青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大きな~ 大した~ 大して~ ~大丈夫 大丈夫~ ~大事 大事~ ~大人 大人~ 大佐~
大体~
~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名 大名~ 大和~ 大地~

「大体~」 3345, 36ppm, 3228位

▼ 大体~ (463, 13.8%)

18 見当は 11 ことは 10 話は 7 ことを, 見当が 6 上から, 見当を 5 ところは, 上において, 想像は, 意味は, 様子を 4 上に 3 ことが, 事は, 事を, 傾向から, 大きさ, 時間を, 概念を, 様子は, 輪廓を

2 [28件] お話は, ことしか, ものなら, 上で, 上より, 事情を, 傾向は, 意味が, 意味を, 手はずを, 推測は, 方角は, 構造は, 筋は, 筋を, 筋道は, 見取図を, 見当で, 計画を, 計算を, 論に, 趣味を, 趣意を, 輪廓は, 輪郭に, 輪郭の, 輪郭は, 輪郭を

1 [286件] うえに, うえにおいて, お話が, ことでも, こと分っ, こと申すべし, さ張りすぎる, ところ, ところが, ところまるで, ところを, ところミュゼエの, ところ六人と, ところ古く, ところ少し, ところ彼の, ところ日本内地から, ところ海面下百メートルの, ふしの, ものの, カンで, コースとして, サンクションを, プランと, プランという, プランを, 一定傾向を, 丈格好と, 上では, 上よりは, 主張を, 主意であります, 主題なり, 予備観念を, 予定だけは, 予想は, 予測だった, 事から, 事件を, 事実と, 事実に, 事実は, 事情から, 事情も, 事柄だって, 人相を, 仕事の, 仕事は, 仕事を, 仕度は, 他の, 伝統を, 伝記を, 位置より, 体つきや, 体重を, 作戦方針を, 侍なら, 価値を, 修繕の, 候補を, 傾向として, 傾向を, 傾向乃至, 全貌を, 内容から, 内容は, 処分は, 分ち方, 分類だけに, 加速度の, 動向を, 区別さえ, 印象から, 印象はよ, 原理で, 句風は, 図柄御, 地勢が, 地勢に, 地勢や, 基本知識を, 報告を, 場合は, 塊まりから, 墜落位置の, 大方針, 天気の, 好き嫌いという, 好みなどを, 定則として, 察しは, 工事が, 希望を, 帰趣において, 平均が, 平衡と, 建築を, 当りが, 当りは, 当りを, 形は, 形を, 形状が, 径路を, 御話, 心は, 心得に, 急所を, 性質が, 情勢は, 想像では, 意中を, 意義さへ, 意義において, 意見としては, 意見は, 意見を, 意識は, 成果を, 所察する, 手順が, 手順を, 政治その, 教義については, 数字であっ, 数字に, 敵布陣の, 文士は, 文学作品が, 文学的重点は, 文意は, 文章は, 料理法は, 方向の, 方向を, 方法としては, 方法において, 方針であったらしい, 方針では, 方針には, 方針に関する, 方針は, 方針を, 旅の, 景色を, 智識を, 有様を, 本筋という, 条件である, 概念だけ, 構図だけを, 構図に関する, 構想に, 構想によって, 構想は, 構造なんか, 構造を, 様子が, 様子と, 標準と, 標準によ, 標準は, 標準を, 模様も, 模様を, 歌が, 歴史である, 残務整理も, 段取りは, 比較に, 気の, 気分が, 気質の, 気質は, 治療は, 源をば, 点のみしか, 特色で, 特色の, 特色を, 状態は, 状況だ, 理由の, 理窟は, 理解なく, 用を, 目安は, 目安を, 目的は, 目算, 目算を, 目鼻だち, 目鼻も, 目鼻立ちは, 相手を, 看板は, 知識を, 科学的な, 秘密が, 種目は, 筋から, 筋が, 筋さえ, 筋すなわち, 筋で, 筋であります, 筋に, 筋の, 筋書で, 筋道だ, 筋道だけは, 筋道だけを, 節を, 約束による, 紙面の, 素性を, 経過を, 結末は, 結構は, 結着を, 結論に, 結論においては, 結論のみ, 結論は, 結論ばかり, 結論を, 考えだ, 考え方であった, 考え方は, 聞書を, 腹案が, 腹案も, 荷物は, 要点だけは, 要領さえ, 要領は, 見た感じ, 見当だけは, 見当では, 見当も, 見当より, 見解は, 見透, 観察としては, 観念を, 言葉の, 計算が, 計算であっ, 設計には, 話が, 話を, 説明指導を, 調和は, 談は, 論旨とは, 論旨らしかった, 賛成を, 起原は, 趣向は, 趣向を, 趣味いかんにおいては, 趣味傾向句風等及び, 趣味如何においては, 趣意は, 趣旨に, 輪廓だけ, 輪廓だけしか, 輪画との, 輪郭だけに, 輪郭には, 通ったプラン, 道具立ては, 道理は, 道筋と共に, 道筋は, 違いは, 金額が, 順序です, 順序は, 顔の, 風光は, 風度は, 風采の, 香気の, 骨組みを

▼ 大体~ (341, 10.2%)

171 於て 37 於いて 10 於ては 4 云って, 於いては 2 これを, 二つの, 記

1 [109件] いへば, おいおい世間なみ, おちついて, おふせと, お身の上, きわめて明朗, こういうこと, こどもの, この小さき, この法則, この病棟, この行事, つきて, では, ほぼ中央部, まず, まだまだ貴方, みだりがは, ものわかり, やっぱり労働者出身, よいと, よいの, アナーキズムが, センチメンタルで, ハイデッガーの, 一人一人の, 一致し, 上の町よりも, 之より, 亘って, 亘つて曾丹風は, 今の, 以上の, 以前の, 偶数句を以て, 傾向を, 分って, 刈り上げを, 初冬の, 制度という, 区分される, 十一宿を, 南シナ人である, 厳重で, 口数が, 古い仕来り, 同じだった, 同じであった, 同じよう, 同じ方向, 固定する, 基づき合点, 妻恋う, 守りつづけられて, 就ては, 山の手の, 式の, 手数の, 於いてでも, 於ける一致, 於ける原則, 於ける好, 於ける法則, 於ける重力法則, 於てさえ, 旅嫌いである, 日本人の, 日本人は, 日本海がわ, 日本画の, 旧暦二月の, 昔話が, 村を, 東北では, 東山道軍の, 枕詞と, 正しい方, 正月も, 毎日の, 気嫌の, 海辺伝いに, 減少の, 潔癖な, 熱心に, 狩谷翁の, 理解し, 眼鼻立ちの, 眼鼻立の, 短くて, 短篇な, 神に, 至っては, 良心的な, 色が, 見て, 言へば, 通じたい, 通じて, 通ずるが, 通ずること, 通ずるの, 通ぜず無, 違ふ, 都府の, 配色が, 霜が, 顕輔統には, 飛行機が, 鳥の

▼ 大体において~ (162, 4.8%)

