青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大臣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~ 大正~ 大空~ 大胆~
大臣~
~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~ ~天下 天下~ ~天井

「大臣~」 3278, 35ppm, 3307位

▼ 大臣~ (714, 21.8%)

10 椅子を 7 子は, 宅へ 6 位を, 宅に, 家に 5 地位を, 顔を 4 ような, 夫人は, 子が, 家の, 家へ, 息子を, 気焔を 3 ほうで, やうに, 位に, 位置に, 信用は, 子の, 所から, 手に, 椅子に, 顔も

2 [57件] あるか, かく宣ひし, ところへ, 一人が, 一行と, 一行に, 上に, 中には, 乘り, 位地も, 候補に, 写真を, 前に, 前へ, 口から, 古手に, 名で, 向島の, 君に, 器に, 声明が, 大王は, 夫人に, 女の, 如きは, 子も, 宅にも, 官邸で, 室を, 家だ, 席が, 心に, 心を以て, 息子の, 息子は, 意向などには, 所で, 所に, 方へ, 施政演説と, 本当の, 来たこと, 椅子なりき, 椅子を以て, 準備演説とも, 演説を, 無能に, 秘書官の, 職に, 職責に, 補弼を, 言葉を, 話が, 邸を, 野溝は, 閑職を以て, 頭の

1 [490件] あながちに, いうには, うちへ, お, おまえと, おん形音気は, おん為に, お伴を, お娘, お嬢さんが, お嬢さんには, お孫さんの, お家に, お屋敷, お気持ち, お目, お祝ひ, お邸敷, お館, こう云った, ことを, この見上げた, ごときは, ごときも, ごとく闊, さし廻し, した過ち, そばを, ために, ところから, ところで, はきなども, ほうは, ほうを, ほか省中の, むすめ, もとに, ように, りっぱな, オ守りを, サロンへ, チャーチルも, ハイベルグ様も, フリムナップそれから, フリムナップでさえ, フリムナップと, フリムナップなど, フリムナップも, ランタ以下皆, レルドレザルが, 一代記といへる, 一言一句に, 一足に, 上席の, 上機嫌を, 下に, 下僕らに, 下席, 不信任に, 中から, 乗って, 予告を, 事です, 事について, 二三男が, 亡霊が, 人物だった, 今の, 仕事にも, 代理を, 令嬢である, 仲は, 任免は, 任官披露の, 伊藤ツて, 伝えさせた言葉, 位まで, 位置でも, 位置を, 住居辺は, 何よりもの, 作だ, 作つた, 作である, 作法を, 使いに, 供を, 候補者は, 健康を, 偽の, 傍まで, 像とも, 兄さんで, 兄弟たちも, 先祖の, 児入, 六女は, 兵凶戰危の, 内縁の, 処置に, 出動を, 出席を, 出現モーローとして, 別殿で, 別殿に, 別殿へ, 別荘であった, 利害も, 到着かと, 到着したらしい, 前だけ, 前にでも, 前は, 前を, 前駆の, 功労を, 勝田主計氏なども, 勢力の, 勢力は, 勢力を, 卓越した, 印綬を, 厚意によって, 去ったあと, 参詣を, 反感を, 収賄を, 取つた処置, 古手なんか, 台所には, 台所の, 名は, 名を, 名誉の, 吏に, 君なり, 呼称と, 命で, 命により, 命令によって, 品川を, 噂を, 国王ある, 国王が, 国王に, 国王は, 園遊会に, 在原の, 塚の, 塚までを, 墓です, 墓まで, 墳墓は, 壮んな, 声も, 声名が, 声明とを, 外に, 外山正一さんが, 夜会か, 夜会て, 夜会で, 夜会に, 夜會に, 夢の, 夢を, 大原氏を, 大将は, 大日本教育茶話会, 大物三客を, 大部分, 大饗, 大饗宴, 太郎左大臣時平は, 夫人が, 夫人の, 失業した, 失策と, 奇特な, 奥さんである, 奥様が, 奥様は, 女, 女との, 好む高麗笛, 好意で, 好意によって, 好意母宮の, 好餌を, 如き明皇夢中, 如く七年, 如く夫, 如し, 如何で, 妻夜間王に, 姉娘で, 姪である, 威令など, 娘が, 娘であった, 娘としての, 娘座しき, 子でした, 子として, 子に, 子孫らであります, 季康子に, 孫たちの, 官邸に, 官邸にも, 官邸へも, 官邸や, 官邸を, 実地検分を, 実子も, 実際的責任問題, 室で, 室に, 家だって, 家で, 家と, 家には, 家の子から, 家は, 家を, 家庭に, 實際的責任問題なり, 専任は, 専任問題であった, 尊厳が, 少女皇帝の, 就任式を, 尻押しを, 尽すべき責任, 尾崎さんの, 居らるるところ, 居室の, 屋敷の, 岡田啓介も, 幅の, 年俸は, 幸福感は, 弟で, 役を, 役人たちも, 待合会議, 後だ, 後と, 後任は, 後家の, 御厚意, 御同僚, 御名を, 御堂殿の, 御屋形, 御案内, 御顔触れ, 心にも, 心は, 志して, 性格とは, 性格は, 性格を, 息子いや, 息子たちの, 息子で, 息子や, 悪計, 悲歎に, 意志で, 意志によって, 意見として, 意見により, 愛人である, 態度に, 態度を, 所にも, 手から, 手もとに, 手もとまで, 手より, 手を, 抱え医者の, 拝賀をも, 指揮命令に, 授与を, 支配から, 放送, 放送が, 敬礼が, 数の, 数人も, 方で, 方に, 方針で, 施政方針が, 施政方針の, 昇格に, 春衛が, 時なんか, 時に, 時勢を, 曠職に対して, 曠職軍用品買入, 書記官馬詮が, 未亡人の, 末娘美紅と, 束縛を, 来訪に, 柩を, 森有礼が, 森有礼を, 森有礼氏が, 椅子から, 椅子の, 模造も, 権を, 権力を, 権勢正に, 権威, 権威の, 権威を以て, 権限を, 権限外に, 欠席などに, 次には, 正体が, 正直らしい, 武内宿禰を, 死亡なども, 比では, 比に, 気に, 気持ちが, 気焔に, 決定が, 泊るところ, 注意と, 洩らした恋人, 演説が, 演説にも, 演説や, 熱心な, 爪音に, 牛車, 独断を, 玄海島は, 率いて, 王様は, 現職で, 生きて, 生死は, 生活を, 男たる, 畫など, 盛粧, 目には, 直轄する, 真似を, 碑が, 祝電が, 秘密を, 秘書官, 秘書官です, 秘書役として, 秘蔵し, 空白時代に, 立場として, 立幟中にも, 笑い声は, 答弁, 答弁は, 答弁書である, 答弁演説を, 策動に, 管轄かも, 管轄に, 紹介状を, 美留楼公爵の, 義気に, 習慣も, 考えの, 耳に, 耳には, 耳にも, 肉身の, 肌, 肖像を, 肝煎りで, 脚本朗読を, 腹であった, 自分で, 自尊心は, 自由に, 興味を, 葬式に, 藤原頼通という, 蘇我稲目は, 衙門から, 裔だ, 裔と, 西郷君を, 要職に, 見幕が, 見幕に, 見込は, 視察と, 視察などは, 親心なる, 親戚か, 言うこと, 言うには, 言う昔, 言葉としては, 言葉の, 訓示は, 訓辞を, 記憶が, 許に, 許可が, 証明する, 説に, 説明であります, 読書という, 談話に, 談話を, 諮詢機関が, 講演筆記の, 議会における, 豫告を, 財産を, 責任でございまする, 責任に関する, 責任を, 資格を, 賜わった古, 趣味と, 車が, 車へ, 輦も, 辞令でも, 辞職大隈外務大臣の, 農商務相兼任を, 退出を, 連署に, 進退あり, 進退に, 進退は, 遺産とか, 那桐と, 邸だ, 邸です, 邸でも, 邸とは, 邸など, 邸宅に, 邸宅は, 重職に, 金モールを, 閨へ, 陸奥の, 陸奥も, 隣に, 隣家の, 隷下に, 離れ座敷, 霍光に, 面上には, 面会を, 靴音が, 鞄持ちを, 音楽浴二十四回法令は, 頭が, 頭噫, 額の, 顏である, 顔は, 顔や, 顔触, 風流を, 風流事など, 館では, 首などは, 首を, 馬は, 骨相を, 髪毛は, 髯を, 黒川さんと, 鼻を

