青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天井~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~ ~天下 天下~ ~天井
天井~
天使~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才 天才~ ~天気 天気~ 天然~ 天狗~

「天井~」 4959, 54ppm, 2173位

▼ 天井~ (960, 19.4%)

30 下に 23 方へ 13 上に, 下を 11 方から 9 上を, 方に, 方を, 隅を 8 下の, 低い部屋, 光りの 7 一角を, 低い二階, 高さ 6 板が, 板を 5 ように, 低い広間, 穴から, 隅に, 隅の 4 梁から, 梁に, 蜘蛛の, 電燈が, 電燈を, 高い室, 高声器, 鼠が

3 [18件] すぐ下, 一角から, 上で, 上と, 下で, 下には, 低い室, 低い窓, 壁に, 木目を, 板の, 穴に, 節穴から, 近くまで, 隅から, 隅には, 雨漏りの, 電灯が

2 [66件] あたりを, その下, どの辺, ぶらんこ台に, ほうに, ほうへ, やうな, やうに, ような, ランプを, 一方を, 一隅から, 一隅を, 上からは, 上には, 上の, 下は, 下へ, 中に, 中央からは, 中央に, 丸い光, 低いの, 低い皺だらけ, 光の, 土が, 塵が, 墜ちて, 墜ち壁, 室で, 室の, 小旦那, 岩壁から, 彩色硝子に, 方の, 明り取りから, 暗さ, 木目が, 木組が, 杉板に, 板は, 棧に, 極く低い, 波は, 燈を, 片隅を, 真中から, 硝子板を, 穴の, 穴を, 節穴からは, 節穴を, 絵の, 綱に, 薄明光は, 蠅も, 間に, 隅々を, 電燈は, 高いの, 高いガラン, 高い壁, 高い大きな, 高い広い部屋, 高い広間, 高い窓

1 [534件 抜粋] あかしの, あかり窓から, あげぶた, あそこに, あたりから, あたりで, あたりに, あたりは, あなたに, あること, あるシーン, あるボート, ある座敷, いずれかに, いっぽうの, おとし穴, お星さま, くもり硝子, ぐるりに, ことだ, こと燃えさかる, しつかりした梁, すすは, すみだ, すみに, すみの, すみを, その屋根, それも, たかいドーム, たかいホール, たかい大広間, ちょうど女, てっぺんだの, ところから, とこを, どこかから, ないすすけた, ないその, ないやつ, ないトンネル, ない屋根裏, ない牢, ない窓, ない部屋, なかへ, はりに, ひくいきたない部屋, ひくいせまい部屋, ひくい二階, ふしだらけな, ぶらんこを, ほか何一つない, まるいあかるみやいろ, まん中から, まん中からは, みどり色の, ものには, ようで, アカリ取り窓を, カシオペイア座が, ガス燈の, クモの巣だけ, コンクリートの, コンクリートを, シミを, シャンデリアの, スタッコは, ステインドグラスから, トリックを, ブランコに, ブランコを, ランプの, 一尺ばかり, 一方に, 一条の, 一段低い, 一点に, 一端に, 一群は, 一角が, 一隅に, 七兵衛には, 三人の, 上, 上から, 上が, 上だろう, 上では, 上などに, 上にあたる, 上にも, 上へ, 上まで, 上も, 上高く, 下や, 下赤く, 下閉ぢたる, 両側に, 両方で, 両端から, 両端に, 中で, 中には, 中へ, 中央から, 中央には, 中央は, 中山へ, 中心飾り, 丸い大きな, 丸い明り, 丸太に, 丸太を, 事を, 五十燭光が, 交錯した, 人工の, 仏龕が, 仕掛の, 付いた町, 低いうす暗いもの干場, 低いじめじめ, 低いすす, 低いその, 低いだだ, 低いちょうど, 低いひどい部屋, 低いトタン屋根, 低いトタン張り, 低い一部屋, 低い三畳一間, 低い三等船室, 低い事, 低い二階家, 低い低い茶, 低い八畳位, 低い六畳, 低い六畳間, 低い各階, 低い土間, 低い壁, 低い大きな, 低い安つ, 低い家, 低い小さな, 低い小舎, 低い少し, 低い広い室, 低い店じゅう, 低い廊, 低い廊下, 低い待合室, 低い新, 低い暗い部屋, 低い板目, 低い気持, 低い燻し, 低い狭い部屋, 低い細長い暗い部屋, 低い自動車, 低い茶室づくり, 低い茶室まがい, 低い薄暗いトロッコ道, 低い薄汚い室, 低い薄汚ない, 低い薄汚ない二間, 低い褐色, 低い通路, 低くかぶさった, 何処かに, 何所かから, 例の, 偉大さに, 傾斜した, 光は, 全面に, 円く抉れた, 凧を, 出入口まで, 動かない扇風機, 十二支の, 千社札では, 反響を, 同じ方, 向うに, 向う側へ, 向ふ, 周囲を, 周縁の, 四隅から, 四隅までが, 四隅を, 圓屋根が, 堆塵, 墨絵の, 壁が, 壁さえ, 壁も, 壁土が, 壁畫には, 壁門の, 壁際に, 声, 外だ, 外に, 大きい燈籠, 大きな電球, 大桷からは, 大温室, 天女の, 天窓から, 太い梁, 奥へ, 如き部分的, 孔から, 宙に, 実験室から, 小さい人かげ, 小さな穴, 小部屋, 少し開いてる, 岩に, 崩れる音, 巣の, 巣へ, 差別なく, 建物の, 建物も, 廻りに, 引窓を, 張ってない湯殿, 彫刻壁の, 影が, 影暗く, 彼らを, 怪物という, 怪物につき, 怪痕, 怪音, 恐ろしい物音, 所に, 抜けた絶大, 抜けるよう, 換気穴から, 換気穴に, 支柱から, 教室での, 方からの, 方だけが, 方は, 方へと, 方まで, 方角から, 方角で, 明りとりの, 明りを, 明り窓から, 映るやう, 暗い割, 暗がりから, 暗がりで, 暗みに, 暗幕の, 木理を, 木目に, 板も, 板わが家の, 柾目や, 格子に, 格子の, 桁の, 桷から, 桷に, 梁からは, 梁が, 梁には, 梁にまで, 梁の, 梁も, 梁や, 梁裏に, 棚も, 棟から, 構造から, 構造に, 横木へ, 此処彼処に, 比類なき美しい, 毛脛ええと, 水銀灯が, 氷が, 汚点から, 汚点や, 油絵の, 湯に, 濃い闇, 火影に, 無い家, 煤けた荒れ果てた部屋, 煤との, 煤の, 煤は, 煤も, 煤影黒く, 煤竹の, 燈が, 燈は, 燈も, 片隅に, 片隅の, 白さ, 白壁に, 白壁や, 白壁を, 白茶けた板, 目も, 眞ん中に, 真下まで, 真中が, 真中には, 石を, 破れ凧を, 破風に, 硝子に, 移って, 穴からは, 穴には, 穴へ, 穹窿の, 空気ぬきの, 空気穴まで, 空窓から, 窓から, 窓の, 窓框の, 端まで, 端を, 竹竿には, 等身像は, 管からの, 節板の, 節穴, 節穴が, 節穴へ, 籠を, 糸が, 紫の, 絵を, 綱の, 綱へ, 綱を, 綱渡りに, 網に, 義でなかった, 色が, 色に, 花瓦斯が, 落ちる心配, 落つるかと, 蔽いが, 薄い板, 薄暗さ, 蛇腹, 蜂巣蝋燭伏し, 蝿を, 蠅が, 蠅を, 血の, 裏で, 裏に, 裏には, 裏へ, 裏側が, 裸の, 車麩から, 車麩に, 辺から, 辺で, 近くで, 近くに, 迫持を, 通風口の, 通風孔から, 遊体歯車の, 適度の, 部屋で, 部屋へ, 重さ, 重量を, 金色枠が, 釘へ, 釣灯りが, 鉄格子の, 鉄梁が, 鉄筋の, 銀洋燈へ, 鏡に, 鏡を, 鏡板の, 間から, 間で, 間より, 闇から, 闇へ, 陥落を, 隅々までも, 隅っこなどに, 隅で, 隅と, 隅へ, 隅まで, 隅や, 階子段に, 隙見という, 隙間まで, 際まで, 隠れ場所と, 雨の, 雨洩り, 雲に, 電気の, 電灯にあたって, 電灯は, 電灯を, 電燈さえ, 電燈に, 電燈にも, 電燈も, 電燈や, 青い布張り, 青い電灯, 青き光, 頂きに, 頂上からは, 頂上を, 顔, 飾電燈も, 騒ぎが, 高い, 高いうすら寒く廣, 高いこと, 高いこの, 高いせい, 高いだだっ広い台所, 高いところ, 高いひろびろ, 高いまっ白, 高いセット準備室, 高い一階, 高い下, 高い中二階, 高い中広間, 高い事, 高い二, 高い二階建て, 高い五間四方, 高い仕, 高い十畳敷, 高い古風, 高い四角, 高い大, 高い天幕, 高い家, 高い寒々, 高い寺院, 高い工場, 高い工場みたい, 高い平屋建, 高い広, 高い広々, 高い広い囲炉裏, 高い広い空洞, 高い御堂, 高い所, 高い旧式, 高い曲面, 高い狭い中二階, 高い白壁, 高い真直, 高い石, 高い研究室, 高い立派, 高い第, 高い細長い室, 高い薄暗い広い寺, 高い造酒場, 高い部屋, 高い銀行, 高い長い廊下, 高い風呂場, 高い食堂, 高すぎる, 高窓, 黒い雲, 黒布が, 黒布は, 鼠の, 鼠物置の

