青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~大名 大名~ 大和~ 大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~
大家~
~大将 大将~ 大尉~ 大小~ 大層~ 大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~ ~大抵

「大家~」 1355, 15ppm, 7634位

▼ 大家~ (440, 32.5%)

6 名を 4 主人が, 主人らしい, 庇の, 絵を 3 お嬢様で, ところへ, 中に, 作に, 娘が, 店前に, 若旦那の

2 [38件] お内儀, お嬢さんとして, ような, ように, 主人だけに, 主人に, 主人の, 主人は, 仕着, 令嬢が, 作と, 内儀が, 列に, 名作を, 女房に, 娘で, 嫁に, 嫁御寮と, 寮の, 序を, 御内儀, 御寮人らしく, 御隠居さま, 手に, 支配人としての, 方は, 書生などが, 筆に, 老夫人, 若主人, 説に, 説を, 財産と, 足許にも, 跡を, 門を, 雨戸を, 風格を

1 [321件] あるじそれ, あるじらしい, ある代, うちの, おかみさん, おじょうさまでもこの島で, お名前, お姫様で, お嬢さんいくら声が, お嬢さんが, お嬢さんだ, お嬢さんだけの, お嬢さんと, お嬢さんなぞ, お嬢さんに, お嬢さんの, お嬢様が, お嬢様そう, お嬢様と, お嬢様として, お嬢様に, お嬢様の, お孃樣, お弟子達, お後室さま, お武家さん, ことだ, ことであっ, ことな, ことも, これが, すること, ならいこの, ひとりたる, ほうへは, もったいらしくし, ものは, もの人気作者の, やうに, よい作品, ようだ, ようである, れっきとした嫁御寮, ピロウゴフさえも, ピロウゴフさへも, フラアンヂエリコとか, ルノアルは, 一人であった, 一人である, 一人です, 一人と, 一人娘です, 一令嬢としての, 一行出かける, 世界的な, 中, 中でも, 中には, 中へ, 中庭の, 丸田屋の, 主人だけ, 主人である, 主人です, 主人として, 主人も, 主人らし, 主婦に, 乳人で, 事である, 事でございます, 事なれ, 事を, 井戸の, 井戸屋にも, 人である, 人です, 人は, 人物画を, 仕事である, 仕事に対する, 令嬢としての, 企て及ばぬ, 伊勢屋の, 伜の, 位附け, 余勢でしょう, 作である, 作には, 作を, 作也, 作品, 作品に, 作品の, 作品は, 作品解説, 作品集や, 俤が, 偉さ, 入り口には, 内儀に, 内儀らしい, 内輪の, 出た土地, 出た時, 初期の, 別荘に, 別荘の, 前に, 前庭を, 力が, 匠気は, 印で, 古事に, 古文章古記録, 名などが, 名作の, 名前にたいして, 名前にも, 名品に, 唄われるの, 商人の, 坊ち, 坊っちゃんてえ, 坊っちゃんらしい, 坊っちゃんらしく, 塁を, 声が, 多い東京, 夢にも, 大旦那, 夫人と, 夫人としての, 夫人の, 奉公人らしく, 奥にも, 奥ふかい, 奥向を, 奥様お嬢様が, 奥様が, 奥様と, 奧女中達が, 女中さんが, 女房さんたちの, 如きは, 妾に, 娘たちも, 娘だ, 娘であった, 娘へ, 娘ほどの, 娘も, 娘らしく, 娘を, 娘御, 婆さんが, 婚礼衣裳などを, 嫁入, 嫁御寮に, 嬢様先は, 字が, 学生時代の, 学説の, 学説区々で, 室女百八十二人を, 家へ, 富みの, 寮で, 寮とか, 寮へ, 小父さん, 屋敷が, 幅や, 店さきで, 店に, 店には, 庭だった, 庭には, 庭樹の, 弊である, 弾くピアノ, 当主が, 後家ふうだった, 御令嬢, 御使者, 御台所の, 御寮さんは, 御批評, 御料人様に, 御評, 御説, 御隱居, 御面前, 思想と, 息女だった, 恰好が, 意を, 意匠に, 意匠を, 慣例に従って, 我儘な, 我儘娘でも, 所へ, 所作を, 所有でない, 才力を以て, 扱いを, 持ちもの, 持ち扱い, 推薦だ, 描いたの, 文学を, 方々の, 方へ, 旦那が, 旦那である, 旦那であろう, 旦那とも, 旦那にも, 旦那ふうの, 旦那様が, 旦那様の, 旦那様や, 旦那然, 書を, 最も優れた, 某氏に, 業であった, 檀那方とかいふ, 次男三男を, 正範氏で, 気象に, 没落した, 滅亡を, 災火の, 爺さんの, 爺さんは, 物好に, 理論書を, 生れで, 生死に, 用人といふ, 用人として, 画面テナルディエが, 番頭を, 監督の, 相続人に, 真似を, 祕藏娘が, 祝福を, 秀歌を, 秘密は, 秘蔵の, 筆であっ, 筆を, 筆触は, 箱入り娘と, 絵でし, 絵にも, 置いて, 老練な, 考案を, 育ちらしい, 若い衆と, 若君らしい, 若奥さま, 若旦那それ至當の, 若旦那だ, 若旦那だけに, 若旦那と, 若旦那とか, 若旦那な, 若旦那に, 若檀那上り, 苦心の, 苦心談などと, 茶座敷に, 薬罐頭の, 虎屋と, 虎屋の, 血統として, 裏側通りである, 裔には, 製作室かと, 西村門弥さんも, 西瓜の, 親爺が, 言ったよう, 言と, 許へでも, 評判の, 詩集なども, 話の, 話を, 語は, 説かと, 説が, 論文を, 諸作, 買物は, 賛成も, 跡取, 身上も, 軒の, 野呂の, 鏡じゃ, 長女としての, 長屋が, 間吟として, 隠居かも, 隠居だ, 隱居らしく, 電話は, 霊が, 霊に, 面目世上への, 顔かね, 顔見世狂言として, 風貌が, 風貌に, 高窓

