青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大陸~ ~天 天~ ~天下 天下~ ~天井 天井~ 天使~ ~天地 天地~
天子~
~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太 太~ ~太い

「天子~」 1399, 15ppm, 7417位

▼ 天子~ (382, 27.3%)

8 位に 6 みこと 5 下に 4 寿を 3 手許の, 爲めに, 詔を

2 [29件] お使い, 位を, 倖寵を, 儀を, 勅を, 召使とも, 命と, 命に, 命を, 命令に, 墓を, 宗族などと, 尊きを以て, 崩御は, 御使者, 御名を, 御意に, 御用の, 徽宗皇帝の, 性別についても, 旨を, 歸依する, 為に, 血統が, 親政を, 言行でも, 言行を, 近親から, 黄金の

1 [292件] おことば, おすぢ, お側に, お側を, お召し, お小屋, お次には, お血, こ, ことなどを, ことを, これに, ご外戚, ご還幸, ご都合, すぢ, ために, のりとなる, のりとを, ましますは, み魂ふりで, もとへ, ようだ, 一度倖, 上聞に, 世の, 中で, 乘輿御衣御物御, 事なり, 代に, 代の, 代宣, 代宣者, 代理として, 仰せで, 位置は, 位置を, 使いこの, 使いである, 使いとして, 使が, 使ひ来る, 例に, 例を, 供御に, 信仰せられた, 側近の, 備忘録の, 儀仗さえ, 儀仗も, 内側の, 内親王がたにも, 冠の, 利根に, 前とも, 前を, 勅使が, 勅使に, 勅命と, 勅命として, 勅命によって, 勅命を, 勢力を, 印, 印に, 印章である, 受けられる賀正事, 召上る, 名は, 后として, 呪力から, 喪に, 器と, 国と, 国母と, 國師であり, 地と, 垂知を, 堂は, 墓などに, 墳には, 外に, 多くは, 大御身, 奉為, 如く礼拝し, 姓が, 威光を, 威力が, 威力でも, 威徳に, 孝宗からも, 宋の, 宗廟でありまし, 宗廟に, 宗教と, 宗親, 官職を, 宣命と, 宮廷の, 宮廷を, 宮殿も, 家柄よりも, 密旨を, 寵を, 寵榮を, 寿の, 尊きは, 尊に, 尊を, 尚食, 屋は, 崩御の, 嶽日と, 帝師と, 師範として, 平帝, 床に, 府であり, 府を, 座に, 座は, 座を, 座席の, 廃立に, 廟の, 廢立すら, 建文帝に対して, 弘農へ, 後宮に, 後宮の, 後見を, 從僕である, 御こと, 御一代, 御代に, 御代には, 御代役, 御位, 御信任, 御前, 御即位, 御叡覧, 御命, 御外祖母, 御子が, 御子を, 御宝, 御心, 御所へなど, 御手, 御手許に, 御手許の, 御手許まで, 御批, 御料の, 御果報, 御為, 御父後伏見, 御田です, 御葬儀, 御資格, 御身の, 御避難, 徳によ, 恩寵ある, 悪むところ, 意味を, 意思では, 所有に, 手ずから書いた, 拜を, 新嘗, 方で, 日のみ, 明勅に, 是と, 時の, 暗愚に, 書記官を, 最も心, 朝廷に, 末裔が, 根源は, 桓帝に, 機嫌を, 權力に, 權力を, 正朔, 此世の, 歸依に, 死と, 民日本の, 沐浴を, 洪福と, 洪福ふたつながらまず, 流れを, 灌頂の, 為の, 為めに, 爲め詔敕を, 物忌みの, 特別の, 特質を, 獨力が, 王土である, 生き御, 生前に, 生命も, 生活さへも, 産声であり, 皇叔なりなどと, 皇叔此方も, 皇子と, 真意を, 眷族の, 着るよう, 礼を以て, 祓えなる, 祓へ, 祕書官で, 祕書役代筆の, 神仙を, 神聖な, 禁廷に, 私信, 称を, 稜威は, 系統が, 絶えて, 胆っ, 背景を, 臣に, 臣家に, 舞である, 花の, 華燭の, 蒙塵を, 行列に, 行幸ある, 行幸が, 行幸も, 行幸を, 行方を, 衣は, 衣裳に, 衣裳を, 親信, 親属, 親近を, 観念が, 許に, 許可を, 註齊の, 詔敕などを, 詔書が, 詔朕を, 語は, 諡に, 諡には, 諡の, 諡は, 諡號を, 諭旨を, 諱を, 諸王侯, 護衞が, 貞元二十年で, 貴き所以, 贅澤である, 赤子全, 身邊を, 身體と, 躬に, 車駕の, 軍である, 迷夢を, 逆鱗に, 都に, 都の, 都も, 都を, 配膳に, 鑾駕の, 長命を, 非と, 面を, 頃で, 食物の, 魂のを, 黄蓋に, 齢を