▼ 大臣~ (454, 13.8%)

5 思った 4 かつてその, 言って 3 さきをと, また父, 私の, 親任官新聞屋は

2 [17件] その責任, それを, よく知っ, 喜んで, 天皇に, 宮に, 帝國憲法第, 廻り持にて, 彼れ, 思って, 既に我, 歯噛みを, 眉を, 聞いた事, 自分の, 見たくも, 騎兵を

1 [395件] あかい服, あった, あなたを, あるいは獄屋, いいました, いった, いって, いつの間にか気絶, いやな, いよいよ激発, いろいろな, いわゆるそのお方, うなずいて, おおくの, おごそかな, お恨みする, お母さんに, かえって満足, かしこまって, かねてから私, かわいく思った, ぎょうさんな, この二神, この戯曲, この時, この時唐突, この朝恩, この結婚, こらえかねたよう, これに対して, これは, これも, これを, さきおととし太宰員外帥に, させて, さらに多く, しいて, して, しばしば暗殺, しばらく考え, じきに, じっと空間, すぐに, すこしも目, するの, ずっと前, そうした噂, そのこと, その営業, その実現, その後ぶん擲ぐらないとかえってよく覚える, その手紙, その書類, その約束, その見識, その請願者, その間に, それであれ, それでも進撃, それと, そんなこと, そんなふうに勧められる, そんなもの, たびたび感激, だまって, だんだん近くやつ, つかつかと, とがめようとも, とって, どう致しました, どれも, なおこれ, なかなか切っ, にわかに女御退出, にわかに眼, のぞいて, ののしられて, はばかられた, はやくも, ひとしきり泣いた, ふき出して, ほのかに, まじめに, まじめ顔に, ますます憂鬱, またもや父, まだ病気, みんなに, みんな那須野を, もちろんチベット, もとよりなに, やっともの, やはり私, ゆるゆる話し, よほど感心, りっぱなでき上がった, ウウムと, ソッと, ソロソロと, ソヴェト同盟ばかり, デルブリュックに, ドスンと, ナポレオンに, ミス, ミルキ閣下と, 一人で, 一人も, 一旦呼び出された, 一番貧乏鬮で, 三田に, 上演禁止の, 之を, 二三人と, 亡くなるし, 今日は, 今日まで, 今日閣議が, 今頃は, 会わないと, 何を, 何事も, 余り金高, 余り関係が, 作者自ら修正の, 例の, 例外なく, 儒教主義を, 元日も, 充分責任, 全国民, 公務多忙と, 六条院で, 共に一国, 其だけに, 典侍の, 内務省などから, 内務省に, 内閣総理大臣が, 再び, 几帳だけを, 出て, 別れて, 前例を, 前斎院, 勤まらん, 勧めた, 勿論新潟高等學校長, 北の, 千石二千石なお, 半ば真面目に, 危険でない, 去って, 去年の, 去年太宰員外帥にな, 口ずさんで, 古河市兵衛に, 叫んだ, 司令塔に, 同じ一七七〇年代, 向き合ひ, 国を, 国府津に, 国民戦隊を, 國の, 國会の, 地べたへ, 多忙中を, 大きい勢力, 大きな体, 大きな覚悟, 大に, 大和の, 大変盛んな, 大学専門学校等の, 大宮に, 大宮を, 大抵見廻る, 大蔵大臣に, 天下の, 天皇に対し, 天皇に対して, 夫人や, 奉答文を, 女御に, 女御を, 女房たちに, 女房を, 委員会が, 姫君を, 娘と, 娘に, 娘の, 娘を, 定員の, 室の, 宮を, 宮中へ, 家に, 寝不足らしい血走った, 寝衣, 寺内伯で, 尊者として, 少しくら, 少しくシナ文字, 少し物, 居ても, 帝の, 帰って, 帰京された, 年が, 式を, 引き取って, 当日の, 当時の, 彼に, 彼女を, 待ち暮らし, 従って, 御使い, 心配の, 忌々しそう, 思いながらも, 思い他, 思ったが, 思ったの, 思案投首の, 急に, 急には, 怯えたよう, 恋しがっ, 恐らく検閲官, 意味深長に, 憎むべきである, 我が党, 戯談を, 扈従の, 手紙を, 拍手に, 授与を, 描いて, 政党から, 故人を, 敬意を, 数えたあと, 文部大臣の, 既に与, 日京卜の, 日本の, 旧幕人の, 早速町, 早速索敵, 明らかに, 昔の, 昨年の, 昨日濃, 時々これ, 時々是, 更に, 最も愛し, 最も苦しく, 最初の, 有間皇子が, 本日ここに, 来ること, 来るはず, 東条でも, 桂太郎内務は, 桜の, 検事長に, 極めて困難, 極秘の, 機嫌よく, 欠席した, 欺されぬ, 歌舞伎座へ, 残念がっ, 残念でならぬ, 殿が, 気づいたくらい, 気絶する, 汗を, 決して長続き, 決心する, 泣き出した, 泣き出したの, 清涼殿の, 温和で, 満足し, 準備した, 濃紅姫, 無策の, 無遠慮に, 焦立って, 熱田の, 牢に, 玉鬘の, 王さまに, 王宮の, 王様の, 甚だ大, 生きがいを, 申し上げて, 畑へ, 目を, 眉の, 眉間に, 真面目くさつて答, 眼鏡の, 瞬間公家繪かきの, 私が, 私に, 私を, 秘蔵に, 空間に, 突然行っ, 立ち上がる力, 立って, 竹槍蓆旗を, 笑いながら, 笑って, 笑顔を, 答えて, 答辯しない, 米の, 紙屑の, 細君の, 絶対に, 総裁と, 罹災小学校に, 考へ, 考へまいと, 聞いて, 自らの, 自ら大津に, 自分が, 自室に, 自烈度, 自身で, 自身も, 艦隊を, 芳川顕正氏であった, 若しそれ以外, 苦笑し, 薄い望み, 蝦夷とも, 血走った眼, 衰え方, 装束を, 見つけた, 見て, 覚束な, 観衆たる, 言いました, 言っても, 言葉せわしく, 計画を, 話を, 認めて, 誠にそろそろと, 読んだが, 貧乏だった, 責任という, 賢明な, 質した, 跳ねッ返る, 身体中の, 身動きも, 軽輩が, 輦の, 辞色を, 近ごろ引き取った, 近寄って, 運に, 那須郡の, 部屋の, 酔った振り, 重々しくも, 金利が, 院の, 院へ, 階下で, 随分世間, 隠れて, 雲井の, 電波化粧台の, 青眼先生の, 静に, 非常に, 顔を, 馬鹿である, 驚いた, 驚愕した, 髪を, 鮒より, 黒彦皇子