▼ 大家~ (83, 6.1%)

7 なると 4 なつた 3 なって 2 して, なれば

1 [65件] あがって, かかっては, かぎるとの, ごろごろと, したとは, するよりも, その才能, それぞれ宿泊した, ちが, つぎて, なさらないでね, なったという, なった人, なった杉田直樹, なっちゃ, なっちゃったナ, ならずとも, ならなかったら少なくももっと, なられたかも, ならんと, なりすました気, なりましたが, なれるの, なれる望み, 一人の, 一般道徳上の, 乗り込んで, 仕える小者, 代りが, 伍する, 伺って, 便つて居る, 信ずる所, 共通し, 其の弟子, 出入りする, 参じ観世流, 及ぶ訳, 向って, 向つて直接, 多く地底, 奉公し, 奉公を, 居て, 年久しく, 御奉公, 提灯が, 損を, 比せんか, 生まれしお, 生れただけによ, 練り込むと, 縋って, 育っただけに, 育った人, 育った生れつき, 蟠踞し, 製薬させ, 見せて, 見つからぬよう, 診て, 起つた事件, 違いありません, 遣はすめでたき, 酒屋に

▼ 大家~ (75, 5.5%)

3 出て

1 [72件] あって, ありまして, あるかも, あるが, あること, いたので, いるからね, いるとして, いるに, おられるはず, この種, その不可能, そろって, そんな人間, たちまちに, たまたま気まぐれ, どんな顔, よい題材, われわれの, ゐて, 一の, 一言の, 七年目に, 三人も, 三人審査員に, 借りて, 催促に, 先へ, 出たが, 出で, 出ました, 出來, 即ち其, 原の, 原埼玉の, 吉原は, 名も, 多い, 多かった, 多く輩出, 夜二三時間しか, 好んで, 家賃の, 居酒, 座を, 数学なり, 文豪と, 旅を, 日刊新聞の, 日新の, 晩年における, 本庄という, 東京に, 極めて少, 演奏に, 潰れたはず, 生命の, 私の, 空々たる, 米倉三造を, 細君にでも, 自分の, 自腹を, 見ても, 親の, 言つたといふ, 越後に, 輩出し, 追い立てる迄は, 遊廓内の, 重要人物として, 顔を

