青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夢中~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

多数~ ~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢 夢~ ~夢中
夢中~
夢想~ ~大 大~ ~大いに 大いに~ ~大き 大き~ ~大きい 大きい~ ~大きく

「夢中~」 3562, 38ppm, 3020位

▼ 夢中~ (1988, 55.8%)

952 なって 289 なつて 29 なった 18 なるの 16 なつた 14 なる 10 なること 9 させて 8 ありて, なったの, なりました, なると 7 なったり 6 して, なり方, なるわけ 4 させたの, なりすぎて, なるん, 夢を, 成って

3 [14件] ありては, さしたの, させた, なったこと, なったん, なりそう, なりながら, なり過ぎて, なるほど, なるも, なるもの, なるよう, なツ, 拍手し

2 [47件] させたこと, させました, させられて, させるだけの, させる相手, した, なったところ, なったもの, なった私, なっちゃって, なってると, なってるん, なつたの, なつてる, なつて外, ならないで, なりそうして, なりその, なりて, なり彼, なり手を, なるに, なるので, なる性質, なる方, なる癖, なる頃, なれば, なれるの, なッ, 喜んで, 寄か, 帽子を, 庭園を, 廊下を, 想見したる, 於て, 歩いた, 現じ, 現ずること, 種々の, 立ち上って, 読んで, 走って, 足を, 階段を, 馳け

