青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大尉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~
大尉~
大小~ 大層~ 大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~ 大木~

「大尉~」 1979, 21ppm, 5375位

▼ 大尉~ (660, 33.4%)

7 自分の 6 それを, 笑いながら 5 双眼鏡を 4 首を 3 さすがに, 一彦の, 一彦を, 二人の, 小浜兵曹長の, 生きて, 私の, 私を

2 [51件] おどろいて, けれどもすぐ, こちらで, このごろ非常に, こんなこと, さらに声, その狐, それから, それと, それに, たしかにこっち, たちまちそれ, とっさに, なめらかな, ふだんよりも, ほんとうに, みんなを, セエラを, ピストルを, 一彦に, 傍に, 傍の, 全機, 出発の, 列からは, 呟やき, 四へんほど, 声を, 夜間双眼鏡を, 大声で, 室内を, 忙が, 扉を, 最初の, 杜の, 機上から, 病気で, 眼が, 眼を, 矢の, 突然この, 細君と, 腕を, 軍人には, 軍国多事の, 軍服を, 部下の, 部下を, 釣りが, 非常な, 飛行島の

1 [506件 抜粋] あたりに, あとを, あのいわば, あの夜監視隊員, あべこべ砲の, いかがであります, いかなる自信, いって, いつも僕ら, いつも自分, いまいましそう, いま何を, いま素裸で, いま裸で, いられるか, うす暗い廊下, うなずきながら, えいっ, おちつきはらって, おどろきの, およそ二時間あまり熱心, かけつけるなり, かたい決心, かたくなっ, かたわらに, かっと両, からからと, きっぱりと, ぎくりとし, くるりと, けむりの, こういっ, こうなった, このだしぬけ, このとき, この尊い, この扉, この日, この時, これに, これは, さあもう, さてはと, ざんねんそうにいいました, ざんねんにおもいましたがやむを得ず, しだいしだいに, しばし思案顔, しばらく息, しばらく無言, しばらく考え, じれったそう, すぐさま一彦, すぐさま艦長, すぐと, すこしも落胆, すこし間, すっかりいい, すっかり窓硝子, すでにぐうぐう高鼾, すばやく空, すましたもの, ずっと試験部, ずんずん上, せしめた口笛金, そういい, そういっ, そうと, そう云う, そこで, そこで一たん電話, そこで一大決心, そのこと, そのとき, そのまま黙っ, その凄, その前, その方, その本, その相手, その瞬間心, その親友, その遺書, その部屋, それでも反射的, それにぜひとも, たいへんうれし, たいへん満足そう, たくましいう, たしなめて, だんだん息, ちゃんと海軍将校, ちょうど割れ, ちょうど飛行基地, ちょっと丸苅, ちょっと機嫌, ちょっと眼, ちょっと顔, ついにそういった, ついに室, ついに撃方はじめ, ついに部屋, つかつかと, つぎつぎに, つづけて, つぶやいた, つよくか, ときどき私, とつぜんおどろくべき, どうした, どうしてあの, どうしてこの, どうしても中尉, どうする, どうなった, どこかに, どこで, どこに, どっしりした, なおも解せぬ, なぞの, なにか意外, なにくわぬ, なにごとかを, なにごとに, なにを, なんとなくゼラール中尉, なんの, にやりと笑っ, にわかにマドリッド, はじめて合点, はじめて腹, はっとして, はっと体, はや日本刀, ひそかに, ひどい酒飲み, びっくりした, びっくりしました, びっくり顔でありました, ふうッと, ふしぎに, ふたたび第, ぶるぶると, ほっとし, ほっとした, ほっと胸, ほんの僅か, ますます顔, またあざやか, またぐっと, またし, またもやそば, またもやふっと脳裡, またもや全, また元, また声, また椅子, また相手, また酒, まだどうしても一彦, まだ減らず口, まだ電話機, まっさきに室内, まっしぐらに, まるで今にも飛びかかり, まるで狐, もうすっかり椅子, もう一度病床, もう熱病, もちろんそれ, もとより桜井先生, もんどりうっ, やっとわれ, やはりこの, やはり答えなかった, やや安心, ゆびさして, れいの, アンの, アンを, イワノウィッチの, コップの, ゼラール中尉と, ダンケルク方面に, テーブルの, バスケットから, ビクとも, ピストルの, フォン, フランク大尉の, ベッドの, ベルの, ペンキの, ポケットの, マイクを, リット少将の, ワザと, 