青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「夢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

多少~ ~多数 多数~ ~夜 夜~ 夜中~ 夜具~ 夜半~ 夜明け~ ~夢
夢~
~夢中 夢中~ 夢想~ ~大 大~ ~大いに 大いに~ ~大き 大き~ ~大きい

「夢~」 17842, 193ppm, 526位

▼ 夢~ (4996, 28.0%)

548 ように 534 ような 280 中で 209 中の 170 やうに 163 中に 135 やうな 54 話を 53 なかで, ようだ 49 ようで 47 中では 44 様な 42 様に 40 国の 32 なかの 30 間に 26 うちに, ようです 24 ようであった 23 ことを 22 なかに 21 中へ 20 中でも 17 世界に, 国に, 如くに 16 世界を 15 中での, 中にも 14 やうだ, 中から 13 ようでございます 12 ようだった, 世界の, 中なる, 覚めたよう 11 やうで, ようである 10 やうである, 中には, 中を, 国を, 樣な, 続きを, 跡を 9 なかでは, 中にまで, 如し, 話は, 跡 8 あと, 様で 7 ごとく, さめたよう, せつなさ, ために, むすめ, ようにしか, 国から, 国へ

6 [13件] うちの, やうです, ようにも, 世の, 世界から, 世界は, 世界へ, 中からでも, 中にでも, 夢の, 華, 裡に, 醒めたよう

5 ことだ, ことは, つづきを, なかでの, やうなる, ようにばかり, 国, 方は, 美しさ, 記憶を

4 [23件] あとは, お告げが, たぐひ, なかでも, なかを, よう, ようね, 世界が, 中ででも, 中と, 事を, 名殘, 国では, 実現の, 後に, 樣に, 歌, 無い眠, 話が, 話と, 話の, 起こる原因, 間にも

3 [56件] お国, ことなんか, ごとき, ごとし, さか, さめたやう, ない生活, なかには, また夢, やうだつた, ようでございました, ようでした, ような憧れ, 上に, 世と, 世界で, 世界と, 中だ, 中でさえ, 中ながら, 中にて, 中にのみ, 中まで, 主人公, 事実を, 内容を, 名残の, 名残りの, 国で, 国は, 国への, 場面が, 女, 如く, 如く幻, 如しと, 尾を, 心地に, 方へ, 様でございます, 様です, 精を, 續き, 花, 裡なる, 記憶は, 話しを, 話だ, 話である, 話なんか, 話も, 跡に, 野に, 間の, 間も, 鳥

2 [157件] あとも, あとを, いろ, うき橋, うち, うちだ, うちで, うちでも, うちにて, うちにでも, うちにも, おかげで, おもかげ, お告げに, お告げの, お城, お話を, かけ橋かすみに, きれはし, ことに, ことばかり, ことも, ごときもの, ごとくに, ごとく幻, ごとく眼, ごとしか, ごと白き, さめたる如く父樣母樣, それに, た, たぐいかも, つづきの, ない人間, なかでさえ, なごりは, なぞも, ふるさと, まど, まの, ままで, ままに, やうであった, やうなりし, やうな思ひ, やうにしか, ようであります, ようでも, ようなあり, ようなる, ようにと, よな, コントの, 一篇が, 世に, 世の中に, 世を, 世界である, 世界では, 世界には, 世界も, 中, 中だけしか, 中だけで, 中でしか, 中な, 中のもやだ, 主人公に, 主人公文学青年, 光の, 名残りを, 告げに, 国としての, 国には, 國に, 場の, 場合には, 場合は, 境を, 多い人, 夢であっ, 夢を, 夢幻の, 天国を, 女が, 如き公生涯, 如き感, 如き理想, 如くであった, 如く穉物語, 如しとは, 如し露の, 姿が, 寤めた, 巻に, 幻影に, 底に, 影が, 影らしく, 影を, 後, 心持で, 悲しさ, 情態に, 扨も, 故郷を, 数々を, 数は, 時と, 景色の, 根柢が, 様である, 歌の, 歌を, 気が, 浮世も, 浮橋, 浮橋が, 浮橋とだえし, 湖楽しい, 濃いノスタルジヤ, 物語を, 現象を, 甘さ, 生活を, 精, 精だ, 精だった, 続きでも, 翼は, 色, 色に, 蠱惑は, 衢に, 裂け目, 裂け目な, 裡で, 覚めた様, 解釈は, 記憶が, 記憶の, 話, 話しは, 起こるゆえん, 起源は, 跡の, 迹を, 通りに, 進行が, 醒めたやう, 間と, 間や, 限も, 音, 頭の, 顏を, 風景には

1 [1254件 抜粋] あこがれとが, あとで, あとです, あひだぢ, あやを, あれこれ, いとも花やか, うえにも, うき世, うらお, うるわしさ, おきふし, おしまいがけには, おはなし, おもしろさ, お告げという, お告げを, お話です, かがやき, かけ橋だ, かずかず, かたまりの, からくりの, けしきの, こけ猿, ことが, ことでございます, ことより, ごたる, ごときも, ごとき昔語り, ごとき記憶, ごとくうつつ, ごとくに過ぎに, ごとく一カ月, ごとく散って, ごとく林, ごとく淡く, ごとく見かつ, ごとく遠く, ごとしの, さ, さなかへ, さめきらないひと, さめぎわの, さめたるごとく自分, さめたる如く父様母様, さめた後, さめないうち, さめや, さめ切らない人達, すが, そのいき, ただちの紫, たのしくて, たましひ行かへり, ためには, つづきであるに, つづきなの, とおりに, とけし雪山, とりこと, どうしても想い出されない, ない人, ない新進, ない眠, なかなる, なかにさえ, なかのこつた, なかへと, はかない名残り, はじめの, はなしを, ひとつな, ひとりな, ふかみ, ほうが, ほか感情の, ほのかなる, まくらに, まださめ切らなかった, まどはし, まにも, ままにな, まわりを, まんまでも, みたいな, もつれ, ものの, もんです, やうだった, やうぢや, やうであり, やうでした, やうな呟き, やうね, やつスイと, ゆくえかな, ゆくへは, ようさ, ようても, ようでありました, ようでござった, ようでならなかった, ようなり, ような惑わし, ようにでも, ようには, よう早い, よみが, わたりの, わな, シインの, トリックよりも, ノートを, フィルムが, ワルハラの, 一つである, 一つは, 一つを, 一因で, 一夜を, 一条を, 一片である, 一種の, 一篇を, 一部であったろう, 三つであります, 三昧に, 不思議である, 不足を, 世の中, 世今に, 世界だった, 世界です, 世界にて, 世界までも, 世空想の, 中だつた, 中です, 中でもが, 中にしか, 中は, 中も, 中よりも, 主人は, 事, 事です, 事など, 事実に, 五つである, 人を, 人氣を, 今朝醒め, 他は, 何と多様, 余りによしなし, 作者の, 俤を, 假説を, 健かを, 充実, 入口らしい, 兵隊, 内に, 内容の, 再現が, 冒頭は, 出来事が, 分析判断を, 列, 初めの, 前提であった, 劇易を, 効果, 十年を, 千鶴子の, 印象を, 卵と, 又夢, 古墟, 合つたのを, 合間あ, 名残が, 名残だけの, 向ふ, 告げが, 告げの, 告に, 命である, 囁きを, 国が, 国でした, 国として, 国において, 国みたいな, 國からわ, 國には, 在り方に, 垢, 場で, 場合だけ, 場面と, 場面には, 塵を, 境から, 境界に, 変状なり, 外へと, 多い睡眠, 多かった, 夜に, 夢でしか, 夢なりと, 夢君が, 天国が, 契が, 奥, 女である, 女な, 女形の, 如きかな, 如き事実, 如き場面, 如き想像, 如き記憶, 如くその, 如くなよやか, 如くまだ, 如く不動, 如く今日, 如く塵, 如く思い起す事, 如く成りなん, 如く棚引き籠もれ, 如く浮び出て, 如く淡し, 如く生れ, 如く空漠, 如く美は, 如く表現され, 如く身, 如く都會は, 如し唯今日は, 如な, 妄ならざりし, 妾が, 姿かな, 姿とて, 姿の, 存在である, 安きかな, 定義は, 実体を, 実現される, 実現に, 実現を, 宮殿に, 宮殿を, 容姿に, 寝言みたいな, 實現を, 小夜中, 小笛, 少い冷めたい, 岩井半三郎は, 巻, 市郎兵衛も, 幕に, 幽霊さえ, 底で, 当時の, 形に, 影である, 影な, 影響で, 彼方の, 後味という, 得も, 御本尊, 御話, 心地さりとて, 心地ながら, 心理, 心理なる, 念想に, 思い出が, 恋は, 恐怖が, 恨みも, 息苦しさ, 惑わしい気分, 想い出の, 感が, 感じだった, 感通である, 成りがた, 所在が, 手記が, 持主と, 指導の, 推移は, 描く波紋, 教えに, 教の, 散歩は, 数々の, 數を, 文句では, 断えま, 断片偶然に, 方がずつと, 方の, 旅に, 日の, 日本に対する, 映像の, 昼なり, 時間に, 曲節も, 最後の, 望に, 朝妻船や, 本能が, 材料を, 村であった, 枕で, 枕の, 柔らかなし, 棄て場, 極致が, 楼閣と, 様だった, 様でした, 模樣を, 樣とも, 橋の, 歌デュパルクの, 正体が, 此方には, 残骸の, 殻が, 気分が, 気配さえ, 水車の, 泡, 流れは, 浮き橋で, 浮世を, 浮橋といふ, 海の, 消え去ったあと, 涙の, 深刻さは, 減じつつ, 湊に, 灯に, 為の, 無き事, 焼点の, 熱意と, 燔祭, 物語りは, 特性を, 状態から, 状態の, 玉を, 王国幻の, 現に残, 現象から, 生ずる場合, 生んだ戀, 町の, 畳める間, 病すなわち, 痕, 発展の, 相手までが, 眞最中拜みまする, 真最中一刻ぐらいは, 真白の, 瞳ひらきぬれ, 研究も, 研究家が, 破れたこと, 破滅で, 破滅に, 神秘の, 秩序に, 種が, 種類を, 空を, 竜巻と, 筋から, 精と, 精は, 純粹さ, 素直さに, 細部が, 組織に, 結ばれるはず, 絵という, 絵巻物が, 続か中庭, 続きが目, 続きの, 続きばかりの, 綺麗さは, 緒口を, 美しいところ, 美留女の, 羽搏き, 翅ぞ, 翼を, 胚芽らしい, 脱落し, 興味を, 船の, 色濃き萌黄, 花罌粟の, 草原, 薔薇, 虹の, 表情水の, 裡から, 裡の, 裡より, 西洋人が, 見初め待合, 覚た, 覚めたる如く首, 覚めない折, 覚めむ日待ち, 覚め際, 覚際の, 解体そのものが, 解衣, 解釈と, 解釋について, 記憶, 記憶ほど, 註釈或は, 詩か, 話しだぜ, 話それが, 話だろう, 話です, 話でも, 話によって, 話までが, 語り場と, 説明では, 論文と, 論理から, 象徴である, 豹水の, 貯蓄である, 賤夫と, 起る所以, 足なみ軽らかに, 跡と, 跡は, 跡戀し, 路筋耕さん, 軽さ, 迹見れ, 追懷, 通りだ, 連続で, 連続に, 遊びと, 遠さ, 醒めきらないひと, 醒めきらぬ心地, 醒めたる心地, 醒めた心持, 醒めること, 醒め際, 里か, 里の, 重なる, 針汀の, 鐵道の, 門口に, 間にとか, 閲歴だ, 限界を, 隣りに, 靈を, 靈王の, 面白さ, 頭は, 顕在的夢内容として, 風景ばかり, 餌食に, 香の, 騷ぐらし, 魂などと, 魔を, 魚では

▼ 夢~ (3816, 21.4%)

553 見て 200 見た 103 みて 79 見たの 46 見ました 44 見る 42 みた 41 見ること 39 見るよう 38 見るの 32 見ながら 31 見たと, 見たん 27 抱いて 26 見たこと 23 見たもの, 見たり 20 破られて 19 みたの 18 みました 15 見たよう 14 みる 13 みること 12 見たが 11 御覧に, 結んで, 見たよ, 見ると 9 破られた, 見てるん, 見るもの, 貪って, 追ふ 8 みながら, 実現する, 思い出した, 思い出して, 描いて, 見せて, 見るやう, 見続けて 7 ごらんに, みるの, もって, 見たあと, 見つづけて, 見るん

6 [11件] えがいて, みたので, みてるよう, むさぼって, 夢みて, 見つ, 見ないよう, 見ます, 見る人, 説くという, 追つて

5 [23件] いだいて, みたこと, みたよう, みたん, みるよう, 実現し, 持って, 現実に, 私に, 育てて, 見たか, 見たから, 見たわ, 見た時, 見てるよう, 見ましたの, 見るという, 見るもん, 見れば, 載せて, 追って, 醒された感じ, 醒まして

4 [26件] ある朝, みたり, みると, みるん, 喰ふ, 幾度と, 忘れて, 托して, 楽しんで, 濫書する, 私は, 結ぶこと, 結んだ, 見たそれ, 見たやう, 見てね, 見ては, 見てるの, 見に, 見ようと, 見るが, 見るよ, 見る様, 語って, 貪つて, 驚かして

3 [44件] ごらんなすった, みたと, みたよ, もつて, よく見ます, 与へた, 今更の, 信じて, 思うと, 懐いて, 持つこと, 捕えて, 捕えること, 支配する, 気に, 破って, 破られました, 破る, 破る時, 結びて, 結びぬ, 結ぶ, 繰り返して, 見させて, 見たそう, 見たとき, 見たので, 見たばかりにと, 見た夢, 見つづけるの, 見てから, 見てたの, 見なければ, 見まして, 見るに, 見る事, 見る者, 語り合つて, 語ること, 説くこと, 追い理想, 追うよう, 追ひ, 驚かさる

2 [153件] おとずれた東方原始民, かけて, かんが, くずしては, ここに, ごらんなさる, さ, さまされたよう, さまして, さめいでて, して, そのま, その風景, それからそれ, つつんで, のせ行く車, はっきりと, はつきりと, はなれて, ほろ, まだ見つづけ, みたという, みつづけた, みてか, みては, みてる, みるなんて, みるもの, みる花, むすぶ身, むすんで, もちなさい, もつべきでは, もつよう, もとめて, ゆくわが, よく見, よく見た, ペンに, 与えるよう, 乗せて, 乱したくない, 今夜見る, 何度も, 作って, 再現し, 啖ふも, 売った女, 夢と, 孕んで, 実現した, 実現しよう, 宿して, 尊重する, 度々見た, 得るため, 御覧遊ばした, 忘れぬ風呂, 思い出すよう, 憶い出し, 成すの, 抜出した神官, 持たずに, 持つて, 捨てる事, 描いては, 描くこと, 時たまに, 書いて, 書くこと, 本当にし, 楽しみに, 流して, 浮かべて, 物と, 破ったの, 破つた, 破られたの, 破られたよう, 破られた女, 破られても, 破りいで, 破りて, 私の, 移さなければ, 空だ, 結ばず, 結ばんと, 結びつ, 結ぶという, 結ぶに, 結ぶ事, 結んだ事, 織り込んで, 罩めた, 胸に, 自分は, 自由に, 落した, 見, 見ずに, 見せると, 見たため, 見たついで, 見たという, 見たに, 見たね, 見たもん, 見た日, 見た晩, 見た様, 見た私, 見てるみたい, 見ないで, 見ないもの, 見ないやう, 見なかつたかとか, 見ましたよ, 見む, 見む乎, 見るか, 見ること切り, 見るだけ, 見るだけの, 見るとき, 見るところ, 見るなんて, 見るはず, 見る時, 見る暇, 見る気, 見る鵠, 見又, 覚まされて, 話した, 話して, 誘つた, 語らしめよ, 語るの, 語るやう, 説いて, 談る, 貪る江戸, 踏んで, 追うて, 追うには, 追つた, 送って, 過去に, 頼みに, 食つてゐる, 驚かした, 驚かすこと

