青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「呼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~呟いた 周~ ~周囲 周囲~ 呪~ ~味 味~ 味噌~ ~味方 味方~
呼~
~呼ばれ 呼ばれ~ ~呼ばれる 呼ばれる~ ~呼び 呼び~ ~呼ぶ 呼ぶ~ ~呼ん 呼ん~

「呼~」 1473, 14ppm, 7864位

▼ 呼延灼~ (68, 4.6%)

2 だ, はただちに

1 [64件] あるのみ, がいきなり, がひとりびとり, が言った, が青州, が馳, そのほか二十人, であった, という者, という野郎, として騎兵三千, とはわが, と共に陣中鍋, と聞け, と韓滔, などに殿軍, などの弓組, なので, にし, にぶち, にも一ト泡, に如く者, のすすめる, のため, の双, の双手, の四人, の姿, の手, の方, の部下, はあわて, はいななき狂う, はくちびる, はこう, はただ, はつい, はついつい, は仰天, は前面, は副将, は声, は奉行慕蓉, は小手, は心中, は惨, は耳, は言った, は討ち洩らした, へこう, もそこ, もまた, もガバ, も来, も正直, も逃げこん, や韓滔, をいけどっ, をごらん, をはじめ, をよろこばせ, を一番, を案内, を生けどり

▼ 呼~ (45, 3.1%)

2 が苦しく, をしきりに, を切らし, を呼吸

1 [37件] が切れ, が切れる, が微か, が白い, が短い, ごもり, しぬ, そうして丸い, だった, と一つ, に酔っ払った, のある, のよう, の塞, の燃, の詰る, の通う, はかよひ, は規則正しかっ, も止まった, よりほか, より外, をし始めた, をする, をつい, をなだめた, をはずませ, を一度, を刻む, を吹き返した, を引き取った, を急い, を継ぎ, を肺臓一杯, 暑さ, 絶えたり, 遣とを

▼ 呼~ (38, 2.6%)

1 [38件] たり娘, て五百兩, て小僧時代, て小柳町一丁目, て手, ば此日, コリヤ多, コレ八藏其方召使松五郎と, 九郎兵衞が, 今聞通り家主, 兩人が, 其方が, 其方の, 其方は, 其方主人の, 其方主人藤五郎召使の, 其方儀は, 其方儀久兵衞より, 其方儀夫にて, 其方儀妻を, 其方儀是迄, 其方共千太郎の, 其方共願ひ出たる, 其方前, 其方存ぜぬ, 其方安五郎とは, 其方尋問る, 其方抱の, 其方歳は, 其方若年に, 去月廿七日の, 右詫金百兩を, 大岡殿へも, 或は宴会, 汝が, 瀬川一件の, 白子屋家内を, 退役には

▼ 呼~ (37, 2.5%)

6 の音 2 が鳴った, につれ

1 [27件] かな, がピピーッ, が何所, が高く, が鳴っ, が鳴る, だった, でもふかれる, の, のついた, のなっ, の利目, はなおも, はふき続けられ, は僕, をとりだし, をふき, を出し, を口, を吹い, を吹きあ, を吹きならし, を聞きつけ, を鳴らし, を鳴らした, を鳴らす, 鳴り信号手

▼ 呼ばるべき~ (36, 2.4%)

5 もので 2 すべての, ものである, ものは, 種類の

1 [23件] あらゆる舞台芸術, はおそらく, は善, ものが, ものその, ものだつた, ものであった, ものです, ものでなかった, ものと, ものの, ものを, 人々で, 人であった, 令閨との, 彼等の, 御国の, 文学に, 断乎たる, 詩形は, 諸民族, 関係に, 闘争心を

▼ 呼~ (33, 2.2%)

2 不穩當, 名に, 名義に, 御名に

1 [25件] うちに, 下から, 事に, 事を, 事蹟に, 交通が, 人となりを, 人物に, 仇敵狗奴國の, 今音, 倒置にて, 名が, 名を, 嗣者壹與が, 宗女たり, 居處に, 崩方も, 性質を, 白物よ, 解釋と, 記事に, 記事も, 記事を, 音小鳥は, 領土たり

▼ 呼留め~ (31, 2.1%)

