場する, 白さ, 皺は, 真似が, 真似を, 礫だった, 程, 空しかるべき, 突発が, 立つの, 立てられぬよう, 第一番, 糸を, 素っ気な, 細い胸, 細君が, 終えたころ, 終らぬその, 終わって, 絶えて, 絶間の, 続くもの, 綺麗さも, 綾に, 練習が, 美い, 美しい人魚, 美しい長身, 美を, 者を, 耳目に, 聞えずなりぬ, 聞えた見当, 聞えないはず, 聞えはじめる頃, 聞える事, 聞える折, 聞える辺, 聞き誤り, 聞こえたあたり, 聞こえた頃, 聞こえぬもの, 聞こえる場末, 聞こえる筈, 聴きなし, 背後には, 能う化け, 腐った不潔, 良し悪しは, 色と, 色合ひ, 艶に, 芸に, 芸術で, 若々しい品, 若いの, 苦しいの, 荒い眇, 蒼く黄色く肥ったる, 虫が, 行くところ, 表情には, 表現で, 裡には, 見本です, 親しさ, 訓練も, 評隲に, 詩人とでも, 話に, 語る不思議, 調べの, 調子その, 調子だけは, 調子でした, 調子どう, 調子にさえ, 調子ッぱずれの可笑い処へ, 調子一言いっ, 調子表情姿態までが, 談話中に, 警告は, 質と, 質は, 質を, 走使いは, 起こるの, 起った所, 起った自分, 跡を, 轟きに, 返事だった, 透る我が, 通じないの, 通りを, 違うよう, 遠く響く, 遠ざかるに, 遺伝が, 部分とを, 重々しくうなる, 量と, 鋭くひびきわたる, 鍛えられた証拠, 間合に, 限に, 限りポンプを, 限り制した, 限り笑つた, 隅に, 隣は, 雄鶏が, 雑踏の, 雨に, 震えすべてつまらない, 霊, 静かで, 音の, 音楽が, 音色が, 音色の, 韻から, 響から, 響きあらしめよ, 響きだ, 響きと, 響きには, 響きばかりを, 響くほど, 響だけ, 響には, 領域から, 顫へる, 騒がしさ, 高いほう, 高い折柄, 高い男, 高まったこと, 高低なく, 鯨鐘の, 鳴き尻を, 鶉を, 鶯は

▼ 声~ (2382, 3.7%)

43 する 37 立てずに 28 きこえた 26 ない 21 出なかった, 耳に 20 しない 19 なかった, 聞えた 17 聞える 16 した 15 聞えて 14 かけずに, して 13 出ない 10 しなかった 9 あった, きこえる, 聞えなかった 8 きこえて, なくただ, まじって, 聞えます 7 出さずに, 立てなかった, 聞えない, 聞こゆる 6 たてずに, 今は, 姿も, 聞こえなかった 5 出ませんでした, 聞こえた, 聞こえて, 聞こえる, 言葉も, 顔も

4 [20件] うるんで, かすかに, どの声, なく泣きました, ろとも, 交じって, 交って, 出ないで, 出ないの, 出ません, 妙に, 形も, 止んで, 混って, 無し, 聞えず, 聞えないよう, 聞えぬ, 音も, 高い

3 [42件] あげ得ずに, あったが, おろおろと, かけないで, かけなかった, きこえない, きこえなかった, きれぎれ, したの, たてずこっち, たてなかった, ないの, なき国, なく, なくかたち, なくどんどん, なし, ふるえて, やんだ, よかった, 凜, 出せない, 出ないほど, 出ないほどに, 幽かに, 態度も, 曇って, 様子も, 洩れた, 犬の, 立てさせずに, 立てないで, 終らぬうち, 聞えたが, 聞かず男, 聞きました, 聞くこと, 聞こえない, 足音も, 跫音も, 身に, 身体も

2 [121件] あまり多く, あり, あり重量, ある, あるし, いいわ, うつろに, からだも, きかずただ, きかれない, きこえずただ, きこえました, きこえます, ことばも, しないので, しました, しませんでしたが, するの, するよう, その中, それぎりで, それを, だんだんに, ちがって, でなかった, とどかぬ水底, ないが, なき, なき秦皮, なき薄暮, なくうなだれ, なく動い, なく地, なく泣い, なく立ちすくん, なく顔, なければ, はっきり聞えました, ひとつに, ほのかに, ぽんぽんと, まじる, よく似, 一つの, 三声も, 他人の, 低かった, 低く, 低くなっ, 低めずに, 体も, 何んと, 僕の, 僕を, 出さなかった, 出ずに, 出ず涙, 出せなかった, 出て, 出でず身, 出ないし, 出なかったが, 出なくな, 出なくなって, 出ぬ, 動作も, 喜びに, 嗄れて, 常とは, 幽に, 彼には, 彼女の, 得たて, 急に, 惜しまず泣くの, 掛けずに, 掛けず抜き打ち, 敵, 更けた, 朗かに, 沈まって, 消えて, 涙に, 清しい, 滴るが, 激し, 物音も, 狂人の, 疲れて, 確かに, 立てず低い, 立てない, 立てなければ, 立てぬの, 立て得ずに, 絶え消えか, 耳には, 聞えだした, 聞えなくなった, 聞えなくなって, 聞えません, 聞きませぬ, 聞れない, 聴え, 若かった, 荒らかに, 言葉の, 起こって, 起こる, 起り中断, 身も, 途絶えて, 遉に, 遠ざかって, 長閑に, 震えた, 震えて, 震えながら, 響いて, 顫え, 風に

1 [1460件 抜粋] あげずうなり声, あげは, あったじゃ, あつた, あはれ長く, ありません, あるとか, あるもの, あんぐわい, いい顔, いずれの, いつかきこえず, いつか止ん, いつか衰え, いつと, いつまで, いまは, うそ寒う着いた, うつつに, うるさくなった, うれしいし, えたてぬ, おかみからは, おちこちに, おとろへた, おのずから時勢, おぼろに, おろ, かき乱されるけれ共, かけずいきなり, かけずドア, かけず拝みうち, かけず足並, かけないよう, かけませんでしたが, かけられない, かすかにしか, かなしきもの, かの大木, かれがれ, かれ疲れはてて, がちゃがちゃ室中を, きかれようと, きこえずいつ, きこえず帆, きこえたよう, きこえないしん, きこえなくなって, きこえるし, きょうの, きわめて優雅, こいつの, ことごとく新, この場合, この目, これは, ごく低かっ, ささやくよう, さびしく反響, さむらい, しきり, したが, しつかりして, しどろであった, しないの, しない飢餓, しなかったので, しなくなりました, しびれ果てて, しませぬが, しゃがれたよう, しわがれた梅干老爺, すぐ已, すこし大きく, すさまじい程, すっかりい, すでにむせる, するやう, すれば, せずに, せず篝, せぬ, せぬのに, せぬ山, せぬ通, そこでは, そっくりです, その静寂, それと, たえだえ, たしかに先生, ただうるさい, ただの, たつほど, たてず刑事たち, たどたどしい幼, だせずに, だれにも, ついには, つぶし果て, できないで, でないほどに, ときおり近く, とぎれとぎれに, とどいて, どうやら心, どこと, どちらも, ないで, ないひっそり, ない厳粛, ない嗚咽, ない青畑, なきかがやかしさ, なき女, なき潮, なき野, なくおののい, なくさしうつむい, なくじっと, なくただただ, なくなす, なくなって, なくは, なくフカフカ, なく他界, なく傷, なく口, なく唯, なく寂寞, なく川千鳥, なく揺れ, なく月, なく歔欷, なく泣き伏し, なく消え, なく照り, なく畳, なく眠って, なく立ちはだかって, なく笑いました, なく老婆, なく言葉, なく遠く, なく静か, なしあかき燈ひとつ, なしという, なし河, なにから, なんとなく陰, にごった空気, のどかに, はずむの, はっきり聞きとれる, はやす声, ひくく殆, ひそまって, ひとしお春めい, ひどくよろめいた, ふと聞えた, ぷつんと断れた, ほそぼそと, まじり子供たち, またきみ, また不思議, また聞えた, まだ鋭く, まるで女, みな上わ, みな忘れを, めったに, もう人々, もう真下, ものすごい, やがて消えた, やがて聞えなくなった, やはりこだま, やみ一座森, やや尖っ, やや震, よいが, よくて, よく出なかった, よく聞えます, よく聴, よも聞き覚え, ろとも艇外に, わなわな顫, ウハハハハも, カタリとの, キーキー声で, スツカリ上ず, ハタと, フッツリと, ポソポソと, 一両年前から, 一様に, 一言毎に, 三味線の, 上づってゐる山王ホテルや, 之れ, 二三ど, 交じり何, 交る, 京訛り, 人間に, 今では, 今より, 仲間うちに, 伴大次郎に, 似とった, 低くきこえた, 低く咽び泣く, 低めなかった, 何か, 何となくもの淋しい, 何となく岸本, 何とやらん, 何もかもかれ, 何処かで, 俊一さんと, 優しかった, 元気が, 全く第, 具えた生々しい, 冴えて, 出さうなので, 出さず力みこんで, 出さないで, 出さないよう, 出さなくなりびく, 出されずそっと, 出されたと, 出して, 出し得ずに, 出ずいうまでも, 出ず吃驚, 出ず居すくまって, 出ず舌, 出せずに, 出せない憐れ, 出せぬくらい, 出たわけ, 出ないくらいに, 出ないもの, 出ないン, 出なかったし, 出なかつた, 出なくなりましたらこんな, 出ねば, 出ませぬので, 出る, 分厚い豪奢, 力が, 勉の, 半ばに, 半分ばかりしか, 又止み, 口からは, 叫び声も, 合図も, 吹きこんで, 哀しく卑屈, 喉音や, 嗄るる, 嗄れ四肢, 嗚咽の, 四囲の, 四辺の, 地の, 変り四肢, 多少あった, 夜明けほどは, 大い, 大きかった, 大きくなりました, 大きく小, 大きすぎる, 大勢の, 太く髭, 女の子に, 好きです, 始めに, 媚かしく傾城町の, 宙へ, 家の, 寂しゅう, 寒く遽, 小さくかすか, 小刻みで, 少しふるえ, 少し沈ん, 尖ろう眼, 届いては, 届かない距離, 山猿の, 左膳の, 帳場の, 常より, 平生より, 年頃も, 度を, 弱く, 弱つて, 弾く節, 当然聞え, 彼女自身の, 後で起つた, 得出さ, 得立てない, 微笑を, 忍びて, 応召前と, 思い出される, 息絶え絶えであった, 悪くない, 悲しげ, 惜しまね, 慄え, 慵く, 憚る, 懸けなかったほど, 或日, 手に, 打沈んで, 打震, 挙げられる程度, 捕手らしくない, 掛けず開けましたは, 掛けんと, 揚げられず呼吸さ, 放たぬなぞ, 救いは, 旅籠屋商売などは, 早いが, 明らかだった, 昼間からの, 時々高く, 普段より, 晴れ晴れと, 暴風に, 最初の, 有って, 木魂に, 枯野の, 格服も, 楽音も, 次第に涙, 次第に近く, 歌を, 止んだの, 殆ん, 気に, 江戸の, 決して威嚇的, 沈むばかり, 治郎君に, 泥沼の, 洩れて, 流れた, 流れて, 浪の, 浮世離れ, 消入る, 涸れきって, 淋しく女, 混つた, 清らかや, 湧かなかった, 湿んで聞えた, 滝の, 漸く断えた, 烈しく戦えた, 無い庭, 無くな, 無く慟哭, 無く足音, 無意義である, 無論意味, 父を, 物腰も, 猛, 玻璃に, 生理的に, 疲労の, 白いまで, 盛です, 相和する, 真剣であった, 真相に, 眼鼻立も, 知らず, 硬うは, 礫と, 私たちには, 秋風の, 稀に, 立ちぬべきに, 立てさせないため, 立てずお, 立てずにが, 立てずましてや, 立てず何, 立てず咳, 立てず形, 立てず止り木, 立てず肩, 立てず要点, 立てず闇, 立てて, 立てませんが, 立てられない, 立てられぬほどの, 立て得ず宙, 立て得ないまま瞳, 立て無え, 笑って, 米の, 細りながら, 終らず小山, 統計され, 絶えだえである, 絶え絶えと, 絶え間なく, 緊張しました, 美しく深まった, 耳ざわりの, 聞いたこと, 聞えず姿, 聞えず静か, 聞えないが, 聞えないらしい, 聞えない風, 聞えなくなったが, 聞えぬものの, 聞えますが, 聞えるかと, 聞えるよう, 聞える頃, 聞かうと, 聞かないうち, 聞かなかったらこれから, 聞かなければ, 聞かれた, 聞かれなかった, 聞かれは, 聞きたい, 聞きません, 聞き様子, 聞けないかれの, 聞こえず咳一つ, 聞こえその, 聞こえないながら, 聞こえなくなって, 聞こえぬ静まった中, 聞こえませんでしたわ, 聞こえ乱れ飛ぶ提灯, 聞たくなく, 聞取れなくなった, 聴かれない, 背に, 胸の, 自分が, 自然に, 若い, 華やいだ, 落ちつろう, 落着きたり, 虫の, 行く雲, 覚えは, 言葉づかいも, 調子外れに, 起こらぬ, 趣味も, 近くなりました, 迫って, 途絶えがち, 通って, 遠くには, 遠く近く, 遠近に, 醜く押しつぶされた, 鉄砲の, 鋭くなる, 間に合わなかった, 険しくなっ, 隣に, 震えわり, 静かに, 響かず可, 顔色も, 風の, 飛んで, 騒がしい二条, 高いが, 高く尖っ, 高らかに, 鶏の, 鷹揚に

▼ 声~ (853, 1.3%)

47 一緒に 22 いっしょに 17 なって 10 一しょに 6 なった, 一しよ 5 同じよう, 女の 4 いつしよ, なつて, 一つに, 思ったの 3 いうよりは, いうよりも, いえば, それに, 小鳥の, 笛の

2 [54件] いっても, かの僧, きこえその, しなければ, そしてそれ, そっくりです, その二つ, それより, それを, ちがって, なる, なると, 一所に, 一緒開いた, 云うの, 云って, 云ひ, 人の, 似て, 佩剣の, 動きに, 動作の, 化して, 同じで, 同時にピシリ, 同時に土手下, 同時に扉, 同様に, 声とが, 声とは, 声の, 変りました, 少しも, 形と, 彼女の, 拍手が, 柄と, 物の, 眼と, 眼の, 聞かれた, 聞き分けること, 訥弁を, 誰か, 赤児の, 足音とが, 足音は, 身ぶりに, 身ぶり言葉より, 頓狂な, 顔とが, 香と, 鳥の, 鶏の

1 [593件 抜粋] あの並外れた, あまったれたよう, いいしっぽ, いい話, いうでも, いうより, いっしょで, いったら, いったら素敵, いつし, いひ何もかも, いふよりも, いふ者は, いへども, いわれたな, おさえつけた笑声, おなじには, おぼしめされて, おらも, お島, お師匠さん, お滝さん, お秋, かわった, きき知ったので, きわめて特異, ここの, この小さなラッパ, この熱い, この頃, こんな無作法, さ, しかもそっけ, した例, して, すぐに, すると, するに, そうでない, そう云い, そこにも, そこらの, そして, そしてその, そして刀, そして動作, そつくりで, その姿, その眼付, その諧調, それからおどろくべき, それから人, それから幾人, それから非常, それが, それに私自身, そればかりの, ちっとも違わぬ, つづけて, であった, であるが, ときの声が, どうっと, なく叫ん, なごりの, なったもの, なつた, なめらかな, なりかたち, なりこの, なりその間, なりそれから, なりやがて全く, なり一方, なり揃う足なみ, なり管, なり雲龍寺, なるの, なるわけ, なろう, はっきりした, ひとつに, ひどく異, ひなた, ふくよかな, ほく来れば, ほれり, まぎらはれ弘雄, まじったその, みどり葉を, もう一つ, やさしい調子, やわらかな, よし覚え, ろうそくの, わかるほど, アクセントを, カンちがいした, クレルヴァルの, サラッと, ザッザッザッザッという, シクシク泣く, ステッキの, チェロを, トンコの, パッと, パリーの, ビンビン響く, ロの, ワーッという, ヴァイオリンに, 一緒でした, 一緒の, 一致し, 一致せず, 三味の, 三味線とが, 不敵な, 両手を, 乾坤双刀とを, 争つてゐ, 二つを, 二人で, 云い国民, 云うのみ, 云うほど, 云う以上, 云えます, 云っただけ, 云つてこれを, 云ひし, 云ふ, 五位鷺の, 五体と, 交, 交って, 交つて聞え, 交錯し, 人声が, 人死にと, 人死にとの, 人間の, 他の, 伊藤の, 伴なっ, 伸び切ったしなやか, 低いうねうね, 体と, 何の, 何を, 作業に, 信じて, 做す, 僕に, 光に, 入り乱れて, 入り交じって, 共に抛り合った, 共に暗い, 共に迸る, 其れ, 冷たい空気, 刃音とが, 前方の, 力とが, 力とを, 勇ちゃんの, 動きとに, 動作とによる, 動作とは, 勘解由の, 区別し, 半ば興が, 参詣人の, 反対に, 古花甚平, 叫び声が, 可憐な, 同じく愛嬌, 同じく魅力, 同じやう, 同じ音程音色, 同時だつた, 同時です, 同時に, 同時にきらりと, 同時にぱったりそこ, 同時にブツリ, 同時に乞食, 同時に人々, 同時に仆, 同時に十八, 同時に吉宗, 同時に大榎, 同時に室, 同時に小林少年, 同時に或は, 同時に猟犬ベル, 同時に睦田老人, 同時に秀子, 同時に突き飛ばされた, 同時に立ち上った, 同時に自暴, 同時に襖, 同時に障子, 同時に霹靂, 同時に馬, 同様柄も, 吐息の, 向うの, 呻く声, 呼んで, 品物を, 嘲笑の, 四辺の, 地声とは, 塀の, 変らなかった, 夕方ねどこに, 外の, 夢中でたたく, 大方同じ, 大泉の, 天の, 太刀や, 太陽を, 姿である, 姿とが, 姿とは, 姿の, 姿ばかり, 姿を, 姿最も, 娘の, 嬌笑だった, 子供扱いとに, 学者たちが, 完全無欠な, 定斎売の, 対か, 小走りに, 少し濁り, 少し違う, 岩を, 左右に, 広告旗絵看板楽隊の, 強い息, 形相は, 彼の, 心と, 忍び笑いでも, 忍び笑いの, 怒りを, 怒声との, 思えなかった, 思った, 思ふて, 思わないで, 思われた, 思われた演説, 思われないくらい, 怪声たら, 息の, 恰好は, 悲愁の, 悲鳴とが, 意識し, 手が, 手堅い技巧, 手足と, 手足の, 打つ殴る蹴るの, 折々鳴らす, 折檻に, 拍子木, 拍手と, 拗音に, 指と, 指を, 提燈の, 敗報は, 敵の, 文字以外の, 早技, 旺な, 明日子の, 明星とが, 明暸な, 時々私, 時刻を, 晩酌の, 普通の, 暁の, 有位無声とが, 木剣の, 束藁の, 来たら屡々, 松風の, 板を, 柔らかな, 柿落葉と, 栄さんの, 格子の, 格闘を, 森厳な, 植木屋の, 楽し気, 様子とが, 様子とで, 様子は, 歓声とを, 歩きつぷりとに, 殆ど同時に私, 殆ど同時に虎, 殺気立った合唱, 毛並とは, 気合を, 気持で, 気狂いじみた, 水の, 永久に, 汗と, 決して符合, 沈滅の, 沙金の, 海坊主が, 涙とが, 涙とを, 淫らが, 混り合った, 混る, 源四郎が, 激亢に, 火の, 為って, 為り, 焔の, 父と, 片肘, 物音が, 物音とを, 犬の, 獣の, 玉藻の, 球の, 琴の, 生の, 申します, 申すの, 男の, 疑われ今, 痛切な, 発音の, 白粉の, 目が, 目の, 目を, 相和, 相触れ, 看護婦の, 眼とは, 眼とを, 眼差しとで, 知った番卒たち, 知ると, 破れ三味線で, 祈祷の, 祝入営の, 祝詞の, 穏か, 立ち歩く, 競うよう, 競ひ, 竿にかけて, 笑いとが, 笑い声とが, 笑い声無数の, 笑う声, 笑声が, 笑声とが, 答えたよし, 箒の, 節まわしで, 素晴しい, 素晴らしい芸術, 経の, 経営的手腕が, 続けて, 繁代の, 罵る声, 羽バタキを, 羽搏きが近くに, 老婆の, 耳を, 聞いたであろう, 聞いたの, 聞えたので, 聞えるし, 聞かれるごとく此音, 聞きちがえた, 聞き誤られた, 聞く, 聴いて, 聴け, 肥った女共, 背中の, 色彩とを, 色彩の, 色影と, 若いもの, 若い女, 苦しそう, 荒っぽく責める申し上げ, 藤原釜足が, 藤吉郎の, 蝶の, 血潮の, 行動とが, 西洋風の, 見て, 見る方, 見幕に, 覚しきもの, 解すべきか, 言い物ごし, 言うよりは, 言ひ, 言ふべきであらう, 言葉で, 言葉に, 言葉は, 言葉を以て, 言葉付きを, 語と, 調子が, 調子だけについて, 調子に, 諸共に, 謀叛無, 谺響と, 谿川の, 足と, 足音が, 足音に, 跫足とが, 跫音とがな, 身ぶりとで, 身体との, 身体とを, 身振りの, 車の, 車輪の, 迫害の, 途端に, 連係させる, 違つた暗い, 遠い大通り, 邪気の, 部屋の, 酒間空前の, 野外の, 金属的な, 金網の, 金鼓が, 鈴の, 鋭い声, 門番の, 間拍子が, 間違いましたそう, 闇ばかりが, 闘って, 陸で, 階上には, 雖も, 雫の, 電話の, 静かな諭す, 音との, 音とは, 音を, 音叉の, 響いて, 頭上に, 頷いた声, 顔が, 顔つきとで, 顔を, 顔付の, 顔立は, 飛び巡る蝙蝠, 香の, 馬の, 骨まで, 高い梢, 鬼火の, 鳥に, 鴻の, 鶇, 黄金の, 鼻息と

