青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大和~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名 大名~
大和~
大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将 大将~

「大和~」 1846, 20ppm, 5765位

▼ 大和~ (528, 28.6%)

24 国の 15 國の 10 方へ 7 国に 6 国を 5 三輪の, 内も, 国へ, 野は 4 古仏, 國を, 方から, 村, 柳生の

3 [11件] 三輪山に, 古寺を, 国とり囲む, 国中に, 國に, 女郎花降る, 方の, 葛城の, 長谷の, 高市, 魂を

2 [38件] みつはの, 七宿の, 三国の, 中央部から, 代表物として, 南の, 古い寺, 古い村, 吉野の, 国から, 国で, 国には, 国三輪の, 国原を, 國とり圍む青垣山では, 國には, 國中に, 國河内にと, 大峰, 奈良の, 女郎花の, 奴が, 宇陀を, 山々は, 岡寺の, 師木の, 旅で, 春の, 本部に, 柳生, 石上の, 磐余の, 筒井順慶の, 般若寺へ, 般若野で, 葛城山へ, 輕の, 龍田の

1 [317件] あの大島, ある宗教, ある村, ことを, さまのを, たかさじ野を, どこから, なにかの, ほうに, ほうへ, やうに, イハレの, ウネビ耳成天の, ウマカシの, タカサジ野で, 一角から, 一角に, 七宿のみを, 三輪山あたりは, 三輪明神始め熊野辺に, 三郷村と, 下市で, 下市の, 両国が, 丹生谷の, 久米寺に, 二人は, 二階堂の, 五条で, 五条に, 京, 京に, 京には, 京の, 京へ, 京へは, 京へまゐる, 京を以て, 人たちが, 人だ, 人で, 人に, 他田, 代議士桜井某で, 信貴山の, 倉椅の, 八木という, 六つの, 出撃も, 初瀬へ, 初瀬寺へ, 前司親盛入道, 前鬼後鬼, 勾の, 北と, 十津川から, 十津川で, 十津川です, 十津川でも, 十津川とやら, 十津川の, 十津川まで, 古びた村, 古墳群も, 古寺は, 吉田さんは, 吉田八十松と, 吉田八十松には, 吉田八十松より, 吉野に, 吉野山から, 吉野山を, 吉野河の, 吉野郡には, 名が, 唱門の, 唱門師, 唱門師に関しては, 唱門師の, 四座は, 国, 国であったら, 国とくに, 国は, 国も, 国三輪大明神の, 国中でも, 国中数十箇所の, 国久米の, 国内は, 国十津川の, 国原には, 国吉野郡国栖村へ, 国境に, 国境の, 国宗の, 国岡寺の, 国志貴山の, 国柳生の, 国栖で, 国河内にと, 国河内にとっては, 国笠縫の, 国葛城山の, 国高市郡金橋村雲梯, 國から, 國で, 國内での, 土人が, 土人に, 土人弟猾は, 在所から, 地は, 地名だ, 地名に, 地理を, 地震が, 地震は, 垣内には, 城上郡の, 境に, 声に, 声は, 壺坂七番が, 夙の, 大三輪, 大先生, 大峰あたり更に, 大峰など, 大峰山上には, 天誅組の, 天高市近江の, 奈良に, 奈良坂の, 奥の, 奥地に, 奥郡へ, 女郎花, 如き訣, 姉の, 宇智郡や, 宇智郡地方には, 宇陀という, 安らかな, 安倍村に, 宮司の, 宮廷の, 家郷が, 宿, 小さな村, 小治田, 山々が, 山々とは, 山々とも, 山らしい, 山らしく, 山国から, 山地から, 山水と, 山里では, 岡寺から, 市師の, 師木島の, 平野が, 平野京都の, 広瀬神社は, 強震は, 当麻寺にて, 役所を, 御諸, 忍び笑に, 或る, 手腕に, 敵軍が, 斑鳩と, 方で, 方にかけて, 方には, 施政に, 旅に, 日代の, 明の, 春を, 春奈良の, 春日の, 春日へ, 春日神社に, 春野の, 曾爾という, 月瀬が, 朝倉宮に, 朝廷が, 朝廷と, 朝廷に, 朝廷には, 本土よりも, 本教会, 本村も, 東南主, 柳生に, 柳生へ, 柳生家とかいう, 柳生家とかいふ, 柳生本家に対して, 柳生村に, 柳生石舟斎とは, 柳生石舟斎を, 柳生谷へ, 橿原宮で, 檜隈の, 殿様の, 水木直箭さんの, 池の, 河合村に, 法隆寺といふ, 法隆寺などの, 法隆寺は, 法隆寺村に, 浜人来る, 浪人小柴六三郎という, 添上郡だ, 源九郎はん, 漢の, 漢氏多治比部などの, 片鹽, 牛肉とっ, 玉垣の, 王畿附近特に, 田原で, 甲斐さん, 畝傍山の, 眼力必ず, 知合の, 石の, 石舟斎様の, 磯城郡より, 祝詞を, 神あっ, 神人の, 神巫に, 穴師坐, 穴師神人などが, 空晩春四月の, 竹之内村などでは, 笠置から, 筒井だに, 筒井栄舜房法印順昭が, 筒井順慶和泉の, 結崎に, 纏向の, 美和川の, 義に, 者ども, 自然は, 船は, 若桜宮に, 萩だ, 葛城宮に, 葛城山から, 藤原京より, 行者參り, 西大寺の, 親類へ, 記憶, 諸侯が, 諸寺, 豪家村島長兵衛父子その, 豪族が, 豪農土倉庄三郎氏に, 赤膚だ, 輕島の, 農民にも, 近飛鳥宮, 連峰を, 逸民を, 遠つ, 遠飛鳥, 遠飛鳥宮, 郡山お, 郡山の, 部には, 部落から, 野, 金峰山で, 金峰山に, 鎌倉の, 長官の, 長谷寺には, 長髄彦, 阿岐豆野, 音に, 領主であった, 領分が, 領分に, 風を, 風光や, 飛鳥では, 飛鳥などについても, 飛鳥に, 飛鳥の, 飛鳥や, 飛鳥地方へ, 飛鳥川の, 飛鳥朝以前の, 養徳社から, 高佐士野という, 高佐士野を, 高円, 高市郡の, 鬼筋や, 魂で, 魂は, 鳥見という, 鶯は, 黒田の, 鼠も, 龍門に

