青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大名~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大人~ 大佐~ 大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名
大名~
大和~ 大地~ ~大声 大声~ ~大変 大変~ ~大学 大学~ 大家~ ~大将

「大名~」 2465, 27ppm, 4374位

▼ 大名~ (746, 30.3%)

10 ような 9 行列が 8 お部屋様 7 下屋敷ほどの 6 下屋敷の, 家族が 5 屋敷を 4 お通り, 奥に, 奥方や, 行列は

3 [14件] うちでも, お下屋敷, お妾, お膳番, お部屋樣, やうな, 下屋敷ほど, 中にも, 奥方の, 妾と, 姫君にも, 家来は, 行列を, 間に

2 [41件] うちに, うちにも, うちの, お城, お姫様の, お姫樣, お庭, お邸, ように, 一列が, 下屋敷とも, 下屋敷ほども, 中でも, 代換, 使いが, 分家と, 列に, 前に, 墓所を, 壺を, 夫人の, 夫人を, 妻子は, 子孫が, 家では, 家に, 家の, 家庭に, 家来に, 家老にも, 屋敷に, 屋敷には, 御屋敷, 懐合い, 手に, 格式を, 行列に, 道中に, 邸の, 門を, 門番や

1 [555件 抜粋] あいだでは, あいだに, あった例, あるが, ある者, うちでなけれ, うちには, うち三分の一は, うち主なる, うち功名自分に, おとまりが, お下邸みたいな, お代官, お供先は, お召を, お國入, お女中, お姫さまが, お姫さまだけ, お姫さまでも, お姫さまに, お姫さまの, お姫様から, お子たち, お家騒動を, お家騷動に, お小姓, お屋敷, お屋敷奉公, お忍びです, お抱, お抱えさまだ, お抱えとして, お抱えに, お抱え関取かと, お抱關取, お着き, お納戸金, お茶寮, お部屋, お部屋さま時代, お金御用を, くせに, こと, ことだ, ことで, ごときこれ, ごとき国際的意気, ささやかなる, すぐ下, すること, ずたずた袷, ために, だれを, できぬ仕事, ときは, どこよりも, ひいきも, ひとりでは, ものに, やりさうな, やること, ようで, ニセも, 一たてぐらいは, 一人が, 一座に, 一族の, 一等のを, 上屋敷へ, 上屋敷中屋敷合せ, 下の, 下り乞食, 下屋敷が, 下屋敷であるらしく思われた, 下屋敷などの, 下屋敷にも, 下屋敷も, 下屋敷らしい, 下屋敷旗本屋敷その, 下情に, 下邸の, 不興を, 世子大, 中での, 中では, 中に, 中屋敷ほどの, 中屋敷を, 乗り捨てた駕籠, 乗り物に, 乗り物を, 乗るよう, 乗る駕籠, 乗用駕籠には, 二三軒は, 二番家老此方は, 人形が, 仕草とも, 以前の, 仮屋は, 位を, 住めりし邸, 住居即ち, 何よりの, 使者に, 信望まで, 信長公で, 倅に, 倅の, 借金という, 値打ちじゃの, 側に, 先棒を, 兵と, 兵力までを, 内で, 内にも, 内室をも, 内幕は, 内輪の, 出でした, 列には, 列座の, 別荘が, 別邸を, 前で, 前へ, 前列に, 力だけで, 力で, 動きを, 北の方であり, 千石船が, 参勤交代でも, 参覲交代が, 取り締まりを, 取締りは, 取締を, 受けも, 口が, 名が, 名を, 名代聖堂の, 名目さ, 名目を, 后に, 君主と, 命で, 命も, 嗣子無く, 困窮万民の, 固め町火消諸家お, 国元へ, 国民的プライドだ, 土佐守には, 土蔵を, 地位が, 城が, 城や, 城下で, 城下には, 城下へ, 城下城下に, 城下町は, 城内に, 城地であった, 墓石の, 墳で, 売すえ, 売立に, 壺にも, 大がかりな, 大の字の, 大友大村有馬などと, 大家族, 大膳正の, 夫人が, 夫人達を, 奉行の, 奢りだけに, 奥で, 奥などで, 奥の, 奥へ, 奥向きという, 奥向きなどでは, 奥向を, 奥御殿に, 奥方が, 奥方でも, 奥方に, 奥方は, 奥方を, 奥方姫君などを, 如く挾箱, 妻女も, 妻子を, 姫君から, 姫君でも, 姫君という, 姫君に, 姫君様よ, 姿を, 威儀ある, 威厳を, 威権嚇, 娘が, 娘だ, 娘と, 娘という, 娘とも, 娘を, 婚礼なら, 嫉視の, 嫡流の, 子が, 子たちが, 子で, 子では, 子なんかじゃあ, 子にも, 子の, 子供は, 子孫の, 子弟たちの, 子弟にも, 子弟らを, 子息であった, 子息である, 子息と, 存じて, 官宅の, 室へ, 家と, 家なんか, 家は, 家へ, 家も, 家より, 家を, 家中にも, 家中は, 家中衆で, 家來が, 家來で, 家庭へも, 家族で, 家族は, 家来, 家来が, 家来だった, 家来です, 家来所謂陪臣の, 家老であった, 家老などが, 家老職と, 宿帳の, 寄付と, 密使が, 富と, 寝床だって, 寢泊りした, 小姓である, 小姓とも, 小姓勤めでも, 居らんところ, 居る処, 屋敷が, 屋敷でも, 屋敷と, 屋敷は, 屋敷へ, 屋敷へも, 屋敷町屋が, 島津と, 座敷の, 庭を, 当たりが, 役目を, 往来が, 往来さえ, 往来は, 後室様が, 御前で, 御城下, 御家来, 御家老役, 御家老格, 御家老様, 御家騷動に, 御曹司で, 御殿二棟長屋幾棟の, 御殿女中を, 御用に, 御用商人で, 御用絵師などに, 御用達を, 御贔屓, 御身で, 御部屋, 御部屋様にも, 御重役, 御金御用, 御金御用達, 御隠居, 御領分, 心を, 応じて, 恋を, 息女な, 息女に, 息子である, 息子の, 愛妾を, 態度には, 憂慮した, 憚つて之, 戰爭と, 所有以外に, 扈従を, 手を, 手先に, 手織じ, 折角の, 抱えであります, 招待が, 持ち切れるもの, 挙がると共に, 支配を, 政治の, 数を, 敵意外人との, 敷き芝, 斯波義統が, 斷えず, 方な, 旅は, 旗下の, 旗印を, 旗印紋所という, 早飛脚や, 晴れ晴れしい, 暴政を, 未開文献から, 末の, 末路は, 本妻は, 本妻を, 東常縁それから, 格てえ, 槍の, 樣で, 権威も, 次男だ, 次男坊で, 武家風とが, 死ぬの, 殿様の, 毛鎗の, 江戸出府に, 江戸屋敷に, 没落が, 没落と, 泊つた上段の, 泊りが, 泊る宿, 泊る時, 洒落か, 浪人を, 湯御所が, 父な, 狙ひ, 瓦解を, 生態も, 生活とは, 生活を, 用人達に, 疳癪で, 相続問題についての, 真似を, 着て, 短冊の, 祝儀を, 禄高多く, 私生活を, 移封を, 立場と, 箭の, 簾中でも, 籍を, 米でさえも, 粥喰い, 系図にも, 紋所, 紋所打ったる, 素質に, 経済から, 置き物とさえ, 美しい思いもの, 羽織が, 臣か, 臣下すなわち, 臣下にたいする, 自弁であった, 若入道, 若君と, 若君に, 若夫婦, 若様の, 若樣, 若殿でも, 若殿の, 若者の, 茶壺や, 茶壺行列へ, 菩提所で, 華族たちが, 落し胤だつ, 落し胤の, 落胤公家の, 葬式だけに, 蓄力を, 蔵からは, 薩摩の, 藏か, 藩で, 藩政を, 藩札の, 虐政にたいして, 行列かと, 行列から, 行列と, 行列という, 行列に対する, 行列も, 行列らしくあります, 行政も, 行跡にまで, 袖の下が, 袷更紗染に, 襤褸姿一足二足そっちへ, 言なども, 言を, 許に, 話から, 話の, 豪壮な, 財政も, 財政難や, 資格を, 贔屓を, 跡取だ, 跡取りとは, 身であり, 身を, 身分に, 身分を, 軍勢を, 軍勢数万人を, 近習の, 送り迎えと, 通人なり, 通行で, 通行も, 連衆六方の, 道中の, 道中や, 道誉が, 邸宅が, 邸宅で, 邸宅を, 邸宅五百軒神社仏閣三百余橋梁六十坊街八百を, 野心ある, 野心家の, 金蔵の, 鐵砲足輕で, 長屋の, 開いたまち, 間では, 間には, 間にも, 間を, 陣場を, 陸尺即ち, 隠居とか, 雑役に, 面目が, 面目は, 領内へ, 領分へ, 領地の, 領地は, 頭か, 頭に, 頭を, 顔は, 顔を, 飾り駕籠で, 駕籠が