▼ 大臣~ (275, 8.4%)

7 して, なって, なつた 3 なれば, 面会し

2 [25件] しやう, なった, なったの, なった人, なった時, なっても, なつて, なること, なると, なるとか, なるコンタン, なる人, まみえも, 上りし実例, 告げやしけん, 御掛合, 振り当てられたに, 擬したり, 聞え上げし一諾, 話して, 諭して, 謁し, 附きて, 面会した, 飲んで

1 [198件] あてて, あるか, あるであろうと, おかれて, おたずね, お話ししたい, きて, この件, これまでの, さう云, さよならを, されたり, したと, してからが, します, するため, するには, するツモリ, する様, そう告げ, そっくりなお, だれが, とつて, なされるなど, なして, なったかも, なったこと, なったご, なったと, なったとき, なったところ, なったよう, なったらと, なったらな, なったり, なった事, なった岡市, なった廣田さん, なった後, なってから, ならしや, ならなくても, ならなければ, ならねば, なられた, なられたげな, なられた際, なられてから, なりあるいは, なりさえ, なりさらに, なりたいと, なりたいという, なりたいとか, なりました, なるか, なるため, なるという, なるなら俺, なるなら文部, なるの, なるやう, なるオ守り, なる時期, なる男, なる運動費, なる野心, なる阿呆さ加減, なれと, なれなかつたに, なれりゃ毎晩, なれりゃ毎晩ここ, なれる, なれると, なれる才能, ひきあげて, まかせ申すとだに, まだか, やはり保, よくいっ, ソンな, ピストルを, ミス, ラブレターを, 上りし實例, 上申する, 与えよく, 乞うて, 仕えしめん, 仮装し, 任じたわけ, 任じまた, 任命され, 会うまで, 伴食ならざる, 何人もの, 假裝し, 先立って, 入れること, 出して, 出席を, 劣らぬ活発, 反抗する, 取っては, 取次ぐから, 口を, 司令長官の, 向って, 告うたは, 告げたので, 呼ばれて, 命じて, 命じ韓国, 命じ韓國, 命令を, 和琴兵部卿の, 喰って, 因み吉備塚, 在る, 報告した, 報告する, 報知した, 大隈重信を, 奉ると, 宛てたもの, 宛てて, 小林一三の, 就任した, 建議致しました, 忘れないやう, 悲しいふう, 成つた積りで, 所謂薩摩閥と, 手紙を, 招かれ琴, 指名されました, 挨拶, 掛合は, 提出される, 提出した, 教育法という, 最も親しく, 最後通牒を, 死刑を, 注意した, 注意を, 深く感謝, 申しあげました, 申しました, 申し付けて, 申し送った, 當る, 登る家柄, 相談を, 知らしめようと, 知らせた話, 知らせて, 答弁させる, 聞くの, 至り下等, 英雄の, 蘇味道が, 見せたら内務大臣, 見せた内務大臣, 見せますと, 見られて, 見立てたもの, 親任され, 観測された, 言った, 言って, 誂へて, 認めて, 賜わるほど, 質問しよう, 贈りたる書翰, 蹴られて, 身分を, 転じついに, 転じ爾来, 転任したるおり, 返された, 返復するの, 迫らないかと, 迫らないの, 逢えば, 逢ったらすぐ, 連れて, 進むかも, 遇って, 過ぎた力量, 郵送した, 金を, 随ひ, 隨ひ, 面会できない, 面会を, 麻布第

▼ 大臣~ (261, 8.0%)

3 一番に, 出て

2 [11件] ありましたらうか, それを, でて, 何だ, 出席し, 懲罰委員会に, 支那問題に, 来ると, 現れて, 生きて, 言うと

1 [233件] あったという, あって, あの手紙, あまり短時日, いけない早く, いても, いらっしゃっても, いろ, いろいろと, いわれますには, うらやまれも, おいでに, おれの, お薨, かつて椋島技師, かつて駐, きびしく監督, こ, ここに, こちらの, このごろほかで, この室, この改革案, この方, これを, さしつかえが, して, じっと見入っ, すでに十分の準備, する事, そこに, その営業, その手紙, その日, その説明, それぞれ彼女の, だれよりも, ちゃんと出席, ちゃんと格式作法通り, どうして平生, どれほど社会, どんなになった, ほのめかしても, まじめ一方で, やってきて, わざわざ微行, ゐても, キチガイだった, スポーツの, チベットを, ハラハラする, バラの, ポルトリコの, ミルキ閣下とともに, 一人の, 一時失脚を, 一歩室内に, 三分の一位外交官が, 三君の, 三崎県治局長を, 不慮の, 之に, 乱暴な, 五兵衛どんの, 交替しよう, 人格者でも, 人民に, 人民共と, 付いて, 仰せられますには, 任ぜ, 企画庁長官に, 住んで, 何かの, 來る, 來道し, 保健省設立を, 假名遣, 先刻自分たちと, 入って, 入つて來, 六尺も, 内務大臣を, 内廷散歩の, 冷酷な, 出来て, 出来上つて, 前記報告を, 剣と, 勢いよく馬車, 勲記と, 卒去し, 厳重に, 参院した, 又いずれ劣らぬ, 又いづれ劣らぬ, 又言, 又言うまでもなく, 名状すべからざる, 周章てて, 唐人に, 喜ばれたという, 嘘を, 地方官に, 多い, 夢占いを, 天プラ御殿の, 天皇の, 太子さまとも, 夫である, 失脚し, 女岐多斯比賣, 女意富藝多, 始終歎, 始終逢えない逢えない, 姫君を, 威を, 学生の, 実地を, 実施する, 家の, 家族の, 専門の, 少し思いやり, 居られたやう, 希臘劇の, 帰国される, 幾人変っ, 幾人變つて居る, 引きこもって, 引退せられる, 弱いの, 徐ろに, 御巡視, 御所から, 御話し, 必ず確, 忠義の, 意志を, 憲政党本部に, 承知し, 折花攀柳の, 抱き留める, 拝謁し, 持って, 持つて, 推奨する, 政党から, 数学者である, 文部大臣の, 斬られた折りその, 新夫婦, 施行する, 明治天皇陛下に, 昨日直ちに, 普通の, 未来の, 条約改正問題の, 来られた, 東北の, 機嫌好く, 歎息する, 死んだ折, 殺された, 殺されたなんて, 殺されたの, 殺されて, 気に, 沖縄の, 涙を, 演説する, 熱心に, 片山氏なら, 申す, 癪に, 登庁する, 白昼公然, 真の, 破廉恥罪で, 祭って, 私の, 私も, 立会った, 米の, 絃も, 総ての, 総理でも, 美妓を, 耳立つて, 聞いて, 聴いて, 胸部を, 腰を, 自分で, 自分に, 自分より, 自室へ, 自由に, 色々昔, 裁判所に対する, 西班牙は, 見舞いに, 言うこと, 言うの, 詩人である, 話の, 誓紙を, 誤った仕事, 読んで, 謙遜な, 警保局長と, 議会ででも, 議会において, 議院に, 象牙の, 負傷された, 身動きし出した, 辞職し, 辞表を, 過って, 銀色の, 随員を, 青年教育に, 非常に, 面会される, 面会する, 風邪に, 食事に, 饗応の, 驚いて, 骨を, 鳥の, 麦三百六十石それも