▼ 大和~ (104, 5.6%)

9 しあらまし 2 あって, 上つておいでに, 住し, 來向ふ, 多い夙, 帰って, 来向うの, 活躍した

1 [79件] あっては, あらずして, ある仏, ある官軍, いたらしいね, おいでに, おかえりに, お移りに, お連れ, さまようて, して, しては, せきたてられて, のぼり帝, はいろうとして, ひやかされると, ふりつきたる, へばりついたまま水底, やってきて, ゐた依羅娘子, ゐる, 上ること, 上る日, 入つて民族祖先, 入られたの, 入られた時, 入られること, 入り革命軍, 入国せられた, 勝てるという, 去年まで, 古寺を, 土賊を, 在って, 在て, 在りながら, 大地震, 存すと, 定めつつも, 導かれて, 居て, 帰られるを, 帰られる時皇女, 往く途中, 御即位, 挙兵され, 接した国, 散在し, 散在する, 文正元年四月には, 於ける地名例, 於ても, 明応三年五月には, 来向, 次いでは, 残つてゐた, 潜んで, 祭られた方, 祭られた神, 移られてからは, 統一した, 舞い戻ったの, 行き万葉, 行し, 親しみが, 越える坂, 近いところ, 逃げて, 這入られた事, 遊びし折, 遊び神武天皇の, 遊ぶごと, 遊んで, 達するに, 達せられる迄, 還りお, 鎮座に, 隣った国, 飢餓に

▼ 大和民族~ (68, 3.7%)

3 の特長 2 の血

1 [63件] かッ, が各, が天, が損, が理想, であったかという, という純粋, といふ趣, としての最初, として生, と云, と言う, と闘っ, ならん, になつて, に同化, に独立, のすべて, のほか, の一員, の中央都市, の代表的思想, の代表的性格, の代表者, の優勢, の優秀性, の前途, の危機, の大きな, の天職, の実際, の将来, の平民気質, の影, の思想, の性格, の意志, の我々, の文化, の文化的使命, の文学, の新しい, の最古, の本能, の生活, の男性的, の立場, の精華, の美, の美風, の腕, の血潮, の言葉, の頭脳, はき, はこの, はもともと, は一民族, は最低, は決して, は神武天皇, は遂に, を神聖化

▼ 大和~ (64, 3.5%)

