青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大将~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大和~ 大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将
大将~
大尉~ 大小~ 大層~ 大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵 大抵~ 大方~

「大将~」 3710, 40ppm, 2906位

▼ 大将~ (646, 17.4%)

5 思った 4 まだ来, 言って 3 女房に, 帰らない, 彼の, 心に, 思って, 自分の, 自身の, 語って, 非常に

2 [26件] いつもであれ, さきに, さつき, それを, たまらなくな, どうした, なんと云, ひらりと, へんな, みんなの, むやみに, 一条の, 中宮の, 六条院へ, 出て, 常陸守の, 得意の, 心苦しく思った, 急に, 旗艦, 東の, 歎息し, 真赤に, 草の, 見て, 馬上で

1 [554件 抜粋] あいまいに, あたしの, あっと声, あとに, あの下手人, あの秘密, あの若い, あまりなお, あやしんで, あらかた寄ろう, いいました, いくら待っ, いたずらに愚直, いったいどこ, いつごろから, いつ頃出発致候, いよいよ帰る, いわれました, うなずかれて, うぬぼれの, うやうやしく琴, うらめしそう, えらいと, えらい神様, お勧めする, お山の, お帰り, お心, お月さま, お訪ねしたい, かくいう, かねて, かねてから日本潜水艦, かまわず話, からだを, かわいそうに, がらんとして, きげん, きた路, ぐるぐるあたり, こうした目, こう言う, このとき, この中将, この国, この大難, この寺, この日比類, この時刻, この様子, この無上, この若君, この言葉, この近く, これだけの, これを, これ歴史で, こんなふう, こんな機会, さみしそう, さらに刺激, しいて同情, して, しないの, しばらく休息, しばらく得意げ, じつはもう一人, すぐ参ります, すこし安物, すこぶる腑, すっかり共鳴, すっくと席, すばらしい運命, ずるいもん, そうした大衆, そこで大いに, そこで念, そこへ, そのおじいさん, そのまま宿直, そのまま寝殿, そのまま尚侍, そのまま縁, その一匹, その娘, その後の, その忘れ, その死がい, その間に, その飛報, それから, それが, それだけを, それに, そんなん, た, たいへんたつ, たいへん気, たびたび流れる, だまって, とたんに声, とても正当, ともあれ今, とりたい七日七日, どういうん, どういう宿縁, どうかし, どこと, どこまで, どっちかと, どっちだい, なお口, ながめて, ながめ入って, なだめかねて, なだめて, なにを, のそのそ歩きだしました, はっと答え, はやもう地下, ひとまず南都興福寺, ひとりも, びくり, ふざけてるぞ, ぶしつけな眼, ほめた, ほんまに, まさかわが, まさしく愚物, まして仲, まして感動, ますます得意, またも, また一面, まだやってこない, まだ夫人, まだ巣鴨, まだ来ねえ, まっさきに立ちあがっ, まったく路, みな北条幕府の, みな秀吉を, みな顔色を, むろんの, もうその, もう交渉, もう往, もちろん中国勢, もちろん孔明, もっともっと資格, やはりお隣, やめないと, やや離れ, よほど何, よろこびも, わずかな, わたしを, わめき立てたが, インドの, エリザベスの, カピという, サーベルを, スキだ, ナポレオンが, ニヤニヤ笑っ, バルチック艦隊が, フラ, マハンを, マルヌに, ムクムクと, モルトケ元帥の, 一たん内地へ, 一辺を, 三位中将信忠と, 三条の, 下に, 不安を, 不幸敵弾に, 不思議に, 不足を, 並大抵の, 予期しなかった, 事の, 二人目に, 二隻に, 云いながら, 五ヶ村の, 井上参謀長に, 亡くなられた筈, 人々に, 今度は, 今日明日宇治へ, 今朝がたイーグルへ, 以前から, 仮面を, 仲介者の, 会釈を, 伴ったの, 何とも言っ, 何事も, 何者だ, 作って, 例の, 信長の, 修法などを, 俺だ, 偉いの, 偉大な, 傍らを, 優美な, 兄の, 八方から, 六日の, 内閣員として, 凡そ太, 出かけようと, 出来るだけ, 刀を, 動揺した, 勿論天草四郎時貞, 十六人の, 千寿どのあなたな, 千早の, 協議の, 即ち天草時貞, 即戦即決主義だった, 厳かに, 去年天正十年三月織田徳川の, 参謀長の, 参集し, 反対し, 反省を, 取り次がせて, 口ずさみながらも, 叫んだ, 可哀相な, 右近を, 否定した, 吹いて, 呂布でなく, 呻った, 和琴に, 和琴を, 唇を, 唇をへの, 問われました, 国王の, 地下の, 地下要塞の, 城より, 夏侯淵, 夜が, 夢を, 大いに批難, 大童で, 太い剣, 夫人が, 夫人に, 失望し, 女を, 女三の, 女二の, 好色な, 妻が, 姫君に, 姫君を, 姫宮を, 娘に, 子供らを, 子供を, 学問の, 官邸の, 宮へ, 家へは, 尊氏の, 小さな記録映画, 小野の, 小野田右近と, 少しいずまい, 少年に, 少年の, 尚侍を, 尾張海東郷の, 山荘の, 山荘へ, 山荘への, 屹度俺は, 左手で, 巧みに, 巻き羽織, 帝が, 帰って, 帰ろうと, 常に親友, 平維盛忠度の, 年は, 年まだ, 幾人か, 幾人も, 弓の, 当然気負いぬい, 彼女の, 従者を, 得て, 御医者様, 御息所の, 御簾の, 微笑した, 微笑みました, 心残りを, 忙しいん, 怒られました, 思いあまって, 思いがけない手紙, 思いやった, 思い比べて, 思うまいどんな, 思わず歎息, 急造の, 恋の, 恥も, 恨めしいまでに, 恨めしく思い, 悲しく見た, 悲しんだの, 愉快だ, 愛して, 感激し, 慰めて, 憤然として, 或時士官学校, 戦地へ, 戦死された, 戦略を, 房さんの, 所謂自由主義的で, 手に, 手下に, 手帳の, 打ち出しにくく, 押し隠しながら, 持って, 指図し, 捕え得たであろうか, 捜すの, 数名います, 敵が, 敵の, 日が, 日本人らしい, 早くも, 昔が, 昔の, 昼に, 晴れが, 智将である, 智謀を, 月世界からの, 月日に, 本当に偉い, 本陣の, 来た, 東北の, 東宮の, 東惣平で, 枕を, 某なり, 某革新的事件, 栄誉ある, 桃太郎の, 案内者の, 森厳な, 椎名金之丞と, 楢夫の, 歎息を, 死ぬだらうが, 残りの, 残念がった, 比べて, 水戸町奉行田丸稲之, 泣きながら, 泣き出した, 泣く泣く辞し去った, 注意した, 派手な, 浮薄な, 涙を, 清さんを, 源氏の, 漆艶の, 漢中から, 激戦の, 無念の, 煩悶し, 爪弾きが, 父君へ, 父武蔵守輝国や, 物々しげ, 犬に, 狼狽を, 猫を, 獄門のうへで, 獅子王をも, 珍しくない, 現れた, 用談が, 異母弟を, 疲れて, 皆どこかへ, 直ちに馬, 知略, 石部金吉だす, 禁中の, 私の, 立ちどころに犯した, 笑い合って, 笑って, 第一線に, 篝火で, 簾が, 糜竺糜芳の, 紀霊将軍だった, 素知らぬふう, 羽振りの, 考えて, 考えられ衛門督, 聞いて, 聞き分けた狸, 聞くと, 聴いてたん, 肉体も, 腰を, 自分には, 自宅で, 自身たち夫婦の, 自身らに, 自身を, 自身一人で, 自邸へ, 船楼を, 若い妻, 若い時, 若年なり, 若旦那の, 苦りきった顔, 苦心した, 葉巻きを, 董卓という, 蓆売り, 藤壺へ, 衛門督が, 衣服も, 衣服を, 裏手の, 解釈し, 解釈した, 言う, 言うの, 言った, 誰かに, 誰だ, 誰の, 調子を, 諸葛瑾, 谷少将と, 貴方の, 足利殿であろう, 路傍に, 軍刀を, 輿の, 近くへ, 近く招い, 退出する, 退役後此の, 遂に大命拝辞, 遠く排列, 遠慮し, 邸を, 部下の, 鄂煥と, 院の, 陰々滅, 隆景である, 階段の, 青年軍人らによって, 面を, 韋康という, 頤髯を, 頭を, 餓鬼どもに, 首を, 馬に, 馬を, 駈け寄って, 驚きかつ, 驚くべき冷酷, 高橋三河守時英と, 黒表に, 黙々と退出, 鼻の

