青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天皇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

天使~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~
天皇~
~太 太~ ~太い 太い~ 太刀~ 太夫~ 太田~ 太郎~ ~太陽 太陽~

「天皇~」 4245, 46ppm, 2544位

▼ 天皇~ (1302, 30.7%)

14 御代に 9 位に, 御世に, 時に, 権力を 7 なかには, 位を, 名において, 地位は, 権力は 6 ために, 名に, 地位に, 御子たち并はせ, 御陵の 5 仰せを, 勅としいは, 命に, 命を, 御名を, 御子たちは, 御子たち合わせ, 御子たち并せ, 御陵を

4 [16件] おあと, おそば, 前で, 名によって, 地位の, 大御田, 大陸軍, 尊厳を, 御事蹟, 御代には, 御子の, 御宇に, 御宇の, 御時, 御生母, 御陵は

3 [22件] おおせの, お名, お歌い, 前に, 勅の, 名を, 命の, 御代と, 御代の, 御位, 御信任, 手に, 擁立を, 政府は, 時は, 時代に, 条に, 為に, 特権を, 行幸を, 詔を, 頃から

2 [97件] おいい, おつぎ, お位, お眼, お膝元, お言いつけ, お頸, お首, こと, ことを, ご同腹, ところへ, ほかには, 下に, 五年に, 仰せに, 仰せの, 仰つし, 停戦命令が, 優位を, 勅を, 即位の, 即位を, 卷に, 原形なる, 号令とは, 吉野行幸は, 命で, 命令と, 命令を, 問題だけは, 四年に, 国に, 在位は, 地位, 地位が, 地位を, 墓陵の, 声が, 大和に, 大和の, 大御使, 大権を, 天平勝寶五年, 子, 子を, 孫の, 将来, 尊厳という, 尊厳の, 尊厳は, 弟の, 御一身, 御位置, 御名前, 御命, 御姉, 御子, 御子と, 御子春日の, 御存在, 御年, 御心, 御意志, 御為, 御舍, 御製に, 御親政, 徳が, 徳を, 恩を, 政府とが, 方にも, 時から, 朝に, 東征の, 歴史である, 産湯の, 皇后で, 皇太后の, 皇女で, 皇子, 皇子で, 皇子の, 皇子ほ, 盛儀が, 神聖な, 蒙塵を, 親政では, 記事にも, 記事は, 詔にも, 身体に対する, 退位を, 逆鱗に, 頃には, 頃の

1 [818件 抜粋] あるを, おおせに, おおせを, おおみた, おつ, おでまし, おへやなぞ, おわすところ, おんためである, おん眼じり, おん輿とは, お伴を, お召を, お味方, お声, お宮の, お寢, お心待ち, お心持, お招き, お歌として, お歎, お目, お耳, お茵, お行方, お詠み, お詠み遊ばされた, お遷幸, お還り, お顏, がわ, こうむるべき制裁, こととか, ことなんか, この問, この時, ころの, ころまでのは, ご命令, ご喜悦, ご記憶, そのお歌, ため, ためにも, ときも, とき両朝一に, とき仏教が, のりとの, はかりがたき, ほうが, みそな, もとつ, ものであっ, ものであった, ものでない, ウバの, カイゼルは, ミササギであった, 一令下に, 一家の, 一家も, 一方的, 一族に, 一皇子たるに, 七年に, 三年己丑誕生義淵僧正の, 下位である, 下位に, 不死の, 世つぎと, 世に, 世襲的な, 両派の, 中でも, 主権は, 主権を, 九年冬十一月, 乳父たり, 乳父吉田定房なども, 二十八年, 二年十一月入, 二年大兄王を, 亡魂でも, 亡魂を, 人気には, 仁徳を, 仁慈に, 代りに, 仰せにより, 仰せられますには, 伝説で, 位につき, 位は, 住もうて, 作である, 侍読に, 供御の, 信仰は, 個称, 側臣, 側近の, 傍系に, 元年で, 元慶年間, 兄に, 兄三毛入野命と, 兄神八井耳命は, 公民といふ, 兵が, 兵は, 准后三位, 出現を, 勅うむなく, 勅により, 勅願寺であり, 勢力を, 北朝の, 十三年, 十八年秋七月の, 十六歳の, 博大な, 即位大礼の, 卷にも, 叡聖に, 吉野行幸の, 名が, 名などは, 名によ, 名誉で, 后と, 后妃と, 否定現, 周囲には, 命と, 命令下に, 和睦せられ, 問は, 器に, 四十年形は, 四年間だけ, 国に対して, 国事に, 場合と, 外戚という, 夢告から, 大みた, 大一統主義, 大和入りより, 大宝二年, 大宝元年に, 大寶三年, 大御宝たる, 大御宝と, 大御所に, 大権と, 大權, 大葬の, 天平勝宝九年, 天福元年, 天覧の, 天覽の, 夫人たるべき, 女フタヂノイリ姫の, 女御として, 如し, 妃とも, 妃に, 妹で, 姉であり, 子さえ, 子と, 子に, 子供かなんか, 子供みたいに, 子孫, 子息である, 存在とは, 存在によって, 孫, 孫女であった, 宏大なる, 官吏であった, 宝亀二年, 実在を, 実質は, 宣命にも, 宣戦に, 宣言せられた, 宮中脱出から, 宮殿の, 宸悦あらせられた, 宸翰で, 密勅を, 寛治四年に, 寵を, 寵遇に, 寶龜七年, 対敵態度は, 寿命は, 尊い御, 居室に, 崩年壬戌は, 崩御によって, 巻に, 帷幄の, 平安遷都前後にあたって, 康和三年である, 廃止を, 延暦二十三年, 延暦十八年十二月五日に, 延暦四年八月に, 建久三年, 建國の, 後宮に, 後村上を, 後胤に, 後裔何代目の, 御さき, 御ため, 御一令, 御世から, 御世なれ, 御世には, 御世前後に, 御事だ, 御事後の, 御介錯, 御代で, 御代にな, 御代にわたり, 御代より, 御代三野の, 御代倭迹迹姫の, 御代前後から, 御代即ち, 御代巍石鬼という, 御代榮えむ, 御代武蔵国秩父郡より, 御代科野國造に, 御住い, 御体, 御信頼, 御元服, 御兄弟, 御前に, 御前にて, 御創業, 御即位, 御即位後, 御口, 御名に, 御名の, 御名大, 御命令, 御嚮導, 御威徳, 御子から, 御子たち九柱, 御子という, 御子は, 御子イチノベノオシハの, 御子名は, 御子手白髮の, 御子石姫の, 御子等并せ, 御子若, 御子高岳親王即ち, 御宇から, 御宇と, 御安靖, 御宸筆, 御寝ある, 御寝の, 御寢, 御寿, 御年五十二歳, 御年八十三歳, 御年四十九歳, 御年百三十七歳, 御座所, 御徳, 御意見, 御所有, 御手元へ, 御採否一つ, 御旧居, 御服, 御末多田満仲より, 御東征, 御東征以来, 御歌と, 御殿にまで, 御殿や, 御民, 御決心いよ, 御治世, 御父, 御生涯, 御生父, 御眼, 御祖先, 御稜威は, 御脱出, 御苗裔, 御葬式, 御製で, 御製でも, 御親任, 御許に, 御誕生, 御資格, 御軍勢, 御輿にも, 御還幸, 御陵と, 御陵などに, 御陵前吉備皇女の, 御集, 御領地, 御風格, 微笑, 心を, 応永二十七年九十六で, 思し召しが, 性格にも, 性格を, 恋が, 恩義を, 恩顧を, 意か, 意志では, 意思では, 意思を, 意義に対する, 慶長十三年三月生る, 憎しみを, 成年期については, 手もとには, 承認なし, 拝を, 捜査に, 播州印南に, 改革は, 放送した, 放送ほど, 政府である, 政府にたいして, 政府の, 故である, 敦き, 数多い勅語, 文治三年, 旅行の, 日本武尊に, 旨なら, 昔から, 昔はしらず, 時これは, 時で, 時の, 時世と, 時今から, 時代とを, 時代の, 時典薬頭半井瑞策が, 時分に, 時即ち, 時従五位上岡本保晃という, 時日本武尊が, 曾孫た, 朝神宮, 本質をも, 朱鳥元年に, 条を, 東征という, 東征なら, 権利として, 権利に, 権力, 権力と, 権力のみを, 権力万能主義が, 権力万能主義を, 権力万能的な, 権限を, 檄が, 次に皇位, 歌ひた, 歌われました御歌, 歓待を, 死を, 死んだあと, 母弟倭彦命薨せぬ, 母親と, 永い間, 治世中は, 流離譚で, 清らかな, 為の, 熊襲御, 物語という, 生母, 生母御, 病気平癒に, 皇后の, 皇后を, 皇后狭, 皇太子, 皇女, 皇女の, 皇子たちは, 皇子にも, 皇子名は, 皇子大, 皇子椀子皇子は, 皇子誠仁親王が, 皇居, 目の, 直系卑属, 相なり, 礼を, 祈念された, 祖先は, 神聖を, 祭祀の, 稱は, 笠置潜幸という, 第七子具平親王六世皇孫, 筑紫巡幸中の, 筑紫征伐の, 精神が, 系図を, 系圖及び, 系譜については, 素人芸としては, 終りごろから, 統治下に, 絵かき給ふ, 絶対権を, 群卿に, 聖名で, 臣であり, 自由の, 至情に, 虚器を, 血液へ, 行列と, 行宮を, 行為としては, 行為についても, 襲国に, 親拝と, 親政が, 親政であるべき, 親政でない, 親族だ, 言ふところは, 言葉は, 記事には, 許しが, 詔において, 詫び状なりと, 話の, 誕生だった, 説話については, 豐の, 負わるべき, 賀正事や, 資格で, 赤子として, 践祚を, 身辺に, 軍なれ, 軍に, 軍勢は, 輩下の, 近親と, 逆鱗と, 遣唐使に, 選ぶところ, 還幸は, 長い国史, 長女であり, 開國以後に, 関係が, 関聯を, 陵は, 際に, 靈龜二年に, 革新思想を, 頃である, 頃にも, 頃即ち, 頸を, 養老元年越の, 養老四年に, 高市崗本宮近くに, 鸞輿は, 鹵簿に

