青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「嘉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

喜ぶ~ ~喜ん 喜ん~ ~喧嘩 喧嘩~ 喫~ 喬~ 單~ ~喰 喰~
嘉~
嘗て~ ~嘘 嘘~ ~噂 噂~ ~器 器~ 器械~ 器用~ 四~

「嘉~」 1045, 10ppm, 10356位

▼ 嘉ッコ~ (91, 8.7%)

10 の兄さん 6 のお母さん 4 がいきなり, は街道, は高く

2 [28件] が, がこれ, がすばやく, が云, が云いました, が咽喉一杯笛, が飛びあがっ, と嘉ッコ, のおばあさん, のお父さん, の家, の手, の方, はしめった, はちゃんと, はますます, はもう, は一寸, は呆れ, は小さな, は林, は泣き, は走っ, は走りました, は黒猫, も続い, も走り, を上

1 がたずねました, がたづ, がふと, が答, が答えました, のお, のおじいさん

▼ 嘉~ (71, 6.8%)

6 の屋敷 4 であった, の領地 3 の後家 2 の後家操, の領地内

1 [50件] だ, であったが, でありもう, でござる, とこう一概に, と右隣, と同一, などという大, においてはしたたか, にすんで, によって操, に捧げた, に攫われた, のいなくなった, のこと, のため, の一団, の二階, の側, の内儀, の取, の城砦, の大宝財, の娘, の手, の書いた, の玄関, の珍し, の筆, の美しい, の花, の賓客部屋, の近況, はそう, はただに, はどんな, はなお, はよろめき, は仰天, は嘲る, は大師流, は謎, は醜男, へ弟子入り, ほどの人物, もお, をいくら, を乾児達, を殺害, を迎え

▼ 嘉~ (62, 5.9%)

10 の一夜 2 の町, へ引返す

1 [48件] から一人, から乗, から出す, で出版, で拾い上げ, で火葬, といわない, となる, と同じく, と濠洲海軍, と競争, と米, なら都合, にて積まれし, に向った, に於ける, に着いた, に立ち, に置き来, に船, に葬られた, に近づく, のこほろぎのこゑ, のラフルス・ホテル, の一夜そのもの, の名所, の土, の坡, の市中, の白亜, の護謨林栽培, の郊外, の銀座, の間, は香港上海, へいっ, へ来る, へ着い, へ行く, へ輸入, まで大手, まで往, まで持っ, まで来た, や濠洲あたり, より五六十里奥, を出, を過る

▼ 嘉~ (50, 4.8%)

4 はすすき

2 [16件] の手拭, の栃, の白い, はだ, はちょっと, はひとりごと, はぴたり, はもう, はもうあんまりよく, はよろこん, は咽喉, は栗, は痛い, は目, は芝草, も出かけ

1 [14件] はお, はおじいさんたち, はさっき, はにはか, はにわかに, はほん, はほんとう, はもうまった, はもうまつたくじぶん, もう鎌, もおしまい, もおしまひ, もこっち, もこつちで

▼ 嘉~ (44, 4.2%)

4 の頃, の黒船 2 のもの, の初年, の初期, の末年

1 [28件] あるもの, とちかづく, となり, にはならぬ, のころ, のむかし, の三年, の二年ごろ, の五年あたり, の元年, の六年, の四年, の始, の始めごろ幸民, の季, の富田永世著上野名跡誌, の昔, の末, の頃大阪, 以来, 元年その, 元年春, 元年父の, 元戊申十二月朔夜作, 元戊申四月十日, 元戊申年十二月六日卒, 元申十二月廿九日御用方, 初年の

▼ 嘉永六年~ (29, 2.8%)

3 にペルリ 2 の夏

1 [24件] から安政二年, から安政元年, から安政四年, ぐらいのところ, で一八五三年, にはじめて, にはゴンチヤロフ, に印刷, に壽, に日本, に異国, の七月, の三月三日, の六月, の六月一日, の冬, の十一月, の年號, の末, の黒船渡来, の黒船騒ぎ, の黒船騒ぎ以来, は昌造三十歳, は蘭軒歿後

▼ 嘉永二年~ (24, 2.3%)