▼ 声~ (315, 0.5%)

5 春の 3 口笛きれ, 子供の, 態度は, 鼓の

2 [23件] お姿, まず, また汽車, ワもう, 三味線の, 人の, 何とも, 内気らしい, 司会者を, 女中の, 悲鳴が, 態度の, 機智に, 笑声が, 表情に, 足音を, 跫音が, 身振, 霊も, 音に, 馬の, 騒々しい物音, 麦の

1 [252件] あるいはその, いかにも自分, いとわしい声, いろいろあたり, うなり声, おびえた声, お母様の, かすかに, がやがやした, くせなんかを, さけび声, さまざまな, しぐさで, しづかには, それに, そればかりか, ただ, つまつた鼻穴で, どすどす, な, なぐられてる母, なんとも言いよう, ののしる声, はしや, まずと, またも, また張家, もろこし団子や, やけに声, アガータの, ウォータールーの, ガチャガチャと, タンブーリンの, ノートを, ヒステリーの, ポーズに, ラッパの, 一太刀浴せかけた, 三味の, 不平の, 世態が, 中には, 丸みを, 乗客の, 乗降の, 云われん, 五月雨, 人々の, 人一倍大きく, 人間性の, 低い繊弱, 体が, 何かで, 佩剣の, 内庭で, 冗談に, 冗談を, 冷たさ, 午砲の, 厨の, 叫び声は, 叫び声犬の, 可哀, 叱, 右往左往に, 吠えつく犬, 吼声を, 呻き声, 唄に, 唄声が, 啄木鳥の, 啜り上げる声, 啜泣, 啼き声, 喝采は, 嗟歎の, 噂が, 器物の, 囁きが, 囁きに, 墓穴の, 声によって, 変な, 多勢の, 夜空の, 夜風の, 天井裏の, 太刀打ちの, 太鼓の, 女の, 妙な, 妙義山の, 姿が, 姿に, 姿や, 姿を, 子供っぽく, 子供らの, 将棋を, 少年と, 屋根の, 山犬の, 弱々しい細声, 強迫されてる, 形に, 微かな, 微妙な, 微妙の, 忙しい足音, 忠言や, 快活な, 怒るつぶやき, 怒声が, 思想の, 恰も見えない, 悲鳴や, 愛嬌の, 態度が, 態度には, 戯言を, 戸締りを, 手拍子の, 手近で, 打ち物, 打物の, 拍子が, 支那ソバの, 旗の, 既に嗄れた, 服装や, 梁川の, 様子には, 歌あ, 歌う声, 歌の, 歌声や, 歩きつきが, 死に, 氷柱が, 汽車の, 沈黙などを, 泣き声を, 深沈たる, 瀬戸物の, 煙草盆の, 熱心な, 物音が, 物音で, 物音は, 物音ばかり, 犁を, 狐の, 甲高い気違ひじ, 白い手, 白い歯, 目が, 目の, 目や, 眼ざし, 眼と, 眼に, 眼ま, 眼や, 眼差しの, 睡さうな, 矢叫びの, 短い音, 砂利を, 福原や, 竹の, 笑い声が, 笑い声なぞは, 笑い声を, 笑が, 笑声のみ, 箪笥の, 絃歌の, 継母に, 罵り声, 美和子の, 背丈までも, 若い男, 苦しげ, 草々身辺の, 華やかな, 蒼白い顔, 螢狩, 裁判官の, 見るに, 見物に, 見物人の, 視線や, 言葉で, 言葉に, 言葉には, 言葉にも, 言葉によって, 話し声で, 語調は, 誠に悲しく, 誰れだ, 調子や, 賑やかな, 走り廻はる足音が, 走り廻わる草鞋の, 起居の, 足音が, 足音に, 足音は, 身ぶりの, 身振りが, 身振りで, 身振りや, 軍刀の, 軍馬の, 近所の, 逃げて, 邸後を, 鉄の, 鉦の, 銃声は, 銅鑼が, 鋭い刺す, 鐸の, 陽気な, 雀の, 青い声, 音が, 音ばかりが, 音曲が, 音楽の, 音楽色彩や, 響きの, 頬白の, 顔や, 顔付きを, 顔色そして, 顔色は, 風の, 風の音や, 香りを, 驟雨の, 高潮する, 高笑ひ, 高誦, 鳥の, 鳴き声が, 鳴き声と, 鳴物の, 鶴嘴の, 鼻唄が, M子の

▼ 声では~ (287, 0.4%)

34 なかった 26 ない 17 あったが 11 ありません, あるが 9 なくて 6 言へ 5 いえないが, ないか, ないが, なかつた 4 いえませんが, 云えない 3 ありませんでした, ないかと, ないこと, ないの, 云へ, 申されませぬが, 言えませんが, 言はれない, 言われないが 2 あったけれど, あつた, あるまいか, ないよう, なかつたか, なく仏, 云えませんが, 申されませんが, 言えないが, 言われませんけれど

1 [98件] あったけれども, あまり低, ありましたけれども, ありませんか, ありませんから, ありませんが, ある, あるけれど, あるけれども, あツ, いえないがと, いえぬこと, いえねえが, いえませぬが, いけない, いはれない障害, いはれませんが, いわれぬが, お元気, お願, けじめが, この部屋, しやぎ, それは, どんなに小母さん, ないあれ, ないから, ないさつき, ないそう, ないという, ないとの, ないらしかった, ない漸く, ない現実生活, ない瞳, ない豪傑的, なかろうか, なくあり過ぎるほど, なくかの, なくからだ, なくして, なくただ, なくなり本当に, なくもっと, なくヨーロッパ的文化, なく全身, なく殆ど天, なく残忍, なく物質, なく狼, なく確か, なく福村, なく肉体, なく茶, なく衰, なさそう, なしに, もうなかっ, ものを, ッと, ッは, 云えね, 云えん, 云ひませんでした, 云われないが, 云われんこと, 困るし, 届かぬので, 平凡に, 戦場に, 批評も, 決してなかっ, 決して話, 無い声, 物も, 申されぬが, 申されません事, 申し上げられませんが, 申兼ねる, 男女が, 相手に, 笑ひ, 絶対に, 言えない事, 言えなかった, 言は, 言われぬが, 言われん, 話が, 話さない, 話さないの, 読めねえが, 調子が, 謂われぬこと, 辛かろう, 返事も, 青年は, 驚かされるもの

▼ 声には~ (277, 0.4%)

5 一種の, 何か, 力が 4 ならなかった, 聞き覚えが 3 どこか, 今までに, 先刻の, 少しも, 相違ない, 確信が, 自信が

2 [17件] ッと, 今まで, 何の, 元気が, 出さないが, 出ない, 出なかった, 夫に対する, 女王の, 憂いが, 涙が, 深い本心, 皮肉や, 真剣さが, 綿々たる, 覚えが, 鬼気が

1 [199件] あきらかに, あまり力が, あらざりき, あらず行く方, いかにも美しい, いぢ, いつか多少, いつも愛情, かくせない落胆, ここでも, このほか, この二, この瞬間, こぶしを, ごく微か, さすがの, すぐ反響, すでに感情, その人間, その恐怖, そんな意欲, たしかに得意, たしかに軽い, ただ唸り声, ただ意志, たっぷり三時間一人, ちからが, つんぼを, どういうわけ, どうしても逆らえませんでした, どことなく大変, なにかこわい, なにか狂気, ならない, ならなかつた, ならなかつたの, ならぬ笑い, なりきらないので, なんとなく不安, なんの, ひとりきりで, ひどく力, へんに, ますます力, まだ嶮, まだ抑え切れない, まだ昔, まるで構はず, まるみ, みだらな, むろん北原ミユキ, もう何, もう何となく張り, よほどうれしかっ, ソーンダイクにたいする, チョビ安を, ッとして, ツと, ラムを, 一つの, 一刻離れ, 一向にそんな, 一層親身, 一脈の, 上げ中, 上の空で, 不思議な, 不愛想, 二重の, 些かの, 人の, 人を, 伯母でも, 低いながらも, 何かしらわれわれに, 何かしら人の, 何かしら心の, 何だかき, 何だか愛, 何も, 何んと, 何故か妙, 何物をも, 信頼を, 充分, 凄気, 出さずに, 出さないで, 出さないの, 出さなかったが, 出さぬが, 出せなかった, 出なかったが, 出ませぬ, 切口上を, 力も, 千々に, 口喧嘩を, 古今の, 叱りつけるよう, 呼ばれたものの, 命令口調が, 哀願の, 嘲弄する, 変りが, 夜ふかふおぼ, 大五郎, 夫人の, 妙に, 妻の, 娘らしい, 実直で, 室中の, 宮の, 寧ろ喜び, 少しもださず, 少し驚かされた, 岡っ, 張りが, 強い決心, 忘れ難い, 応じなかつた, 怒るよりも, 思わず伸子, 思わず聞き惚れ, 性的魅力が, 恐怖の, 恰もナンシー, 情熱が, 惨忍, 意外な, 愚かしい得意さ, 愛嬌が, 慣らされるが, 慨歎の, 憂わしい不安, 懐かしさ, 我国の, 戦慄が, 所謂, 押え切れぬ腹立ちの, 揶揄する, 救われた喜び, 敵わ, 日ごろ胆, 早くも, 普通の, 本能的な, 松崎も, 果し合, 機械人間に, 死相が, 殺しても, 殺気が, 深い恨み, 潤おいが, 無論特別, 無頓着な, 熱が, 特長が, 生気が, 皮肉が, 目も, 相違なかっ, 真実が, 真実少し, 短く熱烈, 確かに, 突き刺さるよう, 窓ガラスが, 笑いが, 笑殺が, 米沢訛りの, 羨しさ, 義妹の, 耳も, 耳を, 聞いて, 聞きおぼえが, 聴え, 肺腑を, 自分が, 自分の, 自分もと, 艶が, 薄気味の, 違いない, 都で, 重々しいところ, 陰惨な, 霧が, 霧がか, 非常に, 頓着なし, 驚かされないわけ, 驚かされ暫し, 驚愕と, 魅力が, 黄な

▼ 声~ (269, 0.4%)

1311 と思った 7 が, よ 5 と思っ, のが 4 なあ, ね 3 とわかった, と思, と思いました, と思う, と私, と言っ, の

2 [13件] かにこう, から話, がしかし, してるだ, ぜ, ぞ, つたと, つた気が, と分った, と思つて, なと思っ, ねえ, わ

1 [166件] あ, いい声, かく外, かそれ, かどう, かに教える, かに話し合っ, かに負, かはっきり, からいい, からたいした, からつつぬけ, からである, からね, から世の中, から他, から声, から尤も, から木霊, から皆, かわからない, かわかりません, か余, か俊子, か全く, か分らない, か分らなかった, か判断, か呀ッ, か女, か明り, か自分, がさすが, がそれだけ一層, がまるで, がりん, がハッキリ, がヒッソリ, がロクローの, が二人, が前後, が力一杯, が声, が大変, が必死, が忠相, が歌右衛門, が歯切れ, が深い, が生ぬるい, が眼, が聞い, が誰, が頗る, けれども五十年, けれども待っ, この声, この寮, これが, しこんな, しまた, し姿, し笑い声, し組みつい, じっと聞い, ぜその, そうです, そしていい, それを, ぞと亀, ぞと思っ, つたそうだ, つたでねえ, つたなと, つたに, つたのか, つたのかと, つたのだ, つてでない, という, ということ, という人, という稍, という説, といっ, といつた, といふ説, といわれ, とお, とおもった, とか渋い, ときめ, としか聞かれなかった, とそやされ, とそれ, とたんに爆発, とはさすが, とは思い, とは思った, とは思へない, とは知らない, とほめ, とも云う, とわかりました, とわかる, と云, と人形, と信じ, と僕, と兵馬, と判っ, と判りました, と判る, と壁一重隣, と妻, と子, と察したらしく, と思い, と思いこん, と思うた, と思ったら, と思わせられました, と思われなかった, と思われる, と悟浄, と感じた, と推定, と母親, と気がついた, と気づいた, と無造作, と知った, と考え, と耳, と聞きました, と言った, と誰, と身投げ, なと思う, なと思つて, なと気づい, なと直感, なア, な雀の宮, ねえまア, ね佳い, のに, もの, もの俺と, も起らない, よこれ, わね, わねうなっ, わねほら, んだ, んべ, ッ, ナアもう, 偉いぞ, 兄さん, 其の物凄い, 合掌し, 女の, 宮市の, 日本では, 腑抜けの

▼ 声高く~ (187, 0.3%)

8 笑った 6 叫んだ 5 笑いました, 笑って 3 うたって, 叫んで, 笑い出しました, 笑う

2 [15件] 主張する, 云った, 叫ばずには, 叫ばれて, 叫びたい心, 叫びました, 屋の, 歌って, 武蔵野を, 笑いながら, 笑つた, 自動車を, 話を, 読んだ, 読んで

1 [121件] いっしょに, うたい出した, うたひはじめた, お笑, お笑いに, お話する, こんなこと, そうして物, その中年, その反問, その売る, なきながら, ものを, よみあげられたとき, よんだ, 世間話を, 云つた, 何かを, 其語を, 叫びたやすく, 叫びながら, 叫び且つ, 叫び得る幸福, 叫ぼうと, 叫んだの, 叫んだ時, 合誦した, 名乗りすて, 吟じて, 吟じ出でたでも, 吠えたり, 吠えました, 吾を, 呼びあげるの, 呼びかけたの, 呼びかけると, 呼びましたから, 呼び立てると, 呼ぶから, 呼んだ, 呼んで, 啼いて, 嘲い返した, 嘲笑した, 国民に, 大なる, 大谷の, 夫婦約束を, 宣伝せられる, 店の, 御前に, 応し, 快活に, 感想を, 手つきを, 教えようと, 明瞭なり, 時を, 書類を, 朗読し, 朗読する, 朗読せよ, 李白の, 樹, 歌い出しました, 歌い出しますと, 歌っても, 泣いた, 泣き出した, 泣き出して, 洩れて, 物語って, 立て札を, 笑い, 笑いこんな, 笑いたし, 笑いだした, 笑い出した, 笑い出し秋子, 笑い自分, 笑い興ずる, 笑うの, 笑えないで, 笑ったそう, 笑ひぬ, 笑ふ, 答へて, 罵り怒鳴り威嚇, 耕吉を, 聞える, 自分の, 要求し, 言い合った, 言ったの, 言って, 話して, 話し出した, 話す馬士ども, 語, 語りながら, 語り合, 語り合うこと, 語るの, 誦して, 読みあげた, 読み始めた, 読み返した, 読む, 読本よめり, 談ぜられて, 論じあつて, 謳った, 起こりやがて, 陣太鼓さえ, 響かせつつ, 響くや, 鳴いた, 鳴け, 鳴りひ, 鷹が, 黄瀬川の

▼ 声~ (152, 0.2%)

434 て言った 3 てお 2 てあわてふためき, て呼ぶ, て呼んだ, て手, て笑った, て言, て言う, ながら北

1 [86件] たりし, てあがり来れる, てあなた, ていきなり, ていった, ていつ, ていま所持, ている, てから, てさけんだ, てそれでも, てたけりゃ, てちと, てぶつぶつ, てほそ, てまた, てもう, てわが, てブツクサ, て七十八歳, て上框, て下さる, て云え, て云った, て低く, て何処, て先きの車, て入来, て告げた, て啼く, て啼狂, て嘴, て四時半, て地, て塀, て売り行く, て外, て夢, て姉さん一寸, て家, て小姓組, て山, て巡査, て左, て巷, て引き抜きはじめた, て弾く, て彼, て後, て挑み, て摩耶, て朱目自ら立出づるに, て来, て泣きぬい, て泣く, て浪子, て燃えあがるなり, て片, て物言, て瓜姫, て私, て程なく, て笑っ, て答, て築山, て緩, て縛り殺せ, て聞く, て自分, て良き, て良人, て艶, て芳子, て薄暗がり, て行過ぎし, て衣, て連, て開く, て陽, て階下, て障子, て鴨居, て鶯, ながら乞食, ながら矢張り, 雷声を

▼ 声さえ~ (140, 0.2%)

6 聞えて 3 聞える 2 きこえた, しない, ない, 今は, 出ないの, 出なかった, 立てないで, 聞えた, 聞こえない, 起こる

1 [111件] あったの, あれば, おりおり聞えて, かけず眠るにも, かけないほどに, かけられなかった, かすれて, かなわないよう, きかなかった, ざえとしてあたりを払った, して, しない真夜中, しなかった, するほど, する様, せぬ, でなかったの, でぬ, ともすると涙, ないので, なかったら, なくなった冬枯, びりびりと, まじる有様, まだ耳, もちがって, もらさず亭主, よう発てぬ, 一時あった, 以前の, 低くし, 例の, 出さなきゃ女の子, 出して, 出すこと, 出ずなまじ, 出せば, 出せばい, 出て, 出ない, 出ない苦悩, 出なくなった, 出なくなった旦那様, 力を, 包まずに, 哀れを, 地の, 妨げられた, 宗助の, 少し顫, 平時と, 恐ろしげ, 悲壮なふるえ, 感動に, 憎悪を, 憚って, 手に, 挙げて, 揚げ得なかった, 枯れ果てて, 沸ゆる, 洩らした, 洩らすよう, 洩れないほどに, 漸く低く, 物凄く空, 用いられて, 町の, 発とうにも, 碌に, 立てずに, 立てず男, 立てた, 立てて, 立てなかったけれども, 立てられなかった, 立てること, 立てる暇, 続かなかった, 耳の, 聞えず戸外, 聞えたの, 聞えない, 聞えなかった, 聞えませんでした, 聞えるほど, 聞かなかったお, 聞かんと, 聞きゃぐっと, 聞けば, 聞こえて, 聞こえないでは, 聞こえない電車, 聞こえなかった, 聞こえなくなった, 聞こえ斬り合う音, 聞取られるのに, 衰えて, 起こって, 起った, 起って, 途絶え途絶えて, 通らないよう, 通りがかりの, 重々しく, 陰に, 雪に, 震えて, 震えるに, 顫え, 鼾の

▼ 声にも~ (140, 0.2%)

