青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「天~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大正~ 大空~ 大胆~ 大臣~ ~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天
天~
~天下 天下~ ~天井 天井~ 天使~ ~天地 天地~ 天子~ ~天才 天才~

「天~」 13075, 141ppm, 746位

▼ 天~ (2767, 21.2%)

66 下治らしめ 36 一方に 27 神の 19 一方を, 羽衣を 16 一角を, 下に, 下の 14 方へ 13 ように, 星の, 時を 12 安河 11 下を 10 一角から, 成せる 9 安の 8 なせる, 一角に, 使の, 原, 命を, 御柱 7 上に, 与え, 助けか, 岩戸の, 忍穗耳の, 神

6 [11件] ヤスの, 一方から, 兒屋の, 助けだ, 助けと, 啓示の, 宇受賣の, 岩戸, 戸を, 羽衣の, 運行に

5 [15件] カグ山の, 下, 与えと, 原ふりさけ, 命に, 日に, 日矛, 日矛の, 水の, 火もがも, 狼, 眞名, 野原に, 香具山, 香山の

4 [35件] ような, 一方で, 与えだ, 世界の, 中に, 中の, 光が, 加護を, 助けで, 助けという, 十二宮の, 命ずるところ, 啓示を, 岩屋に, 御中主の, 御加護, 我を, 探女, 數である, 方を, 日の, 特別の, 神地の, 羽衣と, 羽衣に, 羽衣は, 花, 菩比の, 足袋は, 逆鉾, 運行を, 配剤という, 間に, 額の, 馬

3 [65件] かなたに, 上, 下すでに, 下で, 下治らしめしし, 与うるもの, 与えという, 中央に, 人を, 使命を, 光の, 八十平, 力を, 助けとも, 味方を, 命とも, 啓示は, 声と, 夕顔, 子たる, 尾羽張の, 岩戸が, 岩戸を, 御影, 御蔭・日の, 忍日の, 恵みを, 意に, 戒めとして, 數の, 方で, 方に, 星を, 時と, 時に, 時雨の, 果てに, 果てを, 浮橋に, 浮橋の, 海と, 潮路の, 父の, 父は, 父も, 父よ, 狹土の, 狹霧の, 甘美と, 神樣の, 神高天の, 網島, 羽衣, 言葉を, 賜と, 賜物, 迦久の, 逆手を, 道理に, 配剤, 配剤とでも, 配剤に, 金属, 顯は, 香具山の

2 [207件] うちに, うちを, おさばき, おひきあわせ, お声, ごとく地, ご加護, しからしむるところにあらずして, すべての, ために, ほうへ, ハイザイであろう, 一に, 一方において, 一方には, 一方より, 一部を, 下こ, 下には, 下治ら, 与うるところ, 与えたもう, 久比奢, 事を, 二の, 二上は, 人たちが, 佐具賣, 佑け, 使が, 使に, 使者, 使者で, 光を, 光明を, 八井が, 冥助を, 冬衣の, 切符の, 刑罰だ, 利地の利人の, 助けだった, 助と, 北方を, 半に, 半を, 原振りさけ, 吹男の, 咎めを, 啓示, 声だ, 声である, 声の, 声を, 大御祖教, 奥に, 女王, 女體, 如きは, 姿が, 子供らは, 子供らを, 宿に, 将に, 導の, 岩戸だ, 岩戸で, 常立の, 幼児が, 底が, 庭へ, 引合せと, 影響は, 彼を, 御国の, 御巣, 御殿が, 御殿へ, 御罰, 御蔭の, 御領田の, 忍許呂別, 恩寵を, 恵は, 恵みと, 恵みの, 意という, 意志は, 愛の, 愛をも, 懷を, 戸の, 戸は, 手力男の, 摂理と, 數で, 數を, 斑馬を, 新巣, 方が, 方はと, 日は, 日を, 日矛が, 日腹大科度美の, 時には, 時地の利人の, 晴れた曇, 未だ斯, 果てには, 棚機津女を, 椀から, 榮光の, 樂, 母の, 気, 水分の, 法則通りに, 波士弓天の, 浮橋, 海に, 涯, 淑女の, 淵が, 火を, 火明の, 然らし, 父に, 父を, 父天の, 狹手依, 王宮, 瓊矛を, 瓊鉾, 甕主の, 男體の, 白雲見れ, 目一箇の, 直下の, 真中に, 真名井の, 眼からは, 眼を, 石屋に, 石門別の, 祐を, 神さまに, 神さまは, 神さまも, 神に, 神様地の, 穹窿の, 空間は, 童児様, 紹介とでも, 網島荘周は, 罪, 罪と, 罰を, 美しさ, 美禄だ, 羽衣といふ, 羽衣も, 羽衣や, 羽衣鶴の, 色哀深き, 菩卑の, 藍色を, 虫, 裁判が, 諸靈, 賜, 足袋, 足袋が, 返矢, 運行と, 運行は, 道なりの, 道は, 都, 都度閇知泥の, 配剤とか, 配剤によって, 配剤による, 配剤を, 配剤妙なる, 配慮を, 金山の, 鐘に, 長田という, 闇戸の, 雨水を, 雲の, 雲を, 雲染め, 霊薬を以て, 露霜に, 青, 風雨に, 香を, 香具山この, 香山, 高さ, 高市近江の, 鳥船と, 鳥船の, 鶴群

1 [1467件 抜粋] あたえためぐみ, いづこ, いまだ興らざる, うつろの, うれひあり, おくちろりちろり, おつげ, おはからい, お告げと, お恵み, お選び, かはら, ぐんと向, ことで, こどもが, ごとく敬い尊, ごとく追いかけて, ご援助, ささやき遠海, さまの, その調, たすけか, たまものなり, ため實を, つかれの, とがめを, とをあくる, なかに, なすところ, はしたなく湧い, はたらきによるのみ, はてより, はら, ひかりに, ひらめき, ほとりを, まに, めぐみだ, めぐりは, めぐるを, もと九尺の, もの西洋の, ようだ, われに, アフロバイテを, ウズメは, コッケコーコーた, シンフォニイに, ズボンを, チョン髷とが, パノラマに, ヤチマタに, 一方からは, 一方にか, 一方へでも, 一方深, 一角で, 一部が, 一部分すなわち, 三日月へ, 上で, 上まで, 上群がる, 下ながら, 下のみ, 下后土の, 下平ぎ人民榮えなむ, 下治らすべき, 下蕭瑟なる, 不公平を, 与うるを, 与えか, 与えたお, 与えた好, 与えた性質, 与えた絶好, 与えとばかり, 与えの, 与える物, 与え今度, 与え無断当地, 与ふるところ, 与へたもの, 与へて, 世界から, 世界にと, 両眼, 中を, 中帶は, 主帝釈, 乾に対する, 井戸, 交感です, 人に対する, 仏教に, 代理者として, 佑けとでも, 何, 何者か, 余俗である, 作で, 使いで, 使いに, 使だ, 使ひ, 使命と, 修理者を, 像が, 兆とうたが, 光とを, 光彩ある, 光明の, 光魂に, 全部では, 兩屋, 八井出で, 八女倶に, 八達之, 公裁と, 内なる, 冥加に, 冥護なら, 処, 分骨骸, 利に, 前から, 前へ, 劒を, 力とは, 力の, 力多くは, 加久矢天の, 加護と, 助くる処, 助けここで, 助けとでも, 助けの, 助力とは, 勢ひ, 北斗を, 十全であり, 南に, 卦面を, 原かかれる, 原その, 原広き, 及ぼす力, 反映の, 句を, 右手の, 各部と, 向うから, 吾が声, 呵責も, 命が, 命でござれ, 命令で, 命令の, 咎が, 咎地の, 唐鞍の, 啓示された, 啓示では, 啓示とでも, 啓示みたいな, 喜びが, 四方及び, 園に, 地を, 執筆法は, 堅石, 報だ, 塵と, 壁立つ, 声かも, 声などを, 声等は, 多くの, 大きさ, 大導師, 大満月, 大馬, 天ぷら食ひ, 太鼓は, 奇蹟的配剤に, 奥まで, 女が, 女王よ, 好意は, 如くに, 如く少, 如く神, 如く高く, 姿で, 子が, 子供が, 子四郎と, 孤英雄, 宇受賣白さく, 安危を, 定むるところなればなり, 定めが, 定めること, 定数です, 宮を, 宮人達四方より, 宿を, 審判, 寵児だ, 尊神である, 小蝶, 展開する, 山羊乳を, 岩屋を, 岩戸だの, 岩戸も, 岩戸扇石一名辨慶七戻り, 峰の, 川原を, 工均し, 左手の, 左行篇に, 巨樹は, 帽子や, 干渉だ, 幸いし給う, 幸夜に, 幼児に, 底つねに, 庭, 引合せです, 形は, 彩虹ふりあ, 影響より, 役目を, 彼等を, 律僧が, 御加勢, 御声, 御庇護, 御思召, 御殿からは, 御胸, 御裔, 心から, 心には, 忍男, 怒りを, 思召し, 恩は, 恩寵と, 恩寵によって, 恩惠の, 息を, 恵とや, 恵み, 恵みであった, 恵みでも, 恵みに, 恵み臨終正念, 悦楽を, 悪戯にや, 意, 意味である, 愛子であります, 憂えな, 憐れみか, 成せしか, 戒むる所で, 戸が, 戸渡る, 扉が, 手, 才ここにに, 授かりものじゃと, 摂理であった, 教ゆる, 數から, 數より, 數水の, 方から, 旅の, 日あ, 日嗣と, 日影, 日燃え, 日矛といふ, 明るさ, 星が, 星との, 星ほど, 星座には, 時いまだ, 時といふ, 時は, 暗示でありました, 暦數こ, 書に, 月は, 服で, 木鐸に, 林檎の, 果てまで, 柱が, 柱は, 栄光を, 梢は, 棒を, 極に, 極大から, 楽神で, 榮を, 横顔と, 次第に高き, 歌人の, 正義道徳家庭祖先崇拝古き, 母に, 気を, 氣などといふ, 水そこで, 永久春, 池が, 河原と, 河原は, 沼琴, 沼矛を, 泉の, 法則だ, 波士弓を, 洪水は, 浮橋という, 海を, 涙の, 涯地の, 深みへ, 澄めると, 火, 火である, 炎暑を, 焦点は, 照覧その, 爲せる, 父なる, 父クロニオーン憐みつ, 牝馬の, 特恩のみ, 玉串なども, 王國は, 王宮の, 現象なりき, 理にも, 瑞兆ある, 瓊矛とでも, 生れかわりでございまして, 画も, 白銅塔を, 皮肉と, 目の, 眞拆, 眞綿を, 眞鹿兒矢, 眷属でございます, 着附だんまりの, 石位, 石墨, 石屋戸に, 石戸の, 石靫, 磐座を, 示しが, 社内へ, 祐けという, 祝福が, 神さまが, 神も, 神主の, 神明は, 神様が, 神様にでも, 神様何て, 神樣方の, 神第, 祠の, 禍は, 福音として, 穹窿が, 空に, 空氣が, 窓より, 窟戸開きの, 童子たちが, 競馬の, 第二級雲の上, 範囲が, 精を, 糧を, 紅霞漸く, 網島や, 罪するところ, 罰こりゃ, 罰であろ, 羅摩の, 美を, 美祿これを, 美禄これを, 美禄を, 群神の, 羽, 羽羽矢の, 羽衣たちや, 羽衣とは, 羽衣伝説は, 羽衣様の, 翼あれ, 耀光, 聖處に, 臍が, 臍の, 舟人立ち, 色と, 色も, 色神霊秘密の, 花園へ, 苦しみが, 荷が, 莊嚴地の, 蒼生に, 藍に, 蝋燭の, 衆星進み行き, 衣織女見驚き, 裁判だ, 裁判では, 裏なぞといふ, 見棄てられた領域, 言葉の, 許さない曖昧, 試練と, 誠と, 諭しめいたこと, 諸靈ダンテ, 變化にも, 責任を, 賜である, 賜物であった, 賜物を, 賞を, 赦さざる所, 足日を, 足音同時に, 身を, 軍人等よ, 返報が, 逆手天の, 造りたるもの, 運行が, 運行即ち, 道なれ, 道理じゃ, 選民だ, 都へ, 配剤かの, 配剤である, 配剤でしょう, 配剤として, 配剤人事の, 配劑の, 配劑人事の, 金ボタンかとさえ, 釘から, 銀盤で, 門と, 門川の, 闇から, 隅の, 階段から, 雄馬の, 雪あり, 雷神の, 露霜置き, 靈液を, 青さ, 青原, 音韻に, 頂点に, 願を, 飾りという, 香具山のぼりたち國見, 香油を以て, 高きに, 高みから, 魔も, 魔王は, 鳥居の, 鳥船より, 鶴むら, 鷹の, 麻迦古弓, 黙示である, 鼻緒その

▼ 天~ (1629, 12.5%)

37 向って 20 任せて 16 代って 15 向かって 14 まかせて 12 昇って 9 あり, 冲して 7 ありて, ましますわれら, 向けて, 向つて, 誓って 6 あって, して, のぼって, 代りて, 聳えて, 通じて

5 [11件] ある, とどいて, まかして, 上るん, 偽りなき, 在り, 沖し, 生じて, 登って, 翔り過ぎて, 聳ゆる

4 [11件] ありては, います父, ましますなんじら, 感謝する, 懸かる, 昇りしと, 昇りて, 昇るの, 歸る, 登るの, 雪を

3 [31件] なって, なるごとく地, まします, まします我ら, まします父, むかひて, 上って, 上るを, 二つの, 享く, 任せるより, 入る, 冲する火焔, 口なし, 向いて, 向ひ, 在す父, 在っては, 對し, 帰して, 懸る日, 接す, 沖する, 満つ, 現はる, 登るを, 舞ひ, 輝く星, 近い山の上, 達せん, 飛んで

2 [94件] あげて, あっては, あらば, ある父様, いたり, います神, お礼を, かたどる四方, かわって, のぼれば, むかって, むかつて, むかは, わかれて, 上した, 上ったと, 上りて, 中する, 事うる, 代わって, 代わりて, 任して, 住む八百星, 何の, 則して, 勝つの, 升る, 及び更に, 叫び地, 可恐し, 合して, 向かつて, 向けた, 在って, 在ます神, 在りて, 地に, 声あり, 委せて, 容れられて, 寄する, 届いたか, 属するもの, 屬する, 差し出した, 帰する, 帰ること, 延ばすやつ, 征矢を, 感謝し, 感謝した, 懸かるを, 拳を, 接く, 支へる, 於ける九星, 於て, 昇ったか, 昇ること, 昇るもの, 昇るを, 昇る法, 昇る道, 星の, 朝し, 歸し, 求めよ, 沖した, 滔る, 片割月が, 瓦飛び板飛び, 生まれたと, 登りて, 登る, 登ること, 祷って, 聴くの必要, 聴く心得, 見放されたの, 訴へる, 誓ふ, 謝し, 謝する衷心, 跳る, 躍り地, 近いところ, 逆ひ, 連なる, 達した時, 還って, 響かせて, 順ふ, 顔を, 飛び影

1 [1046件 抜粋] あがり給いし時, あこがれた霊魂, あふるるこの, あらずして, あらず微, あらはれ遠く, ありた, ありとも, ありますなれど, あり夜鴉, あり故に, あり水, あり福, あり豈, あるから, あるの, あるめいめい, あるよう, ある事, ある名, ある心地, ある殉教者, ある理由, ある者, ある雲, いたの, いたる, いた天若日子, いとおそく, いのつたので, いまさむ, います主, います汝ら, いませば, いると, いるもの, うけかれら, うまれて, お上り, かえること, かかり徐々, かかるかの, かかる星, かけられたよう, かけり地, かつぎ, かわつて, きらめきて, この事, さ, さしがさ, させて, した一つ, し首, そういうしわがれた, そねまれてか, その影響, そびゆる大きい, ぞんざいな, たぐひなき凄惨, ちかった願文, つきあげた, つくり, つばを, つッ, では, とどかんばかりの, とどくすさまじさ, とどろき地, なつた, なつて, なりそう, なる危険性, なれば, のびた檣, のぼりきらんとして, のぼりぬ船舶, のぼる, のぼるよう, はかの, ひかつて, ひびけと, ふっとんだか, まかした, まかすの, まかす愚, まかせるという, まかせるの, まかせるん, まかせろと, まきあがる大, まさりて, ましましなんにも, まします神様, まし國, ます月読壮, またたく星, まゐ上り, みなぎり奔濤, むかい手, むかはせ朽, むけたり, もぐったか, もし清姫, ゆだねただ, よろこんで, ゐるお, 一つころがっ, 一番近い, 三層あり, 上がった, 上げられなさるマリア様, 上ったか, 上った時, 上つてゐる, 上つて行つてカムムスビの, 上りける, 上り奏楽す, 上り春先, 上り陰, 上るいわゆる, 上るよりも, 上る気持ち, 上る雲雀, 上昇しはじめた, 両手を, 中すれ, 乱れ炸音, 事ふる, 二日なく, 二日の, 亮, 人に, 代り宇内, 代る征悪, 代わりて事, 任かせ, 任すと, 任せたやう, 任せた細工, 任せようと, 任せるといった, 任せんと, 任せ正, 任せ縁結び, 似たる白菊, 似よ海, 住む, 余光を, 來らざりし, 來れり, 信じ黙々, 停まって, 僕は, 光つて抛物線が, 入り, 入りたり, 冥加といふ, 冲したかと, 冲しましたね, 冲し木, 冲し草木, 冲するかと, 冲するという, 冲するばかり, 冲するほど, 冲する光煙, 冲する勢い, 冲する歓呼, 冲する濛気, 冲する素裸, 冲せん, 冲る, 到りき, 到達し, 助けられること, 勝ち天, 勝つ人, 包まる, 化する, 印して, 印するを, 参し地, 及ばず時, 及ぼす力, 反きます, 反抗し, 受けたもの, 口なく, 叫ぶ様, 叫呼し, 号泣し, 合図する, 吊るしあげられるところ, 向うの, 向う雨, 向く, 向けたよう, 向けること, 向け無限, 向つた大, 向つて何もの, 向つて舌, 吠えて, 吼え血, 呼吸し, 唾し, 唾を, 善行の, 嘉される, 在します神, 在す不死, 在す汝等, 在せる父, 在ますわれら, 在ます亡母, 在り小人, 在り水甕, 在る父, 在を, 報告する, 声無き, 大波を, 委せるの, 委ねては, 字を, 宿する, 対は, 小さな日, 尻を, 尾を, 居ると, 届いて, 届くから, 属した調和, 属する物, 差し上げて, 帰したい要望, 帰し形魄, 帰し肉, 帰すこれ, 帰ったの, 帰りぬ, 帰り後に, 帰るこれ神, 平安を, 広がった, 広がる原元子, 引き受けてでも, 形容の, 往き, 往き得るも, 往くよりも, 往つて聖母様に, 従うもの, 得たらどんな, 御昇り, 徳を, 応じて, 念じて, 思いを, 恥ずる振舞, 恩寵地に, 意あつ, 感謝しない, 愧づるなし, 憧れるの, 懸かり清輝客庭, 懸かる我十字架, 懸りごみごみ, 成って, 我が見し, 戻すこと, 手頼る, 投げたる槍, 抛って, 拡がって, 挙げて, 振りかぶって, 捧げて, 捺すこの, 接し上り下り, 接し眼界, 接する勢, 接する處, 掻きのぼるかの, 搖上らる, 擧ぐその, 攀じ登るため, 救い上げられるの, 於ける帝, 於ては, 日と, 日月ある, 日輪あれ, 昇った, 昇ったという, 昇つて行きました, 昇らねば, 昇らんと, 昇りき, 昇りしを, 昇りて後, 昇りました, 昇り住, 昇り夏, 昇り神樣, 昇るって, 昇るどころか, 昇るもと, 昇れるか, 明して, 星辰あり, 映る時, 時々新星, 曝されて, 最も近く人, 月と, 望み半輪, 朝しけん, 朝した, 朝す, 朝する勢, 朝せり, 来て, 梯子を, 樂しむ, 横たわり露, 止まるべき時, 歸らしむ, 毎夜の, 毎瞬時戦勝, 汗を, 沖する大, 沖する気焔, 沖する赤白, 浄楽は, 消えて, 清姫の, 満たる月夜, 満つる, 溢れて, 滿ち, 漲ぎる, 漲つて, 漲るの, 漲れるを, 潜し, 灌がれ, 照り凍っ, 熊手で, 燃えて, 燦爛するじゃ, 牡丹の, 現はさ, 現出し, 甘えないよう, 甘ン, 生きん爲, 生ずると, 生まれた, 生まれ八万劫, 生まれ天上, 生れたならば, 畏れず人, 発した, 登らしむる, 登り復, 登るか, 登るよう, 登る時, 登る際額, 白したる, 皓々として, 目ざましい変化, 直面する, 祈った, 祈らしめよ, 祈ります, 祈り候よう, 祈ること, 祈る氣持, 祈祷し, 神は, 神辟, 神避け, 祷ったが, 祷り目, 祷るほか, 禀くる, 突きさ, 突として, 立ち登って, 立つころ, 納める租税, 絶てりと, 罪せらるる, 翔ったか, 翔り獅子, 耀きて, 聞えるほどの, 聳えたる羅馬, 聳え立たして, 聳やかして, 聴き入ってる大きな, 背きしこと, 背き神, 自由の, 舞い上る大蛇, 舞ひあがるだらう, 蔓って, 薄する, 行く, 行ったらどう, 覆うたり, 見張られながら, 訊いて, 許嫁し, 許嫁せる, 訴え伏して, 詫びること, 誓ったでは, 誘う風情, 諸天, 謝した, 謝せ, 財を, 赤き筋, 蹴上げられ, 輝いた一新星, 輝く太陽, 輝やく, 轟く雷, 迎へ, 近い山, 近きこと, 近き一室, 近き高峰, 近づくゼウス, 返ったこと, 返るよう, 追いかけました, 送りたり, 送り込むため, 送ろうと, 逆は, 逆ふる, 逆らい再挙, 逆らう者, 通じたか, 通じたの, 通ずると, 通ずるチビ公, 通ぜぬかと, 連なつて, 連らなる, 連る, 逼って, 遊ぶ, 達したらしいが, 達した頃, 達しベアトリーチェ, 達する, 達するとき, 達する階子, 達せぬ前, 違う者, 遠くか, 遠藤屋敷を, 遽然電光閃めける, 還つて上つて葦原, 配し悠久疆, 酔ひ痴れた, 關する, 階子掛ける, 隠れ地, 雪ふり不尽のや, 雷の, 雷電を, 震い, 非常の, 響きいろいろ, 響き蝉, 順うのみといった, 順へは, 飛び, 飛びなつかしき, 飛び上がった亀, 飛び上り, 飛び去る, 飛び昇りき, 飛び還った, 飛揚せん, 飛翔する, 駆けたか, 驕れる昔, 高く寂しう, 高飛するあり, 鳴く五位鷺, 鳶あり

