青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「坊主~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

地蔵~ ~地震 地震~ ~地面 地面~ ~坂 坂~ 坊~ 坊さん~ ~坊主
坊主~
~坐 坐~ ~坐っ 坐っ~ ~坐った 坐り~ 坪~ ~垂れ 垂れ~ ~型

「坊主~」 3481, 36ppm, 3228位

▼ 坊主~ (644, 18.5%)

9 ように 8 ような 6 くせに, 学校の, 方が 5 影は 4 声が, 姿を, 学校で, 生曝し, 首は 3 弁信は, 絵を, 親爺が, 鑑哲の, 鑑哲は, 頭を, 顔が, 顔を

2 [34件] お経, ところへ, 一人が, 二十を, 代りに, 伜という, 前で, 印を, 大学校, 姿が, 姿に, 娘とは, 寝言見た, 弁信の, 態度に, 所へ, 方は, 水に, 癖に, 端くれまで, 腰の, 蒼白の, 薬の, 虫歯を, 話は, 語を, 説教を, 身の上で, 頭に, 頭の, 首も, 首を, 髢が, 髢は

1 [492件] ある者, あんなに見え透いた, いい草, いうこと, いうところ, いうのに, いわゆる脊梁骨, うちだった, うちに, うちらて, うち一疋は, えせ假聲, おかげでは, おかみさんに, お化けが, お喋りぶりの, お喋り坊主たる, お手本の, お株にまで, お株をも, お臍, お蔭で, お説教, くれる水, ことだ, ことで, ことである, ことでございます, ことばが, ことを, ごとくひとり, ざんげの, その変つた節, それに, それは, たぐいなら, ために, ためにゃ, ため縛りつけられた, つける戒名, つとめ, つとめといふ, ところに, ねぼけ顔, ひとりぐらいに, ひとりで, ひとりであった, へちまの, ほかに, まんまで, もがいて, もとへ, やうな, やうにの, やる石, ようであった, ようである, わしは, わる意地が, ウソ坊主まだ, エンジェニェール, エンジェネールを, オレに, カケ声も, キザな, ケロリと, コロモを, ロクで, 一つの, 一分の仕事に, 一団から, 一席を, 一揆は, 一文學者の, 一條を, 一棍を, 一隊が, 一隊に, 三ツ目小僧が, 三好墨の, 上から, 世界にも, 中には, 中にも, 中の, 二人も, 二十で, 云うとおり, 云う事, 云ったの, 五分刈に, 交渉火葬場との, 今いった, 仕鱈, 他愛も, 代理をも, 代議士といふ, 仲間から, 仲間へ, 伜なんかじゃ, 伜なんぞには, 伜めと, 住む寺, 住居は, 住職の, 何處が, 作は, 來た, 來たるに, 來る, 便利にも, 修業には, 偽善家みたいな, 儘に, 先廻り, 先生だ, 先生に, 入費は, 全龍, 六めどう, 円頂を, 冒涜ぶりを, 冒険小説に, 出家と, 出来て, 刀が, 分際で, 分際を, 列は, 別荘が, 前を, 前身には, 前身を, 力が, 力は, 勉強から, 勉強しなけれ, 勉強も, 勉強を, 勢力に, 勢力削減法として, 卵な, 又野は, 叔父に, 口は, 口まねを, 口を, 古い笠, 古帽を, 名に, 名ね, 名まえ, 向うを, 告げるところ, 呼び出しや, 唄う浮世節, 問答の, 喝の, 嘲笑が, 噂は, 四五十人も, 四人組多分, 坐像で, 垢附なんぞが, 堕落だ, 堕落ぶりの, 堕落を, 墓で, 声, 声で, 多いところ, 夢窓が, 大臣といふ, 天窓の, 天窓みた, 奇粧, 奥の手で, 女が, 女房に, 奴, 奴が, 奴で, 奴天の, 如き生活, 如くに, 姿で, 姿は, 威風は, 娘だ, 子さ本来は, 子であった, 子供が, 子供達が, 子供達は, 子弟の, 存在は, 学問を, 学校であった, 守山を, 宗次郎ぢや, 家ですだ, 家に, 家へ, 家や, 寝言に, 寝言見たいな, 寶雲齋が, 寺は, 尊称を, 小伜, 小僧に, 尾扇が, 居るところ, 屍体には, 山家集まった, 山本志丈と, 岩屋附近に, 常として, 幽霊が, 幽霊は, 店に, 弁信が, 弁信であっ, 弁信でありました, 弁信であります, 弁信と, 弁信とが, 弁信に, 弁信も, 弁信を, 弁信法師は, 強さ, 強引な, 当り年でなかった, 形も, 彫りの, 影が, 役じゃ, 役を, 役目が, 後を, 徒である, 得度は, 得物か, 心の, 怒りを, 怒り方は, 怪力とやらが, 恋を, 息の根を, 息子で, 悟りすました, 悟りと, 悪ふざけ, 悴を, 意見に, 態度は, 慣用する, 憐れを, 所から, 所作が, 所作も, 手が, 手だ, 手で, 手によって, 手並が, 折, 持って, 持ってる木, 持つ碗, 指が, 指導に, 指導を, 擬人観を, 支那兵たちは, 政治力には, 政治家は, 数が, 方で, 方に, 方には, 方を, 方式に, 易者が, 星玄が, 暴れ者は, 書いた書面, 書き誤まり, 服装を, 朝顔という, 木へ, 本分である, 本来の, 果で, 枝を, 枯木に, 栗原です, 株を, 桃川如燕が, 椅子の, 様に, 樹が, 欠点であっ, 次男, 次男と, 次郎庵と, 歌の, 正体は, 死して, 死んだ日, 気色や, 水死人が, 水車に, 汝なんかに, 決闘, 沢庵, 法衣は, 法衣を, 深川を, 減らず口は, 無礼な, 牧野逸斎その, 特色であります, 猥雑極まる, 理窟に, 生まれは, 生活が, 由良之助と, 男が, 男の, 癖で, 発音は, 目も, 目的が, 盲人が, 相手ばかり, 真秀が, 真面目で, 眠さ, 眠そう, 眼力には, 着用を, 睾丸に, 石像などは, 碁には, 祈祷, 祈祷で, 禅修行じ, 禅杖だった, 私には, 私は, 称が, 立はだかっ, 筆だ, 筆跡を, 素質, 細井其庵御, 紹介で, 組頭を, 絵だ, 綽名を, 縛られるところ, 羅切を, 群れだ, 群を, 者に, 耳の, 耳へ, 聯想は, 肉慾ほど, 肚は, 肩から, 肩を, 脳味噌を, 腐ったの, 腕立て哉, 腹は, 自慢で, 自白に, 興行に, 舌洪の, 舌頭に, 花だこりや, 英語に, 蒼ざめた面影を, 血を, 行き来など, 行方も, 行状を, 衣を, 表裏ない, 袈裟に, 装を, 裸体ん, 襲撃, 親爺は, 親爺も, 親鸞めが, 言い草に, 言うこと, 言うよう, 言ひ, 言ふ, 言草ぢや, 言葉に, 言葉は, 言語と, 話へ, 語が, 語の, 語は, 誦経が, 説を, 説教じみた, 説教染みた, 説法する, 説法に, 読むお, 読経を, 課業, 課業で, 調錬, 論難によって, 講座へ, 警護僧, 資格を, 賽銭集めじゃ, 赤い鼻, 足は, 足を, 足早に, 身であり, 身として, 身にも, 身にもという, 身の上だ, 身の上又, 身体が, 辺から, 追放を, 連中は, 道も, 道楽息子どもや, 道阿弥は, 還俗した, 重子は, 鉄雲の, 鉢巻, 鐵鉢に, 鐵鉢の, 長に, 長広舌が, 関久和の, 関久和へも, 阿呆陀羅経の, 除れた, 階級である, 雲助が, 青くげ, 面は, 面を, 音声に, 頭からは, 頭が, 頭で, 頭ァ, 頭数会葬者の, 頭陀の, 頭顱の, 頼みの, 額が, 額に, 額の, 顏といふ, 顔と, 顔に, 顔は, 類で, 食べ物に, 食物が, 食物に, 食物を, 首で, 首な, 驚き顔を, 髪は, 魂胆は, 魔法の, 鴎硯様は, 黒い法衣, 鼻先に

