青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呼ぶ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~味方 味方~ 呼~ ~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ
呼ぶ~
~呼ん 呼ん~ ~呼んだ 呼んだ~ ~呼吸 呼吸~ ~命 命~ ~命じ 命じ~

「呼ぶ~」 4668, 45ppm, 2580位

▼ 呼ぶ~ (642, 13.8%)

64 である 20 だ, であった, です 16 では 10 であるが 7 が普通, が聞えた 6 か, だが, は誰 5 だそう, だろう, であろう, はこの 4 だから, であります, でした, に, も無理

3 [14件] がよい, だった, だと, は, はお, はおかしい, はその, は当然, は必ずしも, は誤り, も変, よ, を待っ, を聞い

2 [33件] か憐れみ, か知らない, がいや, が不, が常, が最も, が本当, が正しい, が聞える, が聞こえ, が聞こえた, が通例, が適切, じゃあある, だつた, だという, だとは, だろうと, であるから, であると, と同じ, に来なけれ, に用いられ, に面倒, は何, は差支, は普通, は最も, は正当, は決して, は適当, を幾度, を聞いた

1 [312件] かが遂に全く, かしら, かそれとも, かと思, かと思え, かと石川, かな, かね, かの理由, かも知れぬ, かよく, からし, から思いついた, から見れ, から連想, か之, か内側, か分らん, か刹那的, か大, か女, か成駒屋, か招く, か解, か解らない, か谷間, があながち, がある, がいい, がいかにも, がうれしい, がお前, がそんなに, がなかなか, がふさわしい, がもっとも, がチイト, が一番, が他人, が何, が何となく, が例, が便利, が利益, が十声, が古く, が四辺, が失礼, が女, が山颪, が峯, が当りめ, が急, が慣わし, が日本人, が本筋, が正当, が気, が滑稽, が穏当, が習慣, が聞え, が聞こえないらしい, が腹だたしく, が至当, が藩士, が適当, が適當, が鳥羽, さえも皮肉, じゃよ, だぞ, だつたが, だろうか, だろう面倒臭い, であったか, であって, であり之, であるならば, である会津藩, であろうという, でございましょう, でございます, でございますね, でございますよ, でござる, でさえ, ですか, ですね, ですよ, でも, とは多少, とは完全, と呼ばれる, と変り, なら或, にさえその, には可笑しい, には誰彼, にも心, にも返, にやや, にわざわざ, にアナタ, にナンジ, にプロフェッサー何, にワザワザ他国, に三千石, に不思議, に佐野次郎左衛門, に佐野次郎左衞門, に便利, に口笛, に可, に名, に名前, に君, に君ちやん, に定, に対し経済学, に小, に従ってこの, に御, に最初, に様, に気, に気が付い, に用いる, に相違, に省作, に聞こえねえ, に躊躇, に逃げ, の勝れる, はあの, はいつもなにか, はいや, はいよいよ, はおっ, はおれたち, はお袋, はお雪ちゃん, はかく, はかの, はここ, はこれ等, はそう, はそれ, はそんなに, はたいへん, はたとい, はたとえば, はだから, はちよ, はとても, はどう, はなんとなく, はね君, はひどい, はぶしつけだ, はまだ, はやめ, はよし, はよろしく, はわけ, はガラッ, はナポレオン, は上古, は不可避的, は丸山勇仙, は九州, は亡くなった, は何となく, は何方, は併, は傘, は僭越, は全く, は厭, は叛逆, は古来, は可笑しい, は同じく, は大, は女, は嫂, は実は, は少し, は尾, は山慈姑, は差, は常に, は当っ, は当らず, は当るまい, は彼, は待ち, は心, は恰も, は悪い, は愉快, は或いは, は戦国, は技能, は抑, は支配者, は方言以上, は日支両国語, は昔, は晴明, は木曾, は板, は止しましょう, は止す, は此間, は母, は水害以來毎日手傳, は水害以来毎日手伝い, は無意味, は無論, は狎れ過ぎる, は田村, は的, は短詩, は磯五, は社会的意義, は祖父貞盛, は空々しい, は紛れ, は経巻, は網, は舟, は負けた, は適, は適當, は鉛粉, は陰地, は陶器絵かき, は雪, は非礼千万, は面倒, は鳴き声, は鳴き聲, は鹿島槍, もある, もいま, もいる, もうべ, もけだし, もこの, もこれ, もさすが, もない, もはばかられる, ももう, ももどかしく, もよろしい, もクソオさん, もマンジュ, も不当, も主, も余り, も呆れた, も失礼, も好い, も山下, も巫山戯る, も怪物, も恥, も悪く, も慎むべき, も止し, も流石, も皆, も花びら, も變, やらまたは, らしく一声, わかったわね, を, をきい, をきいた, をこのむ, をちょっと, をどこ, をやめ, を不思議, を便利, を俟, を剣道, を始め, を嫌っ, を待たない, を待った, を心から, を恥ぢる, を早く, を止めない, を此の先生, を真似, を知っ, を聞く, を聞け, を聽, を見, を見た, を見れ, を適当, を避, を避けたらしく思われます, んに, 設け崇め尊

▼ 呼ぶ~ (483, 10.3%)

86 がした 54 がする 17 がし 15 が聞えた 13 が聞こえ 9 がきこえた, が聞え 7 がしました, がします, が聞える, を聞いた 5 が聞こえた, や春, 叫ぶ声 4 が聞こえる 3 あり, があった, が耳, が起った, が遠く, に, にふと, を聞い

2 [17件] があちら, がきこえ, がきこえる, がその, がどこ, がはっきり, が水, が聞えました, が聞こえました, が背後, だった, です, で眼, に衣, もただ, も聞こえない, をきいた

1 [175件] から出た, が, がありました, があわただしく, がいたし, がいよいよ, がうしろ, がおりおり, がかかった, がかすか, がきこえました, がここ, がさびしく, がしきりに, がしない, がだんだん, がちっとも, がふだん, がまた, がまだ, がデッキ, が丑松, が乱れ始めた, が二度, が五つ六つ掛つた, が口々, が夜, が好き, が幽, が座敷, が張, が彼方, が復, が忠義, が木精, が森, が洩れた, が浪, が玄関, が現実, が続いた, が聞え出した, が聞こえはじめました, が聴, が自然, が薄暮, が走, が起こった, が起こらなかった, が起っ, が起つた, が起る, が近く, が随処, が風, が高い, さながら桶, すなり, す太皷, だけで, だな, だろう, であった, であると, でもする, で一同, で主膳, で引きかえし, で顧みる, とが川面, とそこ, と一しょ, と勇ちゃん, と外, などを聞い, なり, にうしろ, におどろかされ, にさまよい出で, にそっくり, にその, につい, につれ, には構わず, にも答えず, に一人, に今, に何もの, に大, に大きく, に彼, に応じ, に振り向いた, に振返る, に気, に気がつい, に由った, に目, に眼, に立ち止まつた, に縁側, に腰, に藤吉郎, に起こされた, に連れ, に隆夫, に顔, のし, のわれ, の侮り, の傷, の耳, の裏, は, はかれこれ, はその, はつづけ, は一歩一歩急, は己, は必ず, は揶揄, は斯, は谺, は通行人, は遅, は階段, は雨風, ひるがえる袂, まさしく其人, も, もあった, もかまびすしく, もきこえた, もし, もする, ものどか, も出ない, も出なかった, も出なく, も出なくなっ, も勇ましき, も嗄れ果て, も恰も, も立てられない, も聞えた, も胸, も起こった, も頻りに, や乗客, や屋根, よりも小さく, より先, をあて, をあと, をうたた, をききました, をききもらし, をさう取, をたしか, を後, を立てはじめ, を聞きつけ, を聞き流し, を聞く, を聴き得た, を遠く, 向い合って, 命ずる声, 忘れは, 残りて, 言う声, 語る声, 頻なり, 騒がしい, 騒がしく賑わしく響き

▼ 呼ぶこと~ (472, 10.1%)

29 にしよう 27 にし 24 が出来る, にする 21 にした 17 になった 8 になっ 7 ができよう 6 が出, はできない, もある 5 ができる, とする, になる 4 が出来るであろう, はできぬ, も出来る 3 ができるであろう, もあった

2 [27件] があります, がある, が出来た, が出来なかった, が出来るなら, が堪, が多い, にしたい, になったらしい, に致しました, の出来る, は出, は出来ない, は出来ぬ, は出来るであろう, は勝手, は危険, は決して, は無法, もできず, もやはり甚だ, も不可能, をやめませう, を提議, を欲, を知っ, を許せ

