青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大阪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大木~ 大根~ 大概~ 大正~ 大空~ 大胆~ 大臣~ ~大衆 大衆~ ~大阪
大阪~
大陸~ ~天 天~ ~天下 天下~ ~天井 天井~ 天使~ ~天地 天地~

「大阪~」 5887, 64ppm, 1796位

▼ 大阪~ (1460, 24.8%)

19 方へ 119 女は, 或る 8 商人に, 町は 7 方が, 町を, 知り合 6 南の 5 ような, 土地を, 方から, 方で, 方に, 方の, 町人の, 空を 4 人が, 新町の, 男は, 空気が

3 [28件] ほうが, 事務所へ, 人の, 人間は, 児童は, 友人の, 商人は, 土地で, 城の, 夏は, 天王寺の, 女が, 學問の, 學問は, 家へ, 家庭で, 岡田から, 市街を, 庶民の, 新聞に, 方は, 煙の, 町で, 町人は, 落語家は, 藩邸に, 言葉を, 闇市場の

2 [83件] お蔦, ごとく煙, でん公, どこか, やうな, 下町的な, 中に, 二科展会場等で, 人々の, 人たちが, 人たちは, 人に, 人は, 会場での, 会席料理屋で, 兄さんの, 出しもの, 叔父の, 各新聞紙, 商人から, 土を, 土地が, 土地に, 土地にも, 地に, 地を, 地盤から, 城を, 堂島に, 夏の, 夏祭も, 外に, 夜の, 夢, 夢は, 大学病院で, 女である, 女の, 女も, 実業家の, 家が, 宿で, 宿を, 寄席へ, 小曾部, 工場から, 市中を, 市内に, 市民の, 市民性に, 市街に, 市街は, 店へ, 悪さ, 戎橋附近の, 料理は, 新聞社の, 暗さ, 本場へ, 牛丼は, 犯行を, 生れで, 町の, 町も, 町人と, 病院から, 盛り場に, 盛り場の, 知人を, 社の, 私の, 空が, 空気は, 系統を, 街が, 街は, 言い廻し, 言葉が, 言葉は, 話である, 配役を, 陣に, 鳥熊という

1 [1063件 抜粋] ああいう, あの舊式, あるあ, ある保険会社, ある女学校, ある新聞, ある講演会, ある銀行, あわれ, いい所, いつもよくゆく, いろは骨牌である, お嬢さん方に, お方であれ, お祝, お蕎麦, けい古な, こっちの, ことだ, ことは, ごときと, ごとき工業都市, さるお嬢さん, しかるべき代表的名士, すし屋は, すし屋諸君に, その商人, それとは, たいがいの, だすと, とある喫茶店, どこかへ, どこに, どこへ, なつかしき情景, なんとかクラブ, ほうへ, ぼろいは, ぼんちらしい, ものです, やうに, よりは遥か, を本妻, エゲツナイ話や, キャバレーの, ゴーストップ事件に関しても, ジャンジャン横丁, ストリップは, タカザワだった, バラック建ての, ビフシチュウに, プラトン社に, ユーモアが, 一任を, 一流大, 三大, 三益愛子より, 三越呉服店には, 上へ, 不良少年が, 両都会, 中之島公園まで, 中央局から, 中央郵便局から, 中村宗十郎と, 中流階級の, 丸の内街と, 事だ, 事務所や, 事情に, 二三道場で, 二等俳優の, 五六の, 人々が, 人々は, 人たちに, 人であった, 人では, 人なら知っ, 人らしい, 人富永仲基の, 人曰く, 人達は, 人間な, 今橋ビルディングに, 仮政府, 伝統だ, 伯父が, 住人で, 住友家の, 住友総本店では, 住吉伏見の, 何處だらう, 俗語の, 俳優鴈治郎が, 倉屋敷の, 傀儡劇は, 僧鐵眼によ, 兄の, 先へ, 八丁堀へ, 八軒家に, 公演を, 円タク助手出身の, 凡夫は, 出口, 出版界では, 初代実川延若死す, 前途の, 労働者の, 勝諺蔵死す, 北の, 北へ, 十日夷に, 千日前の, 千日前京都の, 半官半民の, 南に, 南署から, 博覧会が, 博覧場という, 原総右衛門京の, 反逆などといふ, 叔母の, 古い小説家宇田川文海, 可能性である, 史蹟を, 合併相撲が, 吉田, 同人と, 同業者, 名を, 名折れである, 否日本の, 和田氏が, 唐物商人伏見屋て, 商人で, 商人へ, 商人気質実質主義の, 商家には, 商業は, 商業的活動と, 喧嘩しか, 圖書館へ, 土地くらい, 土地柄から, 地とでは, 地図や, 地盤によ, 坊ちゃんが, 型どほり, 城でも, 城へ, 城代土屋采女正, 城堀埋り, 場末に, 塾主へ, 夏と, 外へ, 夜は, 夢だ, 夢といへる, 大きな工場主, 大博覧会, 大新聞, 大火青森の, 大薬肆, 大都会, 大阪朝報などで, 天下茶屋で, 天地に, 天王寺が, 天王寺行きの, 天空に, 女で, 女に, 女を, 女性は, 女衒どもは, 如き繁栄, 妾だ, 妾と, 姉川新, 娘が, 娘には, 娘より, 嫂に, 子を, 学校へ, 学芸部長, 學問に, 學者では, 安治川あたりに, 安治川尻に, 実家で, 実川正調も, 実業家だの, 実業家達は, 家だって, 家の, 家も, 家造で, 宿から, 宿に, 宿は, 富が, 富裕な, 富豪として, 寒さ, 寺本と, 寺本支配人を, 小ツル, 小学校教師は, 小野氏に, 尖端には, 尾上多, 山中氏が, 山村の, 岡田からは, 川筋に, 工場へ, 巨豪男爵藤田平太郎氏の, 市が, 市中に, 市中の, 市会議員の, 市場に, 市政界に, 市民は, 市街が, 市長として, 常宿で, 平野町の, 店から, 店の, 府下で, 廻船に, 弁護士日野国明氏を, 弘三来訪びっくりアイスを, 当時の, 役に, 御城, 御寮人さん達の, 御見物, 御霊神社の, 心斎橋通りを, 性格は, 情緒が, 意味で, 愛子など, 愛子夫婦の, 感情は, 感覚だけは, 憂鬱, 憂鬱で, 成金は, 或商事会社, 戦の, 打ち日, 拘置所に, 支局から, 支社へ, 故郷だ, 文化の, 文化性を, 文楽と, 文樂座で, 料理人として, 新本取次書店が, 新町で, 新町も, 新聞が, 新聞の, 新聞や, 新聞社で, 方へは, 方言で, 旅は, 旅館で, 旦那の, 旧家などでは, 明るい話, 昔の, 暑さ, 書生が, 書肆が, 書肆文淵堂の, 最近の, 月あかり, 有志が, 朝めしは, 朝日座に, 木津川の, 本みやけ式, 本社で, 本社へ, 東の, 東洋紡績の, 松島という, 松竹に, 林と, 某や, 某女学校, 某所に, 某書肆, 柳屋で, 根拠地に, 桜橋交叉点の, 梅田駅で, 植木屋で, 横顔に, 橋は, 檀那衆の, 歌舞伎へ, 歴史を, 殺人に対しては, 水, 水落露石の, 氷屋に, 沢田正二郎が, 河岸の, 法善寺なども, 洪庵塾へ, 浄瑠璃である, 浪花座で, 海に, 消息を, 渡辺村から, 渡辺松本北村春川堺の, 演藝類の, 漬物問屋に, 灘萬なども, 火事に, 灯も, 為に, 為私の, 焼芋, 煙が, 煙を, 煤煙どころで, 煤煙は, 片隅に, 牧周左衛門氏の, 狂言が, 玄人としての, 玉造辺で, 生れだ, 生家へ, 生態は, 産婆学校を, 男が, 町から, 町でも, 町にも, 町人が, 町人であった, 町人共が, 町人夫妻が, 町人學者に, 町及び, 町奉行に, 町奉行大塩平八郎の, 画工北, 留守居には, 留守居役中島兵太夫が, 病院を, 盛り場, 盛り場歩きも, 目貫きの街に, 看護婦は, 真宗青年会という, 知人が, 社へ, 祭提灯と, 私立大学の, 空には, 空も, 空中征服に, 空襲で, 立慶河岸に, 競輪場は, 竹川泊り居, 第十五方面軍, 笹屋で, 築港より, 糞たれ, 紙上にも, 紳士が, 緒方の, 緒方医学博士の, 緒方洪庵などは, 繁昌を, 繁栄は, 美人を, 義太夫淨瑠璃に, 老いた薬商, 職人で, 肥田増雄氏令息と, 脚本一つ宛受け持たせる, 自治権は, 自覚の, 船問屋が, 良いお, 色町へ, 芝居などという, 芝居へ, 芝居見, 芝居錦絵, 花柳地の, 芸者衆には, 芸術家や, 若々しい復興, 若い役者, 荒木座で, 萩の, 落語家たちは, 落語界で, 蒲ぼこや, 蕩子四五人が, 薬屋から, 薬種屋か, 藩の, 蜘蛛は, 街に, 街を, 表情の, 裏を, 要地を, 見物は, 親戚に, 親戚へ, 親類へ, 觀鵞會など, 言葉で, 言葉では, 言葉に, 言葉より, 話など, 話は, 読者にとっては, 諸君に, 警察に, 警察当局の, 警察部は, 豪商に, 豪商ひとたび, 財産家の, 貧民が, 資本に, 赤新聞に, 赤玉なんか, 路地には, 近くに, 近代娘が, 近郊電車へ, 通俗的な, 逞しさ, 逢い状, 道から, 道頓堀の, 適塾で, 邸の, 郊外に, 郊外殊に, 都会に, 酒が, 酒井氏は, 野中先生を, 金持は, 金持加島屋鴻, 鉄屋で, 鉄工場へ, 銀行ギャングの, 長所であろう, 開業医師だ, 間で, 間は, 関係から, 闇市場だ, 闇市場に, 闇市風景, 隅々を, 隊から, 難波の, 電気器具屋の, 青木という, 音, 音と, 顔では, 風の, 食いもの屋には, 食い物には, 食通の, 骨董商山中氏の, 高安やす子夫人の, 高空に, 魁車と, 鱧も, 鴈治郎が, 鸚鵡は

▼ 大阪~ (600, 10.2%)

17 出て 16 帰って, 行って 8 出る 7 向けて, 向ふ, 戻って 6 行くと, 行った 5 来て, 流れて, 着くと, 行くの, 行ったの 4 下って, 帰る, 往って, 行ったこと

3 [16件] きて, ゆきました, 來る, 出向いて, 出発, 帰った, 帰ると, 廻って, 着いた, 着いて, 行く, 行くん, 行った時, 行つた, 逃げて, 遊びに

2 [34件] くると, ついて, つくと, 下った, 下ったの, 下つた, 乗込んで, 來た, 來て, 修業に, 出た, 出たの, 奉公に, 帰りたいと, 帰り座, 帰ること, 帰れば, 廻されること, 引返す, 戻った, 戻つて, 戻ると, 来たの, 来た時, 舞い戻った, 行き久振り, 行く前, 行けば, 行ったらしっかり, 行つたといふ, 行つて居る, 行つて来る, 連れて, 電話を