▼ 天皇~ (592, 13.9%)

10 それを 9 国の 6 天つ 5 すぐに 4 それと, はじめから, 非常に 3 これを, そのため, 右に, 国民の, 大和の, 後に, 日本の, 日本国の, 神の

2 [32件] あるとき, ある年, お父上, この歌, その御子, それが, それで, それは, ただたんに, まだその, 之を, 二十五で, 人間である, 八年の, 国家である, 天智天皇の, 弟の, 御子が, 御年四十五歳, 憲法に, 権力者では, 現人神で, 皇極, 知らないの, 神である, 神に, 神聖に, 穗積の, 箒である, 自分の, 隠岐の, 高殿に

1 [459件] あたかも恩師, あたかも藤原氏, あった, あった方, あまり留意, あらひと, ある夜, ある日, あれども, いずれも, いたく喜び, いちばん前に, いっさいを, いつ頃, いともご, いなかった, いまだ藤原宮, おそば, おどろいて, おのずから, おほ, おれたちの, おれの, おん年百三十七で, お人好, お供の, お子さまが, お帰り, お日さま, お昼寝, お答えに, お身, お身の丈, お酒, かずかずの, きめられ憲法, くわッ, ぐっすりお, けっしてその, こういうとき, このこと, このごろヤタの, このごろ八田の, この吉野, この憲法, この王, この皇太子, この皇子, この美しい, これに, ご短命, さっそくこの, さっそくご, さっそく山辺大鷹, さっそく近江, さとること, さらに天社, したしく筆, しまいにおん年百二十四歳, しまいにご, しまいまで, しもじもに対して, しらないが, すつくと, すでにお, すでについそこ, すでにゐた, すでに位, すでに日本国, すべての, その, そのお子様, そのくいつき, そのこと, そのころ吉備, そのつぎ, そのつば, そのながめ, そのはん, そのままお, そのよう, その中, その二十四日, その仁番, その前, その哀情, その夜, その女, その孃子たち, その子, その専業, その後また, その後も, その後伊香色謎命を, その御願, その心, その日, その曙立王, その最も, その若, その草稿, その蛮勇, その謀, その責任, その酒盃, その鋳造, その鳥, それから, それからご, それでもまだ, それでも寸分, それとは, それよりも, それらの, それ以来小碓命の, たしかに保存, ただの, ただ国の, ちょうどその, ついで大, ついにある, ついにおん年七十八, ついにおん年八十三, つぎの, どうして遷都, どこに, どの神さま, なおその, なにほどかの, なんの, はじめてなるほど, はじめて人民たち, はじめ日向に, はたして東洋, はやそこ, びっくりなすっ, ふとその, ほかに, ほとんど完全, まことの, またすぐ, またその, またまもなく, また人民, また續, まだ二十歳, まったく無力, まもなくお, みずから政治の, みな熱心な, み車, もう崩, もちろん国, もちろん御代, もつと, もとから, もはやいつのまにかお, もはやとくにお, もはや三年, やっぱり神, やはり至上, よろこんで, われとも, イハキの, オケの, オホクサカの, オホハツセノワカタケの, カハマタ姫の, シキの, ツァーと, ホムダノマワカの, ラジオで, ロボットで, ワニの, 一一九一年一月三日十一歳の, 一人の, 一国の, 一年限りの, 一種の, 一般庶民とは, 丁未の, 万乗の, 万国諸王に, 三字だ, 三宝の, 三種の, 三野の, 上皇と, 両統合体の, 丹波の, 主権者では, 主権者と, 事実上幽閉され, 二人が, 二字だ, 人民の, 人気が, 人間を, 今日でも, 仏教の, 仕方なし, 仲麿を, 位に, 依然たる, 俄に, 保守主義の, 元の, 元明天皇の, 兄媛と, 先に, 六十六人の, 其から, 内閣の, 北條氏の, 十二で, 十年冬九月御不予十月御, 南北合一の, 南朝の, 即ち舒明天皇, 即位の, 参謀総長と, 吉野を, 名和長年の, 名目上日本国の, 和銅六年諸国に, 唯一の, 国々村, 国中の, 国会の, 国家の, 国家統治の, 国民と, 国民に対して, 国民統合の, 国民統合者である, 国造が, 土師氏の, 堯舜の, 変だ, 外交権を, 外国の, 夙く崩御された, 夜に, 夢で, 大いに嘉, 大きな功労, 大久米命を, 大仏や, 大勢の, 大和から, 天上の, 天武四年に, 天津神の, 天災地変が, 天皇の, 奈良にも, 女帝で, 女帝である, 女帝に, 女鳥王という, 好まなかつた, 妃も, 姪の, 媛の, 孝元, 学校に, 宇宙の, 宇宙を, 宗教の, 宣戦の, 宮苑から, 専制君主としての, 小碓命を, 少しも, 尾張の, 山の上から, 山城国葛野郡宇太野に, 島流しに, 巧妙に, 帝国議会を, 帰順した, 幼くて, 庶妹トヨミケカシギヤ姫の, 延元, 弟さまの, 当然に, 形式的な, 彼の, 彼を, 後の, 後鳥羽上皇の, 御位, 御即位十二年七月, 御在位, 御天性, 御子日本武尊を, 御年九十三歳, 御年九十五歳, 御年五十七歳, 御年五十六歳, 御年八十三歳, 御年六十三歳, 御年六十四歳, 御年六十歳, 御年十五歳, 御年四十三歳, 御年百三十歳, 御年百二十三歳, 御年百二十四歳, 御年百五十三歳, 御年百六十八歳, 御年百六歳, 御憂慮, 御歳百三十七歳, 御肇国天皇, 御英明, 御身の, 志の, 恋に, 恋愛の, 惟房を, 憲法で, 我らから, 戒厳を, 或修行者, 戦いに, 戦に, 戦を, 戦争を, 戦争犯罪者である, 才学優れさせ給うた, 撰集の, 政治上の, 敗戦は, 文学者流の, 新憲法, 新田義貞を, 日向に, 日向の, 日本じゅうの, 日本国および, 日本民族には, 日本民族を, 日置暦といふ, 日頃にも, 旧憲法, 旧時の, 昔お, 時に自ら陰謀, 時を, 時代が, 普通の, 曾祖父元明帝は, 最後に, 最高至上の, 木の, 権力とは, 機関として, 歌を, 此の, 此人達が, 此称呼を, 武力を以て, 歴史上どういう, 殉死の, 残酷性の, 殺人を, 氏の, 民の, 沙本, 河内の, 法律の, 深夜鬼哭啾啾の, 満十八年, 無条件に, 無権力, 無謀の, 父の, 父上の, 独りいわれた, 現人神という, 現人神に, 田狭, 甲辰の, 男系に, 當時諸家に, 百済の, 百済王の, 皇后が, 皇后の, 皇后樣が, 皇子の, 皇子皇女を, 皇族では, 目下気ちがい共の, 直接に, 瞬間, 矢河枝媛が, 矢河枝媛の, 神では, 神として, 神樣で, 私を, 穴門国に, 立法権行政権および, 統治者に, 絶対的に, 緊急命令として, 置目の, 美濃の, 群臣に, 聡明であり, 自らの, 自分から, 自分が, 自分で, 自分である, 自分を, 自身と, 英明の, 茶の湯が, 薩長の, 藤原遷都によ, 蘇我の, 蘇我氏が, 衆議院を, 行政権を, 親に, 詔し, 詩人風の, 誓誥を, 誰の, 跪いて, 輿を, 近江に, 近江の, 近江へ, 近衛公爵, 退位されるべきである, 遂に度々武力, 過まっ, 道義上人民にたいして, 道鏡だ, 遠い処, 部下を, 都を, 采女に, 関東勢に, 関白頼通に, 降伏された, 降伏の, 陸海軍を, 隠忍し, 難を, 雷神の, 養子という, 養子を, 高倉天皇の, 黒姫を

