青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名 大名~ 大和~
大地~
~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~ 大尉~

「大地~」 1926, 21ppm, 5532位

▼ 大地~ (466, 24.2%)

9 根を 8 手を 7 両手を 6 膝を 5 坐って, 落ちて, 身を, 額を 4 どうと, 崩折れ, 立って, 脚を 3 向って, 根が, 根の, 足を, 釘づけ

2 [27件] いこふ, すわって, たたきつけた, つきさ, ひれ伏した, ふれること, メリ込む, 両足を, 入って, 坐ったまま, 崩折れた, 崩折れました, 平伏して, 斃れ伏す, 根ざして, 横はる, 涙するとき, 突きさ, 突き立てて, 立った, 結ばれて, 繋がれて, 腰を, 落ちた, 觸るる, 跪いて, 顔を

1 [331件] あいて, あるこの, いたずく人々, うごき馬蠅, うずくまった, うちつけながら, うつる山, おちたところ, おちて, おり立ったよう, かしこまって, からだを, きりきりと, くいこんだ大石, こすりつけて, こづかれた高氏, こぼれ出して, ごろ, ごろりと寝そべっ, しかと足, しがみついたため, しっかりと, しみ徹る自在無礙, しみ込んで, じかに跣, じっと坐っ, じっと掌, すてた, すわるすゝきのひかり, そそぐ春雨, そのま, た, たたきつけたその, たたきつけ吉岡伝七郎, つかぬよう, つかまって, つきては, つきました, つき立って, つくやいなや, つけた時, つけてないて, つけ袴, つばを, ない, ぬいつけた小刀, ぬかずくもの, ねるの, のこる, のめり込みさうに, はびこって, はりついて, は種仕掛けは, ひきすえた, ひきすえられお, ひざまずいた, ひざまずいたので, ひざまずいて, ひざまずき伊那丸, ひざまずき日本流, ひざまずき涙, ひしとな, ひびいて, ひびくばかりに, ひれふしたと, ひれ伏しすべて天意, ひれ伏して, ふかぶかと根ざした, ふみしめたまま, ふる如し, ぶつかったの, へたばらされて, へばりつこうと, へばり付いて, べたと, ぺたりと額ずい, まみれつつ, むかって, むすびついて, めぐりただよ, めりこんだ, めり込んで, わが体, カチ, ハアハアと, バウンドした, パツと, ヘクトール兵車より, ヘタヘタと, ペタと, 一廓の, 一時木の葉の, 一滴し, 並びまして, 並び夢みて, 二三寸も, 人間が, 仆れ, 他の, 伏して, 伏すを, 伏す伏しつつ, 何か, 俯瞰した, 倒されながら, 倒れた, 倒れ伏す, 倒れ伏す彼, 倒れ俯, 倒れ膝, 倚つて立つ, 僵れ, 光って, 再び立, 冬の, 凍りつけたよう, 刺さるこ, 刺さる鋭, 即して, 双手を, 取って, 取組む農民, 叩きつけた, 