1 [210件] あたわずそのうえに, あたわずまた, あり, から神代史, がいと, ができない, ができなくなる, ができません, ができるだろう, ができるでしょう, ができれ, がどうして, がない, がならぬ, がなんとなく, が何となく, が出来, が出来ず, が出来ましょう, が出来よう, が多く, が必要, が怖し, が急務, が感覚的, が感覺的, が既に, が書物, が最も, が殆ど流行といつて, が能, が良家, が許され, が許された, が許されるなら, が近頃, が非, さえあった, さえ忘れ, さえ無意味, すらもう, だ, だけは悲しい楽し, だけは空々しい, ちょうど新田村, であった, では, で十分, としよう, となった, となつ, と定, なけば, などは判然, などもあった, なども判っ, など途切れ途切れ, なれば, にいたしましょう, にきまっ, にきめた, にしたら, にしました, にしましょう, にすれ, について観察, にどういう, になってる, になつ, にならない, になるらしい, にはなった, には一応, には差支, にまでなっ, にまでなった, にもなる, によってそれ, によって動き, によって却, によって性格, に二人, に何人, に取りきめた, に変わり, に成功, に抵抗, に改まり, に改めて, に於, に決っ, に決め, に異議, のいかにも, の出, の又, の深い, は, はある, はいかにも, はいま, はおそらく, はおのずから, はここ, はだいぶ, はだから, はできないであろう, はない, はなかっ, はもともと, はよし, はよほど, はニイナメ祭, は一方, は一般, は上古以来, は他, は出来ず, は出来た, は出来ないでありましょう, は前, は単に, は即ち, は大助, は実は, は少なくとも, は廃そう, は必, は恐らく, は折角, は日々, は日常, は早くから, は案外, は正しい, は殊勝, は洒落, は珍しく, は理, は甚だ, は神秘的, は禁制, は自由, は西洋, は許されるだろう, は許すべからざる, は誤り, は躊躇, は非常識, までその, までも吾, まで兵馬, もこれ, もしませんでした, もでき, もできない, もできなかった, もできねえ, もできる, もできるだろう, もなりません, もやめ, も出, も出来ないだろう, も出来なくなる, も出来よう, も國辱, も滅多, も許されるであらう, も身動き, も風, を, をあらわし, をお, をさし当り控えるであろう, をせず, をただ, をやめ, をやめよう, をよし, を人々, を勧め, を厳禁, を嫌います, を得しならん, を忌み, を忘れ, を怪しまない, を恥じない, を憚, を提案, を教, を教えた, を断わります, を欲するなら, を目撃, を知, を禁じ, を約束, を考えた, を許された, を許されない, を認め, を誰人, を遠慮, を選んだ, を避け, を避けたい, を頼みました, 無かりせば

▼ 呼ぶ~ (288, 6.2%)

8 すれば 3 こんどは, しよう

2 [12件] あとから, いうだけの, する, それが, まるで手, 一時間なにが, 冷たい水, 出て, 彼は, 急いで, 知らん顔を, 隣の

1 [250件] あたしの, あちらでも, あった, あとの, あやしい奴, ある, あわてて, いう, いうので, いったが, いつも定, いふ, いよ, うすく眼, うめきが, お杉, お絹, かねて諜, かれは, きっと水, こう言った, こつちの馬, ことこと階子を, さっそくに, したらそれ, したら本来, しまいには, しようじゃ, すぐやって来た, すぐ近く, すぐ部屋, すらりと, そこに, そこの, その声音, その婦人, その子, その手, その返事, ちょっと振り向い, つい十五, どきんとした, どこに, どんな時, なく, なくいつかしら, なぜか, なにやらガヤガヤ, はいと, はるか向うで, ばた, ぴくっとしてもう, ぴりぴりと, ますますそっぽ, まぶしそう, もう一度バック, もとは, やっとその, よいいや, わずかに, カタカタと, シゲちゃんは, スッと, スツと, チロは, ビックリした, ポンと, メリーは, ワツと, 一度水, 一足と, 三浦屋の, 下でも, 下女は, 不断食事の, 丹平が引放そう, 主人は, 亀が, 亀は, 二三人の, 二人の, 二人は, 云う, 云うので, 云う者, 云ったと, 云ひ, 云われるの, 仰宣ったの, 件の, 住持さんは, 佐々木君は, 何か, 何と感づいた, 何やら言, 何故皆, 例の, 供の, 僅か一本, 僕が, 僕は, 兄は, 全く同じ, 共に実に於, 内部で, 前と, 助ちゃんの, 勇ちゃんだけには, 北鳴, 十五六間離れた, 十六七の, 又ブルン, 古い太鼓, 台所から, 台所の, 同時にもうこれ, 同時に再び大きな, 同様不自然である, 向うから, 向うの, 君は, 呼ばぬと, 四五間うしろで, 天から, 奥から, 女は, 娘に, 嬉しさうな声, 子供達を, 寮舎の, 小僧が, 小僧の, 小児の, 小指ほどの, 尻尾を, 屍体の, 川の, 左右の, 底の, 庭男の, 弟に, 彼の, 彼れ, 往来の, 待ちかねたやう, 御近所, 復一は, 必らず, 忽ち井戸, 忽ち池, 思いがけないところ, 思うなつかしい, 思ふと, 思召さず, 急に, 急性の, 患部を, 意外にも, 斉しく, 新橋二五〇九と, 旦那は, 書いて, 月影を, 木魂返しに, 本堂の, 杉の, 杖たちまち, 東西の, 松の, 松脂を, 柚子は, 栗鼠よ, 橇牽が, 次の間で, 止めて, 正面の, 此処で, 死骸を, 母は, 毎も, 池田勝三郎信輝が, 沈んで, 沖の, 油障子を, 浮藻は, 清水が, 漸く微, 潰れ家, 爺か, 爺が, 物蔭に, 犬は, 玄石白馬に, 甲斐, 番小屋の, 病人は, 直ぐに目, 眼を, 私は, 細く目, 續い, 群虎出で, 羽ばたきして, 聞いて, 聞きて, 腐った縄, 自分の, 芝居の, 芳子は, 草の, 菅笠の, 落ちて, 蓮ちゃんが, 蛇は, 見えに, 角まで, 言いますよ, 言う, 言うの, 言った, 言ったな, 言ったほどに, 言つた, 諸方より, 返って, 返事が, 返辞だけ, 返辞を, 逃げて, 遙か, 遥か下の, 遥か奥, 金五郎は, 門の, 門番たちは, 階下に, 雪の, 頭から, 顔も, 顧みて, 飛んで, 食いかけの, 駕籠の, 驛員が, 高橋は, 鳶教え, 黒い和尚, 默つて立つ, 黙って, 黙つて

▼ 呼ぶよう~ (194, 4.2%)

46 になった 17 になっ 11 な声 9 になりました 6 になり 5 なこと, になる, に命じた 43 なもの, な気 2 な, に思う, に聞える

1 [74件] だわ, であるから, で気, なので, なほえ声, な乱暴, な事, な人柄, な全く, な冷たい, な出たて, な別れ際, な呼び方, な変, な大きな, な山, な彼, な心地, な悲鳴, な時, な母, な甘く, な眼, な種類, な背丈, な親密さ, な調子, な軽率, な鐘, にお, にこの, にさがし廻った, にさては, にしか教えられ, にしろ, にというの, にと云った, にと命令, になっちゃった, になつ, になります, になるであろう, にひらひら, にまるで, にシュク, にマーシャ, に主張, に人さし指, に仕向けた, に何時, に力, に口笛, に呼んだ, に命じられた, に命ぜられ, に声, に大きな, に失礼, に実母, に成っ, に成った, に手配, に教えられ, に春琴, に暢気, に注意, に灰色, に目交ぜ, に聞えます, に腰, に萬朝うしろ, に見える, に言いつけられ, に言っ

▼ 呼ぶもの~ (187, 4.0%)

23 がある 8 あり, があります 7 があった 6 だから 5 である 4 があつ, がありました 3 ですから, はない 2 あるに, があっ, があり, が有名, だと, は, はなく, は大抵, もあった, もある

1 [96件] ありけだし, あり振向き, あり綾子, あるを, かのギリシャ, か一人, がこの世, がなかっ, が又, が好ん, が幾つ, が数多く, が昔, が有, が美, さえあり, さえがニュートン, ぞ, だからと, だからの, であって, であつ, であります, でこれ, でその, でもとより, で婆さん達, で水際, で私, で黒く, としては少し, となりかねない, とも考えられる, とも見られる, と信じたい, と存じまし, なく神社, なぞは太政官, などもっと, なの, なるべし, なるべし水音, にはそれぞれ理由, にも本来優越, に一致, に一般庶民, に帰した, に美しい, のごとく心得, のない, のよう, の内, の多く, の親, はありませんでした, はいない, はお雪ちゃん, はこの, はなくなった, はマルクス自身, は之, は云わ, は僅か, は元来, は凡て, は半蔵, は吾, は後者, は必ずしも, は感性知覚, は政治学的, は方法, は正に, は決して, は流れる, は独り此詩筒, は皆, は社会対個人, は穢多, は縁作, は誰, は関西諸州, ほど意味, ほど美事, ほど見事, もまじっ, も呼ばれる, を區別, を売っ, を好まなかった, を子供, を比べ, を諸君, 即ち社會單位, 及び文芸春秋, 多くその