▼ 天子~ (233, 16.7%)

24 の御 11 のお 8 がお 5 は御 4 のため, はお 3 が高御座, となる, は神

2 [13件] がお立ち, としての威力, と神様, に差し上げる, に附着, に魂, の召し, の天, の御家, の食事, の魂, は辮子, 御一代

1 [142件] からお, からお迎え, から位, から再三, がおとめ, がおられる, がお父さん, がさ, がすめ, が一大華客, が人, が伊勢, が伝達, が初春, が反魂香焼, が大きな, が女, が学校, が崩御, が御, が御所, が時々, が更に, が湯, が物, が申される, が祝詞, が自ら, が行, が食事, が鹿, だから, でさえも, でも淋しい, としての仰せ言, となるべき, と同じ, と御, と神, と群臣, などにはむやみ, にもかうする, に下, に仕へ, に其国, に其歌, に参る, に反, に奉る, に対しても国民, に対して寿言, に対しましてです, に差し上げ, に差し上げね, に抵抗, に指, に於, に服従, に献上, に申し上げる, のいらっしゃる, のお家, のご, のほう, のもの, のシヤシン, の万歳, の事, の人民, の代理者, の仰せ, の仰る, の前, の即位式, の后, の場合, の大事, の寿命, の尊敬, の居られる, の御代初め, の御前, の御稚児, の御身, の御門, の復活祭, の持つ, の新, の方, の時, の本来, の為さる, の版図, の瑞, の禊ぎ, の許, の諒闇, の赤子, の領分, の領土, はえらい, はえらく, はおいで, はかくして, はたとえ, はどう, はま, はイクラお側, は一々, は一年, は一系, は倭, は健康, は大嘗祭, は天, は天上, は太古, は御代初め, は御身浄め, は悠紀, は日本中, は此, は毎年初春, は申す, は禊ぎをして, は親しく, は食国, もとうとう, も久しく, も商売, も国, も国民, も御言持, も楊貴妃様, や皇族, よりは位, をもてなす, を大行天皇, を思ひ, を挿ん, 御自分, 御親類筋

▼ 天子~ (120, 8.6%)

6 奏して 4 對し 3 謁し 2 まみえて, 仕へ, 奏上し, 奏請し, 表を, 關する

1 [95件] おかれては, お教, したいかねての, して, しょせん大きな, つねづね侍き申しあげ, ならうと, なられるほど, なられる貴人, なるお方, なる子, なれないもの, なれるとき, なれるの, ひとしい車服儀仗, まみえさせた, 一度見せ, 上つた, 上りて, 下ること一等, 不利である, 今年の, 仕えるの, 仕へて, 仕へるの, 代うる, 代るを, 共通なるべき, 其事を, 准じ, 召されて, 呈したもの, 告げ我がこの, 問ふ, 報告する, 変わろうと, 奏し, 奏しあげさせた口状, 奏しここ, 奏した, 奏した事柄, 奏上する, 奏聞した, 對した, 對する, 崩と, 差上げるが, 幸せられ, 弓を, 御手本, 御用だけの, 徳さへ, 惡口する, 戴いてはとの, 拝を, 拝謁した, 持つた交渉, 捧ぐる遺表, 政を, 政事を, 是非を, 望む所, 朝拝する, 献替し, 獻替し, 生れたろうか, 申上げ, 申上げなけれ, 直接した, 直訴する, 示す, 至るまでの, 致す恙, 薦め奉り汝, 見ゆべき面目, 許さないで, 請うた時, 請うて, 謁見し, 讒したので, 軍状を, 迎えられたけれども, 迎へ, 近いならう, 近侍した, 返し奉ろうとも, 返上された, 進めたが, 邊功を, 重要な, 關した, 降るなどは, 限らない, 限るの, 順なる

▼ 天子さま~ (92, 6.6%)