▼ 大将~ (640, 17.3%)

11 首は 6 心は 5 ところへ, 前に, 首を 4 ことを, ような, 家に, 顔を

3 [13件] お面, やうに, 名は, 命令を, 寝首を, 意見は, 愛は, 統率する, 軍服を, 顔が, 首に, 首の, 鬼が

2 [28件] うちには, お日さま, お日さん, ことだ, ために, 上機嫌の, 下では, 下に, 中から, 別荘は, 前へ, 吉は, 墓から, 大艦隊, 夫人に, 姿が, 家を, 心も, 所へ, 手から, 手を, 手紙を, 自殺は, 身に, 風流の, 首と, 首実検をでも, 鬼は

1 [497件] あすこン処へ, あちらこちら桂川の, あのいも, あのへん, あの鞄, いうところ, いう通り, いどんで, いない昼ごろ, いる主隊, うしろで, うちでは, うちに, うちの, おった所, おふたり, おるべき地相, おん前へ, おん身そう, お伴と, お使いで小君, お宅, お引立, お形見, お耳, お装束, こ, ことが, ことで, ことなどが, ことは, この性格, この現状, ごときは, ごとく, ご命令, すがた, そうした魅力, その日, それの, ためにも, つかい方, とこへ, ところに, なにに, においの, は, はたらき振りであった, ひきいる聯合艦隊, ひとりから, ひとり小山田弥三郎信茂は, まえに, まっただ中, もとの, やうだつた, やうな, やったの, やること, ように, ウチじゃ, エボレット勲章等を, ジャイランダスは, フルマイとは, ワスレガタミわが, 一人が, 一人で, 一人の, 一人侯成の, 一代記という, 一座を, 一身は, 三男それに, 三男の, 下の, 下男を, 下知が, 不慮の, 両全権, 中へ, 中村孫兵次堀秀政堀尾茂助など, 中西新八郎渡辺勘太夫その, 主なる, 乗用である, 乗馬らしい, 予言が, 云うこと, 云うよう, 云ったこと, 人間の, 今夜の, 今川義元始め士が, 令嬢な, 仮の, 任命も, 位置に, 体は, 体を, 作戦は, 作戦計画は, 供を, 信忠と, 儲けなんぞは, 兄貴分の, 兇賊張角にも, 先に, 入来を, 六千五百円の, 兵馬は, 典侍に, 典侍腹の, 写真が, 出るの, 出生の, 出陣と, 刀は, 列の, 列座が, 別荘であり, 前を, 前夫人, 前途を, 前駆の, 副官だった, 劉国軒が, 勝海舟は, 勝頼を, 勢いが, 勢力も, 十河讃岐守様が, 千種など, 千種殿さえ, 千種殿だ, 印綬を, 危機と, 厳綱を, 友だちだけ, 口から, 右京次郎が, 右京次郎どんな, 名と, 名まで, 名も, 名を, 名越尾張守は, 君やうなき, 命なりと, 命を, 命令が, 命令によって, 命令一下マイカ防衛兵団は, 営に, 器という, 器は, 団十郎と, 土方歳三が, 土方歳三ただ一人です, 地位を, 場合に, 声に, 大事に, 大勢を, 大半も, 大器のみ, 大旗, 大袈裟な, 天下まず, 天草次郎で, 太刀ぞ, 太平洋艦隊を, 夫人から, 夫人などという, 夫人式が, 奥さんが, 奥さんを, 奥様で, 好意が, 如きを, 妻に, 妻の, 妾に, 妾の, 姿に, 姿ばかりを, 威厳を, 娘じゃ, 娘で, 娘の, 婆さんが, 婿さんで, 孃さまの, 子は, 子を, 子供が, 子兼吉だった, 子息たちが, 字です, 存在も, 孫と, 宇治に, 宗任は, 官職をも, 官能を, 実検に, 家で, 家の, 家まで, 家人の, 家庭の, 家来が, 家来の, 宿所と, 寝所を, 寝所幕の, 寵娘の, 尊氏は, 小山田筑前は, 小早川隆景が, 少年時代からの, 居並んだ方, 屋敷から, 屍骸である, 川島である, 川島は, 工合は, 布告が, 席に, 帷幕に, 幼児時代に, 幼名, 床几から, 座に, 建波邇安王は, 弔辞の, 弟, 張宝が, 張角の, 彼みずからが, 後から, 後を, 御出馬, 御庇護, 御慰み, 御時, 御最期, 御舎弟, 御随身, 徳であるまい, 心に, 忌月で, 忠直卿が, 急死が, 恋愛問題を, 恒例として, 恩威並び行なう, 息子さんはじめみなさん上陸なさいました, 息子で, 悲哀の, 情人では, 意志で, 意見に, 愛が, 愛人の, 愛馬を, 感情を, 態度を, 所に, 所得は, 手がけたあな, 手に, 手にて, 手へ, 手水や, 手紙が, 手許を, 才は, 才を, 投降は, 指揮の, 指揮振りは, 捧げて, 掛物が, 提案である, 援軍を, 敵を, 断に, 新田殿は, 方から, 方からも, 方が, 方に, 方は, 方へ, 方を, 昔の, 時ならびに, 書いたもの, 書斎, 書斎と, 服でも, 服を, 服装が, 服装などについても, 朧月夜の, 本営めかした, 本陣に, 朱従本に, 李典許, 村正, 来ないこと, 松が, 松は, 松葉も, 松葉喰い, 案は, 様子には, 機に, 正妻の, 武ゆうに, 武装美々しき, 死, 死ぬ前, 死んだ時, 殉死に, 母とは, 母儀に, 母君が, 母君の, 母後藤新平の, 比でない窶れ, 気に, 気を, 永久に, 決死のほどを, 泥鰌ひ, 派手やかさとは, 浮田殿無能無策の, 消息が, 演説会が, 演説終っ, 漢文たる, 父親が, 物思わし, 物部氏が, 特に信頼, 獻身の, 率ゆる, 生き血を, 生命を, 生活の, 生活は, 画策を, 病気は, 目について, 目には, 真坊, 眼が, 眼も, 眼中には, 眼前で, 着た赤い, 石版刷も, 石版摺りの, 祈だった, 祖父の, 祝辞も, 秀吉様に, 秦進忠を, 称号を, 程度の, 立場なり, 第一次欧州大戦初頭, 第二軍, 筆蹟も, 紀霊からは, 紀霊が, 細君が, 細君という, 組閣失敗の, 結婚についても, 給仕を, 美, 美しい目つき, 美髯は, 義朝をさえ, 考えでは, 考えとしては, 考えな, 考えは, 耳にも, 聯合艦隊は, 職を, 肖像が, 肖像画が, 胴に, 胸に, 腕ッ節が, 臨時の, 自動車です, 自慢は, 若い時, 若旦那これは, 菊地市長が, 菊池武敏だった, 菊池武時子息の, 蘇飛は, 行動が, 行進歌, 装いが, 裏切りなど, 補佐だけ, 見参に, 覚悟は, 親しい来駕, 言ってる事, 言葉には, 計らい, 記事で, 記念自署などが, 訪問を, 許しが, 話では, 話に, 話は, 話を, 誘惑に, 謎と, 謙信が, 警固に, 讃岐守存保が, 貞任と, 負けやうを, 身には, 身の上だ, 身を, 身代りに, 身分について, 身辺から, 軍服, 軍服で, 軍職とを, 軍配一つによって, 近藤なんぞも, 退陣と, 道を, 道蘊は, 邸で, 邸へ, 部隊に, 鄒靖の, 重なる人々, 銅像が, 銅像を, 長井将監にたいしても, 長女である, 長男で, 長男と, 長男に, 長男の, 門では, 関係から, 関係は, 阿曾弾, 陣は, 陣座と, 陣座に, 陣所へ, 陣所らしい, 陳式が, 随身は, 雑用を, 面々も, 面に, 面を, 面目が, 靴ドロドロ, 韓暹である, 頭に, 顔である, 顔に, 類型が, 類型である, 風を, 風貌で, 飾らざる雄弁, 首がの, 首でも, 首も, 首二つを, 駒の, 高い地位, 高丸は, 鬚を, 鬼を, 麦藁帽は, 鼓動は, 鼻の, 鼻を

