青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大学~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大勢~ ~大名 大名~ 大和~ 大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学
大学~
大家~ ~大将 大将~ 大尉~ 大小~ 大層~ 大川~ 大工~ 大急ぎ~ 大戦~

「大学~」 5469, 59ppm, 1942位

▼ 大学~ (1629, 29.8%)

13 先生の, 学生が 12 制服を, 教授に 9 講義を 7 学生の, 教授が, 文科を, 法学部に, 法科を 6 先生で, 先生に, 制帽を, 文科に, 方は, 研究室で 5 二年の, 図書館に, 図書館の, 教授を, 文科の, 方へ, 構内を, 池の, 講師を

4 [18件] 中で, 予科に, 先生を, 助手を, 学生だった, 学生で, 学生は, 建物が, 建物の, 教室に, 教師を, 教授で, 方を, 研究室に, 研究所の, 講堂で, 講義の, 門を

3 [35件] ほうは, 中に, 中を, 二年から, 二年に, 先生が, 先生だ, 先生は, 先生も, 入学試験を, 前を, 医科に, 卒業式の, 哲学科を, 図書館で, 図書館や, 女学生が, 如き, 学生である, 学生です, 建物は, 教室へ, 教授であった, 教授の, 文科へ, 方で, 時計台が, 有名な, 業を, 構内で, 構内の, 法医学教室に, 職を, 英文科を, 講壇に

2 [110件] あるもの, お友達, ような, グラウンドの, 一教室である, 三年生に, 中の, 中へ, 主催で, 予備門に, 先生です, 先生よ, 制服の, 前から, 前に, 助手として, 助教授を, 医学部か, 医学部に, 医学部の, 医科の, 卒業生が, 卒業生だ, 史学科を, 名物男, 図書館が, 国語研究室に, 壁に, 外廓に, 大講堂, 存在を, 学士で, 学士を, 学生として, 学生ばかり, 学生や, 学長に, 寄宿舎で, 寄宿舎に, 屋敷の, 工科の, 帽子を, 広い校庭, 必要を, 政治科を, 教員室の, 教官室で, 教室で, 教室の, 教授だった, 教授であり, 教授である, 教授と, 教授として, 教授や, 教職に, 教育も, 教訓その, 数学の, 新学期, 方の, 有力者との, 本質, 植物学教室に, 構内に, 構内は, 正門前で, 歴史の, 法医学教授の, 法科に, 法科へ, 状況に, 猛訓練, 玄関に, 理科に, 理科の, 生徒に, 生理学部の, 病院には, 研究室では, 研究室へ, 社会科の, 秀才で, 科目を, 穴倉へ, 級友たちの, 組織を, 総長の, 総長や, 耳鼻科に, 職員として, 職員に, 自動車で, 艇庫その, 艇庫の, 英文科に, 裏の, 裏門から, 訓練を, 試験を, 課程を, 講師と, 講義が, 講義は, 講義録を, 趣意を, 運動会では, 野球の, 附属病院に, 青山外科で

1 [1057件 抜粋] あの地下, ある地名, ある本, いいつけ, いくつも, いわゆる上, お蔭である, かたにては, ことなどについて, この頃, ごとき所, さしがねだ, すぐ北隣, その他の, それを, ためにも, となりの, どの課目, ひろいグラウンド, ほかに, まん中の, やうな, ように, アカデミックな, アカデミーの, アダムス教授が, イデー, ウヰルソンなる, カムパスの, カムパニールとしては, クラークという, コンクリートの, ゴチックの, スミス博士に, ゼミナールでは, トラックで, ドクトル試験に, ハイカラ生, パーティが, フランス文科を, ブリューヒル気象台長ブルックス博士が, ヘルムショルツ博士の, ベルツ氏が, ペダンティックな, ペンキに, マネキン選手諸君を, モントゴメリー教授は, ユーリ博士によって, ロシア文学科に, 一味に, 一室に, 一年から, 一年間と, 一流選手でも, 一角に, 一部が, 一部にな, 三年から, 三年生として, 三百年祭の, 上級生で, 不潔を, 中だけは, 中は, 中途で, 丹波敬三氏が, 主要建築の, 予備校へ, 予科にでも, 予科の, 事て, 事務所まで, 二年を, 二年生で, 二年生の, 人と, 仏文科教授であった, 仕事, 仮学舎, 伊藤さんにも, 会員である, 佐藤丑次郎博士は, 保証した, 俵國一澁澤元治両, 僅かな, 僧侶三大学の, 優等生は, 先生か, 先生たちあなたがたの, 先生だった, 先生と, 先生にと, 先生みたいな, 先生よりも, 先生山本君, 先生方だって, 先生方に, 先生方は, 先生未亡人簡易食堂百姓宿屋軍港小作争議病院の, 先輩に, 光景が, 入学生は, 入学試験にまで, 全編曾て, 公開講義で, 内藤湖南博士が, 内部事情学閥などについて, 分析に, 刊行に, 別科生に, 制度は, 制服などを, 制服制帽で, 前の, 前身, 前身であった, 副手にも, 副総理服部氏, 創立当初から, 助手で, 助手にでも, 助教, 助教授であった, 助教授と, 助教授な, 助教授やが, 労働者科, 勉強を, 動物学教室の, 動物学教授職を, 医学部へ, 医学部教授で, 医科教授で, 卒業は, 卒業生か, 卒業生で, 卒業生な, 卒業生は, 卒業生より, 卒業証書は, 卒業論文が, 卒業論文口頭試問の, 博士さんで, 博士も, 博物館の, 印度哲学科には, 反動化と, 収容力で, 受験資格を, 古い同僚ら, 古めかしいシャトー, 古在教授, 古在由道, 各科でも, 同じ研究所, 同窓で, 同級生が, 名を, 名前を, 名誉教授だった, 員外教授を, 哲学教授が, 哲学科にも, 商科その他の, 嘱によって, 四年生で, 四年級の, 図書館, 図書館とも, 図書館へ, 国文科を, 土木科の, 地下室で, 地方自治体への, 地質学講座を, 地面が, 基礎医学で, 報告で, 場合には, 塀の, 夏期講習に, 外人教授たちを, 外国文学科は, 外科の, 夜学に, 夜間部に, 大久保君と共に, 大学院に, 大広間で, 大時計, 大通りを, 奥深く連れ去られた, 女学生については, 姿です, 婦人科の, 学会で, 学問, 学問を, 学生たちから, 学生であっ, 学生でしょう, 学生な, 学生なる, 学生よりも, 学生主事を, 学生服を, 学生監を, 学生諸君から, 学科改正の, 学規の, 学部長か, 学長ウィリアム, 学風に, 宗教哲学の, 官費生には, 実験室よりも, 寄宿舎の, 密訴の, 専門家諸氏の, 小使は, 小使上がりで, 小石川植物園には, 屋上から, 工学部主任教授の, 年若い, 庭を, 廊下や, 建物も, 建築を, 建築物の, 建築科を, 弟だ, 弟でございます, 役人と, 後ろの, 後援者の, 後輩である, 御殿へ, 御見識, 心理教室の, 怠惰なる, 恥辱だけ, 意志による, 我々の, 所在地で, 所在地まで, 手下が, 手合で, 抗争は, 招聘に, 政治学の, 教員室に, 教官であった, 教室を, 教師さんと, 教師として, 教師なぞよりも, 教師は, 教授かも, 教授たちの, 教授だ, 教授とか, 教授などは, 教授よりも, 教授ウィルダア・マクドナルド博士と, 教授会においてすら, 教授控室に, 教授政府の, 教授更に, 教授職と, 教授達から, 教科を, 教育に, 教育は, 教訓と, 教養学部と, 文学の, 文学部に, 文学部長であった, 文科では, 文科などに, 文科位ひ, 新主義, 新聞部の, 方から, 方ばかり, 日曜大学の, 日本研究班を, 早見先生に, 昇格申請が, 星学教授に, 時の, 時分は, 時計台も, 書生さんが, 最も富裕, 最後の, 服をば, 末文に, 本の, 本科生と, 本質の, 村山教授と, 東洋哲学の, 松村, 松浦先生が, 柏木君に, 栄えるころ, 校歌の, 校舎の, 校長を, 椅子さえ, 植物学教室等の, 構内から, 構内だった, 構内へ, 様子を, 標本をも, 模倣を, 権威で, 横を, 機能は, 歌でやす, 正心誠意, 正規な, 正門の, 正門前の, 武道に, 歴史教授リジンスキー, 気風を, 池野成一郎博士が, 法医学教室から, 法医学教室へ, 法医学教授犬田博士を, 法学教授法を, 法学教育では, 法学部で, 法律科とでも, 法科万能主義と, 法科大学の, 温床的役割は, 演劇部での, 焼け跡が, 物理学料へという, 物理教室では, 物理科を, 物質的な, 状態が, 独文科を, 狭い実験室, 玄関を, 理学博士山田幸男君からの, 理科主任教授里見先生立会の, 理財科を, 生徒であった, 生徒は, 生物学教授シャンツ夫人も, 生理学教室へ, 留学生で, 異材なりし, 病理学教室の, 病院に, 病院を, 登記掛へ, 看板を, 眼科で, 眼科へ, 眼科教授大西克知博士は, 矢田部良吉教授が, 石の, 研究では, 研究も, 研究会と, 研究室の, 研究室を, 研究所でさえ, 研究班を, 砲兵科の, 祖校なる, 秀才天下の, 私学への, 科学振りを, 程度低く, 穴倉生活抔が, 空気の, 立ちて, 競漕会が, 第何期生, 籍は, 精神病科教室には, 純文学科などと, 純文科, 素読でも, 細菌学教室が, 終った時, 組織である, 経済学教授だった, 経済学教授ジェヴォンス氏が, 経済学部の, 経済科を, 統合的の, 綜理ドクタア加藤副, 総長さんなどでも, 総長だの, 総長は, 総長エリオツト博士が, 織田博士から, 美学科を, 老教授, 考古学参考室なんか, 耳鼻科の, 聴講生と, 聴講生を, 職員でも, 胸を, 腐れ学士が, 自主を, 自治とか, 自由, 自由を, 航空研究所で, 艇庫は, 芝生で, 芝生アカシヤの, 若い聡明, 若者たちに, 落第生問題が, 蓄音器先生と, 薬剤科を, 薬学部長ラマビー博士一行が, 裏手の, 裏通りで, 補欠漕手の, 西洋人の, 規定は, 解剖学教授ロオブスタイン博士であり, 言語学会から, 言論的な, 記者は, 設立ある, 訴状など, 評議員という, 試験では, 語学教師海軍省の, 語学講義の, 課目を, 課程が, 調査によって, 諸先生, 諸君や, 諸教授, 講堂や, 講師か, 講師として, 講師も, 講座に, 講座は, 講義でも, 講義なんか, 講義みた, 講義内容と, 講義目録を, 議論部に, 財政に関する, 貸費を, 赤門と, 赤門を, 跡に, 身にも, 農科は, 近所に, 退学を, 通学に, 造船学科に, 運動会なり, 運動会を, 運動部の, 道, 道を, 選手に対して, 選手連の, 郎党であった, 野々宮さんかと, 銅製カツプとか, 鐘を, 開校式に, 関門を, 附近に, 陸上運動会とは, 隣りに, 集会所へ, 離縁法は, 露文科に, 音楽学生として, 頃にも, 頭に, 食堂で, 高橋先生の, 麾下の, 黒板に