9 のお 7 の御, はたいそう 3 の御所, はお 2 から頂いた, に讒言, のおやすみ, の黄金

1 [55件] があっ, がおこり, がたいそう, が大病, が御覧, が日本, が筑前山鹿, だ, では, といっ, と同じ, と呼ん, にお, にさしあげよう, には間違い, にもみ, に仕え, に申しあげた, に願っ, のいらっしゃる, のお供, のお前, のお許し, のご, の事, の仰せ付け, の体, の写真, の命, の崇徳院さま, の後白河天皇さま, の御前, の御殿, の都, は, はある, はこの, はさっそく, はその, はなにひとつ自分, はますます, は大, は家来, は少し, は急, は日ごろ, は為朝, は阿倍, へも徳利, も不死, も役人たち, も死ん, も阿倍, より先, を用明天皇

▼ 天子~ (82, 5.9%)

3 擁して 2 して, 呼ぶに, 戴いた, 諫める, 輔佐する

1 [69件] いただく細川方, お立て, こっちへ, さしはさみ諸侯, すぢ自身, のぞいて, はじめ巫女たちも, 中心と, 中心として, 代表し, 佐け, 何処へ, 冒して, 創始した, 国民が, 奉じて, 奉戴し, 奉戴した, 奪われては, 始め多少, 始め貴族の, 守護致し, 対象と, 尊ぶの誠意, 尊み, 幕府と, 廃し, 弑し一挙, 強いてひそか, 御輦, 思い奉り天下, 思ひ浮べさせる歴史的内容, 悩まし奉り汝ら, 我君といふ, 戴いて, 扶くる, 扶け, 扶けだし, 扶けよと, 押さえつけても, 押しこめ奉る大逆, 押領致候とも, 拝した, 指すが, 指すの, 挾むというは, 挾んで, 擁しその, 擁し二, 民父母と, 生み皇太后と, 盗んで, 監禁し, 祖と, 禮拜する, 立てようと, 脅かして, 補佐する, 見ましても, 許昌の, 許田の, 護って, 輔け, 輔佐し, 迎え二杯, 追出して, 長安に, 顧みる, 驚かすには

▼ 天子~ (72, 5.1%)

2 お出ましな, 其の位, 出向いて, 廃された

1 [64件] あったそう, あるが, あること, お前は, お崩れ, ことを, その, その諡號, それが, みこと, 上林苑中で, 世を, 人の, 人を, 代ったの, 代ろうが, 使者の, 侍姫に, 入用だけ, 処女に, 出現する, 功徳院に, 勅を, 匈奴の, 印度へ, 危い, 即位なされた, 受けて, 国を, 国語を以て, 在らせられない場合, 天上から, 天命を, 天子を, 如何に, 妙に, 學問に, 宴樂に, 尊崇される, 崩ずれば, 幕府の, 御猟, 憎んで, 攻めて, 新しくお立ち, 日の, 日沒の, 晋魏の, 東方亞細亞の, 武臣へ, 歴史の, 特別に, 空に, 統べ給うもの, 臣下に, 臣下の, 自分の, 行幸に, 行幸の, 親しく注解, 親の, 長安から, 頻々として, 養老の

▼ 天子~ (71, 5.1%)

2 文武の, 驚いて

1 [67件] あっても, いずこ, いまも, かえって彼, これを, すなわち天命, その大官貴族, その座, その生前, その頃, それを, どうする, みずから鑾駕を, 七廟諸侯は, 万世一系では, 三夫人九嬪二十七世婦八十一女御合せ, 之れ, 之を, 使者を, 依然たる, 元順帝, 公の, 其に, 其日は, 其言を, 化去し, 却つて至尊風を, 又必ず, 古代から, 命を, 單に, 地上に, 多く子, 大いに悦ばれ, 大祭の, 天下の, 天子も, 天稟の, 太子と共に, 奈良の, 如何なる覺悟, 如何に, 孫の, 寂照を, 常に祭り, 彫弓金, 御涙, 徽宗皇帝であります, 心に, 恙ない, 抑も, 曾に, 此時遠くより, 氏, 民の, 決して稀有, 王給諌が, 皆孝の, 皇后の, 知らん顔を, 老子の, 膳を, 苦笑せられた, 西漢の, 起居注を, 醍醐朱雀を, 非常に

▼ 天子~ (39, 2.8%)