▼ 天皇~ (328, 7.7%)

5 お隱 4 その孃子, 大和に 3 おかくれ, 位に, 大和の, 死ぬと, 祝詞を, 神明に, 非常に

2 [17件] お殺され, ヲウスの, 世界の, 吉野の, 崩御に, 御覽, 我々と, 日本武尊らの, 東亜諸, 現つ, 神に, 神の, 神を, 筑紫の, 美濃の, 賭け碁を, 軍人の

1 [260件] あらせられるばかり, あるかたち, あるの, います笠置, いよいよお立ち, おこなうもの, おこなわれ戦争, およって, おん夢に, お位, お作りに, お妃, お寺を, お尋ねに, お小さい, お崩れ, お椅子, お歌い, お歡びになつて, お母上, お生れ, お産れ, お立ちに, お答え申される, お見送り, お認め, かように, きっとそんな, こういう恋愛情調, このカグロ姫, この地, この地方, この日, この獻, この系統, これによ, ご還幸, しかく詔示し, そういうもの, そうである, そう問題, その位, その国事, その強烈沈静, その日常, その早く, その皇后, その皇后樣, その都, その酒盞, それに, それを, たとえ言葉, たのむところ, つぎつぎに, できては, どうだこうだ, なさるもの, またお尋ね, まだ御, まだ皇太子, まだ皇子, まっすぐに, みずからその, みずから政治の, みんなから, もっとお, やたの, やまびと, わが国の, わざわざそんなになすっ, アチの, オホヤマモリの, センベツに, タラフク食えなく, ツカツカ進ん, ヤタの, ヤマトの, ラジオを通じて, 一八六八年, 一番お, 一番苦しん, 不予, 不要の, 二人の, 二人も, 二人や, 京に, 京都に, 人民から, 人間なら, 人間の, 今後ながく, 仰せに, 伊勢に, 何か, 何だ, 使ひ, 侵略戦争について, 兄を, 兄弟の, 入つて來, 公布した, 出して, 初春の, 利用された, 南朝の, 単なる思想, 即位まします, 右大臣阿部の, 吉野に, 命を, 国の, 国事を, 国家の, 国家を, 国民から, 土壇場へ, 在わす, 外国に対する, 多摩陵へ, 大友皇子の, 大命に, 大命らま, 大和へ, 大小の, 天つ, 天下の, 天皇の, 天皇を, 天皇火葬の, 太の, 奈良や, 女帝と, 好きな, 始めて, 子供たちの, 存在しつづけ, 宇智野即ち, 完全に, 宗教的に, 宗教的崇拝の, 宝算六十三を以て, 宣戦詔勅を, 家茂に, 専制の, 山中に, 崩ぜられて, 崩去せられる, 平城京に, 廃太子の, 強烈沈静の, 当時出家の, 彼らにとって, 御一代間行政財政, 御位, 御即位, 御命, 御宴, 御心配, 御東征, 御母, 御病, 御製を, 御酒宴, 必要で, 慶雲三年, 成年に, 成長され, 戦争に, 戦争の, 戦争責任を, 戦争責任者である, 戦犯者であるなら, 指揮された, 指揮官として, 挙行した, 握って, 擧行し, 政治に, 敗戦を, 旅行先の, 日下の, 日向の, 日本に, 日本武尊の, 日本武尊を, 旧憲法, 未だ即位, 東亜連盟の, 東征の, 橿原宮に, 次々に, 正書を, 死んだとき, 殺されたの, 民衆に, 火葬を, 災難に, 熊襲を, 熊野から, 熊野に, 父天皇の, 父皇の, 現在の, 琴を, 畏まつ, 発表する, 百歳以上の, 皇位を, 皇子の, 皇祖皇宗の, 相継ぎ完成, 神でなく, 神に対して, 神に対する, 笠置に, 米人の, 細菌戦に, 絶対最強の, 續き, 美濃に, 群臣を, 肥後の, 臣下に, 自分の, 自分を, 若い皇太子, 莊園を, 葛城の, 葛城山に, 葛城山の, 見え左, 親ら政治を, 讃岐国安益郡に, 豊前山間の, 貞観年中に, 責任を, 足助重治へ, 軍隊を, 近江の, 選んで, 還幸あらせられる, 酔って, 野遊びに, 金閣寺に, 鏑矢を, 長谷の, 間もなく東亜連盟, 関西方面へ, 降伏を, 隠岐から, 霊畤を, 飛鳥の, 首皇子に, 香具山に, 驚いて, 高処, 高所に, 髮長姫を

▼ 天皇~ (232, 5.5%)

4 なる 3 位を

2 [20件] おめみえ, かんし, なって, ぬかずくこと, ましましてな, まを, 上げ奉ると, 仕へ, 召された水, 号令させ, 告げた, 對し, 拒否権を, 服す範, 申し上げますには, 申し上げるには, 白し, 至る迄の, 酬いて, 隙見せられた