1 [1409件 抜粋] あなたの, ありありみました, いかにせ, いくつも, いだきロマンチスト, いと媚めかしく私たち, うつつに, えがいたの, えがく者, おうように, おどろかさせた者, おどろかし奉ったこと, おも, お描かせした, お話し, お騒がせ申し, かきたてるで, かけられたらしいの, きづきて, くづしてはならぬ, くどくどと, くり返すの, この地上, こわしたまま, ごらんなす, ご覧じたであろう, ささやいたが, さそはれたこと, さまさないやう, さましたくな, さますとき, さます疑い, さわがすもの, しばしば見る, すてなかったドンキホーテ, そのままに, そのままグラビヤ, その名, たくさん見, ただ一途, たのしんで, つくつて, つつむ雛罌粟, つないだの, どうしても忘れかねてる, なぜ見る, なつかしみつつ, なほ見つづけ, ぬすみ聞くこと, のせて, はぐくむ, はじめ相つい, はらんだ大きな, ひとり見, まざまざと, まだ取消そう, みがち, みさせます, みせるよ, みたから, みたそう, みたもん, みたるに, みた枕, みた翌日, みてから, みてるの, みてるん, みないのに, みなかったかな, みぬ, みましたろう, みるが, みるだろうね, みるという, みるなとも, みるわけ, み続けた, むさぼつ, むさぼりだした, むすびながら, むすぶも, むすんだあの, もう一度くり, もたうでは, もたせれば, もたらした, もっても, もつため, もつべきであります, もてあますこと, もて我, ゆすぶり脅, ゆめみる, ゆり起し, よそに, よむ, より多く, われら, タタキ破られ, ロマンチツクに, 一つ見ました, 一度ならず見た, 一番よく, 与えること, 並記し, 乘せる, 二つほど, 二人が, 人に, 今でも, 今現に, 他人ごとながら, 伸ばすに, 何遍も, 作る青年達, 俳優の, 催起する, 共にし, 内攻させ, 再び追, 冷笑し, 出難い, 切実に, 判断したらだす, 剥がれて, 加えて, 区別し, 半空, 取り戻せ, 台なし, 同じとき, 否定した, 吹き込むもの, 告げて, 味はせ, 呼び起こしけん夢みるごときまなざし, 呼び醒すため, 唯一の, 喚び起して, 喰いさ, 喰うの, 嘲笑は, 回顧せざる, 埋め, 声が, 夏の, 多く見た, 夢みずには, 夢みんと, 夢らしく書きこなす, 大きな眼, 夫に, 失つてゐない, 失ふと, 奪うの, 好んで, 妨げて, 妻の, 孕む単独者, 守って, 安らかに, 実現させる, 実現しない, 実行し, 宿毎に, 實現させる, 封じる法, 尊重も, 小さい胸, 少しも, 帝に, 幾たびも, 度々見る, 弄ぶあたり, 引き継ぐの, 形成した, 彼から, 彼女なりに, 待遠しがり, 得るであろう, 御覧, 御覧なさり, 御覧にな, 御解き, 忍ぶこと, 忘れた小, 忘れませんと, 念じ夢, 思い付いたの, 思い出したが, 思い出しました, 思い出すと, 思い出そうとでも, 思い起こすや, 思い起しました, 思うて, 思ひやるだに, 思ひ出して, 性急に, 恋ひ, 悉くの, 悪夢をば, 惜しまじ知らせよなど, 想い起こしぬ, 想は, 想像した, 愉しむやうに, 愛したと, 感じて, 感づいて, 憶は, 懐かしみすと, 或は其處, 打ち壊して, 打つた, 払つて細工に, 抱いた, 抱いたまま, 抱いた森新之助, 抱かれた帝, 抱く人, 持たせると, 持たない旅人, 持たなくな, 持ちつづけどう, 持ったよう, 持つた人, 持つ生活, 持てだ夢, 振り棄てるやう, 捕えたいと, 捨てきれずに, 捲き, 排して, 掲げて, 掻き乱しながら, 描いたもの, 描かなくても, 描きつ, 描き悩ましく, 描く力, 換え幻, 揺られながら, 携えたる人, 支えて, 斥けたの, 春寒の, 時代の, 暗闇の, 書き遺して, 最も平凡, 有つた, 未来の, 松永君も, 根強く持つ, 楽しみすぎたから, 構成させた, 樂んで, 欲情する, 此所まで, 武器に, 殊にす, 毎夜きつ, 毎晩見た, 求むと, 求めなければ, 求めること, 沾ほし, 消され言葉, 清からしめ, 満喫した, 潤さぬでは, 焚くやう, 照らすやう, 現ずること, 現にし, 生ずること, 生み出さずには, 畫けり, 白日に, 目ざして, 真箇, 眼の, 知らない御飯, 知り得ない唯一, 破ったに, 破ってという, 破つて, 破らないよう, 破られがばと, 破られたという, 破られた失望, 破られた江戸市中, 破られた竜, 破られた連中, 破られては, 破られぬわけ, 破られると, 破られ容易, 破らんと, 破り外輪船, 破るいけません, 破るの, 破るもの, 破れ, 祓ふ, 私が, 空想通りに, 築こうと, 精神分析的に, 結ばうと, 結ばない, 結びかけて, 結びしならん, 結びつけて, 結びぬと, 結びやすい, 結び不消化物, 結び初める, 結び果ては, 結ぶよう, 結ぶを, 結ぶ等, 結べやよ, 結んだらよ, 結んだ宿縁, 結んだ生命, 絶へ, 綴って, 織り込んだ, 繰り返す時, 美しく呼び, 考えて, 聞くにつけ, 育て, 育てようと, 胎むこ, 脅かした共産党, 自分の, 舁うて, 若者は, 落して, 蔵し, 蝕む立身出世主義, 裏返しに, 襲った, 見かけて, 見さえ, 見させたわ, 見させるもの, 見しこの, 見すやすや, 見せた, 見せられる, 見せられるの, 見せるの, 見たいもの, 見たかと, 見たがと, 見たけさ, 見たさ, 見たそして, 見ただけが, 見たつけ, 見たです, 見たとは, 見たなどとは, 見たのね, 見たはかない, 見たまだ, 見たよと, 見たらば, 見たら夢, 見たろう等, 見たんで, 見た二三日後, 見た人, 見た夜, 見た小人夢多, 見た思ひである, 見た気分, 見た聖人, 見た覚めてからも, 見た赤子, 見た酒, 見だして, 見ちゃいましたよ, 見つくさむ, 見つづけに, 見つる乳, 見てたもん, 見てるとしか, 見てヨ, 見ないと, 見なかった, 見なくなった, 見ぬその, 見はじめたの, 見まい, 見ましたがね, 見ましたわ, 見ますの, 見ます高い, 見や, 見ようという, 見られたな, 見られると, 見りや, 見るこの, 見るため, 見るなどは, 見るのに, 見るべくまた, 見るより, 見るわけ, 見る力, 見る奴, 見る役, 見る毎夜, 見る筈, 見る老耄, 見る親心, 見ん, 見ドイツ語, 見今朝, 見勝ち, 見始めたん, 見居りし由, 見残して, 見続けましたしかし, 見譫言, 見通したの, 視ました, 覚さねば, 覚して, 覚めた後, 観ずる気持, 解いて, 記して, 訳あり, 話す者, 誘う様, 誘ふ, 語られたところ, 語り合って, 語るとき, 語る人, 語ろうはず, 説くされど, 誰が, 謂はば, 護す, 豊かに, 象徴する, 貪らせん, 貪りに, 貪るの, 買つて頼朝を, 購はずには, 起こすなり, 載せたまま, 辿りて, 辿るよう, 追いかけること, 追い求める, 追い続けて, 追うよりも, 追かけよう, 追つかけ, 追つてそれ, 追ひかけ, 追憶し, 退けて, 逃れ來, 逞しくし, 逢ふ, 遺して, 醒さないで, 醒したり, 醒す人, 醒まし, 重んずる気風, 釣らぬま, 隔てた彼方, 面白い夢, 頼む恋人, 類推する, 食うこと, 食ふ, 飢えたる顧客ら, 馴染の, 驚かさなかった, 驚かされて, 驚かしたり, 驚かすに, 驚ろかした, 髣髴する, 鮮人の, 黄金に

▼ 夢~ (1590, 8.9%)

47 見て 23 だも 19 して 17 出て 16 夢見る心地 15 うなされて 13 見たこと 12 耽つて 11 なって, 見ること 10 入って, 見たの 9 現われて 8 しては, 見た, 見ました, 見るの 7 襲われて 6 しても, 入る, 泣く, 見られて, 見る 5 すぎない, 似て, 入った, 夢を, 夢見るよう, 夢見る心持, 襲はれ, 過ぎない, 魘されて

4 [16件] うつつに, さへ, みたの, みて, みること, よりて, 夢みるここち, 夢みるよう, 描いて, 泥んで, 現れて, 見た通り, 見ると, 見るといふ, 見るほど, 酔って

3 [26件] あこがれて, あらわれた, あらわれて, したところ, すぎないもの, なった, みた, みたこと, みたよう, 一人の, 入るもの, 入るやう, 夢見る気持, 托して, 胡蝶と, 脅かされて, 落ちた, 襲はれた, 見えて, 見たか, 見た事, 見ない夜, 見ようと, 見るよう, 過ぎないの, 醉ひ

2 [79件] あらわれたの, うなされた, うなされたこと, えがいて, しのんで, すぎないとしても, すぎなかったの, その女, それを, だつて, だよ, ちがいない, つ, とりつかれて, なったの, なつた, なやまされた, なるな, ふけりたる栄華, みたり, みたん, みるよう, みる空家, よくみる, 不思議な, 人が, 入りぬ, 入るかと, 入ること, 包まれたよう, 包まれて, 囚はれ, 天上に, 天照らす, 彼の, 得た心臓, 御子の, 恍惚として, 恵まれること, 憑かれて, 我は, 所がきを, 描いた, 於いて, 昔を, 植物を, 浸つて, 添ひ, 現れた, 神の, 結んで, 耽って, 舟あり, 見えけり, 見えつつ, 見そう, 見たと, 見たという, 見たよう, 見たり, 見た白娘子, 見つ, 見つくして, 見てよ, 見るくらい, 見るよ, 見る場面, 見る獅子王, 誘はれて, 起されて, 足に, 過ぎなかつた, 違いない, 違ひない, 非ず, 願ぎましゝかば夢に, 願ぎ給はく, 駆られて, 驚けば

1 [963件 抜粋] あがいて, あこがれ常に, あなたが, あの顔, あらずや, あらず思出, あらはれる文字, あらはれる笑, あらわれた者, あらわれまたは, ある岡, いた, いつもの, いるよう, うかれて, うつつなき, うなされたり, うなされた自分, うなされては, うなされながら, うなされまで, うなされ本人, おそはれたが, おそわれた人, おそわれながら, おちて, おびやかされたと, おぼれて, おもむろに, お亡くなり, お玉は, かかはりぬ覚めぎはの目, かって, かの黄衣, かよわせましょう, きいた俗人, きこえた三次, くらぶれ, この和讃, この道, これを, こんなの, さ, さそいます, さまよう家並み, したかの, してもさ, しばしば驚かされた, し夢, すが, すぎないから, すぎないという, すぎないよ, すぎなくて, すぎぬと, すばらしい交響曲, せめてせめてと, せよ幻, その人, その子供, その所在, その美し, その面影, そも我, たびたびうなされました, ちがいありません, つきて, つつんで, でて, とらわれては, どんなふう, なしても, なったヨ, なっても, なら恋人, なりうつつ, なりそう, なりて, なりとも, なりますそう, なり御, なり物言わぬ夫, なる, なるよう, なろう夢, のみみて, はいったの, はまりこんで, ひとしく三度, ふけって, ふと聞く, ほ, まぎるるあかつきの声, また宣揚, まどろんで, みしかな, みたあの, みたやう, みた筈, みてること, みぬこと, みる, みるお, みるほど, みる場処, めぐり逢ったよう, もし母, やってくる, よれば, わが身も, わたくしは, われは, アキリュウスに, シカゴの, ソロモンに, パトロクロスの, レアを, 一個の, 一匹の, 一生を, 三輪の, 上帝に, 与えた, 丸屋根や, 予の, 互いに行く末, 交通を, 人遠き, 仮託した, 伏蔵すなわち, 会ったという, 似ざる, 似たもの, 似たり, 似る事, 体じゅうから, 余は, 來りぬ, 値段を, 充ちた漫畫映畫, 先帝が, 入ったの, 入ったよう, 入つ, 入つたもの, 入つて行つた, 入りかけた瞬時, 入りしは, 入りつ, 入りました, 入り侯, 入り夢, 入り来るところ, 入ると, 入るまで, 入るを, 入る事, 入る夕顔, 入れかし, 入れど, 入ろうと, 其姿を, 再現する, 出られても, 出るまで, 判断を, 刻まれた, 包まれた, 化して, 千羽の, 叫んで, 向って, 吾を, 周と, 周公を, 啜り泣いて, 囚えられ, 囚われ去って, 地下戦車の, 埋もれた子, 埋れた意志, 墨染の, 変へ, 夢ならん, 夢みる心地, 夢みる思い, 夢中な, 夢見るとは, 夢見る夢御殿, 夢見る思い, 大日様の, 天女と, 天津乙女の, 奇怪な, 女の, 妙義の, 妻が, 始まつて, 定に, 家門に, 寄生し, 富む方向, 富んだ丸木小屋, 實に, 導き刹那, 小町も, 届いたの, 山の端に, 嵩山に, 巴里に, 希望を, 幸あれ, 弄ばれた, 引きずられて, 引き戻すであろう, 強く胸, 彫刻を, 彼は, 彼女自身も, 従姉の, 御覽, 忍び, 応ずる夢, 忠綱が, 怖ろしき化物, 思ふ者, 怯か, 恐ろしく高き, 恵まれ且つ, 悩まされて, 悩まされること, 悪魔を, 惑は, 想像する, 慄然と, 憑り, 憧憬れる, 憩った, 或地, 抜手を, 捉えられたよう, 描いたこと, 描かせられる, 描きつづけた一男, 提灯を, 故郷の, 数千の, 斎かせ天, 斯んな, 月夜の, 来た, 来よかし, 東照宮の, 梅花を, 極楽世界の, 歔欷す, 此磯の, 歸しぬ, 死なむ, 残る, 母来, 比し死, 沈みはたと, 沈睡したるや, 法勝寺の, 法然を, 泣くなり, 流して, 浮かして, 浮んだ顏, 浸りきって, 浸ること, 渠と, 満ちた俳句, 満ちて, 満てる眼, 溺れて, 潮の, 火を, 照るらしい月夜, 燃えて, 父が, 牡丹餅だ, 物いう, 物を, 物寂びた, 犬に, 王妃と, 現じたる, 現にくりかえしくりかえし, 現に忘れ得ない, 現はれ, 現れたる奇想集, 現れる第, 現われたこと, 現われたり, 現われた童子, 現われるお, 現われるだけに, 現われるもの, 現を, 生きて, 生きること, 由つて身の, 畜生道に, 疫病神が, 白い花, 益々非, 眠ってるの, 眼を, 神意を, 神託を, 私に, 移し入れた, 空中の, 空費する, 立ち来と, 立会人が, 章魚では, 答えるつもり, 紅梅を, 終ること, 終るの, 絳雪愀然として, 翌年五月死すべし, 老婆が, 耄れ, 耽つた, 耽りあくる, 耽りて, 耽りました, 耽るばかり, 耽るべき人乍ら, 耽る彼, 聞かせて, 育てられた私, 脅えながら, 脅やかされ, 自分の, 舅の, 興がるを, 舟を, 色が, 色彩は, 花園を, 若い男, 若者あり, 苦しんで, 苫を, 菩薩が, 萬代かけ, 落ちて, 落付く, 蒋侯其の, 虎伏す, 蛤多く, 蠑螺は, 行き逢ったよう, 襲はる, 襲れる, 襲われた声, 襲われはじめた, 覆はれて, 見うつつ, 見えしは, 見えつるその, 見える, 見える大日如来, 見え給ふこ, 見し春, 見たあの, 見たかい, 見たこういう, 見ただけ, 見たといふ, 見たとか, 見たとは, 見たので, 見たもぐら, 見たよ, 見た二つ, 見た仏頂寺, 見た兄新五郎, 見た兵馬, 見た動かぬ父, 見た夢, 見た天竺, 見た峠, 見た恋人, 見た母, 見た白い, 見た翌日例, 見た藪, 見た覚え, 見た風景, 見た高島田, 見つつ, 見つづけました, 見とれて, 見ないよう, 見ない先, 見ながら, 見ぬ事, 見ましたと, 見ませんでしたわ, 見ゆる頃, 見よ今日, 見るあの, 見るか, 見るけど, 見るだに, 見るなり, 見るので, 見るばかり, 見るほどの, 見るもの, 見るより, 見る世界, 見る夢, 見る家郷, 見る幽霊, 見る町, 見る面影, 見んだらう, 見三条小川, 見奉るえ, 見然し, 見馴れた景色, 視たり, 覚えた悲し, 覺し, 言出し, 託して, 該当する, 誘うよう, 誘って, 誘はれたり, 誘はれるので, 誘はれ封, 誘われるよう, 説く者, 變って, 象徴された, 責めさいなまれ通したおかげ, 賛成する, 走つたの, 身を, 近い, 近い一時, 近い燒物, 返った, 追はれ, 通うこと, 通つてこれと, 通わせること, 連続する, 遊ぶや, 過ぎざりけり, 過ぎないこと, 過ぎないもの, 過ぎなかったかの, 過ぎなかったので, 過ぎなくは, 過ぎません, 過ぎんと, 遠慮の, 酔い平安, 酔うこと, 酔は, 酔ひて, 酔ひ痴れた, 酔ふかの, 酩酊し, 金人の, 金銭を, 閑古鳥を, 阿弥陀様の, 陥入, 隣りの, 非ざること, 顕は, 類するもの, 顯れ, 飽きて, 駆られ出したの, 驚かさる, 高めるといふ, 髣髴と, 鬼を, 魔油を, 魘えて, 魘されたやう, 魘された時, 魘されること, 魘され眠って, 魘はれ, 魘われて, 鳴いて, 鴛鴦の, 黄衣の

▼ 夢~ (785, 4.4%)

