青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「塵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~塀 塀~ ~塊 塊~ ~塔 塔~ 塗~ 塗り~ 塚~ 塩~
塵~
塾~ ~境 境~ ~境内 境内~ 境地~ ~境遇 境遇~ ~墓 墓~

「塵~」 1832, 19ppm, 6027位

▼ 塵~ (374, 20.4%)

26 払って 8 払いながら 7 かぶって 6 はらって 5 はたいて 3 あげて, 払いて, 払うて, 払うと, 掃って, 離れて

2 [20件] あげながら, さまり, 吹きつけて, 吹く, 四方の, 忘るる, 打払って, 払うこと, 払ってから, 払つ, 払ふ, 拂つた, 指先で, 掃う, 掃き出すと, 揚げて, 浮べたり, 浴びて, 浴びながら, 白く染め

1 [264件] あげた, あつめて, あびて, いつまで, うけぬ, うち払いたい, おさえるため, お拂, かぶった横隔膜, かぶりつつ, かぶりて, かぶり乍ら, こうむること二度, こぼしつ, しずかに, しずめる打ち水, しづかに, すっかりとっ, すっかり洗った, すつかり離れて, そっと草履, たたき出したらしい, たてるほど, とどめないところ, とめないで, とること, なみすずし, なめさせて, なめる, なめるの, ぬぐいさった, のせて, のせ眼, のせ身, はいて, はじきながら, はたいた, はたいてから, はたかんばかりに, はたきながら, はたはたと, はなれて, はらいて, はらいながら, はらいに, はらうため, はらうの, はらつてから, はらひ阿諛, はらふ山かぜ, ばよっく鎮めよ, ぱっぱっと払い, ふいたり, ぷっと吹き, ぽんと, まきあげながら, まき散らして, まき散らす, むくむくと, ものとも, より少く, イエス, ハタキながら, ハタハタと, パッパ, フッフッと, ペロ, 一掃したら, 丁寧に, 上げて, 中心に, 交えぬ清い, 供給する, 入れて, 出させるかと, 動かす力, 取って, 取るため, 取るには, 取る名人, 取る様, 受けざるなり, 口で, 含まず, 含んだ空気, 吹いたり, 吹いて, 吹き吹き二つ, 吹き払い, 吹き払うの, 吹き立つる, 吹き立てて, 吹くより, 吹くよりも, 吹く人, 吹く春, 吹く機会, 噛む, 噛むこと, 地の, 多くし, 奪ひ, 女人夫が, 容赦も, 少しばかり, 巻いて, 巻きながら, 幾分防い, 廊下に, 引包ん, 彼方に, 微かに, 愛す, 感じた, 感じながら, 手に, 払い, 払いそこ, 払いつ, 払いて中, 払いなど, 払いめくり取った一枚, 払い原稿紙, 払い垢, 払い垣根越し, 払い払い, 払い払い台所口, 払い欄, 払い水, 払い涙, 払い落したよう, 払い落して, 払い言い進んだ, 払い退けた, 払い退けるが, 払うし, 払うよう, 払う亭主, 払う人, 払え垢, 払った, 払ったが, 払ったに, 払ったり, 払ったん, 払った奴, 払った表二階, 払つた, 払つて立つた, 払はれたる, 払ひ, 払ひくれる, 払ふこ, 払ふて, 払ふて居る, 払わせたり, 払わせる刻限, 払わないかと, 払わなければ, 払わんばかりに, 払拭し去っ, 押流す, 拂い, 拂つ, 拂は, 拂ひつ, 拂ひ去り脱ぎし, 拂ひ棄て, 拂ふ, 拂ふんだ, 拝し, 拭き去ると, 拭って, 拾って, 捨てて, 捲き上げつつ, 捲き上げては, 掃いて, 掃きだして, 掃き出し始めたとき, 掃き出し打水, 掃き客館, 掃き水, 掃き炉, 掃き落すと, 掃き蒐め, 掃く, 掃く真似, 掃は, 掃ひ, 掃ふ, 掃出すため, 掃除し, 掻こうよ, 揚ぐ, 揚ぐべく汝また, 揚げず, 撒きて, 斬りすてて, 望む算数すべ, 止めませんから, 気に, 沈めて, 沢山含んだ, 泳ぎぬけて, 洗い去りて, 洗い清めるまで, 洗ひ, 浄めて, 浮べず清く, 浴びそして, 清むる箒無けれ, 清めて, 滿たし, 潜って, 煙の, 煽ぎ出し, 燒き, 生ず, 留むるのみなるを知る, 留めずあまつさえ, 眼に, 積むべき車, 積もらせて, 究めるの, 立せず, 箒で, 箕で, 算へて, 箸で, 絶ち米塩, 継いで, 肺の, 脱して, 舞い立てるより, 落して, 落すなり, 蒙らざる美, 蒙り裂けやぶれたる皮靴, 蒙ること, 襦袢の, 見つけし空, 見て, 視る能はず, 詠じた句, 踊らせながら, 蹴立てて, 追いながら, 逃れたる角, 逃れ來, 通りぬけると, 通り越したから, 遠ざけ垢, 避けるため蔽, 避け侘びた草庵, 防ぐの具, 除くこと, 除けて, 集めて, 離れた森, 離れ隅田, 雲の上で, 飛ばしたよう, 飛ばしアカイア

