青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大正~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~
大正~
大空~ 大胆~ 大臣~ ~大衆 大衆~ ~大阪 大阪~ 大陸~ ~天 天~

「大正~」 2340, 25ppm, 4609位

▼ 大正~ (316, 13.5%)

7 鏡花 5 はじめの, 時代に 4 あの地震, 今日に, 初めに, 末期から, 聖代に 3 佐倉宗五郎, 日本の, 間の

2 [28件] ころに, ころには, なかば頃から, 世と, 中頃から, 今日にも, 今日の, 今日我々の, 代に, 初めにかけての, 初めの, 初年から, 初年に, 初年は, 初年頃, 半ばすぎでした, 御大典, 日本に, 時代から, 時代には, 末年に, 流俗芸術を, 王リアは, 終りから, 芸術上の, 間に, 頃に, 頃は

1 [214件] ありがたい御代, いつごろで, いつ頃, ことで, こと故, ころ伊東の, そのころ, はじめごろまで, はじめで, はじめに, はじめには, はじめへ, はじめ京橋佃島に, まだランプ, ジャーナリズムの, センセーショナルな, ネオ, ブルジョア文学の, ヨーロッパ化した, 一万二千を, 一二年にも, 一大藝術家泉鏡花先生の, 一流人物には, 不整頓, 不消化の, 世の, 世の中にも, 世の中洵に, 世人既に, 両時代, 中ごろから, 中ごろ永田杢次が, 中期, 中期では, 中頃日本でも, 二百三高地といふ, 五年か, 交から, 交乏, 人とも, 今の, 今も, 今日さへ, 今日と, 今日とでは, 今日は, 今日まで, 今日我が, 今日東京市中で, 今日百数十万の, 今日西洋料理の, 今日警察内に, 代の, 代を, 佐倉宗五郎と, 佐倉宗五郎なりと, 佐倉宗五郎事件が, 作家が, 傑作小説集など, 備えと, 八九年頃には, 六年に, 初から, 初に, 初には, 初めが, 初めころ帝大の, 初めごろであっ, 初めで, 初めにかけて, 初めには, 初め創業した, 初め頃にかけて, 初め頃には, 初め頃の, 初め頃某, 初年ごろ私が, 初年で, 初年である, 初年にかけての, 初年までも, 初年以来である, 初年頃外房州, 初期だ, 初期らしい, 初期頃から, 初頃から, 初頭に, 前半期に, 化け物は, 十二三年頃で, 十二年に, 十二年秋帝王の, 十年ごろ静岡あたりを, 半ばに, 古帽子, 吉原情調遺憾なく, 哲学思想これを通じて, 噺家で, 噺家世界の, 国語の, 多くの, 大典に, 大地震, 大震と, 大震火災では, 大震火災後社会の, 大震災後に, 女歌人, 女流教育家たちは, 始であった, 始に, 始めであったら, 始め頃当時の, 子孫が, 字面は, 学者ぶり高尚がる, 定九郎, 市井文化の, 年代だつた, 年號について, 年號の, 後半ヨーロッパに, 御代に, 所作は, 手紙には, 操女は, 政治家並に, 文壇で, 文壇の, 文学における, 文学人, 文学史どころか, 文学史に, 文学史上における, 文学者の, 文学者笹部準之助が, 文明にを, 文芸に, 新しい詩歌, 新時代, 新歌人, 新短歌以前, 日本なら, 日本も, 日本文壇の, 昔は, 映画オペラについては, 昭代に, 昭代の, 昭代より, 時代では, 時代は, 期間に, 末か, 末から, 末である, 末まで, 末五十幾つかに, 末以来観念に, 末年から, 末年の, 末年以来の, 末年森下雨村が, 末年流浪の, 末昭和へと, 末期には, 末期までの, 末期密林を, 末期頃で, 末頃から, 末頃には, 末頃彦根屏風が, 東京人が, 東京風俗を, 梁山泊, 歴史に, 歴史書に, 消化時代を, 演劇史に, 現代人には, 現在でも, 現実ばかり, 生れだ, 生活の, 石童丸は, 私たちは, 私どもは, 終りか, 終りに, 終りまで, 終り頃である, 終わりごろ, 終わり頃, 繼承から, 美人伝へ, 聖代にも, 花袋, 蠅が, 西洋文化に, 詩人と, 資本主義時代の, 通人は, 過渡を, 遠島, 選挙人とは, 遺産だけで, 部, 都人士に対しては, 雨月と, 震後に, 頃には, 頃場末の, 頃華族芳川伯爵家の

▼ 大正十二年~ (111, 4.7%)

14 の震災 8 の關東大地震 6 の大震災 4 の夏, の春 3 の一月, の九月一日, の大, の震火災

2 [12件] に, に出版, の二月, の六月, の冬, の暮, の開会日, の関東大震火災, の関東大震災, の関東震災, の關東大震災, も暮れ

1 [39件] からは毎年五十人, この地, この年, ついこの間, といえ, といへ, には北欧諸国, にわたる十年間, に七十三歳, に九歳位, に川崎, に鬼怒沼林道, のおそろしい, のよう, の七月, の三四月以後, の八月, の十一月頃, の噴火, の地震, の大震火災, の春東京帝國, の正月, の秋以後, の秋東京, の秋田, の秋頃, の罹災, の鎌倉, の関東地震, の関東大震, の関東大震災以前, の震災当時, の震災後, も押, も秋, も終っ, より三百九年前, より昭和八年十月

▼ 大正三年~ (62, 2.6%)

4 の夏 2 に智恵子, に私, の二月

1 [52件] からぽつぽつ, から今日, から四年, が来ました, だと, である, で日本名著全集本, といふ年, となつて, と云え, になっ, になる, には, に中学, に二十一号館, に全焼, に大戦, に學習院, に於ける, に書かれた, に津田青楓さん, に燒失, に鈴木文助氏, のころ, のところ, の一月, の七月, の三月, の九月, の二月末, の五月, の五月二十一日, の五月二十日横浜, の今日幸, の作, の元日, の六月, の処, の十一月, の大, の春, の春先生, の春南海, の櫻島噴火, の洪水, の病没, の秋, の秋彼, より數年, より百三十五年前, 即ち一九一四年, 大雑誌中央公論

▼ 大正二年~ (54, 2.3%)

6 の秋 3 の春 2 の七月, の夏

1 [41件] から今, から大正九年, であった, でしたか, という年, といへ, と十四年, になります, にはかの, には二千円, には保, には加藤たつ, にラロシフコー, に二ヵ月, に創め, に北山清太郎, に坂本箕山, に歿, に渡欧, に稿, に箕山さん, に鹿島槍惻, の, のこと, の三月, の九月, の二月自動車, の五月, の凶作, の出版, の十一月ごろ, の十月, の卒業, の四月, の後半期, の曲線, の頃寓居, の飢饉, はその, まで居た, 第一回

