青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大工~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~ 大尉~ 大小~ 大層~ 大川~
大工~
大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~ 大正~ 大空~

「大工~」 1604, 17ppm, 6585位

▼ 大工~ (461, 28.7%)

8 棟梁の 7 家の 6 家へ 5 おかみさん 4 ような, 方は 3 あること, 女房の, 娘で, 子は, 家に, 家を, 息子です, 方も

2 [45件] やうな, 丁稚に, 中へ, 仕事は, 仕事も, 仕事を, 使ふ, 六三郎は, 兼さんの, 勝次郎が, 勝次郎という, 十兵衛と, 十兵衞と, 半次は, 吉五郎の, 太吉がさつぱりと影を, 女の子に, 妻が, 妻は, 娘, 子, 子で, 子に, 子の, 子供も, 家では, 年造の, 弟子で, 弟子の, 手を, 新八, 方で, 方に, 普請場が, 東造爺が, 棟梁が, 棟梁といった, 棟梁らしい, 棟梁新, 熊五郎が, 熊五郎で, 眞似, 若吉, 音が, 音も

1 [313件] あいだには, あッし, おかみさんぢやつ, おかみさんに, お上さんが, お上さんと, お上さんに, お上さんは, お前さんに, かねや, かみさんと, かんなが, かんなや, ことや, せがれが, ちがいみたいな, つそり, なりわいを, はいって, ひとりは, ふりを, ほかに, まねを, やる方法, ウエストンさんの, ウエストン爺さんに, クリスト, ノミの, ブールガイヤール親方は, プローブカ・ステパンは, プローブカ・ステパンも, ベク助を, ミヘーエフさえ, ミヘーエフじゃて, ミヘーエフなら, ヨセフに, ヨセフは, ヨースト・ヴァン・ホーテンが, 一人が, 一人を, 一人息子であった, 一言で, 丁稚あがり, 丁稚と, 丁稚奉公など, 七つ道具を, 万吉は, 三五郎も, 三谷三次は, 上さんが, 上さんは, 下小屋, 不幸な, 与太郎が, 久治の, 人, 人間は, 仕事が, 仕事に, 仕事場は, 仕業に, 伊三郎だの, 伊兵衛か, 伊兵衛は, 伜に, 作った仮, 使う墨斗, 使う鉋, 使用し, 使用する, 例, 修業し, 倅には, 倅の, 倉吉が, 働いて, 働くの, 六三郎さんで, 六三郎と, 六三郎に, 兼公と, 兼吉が, 兼吉であった, 兼吉と, 兼吉に, 兼吉は, 兼吉を, 内の, 内儀さんと, 出戻娘, 前へも, 労働の, 勇太郎, 動作に, 勝次郎だろう, 勝次郎で, 勝次郎とが, 勝次郎を, 半之丞には, 半次, 半次の, 半次母子も, 原始的な, 口に, 吉さたのん, 吉五郎は, 吉五郎を, 名, 名人を, 商売が, 喜助を, 墨つぼ, 外国人の, 夜為事の, 大棟梁, 夫婦はじめそれを, 夫婦按摩傘張りの, 夫婦者が, 奉仕を, 女房が, 女房として, 女房に, 女房は, 奴は, 妻だ, 妻君の, 妾と, 妾の, 妾時代から, 姉さんでねえ, 姿も, 娘の, 娘を, 娘五番目は, 子が, 子だ, 子である, 子でした, 子では, 子なども, 子を, 子ヤソ, 子供の, 子供や, 守利武なんぞに, 安田倉吉と, 家で, 小僧に, 工場の, 常識が, 年さんという, 年造それから, 年造だ, 年造という, 年造に, 庄蔵が, 弟子, 弟子が, 弟子と, 弟子にな, 後家である, 徳が, 徳に, 心得が, 忰なぞが, 忰れ, 恋愛事件それが, 息子で, 息子の, 息子も, 悲しさ, 所から, 手で, 手では, 手にかけて, 手伝いなど, 手斧ぐらゐは使へる, 手脂に, 手許から, 手間取りその, 手間賃だの, 持つ墨壺, 数よりも, 數よりも, 新左, 新左衛門という, 新左衛門の, 方から, 方の, 旁ら既に, 日當が, 普請小屋の, 曲尺を, 書きいれ時, 有であった, 木ッ葉拾い, 木曾, 本職を, 杢さんからも, 東五郎と, 東造爺は, 松さんとは, 松太郎の, 柏木藤兵衞は, 柾次植木屋の, 棟り, 棟梁, 棟梁で, 棟梁であった, 棟梁といふ, 棟梁とは, 棟梁に, 棟梁伊兵衛暗い, 棟梁新八が, 棟梁泉田筑後から, 棟梁泉田筑後と, 棟梁泉田筑後の, 棟梁泉田筑後は, 棟梁警察署からの, 棟梁辰五郎といふ, 棟領を, 業に, 死体を, 死骸が, 治公って, 注意を, 流儀じゃ, 流儀でも, 流義の, 清五郎が, 清五郎で, 清五郎と, 渡世には, 源坊が, 源次は, 演説を, 無細工さ, 熊さんがを, 熊五郎は, 燃火の, 父が, 物差しは, 独り者が, 狼が, 狼の, 狼は, 理論家石切の, 生活などに, 用ひる, 目を, 真似も, 真似を, 真似出来ない, 真鍮張りの, 石頭に, 禅勝という, 竹次二人とも, 細君と, 細君は, 美男を, 老夫婦, 考えそう, 聲で, 職を, 職人で, 胸に, 腕が, 腕と, 腕前という, 若い夫婦, 荒き仕事, 藤吉が, 術では, 裏二階を, 補祭ハロルド・ロスリッジを, 見習を, 親方も, 角三が, 話などの, 語を, 賃金を, 賃銀の, 足留め金を, 辰五郎は, 道具と, 道具一式が, 道具箱にも, 道具箱ほど, 金五郎が, 金五郎の, 金五郎は, 金五郎も, 金五郎を, 金五郎大, 金槌の, 金蔵だ, 鉋の, 鉋ダコだ, 鉋一つ買う, 鉋屑に, 長い鉋, 長さんだ, 長さんで, 長助が, 長老様って, 間では, 音, 音を, 頭の, 頭梁で, 顔が, 馬が, 馬五郎ならざる

