青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「増~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

境~ ~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~ ~墓地 墓地~
増~
~増し 増し~ ~増加 増加~ 墨~ ~壁 壁~ 壇~ 壜~ ~士

「増~」 1374, 14ppm, 7834位

▼ 増~ (331, 24.1%)

9 お今 7 そう言っ 6 自分の 5 そうも, 浅井に, 浅井の 4 顔を 3 不安そうに

2 [19件] いつもそう言っ, いろいろの, お雪, ここへ, そう思い, その家, それを, そんなこと, 台所で, 屠蘇の, 帰りに, 無造作に, 独りで, 男の, 男を, 眉を, 笑いながら, 訊いた, 黙って

1 [249件] あらたまった挨拶, あらたまった調子, いきなり僕, いつか自分の, いつもの, いつも静子, おかしいほど, おめ, お千代婆さん, お庄, がっかりした, くやしそう, くやしまぎれ, くんくん鼻を, こっちから, この二, こわい目, ごく人, しみじみした, じきに, じきに自分, じれじれと, じれったそう, すぐに, そういっ, そう言い, そこに, そこへ, そこらを, そこを, そっと身, そのたび, その婆さん母子, その当時, その手, その時, その横顔, その男, その隙, それと, それまで, それまでにも, それも, そんなに着る, たっぷりした, だんだん年, ちょいちょい気, ちょうど餅, とうとうそんな, どうかする, どれです, はげしい侮辱, ぴったり浅井, ふと姦しい, ふと東京, ほとんど毎日そこ, まじまじその, またそこ, また夜, また起っ, また通っ, まだ若かっ, まだ離さず, むしゃくしゃした, むやみと, もうとうに, もうぽろぽろ涙, もう天神下, やっと十八, やっと落ち着い, やっぱりそこ, やはりその, やはりそれ, よほど行っ, サックの, ビールを, ムキになって, 一昨日の, 一緒に, 上へ, 中へ, 二人の, 二年ばかり, 二度も, 仮声, 何事か, 余程勤め, 側に, 傍に, 僕が, 僕の, 僕を, 兼松の, 再び浅井, 出て, 初めそう, 半日外で, 反物を, 口まで, 口元の, 品物を, 器用な, 坐りも, 坐ると, 変な, 夫婦で, 始終ここ, 婆さんの, 客に, 室から, 宵に, 宵の, 家へ, 家中を, 寂しくて, 寒い風, 小さい可愛い手頭, 小人数, 小指を, 小林などの, 嶮しい, 帰って, 帰りがけに, 幾度と, 座敷の, 後でハッと, 後で座敷, 心の, 快く私, 怜悧そうな曇んだ, 思いついて, 思案ぶ, 急いで, 悦し, 惨酷, 想い出したよう, 愛想らしく答えた, 手ばしこく着物, 押入れから, 捨て鉢, 明るい階下, 春に, 春の, 昨夜の, 昨日浅井と, 時々うっかり物, 時々お, 時々じっと瞶め, 時々不思議そう, 時々浅井, 時々訊ね, 普通の, 晴れ晴れした, 暗い目, 暮の, 朝から, 朝に, 朝寝を, 来ぬて, 東京へ, 枕頭を, 楊枝や, 横を, 横向きに, 毎日湯疲れの, 毎朝お, 気づきでも, 気なし, 気の毒そうに, 気振りなどの, 気遣わしげ, 浅井が, 浮いた調子, 涙含んだ, 淋しく笑った, 湯殿の, 火入れに, 煙管を, 物珍しそう, 独り語の, 猪口を, 玄関に, 用事の, 疲れた頭脳, 病人を, 目を, 相当の, 相違なく, 眉根を, 着物の, 磯野に, 磯野を, 私が, 立ちどころにそれ, 笑って, 笑談らしく言う, 粗雑な, 紀伊に, 結立ての, 考え深い, 聞人に, 背筋の, 胸を, 腕車から, 腹立たしそう, 臥床に, 自信あるらしく言った, 自分にも, 自分を, 自身湯殿へ, 興奮した, 芳村に, 芳村の, 苛めて, 茶漬で, 茶箪笥の, 莨を, 落ち着いた調子, 落ち着いて, 蒲団の, 蔭にばかり, 蔭日向の, 藤屋七兵衞の, 行った時, 裸の, 見かけて, 見遁, 言い出した, 言い張ったが, 調子づいたよう, 謎でも, 退けて, 途中で, 適当の, 鍵を, 長い話, 長く床, 阿古屋が, 階下で, 階下へ, 電車の, 頭を, 頭脳が, 顔に, 顔や, 駄目を, 髪なども, 髪を, 髪結が