1 [438件] あばれて, ありし事柄, あるいて, ある間, おなりなさい, お七, かわいがり喋々喃々, きいて, ぐるぐる廻りました, この下駄いつ, さえずって, さけびながら, さしたという, さしたといふ, さして, させそれ, させたと, させたについては, させた小娘, させないでは, させる, させるところ, させるな, させるに, させるの, させるもの, させるわ, させる功徳, させる日, させる男, させる魅力, させゴルキー, された, しぐれを, したと, したの, したほど, しっかと引, しては, しゃべって, しゃべり続けた, するかと, するの, する五月, せずには, その作品, その女, その娘, その手, それからさめた, そんなこと, そんな所, たたきながら, つめよせて, なぐって, なったあの, なったあまり足, なったこの, なったとき, なったとしても, なったまた, なったまま息, なったよう, なったらしくとうとう, なったアルキメデス, なった佐山, なった例, なった姿, なった彼, なった様, なった渠等, なった程度, なった結果, なった西洋心酔時代, なっちま, なっちゃ, なってしも, なってて, なっての, なっても, なってや, なってるかと, なってるから, なってるかを, なってること, なってるな, なってるの, なってるよう, なってるらしかった, なってるパリー, なってるマリユス, なってる中, なってる善男善女, なってる四組み, なってる者たち, なってる若い, なっとる時, なつたつ, なつたんだ, なつちや, なつちやいけ, なつてさ, なつてた, なつて上, なつて二年目, なつて仲裁, なつて信仰生活, なつて優勝, なつて先, なつて八五郎, なつて十五, なつて土竈, なつて土藏, なつて執筆, なつて声, なつて息, なつて意見, なつて手, なつて手当, なつて拍手, なつて歌, なつて歌つて, なつて池, なつて漁つて, なつて町, なつて白状, なつて続き, なつて練習, なつて苦心, なつて路, なつて返事, なつて連呼, なつて鍛冶屋, ならうと, ならして, ならずに, ならずには, ならず精巧, ならせすぎるという, ならせて, ならせること, ならないこと, ならねば, なられて, なり, なりいい, なりお, なりお小, なりかえって, なりかけたが, なりかねないからね, なりきれるほどの, なりこれ, なりさ, なりさ加減, なりすぎる, なりすぎるの, なりたいと, なりたいという, なりたくわえたわずか, なりての, なりながらも, なりはだし, なります, なりますが, なりますよ, なりますんで, なりやすい, なり一年, なり信頼, なり光栄, なり出したとき, なり初めて, なり十一歳, なり十二時近く, なり口々, なり喜ぶこと, なり多く, なり夢幻, なり始めた, なり始めたその, なり家来たち, なり手ひどく, なり易い, なり易く, なり沢山, なり洋行帰り, なり熱心, なり花, なり親身, なり過, なり過ぎたの, なり過ぎるから, なり過ぎるが, なり過ぎるの, なるか, なるから, なるからね, なるが, なるくせ, なるくらい, なること不思議, なるぜ, なるそういう, なるだけ, なるだけの, なるてえ訳, なるであろう, なるなんて, なるなんぼ, なるほどの, なるまでの, なるもん, なるやう, なるよく, なるらしい幸右衞門, なる一大年中行事, なる七之助, なる人, なる以上, なる傾向, なる娘, なる必要, なる性分, なる恋, なる有, なる犬, なる程, なる経験, なる習慣, なる者, なる親分, なれた, なれたの, なれたらい, なれないの, なれなくなつ, なれぬ筈, なれますか, なれるん, なれる人間, なれる何物, なろうとは, なろうなろうと, のびあがって, のぼせて, ひねくって, ものの, やったこと, やり続けようと, よく新, よく詩, よろ, 上り口に, 並み木と, 亢奮し, 人の, 伏せると, 何かを, 停車場に, 働きて, 入りぬ, 八十年の, 六尺の, 凝った, 出ようと, 動かして, 卒倒し, 双手を, 口走って, 叫びながら, 叫んだふみ, 可哀相がる, 同じ言葉, 吐呑し, 呑んだ, 咆り立つ, 喜ばされて, 噛んで, 土いじりを, 地獄と, 埃を, 夢とは, 太平の, 太鼓を, 奔走し, 威張て, 寂心上人が, 寄かかつて暫時そこ, 寝言を, 工夫思慮し, 工夫思慮する, 弃て, 彼は, 彼を, 後方から, 得たりとて, 得たる句, 怖れ通し, 思案工夫し, 急いで, 恋いこがれそれとなく, 悟るところ, 想像し, 想出する, 愛して, 感ぜられつつ, 感情が, 感謝し, 成った, 成ってるが, 成つてる, 成つて了ひます, 成つて居る, 成つて番傘を, 成つて驅上つて見る, 成て, 手で, 手を, 手向いました, 拝見いたした, 持てぬもの, 授かりし片, 擲り合い, 数えあげるよう, 斬込んだ, 新工夫, 時間空間の, 暮して, 書き流した句, 木立を, 松明を, 楽屋口に, 歡喜し, 止め度, 此下駄いつまで, 母に, 法楽する, 泣いて, 浮かぶるもの, 燃え上って, 狐の, 王宮を, 現じたる, 現ずる割合, 現われた人, 現見する, 現見せる, 環を, 町の, 畳を, 痛苦を, 相逢, 真似を, 眺めてるよう, 知るの類これ, 祈るほか, 神に, 空を, 空中を, 童女と, 組み合って, 綱を, 聞いて, 聞きとった, 聞けばこそ, 聞捨て, 自転車をよけて, 舵を, 船尾より, 蓋の, 藻の, 行く人, 襯衣の, 見える群雄達, 見たり, 見て, 見る所, 見十年以後, 見惚れて, 詩を, 話しあつ, 話しつづける, 話しながら, 話し込んで, 語り続けて, 説明する, 読み耽って, 読み耽つた, 読み進ましめるだけの, 談し, 走った, 走りはじめたこと, 走り出した, 走れば, 起きて, 起き上がって, 起き上がりだれ, 起これる時間上, 起ちて, 跳ね起きて, 踊って, 踊りの, 躍り出して, 躙り寄る男, 転がりながら, 転げて, 述べたてて, 追わるること, 逃げだしたといふ, 逃げて, 逃げ出すの, 逆上し, 這いだした, 這った, 進んで, 進行し, 過ぎて, 過しました, 鉛筆を, 青山の, 飛びついて, 飛び出したの, 飛び起きて, 食べて, 首っぴきである, 馬を, 馳せまわって, 駆けたため, 駆けて, 駆け込んだ, 駈けださせずに, 駈けて, 駈け上った, 騎士の, 騒ぐ, 驚きも, 鼻面を

▼ 夢中~ (762, 21.4%)

15 あつた 12 歩いて 10 それを 8 手を 6 私は, 自分の 4 両手を, 橋の 3 いろいろ指図を, さう, 人を, 何か, 外へ, 彼女の, 水を, 聞いて, 鉛筆の, 飛んで