▼ 大名~ (172, 7.0%)

3 通行の

2 [12件] あって, あり長政, ある, 京都に, 太郎冠者を, 宿泊する, 寺の, 幽斎を, 持って, 東海道を, 江戸に, 江戸へ

1 [145件] あったと, あったや, あつた, あつて, あの夜あそこ, ありますけれども, いくらも, おびただしい人数, おびただしい通行, おるから, お一方, お軍, かぶった儀式用, この殿上, ずらりと両側, そのヅーフ, その多い, その行列供連, それぞれの, それぞれ国境を, それではあんまり, たつた一, どう動こう, どこか, なかなか動かぬ, はたして幕府, まださかん, みな残らず, みな泣かされ, やって, 一人同じ, 一大合戦に, 一軒潰れる, 主殿頭, 乗り拾, 乗る金鋲駕籠, 乞食に, 二人目黒辺へ, 互いに争闘, 他国から, 代って, 代る代る来, 任ぜ, 住んで, 侍を, 供揃い美々しく, 入つて, 兵粮丸を, 写山楼を, 出て, 出世を, 出来たよう, 割拠し, 勅使饗応係に, 動いたから, 参覲交代制度の, 参覲交代制度廃止の, 反乱を, 受けたと, 受領に, 各, 各自三方に, 名のりでまし, 国々に, 国産の, 地方において, 城としては, 変っても, 外国から, 多い, 多かった, 多くなれ, 多数の, 大きいの, 実際の, 客間に, 家康の, 家族の, 家族も, 寝所で, 寵童の, 封ぜられて, 屡, 川端の, 幕府からの, 庄屋を, 廓通いに, 廓通ひ, 彼女たちの, 御一人臥, 御代参, 才幹を, 拔け, 旅も, 有って, 有りますその, 有れば, 朝参する, 木曽路を, 材木から, 武辺者や, 歩くとき, 殉死する, 殉死すれ, 殿中に, 江戸への, 江戸城に, 泊って, 洪庵に, 無慙にも, 町家の, 癪に, 登城の, 皆小, 目黒の, 相馬の, 石高に, 私生児の, 秘密の, 立ちあがり海, 絵姿で, 罪を, 臣事する, 芳江を, 茶に, 見つけて, 軍用金に, 轡を, 農民から, 辺国に, 逃げも, 通って, 通りかかって, 通る時, 通過の, 道具を, 邸を, 酔っ払って, 金を, 陣を, 集まる曠, 饗応役の, 高価の, 鳥毛の, 黄金を

