青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「器用~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喰~ 嘉~ 嘗て~ ~嘘 嘘~ ~噂 噂~ ~器 器~ 器械~
器用~
四~ ~四つ 四つ~ ~四人 ~四方 四方~ 四月~ 四角~ 回~ 回復~

「器用~」 1057, 10ppm, 10264位

▼ 器用~ (401, 37.9%)

4 使って 3 出来て, 動かしながら, 受けて, 吐くもの, 書いて, 火が, 火を

2 [14件] あきらめたが, あきらめた方, いたわって, うごく手, その品物, それを, やって, ポンと, マッチを, 三枚に, 動くの, 嘘も, 拵えて, 煙の

1 [348件] あけたり, あしらって, あつかって, いろいろの, いろいろよく知っ, うごかしからんから, うごきはじめる, うんと, お両親, お律, お酌, お金を, お飲みくださりませ, かき上げた, かき上げたり, かき上げながら, かくれ家, きちんと並べ立て, くるくると, くるりと, くれたの, ぐいと引き金, こしらえられて, こなして, こなす奴, こなす子供たち, こなす鷲尾, この部屋, さつさと, さつと, さばいて, さばきやしょう, しごきながら, しばらせたおさめという, しゃべった, じゃァ, すがた, すくい上げて, すすめた, すべるの, すぺいん生れ, すり取った, すり抜けて, ずらかって, ぜんまいを, そいつを, そうは, そう出す, そう立, その上, その仕事, その刃, その火, その裸体, その頭, たおれた人, つかって, つまみ上げるの, つまんで, できて, できれば, とんとんと, どこかへ, なって, なるには, なんでも, ぬいたわね, はぐらかすこと, はじきながら, はたらかせて, はねのけて, ぱちつかせた, ぱちんと鋏を, ひきこなして, ひとまわしまわす, ぴよいぴよい飛び越え, ふりながら, ぼかして, まとまって, まとまつたもの, まとめて, みえる不器用さ, むいて, むしられる, もとの, やった, やってのけたので, やってのけるの, やってるし, やるから, やるの, やれるという, クル, クルミの, サツと, スキーを, スケッチする, ヒロポンを, ブチまけましょう, メスを, ワンピースを, 一本ぬき取った, 丁寧に, 三千両を, 三千兩を, 下げた, 下りながら, 久慈の, 乾した, 五万両出す, 五体へ, 人ごみの, 人間の, 仕上つて, 何でも, 使いながら, 使い分けるもの, 使う人, 使つた, 使ひ, 働かず好んで, 儲けれないという, 儲けれないといふ, 其が, 円く飯, 冬菜鶯菜牛蒡人参などの, 出すでしょうが, 出來, 出来たその, 出来たらう, 