青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「名~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

同情~ ~同意 同意~ ~同時に 同時に~ ~同様 同様~ 同盟~ 同行~ ~名
名~
~名人 名人~ 名刺~ ~名前 名前~ 名古屋~ 名物~ 名称~ ~名誉 名誉~

「名~」 37720, 350ppm, 274位

▼ 名~ (10409, 27.6%)

190 呼んで 162 もって 154 つけて 121 呼んだ 102 知って 86 口に 75 聞いて 52 知られて 49 呼びながら 38 書いて 35 つけた 34 付けて, 言って 32 あげて, 聞くと 30 取って 29 つけたの, 呼ばれて 28 覚えて 27 持って 25 挙げて, 附けて 24 借りて 23 かりて, 変えて, 得たの 22 きいて, 得て 21 よんで, 云って 19 いって 18 つけたもの, 呼びました, 忘れて 17 とって, 教えて, 藉り, 騙って 16 呼ぶの, 成して 15 もつて, 出して, 呼ぶ声, 呼ぶ者, 見て 14 呼んだの, 耳に 13 与えて 12 忘れたが, 知らぬもの, 知ること, 聞いたこと, 記憶し

11 [12件] つけること, つれて, 並べて, 呼ばれたので, 呼びて, 呼ぶと, 成したの, 知ったの, 聞いた, 聞いただけでも, 聞くこと, 記して

10 [11件] かえて, きくと, つけられて, よんだ, 名乗れ, 呼ぶ, 命けて, 後世に, 恥か, 擅に, 知らぬ者

9 [16件] あげた, かたって, なして, 利用し, 名乗って, 告げて, 呼び, 呼ぶもの, 持つて, 挙げた, 残して, 用いて, 申せ, 聞いただけで, 言ふ, 選んで

8 [18件] いえ, ここに, つらねて, 与えたの, 云つた, 先に, 冠して, 呼んだり, 売って, 捨てて, 擧げて, 知らない, 知る人, 聞くの, 聞けば, 言った, 連ねて, 隠して

7 [27件] いえば, いった, つけるの, なのれ, ほしいまま, よばれて, 人に, 仮りて, 呼び続けた, 呼ぶこと, 問えば, 後に, 得ました, 忘れた, 指して, 残すこと, 汚すよう, 知らないもの, 聞いただけ, 聞いたの, 聞いた時, 聞かせて, 聞きて, 聴いて, 訊くと, 連れて, 高から

6 [18件] いうと, つけました, 与へて, 云った, 付けたの, 博して, 告げると, 呼びつづけて, 呼んだ時, 呼んでも, 宣れ, 得るに, 知らないの, 知らなかった, 聞いたとき, 聞くや, 聞こう, 読んだ

5 [53件] あげること, きいたこと, さへ, して, つけたん, つけようと, なせり, もらって, 不朽に, 付けた, 何度も, 使って, 冒して, 出すこと, 出すの, 名のれ, 呼ばれた, 呼びかけて, 呼び続けて, 呼ぶし, 呼ぶので, 呼ぶよう, 呼べば, 呼ぼうと, 呼んだが, 唱へ, 天下に, 存じて, 広めました, 引率し, 得たもの, 慕って, 招待し, 挙げること, 揚げて, 書いた札, 有って, 率いて, 知つ, 知つてゐた, 知つてゐる, 知られるよう, 継いで, 繰返して, 聞いても, 聞くごと, 見た, 見ると, 見れば, 言うこと, 記したもの, 負は, 高めました

4 [87件] あげたもの, おぼえて, お呼びに, かいて, きいても, それに, つける, とつて, なのった, ひそかに, よく覚え, よびました, 与えた, 与えること, 云え, 人の, 付けたもの, 保たうと, 偽って, 僭称し, 列し, 列ねて, 列記し, 告げた, 呼ばれたの, 呼びその, 呼びつつ, 呼びつづけながら, 呼びます, 呼ぶに, 命ける, 唱えて, 唱へる, 問うと, 問はれ, 問ふ, 問へば, 喜助と, 売つて, 売るため, 存し, 尋ねた, 彼は, 従えて, 得たと, 御存じで, 忘れては, 思い出して, 成すこと, 成すため, 成す者, 指されて, 挙げるに, 捕虜と, 掲げて, 改めた, 教へ, 明かして, 明す, 書いたの, 書き入れて, 書くの, 替へて, 現わし, 申して, 相手に, 知らない者, 知らぬ人, 知りたいと, 署し, 聞いてさえ, 聴くと, 與へ, 藉りた, 言うと, 言つた, 訊いたり, 負うて, 負ひ, 負ふ, 貰って, 賜ひき, 越えて, 轟かして, 辱か, 附して, 騙るとは

3 [133件] あがめさせたまえ, あげ, あげたの, あげたり, いうの, うしろに, きいただけ, これに, さと, しく我が, しるして, そのままに, つけし無間地獄, つけたが, つけると, つげて, とつた, とどめて, なしたの, なのって, ならべた, ならべて, ひきつれて, ふいに, もたない横町, よく知っ, よぶ声, 不朽ならしめた, 与えられて, 世間に, 二つ並べ, 二人に, 云えば, 付けられて, 付けると, 付けるの, 伴って, 借りたの, 側に, 僕は, 入れて, 冠らせた, 冠らせる, 出した, 出したの, 別の, 取ったの, 取ったもの, 取つて, 口から, 口の, 叫んで, 同じう, 呼ば, 呼びかけると, 呼びすてに, 呼びたてた, 呼び捨てに, 呼ぶは, 呼べり, 呼んだこと, 呼んだに, 唱へて, 喚んだ, 喚んで, 執拗に, 売ったの, 大声で, 失って, 始めて, 射殺し, 彼に, 忌んで, 忘れること, 思ひ出して, 恥ずか, 惜しむと, 惜み, 成した, 成しました, 成すの, 手帳に, 打ち明けて, 持つ, 採用した, 斥さ, 斥さんは, 新聞で, 明らかに, 書いた, 書いたり, 書いたビラ, 書いた旗, 書いた紙, 書附て, 棄てて, 残そうと, 消して, 添えて, 用うる, 用ひ, 用ゐ, 異にする, 知つた, 知らないので, 知らなかったので, 知らなかつた, 知るもの, 私に, 私は, 称へ, 藉る, 襲げる, 襲って, 襲用した, 見ても, 見出すこと, 言えば, 言へ, 訊いて, 記されて, 記憶する, 誘って, 負って, 連呼し, 重んずるの, 附けたの, 附けたもの, 集めて, 青史に, 頂戴し, 頭に, 騙つて

2 [578件 抜粋] あからさまに, あげその, あげたが, あげ産, あつめて, あてる, いいな, いいました, いうこと, いくつか, いはずば, いわないの, うたって, うたわれて, うたわれるよう, うらやみ故郷, えしむ, おしえて, お前は, お呼びなされました, お筆, お組, かいた, かざして, かして, かって, き, きいた, きくに, くっつけたん, ここで, ここへ, こしらえて, この小, この笹, さしてち, しきり, しらざる異, しるすとて, し立つべし, し立つべし後, すぐに, すてて, そのま, その中, た, たずねた, たずねて, つかったこと, つけたそう, つけたって, つけなければ, つけむしょうに, つけよう, つけようじゃ, つけられたくらい, つけられたの, つけるか, つける事, つける奴, つける必要, つたふ, つらねること, つらねる光栄, つれたきり, とったもの, どこかで, どなった, なしたという, なした最初, なすため, なすよう, なのる, のれ早, ひ, まやの, もたない人々, もったこの, もった山, もつもの, よく覚, よびつづけて, よびながら, よぶにも, よぶもの, よぶ事一奇事, よぶ掛け声, わが空拳, わらやといへる, シルリングと, 一度も, 一時に, 一神の, 下さいました, 与うるに, 与えたその, 与えた昔, 与える, 与えるの, 与へた, 与へると, 世に, 世間が, 九蔵と, 九郎判官, 云った事, 云はれた, 云ふ, 云ふこ, 云わないで, 云わなかった, 云われて, 人格の, 付けたので, 付けた例, 付けます, 付けられたの, 付ける, 付けること, 付ければ, 付して, 仮って, 仰しやつ, 仰ゃい, 仰有, 伝えて, 伝へて, 何とよぶ, 使ったの, 使つた, 使つた品子の, 使用し, 保存し, 借りたもの, 借りられしばかり, 倦みも, 假る, 傳へて, 傷つけまいと, 優と, 先頭に, 入れた, 公に, 冐し, 冐した, 冠すること, 出さないでも, 出したこと, 出すと, 列ねること, 列べて, 初めて耳, 別に, 利用した, 刻した, 前に, 副将として, 加うれ, 励ましつつ, 匿した, 千載に, 南条と, 収容し, 取つたの, 受けたりき, 受けて, 口へ, 叫びながら, 叫んだ, 史上に, 名のった, 名のって, 名のら, 名乗せ, 名乗った, 名乗ること, 名字と, 君影草とも, 告ぐ, 告り, 呟いた, 周知させぬ, 呪う, 呼つ, 呼は, 呼ばざりし国, 呼ばずに, 呼ばなかった, 呼ばれたよう, 呼ばれた事, 呼ばれると, 呼ばれる事, 呼ばわって, 呼びあげた, 呼びかけずには, 呼びかけた, 呼びしを, 呼びたるも, 呼びつづけた, 呼びつづけるの, 呼びぬ, 呼びましたけれど, 呼びましょう, 呼び又, 呼び口笛, 呼び立てられるの, 呼ぶ女, 呼ぶ掛声, 呼べる, 呼んだと, 呼んだところ, 呼んだので, 呼んだもの, 呼んだよう, 呼んだ女, 呼棄に, 命けられた, 唱えつつ, 唱へたり, 問うて, 問ふと, 圧したらん, 地名に, 売ったやつ, 売り出したばかりか, 売るを, 売ろうと, 変えた, 変じて, 大きく書いた, 失念し, 奉られて, 安井の, 宗方竜太郎と, 宣らないという, 家の, 尊ぶ, 尋ねたり, 小六, 小玉と, 小耳に, 広めたの, 延長し, 引きつれて, 引き連れて, 引合いに, 引用する, 徒に路傍, 得たという, 得たので, 得たり, 得たるは, 得たる蕪村, 得た人, 御つけ, 御子の, 御米, 心に, 心の, 必要と, 忘る, 忘れたの, 忘れなかったの, 忘れましたが, 思いだして, 思いついたの, 思い出した, 思い出せないけれども, 思出し, 恐れて, 恣に, 恥じて, 恥ずかしめ, 惜しむという, 惜しむといふ, 惜しんで, 惜むは, 惜む所以に, 想ひ出し, 憚って, 憶えた, 成さしめたり, 成さしめて, 成さしめん, 成さない作家, 成さむ, 成しますが, 成すに, 成す積り, 成そうという, 打ち明けるから, 抹殺し, 持ったもの, 持つもの, 持つ人々・名, 指名し, 挙げたが, 挙げただけでも, 挙げたの, 挙げるだけ, 挙げると, 挙げるの, 挙品を, 採用する, 掲げその, 揚げようの, 揚げるため, 揚げ身, 擧げたるに, 救い出すこと, 教えても, 教わって, 数えるに, 文壇に, 文学に, 明かしては, 明かすわけ, 明かに, 書いた大きな, 書いた庵看板, 書いた観世縒, 書きその, 書き暮して, 書くこと, 書こうが, 書て, 書附ける, 替えて, 有つ, 末代に, 村井源吉と, 歌われて, 止めて, 死の, 死後百年に, 殊に, 残すため, 殺して, 殺傷した, 永く後, 永久に, 汚すな, 汚すもの, 甘むじたる, 甚内と, 生ずるに, 用いたの, 用いたもの, 用いるの, 申さめど, 留めて, 異にし, 異にした, 異にす, 発せず世, 発見し, 発音する, 目がけて, 着せて, 知った, 知ってて, 知ってる, 知つたのは, 知らないから, 知らないが, 知らないで, 知らぬの, 知らぬは, 知らぬはず, 知らぬ草花, 知られた, 知られたこの, 知られたり, 知られたる閔宗植, 知られた他人, 知られた才子, 知られた詩人, 知られること, 知られるに, 知り僕, 知るに, 知る相沢, 神に, 私の, 秘して, 称えて, 称して, 称って, 積極主義に, 空う, 立つべしも, 立てよ, 立てられて, 筆太に, 筆頭に, 簿冊に, 紙に, 紹介せられた, 継いだ五代目, 継ぐ君, 継げるなり, 署した, 考へた, 聞いた瞬間, 聞いては, 聞かされて, 聞かして, 聞きその, 聞き取って, 聞く, 聞くさえも, 聞くだけでも, 聞くとき, 聞くと共に, 聞けるの, 聞に, 聽く, 胸の, 自分で, 與へられ, 虎榜に, 行人と, 表わす例, 被ても, 襲いで, 見たが, 見たこと, 見ること, 見るに, 見るよう, 見出して, 覚えた, 覚えたの, 解消し, 言いたまえ, 言い当てるの, 言うて, 言うの, 言う時, 言おうと, 言は, 言ひ, 訊いた, 訊こうと, 訊ねて, 記さないの, 記入する, 記憶の, 設けて, 許すに, 誇る二十四時, 語り伝へる子ども, 読み上げた, 読んで, 諱んだ, 諱んで, 謳われて, 識らない, 識る, 負うた, 負うもの, 負し, 負はせ, 負わせたの, 負わせて, 賣つて, 越す団体, 車掌が, 載せて, 輝かして, 轟かせて, 辱しめない, 辱しめる, 辱めて, 辱めなかった, 辱めません, 連呼した, 選んだ, 間違えて, 阿呼, 附けようと, 附けられたと, 附ければ, 附したの, 附与し, 附与する, 除いて, 除外する, 雇いそして, 雨飾山と, 静と, 頂いて, 順々に, 馴, 騙ったの, 高くし, 高くする, 鯤と, 鶴と, 鼻に

1 [5497件 抜粋] あかしても, あげさせたいとか, あげても, あげられて, あげ家内, あたえた, あまねくトスカーナ, いいねえ, いえッ, いったのに, いづれも, いふので, いろいろと, いわっしゃい, うしろへ, うち眺め, えたる人ひとり, おく者, おつね, おも, お与え下さいまし, お多福という, お梅, お聞きし, お隅, かうした温泉地, かきあつめたるもの, かくし六百万ドル, かずま, かたりやがったと, かぶらせたかと, かり一事務員, きかせて, きくて, きめ綱領, くりかえしよんだの, こ, こころで, この世の中, こわく呼ん, さきだつる今宵, さされた若者たち, さしました, したい彼, しらず顔, しるしました建部賢弘, すでに聞い, そのまま印, その地, その男, たずねありがとう, たのんで, ちょと, つぎつぎに, つぐ大事, つけたがったり, つけたまで, つけた次第, つけないで, つけようか, つけられる, つけるならば, つけ分譲地, つげました, つらねるだけ, とげる日, とった神代直人, とどろかしたが, とりあげた以上, どうして記憶, なさない頃, なした美妙斎, なのり, なるこ神, ぬいて, のこし生ける間, のぼせながら, はじめ満場の, はつきり書い, ば美留女という, ひろめる為, ぼんやりと, まアちゃんと, もう打, もった小さい, もつ名橋, もらつたといふ, ようやく捜, よばなかった, よび夜すがら, よほどわれわれ, よんでは, わすれる奴, アラスカ名物の, イドミという, エラそう, カワラの, クールバタイユと, ジャネットと, セースム・ゴンパと, チョールヌイ君といふ, トマスと, ハフリゾノと, フツフフツフ, ペトロと, マンゴスティーンと, ユーリエフと, ヴァイティピ, 一つ一つ大きな, 一声呼ん, 一目見る, 三人まで, 上げたいと, 下したくとも, 下すよう, 与えあるいは, 与えら, 与える約束, 与へながら, 世間的に, 並べられたこと, 乗せた小舟, 争う勝負, 二三挙げた, 云い出された時, 云うの, 云ったので, 云つてその, 云ひ出でざる, 五つも, 仆すか自分の, 介して, 付けたいと, 付けた人, 付けられたわけ, 付ける人, 付しこれ, 付廿五兩も, 仮に粂吉, 仲間と共に, 伝へた王, 伴つて宴席に, 佐分利信を, 何処にも, 作り入れた唄, 使う事, 保さんに, 信敏と, 借りたかの, 借用せし, 傭置き, 儀右衛門は, 光彦字を, 入れようという, 公共の, 其方は, 冒すやう, 冠した会, 冠すると, 冠せられること, 出さないこと, 出したくは, 出し働き得る乗員, 出すまいと, 出ない小勢, 列しなかった, 初めて知り, 刻みこんで, 刻んだ苔, 加えた有力, 勝と, 匿し, 卑彌弓呼と, 博する事, 厭う者, 取ったおせん, 取った初, 取つた, 取らん, 取ること, 受けなければ, 口誦み, 叫ぶこと, 各地に, 名のっ, 名乗ったりなど, 名乗りそれ, 名乗るに, 名刺に, 呉服聖とも, 告げぬ, 呟きましたが, 呼ばせて, 呼ばるる城, 呼ばれた梶原九郎右衛門教之, 呼ばれるよう, 呼ばれ診察室, 呼びいとけない, 呼びかけ数え年四つ, 呼びたたえ祈りつづけねば, 呼びつづけ夜, 呼びまた, 呼び合, 呼び掛け給, 呼び続けるの, 呼ぶこと二日, 呼ぶよりも, 呼ぶ弱々しい, 呼ぶ鴎, 呼ぼうとは, 呼んだとき, 呼んでね, 命けたのです, 命ぜば, 唐紙へ, 唱えるだけ, 問うたが, 問われたら却って, 喚んだ此五郎, 囁いて, 国人に, 堂々と, 壮士に, 売った一流, 売つた挙句, 売り命, 売物, 変えた後, 変じ身分, 夢声さんに, 大山祇命もしくは, 失い馬匹, 失ふに, 奴と, 妄に, 嫗に, 宇知と, 宗觀と, 宣らないて, 宣光字を, 富士甚内といった, 射殺した, 尋ねた学生, 少し挙げる, 岸柳とも, 巾着石と, 常に冠し, 幸吉もちろん, 広告の, 廢し, 引っかけた, 当てたの, 彫りたる石, 後の, 従え軍隊組織, 得たのみ, 得たる物, 得た篤農家, 得るであろう, 御唱, 徳瑛字を, 忘れざるを, 忘れないやう, 忘却した, 思いうかべましたが, 思い出すくらい, 思えば, 思ひ浮べて, 恩人として, 惜しみ世, 惜しむ心, 想い起こさずには, 慕ひ, 憶えること, 成さしめたの, 成さない一団体, 成したが, 成した平野国臣, 成し始めた頃, 成すという, 成す遑, 戦争挑発反対者に, 打って, 抜擢しました, 拝借したい, 持たぬわ, 持った或, 持つた支那人, 持つ人間性問題, 持出すと, 指しては, 挙ぐること甚だ, 挙げた者, 挙げようと, 挙げる事, 振りかざして, 捜した, 捨て別名, 探し考えて, 掲げてる洋館, 提供する, 揚げるよう, 撃ち取りつづいて, 擧げられたやう, 改めたわけ, 改めて暫らく, 改め毎月一度, 教えまた, 数へる, 斉うし, 斯く呼んだ, 日本全, 明かさなかったが, 明さ, 映日果, 智, 暫く仮り, 書いたほそい, 書いた白紙, 書かして, 書かれたら千仞, 書きつけて, 書きならべて, 書き加えて, 書き落して, 書くはず, 書して, 最初に, 有つて居る, 未醒と, 村の, 某字を, 栄城と, 梅卿と, 楚材字を, 權兵衞と, 歌われるの, 正根, 残さなかった, 残したいという, 残した所以, 残す位, 比べて, 求めずして, 求めんとして, 汚した武士, 汚すと, 江と, 法老と, 活閻婆と, 浮かして, 涜す, 満載し, 為した, 無用な, 牢記し, 独り語しつ, 玄也と, 現わ, 生じた, 用いたるは, 用い支那, 申さぬうち, 申せ何用, 留めたに, 異様に, 白く染め抜いた, 盛遠と, 真如と, 矢指塚と, 知った西田幾多郎, 知つてゐられる, 知らずに, 知らないあの, 知らない人間, 知らない湯沢, 知らなくとも, 知らぬ末枯草, 知らぬ鳥, 知られその, 知られた中村善四郎, 知られた島津太郎丸, 知られた者, 知られない若手, 知られ弟子, 知りその道純, 知り顔, 知る者, 知古広と, 社会に, 秀という, 称えさ, 称ふる, 稱へ, 穢麿と, 突破し, 立てられること, 筆太にこそ, 簿册に, 紋三郎と, 結びつけて, 綽名と, 繼いで, 美しくいさぎよくそして, 考える, 聞いたか, 聞いたまま, 聞いてからに, 聞かずとも, 聞きつけたよう, 聞き出すこと, 聞き覚えその, 聞くの願, 聞け彼, 聞伝えて, 聴得なかっ, 自分は, 舉げて, 若吉, 萱草じゃ, 蔑んだ, 藤崎道十郎と, 衞匡國と, 被せるの, 襲が, 見いだした時, 見た記憶, 見ない女流作家, 見付けたの, 見附けて, 覚えませぬが, 言いそびれて, 言い渋ったの, 言うとき, 言ったが, 言つて家の, 言ふと共に, 言わなかった, 訊いた顔, 訊ねぢ, 記しあまつさえ, 記した新しい, 記すも, 記そうとは, 記憶に, 許されたという, 話しては, 誌すだけでも, 語り伝える子ども, 読み上げる, 誰彼と, 謙一郎と, 謳われたり, 譲って, 變へても, 負うたもの, 負ふた僞書, 負わせないよう, 貰つた, 買わんとして, 賜わり比, 贖わんと, 超した, 転用した, 載せる事, 轟かす大家, 辱しめなかった, 辱めまいかと, 近所の, 送り込ませ帰宿, 連ねた種々, 連らねる, 逸して, 道太は, 選するなら, 選むこ, 遺す, 鄭重に, 重んじまた, 金吾と, 録する, 長谷川カズヲといふ, 阿英, 附けた時, 附けられ入院, 附け加, 附すこと, 除いた, 隆と, 集めたら面白い, 靖二郎と, 預ける, 顕わしたり, 馬の, 馳せた男, 騙つたの, 騙り眞間, 高うする, 鬚蘂と, 鹿太と

▼ 名~ (5422, 14.4%)

188 下に 100 つくもの 67 もとに 57 警官が 51 者が 28 者は 23 ために 21 ものが, ように 20 者を 19 人が 16 つく者, 人々が 15 付くもの, 方が, 男が 14 侍が 13 あるの, 示すが, 起りは 12 つくほどの, 中に, 出て 11 ある人, つけようの, 一字を, 人間の, 兵が 10 ついて, つく以上, ほかに, 武士が, 示す通り 9 うちの, つくところ, 刑事が, 由来を, 知れて, 部下を 8 うちに, ような, 上に, 警官を 7 ない男, ものは, 刑事を, 多きに, 方は, 水兵は, 者に, 若者が 6 あること, ついたもの, やうに, 中で, 人を, 人影が, 名を, 婦人が, 影が

5 [25件] つくよう, つく人, とおりの, 中から, 人々は, 人間を, 兵を, 前に, 売れて, 女の, 姿が, 姿を, 将が, 書いて, 横佩墻内だ, 歌が, 武者が, 無政府主義者, 由来は, 男は, 示すよう, 警官に, 警官は, 起りも, 起りを

4 [45件] あるもの, つけやうの, つけようも, つた, ばてれん, ほうが, ほうは, 上へ, 人間が, 付いて, 会員は, 侍は, 刑事は, 労働を, 友人と, 口から, 同志が, 名が, 委員が, 婦人代議士が, 学生は, 客を, 巡査が, 影は, 従者を, 意味は, 方で, 法師が, 浪人が, 生徒が, 男女の, 知られて, 知れない人, 者の, 聞えて, 若い者, 若侍, 起こりは, 起りが, 足の, 通って, 附くもの, 青年を, 高かった, 鶴の

3 [91件] あった事, あつた, ある人々, ある作家, ある山, ある方, ある男, きれいな, こと, ことで, つくお, つく人物, つく人間, つく女, つく程, つてゐた, とおりに, ないこと, ない者, ひとが, ようだ, ッて, 一行が, 下にも, 中には, 人々の, 人あるいは, 人夫を, 人間に, 人間は, 付く者, 代表者を, 児童が, 同志は, 呼び方, 団員は, 壮漢が, 大将が, 如きは, 婦人と, 婦人代議士を, 子供を, 字を, 学生を, 客が, 家に, 幕の, 捕手が, 日の, 日本人が, 日本人を, 村民が, 様に, 死者を, 残って, 残るよう, 水兵が, 水兵も, 漁夫が, 男と, 男の, 男女が, 男女は, 百姓が, 看護婦が, 看護婦は, 知れた男, 私服刑事が, 糸七は, 紳士が, 聞こえた人, 聴衆の, 船員が, 若者を, 英国人の, 被告が, 見えて, 親分が, 話を, 警官隊が, 警官隊は, 起りである, 部下が, 部下と, 門人が, 間に, 雑誌が, 顔が, 顔は, 顔を, 黒衣の

2 [314件] ある, あるお, ある人たち, ある古い, ある大, ある学者, ある敵, ある武士, ある町人, ある老人, ある者, ある重臣, ある鑢山, あろうはず, いわれは, うち二名は, おのづか, お家の, ことを, ごく小さな, ごとくいかにも, さむらい, ためだ, ついた, ついたので, ついた所, つくの, つく一切, つく大, つく程度, つく頗る, つけて, ところへ, ないの, なつかしさ, ひびいた内村鑑三先生, ほかには, ほまれ, みぬま, ものである, ものに, ものも, ものを, やさしかる, ようです, わなさ翁, ガリバルジ青年を, 一つである, 一人の, 一番最後に, 一致した, 一行は, 一部分の, 一隊が, 一隊は, 下の, 下へ, 世に, 中でも, 中にも, 中の, 中年輩の, 主は, 乗客を, 乗組員は, 二人藩主の, 人で, 人に, 人の, 人夫が, 人影と, 人数が, 人民を, 人達が, 仕業に, 付く山, 付けようの, 付け方が, 付け方は, 代表が, 代表者が, 代議士が, 仲間が, 会員に, 会員を, 体が, 何すれ, 作家が, 使者の, 侍たちが, 係官が, 僧侶が, 先に, 先生に, 先頭に, 入って, 共犯者を, 共産党代議士を, 共産党員を, 兵士は, 切支丹を, 制服の, 制服警官が, 剣客の, 助手を, 労働の, 労働者が, 労働者を, 医学の, 卑怯者, 参会者を, 同心が, 同志と, 同級生が, 名は, 后には, 味方が, 呼ばれて, 呼び難き, 命け, 坊主と, 士が, 士官が, 士官と, 壮佼は, 売れた人, 売れた料理屋, 夕暮に, 外は, 大将を, 大戦術家, 大部分, 女と, 女中も, 女中を, 如く女囚, 如何にも, 妃は, 妻も, 始めて, 姓名を, 委員を, 娘を, 娘茂野が, 婦人は, 婦人を, 子が, 存するの, 学生中百六十一人は, 学者が, 孫の, 家庭に, 家来は, 家臣が, 将を, 将兵を, 将校が, 将校と, 小その, 小人数, 少年が, 屈強な, 島, 巡査は, 平安の, 店や, 店員が, 後に, 御歴々, 心臓病かも, 志願者が, 怪しげな, 悪侍, 意は, 意味が, 意義も, 戦死者を, 捕虜に, 捕虜を, 揚り身, 政友を, 教室員が, 整理と, 敵が, 敵を, 日本人の, 日本人も, 暴漢に, 有志が, 村を, 條に, 機関庫員は, 武士に, 武士は, 武者は, 死骸が, 殉教が, 水兵, 水兵とは, 水兵等と, 水夫が, 汚れを, 浪人も, 浪人を, 浪人者が, 海内に, 潜水隊員が, 為に, 為めに, 犠牲者が, 生前において, 生命は, 生徒を, 由って, 由来が, 由来でも, 申し立てに, 男たちが, 男たちは, 男女を, 町, 町は, 白秋といふ, 相反する, 知らないよう, 知られた地主, 知れた一匹, 知れた人, 知れた石, 知れぬ同人雑誌, 知れぬ女, 砂子屋は, 研究員が, 示すやう, 神が, 神の, 素養が, 紳士, 紳士に, 縄付を, 美人が, 美人を, 義を, 老職, 考案が, 者, 者も, 聞えたもしくは, 聞えたる神仏, 聴講者を, 腕利きの, 芸者と, 若者達は, 茶代用品が, 藩士が, 行われて, 被告たちの, 被告の, 裏に, 見学者は, 親仁が, 親友が, 訓かた清濁に, 記されたもの, 記者を, 証人の, 調査委員を, 警官と, 議員が, 讒言に, 負傷者を, 賊は, 賛成者を, 質問には, 赤十字社の, 起こりを, 起ったの, 起れる, 起原が, 起原は, 踏み得ざりし者, 軍夫の, 軽装で, 通りに, 通りの, 適用を, 選手の, 郎党は, 郎党へ, 部下と共に, 部下に, 部下の, 部将を, 関係者を, 附いて, 附く動物, 附けやう, 附加された, 隊員が, 雜誌が, 青年が, 青年の, 面白さ, 響いた錦絵, 頭字を, 顕れた為, 顯れた, 首を, 驚きは, 高いアブダル陛下, 高え, 高かつ, 高き人近年, 鳥は