▼ 大名~ (136, 5.5%)

4 取立てられても 3 なって, なつた

2 [11件] あなたの, して, なった, ならなきや, なる約束, 取りたてられたのに, 取立てると, 命じて, 奉公し, 復活した, 抱えられて

1 [104件] あったらば, あまりお, ありました話, うまれるよう, お目見得致します, こすり付いて, してからが, しては, しても, しろその, すれば, それぞれ各, ちげえ, とりいって, とりたて, とりたてるという, とりたてるなら所領, なったかも, なったが, なったと, なったの, なつたつ, なつたり, なつて, ならうず願望, なりすまして, なりたいとか, なりたいなどと, なりたいの, なりて, なりてえ大きく, なり兼ねねえ奴, なる, なるか, なると, なるの, なるもの, なるよりも, なれる, なれるかも, ふさわしい植物, ドウ云う, 下は, 与えずに, 仕えた侍, 仕えた士族, 仕えて, 仕へ, 仕へた, 仕へて, 令し, 任せたという, 会う時, 使われる事, 借金が, 傘参らせよ, 共通な, 分れて, 勝る威勢, 匹敵する, 取られて, 取立てようと, 取立てられないもの, 取立てられること, 取立てられるわけぢ, 取立て勝豊, 召抱えられること, 向かっては, 命令を, 外ならぬ, 対って, 対面され, 属して, 属すもの, 当らざること, 役知一万石宛を, 御座候, 愛せられ徳川時代, 成った夢, 成り上がること, 楯突いて迄も, 次す, 比べて, 涎を, 獻上された, 生れとうございます, 相当する, 税を, 義を, 見せ妻妾侍女, 見染められて, 課役させ, 謹厳清潔に, 貰た, 賣り込まうと, 賣り込む積り, 贈られたダルマ型, 近い一, 近づくと共に, 通達され, 過ぎない者, 預けられたの, 馬士の, 麦飯を

▼ 大名~ (120, 4.9%)

3 いずれも 2 ぜんまい仕掛の, 朝夕に, 銘々の

1 [111件] あまり数が, いづれも, おおむね従五位, おのずと壺, かう言つて笑, かくの, こうありたい, こういう生活, こちらから, この点, こりずに, こりずま, すなわち大名, そこを, その上, その凡て, その次, その行列, それぞれの, たいてい薩摩, どんなに小さく, ない, ないけれど, ないと, ひそかに, ほとんど稀, また自分, みな彼の, もとより相模, よし原, エテそういう, 一つ野郎だ, 一人も, 一年置き, 三年目ごとに, 世襲の, 九十五ヵ所右の, 京都の, 今の, 今や零落, 代變, 信長に, 八十家に, 其人物の, 兼て, 刃で, 切支丹で, 別物として, 勘定方の, 勿論拝見, 参勤交代等の, 各々己, 各自に, 吉良の, 吹けば, 固より, 国主城主の, 国勝手を, 圧制で, 壱岐守伊賀守周防守であった, 外なる, 大きな勢力, 大奥の, 大抵戦国時代, 子供でも, 家来を, 尠く, 幕府に, 平気だったらしい, 彼の, 御浜縁という, 御隠居, 思はず時, 政府の, 日ごろの, 旧体制, 東海道を, 板倉内膳正を, 機さえ, 次の, 死後養子が, 江戸に, 江戸城に, 沢山あつ, 海を, 滅多に, 火事具足で, 無学無風流で, 狩座の, 疳癪持だ, 百歩手前で, 皆京都に, 皆参勤交代と, 皆口を, 直ちに幕府, 細川家ならず, 耳に, 臆病者であります, 自から, 自身で, 芝居で, 袍衣が, 西から, 見た眼, 言ふ, 言ふまで, 誠に疳癪持, 關東衆といふ, 領土を, 風を, 騒ぎを

▼ 大名屋敷~ (109, 4.4%)