▼ 増~ (157, 11.4%)

8 目に 5 方へ 4 心に, 心を, 目には 3 ことを, 顔には, 顔を 2 お吉, お組, ところへ, 前にも, 妓が, 家の, 心には, 目にも, 胸に

1 [105件] いないところ, お師匠さん, お袖, ことが, しるしには, せいか, そういっ, その年ごろ, ゆめ, わりに, 一瞥にも, 不思議な, 事は, 事件さえ, 二代に, 二円半とられる, 側から, 側へ, 内儀の, 分と, 前で, 口吻でも, 古の, 向背は, 問いに, 囲われた家, 声, 大丸髷, 女が, 女であった, 女に, 女を, 女中お, 女中が, 女太夫, 女房さんと, 女房も, 姿も, 媚かしい, 媚びを, 家では, 家と, 宿の, 宿は, 宿へ, 宿まで, 帯や, 張りの, 後家さんを, 心は, 手と, 手に, 手を, 手練手管を, 新調の, 方からも, 方を, 明神とか, 最中で, 様子が, 様子に, 気を, 決心を, 注意を, 淪落の, 物を, 生活の, 田舎では, 目の, 目を, 着物などが, 神経を, 立てた見積り, 箪笥の, 箪笥や, 老けた顔, 考えで, 耳に, 耳は, 耳へ, 胸には, 膝へ, 苗字などが, 落ち着いたの, 蝶子が, 衣摺れ, 要求さ, 訪ねて, 話に, 調子が, 身の, 身体を, 遠い縁続き, 部屋に, 部屋の, 部屋へ, 酔が, 鏡台や, 門には, 面などは, 頭には, 顔と, 顔は, 顔色などを, 顔色を

▼ 増~ (117, 8.5%)

2 嘘を, 成就され, 暗澹たる, 渡した, 紛れも, 解って, 註文が

1 [103件] いわれたが, お今, お酌, こぼした, さかんにな, して, しようと, たけな, つれられて, なってから, なるだろう, やると, やるの, 上手に, 不快と, 亢進し, 仇敵と, 他合, 伊藤は, 似きかの, 値段の, 具合は, 切迫し, 募った, 募るばかり, 厭世観を, 命じて, 和らいで, 喚起せられ, 土人の, 増長し, 多くなった, 女々しく腺病質, 始終そう言っ, 実生活は, 寄席を, 差しつけた, 年毎に, 度を, 康復の, 強くな, 強く利く, 御快方, 快くなっ, 快くなる, 思慮深く, 悪くなる, 手紙を, 揶揄いなど, 昵んで, 本格と, 水量を, 流眄に, 深くなっ, 渡しながら, 激しくな, 照子の, 熟して, 熱烈な, 猛々しい火花, 猛々しくそれ位, 甚だしくな, 痩せて, 盛んに, 眼を, 私の, 種々様々, 突っかかって, 窮屈気に, 紫の, 繁昌し, 繁昌候段有難, 繭の, 美しくな, 艶や, 芋の, 蒼ざめてゆくではないか吾等は, 血色を, 衰弱する, 見せつけ気味, 見られまいとして, 親しくな, 親しくなっ, 言いかけた, 言った, 言ったが, 言葉少く, 訊いたが, 話された, 責められて, 送られて, 進歩する, 遣りました処, 遣わしこれから, 遣わした二十金, 酌を, 酒の, 重荷と, 鈍さ, 青べ, 頼みに, 高めまた, 鬱憤が

▼ 増~ (84, 6.1%)

8 の主人 6 の嫁 4 の旦那 3 の佐五兵衛, の奉公人

2 [12件] から追出され, だと, に引, のおやじ, の主人三右衛門, の主人三右衞門, の女, の息子, の敷居, の跡取り, の養子徳之助, へ返せ

1 [36件] から借りた, から持っ, が藤六, だ床下, っていうお, とは昨夜磯吉, と打ち込んであります, なんぞへ行く, にある, に帰した, に歸, に納まるだらう, に納まるだろう, のもの, の井戸, の刻印, の大, の大騒ぎ, の御用聞, の房太郎, の細工, の若旦那, の親戚, の野郎, はあの, へ, へ乗込ん, へ乘, へ知らせ, へ行, へ行っ, へ運ぶ, へ運んだ, までは五六町, まで運ん, を出る

▼ 増さん~ (63, 4.6%)

