青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大阪~ 大陸~ ~天 天~ ~天下 天下~ ~天井 天井~ 天使~ ~天地
天地~
天子~ ~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~ 天皇~ ~太 太~

「天地~」 2634, 28ppm, 4125位

▼ 天地~ (718, 27.3%)

88 間に 15 中に 13 間の 97 差が 6 詞, 間には 5 公道に, 大道を 4 神祇に, 間を 3 あいだに, はじめ, 中で, 主宰に, 初發, 大道に, 氣の, 神も, 間で

2 [52件] あらんかぎり, あること, いみじき, なかの, なしと, はじめの, ような, ように, 中へ, 全理, 分れし時ゆ, 前に, 創造せられし, 創造に, 創造を, 力と, 勢に, 化育に, 境, 外に, 外にこそ, 始は, 崩れる音, 恩に, 悠久に, 悠久を, 情感が, 春を, 機を, 正理, 無言, 物音は, 理に, 理法に, 生命を, 生氣, 相違節廻しあげ, 神ごころにも, 神に, 神の, 美を, 美観は, 色を, 苦しむ所, 諸神, 造り主なる, 運行と, 運行に従って, 道理を, 間から, 間は, 闢けしはじめ成り成れる

1 [425件] あいだその, あいだを, あかるい夕焼け, あらゆる光, あらゆる場所, あるの, ある訣, いみじき大事一人, うごきは, うちさらに, うちに, うちには, お蔭である, かかるな, かためし國, かため男女のちぎりはおもしろかつた, くずれるばかりの, くずれ落ちるよう, くずれ落ちる中, こころを, ことで, ことは, ことも, ことわりとして, ごとく偉大, さびしさに, しじまを, すがた, たましひ, ちがいである, つくりなせるもの, なかから, なかで, なかに, ながく久しくかたり, なりいでし日, なりいでた日, のりを, はじめから, ひっくりかえるよう, ひっくり返るほど, ひっくり返る様, ひとりの, ひろさ, ほかに, まなか, まんなかで, むた退きなく仕, めぐみの, もとわれら敬愛の, ものと, ものの, ものみなは, ものみな息を, ものみな虹色の, ようだいを, よろしさ, わかくし, わかれし時ゆ, わが前, リズムが, 一切悉く, 一大パノラマなり, 一大事なり, 一孤夫草雲だった, 一方に, 一沙鴎かくて, 一町四方以内は, 一白に, 一角を, 万物を以て, 上に, 下に, 不思議さに, 不朽を, 不死鳥で, 世に, 中, 中の, 中を, 中心に, 主なる, 主宰と, 主宰者として, 事, 事感賞は, 事豈, 二神誓約の, 交通は, 人も, 仏神が, 何も, 何ものかが, 使と, 偉大な, 元に, 元国, 光景は, 公園なり, 公道を, 円は, 処を, 分離の, 初めて判るる, 初め日の, 初り, 初発の, 判るる, 判るると, 別れし時ゆ, 則に, 前兆と, 剖判を, 力に, 力の, 動きを, 動揺は, 勢いに, 化育を, 区別未だ, 単調さが, 反映に, 叫喚と, 名によって, 呟き囁くが, 呼吸である, 呼吸を, 命だ, 命の, 命根の, 咆哮の, 回転は, 固めし国, 地の, 堂々めぐりを, 壊れ落ちるよう, 壮観たる, 壮観は, 声が, 声どうしてそんなに, 声を, 変動が, 変化と, 変移を, 夜を, 夢は, 大いなる力, 大から, 大きな力, 大きな動き, 大きな盥, 大と, 大なる, 大に対する, 大は, 大を, 大を以て, 大叫喚, 大気象, 大法に, 大法官, 大芸術, 大運動, 大霊, 太初に, 奇しき手, 奥なる, 奥処に, 好悪が, 如くその, 如く自然, 如し, 如何に, 始めは, 始め国土の, 始終を, 宇宙大と共に, 定理なり, 実を, 実世界, 実体これを, 寂寞を, 寂黙, 富にも, 富や, 寵児の, 崩れるも, 崩れる音響, 差であった, 差である, 差異ある, 差異が, 平和を, 幸唱えや, 幽奥, 広いこと, 広きに, 広き山川原野樹林, 広大な, 広大無辺な, 広狭は, 底からの, 張る氣, 形が, 形の, 形を, 形気を, 形状をば, 影を, 律呂か, 御主, 御心, 微かなる, 忿怒に, 思い出が, 恋は, 恩, 恩じゃ, 恩の, 恩を, 恵みつみ置く, 恵みを, 悠久な, 情乾坤の, 情豈, 意を, 愛を, 慶祝なり, 成育を, 揺らぐよう, 支配者たる, 整頓であり, 方が, 明るくて, 春が, 春だった, 春の, 昨日の, 景勝風物を, 景物を, 暗さ, 書物を, 最も静寂, 有らゆる物, 有ること, 朝を, 未だ別れず, 栄ゆる, 根だ, 根という, 根元で, 棟梁即ち, 機微を, 次第に分離, 欲するまま, 正しき気, 正しき理, 正気はつらつ, 死滅を, 気を, 気人物おのおの資し, 気始まり, 気相結ん, 気象を, 氣が, 氣と, 沈黙が, 法に, 法則が, 法則を, 活書を, 流れの, 深く大, 深みに, 溜息と, 溜息の, 熔爐は, 物ことごとく, 物素より, 狭いこと, 狭さ, 狭小さが, 王なる, 理にも, 理を, 生じたるもの, 生ずるところ, 生み出すすぐれたもの, 生んだもの, 生成化育は, 生気の, 生生化育の, 用, 用に, 相は, 相違が, 相違だ, 相違で, 相違では, 相違の, 相違想像は, 真理を, 眠りか, 眠る時分, 眠れるなか, 眺めで, 碎くるが, 碧藍が, 神が, 神さまに, 神たちまた, 神と, 神なき, 神は, 神へ, 神明と, 神格化なり, 神祇にかけて, 秋が, 秋声を, 秘密であっ, 秘義に, 符を, 精気に, 終りとも, 終りも, 組織と, 経綸は, 絹ごしの, 美しさ, 美に, 美人よ, 美精神の, 耿気に, 聖き, 脈搏の, 自然さであった, 自然なら, 自然の, 自由を, 至妙を, 至極の, 至真を, 至誠に, 色から, 色彩の, 芸術家でありたい, 苦鬪, 荒涼は, 薄墨の, 表彰を通じて, 裡に, 親様の, 言ふ, 詞という, 誠を, 諸声を, 謎の, 警告として, 譴怒いただきに, 象は, 象有り, 貯えて, 起原に関する, 足りそ, 距り, 距離の, 距離は, 距離九万里と, 輪廻に, 造り出されるの, 運流いつを以て, 運行と共に, 運行には, 道に, 違ある, 違いが, 違いだ, 違ひ, 遠い境, 遠さ, 開けし時に, 開闢, 開闢より, 開闢を, 間およそ, 間でございます, 間では, 間と, 間どこの, 間にはな, 間にも, 間によ, 間まさしく, 間また, 間もとより, 間より, 間万物を, 間見わたす, 間身を, 閾の, 闃寂たる, 闇を, 闢けしはじめ成りませる, 限なき, 陰陽吉凶の, 陽光を, 陽性の, 陽気は, 隠れ家に, 霊に, 霞みを, 靈と, 静かさよりも, 静かな, 静寂は, 音律と, 響を, 風雲も, 飛騨の, 食慾とでも, 鬼神を, 魂の, 鳴るよう, 黒