3 第一版 2 一号五〇円以下では, 支那の, 病人の

1 [153件] いずれも, おなじよう, お祭好きである, かくの, かつて帳内, こう分類, こう見る, ことわります, この三種, この事件, この先着, この情勢, これと, これまでに, こんな工合, さしつかえないもの, すべての, そういう自由主義, その人口, その会社, その作用, その傾向, その形, その立派, つまらなかった, ともかくも, とりみる, ひっそり閑, まずくなった, エタは, ガラス絵の, サン・トノーレ街あたりの, シビまたは, ベッドなどは, 一切の, 一座の, 一様に, 三方へ, 世界の, 中心地帯は, 二つに, 二種類に, 二重に, 京都は, 人々の, 人間の, 人間学という, 人間心理を, 今の, 他の, 仰向けであった, 何かの, 健康と, 初期の, 別々の, 前と, 勇気という, 北方の, 南宗北宗から, 古い物, 同じよう, 同一の, 同型である, 君自身で, 問題は, 善良な, 団十郎は, 固有の, 変化を, 外国の, 天元術で, 奈良朝くらいまでで, 奴隷階級の, 如何に, 学校の, 尽きて, 展覧会芸術としてのみ, 山部と, 平ッ, 年と共に, 底に, 当たって, 当人が, 当時の, 形式と, 彼らの, 後世畏, 後代の, 支那は, 政治論または, 旅行者を, 日本には, 日本の, 日本民族が, 時代としては, 書き分けられて, 東から, 柳田先生の, 楠公は, 歌は, 武蔵の, 母親が, 気軽な, 泥酔者という, 清濁を, 火の気の, 物知りで, 獅子頭を, 現代の, 球の, 球形に, 理論上主要の, 男子の, 疑惑的だ, 白い蓮, 百姓と, 的中し, 真北, 矢張り以前と, 神長官の, 祭祀と, 私が, 私の, 算木関係の, 自分の, 自殺説が, 自然公民以外の, 良民と, 英蘭より, 藤原時代の, 蘇格蘭の, 蟆人の, 観賞の, 記号を, 話に, 認識論的立場とか, 賛成致候, 辻褄の, 近いうち徽典館, 近代の, 追跡し, 逐次訳, 過ぎ去ったもの, 部分的または, 長かった, 阪神地方のみに, 階級本能の, 雌の, 雪の, 零と, 風が, 鼻の, 鼾を

▼ 大体~ (121, 3.6%)

2 それで, 似て, 分るだろう, 昔に, 知って

1 [111件] あの入江, かういふ意味, ききました, こういう筋, この確信, こんな割当て, こんに, さっき壁辰に, すでに諸君, そうである, そのむかし半七老人, つくられた歌, まずこの, まともな, もうお前, もとやはり, わかって, わかる, わかるだろう, インデペンデントに, サドという, デスク, ミミック, 上記の, 世間の, 人作の, 今度は, 仲の, 伊東家に, 元中二年薨去, 先に, 円いに, 分かるね, 分つて, 分りましたろうが, 分ります, 分るの, 北宋の, 医者の, 午後の, 双方の, 右の, 吉野が, 同法, 名そのもの, 四つの, 在来の, 地上の, 変わらざるも, 大した変り, 大判洋紙に, 大岡政談の, 女給まがいの, 完成し, 察しられた, 小さく区切られ, 少くとも, 尽して, 山伏に, 市内電車も, 後の, 御承知, 徹夜なし, 惣て, 想像が, 推察された, 文語の, 新鮮が, 日の, 早ね, 明日じゅうに, 時代性に, 晩酌など, 木の実を, 未だ少女歌劇, 此位の, 残って, 毎日おなじ, 混る, 清元の, 為世の, 犬のに, 現代女性で, 男の, 疑は, 癒着し, 目星が, 盲人の, 相同じ, 知ってたん, 知ること, 私たちが, 私の, 米州に, 聞きとれた, 能動側の, 自分の, 補習書めいた, 訣つて一部分おぼろな, 訣る, 訳つ, 説明も, 谷へ, 道徳訓である, 道理の, 釈ける, 金剛の, 陳腐と, 青黒いよう, 順調です, 頷かれる

▼ 大体~ (64, 1.9%)

2 了解する, 学んで, 考えて

1 [58件] いうと, いおう, おさめるに, こしらえて, 云って, 会得し得, 修得し, 取纏めて, 呑み込んで, 味う, 尽したと, 御承知, 心得て, 想像し, 承知し, 探究し, 掴みそれ, 明かに, 明に, 明らかに, 暗示し, 書いて, 本庁に, 瀬踏みを, 申します, 申しますと, 申上げる, 知り得るであろう, 知る事, 研究し, 示して, 示すに, 稽うる, 紹介する, 考うる, 聞くと, 藁で, 見ずに, 見ず五万分の一, 見せるため, 見よう, 見ること, 見るという, 観察せざる, 解説するなら, 記すと, 評し得ずして, 話されたの, 話し一月廿一日, 話すと, 話すの, 説くという, 読んで, 述べたが, 述べて, 述べまして, 述べ次に, 鷲攫み

▼ 大体この~ (60, 1.8%)

4 ような 2 辺で

1 [54件] くらいにし, へんを, クロッシングの, コースの, ロシアという, 一例で, 一度埋めた, 三つである, 三つです, 三つの, 事件も, 二三日二十九から, 二十二日とかに, 二通りを, 位です, 位の, 作者は, 催しは, 凍雨, 名に, 問題の, 家には, 展覧会に, 店の, 庶民階級に, 建物は, 新様式, 方の, 方針が, 星の, 期間を, 本に, 様に, 歌劇上演は, 死人は, 浪士団の, 社会の, 祝詞或は, 福済寺からの, 程度であった, 程度を, 種の, 空襲は, 競技会の, 第一次, 線の, 膜嚢は, 討論は, 辺だった, 辺の, 邸は, 頃エレクトロンだ, 頃気候が, 頃眠たく

▼ 大体その~ (57, 1.7%)

2 ような, わけが

1 [53件] ことは, ことを, ころの, つもりで, ときと, へんです, やうに, ように, イデオロギーが, 二つに, 人が, 人の, 会の, 作品を, 区別が, 名前だけを, 地点に, 大きさ, 年に, 年は, 年頃で, 庭下駄の, 形は, 心がけで, 心持や, 意味形態でも, 意見に, 日私は, 時の, 時代らしく, 時北海道を, 時評は, 本性が, 村の, 様な, 煙突を, 硝子底は, 程度である, 程度らしい, 結果から, 背後の, 色分けを, 見当が, 見当だろう, 訂正を, 調子と, 謎が, 辺だ, 通りとして, 道理が, 険要の, 頃という, 骨組を

▼ 大体こんな~ (46, 1.4%)

2 ところで, もので, ものであった, ような, 意味の, 筋の, 計算だった, 風な

1 [30件] ことが, ことする, ことであった, ことでした, ことを, ところ, ところだろう, ふうな, ふうに, ものです, ものと, ものに, やうな, わけだ, 事が, 事を, 会話を, 具合では, 具合に, 工合いそがしく, 工合だ, 工合の, 意味だ, 感じです, 所に, 文面だった, 調子であろう, 風だった, 風に, 風の

▼ 大体~ (42, 1.3%)

26 のよう 4 の様 3 のやう 2 の如き, の通り 1 と同じ, のごとく報ぜられ, の三つ, の三様, の二つ

▼ 大体から~ (39, 1.2%)

9 いうと 7 云って 6 見て 5 いって 2 いえば, 云うと 1 いつて, いへば, 見ても, 見ると, 言うと, 言つて流行歌曲の, 言へ, 言へば

▼ 大体そんな~ (36, 1.1%)

3 ような 2 ことが, 意味の, 風な, 風に

1 [25件] お前, ことだけ, ことだった, ことです, ことな, ことらしい, とこである, ところだ, ところです, ふうな, ものだ, もので, ものでございます, ものです, 事が, 事柄であった, 工合, 様な, 相談を, 考でした, 言葉で, 陳述だった, 階級である, 風でした, 風にね

▼ 大体~ (35, 1.0%)

2 社会状勢の

1 [33件] あまり結構, あやふやな, このカ氏, です美感, はっきりしない, グロテスクな, 享受的生活などという, 今迄, 優しい美しい気質, 六百五十万ほど, 判るであろう, 同じやう, 屍体の, 平たい真, 彼等の, 意気地が, 政治嫌いで, 文学少年であった, 旅客の, 最初の, 気が, 盲目から, 直径二三町も, 禅という, 精神病者という, 芝居と, 解るよう, 赤土だろう, 身綺麗に, 輸入時代だ, 近江之, 道路から, 陰気だ