▼ 大家~ (69, 5.1%)

3 なって 2 いわれて, 云われるほどの, 称せらるる, 雖も

1 [58件] ある, ある者, いえば, いって, いっても, いわるる誰一人, いわれた人達, いわれる医者, かいつた言葉, する所以, なしたる者, なった, なったため, なった現在, なりまた, なると, なるには, なる人, なれり中村敬宇氏, 世間で, 二人が, 云うが, 云うもの, 云はれ, 云われて, 人類学の, 仰がれ博物学, 共同研究を, 同様に, 呼ばれた人, 呼ばれた連中, 呼ばれる人, 呼ばれる人々, 呼んでも, 唱うる蘭学医者, 店子との, 心得て, 思って, 文学者と, 未成大家とを, 来て, 歩武を, 比較し, 無名作家の, 特に趣, 申せば, 称する, 称せらる, 称せられる作家, 見ぬぞ, 見られるであろう, 見受, 言われて, 言われるだけ, 認めら, 謂われる人, 議論した, 軒を

▼ 大家~ (55, 4.1%)

2 気の毒そうに, 黙って

1 [51件] いづれも, いない, いわゆるミッヅル・カラッス, こう云っ, このやう, この人, その作家, その金, それゆえ甚だ, たいがいじっと, どうしても違う, また釣, みんなその, ノッピキナラヌ言葉などと, 一方アインシュタイン, 人が, 今寡婦様, 代る代るに, 何處だ, 兎に, 其頃評判の, 呟いて, 呟きながら, 城の, 大家で, 家の, 家夫を, 少くない, 後世啓発の, 必ず医道, 所謂漢名和名の, 手を, 掌を, 整復の, 文学の, 星学上にも, 東西両, 柱によって, 死ぬまで, 点火前には, 皆世に, 盆栽は, 自己の, 草履を, 詩人の, 談じた, 過去の, 酷いこと, 長屋の, 陥り易い, 霊界の

▼ 大家~ (48, 3.5%)

2 支配し, 荒し廻るとは

1 [44件] まるで友達, もって, 一朝に, 作つた, 例に, 公認される, 兼ねた重, 別と, 呼びに, 囘護せん力は, 国手という, 失った時以上, 奮起せしめ, 完膚なき, 思い友人, 手ひどく批評, 抱えても, 抱えなど, 指さして, 攻撃する, 新築し, 更に鞭撻, 歌はんは, 求むる次第, 沈思せしめ, 物色する, 約された人達, 網羅する, 罵倒した, 罵倒しよう, 見た, 親に, 訪ねて, 訪問した, 説いて, 論議する, 賛美してる, 賞揚した, 踏まえて, 輩出さした, 輩出させた, 除いては, 除く外, 非難すべき

▼ 大家~ (46, 3.4%)

7 あつた 2 膳椀も, 軒廂屋根の

1 [35件] あらう, あらせられた故, おられるみなさま, お眼, せう, その他は, つまらないこと, でも, なあ人, ね, カーライルという, 一部の, 人の, 便所の, 傑作だ, 兼ねて, 冬でも, 大勢の, 小家は, 彼が, 従って, 恋の, 新仏の, 早大工科学長の, 最も信頼, 東京と, 業病に, 沙河門外に, 滿洲朝鮮排撃の, 犬一匹が, 種々の, 親類縁者や, 身に, 金銭に, 飼って

▼ 大家さん~ (34, 2.5%)

2 の家

1 [32件] えらい騒ぎ, から小言, から電話, が交番, が垣根, だいぶ御機嫌, である, でみんな, というの, と御, なの, なん, に隠居さん, のお, の二階, の内, の前, の女中さん, の屋根, の林さん, の気質, の足袋屋, はひとり, はよく, はわかく, は一句, は三丁目, は宮武骸骨さん, は火鉢, へお, へ話し, を尋ね

▼ 大家である~ (27, 2.0%)

2 ことは

1 [25件] からウッカリ, から中, から最早, が人間, が同時に, が恐らく, が斎藤道三, が諸, が飛鳥朝, けれども数学, けれど實業, そうじゃ, その家, というよう, とききました, と共にこの, にワザワザ遠方, のでお, ように, モジリアニが, 先生, 女性ヴァイオリニストによって, 専門医と, 木村和一氏が, 長良川博士に