▼ 天地~ (356, 13.5%)

6 向って 4 愧じざる 3 たった一つ

2 [26件] あこがれて, あまねくその, して, た, 俯仰する, 充ちて, 充満する, 吹き荒んで, 存するもの, 寄する, 少し至らぬ, 恥ぢざる積り, 恥ぢない生活, 恥づるなき, 慟哭し, 生れて, 生を, 私の, 自分は, 跼蹐し, 躍り出すこと, 遊んで, 面ふらず, 響き渡りました, 飽くまでも自己主張, 鳴りぬ

1 [291件] あふれて, あまねく, あらざれば, あらゆる破壊, あり, あり得ない, あれ狂ひ, あろうとは, いて, うちに, おらざるべからざる一, おるもの, かえったもの, かえりましたもの, かつて明るい, こうして一つ宿, こよなき眞, こよなき真, これを, こんな美味い, さまよ, さらされて, しいんと孕まれ, すまない気, そむかずてこそ, ただ一人一馬先生その, ただ独り, ただ真白く, たちこめ円盤空, たつた一つ, ちかって, つながれて, とどろかせながら, とどろき皇帝, とどろくばかり, なった, なって, なつた, のがれようと, はじぬ心事, はじめて純白, ひびき地殻, ひろがつた, ひろがる春, みちて, みなぎる異常, ものの, パンに, リアリティを, 一つの, 一人を, 一人生き, 云い得るの, 人の, 人間景気が, 今雪解, 介立し, 代え難き, 伸びよ, 佐倉宗五郎なき, 來ても, 俯仰し, 俯仰すれ, 充ち渡つた, 充ち満ちて, 充ち自在, 充つる新秋, 充塞し, 充塞する, 先だちて, 入ったの, 入つたの, 入らしむ, 入ること, 入るや, 其羽を, 再び逅, 出づ, 分かれ氣, 到着乃至, 到達した, 加へ, 包まれた人里, 包まれて, 化したの, 化する, 参ずるならば, 又た, 取戻さん為め, 叩きつけて, 向つて慟哭, 吹きすさぶを, 吾が脈, 哭きて, 喞った, 囂々と, 四人が, 土龍の, 在るところ, 垂降する, 変って, 変わったの, 夏は, 大きなひび, 大きな呼吸, 存在し, 家並みの, 容れられない大罪, 居て, 展が, 展陣した, 帰すという, 帰つて胸を, 帰らうとして, 強敵なく, 彌蔓, 彼が, 心を, 恋い焦れて, 恥かしくて, 恥じざるの, 恥じざる真実, 恥じずとばかり, 恥じない, 恥じないという, 恥じないといった, 恥じないなぞと, 恥じないよう, 恥じない公明正大, 恥じない心持, 恥じぬ公明正大, 恥じぬ面, 恥じません, 恥じられて, 恥ずるところ, 恥ずるを, 恥ぢざるよい, 恥ぢずと, 恥ぢない私, 恥ぢるの, 恥づる処, 恥づる所, 恥る, 息づまってる不幸, 感謝し, 感謝した, 感謝する, 愧じ, 愧じぬ, 愧じる, 愧ず, 愧ずる, 愧ずるなき, 愧ずる所なく, 愧ぢず, 戦慄が, 戸惑いを, 投じようと, 投射せらる, 持つ, 掛け更, 放して, 放たれたこと, 放たれたの, 敵といふ, 新政府, 於けるこの, 於ける亦, 於ては, 曾て, 木々は, 木を, 東晉を, 栄ゆる, 梯を, 棲んで, 業を, 構えた, 構ふる, 歓喜する, 比ぶれ, 気昂り, 水ひと流れ舟に, 求めるべきだと, 活動の, 浴びせて, 清浄の, 済まないこと, 満ちぬ, 満ちむとす, 満ち四望銀世界, 満つという, 満つ身辺整理, 漲って, 澄みかえる頃, 瀰漫し, 灰色の, 無究, 照し, 照る月, 狂いました, 生ある, 生かすこと, 生きたいの, 生きて, 留って, 盈つてふ, 眼を, 知る者, 砲火を, 祈って, 祈念し, 祝した, 祷りを, 秋の, 移動し, 立ちか, 立てて, 立籠めもの皆は, 等しという, 籠つて涼しい, 縦横すべしです, 置いて, 羞じる, 耻なき, 自分独特の, 自由陶酔を, 自適し, 舞い上がって, 舞って, 草ある, 行き亘らぬ隈, 行動する, 解けとも, 触れると, 誓いましょうこれ, 誓いを, 誓う, 誓うの, 誓って, 誓ひ, 誓文し, 説いて, 谺し, 起こった, 起りつつ, 跳り出す, 躍り出す場面, 身の, 身は, 身を, 輝る日, 輸送せられ, 轟いた今, 轟きつつ, 辱じる, 迷ふ, 逍遥うていた, 逍遥したい, 通じて, 通ずる幾條, 逼塞は, 遊は, 遊ばしむる, 遊びし風懐, 遊んだ後, 遍満し, 釣り戻して, 鍵繩を, 開いた口, 限れり, 雄大な, 雲は, 震うという, 震った, 露出する, 青天白日を, 面見知りの, 音ばかり, 響きわたるそうして, 響き渡るので, 響くが, 響く生物, 預けて, 頼りない, 風を, 首を, 鳴って, 鳴り響いたの, 黎明が, 黙祷を

