青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「堤~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

基~ ~基礎 基礎~ 堀~ 堂~ 堂々~ 堅い~ ~堅く 堅く~ 堕落~
堤~
報~ ~報告 報告~ ~場 場~ ~場合 場合~ ~場所 場所~ ~場面

「堤~」 2276, 24ppm, 4929位

▼ 堤~ (829, 36.4%)

88 上を 53 上に 35 上から 22 上へ 18 上の 16 上には 13 上で 12 ように, 下に, 下の 11 上は 9 方へ, 草の 8 桜が, 桜の 7 ような, 下へ, 中に 6 うえに, ほうから, 蔭から, 路を 5 下を, 桜は, 蔭に 4 下で, 斜面に, 松の, 桜を, 秋, 草に 3 上では, 柳の, 柳は, 陰に, 青草の

2 [63件] あたりを, うえを, うまごやしの, かなたから, きわまで, ときよりも, ほうで, ほうへ, やうな, やうに, クボ地で, 一方を, 一部を, 上からは, 上でも, 上にも, 上まで, 上も, 上高い, 下や, 両側に, 中腹に, 冬, 前に, 南は, 右側の, 向うに, 向うの, 夏, 夕暮紅の, 夕闇に, 外に, 外は, 尽きるところ, 左側に, 左側の, 斜面の, 斜面を, 方に, 方まで, 方を, 春, 木瓜の, 末に, 松には, 松や, 枯草凍りつき, 根元まで, 水を, 池に, 直ぐ下には, 端に, 端を, 芒を, 芝生に, 花見の, 若草に, 蔭の, 蔭を, 裾に, 青草その, 青草は, 青草や

1 [278件] あいだでも, あたりが, あたりに, あちらこちらから, あちらは, うえで, うえには, かげで, かげに, かげへ, かげを, ごとく九ツ, したには, したを, そばへ, それと, ところに, なかほど, なだらかな, ほとりを, まだ明けきらない, まわりを, まんなかを, むこうから, むこうへ, 一つの, 一側對面の, 一所を, 一穴から, 一角は, 一部が, 一部へ, 一部分には, 丁度その, 上ある, 上からも, 上が, 上などに, 上のを, 上ばかり, 上へと, 上へも, 上までは, 上より, 上をど, 下から, 下だの, 下には, 下は, 下石垣の, 下草が, 両側には, 両側は, 両端を, 並木について, 中を, 中途から, 中途で, 九部通りは, 事難儀たりと, 交番から, 人殺しは, 代りの, 