一喝した, 一寸高瀬, 一彦少年とともに, 一彦少年に, 一生けんめいに, 一番上の, 一秒の, 一部隊を以て, 丁重に, 上は, 上機嫌で, 下士官の, 両手を, 予が, 二十分経っ, 二号艇へ, 亡くなられました, 今お父さん, 今は, 今まで, 今朝に, 体に, 何か, 何とも返事, 何も, 健在か, 側らの, 偵察機を, 偵察機隊を, 働かにゃ, 僚機の, 先登に, 先登にな, 全身の, 共楽術, 兵員たちの, 兵員一同の, 再びわれら, 再び澳門, 冷やかに, 出征後間もなく, 出来るだけ, 刀の, 分隊長に, 初めて破顔一笑, 初めは, 前に, 前方を, 前艦橋, 剣も, 剣を, 副長に, 午後三時から, 半裸体, 半身を, 協約の, 博士が, 博士の, 厳かに, 双手を, 受信紙を, 口の, 口返答を, 只今御, 叫んだ, 右手を, 司令塔の, 司令官から, 司令官の, 吐きだすよう, 向うから, 呆れた, 呆れながら, 命じた, 啣え, 喜んだ, 困りきった顔, 国家の, 土嚢塁の, 地図を, 坊主刈の, 塾の, 士官室の, 壮途半ばに, 変だ, 夢中に, 大いに楽, 大きくうなずきました, 大に, 大利根博士の, 太い首, 失望した, 奥さんの, 妙な, 嬉しそう, 実験方針書と, 室内へ, 容易に, 専ら指揮, 小作りの, 小浜兵曹長を, 小首を, 少々ばからしく, 少年から, 少年を, 山から, 山岸中尉から, 巧みに, 巨大な, 己でも, 帆村の, 帯剣を, 平和裡に, 平気です, 幹事室の, 床に, 底の, 座席の, 弓返り, 引き取った, 彼を, 御存じなかっ, 微かに, 心に, 心の, 必死で, 忽ち大, 忽然と消え失せ, 怒鳴った, 思いいれも, 思いきって, 思った, 思わずあっ, 思わずに, 思わず短剣, 性急無謀な, 息を, 悠々と, 悲鳴を, 情報報告の, 意外な, 感心しました, 感謝の, 慨歎した, 我々への, 戦死し, 戯談らしく, 戸川中尉と, 扉の, 手の, 技師たちに, 拳で, 拳を, 持って, 指の, 掌を, 探偵小説を, 揺籃に, 損害を, 操縦員を, 改めて繃帯, 敵の, 断じて仁者, 新規な, 旗艦陸奥を, 日本人で, 日本将校だ, 日頃から, 早くも, 昏, 暗い部屋, 暗がりの, 暗然と, 最後に, 本当の, 杉田の, 杉田二等水兵を, 果して生き, 椅子から, 機上で, 機械の, 機械を, 機胴に, 機銃射撃を, 機関科に, 歡び且つ, 正木大尉で, 此時再び, 武村兵曹も, 武運つたなく, 歩兵銃の, 死が, 死んで, 死力を, 死際に, 死骸の, 残りの, 残念でなら, 毎朝の, 気が, 気を, 水戸の, 汗と, 決心し, 涙を, 深くうなずき, 溜めて, 無事に, 無雑作, 煙管を, 照準を, 爆撃機八機に, 率先し, 甲板の, 留守と, 白人か, 目に, 目を, 直ちにお茶の水, 直ちに直立, 相変らず, 相変わらずささやく, 相手に, 真夜中に, 着物から, 硝子の, 私から, 私に, 私以上の, 空襲と, 窮余已むを, 立ちあがりました, 立ち上がりましたが, 笑って, 第一等, 第三分隊長, 紙片を, 素早いモーション, 素早く身体, 素裸で, 素裸であります, 組立鉄骨の, 続けた, 縁起悪く, 翌々晩, 考えた末, 胸も, 胸を, 腕ぐみし, 自信あり, 自分一個の, 舌うちし, 舵の, 舶来の, 舷に, 船に, 艦橋に, 艦長と, 艦長に, 艦長の, 艦長へ, 若いくせ, 虎髯を, 虎髯逆立ち眦裂け, 血に, 見のがさず, 観念した, 試験の, 語尾を, 誰に, 諒解する, 財産家でいらっしゃる, 走り廻っ, 身を, 道後少尉を, 酌を, 酔うと, 金切り声を, 金庫を, 鉄拳を, 鉄水母を, 鉄水母爆沈を, 閣下じゃ, 降服者の, 隅から, 隅の, 障害者と, 零落の, 電気に, 電灯の, 電話機を, 青い函, 静かに, 非常に, 靴を, 頭の, 額の, 顏を, 顔を, 驚いて, 鳥渡頭を, 黒い袴, 黙々として