▼ 天地~ (322, 12.2%)

5 こめて 3 家と, 求めて, 開拓し, 震撼し

2 [13件] めざして, ゆるがした, 仰いで, 出て, 塵埃に, 忘れて, 成して, 支配し, 数尺の, 自由に, 象つて巨大なる, 震撼させ, 静めて

1 [279件] うごかして, うごかすという, うごかすよう, お創り, かきみだすかの, かけての, この家, こむる暗, さか, さまよ, すぎて, たずね歩いて, つ, つくりたま, つくり給うたとの, つつみ鼓声, つつむかと, つなぐ断崖, つなぐ白布, ながめあたかも, ながめて, ながめますと, ながめまわすと, なして, ひっくり返す物音, ひっ裂くばかり, ふるわすよう, ふるわせて, ふるわせ硝煙, ほんとの, めざす方向, もって, もつてるもの, もとめての, ゆく音, ゆすぶった, ゆすぶる雷鳴, ゆりうごかし逃げ崩, ゆるがして, ゆるがすばかりに, ゆるがせるやう, よぎる一羽, ピラミッドと, 一体の, 一宇の, 一日も, 一爐と, 一目に, 一色に, 与えるの, 与えんが, 主宰する, 二と, 交替交替見廻し, 作って, 作り万物, 作ると, 俳句に, 偉大ならしめ, 充たすよう, 円うする, 冥う, 凍らす寒気, 分掌する, 切り開くの, 別に, 割きしこと, 割り裂き, 劃して, 劈くの, 動かした, 動かし雲雨, 動かし鬼神, 動かすばかり, 動かすよう, 包み去ろうと, 包み精微, 包み込み怪しい, 包むとき, 包む雪, 包める事, 包んで, 包含した, 占めて, 占めるなか, 去るという, 取つて一, 呑まんず概, 呑み終せたらしくあたり, 呪いかけたほど, 咀って, 喜ぶ人, 嘲るが, 四角八面に, 圧するの概, 埋めた, 塗りつぶしたの, 好い気持, 孜々として, 小さな子供, 峰づたいに生, 廻旋する, 引裂いて, 形づくって, 形造る, 律すれば, 後に, 得たため, 念々し, 思うの, 怨んで, 恨み, 恨むといふ, 恨む力さ, 悲壮な, 想う, 想望すれ, 想見し, 感格する, 我が有, 我に, 我もの, 打開すべく, 払はんばかりに, 托してを, 托す一向に, 拓こうと, 拝し, 拝すの, 拝んで, 拝礼し, 探って, 描き出す必要, 描き出せる也, 描く, 描くの, 揺ぶるよう, 撫で一抹, 撼かす, 撼かすとは, 撼が, 攪乱させ, 攪乱し, 支配する, 新たに, 新に, 晦うし, 暗らく, 朗な, 望みしこと, 望みて, 望む強い, 望めり, 木が, 枕衾として, 棋盤として, 楽しみこれからどう, 楽しんで, 樂しむ, 樂しんで, 横領する, 歩きませんでした, 氏は, 求めるには, 求めんと, 沈めて, 泣きくつ, 洗い去りて, 洗い流すよう, 洗った, 洗ひ流す, 洞察する, 流れ吾が, 濡し吹きまくる, 濡らして, 焼き人いきれ, 照らすの, 照らすので, 照破し, 燬く, 牢獄と, 独り自由に, 狭く暮らし, 狭められたり, 現じた, 現出する, 畏み, 畫き, 白く押しつつん, 眺めつつ, 眺め居給, 睥睨し, 砕くが, 砲声が, 破つて, 破る此如意棒, 祀る祭器, 積んだガルシア, 突き破るかと, 築きあげようといふ, 築き上げること, 粉韲し, 綾に, 縦横無尽に, 翔け去った, 翹望した如く, 自分の, 蓋う, 蔽うて, 蔽ひ尽し, 蔽わず任意, 蠖屈の, 覆うとりました蘆葦, 覆えして, 覆す大, 覆つた, 覆へす嵐, 覆らしたの, 見た読者, 見つけて, 見とおす, 見ます, 見また, 見るかという, 見出さむとしたが力足らず, 見出そうと, 見廻して, 見廻わ, 見抜いて, 見直した, 解釈せず, 讃る, 貫くフラツシユ, 轟かしました, 追うの, 逃れようと, 逍遥する, 造った者, 造つた神様が, 造らせ給うた唯一不二, 造らせ給うた天上皇帝, 造らむとする人, 造り日月星辰, 造り給, 遠く離れ, 選んだ, 鎖す秋雨, 鎖す裏, 鎖す青紗, 閉ざして, 閉じ込め私, 開き具眼, 開拓しよう, 開闢し, 限定する, 離れて, 震う, 震わせ, 震わせ千万, 震動し, 震動する, 震愕, 震撼する, 震駭させ, 震駭し, 霧は, 靜めて, 頌歌し, 領した, 風靡します, 風靡せる, 飛行する, 馬の, 駈け狂, 驚かさないよう, 驚かせました, 驚倒させた, 鳴らせど, 鳴り轟かせて