▼ 天~ (961, 7.3%)

90 仰いで 14 摩し 9 司る天使, 衝いて 8 侵して, 拝し 7 仰ぎて, 刺して 6 仰いだ, 指して, 睨んで 5 ついて, 焦がして, 焦して, 眺めて, 突いて 4 おおって, 仰ぎながら, 仰げば, 焦す, 蔽ひ, 蔽ふ, 逐はれ 3 あおいで, ながめて, 傾けて, 司る者, 向いて, 支へて, 相手に, 衝く, 見て

2 [58件] いた, いただかざる仇敵, いただかずと, おおうばかり, かけて, して, じかの, じっと見, ついた, つくよう, とざして, とめ, ゆくごとく, 仰いでから, 仰ぎ, 仰ぐと, 仰げる鼻, 信じて, 刺す槍穂高, 司るもの, 司る諸, 吹いて, 宇宙の, 對手に, 怖れた, 怨もうとも, 恨み人, 慕ひ, 戴かざるの, 戴かずと, 拝した, 指さして, 指す, 掩ひ, 搏ち, 摩するよう, 染めて, 焦がすと, 焦がす猛火, 目ざして, 相手と, 知り地, 祭って, 祭ること, 窺ふ, 翔けるわけ, 背景に, 衝き迸り出, 衝くもの, 覆う, 見つめて, 見ると, 観ること, 走れども, 量り得るとも, 限って, 頂いて, 顧みず冷然

1 [595件 抜粋] あおいだ, あおぎながら, あがきて, あこがれて, あざむかずおのれ, あざむき上, あざむく逆子, いうに, いただかぬ咲耶子, いただき南, いただき氷地, うつす, うつ大海, うつ波なだれ落ち, うらみ地, うらむが, うらむといふ, うらむどころか, うらむ気, うらんでを, おあがり, おおいしと, おおい両, おおい山川草木みな血, おおうが, おおう蝗, おそれぬ増長慢, お治めなさい, お目, かけ地, かざれる紅, かすめて, くぐりぬける一, くらくする, こがしすさまじい, こがすかとばかりに, こぼつころ, さがした, ささえるよう, さした一本, さして昇りました, さして枝, さして螺旋, さして連なる, さして高唱, さす木木, さながらの, さまよ, さまよう内, しづむる愛, しのぎ須弥山上, じーっと眺め詰めた, すべて収め, つ, ついたの, つかんばかりの, つきその, つき馬, つき髭, つく, つくという, つくばかり, つくほどの, つつみ奔煙, つづけて, つらぬいた, つんざくよう, どうしても千兩, どこかに, ながめたり, にらんでは, ののしってるその, ひたして, ふり仰いだり, ふり仰いで, ふるわし鎗刀, ふるわせて, まっしぐら, まつるため, まなざしうとく, みない, みなんぢ, めがけて, めがけてつつ, めぐらしその, めぐらして, めざして, もとほす, もどりけり, ゆく, ゆびさす手, よそほふ, わけ來, わたる, アメという, 一つに, 一樹に, 三味線や, 不動と, 主宰する, 云ひ, 代表する, 仰いだまま, 仰いだ裸体, 仰いでした, 仰いでは, 仰いでるよう, 仰がずには, 仰ぎつつ, 仰ぎました, 仰ぎ両手, 仰ぎ乍ら唱, 仰ぎ全身, 仰ぎ忽ち, 仰ぎ男泣き, 仰ぎ真実, 仰ぎ腰, 仰ぎ腰掛, 仰ぎ見て, 仰ぎ軒, 仰ぐこと, 仰ぐに, 仰ぐのみ, 仰ぐばかり, 仰ぐやう, 仰ぐよう, 仰ぐ天, 仰ぐ天なほ, 仰ぐ能はず, 仰げど, 仰げるマリヤ, 何處かへ, 余さぬから, 侍者と, 信じ己, 信ぜり, 傾ぎて, 入れたごとくキリスト教, 其處らぢう, 写すの, 凌ぐ山毛欅, 凝視し, 凝視した, 切って, 切ない心, 刺し旭川, 刺す, 刺す氷, 割り地を, 劃して, 劈きて, 加えて, 加へて, 動かしつ, 動かす者, 勸進し, 受取り長崎奉行, 口に, 叱する勢い, 司どり火, 司どる天使, 司るに, 司る九級, 司る天使一, 司る天使達, 向いた般若, 嘆いて, 嘲り人間, 囘轉せし, 圧するとき, 地へ, 地上へ, 夢むといえどもこの, 大なりと, 失へり, 家と, 封ずる老, 射るが, 尊ぶ思想, 尊敬した, 尤むべ, 屋根と, 幕として, 建て直した, 引掻かうとして, 引掻こうと, 引裂かうと, 彩れる夕映, 彷彿せしむ, 往くべきか, 往来し, 征服し, 得地, 念じて, 念じながら, 怖れ, 怖れぬ, 怖れる, 思い出して, 思ふとき, 思わば, 怨みましょう, 怨み晴天, 恋めり, 恐れない暴慢, 恐れぬ悪業, 恐れぬ業人ばら, 恐れぬ雑言, 恨まず人, 恨みその, 恨みまた, 恨む, 恨むなどは, 恨むより, 感動せし, 憚から, 憚かり, 憚らざる, 憾んで, 戴いた地勢, 戴かざる敵, 戴かざる無, 戴かざる父, 戴かざる者, 戴かず, 戴かずとな, 戴かず年来, 戴かぬ仇敵, 戴きかねる佞人, 戴くでも, 戴くを, 戴けり, 打明けて, 拍つ, 招く金剛火, 拝すること, 持ち去って, 指さした, 指さしたの, 指ざした, 指したと, 指したり, 指した頑是, 指し伏すもの, 指し地, 指すのみ, 指す兩, 指す木, 指す極, 指ふす, 掩ふ, 掴まうと, 掴もうと, 描いて, 摩し所々僅, 摩し樹根怒張, 摩すと, 摩すよう, 摩するさま, 摩するもの, 摩する恰好, 摩す巨木, 摩す柱, 摩す楢, 摩す老, 摩す鉄, 摩せん, 擾る, 支えて, 敬いさえ, 敬い天命, 敬うの, 斜に, 暗くした, 望まん, 望み, 望みつ, 望む, 望むといふ, 望む山, 望めど, 望めば, 根源と, 極めて一点, 極め地, 楽しみ地, 楽む, 樂します, 欲するか, 欺かざる主意, 欺かんか, 欺きかつ, 欺き人, 欺こうとでも, 此土に, 歩むの感, 気づかひて, 泣かせ光, 洗うよう, 活かす十五, 流しこんで, 流すよりも, 流れて, 浸して, 浸す炎, 渡りつつ, 渡る梶, 渡ろうと, 焦がした, 焦がしはじめた, 焦がし尊い, 焦がし畑, 焦がし魏兵, 焦がすこそ, 焦がすの, 焦がすばかりに, 焦がすばかりの, 焦がす大楠, 焦がす赤い, 焦すので, 焦すもの, 焼いて, 照らし下, 照らすの義, 煽ぎ翻つて地, 燃すと, 燃やして, 燒かむ, 父と, 界する, 畏れざるも, 畏れざる常識, 畏れ人, 異にし, 白い雲, 目指し伸びゆく海岸, 直観する, 眺めた, 眺めやった, 眺め寂々, 着けたりと, 着た娘, 着て, 睥睨し, 睨し, 睨みやがて, 睨みバツタ, 睨むやう, 睨む時に, 睨んだ腹, 知る, 礼拝し, 祈って, 祈りき, 祈る, 祈る道法成就, 祠る, 祭ったとき, 祭ったところ, 祭り今日, 祭り烏牛, 祭ると, 祷る禳, 積み上げても, 空高く, 突き一度, 突き抜こうと, 突き立山, 突くさ, 突くといふは, 突くの勢, 突くばかり, 突こうと, 窺うが, 笑えと, 簡潔に, 紅毛人から, 經て, 繞らし, 翔けた日, 翔けて, 翔けるか, 翔ける風, 翔け地, 翔り行くの, 翔り闇黒, 翳め多くの, 舞いあるいた夢見がち, 舞い亀, 蔑みせり, 蔽い地, 蔽い鼓声地, 蔽うた老樹, 蔽うに, 蔽うばかりの, 蔽う堂々たる, 蔽って, 蔽は, 蔽ふて聳え, 蔽ふと, 蔽へば, 衝いた, 衝いたけれども, 衝いた巨漢, 衝かしむる者, 衝き, 衝きました, 衝き乱焼, 衝き闘争, 衝き黒雲, 衝くだの, 衝くという, 衝くといった, 衝くの望み, 衝くばかりの, 衝く大, 衝く態, 衝く立樹, 衝く遥か, 衝ける平軍, 衝て, 被ふべく, 覆い単に, 覆して, 覆はむと, 覆ひたりし紗, 覆ひだす, 覆ひ忽ち, 覆ひ驟雨, 見あげて, 見ず, 見ずといふ, 見そろり, 見た, 見てる木彫, 見よこの, 見る, 見るが, 見るを, 見る勇気, 見上げ, 見上げながら, 見俯, 見出したよう, 見出そうとは, 見送りながら, 視るを, 覗く, 覗くの, 覗くよう, 言うの, 言ふ, 詠じたの, 詠じて, 語る時, 説いて, 談ずるもの誰, 論ずるが, 譲られて, 讃する, 象って, 負へ, 貫いても, 貫きて, 貫くばかりの, 赤く染め, 距る, 軽蔑してる, 迎えて, 追駈けた, 透かして, 逐は, 造りそ, 造りたまひ, 造りて, 連想させる, 遙に, 遥かに, 遥拝する, 遮り關, 閉さして, 閉じて, 開きて, 開き四海, 降り來, 限り地を, 離れけり, 離れて, 震い地を, 震うの概, 非難し, 領する神明, 飛ぶ鳥, 飾りて, 飾る, 飾れるごとく見えたり, 馳ける, 馳り, 魔し, 龍卷を

▼ 天から~ (395, 3.0%)

34 降って 12 落ちて 11 降ったか 6 降りて 4 授けられたと, 授った, 降ったよう, 降つて, 降つて來 3 ふって, 授かったもの

2 [20件] おりて, お降し, お降り, ふつて, 地の, 地へ, 地上に, 持つて, 授かったと, 授かって, 授けられるやう, 来る神, 火を, 矢玉が, 與へられた, 落ちたもの, 贈られたその, 降ったの, 降ってでも, 降つたか

1 [266件] あると, おひ出し, おりたら理窟, おりた天, お札が, お米, お金が, きこえて, きたとでも, きめられたもの, くるんだわ, こうと, この下界, この世へ, この自分, さずかったし, さずかったの, さずかった子ども, さずかった福運, さずかって, さずかりもの, さずけて, ざあざあと直, すさまじい疾風, すべてを, ずり落ちて, そういう命令, たくさんの, たたきつけられたよう, たび, だめだ, どうどうと, どきんとも, のそのそ降り, のんきでなくっ, ひびいたよう, ひびいて, ふったか, ふったひとり, ふった宝ものみたい, ぶちこわされて, ぶら下る, ぼた餅が, ぽたぽたこぼれ落ち, まいたよう, まるい光団, ろうそくが, わかりも, わたしを, アレナの, コゼットの, パラパラと, ビラの, マンナが, 一匹の, 下さるもの, 下されたよう, 下つて來, 下へと, 下りて, 下るもの, 下る藩主, 下界へ, 与えられたもの, 与えられたよう, 与えられた人間, 与えられた妙, 与えられた生命, 与えられた美貌, 与えられた職責, 与えられて, 与えられながら, 与えられるだろうかを, 与へられたもの, 二三粒落ち, 享けて, 人が, 人の, 人類に, 伝へられたと, 余儀なくされ, 來た, 來る, 借りて, 僕に, 八センチ二ミリ地から, 八咫烏を, 其の方, 別行動, 劫火が, 勘當された, 勤労者福祉資金何割という, 受けた本質, 受け得た役目, 吊るされ激しい, 吹きおとして, 吹きおろして, 呼びおろして, 命ぜられて, 國民の, 地から, 地に, 地まで, 地上へ, 地底へまで, 堕ちた純白, 墜した, 壽命を, 大きな釣瓶, 天え, 天女の, 奪われたと, 子どもを, 子供を, 小判の, 幸福を, 廢される, 彼に, 得たもの, 御座を, 微かに, 恵まれたこよない, 恵まれて, 恵みを, 懸って, 我等に, 才能を, 投げた薬, 投げて, 拒絶されなかった, 持って, 指圖しなさい, 振垂, 授かったよう, 授かった事, 授かった使命, 授かった徳相, 授かった性質, 授かった無力, 授かった生命, 授かった直覚, 授かった神聖, 授かった美徳, 授かった花, 授かった運命, 授からないので, 授からぬもの, 授からア, 授かりま, 授かり物, 授かるかも, 授けられた米友, 授けられるよう, 授つたのだらう, 教へ, 斬りさげて, 斬り下げて, 日に, 星の, 時雨の, 智慧才覚を, 暖かい黄金, 来る, 来るには, 来るの, 来るもの, 来るよう, 来る火, 極めて, 極めてゐた, 槍が, 水が, 水汲瓢が, 流されたの, 海へ, 湧いたか, 満足の, 滑り墜ちて, 焔が, 物が, 生みおとされたかの, 生みつけられた男, 異人が, 白いもの, 直通では, 真直な, 矢が, 石が, 硫黄が, 神降り, 福を, 私に, 稟けた諧謔趣味の, 突き落した, 第一, 筋が, 繰り出して, 考えの, 聞えました, 舞い落ちる影, 芳ばしい紺, 落されたよう, 落したね, 落すよう, 落たる絲満小人, 落ち, 落ちた, 落ちたこの, 落ちた大鳥, 落ちた星, 落ちた滑稽, 落ちてでも, 落とされたお方, 落下し, 薪木が, 要求し, 見たら苦笑, 見とったら大阪, 言いつけられた仕事, 訳が, 貰つた自分の, 転がり下った宿命, 迎への, 追い下されて, 送られた手紙, 逆に, 違い申す, 遣わされた童児, 選ばれた者, 金の, 釘を, 釣瓶の, 鉄の, 閃めいた, 降ったかの, 降ったそれほど, 降ったと, 降ったもの, 降った小判, 降った災難, 降った織姫, 降つた, 降つたかの, 降つたこと, 降つたとでも, 降つた鼓, 降て, 降らせ申しました, 降りたという, 降りたるもの, 降り地, 降り落ちた, 降ると, 降るの, 降る甘露, 降る金, 降る雨, 降る雪, 降下する, 隕石の, 雨の, 雷様が, 非凡な, 響いたよう, 魚が, 鶴子が

▼ 天~ (331, 2.5%)

57 神の 15 日の 1413 祝詞の 12 罪と 8 神を 7 日は 6 祝詞と, 祝詞は 5 祝詞, 祝詞が 4 日嗣, 祝詞を, 罪の 3 みそらを, をとめ, 久米の, 光に, 女の, 御空, 日高日子番の, 社, 罪が

2 [28件] そら, ちのいとし, みそらもけ, 世の, 乙女の, 処女の, 大御身, 女に, 御虚空豐秋津根別, 御饗, 日を, 日繼知らしめ, 日高, 日高の, 日高日子波限建鵜葺草葺合へ, 日高日子穗穗出見, 水の, 水を, 祝詞といふ, 祝詞に, 神, 神である, 神と, 神は, 神地つ, 罪である, 罪を, 霧かも

1 [88件] ひかりの, ひばりの, みそらの, やしろ国つ, 下の, 下れる, 光は, 国の, 奇護言と, 宮事もち, 寿詞を, 少女, 少女の, 彦, 彦が, 御みくら, 御国を, 御宣, 御業, 御神, 惠み, 日が, 日さへも, 日つぎ, 日に, 日も, 日一つわが, 日嗣は, 日嗣世々宸極を, 日繼, 日繼知らしめき, 日繼知らせ, 日高日子波限建鵜葦草葺合へ, 晴勇士と, 柱か, 水, 水と, 水仰ぎ, 水影の, 焔の, 物語, 狐を, 狹霧の, 狹霧は, 狹霧を, 祝詞で, 祝詞である, 祝詞では, 祝詞な, 祝詞など, 祝詞などは, 祝詞にも, 祝詞を以て, 祝詞以外の, 祝詞又は, 神から, 神として, 神とは, 神とを, 神に, 神にも, 神並びに, 神国つ, 神諸の, 空, 空げに, 空の, 童男の, 罪とは, 罪は, 罪及び, 罪国つ, 菅曾を, 袖ふるき, 詔座, 路永く, 辺に, 辺の, 辺は, 金山加佐米山雪ふりつめり, 金木を, 錦の, 雁がね, 雲, 霧おり, 霧には, 顏ば, 風山吹きおろし

▼ 天~ (317, 2.4%)

8 人の 4 二物を, 私の 3 自ら助くる, 西北に

2 [18件] ことにその, これを, それほどに, まだ暗い, 一切の, 五月の, 他の, 俳諧の, 先刻から, 各, 地を, 存在する, 宇宙の, 彼の, 此の, 祝福を, 美は, 高きに