2 の, の秋

1 [20件] つちの, と三年, にあたる, には榛軒, に二十余歳, に作者, に八十一歳, に刊, に将軍, に将軍家慶, に死し, に津軽信順, に生れた, に自分, に至つて, のこと, の六月十五日, の出生, の条, の痘苗

▼ 嘉十郎~ (21, 2.0%)

1 [21件] がお, がそんな, が片手, が自分, ではあった, と云っ, に斬りかけられ, のうしろ姿, の持っ, の死骸, の脾腹, の袂, の話した, はお, は云っ, は咆哮, は苦い, は足, やそんな, を地, を蹴

▼ 嘉~ (19, 1.8%)

1 [19件] ことばも, ものとして, 亂に, 地に, 地震に, 子郭奕, 字を, 年中京洛の, 松五郎じゃ, 松五郎という, 松五郎とか, 松五郎は, 病床に, 病床を, 病態を, 薄倖詩人鮑照と, 計に, 遺髪を, 顔いろ

▼ 嘉兵衞~ (19, 1.8%)

2 の言

1 [17件] がた, が國後, が地面, が涙, ですが, と其家主, に伴, に對, に引渡されしか, のやう, の努力, の觀世丸, の首, はいかにも, はアメリカ軍艦, は意志, は歴史

▼ 嘉永四年~ (18, 1.7%)

1 [18件] で鹿太, にあり, には二月四日, に一應, に本所, に棠, に渋江氏, に至る, の, の三月はじめ, の事, の六月, の春, の話, の項, は, は春, は蘭軒歿後

▼ 嘉~ (14, 1.3%)

2 彼の, 曹操の 1 さらに痛言, 即答した, 司馬祭酒に, 大熱, 年まだ, 指を, 相府, 色を, 諫めて, 遺書の

▼ 嘉傳次~ (14, 1.3%)

2 は感應院

1 [12件] が子, が死, が病死, と改め, の悲歎, の死骸, は傷寒, は外, は此感應院, は獨, も少しく, を世話

▼ 嘉~ (14, 1.3%)

1 [14件] が長屋, そのひと, だったよう, との縁, なら平気, にめぐりあえる, に眼玉, の才覚, の消息, は, は日増しに, ほどの容姿, らしい, を売り

▼ 嘉永五年~ (14, 1.3%)

1 [14件] でこの, に, になっ, には四月二十九日, には天保二年生, に到り, に有名, に歿, に池辺啓太, に至る, に蘭書, の三月, の下, は蘭軒歿後

▼ 嘉永元年~ (14, 1.3%)

2 の項

1 [12件] から慶応四年八月死, だ, で川本幸民, には榛軒詩存, には福井三橋町, に八十歳, に歿せり, に焼け, に至っ, の春, まで生存, より元治元年

▼ 嘉永三年~ (12, 1.1%)

1 [12件] に, における鎮西, にお仕置, になる, には抽斎, に二十九歳, に自, に高野長英, のこと, の春, の頃, は蘭軒歿後

▼ 嘉~ (11, 1.1%)

2 の煙雨楼 1 が戦乱, で拒, という処, に羅愛愛, の地方, の城内, の東門, の知府, まで行く

▼ 嘉~ (10, 1.0%)

1 と年, にわたって沢山, に至っ, に至つて, の平他, の時代, の末頃, の間, の頃, を經

▼ 嘉永年間~ (9, 0.9%)

1 に川本幸民, に用, に舶載, に起った, のお触れ, のもの, の渡來, は織田兵部, またや

▼ 嘉永壬子~ (8, 0.8%)

2 の事 1 には三十二歳, には未亡人志保五十三, の冬, の冬榛軒, の十二月十三日, 無射

▼ 嘉~ (7, 0.7%)

1 すすめた言葉, のべた意見, もし今日, 入って, 来て, 病んで, 風土病に

▼ 嘉永安政~ (7, 0.7%)

1 と三十年間, に到り, の交, の代, の初期, の時代, より元治

▼ 嘉~ (6, 0.6%)

1 というトヤ駕籠使い, と云っ, はすこし, はその, は周章て, も立ち去っ

▼ 嘉~ (6, 0.6%)