▼ 大学~ (553, 10.1%)

72 卒業し 56 出て 36 卒業した 35 卒業する 18 出ると 10 出てから 9 出たばかりの 7 中途で 6 やめて 5 出たて, 出たの, 出今 4 出たばかり

3 [11件] 中心として, 出た, 出たって, 出たという, 出てからも, 出ても, 卒えた, 御卒業, 止めて, 設立する, 退いて

2 [29件] 出さえ, 出た人, 出た男, 出た頃, 出る時, 出る頃, 半途で, 卒へ, 卒業したなら, 卒業したら, 卒業しなけれ, 卒業しよう, 卒業致します, 去って, 去ること, 憎んで, 持って, 来年卒業する, 経て, 罷職に, 見に, 辞して, 辞めても, 辞める事, 追われたの, 退かれて, 避けたの, 除いては, 非職に

1 [194件] あと一年という, お出, お取り立てくだされ, して, しのぐの, つきぬけたら正門前, つくり上げる点, でたばかりの, でてから, でる, でるまでね, ひき寄せるよう, ほぼ卒業, もって, やめた, やめてからも, やめられること, やめると, やるまでの, やろうとして, よその, ソツクリそのまま, 一体芥川さん, 一年休学し, 一番で, 三年前に, 世話し, 中退し, 中退した, 中途にて, 二度無意味に, 休んでから, 休職に, 停年で, 優等で, 六百と, 出した, 出たきみら, 出ただけ, 出たといふ, 出たので, 出たのに, 出たばかりと, 出たばつ, 出たもの, 出たらしかった, 出たらハーヴァード, 出た丹波丹六, 出た医学士, 出た友人, 出た同じく, 出た年, 出た愉快, 出た氏, 出た無知, 出た立派, 出た者, 出た親しい, 出た許, 出た連中, 出た青年, 出でぬ頃, 出ない無知, 出なかった私, 出なくたって, 出なすった学生さん, 出は, 出られた教養, 出られた方, 出られて, 出られてから, 出られないの, 出る, 出るだけは, 出るの, 出るまでには, 出る一年前, 出る前, 出る法律書生, 出三井物産, 出健康, 出共に, 出其処, 卒えて, 卒へた者や, 卒る, 卒業させる, 卒業しない, 卒業しました, 卒業すれ, 卒業せられた, 卒業なさる, 卒業なすっ, 卒業なすった, 卒業後は, 卒業後犯罪学に, 即ち今, 去つて, 去らなければ, 去るに, 去年卒業した, 参観し, 参観す, 叱るか, 右に, 唱え以, 善くし, 外に, 大別する, 孫に, 守りたてて, 尋ねて, 尋ねても, 巣立した, 師範大学として, 師範大学に, 建てたり, 建てて, 建て大, 建設せよ, 御遣り, 怒らせるの, 思いついたばかり, 愛して, 懲しめよう, 指さしたが, 捨てたばかり, 探して, 教えて, 斬った守人, 新しく卒業, 早くやめられた, 時事新報に, 暗誦し, 来年出る, 横目で, 機会に, 止めた当時, 止めてからの, 止められたと, 止められたの, 死守し, 求めて, 発展せしめる, 相当に, 終えて, 終へ, 終らなければ, 終り役人, 終ると, 終わったし, 終わるころ, 経画する, 繙き自, 繙き自ら略評, 罷めた理由, 自由に, 見て, 見ると, 見直した, 視沢山, 覗きに, 観に, 訪い校長サストリー先生, 訪うた時, 訪ねたとき, 訪ふ, 訪れた, 訪れたガリヴァー, 設置しおれり, 読む位, 辞した以上自分, 辞す, 辞めて, 辞めなきゃいけないことになったらどうするの, 辞めるだろうという, 辞職した, 追はれた, 追はれたる, 追われアメリカ, 追放された, 逐われてから, 途中で, 通り抜けるついで, 速かに, 造ったの, 避けるには, 開いた, 開いて, 開放し得るであろう, 離れられなかったから, 飛びだした, 首に, 首席で

▼ 大学~ (464, 8.5%)

10 籍を, 通って 6 於て 5 かよって, 入学した, 於る 4 入って, 勤めて, 学んで, 行って, 送って 3 いる頃, して, はいったばかりの, 入学し, 入学する, 幻滅せり, 移って, 這入って

2 [25件] いた時, いた頃, いるころ, いる時分, いる間, メモアーとして, 入ってから, 入れたくありません, 入れなかった, 入れば, 入ろうと, 在るや, 在学中, 寄附する, 居た, 居て, 居るので, 席を, 於ける研究, 於ける講義, 来て, 突発した, 聴き合せたところ君, 職業学という, 赴任した

1 [329件] ありしとき, ある, あるから, ある大きな, ある越智, ある間, いかせて, いたから, いたとき, いたよう, いたるまでの, いた事を, いた二年間, いた十九歳, いた時分, いた間, いって, いて, いらっしゃるの, いるうち私, いるけれど, いるそう, いるという, いるとき金, いる僕たち, いる宗教学, いる時, いる者ども, うつりゲルツェン会, おったが, おった頃, おられた頃, おられて, お下げに, お出し, かかる女学生, ける彼, この二人, この名称, そうする, そんな噂, だッ, とつて, とどまって, なくたっ, なっても, なると, はいったこと, はいったので, はいりはじめて, はいりました, はいり私, まったく縁故, もう五年, もしアカデミア, ゐた, ゐた時, ゐる加藤豊治郎博士, ゐる現在, ギリシャラテンの, シュタムラアとか, スキタイ文化の, ドイツ法科も, パスし, 一篇の, 一部私に, 三年も, 三日サンフランシスコに, 二年ばかり, 交付され, 今一つは, 代わるよう, 伝わって, 似たれど, 似て, 使わせる実験室, 依存し, 入った, 入ったの, 入った二年目, 入った以上, 入った重吉, 入ってからも, 入つて, 入り, 入りて, 入りはじめて, 入りやがてもう, 入り三年間, 入り十五歳, 入り神学, 入る, 入ること, 入るという, 入るを, 入る分別, 入る学生, 入る時, 入る時分, 入る為帰省, 入れそう, 入れた, 入れたいと, 入れたり, 入れて, 入れても, 入れと, 入れること, 入れるだけの, 入れるの, 入れるよう, 入ろうという, 入学しました, 入学せられる, 入学を, 入学試験が, 入学試験という, 入院し, 全然絶望, 全米陸上競技大会を, 兼任する, 凱歌の, 出した学位請求論文, 出て, 出ないで, 出ること, 出勤する, 刺を通じて, 刻せしめた, 助手は, 勤めたの, 参る, 又やはり, 及ぼすかも, 収蔵されてる, 取っては, 古典を, 同君を, 向って, 呈出せらるべき, 哲学を, 在った頃俳人, 在て, 在りしこと, 在りし日, 在る間, 在る頃, 在学し, 在学中は, 在学中も, 在学中スポーツマンと, 在学中女は, 在学中滝田君に, 在学中雲州松江の, 在学当時クラスの, 在職し, 地球物理学研究室を, 地震研究所が, 奉職し, 奉職した, 奉職する, 奉職を, 学ぶこと, 学ぶ位, 学ぶ身, 学んだ, 学んだ人, 学校の, 学生なり, 学生の, 守らせて, 官舎が, 寄付し, 対抗し, 少しばかり, 就任し, 居たよし, 居た時分, 居た頃, 居りました頃, 居る屈指, 居る私, 属する心霊学界, 帰った, 帰ったが, 帰って, 帰ってからも, 帰るに, 幾日通った, 建てられたについては, 廻されて, 復帰する, 心惹かれる, 懇請し, 所謂一家仁一国興仁もの是也西郷南洲氏は, 手紙を, 押掛けてからは, 招かれて, 招かれまして, 招聘したかった, 持って, 接踵する, 改変された, 改造され, 教えた科学的, 教えては, 教育され, 於いてのみ, 於けるヘーゲル百年忌, 於ける今日, 於ける学生, 於ける教育, 於ける私, 於ける西閥, 於ての, 昇格した, 昇格する, 時間が, 来てからも, 来られると, 来られるよう, 来るには, 来るよう, 東京帝大が, 某と, 植物学の, 業を, 毎日通ってる, 気の毒で, 法医文と, 法律を, 法文学部が, 滞在中だった, 滞在中の, 牛小屋が, 特有な, 献納を, 現われそう, 生徒として, 留まって, 留まらなかった理由, 留学中亡くなりました, 登校す, 直しそれから, 相違あるまい, 着いた, 着いて, 矢張り植物の, 社会的権威の, 移られそれから, 移られたこと, 移り始める時, 移るに, 籍が, 籍だけは, 籍は, 経済学を, 経済学講座が, 繁く通, 群がって, 腰弁を, 至り教授アンブロセチ氏, 至り生物学教授スペンサー氏, 至るまで, 至れば, 苦学的な, 英国から, 英語教師の, 落語研究会という, 行きひどく, 行くころ, 行くつや, 行くのに, 行く子供, 行く途中俥, 行く道筋, 行った, 行っても, 行っとる出来, 行っとる長男, 西洋人の, 訪ねる, 読み耽りました, 課して, 講義し, 贈った, 贈るか, 赴いて, 赴任されまし, 赴任しない, 転じたが, 転じて, 転じチューリッヒ, 迎えて, 近い大隈氏, 近い旅館, 近い質素, 近い郊外, 送られ総, 送ること, 逃げ返った, 這入ったら精神病, 這入った時, 這入ってからの, 這入つた三四郎, 這入れないもの, 通うのに, 通う学資, 通った上, 通つてゐた, 連れ込まれるという, 進み彼女, 進むこと, 進む準備, 進む頃, 進もうという, 進んだころ, 進んでからは, 進入した, 遊び法律, 遊んで, 遊学し, 運ばれ翌日解剖, 運ぶ, 開いた時, 関係した, 附属し, 限られない一個, 限る他

