青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「場所~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

堕落~ 堤~ 報~ ~報告 報告~ ~場 場~ ~場合 場合~ ~場所
場所~
~場面 場面~ 堺~ ~塀 塀~ ~塊 塊~ ~塔 塔~ 塗~

「場所~」 10590, 110ppm, 972位

▼ 場所~ (1660, 15.7%)

35 なって 27 立って 17 於て 14 して 10 出ました, 置いて 8 住んで, 来て 7 あった, よると 6 じっとし, なつて, 坐って, 行って 5 あつた, いて, 出た, 出て, 姿を, 立つて, 身を

4 [18件] ある, あるもの, いること, いるの, それが, つっ立って, よりて, 同じ姿勢, 坐つて, 多き事情, 安置し, 戻って, 於る, 決めて, 腰を, 至れば, 落ちて, 集めて

3 [25件] あって, あること, あるの, うずくまって, かくして, かくれて, すわって, それを, なった, なる, もどって, 依って, 借りて, 向って, 安置され, 建って, 彼女が, 戻して, 於ては, 来ること, 来ると, 横たわって, 着いた, 隠して, 集って

2 [86件] あったん, あつて, あてられた, あるはず, あるん, いたの, いる人間, いる時, えらばれた, おいて, おかれて, かえして, したの, しよう, しようと, すぎないの, すぐ近く, するつもり, とどまって, なければ, なるの, のこって, はさんで, ひらかれて, よく眼, ゐら, 人は, 今迄の, 以前の, 依っては, 依つて名前, 俺も, 候, 入れて, 出でて, 出ると, 出入し, 出現し, 出現した, 列ぶの, 及んで, 収めて, 在るの, 変って, 存在する, 導いた, 就いて, 居ると, 席を, 帰って, 当って, 待たせて, 応じて, 思われた, 持った抜身, 据えて, 支店を, 止まって, 残って, 注意せよ, 灰色の, 珍奇な, 発生し, 相当する, 私が, 立ったまま, 置いた, 置かれた, 置かれたの, 腫れ物が, 自分の, 茶番を, 落着く, 行った, 足を, 蹲踞み, 躯を, 過ぎないと, 違いない, 選んだの, 長くしまう, 閉じ籠め, 闖入し, 集つて十間離れたら, 雪が, 非常に

1 [1139件 抜粋] あたしの, あったところ, あったり, あった道具, あてた, あの相良寛十郎, あらずよろしく, あらわれたという, ありそのうち, あり其処, あるが, あるそして, あると, あるので, あるゆえん, あるわけ, あるプロレタリア大衆, ある一軒建て, ある奇蹟, ある料亭, ある理屈, ある筈, ある芸術, あんな塔, いいと, いかなる程度, いた, いたもの, いた連中, いとも清浄, いないよう, いなくては, いるでしょう, いるよう, いる友人, いる自分, い合せた唯一, うずまって, えらばれたの, おかくまいし, おかれた女, おきかえて, おく, おくと, おこったもう, おさまって, おちついた, おとなしく立つ, おらぬもの, おろしその, お据ゑ, かうはつきり, かえったらいい, かくしうち, かくまわれそれ, かけた麻, かけよりました, かたづけるよう, きて, きまつて, きれいな, くり返し掲載, ここを, このおじさん, こまって, こまりましてね, これほど, ごはんの, さしか, さしかかって, さわろうと, しくもの, したいと, した以前, しときますから, しまいこむの, しました, しまわれて, じっととどまっ, じんどって, すぎなかった, すなわち政府, すまわせて, すると, するの, する程, せめて近く, そぐわぬ光景, そっと葬られます, その型, その整理, その椿, それぞれ堂々たる, たたずんだ, たたずんでは, たっしなかったらどう, ちがった化学作用, ちょうどよい, ちょっとした碑, ついたの, つかって, つきさした, つくられてを, つっ立った, つねに暴力, とじこめられたメリー号, とどまりたいと, なきがら, なったという, なったり, ならうとは, なりがち, なり以前, なるであろう, なるもの, なんだか蓆, ぬけだそうと, はいらんが, はって, ひとたび鶴嘴, ふさわしいもの, ふさわしくない, ふりむいた顔つき, ほかならなかったの, まいったの, まったく同じ, まづ石圍, むらがる漠然と, もと通りあ, もどすと, もどり懐中電灯, もはや止らう, やってくること, やるという, よくある, よるが, ゐても, ゐる, ゐるばかり, グッタリし, ゴロンと, テーブルを, ヒッツクのである, モデル女シィヌが, ラニー・バッドを, 一つずつの, 一人づつつまり十畳には, 一人の, 一册しか, 一変する, 一本の, 一枚の, 七つある, 三十分と, 上りたくなる, 上陸し, 不似合, 並んで, 丸く立ち並ん, 乞食を, 事件を, 二つの, 二時間も, 五人の, 人が, 人知れず上った, 今ついた, 今やただ, 仕事の, 仕掛るの, 仰向けに, 伸びやかに, 似て, 似合わない僧, 佇む私, 佇立んで, 位置し, 住する, 住みこの, 住む美しい, 何か, 何んにも, 何時も, 使うだけ, 使ってたん, 使われて, 來なかつた, 依つて, 依りその, 保存する, 信用され, 停って, 停止する, 充てこの, 入つた, 入りながら, 八千兩の, 再び來, 再び立入つた, 出たこと, 出た経験, 出ますと, 出ること, 出入りし, 出動する, 出来るだけ, 刑事などを, 別かれ, 利用する, 到り面白き, 到達する, 動きを, 勤務し, 十二坪の, 十文字に, 参着しない, 取って, 只二人の, 合わして, 同じ動き, 同じ姿, 名前を, 向った, 吸いついたなり, 困ったが, 困りを, 困る帽子, 固定しだした, 在って, 在るもの, 在る三峰川, 地球が, 坐ったまま, 坐つて街, 坐らせ豊か, 坐りグランド・ファザー・チェーア, 埋めたと, 埋めら, 売られたに, 変え花鳥風月, 多い, 夜に, 大きい座布団, 大きな老木, 天井に, 娘を, 存在せる, 安穏に, 定められて, 実際ある, 宵より, 家屋敷は, 寄り添, 寝たこと, 寝起きを, 小さい茶店, 小さな屋根, 小なる, 少しの, 就て, 居たんだい, 居るか, 居る事, 居住し, 居合せたとき, 居所を, 居着, 展開された, 山の, 岩の, 工場学校労働予備学校専門技術学校を, 帝王の, 帰り安, 平均する, 幾らかの, 店を, 座蒲団を, 引きもどされた, 張り込ませて, 影響した, 往って, 待たせ池田家, 待って, 必要な, 応じる変化, 恐れと, 悪い噂, 想像し, 意外の, 感じて, 戻されて, 戻しバケツ, 戻りそこ, 戻ると, 手古奈が, 投げて, 投げ込んだの, 拘泥せず, 招くの意, 持って, 捨てて, 据えたまま, 据ゑねばならないし, 掛ける, 提供する, 放棄した, 放送し, 散らばって, 数時間かかっ, 文字を, 新しくも, 於いても, 於ける一般者, 於ける有, 於ても, 日本人の, 時々足, 暫く立ち, 暮して, 最短線を, 木の下殊に, 本当の, 来たとき, 来た傍, 来た時谷, 来るころ, 来合せしかも, 枝も, 梟首し, 棲み大, 横わっ, 歯を, 死の, 死骸を, 比べると, 気づいたとき, 水を, 求むべからざるもの, 汚物を, 決って, 泊り娼婦, 注意した, 注意深くすえ, 消え去った幸福, 漂って, 潜んで, 火葬場が, 片づけて, 特有な, 狭い制限, 現れたの, 現在の, 生えて, 生かして, 生きては, 生まれ育った者, 生活し, 由ると, 発生した, 白い若い女, 監禁し, 目印を, 直立すべき, 眺めて, 着いたかも, 着いたので, 着きました, 着座する, 私は, 移されて, 移したため, 移して, 移し植えて, 移って, 移り初めて, 移住する, 移転し, 空き店が, 突っ立ち, 突立った, 立ちたる地蔵堂, 立ちはだかったまま, 立ちまっさお, 立ち上った, 立ち止まったまま, 立ってること, 立つこと, 立てて, 立会へる, 立戻った, 筋と, 篝火を, 粟粒程の, 納まって, 細い青い葱, 緊張し, 繃帯を, 繋がせ自分, 置いただけの, 置いたもの, 置かなければ, 置かれて, 置くの, 美しい小娘, 能率増進の, 臨みて, 臨むもののふ, 臨んで, 自分を, 至り更に, 至り舟, 舶めて, 苦しんで, 茶屋小屋の, 莚の, 落して, 落ち合つた他人同士, 落合つた未知の, 著くと, 薔薇の, 行かうとして, 行きしかも, 行きつけなかった, 行き合わせたこと, 行くため, 行けば, 行っては, 行つて見ました, 裏日本の, 見えた, 見はり, 見世物小屋を, 見当たりません, 触るるならば, 設けら, 訳註を, 谷から, 貯蔵し, 賣られたに, 起こったかを, 起こるもの, 起居を, 踏切りが, 蹲踞んで, 辿りついた事, 近い川, 近く轉が, 近づいたよう, 近づき乍ら, 近づくと, 近よ, 返しスイッチ, 逐い込められて, 通り懸った, 通路を, 遊びその他奇人, 運び後, 運搬し, 過ぎなかった, 道中師の, 達する所, 違い無い, 遠のくほう, 適めて, 適応せしめなく, 選びました, 選んで, 遺棄するなら, 配置された, 野営, 釘づけ, 長々と, 長くとどまる, 門島という, 開店すべき, 閑居の, 間違ひなく, 附いて, 限って, 限られる時, 陣し, 陳列された, 隠されるの, 隠しそこ, 隠れて, 隱し, 集まりそして, 集めるもの, 集合させ, 集合を, 青春の, 音が, 顔を, 飛出したので, 飾って, 馴れて, 馴れ住んで, 騒いで, 魔法の, 黙って

▼ 場所~ (1589, 15.0%)

22 選んで 20 占めて 18 知って 15 変えて, 見つけて 14 かえて 12 さがして 11 教えて 10 探して 9 取って, 探しに, 求めて 8 占領し, 択んで, 捜して 7 発見した 6 あけて, みつけて 5 出て, 占めること, 探した, 見て, 選定し, 離れて

4 [17件] あけた, えらんで, きめて, とって, どこに, 変えること, 指定し, 指定した, 掘って, 搜し, 撰んで, 歩いて, 知つてゐる, 示した, 示して, 見せて, 見出すこと

3 [24件] しるした暗号, ちやんと, ふさいで, もって, 作って, 嗅ぎ付けたん, 変えようと, 変へる, 心得て, 手に, 指示する, 捜しに, 描いて, 決めて, 物色し, 用意し, 発見する, 知つてる, 知らせて, 考えて, 行ったり, 見つけると, 見付けて, 選んだの

2 [91件] あばいたり, おしえて, き, こしら, さがしながら, さがしました, さがす, さがせば, さだめて, しめて, しらべて, たしかめて, ちゃんと心得, できるだけ静か, とつて, はなさないなら一緒, はなれて, ひどくも, まちがえたの, よく知っ, 二人の, 他人に, 作らねば, 先に, 占めるよう, 売って, 変えたの, 変えるの, 変へ, 守ること, 定めて, 思出す, 拵へ, 持って, 指さした, 指して, 捜しあぐねて, 捜した, 捜しながら, 探さねば, 探したん, 探し廻った, 探し当てに, 探るに, 搜す, 教えた, 教へ, 教へて, 教へる, 暗示する, 本能的に, 求めること, 流れて, 発見し, 発見すれ, 發見し, 白状しない, 目がけて, 目掛けて, 相談し, 知ろうと, 示すこと, 私に, 移して, 精しく話した, 聞いて, 見つけた, 見つけたの, 見つけようと, 見つけること, 見つけるの, 見る, 見ると, 見付けたの, 見出して, 見立てて, 覚えて, 計って, 調べて, 譲って, 變へて, 讓りました, 踏んで, 軽視したる, 通って, 通りか, 通過し, 造って, 選ばなければ, 間違へ, 除けば