▼ 天地~ (189, 7.2%)

3 万物の 2 ザーッと, 急に, 悪魔の, 晦冥と, 玄の, 限りなき

1 [174件] あんなに静か, いかに雄心勃々, いずれの, いまにも, いよいよくらく, うつくしいもの, おろかこの, おろか神も, くずれんばかりに, このとき, この有望, この通り上天気, これと, これも, さながら私, しばらく静か, すが, すがすがしい明るさ, すっかり死, すでに夏, すべて強い, それある, それ以来ほとんど, た, ただ一種, ただ明るい, ただ無数, ただ白い, たちまちそれ, なお一層, なんとなく暗い, ひっそりと, ひどい烈風, まさに孔明, まだ時代, まっくら, まつたくわかわかしく, まるで花, みんな雪であります, めぐる, もちろん広く, もつと, もとの, ものこそ, やはり晦暝, やはり深夜, われる思い, グラグラと, 一つに, 一つ吐息の, 一の, 一瞬ひそ, 一色に, 不朽である, 不気味な, 人の, 人間に, 今にも覆り, 今やその, 今や大乱爆発, 何の, 依然として昼, 信長や, 倒に, 僕の, 元来わが家な, 光と, 光りに, 全く別世界, 全く新しい, 全く暗黒, 再び元, 再び旧, 再び震撼, 冬と, 古代芸術の, 喊の, 四尺ほど, 声を, 夜に, 失せても, 実に自我, 実際に, 容易に, 寂と, 寂然として, 尊くも, 屋の, 崩れるかとばかり, 己が, 己れ, 幻の, 広くまだ, 広しと, 広し真実, 広大だ, 広大で, 広大であります, 廣大である, 彼れ, 忽ちに状, 忽ち開け, 恐らく地方山間, 恰も望, 悉くコールド, 悠久な, 悽愴を, 我心なり, 戦争だ, 早くも, 昏, 晒し木綿の, 晦かった, 暁闇, 暗いと, 暗いの, 暗かった, 暗くなっ, 暮れて, 書かざる経, 未だいく, 未だ色彩, 桜の, 森として, 椴松と, 極めて静, 極めて静か, 死んだの, 泥の, 消え失せて, 深々として, 濃い墨色, 濡れて, 灰色の, 無いの, 無数の, 物こそ, 狭いから, 相密着, 真っ暗に, 真暗である, 真空ほどにも, 眼の, 磨ぎ水, 神明に, 穏やかな, 空間の, 紅と, 結局般若の, 絶えず暗く, 自由な, 至って静か, 至極沈静無事, 荒唐晦冥の, 著しく対蹠的, 薔薇色に, 螺線的な, 足ずありぬ心, 過ぎん, 違うと, 重箱の, 開放され, 闃寂として, 限られて, 雨の, 震撼した, 静かに, 靜かに, 須史の, 頼朝の, 風の, 飛騨の, 黒い塀, 黙示録の

▼ 天地~ (146, 5.5%)