1 [3154件 抜粋] あいだに, あった楽器, あらわす神, あるきっと, あるところ, あるスポーツマン, ある串崎, ある佐幕派, ある劇団, ある名, ある大寺, ある女性, ある師匠, ある役以外, ある曲者, ある歴史的, ある漆黒, ある病気, ある立派, ある茶人, ある裁縫師, ある闘牛士, あんまりすごい, いと心, うしろの, うち一名は, うち二名だけ, うち大阪の, うろついて, おとなしい若者, お嬢さんである, お帳番士一統, お玉と, かの子は, きこえた同, きこへ, ことに, この男, ごとくそばだちなほ遥か, ごとく古, ごとく書いたよう, ごとく胡蝶, ごら, しとやかで, すずり, その生駒家, それらしい, だ, ついたこの, ついたレース, ついた女君, ついた町, ついた頭, つかない路, つくその, つく一列, つく作, つく場合, つく学問, つく打ち物類, つく末流もぐり, つく犬, つく芽, つく重役, つけられない小坊主, つけ方に, つた時の, つて地霊を, とおりグルグル, とおり日本服を, ところを, ないあるいは, ない人, ない思ひ, ない端唄, なかに, はいりくるの, びらを, ほかもう, ほとんどは, ままでも, めづらしけれ, もでる, ものだ, やつは, ようであった, られると, ろうと思う, わかりにくい, わりあいに, オスの, カワカミの, コーラス, タクミが, テヘラン会議の, ハナエを, フオオリイ・ベルゼエルで, ポルトガル兵によって, ヤマトタチバナを, ロシア人が, 一つよ, 一人楊志に, 一団の, 一手だ, 一行だった, 一隊でしょう, 三好善平なる, 上卿から, 下士官に, 下簾, 不就学児童, 不調法で, 中一人二人OKする, 中學生, 主人公だった, 乗員は, 乘組員を, 争いを, 二人の, 交らない, 人々によって, 人たちと, 人どもの, 人員と, 人影は, 人物の, 人間と, 他お, 付きたる, 付く可, 付く方, 付けられて, 付せられたるもの四十七, 代官と共に, 代表者も, 仲間を, 会員の, 伝わらない預言者, 佐倉宗五郎ある, 作品の, 使い手に, 使者は, 供と, 価値を, 信徒が, 停留所の, 側臣に, 傷つけられるの, 僧を, 優れた女性達, 元でも, 兇漢に, 児童に, 入った幟, 入れて, 公卿が, 兵がわらわらと, 兵に, 兵士たちは, 兵隊によって, 典侍を, 内賛成十四票賛成でも, 出たところ, 出ぬやう, 出処であろう, 出迎を, 切支丹宗徒は, 刑事も, 初見なり, 制服巡査が, 刺客へ, 剛力及び, 剥皮夫を, 力者を, 労働で, 労働者らは, 勞働力を, 医者まで, 卒業生の, 博士数十名の, 原平内は, 参謀が, 友人から, 受験者中都合六名が, 召使いとを, 各国人は, 同僚に, 同席者あるべく, 同朋の, 同行は, 名所が, 含む想い, 呼声袖何せよ, 啓示によって, 囚徒のみ, 回覧雑誌の, 国目付に対する, 土匪の, 圧死者を, 地方人という, 執筆が, 報告を, 境遇も, 壮士も, 売れた割烹店, 売れた木場, 変り果てた姿, 外人ボーイが, 多くが, 大へん尊敬, 大学教授連を, 大将数千の, 大衆が, 夫人は, 女が, 女は, 女子たちは, 女文字に, 如きが, 如くぐつぐつ, 如く円く, 如く如可, 如く早稲田たんぼ, 如く無, 如く福, 如く静か, 妃を, 妻子共, 姿の, 娼婦たちの, 婦人達が, 子供が, 字の, 学僧たちが, 学者に, 宅へ, 官憲が, 宝物宝器も, 家中を, 家来槍を, 宿に, 密談と, 寺は, 将兵は, 小作人の, 小屋の, 少女は, 少年は, 尼の, 屍体が, 山伏が, 島へ, 州郡の, 工兵を, 帶の, 幹事を, 庄助さんは, 弁護人ならびに, 引揚者の, 張紘をも, 形と, 役人は, 後ろを, 従業員を, 得心は, 御警固, 心事を, 応募者の, 怪我人が, 患者が, 悲壮な, 意味と, 感じを, 憲兵を, 戦死者が, 手に, 手練の, 持ち主の, 挙げられること, 排列が, 提灯行列是れ, 搭乗し, 政友会席だ, 教授連が, 敵の, 文字が, 料理屋で, 新入りとを, 新店員, 新聞だった, 方も, 旅館が, 旗本に, 日本婦人たちに, 旧領地, 明代とか, 暦官を, 書いた札, 書記とは, 有する姓氏, 有る法印さん, 朝鮮人信者団である, 木村丈八郎へは, 本にて, 村の, 来援を, 東洋人に, 校友校員一致発奮の, 桂の, 植物が, 槍囲いに, 横目が, 歌です, 武士であった, 武蔵の, 歩哨が, 死刑囚を, 残存者は, 氏名は, 水夫, 氷河を, 河が, 注意を, 流布も, 浪士の, 海兵黒人輸卒を, 混乱時代とも, 漁師が, 潜入が, 火星兵が, 無い者, 無道の, 片言と, 物である, 犠牲を, 犯罪を, 独逸人の, 獄卒は, 珠に, 甚だ高き, 生存者が, 生徒や, 用法が, 由來, 由来についても, 申出により, 男らしい人, 男子患者は, 町会議員富岡豊吉鈴木岩吉などの, 画家仲間と共に, 異様なる, 病気に, 発音の, 白頭翁だ, 監獄役人とが, 目明したちを, 直臣たち, 看板に, 眼と, 知られし商人, 知られてないよう, 知れた人々, 知れた図書館, 知れた手堅い, 知れた旧家, 知れた芸者屋さん, 知れない一, 知れない森林植物, 知れない紫, 知れない高山, 知れぬ古い, 知れぬ汚い, 知れぬ虫, 知人だけの, 硬ばっ, 示すごとく養老院, 示す如く剛直一端, 示す如く本来, 社員だ, 禁止であった, 私服警官が, 称せられざるを, 立たん憂, 竜の, 笛を, 納所でございます, 素朴さが, 紳士達が, 給仕が, 総務委員に, 縫いつけて, 罪人だった, 美人連を, 美姫を, 老人仲間が, 老幼男女が, 者かが, 者へ, 者達は, 聞えたお湯, 聞えた名族, 聞えないもの, 聞こえた官僚人, 聴衆は, 職業も, 胆吹王国の, 胸を, 腕節の, 船が, 色男に, 芸者が, 若い女中, 若侍たち, 英雄の, 菓子が, 葱は, 薯蕷が, 虎杖に, 衆と, 行方不明は, 被告たちと, 製図技手を, 見あげた人物, 見ゆるはた, 觀念とは, 解釋には, 記して, 記者であった, 訛略即ち, 話し声が, 誤認から, 請願講演会新聞宣伝等々それは, 講師の, 警官それに, 警官や, 警察官によって, 豪の, 貧乏ぶりを, 賃銀計算係が, 賊徒を, 赤穂浪人が, 起こるいわれ, 起りであります, 起る前, 起原を, 足軽が, 身がら素姓を, 軍人が, 輝きには, 農民の, 近臣を, 送付方を, 通った博奕打, 通った有力, 通つた市場の, 通りアーモンドを, 通り少女達が, 通り玉の, 通ること, 連想作用が, 進化の, 運転手の, 選良の, 郎党の, 部屋として, 郷士は, 酒盛りと, 重立つ者, 野武士は, 鑑定人を, 門弟が, 間諜を, 闘士の, 附く事, 附加的労働者を, 陳述を, 隊員で, 集団は, 雑軍の, 霜太霜太を, 青年に, 革命家の, 響いた貴, 頭の, 頭目も, 顔も, 風に, 香が, 駿足も, 高いお, 高い三つ輪, 高い十内, 高い彼, 高い洞院左膳, 高い藝人, 高い關, 高さ, 高野天皇を, 魔形の, 黒い善良

▼ 名~ (4714, 12.5%)

50 何と 36 なんという 35 何という 27 忘れたが 23 何んと 20 聞いて 14 ない, 体を 11 なかった, 知らない 10 知って 9 それから, 今も, 忘れましたが, 知らないが, 私の 8 天の 7 彼の, 忘れた, 忘れて, 誰も 6 あっても, あるが, ないの, 一つも, 今では, 何て, 出て, 女なり, 覚えて 5 きいて, これに, どこにも, なんていう, なんと云う, 後に, 書いて, 顔を

4 [17件] いうまでも, ここに, さうだ, その時, なかつた, なくて, なんと申す, 伺って, 何といふの, 何と云, 信州の, 唯の, 当時の, 御門御, 見あたらない, 見えない, 記憶し

3 [54件] ありませんが, あるけれども, あるの, あれど, あれど吾が, いずれも, いつも一級, お秋, この時, すぐに, そこから, それに, ついて, なんて言う, なんといふ, なんと云, わかって, わからない, わすれたが, 一般に, 世界に, 世間に, 云えない, 今は, 伝わって, 何と申, 何と言, 元亮, 口に, 古くから, 同じで, 大抵は, 実の, 彼女の, 性を, 恐ろしけれど, 日本の, 日本中に, 昔から, 残って, 海の, 無い, 知らぬが, 知りませんが, 知るまいと, 秀吉と, 私が, 私に, 私には, 聞えて, 自分の, 見当らない, 誰の, 非常に

2 [230件] あげて, あつた, あつて, あらずもがなである, ありませんでした, あわてて, いいませぬ, いかが, いさしら, いた, いまに, いよいよ高く, おけい年, お互いに, お六, お冬, お召し, お柳, お照, お芳, お蔭で, かねて, きみの, こ, これだけ, これで, これを, さう, ささなかったが, ささやん左三郎, しほと, すでに, せを, そして人, その中, その時慎太郎さん, その辺, それが, それで, それを, そんな意味, たしか一窓庵, ついぞ聞いた, つると, どこへ, ないから, ないが, ないと, ないよ, ながつたらしく, なくただ, なにか, なんでも, なんと, なんといいます, なんといった, なんとおっしゃいます, なんとおっしゃる, なんとかいった, のがれぬよか, ふさわしくない, ほとんど知らない, まだき立ち, まる潰れだ, みぬま, もう東京, もとは, よいけれども, よく知っ, わからないが, わからなかった, サクラ号である, ジョン, ドイツより, ハーキュリーズという, ワルワーラと, 一に, 一時に, 一躍し, 三人とも, 世に, 世に高い, 中村, 久しく耳, 九州の, 五郎年は, 人に, 今尚, 今日でも, 仏くさけれ, 他にも, 何ていう, 何でも, 何とか云った, 何と申します, 何んで, 何んという, 何んといふ, 何処にも, 佛くさけれ, 個人の, 元, 元堅, 元来宋, 兄比売, 兄比賣, 八, 其中に, 出しません, 判らないが, 別として, 別にある, 別にさしつかえ無い, 前に, 勘六細君は, 勿論僕, 去年の, 古い, 各, 各地に, 固より, 国の, 地だ, 多くの, 大学であった, 天下に, 天之, 太田も, 宗, 宣と, 宮主矢河枝比賣, 容易に, 小走りに, 少しも, 山茶である, 岳字は, 幕府の, 幾何でも, 広く知られ, 底と, 引田部の, 弘字は, 後の, 徹頭徹尾尊敬, 必母名づけぬ, 忠三で, 忽ちその, 怎でも, 思い出せないが, 承知し, 挽臼が, 文吉でございました, 早くも, 早く既に, 時によって, 書いてない, 書いてないが, 曾て, 有名な, 木花知流比売, 杉田春と, 某字は, 業広, 次の, 正瑞, 此の, 母が, 海賊, 淑芳と, 淑芳字は, 清と, 火之, 無かった, 無事に, 燕の, 父の, 玉子, 瑞歯の, 申さぬが, 男性の, 異なれども, 疾くに, 相当に, 知らない人, 知らぬ者, 石押分の, 砲弾の, 秀吉の, 私し, 私は, 私も, 立てずして, 第一回限り, 筏に, 籠川を, 美しいが, 美しいけれど, 義方吐醋と, 耳に, 聞いたこと, 腰を, 自分で, 良字は, 芒である, 芳夫婦っきりで, 苦しい息, 蔦屋と, 行はれ, 表筒男, 裏山より, 見出されなかった, 言わなかった, 記して, 記してない, 記憶に, 詐って, 話に, 誰か, 誰にも, 貧乏なり, 贄持の, 赤竹麻山に, 辻某と, 野鴉椿である, 雪にぞ, 順次に, 首を, 馬を, 麓において, 黒旋風の

1 [3598件 抜粋] あかしても, あげませんしかし, あつたらう, あまりよい, あらう, ありませぬ, あるいは猫竹, ある個人, いい名, いかにも好い, いずかた, いちはやく伸子たち, いつしか真, いないであろう, いまトラックに, いらないの, いろんな事件, うけたくないの, おいよさん, おしのさん, おそるおそる橋, おひで, おゆるし下さいまし, お仙, お君, お年という, お梅, お由紀, お糸, お貞, お龍, かぞえられたが, かなり弘, かんばしき諸, けだしその, こうして草莽, ことばの, この地方, この羊歯, これからし, これまた, ございません, さしてない, さらに九拝, すぐ出発, すごいホテル, すでに宋江, すでに雷鳴, ずっと後, そこに, そのままいっしょ, その一時間前, その副, その常世の国, その時分, その欲, その語原, それぞれ身に, それまでは, たくさんあった, たしか全次郎, ただひとつ, たびたび耳, ちょっと珍しい, ついに逃げ, つけて, つつめども, づかし, とうに存じ, どうあろう, どうしても連れ, どうやら再び法蓮房, どんなに輝き, ないそう, なお保存, なくても, なく次, なでしことやら, なるほど, なんとかいつた, にわかに, のって, ばくろ町の, ひとまず陣所, ふた手, ほんぜんと, まさしくそこ, また大阪市, まだわかりません, まだ東国, みずから艇とともに, みな死罪で, むほん人として, もうはっきりと, もう私ども, もとより, もと山林, やはりおや, よいが, よく心得, るい娘が, わが家の, わしも, わたしには, アウネスト・ブラドンと, アメノヲハバリと, アワリチアだった, イコマの, エアでした, オクヤマツミの, カツト姫と, カレンと, ギリシア宗と称す, クラヤマツミの, ゲーレスと, サタ・ダルケという, シギヤマツミの, ジム, ストリントベルグだった, チベット人自身は, ディ・ヴァンピエル座, ドイツの, ニコデムスだ, ハヤマツミの, パシエンカと, ピルフォロステオスと, ブラスコヰア・ミハイロフナと, ペルクノン, ボンシャサの, マサカヤマツミの, ミカハヤビの, メルキオルと, ヤコフ・イリイッチと, ユルスュールという, ラテン語で, レギオン我ら多き, ロマンティック, ワーナー博士の, 一たびナチスの, 一六二二年いづれ, 一家に, 一旦脱がされ, 一躍世界的, 七同然融通は, 万民怨嗟の, 三味線堀と共に, 三条の, 上村五郎薩摩藩の, 下手人の, 不気味です, 世によく聞えます, 世簡字は, 中央に, 丸で, 久しく世人, 久通称は, 二三日目に, 二十面相とも, 二種あっ, 云わぬ, 五瀬の, 亡ぼしても, 亮朝院神佛混淆の, 人夫でも, 仁番またの名は, 今はじめて, 今日植物学界では, 他人に, 付近に, 伊都の, 伝わらなかったの, 佇んで, 何か, 何ての, 何とか言った, 何と申し, 何の, 何んである, 余りにも, 侯健という, 保孝通称は, 信淳通称は, 倭姫世記に, 偽名でした, 允成字は, 元来間違っ, 先刻いちいち, 光和孫の, 免れ難し, 全く不要, 全欧洲を, 八島士奴美の, 公子または, 六と, 共和政治と, 其の時師匠, 兼時小字は, 决し, 出さないからね, 出ない, 刀身即ち, 分らぬ, 初めて甲武信岳, 判らんのう, 刺國若, 前記三湖の, 加利福尼亜という, 勘当した, 勢夜陀多良比売それ容姿よ, 十一台の, 十惡では, 千年以上の, 半月槍を, 南都一乗院で, 即ち個人名, 厚, 又名, 口を, 古代史に, 古風の, 史進と, 吉については, 同じだし, 名のらなかった, 向日葵の, 否瀬善次兵衛俊兼, 周, 呼ばれなかった, 和銅開珎と共に, 問う要, 喜兵衛母は, 嘲いぐさ, 四郎兵衛二十六歳, 国許でも, 圧倒的に, 坂口安吾です, 堺得司, 墨で, 変って, 外に, 多分それ, 大, 大和日出夫, 大岡家代々の, 大江廣信, 大臣であっ, 大黒屋商店という, 天王山, 奉行の, 奴と, 如何にもふさ, 妙子さんと, 婦人であった, 孔門随一の, 孟達字を, 宇兵衛も, 安易の, 官僚でも, 実に人間, 実性という, 宥せ, 家の, 寄合医師中に, 寛いだ, 寸刻の, 小さいとき, 小光, 小川ヤイコクこれは, 小森だ, 小雪と, 少女シノを, 就字は, 山中房吉二三年は, 山梨と, 岩波新書の, 川口村字森下訪ふ, 巴里に, 布帝耳の, 帰京する, 常陸介維茂に, 平蔵だ, 幼少な, 広年, 庸三も, 建物の, 張飛字は, 当時を, 形名なり, 彼が, 彼女は, 後世もっぱら, 得印兼光, 御門, 徳造と, 必ず彼, 志那都比古の, 忘れなかつた, 忘れられて, 忠作と, 忽ち近郷, 思敬字は, 怪人四十面相だっ, 恭箕陽と, 惟常字は, 愛媛県温泉郡潮見村字吉藤, 慶滋の, 憚つて記さぬ, 我が敬慕, 戸籍簿には, 手ぬぐいを, 承ま, 指して, 振衣, 撞賢木厳御, 救急車の, 数多い, 文吉と, 斎藤山城守様に, 新八, 斷然い, 既に柿系圖, 日吉という, 日本人には, 日本流に, 旧約に, 昌次郎妻とよ, 明し兼ねまする, 明雄と, 春に, 時々絶叫, 時量師の, 暁字は, 曖昧な, 書物に, 最も神聖, 有名に, 朝鮮の, 未来永劫芝居道の, 本名な, 本隊に, 杉窪の, 東京じゅうの, 東日本には, 松家お, 松造という, 栗山善助である, 案内を, 梵語として, 楝である, 樋口一葉を, 櫓を, 次第次第に, 正一郎と, 正統派というか, 此一年越し外へ, 武右衛門と, 残されて, 殺風景である, 毎日, 民主國民である, 水藻恐ろしい, 汝利という, 決して口, 沖縄諸島の, 法老, 泥地に, 流された, 浅黄地に, 海内に, 消えなかった, 淤縢山津見の, 清十郎より, 湿メ虫, 滅すべし, 漢字で, 潜字は, 火照の, 無く脚, 無論仏教関係, 父姓の, 特務機関員であっ, 狭き門, 獅子なれ, 玉太郎で, 珍しくまた, 現在多く, 琵琶を, 甘匹, 生れしとか, 田中文治さん, 申されません主家, 畏怖なし, 異なり多, 疾く刀, 白招拒精を, 皆その, 皆補充兵である, 目が, 直民, 省く, 真紅の, 知らず峰, 知らない振り, 知らぬぞ, 知られて, 知れないが, 石拆の, 確か長谷川栄次郎, 祝融で, 神語, 福太郎とか, 私にも, 秋邦字は, 秩父には, 穩なら, 立たん, 立山丸に, 竹斎と, 符牒の, 箱根へ, 篤介, 粛親王の, 紅蕉と, 細比賣, 絶えず聞い, 総理大臣その, 繩伊呂泥またの名は, 署し, 美濃一国に, 羽山津美の, 老家政婦, 聞いた事, 聞き落したが, 能登守の, 自分も, 至る所, 船を, 色めき立つ, 苔の, 若杉貞子と, 茂竜字は, 菊女と, 萬一にも, 蒲生方の, 藤原氏が, 藻とか, 蜂須賀代々の, 街道いたる, 西国地方などでは, 見えないの, 見て, 見當ら, 角三と, 言うな, 言わずに, 言語容貌他国人に, 記載してない, 誇張した, 読者も, 謂は, 谷崎潤一郎の, 貞皎号を, 貿易だ, 起りしなるべし, 越智東風では, 車前その他色々, 近ごろ我が国でも, 迷子に, 速秋津日子, 連邦である, 遂に見出す, 達空伊勢国一身田の, 遠島を, 遺憾ながら, 郁太郎と, 酒によって, 重礼, 金員の, 金蓮である, 銃の, 長い陶製, 門之, 闇淤加美の, 陳応と, 隠れなかった, 雛勇本名は, 雲の, 青梅街道, 須美禮姫, 顔も, 飽咋の, 駈けだして, 高い, 高井清子といったね, 鬼の, 鳩首し, 鵲豆である, 鹿屋野比賣, 黒岩とか, 鼠麹草または

▼ 名~ (3138, 8.3%)

114 ある 58 ついて 54 書いて 53 出て 31 あるの 25 あった 24 あって 20 付いて, 残って 19 見えて 18 あります 12 あつた, 多い, 記されて 11 あるが, 出ると 10 ついたの, 出た, 出たので, 高い 9 あっても, 知られて, 通って 8 なかった, 見える 7 あったの, あるので, つけられて, 出たの, 書かれて, 聞えます, 附いて 6 あるから, あると, なければ, 出来たの, 口に, 記して, 違って

5 [20件] あつて, ありますが, ありまた, あるん, しるして, つけられたの, でて, ない, ないの, ないので, 世間に, 今も, 出来たと, 売れて, 変って, 彼の, 知れて, 聞えて, 頭に, 高くなった

4 [23件] あったから, ありました, ありましたが, あるか, あること, つく以上, わかって, 伝わって, 元は, 入って, 出たとき, 出る, 出来た, 出来たもの, 刻まれて, 挙げて, 新聞に, 示す通り, 読まれた, 載って, 集って, 青年の, 高かった

3 [39件] あったこと, あり, あるかも, あるくらい, いずれも, これを, しるされて, そこに, ついた, つきました, つくと, つけて, できて, 一般に, 世界の, 他の, 伝らない, 似て, 何か, 出たと, 呼ばれたの, 呼ばれる, 天下に, 存し, 抜けて, 挙げられて, 来て, 現れて, 現われて, 生じたの, 示して, 署し, 見えるが, 見えるの, 載せて, 通つてゐる, 遺って, 隠されて, 響いて

2 [144件] あげられた, あげられて, あったと, ありその, ありません, あるし, あるでしょ, あるでしょう, あるでは, あるという, あるに, あるには, あるほど, あるもの, あるよう, ある事, ある以上, ある位, あろう, しらの, そのままに, その仲間, その持物, それに, たくさん出, ついたという, ついてを, つく, つけば, つけられぬゆえ, つけられました, つけられまた, つけられる, つつましく出, どうも似合, ないと, なくては, なくとも, のって, はいって, ほかの, みえて, ズラリと, ドレ, 一人の, 一列に, 一時に, 与えられある, 世に出, 世界に, 並べて, 並んで, 二人の, 云える, 亡び實, 人の, 今でも, 今の, 今は, 付いたと, 付くと, 付けば, 伝えられて, 伝へられて, 何を, 例の, 俄に, 候補者として, 傳らない, 先か, 公然と, 兵法家として, 出たこと, 出たもの, 出るところ, 出るよう, 出来て, 出来ると, 分らんから, 列記され, 列記し, 加わること, 印刷され, 印象深く記憶, 古くは, 叫ばれて, 可笑しいん, 各地に, 呼ばれた, 呼ばれて, 呼ばれるの, 大きく印刷, 始めて, 引き合いに, 当選し, 彫って, 彫りつけて, 心に, 急に, 手を, 握りしめて, 斃れ, 暗示する, 書いてないので, 死の, 残った, 水神に, 江戸人に, 江戸人の, 洩れて, 浮んで, 消えて, 無かった, 現れたの, 瑠璃子の, 生れたの, 目に, 知れると, 私の, 端なく, 筆太に, 続出で, 耳に, 聞こえて, 膝を, 自分の, 表面に, 見えないでは, 記憶に, 試食した, 詩壇を, 語られて, 諸藩, 起ったと, 起ったの, 起ったもの, 起りましたと, 輝いて, 重きを, 隠れて, 頭を, 首を, 高くなりました, 高く妻

1 [1873件 抜粋] あえて正しく呼ばれ, あげられ, あざやかに, あったが, あったので, あったらしくそれ, あった某, あつたらしい, あまりに世間的, ありお, ありそう, ありホド, あり今, あり又, あり夏, あり山名, あり校舎, あり甥, あり秋田縣, あるかと, あるだけ, あるといったじゃ, あるなどとは, あるばかりに, ある可, ある為, あわただしく何, いいん, いかにも美しい, いくらか世間, いた, いちどに躍り出, いつとも, いまも, いよいよ輝く, いろいろと, うかびこの, うかんで, えらまれ, おくの橋廊下, おりまする, お柳, お葉, かくの, かなり多い, かわるよう, きこえて, きまらぬので, きらいに, こういう風, ここへ, ことごとく変装, この中, この建物, この草, この頃キヨメ等, これこれの, これ又, ござろう, さまざまな, しきりに出, しばしば繰り返され, しめて, すぐ反問, すこぶる奇抜, すでに乗っ, ずらりと影, そうである, そのなわじり, そのよう, その将来, その日, その男, その青年, それぞれ好める, それで, たかい, たしか昭和十七, ただ一つ, たびたびくり返された, だんびら, ちょい, ついたとか, ついた手前, ついても, つきそう, つきますと, つくであろうよ, つけられ今日, つたわった, つれ立って, できちまうん, とおった, とくに彼, どうしてこの, どこから, どんな妾, ない如く, ながく続いた, なくて, なにごとか, なること, のりこんで, はっきりと, はっと備え, はるばる小樽, ひとつひとつ記され, ぴたりと, ふた組に, ほしいね, ほとんど洩れなくあげられ, まざ, まだきまらず, みえるが, もと, ものものしく鳴り響い, やがて怖, やにわに帆村, ゆえしれず, ようやく武門, よく出, よく聞える, わかったら知らせて, わからないと, わかりませんの, わかるわけ, わずらいを, わめき合う, アンヌ・ド・サント・イーヴ, エタと, サト子の, ジャンの, ストーヴからは, ニーチエや, バタバタと, ヘブリウ本来の, マスズメとも, ヤーコプっていう, 一々付い, 一ぱいに, 一人も, 一塊に, 一度呼び上げられる, 一束に, 一番好きだった, 一絞, 一般読書人に, 三ツも, 三名とも, 三郎さんで, 上へ, 上陸した, 下簾, 不潔だ, 与えられその, 世に, 世間を, 並べ記して, 中外に, 主人公の, 主要人物の, 事の, 二ツ田, 亜米利加中の口に, 京阪を, 仇敵佐々木劔刀斎岸柳の, 今井の, 今活き活きと, 付いたかと, 付きその, 付くもの, 付けられる道理, 代表され, 代表に, 任に, 会社の, 伝ってから, 伝わらぬが, 低級な, 何であろう, 何となし, 何時の間にかまるで違った, 余りに意味, 作られたけれども, 使われて, 信仰界の, 候補に, 偽称され, 傷を, 先へ, 先陣だ, 入用だ, 全国区から, 全部ひ, 公表された, 其, 再び結集, 出たが, 出たばっかり, 出た以上, 出てたらどう, 出てるレッシング, 出ないからには, 出ねえ筈, 出ますそう, 出るごと, 出るの, 出るもの, 出る迄, 出入りする, 出来たか, 出来たとは, 出来また, 刃傷に, 分らない, 分らなかつた, 分らねえと, 分布し, 列車妨害で, 初めて出, 判ってから, 判りませぬが, 別に, 利根川の, 刷つてあつ, 前に, 剏まつた, 功名帳に, 加判された, 勿体ぶって, 半七, 単に名, 危険に, 及ぶの, 取り巻こうと, 口を, 古くより, 古書に, 各, 合体した, 同じで, 同じ意味, 同時に郡, 名高くなった, 君に, 呼ばれたもの, 呼ばれること, 呼ばれるまでには, 呼び上げられるの, 命令を, 唐突に, 喧伝され, 嗚咽を, 国際舞台へ, 地質調査の, 売れると, 変つて烈婦小松が, 変わって, 外の, 多かつ, 多くその, 多く漢名, 多少人, 大きな敵, 大八車に, 大抵我々, 大隈農商務大臣を, 天皇の, 奥津城処, 好奇心を, 妙じゃ, 始めたとき, 子供の, 宇野久美子だ, 官の, 客を, 富倉町である, 導かれたの, 小源二, 少彦名, 屡, 岡山に, 已に密教, 幕府任命と, 幾度と, 広く普及, 広く認められ, 度々出た, 廃れた後, 弓馬に, 弘く, 張り番を, 当って, 彫られて, 彼と, 彼方から, 後にその, 後世までも, 御営門, 心を, 必要な, 忠通の, 忽然とこの, 思い出せないで, 思ひ浮んだ, 悠々と, 想い浮ぶでしょう, 意識下に, 戻って, 批評家の, 押し寄せて, 拡まっ, 指された, 挙げられきまった祭神, 採集せられ, 掲げられたばかりに, 擧げて, 擬音的である, 政略的に, 散らばつて, 敵人ながら, 文壇に, 斬られ六名, 新たに, 新聞紙上にも, 既に小, 旧くから, 早くより, 昔からの, 春陽丸に, 暗中に, 書かれ鍵孔, 書き加, 書けなくて, 最も傑出, 最も雄大, 有つた筈ぢ, 有るの, 有筈なり, 木馬を, 本来の, 本艇右舷の, 村人たちには, 東京市中に, 果して本, 案の定浚いとるべく, 樹蔭から, 次々撃ち, 次郎の, 正史から, 武裝上陸本船から, 死に九名, 死歿し, 残されるならば, 残つて居る, 残るだけ, 残ろうよ, 段々東京, 殺されて, 母にとって, 気に入って, 水の, 汝生の, 決まれば, 法師武者四五名連れ, 洩らされ討幕, 浪飛沫の, 浮んだの, 消えるわけ, 深く印象, 清十郎の, 漸くすべて, 澤山見える, 火星人の, 無いので, 無智, 焼死した, 爆發物を, 特務機関へ, 現れたこと, 現われたの, 理論も, 生き残った, 生まれて, 生れること, 用いて, 田平子なる, 申渡しを, 町内に, 異なるのみで, 登って, 白系露人の, 百代子である, 皆堂堂, 監禁され, 相応に, 相討ち遂げ, 真剣を, 知られました, 知りたくなったので, 知れないから, 研究中に, 社會主義仲間に, 私は, 稽古槍を, 突然家宅捜索, 立ち上って, 立つ, 立つと, 立派だけに, 第二節, 箱に, 細かく彫りつけ, 絶望的な, 繰返される, 義観だ, 耳を, 聞えたので, 聞きたいなら私, 職掌の, 自ら発案進言し, 自然主義である, 舎名として, 色魔の, 芸文書院と, 茶山蘭軒二家の, 莎草の, 葛の葉の, 血まつりの, 行われた明治初年, 街道の, 補充されなけれ, 見いだされた, 見えたじゃ, 見えましたが, 見え一, 見え塔森, 見付かりませぬ, 見覚えの, 親と, 解っても, 記され五万円, 記入し, 記憶の, 訪問の, 証明する, 認めて, 読めた, 誰の, 謀って, 讀上げられた, 負うもの, 貴方どうも, 賊の, 起こったか, 起こって, 起ろう, 路傍で, 載せてない予察図, 轟いてから, 辻村の, 追ッ, 逃がした責任, 逍遙博士の, 通りました, 通常の, 連ねられ巻尾, 連想され, 進み出で, 違うと, 遙か, 遮ったの, 部下から, 釈放された, 重複し, 金一です, 鉱山の, 錫蘭の, 間違って, 附いたので, 附く, 附けられ佛蘭西譯, 隅田川と, 集った, 集合し, 雲の, 青木丹左衛門とは, 面白からず, 響く時, 頗る怪しい, 顕われたであろう, 飛び出したので, 騎兵三名が, 驚いた顔, 高いに, 高くそれ, 高し, 高木で, 鳴って, 黒

▼ 名~ (1994, 5.3%)

25 ある 23 出て 11 金も 9 ない草 8 あるが, 何も, 知らぬ虫 6 あった, ないよう, 実も, 忘れて, 知らぬ小鳥 5 ないの, ないもの, ない一人, なかった, 何にも, 書いて, 知らなければ, 見えて, 覚えて, 顔も

4 [12件] あって, ない, 人の, 今は, 告げずに, 所も, 知って, 知らずに, 知らないよう, 知らぬ花, 知れぬ雑草, 知れぬ鳥

3 [44件] あるから, あれば, いて, これに, そこから, それから, それに, ない一介, ない墓, ない小さな, ない山, ない民, ない田舎, ない者, ない路傍, ない雑兵, ない雑種, ない雑草, なき者, なき草, なき輩, なければ, わかって, 住所も, 口に, 咽元まで, 変って, 姿も, 家も, 形も, 彼の, 新聞に, 松雲と, 沢山に, 知らない, 知らない人, 知らなかった, 知らぬが, 知らぬ大樹, 知らぬ灌木, 知らぬ雑草, 知らぬ鳥, 知られずに, 都人の