▼ 大将~ (345, 9.3%)

6 ある 3 あった, それを, 上手に, 帰って, 言うと, 非常に

2 [17件] ありました, いう, いった, この有様, たつた一人, わたしを, 代って, 口を, 山に, 従卒もつれずたつた, 来て, 私の, 行方不明に, 見て, 言って, 雑兵を, 馬を

1 [287件] あちらへ, あって, あの人, あらわれて, いたから, いって, いないと, いようなどとは, いらっしゃるけれど, いる, いるから, いる間, うちの, うとむの, うやうやしく呉侯, おとずれて, おると, お乗りもの, お聞き, お見え, お話を, かえってきた, かくまで, きいた, きりきりと, こうも, ここで, ことづてを, この, このおどろくべき, この明, これからどうする, ごうれい, さらに自身, さりげなくし, しつぺい張くら, すっかりかんづい, すべて指図を, ぜひもっと近く, そこに, そこへ, そのうえに, そばへ, それきりに, それぞれ一族郎党を, それぞれ出陣する, それは, それほどに, そんなこと, ただひとり, ためらって, どうして小国, どなった, どんなこと, どんなに尊重, なぜ勝った, なんでも, のぞいて, はいって, はるばる国許, ばかである, ひかえて, まえだて, みな孔明に, みんなへ, もっと前方, もっと笑った, やおら起っ, やっと笑う, やはりそっとぬけ, よき待遇, わざわざいやがらせ, わずか十騎, グラヴオネの, サッと顔色, シュリーフェン元帥の, テレビジョンによって, フランスに, 一つ陣幕の, 一万余の, 一処に, 一匹人の, 一号令の, 一条で, 一杯機嫌で, 一番呑気そうに, 七軍に, 三十五万円の, 下の, 中に, 中宮の, 五つで, 今も, 今度こそ, 代わろうという, 仰天し, 仲間を, 住んで, 何で呉, 何とて二十日, 何の, 何処やらの, 何心なく, 俺だ, 俺を, 兄宇迦斯を, 先日ぶらりと, 兵を, 内大臣に, 内閣の, 出した, 出て, 剣を, 力を, 勢揃え, 半ば危ぶみ, 原因で, 双方とも, 叫びますと, 叫んだと, 右大臣に, 司令官に, 向うで, 周瑜の, 四五十騎ほどの, 城主と, 城門まぢかまで, 声を, 多数の, 夜遊びさえ, 大すき, 大名誉, 大和魂を, 大暴れン坊, 大納言を, 大音を, 天主に, 天皇機関説を, 奇略を, 女一の, 好きな, 好意で, 威張ったって, 宇治へ, 守って, 家の, 寄って, 寝なかったこと, 将士を, 小さな剣, 少し考へれ, 尻尾が, 居なくては, 山城へ, 山塞に, 巣鴨から, 帰ろう, 帰投する, 幾人も, 庭へ, 強そう, 役者の, 彼の, 彼方から, 御前に, 御寮人さんに, 御自分, 御養女, 復活の, 心もとなくて, 怒った時, 思って, 急ぐからには, 悪い顔, 想像で, 愛子の, 戦争次官の, 戦場において, 戦死する, 手を, 押し入つて, 持つ采配, 掛りに, 揃いすぎたの, 揃うたもの, 政党に, 敵に, 旗男を, 昼も, 期待を, 束で, 来たこと, 来たぞ, 来たよ, 来たらないしょ, 来た時, 来ても, 来るからな, 来ると, 来訪した, 杯を, 楢夫の, 榎本と, 正午まえ, 武力を, 歳どんであろう, 死んで, 死んでは, 残酷に, 殺された矢口, 気違いに, 水戸様は, 油断の, 洩れて, 涙を, 淋しい田舎道, 湯上りの, 生む訳, 生存中僕は, 申しました, 登場を, 白い戦袍, 相談づく, 真っ先に, 眼くばせ, 眼を, 神さまに, 突如現れ, 立ちさる, 立ちどまって, 答えて, 聞いて, 聞いてよ, 腹を, 自害を, 艦橋で, 荒玉梟帥と, 蕎麦の, 行くと, 見えないん, 見せようと, 親しむこと, 親補, 言いました, 言った, 言った時, 討たれた, 討死し, 訪問し, 話して, 語るの, 諸所の, 謙遜な, 警察犬に, 責めるのに, 跳びこんでね, 軍服を, 迎えに, 近藤勇で, 通って, 通るの, 逢うて, 連名の, 遠く見える, 遭難された, 遺骸も, 鈴蘭の, 閣下へ, 降を, 降伏した, 陣中で, 陸相に, 隠栖し, 鞭を, 頬杖を, 頭を, 頻りに一騎打, 飛び込んで, 食卓で, 馬で, 馬上から, 駄目に, 駒を, 高官の, 魔王大僧正と, 鷲の, 鼻を

▼ 大将~ (242, 6.5%)

15 して 13 なって 3 任ぜ 2 なれるん, なろうと, むかって, 会って, 肌を, 近づいて, 降下した

1 [197件] あげこれ, あるまじき末期, いた, いただいて, おいでを, おなり遊ばすやらん, おもわれた, お目にかかったとき, お目にかかって, お酌, かかっては, かけ合う, くっついて, くらべれば, こういっ, こちらへ, この晴れ, この身, これを, ごく心, さだめ賈, さっきの, されましたけれど, したいと, しろ勘定, すがりついた, すると, せよそれで, そのお, それほどな, それを, たいへんな, たのまれて, ちがいない, ちょっと, ついて, どちらでも, なだれかかる, なったから, なったが, なったという, なったん, なった本間さん, なっても, ならなけりゃ承知, ならなければ, なり, なりあと, なりたいなんて, なりたいの, なりました, なるであろうなど, なるとか, なるの, なる人, なれたといふ, なれませぬぞ, なれる筈, はかった, ふさわしいお, まわって, やなら, よく感ぜられる, よろしく伝え, わかるの, 一文を, 三千余騎を, 下つた, 二千以上の, 二名の, 云った, 云ったらいっぺん, 五百騎ほどを, 京へ, 仕えて, 仕えるにも, 仰ぎ日輪, 任ずる事内々思食し立つ, 任命された, 任命し, 任命した, 会いに, 会ったら例, 伺って, 似て, 佐々木道誉が, 何で大事, 何もかもぶち, 儲けさせる手, 入れる, 兵を, 兵五万騎を, 加勢の, 叩かりょう, 可愛がられて, 叱られたの, 向かって, 呆れ帰宅, 命じたの, 命じ味方, 命中した, 多く兄弟, 大号令, 大命が, 大和路から, 大軍を, 守られて, 官位を, 家士の, 少数の, 引かれた私, 引きわたすの, 引率され, 従いて, 心の, 思われるよりは, 急所の, 恐れを, 愛されて, 愛されなくなるほう, 手折らせたと, 扮した, 扮し得る, 抱いて, 押し立てるし, 持つこと, 新しい夫人, 旨を, 昇る人, 昇任させた, 昇進した, 楊昂楊任など, 榊原康政を, 横合いから, 死におくれたと, 比べりゃかま首もみじ, 毛利を, 気の, 決定し, 済まない, 献じたい, 申し上げ改めて再度, 番頭小僧から, 相談し, 着が, 知らせに, 知られて, 石山観音の, 秘密を, 移りこの, 笑はれる, 笑われるぞ, 答えた, 約五千騎, 約千二百, 結婚を, 義経を, 聞かして, 聞かせて, 聴いて, 臆病神取付い, 至るまで, 補充し, 見えて, 見える, 見せると, 見られないよう, 触れそれ, 触れたこと, 言ふ, 話したいこと, 請え, 贈呈しなかった, 追いついて, 追廻されるの, 追撃させ, 逢えなかったこと, 逢ったの, 逢った時, 逢って, 逢わず仕舞い, 遇いその, 過ぎない, 過ぎないといった, 違いないでしょう, 選ばれて, 都に, 配すなど, 金を, 鉄騎五千を, 面会する, 頭の, 頼まなければ, 頼みに, 頼み一揆, 馴染んで, 魯粛を