▼ 大家~ (26, 1.9%)

2 ぜこんな, そうでございます, つたのに

1 [20件] から十軒店, が, がややもすれば, が然, が男, けれども何百年, し簡単, そうな, ぞ, つて警察だ, というん, という話しだ, といわれる, とかいわれ, とね, と云われ, と文壇, なぞと聞かれ, なんて云い出した, よ

▼ 大家~ (20, 1.5%)

2 ありなお

1 [18件] あったの, ついに退転, ないもん, なくなり編集者, ばたばたと, またルクレチウス, 中堅も, 作ったもの, 出た, 出て, 単なる風紀警察, 地所金蔵みんな三井に, 定めて, 少ないの, 決して珍しく, 習作として, 聴衆も, 自邸に

▼ 大家でも~ (16, 1.2%)

1 [16件] ありました, あり京, ある, あるから, お商人, このスクリーン, これでは, すべて女性の, そのむかし, 容易に, 弟子は, 手こずらせるだけの, 旧家でも, 朝つ, 棟が, 縁辺の

▼ 大家たち~ (14, 1.0%)

2 の中

1 [12件] というもと, などの旋律的楽句, にも教え, に自分, の作品, の絵, の間, はおそらく, は暫く, も, も席, も気楽

▼ 大家~ (13, 1.0%)

1 [13件] がならん, がみな天ぷら, が住め, だった, であったが, であったし, では巾着, に森かげ, の割合, の夕飯, の娘, の母屋, は一人

▼ 大家たる~ (12, 0.9%)

1 [12件] ことと, ことへの, ことを, のみでなく, の地位, リー氏先年, 全き, 宇野氏に, 安然の, 彼は, 瀬尾教授と, 錢大

▼ 大家であった~ (12, 0.9%)

1 [12件] かもしれない, が宝暦年間, が私, しまた, というよう, ばかりでなく, ケルヴィン卿も, 人の, 人物を, 昔の, 本庄という, 藤田貞資を

▼ 大家として~ (12, 0.9%)

1 [12件] なかなか注目, 世界に, 今日までも, 名を, 名声を, 名高いシイボルト, 子規も, 尊敬された, 扱つ, 物を, 聞えて, 諸子百家窺わざる

▼ 大家~ (12, 0.9%)

1 [12件] お出入り, 乳母として, 出入し, 出入りいたし, 妾奉公に, 嫁入りする, 招ばれ, 晝の, 来ると, 気の毒で, 藪山の, 行って

▼ 大家~ (12, 0.9%)

1 [12件] が依然として, が彼ら, が月並, が滔々, が筆頭, この人々, と同じ, に於, の中, はこの, はそれ, は知っ

▼ 大家では~ (11, 0.8%)

3 なかった 1 あり晩年, ないが, なくおうへ, 世間の, 封国の, 猶更, 籍まで, 麗水と

▼ 大家~ (11, 0.8%)

2 のである, んだ 1 そうにござります, のです, のでそんな, ので嚴, のにそれでも, んであります, んです

▼ 大家~ (11, 0.8%)

2 の魂 1 が使徒, が露骨, の, の軛, の音楽, は, はおのれ, もその, をすぐれた

▼ 大家という~ (10, 0.7%)

2 ものが 1 ことである, ので, のは, ものに対して, ものの, ものは, 事に, 抱負は

▼ 大家であり~ (9, 0.7%)

1 ながら俺, ながら惣領息子, また同時に, 他の, 医学者である, 同時にフアンタスチツク, 宗吉は, 探偵文学者として, 階上は

▼ 大家から~ (8, 0.6%)

2 来て 1 ものの, 嫁が, 川魚の, 改めて後, 親しまれた, 賛否の

▼ 大家だった~ (6, 0.4%)

1 からキット, があと, がかれ, ねそれから, ように, 養父も

▼ 大家には~ (6, 0.4%)

1 なっては, よくそう云う, 一の, 全然知己, 巨万の, 残って

▼ 大家~ (6, 0.4%)