▼ 天井~ (877, 17.7%)

54 眺めて 42 見て 37 仰いで 28 見つめて 21 向いて 19 仰いだ, 睨んで 15 見た 13 見ながら 12 見上げて 11 見上げた, 見上げると 10 見詰めて 9 眺めた, 眺めながら, 見あげて 7 仰ぎながら 6 にらんで 5 みつめて, 仰いだり, 意識した, 視凝め 4 あちこち見, ながめて, 向いた鼻, 張って, 指さして, 眺めたり, 睨みながら, 見つめたまま, 見る 3 仰向いて, 振り仰いで, 眼がけて, 見つめながら, 見ると, 見上げたり, 見上げながら, 見上げる, 見詰めながら

2 [38件] つきぬくよう, つき抜けて, つぶつぶ暗い, ながめながら, にらみながら, にらむよう, はなれて, ふり仰いだ, みあげた, むいたま, 一瞬明るく, 仰いだが, 仰いだまま, 仰ぎ, 凝視めて, 出て, 指しながら, 振り仰ぐと, 照した, 睨んだ, 睨んだまま, 破って, 破ること, 見あげたり, 見つめたま, 見つめたり, 見ても, 見まわした, 見上げ, 見上げたが, 見上げては, 見上げ勿論, 見廻した, 視詰めて, 貫くばかり, 隈なく, 高くした, 鼠が

1 [386件] あおいだ, あおいで, あおの, あお向いて, あばれま, いただいて, いっぱいに, うちぬいて, おおいつくして, おさえた, かすって, かぶせ喧, ぐるりと, こするの, こわそうと, さぐったり, ささえながら, さわいで, しさい, じいいっ, じっとにらん, じっと凝視め, じつと, たくさんすべっ, たくさんすべつて来ました, ついたと, ついた象, つきあげた, つきぬきそのうえ, つきぬけてる螺旋形, つくかと, つけること, てらして, てらすぼんやり, とおして, とばされくずされた壁, とび交う歌声, とりのけること, どんどんつきあげた, ながめそれきり, ながめた, ながめたり, ながめますと, ながめると, ながめホッ, なつかしげ, なめて, にらみつけて, にらむ, ぬいて, のこして, のぞくよう, はぐる音, はずしてでも, はって, はねまわって, はらわないので, ばさばさ遣らせろ, ふりあおいで, ふりあおぎながら, ぼんやり眺め, ぼんやり見, みあげて, みあげながら, みあげる, みたきり, むいたまま筆, むいたり, むいて, めぐる, もう一息, もたねば, もった洞穴, もつ威厳, ゆするよう, ジイッと, ジッと, スースー外へ, スースー抜ける, ズウと, ヂッと, ボンヤリ見, マジマジと, 一つぶち, 一歩きし, 一瞬間明るく, 上に, 下から, 二重に, 交錯し, 仰いだとたん, 仰いだ拍子, 仰いだ時, 仰いだ直, 仰いでも, 仰ぎそして, 仰ぎつつ, 仰ぎやすい, 仰ぎウ, 仰ぎ人々, 仰ぎ仰ぎ帳場, 仰ぎ勘定, 仰ぎ廻廊, 仰ぎ見た, 仰ぎ見よ, 仰ぐ, 仰ぐと, 仰向いた, 伝い広場, 伝ふ, 低くこしらえる, 何處といふ, 例の, 修繕され, 八重に, 凝と, 凝視し, 凝視した, 凝視めた, 凸凹なし, 切つて人參を, 力いっぱいおしあげ, 動かすしかけ, 匍って, 匐って, 取払うと, 取払ったの, 叩いて, 同じく長, 向いたっきり, 向いたま, 向いたまま, 向いたり, 向いた十二歳, 向けて, 吹き飛ばされそう, 噛み切った, 地震の, 大きく見ひらいた, 大きな鉄, 季節の, 峰づたいに歩い, 張った, 張つただけ, 張らねば, 張り桁, 張る大工たち, 張る紙, 彩どり, 後からくっ, 御覧なさい, 恐ろしげ, 懐中電灯で, 打ち仰ぎました, 打ち抜いたもの, 打ち抜いて, 打ったまっ黒, 打って, 打眺め, 抜きそう, 抜くよう, 抜けて, 抜けると, 抜け地球, 拔い, 持ったコンクリート造り, 持った水中, 持った籠, 持つた屋根裏, 指さしたなるほど, 指さしながら, 指し示した, 指す, 指差しながら, 指差し覆ひ, 振りあおいで, 振り仰ぎ乍ら, 振り仰ぐ, 捜して, 揺すった, 揺するばかり, 損わ, 搏ち, 撫でまわした, 擦り硝子張り, 支えた輻射状, 支えて, 支える為, 支へたり, 支へて, 斜に, 映し障子, 晴れた空, 染めて, 染めてるその, 気に, 氣に, 汚くする, 注目した, 注視し, 洗つ, 洩れる空, 海月の, 海面から, 渡って, 渡つてゐる, 渡る音, 滑り下りると, 濡らして, 焼きさしも, 焼き抜き廂, 煤と, 照し, 照らした, 照らしました, 照らし出して, 甞め床板を, 異様に, 白眼で, 目がけて, 目掛けて, 省いて, 眺め, 眺めたるまま, 眺めつつ, 眺めま, 眺めますと, 眺めるなどは, 眺める心持, 眺め出した, 眺め又, 眺め朝, 眺め細君, 睥めて, 睥め続け, 睨みきわめて, 睨みつけたよう, 睨み上げた, 睨み乍ら, 睨み彼, 睨み詰めた, 睨み詰めて, 睨むの, 睨むよう, 睨む眼, 睨めた, 睨めたん, 睨めて, 睨んだ儘, 瞶めて, 瞶めながら, 研究し, 破り家, 破り白雨黒風, 硝子張に, 示して, 突いて, 突きあげたの, 突きあげるよう, 突き上ぐれ, 突き刺して, 突き抜いて, 突き抜ける轟音, 突き拔, 突き破り壁紙, 突き破るお, 突拔く如く, 突破って, 窺めた, 竹にて, 結晶ガラスで, 縦断し, 縦横十文字には, 荒, 落すまいと, 蔽って, 薄目を, 蛇の, 蜿り, 衝いて, 衝かんばかりに, 衝くの, 襖の, 見あげながら, 見あげました, 見あげますと, 見あげると, 見あげるや, 見あげるよう, 見あげ急, 見いかにも, 見たかね, 見たが, 見ただけ, 見たままニンガリ, 見たら天井板, 見たり, 見た時, 見つめた, 見つめたまま何, 見つめた両, 見つめた儘, 見つめてるので, 見つめました, 見ながらも, 見ます, 見ますと, 見まわして, 見るの, 見るよう, 見れば, 見スプリング, 見上げしが, 見上げじっと, 見上げたとたん, 見上げたまま, 見上げたまんま, 見上げた時, 見上げた途端, 見上げほとんど, 見上げました, 見上げるよう, 見上げるアサ, 見上げ思索, 見上て, 見上る手先, 見凝め, 見守つたま, 見廻して, 見直した, 見詰, 見詰めむっちり, 見詰めるより, 視め, 視詰めたま, 覗いたり, 覗める, 設けあるを以て, 調べた, 調べたいと, 調べぼく, 貫いた, 貫いて, 貫きたる高き, 貫く影, 走り三間, 走るさて, 走るだけでも, 走る足音, 走る電線, 走る鼠, 蹴った, 蹴っ飛ばしたり, 蹴つて, 蹴りつけるもの, 蹴りながら, 蹴るやう, 蹴破って, 蹴破るなんて, 身ゆるぎ, 追つか, 逆さまに, 透して, 這い上って, 這い光源, 這い出した, 這い廻って, 這うさびたシャフト, 這うも, 這って, 這つて燃え, 這わんと, 通つて向う, 造って, 造つて居た, 金色に, 隅から, 隠す為, 離れて, 離れまいとして, 露すあり, 飾ること, 飾るもう, 駈けめぐり光源, 高く仰い, 高く廊下