1 [1030件 抜粋] あけそのまま又, あけ賞讚, あたえないこと, あなたが, あの暗雲低迷, あらゆる角度, いえ隠れ場所, いちいち見, いふ, いわせて, うかがう後め, うごきだした, うつした, うらなわせて, うろつくの, えらぶゆとり, おえらび, おしえないの, おっしゃい, お前も, お掘らせ, お移し, お譲り, かえた, かえたり, かえようと, かえるや, かぎらず時, かなり歩かね, かねて, きき合わせる位, きみに, きめました, きめろ, くわしくきい, くわしく書いた, ぐる, こう申す, ここと, こしらえさして, こしらえたり, こしらえるの, こんなに探し廻っ, さがさせたの, さがしたあげく, さがしたもの, さがしましたが, さがし歩いて, さがすと, さがす一方, さがそう, さぐり求める有様, さしずし, さつさと, さんざ捜しまわっ, しきりにきょろきょろと, しまって, しめし合せ雑役, しめて来た, しらべると, しるした暗号文, しるした海図, すっかりきめました, すっかり避け, ずらされたついで, そこが, そつと, その山家, そよがす者, たしかめてから, たずねると, ちらっと見定め, つきとめる能力, つくらねば, つくるの, つつしみたる段神妙, とらなくちゃ, とりはじめて, とる, とるので, とろうと, どうして知った, どこへか, はいだして, はっきりきめ, はっきりと, はつきり云ふと, ば幾種と, ひとり静か, ひろげて, ふさげられました, ぽつ, まず言っ, みたさんため, みつけます, みつけ出すこと, めざして, もたない, もたなかつた近代日本, もとめねば, もとめるかの, やつと, ゆきつ戻りつして, ゆずって, よく確め, よく見とどけ, よく見れ, よく選ぶ, わきまえて, わざわざ選ん, わしだけの, オリエンタルホテルに, コツコツコツと, ズブノフに, チャンと, パトロールの, 一つ殘らず開け, 一人占めに, 一巡し, 一歩も, 一面に, 三十八年に, 三百フィート四方にわたって, 与えた, 与えて, 与えられたつもり, 与へ, 中心に, 久治は, 争いました, 二等分し, 云うが, 交換する, 人が, 人の, 今だって, 今後は, 他に, 代りそれで, 仲間たちで, 何遍も, 作つて, 作る, 作るため, 作業の, 借りうけようと, 借りれば, 兄と, 光枝に, 全体から, 再応綿密に, 冕に, 写生し, 出ましたが, 出るため, 別々に, 利用する, 力点づけ, 動いちやいかん, 動かずただ, 動かなかった, 動く気, 勝手に, 十五カ所も, 半日探し, 占むることとなるこの, 占むれ, 占めた者, 占めてると, 占めてるよう, 占めるか, 占めるに, 占める魔力, 占有したなら, 占領しよう, 却って雅致, 去りだした少年, 取った, 取らせて, 取られては, 取りました, 取り吝嗇坊, 取り決めに, 取るから, 取ろうかと, 取ろうとして, 取違えましたか, 同時に示し得る, 否宝そのもの, 呼んで, 問わずまた, 喪つた人間が, 嗅ぎつけ母屋, 嗅ぎ出し夜陰, 図書館という, 地圖で, 塞がれて, 塞げて, 変えさせたらと, 変えたと, 変えてるん, 変えるたび, 変えれば, 変つ, 変へたり, 変る積, 大仕掛, 失うた胎兒, 失って, 奪ふと, 好むよう, 如何に, 守って, 定めた阿諛的, 定めるのに, 定め朝, 定め竹矢来, 実際探ね当る, 察したか, 寮の, 尋ね廻つた, 巡回し, 幸い彼, 広告する, 廻つて見る, 引上げる, 引揚げ, 弟子に, 彫らせ萬一, 彼女と, 待つ丈, 後に, 得たと, 得ないよう, 得ようと, 得るため, 得れば, 御指定, 御覧下さい, 心得ない, 必要と, 忘れたよう, 思いだした, 思いついて, 思い出したので, 急には, 惠んで, 意識に, 感で, 我国で, 所望する, 手探りしよう, 打ち合わせこの, 払った時, 択ばずともすると, 択ばずひょいひょい, 択ぶが, 拜借いたし, 拵えた, 拵えなければ, 拵えるつもり, 拾って, 指し示す役, 指図した, 指定せね, 指示した, 挙げること, 捉ふる, 捜し上着, 捜す, 捜すため, 掃う, 掘りかえして, 探さなければ, 探しあてたよう, 探しそこ, 探したらと, 探しても, 探しました, 探し出して, 探し探し海, 探し求めて, 探すため, 探すよう, 探ねるにあたって, 探りながら, 探り抓んで, 探ろうと, 探険し, 推定する, 描かず人, 提供しよう, 換えた訳, 換えては, 換えると, 換へて, 搜した, 撫でその, 撮影し, 撰んだの, 改めてゆっくり聞く, 放れて, 教えたり, 教えられた帰り, 教せ, 散歩し, 新たに, 早くも, 明けて, 明瞭に, 明示し, 昨今一部の, 曠野に, 書いた書付け, 書いて, 書き込んだ, 替えて, 有するの, 望め, 本所か, 来た時, 検分した, 検査する, 横ぎらねばならぬのではそこを, 歩いた, 歩き続けて, 残して, 気づくこと, 求めさせて, 求めたいと, 求めたところ, 求める, 求めるため, 汚されたくなかったの, 決めました, 決め自動車, 海岸に, 清め心, 点検する, 無理に, 照らしだして, 特約し, 獲て, 現して, 生ぜること, 生涯に, 申上げる, 異にする, 疑は, 発見けた, 発見しよう, 發見した, 目付けた, 真直に, 眼で, 知ったに, 知ってるか, 知ってる奴ア, 知つた, 知つて楊弓を, 知らして, 知らせた, 知らせなかった一事, 知らせる廻状, 知らないんでね, 知らなかった, 知られずに, 知りて, 確かめた, 確保する, 示しある, 示しトトキ, 示すだけの, 示すヤ, 示す語, 祝福した, 私達に, 移してからは, 移す必要, 移りさ, 突きとめその, 突きとめ若, 突き止, 突き止めました, 突き留めて, 突留められる, 立去った, 立退かねば, 籠めて, 精進屋又は, 素早く消し廻っ, 絳雲樓と, 繋ぐもの, 考えたの, 考え出した, 考へるの, 聞いたの, 聞かないと, 聴いて, 胸の, 脱けだす, 腐れか, 自分たちだけの, 自分一個の, 芝居と, 表わしその, 補はんとて, 見いだしたいと, 見いだすまで, 見せましたが, 見たいもん, 見たこと, 見たのみ, 見つけたと, 見つけた人, 見つけどうにも, 見つけにくい, 見つけよう, 見つけるひま, 見つける事, 見つけ出して, 見つめて, 見ながら, 見ました, 見やった, 見ること, 見付ける筈, 見出した, 見出すと, 見分ける事, 見回るため万福寺, 見定めて, 見定め汽車, 見廻して, 見棄てる外, 見歩いたの, 見物する, 見計らって, 視察し, 覗いては, 解くもの, 言い当てて, 訊いたが, 訊かれては, 記して, 訪うたの, 訪れた時, 訪れる外国人, 設けて, 詳しく書い, 語らせようと, 誤り銭, 説明し, 誰だ, 調べはじめた, 謎と, 譲らなければ, 變じる, 讓らね, 貴方から, 買った, 走るという, 足で, 追ってゆかなけれ, 逃げ出したいと, 這入りや, 通ったこと, 通りかかったという, 通り勤先に, 通過ぎた, 造り出さなければ, 選ばずに, 選ばないから, 選ばねば, 選びて, 選びました, 選び葛家葺, 選ぶと, 選ぶは, 選ぶ場合, 選りに, 選んだかと, 選んだもの, 遺言する, 避けなるべく, 都合し, 野づか, 開こうという, 間違へる, 防ぐという, 除いては, 除くの外, 離れたくないよう, 離れない, 離れなかった, 電燈で, 静かに, 領し, 食物によって, 飲み廻りほつき

▼ 場所~ (1032, 9.7%)

16 ありません 10 どこだ 9 ない 7 どこでも, ないかと, ないの 5 どこです 4 東京の, 無かつ

3 [11件] あるの, あるまいかと, きまって, たくさんあった, どこな, どこにも, なかった, 他に, 何處だ, 町の, 誰も

2 [40件] あるのに, かねて, どこにでも, ないから, ないもの, ないよう, なかつた, なかつたの, なさそう, ほかに, わかるはず, 一と, 人に, 今は, 仲の, 何処かの, 何処でも, 例の, 別として, 到るところ, 向島の, 小田原に, 幻想である, 彼の, 日比谷公園の, 書かなかつたよ, 某の, 柳橋名前は, 海賊橋だ, 現在の, 番町で, 神田明神の, 秋川邸内だ, 秘密だ, 種々雑多, 空虚の, 草加で, 蒸気河岸の, 誰にも, 鉄道に

1 [850件 抜粋] あかされません, あたいが, あちらな, あつた, あのあたり, あまり物, ありますわ, ありませんがね, ありませんよ, あるだろうか, あるまいか, あんがい近い, あんたがたの, いいが, いかにももっ, いくつも, いくらでも, いつもここ, いつも一局地, いつも一流, いまだに工場法, いままで, いらない, おさらい, おひざもと, おりかの, お勝手の, かしこより, かなりに, かねての, きまって居ります, けっして少なく, こ, こうでした, ここだ, ここと, ここにしか, このふたり, この問題, この家, この近辺, この鎌倉, これが, さう多く, さらに民有, じきに, すっかり出来上っ, すでにある, すでに他, すべて面白く, ずっと川上, そうでない, そこな, そこへ, そのとき, その一年前, その二つ, その小島, その読書, それと, そんなよう, たいてい約束済み, たしかに判った, ただ一枚, だいたいこの, だいたい人に, ちがっても, ちと悪い, ちょうどもと, ちょうどよい, ちょうど鵜沼, ちょっと云えません, ちょっと教えられません, ついふた, できて, ともかく割合, どういう景色, どこ, どこかの, どこさ, どこだった, どこでございます, どこでござった, どことも, どの方向, どの辺, どんなに謎, ないか, ないかも, ないからね, ないで, ないやう, ないらしい, なかつたし, なかりそう, なかろうかと, なく見る人ごと, ねえよう, ねるの, はっきりしない, はっきりわからない, ほうぼうに, ほとんどロンドン近く, ほぼ湊川, また別, また御, まだ下町, まったくない, まったく陸, まるで見, みんないい, むしろ文学, めったにない, もうなかっ, もしぼく, もそっと野, もとより海面, やっと目星, やっぱり実験室, やっぱり篠崎君, やはり一窓庵, よう分りませぬ, よくわかつ, よく分らない, より厳格, わかって, わかつても, わからぬ, わざわざながめ, わし自身の, わたしが, わるけれど, われわれには, エッフェル塔の, オテル・ド・パリ時間は, オリエンタルホテルの, カフカの, カーブの, グラシエールうちの, シェイクスピア記念館と, ジャワ島である, セントラル, ソレ件の, トンネルの, ハルビンが, バラックながらも, ブラリュの, ボリシャーヤ・モスコウスカヤ・ホテルの, モンパリという, ラムプラス裏通りの, ロシア風の, 一々石見守, 一つも, 一つ橋の, 一丁も, 一乗寺とだけ, 一坪ばかり, 一寸手薄, 一番確かだ, 一真寺の, 丁度かの, 三人が, 三十年後の, 上り端の, 上等の, 上総の, 上野科学博物館の, 下総の, 不思議な, 世俗的な, 世界の, 丘の, 両国橋相手は, 両国駅の, 丸の内倶楽部, 主要国道だけに, 九段の, 事務室には, 二百年以上この, 五目ずしを, 京都では, 人の, 人気の, 今でも, 今まで, 仏に, 仏蘭西の, 仙台でした, 伊勢の, 伊藤の, 伊集院の, 位置は, 住み馴れた家, 何か, 何と露店, 何も, 何んと, 何処にも, 何處とも, 何處な, 俗世間の, 修羅の, 停車場から, 元地, 元紡績工場, 全く申し分, 全部あなたの, 八丁堀の, 冴えぬ色, 凡て完全に, 出沢の, 分ったね, 分って, 分りますか, 切支丹屋敷内の, 判って, 判らなかった, 別に人家, 別荘の, 利根川の, 刻々と, 労働者の, 勝手も, 勿論高い, 北赤道海流の, 十分あるでせう, 十吉に, 十數尺の, 南ドイツで, 南方より, 博克図駅と, 印度である, 即ち崖, 取れませんと, 古ぼけた小学校, 古来伝称の, 古橋殿取, 右の, 吉原仲之町, 同じでなく, 同じな, 同県磯城郡桜井町, 向うの, 問屋と, 四フィートの, 四福音書と, 四谷見付の, 土曜日だけ, 地上から, 地下鉄の, 坊さんによって, 城内の, 城西の, 場所だ, 変らないので, 変哲も, 外でも, 外気と, 夜に, 夢中に, 大きな欅, 大和国三郷村立野の, 大川端町, 大抵定, 大抵見当, 大方筋の, 大日本座, 大概きまつ, 大菩薩峠の, 大谷川の, 大阪, 天井の, 天井裏です, 奥様などの, 如何に, 存じませぬが, 存じません, 安全と, 宗匠御存じなき, 定つて, 実に完全, 実に物凄い, 宮廷の, 富田の, 寝転ぶこと, 小さな白い, 小坂氏の, 小川町の, 少しく飛ん, 少しも, 少ないが, 山の, 山下の, 山城河岸の, 岡山市の, 岸から, 島の, 川手邸から, 市村座か, 帝劇の, 帝国ホテルの, 師範学校の, 常陸国久慈郡西金の, 幹事の, 幾度と, 広島停車場前の, 庄屋茂右衛門が, 床下か, 庭の, 庭先, 彼にも, 後半であり, 徒渉地点として, 必ず暖炉, 忘れたが, 恐らく風流心, 悉く打毀し, 意外にも, 捜査課の, 揃いも, 故郷の, 教会に, 数多くも, 敵味方の, 新しくきりひらいた, 新宿駅から, 新治郡の, 既に現実, 日本の, 日本アルプスの, 日本人の, 日比谷の, 日比谷公園であった, 明かに, 明日の, 明瞭である, 明瞭でない, 昔石造の, 春日大明神の, 昼でも, 普通武蔵野, 書斎の, 最も目立つ, 朝も, 本所二つ目の, 本郷一丁目の, 本陣である, 東の, 東京で, 東京丸の内の, 東京以外には, 東京新星空港だ, 東京日本橋區内の, 東京駅前の, 東西見当が, 松林を, 柳営, 梅田新道の, 棄てると, 棠軒の, 棺桶の, 極めて少ない, 極めて狭い, 横山町三丁目と, 横須賀で, 樹の, 歌垣の, 此上なく良, 此問題を, 此等の, 武蔵境の, 死んだ長谷倉甚六郎, 殊にしみじみさせる, 残念ながら, 水戸市下市の, 永代の, 永代橋へ, 江戸第, 池上の, 決して存在, 決めた通り, 河畔の, 洛北蓮台寺野と, 津屋崎, 浅草堀, 海でも, 海外である, 淡水河の, 清風入り来, 湯本の, 潔いはず, 濁川から, 瀬の, 烏帽子岳の, 無いとも, 無いやう, 無い筈, 無くお寺, 煙草臭い, 熱帯地方が, 爺ガ岳の, 牛込神楽坂の, 狭くなり, 狭く小さく消極的, 現れて, 理想的だ, 琉球台湾樺太朝鮮小笠原までを, 生憎と, 田町の, 田舎道の, 病院から, 皆な, 盛りあげられ両側, 目白の, 目黒の, 直子の, 相模大山の, 着々と, 矢張り一窓庵から, 矢張り虎門の, 知って, 知らないが, 知りません, 確か仏蘭西租界の, 神田淡路町小, 私たちにとって, 私にとっては, 程なく来た, 穢れたもの, 空気の, 立ち去って, 第一番, 第一石炭庫, 筋違橋と, 米国ペンシルバニア州の, 紡績工場の, 細長い腰掛, 絶望的に, 美濃国高須郡内の, 聖化された, 肥後城東の, 胃腸病院だ, 自分の, 舟を, 色町酒の, 芝の, 芝公園の, 若主人, 落口に, 著しい台地, 蔵前の, 藩にも, 螢沢の, 行き尽して, 表の, 西の, 見つからない, 見つけます, 見当らない, 角筈十二社, 言うまい, 言った通り, 誂へ, 警視庁彼の, 農人橋の, 近年は, 退却を, 通俗な, 遊ぶべき場所, 道庁の, 遠いよう, 遠すぎる, 避けるよう, 郊外, 野上さんの, 野猿にも, 金箱が, 鎌倉で, 長い食卓, 長崎出島の, 長靴の, 間口一間当りの, 間近かの, 關山から, 附近に, 限らないすべて五十人以上, 院線電車の, 雪の, 霞ヶ浦に, 露出した, 青森県の, 面前彼処に, 面白い位置, 首部という, 馬丁の, 駒の, 高台火は, 高輪で, 麹町番町の, 麻布