3 似て, 元気が, 眼にも 2 ききとれた, 力が, 口調にも, 増して, 屹と, 憎みと, 気を, 深い憂慮, 覚えが

1 [113件] いい方, いささ, いちいち進退, うつろであった, おじずお, おどろいた竹童, かまわず走るよう, きいて, さびが, しだいに熱情, すこし癇癖, すでに答えなかった, そのよう, そぶりにも, それに, それは, ただならぬ感情, たとえられぬ最上, ちょっとした物ごし, どうやら聞き憶え, どこか, どこかしら, なって, ならない憤怒, なりません, また締められ, トウトウという, ヒラ, ビクビクし, ビクリと, 一々ひがみ, 一度だって, 一種の, 乱れが, 今までとは, 以太利の, 似ず腰, 似た天, 似寄ったもの, 何となく聞き覚え, 何処かに, 優しさ, 冷酷に, 凄味が, 凛とした, 出して, 劣らぬ哀音, 哀傷の, 啼き声, 四囲の, 堂々と, 多少の, 妙に, 姿を, 帝が, 常に何等, 弾正太夫は, 彼女の, 心許さず, 応じないで, 思った, 恐れず勢, 悉く調子, 情痴の, 愁いが, 愛嬌が, 感動させられる, 感情が, 態度にも, 戦いて, 日に, 有位有声と, 武者押しの, 気がつかなかったと, 気づかなかつたの, 涙の, 犬や, 現れて, 現われ眼, 疳気を, 目覚めずに, 眉にも, 真実の, 知り人, 私は, 笑い方, 答えずじっと, 精霊の, 素振りにも, 繊細な, 羞恥と, 耳が, 聞え鞭, 聞き覚えが, 聞覚えの, 聴き手, 自ら多大な, 自害した, 色あり, 色が, 著しい特色, 表情にも, 身の, 身ぶりにも, 軽蔑らしい, 返答が, 通じる, 音相が, 顔色にも, 顫え, 風の音にも, 髪の, 魅せられて

▼ 声ばかり~ (134, 0.2%)

9 して 6 だった 5 である 4 だ, であった, では 3 呼んで

2 [11件] せよ, で見たの, なの, 呼ぶと, 呼んだ, 啼いて, 立てて, 聞えて, 聴いて, 風も, 鳴きました

1 [77件] あげて, かけて, かん高く笑っ, きこえる, きこえるよう, した, する, するの, せめて食べる, つづけて, で, でありました, でおどかさずに, です, でそれ, でたしなめた, でだれ, でなくひしと, でなくもう, でなく新, でなく身体, で今度, で呪詛, で姿, で容易く, で影, で本当に, で私, で追っかけて, な深山, はずませて, また遥, 出して, 出すが, 出す人, 叫び声を, 叫ぶ声, 叫んで, 叫声を, 呼ばりたる, 呼ばわりたるを, 呼びました, 声を, 大きくつて, 太く明, 女の, 姿も, 寝言で, 引断れた, 怒鳴って, 悪優しく, 悲鳴が, 戸を, 数十度も, 暗いお, 残るまで, 沢山で, 泣くと, 浴びせかけますと, 疳だ, 発して, 聞いてると, 聞えその, 聞えましたから, 聞える, 聞えると, 聞かされたので, 聞かされて, 誰が, 郭公の, 鋭き鳥, 響いて, 飛び交うて, 驚くほど, 高くて, 高く理非, 鳴いて

▼ 声でも~ (132, 0.2%)

8 あった 4 ない 3 ある, 立てて 2 あれば, かけて, すると, なかった, なければ, 好きな, 立てそう, 聞いたよう, 聞いて, 聞きつけると

1 [94件] あがりさうだつ, あげて, あつた, あります, ありますので, ありません, ありませんでしたから, あり感動, あるかの, あると, あるの, お聞きなせ, かけ合って, きいて, きくつもり, きこえそう, きこえて, こういうこと, この耳, これ以上に, したらと, して, すれば, その話, たてねば, たてられたら一大事, たてれば, どんなに魅力, ないこと, ないそう, ないに, ないらしい, ない人間, ない低い声, ない夜, ない笹, なかつたが, なくまた, なく寿老神, なく後ろ, なく東北, なく肋骨, なく芸妓あたり, なしおよそ, なんでも, まねられるよう, よい一声叫び, よく真似る, よろしいの, カナリヤなんか, 一度その, 上げて, 何でも, 何でもが, 例えば下品, 入れて, 其の客, 分るし, 分るほど, 友達の, 挙げて, 掛けて, 揚げて, 放って, 滅多に, 猫が, 知れさ, 知れると, 私か, 立てたならどんな, 立てたらどんな, 立てたら満代さん, 立てられて, 立てられると, 立てられるよう, 聞いたか, 聞えたの, 聞えたらまた, 聞えないか, 聞えると, 聞かせること, 聞かれそう, 聞きうる機会, 聞きたいもの, 聞き取れなかったから, 聞くこと, 聞くの, 聞くよう, 聞こえは, 聞こえるか, 解る, 解ろう, 身振で, 頭の

▼ 声と共に~ (132, 0.2%)

2 夫人は, 彼の, 私の

1 [126件] いかさま馬上, お清, お滝, この偉大, この讒謗者, さっと身体, そこはかとなく森, そのす, その妻, その扉, その秋水, その辺, とびこんで, にげて, ばらばらと, ひとしきり又, ひらりと, ふッ, むっくり島田髷, もろ手を, ガラガラという, チャリンと, ドサリと, ハタと, ユダヤ人の, 一, 一人の, 一方では, 一羽の, 三十棒を, 上手の, 上陸作戦の, 下されて, 両の, 両足を, 中には, 中空に, 主人の, 人が, 人影は, 今私の, 伊織の, 傍の, 凄しい, 刀を, 列が, 初めてそこ, 動き出したかと, 勘弁勘次は, 十八九の, 右手の, 各所から, 各観測装置, 固唾をの, 夕暮が, 夜の, 大きな足音, 大助は, 女は, 学校の, 当の蟹江四郎, 後から, 後代まで, 忽ちすべて, 急に, 恐らく数十秒, 手に, 打下した, 振り返った, 接吻するらしい, 握られた手, 新蔵の, 旅行し, 日本全国に, 明け放った窓, 昏倒した, 村の, 松代は, 柔かい小さな, 柳は, 校長の, 槍の, 横窓の, 水烟を, 決闘は, 流れて, 流行した, 渾沌は, 満面に, 烈しき手練, 玄関に, 甚三は, 番士が, 眉間を, 眩しい西日, 眼を, 神道葬祭が, 私たちは, 空しく夜長, 第二, 総立ちと, 耳を, 胴あげされ, 胴震いを, 色めき立って, 行方も, 街角へ, 表の, 襖が, 見慣れない一人, 詩は, 誰も, 身を, 辛く身, 近づいて, 近隣に, 部屋の, 野村は, 金作は, 開け放たれた襖, 障子を, 電車を, 震, 頭の, 飛んで, 黄蓋は

▼ 声~ (128, 0.2%)

21 のである 18 のだ 16 のです 7 んだ 4 のか, んです 3 のであった, のでそれ, んでしょう 2 の, のだろう, ので私, のに

1 [41件] からし, のかも, のだらう, のでああ, のであっけ, のであつ, のであろう, のでした, のでしょう, のですぐ, のでちょっと, のでなに, のでふたり, のでほんとう, のでまるで, のでアリス, ので一驚, ので凄味, ので君江, ので園絵, ので坪井, ので奈都子, ので小山内氏, ので往来, ので言葉, ので足, ので返事, のに弾かれた, のに表, のね, のねえ叔母さん, のは, のを, んざ出さねえ, んださうです, んだろう, んでつまり, ンで, 数語を, 父の, 論議も

▼ 声~ (110, 0.2%)

10 の中, の前 4 からとつぜん 2 からとびだした, から出, の方

1 [80件] から, からいきなり, からがらがら, からことば, からだだだだ, からで, からとび出し, からの声, からはっきり, からはわけ, からひどく, からぷっぷっという雑音, からへん, からもはっきり, から人, から今, から先任, から出る, から受取った, から声, から大きな, から射撃命令, から当直, から戦闘中, から流れだした, から聞え, から降っ, から音声, から響きわたっ, から高らか, があり, ががくがく, ががらがら, がつけ, がとつぜん, がモンストン少佐, が交替時間, が働きだしたらしく, が割れた, が叫ぶ, が周章てふためいた, が大きく, が大きな, が廊下, が潮風, が見え, が間に合う, が鳴った, だ, です, ですかね, でもっ, とそして, なん, に, にあたらない, にみちびい, によって丸木, に電気, のある, のなか, のよう, のプラグ, の近所, の音, はちゃんと, はもう, はウン, は臨時ニュース, は鳴らなくなっ, めがけて, をつかっ, をつり下げ, をつんだ, を働かせ, を挟ん, を目, を耳, を通じてこえ, を通じて乗組員たち

▼ 声とともに~ (102, 0.2%)

1 [102件] かすかな擦, がらがらと, くなりと, けあげた足先, この地方, この本陣, さすがは, しし王の, しばしそこ, すすりあげる女の子, その前, その立ち木, その鎧櫃, たびはだしの, どうした, なお船, ほんのり薄, むなしく夜長, やや前, よもぎのような惣髪, りんごの, コトコトコト, 一人の, 一発の, 一部から, 上陸する, 下品きわまりない, 両腕, 二三頭が, 二人も, 五千余騎の, 人もろとも, 今までの, 何か, 倒に, 兄妹の, 入口に, 勝則の, 同じよう, 土間へ, 壁に, 壁の, 夜陰を, 大勢の, 婦選獲得同盟は, 宰相伊豆守の, 家臣たちが, 寄って, 少年たちの, 左膳は, 広場いっぱいに, 庭の, 後を, 忍んで, 悟浄の, 戸の, 柔らかい小さな, 栄三郎の, 椅子から, 次の間から, 歓びに, 殺気みなぎった, 氷刃殺, 汁を, 海蛇は, 父親に, 牝の, 猛然と飛びかかりました, 玄関へ, 生蕃の, 益々賞, 監視の, 相和, 着た羽織, 空気穴から, 立ち上った, 羽織の, 聴衆が, 船子は, 若党の, 行く手に, 行列は, 西日が, 谺が, 貫一は, 赤前だれの, 起き夜, 躍りあがった栄三郎, 身を, 車夫も, 道行く者, 邸を, 部屋の, 部屋へ, 間伸びした, 闇の, 静かに, 頻に, 風が, 颯ともつれた, 飛びすぎて, 鳥籠の

▼ 声とは~ (98, 0.2%)

3 似ても, 思われないよう

2 [12件] ちがって, どこか, どんなに悪意, ふるさとの, 全然違う, 思えないほど, 思えないよう, 思えなかった, 思われなかった, 思われません, 考えられなかった, 違って

1 [68件] いえどうやら, いえなかったが, うすい夜, おのずから感じ, おもわずに, お才, ことか, この時分, これでしょう, その月, ちがう, ちがうの, どうしてもうけとれなかった, ならなかった, はっきりかわった, はっきりし, はつきりかは, ほとんど似, まるでちがう, まるでちがっ, まるで反対, まるで違つて, めつたに, もしかしたら, わたくしの, 一つも, 一寸見当, 云えない, 云えません, 互に混, 似も, 其種牛を, 凡そ類を, 別に橋, 同時に双方, 声から, 夫れ, 実之, 少し違う, 幾分違つた声, 彼が, 必ずしも似通っ, 思えなかったし, 思えぬ恐ろしい, 思はれずと, 思はれぬ韻, 思へり, 思われない張り, 思われなかったそれ, 思われぬむなしく, 思われぬよう, 怠惰な, 感じが, 懸けさせず篠田, 暫く黙っ, 正反対に, 混り合っ, 知らずに, 知れど, 聞きしかど, 聞き取れないから, 聞くべからざるもの, 聞こえて, 言えぬ, 違います, 違ったと, 隣の, 響きが

▼ 声だった~ (97, 0.1%)

5 のである 4 のだ 3 か, ので私 2 かもしれぬ, が, ぜ, ぞ, な, のです, ものです

1 [68件] かすかな, かということ, かな, かもしれない, かもしれません, かもしれん, から, からぎょっと, からである, から周囲, かわかりません, がお, がしばらく, がしゃがれた, がそれでも, がときどきひょっと, がと同時に, がみんな, がもう, が二人, が今度, が何, が何とも, が入れ, が判然, が咄嗟, が地もと県民, が次第に, が登, が藤吉, が語り続けた, が針目博士, が雑貨屋, が食事, けれどその, けれどもそれ, けれども確か, しまた, とみえ, と云う, と申しました, と言う, と言っ, なあ, に違い, のか, のかい, ので, のであります, のでした, のでその, のでイワン, のでソプラノ, ので向う, ので女優さん, ので愚連隊, ので留守, ので自分, ので貝十郎, のに妙, ばかりで, ように, わあたい, わよ, んで, んです, ウスノロの, 気が

▼ 声である~ (95, 0.1%)

8 ことが 6 ことは 5 ことを 3 と知っ 2 から体, ことだけは, のにその, 事を

1 [65件] かのやう, かのよう, かまたは, かもしれない, かもしれぬ, かもよく, からマイク, から北原賢次, から堂々, から猪作, か判別, がその, がどう, がどちら, がはつきり, がふしぎ, がやがてきわめて, が優しい, が後楽園球場, が時には, が調子, が量, が顔, が鳥, ことか, ことよ, その声, その新, と, という, ということ, という話, といっ, といったは何, ところが, とのこと, とは解らぬであらう, と云う, と判る, と思う, と思った, と申し, と知った, と知る, と私, と覚った, と言い, のだ, ので半, のにギクリ, のに人間, のも, のを, ものです, ような, ように, 事に, 催眠性を, 全日本の, 実に厭, 歌を, 決して平生, 甲斐は, 若い友達, 顔つきである

▼ 声だけ~ (88, 0.1%)

11 では 5 だった 4 であった 2 して, 聞いて, 聞えた, 聞える, 聞こえたこと

1 [58件] お高, がやがやすぐ窓下, きこえた, さまざまでも, たてて, だ, だして, であ, であったが, でこたへ, です, でその, でそれ, でなくその, でなくて, でなんとなく, でぼく, でやがて, でろう, でわいわい, で男, で誰, で顔, で骸骨男, ならよい, はげましたが, わりと, 一寸入れ, 出さないオペラ, 勇ましい出たら, 厳かに, 夜から, 抜いて, 拗ねた調子, 掛けた, 掛けて, 日本一太郎の, 暫くの, 淡々と, 特別喧しく, 立て, 聞いたあの, 聞いたので, 聞いても, 聞えたと, 聞えて, 聞える茫茫, 聞かして, 聞かせて, 聞くでも, 聞くと, 聞こえて, 聞こえるどんちゃんどんちゃん遠く, 若いからと, 間を, 階段口に, 高く云いました, 高く聞えた

▼ 声から~ (86, 0.1%)

13 して 3 声へ 2 先に, 出たもの, 声が, 声を

1 [62件] ある種, いかにも有難, かういふ響き, くる感じ, してが, すれば, であったが, であります, なにかを, のがれようとして, わかった, ククと, 与えられる恐怖, 云っても, 判ずると, 判断する, 取ったの, 呼びかけられる経験, 問注所を, 喚び起されて, 声に, 女である, 始まつた, 姿までも, 察して, 察する, 察するところ, 察せられた, 左右の, 店の, 思いついて, 急に, 想像される, 想像する, 感じた, 感得するらしい, 推して, 次第に, 溢れた, 火が, 目つきわれも, 直接に, 眠る時間, 眼から, 眼色から, 神秘を, 私どもは, 聞いた後, 自分の, 虚声に, 蛭ヶ小島は, 見たり, 誘われる心持, 身体の, 返事から, 連想を, 遠ざかって, 遠ざかるべく正反対, 風の, 首に, 高い高い叫び, 髪毛の

▼ 声まで~ (81, 0.1%)

2 して, 変わって, 潜めて, 私の, 遠く聞え, 顫え

1 [69件] あのやう, ありありと, いやもう, さらって, したと, しつくり, しわがれたじいさん, すっかり老人, すっかり聴い, すつかり聴い, そっくりだ, たてそう, ちっとも変っ, ひそめて, まねましたね, わしと, オロオロ泣き出し, ソックリだ, 五十過ぎの, 交ぜて, 今日の, 今朝は, 似せて, 作ったが, 使ったん, 俺に, 凛と張っ, 出たが, 啼かぬと, 嗄れて, 嗅ぎ知つて, 変えて, 変えること, 変ってしもて, 変つてぺちやくちやとお喋り, 大きくな, 宇治の, 小さいの, 小さくし, 少し震え, 常とは, 彼に, 忘れたかい, 怒号と, 悲壮に, 慄わせて, 我々には, 攫って, 改まつ, 明智先生に, 歯切れの, 涙で, 混って, 潜めほとんど, 生々として, 異様で, 真らしく立っ, 真似て, 続いて, 聞えた, 聞えて, 聞える, 聞き分ける耳, 聞し愚さ, 見えなくなったの, 谷博士に, 途切れ途切れに, 青ざめて, 風に

▼ 声なき~ (76, 0.1%)

3 笑いを 2 うちに, 事多し, 日暮かな, 絶叫が

1 [65件] ありさ, かちどきで息苦しい, が如き, が如く, ことばで, さざめきや, に声, に聴く, に至った, の声, は, は多分, ものが, ものに, ものは, ものも, を如何せん, 中に, 人々は, 仰せに, 会話, 凱旋, 刀槍に, 列が, 反抗を, 叫びで, 叫びと, 叫びを, 嗚咽を, 国, 夜の, 小楡, 屍だけ, 嵐は, 底に, 影の, 御廂, 快感に, 想いを, 慟哭を, 所は, 時門の, 最中なる, 死顔を, 求めと, 沈黙, 波濤は, 涙の, 無数の, 無限の, 独り言を, 畫とは, 空気でありました, 紳士淑女で, 結果文壇は, 者道に, 舟は, 苦闘であった, 言葉で, 詩の, 辻が, 雪の, 音の, 骸, 鵞毛の

▼ 声だけが~ (74, 0.1%)

4 聞こえて 3 聞えて 2 かすかに, もれて, 奇妙に, 必要な, 満場に, 聞える

1 [55件] あって, あつたらしく倉市, あるよう, おごそかに, お化けみたいに, きこえる光景, さっきから, ちらつと耳, はいりこんで, はっきり聞え, ひとり夜更けを, ひびいて, もの凄く部屋じゅう, やがて聞えた, やっと彼, やや張り, よく聞えました, わあん, わざとの, エーテルの, 一寸の, 一段と冴え渡, 上から, 低いながら, 何にも, 六つの, 冴えて, 力が, 厳かに, 変った点, 尾を, 我々の, 明らかに, 朗らかに, 朝もやを, 残って, 水門の, 発砲の, 眼の, 空に, 空の, 空気の, 突然土, 筒抜けに, 耳に, 聞えた, 聞えました, 聞えます, 聞こえた, 聞こえる山荘, 胸に, 自分に, 途切れ途切れに, 連続し, 門の

▼ 声だけは~ (72, 0.1%)

2 はっきりと, 聞える

1 [68件] いかにも蝉, いつもの, いつも殷々, かけた, きかなかったが, きれいでした, するけれど, たしかに聞い, たてなくなったが, つくり声の, どうしよう, どうやらその, はげますよう, はっきり覚え, ひどくやさしいの, ほとんど聞こえる, もう聞き慣れ, ゆっくりした, クワツ, 一つも, 一度も, 二階の, 人並以上に, 以前の, 低く挨拶, 何となく明るく, 元気に, 元気よく, 凜と, 出さないで, 別であった, 努めて, 口から, 叱咤する, 善かつ, 坑の, 大きく, 天真爛漫に, 女に, 妙に, 宮枝も, 届くかも, 徒らに, 心に, 快活に, 愛相よく, 慄え, 慄えず, 慥かに, 明るく云った, 朗々と, 武士の, 殊の, 永遠に, 激しく高く父, 狂奔し, 異人にも, 相当の, 確であった, 立てずに, 聞えた, 聞かずとも, 聞こえて, 聞こえましたが, 舟に, 辛くも聞える, 静かに, 高く唱

▼ 声とが~ (71, 0.1%)

4 もつれ合って 2 まざまざと, 今も, 入り交って

1 [61件] ある, あるか, いっしょに, いつも同じ, おこった, こう同時に筒, すがすがしい朝, ただ妬ましく, だんだん高く, つづいたが, どんなに僕, ぱったり止ん, もう火, もつれて, インド丸の, 一塊に, 一緒に, 両方から, 乱れて, 二度聞えた, 互に溶けあっ, 交, 人間の, 今日に, 何より詩, 先夜の, 入りまじって, 入りまじつて, 入交って, 同時におこった, 同時に心, 同時に聞え, 四方八方から, 妙に, 宮の森の, 川面を, 広いテント張り, 廊下に, 彼を, 或調和, 折々響いた, 次第に更け, 渓流の, 綯交に, 老人を, 聞えた, 聞えて, 聞こえた, 聞こえて, 聞こえ藁家, 起りました, 辺りに, 近寄って, 追っかけるよう, 遠くで, 遠くの, 鋭角を, 陰気な, 雨も, 風に, 黎明の