2 [128件] あつた, ありて, あり男女, あること, あるん, いる, おもしろく友人, お春さん, かくれ妻, きかず, きかぬ三味線, さらされて, しばらく秘し, しらない女, しらぬ花, すべていますぐ, そのうち, その文庫, その時, その第, その長篇小説, その頃, そろって, たしか, ついて, つけようの, ないところ, ない奴, ない寺, ない小, ない島, ない町, ない町人, ない職人, ない選手, ない雑木, ない黒五郎, なきもの, なき仏師, なき土民, なき大衆, なき女童共, なき山, なき旅, なき職工, なき花, なき道, なく死ん, なつかしい, また頗る, みえたよう, わからない, 主意も, 交じって, 亦決して, 仮名です, 作品も, 偶然でない, 処も, 出なかった, 判らない, 利も, 加わって, 勝入と, 又お, 古りに, 多い, 大沢に, 宜い, 実は牧野植物研究所, 実権も, 彩雲閣の, 彼は, 忘れられて, 戒名も, 挙げて, 文月の, 更え, 比治山と, 消えて, 激増した, 無き作, 無き山, 無き著者, 無き賤, 甘受しなけれ, 生きて, 申さず定めし, 相応に, 知らず顔, 知らないの, 知らない人たち, 知らない女, 知らない草, 知らない鳥, 知らなかつた, 知らぬ, 知らぬ木, 知らぬ草, 知らぬ草木, 知らぬ蕈, 知りは, 知れないよう, 知れない樹, 知れない羽虫, 知れない花, 知れない雑多, 知れない雑草, 知れぬ小, 知れぬ故郷, 知れぬ民衆, 知れぬ神, 碌に, 福島福造, 素性も, 聞いたこと, 聞いた事, 聞かずに, 蒲の, 行われて, 要らず金, 言はずに, 記されてないこれ, 貰って, 赤羽川と, 集まって, 顏も, 香木峡と

1 [1386件 抜粋] あかさぬのに, あったそう, あったよう, あて名の, あまりにも, あらず重, ありそう, ありましたよ, ありますが, あり為替, あるには, あるべき者, あるルイ・シャルル・ド・カストリ侯爵, あろうか, いけい事ある, いつか一度は, いつしか曖昧模糊, いやな, いるだろうか, いるの, いる乾児, いろいろで, うせはてて, おぼえた, おみうち, おられて, おるわけ, お好き, かかげて, かなし艸千里濱, かわれば, けっして引合, ここの, ことわりの, この娘, この荒寺, これから出た, これによって, これより, こんな意味, さしむけて, しらない, しらぬ宝石, しらぬ男, しれない怪鳥, しれぬ川, すぐ分るだろう, すべてその, そうなる, そこに, そのため, そのままの, その中, その使い途, その参列者, その年齢, その旅僧, それぞれの, そろえば, たつべし万人, たれ言うと, ちゃんと出, ついてしまつ, つけ難し, つげぬお方, できたもの, ところも, どうやら聞覚え, どれが, ないがらくた茶碗, ないた, ないつまらない鳥, ないやさしい名, ないマニス宗, ない一女官, ない一軍人, ない下, ない乞食, ない人間, ない作者, ない出稼ぎ, ない医師, ない古道具屋, ない図書館, ない土賊ども, ない大根, ない宿, ない小さなその, ない小役人, ない居候連中, ない峠, ない市民ら, ない庭園, ない建物, ない或, ない手合い, ない日本, ない木立, ない権八, ない水夫, ない油, ない温泉, ない片隅, ない生紙, ない田舎町, ない病気, ない私, ない粗, ない絵工, ない老, ない若い植木屋, ない草花, ない葉武者, ない詩人, ない郷士, ない防人, ない雑人, ない雑誌社, ない駄壺, なかるべきに, なき一人, なき一少女, なき中国浪人, なき人たち, なき壺, なき小鳥, なき座附作者, なき東国, なき民衆, なき漁船商船, なき田舎武者, なき草賊ども, なき農民, なき陪臣, なき雜草, なくはたらい, なく不正, なく学, なく教養, なく美, なけれど, なしと, なにかせん, なのらないという, なまめかしい江戸紫, なるほど, はいって, はじめて聞く, はつきり知らなかつた, ふさは, まいって, またいまや, またしばらく, また婆彼岸, また方々, また足利尊氏, まだ広く, まったく同じ, まわりに, みえる, みな浅傷深, むずかしい漢字, めでたい, やがてまもなく着, やって来て, ゆかしき, よい容貌, よく覚え, れいれいしくこう, わかつては, わからない福州, わざと別名, アラブ人で, エンジェルさんという, コック, ジョンとか, バタバタと, フランス流に, ポチと, メイゲツの, 一つだけ, 一つ勇を, 一夜は, 一年た, 一部は, 上り苦労骨折の, 不要に, 世に, 並び戴頭受話機, 主人の, 乘つてゐた, 二字名で, 云わず芳古堂, 云わなかったわけ, 人に, 今井二官と, 今朝からは, 他の, 代議士を, 仮りに, 伊豆あたりまで, 伝わって, 伺わなかったの, 似つかわしいよう, 似て, 体中刀傷や, 余すな, 借りて, 元は, 兄貴の, 入れて, 全然憶, 公に, 共にこれ, 具足師の, 出かねない, 出したくないと, 出たと, 出たん, 出る, 出来た訳, 分らず其の, 分らないの, 分らぬ多く, 切り取つて, 初めてはっきりした, 判らず年月, 前後に, 勇ましい怪物潜水艦, 十七名の, 午飯に, 半数は, 厩も, 古いの, 各地に, 吉水だ, 同じ地つづき, 同じ年頃, 同型な, 同時に着陣, 同様である, 向日葵の, 告げず立ち去って, 告げない白い, 呪言の, 呼ばず薬草道人, 呼び, 命も, 問は, 因縁づく, 土を, 変えずに, 変わって, 変われば, 夙と, 多少の, 大名の, 大方忘れられ, 女だけで, 姫を, 嬉しい常夏, 存じません, 守住月華と, 実はあの, 宴会袋とか, 家康と, 宿の, 富田無敵という, 寺路町という, 小説の, 尾瀬に, 居るです, 居並んで, 峰々から, 年号も, 幼名の, 庄兵衞と, 弥平次と, 役目も, 後に, 御生死, 心宿という, 忘られはてた, 忘れ作った品, 恐ろしい, 恐ろしき鳴門, 悪女の, 情ないじゃ, 惜しいとは, 惜んで, 成さず, 我身の, 戯曲の, 手の, 招きまして, 振わ, 捨てて, 据え威風, 改めて次郎右衛門忠明, 教へて, 整然と立ち並ん, 斬れば, 新藤市之, 明かさないで, 昔ながらに, 昔話に, 書いてなかった, 書かないで, 書き抜いて, 替つたといふ, 朕に, 来たろうか, 棄て慾, 橋を, 次第に煙, 歌念仏に, 武蔵と, 歴史も, 死んで, 残りますが, 残ると, 母の, 永久に, 汚されること, 法隆寺なり, 洩すこと, 浮ぶの, 混って, 減って, 潮流の, 無いワンサ女優, 無い出稼ぎ, 無い専売局, 無い村, 無い筈, 無い雑鍛冶, 無き一青年俳優, 無き敵, 無くなり最近, 無事に, 無者に, 犯人の, 珍らしい, 生じこの, 生涯も, 田島さんと, 申し上げまするが, 異口同音に, 白雪姫と, 白骨という, 盛者必衰是生滅法の, 真っ青に, 知ず當人, 知らず, 知らずさればと, 知らずわれ, 知らず宿, 知らず残念, 知らず身分, 知らないこの小さな, 知らないそれでも, 知らないめづらし, 知らないパリ一流, 知らない十名, 知らない小さな, 知らない山際, 知らない昆虫, 知らない珍しい, 知らない美味物許, 知らない虫, 知らない赤雑誌, 知らない隠れた人, 知らなくては, 知らぬか, 知らぬでは, 知らぬ一土民, 知らぬ人々, 知らぬ可, 知らぬ場末, 知らぬ小さな, 知らぬ山里, 知らぬ成りもの, 知らぬ暗殺, 知らぬ沢山, 知らぬ海鳥, 知らぬ熱帶的, 知らぬ白い, 知らぬ秋, 知らぬ紅花叢咲き, 知らぬ臓腑, 知らぬ若い, 知らぬ賤, 知らぬ野生, 知らぬ顔も, 知らねえからと, 知らねば, 知られたが, 知られない人形造り, 知られない者, 知られぬ深海, 知られ生活, 知りあって, 知り尽して, 知るはず, 知れざる馬丁, 知れず殊に, 知れないいろいろ, 知れない一匹, 知れない人, 知れない取的, 知れない小さい, 知れない小鳥ども, 知れない浜辺, 知れない淀川, 知れない細かい赤い白い, 知れない道中胡麻, 知れない雜草, 知れない黄, 知れぬいたいけ, 知れぬベルギー料理, 知れぬ一顆, 知れぬ外人同士, 知れぬ妖物, 知れぬ小さい, 知れぬ小字, 知れぬ屍, 知れぬ島嶼, 知れぬ気味悪い, 知れぬ海藻, 知れぬ白い, 知れぬ花, 知れぬ誰, 知れぬ野禽, 知れぬ魚, 知れねえ野郎, 確かで, 神子上典膳と, 称ばれ, 積荷も, 立って, 範意と, 約めて, 絹と, 義である, 聞いたの, 聞え細川三斎, 聞かず所, 聞き知って, 聴かずに, 自ら, 良三, 草の, 落合村といふまで, 薫ほる, 虎の巻の, 蛇柳と, 要らずという, 見えたから, 見えなかった, 見えるが, 見え私, 見出された, 覚えられないもの, 親も, 言うな, 言わずに, 言わず苦情, 訊かずに, 訊かれぬこと, 討死を, 訳者の, 読んで, 豐岡川と, 貴夫人, 起ったので, 辱めまいと, 近くは, 通う, 連ねられて, 遂げずに, 部屋を, 鉄臂膊とは, 闇から, 附けたくない, 陸大に, 隠し正体, 集るので, 非常に, 音による, 頼もしい運轉手, 餘り, 駕籠まで, 高い, 高い人生, 高い多, 高い鬼少尉, 高きマーチ女史ばんざい, 高き白拍子喜瀬河, 高く響きつる, 麗

▼ 名~ (1781, 4.7%)

119 於て 51 して 50 値いする 34 なって 22 よりて 19 し負 16 於いて, 負ふ 13 しお 12 因んで 11 なつて 10 依って 9 ふさは 8 なったの 7 かくれて, なった 6 しおは, 不審を, 値いしない, 応は, 隠れて 5 したの, ちなんで, なつた, 於ては, 泥を, 負へる, 過ぎなかった

4 [14件] しても, すぎない, そむかぬもの, つけて, 依つて, 価するもの, 値するの, 呼ばれて, 對し, 憧れて, 暫しは, 由って, 相違ない, 過ぎないの

3 [24件] あこがれて, あらず, おふ, かかわること, きまって, ござりまする, したもの, し負う飛騨, すぎなかった, すること, たてども人の, ちなめる針仕事, よぶ, 傷を, 價する, 就て, 惚れて, 托して, 掛けて, 於ても, 減って, 負う相手, 過ぎない, 達して

2 [78件] かぶせられて, ござります, したと, しては, しようと, し負う, し負う山, すぎず他, すれば, そぐは, そむかず少く, たつ姨捨山, ちがいない, なる, ふさわしいところ, ふさわしいの, ふさわしい広さ, ふさわしくない, まじつて, よぶ苗場, 二十, 付き毎年凡そ二, 代る詞, 似て, 何野, 依りて, 価いする, 価しない, 価しないと, 値いし, 値しない, 値するもの, 値する何もの, 値する思想家, 値する生活, 力を, 及んで, 反感を, 向って, 向つて, 呼なり, 呼んで, 囚はれ, 因んだもの, 基づいて, 外ならない, 大町の, 奢らないもの, 嫌悪を, 就いて, 居た為, 居た爲, 恥ずかしからぬ, 愧る, 懸けの, 接しても, 掩われ, 換えて, 換へ, 東京大学名誉教授という, 残って, 用いられて, 相当する, 縛られて, 聞えたるマルクス, 聞ゆる, 背くよう, 自分の, 負う名古屋, 負う武士, 負ひ, 負ひたる, 近いカメラマン, 逢ひ, 過ぎず, 達した, 配するに, 高き女詩人

1 [1028件 抜粋] あくがれて, あったらわし, あてられて, あふ舞子の浜, あらずである, ありますが, あるが, いいつけて, いったんきず, うつると, うとき羊, おう伝説, おう鹽原角右衞門, おけるが, おそれまた, および死者, お供を, かえて, かかわっちゃと, かかわらあ, かかわるという, かかわろう, かくされた独裁, かこつけて, かなって, かわり評論家協会, きわ立って, こだわって, こめられたよ, ございまする, さして手間暇, さへも, しあふ花, しおうここ, しおう伊賀, しおう怪盗, しおう日本橋, しおう武蔵七党, しおう水, しおう猛獣団長大山ヘンリー氏, しおう高館, しおば, したけれども, したわけ, した時, しなくちゃ, しましょう, しようという, しろ決死隊員, し姓, し聞, し負うお寺, し負うシャンゼリゼエ, し負う一年一度, し負う三池信託株式会社, し負う信濃路, し負う傾斜, し負う千本松原, し負う土一升, し負う天下, し負う奥州仙台陸奥守六十八万石, し負う島田虎之助, し負う影男, し負う怪賊, し負う故, し負う月, し負う東海道, し負う武神, し負う温泉, し負う猟奇者達, し負う白山, し負う碓氷, し負う竹生島, し負う美濃, し負う耶馬渓, し負う花, し負う近江, し負う金精峠, し負える荻, じゃまを, すぎず兵, すぎぬが, する, する心算, そぐえる姿, そむいて, そむかず荒れはてた草むら, そむかない, そむかないもの, そむかないりっぱ, そむかなかったこと, そむかぬやう, そむかぬ堂々たる, そむかぬ豊富, そむきませんな, そを, ぞんぶん歓待を, たがわず多年底なし, ちがいございませぬ, ちなんだしゃれた唐草模様ガラス扉, ちなんだ雪, つきお上, つくもの, つけたるもの, つけた場合, つづく枕詞, でかけて, とらせい, とらわれて, とらわれる女, とりまかれては, なお多く, なかつた所, なじんだ習慣, なったこと, なったん, なった捕手, なっても, ならはつ, なりまたは, なり伊藤姓, なると, なるほど, なろうと, のぼりその, のぼること, のぼる行旅, はじぬじつに, はっとして, ひかされての, ひどく親しみ, ふさわしいもの, ふさわしい一人, ふさわしい入口, ふさわしい幾多, ふさわしい探偵犬, ふさわしい法学, ふさわしい素朴, ふさわしきもの, ふさわしく全国的, ふさわしく空, ふれたり, ほかならず, ほかならない, まさる名, まだ類例, まとめる, まろ, むすばれ甲軍, めでて, もし松, やりに, よき字, よったり, よらずして, よらねば, よりながら, エルンスト・クルチウスが, サガラカ, ハツとして, 一どきに絶頂, 一定の, 一策を, 一般使役兵六名が, 万の, 上った義徒, 上りそのうち, 上り重軽傷者千二百余名, 上総畔治郷が, 下らず, 与えられる食物, 二三の, 二十万円ずつ, 京良塚という, 他ならないであろう, 付けたもの, 付て, 代えたの, 代つた, 以前の, 仮りて, 会って, 伴の, 似合は, 何となく心, 何垣内という, 余る未曾有, 余戸と, 依て, 依るエゴイズム, 価したか, 価しないの, 価する, 価するであろうか, 価するほどの, 価する写実, 価する壮麗典雅, 価せしめるもの, 係るので, 値いした, 値いするであろう, 値しても, 値しないもの, 値しない貧しい, 値し歴史的意識, 値する, 値すると, 値するやう, 値するわけ, 値する人, 値する代表的, 値する劇作家, 値する教育, 値する精神史, 偽りの, 價しない, 免じて, 入れど, 兵三千人を, 内外の, 冒すところ, 冠らせる, 出たもの, 出むいて, 制限され, 前田又, 割振られ筏, 助けられた若い, 十把ずつの, 厚朴が, 及びおるものの, 及びその, 及び横浜軍事法廷史上, 及ぶ隼団, 及んだと, 反かず, 取って, 取占められて, 可惜, 叶うた見方, 同情し, 向つて涙, 呼ばれたもの, 呼ばれた茶店, 呼ばれもと, 呼ばれれば, 呼びはては, 呼ぶも, 呼んだの, 呼物許多種々, 喚び変, 囚われて, 因みたるいずれ, 因みてこ, 因むが, 因む椀, 因んだ, 因んでか, 困つた物, 固定し, 城下の, 基くの, 堕ちたも, 増員した, 壓され, 変つた, 外なら, 大堰の, 奮起し, 媛の, 守られて, 安住する, 宛て字, 実が, 寄せて, 対抗しうる, 小さい魂, 就いては, 就ては, 左袒する, 常に用いられる, 引かされる, 引継がせ形式通り受領書, 当てたは, 当る植木, 彼は, 徇し, 得たり, 御香奠, 心を, 念を, 思いついて, 急ぐ愚, 恐れて, 恥じざるところ, 恥じず中, 恥じないよう, 恥じない美しい, 恥じなければ, 恥じぬよう, 恥じぬ功, 恥ぢざりしもの, 恥ぢないのみ, 恥ぢんため, 惹かされた訳, 愧かしくない, 憚って, 戴いて, 戻ったと, 手紙を, 托し今, 折入っ, 拘つて, 拘泥し, 拠る序曲, 採用した, 接すると, 改まつて行つて, 改む, 改めたいとて, 改められたが, 改める事, 改名し, 政の, 敬し, 斬り捲くられて, 於ける分析的演繹論理, 於ける広い, 於ける病院, 施錠し, 書き換え即ち, 書き替えて, 替るの, 未練は, 札が, 松明を, 柳は, 横から, 止った, 殉じたの, 比して, 気が, 求めず隠れたる秀才, 沿うて, 洋学修業を, 浮世の, 淀橋まで, 清一色とか, 減つてゐ, 渡しました, 湯本, 源十郎与吉で, 煙草を, 熊という, 片羽という, 特定の, 瑾の, 甘んずる, 用いられた文字, 由り, 申しつけ他, 申しわけが, 直ちに仕事, 相当す, 相応しい俗悪, 相応しからぬ, 相応わしい, 相應, 相関概念としての, 知られたる狹山, 社寺の, 秘密を, 空しくその, 立ったくらい, 立つ月夜, 立てる山吹, 立て秋, 箔が, 篤と申しふくめ, 納まろうと, 累を, 組閣大命降下, 結びついて, 総べられたと, 置けるクルブ, 聞いた五月晴, 聞えたる坂東太郎, 聞えた乱橋, 聞えた家柄, 聞き臆, 聞こえた五本, 聴耳を, 背かしめないため, 背かずと, 背かず磨かずも, 背かない赭色, 背かぬ, 背くわけ, 脅えて, 至るまで, 興ずる私, 花を, 葛例または, 裏表の, 襲われ鳥銃, 見馴れた寺本, 親しくなった, 親しみを, 親しんで, 触れたきり, 言い渡した, 託した僞書, 記憶が, 誇りいまや, 誓ひ, 説かれ山泊, 談合な申したい, 謳われかつ, 變つてゐる, 負うそいつ, 負う信州, 負う八景, 負う加賀屋様, 負う地下, 負う天下人, 負う将軍家斉公, 負う左様, 負う慶長小判, 負う木曽, 負う束ね, 負う柳営, 負う水狐族, 負う江戸, 負う法術, 負う海洋, 負う猪武者, 負う盛り場, 負う第, 負う西郷山, 負う轡, 負う道三秀龍, 負う関東, 負う魔所, 負える社, 負きません, 負はむ, 負五十四萬石, 負四國, 負大井川海道一, 負荒くれども手, 賭けて, 足らない, 足らぬ編成, 身の, 軍兵つけ, 轟いた三盗賊, 近いかと, 近い人員, 近い家中, 近い法縁, 近づいて, 近藤ツル子を, 迷ひ出で, 追いこみ大事, 途, 連つて偶然世界的と, 逮捕命令が, 過ぎざりしに, 過ぎずその, 過ぎず北千島アイヌ, 過ぎなかったろうが, 過ぎません, 達しましたること, 達し塀, 達すること, 適しない, 適わしい課題, 遺恨を, 酔ってるだけ, 重軽傷を, 鋭く耳, 関る, 関係が, 關し, 阻止され, 附する先例, 限られるの, 限定する, 隠れての, 青銅と, 響いた紋太夫, 飲ませて, 餘り, 馬簾を, 高い一言主, 高い燕子花, 高き和田塩尻, 高き山, 鬼とか, 麾ね

▼ 名~ (1110, 2.9%)

37 あつた 32 呼ばれて 28 呼んで 19 あらう 16 知られて 14 通って 7 呼ぶの 6 あつて, 出て 5 これは, せう, もって, 呼ばれる, 呼ばれるやう, 呼ぶこと 4 あつたの, あらうが, ごあん, ござりまする, それは, 呼ばれるもの, 呼んだの

3 [14件] この憲法, これを, ござります, それを, はなく, もつて, 以て, 呼ばれること, 呼ぶ物, 呼んだ, 呼んだか, 威張つてさへ, 東京の, 発表した

2 [43件] あつた様, あらうか, げすが, ここへ, この家, さあ, その中, ね, は比較, また昔, やって, よばれて, よんで, 一括し, 一般に, 入社つた, 公に, 呼ばせて, 呼ばれねば, 呼ばれるの, 呼ばれるよう, 呼ぶ土地, 呼ぶ必要, 呼んだこと, 呼んでは, 売出した, 平次も, 広く世, 後に, 感謝の, 書かれて, 書きたければ, 男の, 発表された, 神を, 私は, 覚えて, 記されて, 通つてゐた, 通りました, 集めて, 電報を, 電話を

1 [759件 抜粋] あつたさうです, あつたらしい, あなたに, あの人, あらうと, あらわされた日本, あらわされるよう, あれを, いいあらわすこと, いくぶん蔑視, いつぱいの, いろ, いろいろ作品, おかみとは, おこなわれた運動, お供し, お政, かかつ, かくつもり, けだし市街地, こ, ここから, このズミ, この北欧, この山薬, この武器, この種, この進軍, この間お送りした, こよい, これに, こんどは, しかもその, しかも三木一城, したためて, しられた農村, すい, すぐに, すなわちそれ, すなわちまた粉, するの, せうツ, そこに, そこへ, そして諸事, そちなどは, そのむかし木曾殿, そのホテル, その人, その伴何とかさん, その場, その実は, その広大, その時代, その次, その男, その舟, その頃, それから下, それが, それぐらい, それも, ただ男女, つかわれて, つぎの, でも, と来訪者, どこの, どこまでも, なまめいた名, なみの, な私, ねいか, のこって, のむ食, はじめの, はじめ大佐の, はない, は到底, ひょうきんな, ひろく知られ, また深刻, まったく問題, みんな三年以上の, もう五十六七, もと大伴氏の, ものを, やはり遊び, よばれた, よばれるこれら, よぶ, よぶこと, よぶ習慣, よんだり, アイヌ語の, アノー元老院とか, オマエみたいな, カミガモシダは, ガスビルの, グループを, サンスクリット語で, サンマという, ジュウヤクとは, タカは, ヂャランヂャラ, ツバキ全体を, トニオ・クレエゲルは, ドイツ労働者演劇に関する, パール十個包が, ヒルガオの, プラスビイユ宛に, ホトトギスの, ルテティアと, ロンドンの, ローマ帝政時代の, 一つ古い, 一座の, 一札を, 丁度丑松, 三十圓五十圓と, 世界を, 丘を, 両眼, 中央新聞の, 中学文壇その他の, 主人から, 主張しなけれ, 予め玩具, 予審終結決定書が, 二人が, 二十六歳に, 五年かかった, 交潤社の, 仁寿山という, 今それを, 今も, 今ゴーリキイ通, 仕事を, 他の, 仲間は, 伝つた時代と, 伝つて居る, 何ごとかが, 何という, 何処でも, 何処に, 作品を, 來た, 信濃という, 俳句が, 働きはじめた女, 僕は, 元来は, 充満し, 入りこんでは, 入れて, 全く珍しい, 公平に, 六人えらばれた, 六首の, 其舟の, 其頃は, 冊子と, 写真屋を, 出されて, 出した求婚広告, 出すこと, 出た位, 出ようか, 出品を, 出演し, 分るとおり, 初は, 刷られたもの, 前記した, 加って, 加入した, 勝あにいなんて, 勝田新左衛門という, 化物で, 北停車場前の, 区分され, 区別を, 十五名の, 千枝松は, 卒業式に, 占い者に, 印度から, 即ち支那語, 参加します, 又欧洲, 取り巻いて, 口調が, 召捕つて裁判所, 同じよう, 同時に絵の具, 呼ばされた, 呼ばる, 呼ばれたに, 呼ばれたほど, 呼ばれたり, 呼ばれた事, 呼ばれた私, 呼ばれても, 呼ばれます, 呼ばれるある, 呼ばれるとは, 呼ばれるならさ, 呼ばれる一人, 呼ばれる主観的, 呼ばれる文學, 呼ばれる時代, 呼ばれる物, 呼ばれる著明, 呼ばれ乍ら, 呼ばれ今, 呼ばれ後, 呼ばれ得るという, 呼ばれ新約聖書, 呼ばれ目, 呼びあった, 呼びかけた茂太郎, 呼びたいの, 呼びひとまず, 呼びましたが, 呼びもしくは, 呼びイギリス, 呼び得る一派, 呼び慣, 呼び気持, 呼び続けるの, 呼ぶ, 呼ぶが, 呼ぶもの, 呼ぶ事, 呼ぶ気, 呼ぶ習慣, 呼ぼうと, 呼ぼうというにおいてこそ, 呼んだ最初, 呼んどる, 喚んで, 営業し, 四つの, 四十八萬圓と, 城中へ, 堂々と, 売って, 売りだしたが, 大掴みに, 夫人だ, 夫人の, 奏請を, 奴隷の, 妃に, 姉を, 始め高麗から, 字音は, 宝石屋荒し, 実は内, 寄越したが, 寺中へは, 小乗そのものには, 小千, 小母に, 小池へ, 山人を, 差入れる指図, 市岡菊太郎としては, 市川小団次が, 帝都の, 席を, 年少の, 年少者の, 幾百里離れ, 引取られ, 当時時平, 当直を, 彼の, 彼らに, 彼を, 後名の, 御影の, 御老中, 御門に, 必ずしも飛鳥浄, 怖れられ, 思ひ付, 恐らくそれ, 慰めて, 成立って, 戦った勝者, 戦争反対を, 所謂遥拝所である, 手紙は, 手紙を, 扱はれ, 批判した, 抹殺されました, 押し問答でも, 押し通したから, 招待状を, 持ち寄りで, 摂政就任の, 支配し, 文化以後明治以前を, 新しく披露, 新徴組, 新聞広告を, 方角が, 日本で, 日本に, 日本人自身は, 日本兵庫神戸に, 早足の, 旭日の, 昔から, 昔は, 普通な, 普通に, 書いた, 書かうよりも, 書状が, 最後に, 有名な, 有名に, 望みの, 木村屋からでも, 未だ存命中, 未成年者の, 本に, 本屋から, 札を, 札差しから, 村の, 来る御慶, 来塾, 東京から, 東京に, 東山の, 東洋へ, 格別尽力した, 植物専攻の, 歌を, 歌合せを, 正月の, 正造の, 此踊りの, 残って, 殺された老人, 毎年展覧会が, 永くおの, 江州では, 沖縄の, 沢山ぞ, 河内龍泉の, 法に関する, 注意書きの, 洋犬を, 浅間登山を, 海の, 消しつくされようと, 深く印象づけられ, 深川から, 渦を, 湖辺の, 激励の, 父が, 父の, 片づけて, 牛肉を, 物を, 獲得し, 現われたり, 現場へ, 生き残りの, 生じること, 生母は, 申しますと, 申し上げるよりも, 町名を, 界隈の, 発せられた鉱毒予防命令, 発刊され, 発表する, 発表せらるる, 發表せられた, 白楽天に, 皮の, 盲腸炎の, 相手に, 着陣の, 瞳と, 知られた, 知られたハブロット, 知られた忠文, 知られた窯場, 知られます, 知られるよう, 知られ八頭郡, 知れて, 祖母が, 神戸大阪間鉄道布設願書を, 神葬仏葬共に, 私が, 称ばれ, 称び何か, 積み立てて, 突然お越し, 立ちはだかり彼方, 立案された, 答えたので, 答弁書が, 米商館は, 紫草は, 結構な, 絨たんが, 総称せられるべき, 編纂する, 編輯を, 纏められようと, 習合存続した, 考へて, 聞えて, 聞こえたもの, 肺病を, 自分の, 自由に, 船乗に, 良いもの, 色々雑用, 花々しくふた, 菘藍の, 著すこと, 蜀へ, 蝶を, 行はれ, 表わされて, 西山の, 西朝紀元前二百五十年頃から, 見出せば, 親しまれて, 計画的に, 記されまた, 訴人した, 詠んだの, 詩を, 誓つた, 請願書が, 諾冉二尊が, 護或は, 豪雄だった, 貯金し, 買いつけて, 買収する, 贔屓に, 赤木医師が, 足な, 身分は, 農具が, 近世風の, 返しました, 迦葉波仏陀の, 送り出して, 送り届けて, 通つてゐました, 通らずに, 通るほどの, 通る源七郎君, 通有點は, 通用する, 連鵲とも, 都合五千名という, 醸されて, 金森家に, 鉱毒問題に対する, 長いあいだ, 長い間, 開業し, 附込にな, 院長は, 隅には, 隠語でない, 隣村の, 雌雄ともに, 雑誌などに, 電報が, 電報よこした, 青黒い毛, 鞣皮を, 顔も, 飛田大門通りの, 飾られてるその, 餘所ながら, 騒がせたこと, 魔女は, 鰒を, 鴎外は, 黒河とか, 默許の

▼ 名~ (714, 1.9%)

20 なって 10 なつた 87 したの, して 6 なった, なつて 5 すれば, なる, 一緒に 4 成って, 見られる 3 したので, するの, なると, なれり, 住所とを, 姿を, 宿屋の, 富と, 所を

2 [44件] ありて, あるが, いっしょに, これを, したり, すとぞ, する聖職, それを, なすに, なったの, なったもの, なるの, みえて, 一所に, 並んで, 今の, 他の, 何かの, 作品の, 作品を, 同じこと, 四十四といふ, 女の, 姿と, 実とが, 実とを, 家で, 家とを, 年と, 思われる, 所が, 日の出屋の, 昔話, 為すに, 私の, 秩序とを, 自分の, 血判を, 覚えて, 解せられる, 連署し, 違ふ, 関係が, 關係が