2 なったが, 爲す

1 [35件] いい曹操, いえども, いふこと, お生れ, するという, なった効いも, なつた, なりその, なり劉, なり明, なるかも, なるべき洪福, なるべし卿, なれたかも, 云ふも, 人民との, 同じもの, 同じ月料, 同じ食服, 幕府も, 書いて, 為りまた, 皇后との, 皇后の, 皇后を, 皇太子との, 神との, 稱し, 稱した, 義は, 若い衛星公卿, 見たならば, 言ふ, 雖どもその, 雖も

▼ 天子~ (15, 1.1%)

1 [15件] お前を, お取り立てある, お知り, みそな, よく綱紀, 上皇, 些少の, 又これ, 多かった, 天子でない, 室町の, 心を, 李姓である, 神考, 隠れた事実

▼ 天子から~ (13, 0.9%)

1 [13件] お招き, お目玉を, 仰せられなければ, 出る, 勅命が, 嫌忌され, 官爵を, 拘束されぬ, 更にま, 特別の, 行事を, 諸侯に, 領土人民を

▼ 天子~ (13, 0.9%)

1 [13件] が自分, が莊園, でも嫁入り先, におこた, に御, のお膝下, の仰である, の姫君, の御門, の日, の處, の赤子, は帽子

▼ 天子より~ (7, 0.5%)

2 庶民に 1 下は, 命ぜられ相, 庶民の, 御衣玉帯を, 諡を

▼ 天子山脈~ (7, 0.5%)

1 に限られた, の上, の天子ヶ岳, の山, の最高峰毛無山, の西毛無山, や南アルプス

▼ 天子~ (6, 0.4%)

1 儀式を, 奏した, 奏するという, 奏聞いたし, 御貢ぎ, 拝謁し

▼ 天子及び~ (6, 0.4%)

1 其以下の, 国造の, 天つ, 神の, 薩長氏が, 賀正事を

▼ 天子~ (5, 0.4%)

2 あつて 1 あらせられながら, おいでに, おはせられ

▼ 天子といふ~ (5, 0.4%)

2 ものは 1 意味である, 特別の, 諺さへ

▼ 天子~ (5, 0.4%)

1 某の, 諸侯などの, 諸侯の, 貴族などが, 貴族などの

▼ 天子さん~ (4, 0.3%)

2 のお, のとこ

▼ 天子との~ (4, 0.3%)

2 中間に 1 血族関係を, 間を

▼ 天子には~ (4, 0.3%)

1 人間的な, 先頃から, 玄徳を, 直ちに朝廷

▼ 天子崩御~ (4, 0.3%)

3 の後 1 の時

▼ 天子ある~ (3, 0.2%)

1 は知る, もので, を知らぬ

▼ 天子これ~ (3, 0.2%)

1 が元帥, が爲め, を聞き

▼ 天子でも~ (3, 0.2%)

1 必ずしも萬能, 或は諸侯, 或は諸侯大夫

▼ 天子在す~ (3, 0.2%)

1 ところで, 処この, 所すなわち

▼ 天子~ (3, 0.2%)

1 みずから玉璽を, 一人の, 自らの

▼ 天子~ (2, 0.1%)

1 一存の, 不例久しき

▼ 天子すら~ (2, 0.1%)

1 悪を, 歸依せられ

▼ 天子たる~ (2, 0.1%)

1 の御, 舜の

▼ 天子~ (2, 0.1%)

1 から玄宗皇帝, わ

▼ 天子では~ (2, 0.1%)

1 ない, 無い神權説的

▼ 天子とか~ (2, 0.1%)

1 大臣とか, 或は大

▼ 天子として~ (2, 0.1%)

1 伝へたの, 學問せらる

▼ 天子としての~ (2, 0.1%)

1 位置を, 資格を

▼ 天子としては~ (2, 0.1%)

1 すでに大, 固より

▼ 天子とは~ (2, 0.1%)

1 その試驗官, 何ぞや

▼ 天子なり~ (2, 0.1%)

1 何故なれ, 民心の

▼ 天子にて~ (2, 0.1%)

1 おわしたと, おわします

▼ 天子にな~ (2, 0.1%)

1 つた人も, つても

▼ 天子に対して~ (2, 0.1%)

1 恥かしくは, 民を

▼ 天子のみ~ (2, 0.1%)

1 ことを, 代替りを以て

▼ 天子への~ (2, 0.1%)

1 ご献上, 服従を

▼ 天子また~ (2, 0.1%)

1 勅を, 山に

▼ 天子をば~ (2, 0.1%)

2 憚かり奉る

▼ 天子並びに~ (2, 0.1%)