▼ 大正六年~ (53, 2.3%)

4 の秋 2 から改築, の九月, の新年号, はじめて万年筆

1 [41件] か, から今日, から十二年, だか, だったと, で学校騒動, と云え, に京都行啓, に今, に兄, に出版, に初版, に東京, に東大久保, に機会, に海上ビルデング, に自分, に阿蘭陀書房, に青島, の, のこと, の一月, の七月, の三月, の九月十二日, の作, の作品, の冬, の十一月号, の夏, の夏六甲, の多分三月頃, の暮, の浪花座, の英国華族, の調査, の颱風, はじめて萬年筆, は西田先生, は遂に, やそこ

▼ 大正十三年~ (53, 2.3%)

7 の夏 4 のこと, の春 2 であった

1 [36件] から十四年, から阪神間, か十四年頃, で斎藤総督, と大正十四年, なの, に, には六百本ぐらゐはあつたらうとのこと, には早く, には驚く, に一生, に元, に岩本, に彼, に東京, に正, に源次郎, のはじめ, の一月, の三月, の三月二十六日, の九月, の今日, の劈頭一月七日, の十月, の女子, の春以後, の暮, の末, の正月, の火難, の秋, の頃, より百十五年前, 総同盟, 迄の最大風速

▼ 大正昭和~ (53, 2.3%)

3 の頃 2 と三代, の年代, の日本, の時代

1 [42件] というところ, という途方, となっ, と今日, と俳句隆盛時代, と経, にかけての日本, にかけて戦つたたくさん, につながっ, になる, にわたつ, に亘っ, に亙っ, に至る, の三つ, の三代, の今日, の今日それ, の代表的小説家, の國民, の大, の女流俳句, の婦人, の御代, の心, の悪人, の戦争, の戦争文学, の政界, の文化全般, の文学, の文学史, の文學, の明る, の歌壇, の歴史, の現代, の絶版文学書, の間, を貫く, を通じてそれぞれ有名無名, を通じて誰

▼ 大正時代~ (53, 2.3%)

2 になっ, にも幾分, の数学

1 [47件] からは中年, でもあんな, というの, にいたる, における型, における教養思想, にこの, には道路, にゼンキンズ, に完成, に成長, に於, に東京, に活動, に無名, のこと, のシャンデリヤ, の一つ, の事, の作品中, の公園, の初期, の十二時過ぎ, の喜歌劇, の大, の好況不況, の娘, の小さな, の少年少女, の川柳句集, の市井狭斜, の思想, の恨事, の戲曲, の文化, の文壇, の文學, の日本資本主義, の末ころ, の準備, の熱中期, の病, の遺物, まで猿廻し, を端折っ, を遠く, を飛ばした

▼ 大正九年~ (44, 1.9%)

4 の大 2 のころ, の夏, の暴落, の秋

1 [32件] から同, に, にその, になっ, には私達, にフランス, に帰朝, に発行, に私達, に聯合紙器株式会社, に至る, に開催, のこと, のこと別項, の七月, の三月日本, の初夏, の初秋, の十月十七日, の夏秋, の夏築地, の春, の桜, の法律改正, の頃老眼鏡, はそれ, は世界恐慌, は五, までの間, も終る, も過ぎ, 初めて箱根

▼ 大正八年~ (44, 1.9%)

3 の夏 2 に出版, のこと, の十月, の秋以来

1 [33件] から以後十箇年間, から四十八年, が過ぎ, といえ, ならば, にいた, には同僚知人, に七十九, に兵隊, に初版, に当時名女優, に略同額, に米, に米国, に総, の二月末, の同人雑誌, の四月, の帝劇, の收, の春, の春先, の春築地, の末, の桜花, の正月, の病気以来, の秋九月, の秋始, の秋頃, まででした, までの五年間, 吾が心情

▼ 大正五年~ (43, 1.8%)

4 の秋 3 に八十二歳 2 だかに, の四月頃, の春

1 [30件] からは, に, には七十一歳, には七十歳, に七十一歳, に七十歳, に二十八歳, に入っ, に六十歳, に歌舞伎座, に珍書刊行会, に生れた, の, のこと, の一月, の三月二日, の五月, の五月下旬, の十月, の夏, の文部省展覧会, の新年, の暮, の潮流, の諸, の頃, までの標品, まで十二年, 初めて渡鮮, 迄

▼ 大正十年~ (42, 1.8%)

3 の春 2 である, の, の七月, の夏, の晩秋

1 [29件] かと記憶, からは二十年あまり, から十四年, が一千三百年, が同, が當山開祖傳教大師, であること, といへ, ないし昭和二年, には歳三十一, に一度, に十万円, に在, に懷徳堂, に私, に藤島君, のこと, の三月七日, の五月場所, の初冬, の夏ごろ解放, の年末, の春鶴原未亡人, の白露人保護請願, の秋, の訳, の頃, は僅か, 初めて彼等

▼ 大正四年~ (40, 1.7%)

3 の夏, の秋 2 の七月, の十二月

1 [30件] から大正八年, この上水べり, となりました, になっ, になる, には先生, には編輯局長兼文藝部長兼婦人部長, に七十四歳, に三越, に勾当, に名取, に大患, に母, に西国, の京都, の作, の初め頃, の初冬, の制作, の後二三年, の暮, の東京帝国大学卒業式, の紅葉, の陸軍大学入校, は三回忌, まで存命, まで続い, より現今, 御即位, 正孫

▼ 大正十五年~ (37, 1.6%)

4 の十月二十日 3 の十月十九日 2 の六月, の十一月二十日, の春, の秋, の谷中天王寺墓畔

1 [20件] と神武天皇, に一度, に上越線岩本駅前, に私, に至つて, に資文堂, に鵠沼, のレコード五億二百十二万円, の五月二日, の冬, の十月, の四月, の四月二十六日, の市区改正, の正月十日, の秋ごろ, の第, の行脚, の貳百圓, 突然の

▼ 大正十四年~ (37, 1.6%)

4 の但馬地震 2 の一月, の春, の秋

1 [27件] から僕, から昭和八年, で十三年, にし, になる, にまとめられた, に上梓, に帝大, に当り, に書いた, の, のもの, の予想収穫高, の二月, の二月二日, の八月終り, の十一月, の十月十九日, の十月十八日, の四月, の堀辰雄, の夏, の暮, の末, の末ごろ, の秋頃, を一〇〇

▼ 大正十一年~ (36, 1.5%)

8 の秋 2 であった, の二月, の暮

1 [22件] からある, から十三年, でおそらく, となった, と昭和八年, に, にお, に遂に略, のこと, の一月, の七月, の十一月, の十月頃, の夏, の夏頃, の年末, の支那旅行, の新年, の春, の東大哲学科, の第, 第一期