1 [185件] あてはめられること, いささかも, いたる間, いわなかつたの, うとまれて, おさかずき, おさからいする, おさし出し, おそむき申し, おもねり天皇崇拝, お仕えしない, お伝えさせ, お別れ, お目通り, お知らせ申しました, お譲り, お酒, かくの, かんしすなわち, かんする事項, こちらへ, このなか, こんな妖しい, さしあげた女性, さしあげて, さしだすこと, されて, され新, しても, しようと, すべてを, するよ, すゝめ生地の, そのこと, そのしだい, そむこうと, そんな機能, たいすると, ついたので, ついて, つかえたという, なぞらえて, なつたら, なつて, ならなかつた理由, なりうると, なりうる筈, なりたいなど, なりたい意志, なると, なる前, なる魂即, なろうと, ましますから, まし一つ, ますを, むかって, よりて, わびて, オシッコを, 一人でも, 与えたの, 主権が, 人心は, 今後は, 仕えた宮女, 仕えまつる武人, 仕え奉るべきもの, 仕え奉る臣隷, 代わって, 仮託し, 仮託した, 会ったとき, 伝えた仏教, 何事か, 供奉し, 側近せしめ, 入内し, 其力が, 半分服従し, 即く, 反抗し, 反抗した, 反逆し, 同情した, 向かっては, 奉つた為, 奉仕し, 奉還した, 奏さしめたま, 奏さしめて, 奏したの, 奏上する, 奏上なさい, 奏上致しました, 始まって, 威霊が, 嫁する, 完全に, 宗教的の, 寄せて, 寿詞が, 専ら花鳥風月, 對しまつる賀の, 属させようと, 差し上げる, 帰したの, 帰一し奉ろう, 帰服し, 常侍, 当らせられる, 忠言し, 忠誠であった, 愛せられた女傑, 憎まれ逃走, 戦争責任が, 戦犯の, 抗し, 抜擢せられ, 拒否権の, 拝閲する, 授け給うた, 掌握され, 接したこと, 提出した, 擬せられて, 政を, 政治権なき, 斬り殺された時, 時折の, 服従し, 服従する, 権力の, 次いでは, 此御製ある, 歸すべきである, 歸服した, 殺されたの, 殺されてるし, 殺意あり, 牛酒の, 献り, 献上いたしました, 献上した, 申しあげに, 申しあげました, 申し上げた時, 申し上げましたこと, 申し述べた, 白さしめた, 直流し奉る, 直隷, 示す, 礼拝し, 神器を, 禊ぎをすゝめる方である, 禍いを, 移った権力, 移って, 立てようと, 紀伊の, 納めること, 終ったよう, 統治の, 絶大の, 絶対的に, 置き我等, 置くべしと, 聞えあげたるなるべし, 至つて始めて, 至るまで, 著かね, 討たれそう, 譬え奉ったもの, 譲り給うた後, 譲位した, 貢物として, 責任が, 身も, 近い皇胤, 近う仕えまつる, 適宜に, 配して, 重大な, 限つた事では

▼ 天皇~ (206, 4.9%)

5 お殺し, 崇拝し 4 冒涜する 3 して, 利用する

2 [16件] おつれ, かついで, た, ないがしろに, もてあそび我が身, 主と, 元首と, 冒涜し, 始め奉り, 崇拝しない, 崇拝する, 愛して, 神たらしめ, 神の, 立てること, 立て自ら

1 [154件] ああ大和, あざむいた危険行為, あみだすため, いただいて, いただき他, うけいれは, うやまっては, おうらみ, お助け, お慕い申す, お流し, お父ぎみ, お護り申す, その中, その盟主, それゆえ私は, たすける意思, たてなければ, たてる陰謀, つれて, とくにとりたて, どうして私, どう観, のぞむ野望, はじめあらゆる, はじめと, はじめ以下の, はじめ奉り, はじめ総じて, ひそかに, まことの, もつて, もてあそび天皇, わが手, カンバンに, ロボットに, 上に, 中心と, 人として, 人間と, 今日軽侮する, 位に, 佐けて, 使って, 保存しよう, 信仰し, 信仰する, 信奉する, 偲んで, 兵庫の, 処刑しなかった, 助けること, 動かし奉り下, 取りまいて, 取りまつらむ, 取りまつれり, 古く奉祀, 周芳の, 呼びて, 国の, 国家機関と, 国民から, 大殿の, 天皇と, 太上天皇と, 奉戴した, 好きである, 安見知し, 尊び正論, 山中に, 山方という, 弑殺しよう, 従父と, 御親, 御道筋, 思い慕う, 恋し奉った, 恐れたから, 感じ奉つたこと, 慕うて, 憎んだこと, 懐くの図, 戦犯の, 戴いて, 扱ったよう, 抱きこみ無謀, 抱きこんで, 担ぎださずには, 拝みに, 拝むこと, 拝賀する, 持つ臣民, 排して, 擁し奉る公卿, 支持する, 攻め天皇, 政治上の, 斥した, 望む野心, 本位と, 本当の, 根負けさせ, 案内した, 槍玉に, 権力者と, 欺き奉ったという, 殺させた, 殺させたの, 殺させて, 殺した, 殺して, 殺しました, 殺せまつれと, 深くお, 無権力, 狂信する, 現人神と, 生んだの, 申奉る, 発見し, 目的として, 確認した, 示すどれ, 神として, 祭った神社, 称した, 称したの, 立てその, 立てた, 立てたが, 立てるという, 紹介し, 絶対君主であった, 絶対権力者と, 縊死せしめ, 脅迫する, 自分の, 至尊と, 舁きまいらせ皇子公卿たち, 裏切って, 補う宮相, 見すて天皇, 解釈し, 訴追しない, 諷刺し, 譲らうと, 讃美し, 責めたて, 超越した, 迎えて, 迎えとり, 迎へ, 風呂場で, 養育申し上げる

▼ 天皇~ (114, 2.7%)

8 というもの 3 が必要, の廃止

2 [11件] が存続, が都合, だの武士道, というカラクリ, について皇室, の問題, の権力, の絶対主義, を否定, を論じ, を護持

1 [78件] か大統領制, が侵略戦争, が封建制, が最後, が近代, が都会, こそは彼ら, である, でも民主, という宗教, とか民主, と侵略的, と治安維持法, と軍国主義, なるもの, なんかはこの, にかん, についていろいろ, についての研究, には罪, に対するたたかい, に対する意見, に対する疑惑, に就, に科学的, に関する論議, の, のもたらした, のイデオロギー, のファシズム, の伝説, の利用, の功徳, の効用, の場合, の官僚, の官僚主義, の封建的, の専制, の尾, の強制, の復帰, の復活, の批判, の支配, の政治, の教育, の本質, の機構全体, の真実, の維持, の考えかた, の軍事権力, はあるいは, はもっ, はもつとも, は天皇, は帝国主義, は廃止, は彼, は本質的, への反抗, もおしまい, も嫌い, も昔, や軍国主義, よりも日本人, をきびしく, をくい, をつくる, を利する, を妥協的, を廃止, を批判, を支持, を発見, を第, 又然

▼ 天皇~ (108, 2.5%)

3 天皇の, 百姓の 2 なる, 云ふ, 人民とが, 政府とは, 言ふ

1 [92件] いうものの, いひ外国, いふ, いへども, おなじ地位, お呼び申す, された領主, しるすやう, する如きは, すれ違う時, その側近, その周囲, その官吏, その政府, なった, なつた, ならせられるか, なられて, ならんで, なりお前, なりすまして, なり汝, なり給うについて, なるという, はいって, まを, めったにこの, よぶの, よんで, 一夜を, 上皇の, 世論, 云い地皇, 云い大国主, 云つた, 交渉が, 人民とは, 人民は, 仰がれること, 仰がれるに, 供奉の, 信じて, 同じよう, 同じ年齢, 同時代, 同系統, 名のる, 問答した, 国家とを, 国家への, 大后, 大君, 天つ, 太政大臣押勝は, 幕府との, 庶民との, 志斐嫗との, 想像し奉り, 愛国心と, 憲法, 我々を, 政府の, 書いて, 最初に, 次ぎの, 正成は, 氏上たちとの, 氏上との, 民とは, 為さむ, 特別の, 狂信民との, 申しあげます, 申しあげますし, 申しあげるの, 申して, 申し上げたこと, 申し上げて, 申し上げます, 皇后樣と, 皇子も, 神との, 称し党類, 称せられ給, 競馬, 結びつけられるよう, 美福, 臣民とが, 臣民との, 衣通姫との, 軍人政府で, 雖も

▼ 天皇~ (70, 1.6%)

6 東征の 3 むほん, 謀反 2 即位の, 年四十五歳御陵は, 産の, 自身は, 親政の

1 [48件] 一人に対し, 一人の, 一代に, 一代の, 一身が, 元服の, 出生の, 即位に, 即位以來二千五百餘年の, 名代の, 名代格の, 呉床に, 在位中の, 姉, 帰還は, 年一百三十七歳御陵は, 年一百二十三歳御陵は, 年一百二十四歳, 年一百五十三歳御陵は, 年一百六歳御陵は, 年七十八歳, 年七十八歳甲午の, 年三十八歳八歳天の, 年九十三歳御陵は, 年九十五歳, 年五十七歳御陵は, 年五十六歳, 年六十三歳御陵は, 年六十歳, 年四十三歳, 年四拾九歳御陵は, 東征以前の, 東征当時からの, 歳一百六十八歳, 琴を, 自体の, 自身が, 自身にも, 自身の, 草創なり, 西征の, 視察六年五月から, 親政で, 親政は, 謀反の, 譲位後和歌所が, 躬ず, 重態快方に