1 [353件] ある賤, いくと, いくら広島または, いった, いったん, いったんじゃ, いって, いっても, いて, いらしつて, いらっしゃいませんか, いらつし, おりて, お出でに, お帰りなさい, お戻り, お迎えに, かけて, きたの, きても, くるのに, くる時, くる途中, こられたん, すすめて, たつ間際, ちょっと手紙一本, つく予定, でかけられないと, でかける時間, とばす四時近く, なり出立, ふたたびやってきた, まいっても, またいきたい, むかいそれから, やって, やってきたの, やって来て, やつた, やられたの, やられた人, やること, やる方, ゆき着いて, ゆくこと, わしを, ビクターの, リュックサックを, 一しょに, 一体なん, 一足降り, 上りいま川口, 上陸った, 下しては, 下ったと, 下った椙, 下ってから, 下ってからも, 下られたとは, 下りると, 下り平野屋, 下ると, 下るまでの, 下る淀船, 下ろうという, 下車し, 乗込む以上, 乗込もうという, 乘り込んだ, 二百三十五里薩摩へ, 会いに, 伸したよ, 住んでから, 侵入し, 修行に, 入ってから, 入湯に, 出かけて, 出かけられましたよ, 出かける, 出してからの, 出す手紙, 出たついで, 出たら鴻池, 出ようと, 出ると, 出る徳山, 出る方, 出る計画, 出向いた, 出奔し, 出奔した, 出張する, 出掛けると, 出掛け他, 出発しなけれ, 出発の, 出立する, 別れの, 到着した, 参りたり, 参りました時, 参るなら参るよう, 及ぼすところ, 取られ清正, 名古屋へ, 向う時, 向った四国屋, 呉服商の, 呼び寄せたがって, 商賣, 問ひ合せ, 四万円で, 四十分神戸へ, 回されたそう, 回されること, 売られてから, 大阪へと, 大阪より, 女中奉公に, 嫁いで, 定めた豊臣, 家財道具そっくり, 寄途を, 小買に, 差立てて, 帰えりましたでしょう, 帰して, 帰ったが, 帰ったそう, 帰ったならたとえ, 帰ったの, 帰ったものの, 帰ったらすぐ, 帰ったら岩瀬さん, 帰ったら死ぬつもり, 帰った私, 帰った足, 帰っちゃうん, 帰っては, 帰っても, 帰つて来る, 帰らうと, 帰らせて, 帰られました, 帰りたい帰りたいと, 帰り大阪, 帰り得る時代, 帰り給, 帰るそう, 帰るつもり, 帰るん, 帰る座, 帰る陣場夫婦, 帰れへんつもり, 年期奉公に, 店を, 度々船, 廻されたさうである, 廻るの, 引きあげた坂田, 引きかえした, 引きとり有りしにか, 引き返ししなに, 引上げて, 引取申候, 引揚げよう, 引越す時, 引返して, 引返し堀江, 張った, 張る者, 急いで, 急ぐ, 急使を, 戻っては, 戻らねば, 戻りまして, 戻りますのよ, 戻りプラトン社, 戻る, 戻るであろうと, 戻る由, 戻る途中, 手紙を, 持ちこした仕事, 持って, 持つて, 持参する, 支配人を, 教えに, 旅を, 旅稼に, 旅立つたと, 旅行した, 暮れ行く, 最近出た, 来いと, 来たかの, 来たがった原因, 来たついで, 来たん, 来た九州, 来た宿, 来た年, 来た折, 来てから, 来てからも, 来ても, 来ました, 来られた時, 来ると, 来るよう, 来る事, 様子を, 歸つた, 歸つたら, 歸つて點呼を, 歸る, 演奏に, 潜入し, 用事が, 発つ前, 着いたから, 着いたその, 着いたと, 着いたとき, 着いたので, 着いたら直ぐ, 着いた二十五, 着いた以上, 着いた日, 着いちまったので, 着きそれから, 着き次第, 着けるかも, 神戸へ, 移したが, 移してから, 移住する, 空から, 立たせた, 立ち寄って, 立っちまったので, 立って, 立つ前, 立つ日, 立寄って, 立寄ると, 立寄る日, 立戻ろう, 米を, 紛れ込む積り, 自分から, 舞い戻って, 舞い戻るまで, 荷出しされた, 落ちて, 行かないうち, 行かないかと, 行かなかったから, 行かはるの, 行かれないで, 行かれるの, 行かんならんさか, 行きさえ, 行きそこ, 行きたいとは, 行きはじめ五世野沢吉兵衛, 行きました, 行きますから, 行きますからと, 行きませんでした, 行きよつたが, 行き鴈治郎, 行くかも, 行くから, 行くこと, 行くごと, 行くつて晝頃, 行くつもり, 行くとき, 行くふり, 行くほどの, 行くまえ, 行くわけぢ, 行く事, 行く京都, 行く時, 行く気, 行く決心, 行く汽車, 行く途中, 行く電車賃, 行けない理由, 行ったかと, 行ったから, 行ったきり, 行ったとき, 行ったらおどりを, 行った以上, 行った日, 行った理由, 行った良人, 行っちまった由, 行っての, 行ってるはず, 行つたとか, 行つたのだ, 行つたのは, 行つた帰りとか, 行つてし, 行つてゐる, 行つて來る, 行つて十一代目仁左衛門の, 行つて居ります, 行つて見, 行つて郵便局に, 行つて龍村さんに, 行て, 行商し, 角座の, 註文し, 諸国から, 買物に, 走ったの, 走るべく余儀なく, 赴くべき船便, 越して, 転勤に, 近づいて, 近づくにつれ, 追いかけて, 追い返して, 追払って, 追放した, 送って, 送つた手紙, 逃げるもの, 逃げ帰って, 逃げ戻って, 連れ歸つてみつちり修業, 遣ろうとして, 里帰りする, 阪急で, 降りた一等, 降りて, 集めた, 電報を, 飛ぶこと, 飛翔せん, 高飛びした

▼ 大阪~ (473, 8.0%)

10 出て, 来て 9 住んで 5 於て 4 行て 3 いた時, いて, 來て, 着いて, 着て, 行けば, 行って

2 [30件] ありますと, あるを, いると, いるの, おるん, くすぶつて, ミジメな, 大国柏斎といふ, 存在する, 居て, 居ますの, 居る時, 居る間, 居住される, 帰って, 帰ると, 帰るの, 急行した, 於ける高級分子, 於ては, 死す六十二歳, 死す四十一歳, 残して, 残って, 泊ると, 深い馴染, 着くと, 至つては, 行くと, 遷った

1 [354件] あったよう, あらわれて, あり, ありさ, ありましたもの, ありませうけれども, あるその, あるの, ある中津藩, ある四天王寺, ある外島保養院, ある音楽学校, いいん, いたこと, いたたまれぬ気, いたとしても, いたり, いた丹羽五郎左衛門, いた親戚, いた頃, いた頃点, いては, いながら, いますですから, いらっしゃる若い, いられる棚田さん, いるあいだ, いるちゅうこと確か, いるつもり, いるはず, いる人, いる子息, いる橘家, いる私, いる立花家花橘, いる長兄, いる間, いる頃, いればこそ, おった田徳荘, おって, おっては, おりその, おりましたが, おりました時分, おりやしないよ, おり私, お伽話が, お出かけ遊しませ, お出でに, お在, お帰り, お止まり, かえって, かくれて, かって, きて, くらべて, ぐずついて, このわい, ごろごろしてた, しるべ, じっとし, つくこと, つくと, つとめて, とまる順番, ないと, ないとも, なつたら, ならんとして, なりましても, なり下って, なるから, はい, ぶらぶら遊ん, まぎれこんだには, まぐろの, また失望, みる大, もって, もどって, ゆくと, ゆこうかしら, よくある, れっきとした店, わたしの, ゐた時, ゐた頃, ゐる, ゐるの, ゐるので, ゐる友達, ゐる社長, ゐる頃, 三人ある, 下り川口, 不思議にも, 与し戦場, 乗込んだの, 乗込んで, 二つの, 二三日いた, 二回目の, 仕入れに, 仮寓の, 会合し, 伝え東, 住まつて, 住みにくく, 住むよう, 住んど, 住替て, 來た, 來てから, 來てからでも, 供を, 依って, 侵入する, 催された演奏会, 入って, 入ること, 入城し, 出かけました, 出た, 出づる, 出てから, 出で, 出でしとの, 出ようと, 出ること, 出來, 到り月刊雜誌, 到着し, 到着の, 則ったもの, 創められ, 去らざるを, 参りましょうと, 参り居り候, 參りましたら, 反亂, 召集し, 合は, 合戦が, 名高い古本屋, 名高い名医, 向いたる形跡, 向かいぬ, 向ふ, 告示あらん, 味方した, 呼んで, 咳逆が, 商売人が, 在りしが, 在勤し, 地盤も, 夜が, 大火が, 奔り, 学校を通じて, 定住出来る, 実現せね, 客死した, 客死す, 将た, 少々住居, 尾形華圃という, 居たから, 居た六年, 居た慶喜公, 居た間, 居た頃親戚, 居つて, 居ても, 居ながら, 居ましたが, 居りました頃一友人, 居る, 居ると, 居るとき山陽先生, 居るとき颯々, 居る中, 居る事, 居る師匠, 居残り女中二人, 居残ると, 居着いて, 岡山に, 島田尚政が, 工場を, 布いて, 帰りたいという, 帰り京阪地方, 帰る, 帰る勇気, 幕府を, 平八郎の, 店を, 引越して, 往き西堀江隆平橋, 往て, 待つて, 御親戚, 怒鳴る時, 急用が, 急行する, 惟神舍を, 懷徳堂といふ, 成長し, 戦が起って, 戦の, 戻って, 戻つたの, 戻つて恥, 戻ると, 手紙を, 指折り数える, 新町といふ, 於ける初期, 於ける友人, 於ける旅中, 於ける江戸, 於ける町人學者, 於ける竹本座豐竹座, 於ても, 於る企み, 明治政府の, 會合し, 来たこと, 来たもの, 来た事, 来た探すの, 来てから, 来り医, 根柢を, 止まって, 此の, 此書の, 歸つたのは, 死す, 死す七十二歳, 死す五十五歳, 死す五十八歳, 死す四十五歳, 死す四十八歳, 残ったの, 残った私, 比べると, 永富独嘯庵の, 求めて, 泊れなかったので, 流行病あり, 深く根, 渡海せし, 滞在する, 滯在する, 漢學を, 珍しいわ, 生れたから, 生れた快, 生れた生, 生れ大阪, 生れ大阪に, 留まつて, 発ったので, 発って, 盛にな, 相當, 着いた, 着いたら直ぐ, 着いてから, 着きて, 着くすると, 着くなり, 着けば, 着しければ, 着して, 着たその, 着たの, 着たら中津, 着た翌日, 着次第に, 移すこと, 移つた, 立った由, 立つ, 立つて, 立つ自分翌日一人俥, 競輪の, 約して, 置いて, 美しい女形, 義太夫の, 肝腎の, 育って, 至る, 舞臺を, 菊地なにがしという, 蒼井雄君鎌倉に, 行かれた時蘆辺踊り, 行かれないの, 行かんか, 行きましたから, 行きましたら直ぐ, 行き是, 行き菓子, 行くから, 行くの, 行く事, 行く凡そ十日, 行った, 行つて, 見えない鴻山, 見は, 訪うて, 訪問した, 詳しい, 護送せらるる, 豐臣氏の, 負けないなど, 販売所を, 赴き遂に, 赴くへ, 足を, 踏み止って, 身を, 迎へ, 近いドルメン, 近づいても, 近づくにつれて, 近づくので, 退き同夜近臣数人, 逃げだして, 逃げて, 這入れるが, 通つてゐる, 遊びに, 遊んだり, 遊ビ中井竹山ニ學ブ, 道修町といふ, 遣した最後通牒, 遺つて, 開いたこと, 關係の, 限ったこと, 限て, 限定され, 集まる浪人衆, 集めること, 雷震火藥庫が, 電車さえも, 飛行し