▼ 大体同じ~ (33, 1.0%)

3 であるが 2 であった, 型の, 様な

1 [24件] くらいです, ことが, ことである, さ, だ, であって, で数条, と見, な世界観, に出ました, ような, ように, 事情です, 位の, 大きさ, 専門教育を, 年頃だ, 批評の, 方向の, 方向へ, 用語例を, 筋に, 趣意の, 頃の

▼ 大体見当~ (28, 0.8%)

4 はつい 3 がつい, のつく 2 がついた, がつきます, がつく, はつく 1 がつくだろう, が付い, つけようという, のつい, はついた, はつき, は着く, をつけ, をつける, を大昔

▼ 大体こういう~ (24, 0.7%)

4 ことに

1 [20件] ことであった, ことである, ところに, ふうなです, ものと, ように, タンボべと, 会見だ, 土地に, 地方の, 場所の, 方針を, 朝市には, 気風である, 種類の, 筋であった, 見当に, 記念日の, 調子に, 質問に

▼ 大体~ (24, 0.7%)

10 のよう 2 の如く, の様, の通り 1 と同じ, に述べた, の, の三種類, の例, の基調, の如く解した, の資料

▼ 大体以上~ (23, 0.7%)

7 のよう 3 のやう, の如く 2 の如き 1 が美術学校時代, で尽き, で終っ, にいつた, に尽き, の答, の部署, を概論

▼ 大体それ~ (21, 0.6%)

2 は人間

1 [19件] でありまた, でやっ, で推測, と似寄った, と同じ, にきめた, に似た, に似通った, に向い, に極められた, に近い, に近かっ, は三つ, は女, は次ぎ, を借りる, を分けます, を承認, を諒解

▼ 大体~ (21, 0.6%)

1 [21件] がフラフラ, が好きこのん, が盛り場, が通訳官, ぐらいきれい, と同じ, と彼, にはそんな, の云つた, の奇癖, の希望, の想像, は何年, は余り, は夏, は日本, は社交, は芝居, は近頃, もその, 共芸能

▼ 大体においては~ (20, 0.6%)

1 [20件] あらゆる非人法師, この推論, そういう傾向, そうに, よく似, 人間の, 以上述べたごとき, 似て, 余り歓迎されなかった, 儲からない場合, 利休と, 午後一時ごろに, 右の, 君の, 夜と, 将来ある, 明白である, 昔の, 正当である, 独特の

▼ 大体こう~ (16, 0.5%)

3 である

1 [13件] いった気風, いった類い, だとして, であった, であるとして, なったの, 一段一段と, 云うこと, 云う日程, 云う調子, 云ったもの, 思うの, 言う表題

▼ 大体三つ~ (15, 0.4%)

1 [15件] あると, に分け, に分けます, のオリジン, のグルウプ, の公式, の区分, の意義, の方法, の段階, の目標, の要素, の観点, の部分, を数える

▼ 大体あの~ (14, 0.4%)

1 [14件] 人は, 兼の, 写真の, 女自身が, 小樽の, 折の, 映画の, 春やは, 株券の, 狭山って, 程度の, 記者怪しい, 辺だった, 鵙という

▼ 大体二つ~ (14, 0.4%)

1 [14件] あつて, であるらしい, にはひつ, に分け, に分類, の因子, の型, の意味, の操作, の方法, の理由, の立場, の道, 又は三

▼ 大体これ~ (13, 0.4%)

1 [13件] が岩屋, くらいのこと, だけです, でスミレ, で皆さん, で通じる, によってわかる, は取次店, は誰, までの十二三年, までの日本, を償う, 迄島田

▼ 大体そういう~ (13, 0.4%)

2 ような

1 [11件] ことに, ことは, ことらしい, ものだ, 姿勢を, 情況だった, 意味だ, 気持な, 特色の, 童顔の, 風に

▼ 大体人間~ (13, 0.4%)

2 が集っ

1 [11件] がうるさい, がその, というもの, といふもの, として一応, の正体, の知識, の通れる, の顔, は何ん, は神

▼ 大体日本~ (12, 0.4%)

1 [12件] にいる, のインテリゲンツィア, の一円, の最近, の現代, の社会, の美術, の言葉, の詩, の部屋, は果物, を幾つ

▼ 大体~ (11, 0.3%)

2 わかりに, 解りに 1 かみさんまたは, せいの, つつかつつ, 判りに, 察しに, 明しくださら, 能と

▼ 大体かう~ (10, 0.3%)

5 云ふ 1 いふ傾向の, いふ結果を, した心切で, であつ, 言ふ

▼ 大体~ (10, 0.3%)

4 ういふ 2 うした 1 ういふ風, う考へ, う考へられます, ほどに深刻

▼ 大体~ (10, 0.3%)

2 のよう 1 に示す, の如き, の如く決定, の如く観られるであろう, の様, の表, の諸点, の通り

▼ 大体想像~ (10, 0.3%)

4 がつく 1 がつき, すること, のつく, の通り, はつい, はつくだろう

▼ 大体どんな~ (9, 0.3%)

1 お話でしょう, ことか, ことだ, ことでも, さかなでも, ものである, ものも, 意味の, 機構を

▼ 大体~ (9, 0.3%)

1 に近い, のそれ, の予期, の言った, はさ, はほとんど, は建築道楽, は気取りッ気, は生来

▼ 大体~ (9, 0.3%)

1 依頼が, 分りに, 分り下すった, 安心, 想像が, 承知の, 異存が, 相談が, 神燈の

▼ 大体ここ~ (8, 0.2%)

1 ではいきなり, でも喜劇, で専門家達, に発し, に紹介, の夫婦, までしか悪魔, も海

▼ 大体として~ (8, 0.2%)

1 その家, 人間的興味を, 奈良朝頃まで, 平安鎌倉時代当時の, 日本語の, 根本の, 概念による, 田楽風の

▼ 大体そう~ (7, 0.2%)

1 である, ですわ, なつて, ね, 云う意味, 言う風, 訓んで

▼ 大体~ (7, 0.2%)

2 の通り 1 から定まっ, のまま, の作, の俤, の文章

▼ 大体いい~ (6, 0.2%)

1 がね, ということ, と思, のです, わけだ, 水が

▼ 大体そういった~ (6, 0.2%)

1 ような, 交友関係だった, 性分だ, 理由の, 話でした, 調子な

▼ 大体どの~ (6, 0.2%)

1 くらい時刻, 位の, 方面に, 町でも, 記録も, 辺を

▼ 大体について~ (6, 0.2%)

1 その別, 主張する, 主要なる, 物羨みはせぬ, 結局君主立憲体と, 言うたの

▼ 大体一致~ (6, 0.2%)

2 して, するの 1 しつつ, するん

▼ 大体~ (6, 0.2%)

2 の通り 1 に書いた, に着目, のよう, の神界

▼ 大体似た~ (6, 0.2%)

2 ような 1 ことに, ものかも, もので, やうな

▼ 大体~ (6, 0.2%)

1 がビクビク, くらいの高, といふ男, の文, はわがまま, も見れ

▼ 大体知っ~ (6, 0.2%)

3 ている 1 ていた, ていられた, ているだろう

▼ 大体間違い~ (6, 0.2%)

2 はあるまい 1 がない, ない様, なく到達, はな

▼ 大体おなじ~ (5, 0.1%)

1 だからと, である, ものです, 称号であり, 過程が

▼ 大体~ (5, 0.1%)

1 い, きかかって, 今これを, 客観的な, 楽譜の

▼ 大体まあ~ (5, 0.1%)

1 それでよい, そんなもん, そんな事, 二度分ぐらい, 現在の

▼ 大体もう~ (5, 0.1%)

1 一二回で, 前々から, 安心だろう, 頃合だ, 駄目だ

▼ 大体今日~ (5, 0.1%)