8 枯野を, 私の 6 消えて 4 さめた, 醒めた 3 五臓の, 夢で, 夢に, 忽ちにし, 正夢であった, 現実の, 破れて, 醒めて

2 [44件] あはれに, いつでも, いろいろの, これらの, さめて, そこで, そんな鮮明, たちまちに, とざされて, とつぜん, どうする, どこまでも, まづ覺め, むすばれる, 人生に, 人間の, 今でも, 仕方が, 何を, 僕の, 前に, 千々に, 呼び交す, 嘲る, 夢なれ, 夢の, 彼に, 忽ち空中, 故郷の, 既に地上, 本当の, 枯れ野, 消えた, 無限に, 現実と, 皆破れた, 目を, 結ばずも, 結びつ, 育ちオモチャ箱, 見たけれど, 逆夢と, 霊に, 静かに

1 [643件 抜粋] あざわらふ, あったの, あつた, あても, あなその, あの時, あまりに夢, ありながら, あれだけ, いいが, いかがです, いかなる形, いかに, いたづら, いつか彼等自身の, いつか知らず, いつしよ, いつもかへ, いつもそうした, いつもはん, いづこ, いと安く, いまだ成らず, いやに, いらない, いろつぽい, おそろしい夢, おれに, お久美, お前の, かうしたわけ, かくの, かくれて, かげも, くずれリアリスチック, ぐれさせつる十三絃, こうであった, ここで, ここらで, こっぱみじんに, ことごとく幽霊, こなごなに, このとき, この処, この山牢, こは, こぼれぬ, これで, こんな枯野, さそは, さまさずも, さめやすくさむ, しかしすぐ, したたる, しだいにふくらん, すぐに, すげなく見る見る去っ, すこぶる危険, すでに滅, すべて消えた, ずいぶん変, そう永く, そのとき, そのまま私, そのシーン, その印相, その夜, その後幾度も, その抑えよう, その晩江州浅井, その滴, その重み, それから, それが, それぎり覚め, それで, それを, それ自らの, そんな呑気, たいかに, たいてい身体中, たいてい願, たいへん奇妙, ただ合戦, ただ枕辺, たぶんに, だれにだって, だんだん色, ちぎれ, ちゃんとした, つづいて, つねに五官, つまらなかつたの, とにかく何, ともに事実, とりとめなくて, とろろぎわたり, どうせそんな, どうだった, どうでも, どこか, どこから, どこに, どこの, どんなに怪奇妖艶, どんなもの, ないからさ, ないで, ないもの, ない夢, なか, ながく見つづけ, なつかしい, なつかしき千歳村, なんでありましょう, なんである, なんの, はたして綺麗, はつきりと, はなはだ円か, ひと目で, ひらめきて, ふと覚めぬ, ふと覺め, ほんとうの, ほんの他愛, ぼんやりと, まあどんなに思いがけない, まさにいかなる, まさに吉夢, ましろの, またこと, また吾人, また帰り来なく, また彼, まだお, まだそれ, まだだれ, まだ全く東京, まだ見ます, まつたく事変, まどかでない, みだらで, みだれけり, みな枯葉片, みません, みんな日頃の, めぐる枯野, もうそれ, もうどこ, もうなかっ, もうほとんど完全, もうほとんど実現, もう夜光, もう我, もう私, もしこれ, もっと放胆, もとより国家, もはやない, やがて曹家, やがて破れ, やすら, やつぱり一生の, やはり二度, やはり夢, やはり正夢, やぶられて, やぶれた, やぶれて, ゆらぎぬ柔かき, ようやく経ヶ島, よくも悪く, よく当, よく見ます, よろしくない, れいの, イタリーの, ウワゴトの, カイロを, サラリとお, ヂュウスの, ドノバンの, ヘンテコな, ヨーロッパの, 一さう, 一つでも, 一と, 一入平和, 一夕たりとも, 一層巧, 一年に, 一度に, 一度も, 一度己, 一朝に, 一瞬の, 一瞬間だつた, 一部分の, 不健全な, 不可思議な, 不祥の, 予の, 予言の, 二つの, 二度ぎりでその後に, 二百何十年の, 人に, 人間とっ, 今この, 今にも破れ, 今の, 今何処にか, 今実現, 今幾何, 今終焉の, 住んで, 何, 何の, 何処までも, 何物だらう, 例年の, 偶然なる, 元来荒唐無稽な, 元氣, 兄や, 全く自分, 全図, 円でした, 再び私, 再び返らず, 凡て吾, 凡て滅び, 初めて完全, 別に見ないです, 勇ましいよう, 千塚の, 半ばとじた, 半醒半, 原則として, 去つたの, 又怪しく, 反対に, 吉兆じゃとか, 吉田何三とかいふ, 同じこと, 君が代に, 吹きちら, 命よりも, 唯これ, 唯単調, 唯單調, 善く行つた所, 嘗ては, 地位の, 埃じみた, 執着の, 多くの, 多く是, 多く自分, 多すぎる, 夜毎その, 夜毎に, 夢だ, 夢でなく, 夢と, 夢なる, 夢らしくない, 大きいそれ, 大人の, 大切だ, 天鵝絨の, 奔放であり, 好し, 如何に, 妄想的であり, 妙だ, 姫君らしい, 子供の, 安眠の, 実にただ, 実現された, 容れられは, 宿の, 寂しく静か, 将来の, 尊重しましょう, 小さい小さい耳掻き, 小説に, 川へ, 希有の, 希望は, 常にくずれる, 常に其, 常の, 幸にも, 幼き時ゆ, 幽かな, 幾何ぞ, 当然この, 彼が, 彼には, 彼の, 彼等の, 徒らに, 従来の, 徹頭徹尾浴室, 心の, 心理及び, 必ずしも夜中臥床, 忘れたくない, 忘れたの, 忘れられない, 忽然と醒めた, 怖い夢, 思ひ出さうとしても, 怪しい者, 恐ろしいこと, 恐ろしい永遠, 恐ろしくなく, 悪い夢, 悪夢だ, 悪夢に, 悲むべ, 意識しない, 愚の, 成らず, 戻って, 所詮さけ, 手短に, 手近な, 披露の, 抱くまじき罪, 持ってる, 振り向いても, 描くの, 故郷か, 故郷を, 文字通り一片の, 文学であり, 断えず意識, 新東さんの, 旅の, 既に根本主義, 日間神経の, 明かして, 明治と, 明治二十年十二月二十三日夜より, 春と, 昨夜で, 昨夜の, 昨日と, 是れ, 是れなり, 時々見, 普通に, 更にしきり, 更に更に珍宝, 更に第, 月光と, 朝とともに, 未来の, 本当で, 本当になった, 束縛の, 来て, 東洋では, 柔軟温順な, 根こそぎに, 概してあまり樂, 正夢だ, 正夢だつた, 正夢でした, 此等の, 歴史が, 死という, 母を, 永久に, 永遠な, 決してそんな, 決して甘く, 決ったやう, 海の, 涯し無けれ, 深く記憶, 煩悩の, 熱海に, 燒けた鬢などを, 燭火の, 猥褻に, 猶塵境, 猿だけは, 現れ出, 現実に, 生きる意志, 生れ乍らに, 男の, 異った, 疲労の, 痩せさせては, 発達した, 白い路, 皆捨て, 益々本物, 真弓の, 眠って, 眼を, 眼覚めた, 睡中, 短くし, 破られました, 破れた, 破れ新しい, 社会に, 神の, 稀疎, 穏か, 空しきもの, 空の, 空漠たる, 第二, 第四次元, 紙一重の, 終に現, 経験の, 結ばんで, 緑色だ, 縦横に, 罅きぬ, 胎児の, 胎児自身が, 胸へ, 自分は, 自己を, 自己内部の, 自然と, 自身に, 至極変化, 色情の, 花なりき, 苦しい夢, 荒れ野を, 荒山莽野の, 葛餅か, 蒼白い眼, 薬に, 見がち, 見しかども, 見たいの, 見たか, 見て, 見ても, 見てるもん, 見ないで, 見ないよ, 見ないよう, 見なかった, 見ません, 見ようとして, 見られないが, 見られなかった, 見るが, 見るし, 見るも, 見る夜, 見事に, 視るもの, 覚えて, 覚めた, 覚めたが, 覚めても, 覚めなかった, 覚めぬ, 覺め易し, 詩人の, 誇張し, 語って, 語らじな, 諸事早く, 負担だ, 跡も, 輪を, 迷信として, 逆夢, 逆夢ぞ, 通えど, 過去の, 遠く消え失せ, 醒覚と, 長うし, 長くない, 随分色々と, 霊生は, 青くはてなかつた, 面白いので, 顔また, 風邪の, 飛ぶ白く, 飽くまで美しく, 鮎子に

▼ 夢~ (549, 3.1%)

9 覚めたよう 8 醒めたよう 7 ある, 醒めた 6 醒めて 5 さめて, 覚めて 4 あるの, さめると, 破れて, 私の, 見られるという, 覚めた, 醒めました 3 あった, あったの, あなたの, さめた, さめたやう, たりさ, 人生を, 気に, 現実に, 現實

2 [36件] あります, このもの, さめたか, さめたよう, さめてからも, だんだん仄, どうした, どうも辻褄, なかった, なかつた, なければ, よみが, 前兆を, 嘘でない, 多すぎた, 実現される, 宿って, 寤めた, 彼の, 性慾の, 怪我を, 文学で, 昼の, 段々蘇っ, 浮世か, 消えて, 現実から, 眼の, 破れたの, 破れた時, 覚めると, 覚めるの, 覺めた, 返って, 醒めないの, 醒めると

1 [372件] あったらお互い, あって, あつたらう, あつて, あてに, あとから, あやまたず事実, あらゆる武人, あり一攫千金, あり楽し, あり青雲, あるでせう, あると, あるので, ある彼自身, ある無限, あんたの, いいねえ, いくらかでも, いくらでもあり, いまごろにな, いまだに, うすうす分るらしく, おじゃんに, おじやんに, お前の, かうして, かたっぱしから, かれを, ぐるぐると, こう結ばれた, ここに, これから目的地, これで, これほど, こわれたの, こんなところ, こんなに順序よくつづく, こんなふう, さまされた, さまよ, さめいかにも, さめたが, さめたの, さめても, さめないの, さめない庫裡, さめなかつた, さめぬか, さめはてるやう, さめました, さめますと, さめるな, さめるなって, さめ昨日, しずかに, しとやかに, すくなさ, すでに故郷, ずっと恐ろしかっ, そういう身, そうである, そしてスヰフト, そのまま姿, そのまま残っ, その一夜限り, その儘, その後を, その純真, その行動, それから, それで, そんな暗示, た, たくましいの, たといいか, たまたま実際の, だんだんと, ちやうど, つづきました, とぎれて, とじこめられた儘, どうやらだんだん夢, どの程度, どんな夢, ない, ないとも, ないの, ない人, なかつたら云, なくちゃ, なくては, なくなって, なくなると, なくなるね, なさ, にじんで, はじまりかと, はっきりと, はつきりと, ぱつと照らし出される, ふと頭, ふりかかる, ほしくて, ほのぼのと, ほんとうに, ほんとに明日, ほんもの, ほんものに, まことになった, まざ, またあけ, また夜中, また思い出された, また思想, また非常, また馬, まだはっきりは, まだ泳い, まだ浮世, まだ漂っ, まだ生なまし, まだ醒めぬ, みたくも, みられます, みんな消え, やってきて, やつて, やぶれたトタンうつ雨, ゆうべあの, よい, よくあるでせう, よどんだな, よみがえって, ゐた, ガタガタと, ヒョッと, 一つある, 一度に, 一方では, 一致した, 三晩も, 不図斯ん, 乏しくなった, 事実に, 人間の, 今だに, 今では, 今は, 今一度眼前を, 今更に, 今無残にも, 他の, 住む幽寂, 何かしら悪い, 何でそんなに芽出度, 何億萬年の, 何時も華やか, 何等かの, 余りにも, 余り不思議, 僕の, 元氣, 典型を, 再び蘇っ, 凶く, 分裂した, 切なく子, 切れたり, 創造されよう, 動くの, 危なく殺される, 取り憑, 吾人の, 変らぬ事実, 夏草と, 外套だった, 多いどころか, 多いなんて, 多いやう, 多い何, 多かつ, 多くちゃ, 多くは, 多く使われる, 多すぎ, 多すぎる, 夜毎に, 夢でなかった, 夢と, 夢として, 夢に, 失われて, 好きだつた, 如何なる時, 妙に, 妻と, 始まった, 嫌いだった, 定る, 実在する, 実現され, 実現した, 実現せられ, 実行できる, 実践される, 巧みに, 幻に, 幻像を, 当るといふ, 影響し, 彼と, 彼を, 微かに, 必要だ, 忘れて, 忘れられずまた, 思ひ出された, 急に, 性懲りも, 恋しいか, 恐しくなって, 恐ろしいの, 恰も, 恰もあの, 恰もその, 恰も四囲, 悪いの, 悪かった, 悪夢でない, 悪者な, 情婦との, 感じられないすべて, 手ごたえも, 押し包む, 振り顧, 捉へ, 捨てられましょうぞ, 文芸に, 断れて, 日毎に, 星空を, 是れな, 時としてどこ, 朧ろげに, 未だ私, 本当か, 本当な, 本当に破れました, 本当の, 来る, 来るの, 来るので, 東の, 次ぎ次ぎに呼ばれ, 欲しいわ, 正夢に, 歸つた跡で, 殆どない, 残って, 残つ, 残つてる, 残つてゐる, 殘つ, 殘つてる, 段々毀れ, 毎日の, 毎晩寝室で, 泣きじや, 浅いので, 浮ぶ, 消えなかったら, 消えると, 消え去った後, 消え失せた人々, 消て, 深く彼, 深く永遠, 満洲, 滿足されぬ, 漸く実現, 無いので, 無かったら, 無氣味, 煙立つ, 熱が, 王の, 現れた, 現実の, 生々しく甦っ, 生まれかけて, 生まれないこと, 生まれるか, 生むさくら貝, 産み出す品, 疼くやう, 皆嘘に, 盜人の, 直ぐに, 真先に, 破られたの, 破れたつていう, 破れた竜, 破れました, 破れること, 破れると, 示して, 祖先の, 突如と, 竹藪に, 終わったの, 結ばれると, 結べる, 結べるほんとに, 絵巻物の, 続いて, 綺麗に, 續く, 羽ばたきを, 翼を, 育つの, 胸に, 舞臺へ, 若し実現, 蓮の, 蕩けさうに裾, 薄れるやう, 薄れるよう, 虚妄に, 衰えて, 裏返ったごとくくるり, 襲ふたら夢を, 見られず見まいとしても, 見られないわけ, 見られましょう, 見られます, 見られるかと, 見られるそこで, 見られるの, 見られるん, 見度い, 覚ましたから, 覚めた気, 覚めてから, 覚めないとは, 覺めず, 言ふんです, 託されて, 記憶から, 課せられたの, 變化する, 貴方の, 転が, 逃げて, 運命を, 遠くの, 醒めたという, 醒めた時, 醒めてから, 醒めてからも, 醒めないので, 醒めないばかりか, 醒めるに, 醒めるの, 重なり合, 長く彼, 阻止された, 附纏っ, 降りか, 集まって, 青い空気, 非常に

▼ 夢~ (483, 2.7%)

24 なって 12 現実との 11 現の, 現実の 7 現實 6 うつつの, 現実とを 5 なった, 人生 4 知りせば

3 [12件] いうには, いっても, うつ, お鈴, すること, 云うもの, 同じよう, 現との, 現実が, 現実とが, 過ぎて, 違って

2 [30件] あきらめて, あの惨劇, いえば, いって, うつつが, すると, なつた, なつて, なりぬ, なり或は, なる, なるの, のみ訳も, 云う字, 云ふ, 化して, 同じこと, 同じ夢, 同様に, 夢とが, 希望に, 思って, 思への, 消えて, 消えないで, 現実, 知れて, 言えば, 詩が, 闘うの