▼ 大阪~ (248, 4.2%)

2 それを, 一番汚, 働くと, 刊行された, 生れて, 聞いて, 貿易商を, 降りた

1 [232件] あった, あったが, あつた, ありこの, あり織田, あるから, あンまり, いうならば, いう刺青, いう拾い屋, うけるお礼, うろうろし, お前さんを, お前大名への, お嫁, この洗, こんなこと, ございますが, しばらく落語家, すばらしい人気, たった一軒静か, ちゃんと予告, どうして人間, どこかの, はき, はむかいさん, ひらかれた, ひらかれた関西俳句大会, もと, やる手順, やれば, オマケ的に, ジブクラれる, チボ, バーを, ペストが, ラジオ屋の, 一つ堺で, 一流だ, 一番短い, 一番美味を, 一番雑閙の, 三味線ひい, 上手に, 上白一桝が, 下車し, 下車した, 世話に, 中継を, 九郎右衛門が, 事件の, 二十五日も, 二十四組江戸で, 二回も, 二度ほど, 二日を, 二時間ほど, 人を, 仕置を, 会合しよう, 何とかいふ, 何處ぞへ, 例の, 修業を, 健在である, 働いて, 働くいう気い, 入墨の, 兵隊が, 凱旋兵士を, 出版せられた, 出發前, 刊行せられた, 初めて見た, 初七日, 勉強する, 医者の, 十一番会社へ, 博覧会が, 厄介に, 同じ日, 和洋の, 土に, 大きな病院, 大不出来, 大塩平八郎の, 大阪らしく感じる, 失業, 奉公し, 奉公したいいふ, 女を, 女帶の, 妻前田氏の, 始められて, 姿を, 子ども時分から, 學問ある, 宅間流が, 実行した, 寺男を, 少い時分, 少しのみました, 少年期を, 底曳大尽と, 御不幸, 御覧に, 志賀山流の, 悪いこと, 惣嫁, 惣嫁江戸で, 成功した, 手ぐすね引い, 抜けあと, 拘引された, 拾い屋, 捕った時, 捕まって, 探偵趣味の, 放蕩者の, 教授を, 教育を, 文楽の, 文治さんの, 斉興さんに, 新潟行きの, 新聞の, 映画を, 暮して, 暮らして, 最長期, 有名な, 格式を, 歌舞伎狂言に, 武田福田等が, 死にたいと, 気を, 気保養を, 浴びたので, 淨瑠璃を, 渡す約束, 源之助が, 溜て, 演説した, 牢に, 犯行を, 生きて, 生まれた胸, 生まれました, 生れたから, 生れたの, 生れたん, 生れた人間, 生活し, 疵養生を, 病死した, 発したが, 発明し, 発祥した, 發行せし, 盛んに, 知って, 知らせて, 研究した, 社会見学を, 祭りの, 禁止された, 稼いで, 篠崎の, 米屋こは, 経営し, 罹災した, 羽振りを, 聴いたね, 育つた女, 育つた私ども, 育つた頃, 自作の, 舟に, 船乗り業桂屋太郎兵衛という, 船乘業桂屋太郎兵衞と, 若い時, 落合った巴里馴染, 蕗屋に, 薩摩説教節を, 藤山一郎と, 藩邸の, 蘭学を, 蛇の, 行われた予選, 製造し, 見て, 見なくても, 見物し, 試補を, 誰からとも, 請取る, 諭吉を, 講演を, 講釋聽いた, 谷崎, 買うて, 買ったお菓子, 買取て, 起った銀行襲撃事件, 路傍演説を, 軍議を, 迎えて, 逢った同窓, 連れを, 遊んで, 銀行襲撃が, 開かれた展覧会, 開かれる全, 開くこと, 開催する, 降りて, 集散する, 雇った子役, 雇入れた, 電気の, 電氣の, 青木月斗氏等の, 静養しろ, 非常な, 面白いお寺, 面白いと, 食料等を, 高いのに, 髱の, 鳥商を, 鳴らした実業家, 鴻池炭屋加島屋平野屋住友

▼ 大阪から~ (198, 3.4%)

7 帰って 6 来て 5 出て 4 東京へ, 東京まで, 江戸へ 3 戻って, 江戸に 2 どちらです, ながれて, 上京し, 中通りの, 姿を, 帰ってから, 態, 東京への, 連れて

1 [144件] いい齢, いくらか仕送っ, おいでに, かえって来, こ, こちらに, こんな良い, すぐ和歌山方面, するもの, その汽車, それぞれ上京し, ですか, はるばる長崎, まいりましたもの, わざわざきた, 一人妓の, 一足も, 三田まで, 上って, 上つて来, 上京した, 上陸した, 中国を, 中国九州まで, 主人が, 久能志貴子が, 乘つたのです, 二人を, 五十万石の, 京へ, 京都それから, 京都へ, 京都まで, 今は, 仕入れてるんで, 佐藤邦夫来り, 体が, 來て, 例の, 出したみんな, 出張した, 別府博多長崎その, 十二台ほど, 南都へ, 受験した, 同行し, 呼び寄せた職人, 呼び迎えた我当, 和歌山県に, 圓馬が, 城崎まで, 大和へ, 大町から, 奈良の, 奥様に, 女中だけ, 妙な, 始まつた, 家へは, 富山へ, 寝台車に, 将来した, 山荘を, 帰ったか, 帰ったとき朝貌, 帰った岩瀬氏, 帰った当座, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰りたての, 帰ると, 帰るや, 延三郎璃徳などが, 弁護士が, 影を, 応援隊を, 急報です, 急行し, 持参の, 支線へ, 斎入や, 日向から, 日本の, 来たの, 来たので, 来たばかりの, 来た嵐三右衛門, 来た彦根, 来た楽士, 来た生徒, 来た眼, 東の, 東京に, 歩いて, 歸つた上で, 歸つて來る, 歸らなく, 江戸へと, 江戸まで, 汽車で, 汽車に, 河内国を, 河内裏街道を, 泉州の, 流れ込んで, 流行つて來た, 海路長州に, 煙を, 父が, 片岡我当を, 田宮の, 直ぐに, 直接に, 神戸兵庫を, 私の, 種を, 空風と, 笑福亭松鶴, 笑福亭松鶴君を, 肥田が, 舟が, 船の, 芥川文宛の, 行きます, 見舞いに, 訪ねて, 講談は, 護送し, 車で, 逃出し, 通学し, 配達される, 金毘羅までも, 金毘羅道中まで, 阿波の, 附箋にな, 離れた隠れ家, 電話が, 飛んで, 飛行機に, 高台寺の, 高知まで, 鳥取まで, 鳥居君が

▼ 大阪~ (158, 2.7%)

4 が出た, の 3 だった, である, を写生

2 [19件] が紋切型, で, ではない, で喋っ, で話した, で語っ, というもの, と東京弁, なの, の女, の方, の男, の魅力, ほど文章, も悪く, をつかっ, を使う, を使っ, を書い

1 [103件] がいけない, がかえって, がさうさせた, がちゃんぽん, がフランス人, が一人前, が似合っ, が出, が壕, が姿, が急, が書けない, が満足, が近頃, が飛び出し, それから私, だから, だけで, であったの, であって, でありそれ, でその, でなくて, でなくなるの, でやり出した, でよく, でタンカ, で会話, で実に, で書こう, で言, で言う, で言った, で話しかける, で話す, で豹一, で頻, というよう, とはケッタイ, と京都弁, と神戸弁, に, になっ, には変り, にももっともっと, に国語, に弾みつけられ, に弾みづけられ, に戻り, に於, に紀州弁, に美, に翻訳, に見出し, のちょっと, のまじった, のリアリティ, の一人称小説, の使, の卓袱料理, の変化, の特徴, の美し, の音楽的, はあら神戸言葉, はすべて, はもっと, はやはり, は書き, は東京, は独自的, は紋切型, は茨木あたり, へ酸, ほど書き, まじりで秋, まるだし, も, も下手, も使う, も女専, も好き, より電車, らしい感覚, をあれ, をきい, をきく, をそのまま, をつきまぜた, をつく, をまぜ, を余り, を使わし, を出し, を出した, を否定, を書かせ, を書く, を東京人, を発する, を読む, を遠慮なく, を隠そう

▼ 大阪~ (156, 2.6%)

3 中心と, 歩く, 立って, 見物し, 風靡し 2 かけて, 中心として, 中心に, 出て, 出る時, 去り地方, 書くという, 立つつもり, 離れること

1 [123件] あとに, うろついて, こっちの, さして出発, さ迷, して, しのぶ美し, すぎ中国筋, はじめとして, はじめ全, はじめ大, はじめ関西各地の, ひやかして, ぶらぶらするであろう, めぐる約束, よく知らず, 一目に, 今日午頃に, 今離れた, 仕舞風呂と, 代表し, 出たのに, 出た時, 出た東京行き急行列車, 出てから, 出るとき, 出る三時四十分, 出発した, 出發, 出立し, 出立した, 十七日頃出, 厭いは, 去て, 去てから, 去ること, 去るといふ, 去る十二マイル, 去る朝, 味は, 図り京, 夢むといふの意に, 始めと, 底辺と, 廻り都, 引き上げ天囚君, 引掻き廻された日, 往復し, 御見物, 意識しすぎた, 愛するあまりに, 感じて, 感ずるから, 拔け, 探して, 放浪し, 横行し, 歩かずに, 歩かなかった, 歩き大阪, 歩き廻るつもり, 歩くの, 歩く時, 歪めて, 決定の, 流れる春, 流浪し, 涙漬に, 漫歩する, 然り, 男ばかりに, 発した, 発して, 発ち東京駅, 発って, 発掘せね, 目の, 真二つ, 知って, 知ってるよう, 知らない人, 立ち去る三時間半前, 立ち東京, 立ち退く事, 立ったよう, 立つた, 立つた時, 立つて, 立つ時, 立つ話, 立てば, 立とうという, 立退きたかった, 経由し, 結ぶ要衝, 經て, 聯絡する, 自慢し, 見おろして, 見たいと, 見たり, 見て, 見ようと, 見下す大入道, 見物させ, 見舞った時, 訪れた私, 訪れる者, 語るに, 起点として, 逃げ出しまして, 逐電した, 通り越して, 通行する, 遊覧し, 過ぎり奈良, 避けて, 離れて, 離れては, 離れても, 離れないうち, 離れるの, 離れ度

▼ 大阪~ (132, 2.2%)