▼ 場所~ (914, 8.6%)

28 ある 25 ない 20 場所だけに 14 場所だ 10 あって 9 あります, あるの, ないの 8 あった, なかった, 悪い 7 あつた 6 ありません, ないから, ないと, ないので, 場所である 5 ありました, あると 4 ちがって, なくて, なくなって, 場所です

3 [15件] あらうとも, ありませんでした, あるか, あるが, あるん, いくつも, いくらも, できて, わかって, 場所であり, 場所な, 悪いから, 記されて, 設けて, 違って

2 [49件] あったの, あらあ, あらうとは, ありそう, ありましょう, ありますから, あるだろう, あるでしょう, あるのにと, あろうとは, あろうとも, いいの, かけ離れて, こんなところ, ちがうと, どこかに, どこに, ないし, ないん, なくなった, なければ, ほしい, よくない, わかつて, わかりません, わかると, わかるという, わかるの, 一つも, 出来て, 分っても, 判らないんで, 判らなかった, 場所だった, 場所でも, 場所なり, 多いの, 大部分, 定まって, 悪かった, 惡い, 明細に, 沢山ある, 無くて, 無くなって, 燃えて, 異る, 解るの, 鬼婆横町である

1 [560件 抜粋] あちこちに, あったから, あったこと, あったのね, あったのり出した岩, あったらそれ, あったら引き, あったり, あった筈, あつたらしくその, あつた様, あつて, あてがわれて, あばかれ当時活動, あまりへ, ありここ, ありさ, ありその, ありは, ありましたから, ありますが, ありますんでね, ありませんや, ありゃしねえ, あり人生, あり実は, あるかい, あるかも, あるから, あるからね, あるそれ, あるだらうと, あるだろうと, あるでしょうか, あるという, あるどうしても, あるな, あるなら庵, あるに, あるのに, あるはず, あるべきもの, あるまい, あるまいと, あるもの, あるやう, ある上, ある今日, あれば, あろうか, あんなに簡単, いいから, いいん, いかにそれら, いけないの, いっぽうの, いつも御, いまの, いるから, いるという, いるなら拵えて, おざろうて, およそ六つ, かつて宿った, かわったの, きつと, きまったと, きまつて, きまらないので, きまらないよう, きまりました, ここからは, ここでなけれ, ここを, こちらの, この辺, こわくて, こんなうす, こんなになっ, こんな不便, ございませうか, ざぶざぶするじ, すぐ向う, ずいぶん有, ずるずると, せまくて, せもう, そこから, そして実に, その辺, その音, それほど氣, そんなでしょう, たいていある, ただ一つ, だだツ廣, ちがう, ちがうの, ちがえば, ちゃんとわかっ, ちょうど同じ, ちょうど数珠, ちょうど衣川, ちょっと心配, ちらと, できた, できてから, できました, でき自分, ところどころに, どうこうと, どうも気に入らない, どうやら制限, どこな, どの方面, どんなところ, どんなもの, どんな処, どんな所, どんな無気味, ないかと, ないからの, ないこと, ないため, ないで, ないという, ないといふ, ないなら, ないのに, ないほどにも, なかったら, なかつた, なかつたため, なかつたわけ, なかつた所為, なかなか見つからなかった, なくては, なくなった所, なくなる, なくなるの, なくなるので, なく人びと, なく吹き溜り, なく地べた, なく店, なるべく会社, はっきりしない, ひとところあった, ひどく遠い, ひらくよう, ふえて, ふやされる, ほかにも, ほしいと, ほしかった, まことに面白く, またこの, また変, また悪かっ, まだ出来なかった, まだ存在, まだ少しは, まだ日本, まるですべすべ, みつかりませんでしたが, みんな火の, もうなくなっ, もう二三間, もっと早く, もつと, ややずれ, よかった, よかろう, よくて, よくないらしい, よければ, わかったぞ, わかつたん, わからないこと, わからないため, わからない南風, わからなくて, わからなくなった感じ, わからんだろう, わかりました, わかりますよう, わかるので, わかれば, わるいん, わるかった, オーカミイナリの, カフェでなけれ, サチ子の, ハリウッドを, 一つある, 一カ所ある, 一致しない, 丁度この, 丁度數珠, 七つこの, 三ヶ所程, 三井寺だけに, 上海郊外にも, 上陸第, 不健康地だ, 不思議に, 与えられ藩士以外, 世には, 世界の, 九十カ所ある, 二つある, 二ヶ所あっ, 二三あり, 人々に, 人を, 今でも, 今の, 今戸の, 今更私, 他とは, 他に, 伊吹山を, 低いから, 何かしら美しい, 保存され, 偏寄っ, 僕の, 兄貴の, 冬に, 出たの, 出来たとばかりに, 出来ましたそう, 出来一脈, 出来目黒, 出雲地方で, 分かりさうな, 分ったので, 分ったん, 分る, 分るに, 初めから, 判っても, 判つた, 判つても, 判つて居れ, 判らない, 判らないので, 判らなくて, 判るもの, 判明するだろう, 利用され, 制限され, 前から, 動いて, 動きやすい, 南瓜の, 即, 原因の, 取れないのに, 叡山道で, 古い記憶, 各地に, 吉原田圃で, 困難で, 地上に, 城あとである, 場所だけ, 場所だつた, 場所で, 場所であった, 場所とは, 場所丈に, 場所人目も, 場所場合が, 増加し, 変った, 変ったため, 変ったの, 変って, 変り役者, 変ると, 変わるから, 変化する, 夏の, 多い, 多いこと, 多いわ, 多かった, 大いにある, 大きく二カ所, 大きく広すぎ, 大使館構内でさえ, 大分ある, 大崎です, 大涌谷, 天光教の, 奇跡的に, 奥まった中二階, 好きだ, 好きだった, 好きな, 好ましかった, 如何に, 如何にも工合, 始まりましたら是非一度, 存在しない, 宇宙大, 定められて, 宜い, 実乗院, 宮城野夫人の, 宮廷貴紳の, 寂しいの, 寒い為, 察せらるる, 實際ある, 寺です, 寺院の, 小暗いため, 小玉小路断然, 小玉小路斷然話に, 少くなかった, 少し偏, 少し動い, 少し古く, 少ない, 尚お, 峯の, 幾らも, 床の間で, 彼の, 彼等に, 彼等の, 得にくい, 御留川, 必要で, 必要な, 忽ち犯人, 恋しいの, 恐らく彼, 悪いうっかり, 悪いせい, 悪いと, 悪いという, 悪いの, 悪いので, 悪いん, 悪うご, 悪くなります, 悪くは, 悪く思われた, 惡いや, 惡かつ, 意識や, 手に, 新たな, 日本橋と, 日本鉄道隅田川線荷物列車踏切の, 明かに, 明るくはっきり, 明瞭に, 時折頭に, 暖い, 曖昧で, 曖昧な, 書いてないね, 最も適し, 最も都心, 有りうるであろうか, 有る所爲, 期せずして, 村に, 来ると, 板倉邸から, 果知れぬ, 柴田勝家じだんだの, 極めて意外, 極めて短い, 横へ, 欲し, 此処な, 残される, 残ると, 母の, 比較的小, 気に入ったの, 気に入ったので, 水戸様の, 江の島であった, 江戸城の, 江東近くの, 決して本箱, 決まったによって, 沈んで, 沢山あっ, 沢山に, 海の, 淋しいの, 深い宏, 混雑せる, 準備された, 無かった, 無くな, 無くなつ, 無くも, 物語って, 狂うと, 狭いからと, 狭いため, 狭いので, 狭く女中たち, 狭苦しいの, 猪番の, 生活の, 用意せられた, 畠にな, 異った, 異ふ, 異れ, 異様に, 発見された, 直ぐわかった, 直ちに分っ, 直接この, 知りたい, 知り度, 知れたならそれから, 示して, 神田に, 神聖視せられ, 移った, 移つたのみに, 穢れたとして, 空しく空い, 空に, 突かれたの, 第一, 精一杯念の, 考えられそう, 聖アグネス病院の, 自ずと解る, 自分の, 自然に, 茂りに, 要る, 見あたらないので, 見つかったよう, 見つからないので, 見つからないもん, 見つからなかったとき, 見つからなかったの, 見つかりました, 見つかると, 見つかれば, 見つかろう, 見当らない, 見当らなかった, 見当らなかったので, 見当りませんでした, 観音の, 解った, 解つたと, 解らないと, 解るよう, 誂向きすぎる, 語られて, 變つた刺戟で, 變りやしません, 谷中だ, 足りなくなつ, 農業に, 近いので, 近かった, 近づいた証拠, 近づくと, 近づくにつれ, 遊里で, 違う, 違うぞ, 違うの, 違うよう, 違うん, 違った, 違ったかとも, 違ひませう, 違わあ, 遠過ぎます, 選ばれたわけ, 開いても, 開かれて, 閑静な, 間近に, 限られて, 隠されて, 霊感を, 面会人控所だけに, 駄目だつたら, 高いで, 高いの, 麻布で

▼ 場所~ (749, 7.1%)

20 行って 12 来て 10 出て 9 出た, 来ると 7 戻って, 持って 6 帰って, 来た 5 行くこと, 連れて 4 いって, 行くの, 行った, 足を

3 [11件] かくして, もどって, 彼を, 御案内, 来た時, 案内し, 移って, 行っても, 運んで, 隠して, 顔を

2 [39件] いった, おいて, かえって, かけ付けると, きて, つれて, でかけて, やって, やって来て, 一緒に, 入れて, 出かけて, 出たの, 出ると, 出入する, 出掛けました, 列ぶの, 取除けちやつ, 向いて, 帰った, 店を, 引返し船, 彼は, 急いだ, 戻った, 来たの, 目を, 着いた, 私を, 移して, 移すこと, 繩で, 置いた, 行かなければ, 行くと, 身を, 返して, 静かに, 飛び出して

1 [526件 抜粋] あなた方に, あらわれた, あらわれること, あらわれるの, いうて, いき何, いずこから, いそぎました, いそぐため上野, いちいち目じる, いっては, いらして, いらっしゃるおつもり, いろいろの, うちあげられたかを, うつした, うつしたに, うつしたり, おおさめください, おかくまいする, おきました, おき重い, おくこと, おくって, おさまるという, おさめ折, おとも, お出ましに, お匿いすれ, お近づき遊ばす, お連れ, お金を, かえして, かえること, かえるだろうか, かかったとき, かくさなければ, かくしたと, かくしたの, かくしたほう, かくしたん, かくそうと, かけつけたとき, かけて, かけもどった, きたの, きまった目的, きりを, くっついて, こつそり子供, こなければ, こんなカッコウ, ご案内, さぐりよること, さしかかりました, さっととびこんだ, しかも危, しずめると, しまひ, じつに手ぎわ, すぐぴったりできる, すわって, そうっと坐った, そこ許を, そして樹明君, そっと移した, そつくり残し, その伝馬, その首, それこそ, それとなく近づい, それを, たうとう, たずねて, ただ据え, ただ独り, たどりつくと, ちっとも出ない, ちゃんと届け, でかけようと, とじこめて, とじ込められたの, とどけて, とびかえりました, どうしても自身, はいりこみそこで, はいり込んだと, はじめて足, ひきよせ集め議論, ひそんで, ほうりだして, まぐれこん, まず土, まっすぐに, まっ昼間, もぐりこんだもの, もし彼女, もって, もつれて, もどしたよう, もどった, やってきました, やって来るの, やられて, ゆくと, ゆけば, わざとほうり出し, わざわざ出かけ, わたって, われらを, テントを, ノコノコ入っ, ノコノコ現れ, ヒョッコリす, 一ツに, 一種の, 丁髷を, 三人もの, 下りて, 不知哉丸を, 不風流な, 乾して, 二人で, 人を, 人知れず隠し, 仏弟子を, 仕舞に, 何でケチ, 何の, 使いを, 使ったかと, 使者を, 來た, 來て, 來なすつたらう, 倒れしばらく, 先に, 先廻りし, 光が, 入った, 入ったが, 入っちゃ, 入つ, 入らねば, 入りこんだか, 再びぐつたりもぐしてしまつて, 再び立ち戻っ, 出かけたこと, 出かける, 出かける口実, 出かけ遂に, 出されるとき, 出して, 出すもの, 出たかと, 出たこと, 出たため, 出つけない女一人, 出ること, 出れば, 出入した, 出入したがる, 出向いた, 出向く時間, 出懸けて, 出掛けて, 出現し, 出頭しなけれ, 刄物を, 初めてやっ, 到着し, 到着した, 動いたり, 匿し, 匿まっ, 即ちバルーン, 参って, 参りたいと, 参り全く, 参列でも, 取つて, 取出しに, 叩きつけられて, 向ひました, 吸いつけられた, 呼び寄せて, 命中する, 四人が, 囮鮎が, 図々しく現れた, 地蔵様を, 坐って, 坐らずに, 坐りこませた, 坐りながら, 坐直して, 売り出すん, 変るの, 夜泊し, 夫人に, 女が, 姿を, 宝ものを, 寄って, 寸分たがわず, 導きつつ, 導く道, 小さな机, 小判を, 少しでも, 居を, 居据, 届いたわけ, 己を, 帰っては, 帰られないもの, 帰り革命, 帰る, 帰れるかな, 平坦な, 平気で, 庖丁の, 廻して, 引きずられて, 引きずり出される運命, 引き上げること, 引き返した, 引き返して, 引れ, 引張って, 引揚げ, 引返して, 引返すん, 当てがっ, 彼女の, 彼等を, 往って, 往復した, 御いでなき, 御休息, 御客, 心配し, 忍びこむ, 急いで, 急ぐの, 急ぐ船, 恟々と, 意気揚々と, 我々を, 戻した, 戻し注意深く, 戻つたが, 戻つて來, 戻つて行, 戻りました, 手を, 投げたるに, 投げ出されようという, 投げ出して, 投出して, 持ち運ぶこと, 持出し新聞紙, 指先を, 捨てたらしい, 捨てに, 捨てる筈, 据え直した, 掘らずに, 新らしい, 新らしく, 新墓所, 新子さんを, 日出と共に, 旧の, 時間に, 村の, 来たが, 来たこと, 来たもの, 来なかったでしょう, 来なすったろう, 来るに, 来るの, 来るまでは, 来るよう, 来る大学生, 来る筈, 来合せて, 案内され, 案内した, 案内しよう, 案内する, 椅子を, 横たえた, 歩いて, 歸つて來た, 歸られない, 殆ん, 気を, 牛車一台の, 犯人を, 猩々を, 現れそう, 現われるもの, 産卵に, 発生し, 真物を, 着いたすると, 着いたの, 着いて, 着きたいもの, 着くと, 着くまでに, 睡り度, 知らして, 破戒坊主が, 私は, 私も, 移された, 移されたか, 移した, 移したんぢ, 移す, 移せると, 移った, 移ったが, 移りました愛ちやん, 移動し, 移動を, 移転する, 移転の, 立せ, 立ち寄らないこと, 立ち寄るなどと, 立って, 立つて, 立とうと, 立会った程, 立入つたり, 立寄ったとの, 立寄つた, 立寄つた次第, 立寄らないこと, 立寄候歟, 立戻る, 端座した, 糸を, 結びつけられて, 絵を, 網を, 綺麗に, 縄で, 繰り出したもの, 置いたこと, 置いちゃ, 置いて, 置きな, 置きまして, 置き両手, 置き忘れた品物, 置き放しに, 置くため, 置くと, 置くという, 置くの, 脚立を, 腰かけたの, 膏薬を, 臨む者, 臨んでは, 自分で, 自分を, 自分自身を, 自動車を, 自然に, 荷を, 落して, 落ちたところ, 行かなくては, 行かぬ, 行きそこ, 行きたいと, 行きついたか, 行きまして, 行き合わせた, 行き度いね, 行き着いた, 行き着いたらしい, 行き着いた例, 行くつもり, 行くに, 行くには, 行くのに, 行くは, 行くよう, 行けたら或は, 行ける器量, 行こうと, 行こうとして, 行ったが, 行ったなら坊, 行ったについては, 行った時, 行っては, 行つ, 行つた, 行つたそこは, 行つたら, 行つた時己の, 行つて, 行つて見た, 行つて見る, 観客の, 記中された, 誘はれた, 誘拐された, 請待した, 買物に, 賊が, 走った, 走って, 赴かれるの, 赴かれる矢先, 踏み入つてしまつた, 踏ん込んで, 輿を, 辿りつくと, 辿り着いた, 辿り着くまでに, 近く持っ, 近づいた, 近づき別, 近づき得るの, 近づくにつれて, 近づこうと, 近づこうとは, 近よった, 近江屋一家四人の, 返しながら, 返す, 追いこまれたよう, 追いこんで, 追い返した, 追ひ込ん, 送りと, 送りとどけて, 送り届けないうち, 送れないと, 送れるのに, 送込んだ, 逃げること, 逃亡しよう, 通う勤番者, 通じて, 通ひ出し, 連れこまれて, 連れこまれるの, 連れだされても, 連れては, 連れ出しました, 連れ去ったもの, 連れ行くの, 連れ込んで, 進出し, 運ばれて, 運ばれてを, 運ばれるとは, 運ばれるの, 運ばれるまで, 運びさり博物館, 運ぶ, 道路が, 達する町通り, 遠慮なく出入り, 適当に, 避難する, 醫者どんが, 野宿し, 金, 金八○○両を, 金吾が, 開業した, 陣取りますので, 隠されて, 隠しその, 隠すに, 隠そうとして, 集つた, 集まって, 集めて, 集る種類, 飛入りに, 馳け, 駆けて, 駈けつけた, 駈けつけました, 駈け出すの, 駈け向ったと, 驅け, 龍之