2 に, には客分, の女, の跡目, は

1 [54件] から茂庭周防, がうなずく, がなお, がわき, が利巧, が口, が甲斐, が葬儀, が雅楽頭, である人, という者, ととり交わし, と兵部, などの兵, に其意, に向かっ, に対してすらそう, のした, のひとみ, の大, の妹, の妻, の家臣, の次, の藩中, の館, はうしろ, はこれ, はそう, はつねに, はふもと, はまた, は五十五歳, は例, は北国街道, は南部, は喰い, は大, は子, は対坐, は平服, は思った, は或, は極力, は気, は甲斐, は笑っ, は錦, ばかりは義昭將軍, も, も意見, を励ました, を呼ん, 又兄

▼ 大和~ (60, 3.3%)

4 近し 3 國の 2 眼を

1 [51件] しばらく考え, それしきの, ちょッと, つくしよりは, どこまでも, アキラメの, アッサリ上衣を, スキーが, タコグサの, ニヤニヤ笑い, 一同を, 五分刈の, 五十嵐を, 今暮, 例の, 其の胸, 利巧な, 又た, 口を, 古蹟と, 国の, 実に驚くべき, 師木登美の, 帰り来れり, 復た, 急ぎ篠田, 愕然として, 拳を, 文武の, 時期を, 机の, 来ないぜ, 殆ど色を, 清松の, 王軍にとって, 番茶呑み干しつ, 発祥の, 益々せせら笑い, 瞑目し, 窃と, 笑ふ, 美しいなあ, 耳を, 膝を, 船底の, 茶受ムシヤ, 落附き, 襟掻き, 訝か, 躊躇する, 領有出来なかつた

▼ 大和~ (59, 3.2%)

4 おかえりに 2 お帰り, 向かって, 早く白菅, 越ゆる

1 [47件] うつして, おはいり, おひきあげ, おひきかえし, さして急い, それぞれ遠慮なく, にげのびて, のぼって, のぼるのに, のぼる熊野, のぼる真, はやく白菅, まいらねば, やる, 上ったとき宇治川, 伊賀路の, 入って, 入る作戦, 出られよう, 出る唯一, 向けて, 大伴の, 尋ねて, 帰りその, 引つこし, 急いだ, 急行し, 抜けます, 攻めたもの, 攻め入る事前, 旅立つよう, 早うま, 潜幸され, 牛肉水たき食ひ, 移したり, 脱け, 行き二月映画, 行く前, 行ったら見て, 行って, 走らせ北陸, 越える大多和越, 越える街道, 越え伊勢, 逃げ出して, 進出する, 遣ると

▼ 大和~ (44, 2.4%)

3 の方 2 の旅, まで来た

1 [37件] から奈良, から常磐母子, から水越峠, から連れ戻され, だママ, で金銀, などにもすこぶる, にあり, に来た, に茫漠, のいたる, のこと, のどこ, の何処, の古い, の吉備, の壺坂寺, の如き, の濃い, の者, の花, の途中, の間, の黄, はさぞ, は歩きつくしたろう, は雲隠れ, へかけ, へ向っ, へ奔, へ奔つた平八郎父子, へ抜け, や壺坂, より来る, をぶらぶら, を歩い, を歩ける

▼ 大和朝廷~ (39, 2.1%)

3 の勢力 2 に歸服, の海外交通, を以て古

1 [30件] あること, が直接支那, だったの, と古, における大, にしばしば, に当, に敵意, に於ける, に歴仕した, のころ, の三輪, の先祖, の命令, の大官たち, の天孫民族, の御事, の御稜威, の支配下, の方, の時々, の武威, の治下, の王畿, の神楽歌, の統一事業, へ召され, をうけいれず, を以てその, を脅かす

▼ 大和~ (32, 1.7%)

2 中心と, 呼んで, 平定した, 置きて

1 [24件] おもうの, お逃げ, こえ和泉方面, オオヤマトと, 中心に, 入れた十二名, 内と, 大和とも, 大和らしく, 始め他, 征服した, 最も憎ん, 治める為, 経て, 表わす場合, 見やりぬ, 解雇し, 訪れるなどは, 訪れるよう, 訪れる機会, 訪れ夢殿, 越えて, 過ぎ, 領有する

▼ 大和~ (26, 1.4%)

7 の旦那 2 にも眠つたやう

1 [17件] が名題, が小, だ, だな, だ大和屋, で百枚, にとどめ, になりすまし, のホール, の三人, の主人, の地下, の妓浜勇, の若久, の若久さ, まできっと, も気の毒