▼ 塵~ (259, 14.1%)

23 中に 12 ような 7 ように 4 なかに, やうに, 上に, 中から, 巷に 3 下から, 世の, 中

2 [23件] あつい層, うきよの, ために, ちまたに, ようにしか, 下に, 世に, 世を, 中には, 中へ, 中を, 中倒れ, 効用, 懸垂と, 方が, 浮世に, 浮世を, 澱みにぞ, 粒が, 身の, 身を, 都と, 雲を

1 [142件] あがり出した頃, いづ方, うき世, うちに, おちた部屋部屋, かかった売れのこり品, かかった帳台, かぶりよう, ことでしょう, こぼれる足音, ごとき微細, ごとく, ごとく対照, ごと小鳥なき, しずまって, た, たかった銀行, たたぬ程, ないの, ない純粋, なかで, なさ, においが, にほ, ひどい日々夜々, ほかに, まじらぬ風, まじらねば, むくろ, もとに, もろもろは, やう砂の, わが執着, をさ, カンジは, ポカポカ立つ, 一寸ばかりも, 下には, 不遇を, 世のわ, 中なる, 中にも, 中の, 中より, 中從兄弟の, 交る, 入らぬよう手拭, 入り来たりて, 厚く積, 地平線, 堆, 堆は, 場合よりも, 塵の, 境に, 境界, 外に, 多い支那, 多く載っかった, 多少地味, 大群は, 如くに, 如く又は, 如く大河, 如く第三者, 子よ, 存在を, 少ない休日, 少ない空気, 層が, 層と, 層の, 層を, 山に, 幾群れが, 広場だった, 底に, 思い付きであろう, 惱み, 戯れでは, 掌で, 旋風を, 日には, 是世に, 末を, 様に, 毛程の, 沈むの, 沈んだ畳, 流れに, 浮いたテエブル, 浮世の, 深い瓦, 深きに, 渦を, 溜つてゐる, 漲りわ, 澱みを, 濁りも, 牀を, 疾風, 痕も, 白きがごとも, 目立たぬ代り, 眼を, 研究は, 礫を, 積つた原稿紙を, 積める弐千余円, 積る, 積んで, 立ちのぼるやう, 細と, 細鞘なる, 細鞘優に, 群を, 舞ふと, 芸術だ, 苦しみを, 草体が, 衣水の, 表に, 裡, 裡に, 見えないとき, 象徴力である, 起つ日, 路上に, 身は, 途中か, 遠世, 遺るやう, 都, 都に, 間から, 間を, 附くよう, 集積に, 靜まる, 音さえ, 額面や, 高く上昇

▼ 塵~ (172, 9.4%)