▼ 場所~ (723, 6.8%)

23 あつた 7 彼は 5 我々は 4 あつて, 私は 3 同じよう, 逢ふ, 顔を

2 [35件] あらう, これを, それに, それを, もしやと, やや詳しく, 二十四時間あまり私達六名は, 人が, 会うこと, 何か, 何を, 何事を, 働いて, 別な, 半七, 反革命分子, 同じ姿, 周囲の, 寝た, 平次を, 待って, 意外な, 文学の, 早くあいつ, 漁ったの, 焚つけは, 生活が, 私と, 自分の, 若い娘, 見て, 見るよりは, 車を, 遊んで, 遠くから

1 [601件 抜粋] あちらこちらと, あの店構え, あの時間, あまり長話, あらうか, あらうと, あらねば, あらゆる場面, あんな出鱈目, あんな生き物, いきなり暗闇, いためつけられて, いつのまにか七, いづれも, いま鏑籐日輪巻の, いるの, うとうと眠り, うり貸家の, おとなにも, おまへの, おめにかかりたくないから, お互いの, お前に, お目, お祭り申す, お話しする, お話しなされ, かういふ人々, かすみを, かたが, かなり長く, かれは, きいて, けんけんと, こういう意味, こう云う, ここで, ここまで, この上, この人物, この寒い, この時水ぐあい手かげん一つ, このJOAK, これくらゐ, これと, こんな女, こんな話, ござって, さあ, しかも同じ, しかも心細い, しかも長い, しばらくお話, すぐさま食べる, すこしおや, すこし出来る, すごした最後, すること, せう, そういう箸, そうした鉱山熱, そうしてその, そこに, そこへ, そこらには, そしてこんなに, そして私, そのこと, その一日, その上, その中, その内, その時分, その男の子, その見, その間を, その雑役夫, それぞれに, それぞれ三人の, そんなこと, ただひとり仕事, たびたびひどい, だがそんな, ちよいちよい煙草を, ちらちらする, ぢつと, ついこの間, できる限り, でも, でもいつも, とまりました, とるの, どのやう, どんなに近, な, なかなか広い, なここ, なり海底, なり違つた場所, なんともいえず, のめのめと, はっきりと, ひじょうにだいじな, ひとりで, ふたたび過ごした, ふと互, まことにや, または内庭, また一人, また会, また会おう, まだところどころに, ま夜中, みのるの, みんなが, めいめいの, めす鶯, もし椅子, ものを, やはり鳩舎, やや無遠慮, やらせようという, やれるもの, ゆっくりべん, よい車, わしと, われわれに, イカサマと, イスも, エーテルは, カガリ火, カガリ火を, ガス爆発で, キスを, ケースの, ソヴェト文学史の, トラックは, ドスンと, ナオミが, フランス式の, ブランが, ミイラに, ラマの, ロシアと, ワーリャを, 一応の, 一方の, 一日の, 三人は, 三時頃お待ち申しあげます, 上陸する, 不意の, 与えられて, 両側には, 丸腰の, 丹尾は, 九・八メートル, 争いを, 二つの, 二タ組だ, 二人の, 二時頃から, 云われる言葉, 井伏君の, 人々が, 人に, 人は, 人気の, 人間も, 人間を, 今すぐ, 今は, 今後の, 他の, 伐らず根, 休むと, 休息し, 会社銀行料理店などから, 伸子は, 何という, 何故に, 余りの, 倒れる, 停車した, 偶, 働いてを, 働かなけりや, 働く時, 僕は, 元子の, 先刻の, 八時という, 其後人も, 其處には, 再びこの, 再び使用, 出すもの, 出会ったの, 出會, 出来れば, 出逢った人, 出遇って, 初めて爆発, 別の, 別莊, 刺されて, 助太刀らしい, 勉強したい, 十年くらい, 十日に, 千鶴子に, 南東には, 友人などと, 友釣りに, 双方が, 古びた藤棚, 各個に, 各自の, 同じ一味, 同じ事情, 同じ休息, 同じ手仕事, 同じ時刻, 同じ足踏み, 同一の, 同時に再生, 吠えて, 味が, 営む祭, 回転してる, 土の, 埋め合せるの, 城下から, 堂々めぐりを, 報告した, 報告したい, 売って, 変装を, 夕刊を, 夕飯が, 外套を, 大きな石垣, 大ヘツリ, 大事件, 大演説会, 大竜, 天使どもに, 失恋の, 女たちは, 女と, 女に, 如何様の, 妙な, 妹が, 妹に, 始末を, 娘一人川へ, 子供が, 子供たちの, 孤独な, 宙ぶらりんに, 客同志が, 密かな, 将軍の, 小さい女中, 小さな泉, 少数の, 山小屋の, 岩の, 左の, 帽子箱を, 平次が, 平然と行なわれる, 幾たびも, 広々と, 度々人, 建物に, 建物も, 廻転した, 弁当を, 彼と, 彼女に, 彼等は, 待たされつつ, 待ちあ, 待ち伏せるん, 待ち合せて, 徒らに, 御承知, 御用の, 必要も, 思いも, 急に, 性格の, 怪しげなる, 感じ深く, 成功出来る, 或る, 所見を, 手代風の, 扱いたい, 扱う人, 挿木に, 擦れ違う令嬢, 改めてとりあげられるであろう, 政子どのの, 政府と, 政治を, 教えた, 数珠つなぎの, 斧が, 新しく生活, 既に着々と, 日本的道義の, 春先き, 時間が, 時間も, 時間を, 晩に, 普通より, 暫く直吉, 暮らす値打, 暮らす計画, 曰く, 書いて, 最善を, 會ふ, 有無を, 服用なさい, 木村さんと, 札を, 杭に, 枕を, 根気よく, 案外それ, 楽しめず活, 横向きに, 歌われる音楽, 正成の, 正月の, 此那に, 武家の, 歩き子孫, 死ななかったの, 死のうと, 死んだ, 死んだの, 死んで, 殊に今, 残忍な, 殺す筈, 殺人が, 殺害され, 殺害された如くみせかける, 気鋭の, 江田が, 沖縄本島近辺と, 泊めて, 泣かすまいと, 消えようという, 深く眠りこん, 渓流を, 滅多に, 演芸を, 火いじりを, 為すべきもの, 煙硝の, 煩瑣な, 物を, 獅子の, 生まれるとは, 生命の, 生命力が, 生活と, 申せば, 男らしゅう喧嘩, 町内の, 画布に, 畳の, 病院を, 発して, 白日の, 白樂天の, 皇孫の, 睡れたこと, 知って, 知り合いに, 破壊し, 礼拝の, 神様に, 私が, 私事を, 私達は, 種々な, 空虚な, 立ちどまって, 立ち食いする, 立ち騒いでは, 立ったり, 精一杯楽しい, 細説したい, 紳士は, 終るの, 終焉を, 絞殺され, 緩, 縮図など, 繁昌し, 繰り返して, 而し, 聞えるもの, 聞かされたせい, 聞く音, 聴いても, 腕を, 腕白大将の, 腹を, 臥せば, 臨時に, 自分なんぞの, 自分を, 自動車の, 自殺した, 自然的に, 芸の, 落ち合った, 著しく違った, 著物を, 葛巻が, 行なわれた他, 行われた投票, 見かけるとは, 見る場所, 見物させ, 親しい友人, 親方に, 親方の, 観能, 解剖され, 解説した, 詩人や, 話し合っても, 話を, 誓ふと, 読むでも, 誰か, 誰が, 論じた如く, 警戒を, 買うこと, 起こったもの, 起こって, 起ったもの, 起りましたな, 踊るだけの, 踊る踊り, 軍人の, 軽禁錮, 述べた意見, 述べた所, 述べるよう, 通用すれ, 逢った山鹿十介, 逢つ, 逢つてやれ, 進行した, 遊ばせて, 遊んだこと, 運送契約を, 過ぐる三年, 違った行, 遠方には, 酔っ払いの, 重ね重ね失礼, 重り合うよう, 野営する, 長くなっ, 長時間働かされる, 開業し, 間が, 阿賀妻は, 降りて, 降るとも, 隠元豆を, 隣席の, 雄弁を, 集成館そのものは, 雨風に, 雷に, 非常な, 頭を, 頭蓋骨の, 食事を, 馬は, 騒ぎ散して, 骨董品を, 魚の, 鳥を, 鵜を, 鶯が

▼ 場所~ (472, 4.5%)

9 ように 5 ことを, ような 4 一つである, 名や, 差別も, 方へ 3 あるの, 名を, 周囲の, 方が, 近くで, 近くに

2 [38件] ありさま, あること, い, うちに, うちの, ことで, ない子, なかった, まん中に, やうに, ようであった, 一つだった, 一つであった, 一つに, 上に, 不適当, 中に, 光景を, 判らないの, 加減か, 右手の, 名に, 周囲が, 宙に, 揃って, 景色と, 深さ, 無数の, 現在の, 目あてが, 見当が, 解らなくな, 話は, 近くの, 運動を, 選定について, 選択を, 都合が

1 [343件] ああいう, あき屋敷を, あちらこちらに, あったこと, あては, ある記憶, ある間斯, いいところ, いずくたるを, いろいろの, うちで, うちへは, うつろな, おのずから定まる, おもしろさ, お飾り物, かき入れも, かく近くを, かわる色電燈, が選ばれ, きまったもの, ここで, ことだの, ことであります, ことです, こととて, ことなど, ことなどは, ことに, ことよ, こと急に, こと途中近所の, すぐ近所, せいか, せいだった, せいばかり, せまさ, そう遠く, その中程, そばの, それも, ためな, ために, ため或, ちがいは, ちがわないよう, ちょうどむこう, ところまで, どこである, どの部分, どんな病院, ないこと, ないため, ないところ, ないので, ないまま, ない事, ない家, ない彼, ない想い, ない清潔, ない無明, なかで, はんたいがわなん, ひとつに, へんへ, ほうが, ほかへは, ほとりで, まわりの, まんなかに, めまぐるしい変化, も探せ, やうな, ようである, ようです, わからないところ, わからないもの, ガラ, スペースとか, ヒナゲシ区です, ベンチに, 一つで, 一つと, 一つとして, 一つにも, 一つは, 一つも, 一である, 一部とか, 三方を, 上で, 上を, 上空で, 下には, 不健康, 不分明, 不潔さは, 不適當な, 中で, 中へ, 主人に, 争奪戦を, 事だ, 事で, 事も, 交換の, 交番警察署御用新聞社の, 人は, 人目に, 仕事に, 任務を, 位置は, 住民が, 何かの, 何処である, 何処に, 借り賃, 借家を, 傍を, 優越感にも, 光景が, 光景に, 入学試験の, 兩隣と, 剩へ, 匂いという, 区別も, 十二時前は, 卓子を, 印象と, 名であった, 名なりし, 名までが, 名前が, 名前であり, 名前として, 名前を, 向う, 周に, 周圍から, 問題です, 土を, 土産物は, 在る近く, 地の利を, 地下に, 地主神薗神は, 地理を, 地面は, 地面を, 垣根を, 埃つ, 境に, 壁まで, 壁を, 変る気づかいは, 変更が, 変更と, 変更に, 変更により, 失われるの, 奥に, 奥の, 女の, 好い所, 如し, 如何なる家, 如何に, 姉さんに, 始まる前, 始末が, 安定も, 実写を, 客の, 宮中での, 家で, 家庭に, 対岸に, 小ざつぱりした建物, 小屋では, 小径は, 席を, 幅は, 広さ, 広場で, 広狭に, 店なら, 店へ, 度びに, 廣場で, 建設について, 必要の, 息苦しさ, 悉くを, 悪いの, 悪かった, 情景が, 愉快な, 感じが, 感覚が, 感覚の, 持つ特有, 指図は, 指示という, 指示を, 探索を, 揺椅子で, 数が, 文化的設備増大に対する, 斜め反対の, 方位と, 方力瘤も, 方角を, 時でも, 暗示さへ, 最も悪い, 月夜の, 有利な, 本質を, 条件については, 東西を, 架台の, 桜は, 椅子に, 楊柳の, 様子を, 権利を, 横に, 正面に, 気流の, 気温は, 海底の, 淋しさ, 温度とを, 片隅に, 牛でも, 物影が, 物質が, 状態によって, 状態を, 狭苦しさ, 異つた遊び友達, 畳だ, 目標と, 直前五米の, 直接態に, 相異, 相談を, 相違から, 眺望を, 石を, 硫黄が, 神様は, 祟りの, 私の, 秘密を, 称である, 移転の, 種を, 積雪は, 空気が, 空間の, 窪い, 答を, 繪圖面かも, 習いで, 聞きあやまりでは, 航空写真とを, 落ち窪んだ, 蓮台寺野から, 薄暗く曲った, 表情で, 要害は, 要求に, 見さかい, 見つかるまで, 見付からない絵, 見当だけは, 見当も, 見當, 見立ては, 記録の, 設備も, 訳註を, 評議が, 話で, 話を, 誤りこそ, 論理は, 貧しい町, 趣味までも, 転換で, 転移等とを, 軽い木, 辺には, 近いもの, 近くへ, 近傍を, 遊びは, 道灌山は, 違ったの, 適不適と, 適合性を, 適否の, 適確なる, 選びかたは, 選り好みなどは, 選り嫌, 選り嫌いは, 選定が, 選定の, 選定を, 選択, 選択と, 選択に, 選択について, 選択や, 都合によ, 金網が, 鉄板の, 間で, 関係が, 関係で, 関係に, 関係も, 關係だ, 關係に, 附近だけに, 限られたる範囲, 雨戸が, 雪の, 靜かさを, 音的シーンを, 風に, 飼鶴を, 駅逓である, 騒がしい時, 驚く可, 高いに, 高さ, 高度は, 鼠色に