▼ 大正七年~ (35, 1.5%)

4 の秋 3 の春

1 [28件] からである, その母堂, であったが, であつ, でしたが, になっ, に彼女, に恒春園, に描いた, に日本兵, に重い, のある, のこと, の一月十五日, の九月, の五月, の六月, の冬起稿, の初夏, の十月頃, の暮われ先考, の末, の秋稿, の米暴動, は私, は自分, まででした, まで続い

▼ 大正年代~ (27, 1.2%)

2 のこと

1 [25件] だけに捉え, にかけてはまだ, になつて, にはひつ, には婦人参政権運動, には盲目, にも他, にも日本, に入, に入り, に吉江喬松, に新, に現われた, に組織, の作品, の富士山印東京レコード, の川田義雄, の末期頃, の東京, の浅草風俗, の知識人, の若い, の進歩人, は日本, は終ります

▼ 大正初年~ (19, 0.8%)

1 [19件] に出た, に於ける, に日向, に日本, に漸く, の, のい, ののどか, の何年, の大, の好況時代, の小石川七人, の市井雰囲気, の旧, の東京駅, の爆発, は舞台的, へかけ, まではまだ

▼ 大正年間~ (19, 0.8%)

3 になっ 2 の大

1 [14件] であること, でやしたから, においては町, には八十歳, にわれわれ, に入っ, に及び, に婦人, に東洋, のロウソク, の今日, の祝慶日, の邸宅, まで

▼ 大正元年~ (18, 0.8%)

1 [18件] から昭和五年, か二年, だか, でこの, になつ, になり, になりました, に見た, の, のこと, の五月, の夏, の夏多く, の末, の秋, の秋北米合衆國, の秋海外, の秋自分

▼ 大正~ (16, 0.7%)

1 [16件] なって, なってから, なつて, なり桂太郎, なろうという, 亘りて, 入ったころ, 入る頃, 到っては, 到つて, 変わろうと, 如かぬよう, 改まる二三年前, 移って, 至ってからは, 至つて始て

▼ 大正十二年九月一日~ (16, 0.7%)

2 の大, の朝, を迎えた 1 から三日, にあった, のあの, の二科招待日, の夜, の大震, の大震火災後一二ヶ月, の関東大震火災, の關東大地震, をなごり

▼ 大正以後~ (15, 0.6%)

2 のこと, の世の中, は趣味家 1 であろう, に生れた, の人々, の代, の大衆小説, の彼, の新しい, の極端, はめっきり

▼ 大正初期~ (15, 0.6%)

1 [15件] からかな女氏, から十二年ごろ, であるとか, にかけて婦人, にかけて若き, にこの, に見られた, のかな女, のホトトギス雑詠, の作家群, の句, の和洋折衷, の戯曲, の日本文化, の演劇界

▼ 大正エビ~ (12, 0.5%)

1 [12件] が彼, が泣い, で片手, というの, と電信柱, のこと, の言葉, はアル中患者, は彼, は頭, も相, をなぐさめ

▼ 大正末期~ (12, 0.5%)

3 から昭和 1 からこの, から昭和六七年頃, から昭和初年, から昭和初期, に文部大臣, に至る, の, の一時代, の新劇

▼ 大正七八年~ (11, 0.5%)

5 の頃 1 である, の大, の恐慌, の暴落, の社会状勢, まで続い

▼ 大正~ (11, 0.5%)

2 の文壇 1 がもつとも, に入, に属し, に盛った, に語る, の一派, の代表的, の川柳, の菊五郎

▼ 大正末年~ (11, 0.5%)

1 [11件] から大, には落語協会, に大分裁判所, の上方落語界, の事情, の寄席, の寄席風物詩, の新興東京風景, の日労党結党当時, の歳晩, まで花月

▼ 大正から~ (10, 0.4%)

2 昭和に, 昭和にかけて 1 かけて, 昭和の, 昭和へ, 昭和初頭へ, 次第に拡大, 現代にかけて

▼ 大正初頭~ (10, 0.4%)

21 にかけての文学界, にかけての日本, にかけて日本, に才能, に相次い, の, の女学校, の歴史的素材

▼ 大正~ (9, 0.4%)

1 なった, なって, なり第, 云ふ, 受けついで, 徐々に成熟, 改まる前年, 社会的な, 進んで

▼ 大正~ (8, 0.3%)

3 から昭和 1 から世帯, から昭和初め, から昭和初頭, に大阪, のこと

▼ 大正にかけて~ (7, 0.3%)

3 日本の 1 かきがら町に, ひきつ, 吾, 殿様生活の

▼ 大正二三年~ (7, 0.3%)

3 の頃 1 のころ, の作, の頃三田文学誌上, の頃獨逸

▼ 大正何年~ (7, 0.3%)

1 かに北原白秋氏, かに東京, か忘れた, であったか, とか昭和何年, にはまた, の秋

▼ 大正八年頃~ (7, 0.3%)

1 から湯島天神下, から駒場, の事, の初春, の春, の秋水戸, 迄三十五枚

▼ 大正十年頃~ (6, 0.3%)

2 の事 1 だったと, の出来事, より三四歳, より日本

▼ 大正改元~ (6, 0.3%)

2 のころ, の頃 1 の翌年市中, 御大葬当夜

▼ 大正~ (6, 0.3%)

1 にかかる, のあたり, のほとり, の上, や野田附近, を渡りきっ

▼ 大正~ (6, 0.3%)

1 から出版企業, こういう輪, の川柳, の野田家, は畜犬税, までもあった

▼ 大正~ (5, 0.2%)

3 かけて 2 かけての

▼ 大正~ (5, 0.2%)

1 初めの, 大震災直前と, 末の, 末年ちかく, 終りの

▼ 大正三四年~ (5, 0.2%)

2 の頃 1 から十年ぐらゐまでである, から十年ぐらゐまでの七八年, のもの

▼ 大正中世~ (5, 0.2%)

1 から次第, にも根津あたり, の二美人, の製作, までを何苦労

▼ 大正二年三月~ (5, 0.2%)

2 から大正九年九月 1 にいたる, に出した, をもってウラジオストック

▼ 大正四五年~ (5, 0.2%)

3 の頃 1 に東京都新聞, の頃南岳四谷

▼ 大正道路~ (5, 0.2%)

1 から唯, に残っ, の両側, は殆軒並銘酒屋, へ出た

▼ 大正震災~ (5, 0.2%)

2 のころ 1 すこし前, に突如, まで存続

▼ 大正にな~ (4, 0.2%)

2 つてからも 1 つてから, つても

▼ 大正~ (4, 0.2%)

2 過ぎた今日 1 経た昭和時代, 通じ昭和

▼ 大正九年九月~ (4, 0.2%)