▼ 坊主~ (416, 12.0%)

8 来て 5 いる 4 お経, 出て, 憎けりゃ袈裟 3 行列し, 馬に

2 [20件] あって, こと, そこに, それを, ねだり言, ゐた, 丹沢山中へ, 來て, 出たが, 厭に, 呼ぶと, 土下座し, 坐禅を, 居て, 屏風に, 楽屋に, 沢山ある, 自分の, 説経し, 頭から

1 [345件] あせり出した, あたって, あっちで, あってな, あつた, ある, あるねえ, あるの, あるん, あれだけ, あんたを, いくらも, いたかも, いたもの, いっせいに歌詠讃揚, いつどこ, いて, いないわけ, いま楊志の, いるそう, うずくまって, うんと頑張る, えらうもの, おこして, おすみ, おりまして, おるきり, お叩頭, お天気, お茶は, かつぎ出して, からからと, かん, きいたん, きたと, きらいでし, くせえっ, こう言った, ここに, ここの, こちらから, こなたの, この一座, この四人, この縁側, これを, さ, して, すでにそこ, するやう, せつなに, そこへ, そこらの, その外套, その試験, そばにを, そんな大, ただ, たって, たてて, つっ立って, とりまいて, どうして驚ろ, どこを, なにか一つ怪しげ, なにを, なめりゃ四光, なんでそんな, にくければ, ぬっと見われた, のしの, はいって, はい蹲った, はつと, ひよろ, ふと気がつい, ふんだくって, ほんたう, まいりまして, まさかあんな, ます, またお前, またお話, また何で, また余計, もつてたもの, もとの, やけに大きな, やって来るそれ, やめられんて, ようやくの, よけいな, よろけかかって, わが藤原家, ァ, イヤに, ウロウロし, オタツや, スネークの, バタバタと, ヒダへ, ホントウなる, ミハイルという, ヤケに, 一人, 一人い, 一人に, 一人加わっ, 一人恭しく, 一人楽々, 一人船に, 一役買った, 一杯飲み, 一枚加わった, 一蓋の, 七日目に, 三人に, 三好の, 三条の, 三百人ばかり, 上って, 下曾我, 不敵にも, 二人し, 二人と, 二人何の, 二人小坊主が, 互に一声, 人々の, 今本郷から, 仏様の, 住みついて, 住んで, 何か, 何やら宮, 何を, 倶舎論を, 偉いか, 先づ, 入って, 入つた, 入つたの, 入りましたぜ, 八人も, 出たと, 出ると, 出來りや, 出府し, 出来かけると, 出来上るだ見たところ餓鬼, 出立の, 列の, 別亭, 刺されましたよ, 前町の, 力自慢を, 十字架もっ, 半髪, 参謀に, 口いっぱいに, 口中の, 古行燈, 可厭, 可愛い, 同じよう, 唐突として, 喧嘩を, 嗤って, 四つに, 地方を, 地獄極楽を, 坐禅でも, 多勢ぞろぞろ, 大勢の, 大勢時刻を, 大燈国師, 天狗みたいな, 女体開眼の, 好きだ, 好きで, 嫌ひだといふ, 字なんか, 実に又, 容易ならぬ, 寄り集って, 寄附を, 小学校中学校の, 小遣取りに, 居た, 居ますよ, 居るきり, 居る事, 工場の, 帰って, 帳面と, 底力の, 廊下で, 廊下はずれに, 引掻くやう, 引掻くよう, 得意に, 必ずしも伴う, 必要な, 怖気づい, 悪けりゃ袈裟, 悪戯を, 憎いと, 戒律でも, 手を, 手足を, 承知しない, 投出す, 押寄せて, 振向いて, 故意に, 数十人絵具が, 数珠つなぎに, 敲くん, 斉広の, 斎につき, 斯様な, 昨夜托鉢に, 曲り庄吉, 本当に雨, 村へ, 来た, 来たからと, 来たと, 来たァ, 来た坊主, 来た時, 来るの, 杭に, 枕元へ, 枯淡軽妙の, 止めて, 此処に, 此処まで, 死ぬと, 殊勝な, 殺したの, 毛を, 永劫地獄に, 汗膏を, 津田氏の, 海上に, 火の, 燃き, 珠数繋に, 現れたこと, 現れて, 現われて, 町奉行の, 疾うから, 発明した, 白い著物, 百夜通いの, 眠むそう, 眼を, 着るもん, 石壁を, 社会主義社会建設の, 神か, 神主の, 禅超だ, 私かに, 私の, 突き伏せられたの, 突っ立っ, 立ち去って, 立ち去ると, 立ったと, 立って, 立どまって, 立腹した, 童児に, 答へ, 紅に, 絶えなかった, 続けて, 網雪洞を, 聞いて, 自ら獣と, 自分で, 自分に, 自動車に, 般若湯を, 船を, 茶の, 菰二枚くれ, 蔭間という, 行く, 行って, 行乞しない, 被って, 見つけて, 見兼, 親切に, 言った, 言ったぞ, 言ったの, 言つた, 言ひます, 話した, 話したん, 話して, 誘惑され, 読むとき, 諏訪の, 謡出した, 護衛の, 負わなければ, 走って, 越前どのに, 踊って, 踊り出した, 踏反って, 踞んでるやう, 迂散臭い, 退つた, 逃げて, 逆せちまっ, 通りかかって, 通夜の, 遊びに, 遽かに, 酒を, 金沢の, 鋭どい, 門に, 閉口頓首し, 関東へ, 阿呆陀羅経の, 附き纒, 降りて, 隻手の, 雲助の, 頭を, 飛び付いて, 養蚕で, 馬鹿に, 騒いで, 骨ばかりに, 鰭の, 黙ッ

▼ 坊主~ (405, 11.6%)