12 まみれて 3 なって, まみれながら, 埋めて, 塗れて

2 [13件] つつまれる雑器, まみれしきりに, まみれし群象, まみれた暗い, よごれて, われは, 埋もれた暗い, 埋れて, 悲に, 曇つた硝子を, 染まぬ潔白, 白くなる, 蔽われたまま

1 [122件] あッた, いつの, かくれよ, かけたる槍, かけた槍一筋, けがれない真白い, しませなかったの, すぎないでは, つきぬ我, なったの, なったもの, なつた, なべては, なやまされなければ, なるばかりの, はかの, ひとし, ひとしい, ふみつけられて, ぶっつかられたら本艇, まじって, まじらせむ, まみらし, まみる, まみれあるいは, まみれし制服, まみれたって, まみれたラテン訳, まみれた下界, まみれた何, まみれた復員者, まみれた愛慾, まみれた桜さ, まみれた箱, まみれた街路樹, まみれた頭脳, まみれては, まみれぼろ, まみれ勝ち, まみれ去る, まみれ尽そうと, まみれ敵將, まみれ気, まみれ落つ, まみれ鼻, むせびながら, よごれず初夏, よごれた綿ビロード, 交て, 仰向きて, 伏し, 伏したれば, 伏し天, 伏す, 伏す其アイアース, 似たり, 労れ, 包まれて, 化ける, 収刻せられた, 同じて, 同ずること, 吹き立てられ夜, 命あらせん, 埋ったまま永年一朱, 埋まって, 埋まる橋, 埋もれたハミルトン, 埋もれた人, 埋もれ在る小机, 埋らせて, 塗り猩々, 塗れはい, 塗れはいはい, 大分光沢うせ, 太陽から, 太陽の, 委す, 寄す, 封じられて, 帰らんと, 当って, 心染めざれ, 懸つた額, 掩われ, 摩擦された, 散乱され, 曇つた玻璃窓の, 染みたる俗心, 染みぬ, 水月の, 汚されて, 汚されぬこんな, 汚る, 汚れし赤煉瓦, 汚れたという, 汚れたる腸すゝがん, 汚れた後, 汚れて, 流して, 消えて, 潜らせ天井, 無慘, 白くなっ, 眼洗はむ, 穢れ不眠, 立交らで, 粉砕し, 至り更に, 落つ, 蔽われた端厳, 蔽われて, 触れると, 貼り出して, 返る有限, 遠い静寂, 遠かり, 遠ければ, 遠ざかって, 音なき, 馳駆し, 黒くなった

▼ 塵~ (102, 5.6%)

3 落ちた 2 たまつて, 入ると, 核と, 無数に, 積もって

1 [89件] あがりそれ, あった, ある, あるわ, いやが, ういて, うず巻いた, おっこちる, おのずとあたり, かかったよう, この樫, たかって, たまって, たまってるから, とれて, なかった, なかったなら, なかったら, なければ, はいると, はらはらと, ひどく耐えがたく遠く, ひどく舞った, ややもすればその, コッソリ蔽い, 一度に, 一本あった, 一杯に, 一杯落ち, 一面に, 二目と, 他の, 働いて, 入った, 入つて睫毛, 全然ない, 冬めく, 出ないとか, 加わっても, 北国の, 占領し, 厚く積もっ, 地球上に, 多く川越街道, 多過ぎます, 如何なる場所, 小さな渦, 我々を, 或は流され, 抜け出す穴, 掛らぬやう, 描き出した幻, 日光の, 殆ん, 残って, 沈んだまま, 沢山ある, 溜って, 溜まったよう, 溜まったり, 溜まって, 白く車, 目立つ, 着き重りて, 私どもの, 積って, 積つて, 積もったまま, 積もると, 空中の, 立ち昇り, 立った, 立つて, 膝を, 舞い上がる, 舞い上って, 舞って, 舞揚つて人々は, 落ちたもの, 落ちて, 蓄えられて, 躍って, 降って, 除れた, 雪の, 霧の, 飛び散った, 飛散し, 髪と

▼ 塵~ (92, 5.0%)