1 中堅も, 外の, 大町人, 局長が, 流行作家が, 謹厳な

▼ 大家先生~ (6, 0.4%)

1 といえ, の前, の所説, の方, の自負心, は澤山あれ

▼ 大家にも~ (5, 0.4%)

1 それほど醜い, 別の, 困難であろう, 拘らず大勢, 普通な

▼ 大家~ (5, 0.4%)

1 などはお, の, のお, の隠居殿, は違った

▼ 大家でなく~ (4, 0.3%)

1 ては出来ない, ては縁組, てもいい, とも人間

▼ 大家なら~ (4, 0.3%)

1 その作品, なんでも, ば人, 何でも

▼ 大家ばかり~ (4, 0.3%)

2 では 1 だった, でした

▼ 大家です~ (3, 0.2%)

2 がその 1 ね御

▼ 大家とか~ (3, 0.2%)

1 先輩とか, 又は或, 達人とかの

▼ 大家なる~ (3, 0.2%)

1 お角さん, ことは, 紅葉が

▼ 大家連中~ (3, 0.2%)

1 にはしきりに, の浅薄, は一ぺん爆撃

▼ 大家~ (3, 0.2%)

1 であろうが, の描く, の統括

▼ 大家あり~ (2, 0.1%)

1 て豪信, 流行作家あり

▼ 大家~ (2, 0.1%)

2 借金取か

▼ 大家こそ~ (2, 0.1%)

1 なけれ張, 当来の

▼ 大家さえ~ (2, 0.1%)

1 出来るという, 心霊に

▼ 大家さま~ (2, 0.1%)

1 から使, が真実

▼ 大家その~ (2, 0.1%)

1 若主人, 養由基の

▼ 大家だけに~ (2, 0.1%)

1 なかなか念入り, 圓朝打倒の

▼ 大家であっ~ (2, 0.1%)

1 てもその, て堂々

▼ 大家としての~ (2, 0.1%)

1 敬意を, 貫禄が

▼ 大家とは~ (2, 0.1%)

1 夫の, 言いながら

▼ 大家ども~ (2, 0.1%)

1 と彼ら, をナ

▼ 大家にたいする~ (2, 0.1%)

1 崇拝を, 感激崇拝において

▼ 大家にでも~ (2, 0.1%)

1 用意し, 見せたら好かろ

▼ 大家に対して~ (2, 0.1%)

1 借家人同盟の, 異説を

▼ 大家ばかりが~ (2, 0.1%)

1 ふんだんに並ん, 揃って

▼ 大家ぶり~ (2, 0.1%)

1 にやっぱり, の作家

▼ 大家より~ (2, 0.1%)

1 大切の, 苦手だ

▼ 大家らしい~ (2, 0.1%)

1 偉さ, 絵は

▼ 大家らしく~ (2, 0.1%)

1 もない, 深いその

▼ 大家を以て~ (2, 0.1%)

1 元禄作家の, 目せられて

▼ 大家エレクトロン首先研究者クルクス管~ (2, 0.1%)

2 の発明者

▼ 大家中堅クツワ~ (2, 0.1%)

2 をならべ

▼ 大家久兵衛~ (2, 0.1%)

1 が住宅, であること

▼ 大家以上~ (2, 0.1%)

1 だつたらう, の精進力

▼ 大家~ (2, 0.1%)

1 である, の多く

▼ 大家~ (2, 0.1%)

1 の東坡, を読み

▼ 大家製造~ (2, 0.1%)

1 といった, は年々

▼ 大家~ (2, 0.1%)

1 卿の, 末流の

▼1* [152件]