▼ 天井~ (647, 13.0%)

13 向けて 9 向って 7 眼を 6 頭を

3 [16件] うつって, して, ついて, とまって, とりつけて, なって, のぼって, ぶらさがって, 向けた, 向けたまま, 壁に, 煙草の, 目を, 足を, 近い所, 響いて

2 [48件] あげて, こだまし, つかえて, つって, つるして, ねずみの, のぼった人たち, ぶつかって, ぶつかりそう, ぶつけて, ぶら下がって, へばりついて, むけて, 一つの, 一坪に, 上って, 光って, 十坪ほどの, 反射し, 取付けて, 吊されて, 吊して, 吊るされた棚, 向かって, 向つて, 吸いついたよう, 吹いた, 圓く, 墨絵の, 大煙突, 幾つも, 彼らの, 投げた, 投げとばして, 斑, 点いて, 白い泡, 絶間なく, 至るまで, 血の, 見えて, 見出した幻影, 貼りついて, 逃げるため, 逆に, 釣って, 電燈が, 魔が

1 [468件] あげたり, あった穴, あてて, あらあらしい靴音, ありまして, あるの, ある四角, ある大きな, ある掛釘, ある滑車, ある空気孔, ある雨, いっぱい吊るす, いやと, いやに, いる宙乗り, いる蠅, うす黒い大きな, うつして, うつった, うつつて, うつる行燈, およそ四坪, お上り, かかって, かげろうが, くっついた一区切り, くっついた風船みたい, くっついて, ぐるりと, こだました, こつんと, こんな絵, さしてあつ, さわりますと, さんご, しかけが, しごきを, したコンクリート, した細い, しつら, しづかに, すすが, すれすれに, すれすれの, そそいだ, そらしたり, そらして, それが, たたきつけられるの, ただようあやしい, ただ手水鉢の, たまったもの, ちらちらし, つ, ついたが, ついたの, ついてる電灯, つかえそう, つかえないほどの, つかえるなら床, つかえるまでに, つかえるまでは, つきあたったよう, つきそう, つきぬけてる十二角, つくほど, つくほども, つくん, つけて, つけ身, つごうの, つりあげて, つりあげる, つり上げられた造りもの, つるしその, つるした金銀色, つるし肩掛革包, とどいて, とどめたもの, とどめたるもの, とまった, とりつけた扇風機, とりつけた高, とりつけられたラウド・スピーカー, とりつけられた円筒, なげあげて, なったり, なにかさわり, なまなましい花模様, ならべた竹, なり底, なんとかし, のぼりついて, のぼり細く, のぼるため, はさまれて, はじめて手, はねあがつた, はめた驚く可, はりつめて, ひ, ひきあげて, ひそんで, ひたとつけ, ひびいて, ひびかしたり, ひびくほどの, ひもを, ふくれそびえたが, ふとこれ, ふんの, ぶっつかり今度, ぶっつけそう, ぶっつけた, ぶつかったの, ぶつかつて, ぶつける, ぶつつかる位のろし, ぶらさがったまま, ぶらさがり器械体操, ぶらぶらと, ぶら下って, ほう, ぽっかりと, まつ黒な, むかって, むけ永遠, もぐり込みました, やったり, やって, やっぱり貯金カッサ, ゆらめいてるランプ, よじのぼりました, わたされたケタ, コダマし, ヂッと, パチリパチリと, ピタリと, ボンヤリついた, ポッカリあいた, ポッツリ点い, ムカデ凧が, 一列に, 一杯釣り上げ, 三つの, 上ずって, 上端を, 下げたカーテン, 下って, 下塗りを, 不安そうに, 丸くランプ, 乘物を, 二つの, 二人の, 二尺角程の, 交錯され, 人々の, 仕掛けたぶるん, 仕掛けた青い, 使って, 停って, 八間行燈の, 具合の, 円く描かれた, 円く映る, 印して, 厚硝子の, 反らして, 反らせた, 反響させ, 反響し, 反響した, 反響する, 反響するつ, 取りつき引き戸, 取付けられた大きな, 口汚く附着, 只一つ, 只二ヶ所うす暗い, 吊された美事, 吊した壺形, 吊し上げられ下, 吊し置き訪れる浪人者, 吊るさ, 吊るされたランプ, 吊るしたのね, 吊るした金銀色, 吊るして, 同じ位, 吐いて, 向いて, 向けたか, 向けた顔, 向けては, 向けてもが, 向けました, 向けます, 向けられシャンデリア, 向け口, 向け狛犬, 向け眼, 向つてプカリ, 向つて煙, 吸いついて, 吸いつかせ次に, 吸いつけられそう, 吸いつけられると, 吸い付いたり, 吸ひつけられ, 吹いとるな, 吹きつけながら, 吹き上げる煙草, 吹く様, 哄と, 唸る電気扇, 四邊の, 回るファン, 固着し, 圧し潰され最後, 声を, 変な, 大きいランプ, 大きく反響, 大きく谺, 大きな弾痕, 大きな影, 大きな放電間隙, 大きな電灯, 大入道の, 大切に, 天人飛行の, 天窓が, 天窓の, 天窓を, 孔も, 孔をも, 家屋の, 射しお襁褓, 小さい空気穴, 小さい蜘蛛, 小さな穴, 小さな電灯, 小ざっぱりと, 小判で, 小歌が, 居たの, 居る羅漢様, 屆き, 届きさ, 届きそう, 届き壁, 届き居る, 届くばかりに, 届く板戸棚, 届く老婆, 嵌めこまれて, 嵌めこんだ大きな, 巣を, 差す丸行灯, 巻煙草の, 干したその, 平蜘蛛の, 幾度も, 延びた, 引きあげられ穴ぐら, 張った幕, 張って, 張つた赤い, 張つて, 張りわたした, 当って, 当る部分, 思いがけなくも, 懸けて, 懸りいたり, 戸が, 手が, 打ちつけた環, 打ちつけて, 打ちつけないよう, 投げつけたり, 投げつけた所, 抜けて, 拡って, 捨団扇を, 掛釘が, 接吻する, 描いた狩野洞春美信, 描いて, 描かれたランプ, 描かれて, 支えて, 放って, 斯うし, 旧訳聖書を, 昇ろうと, 明るい光線, 映された太陽, 映しだされた, 映し出して, 映った化物, 映る光, 映写された, 木魂し, 柱の, 栂の, 梁の, 棲む鼠, 楓の, 横たわって, 止まったよう, 止まらせて, 比例し, 沿うて, 沿って, 注いで, 注がれたまま, 注ぎたり, 泳がせて, 浮んで, 涙ぐむ, 添うて, 渡した紐, 渡して, 漏る雨, 潜り込んで, 灯される龕灯, 灯って, 無気味に, 無氣味, 焼け抜けるかと, 煙りを, 煙を, 煤けて, 照り映えて, 狩野某の, 留まって, 登り近い, 登臨する, 登頂, 白銅鍍の, 百ワットの, 着くとともに, 着けたり, 睡る蠅, 秘密の, 移り屋根, 穴を, 空いて, 空気抜の, 突き上げたまま, 突き伸ばして, 突き出して, 突き当たつて, 突き当ると, 立ちのぼった, 立ち上る間, 糞の, 紙が, 絵の, 網を, 翳し高, 背ぐくまつてゆとりの, 背のと, 脊ぐくまりたる我らは, 腹ばいに, 腹ばったまま身動き, 腹を, 興味が, 舞い上った, 舞い上った風船玉, 舞ひ, 苔の, 落ちて, 落として, 蓆を, 蓋さ, 薄い布, 薄暗い電燈, 蛇の, 蛇を, 蛾を, 蜘蛛の, 蝿が, 蠅が, 行灯やら, 被さりなど, 装飾ランプが, 複雑に, 見入ったり, 見出すの, 触れた, 貼り付けて, 賊が, 赤い光, 足が, 足で, 足音が, 跳ねか, 踊る光, 身を, 身体を, 輝いて, 輝いてる無気味, 輝く, 近い位置, 近い傘, 近い円廊, 近い隅っこ, 近い高い壁, 近く壁を, 近く明りとりの, 近く燕の, 近く設けられ, 近く長い, 逆さまで, 逆吊り, 這ひ, 這ひ上がりました, 達き, 達した, 重い短剣, 金てこが, 金塊が, 釘を, 針金を, 釣した, 釣りはじめた時, 鉄骨が, 鉛板を, 錠を, 長々と, 閉じ籠られてる空間, 附く, 附けられたばかり, 陽の, 隙間なく, 隠した電灯, 隠れて, 隱し, 集中され, 雨車を, 雪が, 電灯が, 電燈の, 非常口が, 響きかへ, 響きわたった, 響く, 響く物音, 頭が, 頭の, 顔を, 飛びついて, 飛んで, 飾つて置きたい, 首を, 駈け上った, 高くと, 高くともった, 高く通ず, 鰍は, 黄ろに, 鼠の, 鼠栖めり, 龍吐水の