修築に, 修築中で, 側面で, 先の, 兩側の, 兩側みな櫻これ向島也, 公園を, 内面は, 処々に, 分署まで, 切れたやう, 切れたよう, 切れた洪水, 切れた處, 切れるしばし, 切れるの, 前人力車の, 北は, 半腹, 南岸浮間ヶ原には, 取崩されて, 叢に, 古本屋の, 右手に, 右手の, 吉原土手と, 名所として, 向うは, 向う側から, 向は, 向側は, 向方の, 向方側で, 土に, 土の, 土手の, 土盛りに, 地点で, 場が, 場という, 場所から, 塔門型の, 壞れた, 夏柳を, 外が, 外などの, 外側は, 夜明け時なら, 大師堂のみ, 夾竹桃の, 如き隆起, 如く海中, 家へ, 小川の, 小径から, 小松の, 小草, 尽きやうと, 尽きようと, 尽きるはるか向う, 尽きる辺り, 尽くる, 尾花にも, 岐路だった, 崩れに, 川, 左右に, 左右へ, 幅に, 幅は, 形の, 形を, 彷徨者, 役目を, 彼方に, 後からは, 悌が, 所へ, 掛行灯は, 掛行燈は, 斜面は, 新しい土, 方でし, 方にも, 方より, 方角から, 春藤を, 普請は, 普請を, 暁の, 木の, 木影に, 木立ちのかげに, 材木屋の, 東に, 東北に, 松並木が, 松林を, 林と, 果てから, 枯れ草は, 枯草に, 枯草の, 枯蘆の, 柳が, 根が, 桑の, 桜, 桜わずか, 桜並木に, 桜咲き匂ふ, 桜樹の, 桜樹は, 桜花は, 楊老いに, 横っ腹で, 横へ, 樹, 櫻の, 櫻を, 水蝋樹も, 池, 決潰を, 泥水の, 洪水は, 清水山の, 灌木の, 焚火, 畷で, 白い路, 白明, 真ん中を, 短い草, 秋草さびしく, 稱も, 突端へ, 窪地に, 窯は, 端の, 竹藪の, 竹藪枯れ, 細い道, 細路を, 細道を, 終る所, 続きに, 緑を, 縁から, 縁に, 縁には, 縁を, 續きだすぐ, 群衆の, 脇に, 腰かけ茶屋の, 腰を, 腹に, 腹へ, 芒に, 芝草が, 芝草を, 花が, 花すゝき, 花の, 花よりも, 花を, 花芒, 芽出し柳の, 若草の, 若草を, 茨さくなべに, 草は, 草へ, 草むらが, 草原に, 草藪に, 萱や, 落葉かな, 蒲鉾小屋で, 蔭だ, 蔭で, 蔭には, 蔭へ, 藪だ, 藪を, 蛇籠の, 裏を, 裾の, 裾へ, 西の, 言問を, 警察に, 赭土を, 跡に, 跡へ, 跡を, 辺には, 辺まで, 近所に, 途中で, 道は, 道へ, 道行さ, 遠くから, 長いよう, 間は, 間を, 陰へ, 雑草に, 露草を, 青い草, 頂に, 頂を, 高みへ, 黒い柵