▼ 大将~ (192, 5.2%)

5 して 3 先頭に 2 つれて, 兼任する, 捕虜に, 見て, 見ると, 見るに, 討ち取れ

1 [170件] あつめた上, あつめて, うけたまわるほどの, うけまわったの, おがめあれ, おびき出したいとな, お代え, お促し, お勤めに, かえそれ, かこむ陣形, かね呉軍, ぎょろぎょろ見まわし, ここへ, ことごとく召し, さがしましたが, さしまねきその, さしむけ九州, したという, その邸, たった一発, たよって, つかわしては, ながめるに, なぐさめて, はじめとして, はじめ副島江藤後藤板垣の, はじめ軍師の, ひいきに, ひきずるよう, みなつれ, むざむざ死なせ, もう一名, もって, よく知っ, よび各, よんで, イケドリに, オモチャに, ヤソに, 一家の, 一閣に, 上から, 下し給うて, 乗せれば, 二人へ, 亡ぼそうと, 代表し, 任ぜ, 俘に, 俺らチラリ, 借りうけるや, 僕の, 先に, 先手と, 先陣に, 入れた, 入れて, 六条判官為義と, 兼ねしめ給, 兼ねたかと, 兼ねて, 兼ねるよう, 几帳の, 出世させる, 副会長, 励まそうと, 務めた小野田右近, 勤めて, 匹夫の, 十分に, 召集し, 含む四人, 呼び, 呼びつけるなり, 呼びにおやりになるとすぐ, 命ぜられたとき, 唯の, 城の, 夢みたもの, 夢みて, 夢みる少年, 大臣も, 失うであろうと, 失った徐晃軍, 失った江東, 失って, 始め伯父君たちが, 始め至って, 守り立てて, 宮は, 少々驚かしたらしく, 崇拝し, 崇拝する, 引きとめ, 彼女は, 従えて, 得ました, 御自分, 御覧に, 御辺, 恨めしく思っ, 愛すること, 戒めながら, 所謂自由主義や, 手本に, 打ち取りなされよ, 承りここ, 抱き夕, 招し, 招待した, 招待すべき, 持った, 指さした, 捕へようと, 捕まえたと, 播州へ, 斬って, 斬り捨てること, 早く亡, 望んで, 殺した男, 求めた, 江戸へ, 派遣され, 浚って, 激励し, 無情な, 獲られたそう, 理想として, 生みつつ, 生擒, 用い数万, 百人二百人縛め捕る, 督し, 知らない, 立てようとの, 終生の, 翠眉廟の, 肯んじ, 船手の, 良人に, 表面の, 見ならつて, 見よ, 見事に, 見殺には, 言いまくって, 討たすな, 討たせた様, 討たれ多く, 討ちとること, 討ち一人, 責めるん, 起すん, 軽ん, 載せた船, 辞した人, 迎えた, 退かせ右大将宗盛, 送って, 選りごのみし, 選んで, 都へ, 銃剣で, 集めて, 鞍壺から, 顧みて, 馘る, 馳走し

▼ 大将~ (141, 3.8%)

8 なって 3 いえば 2 し李典, ハンフォードが, 大将との, 謂はれる

1 [122件] いうので, いっしょに, いふが, いること, いわれる婦人, いわれる李, おなりあそばし, おぼしいの, おゆるし, お酒, かねて知っ, きちゃ, しそれ, したこんど, したらよい, した鎌倉勢, しなお, し中国入り, し峡水, し途, す, すべしと, する, する先鋒, する十万, する官軍, する平家, する新, する河北軍, する軍, する連中, その一家, その信頼, その兵馬, その諸, それから官女, それを, たのむには, なし晴, なし董襲, なってからの, なっても, なつた, なつて, なりかねない稀有, なりて, なりチブロン島, なり一行, なり官軍, なり鎌倉口, なれなれしく口, なろう, みえるぞ, よみあげたの, デビーとを, ハンフォードという, 一夕の, 一緒に, 一軍を, 云う文句, 今の, 仰いで, 仰いでは, 仰ぎ曹操, 仰ぎ皆, 仰ぐからには, 会見の, 何方が, 俺と, 兵卒ぐらい, 兵隊は, 友人に, 同じで, 同時代, 名乗る男, 呼び以下順つぎ, 呼ぶ, 呼ぶこと, 呼んだ, 呼応し, 大将とが, 大将の, 夫婦らしくし, 存じあげて, 存ずる, 小川の, 島川少将とを, 平凡な, 幾度も, 御舎弟, 応酬した, 思うが, 恰好が, 意見を, 承つた, 承り御, 新田の, 最近大発見を, 槍で, 河岸の, 父の, 玉鬘との, 碁を, 答へる如く, 組打ちなぞを, 聞いて, 色彩の, 見えたり, 見え身, 見ゆる錦, 親方ぐれ, 言う武骨, 言ふ, 言われる豆腐屋, 話したところ, 認め斬って, 談判しなけれ, 謂われる程, 輪陣を, 迎えに, 金博士を, 鉄砲を

▼ 大将~ (113, 3.0%)

2 これには, 今は, 足軽も

1 [107件] あぐらを, あらかた留め, いって, いない, いろいろな, おぢ, けしからん方です, このまま, この山男, この話, この雨, これでは, しきりに涙, しまいには, すかさない方, すつかりてれ, そこに, そぞろに, そのそば, その兵, それを, そんなふう, たいへんい, たまには, とうとう桃太郎, なかには, なくなられた, なった, ひどくお, まいった, またそれ, みな一偈一詠ずつの, みな嘆服し, みな怯えた, よくまいる, よく虎, りっぱであった, わしが, カンカンに, 一しょじゃあ, 一時退却した, 一生懸命我慢し, 不意うちに, 世間に, 今度は, 今日が, 何とも, 何と見, 依然として十八世紀, 元帥も, 兵隊も, 兵隊達も, 加えて, 参列し, 各, 同じ年ごろ, 同勢と共に, 堪えられないよう, 士卒も, 多かった, 多くは, 多忙しがっ, 大ぜ, 官位の, 尋常の, 少ない, 少ないが, 少佐を, 帰りを, 引越して, 御在陣, 思った, 思違を, 悪い, 惜い, 惜別の, 施こすべき, 旗下に, 昇任の, 極言した, 欧陽修に, 死んで, 気が, 決して物惜しみ, 淑景舎の, 玄徳の, 生け捕られるであろう, 留守な, 破れかぶれだ, 立てられる噂, 笑って, 第一人者たる, 続々入城, 総義歯, 美音の, 聞けば, 自分が, 若い音楽, 衛門督も, 見て, 言いたいこと, 討たれその, 評議にばかり, 起きて, 軽々しいと, 近くに, 釧路丸は

▼ 大将~ (64, 1.7%)

8 の御 3 の声 2 の寝所, の頃

1 [49件] からもたらした, があれ, が何故, が供養, が橋供養, が決して, が病気, が馬, でないと, ではあるまい, ではない, としたなれ, には何, には相模川, にまさる, に於い, のあの, のお, のお歌, のため, のやう, の人, の使い, の散, の法華堂, の立て, の第, の覇業, の質素, の長男次男, はお, はさすが, はやつぱり, は官位, は梶原, は病気, へ来た, もこれ, もよろこび, も御, をあやめない, をひとめ, をま, をもっ, をも凌ぐ, 再度の, 御壮年, 御挙兵以来, 御直衣始

▼ 大将として~ (58, 1.6%)

