青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大川~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~ 大尉~ 大小~ 大層~
大川~
大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~ 大根~ 大概~ 大正~

「大川~」 1246, 13ppm, 8227位

▼ 大川~ (335, 26.9%)

14 水の 13 水が, 水に 9 水は 8 上に, 水を 7 方へ 6 流れを 4 中へ 3 おかみさん, 上へ, 上を, 両岸, 向うに, 土手の, 水も, 水面に, 水面を, 真中へ

2 [17件] やり口を, 上から, 中から, 右左を, 名が, 土堤に, 土堤を, 堤の, 夜の, 水なんて, 水の上に, 水一面に, 水音が, 河岸でも, 洲へ, 船の, 面を

1 [189件] ある作品, かい掘りで, こつちは, ごとき繊細, ごとし, さびしい水, その赤い, それにも, ながれ, ながれから, はるか彼方の, ふるえを, ほうから, ほうへ, ほかに, ほとりや, まん中へ, まん中まで, もつ富, やや上流, ような, を第, カバンの, ド真中, ボストンバッグの, 一件だ, 一件を, 一銭蒸汽内へ, 三角洲四貫島うす寒い, 上で, 上は, 上手へ, 下の, 下流に, 中で, 中ほどを, 中洲の, 中洲を, 中流に, 中流を, 作の, 借金取り立てが, 元気一杯の, 光景を, 凉みと下へも, 分流に, 友人であった, 友釣りには, 口の, 右手を, 名は, 向うの, 向うへ, 向こうに, 土堤で, 土堤の, 堤防を, 声とは, 夕ぐれが, 夕景色は, 夜かぜを, 夜景などを, 夜空を, 夜身代りとして, 夜霞に, 威霊も, 家における, 寄り木が, 寒水へ, 小橋を, 屋根舟で, 岸から, 岸に, 崖へ, 川波は, 川端, 川見張りやはり, 川開きの, 底に, 手も, 手を, 支流の, 方, 時やん, 景色でも, 景色は, 朧に, 末は, 様子日本橋倶楽部の, 橋とは, 橋な, 橋に, 橋の, 橋や, 橋一つ越えた, 橋杭を, 櫓の, 水, 水あかりよりも, 水あっさり, 水だった, 水である, 水と, 水にも, 水の上には, 水へ, 水みたいに, 水や, 水丁度, 水底に, 水泳場まで, 水練場へ, 永代の, 汐足に, 河口に, 河口の, 河岸に, 河心に, 河風に, 波か, 波は, 洲で, 洲に, 流の, 流る, 流れが, 流れの, 流れは, 浦に, 浦には, 浪が, 浪に, 浪音を, 涼みにも, 涼み船の, 深き契, 深みに, 満ち干の, 源を, 瀬が, 熟睡を, 生命は, 畔から, 異状に, 疲労を, 盛名に, 真ん中へ, 真ん中ほど, 眺めや, 知己である, 秋の, 空から, 空には, 細い靄, 縁で, 縁に, 縁へ, 縹渺と, 翡翠に, 舟遊びも, 花火だ, 花火を, 苦しげ, 見える二階座敷, 親友山本正雄によって, 谷を, 資金関係を, 辺へ, 遊船に, 遺児久子は, 遺品の, 部屋の, 部屋を, 里女も, 金と, 釣は, 長い橋, 闇は, 随一なる, 隣の, 霞が, 靈より, 面に, 面は, 顔色には, 風に, 魚は, 鴎が, 黒の

▼ 大川~ (121, 9.7%)

7 身を 5 飛び込んで 4 出て, 流して 3 投り込まれた, 投り込んだ, 放して 2 ほうり込んで, 投り込ん, 水泳を, 沈めたの, 緋縮緬の, 落ちて, 落ちても, 飛び込んだ, 飛込んで