2 [26件] が, が一円紙幣, が四十五歳, が葛飾, が道楽, にお供, にもう, に訊い, のこと, のする, の出奔癖, の女房いじめ, の行状, の話, の顔, はいっとき眼, はえ, はごく, はそれっきり学校, はまた, はわるく, は二十三, は年, は恥ずかし, は酒持参, は鼻

1 [11件] がつい, がねえ, てえだ, なぞは僥倖, に此方, もあんなに, も時々, も気, をお名, を呼ん, 来たの

▼ 増~ (58, 4.2%)

2 出て

1 [56件] ある, ある物堅, きてからも, そういえ, そこい, そこに, ちょうど子供, とげとげした, ふるえおののいて, ぼんやり立っ, また何とか, また気, 一人台所片づけ, 一人坐, 二時間ばかり, 僕に, 共泣き, 出し抜けに, 出来上ったので, 化けたもの, 大抵一日入り浸っ, 奥へ, 女の, 小林などと, 少し悔いた, 後を, 所謂番新という, 描いて, 新川の, 新調の, 有り得れば, 来ないから, 来られなければ, 枝豆を, 根も, 気味を, 湯から, 火を, 煙草を, 狎れ狎れしげに, 病院へ, 笑いながら, 給仕に, 聞いた, 聞き生意気盛, 自信の, 船に, 蔑視まれたり, 訊きたがるの, 途中から, 部屋に, 門を, 附いて, 鞄から, 顔を, 麹町の

▼ 増~ (27, 2.0%)

3 一緒に 2 三人で, 申します

1 [20件] いいました, いうと, お今, 二人で, 云う別嬪, 云う女房, 云つた, 別れるについて, 前後し, 喧嘩を, 外に, 女とは, 差し向いの, 意地曲りの, 民子と, 物価騰貴熟練工引止め, 申す婦人, 綺麗に, 聞こえて, 言いますか

▼ 増右衛門~ (25, 1.8%)

1 [25件] が大好き, が自分, と何, のおびえ, はあわて, はかの, はその, はそのまま, はちっとも, はふだん, はまた, はよろこん, は一座, は丁寧, は人, は医師, は待ちかねた, は止める, は自分, は謹んで, は陣屋, もすこし, もふだん, も思わず, らしく思われます

▼ 増~ (24, 1.7%)

2 傍から

1 [22件] いつか浅井から, この家, しようという, どうかする, はらはらし, まだ二階, やられた, 一二度見かけた, 一緒に, 不憫な, 今年きりで, 半襟を, 取払われ私, 床の, 来て, 枕の, 浅井も, 眉を, 精いっぱいの, 素足に, 苦笑した, 言い出した

▼ 増~ (24, 1.7%)

2 詰った

1 [22件] した, するため, そこまで, たのまれまして, どこかに, 一枚頼んだ, 付けるの, 出したと, 含む, 呉れと, 境として, 始めた, 始め芸者や, 想像し, 揶揄った, 移らせる家, 置くよう, 自分の, 蔭に, 連れ込んで, 長火鉢の, 雲の

▼ 増~ (21, 1.5%)

1 [21件] には俗僧ども, のこと, の壇下, の方, の狂, の聖, はおもむろに, は侍僧, は参議橘恒平, は又, は声, は強い, は忽ち, は死んだ, は遂に, も増賀, も平安期, や寂心, をなだめすかし, を引退ら, を戒師

▼ 増二郎~ (20, 1.5%)

1 [20件] がちょいちょい, が時, が来ました, に囁く, に対し, の店先, の語る, はさんざん, はしきりに, はしばしば, はもう, は口, は室, は死体, は殆, は話した, は遠廻し, は頭, は顔, を呼ん

▼ 増~ (18, 1.3%)

2 したん, は二畝以上

1 [14件] から洩れ, した, して, しても, だつた, といふこと, になつ, になる, の割合, の数字, の際, は二畝, を待つ, を願つて

▼ 増~ (17, 1.2%)

1 [17件] ことも, こと万, と云, のである, のみか, のみである, ばかりであった, ばかりでございました, ものあるべし, やらむ, を聞く, 太息, 導師は, 心地し, 月の, 草菖蒲といふ, 邪道に

▼ 増~ (13, 0.9%)

3 減の 1 減で, 減であり, 減である, 減とは, 減なら, 減なる, 減不生, 減死も, 減死又, 減霊

▼ 増~ (12, 0.9%)

1 [12件] あの子, から, からな, しその, でね声, という祖父, とかう, とまで極端, と思います, と考へ, よあの, んべ

▼ 増~ (10, 0.7%)

2 わざと地味 1 ご苦労ふるまい, ふだんから, 内証は, 決して醜く, 色の, 藍鼠の, 顔一面に, 髪を

▼ 増~ (10, 0.7%)

