青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「大佐~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

大きく~ 大きな~ 大した~ 大して~ ~大丈夫 大丈夫~ ~大事 大事~ ~大人 大人~
大佐~
大体~ ~大分 大分~ ~大切 大切~ ~大勢 大勢~ ~大名 大名~ 大和~

「大佐~」 1310, 14ppm, 7889位

▼ 大佐~ (445, 34.0%)

4 そういっ 3 いった, 丁坊の, 口を, 私を, 笑ひ, 自分の, 言を, 隊員を, 靜かに, 首を

2 [21件] おどろいた, さっきから, それを, どうした, びっくりした, 二人の, 例の, 壁布を, 夫人を, 帆村を, 徐かに, 微笑を, 意味あり, 手紙を, 春枝夫人の, 暫時し, 武村兵曹を, 清君の, 私が, 私に, 私の

1 [369件] あまりの, いましも, いよいよ邸宅改築, いよいよ鬼神, うしろに, うで, えらいわ, おやと, かうして, きっと海軍中, きっぱりいった, このとき長身, この一語, これで, これまでの, これより, これを, さっきからの, さっき艇から, さも忌々し, すぐさま人員点呼, すぐに, すごい形相, すでに海底戰鬪艇, そうした私, そこで, そこで鷹揚, そそくさと, そっちを, そのむっつり, その両, その河, その理由, その直前転出, それから, それが, それでもあきらめかねた, そんな魔物, た, たちまち保吉, たのもしそう, たまりかねて, だんだんと, つと籐椅子, どうやら戦死, なおも懸命, なお笑い, なかなか剛, ぬっと立ちあがり, ひどく暗い, ふまんの, またも南, また書き添え, まだ生き, まだ船, まっすぐに, むっつりと, もう吾, もう起ち上りました, もちろん不正, もと, やっと四十, ようやく愁眉, よろこびの, よろめく足, アデイア青年が, アデイア青年に, アフリカに, グレゴリ警部, コップを, シャンペンを, スルリと, ソリマン総督に, チョッと, ツト身を, ニヤ, ニヤリと, バタチカンを, ヒンデンブルグ将軍を, ビスケットを, ピタリ顔面, フェイザンドリイ街と, ベツドの, ホッと, ホーキン氏の, ポケットから, ポンと, ムッと, モンテノット南方の, 一つの, 一令を, 一八三四年ボンベイで, 一冊の, 一同に, 一向平気, 一寸首, 一息つき, 一歩前進し, 一礼し, 一身を, 丁坊を, 三宅参謀の, 三方の, 三日前から, 不審の, 不快を, 中国まで, 二三の, 二階で, 云いました, 云った, 云つた, 今は, 今より, 今年三十三歳身は, 今朝も, 他の, 何も, 依然として, 依然としてホームズ, 依然として憑かれた, 候補生の, 停車場の, 傍に, 傍らの, 元來愛國慷慨, 元来非常な, 先まわりを, 先を, 公明正大に, 其後何處に, 其後如何に, 其性質から, 其行衞を, 兼て, 再びジルノルマン氏, 再び一隊, 再び海圖, 再度太平洋, 决心の, 决然たる, 冷かに, 冷汗を, 冷然たり, 冷笑を, 凛たる, 出征兵士の, 分家である, 刑事の, 初めいっさい口を, 初め一枚盗られた, 副官の, 副長の, 勇将で, 北浦艦長に, 参謀の, 参謀総長の, 又も, 又閣下, 叫び声を, 叫んだ, 召使に, 右手を, 向い合って, 吸殘り, 呂将軍の, 呆れて, 唇に, 四十数名の, 国王陛下に, 地に, 壁に, 声を, 夕刻に, 外出の, 夜警問題で, 大いに怪しみ, 大きい天幕, 大きくうなずい, 大きく肯い, 大に, 大へん腹, 大人だ, 大口を, 大急ぎで, 大股で, 天文を, 太い指, 太刀川青年を, 夫人と, 女を, 妻康子の, 始めて笑いました, 孫軍曹の, 客を, 家を, 小さいとき, 少年の, 少年を, 屹度死んだ, 巨大な, 帆村の, 平常に, 平生から, 年輩三十二三威風凛々たる, 床に, 弟の, 強いなあ, 強い船乗, 彼にとっては, 彼の, 彼女の, 後に, 後の, 徐ろに, 微笑と共に, 心の, 必死に, 快活に, 怒気満面という, 怖い顔, 思ふ所, 思わずおどろきの, 思わずため息, 急ぎ其言, 悠々と, 悲しげ, 愕然と, 愛想よく, 感慨深そう, 或る, 戸棚から, 手すりに, 打笑, 打點頭, 探偵から, 握れる軍刀, 撫然として, 敵の, 敵弾を, 斯る, 旗艦から, 日出雄少年等と共に, 昨日の, 昭和二十年十一月二十八日の, 暗夜に, 暫時小首を, 更に強く, 最後の, 本國政府, 本艦, 果して自殺, 椅子から, 楽屋の, 此時ちつ, 此時稍や, 此樣を, 武村兵曹の, 死んで, 死んでしまつたん, 死んでも, 残念がっ, 毎日つい, 気を, 決死の, 沈重なる, 沈黙を, 波止場へ, 泣いて, 流る, 海底戰鬪艇の, 深き嘆息, 清君と, 清君に, 清君を, 清廉潔白身を, 満足そうに, 滿面に, 演説の, 演説を, 激怒し, 点火しつ, 無事に, 無論私, 照準望遠鏡を, 用事を, 甲組四名を, 痛く打, 白人女の, 皺くちゃに, 皺枯れ, 盃を, 直ちに旗艦須磨, 直ちに此問, 相も, 相變ら, 眉を, 矢張り一處に, 知らないが, 砲弾の, 硝子蓋の, 硬い声, 科長と, 稍や, 突然顏, 窓の, 立ち上った, 笑つて, 答へ, 籠手を, 結局こうした, 絵文字の, 繰返して, 胸に, 胸を, 腕を, 腕組を, 腰の, 航空羅針儀の, 舷に, 舷を, 船首に, 若い副, 苦々しい顔, 苦しそう, 苦笑し, 荒波を, 荘家の, 莞爾と, 見事に, 言葉靜かに, 訊いた, 謙遜した, 警部と, 貴女の, 足の, 踏み違えたよ, 身を, 軍刀を, 軽く受け流しつ, 軽く笑った, 輕く, 送話器の, 途中で, 通信兵と, 通信長を, 進みよって, 遂に婚約, 遂に重大, 遊撃隊の, 部下を, 酔った勢い, 釈明を, 金モールの, 金剛石岬を, 長身を, 闇の, 隊員の, 随員と, 電話を, 露骨に, 非常に, 頑丈な, 頻りに首肯い, 食堂を, 高角砲の, 鬚の, 默然として, 黙って