▼ 天皇~ (53, 1.2%)

2 そのうち

1 [51件] あった, あり亡命中, ある, いた, いっしょに, お革, この浪芝野, この点, こわくおなり, すぐすっくと起った, そうな, それに, それは, ただ幻影, またその, また神, また自分, やまとたける, よろりと, ガランスにて, タダの, ヒダ王朝出身の, 人間だ, 人間に, 今上天皇も, 伯母の, 元々よくご存知, 公僕である, 共に, 出席する, 同一である, 同行し, 大したもの, 宋学に, 崇神天皇も, 帝室領の, 御譲位, 捕まったぞ, 政府も, 文雅の, 暗黙の, 未亡人で, 楽しくお歌, 此に, 武力に, 為に, 皇太子も, 皇子も, 秀吉も, 笑うわけ, 荒木田久老は

▼ 天皇~ (50, 1.2%)

6 の日本支配 2 の勢力, の相続, の祖神

1 [38件] か天皇家以前, が本当に, が神, だから, であったこと, というもの, といえ, といふ家族政府, とおなじ, になつて貰, にまさる, に伝, に何, に浅から, に深く, に直接, に直接征服, に関係, に限る, のよう, の功臣等, の史家, の地盤, の定めた, の家名, の家来, の日本, の日本支配以前, の第, の舅, はかつて, は日本, もなっ, やその, や日本, をいっさい, を正確, を無力

▼ 天皇という~ (32, 0.8%)

3 ものは 2 ものが, ものの, 人は

1 [23件] お立場, こと, ところに, ものに, ものについて, ものに対して, シムボルを, 偶像が, 偶然の, 名の, 名は, 名まえ, 地位に, 存在は, 文字を, 昔ながらの, 特別な, 特種な, 空名は, 虚名によって, 身分の, 身分上の, 項が

▼ 天皇から~ (31, 0.7%)

2 應神天皇まで

1 [29件] どんな相談, 下は, 人間天皇への, 何代の, 光仁天皇まで, 公布された, 六世, 六世の, 六代めの, 六代目の, 分れて, 切りは, 原子爆弾まで, 和歌集を, 問はれた, 天智天皇頃までは, 奪いとつ, 始まる, 将軍に, 後は, 御七代, 應神天皇までを, 授けられた職, 権力を, 流れ出て, 皇后に, 詔御衣御馬などを, 賜うた女, 離れさ

▼ 天皇その~ (29, 0.7%)

2 ひとの, 大后, 童女に

1 [23件] うたき, 伊須氣余理比賣, 后に, 后の, 大御酒盞, 媛女どもを, 孃子に, 孃子の, 家を, 少き王, 弟速總別の, 御子に, 御子の, 御盞, 心を, 日の, 早く還り, 父君を, 父王を, 父王市の, 統を, 謀を, 黒日賣

▼ 天皇には~ (28, 0.7%)

1 [28件] お子さまが, この機会, ご誕生, すべてで, ぜんぜん権力, なんらの, 人倫に, 出家の, 別の, 半服従, 叡感斜めならず, 古代から, 失政も, 御領田も, 戦犯である, 戦犯の, 政権は, 日本の, 権力は, 残虐の, 父母という, 神聖な, 禅に, 立法行政司法の, 罪が, 背けないと, 責任が, 途上の

▼ 天皇~ (24, 0.6%)

2 が御, 御親政

1 [20件] から御, が史記, が日本国, と百姓, には熊襲, に御, の大宝元年, の御, の御代, の御前, の御子, の御子万, の御子仲野親王, の御宇, の畝火山, の皇后, は国民, も実は, や先祖伝来, を馬鹿

▼ 天皇崇拝~ (22, 0.5%)

2 の思想

1 [20件] がいかに, が日本人, というよう, にふけっ, にまどわされ, に似た, の国家宗教, の気運, の神話, の観念, はむかし, は十六, は古代, は昔, は歴史, をすてる, を全, を教えこまれた, を普及, を説き

▼ 天皇親政~ (19, 0.4%)

3 の制 2 の理想

1 [14件] が始めら, このかた, である, と謳う, に服すべし, のす, の中央集権的情勢, の内裏, の名, の御世, の曙光, の謳歌, の障害, は頼朝以来

▼ 天皇~ (18, 0.4%)

3 あつた, いらっしゃいます 2 あつて 1 あらせられると, ありうるといふ, おいでに, すらこれ, 名君と, 在らせら, 有名な, 癸卯は, 神来臨は, 終る最後

▼ 天皇さま~ (14, 0.3%)

1 [14件] が皇族全体, にジキソ, に冷酒, に御, に申し上げます, のお子さま, のため, の御, はお, はこのごろ八田若郎女, は山, も忠行侍従, も皇太子, をはじめ

▼ 天皇後醍醐~ (12, 0.3%)

2 のお 1 が即位, に味方, に移った, の御, の御名, の退位, はお気, はとうてい, も側近三房, を尊敬

▼ 天皇自身~ (12, 0.3%)

2 の意志 1 がそれ, がつくられた, が内省, が降伏, すでに五瀬命, でなければ, によって定められた, は思っ, は討幕, も熊襲退治

▼ 天皇とは~ (11, 0.3%)

2 かかる非常 1 かならずしも権力者, すなわちこの, すなわちその, なられなかった, まさにかく, 今の, 国民に, 珍らしい, 考えても

▼ 天皇~ (10, 0.2%)

1 天ノワカヒコは, 妃たちの, 宮さまという, 桓武天皇の, 法皇の, 皇后が, 皇太子の, 皇子が, 皇子に, 軍人や

▼ 天皇制護持~ (10, 0.2%)

2 のため 1 ということ, という点, とを掲げた, と決して, の哲学上, の立場, を強調, を綱領

▼ 天皇~ (9, 0.2%)

4 国家説 2 国家説は 1 国家, 国家説と, 国家説の

▼ 天皇~ (9, 0.2%)

3 など 1 という妙テコリン, という珍, に対する人気, の人形, やインターナショナル, をこしらえ

▼ 天皇~ (9, 0.2%)

3 がある 1 があい, について一つ, の大略, はどう, は大体, を拾つて紹介

▼ 天皇として~ (8, 0.2%)

2 お位 1 ひじょうな過失であった, 傳説上の, 出現せられる, 知らせ給, 至当である, 践祚を

▼ 天皇にも~ (8, 0.2%)

2 当るし, 生れて 1 わざわいした, 人民にも, 別して女, 当るの

▼ 天皇~ (8, 0.2%)

4 りまして 1 じて, じ給, りましし後, 去の

▼ 天皇権力主義~ (8, 0.2%)

1 が確保, にもどる, によって薩長政府, に反対, の鼓吹, はここ, は持続, を外国

▼ 天皇機関説~ (8, 0.2%)

2 が国体 1 が理論上, ではない, は単に, は長い, を不当, を不法

▼ 天皇~ (8, 0.2%)

6 りたま 1 したまひ, して

▼ 天皇および~ (7, 0.2%)

1 その一族, 天皇の, 天皇制を, 尼宮大聖寺殿の, 政府にたいして, 旧支配階級, 皇族華族の

▼ 天皇では~ (7, 0.2%)

1 あらせられたが, あるまいし, ない, ないが, ないさ, なかった, ひつぎ又は

▼ 天皇に対し~ (7, 0.2%)

1 一片の, 奉って, 奉っては, 奉りても, 奉る信仰, 奉る所, 輔弼の

▼ 天皇~ (7, 0.2%)

2 いかを 1 いかは, お礼の, 位を, 戦争の, 献上する

▼ 天皇より~ (7, 0.2%)

1 わかれ給うところ, 下は, 以下品陀の, 大通智勝国師の, 太子に, 皇極, 開化天皇に

▼ 天皇制権力~ (7, 0.2%)

1 が満州, とその, と直結, の犯した, の目, の野蛮さ, は中国

▼ 天皇崩御~ (7, 0.2%)

4 の後 1 ありて, のとき末ッ子, の砌

▼ 天皇これ~ (6, 0.1%)