▼ 呼ぶ~ (171, 3.7%)

7 至ったの 4 しても, ふさは 3 何だ, 何の, 妙あり, 張合も, 至った 2 おろそかは, せよ何, トト, 名を, 手を, 様を, 過ぎない, 違ひない

1 [125件] いたった, いたれり, いたれりこの, いで逢, お坊っちゃん, お姉様, お雪ちゃんとも, かかといわぬ, この異名, したって, その夫, たとえ誰, たとふ, なほ答へ, なんの, ふさわしいの, ふさわしいほど, ふさわしいもの, ふさわしいよう, ふさわしい丈緊張, ふさわしい佐藤春夫, ふさわしい内容, ふさわしい彩管, ふさわしい感情, ふさわしい生涯, ふさわしい程, ふさわしい者, ふさわしい観察, ふさわしい資質, ふさわしく玄関, ふしぎは, もっと一般的, やと, エレーンは, カッフェーの, カノシシの, キャプテンの, チユプカグルと, フチを以て, 一般に, 人々は, 任せたの, 似たり, 例えば槍ヶ岳, 価いしない, 価する丈自分, 先生を以て, 其の名, 出たらしい, 出で, 力わびず, 医者銃隊の, 及びこれ, 及んだ, 及んだでなかろうか, 反鼻, 因って, 堪難いと, 声を, 夜叉の, 大洞, 夷神の, 好んで, 孝義の, 小屋者などと, 小歌は, 少しも, 尾類の, 当世の, 必先生の, 応うる, 応しい, 恥ずかしからざる, 恩人を以て, 成駒屋を以て, 我かとて, 手長の, 敬称を以て, 新平民, 明に, 時の, 最も適しい, 母様を, 河原乞食の, 源氏方などとは, 異議は, 相応しいだろう, 相応わしい, 相違ねえ, 社會主義者云々の, 等し, 綾子は, 老人とは, 至ったこと, 至ったという, 至ったので, 至った事, 至った基, 至った根原, 至った理由, 至りしなるべし, 至り神彼, 至る, 赤大根を以て, 足りなかつたやう, 足りませんでしたけれども, 足りるあてつけが, 足るもの, 足るよう, 躊躇しないであろう, 躊躇する, 逆上の, 過ぎない場合, 過ぎなかったろう, 適した場所, 金伽羅制多, 鈴虫の, 陛下と, 随い, 雑多の, 霄, 駭され, 骨が, 鶴という, 鶴といふ

▼ 呼ぶ~ (117, 2.5%)

38 がある 27 があった 5 があつ 3 あり, があります, の声, もある 2 があっ

1 [33件] ありけり, あり見れば, あるに, がありました, がありません, があろう, がなけれ, が多かっ, が有る, が殖え, が現れる, だった, でご, に出会つて, に対して彼, のある, はありませんでした, はいない, はない, はなかっ, はなく, はほとんど, はむちうたれる, は君, は外, は支那, は本位田又八, また稀代, もありました, もありません, よまた, を持たない, を数多

▼ 呼ぶ~ (61, 1.3%)

7 いい 5 よい 2 ためかも, 如し, 宜い

1 [43件] いいおれ, いい聞い, ここには, これは, ごと, ごときあるいは, ごときあるいはまた, ごときその他ユーザ, ごときもの, ごとき仙人掌棒, ごとき感傷性, ごとし, その西口, どういう字, ふたりが, ゆえに反哺, よいし, アイヌ語でも, アイヌ語の, エジプトの, カラフトの, スモー, テナルディエは, 二つ並ん, 別に庚申, 古へ, 吉川は, 好い, 如き松, 如き者, 如く, 如く塚, 如く形容たる, 実はシロウマ, 我国の, 折々は, 故に我が, 無礙たる, 矢代は, 私は, 英獨人は, 西インドへ, 近道と

▼ 呼ぶ~ (58, 1.2%)

184 だよ, です 3 だぜ 2 じゃねえ, だそう, だと, ですから, ですの, ですよ

1 [17件] だから, だぞ, だっけ, だってパパ, だな, だね, だもの, だワ, だ低い, だ父, でしょう, ですか, ですって, ですね, ならもっと, なら今夜, なら水

▼ 呼ぶ~ (50, 1.1%)

5 にした 4 にし 3 になつ 2 ができなかった, が出来た, の出来る

1 [32件] があった, ができない, ができます, が出来, が出来ません, が出来る, さえ忘れ, である, では, となせり, となった, になった, になってる, になり, には反対, にもなったらしい, に定め, に極端, はお許し, は出, は幾分, は待っ, は諸所, もあつ, もできた, もできれ, を御, を知らず, を知り得た, を許され, を許せ, 多く明治十年前後和歌山

▼ 呼ぶやう~ (44, 0.9%)

7 になつ 3 に成りし 2 にした, になり, になりました, に口笛, に言

1 [24件] だと, です, なけは, な何気ない, な声, な時, な気, な調子, な變, な馬鹿, に, にあります, にし, にしかしながら, にな, になる, になれ, に云, に半, に子供, に成りました, に教, に時々, に聞えた

▼ 呼ぶので~ (43, 0.9%)

9 あつた 2 あらう, 銀場を

1 [30件] あつて, いって, おせんが, お春, お芳, さすがに, ふり返っ, ぼくも, もうせん, わたくしは, 三吉は, 下女の, 二人も, 傍へ, 先生は, 再び出, 大地名, 安達は, 彼も, 後に, 戸を, 未だ川風, 楡銭樹とも, 畫孃と, 登って, 立って, 細君が, 耕介は, 雨戸を, 顔を

▼ 呼ぶ~ (41, 0.9%)

4 がある, はない 2 あり, があります, が多い

1 [27件] あるを, があった, があつ, があれ, がきれい, がない, のいい, のこと, の心, の手, の方, の群, の聲, の蒐集, の詞, の通知, の顔, はかかる, はやがて, は其許, は国, もあった, もある, も出, も多い, も無かっ, も習慣

▼ 呼ぶ~ (38, 0.8%)

2 が聞えた, す, につれ

1 [32件] あり, いと喧し, かとあやまたれつ, がきこえ, がした, が二度, が傳, が再び, が幽か, が洩れた, が聞える, が聽, きこゆ, す那方, であつ, などがする, に, に應, に私, の, の滿, は, はいよ, は我, は未だ, は身, は通行人, もすゞ, も聞えない, を後, を聞い, を聞けり

▼ 呼ぶため~ (34, 0.7%)

2 だと, に呼鈴, に窓, もあるだ

1 [26件] にあい, にあらゆる大きな, にはあまりに, にベル, に不当, に今, に伸子, に出かけ, に口笛, に壁, に多少, に夜明け, に扇, に本船, に殺さなく, に短波, に私, に紅茶, に藪, に角, に電話, に鳴らした, の囮, の苦しい, の警笛, らしい

▼ 呼ぶところ~ (34, 0.7%)

5 のもの 2 から見, でも, を見る

1 [23件] あるには, から此, があった, がなんだか, がわたし, が一致, だ, だったよ, であったが, なり, にならった, によれ, のあの, の一個, の人, の反芻, の名, の女房, の感情, の知性, もある, を想像, を異に

▼ 呼ぶ~ (33, 0.7%)

2 姉上の, 恋人ぢや

1 [29件] いかなるもの, いかなる故, お絹, こんなところ, ただごとでは, またニュウ, まだしも, むかし聞き慣れたる, アドニス殺された折り, パピラスより, 仁なり, 何者か, 何者ぞ, 光の, 単に, 右の, 女王の, 支那と, 旧世界, 明珠を, 比喩的表現に, 河童なれ, 父なり, 狼を, 猶救け, 私は, 萬里同, 言実に, 豹で

▼ 呼ぶ~ (31, 0.7%)

4 には 2 の口笛, は誰

1 [23件] いかにも人なつこい, と異性, に, にはいつも, にはやはり, には指, にもそういった, にわかに自由, にヤーエ, に如何, に道子さん, のよう, の名, の声, は, はこの, は一番寛大, は呼び捨て, も, もまだそれ程, より外, わがヒンニー, 遅し五六人

▼ 呼ぶから~ (29, 0.6%)