1 [259件] あくまで碧色, あやに, あんなに上, いけね, いよいよ暗く, うららか, おぼろに, おまけだ, おれを, お馨さん, かかる百難, かつて私, かの存在, きっとわし, こう意地悪, この光, この子, この稀世, この稀代, この身, この馬鹿, しょうしょうとして, すこし雲つて真, すなわちわが, すぽ, そこから, その上, その実力, その小さき, その果, その能, それが, それに, それは, それを, ただその, ちつと, どうしてこの, どし, どんなところ, なかなかこの, なかなか洒落た, ばらばらと, ひくく垂れ雲, ふたつを, ふた晩, ほむべ, まさに空, まされる天使, ますます青く, ますます高い, ますます黒く, まっくら, まづ, まづ門, まるでいちめん, もっと高い, もつと, やっぱり見, ゆるさじ良民, よくかかる, われらの, エムピレオに, クリストの, クワツと, プリーモ・モービレより, プリーモ・モービレ即ち, ベンサムに, 一口に, 一里も, 一面に, 一面赤火光に, 七律の, 万物に, 三國傳來の, 上に, 下界に, 不幸なる, 不易じゃ, 不正に, 不生, 五穀を, 人間と, 人間に, 今こそ, 今にも降せ, 今やかの, 今僅かに, 今日信長を, 以前は, 何しろ上海, 何と, 何とて斯く迄, 何を, 余生を以て, 俄に, 僕の, 僕を, 先生を, 光より, 光を, 全く晴れ, 全一だ, 公平だ, 六を以て, 兵糧係グロース君に, 其の報酬, 凡て聖に, 前後左右が, 助くる者, 却り, 又今日, 同じ運行, 唯一絶対です, 善にのみ, 喪を, 四時の, 地上に, 大いなる空, 大黒天なり, 天と, 天の, 天一坊地は, 天民の, 如何にと, 妙果を, 孝子に, 学匠として, 宗教と, 富貴を, 少しの, 山々の, 巻物を, 布袋の, 常よりも, 幸にも, 康有爲が, 彼より, 彼を, 徳を, 心平さんの, 必ず己, 忽ち黒雲, 怒りの, 恨む人, 恵む四時, 悪い奴, 悪人に, 悪党の, 我々の, 我が屋根, 救くる, 日々つづく, 日に, 日本の, 昏, 星宿の, 時に雷鳴, 普通暗号仁は, 晴れ, 暗い地, 暗く地, 曹操の, 最早見えなく, 有名な, 朗らかで, 本当に徳, 次第に高く, 欲しいが, 毬栗頭で, 民を, 気の毒だ, 氣を, 永久に, 汝等の, 汝等を, 決して人, 決して人間鍛錬, 泣き, 洗われるかの, 浅黄色に, 清明, 清正が, 渦が, 澄みきって, 澄み切って, 濃い墨, 濶く, 火星天よりも, 玄徳を, 玲瓏として, 痛烈な, 白みわ, 百神の, 皆たえず, 相かわらず, 知って, 知るだろう, 碧の, 碧穹窿を, 神の, 神を, 神性を, 禍を, 私が, 窮余の, 第九天, 第二輪, 紅み, 紅霞の, 紺青地の, 絶妙な, 美しかった, 美人を, 聖者の, 興地は, 若いうち, 荒れて, 荒れても, 落ちるかも, 蒼々として, 藍色に, 見て, 見の, 言うに, 許すはず, 許す閑, 誰へも, 諸天中最小, 貸さずして, 輝き光り嗚, 透明なれ, 逞しい肉体, 遂に暮, 遠く濁つ, 遷ろふ, 郷土人は, 金沙の, 鏡の, 長く悪人, 閉ぢ天使の, 開きぬ, 険しく, 陽地は, 雨ふらんと, 雨降らん, 雲が, 青々と, 青きが, 静止し, 非道とは, 飽迄我等に, 馬主の, 高い, 高く晴れ渡っ, 魔だ, 鳴轟き, 黄金色に, 黙々

▼ 天~ (237, 1.8%)

33 地との 23 地の 11 地と 9 地とが, 地とに 8 地とを 4 地が, 地を 3 なつて, 飛んで

2 [12件] す, なって, 人と, 人との, 合して, 名づくる, 地は, 地ほどの, 地等々が, 戰ふ, 海と, 異り

1 [106件] いい四方, いうが, いそぎまする, いって, いのちと, いわれて, こなたへ, し以下四天王, し既に, し神, し輝きぬさ, するもの, すれば, す云々, す返, その偉大さ, その左右, つらなる尾根, なった, なつた, なり其臍, なり残る半分, なる, はなはだよく似, ひとしい絶対, ぴったり溶けあっ, 一に, 云う名前, 云う天, 云う怪物, 云う酒楼, 云は, 云ひ, 云ふ, 交通ある, 人とは, 人とを, 修羅の, 先の, 共にめぐりゆく, 初花, 化して, 同じく碧, 同じ色, 同一ならずし, 名付けて, 向きあ, 呼びレヴィ記, 地, 地に, 地に対する, 地美と, 大地の, 天の, 太陽は, 宙を, 届け出るよう, 山との, 広き地, 底なき, 忽ち乾く, 戦うもの, 戯れつつ, 接するあたり, 新しき地, 新らしき, 日月とに, 昇る階, 書いたから, 木とが, 歟上帝と, 段々上の, 段々上へ, 気は, 波, 波と, 海とが, 海とを, 海上との, 海洋と, 湯気の, 湯氣の, 照応する, 生命とに関する, 申しまして, 申す博奕打, 相争う, 相合う, 知る故, 神とを, 神の, 私の, 稱し, 署し, 菩薩を, 親が, 親とに対する, 言ふ, 赤兄と, 走って, 軽げな, 追って, 逃げちる者, 阿修羅とは, 陸とが, 雲とを

▼ 天~ (236, 1.8%)

4 自分に 3 ある, 彼に, 落ちて

2 [14件] おれを, これを, ゆるしては, 与えて, 命じて, 好く晴れ, 存在する, 彼を, 授けて, 掌ってる, 狭いと, 與へて, 開けて, 雨を

1 [195件] あかるい孔雀石板, あつた, あなたに, あなた様へ, あなた様を, あるのみ, いつの間にか晴れ渡っ, いつもその, い等, うまいと, うるさがるほど, おちるの, お嬢さんに, かかって, からみまして, けりいくわれら日本民族, けりゆく西, けり通いたもう, けり降り来るもの, けり青い, けるらん宿, ける思想, ける飛鳥, このこと, この両, この竹童, こんな人間, ご辺, さけて, させるわざ, した今, その人, それだけの, それ自身の, ちっとも愚鈍, つくり地, でて, なかなか殺さない, のぞき, ひよろひよろ, まだ全く明けきらない, まっ黒に, まつくら, よく晴れ, わが手, われわれを, エムピレオの, トルストイ伯の, ファルスである, ワレに, 一切の, 一国民の, 一変し, 一面に, 不公平だ, 不公平に, 不淨, 不言の, 与うるもの, 与えた好機, 与えた才能, 与えた痛棒, 世に送る, 乱れる, 五十銭地が, 人と, 人の, 人を, 人を以て, 人間に, 人間界に, 人類の, 今日は, 代って, 低く見え, 何事をも, 作られた, 俄に, 全世界, 八十パーセントを, 其の努力, 冴えて, 冷めちゃうよ, 凄まじい高さ, 出て, 出來, 初めて私, 前もって凶事, 力を, 助けるしるし, 半分ほども, 即ち天, 原たい, 原の, 向いた, 君に, 命ずるに, 哀れと, 墜ちるの, 墜落し, 夜な夜な真赤, 大勢出, 天に, 如何なる方法, 孔明の, 安置され, 定基を, 尊い今, 小六, 山上, 己に, 店さきに, 引っくり, 彼らを, 彼女に, 彼等の, 復活させる, 快勝の, 怒りを, 悪鬼毒竜を, 悽愴で, 感じられます, 我が子, 我に, 我らを, 我を, 我軍へ, 我輩に, 指定し, 授けたの, 掌って, 摺半鐘を, 文句を, 日本人に, 明けない内, 明け始めた, 明るくなる, 晴れた時, 晴れて, 晴れてから, 晴れ渡つて, 曇って, 曹操に, 最初は, 極めてお, 極めて静か, 正しきを, 波を, 泣いたなどと, 泣いた天, 漠然とした, 漠然と人力以上, 漢寧王の, 漸くに, 特に爪牙, 特に竜, 現日本, 球の, 琵琶を, 白くなった, 盤石の, 神医を, 祥瑞を, 私に, 私の, 私達に, 種により, 空っぽな, 竜を, 美しく晴れ, 義人を, 翔けて, 自ら與へて, 自分らの, 自然に, 落ちないという, 落ちるよう, 袁皇帝に, 裂けたよう, 見えて, 見えませぬと, 言わせるよう, 警告を, 谿けたような, 走つて, 身に, 造る, 隠して, 青磁色に, 革羽織で, 顔の, 顔を, 高く積み上げられ過ぎ, 鶏卵色に, 麒麟児を

▼ 天~ (198, 1.5%)

4 だ, であつ, になつ, のい, のいい, の好い, の日 3 が惡, が續, である

2 [14件] がよく, が好い, だね, で, ですぜ, と同じ, に, の下, の良い, はさつ, はどう, はよし, を占, を告げ

1 [133件] があつ, がある, がうつ, がすばらしくいい, がつづく, がよかつ, がよけれ, がよろし, が一層, が定, が惡い, が晴れ, が朗らか, が良い, が變, が變つて來, さなれ, じや, だつた, だつたので, だと, だな, だらうと, だ難, であったが, でございまして, でございます, でござらう, でした, でしてね, です, ですこと, ですなあ, ですね, ですねえ, ですもの, です一昨日, でせう, でと話し, ではある, でも好く, でカッ, で一杯屑, で半日, で向う見ず, で庭, で御座います, で日本晴, で春, で氣, で湯殿口, で石段, で菊, で風, となりぬ, とは打つ, と思はれた, なの, なのに, ならば, な人, な八五郎, な野郎, にか, にかこつけられ, にご, になあれ, になつて, になりますやろ, に乾き, に家, に水, に浮かれた, に船, に誘はれ, に踏み固められ, に違, に魅入られ, のこと, のせゐか, のよい, の下降, の具合, の加減, の好, の好き, の如く, の崩れない, の打, の挨拶, の故, の晴れ渡つた日, の續, の話, の都合, はいつも, はえい, はす, はなかつた, はよい, は上々, は下降, は今日, は大丈夫, は好く, は如何, は朝, は本, は次第に, は此, は確か, は見られまい, めでたき日, もよい, も上り, も好い, も惡, も珍, も鰻, や日暮, よし, らしい, らしい雲, らしうございます, を周, を問, を察知, を消した, を見る, を見定め, を見越し, を豫測, を頭日和

▼ 天~ (153, 1.2%)

3 のこと

2 [12件] だ, であった, とその, の一味, の声, の姿, の影, の悪事, の耳, は, は日吉, は眼

1 [126件] か, からうけました, から口止め, から吩咐, がいた, がしきりに, がどうして, がひと, が刀, が列, が博奕場, が大, が念, が的, が盗ん, が目, が立ち帰っ, が行きかける, が門口, が首, で, である, ではない, という者, といえ, と仰せられる, と名, と呼ぶ, と申します, と竹中どの, と聞い, どのこれ, なども武者溜り, なの, にいった, にはかたく, には今, にもその, にも聞え, に仰っし, に出あいました, のあと, のいう, のす, のほう, のほか, の両, の二人, の人数, の仲間, の労, の同勢, の報告, の奴, の実直, の帰り, の徒, の性格, の悪行, の手, の手下たち, の方, の早耳, の暴悪, の気, の狼狽えた, の石, の策, の背, の背なか, の足, の野性, の顔, はいかにも, はいつ, はいつも, はいよいよ, はかんぬき, はここ, はすぐ, はそこ, はそち, はとたんに, はどう, はひと事, はふい, はもどりませぬ, はややしばし, は一発, は仰向け, は呻い, は城内, は庭, は引っ奪, は急, は恵那, は書院, は気らく, は無意識, は蒼白, は蜂須賀, は表門, は討っ, は逃がした, は逃げ, は部屋, は顫, は飛びかかっ, は首, へそう, へ小六, へ物, も, もぱッ, も又, も直ちに, も身内, を, をきょう限り義絶, をすぐ, をそのまま, をつれ, を働かせよう, を縛り付け, を追いかけた, を連れ

▼ 天~ (147, 1.1%)

30 地も 5 響けと 3 海も 2 人も, 何らの, 何等の, 焦げよと, 照覧あれ, 神も

1 [97件] ありますしかし, あるべからず, あわれんだもの, いつまでも, おもしろかつ, かくれるばかり, かなしむか, このお方, すべての, その名分, その天使, それな, ついに秀吉, とがめないの, ないか, なかった, なかりき, なく地, なく月, なく火, なく足, まさに寒かっ, またきまつ, また哀愁, また泣くべし, まだほの暗い, まッ, むなしき名, やがては, ゆめみぬ, ゆるさず, ゆるして, よみし賜うて, われらを, われを, 一郎を, 下の, 並べ目, 亦応ぜる, 仁も, 共に拒む, 冲するも, 助かるん, 告げ給うぞ, 味方す, 咎めず人, 大日玄奥秘密の, 天です, 怒るとか, 怨まず人, 恐れず人, 悲しむ夜半嵐, 憎しみ給う, 憎まず命, 憎み給うであろう, 懷か, 搏つ, 星も, 春地も, 晦うし, 晦く, 曇るかと, 曇れば, 朝から, 水も, 漢朝を, 火を, 焦がすばかり, 照覧あれと, 照覧あれ自分の, 狐に, 狐の, 畏る, 白く地, 真澄みぬ, 眼を, 私も, 翔けて, 聴け地, 衝かん形相, 覆うこと, 見えなければ, 見ず, 見ろ地, 観えず地, 誅し地これ, 谷川ほどの, 賑わうほど, 近く落葉松など, 遠く地, 酔り, 雷雨を, 青し, 静け, 頭の, 顫へたり, 高からず

▼ 天~ (146, 1.1%)

8 向って 7 昇って 4 のぼって, むかって, 上って, 向けて, 行くの 3 還って 2 お返しなさい, 上りたかネ, 升って, 近づいて, 飛んで

1 [98件] お祈りを, お迎, かえって呉れ, かけ去りたいよう, くわえあげたこと, つき進んだが, つるしあげた, とどかせようと, とどくまで, とどく高い高い, ねじあげたの, のぼるなら, のぼれ, ほりあげて, またある, ヒラ, 上げたが, 上げて, 上ったきり, 上った姫, 上り異, 乗り逃げし, 去らぬとも, 又行っ, 叫び地, 吊り上げられるやう, 吐いた, 吐きすてるの, 向かって, 向つて石, 吹きつけた, 声は, 大入道が, 寄り天ぷら, 届いて, 差し出して, 帰したくないの, 帰って, 帰りたいだろうね, 帰りたくて, 帰ること, 延びると, 引き上げられ高く, 弾ね, 怒るよう, 持って, 捲き上げて, 攫われて, 放り上げた, 昇ったか, 昇つた, 昇つて行きました, 昇り得るであろう, 昇る, 昇るか, 昇るの, 昇る姿, 気を, 洗い上げられて, 浮かべた, 浮きあ, 消えて, 登って, 登るかの, 登れる, 祈って, 祈りを, 祈念を, 移住し, 穴を, 立ちよったとき, 舞いのぼって, 蝙蝠を, 行きニットーコーナハウス, 行き暑, 行く, 裂けのぼった火, 語った, 謙譲に, 走った, 跳び上るよう, 送ったん, 送られる方, 逃げ失せて, 連れては, 遊びに, 還ったが, 還つたといふ, 還りたくなった, 還れると, 鈴木静一と, 階を, 鞍替し, 預けて, 飛んだ英雄, 馳け, 高く沖する, 黒

▼ 天にも~ (138, 1.1%)

81 地にも 6 昇る心地 4 のぼるよう 2 将に, 昇る心持, 昇る思い

1 [41件] しずかに, とどかんばかりに, とどかんばかりの, とどきそう, とどくよう, とどく作者, とどろきわたるほどの, のぼらんばかりの, のぼるうれし, のぼる悦び, ひびくよろこびを, ひびけとばかり, わびました地, 上るもの, 上る気持, 伸びよと, 届かんばかり, 届けと, 属せず, 帰られない, 昇つて, 昇らん, 昇らんばかりに, 昇るうれし, 昇るやう, 昇るよう, 昇る悦び, 昇る期待, 昇る気, 昇れないし, 春を, 晴にも, 異変が, 登らず闇, 登るやう, 登る喜び, 登る心地, 粟立ちし身, 舞い昇りそう, 響けと, 飛び上がるよう

▼ 天より~ (134, 1.0%)

6 地に 5 遣は 3 降りて 2 來る, 受けて, 天と, 稟けただけの, 降って, 降る, 降ると

1 [106件] いで, いでし, うけし力, うけて, うけ得たる知, おちく, おろす風, くだれる, して, する事, はるか抛, ふりたる宝, やや北方, わたしの, クロニオーン自ら彼に, 下さる, 下せしに, 下界に, 与えられた模型, 人に, 人を, 付与せられたる, 來れる, 出しか, 出づる力, 創られたかの, 力, 吹きおろし, 吹き来る一陣, 地にわたり, 地の, 垂れ下げ, 垂れ給え爾, 墜ちたり, 墜ちるを, 大いなる力, 天の, 天降った, 天降つた, 定めたる法, 定めたる約束, 定められた人, 定められた運命, 幸福を, 張飛に, 彼の, 彼を, 彼等を, 怪石を, 恒星天までの, 成り出, 成る即ち, 我に, 授かりしま, 授かる衣食, 星一つはたと, 来たる雄, 来るもの, 次第に遠き, 火を, 福を, 第一天, 糸を, 罪を, 罰を, 落ちて, 落とし来たり, 見れば, 賜はりたる, 賜わる性格, 迸った電光, 逐い堕す, 逐はれし, 遠く地, 遣わされたる天使, 降りきたれりとも, 降りしとこそ, 降りたりと, 降りたるもの, 降りたる生けるパン, 降りましつ, 降り來, 降り到りて, 降り到れる天若日子, 降り来, 降り来たるが, 降り来りしと, 降り殃, 降るに, 降るアテーネー, 降る權威, 降る露, 降れり我, 降れる, 降れる千餘, 降れる活けるパン, 降れる鬼神, 降ッたか地, 隆り, 電光の, 霊華降り, 露を, 顕わる, 風を, 颯と射下す, 飛来し

▼ 天照大神~ (125, 1.0%)

8 の御 6 と高 4 のお 2 が天, にお, の子, の生れ変り, はすなわち, はその, を祀

1 [93件] からはじまり, から崇神, がある, がおし, がそう, が万物, が上, が多賀神社, が女, が月夜, が機, であります, というお, という名, としてあります, として居る, との御, ともふす, と二番目, と全く, と国津神, と大地主神, と御, と書いた, と素戔嗚尊, などを始め, に出, に命ぜられ, に対しては天子様, に岩屋, に当る, に本, に母, に添う, に関する神話, に高, のおぼしめしである, のお供, のみ子, の事, の代表者, の冥加, の同じ, の大日, の岩戸, の御厨, の投げた, の末, の物語, の男性説, の発せられた, の相談相手, の神勅, の神意, の神格, の美しい, の荒魂, の蔭, の返し矢, の魂, は, はお子さま, はそれ, はそんな, は伊勢, は信仰, は古代日本, は日, は最初, は玉, は高天原, へご, または蚕玉さま, もかうした, も最高至尊, をはじめ, を並べ, を地神, を奉じ, を女神, を始め, を感じる, を方々, を生み給い, を男性化, を礼拝, を輔, 之御, 八幡大, 即ち大日靈尊の, 当新嘗時, 或は天御中主神, 隠れて

▼ 天晴れ~ (114, 0.9%)

32 だと, な貫禄, の名人, の舞, 一人前の, 大忠臣, 天晴れ, 御明君

1 [95件] お登和嬢, お見上げ申したる, お言葉, けなげな, じゃありません, じゃ天晴, ぞ, ぞや, だぞ, だという, だ孝女, であったと, でかし, でした, です, とうごめかす, とは言えない, と一つ, と褒めたくなる, と言っ, なお志, なお手のうち, なお手筋, なお腕前, なところ, なと魏, なも, なもの, なギャグ, な人物, な伎倆, な修業者, な働き, な公達, な出来栄え, な壯年, な奴, な度胸, な御, な御意, な心掛け, な思案, な成長ぶり, な手腕, な日本, な根性骨, な歌い, な者, な若武者ぶり, な若者, な進退, にご, のお, のお方, のフランス人, の人物, の勇士, の勇者, の名工, の名案, の女丈夫, の御, の志士気取り, の棋士ぶり, の武勇, の武士, の気性者, の決心, の淑女, の男, の知識, の腕前, の腕前感心, の親分大尽, の豪傑, の高僧智識, よい覚悟, よきご, 一個の, 一働きいたしたく, 一働きと, 一夜の, 何万石の, 出来したと, 勝れた大将振り, 堂々たる御寮人様, 天下無双の, 御出世, 御宿老たる, 御鑑定, 熱し, 私は, 胸の, 華々しい最後, 頼もしき犬