1 [296件] あきらめせめて, あきらめよと, あり得べからざる夢, いうか, いうが, いうても, いうほど, いうものの, いうよりも, いくらも, いつた風, いわざれども, いわねば, うつつとの, うつつに, おっしゃいますか, おぼし棄て給, かえて, きえしを, この困難, この夢, この旅, これとは, ころげこみし谷中, ごつちや, ささやかな, したいの, し東郷侯爵家, すぎ, すこし異, するより, する者, その動機, その癖, その解釋, ちやうど, ちょぼいち, つた, つながって, どっちが, なく現, なさ, なしに, なし幻, なす, なぜ早く, ならなくては, なりし骸骨, なりつ, なりぬべきかな, なりぬや, なりました, なります, なり丹波, なり人間業, なり帝王, なり戦ひの, なり最も, なり果てた, なり武功抜群, なり発明発見, なり芸術, なると, なれば, はなしに, ひかりとでしなしなと, ほか過せなかった, ほとんど同じ, まことと, まことの, まちがえられたり, よぶ人, よりお, わかった, わすれて, センチメンタリズムに, フィンガルの, 一しよ, 一瞬そんな, 三蔵の, 不安に, 不平は, 不思議の, 不精との, 乙の, 争つた, 事実とに, 事実とは, 云うて, 云うの, 云う声, 云えば, 云って, 云つてる, 云は, 云ふより, 人生に, 人生の, 人生を, 今み, 今一名渠と, 仲が, 何か, 侍臣が, 信じた世捨人, 倨傲の, 全く同じ, 分き, 勇気を, 動物愛, 匂とに, 化しおわって, 化しぬ, 化し終った, 化する, 取りとめも, 取り換えたの, 口の, 同じいもの, 同じくそれ, 同じくはかない, 同じさ, 同じに, 同じ地下墓地, 同一に, 同一理, 同様である, 同様未だ, 同樣, 呼ばれるもの, 呼び交して, 呼ぶこと, 呼ぶも, 哲理とが, 善意とを, 喜斯的里の, 嗤うでしょう, 墨の, 変な, 変りつつ, 夜と, 夢との, 妄想の, 実際とは, 己の, 市井の, 希望を, 幻とを, 幻惑と, 幻覚以外では, 幼き心, 幽霊, 影とに, 影との, 微妙な, 徳とが, 思いたい, 思いて, 思うて, 思うは, 思えば, 思はん, 思へばい, 思わず待って, 息苦しき心境, 悟って, 悟りし人はいふ, 悩みと, 悲みし, 情緒, 意欲を, 意識する, 感激とを, 憂いと, 憂欝, 憧れの, 憧憬とを, 抱負は, 救はれ, 新年の, 明かなる現実, 易についての, 昔から, 昨夜の, 暗合し, 暮し烟り, 暮らして, 本当の, 本質を, 来たら, 格闘の, 楽しさ, 歌, 歎き, 此困難とを, 死, 死との, 消え, 消えるばかり, 消え去りたれば, 消え去りて, 消ゆる, 混ずるよう, 無念無想に, 熱とが, 現つ, 現とを, 現を, 現在の, 現実と, 現実に, 現実表と, 理想とを, 生のくひち, 生理は, 申されしは, 申しまするもの, 申すもの, 異なるなき, 異なるは, 痼疾を, 直前の, 相共に, 睡眠とは, 知って, 知つてしかも, 知りつつ, 知りながら, 知り夢, 知れりし, 知性, 神経病者朝枝の, 神話と, 私の, 私は, 秘密の, 称して, 称するならば, 称するもの, 符合する, 符牒を, 等しいもの, 簡単に, 素直と, 結びつきさらに, 結びつけられて, 老人の, 考えて, 考えるもの, 背を, 自分で, 自覚する, 色恋とは, 若い力, 苦悶の, 華が, 見き君, 見たの, 見て, 見なすの, 見る, 見給, 覚さんと, 覚って, 覚めて, 観じて, 触感と, 言った方, 言って, 言やあ, 詩とは, 詩とを, 詩の, 詩情と, 誰か, 諦めなければ, 賭博の, 躍り立つ喜び, 輝かしい幻, 迷いに, 過ぎしめよ, 過ぎた, 過ぎたが, 過ぎなんと, 過ぎ去った少年, 過ごしたること, 過行く, 閑とを, 闘ふ, 青春の, 青春は, 題された二つ, 題したる華文是, 飛翅とへ, 魂の, 黒夜神

▼ 夢から~ (436, 2.4%)

59 さめたよう 38 醒めたよう 28 覚めたよう 15 醒めて 14 さめて 9 覚めて 8 覚めた, 覺めた, 醒めた, 醒めたやう 7 覚めたやう 6 さめたやう 5 さめた様, 醒めた人 4 さめた, さめた人, さめると 3 さめたもの, 続いて, 覚めると, 醒めた様, 醒めました, 醒めると, 醒め得ないの

2 [20件] さめでも, さめない間, さめるの, まだす, 出て, 呼び覚されたよう, 呼び覺, 多くの, 夢を, 續い, 自由に, 覚めたかの, 覚めた人, 覚めた時, 覺めない, 醒めそう, 醒めたと, 醒めないで, 醒めるの, 驚いて

1 [145件] いろいろの, お蕗, お醒め, げらげらと, さへ, さめきらないひと, さめずに, さめたかの, さめたとき, さめたの, さめたばかりの, さめたらクライスト, さめた平三, さめた後, さめた様なほがら, さめた櫛まき, さめた馭者, さめないん, さめました, さめるかも, さめるので, さめるよう, さめる様子, さめる者, さめ科学的性格, さめ鈴蘭, それだけが, であったと, である, はっと覚めた, ふと目, やっと目, やつれはてて, ハッと, メザマし, 一足飛びに, 今日に, 僕は, 又別, 叩き起され眼, 呼び覚された工合, 夢の, 夢へと, 夢への, 奮い立てて, 幻に, 引きつづいた, 引戻されました, 強いら, 急に, 悪く住み慣れ, 愕然と, 愕然として, 抜出した魂, 早く醒めた, 死への, 毎時間, 消えて, 消え去って, 消え去つて, 無理に, 現にかえった, 現の, 現へ, 現在までの, 現実へ, 生れた様, 白い床, 目ざめたとき, 目ざめたよう, 目ざめた牢獄内, 目覚めた思ひで, 目醒める, 示唆され, 私は, 突然何, 素晴らしい現実, 脱ける, 脱却する, 見ると, 覚まされた時, 覚めさせられた, 覚めずに, 覚めたか, 覚めたが, 覚めたしるし, 覚めたという, 覚めたの, 覚めたばかりの, 覚めたまえ, 覚めたみたい, 覚めたら嫌, 覚めた彼, 覚めた心地, 覚めた様, 覚めた見廻すと, 覚めた面色, 覚めた頃, 覚めた風, 覚めても, 覚めない無数, 覚めまいと, 覚めました, 覚めるよう, 覚める方便, 覚め際, 覺めた思ひ, 覺めて, 起きた黒田さん, 起された時, 逃れたの, 逆に, 醒された, 醒めきらぬひと, 醒めきらぬよう, 醒めきれません, 醒めず最後, 醒めたかの, 醒めたが, 醒めたたび, 醒めたの, 醒めたひと, 醒めたわたし, 醒めた彼, 醒めた時, 醒めた気, 醒めた気持, 醒めた者, 醒めた虚脱状態, 醒めた鶴見, 醒めてからも, 醒めても, 醒めなければ, 醒めねば, 醒める, 醒める事, 醒める時, 醒める願うです, 醒め切れないよう, 醒め現実, 針が, 離れること, 霧を, 飛起きた, 驚き醒めた

▼ 夢にも~ (378, 2.1%)

35 知らなかった 24 知らずに 14 知らない, 知らないで 11 知らなかったの 6 知らないの 5 知らなかつた 4 知らなん 3 思いつかなかった, 知らず, 知らずただ, 知らないこと, 知らない事, 知らなかったん, 知らなかつたの, 知らぬ

2 [19件] よくある, 予期しなかった, 二種ある, 忘れること, 思い及ばなかった, 思はなかつたので, 気づかずに, 気づかなかった, 気付かずに, 知らないから, 知らない瑠璃子, 知らない瑠璃子夫人, 知らない私達, 知らなかつたね, 知らぬこと, 知らぬ境地, 知らぬ血, 窺ふこ, 見たこと

1 [203件] あった, あらず幻, あらず我が, あろうとは, うかがうこと, かの陰口, しらないおくの手, しらないで, しらなかつたので, しらぬ手がかり, なかった, なかつたが, なかつたらう, なかりし時頼, ならない, ならぬこと, みる十一, 与えられて, 云わせては, 企てぬこと, 似たる命, 信じては, 債鬼に, 出る名, 劣らぬ馬鹿げたこと, 及ばないこと, 及ばなくなったの, 咲かぬ櫻, 夜, 御存知に, 心づかず我と, 忘れて, 思いつかない, 思いつかなかったこと, 思いつかぬこと, 思い付かなかった, 思い付かなかった作り事, 思い及ばなかったの, 思い及ばぬこと, 思い及ばぬまま, 思い寄らぬ事, 思い知らなかったの, 思うこと, 思えるもの, 思って, 思はない處, 思ふこと, 思わなかったぞ, 思わなかったの, 思わなかったのに, 思わなかった目, 恋仲などという, 悟らなかったの, 悟らなかつたの, 想い見ること, 想は, 想ひ及ばない, 想到しない, 描かぬ土地, 書かうとは, 此難問は, 気が付かずに, 気づかず崔諒, 気づかず見せるといった, 気づかない, 気づかぬ聞, 気付かないで, 気付かないまま, 気付かないまんま, 気付かないらしいお, 気付かないらしく足早, 気付かない若, 気付かなかった吾輩, 気付かぬ気, 父が, 知らざるもの, 知らざるものの, 知らざる註釈, 知らずあくまでも, 知らずいぜん, 知らずうじゃ, 知らずお, 知らずお蔭, 知らずこうして, 知らずそれどころか, 知らずだんだん, 知らずラヴシーン, 知らず先ほど, 知らず先刻, 知らず八重, 知らず右門, 知らず吉村少年, 知らず小生, 知らず平次, 知らず彼女, 知らず忠弥, 知らず明日, 知らず本物, 知らず楽し, 知らず正直, 知らず研究, 知らず答案, 知らず翌日, 知らず薄暮, 知らず買つて貰, 知らず間もなく, 知らず非人, 知らで熟睡せり, 知らで過, 知らないうち, 知らないだろうが, 知らないでしょう, 知らないと, 知らないほどの, 知らないよう, 知らないらしかった, 知らない人, 知らない債務, 知らない六人, 知らない別世界, 知らない弥助, 知らない影響, 知らない彼, 知らない彼女, 知らない手がかり, 知らない数世紀来, 知らない族王, 知らない最上無上, 知らない栄三郎, 知らない梅雪入道, 知らない流山一刀流, 知らない海賊島, 知らない田園, 知らない療養法, 知らない筈, 知らない絶体絶命, 知らない船員, 知らない虻, 知らない親類, 知らない間, 知らなかったから, 知らなかったが, 知らなかったけれども, 知らなかっただろうところ, 知らなかったであろうから, 知らなかったという, 知らなかったね, 知らなかったので, 知らなかったのに, 知らなかったばかり, 知らなかったよ, 知らなかったよう, 知らなかった力, 知らなかった吾輩, 知らなかった女, 知らなかった山, 知らなかった御, 知らなかった淫婦, 知らなかった相, 知らなかった私, 知らなかった蛾次郎, 知らなかった誠実, 知らなかった遠い遠い, 知らなかった頃, 知らなかつたと, 知らなかつたやう, 知らなかつた新しき, 知らなければ, 知らぬあかつき, 知らぬあたり, 知らぬおらん, 知らぬご, 知らぬであろう, 知らぬと, 知らぬらしい山, 知らぬカメラ, 知らぬ事, 知らぬ二人, 知らぬ二僧これ, 知らぬ女, 知らぬ存在, 知らぬ左膳, 知らぬ様, 知らぬ気, 知らぬ珍味佳肴, 知らぬ男学員ペン, 知らぬ與八, 知らねえ, 知らねえで一生懸命, 知らんと, 知らんの, 知りたま, 知りようはず, 考えては, 考えなかった幸運, 考え及ばなかったところ, 考へて, 自分の, 見なかったこと, 見る能, 覚えざる虚聞, 覚らなかったの, 解らぬこと

▼ 夢では~ (338, 1.9%)

56 ない 50 ないかと 37 なかった 17 ないの 16 ありません 9 ないか 5 あるまいか, ないと, なかつたの, なくて 4 なかつた 3 ございませぬ, ないかとも, なく現実 2 あのとき, ありますまいか, ありませんか, ありませんでした, ありませんわたし, あるまいかと, ないかとさえ, なさそう, よく崩壊直後, 無かった

1 [100件] あったが, あつた, ありえない, ありませんが, ありませんでしたねえ, ありませんとも, ありませんもし, ありませんよ, あり得ない, あるまい, あれしかも, きわめて自然, この傷痕, ございますまいか, ございますまいかと, ございますまいね, ございません, ございませんでしょうか, ございませんイヤ, さう, すでに決定, ずいぶんはなはだしい, そう行かなかった, その一つ, それが, どうやら星ヶ岡, ないうつつ, ないかしらと, ないかなどと, ないから, ないが, ないこと, ないたしかに, ないだろう, ないだろうか, ないであろう, ないでしょうか, ないでしょうかなあ, ないという, ないといふ, ないので, ないもの, ないよ, ないん, ない今日, ない現実, ない眠り, ない確, ない私, ない糸子, ない自分, ない証拠, なかつたか, なかつたかと, なかつたと, なかつたらうかと, なかつたらうと, なからう, なからうかと, なかろう, なかろうかと, なくそれから, なくって, なくな, なくまがい, なくまさしく, なくまた, なくわたしども民衆, なくアメリカ, なくテレビジョン電話, なく事実, なく凄, なく実際, なく悪夢, なく現在, なく目の当り, なく眼, なく確か, なく私, なく近く地球, なく過去, ねえか, 何事も, 友人の, 大それた, 大抵そうである, 大部分画, 天上の, 妻の, 宿屋の, 實に, 日本に, 時々その, 月世界と, 杜自身が, 林の, 無いかと, 無いん, 無くて, 色彩を

▼ 夢でも~ (320, 1.8%)

90 見て 29 見たの 19 見たん 10 みて, 幻でも 4 ごらんに, なければ, 御覧に, 見たか 3 ない, みたよう, みたん, 見たよう, 見てるよう, 見るやう

2 [16件] あった, さめたよう, ないの, なくうつつ, なんでも, みたの, 見たかの, 見たと, 見た後, 見てるやう, 見てるん, 見ながら, 見るか, 見ると, 見るよう, 見る分

1 [96件] あつた, ありますまい, ありまた, あるよう, あれば, あれ祈らずに, あろう, いいから, ござんせぬ, ごらんの, つくりばなし, ないが, ないこと, ないらしい, ない幻, なからう, なくまた, なくまだ, なく夢魔, なく法螺, なく狼狩, なく空, なく空想, なく追って, なく道楽, なけりゃ信じられない, まぼろし, みようよ, みるかも, みるが, みるの, みるよう, もちろん幽霊, やはりこの, ゆつくり, よい, 作り事でも, 俳諧でも, 写さない限り, 可い, 夢は, 宜い, 屡々この, 幻想でも, 御覧で, 御覧なさい, 御覧なすった, 思い出して, 手品でも, 描かなければ, 昇降機より, 楽しんで, 構わない, 正夢で, 湛へ, 現でも, 現でもねエ, 眼の, 結んで, 絵そら, 芝居に, 見くさるが, 見ずかい, 見せて, 見たあと, 見たかと, 見たな, 見たので, 見たもの, 見たろうかね, 見たんで, 見てるかの, 見てるの, 見なかったかな, 見なければ, 見なすったか, 見なすったの, 見ねば, 見ましょうや, 見よう, 見ようぜ, 見よろう, 見るかな, 見るが, 見ること, 見るだけ, 見るの, 見るもの, 見るん, 見る有様, 見続けて, 視たやう, 覚めたよう, 追つて, 追ふ, 魔法に

▼ 夢~ (289, 1.6%)

28 あつた 6 あつて, よかった 4 あるいた天の川, 見たよう, 見て 3 あらう, うなされて, せうか, なくして, 見たとおり, 見たの 2 あつたの, あらねば, いっぱいで, せう, その夢, もみてるよう, 人間の, 半分現眼が, 眠り居る清吉, 見たこと

1 [199件] あつたなら, あつたらう, あなたを, あやめも, あらうか, あらうと, あらしめては, あんなこと, あツ, いいの, いつの間にか武雄さん, うつつなかっ, うなされなくなった時, うなされるって, うなされる時, おびえながら, おれを, お目, かつての, か現実, がさ, がすよ, ここを, この人, ござります, ござりまする, ごらんに, さへ, さへも, しかも毎晩, すっ, すらすらと, その堪へられぬ, そらんじた, それが, それは, それを, だいぶ火星, だつて, だよ, でもあつ, でもお, どうしたら, どこからが, どんな細かい, なけり, なしに, はきはめて, ば, ひどくうなされた, ほんとうの, ほんとにみた, また話, また逢う, みたあの, みたこと, みた草原, みて, もう夜, もござりませぬ, もって, もみてるの, もみてるやう, もみてるんで, よかつた, よく記憶, アドルフ, ドビュッシーを, ノボオシビルクスに, ミルチス・マジョルを, 一体警察, 上野なんか, 不思議な, 人々の, 人力俥なんか, 以前に, 借りた金, 催促され, 僕は, 其の事, 又すぐ, 又どこ, 可恐い, 同じ町, 多少なりともその, 夜が, 夢でない, 夢中に, 大事な, 女賊マジャーンに, 如上の, 妾は, 姫は, 導くこと, 平生忘れ, 平面も, 幾度と, 彼の, 彼は, 彼女の, 待って, 御承知, 御目, 怖いもの, 思つた通りに, 怪我を, 恋を, 惡魔の, 愛人と, 慈母を, 憧憬の, 指環を, 据えたと, 教えられたよう, 散歩し, 早く忘れ, 易経と, 更に疲れ, 正成を, 残るの, 決定され, 泣いたの, 泣いたもの, 無えよ, 焼け跡の, 焼豚のに, 父も, 異形の, 病院へ, 直次が, 眼が, 眼を, 着いた晩, 私の, 私は, 空想し, 綾子さんは, 織った帯, 美を, 而も, 聞いて, 聞くやう, 胆吹の, 自分の, 自分は, 自分を, 自由に, 舞台で, 般若が, 苦痛の, 葉書を, 葦の, 藝術する, 蝶を, 見たお姫様, 見たきり, 見たごとくたしかに, 見たそのまま, 見ただけに, 見ただけの, 見たまま, 見たもの幻, 見たよりか, 見た事, 見た千鶴子, 見た同じ, 見た女, 見た時, 見た話, 見た通り, 見ない内, 見なかつたこと, 見るあの, 見るお話, 見るとは, 見るよう, 見るん, 見る景色, 見込みを, 言つたのか, 言葉を, 訪ねて, 誰かが, 誰が, 起きあがつたの, 越え信濃路, 踏んだ屁, 逆まい, 逢いますよ, 遇つた二人が, 金持ちに, 長い間, 霊感を, 飯石村の, 高い山, 鬼にでも, 魘されまっしょう, 魘されること, 鰒を