2 何事かと, 女の

1 [25件] あっちへ, いい, いいや, これを, そつちの方で, それまで, だいじょうぶだ, だろう, であった, であります, である, どんなにしっかりやる, 一緒に, 今日は, 何だ, 僕は, 呼子鳥という, 小使室へ, 来いと, 男色家に, 益々よく, 自分の, 自分も, 診せたが, 誰かと

▼ 呼ぶには~ (29, 0.6%)

2 先生以外に

1 [27件] あまりにいたいけ, あまりに健康, あまりに弱い, あまりに恐ろしい, あまりに痛ましい, まだ若, よほど大きな, 一郎や, 不似合, 不適当, 他の, 及ばない, 及ばん, 天に, 小さすぎる, 年が, 当らないが, 当らないむしろ, 当らなかった, 当らんぞう, 忍びなかっ, 戸田さんと, 手間は, 数百歩の, 特に, 聊か顔負け, 躊躇しない

▼ 呼ぶ必要~ (24, 0.5%)

4 はない 2 があった, がない, はあるまい, もない

1 [12件] がある, があるなら, がにわかに, が生じた, が起きたら, なく京都, のない, はありません, はないでしょう, はなくなっ, は無く, もあった

▼ 呼ぶ~ (19, 0.4%)

2 恥を, 手を

1 [15件] こっちから, それでなけれ, だ, どうかすれ, どちらも, はとに, または予防的妨げ, 何か, 如何に, 少なくとも江戸, 御訴, 御雪, 諸手を, 閻浮の, 雷が

▼ 呼ぶわけ~ (19, 0.4%)

3 にもゆかない 2 がない, である, では 1 なの, にはいかず, にはいかない, には参らない, には行かなかった, にも行かず, にも行かぬ, にも行きません, にゃ行かず, に行きません

▼ 呼ぶ~ (19, 0.4%)

2 である, ではない, と違

1 [13件] が生, さえ残ります, だ, であって, であり霊魂, にて多く, になっ, の仏陀, の方, の鳥, もある, 稱の, 稱は

▼ 呼ぶ~ (18, 0.4%)

2 それは

1 [16件] あながちに, あり, あれば, よし更に, 又哲學者, 呼ばないも, 如何である, 差支へ, 怪光は, 本この, 獨り, 理あれ, 蘇生する, 要するに個々人間, 詩を, 霊怪と

▼ 呼ぶ~ (18, 0.4%)

1 [18件] がかえって, がなじみ, がふさわしかっ, がむしろ, が多く, が好かっ, が少なく, が早, が精確, が至当, が著名, が適当, が食通, にはまだ, はこういう, へ眼, へ賛成, を少し

▼ 呼ぶより~ (15, 0.3%)

3 他は 2 外に 1 はやくおう, ほかには, 他に, 以上に, 先に, 出でたること, 外は, 外別の, 自由料理屋と, 薬より

▼ 呼ぶ~ (15, 0.3%)

2 恥ぢざるもの

1 [13件] はばからぬ, 不吉と, 例と, 嘲けるに, 得るかと, 得んや, 忌むの, 感ず, 普通と, 聞きいちず, 聞けば, 肯んぜず, 見たり

▼ 呼ぶ~ (15, 0.3%)

5 のもの 1 があっ, が多い, だった, でしょう, で海, の事, の動物中, の社会経済学, は十数ヶ所, 多し遠江国

▼ 呼ぶのに~ (14, 0.3%)

2 あんなこと

1 [12件] この, そちらの, つい箸, どうして彼, 以前は, 何かの, 何の, 女子の, 姉さん姉さんは, 彼は, 正しく値い, 親の

▼ 呼ぶ~ (14, 0.3%)

3 であった, になっ 1 があっ, が多い, であったが, で猴, となっ, となった, の男, もある

▼ 呼ぶつもり~ (13, 0.3%)

3 である 1 だよ, だらうが, で, でいた, でしょう, ですが, でホテル, で若やいだ, で茶の間, で踝

▼ 呼ぶという~ (13, 0.3%)

3 ことは 2 ことも, のは 1 お芝居, ことを, のである, 川鱒とを, 支配当局の, 話は

▼ 呼ぶまで~ (13, 0.3%)

1 [13件] ここに, では, みなさがって, 二階へ, 人払いだ, 其方たちも, 変つて居た, 待って, 待てと, 来ては, 来るな, 決して来ない, 番所の

▼ 呼ぶ~ (13, 0.3%)

7 の声 2 の聲 1 と女, の顔, は誰, をこの上ない

▼ 呼ぶにも~ (12, 0.3%)

2 食事を 1 どこにも, マダムでなく, 同じく呼捨て, 呼び捨てである, 国公様を以て, 坊主の, 声さえ, 当らんでしょうが, 文彦様と, 義元は

▼ 呼ぶ代り~ (12, 0.3%)

2 にギリシア人 1 に, にお巡りさん, にこの, にこれから, にメダル, に各々, に或, に普通, に槌, に自分丈

▼ 呼ぶ地方~ (12, 0.3%)

4 もある 2 の少から 1 がある, が一番, である, でヤクーツク自治共和国, のある, は多い

▼ 呼ぶそう~ (11, 0.2%)

2 だ, である, であるが 1 だから, だが, でございます, ですが, でその

▼ 呼ぶ~ (11, 0.2%)

5 のもの 1 があった, がある, が多い, でその, の実在, の現象

▼ 呼ぶ~ (11, 0.2%)

2 があります, が多い 1 があっ, がある, で今, に入る, の人達, もあっ, もあり

▼ 呼ぶ~ (11, 0.2%)

5 の声 1 がいます, がおりました, がご, であった, とふとした, と知りあい

▼ 呼ぶ~ (10, 0.2%)

1 さよの声を, たんちんぱれおろがす, 医者の, 声が, 甲の, 畫師どの, 篠の, 粂や, 艶の, 葉は

▼ 呼ぶかと~ (10, 0.2%)

1 おどろいた, 云うと, 云うに, 凄いの, 思うと, 思ったところ, 聞いたらゴウロ, 見れば, 言うと, 訊ねると

▼ 呼ぶ場合~ (10, 0.2%)

1 があった, がある, が多, においては一層, にその, にはかつて, に趣向, の名, の方, も多い

▼ 呼ぶ~ (10, 0.2%)

2 に必要 1 です, な類, になっ, になった, になつ, に厳重, に装っ, に駅

▼ 呼ぶ習慣~ (10, 0.2%)

2 のある 1 がついた, が生れ, なの, になっ, になつて, の時間, はこうして, もありました

▼ 呼ぶその~ (9, 0.2%)

1 卑俗さに, 口へ, 声が, 学校は, 心持ちに, 技師が, 教え子らの, 腰布ヴェテという, 諱に

▼ 呼ぶといふ~ (9, 0.2%)

1 ことは, ことも, のが, やうな, わけに, 一事を, 形に, 諺の, 雌の

▼ 呼ぶとき~ (9, 0.2%)

1 には, には根, にわかった, のほか, の感投詞, の調子, はもう, は一声, 来れば

▼ 呼ぶよりも~ (9, 0.2%)

1 この方, もっと力, やあさんと, カバカワの, 如何なる因果, 寧ろ円屋根, 寧ろ空間概念, 寧ろ自由主義的文学主義, 花袋和尚と

▼ 呼ぶ~ (9, 0.2%)

1 がする, だよと, になった, になりました, にはむろん, にもなった, にもならなくなった, の起らぬ, もしない

▼ 呼ぶからと~ (8, 0.2%)

4 云って 1 いって, 云ったら健造, 女中を, 言うので

▼ 呼ぶからには~ (8, 0.2%)

1 ここは, ともかく最近外国, 多分僧形, 大いに飲ん, 工夫が, 必ず何, 自身番の, 風の音や

▼ 呼ぶこの~ (8, 0.2%)

2 あたり何か, 何か 1 名状し, 客こそは, 男の, 陰謀に

▼ 呼ぶ~ (8, 0.2%)

3 近寄って 2 近寄つて 1 あるもの, 支那料理の, 閣下も

▼ 呼ぶ~ (8, 0.2%)

6 あらう 1 あらうが, あらう場合

▼ 呼ぶ~ (8, 0.2%)

5 がある 1 じゃ有りやせん, は気味, もある

▼ 呼ぶ所以~ (8, 0.2%)

1 が茲, である, であるが, です, の一つ, は光悦, は彼女, は私

▼ 呼ぶ~ (8, 0.2%)

5 の声 1 はやはり, を呼ぶ, を見る

▼ 呼ぶかも~ (7, 0.1%)

2 知れない 1 しれないと, しれません, 知れぬ, 知れぬが, 知れねえから

▼ 呼ぶだけ~ (7, 0.1%)