3 とどめず, 積れ 2 つもれば, ない, なかった, 動かぬ冬, 埃も, 留めず美くし

1 [74件] おかず座蒲団, かぐはし, かなり溜っ, かをるかな, この俗埃, この時, この渓, すゑない, ついて, つもりぬもろとも, とどめざるべし, とどめず掃き清められた広, とどめぬよう, とどめぬ合体派天下, とどめぬ小径, とどめぬ板敷, とどめぬ清浄, とどめませんのみ, とめずに, とめず掃き清められたちまち, とめない試合場, とめぬ清浄さ, とめぬ神秘さ, どこへ, ないうららかな日, ないそこらあたり, ない木, ない自分, なき, なく, なく七百万余, なく掃除, なく穿き, はらはず, よう払ってない, 付じ, 余さずと, 余さず朱, 冬空です, 吹かずに, 大したこと, 嫌う漆師, 払わず更紗, 払わず腰かけて, 持たざる本来, 据らず, 散らさず都, 散り空, 映さない山中, 柱は, 此処までは, 残らないやう, 殘らず, 無き日, 無く一路坦, 無ければ, 無し, 留めず, 留めず地, 留めず廣, 留めず掃き清めたよう, 留めず高き, 留めぬ, 留めぬ舞, 積つて山主義の, 置かず世, 置かず拭, 置かず据えて, 置かない綺麗事, 落さぬ清潔さ, 落しは, 落すよう, 起たず暦, 雲と

▼ 塵~ (65, 3.5%)

5 なって 3 なる, 一緒に 2 いっても, なり, 呼んで, 灰との, 煙草の

1 [44件] いうよりも, いえば, いっしょに, いっしょにたうとう, このランジュバン・イオン, なった, ならないうち, なりつつ, なりわが, なり残るもの, なるの, よぶの, 一處に, 化したこと, 化したのち, 化して, 化すといった, 同様である, 呼ばれて, 固緊, 土煙とを, 垢が, 埃に, 埃の, 塩の, 山露一滴と, 思われるまで, 成る, 汗とに, 火の, 灰とより, 煤と, 煤煙とに, 煤煙を, 生活への, 称するもの, 細菌は, 蜘蛛の, 金なり, 雖私の, 雨とに, 音を, 音響が, 騷擾との

▼ 塵一つ~ (51, 2.8%)

6 落ちて 3 ない 2 としてわが, とどめず掃き清められて, ないよう

1 [36件] ありは, さえない, さえ茶, すえずに, だって与えません, だつて, でも盗めない, とどめず絵三昧, とどめない箇所, とどめぬ白い, ない婚礼, ない感じ, ない有, ない清らか, ない真白, ない通り, なかった, なき飽, なき高原, なく浄め, なく箒目, なく美しく片づい, にも眼, のこさず, もあっ, も木の葉一枚, 動かすほどの, 取りません, 止めてない庭, 止めない寂し, 汚れちゃ, 浮いて, 留めぬ庭, 落しては, 見えない家, 見当らずこういう

▼ 塵~ (30, 1.6%)

1 [30件] ことごとく洗い去らるる, これとは, すでに厚い, すなわちわが, だんだんに, まき上り, まじらぬ, まるで華火, よほど小さな, ベスビオの, 世界中の, 二三十年かかっ, 働きを, 光の, 又田園, 地なり, 太陽の, 忽ち室内, 日光を, 景氣が, 横ざまに, 湿って, 濛々と, 無形の, 煙の, 瓶を, 直接に, 空気コロイドとも, 遽かに生を, 都会の

▼ 塵~ (25, 1.4%)

3 塩の 2 磁石の, 細菌を

1 [18件] イオンなどが, イオンは, 垢の, 埃が, 埃の, 更に進ん, 泥の, 煤が, 煤や, 煤を, 石を, 砂粒が, 紙切れが, 細菌の, 耀やく, 芥が, 芥を, 藻屑の

▼ 塵~ (19, 1.0%)

2 なること, の指端, の粘着

1 [13件] とを比較, なるべき理由, のかかる, のその, の多く, の存, の手, の皮膚面, の目, の群がり立つ, の落ち, は大小長短一定, を引きとどむる