1 でもそう, でも普遍性, のフガ, の専門学校, の自由主義

▼ 大体出来~ (5, 0.1%)

1 そうの, ていた, ている, てをります, 上つたのは

▼ 大体自分~ (5, 0.1%)

1 に向った, の体, の坐らせられる, の荷物, は積極的

▼ 大体きまった~ (4, 0.1%)

2 大きさ 1 ものです, 方針を

▼ 大体~ (4, 0.1%)

1 いい僅か, 中枢とを, 独特の, 雖も

▼ 大体としては~ (4, 0.1%)

1 おいおい風紀, きわめて象徴的, 大音楽家, 私は

▼ 大体わかっ~ (4, 0.1%)

1 ていただけただろう, ている, てきた, てもらえたろう

▼ 大体わかる~ (4, 0.1%)

1 が現在法学部, ことも, のだ, のでという風

▼ 大体一定~ (4, 0.1%)

2 の大き 1 の値, の様式

▼ 大体三通り~ (4, 0.1%)

1 あります, か四通り, になっ, に画

▼ 大体~ (4, 0.1%)

3 の通り 1 のよう

▼ 大体二通り~ (4, 0.1%)

1 あつた, ありまして, あると, に分ける

▼ 大体五つ~ (4, 0.1%)

1 からな, に分れる, のもの, の時代

▼ 大体~ (4, 0.1%)

1 でもその, の世の中, までのところ, 述べたやう

▼ 大体今度~ (4, 0.1%)

1 のその, の北海道, の応援, は移動公演

▼ 大体~ (4, 0.1%)

1 にあきらか, の母, の言葉, の計画

▼ 大体分っ~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 てきた

▼ 大体分った~ (4, 0.1%)

1 しあの, のだった, のである, のでそう

▼ 大体大丈夫~ (4, 0.1%)

2 です 1 だがね, でしょう

▼ 大体~ (4, 0.1%)

1 一版からの, 三版からの, 二版から, 六版まで

▼ 大体西洋~ (4, 0.1%)

1 からの新, には大した, の大家, の芝居

▼ 大体間違~ (4, 0.1%)

1 ない, の無い, はない, ひが

▼ 大体ああ~ (3, 0.1%)

1 いう声そのもの, いう薬, いう遊びごと

▼ 大体いつも~ (3, 0.1%)

1 きまって, 夏ね, 気は

▼ 大体きまつ~ (3, 0.1%)

1 ている, て居る, て来

▼ 大体どう~ (3, 0.1%)

1 すれば, 云う方法, 言ふ

▼ 大体には~ (3, 0.1%)

1 二様の, 古くから, 通じて

▼ 大体みんな~ (3, 0.1%)

1 かたまって, にわかつたらう, 食べて

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 うその, ずの, 芸事の

▼ 大体もの~ (3, 0.1%)

1 になり, の, を考える

▼ 大体よく~ (3, 0.1%)

1 ない, なって, 判つた

▼ 大体より~ (3, 0.1%)

1 これが, 考うるも, 見れば

▼ 大体二種類~ (3, 0.1%)

1 あります, あるの, に分けられる

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 から教, と言葉, を舐めく

▼ 大体今年~ (3, 0.1%)

1 のスローガン, は寒く, は風

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 たり寄っ, ている, てゐる

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 か子供, でしょう, を意味

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 のまま, の位置, 代議士夫人女流教育家社長夫人娘重役病院長婦人会関係の

▼ 大体判っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, てはいる

▼ 大体区別~ (3, 0.1%)

1 がつく, は出来る, を明らか

▼ 大体半分~ (3, 0.1%)

1 ぐらいの大き, で一束, はまとまった

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 のひと, の歌, の癖

▼ 大体定まっ~ (3, 0.1%)

3 ている

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 の秩序, へ入れ, をまとめ

▼ 大体工合~ (3, 0.1%)

1 のわるい, よいからの, よろし

▼ 大体従来~ (3, 0.1%)

2 の日本画風 1 知られて

▼ 大体推定~ (3, 0.1%)

1 される, し得る最古, すること

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 から娘, と娘, の父

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 とは方便, の作家, よりも漠然と

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 が同じ, のりき, ウイ

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 てい, てとる, とおし

▼ 大体~ (3, 0.1%)

1 がつく, の筋, は山

▼ 大体あいつ~ (2, 0.1%)

2 は何

▼ 大体あなた~ (2, 0.1%)

1 の問題, は建築家

▼ 大体あまり~ (2, 0.1%)

1 景気の, 船長も

▼ 大体ある~ (2, 0.1%)

1 一つの, 村に

▼ 大体~ (2, 0.1%)

2 はゆる

▼ 大体うまく~ (2, 0.1%)

1 いきましたよ, 参りました

▼ 大体きまっ~ (2, 0.1%)

1 ている, ているらしく

▼ 大体こうした~ (2, 0.1%)

1 斬新な, 男だつた

▼ 大体これ等~ (2, 0.1%)

1 のもの, を故人

▼ 大体そうした~ (2, 0.1%)

1 のを, ものに

▼ 大体それら~ (2, 0.1%)

1 の人, の人々

▼ 大体だけの~ (2, 0.1%)

1 受答という, 受答を

▼ 大体だけは~ (2, 0.1%)

1 下に, 明らかに

▼ 大体つぎ~ (2, 0.1%)

2 のよう

▼ 大体という~ (2, 0.1%)

1 のは, 勿体の

▼ 大体どういう~ (2, 0.1%)

1 学問である, 風と

▼ 大体なら~ (2, 0.1%)

1 ば血, 貞操蹂躙で

▼ 大体ならぬ~ (2, 0.1%)

2 ものとても

▼ 大体はじめ~ (2, 0.1%)

1 から熱, に嘘

▼ 大体ぼく~ (2, 0.1%)

1 の家, の歴史観

▼ 大体まとめ~ (2, 0.1%)

1 てここ, て日本人会

▼ 大体もと~ (2, 0.1%)

1 のまま, の音

▼ 大体やっぱり~ (2, 0.1%)

1 これまで, 毛糸編物つくろい

▼ 大体よろしく~ (2, 0.1%)

1 ない, 万

▼ 大体わかった~ (2, 0.1%)

1 と思います, ように

▼ 大体われわれ~ (2, 0.1%)

1 は動く, は小学校

▼ 大体イギリス~ (2, 0.1%)

1 はバレー, は伝統

▼ 大体一つ~ (2, 0.1%)

1 の反動, の用語例

▼ 大体一ヶ月~ (2, 0.1%)

1 でこっち, に十三石

▼ 大体三分の一~ (2, 0.1%)

1 と思っ, ほどの賃銀

▼ 大体三十余り~ (2, 0.1%)

2 の短篇

▼ 大体世の中~ (2, 0.1%)

1 で何, を知っ

▼ 大体事件~ (2, 0.1%)

1 の全貌, は想像

▼ 大体二尋~ (2, 0.1%)

2 から三尋位

▼ 大体互格~ (2, 0.1%)

1 で持久戦争, の戦争力

▼ 大体五種~ (2, 0.1%)

1 に分ける, の母音

▼ 大体他人~ (2, 0.1%)

1 のこと, の事

▼ 大体伸子~ (2, 0.1%)

1 の帰朝, は遊戯

▼ 大体似寄った~ (2, 0.1%)

1 ものであろう, 仕打ちでしょう

▼ 大体何時~ (2, 0.1%)

1 から何時, に起きる

▼ 大体作家~ (2, 0.1%)

1 というもの, とその

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 が始終, なんぞ世話役

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 ておる, て参りましょう

▼ 大体分るだろう~ (2, 0.1%)

1 という, と思う

▼ 大体加茂五郎兵衛~ (2, 0.1%)

2 の思想

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 の国, の国々

▼ 大体北方~ (2, 0.1%)