1 だ, だし, つよい常識, では, で家, ならそれ, 異なりと

▼ 呼ぶとも~ (7, 0.1%)

1 なく, なく書生さん, なく近く, なるべく海老瀬村, 勝手の, 考えられるが, 聞えず丁度

▼ 呼ぶやら~ (7, 0.1%)

1 なかなかの, 叔母の, 夜警を, 気つけの, 灌腸を, 青竹を, 髪を

▼ 呼ぶあの~ (6, 0.1%)

1 やさしい声, 名称は, 弁之, 男が, 磁州の, 西門慶が

▼ 呼ぶとか~ (6, 0.1%)

1 さう, または家, ものを, 往來の, 往来の, 応急の

▼ 呼ぶ~ (6, 0.1%)

1 えと, 仇するぞ, 何だえ, 読経も, 跡の, 返りゃしねえぞ

▼ 呼ぶほど~ (6, 0.1%)

1 その家, であった, な人間, ふさわしいもの, 親身な, 馬にも

▼ 呼ぶほどの~ (6, 0.1%)

2 親しみを 1 ことは, ことも, もので, 気力を

▼ 呼ぶまでも~ (6, 0.1%)

1 ない, ない一, なくカション, なく教えられた, なく騒ぎ, なしと

▼ 呼ぶ~ (6, 0.1%)

2 少しの 1 にはない, に何, はないだろう, は実は

▼ 呼ぶ~ (6, 0.1%)

2 の間 1 がもう, と物, に当る, の名

▼ 呼ぶ理由~ (6, 0.1%)

2 はない 1 がある, がない, のない, を吾

▼ 呼ぶ言葉~ (6, 0.1%)

1 が残り, となった, にいやいやながら, の韻律, は一種, を覚えた

▼ 呼ぶ~ (5, 0.1%)

2 うだ 1 うである, うな, へ私

▼ 呼ぶじゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ありませんか, て, ないの

▼ 呼ぶなんて~ (5, 0.1%)

1 お笑いぐさ, そんなお, 少しと, 意気地が, 生殺しに

▼ 呼ぶばかり~ (5, 0.1%)

1 であった, である, でございます, でした, でなく時には

▼ 呼ぶ~ (5, 0.1%)

2 にあの, 既に代 1 にその

▼ 呼ぶ~ (5, 0.1%)

41 れ吾

▼ 呼ぶ土地~ (5, 0.1%)

2 が多い 1 が多く, もあり, も多く

▼ 呼ぶ子供~ (5, 0.1%)

3 の声 1 に誘われ, を見つけ

▼ 呼ぶ窯場~ (5, 0.1%)

5 があります

▼ 呼ぶ~ (5, 0.1%)

1 がある, が遺っ, であつ, である, にワ

▼ 呼ぶかの~ (4, 0.1%)

3 ように 1 やうに

▼ 呼ぶかを~ (4, 0.1%)

1 まだ吾, 知らぬから, 知らぬ人, 研究せなけれ

▼ 呼ぶけれども~ (4, 0.1%)

1 また時として, 呼ぶの, 敬意を, 軽蔑し

▼ 呼ぶこゑ~ (4, 0.1%)

1 がする, が幾つ, のこと, は幾たび

▼ 呼ぶだけの~ (4, 0.1%)

1 お客は, こと, 価値の, 落ち付きも

▼ 呼ぶとは~ (4, 0.1%)

1 いわゆる楚人沐猴, まことに見下げはてた, 夢にだに, 思って

▼ 呼ぶもん~ (4, 0.1%)

1 あるの, けえ, だ, だから

▼ 呼ぶよりは~ (4, 0.1%)

1 宴会が, 適切かと, 隠者または, 隱者または

▼ 呼ぶ一種~ (4, 0.1%)

1 のキジ猫, の下等動物, の曲がった, の鳥類

▼ 呼ぶ以上~ (4, 0.1%)

1 さらに別にマガタマ, なにかの, に精神的, は亭主

▼ 呼ぶ~ (4, 0.1%)

2 もなく 1 はなし, も無く

▼ 呼ぶ名称~ (4, 0.1%)

1 ですなわち, の何たる, も亦, も欲しく

▼ 呼ぶ地名~ (4, 0.1%)

1 がある, が香取郡東部, の出所, はこの

▼ 呼ぶ方法~ (4, 0.1%)

1 で織られます, はなかつた, は無かっ, を教

▼ 呼ぶ~ (4, 0.1%)

2 は無い, もなく

▼ 呼ぶ若い~ (4, 0.1%)

1 ほうの, 大工が, 張りの, 教師に

▼ 呼ぶ~ (4, 0.1%)

1 がない, です, には行きません, にもいかず

▼ 呼ぶ~ (4, 0.1%)

2 もなかっ 1 は新劇団, も雨

▼ 呼ぶくらい~ (3, 0.1%)

1 だから, であったのに, なら家

▼ 呼ぶとしても~ (3, 0.1%)

1 何五郎の, 又朋友, 家族相互の

▼ 呼ぶとね~ (3, 0.1%)

1 いつもおう, 三度に, 東京東京って

▼ 呼ぶなどという~ (3, 0.1%)

2 ことは 1 風習には

▼ 呼ぶほう~ (3, 0.1%)

1 がいい, が似つかわしい, が親しみ

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 だからあたし, 呼ばれも, 呼ぶわ

▼ 呼ぶをも~ (3, 0.1%)

3 知らぬか

▼ 呼ぶ一つ~ (3, 0.1%)

1 の現象, の聲, の論理学的現象

▼ 呼ぶ人々~ (3, 0.1%)

1 にとって精神, の叫び, の間

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

3 に子細

▼ 呼ぶ動機~ (3, 0.1%)

1 すら見失われるであろう, はなかっ, は空間表象そのもの

▼ 呼ぶ叫び声~ (3, 0.1%)

1 でしたすると, とでわれ, やビール

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 きであるが, き作家, き場合

▼ 呼ぶ場所~ (3, 0.1%)

2 である 1

▼ 呼ぶ大きな~ (3, 0.1%)

1 兄の, 凹地を, 赤い団扇

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 がいた, の声, や高原

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 がありました, である此, の地下室

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 笛であっ, 鬼それに, 鱗片が

▼ 呼ぶ小さな~ (3, 0.1%)

1 村が, 漁村が, 静な

▼ 呼ぶ少年~ (3, 0.1%)

1 の前途, の声, は度々

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 で不都合, な女, に驛

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 が断っ, また越後, を伝え

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 に二人, の用, の隙

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 です, の所, はない

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 が沢山, の如き, も上等

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

1 になつ, は夕立, まで誰

▼ 呼ぶ~ (3, 0.1%)

2 である 1 であらう

▼ 呼ぶ鹿~ (3, 0.1%)

1 の声, の聲, の音

▼ 呼ぶうち~ (2, 0.0%)

1 にその, に居士

▼ 呼ぶけれど~ (2, 0.0%)

1 そのじつ, 意味を

▼ 呼ぶこと地図~ (2, 0.0%)

1 にある, に後山川

▼ 呼ぶこれ~ (2, 0.0%)

1 が又, も名高い

▼ 呼ぶさえ~ (2, 0.0%)

1 分けて, 呻吟いた

▼ 呼ぶそして~ (2, 0.0%)

1 われわれが, 自分は

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 え, おかしき

▼ 呼ぶたび~ (2, 0.0%)

1 に何, に傘下

▼ 呼ぶといった~ (2, 0.0%)

1 塩梅式だった, 砕けかた

▼ 呼ぶとき自分~ (2, 0.0%)

1 をこの, を此二人

▼ 呼ぶなど~ (2, 0.0%)

1 星を, 未だ都

▼ 呼ぶにさえ~ (2, 0.0%)

2 満足に

▼ 呼ぶの声~ (2, 0.0%)

1 さえ立てる, は尽く

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 あという, くちなの

▼ 呼ぶほか~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 呼ぶまでは~ (2, 0.0%)

1 たれも, 誰も

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 否や, 否両頭

▼ 呼ぶベル~ (2, 0.0%)

1 のボタン, の音

▼ 呼ぶ主人公~ (2, 0.0%)

2 が辻本

▼ 呼ぶ人たち~ (2, 0.0%)

1 はそれぞれ身分相当, はそれぞれ身分相応

▼ 呼ぶ人間~ (2, 0.0%)

1 の声, も少なく

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

2 はない

▼ 呼ぶ代わり~ (2, 0.0%)

1 に, に春曙抄本

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 だ, の突飛

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 が三之丞, もこの世

▼ 呼ぶ偉大~ (2, 0.0%)

1 なる人事, なる神事

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 の声, を見

▼ 呼ぶ勝平~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 呼ぶ古い~ (2, 0.0%)