▼ 大尉~ (463, 23.4%)

8 顔を 6 ところへ, 娘, 庫の 4 ことを, 姿を, 家から, 頑丈な, 顔は

3 [12件] のって, 出て, 命令で, 声は, 家へ, 手を, 指揮する, 方で, 方へ, 胸は, 行方を, 軍服を

2 [45件] あとに, あとを, いいつけ, ためには, もので, ロケットを, 一家族は, 乗ったロケット, 前に, 同情者の, 命で, 声が, 声だ, 姿が, 家の, 居る方, 後を, 急所を, 息子を, 方に, 方は, 時計を, 服は, 服を, 服装を, 様子に, 死体が, 番に, 眼が, 眼に, 答は, 考えに, 肩を, 胸を, 腕時計に, 自宅から, 自宅を, 荷物を, 葬式か, 許嫁でした, 誇を, 逞しい腕, 部下が, 部下は, 部下烏の

1 [291件] あの凛々しい, いいつけどおり, いかめしい軍服姿, うしろから, おもいちがい, おんど, お悔み, お手がら, お迎え, かたわらに, くぼんだ眼窩, この声, この無造作, すること, その軍人, そばによって, ために, ちょっとの, ところで, ところに, とびこんだ袋小路, ねがいを, のった彗星一号艇, のった指揮機, は已, ひきいる派遣空軍, ひきいる英国, ひきいる飛行隊, ふるての, ぶらさがって, ほうが, まはり, まわりを, もちこんだ日本酒, もとに, やうな, やうな隠れた, やったこと, やつが, やり方は, シャムシャリョーフとかいう, ズボンの, ダシコフの, ニルマーツキイさんそれから, ピストルの, ポツェルーエフって, ポツェルーエフと, ロケットが, ロケットは, 一子忠坊顔を, 三角の, 上衣が, 上陸した, 乗った偵察機, 乗って, 事件を, 二・二六事件の, 二人きりしかし, 云うが, 亡骸は, 人が, 仕業だった, 仲よしである, 件, 住まいは, 住居から, 住居にも, 体が, 作戦は, 傍に, 先途を, 写真こそ, 写真を, 制服姿で, 前で, 前の, 前へ, 加勢が, 千島探検野中至夫妻の, 千島探検隊の, 厚き同情, 去った後, 号令, 号令一下みごとな, 合図を, 同窓生の, 君赤塚ドクトル達皆船を, 命令が, 命令と, 命令によって, 命令一下全員は, 唇は, 喪われたる記憶, 嗜好が, 噂は, 垢じみた, 報告が, 壮行と, 壮行を, 声だった, 声である, 声の, 声を, 変装姿であった, 大勳功, 大杉栄を, 夫人が, 失踪に関する, 失踪事件は, 奥さんにも, 奥さんは, 奴が, 奴井筒副長から, 娘よりは, 