▼ 塵~ (19, 1.0%)

6 の中

1 [13件] から拾っ, が壊れた, が物, などもやかましく, にかかった, に入れられる, に捨てた, の傍, の蓋, の蔭, を引繰, を此処, を翌

▼ 塵ほども~ (18, 1.0%)

2 外には

1 [16件] ない声, ない美しさ, なかった, ぬれぬという, ぬれぬといふ, 包むべきに, 存じません, 心残りは, 惜しくない, 残って, 胸に, 見えずまったく, 見受けられなかつたの, 訊かれて, 話さないの, 起しませんでした

▼ 塵ひとつ~ (15, 0.8%)

2 だにとどめざりけれ, だにとどめた

1 [11件] お掛けしたくない, だに聴き, だに聽きもの, つけず, とどめぬ程きれい, ないきれい, ない空, なかった, も見えない, 止めぬ掃き目, 見えずただ

▼ 塵~ (13, 0.7%)

3 の人 2 に斃 1 に, につ, にもがき喘い, に伏し, に俯伏しな, に倒れ伏す, の趣, へ引返し

▼ 塵~ (13, 0.7%)

2 の中, の蔭 1 からパン, だってこれ, に投げ棄てられた, のやう, のよう, の傍, をあ, を心, を顛覆

▼ 塵だらけ~ (12, 0.7%)

1 [12件] だった建物, だつた, だよ, にし, になっ, になった, になつて隅々, のガラス, の古, の服, の瓢, の硯箱

▼ 塵ほどの~ (12, 0.7%)

2 手掛りも 1 このお, つながりをも, 事だ, 事身に, 価値も, 曇りも, 汚れめも, 理由も, 益にも, 誇りも

▼ 塵一本~ (12, 0.7%)

1 [12件] さえその, でも盗んだ, なく澄ん, もうかがえぬ, もとどめない, も残されず, も殘, も留めぬ, も見られない, 動かしてないの, 落ちて, 見のがさず坐って

▼ 塵~ (10, 0.5%)

2 と箒 1 で払つて, の音, ひて, をかけ, を取出し, を引っこ抜いた, を持っ, を結び附け

▼ 塵っぽい~ (9, 0.5%)

1 から姉さん, がさが, ガタガタ図書館での, 堤を, 室へ, 店舗に, 廊下の, 気持に, 煤煙の

▼ 塵~ (9, 0.5%)

2 ぱかりも不要な, 葉一つでも 1 ぱ一本落ち, ぽいなか, 葉か, 葉を, 葉一本でも

▼ 塵をも~ (9, 0.5%)

1 おそれ砂, 怯れぬべき, 揚げなかったの, 数うべく, 止めざる趣き, 残さず, 洗うばかり, 洗ふ, 防がうと

▼ 塵万丈~ (9, 0.5%)

2 の都門 1 として天日昏, の中, の巷, の日, の熱鬧世界, の裡, の都会

▼ 塵取り~ (8, 0.4%)

2 とを持っ, に入れ 1 ですっかり, と煤袋, にいれる, にとっ

▼ 塵~ (8, 0.4%)

1 があった, がとびこん, に衝突, のため, は反対, もない, も今, らしいもの

▼ 塵~ (8, 0.4%)

2 の中 1 がうすれる, によごれた, や草, を吐き散らす, を庇形, を白っぽく

▼ 塵~ (7, 0.4%)

1 お徒歩, チクチクし, 佗しく汚れ, 変に, 太らしたの, 白っぽくなり, 真白に

▼ 塵~ (7, 0.4%)

1 うるさく, なり, に堪え得る, をも忘れ, を超越, 堆中日月, 堆中日月移

▼ 塵捨場~ (7, 0.4%)

2 であつ 1 である, になつ, にはいつも, には珍, の山

▼ 塵除け~ (7, 0.4%)

1 の布, の翅, を着, 合羽を, 目金などの, 眼鏡を, 眼鏡ゼム清心丹タカヂヤスターゼ其他種種雑多の

▼ 塵より~ (6, 0.3%)