62 て一緒, 炭を

1 [21件] つい忙しくっ, てお, てこれ, てその, て事, て先ず, て問うた, て売, て廊下, て斯室, て災難, て申込書, て町会議員, て自分, て蓮太郎, て車中, ながら叔母, ながら翁, を申し, 之に, 百両物の

▼ 呼~ (30, 2.0%)

2 城と, 山亀と

1 [26件] いるの, いわく, 一ツ所を, 二氏の, 今日は, 佛の, 傳吉の, 八山へ, 呉れ下, 圧制議長と, 壓制議長と, 大空を, 御月番, 悉く売, 新聞屋新聞屋と, 来た, 来て, 次右衞門, 水を, 渾名を, 真の, 石盤に, 置己は, 能舞臺に, 評議員席に, 馳走を

▼ 呼~ (30, 2.0%)

6 りながら 2 りつ, りて

1 [20件] つた, つたは, つて勢に, つて居りました, つて歩行いた, つて船頭さんは, なかった, また此二王, りけるに, りける其間, りける越前守是, 下界の, 不審なり, 何年に, 卑弓彌, 卑彌呼と, 如何なる方法, 姫兒と, 此亂中に, 狗奴國男王の

▼ 呼~ (28, 1.9%)

2 なったわ, なつた, 来て, 遣したり

1 [20件] なったん, なって, なつたんぢや, なる, なると, なる事, やつて, 任すべからざる, 何の, 八重咲は, 勇む今, 對し, 對する, 就て, 来た, 此方の, 行く時, 遣けるに, 遣たけれど, 遣り猶

▼ 呼はり~ (27, 1.8%)

3 ければ, して, は太吉, 置いて 2 をされる, をする

1 [11件] するの, といふ, などいた, は何事, をさせぬ, をせられた, を為す, を爲, を致され, を致す, 投げ込みと

▼ 呼止め~ (25, 1.7%)

32 いろいろ話し

1 [20件] したの, たり, てお, ておい, てまだ, てやっと, てやめさした, て二人, て打明けるであろう, て振り返った, て斯, て見舞, て記念, て頼み, て顔見世, になった, わざわざ戸, を食った, 何事か, 切手は

▼ 呼~ (25, 1.7%)

2 をかしく客

1 [23件] が寄せ, が聞えた, が闇, でも聞こえる, と櫂, に家内, に少し, に愛想, に提唱, に續, に連れ, のアクサン, の聞, は春先, も人, も實, やらがたくり, をきく, をこ, をひそめ, を寢, を聞きつける, 高く彼

▼ 呼わり~ (23, 1.6%)

4 をする 2 をされる

1 [17件] ければ, これも, される覚え, つつ去ゆけり, て掴み, ながら門巷, にされ, にし, に憎悪, の後, は失敬, は聞き捨て, をされ, をし, をしない, をなさる, を為

▼ 呼~ (22, 1.5%)

4 になり

1 [18件] あるを, ある時駕籠, たる後, では必ら, では揉, と成し, と相, になりし, になりしか, に久兵衞, に相成, に隨, の聲, や否, れけるに, れコリヤ五兵衞其方, れ療治, を待

▼ 呼~ (21, 1.4%)

2 披露し

1 [19件] その交際, 其印籠を, 其方は, 其方盜賊の, 十八歳なる, 只今番頭樣より, 夫婦の, 彼の, 我等は, 未來の, 未来の, 来る蜂, 次島と, 申ける, 申樣汝に, 當年二十歳に, 終に我が家, 見するに, 遊し

▼ 呼~ (20, 1.4%)

2 て下り

1 [18件] ている, てもそれ, てやり給え, て下る, て其非, て千金一擲, て啓発, て城, て廃殿, て柁師, て武将, て漫, て猟, て皆, て立た, て立て, ながらシャルムウズ, ながら哥薩克

▼ 呼~ (18, 1.2%)

1 [18件] でおく, デダマシテ聞イタラ, デ世話, デ世間, デ十分ノ用意ヲシテカヽッタンダカラ, デ墓, デ婆羅門参卜為ス, デ小, デ役所, デ彼等, デ来, デ浜作ニ電話サセ, デ滑リ台ト滑車, デ祈, デ種々, デ置イタカラ, デ遊ン, デ頼ンダカラ

▼ 呼~ (16, 1.1%)

10 して 1 しうるやう, した相棒, し針, し黒, するところ, の愉快

▼ 呼~ (14, 1.0%)