出来てるなあ, 出来ないの, 出来ようと, 出来るので, 出来上つて, 刀子を, 分裂した, 切った, 切り上げた彼女, 切り上げるつもり, 切れるじゃ, 切上げて, 剃刀を, 剥いて, 剥がしたもの, 剥がして, 割った, 動かした, 動かした春重, 動かして, 動くね, 動く手, 動く指, 動く田舎, 動く綺麗, 化けては, 十手を, 卷いて, 取りまわして, 取り入れること, 取結んで, 受けた, 口びるにあてて仰向き, 口へ, 右左へ, 唄って, 団塊を, 塞いで, 変装し, 夕刊を, 外へ, 大胆に, 大風呂敷, 始末し, 封を, 小父ちゃん, 小腰を, 小鍋, 居酒屋の, 履いた草履, 履いて, 巻いて, 巻きはじめる, 帯から, 帯を, 平次の, 庖丁を, 廻しながら, 弁駁し, 引取っ, 引込めます, 弾いた, 弾けて, 役立て, 彼の, 往つたら, 往つてさうです, 往生しねえ, 徐々と, 御化粧, 心憎くも, 忍びあし, 快よく, 懐紙へ, 手さばき出来る, 手の甲へ, 手を, 手先が, 手巾を, 手早に, 払ひ, 扱いそれ, 扱うよう, 投げかけた, 投げられたので, 投げ出したね, 折り曲げて, 抜き出すと, 抜け出して, 括った, 拵える, 拵へる, 拾いながら, 持たれたそれでは, 持ち更, 持上げて, 挙げて, 掌を, 描けてるな, 握りしめて, 撚れますな, 支えて, 料理する, 新らしくつくり, 施し用いたという, 曲げて, 来い, 染め直して, 櫓を, 欧州的範疇に, 正しい姿勢, 歩いて, 歯を, 殺られやしたよ, 水を, 泥だらけの, 注射の, 活かして, 活けて, 流しかけて, 浚って, 渡って, 漕ぎ始めながら, 潰しや, 煙草の, 煙草を, 熔接を, 爪先で, 片手で, 片手のひら, 独り占ひ, 産れつい, 甲羅を, 皮を, 皿へ, 盛られた手製, 真似られるかという, 着こなして, 着た, 瞬いたり, 穿いて, 立ちまわれないこの, 竹の, 竹刀を, 算盤の, 粘土を, 紙で, 紙を, 結びを, 結び付けるもの, 結んだ, 綻ばし程よく, 緑を, 編んだ革鞭, 編んで, 編棒を, 羽子を, 翅を, 聡明に, 腕を, 舌が, 舟へ, 芋を, 蓋を, 薄く今, 薬液を, 行かないので, 行くもの, 表記を, 袋の, 裂いて, 裂くと, 西瓜の, 見せたもの, 見恰好, 言って, 討たれて, 詰めた松五郎, 誘ひ出せる筈, 読むもの, 調子を, 謝まっ, 赤ん坊を, 起って, 足は, 足を, 踊った, 身を, 身をかは, 車椅子から, 輪に, 逃げられでも, 運んで, 金口を, 銚子を, 降りて, 障子を, 隠されて, 雨戸を, 霜が, 靴を, 鞍馬山の, 顔の, 顔を, 飛び越えながら, 飛び込んで, 飛べるもの, 飛べるものぢ, 飛んで, 飾っての, 首を, 駕籠ぬけ, 魚を, 鳴らした, 鳴らして, 鳴らしながら, 黒ずんだ板, 鼻緒を