6 や旗本屋敷 3 に奉公 2 が七十六軒, の塀, の塀外, の大, の女, の練塀, の門内, はまだ, へばかり忍び込ん

1 [82件] あるひ, か旗本屋敷, があっ, がかず, がどんな, が並ん, が幾ら, が自慢, が要, じゃ, だったその, だつた, であった時分, でで, では外, でもどこ, で使う, で江戸家老, で臣下, といえ, とも万歳, と旗本屋敷, などにある, などは生命, には往々, に乘込, に似た, に伽羅, に出入り, に灯火一つ, に飼っ, のお, の僣上, の名残り, の味噌すり用人, の土塀, の塀続き, の大部屋, の奥女中, の後庭, の御用, の格子窓, の海鼠壁, の留守居, の留守居役, の白壁, の立っ, の者, の表, の跡, の長屋, の門, の黒幕, はある, はこの, はない, は大, は大抵, は田安家, は苦手, へつづい, へよく, へ入る, へ取り入っ, へ売り込ん, へ引渡され, へ忍びこんぢや, へ忍び込み, へ忍び込む, へ忍び込ん, へ忍ぶ, へ怪盗, へ持つ, へ行く, へ踏み込む, ほどの家, まで荒し, や旗下屋敷, や武家屋敷, を奪, を奪われ, を片

▼ 大名~ (76, 3.1%)

4 いえども 2 なって, 違って

1 [68件] いったらまず, いわれたくらい, おんなじ位, くらべても, して, なった, なってからも, なつた, なつて, なりあまり, なりて, なりまた, なるか, なると, なるも, もちが, やくそく, エタ非人との, 一列とばし, 一騎打ちに, 不和を, 五千石以上の, 交際する, 京都との, 仕事を, 侍この, 化して, 同じぐらいの, 同じこと, 同じその格式権威, 同じで, 同じ格式, 名の, 呼ばれた封建時代, 呼応し, 呼応したなら, 多紀法印とに, 大名とが, 奴と, 家來で, 家来とに, 小名の, 帰り乞食, 幕府との, 彼の, 徳川とは, 捕物名人の, 昵懇に, 札差の, 来た日, 来ては, 武士から, 武士とが, 海外との, 申すだけの, 直接に, 私婚を, 立てられる奴等, 等しかった, 縁者に, 聞くと, 行かないまでも, 言う者, 言やあ, 言われたもの, 違わあ, 革新的下級武士と, 頼みに

▼ 大名~ (73, 3.0%)

4 とめて 3 相手に 2 監視させた, 見る時, 集めて

1 [60件] かぎ出すの, かたっぱし洗っ, ことごとく袖, しのいだ不知火流, しばりつけて, つかまえ自分, とって, とりつぶすこと, なるべく絶滅, ひそかに, やめます藩主, 一人刺し殺した, 与えら, 任じたの, 任じ一切, 何故鹿島槍, 凌ぎまことに, 凌駕し, 制し自分, 口説いた, 叩き潰す方, 同じ領地, 向うに, 大阪へ, 始め江戸中, 威服し, 学んで, 家来に, 対手に, 對手と, 得ば, 志望て, 打って, 承はり良き, 探りに, 望む夢, 残したに, 残らず打ち従えようと, 江戸へ, 泊めた時, 泊める為, 潰して, 物の, 眼下に, 置いた, 肉体的に, 襲おうと, 見て取った, 見わたしても, 訪ねて, 語ろうて, 豚の, 走せた作家, 輝かせり, 辞めて, 連れて, 馳せた者, 馳せ雅号, 驚かして, 鵜呑みに

▼ 大名~ (52, 2.1%)

4 旗本の 3 金持の 2 旗本は, 有福町人の

1 [41件] さむら, その他身分の, その家来, その臣下, 代官が, 公卿の, 公役の, 公用を, 分限の, 商人の, 大名の, 大将の, 大旗本, 家人どもへ, 小名と, 幕府役人の, 御家人と, 旗本たちが, 旗本屋敷の, 旗本屋敷へ, 旗本御家人などは, 旗本衆が, 林大学頭の, 権門の, 武士が, 武士と, 武士どもでは, 武士に, 武将を, 武門と, 殿様という, 華族など, 華族などといふ, 諸公役, 識者なぞの, 連歌師やには, 金持や, 金持共の, 金貸しには, 関東徳川家などの, 阪京の

▼ 大名~ (48, 1.9%)

1 [48件] あった, あったもん, ありましたが, あるかと, あるから, あるし, あれば, いつ合戦, いつ合戰が, なくなる将軍, なく棒, なければ, またそれぞれ, みな列を, みんな裸に, むかしを, やれば, エタの, 今度は, 伏従いた, 元来秘密の, 先を, 内緒は, 困って, 国事多端で, 多いとか, 多かった, 大した變, 天下の, 小名も, 幕府の, 廃藩置県と, 散らかった, 新手を, 案じて, 武士も, 洗礼を, 百万石も, 皆や, 皆やっ, 相打, 知らず斧四郎旦那, 素早く旗色, 考えつかないこと, 職人も, 自分も, 行き立つめ, 追い追いと

▼ 大名から~ (30, 1.2%)

3 下は

1 [27件] お下げに, もとめられて, もらうの, 乞食非人の, 二百人の, 五百石千石で, 何万ていう, 使が, 再三中止, 取りその, 各藩, 呼びに, 国々の, 将軍家まで, 拝領の, 江戸の, 油断無く, 盗んだ金, 秘密な, 秘密に, 質に, 質屋の, 預かった名物もの, 預つた反物, 預つた名物, 領地へ, 騒がれるよう

▼ 大名たち~ (30, 1.2%)