2 [47件] ここまで, そこに, その女, その手, そんなこと, ね, はあんなに, よく覚え, 側の, 其所へ, 口の, 口を, 叫びながら, 叫んで, 声を, 妾を, 家へ, 山から, 川の, 廊下へ, 彼は, 後を, 息が, 悲鳴を, 手に, 手足を, 探り歩いた, 柴井町の, 橋を, 爪を, 看護する, 着物を, 短い笑い声, 練習し, 自分が, 色の, 草原を, 虚空を, 読みつ, 読んで, 誰れ, 輿を, 追ひかけました, 雷門の, 頭を, 首を, 馬の

1 [573件 抜粋] ああこの, あそこの, あとを, あなたの, あるいはやつ, あれの, あんなこと, あんな好い, いろいろ指圖, うめいて, うんうん唸っ, おみよの帯, お六, お国, お嫁, お常さん, お文さん, お父さんは, ぐんぐん引っぱる, こう小児, こう祈る, この不意, この事, この家, これまで, こんなこと, ごそごそ起き出たらしく, さけんだ, さその, さほどに, さ迷い, しっかり握りつめ, すぐに, そうだ, そこらを, そのあと, そのままその, その上昇, その似, その右曲り, その外人, その手紙, その男, その盆, その短刀, その縄, その胸ぐら, その辺り, その騒ぎ, それからそれ, それでも私, ただもう, ただ譫事, ついて, つと身, ともかく自分, どうにかこうにか, どこを, な, なんにも判りませんでした, なんの, ねヘイ何, ね駆けつけた, はございませぬ, はだしの, はっきりとは, ぼくは, ぼんやりし, ぽかんとし, またもや飛び出し, まだ若, やす子の, よくは, よく判らなかった, よろこんで, よろば, わたしも, オロオロしてた, オールに, ゲスから, コスモスの, サン・フロランタンの, シイカを, ショールと, スクリーンの, スタンレイ街道へ, ゼイゼイし, ゼーロンの, チェーホフに, テーブルい, ドシンと, ハルミの, ハンカチを, パンを, ムシャムシャ喰う, ラッキョーの, ラツキーの, ルイズの, ワイヤアの, ワン, 一方を, 一日泣いた, 一服として, 一枚の, 一段語っ, 一生懸命逃げます, 一軒の, 三本の, 三輪車を, 三階から, 上から, 上昇桿を, 下宿に, 下足を, 中い駈け込ん, 乱暴を, 乳房を, 二三間駈け出す, 二人とも, 二人を, 亭主を, 人工呼吸を, 人波に, 人波を, 人混みの, 仁右衛門夫婦を, 今度こそは, 仕事を, 他の, 他人の, 体だけ, 何が, 何だか霧, 何とも思, 何を, 何時間も, 何處へ, 信の, 俺の, 側を, 傍に, 働いて, 優しく体, 元の, 兄が, 入口の, 全速力で, 公園を, 其処ら駆廻らしつた, 刀を, 刎起き, 力を, 力一ぱい突き立てた, 勉強し, 動いて, 勘定し始める, 医者の, 半分眼を, 半狂乱, 半町あまりも, 半里, 只感情, 叫んだ, 叫んだの, 叫んだふみ, 可愛が, 合唱し, 合宿を, 同じこと, 名を, 向うの, 吸い続けて, 呟いた, 呶鳴りだした, 呼ば張つて, 呼んで, 唯那奴, 喉を, 喋つた, 喋つてゐる, 喋舌る, 喚いた, 喜んで, 嘉吉めは, 四谷の, 団扇を, 土を, 坂を, 境内を, 夜具を, 大通りの, 天体の, 天狗長兵衛の, 太子の, 夫の, 奇月が, 女房が, 女王様に, 婦人に, 子の, 孫兵衛の, 客席で, 家の, 家出し, 家路を, 宿屋の, 宿直室の, 封を, 射撃する, 小一町, 小兼, 小博奕, 小屋の, 小山の, 小林秀雄と, 小次郎が, 