▼ 夢~ (279, 1.6%)

7 見ずに

3 [11件] ある, それまで, なく, みる, 何も, 幻も, 現も, 結ばず, 見た, 見なかった, 見なかつた

2 [20件] ありません, ない, なし, のどかなるべし, また人生, 努力も, 希望も, 忘れて, 我我より, 托して, 曇るか, 消えて, 熱きか, 終りを, 見ない, 見ない眠り, 見ませんね, 見る, 覺めて, 通は

1 [199件] あかつきの, あこがれも, あすは, あったもの, あって, あつた, ありますので, ありや, あり希望, あるけれども, あるもの, ある青春, あろう筈, いだいて, いつか白みゆく, いま醒めたろう, おろかしくさざめく, お笑いに, お終, お終い, きっと消え, ことごとくこの, この意味, こもり花, さっぱり落し, さまさないよう, さまざまだった, さめた, さめて, さめる時, さめ果てむ, ずいぶん見ない, ずいぶん見る, それで, それと, それに, それを, ついつい山, ともすれば, ない一夜, ない深い眠り, ない陰鬱, なかなか笑, なかば覚むやと, なくて, なく写実, なく寝, なく死, なく消え, なく眠ること, なく眠る事, なく脇目, なければ, なげに, なし凶夢, なんにも見ない, はかなく消え去っ, はたしてこれ, はっきり覚え, ぽか, またかれ, また同一, また四種, また妖怪, また醒めたら忘れぬ, まだ少しは, まだ見ぬ, まるで妨げられない, まんざら取り留め, みずに, みた, みないという, みるん, むかしの, むすばぬうき, むなしい, もう夢, やすらかで, やどりぬ, やはり学問, よい, わずか九カ月, イヤな, 一切合財これで, 一炊の, 交つてゐる, 人生の, 休止の, 何ともいえぬ, 余り早く, 健康であれ, 全く覚め, 冷たき古, 冷やかに, 北極まで, 又四, 古い何本, 同然, 団には, 地獄の, 多かった, 多少は, 夜々安から, 夢でない, 大てい, 天日も, 奪へ, 姿も, 寄りこぬ白日, 幻覚も, 当然であり, 思い入った, 怪しまれると, 恐しかった, 悔も, 愛情も, 感激も, 持つて, 明るき森, 時々みます, 未来も, 本来は, 欲らず, 武力の, 殊の, 母に, 涼しい月, 深ういらせられるだろう, 減って, 温に, 満足の, 無くなるであろうと, 無し, 無し微風, 片々たる, 現実も, 現実的な, 理屈も, 痺びれはて, 皺かく, 睡眠も, 破れて, 破れるとき, 神や, 秘密も, 空しく彼, 粉々に, 紫色の, 結ばれぬの, 結びかねて, 結ぶか, 続かなかつた, 続けられた, 色彩は, 草の, 複雑な, 見ず心しづか, 見ず快眠, 見ず悶え明かした, 見たが, 見たこと, 見たその, 見たです, 見たの, 見た事, 見た材料, 見つあといくとせ, 見て, 見であり, 見ないで, 見ないね, 見ない様, 見ない連中, 見なかったぜ, 見なかったであろうか, 見なかつたこと, 見なかつたこの, 見なかつたらしく思ひに, 見なかつた安らかさだつた, 見なかつた頃, 見なくな, 見なくなって, 見なれないもの, 見やしない, 見られやしません, 見るかな, 覚えて, 覚めたん, 覚めた思い, 覚めて, 覺めたんだ, 計算の, 誘はんばかりの, 足音も, 醒めたか, 醒めて, 醒め果て衣裳戸棚, 鏡も, 香りしを

▼ 夢~ (182, 1.0%)

76 つたのだ 5 つたのか, と思っ, よ夢, 夢だ 4 つたのである, と思, なんて 3 かなんだか, つたのです, と

2 [12件] か本当, つたから, つたのかも, ということ, といっ, とする, とは思われなかった, と云, と思う, もの, わ, 幻だ

1 [104件] かあたし, かうつつ, かお, かよく, からいい, からかへつて, からつて馬鹿, からなお, からねお, からわかる, から不思議, から易者, から覚める, かわからなくなっ, か何, か分る, か実際, か正気, か死んだ, か話し, が, がこの, けれどいつ, そうである, ぞと知っ, ぞと知つて, つた, つたあゝ, つたか, つたことに, つたそれは, つたと, つたのかしら, つたのが, つたのでございませう, つた卓一との, つた夢は, つた私の, つた聖人夢なし, つて, つておれと, という事, という気, という考え, といふ, といわれた, とおもわれた, とかいっ, ときめた, とけなした, とされ, としてもその, とすれ, とはどうしても, とは思わない, とは思われない, とばかりも思えなくなっ, とも幽霊, とも思われまい, とわかり, と云っ, と信じ, と思い, と思いたかった, と思いました, と思うだろう, と思った, と思はれた, と思われる, と承知, と気づき, と知っ, と知る, と笑, と考へ, と言, と言っ, な, なあ, なぞと, なと気がつい, なと確信, など苦笑, なんぞと仰つ, なんて捨台辞, なア, ね, まア聞け, やら, よそれ, よ俺, よ天下, よ誰, わい, わねえ, 何もかもなかっ, 夢だの, 夢で, 夢を, 幻影だ, 幽霊を, 空想だ, 邪推だ, 長い夢

▼ 夢~ (97, 0.5%)

8 現か 4 まぼろし, 幻か 3 幻の, 現かの 2 うつ, こは, 何か, 何かを, 短命の

1 [65件] あらずま, あらぬかを, あるいは戯造, うたかたの, うつつか, うつつに, うつつの, お伽噺みたいな, かすみの, したたる, しらん, その判断, それとも幻, ちょと, とおも, どうか, なぞの, まこと, まぼろ, アおや, テレビジョンか, 事実か, 今は, 伝奇の, 何かでは, 何ぞの, 前が, 夢ちょう里に, 夢でなかった, 夢では, 夢の, 夢を, 天魔でも, 奇蹟としか, 寝附, 将た, 幻を, 昨日の, 武庫の, 気紛れの, 浮世かの, 犬かと, 現かと, 現かとも, 現だ, 現にこう思い, 現に聞きました, 現に覚え, 現の, 畢竟夢, 皆なあらず, 知ら, 知らね, 知らん, 私の, 空華の, 胡蝶の, 花ぞの, 蜃氣樓, 見給, 覚えて, 覚か, 諦めである, 間違いかと, 青葉の

▼ 夢ばかり~ (90, 0.5%)

26 見て 8 見る 5 では, みて 3 見た, 見つ 2 見るが, 見るん

1 [36件] だ, だった, であった, である, でしたよ, です, なこと, ならまだ, なる契り兄君, なる水蒸気, な眠り, みつづけながら, みてると, みてるん, 夏の, 御覧なさる, 空想し, 見せられて, 見せられてるん, 見たもの, 見た四十九年, 見た水, 見つづけて, 見つづけましたので, 見ました, 見られます, 見るから, 見ると, 見るなり, 見るの, 見るので, 見るよう, 見るわけ, 見続けた, 見続けて, 追って居りました

▼ 夢とも~ (87, 0.5%)

33 現とも 8 うつつとも 7 なく現 3 幻とも 2 うつ, つかぬ絵姿

1 [32件] つかずに, つかないもの, ないやう, ないよう, なくうつ, なくうつつ, なく幻, なく現実, なく私, なく聯想, なる, まったく違っ, わかず, わかぬなか, 上氣とも, 分からなくな, 匹敵する, 思われて, 思索とも, 最後かも, 消えて, 消えで, 現実とも, 知らずありてなければ, 知らずに, 知らないと, 知らない女, 知れぬ夢, 空想とも, 見紛, 覚えぬほど, 謎とも

▼ 夢だった~ (80, 0.4%)

12 のか 5 のだ 4 か, かしら, かも知れない 3 のかしら 2 の, のである, のです, のに違い, よ, ようにも, んだ

1 [34件] かしらん, かなあと魚容, かのよう, かは判らない, かは思い出せなかった, かばかばかしい, かもしれない, かもしれねえ, からである, からな, から心配, か僕, がしかし, がでも, が寝かせ, が私, ことが, ことを, ぞ, といわぬ, としか思われない, にちがい, のかしらと, のかと, のかも, のそして, のだろう, のでしょう, ので土地, ので目, めでたしめでたしと, ような, ように, 事も

▼ 夢~ (71, 0.4%)

12 んだ 10 のだ, のです 9 のか, のである 4 んです 2 の, もんです

1 [13件] ざ, のかも, のであろう, ので不思議, ので顔, のどの, のよ, の仰しゃい, ものです, んじゃ, んだろう, んでげしょう, んでございます

▼ 夢~ (63, 0.4%)

2 希望が, 驚かさむ

1 [59件] おへん, かて, この一二年前, な, ないの, なかってんなあ, なぞを, イヤな, キチガイ状態の, フォーヌの, ロマンティシズムばかり, ヴァニティが, 世間の, 休息が, 伯有の, 前兆の, 千魂を, 嚔や, 太骨へ, 小豆の, 希望から, 希望と, 希望など, 希望などと, 希望を, 幻でなく, 幻に, 幻の, 幻は, 幻を, 幻影では, 幻覚でなく, 忍ぶらむ, 思て, 悔恨で, 想像力や, 意欲をも, 感激つて云ふ, 慰めを, 憤怒や, 憧れや, 散歩を, 新聞は, 熱が, 狂気にまで, 玉の輿に, 理想の, 真摯な, 空想では, 空想に, 空想や, 粉飾を, 聞いてるん, 自動的に, 苦い汁, 警察に, 迷信を, 釜鳴りを, 錯覚の

▼ 夢~ (62, 0.3%)

21 助の 12 助は 5 助が 4 助と 3 助に, 助を 2 助さんの, 助だ 1 助さ, 助さんが, 助さんに, 助だけ, 助である, 助という, 助には, 助はじめ, 助らの, 助彼の

▼ 夢であった~ (61, 0.3%)

5 のか 4 かもしれない, のです 3 のかと 2 かそれとも, にちがい

1 [41件] か, かと覚る, かな, かも知れない, かわからない, かを区別, か今, か夢, か思いだす, か思い出す, か楽しい, か現, か起き, がどういう, が幽霊, が洞斎老人の, ことを, ために, ということ, というよう, といふやう, とお, と忘れ棄てる, と思う, と思われ, と知れ, と胸, のかも, のだ, ので, のであります, のである, のであろう, よ, ような, 事を, 場合には, 整備された, 方が, 昨夜の, 私は

▼ 夢~ (61, 0.3%)

52 に逢, の漫談, の芸

1 [50件] が, がひょっこり, が不参, が浪花節, が言ってる, であり高山徳右衛門, でかもめ, でやった, でやる, といふメムバー, と僕, と共に旅行, と生駒雷遊, と藤原釜足, と酒間, と酔余, におかぼれし, に似, に比すべき, のよう, の一文, の二友, の代り, の先蹤, の出演, の堅き, の声, の御両, の漫談発表会, の紹介状, の老け, の解説がい, の進境, はトーキー以来漫談, はボク, は天才ナリ, は最前, は本日, は永遠, も仏, も招き, も高山徳右衛門, も高篤三, を中心, を代り, を入れ, を楽屋, を見舞, を語る, 来りとても

▼ 夢という~ (56, 0.3%)

10 ものは 5 のは, ものが 3 ものを 2 のが, ような

1 [29件] ことに, ことは, ので, のはね, もので, ものにも, ものの, ものも, バールの, 一行が, 名高い定理, 夢が, 夢を, 奴は, 忘れて, 思念が, 恐ろしきもの, 感じが, 文字に, 気, 現象の, 至ってまじめ, 興奮を, 言葉が, 言葉で, 言葉は, 話が, 頭を, 風に

▼ 夢である~ (51, 0.3%)

4 ことを 3 かも知れない, ばかりでなく, ような 2 か現, ことは, ことも, のか

1 [30件] か, かまたは, かもしれない, がこの, がしかし, が惜しい, ことに, ことの, と, ということ, という悲しみ, という気持, という風, といふ, といふこと, といふ風, といわね, とすれ, と考えた, にし, にしろ, にせよ, はずは, やうな, ように, 事が, 寂しいとも, 故彼, 筈は, 限り素養教育

▼ 夢かと~ (49, 0.3%)

3 思ふと, 疑うよう 2 よろこんで, 思う, 思うよう, 思った, 思って

1 [33件] おぼして, それまで, まどひ, よろこび使者, わしは, 喜び迎, 思いましたが, 思うと, 思うばかり, 思ったの, 思はる, 思ひなさんと, 思ふ, 思ふかな, 思ふので, 思ふばかりの, 思ふ湖畔亭, 思へば, 思われます, 思われるよう, 疑い楽隊, 疑えば, 疑えり, 疑はん, 疑ふ心, 疑われて, 眼を, 言った, 許り, 顔を, 驚きし平家, 驚喜し, 驚喜の

▼ 夢なら~ (47, 0.3%)

42 ば, ば仕方, 夢で

1 [37件] その大望, では御幸, では有, なくに, ばあれ, ばいつ, ばここ, ばさ, ばさめ, ばさめない, ばと一笑, ばと繰り返し思う, ばどうぞ, ば夢, ば大きかれ, ば彌勒, ば思い切っ, ば改めてゆっくり, ば早く, ば海, ば見る, ば醒めよ, まだ好い, むさて, む事を, んと, んとは, 何もかも, 何時までも, 僕が, 同じ夢, 夢でも, 夢と, 大抵知れ, 宜いが, 手荒に, 自分にも

▼ 夢には~ (47, 0.3%)

3 色彩が 2 あらずやと, よく利く, 二匹の, 大概色彩が

1 [36件] あらでふと, あらぬそら, いつもその, おかまいな, こだわらぬつもり, これから導かれよう, しばしばそれ, せぬ, その例, ついて, もうがっかりだ, プルウストの, 下駄を, 今でも, 冷たけれども, 列なめ, 前の, 夢を, 始終アヌンチヤタ, 定めて, 宝塚歌劇場の, 指の, 未来が, 本多の, 桜は, 滾, 無きもの, 現れるの, 現われずに, 男が, 色の, 苦しめられるという, 蕨の, 角が, 野末の, 非ず

▼ 夢~ (47, 0.3%)

2 はその

1 [45件] がかけあっ, がちょッ, がゲンコ, が世話, が例外的, が地所, が差料, が悪所, が真, が知行所, が答え, するは, だから, である, という先生, と号, と新太郎, にたのん, に向っ, に止めさせ, に話, のところ, のもと, の同流, の覚悟, はそれ, はまず, はわざと, はカゲ富, はトンチャク, はハイ, は仕方, は十六, は合羽持, は大きに, は威張っ, は岡野, は散々高慢, は旅費, は武芸者, は源兵衛, は紋服, は翌日お供, は部屋, を恨み

▼ 夢じゃ~ (46, 0.3%)

6 ないか 3 ない, なかったの, アない 2 ないかいな, ないな, ないよ, ないわ

1 [23件] ありましねえ, ありません, ありませんから, ありませんよ, あるまい, ございませんお, ないかしらと, ないかと, ないぞ, ないだろうねえ, ないでしょう, ないでしょうね, ないやっぱり, ないん, ない我が, ない本当, なかったかと, なかったかな, なかったん, なくて, ねえの, 実に怖い, 諦めしゃんせ

▼ 夢より~ (45, 0.3%)

3 覚めて 2 さめて, 見ないん, 醒めて

1 [36件] さめし, さめた, さめたるとき, はかない物語, はるかに, ほかに, ほかには, もっと複雑, もつと, 不可思議な, 他は, 出なば, 外に, 夢に, 得られないと, 淡いもの, 淡い空想, 淡き小, 淡く, 目覚めぬ, 目覺めぬ, 科学の, 綺麗な, 美しいもの, 若くなつかしき祭, 見覚めさせ夜, 覚めしが, 覚めたよう, 覺めて, 醒すこと, 醒めた, 醒めたらんよう, 醒めたる面持, 醒めた普国, 醒め候, 醒め僕

▼ 夢とは~ (44, 0.2%)

2 思われない

1 [42件] いえまた, いえ馬, いかなるもの, これさ, だいぶ趣き, ちが, どんなお, なり果てて, また別個, まったくべつ, 人間の, 何ぞや, 何だろう, 何と, 信ぜられぬ理知, 催眠中の, 別物である, 受けとれないほど, 幸福の, 思いませぬもの, 思えないあきらめられない人間, 思えなかった, 思へないくら, 思わないが, 思わない覚めて, 思わなかった, 思われないで, 思われなかった, 思われませんして, 思われん, 比較が, 永遠なる, 異って, 異つて, 睡眠中思想上に, 知らぬ現に, 知りながらも, 自己の, 違い自分, 醒めたれ, 関係の, 面白い

▼ 夢にまで~ (44, 0.2%)