1 についた, にはまだ, に過し, の日本人, へ来る, へ行く

▼ 嘉~ (5, 0.5%)

3 の鶴 1 の桂, を附けよ

▼ 嘉~ (5, 0.5%)

1 が或, であったと, の監理, も帰県, を称し

▼ 嘉~ (5, 0.5%)

2 といひ 1 となす, なり, なりと奉答

▼ 嘉~ (5, 0.5%)

1 が入っ, に云った, は, は知っ, を見る

▼ 嘉~ (4, 0.4%)

1 先立たれて, 向って, 摂し一たび茘子, 流されそこで

▼ 嘉与吉~ (4, 0.4%)

2 が来た 1 と二人, を案内

▼ 嘉~ (4, 0.4%)

2 元年為兼卿皈洛あり 1 三年三月三十日, 元年十二月十九日に

▼ 嘉右衞門~ (4, 0.4%)

1 は傍, は林藏, は林藏同道, をし

▼ 嘉~ (4, 0.4%)

1 の屠, 二年, 屠城, 戊寅

▼ 嘉永七年~ (4, 0.4%)

1 と云っ, に成つた枳園本, に最後, 即安政元年

▼ 嘉~ (4, 0.4%)

1 が携え, という江戸, と称した, へさまよい

▼ 嘉靖本~ (4, 0.4%)

1 で四庫全書, と万治本, は我国, を変改

▼ 嘉という~ (3, 0.3%)

1 のは, 一漁翁が, 命名書を

▼ 嘉~ (3, 0.3%)

1 次に向, 次夫婦, 次是

▼ 嘉~ (3, 0.3%)

1 という男, とも暫時彼方, や能

▼ 嘉坡あたり~ (3, 0.3%)

1 で投げ出され, の町, へ大船

▼ 嘉~ (3, 0.3%)

1 し給い幣, す可, せんと

▼ 嘉~ (3, 0.3%)

1 と号し, は此後二十五年, を慰めた

▼ 嘉永元年八月二十九日~ (3, 0.3%)

2 に八十歳 1 に歿

▼ 嘉永年代~ (3, 0.3%)

1 からあるいは, からは諸, よりずっと

▼ 嘉莵治~ (3, 0.3%)

3 かも

▼ 嘉~ (3, 0.3%)

1 の冷たい, はしおらしく, は日本

▼ 嘉~ (2, 0.2%)

1 された人, しその

▼ 嘉みし~ (2, 0.2%)

1 て特に, 共にその

▼ 嘉みすべし~ (2, 0.2%)

2 といえ

▼ 嘉~ (2, 0.2%)

1 よびつけ賄賂, 石川兵助討ッたり

▼ 嘉ッコ猫ぉおれさ~ (2, 0.2%)

1 寄越せじゃ, 寄越せぢゃ

▼ 嘉久子初瀬浪子ら~ (2, 0.2%)

1 にて女優劇, の女優劇

▼ 嘉~ (2, 0.2%)

2 の物

▼ 嘉元年~ (2, 0.2%)

1 に建安郡, 大地震

▼ 嘉兵衞事件~ (2, 0.2%)

1 が終つて, を産んだ

▼ 嘉十はちよ~ (2, 0.2%)

1 つとにが, つと顔

▼ 嘉博士~ (2, 0.2%)

2 が名代

▼ 嘉~ (2, 0.2%)

2 と漢字

▼ 嘉寧殿~ (2, 0.2%)

1 とよぶ, の宝前

▼ 嘉彰親王~ (2, 0.2%)

1 が金甲馬, に新発田

▼ 嘉彰親王新発田城~ (2, 0.2%)

1 に入城, を本営

▼ 嘉志さん~ (2, 0.2%)

1 といい, のだんなさん

▼ 嘉慶中~ (2, 0.2%)

1 に孫伯衍及鳳卿, に藝海珠塵

▼ 嘉慶道光~ (2, 0.2%)

1 から起つた, の間以来

▼ 嘉永それ~ (2, 0.2%)

1 から明治, の年

▼ 嘉永三年頃~ (2, 0.2%)