▼ 大学~ (306, 5.6%)

18 行って 15 はいって 8 通って 5 持って 4 入って, 入学する 3 はいってから, はいってからは, はいるの, 入れて, 行くの, 行くよう, 行けば

2 [25件] いって, うつる途中, はいった, はいったと, はいると, はいろうと, また行きたい, 入った時分, 入ってから, 入っても, 入る前, 入れるから, 出かけた, 出て, 勤める迄は, 就職しよう, 帰って, 採用する, 来て, 着いた, 知らせに, 逃げろ, 通ったの, 連れて, 電話を

1 [181件] あいさつに, あげて, あげる, あげ末, いきたいけれど, いくん, いそぎイワン, いらっしゃるの, いらっしゃるん, うつる間, お下げを, お手伝いに, お通い, かえる気持ち, かけて, かけては, かよわせて, はいったからって, はいったばかり, はいったばかりの, はいったらぜひとも, はいった以上, はいった学生, はいった頃, はいってからの, はいつて, はいらずともの, はいりけれども, はいりなさい, はいりは, はいりフランス語, はいり喫茶店, はいり東京, はいる, はいるつもり, はいる程, はいれる下地, やる時, やれない, グレンディニングという, コポオが, 人力車を, 入ったから, 入ったその, 入ったところ, 入ったもの, 入ったら大学, 入った年, 入ってまでも, 入つて, 入つて間, 入らず民間, 入らない前, 入りながら, 入ると, 入るとき, 入るの, 入る決心, 入る目的, 入る第, 入る筈, 入れなくては, 入れなければ, 入ろうと, 入ろうという, 入学しなけれ, 入学しましょう, 入学すべく, 入学も, 入学願書を, 入校も, 出かける仕度, 出す月謝, 出入を, 出勤し, 出勤した, 副綜理, 参りました, 呈出する, 四年いく, 土産に, 奉職する, 子供を, 学生に, 学生の, 学生を, 宛てた紹介状, 寄附した, 差上げるから, 廻され剖検, 往って, 往復し, 手紙を, 打合わせに, 押しかけようと, 持帰り, 挨拶に, 振りあてられること, 提出し, 提出した, 教授ペレウェルゼフの, 来たか, 来たの, 来た中学時代, 来てからは, 来てからも, 来られたが, 様子を, 欧米から, 残るべきか, 洋車を, 現れるまで, 眼を, 移ったの, 移られた, 移ると, 聞えるくらい, 若君が, 苦も, 葛木さんを, 行かう, 行かうって, 行かずに, 行かず本郷, 行かせて, 行かないと, 行かねば, 行かれるの, 行きたがった, 行き時期, 行き朝, 行くくらいまで, 行くと, 行くとき, 行くん, 行く時, 行く途中, 行く頃, 行けるよう, 行ったって, 行ったとき, 行ったら動物学, 行った人間, 行ってから, 行ってからの, 行ってからは, 行ってる弟, 行つてゐた, 行幸に, 贈った, 赴いたカール, 迎えられた者, 退学届を, 送ったが, 送って, 送られること, 送り得る親達自身, 逃げ帰ったん, 這入って, 這入つて, 這入ること, 這入る時, 這入る組織, 這入れずじまい, 通いながら, 通いはじめた, 通うよう, 通う子供達, 通う時間, 通勤する, 通学する, 進むよう, 進む途中, 進んだころ, 進んでからも, 運ばれ今日十時, 運び去られたアト, 運んだが, 選科の, 願書を, 駆けつけそれから

▼ 大学~ (214, 3.9%)

8 講義を 5 勉強し 3 研究し 2 やった, やったの, 何を, 先生を, 勉強したら, 学術的の, 物理学を, 私が, 習ったことそれ自身, 過ごした

1 [178件] げすか, そこの, その当時, そんなこと, つめこんだ少量, どうやっ, はじめかけた, またぐん, やる事, やる方, やる科学, やる講義, インド哲学を, クラウゼウィッツにつき, クラス, スエデン文明史の, ゾラの, ドイツ人学生クラブに, ドイツ文学を, ドイツ文学研究を, フォードの, ミイラを, ヨーロッパ文学史の, 一年間に, 一心に勉強, 一生懸命に, 一番心持ちの, 一週に, 上級生だった, 与えられて, 仕上げるの, 何とかいう, 保護し, 修士課程を, 修学し, 修行を, 僕の, 内科を, 出版し, 初めの, 前に, 労働保険に関する, 勉強しよう, 勉強する, 動物学の, 化学を, 医学を, 医科の, 医者を, 十年間にわたって, 卒業生の, 博士号を, 印度哲学史を, 受けた口答試験, 古代羅馬制度史を, 同じ植物学, 同級だった, 同級生だったらしく, 名高いヘツケル教授, 哲学だの, 哲学の, 器械を, 地盛を, 基礎勉強し, 大きな名声, 天文学の, 始めて, 学んだジャーナリスト, 学問の, 学問上意味の, 学生に, 学生中に, 実験済みな, 希臘語の, 年に, 建築を, 心理学の, 心臓を, 授けられた知識, 撮ったの, 放送し, 教えた田原氏, 教えられたこと, 教えられた知識, 教えられて, 教へ, 教へて, 教わったある, 教授された, 教授する, 教授の, 教授会が, 教育を, 教育学を, 教育心理学を, 数学を, 文学を, 文学専攻の, 文科を, 断わるはず, 新らしい, 新聞学科の, 日本の, 日本文学を, 昆虫学の, 普国史を, 最近の, 未曾有の, 本邦人, 東洋歴史の, 東洋研究を, 植物志を, 検査された, 極東美術の, 死体の, 死体解剖が, 毎週一回位ずつ, 比較言語学を, 法学専攻を, 法律を, 海洋学や, 済まして, 漱石に, 無禄, 物理の, 理学博士の, 生徒に, 癌と, 発行し, 看護婦の, 知り合つた藤井, 研きを, 研究室を, 研究生活を, 神学を, 秀才だった, 秀才という, 私たちに, 私に, 算書を, 精密な, 経済と, 経済を, 絶えず普及, 美学を, 美術史を, 聞いたの, 聴くだろうあり来りの, 育てられて, 自由大学や, 艇を, 英文学という, 英語英文学を, 落第する, 行って, 行われて, 製氷術を, 見せて, 見て, 覚えたこと, 解剖する, 語学を, 誰れ, 談話会が, 講座を, 講演し, 講演せられた, 講義し, 講義の, 軍事訓練の, 述べた講演, 重傷を, 鉱物学を, 開かれたこと, 雪を, 電気学を, 頭の, 鳥類の

▼ 大学~ (207, 3.8%)