▼ 天一坊~ (104, 0.8%)

3 が公方様, にお, を御 2 が真正, のこと, の一件, は贋者, を偽者

1 [85件] お調べ, からいう, から以来, がお, がここ, が偽者, が其の, が坐りかけ, が如何, が御, が愈々, が数人, が贋者, が通る, さ, だの華族, であったという, でそれ, ではあるまい, で土蔵, で尻, というの, という人間, という古い, という名, という役割, という男, とお, と地雷也, と忠臣蔵, と思われまする, と申す, などと申す, にとって二つ, に仰言った, に成りすまし, のお話, の乗輿, の事, の余り, の側, の元祖, の処分, の処刑, の場合, の大岡越前守, の実録話, の御, の性質, の為, の答え, の背後, の行列, の身許, の輿物, の運命, はお, はこうして, はし, はよろめき, は何故か, は全く, は口早, は失敗, は小団次, は幾ら, は当時, は得意, は心臓, は此の世, は相当, は頗る, へ突出, ほどの評判, もこの, もとうとう, も大膳, も少く, も附人, をお, をそのまま, を公方様, を嗣子, を得れ, を御覧

▼ 天照らす~ (85, 0.7%)

8 大御神の, 大神と, 大神の 6 大御神と, 大御神に, 大神が, 大神に, 大神は 4 大御神高木の, 大神高木の 2 大神, 大神を, 神の

1 [17件] 大御神, 大御神いよよ, 大御神は, 大御神ま, 大御神また, 大御神怪し, 大御神皇祖, 大御神聞き驚かし, 大御神見, 大御神詔り, 大御神速, 大御神高御, 大神との, 大神も, 大神タカミムスビの, 大神右の, 尊と

▼ 天願氏~ (84, 0.6%)

4 の部屋 3 が言った, の顔 2 が何

1 [72件] があわて, がいる, がうめき, がかすれた, がこわばった笑い, がせせら笑った, がたけりたった, がにやにや, がむき直った, がゆびさし, がブリキ, が両手, が低い, が先, が叱り付ける, が大きな, が居なかった, が影, が急, が戻っ, が昂然, が明, が火, が煙, が盃, が真先, が眼玉, が私, が苦笑い, が酔っぱらっ, が陰欝, ですら, とは数年前, に聞い, に話した, に頭, の下心, の乱れた, の前, の後, の心, の性格, の方, の狭い, の胸, の脚, の言葉, の長い, の面, はうつむい, はすでに, はもう, はモナリザ, は仏前, は何処, は平然, は年かさ, は手, は断乎, は旅川, は極端, は泥竜館, は琉球, は盃, は目玉, は腰, は遠い, は黙っ, も酔っぱらった, をかつぎこん, を呼び出した, を屡々

▼ 天~ (83, 0.6%)

3 の家, は 2 がやつ, に向, に語る, の宅, は氷峰

1 [67件] から使, から電報, がいい加減, がそれ位, がまた, がやめられる, が來, が勝手, が暫時, が朝, との初, と云, と共に來, と氷峰, にその, に周旋, に會, に相談, に説明, に遠藤, に頼ん, のそば, の云, の云つた巡遊, の保證, の内, の力, の友人等, の名, の周旋, の地位, の新聞編輯苦心談, の注意, の發議, の肩, の親切, の言質, の野暮, の顏, の餞別, はあわてた, はおだやか, はビール, は中央公論, は二三杯, は今夜, は多少, は大事さうに云, は幅, は得意げ, は心配, は答, は義雄, は言葉, は話し, は隨分, へ出し, もさうだ, もその, もなか, もわざと, も眞面目, よりも廣, を社, を訪う, を音づれた, 並びにその

▼ 天~ (78, 0.6%)

5 なもの 2 というの, なりただし, な殉教者, のもの

1 [65件] か, この鶏, じゃ, だ, だぞ, だな, である, で御座ったぞ, とあっ, といいた, という, といひた, と言ひたい穏当, なお, なお婿はん, なこと, なりとして討たれた, なりと称, なり来歴, なる少年, なる廣言, なる快晴, なる手練, な出来, な吹きぶり, な大和男児, な好い若い, な姿勢, な婿, な手腕, な武者ぶり, な武者振り, な武芸者, な男, な美挙, な若者, な見識, な豪, な逆上, にて, に比すべき, のお, の人物, の佳品, の功名, の勇士, の名僧善智識, の婿取り, の手並, の振舞, の方法, の武者, の義侠心, の若者, よき返答, る, るるも, る十四日一島湧出, 仕出かした, 古義通, 安念法師, 御会釈, 快き見得なる, 未來事, 未剋

▼ 天~ (64, 0.5%)

2 という者, に相談, はまるで, は甚八, は笑い

1 [54件] ありまた, からその, からもらった, から師, が, がこれ, が三十五日, が今, が時々, が目, が自分, そこで人知れず, その人, だぜ, であった, とてもオメオメ引き下り, とはいえ, とは同門, と印籠, にきい, にはもどかし, には遺産, にカカワリ, に告げる, のカラクリ, の妹, の娘, の知人, の言葉, はいぶかし, はうなずい, はしきりに, はそれ, はたまりかね, はふと, はもがき, はカラカラ, は千代, は妹, は憑かれた, は時々, は瀕死, は眼光, は私, は秩父, は笑っ, は苦笑, は見るべき, は親, もおどろいた, もくさ, も考え, を中央, を誰

▼ 天なる~ (61, 0.5%)

6 哉命なる 3 かな命, ものの

2 [11件] や不二, や崇きみ生, や弟たなばた, や鳥, ゆらゆらは, 哉この, 嚴の, 大御手, 父の, 神の, 神は

1 [27件] ことを, ものに, や, やおとたなばた, や月日, や神, や雲高, エムピレオに, エルサレムへ, 一眼の, 三位一体に, 光, 光戀ふれ, 哉, 哉小雨の, 哉時なる, 天若日子が, 父と, 父に, 父に対する, 父は, 神に, 神魂御, 美し眼, 花苑の, 調や, 雪の

▼ 天~ (59, 0.5%)

2 であること

1 [57件] か, が目, であるが, というの, という優れたる, という名前, という文字以外, といえ, とか秘色, とはどんな, と漢字, と認め, などというおかしな, なる中国人, に挨拶, に違い, のうしろ, の妻, の手, の略称, の眼, はおどろいた, はこれ以上, はこんな, はそういう, はその, はどう, はなぜ, はひどく, はまた, はまだ, はアン, はリバプール, は一つ, は両, は例, は俄, は全身, は刃, は列車, は前, は大使館参事官, は廊下, は思った, は機上, は眼下, は礼, は身, は遂に, もようやく, も人々, を呼びつけ, を戻し, を扱った, を拾っ, を迎え, 駐仏大使館参事官

▼ 天鵝絨~ (53, 0.4%)

4 のやう 3 のよう 2 のもの, の坂, の括, の紫, の胸当晴れ, の襟

1 [34件] が張っ, で覆ひ, で長く, と皿, に似た, に緋縮緬, の, のマント, の上, の上衣, の凭掛, の劃, の如き, の小さな, の布団, の座蒲団, の空, の緒, の羽, の蒲団, の蓋, の薫, の袍, の襟巻, の赤き, の革鞄, の飾りマント, は物, もて飾れる, よ, を引剥, を擦るごとき, 張りよく, 深くひきかつぎ

▼ 天~ (52, 0.4%)

2 に拠っ, の要害, を利用

1 [46件] ありここ, がある, がなく, じゃない, だ, だが, だった, だね, であって, である, です, で上方方面, で固めた, ともいうべき, と地勢, と地理, と最善, と沃地, と袁紹, によらず, に久しい, に十万, に城下, に恃, に拠り, に拠れ, に立, に迫る, に非, のテッペン, の地勢, の城, の濠, の要地, の野武士城, は伏兵, へ拠っ, をかく, をたのん, をひかえた, を占め, を墜, を恃, を探り, を擁し, を選んだ

▼ 天には~ (47, 0.4%)

3 星の 2 星が

1 [42件] うたがい無きもの, お天道様という, この二つ, ただ一つ, まだ星, やはり月, より多く, 一団の, 一点の, 一種の, 一纖雲なく, 上れなかったの, 低く長く動かざる, 光地には, 六つの, 劒岳が, 勝てず旧い, 勝てない, 天文学者の, 孤月寒く, 寂しく光る, 我等星ぞ, 日が, 昇れない, 朱の, 栄え地, 殺気の, 海を, 清姫の, 火の, 無数の, 白い蝶, 目的が, 相かわらず, 神意の, 羅馬の, 銅板は, 雪も, 雲と, 雲を, 霧の, 黒い幕

▼ 天母生上~ (45, 0.3%)

44 の雲湖 1 の雲湖死闘記

▼ 天~ (42, 0.3%)

2 であつ, の行方, はよく

1 [36件] からの訃報, が姿, が嫌つたの, が潛, です, といふもの, といふ名前, といふ男, とは何時, とを見, と其の, と名, には弟, に娘, に宛て, に至つて, に逢, のこと, の嫁, の家出, の樣子, の消息, はごりがん, は一度, は不具者ぢ, は全く, は其の, は横, は澄まし込ん, は父, は自分, は臺所, ももう, をばそれ, を私, を隱

▼ 天~ (40, 0.3%)

3 の鑰

1 [37件] です, なり淨土, に, にだ, にやる, にゐる, に住ん, に在, に居る, に於ける, に生れる, に甦る, に登る, に眠る, に行けない, に送られる, に遊ぶ, の, の三界, の使者, の夢, の天使, の平和, の批判, の門, は開け, へ, へはひる, へ來, へ行く, へ行つた, も地獄, を建設, を感じさせられました, を望む, を説かん, 難矣哉

▼ 天まで~ (36, 0.3%)

3 とどいて 2 とどくやう, とんだ

1 [29件] そそり立つ断崕, とどくよ, とどく山, とどく怪異, とどけ, のび上りました, のぼって, はねい, もう一歩, もち上げた, ベソを, 伸ばし四百里外, 屆か, 届きそう, 届くほど, 届くよう, 届こうと, 布一重隔つる, 手が, 続く, 續いてる, 腕を, 舞い上がって, 達く, 遠く, 釣り上げら, 釣り上げられるかと, 頭を, 飢えて

▼ 天~ (35, 0.3%)

83 の向 2 の下, の雷

1 [20件] が無くなっ, に, にともなはれ, に隠れる, のあ, のあなた, のたゆ, のへ, の不二, の五百重むら雲, の奥, の白木綿雲, の青く, も, も闢, や, や天雲, を凌ぎけり, を君, 翔る雁

▼ 天ヶ丘~ (32, 0.2%)

2 の南蛮寺, の石段

1 [28件] からシトシト, から十四, から桑名, から桑名城, から道, から降り, から駈けだした, で蛾次郎, といえ, のす, のほう, のようす, の古, の寺領, の方角, の朱門, の松林, の者ども, へかえって, へかけのぼった, へのぼっ, へのぼりだす, へむかいまする, へ付け, へ居住, をくだっ, をくだる, をなか

▼ 天~ (32, 0.2%)

5 御蔭・日之 2 道也と

1 [25件] をめぐる, を厭, を厭てんと, を知る, 何, 安河, 岩戸と, 常立神, 御中主神, 忍許呂島, 探女, 日矛の, 日矛逢えり, 有也, 涯, 瑞物, 眞拆, 眞析, 窟屋に, 経也, 道, 香山, 香山と, 香山に, 香山より

▼ 天~ (30, 0.2%)

4 食事し

1 [26件] おききとどけ, きめられたこと, くる, さ, せう, 其中に, 出る方, 夕食し, 天ぷら, 天ぷらを, 天ぷら食事, 失敗が, 彼に, 御出現, 恐怖状態を, 悪は, 持って, 摩耶夫人に, 舁ぐなんていふばあひにはほかの, 行ったかと, 誓いを, 起らないの, 食ったハシラ, 食事, 食事を, 食事大分趣味が

▼ 天~ (29, 0.2%)

3 の運行

1 [26件] が終始, との關係, と一致, と共に傾い, と爲, に向, に於ける, に現, に通じ, の上, の中心, の光, の外觀, の妙, の影法師, の成立, の整然たる, の日常, の無, の觀測, の説明, の量, はぐる, は地球, は宇宙, 即星

▼ 天高く~ (29, 0.2%)

2 して, 両腕, 地広く, 差しあげ太い, 馬肥える

1 [19件] あげられて, あるいは秋草, のびても, また遠く, ハネ上げました, ロッパ肥る, 地広し, 奮鬪を, 柿赤く, 澄みて, 秋深く, 虹の, 遙かに, 雲遊ぶ, 雲野に, 露気ひ, 露清く, 飛んだかと, 馬肥ゆといった

▼ 天~ (28, 0.2%)

3 ょうの 2 ょうも

1 [23件] やうに, ょうから, ょうからさがっている電灯の, ょうからつるされていました, ょうからにらみつけていたものですから, ょうからぶらさげてくれというのか, ょうがどしんと落ち, ょうがふつうの部屋の, ょうに, ょうについて, ょうにまでとどいてぜんぶで, ょうのすみを見あげ, ょうのひくいま, ょうのまん中から, ょうへとどくとそこから, ょうを, ょうをこしらえて待ち受け, ょうをしかけて待ち受け, ょうをなめながらのたくりまわった, ょう穴が, ょう裏は, ょう裏を, ょう黒い

▼ 天つのり~ (28, 0.2%)

4 との太のりと言 3 とに移る, との太のりと詞, と云々 2 との類

1 [13件] となる, とに於い, とのやう, との別, との太のりとごと, との様, との部分, とは別に, とは姑, とも左様, とを唱, とを挿, と同様

▼ 天~ (28, 0.2%)

2 の思想, や玉晨道君

1 [24件] が書かれた, が此經, である玉帝, といふ名目, といふ神, とも云, と老子, に進化, のお, の像, の弟子, の御, の言也, は佛教, は即ち, は煉丹, は自然, は虚皇, は道法, は靈寳無量度人上品妙經六十一卷, より出た, を尊ん, を自然, 見在

▼ 天滿宮~ (28, 0.2%)

3 の境内, の神主

1 [22件] から寳物, には別, に雨, の別, の廣, の御家人, の所在地, の昔, の木立, の本殿, の東門, の東門前, の神體, の祭神, の空濠, の領地, の領地二ヶ村半, の馬場先, まで乘, や光遍寺, より更に, を拜禮

▼ 天~ (27, 0.2%)

5 の意志 2 はこれ

1 [20件] がお, に謝, の使命, の嘉納, の堂, の宮, の恩愛, の意, の意思, の慈愛, の救, の教え, の聖旨, はこれら, は又, より聞いた, をお, を以て唯一, を信じる, 又他

▼ 天婦羅~ (25, 0.2%)

5 を揚げ 2 を食べ

1 [18件] か火種, が天井, が揚る, が自分, だけで, で苦労, などはどう, ならわい, にした, の, のタネ, の売上箱, は出しまへ, は味, も売った, を揚げた, を私, を配っ

▼ 天~ (25, 0.2%)

5 が互に, の姿

1 [15件] という, と呼ばるる, と呼ばれた, などは扶持離れ, にも及ばぬ, に関する物, のみの事, の呪法, の小, の火, の由緒, の神様, の篤志家, の護法神, の道

▼ 天にて~ (23, 0.2%)

2 ダンテに

1 [21件] かの聖者, キリストの, セラフィーニと共に, 光光に, 始まれるもの, 形造らる, 御す故, 御す故に, 思ひ定められしなり, 我自ら汝に, 最強き光, 歌ふ, 聖ベネデクトゥスの, 聞ける所, 見ざりしこと, 解き知るなる, 詩人を, 諸天使, 造られし意, 選ばれて, 開くに

▼ 天降った~ (23, 0.2%)

2 ように

1 [21件] あたりと, かという疑い, ことでしょう, とも思われた, のか, ものとでも, 不意の, 事です, 事までは, 侯爵令嬢良子が, 処を, 天女の, 天孫民族である, 天津乙女が, 天津乙女の, 天降った, 太陽そのまま, 妙に, 男女神が, 織姫の, 菩薩に

▼ 天をも~ (21, 0.2%)

2 焦がしさ, 焦がしそう

1 [17件] 人をも, 咎めず自若, 地をも, 怖れない, 怨まず人, 怨みず人, 怨みません, 惧れない, 感ずるとか, 摩する巨木, 焦がさむ勢, 焦がすばかりにて, 焦す, 罪あり, 衝くよう, 裁断した, 隠すかと

▼ 天~ (21, 0.2%)

32 の白びかりする環, を染めだした

1 [14件] がやや, が明るく, で, にかかる, に一種, に削られ, に投げ, に糸, の青らむま下, は濁つた, までいちめん, も, を望まう, を染めた

▼ 天~ (21, 0.2%)

4 の啼く

1 [17件] と名づけ, になさしめ給え, のかなた, のごとき, のほか, の取り扱い, の唄う, の美しい, の轟きでせう, の飼桶, はこの, は八歳, もまた, も嬉々, を撃つ如く, を飼っ, を鳴らさん

▼ 天~ (20, 0.2%)

2 は白痴

1 [18件] がひとり, が一家, が参右衛門, が搗く, が新米, が毎朝, であろう, と二人きり, どーん, のした, のその, の元気, の手つき, の掘り出した, はいつも, は云った, は身体, を誘う

▼ 天~ (20, 0.2%)

1 [20件] が帰安県, が至る, とは最も, と崇めた, と稱, にすがっ, のかじ符, の始祖張道陵, はおごそか, はその後, はまた, は三十五代, は三十八代, は壇, は大きい, は眉, は道家, をむかえ, を召され, 但笑謝

▼ 天~ (20, 0.2%)

1 [20件] だの, とそうして, とをまといつける, などの緑, などもすっかり, なりといえ, のなびき, の工合, の左右整斉, の料, の燦爛たる, の紐, をつまん, をつまんだ, をもっ, を与え, を惜, を肩, を風, ヲ風ニヒルガエシタ颯子

▼ 天~ (19, 0.1%)

4 地か 3 命か

1 [12件] けらむ, それを, わからぬやつ, 人の, 何かで, 何処か, 天馬の, 時か, 本天, 神かが, 股肱の, 飯綱の

▼ 天~ (19, 0.1%)

2 の御

1 [17件] が地神盲僧, が松, であろうそこ, には油揚, に上げる, に伺ツ, のお, の小さな, の愛する, の社, は勝負事, は縁結び, は願, も能勢, や袖摺稲荷, を入れる, を本尊

▼ 天~ (19, 0.1%)

2 には舌

1 [17件] であったろう, でもあった, ならむは教, なりとの評判, にあるべき, にもよるであろう, のまろ, の世辞愛嬌, の名手, の才, の才能, の才腕, の本量一尺, の福力, の食癖, を十分, 少し文才

▼ 天文學~ (18, 0.1%)

3 によれ

1 [15件] が唐代, による七遊星, に堪能, に精通, に魁, の時, の道, の開け, の難題, は今日, は天體, は日本, も眞實, や物理學, 多く之

▼ 天~ (18, 0.1%)

2 子が, 鐡は

1 [14件] つた, つて來た, つて額の, に随従, を言, 之処也, 井である, 付天之, 休祉, 子と, 子は, 就神乃香山, 神話を, 言を

▼ 天~ (17, 0.1%)

4 に即 2 になつ, を覬覦 1 とは別, なの, にした, に掛けぬ, のクロニオーン, の覬覦者, を何様, を望んだ, を窺うた

▼ 天~ (17, 0.1%)

2 にし, の厳守

1 [13件] か, が分からなく, である, ですからね, ですでなければ, なり無精, に任じ, に反したる, に支配, のみ存, を奉ずる, を意味, 果して斯

▼ 天~ (17, 0.1%)