1 いでて, 光を, 積んで, 起らず艱難, 軽いもの, 逃れしめ

▼ 塵一筋~ (6, 0.3%)

2 浮べず溢 1 だに持出さずし, の手抜かり, も入りません, も写さない

▼ 塵~ (6, 0.3%)

2 の茶室 1 に入り, に立ち寄りました, の当主, の茶の間

▼ 塵~ (5, 0.3%)

1 ぱ一本拾う, 端一本散らかっ, 葉一つの, 葉一つ留めぬ, 葉一つ貰い受ける

▼ 塵よりも~ (5, 0.3%)

1 一層微細, 乱れたる, 凝縮し, 更に小さい, 軽く思えり

▼ 塵~ (5, 0.3%)

2 の外 1 の毀譽褒貶, の気, を遠く

▼ 塵~ (5, 0.3%)

1 に近き, の上, の下, の部, を濯ぎ

▼ 塵~ (5, 0.3%)

1 とだけでした, にし, にも遍満, は蟻集, を綺麗

▼ 塵~ (5, 0.3%)

3 の中 2 となり

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 わが手弱女, 芥の, 蛆が, 蠅かを

▼ 塵くさい~ (4, 0.2%)

1 ような, 咲二の足に, 大きな肩, 木造建物の

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 から大きい, と思っ, も留めたる, 前者は

▼ 塵でも~ (4, 0.2%)

1 わが地球, 入ったよう, 取って, 這入ってると

▼ 塵という~ (4, 0.2%)

2 のは 1 のであった, んだ

▼ 塵との~ (4, 0.2%)

1 なかで, 中の, 区別が, 數多き

▼ 塵一片~ (4, 0.2%)

2 浮ばぬ透明, 飛ばぬ日和

▼ 塵劫記~ (4, 0.2%)

1 で行く, とはちがう, などを取交ぜ, の宿題

▼ 塵~ (4, 0.2%)

2 に僕, を抱く

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 に清涼, に迷, を脱, を離れた

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 に帰る, へ下り, を脱し, を離れた

▼ 塵~ (4, 0.2%)

2 の御影, の窓

▼ 塵間塚~ (4, 0.2%)

1 のそば, のまえ, の前, はまだ

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 と被る, のやう, の紗, はづして金紋

▼ 塵~ (4, 0.2%)

1 は五十首, は何, を見る, を読み

▼ 塵では~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 ないかと

▼ 塵とに~ (3, 0.2%)

1 まみれ戸口, みちた空気, 汚れて

▼ 塵なき~ (3, 0.2%)

2 井桁の 1 牡丹かな

▼ 塵ほこり~ (3, 0.2%)

1 がもし, に唯, に糸屑

▼ 塵ほど~ (3, 0.2%)

2 でも 1 な気色

▼ 塵ッ葉一つ~ (3, 0.2%)

1 出さなければ, 出すの, 残らずガラ空き

▼ 塵一本お前さん~ (3, 0.2%)

3 が世話

▼ 塵~ (3, 0.2%)

2 を遠ざけ 1 にある

▼ 塵塗れ~ (3, 0.2%)

2 の黒馬 1 の書冊

▼ 塵程の~ (3, 0.2%)

1 屈托が, 曇も, 間違いも

▼ 塵程も~ (3, 0.2%)

1 残って, 知らず美田, 見えぬ聡明

▼ 塵~ (3, 0.2%)

1 に, にも, の頃

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 てから僅, て蜀

▼ 塵だに~ (2, 0.1%)

1 すゑぬしめやかさ, なし

▼ 塵とか~ (2, 0.1%)

1 垢とかは, 針の

▼ 塵とも~ (2, 0.1%)

1 いうべきは, なり希望とも

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 んだ, んです

▼ 塵なく~ (2, 0.1%)

1 床花瓶に, 片づいてさえ

▼ 塵などが~ (2, 0.1%)

1 溜って, 空中に

▼ 塵などに~ (2, 0.1%)