1 町が, 窯場が

▼ 呼ぶ可愛い~ (2, 0.0%)

1 声, 声が

▼ 呼ぶ味方~ (2, 0.0%)

1 の上, はこの

▼ 呼ぶ品物~ (2, 0.0%)

1 でまた, で又

▼ 呼ぶ地域~ (2, 0.0%)

1 です, は存外

▼ 呼ぶ声谺~ (2, 0.0%)

2 に響

▼ 呼ぶ太い~ (2, 0.0%)

1 声に, 男の

▼ 呼ぶ女あるじ~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 呼ぶ女たち~ (2, 0.0%)

1 の賑やか, はみあたらなかった

▼ 呼ぶ女中~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 が一人, の声

▼ 呼ぶ姿~ (2, 0.0%)

2 が見えた

▼ 呼ぶ少女~ (2, 0.0%)

1 のこと, はドラゴン

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 が自分, に対する信州

▼ 呼ぶ帽子~ (2, 0.0%)

1 がある, やハンカチ

▼ 呼ぶ彼女~ (2, 0.0%)

1 の声, は世間

▼ 呼ぶ愛称~ (2, 0.0%)

1 である, はその

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 がつかはれる, の音

▼ 呼ぶ掛声~ (2, 0.0%)

2 が聞える

▼ 呼ぶ時代~ (2, 0.0%)

1 となり, も来た

▼ 呼ぶ機会~ (2, 0.0%)

1 がなかつた, を捉える

▼ 呼ぶ此女~ (2, 0.0%)

1 を雇つて万事, を雇つて萬事

▼ 呼ぶ母親~ (2, 0.0%)

1 の声, の気持

▼ 呼ぶ気力~ (2, 0.0%)

1 もなく, も最

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 も追う, 売りの

▼ 呼ぶ汽笛~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 呼ぶ海藻~ (2, 0.0%)

1 を使う, を黒髪

▼ 呼ぶ清助~ (2, 0.0%)

1 の声, の大きな

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

2 の北斗七星

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 に殺さなく, に藪

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 の作左衛門, の弾正

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 がある, がつい

▼ 呼ぶ発音~ (2, 0.0%)

2 の誤り

▼ 呼ぶ白地~ (2, 0.0%)

2 へ紫

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 だ何となく, である

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 でありました, である

▼ 呼ぶ種類~ (2, 0.0%)

1 のもの, の軍艦

▼ 呼ぶ積り~ (2, 0.0%)

1 だった, なの

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 があります, のこと

▼ 呼ぶ立派~ (2, 0.0%)

1 な形, な息子

▼ 呼ぶ細君~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 呼ぶ美しい~ (2, 0.0%)

1 娘が, 青年に

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 はしださうである, ひなり

▼ 呼ぶ習わし~ (2, 0.0%)

1 が早くから, であった

▼ 呼ぶ茘枝~ (2, 0.0%)

2 と同じ

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

2 で印度

▼ 呼ぶ角笛~ (2, 0.0%)

1 のひ, も人

▼ 呼ぶ警視庁~ (2, 0.0%)

2 の小田刑事

▼ 呼ぶ車掌~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 呼ぶ部落~ (2, 0.0%)

1 があります, がある

▼ 呼ぶ都会~ (2, 0.0%)

2 の料理屋

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

2 の一つ星

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 しょぼを, しよぼを

▼ 呼ぶ風習~ (2, 0.0%)

1 であると, はなく

▼ 呼ぶ~ (2, 0.0%)

1 のよう, をさりげ

▼1* [648件]