小膝を, 小走っ, 屍骸を, 山の, 岸までは, 崇拝し, 左う, 床の, 座敷の, 庭さきへ, 庭へ, 引, 引いて, 引き返すと, 引ッ掻いた, 引戸を, 引捉えよう, 彷徨つたのは, 彼と, 彼に, 彼の, 彼女に, 彼女は, 彼自身向う側の, 往来を, 後の, 御飯食べる, 御鷹部屋の, 性の, 恋して, 恋なんか, 悲しみ声を, 意地悪な, 愛撫し, 感覚した, 我が家を, 我家へ, 戸の, 戸を, 扉を, 手あたり次第に, 手と, 手紙書い, 打ちこんだ, 打附, 抜いた刀, 抜き身を, 抱へ, 拝みかけた, 振り廻し, 振り払うと, 接吻した, 接吻する, 掴んだの, 提灯を, 故郷の, 斑鳩の, 新吉は, 新聞の, 日が, 昇降機に, 昨日済んだ, 書いた, 書いたいわば, 書いて, 月に, 有明荘へ, 未来に, 本の, 本當, 来て, 東野の, 架空の, 柔かい子供, 校長の, 格闘を, 棒を, 椋の, 権右衛門の, 横に, 樹の, 橇を, 欄干に, 此を, 此処へ, 此処まで, 此處まで, 歩を, 歩行いた事を, 殺人罪を, 母の, 母親さへ, 毎日この, 毛布に, 毬を, 気が, 水道の, 浮かれ出すと, 浴槽の, 深草の, 渚まで, 湯槽へ, 湯殿へ, 烏鷺を, 無闇に, 爺さんの, 片手で, 牌を, 牙を, 牛の, 牝馬の, 犯罪を, 狂気染みた, 独りわめい, 王宮を, 男へ, 町の, 疾走する, 病院の, 痙攣的に, 白だの, 目を, 目的地の, 目黒まで, 真面目に, 短い笑, 石を, 石事件の, 石段を, 硫酸を, 神経を, 私が, 私たちの, 私に, 私の, 空想し, 突入し, 突進し, 窪地の, 立上った, 笛を, 答へ, 答へた, 籠の, 精一杯の, 紅葉館の, 納屋の, 納屋へ, 紫苑の, 続いて, 綱をよ, 線香の, 縁側へ, 縄梯子を, 縮図を, 老人に, 聞いたが, 股引を, 胸に, 脱れ, 膝で, 膝を, 膳に, 臥て, 自分にも, 舞台を, 船を, 船橋へ, 草の, 草深い坂道, 落合まで, 蒲団を, 蓋の, 蔦に, 藁と, 藪を, 藻の, 蚊帳を, 行くが, 行ったこと, 行つて居つた, 街道を, 表の, 表へ, 裏口から, 製作台の, 見世を, 言いました, 試験を, 話を, 読みはじめたの, 読み過したの, 誰が, 誰でも, 誰とも, 請求する, 譫言を, 議論を, 變な, 贔屓し, 走り寄った, 走り帰った, 走り廻り, 足の, 足を, 跣足で, 跳びあがると, 跳び上って, 跳び下りて, 踊りの, 身を, 車から, 車に, 軍需生産の, 転宗, 追う, 追ひかけ, 追ひかけた, 追ひま, 追跡を, 逃げ出すと, 逃出し, 逃出した, 通り過, 進みました, 進んで, 遁げたそうです, 遁げました, 遊びに, 遊ぶこれ, 遊んで, 道の, 部屋の, 都會に, 酒色の, 酔つてゐる, 重い兜, 重い合槌, 金を, 鉄棒に, 鏡に, 鐵瓶を, 長兵衛の, 長身痩躯の, 門の, 附合つて居た, 雨戸を, 雪を, 雪子を, 雪道を, 電話口い走っ, 非常報知器へ, 面白かつ, 面白味も, 音の, 須磨子を, 頬ツぺたへ, 頸部を, 頼母は, 額の, 風呂の, 飛びかゝつた, 飛びついて, 飛びました, 飛び込んだの, 飛び込んだ時, 飛び込んだ軒下, 飛起き, 飛込み煙, 飯を, 養子に, 饒舌る, 饒舌ツて, 首ちぢめた, 馬小屋へ, 駅まで, 駆け出すからね, 駆け込んだ, 駈上つて懷中電燈の, 駒を, 鮨屋を, 鷲掴みに, 黒塀について, 黒蛇を

▼ 夢中~ (119, 3.3%)