▼ 大佐~ (276, 21.1%)

5 家に 4 命令で 3 声が, 後姿が, 指揮の, 行衞, 言葉を, 顏を

2 [20件] ことを, ところへ, 一行が, 佩剣の, 傍に, 前に, 叔父さんの, 命令の, 娘に, 娘の, 家から, 家は, 待命, 海底戰鬪艇の, 盛裝, 言に, 言葉の, 言葉は, 面を, 顔を

1 [209件] あたたかい笑い声, あとに, あの様子, ことだった, ことで, ことばを, しゃがれた声, ために, ときの, ひきつれた潜水隊員, へんじ如何, ほうを, もとに, ものとては, ように, 一喝が, 一存じゃ, 一行を, 上機嫌の, 下で, 下に, 人相書と, 今の, 今村老人を, 令妹, 令妹なる, 令妹春枝夫人の, 住家からは, 借切ったもの, 健康は, 側に, 元気な, 兄貴が, 先生は, 光譽の, 入会し, 処へ, 剣は, 勇壮な, 叔父さんが, 叔父さんは, 叔父さんや, 口吻では, 号令一下機械は, 司令官の, 名とが, 名刺を, 命を, 嚴肅なる, 四頭立馬車で, 声だった, 声で, 声であった, 声は, 声を, 外出前だらう, 外戚の, 大秘密, 失望は, 好遇, 妹を, 妹君程, 姿は, 娘が, 娘を, 子として, 室に, 家だ, 家を, 寡婦と, 専制, 居間と, 巨体は, 帆走船に, 影を, 待つところ, 後影を, 御催促, 徽章であった, 心では, 心は, 心を, 怪手腕によって, 恩給取りだ, 意見を, 愛犬で, 愛育の, 態度に, 態度は, 態度を, 慰謝だった, 手が, 手で, 手を, 指さす朝やけ, 指導下に, 指揮に, 指揮を, 掌に, 推薦は, 援助を, 救い主を, 数字に, 方が, 方で, 方も, 昭和遊撃隊が, 時に, 智惠でも, 書いた紙片, 朗々たる, 松島様へ, 榮譽各自の, 死に, 演説の, 潜水服を, 無残な, 熱心ぶりに, 片腕と, 片頬, 特別講演が, 率いる, 生命は, 甲組の, 疑問は, 病床を, 病氣次第で, 盛裝で, 目遣ひ, 眉に, 知己たる, 破天荒なる, 秘密をば, 秘藏の, 端然たる顏色, 精励ぶりを, 経験譚に, 縞が, 縞模様が, 置手紙は, 考えを, 耳に, 聲同時に, 肩を, 肩書も, 肩章を, 肩越しに, 背中を, 背後に, 腕を, 色別として, 處へ, 號令は, 行先を, 行為を, 要求を, 言の, 言は, 言葉が, 言葉こそ, 言葉だ, 言葉と, 言葉に, 言譯だ, 許に, 許可を, 話す處, 語る處, 語気には, 誠忠をば, 説には, 調馬場の, 講演では, 講演会が, 警告に, 譯が, 質問の, 身の上を, 身体は, 軍服に, 運命に, 遺族かと, 遺産とては, 遺言の, 邸と, 邸を, 部下の, 部屋から, 配下に, 金儲けの, 階級も, 隠退や, 電光艇とが, 電光艇と共に, 電光艇來る, 電燈が, 青木進也と, 面には, 頬の, 頼みで, 頼みを, 顏色は, 顔, 顔に, 顔は, 馬は, 騎手を, 鬼の, 魂が