子も, 子供では, 子供とは, 子孫, 子孫である, 子孫を, 安否は, 室に, 家, 容疑者を, 射撃演習を, 小崎正満へ, 巧みな, 差しが, 差し出した煙草, 年は, 強いこと, 弾の, 後姿を, 復帰, 心には, 心は, 応答が, 応答なし, 念ずる顔, 急信号により, 性分としては, 息子の, 息子は, 情の, 憤慨を, 憤戰死鬪, 懇篤なる, 懐ろに, 戦死でも, 戦闘機は, 扉を, 手あつい介抱, 手が, 手でありました, 手に, 手には, 手によって, 手真似は, 抱えて, 拳固の, 持って, 指さしたところ, 指揮下に, 捜索隊は, 方が, 方には, 旅行記や, 明かるい, 明鏡の, 時と, 時にも, 暴挙, 服の, 栖方は, 案内により, 武運は, 死体だ, 殿下に, 気もちを, 決心, 消失, 消息が, 演題だった, 為に, 烈々たる, 無表情な, 物語, 狙って, 甘粕が, 甘粕大杉栄野枝甥宗一を, 生死に関する, 生活感情その他説明する, 申しましたごとく故, 発した例, 発見した, 監督で, 目には, 眼から, 眼には, 眼も, 着て, 石碣を, 神経に, 秘密, 第八潜水艦, 筆蹟で, 緊張に, 編隊長機と, 繪の, 考えです, 考えは, 考えを, 耳にも, 耳もとを, 肚の, 股間に, 肩に, 肩章を, 肩越しに, 胸に, 胸の, 胸中を, 脇の下を, 脇腹を, 脳髄は, 腕を, 腕押と, 自宅へ, 艱難に, 若い快活, 荒川という, 萌黄色の, 落した爆弾, 著書には, 蒼白な, 虎髯は, 行を, 行動を, 衣服箱を, 襟章を, 覚書によって, 親御から, 言うたこと, 言わんと, 言草では, 言葉が, 言葉を, 計算に, 記事私は, 話, 話八重さんの, 説に, 調練は, 資格で, 赤鬼号じゃ, 走書, 足は, 足手まとい, 身の, 身代りとして, 身替, 軍服は, 軍服肩章飾帯の, 軍服軍帽短剣靴襦袢その他の, 通常軍服を, 運命や, 遺孤, 遺書である, 遺書を, 邸へは, 部屋から, 部屋へ, 部屋を, 配慮の, 酒壜, 金まで, 鉄拳の, 隠れたる, 露領沿海州荒し, 靴音が, 頤を, 頬は, 頭の, 顔が, 顔だ, 顔面が, 首に, 馬だ, 馴染が, 鼓膜を, 鼻を

▼ 大尉~ (211, 10.7%)

4 その軍服, 其処に, 殺されたの 3 まじって, 来て

2 [14件] いかんいかんと, ここを, ゆうべ火薬庫の, よく知っ, 何者だ, 健在である, 悠々と, 死んで, 無事である, 無事に, 無愛想の, 眼を, 確かに, 駈けつけて