▼ 大和から~ (23, 1.2%)

2 伊勢へ

1 [21件] お近道, お逃げ, こ, すぐ彼, 出る巫女, 出向かれる時, 吉田八十松という, 呉服類小間物菜種などを, 大荷物, 持ち越した神, 本国へ, 此頃この, 河内などに, 河内へ, 熱海へ, 直線的に, 紀州へ, 車一台分の, 近江の, 追われた嫡流, 運ばせて

▼ 大和ホテル~ (19, 1.0%)

2 に投宿

1 [17件] から持っ, がいい, で催され, で晩, にいる, にて晩餐会, になさった, に入, に泊っ, に泊つた, に著く, の一室, の二階, の新築, の瀟洒, へ泊つた, まで帰っ

▼ 大和~ (17, 0.9%)

1 [17件] この邪馬台国, 今村を, 伊予とに, 伊勢との, 伊勢の, 北陸筋まで, 次第に北朝軍, 沖縄と, 熊野との, 知合いの, 紀井の, 考定し, 見えるが, 見做, 近江との, 長州との, 長州大和と

▼ 大和~ (17, 0.9%)

1 [17件] なる一個, にも断っ, に入る, に殺生, に活玉, に貧乏, の三輪, の国魂, の地震, の山辺郡, の魂, へ行幸, や野州, を内, を吹く, 御討伐, 某村

▼ 大和~ (17, 0.9%)

1 [17件] が作, が出来, が出来た, になりまする, に入, に流された, のほとり, の吐け, の土手, の失敗, の支流幾つ, の水害, の鉄橋, の長流東, は河内, へ差かかった, を渡つて

▼ 大和地方~ (15, 0.8%)

1 [15件] から來, から落ち, での御歌, などでも龍田, における五条, にかけて既に, に揚がった, の情勢, の春, は服属, へ講演, もひどかっ, を一巡, を悉く, 御経営

▼ 大和~ (14, 0.8%)

1 [14件] しつこく訊く, なつかしく回想, ゴンゾ, 中心と, 恋しい, 折れなかったら袋叩き, 料理方という, 最も強く, 本拠で, 目当ての, 船長代理として, 見えると, 誘いの, 雪明に

▼ 大和では~ (14, 0.8%)

5 磯城の 1 とくにこんな, なくヒダ, コバシ土佐では, 多く岡或は, 天香久山と, 山人の, 未だ珍しかっ, 私が, 纏向の

▼ 大和には~ (14, 0.8%)

2 鳴きてか

1 [12件] あらぬから, あらぬ唐鳥, もとより国樔, われわれにも, 五十七宿あっ, 吉田八十松という, 啼きてか, 太古草昧の, 数十箇所の, 武内宿禰の, 葛城の, 香坂王忍熊王と

▼ 大和~ (13, 0.7%)

5 河内との 1 あるし, いとを, うちも, もう見えずなる, 撃沈された, 案に, 相当に, 群敵の

▼ 大和一国~ (13, 0.7%)

3 の大寺 1 にも古けれ, の名, の場合, の領主, はその, はもとより, をあてお, をあて行うであろう, を表わす, を領する

▼ 大和~ (12, 0.7%)

1 [12件] から金剛山, にて後藤又兵衛出張, には煙, の三ノ橋, の先鋒水野勝成, の広場, の方面, の東軍, の要所, の陣見場, へ一手, までもたいへん

▼ 大和五条~ (10, 0.5%)

2 の乱 1 にも生野, の事件, の代官鈴木源内, の医者乾十郎, の天誅組, の最初, の木綿問屋下辻又七, の森田節斎

▼ 大和古寺~ (10, 0.5%)

2 のなか 1 には二三, には様々, の土塀, の諸仏, は長い, を六年間巡礼, を巡り, を巡る

▼ 大和物語~ (10, 0.5%)

21 には又, には此, には載っ, にも仁和寺, にも此事, に内, に出た, もさうです

▼ 大和~ (10, 0.5%)

2 の帯 1 が有, それから紅白, と云, と引合わせ, の袋, はこの, を取り上げ, を片手

▼ 大和飛鳥~ (10, 0.5%)

3 へ進出 1 にその, に居た, の, のミヤコ, の争奪戦, の都, へ進出以前

▼ 大和めぐり~ (9, 0.5%)