3 見て 2 見る, 見るよう

1 [37件] うつりし花, はいって, ほんとうに, みた時代, みつ, みて, みるという, みる強敵, 五円札十円札を, 八雲が, 出て, 口に, 君は, 恋いこがれて, 持ち越す執念, 持ち込んで, 私を, 肝癪, 苦しい目, 英語の, 見た, 見たい程饑, 見たの, 見た寢臺, 見た小歌, 見た折井, 見た魚釣, 見ないでは, 見ながら, 見ます, 見るです, 見るに, 見るんで, 見る位, 辿りついて, 追いかけたもの, 鱈腹食っ

▼ 夢にでも~ (43, 0.2%)

4 見て

1 [39件] あの女, あり相, いいから, いらっしゃる所, うなされた様, うなされて, おそはれたらしく急, おそわれたよう, おそわれたらしく急, お目にかかりましょうねえ, ございましたら私, その人, みたの, よいお, 上ったか, 上つたか, 何らかの壮麗, 十分に, 呪はれ, 夕顔を, 忘れては, 思ひ出した時, 想像する, 想像できる, 文句を, 浸って, 立派な, 美くしき, 考えたこと, 行けば, 襲われたよう, 見たい, 見たいよ, 見たこと, 見たら悲鳴, 見るやう, 見る工夫, 通え, 魘されたの

▼ 夢みたい~ (39, 0.2%)

12 なこと 6 な話 5 な事 4 な気 3 なもの 1 で嬉しく, なもん, なエタイ, な告白, な希望, な空想, な設計図, にあの, に金

▼ 夢でない~ (38, 0.2%)

3 ことは, 証拠には 2 とする, とすれ, と悟らね, 本当だ

1 [24件] かとうれしい, かと心配, かと疑はる, かと驚きまし, かと驚きました, ことが, ことを, ということ, としたら, と主張, と考へ, と言いたい, のかしら, やうな, ように, 世の中は, 以上は, 夢でない, 実現性は, 幻影でない, 所を, 方の, 現実の, 空想でない

▼ 夢さめ~ (35, 0.2%)

42 ては現, て驚く

1 [27件] ざらん, てその, てただ, てとか言, てなほ暫らく, てねやにただ, てのところ, てはう, てはっと, ては幻, てふっと, てわれ, て人, て再び, て呼ぶ, て失念, て席上, て思, て思う, て怱如飛行機上, て武男, て涙, て清きみ山, て空, にけり, やすし, 人を

▼ 夢窓国師~ (32, 0.2%)

2 より上等

1 [30件] がおれ, がこの, が中興, が建てた, だと, とどっち, と大, なぞは庭, なの, になる, に似, に関係, のもと, の何人, の原案, の和解, の斡旋, の許, の遺誡, の開山, はそんな, は吉野方, は尊氏公, は自分, も家根, も少し, も言った, や大, よりこっち, を訪ね

▼ 夢よりも~ (31, 0.2%)

1 [31件] あざやかである, いっそう不思議, いや, いやいや深き, しずかに, たかくのびた, たよりなく, つかまえどころ, はかない目論見, まだ愚かしい, もっとおそろしい, もっと頼り, 不確実, 僕の, 分別が, 切実に, 尚ほ, 幽に, 淡い静けさ, 淡きを, 淡く, 淡く消え, 淡く過ぎ, 淡し詩人, 深く長かつ, 美くしか, 美しい物語, 美なり, 艶に, 苦しい, 虹よりも

▼ 夢かとばかり~ (28, 0.2%)

2 喜んだ, 喜んで, 驚きました

1 [22件] よろこびました, よろこんだ, 一度は, 云ひ知れぬ, 声さえ, 思わせた, 愕いた, 愕き, 打驚き, 抱えて, 据えて, 旅僧の, 札束と, 歓んだ, 歓んで, 狂喜した, 眼の, 躍りあがって, 驚いて, 驚きながら, 驚きまして, 驚き歎い

▼ 夢にだに~ (25, 0.1%)

2 安らかな, 思い得なかったであろう, 見なかつた大いなる

1 [19件] おもひし, 入らざるもの, 忘れたこと, 忘れないで, 思わなかったであろう, 思得候は, 想は, 知らざるやう, 知らずに, 知らなかった, 知らなかつたと, 知らねばこそ, 継ぎて, 見えこぬ魂, 見えざりける津々浦々, 見ざるところ, 見しこと, 見ぬよう, 見ん夢

▼ 夢といふ~ (22, 0.1%)

5 ものは 3 のは 2 ものの, 奴は 1 なるいつ, もの, ものはネ, ものを, やつは, 世に, 太夫が, 果敢ないもの, 言葉で, 非現実的

▼ 夢~ (22, 0.1%)

2 中巌

1 [20件] が, が彼, が禅家, ごとき者, だの, だろう, といい, と号, には分っ, のよう, の両, は, はあまり, はこれ, はまず, はやや, は後醍醐, も其許, を追って, を追放

▼ 夢なんか~ (20, 0.1%)

2 みないん, 見て

1 [16件] ちっとも見ない, どこかへ, ほんとにしない, みないのよ, みないわよ, みなくっても, 僕は, 捨てて, 滅多に, 見ないから, 見ないの, 見やがって, 見やしない, 見やしないこと, 見るはず, 見るん

▼ 夢~ (19, 0.1%)

4 のお 3 と名乗っ

1 [12件] が当家, が羽織見番, こそは当り矢, だ, という名, とか名乗っ, となっ, とまつ川, と身, になった, もちろんこの, を押し戻す

▼ 夢です~ (18, 0.1%)

641 がこれ, が恐らく, こと, ね, のほんとに, もの, ものね, わね

▼ 夢~ (18, 0.1%)

2 の絵

1 [16件] が大正中世上木, が好ん, が美しい, などいふ, などがその, などの絵, にはもう, に似, の, のこの, のロマンティシスム, の人生感想, の描く, の插画, の装飾的画, を追慕

▼ 夢として~ (17, 0.1%)

1 [17件] ここに, この二要素, さへ, すこしはっきりした, 不思議に, 今日の, 喜んで, 売りに, 打ち消して, 扱って, 抱いて, 描きあらわす, 書かれて, 破れ去り, 自覚できず, 葬っただろうし, 身辺に

▼ 夢との~ (17, 0.1%)

2 比較を

1 [15件] うちに, 世界であり, 二つの, 交錯する, 会合が, 共通点が, 境が, 境に, 境の, 境を, 心理の, 斯くも, 間に, 間には, 關係と

▼ 夢としか~ (16, 0.1%)

2 思えない, 思はれない, 思われない 1 思い出されません, 思えなかった, 思はれなかつた, 思へませんでした, 思われないの, 思われなかった, 思われなかった海, 考えられないの, 考えられないわ, 考へられない

▼ 夢なる~ (16, 0.1%)

1 [16件] か, か夢, か現, が故に, もの, ものと, ものを, もの全く, やよく, を夢, を説き, 一本百合の, 事あり, 人の, 作を, 文字を

▼ 夢でなく~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある日, これは, ては堤, て今, て何で, て何ん, て嫌, ともさまで, ほんとうの, もう一ぺん, ッて, 実現する, 本当にこの世, 本当に在る, 突然感ずる

▼ 夢にのみ~ (15, 0.1%)

2 生きむとする努力, 生きること, 見しは 1 光ほのかに, 山路を, 情熱的で, 打沈められるの, 描いて, 現われた不動様, 知りうるところ, 見て, 響いて

▼ 夢であっ~ (14, 0.1%)

2 てくれれ, てそれ 1 たりうつつ, ておそらく, てくれたら, てどこ, ても想いだす, てよかっ, て夢, て実際, て悲しみ, て自分

▼ 夢ばかりを~ (14, 0.1%)

3 見続けて 2 見て, 見續 1 みた, 分析し, 描いて, 胸に, 見せられては, 見た, 見るん

▼ 夢をも~ (14, 0.1%)

2 驚かしたらしい

1 [12件] みずに, 一度見なおさね, 修養の, 失わずここ, 奪い取って, 得こそと, 描いて, 破りぬべし, 結ぶに, 自分の, 頬張るといふ, 食う貘

▼ 夢~ (14, 0.1%)

2 して

1 [12件] しあらわれて, し現われるよう, する生命, である, でも外, と地形, に移り, のうち, の巷, をフラフラ, を繰返し, を行った

▼ 夢~ (13, 0.1%)

9 やない 1 やありま, やありません, やなかつた, やア

▼ 夢なれ~ (13, 0.1%)

31 と願, ど実際, ばこそ千尋, ばこそ覚め, ば一門, ば我, ば描け, ば決鬪, や四十, や苔

▼ 夢らしい~ (13, 0.1%)

2 夢を, 心もちが 1 ぞ, ぞいやそう, ところが, ところである, ところに, のは, ものは, ようにも, 夢が

▼ 夢でなけれ~ (12, 0.1%)

21 ばそれ, ばならない, ばなりません, ばまあ, ばまさに, ば今我々, ば何, ば狐, ば私, ば魔

▼ 夢とが~ (12, 0.1%)

1 [12件] あまりすく, ある, はぐくまれるの, 不思議な, 決して確実, 決して確實, 相接続, 相鬪, 私を, 純粋に, 融合しなけれ, 表裏一体を

▼ 夢とを~ (12, 0.1%)

2 超越した 1 いま更の, 一緒に, 多分に, 平和に, 率直に, 組みなせし, 維ぐ美しい, 綯い合わせた風情, 載せて, 運んで

▼ 夢多き~ (12, 0.1%)

2 青年の 1 こそわが, わが身は, 一少, 処女の, 少年の, 年代の, 時代です, 空想だ, 純潔な, 青春の

▼ 夢かの~ (11, 0.1%)

4 ように 2 やうに 1 ここち, ようである, ようです, わたり都邊, 心地こそ

▼ 夢かも~ (11, 0.1%)

2 知れない, 知れないが 1 しれないと, しれませんわ, 知れないけれどと, 知れないよ, 知れなかった, 知れぬ, 知れません

▼ 夢さら~ (11, 0.1%)

3 浮いた心 2 思わなかった 1 ない奴, 御厚意蔑, 悪く思う, 気付こうはず, 無い奴, 致すまじけれど

▼ 夢だつた~ (11, 0.1%)

21 かしら, かそれ, かと思ふ, かな, が, がそこ, けれどもその, やうな, んでございます

▼ 夢なり~ (11, 0.1%)

2 けらし, 今は 1 かし, けれと, こころづくしの, し, しかと疑ふ, 吾人は, 生の

▼ 夢にさえ~ (11, 0.1%)

2 思い出す 1 忘れたこと, 思わなかった, 我名を, 考えた事, 見しためし, 見たこと, 見たもの, 見て, 見られぬ苦し

▼ 夢~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかなるいつ, かの蒼空, この時, ただへ, みんな, サフランと, 安かれ, 歡樂の, 迷よと, 醉ふらん薔薇の, 錯覚よ

▼ 夢~ (11, 0.1%)

1 [11件] からこつねんと, にちがい, によって赤盾八枚赤矛八竿, により白馬, によるお召, によれ, に成る, の一偈, の偈, はうそ, を授けた

▼ 夢からでも~ (10, 0.1%)

3 醒めたやう 2 さめたよう, 覚めたよう, 醒めたよう 1 さめかかった人

▼ 夢ごこち~ (10, 0.1%)

1 かな, だった, であったが, で芸術, で茫然, で言われる, なる耳, になっ, に泳ぐ, に違い

▼ 夢~ (10, 0.1%)

1 へ, へのどか, へも恵まれぬ, へも見る, へ結ぶ, へ翅, へ見ず, へ見ませんでした, へ遂に, もあらめ

▼ 夢であろう~ (10, 0.1%)

42 はずは 1 という暗喩, とその, イヤ事実, 筈も

▼ 夢などを~ (10, 0.1%)

2 見て, 見るの 1 この地上, 心地よく長引かす, 思い出して, 死後の, 見るもの, 追ふよ

▼ 夢において~ (10, 0.1%)

2 その同じすべて, では 1 保たれて, 後に, 後になつ, 私が, 起るごとく突然, 起る如く突然

▼ 夢~ (10, 0.1%)

1 切ル斧, 得ルガ如ク, 得ルガ如ク云々, 見テイタ, 見マス, 見ル, 見ルガ如シ, 視ツメテイタ, 説クト一般ナリ, 説クベカラズ達人ノ

▼ 夢遊状態~ (10, 0.1%)

2 に陥り, の存在 1 から醒めかけ, から離脱, が実現, の一挙一動, を繰り返させられ, を誘発

▼ 夢さえ~ (9, 0.1%)

1 みる, もって, 夢が, 描くもの, 苦しかるべし, 見た, 見たこと, 見ないであろう, 見ること

▼ 夢そのもの~ (9, 0.1%)

1 がなに, だ, の絵, の面白, は過去, も次第に, よりかえって, をさ, を見る

▼ 夢だろう~ (9, 0.1%)

51 か凶夢, ぐらいで私, じゃない, 夢でなくっ

▼ 夢~ (9, 0.1%)

8 ふもの 1 居るといふ

▼ 夢など~ (9, 0.1%)

1 あてに, あるべきか, えがかない方, 思い出し笑いながらも, 抱いて, 牛鍋の, 見ては, 見る, 見るらん面色

▼ 夢声君~ (9, 0.1%)

2 と私 1 が青春懐古, といふ難物, なども正しく, の, のごとき, は, は一高

▼ 夢声老~ (9, 0.1%)

1 が訪ね, とちがっ, にし, のよう, の如く, の設計, はさらに, は二十何歳, も幽霊

▼ 夢心持~ (9, 0.1%)

1 から解き放され, でこづいた, でカストリ社, で同感, で逃げる, になっ, によろこび, にワクワク, のマンナカ

▼ 夢見山~ (9, 0.1%)

1 には石楠花, の中腹, の方, の腹, の間道, の頂き, は東南, へは上らせない, へ分け上り

▼ 夢~ (9, 0.1%)

1 いつしか飛ん, によっていわゆる, のさけびをあげさせずに, まだ醒めやらぬ, を繞, を醒まされた, 夜な夜な京, 常に遊ぶ, 空しく傳通院畔

▼ 夢こそ~ (8, 0.0%)

1 かよへ, ひかりひま, 一時青き, 乃ち熱き, 切に願, 哀れなれ, 振つたもの, 見たこと

▼ 夢であり~ (8, 0.0%)

1 そして現, ながら伊太夫, また一つ, シンフオニイである, 一九五一年の, 同時に現実, 夢の, 長く望ん

▼ 夢でした~ (8, 0.0%)

2 か, よ 1 から見せられた, そんなこと, と来る, の

▼ 夢ならぬ~ (8, 0.0%)

1 その我が姿, を夢, を證せん料, 世にも夢, 世界に, 現実を, 現實, 顔を

▼ 夢によって~ (8, 0.0%)

1 この二重人格, その運命いかん, 出現した, 判断すれ, 卜し得る, 大いに神秘的, 幾多の, 我らを

▼ 夢~ (8, 0.0%)

1 でこづいた, で仏教, になっ, に其間, に引入れられ, に起しました, に近い, に過ぎゆけ

▼ 夢~ (8, 0.0%)

1 になお, に入る, に呑みつる, に悲しく, に經驗, に逍遙遊, の人, の変化

▼ 夢覚め~ (8, 0.0%)

1 たり, てつらつら, ての夢, て今日, て燈冷, て父, て狐, て繁声

▼ 夢さん~ (7, 0.0%)

1 と來, に夢中, に死ぬ, のツルゲーネフ, の悲鳴, の騷ぎがあつてから, を介抱

▼ 夢でなかった~ (7, 0.0%)

2 証拠には 1 かが判定, かも知れない, ことを, と思いました, 事を

▼ 夢などは~ (7, 0.0%)

1 ろくなこと, 夢の, 持合さなかつた, 泣かぬばかりに, 見さ, 見て, 見ぬわが身

▼ 夢にばかり~ (7, 0.0%)

2 現にばかり, 耽つて 1 一心で, 積極的で, 耽って

▼ 夢のみ~ (7, 0.0%)

1 たまと, だれか, では, なもと, 多くある, 多く或, 夢を

▼ 夢かう~ (6, 0.0%)

2 つつか愕 1 つつか, つつかなよ竹, つつかの境, つつか温かい柔かい

▼ 夢~ (6, 0.0%)

2 逞ましき 1 かし, ほほゑめる, よしあし, 卷きて

▼ 夢であれ~ (6, 0.0%)

2 かしと, 幻影であれ 1 ばい, 死であれ

▼ 夢でしか~ (6, 0.0%)

1 ありえまい, ない, ないが, なかった, なかつた, なくはかない現実

▼ 夢でしょう~ (6, 0.0%)

41 かどうぞ, か現在

▼ 夢まで~ (6, 0.0%)

1 もち出すほどの, 拵え出して, 百姓らしい, 見たの, 見ちゃ, 見てたん

▼ 夢をでも~ (6, 0.0%)

1 みるよう, 思い出したらしい時, 思い起すよう, 掴むよう, 見てるよう, 辿るよう

▼ 夢一つ~ (6, 0.0%)

1 はかく, みなかった, を守っ, 見ない睡眠, 見ませずに, 見るでも

▼ 夢判断~ (6, 0.0%)

2 をし 1 に拠る, のおかげ, の神籤, をする

▼ 夢~ (6, 0.0%)

1 せめて夢, でした, でなくて, なさらぬよう, の何と, の畳める

▼ 夢~ (6, 0.0%)

2 の裔 1 と共に骨董店, と名, の嫡流, は丹下

▼ 夢遊歩行~ (6, 0.0%)