1 [512件 抜粋] あった使者, あの晩, ありましたよ, ある, あるまい, あわせて, いいどうやら, いいますけれども, いい利, いい母親, いい矢代, いうが, いうべき地域, いうより, いえども, いえる, いって, いっても, いつも結ばれる, いひ今, いひ或, いふに, いわれ吉田総理, おなじ名, おぼしく岩壁面, お小姓衆三, お記しでございました, かぞえられて, かぞえられ城兵, きくが, きまって, これまでに, ご姓名, した, したと, したという, したふり, したもの, したわけ, した一家, した天狗, した悠々十年, した為, した男, した観化流, した高級浴衣, しひそか, しまたは, し他, し又, し沖縄, し相模地方, し第, し重井, すべきは, すべきもの, すべし, すること, すると, するところ, するの説, するも, するもの, する事盛ん, する人, する修繕, する処, する古, する場合, する旨, する火山, する現実, する理由, する習慣, す但し, す右, せしもの, せねば, せられまた, せられ馭戎慨言, せり, そういう人間, その上, その人, その内容, その功業, その勢力, その卑し, その実, その実験, その寺侍たち, その後親族雇人同居等の, その忠節, その所在, その晩, その破壊, その綺麗, その豫言, その青年, それからこの, それから行方, それに対する, それらの, ただ帖面, ただ帳づら, なし, なしたの, なし無頼, なし燕藩, なす, なすの, なすもの, なったので, なったらしいクラ, なったわけ, なった土地, なりその他, なりたり, なりました, なりましたか, なりまた, なりアイヌ語, なり一五九七年二月五日, なり了, なり喜劇, なり更に, なり根の国, なり社, なり神, なり而, なり部落, なり馬来語, なるが, なること, なるであろう, なる然るに, なる程勢力, なる訳, なれりと, なれるなり, むすめ, よく呼び違えた, よんだこと, わずかの, ゐないので, クグツの, スメドレイという, トラックで, ノーマ号の, フランスの, フランス本国に, ブロイニング家の, ヴァン・ドンゲンが, 一体の, 一名に, 一緒だ, 三百の, 不離の, 両方相書し, 両替の, 並べてつかわれ, 並べて書きたてた, 並んでも, 中央委員三十二名が, 中間ふたりが, 予約金高が, 二通りあり, 云いふらす偉大, 云うの, 云う事, 云う工場, 云ふ, 云もの, 交渉を, 亥年午年幾歳幾歳年齢とが, 人を, 人数も, 人間とを, 仁義は, 仕事について, 仕事の, 仮定し, 仮装行列の, 伊勢へ, 伺って, 似て, 位置を, 住まいで, 住所を, 住持を, 体とを, 何か, 何食わぬ, 作品とは, 併用する, 來て, 保護の, 信長の, 俳句に, 候が, 値段が, 倶に, 僕だけが, 光圀の, 兵器食糧を, 其に, 其の実, 其の教法, 其の行方, 出で, 分量とを, 分類を, 刑事が, 別れた, 利と, 利の, 前の, 功を, 動きとだけ, 勢揃ひし, 十一名とでも, 十九名河野広中の, 十人ばかりの, 半人前の, 協力し, 友人の, 友田, 収容所に, 取りかえたいと, 取りかえて, 叡山へ, 叡空の, 古今星宿の, 古河市兵衛との, 号した, 各大字名, 合わぬこと, 合致しなくなり初めた, 吉岡社長も, 同じき, 同じくも, 同じである, 同じと, 同じよう, 同じ名, 同じ地名, 同じ戒名, 同一で, 同一程度に, 同心が, 名づけて, 呪物の, 呼び出される生徒, 呼んで, 商事会社を, 因みの, 図を, 国籍を, 地位である, 地区名との, 地名と, 地番との, 坂の, 堀尾茂助浅野弥兵衛その他三十騎ほどの, 報道された, 売値を, 変じおかしな, 多額な, 大なる, 大勢の, 大川の, 奴隷と, 妻の, 姓との, 姓とを, 姓名を, 姿が, 姿に, 娘の, 子供, 子供達の, 子目だけが, 字である, 官器とのみが, 実と, 実の, 実力を, 室の, 家の, 家内いさみて, 家系とを, 寄付者の, 察せられる男, 實とを, 対立させ, 小伝とを, 小學校, 小林という, 少許, 山内老, 山国谷に, 峠の, 島の, 師の, 平岡常次郎という, 平岡常次郎といふ, 平鍛冶, 年とを, 年を, 年數とによ, 年月を, 年齢とが, 形とが, 形は, 役目とが, 御影の, 御承知, 徳とを, 心得たが, 心得伝えた, 忘れて, 思います, 思いますが, 思う, 思う者, 思って, 思つた, 思はれる, 思へど, 思へば, 思われて, 性格とを, 恋と, 懇意に, 戀と, 成すは, 成つたので, 或關係, 所と, 所とを, 所在を, 所書きが, 所説に, 手伝いに, 手腕を, 扶助に対する, 拇印が, 推定される, 揃わなくとも, 数えられたこと, 数は, 文庫の, 断篇の, 旧友小松君に, 明智とが, 暮して, 更に, 書いた, 書いて, 書くの, 書判とが, 書名と, 月日などを, 木材会社その他の, 本名を, 柳派では, 棚山との, 業績とが, 権威を, 橋立に, 正反対に, 死に華, 殺人といふ, 殺傷喧嘩山ぬけ, 母の, 汝等の, 法王に, 注されたいずれ, 海の, 演題とが, 火を, 火伴兩三輩を, 為す, 為すと, 為ものなり, 然うし, 爲す, 爲り, 父称, 父称を, 物とが, 牴触し, 生れ故郷とを, 生地と, 生年月日時間を, 生歿, 申しまして, 申しますと, 男十九人女二十一人を, 町の, 町奉行の, 番地とを, 番地を, 相一致, 相別, 相打ちし, 眠さ, 知る, 神としての, 神楽坂路考の, 私とは, 称えて, 称して, 称せられたほどの, 称号を, 童子二名あり, 等しい, 等しく隠した, 答が, 簾中上, 約束に, 素性だけは, 終油とを, 経済学者四名から, 結びつけられると, 結びつけ難く, 継母お, 綾之助の, 義に, 老先生, 考えたの, 考えまして, 考える, 考えススケ峰, 考へられて, 聞いて, 聲の, 職を, 脈絡が, 自由教育の, 自由法曹団の, 自身の, 舎人雑色など, 花押が, 草笛の, 落ち合ったの, 著書に, 著者の, 葛の葉の, 藤吉郎の, 藩の, 行き会えないの, 行事が, 行蹟を, 表に, 見ゆ, 見るからに, 見ること, 見るべきか, 見るべきもの, 覺え, 解したの, 解せられたもの, 解せられて, 解せられるの, 触れおいたが, 言っては, 言ふ, 言や, 註せられた時, 誇りとを, 認めて, 誤り信じられ, 読む, 謂ふか然, 身分とが, 身分を, 速断する, 造上げた, 連句の, 進呈という, 運動場で, 部を, 都合二名を, 重複した, 重複する, 野原医師が, 関係の, 陸軍の, 雑役さんを, 離れたこと, 離れること, 電灯の, 電話番號を, 頭か, 顔とを, 類似し, 顱巻は, 馬丁の, 鵜沼一城は

▼ 名~ (294, 0.8%)

271311 ということ 976 と思った 5 と思います 4 そうだ, そうです, ぞ, という, とする, なあ 3 から, そうである, といっ, といふ, とし, と突然, の

2 [17件] え, があれ, がおそらく, がこの, がどこ, がどんな, っけ, とその, と幾度, と思っ, と思ひました, と自分, と言っ, のう, のを, わね, わねえ

1 [137件] あね, あれは, からいい, からこんな, からさ, からである, からです, からわし, からペン, から上方勢, から先, から右, から多く, から悪口雑言, から我々, から政樹公, から暗合, から此文, から毎, がいずれ, がおれ, がかう呼ぶ, がこれ, がそれ, がと朝倉, がと考え, がなあに, がねこれ, がべつに, がもと, がやつぱり死後, がわし, が一向, が何, が元禄, が其, が十二人, が大, が宮ちゃん, が家, が小僧, が或いは, が日本, が普通, が砂馬, が詳しく, が通り名, が野草, が関東, が鼻, けどまさか, けれどしたしい, けれども字面, けれど私たち, こと, ことを, これは, さうなが, しむろん, しインメルタアル, ぜ, そうで, そうでございます, そして少し, っけね, つたかも, つたと, つたのである, といいました, という人, という点, といふお話, といわれ, とおも, とかお菓子, とかさ, とか僕達, とか或いは, とか教會, とここ, とだけ答え, とにかく食道楽, との説, とわかった, と云, と云っ, と云ふから, と伝えられる, と分った, と彦右衛門, と思, と思う, と思えた, と思ってる, と思はれる, と思ひ, と思ふ, と思われた, と指したら, と波子, と源侍従, と聞い, と聞いちゃっ, と聞きました, と言, と言う, と言つて, と言ふく, と質, なあが, なあその, なあと云っ, なあどこ人, なあ従兄弟, なあ茗荷, なお, なおとなしい, なと思います, なと首, ななん, なに小玉か, な柿崎, ねえ, ねと赤シャツ, ね兄弟, もんだ, もんで, よい名, よ今, わ, コスター君今夜の, セブラは, ツて, 名あっ, 恋しい情け, 気の毒な, 盤は

▼ 名ある~ (284, 0.8%)

4 人の, 太夫の, 御用聞に 3 坂本の, 大町人, 武将の

2 [19件] か, がため, が如く, のみ, 事を, 人々の, 仏師の, 太夫でも, 太夫を, 娘形の, 店の, 御用聞から, 御用聞手先が, 武士が, 武士の, 神仙の, 美人が, 者の, 者は

1 [225件] お寺の, お方を, お武家さま, かと問, かと聞け, からには, からにはこれ, から何れ, がこの, がごとく, ことを, この三人, ご高家, ために, ところ, と思います, どの先達, なり其の, についてかかる, によりて知りぬべし, にマシラ, のみになる, はうるさし, は他, は蜀, もの, ものなる, ものに, ものは, もの一人も, もの水を, も佚字, も空しから, ゆえん, ようよう掴まえ, より鼠, わが武勇, を見, カフェに, ポウル・スティヴンス警部指紋係, 上は, 下宿屋の, 久世大和守に, 二尺八寸備前長船の, 亡家の, 人々から, 人々など, 人とは, 人に, 人形造りらしい, 人物だけの, 人間に, 仏体や, 仏師木彫の, 作なる, 作阿弥どの, 作阿弥殿, 作阿弥殿イヤ, 侍が, 侍とこそ, 侍の, 侍譜代の, 僧は, 儒者に, 剣客で, 剣客であった, 剣客は, 剣客等の, 勇士たちの, 勇士の, 勇士を, 博士の, 古人を, 古代の, 古城の, 司令官の, 名刀だ, 品と, 唄女の, 商人だつた, 国々の, 國學者を, 坦々たる, 士たちの, 士人の, 外交官夫人などに, 大いなる學者, 大名の, 大寺院, 大将が, 大将は, 大将を, 大将分らしい, 大將, 大西洋料理屋の, 天使達, 太夫などに, 女を, 奴であろう, 奴らに, 婦人洋服店を, 学者であった, 学者を, 家臣に, 将校だけでも, 小原である, 山々が, 山々の, 山々をも, 山寺などに, 山川や, 岡つ, 岩壁, 工人に, 師匠を, 建物が, 建物など, 建築物は, 彫刻師として, 御方に, 御用聞お, 所より, 所以さ, 所以である, 所以に, 捕物小説作家達に, 政治家に, 敵の, 文豪と, 料理店と, 新旧俳優も, 族, 旗亭の, 日本の, 旧官吏, 旧家で, 旧家とは, 書物を, 有為の, 本草學者などが, 本草家の, 本草家三人まで, 板前が, 柳生家伝来の, 樹木は, 歌人すらも, 歌舞伎役者が, 歌舞伎役者にも, 歌舞伎役者の, 武士に, 武士於松も, 武士間道を, 武夫が, 武家は, 武者の, 泥棒だ, 泥棒達には, 津々浦々を, 活火山を, 浪人で, 浮世絵師が, 浮世繪師の, 湯元の, 滝川三郎兵衛が, 濱みさきなとの, 火山に, 物でした, 猛者の, 王二人の, 瓦口関である, 町人に, 画匠が, 画家に, 畫師, 疎胆雄略, 盗賊の, 盛り場へ, 盜なり, 石禾ゆゑ出す, 私立探偵にも, 管絃楽団の, 築城師そんな, 絵師に, 者か, 者と, 者に, 者之, 聟を, 舊官吏あり, 舞台俳優が, 舞台芸術家は, 色子の, 華魁の, 詩人の, 諸芸人, 豪刀, 豪刀を, 豪農富商に, 財界の, 貴族が, 資産家の, 踊子にも, 近世の, 逢状ちら, 遊君を, 道場の, 達者上手でも, 都市だ, 野山を, 鉅儒名匠を, 関東男児の, 闘牛士の, 霊媒に, 青木鶴子後に, 音楽団へ, 顔良が, 顔良にも, 香でも, 駒形の, 高僧の, 高僧や, 魏延であった, 魚は, 鮎の, 麗人の

▼ 名である~ (188, 0.5%)

12 ことを 10 ことは 5 ことが, のだ 4 からこれ, がこの, がこれ 3 が, がそれ, が今, ように 2 か, かそれとも, ががん, がキセル, ことや, という, と思っ, のかと, のが, 源平を

1 [112件] かた, かと問う, かのごとき, かは作者, かは比較的, かは長らく, かもどうして, かも知れない, かも私, からこの, からし, からその, からそれ, からである, からバショウ, からヤマノイモ, から信州側, から厳格, から多年, から子供心, から蓋し, から薯蕷, から試み, かわかりません, か一体, がしかし, がその, がそれ以前, がたいそう, がまだ, がもし, が乙, が人間, が何故, が周囲, が呼んだ, が女性, が学者, が実は, が実物, が室町, が尾, が帆前船, が忘れた, が日本民間, が普通, が漸次, が私, が評論集, が語原, が近江, が遠隔, が釋畜, が鳥海山, ことだけは, ことも, こと後世の, こと父は, こと疑, し日本人, そうな, そして当人, という説, といっ, といふこと, ところの, ところを, としてもなお, としても余りに, となす, との評, とは思, とみる, と云う, と共に世界観, と共に又, と報ぜられ, と思はれます, と思ふ, と感心, と断言, と私, と聞く, と解し, と解せられる, と解釈, と説い, と説かれる, に拘らず, に相違, のでしたがって, のに何, のに申込者, ものを, ゆえか, ゆえを, 七郎丸を, 之に, 事には, 事を, 出羽に, 南アルプスにも, 即ち公孫, 即ち睿宗皇帝, 又萬, 可き, 外は, 天城四郎とか, 夫人, 桔梗の, 河北賊とは, 身も

▼ 名づくる~ (167, 0.4%)

9 ものが 6 ものは 5 一種の 4 ものと 3 のである, ものなり 2 とすれ, のが, ものの, ものを, 人物が

1 [127件] およそ三四歳, がこれ, ことが, ことは, この島国, その原因, とでも云おう, など攷, にいたった, に不思議, に厚, に来, に若かず, に際して其一個, のみ, のも, の深潭諸国, は言葉, ものあり, ものである, ものに, もののほどなく, ものの来たる, もの母の, もの現れた, も可, ゆえんである, ゆえ馬を, よりも爺, をこの, アンポンタン・ポカン式自動式反射交換局の, ラッパの, 一つの, 一帯の, 一村落あり, 一派が, 一砲台ありと, 一街は, 一隊十三世紀の, 三万字ばかりの, 也, 事よほど, 二の, 五つの, 会社を, 何物も, 例かれこれ, 別箇の, 勧工場が, 卜者の, 名馬に, 国へ, 地名が, 場処が, 塔に, 大臣に, 女おの, 女神である, 妖怪松が, 妖怪談が, 娘が, 寺院が, 小山が, 小石室, 小石碑, 小蒸気船, 山が, 山寺ありし, 山間の, 岩石の, 巨鐘を, 御馳走の, 心得書の, 怪あり, 怪事が, 怪火ある, 所あり, 所に, 所以に, 手捏り, 方が, 方なれ, 春風は, 木葉を, 朱の, 村落に, 東洋流の, 棍棒で, 橋の, 機關雜誌を, 次第である, 武器が, 武器に, 殿様道具の, 汽船は, 温泉場に, 溪あり, 牝猫一疋淋しい忙しい, 物一対あり, 獣の, 町あり, 石ころを, 石地蔵が, 石笛を, 研究発表の, 砲船は, 礼式を, 稀有なる, 精神病者の, 船は, 茶亭に, 荒涼なる, 蛇に, 蛮族あり, 言葉を, 象は, 資本を, 醜体, 鉱泉所に, 鏡が, 長者方へ, 隣邑に, 雪ふりて, 高僧ローマ法王の, 高山が, 高等女学校に, 鷹で

▼ 名において~ (138, 0.4%)

3 すべての 2 では, メッセージを, 人間的な, 彼を, 示さねば, 行は

1 [123件] あなたは, いかに浮薄, いつも正義, お互世界, かつ社会, きびしく非難, ここに, こちらを, この案, この青年, これに, これほどの, こわそうと, しかも竜一, しかも革命, その人, その労作, その危険, つくって, であるから, ですって, どのよう, なされたという, なされた原田どの, なすべきでは, なによりも, はっきりきく, ますます団結, また中流市民階級, また模倣, フェニックスの, フランス国民を, 下級生に, 不当に, 不思議な, 二十曲も, 互いに衝突, 人間の, 今日ただ今, 仕事を, 他の, 作ったの, 作られるの, 作を, 全欧州, 公示され, 冷えた魂, 刑の, 別の, 勝とうと, 即ち農民, 反対の, 右の, 合法化する, 名誉を, 呼ぼう, 命に, 四輪馬車を, 固守し, 国家の, 外国の, 大きな過ち, 大っぴらに, 大衆の, 契約した, 如何に, 宣教師たちは, 寺社本所領などが, 展開される, 工藝の, 幾十万の, 弔意を, 彼に, 思想を, 恋愛を, 恥づべきであると, 愛情を, 或は論理的, 戦争を, 排撃せね, 描かれる世界制覇, 改めて特権化, 教えられて, 教授に, 文科系学生のみを, 新作が, 新協劇団の, 新衛侯擁立, 早くこの, 明瞭に, 時代の, 書生流の, 権力者への, 歴史に, 為すべき仕事, 現れる絵, 現存せる, 現実に, 理性と, 異端者をも, 発せられたの, 神のみ, 禁ずること, 私の, 私は, 科学史に, 第五, 約束された, 結束した, 菩薩の, 藤原三代の, 行われたけれども, 行われは, 訓戒を, 語り牧師, 語るの, 謙譲だった, 起った, 追放令を, 過去に, 遠く離れた, 雑音を, 饗宴を

▼ 名から~ (135, 0.4%)

23 して 4 推して 3 出たに 2 してぬす, 新年の, 日常の, 見ても

1 [97件] あった, いて, きいた旅館, きた思いつき, こちらの, この説, これを, さきに, してが, ついさっき, で, とって, とつた, とつて, なるノールウェイ, なる国際事務局, なる放送委員会, また, また先刻, わが国では, わたしどもへ, キリョウを, 一名増加し, 一挙に, 一躍三十五名, 三十五名をもって, 二つ三つ前に, 五六名を, 代りばんこに, 伸子が, 作った名字, 來た, 俊ちゃんは, 出たの, 出たもの, 出た照天姫, 出て, 判ずると, 判断し, 十二名に, 取ったと, 大強慾, 大旗本, 始まったこと, 始めて, 導かれたもの, 居る職工, 引くの三百三十二名, 思いついた謎, 思い出したの, 想像する, 成って, 成り小, 成立って, 承わろう, 捨てさせたいお, 採って, 採用した, 推想し, 握手を, 日本に, 明らかに, 昭和二年五十万を, 暴行を, 本が, 来て, 来てる, 気に入らないし, 沢の, 注意する, 消えて, 牛の首, 狗人の, 由来した, 申すの, 疳に, 考えて, 考えても, 聞こうでは, 肝を, 脱れよう, 蝦夷の, 行動し, 見て, 見ると, 詳細に, 調べて, 貴様に, 起ったかは, 起つた地名, 起つて, 転じたらしい感情, 逃げ出すやう, 遁れた, 離れて, 頼まれたの, 龍樹の

▼ 名では~ (135, 0.4%)

15 ない 10 なくて 7 ないの, なかった 6 あるが 5 なくこれ 4 ないか, ないかと 3 ありません, ないが, なかつた 2 あるまいが, ないから, ないらしい, なからう, なくして, 呼ばなくただ, 呼んで

1 [54件] あったけれど, あまり呼ばれなくなった, ありませんか, ありませんよ, あるまいか, あれど, あれども, いけないの, お話が, こういう方法, ございません, ござらぬか, どうも文字, ないうえ, ないけれども, ないこと, ないすなわち, ないね, ない当時, なかつたで, なく, なくあんな, なくすなわち, なくそれ, なくなった, なくま, なく一個, なく丘, なく全く, なく其一部分, なく初め薩摩, なく単に, なく城代家老ほか, なく娘コミツク, なく実は, なく強いて, なく芸術的認識, なく薄, なく見も, 公式な召し, 出版さえ, 如何かと, 小説家でさえも, 後日が, 東に, 決してない, 無い, 無いの, 無かつ, 見当も, 起上がり小法師一つ彫れません, 起上り小坊主一つ彫れません, 送れない何物, 道庵の

▼ 名を以て~ (132, 0.3%)

8 して, 呼ばれて 7 呼んで 3 呼ぶこと 2 これを, 呼ばれたもの, 呼ぶ例, 盛んに, 起るや, 鑑札を

1 [94件] いかにも自分ら, いたさねば, いやおう, お船手, この屋外, しあの, したの, したもの, したり, したるまでの, しても, しばしば役者似顔絵, します, し却, する, するが, する事, する罪, す無理無法, その口, その巫女考, その約束的符牒, なり今期議会, 上演したる, 世に行はる, 世間から, 予に, 今も, 伝へられたので, 使庁の, 信順の, 公に, 其に, 其方を, 内務省や, 十月一日付の, 古代に, 吹聴せられた, 呼ばれた大道芸人, 呼ばれた店, 呼ばれた或, 呼ばれる, 呼ばれるという, 呼ばれる愛国主義, 呼ばれる正当, 呼ばれ大きな, 呼ばれ特に, 呼ばれ盗賊, 呼ぶ村, 呼んだの, 單に, 国号制定に関する, 地方の, 埋められた, 堤防は, 天降っ, 威圧が, 宣伝せられ, 寄進の, 届けられたの, 島民に, 己は, 帝政時代の, 拙作上演の, 政令や, 政友会を, 日本植物を, 本所緑町に, 歌舞伎座に, 歎願書を, 此の, 此深淵を, 直接支那と, 知られ古事記, 祝福します, 神コデと, 私たちに, 称すべき性質, 置き換えられた結果, 聞えまず, 葬り去られる原因, 行はれ, 表わされて, 言えば, 試合と, 調書に, 貴族の, 起りたる個人的精神, 迎えられて, 送られた感謝状, 選奨せらる, 金を, 開場した, 附合の

▼ 名によって~ (124, 0.3%)

2 呼ばれて, 呼ばれる盲目, 弁護される, 愛すること, 終戦と, 非合理性の

1 [112件] お玉ヶ池の, お誓, かなりの, きびしく命令, この事業, この二つ, この容易, さばきつかまつる, しながら, すべてが, すべての, そして二十八日頃, その人, その姓, その肉的, どんな目, なされるとは, なんとなまなましい, もらって, わかる, 一般から, 人間は, 仕事に, 代表せられたる, 伝わるクエ, 伝わるクシ, 体を, 何か, 何かの, 停止される, 兄磯城弟磯城菟狭, 公布された, 公衆の, 出されたメモ, 劇場で, 労資協調的労働組合の, 単に経験的, 占められると, 反動又は, 司教の, 合法則的すなわち, 吊しあげられる, 同じく呼び出された, 呻き訴えるところ, 呼ばるべき, 呼ばれる顕著, 呼ぶの, 呼ぼうと, 呼んで, 喚ぶこと, 営む商売, 地方取引先の, 多く知られ, 大勢が, 天才の, 奴隷制度を, 学課や, 安価な, 宣戦布告された, 幕府の, 平気で, 彼らから, 彼女は, 彼女を, 憲兵と, 我れ, 手足の, 承認され, 描き出し帝国主義段階, 支那の, 政権を, 施して, 既に或, 旧平民等, 権威づけた, 次には, 殆ん, 残されたこと, 気持ちを, 王笏を, 現わ, 生命的すなわち, 申しつくるの, 白鳳より, 直ちにそれ, 直ちに軍医中尉, 知られて, 石膏や, 示される器, 祝福を, 科学を, 立証すべく, 第六感に, 絶滅の, 美しいなら, 翌年の, 肩身が, 自分と, 自分の, 芸術などに, 蔑視され, 行われて, 表示せられた, 評判や, 誹謗しつづけた, 論説し, 贈られた呉王, 起訴すべき, 過去の, 遺って, 離れた, 顔つきまで

▼ 名として~ (117, 0.3%)

2 一般に, 用いられて, 遊歴の

1 [111件] あの頃, ありますが, あるが, あるの, いくらかでも, いつもの, いよいよ荊州, おった, おぼつかぐら, この字, これを, しまつたといふ, その字, つけられて, ひそかに, また博士, もう同志, サク, パール・エンド・ハーミーズ礁という, マルタの, ヨウラクシダムカデシダヒメコシダならびに, 不義を, 世人の, 亡くなつたもの, 人の, 仇討隠密逃避その他いろいろな, 仇討隱密逃避その他いろいろな, 付近を, 伝へられて, 何もかも暗中, 使を, 使用せられ, 信雄から, 全国に, 全職工, 其の目, 別に行, 別家の, 勢いを, 南下し, 取れば, 取扱った方, 口に, 君達は, 呼ばれること, 呼ぶ訳, 外域に, 大奥を, 存するもの, 客船会社に, 居た為, 居る, 居る地方, 山の, 山部大, 工の, 常に用, 引用し, 弘庵の, 当然大阪, 急に, 播磨国に, 数十人の, 斬奪, 旗を, 曩に, 最有力, 朝開暮落花の, 残ったもの, 残って, 残るのみ, 濫り, 為に, 無名の, 特に名家, 特に珍しい, 生き残って, 用いられた明白, 用いられること, 用いられるに, 用いられるよう, 用いること, 用いるの, 用ゐられし, 盛んに, 監房に, 知って, 私利を, 私藩の, 米国の, 能く, 荊州の, 菫ならびに, 西国には, 覇権の, 記憶に, 費用を, 起る国家社会主義, 軍馬の, 近づいて, 通って, 遺って, 金を, 金持の, 釣遊に, 陳に, 面白いし, 須らく花カイドウ, 頻に, 馳せ加わって, 鶏冠木一名鶏頭木の

▼ 名のる~ (113, 0.3%)

5 男は 3 ことに, といふ後日譚, 火の玉が 2 この堂々, と直ぐ, のは, ほどの者, 家の, 男も, 者, 者が

1 [83件] お方は, からには手, から彼女, がよい, くらいです, ことと, ことにも, ことは, ことも, ことを, この若い, その民谷玄蕃, その男, つもりだ, という後日譚, とつぎ, にちがい, にもおこがましい, にも及ぶ, のが, のも, ほどな, ほどの事, ほどの姓名流名, まではなく, もの, ものが, ものは, ものも, もの識が, を聞け, ノールウェー船の, マネキン兼マスコットに, 一将が, 一見軍人風の, 二人が, 二人の, 人だ, 人間と, 仏像さえ, 兄が, 光かな, 勇気の, 古い大きな, 召使の, 大将が, 女は, 女を, 女スパイとともに, 妙な, 家々の, 小男が, 小男の, 小男は, 徳川家の, 必要は, 怪人が, 怪盗は, 時ちらちら, 様に, 権利が, 此女が, 漁夫の, 焼物師も, 理由も, 甚五衛門の, 男が, 男だ, 男だった, 男との, 白人の, 秋の, 窯場や, 者は, 者ほとんど, 行商人が, 貧乏書生であった, 赤螺三平だ, 農奴で, 辻ヶ谷君の, 迄もない, 近い親類, 通りオ君の

▼ 名づくべき~ (106, 0.3%)

12 ものが, もので 9 ものは 4 ものに 3 ものである 2 もの, ものなり, ものの, ものを, 性質の

1 [56件] か, かそれ, か誰, ほどに盛ん, ほどのもの, ほどの経験, ものか, ものだ, ものだらう, ものだろう, ものであった, ものと, ものなら, ものについても, ものの必要, ものも, もの之, 一段を, 事業は, 人なり, 人物が, 作品が, 信仰が, 前期生活に, 同一性が, 名を, 名称を, 品格の, 器械を, 大元の, 大変化, 子守歌を, 山には, 島が, 悪風を, 感情は, 或る, 技芸が, 政事政談に, 明確な, 春の, 暴威を, 深刻無比の, 温和的進歩党なりき, 演し, 灌水, 用に, 異常な, 種類に, 美観を, 茸狩りの, 草地は, 言葉は, 限りでは, 霊物, 魅力の

▼ 名~ (100, 0.3%)

2 作品が, 国の, 女の, 年月を, 氏神などに, 財や, 金は

1 [86件] いかめしい著名, いろいろ書いた, この私, ご浪人, その所在, その書物, それぞれの, なア, の, またはこういう, または六二度一七分二〇秒, むかしあった, インネル・アイゲルとか, トン数や, ワリニャーニの, 一身など, 上梓された, 二百名の, 人の, 人名など, 人名などにも, 人柄を, 人間の, 仏家人名辞書まで, 位は, 何かも, 何かを, 何ぞでない, 値段を, 偶ある, 光今宵ばかりの, 公卿や, 写本の, 刻みたるべし, 効能なんぞを, 匂ひ, 北条氏眷属の, 噫望なし, 大歌所御歌, 娼妓の, 家には, 宿の, 少なくとも永く, 尼子浪人という, 年や, 年齢なぞが, 形から, 得給はん, 戲作者爲永春水述る, 所の, 所は, 所まで, 数ぐらい, 数字を, 文字で, 時日等を, 曲目を, 書いたもの, 格に, 権力が, 歌ことばや, 歴史に, 河内大橋を, 法師の, 洩り出でん, 渦巻や, 父の, 特徴を, 狐を, 理由の, 生国を, 生月を, 生活が, 番号の, 番地などを, 目的が, 簡単な, 素姓は, 自分たちの, 色の, 花の, 著作名や, 遽かに, 金額などが, 関係者の, 食物の

▼ 名づく~ (82, 0.2%)

5 可し 43 とある 2 これかえって, といえ, といへ, と聞いた, 可き

1 [60件] こ, この海中, この鳥麥, そのこと厳寒, その子孫, それに, てふ, とあっ, とあれ, という, といふ猶, とかや, と徐鉉, と答, と言った, と説きし, と釈く, のち仮に, また一真法界, また大蛇, また楞厳三昧, また正, また涅槃妙心, また無上菩提, また第一義, また般若実相, また馬, やはり辺先生, る言語芸術が, 一に, 世謂い, 並びに葦, 人これに, 六足四翼あり, 共に語らい, 其中五番島最大に, 其所を, 勁弩と, 又夜雨, 可から, 可きもの, 周処が, 和州吉野山中菜摘川清明の, 国忠使帰る, 女のみ, 尺水なけれ, 山頂に, 後の, 我二圓十五錢許に, 次の, 王その, 神話に, 者と, 虎ごとに, 虎は, 蜀主もとより, 蜻, 貞操堅固儀容挺特挙世無双だった, 雄を, 青垣よろふ

▼ 名には~ (82, 0.2%)

6 値いしない 2 その適用, なって, 似気, 呼ばれて, 相違ない, 違いない

1 [64件] あらず, あらぬなるべし, ありながら, いうが, かかわりは, すでに水軍, ずること, そぐわないこと, そのお, その最初, それぞれ意味が, ない, なったが, なり得ない, なり得ないよう, ふさわしくなく, ふと羨ましく, べつに一計, まず三つ, むずかしい字, もちろん在来, もどきと, わかって, 一字も, 中って, 何子と, 価しないの, 値いしないだろう, 値しない, 先に, 全く系統, 勝った, 参軍の, 叶は, 單に, 墨印と, 妙な, 嫂にあたる, 少しも, 少し驚いた, 明応四年ごろ玉泉という, 是非とも, 構はず自分を, 歴史的の, 潔癖が, 皆漢名, 相応わ, 祖母も, 称えないが, 稱へ, 答へ, 聞かねば, 触れなかった, 誇りが, 赤く黒く大きい陰影, 赤黒白等の, 身に, 遠ざかって, 野蛮時代からの, 隠れず, 離れられない因縁, 駿河富士郡久弐郷が, 鬢盥を, 龍とは

▼ 名でも~ (78, 0.2%)

2 あった, となえるが, 何でも, 呼ばれました, 知って

1 [68件] あったかと, あって, あつた, ありすぎる, ありません, ありません全く, あり又, ある, あるか, あるから, あること, あるなら若い, あるの, あれば, いやでござる, ここで, つけようと, ない, ないこと, なか, なかろうな, なく何, なく十二年, なければ, なにかの, はいって, やって, よろしうございます, ニューギニアの, ハッと, 付けて, 作者の, 出来る村, 十名でも, 口に, 吉良様の, 呼んだら大, 哲学の, 商店の, 国の, 変へて, 州の, 形容は, 抜いては, 斎号で, 明して, 永い歳月, 河の, 無くこれ, 無ければ, 申しましょう, 知ること, 知れて, 聞いたかの, 聞えました, 色の, 花の, 芸人では, 芸術でも, 言って, 言はれた, 言ひ当てる, 訣る, 語られては, 読むやう, 警戒網を, 頭に, 頭字に