2 の旅 1 とは畿内, に行きましょう, の貧乏旅行, を思い立った, を為, 四国まで, 等は

▼ 大和障子~ (9, 0.5%)

1 などの写生, にお, に糸, の前, をあけ, をあけよう, をがらり, をなかば, を半分

▼ 大和国中~ (8, 0.4%)

3 の何処, 残る隈 1 に限る, を彩色

▼ 大和~ (7, 0.4%)

1 上方は, 丹波から, 五十嵐や, 喜三郎様御内石川関五郎様, 山城から, 岡山なぞにも, 河内に

▼ 大和宮廷~ (7, 0.4%)

3 の伝承 2 の呪詞 1 などでは早くから, の溯れる

▼ 大和河内~ (7, 0.4%)

2 の山 1 に赴いた, の山脈, の賊軍, は大, への山

▼ 大和さん~ (6, 0.3%)

1 が左様, に御, は学校, も皆さん, や老母さん, 貴郎

▼ 大和街道~ (6, 0.3%)

1 からこの, から北, だった, でベソ, を志, を進んだ

▼ 大和~ (5, 0.3%)

1 使用する, 塗師を, 山岳にばかり, 盗みだした支那, 谷山覚右衛門と

▼ 大和への~ (5, 0.3%)

1 旅に, 旅の, 旅わけても, 私の, 道には

▼ 大和~ (5, 0.3%)

2 の家 1 の傍若無人, の天眼通, は我

▼ 大和国原~ (5, 0.3%)

1 そこはかとなく, という言葉, の豊かさ, をしのぶ, を右手

▼ 大和~ (5, 0.3%)

1 たふの, には類似, にも斷つて, に下り, の城上郡

▼ 大和平原~ (5, 0.3%)

1 における大きな, に於ける, の一端, をぐるり, をゆられ

▼ 大和日出夫~ (5, 0.3%)

2 の父 1 とはこの, は元気, は喜んだ

▼ 大和~ (5, 0.3%)

1 のたもと, の絵組み, の辺, を渡つた, 及び鶴歩橋

▼ 大和~ (5, 0.3%)

1 にし, の弓, の礼射, の笠懸蟇目, の軟弓

▼ 大和行幸~ (5, 0.3%)

1 が八月十二日, の事件, の洛中, の議, を機会

▼ 大和からは~ (4, 0.2%)

2 一歩も 1 命の, 知教教円の

▼ 大和でも~ (4, 0.2%)

2 大阪者と 1 屈指の, 柳生地方及び

▼ 大和にと~ (4, 0.2%)

4 つては

▼ 大和はも~ (4, 0.2%)

2 遠しとよ 1 聴美し, 聽美し

▼ 大和まで~ (4, 0.2%)

1 わざわざ仕事, 来る間, 求めに, 運ばせて

▼ 大和~ (4, 0.2%)

1 であるから, には常世の国, の血, はをを正しく

▼ 大和古寺巡礼~ (4, 0.2%)

1 の際, はま, はまず, は一面

▼ 大和吉野~ (4, 0.2%)

2 の山中 1 の大峯山下, の山間十津川郷

▼ 大和大納言秀長~ (4, 0.2%)

1 がこの, である, はこの, や京都

▼ 大和屋十右衛門~ (4, 0.2%)

2 と申す 1 という人, どうぞ御

▼ 大和巡り~ (4, 0.2%)

1 とて行李, の旅, もできる, をしたい

▼ 大和武尊様~ (4, 0.2%)

1 でございます, とも矢張り大和, に御, のお

▼ 大和節斎~ (4, 0.2%)

1 が洞察, と申す, は演説, は老人

▼ 大和~ (4, 0.2%)

2 の常 1 は前代, もその他日本畫

▼ 大和繪師~ (4, 0.2%)

2 の行き, は人物

▼ 大和からの~ (3, 0.2%)

1 名であろう, 影響で, 発送が

▼ 大和~ (3, 0.2%)

2 思ほ 1 念ほ

▼ 大和ながらの~ (3, 0.2%)

1 優に, 女性は, 床しい手裏剣

▼ 大和における~ (3, 0.2%)

2 唱門師の 1 私闘私事の

▼ 大和にも~ (3, 0.2%)

1 増して, 皇居は, 豊後にも

▼ 大和ミジュン~ (3, 0.2%)

1 どやん, なん, は鰯

▼ 大和一郎~ (3, 0.2%)