3 というもの 2 だと, でないと, は大阪弁, らしいこの

1 [121件] か, があっ, がいつ, がかうした, がこんな, がエゲツ, が一番, が今, が何故, が再び, が大阪精神, が天狗先生, が日本人, が昆布, が東京, が都會文藝, だ, だけに娘, であります, である土門, でなければ, では無い, と, という性格, といふ金儲中心, とそういう, との交際, とは地理的, など何, なの, ならば, にとっては何, になっ, にのみ取り囲まれ, には云う, には人, には考へる, にも同じ, に与えたい, に共通, に負けぬ, に附物, に餘, のごとき, のつけ, のつましい, のややこし, のよく, の一ツ, の健康, の凄腕, の商売上手, の喧嘩, の実質精神, の度胸, の所謂江戸詞, の手, の方, の本能, の楽しみ, の演ずる, の為, の粘り強, の肝玉, の胸囲, の記憶, の話, の講演, の進出, の遊興, の集まり, の非, の面目玉, の頭, はいかに, はきっと, はこれ, はこんな, はそう, はそれでも, はなみなお前, はまた, はまだ, はもっと, はファルス, はユーモア, は二輪加, は今, は今や, は余り, は全くうっかり, は大, は大阪, は実質派, は少し, は得意, は心, は早起き, は案外, は江戸東京人, は浄るり, は浄瑠璃, は直ぐ, は競輪雑誌, は行楽精神, は見栄, は頷い, は駄目, は鯨, もまた, も己, も理解, よりも上等人, よ私, らしくないからか, らしく値段, をここ, を尊敬, を巧み, を日本人, を非常

▼ 大阪~ (129, 2.2%)

2 二ツ井戸, 木の

1 [125件] あかんと, あまりに周囲, あまりやぼ, いい土地, いい所, いかにも古風, いくらか, いつも僕, いやな, おろか北海道庁の, ことしで, さすがに, すくなくとも私, すでに在りし, ずいぶん暑かっ, そうで, その傾向, そんなにくわしく, たか, ともかく進歩的, どう, なれて, はなはだ散歩, ほんの目, また其一見, まったく昔, もう夜, もっともっと先, もっと水, もともと実用的, もとより東京方面, やはり恋しい, アクセントは, アベコベの, ウォール街を, エゲツなく, オモロイや, コセコセし, バアに, 一つの, 丁度桃山時代, 上らない, 上天気です, 両端を, 丸で, 京都では, 人間の, 今と, 今日でも, 低調に, 何かときびしく, 何處に, 余りに自, 全国の, 全然知らない, 兵士三連隊を, 凡人の, 勿論中国, 勿論東京人, 十一月末と, 十一月末という, 十二月末という, 南本み, 単色の, 厭に, 商人が, 商業の, 変ったぜ, 変化する, 夜も, 大きな坂, 大都市で, 大阪だ, 好きしかし, 好である, 妙な, 安井銀行第, 実に大, 常に文芸家, 徳川幕府の, 摂津大, 新らしい, 新世界, 新型好みの, 日本の, 明日の, 昔から, 昨日の, 時として夜, 暑かった, 暖い, 暗黒な, 東京の, 案外い, 検校が, 殆ど知らない, 水が, 池田といふ, 洋食食ふべからずだ, 浪人に, 海灣に, 淀屋橋筋の, 漢學の, 煙が, 理解され, 申すに, 町が, 皆無, 私の, 納得しなかった, 結局これで, 緑も, 行儀が, 近いし, 近代の, 逞しいもん, 醤油が, 重要な, 關西方面の, 隨分前から, 食道楽だ, 香りの, 騒々しいと, 驚くべく黒く低い, 高津の

▼ 大阪では~ (100, 1.7%)

2 いい伝えられて, ない

1 [96件] あおち, あやしい所, ありませぬ昔, あんなに厳し, いつも旅館, おどりが, かなり知られた, きき馴れぬあんま, こういう家, この太郎兵衛, こんな大きな帽子, さくらと, その最後, それを, たいそうな, なくずつと, ひどい雨, まあその, ますます煙, むかしから, ツレコミ宿でない, ピンと, ポン, 一廉の, 一流中の, 一番さきに, 一般に, 丁度適当, 三日で, 中の島の, 人間と, 佐竹家藏屋敷の, 何と, 何んと, 先代の, 克ちゃんが, 前記の, 労働問題が, 博覧会見物を, 受けるの, 古風な, 右の, 吉右衛門が, 四五十からの, 国とも, 地震と共に, 変名し, 外に, 夜が, 大いに力, 大塩平八郎の, 大正中世新内の, 天満の, 天産物と, 夫より, 子供時分から, 子取りと, 子役中の, 宇和島という, 安土町の, 安政の, 家庭の, 少しは, 少し違っ, 岸本は, 平気で, 得られないもの, 心配は, 恋までが, 教鞭を, 文金高島田緋縮緬の, 新らしい, 昔から, 普通立っ, 有名だ, 有名な, 此太郎兵衞の, 水落露石氏青木月斗氏なども, 江戸程の, 洋食を, 流行し, 焼ける家, 牧師は, 知らず東京, 硬い方, 禁止と, 節分の, 経験が, 良家の, 菊之助の, 蒟蒻を, 見失って, 通人の, 野次馬は, 雜誌, 電車の

▼ 大阪~ (91, 1.5%)

5 のシチュウ 4 のホワイトシチュウ, のランチ 3 のハヤシライス 2 のコールビーフ, のポタージュ, はその

1 [69件] からはさそり, が休み, が奇怪, が掛棄, といふ口入屋, との直接關係, と升屋, に勤め, に参, に持て, に金二朱, のうち, のカレーライス, のクリームドチキン, のシチュウ丼, のトマト, のトマトポタアジュ, のビフテキ, のポタアジュ, の丼シチュウ赤, の事, の例, の場合, の奧座敷, の女房, の家, の手, の方, の洋食, の現在, の白シチュウ, の責任, の赤シチュウ, は, はお, はからだ, はさ, はす, はそこ, はその後, はそれだけ, はぢ, はどうして, はな一旦, はぺしよりとなつて默つて, はまた, はガバリ, はニタ, は二人, は再び, は凹んだ, は前夜, は口, は吐き出す, は周三, は困憊, は奧座敷, は思はず, は生意気, は突きのめされた, は立つ, は鋭い, は閉め切つた, へ刄向つて行, へ引き渡された, へ書きましょう, を焼いた, を睨み, を顧みた

▼ 大阪~ (74, 1.3%)

3 の全, の恩人, の煤煙

1 [65件] がかつて, が不健康地, が世界一, が今日, が横取り, きっての, で毎年肺病, で珍重, で発明家大会, で米騒動, と神戸市, と程遠から, においてももしも, にかく, になつた天王寺, には年々肺病人, には見られない, に住ん, に冗, に幸, に満足, に煤煙, のよう, のカフェー, の上, の人々, の人口増加, の人口百三十三万三千三百三十三人三分の一, の偉, の南端後宮, の將來, の市長, の市長位, の形態, の思想, の損害, の景観, の最大道路, の有力, の煙, の煙筒, の発展, の真中, の社会課, の空中掃除, の繁栄, の繁華, の罪悪, の計, の道路, の顧問, の9, は世界一, は學者, は無用, は近き, は開闢以来, は高速度鉄道, をこの, をどう, を南北, を撹乱, を支配, を瞥見, 新世界

▼ 大阪まで~ (66, 1.1%)

3 伝わって, 同船させる 2 だから, 無料にて

1 [56件] あるこうという, いって, いても, おこし下されたく, お前の, お春, お立ちに, つけて, てく, 一時間で, 乗り越して, 乗り通し候ひき, 五円九十五銭が, 京阪で, 來る, 出て, 出張する, 出掛けて, 十五里の, 参りましたので, 川堤を, 帰りつけば, 彼は, 往復した, 御越し, 急いで, 持って, 来た序, 梶原氏は, 歩いて, 汽車で, 無事に, 物笑ひ, 百五十里大阪から, 着いた, 積んで, 結局もどる, 船で, 船賃が, 落ちのびた, 行かせること, 行かなくとも, 行くには, 行くん, 行って, 行っとれば, 行つ, 行て, 追っかけて, 送って, 逃げ出して, 連れ出したあと, 運んで, 金策に, 電車でき, 飛んで

▼ 大阪には~ (60, 1.0%)

2 遊廓が

1 [58件] あるの, あるまい, あんな結構, いまだにあれ, うち見る, お日, こういう殺風景, これが, ちょっと珍しい, てんで道路, ない, ないから, まだ淺草, もうよほどお, もつと, もとよりいず, スリの, 一人深く, 不逞者が, 五十嵐の, 今に, 伯父も, 住吉に, 何の, 偉い画家, 先年長逗留の, 北海道の, 半年しかを, 味も, 堂島高等女学校より, 売って, 外に, 多い, 多分の, 大小煙筒らしい, 大阪らしい, 嫁入道具を, 學問らしい, 小さいながら, 幾らも, 彼の, 必要で, 朝めしを, 木崎氏とか, 本格的の, 東京以上に, 浄瑠璃と, 浄瑠璃や, 甚だ清潔, 異色ある, 緒方洪庵という, 緒方洪庵塾などの, 肺病人が, 藩の, 親しいもの, 近松の, 道路らしい, 隨分澤山學者が

▼ 大阪~ (54, 0.9%)

3 東京との 2 京都とへ, 東京の, 長崎で

1 [45件] いうと, いえば, いっしょに, くらべて, その周囲, ちがうの, どっちが, なつた, なれば, 云うん, 云ふ, 京都と, 京都との, 京都の, 京都へも, 今度は, 別れて, 北海道へ, 同じやう, 名古屋と, 変らないじゃ, 大に, 奈良へ, 宮島を, 少しも, 廻つたことが, 敦賀との, 文学を, 東京を, 横浜とで, 直結し, 神戸で, 神戸との, 神戸の, 私, 経めぐっ, 職を, 自から, 藩地との, 讃岐の, 較べて, 違うて, 違って, 長崎の, 領國との

▼ 大阪~ (51, 0.9%)

2 あいた, 大大阪

1 [47件] あのまた, あると, あるのに, ある寒い, いい, しつこく繰り返した, すきな, ちかい, なつかしい, はるかに, よくなっ, 一番よく, 一面そういう, 亡びるに, 代表する, 儲け出したの, 六二%以上である, 判らぬと, 同情し, 同様な, 唐天竺でも, 天下じゃがな, 嫌いであった, 怨みます, 恋しいか, 恋しいと, 恋しい大阪, 恋しくて, 日本の, 最も密度, 最も繁栄, 本元の, 東京に, 池田町に, 無性に恋しくっ, 焦土の, 焼けて, 生み出したといふ, 生んだ人, 生んだ所, 生んだ稀有, 町人の, 私の, 見え西, 見たくって, 開けて, 随所に

▼ 大阪~ (41, 0.7%)

2 を通った

1 [39件] から中之島公園, から乗った, から汽車, であること, での鉄路, で入場券, で寝, で明かす, で黒部あたり, につく, に下車, に入っ, に入った, に戻りました, に着く, に著く, に送り, のプラットホーム, の前, の東出口, の歩廊, の浮浪者, へ, へついた, へつかなけれ, へ着い, へ着いた, へ荷物, へ降り, へ預け, までの十町, まで出迎え, まで来, まで行った, まで辿りついた, まで雪子, を出, を午後八時半発, を思ひ出した