4 ある 3 目の, 開けて 2 唐物緞子中が, 安政の, 明るいよう, 灰色に, 自分か, 裂けても

1 [124件] あった事, あって, あの人, ありどうか, あり行く所, あるだけ, あるという, あるので, あるよう, ある作者, あわれと, いまひっくりかえっ, くずれても, くつがえろうと, さかさ, しめりぬき蒼く, そこに, その日覚悟, その時分, それの, たちまちまた, でんぐり返ったって, でんぐり返るの, ぬけるほど, はじめてできた, ひっくりかえっても, ひっくりかえる, ひっくり返ったよう, ひっそりと, ひつくりかへ, ひとつの, ほっと眼, ぼかしたよう, ぽかんとした, まだ曠漠, まっ暗な, みんな一つ国だ, わたくしへ, わたしたちにだけ, アルペンの, グルリと, 一時に, 一番いい, 不朽だ, 与えて, 亡びますまで, 人に, 人を, 仄り, 何となく蕭条, 全く暗く, 全く闇, 八つ裂きに, 分崩, 動き出したほどに, 十吉には, 口を, 同じである, 圧縮され, 地獄の, 塗りつぶされた灰色, 墨の, 変るほどの, 大地震, 始まって, 存在する, 寂寥として, 寂然と, 寒夜, 寝ぼけた古い, 崩れるよう, 広いです, 広いの, 広くなっ, 広大であり, 廻転する, 引っくり, 引繰返る, 弟の, 急に, 恨めしくなる, 想像され, 摧ける, 新に, 明るくなる, 明るく朝風, 晦冥の, 暗くなっ, 暗くなりました, 暗くなる, 暗らみわ, 果てしも, 案外狭く, 森閑として, 構えられる, 橙色に, 江戸だ, 浮き出すよう, 消えたり, 湖の, 濶い, 灼熱に, 生まれ故郷が, 目には, 真暗に, 砕けるという, 破れでも, 美しい, 蕭条たる, 蟻の, 裂けるよう, 要るん, 覆えった程, 覆えるよう, 覆えろうと, 覆るよう, 躍り立つよう, 逆さに, 遽かに, 開かれぬならば, 開けます有明, 開けるであろうと, 開闢する, 静かに

▼ 天地~ (107, 4.1%)

6 崩れるよう 5 くずれるよう 3 ひっくりかえるよう 2 ために, 人間も, 崩るる, 崩れんばかりの, 砕けんばかりの, 陶然として

1 [81件] あるのに, いつしか秋, いれぬ大, かかる道徳堅固, くずるる, くずれるばかりに, くずれるほどの, くつがえるよう, くらくなる, ここで, これが, さくる, さける一大霹靂, そなわり万物みなみ, とどろくばかり, どよむ漢, ないごとく, なく, なくなるだろう, なし一切空, ひっくり返る想い, ふるうよう, まだ若く, もともと野性, やがて戦乱, ゆらぐ程, ゆるがすよう, ようやく明るく, ようやく暗く, 一向不可思議, 万有も, 両軍, 中央の, 人も, 円, 割れるほどの, 動かすこと, 動けと, 哭くと, 容れざる大罪人, 容れない大罪, 寥々の, 崩る, 崩れよと, 崩れるばかり, 崩れるほどの, 崩れ社會, 彼も, 忘れ人間, 恨めしけれど, 拝せず, 揺がすばかり, 明けて, 星も, 晦く, 晦瞑, 東海の, 段々冷え, 海を, 為に, 焦がすばかり, 照覧あれ将門は, 真つ, 眠る丑時, 瞬間に, 砕けぬばかりの, 破れんばかりに, 私たち小さな, 荒れたが, 裂くばかり, 裂けとぶよう, 裂けるよう, 覆えるほどの, 覆るかと, 覆るよう, 覆る大, 震うばかり, 頼も, 顛動する, 風雲日に, 鳴動し

▼ 天地~ (66, 2.5%)

4 のあらゆる 3 のこと, の万物 2 の大, の実相, の重大事件

1 [50件] ありとあらゆる森羅万象, いづれに, にある, にその, には人, に偶然, に働い, に充ち満ち, に憎い, に文学, に於, に止る, に水, に無数, に素裸, に自分, に蔵する, に身, に造られ, のありとあらゆる, のエネルギー, の一人, の一粒子, の七彩, の万物みな人間, の万物運行, の万象, の事, の何者, の力, の千人, の孤独, の宝蔵, の数, の暗き, の本当, の活力現象, の無量光, の無限, の物, の現象, の生類, の美, の運數, の闊達無碍, の面白い, はおろか, を舞台, 最早小山某, 第一等

▼ 天地~ (55, 2.1%)

2 人生とを

1 [53件] いっては, うけがって, した範囲あたり, して, し外界, することし廿一, せざるべからず, その中, なし蓑虫, なって, なり武門, なる, なると, なるなり, ひとつに, ふと一ぷく, 一つに, 一体だ, 一緒に, 争って, 云い山川, 云えば, 化するであろう, 卵との, 合体する, 同じよう, 同一体, 同化し, 定めて, 小天地とを, 巨人の, 常冬, 心得て, 心身を, 我と什麼, 抱き合って, 本質が, 永劫万象も, 爲し, 物象とに, 生存を, 眺めては, 考へて, 耳を, 自分と, 自己とを, 興す即ち, 芸術家の, 見ること, 言ひた, 語って, 調和し, 遊ぶ

▼ 天地~ (36, 1.4%)

3 出て, 向って 2 つきはなされ昨日, 切り取って

1 [26件] お出なすった, かく身, きて, ささげる, そして権力, 乗り出せただろうに, 伸び上がろうと, 入り込んで, 出たい, 出た歓び, 出ては, 出ようという, 出られるという, 叫んで, 告げて, 外から, 奉公を, 帰って, 帰らなければ, 放して, 流したそれ, 祈れっ, 踏み出して, 響く大声, 飛び出すの, 黙然と頭