▼ 場所~ (387, 3.7%)

27 あろうに 10 ありません 7 あらうに, ないので, なかった 6 ある, ない 5 場所である 4 あった, ないの 3 あります, ないほど, 方角も, 知って

2 [13件] あの惨禍, あるに, ないし, ないといふ, なくな, わかって, 同じくすべて, 場所, 場所だ, 場所時も, 忘れて, 柳島三河島向島なぞと, 痛さ

1 [266件] あったが, あつた, あつて, あの町, あらうとは, あらばと, ありそう, ありそれ, ありませんが, ありませんし, ありませんでした, ありゃしません, あり女中, あるそう, あるはず, あるまい, あるまいに, あるよう, ある筈, あろうのに, いい, おりも, おわかり, かえずに, きっとこんな, ここから, こさえて, この公園, この村, この私, これからの, こんなに堂々とは, さまざまだ, さらに考え出せません, しがらき, すくないであろう, ずいぶん見, せまいから, そう遠く, その建築, その様子, その真偽, その間に, その関係, それからミノ, たくさんある, ちゃんと作っ, ちゃんと考え, とらないうえ, どうしてそれ, どうせ行くなら, どこであった, どこにも, ないが, ないくらいに, ないじゃ, ないだろうという, ないという, ないよ, ないん, ない位, ない地下室, ない挨拶, ない有様, ない海上, なかつた, なかつたので, なかなかよろしく隣り, なかるべければ, なきは, なき有様, なく, なくただ風, なくとう, なくなったん, なく又は, なく尾羽うち, なく手, なく旅, なく曲者, なく浄化装置, なく狹, なく簪一つ, なく袂, なく身, なく黄金, なければ, なさそう, なし, べつに決め, ほとんどフランス, まずいと, またルーアン, また人生, また実に, また本陣, まったく存在, まつたく存在, みんな私の, もはやタングルウッド, よくそのうえ, よくなった, よく知っ, よしあの, わかったでは, わかつて, わからないまま, わるい, わるかった, われわれに, 一定では, 丁度この, 三条西家のみ, 二三ヶ所あった, 二度以上は, 云うほどの, 五六町, 京都と, 人数も, 人物も, 今では, 今は, 以前の, 仲間も, 伴野であり, 位置も, 何か, 充分ある, 其の形, 分って, 分ってるだろう, 分らず時計, 判きり, 判で, 判らずに, 判らなければ, 前二回と, 合計三つに, 同じで, 同じゆうべ, 同じ羅生門横町, 名前も, 向日葵が, 周囲の, 困るん, 場所ここで, 場所田原屋の, 場面も, 変わったと, 変わって, 多い, 多いこと, 多いし, 多くは, 大體, 失わせるの, 宇治であり, 実在しなけれ, 客間や, 家屋も, 将台の, 小田原近くいずれは, 少くありません, 少くなかった, 少ない土地, 平地である, 幸い尼寺, 広さ, 形も, 彼方此方で, 従って, 従って当時, 得られない, 御座いませんし, 思い付かない, 思ひ付かない, 悪いが, 悪かった, 悪し店, 意外なり, 憶えて, 所も, 所説も, 持主も, 探して, 描かず現在藁草履, 数個あげられる, 方法も, 日本一であった, 早く探したかつた, 時間も, 東京に, 松兵衛が, 極って, 極秘に, 此処からは, 此処だ, 此処時も, 残って, 段々お, 段々森閑, 泣く場所, 淋しいから, 淋しい星ヶ岡, 淋しく形勝, 火元の, 無いの, 無いので, 無いよう, 無かつ, 無くかかる, 珍らしい, 現実の, 申上げませう, 申分は, 疾の, 発見されなかった, 皆んな覺えてる, 目抜の, 相手方の, 矢代には, 知つてゐた, 知らず佐原屋, 知らせないん, 知りませんもの, 知れた, 知れなん, 神楽坂, 神楽坂での, 神聖であれ, 私にとっては, 私の, 稀にしか, 空しく探した, 空気も, 経営方法も, 経営者も, 自づときまつてゐる, 自然に, 自由に, 薔薇の, 見いだされなかった, 見当らなかった, 見当らなかったよう, 見立てて, 親の, 解るとい, 言語同断の, 設けられたの, 誰一人知らずに, 費えること, 近いし, 逃げた路, 逃げる道, 逃げ路も, 違い匂うもの, 違い社会状態, 適当な, 避けなければ, 関はず連呼する, 随時随時に, 隠れる場所, 隱れる, 靜かで, 餘程離れ, 駅に

▼ 場所~ (303, 2.9%)

7 見えて 6 して 5 いえば, されて, なって, 定めて, 時間を 4 時とを, 時間とを 3 いうと, した, なった, 云うの, 思って, 時日を, 符合する, 言ふ

2 [12件] お前の, きまって, きめて, なつて, なりました, なると, 日時が, 時とが, 時刻とを, 時刻を, 時間と, 私の

1 [209件] あの書き附け, いいこんど, いいみんな篠崎君, いい事件, いい全く, いい大き, いい女, いい建物, いい残酷, いい狼藉格闘, いい篠崎君, いい背中, いうか, いって, いっては, いひ名, いふと, いへば, いわず附近, いわねば, いわれて, さだめて, した二階, した彼女, してる一種, し両国, し他, する, する事, する手, する習性, する習慣, せずに, せられて, そこの, そこへ, そのいきさつ, そのなか, その人, その古ぼけた, その意味, その身体, それの, ちがって, てない一本道, なして, なし手習, なし折々, なったから, なったこの, なったの, なったもの, なつた, なりそこ, なりたること, なりまして, なり主人, なり密議, なり得るので, なり昼間皆, なり罪悪, なり肉体, なる, なるお茶, なること, なるなぞ, なるのに, はさほど, ほぼ同じ, またもし, 云い前後, 云い境遇, 云い時, 云い条件, 云い構え, 云うもの, 云う標題, 云えない, 云えば, 云える, 云ひ, 人との, 人とを, 人物との, 何の, 便宜とを, 信じて, 元木の, 全く無関係, 兩義に, 其の音, 動くべからざる場所, 動こうと, 化した, 同じく一面, 同じであり, 同じ所, 同一な, 同番地, 名前を, 地位とを, 場合を, 変わった, 大目に, 季節で, 定った, 定めたの, 定めた常木鴻山, 定めた祥光院, 定めた裏, 定められて, 定められると共に, 家の, 小さな辮髪, 山荘の, 幽霊の, 店と, 度合を, 弁証法そのものが, 強弱の, 役割で, 御舎弟さま, 徳利を, 心得て, 思います, 思い合わせて, 思い文学, 思うて, 思うべからず, 思ひつくといふ, 思わしい辺, 思わるる所, 恐らく同一, 手段とを, 方法も, 方角とを, 旅館の, 日とを, 日を, 日割だ, 春や, 時は, 時代とにのみ, 時代との, 時代とを, 時代に, 時刻それに, 時刻だけに, 時日について, 時期とを, 時節とを, 時間が, 時間とが, 時間に, 暖房とについては, 暗やみと, 望みの, 未完の, 機会, 機会が, 機会とを, 機会に, 機會に, 正反対の, 気が, 決められた折尾谷, 決められました, 火事は, 為り又, 燃えつつ, 犠牲者の, 犯罪者の, 用ゆべからざる, 申しても, 申すもの, 登場人物とを, 相手とに, 相手に, 私も, 空気を, 終わって, 結びつける習慣, 考えて, 考えられるに, 考え山寨, 考へる様, 自分たちの, 自身の, 舟から, 落着けない生活, 覚悟し, 言い, 言いますと, 言い境遇, 言い様子, 言ひ, 言ふと, 言われて, 資格において, 賊の, 趣とが, 身の上では, 違つた感じの, 遺骸とを, 関り, 風位を, 食べる物, 食物とに, 魚とを

▼ 場所では~ (268, 2.5%)

27 ない 14 なかった 11 ありません 7 ないの 5 一人の 4 あるが, ないか 3 あったが, ありませんが, ないぞ

2 [11件] あるまいか, ないと, ないらしかった, なかつた, 失敗し, 年中顔を, 彼は, 無い, 矢張駄目だらう, 見渡す限り唐檜, 誰も

1 [165件] あつた, ありませんか, いけないん, いずれに, いわゆる陸軟風, からだを, このよう, こんな単純, こんな老いた, ござるまい, さほど目立たない, しない, すでに闇, ずいぶんたくさん, せいぜい二度, そうです, その三宝, その例, それだけ僕たち, それほどまでに, それも, たとい矢来, ちょっと身体, できず前, とても大物, どうしよう, ないかと, ないから, ないが, ないこう, ないだらうか, ないで, ないので, ないよ, ないらしい, ないん, ない勝手, ない機会, ない気, なかつたが, なかなか幅, なくして, なくて, なくなった, なくなったもの, なくなったよう, なくなって, なくなること, なくむしろ, なく平次, なく海, なし旦那, はっきり認め, はつきりしない, ほとんど呼吸, ほんものの, まるで自分, より多い, われわれが, アイスアックスという, イライラと, マルティニークと, 一体に, 一向に客足, 一等の, 三吋にも, 中折帽を, 二人は, 五フィートずつの, 人々を, 人の, 会いたくないから, 伸子自身も, 余り沢山には, 僧を, 先づ見た, 兎に, 共存し得ない, 内風呂を, 労働者たちが, 勿論一月一日, 吉野が, 呑ませる水, 善と, 四つんばいに, 四五年以上である, 四時気候の, 困るので, 土方が, 地主に対する, 増殖力が, 多く客を, 大が, 大気一立方センチ中の, 大規模, 娘たちが, 完全に, 実際必要, 小学校さえ, 尚更である, 底知れぬ, 徒らに, 思い切って, 怠けわざと, 悪と, 愚劣な, 慇懃な, 文学者は, 断る事, 明瞭に, 暴徒の, 更に黒檜, 最も右, 植民地貿易の, 標準語が, 機械や, 機械人間ばかりか, 此の, 比較的水, 永く記憶, 決してなかつた, 河原が, 泣けない気, 溝に, 漢青年の, 焚火の, 無いといふ, 無い日本銀行, 無い様, 無し又, 無駄な, 物が, 特に長子, 狩猟期に, 現像も, 異常な, 白い貝殼, 真に迫った, 知識などは, 石までが, 移植が, 種々の, 空気が, 純然たる, 美味な, 自由に, 芝居の, 菓子を, 著しい凍上, 見られないもの, 見出すこと, 親子が, 誰のも, 輪郭の, 逢えないで, 逢へ, 道路は, 酒を, 長く待つ, 雑誌の, 雨は, 青お, 非常な, 非常に, 高級料亭である

▼ 場所から~ (244, 2.3%)

6 出て 3 他の

2 [13件] ここに, して, 二米あまりの, 体を, 十間とも, 店の, 移動させる, 立ち上った, 見えて, 遠くない, 離れて, 静かな, 飛び出して

1 [209件] あの大, いちばん近い, お帰り, かけ降りた, かれの, ぐっと前, こう鋭い, この平地, この狼煙, さらに前方, してが, すぐに, すべて記念と, すれば, ずっと自分等, ずっと離れた, そっとこの, そのふたつ, そのまま動き得なかった, その後腐食した, その方, その本, だいぶ隔, ちっとも動かし得ず, ちょか, とって, とびだして, とびだしました, とびだしません, とび出して, どうして出たら, どけば, なるたけ遠く, のがれようと, はい出しドア, はがれないと, はじめて見た, ひよつくりと, ほかの, ほんのちょっと, まだその, やつと, わずか二十歩, わたしは, スミスと, チョット引っ, ノソノソと, バルブレンの, ピョンと, ブランデーを, ラジオの, 一哩と, 一寸か, 一寸もい, 一時に, 一町半ばかり, 一番近くに, 一里程も, 不安が, 乙の, 二三百碼ばかり, 五百兩の, 人間から, 人間に対する, 他へ, 佐太郎は, 何かが, 何心なく, 何物かが, 僕を, 元気よく, 先き, 先刻の, 八尺とは, 六本提出された, 出して, 出たもの, 出た発掘物, 出ようとして, 出ると, 分ったの, 動いては, 動かされる日, 動かし無理, 動かずかたまって, 動かず当然, 動かなかった, 動くこと, 動こうとも, 十メートルも, 十間余りも, 取り去れば, 取出したの, 取出した三千兩, 同じ手段, 否応いわせず, 吹きよせて, 呪ひつめ, 噴き出すこと, 四五間向う, 四間ぐらい, 場所へと, 多数の, 大分は, 大分離れた, 大金庫, 始める, 姿を, 家の, 富士山を, 少し離れた, 山中へ, 岸へ, 嵐の, 左手に, 帰つ, 平気で, 広場へ, 引き揚げたほう, 引落される, 引越して, 彼らは, 御用の, 志す處, 成たけ遠く, 或はその, 投げ出そうなどと, 投降の, 抜き取られて, 抜け出して, 拘留人を, 持って, 攻め入った柳川, 数本の, 數碼の, 斜向うに, 昔の, 最短距離の, 本館の, 来た人, 森を, 樹は, 死体だけ, 毒砂を, 沙丘が, 注意ぶ, 浮き出て, 海岸へ, 深いと, 湧いて, 湧き出て, 無事で帰れ, 熊手で, 現れた, 現れたし, 現われたが, 現われたそれ, 畳の, 発源し, 登るの, 目を, 真直に, 石鹸や, 程遠からぬ, 空気を, 立ち去って, 立ち去る事, 立ち去ろうと, 立った, 約三丁, 考えて, 聞えて, 聞こえて, 脱せんが, 莫大な, 落ち群集, 見て, 覗き見できる, 解放される, 起こるばかり, 起った, 身を, 身動きも, 近づいて, 退去される, 送って, 逃げる, 逃げ出した, 這い出して, 這ひはじめ, 運ばれて, 遠くは, 遠くはずれた, 遠く遠く千哩以上, 遠く離れた, 遠く離れたくない, 遠ざかること, 遠方へは, 金を, 鉄砲玉の, 闇を, 隠れ場所へと, 離れた, 離れぬよう, 離れるべき機會, 電車に, 飛び出す子供, 飛躍し, 餌を