▼ 大阪~ (39, 0.7%)

2 から東海道, にいた, へ来

1 [33件] からつづら, からまいりました, から久しく, から後, から来た, から阿波, でお, でチラチラ, で取り逃がした, にいる, におった, におりました, に出店, に潜伏, のある, のこと, の別荘, の天満組同心, の始末柄, の安治川, へお越し, へさし, へまぎれ, へよこし, へ出, へ参っ, へ早く, へ行っ, までまいりました, まで六, より, よりまかりこし, を立ち廻っ

▼ 大阪~ (34, 0.6%)

1 [34件] からは一, が乗っ, が何, が堺, が怒っ, が憤慨, では, では集った, でもその, でも戦備, でも頻りに, で転, としては城濠, についた, に味方, に於, に殉じ, の主将, の俳優, の出し物, の勇名, の大将, の奮戦, の戦死者, の梅玉, の浪人, の璃寛, の若島, の贔屓, の運, は明石, へ附く, も必死, も認め

▼ 大阪~ (32, 0.5%)

2 東京も, 父も, 随分揺れた

1 [26件] あっちこっちの, いや神戸横浜も, その他の, それを, ついに実用的大阪, とつとの, ひどいには, みんなこの, もとより同様, 一通り流れ, 互に変つて, 京都名古屋も, 住吉あたりの, 到頭こんな, 名ごり竹川が, 名古屋も, 変化として, 憂鬱であろう, 燃えて, 目と, 神戸も, 結構です, 船場あたりの, 見えるのに, 面白いと, 面白いなと

▼ 大阪~ (30, 0.5%)

2 東京の, 神戸へ, 蘆屋の

1 [24件] その近郊, また郷里, ろ, わたしの, 京都で, 京都に, 京都の, 京都へ, 京都も, 京都やの, 京都弁で, 名古屋は, 名所見物を, 奈良あたりを, 奈良を, 東京で, 東京に, 東京や, 東京やを, 松山の, 江戸の, 目黒の, 蘆屋が, 高知県東部の

▼ 大阪でも~ (28, 0.5%)

2 東京でも

1 [26件] ありませんよ, ある事, いっそ誰, そこの, ちやんと, どこへでも, なくそれ, またそういう, やりはじめたもの, ゆうめい, 一流と, 京都でも, 先生が, 前は, 名古屋でも, 唐でも, 商家に, 堺でも, 大丈夫と, 婦人が, 宜いが, 有名な, 江戸でも, 行きますよ, 行われて, 近作陶鉢の

▼ 大阪~ (28, 0.5%)

2 の寄席

1 [26件] い, が何となく, さがしても, で一番, で牛鍋, にただ一人, のデパート, の中学生, の中学生達, の人, の呉服屋, の噂, の大, の家庭, の搗米屋, の祭礼, の藝奴はん, の詫言, の賑い, の隅, は引繰, へ拡がっ, を探しまわりました, を歩かせる, を歩きまわった, を風靡

▼ 大阪より~ (27, 0.5%)

3 上京し

1 [24件] ましかも, 下れり, 中村宗十郎も, 伊勢へ, 初めて上京, 城崎へ, 尋ね來, 帰京し, 戻り来りぬ, 播州に, 来りて, 来る, 東京に, 此処へ, 歸りし, 江戸に, 片岡我当, 篠崎承, 羽田へ, 質が, 附き添い来りし巡査, 電報達し両親と, 青木一重淀君の, 高砂屋福助父子上京し

▼ 大阪~ (26, 0.4%)

2 に乗った, の二等車

1 [22件] かと呟く, と連絡, にこの, には種々, に乗り換えた, のとき, のプラットホーム, の一二九号列車, の切符二枚, の夜汽車, の客, の支度, の旅費, の決心, の汽車, の準急, の稽古, の結果, の藩, の電車, はよほど, は来年

▼ 大阪劇場~ (25, 0.4%)

4 の地下室, の裏 3 の前 2 の女優たち, の楽屋 1 で松竹レヴユー見物, のアメリカンショウ, の従業員, へ, へレヴュ, へ不, へ入り, も, もつい, も内部

▼ 大阪行き~ (25, 0.4%)

6 の汽車 4 の電車

1 [15件] だ, であった, でその, について斡旋, のお話, の一番, の切符, の旅費四十両, の理由, の省線, の船, の配役, は何しろ, も貴, をお断り

▼ 大阪にも~ (23, 0.4%)

1 [23件] あり, ある, あるん, いたこと, これで, ちょっとあれ, ちょっと立寄った, もとは, ゆっくり滞留, 一人の, 久しく寄留, 以前は, 何か, 侠客は, 半世紀前, 古くから, 園園と, 多年圓朝の, 居られず兄弟, 珍らしい, 生れかけて, 行かず家, 見るを

▼ 大阪おばあさん~ (19, 0.3%)

2 と呼ん

1 [17件] がどんぶり, が学校, が座, と浪ちゃん, にしろ, に連れられ, のいた, のこと, のし, の持物, はもう, は家, は貧相, は頑固, よりは祖母, を子供心, を祖母

▼ 大阪商人~ (18, 0.3%)

1 [18件] から出, だが, という名称, に頭, のねばり強い, の下風, の代表, の向, の富, の寝, の社会関係, の罪, の見識, の鬼才, の魔力, らしい思い切った気前, らしい気概, 及び大阪人

▼ 大阪町人~ (18, 0.3%)

1 [18件] からの借財, が一度, その二・三男, には判るまい, に似合わぬ, に借金, に親しみ, の代表的一人, の大, の幾人, の有力者, の檀那衆, の献金, の自由, は実に, は己, をし, を上座

▼ 大阪~ (18, 0.3%)

2 のある

1 [16件] から五万十万, ではよほど, では女, では子供, でもそんな, でも大谷句仏氏, とはまるで, におりました, の名物, の富豪家, の旅館等, の植木屋仲間, の生れ, の町人衆, の町医村医, の社

▼ 大阪~ (17, 0.3%)

1 [17件] だ, であるから, にいきなり, におっとり, に似, に店, に肉, に赤い, の二階, の切鮨, の家造り, の棟數, の漫談, の町娘, の着物, の竹田頭巾, はかなわん

▼ 大阪~ (16, 0.3%)

1 [16件] か知らない, では泉南西葛城村, でも奈良県, には敏, に転, のランチ, の全, の泉北地方, の洪水, の甲南病院, の薄給官吏, の衛生課, の警察, の貫属, は六千円, は神様

▼ 大阪という~ (15, 0.3%)

1 [15件] ところは, ものに, 処が, 取澄ましたところ, 土地については, 土地にのみ, 土地は, 大都会, 夫の, 極めて現実的, 町にも, 近代都市の, 都会の, 都市が, 都市に

▼ 大阪生れ~ (14, 0.2%)

1 [14件] だつたが, だという, であろうとも, で又, で有名, の丸山, の人間, の商人, の文化的職業家, の書肆, の東京住居, の者, の西鶴, を知ってる

▼ 大阪までの~ (13, 0.2%)

4 切符を 2 汽車賃と, 汽車賃に 1 平原の, 旅費を, 日数入費などを, 終電車は, 自分の

▼ 大阪市中~ (13, 0.2%)

1 [13件] での出来事, にては小売, に大人気, に配った, に電車, に鳴り響いた, の騷ぎに, は今彼, へは現われた, ももつ, も活気づい, を流れ, を腕車

▼ 大阪市長~ (13, 0.2%)

3 になった 1 であること, とかいうよう, として考へなけれ, なんて生意気, になっ, になられた, にばけ, の池上四郎氏, をもう, をやめる

▼ 大阪~ (13, 0.2%)

2 なところ, な作品 1 だ, だが, であったという, であると, なもの, な反逆, な国語, な小屋, な御寮人さん

▼ 大阪落城~ (13, 0.2%)

2 の後, の次 1 から徳川, で豊臣方, と共にこれ, のすぐ, の元和元年, の無念さ, の直後, の翌日, を桜痴居士

▼ 大阪あたり~ (12, 0.2%)

1 [12件] からみる, から取寄せ, から渡来, にいるでしょう, には宅間流, に聞えた, に親類, の人達, の女優, の娘, の気候, まで見られます

▼ 大阪~ (12, 0.2%)

1 [12件] か分らぬ, ぜ, それから甲府, と僕, と彼, と思, と指點, と片意地, なア, な俺, もの食べ物は, 京

▼ 大阪~ (12, 0.2%)

1 [12件] と云う, にはこれら亡命変, に參加, に大任, の如き, の文献, の時, の時抜群, の記憶, の起る, や関个原, を経

▼ 大阪朝日~ (11, 0.2%)

2 から邦枝完二氏 1 に出た, の会, の土屋君, の天声人語子, の学芸部長ころ, の待遇, の日曜附録, の旧, の講堂

▼ 大阪朝日新聞~ (11, 0.2%)

1 [11件] である, と大阪毎日新聞, に, に公, に書いた, に載せ, の懸賞, の社會部, の記者, の週報, を借り

▼ 大阪~ (11, 0.2%)

2 を眺め 1 にまわし, に行, のプチャーチン乗艦, の出口, をその, をながめ, をへだて, を一望, を航海

▼ 大阪神戸~ (11, 0.2%)

1 [11件] それから紀州, といつた, と順調, などもことごとく, に亘っ, の三都, の位置, の六大都市, への取引, をはじめ全国, を過ぎ

▼ 大阪言葉~ (11, 0.2%)

2 を眞 1 が存外, でいっ, で中津, で彼, の女給, は揮發的, を修得, を説明, を露骨

▼ 大阪からの~ (10, 0.2%)

1 廻米が, 放送だ, 新聞が, 米の, 終電車の, 船は, 警固の, 通学を, 遠出で, 電報で

▼ 大阪ビル~ (10, 0.2%)

2 の六階 1 から電車, にある, のパラマウント, の下, の何階, の文華土地株式会社, へ行ったら, をまち

▼ 大阪京都~ (10, 0.2%)

1 で育っ, と云, と東京, と火の手, などのよう, などの大都市, の三ヶ, の方, をも見ない, を抜かし

▼ 大阪市内~ (10, 0.2%)

1 だけだ, だと, では死ぬ, で本屋, には城代, の小宮町, の消印, の盛り場, の親戚, 或いは京都

▼ 大阪ずし~ (9, 0.2%)

2 を食 1 かえる, で胡麻, で食事, を事務所, を買, 少々, 少々食

▼ 大阪での~ (9, 0.2%)

2 開催中において 1 五六年間を, 会議すまし, 僕の, 入院中ニューオ, 勝負の, 勝負らしく思はれ, 顔合せが

▼ 大阪へも~ (9, 0.2%)

1 いやもっと, 何も, 出張し, 大阪師範学校という, 奥州までも, 寄らず京都, 汽車で, 行ったん, 連れて

▼ 大阪毎日新聞~ (9, 0.2%)

2 へ入社 1 が一萬五千號, とに掲載, との交渉, による黒龍江畔風雲急, に宛て, の商, の記者

▼ 大阪越え~ (9, 0.2%)

5 から河内 4 へ又

▼ 大阪及び~ (8, 0.1%)

2 大阪人 1 大阪人に, 大阪人よ, 大阪近くには, 東京に, 西方から, 高知の

▼ 大阪朝日新聞社~ (8, 0.1%)