▼ 天地万物~ (31, 1.2%)

2 の元素

1 [29件] あらゆる姿, がメチャメチャ, が死, が芽ぐむ, と同じ, にし, に対する憎悪, に配当, の体無始無終自存自立, の変化, の多き, の性質, の感覚化, の本源, の解釈, の起源, の運動, は必ず, は無, よ, をつくり, を有, を望む, を産出, を眺め, を自由, を開発, 之祖也, 眠れる如く遥か

▼ 天地自然~ (22, 0.8%)

2 にとけこん, の理法, の規則, の道理

1 [14件] が目, と共に生き, のあらゆる, のこと, の哀切, の夕まぐれ, の大きな, の森羅万象, の理, の芽ぐみ, の諸, の進化, や人間, を師

▼ 天地~ (16, 0.6%)

4 あつた

1 [12件] さしさわりなく, それは, われわれの, 力量次第という, 力量次第といふ, 支那の, 理屈ばかり, 聞くと, 育って, 自由に, 釘づけ, 間に合っても

▼ 天地創造~ (15, 0.6%)

2 の世界, の夢

1 [11件] と云わず, にも比すべき, の初, の名残り, の校正, の神, の神秘, の第, の行為, の話, の諸

▼ 天地~ (13, 0.5%)

2 の半切, の結び文, の色文 1 のお, のなまめかしい, のびら, のもの, の玉章, の色, を結び文

▼ 天地では~ (12, 0.5%)

2 ないん 1 ありませんもの, あるけれども, すこし物, ない, ないから, ないだろうか, 人間よりも, 何ともし, 憚る, 通るかも

▼ 天地にも~ (10, 0.4%)

1 つねに待ちぶせ, また相応, 同じ変化, 埒が, 漲って, 災厄が, 相応に, 良心が, 金色の, 鳴って

▼ 天地と共に~ (9, 0.3%)

1 ぴたりと, 変りある, 栄ゆる, 永く流り, 流れて, 澄みきろうと, 生きる心境, 生きる自我, 立ちて

▼ 天地万有~ (8, 0.3%)

1 のうち, の原因, の天朝, の実, の生命, は神, をその, を以て実物教育

▼ 天地晦冥~ (8, 0.3%)

1 して, といった趣き, となり, にし, になっ, の大, の無意識, の状

▼ 天地から~ (7, 0.3%)

2 観れば 1 ゆるされたかの, 何か, 時あっ, 生活の, 都鳥なく

▼ 天地には~ (7, 0.3%)

1 あること, いって, ところによっては, まだ誰, もうそろそろ冬, 既う, 生じて

▼ 天地宇宙~ (7, 0.3%)

1 に其の, に器, の事, の正当, の間, を人格化, を観じ

▼ 天地より~ (6, 0.2%)

2 観るとき 1 一歩も, 外には, 成せる本, 逐ひ出さるべき

▼ 天地乾坤~ (6, 0.2%)

2 を睨めまわす 1 の外, を睨めまわし, を睨めまわします, を見渡し

▼ 天地震動~ (6, 0.2%)

1 しその, して, せば, である, という勢い, の大騒ぎ

▼ 天地である~ (5, 0.2%)

1 から世話, から己, と思ふ, 上に, 事も

▼ 天地という~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 ことも, ところがほんとに, ものが

▼ 天地をも~ (5, 0.2%)

1 ゆり動かし高々, 動かさんと, 愛する江戸ッ児, 破る見地, 籠蓋し

▼ 天地万象~ (5, 0.2%)

1 がそれ, がどこ, が総毛立つ, の一切合財, また寂

▼ 天地~ (5, 0.2%)

1 先豈, 呼吸也, 大功者其子孫未, 気人物各, 生即ち

▼ 天地悠久~ (5, 0.2%)

1 たる草原, と雲, の感, の生々如, を感じる

▼ 天地萬物~ (5, 0.2%)

2 の生々的威力 1 の盡, を創造, を美

▼ 天地陰陽~ (5, 0.2%)

1 いわゆる両極思想, とりまぜての, の感ずる, の気, の理

▼ 天地でも~ (4, 0.2%)

1 あった, ある, 心に, 開けたやう

▼ 天地として~ (4, 0.2%)

1 あの盲, ゐた, 人間らしい, 暮らして

▼ 天地とは~ (4, 0.2%)

1 あまりな, なった, 思ったが, 異った

▼ 天地において~ (4, 0.2%)

1 この僅少, 僕は, 有名ならざる, 男々しい孤立

▼ 天地一つ~ (4, 0.2%)

1 に包む, に昏, の声, 白き蛇

▼ 天地分離~ (4, 0.2%)

2 の説話 1 の, の神話

▼ 天地初発~ (4, 0.2%)

1 と云う, の暁, を必ず, 之時

▼ 天地~ (4, 0.2%)

1 とも久遠劫来, なる歴史, に姿, に山影

▼ 天地左右~ (4, 0.2%)

2 の開き 1 で二間足らず, をあけ

▼ 天地既に~ (4, 0.2%)

4 崩れぬべし

▼ 天地霄壌~ (4, 0.2%)

3 の差 1 もただ

▼ 天地~ (3, 0.1%)

1 天地が, 武蔵は, 父母の

▼ 天地~ (3, 0.1%)

1 から始末, とも思われない, と安心

▼ 天地とともに~ (3, 0.1%)