2 恥かしくない, 馬廻りの

1 [54件] あれが, いよいよ土人, およそ二万余騎, およそ二千五, くり出したか, ここには, ご内定, その勢五千餘騎, ぞくぞく木牛流馬隊, たのむの, なほ忠勤を, のぞんで, われを, 上津浦の, 下ったが, 中国東海東山諸道の, 佐々前田らの, 佐久間玄蕃允盛政従う, 何か, 信濃へ, 出場した, 出馬した, 原の, 国内を, 多摩野に, 大坂の, 大御所の, 射陣, 尊氏が, 弟の, 彼を, 征伐させた, 恥ずべきだった, 据えたの, 早くより, 次々に, 江夏の, 沿岸に, 派す適格, 淀の, 滝川羽柴丹羽佐々前田などの, 無慮数十万, 玄徳とも, 留守の, 美々しい鎧兜, 自ら馬を, 自負する, 薦された, 討伐に, 進み副将丁, 遇せられたも, 邯鄲の, 陳就, 青州徐州の

▼ 大将たち~ (40, 1.1%)

2

1 [38件] がおられました, がぞくぞく, がまだ, が七, が先, が机, が残らず, ぐらいな, ではある, に, にわざと, に向っ, の口, の大将, の宏壮, の席, の軍旗, の顔, はこれ, はみな列侯, はみな涙, はわざと, は奇異, は往々, は直ちに, は鎌倉表, は長崎以下すべて, は陸, へ尊氏, もやっぱり, も幾人, も水夫楫, も賀, をお, をねぎらった, をはじめ, をキラキラ, を呼ん

▼ 大将~ (36, 1.0%)

2

1 [34件] おなじやっ, からこれ, からである, からといっ, からね, からの確乎, から口次第, から維新後, か少尉, か知らない, が今, が惜しい, が都, し部下五百, そうでございます, ぞロスケ, つてよく, つて頭で, て, という, というところ, とうまい, とかいふ人物, とは下野, と嗅ぎつけられ, と如水, と思っ, と思われた, ね, のと, もの, もの山奥さ電気ならべ, よ, 小田原が

▼ 大将~ (30, 0.8%)

2 あつた, ござります

1 [26件] あらねば, いまは, いられた時代, おおかた元帥, ござりました, しかも忠烈, たくさんの, はおりません, はござりませぬ, もくろんで, ゆける, リヴィングストンの, 両わきに, 五六十人の, 何本のは, 先頭に, 名高い源頼光, 太郎と, 居て, 文芸の, 月番が, 有って, 武功の, 終るだけの, 芝居道の, 魏軍数百万の

▼ 大将には~ (29, 0.8%)

1 [29件] いちばい備えに, おっしゃらないで, お喜び, まんまと一杯, もう想像, やはり北条殿, 一途に, 内密に, 名越殿の, 執権高時の, 大仏貞直金沢貞冬長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ, 大将としての, 大智院ノ, 姫宮の, 実際今, 強いけ, 徐晃が, 御殿の, 思われなかった, 暫時進軍を, 申し上げかねますが, 秘密に, 苦しいこと, 要らないこと, 詩が, 誰々をと, 軍配が, 道誉も, 遽に

▼ 大将~ (27, 0.7%)

1 [27件] えらい参謀, お姐さん, ナポレオンや, 一族の, 中将や, 乃木大将を, 公使や, 兵力を, 兵卒らも, 兵隊が, 兵隊たちの, 加藤寛治大将等と, 士卒は, 士階級でも, 宿老である, 小川の, 左右の, 左衛門督などの, 幕僚は, 文官も, 旦那がたは, 武士に, 武者を, 百官を, 護衛の, 重役に, 青年将校が

▼ 大将~ (26, 0.7%)

2 とも見える, らしい白人

1 [22件] がそ, が各自, が落武者, たる助高屋小伝次, だと, であった, でこの間ボオドレエル詩抄, でもあ, で十七八, で奈良原, で悪い, で胆力, と覚しく, の一人, の両, の人たち, の又五郎, の月輪軍, の男, の白人, の親方, の高大之進

▼ 大将さん~ (25, 0.7%)

1 [25件] から少将さん, がおいで, がそれ, が今, が他人, が修繕, が八, が同情, だって奥様, というの, などと御, にお話し, のあと, のお, のところ, の奥様, の宇治, の引き, ははだ, は内親王様, へ知れます, もくわしい, をお, をそっと, をはじめて

▼ 大将たる~ (21, 0.6%)

2 ものの

1 [19件] ことを, そちが, のが, の観, ものは, 俺に, 名を, 呂常などの, 大隈と, 奉行が, 威厳と, 小山田筑前は, 役目は, 忠直卿は, 程の, 義貞が, 資格には, 身が, 金井半兵衛も

▼ 大将らしい~ (19, 0.5%)

2 のは, 者が

1 [15件] ところも, のが, 人だった, 侍を, 怪物が, 気品の, 漢が, 漢の, 男が, 者とて, 者には, 者二人はっと, 華美は, 額に, 鳥が

▼ 大将である~ (18, 0.5%)

1 [18件] がこういう, が大将, が如く, が日本人, が最後, が都, が里見, ことも, ことを, ということ, との意, と思い, と思つて, のが, エドワード, 仁義の, 信長が, 展覧会だ

▼ 大将という~ (18, 0.5%)

2 のと, のは

1 [14件] ことだ, ので, ものは, 人は, 器では, 奴は, 憫然な, 者も, 自負心が, 英国の, 資格で, 資格に, 重任を, 高位であった

▼ 大将から~ (15, 0.4%)

1 [15件] あちらへの, あの時, あんたの, そっと使い, また手紙, よこされた, 一組の, 下士卒に, 兵の, 尊氏の, 産養を, 異端視され, 貰って, 部下全体も, 院へ

▼ 大将夫人~ (15, 0.4%)

1 [15件] がお, が兄, が目, としての宮, として生き, と一緒, に使われた, に扮, のこと, の玉鬘, の移っ, は月日, へあった, も衛門督, をお迎え

▼ 大将~ (14, 0.4%)

3 やれって

1 [11件] くわしくは, さらに感慨, ひょうと, 向って, 斬って, 総がかりという, 触れられい, 計りごとを, 贈るの, 飛びかかった, 首実検いた

▼ 大将~ (13, 0.4%)

2 の御

1 [11件] から仰せ, がお, だ, にお, にも若く, のお, のほう, の前, はあの, はあんなに, をお

▼ 大将であった~ (12, 0.3%)

1 [12件] かどう, からそこ, からだ, からまだ, から故人, か目撃, がこの, が今, が参謀長, が夫人, が尼姿, 冷苞も

▼ 大将~ (12, 0.3%)

1 [12件] がひらひら, が見える, である, として牙営, の鮮やかさ, は偽り, をかかげさせ, をなびかせ, をふりかざし, を掲げた, を立て, を見

▼ 大将さま~ (11, 0.3%)

2 の御堂 1 が正治元年正月十三日, ごかんべん, そのお, と御, にはお, にもまさつ, にもまさる, もなかなか, 御挙兵以来

▼ 大将では~ (11, 0.3%)

2 ある, ない 1 あきまへんわい, あったが, あらせられても, この重, ないの, 全部を, 義朝や

▼ 大将でも~ (11, 0.3%)

1 [11件] あるに, ある夕霧, あろうか, なかった, なくこの, ねえでしょう, コソ泥すらも, 一芸一能に, 治民には, 腹の, 落して

▼ 大将にも~ (11, 0.3%)

1 [11件] つながって, なって, なれずついに, なれる世の中, なれんぞ, 乃木大将にも, 似合わねえ, 促して, 成れぬ訳, 知れること, 考えが

▼ 大将~ (10, 0.3%)

1 で兵馬, と見える, なる箸尾為国, に押立, のよう, の奴, らしい奴, らしい猩々, を, を突然

▼ 大将とも~ (9, 0.2%)

2 なられたの 1 あれば, あろうもの, いうべき伊丹弥次兵衛, いわれたか, なる榎本, に器量, 雑兵とも

▼ 大将みたい~ (9, 0.2%)

2 なもの 1 だ, なもん, な人, な名, に惨, に意気軒昂, に鬚

▼ 大将~ (9, 0.2%)

2 でも取っ 1 ではない, はおろか, を, をまず, を取っ, を取り逃がしたであろう, を獲

▼ 大将であり~ (8, 0.2%)

1 しかも武勇, それに, 上手な, 其他の, 士気旗色どこにも, 延引の, 彼は, 腕は

▼ 大将~ (7, 0.2%)

1 何かの, 何でも, 切支丹の, 提督かに, 知らぬが, 総理大臣の, 自分らの

▼ 大将とか~ (7, 0.2%)