2 申たてまつる

1 [12件] なす, 云はずし, 同じく日子, 同じく狗奴國王, 吸との, 戰つて勝利を, 書けるなり, 申さる, 申奉れる, 称し腎臓, 稱し, 記したれば

▼ 呼立て~ (14, 1.0%)

4 申して 3 して 1 したこと, て, て速, の沙汰, 居る, 申しましたの, 申しまして

▼ 呼~ (14, 1.0%)

3 して 2 すること 1 から始めて, した其太平道, しつつ, しながら, すべし, するもの, するソ連, する人, の響

▼ 呼売り~ (13, 0.9%)

3 をし 1 が京都, などが出来なかった, などはなかっ, の声, の男, はこの, は天保, を急ぎました, を見, を買わせ

▼ 呼~ (11, 0.7%)

2 熊襲の, 神功皇后と 1 してから, はじめと, 何人と, 全く神功皇后, 奉じて, 神功皇后なりと, 神功皇后に

▼ 呼~ (10, 0.7%)

1 けるに, ける三五郎清兵衞, ての大饗應故村, て召捕, て吟味なす, て相談, になっ, になつ, に相成, 篤と相

▼ 呼集め~ (10, 0.7%)

1 ていきり立つ, ていた, て丑松, て右, て居る, て平和, て後々, て手, て来ました, て粗末

▼ 呼~ (9, 0.6%)

2 にし 1 です, にされる, にしない, にする, になすっ, にもなさらない, 片腹痛しと

▼ 呼留められ~ (9, 0.6%)

1 てうっかり, てうつ, てキヨ, て又, て新兵, て物蔭, て肝胆相, て車賃, 人は

▼ 呼~ (9, 0.6%)

3 るに 2 るほか 1 して, たり, る時大岡殿席, 申せども

▼ 呼~ (8, 0.5%)

7 で来い 1 で来

▼ 呼はる~ (8, 0.5%)

1 にぞ連, に惣内心得脇差, ので始め, やういでい, ゆゑ夫れ, を徳太郎君聞給, を聞檢使, を長

▼ 呼棄て~ (8, 0.5%)

2 にし, にする 1 にされ, にされた, にしかねはせぬ, にせらる

▼ 呼止めた~ (8, 0.5%)

2 のです, のは 1 って上る, のだ, んじ, 門附の

▼ 呼~ (8, 0.5%)

1 が延び, が温か, が源吉, の濕氣, は, は酒, を吸つて, を被

▼ 呼~ (8, 0.5%)

1 があつ, して, す, する, するはうが, する必要, の便利, を襲用

▼ 呼起し~ (8, 0.5%)

1 あるかぎり, てかかった, てしまった, て二人, て早々, て残飯, て行く, て黄鳥

▼ 呼はれ~ (7, 0.5%)

1 ば夜番, ば山内, ば彼, ば此, 共大勢, 共良夜, 憑司に

▼ 呼止められ~ (7, 0.5%)

1 て尋問, て小料理屋, て日和下駄, て検査札, て検査済, て芳年, 新ば

▼ 呼止める~ (7, 0.5%)

2 のを, 者が 1 やうに, 一人が, 人が

▼ 呼起す~ (7, 0.5%)

1 さま, に未だ, に足る, のだった, のだつた, のも, 力と

▼ 呼かけ~ (6, 0.4%)

1 たり, てくれた, て北海道, でも奥, と対照, 馬具は

▼ 呼~ (6, 0.4%)

2 女王として, 年長じ 1 九州に, 熊野の

▼ 呼ばい声~ (6, 0.4%)

1 が不気味, が玄妙, が鈴, の方, も鈴, 突然ふと聞えなくなる

▼ 呼ばり~ (6, 0.4%)

1 が始まる, されたら怒ろうわ, は, わする, をことさら, をする

▼ 呼~ (6, 0.4%)

2 をされ 1 て息絶, をや, 數寄屋橋を, 確な

▼ 呼~ (6, 0.4%)

2 の声 1 された, して, の瓦版, をし

▼ 呼~ (6, 0.4%)

2 にする 1 であった, にした, にせず, になさる

▼ 呼立てる~ (6, 0.4%)

2 中にも 1 ので本人, のも, ほかには, 声も

▼ 呼~ (6, 0.4%)