15 ように 5 うちに 4 態で, 様で 2 ようで, 事を, 人の, 度を, 有様で

1 [81件] あまりにか, あまり椅子から, ありさ, ことの, ごときは, ささやきの, その幻, なかから, まま伯爵夫人の, やうに, ようだった, ような, 不幸に, 不思議ととな, 世渡りに, 世界, 中に, 事象でも, 人と, 人には, 人物と, 仕草だ, 体で, 余りに自分, 作用は, 光景としか, 内に, 出来事は, 動作といふ, 動作に, 動作を, 千鶴子の, 博士と, 口から, 喜びを, 塩野から, 夢, 夢じゃ, 夢の, 夢のみ, 妄想に, 宝玉も, 市十郎は, 幻影は, 御様子, 恐怖, 感覚ワラ山に, 態, 手つきで, 推摩居士に, 掴得であり, 有樣, 業で, 様だ, 様な, 樣子でございました, 歩みは, 汝は, 物と, 犯罪あああ, 犯罪などという, 状態で, 状態を, 目は, 競走をは, 精神状態で, 美少年に, 群集達は, 背中へ, 茅野雄の, 衝動が, 表情で, 裡に, 見るところ, 觀の, 遊行では, 門之, 隊員の, 霧に, 音響の, 風に

▼ 夢中~ (92, 2.6%)

13 んです 11 んだ 52 ことを, のだ, のです, のは, のよ, のを, やうで, 姿が, 心配だ, 気持には

1 [43件] ことは, だけのそれ, ところを, のかも, のだらう, のぢ, のでございます, ので中学生たち, のねさつき電話, のも, のよと千草さん, ほどに恋, ものだ, んで, んでお, 二人は, 人が, 仕事を, 伸子が, 喜びの, 子供だ, 局長さんは, 年ごろで, 御様子, 心にも, 心持は, 恋が, 恋の, 恋は, 恋ほかする, 感じは, 態度が, 手で, 斎藤も, 有様は, 樣子を, 気持に, 男が, 自分の, 言葉を, 輝きを, 道庵先生の, 陽気さと

▼ 夢中遊行~ (67, 1.9%)

5 を起し 4 の発作 2 から来た, なるもの, の内容, の存在, の本源, の状態, を起す

1 [44件] から起った, があったら, が断じて, でありまして, では断じて, で繰り返す, というの, となっ, との関係, にし, に依る, に外, に移り, に違い, に関する覚醒後, に陥っ, に非, のせい, の主人公, の事実, の余波, の幾分, の心理, の最中, の直接誘因, の真相, の第, の範囲, の若干, の行われたる, は寧ろ, を, をし, を中絶, を伴いたる, を初めた, を初める, を添加, を発作, を続行, を見付けた, を誘起, を起した, を起しまし

▼ 夢中だった~ (37, 1.0%)

7 のです 4 んです 2 のだ

1 [24件] からあの, からそんな, が, がふと, がバラッ, ことを, ため或, といえ, と認めるだろう, ね, のが, のだろう, のでございます, のでごちゃごちゃ, ので赤星, のにいきなり, ように, わ, グレゴールを, 七郎兵衛に, 二人は, 彼が, 支店長代理は, 時には

▼ 夢中~ (30, 0.8%)

2 ということ

1 [28件] から, からお客, からきっと, からそんな, からな, からね, から困る, から當, から結局, から諦め, か狎合, があれ, がほとんど, し, し家中, そうな, つたといふ, つたのか, つたのさ, つたのです, つた一人か, つた一等小さい, つた者は, つてね, といふ, と見え, と言つて, よ

▼ 夢中でした~ (22, 0.6%)

2 から, があと, よ

1 [16件] から二人, から六三郎, から礼儀, がかじりかけ, がそれ, がそれでも, が二度, が今, が朝, けれども眼, し宮様, ね, ものほんとうに, よお, よ仕事, よ御新さん

▼ 夢中であった~ (16, 0.4%)

1 [16件] お君, が, がおいおい, がその, が曩, ことを, し女, ため丁度, にしろ, のでいつ何, ので何, んや, 伸子に, 自分の, 過去の, 頃には

▼ 夢中だつた~ (15, 0.4%)

4 んだ, んです 1 ことを, ぜ, ところで, ので無, ので近頃, やうで, んで

▼ 夢中~ (14, 0.4%)