▼ 声とも~ (69, 0.1%)

3 音とも 2 つかないもの, 付かぬ声, 判らない声, 思われぬほど, 獣の

1 [56件] いうが, いうべきもの, いった, おぼつかなく聴きつ, おもえぬ凄味, つかない一種, つかない叫喚, つかない声, つかない行動, つかぬものうい, つかぬ遠い, とれるよう, どっちつかない, なって, なんとも, やかましい点, ろともに, わからないほど, 云えた, 云え訴えるよう, 享け, 他の, 似て, 分らない声, 分らなかったが, 動物の, 取れた, 叫び声とも, 呼ばせず男, 咄嗟には, 嗚咽とも, 後ろの, 思えないよう, 思えない声, 思えぬあえぐよう, 思えぬよう, 思えぬ絶叫, 思はれぬ嗄れた声, 思われず相, 思われないし, 思われぬものすごい, 思われるかすか, 息とも, 波の, 溜息とも, 畜類の, 異なりぬべし, 知れぬ音響, 笑い声とも, 纏まらない, 覚えないその, 覚えぬ潤い, 言い得ないもの, 附かず笑声, 風の, 鬨の声とも

▼ 声なく~ (60, 0.1%)

5 して 3 音なく 2 その赤く, ともいつも, ば鷺, 泣いて, 笑って

1 [42件] あせって, いきなり投げ, いって, うごかして, しばし佇んだ, た, ただ動い, ただ聞える, ただ詩人, てただ, て只, て炭, はこの, ば, ひっそり静まりかえっ, まことに厳粛, 云い合って, 人は, 冬の, 叫びながら, 呼び合わして, 哭いて, 夜は, 巨大な, 後ろへの, 敵の, 正造の, 水のうへを, 浮ぶ小舟, 満場の, 牧舎に, 眠つて居る, 立てる, 笑いあった, 笑う, 笑った, 練つて来る, 自分の, 蜀山の, 言なき, 身うごき, 進みその

▼ 声にて~ (56, 0.1%)

3 面白いぞ 2 歌う

1 [51件] ありき一般, いいすてつつ, いう, いひて, うたい聞かせつあわれと, おばあさんが, お通, これ十兵衛よ, これ十兵衞よ, たしかにフランス人, みずから名のりメエルハイムには, みづから名告, めでたしめでたし, よき火, われに, 云いたまわんは, 云う, 云うよう, 云ひ, 人殺しだ, 今宮本ぬ, 何事をか, 兄さんは, 先の, 助を, 叫び上げつ, 叱りたるが, 君が, 呼びぬ, 唱へ, 婦人, 幽に, 弟子に, 微笑し, 歌うは, 烈しく泣く, 物語り笑い, 申し候, 答う, 組み合いけれども, 舞台一同, 訪う, 調子不, 談話する, 謂えり, 轟きわたらんや, 道具留る, 阿唯, 額づくぞ, 高く笑う, 鳴きつつ

▼ 声~ (55, 0.1%)

2 又は鹿の子

1 [53件] え, え女, ぎりここだく鳴く, くるに, けしが, ごうごうと曠野, さもなく, その判断, それとも大変, それとも自分, それとも魔人, それも, それを, でして, どうか, はしらない, まだよくわからない, 一本竹で, 三声くらい, 三声ない, 些か眉唾物, 分らない, 判らない, 吶喊の, 善神の, 四声ぐらい, 四声である, 女の, 川面の, 幽に, 拷問の, 振下ろした小豆長光, 掛声みたいな, 星の, 梟の, 殆ど判断出来ぬ, 海岸へ, 獣の, 町人の, 知らないが, 知らん, 知らんと, 知りうる術, 砧の, 破裂した, 聞き分けて, 蛙の, 解らなかった, 雌牛の, 非ず, 音か, 音かを, 鳴き声かに類し

▼ 声という~ (53, 0.1%)

15 ものは 5 のは 3 ものが 2 のが, のを

1 [26件] ことに, ことの, ことばが, ことを, そういう声, ところでしょう, のには, のよ, ものか, ものだろう, ものである, ものに, ものを, やつだ, やつに, やつウオオッと, ように, んでしょう, ファシズムの, 侘しいの, 声は, 声も, 声音という, 歌を, 者は, 訳で

▼ 声であった~ (51, 0.1%)

2 が, がその, がそれ, のだ, ように

1 [41件] からだ, からであります, からふと, から太郎, から夫人, から惟光, から聞き, がきょう, がこう, がしかし, がせっぱつまった, がガスコアン, が一同, が亮作, が何処, が女, が子守唄, が庄吉, が彼女ら, が確か, けれどこう, けれどもそれ, ことを, しかしその, し被害者, だけに手痛かっ, ということ, というよう, という歌, とすれ, と云う, と見え, に相違, のである, のでお, ので小坂部, ので自分, のなら, ばかりでなく, ばかりに油断, よ

▼ 声などが~ (48, 0.1%)

3 聞えて, 聞こえた, 聞こえて 2 して, 聞えた

1 [35件] お増, きこえたの, する, そこここに, そっちから, それに, そんなにはつきり, たえず聞こえた, わたしの, キーキーツと, 交じって, 交つて聞えた, 交錯された, 人間に, 入乱れて, 哀れに, 夜中に, 宿屋の, 幔幕の, 挙つた, 時々聞え, 林の, 格太郎の, 水の, 洩れたが, 混って, 私の, 空に, 聞えなければ, 聞える, 聞える筈, 聞え出し附添, 聞かれた, 遠くの, 鐘の

▼ 声一つ~ (48, 0.1%)

3 立てずに 2 立てなかった, 立てる者, 聞えず玄関, 聞えて

1 [37件] お立てなさらない, かからなかった, かけないの, が君, しない, しないそれ, しない死, しなかった, しなくなって, た, たてずじつとして, たてずに, だった, でも, で博士, で納まりましょう, の経験, もらすことさ, 出さなかった, 出さぬ様, 出したこと, 出して, 出すもの, 洩れて, 立てない, 立てないの, 立てられず暴力, 立てるもの, 聞いたこと, 聞えない, 聞えないひつそり, 聞えなかった, 聞えなかつた, 聞かない巴里, 聞かれない, 聞こえないの, 聴こえませんので

▼ 声じゃ~ (45, 0.1%)

5 ない 4 言えねえが 3 いえないが 2 ア云え, 言えないが, 言われないが

1 [27件] ありませんか, ありませんよ, いうこと, いわれねえが, お爺さん明け, ござんせんか, ないか, ないかい, ないが, ないどうしても, ないな, ないよ, なかったと, なくってよ, ねえだ, アない, ア云えません, 云うて, 申されませんが, 畜生源吉は, 襖を, 言えないがね, 言えないよ, 言えねえがね, 言えませんが, 言われませんけれど, 言われも

▼ 声がかり~ (43, 0.1%)

2 がある, という

1 [39件] から尾州侯, がありました, がございました, が大きかっ, だ, だから, だが, で, であった, でお, でござる, でござれば, ではある, でまた, でもこれ, で僅か, で勘定方, で天ヶ丘一帯, で学校当局, で建てられた, で招き呼ばれた, で新しい, で華やか, とあっ, とあれ, ということ, なので, なんてえ, にて一人, によって建立, のお, の大事, の婚礼, の御用商人, の港, の直参傷, は恐入ります, も無い, を賜わった

▼ 声までが~ (43, 0.1%)

2 どこからとも

1 [41件] あなたや, あまく楽しげ, いくらか高く, かつてこれ, かなりはっきりと, ここには, この明るい, こんな工合, しいんと骨身, そうお変り, そっくりそのままでございます, そっくりだ, そっくり自分, つつましかった, つやを, はずんで, もう冥途, よく聞こえる, 伝はつた, 冴えるの, 十歳の, 半歳前に, 変った, 妙に, 少ししゃがれ, 干乾びて, 悲しそう, 意味あり, 手に, 早立ちの, 春らしい, 無気味だった, 無気味の, 王の, 癇走っ, 硬ばった舌, 私共の, 筒抜けに, 聞いたこと, 聞えて, 聞えるよう

▼ 声あり~ (40, 0.1%)

72 勝沼よりの

1 [31件] すなわちこれ, そのあやし, てしぐれ, てアントニウス, て下, て呼ばふ, て奈落, て形, て明らか, て更に, て橡, て父, て讃, て過大視, て霧, て顛木, とせ, と聞きとった, やとも聴きぬ, エレミヤの, 不遇の, 人に, 人を, 力あり, 命あり, 屹と, 月あかりすが, 涙あり, 満場ざわめく, 草木風雨に, 降参降参と

▼ 声~ (40, 0.1%)

3 へ聞え 2 へその

1 [35件] ういふ, はれ五分時, へ, へがし, へが洩れ, へすみ, へにほふ, へもや, へも出し, へも出なかつた, へやや, へよう, へ今宵, へ以前, へ俄, へ其の, へ加, へ寂しい, へ我心, へ手, へ汝達, へ洩れぬ, へ猶, へ発たう, へ立て, へ立てず, へ耳, へ聞, へ聞えけれ, へ聞えなかつたなら, へ聞えました, へ聴, へ荒らげ, へ起りまし, ゆる加茂川

▼ 声のみ~ (40, 0.1%)

3 だった 2 して, 聞こえて

1 [33件] あわただしく夜, いよいよ鋭く, かしが, きいて, しろし, しんといたしまし, でありこの, でした, で光, で寂, ならずトカゲ, ならず人間, ならず開店広告, 人を, 何時に, 勇ましくあちこち, 反響す, 多くし, 大に, 微々と聞えつ, 息ある, 残り, 残る暮方, 洩らして, 盛大の, 聞いて, 聞えて, 聴いて, 長閑なり, 高く聞え, 高く聞えぬ, 高く聞こえ, 鮮か

▼ 声高らか~ (40, 0.1%)

2 に読みあげた, に読み上げる

1 [36件] な唱歌, に, にお, にお互い, にさ, にその, にとなえ, にやっ, によみあげた, に万歳, に勝利, に叫ばない, に叫ん, に叫んだ, に合唱, に呼ばる, に呼ばわった, に呼ぶ, に唱え出す, に実証, に懺悔, に朗々, に次ぎ, に歌, に歌い, に歌いいでぬ, に歌う, に歌っ, に演舌, に笑っ, に詩, に読ん, に賛成, に音読, に音頭, に高い

▼ 声する~ (38, 0.1%)

7 方に 4 方を 3 方の 2 処ありき, 方へ

1 [20件] そのま, とともに三日月, な, は密か, は日陰, は空しき, は音, ばかり水, ような, ようなり, よろしいな, をり, を何事, 夜の, 小溝, 山の, 産室の, 者は, 者を, 霞かな

▼ 声ばかりが~ (37, 0.1%)

3 聞こえて 2 する, 聞えて

1 [30件] きこえた, こだまも, して, その春, ただ高い, どこからとも, のこる, ふたりの, ぶつかって, わたしの, 元の, 入り乱れた, 吹かれて, 周囲の, 四辺の, 大きくなつかしく聞こえ, 寂しい部屋, 岸まで, 彼の, 折々高かっ, 残った, 海の, 澄み徹つて, 激しい, 現実に, 聞えます, 背後の, 谷に, 雄々しく勇ましく響い, 頭上から

▼ 声三声~ (36, 0.1%)

3 呼んで 2 つづけて

1 [31件] いったよう, きいて, きこえた, くち走ったの, けたたましくほえる, さえずりました, さも悲し, じや, すごい悲しそう, つづけざま, ほと, ようやく開いた, 叫びます, 叫んだかと, 吠えた後, 吹く, 呼ぶと, 呼んだ, 啼いた, 啼き初めた, 啼き立てたが, 嘶くと, 引続きて, 泣いて, 聞こえて, 高く鷹, 鳴いた牛, 鳴いて, 鳴きながら, 鳴き続ける, 鳴くん

▼ 声よりも~ (35, 0.1%)

2 嗄る

1 [33件] かえってこの, さらに単調, その吠える, つと早く, どんなに美しい, もっと低い, もっと心持ち, もつと, よけいつよく, 先に, 喧びすしい, 小さく又, 小鳥の, 少くとも, 尚お, 後醍醐の, 息に, 更に自然, 朝日の, 流言の, 独居の, 猶麗しい, 甘美な, 稚い国民学校, 細々と, 美しかった, 見て, 遥かに, 首で, 驚かされて, 高かった, 高くはちきれ, 高く強くひびく

▼ 声低く~ (34, 0.1%)

4 語り合った 2 弁解する

1 [28件] お八重, こう言った, ささやかせようと, して, つづけて, ほとんどどもり, 云った, 力を, 吟じ始めた, 彼を, 心乱れ, 挨拶しました, 提議し, 此手を, 気分は, 泣き出した, 洩れて, 眼も, 節哀れに, 腰を, 言った, 訊いた, 話した, 話してるきり, 話を, 語るの, 語る教訓, 語れよ

▼ 声かけ~ (31, 0.0%)

2 てまた

1 [29件] その屋敷, たまへば, たりし, つつ徐々, て, てこれ君ここ, てとほる, てなまじ, てなまじい, てみよう, て上っ, て別れ, て垢, て寒し, て小, て振, て窃, て茶の間, て追, て過ぎ, て駕籠, て鵜縄, ながらやっと, ながら入っ, ながら段梯子, ながら門, ながら降りた, 燈を, 駕籠より

▼ 声として~ (31, 0.0%)

2 そのま, それを, 唇を

1 [25件] あげられた, これを, しきりに泣き叫ぶ, その一端, それは, では, ゐる, 世界に, 人間性を, 同じ作品, 多くの, 大村耕作面会人大村一郎, 幸に, 放たれて, 書き出すの, 欣びながら, 現れて, 私には, 聞かれるであろう, 胸の, 自分の, 行為としての, 貶し去るべき性質, 道義の, 顧みられないこと

▼ 声をも~ (31, 0.0%)

2 立てずに, 立てなかった

1 [27件] あきらかに, かけずに, かけず塀, つてを, 出さ, 出ださぬは, 半蔵は, 嗄らす程, 大きな耳たぶ, 少しは, 後に, 得立てず, 懸けざるに, 捉えんとして, 潜めて, 珍しがる, 立てず, 立てず打ち伏しおり, 立てず苦痛, 立てで, 立てられなかったのに, 立て得ずびっくり, 聞かなかった, 聞かれなかったが, 聞きの, 聞くべき距離, 聞けり

▼ 声こそ~ (30, 0.0%)

2 出さないが

1 [28件] あはれなれ, あれ白由党員, して, すなれ, つくって, ヒソヒソだ, ベートーヴェンが, 一定悪魔の, 人の, 今にも泣き出し, 以前の, 低かった, 余の, 出さないけれど, 出さなかったが, 出さなかつたが, 大きくない, 彼が, 恋人を, 揚げないが, 立てなかったが, 立てねエイヤエイヤ, 立てられないけれど, 聖者アクチニオ四十五世の, 聞かま, 花世か, 違え, 駈け来なれ梅

▼ 声それ~ (30, 0.0%)

1 [30件] から二人, から冷たい, がまさに, が快い, が意外, が木精, が直接僕, が聞いた, が頓, と共にどたりと倒れる, と同時に, と比べ, はかなり, はたしかに, はまだ, は嗚呼, は園, は時計, は老婆, は辺り, もこれ, も一人二人, も童貞女, より恐い, をきく, を叱る, を忘れ, を村園, を聞い, を背中

▼ 声かぎり~ (29, 0.0%)

2 また声

1 [27件] いって, ここだく鳴く, その武運, に, にさまざま, に叫んだ, に呼び交わした, に哭く, の叫び, の歓呼, の泣き声, よびました, 口の, 叫ばずに, 叫ぶの, 叫んだ, 呼びたいよう, 呼びながら, 呼び歩いて, 呼ぶこと, 呼んだが, 啼け杜鵑神, 夜風は, 後へ, 探して, 絶叫し, 鳴いて

▼ 声さえも~ (29, 0.0%)

2 立てないで, 聞えない, 聴いたこと

1 [23件] かれは, ない静まりかえった, ほがら, 出ない, 出なかった, 和やかであった, 変に, 彼は, 憎々しく寝所, 数歩の, 朗読的であった, 次第に遠のき, 洩れないよう, 続かぬが, 聞えて, 聞えなかった, 聞えなかったと, 聞かれないなら跫音, 聞かれなかった, 聞こえない, 聞こえぬ淋しい, 若やいで, 途絶え勝ち

▼ 声でない~ (29, 0.0%)

4 ていました 3 ものとして, 語が 2 ことが, ことを

1 [15件] ことは, ことをも, てお, てゐた, とすれ, と云, と奥, と生, ように, よ麻布狸穴, 声と, 弱々しいもの, 彼は, 獣なら, 陽気な

▼ 声とを~ (28, 0.0%)

3 聞いて 2 聞いた

1 [23件] ききながら, して, その建物, もって, んなじだ, 一つの, 以って, 伴奏として, 借りて, 君に, 意識し, 感じたの, 持った老嬢, 持って, 有して, 籠めて, 結び付けること, 聞いたから, 聞きつけ大切そう, 聞きわけるに, 連係させ, 配したもの, 頼りに

▼ 声によって~ (28, 0.0%)

1 [28件] この場, この魅力, その人, その状況, だね, なされるから, びっくりし, まず珍客, よい感じ, テロロと, 下郎の, 中に, 予定通りの, 報告され, 夕雲は, 定まるの, 容易である, 彼である, 得たとして, 思い付かれたもの, 想像すれ, 暗示される, 気象の, 狼狽した, 現される言葉, 現前に, 裁かれ苦悩, 見ると

▼ 声その~ (27, 0.0%)

2 呼吸その, 数に

1 [23件] うたう歌, うちに, とき博士は, どよめきは, 中一つは, 代助, 体つきすべてが, 儘を, 唄が, 唄その, 声が, 声の, 声も, 声や, 平和その, 慈愛の, 態度その, 挙動その, 火華は, 犬に, 笑いその, 行動いかにも, 音すらが

▼ 声など~ (27, 0.0%)

2 てんで耳, 耳に

1 [23件] かけて, であると, どうしてお, なお耳, なり, 全然聞こえ, 出なくなつ, 力が, 半日の, 問題では, 夜明けを, 振仰いだ, 放って, 決して掛ける, 立てて, 立てられません, 耳には, 耳にも, 聞えぬ風, 聞えは, 聞えやう, 聞かされて, 聞ゆる

▼ 声です~ (26, 0.0%)

52

1 [19件] か, から, からこれ, からよく, から何, がすぐ, がたしかに, がよく, が三階, が声そのもの, が読み聞かされる, ぞ, とも, な, ねんけど眼エ, ね貴方, もの, わね, 初耳です

▼ 声ほど~ (26, 0.0%)

2 呶鳴った

1 [24件] これに, 人の, 低声, 信子に, 千鳥が, 呼ぶと, 呼んだ, 呼んで, 場所に, 悲痛なうめき, 物凄く恐し, 物凄く恐ろしきもの, 珍しいもの, 絶叫し, 続けざまに, 美しい, 美しく楽しいもの, 背後で, 走った, 静かで, 高く啼いた, 鳴いた, 鳴いたと, 鳴いて

▼ 声より~ (26, 0.0%)

2 他は

1 [24件] ずっと小さく, なお太, はるかに, ほかに, もっとかん高い, より多く, わざとらしさ, ズット深い, 人数が, 俺の, 先づ五位鷺の, 先に, 出すこと, 出なかった, 大きいの, 弱っては, 快活であった, 悪いと, 早い, 早く北斎, 有難く嬉しい, 美妙な, 調子を, 高く聞え

▼ 声立て~ (24, 0.0%)

2 ていよいよ, て還る

1 [20件] てけり山風, てまた, てわが, てバッタリ次郎吉, て児, て叫んだ, て呼んだ, て啄む, て囃し立て, て女, て泣きつづけ, て浦子, て海老団治, て笑う, て訴, て語る, て読みました, て鳴きました, よ鳴, 母様痛い

▼ 声しか~ (23, 0.0%)

2 でないくせ, 出ない, 出なかった

1 [17件] しなかったが, しなかった平原, そこには, なかった, なかったり, 出さないの, 出ず大いに, 出て, 出ないので, 出なくなるあと二十日, 囁かないの, 彼女に, 持たない人, 洩れなかった, 聞えて, 聞えない樹立, 見たり

▼ 声すら~ (23, 0.0%)