▼ 大工~ (154, 9.6%)

4 来て 3 はいって, 仕事を, 入って, 家を 2 あるが, やって来て, 下手だ, 夜網に, 釿などを, 非常に

1 [126件] あって, あろうか, あろうゆえ, いうと, いたり, いますか, いる, うしろ姿を, かなづちを, かんなを, きて, このあたり, この五階, この川狩り, これで, しきりに鉋, そそっかしく東北, そのお腹, びっこでも引い, へただ, ほしいと, まじって, また川, まだ来, みんな昼寝を, もうへ, もう木組み, コロリで, チーフメーツに, ポインタァ, ルーイイー街で, 一々重い, 一人この, 一人梯子か, 一人猟師が, 一杯御馳走, 下りて, 下受けした, 中橋の, 主人を, 二三人頻りに, 二人ばかりの, 二十人, 五人といふ, 人に, 今も, 仕事の, 何かの, 何を, 何人でも, 何時間働こう, 作つてただ家の, 使うよう, 使ふ, 例の, 依然として仕事, 入り人足, 八人その, 六畳裏の, 出来るので, 出稼ぎに, 助けて, 十五級相当の, 叫んだ時, 商売でございまし, 四人仕事を, 多い, 多いの, 多人数集っ, 大工として, 天井張った, 妾の, 嫌ひなら仕方が, 寝そべって, 寢そべつて, 小学校を, 少し鑿, 尠く, 居た, 居ましたか, 屋根に, 帰って, 廂を, 建具を, 弟子と, 張つて行つた湯殿の, 彼の, 彼方此方し, 愛宕下の, 或る, 手を, 拾い育てた野猪, 持って, 普請する, 普請でも, 木工頭お針の, 机を, 村の, 来たと, 来硝子障子, 東郷大, 東郷大将よりも, 死んで, 牛乳車の, 物を, 白墨の, 真裸体, 絶えず入り込ん, 絹より, 綺麗に, 背のびを, 裏切り者に, 誰で, 車輪を, 返事した, 這入って, 這入つて, 連れて, 道具箱を, 部屋の, 釘を, 顔を, 食やすみの, 飯喰ふ, 駈けつけて, 驚いて

