青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「士官~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士 士~
士官~
壮~ ~声 声~ 売~ ~売っ 売っ~ ~売り 売り~ ~売る 売る~

「士官~」 1010, 10ppm, 10283位

▼ 士官~ (161, 15.9%)

3 服を, 顔を 2 まだ維廉一世, やうな, 一人が, 号令の, 外套を, 宮女たちを, 方を, 軍服に, 軍服を, 顏

1 [135件] いふやう, うちなるべし, うちに, ことが, ことを, それと, それに最も, ところへ, となりの, ほうへ, やうな洒落れた, やうに, ように, コケットも, ミ申付ても, 一人に, 一人ふっと, 一群が, 一群である, 一部だったらしい, 一隊が, 二人が, 云つた通りだ, 令嬢が, 任免等殆ん, 伎倆を, 会話, 会話だ, 住居に, 例に, 側へ, 兄に, 内気な, 写真であった, 出家した, 制服が, 制服の, 前に, 前には, 受けの, 号令に, 命を, 咽喉を, 唇から, 墓の, 多数が, 大多数, 夫婦の, 奥方にも, 妻で, 妻に, 妻の, 妾が, 姿が, 姿は, 娘で, 実話に, 室に, 室には, 家の, 家までは, 宿石井町桝屋清左衛門方ニ帰ル, 寝かして, 寝床売春婦の, 居室と, 度胆を, 当番水夫小頭の, 後家さんの, 心でした, 心持ちは, 所へ, 持つそれ, 持つよう, 指揮の, 掌暗号長から, 方も, 書いたと, 最後の, 服装を, 服裝二連銃の, 未亡人で, 様子が, 模範と, 横に, 歩調だけが, 気取りでも, 眠たげな, 着るよう, 秘密を, 立場から, 笑顔でした, 紹介で, 絵だけが, 罪の, 群から, 群の, 者共に, 者共も, 肩の, 肩章の, 肩章を, 肩章閃めく, 胸倉へ, 腕に, 腕の, 腕を, 船室に, 號令, 號令に, 表情に, 表情の, 訓練が, 許しの, 許可を, 詞と, 説得が, 足もとを, 身に, 身代りによって, 軍服だった, 遺書から, 部屋に, 部屋の, 重そう, 面々は, 面前において, 面影を, 面部を, 靴が, 靴の, 音調に, 頭が, 頭の, 顔, 馬鹿気た

▼ 士官~ (140, 13.9%)

2 あった, ゐて, 何か, 幕僚室に, 憂悶の

1 [130件] あがって, あったなどと, あらわれた, ありました, いた, いふには, いる, いるから, うっかりしゃべった, かく話頭, この部屋, この陳列所一覧, この飛行島, これは, その娘さん, つとめること, とびおりた, ともへ, どうしてかう, どこかへ, のめるよう, はいって, はいて, ひょっこり, もたれて, サックの, ネグロの, リードし, 一人それに, 一人と, 一人ホールに, 一人両手を, 一人酒を, 一人鉄橋を, 一定の, 一隊の, 丁度自分, 三人ばかり, 三四人居合せ, 上って, 上品に, 下士卒に, 不図自分, 不意に, 両側の, 中尉が, 二三人通る, 二人いた, 二人兵士が, 二名それから, 云つた, 人員点呼を, 元気よく, 兵員に, 兵士を, 兵隊を, 叫んだ, 吾を, 土曜日の, 報告を, 外を, 大勢し, 失意失恋故山に, 女と, 宿直者の, 居た, 居ないから, 左翼一方の, 幾人と, 彼女に, 悍馬から, 感づいて, 慇懃で, 拍車を, 掛けその, 控えて, 描かれて, 日本に, 日本酒の, 更に言葉, 杉の, 来た, 来ると, 楽しそう, 横浜港崎町の, 機械仕掛けの, 此家に, 死だの, 殺され同じ, 母の, 毎朝サーベルの, 水夫を, 派遣され, 海の, 爽やかな, 犯人だろう, 現れて, 現われる所, 発射鏡を, 發した, 百何十名水兵が, 真青に, 私に, 私への, 空地へ, 立ちあがった, 立って, 竜騎兵にも, 腕組みを, 腹を, 自分の, 若いコケット, 英雄閑日月を, 見えた, 訊ねました, 話して, 説明した, 起臥し, 身体検査に, 軍籍を, 通りかかって, 逸物に, 長靴と, 集って, 電話で, 飛行服を, 馬上から, 馬車の, 高いところ, 鹿爪らしく乗っ

▼ 士官~ (130, 12.9%)