▼ 大臣~ (149, 4.5%)

20 して 3 えらい者, 誹るを

2 [14件] した事, はじめとして, 兼摂したる, 兼攝したる, 初め政府の, 務めた先代, 呼び出して, 意味する, 擬せられたりき, 敬礼する, 目的として, 統監府に, 訪問し, 除くの外

1 [95件] この世界, こんな目, したニキーチン, そしていくらか, つとめたジェンティーレ, つとめて, つとめ大紫冠, とおし二上皇, はじめと, へこまして, やつた, やめて, やめなさい, よびました, ビックリ仰天させる, 上手に, 不敬罪だ, 世襲し, 人間的肉体的に, 任命し, 伴食大臣と, 偉大に, 兼任した, 兼摂しなけれ, 出したいと, 出し抜くなんて, 出まかせな雑言, 初めとして, 初め家の, 別の, 助けて, 勤めて, 厚く賞し, 取り去って, 取り巻いて, 名のらせた, 含む政府当事者, 呼びに, 呼んで, 國会で, 始めわれわれは, 始め小村壽太郎, 始め小村寿太郎, 始め教育の, 官邸に, 射殺した, 左右に, 左大臣に, 得られないが, 志して, 恨んで, 悲しんで, 拝命した, 拾ったの, 持ち内務大臣, 捉えて, 据えながら, 描くと, 描く社会性, 操縦し, 操縱し, 擒に, 救わんが, 暗殺し, 案内する, 止めなければ, 殺させた, 殺す権利, 演壇で, 父として, 牽制させた, 相手に, 相手取っても, 祀るよう, 祭り神馬, 私館へ, 苦しめ當局, 荒井小島等は, 要せず, 見た時, 見ると, 言い附, 訪問した, 訴へて, 詛つたといふ, 辞しあらた, 辞した, 迎えた, 迎え入れたその, 追っかけて, 退けること, 鞭撻する, 飛び越して, 驚かした, 驚した

▼ 大臣~ (144, 4.4%)

5 なつた 4 雖も 3 いっても, なった, なって

2 [11件] いえども, いへば, なり伊藤内閣, なり子爵, 一緒に, 云ふも, 倶に, 呼んで, 尼僧と, 為りて, 爲り

1 [104件] いうごとき人々, いえば, いわれた小松殿, かわらない大切, する内務省, する山県内閣, その子, それから法王, それに, たくさんな, ちがって, なされ大小國, なったシドニー, なった時, なりいくばく, なりかく, なりさい, なりし人, なりて, なりますと, なり一国, なり一方, なり今や, なり吉備真備, なり始め, なり徳行, なり次いで, なり田中, なり痴愚, なる, なると, なるや, なれり, よばれて, よぶこと, 一所に, 一緒です, 両次官, 二条関白とが, 云はれた, 云ふ, 云われ怨府, 交際しなく, 代議士と, 会う約束, 会ふ, 供の, 僧侶の, 兵衛佐とは, 出世した, 各両次官, 同じ盞, 同じ袴, 向い合って, 呼ばれたという, 呼ぶ習はし, 命の, 國務大臣とから, 國務大臣の, 夫人は, 妃を, 家来共は, 小姓組との, 小姓組とを, 尼僧に, 尼公に対し, 彼と, 御懇意, 思うたその, 懇親に, 打合わせた手筈, 提督の, 文部次官とは, 新聞に, 最高僧, 次官一九二二年以後の, 母夫人の, 沢山の, 漁師, 為し我選挙区民, 為す, 爲し, 爲す, 父王と, 現任大臣との, 申しますの, 目を, 相談され, 称す, 称す彼等, 稱す, 管轄の, 紅矢の, 肩を, 膝組で, 苦吟の, 製鉄所長官の, 言うて, 話しつつ, 謂うべきか, 謂はれた, 軍令部長とを, 面談した, 高木君の

▼ 大臣~ (102, 3.1%)

2 あります, 出て, 来て

1 [96件] ある日, あんな男, いったん思い立った, いよいよ入牢, いる, おとも, お帰り, お式, この時両方, これを, じきにその, じぶん, そう思っ, それと, それを, たいへんに, ついに勘忍袋, とうとう根気負け, ほかの, ほとんど結束, また, またりっぱ, みないっしょに, みんな出迎えました, むろん知らなかった, もって, やはり僧侶, やはり退けられた, わが美味, ギクリと, 一生懸命に, 一緒に, 万一口, 三人ある, 不快に, 不承不承慎ん, 事務職員も, 事柄を, 今や去っ, 伏して, 価値を, 兵士たちも, 兵士も, 内務大臣も, 再三そうお, 出る長者, 勤めた人, 参内した, 同じよう, 国会議員も, 國会の, 大事がっ, 天皇も, 夫人も, 夫婦に, 奉迎に, 女の童も, 女御の, 女王さえも, 娘の, 官女も, 実業家も, 宮も, 寂しげなり, 小姓組も, 少しは, 帰って, 待って, 御体験, 御持病, 必ず面会, 思わず刀, 我が故郷, 断わり切れずに, 日本という, 明日ごろは, 来る, 死んだ人, 民意を, 海軍大臣も, 満面に, 王さまの, 現れますが, 盡く, 着席し, 知って, 私の, 総理大臣も, 自分で, 認めて, 警察長官も, 賛成された, 足尾銅山の, 辞意を, 遂に見兼ね, 関白も

▼ 大臣~ (43, 1.3%)

2 実業家や, 総裁や

1 [39件] お金持, その他の, その夫人, それから左大臣, なにかも, なんどに, 並いる, 代議士なら, 代議士は, 会社の, 何か, 何かも, 側近の, 元老などという, 先生どもの, 内閣は, 地方官も, 大学教授や, 大官は, 大将なぞは, 富人を, 将軍たちに, 役人が, 役人輩に, 政府の, 法務大臣などは, 老朽職に, 調査委員を, 議員の, 軍人やに, 金持や, 長者を, 陸海軍の, 陸軍大将の, 顕官に, 高位高官が, 高官が, 高官を, 高等官の

▼ 大臣として~ (34, 1.0%)

2 何人も, 公に, 外人と, 最好, 適任なる, 頗る好評

1 [22件] その極端, でなく私人, インフレーションの, 事実上の, 入閣を, 受けて, 台閣に, 国務を, 國の, 執るべき処置, 戦争犯罪者として, 政治を, 政治家として, 施政演説を, 有名なる, 活躍する, 無責任である, 胡廣あり, 苦心惨憺の, 起用された, 隠然元勲の, 飛んで