1 凝縮し, 附着し

▼ 塵などを~ (2, 0.1%)

1 拾いこれ, 指すもの

▼ 塵には~ (2, 0.1%)

1 汚れたりとも, 池の

▼ 塵にも~ (2, 0.1%)

1 曇りは, 知られた

▼ 塵ばかりも~ (2, 0.1%)

2 知らぬ者

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 ぢ山を, ぢ山をな

▼ 塵ひとつ月~ (2, 0.1%)

2 に留めじ

▼ 塵ひとつ髪の毛~ (2, 0.1%)

2 が風

▼ 塵ほどにも~ (2, 0.1%)

2 芥ほどにも

▼ 塵まみれ~ (2, 0.1%)

1 に本, の襤褸

▼ 塵よけ~ (2, 0.1%)

1 だと, 眼鏡の

▼ 塵ホコリ~ (2, 0.1%)

1 が立ち上っ, が立つ

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 っ葉, の芥

▼ 塵一ツ動き~ (2, 0.1%)

2 もせず

▼ 塵一時~ (2, 0.1%)

1 に掃かれたる, に鎮まり

▼ 塵一葉~ (2, 0.1%)

2 の浮べる

▼ 塵多し~ (2, 0.1%)

1 と語句, 全く塵

▼ 塵庵四季雄~ (2, 0.1%)

1 という老人, の門人

▼ 塵庵春雄~ (2, 0.1%)

1 と号, はわたくし

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 にし, より生じ

▼ 塵打ち払っ~ (2, 0.1%)

1 て立ち上がりました, て立ち上りました

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 が積, を被った

▼ 塵掃い~ (2, 0.1%)

1 がかかっ, などもし

▼ 塵暗く~ (2, 0.1%)

1 覆し, 軍勢を

▼ 塵毛中~ (2, 0.1%)

1 のやや, やや長く

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 も侵し, を脱し

▼ 塵滅する~ (2, 0.1%)

1 の力, の時

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 の腹部, を留めざる

▼ 塵焼場~ (2, 0.1%)

1 だという, の埋め残し

▼ 塵白く~ (2, 0.1%)

2 石多い

▼ 塵~ (2, 0.1%)

2 って山

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 になげこむ, へ入れ

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 に染み, 漸やく脱し

▼ 塵~ (2, 0.1%)

1 に逍遙, の巨山

▼ 塵~ (2, 0.1%)

2 などもすっきり

▼ 塵雪崩~ (2, 0.1%)

1 が始終, が盛ん

▼1* [201件]