呼ぶあさはかな喧騒を, 呼ぶあたりであったろう, 呼ぶある古法が, 呼ぶあれも何となく, 呼ぶうぐいすの声, 呼ぶうるさい声々赤帽を, 呼ぶおかみさんの声, 呼ぶおまじないだと, 呼ぶお家がありました, 呼ぶかけにも行かず, 呼ぶかすかな声, 呼ぶかという事は, 呼ぶかといふこと自分が, 呼ぶかなそれが, 呼ぶからなどと懇願する, 呼ぶくせに死にたい, 呼ぶくらいにやや固形, 呼ぶぐらいの親身さが, 呼ぶはいに, 呼ぶけたたましい指名で, 呼ぶこそすべてなれ, 呼ぶことさへ不可能, 呼ぶことばの中, 呼ぶこと二三度でありました, 呼ぶこと二日この時斷食, 呼ぶこと克子を呼ぶ, 呼ぶこと其東の方, 呼ぶこと官署の規則, 呼ぶこと等一時頃までいろいろ, 呼ぶこと親川を遡れ, 呼ぶころだった, 呼ぶこゑとりよろふ港の天, 呼ぶこゑ獄に聴きぬ, 呼ぶごく薄手の, 呼ぶさうなんだ, 呼ぶざんぎりの真ん中を二寸幅, 呼ぶすべての物, 呼ぶいに, 呼ぶそれと共通, 呼ぶたぐいであるかも, 呼ぶたった一人の, 呼ぶため凱歌をあげましょう, 呼ぶたんびに祝儀, 呼ぶだけで字が, 呼ぶだけになって, 呼ぶだけは己が, 呼ぶちっぽけな巣, 呼ぶやろ去なつ, 呼ぶってどうする, 呼ぶつまらない用事な, 呼ぶといつてもノールウェイ, 呼ぶとおり慥かに六ちゃん, 呼ぶとかという意味であろう, 呼ぶとかをしなかった, 呼ぶときわたしがあの, 呼ぶとしてたたく木魚, 呼ぶとしもての縁側に, 呼ぶとそはそ, 呼ぶとでも申すの, 呼ぶとともに帳内深き, 呼ぶとのことだ, 呼ぶとまで言った, 呼ぶと共に七郎には, 呼ぶどころの騒ぎ, 呼ぶどころか人に, 呼ぶどんよりとした, 呼ぶなぞはのうお, 呼ぶなと勿論皆, 呼ぶなどと云ふ, 呼ぶなどのこちらとは, 呼ぶなどは以ての外だ, 呼ぶなんの不可, 呼ぶにてやあらんと, 呼ぶにや知らねど, 呼ぶに対して下司男を, 呼ぶのほかはない, 呼ぶのみならずまた, 呼ぶのみを以ては滿足しない, 呼ぶのダとの事, 呼ぶの嫌なこッ, 呼ぶの手数を省い, 呼ぶの気力さえない, 呼ぶの用をなす, 呼ぶの用語に於, 呼ぶの稱なり, 呼ぶの組頭の庄助, 呼ぶの風習があった, 呼ぶはじめさんの声, 呼ぶはとの声, 呼ぶはの逢瀬繁く, 呼ぶばかりか一年の, 呼ぶばかりの凩に, 呼ぶひとを私, 呼ぶひろ子の声, 呼ぶびっこの英吉利人と仲よし, 呼ぶふつう兵船型のもの, 呼ぶまだ十七八の, 呼ぶまでのことは, 呼ぶままに自ら, 呼ぶまれ系統の語, 呼ぶみたいな声, 呼ぶもののごとし, 呼ぶもの中国に於, 呼ぶもの付近の休み茶屋, 呼ぶもの余を狼, 呼ぶもの漢名いまだつまびらか, 呼ぶもの笑声嬉々としてここ, 呼ぶやつを手, 呼ぶやなんてそんな厚かましい, 呼ぶゆえにわし, 呼ぶよう人間の耳, 呼ぶれいの男, 呼ぶわいのおう, 呼ぶわびしい虫の, 呼ぶわらはべ, 呼ぶわれを顧み, 呼ぶわれテーべを歌, 呼ぶを以て之を, 呼ぶアンコウの一種, 呼ぶアーニャの細い, 呼ぶジャッキーの声, 呼ぶスハヤ尤物は此中, 呼ぶタキシ四五人で笑い, 呼ぶチョビ安はいつのまにか, 呼ぶチロルの唄, 呼ぶトヤマでもトミヤマ, 呼ぶニウ岩というの, 呼ぶニセ札造りを御, 呼ぶハボタンをタマナ, 呼ぶハルロオには木精, 呼ぶフィルムのクライマックス, 呼ぶロシア語が繰りかえされた, 呼ぶ一人の名工, 呼ぶ一同の声, 呼ぶ一團體が出, 呼ぶ一尖峰と雲ノ平, 呼ぶ一幅三尺ぐらいな五色, 呼ぶ一方嘉門へ向かっ, 呼ぶ一時前に服毒, 呼ぶ三人の女, 呼ぶ三本槍状の穂高, 呼ぶ三角洲を左, 呼ぶ三角石の堆積, 呼ぶに詛, 呼ぶ不安そうな声, 呼ぶ与吉の声, 呼ぶ丑松の凛と, 呼ぶ世間の習慣, 呼ぶが御座, 呼ぶ両人の門弟, 呼ぶを頬冠, 呼ぶ中津の巾, 呼ぶ久しぶりの快, 呼ぶ乳母の声, 呼ぶ予言者の口, 呼ぶ事これなり, 呼ぶ事余も亦, 呼ぶ事例が多い, 呼ぶ二十を越した, 呼ぶ二十四日帰朝の彼, 呼ぶ二階造りのほう, 呼ぶ五体十部の基本, 呼ぶ井戸があっ, 呼ぶ人それに車内, 呼ぶ人物があった, 呼ぶ今夜ここに英雄, 呼ぶ仏語の一声, 呼ぶ仕事が湧き返っ, 呼ぶ仕方で右, 呼ぶ他所の子供, 呼ぶ以上あれはやつぱり, 呼ぶ以上それは加十, 呼ぶ以上何か非常, 呼ぶ以上相当に大きな, 呼ぶ位ぢや坊さん, 呼ぶ低い寺奴の, 呼ぶ佐柄木の声, 呼ぶを画いた, 呼ぶ何物もなかっ, 呼ぶの患者, 呼ぶ佛語の一聲, 呼ぶ侍女であった, 呼ぶ価値は充分, 呼ぶ俗歌が非常, 呼ぶ俗称なり, 呼ぶ信号だった, 呼ぶ俥屋の声, 呼ぶ修羅の合図, 呼ぶり名, 呼ぶ停車場のある, 呼ぶ偶然の裡, 呼ぶの声, 呼ぶは今後, 呼ぶ優しい声に, 呼ぶ兇賊や常に, 呼ぶ先生の声, 呼ぶに泣き, 呼ぶ入れ子のある, 呼ぶ公子の聲, 呼ぶ共産島浮かぶ, 呼ぶが約, 呼ぶ其乙女と本条, 呼ぶ其声が谿谷, 呼ぶ愴の, 呼ぶ分別盛りの武士, 呼ぶ切紙も見事, 呼ぶ別柵内に囲っ, 呼ぶ制裁法を具え, 呼ぶ努力こそがあらゆる, 呼ぶ勇士があった, 呼ぶ勇気がありません, 呼ぶ動物のため, 呼ぶ区域も相応, 呼ぶ十一違いの異母兄, 呼ぶ十七八の弟子, 呼ぶ十七歳の若い, 呼ぶ十五番目の, 呼ぶ千切れ千切れの声, 呼ぶ千疋狼の類, 呼ぶ千鳥の如く, 呼ぶ千鳥一羽のもの, 呼ぶ卑屈さにも堪へられない, 呼ぶ卑狗の大兄, 呼ぶ南蛮焼と, 呼ぶ原山は四囲, 呼ぶの声, 呼ぶ友人と一緒, 呼ぶ反響は自分, 呼ぶから邸内, 呼ぶ口笛と鼓沓, 呼ぶ古城の跡, 呼ぶ可愛らしい少年, 呼ぶ合図となっ, 呼ぶ吉保の声, 呼ぶ吉田の声, 呼ぶ吉里の客, 呼ぶ同じ人の, 呼ぶ名前だった, 呼ぶ名古屋名古屋と云う, 呼ぶ名高いものが, 呼ぶ呼びごゑは遠い昔, 呼ぶ呼出し奴から行司, 呼ぶ和寇の大将, 呼ぶ和泉守の声, 呼ぶ和紙数枚にしたためた, 呼ぶ唇形科のホトケノザ, 呼ぶ唯一絶対の美しい, 呼ぶ商業区域を何, 呼ぶ喬木が出, 呼ぶの方, 呼ぶ団長へ単独行動, 呼ぶより不可, 呼ぶ土工相手の銘酒屋, 呼ぶがある, 呼ぶ地形を中国, 呼ぶ地面へはめこんだ, 呼ぶ坊ちやんに劣らぬ, 呼ぶ声劇く縁, 呼ぶ声恐怖の悲鳴等々, 呼ぶ声手桶の水, 呼ぶ声断腸に聞こえ, 呼ぶ声物売りの叫び, 呼ぶ声砂山のかなた, 呼ぶ声笑声口笛の合図, 呼ぶ声耳に通じけん, 呼ぶ声親を求める, 呼ぶ声隅から隅, 呼ぶ変種で皮, 呼ぶ外国人の声, 呼ぶ多吉がかみさん, 呼ぶを獄庭, 呼ぶ夜霧の駅, 呼ぶ大尉それを変, 呼ぶ大小四つの島, 呼ぶ大村というの, 呼ぶ大熊星の座, 呼ぶ大音のメネラオス, 呼ぶ天上の迦陵頻伽, 呼ぶ天台宗の寺, 呼ぶ太子の料理人, 呼ぶ太郎のハッキリ, 呼ぶ太鼓の音, 呼ぶの声, 呼ぶ奇妙な楽器, 呼ぶ奇峭怪峰の荒れ, 呼ぶ奇言を弄ぼう, 呼ぶ奥深い谷底へと, 呼ぶ女供はやがて, 呼ぶ女将の声, 呼ぶ女性とは分っ, 呼ぶな弁証法的, 呼ぶ妻黄瑞露の声, 呼ぶのある, 呼ぶの声, 呼ぶ婀娜かしい聲, 呼ぶ婆さんの白い, 呼ぶの声, 呼ぶ婦人雑誌の編輯人, 呼ぶ官職の名, 呼ぶ家族名と, 呼ぶ宿あり園田, 呼ぶ宿根草があっ, 呼ぶに戀人, 呼ぶの離室, 呼ぶ対手ならと, 呼ぶ尊氏の弟, 呼ぶ小さい汁粉屋が, 