2 しなかった

1 [21件] かけに, するの, とこなつの, ない, ないの, 做る, 出さない孔明, 出さなかった, 出ないで, 巷を, 放って, 沸いて, 漏さ, 発して, 立たなかつた, 耳に, 聞えた, 聞かせて, 聞こえる, 重々しかった, 風の

▼ 声であり~ (22, 0.0%)

2 その声, バラバラの

1 [18件] あたかも合唱, その顔, またその, ニヤの, 主婦なんぞは, 人間の, 他方は, 俳句など, 叫び声である, 同志たちの, 同時に救, 同時に繩, 地に, 微風に, 心の, 深みと, 軍事的奴隷として, 高山徳右衛門であり

▼ 声でした~ (22, 0.0%)

2 か, から, よ

1 [16件] からお, から一同, から私達, から米友, が, がこれ, がそれでも, が二人, が細く優しく, けれどその, けれど女, けれど物, ね, のに, わ, わね

▼ 声ひとつ~ (22, 0.0%)

3 せぬ 2 立てずに, 聞えなかった

1 [15件] かけて, しない, たてず真, たてません, たてられぬ程, たてること, たてるもの, ない, 出すもの, 立てないで, 立てなかったじゃ, 立てなかつたが, 立てません, 立てること, 聞くこと

▼ 声自慢~ (22, 0.0%)

2 の声

1 [20件] が先, が花嫁, でどこ, でどんな, でもある, で何かと, と声自慢, に松前, の人足, の人足たち, の唄, の将軍, の男女, の謡, の選手, の駅夫, の鳶, までやりだした, らしい呼び出し, 働き自慢

▼ 声かと~ (21, 0.0%)

2 思ふと

1 [19件] 一同胸を, 宿主に, 尋ねると, 念を, 思いました, 思う, 思うよう, 思った, 思ったが, 思ったけれど, 思って, 思つてゐる, 思われた, 思われるよう, 怪しまれて, 我は, 聞き分, 見えた, 驚いて

▼ 声~ (21, 0.0%)

6 忍冬の 3 と聞く 21 とき, なりあはれ, なりほのぼの, なり巷, なり朱雀, なり美くしき, なり谷一面, なり赤き, もよい, 太皷ぞ

▼ 声などを~ (21, 0.0%)

2 出して, 耳に

1 [17件] あげながら, あげようもの, かけて, たて, たてる片目, つけ加へ, 代弁しない, 出したこと, 手掛りとして, 掛けては, 掛けると, 決して立てた, 真夜中に, 聞いて, 聞きながら, 聞き誤って, 聴かせるの

▼ 声~ (21, 0.0%)

1 [21件] カケテ上ッテ来, シテハイケナイデス, シテヰタ僕モ汗ガナガレタリイキガハゲシクナツタリホコリガヒドクテ苦シカツタガ遠, ダスバカリデシタ, 低メテ顫エテ云ッタ, 出ス, 出スウチハ何モシタゲナイワヨ, 呑テ涙ヲ, 呑ンデカラ云ッタ, 品スレバ紳士応対, 思イ出ストアノ糊, 挙ゲテ泣ク, 掛ケナケレバ彼女モ後ヲ, 絶ツ, 耳ニ徹セシム, 聞イテルト, 聞カシテヤロウ, 聴クニ因ツテ第, 聴クノミ, 認ムレバ絃三ノミ腔一ノミ, 飛ス

▼ 声ある~ (19, 0.0%)

2 姿

1 [17件] だけにものいい, と夏, にあらず, に勝る, に至る, ものの, や, ように, を一沸, を恐れ, を聞い, を覚ゆれ, 文章を, 春の, 毎に, 烈風が, 空の

▼ 声きけ~ (19, 0.0%)

52 ばおの, ば時過ぎ, ば消 1 ばあはれ, ばつくづく, ばやがて, ば吾妹子, ば常, ば暢, ば白木蓮, ば眠る

▼ 声などは~ (19, 0.0%)

1 [19件] あり得ない, いかよう, きこえなかったの, そっくり鶯, たくましい伐木, どこにも, もうとうに, もう蚊, 一語も, 今でも, 入らなかった, 変な, 心ない, 教えようによって, 耳に, 聞えで, 聞こえて, 聞こえようとも, 阿Qの

▼ 声なども~ (19, 0.0%)

2 聞こえて

1 [17件] しかとは, した, します, するから, せわしない, そうした地方, ただ笑っ, へんに, よく聞いた, ヒイヒイ聞える, 寒そう, 小さくて, 常は, 漏れて, 特によく似た, 細かくこちら, 聞こえるの

▼ 声といふ~ (18, 0.0%)

6 ものは 2 のが, ものが, ものを 1 のは, ものに, やうな, メムバー, 感想しか, 老人居士とも

▼ 声やら~ (18, 0.0%)

1 [18件] ですさまじい, 内職の, 分らぬ, 反尊氏, 咳やら, 悲鳴などが, 揚饅頭やら, 様様の, 気配やらの, 物音は, 男の, 皿の, 言葉やら, 誰の, 赤ん坊の, 重いチェーン, 馳せま, 黄いろい声

▼ 声らしい~ (18, 0.0%)

2 ので私, ものも

1 [14件] が, があと, と云います, のです, ので文字春, ので誰, もっと威厳, ものが, ものは, んです, 声で, 時田は, 生気ある, 音が

▼ 声だけで~ (17, 0.0%)

1 [17件] きくもの, こたえました, 何の, 信心する, 判断し, 喰いとめようという, 帰つ, 正体の, 泣いて, 満足する, 私は, 笑った丹波, 笑ふためには, 縮み上ったところ, 肯き, 近づかなかった, 顔は

▼ 声だけでも~ (17, 0.0%)

2 聞かせて

1 [15件] きこえるの, または手真似, わかるが, オヤアラ笑ってる, 人を, 低くね, 天地を, 実の, 横顔だけでも, 無論わかる, 皆の, 聞きうること, 聞きたいと, 聞くの, 良民は

▼ 声とで~ (17, 0.0%)

1 [17件] あつた, ありました, かなり扱い, その夫人, めちゃめちゃに, やや, 一つの, 一ぱいであった, 予言する, 伸子の, 口を, 壕の, 歌われたの, 独唱が, 目を, 神を, 負けずに

▼ 声なんか~ (17, 0.0%)

1 [17件] いくら探し, この大声, どうでも, どこを, どっちでも, なんの, アルゼンチンで, 使ったって, 出さないで, 出したって, 出したの, 出しやがって, 出しやしませんよ, 出す事, 出ないの, 出やしない声, 出やしませんわ

▼ 声出し~ (17, 0.0%)

3

1 [14件] てもう, てやろ, てよん, てハア, て元気, て呟い, て喚い, て歌, て歌ひな, て泣いちゃった, て泣きたくなり, て祈祷, て笑い, て見る

▼ 声だけを~ (16, 0.0%)

5 聞いて

1 [11件] かけ合って, きいて, とって, 上げて, 役立て, 掛けて, 笑った様, 耳に, 聞かせれば, 聞く事, 聴かせて

▼ 声でなく~ (16, 0.0%)

2 て何

1 [14件] あっちこっちで, かはいさう, ては発せぬ, て人間, と見える, ように, 二役とも, 人間の, 何かの, 凄じい音, 女な, 私共を, 臆測でなく, 長く引いた

▼ 声なき声~ (16, 0.0%)

1 [16件] が俊基, が書記机, が聞こえる, であった, にひそか, のよう, の聞き取れず, は街道すじ, をきけ, をこそ聴こう, をよく, を彼女, を発し, を発する, を自分, 上げて

▼ 声のみが~ (16, 0.0%)

2 聞えた

1 [14件] この瞬間, つつんだ, よく達し得る, わずかに, 叫びました, 故鈴, 時々私, 淋しかった, 空に, 耳に, 聞かれなかつたのに, 陰々と, 高く響いた, 高く響き

▼ 声あげ~ (15, 0.0%)

2 て, て泣く, て読ん 1 てうたい, てゆきき, て叫ぼう, て橋, て歌, て泣きぬ, て笑, て蛙, ながら騒ぎたった

▼ 声とに~ (15, 0.0%)

1 [15件] かれも, きょうの, これを, すっかり包まれ, そこなわれて, 分けて, 壮助は, 感じられる, 憧れたこと, 接しまつった事, 暮れて, 追われて, 過ぎない, 頭が, 驚いて

▼ 声にな~ (15, 0.0%)

8 つて 2 つてゐた 1 つて小僧達の, つて居た, つて断, つて珍しく, つて説き諭しました

▼ 声もろ~ (15, 0.0%)

2 とも

1 [13件] ともしかりつけました, ともダマスクス製, とも二丈, とも二人, とも咽喉, とも垂れ, とも左剣, とも扉, とも杉田, とも権六, とも祇園, とも裾, とも襖

▼ 声もろとも~ (14, 0.0%)

2 にダッ

1 [12件] に, にがばと, にすっくと, にまるで, にむっくり, にパッ, に太刀抜きかざし, に射出す, に小わき, に左右, に投げつける, に無く

▼ 声を以て~ (14, 0.0%)

2 すれば

1 [12件] こういった, した道場, である, 刺激を, 喧擾し, 彼の, 神の, 秀吉は, 聴く, 詳しく説明, 適度な, 雀の

▼ 声あっ~ (13, 0.0%)

61 てひとり, て五人, て向う, て大, て孤鶴銀漢, て暗黒, て骰子

▼ 声たて~ (12, 0.0%)

2 て泣いた 1 てほのか, ても泣きたき, てクオレ, て何, て小さく愛しき, て泣かせ, て笑い, て笑おう, て笑った, ぬすもりかなしみ

▼ 声だって~ (12, 0.0%)

2 さっき聞えた 1 さっき聞こえた, まるであべこべ, みんなあたりへ, 写すん, 出さずに, 前後と, 彼よりも, 絶望どころか, 聞くこと, 這入って

▼ 声であっ~ (12, 0.0%)

1 [12件] てもこの, てもこれ, てもそれ, ても美くし, てようやく, て三度目, て予期, て他, て全く, て同時に, て獣, て重い

▼ 声までも~ (12, 0.0%)

1 [12件] 全くの, 変えること, 大塚さんの, 妻の, 少しも, 浮き立って, 生々として, 細々と, 聞くよう, 虎の, 金色に, 青銅人種に

▼ 声いっぱい~ (11, 0.0%)

2 に喚き 1 に, にどなった, にもっと, に唄っ, に泣きたい, に絶叫, に続け, 叫ぶ, 叫んだ

▼ 声との~ (11, 0.0%)

1 [11件] ごろた石の, する間, 両怪塔王, 中に, 交響楽か, 微妙な, 訓練を, 違ひとでも, 間に, 関係や, 隙間を

▼ 声について~ (11, 0.0%)

1 [11件] いふので, それに, もう少し細かく, 入って, 半七, 口の, 合せて, 小声で, 文句を, 許宣は, 証言が

▼ 声みたい~ (11, 0.0%)

21 だす, なところ, なの, な矢, な音, に喋りたてる, に夫婦, に聞こえた, に響き合い

▼ 声~ (11, 0.0%)

2 と私 1 が仏蘭西, が青春懐古, といふ難物, なども正しく, の, のごとき, は, は一高, も小

▼ 声~ (11, 0.0%)

1 [11件] が今度われわれ, が作った, が鋳造, が随筆, でありますが, では, と対談, のところ, の名, の説明, や花森安治氏

▼ 声~ (11, 0.0%)

2 を聞こう 1 で初めて, には, にも, にやっと, に城太郎, のさけび, の奥, は泣き声, を見る

▼ 声~ (11, 0.0%)

2 を聾する 1 あるもの, に入り, に入りたれ, に喧しかっ, に狭, に近々と, に通じけん, に達する, も心

▼ 声~ (10, 0.0%)

1 いざ歌, ここに, さびしき, すずしき, する, する思ふに, ふりせぬ, われは, 聞く, 落ちくる厳橿

▼ 声とか~ (10, 0.0%)

1 いうけれども, そういう事, 形とか, 悪い声, 文字とか, 日の, 物音とか, 身ぶりとか, 金切り声とか, 髪の毛の

▼ 声ながら~ (10, 0.0%)

3 叫ぶよう 1 それは, 変に, 夜ふけの, 思い切って, 思わずそう叫んだ, 気取りや, 若くは

▼ 声なし~ (10, 0.0%)

21 いずれも, た, というの, といえ, に呼ん, の有様, の歎, 心ある

▼ 声掛り~ (10, 0.0%)

1 がある, だから, だったので, である, で万一, で町役人立会, で許され, にし, の石田帯刀, 直参に

▼ 声~ (10, 0.0%)

1 が訪ね, とちがっ, にし, のよう, の如く, の設計, はさらに, は二十何歳, も幽霊, 鴉の

▼ 声あの~ (9, 0.0%)

1 ころは, ざわめきわれらシップの, 時の, 男の, 美しい, 美しさ, 足音, 鐘の, 飛び方

▼ 声いと~ (9, 0.0%)

1 すずしくいい放てり, めずらし, らうたし, 凄まじ木の葉, 厳かに, 懐し, 楽しげ, 細く, 静かなり

▼ 声そのもの~ (9, 0.0%)

2 であると 1 からし, がこの, が絶えず, であつ, の高, は純粋, をレコード

▼ 声でありました~ (9, 0.0%)

2 からお 1 から, からこの, からさては, から不意, がそれ, が後ろ, けれど前の

▼ 声などに~ (9, 0.0%)

1 あき足らず, 依って, 依つて却, 叔母さん心覚えは, 可能な, 心惹かれ, 振りむかずに, 耳を, 邪魔されず

▼ 声なら~ (9, 0.0%)

1 それに, で音づれもなし, なにを, ばその, ば澄みき, よし学問, んと, 可いが, 案外ブルース物

▼ 声~ (9, 0.0%)

1 じっと息, 出たの, 合わせて, 心で, 次々に, 答えも, 耳を, 騒がれだして, 騒然たることば

▼ 声~ (9, 0.0%)

1 に長い, に震う, の下, より我, より響く, を振, を振い, を撼, を震わし

▼ 声張り上げ~ (9, 0.0%)

41 ている, てうたった, てちと, て唄い出した, て歌い出せ

▼ 声念仏~ (9, 0.0%)

2 して 1 が絶える, しそれから, の勢, は怠り, をはじめ行道, 不退, 甚だ盛ん

▼ 声~ (9, 0.0%)

2 は白銀 1 した, したの, したる如くたと, して, する所, は寧ろ, ふんで

▼ 声~ (8, 0.0%)

2 互の 1 医者さんの, 君は, 弁当は, 染は, 祭りなどの, 辻稍

▼ 声こそは~ (8, 0.0%)

1 孤児にとっては, 彼らの, 挙げたれ憫, 私が, 紛うべくも, 聞けなかったが, 聴けなかつたが, 蝉が

▼ 声だの~ (8, 0.0%)

1 その成長, 巴里の, 機屋の, 歌い方, 町芸人の, 百万遍の, 耳だ, 赤子の

▼ 声~ (8, 0.0%)

2 や云, や言 1 や, やない, やねえ, や好

▼ 声なり~ (8, 0.0%)

1 あるいは人, 国民の, 姿なり, 水声は, 渠は, 秋の, 行動なりが, 身ぶりなりが

▼ 声に対して~ (8, 0.0%)

1 判事は, 呻り, 少しの, 敏感なら, 普通の, 柴忠さんが, 無感覚に, 私は

▼ 声ばかりに~ (8, 0.0%)

2 なって 1 なった, なつた, 焦けて, 耳を, 色々の, 菊之助の

▼ 声ばかりは~ (8, 0.0%)

1 あたりを, づませて笑へば, どうしても耳, なおしばらく, 時どきに, 耳に, 聞こえて, 聴き覚えあるよう

▼ 声よく~ (8, 0.0%)

3 他人の 1 て程, なりやりよく, なり朗, 聞き取れないその, 見ると

▼ 声映画~ (8, 0.0%)

1 というもの, には数世紀, に取り入れられる, に特有, の国際的普遍性, の目的, の純化, はもちろん

▼ 声がら~ (7, 0.0%)

1 です, ではどうも, なの, に覚え, までが後醍醐, まで愛嬌, をもって光秀

▼ 声きく~ (7, 0.0%)

1 さえ, と背中, までを期, より棲烏, 時, 身こそ, 霞かな

▼ 声きこ~ (7, 0.0%)

7

▼ 声これ~ (7, 0.0%)

1 に応ず, に答え, はがんりき, はなかなか, は現実, もま, も聞いた

▼ 声たかく~ (7, 0.0%)

2 あるほど 1 ヨハネ伝を, 云った, 宜い, 笑いました, 聞えた

▼ 声だつた~ (7, 0.0%)

1 がどなた, がもう, が関森, ね, ので向, ので私, よ

▼ 声でしか~ (7, 0.0%)

1 ない, なかった, ものが, ものを, 話されなかつた, 話しません, 話せなかろうと

▼ 声なぞは~ (7, 0.0%)

1 人々の, 何でも, 出しは, 出しません, 手に, 決してかけ, 聞えやしないよ

▼ 声なる~ (7, 0.0%)

1 が故に, ぞかし, に於い, はや, ものです, ものは, を忘

▼ 声にこそ~ (7, 0.0%)

2 耳を 1 不易不変な, 出さなかつたが, 出て, 来め, 現われては

▼ 声にまで~ (7, 0.0%)

3 出して 1 あらわして, なって, 凝結せね, 唄われるよう

▼ 声はりあげ~ (7, 0.0%)

1 て, てうたい, て南無, て唱えつづけ, て歌い, て歌う, て経

▼ 声~ (7, 0.0%)

1 がいたす, ぐれえは, で早く, にどこ, に何, もよく, も十六

▼ 声~ (7, 0.0%)

1 からひびい, から大きな, が外, となり, にかかった, の中, を耳

▼ 声~ (7, 0.0%)

6 の音 1 を振る

▼ 声高い~ (7, 0.0%)

1 いびきを, のであります, 叫びは, 叫びも, 悪魔的な, 抗議を, 朗吟が

▼ 声~ (6, 0.0%)

2 ッぱい 1 さ, ッぱいあなたの, ッぱいいい, ッぱい名乗りを

▼ 声さん~ (6, 0.0%)

1 が外国, が讃, には話した, に会ったらわすれず, に聞かね, の名

▼ 声したる~ (6, 0.0%)

2 人もはや, 方に, 方をと

▼ 声すらも~ (6, 0.0%)

1 なつかしさうに立止つて, まったく聴, 凛乎として, 聞えない心地, 聞かれぬ運命, 近ごろ武士の

▼ 声そして~ (6, 0.0%)

1 たしかに弦, 栗の, 溶け入るよう, 第一レース売出し, 途端に, 鐘声

▼ 声それから~ (6, 0.0%)

1 この気もち, メヅサの, 何にも, 又あの, 次第に高く, 盤だの

▼ 声づかい~ (6, 0.0%)

1 で弁, などを優美, に学者, に薫, に貫目, をよく

▼ 声としか~ (6, 0.0%)

1 きこえませぬ, とりよう, 思はれなかつた, 思われない, 思われません, 聞かれないかも

▼ 声なれ~ (6, 0.0%)

21 ばこそその, ばはて, ば也, ば向う

▼ 声らしく~ (6, 0.0%)

1 しかも風呂場, その調子, 乱暴者を, 岸本の, 矢たけびの, 音楽的で

▼ 声をか~ (6, 0.0%)

2 くるに 1 ぎりにうたひ, くるは, くるより, くるを

▼ 声をば~ (6, 0.0%)

1 あげて, かけて, かけられましょう, これも, 姿もて告ぐ, 途切らす

▼ 声叫ぶ~ (6, 0.0%)

1 声は, 声女どもの, 声軋る, 声雑, 声駆け, 声魂消る

▼ 声張りあげ~ (6, 0.0%)

1 て, てうた, てせん, て何, て歌, て草津節

▼ 声~ (6, 0.0%)

1 から発する, で聞かせられる, で風貌音曲師, の仙集, をも聞いた, を骨董的

▼ 声~ (6, 0.0%)

3 の音 1 が違います, と同様, ならぬ喞筒

▼ 声~ (6, 0.0%)

2 の単純可憐 1 が単独講和, に書きおくる, はなぜ, 聞えました

▼ 声かける~ (5, 0.0%)

1 ころには, と主婦, と彼女, になん, 客さえ

▼ 声この~ (5, 0.0%)

1 力が, 嘆き悲しみが, 囁きに, 子らぞ, 感情

▼ 声ざま~ (5, 0.0%)