2 して 1 された生物学, したら利益, し同時に, の, の業, は自由, をする, を施し

▼ 増~ (10, 0.7%)

2 や古典太平記 1 などの日, などもやはり, なんて増鏡, にも載つた, の, の別, の歌, もいっ

▼ 増~ (9, 0.7%)

2 になる 1 されても, する計, の使途, の豫想, はまた, は却つて一般支那國民, を目當

▼ 増には~ (8, 0.6%)

1 うらやましいよう, ちょっと解らなかった, 不安であった, 何より興味, 冷かされる私, 心寂しかっ, 浅井も, 腹立たしくも

▼ 増にも~ (7, 0.5%)

1 ちらちら感ぜられた, 始終変っ, 心嬉しかっ, 心寂しかっ, 感づかれて, 見透されるよう, 解った

▼ 増~ (7, 0.5%)

2 たり, 候様に 1 て哀れ, ながらやや, の美し

▼ 増~ (7, 0.5%)

1 が欲しかっ, の二条件, の伴った, を匂わせた, を拒絶, を請願, 乃至は

▼ 増です~ (6, 0.4%)

31 が商, が商売柄身, わ

▼ 増という~ (6, 0.4%)

2 面を 1 きかん気, のは, 女が, 女郎だ

▼ 増~ (6, 0.4%)

1 は二十五円五十五銭, は二十五圓五十五錢, は出した, をしよう, をだす, を払つて

▼ 増~ (5, 0.4%)

1 お今, お前が, お母さんに, 婆さんや, 子供に

▼ 増夫婦~ (5, 0.4%)

1 のそこ, のほしい, の言争い, は好き, もついて行った

▼ 増~ (5, 0.4%)

2 が出来た 1 があっ, でも出来, の女

▼ 増かも~ (4, 0.3%)

1 知れない, 知れないが, 知れませんよ, 知れん

▼ 増~ (4, 0.3%)

1 てもと, て来た, て橋, て貰

▼ 増~ (4, 0.3%)

2 殴ること 1 他の, 働き出しました

▼ 増とが~ (4, 0.3%)

1 ちょうど一緒, 下町の, 子供に, 芳村の

▼ 増~ (4, 0.3%)

3 どもいや 1 ば其丈貧苦

▼ 増~ (4, 0.3%)

1 したが, する譯, せられたもの, をする

▼ 増~ (4, 0.3%)

2 郷の 1 郷に, 郷は

▼ 増~ (4, 0.3%)

1 して, し前後, なき者, に隨

▼ 増~ (4, 0.3%)

3 すること 1 する必要

▼ 増租案~ (4, 0.3%)

2 にし, の衆議院

▼ 増かとぞ~ (3, 0.2%)

2 見ゆる 1 みゆる春

▼ 増って~ (3, 0.2%)

1 あらゆる白砂, いたの, 行っても

▼ 増~ (3, 0.2%)

1 やうな, んです, 車麩は

▼ 増に対して~ (3, 0.2%)

1 女子は, 女子一〇七パーセント増, 女子六一パーセント増特に

▼ 増喜楼~ (3, 0.2%)

1 という料理屋, へ人, へ案内

▼ 増屋佐五兵衛~ (3, 0.2%)

1 だいかにも, ですよ, のもの

▼ 増福院~ (3, 0.2%)

1 と称し, に蔵する, の庭中

▼ 増から~ (2, 0.1%)

1 聞いて, 身の

▼ 増した~ (2, 0.1%)

1 洋食も, 西洋作りで

▼ 増じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんよ, ないか

▼ 増そう~ (2, 0.1%)

1 いうて, にもひろげ

▼ 増った~ (2, 0.1%)

1 けれどもこれ, のである

▼ 増であり~ (2, 0.1%)

1 その時代, 東京は

▼ 増である~ (2, 0.1%)

2 とかと

▼ 増でも~ (2, 0.1%)

1 なければ, 生娘の

▼ 増などの~ (2, 0.1%)

1 時間外労働強化が, 目に

▼ 増などは~ (2, 0.1%)

1 無上と, 盛に

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 ない十一貫なにがし, 行きついたとき

▼ 増へて~ (2, 0.1%)

1 およそ十四五人, ゆき同時に

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 させて, の気配

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 助氏の, 助氏は

▼ 増二郎夫婦~ (2, 0.1%)

1 は室, を招い

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 を以て渡る, 被仰

▼ 増位山~ (2, 0.1%)

1 などの嶮, を負い

▼ 増切符~ (2, 0.1%)