1 [74件] かけて, ざんぶりと投げ込ん, すてて, どしどし放流, はいって, はいろうか, ほうり込まれた, ほうり込まれたの, ほうり込まれた死骸, 下口が, 乘り出し, 何んな, 何度は, 入水し, 出さないで, 出たこと, 出たの, 出た船, 出ました, 出口の, 叩ッ込んじまえ, 向って, 墜ちすんで, 奥深く入りました, 女づれで飛込める, 屋形舟を, 投げ込まれたこと, 投げ込まれた早桶, 投げ込めないもの, 投り込まれてる, 抛り込むの, 指し下り天神の, 捨てたが, 捨てて, 来て, 水泳ぎにさえ, 水音高く, 沈めたという, 沈めたん, 沈めを, 泳ぎに, 流れたの, 流れ出て, 浴衣がけで, 漕ぎ出して, 漕ぎ出しました, 漕ぎ出て, 突き出すやう, 突き出たところ, 突き落されるところ, 突き落としたと, 臨んだ三浦, 舟で, 舟を, 船を, 落ちた, 落ちたくら, 落ち込んでしまつたの, 落込んで, 蹴込んで, 身投げぢや, 逃げたと, 逃げのびた, 通う路地, 電話を, 飛び込ましたの, 飛び込みおのおの, 飛び込みましたよ, 飛び込もうと, 飛び込んだの, 飛込むほどの, 飛込んだか, 飛込んだかも, 飛込んでしまつたの

▼ 大川~ (110, 8.8%)

6 身を 4 落ちて 2 なって, 流したの, 浪を, 浮くかも, 浮んだの, 近い怪しい家, 通じて

1 [86件] いた河童, きららな, さながら橋, しても, そそぐ幅広い, つれて, なったの, のぞんだ二十畳, ひびくせい, ほとりし, ゐた河童, 一ぱい船が, 下りきツ, 下るの, 亙って, 会する, 似て, 出た, 出で, 合せんと, 唯艪, 多人数の, 投げ棄てる積り, 投げ込むぞと, 投げ込んで, 投じる, 投り込まれてる, 抛り込まれた八五郎位, 新大橋が, 架けた近道, 架けられた両国橋, 橋のか, 氣を, 水の, 水泳に, 水絶えず, 沈めしむ, 沈めた上, 沿うた, 沿った隅田公園, 沿って, 沿つて歩い, 注ぎ出る丁字形, 洪水した, 流した, 流したこと, 流れて, 流れ果てたかと, 流れ込む細い, 浮いたらせめて, 浮いて, 添った川岸, 添つて南北三百二十間東北百三十間面積三萬六千六百餘歩と, 游び奇を, 灯を, 突き当って, 紫を, 続いてるか, 聞えたか, 臨む旅籠屋半田屋九兵衛, 臨んだ仏蘭西窓, 臨んだ漁師申松, 臨んで, 舟を, 落ちますが, 落ちる樣子, 行くん, 行った, 見入るやう, 触れて, 足を, 身投げを, 近いほう, 逢った時, 逢つた時には, 長い長い橋, 面した北手, 面した河岸側, 面して, 面し一方, 飛び入ったらしい水音, 飛び込み肩, 飛び込もうと, 飛び込んだところ, 飛出せるやう, 鳴り響き江戸中

▼ 大川~ (84, 6.7%)

5 の方 3 に近い 2 から投身自殺, に出, の水練場, へ出, へ出る

1 [66件] から下谷方面, から八丁堀, から新堀, でお, でここ, でそれ, でもド, で偶然, で出逢った, で止まっ, で自分, で行われる, といふ名, なる元, にそっ, にはたくさん, にはアーク燈, には涼しい, に寓居, に川, に泣き, に立っ, に立つ, に集まる, の下邸跡, の二州楼, の元, の千鳥ガ淵, の名, の吹雪, の場, の夜景, の女, の寂しい, の川風, の待合, の明治座, の春, の水面, の白鷹正宗, の秋, の闇黒, の隠れ家, の顏役, の風景, はいつのまにかとっぷり, はまつ, は涼味肌, へブラリ, へ出た, へ出よう, へ差し, へ行く, へ行っ, へ飛びます, へ飛んだ, まで来, をあるく, をさして, をさま, をすぐ, をぶらぶら, を來, を急い, を歩む, を通る

▼ 大川~ (76, 6.1%)