▼ 天井から~ (485, 9.8%)

15 下って 8 落ちて 7 ぶらさがって 6 床まで 5 さがって, ぶら下って, 降って, 降りて 4 下がって, 吊りさげた竪薦, 垂れて, 床下まで, 糸で 3 さが, 下りて, 水が, 砂が, 蜘蛛の, 釣下げ

2 [26件] おちて, くもの, そこに, つるした石油ランプ, つるして, どこから, ぶら下, スルスルと, ダラリと, ブラ下っ, ホヤの, 下ってる電燈, 下つて, 光が, 吊されて, 吊して, 吊るされたランプ, 吊るして, 天井へ, 毒薬を, 笠の, 絲で, 聞こえて, 薬袋を, 雫が, 青い光

1 [339件] あたりを, あついしずく, いつもぶらりと下がる, おりて, お料理, かすかに, この鉄格子, これを, さか, さがってた青い, さしこんで, さして, さす燈火, しずくが, したたる水粒, すずらんの, すっと蜘蛛, すーッ, その空気ぬき, たくさんな, たらした息綱, たれる水滴, たれ下がった電球, たれ下ったしだれ桜, つ, つりさ, つりさげた, つりさげられ, つりランプが, つり下げ, つるしたランプ, である, とびおりて, とり降すと, どろんを, なにか黒い大きい, なりと, なんべ, ぬけ出して, はね落され三位卿, ばらばらと, ぱらぱらと, ひもで, ふって, ふと庭先, ぶち抜く, ぶらさがった無数, ぶらさがるランプ, ぶらさがる首, ぶらさげられて, ぶらりとさがっ, ぶら下がって, ぶら下げるガラス管, ぶら下ってる電燈, ぶら下り赤坊, ぶら下り轉串機, ぶら下る, へんな, ぼろきれ, ぼんやりと, ぽたぽたと, ぽっと燈明, まずポチ, また赤い, まるで大きな, むッくりと, よれよれに, ギヤマンの, サアッと, シャンデリアが, シャーッと, スキイの, パラパラ落ちた, ブラ下がっ, ブラ下がった, ブラ下った, ブラ下つて自分の, ベルトが, ホコリが, 一列に, 一団に, 一基下っ, 一幅落ちた, 一滴赤い, 七匹も, 三本の, 下が, 下がった繩, 下がった鈴生, 下げた木, 下ち, 下ったタペストリー, 下った並々, 下った切り子細工, 下った切子硝子, 下った電燈, 下ってる大電燈, 下ってる宣伝ビラ, 下ってる明るい, 下ってる薄暗い, 下ってる電灯, 下つたガス, 下へ, 下りる辛から, 下向きに, 不意に, 乳房の, 乾かした鹿, 二箇所に, 人が, 何か, 何者か, 來た, 倒に, 先に, 其の善良, 冷い, 出る手, 十メートルほど, 十燭の, 反射させる, 吊されるという, 吊しさげられた, 吊したロープ, 吊した投網, 吊した玩具, 吊って, 吊つて, 吊りさ, 吊りさげるの, 吊り下がって, 吊り下げて, 吊り下げること, 吊るされた縄, 吊るした, 吊るした風車, 吊るす丸い, 吊る下げ, 吊下げたり, 吊革の, 吐き散らす呪い, 向うの, 向こうと, 四辺の, 土彦の, 地の, 垂れさ, 垂れた茣蓙, 垂れた電燈, 垂れる, 垂れ下がったコード, 垂れ下がって, 垂れ下ったもの, 垂れ下って, 垂下る, 垂直線に, 塩びきの, 墜落された, 壁から, 壁に, 壁の, 壁板から, 壁柱へ, 大きなもの, 大きなベル, 大きな声, 大きな白, 大雨が, 天降る, 太い鎖, 奔流する, 奪衣, 子どもの, 守宮が, 宙のりで, 射し入る鈍い, 射し込む眩しい, 射す白光, 射込む柔, 小さい石, 小さなは, 小さな黒い, 巨き, 平土間まで, 幾つも, 床に, 床にまで, 床下から, 床板へ, 弔りさげた, 強烈な, 彼女の, 忍び込む方, 忽然とし, 息を, 投げこまれそれ, 投げつけたの, 投げつけて, 抜出したと, 振下げたよう, 掛けるので, 揺り籠, 文句を, 斜に, 新式な, 日本の, 明りを, 明るい日, 明を, 明智の, 来たらと, 来るらしい, 来る乏しい, 来る明るい, 来る薄紫, 板囲いっ, 板敷の, 枠が, 桂木の, 梯子傳ひ, 植込みへ, 様々の, 此の, 母屋の, 毒薬が, 毛だらけな, 毛脛が, 水は, 氷柱が, 治郎吉の, 洋燈が, 洩れて, 淡紅色の, 湯が, 滴った赤い, 滴る水, 漏れて, 火鉢の, 煙が, 燭光の, 犯人の, 猫が, 球を, 瓦斯の, 瓦斯燈の, 番傘が, 白, 白い氷柱みたい, 白い障子ばり, 白金の, 真白な, 真黒な, 眸を, 眼を, 瞰下し, 短剣を, 石が, 石を, 砂埃が, 突出た, 竹童の, 竹竿で, 糸を, 紅い舌, 紐で, 紐を, 細い鉄, 絹紐を, 続けざまに, 網が, 縁の, 縛って, 美しい帯地, 群衆の, 翔んで, 聴えて, 自分を, 舞いおりる愛, 舞台の, 落ちか, 落ちたに, 落ちたもの, 落ちたらしい埃, 落ちたらしい埃さ, 落ちてずうっと, 落ちてずうつ, 落ちるやう, 落ちる光線, 落ちる点滴, 落ちる雫, 落ち度い, 落葉が, 薬玉が, 藤蔓で, 蛆が, 蜘蛛が, 血が, 血みどろの, 襖まで, 豆が, 赤い火, 足もとまでが, 逆さに, 逆樣, 這い廻って, 遥かの, 重い植木鉢, 金が, 釣した, 釣った長い, 釣り下げられて, 釣るさがって, 釣るされた龕灯, 釣るされて, 鍋や, 鍋を, 鎖で, 鐵の, 長く吊り下げ, 雁木で, 雨だれの, 雨の, 雨垂れを, 雨戸障子まで, 雪の, 雫に, 静かに, 響くと, 頭の, 頭を, 頭部が, 顔だけ, 飛び降りて, 飾り燈火が, 骨が, 鹿島槍五竜に, 麻糸を, 鼠が, 鼠の