3 を統治 1 によつて徳教, を恨み思お, を禁じ給うた

▼ 天皇によって~ (6, 0.1%)

2 救われたと 1 ヤマトに, 召集される, 生みだされたもの, 行われなかったから

▼ 天皇のみ~ (6, 0.1%)

2 あれの 1 あれに, ことを, 前に, 楯を

▼ 天皇一家~ (6, 0.1%)

1 が新聞雑誌, にのみ握られ, のこと, の或, の方, を招待

▼ 天皇即位~ (6, 0.1%)

1 から持統天皇八年, という大きな, の五年, の時, の第, の頃

▼ 天皇崇峻~ (6, 0.1%)

1 が死ん, が殺された, が蘇我馬子, は功労, は殺された, を殺させた

▼ 天皇御製~ (6, 0.1%)

2 とある 1 とした, として言, と称する, なり

▼ 天皇或は~ (6, 0.1%)

1 北朝の, 国々の, 天皇と, 貴人の, 雄略天皇など, 高貴の

▼ 天皇~ (6, 0.1%)

2 の御陵 1 が平安京, だとか, の代理, の母

▼ 天皇いたく~ (5, 0.1%)

1 忿り, 怒りまして, 歡びたまひて詔り, 驚かして, 驚きまして

▼ 天皇~ (5, 0.1%)

1 入鹿天皇, 文武天皇か, 皇太子もしくは, 皇太子を, 難波宮

▼ 天皇この~ (5, 0.1%)

1 かた伝教以来の, 宮に, 歌を, 獻れる, 迦具漏

▼ 天皇さん~ (5, 0.1%)

1 がおしこめられ, のお, の社務所, の長寿祈願, の馬車

▼ 天皇たる~ (5, 0.1%)

2 人の 1 世襲者が, 後宇多天皇に, 資格の

▼ 天皇といふ~ (5, 0.1%)

1 のである, のは, ものを, やうな, 問題だ

▼ 天皇にたいして~ (5, 0.1%)

1 それほど気軽, 不敬無礼の, 反逆を, 戦犯である, 直接に

▼ 天皇に対する~ (5, 0.1%)

1 人間的限界を, 忠誠に, 連合国側の, 雑役に, 馬子等の

▼ 天皇以後~ (5, 0.1%)

1 とも想, にあり, のこと, の上皇, への北朝

▼ 天皇即ち~ (5, 0.1%)

1 天津日嗣天日根天皇の, 太子の, 推古天皇と, 斉明天皇に, 斉明天皇の

▼ 天皇天智~ (5, 0.1%)

1 から以後, が死んだ, である, となった, によって開始

▼ 天皇皇后~ (5, 0.1%)

2 両陛下 1 はその, ましまさず御子, 及び草壁皇子尊

▼ 天皇~ (5, 0.1%)

1 というの, と国記, と神話, に, も国記

▼ 天皇賞レース~ (5, 0.1%)

2 がある, には御 1 で大

▼ 天皇~ (5, 0.1%)

1 の無官, の笠置備え, へ召された, をあらわし, をさらに

▼ 天皇~ (5, 0.1%)

1 が這入つ, で大嘗祭, といふ語, の外, の著い

▼ 天皇~ (5, 0.1%)

2 の御 1 の住人, もお, や院

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

1 かの御歌, そうだ, とわかっ, と主張

▼ 天皇である~ (4, 0.1%)

1 ことによって, ぞよ, と, 皇子樣

▼ 天皇とか~ (4, 0.1%)

1 いわず天皇, 古事記とか, 御宇日本天皇とかいふ, 綏靖天皇とか

▼ 天皇などは~ (4, 0.1%)

1 どこかへ, 其例に, 其適例である, 殆待ちくたぶれ

▼ 天皇なども~ (4, 0.1%)

2 女軍を 1 入らせられそれ, 好資料

▼ 天皇について~ (4, 0.1%)

1 いう場合, ここで, どういう考え, まとまった認識

▼ 天皇への~ (4, 0.1%)

1 あこがれである, 困難な, 御拝顔, 歓呼以上に

▼ 天皇また~ (4, 0.1%)

1 別に, 問ひた, 神功皇后の, 頻きて

▼ 天皇まで~ (4, 0.1%)

1 お生れ, なり, 七代は, 下卷

▼ 天皇一族~ (4, 0.1%)

1 に対する給与, の特権, の経済的, の絶対性

▼ 天皇中心~ (4, 0.1%)

2 の歴史 1 の思想, の社会主義体系

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

2 を統治 1 を聞こしめし, 孫湯原親王之

▼ 天皇二年~ (4, 0.1%)

2 の条 1 に焼失, の兵火

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

2 の多く 1 である, に分散

▼ 天皇吉備~ (4, 0.1%)

2 の海部, の臣等

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

1 だが, と同じ, の下, を想像

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

4 よみしたまひ

▼ 天皇~ (4, 0.1%)

3 隷の 1 隷と

▼ 天皇葛城~ (4, 0.1%)

2 のソツ彦 1 の山の上, の曾都毘古

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 かくれに, みずからも, 一ト方では

▼ 天皇であり~ (3, 0.1%)

1 その制度, 天皇の, 民衆が

▼ 天皇との~ (3, 0.1%)

1 かけあひに, 関係が, 関係は

▼ 天皇によ~ (3, 0.1%)

1 つて人民が, つて人民は, つて終戦の

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 奉ジテ速カニ國家改造, 始メ女御皇妃ニ交リ歌ノ, 政治的中心トシタル近代的民主國ナリ

▼ 天皇丸邇~ (3, 0.1%)

1 のサツキ, の佐都紀, の許碁登

▼ 天皇以外~ (3, 0.1%)

1 に摂政, に頭, の人

▼ 天皇以来~ (3, 0.1%)

1 であるが, の日本人, の風

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 につき民衆, を狙う, を継ぎ

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 寶年間に, 日本根子彦太瓊天皇太子也, 權

▼ 天皇安徳~ (3, 0.1%)

1 である, は平家, は平氏一族

▼ 天皇尊崇~ (3, 0.1%)

1 の信仰, の名, の実情

▼ 天皇既に~ (3, 0.1%)

1 吾を, 崩りまし, 崩りましき

▼ 天皇権力万能主義~ (3, 0.1%)

1 でなかったもの, などではなかっ, をもっ

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 である, でなくば, とかで休み

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

1 へて詔, へ白, へ詔

▼ 天皇統治~ (3, 0.1%)

1 す, の主義, の国

▼ 天皇~ (3, 0.1%)

21 したま

▼ 天皇詔旨~ (3, 0.1%)

1 と書い, の代り, は次第に

▼ 天皇かの~ (2, 0.0%)

1 お血筋, 運命と

▼ 天皇ここ~ (2, 0.0%)

1 に畏, に阿知

▼ 天皇すな~ (2, 0.0%)

2 はち

▼ 天皇たち~ (2, 0.0%)

1 の御, へ向っ

▼ 天皇たり~ (2, 0.0%)

1 し持統帝, ともずいぶん

▼ 天皇たるべき~ (2, 0.0%)

1 人であった, 人を

▼ 天皇だった~ (2, 0.0%)

1 ということ, と云い

▼ 天皇であった~ (2, 0.0%)

1 のかと, のである

▼ 天皇でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばどんな, ばならぬ

▼ 天皇でも~ (2, 0.0%)

1 ある, まったく勇気

▼ 天皇としては~ (2, 0.0%)

1 こういう女性的, 道そのものの

▼ 天皇などの~ (2, 0.0%)

1 伝記に, 後意匠より

▼ 天皇なる~ (2, 0.0%)

1 御資格, 称号が

▼ 天皇にて~ (2, 0.0%)

1 あらせられた, おはす

▼ 天皇にのみ~ (2, 0.0%)

1 ある, 憲法改正の

▼ 天皇に対して~ (2, 0.0%)

1 怖ろ, 補弼の

▼ 天皇のみささ~ (2, 0.0%)

1 ぎをこわさせようとなさいました, ぎをこわすためならほかの

▼ 天皇ほど~ (2, 0.0%)