▼ 場所~ (168, 1.6%)

8 とを弁 4 を忘れ 3 でもあり, になく, も何, も辨 2 だけに少し, にし, にふさわしい, にも似ず, に不, の許す, も主人, も忘れ, も構はず, を無視

1 [124件] いくぶんは, お顧客, からこれ, が場所柄, が場所柄ゆえ, が怖い, が長局, だけにあまり, だけにどこ, だけにわたくし, だけに多少, だけに夥しい, だけに大変, だけに家, だけに幾つ, だけに店, だけに早く, だけに竿, だけに肉, だけに賑わっ, だけに遊廓, だけに門並みきれい, だけに高輪, だけの商, だけの商売, だと, だ一台位, であった, であるから, でいつも, でご, ですけれども, でなく現, ではある, では無い, では素人, でもない, でわかる, で安, で芸妓衆, で藝妓衆, で講談本, で関取衆, で關取衆, で附近, としてはわりに, としても神社, として一番, として金銭, とその, とで何となく, との観念, とはいい, とを弁へた, と存じ, と時節柄, なかなか繁昌, ながら少し, なり, なり可, なれば, には頓着, にふさ, にもなく, にもふさわしく, にも不, にも無い, によっては必要以上, によつて, に似, に似ぬ, に似合はず四方, に応じた, に順つて, に頓着, に馴れない, に騎馬, のいい, のこと, のさびれ, の水茶屋, の無, の磯節, は場所柄, へ出し, またもや一層の, もあろう, もよく, もわきまえず, もわきめ, もわすれ, も人, も弁えず, も構はずクスリ, も結構, も考えず, も違, よく売れる, らしい威厳, らしい馳走, らしくないに, らしくない艶, をさして, をもわきまえず, をも弁えず, をも考えない, をも考へない, をも顧慮, をわき, をわきまえぬ, をわきまえる, を失した, を思っ, を考え, を考えず, を考へ, を考へた, を超越, を顧みざる, 実に寒い, 少しばかり, 少しひど, 決して広く, 美しくない

▼ 場所~ (136, 1.3%)

64 ということ 3 つたのです, と云う, と思ふ 2 から俗, が, と, という, といふ, と思う, と思った

1 [103件] おれたちでさえ, かしらべ, かすこし, かすこしも, から, からかの, からその, からだ, からちょっと, からてんで, からであった, からと思っ, からね, からねえ, からナ僕ア心配, から伸ちゃん, から僕, から夏, から大当り, から女, から昼間, から本当に, から誰, から非常, かわからぬ, か知つて, がここら, がさうかと, がそこ, がそんな, がちと, がどんな, がのここ, がふだん, がふつ, が僕, が寄附, が往々, が本堂, けれど水茶屋, ことは, し, し傳三, し念, し末枯, し目, し自分, し誰, ぜ, そうです, そこが, ぞ, つた, つたと, つたのである, つた町としても, つた盆地が, つた空想の, で昔, といいました, という所, といふ風, とかえって, とか遊ん, とされ, として進ん, とのこと, とはまだ, とは思はれた, とばかり思っ, とも考えられた, とも言わない, と一々, と云, と云った, と伝えられ, と同じ, と思, と思えた, と思っ, と思ひます, と思われぬで, と気がつきました, と知っ, と私, と聞い, と見え, と語り伝えられ, な, ななどと考へ, なまず, ね, ねえ, の, もんだ, よ君, わね, テ, 内通者が, 対手は, 對手は, 建物の, 是も

▼ 場所には~ (127, 1.2%)

2 どこにも, ないの, 外側から, 必ず何, 持って, 汽車も, 雨戸一枚に

1 [113件] いまだになにか魔力, うしろの, かねて, きっと花, こいつを, このよう, さっきの, すぐさま本隊員, そういう人々, そのしるし, その当時一つ, それぞれ特有の, そんな醫者, ちがいない, とくに注意, どうした, どの様, ないもの, なんにも手がかり, ふさわしくない, もうせん, もう何, もったいないほどの, よろうが, ゐなかつた, チョークで, ハムレットという, ヨードル, 一緒に, 三本足の, 上等の, 不向, 不適当, 両側に, 主水正, 予期以上の, 二軒も, 人の, 今やどこ, 似合しからぬ, 何か, 何も, 何らの, 余り似合わぬ, 作事小屋が, 兄さんの, 出ないで, 同じヴィンセント, 同じ時刻, 哲学や, 唄も, 喰われたの, 地方的特色が, 坐ろうとも, 垣根を, 多分灌漑, 多田味名亀甲等の, 夜に, 大抵田, 守備工事は, 屈強の, 屈竟な, 屹度左岸に, 工場主前田弥平氏が, 幕府の, 御山木, 必ずあるべき, 必ずや遺作, 必ず宿, 必ず禁止喧嘩, 必ず箸, 必香炉が, 慣れて, 成るべく欠席, 我が交番所, 手掛けるよう, 新しく掘り返された, 暗闇は, 最も多く, 桜の, 極めて有り勝ち, 横に, 樹脂に, 殊にまた, 気持が, 決して味, 淡水河の, 無い, 燐火水素が, 燻製の, 犯すべからざる旅客, 直接の, 知らぬ背, 私が, 粗末な, 粗末極まる, 綺麗な, 緑屋の, 自然に, 落ち着いては, 蝙蝠が, 西洋風に, 見られなかった, 見出されない, 誰も, 象が, 銀色の, 雨覆, 飽果てる, 館の, 馬に, 馬を, 鳩や

▼ 場所である~ (86, 0.8%)

7 ことを 4 ように

1 [75件] うえに, かと云, かも知れない, からこの, からし, からそういう, からそれ相当, からと言っ, から市, から日頃, から汝, から犯人, かを知った, か桜, が, がいま老臣十兵衛, がしかし, がそこで, がたしかに, がわざわざ, が其処, が大, が故に, が日本人, が殊に, が海岸通り, が而, けれども公, けれど昔, ことが, ことだけは, こと足立や, し赤外線男, だけその, だけに彼等, だけ人生, ということ, というの, という戒心, といわなけれ, としか見えなかった, としても何, とは云, とは感じない, と伝えられ, と伝えられる, と同時に, と思っ, と思われる, と考へ, と聞いた, のか, のである, ので従者, ので采女, のと, のにと, のにひどく, のに今, のに客, のみならず, のを, 上に, 丸太橋, 事は, 佃島が, 余が, 千葉縣の, 南千住の, 家を, 幽鬼などが, 春から, 是で, 温泉の, 種々の

▼ 場所でも~ (81, 0.8%)

6 あった 4 あつた 2 ありまた, ある, あるわけ, ない, ないの, なかつた

1 [59件] あったから, あったならば, あったの, あったらいい, ありただ, ありました, ありますかって, ありますから, ありません, あり場合, あり得ない, あり私, あるし, あるの, あるん, あろう, きくよう, そうだ, そのよう, その置かれた, そんな事, ないから, ないところ, ない水浴, なかった, なく帰りゆくべき, なければ, なさそう, なぜボルネオ, またもや彼女, ユウモアを, 一本一本見, 仕事を, 会って, 会つてゐた, 何の, 出生や, 古い昔, 同様であろう, 場合でも, 大体辛棒が, 常よりも, 御覧に, 必ず一席, 我々は, 探すよう, 時々見かけられる, 本源は, 欠かしたこと, 決めて, 浅い場所, 瀞場で, 猫と, 生きるに, 神わざの, 繁華な, 身綺麗には, 間違えて, 雲の上に

▼ 場所まで~ (75, 0.7%)

4 来て, 来ると 2 一緒に, 通う間

1 [63件] うろついて, およぎつづけること, お渡り, くると, すごすごと, すすむと, たどり着いて, どれだけ, ひっかえして, もどって, もどるの, やって, やって来たの, わかると, わざわざおい, 一つ一つ大次郎には, 三マイル人力車を, 入って, 出かけた, 出かけるよう, 出て, 動かしてから, 同じ海岸, 差出して, 引き返しました, 引張って, 引返して, 戻る間, 打ち明けて, 拒んだ, 持ち続けて, 指して, 教は, 教へ, 書いて, 来たとき, 来たところ, 来ましたが, 歩いたり, 歩いて, 気がつくなんて, 泳いで, 無しょう, 登りましたが, 突き戻して, 聞こえて, 自分で, 行かないうち, 行く, 行くの, 行ったに, 行って, 行つ, 見渡した, 赴いた, 送った, 送り帰して, 這って, 通信し始めた, 配達し, 降つて, 駆けつけました, 駈けて

▼ 場所~ (72, 0.7%)

9 のだ, のです 8 んだ 7 んです 5 のである 2 のか, のであります, のでその, のよ, んだろう

1 [24件] のさ, のじゃ, ので, のであった, のであろう, のでした, のでしょう, のでそこ, のでだれ, のでよんどころなく, ので商店, ので家, ので帰国, ので店, ので御座います, ので派出, ので満堂, ので私, ので立ちあがつた, ので耳, ので花, ので金局, んで, んでしょう

▼ 場所として~ (68, 0.6%)

2 寺院は, 知られて

1 [64件] あの天井裏, あります, ある, あるけれども, ある真っ暗, その町, まづ, みな討死の, わが美しき, オークニー群島中の, ベッドの, ヨーロッパ人の, 不適当, 世人に, 主人らの, 今以て, 仕切って, 代ろうと, 何時までも, 保たれて, 停車場の, 勉強したい, 単に客観的, 名高い黒い岩, 土地でも, 多く流れこん, 学校の, 家庭を, 居るので, 居る処, 屈強の, 平生は, 建てたこの, 役立つぐらいに, 心持よい, 必要な, 愛の, 憑かれた家, 技倆を, 指定された, 指定せられた, 捨てられて, 描写する, 斥され, 日本一かも, 是非この, 暮すこと, 最も近い, 東京隨一の, 此処に, 残して, 決して最上, 現実は, 真面目に, 神聖なる, 私にとっては, 考えさせるよう, 考える場合, 荘厳し, 認められて, 買つてゐた, 造らせたもの, 選んだの, 選んでも

▼ 場所がら~ (65, 0.6%)

6 もわきまえず 5 といい 2 が場所がら, をもわきまえない, をも弁えず

1 [48件] いかついお, おそろしい景気, じゃア, だから, だけあまり, だけに多い, だけに奇怪, だけに少なくも, だけに幽霊, だけに昼, でご, ではあり, でもない, でも容赦, で身分, といひ, とてそこここ, とて便利, とは申, と二つ, と体力, と役目, なので, にない, にはいかにも, によるの, に合わない, に寸時, に応, のせい, のため, のわきまえ, もわきまえませず, も人前, も弁えず, も忘れ, も時刻, も見, や自分, を, をもわきまえぬ, をわきまえん, を弁えず, を相, 切に感ぜられぬ, 問わずに, 珍しい名, 飛ばしかねて

▼ 場所~ (42, 0.4%)

2 事情や, 訪ねたい家

1 [38件] かけられた位置, そういう事柄, その技, その移行, もてなし振りまで, やつて, ベンチなどが, 下町の, 人が, 位置が, 何か, 何かから, 何かも, 健康状態については, 右手や, 同勢や, 在り方が, 家を, 年代の, 当時の, 日どり, 日や, 日取, 日日の, 時の, 時刻なども, 時刻は, 時刻まで, 時間なども, 時間を, 水面に, 環境に, 真暗な, 眼を, 美術品の, 荒き取り扱い, 荒き取扱い, 高い山の上

▼ 場所であった~ (39, 0.4%)

2 ばかりでなく

1 [37件] あの岩小屋, うえに, か, かと察しられる, かもしれない, からかの, からである, からイカリ, から惟光, から横, から行く, がいま, がそれ, が一五五九年, が今日, が土地, が少し, が町それ自身, ことが, ことは, ことも, ことを, つつじの, でせう, という証言, と気がつい, と私, に相違, のか, のだろう, のです, のでロリー氏, ばかりかそこ, ような, 土蔵の, 部屋に, 部屋の

▼ 場所だった~ (34, 0.3%)

8 のです 2 から, のだ

1 [22件] かもしれない, かも知れない, からである, が, がまるきり, が暴風雨, けれどまるで, ことは, ことを, し魚, というの, と考えられる, のかと, のが, のだろう, のである, のでございましょう, のでしょう, ので居合わせた, ようである, ろうに, 紙鳶に

▼ 場所です~ (33, 0.3%)

32 か, からね, から狐, よ

1 [22件] かあれ, から, からこんな, からじき, からみつかる, からよく, から初め, から姫神様, から小林君, から日, から滅多, から神明, がお, がそれ, がそれでも, が不思議, が前, が夜中, し庭, し第, ねといわれました, 余りな

▼ 場所という~ (29, 0.3%)

9 のは 5 のが, ものは 2 ものを 1 ことに, ことについては, ことを, ものが, ような, んだ, 欄には, 葉書は

▼ 場所だけに~ (28, 0.3%)