2 を弱らせた

1 [28件] が, がいちどきに, が一年, が多く, が桑原桑原, が関ヶ原, だけが密貿易, であった, とが利害, にも頭構え, のうち, の下屋敷, の保護, の前, の威勢ぶり, の居城, の強がり, の朝廷, の茶席, の財産, はうわべ, はこれ, はどう, は直に, は自身, も其, も神経質, より下

▼ 大名~ (28, 1.1%)

2 のお, の王

1 [24件] で争っ, ときた, と申す, にはこの, に出入り, に賣, のうち, のお供, の夫人達, の家庭, の御, の御前, の御家騷動, の御用, の控え屋敷, の消息, の紛紜, の買物, は, へのお, もこの, も三軒五軒, より神馬, 御屋敷

▼ 大名にも~ (27, 1.1%)

2 乞食にも

1 [25件] ない贅, なる, なれまいもの, よるべ, 出世し, 出世し兼ねまじき, 出入りを, 出来ない気まま, 勝り部下, 匹敵し, 取りたてられる, 取立てら, 召抱えられること, 咽喉の, 大旗本, 旗本にも, 権力を, 武士にも, 流行り出した, 町人にも, 若年寄にも, 覚られては, 説き勧めるくらい, 近づいて, 長州に

▼ 大名~ (25, 1.0%)

3 の下屋敷, や旗本衆 2 と同じ, と来た

1 [15件] から特に, が, がお, ではござらぬ, では益田長盛様, などをおさえ, にでも云った, のよう, のれつ, の上洛, の人質, へ眼, へ触状, をお, を御家人

▼ 大名行列~ (25, 1.0%)

1 [25件] いとも美々しく, か戦, があった, が下座先触れ, が数, じゃあるまい, だそう, でした, で随分, というやつ, といえ, の, のため, の一団, の世話, の大勢, の威力, の挾箱持ち, の露払, は年, もそこ, もふんだんに, を一斉, を見せる, 止めいッ

▼ 大名旗本~ (23, 0.9%)

3 の屋敷

1 [20件] から下, が遊里, であろうとも, にはこれ, に仰い, の多かっ, の奥向, の家屋敷, の経済, の給仕役, の行状素行, の間, の陪臣, は朝廷, や大, より町人, を引きつれ, を相手, ヲ襲フ, 呼び来れども

▼ 大名華族~ (22, 0.9%)

2 の和泉家, の如し

1 [18件] がパトロン, が住ん, で初め, としては無理, とて御殿, なの, のうち, の中, の内, の娘, の家, の末家, の某氏, の珍品, の筆頭, の老人, の裏, の長女

▼ 大名~ (19, 0.8%)

2

1 [17件] かの所, から, からお, からの, か旗本, か茶人, がそれ, が昔, そうだ, つてビクとも, とかいっ, とか将軍様, と子供, ね, よ, よおまえ, 面白いで

▼ 大名~ (19, 0.8%)

2 のお召, の単物

1 [15件] が梭, そんな人絹, といふ拵, とて笑わせる, のお客様, のむかし我, の大, の筒, の筒袖, の薄, の袷, の褞袍, の頃, を娘, 又は浪

▼ 大名高家~ (18, 0.7%)

1 [18件] じゃあるまい, では青磁, でも立派, といわるる, とは雲泥, のお, のお姫さま, の前, の大奥, の奥向き, の姫ぎみ, の子供, の家柄年頃, は魯, への連絡, へも嫁入り, も及ばぬ, を引合

▼ 大名~ (15, 0.6%)

1 [15件] いえば, この下郎共, この家, すら渡る, すら途中, でもあつ, エタの, 今は, 先祖代々の, 国から, 大阪方へ, 居ながら, 居られるん, 有った上, 潰れなかつたの

▼ 大名~ (15, 0.6%)

2 は豪華

1 [13件] が土地, が旗, です, などは無限, の中, の前, の威光, の遺臣, は喜ぶ, は彼, は恩賞, より下, を招いた

▼ 大名小名~ (14, 0.6%)

1 [14件] がた, でこの, という名目, となり, によらず, に功, に対し親愛, に弟子, に知られ給うた, の, の手の者, の間, は令, は勿論苟も

▼ 大名には~ (13, 0.5%)

2 なり度

1 [11件] こんなの, とりたてられて, なったろう, なれただろう, 大名らしい, 屹度成っ, 相違ない, 確に, 豪商も, 門を, 騎士と

▼ 大名~ (13, 0.5%)

1 [13件] お出入り, お輿入れ, でも使, 共感を, 兵の, 向って, 嫁さした, 招かれた時, 推挙し, 渡すと, 納める事, 返しに, 遣わした證書

▼ 大名でも~ (11, 0.4%)

2 旗本でも 1 これと, その日暮し, ないと, なけりゃ出来ません, みんなガツガツ, 同じ浮世絵師仲間, 定命が, 後ろだてに, 馬方人足でも

▼ 大名として~ (11, 0.4%)

1 [11件] たびたび転封, でなく一朝, また累代漢室, 今も, 代々節倹し, 平常辰馬, 次々に, 残った, 生れて, 稀有なかれ, 領内の

▼ 大名とも~ (11, 0.4%)

2 なれば 1 いうべき勢力, なったの, なって, ならうずる, なれるし, 呼ばれて, 成り上がったもの, 武士とも, 言われる程

▼ 大名~ (10, 0.4%)