1 にはもう, に聞き覚え, の美し, の震, も女

▼ 声そっくり~ (5, 0.0%)

1 じゃなかった, だった, だと, と言いたい, に時

▼ 声~ (5, 0.0%)

1 からかに, からかに呼びとめた, からかに笑っ, からかに言い入れた, ぐふなり

▼ 声だけの~ (5, 0.0%)

1 ものに, ガンマ和尚から, ガンマ和尚は, 秘書が, 青野は

▼ 声だに~ (5, 0.0%)

1 せざりけるかも, せぬ, なかった, 煩悩の, 立てず暫し

▼ 声だろう~ (5, 0.0%)

21 という者, と云った, と言い出す

▼ 声~ (5, 0.0%)

3 なみを 1 なみ, なみが

▼ 声つづけ~ (5, 0.0%)

2 ざまに, て叫んだ 1 て聞ゆ

▼ 声であろう~ (5, 0.0%)

1 か, ともどんな, と仰せ, はずが, はずも

▼ 声でなけれ~ (5, 0.0%)

4 ばならない 1 ば土蔵

▼ 声としては~ (5, 0.0%)

1 このぐらゐのものだらうか, なんとなく凄い, 凡そ適, 出ない一種, 更に聞える

▼ 声によ~ (5, 0.0%)

1 つてその, つて人生の, つて何事か, つて判断する, つて最も

▼ 声のみを~ (5, 0.0%)

1 描いたの, 相手に, 繰り返して, 耳に, 聞かせて

▼ 声はと~ (5, 0.0%)

1 ぎれがちだつた, し老いて, ばりの, もし火, 耳の

▼ 声ひくく~ (5, 0.0%)

1 叫びました, 慰めた, 聞えぬ, 誦んで, 越前守は

▼ 声また~ (5, 0.0%)

1 次の, 爽やかに, 聞ゆ, 起る, 食物に

▼ 声まだ~ (5, 0.0%)

2 いけない 1 いけず, しらねば, 長いこと

▼ 声までを~ (5, 0.0%)

1 この植物, 意味する, 手に, 画きあらわした者, 集録し

▼ 声をの~ (5, 0.0%)

3 んで 1 べつに, んだ

▼ 声をは~ (5, 0.0%)

3 づませた 1 づませて待つた, づませて言つた

▼ 声~ (5, 0.0%)

2 云ッタ 1 呼ンダ, 唄ッテイルノガ聞エテ来ルヨウナモウ死ンデイル筈ダガ死ンデモ聞エテ来ルヨウナ気ガスル, 鳴キ立テル

▼ 声~ (5, 0.0%)

1 枕ニ近, 窓ヲ, 絶エテハ続, 耳ニ上ル近, 調子ガ違ッテイタ

▼ 声一杯~ (5, 0.0%)

1 にかう怒鳴つ, に叫んだ, に喚いた, に美しい, 訴えたい切な

▼ 声~ (5, 0.0%)

2 なもの 1 おぼえて, で成仏, は聴いた

▼ 声出す~ (5, 0.0%)

21 とこだった, なよ, の止し

▼ 声呼ぶ~ (5, 0.0%)

1 ことに, とことこと階子, と浮藻, 声命ずる, 声恐怖の

▼ 声呼ん~ (5, 0.0%)

2 でみた 1 で, でいる, で見た

▼ 声天地~ (5, 0.0%)

3 にあまねく 1 も震う, を砕く

▼ 声~ (5, 0.0%)

2 又は動作, 及び動作 1 とある

▼ 声掛け~ (5, 0.0%)

21 てくれはったら, て来ただ, 八方より

▼ 声~ (5, 0.0%)

1 のかけら, の音, をいった, を投, を投げる

▼ 声~ (5, 0.0%)

3 の声 2 の啼声

▼ 声聞え~ (5, 0.0%)

3 たり 1 てそれ, て主人

▼ 声~ (5, 0.0%)

3 の音 2 の声

▼ 声~ (5, 0.0%)

1 が建てられた, にて東京, の方, へたびたび, へ曲がっ

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 つて夜深く, はすもの, はせ居り, またす

▼ 声いろ~ (4, 0.0%)

1 があと, までやっ, も使えないらしく, を遣う

▼ 声かけられ~ (4, 0.0%)

1 てあわて, ても返事, て母親, 三十畳ばかりの

▼ 声せし~ (4, 0.0%)

2 が耳 1 後は, 方に

▼ 声せず~ (4, 0.0%)

1 なりにけり, 一人丈長の, 商主かの, 松風を

▼ 声そういう~ (4, 0.0%)

1 ことを, 声を, 種類の, 風に

▼ 声それら~ (4, 0.0%)

1 が直接僕, に太陽, もしだいに, をすべて人間

▼ 声でございます~ (4, 0.0%)

1 がもし, ぜ大勢, の, わねえ

▼ 声とても~ (4, 0.0%)

1 いかん苦しい, ほのかな, よろし, 近所へまで

▼ 声などとは~ (4, 0.0%)

1 とても, 似ても, 思われないよう, 思われなかった

▼ 声などには~ (4, 0.0%)

2 殆ど耳 1 気も, 頓著なし

▼ 声などの~ (4, 0.0%)

1 まだ木蔭, 朗らかに, 絶えないこと, 観念を

▼ 声ならぬ~ (4, 0.0%)

1 声だった, 声に, 声へ, 声を

▼ 声にさえ~ (4, 0.0%)

1 いささかも, 実際は, 破られないほどに, 身ぶるいする

▼ 声にでも~ (4, 0.0%)

1 したらホーム, 触れるよう, 誘われたの, 驚かされて

▼ 声ばかりを~ (4, 0.0%)

1 上げるの, 耳に, 耳元で, 聞いて

▼ 声~ (4, 0.0%)

2 がらかに, と

▼ 声もて~ (4, 0.0%)

1 わが為, 伴れ, 歌を, 讃めた

▼ 声をさえ~ (4, 0.0%)

1 洩らすよう, 発し紙帳, 聞いた, 聞くの

▼ 声をすら~ (4, 0.0%)

1 シュクと, 出せなかった, 聞きつける, 顧みて

▼ 声~ (4, 0.0%)

2 の走る 1 に聞かれ, を嘲ける

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 こうして貴方, もちつとも, も眼, ヤ地ニ満

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 か押しかえし, か高声, に驚い, を云

▼ 声~ (4, 0.0%)

2 に接する 1 には接すべく, に接しない

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 にはなりえなかった, は日々, を天下, を張り儀容

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 にきこ, にきこえ, に聞こえぬ, に聞ゆ

▼ 声海嘯~ (4, 0.0%)

1 がくるん, が捲きあがった, のうち, を揺るがし

▼ 声漸く~ (4, 0.0%)

2 多し 1 絶えて, 耳に

▼ 声澄み~ (4, 0.0%)

1 つつ舞, て, てと復び言, とほる

▼ 声無き~ (4, 0.0%)

1 は灯, 太刀の, 時道に, 葬列は

▼ 声無く~ (4, 0.0%)

1 して, 一刻一刻人間界より, 練り来るを, 静かに

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 合して, 応じて, 打つ銀蛇, 聞こえ民

▼ 声~ (4, 0.0%)

4 ふ声

▼ 声笑う~ (4, 0.0%)

1 声景気よ, 声木の, 声聞えけり, 声駈ける

▼ 声聞い~ (4, 0.0%)

1 てい, てわれ, て下さい, て震えてるだろう

▼ 声聞こえ~ (4, 0.0%)

1 てより, て婦人, て来た, 大いに驚き

▼ 声行人~ (4, 0.0%)

4 の顔

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 に凱歌, に又, に船橋塔, 各牽掣

▼ 声遠く~ (4, 0.0%)

1 きこゆ, できこ, とも, 聞ゆ

▼ 声限り~ (4, 0.0%)

2 に呼んだ 1 に呼ん, 怒鳴った

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 とふりそそぐ, のごとき, のごとく, のばらばら

▼ 声~ (4, 0.0%)

1 のごとき, のごとく, のごとし, の如く起り

▼ 声顫わせ~ (4, 0.0%)

1 て叫びました, て呼ん, て物語る, て私

▼ 声香味~ (4, 0.0%)

2 触の, 触法

▼ 声あつ~ (3, 0.0%)

1 て, てぎらいかないに往つた由, て神

▼ 声あまり~ (3, 0.0%)

2 高い 1 の事

▼ 声あわせ~ (3, 0.0%)

1 てそこ, て突ッ, て襲

▼ 声うち~ (3, 0.0%)

1 あぐる, かたぶきて, しきれば

▼ 声かが~ (3, 0.0%)

3 そっちから

▼ 声かけた~ (3, 0.0%)

1 がもう, まふ, 者が

▼ 声かしましく~ (3, 0.0%)

1 罵り叫, 聞えしかば, 聞えしが

▼ 声かれ~ (3, 0.0%)

1 て歯白ろ, 汗は, 血涸れ

▼ 声がど~ (3, 0.0%)

1 つかから, つとあがり, つと講堂内

▼ 声がわ~ (3, 0.0%)

1 あっと叫ぶ, あっと揚った, ーっと

▼ 声がわり~ (3, 0.0%)

1 か何, に低い, のし

▼ 声ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 かけたかも, 竹童じ, 聞いたろう

▼ 声~ (3, 0.0%)

2 もりく 1 でまた

▼ 声した~ (3, 0.0%)

1 ような, 方を, 親仁は

▼ 声しばしば~ (3, 0.0%)

1 市人の, 聞えて, 聞きたり

▼ 声すみ~ (3, 0.0%)

2 てかるき 1 ておぼえず

▼ 声ずつ~ (3, 0.0%)

1 くぎって, 約二, 鳴くから

▼ 声その他~ (3, 0.0%)

2 は見 1 の物音

▼ 声ぞと~ (3, 0.0%)

2 聞けば 1 聞き浮世

▼ 声だけしか~ (3, 0.0%)

1 きこえない静か, 聞いて, 聞えない

▼ 声だけに~ (3, 0.0%)

1 なった, 人生が, 痛かった

▼ 声だけには~ (3, 0.0%)

1 お君, 烈しい熱情, 聾な

▼ 声だし~ (3, 0.0%)

1 て, て日, て話し

▼ 声だらう~ (3, 0.0%)

1 し太鼓, と鶴吉, ね

▼ 声であります~ (3, 0.0%)

1 から, けれども米友, よ

▼ 声でかう~ (3, 0.0%)

1 お文, 叫んだ, 呟き始めた

▼ 声でし~ (3, 0.0%)

1 ていました, ゅ, 声楽の

▼ 声での~ (3, 0.0%)

1 唱歌, 悪口も, 無駄話は

▼ 声としての~ (3, 0.0%)

2 美しさ 1 最後に

▼ 声ない~ (3, 0.0%)

1 たぎり黙つてるので, 叫びで, 哀悼の

▼ 声などと~ (3, 0.0%)

2 云ふ 1 声と

▼ 声なんぞは~ (3, 0.0%)

1 しませんでした, 聞えない, 艶消しでございます

▼ 声なんて~ (3, 0.0%)

1 また生温, 出して, 聞きわけられる筈

▼ 声に従って~ (3, 0.0%)

1 七歩ある, 生きるべきであること, 飛びのいたチョビ安

▼ 声のみの~ (3, 0.0%)

1 一場面, 変化は, 虚勢徳川の

▼ 声または~ (3, 0.0%)

1 エイエイ祝詞, 女の, 撃柝の

▼ 声みた~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 になる, ふるえとるぞ, ふるえとるよ

▼ 声やがて~ (3, 0.0%)

1 ワーリャ登場, 一同飾りを, 高く正面

▼ 声やらを~ (3, 0.0%)

3 聞きました

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 いかばかりの, いのちよ, わが手

▼ 声ラッパ~ (3, 0.0%)

2 のまね 1 の響き

▼ 声三味線~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の音さ

▼ 声上げ~ (3, 0.0%)

1 てあゝ, て今, て感嘆

▼ 声使い~ (3, 0.0%)

1 でありどっこいどっこい, の兄貴, の面々

▼ 声冴え~ (3, 0.0%)

1 て眠り, て谺, まさりつ

▼ 声出ず~ (3, 0.0%)

1 云々, 本寺に, 苦しかった

▼ 声啼い~ (3, 0.0%)

2 て住ま 1 て西

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 という店, に中年, を動かせり

▼ 声~ (3, 0.0%)

2 の声 1 の笑い声

▼ 声女房~ (3, 0.0%)

1 で現れない, のお, も遉

▼ 声左右~ (3, 0.0%)

1 にあるごとく, にかしましく, に満つ

▼ 声或は~ (3, 0.0%)

1 女声合唱, 騒音に, 高い声

▼ 声掛けられ~ (3, 0.0%)

1 て急い, びっくり致し振返れ, 忽ちはね起き

▼ 声湧く~ (3, 0.0%)

2 が如し 1 が如き

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 シ, シ石に, 毛を

▼ 声粛々~ (3, 0.0%)

1 という文字, とは何ん, を吟じさせ

▼ 声粛々夜河~ (3, 0.0%)

1 をわたる, を渡った, を渡る

▼ 声絶え~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て小児, て道

▼ 声聞く~ (3, 0.0%)

1 なべに, 垣根の, 毎に

▼ 声聞け~ (3, 0.0%)

1 ばちんちんもがもが, ば父, ば飽かぬ

▼ 声諸行無常~ (3, 0.0%)

3 の響

▼ 声谷川~ (3, 0.0%)

2 の音 1 の響

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 なり, に人, に神路山

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 はし, はせじ, はせて

▼ 声静か~ (3, 0.0%)

1 なりし昔, に名乗っ, に笑い

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 はしつ, はせて, ひ

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 の声, の音, の鳴く

▼ 声~ (3, 0.0%)

1 の声, の羽音, の鳴く

▼ 声あたかも~ (2, 0.0%)

1 天地の, 猿の

▼ 声あはれ~ (2, 0.0%)

1 なり啼ける, に坐ろ

▼ 声あらく~ (2, 0.0%)

1 さては勿躰, どなりつけて

▼ 声あららげ~ (2, 0.0%)

1 て, て人

▼ 声あれ~ (2, 0.0%)

1 ども響き, ば自

▼ 声いかにも~ (2, 0.0%)

1 すさまじく雨戸, 苔さびた

▼ 声いった~ (2, 0.0%)

1 ばかりこれ, ようです

▼ 声いつも~ (2, 0.0%)

1 そうした言葉, よりは高らか

▼ 声うちあげ~ (2, 0.0%)

2 て翁

▼ 声おろおろ~ (2, 0.0%)

1 に, 声などと

▼ 声かすか~ (2, 0.0%)

1 に, になり

▼ 声かとも~ (2, 0.0%)

1 思われるの, 思われ爾

▼ 声かの~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 声かは~ (2, 0.0%)

1 つきり, 謎として

▼ 声かや~ (2, 0.0%)

1 春の, 鳴く蛙

▼ 声からも~ (2, 0.0%)

1 感謝の, 明らかである

▼ 声がよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, 火の

▼ 声きこえ~ (2, 0.0%)

1 しか, 山国の

▼ 声くらい~ (2, 0.0%)

1 で鳴き, 啼いてから

▼ 声くらいに~ (2, 0.0%)

1 なって, 低くなった

▼ 声こちら~ (2, 0.0%)

1 は細く美しく, へ来る

▼ 声ごえ~ (2, 0.0%)

1 は洛中洛外, や

▼ 声しかも~ (2, 0.0%)

1 お君, その峻烈

▼ 声しきりに~ (2, 0.0%)

1 ささめきて, 燈影風に

▼ 声しのばせ~ (2, 0.0%)

1 ての歔欷, て泣いた

▼ 声しばし~ (2, 0.0%)

1 止まざりき, 止まずため

▼ 声すずしく~ (2, 0.0%)

1 云い返した, 手は

▼ 声すでに~ (2, 0.0%)

1 伝わり愁人, 怒を

▼ 声すなわち~ (2, 0.0%)

1 がんりきの, これ広長舌山色あに

▼ 声せぬ~ (2, 0.0%)

2 河柳ちら

▼ 声せわしく~ (2, 0.0%)

1 呼び立てた, 答えた者

▼ 声そこ~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 声そっと~ (2, 0.0%)

1 眼を, 襖を

▼ 声そのまま~ (2, 0.0%)

1 である, の語音

▼ 声そんな~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものに

▼ 声だす~ (2, 0.0%)

1 の, わ

▼ 声だっ~ (2, 0.0%)

1 たりします, たり男

▼ 声だったろう~ (2, 0.0%)

1 ね, 不思議だ

▼ 声ったら~ (2, 0.0%)

1 ないです, まるで泣い

▼ 声つづい~ (2, 0.0%)

1 て乱れた, て呼ぶ

▼ 声づく~ (2, 0.0%)

1 ろいして, ろいを

▼ 声でう~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 声できれ~ (2, 0.0%)

2 ぎれに

▼ 声ででも~ (2, 0.0%)

1 あるらしい, 嚇しつけんと

▼ 声でといふ~ (2, 0.0%)

1 狙いは, 目配せを

▼ 声でなき~ (2, 0.0%)

2 ながら船

▼ 声ときどき~ (2, 0.0%)

1 両手で, 酒場一杯の

▼ 声とでも~ (2, 0.0%)

1 いうの, いうよう

▼ 声とや~ (2, 0.0%)

1 怪しまんと, 聞き

▼ 声どころか~ (2, 0.0%)

1 咳嗽一つ聞えなかった, 鼠一匹潜つてゐる

▼ 声ながらも~ (2, 0.0%)

1 少し改まっ, 少し突然に

▼ 声なぞの~ (2, 0.0%)

1 泄れ, 雑然と

▼ 声なぞも~ (2, 0.0%)

1 何も, 耳に

▼ 声なぞを~ (2, 0.0%)

1 真似し, 聞きながら

▼ 声なつかしき~ (2, 0.0%)

1 大入り客止めの, 時には

▼ 声なと~ (2, 0.0%)

1 聞きおきたい各, 良人の

▼ 声などで~ (2, 0.0%)

1 その捕吏たち, 纒めらるる

▼ 声なりと~ (2, 0.0%)

1 信ぜりと, 観ずる時

▼ 声なんぞが~ (2, 0.0%)

1 出て, 致すかと

▼ 声にぎやか~ (2, 0.0%)

1 にくる, に二人

▼ 声については~ (2, 0.0%)

1 意見が, 雑誌や

▼ 声にばかり~ (2, 0.0%)

1 力を, 留意する

▼ 声にわかに~ (2, 0.0%)

1 あたりは, やむ

▼ 声に対し~ (2, 0.0%)

1 わが年齢, 問いを

▼ 声に関しては~ (2, 0.0%)

1 その特異, ひどい意見

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 どんなな, 君あれに

▼ 声のみは~ (2, 0.0%)

2 尚続い

▼ 声はが~ (2, 0.0%)

1 あが, すが

▼ 声はとも~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 声はや~ (2, 0.0%)

1 やけはしか, 矢ば

▼ 声ふき~ (2, 0.0%)

1 徐かに, 立てると

▼ 声ふり~ (2, 0.0%)

1 絞りて, 絞りぬ

▼ 声ふりあげ~ (2, 0.0%)

1 て嘶かん, て鳴く

▼ 声ふるわせ~ (2, 0.0%)

1 て弟子, て言った

▼ 声ほのか~ (2, 0.0%)

1 にて, に白し

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 づいち早く, づ逸早く

▼ 声まつ外~ (2, 0.0%)

2 に今

▼ 声もう~ (2, 0.0%)

1 新聞記者蜂屋文太郎で, 止んだよう

▼ 声やや~ (2, 0.0%)

1 下る今, 冷静を

▼ 声ゆるく~ (2, 0.0%)

1 流を, 野づら

▼ 声ようやく~ (2, 0.0%)

1 開いた目, 高まりて

▼ 声わたし~ (2, 0.0%)

1 は云い知れない, 聞くこと

▼ 声をと~ (2, 0.0%)

1 ぎらしがちにこたえた, ぎらせてしまった

▼ 声を通して~ (2, 0.0%)

1 その声, 敬太郎の

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 洩レタ, 現ニ佐々木看護婦トベッドヲ並ベテイルコノ部屋

▼ 声ケ窪~ (2, 0.0%)

1 と云われた, の谷間

▼ 声トタン~ (2, 0.0%)

2 にはたたがみ天地

▼ 声ピアニッシモ~ (2, 0.0%)

1 でうたっ, はフォルテ

▼ 声一人~ (2, 0.0%)