2 [11件] はじめ二三の, 一つ隔てた, 上へ, 上り下りの, 斜めに, 渡って, 眺めて, 眺めながら, 睨んで, 越す瞬間, 隔てて

1 [54件] あとに, くだったと, くだる帆, その上流, のぼった, はね飛んだり, ひと下り, へだてた両国, もんだ, もんで, ギイギイと, 一と, 上って, 上下する, 下った, 下って, 下り宵, 下る猪牙船影, 乗り切ったとき, 借りること, 凌ぐ盛名, 出来して, 南に, 右へ, 向うへ, 左に, 帯ぶ, 往来しだし, 有し臺地, 横に, 横堀へ, 殺したの, 泳ぎ越えて, 深川から, 渡つた悪魔が, 渡つてと, 渡ると, 溯って, 溯上るの, 漕ぎ下らせた, 漕ぎ戻つたの, 眺め乍ら, 背に, 芸尽し, 襲った, 見て, 見ながら, 見晴らした二階座敷, 見渡す料亭ろ半, 誘ひ軽く, 跋渉し, 逆流させる, 隔てた向う側, 隔てた深川

▼ 大川~ (51, 4.1%)

2 今の, 前にも, 前後の

1 [45件] いく野, いつもより, いまや恋, うすい霧, こういう, さすがに, しいんとし, すぐ傍, それを, もちろん鬼灯提灯, アンマの, 一気にこう云っ, 下へ, 二口ほど, 二年だった, 仇敵米倉三造の, 八分の出水当, 再び清き, 君に, 執行猶予に, 女アンマに, 平常小村, 張つてゐた, 悦んで, 救われたかと, 断末魔に, 暗紅色の, 東京下町を, 止しても, 浅くなりゃしないです, 渡れんきに, 港湾労働者で, 灰の, 無数の, 目と, 窒息後に, 細流に, 膝を, 自殺を, 良いなあ, 赭ちゃけた粘土の, 身投げの, 通船の, 過って, 酒と

▼ 大川~ (36, 2.9%)

4 流れて

1 [32件] あせりに, その絶頂, だぶん, どんな問, ねこんだのに, やって来て, やつて, ユラユラと, 一眼に, 一筋流れる, 上へ, 事実自殺を, 今度は, 入ったに, 大都會, 大金を, 急に, 手に, 数日前から, 書いて, 死ぬ一週間前, 死んだ日, 死んでから, 煙って, 疲労を, 白くなった, 眠ると, 聞かずに, 自分で, 船と, 近いので, 鼻の

▼ 大川~ (33, 2.6%)

2 が土地, と, と須藤氏, の勢力, の夫人, の行為, はこの, は前, も理事

1 [15件] が救い, と暫く, に射殺, に射殺さる, のごとき, の保釈, の愛玩, の携え, の猟奇癖, はおそく, はその, は一応, は悲痛, は近来, は麻川氏

▼ 大川~ (25, 2.0%)

3 の人達 2 の北野家, の宗家, の浜

1 [16件] という一つ, という海, における根底, の中心人物, の住民, の住民達, の富栄, の庄屋, の浜辺, の近く, の野, はお, は一切, へ返却, より外, を占領

▼ 大川時次郎~ (23, 1.8%)

2 の顔

1 [21件] がおとずれ, がマン, が手, が来た, が膝, であった, であるが, とは友田, とキヌ, に, の方, の頭, は独身者, は現在, は胸, は艀, は這い出, は郵便配達夫, も不意, を二階, を瞋志

▼ 大川~ (18, 1.4%)

3 の袂 2 の橋番

1 [13件] から揚がつた, から此處, から漕ぎ, が損じた, といふ名, にかかろう, のほう, の上, の方, の橋番所, の橋袂, は架つて, を駈け抜け

▼ 大川から~ (17, 1.4%)

2 汐が

1 [15件] ここへ, ここまで, こっちへ, こっちへは, 三途の川あたりへ, 上りました, 乗出し北千島, 反対の, 夕風が, 引き水の, 揚がったの, 死体と, 水を, 芝浦洲崎へ, 隅田川では

▼ 大川さん~ (17, 1.4%)

2 お一人

1 [15件] からの借金, が一人, が来る, では, と今井さん, と同行, の場合, の奥さん, の寝る, の熱海旅行, はおやすみ, はゆすり, は人, は少量, 御自慢