5 旗本の 1 お殿様, 何かの, 又はその, 大旗本, 知らねえが

▼ 大名ども~ (10, 0.4%)

1 ことごとく出家, にも困った, に比べれ, の監視, の肚, は朝廷側, へ後日, まで騒ぎ立ち, をし, を屈服

▼ 大名~ (9, 0.4%)

2 での大 1 では, にはこんな, にもこれ, に高氏, の人物, の裕福者, の長老

▼ 大名らしい~ (8, 0.3%)

1 という, 化粧駕籠と, 品格と, 大まかな, 威厳も, 客が, 恰幅の, 生活を

▼ 大名~ (8, 0.3%)

1 だんだんと, にも内々情, に腹蔵, の手土産高, の髻, は右長沢家, は呆れ返つた, まで疑

▼ 大名生活~ (8, 0.3%)

1 そのままだ, においてまだ, のただれ切った, の退屈さ, はないだろう, は退屈, も知らず, を競っ

▼ 大名では~ (7, 0.3%)

2 あったが, ない 1 あつた, ないか, 歯が

▼ 大名という~ (7, 0.3%)

1 のは, ものは, 地位を, 大名で, 大名公役という, 異名が, 者であったる

▼ 大名ほどの~ (7, 0.3%)

1 お屋敷, 暮しを, 暮し向に, 暮し家の子郎黨の, 格式じゃ, 贅は, 贅沢な寝

▼ 大名道具~ (7, 0.3%)

1 だ, だぜ, だて, であった, と謂, には札, の香爐

▼ 大名がた~ (6, 0.2%)

1 にでも何, のお金御用達, の御, へのご用, へ納めた, も帰服

▼ 大名であった~ (6, 0.2%)

1 のが, のに小栗, 九十余歳の, 今川氏を, 神官の, 赤松家の

▼ 大名とは~ (6, 0.2%)

1 いわれますまい, なりましたけれども, 云うもの, 何ごとじゃ, 譜代と, 違ふ

▼ 大名~ (6, 0.2%)

1 公役らが, 公役らの, 士の, 武士らへ, 武将さては, 番が

▼ 大名諸公役~ (6, 0.2%)

1 が通行, なぞの警衛, の大げさ, の客間, の往来, の頻繁

▼ 大名~ (6, 0.2%)

1 が燃え落ち, に御殿奉公, の旧跡, の高い, へ忍び入り, ほどの廣

▼ 大名であり~ (5, 0.2%)

1 その富む, ながら次, 乍らその, 山陰の, 有名な

▼ 大名である~ (5, 0.2%)

1 がゆえに, のでもしや, 友田喜造とは, 故同座, 池鯉鮒信濃守の

▼ 大名といふ~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 のに, 權力者が, 程の

▼ 大名などが~ (5, 0.2%)

1 あつて, 参府の, 妾を, 手を, 静謐な

▼ 大名などに~ (5, 0.2%)

1 再びとは, 扮し, 招かれたり, 非常に, 預けて

▼ 大名などは~ (5, 0.2%)

2 一人もを, 及びも 1 その低能

▼ 大名~ (5, 0.2%)

2 の影 1 の影絵, の黒い, を植えた

▼ 大名~ (5, 0.2%)

1 が大, で藩地, な門前, の生活, を吹かせる

▼ 大名たる~ (4, 0.2%)

1 こと僅に, 京極の, 秋田氏を以て, 葛西左京太夫晴信が

▼ 大名~ (4, 0.2%)

1 のか, のでその, のでともすれ, んです

▼ 大名にでも~ (4, 0.2%)

1 する氣, なろうと, 見出されて, 輿入する

▼ 大名への~ (4, 0.2%)

1 招きも, 檄文であるらしい, 諷刺として, 貸金が

▼ 大名よりは~ (4, 0.2%)

2 増屋だ 1 戦に, 遥かに

▼ 大名以上~ (4, 0.2%)

1 の実力, の生活, の監督者, の贅

▼ 大名~ (4, 0.2%)

1 なの, に暮らせる, の, のもの

▼ 大名旅行~ (4, 0.2%)

1 ってある, である, で腰かける, につれて行かれる

▼ 大名旗下~ (4, 0.2%)

1 の中, の供数, の名代, を多く

▼ 大名これ~ (3, 0.1%)

1 だけの黄金, を合囲, を向う

▼ 大名しゅう~ (3, 0.1%)

1 へお, もみな, を御

▼ 大名じゃ~ (3, 0.1%)

1 ないから, ねえか, ッ

▼ 大名であろう~ (3, 0.1%)

1 と何, と公卿侍, と国持

▼ 大名とか~ (3, 0.1%)

1 武将とか, 殿様という, 殿様なる

▼ 大名との~ (3, 0.1%)

1 一言に, 交通に, 色わけには

▼ 大名などの~ (3, 0.1%)

1 生活を, 行列を, 通り道だ

▼ 大名などを~ (3, 0.1%)

1 拵へ, 泊めたの, 聯想せず

▼ 大名に対する~ (3, 0.1%)

1 商人の, 密偵制度抑圧制度は, 将軍家の

▼ 大名より~ (3, 0.1%)

1 下は, 僅かな, 内輪は

▼ 大名よりも~ (3, 0.1%)