▼ 大佐~ (102, 7.8%)

2 ある, ルパンの, 私の

1 [96件] あつた, あらわれたの, ある事件, いった, いるん, かかる悪漢, からだを, きちんと机, ぎょろりとした, こういう調子, この信号, この子, すすめて, たたくこと, つくつたところ, どうしてロナルド, どなった, どんなに立派, ひどく興奮, まず訊いた, まだ日本, まだ若かっ, まっ青な, むくむくとおき, よろよろと, ゐる, イタリア側を, イタリア国王から, オウクランド市の, ギンネコ号に, スコール艇長の, ドイツより, ハンドルを, ベーリング海峽を, モレー市から, 一人でした, 不審がる, 九時に, 二十五年間奮闘し, 今現に, 係の, 其姿を, 兼て, 再び日本, 再び此世, 初めて北極, 別れに, 又も, 叔母さんに, 叫んだ, 各一名, 困難な, 外出の, 多島海を, 夢中で, 大帆船浪, 太刀川青年に, 帆村探偵を, 年來の, 幾年月の, 幾星霜の, 彼に, 彼を, 心血を, 怪人ガスコに, 悄気て, 或秘密, 扉の, 押止めた, 招待会を, 指さした負傷兵, 挨拶を, 新しき軍艦, 日本を, 書いたその, 最初から, 校長を, 此秘密なる, 歩いて, 殺されたという, 気の毒でならない, 汗を, 率ゐる, 相手の, 着任した, 結婚を, 自分で, 花について, 虎の, 警務長官と, 負傷兵たちに, 軍服姿で, 隊長に, 青くなった, 音楽の, 餘程以前から

▼ 大佐~ (77, 5.9%)

2 なつた, 別を, 向つて, 導かれて, 此事を

1 [67件] あげても, あやまった, ある感情, いった, さいそくされて, して, しても, してやろうと, すぎず母, する, その精巧, たいしふまんを, たずねた, たのむと, ちよつと, つかまるよってだけ, なぐられた頤, なって, なられた, なるには, なんと約束, ひきいられたわが, わかれて, 一書を, 不能といふ, 仕えて, 仰々しい目配せ, 任じて, 任命され, 出会いそれ, 別れた保吉, 別れるの, 別れる時, 叱られたらどう, 向って, 向ひ, 告げたの, 命じて, 声を, 契約破棄の, 委せると, 威嚇され, 對面し, 居るよう, 従いて, 御迷惑, 感謝する, 救助を, 散々叱られた, 早速倶楽部員, 次の, 此急難を, 気がねし, 渡したかと, 渡すべく借りて, 目くばせした, 眼を, 知らせそして, 知らせた, 神様が, 腹を, 至った笠間直等, 調査を, 通告したであろう, 電話を, 頼んで, 飛びおりるよう

▼ 大佐~ (57, 4.4%)

2 小川中佐は, 私は, 結婚した

1 [51件] あった, いわれた士官, かいに, そしてブール国民, ちょっとした口論, である, なり王党, よびましょう, アデイア青年とは, ルパンとの, 一しょに, 丁坊少年の, 三人で, 事件担当の, 仰るの, 余とは, 作曲家は, 其帆走船との, 其海底戰鬪艇のに, 別れました, 副長と, 又のみました, 同じ聯隊, 君は, 富士正晴氏と, 對面した, 小ヴォローヂャ, 小川中佐の, 少しのみに, 彼ら二人の, 思いこんで, 承知した, 武村兵曹の, 清少年が, 清少年は, 濱島武文とは, 直接会見し, 私しか, 私たちとが, 私と, 私とが, 称し英国, 約束の, 組に, 結婚し, 結婚したら, 自称する, 良君武文との, 袂別を, 青年との, 面会しなきゃならぬ