1 が得意, が白, の尚

▼ 大和七宿~ (3, 0.2%)

1 のうち, の者ども, の長者

▼ 大和万歳~ (3, 0.2%)

1 の徒, の旅稼ぎ, はまた

▼ 大和各所~ (3, 0.2%)

1 の夙部落, の数十箇所, の神奈備

▼ 大和国八木~ (3, 0.2%)

2 の宿 1 の里

▼ 大和当麻~ (3, 0.2%)

2 を思う 1 に又

▼ 大和方面~ (3, 0.2%)

1 からちょうさん, から関屋口, の菜種

▼ 大和柳生~ (3, 0.2%)

3 の庄

▼ 大和法隆寺~ (3, 0.2%)

1 に不滅, の入口, の陀羅尼經以來

▼ 大和繪風~ (3, 0.2%)

2 な構想 1 な色彩そつくり

▼ 大和ここ~ (2, 0.1%)

2

▼ 大和さま~ (2, 0.1%)

1 がかよう, がなだめられ

▼ 大和という~ (2, 0.1%)

1 ように, 天眼通が

▼ 大和といふ~ (2, 0.1%)

1 国名が, 宗右衛門の

▼ 大和とは~ (2, 0.1%)

1 残って, 気分が

▼ 大和とも~ (2, 0.1%)

1 おもわずに, 宇治とも

▼ 大和よりも~ (2, 0.1%)

1 人郡集し, 早くヒダ

▼ 大和をめぐって~ (2, 0.1%)

1 はじめてその, 途中で

▼ 大和一國~ (2, 0.1%)

2 の大寺

▼ 大和一家~ (2, 0.1%)

2 かぞへ唄

▼ 大和以外~ (2, 0.1%)

1 で言う, の地方

▼ 大和入り~ (2, 0.1%)

1 の時, より前

▼ 大和及び~ (2, 0.1%)

1 伊予の, 副たる杉孫七郎

▼ 大和唐招提寺~ (2, 0.1%)

1 にある, の句

▼ 大和国十津川~ (2, 0.1%)

1 というところ, まで名乗っ

▼ 大和國中~ (2, 0.1%)

2 の何處

▼ 大和國中殘~ (2, 0.1%)

2 る隈

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 に向け, の眞土

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 の膝, の膝枕

▼ 大和宇智郡~ (2, 0.1%)

1 の野, の鬼筋

▼ 大和守どの~ (2, 0.1%)

1 か柿崎和泉どの, が同席

▼ 大和富士男~ (2, 0.1%)

1 である, と次郎

▼ 大和平野~ (2, 0.1%)

1 を一望, を平定

▼ 大和武尊~ (2, 0.1%)

1 には無事, の銅像

▼ 大和殿夫婦~ (2, 0.1%)

1 を仲人, を右

▼ 大和民族特有~ (2, 0.1%)

1 のまっ黒, の規律

▼ 大和河内あたり~ (2, 0.1%)

1 では, の同胞

▼ 大和河内地方~ (2, 0.1%)

1 のいわゆる, へ行け

▼ 大和淡路~ (2, 0.1%)

1 の三名, の変装

▼ 大和淡路守~ (2, 0.1%)

1 という織田どの, の三人

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 か, も殆ど

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 とも言わない, の上作

▼ 大和犬族~ (2, 0.1%)

1 の優等, は敢

▼ 大和田楽~ (2, 0.1%)

1 に対抗, の組

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 の北野神社, までも焼き払い

▼ 大和画家~ (2, 0.1%)

1 は当時, もまた

▼ 大和當麻~ (2, 0.1%)

2 を思う

▼ 大和絵師~ (2, 0.1%)

2 は人物

▼ 大和繪出~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 大和薬師寺~ (2, 0.1%)

1 の境内, の東塔

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 あるいは東京, では其家

▼ 大和雪原~ (2, 0.1%)

1 です, の日章旗

▼ 大和~ (2, 0.1%)

1 でありますし, を崩しません

▼1* [281件]