1 となしし, と云, と曰, と爲す, と讀み, は襲

▼ 呼~ (5, 0.3%)

4 の行 1 起し憂苦を

▼ 呼を以て~ (5, 0.3%)

2 神功皇后に 1 しても, 熊襲に, 神功皇后と

▼ 呼出せる~ (5, 0.3%)

2 人間, 相手を 1 ように

▼ 呼女王~ (5, 0.3%)

2 の人物 1 に擬せしなり, の時, の本地

▼ 呼~ (5, 0.3%)

2 をする 1 じゃ, の変化, を傳

▼ 呼時代~ (5, 0.3%)

2 に於ける 1 でも新, には夫婦, を來

▼ 呼留めた~ (5, 0.3%)

1 に相違, ので丑松, のは, は秋元, ものが

▼ 呼起され~ (5, 0.3%)

1 ている, てくる, て髪, て髮, 世の中には

▼ 呼返した~ (5, 0.3%)

2 のやら, 上下手人に 1 故であった

▼ 呼~ (4, 0.3%)

3 くる事 1 へす鮒売

▼ 呼ばい声鈴~ (4, 0.3%)

4 の音

▼ 呼ばった~ (4, 0.3%)

1 だけで安心, で違った, にどこ, べす

▼ 呼ばるべきで~ (4, 0.3%)

2 はない 1 そうすれ, はなから

▼ 呼わっ~ (4, 0.3%)

1 て居る, て曰く, て歩行, て船頭さん

▼ 呼~ (4, 0.3%)

1 ければ, て杉戸屋, になった, 今の

▼ 呼問題~ (4, 0.3%)

1 の解決, の難, を, をし

▼ 呼息時~ (4, 0.3%)

3 に行われる 1 には少く

▼ 呼懸け~ (4, 0.3%)

1 ざま飜然と, たり, て, ながら店

▼ 呼~ (4, 0.3%)

1 にあずかり, イヤ然, 今汝, 御邊此書面

▼ 呼止められた~ (4, 0.3%)

4 のです

▼ 呼返し~ (4, 0.3%)

1 て其穴, て相川, て色々, て追って

▼ 呼返す~ (4, 0.3%)

1 ことが, と云う, 力に, 鮒売見えぬ

▼ 呼かへ~ (3, 0.2%)

3 しては

▼ 呼~ (3, 0.2%)

3 つるに

▼ 呼つれ~ (3, 0.2%)

3 て表

▼ 呼とは~ (3, 0.2%)

1 倭姫命なる, 傳へ, 女王の

▼ 呼~ (3, 0.2%)

1 にぞ夫, のは, 女を

▼ 呼れたる~ (3, 0.2%)

1 は茶柳条, もの也, 忠八と

▼ 呼わった~ (3, 0.2%)

1 がどやどや, が音, そうでございます

▼ 呼上げ~ (3, 0.2%)

1 ては聴衆, て通る, 呼下し

▼ 呼上られ~ (3, 0.2%)

1 其方伯母は, 其方家主の, 昨冬霜月十七日の

▼ 呼~ (3, 0.2%)

1 は蓋し, は貞世, を経る

▼ 呼寄せ~ (3, 0.2%)

2 になっ 1 になつて

▼ 呼懸けた~ (3, 0.2%)

2 のは 1 お三輪

▼ 呼懸ける~ (3, 0.2%)

1 確かに, 神社神道を, 者も

▼ 呼~ (3, 0.2%)

1 であり乍ら, として意味, の上

▼ 呼~ (3, 0.2%)

1 たれど, て知らせ, 成れ候

▼ 呼留める~ (3, 0.2%)

1 と子供, 声を, 言葉まで

▼ 呼立つる~ (3, 0.2%)

1 が囁く如く, に少年, 忙しさ

▼ 呼立てられ~ (3, 0.2%)

1 てドイツ, はっとして, 得三は

▼ 呼立てられる~ (3, 0.2%)

3 にはい

▼ 呼~ (3, 0.2%)

1 筒が, 筒と, 筒詳しく

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 て詔給, の行

▼ 呼かける~ (2, 0.1%)

1 なつかしみ, のです

▼ 呼き出した~ (2, 0.1%)

2 ところで

▼ 呼した~ (2, 0.1%)