30 なって 26 して 9 されて 8 なつた 5 ならうと, なるつもり, なれと 4 すると, なる, なろうと 3 なったり, なつて, ならうか, なるかも, なると

2 [24件] ことわって, されちや, しても, だまされて, なったが, なっても, ならずに, なりますぜ, なりますよ, なるか, なるが, なるなり, なるなんて, なるの, なるまで, なるよりは, なる決意, なる程, なれなぞとは, なろうという, 不思議な, 剃って, 剃り眉毛, 報捨を

1 [242件] あつた, あんなにていねい, いたしました, いって, うんと未練, おなり下さい, お成, お酒, かぶれて, きまって, この乱行, これから壬申, これを, させたいから, させた仔細これ, させて, させられて, さっき逢いました, された, されたため, されたとき, されたところ, されたん, された楓, されてから, されても, されながら, されに, される, されるの, したらドンナ坊主, した上, した事, した人間, した痩せて, してやったの, してやろうぞ, しないで, しようか, しようかとまで, しようと, しようなど, しようなどと, し干ヶ寺, すすめられて, すること, するだけ, するという, するなどとは, するなり, するの, するん, する代り, する前, する必要, せい, せにゃ, そり落とし, だされた, だまされ一生喜捨, つかみかかろうと, つづいて, とらせたぞよ, とんでもない, なった, なったある, なったかと, なったと, なったという, なったとか, なったとき, なったの, なったので, なった人, なった姿, なった定, なった方, なった木, なった梧桐, なった箒, なっちまう, なっては, なつたかと, なつたる所謂因縁きい, ならあ, ならうといふ, ならうなぞ, ならうの, ならないよう, ならない前, ならなかった, ならなきゃなるまい, ならなきや, ならなければ, ならぬ壮年, ならネ, なりかかった梧桐, なりかかつた梧桐, なりかけた高い, なりきれるらしい喜んで, なりたいを, なりたい出家, なりましたね, なりまして, なります, なり何となく, なり幹, なり損, なるくらい, なること, なるし, なるって, なるとまで, なるには, なるはず, なるほど, なるもの, なるよう, なるより, なる了休, なる代り, なる料簡, なる者, なる運命, なれとの, なれとは, なれどれ位人, なれるもん, なろう, のせられて, ひとしい, ひん剥いて, まるめ略式, やって, やつしたらどう, やと, よく似た, よると, わかって, クッ着い, 一喝くらっ, 丁寧過ぎる, 乗ぜられて, 云った, 云って, 代って, 会いに, 会って, 会つ, 会釈を, 似たりとか, 似た比田, 供した, 出会った, 切つた事も, 刈った, 刈って, 刈ってさえ, 剃りあげた頭, 剃りたてられるの, 剃り落すこと, 剃る事, 前川は, 剥いて, 化けた白蔵主, 化けて, 化け込んで, 向ひ, 告げ坊主, 味方を, 嘆きが, 嘲弄される, 売った合図だったい, 変ったの, 娘が, 対抗しうる, 小坊主の, 就て, 山嵐という, 引けを, 悩まされた苦い, 懸想された, 成って, 払ふお, 扱わせるの, 接續し, 敬われたです, 断られるよりは, 於てを, 最も多い, 案内され, 桐桜, 横井榮伯が, 殺されようとも, 母親が, 比すれば, 気を, 氣取られ, 浮世の, 物外和尚という, 生き血を, 直接に, 相違ありません, 着せまして, 知り人, 礼を, 祈祷し, 笑うこと, 簪さし場が, 絵解きを, 聞いて, 自分の, 至っては, 致しましてねえ, 艶書の, 茶一つ恵み給う, 行き遇ったこと, 見えた, 見つかって, 言はせる, 話されたと, 読経させ, 負けち, 負けるもの, 転向し, 逢いに, 逢しつた, 逢った, 逢つて何を, 還るなどという, 針を, 鑑定の, 長く沈黙, 面会し, 預けた程, 頼む気, 頼む氣, 類した一人, 養女に, 驚く奴, 髪を, 鳥右ヱ門が

▼ 坊主~ (320, 9.2%)

3 寺の, 我れ

2 [14件] いずれも, どこへ, 一人の, 三好を, 両手で, 呆然と私, 坊主は, 既に敷居, 欄干に, 犬蹲に, 縁起が, 自分の, 視ないで, 開いた目

1 [286件] あつけなく, あまり好き, いいかげんな, いかめしくうち, いたの, いない, いままでの, いよいよ面白, おれまい, お前さんには, お前さんの, お前さんも, お前に, お前の, お経, お金が, お金を, かかりあいに, かしづく, かの鉢, かんかんに, きいて, ぐっしょりと, こちらへ, この時, さしたること, さすがに, しようがない, じろりと顔, すぐこれ, すぐ捕まった, そうは, そのたびごと, そのほう, そのまま身震い, その後再び, その無精, その異形, その頃, それでも驚き, それにも, たてつけの, だれですかい, ちょうど雪, つきものじゃ, ともかくも, どうか, どうした, どうも虫, どこかへ, どこに, ないぞ, なかなか強い, なぜ逃げなかった, ひがみッ, ひきつづき海, ひとりここ, ひよつくり犬養氏, ぴょこっと頭を, ふだんから, まことに不便, またひよ, また黙っ, まだ一人, まだ支度, まるで人間, まるで青鬼, むやみに, もとよりただ, もののあわれから, やっぱり陀羅尼三昧, れいの, わざわざ性慾, われが, ァ, クッタクの, タビを, チョンガレの, ノンダクレで, ブツブツ言, プロレタリアの, プロレタリアートと, ホーゼを, モライに, ワラジを, 一人だって, 一体何, 一椀の, 一般民に対する, 下る, 丑の, 世話が, 亀を, 二つ三つ火鉢の, 京都あたりから, 亭主に, 人に, 人の, 今時ザラに, 仕方が, 何うし, 何ものです, 何やら口, 何を, 余ッ程, 俺に, 偉い坊主, 元と, 児に, 入唐僧の, 兼好という, 内証で, 凉み, 出鱈目で, 切支丹の, 前から, 力まかせに, 勇敢な, 十一人ありました, 半ぺんの, 又坊主, 又更め, 口から, 口を, 只者じゃ, 喧嘩を, 土に, 地獄の, 坊主で, 坊主に, 坊主オデン屋は, 坐った, 堕落し, 変な, 多分その, 多忙しさうに後片付, 夜十一時頃から, 大きな鼻, 大そう, 大に, 大変に, 大嫌いさ, 大馬鹿野郎, 太郎左衛門の, 女に, 好い面, 妙な, 娘の, 嫌いな, 子供の, 宵の, 家畜の, 寄りつどい近代無双, 寒中裸で, 寺小屋には, 寺小屋を, 寺法によって, 小太郎に, 小奴, 少々の, 居ねえか, 山を, 嵩に, 帰って, 平気で, 平気な, 度たび褒める, 強訴と, 当山で, 彼等に, 得意でいました, 御居間, 心を, 心急く, 思い出したよう, 思つたほどの, 思はず嬉し, 思はず怒鳴つたが, 恭しくこれら, 悪い奴, 惡い, 懐中から, 懐中の, 我に, 戒名を, 手早く拾, 手甲の, 托鉢する, 拙者が, 振向いたが, 掛値を, 政治家だ, 故意に, 方便時と, 旅を, 明朗に, 時々居間その他, 時々眼, 朝二時間ばかり, 木の, 木を, 未練そうに, 本も, 本当になん, 来たその, 横目で, 橋を, 檀家の, 比較的に, 氣の, 沢山ある, 法力が, 浮色に, 滅多な, 無限の, 物凄いと, 狐火だ, 男が, 画箋紙を, 異変を, 疾うに井戸の, 癪に, 白い歯, 百も, 皆本堂に, 皆血色の, 目も, 盲目であった, 直ちに何, 相手が, 相手の, 真そこ, 真槍を, 真田紐で, 知らねえな, 禁物でし, 稀であります, 笠ながら, 箒を, 終夜休まず走っ, 経を, 背を, 背中から, 腕まくりを, 腕輪や, 腹を, 自分で, 至って弱虫, 舞台でた, 舞台馴れた, 莫迦な, 裕福といふ, 要するに今, 見えなかったが, 見返りも, 親切に, 言下に, 言葉たくみに, 話を, 誰の, 誰より, 讀めまい吉備眞備, 貉の, 身も, 身構へ, 遂にナマクサ坊主, 違ふ, 酒が, 酔眼を, 金が, 隣の, 難有そう, 雲霞の, 青くなっ, 面倒臭く言葉半分, 頭がい, 頷いて, 額を, 顏や, 飛乗に, 餌で, 首を, 驚いたが, 高坏で, 鸚鵡が, 黒い門柱