1 にむけ, の哲学

▼ 大体古く~ (2, 0.1%)

1 からの, から賤民

▼ 大体古来~ (2, 0.1%)

1 からあまり, の慣用

▼ 大体哲学~ (2, 0.1%)

1 か倫理, に於ける

▼ 大体四種~ (2, 0.1%)

1 に類別, より成っ

▼ 大体地上~ (2, 0.1%)

1 から一メートル, と交通

▼ 大体変らない~ (2, 0.1%)

1 が馬, といふの

▼ 大体外国人~ (2, 0.1%)

1 からあなた, を案内

▼ 大体大阪~ (2, 0.1%)

1 のもん, の夏

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 で用います, を貸す

▼ 大体察し~ (2, 0.1%)

1 がつくでしょう, てゐた

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 の一帯, の間

▼ 大体帆村~ (2, 0.1%)

1 が前, の推理

▼ 大体後世~ (2, 0.1%)

1 のす, の合理解

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 に向い合った, に向き合った

▼ 大体我々~ (2, 0.1%)

1 にはどんな, の書い

▼ 大体承諾~ (2, 0.1%)

1 したが, の旨

▼ 大体文化部門~ (2, 0.1%)

1 といふの, として文化部

▼ 大体文学~ (2, 0.1%)

1 の方, をこめ

▼ 大体日本人~ (2, 0.1%)

1 は何, ほど眼

▼ 大体明らか~ (2, 0.1%)

1 であって, になる

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 というもの, は三月

▼ 大体昨夜~ (2, 0.1%)

1 のまま, の十一時

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 が東天, までの平均距離

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 から家, と同じ

▼ 大体東京~ (2, 0.1%)

1 の本社, の模様

▼ 大体検挙~ (2, 0.1%)

1 の対象, の想像

▼ 大体標準語~ (2, 0.1%)

1 たる口語体, の基礎

▼ 大体正確~ (2, 0.1%)

1 でね, で明瞭

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 のクロラール, の男

▼ 大体気温~ (2, 0.1%)

2 は零下七

▼ 大体満員~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 大体田舎~ (2, 0.1%)

1 での私, でも樹木

▼ 大体異存~ (2, 0.1%)

1 がない, は無い

▼ 大体私共~ (2, 0.1%)

1 の知つて, は旅行

▼ 大体約束~ (2, 0.1%)

1 して, を守る

▼ 大体素人~ (2, 0.1%)

1 と玄人, にも見当

▼ 大体自然~ (2, 0.1%)

1 の問題, の風光

▼ 大体西~ (2, 0.1%)

1 から東, の方

▼ 大体要領~ (2, 0.1%)

1 は得た, を得ました

▼ 大体解決~ (2, 0.1%)

1 の見透し, はつい

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 りますけれども, るの

▼ 大体詩人~ (2, 0.1%)

1 でもモスク, というもの

▼ 大体話し~ (2, 0.1%)

1 てくれた, てもあり

▼ 大体読者~ (2, 0.1%)

2 の御

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 しも考える, にでもこの

▼ 大体貴様~ (2, 0.1%)

1 は横着, は生意気

▼ 大体近代~ (2, 0.1%)

1 の文化, の日本文学

▼ 大体述べた~ (2, 0.1%)

2 つもりである

▼ 大体過去~ (2, 0.1%)

1 においてオノレ・ド・バルザック, においてバルザック

▼ 大体鎌倉時代~ (2, 0.1%)

1 から足利時代, には完成

▼ 大体~ (2, 0.1%)

1 の中, へ入

▼1* [1010件]