1 [17件] に仰ぐ, に懸っ, に投げかけ, に押し立てられ, に揺曳, に望ん, に紫紺, に聳えたる, に聳え立っ, に聳立, に見え初め, に連, の火柱, を截っ, を断絶, を過, 空白老

▼ 天~ (17, 0.1%)

4 の乱 2 のむかし, の昔 1 のころ, の二年十一月, の二年十一月二十一日, の将門, の昔平将門, の時代, の流行神, は将門, 承平

▼ 天光光氏~ (16, 0.1%)

4 の場合

1 [12件] がすぐれた, がアヤマチ, が単に, の厳粛, の問題, は公人, は因果モノ的, は理知性, は選挙対策, も因果モノ, も理知, を家出

▼ 天文學者~ (16, 0.1%)

1 [16件] が出, が勤務, が數多, が新しい, が豫想, が隨分, であ, でなくては, として聞えた, の卵, の瞿曇悉達, の研究, の間, は印度暦, も相, を唐

▼ 天皇紀~ (16, 0.1%)

1 [16件] が登場人物, でも機密, というもの, にある, には麻績王, にも天皇嘗其厳瓮之粮, に依, に殺, に見られる, に超, の, の五年十月丁酉, の注記, は仏教, もダブリ, をも含め

▼ 天~ (16, 0.1%)

2 の亀裂

1 [14件] からかすか, が沈下, には金剛石, には鰐, に割れ目, に異動, のつめたい, の半月, の坑木, の沈下, の異動, は澄み, へ眼, も崩落

▼ 天走り~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] にやつ, に私達, に自, に走っ, に逃げ延び, に飛ん, に駆け付けました, に駈けつけ, に駈け出した, に驅, のヘッセ人, 下高井戸から, 獅子の, 遥か遅れ

▼ 天部部落~ (16, 0.1%)

2 の如き, はもと四条河原

1 [12件] から出, がかつて, がなお, が今に, が四条河原, の事, の年寄松浦氏, の旧, の状態, はもと, は鉄道, を通過

▼ 天丸左陣~ (15, 0.1%)

3 と人丸左陣

1 [12件] あッとばかりに, が訊き返した, でござる, といえ, とも云われまい, と申す, に人丸左陣, はこれ, はやや, はポン, は顔, へ事

▼ 天滿與力~ (15, 0.1%)

2 の何某

1 [13件] がすご, に舟, の大きな, の形, はそれ, は太い, は渡船, は玄竹, は町人, は眞, は肩, は面, も幅

▼ 天~ (15, 0.1%)

7 御魂神社 2 といふ字 1 という女酋長, とも何とも, 大神像, 御魂, 御魂社, 御魂神

▼ 天祥丸~ (15, 0.1%)

2 と言う, の船員

1 [11件] がまだ, が四日市, って言う, に乗り組ん, のセーラー, の乗組員, の水夫, の水夫長, の船長, は, は小

▼ 天~ (15, 0.1%)

1 [15件] から皇城, たちまち大いに開け, とある, と額, のほとり, の上, の景, の露清語學校, は弟子, より暗, を入る, を出, を潜っ, 両塊, 高くし

▼ 天降る~ (15, 0.1%)

2 その磐船, 生徒は

1 [11件] までに彼, ものと, わけで, 事に, 天人を, 座所に, 所で, 時は, 狂気じみた, 神が, 通い路で

▼ 天霊様~ (15, 0.1%)

2 の御

1 [13件] という流行神, にこった, に一身, に乗込みました, に入り浸っ, に納める, のこと, の信心, の本山, の祈祷所, は一度, を担ぎ出し, を素晴らしい

▼ 天という~ (14, 0.1%)

2 ものは

1 [12件] お方も, ことである, なり, のは, のを, ものです, ものに, ものを, ユダヤ退治の, 位, 僧の, 慾天の

▼ 天~ (14, 0.1%)

2 無量海底ひも, 高天原 1 八艘飛び, 地や, 符堅や, 股引が, 興福寺の, 鬼を, 鬼神と, 鬼神の, 鬼神を, 鯤が

▼ 天降っ~ (14, 0.1%)

2 てまた, て来た, て来る 1 てくる, てでも来る, てやろう, て來, て来, て梁, て破天荒, て食堂

▼ 天~ (14, 0.1%)

2 が江戸

1 [12件] がお, が何處, でないと, といふの, と言つて, なんて化物, に疑ひ, のところ, は, は何處, は川越, は江戸

▼ 天~ (13, 0.1%)

2 の体

1 [11件] が何用, でござる, の頭, はしばらく, はその, は哄笑, は小さい, は怒鳴りつけた, は手, は立ち上がる, は苦々し

▼ 天妙教~ (13, 0.1%)

2 の信仰, の出店 1 がす, ですよ, と手, など問題, においては朝晩タイコ, にす, のオバサン, の手切り, へ乗りこむ

▼ 天~ (13, 0.1%)

2 を翔け

1 [11件] に入らぬ, に聳, に虹, の, のこと, の栄, の足音, へ之, を巡歴, を走り去りぬ, 知らしめ

▼ 天~ (13, 0.1%)

1 [13件] が招待, の事, の家, の純潔, の誰, の静か, はまた, は恐く, は或は, をみ, を壇上, を見上げ, 無疆寿

▼ 天~ (12, 0.1%)

3 を全う, を完 1 があつ, とはい, の蔓, より羅馬法皇, をまつ, を惜むの

▼ 天~ (12, 0.1%)

1 [12件] であり天爵, である, と云, と存じ, にて戦争, にも一番, にも君等, にも關係, の二者, の反間, の国, を得

▼ 天~ (12, 0.1%)

2 をひっさげ 1 の下, の妙手, はしばしば, は一上一下, をさげ, をふりかぶっ, をふりかぶった, を使え, を操る如く, を馬上

▼ 天~ (12, 0.1%)

2 のむかし, の頃 1 いらい荒廃, の制, の古制, の御代, の昔, の治, まで即ち, より文治

▼ 天照太神~ (12, 0.1%)

2 と素盞嗚尊 1 が太陽神, と争闘軋轢, と相, と素盞嗚, に讓, の太陽神, の弟, の玉, の神田, の称号

▼ 天~ (12, 0.1%)

3 がある, だ 1 があるなら, がなけれ, が授かる, をもらう, を喰おう, を完

▼ 天鬼様~ (12, 0.1%)

1 [12件] が城, が持っ, にあずけ, のお, のご, の奉公人, の懐中, の遺族, は鐘巻, へ託し, を殺した, を殺めた

▼ 天~ (12, 0.1%)

2 の土地 1 から歸つて直ぐ道會, で何とか, にある, に入る, の國境, の土地問題, の山林, の或, の未墾地, の雲

▼ 天からの~ (11, 0.1%)

2 階段に 1 御慰め, 授かりものだ, 授かりものを, 授かり物, 賜物の, 追放の, 通路である, 階段によ, 預かり物

▼ 天さん~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, がお, である, にお参り, の右肩, は小, は早速, は歌, は箸, まあ待つ, や仙波氏

▼ 天光教~ (11, 0.1%)

2 の奥書院 1 だ, ではそういう, では新生寺さん, なんかに足, の執事, の生命, の総務, へ行っ, を理想的

▼ 天~ (11, 0.1%)

3 かしこきクロニオーン 2 かしこき, かしこきクロニデー 1 かしこきクロノス, かならずお, を怖, を藉

▼ 天~ (11, 0.1%)

2 のよう, を奏し 1 が不断, であるごとく喨々, と聴かれ, の調べ, の音, の響き, を好む

▼ 天~ (11, 0.1%)

1 [11件] であります, といつ, と同じ, と同一趣向, なり, に比べまする, に限る, の意義, の貧民街, の風景, も長く

▼ 天狼星~ (11, 0.1%)

2 との間, の最大視差 1 が日の出, が水, が青く, でこれ, でもあらう, の視差, の閃光

▼ 天~ (11, 0.1%)

2 がある 1 ありと, ある者, か日本, が熟した, であろうと, では無い, に対して大きな, の必ず, をうらまね

▼ 天華堂~ (11, 0.1%)

1 [11件] から買った, が横, では真珠, と岩城さん, に行った, の主人, の店, の節, の顔, は眉, を疑っ

▼ 天陽様~ (11, 0.1%)

2 が強い, の下, の光り 1 と米, のやる, ばかりを見, ばかり見, を睨ん

▼ 天香具山~ (11, 0.1%)

4 をあれ 1 という山, のかつら, の土, はすくなくとも, は伊予, は尠, 同じく大和

▼ 天~ (10, 0.1%)

1 かる夷, かる家路, かる鄙, のぼっての, のぼつ, ばかり風景, へ燬, 伸びた豆, 伸びて, 来いと

▼ 天とう~ (10, 0.1%)

3 様の 1 さまが, では, へ行っ, へ親見参, も蕎麦饅頭, 様が, 様に

▼ 天との~ (10, 0.1%)

2 顏つきに 1 二つによって, 二つの, 境が, 婚約の, 対立が, 間さ薄あかりの, 間に, 關係を

▼ 天へも~ (10, 0.1%)

2 昇る心地 1 とどくかと, 上る気持, 上れず, 昇るつもり, 昇るやう, 昇る心持, 登る嬉し, 響けと

▼ 天よりの~ (10, 0.1%)

1 つとめとしての, 人々は, 使命を, 啓示に, 証し今, 迎えが, 雨止ぬ, 預かり物, 預りものと, 預り物と

▼ 天二上~ (10, 0.1%)

54 に求めた 1 は中

▼ 天~ (10, 0.1%)

2 と云う, なれば 1 が最もよく, だ, だったので, でご, とから自然, には一つ

▼ 天~ (10, 0.1%)

2 の中 1 から云, であり一, である, といふもの, との間, にも過ぎ, は情, は知り

▼ 天知る~ (10, 0.1%)

6 地知る 2 地知るだ, 迦流美豆比賣

▼ 天~ (10, 0.1%)

2 も死刑 1 がドウ, が天命, が正気, という人, の正気, の正気歌, の詩, 丸以外

▼ 天~ (10, 0.1%)

4 彦の 2 彦を 1 彦に, 彦必害に, 彦物語は, 日子の

▼ 天~ (10, 0.1%)

1 じゃない, じゃ天華, とかなんとか, とでもし, と云う, と名乗つて旅先, は開いた, ふる極楽, を捧げ, を襲つた

▼ 天門堂~ (10, 0.1%)

1 が伯爵, が来, ではなかっ, には皆目, に化け, はこの, はさかん, はしげしげと, は話, へ適当

▼ 天からでも~ (9, 0.1%)

2 繰り出して, 降って, 降つて 1 降ったよう, 降つたと, 降つたやう

▼ 天われ~ (9, 0.1%)

1 にいのち許さば杖, にもう, に与す, に先頃, に許さ, を助くる, を助け, を扶, を殺さずし

▼ 天~ (9, 0.1%)

1 にくわしい, に応じ, に応じた, の帰結, の約束, の運行, は変, 何で小さい, 尽き天下

▼ 天滿~ (9, 0.1%)

2 の七之助, の邸 1 の七之助一味, の三口御構, の出入商人納屋小左衞門方, へ歸, 小學校

▼ 天童子~ (9, 0.1%)

1 が描かれ, だという, の剣, の御, の数, の現, は即座, も御, を勤め

▼ 天賞堂~ (9, 0.1%)

2 の広告 1 から取った, の主人, の保険つき, の店員, は私, へ行った, も古い

▼ 天~ (9, 0.1%)

3 る, る鄙 2 る鄙辺 1 るひな

▼ 天飛ぶ~ (9, 0.1%)

2 や雁, 鳥も 1 や鵄, 雁の, 雲に, 雷が, 風も

▼ 天とか~ (8, 0.1%)

2 天使とか 1 いったよう, 人道とか, 何とかいう, 命とかいう, 晴天とか, 神とか

▼ 天とは~ (8, 0.1%)

2 これをや 1 もちろん時勢, 一体どんな, 何だ, 憂苦に, 時空を, 言葉を

▼ 天にては~ (8, 0.1%)

1 いかなれ, いとうや, この光なほ, 光さらに, 被造物, 諸聖徒, 諸靈, 距離の

▼ 天~ (8, 0.1%)

2 見ナイ 1 戴カズとまで, 敬シ人ヲ, 極メ, 欺キ地ヲ, 百億萬年, 知ル

▼ 天~ (8, 0.1%)

2 などの名 1 から御伽婢子, などいふ名, などは祓除以外, などを持っ, には何, の人形

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 に入, に入れ, に牒, に警務衙門, の土, の地, の神, は西岳華山の神

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 から發, であるこの, と精神, に力, の大, を妨ぐる, を恢弘, を経綸め宗廟

▼ 天~ (8, 0.1%)

3 の額 2 の御 1 がそれ, の女, をお納め

▼ 天河石~ (8, 0.1%)

2 の板 1 からあやしい, で組み, と打ち劈かれた, のところ, のりんどう, の花

▼ 天翔ける~ (8, 0.1%)

1 ことも, 思想に, 怪物, 衣が, 論理を, 道を, 鳥の, 鷲の

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 の勾玉七つ, の如し, の露草七つ, はますます, は俄, を佩, 常に燃, 次第に金色

▼ 天蕩山~ (8, 0.1%)

1 と申す, にはわが, に至り, の嶮, は味方, より呼びよせ, を捨て, を追われ

▼ 天衣紛上野~ (8, 0.1%)

8 初花

▼ 天~ (8, 0.1%)

2 の中 1 と卜部祭文, と解した, なる事, に習合, の常用文句, らしい痕跡

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 からころがり落ち, がキユーピー, で鳴い, に寸碧, に桃, の方, へでも登つて, へ持つ

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 が余りに, に吹かせ, に吹き散らされ, に逆ら, の喫, の方, はそれ, は時計

▼ 天~ (8, 0.1%)

1 があなた, がそういう, と探偵猫, と書き, と貫一, の名声, の技術, めである

▼ 天では~ (7, 0.1%)

1 ありません, ある, ないの, なくて, 俺の, 別に何, 神様そして

▼ 天~ (7, 0.1%)

1 わが忠勇, 地よ, 新劇の, 気の毒な, 百難を, 美しい五月, 花の

▼ 天和尚~ (7, 0.1%)

1 がそんな, が其の, が合掌, だの信田, でも弘法大師, はさつき, はもともと

▼ 天~ (7, 0.1%)

4 へ往 2 の方 1 の一僧

▼ 天~ (7, 0.1%)

1 である, と名, はパッ, も, よりはお, をこれ, を拳

▼ 天慶二年~ (7, 0.1%)

2 の事 1 に至つて, の六月上旬病死, の夏中, の条, の秋

▼ 天暗く~ (7, 0.1%)

2 して 1 なりしこと聖書, 天満宮の, 暴風至り戸を, 水黒く, 筑波から

▼ 天~ (7, 0.1%)

2 くだけ地維 1 と云い, に就, は摧, をそそり立ている, を以て天上

▼ 天~ (7, 0.1%)

2 の話 1 がイトマ, という坊主, は答えた, への注, を自分

▼ 天照皇大神~ (7, 0.1%)

1 と言われる, の幅, の掛物, の神符, の魂, は本地大日如来, を中心

▼ 天~ (7, 0.1%)

2 始めて 1 なき光輝, の御, の眷族, の身これ, はじめて基

▼ 天~ (7, 0.1%)

1 のもの, の位置, の内容, の性質, の恩惠, の才, の生活

▼ 天~ (7, 0.1%)

4 の翅 2 は肉 1 が小さな

▼ 天~ (7, 0.1%)

1 し, ひ時雨, ふ息吹, もくもくと流れ, らしふる雨, らし降る雪, らし零

▼ 天~ (7, 0.1%)

3 の美質 1 かにし, かに晴れ, の質, をもって浅井家

▼ 天における~ (6, 0.0%)

2 なんじら 1 天使の, 天若日子の, 彼の, 推薦を

▼ 天のみ~ (6, 0.0%)

1 かげ, かげ・日, すがた, であるが, です, 之を

▼ 天~ (6, 0.0%)

3 しりに 1 しりこの, しりで, しりどこへ

▼ 天への~ (6, 0.0%)

2 扉と 1 ぼつて, 無より, 祈願に, 道は

▼ 天よりも~ (6, 0.0%)

1 そのゑがく弧大, 厖大なる, 大きい編笠, 新しい部分, 自分だけ, 高いところ

▼ 天~ (6, 0.0%)

1 不徳ノ, 二上に, 保存シタル者, 照覧ニ任ス, 計ラヒナルカノ如キ妙諦ハ, 邪鬼を

▼ 天一碧~ (6, 0.0%)

5 の下 1 のあなた

▼ 天~ (6, 0.0%)

1 し處士政客大抵京城, の儚い, の妙案, の音, の音響, の鼓吹

▼ 天光光~ (6, 0.0%)

2 を殺し 1 という代議士, とか山ロシヅヱ, なる娘, は自分

▼ 天~ (6, 0.0%)

51 私と

▼ 天及び~ (6, 0.0%)

1 そが, その内, 地球が, 天使は, 天使を, 恒星プーリーモ・モービレエムピレオの

▼ 天奏衆~ (6, 0.0%)

1 お宿坊, がお, の御, の江戸滞在中, はもう, 御出発

▼ 天~ (6, 0.0%)

21 くだせし命令, の意, の愛する, の承諾

▼ 天~ (6, 0.0%)

2 の亂 1 の時代, の末, の末年, の盛時

▼ 天~ (6, 0.0%)

1 から一つ, か壁, へ燃えあがっちゃうでしょう, まで燃えあがっちまう, を見, を見まもっ

▼ 天御中主神~ (6, 0.0%)

1 が上, とおっしゃる, の否定, の意義, はこの, を感じる

▼ 天~ (6, 0.0%)

2 といふ易者 1 とかに妙, の名, の如く, 厚き地方

▼ 天~ (6, 0.0%)

2 女の 1 女である, 女でしょう, 女は, 女来り

▼ 天~ (6, 0.0%)

1 が聳立, の八字, の形, の正面, は武后, を建てた

▼ 天氣輪~ (6, 0.0%)

6 の柱

▼ 天流斎~ (6, 0.0%)

2 の頭 1 という剣客, のうけた, は即死, は真剣

▼ 天照る~ (6, 0.0%)

3 神ひるめ 1 や日, 日の, 神も

▼ 天照皇~ (6, 0.0%)

5 太神宮 1 御神

▼ 天父ヂュウス~ (6, 0.0%)

2 よアレース 1 に祈祷上げ胸, は虚僞, よ君, よ群神

▼ 天瓜冬~ (6, 0.0%)

3 の砂糖漬 1 の三百, の届け直し, の砂糖菓子

▼ 天華クラブ~ (6, 0.0%)

1 がよし, の前庭, の支那料理, へ支那料理食, へ食, や天仙閣の

▼ 天蔵どの~ (6, 0.0%)

1 が番, が逃げました, とはあなた, と城内櫓下, なので, も非

▼ 天變地異~ (6, 0.0%)

1 ではない, においてである, に出, のつ, を感知, 若くは

▼ 天~ (6, 0.0%)

1 たるエディ・ホテル, となっ, の一部, の朝, の聳, の食事

▼ 天願さん~ (6, 0.0%)

1 うたいませんか, で御座, には判らない, は居る, は死んだ, もし昨晩あなた

▼ 天これ~ (5, 0.0%)

2 を知る 1 によりて今, を見, を許したまわず

▼ 天そそる~ (5, 0.0%)

2 妙義荒船遥ば 1 不二の, 不二を, 岩の

▼ 天その~ (5, 0.0%)

1 上に, 志を, 攘夷を, 物を, 隨處の

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 晴れと, 晴れ神君御, 晴見上げた, 辺で, 辺に

▼ 天つのりと~ (5, 0.0%)

2 と言 1 とは天上, と称すべき, と称する

▼ 天にのみ~ (5, 0.0%)

2 生ずるもの 1 あたかも軸, 歸し, 眼を

▼ 天に対して~ (5, 0.0%)

1 不平を, 恐れあり枉げて, 恐れが, 胸を, 語り得るとき

▼ 天ゆく~ (5, 0.0%)

1 からに險路, 影の, 日も, 月を, 羽車や

▼ 天ようやく~ (5, 0.0%)

1 はれて, はれ一輪, はれ星文, 晴る, 暗し

▼ 天プラ~ (5, 0.0%)

1 だの色々, にはお, は橋喜, やすし, やフグチリ

▼ 天二物~ (5, 0.0%)