1 いわれて, 何とか云われ, 大佐とかいう, 大臣とかいう, 富豪とか, 東部軍管区とかの, 総理大臣とか

▼ 大将~ (7, 0.2%)

1 のかも, のであろう, のです, ので為, んざいい, んだ, んです

▼ 大将だった~ (6, 0.2%)

1 からね, がこういう, がこの, のが, ものを, 反面彼

▼ 大将とは~ (6, 0.2%)

1 いわないで, どうあっ, なられた, 見えないとは, 誰と, 遠くから

▼ 大将なども~ (6, 0.2%)

1 あまりに変わった, まじって, また躊躇, また鎌倉表, 私を, 誠心誠意夫人の

▼ 大将なら~ (6, 0.2%)

1 ずいぶんおもしろい, ば必要, ば或は, ぼくらも, まだ二階, 私は

▼ 大将以下~ (6, 0.2%)

1 おびただしい損害, の士卒, の首脳部, はこの, はただ, 総軍

▼ 大将夫妻~ (6, 0.2%)

1 が自刃, では無い, と余, の殉死, は実に, をヨリ近く識

▼ 大将~ (6, 0.2%)

1 と共にお, のお, のよう, の御名, もお, も龍ノ口

▼ 大将だって~ (5, 0.1%)

1 まんざら遠い, 初めは, 大金持, 死にもの狂い, 相手に

▼ 大将だの~ (5, 0.1%)

3 大臣だの 1 大臣の, 浮舟だ

▼ 大将~ (5, 0.1%)

1 になった, のオヤジ, の浮田秀家, の浮田秀家自体, の秀家

▼ 大将米友公~ (5, 0.1%)

2 の御 1 という人形, と言った, を失っ

▼ 大将自身~ (5, 0.1%)

1 に振, の心, もむつかしい, も真心, も美しい

▼ 大将~ (5, 0.1%)

1 がそんな, が信用, が大きな, と同じ, は

▼ 大将~ (5, 0.1%)

1 といろいろ, なの, の女中, の虎, へまいった

▼ 大将こそ~ (4, 0.1%)

1 おつかれでございましょう, すなわち曹操, 身体を, 関羽という

▼ 大将これ~ (4, 0.1%)

1 へ出よ, をごらん, をみ, を愍

▼ 大将だけに~ (4, 0.1%)

1 あくまで関羽, 一郎は, 偉そう, 基次ほど

▼ 大将としては~ (4, 0.1%)

1 お若い, またそれ, 申し分の, 誰もが

▼ 大将との~ (4, 0.1%)

1 太刀打ちにて, 恋愛事件が, 直の, 間に

▼ 大将ども~ (4, 0.1%)

1 に託され, へさっそく, を待つ, を殺し

▼ 大将にて~ (4, 0.1%)

1 がらされる, がらを, 天朝の, 笠野富田を

▼ 大将まで~ (4, 0.1%)

1 いるわね, すべて旺な, 危ふからんものを, 討たれ呉

▼ 大将より~ (4, 0.1%)

1 よほど動物学, 先い着かんならん, 始めて, 御題なと

▼ 大将~ (4, 0.1%)

1 しからぬ戦い, には遊撃隊, のほか, を偲んだ

▼ 大将~ (4, 0.1%)

1 大将, 大将御, 対面久々ナル御, 直衣始の

▼ 大将曹操~ (4, 0.1%)

1 から密, だぞ, の姿, をかこん

▼ 大将義貞~ (4, 0.1%)

1 にすれ, のいる, の中軍, の派手好み

▼ 大将~ (4, 0.1%)

1 から兵隊さん, が味方, はその, は昂然

▼ 大将閣下~ (4, 0.1%)

1 であっただけに, の護衛, は特に, も武谷

▼ 大将この~ (3, 0.1%)

1 とおりだ, 時まで, 時分は

▼ 大将ちょっと~ (3, 0.1%)

1 また話, 行って, 顔を

▼ 大将です~ (3, 0.1%)

1 が前田侯爵, ねあの, ね其大将

▼ 大将などの~ (3, 0.1%)

1 児生ひ, 御新造や, 申し込みは

▼ 大将にでも~ (3, 0.1%)

1 おなりの, なれば, 御出世

▼ 大将へも~ (3, 0.1%)

1 お話しする, 聞こえて, 遺書としての

▼ 大将よりも~ (3, 0.1%)

1 エライという, 利益を, 赤兎馬を

▼ 大将をも~ (3, 0.1%)

1 俘に, 加えられた, 趙雲子龍に

▼ 大将一人~ (3, 0.1%)

1 で作った, 打ち取ッ, 持って

▼ 大将元康~ (3, 0.1%)

1 のいる, の本意, も

▼ 大将周泰~ (3, 0.1%)

1 のお, の傷, をつけ

▼ 大将四郎~ (3, 0.1%)

1 と申す, にて御座候, の甥小平

▼ 大将家幕府~ (3, 0.1%)

2 御創設 1 御創業

▼ 大将振り~ (3, 0.1%)

1 に一同, に吾, 政宗の

▼ 大将柴田勝家~ (3, 0.1%)

1 が馬, の本陣, も同

▼ 大将潘璋~ (3, 0.1%)

1 だが, の伏勢, の身内

▼ 大将~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, と一緒, を中心

▼ 大将義元~ (3, 0.1%)

1 と見た, にはいずれ, は十六日

▼ 大将~ (3, 0.1%)

1 にし, はほっと, もぞろぞろ

▼ 大将~ (3, 0.1%)

1 曾弾正二階堂道蘊なども, 曾金沢大仏淡河二階堂道蘊などは, 里奇さえ

▼ 大将あれ~ (2, 0.1%)

1 でばか, に流れつい

▼ 大将かなと~ (2, 0.1%)

1 密かに, 思つては

▼ 大将じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないよ, なくて

▼ 大将そう~ (2, 0.1%)

1 じゃない, 来なくっちゃ

▼ 大将それ~ (2, 0.1%)

1 から小川, じゃわしら

▼ 大将たる者~ (2, 0.1%)

1 が味方, が歓び

▼ 大将だろう~ (2, 0.1%)

1 か, が鮒

▼ 大将ちと~ (2, 0.1%)

1 急ぎ過ぎましたぞ, 言ひ過ぎました

▼ 大将~ (2, 0.1%)

1 やない, や無し

▼ 大将でした~ (2, 0.1%)

1 からいつか, けれどそれ

▼ 大将といった~ (2, 0.1%)

2 ような

▼ 大将といふ~ (2, 0.1%)

1 ことだ, のが

▼ 大将とかが~ (2, 0.1%)

2 相談の

▼ 大将としての~ (2, 0.1%)

1 仕事が, 尊敬は

▼ 大将と共に~ (2, 0.1%)

1 城を, 語り合って

▼ 大将なかなか~ (2, 0.1%)

1 の剛腹者, 調べて

▼ 大将など~ (2, 0.1%)

1 綺羅星の, 連中の

▼ 大将などは~ (2, 0.1%)

1 六条院に, 鉄無地の

▼ 大将なれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ば血気

▼ 大将はか~ (2, 0.1%)

1 ういつて, ぶつてや

▼ 大将はじめ一騎~ (2, 0.1%)

2 のこらず討死

▼ 大将はと~ (2, 0.1%)

1 見れば, 訊いた

▼ 大将ばかり~ (2, 0.1%)

1 だつた, では

▼ 大将ひとり~ (2, 0.1%)

1 ででかけた, でどこ

▼ 大将ほど~ (2, 0.1%)

1 大きな牙, 目立ちなさらなかッ

▼ 大将また~ (2, 0.1%)

1 吏卒に, 駄法螺を

▼ 大将もう~ (2, 0.1%)

1 一蓮寺へ, 大丈夫です

▼ 大将よく~ (2, 0.1%)

1 来るの, 聞くが

▼ 大将を以て~ (2, 0.1%)

1 最大不朽なる, 闘わしめん

▼ 大将伊那丸~ (2, 0.1%)

1 から下, も幕

▼ 大将佐々成政~ (2, 0.1%)

1 の菅笠三蓋, は城

▼ 大将~ (2, 0.1%)

1 かは猶予, を考え込ん

▼ 大将~ (2, 0.1%)