▼ 大川~ (15, 1.2%)

2 神田川の

1 [13件] すれ, ほとんど同年, 云う, 云って, 今井という, 同行し, 呼ぶ類, 富山の, 思つてゐた, 敬太郎さんが, 浜町の, 神田川が, 蓉子とは

▼ 大川主任~ (12, 1.0%)

1 [12件] とは糸子, と帳場氏, に手渡した, に頼み, のところ, の訪問, はいい, はなるほど, はキッパリ, は佩剣, は唖然, は強く

▼ 大川~ (12, 1.0%)

3 の寮 2 の主人, の御新造, の配偶 1 と言う, の板塀, の裏塀

▼ 大川竜太郎~ (9, 0.7%)

1 が三十三, という有名, と米倉三造, のこの, の死後, の自殺事件, はしかし, は三十一, を見出した

▼ 大川~ (8, 0.6%)

2 は千住 1 が緑, で入水, に名物一つ, の賑わい, は川, を寺島村

▼ 大川~ (7, 0.6%)

1 一名音無川とも, 土左船の, 尻を, 後がねえ, 洗濯する, 満々と, 玉川浄水を

▼ 大川には~ (7, 0.6%)

2 もう云 1 いないもの, ばら蒔いたやう, 有力な, 浅いところ, 自ら幣帛を

▼ 大川~ (7, 0.6%)

1 ずッ, 吾妻橋の, 堀も, 水音さえ, 見えて, 近い寂寞, 道士の

▼ 大川より~ (7, 0.6%)

1 いっそう亢奮, ほかには, 左に, 引きし水道, 更に北方, 東に, 東南に

▼ 大川司法主任~ (6, 0.5%)

1 と相談, は新聞紙, は糸子, も怪訝, も空, をよん

▼ 大川巡査部長~ (6, 0.5%)

1 だった, であった, と外一名, は昨日辞令, は火, は長椅子

▼ 大川へでも~ (5, 0.4%)

1 ぽんぽん飛び込む, 投り込まれた, 投り込め, 流して, 落っこちたらそこで

▼ 大川~ (5, 0.4%)

1 で窯, の山, の山一帯, の峡, は

▼ 大川~ (5, 0.4%)

1 かけて, から品川, の水の上, の眺め, の風物

▼ 大川竜太郎氏方~ (5, 0.4%)

2 を襲う 1 とおぼしき, に兇漢侵入, に押入り

▼ 大川~ (4, 0.3%)

1 たから, たでしみじみ, たを, た全

▼ 大川べり~ (4, 0.3%)

1 にある, の料亭一柳, をあちらこちら, を左

▼ 大川周明~ (4, 0.3%)

1 が全治, が検挙, の弟子, の理論

▼ 大川屋孫三郎~ (4, 0.3%)

2 が全然, に落籍され

▼ 大川平三郎~ (4, 0.3%)

1 との二人, の上毛水電, は糸, は金儲け

▼ 大川社長~ (4, 0.3%)

2 が自分, の人望

▼ 大川という~ (3, 0.2%)

1 のが, 人君に, 意味の

▼ 大川寄り~ (3, 0.2%)

1 の一劃, の薬研堀, 南飯田町うら

▼ 大川屋さん~ (3, 0.2%)

2 に差上げ 1 の塀際

▼ 大川沿い~ (3, 0.2%)

1 に作られてる, に土手, を楢原村

▼ 大川竜太郎氏~ (3, 0.2%)

1 に与えた, の強盗殺人事件, は遺された

▼ 大川あり~ (2, 0.2%)

1 その名, その湖

▼ 大川ぞい~ (2, 0.2%)

1 の小夜子, の石垣

▼ 大川である~ (2, 0.2%)

1 からもし, 手取川でも

▼ 大川でも~ (2, 0.2%)

2 魚の

▼ 大川との~ (2, 0.2%)

1 会する, 親しみを

▼ 大川にも~ (2, 0.2%)

1 まして死人, 身許の

▼ 大川まで~ (2, 0.2%)

1 一と, 運び船

▼ 大川~ (2, 0.2%)

1 小舟や, 隅田川が

▼ 大川よりも~ (2, 0.2%)