大和あたりの古い, 大和あの辺に, 大和あるいは京都の, 大和それとも四国, 大和かと思うと, 大和がき結いに, 大和がき結ひに, 大和ことに京に, 大和ごころという優雅, 大和さん御苦労様ですこと, 大和さん男は礼, 大和しおもほ, 大和しぬびつ, 大和しま見ゆ, 大和すみ棄て, 大和その他中央部とは違った, 大和だけであった, 大和だましひとか其外, 大和ってうちへ, 大和のへ, 大和であるがいかにも, 大和との界で, 大和とりわけ奈良の, 大和どのお怒り, 大和ながらなる武道, 大和など切りと, 大和などに較べると, 大和などにも警吏の, 大和なる大島の, 大和において神武天皇に, 大和においても新日本が, 大和にとっては大和の, 大和ばかりの状態では, 大和びとの語でははつく, 大和ふき来る春, 大和へも帰りたいと, 大和べに風吹きあげ, 大和めぐりだと自ら, 大和よりの帰路に, 大和らしく私に, 大和を以て古え, 大和アルプスを脊椎, 大和スズの声, 大和て男, 大和だと, 大和一円が一目, 大和一国内であ, 大和一帯はやがて, 大和一揆尚又野州騷動, 大和一面にさき, 大和三山にかこまれた, 大和三年ろ州の某, 大和三輪のそれ, 大和三輪初瀬の月, 大和両手に頭抱, 大和中原を定めた, 大和中宮寺の, 大和中納言秀俊卿が道, 大和丹波市近処, 大和丹波市ほか六村から八人, 大和丹波市外六人のエタ村, 大和乙女の血, 大和五条下辻又七への手紙, 大和五條の森田節齋, 大和へ来る, 大和人種の苗裔, 大和介谷森種松と筑前守鈴鹿勝芸, 大和伊豆三浦越中弘中三河守等の勇将, 大和伊豆守は毛利方, 大和伊豆守等骨を砕い, 大和伊賀をさ迷った, 大和伊賀三国の三角点, 大和伊賀伊勢近江摂津和泉丹波丹後若狭美濃信濃肥前同年九月には日向, 大和伊賀紀伊の四カ国, 大和信貴山攻めの戦い, 大和備前の本山, 大和先生から段々, 大和全国の夙村, 大和内山の永久寺, 大和司親盛入道が, 大和勝沼入道今川伊勢辺見左京一騎当千という, 大和北山の田戸附近, 大和北葛城郡の傍丘, 大和北葛城郡下田村で大和, 大和北葛城郡志都美村辺で虹, 大和北葛城郡百済村附近の原野, 大和北部の平野, 大和十津川は維新, 大和は柴垣, 大和名所図会などにも, 大和君何です, 大和和泉河内摂津三河伊勢尾張美濃飛騨近江越前加賀讃岐の諸国, 大和唱門師の発展, 大和国がら女の呼, 大和国ニてすこし, 大和国三郷村立野の龍田神社, 大和国下市村の男, 大和国中数十個所の唱門, 大和国内でなければ, 大和国分尼寺の遠, 大和国吉野郡の国樔村, 大和国吉野郡十津川の玉置神社, 大和国吉野郡南芳野村大字丹生に鎮座, 大和国吉野郡白銀村白銀尋常小学校というの, 大和国味白檮岡の言八十禍津日前, 大和国大峰山の麓, 大和国山辺郡朝和村にも起こった, 大和国曾我村生の曾我岩蔵, 大和国月ヶ瀬の梅, 大和国桜井へかえる, 大和国檜隈郡に居つた, 大和国永浜某氏の報道, 大和国河合村の広瀬神社, 大和国生駒郡今の奈良市, 大和国磯城郡纏向村近傍に蜘蛛火, 大和国箸尾村の土豪, 大和国菅原寺の住僧, 大和国葛城を望む, 大和国郡山に移した, 大和国長吏指上御扶持代物, 大和國十市郡菴地村の大富人鏡作連, 大和國室生寺にあつ, 大和國郡山の城主, 大和地方民の生活中, 大和の上, 大和椽に, 大和大名の連衆, 大和大峰いりの, 大和大峰山中一番奥にある, 大和大路一ノ橋から六波羅, 大和天誅組には伍長, 大和天誅組声援のため, 大和奈良公園二月堂の辺, 大和奈良坂の非人, 大和女性の気概, 大和守その他何れも武勇, 大和守一人の手, 大和守信広の二男, 大和守十七万石の城下, 