▼ 器用~ (383, 36.2%)

27 手つきで 17 ことが 16 ことを 10 人で 9 ことは 8 細工を 7 ものだ, 男で 6 たちで 5 ものは 4 のは, 手付きで 3 ところを, んだ, 人なら, 手付で, 手附で, 男だった, 真似は

2 [29件] ことの, ので身, まねが, まねを, ものが, ものを, カラクリは, 事を, 働き者を, 大工で, 娘だ, 字を, 幽斎は, 彼の, 彼は, 性で, 性質で, 手つきを, 手で, 手付を, 手品を, 泥棒が, 男では, 癖に, 真似が, 真似の, 真似を, 芸当は, 芸術家では

1 [184件] おかたは何, お芝居, お話は, お辞儀とともに, ことで, ことと, ことにも, たちだ, たちだった, つくりようが, つぶて, でき, ところが, ところも, のでまず, ので先ず, のとに, のに敬服, のに誰, ばかりに余計, ばかりに餘計, ひとでありました, ほうが, まねは, もの, ものじゃと, ものぢや, ものである, ものでした, ものです, もんだ, やつが, やつは, やり口にも, やり方は, わけには, わざは, んじゃ, んだろう, んです, ヴィアルドオ夫人が, 三味線で, 三尺床に, 不在証明を, 不在證明を, 世渡りなぞ, 事は, 人が, 人であった, 人でしょう, 人です, 人でも, 人に, 人には, 人は, 人物に, 人間であったら, 人間を, 仕事に, 仕組を, 俵が, 先生の, 其上何處か, 切り抜き模様が, 力の, 千代子は, 博士が, 博士に, 占を, 反作用家であり, 口上は, 句を, 台湾人も, 声が, 太夫さんで, 夫人殺害と, 女を, 女匪, 奴で, 奴と, 奴等が, 娘が, 子だろう, 子で, 字が, 字で, 小僧だ, 小手先を, 少女で, 工藝家な, 左書きで, 幽霊だ, 建築家も, 彼には, 応対が, 性來で, 性質な, 息子だ, 手つきが, 手つきだけの, 手つきでは, 手先で, 手先を, 手早さ, 手様で, 手酌で, 手附きで振り掛け, 才であったらしい, 才覚も, 指先で, 指先とが, 指物師が, 捌きが, 文才には, 方が, 方じゃ, 方は, 日本人だったら, 早業で, 曲者だ, 曲者だって, 木山だつた, 柔かい細かいもの, 柔和な, 業で, 機転を, 洋裁の, 活用であっ, 演奏である, 爺や, 物が, 特技が, 猛獣が, 生まれの, 生れつきで, 生れつきでござる, 男, 男だ, 男であり, 男に, 男も, 男手で, 百姓が, 眞似, 眠り術は, 短篇を, 祖母が, 私だつた, 筆を, 素人では, 素人細工とは, 細工じゃ, 細工だった, 細工である, 経木の, 絵だ, 絵を, 者が, 者は, 職人が, 職人でした, 腕が, 腕に, 腕まえ, 腕まえた, 芸当が, 芸当を, 芸当をや, 若者等が, 華美な, 葉子は, 質だったらしく, 質で, 質である, 踊りぶりを, 身ぶりで, 逃げかたを, 遅い仕事, 運動家で, 鋏の, 長箸, 面じゃねえ, 音楽家でも, 風雅趣味の

▼ 器用~ (65, 6.1%)

4 あつた 2 お雛, はない, 字も, 熱心で

1 [53件] いらつし, うまい字, おいで, かつ多趣味, ござります, さへ, さまざまの, それが, ただすらすら, はありません, はなく, は本人, ばかし出来, よかった, よくおぼえた, よく浅草公園, ハンコを, マメだ, 万事に, 世間では, 事務的に, 何を, 利口だ, 剃刀も, 勤勉で, 十分怜悧で, 変装が, 多趣味な, 大工が, 少しはやる, 巧いから, 御飯も, 忠實で, 手紙の, 手綺麗な, 日本画も, 早速歌詞, 書籍の, 物ずきで, 独創的な, 確りし, 祭の, 私が, 絵が, 絵具の, 絵心も, 美味いという, 自家の, 芸術が, 覺えた, 達者で, 間に合せ遂に, 頓知が

▼ 器用~ (33, 3.1%)

2 にこそ多く, は誰

1 [29件] うです, から芸, から趣味, があった, だけの作品, でしょう, でつり銭, でのみ決する, でパタパタ, というもの, と巧妙さ, と物覚え, と自分, など夢, に不破, に報酬, に感心, に遺憾, はすぐさま, は何時, もあった, も彼, や使いき, をもっ, を利用, を持った, を持つた, を重, を重宝

▼ 器用~ (20, 1.9%)

2 からすぐ, がさすが, ね

1 [14件] から自分, がとても, しひとつ, し書物, し面白い, し頭, ぞ, という, とほめられたなら, と言われ, な, のに, よ, 書生役者なんぞ

▼ 器用~ (11, 1.0%)

1 [11件] もので, 下に, 堪否, 奴の, 手に, 正吉は, 点から, 真似は, 者で, 語尾などの, 質である

▼ 器用~ (10, 0.9%)

1 いうても, おっしゃいますが, みえますな, 小祿, 巧妙と, 想はれ, 手際との, 才気から, 無器用は, 熱心とで

▼ 器用~ (10, 0.9%)