1 だと, に大久保豊後守忠恕

▼ 嘉永中~ (2, 0.2%)

2 の事

▼ 嘉永二年六月~ (2, 0.2%)

2 のはじめ

▼ 嘉永二年生~ (2, 0.2%)

1 で二十三歳, で十二歳

▼ 嘉永以後~ (2, 0.2%)

1 の舶來活字, 特に安政

▼ 嘉永元年九月十二日~ (2, 0.2%)

2 の宵

▼ 嘉永六年以來~ (2, 0.2%)

1 の木曾街道, は非常

▼ 嘉永板~ (2, 0.2%)

1 の切絵図, の江戸切図

▼ 嘉永辛亥~ (2, 0.2%)

1 に書いた, の十一月

▼ 嘉津間~ (2, 0.2%)

1 と呼ばれた, の方

▼ 嘉矩君~ (2, 0.2%)

1 の寄附, の説

▼ 嘉祥三年~ (2, 0.2%)

1 と文化元年, において壱岐

▼ 嘉祥三年五月~ (2, 0.2%)

2 の条

▼ 嘉禄二年~ (2, 0.2%)

1 までは追記, を以て追記

▼ 嘉福殿~ (2, 0.2%)

2 の約

▼ 嘉~ (2, 0.2%)

1 すべき写実派, すべき目的

▼ 嘉那志~ (2, 0.2%)

1 である, に相

▼ 嘉靖年間~ (2, 0.2%)

2 に倭寇

▼1* [295件]