▼ 大佐~ (37, 2.8%)

2 小川中佐も

1 [35件] いいあわ, いまだ真理, この飛行艇内, これを, ため息を, まさか, まじって, また瞳, ポオ助教授も, 中尉の, 二人とも, 俺も, 其れ, 大きな声, 天幕の, 始めて, 寝室に, 帰らぬ人, 幾分調子, 微笑を, 怪物フーラー博士の, 恋故, 意味あり, 愕然として, 招かれてるそう, 捕虜に, 日出雄少年も, 来るの, 武村兵曹も, 毎月養育料を, 濱島も, 無線電信の, 私も, 終にたまらない, 終には

▼ 大佐~ (37, 2.8%)

2 長と

1 [35件] ありがたがって, おどろかした, おびえさせた報告用紙, したがえて, して, とめた, はじめと, はじめわたしたち三名を, はじめ一同, はじめ一座の, はじめ三十餘名の, はじめ同席の, はじめ幕僚たちや, はじめ武村兵曹其他の, よんだの, 先頭に, 失いその, 始め軍艦, 怪しむもの, 救ったという, 救った勇敢, 救って, 村長に, 知った時, 知って, 私の, 総指揮者, 総裁官と, 腕に, 茲に, 見すえてから, 訪れた, 説いた, 顧みた, 鬼門の

▼ 大佐から~ (25, 1.9%)

1 [25件] あまりにも, きいたところ, ぐれぐれも, その夫人, たずねられたよう, めいぜられた任務, もらったステッキ, 丁寧な, 依頼された, 借りて, 古い将校マント, 命ぜられたもの, 引き離しかく, 強いシャンペン, 形見に, 感状を, 承知しました, 斯くも, 書き残されて, 端書が, 聞いた, 親しくさずけられた, 贈られた例, 重大使命を, 電話が

▼ 大佐閣下~ (20, 1.5%)

3 の部下

1 [17件] が回航委員長, だつて, だよ, でも容易, とに吾等, と共に朝日島, に言譯, のお, の上, の海底戰鬪艇, は吾等, は英國テームス河口, もひどく, も仲, も其餘, も餘程前, よされ

▼ 大佐~ (19, 1.5%)

2 と共に家, の住

1 [15件] が待てる, が手巾, が此島, と再, と吾等兩人, と此島, の乘, の姿, の家, の懇切, の爲, の立去つた, は一齊, は二十四日, は今

▼ 大佐殿~ (15, 1.1%)

1 [15件] いよいよ大, から今日, がメンデル, が待っ, だったから, とはモウ, にお, のこと, の命令, はまだ, は声, もうおやすみ, もお, らしいご, 小孩

▼ 大佐~ (10, 0.8%)

1 あたしどもと, あつた, かくれも, その副官, まだ司令官, プレゼバルスキーという, 少将や, 後に英介, 演習中に, 賭け事は

▼ 大佐とは~ (8, 0.6%)

1 お互いに, よく会いました, 兄弟も, 君は, 無二の, 相並ん, 誰で, 面識の

▼ 大佐~ (8, 0.6%)

1 万歳を, 世に禍, 乞ふ, 君は, 吾等は, 濱島君よ, 濱島武文君よ, 私も

▼ 大佐との~ (6, 0.5%)

1 喫茶店へ, 奇遇, 契約書を, 約束の, 連合軍であった, 関係です

▼ 大佐には~ (6, 0.5%)

1 何でも, 何んにも, 告げないで, 嫌悪を, 追附き得なかった, 錯乱の

▼ 大佐だった~ (5, 0.4%)

1 がなそいつ, そうです, の, のです, 良人を

▼ 大佐~ (5, 0.4%)

2 も小 1 が本家, と小, も來

▼ 大佐あなた~ (4, 0.3%)

1 の競馬, の虎嚢, は世間, を何

▼ 大佐~ (4, 0.3%)

1 かわかりっこない, か少将, が薩州出身, そうである

▼ 大佐であり~ (4, 0.3%)

1 その相棒, 勇士であった, 大佐は, 男爵であり

▼ 大佐どの~ (4, 0.3%)

1 お出掛けなら, だ, は前, 貴官

▼ 大佐~ (4, 0.3%)

1 のかね, のです, んだ, んです

▼ 大佐より~ (4, 0.3%)