大家いずれも皆名, 大家かと怪しむ人, 大家かも知れないが, 大家からも手紙が, 大家がをられる筈, 大家さてはと早, 大家さんたちは貸し, 大家さん勘定だかく, 大家さん大変だこりゃ, 大家さん方に願っ, 大家さん株式暴落まではクリスチアン, 大家じゃなかってよ, 大家それでもあのくらいの, 大家たらむ樣なかるべき, 大家だけには限らない, 大家だけのことは, 大家だけは例外と, 大家だつたのできりやう好み, 大家やの云, 大家でありますから同じ, 大家であるありかたと, 大家であるらしく男の, 大家であればその, 大家でござんすからもうこ, 大家ででもあったなら案外, 大家で無いという一事, 大家といふ大家の, 大家としては現にフランス, 大家とを問わず或, 大家と共に並べ載せて, 大家なぞというものは, 大家なぞは女の, 大家などといって, 大家などはアイクマンの, 大家なりとなせり, 大家なんかと町人みたいに, 大家にたいして大袈裟な, 大家にてくらし候もの, 大家にとって慈父の, 大家によって夢想され, 大家に対しても未だ会わぬ, 大家のみならず当時, 大家ばかりをほしいまま, 大家ぶって行った, 大家ぶらないでも世の中, 大家ぶるまいと心がけ, 大家への熱愛者が, 大家へも出入りを, 大家ほろびて小家, 大家パルテノンに, 大家よりも遥かに, 大家らしくない不嗜み, 大家らしくなく凡そソソクサと, 大家アンドレア・デル・サルトが言った, 大家アヴェルロイスを見き, 大家イリー・スタアの著書, 大家ギャリック・マロレー大佐は絵文字, 大家コントの教会ポジティビスト, 大家ゴム氏に特に, 大家ジュシューいわくいわゆる植物羔, 大家スペンサー翁の墳墓, 大家デニース・フォンヴィージン一代の傑作, 大家ト雖ドモ皆蹈襲摸傚, 大家ドーミエーを連想, 大家バルザツクあるのみで, 大家フハラデーの電氣説, 大家プランクはこの, 大家ペレウェルゼフの弟子, 大家ホフマン教授を訪問, 大家ボルツマン先生の講義, 大家マゼランと一所, 大家ヨアキムに教わり, 大家ルパアジュが加筆, 大家ロムブローゾがスピリチズム, 大家に数えられた, 大家中堅新進のおよそ, 大家中島九郎氏が献身的, 大家久兵衛眼をぱちくり, 大家井上文雄の内弟子, 大家伊丹屋は維新, 大家佐久間先生がおられる, 大家例へば貫名などの, 大家先生たちも遊び, 大家先生等の手, 大家入江新之助氏の遺家族, 大家全体以上のページ, 大家公館に夫, 大家内ぢやある, 大家花楼の, 大家加藤左伝次本名神道徳次郎はピタリ, 大家十一谷義三郎氏の, 大家名人と成り, 大家名医ですが, 大家名実共に違わぬ, 大家名家が数, 大家名流の聞え, 大家大下宇陀児氏角田喜久雄氏横溝正史氏なぞがあり, 大家大坪道禅の馬術, 大家大庭を作造, 大家宗祇も歌, 大家官途を辞し, 大家小家はことごとく, 大家展覧会が随時, 大家山口恵海先生の所説, 大家山本安曇氏の弟, 大家川本幸民先生は松木, 大家巡りは相当, 大家弁舌の巧者, 大家往々にし, 大家志野宗心に教え, 大家折々小遣取りに, 大家友枝三郎翁に, 大家に入った, 大家数名を家庭教師, 大家文集をMM先生, 大家斎藤五郎蔵氏に就い, 大家新進中芸術的では, 大家や後進, 大家日本に於ける, 大家春錦亭柳桜と拮抗, 大家李竜の或, 大家村田という大工さん, 大家松本備前守の刀系, 大家は一論文, 大家の翼, 大家根幾何と云う, 大家梅木鶴吉という人, 大家と襯衣, 大家毒婦色魔悪党横着政治家となり得る, 大家気取りで徹夜, 大家に入った, 大家はれ独立, 大家甚八鋭い眼力, 大家的取引とは何, 大家相邇近したりとは, 大家よ, 大家真鍋博士だった, 大家秋江や秋声, 大家こういう事, 大家等々甚だ賑やか, 大家簇出の後, 大家終に団欒の, 大家聖人でも我々, 大家英学士会員ブーランゼー氏に話す, 大家萩原禎助翁, 大家萩原禎助と会談, 大家診察投薬神のよう, 大家とある, 大家近藤雪竹先生の許, 大家鉅匠にても幅ごと, 大家もする, 大家高堂手が屆