3 それが, 古来女子社会の 2 どうする, 不参, 国家の, 私に

1 [193件] あたらしい考え, あまり有名, いつから, いま仙台に, おそらく五年振り, おれの, お金の, かつておれ, きえんを, きっとおれ, げっそり寂しく, こう思った, この問題, この犬小屋, これを, こんなこと, しきりに一ノ関, そういう悪党, そういう男, そうで, そう思った, その可, その問題, その土地, つづけた, つづけて, つまらないから, とびついた弟, どうした, どうなる, どちらに, どのよう, なくなってしも, ほとんどぜんぶ私立, まさに君, ますます褒めた, また頽廃的, みごとだ, もう四年, もう戦, もう酔っ, もちろん中学小学, もちろん市内, もちろん男女, もともと剛愎, もとよりの, よほど社会, わが愛する, わが高等中学程度, キリスト教の, グッと, ゴーリキイの, シドニーメルボルンアデレードホバートの, シドニー大学と, タフトを, チラリと, ニヤニヤ笑っ, マツキンレイを, ヨーロッパのより, リーグ戦に, ローマ教皇庁に, 一ノ関に, 一個の, 一切の, 一国の, 一度失敗, 三つの, 世間体最高学府といふ, 世間的に, 中途退学で, 主膳より, 之に, 九ヶ月制で, 乞食の, 予期した, 事実今日資本主義国家の, 二階の, 云い出した, 云った, 云った彼, 五千五百人が, 人に, 人的にも, 人類の, 今で, 今日も, 何と, 依然として神聖, 俄に, 再びひっそりした, 再興と, 出たものの, 別である, 前年度の, 労働者の, 勿論中学, 十二世紀以来の, 単に私, 単純な, 古来有名, 名誉ある, 囁いた, 四年五年もしくは, 地理的に, 城中に, 大学の, 大学頭を, 大村市の, 大衆化す, 如何に, 完全に, 官吏養成の, 封建時代の, 封建的, 小説に, 巨大な, 市中に, 幸に, 彼を, 後に, 徹底的に, 思って, 或る, 戦に, 手下の, 持って, 政府が, 教育の, 斃れた, 文化の, 文化的技能の, 文科を, 日本固有の, 日本文化史上における, 日本軍と, 早慶の, 明治以来の, 時間も, 更に特殊, 最も貴重, 最近まで, 楡, 榻の, 欧洲大陸であっ, 正に君, 此地の, 氏郷が, 江戸へ, 焼けたため, 焼け軍隊, 爆弾破裂点から, 特に公明, 独自の, 町の, 留物境目について, 盃の, 真向から, 真理を, 破滅する, 私立である, 科学的権威を, 程度が, 立派, 第一回, 答えた, 米国の, 納税者の, 純然たる, 紡織と, 維新制度確立以降の, 背後の, 英文科に, 英語を, 茨木という, 草創時代で, 葉巻の, 街から, 衣川の, 見下ろして, 誰をも, 論を, 財閥の, 辞めたが, 農科へ, 途中で, 通常卒業式は, 郊外五マイルの, 閉門ツァ・ルンバ夫婦と, 開かれて, 随分不経済, 顔を, 飲めと, 黙って

▼ 大学教授~ (194, 3.5%)

6 のやう 5 の職 3 にし 2 である, といふもの, となり, の地位, の娘, の書いた, の適任者, は大きい, をし, を十年

1 [160件] あり富豪, か何, があっ, がつとまり, が一寸, が交つて, が四人, が消防夫, が皮肉, が相, が真理, が端近, が軽い, すら小説家, たるところ, だから, だからと, だつた, だという, だね, だねって, だろうが, だ多少, つたらお, であったという, であったジェヴォンス, であったティボー, であった経済学者ダメト, でありその, である関係, でさ, でしたので, です, ではインフレ, でもなく, でも一番人, でも専門学者, で出る, で有名, で無, で空中窒素, というもの, という位置, という状態, といえ, といっ, といふ名前, といふ自分, とかいう, とかその他政治家, とかになる, とか何, とか勲一等, としての生活, としての生涯, としても恥しく, として初めて, として有名, として無事, とでもいいたい, と云う, と同じ, と小学校, などというもの, などについてその, などにも見うけられなく, などをし, にしてやろう, にでもなる, にとつて, になつて, になれる, になろう, にはなる, には二種, にも剣, に世話, に任, に到る, に小学校, に扮, に毒口, に至る, に転任, に較べたら, に頓着, に類似, に髯, のうち, のお嬢さん, のくせ, のこと, のころ, のガウン, のザウチ, の中, の令嬢, の収入, の名前, の坊ちゃん, の場合, の多く, の大学教授, の大浦市郎, の夫人, の妾, の学殖, の家, の家なぞ, の小, の居室, の思想体系, の文士, の未亡人, の欧米巡廻, の無気力, の研究, の老, の身分, の長岡博士, の高慢, は, はかねて, はこんな, はどう, はよく, は丸善, は又, は娘, は往々, は愈々, は研究発表, は米国, は納得, は青黒い, は鼻, まずとん, も来れ, も肉屋, も足, やに扮, や何, や博士, や大学生, や官展, や文学者, よ, よりも判検事, らしい長い, をお勤め, をでなく, をやっ, を中心, を思いすてた, を挙げる, を止す, を目指し, を罷免, を罷職, 某博士

▼ 大学~ (95, 1.7%)

2 ある, 同期で, 大学として, 大学らしくなった, 女子の

1 [85件] あっちに, あって, あり大学, あるかなどと, あること, あると, あるという, あるん, いくつか, いやに, この, そうである, その講義, なにか始めるだろう, まいると, また話しだした, また長崎, まだ, みずから墓穴を, もっとも年長, もっと博士, やはり博士, アカデミックに, ソヴェトに, ハーバードに, ヘイリベリに, ラジオによって, ルーズベルトを, 一様に, 云って, 今度長沙に, 何となし, 何らの, 何故結局, 何者かの, 全体として, 兵部宗勝を, 創立され, 卒業したかった, 卒業できた, 古書を, 同期であっ, 国家の, 在り幾種, 多いよう, 学問の, 学生と, 宗教的束縛から, 建設され, 建設される, 懸賞し, 払う, 持って, 描いて, 損を, 敗北した, 文化科学に, 最も恐懼, 植木鉢に, 毎年開かれた, 比較的容易, 潰滅した, 焼けたなどと, 牛の, 現われて, 癒したの, 直接に, 私に, 第一回, 第一次ヨーロッパ大戦, 結構な, 繰返え, 自然に, 芸州広島へ, 被救護者, 被爆した, 見える, 言明した, 設立された, 話しかけようと, 近くに, 迷惑する, 開放され, 飲めと, 館へ

▼ 大学病院~ (75, 1.4%)

4 に入院 3 へ入れた, を退院 2 で看護婦, へいっ, へ入院, へ通つて

1 [57件] から持っ, から離れ, での生活, でも我々, で仕上げ, で痔, で胃癌, で詠まれた, で送っ, には看護婦養成所, にも入院, に入, に入院中, に於, に這入っ, に運ばれ, に駈けつけ, のそば, のサクラ女史, のハイェク教授, の何とか, の側, の内科, の図書室, の坂口博士, の外来患者, の実習, の宿舎内, の建物, の後, の方, の産婦人科, の皮華科, の看護婦, の繁み, の裏側, の階段, の隔離室, は患者, は有る, へも出, へやって来た, へ先生, へ出, へ回送, へ時政, へ行き, へ行っ, へ行った, へ行つた, へ送っ, へ送る, へ通う, へ遙, までゆく, まで見舞い, を訪ね

▼ 大学~ (73, 1.3%)

3 で鯨 2 であると, になっ

1 [66件] から新進気鋭, がありまし, がある, がことごとく, が居る, が常に, が検, が無用, が老年, が陛下, たらざる, たるべからず, たる北田博士, だが, だそう, だという, だとも, だ非常, であった, であったけれども, であっても, である, であること, であるの, でしかも, でなかったと, でね, ではない, でもあるし, でも子供みたい, でも歌, で学習院, とくに憲法学, となっ, とならん, と称せられた, と言われ, と言葉, などと少し, にし, になった, になつて, になつて現, になる, のむれ, のやう, のよう, の中, の大, の妻, の姿, の最右翼, の無, の相手, の脳漿, の蘭山, の論ずる, の頭脳, はたいてい, は仔猫, は古い, は女, も活版職, や大人物, を大学, を引合い

▼ 大学~ (70, 1.3%)

4 幾つかの 3 いうべし, いえば 2 申す者, 高等学校の

1 [56件] いうので, いうべからず, お由, すべての, その教授, なって, ならない前, なりついに, 一ノ関とは, 一緒に, 一高と, 並べて取り扱われるべき, 中学校と, 人様よりは, 倶に, 公式の, 分れて, 劇場と, 同じよう, 同じ外見, 同じ意味, 同じ種類, 変ってからも, 外国語学校が, 対立する, 専門学校の, 専門学校を, 専門学校程度の, 帝大との, 押し出した紙, 拮抗し, 教会と, 文壇とが, 文部省とで, 斬り合って, 書いて, 次第に成人, 申しましたの, 申します, 直角に, 研究室との, 神戸商業大学とは, 立場の, 絶縁し, 縁の, 見て, 言うの, 話すこと, 農林省だけじゃ, 連絡を, 違うの, 野球試合の, 銘を, 限らず日本, 順々に, 題して

▼ 大学から~ (64, 1.2%)

2 帰って, 私の

1 [60件] お座敷が, きたの, みれば, もらって, オオドゥウの, コチラへ, ピンポンの, ベルリンへ, 一つの, 一の, 一千人近くもぞ, 下は, 会いたいと, 六マイル離れた, 出たもの, 出て, 出版される, 労働者学校に, 勘解由に, 十六人ずつ, 半マイルも, 卒業する, 博士号を, 受けられんわけ, 同学の, 名誉の, 哲学博士の, 大学院まで, 寄贈せられた, 帰つた博士は, 帰つて自分の, 帰らない, 帰る途, 帰る道, 年末賞与として, 手紙が, 教授の, 新聞にまで, 新聞社へ, 来ますとだけ, 来るかと, 林町までの, 毎年つぎつぎ, 生まれない, 発射する, 発表された, 発表されます, 私に, 程遠からぬ, 耕作部を, 見れば, 警視庁に, 贈られた博士号, 贈呈された, 追放された, 追放されはじめた, 通知が, 遠からぬ, 銀座の, 陰謀と