▼ 大臣から~ (32, 1.0%)

2 下愚

1 [30件] こういうよう, さしまわされた自動車, してが, すっかり下さる, そんな証明, たいそうな, 一揃え, 下等官吏の, 伝言でございます, 供給される, 命令される, 学位を, 手渡された莫大, 扱われて, 批評家無用論を, 検閲の, 極めて御, 熱心に, 独立させ, 玉鬘へ, 王さまの, 発表された, 直々の, 秀抜な, 聞いて, 話が, 誠意ある, 送られた馬, 酒や, 餞別として

▼ 大臣たる~ (32, 1.0%)

4 ものが 2 こと是なり, に及, の人格, の適材, は世人, は最, もの, を得ざりき, を得る 1 に過ぎない, の器, ものは, もの素より, 中島商相自身が, 以上たかが, 品位あらむだ, 方々が, 職を, 資格を

▼ 大臣~ (32, 1.0%)

4 の亡びた, の姫

1 [24件] からもわれ, から下, から令嬢, が全力, でする, ではこうして, ではない, では病人, で生まれた, などに禄, にいる, に参伺, に參つてさ, の上達部, の人, の人たち, の公達, の大, の子息たち, の老, の車, へ方角, へ行く, を訪問

▼ 大臣~ (24, 0.7%)

3 あつた

1 [21件] あつてさ, ありのままの, この先生, しかも名望, それ以下の, だれも, 二百五十円位普通の, 今は, 今度の, 元老院議員ドショーモンが, 先方へ, 双方が, 尊稱, 従一位の, 持たない者, 本当の, 毎日一時間ずつ, 然も, 紅木と, 蔵相を, 那須野ヶ原に

▼ 大臣にも~ (19, 0.6%)

2 大将にも

1 [17件] あまり劣らず, この花壇, なったけれども, なった人, なつた, なる, なること, なるよう, なろうと, やはり尼僧, アジア協會支部の, 亦これ, 富豪にも, 徹底的に, 減多に, 相談しよう, 芸術院会員にも

▼ 大臣~ (18, 0.5%)

1 [18件] かに荒々しく, からといっ, が不思議, が顧問, ということ, といふ, とか大, とか華族, とか議會, とか金持, とてこう, とまで云われる, と思つて, なと少々, のが, のに, のは, 盗賊の

▼ 大臣たち~ (17, 0.5%)

1 [17件] がお, がこの, が家, が来ない, に一冊, の家, の曲芸, の言葉, はとめ, はぶつぶつ, はみんな, はチ切れ, は会見, は勅語, へのお, もナイチンゲール, を乗せた

▼ 大臣官邸~ (17, 0.5%)

1 [17件] が昔, である, で同, に出入, に呼び集め, に於, に神輿, に茶話会, に鳩首, の崕下, はこれ, はたしかに, へでかけた, へ俥, へ外相, へ書留, へ行き

▼ 大臣~ (15, 0.5%)

1 [15件] あてた叔父平国香, おれの, お授け, お知らせする, まずもっ, 下された, 依頼する, 嫁いで, 宛てたもの, 対しての, 手紙を, 直ぐ宮中, 相談を, 真相を, 進呈せる

▼ 大臣~ (15, 0.5%)

3 の御 2 の前 1 あんなにご, がお, だって何, でさえ, に御, のいらっしゃる, の御館, はどちら, はどんなに, は大

▼ 大臣~ (15, 0.5%)

2 の人物

1 [13件] から労働者階級, が甚だ, だ, だったら, であっては, で今, になっ, の人たち, の天分, の政治家, らしい, をし, を動かし得る

▼ 大臣たり~ (14, 0.4%)

7 し時 2 しこと, しもの 1 とも有る, 近衛公も, 近衞公

▼ 大臣でも~ (14, 0.4%)

3 師団長でも

1 [11件] あろう, きっと疑い, とかくよみたがる, ない, ルンペンに, 上院議員でも, 廻つて, 来たよう, 特に大きな, 職工でも, 見学を

▼ 大臣には~ (13, 0.4%)

2 病の

1 [11件] たれから, ならなかったが, なれなくても, なれると, 一等効力が, 人相が, 唯これ, 夫人の, 思われるの, 惜しんでも, 陸軍次官の

▼ 大臣であった~ (12, 0.4%)

1 [12件] かとにかく, が続い, ことも, しずいぶん, ジャン, 寺内氏は, 山本達雄氏などは, 時分には, 森有礼は, 田中義一にも, 苫米地は, 頃と

▼ 大臣にでも~ (12, 0.4%)

1 [12件] すれば, なったらいい, なったら日本, なったら返しくだされその, なつたら, ならねば, なりましたら断じて, なりや, 博士にでも, 大将にでも, 成らねば, 成れる人物

▼ 大臣とか~ (11, 0.3%)

1 [11件] これこそ, へても, 代議士なんかに, 何とかいつ, 何とかの, 元老とか, 東京の, 自分の, 華族なら, 言ふ, 長官とかいう

▼ 大臣~ (11, 0.3%)

2 に寓 1 で夜会, において演劇天覧, における演劇天覧, のその, の小, へおい, へまわっ, へ晩餐, 元大将邸

▼ 大臣より~ (10, 0.3%)

1 よその, 下は, 下帯刀の, 更に有無, 浮浪児パン助に, 理想の, 送付せられ, 過分の, 陛下の, 陸軍大臣に

▼ 大臣アサリ女史~ (10, 0.3%)

2 だった 1 からの急ぎ, が憎々し, とミルキ閣下, の眼, はついに, は今, は身仕度, は頬骨

▼ 大臣大将~ (10, 0.3%)

1 が役者, が束, でも一芸一能, なれど, に昇る, に至る, の先, の身, を夢みた, を夢みる

▼ 大臣~ (10, 0.3%)

1 から姿, がもぬけの殻, など出場, には寺内伯, にゐる, のうしろ, をふり, をふり仰いだ, を振り返った, を見かえった

▼ 大臣及び~ (9, 0.3%)

1 大臣の, 松平次官に, 樺山内務大臣を, 次官は, 次官まで, 神鞭委員長その他を, 議会には, 貴衆両院議長, 鉱毒調査会に

▼ 大臣~ (9, 0.3%)

1 でもない, というもの, のデザイナー, の作品, の選, を優秀警官, を去年, を獲得, を貰っ

▼ 大臣たら~ (8, 0.2%)

2 むとするものに非, むとする野心を, むと期する 1 むとするのみといへると一対の, むとするのみといへると一對の

▼ 大臣アサリ~ (8, 0.2%)

1 が兼任, だった, との二人きり, とミルキ閣下, の男妾, はお, は早く, よはじめ

▼ 大臣~ (8, 0.2%)

1 が迎える, に向っ, に命じ, に婚, に腹, はなぜ, は維新, をうまく

▼ 大臣だの~ (7, 0.2%)

2 飛行家に 1 その他私の, 代議士という, 文士だ, 翼賛会の, 長官など

▼ 大臣という~ (7, 0.2%)

1 ものが, ものは, ものを, 名前が, 方々です, 立場は, 霞を

▼ 大臣とも~ (7, 0.2%)