▼ 坊主~ (285, 8.2%)

6 を振り立て 4 である, を撫で 3 あの時, にし, の上

2 [29件] が, がきちんと, だね, であった, であつ, でころ, です, と古い, と襟, になっ, に鉢巻, のうしろ, のその, のわたし, の五十六, の土左衛門, の手形, の死骸, の男, の番頭, の船頭, の醫者, を, をがく, を両手, を振ります, を振り立てます, を深々, を靠

1 [204件] からうすい, から苦情, があの, がうつっ, がかさなる, がしゃがれ, がずらりと, がせいぜい, がやぶ, がよい, がニュッ, がバア, が五, が伸びあがっ, が何ん, が写っ, が出た, が嗄れた, が小さな, が少し, が平次, が弱い, が手, が止めた, が瀬戸物, が煉瓦, が異様, が見えた, が鉄, が鼻息, だけを黒く, だった, だつっと, であったので, であるらしいこと, でした, では髪, でもいき, で一緒, で土俵, で大菊石, で寸詰まり, で島さん, で朝湯, で歩く, で現れた, で眼, で血色, で衣装足, で誰, で黄八丈, で鼠木綿, という, といっしょ, とし, と一所, と両, と云, と娘, と旦那旦那, と梨, と比べる, など荒法師, にあ, にした, にじ, にちょっぴり, にてえ, になつたの, になつて, にはなつ, にぽ, に任せ, に大, に寒い, に手拭, に捻, に毛繻子, に湯気, に湯氣, に略法衣, に着けた, に私, に紅白, に腹掛け一つ, に豚, に頭巾, に顱巻, に飛ん, に髪, に黄八丈, のおばあさん, のお婆さん, のかなり, のどちら, のまんま, のよう, のロシア人, の丸々, の亭主, の今, の北角, の医者, の外科醫, の大男, の女, の子供, の岩, の幇間, の平八郎, の年寄, の彼, の快, の愛嬌たっぷり, の昔, の樣, の汗じみた, の河越三河入道, の盲目, の老人, の自宅, の若い, の若い衆, の若者ども, の若造, の萎びた, の被布, の話, の貴様, の赤松満祐, はす, は一体どう, は大きく, は後, は振り返, ばかりだ, ばかり叩い, へ四つ, へ手, へ濡れ手拭, へ白布, へ米屋, へ縞目, へ集まった, へ頭巾, もひやひや, も見られた, や半, や土左衞門姿, や陥没, や鼻, をうしろ, をかい, をこし, をし, をしきりに, をした, をすりつけん, をつき出し, をはじめ, をぴしゃぴしゃと二, をふりたて, をふり向けました, をやがて, をクルリ, を上げ, を下げる, を並べ, を先, を光らせ, を八五郎, を動かし, を半兵衛, を叩い, を叩かれ, を打, を抱え, を振っ, を振り立てた, を振る, を撫でまわした, を撫で廻す, を擲つた, を日, を曝し, を書きました, を母親, を洗っ, を激しく, を疊, を睨み付けた, を竦め, を脇, を腕, を苦し, を蘆, を見せ, を見た, を鋸, を隠し, を頭巾, 打ち見たところ, 第三, 飛んでも

▼ 坊主~ (138, 4.0%)

5 なって 3 一緒に 2 いえば, 云うもの, 号し恣, 折衝中で, 来ては, 聞いて

1 [118件] あるは, いう, いうだけの, いちど会っ, いつて, いはれるの, おぼしき辺, お医者, かいは, さつま芋は, すること, そう叫ん, そして俳人, だれからも, とうにお, なったおなご, なつた, なり切腹, なり帽子, なり野菜, なると, なんら関係, わかつて, イチャつく, クロオデルとが, チョンガレ夫婦とが, トンガリ長屋の, 三年生に, 乞食だけは, 云う茸, 云う階級, 云えば, 云つてた, 云つて家を, 云つて小さな, 云ふ, 云われた源次, 云われて, 云われる所以, 云われれば, 交換に, 会見した, 低い坊主, 來たら, 先に, 入替つた, 八五郎が, 兵士が, 兵法の, 別々に, 医者てえ, 十名あまりの, 同じワン, 同席に, 名づけたと, 呼ばれて, 呼ばれもしくは, 呼びましたが, 呼ぶこと, 呼ぶ十七八, 呼んだ故, 呼んで, 呼捨てに, 土耳其煙草とは, 坊主の, 多寡を, 大な, 大根の, 女と, 女人とは, 好んで争う, 富農の, 富農は, 小さな坊主, 尼の, 山伏ていの, 山伏前者は, 得体の, 徹底的に, 思いましたなれども, 思って, 性, 手を, 教権組織だ, 敦子と, 斉しく, 棕櫚の, 武士可愛らしい, 歩調を, 油揚は, 海女, 申しましたところ, 異なり日本, 神主とで, 称して, 章魚とかいう, 胡乱, 虚無僧の, 行者の, 袈裟とか, 見えて, 見せて, 見破つて, 言うだて, 言つて私を, 言は, 言ひそやされる, 言われるだけ, 辯論が, 逐電し, 道づれでした, 違って, 金公が, 間違えて, 間違へ, 非難され, 革命家を, 音頭を

▼ 坊主~ (131, 3.8%)