2 保守的である

▼ 大川一つ横~ (2, 0.2%)

2 たはり

▼ 大川丈助~ (2, 0.2%)

1 から五両, という小

▼ 大川仁左衞門~ (2, 0.2%)

1 ではありません, の手

▼ 大川~ (2, 0.2%)

1 から來, から来た

▼ 大川周明博士~ (2, 0.2%)

1 は東洋, を盟主

▼ 大川~ (2, 0.2%)

2 の両端

▼ 大川~ (2, 0.2%)

2 は業平橋

▼ 大川~ (2, 0.2%)

1 の, のゆ

▼ 大川河岸~ (2, 0.2%)

1 の方, を西

▼ 大川深く~ (2, 0.2%)

2 もな

▼ 大川赫子~ (2, 0.2%)

1 が兄さん, によって殆ど領

▼ 大川~ (2, 0.2%)

1 がある, で下り

▼ 大川~ (2, 0.2%)

1 のたった, の会員田中正夫君

▼1* [101件]

大川あるがゆえに, 大川いっぱいにひろがった, 大川海へ, 大川からはこれぞという, 大川がよひさす潮, 大川こそ新興首都が, 大川へ刻々, 大川さえ刻々に, 大川さん一人のよう, 大川じゃなかろうかとまで, 大川たちの搾取, 大川よと指さし, 大川つたひさす潮, 大川づたいに綾瀬の上, 大川では人目が, 大川なぞも親しく, 大川にとって最も痛ましかっ, 大川によつて涵養される, 大川によってふたたび破られた, 大川に対する自分の, 大川のなま暖かい, 大川へと漕ぎ下り, 大川へも神田川へも, 大川までは逃げきれませぬ, 大川みたいに年, 大川めがけ欄干から, 大川もう一つ云う, 大川よくきいて, 大川をかひ堀, 大川をも祭り羣神, 大川一つ向岸, 大川一つ橋を向う, 大川一帯はおぼろ宵, 大川九郎が今日, 大川仁左衞門樣が私共, 大川以上のもの, 大川には君, 大川まで引っ張っ, 大川は君, 大川八右衛門広瀬軍蔵というもの, 大川内四十軒の捻, 大川が与力町, 大川の渡辺すじ, 大川友右衛門好評にて火がかり, 大川打ての, 大川名代の首尾, 大川周明ほか十九名が自由, 大川周明安岡正篤などが宮本武蔵研究, 大川土佐堀川を北界, 大川土手にひき, 大川夫人にききただし, 大川宗三郎氏の陰影, 大川を継い, 大川に住ん, 大川屋五郎兵衛という中老人, 大川屋五郎兵衞といふ中, 大川屋忠兵衞の家, 大川屋甚兵衛の寮, 大川山王権現の森, 大川引くことが, 大川当人であったかも, 大川成瀬の三人, 大川所謂温泉岳高良山阿蘇山霧島山耶馬渓筑後河の類皆彼, 大川時次郎こいつ金五郎の女房, 大川時次郎大庭春吉三崎国造田中光徳の七人きり, 大川最上の流れ, 大川有太井川と云, 大川村全体にお返し, 大川村大字日向の奥, 大川村戦争有之兵隊十人許, 大川横川名所小航, 大川殺しの真相, 大川渡った初夏の, 大川片側は武家屋敷, 大川狭しと漕ぎ出した, 大川のある, 大川真可上和気金谷を経, 大川神社仏閣の霊場, 大川神社大和国吉野郡十津川の玉置神社, 大川竜太郎一個人の芸術家, 大川端といへると, 大川端一帯を見渡した, 大川端三軒長屋の申松, 大川端中洲の三叉, 大川端情緒を名, 大川端捕物の場, 大川端橋の左右, 大川端水にうつってる, 大川端浜町河岸の淋しい, 大川端辺までの間, 大川端道がこの, 大川端邸が細川邸, 大川端雨後春夜の眺望方, 大川筋一パイに調べました, 大川落ちついてくれ, 大川足羽川のほとり, 大川の窪地, 大川道会議員の機関, 大川道會議員の機關, 大川部長は火かき, 大川開きの花火