叩きつけられて, 叩き付けた為め心臓, 叩き付けて, 向いわが, 向けて, 吸いこまれてでも, 吸いついた, 吸いついて, 吸い付けられたよう, 吸われて, 吹いて, 呻いて, 喝と, 噛りつい, 固まりかけて, 土下座し, 坐った, 坐ってかの, 坐つて, 坐つて肩先, 坐り直した, 坐り直し禁門, 坑を, 埋けて, 埋めるか, 堅く足, 墜ちる音, 墜つるを, 多くの, 大きな穴, 大砲の, 天蓋を, 委せられて, 寝て, 寢て, 寢ても, 尻餅を, 展べて, 岩石でも, 崩れました, 崩れ坐った, 崩折れる, 巨木は, 己れ, 帰られるの, 平たくなっ, 平つく這っ, 平伏した, 座った, 座りこんだ, 座りながら, 座り込んで, 延びたの, 弓なりに, 引いて, 引かれて, 引きずり下ろし潔癖, 引っくり, 張って, 強い日, 強き手を, 戰車おりたち, 戸板を, 手ひどく叩き付けられた, 打ちつけつ, 打ちは, 打ち入ったり, 打つけ, 打斃, 払ひ戻す, 托した杖, 投げつけた, 投げつけつやがて, 投げつけられて, 投げ付せられて, 投げ伏せる, 投げ出して, 投げ捨てた時, 投ぜられ, 抛り出されて, 抱きついた, 抱きついて, 押えて, 押っ被さり, 押付けて, 拝伏し, 据えられて, 据ゑ付けつ, 捻じつけられて, 接するところ, 接吻する, 接吻も, 接触し, 摺って, 散らし森林, 散り浸む, 敷いたムシロ, 數百條の, 斃れ, 斧は, 於て, 於ては, 明るく銀貨, 有り御身, 朽ち入, 梟け, 棲み我ら, 樣子の, 横たへる, 横たわって, 横はり, 横面擦, 正しく手, 歸り, 氾濫し, 求めよ, 沁みとおる水, 沁み入るよう, 洽ね, 消え込んだか, 涙しながら, 涙を, 添ひ, 溢れ満々, 滲透る, 潜つた, 潜む芽生え, 灑ぎクロニオーン, 熱愛を, 爪を, 片手の, 生えた儘, 生存しよう, 生身の, 當る, 疳走る, 白布を, 着かないし, 着きませんでした, 着けて, 着けると, 祈った, 種を, 空に, 突きささったの, 突きたてり白き, 突き投げ, 突き落しぬ, 突っ立った, 突つ立て, 立ち聳えて, 立つて, 立つと, 立てて, 結びつける激しい, 結びつけ大地, 置き忘れた茫漠, 腐った無花果, 膝まずい, 臥しつ, 至りては, 至る人類, 茣蓙一枚の, 莚も, 落ちか, 落ちたの, 落ちつ其部下, 落ちるであろう, 落ちるアゲラオス, 落ちる程, 見すてられて, 見た, 見ながら, 譬えられて, 足が, 足掻く人間, 足音が, 跪き額, 跪づい, 踏まえて, 踏みこたえるよう, 踏み止めて, 躓いて, 転ばせながら, 輝いて, 轉落し, 近づくとともに, 近づけて, 迫りその間, 這うところ, 這った余吾, 這ひ, 逼る, 金属と, 鋪く, 關係した, 降らしむ勇士, 降り來, 陣形図を, 額いた, 顛落し, 飛び降り, 飛付いて, 食い入ろうと, 食い込むの, 馬蹄を, 骸骨を, 黒き血