3 呼んで 2 して, つれて

1 [124件] あつち, あてがってばかり, いましめて, おどかして, おびきよせて, おふせ, がたがた顫, くりか, ぐる, こらしめるには, たずねて, つくって, つけて, なぐれという, はじめ役人だの, ひとつ利用し, ひとつ紹介せんで, ふくの, ふン縛ッ, ぶんなぐって, みた時, もって, やって, ヤットコサと, 一つここへ, 一人引捻って, 一億金代りに, 一番嫌つた, 上座に, 上方へ, 休み茶屋, 伴れ, 何んと, 何処かで, 作ったらいい, 作って, 使って, 侮辱し, 信仰する, 初めましたので, 利用してやろう, 剃つたり, 動かしては, 動員し, 勤めて, 取りおさえただけ, 取り囲んで, 取り殺すと, 口で, 召して, 向うに, 呼び寄せたん, 呼び招きながら, 呼べあの, 商売に, 啖いたい, 啖い殺し, 坊主で, 多少揶揄, 大変な, 少しばかり, 尻眼にかけて, 屈請し, 役者と, 忌むとて, 快からず思っ, 思い出し湯島切通し, 思い切ること, 思ふこと, 恐れるの, 憎悪し, 憐れむ心, 抱いて, 招致し, 指さしました, 捉まえ, 捕へて, 揉んでるの, 撫でました, 旅行に, 晴れ着の, 村から, 枕元へ, 案内に, 欺すと, 歓迎する, 殺した下手人, 殺して, 流盻, 浮かせて, 満足させる, 片っぱしから, 用いるよう, 皇帝の, 相手に, 真俯向け, 突き倒す隙, 立って, 締める気, 締め上げるか, 縛つて行きました, 繁, 置いて, 見さッ, 見たり, 見つけたいもの, 見てるよう, 見ながら, 見ると, 見送ると, 誘導した, 誰かが, 負かすと, 軽蔑してやろう, 軽蔑する, 近日紹介し, 迫害する, 追いこして, 追つ, 追ひ出す, 連れて, 附き添わせた上, 雇い入れたり, 頼んで

▼ 坊主~ (64, 1.8%)

9 あつた 2 せう, 下帯だけの, 医者を, 果てるよりは, 顔の, 黄いろな

1 [43件] あつたらしい, あらう, あらうとは, いつも大きな, いろんなこと, これも, じん, すこしは, な此奴, もちきつ, フム何が, 一生を, 乳の, 仏教史を, 何人も, 冬に, 叡山の, 名題の, 大将もろとも, 女は, 小さな木魚二つ, 居りました時, 後では, 押し出したそんな, 有った, 楠が, 次に幟, 歌女寿よりも, 活躍し, 瓢逸滑稽の, 生国は, 男の子の, 直き, 硬いのよ, 置くは, 聾の, 謝礼も, 豕に, 通って, 酒は, 金公を, 鉄板を, 黙って

▼ 坊主~ (58, 1.7%)

2 ある, 穴掘りも

1 [54件] あつた, あります, あり帽子, あれば, いい加減な, いくらも, いた, いたけれども, いる北条, いれば, お経, かなりおかしい, つまりお, みんなへべれけな, もう真っ, もう睡った, ゐず番人一人, ガマ六と, 世間には, 二三度頷いた, 付いて, 俗人も, 先生も, 内心残念がっ, 出た散髪, 加えて, 只者では, 可厭, 変りが, 姿が, 学者も, 宣教師も, 少しあわてた, 島も, 最初は, 武器を, 武士並に, 特権階級だった, 猿も, 発狂した, 百姓も, 皆政治論, 秋ならね, 稀だ, 罪が, 美くしい, 虚無僧も, 言足す, 負けて, 遊んで, 鉦を, 頓首し続け, 顔を, 飛んだ災難

▼ 坊主~ (44, 1.3%)

3

1 [41件] からちゃんと, からできる, からと云つて, からどんな, からな, からよろしく, から悪く, か何だか, が, が孫呉, が尾張藩, が悪, が知らせ, けれど憎めない, そういうよう, そうです, ぞ, つたが, つて油断ならねえですだ, つて泥棒を, ということ, という事, とか聞き及びました, と内儀, と思っ, と思つて拒絶, と見える, どうしてこんな, なあ, なあ貴様, なとすぐ, なと思った, なんて云う, ねあなた, ね親分, ましてげん俗, よ, よあれ, よ以前, 弘法様かも, 本来は

▼ 坊主ども~ (40, 1.1%)

1 [40件] お招き, がとても, が快, が新, が新教的, が法衣, だ, と奈良, にも一同出迎え, にも讀まれ, に云い付け, に奉仕, に食い残された, のそんな, のでたらめ, の中, の住む, の妄言, の思わく, の悪口, の指金, の機関, の申し立て, の行状, の言うこった, の食用, の騙, は, はおどろい, はきっと, はこれ, はまた, はみな, はやれやれ, も一戦, や強欲, をたしなめます, を乾し上げ, を搦め捕り, 覚えて

▼ 坊主~ (31, 0.9%)

6 助は, 助を 5 助と, 助の 2 助が, 助とは 1 助, 助であろう, 助でござろう, 助も, 助何が

▼ 坊主~ (28, 0.8%)

1 [28件] がこうして, が先, が寄り集っ, が彼, が忍びこみ, が捜したらしい, が新, が暴れ出した, が曝し, が欲し, が殺った, が神様, だな, と一しょ, にねだられる, のお, の上, の所望, の欲し, の欲心, の面, は各, は慰, は煙草, は金, も或いは, をことごとく, を退治

▼ 坊主でも~ (26, 0.7%)

2 ない, なく無

1 [22件] あるの, いるの, そうちがう, それは, たづねますか, ないくせ, ないし, なかった, なさそう, 大物に, 女郎買いを, 宜いよ, 托鉢に, 武士でも, 無下に, 碁が, 碁打ちに, 肚には, 行く先行く先の, 言いそう, 通るだらう, 酒の

▼ 坊主という~ (24, 0.7%)

4 ものは 3 のは 2 ような, 悪僧が

1 [13件] ことに, ことは, のが, もの, ものも, アダ名の, ヤツは, 山師坊主が, 意味では, 職業は, 言葉などは, 語が, 風に

▼ 坊主にでも~ (23, 0.7%)

3 なるが 2 して

1 [18件] なった気, なって, ならうかしら, ならつし, なりたい, なりたくなったよ, なりたくなつ, なるか, なること, なるご, なる心, なろうかしら, なろうかと, なろうかなんて, なろうと, 商売換えを, 成ろうという, 食べさす積り

▼ 坊主たち~ (21, 0.6%)

1 [21件] が堕落, が好ん, が気がつい, であった, にとられる, に対してすら大きい, に抱かれ, の頸, はずっと, はまことに, は女, は本堂, は格別, は槍, は退屈, へ号令, まで出, も夏, も武蔵, を促し, を突き放し

▼ 坊主には~ (21, 0.6%)