▼ 天井~ (422, 8.5%)

12 から床下 4 も床下, を走る 3 でそれ, で何, にギーイ, に隠れ, の鼠, を匍, を見上げ

2 [26件] かどこ, からはい出し, から下, から投げ付けた, が口, だ, でして, です, ですもの, で鼠, にある, にも押入, に上っ, に忍び込んだ, に潜り込ん, に迷, に閉じ, に閉ぢ籠め, に隱, のよう, の密閉, の隠れ場所, へ上がっ, まで入り込ん, まで搜, を歩く

1 [329件] かなん, からうすきみわるく, からおかし, からか, からこちら, からのぞい, からの声, からは荒縄, からボロ, からモロコシ酒, から三つ葉葵, から下った, から不思議, から何, から出発, から又八, から叫んだ, から怪し, から押入, から持ち出し, から新調, から水瓶, から洩れる, から消え, から灯, から物置, から生なましい, から甲板, から発見, から真紅, から眺め, から答える, から臺所, から落し, から落ちた, から薄, から覗い, から跳ね, から退散, から長, から青い, から飛び出し, から飛出した, から飯時, か包, があった, が無くなった, が頭, そっと降り, だったの, だって調和, だろうが, であった, でうわさ, でげらげら, でごそごそ, でする, ではどんな, では欄間, でもその, でゴトン, でニッ, でブルン, でラジオ研究中, で喧嘩, で地團駄, で地蹈鞴, で声, で暴れはじめた, で毎夜踊り, で烈しい, で眺め, で聞い, で膝, で鳴く, というもの, という隠れ簔, とか縁, とか金, とに晧, との間, と氣, ながら埃, などには大きな, などに入っ, などを通路, なり勝手, なん, なんかを隠れ場所, に, にあ, にあがりました, にい, にいた, にいる, にかくれ, にかけた, にくっつい, にくっ付け, にこ, にこれ, にこんな, にさして, にしのびこん, にすわり込む, につい, についた, につまっ, にとびついた, にど, にね昔, にのぼっ, にはいる, にはシナふう, には幾つ, には彼, には母, には煤埃, には砂, にひそん, にまで飛びあがった, にもぐりこみ, にもぐりこんだ, にもそこ, にもちょっと, にも須彌壇, にゆれ, によぢ, にゐる, にペタン, に一體何, に上つて, に不可解, に二尺四方, に仰いだ, に住ん, に何, に匿われた, に吸いつい, に大金, に寝起き, に居る, に巣くう, に帰っ, に年じゅう電燈, に忍ばせ, に拔, に掲げたる, に揺れ, に旦那, に昼, に暗室, に求めしめた, に潛つて搜, に潜みおる, に潜り込んだ, に潜ん, に潜伏, に物音, に瓦斯, に異常, に登る, に石膏, に穏, に突き抜け, に絶好, に置い, に蜘蛛, に身, に這い上っ, に隠された, に隠し, に隠した, に電話, に風, に食べごろ, のいた, のかた, のすみか, のどこ, のない, のばけ, のやみ, のタイル, のトバ口, のパンカア, のブザー, の一部, の三郎, の二十日鼠がちゅうちゅう, の声, の外, の大, の奇妙, の家鳴り, の寝, の小さな, の屍体, の山駕籠, の巣, の平次, の年, の広い, の廊下, の忍び, の怪しい, の怪人, の怪音, の探険, の暗がり, の板, の板一枚, の物, の生活, の男, の短刀, の窓, の綱, の網格子, の蕃椒, の見える, の覗き穴, の親子電球, の車麩, の通路, の部屋, の電気仕掛け, の電燈, の電線, の音, の高, の高い, の鬱, はすこし, はすべて新聞紙, は天井裏, は思ひ, は皆荒削り, は蒸し暑い, は見通し, ばかり駈けさせとく, へあがっ, へあがった, へあがる, へかけあがりました, へかけ上っ, へするりと, へでも隠した, への通路, へはいりこん, へぽとぽと, へもぐる, へ上げる, へ上っ, へ今日, へ入り込んだ, へ入れ, へ八五郎, へ出, へ出かけ, へ手, へ抜け, へ案内, へ検査, へ潛つて, へ潜りこんだ, へ潜り込んだ, へ瓦斯, へ舞い上っ, へ跳び上がり, へ這いこむ, へ隠れ, へ飜然, へ駈け込んだ, へ鼠, までのぼっ, までを覗い, まで上ったら, まで取調べた, まで担ぎ上げた, まで残る, まで見上げさせる, も下水, も残る, や一応, や床下, や押入, や椽, や泉水, や縁, や長持, らしいぜ, をうろつい, をごそごそ, をどこ, をながめる, をぬけ出し, をのぞきこみました, をはい, をはいまわっ, をトコ, を仰ぐ, を何, を出, を出た, を平, を引ッ, を掃除, を探, を探険, を歩い, を点検, を無益, を煤だらけ, を猫, を睨ませた, を睨みつけた, を見あげ, を見よう, を誰, を走り, を這, を這い出し, を這っ, を金庫, を露出, を駈け, を鼠, 見るよう

▼ 天井~ (217, 4.4%)

5 ある, 低くて, 落ちて 4 あって, 非常に 3 低いので, 高くて

2 [14件] あるの, いやに, ないので, なくて, なく梁, むやみに, 低くなっ, 低く暗かつ, 墜ちて, 少し低い, 手の, 見えた, 高かった, 高く路面

1 [160件] あちらに, あった, あります, あるっきり, あるという, あるもの, あろうと, いちめんに, いつかの, いまで, いま目の, おちて, かしいで, かすかに, ぐるぐるまわっ, こらしめる, ずっと低く, ずーっとずーっと低く, そこに, そこまで, それは, たいへん高く, だんだんさがっ, だんだん上, だんだん低く, ところどころ割れ, どうした, どのへん, ない, ないと, ないといふ, ない宿, ない待合, ない襖, なかった, なくなるなんて, なく煤けた, ぬけて, はてしも, はまって, ばかに, ぱつと飛散つてあとは, まるく大きく緑, わしの, ガサガサガサガサ云います, ガサガサガサガサ云ひます, ガサガサガサガサ言います, ガタリと, グングンおしつけ, ジリジリと, ズンと, ドンドンきみ, バレたら生き埋め, 一ぺんに, 一枚の, 一瞬間に, 上から, 下って, 下降し始める, 丹念に, 二間半ほどの, 二階の, 今夜は, 低い, 低いから, 低い上, 低かった, 低かつ, 低くかぶさる, 低くって, 低く二階, 低く垂れさがり, 低く宛ら, 低く室全体, 低く小, 低く廊下, 低く格子, 低く浪江, 低く窓, 低く薄暗かった, 低く薄暗く窓硝子, 低く陰気臭かった, 何千メートルも, 余り低, 作られる, 傾いて, 出来掛小屋, 勾配に, 危か, 厚さ六尺, 反響する, 古井戸, 吹き抜かれるやう, 吹き抜かれるよう, 土壁に, 垂れて, 墜落した, 壁が, 如何に, 孕み女, 少しずつ, 岩盤の, 崩れる音, 崩れ土砂, 幅狭く, 床を, 廃墟で, 張って, 彼を, 徐々として, 徐々にまわり始める, 徐々に左右, 急に, 怪しい, 掩う, 星を, 横たおし, 気持の, 海の, 燃えあがった, 燈を, 白い蛇, 白く塗っ, 白壁にて, 真珠で, 真紫, 眺められた, 破れて, 破れると, 突然真暗, 立派に, 落ちたので, 落ちたり, 蒲鉾形に, 蓋の, 薄白く, 見えて, 近づき堪え難い, 造られる, 遙か, 邪魔に, 銅板に, 陰気な, 隈取られた, 音も, 頭に, 顔に, 馬鹿に, 高い処, 高くとっ, 高くなけれ, 高く左右, 高く明りとり, 高く長押, 高く階上, 鳴りました, 鶉杢目で, 黒いと, 黒い澱み水, 黒くなっ