1 四千石五千石の, 親しく友人, 遥かに

▼ 大名をも~ (3, 0.1%)

1 亡ぼすやう, 後え, 忘却するであらう

▼ 大名公家~ (3, 0.1%)

1 が泊っ, に立身, の咽喉首

▼ 大名屋敷旗本屋敷~ (3, 0.1%)

2 の跡 1 そうでなけれ

▼ 大名暮し~ (3, 0.1%)

1 ができた, だ, だったそう

▼ 大名~ (3, 0.1%)

1 と一緒, のよう, や金持衆

▼ 大名相手~ (3, 0.1%)

1 のお, の大, の小競合い

▼ 大名~ (3, 0.1%)

1 に対して何れ, の誰, へ賜わる

▼ 大名通行~ (3, 0.1%)

1 のおり, の難場, の難関

▼ 大名~ (3, 0.1%)

1 といわれる, は置材木, を催される

▼ 大名釣り~ (3, 0.1%)

1 が当, なの, 横浜鶴見の

▼ 大名ある~ (2, 0.1%)

1 も大名, 所以なり

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 届け登城, 鳥見組の

▼ 大名からの~ (2, 0.1%)

1 夥しい扶持, 流れものといふ

▼ 大名その~ (2, 0.1%)

1 任に, 遺臣に

▼ 大名その他~ (2, 0.1%)

1 へわかたれる, 大きな邸宅

▼ 大名それ~ (2, 0.1%)

1 から榊原, の君

▼ 大名だつた~ (2, 0.1%)

2 ので用人達

▼ 大名だろう~ (2, 0.1%)

1 がなぜ, と早

▼ 大名であっ~ (2, 0.1%)

1 ても唇, てエタ

▼ 大名です~ (2, 0.1%)

1 かね, な

▼ 大名とが~ (2, 0.1%)

1 水入らずで, 相次いで

▼ 大名ながら~ (2, 0.1%)

1 下野国の, 諏訪家は

▼ 大名なら~ (2, 0.1%)

1 ば素通り, 何處でも

▼ 大名のや~ (2, 0.1%)

1 しきへ, しきも

▼ 大名ばかり~ (2, 0.1%)

1 でない, なので

▼ 大名まで~ (2, 0.1%)

1 外聞を, 皆その

▼ 大名めかしい~ (2, 0.1%)

1 生活の, 生活を

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 にあった, にすれ

▼ 大名地頭~ (2, 0.1%)

1 などよりかえって, の好者

▼ 大名姿~ (2, 0.1%)

1 が吸いこまれた, の十吉

▼ 大名富豪~ (2, 0.1%)

1 のどんな, の庇護

▼ 大名屋敷先代~ (2, 0.1%)

2 の成瀬屋

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 すなわち多数, 即多数

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 で後, にし

▼ 大名様方~ (2, 0.1%)

1 にもお, は釣夜具

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 きっと頭, だけに神韻人

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 に在る, の赤煉瓦

▼ 大名育ち~ (2, 0.1%)

1 だから, でして

▼ 大名諸侯~ (2, 0.1%)

1 が言いよう, の屋敷

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 を得られた, を負うた

▼ 大名豪族~ (2, 0.1%)

1 などは一家, の領地

▼ 大名~ (2, 0.1%)

1 と仲, は毛唐

▼ 大名駕籠~ (2, 0.1%)

1 が一丁, はとっくにもう

▼1* [242件]