1 ぞ褐, 抜き放ち瞻

▼ 大将勝家~ (2, 0.1%)

1 と見えたる, は今市

▼ 大将厳綱~ (2, 0.1%)

1 を先手, を斬っ

▼ 大将呂宋兵衛~ (2, 0.1%)

1 とともに間道門, に軍師丹羽昌仙

▼ 大将四人~ (2, 0.1%)

1 の名, は空しく

▼ 大将夏侯惇~ (2, 0.1%)

1 とわたりあい, よなと関羽

▼ 大将~ (2, 0.1%)

1 喜びだ, 館宗氏が

▼ 大将夫婦~ (2, 0.1%)

1 でたった今, の写真

▼ 大将拝賀~ (2, 0.1%)

2 の式

▼ 大将旗下~ (2, 0.1%)

1 がおのおの, のなか

▼ 大将早速~ (2, 0.1%)

2 親牛

▼ 大将曹仁~ (2, 0.1%)

1 のまえ, を追わなかった

▼ 大将~ (2, 0.1%)

2 然が

▼ 大将板倉重昌~ (2, 0.1%)

1 が鉄砲, は激怒

▼ 大将殿~ (2, 0.1%)

1 がおいで, の御

▼ 大将気取り~ (2, 0.1%)

1 でハタキ, で座中

▼ 大将無法~ (2, 0.1%)

2 の元気

▼ 大将~ (2, 0.1%)

1 の検閲使, の髯

▼ 大将義経~ (2, 0.1%)

1 もここ, を保護

▼ 大将自身出馬~ (2, 0.1%)

1 して, せずしかも

▼ 大将華雄~ (2, 0.1%)

1 に会っ, の首

▼ 大将蔡瑁~ (2, 0.1%)

1 がそば, に語った

▼ 大将虫尾兵作~ (2, 0.1%)

1 の頭, を狙い射ち

▼ 大将袁紹~ (2, 0.1%)

1 の命, をはじめ

▼ 大将謙信~ (2, 0.1%)

1 とは思いよる, は毘字旗

▼ 大将趙雲~ (2, 0.1%)

1 がいた, が陽平関

▼ 大将逢紀~ (2, 0.1%)

1 はここ, を使い

▼ 大将韓当~ (2, 0.1%)

1 に先鋒, はそれ

▼ 大将頼朝~ (2, 0.1%)

1 の近臣河辺六郎行秀, は実際それ程

▼ 大将高順~ (2, 0.1%)

1 と名乗りあっ, は部下

▼ 大将魏延~ (2, 0.1%)

1 が, が射よ射よ

▼ 大将黄祖~ (2, 0.1%)

1 はかねて, はさんざん

▼1* [464件]