あくたのよう, 塵あとのあの, 塵あびて衆, 塵あれば三界, 塵いつぱいの, 塵づたかき竹椽の, 塵うち払ひしづ, 塵おのづから, 塵から散らされて, 塵かろく舞ひ, 塵くささが, 塵くたが無責任, 塵こそ造物主の, 塵さえ立たぬ敷布, 塵しげししばしばも, 塵すでに城を, 塵かし, 塵たち紅き物, 塵たるが如き, 塵だったものは, 塵だにとめじ朝潔めつつ, 塵だにも如かず風, 塵だめをあさる, 塵だらけゆえ孝助は足, 塵っぽさに, 塵っぽくてやり切れない, 塵っぽく騒々しくあらねば, 塵づいた漢籍が, 塵であるから其の, 塵ですね, 塵としては煙や, 塵とてもなく又, 塵とでうす赤くにごらされた, 塵とでもだ, 塵とのみだった, 塵とは一体何, 塵とや申すべき, 塵とりなどを買っ, 塵とり貝杓子とろろ昆布に伊勢海老, 塵とを厭わないで, 塵と共に水蒸気の, 塵ながら見ん, 塵なし直下さらに, 塵ならすぐ目, 塵なれども嵐, 塵にかへれと, 塵にかへらざらん, 塵にしかすぎないの, 塵についてこんな話, 塵になつて二代も, 塵ぬち倒れ伏すその兵車, 塵のみ殘つ, 塵みたる都, 塵ばかりなる推察力, 塵ばかりだに雲も, 塵ばかりをも交えぬを, 塵ばんだ街道, 塵ひとひらにも, 塵ひとつ義村の眼前, 塵ひろいは長, 塵かけた雨じみ, 塵ほどな不安も, 塵ぼっけだった, 塵ぶれに, 塵までひどく気, 塵みたいになっ, 塵やうのもの, 塵ようのもの, 塵ようやく深く鉄道構内, 塵よけともいうが, 塵よと見れば, 塵よりぞ山とも, 塵をかぶつた, 塵をだに容さず澄み, 塵をよけてまって, 塵オリユムポスの圖, 塵ッぱの裏, 塵ッ端一本でも盗んだ, 塵ッ葉ひとつ動かしません, 塵ツ葉一本でも無断, 塵ト灰ヲ同, 塵中ニ, 塵払フ, 塵一つ心に懸らぬ, 塵一つ溜つてゐなかつた, 塵一つ盜らなくたつ, 塵一ッ葉も目, 塵一ツ立ちませんでした, 塵一册を見, 塵一屑をも破壊, 塵一掃は墨絵, 塵一本他人の物, 塵一本機関室へ落し込ん, 塵三千丈の都会, 塵染似, 塵不動と明らか, 塵中記ともいふべき, 塵事多忙だ, 塵というもの, 塵最好清談披素襟, 塵俗外の仙境, 塵俗而莫之覺也, 塵である, 塵の和紙, 塵入れの大きい, 塵功記といふ本, 塵動かず古の, 塵十丈の裏, 塵浄土と, 塵つて秋水に, 塵同様なもの, 塵同様ハイカラ風の吹き散らす, 塵吹き起す風も, 塵噛ましめん其前に, 塵噛みて俯せ, 塵を抱え, 塵地上より, 塵垢さへ見られた, 塵も静まっ, 塵場裏亦桃源, 塵境以外の感, 塵を秋, 塵多き衢焦げたる, 塵富士煙などは名, 塵從古人祝還暦吾於今覺非無其故, 塵生ずること, 塵又た, 塵戦都市を荒野, 塵戻りのする, 塵手鞠に似, 塵打払いながら例, 塵ひ大小十六把, 塵ひ艫舳, 塵捨てに来, 塵捲きつつ響き来し, 塵がご, 塵揚げて飛ぶ, 塵旋風と名, 塵既に起り矢石京城, 塵木葉なん, 塵染めぬ翅かげ, 塵梅未開非君誰肯顧蒿莱, 塵森越しに避け, 塵に惑わされず, 塵殺しなければ, 塵の中, 塵といひ, 塵深い書棚の, 塵深き一隅に, 塵混濁の巷, 塵添埃嚢鈔七巻二章にある, 塵溜めのよう, 塵溜玉乗に汗, 塵溜玉乘に汗, 塵濛々の中, 塵灰立ちあがりて盛, 塵の中, 塵と蹄, 塵無き天の, 塵無く眼に, 塵煙りが舞い立つ, 塵煙濛々の大, 塵煙燈下に濛々, 塵の朝陽, 塵かりけりと, 塵の破れ, 塵より力, 塵禿の有情, 塵梵語を, 塵積もって山, 塵積もりぬる床なつの露うち払ひ, 塵積り心に古き, 塵立つる軍馬汝をイ, 塵立て運動ではなく, 塵も蹲踞, 塵糞中に臥すなり, 塵紅し巷に, 塵を忘れ, 塵繁華の間, 塵臭い中に, 塵にまかせ, 塵ぶる, 塵訶湿婆の霊体, 塵謌薩陲であると, 塵起るの路, 塵漸疎, 塵身劬ひとしくともに, 塵軽く花片を, 塵も三穂太郎, 塵造りの塗ガマチ, 塵連山皆戴千秋雪, 塵満洲, 塵の気, 塵のよう, 塵屡高鳥, 塵静ニ西長安ニ入ッテ日延ニ, 塵に汚さし, 塵の小, 塵へる街頭, 塵馬蹄大屋裏住平秩東作ら四, 塵高く蹴たつれば