1 が主催, で天王寺, に入っ, に入社, に由っ, の大会, の求むるところにより, の社会部

▼ 大阪落語~ (8, 0.1%)

1 だけ聞く, ではある, と鴈治郎, に猫, の大, の大半, は小咄, を聴こう

▼ 大阪見物~ (8, 0.1%)

1 といへ, にも支障, に出, に参った, に行き, の他郷人, の感想, をとでもいう

▼ 大阪にて~ (7, 0.1%)

1 口走りたる甘, 名医として, 捕はる, 海南学校出らしき, 無一文の, 発行せし, 警吏朝鮮人の

▼ 大阪へは~ (7, 0.1%)

1 やつぱり飛行機で, 中村宗十郎を, 寄りつかなかった, 廻り道で, 来ないと, 滅多に, 祖父の

▼ 大阪地方~ (7, 0.1%)

1 では三十七銭, に河岸, のことば, の新聞紙, の新聞記事, の温気, は言葉そのもの

▼ 大阪城代~ (7, 0.1%)

1 から沖合, が報じた, に任じた, に就任, の職, の蔵屋敷, の記録

▼ 大阪天王寺~ (7, 0.1%)

1 から一路車中, の地蔵祭り, の塔倒, の本, を出発, 第, 第三小学校

▼ 大阪朝日会館~ (7, 0.1%)

3 の読者大会 1 で私たち, において同日午後一時半, における読者大会, の愛読者大会

▼ 大阪~ (7, 0.1%)

2 と同じ 1 だという, では知るまい, の悲し, は一度, は急

▼ 大阪からは~ (6, 0.1%)

1 中形の, 早く来る, 更に中村芝鶴, 木見八段が, 隨分來る, 高田実が

▼ 大阪との~ (6, 0.1%)

1 イキも, 境である, 比較だの, 真ん中で, 距離は, 関係も

▼ 大阪よりも~ (6, 0.1%)

1 ええ云, もっと東京, 一層厳重, 向うな, 手近である, 詩的であり

▼ 大阪らしい~ (6, 0.1%)

1 が, といふ, 名前京都には, 春らしい, 気が, 町家の

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

1 が激, に託し, の切腹, の夫人侍女家臣等, の家来, は其扇

▼ 大阪俳優~ (6, 0.1%)

2 の一座 1 のうち, の値安芝居, の大, を率い

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

6 の陣

▼ 大阪商船~ (6, 0.1%)

1 と宿屋, の山岡氏, の山岡順太郎氏, の末永支配人, の濠洲通い, の発着所

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

5 の陣 1 之陣

▼ 大阪市民~ (6, 0.1%)

1 に美術館, のため, はこの, は全部肺, は由来政治, を嬲りもの

▼ 大阪府下~ (6, 0.1%)

1 にては一時, の家族, の或, の貧しい, よりの報知, を圧した

▼ 大阪役者~ (6, 0.1%)

1 が三人吉三, なら先ず, の一座, の中村芝雀, の人情劇, の息子

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

2 陣覚書 1 城の, 城内の, 番衆例幣使尾州御, 陣も

▼ 大阪新聞~ (6, 0.1%)

2 の産業欄 1 に連載, のただ中, の兵庫版, の美人投票

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

1 から潮, の築港工事, は外國應接, へ下る, へ入った, を出発

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

1 が八時, ですから, の旨, の晩, はその, は夜

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

1 が雑, だった, で男, の抜け切らぬ, をきい, を忘れ得ない

▼ 大阪~ (6, 0.1%)

2 を往復 1 にこういう, に弾丸道路, の一, の貸しきり飛行機

▼ 大阪へと~ (5, 0.1%)

1 下った, 下つた, 轉, 運び去られる, 飛ぶ

▼ 大阪名物~ (5, 0.1%)

1 であるが, の一つ, の岩おこし, の昆布店, の運河

▼ 大阪屋花鳥~ (5, 0.1%)

2 の二代目 1 というの, という人, は初め

▼ 大阪料理~ (5, 0.1%)

1 が東京, で夕食, の為, は成るべく, は生地

▼ 大阪方面~ (5, 0.1%)

1 では空襲, の或, へ行く, へ通じ, を指し

▼ 大阪毎日~ (5, 0.1%)

1 の客員, の記者, を都会, 及び東京日日新聞, 及び東京日日新聞社

▼ 大阪特有~ (5, 0.1%)

1 な, な煙突, の品, の安, の店構

▼ 大阪郊外~ (5, 0.1%)

1 の住宅地, の家, の岩瀬邸, の村里, の牧落

▼ 大阪附近~ (5, 0.1%)

1 でいう, で発掘, に上陸, の電車, も大丈夫

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 廻って, 行けへん, 行って, 連れて

▼ 大阪じゃ~ (4, 0.1%)

1 ねえで, 家族の, 浜寺の, 養生は

▼ 大阪って~ (4, 0.1%)

2 とこは 1 ローカルあたしたちの, 云うと

▼ 大阪といふ~ (4, 0.1%)

1 ところは, ものの, 商業都市と, 土地相應に

▼ 大阪とは~ (4, 0.1%)

1 いえ一糸, 因縁の, 淀川で, 見えないね

▼ 大阪なる~ (4, 0.1%)

1 友人を, 安藤氏の, 都市が, 重井の

▼ 大阪における~ (4, 0.1%)

1 五六年間の, 日本図書館協会大会において, 木造小学校建築物被害の, 著名の

▼ 大阪ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 でない日本中, 見物し

▼ 大阪へでも~ (4, 0.1%)

1 京都へでも, 參ります, 東京へでも, 行つて世帶を

▼ 大阪への~ (4, 0.1%)

1 使を, 手前多少, 旅費に, 電話を

▼ 大阪までは~ (4, 0.1%)

1 何里と, 保って, 十五里, 船で

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 さよなら比古さん, さらばさらばといふ, ロシアの, 起ち上れ

▼ 大阪よい~ (4, 0.1%)

1 とこ富の, とこ水の, とこ色の, とこ都市の

▼ 大阪ホテル~ (4, 0.1%)

1 で催された, のシャトウブリヤン, 迄婚礼, 迄平野

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 の天王寺公園, の掏摸, の美男, の隠れ場所

▼ 大阪上り~ (4, 0.1%)

1 とか阿波上り, の一座, の嵐芳三郎, の市川右団次

▼ 大阪市会~ (4, 0.1%)

2 の大 1 の刷新派, は未

▼ 大阪支店~ (4, 0.1%)

1 で棉花部長, と札幌支店, の招待, の武村貞一郎氏

▼ 大阪文楽座~ (4, 0.1%)

1 の人形使い桐竹紋十郎, の人形浄瑠璃, の人形芝居, を観る

▼ 大阪時代~ (4, 0.1%)

1 から冬, から見る, とは変っ, を経

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 といっ, の武勇伝物, 杜で, 講談の

▼ 大阪梅田~ (4, 0.1%)

2 の劇場 1 の歌舞伎座, も開場

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 と月, の久七, の五兵衛, の忠助

▼ 大阪~ (4, 0.1%)

1 でいた, についても本人, にはなりますまい, は決して

▼ 大阪近郊~ (4, 0.1%)

2 の癩療養所 1 ではまず, の平坦

▼ 大阪長崎~ (4, 0.1%)

1 とこの, と諸国, に会所, に居る

▼ 大阪からも~ (3, 0.1%)

1 来る東京, 見に, 鐵道線路の

▼ 大阪じゅう~ (3, 0.1%)

1 の中学生, を探し歩きました, を驚かせた

▼ 大阪その~ (3, 0.1%)

1 大阪が, 大阪の, 爲に

▼ 大阪です~ (3, 0.1%)

1 か, かという質問, か大阪

▼ 大阪とか~ (3, 0.1%)

1 名古屋とか, 奈良とか, 江戸とかへ

▼ 大阪とでは~ (3, 0.1%)

1 すつかり, 名前が, 大分色彩が

▼ 大阪なり~ (3, 0.1%)

1 好きな, 東京なりから, 神戸なりから

▼ 大阪にては~ (3, 0.1%)

1 一方の, 和事師の, 有繋

▼ 大阪に対する~ (3, 0.1%)

1 ある種, 反感は, 郷土愛の

▼ 大阪もの~ (3, 0.1%)

1 であるので, も東京もの, を見ない

▼ 大阪よりは~ (3, 0.1%)

1 ずっと澄ん, ましの, 憂鬱である

▼ 大阪下り~ (3, 0.1%)

1 の中村又五郎, の芸者, まで引っ張っ

▼ 大阪事件~ (3, 0.1%)

1 が如何, にかかわり, を芝居

▼ 大阪以外~ (3, 0.1%)

1 この京都, にはこんな, の土地

▼ 大阪全市~ (3, 0.1%)

1 が数日間, の市民たち, をあげ

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 てからはや, の古手屋八郎兵衛, の女形

▼ 大阪奈良~ (3, 0.1%)

1 と答, と諸所, へと己

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

2 の内 1 の内柳屋画廊

▼ 大阪平野~ (3, 0.1%)

1 との間, の景色, を横断

▼ 大阪府知事~ (3, 0.1%)

1 の名, の夫人栄子氏, の相

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 の目先, の言語道斷, の高い

▼ 大阪東京~ (3, 0.1%)

1 のジヤーナリスト, の三都, の都会地

▼ 大阪格子~ (3, 0.1%)

1 を後, を立てた, を隔て

▼ 大阪毎日新聞社~ (3, 0.1%)

1 であった, の, の命

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 に中の間, に翻訳, のアクセント

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 が更に, と稱, に出現

▼ 大阪神戸方面~ (3, 0.1%)

2 からつまり 1 から北海道方面

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 一の, 一級の, 八銀行襲撃事件の

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 の内地, の大, の郊外

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 が岸, とか出生, のおかげ

▼ 大阪西横堀~ (3, 0.1%)

1 の作り物, の専売, の志津貞中

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 でいえ, とのち, の花屋

▼ 大阪谷町~ (3, 0.1%)

2 の薄 1 のさる

▼ 大阪~ (3, 0.1%)

1 がつかえない, で柄, をつかわなく

▼ 大阪近く~ (3, 0.1%)

1 では播州, なると, にはこの

▼ 大阪お祖母さん~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, は二度

▼ 大阪その他~ (2, 0.0%)

1 に何箇所, の駅

▼ 大阪だった~ (2, 0.0%)

1 から二人, のだ

▼ 大阪だの~ (2, 0.0%)

1 九州だ, 姫路だの

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 ぺ, 児では

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 子に, 子や

▼ 大阪といった~ (2, 0.0%)

1 グアイだ, 具合に

▼ 大阪としては~ (2, 0.0%)

1 忘れること, 珍しいこと

▼ 大阪とを~ (2, 0.0%)

1 考えの, 較べて

▼ 大阪などで~ (2, 0.0%)

1 ああ長く, 私は

▼ 大阪などでは~ (2, 0.0%)

1 少女が, 普通の

▼ 大阪などの~ (2, 0.0%)

1 町人文化とが, 秤座出張所を

▼ 大阪などへ~ (2, 0.0%)

1 突つ走, 行って

▼ 大阪などを~ (2, 0.0%)

1 ゆっくり見物, 見物に

▼ 大阪なんか~ (2, 0.0%)