大将あの小坊主は, 大将あらましは関東, 大将ありてこれ, 大将あるいは参謀官という, 大将てはります, 大将いうな, 大将いかがです, 大将いくら何と, 大将いつまでも, 大将いまは江戸, 大将いまごろどこかの, 大将いやに暗いじゃ, 大将いよいよ尻が, 大将うう東郷大将か, 大将うけたまわりながら捗々しい, 大将うめえところ, 大将京さんに, 大将おい赤ん坊の, 大将おおあわてだな, 大将おどかしっこなしだ, 大将おまえさんそれでも息, 大将お山の大将, 大将お蔭で, 大将かと思わせられる, 大将からの使いが, 大将からはあの返した, 大将からもそれぞれ意見が, 大将きれいな女, 大将くらい信用が, 大将ぐれえ寝起き, 大将こうなりゃおしゃべりっくらに負け, 大将ここにあり, 大将ことが面倒, 大将こと篠崎仁三郎はその, 大将こと金谷鉄造は親類, 大将自身, 大将ごっこをし, 大将ごつこを, 大将さっそく親牛, 大将さつま薯を三本, 大将さまさへたつた, 大将さん私を抱い, 大将て下知, 大将しかも眇に, 大将しっかりたのむよ, 大将すべての慣例, 大将すべて一船に集まっ, 大将すべて起立して, 大将すらわずか数百騎, 大将そこぢやて, 大将そこらからひょこひょこ, 大将その時分は, 大将その他いずれも天下, 大将それにかくいう, 大将たおれて代っ, 大将たりとその, 大将たるべき豪勇の, 大将だいぶ弱つて, 大将だけだが, 大将だけがお一人息子, 大将だけでも五指に, 大将だけは何か, 大将だっても妾が, 大将だらうなど, 大将だんだんに欺, 大将ちょっとちょっと他人に, 大将ってどんな人, 大将ついでやさかい, 大将つてあつたでせう, 大将であるらしいラマが, 大将であればたまさか, 大将であろうと西郷, 大将でござらうぞ, 大将でしょうね, 大将でないし智者, 大将でなければキフキン, 大将とうとう泡を, 大将とが直の, 大将としか思われない, 大将としても立派な, 大将とて兵卒とて, 大将どうして, 大将どじょう髯の武士, 大将なぞ日本人が, 大将なぞは子供の, 大将などからお賞め, 大将などには興味の, 大将などにも御簾越しでしか, 大将なにをあっ, 大将なにがしの少将, 大将ならずともそれ, 大将ならずゐぶんおもしろい, 大将ならびに軍師の, 大将なら乗ってくれるだろう, 大将なりといへ, 大将なんかあるもん, 大将なんかに出しぬかれて, 大将なんて無いの, 大将なんといふ高い, 大将にすらよく知られ, 大将にだって成れる道, 大将についての挿話には, 大将にとって親兄弟, 大将になつても, 大将にのみ与える最上, 大将にばかりなつた, 大将によって慰められて, 大将に対して立ったまま面, 大将のどから血, 大将はじめ兵士はいずれ, 大将はぞうさなく, 大将ばかりじゃァねえちょうどそこ, 大将ばらはうろたえ, 大将ひとり怏々として楽しまず, 大将ぶって指揮, 大将ぶりもその, 大将ぶんの熊, 大将への贈り物へ, 大将ほんまに新, 大将まあだ先が, 大将まことの軍, 大将まごまごして, 大将まさかにおまえさんおいらが, 大将てえな人, 大将みずから采配を振るらし, 大将みな藤原の由緒, 大将ちょろまかした古島雛, 大将めはるか対方に栗毛, 大将もうあんまり世話の, 大将もろとも討死, 大将やもめだな, 大将ゆえ指令に従わぬ, 大将ゆえ貴殿の妻女, 大将そして, 大将よと信長の, 大将らしき者は, 大将らしくもある, 大将わたしもぜひ, 大将をさえ感銘させる, 大将をね連れて, 大将アッチリウス・レグルスはカルタゴ人, 大将アンドリューとつづけ, 大将アーサアが北極星, 大将カンカンになり, 大将キリキリ舞いをし, 大将センダードのまち, 大将ッラノン土人を疑っ, 大将子ナレバ其沙汰隠レナクシテ力及バズ, 大将ハコオとスウエノ, 大将バルダクは, 大将ピストルを奪う, 大将ペリーはまだ, 大将ホーキンの子供, 大将メエヴは彼女, 大将モレロにしたがっ, 大将ヨシユアといふ人間, 大将リムトック侍従長ラルコン高等法院長バルマッフこれらの人々, 大将リヴィングストンの崇拝家, 大将ンとこへ入っちまい, 大将一つ接吻をさせ, 大将一司令下にゆだねられる, 大将一向にやって来ません, 大将一団となっ, 大将一戸兵衛閣下は帰郷, 大将一日寺にいなかった, 大将一点ばりですこし, 大将一男殿とき, 大将一行が兵器視察, 大将一言もあるまい, 大将一躍して, 大将奉の, 大将万政が前, 大将三名の御, 大将三番目の一銭, 大将腕を, 大将中村孫兵次の部隊, 大将事日本へ帰っ, 大将の腕, 大将二万余騎ともいわれる, 大将二階堂道蘊がその, 大将五人の名, 大将が流れ, 大将今度はお前, 大将今晩こそは本当, 大将今朝ほどは失敬, 大将付近の瀞, 大将代議士たちなどが戦争, 大将以下行軍のものすべて, 大将伊那四郎勝頼の面上, 大将を文楽座, 大将住むゆゑにわれの心のうれしかりけり, 大将佐々木道誉であった, 大将何やら五六人は, 大将何んとか云い, 大将の琥珀, 大将保忠は承, 大将信武はいま, 大将修理亮は, 大将が一度往, 大将兀突骨は白象, 大将光る源氏の, 大将公綱を初め, 大将兼季拍子は左大臣, 大将兼黒幕としてはルーズヴェルト氏自ら采配, 大将冒頓の柳城, 大将冷苞を説い, 大将凌操という剛勇, 大将刀父のみ前, 大将分多く討死した, 大将九大教授武谷医学博士福岡随一の, 大将副将をはじめ, 大将劉封孟達どもに奪われ, 大将劉岱王忠のふたり, 大将勇猛の諸, 大将勝家以下前田利家らの中軍, 大将勝頼を猿橋, 大将十月内大臣十二月右大臣に昇り, 大将十河殿にむかい, 大将千員むかうところ, 大将千寿王どのにも何ぞ, 大将卑屈は卑屈, 大将原美濃守加藤駿河守浦野民部などまで傷, 大将去って武藤信義中将, 大将参謀が書類, 大将史渙にいっ, 大将隊の, 大将吉田修理亮である, 大将同士の組み, 大将名越式部大輔がまず, 大将か応, 大将蒙の, 大将呂曠と呂翔, 大将呂馬通はただ, 大将呉懿厳顔の輩, 大将唖聾のまねなんざあもう古手, 大将四郎時貞は相津玄察, 大将国々の武将, 大将土岐持益囲んで, 大将在処の標, 大将地丸左陣の駈, 大将堀殿はあたり, 大将夏侯尚どの, 大将夏侯淵と張, 大将夏侯覇は馬, 大将大いにふくれて, 大将大きに喜ん, 大将大仏貞直は乱軍, 大将大命拝受これで政局, 大将大将いうな, 大将大島左太夫である, 大将大納言八座の公卿, 大将大納言定国が四十一歳, 大将夫婦これらは子ども, 大将失礼だけれど, 大将奥座敷に陣取っ, 大将姿が六, 大将孟徳曹操などという人物, 大将孫三郎景健さえ乱軍, 大将孫桓も若い, 大将孫礼が雍涼, 大将宇喜多秀家を始め三奉行, 大将守時がひそか, 大将安養寺三郎左衛門は織田, 大将宗盛の上, 大将定国式部大輔菅根など, 大将実定の卿, 大将家々の旗, 大将家定公は本, 大将家結縁し給, 大将尊氏の胸, 大将少しやけに, 大将尹楷を討ち取った, 大将山路中将と前後, 大将岩太郎の許婚, 大将崔禹は, 大将工合でも悪い, 大将左衛門督藤参議などという人たち, 大将の下, 大将平賀源心よく防い, 大将をもうけ, 大将座陰陽脇備え畳, 大将弁喜以下十人ばかりの猛者, 大将式部大輔左中弁などだけを招い, 大将弟脇屋義助とともに朝廷, 大将張世爵以下の一万三千, 大将張世爵祖承訓以下, 大将張著から注進, 大将張角の弟, 大将張角一門の暴政, 大将張角様を神, 大将張遼が関羽, 大将張飛も最大, 大将当分は引込ん, 大将彭安が討たれた, 大将彼奴の細君さん, 大将征夷大将軍源頼朝公の御子, 大将徐晃はただ, 大将徐盛が襲っ, 大将御内の者, 大将忌将軍の純情, 大将忠直卿は今日, 大将息子さんが見えとります, 大将大将国々の, 大将は, 大将或いは一族側近の, 大将戦おうぜ, 大将手籠を持ち, 大将拾っといてくれた, 大将数千の部下, 大将文官はほとんど, 大将文武の百官, 大将文聘王威などに彼, 大将旗本をつつん, 大将旗本たちは総立ち, 大将が燿, 大将昨夜たうとう, 大将景気づけに見, 大将曹操様へ献じ, 大将曹洪は聖駕, 大将曹遵朱讃などの二万余騎, 大将朱雋はかえって, 大将李如松は和議, 大将李如柏朝鮮の武将李鎰以下一万八千, 大将李豊捨身に槍, 大将李鎰に報告, 大将杜路劉寧のふたり, 大将来いと云う, 大将東条英機をし, 大将松田太郎左衛門に二千人, 大将株郵便局の助手, 大将格内では若い, 大将の大将, 大将楊元以下一万一千が城南含毬門方面, 大将楊懐が兵, 大将楊柏に相談, 大将楠木正行のため, 大将楠木河内守正行殿でした, 大将歓迎会が東京座, 大将武田勝頼殿には有海ヶ原, 大将殿可宜御沙汰, 大将はどこ, 大将毛利輝元へ宛て, 大将氏郷の先鋒, 大将民部卿などが丁寧, 大将を鎮め, 大将気どりでいる, 大将池田勝入信輝のくび, 大将決して労を, 大将沙摩柯の勇猛さ, 大将法印定暁, 大将泣くな泣く, 大将淳于瓊は捕われ, 大将清盛は源氏, 大将潘濬も凡将, 大将炳なり, 大将とした, 大将猿殿には力ずく, 大将玄徳に会っ, 大将玄徳一方は軍師孔明, 大将玉井をつれ, 大将王双と諸, 大将王必が矢痍, 大将王権はまず, 大将寧が, 大将田沼様のご, 大将田豊と駒, 大将甲羅干しに, 大将相賀して, 大将祐聖真君を相手, 大将秀政ということ, 大将突込んだの, 大将簡雍であった, 大将糟谷宗秋と高橋刑部左衛門, 大将紀霊どのが見えました, 大将細君には頭, 大将にはいる, 大将組閣参謀である十河氏, 大将組閣拝辞直前に発表, 大将絞首刑の判決, 大将も画けなかった, 大将義景の因循姑息, 大将義朝には悪, 大将自分が差配, 大将致し又戦ニ, 大将花村甚五衛門は城下, 大将菊池武敏はさっそく, 大将董卓のす, 大将董禧という者, 大将蒋欽が道, 大将蔡瑁張允の二人, 大将薛則の首, 大将藤兵衛を乱軍, 大将藤原信頼は重盛, 大将藤原朝臣が奏し, 大将蘇飛は呉, 大将衆御曹司様奉行衆どんなに勇気, 大将袁更生殿は僕, 大将の姐さん, 大将西郷が今度, 大将に来ねえ, 大将計りで無く, 大将証書はちゃんと, 大将あって, 大将謙信みずからこう呼ばわり, 大将謝雄も敵, 大将貴様の煙草, 大将費観と彼, 大将賈華へお, 大将趙岑は, 大将足利直義もあぶなく, 大将足利若御料の輿, 大将身なりはいっこう, 大将軍曹丞相と敬われ, 大将輩みな勝ちに酔っ, 大将辛明に五万騎, 大将辺洪という者, 大将近頃気が, 大将遁げてしまった, 大将道綱の母, 大将道誉へ報じ終っ, 大将部将幕賓はもちろん, 大将郭図は日ごろ, 大将郭淮の城, 大将郭淮孫礼の二軍, 大将都督長勲をはじめ, 大将の蔓, 大将金沢貞冬は, 大将金藤弥太は気, 大将鈍過ぎたる大将, 大将鉄造さんだった, 大将長崎四郎左衛門尉この人, 大将でも陣地割り, 大将関興の軍勢, 大将関興張苞ふたりを先, 大将閣下以下一万の勇士, 大将陳就は岸, 大将陳造を失った, 大将遜を, 大将の方, 大将雪隠へ這入る, 大将雷同馬を飛ばし, 大将韓暹はここ, 大将須々木豊前が寝所, 大将頼みもしない, 大将頼光とそれ, 大将頼朝公の髑髏, 大将顔良は耿武, 大将風邪でも引かし, 大将飛び出していった, 大将首あれを獲, 大将首九人のうち, 大将馬場信房は一旦, 大将馬岱が旗, 大将馬忠はその, 大将馬相を観る, 大将馬超も逃げる, 大将騎馬にて首, 大将の白い, 大将髪萌黄の打紐, 大将に束ねた, 大将を釣る, 大将黄蓋がすすみ出, 大将黄邵を馬上, 大将黒坂備中守前波新八郎