2 おなじ大隊, それを, 三十二三の, 汗を

1 [122件] ある一つ, いい男, いつもの, おおむね招かれぬ, おどろいて, おほ, こう答えた, こう言った, この手記, こんな情況, しきりに額, したたか醉, すぐに, すごすごと, そう眉, その場, その方, たくさんある, ただ冷やか, だいぶん恐, ちょっと緊張, ぢつと, つと入り, とうとうそれ, とかく最年長者, どっちも, ひとりひとりに, また蒼く, まだそこ, むっとし, やはり両手, アーメンと, ウォツカを, ガスコアン大尉と, ギターを, トテモ悪い, ルイ十六世が, 一しょに, 一般にこの, 一雄の, 三杯も, 不恰好な, 両足を, 中世から, 五郎造を, 今に, 伯爵夫人の, 佇立し, 何と, 何とも答えなかった, 作業場への, 依然として同じ, 信二たちの, 元気よく, 先き, 分って, 前に, 号令す, 吐き出すやう, 墓標を, 大きい紙幣入れ, 威丈だ, 嬉しそう, 安心し, 座の, 彼れ, 彼女に, 彼女の, 忙しく数字, 思わずも, 悠然として, 悲し気, 情無く, 慇懃に, 我に, 我手を, 提灯を, 政府が, 旅行免状を, 早速返事, 明らかに, 最も芝居, 有名な, 朗かに, 本国の, 杖で, 松監督を, 死んで, 気も, 無念そうに, 焦躁に, 片手を, 瓜の, 直ぐに, 眼で, 矢張丁寧に, 矢張前の, 破産し, 紙片を, 紹介状を, 美貌の, 胸に, 腰の, 自分の, 興奮の, 船酔の, 苦笑を, 號令す, 蛙の, 見えない, 誠し, 誰の, 論判の, 譽める, 赤い顔, 道を, 鉱山の, 鋭い一瞥, 静かに, 靜かに, 顔色を, 馬上ながら

▼ 士官~ (62, 6.1%)

3 なって 2 似たり, 相場は

1 [55件] いって, これまた, だつて, だらしの, つきものの, つれられて, なったが, なつた, ならなければ, なりすました, なりすましました, なりすまし清玄庵室, なると, なるまでは, なれる, なろうと, ビスケットや, 云った, 似せたの, 依頼し, 再婚し, 列せられる光栄, 参加を, 叱られた水兵たち, 司令官の, 合図を, 同意見, 向って, 命し, 命じて, 嫁ぎやもめ, 就いて, 差し出した, 引率され, 彼此云つてゐる, 憎まれて, 擲られた, 教えられた通り箱舟屋, 昇進した, 本国帰還の, 決闘を, 渡された, 申告した, 立って, 聞かされた, 色眼などを, 話しかけた, 貴女が, 貸切りに, 賞讃された, 間違はれる, 預言者イザヤの, 頼まれた, 願った, 飛び付いて

▼ 士官学校~ (62, 6.1%)

4 の前 3 を出 2 の入学試験, を出た, を卒業, を志願

1 [47件] か何, があった, がなお, が休暇, が同期, では手紙, でも学科, で机, で沢子, と同じ, と明治大学, と海軍兵学校, などができ, などはその, にありける, における数学, にはいる, にパス, に入, に入ら, に入校, のデヴィース, の主, の傍, の入学試験準備, の同期生, の土手際, の小さな, の急進的卒業生, の改造, の教師, の校庭, の森, の構内, の砲兵隊, の裏門, の試験, の門前, はとても, へはひる, へ入学, を二回, を受験, を志望, を経, を首席, 又ハ兵学校ニ入学シテカラモズツト遊ビニ来ルシ

▼ 士官~ (47, 4.7%)

3 一しょに, 倶に 2 なつて, 一緒に

1 [37件] いうを, いふを, である, ならんとは, なりそれ, なり日清戦争, なり遠洋航海, なること, なる仕度, なれるもの, のり合わせ彼, スペイン女の, ゼノアの, 一しょであった, 下士官とは, 丸腰の, 二人の, 二人連れで, 仏蘭西語で, 兵士達が, 協議させた, 口紅の, 喪服の, 対坐し, 往来し, 我とを, 水兵との, 水兵の, 水兵を, 紳士を, 組んだ, 老主人, 背広服の, 艦尾の, 行きすり, 談判した, 轡を

▼ 士官~ (35, 3.5%)

1 [35件] あつめて, いづこ, お薦めし, お薦めする, ば余り好く, マリーの, 乗せたアラビア種, 代表し, 使嗾し, 先頭に, 出し論じて, 刺し殺したとかいう, 喧嘩相手から, 学校から, 引張つて往, 思い出させた, 思い出したの, 愛想よく, 打擲した, 招聘し, 指さしながら, 指す言葉, 捕縛し, 案内し, 泉水に, 狂人だ, 睨まえた, 自分の, 見た, 見たとき, 調べること, 随へ, 隨へ, 集めて, 養成する