2 を与えず, を与へず 1 を與

▼ 天付き~ (5, 0.0%)

4 はママ 1

▼ 天光光嬢~ (5, 0.0%)

1 に関する限り, の武家時代, の行為, はフロシキ包み, は身

▼ 天勾践~ (5, 0.0%)

21 を空しゅう, ヲ空ウスル勿レ, ヲ空シウスル莫レ

▼ 天國押波流岐廣庭~ (5, 0.0%)

2 の命, の天皇 1 の命一柱

▼ 天妃ヘーレー~ (5, 0.0%)

1 と我と, の命帶, の怒, の胸, 計つて天王

▼ 天安河~ (5, 0.0%)

2 の河原 1 という河, の水, の河上

▼ 天寶十~ (5, 0.0%)

2 載七月 1 載, 載すなは, 載の

▼ 天押雲根~ (5, 0.0%)

5 と申される

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 の一声, の境地, 快活に, 無門, 等の

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 に赴く, のおも, も吹き, を, をさ

▼ 天~ (5, 0.0%)

2 に寄す 1 といつた, の發會, は翌年

▼ 天末線~ (5, 0.0%)

21 の恐ろし, の風, を重

▼ 天氣さ~ (5, 0.0%)

2 へよけれ 1 へい, へ好, へ良けれ

▼ 天滿宮さん~ (5, 0.0%)

1 の石段, の神主, の罰, もいよ, を皆

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 と称し, などというもの, の法, は九尾, 中狐

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 である, なもの, な客観性, に処理, に浮游

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 とも離れ, の妙相, の發露, の花, の顏

▼ 天聲君~ (5, 0.0%)

1 との間, などと相談, にもし, の百萬坪, も一圓

▼ 天~ (5, 0.0%)

2 を破つ 1 を破つた, を破り, 未放

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 しつつ, の, のごとく, のめぐりあわせ, の怪

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 が無けれ, によつて, のため, の際, を重大視

▼ 天運行~ (5, 0.0%)

2 の本 1 す, の測定, の軸

▼ 天鈿女~ (5, 0.0%)

1 すなわちその, なり, の命, は目人, 醜を

▼ 天~ (5, 0.0%)

1 を帯び, を注がぬ, を脱, を降らし, 不止用傷五穀如何如何霊而不幸

▼ 天馳使~ (5, 0.0%)

5 の歌

▼ 天鳳五年~ (5, 0.0%)

2 まで五十二歳 1 といふこと, に死んだ, より七十一歳丈

▼ 天ざかる鄙~ (4, 0.0%)

1 とも著く, の上総, の奴, の長路ゆ恋

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 てしまった, てもう, ゃまのねじ助八重の, ょうじゅういちねん卯月二十四日と

▼ 天そのもの~ (4, 0.0%)

2 であると 1 から下り, の詩

▼ 天でも~ (4, 0.0%)

1 一丁と, 五山でも, 本郷から, 無風流を

▼ 天といふ~ (4, 0.0%)

1 のは, らし盃, 擬制的若く, 種民天に

▼ 天なお~ (4, 0.0%)

1 彼に, 明らかに, 漢朝を, 高し遠しいわんや

▼ 天なら~ (4, 0.0%)

1 め, んや, 僕の, 自分は

▼ 天なり~ (4, 0.0%)

1 人地上の, 命なり, 命なりと, 地に

▼ 天において~ (4, 0.0%)

1 ダンテに, 一種の, 喜びあるべし, 神を

▼ 天にな~ (4, 0.0%)

1 つて, つて吾身を, つて噪いで, つて踊り狂ひ

▼ 天に対し~ (4, 0.0%)

1 同国人に対し, 同国人に対しての, 妻に対し, 神に対する

▼ 天に対する~ (4, 0.0%)

1 冒, 嘲笑, 怨嗟と, 遥拝所で

▼ 天まだ~ (4, 0.0%)

1 官兵衛を, 明けずその, 晦し, 暗い翌

▼ 天をば~ (4, 0.0%)

2 黄金色ならしめ 1 常にその, 摧きゃせぬ

▼ 天ッぺん~ (4, 0.0%)

1 にさえチロチロ, の熟柿, へよじのぼっ, へ駈けあがっ

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 が出た, という小坊主, の手品, の西洋奇術

▼ 天仙台~ (4, 0.0%)

1 から一眸, と天女, は新, へ登っ

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 がささない, に接したる, に立つ, の反射作用

▼ 天八井~ (4, 0.0%)

4 の水

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 その愚, はいたずら者, 之錫也哉, 其の使者

▼ 天善神~ (4, 0.0%)

2 の蔭 1 と同じく, と同一

▼ 天売り~ (4, 0.0%)

2 の小僧 1 のチョビ安, の子供

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 であるとも, の作, の古き, の釜肌

▼ 天妙大神~ (4, 0.0%)

1 とお, のオボシメシ, のゴセンタク, の御意

▼ 天妙様~ (4, 0.0%)

1 に祈つ, の可愛い, の御, の御意

▼ 天婦羅屋~ (4, 0.0%)

1 で二階, は十五年, へはいっ, や河豚料理屋

▼ 天~ (4, 0.0%)

2 に向かっ 1 からたたきつけた, から頭上

▼ 天~ (4, 0.0%)

3 といふ成語 1 といひ

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 であつ, であり人間, の厚い, を空しく

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 にたかし, に夫子, の一人, ニ雨フラントスレバ先ヅ以テ之

▼ 天幕張~ (4, 0.0%)

1 だろうが, の中, の設備, の郵便局

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 に從, は義, を奉じ, を規矩

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 がある, となる, の志士, は公園

▼ 天念佛~ (4, 0.0%)

1 という, に念佛衆, の衆, の鐘

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 に兵馬, に捺し, をほろぼす, を殺さずし

▼ 天文書~ (4, 0.0%)

1 すら読破, のこと, を読破, を購入

▼ 天斉廟~ (4, 0.0%)

1 が各地, でも既に, は今, を観た

▼ 天日嗣~ (4, 0.0%)

2 の広き 1 を先, を危う

▼ 天晴れ父~ (4, 0.0%)

2 の名 1 の仇, の仇敵

▼ 天氣晴朗~ (4, 0.0%)

1 で波, で海波平穩, なりき, なる一日

▼ 天氣續~ (4, 0.0%)

1 きです, きでろくな, きで人間, きで水

▼ 天氣豫報~ (4, 0.0%)

1 にも見えざりし曇り, の放送, の程度, の風

▼ 天滿山官林~ (4, 0.0%)

1 に天狗さん, の松茸, の松茸ぐらゐ, は誰

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 を賜り, を賜わり, を降しおかる, 御下賜

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 がさがっ, の麻雀技, を受取っ, を持ち

▼ 天篠塚稲荷~ (4, 0.0%)

1 のきざはし, のまえ, の前, の地洞

▼ 天~ (4, 0.0%)

2 寺の 1 寺という, 寺へ

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 に掬んだ, に象つた, の智者大師, の良

▼ 天華堂さん~ (4, 0.0%)

1 から聞いた, から鳩, とも話し合った, と岩城さん

▼ 天華堂主人~ (4, 0.0%)

1 だ, と岩城文子, は何, は少し

▼ 天蔵め~ (4, 0.0%)

1 がやもり, をひき連れ, を打ち殺せ, を連れ

▼ 天語歌~ (4, 0.0%)

1 です, と区別, などは最, の方

▼ 天語部~ (4, 0.0%)

1 とを生じた, は後, は鎮護詞, を宰領

▼ 天遠く~ (4, 0.0%)

1 晴れわたり茫々無一物, 晴れ月, 晴れ毎夜月, 碧水いよいよ

▼ 天部村~ (4, 0.0%)

1 お役田地並, から租借, の小, の手下伊左衛門

▼ 天鈿女命~ (4, 0.0%)

2 が岩戸 1 とある, は

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 で二合, の人たち, へいっ, へ来た

▼ 天~ (4, 0.0%)

1 けて舞, つかい喜び, り給, 使わたらすか

▼ 天高き~ (4, 0.0%)

1 候にて, 夕まぐれ, 所に, 晩秋訪ふも

▼ 天かける~ (3, 0.0%)

1 そが, のだ, 神さまに

▼ 天この~ (3, 0.0%)

1 光より, 水と, 若君を

▼ 天すでに~ (3, 0.0%)

1 この周瑜, 暗し, 血の

▼ 天たかく~ (3, 0.0%)

2 地ひろし 1 舞いあがった

▼ 天たらし~ (3, 0.0%)

3 たり

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 という気, と云っ, む

▼ 天つみ空~ (3, 0.0%)

2 に照れる 1 は曇らひ

▼ 天である~ (3, 0.0%)

1 とか地, ところの, 夫の

▼ 天とともに~ (3, 0.0%)

1 わが, 仰ぎみて, 続いて

▼ 天とを~ (3, 0.0%)

1 かたどりて, 形どり, 見ても

▼ 天なく~ (3, 0.0%)

2 地なく 1 ば運行

▼ 天なれ~ (3, 0.0%)

1 ばこの, ばご, ば火取虫

▼ 天にでも~ (3, 0.0%)

1 い, のぼって, 捧げるよう

▼ 天にまで~ (3, 0.0%)

1 取り去られたり, 澄んで, 達するかと

▼ 天ばかり~ (3, 0.0%)

2 眺めて 1 見て

▼ 天までも~ (3, 0.0%)

1 上る往來, 持つて, 昇って

▼ 天を通じて~ (3, 0.0%)

1 人間及び, 夢幻の, 諸種の

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 向ッテ飛ブ, 暗日ナシ, 逆ラウ者ハ亡ブ

▼ 天ノワカヒコ~ (3, 0.0%)

1 とは兄弟, はその, を葦原

▼ 天一閣~ (3, 0.0%)

1 が明朝以來, の藏書散佚, の規模

▼ 天上帝~ (3, 0.0%)

2 を祭られた 1 に配し

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 に在り, の何者, の月

▼ 天中軒~ (3, 0.0%)

1 トコトンさん, トコトンです, トコトンの

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 といい, につき, に対して勝利

▼ 天児屋命~ (3, 0.0%)

1 が随うた, の後, 或は太玉命

▼ 天児屋根~ (3, 0.0%)

2 の命太玉 1 の命

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 といふ, へ天ぷら食, へ行く

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 の八田氏, へいつ, 下りたところ

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 がある, のよう, を打倒し薙ぎ倒し

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 などが手荒ら, に狩衣, の纓絡

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 の加護 1 のお

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 とて手 1 といふ

▼ 天即ち~ (3, 0.0%)

1 プリーモ・モービレ, 恒星天に, 藝術の

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 た雪, 何心馬齢開八秩, 雪與梅併作十分春

▼ 天后宮~ (3, 0.0%)

1 とだけが旧, のよう, や城隍廟

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 に過ぎ, 極無, 集会に

▼ 天大聖~ (3, 0.0%)

2 到此一遊 1 も沙和尚

▼ 天太玉命~ (3, 0.0%)

1 などと申す, の副署, を祀る

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 が判官, と, を挿入

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 と別, の三人, は渋江保さん

▼ 天富命~ (3, 0.0%)

1 が天孫, が斎部, に從

▼ 天寒く~ (3, 0.0%)

1 して, 日は, 鶏懶けれ

▼ 天寶三~ (3, 0.0%)

21 載二月

▼ 天寶五~ (3, 0.0%)

1 載, 載の, 載即ち

▼ 天寶以後~ (3, 0.0%)

1 のこと, の人, の碑

▼ 天寶元年~ (3, 0.0%)

1 の建設, はマホメッド, は囘暦

▼ 天寶四~ (3, 0.0%)

21 載以後

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 の小僧 1 の幟

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 を仮さず, を全う, を終る

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 楯という, 楯を, 楽比

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 に奏文, に日蝕, に清色

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 のはて 1 の下

▼ 天~ (3, 0.0%)

3 柱を

▼ 天忍穂耳命~ (3, 0.0%)

1 です, に向かっ, をお召

▼ 天慶三年~ (3, 0.0%)

2 の一月 1 の正月中旬

▼ 天慶元年~ (3, 0.0%)

1 からいえ, となつ, の二月末

▼ 天慶年間~ (3, 0.0%)

1 などはまだ, の将門, 即ち将門死

▼ 天押帶日子~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 の削, の石門, を揮っ

▼ 天明らか~ (3, 0.0%)

1 にし, に曦, に氣象清澄

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 が人事, つきたる, にも關係影響

▼ 天晴れなる~ (3, 0.0%)

1 ぞ, 若者が, 風流男それがしも

▼ 天晴れ見事~ (3, 0.0%)

1 なお, な神妙剣, の棒

▼ 天晴豪傑~ (3, 0.0%)

2 と思ひし 1 かくて

▼ 天曇り~ (3, 0.0%)

1 て海氣濛, 月出崎竹生島模糊として, 風寒し

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 で伝授, に依っ, のうち

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 なり, の太一星, 道遙百濟裝治船舫而句驪無道圖欲見

▼ 天母人~ (3, 0.0%)

1 の一族, の大, の文化

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 がしみじみ, と西, 無懐氏

▼ 天氣模樣~ (3, 0.0%)

1 が變つて, で辻, などのこと

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 といきましょう, などの士, の名人浅山三徳

▼ 天滿村~ (3, 0.0%)

1 のきりぎりす, の部落, は三十餘年

▼ 天滿橋~ (3, 0.0%)

2 を南 1 の間

▼ 天照皇太神~ (3, 0.0%)

1 である, は即ち, を奉安

▼ 天父クロニオーン~ (3, 0.0%)

1 わが軍勢, 又アテーネー, 又アテーネー・アポローン

▼ 天父地母~ (3, 0.0%)

1 の交会作用, の思想, の生殖

▼ 天牛書店~ (3, 0.0%)

2 の二階広間 1 で稽古本

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 の変化, の晴曇, はなん

▼ 天眞爛漫~ (3, 0.0%)

1 といふこと, といふ奴, に現

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 の前, の祭り, は高祖

▼ 天祿閣~ (3, 0.0%)

1 から落ちた, で校書, に書

▼ 天窟戸~ (3, 0.0%)

1 の条, の詞章, 籠り

▼ 天若く~ (3, 0.0%)

3 は神

▼ 天英宗清~ (3, 0.0%)

3 大居士

▼ 天菩比命~ (3, 0.0%)

1 から出雲, であると, も天照大神

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 ほど男子, を, を好み

▼ 天蝎宮~ (3, 0.0%)

1 には, の光, の心宿

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 などという別, に從, や墓碑

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 菩薩の 1 菩薩比丘比丘尼

▼ 天路歴程~ (3, 0.0%)

1 と云, と翻訳, の読者

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 とも称すべき, に任ぜん, を圧倒

▼ 天鑑和尚~ (3, 0.0%)

1 などは元禄三年, などは百七つ, を倅

▼ 天降ります~ (3, 0.0%)

1 と聞きしか, 生命に, 神の

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 くだるかの, といふ名, など稱

▼ 天~ (3, 0.0%)

2 を降らす 1 満ちて

▼ 天霧ら~ (3, 0.0%)

1 ひ不, ひ月夜, ふ吹田茨木雨

▼ 天青氏~ (3, 0.0%)

1 なの, の素姓, を御

▼ 天~ (3, 0.0%)

1 にたたき, へ舞い下る, をかい掴みぬ

▼ 天鳥船神~ (3, 0.0%)

1 が伴う, という神, を御大

▼ 天鳶絨~ (3, 0.0%)

2 のチヨツキ 1 のよう

▼ 天あけ~ (2, 0.0%)

1 て, てはいかが

▼ 天あり~ (2, 0.0%)

1 その名, 偈を

▼ 天いと~ (2, 0.0%)

1 深く傳, 美わ

▼ 天うつ波~ (2, 0.0%)

2 の逆

▼ 天かく~ (2, 0.0%)

1 暗くなりしなるべし, 汝に

▼ 天ぎわ~ (2, 0.0%)

1 から地上, の空

▼ 天くだり~ (2, 0.0%)

1 の役員, の状筥

▼ 天くだる~ (2, 0.0%)

1 やうに, 美女の

▼ 天こそ~ (2, 0.0%)

1 いい迷惑, すなわち彼

▼ 天こと~ (2, 0.0%)

1 にわれ, に穏やか

▼ 天さえ~ (2, 0.0%)

1 かくの, 女主に

▼ 天した~ (2, 0.0%)

1 唐の, 法顕の

▼ 天じょうは~ (2, 0.0%)

1 ひじょうに高い, 高くはじめ

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 これに, とて獅子州

▼ 天そこ~ (2, 0.0%)

1 にはあらわれ, は

▼ 天そそり~ (2, 0.0%)

1 しろく反り立つ, 白く清けき不二

▼ 天そそり立つ~ (2, 0.0%)

1 大峰や, 黝き

▼ 天だけ~ (2, 0.0%)

1 日本へ, 真白い富士

▼ 天づたふ日~ (2, 0.0%)

1 のかたむける, はまだ

▼ 天づたふ日笠~ (2, 0.0%)

2 の浦

▼ 天でない~ (2, 0.0%)

1 か, 佛といふ

▼ 天とぶ~ (2, 0.0%)

1 にやぶれ, 雁に

▼ 天なぞ~ (2, 0.0%)

2 でも

▼ 天なほ~ (2, 0.0%)

1 曇りたるに, 極むべからず

▼ 天なりとして~ (2, 0.0%)

1 棄てること, 止まん

▼ 天にか~ (2, 0.0%)

1 へるまで, へる辺土

▼ 天についての~ (2, 0.0%)

1 この不満, 代表的な

▼ 天にと~ (2, 0.0%)

1 ほらざらめ, ほりて

▼ 天にや~ (2, 0.0%)

1 上り給うべき, 眼も

▼ 天のみが~ (2, 0.0%)

1 これを, 知って

▼ 天へと~ (2, 0.0%)

1 伸ぶる, 向けた

▼ 天また~ (2, 0.0%)

1 天と, 閉じ合うたと

▼ 天までの~ (2, 0.0%)

1 八個の, 土煙の

▼ 天よりは~ (2, 0.0%)

1 最も美しい, 降りけん地

▼ 天わたる~ (2, 0.0%)

2 秋の

▼ 天ッ辺~ (2, 0.0%)

1 から三十五社, から大地

▼ 天ツ神~ (2, 0.0%)

1 の交渉, の本家

▼ 天ツ船~ (2, 0.0%)

1 でのりこんだ, は神話

▼ 天ビン棒~ (2, 0.0%)

1 でかつい, でしわぎつけてやれ

▼ 天プラ屋~ (2, 0.0%)

1 の煮え立つ, へはいつた

▼ 天プラ御殿~ (2, 0.0%)

1 ということ, の主人

▼ 天ヶ下~ (2, 0.0%)

1 にうまく, の芸道

▼ 天ヶ丘一帯~ (2, 0.0%)

1 さらに四方, の取りしまり

▼ 天一坊事件~ (2, 0.0%)

1 その張本, や雲霧仁左衛門事件

▼ 天一色~ (2, 0.0%)

1 の荘厳, の間

▼ 天万里~ (2, 0.0%)

1 に飛揚, の飛翔

▼ 天三十三天~ (2, 0.0%)

2 と段々上

▼ 天三界~ (2, 0.0%)

2 を照破した

▼ 天下人~ (2, 0.0%)

1 なきに, なきわけ

▼ 天伝来~ (2, 0.0%)

1 のもの, の祝詞

▼ 天但馬守~ (2, 0.0%)

1 なの, を知る

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 をか言わん

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 が悪く, にも決して

▼ 天倫寺~ (2, 0.0%)

1 の屋根, の禅院

▼ 天倶楽部~ (2, 0.0%)

2 の連中

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 ぶけ

▼ 天児屋根命~ (2, 0.0%)

1 であったが, は中

▼ 天全く~ (2, 0.0%)

1 明けて, 晴れ渡り日光明朗

▼ 天具帖~ (2, 0.0%)

1 で張られた, の薄き

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の天ぷら, へ行く

▼ 天円地方~ (2, 0.0%)

2 の義

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 に対する観念, 勝つか

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 のもう, は仲見世

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 を味わう, を知っ

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 が八つ, の円運動

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 と地獄, と見

▼ 天地海~ (2, 0.0%)

2 及びその他

▼ 天地震~ (2, 0.0%)