▼ 大工~ (114, 7.1%)

9 呼んで 8 して 7 入れて 4 つれて 3 連れて, 雇って 2 やるは, よんで, 二三人呼びよせた, 先に, 呼ぶ暇, 説き落し兼, 雇ったの, 頼まなければ

1 [64件] かせいで, ここへ, さがしに, さしずし, したい細工, しとるわけ, せっかちな, たのまなければ, たのみ男, たのんで, つれたり, なされたの, まわして, もって, もとむ, やって, やっとるの, やり娘, やる, ヒダの, 一人雇っ, 一日雇っ, 二人連れ, 二日雇い, 五日も, 伴れ, 使い幾万, 修行中彫刻を, 入れ新しい, 呼びたいん, 呼び寄せて, 呼び寄せ僕, 呼び寄せ本, 呼ぶなどは, 呼べ新しい, 喚んで, 國許まで, 常傭には, 廃めて, 廢めて, 招き大きな, 指図し, 指圖し, 探して, 攫わなくても, 業と, 殺さなくッ, 注意し, 渡世と, 番匠という, 稼業に, 職として, 職業と, 見はれと, 誰も, 識って, 護りグレゴリ尊者, 迎へに, 集めて, 集め建築, 雇つたのです, 非常に, 頼む必要, 頼んで

▼ 大工~ (112, 7.0%)

2 大工の, 彼の, 東郷さんよりも, 職人の, 言った

1 [102件] あとで, ありったけの, あわてたよう, いないか, いないの, かこいを, こう独り言, この老人, こんどこそ, さげふり, して, するが, せっかく見込まれ, そこへ, その材木, その町, それなりうち, それに, つけ加えた, できます大隅流, どっかへ, ひょいと耳, ほっとしました, また藁, みな泊り込みで, もちろん水夫, やはり同じ, よい仕事, わざとまずでたらめ, カンと, サガレンや, チーフメーツに, ニセツンボだ, フォックスル, フォックスルで, ボースンが, 一日工料四匁二分飯米料一匁二分を, 一生叩き大工で, 何度も, 先月来仕かけ, 全力で, 出来ます大隅流, 分らない顔, 勅任官待遇である, 十本の, 又, 名を, 名人だ, 周章た, 嘘という, 外神田の, 好い, 好かなかつたの, 妙な, 姉妹に, 家に, 家を, 家具を, 峰蔵という, 年ごろが, 床の, 急に, 手を, 拙いん, 指物師より, 昨日建てかけた, 木を, 木造で, 材木の, 材木を, 棟梁仕上げを, 横を, 正直な, 水道町の, 泣くよう, 浅草の, 涙を, 煙管を, 町内の, 相変らず働い, 眠り猫を, 答えた, 紐を, 自分の, 船長と, 船長に, 色んなこと, 薪を, 親方に, 話頭を, 買い取ると, 道で, 道具箱から, 酒飲みで, 鉢巻きを, 銘々一枚の, 鍵屋の, 骨を, 高利貸の, 魂を, 黙って, 鼻歌を

▼ 大工さん~ (86, 5.4%)