1 [165件] あった筈, あつた, あてれば, あのよう, あの人, あります, いうと, いかに勇猛, いた, いつまでも, いて, いぶかるの, いること, いるため, うしろを, うなった, ここでの, ここへ, これを, ころされた, そういう名前, そうな, そう言う, そのとき, その地方的, その後について, その手紙, そばへ, たった今英霊何個, だんだん後退, つくづく感嘆, とる, どうして生き, どうして飛行島占領, なにかかわった, のこって, はいって, びくり, ふたたび姿, まさかその, まだ帰艦, まちがったこと, まっさきにぱっと雪, まつさきに, やがてこつち, やられたの, よくいっ, オールを, キュラソーの, セエラさんを, ポカポカ湯気, ポケットに, マイクロフォンの, ユダヤ人である, 一人おりまし, 一彦を, 一振, 一文も, 一族近親の, 一歩踏み出し, 七十何名も, 下士二名上等兵十三名馬八頭を, 乗つて, 乗りこんで, 二つの, 今度は, 以前私の, 伏魔殿を, 何も, 倒れた, 傷の, 八十三人の, 兵卒四五名と, 劒を, 勢を, 印度へ, 危い, 即座に, 双眼鏡を, 口を, 只今機関部で, 叫ぶと, 叫んだので, 名を, 呻った, 命令を, 唇を, 嘆笑した, 器用な, 土地から, 執って, 大川から, 大拍手, 山の, 川上機関大尉の, 帰らぬと, 帰艦し, 座って, 強いて, 思い出したの, 急いで, 急に, 悲鳴を, 愈々クツク以來, 意外な, 慌てて, 扉の, 手に, 手を, 手紙を, 技師に, 担任する, 本当にえらい, 本気に, 来たという, 桑畠の, 歯が, 死んだのさ, 歿した, 民家で, 水兵から, 汗を, 沈痛な, 沈黙し, 活動の, 海軍病院へ, 火星兵団の, 無線電話機を, 無造作に, 無電を, 生きて, 発狂した, 白い診察服, 盗み出した, 短かい祈祷, 短艇遠征の, 突撃を, 突然に, 筒を, 細君に, 練習を, 聖像を, 聯隊本部に, 自由に, 舌打ちした, 見えたら御用, 見えません, 見て, 見舞に, 訊ねた, 試験の, 軍装も, 転任し, 進み出て, 遇われて, 部下三十名と共に, 金持で, 陸戦隊を, 陸軍で, 電話機を, 革紐に, 頭の, 飛びついて, 飛ぶよう, 高き誉

▼ 大尉~ (102, 5.2%)

6 相違ない 4 なって, 化けたの 3 知らせて 2 した, たずねました, なりてほども, 何の, 化けたという, 握手しよう, 昇進した, 続いて

1 [69件] うちころされ死体, くだったの, こうお答え, ささやきました, さしながら, しっかり銃口, しても, してやる, その旨, それは, たずねた, だんだんこういう, ちがいない, つかまれた右腕, つかみかかった, つけられどどどど, ともなわれて, なってるテオデュール・ジルノルマン将校, なり次第, なる, なるとか, なろうとして, ねがいます, はなしますと, ぶつかった, ドミトリイさんが, フン大尉どこか, 一片の, 三十六基の, 代って, 代り身, 会いたくないの, 会うこと, 会うと, 会えるやら, 会って, 伝えねば, 児玉法学士それに, 出くわして, 助けられて, 向ひ, 告ぐ, 家族が, 封ぜられ王朗, 御昇進, 恐ろしい印象, 惨殺され, 手渡されました, 扼殺され, 指揮され, 探りを, 推薦した, 敬礼を, 昇せたり, 昇進し, 殺された話, 無線電話を, 特命を, 知らせ一彦, 紹介しよう, 肉薄する, 腹を, 親しくしたい, 調べられたり, 逢った, 連れられて, 過ぎん, 違いありません, 限らずさっき

▼ 大尉~ (78, 3.9%)