▼ 堤~ (395, 17.4%)

13 下りて 9 降りて 8 歩いて 6 通って 5 切って 4 こえて, 築いて, 越えて, 越して 3 下って, 下ると, 傳ひ, 切ったよう, 北へ, 散歩し, 横切って, 見た, 進んで

2 [32件] あがって, おぼろに, おりて, さらに川下, のぼって, ぼかして, まっすぐに, もう越した, 一散に, 下りた, 下りやがて, 伝って, 作って, 切った濁流, 切り満目, 右に, 右手に, 家の, 左へ, 帰って, 往っ, 歩す, 歩む, 決したよう, 決するが, 築かせたところ, 築き水, 築き潜, 築くだけ, 花の, 行き尽して, 通りすぎると

1 [247件] あるかせられて, あるきながら, いそぎやがて, うしろに, うろうろし, おくられた, おりた黒い, おりようとして, おり橋, かけ登るらしい, かけ降りる気配, かみ堤, かみ青梅, きずいた, きったか, きって, きられたよう, きられた水, きらんと, きれば, くずし濠, こえる, こさえて, こしらえさせました, こすって, こゆれば, ころがって, ころげ降りて, さかのぼって, さして号令, ずんずん行く, その列, ただ通っ, つくるの, つたって, つなぐ, づんづん行く, とぼとぼ歩い, とれりされど, ならんで, のこのこ歩く, はさんで, ひたした所, ふり向いた, ふり返った, ぶら, ぶらついて, ぶらぶら戻っ, ぶらぶら散歩, またぞろ歩むもおかしき心地, まっしぐらに, まつ直ぐ, めぐった桜, やや下り, ゆき詐僞, ゆける鬼脂, ゆた, タタタタと, ワツシヨイ, 一と, 一心にな, 一目散に, 一直線に, 一里あまり, 一里も, 上がると, 上った, 上った土堤, 上って, 上の, 上へ, 上る, 下つて來, 下りかけたが, 下りきらないので, 下りると, 下りる代り, 下り橋, 中ほどまで, 乗り越そうじゃ, 京の, 人の, 仰ぎ高い, 作つてその, 傳ふ, 切ったり, 切った怒濤, 切った為, 切つた, 切つてそこは, 切つて溢れ落ちた, 切られたよう, 切られた水, 切らんか, 切りくずせ, 切り放したよう, 切るよう, 切る心持, 利用し, 前に, 北頭に, 十歩ばかり, 南へ, 厚く築いた, 口笛を, 只一人トボトボと, 右へ, 固めん爲め皇后, 埋めて, 大阪まで, 子供を, 寒々と, 山寺の, 崩した恠談, 崩し人家, 川に, 川上の, 川上へ, 庭の, 引き上げた, 引返して, 往つ, 往復する, 御覧なさる, 思ひ出し数年前, 急に, 手で, 折れる, 指して, 掛けて, 描き広々, 散歩した, 散歩しよう, 断った大河, 断った水脚, 断れ, 曲らずまっすぐ, 望む花時, 杉林の, 東側へと, 松並木の, 橋脚として, 歩いた, 歩くの, 歩みて, 歩むべしと, 歩んだ, 水と共に, 水上の, 水神に, 水神の, 池の, 決って, 流る, 溯った頃, 溯つた, 滑つて河岸の, 焼く煙, 牛車が, 猶も伝う, 田螺が, 異にし, 登った, 登って, 登ろうと, 短距離競走でも, 破った洪水, 破って, 破りたるところ, 破りて, 私は, 積み上げ積み上げすること, 突切る, 築いた, 築いた時, 築いた林道, 築かれ堤, 築きこれ, 築きに, 築き八, 築き廻らせしならん, 築くこと, 築くという, 築くとか, 経て, 編笠茶屋まで, 縫う様, 縫ふ, 葛坡と, 行く, 行くと, 行くとき, 行った, 行ったり, 見れば, 見乍ら, 見詰めて, 親しさ, 設けて, 詮議した, 語るとき君, 護す, 走った, 走ったこと, 走る弥次馬, 走る駕籠, 超えた向う側, 越えると, 越え原, 越え川, 跳びこえて, 辿って, 辿つて上流, 辿る, 退去した, 送られて, 逃げて, 通つてその, 通つて行く, 通りか, 通りかかった者, 通り抜けて, 通り駕籠, 通ると, 通るところ, 通る時, 通る知人, 通ろうじゃあ, 過ぐ, 過ぐの下, 過らぬこと, 過るとき, 遡つて行, 降りた川, 降りると, 陸続互に, 離れて, 静かに, 馳け, 馳廻って, 駈け上がろうと, 駈け下りると, 駈け登りました, 駕籠が, 高くし, 高く築い, 鷹狩の

▼ 堤~ (266, 11.7%)

10 沿うて 9 出て 8 沿って, 立って, 腰を 7 なって, 出た 6 出ると 5 引き出して 4 添って 3 並んで, 来る男

2 [21件] いま躑躅の, かかる, なる, 上りて, 佇立んで, 出たとき, 出づ, 出る石段, 座って, 接して, 来て, 来る, 桜並木が, 添うて, 添ふて, 竹を, 足を, 踏段が, 身を, 達して, 面した小さな