2 に倅, はまだ 1 となり, となりつ

▼ 夢だけは~ (5, 0.0%)

1 いささかも, いつも失っ, 失いたくないの, 格別だ, 確に

▼ 夢とや~ (5, 0.0%)

2 ならん持つまじきは 1 いふべき, げにも, 言はん春の

▼ 夢なし~ (5, 0.0%)

1 だ, といふ, といふせめて, の感, ほつかり覚めて

▼ 夢ばかりは~ (5, 0.0%)

1 書いて, 破れますまい, 見て, 見られず唯, 見られない

▼ 夢ほど~ (5, 0.0%)

2 様に 1 楽しいもの, 理想的でなく, 青年の

▼ 夢よりは~ (5, 0.0%)

1 いっそう切ない, はるかに, 一層遠く, 一層長き, 幻影である

▼ 夢占い~ (5, 0.0%)

2 と称し 1 の言葉, をさせました, をする

▼ 夢声さん~ (5, 0.0%)

1 が讃, には話した, に会ったらわすれず, に聞かね, の名

▼ 夢声氏~ (5, 0.0%)

1 が今度われわれ, が随筆, と対談, の名, や花森安治氏

▼ 夢大阪~ (5, 0.0%)

4 の夢 1 の夢とい

▼ 夢~ (5, 0.0%)

1 があり, がため, と母, は長崎崇福寺, 深し

▼ 夢浮橋~ (5, 0.0%)

1 が当たり, ときまった, の演, の衣裳, を振りつけ

▼ 夢~ (5, 0.0%)

1 に悲喜, に看過, に遊べる, のたま, 過看

▼ 夢~ (5, 0.0%)

1 では一方, とはよく, に於ける, は枯骨, へ行つて

▼ 夢~ (4, 0.0%)

1 ほき, ほく見るわかう, もひ, わすれあっては

▼ 夢かとも~ (4, 0.0%)

1 思う, 思えるが, 疑へ, 疑われた

▼ 夢としては~ (4, 0.0%)

1 さのみ, ふさわしいもの, 炭焼長者の, 諦めかねる母

▼ 夢と共に~ (4, 0.0%)

1 宿して, 強い印象, 生きつづけたの, 自分自身を

▼ 夢ながら~ (4, 0.0%)

1 そういう鬼, 可恐く, 奇や, 承知し

▼ 夢なぞを~ (4, 0.0%)

1 気に, 氣に, 見るよう, 視た

▼ 夢ならざる~ (4, 0.0%)

1 か, を明め, 如く, 虹の

▼ 夢ならず~ (4, 0.0%)

2 現なりけり 1 と為, と謡った

▼ 夢なんぞは~ (4, 0.0%)

1 あてに, よかった, 感覚的な, 毎晩の

▼ 夢なんぞを~ (4, 0.0%)

1 なんだって, 度々見る, 本当にし, 見て

▼ 夢なんて~ (4, 0.0%)

1 あてに, ありゃしない, よくよくだ, フロイドに

▼ 夢にしか~ (4, 0.0%)

1 過ぎないでしょう, 過ぎなかった細木家, 過ぎなかつた細木家, 過ぎませんでした

▼ 夢にすら~ (4, 0.0%)

1 こんな願っ, みては, 考へて, 見て

▼ 夢にや~ (4, 0.0%)

1 倦みし北, 摘まむしろ, 月を, 死なんうつ

▼ 夢ばなし~ (4, 0.0%)

1 ではとる, などふだん, に格別, は作り事

▼ 夢むすび~ (4, 0.0%)

3 憂くこれ 1 て千万言

▼ 夢らしく~ (4, 0.0%)

1 て困る, もあり, もあれ, もない

▼ 夢中の間~ (4, 0.0%)

1 に体中, に千代子等, に心配, に筋肉

▼ 夢二さん~ (4, 0.0%)

1 が上, にこよなき, の方, は嘗て

▼ 夢~ (4, 0.0%)

2 かりし吾身 1 かりし幼時, とでもいはう

▼ 夢多し~ (4, 0.0%)

1 このごろいろんな, 昨日読みすぎた, 是非も, 老いて

▼ 夢思想~ (4, 0.0%)

1 の全体, の国, の圧縮, の網目

▼ 夢~ (4, 0.0%)

1 して, し當時, するのみ, するもの

▼ 夢深き~ (4, 0.0%)

2 君が 1 ここの, 舟歌を

▼ 夢~ (4, 0.0%)

1 が, といふ老人, は聞いた, よりもづつと具象的

▼ 夢知らせ~ (4, 0.0%)

1 があった, の次第, を信用, 醒むれ

▼ 夢破れ~ (4, 0.0%)

1 たり, て枕, て粟膚, 公は

▼ 夢解き~ (4, 0.0%)

1 という言葉, の名人, を以て利害, を呼ん

▼ 夢~ (4, 0.0%)

3 ひに 1

▼ 夢遊発作~ (4, 0.0%)

1 のあと, の暗示作用, を初める, を見せられた

▼ 夢~ (4, 0.0%)

1 の観音, ひ, ひ獏, へ

▼ 夢違観音~ (4, 0.0%)

1 と俗称, と同, は所謂天平前期, は新

▼ 夢酔道人~ (4, 0.0%)

21 の丹精, も管

▼ 夢~ (4, 0.0%)

2 むれば 1 と題し, の状態

▼ 夢醒め~ (4, 0.0%)

1 て初めて, て哭かず, て唯, て我身

▼ 夢あり~ (3, 0.0%)

2 眠あり 1 て此

▼ 夢おだやか~ (3, 0.0%)

1 ならず明けぬ, に日, に明

▼ 夢かとばかりに~ (3, 0.0%)

1 おどろきました, びっくりしました, 驚いた

▼ 夢がと~ (3, 0.0%)

1 ほい, 切れたという, 切れて

▼ 夢この~ (3, 0.0%)

2 頃は 1 じぶん

▼ 夢ごころ~ (3, 0.0%)

2 には姫 1 に陰った

▼ 夢さそふ~ (3, 0.0%)

2 夜や 1 にほ

▼ 夢さらさうした~ (3, 0.0%)

2 樂しらしい 1 楽しらしい

▼ 夢しか~ (3, 0.0%)

1 与えなかった, 何ひとつ持ち, 見ない

▼ 夢そして~ (3, 0.0%)

1 敗残没落の, 明け方には, 素子の

▼ 夢その~ (3, 0.0%)

1 割合最も, 夢を, 物は

▼ 夢ただ~ (3, 0.0%)

1 の眠り, 瀬田川の, 見初めたるのみ

▼ 夢だけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 見て

▼ 夢だけに~ (3, 0.0%)

1 極めて漠たる, 楽しんでも, 繋がれて

▼ 夢だつたらう~ (3, 0.0%)

1 か幻影, それは, 私は

▼ 夢って~ (3, 0.0%)

1 ないわ, ほんとにそれ, 見たこと

▼ 夢であったら~ (3, 0.0%)

1 ようございます, 永遠に, 諸君に

▼ 夢とては~ (3, 0.0%)

2 同じく夜叉 1 なかりしぞや

▼ 夢とで~ (3, 0.0%)

1 うつら, 一ぱいに, 重々しい長い喪心

▼ 夢とのみ~ (3, 0.0%)

1 懐しき儘, 或は瑰麗, 打ち興じて

▼ 夢とばかりは~ (3, 0.0%)

1 いわれなくなって, 信じられぬの, 言い難い

▼ 夢なりや~ (3, 0.0%)

1 夢の, 木々の, 縦し

▼ 夢について~ (3, 0.0%)

1 なんにも, 一心に解ろう, 記すべきこと

▼ 夢にな~ (3, 0.0%)

2 つてし 1 つてほのぼの

▼ 夢のさ~ (3, 0.0%)

1 むるときなりと申したる, むるもおなじ花の木の, ゆらぎ

▼ 夢のみを~ (3, 0.0%)

1 つくし, 見る, 馳走する

▼ 夢へと~ (3, 0.0%)

1 導くもの, 移る時, 転がりゆくの

▼ 夢への~ (3, 0.0%)

1 あこがれが, 固執かも, 果てしも

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 どや, どらかな, ぼろしの

▼ 夢また~ (3, 0.0%)

1 すべて海に, そが, 見ずもがな

▼ 夢または~ (3, 0.0%)

2 銀光の 1 国事犯としての

▼ 夢までを~ (3, 0.0%)

1 奪って, 描くの, 話し話し道づれ

▼ 夢やら~ (3, 0.0%)

1 凶夢やら, 大志を, 現やら

▼ 夢をや~ (3, 0.0%)

1 ぶつた, 繰り返しけむ, 見るらむ

▼ 夢を以て~ (3, 0.0%)

1 するよう, 貫かれた一生, 貫かれて

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 中デハッキリトソウ思イナガラ, 中デモナオ妻ガ二重ニ, 中ニ出テ来タ母ハ

▼ 夢二氏~ (3, 0.0%)

1 の童謡, や渡辺氏, を十年

▼ 夢~ (3, 0.0%)

2 ジ幻覚ヲ 1 床の

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 にそそがず, に入った, を辿る

▼ 夢多く~ (3, 0.0%)

1 して, 持て若き, 見た人々

▼ 夢~ (3, 0.0%)

2 の幻 1 のよう

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 では翻訳料, といえ, の夢

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 っていう病気, というの, にかかっ

▼ 夢結ぶ~ (3, 0.0%)

2 にも魂魄 1 やうなりし

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 から聞いた, に運轉手, を葵館

▼ 夢聲君~ (3, 0.0%)

1 から事前教育, が木村對升田, もまた

▼ 夢自体~ (3, 0.0%)

2 の事実 1 を生きたい

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 にぼうッ, に暮れ, のしっとり

▼ 夢覺め~ (3, 0.0%)

1 て汽船, て絳欄碧軒, て蜻蛉

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 のご, をともなっ, を発し

▼ 夢~ (3, 0.0%)

1 に留めし, をひきし, 去茫茫

▼ 夢驚かす~ (3, 0.0%)

1 と歌, 暁の, 風の音は

▼ 夢あこがれ~ (2, 0.0%)

2 と言つて

▼ 夢ありし~ (2, 0.0%)

2

▼ 夢ある~ (2, 0.0%)

1 が故に, のん

▼ 夢いささか~ (2, 0.0%)

1 ふさぐなぞ, 恨む事

▼ 夢いろ~ (2, 0.0%)

1 の暁, の薄ら玻璃罎

▼ 夢うつら離~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 夢おも~ (2, 0.0%)

2 かげ囁き

▼ 夢おろか~ (2, 0.0%)

1 あざわらいすら, てんからふでき

▼ 夢お前~ (2, 0.0%)

1 はもう, は間違つて

▼ 夢かなと~ (2, 0.0%)

1 思ったが, 思ふ途端

▼ 夢からの~ (2, 0.0%)

1 やうに, 便りの

▼ 夢がたり~ (2, 0.0%)

1 するにも, 評議員會

▼ 夢こえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 夢こそは~ (2, 0.0%)

1 我々が, 胸を

▼ 夢さえも~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 見なかった

▼ 夢さまし~ (2, 0.0%)

1 てもてなし, て棄て

▼ 夢さむ~ (2, 0.0%)

2 れば

▼ 夢さら殘~ (2, 0.0%)

2 りを

▼ 夢さわがしく~ (2, 0.0%)

2 息づきぬ

▼ 夢ざりし~ (2, 0.0%)

1 なり, 差別とは

▼ 夢じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないか, なしいいよ

▼ 夢すらも~ (2, 0.0%)

2 持ち得ぬ人

▼ 夢それ~ (2, 0.0%)

1 じしん, は微温

▼ 夢だけで~ (2, 0.0%)

1 消えて, 終らせたいという

▼ 夢だけを~ (2, 0.0%)

1 乗せて, 抱いて

▼ 夢だっ~ (2, 0.0%)

1 たり, たりした

▼ 夢だって~ (2, 0.0%)

1 きいて, そんなにも

▼ 夢だの~ (2, 0.0%)

1 一節も, 慰めなど

▼ 夢であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, がステーンセン伯爵

▼ 夢でございました~ (2, 0.0%)

1 か, 今は

▼ 夢でございます~ (2, 0.0%)

1 な, よ

▼ 夢でなくっ~ (2, 0.0%)

1 て, てこんな

▼ 夢とい~ (2, 0.0%)

1 は, へる諺

▼ 夢といふこそ~ (2, 0.0%)

2 うれしけれ

▼ 夢とか~ (2, 0.0%)

1 仏などは, 女の

▼ 夢とぞ~ (2, 0.0%)

2 思ふ憂き

▼ 夢とに~ (2, 0.0%)

1 あふれた眼差し, 従いまして

▼ 夢とばかり~ (2, 0.0%)

1 思ったの, 打ち消すこと

▼ 夢どころ~ (2, 0.0%)

1 では, ではござります

▼ 夢なき~ (2, 0.0%)

1 の人生, 夢の

▼ 夢などに~ (2, 0.0%)

1 たまさか夕顔, 佛の

▼ 夢ならで~ (2, 0.0%)

1 はまた, は還り

▼ 夢なりけり~ (2, 0.0%)

1 と斷念, と見

▼ 夢なりし~ (2, 0.0%)

1 のみ, を知り

▼ 夢なんぞ~ (2, 0.0%)

1 見たの, 見て

▼ 夢なんぞが~ (2, 0.0%)

1 出て, 宛に

▼ 夢なんぞに~ (2, 0.0%)

1 こんなに時間, 憧憬れ

▼ 夢なんだか~ (2, 0.0%)

1 事実なんだか, 現なんだか

▼ 夢にか~ (2, 0.0%)

1 あるらん, かつてゐる

▼ 夢にさえも~ (2, 0.0%)

1 人目を, 現われて

▼ 夢にぞ~ (2, 0.0%)

2 ありける

▼ 夢にだけは~ (2, 0.0%)

1 そんな時, 必死に

▼ 夢にだって~ (2, 0.0%)

1 想像し, 見たこと

▼ 夢についての~ (2, 0.0%)

2 極めて一般的

▼ 夢にて~ (2, 0.0%)

1 候いし, 疾病を

▼ 夢にては~ (2, 0.0%)

1 あらざりけり, 立ちて

▼ 夢にまでも~ (2, 0.0%)

1 見たという, 見るん

▼ 夢に対し~ (2, 0.0%)

2 主人へは

▼ 夢に対する~ (2, 0.0%)

1 おれの, 情熱の

▼ 夢に関する~ (2, 0.0%)

1 ノートを, 細かな

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 がはず, 真実に

▼ 夢のや~ (2, 0.0%)

1 ど春, 魯八が

▼ 夢はか~ (2, 0.0%)

1 へらじ, やうに

▼ 夢はと~ (2, 0.0%)

1 ほく曇り, 待ちか

▼ 夢ふかき~ (2, 0.0%)

1 空色し, 黒髪の

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 聞えて, 通ずる道

▼ 夢ほども~ (2, 0.0%)

1 惜しいと, 知らない

▼ 夢までが~ (2, 0.0%)

1 妙に, 苦悶の

▼ 夢までも~ (2, 0.0%)

1 空に, 買うの

▼ 夢まどか~ (2, 0.0%)

1 では, ならぬこの

▼ 夢むすぶべき~ (2, 0.0%)

2 ひまも

▼ 夢むともなく夢~ (2, 0.0%)

2 むれば

▼ 夢むともなく夢むるのは十幾年~ (2, 0.0%)

2 の昔

▼ 夢むら~ (2, 0.0%)

1 く甞つて, く遠方

▼ 夢むる~ (2, 0.0%)

1 如き目, 如く楽め

▼ 夢むるのは十幾年~ (2, 0.0%)

2 の昔

▼ 夢むれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 夢む滄海~ (2, 0.0%)

2 の天

▼ 夢む道~ (2, 0.0%)

2 遠き

▼ 夢ものがたり~ (2, 0.0%)

1 が自分, にすぎない

▼ 夢よと~ (2, 0.0%)

1 ひどく気がかり, 嘲弄する

▼ 夢わが~ (2, 0.0%)

1 まぼろし, 欲求マカよ

▼ 夢をさえ~ (2, 0.0%)

1 見なかった, 食い物に

▼ 夢をで~ (2, 0.0%)

1 もみてるかの, もみてるよう

▼ 夢をば~ (2, 0.0%)

1 みます, 見る人

▼ 夢三昧~ (2, 0.0%)

1 と云った, に耽っ

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 というラウンド, は心得

▼ 夢以上~ (2, 0.0%)

1 に気味, のもの

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 かを見

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 猶聴電車轟

▼ 夢内容~ (2, 0.0%)

1 として現われた, は驚くべく

▼ 夢判斷~ (2, 0.0%)

1 と共に私, をする

▼ 夢剣庵~ (2, 0.0%)

1 とでも名乗る, もまんざら

▼ 夢占い等~ (2, 0.0%)

2 をかぞえきたら

▼ 夢厳和尚~ (2, 0.0%)

2 の痛罵

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 夢の

▼ 夢同様~ (2, 0.0%)

1 であって, に価

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 がみ, のやう

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 にあり, は某

▼ 夢声等~ (2, 0.0%)

1 が単独講和, に書きおくる

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 夢夜行等~ (2, 0.0%)

2 は心性

▼ 夢安から~ (2, 0.0%)

1 ぬまで, ぬ有様

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 の風

▼ 夢川利一~ (2, 0.0%)

1 という筆名, なんて名前

▼ 夢川利一様著者~ (2, 0.0%)