▼ 名という~ (77, 0.2%)

6 ものは 5 のは 2 ことに, のだ, ものが, ものを, ような

1 [56件] ありさ, いわば寺子屋, ことから, ことが, ことは, その数, のが, のである, のと, ものの, 主張を, 人が, 人たちが, 人に, 人は, 人員が, 人数, 侍が, 勘定に, 十分の一に, 同勢が, 名は, 土地が, 地名である, 地方が, 堂々たる構え, 多数が, 多数と, 多数に, 夥しい人数, 夥しい数, 字を, 工合に, 微々たる残軍, 数が, 数である, 数に, 数を, 文字は, 景気で, 村に, 浦上切支丹の, 浪人でしょう, 激しいもの, 男は, 竊盗事件の, 絶対多数を, 網権力という, 見込みに対して, 言語道断な, 語の, 語は, 陛下の, 項目である, 餌に, 驚くべき数字

▼ 名さえ~ (75, 0.2%)

2 ある

1 [73件] あったほど, あまり知られ, ある一種, すさまじく呼ぶ, そのままで, ついて, つかない, つけが, つけて, はじめてであった, はっきりと, はっきり読めない, まだうかがわない, もう陰, もしかとは, もつ事務所街, ゆかりも, ろくろく書けない, 亡んで, 付いて, 分らないので, 判ったらねえ, 前名の, 務めて, 君子の, 変えたらこの, 寂びたる七条, 寒さ橋, 寺町と, 御曹子の, 忘れたよう, 忘れて, 打ち明けた, 持ちません, 書いて, 書けなかった明きめくら, 残した時代, 残ります, 気味の, 洞斎と, 消えて, 炯眼な, 無かった, 物々しい大鼠山, 珍らしい, 知ったからには, 知って, 知らないと, 知らない右筆, 知らない者, 知らない若者, 知らなかった, 知らなかったという, 知らなかったん, 知らなかった彼, 知らぬほどな, 知られて, 知られないで, 確かに, 素姓さえ, 美しい, 聞いたこと, 聞いた事, 聞いて, 聞かなん, 聴かなかったの, 行われて, 覚えて, 言えば, 言わなかったが, 言わぬの, 語られて, 響かぬのっそり

▼ 名~ (73, 0.2%)

18 のである 10 んだ 8 んです 7 のだ 2 の, のか, のであろう, のです, のよ

1 [20件] のお前さん, のかい, のじゃ, のださうでございます, のだろう, のであ, のであります, のでしょう, のでちょっと, のでびっくり, のでよく, ので伝説どおり, ので小さい, ので柳北, のにここ, のを, んが, んざあ何でも, んでしょう, オットブオノ・デ・フィエースキと

▼ 名にも~ (73, 0.2%)

3 なって, 呼ばれむ 2 かかわること, かかわろうと, 何か

1 [61件] ありさうな, ありまた, あるから, ある通り外国, いくらか, いま彼自身, いろ, およぶこと, かかわらず四十キロ, かかわる, かかわるという, かかわるの, かかわるので, かかわるん, かな, さわること, したので, そういった泣く, その大字, そむかないよう, なか, なった, なったが, なったの, なりまた, なり記憶, なるほどそう, にず見にくい, のぼった, のぼるらしく察しられた, タツピホロヅキ内, 上るが, 不憫加はりて, 似ず, 似ず環境, 係はります, 値いしない, 値いしないだろう, 値いする, 値しない, 傷つくまい, 別れる日, 及ぶと, 及んだが, 均衡する, 子供にも, 存する坂梨, 想像される, 成って, 拘はる土性骨, 整理を, 染む人, 泥を, 無表情の, 瑕が, 知らる, 立ざる事と, 虚名という, 足らない僅か, 達しそんな, 阿波羅岐

▼ 名のみ~ (71, 0.2%)

5 聞いて 3 残って, 立派の 2 ことごとしう, で実は, 美しき溝渠

1 [54件] あだなる, お鯉, して, であ, であった, であっても, である, であると, である濡れ衣, では, で家政, で幅, で年季, で随意, なつかしきかな, なりけり, なりけり青葉山, なりしならん, なるも, ひろご, ゆゆしくて, ニコニコ長屋, 也, 仇なる, 今は, 同じから, 呶々烈々主義を, 変更し, 大臣とか, 家来に, 小高く盛りし, 床しき妻戀坂下同朋町, 御曹子万綱と, 挙げそして, 此不思議なる, 残らば, 残り売薬, 殘り, 生捕りました, 知りて, 立派でも, 耳に, 聞きて, 聞きゐし大原, 聞く, 聞く武蔵坊弁慶, 聞ても, 萩乃とは, 蜘手結びこめぬ, 見えるもの, 記して, 高いそういう, 高くて, 高けれど

▼ 名まえ~ (68, 0.2%)

82 がかい, はなんと, をお, をおっしゃっ

1 [52件] がつい, がついてる, がどれ, がはっきり, が出りゃがった, が刻ん, が古代文字, だけでもうかがっ, だけは伺っ, でご, ではない, にお, にかわっ, になさいました, にもかかわる, のかい, の聞こえた, はかねてから, はとうに, はよく, は伺っ, は倭建命, は夏, は夙に, は存じません, は彼方此方, は疾く, まではわすれました, もた, もわからぬ, も伺わない, も夙に, も存じあげません, も聞きません, をあかし, をおっしゃいました, をおつけ, をお告げ, をけがす, をさしあげます, をつけ, をつけられた, をつらね, を仰せられい, を仰っしゃい, を倭建命, を名乗らなかったら, を特に, を聞い, を聞かす, を足, を飯豊王

▼ 名ざし~ (65, 0.2%)

3

1 [62件] があり, てくれた, てごらん, てたずね, ての称, てまいりました, てみせる, てナヴェ, て呼びよせ, て少将, て後, て急がせる, て敢, て数, て来た, て来る, て聞く, て茶, て言え, て詳しく, て部将, であがった, でお越し, でご, でよびあげ, で与六, で別殿, で口, で呼ぶ, で引き出され, で引出され, で御, で御用, で来た, で来る, で特別, で申し越された, で申し込まれた, で若紫, で這入, で這入っ, で逢いたい, で遊び, といったもの, にした, になっ, になり, のお呼びたて, のお客様, のこと, のもと, の事, の口, の注文, の面々, やうも, をし, をした, をする, を受ける, 事物を, 状が

▼ 名まで~ (64, 0.2%)

5 知って 2 あげて, 覚えて, 贋物堂と

1 [53件] あえなき最期, ある, いうよう, ここを, しや, しるして, つけられその, つぶさであった, なら勝手, もらって, ハッキリつい, 交る, 似た因果小僧, 似て, 傳へられ, 優しい, 出て, 削られたんで, 取込んだ得意, 呼んだの, 呼んで, 変えたりとは, 変って, 姿を, 居るかも, 引っかけて, 忘れて, 思ひ出して, 憶えて, 我々の, 持ち出されようとは, 挙げて, 斬り伏せられた, 既に知, 明らかに, 書いて, 書かせた, 書き添えて, 水戸派第, 添って, 知て, 知れて, 紙片に, 肺病に, 自筆で, 被らされるに, 記して, 記してからに, 語ったそう, 貞代さんに, 貰つてゐる, 辛抱は, 附いて

▼ 名だけは~ (63, 0.2%)

6 知って, 聞いて 2 きいて, なかった

1 [47件] あった, あって, あるが, いかめしいが, いつか聞い, お受けする, お蝶, お角さん, ここを, ごまかしたが, たとえ最後, なか間の, ひろ子の, わしも, 今でも, 今もっ, 以前から, 仮に宮城野総領事夫人, 別として, 危険人物として, 古い地理書, 呼ばれない, 堪忍し, 女坂峠と, 姫路を, 存し, 存じて, 少なくとも此方, 御気の毒, 心得て, 思出す, 或は有名, 捕り押えて, 新聞の, 最初仏者などから, 決して, 清姫さん, 然るべき変名, 看板を, 知ってるが, 絶対に, 聞いたこと, 自分の, 艀に, 薄々聞い, 蘭菊とでも, 評判で

▼ 名です~ (62, 0.2%)

1311432 か神崎愛三郎, こと, な, の

1 [23件] かなんて田舎, から, からね, から時, か矢ツ張り龍馬, がこれ, がね, がねこうっ, がポケット, が一体, が土地, が頭つき, けれどもここ, けれども石田治部, ことと, なあ, なア, ね光坊, ね本所, のよ, よという, よ前, わい

▼ 名と共に~ (62, 0.2%)

2 銀座の

1 [60件] ある所, いつまでも, お選, この檜舞台, ごッ, すぐ驕慢, ほっつき歩いて, また江戸派, ジョーンズ校長を, 一応近代劇研究者, 三台の, 三重県監獄の, 不幸にも, 不朽では, 二十一日湯小屋を, 亡び去るべきでは, 人々に, 人の, 今日まで, 仙臺陸軍病院へ, 伝は, 冬から, 出張し, 劇場に, 南京漢口方面に, 各新聞社, 子孫の, 存在すべきである, 小石川富坂の, 小舟へ, 少なからぬ, 巴里へ, 帰途に, 必ず記される, 思出せ, 招かれ日本演劇界, 持つところ, 捕へられ仙台, 支配人室から, 早くから, 時を, 此失敗者たる, 殆ん, 殉教, 氷島にて, 登ったこと, 穴つるし, 自刃した, 舞台下手に, 船に, 船にて, 謳われるであろう, 輿に, 迅舟を, 都合三名で, 閣の, 陸前の, 音に, 馬印も, 高く西洋

▼ 名とも~ (61, 0.2%)

2 見られる

1 [59件] ある者, いうべくや, いへば, いわれて, かかれッ, ここへ, この朝, ご主君, さすがは, しばし口, ついと幕, なったの, なって, なつた, なつて, なること, に即刻, に江戸, みな歴乎な, よう待ちうけた, よろしくと, 一週間とこた, 三河の, 他の, 元気の, 出陣の, 十二月五日じゃ, 各, 名刺入れを, 味わった, 唖かつ, 大人げない, 大儀だった, 娘たちの, 孫策の, 小姓組に, 少しずつは, 思われなかったの, 怠らず剣, 成り名誉, 或いはこれ, 揃うて, 未だに職業, 残らず射殺, 決して案じる, 洩れなく追っついて, 無事な, 無駄に, 皆死ん, 禁錮八カ年の, 腑抜けの, 董承, 蒟蒻の, 解せられる, 限らない, 霹靂に, 青州御, 頭を, 黙って

▼ 名であった~ (57, 0.2%)

4 ことが 3 のが 2 か, ことは, に違い

1 [44件] かと思う, かもしれぬ, かも知れない, から, からだ, から久作, から屈辱的, から悴, から桜, か否, が, がある, がこれ, がしかし, がその, が人々, が大きい, が手狭, が昼飯, が私, が老齢, が部屋, ことと, そうである, その祖母, それが, ために, という, という処, とする, と思う, と言っ, な, のにあれ, のにこの, のを, ほどそれほど, もので, ように, ようにも, 太古三輪の, 時代は, 紫式部清少納言赤染衛門という, 関取の

▼ 名探偵~ (57, 0.2%)

2 です, の言葉

1 [53件] かも知れん, があった, がいつも, が力量, が待ちかまえ, が来, が現われ, じゃない, だ, だったの, だってそう, だって身動き一つ, だよ, でなければ, でもこの, でもこれ, でもそう, でもその, でもそんな, でもまさか, でも敵, としてその, としてわるものども, として鳴らした, とその, ともあろう, と云っ, なの, にちがいありません, になっ, に助け舟, のご, の助手, の勝利, の勝負, の君, の声, の対話, の小林君, の弟子, の手, の明智先生, の海外出張中, の訪問記事, の評判, はしゅび, はその, もいくじ, もそのうち, もまっ暗, をむかえなけれ, を出しぬい, 過ぎるん

▼ 名だけ~ (56, 0.1%)

3 では 2 えむっつり, である, 呼んで

1 [47件] ある, きくと, さばを, その日, だ, だが, だった, だったそう, だつたの, だ式, ついて, つけたもの, であったが, であったと, であって, でいい, でございますか, ですか, でところ書, でなく以後何十年, でましたが, で会見, で実は, で詳しい, どこかで, ならあっし, や, わかって, 三吉も, 云おうそれ, 付けるの, 伝つた, 壮麗な, 宥され, 廊を, 当って, 来るん, 法師で, 洒落てる路傍, 留つたもの, 知り合うて, 細い雨脚, 聞いたこと, 聞いて, 見える, 記しましょう, 遁れ

▼ 名こそ~ (52, 0.1%)

3 惜しけれ 2 あれ, あれ葉廣菩提樹, 今申し上げた

1 [43件] あだなれ, それに, ついてはいました, ついてはゐました, ないが, なけれ事実増税たる, なけれ名, まこと, よからん, 刻まれて, 口には, 同じだ, 同じである, 同じ弾正, 名古屋だ, 変って, 変れその, 変れ実は, 大いに異, 当時伊太利座の, 惜しく候, 惜しく候え, 惜しけれとは, 文鳥だ, 日本海でも, 書いては, 有難くは, 様々に, 止めないが, 物臭太郎だ, 物臭太郎と, 町人である, 異なれ, 相応わしい, 相応わしいだろう, 福徳の, 私達の, 美しけれ野路, 蝋梅だ, 違うが, 違へ, 適わしい, 風流にも

▼ 名だった~ (52, 0.1%)

3 と思う, のである 2 と思います, の, のです

1 [40件] か, かと思う, かね, かもしれぬ, からその, からである, から左衛門, か忘れ, が, がとにかく, がどれ, が一応, が何物, が役者買い, が彼, が次, が清作, が自分, が近所, けれども男, そうです, だけで, っけ, という, とする, と思いました, ね, のが, のだ, ので世間, ので私, のね, よ, ように, んだ, んです, 中国の, 事を, 相馬月輪組は, 筏の

▼ 名~ (47, 0.1%)

2 どうか

1 [45件] あったが, あつた, え, え土屋庄三郎, くれなかった人, しばしば学者連, しらんが, しりませんが, そして何, その中, その名, それは, それも, どうか分りません, なるほど二の丸, へんな, わからない, わからぬが, ドイツ人の, 一寸思い出せない, 二百名ぐらいの, 人の, 何かが, 何百名か, 供を, 傭人側の, 其人か, 可笑しいな, 名は, 實名か, 己ア市四郎と, 或いは人, 打ち揃って, 採用試験に, 津賀閑山, 百五十名もつれ, 知って, 知らないが, 知らない者, 祭りの, 覚えて, 訊いたであろうな, 連れて, 連中あり, 階下の

▼ 名のって~ (47, 0.1%)

2 出た, 出て, 行くこと

1 [41件] おやりなせ, この屋, その旅姿, やろうかと, やろう大, 下せい討つ人, 主人に, 仔細は, 出たの, 出たほう, 出た二十面相, 出た女, 出ても, 出なければ, 出よ, 出られても, 出りゃア, 出るが, 出ること, 出るじぶん, 出るだろう, 出るつもり, 出るべきでありながら, 出るほか, 出る筈, 出る者, 出れば, 吸物の, 幾組も, 後ながく, 従四位下侍従兼肥後守に, 御寮人の, 来たか, 来た一介, 来訪した, 東金千葉の, 歩く隠密, 甲斐信濃武蔵にわたる, 経文を, 風流写し絵の, 髪を

▼ 名をも~ (47, 0.1%)

2 なすべきに

1 [45件] いざ君, かき加, かなりに, その講義, たしかめようと, ならべて, マスル・エル・カヒラと, 下され土方, 与えた, 久八と, 加えて, 告ぐるを, 尋ねたが, 後世に, 心得て, 思ふ遑, 思出づ, 惜しまじ, 惜しみ給は, 惜しむの, 惜む程の, 懐ふ, 挙るもの, 改めおえいと, 書き入れて, 書き加, 書き加えて, 書けなかつたか, 枕を, 汚しおる昨年来, 海運橋と, 添えて, 父上の, 用いること, 知らない者, 知らねば, 知りたり, 穢し申し訳, 署し, 聞いた木, 語らずに, 諱ま, 附け今, 雪ぎ我が, 騙られては

▼ 名ばかり~ (43, 0.1%)

3 居る 2 ありました, 七十づらし, 連れて

1 [34件] あつた, いて, えりぬきの, おかうと, その後に, だったがね, であった, であったが, でした, で善四郎さん, で市会議員, で館林, よんで, ゐるが, 一団に, 三列に, 不忍池, 中洲の, 其寺へ, 別れを, 居りますから, 差入れの, 弥之助の, 役人が, 心と, 息せき切って, 来て, 欲しいもの, 渡辺, 田の, 築地金楽, 続いて, 貸そうかネ, 集まつた

▼ 名ほど~ (43, 0.1%)

2 中には

1 [41件] いて, おりましたその, お願いいたします, この船, であった, な仲間内, な兵, な腹心, ばらばらと, ひかえて, まとまり十銭, 一頭の, 上げて, 乗って, 今日まで, 会員が, 先へ, 具し, 加わって, 坐って, 変り易い, 居ながれて, 居ります事, 引きつれて, 引率し, 当時の, 彼女の, 待って, 手を, 来ましたが, 無動寺の, 私を, 見張に, 見物に, 連れて, 遣って, 選りぬきの, 選り抜いて, 選抜って, 長く誤られ, 闇太郎を

▼ 名をば~ (43, 0.1%)

3 呼ばざらむ 2 おあかし, フラミニアと, 太吉太吉, 雲井に

1 [32件] かくしてはるか, ここに, そのまま黄金丸, ただすの, ぴか, わざとしる, アントニオと, メルカダンテと, ララと, 何とかいひし, 何とかいふ, 何と申せ, 吉兵衞と, 呼ばしめしが, 呼ばぬぞ, 呼びきと, 呼びしかども声なかりき, 呼びぬ, 命けつ生, 命けつ生い先の, 喚ぶ, 夕に, 太吉, 寶澤と, 忘れて, 忘れよマグソダケ, 忽ちに失念, 挙げて, 玉之助と, 聖ルカスと, 鷲郎と, 黒川孝藏と

▼ 名~ (42, 0.1%)

3 の出 2 だ, である, なり

1 [33件] が伊勢, たりし, たろうと, だけに一門, だけのもの, であつ, でもある, で在, で祖父, として七百年来, と呼ぶ, にて世, にとれ, に仮, の人達, の土岐, の城下, の士, の姓, の子, の子孫, の家, の果て, の氏姓, の若者等, の血脈, の長者, は泡沫, は當時, また余りに, もいたであろう, を擧ぐ, 遠き大周皇帝

▼ 名であっ~ (40, 0.1%)

4 てそれ 2 てこれ, てその

1 [32件] たりする, てまた, てもなく, ても覚え, てアーネスト君, てササユリ, てタチバナ, てハマ, て一つ, て世間, て人間, て今日, て以前, て原名, て古代人, て国, て大, て夫, て宇宙, て実地, て弁天, て彼女たち, て従っ, て支那, て敢, て正, て汎称, て漸く, て茎, て蓮花, て藤原方面, て見れ

▼ 名~ (40, 0.1%)

2 得タリ

1 [38件] タダヨンダノデハナカッタト思イマス, 三浦宅ニ呼ビ寄セ三浦, 下ス, 争ウテ武門, 以テセリ, 以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ, 以テ限リトナス, 佐々木ニ教エテ貰ッタガマダコ, 呼ビ功用ヲ, 呼フ程, 國家ニ冠セシムルニ至ル, 干メ利, 得タルナリ, 得タルニ比シタリ, 思イ出ソウトシテミタガソレモ駄目デアッタ, 惜ムトモサモシキ粟食ベルナ, 成サント欲シ心ヲ講學ニ潛ム, 成スヲ, 日本語デ, 棍ト曰フ南方, 標ハス然, 此一挙ニ期シ死ヲ, 法規ニ照シテ処理ス, 法規ニ照ラシテ処理ス云々, 注セリトゾ, 白棒ト曰フ北方, 知ッテイテ世話ヲシタッケ, 知ラズ蓋シ逸号ナラム, 知ルナシ色ハ紫デ, 知ルヤト尋ネシカバ伊豆, 聞キシ初, 聞キテ襟ヲ, 聞ケリ, 茗, 蒙リ, 見ル, 陸子ハ流暢ニペラ, 頒チタルコトヲ注意スベシ

▼ 名なし~ (39, 0.1%)

3 の権兵衛, 指の, 指を 2 の兵六, 指, 指は

1 [24件] でいられたか, の, の工場, の権兵衛さん, の權兵衞氏, の犬ころ, の神様, の誰かさん, 小川の, 小草, 小鳥が, 山, 指が, 指に, 指ノミで, 指名なし, 権兵衛, 草うすき, 草と, 草の, 草も, 草を, 草紅く小さく, 辱しめられ

▼ 名ばかりの~ (39, 0.1%)

2 女子学徒が

1 [37件] いずれも, ものが, 一族郎党の, 一行だった, 下士官共に, 中に, 中国人や, 人々が, 人々の, 人です, 僧形や, 兵が, 兵を, 兵隊の, 兵隊を, 制服の, 反乱軍の, 同僚に, 同志が, 土豪兵は, 女学生と, 家臣が, 小學教員ども, 役人が, 武装隊が, 火星兵が, 異様の, 知人を, 紳士淑女が, 者を, 腮紐を, 艇員が, 若い娘, 諸同志, 郎党は, 音楽隊が, PWが

▼ 名あり~ (38, 0.1%)

2 という, といふ

1 [34件] この塔, すでにその, その頃, それらの, てその, てまた, て余ら, て実, て實, と, とあつ, といえ, といひ, とぞ, となん, とは江戸名所図会, と仮定, と見える, また酷烈, みな下等の, めな, やと問う, やと問え, 一には, 云々, 他の, 倉田安彦の, 其中に, 其海中より, 内には, 大国主命とも, 年饑ゆる, 我々は, 関屋敏子しかり

▼ 名ほどの~ (38, 0.1%)

2 者が

1 [36件] お旗本, ことも, 下士が, 中三分の二は, 中堅が, 人々を, 人が, 人影が, 人影は, 人数であった, 人数な, 人間が, 仲間の, 僧が, 兵へ, 兵卒を, 制服警官が, 助力を, 家中を, 小規模の, 弟子たちは, 患者と, 悪童が, 来賓が, 江賊が, 法師武者だった, 生徒を, 異口同音だった, 百姓を, 知友に, 腕利きを, 警官隊が, 議員が, 賊の, 近親の, 部下と共に

▼ 名~ (37, 0.1%)

2 ましかば, 初けん, 後者を

1 [31件] けると, ざる可ら, その中筋, その掟文, その書斎, たる権力, たれ, なば, ましたな, ようか, 世間日用の, 他方を, 侍り, 刊行し, 南北米州を, 又小説中, 右の, 基督ハ之を, 学生に, 得る, 是より, 東方に, 次は, 民權に, 眞物に, 第三, 第二, 肺病と, 近郷の, 通と, 難い

▼ 名にて~ (36, 0.1%)

1 [36件] これしきの, しかも重要, その神殿ローマ, そを, もてはやされ丁度, ブレンテルラの, ラーボは, 主人の, 仮名は, 伊太利にて, 依然本郷, 候故, 入我我入, 其上に, 出版せし, 北国の, 参ったり, 参ったりという, 又樂劇, 和名鈔に, 多くは, 字も, 廣く, 当時は, 書きたるもの, 本名あるべき, 浅草金龍山芝愛宕山亀井戸天神吉原大, 留守する, 矢張王の, 知らる, 自然沿岸を, 許多の, 誰も, 通したれど, 通じて, 難行苦行を

▼ 名であり~ (35, 0.1%)

2 またその

1 [33件] うまや, かつこれ, かの, この国, その残り, ながら私, また人, 且つこの, 且つ鹿島槍ヶ岳, 今では, 出発した, 別にまた, 前述の, 又その, 又楽器, 同時に家, 基礎經驗とは, 天の, 峠が, 後に, 或いは寧ろ, 本の, 根本は, 漢学者は, 現在では, 神の, 落款という, 諷誦法や, 貴き血, 近畿地方には, 霊魂を, 鹿児島県と, 鹿兒島縣と

▼ 名とを~ (35, 0.1%)

2 書いて

1 [33件] いって, かきたるは, とわずただ, 一時に, 並べて, 切り離しこれ, 呼ばれた少年たち, 嫌って, 宣る様, 張るに, 手帳に, 持って, 捜し始めた, 推薦した, 提供し, 教えた最初, 書いた, 書いた澁團扇, 書きました, 書き添えること, 書くので, 比較し, 生んで, 着服する, 示して, 置くの仕組, 記した小さな, 記した札, 記して, 記すに, 記せる張札, 連合し, 連接した

▼ 名以上~ (35, 0.1%)

2 の人間

1 [33件] であります, でその他, のもの, のチェッコ, の人, の人々, の供, の修行者, の八重山乙女, の兵隊, の出席者, の壮者, の大, の家族, の密偵, の応援隊, の技手滞在, の検挙, の者, の聴衆, の職工これ, はあったろう, はすぐ, は十分生長, もあった, もある, もあろう, もいる, も列, ゐたな, を乗せ, を傷つけた, を数える

▼ 名のった~ (34, 0.1%)

2 がお, それなる, のだ, むっつり右門, 人物は

1 [24件] あまり上手, かは難問, が, がのち剃髪, が俳句, ことが, じゃねえ, そうです, そのお, その女中, ところで, ので, のは, のも, ものの大, 上で, 人が, 何とかパシャ, 家康は, 斧大, 由見, 男が, 男の, 言葉に

▼ 名のっ~ (32, 0.1%)

8 ていた, ている 2 ていました, てで, てでる, て来る 1 ていらっしゃる, てから, てくれなかったら, てでるなら, てもいい, て切れた, て来, て行った

▼ 名けて~ (30, 0.1%)

1 [30件] いた, いる, かえって珍重, よかろう, ゐた, 人智の, 以て, 六閑堂と, 反對點, 安永島と, 師範学科を, 復讐と, 悪魔と, 情と, 情理相合す, 拒婚同盟と, 日東と, 朝日島, 河と, 犬を, 王政維新と, 相変らず, 私が, 競争と, 美化と, 育てたり, 背反連合と, 誠求堂と, 遷喬書屋と, 馬鹿メートルと

▼ 名じゃ~ (30, 0.1%)

6 ないか 3 ない 2 ありませんか, そうな, ないぞ, ないの, ないよ

1 [11件] ありませんので, どういうわけ, ないから, ないな, ない昔, ねえか, ねえなあ, アございません, アとても, 喃, 無いん

▼ 名~ (30, 0.1%)

18 の城

1 [12件] に拠る, に送り届ける, に避けられ, の一戦, の城の前, の城攻むると, の左, の敵城, へやった, へ行った, を攻められ候わ, を発し

▼ 名とともに~ (29, 0.1%)

1 [29件] あまりにも, こっちへ, このまま梁山泊, このエジェリヤ, この書, これで, どんな庭, ダンテの, テーブルに, 不幸にも, 世界に, 云われたこの, 仰せつけられました, 円座を, 名物と, 吾が地球, 後世に, 急に, 我は, 戸山ヶ原, 放送された, 散所, 有名で, 枕を, 泛ぶ, 燦く, 知って, 翻訳文学の, 顔が

▼ 名とは~ (29, 0.1%)

2 似も, 何ぞや, 何事だ

1 [23件] いうて, いったい誰々, いない, ちょうどたった今西門, なって, なりえないもの, なり得ないから, まずまず聴け, るれやと, 不思議にも, 何者でしょう, 名稱, 如何とは, 少し違った, 思って, 所在の, 次の, 申ながら, 考へられて, 聞いて, 見られないの, 見送ったまま門口, 関係なく

▼ 名によ~ (29, 0.1%)

2 つて人間を, つて拒む

1 [25件] つて, つてその, つて一定した, つて一部好事家の, つて世に, つて二人の, つて二日目の, つて今井家の, つて今後三年を, つて兎の毛ほどの, つて喧伝せられ, つて土地の, つて屡, つて当時天下を, つて意識し, つて日本国王に, つて更に, つて最もよく, つて様々な, つて歐洲と, つて父母兄弟妻子朋友隣人等凡そ他人との, つて發布した, つて矛を, つて秀吉を, つて総称せらるべき

▼ 名~ (28, 0.1%)

3 である 2 に於, に負

1 [21件] が近年, が陸続, で, であ, であったから, であります, であるが, であると, なる者, につよい, の幾つ, は創作探偵小説界, は当時, も地獄的, をもっ, を出さん, を彼, を書いた, を机上, を結ぶ, を続出

▼ 名取り~ (26, 0.1%)

4 になった 2 ですが

1 [20件] があった, が阪東桂八さ, だろうと, であるところ, でことに, で九代目団十郎, で文字, で許し, なぞより実際, にさせ, になっ, にならなけりゃ, になる, のお, の声, の弟子たち, の橋, の焼き人形師, の癖, の蓼

▼ 名など~ (25, 0.1%)

1 [25件] あげて, いらないの, でございますが, どうで, のか, ひとつも, よくは, 一日二日は, 世にうた, 些づつ覺え, 少しも, 教へて, 数えたり, 書く気, 最初に, 皆目知らなかった, 知らざるよう, 知らない人, 知らぬが, 石に, 細かに, 聞きながら, 記す気持, 頻に, 騙って

▼ 名くる~ (24, 0.1%)

2 に一種, も可, 人あり

1 [18件] と書い, なり, に先生, のみ, は或は, ものは, 一個の, 一女, 也, 古き僧庵, 所以なり, 林中に, 此の, 汽車が, 者が, 者を, 鉄槌を, 鉄槌を以て

▼ 名~ (24, 0.1%)

2 ていた, ている

1 [20件] てきっと, てミミ, て中門, て夫人, て将来, て屋島, て待つ, て打ち建て, て斎藤兼吉, て昨夜ひそか, て板扉, て柳町, て罷りこした, て英明, て談合, て迎え, て闇夜, て食卓, 又客年父君, 思ほ

▼ 名しか~ (24, 0.1%)

2 ありません, 残って

1 [20件] いないので, いなかった, いなかったん, ない, なかった, ゐない, ゐなかつた, 乗って, 乗組んで, 助からなかった, 居らぬかも, 彼の, 持って, 挙げないと, 書いてなかった, 生き残って, 見えなかったが, 観衆が, 連れて, 連れなかった

▼ 名かの~ (23, 0.1%)

1 [23件] その足元, インテリ女性らしい, カワカミ連に, 一団に, 中に, 人馬, 加勢が, 女の, 子供と, 学者たちが, 家士が, 工人は, 御使用人, 患者中を, 武者輩は, 死者と, 父兄の, 王の, 生徒が, 者が, 船員の, 記名を, 頭数が

▼ 名だけを~ (23, 0.1%)

2 聞き取った彼女

1 [21件] いただいて, ならべて, ならべるが, みても, もって, 伴うであろう, 使用し, 十字架の, 口走った, 呼ぶけれども, 妙に, 持って, 採るべきだ, 採る事, 書いた, 残して, 知った重吉, 知って, 蔭へ, 連れて, 重吉の

▼ 名であろう~ (23, 0.1%)

3 か, と思う 2 が後

1 [15件] が, がこの, がその, がそれ, がだいたい, がまだ, が五万, が其処, と思います, と思った, と想像, と推定, と私たち, 羽折も, 赭顔白髪の

▼ 名なんか~ (23, 0.1%)

1 [23件] ありましねえ, ありませんわ, いやあしない, お忘れ, すべて二つの, そんな汚, たくさん覚えさせ, どうでも, ないの, みんな一致させ, むずかしくて, シェクスピヤと, ドウでも, 付けるの, 何も, 口に, 書いてや, 書きゃしません, 知りませんよ, 聞きたか, 見当りませんよ, 貰らわ, 騙らなくたつて