大名あらましの陣旗, 大名あり長上下を, 大名説込又は, 大名およそ平生彼の, 大名および水戸肥後加賀仙台などの, 大名お抱えの陸尺, 大名かなんぞのように, 大名からでも通謀を, 大名からも松右衞門善七に, 大名こそまれであった, 大名こっちは二百五十年来, 大名ごとにそれぞれ, 大名までいらっしゃいます, 大名さえあります, 大名じゃあトテモ高島の, 大名そだちに似合わない, 大名そだちではない, 大名だけあって, 大名だけでも優に百二三十藩, 大名だけにその家臣, 大名だけの格式を, 大名だったことが, 大名だったなら叱られるばかりでなく, 大名だって無理だ, 大名だってもお家の, 大名づらは, 大名でありませんでも旗本衆, 大名でこそなかった, 大名でございますよ, 大名でなかった事を, 大名でなく立派に, 大名でなければ身分違い, 大名でなければ大町人, 大名といったような, 大名とかいうものを, 大名とかが死ぬと, 大名ところどころの御, 大名としては六七万石の, 大名とて近頃は, 大名とでもいうべきもの, 大名とばかりつきあって, 大名どうし双方ごあいさつ会釈, 大名などその眼中, 大名などもいるので, 大名などより家計は, 大名などよりも貴族的な, 大名なみには女, 大名ならびに幕府要員は, 大名なり鎌倉殿より, 大名なんかにならないで, 大名なんかには成り度, 大名なんかへやる氣, 大名なんてものは, 大名なんどはいま, 大名にたいして幕府自身の, 大名については記さず幕府官僚, 大名にでもなつた氣で, 大名にとつては, 大名にとり入るやう, 大名にまで別の, 大名によって造園され, 大名に対しその勢力, 大名に対して持って, 大名に対しては私に, 大名のけえり乞食が, 大名のでもいいや, 大名のみならず其臣下, 大名はじめ加賀や大阪, 大名はじめ同僚の接待役一人, 大名ばかりかと思つたら, 大名ばつかりが, 大名ぶりはこの, 大名へと次々に, 大名ほどな身分, 大名ほどに暮して, 大名また多くこれに, 大名までが夜興の, 大名みな緊張して, 大名やら金持にも, 大名よりはばかり多いが, 大名らしくない大名として, 大名らしくふるまえばよい, 大名わが望むまま, 大名ズラリといならび, 大名ッ子よ, 大名デウス右近へゆく, 大名ニ奉公ニ出デ又, 大名ニ私用セラルルコトト同ジ, 大名ヘマを踏ん, 大名一つ間違ふと天下, 大名一夜乞食ということ, 大名一軒に瑕瑾, 大名三千石以上の諸, 大名三家や四家, 大名下邸の土塀, 大名二軒の出入り, 大名二階堂道行三浦貞連曾我ノ入道, 大名五万余の兵, 大名の堂上, 大名京極丹後守の指南番大月玄蕃, 大名仕えの者, 大名以外には公卿, 大名仲間のもっぱら, 大名会議の席上, 大名伯爵の反逆, 大名にならね, 大名全部が将軍家, 大名公卿の真似, 大名公卿公役または武士, 大名公役という公役, 大名公役らが通行, 大名公用を帯びた, 大名六百三十九万石に課し, 大名共屈起するかと, 大名前田侯などお, 大名剣法とちがっ, 大名及び旗本を, 大名取り潰し政策を幕府, 大名司馬さまの御寮, 大名司馬様の御寮, 大名司馬道場の御, 大名各自の意見書, 大名同士が互に, 大名同志のカジリヤイ, 大名同様に人, 大名問題切支丹問題外国との通商問題, 大名囲われ者などが, 大名城内の縉紳, 大名多く洛に, 大名旗本の, 大名大勢弟子を持っ, 大名大名の下, 大名夫人に遙, 大名奉公というもの, 大名好みの絵, 大名官位の儀, 大名の賓客, 大名家族の帰国, 大名家老から頂戴, 大名宿泊のおり, 大名将軍といえ, 大名将軍様でさえも, 大名小名どもが食い合っ, 大名小名旗本陪臣富豪巾着切りから女白浪, 大名小名是を承, 大名小名百二十名はことごとく, 大名小学校の四年生, 大名小族たちはいまや, 大名少なくとも三千石以上の, 大名屋敷下屋敷ベッタリその, 大名屋敷勤めの間, 大名屋敷向こうの町, 大名屋敷詮議するには, 大名屏風のよう, 大名帰りは乞食, 大名平次もこれ以上, 大名を掠め, 大名座席同列の旗本仲間, 大名役人が逆立ち, 大名役人役人役替えさせやす, 大名旗本方寺院方御, 大名御三家随一の名家, 大名御料皇族並公卿社寺に配当, 大名御鷹方大阪御番衆, 大名心理が出, 大名恐れるこたアねえやな, 大名指揮するなんぞと, 大名には螢雪, 大名文章を誰, 大名料理の味, 大名方一統が頭, 大名方婚礼などこれ, 大名旅行中だったので, 大名旗下名ある剣客等, 大名旗本たちに刺激, 大名旗本勢などいちいち, 大名旗本及諸藩士も同様, 大名旗本方へも参ります, 大名旗本武士公卿らの参加, 大名旗本諸家の留守居, 大名日光への例幣使, 大名時代の御用印刷処, 大名有司の仲間, 大名有司らが謹慎, 大名も手入れ, 大名柳生対馬守の弟, 大名の芸人, 大名植村駿河守という十五万石, 大名武家に対して町人, 大名武家以外は瓦葺き, 大名武臣の功, 大名気分でし, 大名気風が道ばた, 大名火消しならびにお, 大名炭屋鹽原と世に, 大名町人の子, 大名にもこの, 大名目ざして駆けつけた, 大名石川日向守も世, 大名私財を取れ, 大名の孫, 大名竜造寺家の姫君, 大名で囲まれた, 大名筑後の柳川, 大名の幔幕, 大名細川侯の下屋敷, 大名総計六百三十八万七千四百五十八石三斗の力, 大名縞単物二タ子唐桟羽織但紐附, 大名群臣を二条城, 大名育ちらしいが万太郎, 大名菓子のよう, 大名華族のを始め, 大名華族中第一, 大名衆すべて大広間に着席, 大名衆一統へいのこ餅, 大名衆紹巴昌叱などの, 大名行列ここ過ぎて, 大名豪傑の輩, 大名豪家御旗本, 大名貴人になろう, 大名貴族となる, 大名貴族名門などと云われ, 大名趣味と申します, 大名輿論に対してただ, 大名ひ者, 大名連中に当たりだしました, 大名連中一時に気, 大名連邦論が右派綱領, 大名遊びや町人, 大名道中いたそうかな, 大名部屋か小姓, 大名長く青史を, 大名ではあの, 大名陸軍奉行歩兵奉行騎兵頭剣術と鎗術, 大名隠居かお, 大名では江戸期終り, 大名風呂ちふの, 大名高家町人一統がどんな, 大名高家金持などがこの, 大名高山右近が木村摂津守, 大名鬼柴田勝家がいる, 大名の子持縞