これきっと猴牽, 嘉させ給ふと, 嘉されたところに, 嘉されるというの, 嘉しく思うぞ, 嘉だのみな礼を, 嘉ちゃんは甲種合格, 嘉でありましたが薄暗い, 嘉といふ土地で, 嘉などはうなずかなかった, 嘉には文を, 嘉の意, 嘉ぶとてこれ, 嘉泊つたものだ, 嘉みしぬネーリュウス, 嘉みすと同時に, 嘉みするときは, 嘉また曹操, 嘉やなどと共に松山に, 嘉よく疑獄を, 嘉似タリ, 嘉久子初瀬浪子河村菊江ら十数名なり, 嘉久子初瀬浪子河村菊江鈴木徳子などという名, 嘉久子浪子の第, 嘉久馬氏にたのまれた, 嘉久馬氏雲がくれ, 嘉二十三年六月のこと, 嘉二年の十月四日立派, 嘉二年讚又遣司馬曹達, 嘉五年張栄が高平, 嘉京洛の貴婦人, 嘉が風流人, 嘉以來三百年間中原と江南, 嘉伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 嘉なり, 嘉伝次村の有志権藤管八, 嘉鑒門には, 嘉元年八月の地震, 嘉元年鎌倉の地震, 嘉八親子にもくれ, 嘉兵衞旦那に皆んな言, 嘉其方どもはすぐ, 嘉のほう, 嘉兼これがこの, 嘉勢者腰に藁注連平戸勢者大小鞘, 嘉十さんかえ, 嘉十はさつきのやすんだ, 嘉十手前も一緒, 嘉十郎さんまア待っ, 嘉十郎妻お高, 嘉十郎額部へ受けた, 嘉右衞門出來りて, 嘉右衞門林藏が歸, 嘉和泉喜などいう, 嘉として用, 嘉四郎氏であったので, 嘉坡その他東洋の港, 嘉坡以来船では俄, 嘉坡何れの日本居留民中, 嘉坡印度布哇から桑港, 嘉坡發一片の長文電報, 嘉坡舟中の作, 嘉坡見物が始まった, 嘉坡邦字雑誌の社長, 嘉坡香港などで夏花, 嘉と東洋文庫, 嘉と云う, 嘉声城邑に遍かっ, 嘉姫さまという, 嘉定氏がある, 嘉実氏が貧しい, 嘉を迎へた年, 嘉に留まりた, 嘉寿平の三名, 嘉峪関をこえ, 嘉の僧, 嘉左衛門が組, 嘉市ご苦労であった, 嘉市そち達は帰れ, 嘉市トヤ駕籠の戸, 嘉市気絶して, 嘉市長吉のほか, 嘉市駕籠の扉, 嘉年中に韓媼, 嘉年間のはじめ, 嘉彰親王越後三条に進まれ, 嘉志子というの, 嘉応二年五月二十七日彼は鎮守府将軍, 嘉忠長善などはよく, 嘉慶中黄丕烈依宋木重刊, 嘉慶以後思想の變化, 嘉慶八年自刊本, 嘉慶墨でコスモス, 嘉慶帝が兩廣總督, 嘉慶年代に於, 嘉慶年間に十年, 嘉慶年間編纂の, 嘉慶時代まで存在, 嘉慶板の, 嘉慶泊リ御前足ニ国, 嘉慶記の様, 嘉慶道光咸豐同治, 嘉に至り, 嘉手志川の源, 嘉に渉, 嘉暦三年には為相, 嘉暦三年六十六で薨, 嘉暦二年以来叡山に入っ, 嘉暦元年北條氏の皇位継承, 嘉暦元年工藤右衛門尉祐貞を蝦夷, 嘉暦年間に相, 嘉暦本にはイマゾユキヌル, 嘉曰くこの樹, 嘉へのぼっ, 嘉樂園へ舊藩, 嘉なり, 嘉殷富達智の四門, 嘉殿に頼みおき候, 嘉たらしむる, 嘉と年号, 嘉水元年までの間, 嘉永ごろの浦賀, 嘉永一朱銀としだいに, 嘉永七寅霜月とした, 嘉永七年六月の大火, 嘉永万延以来あまり進歩, 嘉永三四年の頃癲癇, 嘉永三年七月六日の宵, 嘉永三年以後十五人扶持出ること, 嘉永三年伊豆七島全圖, 嘉永三年十月の晦日, 嘉永三年彼が二十一歳, 嘉永三年戌歳の生れ, 嘉永三年日本へ歸着, 嘉永三年正月に国学, 嘉永三年鎮西の山川, 嘉永三年陸が僅, 嘉永二年三月七日に抽斎, 嘉永二年二月七日に六十九歳, 嘉永二年以来昌平黌の教授, 嘉永二年作の北海道樺太, 嘉永二年出版の新訳和蘭国, 嘉永二年十月のこと, 嘉永二年徳川家慶の築かしめた, 嘉永二年浅草の源空寺, 嘉永二年秋桜の文身, 嘉永二年酉歳の五月, 嘉永五壬子元旦和黒川生韻, 嘉永五年七月一日僅か六畳一間, 嘉永五年七月中旬上野廣小路の卜者四明堂, 嘉永五年二月十八日が誕生日, 嘉永五年八月のなかば, 嘉永五年十一月十七日に四十九歳, 嘉永五年十一月四日より明治四年四月十一日, 嘉永五年十月二十一日より十一月十九日, 嘉永五年壬子十一月四日養家に引移, 嘉永五年子歳の同年生まれ, 嘉永五年河原崎座の七月興行, 嘉永以來のもの, 