3 なつた 2 なつて 1 いうだけで, いうよりも, なったが, なり後, やこうと, 思うわ, 為って, 為り何時の間に, 現身の

▼ 夢中です~ (11, 0.3%)

21 から, からね, から引掻いた, から私, がこれ, がたった, し左京, ものすぐ, 身も

▼ 夢中遊行状態~ (9, 0.3%)

1 から醒めかけた, となり, になりかけ, に陥れる, の無我夢中, の起り得べき, もしくは極端, を続け, を誘発

▼ 夢中で走っ~ (7, 0.2%)

2 ている 1 ていた, てわれ, て行きました, て行く, て行っ

▼ 夢中には~ (7, 0.2%)

1 その感, ならなかった, なれなかった, 他の, 全く意力, 橋を, 貴丈

▼ 夢中で駆け~ (6, 0.2%)

1 ておりました, てゐた, てゐる, て居りました, て母, て行く

▼ 夢中遊行中~ (6, 0.2%)

1 に口, に油, に行いし, の嚥下物, の屍体飜弄, の無意識的理智

▼ 夢中である~ (5, 0.1%)

1 かのやう, から約, だけな, ところが, 既に秀子

▼ 夢中でし~ (5, 0.1%)

1 て, ていた, てね日, て退け, ゃべりつゞけながら袋の

▼ 夢中で逃げ~ (5, 0.1%)

1 そこで, てゐた, て来, て来た, 身寄の

▼ 夢中で駈け~ (5, 0.1%)

2 て来た 1 ていた, て来, て行っ

▼ 夢中ながら~ (5, 0.1%)

1 おのが, 一心に, 悔いて, 男を, 目を

▼ 夢中にて~ (5, 0.1%)

1 その方法, ただ一呼吸に, 余の, 昇降口より, 海岸まで

▼ 夢中遊行症~ (5, 0.1%)

1 なり, の余波, の特徴, は殆ど右, らしいが

▼ 夢中でいる~ (4, 0.1%)

1 と突然, んです, 若公達, 間は

▼ 夢中遊行者~ (4, 0.1%)

1 がかかる, であった, のソレ, の行動

▼ 夢中でいた~ (3, 0.1%)

1 お粂, からちっとも, のでした

▼ 夢中で逃げ出し~ (3, 0.1%)

1 たりした, てしまいました, て道ばた

▼ 夢中で過した~ (3, 0.1%)

1 といふ, と云う, ものと

▼ 夢中で食べ~ (3, 0.1%)

1 て, ていた, ている

▼ 夢中で駈け出した~ (3, 0.1%)

1 がもう, とき男と, に相違

▼ 夢中にでも~ (3, 0.1%)

2 なって 1 なつた

▼ 夢中~ (3, 0.1%)

1 の彷徨, の歩行, の気持

▼ 夢中遊行病~ (3, 0.1%)

1 となる, と断定, の発作

▼ 夢中遊行発作~ (3, 0.1%)

1 が如何, によって一貫, の程度

▼ 夢中~ (2, 0.1%)

1 は今, を極度

▼ 夢中さ加減~ (2, 0.1%)

1 が余り, は仕事

▼ 夢中~ (2, 0.1%)

2 やア

▼ 夢中でいたしました~ (2, 0.1%)

2 のでございます

▼ 夢中でかれ~ (2, 0.1%)

1 はその, を突き倒し

▼ 夢中でたべ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て仕舞つた時

▼ 夢中での~ (2, 0.1%)

1 出来事だ, 結婚だった

▼ 夢中でやった~ (2, 0.1%)

1 のでしょう, 犯行である

▼ 夢中で握っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て逃げ

▼ 夢中で歩き廻っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て彼

▼ 夢中で走~ (2, 0.1%)

1 つてゐた, ッて

▼ 夢中で走った~ (2, 0.1%)

1 かと思う, 道を

▼ 夢中で走り~ (2, 0.1%)

1 ながらまだ, ながら熊吉

▼ 夢中で走りださね~ (2, 0.1%)

1 ば助からなかった, ば助からなかつた

▼ 夢中で走りつづけ~ (2, 0.1%)

1 ていた, てゐた

▼ 夢中で走る~ (2, 0.1%)

1 かの様, 私の

▼ 夢中で過し~ (2, 0.1%)