2 までの間 1 に到る, の新

▼ 大正二年九月二十六日~ (4, 0.2%)

1 で電車, の事, の夜, の天候

▼ 大正五六年~ (4, 0.2%)

1 に連続, の三十円, の頃, までにかけて日本

▼ 大正~ (4, 0.2%)

1 世かけ, 世には, 年頃に, 年頃の

▼ 大正十一年頃~ (4, 0.2%)

1 から登路変更, で彼処, の流行唄, の発信

▼ 大正十四年頃~ (4, 0.2%)

2 の一二年間 1 であった, でしょう

▼ 大正十年時分~ (4, 0.2%)

4 にほんの

▼ 大正文学~ (4, 0.2%)

1 そして昭和, の作品, の物識り博士たる, の遺

▼ 大正~ (4, 0.2%)

3 と穂高 1 と雪

▼ 大正にかけての~ (3, 0.1%)

1 作家連であったら, 婦人解放運動は, 社会

▼ 大正びと~ (3, 0.1%)

1 には大正びと, の調べ, は畢

▼ 大正を通じて~ (3, 0.1%)

1 五十何年間の, 今日までには, 第一

▼ 大正七年頃~ (3, 0.1%)

1 からその, であったか, より俄然

▼ 大正三年頃~ (3, 0.1%)

1 でありますから, の大阪朝日, は頗る

▼ 大正中葉~ (3, 0.1%)

1 から昭和, の女, まで出現

▼ 大正九年以前~ (3, 0.1%)

1 に遡, のそれで, のもの

▼ 大正九年頃~ (3, 0.1%)

1 からわが, から再び, の或

▼ 大正二年八月~ (3, 0.1%)

1 に吉沢庄作君, に巣鴨村池袋丸山千六百五番地, の出版

▼ 大正二年頃~ (3, 0.1%)

1 になる, の, は所謂池田

▼ 大正以前~ (3, 0.1%)

1 なら人力車, の事実, の文学

▼ 大正以来~ (3, 0.1%)

1 のこと, の警察常識, 久しく東京

▼ 大正~ (3, 0.1%)

1 年中貞子が, 年頃であった, 年頃に

▼ 大正八九年~ (3, 0.1%)

1 のころ, の好況時代, の頃

▼ 大正六七年~ (3, 0.1%)

2 の頃 1 の好景気時代

▼ 大正化學工業株式會社~ (3, 0.1%)

1 とかの大阪出張所長, にとつて缺, の社長

▼ 大正十三年度~ (3, 0.1%)

2 の三四月頃 1 の劇壇

▼ 大正十五年七月~ (3, 0.1%)

2 より昭和九年二月 1 に代わっ

▼ 大正十年前後~ (3, 0.1%)

1 から俄, にわたる約, の日本

▼ 大正大震災~ (3, 0.1%)

2 のとき 1 大火災

▼ 大正女流~ (3, 0.1%)

1 は, はその, は髪そのもの

▼ 大正文化~ (3, 0.1%)

1 の一断片, の豪華, を見せられた

▼ 大正には~ (2, 0.1%)

1 ひつてからの, 新劇という

▼ 大正への~ (2, 0.1%)

1 文芸潮流が, 資本主義に

▼ 大正一年~ (2, 0.1%)

1 か二年頃, の冬

▼ 大正丁巳~ (2, 0.1%)

1 に至つて八十三歳, までながらへ

▼ 大正七八年頃~ (2, 0.1%)

1 の書翰, はじめて職業婦人

▼ 大正七年八月~ (2, 0.1%)

1 から翌年二月, の米騒動

▼ 大正七年夏~ (2, 0.1%)

1 には二三, の米騒動

▼ 大正三年一月十日頃~ (2, 0.1%)

1 より頻繁, より鹿兒島市附近

▼ 大正三年九月~ (2, 0.1%)

1 にヨーロッパ, に日本

▼ 大正三年八月~ (2, 0.1%)

1 に御, の偕行社記事

▼ 大正三年四月~ (2, 0.1%)

1 からやった, から八月

▼ 大正三年夏~ (2, 0.1%)

1 の, のはじめころ

▼ 大正中年~ (2, 0.1%)

1 に小さん円右円蔵橘, のこと

▼ 大正中期~ (2, 0.1%)

1 の大, の浅草オペラ

▼ 大正二年七月~ (2, 0.1%)

1 に近藤茂吉君, の版

▼ 大正二年八月九月~ (2, 0.1%)

2 の二箇月間私

▼ 大正二年度~ (2, 0.1%)

1 に於, の卒業生

▼ 大正五六年頃~ (2, 0.1%)

1 か鎌倉能楽堂, までありし

▼ 大正五年六月~ (2, 0.1%)

1 に創刊, の梅雨季

▼ 大正五年頃~ (2, 0.1%)

1 つまり私, に御

▼ 大正以降~ (2, 0.1%)

2 に於ける

▼ 大正元年十月~ (2, 0.1%)

1 に京城, の中央公論

▼ 大正元年暮~ (2, 0.1%)

2 の二十九日

▼ 大正八年一月五日~ (2, 0.1%)

1 であり, の黄昏時

▼ 大正八年三月~ (2, 0.1%)

1 の, の停戦

▼ 大正八年八月わたし~ (2, 0.1%)

2 が欧洲

▼ 大正六七年ごろ~ (2, 0.1%)

1 であったと, もう最後

▼ 大正六年三月十九日~ (2, 0.1%)

2 に神楽坂署長室

▼ 大正六年二月~ (2, 0.1%)

2

▼ 大正六年押第二八八号十五~ (2, 0.1%)

2 の布地

▼ 大正初め~ (2, 0.1%)

1 からだ, のその頃文学好き

▼ 大正十一年七月~ (2, 0.1%)

1 で先生, にお

▼ 大正十一年六月七日~ (2, 0.1%)

1 第十二回, 第十二回公判

▼ 大正十一年十月~ (2, 0.1%)

1 である, 初めて箱根仙石原

▼ 大正十一年社会部長~ (2, 0.1%)

1 をやめ, をよし

▼ 大正十三年六月十九日~ (2, 0.1%)

1 で即ち, 第二審

▼ 大正十三年頃~ (2, 0.1%)

1 つまり, の作

▼ 大正十二年九月~ (2, 0.1%)

1 の大震災, の関東大震災

▼ 大正十二年以前~ (2, 0.1%)

1 に大学, のこと

▼ 大正十二年八月三十日~ (2, 0.1%)

1 に各々家, に遡ります

▼ 大正十二年十二月~ (2, 0.1%)

1 に経費, まで何時しか

▼ 大正十二年四月~ (2, 0.1%)

1 に創立, に私

▼ 大正十二年震災~ (2, 0.1%)