▼ 名による~ (23, 0.1%)

3 産院

1 [20件] この文庫, なり, エゴイストだ, クラブその他モスクワじゅうの, クラブの, クラブへ, 乗客への, 令状を, 体の, 印可符, 呼び出しに, 問罪, 工場, 抗議を, 無為が, 産院は, 神話が, 第一回支出金額, 逃避が, 逮捕令は

▼ 名その~ (22, 0.1%)

1 [22件] あやに, ありも, いずれもが, ころは, ほかなみいる, ほか小幡門下の, ほか新館別館の, ま, りっぱな, 中からは, 人たちは, 住所それから, 内で, 内六十七名が, 前の, 十分の九は, 左右に, 手を, 者でござる, 者の, 護衛役としては, 高い浪

▼ 名だけが~ (22, 0.1%)

1 [22件] お客様であった, なぜコマ人, ゆくりなくも, よく似, 不滅に, 出たの, 君前に, 大きく浮き出し, 宇右衛門の, 宇宙に, 山路の, 当面の, 時々新しく, 替つて, 残ったの, 残って, 生残っ, 老爺に, 讀めるのみ, 遠く二間か, 音の, 駕へ

▼ 名ずつ~ (21, 0.1%)

1 [21件] かたまって, これも, それから, それぞれの, で校友会, 一ノ宮奥町の, 三行に, 両側に, 乗って, 交る, 交替で, 会商せしめる, 列席を, 別個に, 問屋場へ, 委員を, 書記机の, 選手が, 配されて, 順次に, 頼朝の

▼ 名なる~ (21, 0.1%)

2 ことは

1 [19件] かな, かは不明, か未だ, があり, が双方, が如く, が如し, よ, よしに, をその, エッタに, 事は, 人間が, 哉, 国造, 臭椿とは, 薫草と, 香椿に, 香椿の

▼ 名~ (20, 0.1%)

3 の神 2 といひ

1 [15件] が治め, この娘, と云う, と手名椎, と申します, に作る, に向かっ, は已む, は彼等夫婦, は早速, は蛇, も, も手名椎, を祭った, 来て

▼ 名すなわち~ (19, 0.1%)

2 漢名である, 漢名は

1 [15件] 中国名が, 中国名で, 中国名である, 中国名では, 中国名は, 和名は, 和名を以て, 定まるでいわゆる, 支那名である, 本名は, 漢名が, 漢名であっ, 漢名では, 盆, 神の

▼ 名などは~ (19, 0.1%)

1 [19件] あまり耳, いま聞く, しいて問題, すでに, その前, つけるに, どうで, どうでも, ないが, もうどうでも, 到底この, 単なる遠望, 同時にさ, 島の, 抹消され, 権力者は, 殆ん, 物の数でも, 記載され

▼ 名~ (19, 0.1%)

5 えを 4 えは 3 えだって 2 えじゃあ 1 えが, えだ, えなんぞ, えもと, はじき

▼ 名~ (19, 0.1%)

1 [19件] が好都合, しか居らない, じゃ, ずつである, だったと, だという, という軟論, といふ方針, にはなった, のもの, の人, の奴, の客, の応募者, はせめて本当に, は覺, ゐの, を占め, 集まりました

▼ 名にかけて~ (18, 0.0%)

1 [18件] きっととらえ, きっと望み, この誘拐事件, これほどの, ちかいます, どうぞそっとし, また彼, まちがいありません, よく戦っ, 夫と, 存分に, 容赦ならぬ, 当然すぎる, 悔んで, 成敗し, 最大な, 烈しく鎬, 誓われたいと

▼ 名これ~ (17, 0.0%)

2 に加わり

1 [15件] がこの, がラサ府, だけの人数, に基づく, に対し吏党, に群馬県会議員荒川高三郎, はすべて泊まり, は江戸, へ出, へ見え, も必要, を, を片恋集, を義理, を詩人

▼ 名なり~ (17, 0.0%)

1 [17件] こ, せば, とみとめられる, もとの, ルカヌスの, ルッカの, 三とせ前の, 中古高利貸の, 二十名なりを, 今卑近, 光線の, 冬籠, 又は不正色, 女神ヂアナを, 川の, 牧者, 論なり

▼ 名のみの~ (17, 0.0%)

1 [17件] お筆, こと内部には, ひどい茅葺堂, ものだった, ものを, もの実に, キリストの, 夫婦である, 将軍たり, 愛では, 木曾の, 本願寺と, 源三郎の, 炬燵の, 良人である, 郡部との, 間に

▼ 名近く~ (17, 0.0%)

1 [17件] あつて, いる, になっ, にもなっ, に死刑, に立っ, の人, の人員, の兵隊, の委員, の男子, の社員, の藩士達, の面々, もそれ, も散らばっ, を算

▼ 名ざす~ (16, 0.0%)

1 [16件] あのもう, こと, ことが, ことさえ, ことの, だけの力, ところへ, とも, にその, にもその, に事足りた, のは, のも, までの順番, 人に, 男や

▼ 名すら~ (16, 0.0%)

2 忘れては, 知るに

1 [12件] いつかみな忘れ果て, さして知られ, さして知られてなかつた, 初耳であった, 容赦なく, 改めてゐる, 知らなかったの, 聞えなかった, 言ひ忘れ, 誰も, 貰って, 遺って

▼ 名とか~ (16, 0.0%)

1 [16件] その生年月日, それらを, ミササギの, 佐々木道誉への, 兄自身に対して, 先人の, 地の, 屋敷の, 憶えて, 殊に弟, 母の, 河の, 町の, 社会的な, 言ふべき, 野武士の

▼ 名なども~ (16, 0.0%)

1 [16件] これへ, まだ時々は, ようやくおとめ, 今の, 今日は, 元来何となく俳趣, 出ては, 実はこの, 実は由来, 實は, 小さい反抗心, 彫って, 急に, 無さそう, 誰彼と, 附いて

▼ 名などを~ (16, 0.0%)

2 つけること

1 [14件] お耳, さっぱり知らなかった, しきり, つけられるよう, 二人が, 入れて, 大阪, 挙げられたが, 教へて, 町名に, 知って, 言ひたる, 記さないの, 記憶し

▼ 名~ (16, 0.0%)

3 がある, の一つ 2 にかぞえられる 1 があった, があり, であったが, である, であるが, で吹込み, として挙げたい, の声価

▼ 名さえも~ (15, 0.0%)

2 口に

1 [13件] それが, ほんとうか, わかぬ草, わからない, 思い出せなかった, 懐かしいと, 日本と, 知らないの, 知らなかった, 知らぬ木, 覚えて, 記されて, 間違うよう

▼ 名といふ~ (15, 0.0%)

3 のは 2 通知でございます 1 ことを, のだ, のです, のと, 人が, 人に, 人は, 大世帶, 浪人で, 男は

▼ 名~ (15, 0.0%)

1 [15件] あてた遺書四通, いいつけた, おたずね, かような, こう遺言, ここで, なにか穏やか, 両手を, 云つてやつた, 初めて朝臣, 右門二三日中に, 秀吉は, 莫大な, 詰問した, 養子に

▼ 名~ (15, 0.0%)

3

1 [12件] には実, には寿山院, には尚, には快楽院, には猶, に又, に従, に拠つて蘭軒, に曰く, に第, に覚心禅童女, の蘭軒庶子女

▼ 名かと~ (14, 0.0%)

2 思われる

1 [12件] ある方, おもわれる, 思いまた, 思う, 思った, 思ったらそう, 思はれる, 思はれるのに, 思われるのに, 考へられる, 聞かれた位, 言うと

▼ 名ぐらいは~ (14, 0.0%)

2 知って

1 [12件] あったろう, あるいはご存知, あろうじゃ, いよう, おかげで, 多少知れ, 来て, 残るであろう, 義経, 聞いて, 聞きおろう木曽, 訊きたいじゃ

▼ 名ずつの~ (14, 0.0%)

1 [14件] 八室で, 兵を, 兵士を, 兵隊に, 大工土工と, 子供だましの, 弁護士を, 当番を, 捕手が, 新入りが, 書記官を, 浮浪児を, 素槍を, 食慾そのものに

▼ 名余り~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありました, がわめき叫ん, が五, であった, の人間, の信徒達, の学生, の少年少女, の店員中, の男, はただ, は店, は職工, は農民

▼ 名~ (14, 0.0%)

2 によれ

1 [12件] ではヒダ, では大社, でも分る, などで見ます, には国魂郡魂, には穴師, にも記載, に據, に祭られ, に賀茂, の考證, や神符

▼ 名あまり~ (13, 0.0%)

1 [13件] でその, となった, のもの, の一団, の人たち, の会員, の児童, の兵隊, の子供, の有志, の火消人足, も出合っ, 集って

▼ 名からの~ (13, 0.0%)

2 旅客と

1 [11件] 人数が, 党員が, 出席が, 吉岡勢は, 同期生だ, 宿将たちが, 従者留学生を, 旅客が, 者が, 警官隊は, 集団的訓練と

▼ 名ぐらい~ (13, 0.0%)

2 知って, 知らなくって 1 だった, でしょう, わかるかも, 刻んで, 召連れ身分から, 居るかね, 眩する, 知られたって, 知られて

▼ 名だろう~ (13, 0.0%)

1 [13件] かそれ, から此処, がこの, がでけ, が不明, が朝鮮同然鼠, だがそれ, という説, とここ, と久助君, と思っ, と私, 一心寺

▼ 名でない~ (13, 0.0%)

2 ことは

1 [11件] かも知れない, が何と, が何となく, とだいぶ, と覚つた, と覺つた, のが, のにかかわらず, ような, ように, 証拠である

▼ 名~ (13, 0.0%)

1 [13件] だが, だけを貰っ, で営業停止, で妾, で小綺麗, にし, による追放令書, に書き変える, の, のお, の富, の株券, の預金中

▼ 名~ (13, 0.0%)

1 [13件] でありましたゆえ, というの, となる, に仕立てた, に情け, のよう, の香炉, は永久, は海, ばかりな, を剣, を磨いた, を結婚

▼ 名~ (13, 0.0%)

1 [13件] お持, でもなん, といふの, とした, と思いました, には相違, のお茶, の製造主, はない, は何, は何かと, も効め, を飲ませ

▼ 名附け~ (13, 0.0%)

2 てただ, てゐる, て排斥 1 あの辺, てみ, てよく, てゐた, て來, またその, 難い私

▼ 名それ~ (12, 0.0%)

2 に今日 1 から三名, だけが一束, に加え, に同心たち, に応じ, に混, に警官, に随従, も創設当初, も呼名

▼ 名だけでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] いくらでも, じぶん, なぜ聞い, 先へ, 同じ名, 夫婦という, 失はず居た, 妻は, 市村座である, 留学生は, 覚えて, 訊いて

▼ 名とが~ (12, 0.0%)

2 出会ったの, 書いて 1 かねて相談, その反対, つけて, 印刷し, 同じく襟, 小さく一寸五分, 明に, 記されて

▼ 名なら~ (12, 0.0%)

21 このから, し, なんでも, ばふたり, むろん苦労, めや, んか, んとの, 神さまから, 造作も

▼ 名より~ (12, 0.0%)

1 [12件] いづ, して, なる一団, なる調査隊, 人の, 他には, 來る, 地の, 想像し, 成るドイツ将校下士官兵, 用ひ馴れた, 目の

▼ 名~ (12, 0.0%)

2 りも, を揚げ 1 が始ま, などを擧げる, りを, をし, を揚げられ, を擧げ, 出る時, 申す又

▼ 名~ (12, 0.0%)

2 り下さい 1 った, った味噌摺坊主, っておりました, って出た, りせむ, りを, りメエルハイム, り出た, るところ, るべき方々

▼ 名知らぬ~ (12, 0.0%)

1 [12件] 南方の, 寒しき人に, 小社の, 小鳥の, 枝に, 花, 草, 草を, 街路樹の, 路傍の, 雑草の, 高山植物の

▼ 名いる~ (11, 0.0%)

2 のです 1 か, がその, が病人, けれど春, ぜ, といわれ, ね, ほかすべて女子が, 学童に対する

▼ 名としては~ (11, 0.0%)

1 [11件] どうかしらん, カヤツリグサの, ホドだけ, 三代実録に, 別に, 少しく精確, 支那産の, 猫頭竹を, 米沢でも, 繩屋吾助が, 適しない

▼ 名~ (11, 0.0%)

1 [11件] えなのね, へからも可愛, へがついた, へだけは言, へであらう, へに凝る, への表札, へは, へをもつた, へをよばれた, をし

▼ 名よりも~ (11, 0.0%)

1 [11件] この方, ずっとふかく大きかっ, ずっとピンと, ヨリ以上に, 一流の, 実だ, 小萩は, 忘れられては, 早いところ, 有名な, 鉄心石腸の

▼ 名あて~ (10, 0.0%)

2 がねえ 1 だから, になっ, には重吉, に発送, の一通, の名, の手紙, はねえ

▼ 名との~ (10, 0.0%)

2 関係を 1 事なりし, 位置の, 差別である, 珍事の, 符合をば, 間に, 関係に, 関係は

▼ 名にこそ~ (10, 0.0%)

3 ありけれ 1 ありけれは, きましけれ, たてれ, たてれ櫻花, たてれ此花, 立てれ流れて, 高い鋸山

▼ 名に対して~ (10, 0.0%)

1 あの演壇, そう粗略, とった一種, 備後伊豆佐渡阿波の, 恥ずべきこと, 敏感なる, 無関心, 行われた, 赤面し, 迂闊に

▼ 名までが~ (10, 0.0%)

1 それから, まったく夕方, 主と, 何だか如何にも人, 変って, 彼の, 斃れ, 無遠慮に, 瘤の, 知れて

▼ 名らしい~ (10, 0.0%)

2 貴女の 1 から本, から本来, ものは, ローマ字綴りを, 一天霖という, 剣気である, 声を, 感覚を

▼ 名入り~ (10, 0.0%)

2 の傘, の弓張提灯 1 の半纏, の印絆纒, の名刺, の手拭い, の提灯, 交って

▼ 名~ (10, 0.0%)

1 から成る, であること, ではなく, で描かれ, となり, のみを考えるなら, を借り, を撤廃, を用い, を用いた

▼ 名近い~ (10, 0.0%)

1 一団が, 人達の, 人間が, 会員の, 具足の, 女弟子が, 数に, 研究員を, 者の, 足音な

▼ 名遂げ~ (10, 0.0%)

2 て身, 復た 1 て一九〇四年五月一日六十三歳, て小生, て弓馬剣槍, て早く, て村, て維新

▼ 名もの~ (9, 0.0%)

1 カワカミを, 下郎と, 人間が, 婦人代議士の, 放し鳥, 日本人が, 災死児童を, 者が, 顔が

▼ 名~ (9, 0.0%)

3 の腕前 1 だが, と尊敬, のある, の官吏, の遣ひ, の酒店

▼ 名あれ~ (8, 0.0%)

2 ばその 1 どもいまだ, ども今日, ど實, ばまた, ば好事者鬼, ば富める

▼ 名~ (8, 0.0%)

2 へし, 可き 1 と, は当らざるなり, 例へは, 可から

▼ 名この~ (8, 0.0%)

1 コックが, 三名の, 上方へ, 城久しく, 屋敷に, 水集まり, 町から, 画期的実験報告の

▼ 名~ (8, 0.0%)

1 それで, それで宜, へも知らざり, へ今, へ信じなけれ, へ忘, へ慕, へ聞いた

▼ 名のみが~ (8, 0.0%)

2 昔ながらに 1 ある, 今までは, 常に先頭, 残った, 残つてゐる, 殿の

▼ 名のみを~ (8, 0.0%)

1 主張し, 今も, 列すること, 太く書き, 昔ながらに, 本丸の, 止めた御霊代, 聞いた諸

▼ 名~ (8, 0.0%)

2 に死する 1 には旧人, に一行, に裸体, の最年長者, の約, 一名は

▼ 名~ (8, 0.0%)

2 れを 1 を引率, 惜毛, 曰死, 爲持衰若, 謂心, 謂生

▼ 名~ (8, 0.0%)

1 いとどしくすが, なく出, なし, の光, の影, りが, りの, を惜ん

▼ 名盤集~ (8, 0.0%)

2 第三集 1 から出, にある, には同じく, にギーゼキングの, にワルター, に入っ

▼ 名足らず~ (8, 0.0%)

1 だった, である, で校長先生, の募兵, の寒々, の最も, の武者, の義勇兵

▼ 名あった~ (7, 0.0%)

1 が大, が私, が航空機, ことが, のも, プリニウスの, 大迫玄蕃浅香慶之助猪股小

▼ 名~ (7, 0.0%)

2 ひとり 1 主と, 今宵おぼろげならぬ, 凡に, 忍ばるる赤き, 高き月

▼ 名だけで~ (7, 0.0%)

1 お経, 交代勤めを, 充分な, 呼んだ, 引き寄せ得ると, 知られてるふたり, 該当者を

▼ 名だけの~ (7, 0.0%)

1 もの, ものに, キリスト教徒であっ, 壮丁を, 姉妹に, 新進創作実話座談会を, 本庁である

▼ 名ないし~ (7, 0.0%)

1 七名の, 三十五名の, 三十名の, 二十三名から, 二名招待し, 十名ぐらいの, 十数名の

▼ 名なき~ (7, 0.0%)

2 人々の 1 もあれ, をみな, 人々でも, 故に鬼, 牢人の

▼ 名にのみ~ (7, 0.0%)

2 聞く外國 1 とどめ月, 聞いて, 聞きし懐石, 聞きし石竜山, 聞きて

▼ 名ほどが~ (7, 0.0%)

1 ばらばらと, 密やかに, 待ちうけ, 待って, 揃いも, 若松に, 集まった

▼ 名をや~ (7, 0.0%)

2 得たり 1 得め, 散らさん, 沈めん, 流さむ, 流さん

▼ 名~ (7, 0.0%)

1 一陣涼風ニソソノカサレ浮カレテナセル業ニスギズ, 下ニ, 供給ニ具ルコト能ハズ, 全部三十四名ニテ成立ス併シテ是等党員ハ常, 実ニ沿ハザルコト蓋甚シキモノアリ, 影響ヲ, 示スガ如ク往昔郷閭

▼ 名差し~ (7, 0.0%)

2 で訪ね 1 だ, ている, の芸妓, の通り人丸左陣, をすれ

▼ 名~ (7, 0.0%)

1 が見え出す, のやう, の外, の眞中, は淡水湖, めぐりから, を横ぎり

▼ 名~ (7, 0.0%)

1 住んで, 出て, 増やしまして, 壓殺した, 居る, 居るかは, 集つて

▼ 名~ (7, 0.0%)

3 はない 1 あるに, である, です, はありません

▼ 名附けた~ (7, 0.0%)

2 のです 1 とある, と言, のか, までのこと, ものであろう

▼ 名かが~ (6, 0.0%)

1 それを, 介添として, 動揺の, 居る, 送る, 静かな

▼ 名ける~ (6, 0.0%)

1 と遠く, ものであります, 事が, 大きな犬, 必要は, 論理の

▼ 名だけに~ (6, 0.0%)

1 して, しろ磯五, しろ良人, すぐおれ, なるの, 妙に

▼ 名でした~ (6, 0.0%)

1 か, か今, が袖, が龍馬, のが, わね

▼ 名でなく~ (6, 0.0%)

1 て実, て赤門, ば其目的, 今の, 古くから, 腕を

▼ 名でなけれ~ (6, 0.0%)

3 ばならない 1 ばならなかった, ばマリア, ば分らない

▼ 名について~ (6, 0.0%)

1 一人という, 一人五名について, 手紙で, 犯行も, 神, 興奮曲線を

▼ 名にな~ (6, 0.0%)

1 つてし, つてゐた, つてゐます, つて居ります, つて現れ, つて誰も

▼ 名にまで~ (6, 0.0%)

1 ご迷惑, ついてるくらい, 其俤を, 延長せられ, 数を, 高まった例

▼ 名に対する~ (6, 0.0%)

1 一人の, 不当なる, 二年間の, 極端な, 興味である, 語で

▼ 名また~ (6, 0.0%)

1 かまびすし, それらの, 判官の, 案内かたがたともに, 親の, 黙々と旅

▼ 名または~ (6, 0.0%)

1 その由来, それ以上の, 三名任期は, 名古屋附近の, 大字の, 尊稱を

▼ 名までは~ (6, 0.0%)

1 おわかりに, 及ばないの, 日本出版協会から, 欠食児童である, 登載せしめ得る, 言わないよ

▼ 名~ (6, 0.0%)

1 ぐそみねばり又, ばる, びてわれまゐろさくら花ちる, 小池慶子, 脆かりし, 鬼にでも

▼ 名をさえ~ (6, 0.0%)

1 そのままで, 俗事と, 失えば, 悲しんだ古人, 留めて, 知って

▼ 名をだに~ (6, 0.0%)

2 知らね唯 1 しらぬ君, もさは, 知らぬので, 聞かざれど

▼ 名~ (6, 0.0%)

1 であった, に会った, の門, は大概, を求め, を求め得よう

▼ 名~ (6, 0.0%)

1 である, というもの, として私, なりとて仙歌, によっても明らか, に対しては言葉

▼ 名程の~ (6, 0.0%)

1 ものは, 一団のみ, 同博士門下生, 患者を, 私服刑事を, 警官を

▼ 名~ (6, 0.0%)

1 からも断行意見書, にはちやん, の世, の考證, は東方諸州, を当地

▼ 名連れ~ (6, 0.0%)

1 て, ている, てほどなく, てサムボア, て祇園, て行った

▼ 名附ける~ (6, 0.0%)

2 ものが 1 ことが, 事は, 利用の, 理由は

▼ 名いずれ~ (5, 0.0%)

1 も勤王, も平和, も旧, も正造, も袖

▼ 名いた~ (5, 0.0%)

1 が, がしつっ, がそれ等, が何代, だけであった

▼ 名ざされ~ (5, 0.0%)

1 てい, てはいなかった, て一九三二年, て雑誌その他, また川童

▼ 名すらも~ (5, 0.0%)

1 分らない, 忘れつと, 持って, 知らなかった, 英国その他の

▼ 名だに~ (5, 0.0%)

1 あらば, これを, 人間の, 伝うるあたわざりしなるべし, 恋しきを

▼ 名づつ~ (5, 0.0%)

2 の附添夫 1 が思ひ思ひ, の代議士, の足軽

▼ 名であります~ (5, 0.0%)

1 からそこで, から武藏, がそこ, が今, こと

▼ 名なりと~ (5, 0.0%)

1 いふ, 云った, 判ず, 結論す, 聴いて

▼ 名にかけても~ (5, 0.0%)

1 いつまでも, すてて, 彼奴を, 立ち合って, 許しませぬぞ

▼ 名により~ (5, 0.0%)

1 不当の, 世界正義の, 或はこれ, 権力を, 閣下に対し

▼ 名に対しても~ (5, 0.0%)

1 この種, 取り返しの, 実に愧, 心から犯人, 斯うし

▼ 名のみにて~ (5, 0.0%)

2 花は 1 まだ襁褓, 今の, 昨日からの

▼ 名のみは~ (5, 0.0%)

2 消しませね 1 久しく聞い, 當に, 美しくて

▼ 名への~ (5, 0.0%)

1 判決の, 割当を, 恋着に, 改姓が, 賞賜を

▼ 名ほどを~ (5, 0.0%)

1 つれ馬二頭, 証人として, 連れて, 連れ駒, 選りすぐ

▼ 名をのみ~ (5, 0.0%)

2 呼んだ 1 しるし, 留めた, 留めたが

▼ 名ビグルナイユ~ (5, 0.0%)

1 であること, という男, とドゥミ・リアール一名ドゥー・ミリアール, はテナルディエ, は後

▼ 名プランタニエ一名ビグルナイユ~ (5, 0.0%)

1 であること, という男, とドゥミ・リアール一名ドゥー・ミリアール, はテナルディエ, は後

▼ 名乃至~ (5, 0.0%)

2 十名の 1 三名ずつ, 二十名ずつに, 二百名を

▼ 名~ (5, 0.0%)

2 という井戸, のうけひ 1 に行

▼ 名付くべき~ (5, 0.0%)

1 ものである, 世にもややこしい, 人の, 生物は, 面白い人間

▼ 名~ (5, 0.0%)

1 と社会党, の下宿, の増援隊, の盛宴, をつれ

▼ 名及び~ (5, 0.0%)

1 同僚巡査一名と共に, 同志の, 星岡光雄空知晴次という, 暁葉子上野光子計, 目的地は

▼ 名告ら~ (5, 0.0%)

1 しゃれ, ずともと, ずば, ずも, ぬ限り永遠

▼ 名宛て~ (5, 0.0%)

2 になっ 1 の文書, も不敵, を書い

▼ 名~ (5, 0.0%)

1 の四, を具えざる, を十日, を庫, を購い得ない

▼ 名~ (5, 0.0%)

2 に富める 1 に煽られ, を奬勵, を駁した

▼ 名椎手名椎~ (5, 0.0%)

2 の神 1 に作る, は蛇, 来て

▼ 名法術~ (5, 0.0%)

2 の學 1 といふ, の政策, を以て黄老

▼ 名海屋~ (5, 0.0%)

1 というよう, という人, の, の系統, の高弟

▼ 名画集~ (5, 0.0%)

1 からはとりのぞく, があった, というの, の別, の類

▼ 名~ (5, 0.0%)

2 会して 1 に同情, 会し種々, 集まりて

▼ 名~ (5, 0.0%)

1 と日々, の嫉妬, を博した, を博し始め, を得た

▼ 名遂げた~ (5, 0.0%)

1 と申すべく, 人だ, 後の, 晩年に, 晩年を

▼ 名~ (5, 0.0%)

2 は見せつ 1 は摂津, をば見せつ, を来れ

▼ 名附けられ~ (5, 0.0%)

1 その荼毘, ても文句, てゐる, 對岸の, 誕生を

▼ 名あっ~ (4, 0.0%)

1 て, てその, て主, て実

▼ 名ありし~ (4, 0.0%)

1 が今, なり, ものの, 老優三河屋

▼ 名かも~ (4, 0.0%)

1 しれない, しれません, 知れない, 知れないが

▼ 名くらい~ (4, 0.0%)

1 だろうと, であったであろうか, であつ, でしょうか

▼ 名ぐらいの~ (4, 0.0%)

1 ものその, 一行で, 組である, 若い男女

▼ 名され~ (4, 0.0%)

1 いつも面白く, ております, てゐ, 分銅鎖の

▼ 名さん~ (4, 0.0%)

1 が四平街, だが, とお話, を加

▼ 名ざした~ (4, 0.0%)

1 がそれ, ことです, のは, 面々は

▼ 名じゃあ~ (4, 0.0%)

2 ないん 1 ありませんか, なかったです

▼ 名だけしか~ (4, 0.0%)

1 いない密室, なかった, 入れない, 覚えて

▼ 名だって~ (4, 0.0%)

1 いうじゃ, よくご, 事です, 何の

▼ 名でございます~ (4, 0.0%)

1 お米, か, それが, ね

▼ 名でしょう~ (4, 0.0%)

21 ところが花, 踊の

▼ 名どの~ (4, 0.0%)

1 に会えず, の居る, の弟, を捜し出せ

▼ 名などが~ (4, 0.0%)

1 幾人も, 残って, 用ひられ, 細々終り

▼ 名なるべく~ (4, 0.0%)

2 物には 1 その同じ頃, 物に

▼ 名なれ~ (4, 0.0%)

1 ばけし, ばそれ, ばなるべし, ば其

▼ 名なんぞ~ (4, 0.0%)

1 どうでも, 一ぱい落書し, 一ツだって, 呼ぶ用

▼ 名については~ (4, 0.0%)

1 あるスマート, まだ二様, 殺人の, 注意せられる

▼ 名のらず~ (4, 0.0%)

2 ひどいの 1 こ, 愛情の

▼ 名のらせ~ (4, 0.0%)

1 ておい, 士分の, 番頭に, 錦小路殿

▼ 名のられ~ (4, 0.0%)

1 ているであろう, てゐる, て感嘆, 政の

▼ 名ばかりを~ (4, 0.0%)

1 使節と, 出迎えた, 網羅し, 載せ就中大砲

▼ 名ほか~ (4, 0.0%)

1 にどういう, に天海, に日本人信徒パウロ三木, の訓導

▼ 名までの~ (4, 0.0%)

1 ことである, 下職は, 代表代理を, 召使が

▼ 名よりは~ (4, 0.0%)

1 奇人で, 実だ, 実です, 詩仙堂の

▼ 名らしく~ (4, 0.0%)

1 すなわち小児等, フンゴミという, 外国思想入りて, 焼印の

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 とと, もの六十四所あり, 学芸に, 者四所小学校と

▼ 名をすら~ (4, 0.0%)

1 忘れて, 知らないで, 知らぬ草, 聞いたこと

▼ 名主従~ (4, 0.0%)

1 はしばらく, はそろそろ, は幾ら, を取り囲みました

▼ 名乘つて~ (4, 0.0%)

1 出たんぢ, 出た二人, 出ますよ, 出ると

▼ 名合せ~ (4, 0.0%)

1 て七名, て二十名, て二十四名逮捕, て二千名

▼ 名~ (4, 0.0%)

2 より論ずる 1 よりいふ, を好んだ

▼ 名左傳次~ (4, 0.0%)

1 という者, と互に, と申す, にも相談

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 とし, なる名称, を分け, を刑名

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 から参加, より参る, をついて行った, を徹底的

▼ 名~ (4, 0.0%)

2 神の 1 神, 警固に

▼ 名採用~ (4, 0.0%)

1 する, するつもり, すると, とありました

▼ 名来り~ (4, 0.0%)

1 て頻, テストし, 今日の, 名刺を

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 の先祖調べ, の時鎌倉, を名乗る, を持ち出す

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 と警察官, の名, はあっ, は聞いた

▼ 名義広~ (4, 0.0%)

1 が落延びた, との大, を凹ませ, を逐払

▼ 名草郡平野村~ (4, 0.0%)

1 なる感應院, にて誕生, の修驗者感應院, の山伏感應院

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 だ, であっても, なりとも又, も日本

▼ 名~ (4, 0.0%)

1 から大量, である人, ともみえる, のよう

▼ 名ありき~ (3, 0.0%)

2 といはれし 1 といふ

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 て僕, て数名, て最後

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 てつだい衆, 玄関様という, 立会いの

▼ 名おき~ (3, 0.0%)

2 なが 1

▼ 名かを~ (3, 0.0%)

2 買収した 1 いちどに亡

▼ 名けた~ (3, 0.0%)

1 かと申す, が堂, とは河伯

▼ 名けたもの~ (3, 0.0%)

2 である 1 であろう

▼ 名けられる~ (3, 0.0%)

2 位だ 1 者の

▼ 名ここ~ (3, 0.0%)

1 に上陸, の御堂, へおい

▼ 名しらぬ~ (3, 0.0%)

1 大樹, 花の, 虫を

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 東福寺の 1 がたを

▼ 名する~ (3, 0.0%)

2 は周易 1 もの三十万人隊数二千百五十八隊あり

▼ 名ずつを~ (3, 0.0%)

1 出して, 急派した, 行動隊に

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 かいにと 1 かいに

▼ 名ぞろぞろ~ (3, 0.0%)

1 とおり, とその, と草鞋

▼ 名だの~ (3, 0.0%)

1 ウェイトレスの, 歌の, 良人の

▼ 名ちかい~ (3, 0.0%)

1 コマ人を, 奇怪な, 火消人足の

▼ 名つけ~ (3, 0.0%)

21 て自動車

▼ 名つづい~ (3, 0.0%)

1 てその頃売出し, て駈け寄っ, て魏延

▼ 名つれ~ (3, 0.0%)

1 て来い, て江戸城, て郊外

▼ 名づくるなら~ (3, 0.0%)

1 ば善, ば意志, ば神

▼ 名づくれ~ (3, 0.0%)