1 いやだ, 本当にいや

▼ 大阪にでも~ (2, 0.0%)

1 名古屋にでも, 行つたら

▼ 大阪までも~ (2, 0.0%)

1 行かいでよかっ, 響いて

▼ 大阪らしく~ (2, 0.0%)

1 どんより曇つた朝, 実用的な

▼ 大阪パック~ (2, 0.0%)

2 の表紙

▼ 大阪一流~ (2, 0.0%)

1 の浜村銀行, の芸妓

▼ 大阪一点張り~ (2, 0.0%)

2 に張っ

▼ 大阪三界~ (2, 0.0%)

1 のそれ, まで出

▼ 大阪中の島~ (2, 0.0%)

1 にあった, の浜村銀行

▼ 大阪京都神戸~ (2, 0.0%)

1 に出張公演, をはじめ

▼ 大阪以来~ (2, 0.0%)

1 のつもる, の顛末

▼ 大阪以西~ (2, 0.0%)

1 は謂わ, を踏む

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 に住み馴れ, 怒鳴る巡査

▼ 大阪入城~ (2, 0.0%)

1 とあきらめ, のデマ

▼ 大阪出張所長~ (2, 0.0%)

1 といふ肩書, は梅田

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

2 の新地

▼ 大阪南地~ (2, 0.0%)

1 のある, の紅梅亭

▼ 大阪南本町~ (2, 0.0%)

1 の仮寓, の文淵堂

▼ 大阪名人~ (2, 0.0%)

1 と自称, を自称

▼ 大阪名古屋~ (2, 0.0%)

1 などの次に, などへも火の手

▼ 大阪向き~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, にはスマート

▼ 大阪商船待合所~ (2, 0.0%)

2 で別府

▼ 大阪国際飛行場~ (2, 0.0%)

1 を出発, を離陸

▼ 大阪圖書館~ (2, 0.0%)

2 にて

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 の中, の砂ずり

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 にあった, の岡野

▼ 大阪堀江~ (2, 0.0%)

1 に写真, の

▼ 大阪外語~ (2, 0.0%)

1 の仏語科, の支那語科

▼ 大阪天満~ (2, 0.0%)

1 の天神祭り, の橋

▼ 大阪天滿~ (2, 0.0%)

2 の邸

▼ 大阪奉行~ (2, 0.0%)

1 に命じ, の中

▼ 大阪婦人大会~ (2, 0.0%)

1 が開かれた, を開く

▼ 大阪屈指~ (2, 0.0%)

1 のべっ甲問屋, の廻船問屋

▼ 大阪屋五郎兵衛~ (2, 0.0%)

1 と云う, の家

▼ 大阪市全体~ (2, 0.0%)

1 に大入道, に降った

▼ 大阪市史~ (2, 0.0%)

1 にも載せられ, による

▼ 大阪市外~ (2, 0.0%)

1 に半年, に当時

▼ 大阪帝大~ (2, 0.0%)

1 が出来た, の長岡半太郎博士

▼ 大阪府当局~ (2, 0.0%)

1 では中小商工業復興資金, も亦

▼ 大阪拘置所~ (2, 0.0%)

1 が警察, を破っ

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

2

▼ 大阪放送局~ (2, 0.0%)

1 から毎月鳴り物入り, より戦線

▼ 大阪教会~ (2, 0.0%)

1 で牧師宮川経輝氏, の宮川経輝氏

▼ 大阪文化史~ (2, 0.0%)

1 の一部, の講演

▼ 大阪旅行~ (2, 0.0%)

1 がとても, は苦しかっ

▼ 大阪木津~ (2, 0.0%)

1 などでは尚, の西瓜

▼ 大阪未決監獄~ (2, 0.0%)

1 において時に, 入監中

▼ 大阪本社~ (2, 0.0%)

1 との意志, の主催

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 は仙台, は仙台松島

▼ 大阪松竹座~ (2, 0.0%)

2

▼ 大阪歌舞伎~ (2, 0.0%)

1 というの, と銘

▼ 大阪浪花座~ (2, 0.0%)

1 に於, へ一枚看板

▼ 大阪滞在中~ (2, 0.0%)

1 の寸暇, の食日記

▼ 大阪演劇聯盟~ (2, 0.0%)

1 でもさ, の組織

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 に合格者, の一休諸国物語

▼ 大阪独特~ (2, 0.0%)

1 だな, らしくもっと

▼ 大阪生玉前町~ (2, 0.0%)

2 の料理仕出し屋丸亀

▼ 大阪田井中恩地~ (2, 0.0%)

1 の線, の間

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 では百尺, の手習師匠今井良輔

▼ 大阪町奉行~ (2, 0.0%)

1 であった大塩後素, を勤め

▼ 大阪監獄~ (2, 0.0%)

1 きって, の敷地払下問題

▼ 大阪第一流~ (2, 0.0%)

1 の名手, の女

▼ 大阪精神~ (2, 0.0%)

1 の確立, を創成

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 が第, の身

▼ 大阪蔵屋敷~ (2, 0.0%)

1 は多忙, へ調所笑左衛門

▼ 大阪貴石倶楽部~ (2, 0.0%)

1 の大所, の山西

▼ 大阪辺り~ (2, 0.0%)

1 にて用, の封建的

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 二三里の, 自動車で

▼ 大阪近在~ (2, 0.0%)

1 に人殺し, のある

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 の君, は一人

▼ 大阪道修町~ (2, 0.0%)

1 に住, の薬種商

▼ 大阪道頓堀~ (2, 0.0%)

1 の戎橋, の生まれ

▼ 大阪醫科~ (2, 0.0%)

1 大學, 大學位

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 というやつ, をピシリ

▼ 大阪随一~ (2, 0.0%)

1 の大, の相場新聞浪華朝報社

▼ 大阪駅前~ (2, 0.0%)

1 の広場, の闇

▼ 大阪高等学校~ (2, 0.0%)

1 で教鞭, の野田義夫さん

▼ 大阪~ (2, 0.0%)

1 の箱, をたべ

▼1* [476件]