▼ 大学では~ (55, 1.0%)

3 何を 2 うんと圧迫, なくて, 無論又

1 [46件] いかぬから, この頃学生, させぬ, そうで, その申込, ないの, なく着いて, なぜそんな, ケインズの, 一番に, 主として講義, 今こっちから, 何の, 先生達に, 出来ない, 劇の, 医学生は, 十月から, 同級の, 吾輩の, 四年間講義を, 国力の, 国富の, 在職四十七年で, 多くの, 孤立派だったらしい, 実験室の, 平気で, 建築を, 拒絶した, 指折りだ, 数学を, 文学を, 文学史や, 植物を, 無意識的にしか, 牧野英一先生の, 理学を, 甲野さんも, 研究室という, 秀才の, 秀才やった, 経済を, 美学という, 自分で, 講師として

▼ 大学~ (47, 0.9%)

2 二年生まで

1 [45件] あるの, あるもの, あれば, いったか, このごろは, その災, そんなユウトピア, たそく, ないだから, また坪内君, 一学習年は, 一種の, 一緒だった, 一緒な, 三菱の, 上海には, 下卑た商売, 中途で, 亦次第に, 亦資本主義的, 伊達安芸に, 休みだ, 休みだった, 会員であっ, 伝染病研究所も, 何も, 出職, 医科へ, 卒業した, 商売である, 多かれ少なかれこの, 学習院も, 官立さ, 既設の, 日本精神文化研究所も, 昔の, 最後まで, 有形無形な, 東京の, 甲子園大会も, 落ちたねえ, 許嫁の, 遂に女子聴講生, 震災を, 高等学校も

▼ 大学~ (46, 0.8%)

2 専門学校の, 専門学校へ, 専門学校を, 研究所の, 高等学校に

1 [36件] そこの, その他の, わが国の, アカデミー程, カレッヂの, ゼミナールや, ベルリンで, ラテン, 一高の, 他の, 何かの, 公民講座が, 医学校なんか, 医学校へ, 各学会, 国家の, 国立図書館を, 学会から, 学校の, 学校を, 宗教学校獣医学校などの, 官省や, 実業団からの, 専門学校で, 専門学校では, 市民大学を, 植物園の, 理化学研究所で, 病院で, 病院の, 眼科医へ, 研究所という, 論語の, 農村講座が, 高等学校の, 高等文官試験の

▼ 大学~ (43, 0.8%)

4 の若い 3 のインテリ, の青年

1 [33件] だが, だという, てえ, であったか, であるのに, でない旧い, でなかったこと, でもと, でもなく, で或, として教育, と同じ, なん, なんか食えない, のお, の一人位, の人たち, の伜与之助, の初年兵, の医者, の子息, の学士, の実業家, の少壮判任官, の工学士, の支配人, の方, の智慧者, の白崎恭助一等兵, の程度, の鉱山技師, は一般, 諸植物学者

▼ 大学時代~ (41, 0.7%)

4 の友人 2 の写真, の同窓

1 [33件] からの先生, からの友人, からの友達, からの研究, からの精勤, からの親友, から大, から現実生活, とか皆特別, にかけて原抱琴, になる, には先生, には東大, には熱心, にも天鵞絨, に作った, に厄介, に同級, に求めた, に秀才, に読んだ, の一つ, の主人, の友達, の同級生, の学友, の旧師, の私, の謂わ, はあまり, は平凡, もそう, を想い起した

▼ 大学には~ (38, 0.7%)

4 いって

1 [34件] いってからも, いつて, いる, いるため, いるはず, うけいれられなかった, おん国人も, この人的, この数年間日本, そういう講座, その初, どこにも, どっさり中国, ひつた, ひつて, よくある, ツツガ虫を, モンゴリヤ人だけでも, 世界各国人の, 八ヶ国人の, 大学新聞と, 教養学部と, 数人の, 月千五百円つかう, 植物学者が, 樹木が, 永くいたい, 物理や, 石版用の, 英仏独の, 英語を, 軍事学の, 這入ること, 雪氷永久凍土研究会

▼ 大学でも~ (34, 0.6%)

3 卒業した

1 [31件] かねがね招びたく, こうした講義, そう優遇, なければ, みんなが, やって, よい方, ポールの, 不始末, 今後一切陸軍の, 似たよう, 兵営でも, 出て, 卒業したら, 吾輩の, 夏季大学式の, 大抵の, 婦人の, 属して, 役員は, 待って, 御卒業, 持てあましたほどの, 政事や, 文献学的, 書物好きの, 有名な, 純粋文学を, 読むが, 読めば, 騒動が

▼ 大学まで~ (34, 0.6%)

2 卒業した, 歩いて

1 [30件] ある, いける貧乏人, すすんだ人, すべて共学に, ただ満員電車, つづけたらよかろ, もやって, やらせたい, やること, やると, 一キロだ, 何とかやれる, 入った事ゆえ, 労働者にとっては, 同じ級, 噂を, 学生の, 寄宿舎は, 思うさえ, 曳いて, 来るが, 行けるよう, 行ける予定, 行ったという, 行って, 行っても, 行つたそうだ, 行つてこの, 補給に, 車で

▼ 大学教育~ (28, 0.5%)

1 [28件] がすなわち, がなぜ, が初め, が講義, だの上品, では学問, で学問, というもの, によっても得られない, に於ける, に相当, に限った, の任務, の本然, の統制, の過程, は広い, まで受け, まで受け得る, もそう, をうけ, を云云, を受, を受け, を受けた, を受けなかった, を受け得, を離れ

▼ 大学~ (23, 0.4%)

1 [23件] からきい, から修理, が休講, が引証, が書い, が膝行, たる, と直談, など列座, にし, になる, のところ, の徒士, の御, の申し分, の鈴なり, は世々大学頭, は前記, は直ぐ, もたまらず, より出したる, をし, を戴い

▼ 大学という~ (19, 0.3%)

2 人は, 政治的制度の

1 [15件] ところで, ところを, ものに, ものも, フンイキに, 人物は, 名ばかりで, 国家機関の, 大名の, 大学から, 役人の, 所は, 方は, 書を, 本の

▼ 大学における~ (15, 0.3%)

1 [15件] アリストテレスの, 剣術の, 医学生の, 学問研究の, 彼の, 彼れ, 教師保証人らが, 教育もしくは, 最初の, 法律の, 法理学の, 若干の, 講演を, 講義にも, 運動部の

▼ 大学へは~ (14, 0.3%)

2 いるよう

1 [12件] いったんでしょう, いつも夫人, いるに, いるまでに, いる前, いる時, いる迄は, 入れて, 入学を, 罵倒脅迫の, 行かず家, 行かないで

▼ 大学予備門~ (14, 0.3%)

2 の入学試験, へ入る 1 で習うた, にいた, にはいる, に入, に入る, に通, の受験科専門, の教師, の試験, へ入れた

▼ 大学にも~ (12, 0.2%)

2 入ること 1 ないと, われに, 今年は, 入らなかった, 出かけなければ, 分科させない, 神学部を, 芸術を, 負けないでしょう, 関係が

▼ 大学~ (12, 0.2%)

2 で教えられた 1 における佐野教授, にはたいてい, には八十歳前後, に常時低温研究室, に於, に自治運動, のその, の一室, の神学部, を歩い

▼ 大学出身~ (12, 0.2%)

1 [12件] だからと, であった, でなく参謀本部, では約, で東京日本橋, のフェノロッサ, の中尉, の医学士, の女, の学士, の矢田部教授, の高官たち

▼ 大学での~ (11, 0.2%)

2 講義が 1 実験の, 氏の, 演習においても, 研究が, 臨床材料として, 講義の, 講義を, 貝その他の, 責任仕事として

▼ 大学リーグ戦~ (11, 0.2%)

1 [11件] だという, である, ではなく, というもの, と云っ, と違う, などにならない, に外, は早慶戦, も今年, 実は早慶二大学リーグ戦

▼ 大学卒業生~ (11, 0.2%)

1 [11件] が文官試験, じゃない, であつ, などに及ばない, によって経営, の団体, の実力, の成績表, の相場, は農村, や大学生

▼ 大学~ (11, 0.2%)

1 [11件] が四年, と中学部, になれ, に五年間, に入っ, の学生, の成立, の為め, の生徒, を併せ, を卒業

▼ 大学卒業~ (10, 0.2%)

2 の学士 1 に近い, の文学士, の新, の永井嬢, の理学士, の直前, までも休み, までやっ

▼ 大学図書館~ (10, 0.2%)

2 の蔵書 1 などでは生徒, にある, につとめ, に預託, のため, の本, はよく, ヲ公開スル事

▼ 大学総長~ (10, 0.2%)

1 から貰うた金, がつとまる, といふタイトル, になっ, の, の愛嬢, の邸宅, の顔, はいつも, や王立協会会長

▼ 大学当局~ (9, 0.2%)

1 から辞表, がそういう, が助手, が無理, が矢田部良吉教授, では老, はなに, は勿論, は私

▼ 大学法案~ (8, 0.1%)

2 に反対 1 が出され, というもの, と云い, にすべて, に関する問題, は日本

▼ 大学講師~ (8, 0.1%)

1 とし, としては異例, として宮本, として更に, なんかに停年, の停年, の職, を辞任

▼ 大学その他~ (7, 0.1%)

2 へこの 1 から締め出し, に依存, に新設, の官立公立, の高等教育機関

▼ 大学へも~ (7, 0.1%)

1 それほど遠く, 入れてやら, 出ました, 落着い, 行かせるといふ, 行け, 行った

▼ 大学構内~ (7, 0.1%)