1 [146件] あがって, あがると, あふれんと, ある二本, ある桜, ある犬, いたれ, いちめんの, いつか立つ, おふる, おりました者, かかったの, かかりますと, かかろうと, かがんで, かけ登って, しるく砂利, すてられた, すりつけた顔, するため, せめて茶亭, そい野, そうて, そった白い, そって, ちかい荒地, つづく一, なりそれから, なると, のぼる, もえし陽炎, ゆき折れて, よじ登ると, 一層の, 上がって, 上って, 上ってから, 上る, 乗って, 二三本あっ, 住んで, 倒して, 六七人の, 凭り, 出さえ, 出でたり, 出る雑草, 合図の, 呼び出すこと, 咲いて, 咲きつらなって, 坐しくづをれて春惜む, 多く栽, 大文字を, 姿を, 子供のかと, 差しか, 帰りつくこと, 平れ伏しました, 年ふる, 座つては, 座りて, 引返すと, 当って, 待受けて, 怪しい女, 恰も黄金, 捨てられた角, 接近し, 攀じ上った, 斯んな, 春が, 春なら, 暁の, 来ると, 松の, 架せられべき鉄橋, 柳あり, 柳ある, 柳が, 柳を, 桜を, 桜樹を, 植えた, 植えられた桜, 楓樹を, 氈うち敷て, 求めて, 沿うた西船堀在, 沿うては, 沿った京街道, 沿つて並ん, 沿つて隣り, 沿ひ, 添つて, 添つて並ん, 添つて此処ぞ, 添つて歩い, 添つて舞ひ散, 添つて進んだ, 清水山という, 生えて, 登って, 白いもの, 直して, 真黒に, 着いて, 着物だけ, 穴を, 突き當り, 立ち次々, 立った五名, 立つ, 聯絡する, 腰かけて, 腰と, 自立会と, 舵を, 芒が, 荷を, 萩が, 葉裏を, 行き当って, 行けば, 見た桜, 見頃の, 言わすれば, 赤や, 辻斬りが, 近かった, 近き郵便局, 近くな, 通ふ, 遊ぶお, 遊ぶ連中, 達し鬼, 防禦線を, 限られて, 集つた, 集結した, 青鬼赤鬼天狗狐ひょっとこ将軍などの, 音鬼赤鬼天狗狐ひよつ, 頑張つて, 駈けあがると, 駒を, 鳥羽田要助を

▼ 堤~ (103, 4.5%)

6 出て 4 あがって, いって, 上った, 上って, 出た, 姿を 3 あがった 2 ゆき若草, 来る, 漕ぎつけ高架線, 登って, 登ると, 駆けだして

1 [58件] あがると, おばあさんに, かかった時, かかって, かかる頃, かけては, すぐに, でた, でると, まゐりました, 一本の, 上がって, 上げられた余, 上ったもの, 上ってからも, 上り右, 上り左右に, 上り端の, 上ると, 出かけて, 出たが, 出ようという, 出る, 出るつもり, 出れば, 出揃うと, 呼び出して, 差しかかる頃, 帰って, 急ぐらしい駕籠屋, 摘草に, 月見に, 来て, 来ると, 流れて, 登り寺島, 登り長い, 眼を, 着いたは, 着くと, 羊や, 花見に, 蜿蜒と, 螢狩りに, 行かないから, 行き枯草, 行けば, 行ったの, 足を, 迫った, 駈けあがった, 駈けあがり信長, 駈けつけると, 駈けて, 駈け上がった, 駈け上がって, 駈け上がると, 駈け上がろうと

▼ 堤~ (67, 2.9%)

4 切れて 3 崩れたの 2 あった, 一目に, 少しばかり, 崩れるなど, 斜めに, 蜿って

1 [48件] あったでしょう, あって, ありその, ありますね, あり畑, ある, あるので, くずれて, こはれ, こわれて, ずうと, つ, ぼんやり眠た, コンクリートで, 一髪を, 下の, 二三ヶ所処々崩れ, 低くなっ, 低く地面, 出來, 出来て, 切りくずされたの, 切れた以上, 切れる, 北の方へ, 崩れたり, 崩れました, 崩れまして, 成た, 有ります, 木の間から, 決潰した, 町端れ, 百五十間ほど, 盡きる, 相竝, 突き出て, 築かれつつ, 絶れる, 続いて, 続きそして, 續い, 見えなかつた, 長々と, 長いこと, 高く立ち, 高く築かれ, 黒いリボン

▼ 堤~ (63, 2.8%)

5 命召された 2 その広い, 初めて話, 大樹が, 船の, 釣りを

1 [48件] お兼, こないだの, その時, ガラッ八, ガラツ八に, ポプラの, 一騎打ちの, 三輪馬車を, 与十郎を, 与右衛門が, 乱闘を, 二人で, 二人とも, 他方が, 休み行徳橋, 休息し, 会ったあの, 会った一学, 何か, 何等かの, 何者とも, 余念なく, 先輩や, 初めてカタクリ, 唐犬権兵衛等の, 四国屋の, 実際に, 惨殺された, 旗本が, 時次郎と, 時節柄一面の, 殺して, 水の, 漸く私, 狐の, 町家の, 石の, 石川兵庫介さんに, 突かれそく, 藪入りの, 蚕婆の, 見た平調, 見て, 読書一文なし, 賊と, 路は, 野武士の, 鼓の