1 お倖, では

▼ 天皇または~ (2, 0.0%)

1 その他の, 皇子を

▼ 天皇みずから~ (2, 0.0%)

1 の君徳, はその

▼ 天皇みずから人民~ (2, 0.0%)

1 にむかっ, に宣言

▼ 天皇みずから政治~ (2, 0.0%)

2 の局

▼ 天皇よりも~ (2, 0.0%)

1 以前に, 現天皇

▼ 天皇三宅~ (2, 0.0%)

2 の連等

▼ 天皇三尾~ (2, 0.0%)

2 の君等

▼ 天皇上皇~ (2, 0.0%)

1 の幽閉, の御

▼ 天皇二条~ (2, 0.0%)

1 のほか, もまた

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

2 の物

▼ 天皇以下~ (2, 0.0%)

1 の公卿新人, も列せられ

▼ 天皇以來~ (2, 0.0%)

1 初めてだらう, 長いこと天子樣

▼ 天皇以前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の家柄

▼ 天皇仲哀~ (2, 0.0%)

1 の子, の時代

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 慶二年九月従五位下, 慶二年正月十三日に

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

2 に詔

▼ 天皇八田~ (2, 0.0%)

2 の若

▼ 天皇其后~ (2, 0.0%)

2 へ命詔

▼ 天皇制そのもの~ (2, 0.0%)

1 がどんな, がなくならなきゃ

▼ 天皇制ファシズム~ (2, 0.0%)

1 のく, の法律

▼ 天皇制問題~ (2, 0.0%)

1 の処, は天皇

▼ 天皇制打倒~ (2, 0.0%)

1 でどうして, を云っ

▼ 天皇制支配~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の非

▼ 天皇制的~ (2, 0.0%)

1 なファシズム, な祝日

▼ 天皇制論~ (2, 0.0%)

1 のやかましかっ, は

▼ 天皇十二年~ (2, 0.0%)

2 の条

▼ 天皇又は~ (2, 0.0%)

2 摂政及び

▼ 天皇及び~ (2, 0.0%)

1 それ以後五代にわたる, 其周囲の

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 の大, の大御

▼ 天皇奪回~ (2, 0.0%)

1 も戒心, を策し

▼ 天皇孝元~ (2, 0.0%)

1 の子孫, の皇后伊香色謎命

▼ 天皇家以前~ (2, 0.0%)

1 に日本, の誰か

▼ 天皇小碓~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 天皇崇拝者~ (2, 0.0%)

1 であ, とさせられた

▼ 天皇崩御後~ (2, 0.0%)

1 なので, までも彼

▼ 天皇師木~ (2, 0.0%)

2 の縣主

▼ 天皇平城京遷都~ (2, 0.0%)

1 とともに現存, までを謂う

▼ 天皇弘文~ (2, 0.0%)

1 は天皇, をし

▼ 天皇後鳥羽~ (2, 0.0%)

1 は七歳, も四歳

▼ 天皇御宇~ (2, 0.0%)

1 のこと, の旧制

▼ 天皇御製歌~ (2, 0.0%)

1 である, として伝

▼ 天皇応神~ (2, 0.0%)

1 の時代, は天皇仲哀

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 が手, は延喜

▼ 天皇春宮上皇女院藤壺~ (2, 0.0%)

2 ノ君

▼ 天皇時代~ (2, 0.0%)

1 からの貧乏, のこの

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 が, がう

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 に日本武尊, の八掬脛

▼ 天皇権力~ (2, 0.0%)

1 の万能主義, の強化

▼ 天皇権力中心主義~ (2, 0.0%)

1 の明治憲法, の確立

▼ 天皇権力本位~ (2, 0.0%)

1 のプロシァ風, の旧

▼ 天皇欽明~ (2, 0.0%)

1 の十三年十月十三日, はそれ

▼ 天皇武烈~ (2, 0.0%)

1 のごとき, の時代

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 本毘古, 本毘賣

▼ 天皇用明~ (2, 0.0%)

1 が位, が死んだ

▼ 天皇皇后競馬~ (2, 0.0%)

1 を覧給, を覽給

▼ 天皇穗積~ (2, 0.0%)

2 の臣等

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 二の, 四の

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 ではなく, の大

▼ 天皇記国記~ (2, 0.0%)

1 を編まれ, 各氏族

▼ 天皇誕生~ (2, 0.0%)

2 の地

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 の流行, を益々

▼ 天皇退位~ (2, 0.0%)

1 の問題, の後

▼ 天皇雄略~ (2, 0.0%)

1 の時代, 第二十五代

▼ 天皇~ (2, 0.0%)

1 に逢, ヲココニ避ケ給フ

▼ 天皇高倉~ (2, 0.0%)

1 の妾, は平家

▼ 天皇高山~ (2, 0.0%)

1 にお, に登り

▼1* [354件]