1 の地下室, の池, の空地, の青い, は美しい, を包む, を抜け

▼ 大学~ (7, 0.1%)

2 の手 1 が浄智寺, であらう, などを眺める, にあちこち案内, の訳

▼ 大学自身~ (7, 0.1%)

1 が中世的封建大学, が推薦, が武部氏, として計り, にとって野球部, の理論的進歩, もどんなに

▼ 大学からの~ (6, 0.1%)

1 とくべつな, 報告が, 帰りには, 帰途アイリスを, 帰途街で, 招聘を

▼ 大学からは~ (6, 0.1%)

1 なんともいっ, なんの, のちの, 口髯を, 柳原吉次氏の, 現場付近で

▼ 大学ノート~ (6, 0.1%)

2 を入れ 1 と同じ, に明らか, に線, をお

▼ 大学~ (6, 0.1%)

1 でも屈指, で一番, にはサンスクリット, にも神学部, に壮大, に神学部

▼ 大学~ (6, 0.1%)

1 が改革, が発布, に国家, の改正, の改正委員, 第四条

▼ 大学専門学校~ (6, 0.1%)

1 で戦争中教壇, などではさまざま, の収容学生, の教授, へだった, を卒業

▼ 大学教授たち~ (6, 0.1%)

1 が雑談, に怒られる, の住む, の生活難, はこういう, は泥沼

▼ 大学生活~ (6, 0.1%)

1 と自活生活, の三年間, の中, を私, を終, を終った

▼ 大学~ (6, 0.1%)

3 一回の 2 二医院の 1 二医院に

▼ 大学紀要~ (6, 0.1%)

1 となり, に出した, の一部, の二十八巻, 並びに数物会記事, 第一

▼ 大学である~ (5, 0.1%)

1 がここ, がとにかく随分, がもうどうにも, とある, アカデミーは

▼ 大学とは~ (5, 0.1%)

2 公に 1 そこで, 仁義は, 同学の

▼ 大学に対して~ (5, 0.1%)

1 どんな気持, 勧告の, 持つ尊敬, 旗を, 経済的な

▼ 大学乃至~ (5, 0.1%)

1 は医学部, 各種専門学校出身者である, 学校当局又, 専門学校に, 専門諸

▼ 大学~ (5, 0.1%)

2 からは終始 1 からは若林学部長, では大勢, の主張

▼ 大学助手~ (5, 0.1%)

1 になり, に任, に成り, の越智, を拝命

▼ 大学及び~ (5, 0.1%)

1 二三の, 其の他, 各種の, 国学の, 文部省の

▼ 大学新聞~ (5, 0.1%)

1 と新聞, の座談会, は廃刊, は次第に, をひっぱり出し

▼ 大学植物学教室~ (5, 0.1%)

2 の職員達 1 に勤め, の大久保三郎君, の小泉源一博士

▼ 大学正門前~ (5, 0.1%)

2 のパン屋 1 で, にパン屋開業, へ来る

▼ 大学程度~ (5, 0.1%)

1 の学問, の授業, の教育, の神学部, までの新しい

▼ 大学通り~ (5, 0.1%)

1 の, のホテル, の古本屋, を一緒, を走っ

▼ 大学~ (4, 0.1%)

1 どこかに, 何かへ, 大学なんか, 順天堂へでも

▼ 大学だって~ (4, 0.1%)

1 そうです, その内容, 少佐に, 眼が

▼ 大学です~ (4, 0.1%)

21 かね病院, からねえ

▼ 大学として~ (4, 0.1%)

2 開展を 1 要求される, 高等師範を

▼ 大学~ (4, 0.1%)

2 んだ 1 のである, ので助手案

▼ 大学において~ (4, 0.1%)

1 のべましたとおり, 同大学, 法学教育の, 講ぜられた彼

▼ 大学へでも~ (4, 0.1%)

1 はいるつもり, 何処へでも, 入れて, 通って

▼ 大学への~ (4, 0.1%)

1 入学は, 就職を, 留学を, 道では

▼ 大学までの~ (4, 0.1%)

2 学資を 1 同窓であった, 通勤が

▼ 大学よりも~ (4, 0.1%)

2 寧ろ男大学 1 もっと響い, 燕京大学や

▼ 大学~ (4, 0.1%)

2 条兵庫古内主膳 1 博士ででも, 工場の

▼ 大学~ (4, 0.1%)

1 がのっ, のかわり, をのせる, を被り

▼ 大学~ (4, 0.1%)

1 の前, の御, の手重い, や山本槇太郎様

▼ 大学病院長~ (4, 0.1%)

4 のサクラ女史

▼ 大学~ (4, 0.1%)

1 に山岳部, の主義, の教師, を参観せり

▼ 大学記者~ (4, 0.1%)

1 が男尊女卑, の一私言, は是等, も余程

▼ 大学講義~ (4, 0.1%)

1 がラジオ放送, の一部分, の大衆的解放, の放送

▼ 大学附属~ (4, 0.1%)

1 のその, の寄宿舎, の寄宿舎暮し, の火葬場

▼ 大学附属病院~ (4, 0.1%)

1 でいろんな, の生活, の看護婦, へ入っ

▼ 大学あたり~ (3, 0.1%)

1 の専門家, の道徳専攻, の高等教育

▼ 大学および~ (3, 0.1%)

1 その他の, その他講壇の, 実科師範校を

▼ 大学すなわち~ (3, 0.1%)

2 今の 1 ユニバーシティーは

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 からいい, からってあんなに, ものと

▼ 大学などでは~ (3, 0.1%)

1 一種の, 到底学び取る, 殆ん

▼ 大学などに~ (3, 0.1%)

1 保管を, 籍を, 至っては

▼ 大学などは~ (3, 0.1%)

1 あまり便利, その典型的, 生活や

▼ 大学なんか~ (3, 0.1%)

1 こ, では, 復活する

▼ 大学なんて~ (3, 0.1%)

1 あるもん, なんだい, 別々に

▼ 大学においても~ (3, 0.1%)

1 学科の, 明治十九年以来憲法なる, 著名の

▼ 大学へと~ (3, 0.1%)

1 彼の, 続く学生生活, 進み下町

▼ 大学らしい~ (3, 0.1%)

1 ネオ, 個性尊重も, 大学に

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 二年生デ, 入学試験よりも, 整形科ノ

▼ 大学予科~ (3, 0.1%)

1 の解散, は解散, を終

▼ 大学二年~ (3, 0.1%)

1 のころ, の夏休み, の学識

▼ 大学出身者~ (3, 0.1%)

1 であった, の約, を記者

▼ 大学刮目~ (3, 0.1%)

1 に序, に自序, の訓点

▼ 大学医学部~ (3, 0.1%)

1 が下谷, の全景, の実験動物飼育室

▼ 大学医科~ (3, 0.1%)

1 にもう, のラブ・ファク, の労働者科二年生

▼ 大学医科大学~ (3, 0.1%)

1 なんて別々, の別科生, の教職

▼ 大学卒業式~ (3, 0.1%)

1 にあたって陛下, にし, を熾

▼ 大学卒業後~ (3, 0.1%)

1 の十数年間, まだ間, までもいつも

▼ 大学卒業者~ (3, 0.1%)

1 の就職, はその, も文部

▼ 大学博物館~ (3, 0.1%)

2 のため 1 の為

▼ 大学官制~ (3, 0.1%)

1 に対する純然, の内, 第一条

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 なもの, のキチョウメン, の庶民向き

▼ 大学文科~ (3, 0.1%)

1 に学び, の頃, の顧問

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 から送っ, へ渡した, を訪れました

▼ 大学方面~ (3, 0.1%)

2 で悪口 1 に関聯

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 から早稲田, と向い合っ, の学僧たち

▼ 大学法医学教室~ (3, 0.1%)

1 の一隅, の奥田教授, の硝子窓越し

▼ 大学法医学部~ (3, 0.1%)

1 の, の怪火事件, の私

▼ 大学法学部~ (3, 0.1%)

1 に入りし, に別課, の若い

▼ 大学物理学科~ (3, 0.1%)

1 の二年生, の聴講生, の課目

▼ 大学理学部~ (3, 0.1%)

2 の植物学教室 1 に入る

▼ 大学理学部植物学教室~ (3, 0.1%)

1 では何十年以来植物, の学生, を去る

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 で助手たち, には日本人留学生, の一つ

▼ 大学英文科~ (3, 0.1%)

1 にはいり, の助教授宮坂, 御在学

▼ 大学評論~ (3, 0.1%)

1 の第, は昨日, 及び新

▼ 大学~ (3, 0.1%)

1 とでもいう, など唱え, は実は

▼ 大学講座~ (3, 0.1%)

1 としての役割, を捨て, を開く

▼ 大学関係~ (3, 0.1%)

1 である, の学者たち, の知人

▼ 大学ぐらい~ (2, 0.0%)

1 でて, 卒業した

▼ 大学さん~ (2, 0.0%)

1 さ, へ云っ

▼ 大学だけ~ (2, 0.0%)

1 では, 受けること

▼ 大学だけは~ (2, 0.0%)

1 卒業し, 是非出

▼ 大学であった~ (2, 0.0%)

2 がまだ色々

▼ 大学であり~ (2, 0.0%)

1 そこの, または一艘

▼ 大学とか~ (2, 0.0%)

1 博物館とかを, 研究所とかいう

▼ 大学とかの~ (2, 0.0%)

1 団体に対して, 家庭用書の

▼ 大学としても~ (2, 0.0%)

1 珍しいこと, 珍らしい

▼ 大学との~ (2, 0.0%)

1 二校に, 縁は

▼ 大学などで~ (2, 0.0%)