1 怒して, 怒の

▼ 天城山~ (2, 0.0%)

1 で珍しい, の北

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 と窮, の間

▼ 天奏饗応役~ (2, 0.0%)

1 に当てられた, を仰せつけられました

▼ 天婦羅丼~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を註文

▼ 天宇受女命~ (2, 0.0%)

1 という女神, をお呼び

▼ 天安河原~ (2, 0.0%)

1 に神集, もみんな

▼ 天安鞍~ (2, 0.0%)

1 というの, を槍ヶ岳

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 に告ぐる, 大宰篇

▼ 天官書~ (2, 0.0%)

1 にある, には種々

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の地, 良碩

▼ 天寳君~ (2, 0.0%)

1 が居り, を化生

▼ 天寶聖文神武皇帝~ (2, 0.0%)

1 というた, と稱

▼ 天尊様~ (2, 0.0%)

1 の御利益, へお

▼ 天尊赤裂地尊~ (2, 0.0%)

1 という天地二神, の化身

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 有天, 畜

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 の翁

▼ 天岸一順~ (2, 0.0%)

1 という, の宅

▼ 天度地気~ (2, 0.0%)

1 の中正, はクリマ

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 は一度, は毎年大晦日

▼ 天彭さん~ (2, 0.0%)

1 が来, の先

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 を吾

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 を守ら, を定め

▼ 天文學的數字~ (2, 0.0%)

1 が原子分解, になる

▼ 天斎正一~ (2, 0.0%)

1 に女, の手品

▼ 天斬り~ (2, 0.0%)

1 と誇称, 九地に

▼ 天星その他私~ (2, 0.0%)

1 が感覚, が感覺

▼ 天星色星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 なり, をしり

▼ 天晴れ上流~ (2, 0.0%)

2 の客あしら

▼ 天晴れ姐~ (2, 0.0%)

1 御で, 御であった

▼ 天晴れ手練~ (2, 0.0%)

1 のこの, の武士達

▼ 天晴れ武門~ (2, 0.0%)

1 の柱石, の若者

▼ 天晴れ気~ (2, 0.0%)

1 澄み渡り鏡, 澄み鳥

▼ 天晴名門~ (2, 0.0%)

1 の最後, の末路

▼ 天晴立派~ (2, 0.0%)

1 な主人, に建つたる

▼ 天晴風静~ (2, 0.0%)

1 なり今日申剋, なり将軍家

▼ 天朦朧~ (2, 0.0%)

2 の観

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 た吾人, に闇

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 は咳唾

▼ 天柱山~ (2, 0.0%)

1 と吐月峰, に吐月峰

▼ 天梯立~ (2, 0.0%)

1 など言, のとだえた

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の下, の孔雀石

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 は暖まる, もない

▼ 天業恢弘~ (2, 0.0%)

1 の一章, の黎明

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 のやう, の如く

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 に低

▼ 天氣ぢ~ (2, 0.0%)

1 やありません, やね

▼ 天江翁~ (2, 0.0%)

1 の令息, を通じて特別

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 という卦, は衣葛翁

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 のみなら, の差

▼ 天清正~ (2, 0.0%)

2 の立廻り

▼ 天源術~ (2, 0.0%)

1 は易筮, より出でたる

▼ 天源院~ (2, 0.0%)

1 に渡辺さん, に渡邊さん

▼ 天溪君~ (2, 0.0%)

1 が先立つ, の住所

▼ 天溪氏~ (2, 0.0%)

1 が最初, などが一切

▼ 天滿川~ (2, 0.0%)

1 である, といふ其の

▼ 天瀧川~ (2, 0.0%)

1 に産, のザザ虫

▼ 天照大神高座神社~ (2, 0.0%)

1 だけは天照大神高, と稱

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 遠波

▼ 天片雲~ (2, 0.0%)

2 無きの

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 の幼虫

▼ 天玉櫛彦命~ (2, 0.0%)

1 は間人連等, は間人連等祖

▼ 天王様~ (2, 0.0%)

1 であると, へは一向

▼ 天璽照妙~ (2, 0.0%)

1 と全く, の一類型

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 に在る

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 から紅鉛, の新

▼ 天益人~ (2, 0.0%)

1 の如き, の語

▼ 天眞宗豐祖父尊樣~ (2, 0.0%)

2 がお

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の渥, を荷

▼ 天知子~ (2, 0.0%)

1 と愛山生, の威筆

▼ 天破れ~ (2, 0.0%)

1 て紫色, 地驚き

▼ 天社国社~ (2, 0.0%)

1 と謂った, の差別撤却

▼ 天祿~ (2, 0.0%)

1 であり, である

▼ 天祿琳琅書目~ (2, 0.0%)

1 で代表, を作つた

▼ 天穂日命~ (2, 0.0%)

1 と野見宿禰, の後裔

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 となった, を這い上り

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の明り, はほのぼの

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 と為し, をこの

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 なの, の飲み屋

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 一巻の, 四の

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 がある, は地骨皮

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 は人参, は本

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の末年, を得

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の材, の豪雄

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 ということ, を犯された

▼ 天羅国~ (2, 0.0%)

1 にいろいろ, の班足王

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 と云う, 或は宿命

▼ 天~ (2, 0.0%)

2 る母樹

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 かざれば, に達し

▼ 天若し~ (2, 0.0%)

1 予を, 晴れたらん

▼ 天英和尚~ (2, 0.0%)

1 と昔ばなし, の点ずる

▼ 天華倶楽部~ (2, 0.0%)

1 へ, へ小林富佐雄氏

▼ 天華香洞~ (2, 0.0%)

1 に奔, の礎

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 が載せられた, という

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の徒, の輩

▼ 天蔵自身~ (2, 0.0%)

1 こそ本職, の人間

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 とかい, の天ぷら

▼ 天藻璧門~ (2, 0.0%)

2

▼ 天蠍宮~ (2, 0.0%)

1 の星これ, の星東

▼ 天行健~ (2, 0.0%)

1 といふ, なり

▼ 天衣織女~ (2, 0.0%)

1 をし, 見驚而

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 だった, ヲ有

▼ 天語連~ (2, 0.0%)

1 のかばね, の配下

▼ 天走る~ (2, 0.0%)

1 宮路の, 豐旗雲の

▼ 天路さし~ (2, 0.0%)

2 いよよ尽きせ

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 よ滅亡, を恨む

▼ 天輪王~ (2, 0.0%)

1 の尊, の御

▼ 天迦久神~ (2, 0.0%)

2 をお

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 でも有るまい, の如く

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 があった, と伊勢物語

▼ 天錫山本恭庭木村駿卿~ (2, 0.0%)

1 同遊石浜墨陀諸村途中作, 同集石田子道宅

▼ 天長さま~ (2, 0.0%)

1 から御, が上

▼ 天長祝日~ (2, 0.0%)

2 に町内

▼ 天開け~ (2, 0.0%)

1 人は, 身は

▼ 天降つ~ (2, 0.0%)

2 て来る

▼ 天降つた~ (2, 0.0%)

1 妙に, 織姫の

▼ 天降らせ~ (2, 0.0%)

1 て評家, 給ふ

▼ 天陰り雨~ (2, 0.0%)

1 湿うて, 湿うの

▼ 天陽様相手~ (2, 0.0%)

1 に商売, に行動

▼ 天隨君~ (2, 0.0%)

1 に注意, を除き

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 の比, をも事

▼ 天青し~ (2, 0.0%)

1 海青し, 雲白し

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 と改元, の年号

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 でも顕れる, を左右

▼ 天香山~ (2, 0.0%)

1 の五百津, 之天

▼ 天駈ける~ (2, 0.0%)

2 尊公の

▼ 天髣髴~ (2, 0.0%)

1 の辺, の邊

▼ 天鵝絨ばり~ (2, 0.0%)

2 の扉一時

▼ 天鷲絨~ (2, 0.0%)

1 の, の骸骨頭巾

▼ 天鹽川~ (2, 0.0%)

1 に往つて, の盆地

▼ 天麸羅~ (2, 0.0%)

1 でしたたか, のあと

▼ 天鼓流~ (2, 0.0%)

1 ではまだ, の築城家村上賛

▼ 天鼠百足白檀丁香水銀郎~ (2, 0.0%)

2 の細

▼ 天鼻通~ (2, 0.0%)

1 と云っ, ね

▼ 天~ (2, 0.0%)

1 といふ齊, の泉

▼1* [1132件]