▼ 天井~ (188, 3.8%)

5 無上に 4 低いが, 非常に 3 高かった 2 あたりまえの, 常住その, 暗色の, 青く澄ん, 高い, 高いが, 黒く隅

1 [158件] あまり高く, いつのまにかもと, いつの間にか氷柱, いつもそれだけ引き, おそろしく高く, おとなが, お休み, かすかに, きわめて静か, くずれる, ごく低かっ, しみだらけ, すこぶる高い, すっかり厚い, すなわち一枚, そうとう高い, そのままだった, その頃何年, それよりも, た, たしかにジリジリと, どっちも, ない, ないさ, ばかに, びくとも, まだ一, まっ黒だ, もうまっすぐに, もう落ち, もちろん灯, もとから, よごれて, わたしの, エナメル塗りの, ランプの, 一階の, 一面に, 七色の, 三間からも, 三階まで, 下りきるであろう, 丸, 二間ほどの, 二階の, 人間の, 他の, 低い, 低いの, 低かった, 低くて, 低く傾き, 低く光線, 低く垂れ下つて, 低く床, 低く横, 低く畳, 低く窓, 低く舟底型, 低めに, 僕の, 僕を, 元来ない, 全く静か, 全面が, 円く高くギャマン, 半分腐っ, 半球で, 厚い, 厚い曇り, 古代更紗で, 吊るした蛇, 唐木の, 團扇の, 坐つた彼, 墜落する, 墨の, 天井で, 天井に, 天平の, 太い木, 太い材木, 央まで, 実際は, 容赦なく, 小さい彼, 少しく高く, 居心地よい, 屋根の, 幾分か, 底が, 張り換へ, 思いきり低く, 思切ツて, 思想を, 急に, 懐中電灯の, 手の, 明るみ切って, 星の, 暗いから, 板硝子で, 格子に, 棒で, 極めて低い, 樫であった, 次第に低く, 此の, 滑つこく, 漆くい, 漸くに, 炉の, 煤けた上, 煤埃に, 熔岩の, 燻って, 燻つてゐる, 異常に, 白いロイド, 白羽目は, 相当厚い, 破れ壁, 穴だらけに, 穹窿形を, 立てば, 純白に, 紙の, 縦に, 荒板張りの, 落ちても, 蒸して, 薄い板, 虫に, 見受, 角材を, 調べる必要, 輝くばかり, 輪に, 近くなった, 透明であった, 途方も, 部屋の, 金属板が, 銀箔で, 随分高く, 雨洩り, 首の, 高くまわり, 高く五十メートル, 高く光, 高く四辺, 高く造られ, 高く間接照明, 高く高く上, 鬱悒き, 鶉目小座敷の, 黒く塗られ, 鼠の

▼ 天井~ (165, 3.3%)

8 向けて 5 眼を 4 上って 3 向って 2 持って, 梁から, 注意を

1 [139件] あたるだけ, うつった, かけては, くくし, さし向けた, すっかり旗, すれすれに, ずしりという, ずっとかけつらねさせた, それぞれポールが, たかりますから, たぐりあげられそれから, つかえた, つかえるばかり, とどくばかりの, とまった, どなりました, なりと, はいって, はい上がっ, はい上がった, はねあがる, ばたばたと, ふきあげて, まき上げられそれ, むけて, めらめらと, もぐるか, やったきり, やる, ゆるく立, パッと, ブッ放す, ブラ下げ, ボンヤリ投げ, メラメラと, 一面に, 七七日の, 上がって, 上げた, 上げて, 上げながら, 上げようと, 上げる物, 上ったきり, 上った警官さん, 上らせた, 仰向いて, 入れて, 升っては, 反射する, 反響した, 反響する, 叩き付けられたかも, 吊るした, 吊るすため, 吐いた, 吐いて, 向かって, 向けた, 向けたとき, 向けた二つ, 向けながら, 吹き上げて, 四十九日間ブラ下げる, 團扇の, 壁へ, 宙乗でも, 宙乗りし, 射して, 射返して, 屆く, 届くかとして, 届くと, 届くほど, 届くよう, 崩れて, 差し上げた, 引きあげる外, 彼は, 懸って, 手を, 手繰り上がった, 打ちつけて, 投げ上げられたり, 投げ込んで, 抜けられるん, 指を, 揺れたかと, 支えて, 映つて, 浴せかけた, 潜り込むよ, 潜り込んでも, 激しくゆるく團扇, 産みつける, 登る道, 眼をかへ, 破れるよう, 突き上げながら, 突撃し, 立てたは, 答へ, 聚まった, 背の, 舞上った, 行かんちうて, 足を, 跳ねあがつて, 踊りを, 蹴上げたり, 近づくと, 近づこうという, 逃げたら父親, 逆戻りを, 這い込んだ, 這ひ, 這入って, 釘づけし, 釣るされて, 附着きました, 附着く, 隠して, 隠し今, 隠れんかいな, 霜の, 響く, 響くよう, 頭が, 頭を, 顔を, 飛びあがって, 飛びつきそこ, 飛び上がりおる, 飛び上がりますそう, 高い笑い声, 高く釣る, 高く響い, 黒

▼ 天井~ (153, 3.1%)

13 壁も 10 床も 6 床下も 3 柱も

2 [11件] ない屋根裏, なし, テーブルも, ハメも, 一面の, 低いテレビン油, 何も, 四方の, 純白で, 雪の, 高くて

1 [99件] いったもの, うちぬかれたの, かなり高かっ, すぐ手, すすけきって, すべて脱け, そうだ, そして一穂, それから, どこかへ, ない, ない草庵, なく葺降, なければ, ぬけた古ぼけた穀物, まつ白, まわりのかべも, みんな捜せ, みんな粉にな, もう躰, もの凄いほど, コレラ菌だらけの, ムシロだ, 一度に, 一面に, 丈夫造りで, 丸テーブルも, 乾いて, 亦こよなく, 低くって, 低くて, 低く一隅, 低く窮屈, 全部白く, 全部鏡張りです, 処々に, 剥し井戸, 十分高い, 卓も, 古び諸所, 可成, 同じ絹布, 啼く破れ畳, 四壁も, 四辺も, 四隅も, 墨一色の, 壁紙も, 室の, 家具調度も, 寝台も, 屋根も, 岩は, 岩組みである, 左右の, 左右も, 床の間も, 床板も, 引剥した, 張って, 張ってないもの, 張ってない三角, 張らずに, 張らぬ露きだしの屋根裏, 張り直して, 彼方の, 抜けさうに, 捜せ根太板, 揺ぎ落ちるかと, 明るく黄いろく塗られ, 暗りでない, 無かるべく屋根裏, 然うだ, 煤けて, 異状が, 相当雨漏りと, 真白なれ, 石で, 石舟斎が, 穴だらけ夜に, 簡素な, 腰張りも, 菱形じゃ, 蒲団が, 薄暗い空気, 見逃す筈, 赤れんがで, 鏡の, 雪で, 高いけれども, 高かった, 高くなっ, 高くなった, 高くまるで, 高くコンクリート, 高く周囲, 黄昏の, 黒ずんだ十二畳, 黝んだ

▼ 天井~ (103, 2.1%)

8 床とが 3 新らしい 2 いわず床, すれ, 壁と, 壁襖に, 床との, 底と, 畳と, 私の

1 [76件] いわずその, いわず壁, いわず床下, いわれるところ, がっしりした, した奇怪, して, するこの, するその, すれすれに, すれすれまでに, その柱, なつて, なり夏, なり天井, ゴブランの, サモワルとが, 一つに, 一所に, 一段高く, 上から, 中段とに, 二・五メートル立方の, 云はず羽目板と, 云ふ, 云わず羽目板, 仏壇の, 八犬伝の, 切り石の, 北側の, 同じく煤けた, 同じ材料, 向う側の, 四壁とに, 四壁とは, 四壁に, 土間の, 地表との, 壁に, 壁には, 壁の, 室内の, 家具の, 幟の, 広き建具, 床が, 床とに, 床の間が, 床を, 床板と, 思えば, 思われる方向, 摩擦する, 政治, 来たらさつま杉, 桶の, 梁との, 燕岳に, 畳が, 畳を, 白い壁, 真っ黒な, 睨めくら, 石の, 簡単な, 自動車の, 舞台を, 襖の, 見れば, 謂ふ, 鎧の, 鐘楼の, 馬糧の, 鴨居との, 黒く汚れた, 鼠