1 [21件] たのしかった, ちと気の毒, なって, ならないでしょう, ならないまでも, なりきれないさ, なんだか急, ふさぎ性, もうなっとる, やつぱり坊主頭が, 候わず出家, 別に書置, 堪へがたい, 惜しい商魂商才, 懇意が, 物を, 相違ない, 素質が, 縁が, 食われぬ態度, 鮹好きが

▼ 坊主~ (20, 0.6%)

1 [20件] あーい, ガマ六の, サムライの, 味噌摺坊主は, 坊主に, 姫路の, 宮女に, 寺男なぞが, 寺男に, 小坊主を, 尼に, 役人輩に, 徳川時代の, 手習師匠は, 猫の, 理性の, 菓子屋は, 虚無僧は, 赤ゲットや, 返り花

▼ 坊主から~ (19, 0.5%)

3 して 2 教育を

1 [14件] お側小姓と, ふと聞い, 二斗の, 今晩に, 出て, 受けて, 奪り上げた, 常に, 庇うのに, 振り子の, 聞いたん, 聞くだけ, 腹を, 風呂場の

▼ 坊主では~ (15, 0.4%)

1 [15件] ありますまい, ありませんか, いけぬ, ございませんが, どうにも斯うに, ない, ないか, ないぞ, ないてんぐ, ないので, ないよう, なかった, なかつたが, なく日頃苦手, 足が

▼ 坊主~ (13, 0.4%)

4 たまを 3 たまの 1 たまが, たまと, たまという, たまにチャンチャンコ, たまも, 悟ってや

▼ 坊主にな~ (13, 0.4%)

2 つても, つて何にも 1 つてし, つてゐた, つてゐます, つて世の中を, つて出, つて本道に, つて殺生禁断の, つて詫を, つて謝まる

▼ 坊主とは~ (11, 0.3%)

1 [11件] いささか的, どうした, どうしても見えん, どうもえらい, よくなかつた, 失敬な, 帰り道が, 帰り道がちが, 言うまでもなく一坊, 違い元, 違うぞ

▼ 坊主~ (11, 0.3%)

1 [11件] があと, が何だ, さすがの, すぐ出かけよう, とはがみ, と追, のこと, よくも生意気, 動くな, 太い奴, 生けッぷてえ奴

▼ 坊主だの~ (9, 0.3%)

2 女給だの 1 女工だの, 山水だ, 悟ったの, 教育家だ, 聖だ, 船幽霊だ, 近習だ

▼ 坊主~ (9, 0.3%)

2 を斬られなけれ 1 がいる, に数珠, をさし貫い, をた, を打ち落す, を槍さき, 引っちぎり

▼ 坊主~ (8, 0.2%)

1 えりの, お寺さんか, どうか, 二人至極の, 侍か, 修道院生徒の, 手習師匠で, 総髪で

▼ 坊主である~ (8, 0.2%)

1 から平生, が彼, が意識的, こと, ことに, とはいえ, にせよ, 事が

▼ 坊主~ (8, 0.2%)

4 を敷いた 2 の上 1 になり, の部屋

▼ 坊主だった~ (7, 0.2%)

1 から芝居行き, がそいつ, にちがい, のか, のです, 一人の, 一夜の

▼ 坊主です~ (7, 0.2%)

21 か, からね, から鉄鍋, ねここ, ナ其真実

▼ 坊主にも~ (7, 0.2%)

1 あるです, ちゃんと親方, ならん軍, なる, 増して, 尼にも, 甚だ似

▼ 坊主~ (7, 0.2%)

1 の使嗾, の処刑, の反対意見, はすでに, は何故, は欲, を悉く

▼ 坊主であった~ (6, 0.2%)

1 がこれ, がし, がまだ, ことを, わけで, 徳運の

▼ 坊主といふ~ (6, 0.2%)

3 ものは 1 のは, 物貰が, 綽名を

▼ 坊主とか~ (6, 0.2%)

1 あるいは安楽, 多屋坊主とかの, 大坊主, 役人とか, 武芸者などという, 自称する

▼ 坊主らしい~ (6, 0.2%)

1 ところが, な, ものは, 名まえ, 気分に, 青年に

▼ 坊主坊主~ (6, 0.2%)

1 が別, とそう, とだれ, と呼ん, と呼捨て, の分際

▼ 坊主~ (6, 0.2%)

1 とが一しょ, ならば, にお, にひとりぜひ, にまで申し入れまする, もお

▼ 坊主じゃ~ (5, 0.1%)

1 この山の上, それを, ないん, なんだって, 坊主じゃ

▼ 坊主~ (5, 0.1%)

1 や, やありません, やで, やない, や程

▼ 坊主とが~ (5, 0.1%)

1 いたって, 勝手に, 古来こんなに観られ, 同級の, 四ツの

▼ 坊主~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 んざあ羽左衛門そっくり, んでしょう, んです

▼ 坊主までが~ (5, 0.1%)

2 陰氣らし 1 妙な, 酒を, 陰気らし

▼ 坊主だって~ (4, 0.1%)

1 これよりは, そうです, 夜逃を, 路で

▼ 坊主とも~ (4, 0.1%)

1 ある者, いわれる, 老とも, 道士とも

▼ 坊主などが~ (4, 0.1%)

1 大いに喧嘩, 小田原から, 論外であり, 面白半分

▼ 坊主などは~ (4, 0.1%)

1 もうゴメン, 働きも, 新しい社会, 歌を

▼ 坊主なら~ (4, 0.1%)

1 ぬただの, ばよそ, 乃公も, 人殺しに

▼ 坊主なんて~ (4, 0.1%)

1 えもの, ものは, 手品師に, 辛いこと

▼ 坊主仲間~ (4, 0.1%)

1 では誰, では非常, の南陽房, の羨望

▼ 坊主~ (4, 0.1%)

1 が君主政治, はちぢみ上がっ, はどっち, も世界

▼ 坊主あがり~ (3, 0.1%)

1 の妙椿, の家来, の良住

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

1 ぬしなどは, 坊主っ, 祖父さまの

▼ 坊主おまえ~ (3, 0.1%)

1 はちょっと, は本当に, もいた

▼ 坊主くさい~ (3, 0.1%)

1 ところが, 男だつた, 調子で

▼ 坊主この~ (3, 0.1%)

1 堂は, 界隈で, 蝋燭で

▼ 坊主これ~ (3, 0.1%)

1 こそその道, でも出, は何

▼ 坊主だけ~ (3, 0.1%)

1 であるから, では, 寄り集つて

▼ 坊主つたら~ (3, 0.1%)

2 無い屹度筆 1 無いきつと

▼ 坊主として~ (3, 0.1%)

1 のすな, 完全に, 待遇する

▼ 坊主としては~ (3, 0.1%)

1 なるほど, 珍らしい, 豁達明朗な

▼ 坊主ならぬ~ (3, 0.1%)

1 ものが, もので, 者に

▼ 坊主なんか~ (3, 0.1%)

1 では, なにも, ろくに御

▼ 坊主なんかに~ (3, 0.1%)