1 あって, に逢っ

▼ 大正十五年二月~ (2, 0.1%)

1 には婦人参政建議案, の

▼ 大正十五年五月~ (2, 0.1%)

2 にわたくし

▼ 大正十五年八月二十三日~ (2, 0.1%)

1 に三十一歳, の夜

▼ 大正十五年四月十五日~ (2, 0.1%)

1 に自決, の夜

▼ 大正十五年春~ (2, 0.1%)

1 に上越線岩本駅地先, のこと

▼ 大正十五年暮春~ (2, 0.1%)

2 より昭和八年

▼ 大正十四年ごろ~ (2, 0.1%)

1 から, に岡田文部大臣

▼ 大正十四年九月~ (2, 0.1%)

2

▼ 大正十四年五月二十三日~ (2, 0.1%)

2 の但馬地震

▼ 大正十四年八月~ (2, 0.1%)

1 に比叡山, に飛騨

▼ 大正十四年八月七日~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 大正十四年八月四日~ (2, 0.1%)

2 の朝奈良

▼ 大正十四年十二月發行~ (2, 0.1%)

2

▼ 大正十四年私~ (2, 0.1%)

1 が中学校三年, の二十二

▼ 大正十年ころ~ (2, 0.1%)

1 ではなかつたらう, の前田雀郎

▼ 大正十年三月~ (2, 0.1%)

1 である, に出した

▼ 大正十年八月~ (2, 0.1%)

1 にアルス, 再び沓掛

▼ 大正博覽會~ (2, 0.1%)

1 にそれ, に出品

▼ 大正名作展覧会~ (2, 0.1%)

1 も亦, を観た

▼ 大正四年八月~ (2, 0.1%)

1 の旧, の歴史地理

▼ 大正四年頃~ (2, 0.1%)

1 で丁度, まで行

▼ 大正壬戌~ (2, 0.1%)

2 の年

▼ 大正女流中~ (2, 0.1%)

1 の年長者, の最

▼ 大正年度~ (2, 0.1%)

1 にかけて三菱ヶ原, にはこの

▼ 大正政界~ (2, 0.1%)

2 の裏面史

▼ 大正文学全集~ (2, 0.1%)

1 と云, の森鴎外

▼ 大正昭和插画展~ (2, 0.1%)

1 をいそい, 見ましたとき

▼ 大正生れ~ (2, 0.1%)

1 である, の作家

▼ 大正癸亥~ (2, 0.1%)

1 の大震前後, の年

▼ 大正震災前~ (2, 0.1%)

1 の吉原, まで東海道線平塚駅付近

▼ 大正風景~ (2, 0.1%)

1 が懐しく, で愉快

▼1* [638件]