1 あらう者, あろう方々, なりうるわれわれ代議士たち, 云うべき六十, 協議し, 言ふ, 言ふべき

▼ 大臣~ (7, 0.2%)

1 が輔弼, の内閣組織, の反対, の裁判, は大いに, は床, を始め

▼ 大臣一人~ (7, 0.2%)

1 がそう, として煙, の司法大臣, の外, の大司教, の宮内大臣, の教務大臣

▼ 大臣~ (6, 0.2%)

1 ないし軍令部長, なんかが, むりといってお大名式な, よしな, 何かに, 督ぐらいの

▼ 大臣たらしめ~ (6, 0.2%)

2 むとするの傾向ありし, むと欲し, 林有造氏を

▼ 大臣といふ~ (6, 0.2%)

2 ものは 1 のも, 名と, 方々です, 重い位置

▼ 大臣以上~ (6, 0.2%)

2 の人物 1 だろう, であったと, ですからね, の俸給

▼ 大臣候補者~ (6, 0.2%)

2 として内閣, として失敗, に推薦

▼ 大臣公卿~ (6, 0.2%)

1 が七八人, が夥しく, ことごとく攝津國難波, にいたる, に宣, のほか

▼ 大臣参議~ (6, 0.2%)

1 と雖, になった, のおのおの, の室, の思いもの, もしくは顧問官

▼ 大臣~ (6, 0.2%)

1 にお辞儀, の公然, の出世物語, の姿, の門, は一人

▼ 大臣~ (6, 0.2%)

1 が極めて, とその, の中, は一人づゝそのドア, は顔, へ沢山

▼ 大臣および~ (5, 0.2%)

1 セラ大学に, セラ大寺に, 内務大臣は, 大蔵陸軍宮内教務等の, 枢密院議長に

▼ 大臣さん~ (5, 0.2%)

1 が入らしつ, たちゃどう, だの, にお, もラヂオ

▼ 大臣だった~ (5, 0.2%)

1 ことの, ともいう, と噂, 三土忠造で, 家筋で

▼ 大臣としての~ (5, 0.2%)

2 伎倆なく, 待遇を 1 意見である

▼ 大臣にな~ (5, 0.2%)

2 つても 1 つてゐた, つて機嫌よく, つて辣腕を

▼ 大臣よりも~ (5, 0.2%)

2 ましである 1 威張りくさって, 抜け目, 遥に

▼ 大臣以下~ (5, 0.2%)

1 の上達部, の任官式, 諸官, 諸役人, 諸臣

▼ 大臣~ (5, 0.2%)

2 将官仁厚愛物の 1 官庁の, 将官の, 次官欧亜局長警保局長の

▼ 大臣自身~ (5, 0.2%)

1 がいかに, がわれわれ, が二条, にも痛切, はからだ

▼ 大臣~ (5, 0.2%)

1 の屋根, の所, へなだれ, ほとんど織りなす, を視

▼ 大臣たらしめたる~ (4, 0.1%)

2 は恰も, は是

▼ 大臣である~ (4, 0.1%)

1 かと思っ, から見, その政治家, といわれる

▼ 大臣です~ (4, 0.1%)

21 からな, けれどもどうも

▼ 大臣では~ (4, 0.1%)

1 あったけれども, ない, なくて, 無いといふ

▼ 大臣との~ (4, 0.1%)

1 その時, 交情は, 夜分の, 関係から

▼ 大臣とは~ (4, 0.1%)

1 そう話, 天皇の, 道を以て, 違って

▼ 大臣なる~ (4, 0.1%)

2 もの殆ど 1 国王は, 者は

▼ 大臣まで~ (4, 0.1%)

2 その実相 1 つとめた政治家, 進んだ

▼ 大臣らしい~ (4, 0.1%)

1 お方は, 大臣であった, 物の, 落ち着きも

▼ 大臣をも~ (4, 0.1%)

2 たびの 1 こしらえ出し意, 喜ばせた

▼ 大臣ランタ~ (4, 0.1%)

1 が進みで, の名誉, はそこで, は王さま

▼ 大臣~ (4, 0.1%)

1 代議士前, 外交官という, 大臣という, 大臣といふ

▼ 大臣~ (4, 0.1%)

1 將の, 將先生さては, 軍人大, 饗に

▼ 大臣夫婦~ (4, 0.1%)

1 に今夜, に会釈, の死体, は手

▼ 大臣宰相~ (4, 0.1%)

1 だ俺, でも公爵, にもなる, の信仰

▼ 大臣小村男~ (4, 0.1%)

2 とは唯, よりも侯爵伊藤博文とい

▼ 大臣~ (4, 0.1%)

1 がお, にはどう, の居らるる, の紹介

▼ 大臣桂伯~ (4, 0.1%)

2 と直接, よりも外務大臣小村男

▼ 大臣閣下~ (4, 0.1%)

1 がそういう, にしろ, の肖像, へお祝い

▼ 大臣陸奥宗光~ (4, 0.1%)

1 がこれ, が条約改正, が痩せた, と顔

▼ 大臣あるいは~ (3, 0.1%)

1 何, 将軍らの, 陸軍大蔵等の

▼ 大臣からの~ (3, 0.1%)

2 お達しで 1 即刻追放の

▼ 大臣からも~ (3, 0.1%)

1 あった, 手紙が, 言って

▼ 大臣これ~ (3, 0.1%)

1 に答えた, に面会, を憐

▼ 大臣その~ (3, 0.1%)

1 人でも, 名は, 息子たちと

▼ 大臣たらし~ (3, 0.1%)

2 むるも 1 むるなら

▼ 大臣だって~ (3, 0.1%)

1 さうだ, そうだ, 大将だって

▼ 大臣であっ~ (3, 0.1%)

1 たり京浜地方, ても学者, ても権力者

▼ 大臣であり~ (3, 0.1%)

1 あるいは未来, その他の, 魚釣りと

▼ 大臣であろう~ (3, 0.1%)

1 が親王, と小使, と教授

▼ 大臣とが~ (3, 0.1%)

1 あるわけ, 密かに, 相俟

▼ 大臣と共に~ (3, 0.1%)

1 まず検分, 一つ酒盞の, 廻道を

▼ 大臣などは~ (3, 0.1%)

1 いつの, この六百人, 賄賂を

▼ 大臣なり~ (3, 0.1%)

1 内務大臣なり, 尼僧なりが, 自ら幸徳と

▼ 大臣によって~ (3, 0.1%)

1 下付される, 発せられたの, 発禁された

▼ 大臣への~ (3, 0.1%)

1 話です, 贈り物の, 返事を

▼ 大臣を通じて~ (3, 0.1%)

1 一元化されね, 大蔵省の, 有効に

▼ 大臣並びに~ (3, 0.1%)

1 これを, 夫人, 学校に

▼ 大臣~ (3, 0.1%)

1 に当り, を王, を許す

▼ 大臣大連~ (3, 0.1%)

1 の事蹟, の政治, は西方文化

▼ 大臣大隈重信~ (3, 0.1%)

1 が右手, が自党, の顔

▼ 大臣夫人~ (3, 0.1%)

1 が人, の宮, を多

▼ 大臣~ (3, 0.1%)

1 でお待ち, へは通じない, を訪ねる

▼ 大臣将軍等~ (3, 0.1%)