1 という字体, と毛筆

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 とを恣

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 の鯉魚

▼ 夢我夢中~ (2, 0.0%)

1 きらめく刃, でその

▼ 夢持ちたい~ (2, 0.0%)

2

▼ 夢断じて~ (2, 0.0%)

1 口外いたしませぬ, 致すべからずとな

▼ 夢時として~ (2, 0.0%)

2 時代から

▼ 夢景色~ (2, 0.0%)

1 だった, の中

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 かなる, か兜

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 という翁, は

▼ 夢~ (2, 0.0%)

2 にかならず

▼ 夢涅槃~ (2, 0.0%)

2 の妙説

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 かつた, かりし彼

▼ 夢深い~ (2, 0.0%)

2 曙の

▼ 夢溪筆談~ (2, 0.0%)

1 に出, の如き

▼ 夢無論~ (2, 0.0%)

1 恋とは, 戀とは

▼ 夢珊瑚~ (2, 0.0%)

2 の夢

▼ 夢癆病~ (2, 0.0%)

1 に取りつかれ, の気味

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 粟膚生, 鯨濤剣有声

▼ 夢破られ~ (2, 0.0%)

1 いささか立腹, て唯

▼ 夢空中~ (2, 0.0%)

1 の夢, の楼閣

▼ 夢窓國師~ (2, 0.0%)

1 の三等, の樣

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 にし, について話した

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 とともに幡随院一まき, も散り

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 にもあらず, もその

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 には候え, の単複

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 であった, を致しました

▼ 夢遊中~ (2, 0.0%)

1 の夢遊, の幻影

▼ 夢遊心理~ (2, 0.0%)

1 のドレカ一つ, を誘起

▼ 夢遊歩行家~ (2, 0.0%)

2 の如く

▼ 夢遊的~ (2, 0.0%)

1 な面白, にふらふら

▼ 夢遊訪問~ (2, 0.0%)

2 はアパート

▼ 夢酔老~ (2, 0.0%)

1 というなまぐさ, の幼年時代

▼ 夢重く~ (2, 0.0%)

2 寂寞として

▼ 夢露知らず~ (2, 0.0%)

1 か, に

▼ 夢~ (2, 0.0%)

1 なんぞの香奩体, の筈

▼ 夢香洲~ (2, 0.0%)

1 の三字, 不忍池

▼1* [545件]

あたかも神に, 夢あまたれる勿, 夢あればこそ我々, 夢さ, 夢いかでか醒めざる, 夢いくつさまして, 夢いっぱいに蟠った, 夢いつも複合体で, 夢いまいづこぞや, 夢うたがふ, 夢うたがうなかれと, 夢うつつである, 夢うとましき夢数まさり行く, 夢見て, 夢ええ小じれッ, 夢おう坂の, 夢おおむね事実と, 夢おぼつかなくも馴れし, 夢おぼろに私たち, 夢および巫覡等と, 夢おろかなんの異状, 夢おろか穴あき銭一枚, 夢お伽噺の夢, 夢かくの如く, 夢かけめぐる旅に, 夢かというような, 夢かとしか思えません, 夢かとぞ思ふ, 夢かな源助暗い, 夢かは現し狹霧, 夢かへせ, 夢かや小野の, 夢かよふなり, 夢からこそ創り出されるの, 夢からは醒め切らないよう, 夢がたりに過ぎず敢, 夢がにはかに切断され, 夢づれぬ, 夢くわとばかり呻き, 夢げに私は, 夢ことばの端, 夢こまやかであッ, 夢これを他種, 夢これから先も, 夢ごころ提灯ふらまし, 夢さあれだよ, 夢さまされてつとめ, 夢さまされたタヌは, 夢さまざま心の中, 夢さめきたれば全, 夢さめし天地の, 夢さめたように, 夢さめる何事も, 夢さらさら憎くから, 夢さら二タ心は持たぬ, 夢さら戀なども厭, 夢さら此人を良人, 夢さら残りをしい, 夢さ一生に何, 夢さ体が悪い, 夢さ宵に海岸, 夢さ海岸のこと, 夢さ神経衰弱がひどく, 夢ざめや涙の痕, 夢てほそぼそ, 夢じゃあねえ確かに, 夢じゃと思うそう, 夢じゃよ背の, 夢じゃわ夢じゃわ, 夢じやてな, 夢すらゆるされないの, 夢ずゐぶんいろんな夢, 夢せつない今日が, 夢せめて夢にでも, 夢そういう夢の, 夢そのままをおしつける, 夢そのもの努力そのものがその, 夢その他に表現, 夢ぞかへりたる, 夢ぞと狂歌乱舞する, 夢ぞとも御存じの, 夢たゆたげの, 夢たらんのみ, 夢たるやなんと, 夢だけが生きて, 夢だけとなって, 夢だけにて翌朝は, 夢だけのことでございましたら, 夢だったらさめないでおくれ, 夢だったろうか, 夢だつたらどんなに有難い, 夢だらうとばかり思つて, 夢だんだん消えて, 夢ゅう物は, 夢ちゃんの糸, 夢ちょう里に住み, 夢ったらありゃあしない, 夢つて滑稽ぢやありません, 夢つねに汝に, 夢でありさめる性質の, 夢でございましてそれ, 夢でさえ遠出だっ, 夢でさえも今日まで, 夢でしたけれ共若い, 夢でないならば自分, 夢でなかつたとする, 夢でなかつたらどんなに嬉しい, 夢でなきかと疑う, 夢でなくます女の, 夢でなりとも逢わせ, 夢でのお話は, 夢でのうてなお, 夢でのみ見て, 夢でばかりなくなった, 夢で無いこれが, 夢といった方が, 夢とおもひ, 夢とかの壮麗な, 夢とそはそ, 夢とだけですから, 夢とても過去の, 夢とでは月と, 夢とともに滅びゆくの, 夢とには区別を, 夢とはなんぞやと, 夢とばかりに抱きあって, 夢とばかりも思われない, 夢とやら名を, 夢どころか己れ, 夢どもに異なり, 夢なかれと思ふ, 夢なく凡人に, 夢なさらぬように, 夢なぞと一緒に, 夢なと見やう, 夢などと云ふも, 夢などというものから, 夢などとは無関係に, 夢などには耳も, 夢なども悪くは, 夢などをも見続け候, 夢なほ多きわが, 夢ならさめてくれ, 夢ならずして争, 夢ならずわかれし一人, 夢ならんことを, 夢なら持ち合せの, 夢なら見るかも知れん, 夢なら覚めるなと一夜, 夢なら話したっていい, 夢なら醒めないうちにと, 夢なりしか知らず前, 夢なりしかと自ら思ひ, 夢なりしかどわれ歩み来し, 夢なりと見せて, 夢なりといふを以てせば, 夢なれど我が力, 夢なれやと, 夢なんかが救済に, 夢なんかじゃありません, 夢なんかに欺され, 夢なんかは実に珍妙, 夢なんかを見てね, 夢においてすらも彼等が, 夢においては奥さんの, 夢にかの弁財天が, 夢にくらいみるかも, 夢にさえまで現われたり, 夢にたいして彼は, 夢にだけ示現にだけ, 夢にだにも逢い奉らず身, 夢にだにやまず見え, 夢にの美しい女, 夢にもよほす, 夢によつて切断された, 夢による判断これは, 夢にをりを, 夢に対しては各地で, 夢に迄見た希望, 夢に関しても諸説が, 夢のうはごとを, 夢のけはいを, 夢のせて, 夢のせゐでもあり得ない, 夢のなからむ, 夢のみが彼女の, 夢はいはい見えるの, 夢はじめはそれ, 夢はねポンポンポンって, 夢はむツつりした, 夢ツかし見てる, 夢ばかし見てね, 夢ばかりが怖ろ, 夢ばかりに悩まされ気, 夢ばかりのやうな, 夢ばっかし見て, 夢ばっかりやっぱり恨まれ, 夢ばっかりの多い眠り, 夢ばっかりは見たいと, 夢ふかげなるこの, 夢ふとうたたね, 夢ほとばしる泉無尽蔵な, 夢ほどに世は, 夢ほどにも残って, 夢ほどの影を, 夢ほのかなる甦り, 夢まことは野原, 夢ましい展望に, 夢まだ覚めやらず懐, 夢まどろに, 夢まどろまむ, 夢まのあたり渡守, 夢は誰, 夢むこととなり, 夢むしろそれぐらいの, 夢むすばむとまけし枕, 夢むといえどもこの夢, 夢むといふの意にし, 夢むのである, 夢むような輩は尚, 夢むるにあらずやと疑ひつつ, 夢むるの児なり其中, 夢むる例は有れ, 夢むる間に現, 夢む一巻の著述, 夢む夢に蒋侯, 夢む天の川より出水, 夢む暮春の空, 夢む花苑に, 夢む錦城の西, 夢もしくは夢中遊行の, 夢もはかなや, 夢やすかれな, 夢やぶられてけふ, 夢やぶられる金髮の, 夢やらを頬張つて, 夢やを忘れて, 夢のろのろと, 夢ゆるせ旅人かたり, 夢よく見るの, 夢らしかつた, 夢らしくない夢が, 夢らしく書きこなす事は, 夢らしく粧っている, 夢わいな, 夢わるい夢懺悔の, 夢をか見つる, 夢をすら持ち得なかつたで, 夢をという風に, 夢をもな見そ, 夢を通してこの驚くべき, 夢ウツヽデ排尿シ済マセレバ又直, 夢ガ跡ヲ引イタノダト思ウ, 夢大抵酩酊シテ東西, 夢ハソレ以外ノ何デアラウカ, 夢ホドラーの荒くれ, 夢マア坊があの, 夢とす, 夢一如生死貫洞の境界, 夢一燈初話五年心の詩, 夢一筋の天の川, 夢三百年の時代, 夢迷, 夢中学に入れ, 夢久しぶりで, 夢乍ら奇やし, 夢事実ならびに解釈, 夢二君の画中, 夢二画伯の版画, 夢二畫集を持ってる, 夢二風の美人画, 夢云々と云, 夢から苛められる, 夢も夢, 夢人事では, 夢仙人棋辺王質の斧柄, 夢以來はあり, 夢以外に食慾, 夢企て及ぶべき処ならね, 夢の素晴らしい, 夢よ, 夢ににぎわされる, 夢僧院の夢, 夢家門上沙渚, 夢八とっさに立つ, 夢八声をたてる, 夢八姐さんだったね, 夢八姐さんさっきからお客様, 夢公式であると, 夢其のいずれか, 夢其の物も亦, 夢其物の由つて來, 夢なる滄溟, 夢円かであった格, 夢しけん, 夢判じにやる, 夢判断通りの径路, 夢十位も見た, 夢又は夢中遊行の, 夢及び史敦の, 夢及夢中遊行なるもの, 夢双六が一同, 夢吾何在疑是須弥山頂居, 夢和尚もあります, 夢和尚文集を読みつ, 夢問答はともかく, 夢ふ男, 夢嘯山暁台樗良白雄これ等はみな蕪村, 夢回時一鳥鳴, 夢国忠と, 夢なる滄溟, 夢から世の中, 夢執着の夢, 夢に裂け, 夢えて圓朝, 夢声ひとりその道で気, 夢声みたいに, 夢声ヤイ夢声管も大, 夢声両君と雑誌, 夢声先生という珍優, 夢声妻君没後くさりて入院, 夢声妻死去去月三十一日もう葬式, 夢声孤児になった, 夢声愛人氏と共に赤十字, 夢声日本物で雷遊, 夢声来楽ナヤマシ会同人忘年会で富士見町, 夢声管も大, 夢声結局第一, 夢声胃病で休み, 夢声見舞に行く, 夢夕日かたぶく窓, 夢多い東洋の, 夢多き若さと, 夢夜夢朝夢の三, 夢夜行神感神知偶合俗説再生妄想癲狂その他諸精神病, 夢夜行神知偶合俗説再生癲狂その他諸精神病, 夢夜行神知偶合再生俗説癲狂その他諸精神病, 夢夢みな夢, 夢天国の夢, 夢天馳使十字街頭では葛城, 夢失ひたる恋の, 夢妄動をやめた, 夢始めて醒め, 夢存じ寄りませんだが, 夢護る町, 夢安く翌朝目覚めし, 夢安らかに寢, 夢宗祇の月, 夢定見大姉池田全安妻, 夢家庭の夢, 夢たる裡, 夢寂しかった人びと, 夢にも忘れ, 夢少年の夢, 夢ほ円, 夢已八年又賦七絶, 夢幾度かとぎれ, 夢が冬, 夢の夢, 夢この人, 夢弾く列並の, 夢は曉日, 夢徳寺から弥勒菩薩, 夢心持ここで二人, 夢ばる, 夢応人乗鶴附驥情孤歳在辰, 夢忽醒残雪懸天, 夢思はなかつたので私, 夢思わぬことで, 夢恋しきために, 夢恐しき夢, 夢恐ろしい夢人から, 夢悪夢斬られたり, 夢愕然として醒め来り, 夢も夢, 夢愴然琴台旧譜, 夢懺悔の夢, 夢し, 夢ひは, 夢或いは空想的な, 夢戦ひに傷つき傷つき, 夢を押, 夢ではない, 夢へ, 夢を結びしならん, 夢拭うがごとく, 夢接親和近來欲, 夢故郷の夢, 夢まさり行く, 夢斎前田玄以のこと, 夢に酣, 夢苔, 夢や覺め, 夢明るい輝いた夢, 夢映すわが心, 夢春風面を撫で, 夢昨日は今日, 夢最も多きはず, 夢を捨て, 夢朝夢の三, 夢朦朧とした, 夢未だ覚めず, 夢未多かりし日, 夢松虫は皆何, 夢株屋へなど手紙, 夢梅居士の教え, 夢梅道人がいう, 夢の葉, 夢極楽の夢, 夢という落語家, 夢樓梁山舟などのやう, 夢次第です, 夢正夢ならば, 夢死草木と何ぞ, 夢殺されたあらゆる望, 夢は, 夢がつくまい, 夢永楽の金殿, 夢決してかくの, 夢沢名は大, 夢また故, 夢の名所, 夢洲文學と切り, 夢浅草の亀, 夢浮橋外題はまだ, 夢浮舟のすゑ, 夢領茶煙一縷清, 夢淨火に結べる, 夢温かきことむかしの, 夢測りがたい, 夢漸く醒めて, 夢智の, 夢ゆる噴水, 夢爾来歳月移, 夢もみな同一, 夢物話に過ぎない, 夢物語りはここ, 夢物語りで今の, 夢特有の唐突さ, 夢狂気おちゆく潮, 夢猶未だ醒めざるなり, 夢理想の幻影, 夢琥珀の夢, 夢瓢箪の夢, 夢癆妖女がいずれ, 夢癲狂幽霊催眠のごとき, 夢百里の外, 夢のもの, 夢深し萬象, 夢も夢物, 夢ならず, 夢を閉じ, 夢の国, 夢睡眠中の現象, 夢知らず碇床の, 夢知らぬ彼の, 夢研究の参考, 夢破すれば時辰儀, 夢破るれば新た, 夢破れた時は, 夢破れるのは, 夢のま, 夢神感狐憑き予言のごとき, 夢種々の夢, 夢窓国師像では案外, 夢窓国師夢中問答集を読む, 夢窓國師等であるが, 夢三番目, 夢等參照ダンテはフィレンツェ, 夢ふるに, 夢結び難き夜, 夢の夢, 夢美しい思想も, 夢美しく眠るらむ, 夢義仲や兼平, 夢る朝, 夢考えていなかった, 夢聲さんの話, 夢聲氏から暴露, 夢胃腸の加減, 夢自らの意志, 夢自分の理想, 夢自身でした, 夢花醒散となっ, 夢茄子の夢, 夢茫々とうつる, 夢薫り現は, 夢そうして五遁隠形術, 夢西瓜とココア, 夢せざる三百年来, 夢初知, 夢覚まさせて追い出し, 夢覚め知る何れの, 夢にそむい, 夢無人見, 夢じ來, 夢見て, 夢詩人もありき, 夢話してあげましょう, 夢到処能報道, 夢起きてはう, 夢載せて重げ, 夢ふくる, 夢通りに妊娠, 夢ひしや, 夢遊意識をその, 夢遊歩行死による変形, 夢遊状態発作当初の行動, 夢遊状態発生の暗示, 夢遊行人心観破術, 夢遊行動に依, 夢遊行動中にも亦, 夢遊雜閙とき, 夢を訪ねる, 夢違観音立像が一躯佇立, 夢酔一行は代官所, 夢酔二十二の年, 夢酔先生殆んど, 夢酔入道であること, 夢酔入道今の評判, 夢酔名儀の, 夢酔軒勝太郎左衛門小吉の回想録, 夢醒めむかと危ぶまれぬ, 夢重ねし伏家, 夢野武士の精神, 夢野臾曝言淌牌黒幕等なるべし, 夢長いと思え, 夢長きこと二十年, 夢青い夢堰に, 夢青く力無, 夢青む忘我の, 夢青春の夢, 夢食家であった, 夢香荘とよぶ, 夢駝北人不夢象, 夢驚き易し, 夢魂七三にへばりつく, 夢魂半夜誰が家, 夢魂多くは異境, 夢魂旧に拠り, 夢魂時復到朝廷, 夢魂水寨にむすぶ, 夢がねつらき, 夢鴻爪刻船のさま, 夢黄昏のひと時