1 のに国ポケント突, 話を

▼ 呼する~ (2, 0.1%)

1 声が, 盲者の

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 申度念願に, 給ふ

▼ 呼だす~ (2, 0.1%)

1 のを, も氣

▼ 呼はる声~ (2, 0.1%)

2 の下

▼ 呼ばっ~ (2, 0.1%)

1 てこい, て来い

▼ 呼ばった人~ (2, 0.1%)

1 の親切, はまだ

▼ 呼べり~ (2, 0.1%)

1 けだし鶴ヶ岳, ともいふ

▼ 呼べり軟化~ (2, 0.1%)

2 したりと

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 せず, 殆ん

▼ 呼りん~ (2, 0.1%)

1 が鳴った, を押さない

▼ 呼れし~ (2, 0.1%)

1 時十兵衞, 時彼は

▼ 呼わる~ (2, 0.1%)

1 の合唱歓呼, 程こそあれ

▼ 呼わる者~ (2, 0.1%)

1 あり, がある

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 女ボーイトナシ又, 曰ク武士

▼ 呼一吸~ (2, 0.1%)

1 さながらそこ, のうち

▼ 呼上げられ~ (2, 0.1%)

1 てはつねに, 男純情の

▼ 呼上る~ (2, 0.1%)

1 時各々一同に, 時大岡殿忠兵衞へ

▼ 呼上れ~ (2, 0.1%)

1 ば執, ば次右衞門

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 り簾, るべしと

▼ 呼入られ~ (2, 0.1%)

1 三五郎妻お, 酒井侯には

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 る可, れとの

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 なりとある, 即ち人

▼ 呼~ (2, 0.1%)

2 次有姐奴國

▼ 呼寄られ~ (2, 0.1%)

1 其方店に, 城富を

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 思ひ其夜, 思へども

▼ 呼延賛~ (2, 0.1%)

1 の末裔, の玄孫灼

▼ 呼息状態~ (2, 0.1%)

1 でも起り, で行われる

▼ 呼掛る~ (2, 0.1%)

1 者あり, 者有故

▼ 呼止れ~ (2, 0.1%)

1 ども兩士, ど靱負

▼ 呼留められる~ (2, 0.1%)

1 から大寺源十郎, やうで

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 とは賭博, 相逢還解有情

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 と称する, の地

▼ 呼血器~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 呼覚され~ (2, 0.1%)

1 て, て眠い

▼ 呼覚す~ (2, 0.1%)

1 かのよう, 時が

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 す聲, り天

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 の瓦版, をし

▼ 呼賣り~ (2, 0.1%)

1 で知りました, の聲

▼ 呼起した~ (2, 0.1%)

1 のは, 大動機

▼ 呼起すべき~ (2, 0.1%)

1 術を, 道に

▼ 呼起そう~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 呼込み~ (2, 0.1%)

1 で景気, の男

▼ 呼~ (2, 0.1%)

1 へて妾, へられけり

▼ 呼近づけ~ (2, 0.1%)

1 今日は, 申樣は

▼ 呼返そう~ (2, 0.1%)

1 との相談, と思っ

▼ 呼還せ~ (2, 0.1%)

1 アレが, 但しソレ

▼ 呼邑國~ (2, 0.1%)

2 次有華奴蘇奴國

▼ 呼集めた~ (2, 0.1%)

1 が一時間, 時には

▼ 呼馴れし~ (2, 0.1%)

2 旧都の

▼1* [386件]