▼ 堤~ (61, 2.7%)

5 年深み 2 一段高く, 丁度取崩し, 次第に遠ざかり, 毛馬塘なり

1 [48件] いつか南に, いつ切れる, こぼれさ, さびしかった, すぐそこ, それに, できまい, どこまでも, どの辺, はるか遠く, ぽー, もうすっかり春, もう葉桜, ドライブの, 低いし, 低く川上, 低し木, 何時の間にか低く, 全く春, 切れて, 即ち三番池, 即ち花, 去年の, 取崩されて, 同時に各, 団十郎の, 団菊左の, 夏刀根川の, 大宮と, 平に踏み慣らされ, 押して, 断られて, 昔から, 暗かった, 桜が, 毎日通う, 用事の, 真白に, 築かれきた, 茅萱や, 蜿蜒と, 見えない処, 見え初めぬ, 遠く枯れた, 遠し木, 長かった, 雪に, 鼓だ

▼ 堤から~ (58, 2.5%)

4 下へ 2 下りて

1 [52件] ころがりおちるところ, そう遠く, その中央, ほかの, みつめて, わしを, 一二丁の, 一竿を, 三人の, 上陸しよう, 二三町ばかり, 京都方面を, 今度は, 入って, 八幡中山を, 八瀬大原に, 出して, 十町ほども, 原野へ, 右手へ, 太い綱, 小川の, 川のみ, 川水の, 折れて, 榛の木の, 橋を, 河の, 河辺に, 沼地らしい, 流れ出て, 海の, 溢れること, 濠の, 生垣の, 田圃の, 畑の, 眺めると, 脚下を, 西は, 見られたらどう, 見渡した十二階, 身を, 転げ落ちた, 転げ落ちたの, 逃げたの, 這い降りて, 降りた, 雲水の, 飛び下り耕地, 駈け降りようと, 麻畑を

▼ 堤には~ (32, 1.4%)

2 あまり草, 太鼓橋に, 往来の

1 [26件] つぼみを, ときどきに, どこまでも, なくて, 一本の, 一面すすき野萩茨が, 三々五々行楽, 人が, 冬枯れの, 外側の, 宵から, 小さな胡桃, 小枝, 引っきり無し, 数えきれぬ花, 晩春の, 月見草が, 桜は, 桟橋が, 沢山な, 狐の, 秋風の, 若草が, 草摘み女の, 風に, 駕籠屋の

▼ 堤~ (26, 1.1%)

2 木立は

1 [24件] いった, それらを, なし壇, なって, なり左, 丈余の, 丘陵の, 交叉し, 出て, 勢いよい, 同じだ, 同様の, 四方の, 応援船とから, 昼夜を, 水滸伝の, 濠を, 畑が, 石垣を, 私の, 行楽に, 見これ, 言つたのには, 風に

▼ 堤~ (23, 1.0%)

2 にのぼり, に立つ

1 [19件] に伏せ, に佇ん, に到れ, に寝転がっ, に植, に舟, の桜, の頻繁, は自動車, をうずめた, を以て都人観花, を右往左往, を歩, を歩い, を行きつ戻りつした, を行く, を辿っ, を馳, 泥深一尺

▼ 堤~ (17, 0.7%)

3 蟻の 2 あった

1 [12件] いちどに切れる, セーヌ河に, 一夜の, 一部崩れた, 半ば崩れた, 山径も, 川も, 打ちこ, 支えきれない大, 狛犬も, 螻蟻, 遠山も

▼ 堤~ (17, 0.7%)

1 [17件] が白く, が通じ, だけが足もと, と道, につったっ, のある, のつきる, の杉, の橋, は八歩, をあと, をさき, を埋め, を徐々に, を疾駆, を絶ち切っ, を進出

▼ 堤まで~ (16, 0.7%)