1 ばやはり, ば恐怖, ば風

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 ふ催馬楽, まえに, 其目録あり

▼ 名であったろう~ (3, 0.0%)

1 か, がなお, ことは

▼ 名どころ~ (3, 0.0%)

1 じゃない, だ, 多しと

▼ 名なぞ~ (3, 0.0%)

1 あるもの, 何でも, 考へて

▼ 名などと~ (3, 0.0%)

1 した, 覚えねば, 関係の

▼ 名などという~ (3, 0.0%)

1 地名は, 大字の, 総括した

▼ 名なりし~ (3, 0.0%)

1 がその, をも忘, 故に今日

▼ 名なんて~ (3, 0.0%)

1 どうでも, のは, 言葉が

▼ 名においても~ (3, 0.0%)

1 ほめら, 多くの, 血縁の

▼ 名にでも~ (3, 0.0%)

1 ありそう, かかわるよう, 近侍し

▼ 名のみに~ (3, 0.0%)

2 して 1 残りしならん

▼ 名のれ~ (3, 0.0%)

1 ばきりきり舞い, 奇しき處女, 鷲尾の

▼ 名ほどは~ (3, 0.0%)

1 たちどころに獲得, 井口城の, 立たされて

▼ 名までを~ (3, 0.0%)

1 またたく間に, 洛外一乗邑で, 知つてゐた

▼ 名やら~ (3, 0.0%)

1 いっこうお気, 秀の, 素姓などは

▼ 名ゆるし~ (3, 0.0%)

3 給へと

▼ 名をか~ (3, 0.0%)

1 たつて, へぬも, 得め

▼ 名をこそ~ (3, 0.0%)

2 流すら 1 後の

▼ 名をもって~ (3, 0.0%)

1 構成する, 組織する, 限りと

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 かたまりに 1 と塊

▼ 名一世~ (3, 0.0%)

1 に高かっ, に鳴り響いた, を圧した

▼ 名一団~ (3, 0.0%)

2 となっ 1 となつ

▼ 名不明~ (3, 0.0%)

1 なの, のもの, のシェイクスピア

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 の名, は只, を分け

▼ 名以外~ (3, 0.0%)

1 には対立, のもの, の者

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 かふざけ, ていうの, て有

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 た, たる, る

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 に全 1 この汗

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 三名は, 女一名です, 女四名堺山川荒畑なぞも

▼ 名内外~ (3, 0.0%)

1 である, の団体一泊旅行, を二百八十名

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 て来 1 たり入っ

▼ 名和名~ (3, 0.0%)

3 の詮議

▼ 名居る~ (3, 0.0%)

1 と云う, 皆謂ふ, 道中の

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 とあれ, にて對面, にて御

▼ 名書き~ (3, 0.0%)

2 も六藏 1 も六蔵

▼ 名最も~ (3, 0.0%)

1 高かつ, 高きジャイアンツ・コーズウェー, 高し

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 としてその, のうち, を探し歩い

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 の柿, は今どこ, を献上

▼ 名漸く~ (3, 0.0%)

1 世に, 忘れら, 高く彼ら

▼ 名現在~ (3, 0.0%)

2 のゴーリキー通り 1 のプーシキン通り

▼ 名生存救助~ (3, 0.0%)

3 を乞う

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 でありながら, というの, や二百円

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 にて古, の濫併, を止む

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 であった, であるので, を手

▼ 名篇傑作~ (3, 0.0%)

1 にし, の撮影, 必ずしも當時

▼ 名縮尻平次~ (3, 0.0%)

1 ともいう, ともいふ, はこうして

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 に面會, の部屋, 初對面

▼ 名負傷~ (3, 0.0%)

1 したるは, は将校二名, を加えれ

▼ 名辞書~ (3, 0.0%)

1 に載っ, の記載, までひっぱり出し

▼ 名連署~ (3, 0.0%)

1 して, の老中書付, の誓紙

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 が在, の設立, 真根

▼ 名~ (3, 0.0%)

2 の消費量いく樽 1 なしの

▼ 名~ (3, 0.0%)

1 そして女, をした, を借り

▼ 名附けられる~ (3, 0.0%)

1 のは, はずであった, 姓の

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 つて實なき, ねさん

▼ 名あがり~ (2, 0.0%)

2 家ととのうたる

▼ 名ありとうた~ (2, 0.0%)

2 ひつ

▼ 名あるいは~ (2, 0.0%)

1 文化圏の, 街談口説の

▼ 名いかに~ (2, 0.0%)

1 しても, 諷はれ

▼ 名いよいよ~ (2, 0.0%)

1 中外に, 屋上へ

▼ 名おかみ~ (2, 0.0%)

2 に対照

▼ 名おのおの~ (2, 0.0%)

1 くだんの, 奇異の

▼ 名かたまっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て旅舎

▼ 名かは~ (2, 0.0%)

1 本丸の, 栗山善助の

▼ 名かへ~ (2, 0.0%)

1 つて俳名を, ばや

▼ 名がち~ (2, 0.0%)

2 やんと

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 やのうち, を変

▼ 名きょう~ (2, 0.0%)

1 この神奈川, の案

▼ 名くべき~ (2, 0.0%)

1 ものある, ものじゃ

▼ 名ぐらいずつ~ (2, 0.0%)

1 十段に, 腹を

▼ 名ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 小勢で, 藩士と

▼ 名ことごとく~ (2, 0.0%)

1 死んだ, 死刑の

▼ 名ございます~ (2, 0.0%)

2 から今年

▼ 名さては~ (2, 0.0%)

1 名主の, 日本の

▼ 名そこ~ (2, 0.0%)

1 へ入った, へ明智

▼ 名そのまま~ (2, 0.0%)

1 の銀鞍, コックという

▼ 名そのもの~ (2, 0.0%)

1 でわかってる, に特別

▼ 名その他~ (2, 0.0%)

1 は, は無所属

▼ 名それから~ (2, 0.0%)

1 私の, 船を

▼ 名たかく~ (2, 0.0%)

2 あまねく人

▼ 名たらず~ (2, 0.0%)

1 の少, 一手に

▼ 名たる~ (2, 0.0%)

1 にほか, 日高見の

▼ 名だけも~ (2, 0.0%)

1 いちど御所の, 覚えて

▼ 名だつた~ (2, 0.0%)

1 か, んだ

▼ 名ちかく~ (2, 0.0%)

1 を相手, 集っての

▼ 名つい~ (2, 0.0%)

1 て来れ, 取り逃がしたほう

▼ 名づくべし~ (2, 0.0%)

1 といっ, 彼らは

▼ 名づゝ~ (2, 0.0%)

1 を召し, 御拝観

▼ 名でありましょう~ (2, 0.0%)

1 か, がそん

▼ 名であれ~ (2, 0.0%)

1 ば世界中, 言葉であれ

▼ 名でき~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, てゐた

▼ 名でございました~ (2, 0.0%)

1 っけ, 其所へ

▼ 名でし~ (2, 0.0%)

1 て卑しい, て林崎流

▼ 名でなかった~ (2, 0.0%)

1 か, ことは

▼ 名といった~ (2, 0.0%)

1 ことは, らしいの

▼ 名とさえ~ (2, 0.0%)

1 なった, なったの

▼ 名としか~ (2, 0.0%)

1 弁えないで, 触れ出されて

▼ 名としても~ (2, 0.0%)

1 用いられまた, 用いられる

▼ 名とでも~ (2, 0.0%)

1 所詮対等, 立対って

▼ 名とり~ (2, 0.0%)

1 とかで, 川波かけ衣ぬれ

▼ 名とんだ~ (2, 0.0%)

2 あほう

▼ 名などより~ (2, 0.0%)

1 たけ光の, 仕組んだ咄

▼ 名ならびに~ (2, 0.0%)

1 その正品, 住所等を

▼ 名なんかは~ (2, 0.0%)

1 まだどっち, もとより

▼ 名においての~ (2, 0.0%)

1 闘争の, 闘争よりは

▼ 名における~ (2, 0.0%)

1 モスクワ大学の, 抗議傲然たる

▼ 名にさえ~ (2, 0.0%)

1 なって, ふさわしくありません

▼ 名にしか~ (2, 0.0%)

1 この言葉, 知らせてないある

▼ 名についても~ (2, 0.0%)

1 言われる, 説が

▼ 名にとって~ (2, 0.0%)

1 吾, 容易ならぬ

▼ 名にもな~ (2, 0.0%)

1 つてゐます, つて必しも

▼ 名によってという~ (2, 0.0%)

1 ことは, 意味に

▼ 名に対し~ (2, 0.0%)

1 一人の, 千石を

▼ 名のみで~ (2, 0.0%)

1 まだ村政, 三つの

▼ 名のみと~ (2, 0.0%)

1 なった, なり次席家老

▼ 名のらなかった~ (2, 0.0%)

1 がまさしく, ような

▼ 名のらぬ~ (2, 0.0%)

1 人から, 首を

▼ 名のられた~ (2, 0.0%)

1 がしるし, のは

▼ 名ばかし~ (2, 0.0%)

1 で, 美しい観月橋

▼ 名ばらばら~ (2, 0.0%)

1 と駈け, ッと

▼ 名まえと~ (2, 0.0%)

1 をすばやく, 共にはいっ

▼ 名まえなんか~ (2, 0.0%)

1 ありません, どうだって

▼ 名までも~ (2, 0.0%)

1 云ひ続けけり, 数へたが

▼ 名もう~ (2, 0.0%)

1 たれ一人, 一人事件の

▼ 名もしくは~ (2, 0.0%)

1 一種の, 二三名の

▼ 名もを~ (2, 0.0%)

1 かしきイランイラン, かしさ

▼ 名やは~ (2, 0.0%)

1 隠る, 隠るる

▼ 名ようやく~ (2, 0.0%)

1 揚りもう, 高し

▼ 名よと~ (2, 0.0%)

1 私は, 答えた

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 て当日参観者, て話

▼ 名をぞ~ (2, 0.0%)

1 つらねし, とどむる

▼ 名をと~ (2, 0.0%)

1 つて命名された, ふとドーレ

▼ 名を通じて~ (2, 0.0%)

1 いつの間にか自分, よく知っ

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 書いて

▼ 名ウリネ~ (2, 0.0%)

1 ともいえ, ともいへ

▼ 名ズイキ~ (2, 0.0%)

2 の乾した

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 上京中央政府ニ訴ヘ, 呼バレルコトニナッタ

▼ 名ワッツ~ (2, 0.0%)

1 の死屍, を殺し

▼ 名一列~ (2, 0.0%)

1 になっ, に並ん

▼ 名一斉~ (2, 0.0%)

1 に裸馬, に身

▼ 名一時~ (2, 0.0%)

1 にかからせ, に高

▼ 名一緒~ (2, 0.0%)

1 に入りました, に渡つて

▼ 名三俣岳~ (2, 0.0%)

1 は幅, は熊

▼ 名三稜草~ (2, 0.0%)

2 とあっ

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の世, の学問性

▼ 名不詳~ (2, 0.0%)

1 の一座, の塚

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 をすっかり, 書目也

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 に布く, に許され

▼ 名中江口氏~ (2, 0.0%)

2 は凍傷

▼ 名之部~ (2, 0.0%)

1 に出, に薫

▼ 名二百石~ (2, 0.0%)

1 ずつと改めて, に足らぬ

▼ 名五郎重実~ (2, 0.0%)

1 と云, なり平家

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 のニワトコ, は改めて

▼ 名付く~ (2, 0.0%)

1 とある, ものが

▼ 名以下~ (2, 0.0%)

1 である, の人間

▼ 名佐技師~ (2, 0.0%)

1 が地質調査, に従

▼ 名全癒者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 名全部~ (2, 0.0%)

1 に対して厳重, 落ち合った

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の大, 皇

▼ 名前後~ (2, 0.0%)

1 について行った, を上下

▼ 名劇草一名馬藺子等~ (2, 0.0%)

2 と書き

▼ 名募集~ (2, 0.0%)

1 というの, と見かける

▼ 名参加~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 処で, 體で

▼ 名同道~ (2, 0.0%)

1 する様, のうえ

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 は, も知らん

▼ 名名物帳~ (2, 0.0%)

1 にまでのっ, の筆頭

▼ 名国名~ (2, 0.0%)

2 など広き

▼ 名増加~ (2, 0.0%)

1 されたの, して

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 トラの, 小字の

▼ 名女優~ (2, 0.0%)

1 として海外, として高く

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 は何, を冒す

▼ 名安興君~ (2, 0.0%)

1 との共著, などが尋ね

▼ 名実は~ (2, 0.0%)

1 君介どうも, 後鳥羽院口伝と

▼ 名宣る~ (2, 0.0%)

1 ように, 程の

▼ 名射殺~ (2, 0.0%)

1 されました, したが

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 侍が, 蒜の

▼ 名尽し~ (2, 0.0%)

1 に至る, の読み方

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 が凡手, を置く

▼ 名屡々~ (2, 0.0%)

2 此間に

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 に来, へ出ぬ

▼ 名引山~ (2, 0.0%)

1 のあたり, を踰

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 が初めて, の供

▼ 名或いは~ (2, 0.0%)

1 七名或いは, 十名ずつの

▼ 名或は~ (2, 0.0%)

1 住み処, 単に女房

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 を訊く

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 な傑作, の長尻

▼ 名打ち~ (2, 0.0%)

1 揃いたる, 集ひ

▼ 名打て~ (2, 0.0%)

1 の中州口, の大賊

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の前, をば見せ

▼ 名招待~ (2, 0.0%)

1 したので, して

▼ 名探偵アンポンタン・ポカン博士~ (2, 0.0%)

1 が博士自身, はタッタ

▼ 名探偵小林君~ (2, 0.0%)

1 のいさましい, の変装

▼ 名断つ~ (2, 0.0%)

1 な, な大伴

▼ 名新しい~ (2, 0.0%)

1 ゲストには, 筆で

▼ 名新藤市~ (2, 0.0%)

1 之丞當時屑屋長八, 之丞當時紙屑屋長八其方共儀此程訴

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 であります, の下

▼ 名書く~ (2, 0.0%)

2 と手習ら

▼ 名有る~ (2, 0.0%)

1 刀匠の, 所以なり

▼ 名未だ~ (2, 0.0%)

1 つよく響かざれ, 審ならず

▼ 名来た~ (2, 0.0%)

1 のだ, のでその

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 などとともに馬, ぶすま

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 と謂, はこの

▼ 名歌手~ (2, 0.0%)

1 と評判, の一人

▼ 名正しから~ (2, 0.0%)

1 ざるもの, ざれば

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の町, より出

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 の谷

▼ 名死ん~ (2, 0.0%)

1 でいた, でゐた

▼ 名死亡者二十五名全癒者四十一名~ (2, 0.0%)

2 現患者三十六名

▼ 名残っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 名残らず~ (2, 0.0%)

1 威儀を, 眼を

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 だけが知っ, だけが知つて

▼ 名無き~ (2, 0.0%)

1 を以て務, 者は

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 を代表

▼ 名犯義~ (2, 0.0%)

1 の罪, を嚴禁

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 でありました, 不留行

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 患者三十六名それに

▼ 名番地~ (2, 0.0%)

1 を書い, を聞け

▼ 名異なり~ (2, 0.0%)

2 といえ

▼ 名異なる~ (2, 0.0%)

1 もその, も實

▼ 名盛会~ (2, 0.0%)

1 であった, であったが

▼ 名相ロペルトピール~ (2, 0.0%)

2 に比する

▼ 名相伴い~ (2, 0.0%)

1 て来, 野外に

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 の佐伯部

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 たる大難, 早速

▼ 名知れぬ~ (2, 0.0%)

1 浜に, 浜辺

▼ 名石蛇~ (2, 0.0%)

1 で実は, という

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 を持

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の末尾, を標榜

▼ 名筮亀~ (2, 0.0%)

2 あるひ

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 が社會, 不立

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の余徳, を初め

▼ 名自体~ (2, 0.0%)

1 が更に更に, が神言詞章

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 のほう, を出

▼ 名草郡桜村~ (2, 0.0%)

1 などという人, などといふ人

▼ 名~ (2, 0.0%)

2 の先生

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 に出, を掲ぐ

▼ 名襄俗称久太郎~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 の子供連, を得た

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 であります, なり

▼ 名譽心~ (2, 0.0%)

1 は自己, もまた

▼ 名負地~ (2, 0.0%)

2 すなわち名田

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 で釣る, の勇

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 だの七十二勝, の蒐集

▼ 名連れた~ (2, 0.0%)

1 のと, のみで

▼ 名遂に~ (2, 0.0%)

1 心中という, 心中といふ

▼ 名都合五名~ (2, 0.0%)

1 のもの, の警官

▼ 名酒間~ (2, 0.0%)

2 を斡旋

▼ 名門前~ (2, 0.0%)

1 に張り番, や塀

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 閇皇女, 順

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 なる馬楽地蔵, に詣でたりけり

▼ 名集まっ~ (2, 0.0%)

1 てい, て一つ

▼ 名雇いたい~ (2, 0.0%)

1 がいい, のじゃ

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 に呼ばれ, の如く

▼ 名駈け~ (2, 0.0%)

1 って行きました, ていた

▼ 名~ (2, 0.0%)

1 を爲す, 一から

▼ 名高田~ (2, 0.0%)

1 御薬園, 御藥園

▼ 名麦門冬~ (2, 0.0%)

1 のヤマスゲ, の中

▼1* [1652件]