天皇あの悪漢にと, 天皇あるを知らず, 天皇おんみずから南殿に出御, 天皇おん自ら旧辞, 天皇お召しの, 天皇からの血を, 天皇からは雄略天皇は, 天皇ぐらゐ純粋な感情, 天皇こそはすべての, 天皇自身までも, 天皇までいらっしゃいます, 天皇さえ流竄の, 天皇さま時分に法則, 天皇すでに崩ず時, 天皇それ他し女, 天皇でありますのを, 天皇でいらっしゃるとおっしゃっ, 天皇でないただの, 天皇とかいふ言葉を, 天皇としての祝詞の, 天皇とてそれに, 天皇とても同じこと, 天皇とともに権威も, 天皇ともある方, 天皇と共に伊豫の, 天皇どうぞおかけ下さい, 天皇のであつ, 天皇など皆此美徳を, 天皇などにも同樣, 天皇なみのミササギ, 天皇なら我慢せず, 天皇ならびに太子の, 天皇なればこそのお, 天皇にたいする科学的な, 天皇にだけしか目が, 天皇についても神話もしくは, 天皇にといふ一事ばかりは, 天皇になつて天下を, 天皇により深く親しまれ愛された, 天皇に対してはいつまでも, 天皇に従って東征に, 天皇に関する特別な, 天皇のせられることは, 天皇のみがあつた, 天皇はつぎにはまた, 天皇はもういよいよ, 天皇ばかりつづいて, 天皇までがまったくお, 天皇までを中卷, 天皇みずからこれを執る, 天皇みずから刑場に出かけ, 天皇みずから軍感状を書かれた, 天皇もので企画, 天皇よりの詔詞が, 天皇オホエの王, 天皇オホホドの王, 天皇サホ姫を皇后, 天皇サホ彦の命, 天皇サマは殺され, 天皇シキの縣主, 天皇ステーションに停っ, 天皇ツバキの槌, 天皇アルと, 天皇追尊セラレ給ヒ, 天皇トヲチの縣主, 天皇ト國民トヲ阻隔シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, 天皇ニ指揮セラレタル全日本國民ノ超, 天皇第一期, 天皇ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生殺與, 天皇ヒノクマの天皇, 天皇ヤタの若, 天皇ワニノヒフレのオホミ, 天皇一人のみが日本, 天皇一令のむかし, 天皇一元の復古, 天皇一方には国津神, 天皇一條天皇後三條天皇, 天皇一流の大きく強い, 天皇一門のなか, 天皇七年条の法師君, 天皇三后皇太子ニ対シ危害ヲ加, 天皇三后皇太子云々を外国, 天皇三年司馬達等の子, 天皇三年正月難波宮に行幸, 天皇三野の國, 天皇上り幸でます時, 天皇上皇仲時らの四百余人, 天皇上皇妃嬪たちをも一列, 天皇中心主義を組織的, 天皇主権説に変節, 天皇主義にもっ, 天皇主義者である林房雄, 天皇九代の皇胤, 天皇二年斑鳩宮焼打ちの際, 天皇人間である三笠宮, 天皇仁徳の時代, 天皇仁賢の時代, 天皇以下事ごとに関東, 天皇以下捕虜すべて都送りとなった, 天皇以下雪の夜, 天皇以來孝明天皇まで七十一代, 天皇以外貴紳の徒, 天皇以来現代まで阿倍比羅夫ただ一個所, 天皇以来素性が違っ, 天皇信仰という独自, 天皇に入られ, 天皇で自分, 天皇側近の三房, 天皇元年六月狭, 天皇八年まで四十二代, 天皇八年四月五日賻物を賜った, 天皇六十年十月帝甚だ悩む, 天皇六十年十月帝御悩ありて, 天皇六年九月百済王が任那, 天皇其歎きを, 天皇内野に遊猟, 天皇准后侍者の忠顕, 天皇准后東宮のほう, 天皇初め天つ日繼, 天皇初春の復活, 天皇制テロルによって虐殺, 天皇制ファッシズムと戦争強行, 天皇制反対論を一時間, 天皇制存続の可否論, 天皇制廃止論の主張, 天皇制批判がある, 天皇制承認に傾かせる, 天皇制支配土地関係その他封建的資本主義の国, 天皇制文化に加え, 天皇制権力崩壊の危機, 天皇制的ファシズムに根から, 天皇制的特権者たちの共通, 天皇制真実の相, 天皇制維持の名, 天皇制自体は真理, 天皇制護持論が多い, 天皇制軍国主義的国民教育というもの, 天皇制運営者たちによって人民, 天皇前後の, 天皇十三年に仏法, 天皇十三年条に, 天皇十市の縣主, 天皇十年十月には勅, 天皇南海よりかえりたまう, 天皇即位二年であり造薬師寺司, 天皇即位前記の条, 天皇即位紀元の辛酉, 天皇即神なる天皇, 天皇参河行幸従駕の作, 天皇及日本武尊が勇武, 天皇吉野の宮, 天皇である, 天皇命これを領し, 天皇命等の御, 天皇和銅三年春二月藤原宮から寧楽宮, 天皇品陀の眞若, 天皇ひたま, 天皇嘉祥三年において壱岐, 天皇嘗其厳瓮之粮の, 天皇四十年の詔, 天皇四年以後死去と見え, 天皇四年飛鳥元興寺の僧道照和尚遷化, 天皇固有の権利, 天皇國太古代上々代御皇譜神代文字, 天皇に育まれ, 天皇土御門であるが, 天皇坐乗のもの, 天皇垂仁の時代, 天皇埴安の堤, 天皇大和に御, 天皇大和国御討伐, 天皇大和平野を平定, 天皇大宝二年五月遣唐持節使粟田真人唐, 天皇大宝元年に漢土, 天皇大山守の命, 天皇大抵この式, 天皇大日下の王, 天皇大極殿に御し, 天皇大永年間陸奥一円にかくれなき, 天皇大江の王, 天皇大長谷の若, 天皇の下, 天皇天徳四年に右大将藤原朝臣, 天皇天正年間に生き, 天皇天武に権力, 天皇太子ましまさず, 天皇太皇太后皇太后皇后皇太子又は皇太孫, 天皇女院将軍執事大名大名の下, 天皇姪忍鹿比賣の, 天皇孝徳もまた, 天皇孝明と将軍家茂, 天皇安康の時代, 天皇宣化の時代, 天皇を憐, 天皇家日本で最も, 天皇の卷, 天皇寿不背真為日本民, 天皇将軍大名旗本武士公卿らの参加, 天皇の大御, 天皇名阿, 天皇尾張の連, 天皇崇拝主義にかためさせた, 天皇崇拝制度の継続, 天皇崇拝熱がさめる, 天皇崇拝者流とはその, 天皇崇拝論者はこの, 天皇崇神の時代, 天皇崩後の物語, 天皇に伊勢, 天皇帝位にお, 天皇帰一八紘一宇新時代, 天皇帷幄の秘臣, 天皇幕僚の中心, 天皇平城京に遷都, 天皇平城遷都さるるに, 天皇幽閉上皇遠流などという悪例, 天皇庶妹豐御食炊屋比賣の, 天皇廃立の不軌, 天皇弐年の秋, 天皇三條天皇といふ, 天皇後小松は義満, 天皇後深草でありつまり, 天皇従駕作の如く, 天皇御不予の, 天皇御世系について案, 天皇御世葵卯年と明記, 天皇御子ましまさざりき, 天皇御宇延暦之此, 天皇御山にあり, 天皇御新嘗, 天皇御歌よみしたまひ, 天皇御製一首並短歌とある, 天皇御身の長, 天皇心奥の深き, 天皇必らずしも国家, 天皇恋し給う, 天皇悔い恨みたまひ, 天皇へたま, 天皇愁歎へたま, 天皇意富本杼の王, 天皇意祁の天皇, 天皇憐愍して, 天皇應神天皇に至つて, 天皇成務天皇また神功皇后, 天皇打ち天神地祇亦, 天皇支配の権力, 天皇政府にたいする大きな, 天皇政治にたいする不平, 天皇敏達が死んだ, 天皇日向の國, 天皇旦波の大, 天皇過ぎての, 天皇是忠の親王等, 天皇景行の時代, 天皇暗殺若しくは暴擧, 天皇暗殺企畫者管野すが宮下太吉, 天皇曰く朕が男等, 天皇服皇后服などと天皇, 天皇朝四道将軍の一人, 天皇朝守仕奉事顧, 天皇朝武内宿禰復命の文中, 天皇朝鮮の君主, 天皇の國, 天皇本位薩長本位の意見, 天皇に, 天皇東幸の際, 天皇東征の時, 天皇樣方の御歌, 天皇権力万能の明治憲法, 天皇ばし, 天皇の泣, 天皇於林太郎, 天皇殿を同じ, 天皇河俣毘賣の兄縣主波延, 天皇清和をもっ, 天皇濱主を清涼殿前, 天皇火葬のはじめ, 天皇熊野入りの条, 天皇父君イチノベの王, 天皇物語をつくっ, 天皇穂姫皇后の, 天皇王臣等を召し, 天皇現御神たる成人, 天皇生前に工事, 天皇生誕の地, 天皇畏れて再び, 天皇登位とともに皇后宮職, 天皇なそれ, 天皇的書体には震雷, 天皇皇后共に円戒, 天皇皇太子の臨幸, 天皇皇子五摂家清華その他の公卿, 天皇皇子大臣公卿にいたる, 天皇皇子誉屋別命之後, 天皇直に女鳥の, 天皇直営監獄部屋の一労働者, 天皇直属の民, 天皇直轄御領, 天皇の下, 天皇石木の王, 天皇神人の夢告, 天皇神拝の御, 天皇神武は西方, 天皇神靈歴代皇靈神御帝河内交野私市師師, 天皇稻目の大臣, 天皇の立て給, 天皇筑紫の訶志比, 天皇統治万能式の政治, 天皇綏靖の時代, 天皇継体の時代, 天皇聞しめして我, 天皇脱出と分った, 天皇自らが国民的邪教, 天皇自ら出で給わず, 天皇自身従来絶対主権者として己, 天皇葛城山に登りいでます, 天皇蔑視派がいた, 天皇行幸とあわせ, 天皇行幸之時土蜘蛛八十女又有, 天皇見放けたまひ, 天皇見送りて歌, 天皇親しく鳥に, 天皇親ら豐火日向筑紫を巡, 天皇親政復活ということ, 天皇親臨王政復古の大, 天皇親裁万民扶翼の国家活動, 天皇証めたまへ吾, 天皇詔内大臣藤原朝臣競憐春山萬花之艶秋山千葉之彩時額田王以歌判之歌, 天皇詔旨宣大命親王諸王諸臣百官人等天下公民衆聞食宣, 天皇詔書と, 天皇も多, 天皇諷刺の字句, 天皇護持者連中にまくしたてられた, 天皇讃歌として日向, 天皇讚歌三部作の中, 天皇の樂, 天皇貞観九年二月二十七日の条, 天皇賞嘆し給, 天皇軍対尊氏だけにとらわれ, 天皇この地, 天皇つ淡海, 天皇退位論なん, 天皇遊行しつつ, 天皇釈尊の如き, 天皇開花は第, 天皇難波行幸の時, 天皇霊亀二年五月の条, 天皇の片, 天皇顕宗の時代, 天皇養老七年夏五月芳野離宮に行幸, 天皇驚き起ちたま, 天皇臺に, 天皇は唯, 天皇鳴鏑をもち