大体ВОКСは不快, 大体〇・〇二秒くらいである, 大体〇・一という値, 大体がつて, 大体あしたは君, 大体あすこは事故, 大体あっている, 大体あてはまるだが五番, 大体あと五週間の余裕, 大体あなた勇蔵さんにもっとちゃんと, 大体あなた方に任せる, 大体あのお辻さんと, 大体あべこべと考へ, 大体あらかじめの話, 大体あれでいい, 大体あんたは安本, 大体あんた方の事情, 大体あんな調子で, 大体あんまり例の, 大体いかんね, 大体いっていわゆる, 大体いつの時代, 大体うけひは, 大体ええ話や, 大体おしはかることが, 大体おっしゃった通りでした, 大体おまえの肚, 大体おんなじような, 大体おん者は, 大体お上りさん式の見物, 大体お前はソヴェトびいき, 大体お前さん達が頼ん, 大体お気づきじゃありません, 大体お話のほか, 大体うだつた, 大体かげで男, 大体かの少彦名命研究, 大体まつたらしい, 大体きいて呉れた, 大体きのうガタガタしたから, 大体きまりそうです, 大体きみはいつ, 大体きめておこう, 大体きょうでわかった, 大体くまなくふれたであろう, 大体こうして置けば, 大体こちらの希望, 大体こっち半分は庭, 大体ことしいっぱいというところ, 大体このごろ私は手紙, 大体この世の野望, 大体これらの写真, 大体これ下ごしらえしたん, 大体こんどの仕事, 大体こんなふうに率直な, 大体さし当りは足りました, 大体さっきのシェリ, 大体しか調ばって, 大体つくりと, 大体すぐれた歌を, 大体すぐれたる霊界居住者が, 大体すっかり馴れて, 大体すでに明らかであった, 大体すべてこれらのいきさつ, 大体ずっと椅子に, 大体そう型は変らない, 大体そこに入学, 大体そつが無い, 大体そのまま哲学的物質にまで, 大体その道に達する, 大体それぞれの家庭, 大体それぞれ納得しないだろうか, 大体それぞれ職業を通じてその, 大体それ前後に解けます, 大体たのまれた通りの, 大体たまとたま, 大体だけじゃないすっかり, 大体だけを述べた陰徳, 大体であるが勝川春章, 大体できあがった他人の, 大体でも同じよう, 大体としての印象は, 大体とを一時間宛とは, 大体つちかの村, 大体どこからどんな, 大体どれを見, 大体答えを, 大体なごやかに神を接待, 大体なりそうである, 大体にでも本当であるなら, 大体にわたって論説を, 大体ぬけたようです, 大体のばして, 大体のりものではよまず, 大体はかうだつた, 大体ひとり仕事するよう, 大体ひと月くらゐの, 大体ふだんからそういう, 大体ふだん何か別, 大体ほどよく締, 大体ほぼ叙事詩に, 大体ほりものというもの, 大体をし, 大体まあそんなふうに祖師像の, 大体ましで二十七日ごろ, 大体まずこういうわけ, 大体また床の, 大体まだ資本論さえ, 大体まとまっていた, 大体まとまりそうです, 大体みんなそうでは, 大体めどが見える, 大体もつと前, 大体やってい, 大体やつてのけた, 大体やはり民間の, 大体やめる決心が, 大体さそうね, 大体よしと, 大体よろしいが金額, 大体わかつた意味は, 大体わからないんだ, 大体わかりましたよ弁信さん, 大体わかり切った甘い材料, 大体わかり易い訳である, 大体わしにも事, 大体をも解せず俳句固有, 大体アカではない, 大体アメリカでは東部, 大体イカモノ的な分子, 大体イタリア型にぞくする, 大体イタリーがオペラ, 大体イツモコノ時刻ニシャワーヲ浴ビルコトヲ予ハ知ッテイル, 大体インディアンに関する総括, 大体ウィーンはヨーロッパ, 大体ウェルズと同じ, 大体エトラスケール種族の墳墓型式, 大体エピソードというもの, 大体オペラは写真的, 大体ガラッ八の, 大体コツを呑み込む, 大体ゴールデンバットの箱, 大体シナ人と見られぬ, 大体シューマン・ハインクなんて複数, 大体スピード選手は不健康, 大体スポーツをやった, 大体スポーツ物理学というよう, 大体ソヴェトのホテル住人, 大体ソヴェト同盟の五ヵ年計画, 大体タリム盆地を西, 大体チベットへござる, 大体ツルゲーネフの少年, 大体テンヤ釣りの仕掛け, 大体テーベーに対する局所的, 大体テーマは, 大体ドンコは甘露煮, 大体ハコに入り, 大体ハッキリして, 大体ハバナはスペイン風, 大体バカな奴, 大体ビジテリアンというもの, 大体ファラデー時代の王立協会, 大体プランを立っ, 大体ベーンの系列, 大体ボンチは典型的, 大体モラルの問題, 大体モルランド足というの, 大体ユーゴの言葉, 大体ヨーロツパ人よりも小さく, 大体リベラリストであること, 大体レフ・トルストイの思想, 大体ロシア人は新しい, 大体ロマンティシズムとはどういう, 大体ヴォルガは夏, 大体どに, 大体一とおり鍛錬を終る, 大体一ヵ月を三分, 大体一ヵ月三四百円はかかっ, 大体一両日の中, 大体一九三四年の秋, 大体一人あたり一日六本ないし九本, 大体一八六〇年頃からである, 大体一冊づつの値段, 大体一割ぐらい選んだ, 大体一回の滞在期間, 大体一尺二三寸くらい, 大体一年に何本, 大体一年毎に往復, 大体一昨年に比し, 大体一月から二月, 大体一片ついて, 大体一県一紙主義で統制, 大体一眼でわかる, 大体一秒間に十六回以上明滅, 大体一般に認められた, 大体一葉の芸術, 大体一週間ばかりの予定, 大体七千票でしょうかなあ, 大体七尺ほど上, 大体七月頃までこちら, 大体七道の者, 大体万葉歌の山ヂサ, 大体万葉集から伊藤左千夫, 大体三十割のね上げ, 大体三升と決め, 大体三四百年と見る, 大体三多摩一帯だ, 大体三年と踏み, 大体三手にわかれ, 大体三日月の下, 大体三本であるが, 大体三点に分け, 大体三番の梶さん, 大体三百円から千円, 大体三種類に分けられる, 大体三系統に区別, 大体三週間は持つ, 大体三里半ぐらいと踏みました, 大体三間ぐらゐでふだんは川原, 大体上州は養蚕, 大体上記の如く, 大体上述のごとき, 大体下絵だけは出来た, 大体下諏訪の製糸工場, 大体不快を感じない, 大体世界は四つ, 大体世界じゅうが第, 大体世間にそんな, 大体両手でひと, 大体両親が子供, 大体並行して, 大体中世から近世, 大体中庸で凡庸, 大体中産階級以上の出, 大体中等学校では家庭, 大体には男, 大体主君の御, 大体で能, 大体之は一種の, 大体九つ許り挙げる事, 大体九州の旅行全体, 大体予定の仕事, 大体予期して, 大体予測がつかない, 大体事実と符合, 大体事情は解りました, 大体事柄がのみこめやしない, 大体二三週間もたつ, 大体二個の中性子, 大体二十キロぐらいから上の空, 大体二十四というところ, 大体二十年頃以前は英国哲学, 大体二十枚ずつで十三回, 大体二千米の長, 大体二度しか出ない, 大体二時か三時ごろ, 大体二様になつ, 大体二派に別れ, 大体二百万票近く投票されて, 大体二種の問題, 大体二階暮しでのんき, 大体二題目より成り, 大体云いつくされたと思う, 大体云うと私, 大体云ってソヴェト, 大体互角の勝負, 大体五六時間から七時間, 大体五六百年以前に出来, 大体五十銭から二円五十銭, 大体五日ですこれ, 大体五月中旬ということ, 大体五百メートルぐらいにつっこん, 大体五間ほど離れ, 大体人々は価値, 大体人物論に帰, 大体人生の一番, 大体仁多能義両郡山中, 大体仇敵が京都, 大体今回の執筆禁止, 大体今年通りでい, 大体今日一般が考へ, 大体今日皆さんに申, 大体の予言, 大体仕上げたばかりです, 大体の三人, 大体代匠記の訓, 大体以上略記した過去, 大体以下のよう, 大体以後二十四年間の世, 大体伊兵衛の望み, 大体伊原に観照寺, 大体伊沢水谷両嬢, 大体が激減, 大体会社のやりかたったら, 大体伝承を失う, 大体似たりよったりの感情, 大体似よったものと, 大体佐々の家庭生活, 大体が元気, 大体何でせう, 大体何と心得てるん, 大体何人どこへ這入った, 大体何時間ぐらい後, 大体何百人何千人の人々, 大体余り高くなくいられ, 大体余り上等な区域, 大体余り無理はしない, 大体作者はいわゆる, 大体供養を受ける, 大体便所の汲取口, 大体俊成と同じ, 大体保管されて, 大体保険会社の勧誘員, 大体偏食をつづけ, 大体健全なる精神, 大体健康な金五郎, 大体健康不健康は文明未開, 大体偽善者であると, 