2 頼んで 1 なって

▼ 坊主にまで~ (3, 0.1%)

1 させて, なった貴様, なるには

▼ 坊主のみ~ (3, 0.1%)

2 では 1 でなく坊主

▼ 坊主はと~ (3, 0.1%)

2 訊いた 1 見ると

▼ 坊主ばかりが~ (3, 0.1%)

1 二百匹ほども, 多いん, 学問に

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

1 いった, 届ける奥坊主, 差紙を

▼ 坊主みたい~ (3, 0.1%)

1 なもん, な太っ腹, に忙しかっ

▼ 坊主らしく~ (3, 0.1%)

1 て面白い, もない, 或る

▼ 坊主一人~ (3, 0.1%)

1 だぞと, でどうして, に若衆一人

▼ 坊主一座~ (3, 0.1%)

1 の俗曲, の掛合咄茶番, の漫舞

▼ 坊主上り~ (3, 0.1%)

1 がやつ, と世上, の死ざま

▼ 坊主丸儲け~ (3, 0.1%)

1 ということ, となった, よ

▼ 坊主刈り~ (3, 0.1%)

2 にし 1 でチョッキ

▼ 坊主地獄~ (3, 0.1%)

1 が現出, と云った, を見た

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

3 え奴

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

1 だとは, でもだました, など

▼ 坊主小屋~ (3, 0.1%)

1 でありあるいは, は樹下, も殺生小屋

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

1 が薄気味悪かっ, はすたすたすたすた, も尼様

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

2 で射られた 1 じゃ駄目

▼ 坊主組頭~ (3, 0.1%)

2 をつとめ 1 をつとめて

▼ 坊主自身~ (3, 0.1%)

1 が何, が知らない, を憎む

▼ 坊主臭い~ (3, 0.1%)

1 つて, 事を, 因循的の

▼ 坊主貴様~ (3, 0.1%)

1 の言い草, はどこ, は黙っ

▼ 坊主軍鶏~ (3, 0.1%)

2 を見 1 であたり

▼ 坊主~ (3, 0.1%)

1 した坊主, であつ, でした

▼ 坊主あがりで~ (2, 0.1%)

1 お経, 懐中には

▼ 坊主くさく~ (2, 0.1%)

1 かためた天国地獄, なるが

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 ア来い, 何処に

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 やも相撲, やも緑町

▼ 坊主その~ (2, 0.1%)

1 方は, 首は

▼ 坊主だけに~ (2, 0.1%)

1 死霊の, 鰯を

▼ 坊主だけは~ (2, 0.1%)

1 ただ単に, 勘弁し

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 似非坊主の, 何を

▼ 坊主つくり~ (2, 0.1%)

1 や細く, を作っ

▼ 坊主であろう~ (2, 0.1%)

1 となかろ, と何

▼ 坊主など~ (2, 0.1%)

1 これである, 私の

▼ 坊主なども~ (2, 0.1%)

1 園遊を, 戸外では

▼ 坊主なりけり~ (2, 0.1%)

2 辻相撲

▼ 坊主について~ (2, 0.1%)

1 かわった話, 学ぶの

▼ 坊主になんか~ (2, 0.1%)

1 ならないよう, なるの

▼ 坊主ばかり~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 坊主ばかりの~ (2, 0.1%)

1 相撲に, 行列で

▼ 坊主まだ~ (2, 0.1%)

1 おれたちを, そんなこと

▼ 坊主まで~ (2, 0.1%)

1 ついて, 聚つて会つて火を

▼ 坊主三味せん~ (2, 0.1%)

1 も, をひけ

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 で押えてる, の野心

▼ 坊主以外~ (2, 0.1%)

2 の何物

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 か文句, を抜かしゃあがる

▼ 坊主側用取次~ (2, 0.1%)

1 というふう, と順々

▼ 坊主出ろ出ろ~ (2, 0.1%)

2 と叱つた

▼ 坊主天窓~ (2, 0.1%)

1 の親仁, をぬい

▼ 坊主崩れ~ (2, 0.1%)

1 とかいう噂, とか言

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

2 に巻いた

▼ 坊主怪しい~ (2, 0.1%)

2 形が

▼ 坊主江戸~ (2, 0.1%)

2 を焼きけり

▼ 坊主父子~ (2, 0.1%)

1 がある, が麻

▼ 坊主禿~ (2, 0.1%)

1 から成人, でした

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 にした, を持て

▼ 坊主覚え~ (2, 0.1%)

1 ていろ, ておれ

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 と異なり, のかっぽ

▼ 坊主連中~ (2, 0.1%)

1 と入れ, と名金ごっこ

▼ 坊主遊び~ (2, 0.1%)

1 に来, に来り

▼ 坊主還りで~ (2, 0.1%)

1 宗玄という, 宗玄といふ

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 に戻っ, を上げろ

▼ 坊主頭竹~ (2, 0.1%)

2 の手桶

▼ 坊主~ (2, 0.1%)

1 が沢山, はだんだん

▼ 坊主黒坊主~ (2, 0.1%)

1 と言, と言つて私

▼1* [300件]