4 出て 3 来て 1 きて, 人力車で, 來い, 往った, 戻りかけて, 歩いた, 築いて, 背を, 送って

▼ 堤~ (12, 0.5%)

2 を歩い 1 が道路, に小膝, の一本道, の小料理屋, の知れる, はいよいよ, をあるい, を急い, を探る, を通りました

▼ 堤~ (10, 0.4%)

2 大門外 1 がてく, 小金井と, 山の手へ, 村から, 松は, 突兀たる, 裸の, 青い畑

▼ 堤~ (9, 0.4%)

1 とは俳句, とは支那, に歌われ, に歌われた, に溢れたる, に見, の種類, は蕪村, を作る

▼ 堤外地~ (8, 0.4%)

1 で大麦, と申し, には万, の桑畑, の竹藪, は昔, は菜種, もその

▼ 堤という~ (7, 0.3%)

1 のは, ものが, 一篇を, 名前で, 噂な, 堤へ, 所を

▼ 堤~ (7, 0.3%)

1 がすうっ, さし出して, に灯, に蝋燭, のかげうつる, をぶらさげた, を借り

▼ 堤さん~ (6, 0.3%)

1 に話したら, の御, もいま, もめでたく, も不在, も見えられた

▼ 堤より~ (6, 0.3%)

1 其青銅の, 望みたる景, 立谷川を, 第五, 遠く西, 高くなっ

▼ 堤長う~ (6, 0.3%)

6 して

▼ 堤との~ (5, 0.2%)

2 三百メートルの, 短くはかないけれども 1 距離が

▼ 堤方村~ (5, 0.2%)

1 で失った, の往来中, の茶見世, の葭簀張り, へ茶見世

▼ 堤~ (4, 0.2%)

1 かの片影, ぜと念, つたと, とか人

▼ 堤~ (4, 0.2%)

1 には遂に, に充満, に在る, の田畑

▼ 堤~ (4, 0.2%)

1 では早い, の管内, へ引か, へ飛びこんだ

▼ 堤いっぱい~ (3, 0.1%)

1 に咲きひろがっ, に涼しい, 繁って

▼ 堤では~ (3, 0.1%)

1 ないかと, ないけれど, 観衆が

▼ 堤~ (3, 0.1%)

1 のでご, のでまた, んです

▼ 堤にな~ (3, 0.1%)

2 つてゐ 1 つてゐた

▼ 堤分署~ (3, 0.1%)

1 です, と云う, へ出頭

▼ 堤~ (3, 0.1%)

1 が私, では, とがやって来た

▼ 堤~ (3, 0.1%)

21 の决壞

▼ 堤~ (3, 0.1%)

1 の庭, の焼け跡, の焼跡

▼ 堤沿い~ (3, 0.1%)

1 にソロソロ, に行っ, の大きい

▼ 堤~ (3, 0.1%)

1 が吊し, のよう, は此方

▼ 堤~ (3, 0.1%)

1 に腰, に身体, へ腰

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 何かを, 草原の

▼ 堤づたいに~ (2, 0.1%)

1 さッさ, 歩み去って

▼ 堤でも~ (2, 0.1%)

2 妙見堂の

▼ 堤について~ (2, 0.1%)

1 左の, 河蒸汽を

▼ 堤にも~ (2, 0.1%)

1 たれたり, 昔の

▼ 堤ひとり~ (2, 0.1%)

2 は行かず

▼ 堤一郎~ (2, 0.1%)

1 が不審, は直ちに

▼ 堤伝い~ (2, 0.1%)

1 に船, に逃げ

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 遠の, 遠を

▼ 堤内地~ (2, 0.1%)

1 の作物, の稲田

▼ 堤千代~ (2, 0.1%)

1 の, も吉屋信子

▼ 堤夕かげ~ (2, 0.1%)

2 永し誰

▼ 堤夜色~ (2, 0.1%)

2 淡生

▼ 堤子ら~ (2, 0.1%)

2 と歩きてこちご

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 のみどり荘, を離れ

▼ 堤~ (2, 0.1%)

2 の浄

▼ 堤来る~ (2, 0.1%)