大体働きがのみこめる, 大体働く立場の, 大体兄弟も親達, 大体充足せらるる事, 大体兇行は十時半, 大体かやう, 大体先づ其の位, 大体先方から頼まれ, 大体児玉さんと違わないらしい, 大体換用の, 大体入れ替えをする, 大体工事を, 大体全快になりました, 大体八〇年代末の数年, 大体八七三紙に及ん, 大体八五郎が説明, 大体八百円乃至千五百円, 大体八種の活用, 大体公平に云っ, 大体六万から七万石, 大体六十円から百円, 大体共通の者たち, 大体がその, 大体其以前から山人, 大体其処以外には何処, 大体其慣用動詞をめど, 大体其期日の頃, 大体其特色は尽した, 大体円形になる, 大体録された, 大体写真で想像, 大体冬ぢうは, 大体冬期は降雪, 大体の絵, 大体凸凹ブツブツクシャクシャ, 大体出来あがってその, 大体出来たのでルムフォード伯, 大体出来上っていた, 大体刃金色に見えぬ, 大体分かっている, 大体分ってると思う, 大体分りましょう標札を, 大体分ることで, 大体分子が何万, 大体分析し終, 大体分裂病が潜在意識, 大体分解させる認識, 大体列王紀略下並に歴代志略下, 大体判ったような, 大体判別すること, 大体制空権を得, 大体の日, 大体前掲の自伝, 大体剣山へのぼるべく, 大体割方は風俗史, 大体創道を見給え, 大体助かるめどが, 大体労働者の承諾, 大体労働者出身の作家, 大体勉強家と思われ, 大体北上して, 大体北国には磁土, 大体北海道における私たち, 大体北西の針路, 大体北部と南部, 大体あるもの, 大体十一月のはじめ, 大体十一月一杯には散っ, 大体十一月三日の前後, 大体十二時から一時, 大体十二時位からか, 大体十二畳位だったから, 大体十五の汲出櫓, 大体十五六歳から二十四五歳, 大体十五日ぐらいではない, 大体十人ぐらいずつ一組, 大体十倍の価格, 大体十六億年と推定, 大体十日迄にすまし, 大体午前の十時, 大体午前中に面会, 大体午前九時三十分に決っ, 大体南さんは背, 大体南方支那に故, 大体南画形式の日本画, 大体博士の洋行中, 大体するの, 大体卯女子は弟達, 大体原則的には理解, 大体原文の意, 大体去年と同じ, 大体友情というもの, 大体友達のつゆ子, 大体取り除かれたように, 大体取片付けられていました, 大体取締当局の諒解, 大体叡山の坊さん, 大体口実でその, 大体古い飛鳥の, 大体古代の書物, 大体古代エタの人口, 大体古典の戦記物, 大体もなく, 大体史論家の頼朝弁護, 大体右翼張った論客, 大体部門の, 大体合うた処から, 大体合格とします, 大体吉岡のやう, 大体同じく遠く離れた, 大体同一なるも, 大体同一人口に対し一一人, 大体同人全体は野武士, 大体同伴者或は鍛冶屋派, 大体同様だった, 大体同種の物, 大体同等であり得る, 大体名前ばかりの夫婦, 大体名古屋の財産, 大体名目上の程度, 大体向うから会いたい, 大体君自身が, 大体君達はこの, 大体吹き抜けの空筒, 大体吾軍の勝利, 大体呑み込んだ上で, 大体と云, 大体和服の下, 大体唯物論的通念によれ, 大体問題の核心, 大体問題自身が何, 大体善良な連中, 大体喧嘩口論大騒動, 大体にのぼっ, 大体器用な人, 大体四つの種類, 大体四個の大, 大体四十前位, 大体四十二度以上の熱, 大体四十円程私, 大体四大級に分かるる, 大体四月の末五月, 大体四週間ないし五週間, 大体回ってしまう, 大体図書館にでも行け, 大体固定して, 大体はこの, 大体国家の存在, 大体国語をば階級, 大体国際的であるよう, 大体地図で見当, 大体地理的境界に基く, 大体坐らしといて二人, 大体垣根なんてもの, 大体が足りない, 大体売るので, 大体壺屋の仕事, 大体変りなし, 大体変化しないと, 大体はすき, 大体夕方か夜, 大体外務省案付近に落ちつく, 大体外国の本当に, 大体をフロイド式, 大体大した野郎でも, 大体大変可愛いひと, 大体大変外出が多く, 大体大学教授などをし, 大体大正七年八年九年の歌, 大体大正初頭鴎外が歴史小説, 大体天候もよく, 大体天狗の働き, 大体天狗界は女人禁制, 大体太郎は二階, 大体太陽のない, 大体失敗に終わった, 大体奈良以前から此処, 大体契沖の説, 大体女事務員たちのやる, 大体好からうと, 大体好かるる物や, 大体好奇心であるが, 大体好意を以て聞く, 大体好評だ, 大体は, 大体のお, 大体娯楽的なもの, 大体嫌疑の範囲, 大体子供の時間表, 大体子供そのものが連想, 大体学一般を意味, 大体学術芸術道徳及び宗教, 大体安心はし, 大体完成した, 大体る, 大体定まり不完全ながら, 大体定められた生産計画によって, 大体定法から行く, 大体かろうところで, 大体宜しいかと存じます, 大体宝蔵院そのものは名, 大体実際的である, 大体宮廷貴族に仕へ, 大体の八時, 大体家柄の邸, 大体家賃水道などは一ヵ月, 大体容貌風采がよい, 大体寄宿舎制でそこ, 大体富めるも貧しき, 大体寒い地方は, 大体察しられるが一体, 大体察知し得られる, 大体封建主義への復古運動, 大体尊兄が不賛成, 大体市民に, 大体小さい条件は, 大体小学校の教授法, 大体小山内氏は元, 大体小説のよみかた, 大体尽きてをり, 大体けるという, 大体屋敷の跡, 大体屍体の粘膜, 大体岡田村全体が谷間谷間, 大体岩層と風化, 大体岩谷という男, 大体島田もそう, 大体川砂の両, 大体工合ようございます, 大体左右対称の性質, 大体差し支えない程度に, 大体差支えないように, 大体市内の目, 大体帰ると五時, 大体常識とか概念, 大体常識的に見当, 大体平らであるが, 大体平安朝の初め, 大体平安朝以後の慣例, 大体平安朝末から文献, 大体平安末の人, 大体平明で穏健, 大体平衡がとれ, 大体年代からいう, 大体幸楽軒の請負経営, 大体幸福であった, 大体庸三に想像, 大体延喜式祝詞に関する値打ち, 大体建仁三年四月に五人, 大体式場で話し, 大体張飛は今, 大体弾左衛門がそんな, 大体弾条が全部, 大体つて居る, 大体当っている, 大体当ってるようだ, 大体当山ではもと, 大体をととのえる, 大体彫るわけだ, 大体役に立つことと, 大体彼女がこういう, 大体彼奴と見た, 大体彼所でただ統一, 大体御しまいなのです, 大体徳川氏の世, 大体心組みを立てた, 大体忙しくてもじりじり, 大体快くなって, 大体思索し得る女流, 大体のある, 大体意見の一致, 大体感じる事が, 大体感覚の本性, 大体成熟の日取り, 大体我々仲間でなら, 大体る標準, 大体戦争の記事, 大体戦前から戦後, 大体戦術の方式, 大体房枝の殺された, 大体手不足であったから, 大体手品師と一緒, 大体手頃の値段, 大体托児所には人気, 大体承認し倉, 大体持久戦争の傾向, 大体捏鉢には松絵, 大体掘り返して美濃, 大体採用さるること, 大体探偵小説は直接ぼくたち個人, 大体推古天皇までぐらいであろう, 大体推察できるでは, 大体揃ったようだ, 大体支持した, 大体支脈が四つ, 大体支那の古, 大体政友会自身も承認, 大体政治にしろ, 大体へてくれ, 大体教科書を使う, 大体教養の程度, 大体敬語と言, 大体整理いたしました, 大体文化史というもの, 大体文化団体の連中, 大体文壇の周り, 大体文学史家や芸術学者, 大体文学的に人生, 大体文筆の仕事, 大体文藝春秋は厚くっ, 大体うでございました, 大体斯んなところ, 大体感覚派と, 大体新劇俳優としてのハツキリ, 大体新興喫茶で女の子, 大体新開の町はずれ, 大体方針に関する議案, 大体旅中は沈黙, 大体日取りをきめ, 大体日本地震の有様, 大体日本文学はその, 大体旧来のまま, 大体明日の晩, 大体明治維新そのものが崩壊, 大体映す移すといったよう, 大体映画芸術のこと, 大体春夏から秋, 大体昨今の旅行, 大体昨年頃からです, 大体昨日と同じ, 大体昭和十五年前後の日本, 大体の生活, 大体昼頃で市, 大体時代は略, 大体時日の経過, 大体時期の近い, 大体時間の見当, 大体晴れていた, 大体晴れたとしてあと, 大体く春, 大体暗示して, 大体書き分けてはある, 大体書くべきことは, 大体書翰を読む, 大体曹真は初め, 大体替ってしまっ, 大体最低零下十五度最高零下十度位の所, 大体最後の形, 大体最近の独逸, 