坊主あがりだという, 坊主あがりらしい円い頭, 坊主あしたまでぐうぐう, 坊主あした天気になーれ, 坊主あの坊主, 坊主あろかいな, 坊主あんな太ッ腹, 坊主いずれその首, 坊主いで目に, 坊主おれのこえ, 坊主おんなじ家が判らない, 坊主お喋り坊主中で押えてる, 坊主お布施はない, 坊主かつら娘かつら老人かつら大福助, 坊主かと思った, 坊主かといったまでだ, 坊主かなんかであったらさっそく, 坊主かなんぞのように, 坊主がまゐりまして, 坊主きょうもき, 坊主ぐらいはやるし, 坊主ぐりぐり坊主, 坊主でからだつきこ, 坊主こいつも少し, 坊主さっき修道院長の食事, 坊主さんの幾許, 坊主さんたちにまかれ, 坊主しかしごく小さい, 坊主しつッこくっ, 坊主しつかりしておか, 坊主じゃあとても一緒, 坊主そう思わんかい, 坊主そのままだね, 坊主そのものに就, 坊主それより冷水風呂, 坊主それらすべてを利用, 坊主あどの, 坊主たった今勘定し, 坊主たる所以を, 坊主だのとうふ買小僧, 坊主だらけの日本, 坊主だろう昔の, 坊主ちょっと出い, 坊主ったら一体誰, 坊主っぷりはいい, 坊主振りはい, 坊主てる坊主あした天気になーれ, 坊主であって見ろ, 坊主でありながら厭, 坊主でありますから今日ネパール国王, 坊主であれ商人であれ, 坊主でございますから死んだ, 坊主でしたうちの, 坊主でない坊主でない, 坊主でもが出て, 坊主とかの名称が, 坊主としてからだが, 坊主としての私庵主としての, 坊主とっとと往かないと, 坊主とですっかり取仕切っ, 坊主との一条を, 坊主とはがねと無縁という, 坊主と共にパルポ商人の, 坊主まぐれ坊主どちらも, 坊主どこかへおっ, 坊主どころか洒蛙, 坊主どちらもよい, 坊主なかなか弱くは, 坊主なぞ呼ぶの, 坊主なぞに何が, 坊主などで武鑑に, 坊主などといわれた円頂, 坊主などという語までが, 坊主などにならねば, 坊主などを取り込んで, 坊主なにを見, 坊主ならとるにもたらん, 坊主なり何なりを, 坊主なりしを秀次公天下, 坊主なりとて御目, 坊主なる者が, 坊主なんかというのも, 坊主なんぞになったの, 坊主なんぞは兎角そんな, 坊主なんというませた口上, 坊主にて有之, 坊主になんてなるんぢ, 坊主にまでなり下ったの, 坊主に対しては水の, 坊主に対しても穏でない, 坊主に関することだけしか, 坊主あいつとても, 坊主ねてるな, 坊主のみはわたしに対して, 坊主はやく俺の, 坊主ひとり大きな暗闇, 坊主びっくり貂の皮, 坊主ぶって人, 坊主ぶりがよい, 坊主への間に, 坊主までも体度を, 坊主まる儲けとか, 坊主てえだ, 坊主みたような, 坊主みな面が憎かっ, 坊主めあれほど見る, 坊主めいた精悍な, 坊主めおまえこそ大, 坊主めそれを種, 坊主め何といっ, 坊主め口の先, 坊主め相手を見ろっ, 坊主め色も濃く, 坊主もけふ日, 坊主もちだ, 坊主ものになる, 坊主やめてしもてお, 坊主よこしな, 坊主よとてお笑ひな, 坊主よりは坊主の, 坊主よりも講釈師と, 坊主わしがおまえ, 坊主オゲ坊主チャンチャン坊主糞坊主スッタラ坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主オデン屋はオデン屋, 坊主カッタイ坊主など, 坊主カラクリの寫し, 坊主グリーゼルがのっそり, 坊主ゴマ都ではやっ, 坊主スッタラ坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主チャンチャン坊主糞坊主スッタラ坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主返りの, 坊主ッ徳川家にくだっ, 坊主ち稻, 坊主ツくりの近眼, 坊主デイタ仙之助, 坊主ネギ坊主と呼びました, 坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主が, 坊主ヤセ馬等といふ綽名, 坊主一名ドイツの学生一名, 坊主一年二度ずつエンヤラヤ, 坊主一献親懇に参ろう, 坊主一疋もいなくなり, 坊主一見すると, 坊主一言もありません, 坊主丑松は叔父, 坊主三名が, 坊主丸もうけだ, 坊主九分交りといふ, 坊主九分混りという, 坊主二人もまじっ, 坊主二人一は常識, 坊主二十年振りで国, 坊主はこの, 坊主今夜はちょうど, 坊主今日も化けた, 坊主今朝聞けば, 坊主以上のお喋り, 坊主但し長い頭髪, 坊主のもの, 坊主修学僧侶はその, 坊主修業をし, 坊主六十近いが, 坊主であった, 坊主て来い, 坊主の頭, 坊主勝手な言, 坊主医者をかね, 坊主低能と, 坊主絶と, 坊主叩き斬ッて, 坊主可賀でした, 坊主同士だから, 坊主咽喉が乾いた, 坊主唐瓜頭が青々, 坊主商売なので, 坊主坊主お布施はない, 坊主坊主治兵衛だなあ, 坊主売僧坊主オゲ坊主チャンチャン坊主糞坊主スッタラ坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主多くあり殊に, 坊主酒に, 坊主大須というもの, 坊主は生きたる, 坊主好く来た, 坊主姿のよう, 坊主婆さんに何, 坊主学校の生徒, 坊主にもたれ, 坊主小兵衛を描ける, 坊主小坊主連中がお, 坊主小姓馬廻り挟函医者胡牀馬土産の長持, 坊主小屋あたりに泊まる, 坊主小屋屋上には開山, 坊主小屋等は碑祠, 坊主小舎がある, 坊主尼聖水香数珠独身の僧侶, 坊主山伏の修法なんど, 坊主破と, 坊主巫女などと同じ, 坊主常習の似非, 坊主の上, 坊主の自然石, 坊主高家浪人者, 坊主御用番の順, 坊主復活ともいふべき, 坊主けりや, 坊主憎けりゃ袈裟までという, 坊主憎ければ袈裟, 坊主或は大言壮語だけで, 坊主は十五, 坊主抱いて寝り, 坊主をし, 坊主政治おそろしい始末, 坊主数千人をひ, 坊主昆布と山椒, 坊主時計の間坊主, 坊主有難いと思う, 坊主が霜明り, 坊主来おったな, 坊主を走りぬけ, 坊主が曲水, 坊主極道者だ, 坊主になりました, 坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主りました, 坊主死ねばとて貴様, 坊主殺せばと言われ, 坊主殿もおさらば, 坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主の変, 坊主沙阿弥は迂, 坊主治兵衛だなあ, 坊主活躍のイギリス海軍, 坊主海禪という此, 坊主火鉢の火, 坊主熊茸猪茸虚無僧茸のんべろ茸, 坊主牧野逸斎の次男万次郎, 坊主狐憑猿小僧骨なし, 坊主瓢箪のうた, 坊主田代祐悦が供, 坊主という淋しい, 坊主に氷, 坊主白蔵主ではなけれ, 坊主直に慣, 坊主眠ってるかい, 坊主矢ぢや駄目, 坊主社会であるから, 坊主を被, 坊主が僧侶, 坊主等夫婦して, 坊主糞坊主スッタラ坊主ハッチ坊主横着坊主毛坊主カッタイ坊主, 坊主を繰り返し, 坊主の穴, 坊主はどう, 坊主え香い, 坊主臭くない筒抜け, 坊主は真黒, 坊主に持ちゃ, 坊主苦しいか, 坊主の類, 坊主茸饅頭茸烏茸鳶茸灰茸など本草, 坊主衆大奥仕えの, 坊主のぶ, 坊主じゃない, 坊主見たいな人, 坊主見つけて来た, 坊主見違えるな, 坊主誰ガソノ手ニ載ルモンデスカ, 坊主談義勇士の聴くべき, 坊主諸共叩っ斬って, 坊主のよう, 坊主負いにした, 坊主賢い者は, 坊主身ぐるみ脱いで, 坊主が便利, 坊主談話は, 坊主退治に戦うべき, 坊主遊女土地の名代, 坊主邪魔立てひろげやがって, 坊主部屋の前, 坊主置いて, 坊主を叩い, 坊主錫杖を持つ, 坊主添いで, 坊主クセつけ, 坊主を湛, 坊主であった, 坊主頭ぢや体裁, 坊主頭め山山は集, 坊主頭老眼鏡に傷寒論, 坊主頭辯口がよく, 坊主をした, 坊主の者, 坊主飛び込む水の, 坊主首級が現われた, 坊主を焚け, 坊主馴れて出家, 坊主騙して還俗, 坊主鮮人等等そして彼等, 坊主黒木閑斎をつれ