嘉永元年三月二十五日に八十三歳, 嘉永元年以後二十餘年に亙る, 嘉永元年六月二十七日に子, 嘉永元年前のもの, 嘉永元年十二月二十八日には長男恒善, 嘉永元年十月十六日である, 嘉永元年夏の初め, 嘉永元年孫十一歳にし, 嘉永元年戊申八月二十九日と書し, 嘉永元年正月朔の作, 嘉永元年申歳の生れ, 嘉永六年アメリカの黒船, 嘉永六年ペルリプーチヤチンの來航, 嘉永六年ペルリ来朝の時, 嘉永六年七月には徳川家慶, 嘉永六年七月以來足かけ三年昌造は文字通り東奔西走, 嘉永六年三月のこと, 嘉永六年二月には相模, 嘉永六年五月米國のペルリ提督, 嘉永六年亞米利加のペルリ, 嘉永六年以来の米以下, 嘉永六年六月にアメリカ, 嘉永六年六月三日である, 嘉永六年六月三日米国軍艦は舳艫相銜, 嘉永六年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 嘉永六年六月十一日付として江戸屋敷, 嘉永六年六月十日の晩, 嘉永六年十一月十五日に五十二歳, 嘉永六年十二月に政義, 嘉永六年十二月はじめの寒い, 嘉永六年日本をおどろかした, 嘉永六年正月十九日に抽斎, 嘉永六年正月萩を発し, 嘉永六年烈公が阿部伊勢守, 嘉永六年癸丑の八月, 嘉永六年癸丑米国軍艦が江戸近海, 嘉永六年航海を学び始めた, 嘉永四年云々と書き認め, 嘉永四年余が叔父徳富一義, 嘉永四年侯駕に扈, 嘉永四年八月二日生で当時十一歳, 嘉永四年四月十一日の朝, 嘉永四年正月に始まる, 嘉永四年正月二十三日に寿美, 嘉永四年江戸においてす, 嘉永四年猿若町の中村座, 嘉永四年辛亥元旦の作, 嘉永四辛亥元旦与塾中諸子, 嘉永四辛亥十月廿四日与立夫魯直酔梅家弟柏軒, 嘉永壬子十一月十七日に発せられた, 嘉永壬子十一月十六日に榛軒, 嘉永安政これ実に円石, 嘉永安政以後二十余年間の歴史, 嘉永安政以来外交の刺激, 嘉永安政頃のもの, 嘉永年中アメリカ人渡来せしより, 嘉永年中開国の以来, 嘉永年代アメリカの軍艦, 嘉永年代以後に渡来, 嘉永年代以来黒船の到着, 嘉永年度の宿場, 嘉永年間浦賀へアメリカ, 嘉永年間米国の軍艦, 嘉永年間米国船の渡来, 嘉永年間頃に出来た, 嘉永庚戌七月山村菱秋書という落款, 嘉永文久における江戸, 嘉永末年以來急速に忙しく, 嘉永版の, 嘉永生れの高齢者, 嘉永癸丑に向島, 嘉永等数枚の丸の内, 嘉永紀元戊申に阿部侯, 嘉永間の某, 嘉泰中に成つた, 嘉が, 嘉津間和歌山の島田幸安等, 嘉牟嘉美なり, 嘉はかつて, 嘉猷計をもっ, 嘉へ通ずる, 嘉矩氏の言, 嘉石川郡松任の城主徳山五兵衛則秀, 嘉がある, 嘉祐三年の三月三日, 嘉祐三年以来いつか三十余年を経た, 嘉祝すべき樹であれ, 嘉祥三年三月庚辰興福寺の大, 嘉祥二年続日本後紀, 嘉祥元年すなわちかの, 嘉祥大師というたいへん, 嘉禄三年に法然, 嘉禄三年七月五日都を進発, 嘉禄三年六月二十二日山門から人, 嘉禄元年の日記, 嘉禄元年三月十二日条に, 嘉禎元年三月十二日に完成, 嘉禎四年二月二十九日様々の奇瑞, 嘉を錫, 嘉禮二養老の項參看, 嘉は出, 嘉称すべきものです, 嘉義四十二年八月江州に大, 嘉義市附近から発した, 嘉義県庁迄はまだ, 嘉衛磯幸次郎小林偵七郎松本盛三郎茂呂近助, 嘉衛等は各, 嘉の手, 嘉賓堂の焼討, 嘉というの, 嘉造さんに一寸どうぞ, 嘉造氏はそこら, 嘉遯心のひらめきが, 嘉那志按司一員が出, 嘉那志按司君など言, 嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 嘉陳氏であって, 嘉陳氏錦織義弘氏が主として, 嘉陵村尾源右衛門と云, 嘉陵江などにわかれ, 嘉陵江側に婦人, 嘉陵江水を写し, 嘉陵生れの水銀, 嘉靖七子の一人李攀竜, 嘉靖五年の間, 嘉靖前後のい, 嘉靖十五年の時, 嘉靖年製赤絵はすべて, 嘉靖年間時の權相, 嘉靖年間林応竜適情録二十巻を編, 嘉靖時代にも倭冦, 嘉靖頃の碑石三四方, 嘉のよう, 嘉魚県の南岸北岸, 嘉魚縣附近で夏口, 嘉魚釣りて一人