1 が居並んだ, のうち, を左右

▼ 大臣森有礼~ (3, 0.1%)

1 が刺された, が殺された, に小さい

▼ 大臣諸君~ (3, 0.1%)

1 にも以後, にも以来, もよく

▼ 大臣たらしむ~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 大臣たらむこ~ (2, 0.1%)

1 とを予期, とを豫期

▼ 大臣だけが~ (2, 0.1%)

1 出席し, 家庭の

▼ 大臣としては~ (2, 0.1%)

2 子を

▼ 大臣とに~ (2, 0.1%)

1 とらせて, 提出し

▼ 大臣ども~ (2, 0.1%)

1 が閣議, の議判

▼ 大臣などが~ (2, 0.1%)

1 お杯, 皆一致

▼ 大臣などでは~ (2, 0.1%)

2 無能で

▼ 大臣などと~ (2, 0.1%)

1 新聞で, 称ばれ

▼ 大臣などに~ (2, 0.1%)

2 なり大臣

▼ 大臣などの~ (2, 0.1%)

1 お歎きの, 心痛は

▼ 大臣なんか~ (2, 0.1%)

1 ずらりと招く, 屁とも

▼ 大臣に対する~ (2, 0.1%)

2 質問演説は

▼ 大臣のよ~ (2, 0.1%)

2 つぎの

▼ 大臣やら~ (2, 0.1%)

1 次官やら, 顯官諸公の

▼ 大臣を以て~ (2, 0.1%)

2 宮内大臣を

▼ 大臣イゴール・アウレスキー~ (2, 0.1%)

1 が枢密顧問官, なの

▼ 大臣チヤムバーレーン~ (2, 0.1%)

1 は初め急進党, は初め急進黨

▼ 大臣ドゥルノヴォ~ (2, 0.1%)

2 は政治的考慮

▼ 大臣パッカリング~ (2, 0.1%)

1 にもベエコン推挙, に手紙

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 に芸術局長, に貴

▼ 大臣中橋氏~ (2, 0.1%)

1 に教, はこれ

▼ 大臣参議連~ (2, 0.1%)

2 が大

▼ 大臣司法大臣~ (2, 0.1%)

1 と云, も自分

▼ 大臣吉田茂氏~ (2, 0.1%)

1 と幹事長広川弘禅氏, や広川弘禅氏

▼ 大臣品川弥二郎~ (2, 0.1%)

1 は前, は議会召集

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 を修め, を専攻

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 を修め, を專攻

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 に提出, に文部省

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 のすそ, のすそ辺り

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

2 出席である

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

1 の名, の屋敷

▼ 大臣某氏~ (2, 0.1%)

1 が政権, と親類

▼ 大臣~ (2, 0.1%)

2 立つらしも

▼ 大臣次官~ (2, 0.1%)

1 の官員さん, も参っち

▼ 大臣田中伯~ (2, 0.1%)

2 が還暦

▼ 大臣直属~ (2, 0.1%)

1 のスパイ, の思想警察官

▼ 大臣相馬人~ (2, 0.1%)

2 を伴

▼ 大臣紀氏竹内平群眞鳥宿禰書寫眞筆~ (2, 0.1%)

1 とあり, は明治時代

▼ 大臣総裁大臣~ (2, 0.1%)

2 前大臣

▼ 大臣諸公~ (2, 0.1%)

1 に知己, や代表的日本紳士諸公

▼ 大臣責任問題~ (2, 0.1%)

1 に関しては公, に關

▼ 大臣輔弼~ (2, 0.1%)

2 の責任

▼ 大臣連中~ (2, 0.1%)

1 が飢餓階級, の会議

▼ 大臣関白~ (2, 0.1%)

1 からし, の事

▼ 大臣馬子~ (2, 0.1%)

1 のため, の無道

▼ 大臣高官~ (2, 0.1%)

1 に信用, は威

▼1* [306件]