7 の家 3 のお, の二階, の子 2 はおじいさん, も差し金

1 [66件] がのみで, が今, が其為, が切り捨てる, が夜, が夜どおし, が志, が来, が登りはじめた, が笑ふた, が行き, だが, だって, だって字書き, だろう, て板, であったから, でした, ですか, でも, で松屋松吉, という生きた, とこの, と一つ火鉢, と一緒, と二軒きり, と夫婦, と契約, と船頭さん, に, にだれ, にでも頼ん, になる, にやる, に土地, に留守番, に訊い, に附け, ね, の, のおかみさん, のおはこ, のお上さん, のとこ, のところ, のもの, のテクニック, の仕事, の作る, の嫁, の子供, の御, の所, の昔, はたいへん, は二階, は大工さん, は知っ, は表, へ加勢, も, も変, やなん, をたのん, をよこします, を頼め

▼ 大工~ (75, 4.7%)

3 たのんで, 命じて 2 なるはず, 限る, 頼んで

1 [63件] いろいろ尋ね, かえり大岡家, この台所, すすめられると, するが, すること, なっても, ならうと, ならないで, なり町人, なるか, なるが, なるでしょうよ, なるの, なるは, なる方, なる気, なる筈, なれないの, なろうと, なろうという, やらして, 何か, 作らせ映画, 出世し, 別れを, 割前を, 化けて, 取っての, 取つて, 命じた, 命ずる時, 土地を, 声を, 売り抵当, 売払い数多い, 大きな欅, 好意を, 嫁入りし, 家を, 属する仕事, 心ある, 意見された, 成らうと, 探りを, 新築の, 普請させた, 普請を, 河童が, 為積, 片づいて, 物干, 聞いて, 聞いても, 聽け, 自分の, 行きましょう, 行きまた, 言いつける, 言ったくらい, 責めを, 限るそう, 頼まねば

▼ 大工~ (52, 3.2%)

6 左官の 5 左官が 2 仕事師に, 仕事師は, 左官などが

1 [35件] その他の, トビの, 人夫を, 他の, 商人や, 土か, 土方人足などが, 宮師なんかとは, 屋根屋や, 山崩し, 左官その他の, 左官たちが, 左官と, 左官なら, 左官に, 左官は, 左官を, 建築家が, 手伝に, 手傳の, 手傳は, 指物師に, 指物師や, 普請好きの, 桶屋などを, 植木屋で, 植木屋など, 石工の, 行商人や, 諸職, 軽子ども, 近くで, 金工や, 錠前屋など, 魚屋の

▼ 大工~ (51, 3.2%)

4 その女房 2 あるに, なって, トビを, 一所に, 一緒に, 仕事師と, 仕事師とで

1 [33件] あった, いうか, いっしょに, いふには, さしもの, その十歳, その数人, トビの, 三上との, 並んで, 云ふ, 同じよう, 土工を, 女房と, 左官が, 左官とで, 巧拙を, 懇意に, 技師に, 指物を, 文学者にも, 木挽きであった, 植木屋と, 物置の, 笑ひ, 絵具屋に, 職工が, 職工とは, 角兵ヱ獅子とが, 言うべからず, 違つて指物師は, 馬丁とは, 鳶なら

▼ 大工~ (34, 2.1%)

3 の半 2 ではご, の宗慈寺, の藤屋七兵衞

1 [25件] それから浅草, だった, でちら, で永禪和尚, で芸者町, で藝者町, という片側町, とはまるで, なるサイカチ, にある, に世帯, に宗慈寺, に居ます, の仕出し屋太郎兵衛, の使い, の御, の裏店住居, の裏道, の部屋, へ, へ行っ, へ行つて酒, も日本橋, を出立, を曲り

▼ 大工~ (31, 1.9%)

6 左官も 2 交って, 来畳屋, 途方に

1 [19件] いったきり, きまり壁, この道具, これには, して, ほんのちょっと, トビも, 同じく優劣, 同じこと, 名誉の, 大学教授も, 家に, 惜しむところ, 氣が, 涙な, 石工も, 藩地のを, 豆腐屋も, 青くなっ