▼ 天井には~ (92, 1.9%)

4 鼠の 2 そんなもの, 何の, 太陽光線と, 旧式な, 百貫目以上の, 穴が, 蜘蛛の, 雨漏りの, 電灯が

1 [70件] あの通り蠅, いちめんの, いちめんほたる, いまでは, いろんな色彩, これも, しあげの, ぬけ殻から, ほんとに露, また幾種, りっぱな, ガス放電灯が, グローブ式電灯が, フアンタスチツクな, マイナス電気猫の, 一坪ほどの, 一面に, 万国旗, 三郎の, 上らんでも, 下の, 乾いた音, 仕掛が, 再び丸い, 冬でも, 冬眠し, 到る所, 半ば皮剥ぎたる, 古風な, 唐辛, 四十四枚の, 墨繪の, 大きい蜘蛛, 大きなグローブ, 大きな扇風器, 大きな電燈, 大小様々な, 孔が, 屋根への, 息抜の, 星座の, 暗幕を, 水銀灯を, 滑車が, 火竜の, 煤ぼけた, 煤色の, 牡丹形の, 物憂い冬, 瓦斯が, 目の, 短冊の, 糸を, 紅白の, 群青や, 芝居の, 萬國旗, 蜘蛛が, 行燈が, 造花の, 長い棒, 隙間は, 隙間も, 雁の, 雲母刷り極上の, 電扇が, 電気が, 風入れを, 駕籠でも, 黒い蠅

▼ 天井まで~ (64, 1.3%)

2 這いあがって

1 [62件] あがるよう, いっぱいに, いろいろの, かつぎあげて, とどきそう, とどく書, とどけと, どこも, のぼって, のぼらなくちゃ, のぼり切ると, ひたすこと, ほそいすき, ギッチリの, ビリリビリリと, 一ぱいだった, 一丈三尺, 一丈二尺腰に, 一尺四方ずつにでも, 一面の, 上がって, 上ったかと, 上りました, 並行な, 伝わらない内, 伸びて, 伸び上がるかと, 吹く, 室一杯拡がろう, 届いて, 届きました, 届くよう, 届く数層, 届く様, 延びて, 抜けて, 抱きあげたり, 揚る赤い, 搜し, 昇ること, 暗幕で, 本だ, 棚を, 模造大理石を, 水沫が, 湧返る, 漲って, 燃え上つた, 皆ついだ, 目を, 眺め始めた, 積みあげて, 積みあげられて, 紅に, 舞い込む, 血しぶきが, 見上げた時, 這い上り隣家, 這い上ると, 達して, 飛びあがるだらう, 高く積み重ね

▼ 天井~ (59, 1.2%)

3 壁に, 壁を 2 周囲の, 壁から, 壁の

1 [47件] いたるところ, くすぶった壁, すべての, ベッドを, 卓上の, 吊り橋などが, 壁が, 壁ばかり, 壁も, 壁や, 壁やを, 壁をの, 壺の, 大きな家具, 家具の, 小枝模様, 屋根を, 常念, 床に, 床の間を, 床下などを, 床板まで, 床板や, 庭や, 怪奇な, 戸や, 押し入れの, 曇った硝子窓, 曲面の, 杉戸で, 柱が, 柱に, 柱や, 柱所々骨の, 璧の, 畳が, 畳の, 畳は, 窓を, 竹の, 縁の, 襖にも, 襖の, 部屋の, 鏡板に, 隅々には, 鷲羽に

▼ 天井~ (49, 1.0%)

6 鼠が 2 ふさがって

1 [41件] あばれだしたが, えらく鼠, おさえられ例, さわいで, さわがせないよう, たださえ, だん, ちいちい鳴く, つかへて, でも, ひどく頭, ぶる, ガタガタと, トゥウェルスカヤ通りの, ネズミが, ネズミを, 一匹の, 噪ぐ鼠の, 壁には, 大きく動いた, 大そう, 娘は, 山の, 微笑を, 有名な, 柱が, 極彩色の, 構成され, 水桶でも, 消毒剤が, 烈しい音, 狭い小さな, 破裂した, 笑ひ, 羽搏い, 聞いて, 跳ねかえされること, 電燈を, 騒ぐ困り咄, 鳴き出しました, 鳴りますので

▼ 天井からは~ (40, 0.8%)

2 何百という

1 [38件] ある種, お日さま, なおパラ, なん百という, ぱっぱっと埃が, まだ灯, 何か, 何の, 偉大な, 勿論真黒, 千切れた, 土の, 埃ひとつ落ち, 塵一本落ち, 小さい氷柱, 幾つかの, 幾つと, 恰度引幕の, 挑灯に, 曲りくねった燈架, 有名な, 木質も, 枝垂れ桜の, 水が, 永年の, 浅草提灯が, 漆喰の, 火を, 炉の, 煤が, 白い焚埃, 絶えず細かい, 華美な, 蓑だ, 蜘蛛やら, 豪華な, 鐘乳石の, 長い煤

▼ 天井にも~ (34, 0.7%)

4 壁にも, 床にも 2 床板にも, 模様が

1 [22件] さまざまの, せよそこ, ついて, つかずして, べったり喰い付い, 卓の, 及んで, 四方の, 四隅の, 大きな狂おしい, 小指の, 屋根にも, 床下にも, 板敷に, 柱にも, 横の, 残って, 煤の, 生々した, 秘密の, 葺き下し, 電灯が

▼ 天井ばかり~ (12, 0.2%)

3 見て 2 みて, 見つめて 1 では, 撃って, 眺めて, 睨んで, 見上げて

▼ 天井より~ (12, 0.2%)

2 落ち来る点滴 1 僅かに, 出ず, 取り風通し, 垂れ下る, 糸で, 糸を, 聴えた, 釣下げ, 青白き光線さし, 高く

▼ 天井との~ (11, 0.2%)

2 あいだに, 間に, 間の 1 境に, 接する辺, 相撲には, 間が, 間には

▼ 天井高く~ (8, 0.2%)

2 釣下げた 1 なかなか首, 三尺ほどの, 吹きあげた, 夜気は, 投上げる, 湿気に

▼ 天井うら~ (7, 0.1%)

1 から半紙, につんだ, に忍ん, の床, の無数, やお座敷, ヌット突き出た

▼ 天井知らず~ (7, 0.1%)

1 じゃ, に珍奇, に飛び上った, に騰っ, に鼓舞, のもの, の価

▼ 天井からの~ (6, 0.1%)

1 したたりは, 光を, 無数の, 隈ない, 隙見という, 電燈が

▼ 天井~ (6, 0.1%)

1 と, なあ, ね, のという, のに, のへ

▼ 天井でも~ (6, 0.1%)

2 叫んで 1 ありません, 呻吟く, 立派な, 非常に

▼ 天井とが~ (6, 0.1%)

1 あったが, くっついて, すれずれ, 一行の, 同時に崩れ, 石で

▼ 天井~ (6, 0.1%)

1 で掛時計, に一つ, の三畳, の三疊, の小, の空間

▼ 天井近く~ (6, 0.1%)

1 に青, まで畳み上げられ, まで積み上げ, まで聳え立ち, を横, 浮んだ微塵物

▼ 天井からも~ (5, 0.1%)

1 下がって, 壁からも, 無数の, 雨が, 雪解の

▼ 天井までも~ (5, 0.1%)

1 すっかり張られ, たたきまわったの, ふきあげられ逃げまどう客たち, 打ち抜いて, 調べたの

▼ 天井めがけ~ (5, 0.1%)

1 てず, てぶすりと, てゲタゲタワハワハ, て力一ぱい, ながら呼びました

▼ 天井~ (4, 0.1%)

1 いづれそんなところでせう, 承塵, 縁の, 足下の

▼ 天井だの~ (4, 0.1%)

2 柱だ 1 お向家, 床柱だ

▼ 天井では~ (4, 0.1%)

2 波が 1 またし, 二十面相が

▼ 天井にまで~ (4, 0.1%)