大正からか俄に, 大正過ぎて, 大正そして現在へ, 大正以後通用し, 大正であり世を, 大正できの光る, 大正では直哉だの, 大正でもなく遠く明治, 大正というものの, 大正といふみるべき批評精神, 大正とか改良とかいう, 大正とかいう式である, 大正とは一面力め, 大正ならではの風趣風景, 大正にかけては神棚も, 大正にまで及んで, 大正にわたつての, 大正のみ代の, 大正いかなる事, 大正へと年月を, 大正または昭和年間の, 大正までの文学の, 大正よりはよし, 大正を通じての一大疑獄たるを, 大正一〇年の春, 大正一一年の六月下旬, 大正一一年七月号に登載, 大正一五年度探偵小説壇の総, 大正七八年ごろ私が毎日議会, 大正七八年比のこと, 大正七八年頃ヴィタミン研究が歐米, 大正七八年頃歐米の學界, 大正七年ごろからすべて, 大正七年一月十九日に第, 大正七年一月十四日の夜半病死, 大正七年七十歳でなくなられた, 大正七年七月から長崎縣北松浦郡佐々村, 大正七年七月九日東京地方裁判所第一審判決, 大正七年三菱研究所の創立, 大正七年二月七日英一が十歳, 大正七年二月十九日午前十時と十一時の間, 大正七年二月深川區猿江町吉村忠雄と封筒, 大正七年五月には東京, 大正七年京都まで歸住, 大正七年以来久しく北, 大正七年以降全国的に長足, 大正七年八年ごろの小, 大正七年八年九年の歌, 大正七年八月七日長崎で書いた, 大正七年八月半節は立秋, 大正七年出來の白樺, 大正七年出版の, 大正七年十一月第一次大戦, 大正七年十一月十一日こうさんした, 大正七年十一月十一日やつとドイツ, 大正七年十一月同所發行の眞筆版, 大正七年十月のある, 大正七年十月十五日の記事, 大正七年十月十四日の朝, 大正七年原内閣成立の時, 大正七年四月に着手, 大正七年四月十日印刷の同, 大正七年文展会場で藤原時代, 大正七年日本を去っ, 大正七年暮には東大, 大正七年末独軍の屈服, 大正七年秋十一月九州に遊んだ, 大正七年詩の好き, 大正三四年ごろだった, 大正三年ごろの木曜会, 大正三年ごろ京都市中京区間町竹屋町上ルの私, 大正三年らいてうが, 大正三年ヨーロッパ大戦ごろまで, 大正三年一月十二日桜島が大, 大正三年一月廿七日より同, 大正三年七月第一次大戦, 大正三年七月奈良において日本歴史地理学会, 大正三年二十六の十月, 大正三年二月十日の, 大正三年二月号の, 大正三年五月二十一日千葉県千葉町の郊外, 大正三年以來十五年目に初, 大正三年以來毎年の豫算, 大正三年以来の最低記録, 大正三年以還跡見女学校の生徒, 大正三年兩度の火災, 大正三年八月三十一日觀潮樓に於い, 大正三年六月には高橋氏, 大正三年六月八日山崎をすぎ, 大正三年六月我未だ絶海, 大正三年十一月二十五日学習院輔仁会において述, 大正三年十二月から大正九年九月, 大正三年十二月十一日より三日間, 大正三年十月の, 大正三年十月上大崎の古, 大正三年十月四日午前四時頃其空家に火, 大正三年十月浚渫の際, 大正三年四月一日と決定, 大正三年四月一日若松に市制, 大正三年四月創始と聞く, 大正三年四月東雲堂から三太郎, 大正三年大噴火の際, 大正三年度の豫算, 大正三年正月に至る, 大正三年武者小路実篤は, 大正三年比ハワイに住, 大正三年熱烈な支持者, 大正三年燒嶽の大, 大正三年独逸は仏国, 大正三年秋の彼岸, 大正三年秋二十二歳の時一高, 大正中世上木した歌集, 大正中世亡伊藤痴遊編輯当時の雑誌, 大正中世川柳久良伎翁が中心, 大正中世新内の鶴賀若呂光, 大正中世落花狼藉の不幸, 大正中年万世橋駅楼上のレストラン, 大正中期以後今日まで異常, 大正九年ごろから友人松根東洋城, 大正九年七月久振りで尾瀬ヶ原, 大正九年七月二十六日島木赤彦土橋青村二君と共に温泉嶽, 大正九年三月二日の夜, 大正九年九月一日の大審院判決, 大正九年予がのこした, 大正九年二月二十日第五回公判, 大正九年二月十五日の衆議院, 大正九年五月九日病死す, 大正九年五月大阪に行かれた, 大正九年五月春陽堂が, 大正九年八月某日土佐を漫遊, 大正九年出版の画集, 大正九年初秋北信沓掛の星野温泉, 大正九年十二月三十日長崎発熊本泊翌三十一日熊本見物, 大正九年十二月二十三日分に竜神, 大正九年十月九日甥の石丸英一, 大正九年四月の第, 大正九年大学を出る, 大正九年大戦後の波, 大正九年平塚雷鳥が, 大正九年朝日新聞に, 大正九年漢口に赴任, 大正九年病のため静養, 大正九年経済恐慌のとき破産, 大正九年露細亜詩人ベールィの作, 大正二三年以來の研究者, 大正二三年頃の秋, 大正二代にわたる寄席文化史, 大正二年一月の, 大正二年一月一日發行といふこと, 大正二年一月二日哀傷のあまり, 大正二年七月宝塚唱歌隊第一期生, 大正二年三年の頃, 大正二年九月に起った, 大正二年九月二十二日神戸氏に一百円, 大正二年九月二十五日示談事ずみとなり, 大正二年九月十八日開通と云う, 大正二年九月某日相州三崎は諸, 大正二年五月より三年二月, 大正二年以来十年間に版, 大正二年以来私は世界, 大正二年元旦のこと, 大正二年八月三十一日と繰返し, 大正二年八月三日下野国足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 大正二年八月十四日の, 大正二年六月に死別, 大正二年六月上京して, 大正二年六月十五日本校に於, 大正二年出版の, 大正二年十月十三日に津下君, 大正二年四五月の交, 大正二年四月下浣家をあげ, 大正二年大窪多与里, 大正二年春のこと, 大正二年是が今, 大正二年東京赤坂で生れた, 大正二年阿蘇山を越し, 大正二年雷蔵の長寿, 大正二年革命の起っ, 大正二癸丑の年春三月小説, 大正五年ごろの出来事, 大正五年われ既に病み, 大正五年一月に執筆, 大正五年七月九日先生の訃, 大正五年七月末に福岡, 大正五年七月英文科を卒業, 大正五年世界大戦の余波, 大正五年九月十一日より同年十二月二十六日, 大正五年二月から同年九月, 大正五年二月歸朝すること, 大正五年二月發行の, 大正五年五月に至つて, 大正五年五月中浣妻とともに葛飾, 大正五年以來研究報告書を出版, 大正五年以後折角引, 大正五年以後妖婦の跡, 大正五年十一月廿七日の生活記録, 大正五年十二月十五日に歿, 大正五年十二月号の, 大正五年十月なかばの或, 大正五年十月二十七日發行の保險銀行時報, 大正五年四月の頃, 大正五年四月十五日のこと, 大正五年四月十日風強し, 大正五年四月籾山書店は旧版, 大正五年大正六年私は閉門生活, 大正五年府立三中を出た, 大正五年最初朝鮮へ行つた時, 大正五年末には約, 大正五年権右衛門は一万円, 大正五年発刊されて, 大正五年葛飾小岩の紫煙草舎, 大正であるその, 大正以後二十五年間は殆ど, 大正以後内風呂がまた, 大正以来様々な風潮, 大正何年以来という減水度, 大正何年位のこと, 大正何年何月何日とかその, 大正何年何月幾日の, 大正何年組または昭和何年組, 大正元年あたりのこと, 大正元年ごろでしたが, 大正元年九月發表の, 大正元年五月で三十六歳, 大正元年以来の流行唄, 大正元年八月二十六日より二十八日, 