▼ 大工たち~ (26, 1.6%)

1 [26件] が, がここ, がみな, がやって来, がやって来る, が使う, が喧騒, が屋根, が帰国, が彼, が腕拱, と丁髷, にそれ, には気づかぬ, に憎まれ, の中, の働い, の働く, はたらふく, はよろこん, は一つ, は焼, は職方目付, も建て前, をたのん, を指図

▼ 大工~ (25, 1.6%)

2 重三郎に

1 [23件] あつた, あつたお, いま新潟の, ござります, とにかく暮し, どつち, よその, 今年七十八歳信心者で, 化け銀杏の, 四円五十銭左官が, 基督も, 大阪の, 宮彫りという, 指物師で, 指物師であった, 毎日仕事に, 洗礼名を, 済ませて, 火を, 終るだけの, 茶人が, 近辺に, 通る

▼ 大工道具~ (21, 1.3%)

2 の手斧

1 [19件] が置かれ, といっしょ, などを売っ, につかえるで, には一つ一つ吉, に立派, に過ぎぬらしい, の一式, の中, の置場, はすっかり, はりいと, は売っ, をひったくった, を借りう, を借り受け, を投棄てる, を担い, を持出し

▼ 大工左官~ (17, 1.1%)

2 をさせたなら

1 [15件] がお, がそち, などの職人, などの間, など五六人, に仕立て, のため, の声, の如き, の爲, の頭ども, は聖徳太子, は見えない, までが業, を入れる

▼ 大工~ (14, 0.9%)

2 と云つて

1 [12件] があいつ, が二十五歳, が旦那, が碁石, そうです, という, といっ, といったあの, とばかりあなどっ, と申したで, よ, 鑿一方

▼ 大工という~ (11, 0.7%)

3 のは, ものは 1 ことで, ものはな, 網人網を, 職業を, 順序に

▼ 大工棟梁~ (10, 0.6%)

2 へ馬 1 として岡部又右衛門, などを自身, には当時, に葦毛, の家筋, の馬, や左官棟梁, をし

▼ 大工でも~ (9, 0.6%)

2 呼んで 1 あるし, いいの, 一時間三ドルは, 住む家, 入れて, 左官でも, 建具でも

▼ 大工~ (8, 0.5%)

2 左官の, 鍛冶屋か 1 何か, 何かの, 大工でない, 樽屋に

▼ 大工さんたち~ (7, 0.4%)

2 はくるくる 1 の働きぶり, の働く, はいよいよ, はみんな平太, も

▼ 大工~ (7, 0.4%)

1 がそれ, に造, の中, の外, の手伝, の槌, は近所

▼ 大工とか~ (6, 0.4%)

1 仕事を, 号し, 左官, 左官とか, 木挽とかいう, 魚屋とか

▼ 大工上り~ (6, 0.4%)

2 の小 1 でも出世, とかいう全身, の手強い, の袁許坊主

▼ 大工伊兵衛~ (6, 0.4%)

1 と申す, と話し, のこと, の横死, の死相, を親元

▼ 大工には~ (5, 0.3%)

1 ならずに, なれない, みな烏帽子を, 大工の, 気の

▼ 大工だの~ (4, 0.2%)

2 駄菓子屋だの 1 仕事師だの, 師匠だの

▼ 大工であった~ (4, 0.2%)

1 お糸, が藩, という一事, という話

▼ 大工では~ (4, 0.2%)

1 あったけれど, あるが, ないかと, 彫物の

▼ 大工なら~ (4, 0.2%)

1 ば足, 善八でも, 大工馬肉屋なら, 鉋だこが

▼ 大工にも~ (4, 0.2%)

1 また船大工, 帰って, 棺槨を, 直接に

▼ 大工らしい~ (4, 0.2%)

1 という, ひょうきんさで, 印絆纒の, 男が

▼ 大工仕事~ (4, 0.2%)