2 を買

▼ 増寿~ (2, 0.1%)

1 という名, は京師

▼ 増屋さん~ (2, 0.1%)

1 がおっしゃった, とは先代

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 を広告, 出来る由

▼ 増田長盛~ (2, 0.1%)

1 が出張, の支族

▼ 増~ (2, 0.1%)

2 の跡

▼ 増~ (2, 0.1%)

2 との間

▼ 増租派~ (2, 0.1%)

2 大懇親会

▼ 増自身~ (2, 0.1%)

1 にもも, にも好ましい

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 の序, を推すべし

▼ 増賀上人~ (2, 0.1%)

1 の遥, らしい歌

▼ 増雄氏~ (2, 0.1%)

1 も同道, 来るすっかり

▼ 増~ (2, 0.1%)

1 して, の虚言

▼1* [141件]

て今, 増お前は今日, 増からも別にいくら, 増がもといた家, 増くらいの仕事を, 増くらいまでの仕事を, 増さる母の, 増さん今日は私, 増さん花をひく, 増しか知ら, 増するのか, 増それも揃い, 増といっ, 増だったんだ, 増だつたが海, 増だらう俺は, 増だろうと思う, 増やと, 増った狼狽え方何とも, 増であったるぞ定め, 増でござるに, 増でござろわいの, 増といふきかん氣, 増との不愉快な, 増とは山へ, 増どころかいざと, 増どんが焼餅, 増なお安で, 増などはかなふ, 増などと一緒に, 増などに相談する, 増などには傷, 増などに対する口も, 増などより髪の, 増などをしたで, 増なんか何と, 増はへへと笑って, 増はもの足りな, 増よく聞いて, 増よりも大分年上であった, 増りぬれど土平ら, 増り募るのみなりし, 増り来りて今, 増れる也, 増ろうも知れない, 増サムトスル現勢ニ鑑ミ本邦ニ於テ之ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学, 増シテ恐シカッタガ, 増シニ連動ノ自由, 増シ熟食スレバ婬ヲ発シ性霊ヲ損ズ, 増ヲ得, 増スノミ更ニ一分ノ用ヲモナサズ, 増スバカリトナッテ組デハ若クテヨイ働キ手, 増スヲ得其版圖ノ鋭利ナル, 増一家に一層, 増上寺山内の大, 増乃後家は此頃景気, 増紀伊に, 増人方願文がある, 増位山随願寺の会式, 増し一郡饒, 増倍管を使用, 増候得共先々頑健罷在, 増して, 増の言う, 増しては, 増とそのうち, 増制度強制貯金などが行われ, 増刷りされた, 増右衛門それがその, 増から真っ白い, 増喜蔵の女房, 増喜藏の女房, 増のせい, 増の役, 増を潜め, 増封的転封を拒絶, 増屋弥五右衛門方へ後妻, 増岩石から成り立っ, 増せられた次, 増されぼく, 増弥五こと家内を失い, 増徳院の二本銀杏, 増徳院わきへかけ, 増の虞, 増戻しの歩合, 増收七分を積立金, 増九郎等が, 増新造から小娘, 増書籍目録卷二に其著書, 増最低三分の二を下らぬ, 増東夷辺伐広, 増とを俟, 増止せば宜, 増四位は, 増の祭, 増段ぢや, 増比良伯爵の姫君, 増清勝に仕え, 増温率によって規定, 増煙花猶記昔遊曾, 増特に造船業, 増生理機関の転位, 増田屋の女房, 増程度に止め, 増が不思議, 増を生じ, 増筑紫広門等四千, 増粛然して, 増大梁, 増艦競争に妥協点, 増良雄や花村右門, 増花形に結び, 増若い神さんらしい, 増藏先生の一閲, 増藏私市一太郎鈴木重一三氏の外, 増補修正せる部分, 増訂改竄を要すべき, 増誉大僧正が白河上皇, 増讀韓非子韓非子纂聞等皆學者の參考, 増賀のは其時, 増賀上人横川の源信僧都, 増に両国, 増賃請求の同盟沙汰伝, 増を決行, 増機, 増造さんに当座, 増金壱両借用申処実正, 増を取る, 増鏡巻五に太政大臣藤原公相, 増鏡磯吉の大, 増鏡磯吉綱渡りの勝代, 増阿弥の十寸神, 増附して都合十卷, 増陰り墨雲弥堅迅雷驟雨あり, 増から電話, 増雄来たりサンボア, 増雄氏令息と一緒, 増の義, 増せられて, 増頁號は飛ぶ, 増の外