5 一彦とは 3 一彦少年とは, 一緒に 2 小浜兵曹長の, 狐と, 連絡し, 顔を

1 [59件] いいます, その部下, それからカンガルウ, それから元気, た, ただ二人ばたばた, わかつた今, ケント兵曹とを, ゼラール中尉と, ゼラール中尉との, ファン・ラウテンブルク中尉に, フクシ大尉名前の, マタ・アリとの, モンターク嬢との, 一しょに, 一寸顏, 一彦は, 一彦少年との, 一彦少年とを, 一彦少年の, 三人の, 三隈一等航空兵曹とで, 並んで, 中尉だけは, 中尉とは, 主計長の, 二三度会った, 二号艇長の, 云うの, 云う名前, 云ふ, 会った, 体操の, 僕が, 児玉班員と, 別れたの, 別れて, 半裸の, 呼ばれた人物, 学士とは, 山岸中尉が, 川上機関大尉との, 御一しょ, 戸川中尉とは, 打合わせて, 旧友戸川中尉との, 星宮理学士との, 本名を, 杉田二等水兵とは, 理学士と, 甲板の, 私とは, 約束が, 結婚し, 艦長とに, 話が, 話しながら, 認めて, 駆落

▼ 大尉~ (58, 2.9%)

2 否彼女, 小浜兵曹長も, 弟の, 細君も

1 [50件] いた, いらいらし, この事業, これに, さつき船橋で, すっかりおどろい, そこへ, そして我々一同, その一人, その場, そばから, それを, なれない室内, ふり返っ, ふーむとうならないわけにゆかなかった, またさっき, また闇屋, まもなく町, やっぱりそう思っ, クルーゲル中尉も, スティンゲル大尉も, セエラも, 一言も, 交つてゐた, 今日ばかりは, 何ら異なる, 到頭匙, 呼んで, 困じ果てて, 声を, 屈しなかった, 帰った後, 当惑そうに, 当然陣歿, 思わなかったそう, 怪塔の, 懸命だ, 技師も, 故国へ, 昂奮したらしく, 気が, 決死の, 目を, 笑った, 軍医長の, 遂に使命半ば, 遂に悲壮, 随分気, 電信員の, 鼻じろんだよう

▼ 大尉殿~ (50, 2.5%)

4 であったの, でありました, に化けた, は軍服

2 [15件] がこの, が毎日, が無事, だったの, であっても, とが厳重, に化け, に相違, の噂, の自宅, の軍服, の顔, はたしかに, は東京, は狐

1 からなに, のよう, の御, まず君

▼ 大尉~ (37, 1.9%)

3 射殺し 2 さがしに, 先頭に

1 [30件] うしろから, かこんで, しめあげた, そつと, はじめ小浜兵曹長や, ひきずり込み小高い, ひっとらえたらすぐ, みあげて, よんで, 中甲板舷側, 二階の, 入れること, 助けるため, 呼んで, 引き起しわき, 往来へ, 思ひ出す, 招きその, 捜させようと, 捜すに, 探すこと, 探すため, 片づけて, 艦上に, 見た最後, 誘って, 追かける, 追って, 首脳として, 驚かせたの

▼ 大尉どの~ (25, 1.3%)

2 が司令部, に化け, に化けた, のお話, はちゃんと

1 [15件] いよいよ穴, にあの, にこの, のあの, の真意, の結論, は, はこの, は憤慨, への報告, をかなり, 井筒副長どのが, 博士は, 御覧なさい, 磯崎へ

▼ 大尉~ (15, 0.8%)

2 小浜兵曹長は

1 [13件] また小さい, アムンゼンや, クルーゲル中尉らの, 一彦少年の, 一彦少年や, 其他乘組の, 小浜兵曹長も, 山岸中尉の, 我々も, 戸川中尉の, 救護の, 杉田二等水兵も, 桜井先生などが

▼ 大尉~ (12, 0.6%)

2 あつた 1 あつて, これは, ござりました, ステーフィン・サレーダインという, 学校の, 強い香, 早世した, 若死にし, 身には, 非常に

▼ 大尉には~ (12, 0.6%)

2 弟が, 特別の 1 あの塔, あらで意外, まだはたしおわらない, 合点が, 小さな男の子, 片手と, 途端に, 間違へ

▼ 大尉である~ (10, 0.5%)

2 ことに, としたなら 1 が本, ことは, ことを, だけに衛兵, または復員, 彼の

▼ 大尉という~ (10, 0.5%)