大阪あっての京都, 大阪い知らせ行って, 大阪い行てる, 大阪い通てた先度ごろ, 大阪うまれが東京, 大阪びすじま筑前屋新, 大阪大阪とは, 大阪きっての歓楽, 大阪ことばのうち, 大阪じこみはたいした, 大阪ずし食ひ楽屋, 大阪だけかと思うと, 大阪だけかも知れん, 大阪だけとは限らない, 大阪だけの太閤秀吉で, 大阪だったり静岡, 大阪ってとこい, 大阪とこは, 大阪であれ江戸の, 大阪でなければ本当, 大阪とかへ駈落ちを, 大阪とで開かれた山中商会主催, 大阪とに師範学校を, 大阪とへの追分に, 大阪とも同時に二人組, 大阪どこでも聞く, 大阪どころやあれ, 大阪どころか海の, 大阪のだ, 大阪なぞの日本, 大阪などその為, 大阪などからやって来た生徒たち, 大阪などでも秋の, 大阪などに比べて, 大阪なまりにテツカ, 大阪ならどこでも, 大阪なら知らぬこと長浜なんて, 大阪なら行ったことが, 大阪なんだか物語で, 大阪において壮士芝居を, 大阪においてはとてもよい, 大阪にだってよい先生, 大阪について十分に, 大阪にゃあなたを, 大阪のね空気が, 大阪のみに限らず日本, 大阪はじめ二三のお嬢さん方, 大阪はては仙台札幌遠くは, 大阪びいきの連中, 大阪へなど行く気, 大阪へまでも行響いた, 大阪へんのアラ, 大阪ほど教育について, 大阪ほどには行かぬ, 大阪ぼんちが泥棒ごっこ, 大阪はり山陰道を通じて, 大阪また北は, 大阪までやつて来た, 大阪みたいな奴, 大阪もよりへと伊那丸, 大阪ゆきの汽車, 大阪よりと聞きて, 大阪よりはずつと澄んで, 大阪しからぬ仕事, 大阪らしく感じるのは, 大阪を通じて計算する, 大阪アラスカの蝦, 大阪アルカリの上領純一氏, 大阪イ西瓜売りに, 大阪ターミナルの表通り, 大阪ッ子が今度, 大阪ナマリがある, 大阪ニューヨーク天津マルセーユ香港横浜等々世界中の名, 大阪ビルメトロ試写室へ, 大阪ビルレインボーで永井龍男, 大阪ビル新館のエレベーター, 大阪モンはみんなあれ, 大阪ロンドンデリーは京都, 大阪三成社帝国紙器を合わせ, 大阪三界引廻して, 大阪三菱等の汽船会社, 大阪三越の古家武氏, 大阪三輪鶴の千両箱, 大阪上中下邸の新築, 大阪の関, 大阪下り雁二郎の, 大阪下寺町を彷徨, 大阪下寺町河内田井中村同恩地村, 大阪朝日紙上に, 大阪両度の陣, 大阪両朝日へ同時に, 大阪中ノ島の藩邸, 大阪中何処でも歩い, 大阪中座で同じく, 大阪中流の倹約思想, 大阪乗込みについて団十郎, 大阪九時頃やわ, 大阪乞食の傀儡師, 大阪二百萬市民の讀書眼, 大阪二輪加なぞと根本的, 大阪五奉行の一人, 大阪京都伊勢中國邊, 大阪京都名古屋と云, 大阪京都奈良等諸所見物して, 大阪京都方々を思うさま, 大阪京都此大都會から五六十人, 大阪京都郷里の三地方, 大阪人同士が仲よく, 大阪人士のみの悪弊, 大阪人等は想像, 大阪仕立ての東京行き急行列車, 大阪仕込みの勇者, 大阪付近では到る, 大阪以後ことに自分, 大阪以来ここしばらくそぼろ助広, 大阪以来股のあたり, 大阪伊勢等より遊女, 大阪伏見の住民, 大阪伸銅所であった, 大阪住吉区岸姫町の鴨下ドクトル, 大阪侯方の或, 大阪かの鶴家団十郎門下, 大阪信託へ行き, 大阪修業中は勿論, 大阪修業中今の市川団十郎, 大阪俳優中村福円の以前, 大阪俳優嵐璃鶴の後身, 大阪倶楽部で一円五十銭, 大阪の反感, 大阪はまさしく, 大阪入りの初, 大阪全体でどれ, 大阪兩地の發表, 大阪八月有楽座である, 大阪公演の稽古, 大阪共爲致往還度彼是相伺候可然御, 大阪共益社のこと, 大阪兵燹の余焔, 大阪出しものを練る, 大阪出身北海道の山奥みたい, 大阪登り越路太夫, 大阪劇団の恩人, 大阪劇場全焼のニュース, 大阪劇場地下室で将棋, 大阪劇壇の重鎮, 大阪勉強ということ, 大阪の中, 大阪北南組天満の三口御構, 大阪北南組天滿の三口御構, 大阪北野の寺本, 大阪北野劇場を見る, 大阪医専の学生, 大阪十二月は, 大阪千日前弟七郎兵衛遊女かしく三人同時に斬られた, 大阪千秋楽の明日, 大阪南区内安堂寺町二丁目交番を西, 大阪南区畳屋町に錺屋, 大阪南方の近在, 大阪博愛社の社長小橋実, 大阪し, 大阪及紀州に亨一, 大阪から行っ, 大阪古来の風習, 大阪古物の風景, 大阪合同でターキー, 大阪吉本興行部の手, 大阪名代の寿司屋連, 大阪名古屋江戸と諸, 大阪名所を案内, 大阪名物カフェ美人座にもしげ, 大阪商工会議員の長男, 大阪商工会議所では大阪府市, 大阪商船会社の船, 大阪商船支配人の特別, 大阪商船會社の緑川丸, 大阪四周の農村, 大阪四国九州お前さんとなら, 大阪四天王寺什物之内, 大阪四天王寺近江玉泉寺京都百万遍知恩寺にある, 大阪団子細工あれの細工, 大阪固定した家, 大阪國事犯のヒロイン景山英子氏, 大阪土佐堀三丁目の蔵屋敷, 大阪在住の旧友方, 大阪在勤で蔵屋敷, 大阪地方専門の家尻切り, 大阪地方裁判所に勤め, 大阪地誌に下手, 大阪堀江六人斬事件, 大阪堂島の相当, 大阪堂島玉江橋と云う, 大阪の街, 大阪堺神戸奈良などの大きな, 大阪夏陣の時, 大阪外国語学校に居る, 大阪外國語學校の教授, 大阪大林区署は黒部林道, 大阪大阪から奈良, 大阪天主公教会の公教会月報, 大阪天満女夫池に妻, 大阪天満川の宿, 大阪天満通の大塩中斎, 大阪天王寺町の由緒, 大阪天王寺西門大鳥居の真, 大阪太陽新聞主催の見世物, 大阪奇人伝中の一人, 大阪奈良初瀬と, 大阪安治川御屋敷留守居役便託, 大阪安治川尻にあらはれ, 大阪実演大会五月末に開催, 大阪富豪の家々, 大阪寿司に一箱, 大阪寿司屋に飛びこん, 大阪小唄道中の原作料, 大阪屋さんも人, 大阪屋ハヤシライスとホワイトシチュウ, 大阪屋敷勤務下級藩吏の二男, 大阪屋長兵衛という四十男, 大阪山口市等の講演旅行, 大阪山口等次第に都会, 大阪川口の賑い, 大阪川口町へ谷崎潤一郎氏, 大阪川崎松井函館には僕, 大阪工業研究所の庄野唯衛氏, 大阪市上に空中, 大阪市人の恐怖, 大阪市住吉区平野郷町の杭全神社, 大阪市住吉区阿倍野筋一丁目に山本照美, 大阪市全体私の家族全体, 大阪市助役の関一氏, 大阪市北区中之島付近の往来, 大阪市南区内安堂寺町二丁目であるが, 大阪市南区木津元の西成郡木津村, 大阪市場にまで持ち込まれ, 大阪市外阿倍野の夜, 大阪市役所の連中, 大阪市政の改造, 大阪市新町九軒粉川様内おすみどの, 大阪市東淀川区江口町と地図, 大阪市浪速區鴎町一丁目に生れた, 大阪市立図書館へ, 大阪市街も瓦斯タンク, 大阪市長さんなんて誰, 大阪帝国大学工学部の聴講生, 大阪師範学校というの, 大阪帰りの電車, 大阪平民新聞の執筆者, 大阪広島の各, 大阪府三島郡佐位寺に, 大阪府下中学の陸上運動会, 大阪府下南河内郡古市村の誉田神社, 大阪府中河内郡生駒山の西麓, 大阪府人野田産蔵の借, 大阪府会議長の薄, 大阪府兵庫県奈良県和歌山県三重県滋賀県の二府, 大阪府判事神奈川県知事租税権頭及び元老院幹事等, 大阪府判事神奈川縣知事租税權頭及び元老院幹事等, 大阪府北河内郡淀川の渡り場, 大阪府北河内郡生駒山の西麓, 大阪府南河内郡から大和, 大阪府南河内郡林田村第十二組, 大阪府市の中小商工業者, 大阪府庁内に設けられた, 大阪府庁舎などは最も, 大阪府泉南郡の海岸, 大阪府県下を視察, 大阪府知事五代友厚に提出, 大阪府知事五代才助あてに提出, 大阪府警察署の拘留場, 大阪府警察部の思想係, 大阪庭窪蘇州庵の場合, 大阪廻りの和船, 大阪廻米を扱っ, 大阪弁のは新しい, 大阪弁みな違って, 大阪弁上司小剣氏の書く, 大阪弁丸出しの巨漢, 大阪弁宇野浩二氏の書く, 大阪弁川端康成氏の書く, 大阪弁武田麟太郎氏の書く, 大阪弁的でありたいという, 大阪弁藤沢桓夫氏の書く, 大阪式経営方法の浸潤, 大阪の後, 大阪復興の目鼻, 大阪心齋橋南本町の東北, 大阪所払い只今泉州堺におる, 大阪控訴院にまで連れ, 大阪支社に万事, 大阪攻めの絵巻, 大阪攻口を絵図, 大阪数万の軍勢, 大阪文化の樹立, 大阪文化研究者の書庫, 大阪文楽をきき, 大阪文樂座との關係, 大阪名物だ, 大阪新町太夫の品評, 大阪方勝にて候, 大阪方可なり強気, 大阪方非運の場合, 大阪日報のお抱え俥夫, 大阪日日の記者愚問, 大阪日日新聞の音楽コンクール, 大阪日本橋の傘屋, 大阪明後日はもう, 大阪書生の特色只今, 大阪曾根崎新地の大火, 大阪曾根崎署では十九日朝九時, 大阪最初の記念, 大阪朝報などで婦人記者, 大阪朝日九州支社より帰朝最初, 大阪朝日十万円で社, 大阪朝日新聞學藝部の春山氏, 大阪朝日新聞日曜のページ, 大阪朝日新聞神戸付録記者の説, 大阪朝日新聞記者に対して使われた, 大阪朝日新聞記者風見章とこう, 大阪朝日新聞長崎日日新聞雑誌紅毛船雑誌アコウ等にたまたま, 大阪木屋町に歿, 大阪の成功夢想時代, 大阪本店の所有, 大阪東京方面に及びたる, 大阪東京間の旅客機, 大阪東奉行所の手先, 大阪東雲新聞社の聘, 大阪松坂屋ホール新館一周年記念の会, 大阪松竹座浅草大勝館公演と帝都座, 大阪の寄せ本, 大阪連隊某, 大阪桃山にあそぶ, 大阪梅田停車場に着きける, 大阪梅田駅前の光景, 大阪楽天地や金竜館, 大阪横堀に近い, 大阪機械労働組合の主事, 大阪毎日新聞大阪朝日新聞に公, 大阪毎日新聞大阪朝日新聞長崎日日新聞雑誌紅毛船雑誌アコウ等にたまたま, 大阪毎日新聞社主催の大毎慈善歌劇会, 大阪毎日東京日日新聞社募集の日本八景, 大阪毎日紙で曾, 大阪氣性に叶つた, 大阪の大阪, 大阪江戸にそれぞれいくつ, 大阪江戸あたりの今日, 大阪江戸港に在り, 大阪河内屋代百八文難屋代七十二文, 大阪懸町, 大阪淀屋橋架換工事場でも関門連絡線工事場, 大阪滞在を通じていくら, 大阪滞在中和歌山市有志の招待, 大阪灣内にある, 大阪灣口の由良海峽, 大阪物語へ, 大阪玉造のお, 大阪生ッ粋の旅館, 大阪生活はその, 大阪町人學者に關, 大阪町名倉彌次兵衞と申候而, 大阪町民は一人, 大阪界隈にフッツリ, 大阪當時の精神, 大阪病院で看護婦, 大阪の一本, 大阪発宇野行き列車がゆうべ雨, 大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 大阪百五十万の市民, 大阪的見物の致し方, 大阪監獄署より当所, 大阪直行の汽船, 大阪相場を聞, 大阪着一時半急行券は払戻し, 大阪着九十五時間日数百幾日とにかく始め, 大阪着大阪に着, 大阪着座員大ぜいと, 大阪神戸あたりからの湯治, 大阪神戸京都金沢長野とまわっ, 大阪神戸仙台福岡で画期的長講演, 大阪神戸南海沿線などの方, 大阪神戸地方についてもいろいろ, 大阪神戸岡山広島から福岡へん, 大阪神戸界隈までを誌上, 大阪神戸等に於ける, 大阪神戸郊外の予定, 大阪福岡というふう, 大阪科学研究所の設立, 大阪程よい土地は, 大阪の侠客物, 大阪竹川旅館へ高橋氏, 大阪等出迎え多勢である, 大阪等各地は九月, 大阪等幕府直轄地同様の政治, 大阪籠城のとき, 大阪系酒場で再会, 大阪組八人日向組四人合せて, 大阪年寄を, 大阪緒方先生に身, 大阪美術倶楽部で催された, 大阪聚楽に劣り, 大阪のぼんち, 大阪育ちの相当, 大阪自身が造り上げた, 大阪船場の宿, 大阪船場目ぬきの場所, 大阪船衆に出, 大阪芝居を非常, 大阪は東京方面, 大阪落城後の秀頼, 大阪落城絵図では外見五重, 大阪落城者の一人, 大阪葉村家旅館の第, 大阪薬専かへ行く, 大阪衆手柄之儀中, 大阪行き急行を待つ, 大阪行のにて去る, 大阪行一二九列車の二等車, 大阪行幸の時, 大阪行特急の二等車, 大阪行臨時列車へ乗る, 大阪衛生試験所に証明, 大阪衛生試験所長兼造幣局技師たりし, 大阪表並に諸, 大阪表引拂候得共右御條, 大阪表緒方洪庵の許, 大阪の巨大, 大阪製竪縞の木綿洋服, 大阪西の宮で四十八年目, 大阪西町奉行堀利堅に呈す, 大阪西町奉行所の門, 大阪が間違つて, 大阪訛りが無い, 大阪の何回目, 大阪講談種のもの, 大阪讚美のため, 大阪財界の元老, 大阪貯蓄などに月掛け, 大阪資本を思はせ, 大阪赤穂などに散在, 大阪へ又, 大阪趣味とか東京趣味, 大阪軽蔑心も湧き出し, 大阪迄は百五十里の, 大阪縣の, 大阪近代風俗の一つ, 大阪近郊南田辺のとある, 大阪通行になる, 大阪通過戦地へ向, 大阪造幣寮の諸, 大阪道頓堀竹田の芝居, 大阪郊外池田山の麓, 大阪野村ビル有恒クラブの十年記念, 大阪鉄工所稲畑染工所尼崎汽船などの大, 大阪鎮台兵の一部, 大阪長堀に生れ, 大阪開会とある, 大阪間鉄道布設願書を大阪府知事五代才助あて, 大阪陣前後には幸村, 大阪陣大和口にて後藤又兵衛出張, 大阪難波桜川辺りを通った, 大阪電灯の日高驥三郎氏, 大阪電話はこの, 大阪青年会館で行, 大阪須磨や奈良, 大阪の, 大阪駅あたりで野宿, 大阪駅乗車口であった, 大阪駅以外にはない, 大阪駅頭に珍しく, 大阪高島やは百匁ローソク, 大阪高工の某, 大阪高知長野等拡大中央委員会にわざわざ, 大阪高知間飛行の話, 大阪高等工業学校の生徒, 大阪とでもいふべき, 大阪鮨六片でやっと, 大阪鹿児島と三ヶ所