呼ぶ小さき木魚は, 呼ぶ小児の声, 呼ぶ小坂あり, 呼ぶ小女の声, 呼ぶ小田刑事がおられ, 呼ぶ小竹も冬, 呼ぶ小綺麗な煙草店, 呼ぶ小舎の中, 呼ぶ婦の, 呼ぶ少年真っ先に闥, 呼ぶ居酒屋これは後, 呼ぶ山例せば, 呼ぶ山岳地方にみな兵, 呼ぶ山村に村医, 呼ぶ山間の湿地, 呼ぶ岸の上から人, 呼ぶもある, 呼ぶであって, 呼ぶの織, 呼ぶの符徴, 呼ぶ平坦な原野, 呼ぶ平安朝の語, 呼ぶ平家の落ち武者, 呼ぶ年寄りが沢山, 呼ぶ幼児はもう, 呼ぶ幽かな気配, 呼ぶ幽霊船だ, 呼ぶ広い部落が, 呼ぶ度数が多けれ, 呼ぶ建物が二棟, 呼ぶがあり, 呼ぶがあり, 呼ぶ弦光法師は盃, 呼ぶ弱々しい声が, 呼ぶ当の相手を, 呼ぶである, 呼ぶ形式の語, 呼ぶ役者でした, 呼ぶ待ち遠しそうな, 呼ぶ従兄の声, 呼ぶ從妹の與, 呼ぶ一族の, 呼ぶ微々たる才能に, 呼ぶ微細な模様, 呼ぶが荒く, 呼ぶ心配そうな金切聲, 呼ぶ怪老人のため, 呼ぶ恋人の声, 呼ぶ恋妻千浪の声, 呼ぶ悦びを有, 呼ぶ悪友の喜連川, 呼ぶ情緒が私, 呼ぶ意味での要素, 呼ぶ愛くるしい小姓が, 呼ぶ愛し兒の, 呼ぶ愛情はあっ, 呼ぶ感激に至っ, 呼ぶ態度は容易, 呼ぶ慣ひであつた, 呼ぶ懸命な声, 呼ぶ所謂緞帳役者が出演, 呼ぶ手押し車に土地, 呼ぶ手段の一つ, 呼ぶ手法からの必然, 呼ぶ手続が分らない, 呼ぶ抜群の勇士, 呼ぶ押釦じゃなかった, 呼ぶ掛け声は益, 呼ぶはあっ, 呼ぶ支那人なり施寧, 呼ぶ散文の物語, 呼ぶ数子の声, 呼ぶ数週前に民友先生, 呼ぶ文化村があっ, 呼ぶ料理が自慢, 呼ぶ方角へ駈け, 呼ぶ方言である, 呼ぶ旅客が其地, 呼ぶが来る, 呼ぶ日本の知性, 呼ぶ明るいこえが, 呼ぶからある, 呼ぶ時ワンワンコイコイと教えられる, 呼ぶ時一個の老人年五十二, 呼ぶ時私は手工藝, 呼ぶ時自分は彼, 呼ぶ時計の音, 呼ぶ時辰儀の, 呼ぶじゃない, 呼ぶ普通な方法, 呼ぶ智恵も浮かばず, 呼ぶさかな, 呼ぶ書生の声, 呼ぶ有毒成分を持っ, 呼ぶからたやすく, 呼ぶ木々彦の声, 呼ぶ木立のある, 呼ぶ杉田の声, 呼ぶ松風の声, 呼ぶ栗饅頭式の菓子, 呼ぶ校長の声, 呼ぶ桃色の斑, 呼ぶがおい, 呼ぶ棒杭が四, 呼ぶ植物がある, 呼ぶの紙, 呼ぶ楽器をひく, 呼ぶ楽隊の音, 呼ぶ様子では万太郎ひとり, 呼ぶ権利がある, 呼ぶ機會がなかつた, 呼ぶ機械があっ, 呼ぶ欅作りの大きな, 呼ぶ歳上のほう, 呼ぶ死神などもみんな新聞, 呼ぶに作衛, 呼ぶ水生植物の絵, 呼ぶ水田もあった, 呼ぶであって, 呼ぶに更, 呼ぶ波子の声, 呼ぶ浅吉の声, 呼ぶ之助, 呼ぶ海上の霊地, 呼ぶ海鳥の泣き, 呼ぶ淫祠があつ, 呼ぶ清水かげ小百合ゆすれて, 呼ぶ清泉が滾, 呼ぶ渓流へ足, 呼ぶ渡世の人間, 呼ぶの岸, 呼ぶ灌木のない, 呼ぶや五徳, 呼ぶばかりで, 呼ぶ焼け跡だらけであり無事, 呼ぶ熱情がこもつ, 呼ぶ熱海の街, 呼ぶ爲めに肉屋, 呼ぶ父上との言葉, 呼ぶ片口の如き, 呼ぶ牛太の声, 呼ぶ牛方の声援, 呼ぶ牝馬の名, 呼ぶ物凄い潮風が, 呼ぶ狂気と呼ぶ, 呼ぶ狭い空地が, 呼ぶ狸界の耆宿, 呼ぶ猜撫聲が聞えた, 呼ぶ猟騎兵中尉です, 呼ぶ獄界の境, 呼ぶ玩具を売る, 呼ぶ玩具屋の声, 呼ぶらしい言葉, 呼ぶ瓶敷で細工, 呼ぶの如き, 呼ぶ甘味多漿, 呼ぶ甚だ小柄な, 呼ぶがありゃしない, 呼ぶ由清楚とした, 呼ぶなし, 呼ぶ町通りにもぼく, 呼ぶろし, 呼ぶ番台の拍子木, 呼ぶ番犬は今, 呼ぶ異様な顕神, 呼ぶ白い茸が, 呼ぶ白旗のよう, 呼ぶ白猫がいた, 呼ぶに異, 呼ぶ枯れた臆病想, 呼ぶ目木の声, 呼ぶ造の, 呼ぶ眉目秀麗なる清客, 呼ぶ看板となっ, 呼ぶ看護婦の声, 呼ぶ眞宗の寺, 呼ぶ新らしい, 呼ぶ真宗の寺, 呼ぶ眼科の名医, 呼ぶ瞽女の独り者, 呼ぶ弓を, 呼ぶの影, 呼ぶ研究所に奇怪, 呼ぶの辺, 呼ぶだとか, 呼ぶ祭壇を持ち, 呼ぶ禁軍の通り客, 呼ぶ秋風がすぐ, 呼ぶ程息がつづく, 呼ぶ種子と思い返した, 呼ぶ竹下といふ学生, 呼ぶならば, 呼ぶ算段をせ, 呼ぶ節子の声, 呼ぶ米友は宇治橋, 呼ぶ紅葉湯の拍子木, 呼ぶ楮の, 呼ぶ結果もよく, 呼ぶ絶望的な女, 呼ぶ緩い錆びた声, 呼ぶ繊維も用いられました, 呼ぶ織物でも名, 呼ぶ置戸棚で好ん, 呼ぶ署長の声, 呼ぶで婚姻, 呼ぶ義雄の声, 呼ぶ義雄兄の前, 呼ぶ習はしが日本, 呼ぶ老公の声, 呼ぶ老女なりけり, 呼ぶ老婢の袖, 呼ぶ者曠野に住ん, 呼ぶ聲俄に喧しく, 呼ぶ聲怖しき物を見, 呼ぶ聲止まねば歌女, 呼ぶ聲猶劇しかりき, 呼ぶ聲頻なり, 呼ぶ肌着を着用, 呼ぶ肺器の病, 呼ぶ背後で馬鹿野郎, 呼ぶ能楽師の後家, 呼ぶ自分は飛び込ん, 呼ぶ自動車がお, 呼ぶ自然児もかつて, 呼ぶ舟宿の声, 呼ぶ船饅頭の声, 呼ぶである, 呼ぶ花枝の顔, 呼ぶ花柳病専門の医者, 呼ぶ花魁のところ, 呼ぶとが必要, 呼ぶ苗字そのま, 呼ぶ若者は真弓子, 呼ぶ若衆が通っ, 呼ぶ英雄は即ち, 呼ぶ茶屋女の声, 呼ぶ茶褐色の南京豆, 呼ぶ茶館があつ, 呼ぶが僅, 呼ぶ荒々しい声に, 呼ぶ菓子でも名, 呼ぶ葬具屋である事, 呼ぶ蒲製の帽子, 呼ぶ蓄音器や遠く, 呼ぶで陳, 呼ぶの声, 呼ぶ蛙湯に聴け, 呼ぶ蜃気楼も蜃, 呼ぶは鋏, 呼ぶさぬ蚊, 呼ぶ蟋蟀の物, 呼ぶ血風の虹, 呼ぶ行動の型, 呼ぶ袈裟治の声, 呼ぶ襤褸籠のよう, 呼ぶも懐し, 呼ぶ親孝行で評判, 呼ぶ観客の声, 呼ぶ言い方だ, 呼ぶはかはらざりき, 呼ぶ詭計を再現, 呼ぶ警部の声, 呼ぶ豪奢な大, 呼ぶ豫言者の口, 呼ぶ貝細工寄木細工の小女ども, 呼ぶではない, 呼ぶは兼吉, 呼ぶとなった, 呼ぶ車夫は附き纏う, 呼ぶ軟肉が着い, 呼ぶ農学士とそして, 呼ぶ農学校出の青年, 呼ぶ迄もなく自分, 呼ぶ近所の女, 呼ぶ迷信がある, 呼ぶ途端に一人, 呼ぶ通り国史のワニ, 呼ぶ遠縁の婦人, 呼ぶ郊外へ行っ, 呼ぶ都度啼きぬ, 呼ぶ配下の同心, 呼ぶは土地, 呼ぶ醤油注など皆, 呼ぶ音の, 呼ぶ重傷者の声, 呼ぶ野槍であります, 呼ぶ野猫で中橋文相好物, 呼ぶ金之助さんの声, 呼ぶ金魚商労働者を迎, 呼ぶ鉄瓶が一番特色, 呼ぶを売ります, 呼ぶです, 呼ぶ長大の動物尾, 呼ぶ門人多く相, 呼ぶ間これよりまかり出, 呼ぶ間八五郎は手燭, 呼ぶ間木老人の声, 呼ぶ関係上そう呼びならわし, 呼ぶ関守氏では, 呼ぶ陥穽に引ッ, 呼ぶ陶器とである, 呼ぶ陸生宿根草本で藍色, 呼ぶも与えず, 呼ぶをつい, 呼ぶの声, 呼ぶ雉子の雌鳥, 呼ぶ離庵の声, 呼ぶはもの, 呼ぶ雪女に攫われ, 呼ぶ電気釦を押した, 呼ぶ青年が云, 呼ぶ青楼に何, 呼ぶ非常口は武家屋敷, 呼ぶ鞍部がある, 呼ぶであったろうか, 呼ぶ音作の声, 呼ぶ音沢の老, 呼ぶの殺げたきかぬ, 呼ぶなもの, 呼ぶ飯茶碗類等には昔, 呼ぶ養母の声, 呼ぶを非常, 呼ぶ馬丁ます, 呼ぶ馬車屋の笛, 呼ぶがある, 呼ぶ駅員の声, 呼ぶ駅夫の声, 呼ぶ駒平の聲, 呼ぶ骨壺を作る, 呼ぶ高い山の, 呼ぶ高台がある, 呼ぶ高弟を一撃, 呼ぶ髯面の老, 呼ぶ鬼婆の声, 呼ぶから誇大, 呼ぶ鳴尾君の声, 呼ぶ鳴門の海, 呼ぶどり, 呼ぶ黄色い声が, 呼ぶの声, 呼ぶ鼻緒入の藁沓