▼ 大地~ (397, 20.6%)

90 上に 15 底に 14 上を 10 底から 7 上へ, 中に 5 ように 4 上で, 下から 3 ような, 上は, 下に, 下の

2 [16件] あかるいこと, ぬくもりであり, 上なら, 上の, 冷えが, 底の, 底へ, 温みに, 肌が, 肌に, 膚に, 色彩の, 草分木の, 震動は, 面に, 髪の毛は

1 [197件] あとに, あらゆる生霊, あらんかぎり劫罰, うめき声を, おもしろき幻術, おりおりの, おわるところ, くぼむほど, けじめが, こころに, ことです, この土, この大いなる表面, すべてが, ずり落ちるよう, ために, ちりは, どこやらを, ないこの, なかから, ふところに, へ眞, みごもりとなつて, ものにも, ものを, よろこびに, ツーンと, 一点に, 一角に, 一隅に, 上からは, 上である, 上では, 上における, 上下四方を, 下, 下と, 下には, 下を, 下三尺も, 下層より, 下深く, 不思議な, 世界から, 中から, 中で, 中へ, 中へも, 乳を, 乳房を, 亀裂が, 人離野, 何ものかに, 偉大なる, 健康, 元首に, 児らを, 入りか, 兵が, 内と, 冬草が, 冷めたさも, 冷気に, 冷氣に, 力それらの, 力と, 力を, 動いた結果, 動き暫しはやまず, 動搖とは, 匂, 匂いを, 匂ぷんぷん, 化身なれ, 呼吸に, 呼吸の, 品とを, 喪鐘を, 土を, 堅さ, 堆い堆積, 境界で, 声な, 如くし, 如く個体, 子らしい, 崩れるの, 巨大な, 平和の, 平面以下に, 広大の, 底には, 底にも, 底は, 底へでも, 底まで, 底や, 底を, 彼方にこそ, 微粒子である, 怪物を, 息, 愛を, 愛情だ, 感觸, 慈しみに, 懐に, 成長, 拡がりに, 揺れる最中, 断面が, 新しさ, 方が, 方に, 春が, 有り難さ, 果て, 果に, 歌, 歴史は, 殻裂け, 気温と, 沈黙熱っぽい懶, 波頭を, 涯までに, 温度が, 温気と, 湯気の, 湿りと, 湿気を, 物象は, 特殊な, 生創, 生命を, 生生の, 産物を, 白木の, 皮まで, 皮膚病な, 相貌は, 神界で, 神聖を, 神霊界の, 端を, 第何世紀層, 精が, 精な, 精の, 精は, 精気が, 精神を, 終るところ大海, 続きであっ, 緩い傾斜, 美しいこと, 肌の, 肌を, 胸が, 胸に, 胸を, 腹の中に, 膚から, 色が, 色は, 草の, 草も, 血管中に, 衣の, 表皮を, 表面を, 裂罅から, 象徴と, 距離に, 金輪際にまで, 開閉によ, 開閉を, 間に, 阿呆, 限りなく, 隆起沈降を, 雪の, 雪は, 雲霧を, 霊, 霊の, 霜を, 静寂, 面を, 音, 音でも, 顔を, 飛び去りゆくわな, 髄に, 髄を, 鳴動と, 黒い土, 黒さ

▼ 大地~ (346, 18.0%)

12 行く 9 震ふポセードーン 6 踏んで 4 踏みしめて 3 けって, 打って, 抱き又, 枕に, 踏むこと

2 [15件] うって, けった, たたいて, ふみしめて, ふむ足, ゆく, ゆすつて, 包むポセードーン, 抱くもの, 洗ふ, 踏みつけて, 踏み鳴らして, 蹴って, 離れて, 震ふ神