あげて庭, 呼いおとこ弥勒の, 呼いだして淫し, 呼いよせられたことであった, 呼おこすべく見わたす限り物すさまじき, 呼かけたいようだった, 呼かけたる一語は, 呼きして飛ん, 呼ければ漸く, 呼こまれて一飯, 呼これは一体どう, 呼され五十二歳をもって, 呼ざるを兩人, 呼すれば彼, 呼せざるを得ず, 呼せしめ我の, 呼せずんばあらず, 呼せたれば追, 呼せらるる尊き御身分, 呼せられよ, 呼たいためと, 呼たることも, 呼キリストは, 呼だしの声まつ外, 呼っているその, 呼つけられて枕頭, 呼とに限るべからず, 呼とめ老夫, 呼とを同一人物, 呼せいや, 呼ながら入るに, 呼なさいますな, 呼なさるじゃない, 呼なされて息子, 呼なすって下さい, 呼などが神祇を, 呼ばなるまい, 呼はば応へ, 呼はらせ其處へ, 呼はらむかたきの, 呼はり其分には相, 呼はり捕方の者十人餘, 呼はり組頭衆や年寄衆, 呼はり酒興と云, 呼はれるように, 呼はんと欲す, 呼ばいでもよかっ, 呼ばらなくちゃ, 呼ばらつせえ, 呼ばらんしよ伯母さん, 呼ばると華, 呼ばるべきであろうか, 呼ばるべきでしょうが私, 呼ばるべき腐れし心を, 呼びあげるわけあい又その, 呼びあげるわけあひ又その, 呼びあひそれからまた耳環, 呼びあへばすぐ逢ふ事, 呼びいゝだらうと思つてねえ, 呼びおうてここにむらがりお道, 呼びかくること穩當ならず今, 呼びかくるさまなど画の如し, 呼びかくる人もなく, 呼びかけあんなにもいくども誓ったあの, 呼びかけずにしまつた千恵の薄情さ, 呼びかけてゐるのであるからさうして改めて妻, 呼びかけられておすえはどぎまぎしちょっと首, 呼びかけるのはよかつた螢もちらほら, 呼びかたがいくとおりも日本にある, 呼びかはして入りに行きます, 呼びかはす声別離を告げる, 呼びかはす聲も霞, 呼びかふ声を耳, 呼びかふ聲を耳, 呼びかへしてゐたさうだが返事の表書, 呼びけるにぞ巳刻時分より五六十人一座, 呼びこみの声もなく, 呼びこをとりだしてピリピリ, 呼びごえにもそして焦げた, 呼びごえのように遙かで夏, 呼びごえもすべてが秋, 呼びごゑがよせやいとせせら笑つて, 呼びごゑではなかつただらうか或はさ, 呼びごゑのやうな節も感ぜられた, 呼びごゑは遠い昔, 呼びさうなけはひがあるので男はつと, 呼びさましたれどこれは日頃, 呼びさませばなお始末が悪い, 呼びしてすみませんといやに丁寧, 呼びしてわざざわざ参った甲斐, 呼びすてにしてはいけません聖人といわれる, 呼びずてで始めるが, 呼びずてにして不埒な新聞, 呼びずてにして用を云いつける, 呼びずてにしなければならないようなものが俺のうち, 呼びずてにするから脅して, 呼びずてにするから市中のもの, 呼びずてにする事はしなかった, 呼びせにゃならないしそのこと, 呼びたてすることはござりませぬがちとこみ入っ, 呼びたまえりもはやうち捨て帰らん, 呼びだされたおたねは帰って, 呼びつゞけてゐる聲だけがある, 呼びつゞけながら昌さんは榛の木, 呼びつゞけるということだけでわたくしのいのち, 呼びつゞけるのを利用して, 呼びつゞける必要はない, 呼びてこなたに來らせよ, 呼びとめては買つたもの, 呼びとめられもせずまた私, 呼びとめるとかれは逃げ出した, 呼びなせしもの, 呼びにいつたんだけれどその方, 呼びにおやりになるとすぐに, 呼びにおよこしになったのですもの伺わないでは, 呼びになつていたゞきたいと申上げたの, 呼びにやってもすぐの間に合わず時間, 呼びにやつたんですけれどまだ來ませんの, 呼びにやつた医者が来ない, 呼びにやるとやっと一度位は来た, 呼びはじめたのはそもそもいつ頃であって, 