大和守十五万石その藩中, 大和守報告文に, 大和守実綱は謙信, 大和守家中としてあるじゃござんせんか, 大和守広之と申され, 大和守忠和の邸, 大和守忠嗣へ預替, 大和守成美は献ずる, 大和守朝矩が来, 大和守柿崎和泉甘糟近江守長尾遠江などいわゆる, 大和守正時とは東条, 大和守殿に左, 大和守殿所司之時分, 大和守牧野備中守岩城播磨守お側御用お取次水野出羽守, 大和守甘糟近江守の三人, 大和守皓は平戸松浦氏, 大和守等これを不安, 大和守長尾遠江守鮎川摂津村上義清高梨政頼柿崎和泉守などの諸, 大和守陸奥の人石川義光, 大和守頼寧であつ, 大和安田荒川などの隊, 大和宮廷時代から伝承, 大和に火の玉, 大和富士まで蓬, 大和尚さまもたいそう, 大和に観, 大和山城に大, 大和山城河内の山野, 大和に日, 大和川住吉堺までを作戦地域, 大和川北は淀川, 大和川淀川の二水, 大和する頃, 大和平原はるかに塔, 大和平定者たる物部氏, 大和往来長谷寺の牡丹とき, 大和御所町における差別撤廃講演, 大和ひいの, 大和文化圏ニ流行シタモノダソウダガコレモ悪クナイ, 大和旅館に入る, 大和挙げの, 大和日出夫小豆島紋太夫が殿, 大和春日神社の御事, 大和月ヶ瀬方面へ向っ, 大和朝廷そのものであると, 大和朝廷側の音楽, 大和朝廷治下の国家, 大和朝廷等は當時, 大和木綿であつ, 大和本草には昔, 大和にもあっ, 大和柳本の部落, 大和柳生勢の兵, 大和柳生谷の芳徳寺, 大和柾木坂のご, 大和桜井から一里, 大和橋東詰で三色, 大和橋渡船で大井橋, 大和正木坂で一万石, 大和武士として横行闊歩, 大和武尊さまのよう, 大和歳事記を拵, 大和殿から御, 大和殿御夫婦を訪, 大和民労会の五六十名, 大和民族以外の異種族, 大和民族固有の神, 大和民族独特の性情, 大和民族衰亡の警鐘, 大和河内和泉摂津近江丹波紀伊尾張伊賀伊勢越前の諸国, 大和河内摂津和泉淡路紀伊伊賀伊勢志摩近江の諸国, 大和河内摂津紀伊土佐讃岐伊予阿波伊勢尾張美濃近江遠江三河相模駿河甲斐伊豆豊後の諸国, 大和河内紀伊の山々谷, 大和海竜王寺所蔵のもの, 大和添下郡菅原について残つた歌, 大和熊野に野槌, 大和猿楽の擁護者, 大和猿楽其他の村, 大和猿楽師の中, 大和生れの娘, 大和生命の三太郎, 大和生野義挙蛤御門の変, 大和生駒郡の筒井城, 大和由松が来, 大和由松大町の案内者玉作, 大和申楽はすでに, 大和に遇はん, 大和男児の姿, 大和町豊島町という順序, 大和町辺の駄菓子職人, 大和の趣, 大和畝傍山麓の洞村, 大和より得來, 大和盆地がある, 大和磯城郡初瀬町の東方一里, 大和磯城郡穴師山は水, 大和磯城郡纏向村にあり, 大和神社として今, 大和穴師兵主神の末, 大和に於い, 大和節斎殿とな, 大和精神でもその, 大和にする, 大和紀伊の諸国, 大和紀伊和泉摂津を股, 大和紀伊和泉摂津丹波播磨などに国別, 大和紀伊阿波の諸国, 大和紀州の牢人, 大和経迴を停止, 大和結崎座の観世清次, 大和絵巻を見る, 大和義挙澤宣嘉平野国臣らの生野義挙, 大和ひが, 大和は舳, 大和船頭が南方, 大和菩提寺の奈良酒, 大和薯仏掌薯などを使用, 大和それから前, 大和行幸論に一代, 大和街道口の三, 大和街道巡察のさい, 大和西に摂津, 大和詣りの途中, 大和諸州へ京阪, 大和路札うちて都, 大和路礼讃の頗る, 大和路風景は私, 大和行くこと, 大和近江の境, 大和進出の順路, 大和は雲, 大和りで新, 大和金魚をその, 大和雪原領有を主張, 大和風呂なり, 大和でのよう, 大和高取に素十君, 大和高市郡の雲梯, 大和高市郡久米道塲の東塔, 大和高市郡岡本郷に草創, 大和高市郡野口では村境, 大和鬼蓮