1 [270件] うちましたが, うったかと, うるおす春, かきむしるよう, かけ廻った古代, かつかつと, くつがえしたあの, ぐさと刺し槍身しばし, けたてて, けったその, けりつけると, けると, けるよう, こう呼ばわり呼ばわり, この額, ころがりどこ, ごろごろと, さらに晦, すっかり把握, その足駄, たたき甜めるよう, ついたかと, つぎ木, つく, どよめかすその, ながめかつ, ぬらす春, のぞいて, のたうち廻わり, のたくる樣, はって, はなれたとたん, はるかに, ひきゐながら, ひしと打, ひらきアンフィアラオス, ぴよん, ふまえるところ, ふみしめ, ふるわして, ふるわせました, ぶって, またも, みれば, み天上, むらむらと, めがけて, めくり返すよう, ゆするポセードーン, ゆするポセードーン其時馬, ゆする者, ゆるがして, ゆるがす砲車, よみがえらしてる力, りんりんと, シッカと, ジリジリと, ズルズルと, トンと, 一面に, 両断し, 両脚で, 丸く照す, 五体と, 伝って, 作ったの, 信ぜよ, 再び見る, 凍りつかして, 切りとって, 刻んで, 力強く踏みしめ, 動かす呻きでした, 動かぬと, 動くもの, 包まず冉, 占めて, 叩いた, 叩いて, 叩いての, 叩きながら, 叩くやう, 叩扉し, 呼吸し, 嗅ぎながら, 嘗めるよう, 嘲るよう, 四十五度以上の, 囲める大洋, 圧して, 圧すかと, 圧するの, 圧する殿堂, 埋めて, 埋めむばかりに, 堅く蹈, 夜の, 失ったよう, 奪って, 威圧し, 小賢しくも, 崩さんばかりの, 平気な, 引ッ裂い, 微かに, 怒り這ふ, 恋ふと, 愛して, 感じた, 感じたくなるので, 感じて, 戀し, 戛, 戴く, 打ち, 打ちて, 打ち足, 打った, 打つの, 打つ槌, 打つ音, 払って, 抜いて, 抱くポセードーン, 抱擁した, 担う牛, 拝んだ, 指さした, 指さした宇治山田, 指さして, 指さしながら, 振向いて, 掘ったところ, 掘って, 掘つて, 掘らぬばかりに, 掘りかえすよう, 掘り下げるよう, 掘り返し床板, 掘れば, 握みつ, 揺がして, 揺がすため, 揺すられたよう, 揺りあげた, 揺り上げるよう, 揺るがす地震, 搖する, 撞木で, 撲ると, 擦って, 擦る音, 支配する, 斜に, 暫時も, 染めた血潮, 染めて, 染める太陽, 極めても, 横行する, 歩き始めた, 歩くなんて, 母と, 汚させて, 洗いその, 洗う, 海を, 渡るに, 潤す春雨, 濕し, 濡らしおまけ, 濡らしました, 照らして, 熱い息, 燒き, 甜める汚, 生命として, 發き, 看下すとき, 睨んで, 知らぬから, 破つて旅人, 破壊し, 破壊する, 碧い, 確りと, 突いて, 突き透す気合, 紅に, 繞り, 肉体として, 脚に, 自分の, 舞台に, 茶室として, 蒸し草, 蔽って, 蟇の, 行く事, 裂いて, 裂きその, 製造する, 褥と, 襲ひ打ち, 覆ひ來, 見て, 見まわせば, 見ると, 見るので, 負へる, 赤く染め, 起して, 跣で, 踏え, 踏まえて, 踏まえる足, 踏みしめ, 踏みしめる足, 踏みしめ踏みしめて, 踏みたいと, 踏みたい衝動, 踏みつけた, 踏みつけるよう, 踏みて, 踏みならしながら, 踏み固めるよう, 踏み鳴らし助九郎, 踏むから, 踏むと, 踏めば, 踏んだ, 踵で, 蹄で, 蹈みつけ, 蹈んで, 蹴つて, 蹴つて飛上, 蹴り乍ら, 蹴る, 蹴ると, 蹴るの, 蹴散らかして, 這い戦意, 這つたと, 這ひ廻る, 這ふ, 造り部下, 逼ひ, 離れた繁忙, 震は, 震ふもの, 震ふポセードーン二人, 震ふポセードーン先づ口, 震ふポセードーン其言, 震ふポセードーン其警戒, 震ふポセードーン彼, 震ふポセードーン戰機一たび換, 震ふポセードーン答, 震ふ汝, 震ふ海, 震ふ神靈, 震ふ者, 震り上げられたかの, 震撼する, 霑ほし, 響かせり立ち寄りて, 馳けて, 鳴して, 鳴らして, 鳴らす馬蹄

▼ 大地~ (205, 10.6%)

7 両手を 5 坐って 3 たたきつけて, 叩きつけられて, 落ちて, 額を, 顔を

2 [13件] しがみつくよう, とけこんで, ピタリと, 仆れた, 伏して, 叩きつけて, 叩きつけると, 手を, 膝を, 身を, 転がった, 降り立たなければ, 頭を