1 婦人の, 学内自治の

▼ 大学などへ~ (2, 0.0%)

1 入学し, 行くと

▼ 大学などを~ (2, 0.0%)

1 尻目に, 転々し

▼ 大学なる~ (2, 0.0%)

1 も実際, 武士は

▼ 大学なれ~ (2, 0.0%)

1 とカアライル, ば其所論今日

▼ 大学にては~ (2, 0.0%)

1 法科の, 総計一千十三名の

▼ 大学にとって~ (2, 0.0%)

1 極めて重大, 特異な

▼ 大学に対しては~ (2, 0.0%)

1 ちっとも未練, 民間私学は

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 出た人, 出る

▼ 大学より~ (2, 0.0%)

1 後れて, 派遣せる

▼ 大学らしくなった~ (2, 0.0%)

2 のも

▼ 大学を以て~ (2, 0.0%)

1 しても, 響いて

▼ 大学一味~ (2, 0.0%)

1 の, の無頼漢

▼ 大学一年生~ (2, 0.0%)

1 のとき, の時

▼ 大学一年級~ (2, 0.0%)

1 のとき, の折

▼ 大学一高~ (2, 0.0%)

2 の先生方

▼ 大学三年生~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 大学付近~ (2, 0.0%)

1 でこの, は今

▼ 大学以上~ (2, 0.0%)

1 になる, の壮観

▼ 大学以外~ (2, 0.0%)

1 の物, の職場

▼ 大学便覧~ (2, 0.0%)

1 の上, を出し

▼ 大学信盛~ (2, 0.0%)

1 の舎弟, は愛知郡山崎

▼ 大学先生~ (2, 0.0%)

1 からだいじな, の甘

▼ 大学全体~ (2, 0.0%)

1 が研究全体, 否世界中

▼ 大学其の~ (2, 0.0%)

2 他の

▼ 大学分院~ (2, 0.0%)

1 のそば, の坂

▼ 大学切っ~ (2, 0.0%)

1 ての堕落書生, ての謹厳剛直

▼ 大学初期~ (2, 0.0%)

1 の卒業者, の若い

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 から一直線, に店

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 綜理の, 総長の

▼ 大学医学部精神病科本館~ (2, 0.0%)

1 というの, の裏手

▼ 大学卒業前~ (2, 0.0%)

1 から話, に少し

▼ 大学卒業前後~ (2, 0.0%)

1 に読み, の向上期

▼ 大学卒業間際~ (2, 0.0%)

1 に肺病, まで完全

▼ 大学又は~ (2, 0.0%)

1 図書館協会或は, 専門学校の

▼ 大学史学科~ (2, 0.0%)

1 のケーポ・デ・リアーノ教授, の教授ケーポ・デ・リアーノ

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 がその, の如き

▼ 大学四年~ (2, 0.0%)

1 の間, または五年

▼ 大学在学中~ (2, 0.0%)

1 からシェークスピア, に学生

▼ 大学在学当時~ (2, 0.0%)

1 の白鷹氏, の着想

▼ 大学在学時代~ (2, 0.0%)

1 でそれから, にプレトオ

▼ 大学地震研究所~ (2, 0.0%)

1 におけるあらゆる, をはじめ中央気象台

▼ 大学学位授与式~ (2, 0.0%)

1 に列席, の挙

▼ 大学学長~ (2, 0.0%)

1 にまで昇格, を相手取っ

▼ 大学寄宿舎~ (2, 0.0%)

1 に居た, は男女学生一緒

▼ 大学工学部~ (2, 0.0%)

1 の聴講生, の電信科

▼ 大学式婦道~ (2, 0.0%)

2 をその

▼ 大学擁護~ (2, 0.0%)

1 の一大講演会, の運動

▼ 大学教官~ (2, 0.0%)

1 となっ, となった

▼ 大学教室~ (2, 0.0%)

1 が十二時すぎ, のセット

▼ 大学教授レイスネル~ (2, 0.0%)

1 の娘, の家庭

▼ 大学教授達~ (2, 0.0%)

1 によって行なわれるべき, よりも又

▼ 大学時代私~ (2, 0.0%)

1 は一年, は書物

▼ 大学書林~ (2, 0.0%)

1 のとがなかった, は一年一回

▼ 大学本校~ (2, 0.0%)

1 となり, 少博士

▼ 大学本部~ (2, 0.0%)

1 に到り, へ食糧補給

▼ 大学植物園~ (2, 0.0%)

1 などへも大学, へいった

▼ 大学正門~ (2, 0.0%)

1 の銀杏並木, を出

▼ 大学殿~ (2, 0.0%)

1 が家門断絶, のお

▼ 大学滞在中~ (2, 0.0%)

1 の宇宙学者長良川博士, の長良川博士

▼ 大学男女学生~ (2, 0.0%)

1 が教育防衛復興闘争, が赤色学生連盟

▼ 大学発行~ (2, 0.0%)

2

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 な通用性, に説明

▼ 大学眼薬~ (2, 0.0%)

1 のお爺さん, の眼鏡

▼ 大学研究室~ (2, 0.0%)

1 のいろいろ, の助手

▼ 大学研究所~ (2, 0.0%)

1 から僅か, で会った

▼ 大学精神病科~ (2, 0.0%)

1 の入院患者, の教授室

▼ 大学綜理~ (2, 0.0%)

1 のドクタア加藤, の手紙

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 といった風, の喫茶店

▼ 大学設立~ (2, 0.0%)

2 の計画

▼ 大学講堂~ (2, 0.0%)

1 の前, の裏

▼ 大学赤門前~ (2, 0.0%)

1 から三丁目, で

▼ 大学近く~ (2, 0.0%)

1 のアパアトメント, の群庶軒書店

▼ 大学造船科~ (2, 0.0%)

1 が設計, にその

▼ 大学選科~ (2, 0.0%)

1 に通い, も無事

▼ 大学~ (2, 0.0%)

1 も塀, を中心

▼ 大学部内~ (2, 0.0%)

1 に何, の奴

▼ 大学附近~ (2, 0.0%)

1 の並木路, の建物

▼ 大学音楽会長~ (2, 0.0%)

1 が手紙, のシュルツ氏

▼1* [404件]