1 ありける, を除く

▼ 声一喝~ (2, 0.0%)

1 でいきなり, を食わせ

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 けは平静

▼ 声三声四声め~ (2, 0.0%)

1 にははや, には既影さ

▼ 声三声犬~ (2, 0.0%)

1 の啼声, の声

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に聞え, より叫ぶ

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 又秋, 送尽春

▼ 声以外~ (2, 0.0%)

1 なもの, の何

▼ 声低い~ (2, 0.0%)

1 声そういう, 声は

▼ 声何処~ (2, 0.0%)

1 からともなく, やらにし

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 堂, 客楼遥認波間光数点星星都是仏英舟

▼ 声全く~ (2, 0.0%)

1 いかん又, 歇み

▼ 声具合~ (2, 0.0%)

1 よろし安心, 悪し今日

▼ 声出でず~ (2, 0.0%)

1 膝の, 蹶起き

▼ 声判然~ (2, 0.0%)

2 せざるとき

▼ 声利ニ垂涎シ粉焉沓~ (2, 0.0%)

2 然風

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 く縁, で上演

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 いけず大岡, それを

▼ 声又は~ (2, 0.0%)

1 動作としての, 狂い飛ぶ火花と

▼ 声口笛~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 声叫んだ~ (2, 0.0%)

1 かと思う, って到底

▼ 声吠えた~ (2, 0.0%)

1 やうな, 後は

▼ 声喚く~ (2, 0.0%)

1 声そいつが, 声そういう

▼ 声嗄れ~ (2, 0.0%)

1 て呼吸, 全く苦しく

▼ 声四声め~ (2, 0.0%)

1 にははや, には既影さ

▼ 声四方~ (2, 0.0%)

1 に聞え, を憚りながら

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 十万家, 汽笛声

▼ 声外聞~ (2, 0.0%)

1 とは残念, の評判却

▼ 声大いに~ (2, 0.0%)

1 あがる, 騰る

▼ 声大きく~ (2, 0.0%)

1 呼びながら, 触れ出された瞬間

▼ 声大きな~ (2, 0.0%)

1 声バスと, 黒い眼

▼ 声大変~ (2, 0.0%)

1 よくなった, よくなり

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 希上候, 願上候と

▼ 声子供~ (2, 0.0%)

1 の声, の泣く

▼ 声実に~ (2, 0.0%)

1 しんと, 不正は

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に満ち, の一隅

▼ 声寒し~ (2, 0.0%)

1 細かに, 誰か

▼ 声小さい~ (2, 0.0%)

1 声が, 独り言と

▼ 声小さく~ (2, 0.0%)

2 それなら

▼ 声少し~ (2, 0.0%)

1 遠ざかりて, 高慢な

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 が軈て, を引張っ

▼ 声平次~ (2, 0.0%)

1 の女房, はさすが

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 の片隅

▼ 声張り~ (2, 0.0%)

2 揚げて

▼ 声張上げ~ (2, 0.0%)

1 て投節歌, て頻りに

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 の言葉, も井戸

▼ 声往来~ (2, 0.0%)

2 の人々

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 の調

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 になる, を振り向く

▼ 声微か~ (2, 0.0%)

2 に遠く

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 惹く天若みこ

▼ 声忘れ~ (2, 0.0%)

1 はしない, はせぬ

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 かなる, を呼ぶ

▼ 声恰も~ (2, 0.0%)

1 大川の, 雲鑼を

▼ 声愈々~ (2, 0.0%)

1 冴えて, 切迫し来れり

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 の声, の言葉

▼ 声懐しい~ (2, 0.0%)

1 声じゃ, 節で

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 をラッパ, を取り合っ

▼ 声打ち~ (2, 0.0%)

2 ひそめ

▼ 声振りしぼ~ (2, 0.0%)

2 ッて

▼ 声振り立て~ (2, 0.0%)

1 て, て帰り行けり

▼ 声掛けなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃ御, ちや御

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 は古, を聞い

▼ 声昨日~ (2, 0.0%)

1 よりい, よりよく

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 か夜, の鳥

▼ 声時々~ (2, 0.0%)

1 ふいに, 調子はずれの

▼ 声時々まるで~ (2, 0.0%)

2 変化する

▼ 声曇らし~ (2, 0.0%)

2 いきなり猪之

▼ 声最も~ (2, 0.0%)

2 悲しきを

▼ 声最後~ (2, 0.0%)

1 に一同, に喉

▼ 声朗らか~ (2, 0.0%)

1 にいわれます, にのた

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 の蔭

▼ 声木の葉~ (2, 0.0%)

2 のそよぎ

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に通っ, に響く

▼ 声次第~ (2, 0.0%)

1 次第に細り行き, 次第に細り行く

▼ 声段々~ (2, 0.0%)

1 い, 昔より

▼ 声母親~ (2, 0.0%)

2 が驚い

▼ 声沸騰~ (2, 0.0%)

1 すとは, す草

▼ 声泣く~ (2, 0.0%)

1 声などが, 声怒る

▼ 声涼しく~ (2, 0.0%)

1 唄い出しました, 聞えたれば

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 の寄, の響き噴泉

▼ 声烈しく~ (2, 0.0%)

1 云い捨てて, 云ひ捨て

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 の声, の太

▼ 声特に~ (2, 0.0%)

1 ヴェルレエヌヴェルハアレンロオデンバッハマラルメの, 私の

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 だって片, なの

▼ 声相聞~ (2, 0.0%)

1 う, ゆるも民

▼ 声相聞民至老死~ (2, 0.0%)

2 不相往来

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 がまぢか, はギラギラ

▼ 声石門~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 はぞっと, はま

▼ 声私語~ (2, 0.0%)

1 く声, する節々

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に満ちぬ, を焦

▼ 声立ち~ (2, 0.0%)

1 舞う焼け跡, 騒ぐ声

▼ 声立てさせじ~ (2, 0.0%)

1 と口, と飛蒐

▼ 声立てじ~ (2, 0.0%)

1 と怺, と男

▼ 声立てず~ (2, 0.0%)

1 に殺さるる, に笑つて

▼ 声粛々時代~ (2, 0.0%)

1 といえ, と云え

▼ 声細く~ (2, 0.0%)

1 いゆきか, して

▼ 声続い~ (2, 0.0%)

1 て二, て石

▼ 声聞いた~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 声自身~ (2, 0.0%)

1 がいかに, が悲しい

▼ 声船頭~ (2, 0.0%)

1 の歌, を呼ぶ

▼ 声色めいた~ (2, 0.0%)

1 口返答を, 調子が

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 つぽい, やかな姿

▼ 声荒く~ (2, 0.0%)

1 呼びとめた, 怪美人を

▼ 声荒らか~ (2, 0.0%)

1 に呪, に呼

▼ 声蒸気~ (2, 0.0%)

1 の噴出, の笛

▼ 声虔十~ (2, 0.0%)

2 はびっくり

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に不可知的, 悲しく彼方此方

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 の敵, を求める

▼ 声言葉~ (2, 0.0%)

1 の文, の調子

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 について深く, 準志

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に用, も起き

▼ 声諸共~ (2, 0.0%)

1 にパタリ, 切り込んだ

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 に響

▼ 声走る~ (2, 0.0%)

1 足音, 雲その

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に入, のこなし

▼ 声~ (2, 0.0%)

2 の響

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に泡立つ, 震

▼ 声遠い~ (2, 0.0%)

1 汽笛の, 電車の

▼ 声遠き~ (2, 0.0%)

1 ように, 日も

▼ 声邪慳~ (2, 0.0%)

1 な声, に叱り飛ばされ

▼ 声鋭く~ (2, 0.0%)

1 こう云った, 面罵した

▼ 声長く~ (2, 0.0%)

1 恨む鶏鳴別時, 続き長く

▼ 声震え~ (2, 0.0%)

1 て, ていう

▼ 声面白く~ (2, 0.0%)

1 もない, 五十銭三十銭上級中級と

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 をしかめ, を挙げる

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に上る, の事

▼ 声驚い~ (2, 0.0%)

1 て下, て指した

▼ 声鳴い~ (2, 0.0%)

1 てみせる, て通っ

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 に似, に似たりけり

▼ 声~ (2, 0.0%)

1 のしば, は日中

▼ 声鸚鵡~ (2, 0.0%)

2 の声

▼1* [1294件]