1 崩掛らう, 永かるべき, 窮り

▼ 天地~ (3, 0.1%)

1 のであります, のである, のです

▼ 天地にのみ~ (3, 0.1%)

1 オウロラ・ボレアリスの, 求め得られるよう, 身を

▼ 天地二神~ (3, 0.1%)

1 の化身, の来迎, を祭神

▼ 天地人間~ (3, 0.1%)

1 あらゆるもの, の司配, の静か

▼ 天地~ (3, 0.1%)

1 發の, 發之時の, 開闢未

▼ 天地山川~ (3, 0.1%)

1 に対する観念, の神, や人情風俗

▼ 天地振分け~ (3, 0.1%)

1 がその, を四箇, 賽は

▼ 天地日月~ (3, 0.1%)

1 と共に照, のつ, の姓

▼ 天地根元造り~ (3, 0.1%)

1 です, へひとり, を思はせる

▼ 天地清明~ (3, 0.1%)

1 にし, を感じた, 澄んで

▼ 天地いっぱい~ (2, 0.1%)

1 の音, の鷲

▼ 天地くらむ~ (2, 0.1%)

2 ムムム

▼ 天地こそ~ (2, 0.1%)

1 やはり平安, 明治日本の

▼ 天地この~ (2, 0.1%)

1 万物の, 時ただ

▼ 天地これ~ (2, 0.1%)

1 に和する, を授

▼ 天地であり~ (2, 0.1%)

1 自然の, 里は

▼ 天地など~ (2, 0.1%)

1 言う空想, 開けつこ

▼ 天地にわたる~ (2, 0.1%)

1 秋の, 秋暮の

▼ 天地への~ (2, 0.1%)

1 奉公よ, 奉公死ぬ

▼ 天地ほどの~ (2, 0.1%)

1 差が, 違い

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 さらば永久, 自然よ

▼ 天地一人~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 天地一白~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 天地世界~ (2, 0.1%)

1 がある, と心得る

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 が隅, さらに幾倍

▼ 天地八荒~ (2, 0.1%)

1 のうち, の中

▼ 天地分離説話~ (2, 0.1%)

1 として研究, を掲ぐ

▼ 天地初夜過ぎ~ (2, 0.1%)

2 たり

▼ 天地創造説~ (2, 0.1%)

1 と称す, は吾

▼ 天地劇場~ (2, 0.1%)

1 へ日曜, へ里見藍子

▼ 天地四方~ (2, 0.1%)

1 を射る, を歌い込ん

▼ 天地始めて~ (2, 0.1%)

2 分れた時

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 たる庵, として声

▼ 天地寂然~ (2, 0.1%)

1 たる処, として室内陰々

▼ 天地忽ち~ (2, 0.1%)

1 紅色に, 震動し

▼ 天地暗黒~ (2, 0.1%)

1 となり, の裡

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 然, 然として

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 始終人生有生死, 始終人生有生死安

▼ 天地無窮~ (2, 0.1%)

1 とか終り, の大意

▼ 天地生き~ (2, 0.1%)

1 通しという, 通しの

▼ 天地~ (2, 0.1%)

1 墓穴の, 暗ク満目冥冥タラバ眼ナキト別ツベキナク

▼ 天地至妙~ (2, 0.1%)

2 の調和

▼ 天地茫茫知己~ (2, 0.1%)

1 無, 無今対遺影感

▼ 天地蕭条~ (2, 0.1%)

1 として死にたくなる, はらりはらりと

▼ 天地返し~ (2, 0.1%)

1 とは天井, の歩き

▼ 天地造化~ (2, 0.1%)

1 におけるはかえって, の変

▼ 天地雲泥~ (2, 0.1%)

2 の相違

▼ 天地顛倒~ (2, 0.1%)

1 こりゃどう, こりや

▼ 天地鳴動~ (2, 0.1%)

1 したといふ, に不足

▼1* [255件]