2 見物が

1 [26件] いたずらに声, お互に, さては通り魔, しんと, それが, それだけの, どう工面, なんとなく薄気味悪く, ひどくぶ, よく目, 争闘は, 二の足も, 何う, 何やらん, 余計さびし, 吾輩は, 学生の, 村の, 無暗, 神聖な, 落伍者めいた, 見馴れない人, 錢形平次にも, 難有, 騒ぎは, 鳥獣なども

▼ 場所にも~ (27, 0.3%)

1 [27件] あった, いませんでした, いる, いろいろ奇抜, かたよった好み, なりまた, ひとくみかくし, らくらくと, 一ヶ所カタクリの, 人にも, 住んだとも, 在らず悲しく, 声を, 当てて, 心を, 必ず背, 怖れる, 思わぬところ, 方向にも, 特別の, 用いられるよう, 置いて, 臨まず京極家, 関らず, 関わらず停車場前, 雄たけびし, 馴れず破門

▼ 場所によって~ (26, 0.2%)

3 味が

1 [23件] この新芽, その美味, とんとんとんとん, 使うもの, 例えば海, 値段が, 収容所長の, 古来その, 味に, 品位の, 囲まれ他, 多少程度, 岩質の, 怖ろ, 感じが, 点数が, 異なりかつ, 異なり地層, 異る, 真似し, 言葉の, 違いまた, 雪の

▼ 場所によっては~ (25, 0.2%)

2 無銭同様の

1 [23件] かえって平地, そのまま強い, それの, 三糎も, 二〇〇ミリも, 二里も, 人長を, 午前五時半か, 半月たっ, 大麦小麦は, 小鮒, 平坦だ, 平生と, 恐しく急, 時として奥白根, 水くみだけでも, 氷や, 決して騒がしい, 看板の, 自ら他と, 見あげるばかりの, 遠い下, 遠く深い

▼ 場所において~ (23, 0.2%)

1 [23件] あるの, おりおりきわめて少し, かえりました, かくも, こなければ, そのままカーテン, ですな, よく行なわれる, アダム, クレールの, 一店の, 同じもの, 幽霊を, 彼は, 彼女は, 曰く, 最も有効, 正念, 能登守に, 行うこと, 見せるもの, 農業生産物と, 適当な

▼ 場所とを~ (22, 0.2%)

2 選まざる

1 [20件] えらんだの, お示し, はっきりと, へだてて, 区別する, 問わず自分, 変えても, 定め有志, 少しばかり, 弁えぬ出現ぶり, 打ち合せて, 指定した, 異にする, 知ること, 示し合わせお, 約し二人, 聞いて, 記した紙片, 選んで, 限らず偶然

▼ 場所との~ (21, 0.2%)

3 間には 2 制限を, 間を

1 [14件] こと乗組の, へだたりは, まんなかに, 両方を, 区劃を, 対照は, 差違が, 規則を, 観念が, 観念を, 距離を, 間に, 限られた範囲内, 限定によって

▼ 場所へは~ (20, 0.2%)

2 余程の, 滅多に

1 [16件] いこむの, いるたび, いるとき, たいがい建て, もどらなかったその, 先輩に, 出したくないの, 出つけないから, 強ひ, 置かぬよう, 行き着かないらしい, 行き着かなかった, 行き着くまいという, 行ったこと, 足が, 這入られない

▼ 場所じゃ~ (19, 0.2%)

4 ない 3 ないか 2 ありません 1 ありませんからね, ここの, ないかね, ないじゃ, ないぞ, ないね, ないわ, ない黙って, アありません, 起りっこねえん

▼ 場所であり~ (19, 0.2%)

1 [19件] お熊, そして舞台, たとえ分析, ひっそりとしては, 三日である, 不思議に, 不気味な, 事は, 同時に山, 恐ろしい罪, 我々自身現実の, 政治上に, 昼間でさえ, 時が, 白井家の, 相手が, 真剣な, 空間内の, 非通俗的

▼ 場所とは~ (19, 0.2%)

1 [19件] いえ与の, いえ皮肉, こうしたもの, じつに奇抜, だいぶ違っ, 一寸違う, 不似合, 云えなかっ, 云ひ, 何か, 何処でしょう, 全然方角, 別だ, 前に, 左の, 思へません, 思われなかった, 模様が, 無の

▼ 場所からは~ (18, 0.2%)

1 [18件] あそこの, あまり偉大, そういう順序, ちっとも早く, どちら側にも, なれさほど, ほんの五, 五マイルも, 何も, 出て, 別だ, 大分距離が, 斜向いに, 百體三百體以上の, 私の, 見えなくなって, 関係なく, 陳列所が

▼ 場所~ (13, 0.1%)

4 やない, やねえ 2 やねエ 1 やありません, やあるまい, やなし

▼ 場所でない~ (13, 0.1%)

2 ことを

1 [11件] から, かを痛感, ことに, ことも, ところへ, ととっさ, とよく, のだ, ので岩小屋, ように, アメリカ大統領の

▼ 場所とか~ (13, 0.1%)

1 [13件] そういう事, その場所, スペースの, 人とか, 位置の, 何か, 夜の, 大変な, 座とか, 真暗な, 秘伝といふ, 職業とか, 背景とかいう

▼ 場所としては~ (13, 0.1%)

1 [13件] うまい考, かなりよい, くだらない処, ここよりか, なにかそこ, もう役に立たない, 京橋の, 他の, 大丈夫とは, 実に雅味, 有名である, 竹藪を, 随一だらう

▼ 場所さえ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あって, ある, あれば, おっしゃれば, わからずに, わかりゃおいら, わかれば, 分明ならず, 変えると, 巧く, 無くなるだろうと, 車道なら

▼ 場所なら~ (11, 0.1%)

1 [11件] それでいい, それも, どこででも, ばたえず, ばともかく, ば何処, まず五十グラムグラム, 却ってそこ, 必ずつき, 決して見うしなう, 私は

▼ 場所によ~ (11, 0.1%)

5 つては 1 つてその, つてだめらしうございます, つて使い道も, つて全く, つて圍まれ他の, つて絶えず

▼ 場所~ (10, 0.1%)

1 そと, それは, どうか, または地, わからぬ, 何んかを, 分かりませんでした, 招魂社の, 樹の, 釣れない場所

▼ 場所であっ~ (10, 0.1%)

1 ていずれ, ては結局, てもあなた, て人間, て初めて, て恐らく, て懲罰, て書店, て琴女, て街路

▼ 場所ばかり~ (10, 0.1%)

2 である 1 では, なの, 叩きつけて, 掃いて, 求めて, 狙って, 狙つたのか, 飛んで

▼ 場所へと~ (10, 0.1%)

1 いそぐ, それとなく近寄っ, 並んで, 動いて, 案内される, 行つ, 近づいた, 逃げ, 連れて, 運ぶ村

▼ 場所たる~ (9, 0.1%)

1 に過ぎない, ばかりでなく, テルモピレにおいて, デルフにおいて, 上海の, 女湯の, 小料理屋で, 江の, 銀座四丁目の

▼ 場所だけ~ (9, 0.1%)

1 ありて, あれば, ちょっとおかしかっ, でまた, ひどく弱っ, 光りを, 拾って, 教へて, 竹っ

▼ 場所なども~ (9, 0.1%)

2 ありません, 作るの 1 あった, あるので, その後何度元の, 抜かりのう, 最初は

▼ 場所について~ (9, 0.1%)

1 それぞれちがえ, それなりさっき, 一々辿っ, 分析する, 如何に, 最初に, 植木室の, 相談しました, 私に

▼ 場所にて~ (9, 0.1%)

1 お目にかかり申すべく候, 一切を, 両三人焼死, 何とも面目次第, 呼び奉るを, 成学の, 為すぞ, 致すもの, 釣りたらば

▼ 場所により~ (9, 0.1%)

2 時と 1 おのおの一定の, 体得する, 小屋により, 懸け値, 時によって, 著しく差異, 齢により

▼ 場所かも~ (8, 0.1%)

3 知れないと 2 しれない 1 しれないが, 定かでない, 知れぬ

▼ 場所だけは~ (8, 0.1%)

2 例外なし 1 あつた, かなり広, 印度支那の, 彼の, 整えねば, 確かに

▼ 場所での~ (8, 0.1%)

1 ウダールニクの, 両力士, 唯一つの, 日常の, 気強さ, 生活の, 用向きなら, 邂逅と

▼ 場所については~ (8, 0.1%)

1 いささか存じ, またひとつ, 厳島の, 恐しく混乱, 最も単純, 特に注意, 空中村の, 記載が

▼ 場所へも~ (8, 0.1%)

1 お訪ねし, 出席する, 勤務した, 喜んで, 滅多に, 秋が, 行くだろうと, 近頃は

▼ 場所よりも~ (8, 0.1%)

1 ここの, すこし前, もつと, 一歩進ん, 事務所で, 客は, 温かくて, 高い梢

▼ 場所場所~ (8, 0.1%)

1 で感じ, に応じた, に据えさせた, に新しく, の話, を名所図絵, を探険, を独り

▼ 場所その~ (7, 0.1%)

1 故郷の, 數も, 物が, 社会段階に, 社会段階の, 途上北極及び, 階級から

▼ 場所それ~ (7, 0.1%)

1 がトポス, についても何, について語る, に昨日, は一種, は最も, を皿山

▼ 場所でなけれ~ (7, 0.1%)

2 ば真理 1 ばならない, ばならなかつた, ばなりません, ばハゼ, ば育たない

▼ 場所としての~ (7, 0.1%)

1 世界とは, 世界を, 他には, 図書館では, 宮廷にも, 特色を, 社会が

▼ 場所などを~ (7, 0.1%)

2 念入りに 1 しらべてから, 作ってるだけ, 公開し始めた, 出來, 考え憎々し

▼ 場所における~ (7, 0.1%)

1 一同の, 事柄ばかり, 労働者農民出身の, 労農通信員を, 文学研究会労農通信員たちへの, 現実的な, 過剰によって

▼ 場所より~ (7, 0.1%)

1 一丁も, 低く, 少し先, 移って, 自分の, 靜かに, 鬼火の

▼ 場所であろう~ (6, 0.1%)

1 か, かとわ, が二〇〇〇米, とも, ともどんなに, と思います

▼ 場所といふ~ (6, 0.1%)

1 ことに, ところで, ところは, ものが, 意味である, 風が

▼ 場所とも~ (6, 0.1%)

1 あること, いうべきほどの, いうべきもの, なった, 思えるらしい, 言うべきところ

▼ 場所などは~ (6, 0.1%)

2 ない 1 あらうとも, あろうとも, 床にも, 突留められない

▼ 場所にのみ~ (6, 0.1%)

1 及び他, 居る魚, 屯し, 数家族数十家族が, 限って, 集落を

▼ 場所をと~ (6, 0.1%)

2 いうので 1 つて, 思って, 見廻したが, 選んで

▼ 場所だって~ (5, 0.0%)

1 あなたいきなり, こと御存知の, こんなところ, 丁度いい, 不思議は

▼ 場所つまり~ (5, 0.0%)

1 地球と, 木の, 職業とか, 膝で, 銀座の

▼ 場所とが~ (5, 0.0%)

1 不足な, 刻んで, 悪かった, 指定され, 欲しかった

▼ 場所とては~ (5, 0.0%)

1 ありません, ないの, 数えるほどしか, 数へる, 見つからなかつた

▼ 場所など~ (5, 0.0%)

1 いろいろの, どこにも, 残る隈, 直ぐにも, 解らない

▼ 場所などが~ (5, 0.0%)

2 ある筈 1 あらうとも, あるはず, あろうとも

▼ 場所なれ~ (5, 0.0%)

1 ばもし, ばもっぱら, ば何, ば詰めん, ば買つた上

▼ 場所にでも~ (5, 0.0%)

1 使い得ること, 安住する, 数限りない, 斧で, 飛びこむの

▼ 場所にな~ (5, 0.0%)

3 つてゐた 1 つた家は, つてし

▼ 場所へでも~ (5, 0.0%)

1 ないといふ, 出かけて, 横に, 行って, 親方が

▼ 場所への~ (5, 0.0%)

1 このこと面, 旅行が, 曲り角に, 案内が, 道が

▼ 場所らしく~ (5, 0.0%)

1 たっぷり惜しげ, 宿やの, 弓矢鉄砲刀鎗によって, 想像される, 片隅で

▼ 場所をも~ (5, 0.0%)

1 もっては, 変えなければ, 我家と, 教えて, 芝居と

▼ 場所~ (5, 0.0%)

1 不都合ナル遠地ニ設ケテ人民ノ, 変エテイルノダガ詮索好, 明示シテ之, 知ッテシマッテイルカモ知レナイ, 見附ケルニ折悪

▼ 場所及び~ (5, 0.0%)

1 そのあ, そのあいだ存続, 其の方法, 出発点は, 前の

▼ 場所的自覚~ (5, 0.0%)

2 である 1 であると, である哲学, とは現実

▼ 場所ある~ (4, 0.0%)

2 ことなし 1 ことを, は地下

▼ 場所こそ~ (4, 0.0%)

1 つけ目であった, 一番保養に, 巨人ルパンが, 違え同じ

▼ 場所~ (4, 0.0%)

1 ういふ, へに予定, へも失くし, へ不安

▼ 場所だつた~ (4, 0.0%)

1 がそこ, が寺, し其の, やうだ

▼ 場所だろう~ (4, 0.0%)

1 か, か壁, それを, と思った

▼ 場所とに~ (4, 0.0%)

1 よりて, 就て, 従って, 論なく

▼ 場所による~ (4, 0.0%)

1 ことだ, んだ, 変化, 異別

▼ 場所に対する~ (4, 0.0%)

1 吾, 愛着が, 自然な, 興味と

▼ 場所はと~ (4, 0.0%)

1 いえば, 一種目を, 云って, 訊かれたらお

▼ 場所以外~ (4, 0.0%)

1 にはチャリネ, には顔, に住む, の何もの

▼ 場所即ち~ (4, 0.0%)

1 三条河原には, 下等な, 埠頭は, 屋上で

▼ 場所からの~ (3, 0.0%)

2 名で 1 生の

▼ 場所しか~ (3, 0.0%)

1 とらぬという, なかった, なく彼等

▼ 場所だけを~ (3, 0.0%)

1 ゆっくりと, 覚えて, 霊地として

▼ 場所でございます~ (3, 0.0%)

21

▼ 場所でしか~ (3, 0.0%)

2 なかった 1 見られなかったそう

▼ 場所でした~ (3, 0.0%)

2 から雲 1 が藩主備後守

▼ 場所でしょう~ (3, 0.0%)

21

▼ 場所ででも~ (3, 0.0%)