呼びまゐらせて再び巴里, 呼びもどそうと後を追う, 呼びものとなったのもゆえあることでしたがやがての, 呼びやおへんのどしたら帰っと, 呼びやしてやよつて早う行, 呼びやはったんやエエ口惜しい口惜しい今, 呼びよせずとものことと不快に思った, 呼びよせただらりの帯の舞い子, 呼びよせてはみたけれども貧しくあの, 呼びよせてもはずかしくない仕事だ, 呼びよせなさりながら今昔の移り変り, 呼びをやる間には右, 呼ぶちゅう無茶な, 呼へばたちまち夜叉, 呼べりおごそかに, 呼べりわれすなは, 呼べり卷頭に詩神, 呼べり我今象, 呼べり親紋太夫の氣, 呼べり譬ふれば, 呼べり遠矢射る神プォイボス・アポローン, 呼ましたから犬, 呼むだのはいつも, 呼むだ者があつ, 呼むでゐるしやがれ声が聞えた, 呼むでゐる一人の少年, 呼ものなく叮嚀屋, 呼もろともに覚悟, 呼よい物と, 呼るるにぞありける, 呼れたれば貫一, 呼れますばかりで, 呼れる方へ, 呼わりたる国麿は, 呼わりますると三声, 呼わり食物なくし, 呼トアルニ由リテ日韓古史斷ハ卑彌弓ヲ日子ト讀ミテ, 呼ト云ヘトモ, 呼ハモト卑呼彌呼トアリケンヲ, 呼ハ熊曾ノ女, 呼バセルノハドウデショウカネ中ヲ取, 呼バレ明治三十三年五月四日内務省ニテ談判行ハレタ結果大倉等, 呼バレテ行ッタガ着物ハ出来金モ, 呼入レル, 呼ビニニヤッテオシ籠メルト相談ガキマッタガ精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラワタシモ困ッテ居ルト云ッテ, 呼ビニヤッテ源太郎ガ来タカラ段々酒酔, 呼ビニヨコシタカラ精一郎ガ部屋ヘ行ッタラ, 呼ビニヨコシタカラ行ッタライロイロ馳走ヲシタ, 呼ビニ来タカラ行ッタラ親父ガ云ウニハオノレハ度々不埒ガアルカラ, 呼ビニ来ルカト待ッテ居タガ一向沙汰ガナイカラ, 呼ビ出サレ然ルニ川村エカシ, 呼ビ出シテ家作モ直シ, 呼ビ功用ヲ称シ能毒, 呼ビ捨テニシテルジャナイカ浄吉モオ前サンノコトヲワタシノ, 呼ビ捨テラレルモヘイヘイト追従笑ヒナド泛ベタルハ, 呼ビ方ヲ殊更, 呼ビ方ト声ノ調子ガ違ッテイタ, 呼ビ方ハ今マデノ呼ビ方ト声, 呼ビ舞台デ見, 呼ビ都会人ノ多, 呼程, 呼ブモアリ武門悉ク犬ヲ繋ギ, 呼ブ五月茎梢ニ花ヲ開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル, 呼ブ場合ガ多イ, 呼ブ者ノ若, 呼ブ者アリ葉形オホツヅラフヂニ似テ薄ク色, 呼ベド叫ベド人は来, 呼ボウカドウシヨウカトシバラク三人デ相談シタ, 呼リンはなんど, 呼リン一つで用, 呼脱シ, 呼ンダノガ〇時半頃氏ガ帰ッタノガ今暁ノ二時頃, 呼ンダノデアラウ又常, 呼ンダレドだれも助け, 呼ンダレド呼ンダレドだれも助け, 呼ンデオレノ住居ヲ分, 呼ンデカツフヱート称スルモノ即是ナリ, 呼一吸戀にあらざる, 呼上げたら彼れ, 呼上げ祝儀を奮発, 呼上行違ひ候節嘉川家, 呼下し最初に, 呼下し天下の政事, 呼下度候段奉願候処, 呼世俗に良心, 呼事能はず何所までも無言, 呼事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 呼事鬼道能惑衆年已長大無夫壻, 呼二跡の歌, 呼二階へ上り三人膝, 呼交す人声も, 呼交わしてそのまま, 呼今年二十五歳にて美男, 呼付藤五郎兄弟は其方, 呼保義の, 呼候者共と勝負, 呼倫湖からシベリア, 呼したる仮作譚, 呼分けるなんて油断, 呼初め一軒づつに今日, 呼判官は深く, 呼勘兵衞殿は其方, 呼即ち倭迹, 呼及其嗣者壹與は崇神天皇, 呼及其居城邪馬臺等の考定, 呼及壹與を加, 呼及狗奴國の名, 呼しも太守樣, 呼叫ぶに向, 呼叫べど最早, 