▼ 士官たち~ (33, 3.3%)

2 は彼等

1 [31件] がいっせいに, がお, が如何, が急い, が戸口, が真に, であった, と握手, と眼, にむしろ, に誤解, の一人, の心, の感じた, の戻る, の歎, の間, の骨牌会, は, はいよいよ, はそうして, はめいめい水兵, は容易, は彼ら, は歓声, は毎晩九時頃, も安心, も思わず, も皆決死, や教授たち, を笑わした

▼ 士官~ (23, 2.3%)

2 の寝台

1 [21件] から前部発射管室, だ, だった底, では大きな, で艦長始め他, なるもの, にこの, に其の, に回り, の中, の大きな, の屋根, の方, の海老茶色, の諸君, の長椅子, へと烈しく, へ行, へ飛込んだ, や兵舎, をひき上げた

▼ 士官~ (21, 2.1%)

2 水兵さん達が

1 [19件] 中隊長の, 兵卒が, 兵卒に, 兵卒は, 兵士たちは, 兵曹などと, 其他美人の, 勇敢なる, 婦人や, 役人や, 曹長が, 服屋の, 水兵が, 水兵さんや, 水兵たちが, 水兵達が, 犬を, 看護婦やなどの, 船長や

▼ 士官候補生~ (18, 1.8%)

2 だ, として九州, になつ

1 [12件] が例, が犬養首相, だったね, に採用, に特別, のこと, の姿, は立ちあがっ, は艦橋, を三年, を別室, を募集試験

▼ 士官~ (13, 1.3%)

3 あつた 1 せう, はるかに, ヴイレンという, 善良な, 女は, 専念に, 病気の, 血色の, 賜暇を, 鼻ッぱしの

▼ 士官~ (13, 1.3%)

1 [13件] が出動, が私, が船室, に詳しく, の傍, の甲高く弱々しい, はわざわざ, はハラキリ, は一日中ごろごろ, は大, は統帥権干犯, も出帆, も怪塔ロケット

▼ 士官として~ (12, 1.2%)

1 [12件] ついて, セバストポールの, ロシヤ軍に, ワグラムの, 佩剣を, 勤務し, 北の, 戦争に, 有名であった, 艦長の, 軍艦で, 通って

▼ 士官~ (9, 0.9%)

1 さほどの, じっと少佐, それと, 三四人と, 兵士も, 我劣らじ, 次第に激情, 武士気質を, 無しよ

▼ 士官水兵~ (8, 0.8%)

1 の勇ましき, の活動目, は一時, は勇氣百倍, は吾, は空, は舷門, 頻りに

▼ 士官~ (7, 0.7%)

1 の宿所, の憤慨ぶり, の手配, の集まる, はいっしょ, は長椅子, も中井

▼ 士官人形~ (7, 0.7%)

1 がいる, の指さし, の正体, はその, はそのまま, ももう, を岩

▼ 士官次室~ (6, 0.6%)

1 にては晩餐, に入れ, の英雄, の話, へ招待, を失敬

▼ 士官~ (6, 0.6%)

1 の招宴, の瑞西, の疲れた, の視線, は凛々, や物見高い

▼ 士官~ (5, 0.5%)

1 からなにか, から馬鹿気, とかさ, と思われ, と書いた

▼ 士官~ (5, 0.5%)

1 がわあっ, が是公, が本船, の目, はそれでも

▼ 士官さん~ (4, 0.4%)

1 が十八人おつき, てかた, ですもの, のところ

▼ 士官から~ (3, 0.3%)

1 お手紙, 助命の, 特務大尉までの

▼ 士官でした~ (3, 0.3%)

1 けどこの, しいま, のよ

▼ 士官でも~ (3, 0.3%)

1 これは, なければ, 乗せて

▼ 士官とが~ (3, 0.3%)

1 二階の, 相談し, 立つて

▼ 士官らしい~ (3, 0.3%)

1 死体が, 男が, 輕快な

▼ 士官ゴロロボフ~ (3, 0.3%)

1 が死ん, といふ人, の自我

▼ 士官ピンカートン~ (3, 0.3%)

3 になる

▼ 士官候補生たち~ (3, 0.3%)

1 にとっても明日, はこの, もよく

▼ 士官學校~ (3, 0.3%)

1 に入, に入る, の生徒みたい

▼ 士官水兵等~ (3, 0.3%)

1 が吾等, はくす, を相手

▼ 士官がは~ (2, 0.2%)

2 ひつて

▼ 士官だった~ (2, 0.2%)

1 ことが, という年輩

▼ 士官であった~ (2, 0.2%)

1 が先, 若き日

▼ 士官である~ (2, 0.2%)