1 てようよう, て漸く

▼ 夢中で飛び出し~ (2, 0.1%)

1 て来ました, て門

▼ 夢中で飛び起き~ (2, 0.1%)

1 てはだし, 物置部屋を

▼ 夢中で飛出し~ (2, 0.1%)

1 て家, 大聲

▼ 夢中で駆け下り~ (2, 0.1%)

1 て白鳥, て行った

▼ 夢中で駆け出し~ (2, 0.1%)

1 ていく, て行

▼ 夢中で騒い~ (2, 0.1%)

1 でいた, でいます

▼ 夢中~ (2, 0.1%)

1 必ずしも新, 自然に

▼ 夢中~ (2, 0.1%)

1 云ッタヨウデハアリマセンデシタ, 要之助

▼ 夢中聞きたる~ (2, 0.1%)

2 ものと

▼ 夢中青山~ (2, 0.1%)

2 不改旧時容

▼1* [230件]

夢中うなるさう, 夢中かかる挙動を, 夢中から醒めたよう, 夢中少ない丈, 夢中きらめく刃は, 夢中さうに首をうなづい, 夢中だって気勢が, 夢中であって学問, 夢中であてがった倉地の, 夢中であれが鵜呑み, 夢中でいたり立っ, 夢中でいそいでこ, 夢中でいたしたのでございます, 夢中でいなすったからこういう, 夢中でいらっしゃいましたけれどもお, 夢中でいらっしゃいましたなれどもいま, 夢中でうめくように, 夢中でおどり込むと倉市, 夢中でおよいでいきました, 夢中でかけ出しますと山風, 夢中できいたことでしょう, 夢中でころがりとび起きてから始め, 夢中でさからつたが柚太, 夢中でささえて放心, 夢中でしゃべり出したは, 夢中でじぶんの, 夢中ですうのだ, 夢中ですがりつき嬉しさ, 夢中ですぎた人生の, 夢中ですすり込んでしまった, 夢中ですますほどの騒ぎ, 夢中ですりぬけながらガンベ, 夢中でたたく鉦の, 夢中でつまぐっている, 夢中でとりかかる時に, 夢中でにぎりあったまんままるで, 夢中でのぼせてゐた, 夢中ではすに木戸口, 夢中ではね起きるとこっち, 夢中でふウふ, 夢中でふんばって気, 夢中でむしり取つては, 夢中でむしり合っている, 夢中でめくって見た, 夢中でやっていた, 夢中でわめいたり走っ, 夢中でわめくのでお前, 夢中でゐざりのやう, 夢中でゐたにし, 夢中で与えて呉れた, 夢中で争っている, 夢中で信じて熱狂, 夢中で信じたキリスト教も, 夢中で入ったお湯だった, 夢中で出た様な, 夢中で分らなかったからうっかり, 夢中で取られまいと振動, 夢中で取り出してどかん, 夢中で口走って手, 夢中で口走る囈語の, 夢中で向き直って片, 夢中で吸ってしまう, 夢中で呼び出して居た, 夢中で喚き立てるのです, 夢中で外したことを, 夢中で居ながらあれ, 夢中で居ましたが額, 夢中で居りましたがそれでは, 夢中で居るお君, 夢中で差しつけながらまた, 夢中で引き寄せられてしまった, 夢中で引返してお座敷, 夢中で弾ませる空虚, 夢中で往きつ返りつ地を, 夢中で忘れてしまっ, 夢中で怒鳴ったそして門, 夢中で急いではゐる, 夢中で愛されたらそれに, 夢中で愛した本だ, 夢中で戻つて寝た, 夢中で打つにまかせ, 夢中で投げたが, 夢中で投げ棄てた網の, 夢中で折り取つたもので, 夢中で抱え出したんだ, 夢中で拵えていた, 夢中で振り払ったお蓮, 夢中で振廻しながら蝶々, 夢中で振廻すと黒い, 夢中で探し廻す自分の, 夢中で掴まった草が, 夢中で掻きむしッた, 夢中で握んだ者だ, 夢中で揮った匕首で, 夢中で揺られて行きます, 夢中で暮してきた, 夢中で書いたり読ん, 