3 弄し 2 喜ぶもの 1 壌り, 損ずるを, 極めて, 看板と, 自慢に

▼ 器用には~ (8, 0.8%)

2 出来ません, 書いて 1 作者の, 纒まってる, 行くまい, 見えて

▼ 器用~ (8, 0.8%)

1 であった, でないこと, で人柄, で影画, というもの, と言, は又, も居る

▼ 器用だった~ (7, 0.7%)

1 からよく, からパリー風, し七つ八つ, という話, とは思わない, のでかなり, よそれでいて

▼ 器用です~ (6, 0.6%)

21 ねえ, ねどれ拝見, よ, わ

▼ 器用である~ (5, 0.5%)

1 からこの, からといっ, ことが, と聞伝え, のに右

▼ 器用でも~ (5, 0.5%)

1 あつた, あるから, 修業としては, 結局第一流の, 電気なし

▼ 器用~ (5, 0.5%)

2 生噛りの, 間に合せの 1 生かじり

▼ 器用であり~ (3, 0.3%)

1 グールメルは, 怜悧であった, 魅惑的の

▼ 器用から~ (2, 0.2%)

1 思いついた細工物, 思ひついた細工物

▼ 器用~ (2, 0.2%)

1 ござる故, 時勢に

▼ 器用すぎる~ (2, 0.2%)

1 ほど器用, 一事でした

▼ 器用だけ~ (2, 0.2%)

2 では

▼ 器用であっ~ (2, 0.2%)

1 て彼, て養父

▼ 器用でした~ (2, 0.2%)

1 がどうしても, しほとんど

▼ 器用という~ (2, 0.2%)

1 ので, のは

▼ 器用といふ~ (2, 0.2%)

2 ので

▼ 器用とは~ (2, 0.2%)

1 主人を, 言い難い

▼ 器用なる~ (2, 0.2%)

1 と不器用, は戸棚

▼ 器用にて~ (2, 0.2%)

1 學問も, 諸芸通達

▼ 器用にも~ (2, 0.2%)

1 なり変通自在, 片手で

▼ 器用~ (2, 0.2%)

1 十分器用だ, 失はれなかつた

▼ 器用らしく~ (2, 0.2%)

1 もない, 小さい男

▼ 器用不器用~ (2, 0.2%)

1 などは大した, は必ずしも

▼ 器用奇智~ (2, 0.2%)

1 などの輩, にあこがれる

▼ 器用~ (2, 0.2%)

1 で師匠, の侯健

▼ 器用過ぎ~ (2, 0.2%)

1 てお前さん, の気

▼1* [41件]

器用ありて天理, 器用がり人の, 器用さ鋭さ愛らしさ, 器用じゃねえか, 器用すぎてお前さん, 器用すぎたのだろう, 器用すぎますぜ, 器用そうです, 器用だつたし白粉, 器用やない, 器用であったものと, 器用でいらっしゃいますから, 器用でいらっしゃるからね, 器用でござれば神楽, 器用でないといふ云, 器用でなければ君, 器用とも器用とも, 器用ともいへぬ手つき, 器用なうごきはできない, 器用なたちわけて耳, 器用なら容易に, 器用なり以上は, 器用な撫でかたしやがるんだろう, 器用にくはへた, 器用にとり交ぜて, 器用ばかりで総身, 器用ぶったりなんかし, 器用を以て易を, 器用ナコトガ出来ルモンデスカナア出来タラマルデ神業ミタイナモンデスナア, 器用ニ水ヲ注, 器用一方で齧り廻る, 器用一辺であっち, 器用謂不, 器用以上人から尊敬, 器用役者あざとくって, 器用忠節を見きわめ, 器用を利用, 器用無器用年齢の高下, 器用なれば, 器用過ぎますぜ, 器用過ぎるほど器用