1 でも井戸掘り, とは別に, をし, をはじめて

▼ 大工小屋~ (4, 0.2%)

1 にやって来, に向いた, の工匠, の槌音

▼ 大工ども~ (3, 0.2%)

1 が入ります, は古墳, は隱居

▼ 大工~ (3, 0.2%)

1 のでございます, んで, んで私

▼ 大工などの~ (3, 0.2%)

1 棟梁たちも, 連累者は, 間で

▼ 大工作兵衛~ (3, 0.2%)

1 がゐた, などがそれ, を連れ

▼ 大工棟梁泉田筑後~ (3, 0.2%)

1 とその, の家, は千住小塚ガ原

▼ 大工~ (3, 0.2%)

1 で金華山, など小僧, のひと

▼ 大工あり~ (2, 0.1%)

1 と来る, 日に

▼ 大工から~ (2, 0.1%)

1 ノコギリを, 引抜いて

▼ 大工さんそれ~ (2, 0.1%)

2 が出来ない

▼ 大工さんとこ~ (2, 0.1%)

1 から旦那, へ走りこみ

▼ 大工その他~ (2, 0.1%)

1 の手元, の職人

▼ 大工であり~ (2, 0.1%)

1 これに, 職工である

▼ 大工でない~ (2, 0.1%)

1 か調べ, と都合

▼ 大工として~ (2, 0.1%)

1 仕事の, 有する徳

▼ 大工との~ (2, 0.1%)

1 会話が, 八人が

▼ 大工とも~ (2, 0.1%)

1 あろう清五郎, 挨拶を

▼ 大工とを~ (2, 0.1%)

1 呼びに, 求めんが

▼ 大工などは~ (2, 0.1%)

1 はいって, 大いに嫌う

▼ 大工~ (2, 0.1%)

1 いう, 譲り渡されたその

▼ 大工まで~ (2, 0.1%)

1 全部出, 来る年々

▼ 大工~ (2, 0.1%)

1 の怒り, は彼女

▼ 大工をも~ (2, 0.1%)

1 しばしば棟梁, 呼びよせて

▼ 大工ヨセフ~ (2, 0.1%)

1 の妻, の子

▼ 大工喜三郎~ (2, 0.1%)

2 が築地橋

▼ 大工土工~ (2, 0.1%)

1 と一名, は撰

▼ 大工大勝~ (2, 0.1%)

2 のお

▼ 大工左官等~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の職人

▼ 大工~ (2, 0.1%)

1 の細工台, の腰掛

▼ 大工町ぢやつ~ (2, 0.1%)

2

▼ 大工穴鑿~ (2, 0.1%)

2 り大工

▼ 大工~ (2, 0.1%)

1 に頂きてえだ, の下請

▼1* [156件]