大臣あたりが登場, 大臣あてに抗議書, 大臣あなたの管下, 大臣いずくんぞ無用に, 大臣かかり早速に, 大臣かの霊に, 大臣かはたまた, 大臣けん海軍大臣に, 大臣この夫婦を, 大臣これ後日聖主となり, 大臣さえが皆が, 大臣さえもフランシスの, 大臣さまが入ら, 大臣さん方の御, 大臣じゃない, 大臣すなわち銭を, 大臣すら言葉を, 大臣それから一木枢相金森長官あて, 大臣それから各部屬の, 大臣たち眼もくらむ, 大臣たるべき他の, 大臣だけでは, 大臣だけは分って, 大臣ださうですが僕, 大臣だつたら冷汗を, 大臣ってどうしてあの, 大臣であるならば何人, 大臣とかいうような, 大臣とかに出世な, 大臣とからできて, 大臣とまで望を, 大臣などいふもの, 大臣などというものは, 大臣などといふ俗な, 大臣などには出来ぬ道理, 大臣などもどう思う, 大臣なみに幸せ, 大臣なら早速閉鎖, 大臣ならびに貴族平民の, 大臣なんてものが, 大臣にだけほのめかして, 大臣にだけは戦争に関する, 大臣にだって信用が, 大臣についてでなくある, 大臣にて威勢赫々なりと, 大臣にとつては, 大臣にまで昇進し, 大臣に対し小生は, 大臣に対して何とも弁明, 大臣に対しては直にその, 大臣に関する次の, 大臣のみならず上士, 大臣のみにて政事を, 大臣のみの自由に, 大臣はじめ重立った恋人たち, 大臣はとつくに, 大臣ふみもえ, 大臣へも告げず親しい, 大臣ほどの貴人であれ, 大臣または大臣級の, 大臣までもかわいく思召, 大臣みたいなもの, 大臣めおれを棍棒, 大臣め棍棒で二度おれ, 大臣もう沢山です, 大臣もう一度考え直して, 大臣らしき御快答, 大臣クロパトキンの名, 大臣サンタクローズ桃太郎金太郎花咲爺乙姫様や浦島太郎, 大臣サー・ロバート・ピールは皇室費, 大臣サ総理大臣の伊藤ツ, 大臣ジルノルマン氏と書い, 大臣スールト元帥はそれら, 大臣セマシコフに見せたい, 大臣タレイランが享楽, 大臣ダニエルス氏に会つて, 大臣チャンバーレンの郷里バーミンガム市, 大臣ドオショオ閣下の, 大臣ド・ヴィレール氏から特に, 大臣ビゴー・ド・プレアムヌー氏に宛て, 大臣フィッシャア氏の大, 大臣ベテレヘム製鋼会社社長らとの歓談, 大臣マカロフはこう, 大臣ミコ総勢五名であり現在, 大臣ムラヴィウフ伯は露国皇帝, 大臣メルボルン男からファラデー, 大臣メルリンゲル大蔵大臣リイデルなど故, 大臣リイデルなど故, 大臣レルドレザルはこんな, 大臣ロイド・ジョージはやむを得ず, 大臣ロイド・ジョーヂ氏は自らウェールス, 大臣ローン及びビスマーク, 大臣一同が会議, 大臣一寸わるくない, 大臣一日達摩后に后, 大臣一派が極端, 大臣一行はくる, 大臣がそれ丈, 大臣三十余名を伴い, 大臣三十町大納言二十町大宰帥十町, 大臣上泉善鬼の政敵, 大臣不良少年等皆似合いの帽子, 大臣の一人, 大臣中橋徳五郎の真似, 大臣二人の陸軍大臣, 大臣二代に亙る, 大臣云々といふ書出し, 大臣五日には大蔵大臣, 大臣井上侯爵が皇帝陛下, 大臣井上準之助氏の講演速記, 大臣井上馨は条約改正, 大臣以下一同に向い, 大臣以下供奉の官員, 大臣以下宮人など六十余人, 大臣以下政府の首脳部, 大臣以下検察当局一統がもしや, 大臣以下腰弁当にて之, 大臣以下腰辨當にて之, 大臣以下金繍の職帯, 大臣以外は全部供奉, 大臣以来島の南, 大臣伊藤が骸骨, 大臣伊藤博文は憲法起草中, 大臣伊藤博文侯が奴, 大臣伯父やはりそう, 大臣をなさる, 大臣を奉する, 大臣侍従料理部員等の一大混成旅行団, 大臣侯爵に思われた, 大臣侯爵桂大将の寵娘, 大臣候補が出る, 大臣先づ辮髮を行, 大臣公卿殿上人らすべて供奉は徒歩, 大臣六十余名延べ百三十余名といわれ, 大臣兼内務大臣陸軍中将従二位勲一等伯爵山県有朋を筆頭, 大臣兼外務に大隈重信, 大臣兼外務大臣として台閣, 大臣内務大臣ミコ総勢五名であり現在, 大臣内大臣納言以下はことごとく, 大臣初め局長に至る, 大臣別殿の一室, 大臣副島種臣は志, 大臣勝田主計氏が曩, 大臣北上川栄二の秘書役, 大臣原敬の紹介状, 大臣原敬氏の夫人, 大臣参議たちが彼, 大臣参議国政を調理, 大臣參議並に諸王, 大臣又は次官と, 大臣各自新嘗, 大臣合作戯曲の処女公演, 大臣吉田茂を私, 大臣同様な恰幅容貌, 大臣を自宅, 大臣呉清源が幹事長, 大臣唖川伯爵の令息, 大臣善鬼はヨロイ, 大臣四人と三人, 大臣四十町左右大臣三十町大納言二十町大宰帥十町, 大臣国家の山師, 大臣在職当時同じゴンクウル氏, 大臣外国公使等身分高きは, 大臣多く召連れたり, 大臣多治比島の子孫, 大臣大命を請, 大臣大学総長理科大学長, 大臣大将代議士たちなどが戦争, 大臣大納言二人中納言三人参議五人これだけが参列, 大臣大蔵大臣らの内閣組織, 大臣大連らの事業, 大臣大饗の場合, 大臣天皇の次, 大臣太政大臣等の最, 大臣太鼓打ち給ふ, 大臣夫婦故人の良人, 大臣奥田義人が認めた, 大臣子孫等皆之ヲ滅ス, 大臣子孫等皆滅之, 大臣子爵青木周蔵子爵夫人エリサベツトの名, 大臣孟子がいわゆる, 大臣官房において中村氏, 大臣官房研究所を見学, 大臣宛のをでも, 大臣家羽林家と下る, 大臣富豪をあげつらひ, 大臣寝殿に鳶, 大臣小松原英太郎の前, 大臣小松重盛の館, 大臣小林一三閣下といえ, 大臣就任後八カ月ばかりでしたでしょう, 大臣就任祝賀用だ, 大臣局長にも代議士, 大臣局長課長にならね, 大臣山本達雄氏が内相後藤文夫氏, 大臣山県有朋の名, 大臣左右の大将, 大臣左大臣どのの歌集, 大臣市長頭取の, 大臣平群真鳥とその, 大臣式部卿の宮, 大臣張百熙榮慶及び湖廣總督張, 大臣当時夜中までも会議, 大臣は自分, 大臣待遇に至り, 大臣後藤象二郎が巨躯, 大臣従来の政府, 大臣戦争の恐怖, 大臣拝賀の為, 大臣按察使大納言の下, 大臣推薦の頼母木桂吉, 大臣政党の要人, 大臣政党首領などを罵倒, 大臣文学者の門, 大臣既に與へ, 大臣日本の警察, 大臣星亨は東京市参事会, 大臣時代日本の漁船, 大臣暗殺の犯人, 大臣暗殺事件の記憶, 大臣曽禰荒助が被害地, 大臣最高の重臣, 大臣會議して, 大臣有馬頼寧の写真, 大臣東京府知事警視總監を兼務, 大臣林銑十郎に書面, 大臣でね, 大臣森有禮君の第, 大臣椅子の上, 大臣榎本武揚宛に出す, 大臣様お供で關善, 大臣樺山資紀の鉱毒地視察, 大臣次第の世の中, 大臣武家ならば, 大臣殊に相國, 大臣に奉仕, 大臣沈家本等の上奏文, 大臣河野敏鎌の名, 大臣渡辺教育総監に対して深厚, 大臣に遇, 大臣田中不二麻呂子の原案否決, 大臣田中光顕子は土佐出身, 大臣田中光顯子は土佐出身, 大臣にきゅうきゅう, 大臣病患者政権利権の脾胃虚, 大臣発行の旅券, 大臣恐我天皇, 大臣であった, 大臣直接の監督下, 大臣真備公之裔而, 大臣石本新六氏, 大臣社長官吏が東條たち, 大臣禅師といふ新, 大臣秘書官早川鉄治農事試験場技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 大臣秘書官森泰二郎氏に示し, 大臣秘蔵の硯, 大臣立會の上, 大臣等これを大器, 大臣等自身の口, 大臣等要路の大官, 大臣経歴をつける, 大臣群臣を代表, 大臣を澄まし, 大臣自ら先頭に立つ, 大臣自ら全うするの, 大臣自ら学制改革案で女子大学, 大臣自ら自分の取, 大臣自身裏書をされた, 大臣芦田均君は一高, 大臣菊池大麓及び大学教授藤沢利喜太郎編纂, 大臣葛城円の家, 大臣蘇我蝦夷みづから香炉, 大臣親しく言ひいでられ, 大臣討ち取られし日御方の, 大臣諸公意を安, 大臣警保局長総督警視総監の四人, 大臣警視総監侍従兼任という格, 大臣議員をはじめて, 大臣議長将官などが眩, 大臣護衛の斎田某, 大臣豪族よりも有意義, 大臣責任の問題, 大臣貴族は邸舍, 大臣にしつかれ, 大臣軍人ではなかっ, 大臣がわずか, 大臣辞職の飛報, 大臣農林大臣の連署, 大臣造兵職工らを反乱, 大臣選定の苦心, 大臣鎌田栄吉君に何とも, 大臣長官の訓辞, 大臣長男軍医橋本監次郎の二人, 大臣長者の人々, 大臣閣下新聞でより, 大臣閣下相手がいけません, 大臣陸奥を攻撃弾劾, 大臣陸軍中将従二位勲一等伯爵山県有朋を筆頭, 大臣陸軍大将であること, 大臣風見章閣下とこう, 大臣を横, 大臣馬主に問う, 大臣驚いた時は, 大臣高官らも万障, 大臣高等僧官らの前, 大臣鳩山一郎氏を眼