大学あらずまたこれ, 大学ありそのほか一, 大学ありしところに, 大学あるいは諸所, 大学いたって多し, 大学からも神経病学と, 大学くらいまでの孤児を, 大学こそ往昔アベラアルが, 大学じゅうにひろがっ, 大学その他専門学校で物理実験, 大学その他重要な建物全焼, 大学その他高等海員向きの女, 大学その間の思ひ, 大学それ自身の発展, 大学だけでも他の, 大学って処は, 大学であっても文化技術, 大学であろうと官立, 大学でしたし, 大学でですしかし卒業, 大学といふ課程は, 大学とかに出て, 大学とても皆が, 大学ともにともに机を, 大学とやらを引いて, 大学どのげんざい江戸家老の第一人者, 大学どの達も一挙, 大学なかでも帝大と, 大学なかなか卒業出来んらしいです, 大学なかりし時代に, 大学なぞへも出入り, 大学などが出た時期, 大学などでも明治時代の, 大学などと銘を, 大学などとは全く趣き, 大学などにはたくさんいる, 大学などもある, 大学ならいいの, 大学なりそれぞれの, 大学なんかで聞く文学, 大学なんかに行って, 大学なんかはひどく気さく, 大学なんかへ入学できた, 大学なんかもみんなすまし, 大学なんぞ切りあげて, 大学なんぞへ来るよりは, 大学においてさえ使って, 大学においては勿論, 大学にかけての時期を, 大学についてちょっと説明, 大学についての知識は, 大学につき奇異なる, 大学にて銃丸の, 大学にてもその点, 大学にでもいらっしゃいますの, 大学によって違うらしいが, 大学に対し閉門を, 大学はじまつて以来, 大学ばかりじゃないん, 大学ひとりではない, 大学へかさもなければその, 大学へなど行きたくなかったん, 大学へなんぞはいつたん, 大学へはと聞けば, 大学へまで行って, 大学までとも志して, 大学まではほんの眼, 大学までを順序よく好, 大学みたように, 大学やの前途を, 大学が戦死, 大学われより一時先, 大学をすら官僚の, 大学アカデミーは文化的技術, 大学アカデミー機能の精, 大学オペラ新古の両, 大学ギルドの内, 大学スタンフォード大学加州及びマサチュセッツ, 大学チームが勝敗, 大学ニ滞在中デアル, 大学ノート二冊買う, 大学フランス部の学生, 大学ブラヂルの首都, 大学ブラヂル国よりシヤールゲラン, 大学プリンストンの寄宿舎, 大学持ッテ帰ッテ専門, 大学ボート部に入りました, 大学リーグ戦加盟の大学, 大学リーグ早稲田法政を3対0, 大学ルーイス博士によって重水素, 大学レニヱーの著, 大学一ヵ寺でやる, 大学一一八校の学生たち, 大学一年の夏そこ, 大学一般の学術, 大学去の, 大学三年のとき, 大学三年予備門五年と云う, 大学三郎梅幸の娘妙, 大学中博士であり三輪田, 大学中学小学などという学校, 大学中学高等女学校等の俊秀, 大学中途の秀才, 大学中途退学の青年, 大学中青山君が私, 大学予備科の教授, 大学予科生なる私ども, 大学事件がやかましかっ, 大学二年生であったが, 大学云々というの, 大学五六枚も覚えし, 大学付属の小石川植物園内, 大学付属図書館に蔵する, 大学以下各種の学校, 大学以来の朋友, 大学以来十何年間それを持ち続けた, 大学仲間で変りズボン, 大学修業の為, 大学僧侶の学禄, 大学入学の資格, 大学入学受験者の準備, 大学入学資格試験の準備, 大学入校までこの, 大学入門の事, 大学内大成殿に仮館, 大学内部秘中の秘, 大学出みたいな感じ, 大学出仕を仰せ付けられた, 大学出版物への執筆, 大学出版部から出した, 大学出身者中で文学士, 大学函館分校の学生諸君, 大学分校の授業, 大学刮目洗心洞剳記同附録抄, 大学創立の三週年記念祝賀会, 大学創立二十五年記念祭の折, 大学加州及びマサチュセッツ, 大学義清等の, 大学助手ニ承ケ植物学, 大学助教授のマジメ, 大学助教授ドヨオジヒ氏の言つて, 大学助教授入沢達吉等古河の手, 大学助教授細木同教授大里, 大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 大学助教授長岡宗好はすでに, 大学化学実験室辺から火, 大学区内の聯合教育会, 大学医学部教授片田博士である, 大学医学部法医学教室に到着, 大学医学部精神病科教室の教授, 大学医学部精神病科教授医学博士正木敬之氏で御座います, 大学医学部裏手馬出浜水族館附近の海岸, 大学医学部長若林鏡太郎君の名著, 大学医学部附属病院整形外科病室第N号室, 大学医科三年生が男女六人医師, 大学卒業以来大学の教授, 大学卒業医学士であったところ, 大学卒業当時まで引きつづき, 大学卒業後一部の学生, 大学卒業後半年ばかりにし, 大学卒業後池野は滅多, 大学卒業後農事に身, 大学卒業生杉氏は統計局, 大学卒業程度の語学力, 大学協会のレジデント, 大学協議会をもっ, 大学に飯坂出雲, 大学南米よりレニヱー, 大学博物館等を一覧, 大学即ち財閥を, 大学参観記で私, 大学古内肥後大条兵庫, 大学史学の大, 大学史料編纂官和田英松というお, 大学高等学校男女各, 大学君訳ジユウル・ロマンの, 大学に富んだ, 大学哲学科卒業後引続き今日, 大学喜句の章, 大学図書館以下いろいろの, 大学在学中オスカア・ワイルド及びバアナアド・ショウ, 大学在学中二三度松山に帰省, 大学在学当時以来すこぶる眤懇, 大学在学生総数約二百人, 大学地下講堂にて, 大学地理学教室へ御, 大学地震学科学生某氏は市内二か所, 大学地震研究所員数名が峯, 大学の学生, 大学へ駆逐, 大学奉職中の同僚, 大学女孝経等をもらつた, 大学学校外教育部には, 大学学生だよ, 大学学生中の話, 大学学生古橋広之進が四〇〇メートル自由型, 大学学生四五名とこれ, 大学学生年中行事の幹事, 大学実験室と工場, 大学寄宿舎生活についての討論, 大学専用の火葬場, 大学専門学校卒業生達を数えなけれ, 大学専門学校在学一八・一%等である, 大学専門学校等の周囲三百米, 大学丞であった, 大学も商売, 大学山際的アンチャン連に至る, 大学工科卒業生たるの, 大学左京飯尾近江などにも会うたら, 大学師範科の教頭スミス博士, 大学幹事坂部少将から熱心, 大学弁論科首席の, 大学当事者は心がけ, 大学当局者達の遺憾, 大学志望の学生たち, 大学志願で試験準備, 大学怒ったので, 大学慈善会等各方面, 大学或は他の, 大学拡張に伴随, 大学拡張巡回文庫の由来, 大学擁立のこと, 大学救護隊の腕章, 大学教室講義はラジオ, 大学教師の名刺, 大学教授これらの人々, 大学教授アンダーソン氏と同居せり, 大学教授オンネス氏はついに, 大学教授ダッタ氏が印度, 大学教授ネエケはフリイデリケ, 大学教授パペーズ博士の依頼, 大学教授ブラウンセカールと講師シオ, 大学教授ベケル及びハマライネン, 大学教授ホオルコツプ氏のオラチウンクレエ・デ・レエブス・プレテリチス, 大学教授リュウ・ツシゴウル氏が説明, 大学教授ローマ法王文壇の大家, 大学教授ヴィットコップによって, 大学教授中の, 大学教授何なに博士に相違, 大学教授兼新聞記者といふ肩書, 大学教授加茂正雄君昨年露国駐剳大使館一等書記官, 大学教授医学博士で九州大学病院, 大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 大学教授夫人の方, 大学教授式の哲学概念, 大学教授日張半平博士を訪ね, 大学教授日本文学に精しい, 大学教授横井時敬同長岡宗, 大学教授法学博士に嫁, 大学教授法学博士市村光恵氏は憲法学者, 大学教授潮見博士がこの, 大学教授理学博士小藤文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 大学教授理学博士矢田部良吉という歴, 大学教授矢内原氏の知性, 大学教授研究所員工場技師蔵書家名人家元などという連中, 大学教授級が十二級, 大学教授藤沢利喜太郎編纂の教科書, 大学教授輩の思想, 大学教授連を二十二カ町村, 大学教授連盟とかいう自分, 大学教授長谷川謹造先生はヴエランダ, 大学教育全体に於ける, 大学教育教授の学的確信, 大学教育機能がある, 大学教育機関として発達, 大学教育高校教育義務教育の各々, 大学数学教授でケンブリッジ大学数学学位試験一級及第者, 大学数学教授マジャーエフ博士の, 大学数授何殿も国家, 大学文学部において, 大学文政学部土俗学教室の一隅, 大学文科三年生の一夫, 大学文科大学医科大学なんて別々, 大学新卒が普通四級, 大学新聞研究が数年前之, 大学日本銀行停車場等も廃滅, 大学昇格資金に金壱百円, 大学昌平黌聖堂の森, 大学時代三年間における私, 大学時代下宿して, 大学時代彼の同級生, 大学時代恋愛時代それから結婚時代, 大学時分非常なすぐれた成績, 大学書庫は慶応大学, 大学書林のはついたでしょう, 大学の着, 大学木曜日には文章規範, 大学本来の任務, 大学本校跡を東京師範学校, 大学本科の専門講義, 大学朱熹章句で行く, 大学東京美術学校個人では細川侯爵, 大学東校となっ, 大学梅田雲浜等と共に, 大学梶山英二理学士の調査, 大学可成, 大学植物園帝国図書館まるでもう無我夢中, 大学植物学研究室へ御, 大学構内耐震家屋のそば, 大学の暗い, 大学機関誌は極度, 大学正課にはない, 大学正門あたりなん, 大学正門内の並み木, 大学氏訳の, 大学法医学教室屍体解剖室内の奇怪事, 大学法学教授法学博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 大学法案二十七名の中立的, 大学法案反対の場合, 大学法科出の新, 大学法科大学の学科改正, 大学は或, 大学の訓育, 大学浄化の運動, 大学潰滅の悲報, 大学りである, 大学煙草が三本, 大学くなった, 大学理学部植物科を卒業, 大学理学部物理教室の自室, 大学理学部長の五島清太郎博士, 大学理科の卒業生, 大学病院寄りの電車道, 大学病院小児科の隔離室, 大学百景といったよう, 大学的主義を排し, 大学的女房は形式上, 大学的良妻賢母主義がなぜ, 大学盛重は徒ら, 大学相当の講義, 大学眼薬福助足袋稲こき親玉号, 大学神学博士アンリ・ピュジェー閣下によって十八世紀, 大学福岡医科大学と申しました, 大学私論とは私大学論, 大学精神病学教室の, 大学精神病学教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 大学精神病科教室にキチガイ博士, 大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 大学精神病科本館講堂のボールド, 大学経済学部に籍, 大学経済部に依頼, 大学総理で有名, 大学総長たちはそれ, 大学総長ハ講師ヲ嘱託スルコトヲ得, 大学総長仲間といふ, 大学総長浜尾氏の邸, 大学総長理科大学長, 大学総長真野文二博士は先年日比谷, 大学総長等の招待, 大学者たちの力, 大学者丈あって, 大学者尤憲法学に有名, 大学者連の十数名, 大学耳鼻科へ担ぎ込ん, 大学耳鼻科出身の後輩, 大学聴講のこと, 大学育ちであり一方, 大学英文学の卒業生, 大学英文科一年の学生服, 大学英文科評判の才媛, 大学行きを止めました, 大学でよほど, 大学裏海岸を通りかかった, 大学西条八十の両君, 大学規則および同年閏十月, 大学規定は大学生, 大学設定基準に関する全, 大学設立基準の研究, 大学設置案が全国師範学校長会議, 大学評論並に新, 大学課程は全廃, 大学教授の, 大学財政の窮乏, 大学財閥の経営, 大学蹴球争覇戦が中部地方, 大学蹴球試合の当日, 大学蹴球部の部長, 大学農学部の佐々木喬農学博士, 大学通いは長い, 大学通信教育部または州立図書館, 大学造船学科へ入学, 大学に話し, 大学連合会三九校私立専門学校協会一七九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 大学過重の弊, 大学選手の五年振り, 大学部三年の学生, 大学鉄門前の下宿上条, 大学関係者であったとは, 大学附属内科の婦人部, 大学附属図書館のごとく, 大学附属地震研究所の設立, 大学非難のこと, 大学頭以下五人の役人, 大学頭林家より参りました, 大学頭範雄の三男, 大学に育てられ, 大学飯尾近江守只今討死と告げる, 大学と相, 大学高等中学校からはては, 大学高等地理学院を主幹, 大学高等学校の付近, 大学高等学校小学校とそれぞれ, 大学高等工業学校高等学校等の教職, 大学麦酒会社博物館デンマーク人の農場