1 [152件] うッ, おちたとき, おちて, おどり立ちました, こすった, こぼされて, こぼして, こぼれて, ころがった, ころがったあの, ころげ落ちて, しがみついたよう, しがみつこうと, すりつけんまでに, そろりそろりと, たおれたが, たたきつけた, たたきつけられて, たたきつけんばかり, たたき捨てられて, つきやがて, つき鳴らして, とびあがったとき, とび降りて, どうと, どさッ, なげつける, ねじ伏せた, のめり込んだが, はっしとばかり, はね落された, ひざまずいた, ひざまずいたから, ぶちつけ, ほうりだし, ほうり捨てられて, ほそながく影, めり込むよう, もんどり打っ, コマぶつつける, ズーンと, ヘタ, ポンと, 下りて, 下ろして, 下ろし土, 五体を, 仆れかけた, 伏し, 伝はり流れる, 伸びた, 伸びた体, 俯っ伏した, 俯ッ伏した, 倒して, 倒れて, 取りもどされて, 叩きつけたかつた, 叩き付けられた, 叩き付けるの, 叩き伏せられて, 向って, 吸いこまれた, 吸いこまれて, 吸い込まれたか, 哭いた, 四ツん, 四ツン, 土下座を, 坐りこんだ, 坐りこんで, 坐り両手を, 坐り堅く, 坐り直して, 墜落し, 天から, 委して, 姿を, 寝た, 小突き廻して, 帰る死, 平蜘蛛の, 当てる気, 後頭部でも, 慟と, 慥乎と, 戟を, 手向けて, 打ちつけた, 打ちつけました, 打ち倒されたの, 打ち倒されて, 投げつけその, 投げつけた, 投げつけられて, 投げつけられるかと, 投げつける位, 投げられて, 投げ捨てて, 投げ捨てられました, 投りあげる, 投網の, 抛りつけた, 抛り出されたさっき, 抛り出された頼朝, 抛り出したが, 抛り出して, 抛り捨てられる, 押し出して, 描きすてて, 搦めたおされたよう, 斬りふせられた人間, 泣き伏したの, 流れて, 消えこむまで, 滑り落ちました, 潜る術, 無残に, 片手を, 畏まったまま, 畏まって, 突きささった, 突き仆した, 突き立った, 突き立って, 突っこむよう, 端座した, 組み伏せた, 組み伏せ高手小手, 耳を, 背を, 胡座を, 落ちた, 落とされた物, 蚊帳の, 跣足で, 跪座いた, 転んで, 辞儀ばかり, 返すべき罪, 降りた地ひびき, 降りました, 降りるの, 降り佇んで, 面を, 靴で, 音も, 音を, 額いた, 飛び下りたが, 飛び降り何, 鶴嘴で

▼ 大地~ (122, 6.3%)

3 自分の 2 下に, 地震の, 平和を, 底深く, 自然に

1 [109件] あはれ柚色の, いい, いつの間にか透け, いつもの, いよいよ固く, うるほふ, がさがさし, ことごとく水中, この時, さながらそのまま行道, さながら鉱石, しきりに震う, そのままに, その落ちた, それと, とたんに狂, どうと, なおその, はっち, びくとも, びしびしと, ぼくぼくと, めぐる, ゆるぎ枝, わしたちの, わだつみに, われて, われわれの, シットリと, 一応うけ, 一方においては, 一時に, 万物を, 丸いもの, 乾ききつ, 人に, 人類の, 今此, 偉大に, 共に青銅, 円いか, 円やかに, 冷めなかった, 初めて蘇った, 別に異様, 喜びに, 四度目に, 土は, 地べたは, 大地震, 大変旧い, 天体運動の, 始めには, 宿風に, 島山に, 己を, 平坦で, 幾度も, 広くも, 彼を, 心地よく湿っ, 忍従の, 忘れずして, 恐ろしい雨雲, 我々蛙の, 或は急, 揺れ地上, 明るい, 暑苦しさ, 朽ち落葉, 横に, 死滅し, 決して疲れない, 泣きたいほどの, 深い毛氈, 湯の, 溌溂たる, 漸く静寂, 灼熱し, 炭の, 熱し石, 牧羊神の, 生々と, 発狂した, 盛んに, 盤状の, 真ッ白, 真白な, 眼の, 箒木目立ち, 箒目さえ, 老人の, 良い電導体, 若い女, 茫然として, 荒海の, 血に, 血を, 詩的にも, 蹄に, 輝き光, 轟々と鳴りわたり, 轟きつ, 辛辣な, 逸楽の, 雪に, 霹靂に, 黒く湿, 黒く湿っ

▼ 大地~ (105, 5.5%)