1 が隊長, 良人が

▼ 士官です~ (2, 0.2%)

1 が今, よ

▼ 士官では~ (2, 0.2%)

1 なかった, 無かつ

▼ 士官とともに~ (2, 0.2%)

2 奥の

▼ 士官とも~ (2, 0.2%)

1 気の毒なる, 親交が

▼ 士官などが~ (2, 0.2%)

1 痛くない, 私の

▼ 士官などの~ (2, 0.2%)

2 常の

▼ 士官などは~ (2, 0.2%)

1 古参の, 調子の

▼ 士官なら~ (2, 0.2%)

1 ばとの今日, ば准士官

▼ 士官ボイコ~ (2, 0.2%)

1 が函, とゴヴォローフスキイ

▼ 士官下士官~ (2, 0.2%)

1 が中心, などを有する

▼ 士官候補生イワノウィッチ~ (2, 0.2%)

1 の負傷, は人間

▼ 士官~ (2, 0.2%)

1 にくわえし, に啣

▼ 士官学校前~ (2, 0.2%)

1 から広い, へ差し

▼ 士官若しくは~ (2, 0.2%)

1 それ以上しか, それ以上の

▼ 士官酒場~ (2, 0.2%)

1 はすっかり, へ入る

▼ 士官階級以上~ (2, 0.2%)

1 しか映じなかった, に対してしか彼

▼1* [113件]

士官あきれ顔に, 士官あたりのやり口, 士官あり発砲を, 士官いずれも口, 士官おしなされ士官おしなされ, 士官若い驃騎兵, 士官かと思ふと, 士官がのつてゐる, 士官こそは見紛うかた, 士官この辺を, 士官さまお若く, 士官さま妾をかわいそう, 士官さん妾をどこ, 士官さん達は教育, 士官しばしばある狗頭猴, 士官それだけが全部, 士官たちつてそれはもう, 士官だってやっぱり船乗り, 士官だの司令の, 士官でありまた外戚祖母, 士官でないと聞い, 士官といった不快な, 士官といふものの, 士官とおもひこんで, 士官とか云へる, 士官とという風に, 士官との關係で, 士官とより親密に, 士官と共に倶楽部の, 士官どもが籐, 士官なる彼は, 士官なんぞにさんざんいばり散らされ, 士官について話し合った, 士官にでも救われて, 士官になつてからは, 士官には根津欽次郎赤松大, 士官にも遇つた, 士官によって寝台の, 士官に対して腹を, 士官はというと, 士官はんを見る, 士官ばかりでは, 士官ばかりという有様に, 士官ばかりを贔屓に, 士官べつだんいやな, 士官よりは自分は, 士官らしく船尾を, 士官をも自分の, 士官見ユル, 士官ハ佛蘭西ニ對スル愛國心ヲ, 士官バルドウィン少佐バード中尉の両, 士官ブルック大尉ら十人がのりました, 士官マクリイの軍服, 士官モウニング・コウトに片, 士官一人医師一人水夫四五人久しく滞留, 士官一同の前, 士官一同乗組水兵の全部, 士官下士の姓名兵, 士官両人の付き添い, 士官丸髷束髪御同伴, 士官内三四人自身繪圖面歩割等以墨掛注文仕, 士官二人低声, 士官二名と陸軍, 士官云々の説, 士官候補生以上はすべて, 士官に通用, 士官公室を出で, 士官加特力の僧侶, 士官及び兵の, 士官大尉夫人は何, 士官夫人たちがひと間, 士官嫌いなこと, 士官枚卒業成績, 士官学校入学試験の話, 士官学校出ではない, 士官学校出身だと, 士官学校宛に手紙, 士官学校幼年学校の試験応募者, 士官学校御用掛となつ, 士官学校教育というもの, 士官学校時代には真夏, 士官学校生徒のよう, 士官学校門前の通, 士官学校附に栄転, 士官学校附近を描いた, 士官学生に授, 士官學校陸軍中央幼年學校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 士官室サロンデッキとの陰, 士官室無電室その他ありとあらゆる島内, 士官岡本覚十郎成瀬国助側ニ在ル, 士官と両, 士官にこの, 士官昨日退院して, 士官時代は妙義的也, 士官殿がお, 士官水兵たちは必ず, 士官水兵一時に動搖, 士官水兵火夫の衣食住, 士官水夫の宿, 士官水夫頭には私, 士官測量方ワルトン・ギリンネル同鉱山技師リウルモウル, 士官火夫水夫船夫らが船体, 士官生徒は本当に, 士官のバス, 士官砲員淋漓たる汗, 士官は辛, 士官経験ある事業着手, 士官功水兵等は, 士官諸氏と陛下万歳, 士官身の丈け六尺, 士官連中はしきりに, 士官青山南町の方, 士官食堂の掃除