天地あらず天地の, 天地あらゆるものが, 天地ありて密着, 天地あることも, 天地いたるところどこでも, 天地いちめんが春, 天地いちめんふしぎな微, 天地いつくにも充満, 天地うるほひありといつた, 天地かと味気ない, 天地からも哺み育てられ, 天地くらく雲とも, 天地ことかはる, 天地ことごとくが自分, 天地しかを飛躍し得ない, 天地しづかに夢, 天地しるべく人事う, 天地すでに一大妖怪なれ, 天地すなわち自己と, 天地そこには北国, 天地ために暗し, 天地だけでは, 天地であったがさすが, 天地でありましたけれどここ, 天地であろうか楽園, 天地でさえも危ない, 天地でないことは, 天地でなければならない, 天地といったような, 天地とが運動の, 天地とに關する, 天地との微妙な, 天地とむなしかるべし, 天地ともに手, 天地とを比べて, 天地なく各国の, 天地なぞというのは, 天地などとは没交渉である, 天地なり其性情なり, 天地なりしなり, 天地なる哉, 天地にかけ更え, 天地にたいしてその身, 天地にとよもし, 天地にばかり跼蹐しない, 天地にまで飛ぶ, 天地にわかになごやかに, 天地に対しこのくらい, 天地のそきへのき, 天地のどかであつ, 天地のみたまの, 天地はうづまいてゐるらしい, 天地はるかに隔たる, 天地ばかりでなく今, 天地ひらけて以来, 天地ひらけしよりこの, 天地みな音もない, 天地よりもさらに霊妙, 天地らしいものが, 天地われをまち, 天地を以て我を, 天地カイビャク以来の大, 天地ニ容るべからず, 天地ニ寄ス眇タル滄海ノ一粟, 天地中ニ, 天地求メタルモノナリ, 天地の善神, 天地一切の事理, 天地一切おだやかな風光, 天地一塊となっ, 天地一帯を覆う, 天地一新云々と大宮人, 天地一杯という原始的, 天地一枚といふ感じ, 天地一枚自他一如の純真, 天地一沙鴎と杜甫, 天地一色の冬, 天地一面に真白, 天地万民のため, 天地万物みな不思議に相違, 天地万物一切の物質, 天地万物寂としてしかも, 天地万物星をもって解釈, 天地万象シーンとした, 天地三尺幅三間半ぐらいの幕, 天地三才よりも妙, 天地不正の気云々, 天地丸日永の波, 天地乃樂器所資乎蓋以先作者居前増益者處後作非一時, 天地之性などといつ, 天地之間亦有, 天地之間物各有主, 天地乾坤みな一呑や草, 天地乾坤自ら長閑なる中, 天地二ツの剣, 天地などはその, 天地仏神への不敬, 天地以上の絶対, 天地に紹介, 天地作者の方寸, 天地運の, 天地全く暗黒也, 天地八方のすみ, 天地其精を媾, 天地再び照明と, 天地を隔, 天地分離神話と称す, 天地初生の元気, 天地初発之時独化三神の自ら化生, 天地初発之時高天原に成りませる, 天地到るところが, 天地にあり, 天地剖判の初め, 天地剖判以後大和の地, 天地剖判当時の国土, 天地剖判説を予想, 天地剖析の神話, 天地創ってこの, 天地創成のこと, 天地創生の本源, 天地創造以来こんなすばらしい, 天地創造論の唯物的, 天地即ち山川を, 天地即神と言, 天地何の, 天地という卦, 天地ひなきこと, 天地和熙の時, 天地唯一の光景, 天地啓発につづく, 天地壬生や島原, 天地なき時, 天地大自然の業, 天地天社天水房中堂上の屬, 天地宋廟の神, 天地宗廟の祭り, 天地容れざる朝敵ぞ, 天地寂寞半時間前, 天地寂廖として音, 天地寂滅のこえ, 天地寥廓しかも足もと, 天地小麦の乾坤, 天地甚だしく接近, 天地山川皆我ものなり, 天地崩ゆ命を惜む心, 天地左右中央に, 天地帰一といふ妙味, 天地平等万物一体はじめより高, 天地広大四海兄弟天の時, 天地微かに光る, 天地微塵となる, 天地思ひ涙流る, 天地恨みなく怒り, 天地悠々の感, 天地の世, 天地愛好すべき者, 天地成壊ありて, 天地問珍, 天地包んだ巌山, 天地振動する様, 天地文學の大, 天地明朗である夏, 天地豈人類, 天地瞑の, 天地晦其になつて, 天地晦冥雹の降る, 天地晦冥驟雨の中, 天地晴朗身心清澄なり, 天地暗く私も, 天地暗澹の中, 天地にもなく, 天地有情の夕まぐれ, 天地有情春あやまたず再来, 天地未だ割れず猶, 天地未開のとき, 天地根元宮造と稱, 天地根元宮造りの掘つ, 天地構成談は列子, 天地次第に其形を, 天地気象の下, 天地沈々病者のため, 天地沈欝私も沈欝, 天地活写の勉強, 天地海山よく治まり, 天地混沌として開闢, 天地混沌如鶏子盤古生, 天地清明私もその, 天地渾沌として日月, 天地渾然として瑠璃玉, 天地溟濛になる, 天地無情の姿, 天地爽麗の季, 天地狭からず, 天地玲瓏として身心清明, 天地生々の氣, 天地去ること, 天地相去来遠, 天地眠るの深, 天地で岩, 天地破壊する後, 天地に遵, 天地神祇の敬祭, 天地切實に, 天地あり山水美, 天地のよう, 天地老女織子, 天地自在を感じる, 天地自然玄妙摩珂不思議畜生ながら奴等, 天地自然陰陽の理, 天地自身が一刻, 天地至大の精気, 天地英国の大, 天地草木の生々, 天地荘厳摂取不捨, 天地虫声むせぶが, 天地融合の相, 天地見るとして清新, 天地見通しだ, 天地神の, 天地の人生, 天地躍動の姿, 天地轟々たる夜陰の, 天地逍遙遊の境地, 天地らし, 天地運行の中, 天地遥かに隔たる, 天地に開け, 天地の平, 天地開けて今, 天地開発に連, 天地開発後の国土, 天地に虫, 天地間いま一人のこの, 天地間にあって何, 天地間一瞬のま, 天地間僕一人鳥も鳴かず, 天地間壮絶の観物, 天地間自然の理, 天地間調実なるもの, 天地けて以来, 天地なく窮, 天地陰陽二極の思想, 天地陰陽四時との關係, 天地陰陽運行已まずして, 天地雲泥の差がある, 天地震動瓦落ち石崩れ壁, 天地に石, 天地人間, 天地革命の運數, 天地革而四時成湯武革命など, 天地風雨の事, 天地風雲山川国土水火人物草木瓦礫より色, 天地馥郁として花, 天地高朗日月清明の気候, 天地黒白の大差