あたりで正式, 天あの部分は, 天いまだ妾を, 天避難する, 天およそものその, 天かくすまで茂れる, 天かなし・首里か, 天からと考へる樣, 天からともなく地, 天からに違いない, 天からはタカクラジによ, 天からまん眞白に, 天からも降らず地, 天きらし零来, 天きり殺された奴, 天きり証拠にする, 天きる雪の, 天ぎる明方の, 天ぎわをかぎっていてそこへ爪先, 天くだしぬる雨ゆゑ, 天くだって来た, 天ここまで突破, 天こそは真理が, 天さかりゆく黄金, 天さす指も, 天さまが祀っ, 天さまで暑くも, 天されたので, 天さんこれを, 天さんたちの席, 天ざかる夷の長路ゆ恋, 天しこたま食って, 天しぬぎ立てるうてなに, 天しょうがんねんの秋, 天すべての父, 天ぼんの, 天たありてさへ, 天ただ啾々の声, 天ために晦冥, 天たる神を, 天だう次第と, 天だけが知って, 天ちらとのぞき, 天ついはひ, 天ついにここに, 天つう向けやがっ, 天つかりがね, 天つのりとだとする, 天つのりとなのかも, 天つひこと言, 天つ宣り処に, 天つ阿摩の, 天であり神は, 天でありますので, 天であろうともインド, 天とから成る一つ, 天とが青々と, 天として祀つて, 天としてはときどき天祠, 天となつて街へ, 天とばかり思つてゐました, 天ともいひ玉清境, 天ほど悦ん, 天などいうあり天人石, 天などとも皇天上帝旻天上帝維皇上帝天帝などとも, 天などはほとんど向く, 天などもどちらかと, 天などを見れば, 天ならず地ならず, 天なんぞこの城, 天なんて言ふな, 天なんどいふこと, 天にあたってヒューッという, 天においては道理の, 天にこそ聞えずあらめ, 天にたいして不足を, 天にたいしては天の, 天についていないと, 天にてもかの山, 天にともなひて, 天にのぼつて, 天にはも五百つ, 天に対しての奉公なり, 天に対しても人に対しても, 天に従って行道すべし, 天ぬきおでんや, 天ねむの後景, 天のけはひ, 天のなさり方, 天のなど言ふ, 天のみかどなどいふの, 天はうすら曇っ, 天はんでも, 天ばつだよ, 天びきに相手, 天ぷらはまづく値は高い, 天へでも上るよう, 天へは帰られない, 天べつして, 天ぺんへ駈け, 天まかせてえ, 天まさに雨ふらんと, 天むきの鼻, 天めぐり地は, 天もしもいのち許さば願は, 天もとよめとけふ今, 天やの小僧ませた, 天やや明るい廊, 天くだせし洗礼, 天ゆけば薄ら, 天ゆるし地も, 天をしかながめなくなった, 天をぞ射せる, 天を以て神の, 天とうさま, 天サマなどは陽物崇拝, 天ッ晴れじゃ, 天ッ晴れ傑作なり貴兄集中, 天お空, 天ツ日の照す所, 天ツ日嗣は必ず, 天ツ舟にのっ, 天テコ舞いして, 天ニアリついに長蛇, 天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 天ニ代リテ當年ノ保全者ニ脚下, 天ニ号泣スルヲ見, 天ニ従ウ者ハ昌ニシテ天ニ逆ラウ者ハ亡ブ, 天ニ朝シテ開クニ異ナリ, 天ニ没スとある, 天ニ没スルコト三百七十余日西鳥来ツテ東魚ヲ食ラフ, 天ノウズメの命, 天ノワカヒコ等いずれも屍体, 天ハ寒威猛烈ナル極月ノシカモ三十日ナリキ, 天ハ彼ノ心身, 天ハ我ヲ利セズ, 天ビルが半分, 天プラすし等はほか, 天プラ印形青物なぞ何, 天下ア, 天ヶ丘真実の勝頼公, 天ヶ立の西北側, 天一〇・九二にこれ, 天一つ柱といいます, 天一つ根といいます, 天一ぱいの黒雲, 天一・四八並びに註參照, 天一一・八七に卑しき, 天一八・一三〇以下並びに註參照, 天一四・一〇三以下同一九, 天一坊いずれも役者ぞろい, 天一坊はじめ天忠左京まで町奉行所, 天一坊地は地雷太郎, 天一坊左団次の伊賀, 天一坊書卸の年, 天一坊様の, 天一坊殿の顔, 天一坊殿御旅館と墨色鮮, 天一坊氣取りさ, 天一天上のよき, 天一天勝に委す, 天一帯の峰々, 天一打辮子十天一剃頭とて五日毎, 天一方望美人, 天一根といふ, 天一流の事, 天一痕の月, 天一色繊塵なし, 天一豪傑を鉄門関辺, 天一鉤の新月, 天七・一九以下に委し, 天七宝の柱, 天三処相思汝尤遠寒燈応独不成眠, 天上帝旻天上帝維皇上帝天帝などとも名付ける, 天上帝維皇上帝天帝などとも名付ける, 天下総がかりの規模, 天下衆心の変化, 天下足とある, 天生, 天不正之儀, 天不異故郷天, 天中心思想はおくれ, 天中最小の天, 天中軒雲月と対談, 天丸左陣奴は私, 天丸左陣殿とな, 天乃日嗣等之良志久流, 天久しく両軍, 天乎命乎入道相国は俄然, 天乘龍役使百神の術, 天乘龍役使百神利生之道, 天に冠, 天九郎一羽斎武田信玄の家臣, 天九郎勝長の槍, 天也師の, 天乳海中に馬身, 天亀天正の昔, 天を喪せり, 天争曰く人争曰く心争なり, 天二九・三四にいづる, 天二二における俯瞰當時, 天二二・一一六に太陽, 天二二・七〇以下並びに註參照, 天二二・二八以下並びに註參照, 天二八・一二五にいづる, 天二十八代代々住持しきたり, 天二月十四日という文字, 天と言, 天とともに許されまい, 天人ともにゆるさぬ, 天人我に, 天人間に横, 天仏祖皆財宝, 天仰ぎペーレーデース嘆じ, 天任せと心, 天休經濟學では, 天ひ来る雪, 天伝うてゐた, 天位覬覦の念, 天低う垂れ銀錫円盤大, 天低く地薄く, 天住民はそれきりイデン, 天佐具売という女, 天佐藤節や東, 天作彼は朝, 天便ち土, 天信長を討つ, 天を説い, 天鼻が, 天停調った生え際これも, 天でおそらく, 天光光女史の事件, 天光光正一の因果モノ的関係, 天光教総務となっ, 天光秀にこの, 天児屋命則以神祝祝之神祝, 天児屋根命二十二世の孫, 天児屋根命天太玉命などと申す, 天児屋根命太玉命天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 天兒屋命天太玉命の副署, 天兒屋根命が天照大神, 天八十人をいふ, 天八達之衢, 天八部の属, 天八際の地, 天公将軍の名, 天公将軍地公将軍とよばせ, 天公強自寛, 天公桂内閣の暴政, 天六鶴橋難波上六の闇市場, 天兵たるの忠誠, 天兵一下千里流血君は頡利, 天兵汝は邪兵, 天ノ驕, 天其の衣の, 天其高不可測歴覧史籍所記未有高於此山者也, 天のうち, 天再び晴れて, 天冠台坐が, 天をし, 天ねて, 天霽石榴紅何限離情一酔中, 天而鬼神之, 天利城の石垣, 天則的な人事, 天則違反者に決して, 天劉伶を生む, 天劉石菴と云, 天力地力の湧く, 天を亮, 天加藤家を捨て, 天加護ありたまえ, 天加那志即国王の御, 天加那志美御機, 天勇天芳大黒屋天忠がある, 天であろう, 天十二神将の如き, 天十方世界円光の内, 天からブラ, 天南さんの女房, 天も髮, 天叢雲の宝剣, 天叢雲剣の神話, 天可汗といふ稱號, 天各種の音, 天ですが, 天吉松が下谷幡随院, 天吉松父子対面の巧緻, 天同君に幸い, 天同様楽に暮す, 天名残りなく晴れ, 天后土に帰すべきである, 天后土彼は今朝, 天后土祖宗の明霊, 天ふひと, 天向きの可愛い, 天君泰然百體從令心爲形役乃獸乃禽という二本, 天といふ尺八, 天を亡, 天をもたらし, 天和らぎ水清き, 天咸供敬の浄道場, 天喜康平以來九十年の春秋, 天囚君は三十年, 天四衆に恭敬, 天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ西藏人蒙古人ガ, 天國煉獄地獄の話, 天國的な最も, 天を雨, 天土民愁嘆きせん事を思ひ, 天圧神の外, 天吾心, 天は水旱, 天地人の三席, 天地人三運の神機, 天地外を包む, 天地水の三皇, 天地球は宇宙, 天地異の大, 天地等にそれぞれ, 天の下, 天又皆, 天基督教で言, 天が暴風, 天紅し巷, 天に拠り, 天陰り墨雲弥堅迅雷驟雨, 天墨絨の服, 天壁海碧を囲繞, 天壤無窮にわが, 天壽國曼陀羅も容易く, 天夢跡去茫茫, 天大聖孫悟空ならん, 天小有天, 天天使及び人, 天太陽の熱, 天の江戸入り, 天奏衆上下の古, 天奏衆御馳走のお, 天奏饗応などに際して慣れない, 天でもなけれ, 天如何にし, 天妃ヘーレーもろともに, 天妃ヘーレー之を悟り, 天妃ヘーレー使としてイーリス, 天妃ヘーレー母として, 天妃ヘーレー苦めりアムピトリュオーン, 天妃端嚴のヘーレー我, 天妙手衆と同じ, 天妙教ぢやア, 天妙教支部を訪れた, 天は地, 天姿アリ塗抹ヲ善クスト雖モ, 天姿奇秀なり, 天威王風の慈しみ, 天威至上のクロニオーン・ヂュウス, 天娼家に事, 天婦羅おでんとこんなに, 天婦羅屋イはいっ, 天孔明を世に, 天孝子孝助に与し, 天學地學乃至理學化學, 天學此人に因, 天宇受売命は猿女君, 天宇受女命石許理度売命玉祖命の五人, 天之河原, 天安川に流れ, 天に配し, 天宗匠に嘉する, 天定まって人, 天定まりて人, 天坊, 天実に我々労働者の, 天室宗謙その他の衆僧, 天が屏風, 天富亮碩亦青森行, 天富斎木石川出立す, 天寒うして, 天寒き北よりも, 天寒けれども鴨水, 天寒人跡少風戦葉声聞, 天寧ろ可なら, 天寧山真如寺の門前, 天寧斎余語古庵先生墓, 天遺事, 天寵限リナキヲ見ルベシ, 天寶九載, 天寶元年七月の元元靈應頌, 天寶元年二月更に尊號, 天寶十二載, 天寶十二年の初頭, 天寶年間丙戌の記事, 天寶時代を距, 天寶陛下と稱, 天寶頃にある, 天将来のもの, 天将軍と称えられ, 天尊廟があつ, 天尊教と称, 天尊未來金闕玉晨天尊が居た, 天少女も其他ラング, 天あり而, 天尻屋羽禮須多院, 天の如き, 天山南路で發掘, 天岡均一氏が初対面, 天岳院に日輪寺, 天岳院前の樹下闇, 天岳院左右が海, 天岸医学士長州へ赴任, 天岸和尚と号, 天岸桝玄などにも見せた, 天岸静里氏などであった, 天というの, 天よりその, 天より必逼, 天嶮われ亡しとても, 天嶮地嶮人嶮のこと, 天嶮無双な自然城, 天嶮無双な砦, 天嶮蜀兵の勇, 天嶺氏のいまだに, 天の後見, 天を奪う, 天帝釈だった由, 天帝釈化して, 天師太清境九仙上清境九眞玉清境いづれも, 天を閉ぎて蒼穹, 天幽暗なること夢, 天広き世を, 天床畳壁障子襖小さな天地, 天床裏から床下, 天府署に警務所, 天度中正を得, 天庵藤沢に居り, 天廚禁臠と云, 天廣運聖徳神功肇紀立極仁孝睿武端毅欽安宏文定業高皇帝, 天弁財天など, 天形弾丸の如く, 天とかいう名, 天彼等を甘く, 天後人懲悪のため正弘, 天御中主ノ神, 天御中主神それらの神, 天御中主神高産霊神神産霊神の御, 天御蔭と言, 天復中隴右の米作, 天心太と賣る, 天忍日命と天津久米命, 天忍穂耳尊天降りの地, 天志上同中同下, 天志等の論, 天応二年即ち延暦元年, 天応元年が初め, 天応元年五月正六位上佐伯部三国, 天応元年四月上旬更めて攀陟, 天応命順の理, 天忠坊日親でこれ, 天忠左京まで町奉行所, 天忠組である天朝, 天忽ち多くの, 天を回し, 天思兼命の一男, 天思兼命天兒屋命天太玉命の副署, 天惠的國家がある, 天愁い地悲しみ日の色, 天愚孔平という人, 天ヲ垂レ地上, 天慶七年にもまだ, 天慶七年武光奏し奉りて, 天慶二年十一月廿一日常陸の国, 天慶二年平将門は下総猿島, 天慶五年の春頃, 天慶以来つづいて, 天慶以来武名のきこえある, 天慶八年の志多羅神, 天慶六年に早世, 天慶六年三月に敦忠, 天慶六年三月七日に三十八歳, 天慶年中平将門が関八州, 天慶年代から柳生, 天慶某年の春, 天慶観へ参詣, 天を垂れ, 天の舞い, 天手力男命が引き明けた, 天手長比売神社があっ, 天げ来す, 天押人命の後, 天押日命の後, 天押雲命だと, 天を以て指さす, 天などは容赦, 天政名流二刀二天流などの士, 天と祭祖教, 天数人命宇宙のふしぎ, 天数循環の歴史, 天数極高地数極深盤, 天数運行の理, 天數人事人壽此の三者, 天數里の郡内, 天文學博士實業家など藝苑, 天文學地理學地質學物理學等の應用, 天文學的知識の有, 天文學者ラランドに洩らした, 天文學醫學などの學問, 天が扱う, 天斑馬の事, 天斑駒の皮, 天斑駒甲斐の黒駒, 天断梅の絶句, 天断雲日面をおおい, 天新月を望む, 天新月西天に懸かる, 天日さへ黒ずみ, 天日光茫を喪っ, 天日照覽ノ下, 天明く四面皆, 天明りは尿小路, 天明るくなりたれば, 天明道純誠, 天の青, 天星辰の影響, 天春君の斡旋, 天時代の朝廷, 天時報社の出版, 天晃竜の大物, 天晴れた真昼時には, 天晴れたる斷食の, 天晴れ一役をやってのけました, 天晴れ一方の仕事, 天晴れ一芸のある, 天晴れ世間の噂, 天晴れ乞食長屋を作り, 天晴れ修業したる上, 天晴れ優美な若, 天晴れ先手を取った, 天晴れ出精して, 天晴れ切れ離れよきお, 天晴れ十兵衛汝がよく, 天晴れ名誉の仕事, 天晴れ名門であるべきに, 天晴れ地歩を占めた, 天晴れ大家の旦那様, 天晴れ天台の棟梁, 天晴れ天晴れ感服感服の至り, 天晴れ女丈夫と云っ, 天晴れ威嚇したつもり, 天晴れ学士となり, 天晴れ実業家に成りすました, 天晴れ小気味のよき, 天晴れ感服感服の至り, 天晴れ才学を謳, 天晴れ文盲には育て上げられたれ, 天晴れ朋友への交誼, 天晴れ朝鮮使節を聚楽第, 天晴れ未來の文學者, 天晴れ東京通になっ, 天晴れ武将を何とて, 天晴れ殆んど, 天晴れ水兵さんになっ, 天晴れ洞察振りをまた, 天晴れ渋川の家風, 天晴れ牧野少年の発明幻画, 天晴れ玄洋社代表の貫禄, 天晴れ男一人前二人とはない, 天晴れ當代の小町衣通, 天晴れ神尾主膳の片腕, 天晴れ立派に建ったる, 天晴れ美事な心境, 天晴れ者ときのう, 天晴れ自ら何の事, 天晴れ衆人の嘲笑, 天晴れ術者でございます, 天晴れ設計図は作り, 天晴れ貞女を馬小屋, 天晴れ貧民の味方, 天晴れ足許をさらった, 天晴れ軍人として世, 天晴れ野武士海賊の頭, 天晴れ鐘巻自斎, 天晴れ顔して, 天晴れ高名するつもり, 天晴ルパンの細工, 天晴一個のキャッキャ, 天晴一小手進上申し度候ところ, 天晴二所に御, 天晴京極侍従三位相伝の私, 天晴人と成し, 天晴今度叛逆の張本泉小次郎, 天晴伊藤八兵衛の弟たる, 天晴傾城の神, 天晴功名手柄して, 天晴勇士の名, 天晴十兵衞汝が能, 天晴名人となられ, 天晴名誉の仕事, 天晴器量人候とな祝着, 天晴夕雲の紅, 天晴夜に入, 天晴大人のやう, 天晴大将の大器, 天晴大道心者に成りすまし, 天晴天下の物知り顔, 天晴女菩薩とも信仰, 天晴宏才之聞有, 天晴将軍家二所の御, 天晴小気味のよき, 天晴平門公子の容儀, 天晴広元朝臣奉行として御教書, 天晴彼をし, 天晴悟りをひらい, 天晴慧しき子かなこれ, 天晴書きをつた, 天晴朗降雨の兆し, 天晴東洋の舞台, 天晴業物でご, 天晴此上も無く, 天晴武勇の振舞, 天晴武者振であるの, 天晴汝チュウクロス覇者テラモーンのいみ, 天晴父の仇, 天晴発見をした, 天晴知識じゃ, 天晴粋の女王, 天晴者よ, 天晴菩薩と信仰, 天晴見事の百姓振り, 天晴陰酉刻快霽, 天晴風采池田の宿, 天晴麦田薯圃茫如海身在緑烟, 天晴黒縮緬の羽織, 天ク敵影ヲ, 天暗う轟くほとり, 天暦八年正月四日となっ, 天暦十一年十二月に封事三条, 天暦寛弘延久即ち醍醐天皇, 天暦年間のこと, 天暦年間李は自分, 天暮雪大名物瓢箪茶入, 天暮雪洞庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 天書宝剣を得, 天最高所にあり, 天會七年の, 天なり, 天が不, 天朗らかにし, 天未だ煙に, 天未明時出聽政跏趺坐, 天来りて, 天御頂戴, 天柱吐月の二峰, 天柱地軸も崩, 天柱岩がある, 天柱拆け地維, 天柱石とよばれる, 天なく腹, 天の粧飾, 天業的建國があつ, 天極むべからず百歩, 天極星の其一, 天楽喨々のうち, 天楽地の間, 天様不動様妙見様日珠様も御存じ, 天でも準備, 天樓街のやう, 天ありこれ, 天橋一帯の貧民街, 天正中回祿にかかり, 天正中武田氏之ヲ鑿シ徳川氏, 天正文禄の世, 天此事を証知, 天歴頃のもの, 天死せしむべく地舞は, 天に未だ, 天殺いつの日, 天母型癡呆ですよ, 天母語が読める, 天比登都柱といふ, 天毘沙門天布袋福祿壽の腰, 天氏時代の都, 天気病みでいらっしゃるん, 天氣のどかにて船頭共, 天氣今日こそ歩ける, 天氣具合で變, 天氣地氣を説き, 天氣天象の唄, 天氣好かりき, 天氣好き折かしこに尋ねゆき, 天氣好き日の朝舟, 天氣彼岸の中日, 天氣次第ぢ, 天氣次第で昇つて, 天氣漁の工合, 天氣爽快なる塲所, 天氣續きの上庭の土, 天氣豫報相違なく西北, 天氣都合がよけれ, 天氣陽炎の中, 天氣麗かに桃, 天氷った土, 天氷河がある, 天二年正月廿一日の, 天永寺の天沢, 天がくどい, 天求合社の設立者福田理軒, 天汝等を住, 天江富彌君, 天沢和尚が武田信玄, 天沢和尚仕方がない, 天沢寺前とし, 天沢山龍光寺は京極佐渡守高矩, 天の郷民, 天河ニ牙ヲタテル岩碓ノ, 天河方面へ落ちのびさせた, 天河石天盤の半月, 天河落処長洲路あわれじゃ, 天油然と驟雨, 天をのど, 天であること, 天泥土の色, 天泰平と號, 天泰検討程亨, 天でかえる, 天洋ホテルでお, 天洋ホテル伊勢崎町と書い, 天洋一座の奇術, 天洋丸より無線電信, 天ふが, 天浮橋をもおし渡っ, 天淵ただならざるを, 天淵啻ならざるを, 天清める秋の, 天清朗軽風和日野外の風光, 天の数, 天源八門遁甲の類, 天源淘宮八門遁甲九星方位人相骨相家相墨色御鬮, 天源術九星術淘宮術などはこの, 天源術交神術中座術占夢術そうして五遁隠形術, 天源術淘宮術のごとき, 天源陶宮等も行われ, 天の論文, 天滿七之助の身内十何人, 天滿地闃として脈搏, 天滿天神といふ謚號, 天滿宮の先の高, 天滿宮境内の勤番所, 天滿村九つの大字, 天滿村青年會の規則, 天滿校の三字, 天滿町見たいなところ, 天漸く朗かに, 天漿とよび, 天潤いて雨静か, 天高く傾け, 天澄み秋気清き, 天瀧河畔の人々, 天灯鬼が左肩, 天炯等がゐました, 天焔魔王七母八執曜, 天無しなの, 天無情にし, 天無私のちょい, 天照國照天火明命とある, 天照大神八幡宮春日明神三社を掛け, 天照大神外宮は豐受大神, 天照大神宣布に由る, 天照大神宮の軸, 天照大神岩戸籠りの, 天照大神復た天熊大人, 天照大神神武天皇釈尊の如き, 天照大神神農帝以来人間が選り, 天照大神自ら神に新, 天照大神高御産巣日命, 天照太神出でし時に, 天照太神即位八百萬年の日附, 天照太神即位八百萬年正月元日の日附, 天照太神宮にし, 天照太神後醍醐天皇長慶天皇の御, 天照太神心に独り謂, 天照太神素盞嗚尊に詔, 天照教まで大, 天照玉命神社といふもの, 天照皇大神さまだ, 天照皇大神はじめ奉り八百萬, 天照皇大神以来の神国, 天照皇大神宮八幡大, 天照皇大神宮右に湯武, 天照皇大神宮外宮には四十末社, 天照皇太神宮と阿弥陀仏, 天照神社といふの, 天照神社斯ういふ, 天照饒速日命だとして, 天熊大人を遣し, 天燈様まで憎う, 天爍地一木一草もその, 天父クロニオーン人界の王, 天父クロニオーン其智あらゆる人天, 天父クロニオーン果なき地上人間, 天父クロニオーン穀を産する, 天父クロニオーン過度の高言, 天父クロニデー神明すべての中, 天爽やかなりと, 天爾於波の, 天爾波俄の訛略, 天牛書店二階でひらかれた, 天牛虫油虫これに酢模, 天牛蟲がゐる, 天特にわれ千々岩安彦の, 天狭霧国禅月国狭霧尊の化生, 天狼座はわが, 天狼星シリウスでは二・二, 天活此翁, 天猶ひとしきり暗き頃, 天猷門下で丹後田辺, 天たり斜谷, 天璽照妙隊をねっ, 天甘露と称え, 天甚美晴仰観山峰, 天を托す, 天田越の峠, 天の夫, 天向津姫命, 天疱瘡断節癩に麻痺癩, 天白い雲, 天白蟻を下し, 天的犯罪の目的, 天亦かく, 天皇天などとも皇天上帝, 天皇紀十年閏二月蝦夷綾糟等の盟, 天皇紀国紀は編纂, 天皇紀国紀臣連伴造国造百八十部並に公民等, 天皇紀貞観九年の条, 天盤附属の氷片, 天盲縞の股引, 天直下の天変, 天直下的に具体化, 天相和して, 天眞らんまんだ, 天眞皇人に授け, 天眠様精様京の光子様, 天が落ち, 天うして, 天社天水房中堂上の屬, 天社神道の廃止, 天神前に旭玉山, 天神様のお祭, 天神様宮前の町, 天神社なるを, 天祠鬼占星等の迷信, 天祥侯程ヶ谷, 天祥正気の歌, 天祥祠も楊椒山, 天禀人にも獣畜類, 天禀余ありて, 天禀気の弱い, 天に着い, 天科村の広瀬庄太郎, 天とし, 天積雪幾千秋人間一接斯光景豪気将呑五大洲, 天穹窿羹牆如見夢寐相逢, 天空気地色形体音その他一切の外物, 天空氣地色形體音その他一切の外物, 天空間星辰花小児その中, 天窮地俯仰容るるなし, 天立地の自由, 天立地一個の後藤新平, 天立地何の恐る, 天立地的の好漢, 天竜夜叉乾闥婆阿修羅金翅鳥緊那羅の最後, 天章閣賞小桃, 天竺織というか欧羅巴, 天といふ牛, 天ヲ逆用シテ却テ兩立スベカラザル敵國, 天を乱し, 天を吐き, 天絨鴦なので, 天之按司添, 天は唐一代, 天縁尽きずしてここ, 天縁我れに, 天縦且夙に征戦, 天縱實に當, 天繊影なく大他, 天罸たちどころにこの, 天群がり落ちて火焔, 天羽衣というの, 天羽衣天人娘夢浮橋外題はまだ, 天るべき術, 天翔けられたといふあの, 天の系統, 天者俗以爲異因行祷祭, 天者栄逆天者亡, 天者腹であると, 天耶時耶燕王の胸中颶母, 天聖五年に此書, 天聖明道間の刊本, 天聖本が重刻, 天五年, 天聲呑牛氷峰など義雄, 天育ったのは, 天能麻我都比登云神乃言武惡事爾相麻自許理云々, 天臂城なる豪貴, 天は地, 天自ら言はず人をし, 天自身も名, 天至高充全の天, 天臺叡山の傳統, 天船欲沈長風, 天色ことのほか和清, 天色大気も殆ど塵境以外, 天色惨澹トシテ朔風雪ヲ捲, 天色朦朧たりし, 天色沈々として風, 天色縹緲の間, 天の蜜, 天と, 天芳大黒屋天忠がある, 天芸術の地, 天の余光, 天という奴, 天草芳る地, 天荊地棘の世界, 天荒れ地裂けて, 天を窃, 天菩比神をお, 天華乱墜するよう, 天華堂自身かあるいは, 天落ち地裂くるとも, 天落ち地欠くるとも, 天蒸暑く風荒び怒, 天蒼々と快く, 天蒼々地茫々そして人漠々, 天蒼く亀裂せり, 天蓬元帥猪悟能とともに新しい, 天蓼科木蘭科蕃茘枝科防已科などと成っ, 天蔵ッ出合え, 天蔵天蔵と呼ぶ, 天蔵殿を召し連れ, 天蕩山攻略についての計, 天を浸けた, 天藍入りの火酒, 天虎五指のを人虎, 天虎来こと淡島虎造でござんす, 天虎藪蕎麦牛肉屋の古川, 天に往く, 天虚妄を惡, 天虹霓を見, 天蟾舞台と号する, 天にはや, 天蠍宮天秤座処女座獅子宮巨蟹宮両子宮, 天の如し, 天行居から刊行, 天行法かここ, 天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝, 天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 天術クレボヤンス式のこれら, 天衣光背等ニ至ルマデ丁寧ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 天衣瓔珞のおん装, 天衣綵花を盛り, 天を仰ぎ, 天西南に傾きぬ, 天地載, 天覆ひ地載せ, 天親以來正見なく皆, 天親支那の曇鸞, 天親曇鸞道綽善導源信源空の七祖, 天の榮, 天の雲, 天再び加, 天語部此三つの系統, 天を照, 天論篇に諸子, 天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊の化生, 天無祿の, 天の佳肴, 天賞堂白木屋とまだ, 天賭けの二面主義, 天も気, 天かりしとや, 天赫々なれども, 天越えなどの裏道, 天らしたり, 天足し国足す, 天足らしたり, 天足袋だが, 天路のはづれ, 天路暦程のなか, 天の運行, 天が守っ, 天軸一時に碎け飛ぶ, 天近く仰げば, 天追っかけたがこの, 天造人爲すべての美, 天の模様, 天連岳明還滅, 天もさすが, 天に火, 天邇岐志國邇岐志天つ日高日子番, 天邊一髮の青, 天邊打碎き, 天郡上で包んだ, 天部像についても言えるであろう, 天部名になる, 天部夜叉部等の修法, 天部神の梵名, 天部貫ぬく激し, 天部部落以外に自分, 天部領小稲荷の地, 天都詔刀の太詔刀言, 天都詞の太詞事, 天爛漫と, 天鈿目命が顏, 天鉄車暁発古城辺従今深入, 天銀杏稲荷の鳥居, 天銀清浄無垢光甚酔曜余一分天青瑠璃亦甚清浄表裏, 天錫さんが私, 天錫森立夫岡西君瑤高橋静覧横田万年叔宗橘酒井安清多良辨夫及二児厚重, 天の佳辰, 天長く地久しく, 天長七年一月には出羽, 天長二年にし, 天長五年六月には, 天長元年旱災の際, 天長和尚の関, 天長四年の詔, 天長四年七月に起った, 天長様へ外敵打払い, 天長閑に晴れ渡り, 天門あたり注連か飾り, 天門呉弩と嘆, 天門堂主人は例, 天門山に大, 天門院の美貌, 天開きて日影, 天関地軸を撲落し, 天閣旅館へこれ, 天であつたらしく, 天降したまひき, 天降ったらすぐに, 天降らしめたまひき, 天降らせようと思っ, 天降らせるか何, 天降られた日の, 天降りせられる時には, 天降りまして天, 天降りましたんで, 天降りましぬと聞きしか, 天陰りて霧, 天陰ル時々小雨, 天陰稀に日色, 天陸端を認む, 天が当っ, 天陽さまが出る, 天陽虫に頬杖, 天隆昌の気, 天となし, 天隨君來たる, 天雄烏頭附子狼毒石灰を用いる, 天雨ふりてやまず, 天の輝き, 天雲の上をかける, 天雲地に垂, 天雲端に古城, 天雲霽れて, 天雷神の孫天押人命, 天霊道を開いた, 天を飛ばす, 天れし日, 天霽千葉介成胤法師一人を生, 天霽弾正大弼仲章朝臣, 天霽申剋将軍家前大膳大夫広元朝臣, 天霽相州武州大官令等参会し御所新造, 天霽義盛時兼以下の謀叛, 天霽鎌倉中に兵, 天青名義の二冊, 天青瑠璃亦甚清浄表裏, 天青石まぎらふ水, 天非理の兵, 天音一管ヲ襁褓ニ添エテ, 天響き聲ひ, 天に異, 天願様でいらっしゃいます, 天顯譽上人の資質, 天風雲の帷, 天を王, 天食午時の法食, 天養元年三十一歳のとき, 天香百合とする, 天香花珍寶衣服を雨ら, 天香華を雨さん, 天とって, 天馳使十字街頭では葛城, 天駆り給ふ, 天駈けた素晴らしい時刻, 天駘蕩の趣, 天駿足でござるな, 天驚絨の夜具, 天骰子もやる, 天體力學を啓發, 天體成立の際, 天體旅行の奇妙, 天體日毎の運行, 天體的なやさしい, 天けれども報, 天高し雲行く, 天高市近江のやす川, 天高肥馬的の日曜, 天鬼それは私, 天鬼上座に志呂足, 天鳳五年其壽は七十一, 天に化け, 天鵝絨なんどにて張りたら, 天鵝絨のにほひ, 天鵝絨仕立ずっと奥深い長い, 天鵝絨色が潮, 天に化け, 天鵞その他なおあるべし, 天鵞卵で鶏卵, 天鵞形の神, 天鵞毛を欺く, 天鵲橋を一足, 天鶏星動けば, 天鷺絨張りのモデル台, 天鹽後志渡島などを巡, 天鹽未墾地のこと, 天黄ばみにごれるに, 天黒地の無明, 天黒雲低く暴雨, 天齊淵といふもの, 天齋一座の娘輕業師, 天齋風情の脅かし