1 命令の, 委任されたる, 委任を, 電話が

▼ 大佐です~ (3, 0.2%)

1 か, つてネ, よ

▼ 大佐と共に~ (3, 0.2%)

1 帰神した, 横の, 閣下の

▼ 大佐~ (3, 0.2%)

1 少年や, 濱島や, 荘一清などへも

▼ 大佐以下~ (3, 0.2%)

1 の首脳部, は大きな, は生命

▼ 大佐じゃ~ (2, 0.2%)

1 ないか, アね

▼ 大佐である~ (2, 0.2%)

1 が日本人, 事が

▼ 大佐とが~ (2, 0.2%)

1 日本攻略を, 残って

▼ 大佐にとっては~ (2, 0.2%)

1 なるほど, まさしく身

▼ 大佐にな~ (2, 0.2%)

1 つたのは, つてどうしようと

▼ 大佐に対する~ (2, 0.2%)

1 ものであり, 敬意との

▼ 大佐まで~ (2, 0.2%)

1 勤めて, 親しく臨場

▼ 大佐指揮~ (2, 0.2%)

1 の国防軍, の甲組

▼ 大佐相当官~ (2, 0.2%)

1 になっ, の礼遇

▼ 大佐~ (2, 0.2%)

1 三が, 二に

▼1* [96件]

大佐からの命令の, 大佐からは何の, 大佐きたると知っ, 大佐くらゐの, 大佐ぐらいじゃ魔王, 大佐こそはいかにも高邁, 大佐これは決して, 大佐さえ眼の, 大佐すら小首を, 大佐そうしてその後から, 大佐たいへんです, 大佐たちは困っ, 大佐たとい科学の, 大佐だつていうこと, 大佐だの文官では, 大佐ふ英人, 大佐であったとか云う, 大佐であろうか正面, 大佐とかいうものなら, 大佐とも認めては, 大佐どの北樺太のボゴビ, 大佐どの大変であります, 大佐などという名パイロット, 大佐などの力ぞ, 大佐などはソースの, 大佐なども数人やられました, 大佐ならどんな恐し, 大佐なる姓名を, 大佐にだって売れます, 大佐にとってひとりの, 大佐になど見られようもん, 大佐によって軍隊の, 大佐に対し適切に, 大佐に対して敬意と, 大佐のみは笑は, 大佐はつと起立, 大佐ばかりでない快活, 大佐への答礼だ, 大佐また曰く今一児狼群中より, 大佐よりも一足あとに, 大佐がいた, 大佐ジエームズ・クツクに訓令, 大佐スパルミエント同下男, 大佐ソバケーヴィッチなどという地主, 大佐指揮下ヲ, 大佐フオン・クルーゼンステルンが沿岸, 大佐ボナー・フェラーズの名, 大佐ポオ助教授帆村の四名, 大佐マークベル氏北京を発し, 大佐ヴアンクヴアが二隻, 大佐一顧軍刀の鞘, 大佐けに話す, 大佐中佐級の方々, 大佐を發見, 大佐二三の, 大佐令嬢たるカテリーナ・イワーノヴナ, 大佐以上あるいは代議士, 大佐以下七十人の勇士, 大佐以下二十名の隊員, 大佐以下四十五名の乗組員, 大佐にした, 大佐をいう, 大佐る, 大佐によつて例, 大佐成り將, 大佐をあらためて, 大佐売主が私, 大佐外四名の隊員, 大佐夫人が一人, 大佐官吏侮辱の二六新報, 大佐ひ合, 大佐小川中佐三宅参謀らがあつまっ, 大佐日出雄少年武村兵曹等は既に, 大佐日露戰爭前に伯林, 大佐曰く数年前ウーズ王の臣騎馬, 大佐某氏の息, 大佐櫻木重雄君と縁故, 大佐櫻木重雄本島を發見, 大佐櫻木重雄氏は一昨年英國, 大佐此地の駐在武官安藤, 大佐武村兵曹他一隊, 大佐武村兵曹日出雄少年他三十餘名, 大佐死しても護国, 大佐濱島武文其他同席の二三士官等, 大佐男爵ポンメルシーと署名, 大佐相當官ぐらゐにはなつて見せるぞ, 大佐を定め, 大佐のところ, 大佐等はかの驚く, 大佐等一行が此島, 大佐虎髯大尉轟鐵夫君濱島武文春枝夫人及び二百餘人, 大佐軍刀の柄, 大佐の使用人, 大佐金沢午後七時〇五分着同三十分信越線のりかえの, 大佐閣下好機會です例, 大佐閣下鐵車も見事