ああ自分を, 声あかんぼの, 声あがる田居の, 声あざやかなもの, 声あどけない声で, 声あなあはれ我も目, 声あなたからの愛, 声あらしむるは大海, 声あらためて泣くの, 声あらば声をとどかせ, 声あらゆるものによって, 声あららかに命じ, 声ありあり聞えて, 声ありそぎとられた頭骸骨の, 声あわただしく走り廻る足音, 声いかでそのままに差置き, 声いかに響きつらんただ, 声いかんクサる, 声いけない鼻つまり, 声いさぎよし若き直の, 声いさましく上熊本駅と, 声いずれもひそか, 声いそがしく歩き廻る, 声いちじるしかった, 声いっさいの声, 声いっぱい私は泣いた, 声いっぱい返辞したい気, 声いつまでも, 声いづくよりかと尋, 声いづるなり, 声いとど憐なりし, 声いとど裏枯れたり, 声いともかしましき, 声いはば私, 声いまだ訖らざるに, 声いよいよ冴えて, 声いらだちてさらに, 声いろいろの声, 声いろは例へばこの間うち, 声いろは別人のよう, 声いわゆるカンを, 声うしろ見られる神棚, 声うちみだり松, 声うなったような, 声うまくなって, 声うらめしき秋の, 声うるさくほたる, 声うれしげなり, 声えるような, 声おとづれ来なる, 声おびただしかかりける所, 声おもわず小林たちが, 声お呼びくだされば, 声お寺の鐘, 声お菜と一緒, 声かかってから二, 声かかる時は, 声かぎりくり返すと, 声かぎり人を呼ぶ, 声かぎり悲鳴の尾, 声かぎり歓声をあげた, 声かぎり耳元で呼んだ, 声かけられたので驚い, 声かけん人も, 声かしこより, 声かすれた声頓狂な, 声かそかなり, 声かたち同じかるべき, 声かっかっという, 声かっと地面へ, 声かとぞ聞く, 声かなええそれ, 声かなしもよ地に, 声かなたに聞こ, 声かなと不審さる, 声かも知れません, 声からかう声笑う, 声からからからと黒煙, 声からが既によほどゆるやか, 声からまでもたまらない程, 声がかりぢやぞよ, 声がかりゆえよんどころなく遣わさね, 声ががなりはじめて, 声がさつ声尖り声いろいろの, 声がずつと高くなる, 声がぜいぜ, 声がぞく, 声がつつぬけに, 声がのべつに, 声がのう十年五十年も, 声がまたぶきみ, 声がも一度した, 声がやがやと喧し, 声がら容貌もそれ, 声がりーんと, 声がわり込み音楽と野球実景放送, 声ゃっきゃっよろこび笑う, 声きいていた, 声きかんと例, 声ききながら日, 声ききとり難い, 声きこえざるに, 声きこえよと下界, 声きこえる小さい声, 声きこへては下女, 声きちんと机に, 声きれぎれにきこゆ, 声ぎっすりとして車の輪, 声ぎょっとして, 声容子を, 声くち走ったのが, 声ぐらい繰り返して, 声ぐらいじゃ真夜中に, 声ぐらいでは逃げも, 声ぐらゐにはミヅグルマはいささか, 声ぐらゐ主人の心, 声けたたましくほえると, 声けぶかき闇に, 声けわしい顔つきはては, 声ここでいくら, 声ことごとく象あり, 声この世のもの, 声こんな声, 声ゑ, 声さあちらにもこちら, 声さえがまだ現われない, 声ささやくとウムそう, 声さざめく声煮, 声さすがに親しい, 声さするかと思っただ, 声さては電車の, 声さながら桶の, 声さびし沙羅の, 声さびしく聞ゆ, 声さびしらに, 声さも悲しげ, 声さやかなるを, 声さわがしく家毎に, 声しきりて燈影しば, 声しきりなり萩の, 声したしや, 声したればふと, 声しっかり高くワンワン, 声してるけれどおまえ, 声しないでよ, 声しぬ誰れ待ち, 声しめらせて云う, 声しゃがれ声猛り, 声しゃがれた声憤り, 声しわがれ急に, 声しんしんとした, 声や埓, 声じっと見あげるつぶら, 声じゃあ聞えやしないもっと, 声じゃねえ呆れた野郎, 声じゃろかありゃ, 声すぐ目の, 声すごい悲しそうなうなり, 声すごく分くる, 声すずし宿る木, 声すっかりいけなくなった, 声すっかりよくなったので, 声すなれ瞰下せ, 声するどく窘めて, 声すんな, 声す続いて聞こ, 声せまりたり, 声せめて啼く, 声せるは見世物師ら, 声ぜんざい屋ぼろんじの, 声そいつが忽ち, 声そうして音頭取りの, 声その間にまじっ, 声それで巫女は, 声そろへてポンプ, 声ぞとよもす, 声たいがいの者, 声たいした人出だ, 声たいまつの光り, 声たかく偉い人々例えば, 声たかだかと読みあげ, 声ただその前面, 声たちまち変じて, 声たてられしにつと, 声たてるを噛, 声たとえば打ち殺さるる犬等, 声たまりかねたか江島さん, 声たらざるとは, 声たらしめよ, 声だおきいちやん, 声だけじゃ何んだ, 声だけと戦って, 声だけはがなり立てた, 声だちね, 声だったではない, 声だれが言いあらわし, 声だろう聞けばお前さん, 声だ斬られたのは, 声だ疑うところは, 声だ聞いてやる, 声ちょっとした聞き込みが, 声って大嫌いよ, 声っていうのは, 声つづかねばひとり, 声つづくうちに, 声つまらせると, 声つまり音楽に, 声てんで悪く歌, 声であったしかり悲しき響き, 声であったつづいて別, 声であったでしょうバルザックは, 声であったら最初から, 声であったろうがマン, 声でありし昔の, 声でありゃしないもの, 声でありよるべもなく, 声であり呼ばれない限り無, 声であるならば自分, 声であるまいか, 声であるらしいので半, 声でおっしゃると聞こえます, 声でかあちゃん, 声できさやきました, 声できつぱり日本語を, 声でけけけけけけけと一時間も, 声でございましたが暫く, 声でしかも迫るよう, 声でしたでしょうか, 声でしましたが老人たち, 声でしょうな, 声ですやって居る, 声でぞッと, 声でたづねてゐる, 声でなかったかと思います, 声でなきたてそこら, 声でなき叫んでいる, 声でなさるかもっと, 声でなんかとくべつに, 声でねえけえ, 声でははと笑った, 声ではははと笑った, 声でもねえ物ずき, 声でもの思わしげ, 声というも瓦器の, 声といったのも, 声とかが聞えただけ, 声とかの女子の, 声とがらしている, 声ところどころ憶えた祈り, 声とさえが揚がったの, 声とについての部分, 声とばツかし聞え, 声とみに衰える, 声とりどりの話声, 声と共にどさっという, 声と共ににったり, 声どうしてそんなに怖いの, 声どうもあんまりよくない, 声どうやら殿の, 声どこともなく, 声なき声目ざまされるべき明る, 声なき暗緑の, 声なき深所に, 声なく惨と仰ぎたれ, 声なじみの中内アナウンサー, 声なぞよりもはるか, 声なぞが聞える頃, 声なつかしげに, 声などからも苦しい熱, 声などというのも, 声などといふのは, 声などについて細かいこと, 声などにも万物生々たる, 声ならありますよ, 声ならしめた素因を, 声なら明けても差支えない, 声なら聞きっ放しで, 声なりが荒めば, 声なりしかど椎, 声なりとも云ひ, 声なりは昔の, 声なりを連想させる, 声なんかがうれしかった, 声なんかも荒く出来, 声なんぞ出しやがって, 声なんぞを掛けるには, 声において深められたかの, 声にぞありける, 声についての証言全体では, 声につれお米, 声につれて稲苗が, 声になんて決して似, 声にのみ耳を, 声にまでは出て, 声にもの言えり, 声にゃあ聴きおぼえ, 声にやいとどあく, 声によってもそれと, 声により漱石は, 声による表現以外到底, 声に対する審美的道徳的批判が, 声に対するがごとくその, 声ねぐらにかえる, 声ねむたげに, 声ねを聞くの, 声のこぎりの音まき, 声のちからも衰, 声のどかである, 声のみぞ響きたる, 声のみで言葉と, 声のみとなりそれ, 声のみに応対し, 声はかういつて, 声はげしいもみあい, 声はげしく言うの, 声はさのみ高く, 声はしはがれて, 声はたまぎるよう, 声はっとして弥生, 声はっとしたらしく袖, 声はつつ抜けだから, 声はとは言え三吉, 声はなやかに辻, 声はね電話でなくっ, 声はの島です, 声はも一人の, 声はもの考えする, 声はよかつた, 声はり上げて, 声はりあげさせて泣かせた, 声はり上げ木魚をチャカポコ, 声はるかに聞こえ, 声はわわわンと, 声ばかりで威張って, 声ばかりでもいい, 声ばかりの平和運動と, 声ばかりも聞くが, 声ひがんだ眼, 声ひくく白いダァリヤへ, 声ひそひそと, 声ひそませて協議, 声ひそめて, 声ひそやかに話しはじめた, 声ひとしきり上げてなく, 声ひとつ発せず自分, 声ひとりその道で気, 声ひらくなり, 声ひるがえる袂騒然と, 声びくなれど, 声ふくむ鶏, 声ふたいろですね, 声ふだん聞きなれて, 声ふりかえると右手, 声ふりしぼることしきり, 声ふりたてて, 声ふり立てかぶらめせ大根, 声ふるはし, 声ふるえて後ろ, 声ふるひ耳遠く非常, 声ふるわして屹, 声ぶりを演, 声への合唱と, 声へも勧誘ありし, 声ほそく唱歌うたひ, 声ほそし立ちて, 声ほととぎすが啼いた, 声ほどに圧倒され, 声ほどの響きも, 声ほんとうに太く, 声ぼきぼき節を, 声ぼくなん, 声まさかと思った, 声まさしく其人と, 声まさり物の, 声まじりか何, 声またもわぶる, 声まつほかに今, 声まもなくすっぱりと兵助, 声まるで悪いが, 声まろび音に吹かれた, 声まわしや身振り, 声てえだった, 声みこえそれ, 声むせぶが如く, 声もがッと, 声もけけつちやうちやうちやうきいりきいり, 声もさはや, 声もしゃ嗄れ果てた号令, 声もそっと遠くは, 声もつ乙女, 声もつれてありぬ, 声もて呻き念じ辛じ, 声もととなう, 声もはや人間の, 声ももウこう, 声もろ共にギラリ, 声やうやく繁く, 声やかましい当節ともかく, 声やかましく客引きに, 声やさしく温顔なる, 声やったしきっと, 声やったらいかん思て, 声やは思い出せない, 声やを眺めききつづけるという, 声ゆうゆうと風呂敷包み, 声ゆえつか, 声ゆききする人, 声ようようはげしくなり, 声よしやっぱり藤山, 声よそにふけ, 声よそゆきの口調, 声よと思うと, 声よという程の, 声よりは前へ, 声らしかつた, 声らしい話しごえが, 声らしかったがその, 声らしくつづけさまに, 声らしくない声な, 声らしく聞えたので呼ばれる, 声らっぱの響き, 声かかりし, 声わが思想に, 声わびて, 声わめく声又, 声われとわが, 声われ鐘のよう, 声をでも浴びせかけるだろうと, 声をのみ殺したが, 声をやはらげ, 声寒い, 声アリ御飯が出来, 声アリ服食家多ク, 声カタロンとオーヴァーン, 声ガシテ彼女ト河合女史トガ出テ行ク様子デアル, 声ガシテ珍シク彼女ガ朗カナ顔ヲ出, 声ガタンという物音, 声キリキリと歯, 声ケケリキとあっ, 声コケコッコーと申します, 声コマを動かしつ, 声ザックリ肩先へ切り込んだ, 声シャラシャラおまつり, 声スラ稀也高一里拾九町, 声ゾロゾロ通る人, 声タダ大イニ震ウ, 声トラックの振動音, 声トヲ胡麻化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, 声ト秋ノ朝, 声ドーッと笑い, 声ニャンニャンというの, 声ノーノーの声, 声ハカスカデシタガハッキリトキキ取レマシタ, 声ハッとふり, 声ハテナと思つて, 声ハ渓雲ヲ過, 声バスとバリトン, 声ヒヨヒヨというごとし, 声フォルテを加え, 声ホンヤラも後, 声ホーキーベカコンと啼く, 声ポプラの若葉, 声ムザンいつもい, 声モンクスがすっかり, 声ヤイ夢声管も大, 声ラヂオの中, 声ラヂオ飛行機蓄音器さまざまの物音, 声レイモンドはよろよろ, 声ワンワンというの, 声ヲ立テ悲鳴ヲ上ゲテ, 声一つそっちからきこえ, 声一つたてないで, 声一つ咳半分響いて, 声一つ敵に立てさせない, 声一つ泄れて, 声一つ立つるにもあらで, 声一つ話し声一つきこえないばかりか, 声一念のいのり, 声一打ち打って, 声一時に起る, 声一時ニ騰, 声一様に振り向く, 声一筋や蚊帳, 声一際耳に, 声万籟死せる深夜, 声万音は律呂, 声三声ふき立てると, 声三声咆哮したかと, 声三声問答をする, 声三声啼立てたが, 声三声奥を呼捨, 声三声少年の肩, 声三声殺気ばしったことば, 声三声泣入ったの, 声三声物をいった, 声三声続けざまに啼いた, 声三声雷鳴を聞く, 声三軍の情, 声の方, 声下足番の声, 声不具の虚無僧, 声不思議なこと, 声不断夢余猶聴電車轟, 声不満の声, 声の声, 声両君と雑誌, 声並ニ遠ク聴クベシ, 声中夢を載せ, 声丸い声尖, 声丹田より出る, 声の声, 声也小生は是非, 声乱れ来る夏山は, 声乱声っ, 声た声, 声二三人バラバラと, 声二人くやしそう, 声五位鷺の声, 声五声抱えの芸名, 声京極の屋形, 声人々は皆蚊帳, 声人なだれを打つ, 声人語雲烟の揺動, 声人間の声, 声人鳥虫などを書きしるし, 声れる音, 声今人胸奥の絃, 声今日は大分い, 声ヲ念ズル声, 声の狗, 声他年変じて, 声以上の魅力, 声伊那丸も咲耶子, 声でなくて, 声会どまりで, 声伯母はハイ, 声くめて, 声低う誦するに, 声低く悲しそうに, 声体跫音そんなもの, 声何一つとして楽しく, 声何事かと立出, 声使両名, 声使料理屋の門, 声便是広長舌山色豈非, 声に稠, 声信如に聞えし, 声先づ消えて, 声先生という珍優, 声入り乱れた靴の, 声全然悪くくさる, 声八ヶましき, 声八音の器, 声兵馬を斬っ, 声其さへ今, 声其等をすべて人間, 声円輔は屹, 声かなもの, 声凄く五右衛門は, 声凡てが秋, 声の唸り, 声凱歌の諸声, 声さば, 声出さずとも, 声出さんでも, 声出したので胃, 声出したらなるほど痛み, 声出したらいけませんで, 声出しちょるが, 声出してる思いましてん, 声出しなさいよ, 声出すべき力も, 声出でて歩行, 声出ぬから, 声切々やまず, 声切りなるに, 声列車は徐々, 声初秋の淋し, 声別離を告げる, 声を謝, 声と同じ, 声ヲ按ズル声仏, 声勇ましいひびきが宵やみの, 声動き習慣の, 声勢赫奕というあり, 声して, 声北部才情婉往事南朝感慨深我, 声十分な立場, 声千声にさながら, 声からすぐ, 声即ちフォルテも, 声て難船者, 声厳かな声, 声厳に新郎新婦を, 声及び動作の, 声口上も江戸前, 声口元そんな事, 声古寺の闇, 声叫びながら太子, 声叫び右手のむち, 声叫び声が堪え, 声叫べば女中, 声叫んでころがり伏した, 声叫喚は天地, 声叫好と言う, 声怪しき鐘, 声台上台下にみち, 声ッた, 声右往左往する足音, 声各々その生活, 声合す草田のかは, 声同じ調子で, 声名残りに残した, 声向い合って坐り, 声吟朗これに応じ, 声ゆるがごとし, 声吠えあう声噛みつく, 声とわが, 声吹くとしよう, 声ゆる事雷, 声の手紙, 声呪っている, 声呪咀の声, 声ばる, 声呼ばふ墓地の, 声呼び交う悲鳴が, 声呼んだ吾が子, 声呼子の笛, 声命ずる声種々の, 声咆哮したかと, 声和し高まりつ花の, 声咽びて浅瀬, 声咽ぶような, 声咽喉に沈み, 声哭く声などの, 声ふ声, 声唯雨のごとし, 声へてまどろまん, 声問答をする, 声立てたが, 声啼いたのと, 声啼き立てたがその, 声啼けり飽くなき貂, 声啾々たり, 声喇叭の響, 声喊呼ニツツンデ馬超ヲ生, 声喚声板の踏, 声喧々という有様, 声したもの, 声嗄れし説明者こそ, 声嘉誉の手, 声嘲笑するよう, 声嘶くと背, 声噛みつくような, 声器物の壊れる, 声囂々たり, 声囃す声が, 声四声とげらげら, 声四声必死にくりかえし, 声四方八方から聞こえ, 声四海に遍, 声四隅に湧出, 声四隣に聞こ, 声四面の山々, 声固く鎖せる, 声土用のうち, 声土音拗音でよく, 声というか声縛, 声月前, 声地上のもの, 声坊さんの声, 声城太郎の声, 声城邑に遍かっ, 声堪え難いしかめ, 声塵埃の飛散, 声の彼方, 声で騒がしく, 声声声で騒がしく, 声の祭日, 声夕方に見える, 声夕日照り沁み秋, 声に伝, 声多し杉の, 声に入, 声夜ごとに多く, 声夜風に残し, 声夢魂を繞, 声抵隔ツテ聴クヲ, 声大分恢復した, 声大勢声を合わせ, 声大木大石を投げおとす, 声大浪のうなり, 声大衆の心, 声大騒ぎが始まつた, 声に在, 声な勇ましい, 声太き牛の, 声太鼓や三味, 声からクリスマス樹, 声奈美野一郎吉井俊郎丸山章治福地悟郎東喜代駒山野一郎に私, 声を呼捨, 声奥深きこの書斎, 声女どもの形, 声女中が取り次ぎ, 声女等の香, 声如何などと初歩, 声如何に殊勝に, 声でお, 声たつて, 声妻君没後くさりて入院, 声妻死去去月三十一日もう葬式, 声姿に心, 声威隆々中外を圧する, 声娘たちの若い, 声婦人が看板, 声子どもの泣き, 声孤児になった, 声学校の先生, 声守ちゃんの声, 声の中, 声家々に満ちた, 声ますます壮, 声寂々として心神, 声寂滅為楽とひび, 声密かに, 声富士筑波にひ, 声寝入ったように, 声寝言で人, 声射ちかう鏑の, 声小坊主に角, 声小田の蛙, 声小銭がパラパラ, 声小鳥のさえずり, 声少年の肩, 声つた声などといふ, 声尖り声いろいろの, 声居眠りでもし, 声をめぐり, 声屋上庭園の物凄い, 声の音, 声山色こまやかなり大田, 声山谷を轟かし, 声川島に喰っ, 声に満, 声常に異なり劇, 声帽子を振る, 声平素聞きなれてる炉, 声幽かなり, 声が帳場, 声広岡の家, 声底力があっ, 声建前の音, 声引きも切らず, 声引続きて聞こえける, 声弥次郎兵衛も来れ, 声弦鳴りの音, 声張りあげるとあちこち, 声張り上げれば, 声張上て万歳, 声強く月に, 声得意満面の蛇, 声微吟して, 声志賀の都, 声忙しく語った, 声忠実な鋏, 声快活に敬虔, 声念仏一時間ばかり唱え, 声念仏午の正中, 声に応じ, 声忽ち如何処よりか, 声濤狂瀾の, 声怒る声笑ふ, 声思いの歌, 声思い出してね, 声思ふやうに, 声怨み重なる熱海, 声恐ろしき鬨の声, 声恐怖の悲鳴等々, 声の相, 声悩み抜いた態度慇懃の, 声悪い声或は, 声悪名とならざる, 声悲し故に峡中裳, 声悲しい声そういう, 声悲しく一句読み, 声悲しむ声, 声悲嘆のある, 声悲鳴が起こった, 声悲鳴呻吟剣と剣, 声まじし, 声及び心, 声想見家山春已尽緑陰堆裏杜鵑鳴, 声惻々として人, 声愛すべきムク犬の, 声愛人氏と共に赤十字, 声愧ずるなく愛念, 声慄わしながら, 声態度何よりもその, 声憎しと頭, 声憤り声, 声懸けたればかの, 声懸けられてわずか, 声懸けると声, 声懸りで僕に, 声を尋ね, 声我が考へは, 声る日, 声或いは突慳貪な, 声或はまた長崎の, 声戟震して, 声戦鼓のひびき, 声とは聞えず, 声戸外からは容易, 声手桶の水, 声鳴らす鼓, 声打ち寛いだ態度快, 声度奉, 声抱えの芸名, 声按摩の笛, 声振り仰ぐと, 声振りたててし, 声振り絞つて泣き悲み, 声振り絞って泣き, 声振り返って見る, 声合ひ, 声捻った紙包が, 声掛かりで途中を, 声掛くれば, 声掛けた男が, 声掛けられ見ると銭湯屋, 声掛け合わせムラムラと, 声掛け斬る真似し, 声揚げて追っかけた, 声揺らず冬を, 声揺りあがる大日本青年団, 声揺韻をゆるく, 声撃柝の音, 声し, 声放ち歌ふ, 声放つなり, 声放て東に, 声放りあげて行き, 声放談も慎ん, 声放談腹が立っ, 声を求める, 声教える声, 声斎藤の耳, 声断れたり, 声断続に聞え, 声旅籠町の角, 声旋風が聞えた, 声日以て夜, 声日本ムスメの貞操, 声日本物で雷遊, 声や珍, 声早々な新, 声早出の青物, 声早朝からはじまる, 声昂り調高し, 声明るい静かな, 声映画製作者にとってはこの, 声も神代, 声とする, 声景気よさ, 声暗中に留南奇, 声暗夜の磯, 声暫し歇む, 声曇らせて月影, 声曲会の主催, 声曲等徳川文化一切の発祥地, 声更に壮んに, 声書生の詩吟, 声然リトナス, 声最初の間, 声有りて雷, 声に幾度, 声の畳, 声朝鮮の笛, 声木立を隔て, 声木立ちのなかで休み, 声未だ収まらざるに, 声村人の口々, 声来りとても面白い, 声来楽ナヤマシ会同人忘年会で富士見町, 声の風, 声松明の光, 声枯れて, 声かな砂土, 声を動かし, 声の焼け落ちる, 声が啼いた, 声森々と深ま, 声森閑とした, 声裂くる声, 声で坊さん, 声次々のでき, 声歌う声哭く, 声歔欷る, 声止み陽が, 声此度はやや, 声武者押しの音, 声歩き廻わる足音そんな, 声に清く, 声殊にこれらの, 声残りて前, 声残雪白辺春自満, 声殷んにバクランド, 声殺気ばしったことば, 声殿陛に徹す, 声はあたし, 声母屋の縁, 声毎晩農村に点く, 声氏鋳造のもの, 声の弱い, 声水声虫声鳥声そして栗, 声水声雨声しづかにもしづか, 声水音物みなしづかでおちつい, 声汽車のボー, 声沁むるかに, 声沈める調なり, 声沙門伊留満等の祈祷唱讃, 声沸くばかりな, 声油蝉も鳴いた, 声波浪の音, 声入ったの, 声泣いて直ぐ, 声泣かむかに, 声泣き声喚き声, 声泣くごとし夜酒欲る, 声泥酔した客たち, 声洋々たるは何, 声の中, 声をすする, 声洩れ聞ゆと, 声活きもし枯れ, 声活動写真をつくる, 声活発な声, 声の波間, 声魂しく, 声消えて夜色愁, 声消えたことの, 声に濡れ, 声涼しげにくる, 声淋しからずや, 声深く恰も狭霧, 声清らかにし, 声渓行水車ノ声並ニ, 声に蓄, 声の灯, 声つると, 声満山鳴りわたった, 声澄み入れり闇夜なりけり, 声激しく落ちた棒片, 声濁りて痘痕, 声火光を禁じたれ, 声炯々たる眼差し, 声点燈夫の姿, 声無事を祈る, 声無音の音, 声焦熱大焦熱, 声売屋の, 声のない, 声燈影両依然, 声物凄じき天地を, 声物売の声, 声物売りの叫び, 声物真似写し絵音曲のたぐい, 声物腰とは会社, 声物音の方, 声独語しぬ, 声猛り声泣き声喚き, 声猥雑悪臭たばこの煙, 声と透らす, 声理由あり, 声つたれた声, 声甘ったれた声悲しい, 声甚だ長し終日啼号, 声甚ダ急ナルヲ聞キ, 声甲高な女, 声申されしを不審, 声は見舞い, 声には黄, 声異様に震え, 声異邦人の体臭, 声病気で生駒, 声を家司, 声発けて交互, 声白き虹の, 声百雷の一時, 声目白のおとなしい, 声助の, 声相伝られたく候, 声の自己, 声眼彼の全部, 声の如く余, 声矢風の音, 声知っている, 声に衝, 声石塔の頭, 声石山寺の秋, 声砂利声がさつ声尖り声いろいろの, 声砂山のかなた, 声砕ける肉の, 声破れ鐘の如く, 声破鐘のやう, 声硝子器のチリン, 声にその, 声という鶏, 声祇園精舎をあら, 声神尾の酔い, 声秋田さんのこと, 声に雨, 声程に器量は, 声種々の物音, 声突然恐怖に, 声突然ふと聞えなくなる, 声立たず困難し, 声立たぬ苦しさ, 声立つるなり, 声立つる者なくば, 声立てさせるな, 声立てる人も, 声に雀, 声竹藪の中, 声笑い声などが溶け合い, 声笑っただけで, 声笑声口笛の合図, 声笑声哭声忿声驚声叱, 声笑声食器のふれ合う, 声笑頽るる声, 声の音, 声の音, 声も大, 声米友の好んで, 声に, 声粛々とたれやらが, 声粛々馬首粟津の松原, 声粛粛夜過河, 声紋太夫の口, 声紛々囂々ととだえとだえ, 声素晴しいわね, 声細い声丸い, 声細り行くと共に場中, 声終らぬうち大きな, 声は高音, 声結局第一, 声絞らするまでなれ, 声ゆる間もなく, 声絶えず眠って, 声絶望の声, 声継がずどしやぶりの実, 声続けて云い, 声続けざまに啼いた, 声網目の如し, 声綿貫でのうたら外, 声というかそのまま, 声の如く, 声をし, 声繕いをし, 声繕いして, 声繰返して, 声罵り声悲鳴呻吟剣と, 声罵る声呼ぶ, 声美しい顔は, 声美しく歌いました, 声羨望の声, 声義太夫なんぞ自分, 声耳元に落ち, 声耳辺にある, 声耳近に響きつ, 声聞いたら最後じゃ, 声聞えしが又, 声聞えずなりし事, 声聞えなくなってしまう, 声聞えませんか, 声聞かんと毎夜遠近, 声聞きつけて俄, 声聞きますか面白い, 声聞き覚えのある, 声聞き馴れたる叔母の, 声聞こゆ, 声聞こえけるに不審, 声聞こえたのである, 声聴きたいという欲望, 声聴きたくないでや, 声聴きてけりそのしばらく, 声聴き来って意, 声聴けば合歓, 声にあり, 声胃病で休み, 声胡瓜枇杷そしてこ, 声に浸みる, 声腹立ちの声, 声の上, 声自分の人間的確信, 声自己を証明, 声自慢一揚一抑法に適い, 声自然な声, 声自白する間, 声至る所を, 声も赤う, 声舞踊その他の動作, 声を漕ぐ, 声芝居で云え, 声も蕾, 声芸術の響き, 声若葉の輝き, 声苦悶の声, 声荒々しく語って, 声荒い足音は, 声荒ぶ幌馬車疾駆し, 声荒らげて宋憲ら, 声荒ららかに, 声荒ららぐるをお, 声しという, 声落ちにけり, 声落語浪花節流行唄大抵の音曲, 声で唸っ, 声藪鶯の笹啼, 声も鳴い, 声蜜蜂の唸り, 声を新た, 声行き向ふ, 声行路に満, 声行進するよう, 声表情そうし, 声表情場所の光景, 声のあたり, 声装置ではなかっ, 声裏往来忙士女如花満会堂, 声裡三生を証す, 声西山自身の手振り, 声要求との関係, 声見たいな王様, 声見物人のどよめき, 声見舞に行く, 声視たのは, 声言う声いずれも, 声言葉線運動という風, 声言語に絶す, 声訴えそのよろこび, 声る声, 声詛いの声, 声を聞かぬ, 声試しをし, 声に発す, 声る声, 声話し声までがまざまざ, 声話声と歓声, 声誘はれて, 声語る声は, 声説明して, 声するよう, 声誰かがふざけ, 声誰彼となく, 声調子わるし, 声調律呂はきちんきちんと, 声諸人の驚き, 声諸共わしは身体, 声謡い果ては声音一斉, 声谿に応え, 声豪快放胆な泰軒先生, 声の呻き, 声賽銭の音, 声赤児の耳, 声赤絹に火, 声走りまわる靴の, 声走り廻わる足の音, 声起り深更時ならぬ, 声足下に起こり, 声足踏みの音, 声足音手拍子が次, 声足音物の破壊, 声のへ, 声踊りの毛脛, 声の鞭, 声身ごなしどうしても女, 声軋る声相, 声軍歌の声, 声の燃え落ちるらしい, 声軽く笑う声, 声近くなる時猟夫虎の子一つ, 声近く屋外に聞え, 声近づきやがて村, 声近所に庵室, 声ふ, 声雨晩天晴麦田薯圃茫如海身在, 声速し矢筈檀の, 声連ねて鳴く, 声進める声からかう, 声遂に大風の, 声遊ばしましたがネお嬢様, 声ゆく悪太郎, 声のなか, 声遠ざかる雲隠るらし, 声遠近に聞こ, 声遣い気質感情を持った, 声金屏風の反映, 声金磬石なり, 声金鼓の音, 声釣りせんとて, 声鉦雷のひびきが, 声銅盤を戞, 声銅鑼のひびき, 声の刃, 声鏗鏘として聞く, 声鏘鏘たる九段坂上, 声の音, 声鐘声おだやかにおごそか, 声煙管の, 声長きなり, 声の外, 声の中, 声降雹の大, 声限り自分たちを呼ん, 声のあなたこ, 声陽気に調子, 声を躍り上がっ, 声階段の口, 声障子を開け, 声がねの便り待つ, 声雉子などが樹, 声雑木や姫笹, 声雑然騒然と訴えだした, 声の動き, 声雷鳴を聞く, 声電流を通ずる, 声電話の声, 声震い草木も, 声霊妙にし, 声のさけび, 声霧らふなり, 声露光あたかもわが, 声霹靂のごとく, 声青年らしい手, 声に我舟, 声面白い声活発な, 声という音, 声音符記号で書い, 声の響, 声響きて忙, 声響く処に, 声頓狂な声, 声痛し, 声に天上, 声頻り也, 声顔つき目差しそれ, 声を引い, 声にさらされ, 声風眼に口, 声風笛離亭晩君向瀟湘我, 声風貌動作の一つ一つ, 声颯々淙々と鳴り, 声飛び違う消防手火の粉の, 声飛び違える土けむり, 声にまきつけてる, 声香味触法もなく, 声駆けこう足音, 声駈ける足音が, 声駒鳥の声, 声騒がしくとてもわれら, 声騒がしく賑わしく響き来る, 声騒ぐ物音さあ, 声騒擾の音, 声騰り光栄身に, 声やかに, 声高い遠慮ない批判の, 声高う唱へ, 声高う寒夜へ, 声高き一鳥遂に, 声高くはげしく争うよう, 声高く優しく云った, 声高く速くて, 声高く長く笑った, 声高しと押, 声鬨の声である, 声魂消る声の, 声魚市場の問屋, 声鳥声そして栗, 声鳴いた牛の, 声鳴きながら飛ん, 声鳴くんだ, 声鳴けるからすなり, 声鳴りて砲員皆砲, 声鳴り渡るも立ち止まる, 声の声, 声の声, 声に似, 声鶏声そして鐘声, 声麦畑の中, 声黒きわめきさけびは, 声黒樫の木, 声いつぶら, 声鼓声鐘声おだやかにおごそか