2 のは, のはね 1 んだろう, 事は, 人な, 名前であった, 士官に, 筋書か

▼ 大尉から~ (9, 0.5%)

2 支店長に 1 セエラへ, 別れ際に, 受け取った鵞ペン, 山岸中尉への, 当時の, 無線電信で, 重大なる

▼ 大尉との~ (8, 0.4%)

2 双方に, 間に 1 三人が, 居る前, 放浪生活が, 連絡は

▼ 大尉~ (7, 0.4%)

1 からで, から先づ中佐格, か原田十吉, つたのです, つた事結婚し, と知る, などということ

▼ 大尉以下~ (5, 0.3%)

1 の人, の先生がた, の地球人間, はめんくらった, を第

▼ 大尉その~ (4, 0.2%)

1 人であった, 人とは, 人に, 方角は

▼ 大尉と共に~ (4, 0.2%)

4 彼女の

▼ 大尉~ (4, 0.2%)

1 と冷肉, によって空中征服, の前, をあざ笑う

▼ 大尉フランク~ (4, 0.2%)

2 の顔 1 がうしろ, が大事

▼ 大尉夫人~ (4, 0.2%)

1 がうそ, だけはここ, の紅子, は何

▼ 大尉からの~ (3, 0.2%)

1 お手紙, 無線電話です, 知らせだった

▼ 大尉だった~ (3, 0.2%)

1 が少し, ので歌劇, 筈である

▼ 大尉とは~ (3, 0.2%)

1 似て, 既に近づき, 義兄弟の

▼ 大尉なぞは~ (3, 0.2%)

1 この滑稽, この隊, 半分自暴自棄交じりの

▼ 大尉ゴロベーツィ~ (3, 0.2%)

1 が息子, が救援, が言

▼ 大尉さん~ (2, 0.1%)

1 こんなに大きな, にし

▼ 大尉じゃ~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 大尉たち~ (2, 0.1%)

1 にたいして地上, もそれ

▼ 大尉だの~ (2, 0.1%)

1 やれドィルカ, 学生だの

▼ 大尉って~ (2, 0.1%)

1 とても勇ましい, 誰だい

▼ 大尉であった~ (2, 0.1%)

1 がロケット, し最上甲板

▼ 大尉です~ (2, 0.1%)

1 が博士, って

▼ 大尉でなく~ (2, 0.1%)

2 その弟

▼ 大尉では~ (2, 0.1%)

1 ないらしい, なかった

▼ 大尉とが~ (2, 0.1%)

1 上陸する, 互いに話し合っ

▼ 大尉とともに~ (2, 0.1%)

1 海軍の, 練習飛行を

▼ 大尉などに~ (2, 0.1%)

1 よくたのん, 大事な

▼ 大尉にとって~ (2, 0.1%)

1 いちばん取っつき, ゼラール中尉との

▼ 大尉にも~ (2, 0.1%)

1 よくわかる, モンターク嬢にも

▼ 大尉はじぶん~ (2, 0.1%)

2 の杜

▼ 大尉らしい~ (2, 0.1%)

1 東洋人の, 軍人が

▼ 大尉事件~ (2, 0.1%)

1 と鉄道ハカイ, の怖

▼ 大尉夫妻~ (2, 0.1%)

1 と自分, はドイツ軍人

▼ 大尉庫中~ (2, 0.1%)

2 の盗賊

▼ 大尉指揮~ (2, 0.1%)

1 の編隊機, の英空軍

▼ 大尉~ (2, 0.1%)

1 が待ち, はようやく

▼ 大尉~ (2, 0.1%)

1 と帆村探偵, も上官

▼ 大尉~ (2, 0.1%)

1 に昇進, の海軍

▼ 大尉自身~ (2, 0.1%)

1 も醉, も面

▼ 大尉若い~ (2, 0.1%)

2 艦隊長も

▼ 大尉~ (2, 0.1%)

2 も知らない

▼1* [120件]