大体月ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, 大体有事の日, 大体朋輩共も朋輩共, 大体朝七時半ごろから十二時すぎ, 大体朝鮮語とアメリカ語, 大体の橋, 大体本ものの漫談, 大体本州の樹, 大体札幌に近い, 大体に向っ, 大体杉田氏ノ取, 大体来潮時の前後, 大体東京明治時代とか何とか, 大体東京通り受けるが, 大体東向きに傾き, 大体東宝劇場の真似, 大体東山方面デ四条方面, 大体東洋画の特色, 大体林学博士本多静六は妙, 大体染物は色, 大体柿本人麿と同, 大体栄蔵のその, 大体森木が子爵, 大体楕円形である, 大体楠本君の留任, 大体極めて粗笨であり, 大体をしよう, 大体標準は簡単, 大体標高に近い, 大体樹下石上を家, 大体というもの, 大体機関説の大, 大体欧米諸国はその, 大体歌舞伎の種類, 大体歓喜に満ち, 大体歓迎しないもん, 大体正体を現, 大体正宗さんと言, 大体此の世に笑, 大体此三種が大伴氏没落, 大体此三部類の資料, 大体此傾向から発達, 大体此海から来られた, 大体武張った遊び事が, 大体歴史上に於ける, 大体するか, 大体死ぬことに, 大体殺すということ, 大体母体の中, 大体毎日いること, 大体毛利さんがこの, 大体民主主義文学運動における批評, 大体のついた, 大体気がついていた, 大体気分がよい, 大体気力のない, 大体水平になっ, 大体江州信楽の系統, 大体池上の話, 大体決っている, 大体決まってい, 大体決まったのです, 大体決めていた, 大体決めたが, 大体決勝に残る, 大体決定して, 大体油時計そのものが頗る, 大体法典法条の理論的解説, 大体法水にしろ, 大体法水君君の意見, 大体泰軒の用件, 大体活発に活動, 大体浄るりというもの, 大体海面下に十階建, 大体深夜に数人, 大体清水坂は奈良坂, 大体温帯の気候, 大体温気は悪く, 大体漁業を専ら, 大体漫談というもの, 大体濃い色は, 大体瀬戸内海と変わり, 大体火星に向けられ, 大体無傷であった, 大体無料でいろいろ, 大体無理にでもやらされる, 大体無産階級の出, 大体熊谷の云う, 大体爪先上りに或, 大体がそれ以来, 大体附いた訳, 大体片づけてほっと, 大体片付けられて了, 大体牛鍋の話, 大体物の数ではない, 大体特殊部落という様, 大体と猫, 大体犬科の動物, 大体犯人の目星, 大体独りっきりで栄さん, 大体独逸の最近, 大体玄洋社というもの, 大体現代語と同じく, 大体現状維持派であり口, 大体理会せしめたつもり, 大体理解できるよう, 大体琵琶湖から西方, 大体産所というの, 大体上げたつもり, 大体申したつもりである, 大体男女人口比率が平均, 大体男子の三分の二, 大体町田さんから聞いた, 大体の仕事, 大体異議のない, 大体疎隔せられた様, 大体疑問の余地, 大体疲労の程度, 大体発行年代と定価, 大体白く細いすじであります, 大体白川に沿っ, 大体百ルーブリから二百五十ルーブリ見当, 大体百二十行以上けずりました, 大体百五六十票ありゃあ当選圏内, 大体百五十円から二百円, 大体百姓に対するの, 大体皆様にお, 大体の聯想, 大体目星をつける, 大体目鼻がついた, 大体盲腸やチブス, 大体直って或は, 大体直径〇・〇三三粍となっ, 大体直径百分の三ミリ程度のもの, 大体変らず, 大体相似たる祭典, 大体相場はある, 大体西から, 大体真冬ノ寒中ニソウナルコトガ, 大体着たままでしょう, 大体知つてゐる筈, 大体知らないでは科学, 大体知り得らるる, 大体石芋民譚は宗教家, 大体確認しましたから, 大体社会ファシスト的色彩を持っ, 大体社会主義思想そのものに主権, 大体祭文系統の呪言, 大体福島県は紙漉, 大体福沢諭吉が益軒, 大体私たちは日常, 大体私らの腑, 大体私自身は西洋人, 大体科学というもの, 大体科学的引用のタイプ, 大体稲佐山の高, 大体かだ, 大体多非人, 大体はれる, 大体第一線兵団を戦場, 大体筆蹟の物, 大体の内部, 大体築いたのは, 大体米国婦人の優越点, 大体精神の娯楽, 大体をなし, 大体系統的には読ん, 大体紙一重といふところ, 大体紙料には雁皮, 大体紙縒細工は朝鮮, 大体素直な判定, 大体紬類は手機, 大体つた, 大体終ったとき帆村は, 大体終了した, 大体組織が出来かかり, 大体組踊と名づける, 大体経文には火, 大体統計的操作と呼んだ, 大体絶望らしいな, 大体維持され得たとしても, 大体同盟の, 大体総数一七〇位で内, 大体緯度が同じ, 大体緯度線に沿っ, 大体繰ってみ, 大体りもし, 大体り掛けたある, 大体を隠そう, 大体美しくなった, 大体義兄達や姉達, 大体翼賛会のこの, 大体先生の, 大体老人壮年青年少年とそれ, 大体考えて見る, 大体考へられる様だ, 大体聞いて来ただろう, 大体聞き出しましたがそういう, 大体を喰い, 大体肉体あっての, 大体肝心要のこと, 大体背丈の順, 大体を見, 大体がなくなった, 大体自信がつきました, 大体興味なし, 大体航海に適, 大体船長が無理, 大体さそうだ, 大体良好であるが, 大体良識だの好い, 大体だけで, 大体芝居のセリフ, 大体芸術座調と築地調, 大体若いということ, 大体苦くっていつ, 大体苦力たちの服, 大体英語国民を中心, 大体付いて, 大体落つくとこの, 大体葉子が払っ, 大体葉書大位の紙, 大体著しい沢, 大体蕪湖南側に一万, 大体蜀中に盛り上がっ, 大体蟄居中の身分梅田源二郎, 大体血統的に町人, 大体表面から消え, 大体被疑者を直ぐ, 大体装綴様式を略述, 大体覇道主義となっ, 大体見取図に描い, 大体見栄坊で世間体, 大体見込なき最後, 大体見通しをつけた, 大体覚えてゐた, 大体覚悟を決め, 大体親分が助け, 大体親切だ, 大体親父の私, 大体親達の間, 大体を中心, 大体観るべきところの, 大体解けてしまつたの, 大体解釈が終った, 大体言葉には辟易, 大体計画によって小生, 大体記録の順序通り, 大体訛語を交えた, 大体設計図の中, 大体評論雑誌を含ん, 大体詩人宗教家神秘家いいです, 大体詮索好キナル旅行者, 大体認めている, 大体語原ははつきり, 大体語根として関繋, 大体誠意は十分, 大体誤りなく判断, 大体読書を自分, 大体調べて予備知識, 大体調子は同じ, 大体として, 大体諜報で正確, 大体豫期して, 大体買ってしまう, 大体賭事というもの, 大体足利時代の特産物, 大体身分の見当, 大体になっ, 大体輸入フィルムは, 大体辛棒が出来れ, 大体辰野鈴木両君の定評, 大体農業産業資本家乃至農業金融資本家, 大体近代社会の生活, 大体近松の改作, 大体述べ終ったように, 大体追いついて皆, 大体退治が終りました, 大体通訳風の役, 大体遊びが主, 大体遊興と申す, 大体過失と報ぜられた, 大体らしいもの, 大体道鏡が皇胤, 大体郊外の住宅地, 大体部屋の見当, 大体都会ではコールコーヒー, 大体酒宴の席, 大体訳されるの, 大体重要工業地帯と諸, 大体野原で机, 大体野村さんの生活程度, 大体野蛮人の仕事, 大体の有る, 大体金利生活者所謂勤人手工業者乃至小売商人, 大体金持ちの貴族, 大体釣ラムプと台ラムプ, 大体鉄砲隊をまっさきに, 大体鉱山の様子, 大体銀沙を薄く, 大体長寿者のとこ, 大体長谷部から聞いた, 大体開拓されつくして, 大体開業医といふもの, 大体閑古鳥の事, 大体閑散な生活, 大体間に合うので, 大体間に合っていました, 大体関東一円この赤土, 大体関西人とくに大阪人, 大体陰気でよく, 大体隔月位に公演, 大体障害なくきのう野上さん, 大体雑念妄想の多い, 大体雑誌を読む, 大体離婚と定め, 大体電信符号では, 大体静物はいつ, 大体非常に余裕, 大体面白いが拵えごと, 大体面白く見られました, 大体革命までロシア, 大体音声や言葉づかい, 大体音楽家として一番脂, 大体音波の速度, 大体順番になっ, 大体頗る道徳的です, 大体頭脳へ入っ, 大体の天気, 大体に返咲き, 大体食用の萵苣, 大体食糧なんざ, 大体飯富兵部の説, 大体飼っていた, 大体飾りのない, 大体馬鹿者が多い, 大体駅長さんはその, 大体駒込署の弁当, 大体駿河からきいた, 大体骨組を小説, 大体高度三四千メートルと同様, 大体黒馬とおもっ, 大体龍雲主席も中央軍