1 映えて, 肌さむい, 躍り上がった, 響き上りシャンデリア

▼ 天井ばかりを~ (4, 0.1%)

1 余して, 眺めて, 見つめさせ, 見て

▼ 天井までは~ (4, 0.1%)

1 とどいて, 一丈三尺東西南北四方の, 二間半以上も, 広い尾根

▼ 天井低く~ (4, 0.1%)

2 して 1 なりて, 頭を

▼ 天井~ (4, 0.1%)

1 からさしこん, からはしめやか, などのあり, のある

▼ 天井~ (4, 0.1%)

1 から蔽, の光線窓, の壁, の板壁

▼ 天井いっぱい~ (3, 0.1%)

2 に蛇 1 になっ

▼ 天井という~ (3, 0.1%)

1 のが, ものが, 天井には

▼ 天井とを~ (3, 0.1%)

1 つらぬいて, 全体にわたって, 兼ねて

▼ 天井なき~ (3, 0.1%)

1 ために, ような, 屋根を

▼ 天井にあたって~ (3, 0.1%)

1 ばらは, また下へ, 反射し

▼ 天井へも~ (3, 0.1%)

1 つかないで, つき通して, 抛りあげた

▼ 天井一パイ~ (3, 0.1%)

1 に草根木皮, の花, の花電燈

▼ 天井一杯~ (3, 0.1%)

1 に下げ, に戯れ, のガラス板

▼ 天井一面~ (3, 0.1%)

1 に五色, に散乱, のすり硝子

▼ 天井張り~ (3, 0.1%)

2 の上 1 の低い

▼ 天井抜け~ (3, 0.1%)

1 に突出す, のケタはずれ, の不義非道

▼ 天井裏街~ (3, 0.1%)

2 の方 1 のガラン

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 らが, らの

▼ 天井こそ~ (2, 0.0%)

1 低いが, 低いけれど

▼ 天井その~ (2, 0.0%)

1 中央に, 外お

▼ 天井とか~ (2, 0.0%)

1 畳とか, 電燈とか

▼ 天井とは~ (2, 0.0%)

1 あつぼったいその, どこを

▼ 天井とも~ (2, 0.0%)

1 つかず壁, なり随

▼ 天井~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 天井なし~ (2, 0.0%)

1 なので, の天気

▼ 天井なんか~ (2, 0.0%)

1 どうだって, みんな吹き飛んじまえ

▼ 天井に対する~ (2, 0.0%)

2 恐怖を

▼ 天井ばかりが~ (2, 0.0%)

2 いかにも広々と

▼ 天井へと~ (2, 0.0%)

1 うっかり饒舌, 蛇の

▼ 天井へは~ (2, 0.0%)

1 何も, 頭打つ

▼ 天井へまで~ (2, 0.0%)

1 かけ上つて焔, 届くほどにも

▼ 天井もかべも~ (2, 0.0%)

1 まっ白じゅうたんも, ゆかも

▼ 天井を通して~ (2, 0.0%)

1 はっきり見られた, 大空を

▼ 天井全体~ (2, 0.0%)

1 が一時, が落下

▼ 天井向い~ (2, 0.0%)

1 てはりま, てゴロン

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 の上部, を眺める

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 念あたりが, 念坊蝶ヶ岳の

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 にかかっ, を駆け廻る

▼ 天井片隅~ (2, 0.0%)

2 に積んだ

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 になんとも, に接近

▼ 天井白い~ (2, 0.0%)

1 壁その, 壁白い

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 の長, も落ちない

▼ 天井硝子~ (2, 0.0%)

1 の下, を見上げた

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 が熱, の角度

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 の龍, はべったり

▼ 天井~ (2, 0.0%)

1 蔦の, 高く積上げられ

▼1* [166件]

天井ふいで, 天井あおいでヒステリック, 天井あたりの景色, 天井あり壁の, 天井あるゴチック式の, 天井いったいこの部屋, 天井うつくしいかべそうして, 天井および中段の, 天井かと思われたの, 天井からか画板からか, 天井からにゅうと顔を, 天井がつつぬけに, 天井ぎわに見える, 天井ぐるみ部屋の中, 天井こいみんなの, 天井じゃないん, 天井すぐ窓さきに, 天井すなわち鉢伏山が, 天井すべてが焔, 天井そのものまでが動い, 天井だけ白く塗った, 天井だけが妙に, 天井だったのか, 天井だって用は, 天井ちかくまで三方, 天井つぶし貝が星, 天井であって大きな, 天井であったという, 天井でございますよ, 天井でしかじか, 天井です床の間には, 天井でなかったり底, 天井といふ考へ, 天井とかべと床の, 天井とで形造られた, 天井とともに映し出してるあの, 天井とに絶間なく, 天井ながめながらの巧言令色, 天井など建築の, 天井などからは瓔珞を, 天井などにいろいろな, 天井などについて説明を, 天井などの美術的意匠には, 天井などは貫木も, 天井なども黒光りに, 天井なりと床の, 天井なる紅, 天井なんぞもずいぶん立派, 天井にあたるところがどこ, 天井にさえ張り渡されて, 天井にすいつきながら歩く, 天井にだけさして, 天井にだって自由自在に, 天井についていて, 天井にばかり陰気な, 天井にまでも血が, 天井によって槍へ, 天井のとーん, 天井はいちめんに鼠, 天井ぶらんこ台の小さな, 天井へつつぬけに, 天井へでもどこでも, 天井への虚勢を, 天井へまでも消えないで, 天井ほどの大きな敷き, 天井または屋根を, 天井までが一つの, 天井までの距離が, 天井みごとな柱, 天井みな木造で角材, 天井まだ芝居, 天井もとびらも, 天井やかべやじゅうたんは, 天井やけに焼ヶ嶽, 天井やぶれよとばかりに突き出し, 天井よりはビイドロの, 天井よりも高く其, 天井をぞろ, 天井をでも仰ぐよう, 天井をばまるで籠, 天井をまでも仇の, 天井オンコの欄間, 天井カラ降リテ, 天井向ケテ, 天井睨ンダマヽデアル, 天井一カ所ばかりで, 天井一杯火になつて, 天井一種は壁, 天井一部の荘厳, 天井一面家の中一面, 天井三界に響き, 天井開室庭の, 天井代りの筵, 天井の高, 天井其所から射込む, 天井兼二階の天井, 天井厳重な壁, 天井机に, 天井四囲の壁, 天井四壁一面に架け列ねし, 天井土間貴顕のボックス, 天井は二枚, 天井大空に科学, 天井天井からぶら下がっ, 天井太い柱窮屈な, 天井の棟, 天井左右のぬり, 天井幾つかの広告ビラ, 天井広き舞台四方の, 天井広間へ招, 天井には冷たい, 天井床机私の身体, 天井廂合から流込む, 天井廊下床下まで調べ, 天井張った時山茶の, 天井抜きょうが根太抜きょう, 天井抜けうが根太, 天井といっ, 天井に眺めやりたる, 天井かりし震災以前, 天井柱羽目板等に結構, 天井欄間や床の間, 天井残った蠅の, 天井の床, 天井濃淡のある, 天井のた, 天井の住人黒皮忠兵衛殿, 天井真竹瓦の四方縁, 天井睨みの上, 天井破れ障子人馬鳥獣の糞, 天井から甲板, 天井等東には妙見, 天井をすすっ, 天井のよう, 天井を切られた, 天井という, 天井船内とは思われぬ凝った, 天井花崗石の常, 天井茶色の壁紙, 天井汚れの, 天井行儀よく並んだ, 天井裂け戸障子も, 天井装飾などの試みられ, 天井装飾床敷物にいたる, 天井裏乍ら埃の一つ, 天井裏傳ひに, 天井裏土藏納屋の中, 天井裏壁を叩い, 天井裏籠城でほこり, 天井裏街一番地ツェ氏は昨夜, 天井かの床, 天井へ嘱, 天井て臥てい, 天井覗きで, 天井赤いモロッコ皮の, 天井っ茶けた襖, 天井越しに青空, 天井輝き渡った床と, 天井迄は楽に, 天井近い雨も, 天井造り床飾り何しろこれ, 天井進撃勇ましい桃色, 天井鉢伏の絶頂, 天井もり, 天井頂上を極, 天井高き山の端に