大尉あてにいく, 大尉あなたこそ何, 大尉あり舵柄を, 大尉あるいは中尉によって, 大尉あれをごらん, 大尉お前にはあべこべ砲, 大尉かと思った捕物, 大尉かのころに, 大尉こそは第一話, 大尉これはきっと, 大尉へ自分, 大尉さま兄さんはもうかえって, 大尉さん一人で公爵, 大尉すぐ甲板へ, 大尉そりゃいけませんよ, 大尉それを変, 大尉そんなところで, 大尉たいへんです, 大尉だってそうだ, 大尉だつたので僕, 大尉でありましたが予選, 大尉であればこそできた, 大尉でございますがそれにしても, 大尉といふ名前で, 大尉とかまた時に, 大尉とかに嫁ぐ為, 大尉とかの妻に, 大尉としてはやはり元, 大尉とびこんでみましょう, 大尉ともいわれて, 大尉とやらが軍事思想の, 大尉とやらの墓の, 大尉どうしたの, 大尉どこか似, 大尉んでし, 大尉なぜ帆村探偵の, 大尉なぞが連名で, 大尉などが重なるところ, 大尉などの筆紙に, 大尉などは身も, 大尉なども大利根博士を, 大尉なにがよい, 大尉ならびにル・メエストル男爵トルッフゼスフォン・トラウテナウフォン・リヒテルロオなどの, 大尉にとってはそれは, 大尉になッた, 大尉によつて大杉栄伊藤野枝の, 大尉に対し必要な, 大尉に対して獣の, 大尉に対する友情と, 大尉はじめ乗って, 大尉はじめ偵察機の乗組員, 大尉はと見ますと, 大尉はなんて頓馬な, 大尉はまごころを面, 大尉ばかりでなくほか, 大尉までがこれに, 大尉までの間, 大尉まるで魔術みたいです, 大尉めどこか近く, 大尉よく来て, 大尉よりの報告によ, 大尉ら十人がのりました, 大尉ら士官一同の前, 大尉をめぐって飛行島上には, 大尉を以て終り柏原, 大尉インドバハール地方で猴群, 大尉ゴロベーツィ自身もいきり立つた, 大尉スロヴォエルソフといったほう, 大尉ダシコフはその, 大尉ドン・アルヴァレス不幸なる女バリザール, 大尉ハリイ男爵は舞踏, 大尉フオストフ同少尉ダヴイドフ, 大尉一人は警部, 大尉一大事ですぞ, 大尉一特務曹長が軍法会議, 大尉上りの日本人重役, 大尉上官の自信, 大尉主計長のクルーゲル主計中尉, 大尉乃至は百人, 大尉五・一五や二・二六事件, 大尉の一人, 大尉以上の將校, 大尉以下六名をさしまねい, 大尉何程の事, 大尉と約束, 大尉元気な顔, 大尉参謀が同僚, 大尉及び同乗者等の, 大尉同隊付セミン軍曹チチハル・ホテル主人ヤアフネンコ支那人ボウイ兵卒ロシア人の売春婦三人, 大尉名前の頭, 大尉ですね, 大尉大利根博士は悪人, 大尉安田重朝同少尉桐生定政たち, 大尉小笠原長生子の眷顧, 大尉小間物屋の子, 大尉島貫である, 大尉平磯基地からも爆撃機六機, 大尉得意の当身, 大尉朝田某は多数少壮士官, 大尉未亡人が非常, 大尉本名は轟大尉, 大尉本名轟大尉であつ, 大尉李徳裕の邸, 大尉武村兵曹一人は右鬢, 大尉は傲慢, 大尉る, 大尉相当の待遇, 大尉石塚敬儀である, 大尉私たちのお父さん, 大尉私室へいっ, 大尉を園内, 大尉をば右方, 大尉荒川の援助者, 大尉萬歳の歓呼, 大尉はここ, 大尉轟鐵夫君濱島武文春枝夫人及び二百餘人, 大尉通敏さんの母, 大尉速力はもういっぱい, 大尉の中, 大尉閣下御禮