2 ある, ぐらぐらと, どれほど, 地震の, 大きな波紋, 崩れて, 裂けるよう

1 [91件] あつた, あります, あること, あるじゃ, あるを, ある草木, くずれて, ぐらぐらっと, ぐらりと, ぐわうぐわうと地鳴りし, こんな小, そのまま心, その土, その涙, その足, その黒い, ないん, なくては, のたうち樹木, ふいに, ぶるぶるっと, ほとんど見えない, みしみしと, みずから回転し, めりこむよう, もり上って, ゆら, ゆるやかに, ゆれはじめました, われた, イヤと, コチ, ザッ, ポーツと, メリメリと, 一丈も, 下へ, 九仞の, 作る半円球越し, 凍結を, 割れた間, 動きだした, 口を, 号泣する, 吾, 唯一の, 地上に, 大いなる旅, 始終真白, 彼の, 心である, 感ぜられないの, 所々に, 掘れて, 揺れたよう, 揺れ出しそれ, 旅を, 明るんで, 時として大いに震え動く, 暗く夢中, 海の, 消えて, 滑り去る, 潰れ融け去つたやう, 炸けた, 熱に, 球形である, 白ち, 白ちやけた寂しい, 破れる, 私をも, 肌を, 自分の, 芽を, 落ち込んだため, 裂けては, 裂け大地, 裂け民舎, 裂け舎屋, 贅沢に, 足の, 釜の, 開閉する, 陥没し, 陥落し, 震い動き鳴り響く, 震う, 静かに, 非常に, 顫え, 馬蹄や

▼ 大地から~ (54, 2.8%)

4 湧いたか 2 生えたよう, 身を

1 [46件] あらゆる女, あわてて, ごうごうば, ぬっと生えた, のぼって, はなさない, ほとんど養分, 一尺位は, 三尺も, 上って, 不意に, 五輪の, 出て, 呶鳴った, 嘉兵衛を, 大きな震動, 己の, 掘りだした木, 掘り出したばかりの, 湧いたよう, 湧いて, 湧きあがる湯, 湧きだしたよう, 湧き上ると, 湧き上る暑気, 湧き出したよう, 湧く生命, 濃い闇, 燃えあがった永遠, 生えたところ, 生え立って, 生まれいづる, 生れ出る無尽, 直かに, 立ちのぼって, 立つ埃の, 腰を, 萌え出たもの, 蒸発する, 見あげた時, 豊饒に, 跳び上がって, 躍り出したやう, 辞儀一つする, 野鼠を, 離して

▼ 大地~ (32, 1.7%)

2 太陽との

1 [30件] こね合, しばし接触, すれすれに, その秘密, それから冬, なったと, なって, なり其血, 人間の, 倦まぬ日輪, 同じだった, 同様に, 大空を, 天空とを, 岩と, 星の, 暖かい輝かしい陽光, 格鬪し, 海原とを, 海面とが, 爭つてゐる, 生物とを, 直角に, 真面目に, 空気との, 結び合ったもの, 自分とが, 自然とを, 落葉との, 高きオリュンポス

▼ 大地~ (26, 1.3%)

2 ゆれるよう

1 [24件] ある, くずれるかと, ない, ほほえまず君, ヒッソリと, 婆羅門の, 床も, 微塵も, 微笑み神, 感じて, 挫げと, 採らば, 新らしく, 木の葉も, 未だなく, 沸いて, 波も, 為に, 爛れさうに, 狭しと, 空も, 籠も, 見えなかった, 震動し

▼ 大地には~ (8, 0.4%)

1 あまり血, えも, さまざまな, 一人の, 斑, 自然が, 霜が, 首と

▼ 大地より~ (7, 0.4%)

1 たちのぼる幽, メーリオネースとりあげつ, 卓立し, 彼ら打合ふ, 湧出する, 無限に, 空のへ

▼ 大地そのもの~ (6, 0.3%)

2 のよう 1 がさけわれる, であり大地, のわななき, の中

▼ 大地~ (6, 0.3%)

1 であなた方, のまえ, の上, の壁絵, は国ざかいふきんのくわしい図面, をまた

▼ 大地からは~ (5, 0.3%)

2 遊離した 1 べつな, 水を, 陽炎が

▼ 大地~ (5, 0.3%)

1 すぐ採取, 働く生活, 後脳, 踊る, 躓いて

▼ 大地との~ (5, 0.3%)