大正元年八月二十六日午後四時過ぎ俺は今, 大正元年十一月の, 大正元年十一月十六日より十八日, 大正元年十一月廿六日夜道友会に於, 大正元年幸にも英佛獨, 大正元年昭和五年の三度捕獲, 大正元年末南座の, 大正元年桂内閣の時, 大正元年測量したばかりの, 大正元年秋結成のフューザン会, 大正元年道修町の薬種屋, 大正八・九年頃から二年, 大正八九年ころとおも, 大正八九年頃迄は三条瀑, 大正八九年頃当時私は, 大正八年ごろといえ, 大正八年クロポトキン事件に坐し, 大正八年一月に至り, 大正八年一月三十一日午前十一時である, 大正八年一月五日寺田寅彦と毛筆, 大正八年一月末に, 大正八年一月私共夫妻, 大正八年七月下旬を期し, 大正八年三十二歳で生涯, 大正八年九月十八日全體, 大正八年九月十日の日記, 大正八年九月国際聯盟がいまだ公然, 大正八年二月七日に第, 大正八年二月二十六日西比利亜出征の田中中佐, 大正八年五月から十一年二月, 大正八年以来日蓮聖人の信者, 大正八年六月廿八日フランスはベルサイユ宮殿, 大正八年十月の, 大正八年十月十四日ノ午後一時カラ二時, 大正八年十月十四日午後一時頃釜山公会堂に於, 大正八年四月十六日から同月十九日, 大正八年夏一たび来りき, 大正八年現在の三越支店, 大正八年芥川の紹介, 大正六七年頃京都の林新助氏, 大正六七年頃対州の親戚某氏, 大正六年ごろには遂に, 大正六年一月から博文館, 大正六年一月末午後二時の太陽, 大正六年七月二十四日から二十七日, 大正六年七月二日支倉喜平は有罪, 大正六年七月十三日白昼江戸川の水, 大正六年七月同誌の第, 大正六年三月九日朝の都下, 大正六年三月二十六日午後予審判事裁判所書記の一行, 大正六年三月二十日検事廷と予審廷, 大正六年三月某日前日午後からシト, 大正六年中の出来ごと, 大正六年九月二十五日東京地方裁判所刑事部で支倉喜平, 大正六年九月十二日に金, 大正六年九月十二日以來實行せられたる金, 大正六年九月十六日より翌, 大正六年二月深川区古石場荒巻方二階に置い, 大正六年二月神楽坂署の手, 大正六年二月著者三十二のとき, 大正六年五月の事, 大正六年以來の問題, 大正六年先生四十歳の時, 大正六年八月に菊池博士, 大正六年六月十九日附で全, 大正六年前後から作家活動, 大正六年十一月に段祺瑞内閣, 大正六年十二月二十五日東京青山茂吉宅に於, 大正六年十二月來任壯者を凌ぐ, 大正六年十二月冨山房から出版, 大正六年十二月自分が長崎医学専門学校教授, 大正六年十二月長崎に赴任, 大正六年十月日本橋区久松町の明治座, 大正六年四月西田幾多郎博士は東京, 大正六年押二八八号ノ四, 大正六年押第二八八号二十八の頭蓋骨, 大正六年私は閉門生活, 大正写生と異, 大正初め新聞の政治記者, 大正初期雑詠時代は元禄以来, 大正初業から中期, 大正初頭鴎外が歴史小説, 大正前後第一次欧州大戦, 大正前期に既に, 大正化學工業會社長は如何にも, 大正十一年ごろには日本人, 大正十一年ごろ日本思想史の講案, 大正十一年一月十三日維也納に向つた時, 大正十一年三月五月八月考古學雜誌第十二卷第七號第九號, 大正十一年中裁判所に提出, 大正十一年九月当時執筆の短篇小説数篇及雑録, 大正十一年二月畑毛から昔, 大正十一年五月の作, 大正十一年五月九日山本鹿州氏から聞いた, 大正十一年今上陛下のまだ, 大正十一年兄の終る, 大正十一年六月ハルピンまで出かけ, 大正十一年六月同所發行の縮刷本, 大正十一年出板永尾竜造君の, 大正十一年十月三十日横浜市横浜尋常高等石川小学校では例年, 大正十一年四月二十六日の浦賀海峽地震, 大正十一年四月内地へ帰り, 大正十一年田中家ノ次女徳子, 大正十一年私は妻, 大正十一年秋松江の招魂祭, 大正十一年頃支倉がその, 大正十三四年頃までの樣, 大正十三年ごろの, 大正十三年一月十五日の中震, 大正十三年七月の大旱, 大正十三年七月發行の, 大正十三年三月一日より其期間, 大正十三年三月丁亥故原教授, 大正十三年九月に旅行, 大正十三年九月一日芝公園協調会館に開催, 大正十三年九月陸前青根に遊んだ, 大正十三年二月二十一日溘焉として長逝, 大正十三年京城に於, 大正十三年以来当仙台, 大正十三年以来兵庫県内の国道, 大正十三年以降の大, 大正十三年八月再度赤倉, 大正十三年八月新潟での作, 大正十三年六月の人類學雜誌佐々木喜善氏, 大正十三年六月三日の朝, 大正十三年六月九日願は満たされ, 大正十三年六月十三日梅雨空の陰鬱, 大正十三年前半期中の状態, 大正十三年十一月海軍のSS航空船, 大正十三年十二月中央気象台刊行の, 大正十三年十月二日午後二時頃浅草公園雷門前での出来事, 大正十三年四月二日は公判準備調べ, 大正十三年四月二日公判準備手続に於, 大正十三年四月二日更新第一回, 大正十三年夏富永太郎京都に来, 大正十三年年三十九にし, 大正十三年度中に見せた, 大正十三年廢止せられるに, 大正十三年春の作から昭和五年春, 大正十三年春独逸から帰来, 大正十三年暮の火災, 大正十三年最初の歌集, 大正十三年正月これも朝鮮, 大正十三年正月五日智学田中先生の懇招, 大正十三年正月号を出した, 大正十三年琉球諸島の中, 大正十二三年頃に到る, 大正十二年ごろ関東地方に大, 大正十二年ドイツに留学, 大正十二年一万五千円の頼母子, 大正十二年一月から始まっ, 大正十二年一月元旦には支倉, 大正十二年一月天城を越え, 大正十二年七月すゑで日本, 大正十二年七月一日発行の, 大正十二年七月中旬の或, 大正十二年七月五日に右斎藤君, 大正十二年七月夫妻は富士五湖, 大正十二年中村屋の売上高, 大正十二年丸の内ビルデング即ち丸ビル, 大正十二年九月ついたち国ことごと震亨れりと, 大正十二年九月一日午前十一時五十八分に起つた, 大正十二年九月一日大震災につぎ, 大正十二年九月一日天柱拆け地維, 大正十二年九月一日東京の大震大火, 大正十二年九月一日歿と刻せられ, 大正十二年九月一日高橋秀臣君は埼玉県下, 大正十二年九月以降東京の市中, 大正十二年九月東家楽右衛門を名乗る, 大正十二年九月関東大震災の後, 大正十二年九月震災の火, 大正十二年二月一日の夜, 大正十二年二月一日午後何処といふあて, 大正十二年二月中村の老媼, 大正十二年二月香取より潮来, 大正十二年五月六日に突發, 大正十二年五月十日だと, 大正十二年五月稿のもの, 大正十二年京都の都踊り, 大正十二年仲秋の月, 大正十二年八月下旬以来昭和二年春まで足かけ五年, 大正十二年八月僕は一游亭, 大正十二年八月摂政宮殿下御登臨之処といふ記念碑, 大正十二年再建とあります, 大正十二年初頭はじめて日ソ通商復活, 大正十二年四月九日第十五回公判, 大正十二年四月信州小県郡の大屋村, 大正十二年四月妻子を伴, 大正十二年大震後のこと, 大正十二年大震災の時危く焼死, 大正十二年早稲田大学の乗馬学生団, 大正十二年春文学に耽り, 大正十二年癸亥の震災前後, 大正十二年発行の, 大正十二年私大病をした, 大正十二年秋の関東大震災, 大正十二年関東大震災以前から既に, 大正十二年關東大地震以來研究者次第に増加, 大正十二年青森県立青森中学校に入学, 大正十二年頃の, 大正十五年ごろその一部, 