夢中で書き上げてしまった, 夢中で歩きつづけていった, 夢中で気付かなかったが姉, 夢中で波打ちぎはを, 夢中で泳いで逃げた, 夢中で泳いだものらしく, 夢中で泳ぐ処を, 夢中で滑り落ちるのである, 夢中で無暗にぶち, 夢中で生きていた, 夢中で眠れもせぬ, 夢中で眺めてゐた, 夢中で眺めてるような, 夢中で知らずにいた, 夢中で立ち上るといきなり, 夢中で立てた悲鳴だ, 夢中で終って雨, 夢中で絞め付けるはずみに, 夢中で絶え入るほど咳きこん, 夢中で締めつけている, 夢中で考えてるから人, 夢中で聴きとれていました, 夢中で血迷って留めよう, 夢中で見ちやゐられない, 夢中で見つめながら思わず, 夢中で見詰めている, 夢中で覗く事を, 夢中で言ったのでお上さん, 夢中で話してい, 夢中で話し込むことも, 夢中で語っている, 夢中で読む処も, 夢中で費やした先刻の, 夢中で走っとったんや, 夢中で走りだしたお米, 夢中で走り出した娘の, 夢中で起き直り今度は, 夢中で踊っている, 夢中で蹴とばした足の, 夢中で追いかけ転んでいた, 夢中で追っかけて行った, 夢中で逃げたのだろう, 夢中で逃げだされたのです, 夢中で逃げだしていた, 夢中で逃げのびながらすぐ, 夢中で逃げまわっていた, 夢中で逃げようとした, 夢中で逃げるんだ, 夢中で逃げ帰って来た, 夢中で逃げ廻っている, 夢中で逃げ走ってき, 夢中で遣る事な, 夢中で重ねて行き, 夢中で隣りの男, 夢中で飛びかかって百合子, 夢中で飛び下りて食傷新道, 夢中で飛び出した私は, 夢中で飛び起きたがたしか, 夢中で飛び起きると埃, 夢中で飛び込むと足, 夢中で飛出しましたが私, 夢中で食べ合っている, 夢中で駆けさせられたので大方, 夢中で駆けたと思う, 夢中で駆けつけたのが, 夢中で駆け上ったこの時, 夢中で駆け出したが先, 夢中で駆け戻ってきた, 夢中で駈けこんでしまった, 夢中で駈けたの, 夢中で駈けだしそれから私, 夢中で駈けつづけて長い, 夢中で駈けるほどの速, 夢中で駈け上がったんです, 夢中で駈け出しそして私, 夢中で駈け戻って蚊帳, 夢中で駈け込んで来た, 夢中で駈け降りて帰った, 夢中で駈出したがその, 夢中で駈出しましたものです, 夢中で駈込んでくる, 夢中なってやった, 夢中なほ作つたり, 夢中にさえなれば, 夢中にまでいって, 夢中にも薬の, 夢中放心せざる, 夢中らしかったのを, 夢中らしくていろいろ, 夢中さ迷い歩くよう, 夢中なっちゃって, 夢中ニナッテボクシングデモ見テヽクレルカ, 夢中なって, 夢中一二度は女中, 夢中三里を往復, 夢中云うところの, 夢中何時の間にか荷物同様新宅に, 夢中へ手, 夢中句作すること, 夢中問答集を読む, 夢中をたどる, 夢中大きな鯉を, 夢中思慮を失はない, 夢中感得の詩, 夢中発明を, 夢中歩行者のよう, 夢中独待の下品, 夢中確然と厠, 夢中あ腰, 夢中と道元禅師, 夢中行欲の事, 夢中見るところの, 夢中覚えずなすこと, 夢中を返し, 夢中遊行中生理上当然の, 夢中遊行以後の呉一郎, 夢中遊行後の疲労, 夢中遊行心理が残らず, 夢中遊行患者はそんな, 夢中遊行憑依等々である, 夢中遊行朦朧状態なぞいう, 夢中遊行特有の怪奇, 夢中遊行状態中第二回, 夢中遊行状態特有の怪異, 夢中遊行病患者の特徴, 夢中遊行病者が一種, 夢中遊行的精神状態を離脱, 夢中遊行者特有の残忍性, 夢中遊行開始前後の怪奇, 夢中遊行離魂病夢中の犯罪, 夢中運動の事, 夢中過ぎることを, 夢中鐘楼の屋上