1 声は, 夜の

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 の腸ねんてん, へもお知らせ

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 の言う如く, を盟主

▼ 堤空梅雨ひさし子ら~ (2, 0.1%)

2 と行き

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 というもの, による

▼ 堤~ (2, 0.1%)

1 のその, はやはり

▼1* [133件]

あたりの堤, 堤ありと探検家, 堤うえの道路, 堤ぎわの空あかり, 堤ぎわはやはり真っ暗で人通り, 堤くずれを見る, 堤けい向うむき, 堤て行, 堤げ其妻モンタギュー夫人それを止めつ, 堤さん後を追う, 堤て凄まじい, 堤したの田川, 堤それを伝う, 堤つきて人家, 堤づたいにぶらぶらたどってゆくと長い堤, 堤づたいに葛西橋の灯, 堤づたひに真ツ, 堤であるから随分, 堤であるかれは堤, 堤ですねえ, 堤でなくてもよい, 堤での一部始終を, 堤とが東京近郊のみ, 堤としてからだを, 堤とで急速に, 堤とに添うて, 堤とは又ガラリ, 堤ともいふ, 堤ともり上げ砂利を, 堤とを火より, 堤などで花が, 堤などに臨時の, 堤などにてわるさ, 堤などにも見られる, 堤などの一族へも, 堤などもいい風情, 堤などを歩く季節, 堤なら雪形の, 堤において上役人松野八太夫に, 堤にまで来て, 堤によって不規則な, 堤のくび根まで, 堤たに, 堤ひとつまたぐと, 堤へとて川蒸氣に, 堤へは出ないで, 堤へべッたりと, 堤ほどの大きさ, 堤までが用意せられ, 堤みたような, 堤みたいや, 堤よりは一段と高く, 堤らしいものが, 堤をてくって, 堤をのぼつて, 堤高サ六間, 堤マサヨ代議士に至っ, 堤ヨリ低キコト, 堤に熊谷堤, 堤一方は浦安, 堤七里に行きくれ, 堤上野の丘, 堤下の田の畔, 堤五兵衛松田又市柿権八などを顧み, 堤の水, 堤人形の和唐内, 堤人通りも絶え, 堤作右衛門を顧み, 堤る聲, 堤しなければ, 堤のある, 堤ひに, 堤八丁とか浅草田圃, 堤切れがあつ, 堤十里両畔, 堤名村などという小字, 堤四十八町ヲ廻リ, 堤囲いへ入り, 堤土手八丁の意味, 堤坡崩し去る, 堤の上, 堤夜景の図, 堤女史が厳粛, 堤にいと, 堤容易く踏み破り, 堤寄りに巣, 堤寒三来訪小一時間, 堤寺宮の境内, 堤山畑の縁, 堤崩して繁り, 堤崩れが見える, 堤幾度築ても, 堤の樹下, 堤御殿山等の桜, 堤潮を, 堤普請の奉行, 堤曲十八首に曰く, 堤桑畑荒壁の土蔵, 堤様横田様御上京, 堤権守信遠は, 堤のたもと, 堤歩み来て今, 堤の手裏剣, 堤灯形の段だら, 堤を呈し, 堤の三宅典膳, 堤町塩町蜆貝町新蜆貝町, 堤町田の三人, 堤界隈さ, 堤の草, 堤花の, 堤真佐子の例, 堤の前, 堤竜泉寺町金杉下町三の輪, 堤竹林下築村塾, 堤等琳の門, 堤があと四日, 堤とを戸, 堤続きの柵, 堤取内, 堤脇壇上の杭頭, 堤に脚, 堤には子育地藏, 堤臺中野臺吉春谷津五木岩名築比地是れ也, 堤芝藪小路等にし, 堤芽柳の糸, 堤茨田の御, 堤越しに雨, 堤長発氏処士では色川圀士氏村岡良弼氏, 堤電灯を持っ, 堤の草, 堤飛鳥山公園帝室博物館東京教育博物館動物園帝国大学植物園帝国図書館まるでもう無我夢中, 堤高くして