1 其他の, 高級官吏の

▼ 天子~ (2, 0.1%)

1 を聞き, を讃

▼ 天子以外~ (2, 0.1%)

1 のもの, の者

▼ 天子即位甦生~ (2, 0.1%)

2 を意味

▼ 天子呼び来れ~ (2, 0.1%)

2 ども船

▼ 天子山の~ (2, 0.1%)

2 はを出で

▼ 天子或は~ (2, 0.1%)

1 貴種の, 長上者に

▼ 天子斎戒~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 天子自ら神主~ (2, 0.1%)

2 として神

▼ 天子自身~ (2, 0.1%)

1 の行事, はあずかり知る

▼ 天子親政~ (2, 0.1%)

1 に出でざるべから, の禁ずべ

▼1* [137件]

天子あり下に, 天子おわしましながら有君而無臣, 天子おんみづから, 天子ここを通る, 天子こたびはそらをうちすぐる, 天子さまはじめお役人たち, 天子さま同士のお, 天子さん何て言う, 天子やうりやう, 天子しょうりょう以下の仮名文字, 天子すでに氷雲を, 天子たらんとする, 天子たるべきを期する, 天子でありながら人間的, 天子であると云, 天子であろうとは知る, 天子でさえそれには, 天子ですが殺伐, 天子でないの臣, 天子でなければならぬ, 天子という意でなく, 天子というも父母というも, 天子とかの更迭を, 天子とに限つて言ふ, 天子とにへを共にし, 天子などがよくある, 天子などは澤山の, 天子なるゴオタマは, 天子にでもなる日, 天子にとつては, 天子にまで奏上を, 天子にも孝を, 天子によって統治せられる, 天子により又卿相, 天子に関することにだけ, 天子ほのかにのぞみたま, 天子ことは, 天子丈の, 天子私は, 天子をさえ捕えて, 天子をてだてと, 天子をも殺しかねない人非人, 天子ヨリ御土器, 天子一人これを有し, 天子一代毎に代, 天子万機の朝政, 天子制度, 天子不二の山, 天子に宮中, 天子今ご気息も, 天子以下次第に絲縷, 天子以下両院や女御, 天子などの書, 天子傳管子呂氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 天子其後世貶帝號號爲王とあるの, 天子其父母を拜, 天子出御の時, 天子功臣の家, 天子を下し給う, 天子の四五間さき, 天子又は皇帝等同等の, 天子合葬陵だと, 天子樣その, 天子呼べども起きぬ, 天子咎めず入寂の, 天子四方を拝す, 天子国事に関すべからず, 天子外出の時, 天子せ出, 天子始めて漢家, 天子孝恵皇帝の皇后賈后, 天子宰相になる, 天子密かに諸王, 天子富士の山, 天子将軍から参りまし, 天子じ諸侯薨, 天子崩御前の歌, 天子巡狩也故曰外台, 天子在の, 天子常に行幸あ, 天子常用の殿舎, 天子平常の生活, 天子廢立の全, 天子建業の地, 天子御座あれども, 天子御悩の時, 天子御感深くその他, 天子念ずれば兵革, 天子を決し, 天子なりと, 天子を学び, 天子を日没処, 天子朝獻太守劉夏遣吏, 天子李粛をもっ, 天子東方亞細亞の大, 天子桓武天皇を斥, 天子様あなた賞めるため, 天子様以下の人, 天子毎年新に蘇らせられる, 天子氷雲を深く, 天子法皇を捉, 天子澄みに澄み, 天子恙云云, 天子物忌みの期間, 天子現神思想の退転, 天子登極の式, 天子參の, 天子直々の拝謁, 天子直参の上卿用, 天子直接に御身, 天子眼中にも紅涙, 天子への聖水, 天子祓えの聖水, 天子神事の出御, 天子神秘観がへつた, 天子節刀を賜う, 天子聖武天皇のおきさきで, 天子は公家, 天子自ら宣り給, 天子自ら二才の馬, 天子自ら天下に君臨, 天子自ら耒耜を載せ, 天子自ら鍬を取っ, 天子致書日沒處天子無恙, 天子蒙塵の辱, 天子親しく大學, 天子親王公卿より武家士民, 天子親祠したの, 天子を降し, 天子諒闇の時, 天子諸侯も農夫, 天子諸侯大夫と云, 天子興佛法故, 天子関白の分ちどり, 天子関白わけ取りを心がける, 天子閲覽の爲, 天子が完全