大正十五年七月中頃には岩間温泉, 大正十五年三月二十六日上京中深川に於, 大正十五年三月十八日の朝, 大正十五年三月廿七日午前九時四十五分である, 大正十五年三月私は小倉聯隊附中佐, 大正十五年九月発行の, 大正十五年五月三日午前九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 大正十五年五月日光に遊ばれた, 大正十五年五月特別號に發表, 大正十五年以来利根川の鮎, 大正十五年八月の或, 大正十五年八月七日赤石絶頂を極, 大正十五年初夏故筒井中将, 大正十五年初夏芥川龍之介君之像, 大正十五年利根郡川田村岩本地先に関東水力電気会社, 大正十五年十一月八日午後三時ごろだつた, 大正十五年十一月発表するに, 大正十五年十二月でした, 大正十五年十二月二十六日の昼間, 大正十五年十月であった, 大正十五年十月十九日の正午, 大正十五年十月十九日九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 大正十五年四月解くすべ, 大正十五年四月二十七日夜の九大法医学部, 大正十五年四月二十六日の午後十時前後, 大正十五年四月十五日日曜日八日は晴れ, 大正十五年夏から昭和三年二月, 大正十五年度最初の旅行, 大正十五年暮から十五回, 大正十五年暮春小田原より東京谷中天王寺墓畔, 大正十五年正月のこと偶, 大正十五年正月十日のこと, 大正十五年武州児玉郡大幡から嫁, 大正十五年泊つたおぼえの, 大正十五年浅春長崎に少女期, 大正十五年鵠沼にはまだ, 大正十何年の五月, 大正十四五年ごろは豊隆, 大正十四年一月二十日に山城, 大正十四年三月の五千四百三十四名, 大正十四年九月初旬のこと, 大正十四年九月津軽板柳の大農松山銕次郎氏, 大正十四年二月いよいよ出家得度, 大正十四年二月發行の, 大正十四年五月三十日に上海, 大正十四年五月雑誌文芸春秋からはじめて, 大正十四年以後頓に寂れ, 大正十四年八月アララギの安居會, 大正十四年八月一日二代清三郎建之と刻, 大正十四年八月当時私が高山町西校校長野村宗男君, 大正十四年八月私は鉄道省, 大正十四年八月頃いよいよ詩, 大正十四年冬起草して, 大正十四年十二月一日東京神田のキリスト教青年会館, 大正十四年十月二日同村伊藤イナという人, 大正十四年十月四日となつ, 大正十四年四十六歳で歿, 大正十四年四月十七日年五十六で歿, 大正十四年四月小林に紹介, 大正十四年四月新潮社發行現代小説全集の芥川龍之介年譜, 大正十四年彼は近く, 大正十四年早夏号の私, 大正十四年春のこと, 大正十四年普選が成立, 大正十四年暮れに, 大正十四年正月下諏訪温泉の亀屋, 大正十四年版の東邦社発行, 大正十四年秋シベリヤ経由でドイツ, 大正十四年秋都新聞へ書かれた, 大正十四年頃西久保副會長, 大正十年ごろ美術学校や早大慶大, 大正十年カメラ珍らしくカメラ, 大正十年一月から思想界, 大正十年一月一日林温泉より鹿児島, 大正十年一月二十三日長崎市酒屋町松楽にて斎藤先生送別小宴, 大正十年七月十四日午後三時にた, 大正十年三月七日を忘れる, 大正十年三月下旬から同年七月上旬, 大正十年三月帰京しぬ, 大正十年三月支那に遊ん, 大正十年三月春陽堂が拙作小説, 大正十年三月私共は夫妻共著, 大正十年三月長崎を去る, 大正十年中発売禁止となった, 大正十年二月長崎において稿, 大正十年五月のこと, 大正十年五月十六日の午後四時頃, 大正十年代の日本, 大正十年以來の交誼, 大正十年以來平均二弗乃至三弗の下落, 大正十年位までの間, 大正十年六月二十日本籍はいらんです, 大正十年十一月九日年に一度, 大正十年十二月作翌十一年一月新潮, 大正十年十月二十一日の万朝報, 大正十年十月二十六日東京駅発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 大正十年十月廿二日の, 大正十年十月発行の史林, 大正十年友人と, 大正十年四月十五日である, 大正十年新年号に志賀直哉氏, 大正十年版の第, 大正十年琉球渡島後屡話し, 大正十年秋上州富岡某氏別荘にて, 大正十年秋中旬信州から飛騨, 大正十年秋湯河原ニテに連絡, 大正十年肺病全快広告としてあらわれた, 大正十年遠山様設立のデデイル会, 大正十年頃光井の土地六百坪, 大正十年頃公表し故, 大正十年頃妻を娶り, 大正十年頃東京市中にダンス場, 大正參年六月二十八日よりはじまつたおう, 大正名作展を見た, 大正四五年頃なるらん, 大正四五年頃中村屋に務め, 大正四五年頃今は故人, 大正四五年頃私は帝展, 大正四年ころのこれら, 大正四年七月二十四日午後七時三十分汽車にて上野発, 大正四年七月十三日信治の叔母, 大正四年三月発行の第, 大正四年二月岩波書店から出版, 大正四年五月のこと, 大正四年五月十一日の午後, 大正四年代にもう, 大正四年六月日本に亡命, 大正四年六月明治記念博覧会が名古屋, 大正四年十一月四日相州高座郡小出村浄見寺なる大岡忠相, 大正四年十二月夏目漱石の門, 大正四年四月七十三歳で歿, 大正四年夏の夜, 大正四年大正五年大正六年私は閉門生活, 大正四年室生犀星が郷里, 大正四年文展に出品, 大正四年春期展に, 大正四年横網町の安田家, 大正四年正月号に掲載, 大正四年開戦の当初, 大正大震以後から昭和戦前, 大正大震以後俄に隆昌, 大正大震災前後も一年, 大正大震災後に流行, 大正天皇陛下のおん墓, 大正女流中唯一の年少処女俳人, 大正女流俳句も亦, 大正学界の為, 大正寄席風物詩中の登場人物, 大正川柳史の上, 大正己未の年夏六月, 大正年代初頭の記憶, 大正年度以来ネオンの無い, 大正年間僕が小学校, 大正年間先に云った, 大正年間十五年の星霜, 大正年間日本で初演, 大正年間生存の美人画家, 大正年間諸人の洋服姿, 大正のこと, 大正当今の世, 大正大典の, 大正思想史の中, 大正情調格別になく, 大正拾貳年の關東大震災, 大正改元以後西洋演劇の輸入一代, 大正改元前後のころ, 大正文學を語る, 大正文學全集第六卷第六百六十六頁, 大正文學史であると, 大正日日に走り, 大正明治江戸いつでもあつ, 大正昭和三代を通じて築き上げられた, 大正昭和初期にかけてのこと, 大正昭和初期頃にもその, 大正時代以降社会問題に刺激, 大正末年ごろの東京, 大正末年ちよつと現れ, 大正末年以後唯二囘遭遇しただけ, 大正末年大川平三郎は金儲け, 大正末期ごろにはそうした, 大正末期欧州大戦後の日本, 大正村西松本の前川増吉君所蔵, 大正東京文化史の上, 大正を下し, 大正に崩れ, 大正浅草風俗文化史の上, 大正現代における大き, 大正の馬屋, 大正癸亥大震の前年あたり, 大正な魅惑, 大正社交クラブの事, 大正維新の転機, 大正美人を記した, 大正美術展も見られなかった, 大正望むべからず, 大正老人の, 大正芸妓があった, 大正芸者と云つた風, 大正詩人の口吻, 大正詩壇に異彩, 大正と云う, 大正迄の女性には, 大正通りで降り, 大正門前に開業, 大正開拓期の盛時, 大正震火のころ, 大正震災この方三変四変して, 大正麗人伝中の登場者, 大正4年5月までそこ, 大正4年6月に渡道, 大正6年創立せられ