1 二度とは, 彼の, 聞えたに

▼ 場所でなく~ (3, 0.0%)

1 てはならん, ても必ず, 或る

▼ 場所とて~ (3, 0.0%)

2 人目の 1 まず駒形堂辺

▼ 場所とても~ (3, 0.0%)

2 狭き店舗 1 ない

▼ 場所とでも~ (3, 0.0%)

1 あらかじめ定め, いうみたい, 思って

▼ 場所なる~ (3, 0.0%)

1 ことを, を以て茲, を贈物

▼ 場所なんか~ (3, 0.0%)

1 ないん, 知ってるはず, 見つかりっこないわ

▼ 場所なんて~ (3, 0.0%)

1 ぜったいにありません, どこにも, どこを

▼ 場所についての~ (3, 0.0%)

1 つまり規則通り, 一切が, 明確な

▼ 場所についても~ (3, 0.0%)

1 いろ, 同様で, 意見が

▼ 場所にては~ (3, 0.0%)

2 移ること 1 仮令い

▼ 場所にと~ (3, 0.0%)

1 いそいだ, いったかと, 思つて四階の

▼ 場所にばかり~ (3, 0.0%)

1 住んで, 引き籠って, 気を

▼ 場所によつ~ (3, 0.0%)

1 ちや百姓にも, ちや陸稻も, ていくつ

▼ 場所のみ~ (3, 0.0%)

1 でフランボー, 保存すべき, 多いけれど

▼ 場所へまで~ (3, 0.0%)

1 わざわざ御苦労様, 走る必要, 連れて

▼ 場所また~ (3, 0.0%)

2 それが 1 殊に食時これ

▼ 場所までは~ (3, 0.0%)

1 まだまだかなりございます, わかりかねます, 見届けようと

▼ 場所よりは~ (3, 0.0%)

1 わけて, グツと, 少し右

▼ 場所~ (3, 0.0%)

2 も時 1 を定めず

▼ 場所~ (3, 0.0%)

1 でなければ, により広汎, に一方

▼ 場所~ (3, 0.0%)

1 引き戻りました, 来ると, 逃げ出すこと

▼ 場所錯誤~ (3, 0.0%)

1 が続出, で天婦羅屋, 及びある程度

▼ 場所あれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 場所かと~ (2, 0.0%)

1 おもわれます, 思うと

▼ 場所かとも~ (2, 0.0%)

1 思われた, 想像された

▼ 場所かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 場所からも~ (2, 0.0%)

1 また艦橋, 聞えた

▼ 場所がと~ (2, 0.0%)

1 思うほど, 思ふやう

▼ 場所ぐらい~ (2, 0.0%)

1 おありでしょう, 見つかるさ

▼ 場所ここ~ (2, 0.0%)

1 でお, の瞬間

▼ 場所こそは~ (2, 0.0%)

1 命の, 字義通りの

▼ 場所さえも~ (2, 0.0%)

1 ない, 分らなくなって

▼ 場所しかも~ (2, 0.0%)

1 心の, 田植時に

▼ 場所じゃあ~ (2, 0.0%)

1 せいぜい五, なくなりますよ

▼ 場所すら~ (2, 0.0%)

1 ない, ない病室

▼ 場所その他~ (2, 0.0%)

1 どんな物, の連絡

▼ 場所だけで~ (2, 0.0%)

1 動いて, 動くわけ

▼ 場所だの~ (2, 0.0%)

1 場合だ, 御所址陣門址だの

▼ 場所ちがい~ (2, 0.0%)

1 でしたわね, の酔漢帆村荘六

▼ 場所であります~ (2, 0.0%)

1 がこれ, ので尊者

▼ 場所でし~ (2, 0.0%)

1 ておまけ, てなきっと

▼ 場所でなかった~ (2, 0.0%)

1 のだろう, 事などが

▼ 場所とい~ (2, 0.0%)

1 へません, へ共

▼ 場所といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 方が

▼ 場所としても~ (2, 0.0%)

1 知られて, 郷土の

▼ 場所とで~ (2, 0.0%)

1 こんなにいろいろの, 自ずから制限

▼ 場所どこ~ (2, 0.0%)

1 かしら, からでも

▼ 場所なけれ~ (2, 0.0%)

1 ばやむをえずして学びしうえにもまた学問, ば男女

▼ 場所などで~ (2, 0.0%)

1 磨かれて, 耳に

▼ 場所などに~ (2, 0.0%)

1 足を, 鬻ぐは

▼ 場所なり~ (2, 0.0%)

2 日和も

▼ 場所においても~ (2, 0.0%)

1 正しい人間, 花咲かせよ

▼ 場所にしか~ (2, 0.0%)

1 書かれて, 有り得ない

▼ 場所にを~ (2, 0.0%)

1 さまつて, り彼等

▼ 場所に関する~ (2, 0.0%)

1 推理に, 連想を

▼ 場所のせゐ~ (2, 0.0%)

1 か私自身, ぢや

▼ 場所までが~ (2, 0.0%)

1 大方は, 指で

▼ 場所らしい~ (2, 0.0%)

1 から今夜, 二三杯ひつかける

▼ 場所をかへ~ (2, 0.0%)

1 たらどれ, 電車に

▼ 場所をば~ (2, 0.0%)

1 その頃見た, 其の頃

▼ 場所~ (2, 0.0%)

1 に対する成心, 又は物

▼ 場所人柄~ (2, 0.0%)

2 の差別

▼ 場所今度~ (2, 0.0%)

2 は塀

▼ 場所例えば~ (2, 0.0%)

1 ニコライの, 新橋何

▼ 場所全体~ (2, 0.0%)

1 がいちばん, が擂鉢形

▼ 場所如何なる~ (2, 0.0%)

1 境遇に, 時にも

▼ 場所屈竟~ (2, 0.0%)

2 と頃

▼ 場所慣れた~ (2, 0.0%)

1 人たちは, 人であり

▼ 場所或は~ (2, 0.0%)

1 さうし, 位置を

▼ 場所換え~ (2, 0.0%)

1 だの, をしました

▼ 場所方法~ (2, 0.0%)

1 などに就い, などに関する交渉

▼ 場所方法それ等~ (2, 0.0%)

2 はみんな貴方

▼ 場所時に~ (2, 0.0%)

2 於て

▼ 場所時間~ (2, 0.0%)

1 でしょう, まで言い残し

▼ 場所柄お客様~ (2, 0.0%)

2 はほとんど

▼ 場所次第~ (2, 0.0%)

1 である, では無

▼ 場所的延長~ (2, 0.0%)

2 及び延長

▼ 場所的運動~ (2, 0.0%)

2 などの直接

▼ 場所~ (2, 0.0%)

1 の打合せ, を稀

▼ 場所自分~ (2, 0.0%)

1 だけの時間, で丹念

▼ 場所見つけた~ (2, 0.0%)

1 ってさ, 日づけ

▼ 場所選定~ (2, 0.0%)

1 に参りまし, のため伊豆

▼1* [272件]

場所あの鼎座での, 場所あらゆる時代に, 場所ありいざ乘, 場所あるいは六阿弥陀の, 場所いかなる時にも, 場所いろんな人の, 場所おおぎ形の, 場所おぼろげながら判っ, 場所および時間の, 場所お知らせした以上, 場所かけて玉錦, 場所かなそれとも, 場所かへ妾に, 場所からか逃げ出して, 場所からでもサッサと, 場所からと言ふ, 場所からものの五間と, 場所がねえ譯, 場所がらわきまえぬ懸河の, 場所がらツェルギーベルの名, 場所がらロシヤ人が一番, 場所がら人がらよう眼をあい, 場所がら人目も多い, 場所がら非人情という私, 場所ぎめの際, 場所くらいいいところ, 場所ぐらいは見つけられた筈, 場所そちがへ, 場所こしらえて頂戴, 場所この掟を, 場所ごとに人相, 場所ている, 場所したがって世間の, 場所じゃがそれは, 場所じゃねえそれに, 場所すぐにも探し出し, 場所すなわちナルタンへ, 場所すらもあった, 場所そういう想念が, 場所そしてそこに, 場所そのものの田畑以外, 場所それどころか人の, 場所あ違う, 場所だがら思ひ切って下, 場所だけが全く空虚, 場所だけでもと思つたが, 場所だけのことで, 場所だったらたとえしんしんと, 場所だ散り残つてゐる, 場所ってものが, 場所づつ粋な場所, 場所であっただろうしエジプト, 場所であったでしょう霧の, 場所であったろうか, 場所でありましていかん, 場所であり透きとおるような, 場所であるらしいところへ, 場所でがしたよ, 場所でさえあるの, 場所でと嘉代さんは, 場所でなかったら洛外の, 場所でなくっては稽古, 場所でもなささうだ, 場所といつてもなかつた, 場所といふのはつひ, 場所とかいふものでありまし, 場所とかの特殊性であった, 場所としててまえと松平家, 場所とばかりから牛小屋に, 場所とをかへて彼の, 場所どちらもにぎやか, 場所なぞでは, 場所なぞと共にその顔, 場所なぞを考へさせられたり, 場所などには決してある, 場所などの新聞を, 場所などへ出かけて, 場所などへはあまり繁, 場所なりといえり, 場所なりについてのぞんで, 場所なりへはこんで, 場所なるべしという, 場所なれない伸子を, 場所なんだか調べて, 場所においては現代の, 場所にさえこまって, 場所にだけ現われると, 場所にだけは決して好い, 場所にまで私が, 場所にわたって群生し, 場所に対して優しさ, 場所に関して具体的の, 場所のみが殘つてゐた, 場所はからで紫, 場所はとこですけが, 場所はのこりなくしらべました, 場所はもや, 場所ばかりが今も, 場所ふさげだと言, 場所ふさげなものです, 場所ふるめかしい場所由緒ある, 場所へさえ置かなん, 場所ほとんど一日も, 場所ましてやわれわれお, 場所または死人の, 場所までの距離が, 場所までも漏らさず詳しく, 場所もこそあれ此処, 場所もしくは絶対的一般者とも, 場所やを考えると, 場所わかりますわね, 場所わが記憶中に, 場所をかへること, 場所をかへて談じ続ける, 場所をしか占め得ないという, 場所をだに与へられず一指, 場所をてまえが, 場所を以て基点と, 場所エッちゃんは, 場所サエアリマセヌ一ツ奮ッテナドト思ウコトノナイデモアリマセヌガ何分オソロシサガ先ニ立チマスノデ, 場所埋メラレテイル訳デハナイ, 場所ニ於テ九坪乃至十五坪, 場所ヨリ凡三四十間上ノ方ニテ竪二百間余横百五十間余ノ場所, 場所の光景, 場所一ト晩ぎりのふた晩, 場所一パイに建てた, 場所一番上の狹, 場所七橙と七七ずくめ, 場所万太郎なれば, 場所に近頃, 場所不幸な場所, 場所はどうか, 場所中心地があっ, 場所中関取が出る, 場所乍ら一言申開き致そう, 場所争いを詳しく, 場所事柄の社会的自然的事情, 場所二ヶ所ほどあり, 場所五つの前, 場所五カ所難解の場所十七カ所, 場所人物について説明, 場所人目もある, 場所いる立場, 場所仕掛けとなる, 場所を取り, 場所何方ぞ, 場所の古い, 場所例へば北海道などの, 場所停車場というもの, 場所全く一変す, 場所全勝したらどこ, 場所共存分に御, 場所は普通舞屋, 場所其他の取, 場所其他様々の点, 場所其前が此處, 場所出発の場所, 場所剣沢の岩屋, 場所の称え, 場所北極とアラスカ, 場所十七カ所があった, 場所なさつて, 場所又はその生死, 場所古きようろっ, 場所各々前頭筆頭の, 場所吟味はやめよう, 場所告げたるもの, 場所又は個人, 場所場合が場合, 場所塞げの厄介物, 場所天上と同一, 場所の身, 場所姓名をかえた, 場所子供芝居の見物, 場所が庭, 場所容體名倉の診察, 場所将来の展望, 場所小さな隅を, 場所小料理屋の二階, 場所少々煙リ吹出シタルニゾ, 場所左吉松と諜, 場所広くして, 場所御免ノ勧化, 場所悲惨な場所, 場所慣れない若いもの, 場所戦慄すべき場所, 場所手形の事, 場所抱き合う場所命あるいは, 場所指定などは一ヶ月前, 場所探しがようやく, 場所撰定も皆様一任, 場所一生の, 場所新九郎はこの, 場所日時あれはどういう, 場所日時刻を約し, 場所時分には郵便, 場所時刻承知の旨, 場所時多数者の生活, 場所時期黒く出る, 場所柄それは穏, 場所柄つてことを知らねえ, 場所柄ゆえ堅いほう, 場所柄エリスの来, 場所柄不用心だと, 場所柄伸子にはひときわ, 場所柄先斗町あたりの芸者, 場所柄夜鷹も皆んな馴染, 場所柄必死と噛み殺し, 場所柄朝帰りの客, 場所柄笑いもならず, 場所柄笑ひもならず苦り切り乍ら額, 場所柄至つて靜かなところ, 場所柄荷馬車馬でもゐる, 場所柄野暮くさいの, 場所桝形の茶屋, 場所となっ, 場所正徳寺もすぐそこでござりますれば, 場所の部屋, 場所比木村勿論朝比奈村上十五日, 場所水浜なれば, 場所知らぬの, 場所浅草蔵前八幡社境内に於, 場所浮かびくる青春の, 場所の深, 場所無数の建物, 場所無知のしかも, 場所燐寸の燐, 場所のそば, 場所食う炉ば, 場所物品などはすべて写真, 場所生きかたから, 場所生活する場所, 場所田原屋の丁度, 場所由緒ある場所, 場所的現在において過去, 場所的確に知らず, 場所監督等いろいろ条件つき, 場所相撲の季節, 場所知ってるかね, 場所は藤枝, 場所移動えびす駅付近へ立派, 場所程度人心動揺の実情, 場所種目とそれぞれ, 場所の置き, 場所二日目東幕内力士小野川と, 場所等様々の触感, 場所老父の道平, 場所職務をよく, 場所自身を伸ばし, 場所苦難のしかも, 場所蒲團のやう, 場所蝋燭や種油, 場所行きたく思う美しい場所, 場所西の対, 場所見つけて, 場所謬迷のしかも, 場所などがある, 場所近くやつて來, 場所近づき難い魔所, 場所ひの, 場所違いでもったいなく, 場所酒樽の場所, 場所鉄路のほとり, 場所開きには二興行, 場所院主は尼僧, 場所風向時刻について知らせ, 場所馴れてくる, 場所馴れしない娘であったなら, 場所馴れた様子に, 場所馴れてることは, 場所馴れない臆病さとで, 場所黒丸は旅人