大工づれの, 大工くらいにはやって, 大工この二人だけが, 大工さん夫婦の姿, 大工さん夫婦お上さんはだるま上り, 大工さん宗匠頭巾の横町, 大工じゃない遊び人, 大工そうか手, 大工だったと云う, 大工づかいの音, 大工であっても構わない, 大工であるから建築, 大工であれ商人であれ, 大工でございますともだって, 大工ですが野沢琢堂, 大工でなかったと言う, 大工でなければ出来ない, 大工といったような, 大工とがそれを, 大工としての活動を, 大工としては江戸でも, 大工とで二円ずつ, 大工とでも云うよう, 大工となつて生て, 大工とによって作られた一種, 大工とは彼女を, 大工なぜすみへ, 大工など急に, 大工などとくらべると, 大工などもこちらから, 大工などを頼んで, 大工なる人も, 大工なんてものは, 大工にとって必要である, 大工にゃあこの, 大工によって模造され, 大工に対する名で, 大工のっそりという忌々しい, 大工のみなりをして, 大工のみにかぎらず無尽講, 大工はしごを登つて, 大工やら屋根職やらが, 大工よかほんとは, 大工より先き, 大工よりも彫刻師に, 大工をとよの主人の, 大工コックなどはもう, 大工コーターマスターみな残らずサロン, 大工子ニシテ, 大工ヨゼフは養父, 大工呼ンデ, 大工三上の三人, 大工三名左官二名石工その他五名合わせて, 大工上がりの萬朝, 大工与四郎に扮, 大工に木挽, 大工乳母だけにとどまる, 大工二人を呼ん, 大工二十五人に棟梁二人, 大工二十人三十人互いに自慢, 大工云われたことを, 大工人品骨柄もまことに, 大工仲間の術語, 大工任せ庭園の, 大工作兵衛猟師金助美吉屋五郎兵衛瀬田の中間, 大工を首尾, 大工助次郎と申します, 大工半次の成勢, 大工又は屑屋後の, 大工又兵衛と云, 大工及ペンキ職として, 大工善さんおまつ等, 大工喜助の女房, 大工国男夫婦どたばたやっ, 大工土工人足等の総数, 大工土方の如き, 大工土方左官など, 大工だ左官學, 大工守利武殿には何, 大工安井は皆肺結核患者, 大工小藤次のところ, 大工屋根葺き機織娘, 大工屋根職左官畳職など職人, 大工工事になっ, 大工左官その他の労働者, 大工左官たちを督, 大工左官人足などにまで配布, 大工左官傘張り提灯, 大工左官土工石工などが大勢, 大工左官土方鉄工洗濯屋印刷所教員百姓植木屋掃除夫等々その上, 大工左官履師石積などチベット国民, 大工左官日用品の米屋, 大工左官石工などで二十二, 大工左官組合の犠牲的作業, 大工左官近所の女, 大工幸八のこと, 大工幸八ト申者此節致出府居候ニ付屋舖エ呼寄爲見繕申度出來之上於内海致爲乘樣, 大工庄蔵の弟子, 大工建具屋鍛冶屋その他ありとあらゆる職業, 大工手間も近郊, 大工木閣をくみたて, 大工本当の絵描き, 大工の靴屋, 大工杣木挽等の職業, 大工棟梁あばたも手伝い, 大工棟梁マヌリ或る, 大工棟梁伊兵衛なる者, 大工棟梁依田土佐の下, 大工棟梁稲葉という人, 大工棟梁越後屋新兵衛, 大工棟梁達が揃っ, 大工植木などの職人, 大工植木職などが続々, 大工段々と美濃路, 大工殺しの秘密, 大工は大いに, 大工水夫たち全部がいつ, 大工を呼び, 大工生活をした, 大工町のかどで, 大工町宗円寺といふ禅宗寺, 大工町宗慈寺という真言寺, 大工畳屋から髪結い, 大工畳屋瓦職左官下駄屋青物屋花屋人力車夫馬車屋下男女中給仕等の職業, 大工石工人夫ら二十余名が手, 大工在學中, 大工立派に家, 大工の帽子, 大工組合の山田さんら, 大工經師屋などはひつ, 大工職人のはいっ, 大工職人人夫の数, 大工職工が殿様呼ばわり, 大工職工画家紙くず屋大臣不良少年等皆似合いの帽子, 大工舵取りを除いた, 大工見たような, 大工親方バルーという者, 大工費用は根作, 大工道具イジリが三度, 大工道具一式左官のコテ, 大工金次郎のうち, 大工鈴木近江同木原杢, 大工銀次郎を伴, 大工銀次郎麻布普請の絵図面, 大工鍛冶仕事から工場, 大工鍛冶屋その他の如き, 大工鍛冶心得候者有之候間, 大工青山の家, 大工頭中井主水, 大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 大工頭梁の侍, 大工頭梁喜助がお, 大工頭近藤郷左衛門大棟梁平内七郎右衛門, 大工馬肉屋なら馬肉屋的登山, 大工駕籠かきの九郎助, 大工驚きて立