あげて水滸, 名あちらでお待ち, 名あつた, 名あつめてもらった, 名あて札をもう, 名あとは自動車, 名あまり女は多く, 名あらざれば内実, 名ありましてその, 名ありましたがそういう, 名いかりおもとそれを愛し, 名いたではない, 名いつしかその近在, 名いつも実によくし, 名いづれも選手中, 名いのちに未練, 名いますがこいつら, 名いまだつまびらかならず, 名いやこの辺, 名いるらしい話である, 名いわれざるに及ん, 名うらに出, 名うんと御馳走に, 名たる黒髪, 名えらんで海底都市, 名おいてみた, 名おかへて参り, 名おったゆえつい, 名おとなしく席に, 名おますかいな, 名および巡査区長その, 名おり建物も, 名おりまして数, 名おるのは, 名お前は顏, 名お召抱えになった, 名かいときいた, 名かえって俳名を, 名かけとかつ, 名かけこんできた, 名かけつけとうとうその, 名かで平常は, 名かとともに十数名の, 名かとも思って, 名かと共に甲府へ, 名からでもまたこれ, 名からは偉い先祖, 名からも察せられるの, 名がたは, 名がねえが, 名がはッきりと, 名がるしあ, 名きこゆること, 名きみへ男子太一郎ハ, 名きりである, 名ぎっしり詰って, 名くべきで一方には, 名くべし以上の, 名くらいが四列縦隊で, 名くるしく一切衆生すて, 名くるも可なり此目的點, 名くる与猶子細, 名くわわり金田と, 名ぐらいずつに別れて, 名ぐらいになるだろうとの, 名ぐらいにしか当るまい, 名ぐらゐの小人数, 名ぐらゐ一方は普通, 名ぐれえは聞い, 名けし所以は蕪村, 名けたところのもの, 名けたのであろう, 名けたり全国の, 名けだしこれに, 名けても可いと, 名けられその雅, 名けられたものである, 名けられたる一大怪岩を, 名けんとす, 名こう呶鳴り, 名こそは知られないの, 名こめて五名, 名こりゃ華族で, 名ころんで一人, 名さすが警固の, 名さながらの屏風山, 名された泰西の, 名さんあんた行って, 名ざさない場合には, 名ざされた子どもが, 名ざされると名指された, 名ざしあって, 名ざししてあるべき, 名ざしする段に, 名ざしだと云う, 名ざしなればと口, 名ざしましょうか, 名ざし出来ない美しい透明, 名しおもほ, 名したのだ, 名しばしきゆるとも, 名やテ, 名じゃがなどだい家康はん, 名じゃのう領内の, 名じわじわ詰め寄って, 名すくない時, 名すぐ起って, 名すこしは知れるであろう, 名すずやかに庭, 名すべてで五百名, 名すぼめた蝙蝠傘を, 名ずかずか門内へ, 名ずつがその声, 名ずつとわれこそ, 名ずつに分けて, 名ずらりと居並んで, 名せよとしつこく, 名そういう工事の, 名そこで料理いろ, 名そっとさし遣わしたれ, 名そのうち顔を, 名その他中間小者まで加えれ, 名その他友人蘭館出入りの者, 名それぞれ分宿して, 名それではもう此の世, 名それに次郎と, 名ぞなもし, 名ぞながむ, 名ぐひにぞあなる, 名たしか村上賛之, 名たたる棟梁の, 名たちまち天下に, 名たての今宵, 名たまたま小野塚, 名ために糊口, 名たれかいる, 名たんていの小林くん, 名だけとした, 名だけにもたまらない反感, 名ださうな, 名だったらこういう名称, 名だったろうと思う, 名だらうなど鼻, 名だ祝ってやろう, 名ちやんと控, 名やあつ, 名つかまり軍事サイバン最高十年GHQで, 名つきで改訂版, 名つきしたがっている, 名つくるものこれ實に, 名つけるから逆さ, 名つけ式みたいな儀式, 名つぶさなる取調べを, 名つめかけていた, 名つらなってながなが, 名づくし程度以上に出でない, 名づくべきだろうか, 名づくべきではあるまい, 名づくべきであらうか, 名づくべくまた叙事詩, 名づくるあり山頂に, 名づくる開けた君主が, 名づく称して聖人, 名づつで機長はエルズワース, 名づつのまはり持ちでこの, 名づつ二十四号機にはやはり, 名づつ分宿をし, 名づつ手に手, 名づれの武芸者, 名づれでここの門前, 名でありましてそこ, 名であるかれはいつも, 名であるならば谷, 名であるらしい事は, 名であるらしく振り返って返事, 名でいらっしゃるんです, 名でございましてこうした, 名でございませぬ細い, 名でさえことによる, 名でさまよっている, 名でしましょうよ, 名ででもあったろうか, 名でとほつて, 名でなかったなら出版する, 名でなかったらこの事件, 名でなかつたか, 名でもが城中に, 名でもって三百円の, 名で焼けつくような, 名とかいうような, 名とかに電気局は, 名とかの集めて, 名とかまでご存じで, 名とかを訊ねて, 名とげて天寿, 名としてさえ通用する, 名としてのとよむ, 名とで藪八と, 名とでは世間は, 名となせり, 名とに残つた訣だ, 名とによって知られて, 名とはてまえも, 名ともにその手, 名とやらにのぼって, 名とより想われない所, 名どうやら飢えを, 名どかどかと司令艇, 名どころ揖斐人の大, 名どころ窪畑の蕗, 名どやどやと入, 名ないへるなり, 名なおその内尼, 名なかりし草, 名ながらすぐ右手, 名なくてはならない, 名なしのごんべえ, 名なぞの話は, 名なだれこんできた, 名などがのべつに, 名などぞや今思ひ, 名などでちょっと鳩, 名などとを配合し, 名などに注意される, 名などについては専門家小牧実繁博士の, 名などには最もこれ, 名などの如き人, 名などをも取りて, 名なにやらいう島, 名なめころと, 名なりきわれこ, 名なりけり実しき名, 名なりを呼びかえして, 名なるべしと説いた, 名なるほどお前は, 名なんの屈託, 名なんかも解りは, 名なんぞはどうでも, 名なんぞも古いの, 名なんぞを言ふ, 名においては諸侯みな天皇の, 名にかはつた者が, 名にかへて小倉の, 名にぎわしく車内に, 名にたいしても勝頼たる, 名につき八十銭, 名にては御座なく, 名にても知らる, 名になど貪婪の, 名にまでなつた, 名にやあるべき詳, 名によってはグウの, 名によりてアーメン, 名に対してさえ激しい反感, 名に対しては十分な, 名に関する語源的解釈は, 名ぬっとあらわれたの, 名正輝に, 名ねがわくは臣これに, 名のうできき, 名のこっている, 名のこらず今暁寅の, 名のったごとき南部藩食いつめの, 名のっていうその人, 名のってはいろいろと, 名のってるが本当は, 名のてがらという, 名のてがみにも, 名のみしか書いてない右, 名のみというのを, 名のみな念仏道場の, 名のみながらイエルサレムの, 名のみにてもことごとくこれ, 名のみも聞きて, 名のみを以て呼ばれ特に, 名のよばる, 名のらうとする, 名のらざる男二人三人インタビュース, 名のらず死んだ事などが, 名のらせたと書い, 名のらせたいと思い, 名のらせましたもので, 名のらないかという, 名のらなかったらおれは, 名のらなければならない, 名のるにせ者が, 名のるべからざるところでは, 名のるべき唯一の, 名のれないのを, 名のれる作品は, 名のんきそうに舞台, 名はたとへ本家, 名はと聞かれても, 名はな子輿, 名はなんていいますえ, 名はのた打って, 名はのの字を, 名はべんねんといっ, 名はをちこちに, 名ばかりで行く, 名ばかりと一緒に, 名ばかりとのほかに, 名ばかりと共に公孫, 名ばかりは頑なにあとに, 名ばかりもおこもり, 名ばっかりつけよったら一々, 名ばなしがある, 名ぱっと墨色濃く, 名ひかえていた, 名ひきつれて飲みまわっ, 名ひきぬかれている, 名ひそかに相, 名ひとしく毅然と胸, 名ふえたようです, 名ふだもお, 名ふやして海面, 名へそ学校だぞ, 名へは御辺, 名へも黄金や, 名べつにしかるべき与力, 名ほっと吐息を, 名ほとんど知ること, 名ほどしかおらんでは, 名ほどで守って, 名ほどという者最も, 名ほどなく呉の, 名ほどにも顧みられなかったの, 名ほども一鼓六足の, 名ほほほほはばかりながら茶くみ女に, 名まえでありますな, 名まえですか, 名まえとお住まいを, 名まことはあれ, 名まだ士農工商の, 名みやび男の心, 名みんな一かどの, 名もかほも, 名もが自分の, 名もずつと古くは, 名もつれて参れ, 名もて我らの, 名もと仏蘭西人ジアン・ニコツトより, 名もとよりなりと, 名もらすな, 名もろ声あわせて, 名やがて出て, 名やさしみて, 名やって来たが二人, 名ゆうが四十歳, 名ゆったりした上品, 名よし慝名なりとも, 名よばれ初のみ, 名せけるが, 名らしくないから伊, 名らしく思はれる今一つの, 名をすらも知らないもの, 名をとなへ空也の, 名をへくそかづら, 名をもの語り秋, 名をよびつゞけたと, 名を以てのみ呼ばれて, 名アオウミガメというの, 名アオツヅラフジ一名ツヅラカヅラ一名ツヅラフジ一名ツヅラ一名ツタノハカヅラであって, 名アオツヅラ一名アオツヅラフジ一名ツヅラカヅラ一名ツヅラフジ一名ツヅラ一名ツタノハカヅラであって, 名アクアケータの水, 名アスプスウェーデンでハスト, 名アテノキとあり, 名アフォ等と斉, 名アメリカから招聘, 名アメリカ人が三名, 名アルマグロ方騎兵二二〇名歩兵二八〇名であった, 名アンジアンの夜端艇, 名アンマはその, 名アープ古ドイツ名アフォ等, 名イエスの名, 名イタチグサとある, 名イタリア人が六名, 名イトザクラがある, 名インド人一三名であった, 名ウエマツソウなる和名, 名ウタヨモギと称する, 名エキサアサイズ・オン・ゼ・ベッドで半身づゝ, 名エキストラに借り, 名エベネザアも同様, 名エロ虫と称せられ, 名オホバとあり, 名オリシスは, 名カギボトケというもの, 名カニス・レオすなわち猫, 名カニハザクラと云っ, 名カニンヘン伊名コニグリオ西名コネホこれらはラテン語, 名カモ褥呉音ニク氈にも褥, 名カラ申シマストアナタモヤハリ牛門ノ一傑デアラセラルルヨウナ事, 名カワラケナであると, 名殺サレタ事件, 名ガタパラはインデアン語, 名ガラッ八へ, 名ガラツ八は平次, 名ガ端艇ニテ漂流中十二月一日米機来襲赤十字旗ヲ認メ得ル高度ヨリ掃射セリ, 名キシウスゲの事, 名キセルアザミとせね, 名キルドまたマイムン, 名キンキナの転訛, 名他薊, 名クジミッチは父称, 名クル如ク英帝國其者ヲ組合視シ會社視シテ悉ク社會契約説ニ基ク立法ナラザルナシ, 名クヮフシ一名コハシなど称する, 名ク大論ニ無憂華樹ト翻ヘス, 名ケフォスラテン名ケブス等のケ, 名ケブス梵名カピ誰も知る, 名ケブス等のケ, 名ケポスまたケフォス, 名コウガイソウを配し, 名コッカトリセは蛇, 名コニグリオ西名コネホこれらはラテン語, 名コハシなど称する, 名コフは猴, 名コフシ一名クヮフシ一名コハシなど称する, 名コフジ一名コフシ一名クヮフシ一名コハシなど称する, 名コミカンのよう, 名コミカン様のもの, 名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 名コン・トランその脂, 名サカキに限らない, 名サクラコウゾもまた, 名シカチェに五百名, 名シナイ山のほとり, 名シャガールヘブライ名シュアルこれらより転訛, 名シュアルこれらより転訛, 名ジェーブル伯邸にてシュザンヌ嬢, 名ジャノヒゲを配し, 名ジャノヒゲ古名ヤマスゲの専用名, 名ジャンボリー連盟の二百名, 名ジョンドレットでありまして, 名ジルベールとボーシュレー, 名スウェーデン人が一名, 名スペインの詩人一名, 名ズラッとならん, 名ズラリと列席, 名ソプラノにし, 名ソンムという名, 名タキヂシャのイワタバコ, 名タクミの名作, 名タビラコ古名ホトケノザは我邦諸州, 名タリトモ徴発シテ苦シカラズ即チ後日, 名ダイナマイトを用意, 名ダッタノデソノ仔モ同ジ名, 名ダニ忠といっ, 名ダムに五百名, 名ダンテの時代, 名チョウセングルミをもっ, 名チロルよりいで, 名ツタノハカヅラであって, 名ツヅラカヅラ一名ツヅラフジ一名ツヅラ一名ツタノハカヅラであって, 名ツヅラフジ一名ツヅラ一名ツタノハカヅラであって, 名ツヅラ一名ツタノハカヅラであって, 名ツリガネニンジンすなわちいわゆる, 名ヅク其花ハ雨ニ遇ヘバ則チ開ク宜シク, 名ヅク秋色ノ最, 名ヅク葉ハ冬ヲ経レバ尽ク紅ナリ, 名ヅケ年々外国人ヲ捕, 名テンリーにも五百名, 名トウロウと呼ばね, 名トチる大声, 名トッケイイムは南インド, 名トロイアの老, 名ト實ト共ニ忘ルベカラザルモノヲ得タリ漱石逝キテヨリ茲ニ十七年此地ノ有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ, 名ドイツの学生一名, 名ドゥー・ミリアールとであっ, 名ドゥー・ミリヤールに違い, 名ドメスチカは人家, 名ドラコンはもと, 名ドラゴンはギリシア, 名ナガサキソウはその, 名ナツボウズ一名サクラコウゾもまた, 名ナメラという一番スゴイ鰒, 名ニチリンソウ一名ヒュウガアオイと呼ばれ, 名ニテ成立ス併シテ是等党員ハ常ニ神士ニ化シ田舎漢ニ化シ, 名ニムル英語でタイガー, 名ニワトリ草ともいう, 名ニ恥シクナイ充分ノ待遇, 名ヌカゴすなわち零余子, 名ヌーとしてい, 名ネイズからノース・ケエプ, 名ノアルベクモ思ハレズサラバ字ノ誤, 名ノウチニハ僧侶ト名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 名ノポリパッケ島中第一, 名ノルモノ一人モコレ有ラザリキ, 名ハイはハイカラ, 名ハボソを間違え, 名ハーセラテン名レプススペイン名リエプレ仏名リエヴル等が出た, 名ハ先発隊トナリテ和蘭ヲ去, 名ハ土栗子新鄭山野, 名ハ守諸号ハ竹渓, 名ハ小説ナルモ實ハ精神教科書ニシテ即チ軍學研究, 名ハ応字ハ子順一ノ字ハ子雲, 名ハ意義ニ於テモ少シク通ゼザルガ如キ嫌ナキニ, 名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, 名ハ西番葵高サ一二丈, 名ハ観音柳一名ハ西河柳幹甚ダ大ナラズ, 名ハ騅常ニ, 名バラバラと現れた, 名パスポルトの番号, 名パール号ハーミーズ号をこの, 名ヒグルマ一名ニチリンソウ一名ヒュウガアオイと呼ばれ, 名ヒステリアと呼ん, 名ヒメグルミ一名メグルミはオニグルミ, 名ヒュウガアオイと呼ばれ, 名ピンビタンには百名, 名ブデス英語で十六世紀, 名プルシャワルスキ馬だろうが, 名ベルチョナアジュと云う, 名ホルモン居士というん, 名ボロタクの両側, 名ボートには五名, 名ポカン釣りといつ, 名マイムンに出, 名マチャムマレー名リマウアラブ名ニムル英語でタイガー, 名マンカム地方に五百名, 名マンジュシャゲその五, 名ミスズの花, 名ミゾタデ, 名ムギメシバナ一名コウガイソウを配し, 名メカリは布刈り, 名メグルミはオニグルミ, 名メリー・ウェルズなる人造人間, 名ヤナギヨモギ一名ウタヨモギと称する, 名ヤブラン一名ムギメシバナ一名コウガイソウを配し, 名ヨリ助ケテ呉レトテ書留ニテ書面来リ, 名ヨーロッパ画家の名, 名ラノンケルで通用, 名ラメス四世の逸話, 名リエプレ仏名リエヴル等が出た, 名リエヴル等が出た, 名リマウアラブ名ニムル英語でタイガー, 名リュウノヒゲの実, 名レプススペイン名リエプレ仏名リエヴル等が出た, 名ロウノキ一名トウロウと呼ばね, 名ロンドンへ行っ, 名ローマよりナポリ王國, 名ヲ付て送, 名ヲ書キ連ネ正行ソノ後ニ, 名ヴィニフェラは葡萄酒, 名ヴェネツィア市を代表, 名一しょに晩, 名一せいに勅使旗, 名一どきに交たいした, 名一万両がとこ, 名一九三一年には代議士六一五名中, 名一九二四年に六名, 名一人の男子, 名一党食禄千石にて身命, 名一切知れて, 名一同相会しはるか, 名一室六名ずつの八室, 名一座の春日恵美子, 名一手となっ, 名一時ニ動クモノ, 名一杯機嫌のおもしろ, 名一歩進み出で, 名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 名一組ずつ三手, 名一般六名を収容, 名一藩の大事, 名一行を待ち合され, 名一閣のうち, 名丁数を掲げ, 名万年杉また苔杉, 名万橘焼というもの, 名けを記す, 名の岬, 名三人ともに鼻, 名三分の一が女, 名三十八銭であった, 名三名を持つ, 名三名四名五名目撃者の談区々, 名三等船客を四十名, 名三郎御ところ方, 名三郎治と云う, 名三郎義秀並びに数率等海浜, 名三郎義秀さまの大, 名三郎義秀惣門を敗, 名上って邸, 名上等兵十三名馬八頭を率い, 名上越国界を定, 名上陸いたし私儀, 名下士官兵二十二名飛行機の損害, 名下士官兵六名負傷は将校二名, 名下院六名の婦人, 名下院議員に当選, 名絶大君爾麻都呂布物能等, 名不逞の首魁, 名与三郎の方, 名与力と謳われた, 名世に和計伊加豆知と, 名世界の文化史, 名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 名並び茶屋ともいう, 名並んでいた, 名中ベラン氏の外, 名中ボーシュレーなるもの, 名中一二名まあ, 名中三九名の, 名中九名を断首, 名中五十八名は無事, 名中五名が銃, 名中先日の大火, 名中四十名が死歿, 名中婦人は一五人, 名中帰国し得たもの, 名中等下等を合, 名中美妙は社幹, 名中途帰りし者, 名中野正剛の東条暗殺計画, 名丸本という水夫, 名に少, 名主役に, 名主謀して, 名久しく人の, 名久松家従に扶, 名乎伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾, 名乎婆大来目主登於比母知弖, 名乗客二名が斬罪, 名乗鞍をかうし, 名乘出たるに依, 名亀甲等の標本, 名予審判事と書記, 名事務官七名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 名二万円を頭割り, 名二十三日に京都郊外壬生, 名二十二年の総, 名二十五銭中等席十銭下等席一銭等と次第, 名二十八名だ, 名二十名ずつの捕手, 名二日夜各自提灯を携え赴きたる, 名二銭と札, 名互角の戰, 名五名の聴講者, 名五名目撃者の談区々, 名五郎丸名などとした, 名井宇気比の条, 名作営と, 名京橋區彌左衞門町の同好倶樂部, 名京都に五名, 名人々星辰の影響, 名人なみ以上な五体, 名人名等に求むる, 名人夫は苗族, 名人数が多い, 名人為的妖怪といい, 名を蒐集, 名今にも息を, 名今や隊伍を, 名今夕突然捕縛, 名今度はわれわれ, 名今日の都, 名仕事をし, 名付いて居るです, 名付かぬ付いたら名簿へ, 名以上七八十名までの召使, 名以上二百名まで居る, 名以上何人でも働きたい, 名以上十二円百名以上十円という苦肉の策, 名以上十五円五十名以上十二円百名以上十円という苦肉の策, 名以上十円という苦肉の策, 名以上四名ほどという者, 名以上所せましと, 名以下大筒役石火矢係など多, 名以前の陸奥十郎義盛, 名以言匡衡保胤等の文, 名喪なる, 名仮名もてその, 名仮病とも云われる, 名仲間同志で会社, 名任期は半年, 名伊達上杉蒲生等の名族, 名伊達左京介殿のお, 名し能わぬ, 名伏しがたき, 名伏せていざ, 名休みで人数, 名休んでいた, 名会場は初め, 名位ピンビタンの方, 名位記を持っ, 名佐竹相馬岩城二階堂白川畠山大内此等を向う, 名何とよむの, 名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 名何日午後一時本部総長室に出頭, 名余興にたのまれ, 名使つたらどう, 名使ってなお, 名使用の従来, 名例律の初め, 名侍らせてその, 名供侍二十騎がそれ, 名侯心を協, 名侵入目下激戦中応援たのむ, 名信濃ウメ一名甲州バイなど皆, 名個数等を記し置け, 名候補者を立て, 名停学は十名以上, 名偶然的妖怪といい, 名備山神尾山などは即ち, 名儀人が私, 名儀來の大, 名彰芝森元町二丁目三番地, 名先づ新宿舎に来り見れ, 名先刻修理せしばかり, 名先手の大将, 名光秀の前, 名免職をトップ, 名入り半纏を着, 名入り革帯が落ち, 名入院患者は傷痍軍人四十七名, 名全体へ一応, 名全滅するところ, 名全部死亡目撃者は数名, 名公早朝靴を穿たん, 名共承諾したので, 名共追放せい, 名兵卒十一名に二人, 名兵員が八十名, 名其の死と共に, 名其他九名の愛書家, 名其仲間には隱, 名其歿年その竹田, 名兼ねて濫行, 名内出札の婦人四〇名, 名出してはいけません, 名出仕ときまっ, 名出席して, 名出張し来りて, 名出来また幹事, 名出没し掠奪, 名出生地俘虜になった, 名刃渡しである, 名刑事巡査六名がことごとく, 名を正し, 名列席するなり, 名列記の大, 名初めて知られたりと, 名判官として民衆, 名判官三郎だ宮尾君, 名判断法を廃, 名に投票, 名利光名徳富名五郎丸名などとした, 名利根岳から東西, 名到底深入, 名制服を着け, 名刺し交えて, 名前部で八名, 名剣士ありとも, 名世話人四名掃除人一名あり, 名うれば, 名加茂村は皆無, 名加賀様街道といわれた, 名助太刀がつい, 名助手として雇っ, 名動き出したのを, 名勤めている, 名勲章までつけ, 名北方二里ほど先, 名北村博士の診断, 名十台だから, 名十名ずつとわれ, 名午後十時ごろ同じ場所, 名協同して, 名と北, 名印度のコロンボ市, 名即死一名警官にし, 名却ってただ苦しん, 名です, 名厚利の為, 名参って大月玄蕃, 名参与三十名は対外部的, 名參驗又は刑名參同, 名大学側からは, 名又は言葉では, 名及連累者二名は起訴, 名及龍馬もアリ, 名反対派と目, 名取り上げ破門の宣言, 名受洗土人四名も戦死, 名明その, 名古今亭しん生の名, 名古郡左衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 名召し連れおりますれば何, 名垂, 名台屋の友人, 名とか画像, 名各々法衣めきし, 名各地合して, 名合わせて十名, 名合計五十二名の船客, 名合計六十九名だったの, 名合類節用集といふ板本, 名は石田, 名同じく監禁された, 名同伴近日菊の花, 名同地で相当, 名同室せしめたこと, 名同族を圧し, 名同様予想を絶, 名同道者三人合計三十九名とす, 名名和などの人, 名名和たち連名の一書, 名向けてあります, 名向陵乃至は, 名の中, 名呼ばむとせしが猶予いぬ, 名呼ばれむと, 名呼びきと, 名を祀る, 名命令に反抗, 名和田の水田, 名和田校長を部長, 名和田門兵衛は身ども, 名咫尺の外, 名品川口まで大石殿, 名哲學の諸, 名唖魯西南の海中, 名喜右衛門喜太郎と似た, 名嘗つては革命, 名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 名四人あれば, 名四十名を呼号, 名四名五名目撃者の談区々, 名四海に轟く, 名四谷とんびという一味, 名四隣を圧した, 名団扇をつかっ, 名の名, 名国利なる人, 名土人の水先案内二名, 名である, 名地下戦車第二号, 名坂東山といっ, 名坪数で二十万坪, 名臭い蝙蝠羽織, 名城外へ見せ, 名堀真琴を議長, 名の階下, 名堂塔三十宇七堂の荘厳, 名場所はすでに, 名堺山川荒畑なぞもこの, 名増して一行五名, 名壮丁だけでも三百名, 名声人鳥虫などを書きしるし, 名夕顔とぞしるしける, 名膳幼名を, 名多い牧田一家を, 名多宝塔です, 名多少酒気を, 名多景島ともいう, 名夜あけを待っ, 名夜どおし眼を, 名大いなる松の, 名大いに高かった, 名大六雲鼎は鑿一挺, 名大工左官二十名室内装飾業者三名都合二十八名の技術者職人, 名大浜青森に次ぐ, 名大町松左衛門渋川助太夫, 名大竹川の所, 名大至急派遣するん, 名大花園と云う, 名之御中主神, 名天ニ代ッテ懲罰ヲ下, 名天城屋の内外, 名天川とマニラ, 名天皇前後の, 名天草の乱, 名天領御役所, 名失望の極, 名奉行と世, 名奔利走の, 名奥御館の外, 名女の子を連れ, 名女コック一名至急入用, 名女一名が爆發物, 名女三名都合六名の酒盛り, 名女僧が七十二名, 名女優天川呉羽嬢の保護者, 名女学生が二名, 名女王を壹與, 名女蘿として源順, 名ヲ求メ, 名姓名を金文字, 名威儀を正し, 名とか烈女, 名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 名の摘む, 名媛及女優の史伝, 名媛詩鈔車塵集を読み, 名学校へ行かない, 名の兵庫利厳, 名れも, 名宇喜也嘉といふの, 名宇摩志阿斯訶備比, 名諸号竹渓, 名安いお医者さん, 名安興伊波普猷島袋全発の三氏, 名宗参との事, 名や郷賢, 名官名は更, 名官女風の女, 名定まる何ぞとも, 名実相副フ, 名宣られし女は, 名宣り世間からも, 名宣りし客は, 名宣れッ, 名室内装飾業者三名都合二十八名の技術者職人, 名宮中に聞ゆ, 名宰相伊勢守は, 名宰相水野越前と阿部伊勢, 名の業, 名家出たるソフィヤ, 名家宅搜索を受け, 名家畜の斃死千二百余頭, 名容易ならぬ眼色, 名宿泊すること, 名寄り集まったには, 名寄宿の小, 名と寄っ, 名實共に備, 名實具足ノ大, 名へ引越し, 名専売であるが, 名將ヘクトールはるかに汝, 名將烈婦の魂, 名小ザクラの一変種, 名小娘に投げとばされた, 名小学生が二名, 名小次郎の手許, 名小泉を議長, 名小者三人ほど付い, 名小銃で自殺, 名少なければたつた, 名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 名居たんだ, 名居りましてそれら, 名居れば七名, 名屋上に体操場, 名屏風祭とも称, 名属其他十八名という堂々たる, 名の方, 名山本左右太はなお, 名山陽の程度, 名の名, 名岩崎平郡といふ部落町, 名岩永という海軍少尉, 名岸近くの水中, 名峩冠をいただき, 名その命, 名の名, 名川町その角, 名州名等普通名称の人, 名巡査十五名を従え, 名巡査四名都合五名の警官, 名工事監督一名大工左官二十名室内装飾業者三名都合二十八名の技術者職人, 名工場が二三十名, 名左官二名石工その他五名合わせて, 名巨勢博士が旅行, 名巫更巫咸巫式巫目巫易巫比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 名に知る, 名巴蕉を波世乎波, 名帯剣の柄, 名帯締川濫觴ハ奥仙丈ノ中, 名帳考證にも棒, 名干支などをその, 名平氏が百十三名, 名年寄役一名都合五名のもの, 名年月は消え, 名幻滅の哲学, 名な馴染, 名蘭, 名広いチャペルの, 名へ帰っ, 名府城下の天地, 名府立師範同窓会理事それに出版屋二名, 名に侍った, 名延べ百三十余名といわれ, 名の日以上, 名式阿波國に波爾移麻比, 名の山裾, 名引っ縛って, 名引具してこちら, 名引揚者十三名一般六名を収容, 名引毛勝の裾山, 名の会, 名弘法の湯, 名を殺せる, 名弟子僧数十人生ける羅漢図, 名張遼であった, 名に中っ, 名当の一封を, 名当時の美女, 名当時杜甫の妻子, 名当時非常に流行, 名当町役場の書類中, 名形通草の實, 名彦名神があなた, 名影体の五つ, 名影町の吉田屋, 名役人が来た, 名彼等の夫人, 名往来の中, 名後名は即ち, 名後藤右衛門と共に京都, 名後詰三人と役割, 名徒らに赤穂, 名従いて行った, 名従え三月上旬その, 名従えたぐあい見よう, 名従今不作繁華夢消領茶煙一縷清, 名御子の名, 名徳富名五郎丸名などとした, 名心斉橋の幡半, 名忍びこんでいました, 名志郎とはなかなか, 名るべき達人, 名思いきって飛びこむ, 名息せき切って何やら, 名惨死し路上, 名成るを得る, 名成玉字叔琢号寿仙弟名世簡字季父号春泰松本侯臣兄弟共泉豊洲門人なり, 名成田のカスバ, 名また辭, 名我が詩不滅の, 名我ら同僚一同当地市民の会葬, 名戦傷三十七八名であったこと, 名戦死とばかりか, 名戴宗も, 名の海, 名戸數を記したる, 名といった, 名手負いは五十名, 名打ち喜びてまたもや, 名打合せ終って, 名拒む気力なく, 名招いて色々, 名指せるような, 名振り飛ばしたから, 名捕えましたがあと, 名捕えられ数人は, 名捕まえてきた, 名捕まえたのである, 名掃除人一名あり, 名探偵かぶれなん, 名探偵アンポンタン氏の日課, 名探偵先生もおれ, 名探偵兼古今未曾有式超特急, 名探偵兼脳髄学の大, 名探偵小説を出し, 名控えている, 名控えいる細密の, 名控え室に待っ, 名揃うて参る, 名揃って御影, 名支那人に扮, 名改進党三十八名これに対し吏党, 名放歌の里, 名政党内閣と言える, 名救助されたって, 名教師三十二名は建物, 名整理のさい, 名敵中へ取って返し, 名文字まじり人, 名文明結婚と申します, 名文章が胸中, 名斗ニて蔵ハ八九度, 名斬殺した者, 名会社へ, 名新聞売十一名遊芸十名絵本売六名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 名族ウベルティ家の邸宅, 名族ドーリア家の者, 名族ピナモンテ・デ・ボナーコルシ市の平和, 名族フッチオ・ディ・ラッツァーリの庶子, 名族一二九六年より翌, 名族北畠氏の傍流, 名族十三世紀の後半, 名族土岐源氏のながれ, 名族土岐蔵人頼春このお方, 名族多くこれに任, 名族專有の政治, 名族楠木家に嫁, 名族毛利に全土, 名族河野氏の裔, 名族海野小太郎の末胤, 名族甲姓は多く亂, 名族等の肖像, 名族細川藤孝どのの書面, 名族赤松家の支流平田将監以来, 名既に同じけれ, 名既決二七名という項目, 名日光石楠花なども発見, 名日射病に襲われ, 名日本よりの贈物, 名日本人三名各々法衣, 名早々御越, 名早舟を漕ぎ出し, 名明光親鸞の孫唯善, 名明智小五郎の九名, 名では国, 名が岡, 名時氏の家来, 名深, 名智識の像, 名暗視装置ともいう, 名書名牌子の区別及牌子目録, 名書家とかいわれ, 名書生の羊羹, 名書類を持っ, 名最後の審判の行はる, 名月見御殿の床下, 名がたいこと, 名有力な味方, 名有名なるモンタペルティ, 名有志一同に代っ, 名望んで出た, 名朝日物語に云う, 名木下杢太郎さんがこの, 名木下殿に会いたい, 名未決囚で三〇・三パーセント, 名未満という数, 名末利迦の類, 名本名は磯, 名本島人二名の多き, 名本当の女らしい, 名本社に這入つ, 名本願寺出張所長今村恵猛氏の主催, 名の名, 名のほう, 名て居りました, 名来って本, 名来るこんなもの, 名来訪ちよつと新, 名来賓三〇〇名からの出席, 名東海夫人皆その形, 名校歌であらう, 名校長だった, 名根来小角の娘, 名根茎と言わね, 名案内に付い, 名椎神をその, 名検挙されたり, 名榕樹ともいわれ, 名と, 名樹木の名, 名橋奇覧詩歌写真鏡の如き, 名檢擧せられ韓人, 名欠けておるで, 名欠けた残の, 名しからず金, 名歌女といい, 名定之業順彼仏願故, 名正しくその事美, 名正に復す天寳, 名此方に一名, 名此處の三軒長屋, 名武略あって, 名武蔵が斬った, 名歩み迷っては, 名歩兵二八〇名であった, 名歩兵四二〇名アルマグロ方騎兵二二〇名歩兵二八〇名であった, 名歯輪という, 名死海と呼ばれたる, 名死者は二名, 名死者八千五百名とありました, 名殊に地名について, 名残り惜しそうに, 名残れという命令, 名殲滅されたこと, 名殺してしまいました, 名殺人犯としてその, 名殿上人と称される, 名に一人, 名毎度佐藤氏が拵え置いた, 名毎日新聞の大庭善治, 名毒素気じゃ, 名毘沙門は通稱, 名氏名納付月日受付番號納付包數等をそれぞれ, 名民部の留守, 名水兵が千何百名救助, 名水夫三名が, 名汚しだぞ, 名江東に隱, 名江都中に知られ, 名の底, 名河井徳三郎や高橋金次郎, 名河太郎は水中, 名河村は日ごろ, 名河野広中の説明演説, 名泊ってゐる, 名泊りこんで年中, 名はさ, 名法山に轟く, 名法斎湯というの, 名法術者流の根本的誤謬, 名に立ち, 名を生む, 名流されたぞ, 名流れ出てくる, 名海内を風摩, 名海屋ひとりが若干実, 名海屋長三洲日下部鳴鶴, 名海岸先生に習, 名海舟の前, 名淡島焼などと広く, 名淨海親父小松内大臣左大將重盛公法名淨蓮, 名淨蓮三位中將維盛年二十七歳壽永三年三月十八日和歌, 名傷を, 名深山ショウビンが歌, 名減って十人, 名減地移封の目, 名と同じ, 名湖沼の名, 名湖畔鷲津に遊ぶ, 名満蒙視察に出掛けました, 名漸次増加し, 名潜入して, 名濠洲の港, 名の磐瀬, 名火事知らずと申しまし, 名無く生また, 名無数の事務員, 名のうわ, 名焼け野原をトコトコ, 名焼死数名負傷罹災者四百名中先日の大火, 名煩悩小僧はその, 名に接し, 名片蛇雲南の大侯禦夷州, 名になる, 名牛店雑談にはこんな, 名物知りともいっ, 名特に殺気立って, 名狂乱といったよう, 名狂乱もどきにボンヤリ, 名狂人の暗黒時代, 名狭山嬢次とも大変, 名の麪包, 名玄信などとも名乗った, 名玉子の病気, 名玉山海を照らせる, 名玉柏一名玉遂また千年柏, 名玉私は木賊, 名玉遂また千年柏, 名珠枝というの, 名現在十二名というよう, 名現場に出張, 名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 名や土, 名生き残ったほか清水技手以下五名が, 名生攻の報, 名生死不明者約千名, 名田屋の三郎兵衞, 名田畑の社, 名田辺へ参っ, 名由康氏はどこ, 名甲州バイなど皆, 名甲必丹オルフェルト・エリアスと館員一同, 名町名橋名等一つもかかる, 名畔倉重四郎と呼, 名畔倉重四郎一件に付享保十一年十二月右係り合, 名在煙花叢, 名だつて, 名鶫の, 名異なれども實一, 名異状なし, 名疾くから身支度, 名でら裏, 名瘧病ともただ瘧, 名発行年月を手帳, 名発見しました, 名登って来た, 名登録まであの, 名白扁豆である, 名白雪ユリの新, 名百家姓に書い, 名に使用, 名的性質を脱する, 名盆地に糧秣求め, 名監禁されて, 名監視反小原派, 名目下のところ, 名目撃者の談区々, 名目的に結婚, 名目的附加額を説明, 名目録の名, 名助権兵衛, 名直に地名と, 名相合傘でいた, 名相忠臣勇士貴嬪, 名相染川と称す, 名相次いでその, 名相當ると, 名相続の披露, 名ぞ惜しから, 名は稲富喜三郎, 名真に虚しからずである, 名の前, 名着席すると, 名着衣の一部, 名矢筈石がある, 名石原社司の嚮導, 名石工その他五名合わせて, 名石神井から武蔵野, 名石竜子また山竜子, 名を備えた, 名砲七門を以て組織, 名硫黄山というそう, 名を打っ, 名を厚う, 名社濫滅名蹟亡滅の写真, 名祖父の塾, 名に誓い申し, 名神尾が来ない, 名神楽のリズム, 名神馬草神功皇后征韓の船中秣, 名の受附所, 名の残り物, 名禁止の圧制, 名私たちと同時に, 名私訴を提起, 名科学って云う, 名の断, 名秦氏十名でそれから, 名程も抱えて, 名程度にし, 名を選, 名種子より香料, 名稱がちがつて, 名稱ハ未ダ其跡, 名稱ハ考古學上ノ術語トシテ行ハル, 名稲別当それを斎藤別当, 名空しからで流れ, 名空しく成ぬる, 名突き殺した, 名突ッかけて, 名立ちん坊というの, 名立つとも今, 名立会の上, 名立候補して, 名立候補者全員当選最高点は三五八票, 名竹松で一座, 名笑古氏の注意, 名等一つもかかる, 名等普通名称の人, 名篇佳什漸く数, 名篇佳作と同列, 名籠免に当る, 名精霊の名, 名糠栗に基づい, 名紋着を着た, 名紋章の語, 名納吉納徴請期の五儀, 名といふもの, 名細しと言, 名細川越中守はこう, 名の大, 名経略は外夷防寨, 名絵本売六名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 名絵目録ともいっ, 名をつくり, 名緊張した顔, 名総勢七十人に近い, 名総勢五十余名の一行, 名緑川を遡, 名である, 名縮尻の平次, 名總代二名私と警察官, 名織女星を目がけ, 名置きまして何, 名置くことに, 名老女や其伴, 名べからずとい, 名而記注無成法, 名聖ジョージの馬, 名聖松という大木, 名聴衆は三百名足らず, 名職人二名ずつ, 名職業お前さんの名, 名いて, 名を組んだ, 名をならべ, 名背広の刑事十名, 名背広姿がまじっ, 名背景こう読ん, 名脇坂甚内安治の家, 名腰氏を通じて私, 名腰義珍先生を始, 名腹痛を訴え, 名臣伝というの, 名臣奏議の編纂, 名臥牛山といふ, 名臨時傍聴者三百余名を加えた, 名顕流自, 名自分とともに歩い, 名自然的妖怪といい, 名自由行動だってさ晴れたら歩くだろう, 名至急入用などという, 名舞台監督ジョルジュ・ピトエフの手, 名舟木重信を議長, 名船員が一名, 名は一九〇六年, 名艇内に残っ, 名色男という, 名艶罪が囂しかっ, 名で火あぶり, 名花売二名合計六十九名だったの, 名花山校長それに二十数名, 名芸妓とともに円陣, 名若きあり中年あり, 名苦しいのか, 名英光の, 名茶碗鮨とも申します, 名茶袋は烏合, 名草クラといつ, 名草郡平野村感應院の弟子寶澤十四歳, 名荷物のうばい合い, 名荷置場の鞍部, 名荷駄足軽の供数十人, 名菊一とて有, 名菊名の關, 名落第いたしました, 名葦屋の菟, 名貴は, 名薫渠で強, 名薫草でそれ, 名薬手に入れる, 名藉字は元助, 名藤原氏が五百八十名, 名藤原玄信と書い, 名虎公園というそう, 名が多い, 名の橋, 名行方不明との事, 名街路上に残りおりし, 名表中に, 名表口は大谷団長以下八名, 名袈裟切地蔵というの, 名被害民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 名裁判をやつ, 名裏口へ廻れ, 名補欠をつれ, 名褌橋というの, 名西班牙インフルエンザというの, 名見るも気の毒, 名覚えられるもんじゃあ, 名親子の願い, 名観音堂の西, 名言葉のみがロゴス, 名計りの応援隊, 名によるに白峰坊大僧正, 名記代子さんにきいた, 名許しの兵士, 名詐称を承知, 名を下した, 名評判は知っ, 名を作つた, 名詩訳集は私, 名じ來, 名語りたり, 名のこと, 名課長三名事務官七名理事官二名嘱託十二名属其他十八名という堂々たる, 名調なので, 名調べをさせ, 名諸家の説, 名警官にし, 名警視庁捜査一課の係長中村警部, 名議長の卓上, 名護衛の士官, 名豊後富士というそう, 名象虎獅子大蛇を始め十余頭, 名処女の, 名負傷罹災者四百名中先日の大火, 名負傷者一名を出した, 名負傷者三百八十八名という言語道断, 名財産袋ともいう, 名貴方と決闘, 名買い込んで来, 名資明の二卿, 名資明二卿のいずれ, 名賛成者に七十八名, 名賛成者二百名あるのみ, 名赤い土耳古帽を, 名赤坂の幸楽, 名赤沢岳後立山, 名赤裂血とも書き, 名走って来る, 名起れりとはかの, 名理的妖怪と, 名趣向名句もせめて, 名足らず京都にふみとどまっ, 名足りないぞ, 名足軽三名と共に陸前, 名足軽小者は二百人, 名足軽廿人引きつれて, 名たって, 名蹟亡滅の写真, 名蹟故事因縁の来歴, 名鼠というは, 名をしっかり, 名軽傷者三十名との珍事, 名軽傷者十二名に及び, 名軽傷者数名に及びおる, 名載せたり, 名辛ふじて急, 名辨慶七戻り高天, 名辻占売十五名新聞売十一名遊芸十名絵本売六名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 名穢せし事何, 名近く一堂に会した, 名近く杉本は受け持っ, 名近く珠数つなぎにされた, 名迦蘭陀は動物, 名追放と永謹慎, 名送られたし, 名逃げおった者が, 名逃亡しました, 名通って行った, 名通り我々の間, 名通り雪白なるべきに, 名通信兵が一名, 名連れまいってはどう, 名連れ立って帰っ, 名連合して, 名連名をもっ, 名遂使後学不能見其原, 名遊歩の友, 名遊芸十名絵本売六名コリント台売四名花売二名合計六十九名だったの, 名遊覽者の眼, 名運転手の漁師, 名遍く地獄に, 名道具の名等, 名道案内に, 名遠い本国の, 名選び散歩の, 名選び出してこれ, 名選挙するの, 名遺骨二柱と新聞, 名の紳士豪商諸君, 名邪淫の罰, 名郡内にては古来, 名郡舞坂から出, 名都合二十八名の技術者職人, 名都合六名の酒盛り, 名都越前の福井, 名の一人, 名醫御遣, 名釈放されたと, 名重傷者約二百名, 名重傷者二十六名を出し, 名重傷者六名軽傷者数名に及びおる, 名重傷者四名軽傷者十二名に及び, 名重実の次子重忠, 名重忠を父, 名金おんなの煩悩三つ巴, 名金ごっこをした, 名金会とか云う, 名金千代金と伝つて, 名金女の三煩悩, 名金庫爆破の上本部引揚, 名金曜会の主催, 名釣り方仕, 名鉄砲を持った, 名銃士わずかを, 名銅銭会と称す, 名録二日の下, 名鎖帷子組となづけ, 名長崎リンゴである, 名を叩い, 名開墾地何千町歩というふう, 名間違えて谷山, 名間遠の故事, 名添うて, 名附くべき目に, 名附けさせ給由承り, 名附けられた特別の, 名附けられ得るばかりである, 名院内絶対過半数を穫, 名陣取つてあみ笠, 名随分盛会だった, 名隠れもなかっ, 名隠れなかった理学士西芳菲山人の, 名集うて歌夜, 名集って来た, 名集つた時餘り呑むので, 名集まりバラ嬢は, 名集めてこの, 名雇人三名ほどを証人, 名雨降山が鈍い, 名雪女郎の根, 名零冷香と譯, 名電気職工三名工事監督一名大工左官二十名室内装飾業者三名都合二十八名の技術者職人, 名電話加入手続名刺の草稿, 名霊岸島まで見送る, 名霜鳥との称, 名青年十九名婦人七名少女二名ノ全部三十四名ニテ成立ス, 名韋駄天のごとく追いかけ, 名をした, 名音楽家を感じさせられる, 名音無川ともいう, 名順風耳のガラツ八, 名というもの, 名頭巾を脱い, 名願いの湯, 名風俗語というもの, 名飛び出すと下, 名飛竜山が左, 名飛行機の損害, 名食客二名雇人三名ほどを証人, 名飯塚薪左衛門は昔, 名餓鬼共の遊び場, 名りの, 名を出し, 名馬八頭を率い, 名つけて, 名駈けつけて参りませぬ, 名駈け戻って来, 名駈け込みかくかくと, 名騎士二名が守備隊, 名騎馬は貞盛, 名騙ったので, 名驛新道出來て衰, 名と與, 名高手小手に縛られ, 名高野仲兵衛大平一郎兵衛とが大手門, 名鬚根と称えます, 名の森, 名鱗蛇と見え, 名の名, 名鳥介同名多し玉, 名鳥限りなくその, 名女, 名鴛鴦の称, 名というも鶏, 名鶏頭木の字面, 名鶴坂外浜と内郡, 名鹿之介, 名鹿屋野比売またの名野椎の神, 名麗々しく並んで, 名麹町の詩人, 名黒旋風の李逵, 名黒潮となる, 名黒田家の臣, 名鼎座になっ, 名鼓子花を昔, 名鼓子花別名打碗花等がある, 名龍私が又, 名龍胆の唐音, 名2段目は1段目