2 この友情 1 区別すら, 間に, 間には

▼ 大地について~ (5, 0.3%)

1 加賀見忍剣が, 坐って, 御輦, 見せると, 首を

▼ 大地~ (5, 0.3%)

1 六波羅の, 太陽や, 情熱や, 海原は, 食物や

▼ 大地である~ (4, 0.2%)

3 ということ 1 という思想

▼ 大地では~ (4, 0.2%)

2 ないん 1 ないぞと, ないの

▼ 大地とが~ (4, 0.2%)

1 まるで扁平, 焼くが, 競争で, 見わけられないくらいに

▼ 大地主神~ (4, 0.2%)

1 が牛肉, が田, とも言われ, なる倭大国魂神

▼ 大地とは~ (3, 0.2%)

1 それ自体刻々, 一日眺めくらし, 終日ながめくらし

▼ 大地したし~ (2, 0.1%)

1 う夜, う投げだし

▼ 大地たる~ (2, 0.1%)

1 母, 母へ

▼ 大地~ (2, 0.1%)

1 ということ, というよろこび

▼ 大地とを~ (2, 0.1%)

1 繋ぐ地線, 繋ぐ長い

▼ 大地にかけて~ (2, 0.1%)

1 またわたし, 僕の

▼ 大地にも~ (2, 0.1%)

1 たまたま颯と花, 感じるぞ

▼ 大地に対する~ (2, 0.1%)

2 ノスタルジーを

▼ 大地へも~ (2, 0.1%)

1 沢庵の, 降り落ちて

▼ 大地まで~ (2, 0.1%)

1 平次の, 燃えさかって

▼ 大地ゆる~ (2, 0.1%)

1 もの汝わが, 神は

▼ 大地一面~ (2, 0.1%)

1 に沁み込ませ, に漂わし

▼ 大地小地~ (2, 0.1%)

1 あり, なく住持

▼ 大地震動~ (2, 0.1%)

1 し口, と来た

▼1* [76件]

大地あたりの草, 大地あって土地高燥, 大地ッぱいに, 大地いつせいに, 大地こそ雪解の, 大地ごと無限の空間, 大地ごと誰かの大きな, 大地さらにあつさ三寸, 大地その時, 大地そのままだが, 大地それ自身が大きな, 大地たり従って其血, 大地であって波浪, 大地とともに永遠な, 大地などといっても, 大地において一疋も, 大地にかへす時, 大地にでも呑まれたよう, 大地になど手を, 大地のうへにつき刺され, 大地のうへを歩む, 大地のみが守護し, 大地はげしく鳴りどよむ, 大地ばかりであった, 大地へでも散電, 大地への働きかけが, 大地へは火の, 大地ほども根づよい既成観念, 大地みな仏性海なり, 大地ゆり大地を包む, 大地ゆるぐべきもの, 大地よりもあつし地神, 大地をも強引に, 大地一周一万里還須欠得, 大地下工事が始まっ, 大地に宏大, 大地なん, 大地主さんとリヴジー先生, 大地主たる大名が, 大地主神田を営, 大地に震, 大地全体にそして, 大地僞の, 大地及びかの世上僞盟, 大地大勢を知らず, 大地山嶽ゆるがしめかく, 大地岩藤雪夫氏の闘い, 大地の中, 大地から申します, 大地はただ, 大地として二度と, 大地染め死の黯黒, 大地死人は鳥, 大地母神の恩惠, 大地母神信仰に依, 大地母神崇拜の思想, 大地海水と相合, 大地であり遙, 大地穴機関銃隠蔽地物その他小丘, 大地穿ちて墳塋, 大地精英于一籠藐茲丈室与天穹窿羹牆如, 大地総じてものものし, 大地芽立とうとし, 大地の環, 大地裂けて火麿, 大地が無, 大地跳びおるヘクトール, 大地辷りの区域, 大地開閉の記事, 大地電位に在る, 大地震い寺塔崩壊するだろうと, 大地震うてビークン丘, 大地震り大地を, 大地震るポセードーンに, 大地静かにふし, 大地高らに震