呼召令憶本願とある, 呼の話, 呼ければ, 呼合っている, 呼淺猿き, 呼嗚如斯談話を聞ける, 呼嗚空袋の諸, 呼売りして歩い, 呼売りしたらこれで, 呼売りする者とが, 呼売一枚くれ, 呼売人が嗄れた, 呼売商人が叫ん, 呼壹與等が九州北半, 呼大酒盛となり, 呼来らず, 呼到茅堂, 呼寄るは多分, 呼寄セテ兄ガ家事不取締, 呼寄一通り糾問に取掛られ, 呼寄候て及應接, 呼寄其方事此度畑より古金, 呼寄名香紛失につき内々, 呼寄對面せんと, 呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 呼寄父樣死なれし以來種々不幸, 呼寄相談に及びし, 呼寄私し竊, 呼寄駕籠二挺人足三人づつ尤も通し, 呼布利弥由母阿是古志麻波母, 呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米, 呼年長不嫁, 呼幼年にて兩親, 呼延氏さっそくご, 呼延灼たる者なんで否まれよう, 呼延灼らの部隊, 呼延灼朱同など水陸七千人, 呼延灼董平など, 呼は何, 呼彼使者に大膳殿, 呼息づかひ喘げば盛りし, 呼息まことに, 呼息逼り白刃, 呼吸もしくは, 呼愚吸のほか, 呼慣わしで竹刀, 呼應シテ一擧露國ヲ屈服セシメ, 呼懸くれば答, 呼懸けられたれば隠れ, 呼成れたる故夫, 呼我等が名代, 呼へ昌次郎, 呼拝舞し退いたと, 呼でしたが, 呼掛何れへ參, 呼昨夕からの旅籠酒肴, 呼昨日に變, 呼時一同ハツ, 呼時用人ハツと平伏なす, 呼暴言殆ど常感の外, 呼たれども, 呼松平相摸守殿の屋敷, 呼止めましたが頬冠, 呼止めようとした, 呼止め値切る上にも, 呼歩く蚊帳売の, 呼歩行ことの出, 呼して, 呼段々掛合の, 呼氣吸氣出氣, 呼氣嘘氣呵氣, 呼求むる世を, 呼江戸の得意, 呼活けながら, 呼涕泗して, 呼が魂, 呼渡図一幀巣兆樗良蜀山素檗乙二等の自, 呼漁艇分幽韻, 呼然し破滅以外の, 呼爲半仙戯とある, 呼特ハン競走で寺田, 呼しかども其甲斐, 呼生るに暫く, 呼申さないで済む, 呼申しはいたしません, 呼申したよサア, 呼留たるは彼, 呼留めるではありません, 呼留め飛乗りざまに, 呼疾走して, 呼稱そのものにおいてすでに, 呼立つること矢叫び, 呼立ていたしましてハイハイ, 呼立てしが返事, 呼立てする以上申す, 呼立てない非凡の, 呼立てれば, 呼立濟て大岡越前守殿九郎兵衞, 呼笛鎖鉢巻合印の布, 呼米商賣を, 呼素不和遣倭, 呼をひい, 呼絶叫怒罵と, 呼続け候故, 呼置きたる此家の, 呼ひしが, 呼習つて居たり, 呼聲あたりに高く, 呼聲袖何せよ彼, 呼自分の頭脳, 呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和遣倭, 呼崎が, 呼苦しい眠りから, 呼又挙觴, 呼嘯き一吸竜, 呼號何ノ影響アラン, 呼覊雌玉奴琵琶龍香撥倚歌促酒聲嬌悲とある, 呼覚される時刻でない, 呼覚している, 呼覚したという, 呼覚ますのでせう, 呼言葉と絶えず, 呼謹愼ずんば, 呼樣達は, 呼起されたかを深く, 呼起さんことを, 呼起しますから何心, 呼起し急用なれば, 呼起し蔵へまいっ, 呼起せることルカヌスの, 呼跳浪して, 呼迎えられる日の, 呼附け, 呼返され慌てて戻り, 呼返し給ふやと, 呼ふる声, 呼還しに来た, 呼還すように, 呼なる兩人, 呼醒されたことも, 呼醒し人心を, 呼醒したのは, 呼醒まされて更に, 呼里山の西南, 呼をたたいた, 呼長八は何れ, 呼関東は不幸, 呼附け言葉も, 呼雨恰是軽陰, 呼韓耶単于をこしらえ, 呼韓邪単于, 呼にも氏, 呼馬蹄に土, 呼の四分, 呼と名付ける